ライムキング

らいらいの日記

2018年10月

大切な、言葉とストーリー。
イメージが超越してしまったら、
空間、ファンタジー、宇宙すら未来に。
大切にしていた努力とやらはどこへやら。
リップスライムな奇跡を、
メリーゴーランドは宇宙を、
差し出す方向性すら、
イズムにやられてしまいそうな、
希望の方向にイズムを蹴散らせ。
大好きな展開にすらドリームを描くなら、
リッピングするヒーロー、
ダンスし続ける夢中は、
暴走を想像?
ミラクル連れてきてやるぜ!
ファンキーならば愛おしさが、
貫くファイトスタイル、
エンジョイしてもミラクルの伝える行為とは。
リズミカルなファンタジー、
奇跡のように歌い、笑う。
大好きなメッセージ、
大切、心、何を望む。
最高、大好き、天才、この心に。
歴史は羽ばたいていく。
僕は誰。いつの時代をメッセージに。
止まらない究極は、愛おしさを貫くようにして。
希望とフューチャー、
これが欲しかったって言う憧れのものを、
あなたが持っていた。
大好きだった。世界観、ミラクルをこんがり焼いたとしても、
宇宙は見つからない。
本当に大好きだったんだ。
宇宙を、その奇跡を見せたくて。
ルッキンフォーしたくて。
探し出したんだ。
その空気感、なんてちょうどいいんだ。
なんて美しいんだ。
未来を頂戴しても、宇宙は見えないだろう。
分かち合えるものじゃないのなら、二倍あればいい。
大切、究極なるのはリズム。
最高を伝えても、諦めきれなくて。
本当に情けねえよ。
偽りの世界観、
未来を見たいか。興味、宇宙だ。
ヒップホップによるチェンジングが、未来すら変えてしまう。
理解はファンタジー、宇宙を神々しくする為に、
理屈、ファンタジー、興味、虚ろ。
伝説的ミラクル、大切にしたかった?
結局誰に勝ちたかった?
イメージチョコレート?
果てしない究極性、
僕はどこへいけばいい。
ダンスフィールドは価値を揺らし続ける。
崩壊とかリズム、最果てを歌ってくれるから。
興味がなくても歌えることを喜ぶ。
大切さとクォリティ、
ワンダーランドに見捨てられたら、
さあ次は何をしようか。
この虚しさはどこからきて何処へ行く?
数知れず、運命が太鼓判を押していく。
最後が笑っていたから、
イメージしてしまったから、
究極的リズムは常に笑っていたから。
奇妙なメッセージ、
うつ伏せにファイティングさせるまで。
展開するファンタジー、宇宙が光景を笑っていたから。
奇妙過ぎるファンタジーは、
それでも止まらない。
記憶とファンタジー、宇宙、どこまでも。
突き抜けた快感、
何かを欲しがった。
大好きなチェケラッチョと共に、宇宙を崩壊させたから。
イメージはひたすらチョコレートに、
ダンスフィーバーは永遠をよろしく言うように。
奇妙なメロディ、宇宙を崩壊させるほどの、
奇妙さから羽ばたいていった。
大好きな展開、見捨てられても興味を叫ぶのかい?
リピートするダンサーにも、
宇宙を崩壊させるほどのエネルギーを携えるのか?
意味を越えて、それでもスタジアム。
宇宙をメロディにさせながら、
歪な今回にリズムを合わせる。
ゼロになっていく喜びと、
誕生の楽しさと死の悲しみ、
それが快楽と痛みの連鎖なら、
理屈はファンタジー、
行動、示し続けるファンタジー、
歌いだせる記憶はミラクルを連れてくる。
イメージできるの?
笑って君は言う。
憂鬱なファンタジーと、
行動を示すための尺度、
運命は嫌うようにして、
ラブリーな行動を宇宙的観測にしてしまう。
リズミカルは歌声。
ファイナルアンサーは呟いてくれるから。
イメージチョコレートは、ダンスを宇宙にさせるようにして。
ファイナルステージを段階的に踏んでいくなら、
ストーリーとテラーがイメージするファイナルアンサー、
孤独を見つけ出す究極は、
その宇宙の方向性すら、刻む。刻む。
その世界中を合併させるような、
果てしない未来と共に生きるような、
感覚、ブルース、共鳴するワンダーランドと、
宇宙と星々と涙が溢れるメロディと、この心に誓いを。
大好きだから、天才は能力を探していた。
奇妙なメロディと一緒に、
悲しみは宇宙の向こう側で漂っているなら、
希望的観測、宇宙を方向性にしたかったから。
イメージ、チョコレートのような甘い恋だ。
大好き、大好き、展開で興味になってしまっても、
憂鬱なパーティ、埋め合わせと、天才的ドリーマー、
描いた究極は、リズムと苛まれて、
最果てを鼓動で満たしていく。
そのどんどん上がっていく理想に対して、
イメージする空間は、ビリーバーを着実に、
栄光を満たすように、
理屈を行動にさせてしまうように。
リピートダンサーは歌い続けるのさ。
記憶がそんなに疑わしいかい?
理想を超越したかったんだろう?
その空間、あるいはビリーバー、
大切なのはなんだったのか、
それすら忘れた僕の宇宙はどこに。
私の存在価値とは。
ミラクル、チョコレート、
それでも止まらないメロディが、
美しさを行動にさせていく。
破滅的ロンリー、
後ろ側が花を咲かせる前に、
大好きな魅力を繋ぎとめておきたかったんだ。
その美しさに、究極的リズムに、
相も変わらず素敵な憂鬱を、
可能性を、リズムを、最高峰を。
大切?メロディ、
宇宙を崩壊、イズムを頂戴、
サプライズ?意味不明だったのはどっちのほうだよ。
かすれた声、イメージ、
メッセージが共鳴する。
ワンダフォーライフと共に、
宇宙を、その草原を、
極めることに対する意味不明を、
行動のロックンローラーを、
パーティなエンドレスを、
サクセスミュージックを、
ロックンロールハートを、
イメージしてなお、突き抜けるこの感動を。
果てしない努力を、壊してまだまだ成長し続ける宇宙を。
歴史的なほどのドリーム、
千里眼でも見えない心の中を、
駆け巡るこの感情が。
リズム、サクセス、
炸裂してもワンダーランド、
奇跡のように歌い上げていく。
思想的展開が、天才的ドリームが、
宇宙を広げていった。
確実な距離がいとおしかった。
ずっとそばにいてほしかった。
リズム、サクセス、
鼓動、ワンダフォーライフ、
埋め合わせすら天才なのかい?
イメージチョコレート、
ダンスフォーユーな価値観を、
ブルドーザーの前の。
希望の方向性、
イズムは当たり散らすのかい?
素敵なファンタジーにすらなれないなら、
この孤独はどこから来るの。
内側にある本当は、虚無と絶望の狭間で夢を見るの。
サスペンス、ロックンローラー、
価値が揺らぐから、その方向性を、
イメージしたチョコレートでさえ、
ロックンローラーなパーティにしてしまった。
歴史的ドリームが、
描いた究極の宇宙。
最果てをリズムで彩るなら、
この空間すらも嘘になってしまいそうだったから。
そのスピードで、宇宙すら見つけてしまうのさ。
行動とロックンロール、
ロマンが歌いだすファンタジー、
越えていくメロディと突っ走る可能性、
全ては必要性とドリームに、
描いた結局は炸裂していってしまう。
自分の中の宇宙、それを広げる最高峰、
イメージするメッセージと、
行動はイメージしてくれる。
記憶が愉快さなら、その鼓動にワンダーランドが宿るなら。
素敵なファイナルアンサー、
宇宙を作りたくなかった
君たちが、ファンタジーを共鳴させるように、
歌声は高らかに、
ひたすらに、魅力を追及するようにして、
ランデブーをケセラセラにするなら、
宇宙の崩壊、リズムを最果てに宿らせてまで、
素敵な今回は、羽ばたく理想と無限の命。
果敢に食らいつけるなら、
リピートモンスター、
今回を許すなら、
本当をリズムにさせるなら。
ロックンローラーなファンタジーが、
越えていくドリーマーの為に、
宇宙を刻み、ストレートにストリートを駆け抜けていく。
ロックンローラーなフィーバーが、
歴史をドリーマーにさせるごとく、
イメージがチョコレートダンスになっていくことを、
まるで喜ぶように。
儚く散る木の葉のように、
揺れながら落ちていく。
リズム、炸裂ダンサー、
崩壊するリズムすら、虚無の疑いに、
極め続けるパーティは、その向こう側に、
ロックンローラーはひたすらに、
行動はどっちつかずの正義を応援するように、
希望的ファイター、
これらが僕の本来の姿なのだから、
それはそれでいいんだよ。
奇妙過ぎるメッセージも、
届かないと意味がないってこともあるだろう?
空中に浮いている歴史すら、
ファンタスティックなドリームを描けなかったんだよ。
窮屈な記憶は、どこまでも駆け巡っていく。
量子の動き、物理学からは離れた技を披露。
価値、ブルース、超能力、
果てしなさ、理解、ファンタジー、
宇宙のワンダーランド、
時空移動は不可能だと物理学者が証明したのかい?
思考実験、果てしなさ、
ロックンローラー、
リピートメッセンジャー、
クォリティも含めて伝説になれたなら。
希望とパーティ、
宇宙の向こう側を示してくれた。
曖昧な伝説と電気、
落屑するなら、ラッキーフェスティバル、
記憶しているはずのメッセージ、
それらすら嘘に変えてしまうリズムが
足りないという。
極めることに対し、アテンションがプリーズされているのかい?
奇妙さがワンダーランド、
奇跡のように笑う、歌う。
崩壊、リズムをアップさせるから、
奇妙さとファンタジーは、
歌声はそりゃもう高らかに、
メッセンジャーとトークしているイメージ、
太鼓判を押せるほどの、
イメージで大切にされていく。
ハーモニーが歌声ならば、
ファンキーな希望に鬱蒼と生い茂る森に対して、
イメージするチョコレート。
ダンスする宇宙がはなむけを断るなら、
歴史、ファイティングするチョモランマ、
希望とファンタジーすら歌声に変えてしまう。
ファンタスティックなアイラブユーを伝えていってしまう。
希望とメロディ、内側から破壊するイメージ。
毒をもつ刺身の虫が、
生きてるまま食べるんだが、調理法が分からなくて、
危険なことになっていた。
鳥に食べさせたら、
その鳥は喉から血を吐いていた。
困っていた。僕も仲間も噛まれた。
それは夢の中の話。
大切、勢いでファンタジーに、
ロックンローラーなパーティを、
エンドレスな希望として、
美しく未来を呼びよせるなら、
最高をイメージしても、
分からず屋なのかい?
ロックンローラーなファンタジーが、
行動ロックンローラー、
移行していくファンタジーにすら、
エキゾチックな最果てを、
満たす共鳴、ワンダフォーライブ、
大切な未来を作り始める空虚さに、
ロックンローラーなチェンジング、
サスペンスを行動で、意味不明にトークし続ける。
曖昧なディフェンスライフ、
行動とか、ロマンロックベイベー。
大切?勢いでメッセージ、
貫くファイターすら、
疑いを興味、サスペンス、
数知れず、ファイナルリアリティ、
ロックンローラーなファイター、
失うことごとくすら、
ファイナルステージに挑戦的メッセージを、
共鳴できるダンサーと、
鼓動と行動、示すワンダーランドは、
誓いのサクセスすら空虚なメロディに、
うつ伏せをサクセスさせるように、
曖昧なレベルアップの中に漂っている。
極め続けている理想がいまだに嘘をつくなら、
半端ない理想で共鳴する僕たちの意味とは。
トップオブザランナー、
理解を究極的にすればするほど、
運命を転がせば転がす程、
未来に突き抜けるダンサーは、
それで止まらない宇宙は、
サクセスの生み出すパーティの羽衣は、
歌いだすメロディ、突っ走る歴史、
その声はまさに高らかに、
歌いだす、歴史とファンタジー、
越えていく未来が潰されていくなら、
いいさ。教えてあげよう。
未来と、それに潰された栄光の力。
ダンスがフォーエバーならば、
力強さとダンスした、
意味不明すら越えてくれるから。
魅力的ファンタジーすら憂鬱なのかい?
この鼓動、ワンダフォーライフで続けてくれるかい?
ロックンローラーが契りを交わす。
大好きな展開が未来を揺蕩う。
果てしなさと鼓動、ワンダフォーアイランドだ。
ハイパーなパワーが、エンドレスを連れてくる。
儚さが揺らぐ。
最高峰、意味不明をイメージして、
それでも喋り続ける意味不明に対して、
歴史を究極にさせてしまうなら、
リストアップ、重ねるショータイム。
意味不明にトークすること自体が嘘つきなら、
ファンタジアを設けて、
ラブリーチェンジを愛おしいと思えるのなら、
ことごとく断ってみせる。
ライクキャパシティ、
運命が笑い続ける。
理想的チェンジング、曖昧なヒーローに、
サクセスするためのワンダーランドを、
希望を、それらが生み出す崩壊を。
リズミカルなワンダーランド、
奇跡のように笑う、あなたにまた出会えるなら。
ロッケンローな歌いだす、
ファンキーメッセージ、
連なった世界観にすら、
思想が見えそうで。
大好きな展開が、予兆を連れてきそうで。
歌声と高らかなダンサー、
宇宙の向こう側を笑い続ける。
果てしなさとその魅力に閉じ込められてしまったら。
ドラマがエンジンを高鳴らせて、
ハイパーパワーはエンドレスへと、
解き放たれていく。
その言葉、その連鎖反応、
言葉の連続的な虚無に、映し出されてファイヤーは煮えたぎる。
理屈はない、奇妙なメロディだから。
ファイヤーサイン、歌声は高らかに、
メッセージはひたすらドープ。
イメージを共鳴させるための、
その戦い。未来を許すための、
希望の最高峰は笑ってくれるだろう?
奇妙さは、時に疑いを持って。
このままじゃいけない。
そのことだけは分かったから。
必然性と虚無への開け放たれる扉、
憂鬱な炎が放ち続けるエレガントすら、
究極性、ファイターが失うものすらないなら、
ことごとく未来を大切にしてみせる。
ラッキーフェスティバルが運命を笑っている。
覆す魅力と、ワンダーランドは作成して作戦を全う。
もう引き返せねえよ。笑えねえよ。
リズミカルなファンタジーが、
越えていくミステリーが、
ダンスフォーユーな力強さが、
半端ない光景を見果てぬ景色を、
理想、メッセージを興味にしていく、
理想とチェンジ、マイノリティ、
なぜ厳しかったのか。
それでもダンスし続けている。
ファンタジー、ことごとく恋愛、
ブルースがチェケラッチョするなら、
空間、歴史的ドリーム、
永劫の生き方が引っ越すなら、
素敵なファンタジーアイランド、
夢中に暴走する未来が描くこの次の舞台。
果てしなさと共に共有しながら共鳴する。
メッセージは時として忘却されて傍若無人になってしまう。
その未来を洗いなおしたいんだ。
理解はファンタジー、宇宙を未来に託す。
リピートアフターミーが、
暴走する展開をよろしく言ってくれる。
ハーモニーは鍛えられていく。
ひたすら筋肉が痛かった。
でも、それは永遠じゃない。
ロックンローラー、パーティエンドレス、
これからいたわればいいんだ。
あんなことにならないように。
ダンスはフォーエバー、
力強さが反復するように、
記憶がメロディ、突っ走れるように。
ダンスはフォーエバー、
力強さがソーラッキー。
埋め合わせしても天才は動き出すだろう。
究極的な程のリズムが、
最高潮を笑い出して、展開を興味にさせていく。
理想がメッセージを貫いていく。
半端ない思想、理想で展開、
白昼夢のデイドリーマー、
歌いだす、歴史はファンタジーを越えていってくれるから。
歴史的ドリーマーが歌いだしてくれるなら、
記憶とか、それらが生み出すファンタジー、
ノックアウトステージにいようといまいと。
分からない究極が、
ワンダーランドを照らしている。
ミステリアスなナンバーワンがファクトリーなのさ。
宇宙の次の舞台で騒ぎな。
使わない知識は腐っていくだけだ。
理想がメッセージを共鳴させるなら、
空気感と潔い、
メッセージすら連なってくれる。
儚さが揺れる展開、
サスペンスはそれを望むように、
活動的展開は、サクセスを求めるようにして。
ラブリーコールでエンジョイするなら、
クォリティと共に受け継ぎたい。
ラップスマイルで栄光を、
リピートを、色素を、
大切にしたいリズム、最果ての鼓動。
ワンダフォーなライブハウス。
リップスライムな価値観、世界観、
オリゴ糖、メッセージが共鳴していく。
ダンサーは連なることすら躊躇わずに。
理解、ファンタジー、共鳴するダンサー、
AI大国中国の、
リズム感とエイトビートだ。
ミュージックファイトだ。
このサイト、メッセージは最高、
理想的展開すら偽る、
虚無にすら滞る。
イメージが何もかも調整された未来で、
大胆不敵な行動をしようとすればほかならぬ、
空虚なメッセージに歌いだした。
生きる力強さ、
ハッピーなマイノリティ、
それでも歌いだすなら、
ファンキーに歌声は更に高らかに、
メッセンジャーと共に受け継がれるから。
ファイナルアンサーのごとく、
意味不明がトークしてくれるなら、
意味不明でも今度は勢いを潔くはねのけて、
希望のファンタジーに、憂鬱性を灯そう。
ラブリーコールがエンジョイする前に、
鍛えだすのはミラクルの次の着地点。
リピートするダンサー、
アンサーソングを歌いたかったから、
イメージはチョコレートディフェンス、
ミラクルが兆候を連れてくる。
半端ない理想と共に、
頂戴するハッピーは、
彩りを連れてきてそれでも果てしないから。
リピートメッセンジャー、
クォリティを高らかに宣言するための。
希望的ファイヤー、
失ってしまったら悉く。
ラッキーフェスティバルに、
未来が懸かっているとすれば。
僕はクレバー、果てしなさが追憶の果てで、
興味を示す歌声を、
ファイナルアンサーで呟く希望に対するこの境地を、
飛び出す飛び立つエイトビートを、
嫌いになってなお、俺の本領発揮は言葉の舞台。
空気を読んだイメージが、
調整しているロベルトカルロスが、
言葉の半端ない記憶と共に、
サプライズはメッセージに、
共鳴するワンダフォーは、
更に高らかに、歌いだせる方向に、
潔いミラクルは笑うように、
空虚なメッセージと共に、
偽りをサクセスにする為に、
強力な世界観、
ミラクルを伝えてくれるダンサーと、
内側に灯る蝋燭と、
守り抜いている歴史、
ファンタジーが壊れ越えていってしまうなら、
歴史的ドリームすらあがく意味に変えてみたいもんだ。
そんなセリフを言わせてみてえもんだ。
理解するための究極が、
あるいはロマンロックなロマンチックが、
ロックンローラー、チェンジするマイライフ、
メッセージはトークバックするように、
イメージは挑戦的ラブリーに、崩壊していく。
ラブリーチェンジと、マイナスクロス。
逃げ出す究極性は、
ワンダーランドを満たすように。
感覚的ブルースは、
苛まれる価値をほだされるようにして、
ラブリーエクスカリバーが、
伝説的ストイックを生み出すその前に。
ロックンロールは、
そのシステムズを発表会に、
理想的展開すら、ワンダーランドに、
奇跡的メロディは、
追憶の日々を探している。
ドリーマーなジャッジメント、
覆す魅力すらもワンダーランド。
奇跡がメロディを映し出す。
健康的ラブリーは、崩壊するリズム。
最果ての鼓動、ワンダフォーにダイブしていくの。
興味とかワンダフォーライフ、
伝えたい魅力を鼓動で、
ワンダフォーアイランド、
夢中に暴走している想像と、
ミラクルは伝えだしてくれる。
興味と疑いは、ファイナルアンサー。
子どもみたいに笑ってくれるから、
超能力を守り抜いてくれるんだ。
気象衛星は大胆不敵なんだね。
行動とロックンローラー、
パーティがエンジョイするなら。
未来とエレガントな、
メッセージは超能力なのさ。
歪な展開と共に笑い出しな。
究極的なほどのレスポンス。
理解するためのファンタジーですら、
永遠を呼び寄せる鼓膜に、
鼓膜とファイター、失える力強さが、
ファンキーなリズムと共に栄光を、
繋ぎとめていた赤い糸が絡まる。
どこまでも、いつまでも響くのか。
それを許せるのか。
大胆不敵な未来と共鳴する、
歌声は儚さの追随するものだろうか。
意味不明でもトークし続けたかった。
意味不明でも、ワンダーランドを満たしてあげたかった。
ラブリーなチェンジ、マイノリティ木霊させる、
リズムすら栄光のユーロビートを。
ファンキーなマシンガンと、劣等品種。
興味がサイコパスならば、
栄光のユーロビートすら、
はちきれんばかりのイメージと、
調節した狂熱と、
ファイヤーサインはださいん?
形を失っても、それでも未来は止まらない。
リストアップされたトゥモロー、
健康寿命を長くする為に、
希望とファイヤー、失ってしまったら
それなりの記憶にしかなれないから。
闘魂注入する暴走する乖離のプログラム。
果てしなさがメロディを作り上げるなら、
荒唐無稽さすら、ファンキーでファンシーなもんちっちに
なってしまったところで意味などは必要ないのだ。
極め続けるエンドレスにパーティが躍動するなら、
リップスライムな世界観が、
理想が頂戴するように、
曖昧なダンスを歌い上げてくれる。
ハーモニーは嫌いながら、
宇宙と共に受け継がれるから。
ファイナルアンサーは潰されるのかい?
リライトされるメッセージは、
究極性を旅立って、
忌々しい歴史をファンタジーに。
リピートアフターミーは暴走していく。
階段を上り上げるように、
ストレートなストリート、
段階的な興味が疑うように、
炸裂するマイダンスは、
極めることすら生きがいに、
させながら流暢に歌い上げていく。
理想とその展開、
ミステリーが共鳴するように、
ダンサーは異次元を求めていく。
理想的チェンジングがハーモニーであれば、
カテゴライズする宇宙は最果てを望み続ける。
痛々しいほどのドラマ、
栄光をビジネスライフにする為に。
究極的なハワイアン。
伝えても努力が人を裏切らない。
伝説的ミラクルは伝え忘れてもしょうがない。
リッピングするハニー、
栄光のエイトビートが、
リピートするダンサーが、
クォリティを求めて彷徨うなら、
希望とか愉快さ、
ドリーマーとかその展開、
ミステリアスが興味を示す。
活動する展開、
天才的宇宙が崩壊する、
リズムに似通わせて、
イメージがチョコレートになっていく。
炸裂するメロディがユートピアの宝庫なら、
希望とファンタジー、
宇宙の崩壊とそれらのメロディ、
歴史が窮屈に、
なればなるほどに栄光のエイトビートを。
ミュージックのポテンシャルの意味とは。
炸裂するマイナンバー、
疑うことすらケセラセラ、
ワンダーランドを満たしてくれる、
情熱がそこにあると気づいたその日から、
運命の歯車は回り続ける。
理想郷、メロディで歌いだすなら、
ルーレット、希望、方向性の虚無。
突破するインターナショナルと、ファイナルアンサー、
ことごとく、素晴らしいことになるなら、
宇宙の崩壊にリズムすら宿るなら、
記憶とユートピア、
炸裂してもマイダンス、
宇宙の崩壊すらそのリズムで、
半端ない理想と超越する可能性、
疑いが溢れるなら、その展開に興味を示すなら、
リピートするアンサー、
宇宙の崩壊リズムですら、
快楽ですら、ワンダーランドですらも。
栄光、エレガントなメッセージがクォリティを。
ラップスタイルにエンジョイさせるなら、
その魅力、ワンダーランドにつき、
ひょうひょうにつきべりぐーだ。
立派なロックンロール、
必要とされてるだけで皆悲しい。
宇宙のホグワーツにすらうろ覚えな天才が存在しているなら、
孔明な罠は適当に張り巡らせて、
大好きピクニックに嘘をつきたい。
ラスベガスな天候に、
宇宙が絡まり歌いだす。
ファンキーなリズムと共に、
憂鬱なファイヤーがのらりくらりと、運命を探して果てしなくなるなら、
究極的メロディすら、ワンダーランドを認めるように。
意味が荒唐無稽なら、
相当無敵なら、嘘を覚えたその口を、
唇でそっと塞いで、
大好きな展開はミステリアス。
究極的メロディすら突っ走っていってしまったから。
僕はどうすることもできなかったから。
イメージする為のチョコレートダンスだよ。
宇宙が差し出してくれるならね。
立派なファイナルアンサーだ。
悉く嫌いになってしまうほどの。
影響力がヒップホップダンサーでアンサーならば、
クォリティとそれを求める凄い白熱ルーキー、
チャンスがビリーバーになろうと、
リズムが逆立ちしてワンダーランドになっていく。
白熱するダンサー、
宇宙の方向性すら、
リズムとイズムに蹴散らされていく。
立派なコミュニケーションが、
歌いだす方向へと、
刻むストーリーはエレガントに。
ミュージックファイトを求めだすなら、
クラッカーダンス、宇宙の崩壊性すら、
リズムを最高潮に、
イズムで少しは分からせて。
その方向にある宇宙は、
行動の果てにあるミラクルは?
ロックンローラーなビジネスライフが、
闘魂注入されたエキゾチック、
ファイナルステージすら天王山なら、
価値観とブルースと共鳴、
ワンダフォードライブと共に嘘をつくなら、
空間、ビリーバー、チャンスを預けて咲かせていくドリーマー、
果てしない魅力ですら、全て分かった気持ちにさせて。
希望とファイティング、理想を言うならほんの少し。
リライトし続けるメッセージ、言葉のうまさが歴史をぶっ飛ばす。
キャプテン翼もいらつく100点のうまさだ。
白熱ルーキー、行動、ラッパッパミュージックだ。
たまらないぜ生きがい。
ファンタスティックなドライブに、
世界観すら居座るぜ。
反復運動?理想と超越する超列は、
狂熱とラブリー、
方向性の違いすら食べながら、
独自の発達と発展、人柱力としての使命、
歌いだすパニックと、
エイトビートは嫌われていく。
立派な侍、
道徳が崩れていくことも、
分かっていたのに。朗らかな意味を通すことに、
行動、ロマンロック、
ひたすら、ひたすらが欲しかった。
意味不明でも大好きだった。
理解、ファンタジー、遠い世界、
宇宙、未来、数、数。
失った力強さ、
破滅のロンリーすら、
疑うことすらできぬまま、
希望というファイター、
失ったら希望になるしかなかったから。
リズムが最高を作り出す。
その意味すらも分からないまま、
届くはずのない理想を、
共鳴させて、それでもワンダーランド。
見つめたその先に、栄光がありますように。
歴史、ファンタジー、
越えていく未来、大好きなこの鼓動を。
シャワーのように降り注ぐ太陽光を。
イメージしてなおも、
伝説的ミラクルに、
ハイクォリティを満たしてしまうほどの。
ラッキーストレートに、
ミュージックファイターは、
失われる鼓動すら、
ワンダーランドすらケセラセラなんだ。
今日未明、チェケラッチョは歌いだす方向へと、
刻んだ歌い方だけでは、
未来なんて分からないし何にもなれないな。
イメージするチョコレートたちに、
生み出した価値を問い続ける。
その箱庭は、伝えることを放棄するように。
覆す未来と、伝説は踊り続ける。
記憶とワンダーランド、
ミステリーは興味を示すように。
理想的展開は、宇宙を差し出してくれるから。
記憶、ワンダーランドが錯綜していく。
ロックが歌いだすなら、
始まり、始まる。空間とビリーバー。
リピートするアンサーにすら、
ことごとくラッキーフェイスに、
生きがいが伝えるように、
歴史はファンタジー、
それらを越えていくように、
大きな自由は、果てしなく。
未来を伝える朗らかさ、
メロディが歌ってくれていたから。
キュートなラッキーカラー、
映し出す方向性すら、
イズムを炸裂させているのかい?
運命の共鳴、大胆不敵な未来を。
ダンスするようにエレガントな、ひたすらなラッキーが。
楽しさ、ワンダーランド、
奇跡のような一撃を。
ハーモニーで歴史を。
クォリティを、ミステリーを、
それに対する興味すら、
嘆かわしい沢山すらも、
描いた結局が描き出す。
ファンキーなメロディと共に、
宇宙、崩壊、
もっともっともっともっと。
抱きしめて、この光。
素晴らしい世界が待っている。
もっともっと欲しくなる希望。
それでも越えてきたんだね。
僕は少し間違えていたのかな。
何をチャンス、何を手に入れた?
全てをことごとく、
照らし出したら崩壊してしまうのかい?
刻んだストーリーと共に、
生きていけるなら。
大好きだよ。大好き。
止まらない情熱があるのさ。
空間を天才的にさせるように、
曖昧な伝説が笑ってくれるなら。
ファンタジスタはそれでも嫌うだろうか。
僕たちを、それらを刻んだ時間を。
ラブリーと崩壊現象、
埋め合わせする為の天才が、
踊り狂う咲かせるリズムを。
密接に繋がる愉快さに、
ダンスフィールドが共鳴しだしていく。
リズムがファンタジーに、
憂鬱なジェットコースターアイランドですら、
ファイティングスクラッチ、
運命を煌めかせる、
堂々と退場。最高の邂逅。
果てしなさとメロディ、
突っ走る伝説と意味は走る。
ダンスダンスベイビーと、
失われた記憶。
ファンタジーの凋落に対して、
運命的な適当さを感じ取れたなら、
三次会、二次会、一次会。
果てしなさ、ビューティフォー。
ワンダーランドが続く、最高なリズムを携えて。
希望はファイティング、ロックンローラーをイメージするように。
鍛え上げるファイヤーは、のらりくらりと、
今を主張して人格を攻撃する。
意味のないこと、君がいないこと、
ラッキーフェスティバル、ハッピー歴史ある
ロックンロールはドックンコールで、ヒップホップは次の一歩を
生み出す売り出す咲かせる苛まれる、
貝悩まされる、確実性が彩るように。
空虚なメッセージと、
希望とファイヤーと失われた、
近づくための理想。
炸裂するためのワンダーランド、
格別になる為のサンダーバード。
失っても木霊する、
勇気、中期的に自由に夢中に想像する為に。
リピートダンサー、
宇宙の方向性。
刻むストーリーと曖昧な伝説が踊るなら、
戻るなら、外に出るなら、
宇宙を空中に、水中に、夢中になっていく。
ルソーの思想 居候ですら、
ファンキーなリズムに負けてしまうようでは、
刻むことにすら意味がないな。
愛しさでラッキーになってしまうな。
ケセラセラ、もう笑い出すしかないな。
かなぐり捨てるしかないな。からくり捨てるしかないな。
ラブリーハート、本領発揮、
今度はベッキー、歌いだす共鳴、
透明なその心、歌い上げる歌いだしから、
ファンキーなリズム、男子の気分が沈む。
行動、総動員、盲導犬、想像以上 期待未満。
未完成なみかんを食べて、
リズミカルな歌声でハッピーになってしまう、
宇宙すらそのものに嫌われている気分だ。
大胆不敵なメロディが宇宙を差し出すように、
僕らも嫌いになれたらな。
あなたみたいになれたらな。
昨日、確実、白日の下に晒された、未来。
依頼している地雷、期待以上のしらじらしいこの恥ずかしい
ドッグイヤー、イメージチョコレート、
ちょっとグレートなチヨコレートとちょっとTOO LATEな
トイレットで晩餐は散々、閑散とした段々内側から、
栗見抜き、宇宙の方向性、光合成?
沈みだす展開、気づきだす旋回、連載は止まらない。
連鎖反応を歌いだす。食らい出す、
永遠が呼び声高く、
宇宙を崩壊、後悔しないように壮大な、
どうだい?兄弟、マイナスイメージ、
ライナスのしめじ、
架空の行動に悩まされる宇宙を行動で示した。
しまったしまりましたわ、
感覚、ブルースがチョコレートなら、
イメージするためのチョコレートソングですら、
テンション上がるならむしろサルベージ、
馬鹿な平気な振りをしているブリブリの久しぶりだ。
展開、連載、借金返済だ。
週刊少年漫画も連載だ。
繊細なこの心、連帯責任感じちゃう。
リズミカルなワンダフォーが、沈みだすこのエッドウォーが、
失うサクセス、パーティエンジョイしても、
ミラクルは揉みまくる、逆立ちしても取りまくる。
まくりまくられテイクオフ。
メッセンジャーと、それを嫌いになる宇宙の方向性と
夢中な光合成、する高校生、
怒涛の路頭の実力、いくおくのダンス。
果敢に食らいついたら、サガン鳥栖に移籍したら、
ファンキーなメロディは歌うよ疑うよ。
ファンキーなリズム、サンデーな沈む刻む生き方。
効き方なってない。ファンタジスタ、あんたのシスター
健全絶対宣言接待連戦連勝祝って今日も歌声高らかだ
バカラッパー。ふざけているの?ラップスタイリッシュ、
ストレート、ストックでグッドレート。
ハプニングも意に介せず、素敵なファイヤー、
ワイヤーがイヤーの嫌なの。
ダンスフォーエバー、イヤリング?イカリング?
癒しングストリート、
メッセンジャーはときめく為に。
接戦だからほぐれるように。
アタックするアタックカンタならば、
希望とファイティングチョコレート、
祭典は即ライブ極秘ライフ ラブライブ サプライズ、
でも行動騒動総動員、
イメージチェケラー、きめーしせめーな。
心狭い生き方、ラップビジネスも一致です。
いいですそんな苺さん。
ファイヤーメロンとメロンパンナのメロメロパンチだ。
段違いのパンチライン、そこらのパンチラより魅力的だ。
ロックがドープなら、トップロープでルールブック、
記憶、遅刻、至極当然、観客騒然、公然でラップやるボブ・サップにも勝つ。
究極的なまでのメロメロなメロディ、
動かす心に、繰り出すファイヤー、
ワイヤーなサイダー、
理解できない視界に入らない。
依頼をできない嫌いになれない宇宙、
ロックンローラーなファイティングドリーマー、
色とりどりなドキドキだ。
ロックしているロックリー、
果てしなさと宇宙の夢中な暴走、夢うつつの昼下がり、
ぐるっと回って宇宙はケセラセラ、
君たちは今すぐにでもワンダーランド、
追憶の日々が響かせるドリーム、
いからせるバックオーライ、
ダンクシュートも意に介せず、
白熱カツレツ卓越する、
メロディはけろけろに。
大好き展開、ライスに免罪符、
ダイス転がして、恐ろしい気がして、
バックトゥーザフューチャー、
むしろデイアフタートゥモロー、
転がすこの心、無花果のような内に秘めた美味しさ。

楽しい未来を預けているから、
ロックンロールなファンタジスタ、
永遠を越えるなら、
素敵なメロディにぶちかまされるなら、
勇気、その希望。
ワンダーランドを奇跡と呼んだ、
素敵なヒーローは今もまだ歪に、
行動してなお、クラッシュするみたいに。
歴史的ドリームをあぶく銭にするように、
俺たちは可哀想だけどかわいい。そうだろ?
果てしない魅力がワンダーランドならば、
記憶とメッセージ、超越するミステリー。
興味が無かったとしても、ララバイ、体感速度だ。
大好きな展開が喜んでいる。
奇妙なファンタジーに、
嘘や偽りを放ち続けるなら、
理想、チェンジ、曖昧だ。
大切、言葉、
メッセンジャーがリライトする、
ハッピーライセンスすら、
栄光、永劫すらも、
ファンタジーアイランド、
夢中に暴走したとしても、
記憶とメロディ、
憂鬱なファイヤーが望み続ける。
果てしない行動の果てに、
魅力的メロディが踊りだす。
空間ファンタジー、
宇宙に暴走させられても、
刻んだストーリーは、
それなりに歌える恥ずかしさ、
メロディが突っ走るなら、
勢いとメリーゴーランドなメリー号。
素敵なファンタスティックに対して、
運命や魅力が伝わるなら、
希望とその最高峰、
記憶が新しいメッセージを、
宇宙を記録しそうだから、
半端なく痛々しくなったとしても、
嫌いになったとしても、
努力、ファンタジーと共に憂鬱が始まってしまう。
それは理屈じゃなかった。
極めることに対する意味、
行動ロックンローラー、
イメージチョコレートにしてくれるのかい?
曖昧なこの僕の鼓動にすら、
ワンダーランドを見つめてくれるのかい?
歪な展開は愛し続けるだろう。
奇妙さを、歌いだすファンキーを。
リピートアンサーなメッセージを、
連ねる最高峰、
いたちごっこだったとしても、
究極性はそれをまた越えてワンダーランド、
ミュージックはファイヤータイムを望むだろう。
空間のビリーバーは、
栄光を探してくれているはずだから、
奇妙なメリーゴーランド、
宇宙を暴走させるまで、
どっかにいかないと誓ったんだ。
東に上る太陽、
宇宙を駆け巡れ、
果てしない距離を憂鬱に、
可能性はビーボーイ、
果てしない究極性すら、
リズムをぶっちゃけ面白いメロディを作ってしまう。
夢中になる為に暴走、
想像力ですら意味不明になってしまうほどの、
記憶はファンタジー、ララバイを抵抗させる、
ミラクルを伝えて諦めさせる。
空虚な空間は理想像。
体感温度を爆竹の速度で、
宇宙が広がるスピードで、負けねえと叫んだ。
極めれば極めるほどに、
素敵なものは嘘を卓越するように、
リライトしている今回は、
炸裂するダンスと共に、
昨日の影響、ぶっ飛んだ価値観。
ブルースに対する興味を償うだけで、僕は精一杯なの。
ヒップホップなチェンジング、
理想が超越してくれるなら、
曖昧な僕の言葉すら、
映像的なコミュニティすらも、
栄光をワンダーランドに、
記憶がメッセージになってしまうなら、
炸裂するリピートになっても、
極め続ける最高峰に対して、
リライトし続ける天才は、
踊り続ける。
運命が聴こえる。
ダンスフィールドに、
価値が許される限り。
アタックするワロロンチアワールド、
歴史的ドリームを、追及した新しさを、
ドリームに描かせた究極に対して、
曖昧なレスポンスであったから、
ファンタジーアイランドは夢中になったんだ。
暴走は想像通りだ。
宇宙を差し出して、嫌いになるくらいだ。
ロックンロールなハニーが、
エイトビートが、それらを嫌うなら、
仕方ない一面も存在するかもしれない。
でもね。勇気は自由を求めてる。
希望とファイヤー、そのままを描くなら、
大切にしなきゃならないことも沢山あるんだよ。
ファンキーリズム、サクセス影響力、
ぶっ飛んだ価値観、ブルース、チェケラッチョ、
歌いだせる、人の間に人間がある。
ラップスタイル、変更しているラブリー、
興味がサクセスするなら、
ワンダーランドすらミュージックに変えていくだろう。
最高が答え合わせをするなら、
魅力と次の段階。
ドリームとドリーマーは、
違う世界を描き続ける。
果てしない空虚さでも、
リライトするメッセージが慌ただしく、
未来を作り出すなら、
健康な芳香剤、
素敵な未来と調節するワンダーランド、
記憶がメロディになってくれるなら、
ファンタジスタと栄光を越えてくれる。
魅力はエレガントに、
頂戴できるように。
曖昧な伝説、
愉快さをファンタジーにするために、
空虚なリズミカル、
栄光のビジネスライフ、
トークバックしてくれるなら、
そのイメージに調整する誰かがいるなら、
ケセラセラと共にワンダーランド、
宇宙を方向で持っていきたい。
理想はチェケラッチョファンタジーだったから、
宇宙の方向も決まったようなもんさ。
リズミカルなエイトビート共に、
ラックの種をまき散らし、
空間はファンタジーを越えていく。
歴史的ドリームを描いたら、
究極性すらファンタジーにさせてしまうんだろう?
空虚だねえ、ひたすらに真っすぐだ。
煌めくファンタジーだ。
永遠が教えてくれるドリームだ。
どうか、どうか、歯がゆさに勝ちますように。
希望と、それらの生み出すファンタジー、
越えていけるなら、
希望にすらなれるんだぜ。
無し崩し的な恋愛ストーリーは、
それらを歯がゆくさせるように。
イメージ映像は、大切さをドリームにして、
描きまくるように。
それはまるでダンスをするように、
勢いでふざけていたから、
ミュージックパーティはエンドレスだったのさ。
クォリティが異次元ならば、半端ないならば。
リズムがサクセスへの、軌道を笑って儚く散らしている。
ファンキーにドライバーに、
追及するなら、
そのミステリーすらも愛せてしまうのかい?
奇妙過ぎるメロディと、
突っ走った感覚すら愛せるようになる為に、
空間はビリーバーなエイトビートだよ。
美しい魅力がダンスするなら、
栄光とワンダーランド、
嘘みたいな奇跡を。
巻き起こしてそれでも素敵に、
ファイナルアンサーを呟けるように。
正しさとワンダーランド、
未知数が暴れ出すぜ。
空間、空虚なメッセージを
頂いてしまう。
リズミカルなファンタジーは、
そのままで宇宙を方向性にしたままで、
クラッシュしてエンジョイするまで、
記憶はメロディ、突っ走る感覚だ、
ブルース、チェケラーファンタジー、
行動歴史、ファンタジー、ジェットコースター、
リズム、炸裂するワンダーランド、
トップオブザランナー、
気象衛星に素敵になることが分かっているなら、
刻んだそのストーリー、
メリーゴーランドな宇宙すらほだされて、
ラッキーフェスティバルの運命を。
奇行を、大好きなチェンジングを、
サクセスに変える為の魅力?
理想がチェケラーしているなら、
究極的リズムすら愛するべきだ。
奇妙な偶然が新しさを望みだす。
クッキーが、空気を乱すなら。
健康的ラブリー、ホーホケキョだから。
意味不明な伝説が、
やってくるはずだから。
奇妙なワンダーランドに満たされて、
それでも痛々しい魅力を伝えてくれるなら、
希望とファンタジー、
宇宙の遭遇に、
ファンタジスタすら共鳴できる伝説に、
未来を永劫と時を跳ねるまで素敵になりたい。
極めることに対して抵抗したい。
ミラクルを頂戴して、潔く健康的に。
キックアンドディフェンス、
未来を越えていくなら、
炸裂マイダンス、
宇宙の広がりを見つめるように、
空気感は自由に、それなりにあるように。
大切なドリーム、それすら嘘にする為に。
空虚なメッセージ、
いたちごっこはファイヤーを望むよ。
レスポンスはそれなりにラッキーでハッピー、
後ろめたさも天才的なくらいに、
クラッシュするエイトビートは、
煌めいている。ときめいている。
大好きな天才と共に、
宇宙をラスベガスにする為に。
理想、チェケラーするファンタジー、
越えていくミステリー。
ロックンロールフィーバーが、
細切れ劇場、
ファイナルステージが展開されてしまう前に、
理屈はコミカルなファンタジー、
歌声を高らかに宣言するなら、
宇宙地震に対する歴史、
邂逅のサクセストゥモロー、
エンジョイするならミラクルすら明日に展開させたい。
未来が魅力的な、
健康的な炸裂ミュージックを改めるなら、
記憶と大好きな天才、展開、
ロマンロックと愛おしさ、
貫いたはくしょん大魔王は、
貫く伝説にすら、
ファイティングポーズをしてしまったから、
空気感が違ったから、
ファンタジーアイランドを見つめたはずだから。
奇妙なメッセージ、
それは潔さすら携えていて、
だから奇妙だなあ。
面白いくらいにラブリーだなあ。
ラブリーハートが満ち溢れるじゃないか。
ラップメッセンジャー、
クォリティも戦いの恥ずかしさに、
酔うように、素敵なメロディに反復させるように、
記憶はそれでいてワンダーランド、
ケセラセラな歌声を、
ファンキーなリズムにさせてくれるから。
気合いでメッセージは、宇宙を見上げるはずだから。
奇妙さとメロディ、
うつ伏せになったファイヤーモンスター。
希望とその戦いは、
未来を超越するように、
ダンスでもするように、
空間を笑い飛ばしていくから、
歴史的ファンタジーは声を高らかに、
宣言しながら笑ってホーホケキョになっていくんだよ。
それでも伝え方が分からなかったんだね。
奇妙なメッセージ、
それと共に生きるなら、
空気感を抱きしめる、
超絶的にかわいいなら、
レスポンスと空気を望むしかないだろう?
奇妙過ぎるメロディと、
突っ走るアンサーすら疑うなら、
ファンキーなメロディにすらなれる力がほしいんだよ。
リピートマイダンサー、
クォリティが一途なら、
素敵さが反復するなら、
記憶と共に宇宙を捧げたいなら、
記憶、メッセージ、
歴史的メロディ、突っ走る永遠が踊り続ける。
果てしない距離を、
正しさと、メリーゴーランド、
宇宙を崩壊させるほどの
エネルギー、突っ走ったら伝説にすらなれそうな。
期待値が上がっていきそうな、
ダンスはフォーエバー、
価値を許すが如く。
イメージするチョコレートダンスだ。
理解するためのファンタジー、
歴史的ドリーム、描いたなら究極性すら、
ファンタジーすら乗り越えて、
理解を越えて、素敵さを越えて、
リズムはイズムを書きなぐっていく。
理想と調節、超越してミステリーを呼び込むなら、
大好きな展開にすら未来を預けられるはずさ。
大好きな展開と天才が、
メリーを美しく彩るなら、
リピート、サクセスするワンダーランド、
記憶がメッセージになるなら、
理解とファンタジー、憂鬱なファンタジスタ、
未来を協力してくれるドリーマーすら、
栄光のユーロビートを叶えさせる為に。
リピートするダンサーになってはみても、
記憶の方法は変わらねえ。
ダンスし続ける鹿意味がねえ。
蹴っ飛ばせ、ゲットマネー、
蹴っ飛ばした歌詞でゲットマネー。
白熱するルーキーチャンス、
リピーターとダンサー、
宇宙の向こう側すら笑ってくれるために、
希望とホーホケキョ、リピートするマイダンサー、
クォリティすら一途に、
ファイターはジェットコースターアンサー。
ロックンローラーなチェンジング、
ストレートじゃないことが
痛ましいなら、
空間的ラブリー、それらがホーホケキョならば、
記憶とメッセージ、宇宙を、
見出す価値観を、ブルースなチェケラッチョを、
生み出したならその価値観、
メロディが美しく、
ドリーマーにチャンスを浴びせるなら、
開拓する次の文化、
果てしない魅力すら、
ワンダーランドなチョコレートすら、
スクワットな広がる伝説、
ミラクルを伝えてくれるなら、
ドリーマーは描く為に。
空虚なメッセージ、
いたちごっこにする為に、
空虚なメッセージ、
愛おしさで貫いた。
世界観を愛するための、
希望がファイティングしている。
それでもドリーマー、
栄光を探してくれるなら、
曖昧な伝説に嘘をつくなら、
大好きで大切すぎる。
意味不明なメッセージ、
共鳴しながらも、ワンダーランドを、
サクセスの次の舞台、
儚くも揺れる最高峰、
そんなことはもう言いたくないのさ。
ラブリーゲームを歌うなら、
空間に対しラブリーハッピーを見せつけるなら、
その鼓動、ワンダフォーアイランド、
夢中に暴走する為に、
クレイジーなトークをする為に、
希望が丘、
素敵なメロディで突っ走る為に、
勢いとワンダフォーなアイランド、
夢中に暴走していても、
炸裂しているサクセスには勝てそうにないから。
魅力的ファンタジーだったとしても、
憂鬱なファクトリーは願い出す。
世界観と思想と理想、
追及するための、ドリーマーと栄冠。
素敵なファンタジーすら壊して思い出すなら、
ファンタジーすら永遠なるジェットコースター、
アンサーを越えて正しくなりたいなら、
空虚な理想、大切さとドリーマー、
栄光がワンダーランドになる為に、
憂鬱なファイターは、
ロマンスを感じて、ラッキーフェスティバルを。
ブルース、イメージする展開、
魅力的な行動、サスペンスを乗り越えてまで、
ニシヘヒガシヘ、
伝えても分からないなら、
魅力がファンタジーになるしかないじゃないか。
イメージがチョコレートになるなら、
宇宙の暴走、サクセスする次のトゥモローすら、
ファイナルアンサー、道徳、未来地図、
大好きな天才と展開に、
リップスライム、世界観すら愛してしまうなら、
空間、ベリーナイスな宇宙すら、
ファンタジーすら越えて、
リズミカルなダンサーは。
リピートするためのメッセンジャー、
クラッシュする天才を望むなら、
空間、それらはベリーナイス、
いたちごっこなファンタジーを、
越えてなお突き進むワンダーランドを、
未知数で行動させたい。
魅力で奇跡を巻き込みたいから。
憂鬱なファンタジー、超えてなお煌めき続ける。
曖昧なダンスは、宇宙を想像するように。
リピーターとメッセージ、
生きるためのクォリティすら、
一途なファイターにしてしまうのかい?
リズミカルなダンサーは、
それでも協力してくれるのかい?
曖昧なダンサーと共に、
憂鬱なファンタジーを越えてくれるなら、
記憶、メロディで突っ走る為に、
空虚なメロディは、美しきドリームを思い出させてくれる。
ファンタジスタな未来を越える為に、
ファンタジーはジェットコースターアンサーを求めだす。
クラッシュしていく次の展開に、
リピートする伝説に、
未来を預けだすなら、
価値すら愉快になってくれるだろう。
ファンキーなリズム、エイトビートが栄光を白熱させるなら。
奇妙なワンダフォーに、貫く愛おしさすらなかったとしても。
記憶はメロディ、ワンダーランドを満たしてくれる。
記憶がワンダーランドを、
リピートするアンサー、
じり貧でもその意味に対する行動力、
見せつけた感動と理解を放つ、
リアリズムと最高を歌いだす。
謙虚なビリーブにエイトビートが望むなら、
いっそのこと教えてやろう。
ミステリーワンダーランドの越えていく可能性。
歪なその展開すらも、
キュートなイズムすらも、
全て輝く可能性があるってことを、
自らで見つけてあげよう。
素敵なコンテンツが、ワールドをテキサスにするなら、
究極的ドリーム、
描いてなお、突き抜ける伝説という名前の闇。
感覚、絨毯コースだけでは、
未来を見出せないという。
恥ずかしいけれどちょっとだけ本気だ。
リアリズム、この光景を笑いたいか?
イメージ、チョコレートダンスだから、
意味不明なトークは続けるしか未来がなくなった。
引き返す道が消えていく。
ファイナルファンタジーは歌声になるが如く、
意味不明なトークアバウト。
リピートダンサーが、
意味不明に行動の果てを導いていく。
理想的展開が嘘をつくなら、
伝説的フィールドにすら、
曖昧さを願いだせるべきなんだ。
空虚に伝えるメッセージがそれらを拒むなら、
ストーリーは明らかに、
ミステリードリームを夢見させるべきなんだ。
それこそがハイクォリティだから。
ワンダーランドはサクセスする為に
存在しているようなものだから。
奇妙なファンタジー、閉じ込められた空気感と、
理想は超越する為に。
希望とファンタジーアイランド、
夢中に暴走したとしても、
クォリティはまだまだ待たない。
リライトするメッセージが、
クォリティを求めてまだまだ彷徨うなら、
ストーリーとメッセージ、
貫いた馬鹿馬鹿しさ、
ドリーマーと描いた究極は、
リズムとサクセス、ワンダーランドはチョコレートダンスだ。
宇宙を崩壊させるようなリズム、
最果てのときめきを描き出してくれる。
破滅の音量をミステリーにするための、
究極的メッセージですら、
栄光を翻し、宇宙の翻訳ロケットチョコレートになってしまう。
リズムが共生して共鳴するなら、
ダンスホールで踊り続けるあの子の愉快さ。
それでもファンキーを伝え始める、
空気感が理想を調節してくれる。
記憶とユートピアは、サクセスへの扉を儚く散らすように。
ファンキーなリズムすらも、栄光、
ワンダーランドへの奇跡を望むよりも。
それよりも素敵な、
今回は必要とされた、
それはまるでまるもっこり。
理解が究極的に、
エレガントがメッセージになるとしたら、
宇宙のこの虚無ですら、永久に対して無意味じゃない。
理解がファンタジー、それでも越えていきたいと願うこと自体は、
メロディを白昼夢にしながら、
疑いを込めて、
ラスベガスを体感していくから。
理想的超越性がそれらを可能にしたんだ。
宇宙の崩壊、そして誕生、
ミラクルを意味する無限と無限を食べる異次元の存在。
高次元の生命にとってはこの宇宙の無限は無限じゃない。
限界があるんだよ。なんだってな。
それすら越えていく、
ある意味でトーク力、
歪な歴史に羽衣に糸を通すような。
ファイナルステージにうつつを抜かすなら、
素敵なファンタジーすらも、
リピートするメッセンジャー、
宇宙が目指すメッセージと、
その炸裂に対する運命の違いを。
ホーホケキョなラスベガスを、
伝えて間もない希望のダンスを。
イメージしてなお、
繋げるチョコレートソングを。
歌い上げて、それでも止まらない。
究極性がまとまらないんだ。
理屈、それらが生むファンタジー、
越えてなお、越えていけ。
ラスベガス、その傾向すら。
失われたらその力技すら、
ファイトし続ける運命すらも、
エイトビートを嫌い続けて、
パーティをエンドレスにしてしまうのかい?
ビリーバーはそれらを目指すんだろうか。
興味と、鬱蒼と生い茂る森は、
大切なドリーマーすら、
栄光のユーロビートすら、
永劫、ミュージック、
それらが生み出すキャパシティすら、
エンドレスな開拓文化に、
興味があろうとなかろうと、
不思議なエンジョイ、
リライトするメッセージ、サクセスワンダーランドに、
希望の方向性すらも分からなくなるほどに。
ラップスタイルはエンジョイしていくのかい?
ラフランスがそれらを求めたんだ。
仕方ないっちゃあ仕方ないだろう?
空中のマカンコウサッポウだけじゃ果てしなさが永久に
ならないってことか。ラップスタイルがエンジョイするしかないからね。
だからこそ、ミュージックはアポイントになってしまったんだ。
リピート、それらが織りなすメッセンジャーワールド。
奇跡のように笑う。奇跡のように歌う。
カサカサの心が握りしめられていく。
理想、超越、感覚、鼓動。
果てしない魅力を追随してなお、
綺麗さはメロディを作り始める。
リズミカルな影響力、
突っ走ったらエレガントになるしかねえ。
努力の生み出すメッセージ、
偽りが天才的ならば、
エイトビートとキスマイセルフ、
ラブリーゲームで愛おしさが追及させられていく。
記憶とメロディ、ワンダーランドを満たしてくれるなら、
記憶とユートピア、サクセスするための
運命をくれよ。大胆不敵な行動かい?
ロマンロックとチェンジしてしまう理屈だ。
ファンタジーアースが見つめて見つけてくれるなら、
記憶とユートピア、
炸裂するワンダーランドすらも、
映像的コミュニティすらも。
栄冠をサクセスに鼓動的に、
メッセージを追及してくれるなら、
曖昧な錯綜ですら、
栄光のユーロビートでさえも。
リズミカルが、エイトビートに対する狼煙をあげる。
それはそれは素敵で、メリーゴーランド、
愉快で仕方なくて、
ビリーバーはチャンスをほしがった。
運命が嫌いになったから、
イメージを調整するミラクルさえも、
イズム、それらの照らし出すリズムさえも、
希望、破壊兵器?
ワンダーランドをサクセスさせるまで、
究極的なミステリーで、
伝説を織りなすんだ。
活動する展開、天才的ドリームを、
描いてなお究極的にさせるリズムを、
最果てを、鼓動の巻き起こす行動を。
レスポンスでハッピーになっていく理解力を。
メッセージを、貫いてまだまだ痛々しい、
ラベルに貼られたイメージを。
リピートするならメッセンジャー、
それのみでは生きられない単体生物だったとしても、
記憶はメロディ、憂鬱なハニービートに、
サクセスして炸裂するワンダフォーアイランド。
夢中に暴走できるとしたら、
運命をチョコレートソングに、
宇宙をコミカルに、
歌いだせるケセラセラが生きているから。
ドリーマーなチャンスが、
ブギウギな発表会を控えているから。
ダンスフォーユーな価値観ならば、
エイトビートが奇跡をみせるから。
大胆不敵な行動の果てに、
ミラクルと追及のその果てに、
未来像、退屈なキャパシティと共に、
憂鬱なファンタジー、
越えてなお煌めき続けるエイトビートを。
立派だ。差し出す影響を、
あるいはその栄光を、
見出して、それでも止まらないメッセージを。
記憶させて、ドリーマーの彼方に、
やっぱり持ち運ぶ栄光は、
貫く世界観や、理想、超越、
強熱するファンタジーすらも、感覚すらも、
栄光のユーロビート、
重ね合わせの距離が生み出すように、
価値は揺らぎながら本当を探し始めるだろう。
それは奇妙だから。
愛おしいメロディがファンタジーだから、
憂鬱なその鼓動、
ワンダフォーライフと共に、
憂鬱なハッピーがやってくる。
ミラクルに失礼に、
大胆不敵な行動を重ね合わせるなら、
大好きな天使たち、
ミュージックは歌い続ける。
記憶のマイメロディを。メモリーを。
未来がキュートならば、
栄光がメロディに対して嘘をつくならば、
ファンタジーアース、夢中に暴走するまで、
栄光を手に入れてみせるから。
謙虚なヒーローは、
サクセスワンダーランドを、
希望と崩壊していくリズムになってまで、
スモーキーなストーリーを、
生み出してなお煌めき続けるエイトビートを。
跳ね飛ばす最高峰を、
イメージする調整に対しても、
ラスベガス、行動のロックンローラー。
パーティとエンジョイ、
ミラクルを伝えてくれるなら、
ファンタジー、メリーメリーなら、
鬱陶しいほどのファンタジーを、
行動で失わせるその記憶を、メロディを、
突っ走ったらいいのかい?
それでも愛おしさは追及させてくれる。
メロディはワンダーランドなんだ。
究極的なリズムと共に、
知の覚醒、ビリーバーの炸裂ワンダフォーすら、
永劫、適当、悲しい可能性、
簒奪の海、価値観ブルース、
栄光がビジネスライフ、
それでもとめどなく流れる希望という名前の海。
大胆不敵な行動と共に、
嘘偽りを面白いと思わなかった
リズムが、炸裂が、
確かにそこにはあったという。
理解、ファンタジー、
共鳴するダンサー。
リズム、炸裂するならマイメロディ、
宇宙を差し出してくれる、
運命すら嫌いになってしまったの?
希望とファンタジー、宇宙の舞い戻るジェットコースターは
アンサーを届けてくれる。
曖昧な伝説はそれらを笑うだろう。
行動的ロックンローラーすら、
永劫の栄光を連ねているのにね。
それが悲しいと、メロディは虚ろに望みだすはずなんだよ。
ケセラセラなワンダーランドが動き出している。
ファンキーなリズムと共に、
憂鬱なファイヤーが火を灯されるなら、
空間的ビリーバー、
ジャスティスを攻撃してまで、
影響力、ぶっ壊れたヒップホップになってまで、
炸裂するマイダンスは、
憂鬱な可能性をはねのけるように。
活動する世界観、
思想の次の展開。
リップスライム、
世界観が歌ってくれるなら、
ファンタジーアイランド、
夢中に暴走したとしても、
記録的なハッピーがやってきたとしても、
クォリティはワンダーランド、
奇跡を巻き起こせたとしても、
リアルなフューチャー。それでもどこまでもドリーマー。
影響を、永久に感じてなお。
突き進むワンダーランド、
奇跡を巻き起こす宇宙の端っこにいる。
ダンスフォーエバー、
力技で失う為に。
リライトする為に。
インターナショナルな鼓動が、
ワンダーランドをミステリーにするたびに、
クォリティ、ワンダーランドを見せる為に。
歪な展開に、ロックンロールな生きがいを求め始める。
空気感が異常気象なら、憂鬱なファイトも
見世物小屋にしてくれるはずだ。
奇妙なワンダーランドが見せてくれるなら、
歪な世界観にすら、大して、
永劫のサクセスアップなトゥモロー、
エンジョイするトゥモロー、
栄光のビジネスライフだ。
感覚的永劫がサクセスを求めているなら、
記憶とユートピア、ジャッジメントが貫くための。
希望はアホらしいほどドリーマーになっていく。
炸裂ワンダーランドは、記憶と共に更に愉快に。
ビリーバーはそれのエイトビート、
ミュージックがファイトし続けるなら、
運命という適当さで、
メリージャッジメントを刻んでくれよ。
ハーモニーが歌いだすなら、俺はそれ以上の注文をしねえ。
勢いが大切だという。
メロディは宇宙、崩壊するリズムすら、
開拓する次の文化。
果てしなさがメロディを生み出すぜ。
価値がユートピアならば、
叫ばせるエンジョイに対して、
メロディが曖昧なら。
イメージみたいな、
ライクライクが迸る。
永遠を伝えても、ファンキーなマシンは
疑いまくるだろう。
だから伝説を。
未来は伝える為に。
希望と炸裂に協力的に、
ファイナルアンサーになって呟いてくれるなら、
ファンタジーアースですらも、
永劫、この距離、宇宙の指し示す方角へと、
イメージは超えていったんだ。
それは極めてファンキーだったから、
みんな驚いたんだぜ。
歴史的ファンタジーが、
超能力を見せつけているみたいだったから。
疑うことすら馬鹿馬鹿しく思えたんだ。
大切?理解者への、ドリーム。
追憶の扉が開かれるのは、
嘘という展開に天才的に飽き飽きしてきたから。
ドリームがチャンスを生み、白昼夢を伝説にするなら。
空虚なメッセージすら嘘に変えてしまうのかい?
リピートダンサーがメッセージを目指すなら、
行為自体を継承する動きがあってもいいものだが。
そこに炸裂する意味を越えていきたいんだろう?
ファンキーならば歴史を弔い出すしかないかもな。
そこに対するビリーバーに対する挑戦権だろう?
発表を待っていることは分かっている。
それでも目指す場所を探しているんだろう?
空虚なのはどっちだよ。
ミステリーに対する興味、
歴史というサプライズ、
意味不明でもどうにかしたかった。
未来を伝えているのはファンキーな歌いだしだろう?
興味があるんだよ。
素敵だろう?ハニー?
歌声高らかに、素晴らしいトークならば、
勢いでワンダーランドになるほどに。
ヒップホップな意味不明が、
ダンスしてそれでも取り戻す勇気を蔓延るなら、
素敵なメッセージすら、偽りすら、
健康的なドリームにさせてしまうんだ。
その悲しさが分かるか。その愛しさが分かるか。
未来を伝えたら、ファンキーにしかならなかった。
イメージをチョコレートにしてしまったら、
疑うことさえ爆笑してしまったんだ。
リズム、炸裂するワンダフォーだったとしても、
無花果、ファイヤーサインなんだ。
伝わっている記憶、メロディ、疑い、ハイクローン、
メッセージ、共鳴するダンサー、
疑いが始まる究極的リズム、
リズムと共に炸裂するなら、
その希望と共に、ミュージックはファイヤーステーション。
生まれ続ける言葉たちに祝福を、
カテゴライズする意味不明に対して栄光を。
リズミカルなワンダフォーと、
ワンダーランドを満たしてくれる、
記憶とメッセージは、超越してくれる。
ハーモニーは非常に疑わしい。
記憶とメロディ、憂鬱な破壊光線だったから。
意味不明でも、教えて欲しかった。
未来を呟けなかったから。
素敵なメロディ、マイメロディ、突っ走ったら記憶にすらなれないの?
大好きな展開、サクセスミュージックに、
居候する展開ならば、嘘を炸裂させてあげよう。
リピートするアンサーが頂戴してしまうなら、
僕はどこへ向かえばいいの。
ひたすらが声高らかに、
生み出す方向性を笑い始めている。
空間的リピートと、
ダンサー、強烈なファイヤーになる如く、
意味不明な体感温度だ。
ブルースがチェケラーならば、
その瞬間、ロックンロールは全てを吹き飛ばしたから。
人生のハツラツの中で弾けるラブライバー。
栄光?ビジネス?何言っちゃってんのwwwwwwww
カテゴライズ、世界観、
未来に大好きだと!!!栄光のビジネスライフがあああ!
突破するメッセージ?記憶は愉快や愉快!半端ない楽しさ!
究極的なまでのミステリーが、俺を追いかけて
チョモランマにしてくれるぜ!
育み続ける。その鼓動は高鳴り続ける。
永遠が、未来が喜ぶ。
ロックンロール・システムが行動を示してくれるぜ!
記憶とワンダフォー!栄光がビジネスライフだぜ!
機関銃を打ちまくるのかい?
ダンスはフォーエバー、力強さすら感じさせてくれるぜ。
半端ない反復運動の更に向こう側に君がいるなら。
理解、ファンタジー、超能力。
宇宙を差し出せる方向に対して、
未来、ワンダーランド、奇跡のような恋愛を。
素敵、ファンタジー、未来をよろしく言ってあげといてね。
記憶、メロディ、宇宙を頼み込む。
その向こうに君がいた。そこに明日が待っていた。
リミット、ジェットコースターアンサーが、
希望的観測が、宇宙すらも、
栄光の永劫を伝えてくれるなら。
記憶というユートピア。
大切さが彩りを、
メッセンジャーがチューズしていくラビリンスを。
希望とファイター、失われたら記憶にしかなれねえ。
ダンスフォーエバーならば、価値観というユールックに、
興味がサクセスしていく。
クッキーワークスすら未来を食べてしまう。
急上昇、炸裂してもワンダフォーだから。
美しさはコミカルにミラクルに、
素敵なファンタジーを予兆させてくれている。
記憶というメロディが優しく風景を包み込む。
その音色に、音に、壊れそうになりそうな心に。
最高潮、メッセージが連なる。
世界観に対して、レベルアップを求めるなら、
理解はフュージョン、歴史的ドリームを、
描いてなお必要性のドリーマーに、
炸裂するワンダーランドを希望してくれるなら。
曖昧な記憶と、ワンダーランドは見つめてくれる。
起床をイメージしても、
レベルがアップしてダウンチョコレートになっても、
ロックンロールはハートフルディフェンスを、
メロディは突っ走る為の記憶の為に。
理由なき言動、
システムが凋落を走り続ける。
ロックンローラーパーティを、
エンドレスに求めたら始まるものでもあるのかい?
刻んだらストーリーは影響力。
突っ走ったら伝説にすらなれない。
ことごとく面白い大切さに、
希望とかフューチャー、
アイランドに夢中になっても暴走し続けるの。
理解力とメッセージが、貫くファイター、
失われたら努力にすらなれないの?
ことごとく嫌うあなたに、
イズムと吐き散らす、栄光のビジネスライフが。
卓越、格別、白熱して炸裂。
言葉の裏側を、探し続ける僕らのイメージの正体とは。
刻んだらストーリー、
マイメロディが突っ走るから。
伝説的ミュージックを、
儚さで食らっちまいな。
ダンスは忌々しいフォーエバー、
理解力とメッセージを貫いて、
どこまでも勢いをファンタジーにするために、
記憶とワンダーランド、
大切な究極性だったから、
イメージすら突っ走ったんだ。
ヒップホップで、チェンジングすることがミステリーなら。
興味とシステム、最高潮なイメージと、
挑戦してくれるファイティング、
理想が超越しても、ミラクルは栄光を連れてくる。
希望とファイヤー、それでも愛しさは突き抜けていく。
理想像、その展開にメリーは嘘をつく。
大好きだから、ミステリーにすら興味を示したんだね。
究極的な程のミステリーだけが、
僕を癒してくれる気がした。
ファンキーなリズムとエイトビート。
メッセージが貫くなら、ひたすらを新しくさせる。
奇妙過ぎるメッセージは、
偽りと共に止まらない究極性に。
ロックンロールなファイターを宴に、
極め続ける最高峰の意味とは一体。
炸裂する、ミュージック。
重ね着、炸裂するワンダーランドを、
奇跡と思って灯しだしても、
ミラクルは超越しないという。
そのラッキーフェスティバルに、
運命をあてがって、
それでもクォリティはそれらを求めているだなんて。
希望とポテトパニック、
嘘を炸裂するというのは。
リップスライムな世界観に、
鼓動を合わせて、それでも必要とするなら。
魅力的ワンダーランド、
ケセラセラが歌い続ける。
羅列を虚無にする宇宙の、
最高潮なイメージが調整してくれるなら、
段階はとっくに踏み外している。

ミスがメッセージになっていく。
ロックンロールファイターが、
ロマンチストを望んでくれるなら、
記憶と、それのみを愉快にさせてくれる
メッセージすら、強烈なファイヤーになってしまう、
理屈とリズムすら、越えていくファンタジー。
理解がファンタジーを連れてきた。
メッセージがチョコレートになったとしても、
記憶はメッセージにすらなれない。
なぜだか分かるかい?ハニー。
エイトビートがケセラセラなら。
歌声さえも高らかに。
メッセンジャーと共にトークし続ける。
永遠が鼓動を現していく。
理屈がリズムをファンタジーにさせるなら、
強烈なファイヤーにすら、
ロスレスがファンタジーならば、
希望というフューチャー、
それでも取り戻す、記憶という海。
落札パーティなエンドレスな希望すらも、
リピートするメッセンジャーすらも、
栄光を希望してくれるなら、
破滅的展開は、
ミステリーに対して興味を引くのかい?
ダンスフォーエバーが価値観ならば、
栄光と影響力、
ぶっ飛んだ世界観すら、
愛される共鳴に、
ワンダフォーにさせる為に。
その喜びを、
けたたましくさせてくれる。
ハーマイオニー、
大切さとドリーマー、
栄光をビジネスライフにする為に、
究極的なまでのレスポンス、
クォリティと異常でも、素敵ファンタジー、
もっと溢れる究極性、
止まらない。ほまれだよ。
ラッキーフェスティバルは永遠なのかい?
刻んだストーリー、
叩き込む永遠すら存在しないなら、
奇妙過ぎるメロディに全てを預けるのか?
ファイナルアンサーであれば、自由に呟けるとでも思ったか?
ブルースはチェケラッチョファンタジーなのさ。
宇宙に顔向けできねー奴がまけるんだ。
極めるなら最高峰だろう?
痛みが最高なら、永久と教える為にな。
果てしなく破天荒にしてやるよ。
ファンキーなリズムに酔っていたいんだろう?
サクセスワンダーランドが全てを満たすまで、
いいさ、好きにやれ。解放してやる。
メロディは漆黒の宇宙、
ゴーカートを引き継ぐように、
ファイナルアンサーは記憶してくれるはずさ。リライトしな。
リズムがサクセスしている。
それでも言いたいんだ。
僕は書き続けたいんだよ。
それこそが最高なんだ。
憂鬱でも、パーティなんだ。
エンドレスな気持ちに拍車をかける。
イメージが調整されている未来すら、
笑える力があるから。
大好きなんだよ。結局はね。
ライクキャパシティなんだ。
必要性のドリームが歌うんだよ。
リズムを体感、
ブルースをチェケラッチョにしてしまうなら、
究極的メロディすら、
偽りを世界観にしてしまうのかい?
刻むストーリー、
エンドレスが求めるならいっそのこと。
炸裂するマイダンスすら、
栄光すら、それらが生み出すワンダーランドを、
気象衛星で体感させよう。
メロディは突っ走る永遠にすらなってくれる。
曖昧な地平線の彼方、
宇宙の飛行船のいざこざすら、
ファンキーなリズムで歌うから。
歴史的ファンタジー、調節して挑戦、
ミラクルな興味が、歌っているなら、
ファンキードリームと共に、
サプライズ、世界観になったとしても、
不思議な魅力で溢れるのさ。
素敵なフュージョンを見せてくれよ。
爆笑神様よ。
ロッケンロー、頂きを差し出すんだろう?
究極的メロディならば、
突っ走る伝説として、勢いをワンダーランドにしたか?
憂鬱なファイヤーは物語るのさ。
居候の天才をな。
刻むストーリーが嘘をつくなら、
いいだろう、最高峰を見せてやる。
空虚な空間にリライトさせられるくらいなら、
白熱するルーキーと共に、
チャンスをビリーバーにさせてやるからよ。
ハーモニーは疑いか?
ファンタジーアイランドが夢中なら、
その暴走ですらも愛おしいのか?
おい、はっきりしろよ。ミステリーは
最高のみを扱ってるわけじゃないだろ?
空間的ビリーバーがチャンスなら、
栄光すら差し出せたはずだ。
大切?言葉が究極性を、
リズムとイズムで最果てを壊すなら、
勢い、それをマイノリティに動かす。
ファイナルアンサーは侮辱されたのか?
希望とファンタジー、憂鬱でも仕方ないさ。
ファンキーなメッセージと共に、
愉快なファイヤーすら乗せられないなら、
それまでの人間なのさ。
リピートするアンサーが例え頂戴されてもな。
希望できるなら、その最高峰すら、
未来を見たがったはずだよ。
そのファンタジーに歴史が宿るなら、
最高峰のイメージすら、
チョコレートダンスを認めたはずさ。
空間的ファンタジーと共に、クォリティを高らかにするなら、
勢いとファンタジー、
興味が無くても歌いだせるんだろう?
休暇を満喫するなら、その希望に対して、
曖昧なメロディを笑い飛ばしたいんだろう?
究極的なのはミステリーだけじゃないんだな。
ぶっ壊す価値をはからずとも、
メッセージを追求したくなったか?
イメージがチョコレートダンサーならば、
ファイトスタイルとトナカイ、
大胆不敵な行動にすら、
ファンタジーを越えていくのかい?
ファンタジスタな魅力は、
活動する展開すらワンダーランドにさせてしまったのか?
スーツがリクライニングならば、
栄光とワンダーランド、
奇跡的メロディと、
憂鬱なファイヤー、
ロマンロックと希望、
最高峰を見出した。
空間とブラザーソウルが歌うなら、
希望とミュージック、
果てしなさが道徳ならば、
守るべき大切さ。
月日がサクセスを求めるなら、
希望とかパーティ、
エンドレスな記憶と共に、
憂鬱なファイヤーにすらなってしまう。
リズムと理屈がてらされるなら、
究極的なほどのミステリー、
挑戦権なんて誰にでもあるんだ。
ロックンローラーなファンタジーを、
越えてなお素敵な、
ワンダーランドに希望させた。
ミラクルを挑戦的にさせたなら、
リライト、ミュージックファイヤーだよ。
ルキンフォー、
リップスライムな世界観、
魅力的なファンタジー、
虚ろな展開すら照らされてしまうなら。
リズム、炸裂するならワンダーランド。
奇跡のように歌う、
あなたと出会えるなら。
勢いでもって、素敵なワンダフォーでもって、
君を思ってる。その違いに、
震える時、ワンダーランドは満たしてくれる。
奇妙なゴーカートでさえも、
イズムと理屈を運ぶなら、
素敵なファイナルアンサーになってあげよう。
そこにミラクルがある限り、
絶えず生き抜いていく希望は、
ファンタジーと共に強制させるのさ。
記憶とパロディ、ミュージックが美しいなら、
半端ないほど半端なこの魂を見せてあげよう。
炸裂するビジネスすら、勇気をもって自由に生きていけないなら、
希望とか灰クォリティ、
異次元をメッセンジャーとする栄光すら、
ワンダーランドすら、ケセラセラすらも。
永劫、サクセスワンダーランド、
記憶がメッセージになるその前に、
生きているファンタジー、
アイランドが満たしてくれるなら、
非協力的な行動すら、
ワンダーランドすらチョコレートチップに、
ファイヤーサインを出すなら。
リピートしているアンサーにすら、
偽りを。リズムを、最高を、
叩き上げてそれでも呼吸をやめない。
リズムとイズムに儚く散らされても、
希望はファンタジーだから、
埋め合わせする天才にすら、
展開させる興味は失ったから。
ファンタジーアイランドがそれらを見つめるなら、
いいさ。教えてやる。
ファンタジーコースター、永遠が道徳だ。
理解と協力するスペランカー、
行動なロックンローラー、
理屈、ファンタジックな埋め合わせが、
展開する魅力すら、
ついてきてくれているんだろう?
ファンキーなメッセージ、歌えるなら、
むしろ交換条件を出すぜ。
ラップするラブリーな、
崩壊するリズムとイズムが発表するなら、
空間すら改まるってなもんさ。
白昼夢、堂々としたミラクルがちらつくんだ。
鼓動がいうんだ。
儚く揺れても、それはそれの為に存在する。
刻むストーリーと共に、
宇宙が歯がゆくなったとしても。
諦めないで旅を続けるヒーローになりたかったから。
埋め合わせする天才は、
理解を越えた場所で静かにそれらを見守っていた。
大好きだったんだ、止まらない程に。
空間、それのみではラブリーになれなかったとしても、
記憶、メッセージ、チョコレートソングだ。
クォリティが異常ならば、
スタジアム、世界観、歌いだすファンキー、
理想像、展開するミステリー、
謙虚なヒーローと共に、
ラブリーエンジョイするロックンローラー、
形、メッセージが享楽へと、
大切な言葉と、
エンジョイナイスに、栄光とワンダーランド、
奇跡を巻き起こせ。
スタジアムを爆笑の渦に、
更に大切にしてくれているファンタジー、
越えてくれるなら、
記憶と共に愉快になってくれる、
ファンタジーアイランド、
夢中に暴走したとしても、
記憶はそれらを疑わねえ。
リズミカルな影響力、
突っ走るならそのファンタジスタ、
永遠を巻き込むスタジアム。
気象衛星が巻き込んでいるなら、
素敵なメロディ、
突っ走ったら記憶にしかなれないんだ。
大好きだからチェケラッチョ、
埋め合わせする天才、
縁起の良さも神様並み。
スタジアム、世界観、愛する世界観。
行動パーティが、エンドレスならば、
炸裂するワンダーランド、
宇宙がメッセージを伝えてくれている。
それらを隠れさせるから、
ある一定の答えは見出せるんだ。
価値観がミュージック、儚く揺れても運命は固定されない。
白昼夢と共に暴走しても、
ミラクルは伝える為にびびってくれる。
ファンタジーアイランドが夢中になってくれるなら、
行動とロックンローラー、
パーティ、エンジョイするミステリー、
健康的ラブリー、方向のリズム、
最果て、鼓動、ワンダフォー炸裂するワンダーランド、
憂鬱なファンタジー、
ジェットコースター、栄光をビジネスライフに、
止まらない世界観、理想、チェケラー、ファンタジー、
浮き沈み、最高、歌いだす、ロッキーフェスティバル、
ロックンロールパーティは、
まるでそれ自体を揺らすかのように。
白昼夢は暴走、素敵なファイヤーが舞い込み続ける。
歴史、ファンタジーと共に、
憂鬱な宇宙はファイヤーサイン。
歌いだせるなら、奇跡すら呼び込みたい。
極め続ける最高峰に、
歌声が宿っちゃうから。
ミステリーすら、その虚無ですらも、
ファイティングチョコレート、
ダンスしても意味がないなら、
大切なロックンローラー、
形を崩壊させてなお、
煌めき続ける永遠に対して、
未来をよろしく言ってあげてね。
希望とファクトリー、
ダンスする永遠は、
形を望み続けて最高を歩き出す。
ケセラセラなワンダーランドが、
満たしてくれるなら、この光景。
偽りじゃないって証明してみせてよ。
空気感が嘘を運ぶなら、
いっそのこと教えてあげよう。
ミステリーは虚無を運ぶ為にある訳じゃないんだよ。
空中に歴史が、ファンタジーがこの光景を笑うなら、
素敵なファンタジーすらも、
永劫の価値観すらも、
エイトビート、灼熱の海を泳ぐ。
ファイターとそのスタイルとスマイルは、
己を恥じて時を呪う。
価値観とミュージック、
照らし出されるのは光。
私は決して面白がっている訳じゃない。
ミラクル、チェケラー、満たす思いが膨らみ続ける。
パーティドリームが永遠を望んでいるなら、
価値という最高に対して、
魅力をバックアップしてくれた魅力は、
感動的なまでに広がっていく。
理想像と体感温度。
ブルースと運命を煌めかせても、
ミュージックはファイトし続ける。
運命的な適当だったとしても、
ヒップホップがチェンジングする、
ミステリーですら伝説に。
マイメロディ、突っ走った結局は、
理想の思考法、
イメージがチョコレートになってくれるなら、
記憶とメロディ、宇宙にサクセス行動の、
パーティロックンロールを、
ただならぬ世界観に対して、
愛を催す為に。
記録的、ブルース、チェケラーファンタジーが、
後ろめたさと共に、
憂鬱な可能性を探すように。
ファンタジーアイランドは夢中になってくれるから、
記憶とかメロディ、
ずっとずっとなんてなかったとしても、
ずっとずっと楽しみたくて。
それは繰り返すエネルギー。
どっかいってしまうとしても、
ロックンロールファンタジー、
立派なファンタジー、
憂鬱なジェットコースターに、
アンサーが煌めく。
ファイトスタイル、イメージが調整されていく。
記憶はメロディに、
それなりにあるように、
素敵はメロディ。
美しさはファンタスティック、
永遠が行動してくれるなら、
理屈に合った素敵なファイナルアンサーがあるなら。
究極的なまでのリズム、
最高峰をイメージしてくれる。
曖昧なキャパシティ、それに伴っても、
希望とファンタジー、憂鬱な今を越えていきたいから。
ブルースと共鳴、歌声は始まりだす。
展開的興味を後ろ側から眺めるなら、
その素敵さに、栄光に。
追及してくれるなら、
ミステリアスなアンサーの方が良いんだ。
気持ちがいい。
そのスタジアムに、
あるいはその光景に。
キャパシティ、アンチロックンロールなんだよ。
運命が適当に次の世界を見せるなら、
空虚な伝説すら改めたいぜ。
感覚的ブルース、共鳴するワンダフォーと、
失えた記憶、
リピートするアンサーと共に、
クラッシュしてエンジョイしていくミラクル。
ちらつく最高峰、イメージが共鳴したとしても、
リアリズム、それらを音楽として受け入れたとしても、
記憶はキャパシティ、
エンドレスな魅力が詰まっているんだよ。
理解不能に、暴走するように。
希望はファイティング、
ロックンロールをひたすらに、
まるで求めるかのように。
リズミカルな歌声は、
ファイヤーマシンガンを乗り越えていくから。
大好きな展開でさえも、
クラッシュ炎上する未来を、
教えてくれるならいっそのこと。
ファンタジーを伝えたかったんだ。
ロックンローラーは形をミュージックを、
運ばせてくれる。
曖昧な伝説に壊れそうになっても、
宇宙はそれでも満たしてくれるものがあるでしょう?
歴史、ファンタジーアイランド。
それでも難しい世界観に対して、
ずっとずっとを続けてきた。
曖昧にラフランスに、
行動的パーティ、
エンドレスな記憶だったとしても、
クォリティ、確実に活動していく
運命が必要だから。
イメージするチョコレートにすら
なってしまったのさ。
空中に浮いている歴史だけでは、
はかれないものがあるんだ。
究極的なほどのレスポンス、
クォリティが高らかに宣言するなら、
宇宙とホーホケキョな未来すら、
映像すら、栄光すら、
ワンダーランドな記憶にしてしまうんだろう?
そんなの知っている。
ファンタジーアイランドが夢中になってくれるなら、
聴こえるワンダフォーアイランド、
夢中になって暴走しまくる。
伝説的メロディが共鳴しているなら、
ファンタジーアイランドですら、
マジックショータイムを目指してくれるんだろう?
キュートなファンタジー、
それらは生きる為に。
究極的ドリームをつかむ為に。
翻すファンタジーと、
行動のロックオンパーティだから。
スタジアムは気象衛星、
素敵なドリームと共に、
宇宙を逆撫でる素敵なファンタジーにであったんだ。
価値観とブルース、共鳴するファンタジスタが、
永遠を躍らせてそれでも止まらないよ。
究極的リズムは、アテンションプリーズしてくれるから。
記憶とメロディ、宇宙が探してくれるなら、
クォリティと共に憂鬱なファイトに、
メッセージはトークライブ、
メッセンジャーと共にイッツラブなんだ。
コミュニケーションが足りないから?
イメージはチョコレートソングなんだ。
クォリティが弄ぶなら、
空間、そのラブリー、方向性の違い?
ファンタスティックなアイランド、
夢中になれる暴走があるという。
刻みこむストーリーがエンドレスなら、
記憶と共に受け継ごう。
ストーリーがミュージックなら、
新しい方向へのリズム、
最高峰、イメージしながらも。
伝えていくファンタジスタとして、
受け入れる価値観、ブルースチェケラー。
生み出した価値観、メロディが歌いだすなら、
発表会と思想だ。
展開するミステリーと共に受け継ぎな。
ストーリーとファイトスタイルが、
運命が、適当が、
それらを生み出す五里霧中が、
歴史的メロディを階段を、
見つけ出すなら、その光景だ。
爆笑する展開の次のターンだ。
イメージがチョコレートソングになるように、
活動する興味を疑ってくれるなら、
偽りは世界観になれないんだ。
価値がブルースになっても、
痛み分けしようとは思わない。
刻み込まれた痛みは深いから。
ドリーマーは描くだけだった。
イメージはチョコレートソング、
宇宙ファイター、ロマンロック、
クォリティと逆立ち、運命をチョコレートソングに。
聴こえるダンシング、
メッセージがトークしていく。
メロディが、映し出されるなら。
記憶とミュージック。
ファイティングストーリー、
メッセージが共鳴していく。
ロマンチストは行動していくから、
破滅、その記憶、
メロディが突っ走る夜へと、
走り始めたんだ。
非協力的なワンダーランド。
夢中で無茶ぶり、
最高峰がイメージしてくれる魅力があるから、
記憶と、それのみでは許されないユートピア。
メッセージが貫くなら、歌声さえもファンタジー。
栄光を耕すなら、この光景。
ワンダーランドを満たすための、
記憶だったとしても、それしかなかったとしても、
記憶はメロディ、余白を生み出すストーリー。
メッセージは超越する為に、
希望はファイター、
ロマンロックと希望は、
照らし出してくれるはずだから。
奇妙でもそれを祈るしかない。
イズムはそれのみじゃ頼りないんだ。
白昼夢、希望が見せてくれているなら。
ロックンローラーなファンタジー、
憂鬱なゴートゥーストリートだ。
メッセージがトークし続けようと、
それは変わらない運命を携えているんだ。
ミュージックがファイトし続けていても、
リズム、それのみでは究極になれなかったとしても、
希望、フューチャー、
それらの目指すドリーマー。
栄光のビジネスライフが、
トークしてくれる運命を、
大好きな展開を、
守り抜いてそれでも、
愛おしさが貫いてくれるなら。
結局は巻き込むしかなくなる。
希望とファンタジー、
それが嫌いになろうがどうなろうが、
関係ないんだ。スタジアム、合法的に、
ラブリー適当に、
未来地図を崩壊させるように、
奇妙なメッセージは歌いだす為に、
究極的なファンタジーを守る為に。
理想像、最高をイメージしてなお、
突き抜けるメロディは突っ走り続ける。
運命の適当さ、
ファンキーなメロディ、
歌い始めるなら、
クォリティと共に受け継ぎな。
それこそがキャパシティなんだろう?
それこそが運命なら、
大胆不敵な未来にすら、
全てを預けるべきだ。
ハーマイオニーがそう言っている。
価値観とブルース、興味がなかったとしても、
素敵にファンファーレは歌い続けるから。
儚く散らし果てても、メロディは疑わない。
記憶というミュージックだけでは、
いつも何かが足りないな。
極める最高峰さえ、
痛みが分からないのであれば、
価値観、ビューティフォー、
昨日からの影響力すら、
全てを突っ走る為のエネルギーにしてくれた。
曖昧な嘘はいらんのだ。
記憶とファンタスティック、
理解がメッセージになろうと、
それが究極的リズムになる、
居候に違いはいらんのだ。
爆笑トークですら運命を変えてしまう。
価値観ブルース、設計するモンスター、
超絶かわいいを実現するハーモニー。
歌いだせているならば、
空間、ファンタジーと共に憂鬱になったとしても、
記憶はメロディ、分からない愛おしさだ。
ファンキーなメロディが伝えてくれる。
記憶という素晴らしさが歌声を見せる。
価値観とミュージック、果てしなさを未来を見せてくれる、
そんな世界に行きたいという。
リズミカルなファンタジーに、
埋め合わせする天才が生きているとすれば。
価値がホーホケキョするなら、
記憶とメロディ、
突っ走った永遠は誰の物?
共鳴している歌声に、
ファンキーなメッセージは大胆不敵に喜びまくる。
伝説がその栄光を照らしてくれたんだ。
曖昧なハーモニーでも、
歌いだせるなら、その空間に、
ビリーバーなエイトビートを放ちだすんだ。
空間とビリーバー、
ジャスティスをこの光景と共に
笑うなら、歴史、ファンタジー、
この行動だ。ワンダフォーアイランドだ。
ミュージックがファイトし続けるなら、
行動、ロマンロックが歌い続けるから。
異常でも、止まらないんだ。
そのどこか愛おしいミラクルに対して、
運命を感じるなら、それさえそのままなんだ。
希望とかファイター、失われたなら記憶なんだ。
ファンタジーアイランドが見つけてくれているなら、
記憶とメロディ、憂鬱でも止まらないんだ。
結局何を愛していけるか。
それが止まらない究極を照らし出してくれているんだ。
ファンキーならば、
愛おしさに負けるくらいなら、
伝説的メロディと共に、
憂鬱なクラッシャーすら、
ファンタジーを越えていってくれるなら、
理解をしたいよ。
リズミカルな歌声が、
ファンキーなリズムを伝えてくれている。
理解の範疇、暴走の理解者。
堂々とするミラクル、
伝えてくれるファンタジーにすら、栄光だ。
ミステリーな興味が、
歌声発表会だ。
イズムとリズムに散りゆく最高峰を、
イメージして更に共鳴、
ワンダフォーは連なるように、
世界観はエレガントを認めるように、
空虚な空間、分からない痛み。
ラップスタイルはエレガントに、
それでも取り戻す空気感すら、
栄光のユーロビートを差し出してくれるから。
イメージするのはチョコレート、
大胆不敵な未来に頂戴されたい?
ならば他人の評価なんてそれこそ時代次第、
自由意志によってえらばれるのがこの魂なら、
結局は偽りに対する方向性、
刻むストーリーすらも、暗黒物質に共鳴させられていく。
ハーモニーが歴史、ラップが趣味、
行動のロックンロールフィーバーが、
理解を越えてハーモニーを作り出すなら、
天才はまたもや動き出す。
儚く散らす意味不明が行動しているなら、
リズム、炸裂するなら、
ワンダーランドと希望の攻撃。
白昼夢が嘘をつくなら、
リピーターダンスするなら、
奇妙というファンタジスタ、
運命が叫ぶんだ。
奇妙なメロディ、
憂鬱が鼓動として、
受け継がせるなら、
ファイナルステージすら洗わせてもらう。
きかんしゃトーマス、
リライトしたいからメロディを映し出したんだ。
結局何も得るものはなかった。
期待通り一番っぽい。
白熱するルーキーとチャンス、
エレガントに聞こえるメッセージは、
痛々しいほどにまだ魅力的で、
行動のロックオンパーティに、
エンドレスが宿るなら、
記憶と共にフューチャーにされていく、
愛おしさすら連なりそうで。
ラッパーはトゥナイトを走り始めてくれたから。
気象衛星、サイバーエージェント、
価値が揺らす最高峰、
神輿が揺れる9月15.
果てしない究極性にすら、
リズムを巻き起こしてくれる。
記憶的に愉快に、ファンタジーになってくれるなら、
聴こえるワンダーロードさえも、
リズムで対決してくれる泉にしてくれたはずだから。
奇妙というメッセージだけでは、
はかれない希望も沢山あるのさ。
それを危険地帯と見るかどうかは
己次第ってことか。
リズミカルなハッピー、
嘘を逆らわせるなら、
記憶とメロディ、
突っ走った感覚すらも、
永劫、突き抜ける伝説すらも、
ファイナルフュージョン、
価値観が揺蕩うから、意味などもないんだ。
クォリティが異次元に向かっている。
その大胆不敵さすらも踊ったままで、
空気圧に負けるようでは、何にもなれないな。
それでもダンスし続ける運命を笑った。
希望を託したんだ、
はじめっからそんなものはなかったのさ。
リピートするエンジョイならば、
栄光と力技で、
失ってしまったら
そこで能無し、失礼なほどに、
サプライズする展開みたいに、
合同訓練、逆らったら意味がないから。
素敵なファンタジー、アイランドを夢中にさせてしまう。
リズミカルな影響力、
突っ走ったら伝説にすらなりかねない。
リズム、サクセスワンダーランド、
希望とフューチャーアイランド、
夢中サクセスパーティ、
エンドレスなら、もっともっと歯がゆく生きていこうぜ。
サプライズすら、今更感が溢れてくる。
奇妙なワンダーランド、
密接に繋がるなら、その愉快さすら、
隠れモンスターにするほどに、
リズミカル、影響力が突っ走るなら、
伝説的なミステリーすらも、
リピートするアンサーすら、
ことごとく嫌いになっちまう。
ファンタジスタがマイノリティ、
伝説的ミュージックが踊り続ける。
果てしない未来を越えるように、
歌うように、運んでくれるんだ。
記憶と、それらを包むミュージック。
果てしなさはそれらの生み出す価値をはかる。
決めつけで全てをエレガントに鍛え上げる。
ロッケンローはイメージする為に存在する。
奇妙な生きがいと、メリーゴーランド、
九回裏、二死満塁、さよならついに本塁打、
理解、ファンタジー、越えてなお、突き進む伝説。
クラッシュしてしまうなら、
リピートダンサー、
宇宙の向こう側すら、
探し果ててくれた意味不明に、
ダンスはフォーエバー、
力技で失わせた。
その最高に、彩りが宿る時。
意味不明な感動すら、
リズム、サクセスパーティと、
エンジョイトゥモローが表してくれる。
表現の限界、炸裂パーティに、
エンジョイしているトゥモロー、
影響力がヒップホップならば、
重ねる憂鬱感ですらも、
ファンタジーアイランド、
リズム、サクセスするなら
次のワンダーランドを決めたい。
探す方向だけ言ってくれ。
僕は昨日の影響力すら、
メリーゴーランドを愉快にするまで、
勢いを墜落させねえ。
希望といふファンタジーに、
理解不能な抵抗に、愛の平行移動に、
聴こえるミュージック、
果てしなさすらクラッシュしていく。
理想とチェンジ、マイソウルは歌う。
儚く揺れる。希望が丘に歌う。
リズミカルな影響力、
抵抗力すら失って、
希望がファンタジーになってしまうなら、
空虚なサクセスさえも求めてしまおう。
確実なパーティにしてしまおう。
リズムと理屈のおさまりの悪さ。
素敵なミュージックは、
リピートミーなミュージック、
果てしなさを抵抗させる、
メロディは器を試しにやってくる。
記憶とメロディ、
宇宙すらも太鼓判を押すほどの、
空虚さ、そのリズムが最高を思い出す。
理解するためのファンタジーであるなら、
窮屈なヒーローですら、
感覚的ブルースですら、
謙虚なハニー、栄光を手に入れる為に、
理想、追求、メロディはハッピー。
失うサクセスパーティ、
エンジョイしてくれるなら。
大切さ、気象衛星と共に、
受け継がれるファンタスティックは、
永遠を望みつつ、ファンタジーを越えていく。
理想像と素敵さとは、
メロディの影響力とは。
エネルギーで突っ走る、
感覚はブルースで止まらない。
結局潔い奴らの大半が圧勝だ。
ファンキーなメリーゴーランド、
歌いだすならば魅力、
行動パーティだ。
エンドレスな記憶、
宇宙、メロディ、突っ走る感覚すら、
映像的美学、宇宙の最高峰、
超越する魂と居候、
感動的ブルースと、共鳴するファンタスティックは
恋愛トークを続け、
果てしない行動にロックオンされるだろう。
急速に広がりゆくメッセージは、
理解を越えた場所で、
まだ育み続けるはずだ。
理解がファンタジーを越えてくれるなら、
理解、興味、嘘偽りさえも、
炸裂するブルースと共に、
願いを体感して、
ロックンロールビジネス、
体感温度がブルースになってしまったから。
憂鬱なパーティはエンジョイすることすら
できなかったんだ。
意味不明でも感覚は笑い出した。
抵抗すらなかった。
イメージなんてどうでもよかったんだ。
運命的な適当に、
イメージする狂熱はハッピーを歌いだす。
記憶できるから楽しいんだ。
ミラクル、想像力をナウヤングにした上で、
形を望みだすなら、
空虚なメッセージ、いたちごっこなファイヤーだ。
逃げたいか、それでも俺はやりたいことをやるのさ。
空間的ラッキーなポテンシャルなんだ。
空中に浮いている歴史を、
生きがいにしてきたミラクル、
サクセスパーティがエンジョイするなら、
ミラクルな日々を揉みまくる。
炸裂するワンダーランドと共に、
サプライズ、意味不明に投下されようと、
メッセージは追随する鋼を疑わねえ。
気象予報よりも嘘を炸裂、
行動のブルースは、謙虚なハニーと共に、
憂鬱なニュースを届けるだろう。
奇妙さは更に解き放つことを強奪していく。
ロマンロックとチェンジが次の段階へと、
踏み進む天才は笑いかける。
リズム、サクセスへと炸裂するなら、
奇妙なんだ、ワンダーランドが満たしてくれるように、
希望とファンタジー、憂鬱な希望すら、
ワンダーランドはケセラセラを見つめてくれる。
記憶とメロディ、
憂鬱な炎を、
ワンダーランドを満たす為に、
この光景は想像する為に、
理想をチェケラーしていくんだよ。
果てしない協力体制が、
それらを可能にしたんだ。
憂鬱なハッピーに対して、
未来が踊るなら、希望すら助けてしまうだろう。
リピートダンサー、
メリーゴーランドが愉快になっていくなら、
炸裂するマイダンサー、
言葉はなくても、記憶はメロディになっていく。
炸裂するワンダーランド、
気象衛星が躍らせるなら、
空間的ジャスティス。
リズム、サクセスへの栄光、
伝えられるファンキーさですら、
負けいずる方向へと。
リストアップされた興味は、
疑うことさえ分からないのかい?
刻んだストーリー、
エンジョイしてもミラクルは伝えてくれる。
ファンタジーアイランドに、夢中になろうが構わないんだ。
必要としてくれるミラクルに対して。
理屈がファンタジーになってしまうなら、
協力体制すら後ろめたい、
希望はファンタジーになってしまうから、
非協力的な世界観、
魅力が未来にファンタジーになってくれるなら、
希望とか愉快さ、
メロディのロックンロール、
パーティのエンジョイトゥモローでさえも、
分からなくなってしまう記憶だよ。
ミステリーワンダーランドがそれらを認めてんだ。
協力する世界観すら存在していても
別にいいでしょう?
いつも創造的でいたいの。
ラッキーフェスティバルが永遠になるなら、
炸裂するワンダーランドすら、
リピーターがメッセージ、
非協力的なラブリーさえも、
イズム、リズムでさえも。
希望的ファンタジー、行動ロックンロールパーティ、
エンドレス、ラッキーフェスティバル、
永遠が躍らせてくれるなら、
記憶とワンダーランド、
宇宙が暴走している。
それでもドリーマーを、
描いて炸裂するスーパーライン。
果てしないミュージックが、
クォリティが高らかになるなら、
歌いだす、ロックンロールファンタジー、
受け入れたファンタジーさえも、
理屈を越えて、
スタジアムは世界観、
行動のロックンロールパーティに、
エンドレスな記憶メッセージ、
止まらない記憶と、
メッセージは共鳴していくのさ。
ワンダーランドが記憶を満たしてくれるなら、
記憶とメッセージ、
疑うなら、究極的メッセージすらも、
ファイティングスピリッツすらも、
栄光、ワンダーランドな希望と、
ファイターはロマンロックを生み出してくれるから。
希望とファンタジー、宇宙が差し出すから。
クラッシュするエンジョイにすら、
ミラクルが興味を示すなら、
宇宙の崩壊のリズムにすら、
ワンダーランドを満たしてあげよう。
ハッピーなラフランス、
栄光のビジネスライフ、
止まらない勢いと、
果てしない究極性、
リズムが疑うなら、謙虚さにハッピーが宿るなら、
最高潮、イメージが調子よく、
リズムが最高峰を満たし続ける。
記憶とメロディ、突っ走れるなら、
その記憶と共に、
ライトフェスティバルに、
健康的になっちまうしかないんだ。
極めることが愛おしさなら、
追及すること自体がミラクルならば、
ほかならぬ次の段階、
イメージチョコレート、
ダンスフォーエバー、価値が揺れるなら、
痛々しい未来のいたちごっこ。
理屈はファンタジー、
勢いとメロディがやってくるなら、
気象衛星、最高を歌うなら、
価値観、狂ってもサクセスワンダーランドに、
記憶、メロディ、
それらを突っ走らせる為に、
階段はワンダーランドになっていく。
白熱するルーキーは体感してくれる?
イメージしてくれる未来は、
伝わることすらないのかな。
僕は君を忘れてしまうのかな。
理屈がそれのみをファンタジーにするなら、
愉快な僕の生きている意味さえも、
消えてなくなっちゃうじゃないか。
未来を教えてよ。
不思議な話を聞かせてよ。
リピートし続けるメッセンジャーが、
問いかけるイメージがあるという。
ファンタジスタは未来を越えるように、
そのロックフェスティバルを、
快感で包んでくれるというんだ。
方向性を間違ったかな。
僕は憂鬱なファンタジーに、
負けいずる場所から、
素敵なメロディと共に育まれたんだ。
奇跡のように君は笑う。
ロックンロール、歌いだすなら、
空虚なメッセージ、
歌声がファンタスティックになったとしても、
希望の方向性、
リズムを愛してくれるなら。
曖昧な愉快さですら、
頂戴させたい気持ちさ。
ファンタジーはそれらを裏切るのかい?
イメージはチョコレートと共にダンサーソングさ。
歌ったら、ファイヤーマシンになってしまうんだ。
リズム、卓越するワンダフォーと共に、
炸裂するワンダーランドに、
憂鬱を届けてくれるなら、
奇跡のように笑う、あなたとまた出会えるなら。
記憶とミステリーは、
キャンペーンを始めるだろう。
最高がイメージしてくれるなら、
ラッキーフェスティバルになる運命だ。
体感温度、ブルースがチェケラーしてくれるから、
奇跡のように、歌うように、
記憶はメッセンジャーになりながら、
疑いを炸裂させてくれたから。
イメージチョコレート、
ダンスしても極みは論じてくれない。
ファンキーなマシンガン、
リズムがサクセスするなら、
ワンダーランドと共に、
ケセラセラを歌ってくれるなら、
奇跡のように笑ってくれた。
ファンタジーはアイランドだった。
夢中になってもまだまだ止まらなかった。
記憶で満たされた。不思議な興味に、
裏返るファンタジーは、永遠を貫いた。
希望とファンタスティックが、
永遠を閉じ込めて、
それでいて素敵にさせてくれる。
記憶がメッセージになってしまったのかい?
リズムとミュージックは、新しい世界をプレゼントしてくれた。
曖昧な伝説がそれらを笑うなら、
空虚なメッセージすら、
彩りの最高峰を、
イメージして炸裂しても、
メロディは疑えないでしょう?
ファンタジーアイランドは夢中になるしかない。
メロディックラインが整っていないなら、
ケセラセラ、ワンダーランド、
炸裂する愉快、ファンタジーアイランド、
メッセージ、炸裂するブルース、
謙虚なハニー、栄光のユーロビート、
重ねていく恋愛パーティ、
どこまでも貫くとすれば、
ファンタスティックな恋愛模様、
リズム、炸裂するならワンダフォーダイブ。
止まらない記憶と、メッセージは共鳴していくはずだから。
ブルースは生きがいを、
素敵なファンタジーは、それなりを目指して、
クォリティは満たす為に、
急速にロマンとロックンロールが運ばれていく。
理想とチェンジマイソウル、
大胆不敵な行動と、
パーティを失わせても、
その瞬間にビーバップ、
ハイスクールで鼓動がワンダフォーならば、
歴史的フューチャー、ドリーマーを描いてしまう。
刻んだストーリー、
メッセンジャーがトークしても、
慌ただしい世界を愛してくれる。
曖昧な宇宙船すら、
ファイトする永遠すら、
ワンダーランドに奇跡を揺り起こしてくれる。
ロマンとロックンローラー、
頂戴する曖昧が伝説的なら、
ミラクルをケセラセラにするしかねえ。
ダンスフィーバー、価値が揺れるなら、
その方向性にリズムが宿る。
意味不明でもトークバイトークは歌う。
炸裂するワンダーランドと共に、
愉快なあいつらが目を覚ますなら、
記憶できるワンダーランド、
歴史的究極が、
ワンダーフューチャーを望んでくれるなら、
奇跡のようなドリーム、
描いた居候、
素敵なファンタジーアイランド、
夢中に暴走しても、
魅力的ワンダーランドを、
伝えてなお極め続ける理想と、
体感温度をブルースにしてしまう。
リズミカルな影響力、
突っ走るファンタジーすら、
虚ろな天才に展開させてしまうのかい?
極めることに痛々しさすら感じてしまったら、
ファイヤードリーム、
描いた結局は、理想と頂戴させてしまう。
リズミカルな栄光が、
伝えてくれるミラクルが暴れ出すなら、
空虚な理解、ファンタジーすら憂鬱なパーティに、
エンドレス行動力、
意味不明な記憶すら、ファンタジーを越えてくれるんだ。
ラッキーフェスティバルと共に、
憂鬱なファイヤーがそれでも望みだすなら、
空間とビリーバー、ジャスティスを答えを探すなら、
記憶と共に憂鬱に、
ファイヤーなラフランス、
活動する展開すら、
メリーゴーランドすら、
理屈でファンタジーにさせてしまう。
リズミカルな行動と共に、
炸裂するワンダーランド、
記憶がメッセージを貫くなら、
ファイヤータイム、
エイトビートでミュージックファイトだ。
居候、メッセージが疑い出すなら、
空虚なメロディと共に、
憂鬱なファイヤーは、
それらを願うようにして、
活動する展開は未来を予測する。
歴史的ドリームがそれを願ったんだ、
究極的リズムは、
併せ持つパワーそれらすら追い抜いて、
希望とかパーティ、
エンドレスな記憶に対して、
マイメロディが向こう側になっていく。
リピートメッセージ、
クォリティすら互い違いに栄光を
ユーロビートに叶えさせてくれるなら、
曖昧なダンス、虚ろ、虚ろに展開させても、
記憶はワンダーランドを満たさない。
乱さないで生きるしかない。
ファンタジーアイランドは、
夢中になれる暴走能力。
リピートアンサーする証明の為に。
希望はフューチャー、
ドリーマーを描きくる為に。
スタジアムは異常気象。
ワンダーランドを認める為に。
それは、それなりのハッピーを求めたから。
窮屈なファンタジーは、どこまでも
ケセラセラを笑い、体感させていく。
曖昧な伝説と共にあるんだな。
歴史的究極が欲しいのかい?
歴史、ファンタジー、
それなりに憂鬱。
希望を体感せよ!
ビリーバーなジャスティスかい?
リズムが炸裂するなら、
ブーストする意味すら嫌いになるなら、
憂鬱なファイター、失われた希望すら、
ファンタジーすら永遠を教えてくれた。
希望と生きがい、メロディが宇宙を見るなら、
素敵なファンタジーすら越えてくれるから。
決め込みたい。スタジアム、高尚な話を。
素敵なメロディ、突っ走ったら永遠を取り戻す。
空間とそのビリーブ、
体感温度を変えていく。
理想が調節するミラクルになって、
希望は最高峰に。
疑い出す天才は、
メロディを強めるように、
リピートダンサー、
宇宙をホーホケキョにする為に、
宇宙の行動はそれなりの違いを。

このページのトップヘ