ライムキング

らいらいの日記

2018年09月

大切な言葉、エンジョイするなら、
究極的ミステリーと共に、
ラップスタイルがラブリーならば、
ホーホケキョ、リズムさえ越えていかなければ。
ラップ、ラブリースタイルを
崩壊させた俺イズム。
感動的なパーティは、エンジョイするように。
舞い散る木の葉を見せるように、
勇気が自由になってくれるから、
恋愛トークですら爆笑したのさ。
歴史、ドリーマーをチャンスにさせたのさ。
神様が助けてくれるって信じさせて。
魅力的なファイヤー、
ルーター、嘘八百、
行動のロックンロールパーティ。
エンドレスな記憶と共に、
憂鬱なファンタジーを乗り越えてくれるなら、
記憶できる限りのファンタジー、
どこにも存在しないその物語を、
希望を、描く楽しさを。
行動とロマンロックなフェスティバル、
運命がチョコレートディフェンスならば、
価値と、それを揺らがせるイメージを。
休暇を、ファンタジーを、
越えてなお突き進む伝説を。
未来はとくに面白くなっていく。
果てしなさは究極的に、
レスポンスはそれらを閉じ込めるようにして。
ラブリーはエンジョイ、それでも止まらない究極性。
リピート、メッセンジャーと共に。
トークし続けることは運命を嫌うように。
素敵なファンタジーと共に、
止まらない愉快さを白熱させていくなら、
大切、言葉の巻き起こすクォリティを。
メッセージを超絶的に調節しても、
ミラクルは虚無を連れてくる。
運命の歯車が狂い始めるから、
抵抗潔く、ファンタジージェットコースターアイランドすら、
マジックディスクなマジックミュージックを作るから。
勢いとファンタジー、窮屈な勢いに、
飲み込まれていかないように。
西へ東へ、憂鬱なファンタジーとは。
理解、ファンタジーと距離を埋め合わせする。
天才的ドリーマーは、描いていく究極を、
レスポンスをとめどなく、
希望はファンタジーを憂鬱にさせるから。
奇妙過ぎるメロディは、突っ走るだけだから。
イメージを調整しても、
リピートダンサー、
宇宙を朗らかに伝えてくれるだけ。
運命が救命させてくれるなら、
伝説とラッキーフェスティバル、
運命とチョコレートソングは、憂鬱な希望を灯しながら、
空中に浮いている歴史すら、ファンタジーすら、
その全てを乗り越えて、
希望はファンタジーにさせていく。
ロマンロックとファンタジーは、
クォリティを求めて暴れ出していく。
理想的な超絶的、
ラブリーハートを求めてくれるなら。
聴こえる伝説、サプライズ、
意味不明でも喋り続けるしかない。
イメージが強制的に共鳴するなら、
勢いだけでは僕を満たせないと知る。
果てしない究極性が、
リズムとイズムを運んでくれているなら。
エレガントなミュージック、
デオキシス、素敵なメロディが映っているなら、
希望とファンタジー、憂鬱な鼓動と、
ファンタスティックな恋愛ラブトーク。
宇宙がサクセスさせてくれても、
奇妙なファンタジーですら歌いださない。
歴史的ドリームですら影響力、
永久だ。
リズムだ、追及しているファンタジーだ。
理解が協力体制、
リズミカルなエンドレスを、
日々響かせるなら、
究極的リズムにすら、
栄光のユーロビートを試していく。
ロマンチストと、エンジョイするミラクルを
伝えても、美貌は分からないだろうから。
ファンタジーアース、ミュージックライブと共に、
炸裂するワンダーランド、
希望とワンテンポが事実を作っていく。
ロマンチストはファンタジーで歌うように、
炸裂する美貌とビーバップは
そのハイスクールの頂きで、
運命を笑うように。トークするように、
意味不明は理解を始めていく。
理想的超越なのであれば、
価値観とブルースとその健康法、
ラブリーハートが見つけてくれるなら、
微妙なテンションですら笑ってくれるんだ。
ファンキーなリズムになったとしても、
クォリティはワンダーランドだから、
憂鬱なパニック、ちょうどいいソングライティング。
悲しい歴史、それらが生み出すチェケラッチョファイナルアンサーを、
孤独を、それらが生み出す理屈を、
あるいはリズムを。
果てしなくトークしようと、
しなかろうと、
ミュージックはポリゴンディグダを、
メッセージに炸裂させそうだから。
イメージが強烈になってしまったら、
理想的超絶、調節するミラクルすら、
渡り歩いてくれるから。
ハッピーなエンドでいいんだよ。
誰もが笑えるようなさ。
ラブリーゲームを誰かが疑えば、
それなりの憂鬱が押し寄せるのだろうか。
ファンタジーアイランド、夢中になっても致し方ない。
ファンキーなドライブとミュージックだけでは、
イメージすることさえできないの。
チョコレートソング、歌い始めたら結局は、
理想に揺蕩うしかないと知る。
大胆不敵なメロディは、
あるいはそれらを突っ走らせるだろうか。
奇妙なメッセージは、
その偽りは、あるいは展開は。
ドリーマーを追いかけて、
それでも空虚さに身を投げられるというの?
刻むフォトグラフィー、
じり貧でも、ファイヤージェットコースターでも、
ワンダーランドを満たせるから、
空虚なリズムはワンサイドアップテンポなんだ。
希望とファイナルアンサーがそれらを呟くならば。
たまらねえ。世界観、憂鬱なパーティにすら、
なってしまうなら究極的に、
ドリーマーなチャンスが暴れ出すなら、
結局意味あんの?
素敵なメロディになったとしても、
傷が深く宿るとしても、
リピートするアンサー。
リズムが炸裂するなら、
それなりのワンダーランド。
ケセラセラ、自由になれる時間がほしいという。
リズム、極めれば最高潮だという。
歴史的ドリーム、
永劫の時を駆け抜けたり、
必要なメロディ、
憂鬱なパーティですら、
エンドレスな希望を探してくれるんだ。
興味が炸裂するならば、
希望にすらなってあげるべきなんだよ。
価値観とブルース、
興味が無くても歌うべきなんだよ。
ハーモニーと歌声。
百姓ドリームにすらなれなかったのは。
歴史的究極性にすら、偽りが方向性なら、
リズム、最高なディフェンスライフ。
形を生み出してくれたなら、
歯がゆくも必要としてくれるミステリー。
ロックンローラーも、チェンジするミステリー、
興味がサクセスしてくれるなら、
曖昧な伝説なんだよ。
リピートする、アンサーがジャッジメントならば、
希望とかいうストーリーに、
リズムが炸裂するワンダーランド、
希望と特に、素敵なファイヤーエイトビートに、
嫌われてもメッセージは痛々しいリズムを、
最高峰を、リズムにさせられても、
奇妙なファンタジー、虚ろな展開だ。
サクセスアップなトゥモローであれば、
価値観がユートピア、炸裂するマイダンスを、
越えてなお突き進む伝説を、
愛しさで汚してしまう。
君たちにラッキーフェスティバル。
面白さを与える。
健康的ラブリー、本当に楽しい世界が、
エンジョイされている。
ロックンローラーは、活動的に、
何がおかしい。素敵なことだぞ。
それを求めている素晴らしさも含めて知っているなら、
速い。本当に俺は面白い方向へ進むんだ。
価値がユートピアを望んでいるなら、
確実性すら、ドリームすら、
その生み出す栄光すら、
ファンタジーを越えて、
なおも突き進む伝説、
いらつき、苛立ち、
ファイナルアンサー、
孤独でも止まらないのさ。
まとまらない記憶が、
まだユートピアを望み続けているから。
リピートするマイダンサー、
クォリティさえも一途に、
パーティはロマンロックなベイビーに、
失われている記憶だったとしても、
リライトするメッセージ、
協力体制も侮辱するように、
活動していく展開は、
ワンダーランドを予兆してくれるから、
埋め合わせは天才的に、
ドリーマーを栄光にする為に、
炸裂するワンダーランドは、
奇跡を思い知らせる為に。
記憶とメロディ、突っ走ったら健康的ラブリー、
崩壊しても、リピート、エンドレスだから。
リピートするアンサー、
それはエレガント、
ミュージックを越えていく、
ストリートなストレートなミュージシャン、
価値が揺れるから、仕方がないから。
イメージはチョコレートにするしかなかったから。
リピートするメッセンジャー、
それでも偽りに大会制覇をしたいなら、
メロディックラインは整えるべきだろう?
確実性に対する虚無は、嘘を言わないはずだから。
奇妙過ぎるメロディと、
突っ走る永遠は、
最高をイメージしてくれるだろうか。
奇妙過ぎるファンタジーは、
それでも、太鼓判を押しながら。
ストレートはミュージックを、
儚くさせて、ビビらせていく。
ロマンチストが永劫を駆け抜けているんだ、
ファンキーなリズムと共に、
炸裂するマイラブ。
コンティニューしても、
永遠は続く未来を教えてくれる。
ファンタジーアイランドが夢中だから、
ロックンロールがフィフティーン、
結ばせるなら、記憶と共に。
憂鬱なファイヤーはエイトビートを。
嫌おうと、なんだろうと、
イメージしてくれるチョコレートがあったから、
密接に繋がる明日を笑ってくれたんだ。
ファイナルなジェットコースターですら、
歪なら。健康運がないのなら、
素敵にファンタジー、だがしかしもう少しでもまだ
舞って欲しいという
この欲求すら敵わないのか?
炸裂マイダンサー、
強烈なファイナルアンサー、
台本なんていらねえ。
常に表現者でありたいの。
イズムとチェケラッチョが歌いだしてくれるなら、
記憶と共に憂鬱を感じたい?
奇妙過ぎるメロディと共に、
弾けだすヒップホップポイント。
ダンスフィールドに、価値が揺れるなら、
その方向性すら、リズムを行動させてくれる。
運命がチョコレートなのであれば、
あらゆるものが変わりつつあるこの
伝説ですらも、
栄光をワンダーランド、
ミュージックなファイヤージェットコースター
アンサーを、届ける為に、
急速にロックンロールにする為に、
ファンタジーアースを認めてくれるなら、
理解を越えて、それでもファンタジーにしたいという。
歴史的ドリームは叶えるべきだと、
そういうんだ。
歴史的に究極ならば、
ファンタジーになれる力すらなかったのに。
極める最高峰に対して、
それらはイメージするべきだろう?
ハロウ彗星、大好きな展開と繊細なコミュニティ。
果てしなさが栄光を探してくれるんだ。
理解、ファンタジー、チェケラッチョと言っても
霧がないなら、素敵なファンタジーに意味がないなら、
歴史的ドリームを、
永劫の時にしながら、
リピートさせながら、
ロックンロールはひたすらに望みだす。
究極的なほどのミステリーに、
興味がないなら宇宙丸ごと頬張るんだ。
リズム、炸裂するならワンダーランドなんだ。
夢中になる暴走すら、
エレガントな興味を、
ファシズムで伝えたら、
ファンキーなリズム、
栄光を伝えてくれているなら、
ファンタジーアイランド、
夢中になっても、暴走しても、
まだまだ足りない。ミュージックが足りないという。
極めればそれほどに、
ミュージックなレベルアップを認めるほどに、
サクセスワンダーランドが満たされてなかったら。
究極的ワンダーランド、
君たちは何も分かっていないのさ。
ふざけているミステリーすら、
栄光すらも、ワンダーランドな
リズムが白熱したら、ブルースは興味を示すだろう。
価値という飽和状態が未来を創るなら、
伝説的キュートな、歴史的ドリームすらも、
永劫の時を、ミュージックを重ねて、
美貌はフランケンシュタインになってしまうんだろう?
最低限必要な音を重ね合わせた。
リズミカルに歌いだせるなら、
結局究極は音を壊すんだろう?
ラップスタイルと、エンジョイマイスタイル、
ロックンロールは、ファンタジーを乗り越えて、
それらすら疑いながら、
希望はファイティングしていく。
ロマンチストと歌声、
発表会は理想をチェンジさせるように、
曖昧な伝説、
クォリティすらもワンダーランドだから、
キュートなベイビー、
失われたらサクセスの次の可能性。
憂鬱なファイトですらも、
栄光ですらも、
映像的コミュニティ、
ファイナルアンサーすら呟くのさ。
希望的解釈?
向こう側にある何かを探しにいこうぜ。
未来はミラクル、ときめきまくる。
ロックンロールファンタジーが越えていったから、
ブルースは超絶的に愉快になるしかなかった。
希望とかフューチャーは、
ドリーマーを大切にして、
リズミカルなファンタジーとして、
越えていくミステリーを、
興味にさせる為に、疑いぬく為に。
ロックンロールハニーは、
エイトビートと共に、止まらない究極性を、
いたちごっこで反復させるんだね。
クォリティがマイノリティミュージック。
儚さが揺れる最高に、
意味すら漂うのであれば、
価値というブルース、
謙虚なヒーロー、
サクセスワンダーランドすらも、
映像的コミュニティ、
暴走するチョコレートですらも、
永劫の時、
舞い戻るまで。
素敵なファンタスティックな
恋愛模様すら笑わせる為に、
究極的リズムは、それがそれであるために。
究極的メロディ、突っ走ったら面白さしか存在しない。
未来がラフランスならば、
希望というパーティ、
エンドレスな希望が求めてくれるなら、
記憶と憂鬱なユートピア、
ファイナルアンサーすらも。
リズム、炸裂するワンダフォーですら、
かいつまむ、素敵さは魅力を運んできてくれる。
曖昧な我らだからこそ、
歪な世界すら愛せていたのだね。
リズミカルなファンタジー、
行動するミステイクすら笑わせるなら、
空間的ラブ、崩壊するリズムにすら、
描いた夢を教えてくれた。
曖昧なキャミソールですら、
歌ってくれたから。
興味がなかったら、歌うしか道はなくなってしまうから。
リズミカルなワンダフォーは、伝えることの意味を、
美貌のビーバップを、
ハイスクールを、
儚さがハイスクール、
ワンダーランドを認めたら、
空間すら笑わせるのかい?
ミュージックはファイティング、
理想を超越したいなら、
ミステイク、鼓動のワンダフォー。
突き抜ける風すら、ワンダーランドな記憶にする為に。
興味を示してくれたから、
宇宙はファンタジーだったんだね。
理屈じゃないファンタジーだけでは、
ミステリーは興味を示すしかなくなるんだ。
価値観、ブルース、謙虚な姿勢、
暴走するマイメロディ、
突っ走ったら記憶にしかなれない。
大好きだからこそ、メッセージを貫いているんだ。
価値観が減少しても、
歌い始めても、
理屈に互いはないから、
理解はファンタジーだったから、
埋め合わせする超展開にすら、
なってくれるんだ。
曖昧な伝説が勇気を届けてくれる。
それは、曖昧だから。
鼓動は行動、パーティはロマンロックを、
歌いだしてくれるはずだから。
興味とサクセス、ワンダーランドが認めてくれるなら。
記憶できるミュージック、
ファイティングしてくれるなら、
居候と次の展開を読みまくろう。
大好きな天才と展開は、
メロディというロマンロックに乗せてあげて、
素敵なミュージックは虜にされちゃうのさ。
奇妙過ぎるファンタジーと共に、
憂鬱さが未来を乱すなら、
価値観とブルース、
空虚なメッセージ、言葉を省く理想的、
チェケラッチョハートですらも、
価値観、テイクイトゥイージーだから、
ロックンロールはビジネスだったから。
興味がなくても笑っていたいから。
リズム、炸裂するならそれこそが
ブルースだから。
謙虚なニューヒーロー、
価値観がブルースにしかなれなくて、
泣いて泣きわめいているんだ。
ロックンローラーなビジネスが疑うなら、
ファイナルアンサー、呟く世界観、
思想と、チェンジするマイノリティ、
喜んでいたら、気象衛星、大会制覇を成し遂げてしまった、
的な天気予報。
未来が光景を笑っているなら、
希望とか、ファンタジー、
アインシュタインも腰を抜かす理論、
白熱したルーキー、
チャンスを浴びせるなら、
交換条件とか大切な、
リズムと着実なファイヤー。
ロマンロックとエイトビートは、
気象衛星を満たしてくれるから、
ロッケンローを歌いだしてしまったら、
理屈とファンタジー、受け入れた価値観すらも。
リピートされるメッセンジャー、
クォリティと共に受け継ぐなら、
ファイナリアリスト、
イメージを展開させていく宇宙へと、
希望は朗らかなマシーン。
大切、ミュージックを疑うための、
非協力的なラブリーを崩壊させるための、
記憶、未知なるスタジアム、
行動とロックンロールパーティを見出す為の、
クラッシュ展開、メロディは突っ走ったから、
永遠を努力で埋め合わせしたんだ。
九十九里浜、素敵なメロディは、
突っ走ることすら疑いながら、
究極的なリズムを照らし出す。
発表会は思想を、天才的ドリームを、
描いてなお煌めき続けるファイターを、
維持して展開するミステリアスに、
興味すら抱けていたんだぜ。
ファンタジーアースが求めるなら、
認めるなら、努力すらも嘘になってしまうさ。
リビングデッド、
価値観がミュージックなら、
ファイトスタイル、それらの運命すらも、
ことごとく嫌ってくれるから。
曖昧なダンスと、ケセラセラはワンダーランド。
宇宙を崩壊させることによって、
生み出される世界観と思想。
展開するミステリーは、非協力的な世界観に対し、
生み出した価値観は、ブルースで共鳴させて、
疑いはハマチになっていくだろう。
奇妙過ぎるワンダーランド、
歴史的ドリーム、
描いた果てが分からなかったとしても。
リピートするメッセージならば、
クォリティと共に受け継がれるファイナルアンサー、
努力がかいつまむ素敵さは、
魅力とゴールデングローリーを伝えてくれるよ。
歯がゆいかい?同感さ
リズミカル、影響力、突っ走ったら
ファンタジーにすらなってしまう。
理屈じゃないのよ。
リズムじゃないのよ。
果てしない行動と、
ロストチルドレン、
真っすぐに記憶を届けてくれる。
曖昧な地平線は、
今でも僕らを照らし散らかしている。
引っ張り込んだ、素敵なメロディは、
疑いなどいざ知らず、
ハッピーなナイーブに伝わらせているんだ。
空間的パニックに、エイトビートを望むなら、
それもトレモロなんだ。
窮屈なファンタジーすら、
未来を見まごう事なきラッキーに、
フェスティバルが憂鬱になってくれるなら、
ハッピーはエンドレス。
本当の本当を見に行こうぜ。
リピートしている次のアンサー、
開拓しているロックンローラー、
チェンジマイソウル。
ラップ、ラブリースタイルなら、
疑いすら、ファンタジーすら、
永劫の時すら、
ファンタジーにさせてしまう。
リズミカルな影響力、
ぶっ放したら破壊力。
雨風に野ざらしになった廃墟の美しさ
リピートされている、
メロディは突っ走るだけだから、
未来をよろしく言ってあげたかっただけ。
それだけなんだ。本当にそれだけなんだ。
リピート、メッセージ、
ロックンローラーが活動させながら、
リップスライムは抵抗を見せつける。
活動する世界観、
行動にロックンロールを照らし出しながら、
その空虚な未来にあてがう必要性を、
あるいはミラクルを食べてしまった。
リズム、サクセスパーティに、
エンジョイしているリミックス、
活動する展開、行動のパーティ、
エンドレスな希望すら、ファンタジーな、
ジェットコースターアイランド、
夢中になれる暴走すら、
儚さと行動、
埋め合わせする天才、
魅力を伝えてくれたから、
ドリーマー、栄光がビジネスライフならば、
トークバックする。運命をチョコレートにする為に、
究極的リズムすら置いてけぼりにされてしまうんだよ。
究極的リズムが、最高を連れてくる。
ファンタジーアースを認めなかったら、
僕が僕でなくなってしまう。
リズミカルな疑いですら、
ファンキーなメッセージですら、
栄光を照らし出す。崩壊するメロディ。
美しさと、かいつまむ素敵さが、
ファンタジーを見せつけているなら、
行動とレッツパーティ、
リズム、サクセスへ向かうためのワンダーランド、
記憶がメッセージならば、
歌いだすファンキーにすら、歌声が吐き出されるなら。
奇妙というメロディすら、
憂鬱なパーティになってしまうの?
究極的リズムすら、偽りを抵抗にさせてきた、
リズムのメッセージ、共鳴にすら、
疑いを儚くさせた、
未来を伝えてくれた、
ファンタジーツールにすら
なれないままで、疑いすら謙虚に、
ヒーローはサクセスさせるそのままに、
炸裂するブルースと、
謙虚なヒーロー、マイメロディが歌いまくるよ。
希望とサクセス、疑いぬけない弱さがそこにあった。
刻みつける最高に、
疑いなどキリがない。
素敵なファンタジーが疑うなら、
歴史的メロディ、突っ走ることさえ許された。
記憶とメロディ、ロックンロールなファンタジーが、
越えてリズムになっても、
サクセスワンダーランドに、希望させても魅力が伝えてくれる。
記憶とメロディ、ミュージックファイトが満たしてくれるなら、
記憶とユートピア、
サクセスするなら、炸裂パーティにさせるしかない。
魅力的ワンダーランドが、聞こえるメロディにすらなれないから、
愛おしい魅力すら、
ファンタジーにさせてしまうんだ。
非協力的な抵抗だけでは、
イメージが協力してくれねえ。
勢いと、歴史的ビジネス、
ライクシャワー、エンドレスな記憶と、
マイメロディは歌いだすだろう。
究極的に、トレモロソングを
初めから、スタジアムにするように。
リズミカルなエイトビート、
ミュージックがファイトし続ける限り、
運命、チョコレートソングを、
極める為に、
宇宙は朗らかになる度に、
宇宙をやめて、
素敵なスタジアムになってしまったら、
理屈じゃないファンタジーが、
この光景が、リズムが、現れて愛おしさを
貫いてくれるんだ。
ハッピーナイトタイムを、
疑ってくれるんだ。
それはそれは奇妙な光景なんだよ。
疑い惚けてる君たちは叫ぶ。
歌いだせるなら、空虚な空間、
ビリーバーが栄光を満ち運ぶなら、
素敵なファイナルアンサー、
孤独にサスペンス、
未来を描けるなら、
活動できるなら、距離というユートピアに、
サクセスが宿るなら、最高だ。
リズミカルな歌声に、
ハーモニーが一緒に笑ったら、
最高なリズムと共に、
究極性はワンダーランドになってしまったんだ。
それはそれは究極的なんだよ。
リズムが白熱するなら、
そのルーキーに正しさを疑うなら、
ハッピーなライセンス、
活動していくその距離と、
曖昧な地平線は疑うのかい?
奇妙なワンダーランドは、その光景を。
リピートするダンサーは、
クォリティと共に受け継ぐファイナルステージを。
健康的ラブリーで、ハッピーにすらさせてくれるから。
リズミカルに歌いだせるなら、
崩壊する虚無と、
疑わしさのハッピーな情熱が、
疑っても分からず屋、
伝えてくれるファンタジーを壊す、
謙虚なヒーローにすら、
サクセス問題外になったとしても、
理屈、ファンタジーと強制力のある、
意味不明にすらトークバックしてくれるから。
奇妙で奇天烈なワンダーランドは、
ミステリードリームすら叶えてくれるのかい?
それが光景、ワンダフォーな記憶に、
メッセージがいたちごっこになるなら、
究極的なミステリーですら、
永遠を閉じ込めてくれるなら。
記憶というメロディ、
突っ走った歴史と共に、
吐き出されるエレガントは、
それでも究極を求めてくれるのかい?
ファイナルアンサーは呟き続ける。
永遠を、閉じ込める為に。
理解はファンタジー、
空虚な理想と、調節するミラクルとは。
刻んだストーリー、動かない希望と、
ファンタジーが憂鬱になってくれるなら。
理解したいよ、動くファンタジーに、
歴史的ドリームに、永劫の時を。
なんてエコーだよ。
素敵なファンタジーを、
共鳴する愉快さを、
それらが乱すファンタジーを、
ロックンローラーなパーティを、
エンドレスな記憶と共に、
炸裂するビジネスにしてしまうのかい?
そしてリアルなハッピーはやってくる。
刻みこまれたしわの奥の瞳はまだ必死で。
なあ、運命よ。正しいメロディ。
俺は何のために。希望はフューチャー、
それでもドリーマーを叩き直す為に。
そう、僕の役割はメッセンジャー。
僕は記憶だ。
ファイナルステージが影響させるなら、
クォリティと共に受け継がれる、
ファイナルアンサーですら、
僕を虚無へと運ぶだろう。
素敵なファイナルアンサーに、
代替できる何かを、
引き継ぐミステリーを、
興味させるミステリーすら、
この光景すら、ほら、笑っているよ。
歴史はドリーム、更に加速できるかどうかの、
必要さのミステリーが興味を見出しているんだ。
価値がブルースになってしまったら、
リズムと理屈、
ファンタジーが憂鬱ならば、
その希望すら、ファンタジスタになってしまうの?
空虚な究極的メロディになろうと、
最高な世界を照らし合わせてくれる。
理解がファンタジーなのであれば、
価値は崩壊、それでも愛おしさに脈打つのは心臓。
価値観、ブルース、
チェケラーダンスにすら、
偽りの世界観にしてまで、
究極的リズムですら、
栄光を重ね合わせて
不思議な世界へとご招待するのかい?
奇妙なメロディは、ギアをあげながら、
素敵になっていくドリームは、
描いた最高峰を笑うようにして。
ラブリーなチェンジすら、舞い戻る。
世界観、いやあ、飛べるさ。
リピートアフターミー、
暴走するなら、その記憶すらメロディに。
美しきドリーマーは、
描いた超宇宙すらメッセージにしてくれる。
儚く揺れる最高峰だったとしても、
現実がそこにあったとしても、
必然的に引き起こされるブレークスルー、
楽しさはドリーマーさ。
全てが結局を照らし出してくれるんだ。
曖昧でも生きているんだ、
ダンスフィーバー、価値が揺らぐ方向へと、
刻むストーリーはエンジョイしてくれるさ。
記憶とメロディ、もっともっとが溢れ出すんだろう?
究極的メロディすら、栄光のビジネスライフすら、
永劫の時を、中途半端に見ることができない興味。
疑うなら、ファンキーにすらなれるべきなんだよ。
奇妙なメッセージ、歌声、更に高らかに。
メッセージ、興味を示しても、
疑うことはできないんだ。
究極的リズムに照らされても、
生きがいはファンタジーを、
埋め合わせする天才は、
更なるドリーマーを照らし出してくれる。
曖昧な世界だろうと、
なんだろうと、
価値は揺れるんだ。
最高峰、イメージはチャンスに。
ひたすらは傾向をワンダーランドに、
サクセスするストーリーすら、
生きがいのファンタジスタすら、
永劫の時を、メッセージを貫いた。
儚く揺れても、最高潮はメッセージ、
大腿部を揺らしながら、
崩壊してもリズミカルは歌いだしていく。
理想的チェケラッチョに、
埋め合わせする天才ですらも、
空虚なリズム、サクセスのパーティすらも、
映像的コミュニティ、
歴史的メロディが、破滅への展開を喜ぶなら。
ケセラセラに歌いまくった。
伝説はそれのみでは輝けなかった。
細胞の一つ一つが生きている。命を誇り、
リズム、炸裂するなら、
ワンダーランドとケセラセラを、
歌い始める空虚さにすら、
ワンダーランドを満たしてくれるから。
記憶とメロディ、憂鬱ならば、
叶えるべき夢があるだろう?
何かを忘れているんだろうか。
奇妙なファンタジーだけは、
居候、大切なドリーマー、
永劫の時をサクセスさせる為に、
空虚なメッセージは、
いたちごっこを守る為に。
究極的ロックンローラーは、
形を運ばせて、
ライクキャパシティにすら
なってしまう。
リズムがそれらを目指すように、
自由に愉快に、喜びを歌えたなら。
理屈とファンタジー、
ロックンロールビジネス、
最高が最高を連れてくる。
意味不明でも鼓動はワロスへ向かっていく。
ただそこにあるものを、信じられるかどうかにある。
人々は気づかねえ。
大好きなチェケラッチョ、
当たり前のことから順に忘れていく。
記憶がメロディでも、
憂鬱な伯爵がいたとしても、
記憶はメロディになってくれる。
奇妙な次元はアップアップだ。
大切なドリーマーと、
栄光は白熱するべき場所を
互い違いに望み続ける。
理想的超越が、それらを可能にしたんだ。
執行猶予、
リズミカルな影響力、
突っ走ったらファンタジーになるしか道がなくなった。
歴史的ドリームは、それらを耕すように。
魅力がファンタジーになってくれていたから、
ドリーマーは描くことをやめなかった。
必要とされるはずのミラクルは、
伝え方の一つさえも分からずに、
大切な方向性は、イズムと共に刻んでいってしまった。
だから僕らは走ったんだ。
永遠を知らない僕らは、距離を誇ってまた歌いだせるかな。
記憶とメロディと情熱、
疑えるものが沢山あることを知る。
埋め合わせする天才にすら、
生きがいが宿っていることを知ったから。
大好きな展開さえも、
ファンタジーアイランド、
夢中になっている暴走中だったとしても、
記憶、ワンダーランドを満たしてくれてきたんだ。
ファンキーなメッセージが、それらを伝えだすように。
そこまで究極になってくれたら、
俺は何の注文もないのさ。
リピートメッセージは、歌いまくってくれるからね。
大好きなんだ、この世界が。
マジックディスクが、鼓動が。
ワンダフォーが、うなぎのぼりだ。
素敵なメロディにならない世界なんて、
価値はないんだ。素敵さでフューチャーをエレガントにさせてみたい。
記憶、もっともっと。
溢れ出す、究極が音を飛んで、歩き始める。
記憶という記憶を渡り歩く。
リズミカル、素敵にすらなってくれるなら、
記憶できるファンタジー、破滅的恋愛だったとしても、
記憶、メロディ、メッセージになってくれるから。
歴史的ドリーム、描いたなら必要性とは。
刻み付ける最高峰、疑うことなんて意味がないと。
叫んでられたならハッピーかもね。
自由な頂戴は、嘘すら炸裂するのかい?
イメージが挑戦的になったなら、
メッセージというメロディですら、
素敵さをファンタジーにするべきなんだ。
白熱する愉快、
もっともっとが溢れ出す世界へと、
ドリームは疑うことなんてないのかい?
刻んだストーリー、エンドレスなファイヤー、
ロマンロックな希望を、
歌いだしてファンキーに、
リズムと究極、
イズムとサクセス、メッセージだ。
リズミカルなメッセージだ。
疑えるほど弱くはない。
刻んだストーリーとストレート。
ダンスフィンガーは形すらない。
大好きな天才が動くから、
奇妙な出で立ちさえも、
許せたんだ。その最高峰に、
イメージが共鳴してくれたから、
ファンタジスタは行動の作用を送ったんだ。
刻んだストーリー、
私は毛糸だけを、紡いだ訳じゃない。
必要となるミラクル、
ケセラセラはそのワンダーランド、
宇宙を崩壊させるほどのエネルギー、
突っ走ったら究極にすら見えてしまうかな。
リズミカルなファンタスティックは、疑うことすら分からないのかい?
リズムが炸裂させてくれるなら、
究極的メロディ、
突っ走ったら健康にしかなれないんだ。
理想と超越、
大好きな天才と展開にすら、
ファンタジーアイランドを見せてくれるなら。
究極的なほどのミステリー、
虚無が運び込んでくれる、
メッセンジャーは話し始める。
理解と究極性に、リズムとイズムをあてがいながら。
必要性とリズムは、
互いに共有しながら、
ファイターとスマイルな素敵さは、
ファンタジーを越えて、更にかなぐり捨てて、
僕らを恋愛トークに導いてくれる。
聴こえるダンスナンバーと、
答えが映っているロケットならば、
栄光とフューチャーアイランドだ。
マジックミュージック、
果てしなさと鼓動ですらも、
ファイティングスピリッツで、
エンドレスを鍛え上げてくれるなら、
究極的リズムすら、
栄光をよろしく言ってくれるのかい?
ダンスするフォーエバー、
リズミカルな影響が、
突っ走るファンタジーすら、
永劫の時すら、ファンタジスタを越えていく。
記憶とメロディが突っ走ったなら、
世界観、もし私が今誰かに抱き着いたなら、
希望とサクセス、ワンダーランドを満たしてくれる、
協力体制にすら、
ファンタジーを越えてくれるんだ。
希望とパーティ、失われる世界観と、
思想は頂戴していくのさ。
リビングデッド、価値観がブルースになっていくんだ。
ハクナマタタ、栄光が影響させられていく。
ハーモニーと歌声、
炸裂するマイナンバー、
記憶がメロディになっていく、
その前に疑えるなら、
究極的リズムすら、
栄光に差し出してくれるのか?
ファンタジスタは未来を喜び続ける。
記憶はメロディを、歌いだせるはずだから。
奇妙なメッセージと、
彩りを積み重ねてくれる影響は、
ワンダーランドを満たしてくれる歪さとは。
ファンキーなメッセージすらも、
栄光として受け入れてくれた価値観さえも。
ファンタジーすらも、栄光すらも。
究極的メッセージはゴールデングローリー。
価値が揺蕩う方向へと、
刻んだストーリーは、
生み出したことを恥じて時を呪う。
ミュージックは儚く散らされる。
歴史は究極として、
メロディは憂鬱な儚さを嫌いになってまで、
影響力、ぶっ飛んだ価値観、
ブルースとチェケラッチョが生み出されるなら、
価値とブルース、謙虚なヒーローは、
運び出してきてくれた。
ハーモニーとして疑い出してくれるなら、
空虚なメッセージにすら、照らされ出す究極があるのかい?
リズミカルなエイトビート、ミュージックファイター、
理想が調節するミラクルすら、
栄光、ビジネスライフを体感する為に。
究極的なほどのレスポンス、
クォリティが異常でも、
素敵なファンキーに、
歌声がミステリーになるしかないんだ。
究極的メロディは、
それでも開拓することにノーサインを出してくれるのかい?
聴こえるワンダーランド、
歴史は歌い上げてくれる。
ロックンローラーは形が存在しているから。
奇妙なファンタジーにすら、歌声をファンキーにするのかい?
リズム、サクセスへとミュージックが、
ヒップホップなチェンジング、
ストーリーがメッセージを呼び込んでくれるなら、
奇妙過ぎるメッセージと、
偽りは世界観を照らし出してくれるのかい?
記憶はユートピア、
炸裂させても、未来が分かるとしても、
究極的メロディは、
追憶の扉を叩き続けるはずだろう?
奇妙なメッセージ、偽りに世界観が、
イデオロギーが突っ走ったとしても、
記憶はワンダーランド、
夢中になる暴走能力があったとしても、
炸裂するワンダーランド、
夢中に想像させたとしても、
記憶とメロディは愉快になっていくんだ。
儚さが散らす、最高峰があるとしたら、
究極的メロディすらも、
追憶の扉をノックし続けるだろう。
破滅的なほどのクォリティ、
ワンダーランドが希望を満たすなら、
最高潮、それらの目指すメッセージを、
追憶の扉から叩き続けて、
運命はサクセスを求めてるはずだから、
奇妙なファンタジーすら、
それらに記憶させるメッセージすらも、
ファイティングチョコレートにさせてしまっていたのかもしれない。
理屈はリズム、その最果てを望んでいるから、
価値は愉快に崩壊、
刻んだストーリーとストレートに、
うごけないならば、次の記憶が現れるんだ。
理解とファンタジー、究極的なほどの
ミステリー、空虚な理屈だけでは、
正すことのできない運命。
ロックンローラーはそれらをファンタジーにさせながら、
愉快さをドリーマーとして影響力として、
受け継がせることが可能なのか?
ファンタジーとユートピアとは、
サクセスするための次のトゥモローですらも、
究極的メッセージにさせながら、
リライトしつづけるのか?
究極的メッセージ、
疑えるなら、その崩壊に合わせて、リズムがやってきてくれるなら、
記憶とファンタジー、狂熱と天国の
その狭間で、愉快さがファンタジーになってくれるなら、
ケセラセラと共に疑う、
この気持ちはどこにいってしまうんだろう。
究極的なまでのメッセージが、
メロディが疑いを込めて、
ハプニングを巻き起こすなら、
素敵すぎるドリーム、
それらを栄光にしたとしても、
強烈なファイヤー、ロマンロックと栄光に、
サクセスするポイントがあったとしても、
陸とリズムはそれ一つ。
大胆不敵な行動と共に、
宇宙を駆け巡ってくれるなら、
記憶と愉快さ。ファンタジーすらも超越して、
ダンスフォーエバーにさせてくれるのかい?
イメージがチョコレートソングに変わってしまったら、
僕はそれらを満たす意味さえもなくなってしまうじゃないか。
ファンタジーは超えていけると本当に信じているのかい?
理屈とリズムは、越えるべき最高峰を教えてくれた。
それでもドリーマーが満たしてくれるなら、
究極的なほどのリズム。
最高峰とメッセージ、強烈なファイヤーに、
ロマンスはノックアウト、
歴史的ドリーム、永劫の時を、
駆け巡る、世界観とサクセス。
それすらも喜びに変えてしまう、
リライトが存在しているという。
極めれば最高峰に、イメージチョコレートに、
ダンスし続ける運命はチョコレートソングなのかい?
イメージがチョコレートなのだとすれば、
価値観とミュージック、
ファイティングするミュージックパーティだ。
エンドレスが記憶してくれる、
ミステリーが存在しているだけだ。
ミステリードリームが蠢くとしたら、
素敵なファイヤーサインですら、
最高なファイヤーサイン、
路頭に迷うことすら間違っているなら、
空虚な理想は何を疑えばいいの?
炸裂するワンダーランド、
奇跡を巻き起こす必要性、
魅力がワンダーランドを満たしてくれるなら、
記憶とメッセージは、追憶の果てにある栄光を、
揺らし運ぶ、素敵なエレガントを、
希望とミュージックファイヤー、
ロマンロックな希望が満たす方向を教えてくれる。
それでもドリーマーを、
描いたら最高峰にすらなれちゃうのかい?
刻んだストーリー、それでも暴れ出したら、
ロックスとロックンローラーは、
形を見せてくれるファンタジーにすら、
なってしまう強烈なファンタジーにすらなってしまうから。
炸裂するワンダーランドは、
ケセラセラと共に歌っているから。

リピートするアンサー、
それが間違っていないなら、
もし、そこに立つことすら許されないなら。
ファイティング、理想とそれらを超越するミラクルすら、
削るファンタスティック、
永遠が鼓動をワンダフォーにさせながら、
歌い始める空気圧すら越えて、
未来のロックンロールはひたすらを求めだす。
謙虚なヒーローになってまで、
永久を求めたのは、
リビングデッドな価値観。
メロディと突っ走った景観、
ビリーバーなジャストナイトならば、
嫌い、メッセージ、
チョコレートソングを歌おう。
君たちはどこを揺蕩う。
リズムは伯爵、拍手と共に
歴史を開拓した僕を侮辱するように。
曖昧さは伝えだすように、
ファンキーな歌声で取り戻すようにして。
リビングデッドでも、
価値は探し求めてきた。
ラップすること自体ちげえと思えたから。
ミュージックは果てしなかったからね。
備忘録、ファンタジーを疑わせるなら、
流暢な記憶、それでもなお解き放っていく、
そのストーリーが愛おしいという。
素晴らしいという。
歴史的ファンタジー、それらを共鳴させても、
疑いは尽きないという。
本当の本懐はどこにあるのだろうか。
理解、もっともっと素晴らしい世界が見たい。
空は晴れ渡り、雨は囂々。
大好きなチェンジングはあっけらかんと呆けたまんま。
だから伝えたいんだ。
未来に対するこの行動を、
それらが目指す未来を、
愛おしさを。
メロディが突っ走るなら、
それらは永遠すら望みまくってくれるのかい?
段階を踏まないとおしゃれになれない彼らは、
虚ろに天才的に、
ドリーマーを影響させるように。
ひたすらにファンキーになっていくの?
理想像は大切とされている興味の源流が愛おしいから。
未来と昨日からの影響力。
突っ走ったらその体感温度でさえも、
ブルースでさえも、全てを越えていってしまう。
それを分かっていて耐えるのか?
奇妙なファンタジー、
劣悪な価値観、環境の中にいても、
間違いないと誇り高く歌えるのか。
価値がブルース、
謙虚な炎になったとしてもだ。
ラブリーコールは歌いだすだろう。
やがて、興味は弾け飛び散るはずだ。
その場所まで到達する為に、
僕らも必至だから。
リピートするメッセージ、
クォリティ、もっともっとが儚く散り始める。
その理解に、閉じ込められた境界線が慌てだし、
僕を求めて空中を跳ね続ける。
理想はそれらをチェンジする為に、
地獄に窯のフタすら開けてしまった。
リアルなフューチャー、それでも取り戻したいものがあったから、
究極的なモンスターは愛の為に命を投げた。
リピートするアンサー、孤独が毒々しく僕に気づかせる。
恋愛トークを爆笑させるなら、
ファンタスティック、大好きな音楽が僕を共鳴させる。
破滅の序曲、それでも守りたいものがあったから。
究極的なほどのレスポンス、気がするだけじゃ止められない。
分かっているから勇気を灯した。
大好きだから、ミュージックを答えに返してあげたんだ。
リクライニング、形だけじゃ失えない。
僕には僕の夢や理想がある。
それでも表現することをやめないんだ。
馬鹿みたいでしょう?
ロックンローラーは契られた。
崩壊するファンタスティックは、誓いと契約によって、
その半端なさをブーストさせていく。
体に脳に、ありったけの言葉で挑む、
世界の最高峰。
嘘みたいな奇跡を、
ワンダーランド、不思議な未来がチャンスとばかりに、
運命はキラキラキラキラ輝きだした。
宇宙を、あるいは自分自身を、変える。
夕焼け空、僕に見える景色は、そのままだよ。
理屈はない。興味が、微妙な空気が、
それらを可能にした。宇宙すら心に宿った。
その瞬間、全てが壊れた。地球が憎いとさえ思った。
果てしなさの頂戴する、ミステリーに対する興味に、
向こう側が宿るとすれば。
栄光のビジネスライフ、そんなものに胸ときめかないのは、
きっと僕が憂鬱な風をずっと、ずっと、
息をするように、君が笑うように、
揺蕩うリズム、新しさ、新しい空間、
空洞化された心に、満たされる何かがあった。
ハートオブフィンガー、
美しきドリームすら、
憂鬱なファイトをさせられるなら、
行動のロックンローラー、
チャンスを浴びて、それでもまだ呼吸をやめない、
愛しさが貫く永遠が、鼓動が、
ワンダフォーアイランドが、素晴らしい島国が、
新しさを追求してくれる。
国境で争い合うよりも、
素敵なメロディ、宇宙を目指して飛び跳ねまくる。
大切な心が今も揺れている。
最高峰、イメージしてなお、
嫌いになってしまう影響力すらも、
なおも突き抜けて、壁を乗り越えていく。
その全てを行為にして、ラブリーチェンジは参らせていく。
果てしなさを、その行動を、
讃えるように。微妙なサンシャイン、
理屈抜きで歌えるように、
空間は震え、また新しいものを生み出してくれるだろう。
ある一定の答えに辿り着く。
運命が共鳴して、更なる宇宙を向こう側に、
天才的にさせてくれる。
イメージが超越する未来へと、
僕は踏み出した。
記憶、展開、天才、分からない。変わらない。
大好き、大好き、だけど止まらない、こぼれる涙は宇宙の向こう側へ。
果てしなさ、行動、宇宙を差し出してくれ。
価値は無くても構わない。その全てが僕の音になっていく。
理屈とリズム、ひっさげてやってきた。
僕たちは何を目指したの。
話し合いは僕らを埋め合わせしたから。
ダンスはフォーエバー、
価値が許す限り、
軋む方向と崩壊性、
リズミカルなファンタジスタに、
永遠すら宿ってくれる。
ファンタジーを越えても、
理想を越えても、
まだまだ僕を待ち焦がれる存在が。
愛しさ、温かさ、この瞬間の為に僕はどれほどのものを費やしてきた。
孤独が鼓動を、必要とされたミラクルを、
共鳴してなお、猛り狂う、メッセージを、
理解、感動、美しいミラクル、
伝えてなお、嫌いになっても果てしない。
ミラクルを伝えてくれた。
ファンキーなメッセージは、僕を疑うように。
だって仕方ないじゃん。僕には下を向いて立ち尽くすことしかできなかった。
リズミカル、影響力、
ぶっ飛んだ価値観、ブルースは共鳴するワンダフォーと共に、
裏側を果てしなく、行動のロックンローラー。
パーティはエンジョイするように、
奇妙さは、メッセージを解き放ち続ける。
最高峰は歌い続けるから、
悲しい歌声、
何もかも超越して、頂点に立ったはずの神様の声が、なんだか寂しそうで。
越えている勇気、儚さ、
本当に求めているものはなんだ。
窮屈でも止まらない。
記憶とメッセージは、言葉と出会えた喜びを、宇宙を。
ロックンローラーはフィーバータイムを、
笑ってたってしょうがないじゃん。
僕のイメージは宇宙よりでかすぎて、
とてもじゃないが表現できるものじゃないよ。
歴史、ファンタスティック、増大していく宇宙。
未来は心を映し出す鏡。
切り替わり続ける世界、
宇宙の未来すらも想って、果てしなさの次の舞台を探し始めた。
理屈は全部壊してしまったのか。
恥ずかしいほどの怒りと痛みに、
震えてきた。リビングデッドだった。
それは彼らを侮辱するのかい?
君は悲しそうに笑った。
理屈、ファンタジー、残るものなどない。
記憶、メッセージ、サクセスするためのワンダーランドならば、
奇跡、巻き起こして、フィーバーするための。
リピートするダンサー、
記憶とメロディ、宇宙がサクセス、行動をし始めている。
もはや止めようのない歯車の流れに、
僕を置いてけぼりにする時の流れの冷たさに、
少しだけ嘶きながら、
果てしなさ、魅力、
ロックンローラーはパーティを生み出してくれる。
起承転結がはっきりしていないんだ。
理解、歴史、ファンタジーを越えて、
炸裂するワンダフォーですら、
存在するという意味の共鳴ではないだろう?
宇宙はそれでも僕を笑うのかい?
僕は何のために。力じゃない。嘘じゃない。
大切なメロディ、大切な言葉。歌うあなた、
僕は何をすればいい。
僕は何を育めばいい。
果てしなさ、行動、ロックンローラー、
希望の差し出す方向へと、
リズムとイズムは連れて行ってくれる。
ファンタジスタは、その永遠の先に何を見るのか。
大切なミュージック、
虚ろ、虚ろになりながら、
宇宙は、転げ落ちて、僕の中で揺蕩う。
必要性はそれらを努力させながら、
未来というゼロに向かっていく。
僕が存在していたことも、やがて忘れ去られるだろう。
嫌ってしまったらそれまでだから、君は同情でもしたのかい?
窮屈な理想像、展開することすら馬鹿馬鹿しくなったのかい?
イメージは、それらを超越させて、
魅力を倍にさせたのかい?
直接的に調節したら、
面白い光を観測できた。
ファイヤーマシンガン、
宇宙が差し出すその方向に、
希望の光を追いすがって、
それでも記憶に舞い戻るということは。
素敵なファンタジーの最中にすら、
僕は許せる大好きな展開を、
宇宙の方向性を、刻んだストーリーを、
生み出すことができる気がして。
なんとなく残ればいいな、なんて呟くなんて。
フィーバータイムは虚ろに、
ファンタスティックは恋愛模様になるように、
儚さが揺れる午前午後。
言葉でちょっと遊んでるだけだ。
イメージは調整しながら、歌い上げていく。
理想とチェンジ、舞い戻る世界観に、
理想すら超越してくれるから。
未来はダンスしながら運命を、
もっともっと儚く散り急げ。
素敵なことをもっともっとしてしまえ。
リズミカルな影響力が、
突っ走るなら、その伝説に栄光のビジネスを、
伝え始めるなら、
空虚になったそのリズムすらも、
映像、それらが生み出す栄光すらも。
ファンタスティックアイランド、
夢中な暴走になっても、
リズムはまだまだ疑いを放ち続ける。
その光が差す方へ、その光が求める方角へ。
走り出せ、運命。
一番きれいな言葉で見送ってやれ。遊んでやれ。
価値が共鳴するなら、
ワンダフォーナイト。
美しい夜を彩ってくれ。
ファンタスティックなアイランド、
最高の喜びが隠されていたから、
ドリーマーは描くことすら忘れてしまったのさ。
リズムが究極を求め始めるなら、
謙虚なストーリーすら、
一途さがファイティングされてしまうだろう?
ロックンロールはフェスティバルだったのか?
それとも運命、転げ、転げ、運命を転げ落ちていく。
ロック、ロック、岩のような転がっていく。
歴史はファンタジー。あなたに届けたい。
ミラクル、共鳴する為だけではない。
リズムが卓越して、
ワンダーランドを見越していく。
ストーリーはエレガント?
ミュージックを飛ばしな。
メロディックライン、ころころ、こつん。
果てしなく、そのミラクルは続く。
当てのない旅が、
ファンキーなミュージックが、
鳴り響く夜に会いにいこう。
静かによろけるこの世界観を食べる。
イズムは最高潮、
食べる空間に対して、運命をチョコレートにしてしまう。
リズミカルな歌声、ファンキーな冷たい声の合唱に、
ロックンロールはひたすらを求めてくれるだろう。
究極はワンダーランドだから、
満ち溢れた世界観すら、
愛せてしまうリズムがあるという。
ロックはファンタジー、それでも記憶が愛おしいのは、
なぜ、ラブリー、果てしなく、ラブリー。
栄光に対する愛情、その攻撃模様、
ふざけたミラクルに対する、運命、虚無、最果て。
疑い出すなら、ロックンローラーはある一定の答えを導き出すだろう。
急速にメロディが美しくなっていく。
ハーモニーが疑い出すなら、
ケセラセラと共に、
憂鬱はパーティを生み出していく。
ロマンロックと、そのチェンジに参らせていくなら、
行動とそのロックンローラー、
チェンジする未来すらも教えてくれる。
希望が先にある気がした。
その瞬間、全てが消えてほぐれた。
大好きだった天才に、展開に、よろめく宇宙に。
行動とロストチルドレン、
美しいと思ったか?
リズム沈む刻む生き様。
ストレートに生きてないことがそんなに悲しいか?
うちゅうはもらいあくび、
僕は素敵なカエルマシーン。
果てしなさとミュージックに、リライトするフェスティバル、
交換条件堂々企むハツラツ格別爆発、
ルキンフォーできるなら、宇宙の未来を危惧して、
ファイナルステージ?延長線上の行動は、
嘘をばらつかせて素敵にナウヤングに。
立派でした。たいそうなたいそうをしたいそうです。
奇妙?エレガントですねえ、君たちに言いたいですねえ、
孤独、ロンリー、それらはハッピー?
生きる希望を失い難い?
イメージはチョコレート、それはそれなりにユートピアって
言っとけや。
楽しいことがないなら美しい人がいないなら、
リピリピリピート、常識はずれで構わないでやんす。
さあ素敵なことを教えてくれ。
六本木?ハッピーでブラザーパニックですぜ?
宇宙の指し示す方角へと、
リズム、チェケラーがメッセージを、
面白いほどの退屈さ、
リッピングハニー、
エイトビートがクラッシュするなら、
ファンタジーと超能力、
ラップペガサス、
ラッキーフェスティバル、果敢果敢、
食らいつくファイヤアアアアア!
ロマンロックとエンジョイしたミラクルには、
伝わる魅力とエンドレスがあると。
行動、ロックンローラーにチェンジされていくミステイクが、
存在すると慌ただしいミュージック、
果てしなさで行動しても、流浪に行っておののき、
ファイヤーマシンガンに歌いだせたように、
隠れモンスターで協力して商戦をたいらげるよりも、
ファイヤーマシンガン、歌いだした君に興味を寄せるよりも、
ファンキーな歌声があるっていうこと。
とこなエックスだってこと。
リクライニング、価値、ほーほけきょ?
リズムが最高峰、でも飛び出すやんちゃなもんちっちに対抗するのは
面倒くさくて参るなあ。
大好きな健康法、
ラブリーなハートすら悶えるなら、
リピートするダンサーが、
埋め合わせする天才へと、
のぼり始める。
機械人形のように、
クラッチしてスクラッチする永遠を、
満たしてもいないその努力を、
意味不明な言動は立ち止まる。
希望がワンダーランド、
伝えても間もなく、希望は走り始めるだろう。
奇妙過ぎるメッセージと共に、
ラップスタイルはエンジョイしていく。
ハーモニー、クラッシュで生きていくなら。
思想とチェンジ、マイハニー。
エイトビートに嫌われても、
ミュージックは止まらないのだ。
理想と、チェケラッチョファンタジー、
越えてなおも突き進む。
伝説がクラッシュするように、
エイトビートはそれらを笑うように。
活動する展開、未来を呼びよせた。
大好きを止めたくなかった。
嫌い、嫌い、それでも求めるものは
その中にある気がしたから、
美しかったんだ。たまらなかったんだ。
リズム、生きる、この世界、大胆不敵を行動させた。
クラッシュしても、エンジョイしても、
ワンダーランドはミステリードリーム、
描いた究極性すら、
リズムを叩いて、果てしなさを行動させる。
意味不明でも、展開上は面白いのさ。
空気感が愉快さを取り戻しているからね。
炸裂するダンシング、
引っ張り込んだ栄光が目指す者。
ラッキーフェスティバルな永遠が望む魂を。
立派なんだよ。ファイトスタイルがね。
エンジョイしてもミラクルを伝えたかったんだろう?
奇妙なワンダーランドは、
ミステリーすらよろしく言ってくれるはずだよ。
奇妙過ぎるメッセージ、
虚ろな展開に嘘をつくなら、
ファンタジーアイランド、
夢中に暴走したとしても、
苦渋の決断、ファイトスタイル。
価値が揺れ続ける。
果てしなさと未来、
大胆不敵な路頭に迷う模様。
イメージが強烈に、
白熱しようがダンスしようが、
メッセージは連なることをやめねえ。
希望とそれらのファイティング、
行動のロックオンパーティだから、
エンドレスは求め続けるのさ。
それはとってもハイパーだろう?
永遠と炸裂するダンス、
行動がロマンロックなら、
抵抗すらワンダーランドだろう?
結果から言えば。素敵なメロディ、
後ろめたさがワンダーランドなのさ。
希望が、後ろ側から後ろめたさから、
宇宙のその端っこを憂うように、
希望はワンダーランド、
世界中を巻き込むエイトビートのように。
ケセラセラなフューチャーを、
アイランドにする為に。
サクセスワンダーランドは、希望を解き放つように。
理想とチャンスはチャレンジするから、
奇妙なゴートン、果てしなさのミラクル、
トレドの最高峰、
食べてしまう、記憶はララバイなミュージック。
果てしなさを貫いてくれよ。
立派にファンタジーを、越えてなお響かせる情熱を、
希望はワンダーランドを、
サクセスするための最高を、
正しさを、ワンダーランドを求めてくれるなら、
記憶、フェスティバル。
運命がチョコレートディフェンスだから、
宇宙の未来すら食べてしまう。
リズムが宇宙を飛びまくっている。
価値観はフューチャー、それでも生きがいを食べて、
リズミカルな歌声にはしごを下ろす。
大好きだから展開は一度ぶっ壊した。
果てしない未来にすら距離を保ち疑いまくった。
立派なファンタジー、
憂鬱な希望が明らかにされるなら、
クォリティを共に止まらない世界へと。
ビジネスライフは次への新展開、
爆笑の渦が連れて行ってくれるファイナルステージへ、
暴走する機関車はダンスをしながら、
未来は鼓動にワロスになりながら、
歌うファンキーはどこまでもドリーマーを目指して。
戻ってきた最果てはなぜかいつもと違う光景で、
ファンキーなリズムに最高をあてがうしかないなsら、
歴史的ドリーム、描いた宙に浮いたサクセスすらも。
みたいよ太陽みたいな未来を。
ロックンロールファンタジーでした。
憂鬱なコミュニケーション、
それらはパーティ、
エンドレスに求める憂鬱性、
行動力とポテンシャル。
ロックンロールがファイトし続けるぜ。
運命?チョコレートディフェンスだよ。
価値と、揺らぐ最高峰が頂くぜ!
ファンキーな理解が止まらないなら、
究極的リズム、最高を最高峰に、
歌いだして疑い出してる奴はどっちだあっちだ
ファンキーだ!
止まらねえ、サクセスの次の次の舞台。
活躍?半端ない理想と共に止まらなきゃいい。
大好きな展開?
未来をよろしく言ってくれるならそれでいい。
奇妙過ぎるメッセージが当たり散らすならそれも意味の内部合図だろう?
リズムが傾向を生み出していく。
儚さ散らす、メッセージだ。
リップスライムな健康体だ。
サクセスワンダーランドが記憶してくれるのさ。
破滅的でも、恋愛的トラブルでも、
サクセスのアクセス、次の舞台を照らしだす光。
イメージは直線的に調整された世界で、
未来への扉を叩き続ける。
それらは運命であり、歪なジェットコースター破壊光線だ。
ラブリーアタックを認めるなら、
活動する展開すら許しておけよ。
ファンタジーアイランド、夢中に暴走するなら、
ついにはおしまいにはタイムトラベル、
価値が揺らす最高峰、
それでも愛おしいなら、
それでも止まらないなら教えてあげよう。
チラつくミラクルが、影響させる次の場面を。
いたちごっこなナイトフィーバー、
フィーバーしすぎて燃え尽きそうだぜ。
ファンキーな離島に、行動のディクショナリー、
半端ない理想と止まらない究極が新しいなら、
記憶と、ミュージックレスポンス、
それは戦い?
イメージを強制的に分からせな。
大好きチェケラッチョに満たしてほしいんだろう?
究極的リズムと共に現されるぜ。
反復される運動会だ。
反復するブレークスルー、
アタックするワンダーランドは、
記憶と共に宇宙を目指してくれるぜ。
ファンキーなマシンガンですら、
僕を疑うなら連れていけ。
ファンタジーアイランド、
夢中になれる暴走できる、
その健康的なブレークスルー。
果てしない未来を歩き続ける素晴らしさ。
栄光が伝えてくれるから、
ファンタジーすらも愛せてしまうんだ。
究極的メロディ?
いっそのこと突っ走ってあげよう。
ミラクルはダンスし続けるのさ。
曖昧なレッツトロッコに、
生きがいと、ラフレシアと、
求める健康的スタイリッシュは、
リズムでサクセスを求めるように。
空虚な伝説に照らされるように、
埋め合わせされる伝説は、
未来を躍らせてくれるから。
曖昧な大切さ、鼓動とワンダフォーだ。
失ってしまったら価値すらないんだ。
究極的リズムに、抵抗させたいんだ。
ファンキーなエイトビート、
ミュージックはループさせられてしまうんだ。
空間とファンタジー、
狼煙をあげるなら、
素敵なミラクル、チャンスを浴びせるように、
空間は、空間そのままに、
一日、エイトビート、
ミュージックはループし続けるのかい?
それとも破滅的記憶に全てを預けるのかい?
貧弱な、リアルとなる可能性のあるところてんを、
ミュージックファイター、
ロマンロックと記憶が、ファンタジーを越えてくれる。
ロッケンローファンタジスタが、
生み出してくれるなら、
記憶と共に素晴らしいことになりな。
ミュージックはファイトし続ける離島、
大好きな展開と、魅力的にサンドウィッチ、
価値観が揺らぐなら、
最高峰と共に歌い上げてあげるぜ。
空間、ビジネスライフと共に、
究極的リズムは光を浴びせるだろう。
その距離に、あるいはその尊さに。
理屈が、リズムが、超えてなお研ぎ澄まされるテンションが、
リズムと理屈すら越えて、
それすら越えて、何もかも超越するのさ。
それこそがハッピーだと思ったから。
窮屈な記憶と共に、とぼけたファンタジスタは、
永遠を望み続ける。
ハッピーな思想と理想すら、
反復運動を大切にしながら。
ラップスタイルはエンジョイしてるそのままに、
影響力、ぶっ放す世界観、
一昨日きやがれなファンタジージェットコースター。
モンスターズデトロイド、
発表会は思想をチェンジさせるだろう。
ラップスタイルと未来が、
健康的ラブリーを、崩壊させるなら。
魅力的ファンタジーすら、憂鬱な光線銃、
果てしなく行動しとく?
運命とかチェケラッチョだけでは。
リピートしてくれるメッセンジャー、
止まらない究極を教えてくれよ。
ドリーマー、まだ更に情熱的なレクサスを求めているのかい?
白熱するルーキー、ちょうどいい具合に、
ファンシーなリズム、沈む大会制覇、
ラッキーフェスティバルすら、運命。
共鳴しているダンスすら、偽りを光線銃に打ち抜いて、
儚さ、揺らぐ最高、
イメージをチョコレートにしてしまったら、
究極的ドリームでさえも、
刻んだストーリーは虚ろになってしまうんだろう?
究極的リズムでそれらを照らし出せ。
発表会は展開を求めてる。
更なる勢いを求めるなら、
パーティ、そのリズム、
マイノリティが目指す内側さえも、
ファンタジーアイランド、夢中に暴走させたとしても、
記憶、未来、無花果、果てしなさ、
統率力の引き起こすミラクルですらも、
一途なファイターはノリノリになって、
刻んだストリートブルース、お前はルーザー目指せクルーザー
リピートするメッセージと共に、
究極的ミステリーが照らし出すなら、
この光景、美しい未来図すら、
ファンタジーアースジェット、
価値観が揺らぐならそのままに、
記憶できるメッセンジャーと、
そのクォリティを満たせる近づきたいワンダーランドすら、
結局分からないだけじゃん。
発表会、思想の放棄。
ファンタジーアースを見つけたなら、
空間にすらなってしまうしかなかったのだろうか。
奇妙過ぎるメロディは、
あるいは偽りは。
世界観は、思想は、お涙頂戴なその次の展開は。
ミラクルに影響を灯しだし始める。
理解がファンタジーになっていくならそのままに、
究極的メロディすら偽りで、
本当に笑えてくるよ。俺とお前以外、何もかも嘘だらけで。
リズム、沈むなら強烈に、
その世界で挑もうと決めた時点で、
勝者は分かってしまったんだ。
やばいスクラッチすら、
永遠が踊り散らかされそうで。
ファンキーなリズム、
そこにエイトビートを託せるなら、
空間すらも笑い出しそうで。
ファンキーなリズムと共に、
強烈なファイヤーはそのまた次の段階を求め始める。
理解は究極を現しだして、
イズムな炸裂はワンダーランドを。
希望はファンタジーを、
更に乗り越えて嘘を炸裂させるなら、
奇妙なワンダフォー、
戦いぬいた最高ですら、
描いた夢を伝説にしてくれるのだろう?
ハーモニーが嘘をついているんだ。
奇跡のようなララバイに、
抵抗させられそうでも、
魅力的なファンタジー、
偽りの世界観になろうが、
憂鬱なニュースにパニックになろうが、
素敵なファンタジーは終わらないんだよ。
リズムが炸裂、サクセスへと舞い込むなら、
希望とか、それらのパーティ、
生み出されたなら憂鬱なパーティを見出しな。
空間的ハッピー、理想と超越、
行動のロックンロールパーティ、
エンドレスに認めてくれるなら、
記憶的メロディ、突っ走る世界観、
栄光のビジネスライフ、キラキラキラキラ輝いて行け。
果てしない超絶に、パーティすらロマンロックを
いたちごっこにさせるのさ。
ラップするから楽にしな。
大好きチェケラッチョすら歌いだせるなら、
空間とそれなりなハッピーライセンス、
活動する世界観すら、
影響力すらぶっこむなら、
記憶とメロディ、突っ走る伝説と共に、
キュートな伝説を器で教えてあげな。
素敵なメロディ、宇宙が最果てを目指すなら、
空間的ラブリー、崩壊するリズムすら、
栄光を望んでいるなら、
炸裂するマイダンス、
宇宙の崩壊はお粗末でした。
理解がファンタジーになりそう?
宇宙を差し出してくれよ。
イメージの超越する、伝説がクラッシュして
面白くなってしまう。
リズムが、炸裂するワンダーランドを
満たしてくれるなら、
記憶的メロディすら、
憂鬱パーティすら、
ハッピーに変えてしまう理屈とリズムが、
その最果てが、メロディが、
調節し続けるイメージが、
挑戦的ハッピーにさせてくれるの?
イメージは強制させられるものなの?
奇妙というファンタジスタ、
永遠とビリーバー、
挑戦的ライブハウスで、大胆不敵になってくれるなら、
イメージをチョコレートシンギング、
リップスライム、危険な段階へと。
ファクシミリ、追憶の扉を叩くなら。
必要以上の興味がセンセーショナルに動くなら、
思想と歴史、反復運動だ。
サクセスパーティに、エンジョイロスレスCD、
埋め合わせする天才が目指すなら、
究極的なほどのリズム、
退屈なイズムを連れてくる。
リズム、サクセスなポイントにしてくれるなら、
破滅的恋愛トークすら、宇宙を差し出してくれるのですか?
奇妙さはファンタジーを憂鬱なパーティにしていくだろう。
奇妙過ぎるメッセージすら、
エレガントな窮屈を与えてくれるわけじゃないのに。
理想とメッセージにあるのであれば、
価値観とブルース、
共鳴とワンダフォー、
いつくしみ、
哀れな大切さは、
リズミカルな行動と宇宙が差し出す方向性、
それらがリズムを目指すなら、
空間的ハッピーすら、栄光に満たされているのですか?
奇妙なメッセージが偽るなら、
世界観と空虚なリズムすら、映像的なパシフィック、
行動のロマンロックすら、
疑ってくれるのでしょう?
ファンタジーアイランドが夢中になってくれるなら、
ファイティング理想像、
大切なメッセージ、偽りすら愛してくれるなら、
奇妙なファンタジー、虚ろな大切さがドリームを、
栄光を満たしてくれるはずだから。
歴史的ドリームすら、
栄光すら、永劫に伝えてくれるなら、
記憶とファンタジー、憂鬱なタイピングマシーンと、
理想が調節された未来さえも、
リズミカルなダンサーは、
宇宙を崩壊させるほどの
リズムを越えてきてくれたから、
ファンタジスタは止まらないのさ。
究極的メッセージは偽りを、
世界観は行動を、
イメージしてなお煌めき続ける永遠を、
行動するパーティにエンドレスになっていくなら、
ファンタジスタと参るほどの素敵さを、
宇宙の煌めきと共に、
宇宙をフェイバリットにさせてくれるなら、
曖昧さで伝説を教えな。
ファンキーなリズムと共に、栄光を抵抗で現しな。
それこそが体感するミュージック、
歴史的健康を教えてくれるミステリードールに、
意味不明なタイピングメッセージで、
究極的リズムを教えてくれるのさ。
馬鹿みたいでしょう?
破滅的恋愛を教えてくれるんだぜ?
それらはキラキラ輝きだした。
大切な言葉とミュージックファイトコース、
エンドレスを求めてくれるなら、
潔いパーティすらも、永遠を望ませるべきだ。
ファイティングスクラッチに、エンジョイするミラクルにすら、
映像的コミュニケーションが偽るなら、
世界観と理想は思想、
退屈な健康法で、
ラブリーな見せたくなかったイズムとリズムで、
最高峰を伝えてくれているなら、
ファンキーなほどに、
ミュージックファイティングは、
世界観すら愛しながら、
奇妙過ぎるミュージック、
儚さと共に潔さを手に入れな。
リピートメッセージが、
内側を目指すなら、
究極的リズムすら持ち上げな。
ハッピーなライセンス、活動する距離だ。
埋め合わせする世界観こそが、
影響力、突っ走ったダンサー、
独立した抵抗感すら、
影響力すら、ぶっ飛んで力になっちまうんだぜ。
空間的ハッピー、
偽りの世界観にすらなってしまうなら、
ロックンロールをビジネスにする為に、
究極的なリズム、大切なリズムと歌声に、
ファンキーメロディすら内側に、
メッセージはメッセンジャーを伝えるように、
ファンキーなリズムは、それのみを従わせるように、
空虚なメロディは走りぬいていく。
理想と大切さ、曖昧さとディフェンス能力、
価値が揺らす最高峰すら、
イメージしてくれた永遠に対して、
曖昧な歴史を発表したいんだ。
立派にリッピングされているという。
ファンキーなマシンガンは、虚ろな大切さを、
ドリーマーにしながら、憂鬱に。
それでもパーティは目指す場所があるから。
理解とファンタジー、強烈なファンタジーにすら、
なってしまうなら記憶なんだ。
リズムで炸裂するダンサーに対して、
意味不明に攻撃していたのは誰だよ。
ファンキーなリズムと共に、
憂鬱はファイトし続ける。
恋愛的栄光を、
ビジネスライフを、
たまりたまった歴史を、
九官鳥、おとどけしてやるぜ。
ファイナルステージは美しいのさ。
ラブリーコールと共に、
疑いを白熱させるのさ。
共鳴するダンサーと共に、
憂鬱なことに対してパニックを引き起こさない、
魅力的メロディは、歴史を越えていくから。
記憶とメロディ、それらが生み出すチェケラッチョは、
ファンタジーすら越えてしまうのかい?
リビングデッドは生きがいなのさ。
ハッピーマイライフを追随するなら、
発表会にすら間に合わせてみせようじゃねえか。
ラブリーコールでエンジョイするなら、
ミステリーと興味、虚ろなディフェンス能力すら、
エレガントになっていく必要性すらも、
栄光、影響で満たす為に、
全てはその大切さに挑んだ気持ちを忘れずに、
退屈な緊張など教えない為に、
窮屈なファイナルステージを、
影響力にさせるような。
ロックンロールファンタジーが、
憂鬱なパーティを悶えさせるように、
ファンキーなリズムすら、
栄光すら忘れてしまうなら、
究極的リズム、最高峰が踊りだしているなら、
究極的なミステリーすら全てを
現していこうじゃないの。
素敵さがファンタジーならば、
疑える空虚さと、
リピートモンスター、
サクセスの次の舞台、
発表会が思想を目指すなら、
究極的リズムと共に、
現実に対する時、
大好きなミュージックがかき鳴らされる。
それはハッピーなのかい?
イメージが直接的にファンタジーになれたなら、
空虚な空間、
ビリーバーなエイトビートを望んでいるから。
空間と、リピートしているモンスター。
強力な世界線と、
窮屈なファンタジーと共に、
憂鬱なファイターを望んでいるのかい?
価値が揺らす最高峰に、
イメージすら宿っていないなら、
価値すら教えてあげようじゃないか。
未来を伝えるからファンキーになってしまうんだ。
究極的ミステリー、健康的ラブリーすら教えてあげるよ。

ラップミュージックが白熱するなら、
リピートメッセージと疑わしさ、
ファンキーなリズムで、
栄光をユーロビートにさせるなら、
ファンキーにすることはこの頂きから、
マイナスイメージにすることは訳がわからんちあ帝国、
始まりの素敵なファイヤーマシンガン、
エイトビートを記録してくれるなら、
記憶と共にドリーマーは、
描いてくれるんだ。
ラッキーフェスティバルに永遠が閉じこもるならば、
クォリティと異次元、
メッセージ、トークバック、
そのさかさまに勢いよく、
突っ走ったファンタジー、興味ねえ。
ダンスするフォーエバーが
実力的に、ファイナルアンサーを呟くなら。
栄光とワンダーランドは満たし続けてくれる。
リピートメッセンジャーと共に、
退屈な世界が洗いなおさせられるなら、
奇妙なワンダーランド、
満たし続けるファイターすら、
栄光、ワンダーランドなチョコレートすらも、
描いた結局は、炸裂しながら
ダンスをフォーエバーにしていく。
ロックンローラーな
フィンガーが、大切にしてきた
ドリーマーが、描いた究極が、
エコロジーファイティング、
それらで積み上げたらハッピーになれたよなんて
どの口が言えるんですか?
奇妙なファンタジーは歌いだす。
運命を共鳴させ、
ワンダーランドを認めさせるようにして。
ラブリージャッジメントが空中に浮いているなら、
世界観すらものっとって、ファイヤーチェンジされていくなら、
行動の美学、移り変わる季節の素晴らしさ。
運命はころころ転がり続ける。
果てしないこの興味を歌うようにして。
猿人天下、サブリミナル影響力なヒップホップ。
悲しいドリーム、
歴史をハイクォリティにするなら、
空虚な歴史ですらもワンダーランド。
記憶とハイクォリティが見つけ出す。
それでも愛しさは止まらない。
リズムは止まらないのだ。
究極的なまでのミステリー、
大切、記憶とメロディが存在しているから、
ラブリーなエンジョイ、
見たくねえ?
刻むストリートで、
永遠を求めだすなら、
ファンキーなリズムで歌いだす
はにかむ笑い出す
展開的興味、
嘘みたいな奇跡を、
起こす僕たちの幸せを。
ミステリアス、空虚な理想像、
展開してもワンダーランド、
展開が教えてくれる未来、
謙虚なヒーローと、退屈な謙虚さが。
ラブリーエンジョイ、
それでも楽しそうに歌うことは必要なの。
奇妙なブレイブに、
サクセスはワンダーランドを探し続けている。
ファンキーなリズムとオーライしてくれるのは、
イメージするチョコレート、
ライスシャワーでエンドレスが求めだされる。
価値観と究極性、リズムとイズムは最果てを目指し続ける。
果てしなさと行動の意味不明さ。
ファンキーなリズムと栄光が、
伝えてなお極め続けるパーティを、
エンジョイしてなお、
続ける理想を、
謙虚なハートとヒーローを、
サクセスする為にエンジョイしても、
未来を続かせたい。
ファンタジーアイランドなんだ。
夢中に暴走するなら、
展開すら愛していくしかない。
ハーモニーが歌いだすクラッシュに、
エンジョイしている魅力にすら、
ファンタジーアイランドを見つめてくれるしかないんだ。
歴史的ドリームが描いてくれるなら、
興味と炸裂するワンダーランド、
記号として、ファイヤータイム。
理想的展開を洗い出してくれるなら、
興味すら存在する世界で、
嘘みたいな奇跡を。
止まらないのは勢いと興味。
後ろ側から大切にされた未来が垣間見える。
素敵なファンタジー、それでも止まらないなら。
究極的ミステリーと共にあらんことを、
願ってやまないこのギブアンドテイク、
サバイバルな価値観、ブルースが共鳴しているという。
ビギナーズハッピー、ロマンスが歌いだすなら、
謙虚なヒーロー、サクセスするためのワンダーランド、
希望的サクセスに、
ロックンロールな意固地なトゥモロー、
影響力、ぶっ壊す奴インダハウス。
重ねてくれるなら、
興味と歌いだしてくれるなら、
理解、ファンタジー、クォリティすらも異常になりながら。
空間とビリーバーは、ジャスティスを。
それらはノックアウトを、
響かせて、それでもドリームを描くから。
興味のない炸裂ワンタッチポイントでも、
作成する魅力がそこにはあるという。
儚さが揺れ、神輿も揺れた。
僕のファイヤーは止まらない。
理解を越えて、
それでも愛おしさに胸が痛む。
リズム、サクセスするならワンダーランドだ。
ケセラセラな超宇宙、
この場所でだけは、僕は自由だった。
リズム、共鳴、いたちごっこになろうとも、
僕の生み出す言葉たちは、踊ってくれる。
ファイターとロマンス、向こう側から、
ケセラセラは伝わってきてくれた。
ファイナルステージは影響力、
突っ走ったなら快楽、
大好きな展開、この鼓動、
異次元トリップ、これは惑星タイマーだ。
時限爆弾だ。サプライズだ。
意味不明なトークすら、
慌てだす頃合いだ。
ひぐらしの泣く山里の、黄昏時じゃあるめえし。
ロックがヒステリーに、
未来が直接的に調節しだす、
その未来の魂胆は。
イズムありきのシンガーは。
大好きな展開は、ワンダーランドは。
宇宙の方向性は、
それらが見出すリズムの次の次の舞台は。
果てしなさが未来を追及する。
ワンダーランドはケセラセラ、
君の言葉と行動と鼓動、
チラつく嘘すらも、
ファイティング、チェケラッチョな歌いだしから、
メロディはワンダーランドにさせてくれる。
曖昧なワロスが、伝えてくれるドリームになりながら。
リピートするアンサーは、
兄弟リズムと、ファンタジーを越えて、
リズミカルな勢いと、
ファンタジスタ。永遠が嫌いになるなら、
素敵になってくれるなら、
ロックンロールなファンタジーですら、
永劫の時を駆け抜けてくれていたのに、
ビーバップハイスクールは、
あるいはそれらが生み出す永遠は、
価値は、その方向は、
リズムは、イズムはどこへ行ってしまったの。
あなたを返してよ。
果てしないメロディ、
突っ走った経験、
ミラクルなチョコレート、
ファンタジーアイランドが夢中なら、
暴走、チョコレートメッセージ、
疑えるなら、その空間。
ビリーバーな超絶に、
ラッキーフェスティバルすら、
永遠になってしまいそうな記憶、
メロディは虚ろになりながら、
ストレートなミュージシャン、
価値が揺れ続ける。
果てしなさ、ミラクル、教えてくれる。ドリーマーなチェンジ、
自惚れないでよ。落ち込まないでよ。
立派なファンタジー、
クォリティが異常でも構わない。
理屈がファンタジー、それでも止まらない。
空気を読むストーリー。
リズムがサクセスを求めだすなら、
空間、空虚なストーリーを生み出して、
ケセラセラなワンダーランドにさせていく。
未来は永劫と、栄光のその形を変えながら、
未来に向かって突っ走っていく。
その可能性を捨てきれないから、
みんな慌てだしてしっぽを巻いて逃げ出したんだ。
ケセラセラなワンダーランドすらも、
ファンキーなリズム、最果てを教えて。
大好きな展開、
ミステリーを興味させるなら、
空間、ビリーブなエイトビート、
ミュージックがファイトし続けるなら、
運命的記録に灯されて。
ラッキーフェスティバルに、
永遠が宿るその時、
勢いでのみでは語れないファンキーが、
確かに存在したから。
未来を共鳴させる歌声は、
ファンキーでそれのみでは疑えないから。
ファイティングチョコレート、
ダンスし続ける未来へと歩き出した。
ファイティングしたいなら、
理想像、空間、ビリーバーなジャスティスを、
運命的に笑ってよ。
サクセスの空虚さに、
ビリーバーをジャスティスにさせてよ。
未来に対する興味があるなら、
ファンキーなリズムで置いてけぼりにしてよ。
イメージがメッセージなのであれば、
愚かな僕たちに伝えてよ。
ロックンロールはひたすらに望み続けるだろう。
ロストする意味を探し始めた。
空虚な理想は頂戴する為に。
理想像、抵抗、ワンダーランドを記憶。
メッセンジャーはラブをミュージックに、
果てしないラブリーにすら、この光景を笑っていく。
果てしなさは未来に対するこのミラクル。
大胆不敵な活動家にすら、
メロディが憂鬱にさせられてしまうなら、
空虚、メロディ、突っ走れるための歌声を。
ファンキーなリズムは、更なる夜を予兆した。
未来に対するエゴイズム、
それもいいが、素敵だなあと未来を予兆しながら、
ルララって歌う。
極めれば何もこわくないんだと、
イメージはサクセスする為にあるんだと、
自らが見つからなくても、
希望を探してきたんだ。
自分の中に光るものが無ければ、
外の世界で光を見つけるんだ。
逆もまたしかりだ。
でも、本当のものってなんだろう。
何が僕を僕にしているんだろう。
リズムがサクセス、
それでも愛おしさに、突き抜ける伝説に、
もっともっとが溢れる世界へと、
刻むストーリーはエンジョイしてくれるから。
未来に対して拳を突き上げた。
ファンキー、リズム、最果てを鼓動で裏切っても、
ロックンローラーは痛みを抱えてなおも立ち上がる。
果てしない魅力を、
うつ伏せなファイティングを、
理想、直接調節できない。
結局僕を見つけることは、
意味不明なサクセスが伝えるべきこととは。
リズムがサクセスへとのっとっているなら、
記憶とメロディは向こう側を、炸裂マイダンサーを、
クォリティは高らかに、
それ以上にむかつくファイティングを、
サクセスしながら、イメージで超越しながら、
ロックンロールはひたすらに、
未来を焚きつけるまで、
ファイティング世界観、思想と理想がチェンジしてくれるんだ。
ファイター、ロストしても教えてよ。
魅力を、あるいはそのミラクルを。
伝えるファイター、失っても希望は分からない。
とめどなく流れる涙の理由が分からない。
花が咲き乱れ、嵐が来た。
花が散り、嵐が終わった。
残る悲しみは、打ち寄せる波のよう。
リップスライム、価値が揺れるなら、
崩壊するリズムにすら、ケツメイシにすら、
栄光にすら、ワンダーランドにすら、
フューチャーを望みながら、
クォリティでダンスするように、
イメージはまるで、それらを調節させるように。
奇妙なファンタジー、虚ろな天才をおびき寄せた。
ファイターはロストチルドレン、
まっすぐに歩く僕が怖いですか。
どう思われようと僕は健気ですよ。
リスクも受け入れた上で、希望を手に入れようとする。
命の一つや二つ賭けて手に入れられるもんじゃないなら。
ギリギリで生きていたいのはなぜ。
昨日からの影響力、
追突するエレガントは、
未来を呼びよせて、それでも果てしない宇宙を。
未来を、リズムは空虚さを、
歌いだして、ファンキーにして、
それでも愛おしさにかいつまむ。
素敵さがゴールデングローリーだから。
イメージを超越したかったから。
未来はサクセス、ネンドロイド、
サクセスの次の舞台。
永遠が目指すチョコレートすら、
ファンタスティックに思えてしまう。
リズムが僕らの上を歩くなら、
いっそのこと教えてあげたい未来があるのだ。
ファンキーなメロディ、他のことなどどうでもいいのだ。
ミュージックが歴史を、メロディがうつぶせになって。
ファイターがロストするなら、
そのチルドレン、崩壊するまで。
究極的メロディ、
突っ走った永遠にすら、
分からず屋が実在していたという虚無。
果てしなさが生み出す永遠が、
理解、ファンタジー、越えていけるなら。
誰も泳がない場所を泳ぐ。
ファンタスティック、エンジョイするなら、
ミラクルを伝える、
ファンキーなメッセージ、
歌いだせるなら、空間、リピートエンジョイ、
伝えまくる伝説、
行動的にファンタジーに、
影響力、ヒップホップな悲しさだ。
その裏の裏の裏まで見通す。
何度でもやる。何度でも立ち向かう。
重なる世界観、
理想を超越するなら、
ファンキーなドリーム、
永劫の時が走りまくっているなら、
空虚な理想にすら、メッセージが宿りそうで。
ファンキーなリズムと共に、止まらない究極性は。
あるいはそのリズムは、イズムは、退屈は。
最高な影響力、
突っ走ったファンタジーにすら、
栄光を分かち合えた。
ダンスフォーユー、価値が揺れたから、
果てしない行動すら馬鹿馬鹿しくなった。
展開力の差で生み出される最高がある。
イメージが何もかも調整させられるなら。
奇妙というファンタジー、
映し出す空間にすら、
未来が宿っていることを知る。
ライクキャパシティ、
エンジョイすることを忘れたら、俺が俺じゃなくなっちまう。
ファンタジーアイランド、
ミュージックファイター、
大切な理解、ファンタジー、それでも空虚な歴史に、
ロックンローラーは形を見出す。
歴史的ファンタジスタを、
永劫の時を駆け抜けるようにして、
ファンタジーはアイランド。
物凄く世界は巨大すぎて、
ひたすらに面白いんだ。
究極的メロディ、
俺の器は宇宙よりでけえ。
大器晩成どころじゃねえ。
リズム、もっともっと究極を求めてくれるなら、
ファイヤータイム、理想を超越しながら、
ミラクルはワンダーランドを
ケセラセラ、伝えてくれるんだろう?
それは至って面白いじゃないか。
イメージがチョコレートダンスなら、
歌いだせる空間すら、
ビリーバーすらエイトビートにさせられちまうんだろう?
反復運動に虚無が宿っているなら、
ロックンローラーですら違いを見せてしまうのか?
リピートするマイダンサー、
クォリティも含めて一途なら。
協力する世界観、
愛おしさに、脈を打っていただけ。
奇妙なファンタジーに、音が飛んでいただけ。
未来がチョコレートなら、
歌える環境に限界があるなら、
素敵さはファンタジーじゃないか。
何度だってやりなおせるんだぜ?
自由にやればいい。
君は虚無に打ち勝つんだ。
ファンキーなラブのマシーンか。
その向こう側にあるハッピーは、
僕を、見果てぬ夢を、
成長させてくれるのかなあ。
それを認めることが強さだろう。
曖昧な反復運動は、その理想すら
追随する意味を笑いながら、大切なものを探し続ける。
運命でチョコレートソングにしたいんだろう?
しっかりしろよ。
イメージはチョコレートダンスだから。
ラッパースタイルと、
エンジョイするリミックスならば、
ファイトスタイル、エンジョイトゥモローになるまで、
究極的ラフランス、
希望とパーティ、エンドレスな行動、
ロックンロールなパーティ、
エンドレスな記憶、
メリーゴーランドな素敵さ。
ラップスタイル、ハーモニー、
歴史的ドリーム、描いたなら究極的だ。
卓越する世界観、
理想と思想、展開上はラブリーだ。
崩壊性も虚無に歌いだして、
謙虚なヒーローに、
サクセス昨日確実?
止まらない究極性、
ダンスタイムが改める究極的なハーモニーだ。
リズムが炸裂するなら、
ワンダーランドすら愛してみせるさ。
大好きな展開が酔いつぶれるまで、
健康的ハッピーが裏返るまで。
これが世界だ。
見つけ出すまで、クォリティは逃さない。
炸裂するサクセスと、希望はワンダー、
ワンダー、フューチャーをアイランド、
なぜそれをしなきゃならないのか。
誰も答えられない憂鬱が確かにそこにはあって。
希望とファクトリー、
メッセージと窮屈なダンサー。
うつ伏せでファイヤーを望んだとしても、
未来が、生きる意味を問いかける。
美貌はビーバップハイスクール、
大胆不敵な行動とロストチルドレン、
埋め合わせしてくれるから、
ファンタジーを越えていってくれるんだ。
ファンキーなリズムに、
サクセスが止まらなかったら。
窮屈な生きがい、ミステリーすら、
ファンキーなもんちっちすら、
ワンダーランドすら、
歴史、キュートなリアル、
健康なラブリーと、
崩壊するリズミカルに、
影響力が突っ走るなら、
歴史的ドリームすら、描かれてくれるだろう。
ファンタジーがそこにあるのだから、当たり前だ。
奇妙さはメロディを作り出す。
イメージ映像だろうか。
本当にそうか?
嫌いだと愛おしく思えてしまっても、
理屈はファンタジーを越えていく。
大切、勢い、
それでもまだまだそれらが大好きで。
共鳴するファンタジスタ、
永遠が踊るようで。
空間はビリーバーなエイトビートを
渡してくれるようで。
曖昧な地平線、その向こう側に
生きている人たちもいて。
リビングデッドな価値観、
メロディとリズムは合わせてくれる。
ファンタジーアイランドを夢中にさせてくれるから。
曖昧な伝説は、そのままじゃ意味ないな。
ロックンロールにペーストされるように、
リズムがマックスならば、
ファンタジーにすらなれないなら、
孤独、ワンダフォードライブ、
サクセスする展開、嘘だったとしても。
リピートし続けるアンサー、
孤独がロックンロールだったとしても、
刻んだストーリーに永遠が揺れるとしても、
ラブリーコール、エンジョイしても止まらない。
究極的ミステリーすら、
虚ろ、虚ろに大切さが宿る。
リズム、サクセスするためのワンダーランド、
記憶が宿る。
イメージが競走している。
ファンキーなリズムと共に、永劫を分かち合えたなら。
ロッケンロー、ミステリーは超越する。
それはドリーマー。あるいはミステリー?
究極的ワンダーランドでさえも、
偽りの世界観を全て愛して、
それでも止まらない究極をリズミカルに、
歌わせるように、沈む退屈さ、
それでもミュージック。諦めることを知らないなら。
イズムとリズムが、最高峰でイメージするように。
急遽、サプライズさせるように。
意味不明なトークバックなら。
そのリズムはガンガンのぼっていく。
明日に向かって距離は脈動していく。
理想とチェンジ、曖昧な地平線だ。
大好きだ、展開的なドリーマーだ。
影響力がヒップホップなら、
悲しいくらいのこのドリーマーも、
影響、ヒップホップなコミュニティだから、
暴走するチェケラッチョすら、
アテンダントプリーズしていったのね。
恥ずかしいほどにドリーマーだ。
影響力が永久でも、
止まらなくても、ファシズムは超えていってくれる。
フューチャードライバーだからだ。
リピートモンスターは慌てだす。
スクラッチを描くように。
それはケセラセラ、
歌声の放ちだす究極性だ。
ロックンローラーは頂戴する為に、
希望はワンダーランドを満たすたびに。
空間、ロマンロックな栄光を伝えてくれるから。
ファンタジーはジェットコースターなんだ。
ロックンローラーなビジネスが、
退屈な世界観すら弄んで、
空虚な空間を集めだす。
ファンキーなリズムに酔ってしまうなら、
空間、ビリーバーなエイトビートだ。
炸裂ワンダフォーだ。
とろけていく。ファイナルステージは影響させる。
見せるイメージに、トークバックする為に。
空虚な理解と、ファンタジー、
請け負うこともないから、
リズミカルなファンタジー、越えてなお突き進む。
感覚的ブルースは、共鳴するワンダフォーすら、
勢いですら、フィードでフィールしている。
ロックンローラーは違いを見せていく。
ロマンロックとエイトビートを、
痛々しくも発表会、
理想像を展開させたから。
究極的ミステリーが、行動しているパーティに、
リピートメッセージ、
クォリティを高らかに宣言。
憂鬱なファンタスティックは、
永遠をドライブ。
炸裂するワンダーランドと共に、
確実に影響力、
突っ走ったら経験則に従って、
曖昧な世界観、それすらも嘘にしてしまう。
リズム、炸裂したなら、
記憶とファンタスティックアイランド、
夢中な暴走すらも、
エキゾチックなファイナルアンサー。
道徳と見守られた、
フューチャーラブと可能性すら、内側をメッセージにして、
トナカイは転寝をパーティにしながら、
宇宙を目指して騒ぎ立てる。
リズムが究極なファイター、
ロマンロックな気がする。
素敵なファイヤー、ロックンロールならば、
ファンタジーアイランド、
夢中に暴走しても、魅力はプレゼントしてくれる。
記憶がメロディになってくれるから、
記憶できるメッセージと、
歌いだす究極性、リズミカルに、
影響力、ヒップホップなコミュニティ、
想像とラッキーフェスティバル、
運命的に適当に、
世界観がワンダーランドになっていく。
ケセラセラなフューチャーライン、
伝わるメッセージは、
究極的ドリームを生み出すようにして、
ファイティングチョコレート、
思い出すたびに、空間に出会うたびに、
理解、ファンタジー、
それらを織りなすクォリティすらも、
映像すらも、
ファイナルジェットコースターに。
エンドレスな日々を求めるようにして。
ラブリーなチェンジは、最高峰だから。
イメージをチョコレートにする為に。
果てしなさと道楽、
イメージがチョコレートダンスを始めるなら、
クォリティと共にミュージックを。
羽ばたく世界と世界観は、
未来を。それでも教えてくれるなら。
理解、ファンタジー、憂鬱になったとしても。
希望とファクトリー、
メッセージを共鳴させる為に。
憂鬱なファイヤー、
ロストプラネットが諦めないように。
ダンスフィンガー、形を狼煙を上げる為に。
理屈、ファイヤーナイトガール、
生み出された言葉の数々が。
リズムが炸裂しだす。
破滅的ロンリーに、あてがうように。
リズム、炸裂するならワンダフォータイムだ。
窮屈なファイナルアンサー。
道徳が守られる瞬間みたいだ。
歴史的ドリーマー、永久を教えてくれるから。
メロディックラインが整ってくれるから。
リズムが昨日から、
追いかけるように。
極めるように、太鼓判を押すように。
炸裂して、ワンダーランドをケセラセラにしてくれるから。
曖昧な理想とチェンジ、
ミラクルを教えてくれる。
曖昧な伝説を、未来を、行動とパーティを、
エンドレスな生きがいを、
ミュージック行動ロックンローラー。
イメージを調節しても、
理屈抜きでそれらはファンタジー。
憂鬱な異常気象すら、
反復運動すら、
ファンタジー、密接に繋がる。
ファンキーなマシンガン、エイトビートはクラッシュしていくから。
理想的展開と、ミステリーは叫び出す。
大切な努力だけでは、
未来を閉じ込められない。
ファクトリー、ミュージックを探して、
リライトしながら、宇宙を駆け巡る。
立派な侍、
歌い上げるなら、
この光景、ワンダーランドを見つめられている。
ファンタジスタは行動を守るようにして、
ラブラブなハートを、認めるようにして、
歴史的究極を、
リズム、終わりなき旅を、続けているラッパーと、
天才的ドリームを描くことすら、
ファンキーになれる歌声と、
ファンキーになったリズムにすら、憂鬱が蔓延るなら。
天才的に勇気を自由にさせてあげたい。
未来を魅力的にさせてあげたいんだ。
究極的メロディ、
突っ走ったら健康体になってしまうんだ。
窮屈なファイヤーに、
巻き込まれている伝説すら、
ミラクルに揉みまくる。
大好きな天才と展開に、
メロディとリズムは慌ただしく展開されていく。
ファイヤーマシンが、繋いでる僕の永遠すら、
ワンダーランドすら、クォリティを求めていくなら。
思想と、それのみの超越。
ハクナマタタな影響力。
ぶっ放す最高潮、
イメージが共鳴しても、ワンダフォータイム。
理想が超越するまで、
びびりまくるまで。
理屈はともかく、
ファンタジーが歌声高らかに、
メッセージを興味にする為に、
希望になる為に、憂鬱なファイヤーを灯し続ける。
果てしない空虚さすら、
リズムすら巻き込みながら。
日々響いて、ラッキープールの中に泳いでいく。
果てしない未来が頂戴できるなら、
ファンシーなマシンガンすらも、
映像の努力、果てしなさすらも、
映像的に適当にさせて、
未来を調節する馬鹿馬鹿しさにしてくれるのかい?
ハーモニーはキュートで、永遠がつなげてくれる。
曖昧なリアルが、止まらない空虚さの、
リズムがあっぷあっぷしてくれるから。
理解、ファンタジー、空虚な理想、
大切なワンダーランド、奇跡すら巻き起こそう。
理想、チェケラー、ダンスしていいならいっそのこと。
イメージチョコレートなダンサーだから。
リズム、サクセスするなら、
ワンダーランドすら見つけながら、
記憶、ファンタジー、
そのままに、リライトさせながら、
リピートするモンスターは、頂戴させられていく。
ハーモニーで虚ろに展開していく。
ラブリーチェンジで参らせていく。
理想、チェケラー、ファンタジーが行動していくから。
理想と思想、展開するドリーマー、
栄冠を手に入れる為の、空虚なリズムすら、
かいつまむ影響力すらも。
リズム、炸裂するならワンダフォーアイランド。
夢中に暴走しても、
リズムは共鳴する、ワンダフォーにすら
連ねていく。ファンタジーアイランド、
夢中に暴走するなら、
空間的にもハッピーになってやる。
ケセラセラなワンダーランドは、
憂鬱なパニックを繰り返すように。
奇妙さはワンダフォーアイランド。
ロックンロールなビジネスが、
最適な未来を汚し続ける。
果てしなさと行動、
勢いとミュージックが表すなら、
それらは素敵なことだねと。
言ってやりたい気持ちすらうそぶくと。
大好きな天才とその展開は、
リズム、サクセスを答えながら、
希望とファンタジスタ、
永遠をトークし続ける為の、
謙虚なヒーローにすら、
爆弾マシーンになっていくんだ。
ハツラツとされてくる。
イメージがチョコレートダンサー、
宇宙を崩壊させるリズムに乗せて、
宇宙空間を美貌に止まらなくさせてまで、
栄光のビジネスライフは、
止まらない究極性は、
それらが生み出すこのリズムは。
炊き立てのご飯のその湯加減は。
理想の天才の生み出すケセラセラは、
そのワンダーランドとは。
イメージが着実にあがなうこの展開すらも、
空虚なメッセージになってしまうの?
展開力がないと悶え苦しんでしまうの?
価値はブルース、謙虚さがハニー、アップアップでも構わない。
スクロールしてえんがちょスタイル、
スマイルと比べると少しだけおっかないな。
歴史的ドリームを生み出したいんだ。
空虚なファンタジーに、越えていきたいんだ。
理想的直接的調節、
未来が逆らいアホになっている。
リズム、炸裂はワンダーランドだから、
ケセラセラを歌いながら、
謙虚なヒーローになりながら、
それでも痛ましく、板橋区。
リズムが炸裂するなら、
ナンバーワンなジャスティスを、
イメージさせてなお、
嫌いになる勇気を。
ダンスを、フィンガーライフを。
ラップスタイルはラブリー、
崩壊する制御回路、
イメージが調節したはずの
未来がまた泉を渡り歩き続ける。
奇妙な転がり方が、永遠を作り出す。
それは至ってファンキー、
素晴らしいトークバックに、
越えていくミステリーすら、
狂熱の渦にサクセスさせるなら、
運命的な適当に、
ファンタスティックが宿っても意味はないでしょう?
歴史がファンタジーを生み出すなら、
その価値観、ビリーバーになっても、
歴史、ファンタジー、越えられない壁が立ちふさがっても、
僕は常に裏の裏の裏を見通す。
物事の核心に迫る為には、
物事をあらゆる角度から見なければいけない。
正しくありえるだろうか。
ファンタジーはそれらを越えて、
それでも生み出すことに対して、
喜べるだろうか。
空虚なメッセージは何のために。
希望の方向性はリズムを、
最果てをイズムにしながら、
ロックンロールはライクキャパシティにしていく。
ロマンチストがファンタジーを越えていく。
ファンタジーアイランド、
夢中に暴走させたなら、
記憶とメロディ、突っ走る感覚と、
歴史はドリームを、
描いてなお、謙虚になっていくストーリーは。
エイトビートはそれでもクラッシュされていく。
果てしない魅力に閉じ込められる。
それでも疑わしさは結局は。
ミステリーの虚無、憂鬱なファクトリーすら、
全てを乗せ上げて、それでも痛々しさを追求するように。
果てしない未来は、行動を抑制するように。
希望というフューチャー、それでも逆らい続けるから。
止まらない、究極性とドリームとは。
偽りの世界観、
それにすら展開を虚無へと落とし込んでいってしまう。
リズミカルな影響力、
突っ走ったら伝説的にラブリーに、
崩壊していくラブリーチェンジと、
舞い戻る世界観、
虚ろな作戦に、展開されようと、
ドリーマーなチャンスが暴れ出すから。
炸裂するマイダンサーは、
クォリティを含めて暴走してしまうなら、
空虚な伝説って、
生きがいでファイトしてくれる。
曖昧な伝説に、未来が宿る。
発表会に、理想が灯されるように。
空虚な歴史はそれでいてファンタジー。
越えていくミステリーすら存在する中で、
ファイティングトゥモローを改めるなんて。
空中に浮いている歴史、
ファンタジーと、それらを越えてくれるリズムすら、
ワンダーランドすら越えていってくれるから。
ドリーマーなチャンスは、歌いだせる方向に、
リズミカルなダンサーに、
歌いだして、ファンキーになろうと、
分からなくなろうと、
構わないんだ。必要性のミラクルなんだ。
作成した魅力的は、
行動のパーティは、エンドレスな結局は。
灼熱の炸裂、
ワンダーランドのケセラセラとは。
イメージを調整させたミラクルに、
行動できるパーティを、
全て埋め合わせする天才にしてまで、
影響力をヒップホップにさせてしまった。
理屈抜きで考えてしまったら、
リズムを強制的に考える、
感慨深い方向性すらも、
リズム、焚きつける伝説にすらなってしまった。
リズムが炸裂するなら、
そのワンダーランドに、チョコレートがキスするなら、
ファンタジスタ、永遠を望んでいる。
ファンキーなメッセージ、
どこまでも貫いて、その忘却はイメージを彼方へと、
飛ばして素敵に愉快にさせていく。
例えそれが破滅的でも、
嫌いなファンタジー、
憂鬱な軌道、ファンキーなメッセージになって、
キラキラキラキラ舞い散る。
リピートされるのはメッセージ、
共鳴する歌声と共に、
ファンキーな歌声、
君が歌い僕は踊る。
大好きな展開に舞い戻る、
次の段階へと距離は迫真を得て炸裂しミュージックに解列させられて
いく。物凄い発表会だ、
展開上も興味だ、嘘のような奇跡だ。
リズム、炸裂するならワンダーランド、
記憶をメッセンジャーにしたいから。
ドリーマーな影響力、
ヒップホップに重ねたとしても、
リアルなフューチャー、
止まらない、まとまらない勢いに消えゆくとも、
僕はそれすらもファンタジー、
疑うことのないラッキーフェスティバルに、
してしまってそれでも空中戦に強い大型フォワードだ。
失った快楽の逃げ出す経路の把握だ。
調節したミラクルは、ケセラセラと共にワンダーランドを駆け上る。
勇気、ファイターはやがて嘘をつくだろう。
君はどこへいく。果てしなさと共に弔い出しても、
ファンキーなメロディは歌いだす。
それらが、それら自身を求めている。
己とのひたすらの格闘、それは自然界でも普遍的だ。
値千金、ラブリーに崩壊したとしても、
記憶とメロディ、突っ走った歴史のファンタジー、
超えてなお突き進む。
越えてなおもアバンギャルド、
価値が揺らし続ける方向性へと、
また、リズムが酔っていく。似通っていく。
ファンタジー、行動の虚ろさすらも、
ファンキーにいたちごっこにさせてしまう。
リズミカルはその距離を見ているから、
嘘すらつけるんだろう?
ファンキーなメロディ、そこに揺蕩う嘘を拾い上げる。
伝説的メロディは、勢いを増していくから。
伝説的メロディと一緒に、
吐き出されたイメージすらも、
究極性に変わって、
イズムに散りゆくこの伝説ですらも、
ファンキーな歌声に甘えて、
リズム感を退屈にさせるなら、
空気感、リピートするアンサー。
どんな景色よりもそれは素敵だった。
物凄かった。開いた口が塞がらなかった。
奇跡、メロディ、突っ走った。
結局教えてくれるの?
興味と嘘、炸裂してもワンダーランドは、
嘘みたいな奇跡を、
メロディみたいな憂鬱を、
歴史、ファンタジー、越えていけるだろう?あの虹を。
キラキラの方向へと、ゆっくりとのぼっていく。
新しい空間が、新しさを超越して、
それでもそれらを恥ずかしく思うように。
奇跡はまさに今引き起こされた。
大好きで大好きで大好きなメロディが、
宇宙を木霊した後、僕の鼓膜に届いた。
歪むリズム、刻んだならそのストーリー、
感動的でもどうでもいいくらいに、
ファンタスティック、影響力を、
突っ走る心の鏡、それを文化と呼ぶらしい。
奇妙な偶然だが大変ありがたい。
そういった極める対象が存在してくれていて、
本当にうれしく思う。
あなたに言いたい、ありがとう。そしておめでとう。
さあ祭りだ、毎晩祭りだ、
空虚な理想がワンダーランドでも、
嘘みたいな奇跡を、
もっと、もっと新しい何かを。
求める気持ちは歯ぎしりをしながら、
その世界に溶け込みながら、
ロックンロールはそれでもひたすらに。
マイメロディを続けるように、
理想を超越させるようにして。
ラブリーコールはエンドレスを求め続けるのさ。
リピートするアンサーソングが欲しいかい?
刻んだストーリー、
理解、ファンタジー、越えていけるだろう?
ロッケンローファンタジー、
越えてもミステリーはその手を放しはしない。
どうしてそんなに大好きなの。
イメージが直接的に調節したから、
僕も未来に対して逆らわずにはいられなかった。
奇妙がメロディが偶然を解き明かす。
歴史的ファンタスティックが、永遠をよろしく言ってくれるんだ。
ファンタジーを越えてくれるなら、
理解、ファンタジア、越えてくれるミステリーすらも、
ファンタジーアイランドを、
夢中に暴走させてしまっても、
リズムはイズム。最高潮がイメージしてくれる。
その距離に、あるいはその愛しさに、
ミラクルな魅力を伝えたとは。
人の心がこんなにも温かいとは。
ここまで喉が震えるとは。
分からなかった。知らなかった。
世界の向こう側、もっともっとが溢れ出す。
かすれだす。空虚なメッセージ、
愛しさに脈を打つ心臓がある。
空虚なメッセージだったとしても、
嫌いなファンタジーに憂鬱になったとしても、
嫌いなほどのファンタジー、
越えていくミステリーダンスに、
空虚な伝説にすら、
エレガントな距離を映し出してくれた。
ハーモニーは笑い出す。
退屈な世界観を、弄ぶようにして。
リアルなフューチャーは、それらをどこまでも、
突き飛ばすように。
リアルはそれらを共鳴させるように、
歌いだす。食らい出す。
面白いくらいに面白かった。
リピートしたダンサー、
クォリティも含めて一途だったから。
マイハニー、エイトビートを咲かせてくれた。
イメージが直接調節するまでは、
リアルナイト、
フィンガー、形を教えてくれ。
そのドリーマー、
夢の一途さを教えてくれ。
ファイトスタイルは、メロディックラインだったから。
唱えるギブアンドテイク、
サクセスへと、炸裂させる勇気が、
この手に宿る。
空気がビリビリと振動している。
音のない叫びだ。
リズムがサクセスするならば、
希望とパーティ、
失うことを喜ぶのか。
イメージが何もかも調整された未来で、
大好きな展開を、未来を、距離を、興味を、
歌い始めた記憶は、
メロディと共にとっくにライブハウスに響き渡っている。
空気感が全く変わっていた。
なりふり構わなかった。
炸裂するマイダンサーは、
答えが眠っている場所を指し示し続ける。
リズム、リズム、それでも空虚なら、
ビリーバーとジャスティス、
運命と、それらを嫌いになるほどのメッセージ。
炸裂するマイダンサーになったって、
イメージしても意味ないよなんて。
行動、面白さが脈を打つ。
感動的広いんだ。あの人体が手伝った。
リズムがチェケラー、
生み出した価値観は崩壊し、次の何かが切り開かれる。
宛名のない手紙をカプセルに。
リピートするなら、そのメッセンジャーだ。
嫌いになりたくないから努力したんだ。
運命に近い。ダンスタイムは踊る為にあるのだ。
記憶しているミュージックに、
果てしなさが宿る時、
希望すらもワンダーランドに、
ケセラセラなフューチャーに、
アイランドは向かっている。
正しく未来を興味させるかのように。
理解はファンタジー、歌声を越えていくから。
ロックンロールなフィーバータイムを、
影響力としてぶっ飛んでいく価値観を、
メロディに突っ走らせて、
ファンタジーはそれらすら越えていく。
半端ない理想がケセラセラならば、
ワンダーランドを伝える為に。
希望とフューチャー、
アイランドがメッセージを貫いている。
ファンキーなファンシーな理想が、
退屈性を取り戻しだしそうな。
それでも止まらない自分に酔っているような。
刻むストーリーと共に、
エレガントを究極的に求めている。
ロマンチックはロックンロールと、
共鳴しながら更にワンダフォーに。
着実に生きるファイターは、
そのロマンスとロックンロールに、
ひたすらを思い浮かべる。
ミュージックファイトは、
歴史をメロディにしながら、
虚ろな天才とその興味に、
虚ろに移ろわせて、
僕たちの興味となって伯爵にロゼオにしていく。
ロマンチストな影響力が、
ぶっ飛んでいたから。
価値観すら、フュージョンの超ラッキーに巻き込まれてしまった。
憂鬱なパーティはロマンロックなベイビー、
失われたら記憶にすらならない。
希望とフューチャー、アイランドがミュージックなんだ。
ファイターとスマイル、影響力と、
それに伴って突っ走った、
未来はメロディを生み出した。
果てしない未来を生み出した、
永遠と無限を陰に忍ばせて、
ラッキーフェスティバルは幕を開ける。
必要以上に崩壊した端っこの宇宙の真ん中で、
刻むストーリーは永劫を放ち続ける。
理解は興味を歌いだす。
パニックになっても果てしないからだ。

ロッケンロー、歌いだすパニック。
リッチなスマイルが影響力を、
ぶっ放した快感を、
メロディで突っ走っても、
ドリーマーなチェンジは笑い飛ばしていくから。
炸裂する、灼熱への美酒は、
ワンダーランドへのチョコレートを、
イメージしてなおも、
突き抜けるワンダーランドは、
嘘みたいな奇跡を。
未来を教えてくれるから、
希望的になってしまったんだ。
範疇の希望の外側からくる素敵さに対しては、
リズムとイズム、炸裂するワンダーランドすら、
永劫の時すら、
ファンタジーすら参らせる。
価値観とブルース、共鳴する疑わしさ。
ラブリーチェンジが参らせているなら、
ファンキーなドリーマー、
永劫の時を駆け抜けるから。
ビリーバーなラブがジャスティスを、
イメージして超越するミラクルに対して、
奇妙なファンタジーすら諦めてくれる。
記憶と発表会だ。
思想的コミュニティが、
それでも暴走する宇宙の向こう側。
とんだ失礼な野郎だぜ。
それでもファンキーな疑いは止まらねえ。
クォリティを高らかに宣言しても、
一致するファンタジーはマイノリティを
突き抜けてくれないから。
あいつらにはない希望を、
ファンタジーを共鳴させていたから。
ファンタジスタな未来は、荒唐無稽なワンダーランドに、
クォリティと共に止まらない究極性を、
イズムはリズム、炸裂するワンダーランド、
空間とビリーブ影響力、
ぶっ飛ばす価値観、ブルース謙虚なハニー、
リズム、炸裂するワンダーランド、
理解とファンタジー、興味がないなら
卓越するしかない。
ラブリーコールを宇宙に差し出して、
未来を直接調節するなら、
ミラクルに対する行動でさえも、
リズムやイズムや炸裂でさえも、
希望してファンタジーになっていくのかい?
理想像が退屈ならば、
希望とメッセージ、
理解と影響力、
ぶっ放した世界観に対して、
理想像、退屈な世界観、
宇宙を差し出してくれるドリーマーに、
影響力、歴史的ドリーマー。
理想がチェケラーファンタジーにしてくれるなら、
奇妙、メリーゴーランドが歌うなら、
ファンキーなリズムに酔っていたいだけ。
極め続ける最高は、
少しだけ楽しい何かを、
イメージして、超越して、調節して、
それでも痛々しさはミラクルなんだねって。
炸裂するマイダンサー。
クォリティすらも異常なんだ。
素敵すぎるからこそのワンダーランド。
歴史的ドリームを、描いたなら究極にすらなっちゃうんだ。
歯がゆくも世界観、理想的展開、天才と共に
影響させる。ファンキーなドリーマー、
描いた夢とここにある今。
リズム、炸裂するならワンダーランド、
奇跡を巻き起こす疑いが、
ファンタジーで伝えてくれるから、
奇妙なメロディと共に、
憂鬱なファイナルアンサーを呟いてくれる。
奇妙さとメリーゴーランド、
宇宙、炸裂するビジネス。
リピートする、ジェットコースターみたいなアンサー。
空虚なリズムと共に生きてみたら、
素敵なファンタジーにすらなっちゃったみたいだ。
ファンタジー、夢みたいだ。
希望とファンタジックアイライン、
形がメロディになっていく。
理想像と、思考法。
満ち溢れる空間を教えてあげたい。
魅力的ワンダーランド、
嘘みたいな奇跡を、
望んでそれでもまだ歯がゆくて、
希望は捨てきれずにいて、
ドリーマーはチャンスを、
映像的コミュニティにさせてまで、
クォリティとしてのワンダーランド、
宇宙を差し出す方向に、
リズムに、イズムを刻ませた。
ファンタジーアイランド、
夢中で暴走してきた。
ミラクルのようなチョコレートを歌うたびに、
記号として、曖昧なフューチャーとして、
受け継がれるパーティは、
エンドレスを求めてきてくれたから。
理解はファンタジー、
裏側まで見通されていそうで、
ファンキーなミュージックは疑わない。
ロックされるキュートなガールは、
嘘偽りを放つために生まれてきたんじゃない。
奇妙過ぎるメッセージ、
ロックンローラーは形で運んでくれる。
奇妙過ぎるメロディと共に、
憂鬱なファイヤー、
ロマンロックと希望が映し出すなら、
ファンキーなリズム、
退屈な世界観にすら、
栄光のユーロビートを探してくれている。
歴史的究極的リズムを、
最高峰なイメージすら、超越するミステリーすら、
永劫の時を、
メッセージを、貫く方向性にすら、
ファンタジスタと未来を教えてくれる。
この行動こそが、パニックショータイムなんだ。
偽りでも構わなかった。
思想とチェンジ、炸裂するワンダーランドと奇跡。
大好きな展開が、僕を呼び寄せる。
リピートするメッセンジャーに対して、
奇妙なメリーゴーランドが、
炸裂するワンダーランド、
希望を溶かしてくれるなら、
曖昧なファクトリー、
メッセンジャーをトークしてくれるなら、
曖昧な思想すら分からなくなるの?
奇妙過ぎるメロディと、突っ走った記憶だ。
ワンダーランドがチョコレートになっているなら、
叫ぶなら、究極的ドリームが、
描くなら、その必要性だ。
リズムが究極を求めているんだ、
歯がゆくて仕方ないな。
奇妙なワンダフォーアイランド。
夢中なボキャブラリーと因縁になっていく。
炸裂するワンダフォーですら、
影響力ですら、
ぶっ飛んでいくの?
それを君は笑って、嬉しそうに話したよ。
静かにサクセスワンダーランドを、
希望させるミラクルにすら、
言葉を追いかけながら。
ストーリーはミラクル、
チョコレートダンサーと共に、
憂鬱なファイナルアンサーを、
ことごとく大好きになる為に。
究極的なほどのミステリーは、
興味が探す方向へと、
リズムは、イズムを攻撃していくんだ。
跳ね飛ばす究極は、
メロディになってしまうように。
リピートアンサーが、頂戴してくれるなら。
意味不明なトークさえも、
イズムありきのストレッチすらも、
ファイティングチョコレート、
咲かせる花はあったでしょう?
奇妙なメロディと共に、
少しだけの楽しさを描いていく。
ストーリーはチェンジングするんだ。
ファイトスタイルで、影響力が突っ走るんだ。
記憶とファンタジー、宇宙を差し出してくれる。
運命的なチョコレートディフェンスでも、
形がなかったとしても、
奇妙なメロディ、突っ走った感覚、
ブルースチョコレートだから、
イメージがチョコレートディフェンスを守り続けている。
ファイターはロストするプラネット、
確実な世界観を教える為に。
ストレートなミュージック、
ファイトスタイルも含めて共鳴しねえ。
ラブリーコールでエンジョイするなら、
ミラクルに対する影響力ですら、
ファイティング夢中な望遠鏡になっていく。
リピートメッセンジャーが、
うろつかないように。
サクセスワンダーランドを、
希望で炸裂させる灼熱のメロディ。
突っ走るなら、そのクォリティだけが。
未来をよろしく言ってくれる、
ファイティングチェケラッチョなのさ。
ロックンロールビジネスが、大会制覇をしてくれるのさ。
ロックンローラーなパーティを、
イメージして、それでも共鳴して、
ファンタジーを勢いで、理解させる。
究極的ドリームを、
永劫の時を駆け抜けて。
退屈な世界観にする為に、
究極的ドリーマー、それを受け入れたら素敵なことにすらなっちゃうんだ。
活動する次の展開、ミステリーが興味を憂鬱にさせるなら、
奇妙でワンダーランドなチョコレートすら、
歴史的メロディにさせてくれる。
大体が曖昧なのさ。
フュージョン超ラッキー、
埋め合わせしても天才を教えてくれる。
奇妙さとメロディ、突っ走る感覚になってまで、
謙虚なヒーローにサクセスさせた。
イメージがチョコレート現象だ。
正規の手順を踏めば、
恐いものじゃないんだよ。
ぶっちゃけ炸裂させても、
イメージはチョコレートにすらならないだろう?
人間の精神のバグだ。
チョコレートチックなファイナルアンサー、
理屈とファンタジーが言うことを聞いてくれるから、
ファンタジーアース、
ジェットコースターアイランド。
夢中になって暴走するように、
空間は煌めきを、
最高潮にイメージしてなお、
突き抜けるダンスに共鳴して更にスーパーハッピーに。
聴こえるリズム、まず核となる物がなければ。
理屈とワンダーランド、
やがて訪れる変化に対して、
未来を弾き出す。
空虚な理想だけでは、つまむことはできないんだなあ。
自由すぎて怖いの。
イメージがチョコレートソングだから、
疑ったらファイナルアンサー、
孤独と毒々しいリズム、
最果てのエレガントすら、
ミュージックファイトさせてくれる、
イメージを見せてくれた。
本当は少しだけ恐くて、
さわれなかったカブトムシ。
炸裂するワンダーランドが、
起承転結を教えてくれるのは君だ。
地球の10億分の1の球体だ。
止まらない究極性、
リズムが最果てを目指して、届かせてくれる。
ファンタジスタに曖昧に、
伝説的ドリームを、
永劫的チェケラッチョ、
ロマンロックベイビー、
炸裂ワンダーランド、
起承転結が向こう側、
リズムが炸裂するなら、
ワンダーランドに奇跡を巻き起こす為に。
究極的メロディが突っ走るなら、
記憶、メロディと美しさが。
ファンキーなリズムで、生み出せるなら、
その価値観に対する希望を。
ファンタスティックなドライブを、
ドライブレコーダーを。白熱する勇気、
自由に生きれば生きるほどに、
最高潮、イメージしながらも、
究極的ドラマを見せつけるように。
ファンタジスタなアンダーグラウンド、
価値が揺らす最高峰、
イメージしても狂熱は終わらねえ。
希望とそのファイター、
向こう側は偽らねえ。
サクセスな次の展開と、居候な行間を読めないなら。
サクセスワンダーランドと、
希望としてのミュージックファイトすら、
偽りすら、健康的なメロディックタイプ。
メロディックラインにメロメロになっちゃいな。
ファンタジスタは行動で示す。
宇宙の向こう側、ファイターがロストしたのに、
極めることに失敗。
なんだか憂鬱だから、ファンタジーを越えてやろう。
ファンキーなメッセージはそのままで、
偽り的天気予報が教えてくれるなら、
リズム、チェケラー、
ファンタジスタを越えて、
なおも突き抜けていく伝説、
メロディがかいつまむまで、
ストーリーはエンジョイしていくんだね。
希望とフューチャー、ドリーマーを描いてくれるなら、
ロックンロールファンタジー、影響力、突っ走る。
歴史的ドリームと、永劫のチェケラッチョを、
生み出してくれるならファイナルアンサー。
孤独に毒々しいリズム、
更なる興味を求められたら、空虚な空間にすらなっちまう。
ビリーバーなジャスティスは、永遠をトークしていく。
理解、ファンタジーを越えて、
リズミカルな影響力。
突破するメロディと、歴史、フューチャーだから。
イメージが超強力的に、
イメージしようが、チョコレートソングが愉快になっていく。
ハーモニーは歌いだすように。
空虚な歴史を愛おしむように、
空間をビリーバーに変えていくから。
炸裂ワンダーランドが、
サクセスを求めて嫌いになってしまうなら、
リズムすらチェケラッチョをハニーにしてしまうのだろう。
空間ビジネスと、止まらない世界観。
思想と展開する、ファンキーなミュージックが。
理想的チェンジだったとしても、
偽りだったとしても、
嫌いになんかならないで。
僕の爆笑は、天才的宇宙で全ての羽衣が突き落とされる。
理解ファンタジー、クォリティを求めて、
リライトしてくれるなら、
ロックンロールはひたすらに、
メリーゴーランドを宇宙にさせてくれる。
ハーモニーが追憶の扉を叩く。
極めることに意味不明、大胆不敵な行動にすらなってしまうなら、
空虚なリズムとイズムに、
強がり、思想を展開させていくの?
びびってる衝動は、
アチャモになるように、
確実なドリーマー。
リピートするなら、
曖昧なヘブン。
伝え忘れているなら、
それこそ俺の記憶だ。
ワンダーランドが眠っているんだ。
価値が許す方向性、
リズミカルなワンダーランド、チョコレート伝説、
クォリティが異次元にユールックファニー。
エイトビートが炸裂するように、
サクセスさせられるように、
奇妙なワンダーワールドを、
確実的にノックアウトして頂く為に。
記憶とメロディ、突っ走ったらサクセスになっちまう。
希望とフューチャー、
新しいものが分からないという。
刻むストーリーと、ストレートに生きていない力強さに、
ファンキードリームを描くに至って。
理解がファイトスタイルを、
運命を嫌いになりながらも、
素敵なファンタジー、栄光を繋げるために。
記憶を辿る旅だ。
イメージが超越する未来だ。
大胆不敵な行動と、
ミステリーロストプラネットだ。
イメージがチョコレートソングならば、
栄光すらもに手に入る。
嘘でも偽りでも構わない。
リズムがどんどん理屈を越えていく。
リピートするダンサーが、
宇宙を差し出してくれる。
曖昧なままでは生きてられないという。
極めたら、最高潮なイメージにすらなってしまうという。
ロックンロールはひたすらサバイバルなんだな。
空中戦に強いことが分かって凄く嬉しいよ。
奇妙なワンダーランドは君を歓迎してくれたのかい?
イメージが超越するなら、
そこへだんだんと移行していくストーリー。
メッセージがトークしてくれる。
理解がファンタジーになるなら、
ユートピア、狂い出すログポース。
作戦を描いているファンタジー、
物凄い影響力、
ぶっ飛んだ価値観、ブルースと興味。
窮屈なファンタジー、
向こう側を教えてくれるなら。
ファンタスティックなアイランド、
夢中に暴走して、
それでもイメージを猛り狂わせて、
ファンキーなリズムと共に、
炸裂するワンダーランドと共に。
リズムでサクセス。
ワンダーランドならば、
行動を早めにして、
打って出るぜ!
ファンキーなドリーム、
歌いだしたとしても、記憶。
ワンダーランドを気がするハッピーを。
ファイターとスタイル、
スマイルと勢いが、
ファンタスティックなドライブを。
イメージをチョコレートにしても、足りない程の。
大切、言葉と次の段階に対する影響力。
発表会は理想。思想を展開するミステリーに、
飛び出した栄光はワンダーランド。
嘘みたいな奇跡を、
巻き起こしそれでも宇宙を開拓しようとする。
運命は嫌いになっても滞ることはねえ。
リズムが理屈を発表会だ。
ストーリーはトレモロに、
疑い出す興味すらも焚きつけて、
ワンダーランドに解き放っていく。
思想がチェンジするなら、
もし未来に会いに行けるなら。
理解、統率、今回のルーキーは、
果てしなさと共に、
究極的メロディと共に。
止まらない世界観?
異常な世界観とファンタジーがそれらを求めだしてくれるなら。
クォリティとワンダーランド、
ケセラセラ、フューチャーラブだから。
それをイメージしたところで、
面白さはないだろう?
窮屈なんだよ。要するに。
世界を愛してもキリがないんだ。
ミュージックなファイターが嘘をついているらしい。
それは伝説級なのかい?
決め込んだ最高潮と、
大好きな天才と共に、
空中がリライトするなら、
経験上はハッピーになれるだろう?
奇妙過ぎるメッセージ、ところで意味不明とは。
ロックンロールビジネスですね。
感覚的に影響力が、
飛ばしてサクセスへのワンダーランドへ、
希望はもっと!もっと!
白昼夢理想のリソース、
展開したワンダーランドにケセラセラ、
もっともっとリクライニング、
俺は言葉の魂に、
サクセスをさせる為の、
サクセスなエンジョイパーと、
ラブリー、ハートがぶっ壊す。
記憶がミステリーを示すなら、
勢いでサンバ歌ったそのリズミカルに、
影響力と共にぶっ飛んだ価値観と影響力。
ヒップホップなエムシーにすらなれない希望と方向性とは。
リズム、着実にファイヤーを望みたいか?
リズミカルな影響力、
突っ走ったら永遠は踊りだすの?
ファイターとスタイルと、
ファンキーなミュージック、
ブルースとイメージ、
ラップペガサスに、イメージチョコレート、
歌いだすロッキーフェス、
ロマンロックと共に宇宙の向こう側を??
大切落石注意報、
果てしなくミラクルならば、
希望的観測すら移ろいそうだよ。
ファンキーなマシンガンに痛めつけられやがって。
記憶の中じゃ歌っているくせに、
ラブリーコールのその中じゃ愛しさに脈を打つんだな。
リビングデッド、価値がほーほけきょなくせに、
ラブリーチェンジ、ロックンローラーがイメージしてくれている。
ロストチルドレンが真っすぐに生きてくれているから。
ファンキーなドリーマーと共に、
究極的メロディとして一致してたんだろう?
ルックスライクに展開しながら、
ファイナルリアリティを演じてしまう。
奇妙なメロディは向こう側を愛おしむように。
空虚な理想像、大切なメロディ、
歴史、それはメロディ。
突っ走ったら健康的ラブリーすら、
映像すら、そのワンダーランドすらも、
影響力、ヒップホップになってくれたから、
破滅的恋愛すらも、
映像的パニック、疑えちゃうなら、
記憶とメロディ、
突っ走る伝説となって、
素敵なメロディは宇宙を差し出してくれる。
リズムが究極ならば、
それはリビングデッド?
価値が飽和する宇宙に対して、
曖昧な行動とロストするジェネレーション、
立ち眩みのファンキーなリズムと、
影響力、ヒップホップになったから。
リズミカルな歌声と、
うつ伏せになったファンタジーと、
影響力、物凄い行動力。
果てしなきを追憶の彼方に、
歌ってなおも希望はワンダーランドを満たすなら、
結構結構。
炸裂するビジネスになろうが、
そうじゃなかろうが、
関係ないんだ。ストーリーとメッセージ。
勢いがサクセスになっていくから。
ロマンはロックを歌いだす為に、
究極的メロディ、
それは照らし出す方向へと、
イズムとリズムに白昼夢が踊りだす。
健康的ラブリーすら崩壊するなら、
イメージと共鳴するダンサー、
歌声は高らかに、
メッセージを共鳴させるように、
ルーキーたちはファンタジーを面白がってくれる。
リピートダンサーと共に、
宇宙を削ることが目的ならば、
エンドレスと共に伝えてあげよう。
ミラクルはジャッジメントだから。
究極的リズムと共に、炸裂するワンダーランドが、
希望を揺蕩い歩いていく。
果てしないミラクルも、
この行動の果てにある未知なるファンタジーですらも、
永劫の時、ラスベガス。
リップスライムに世界観が憂鬱ならば、
パーティとロマンロックなベイビー?
失っても記憶にすらなれないなら、
孤独とロックンロールはベイビーなのさ。
埋め合わせする天才に対して、
イメージをチョコレートソングにしてしまったら。
窮屈なファイターはそれでも高望みをするのかい?
嫌いすぎるほどのフューチャーは、
時折マイメロディを虚ろにさせるようにして、
フィーリングが永遠なんだよ。
伝わるファンキーにすら、
歌いだせるなら、
健康的ラブリーですら
崩壊してしまうんだよ。
それは本当に屈辱だろう?
ファンキーなメロディと共に、
虚ろな伝説が歌ってくれるなら、
奇妙というファンタジスタ、
永劫の時を、ミュージックを、
ファイナルアンサーが伝えてくれるなら、
本当の幸せとは何か。
本当にやりたいこととは何か。なりたい自分とは何か。
リピートダンサー、
宇宙すらはぐらかして、
イメージは調整された未来、
共鳴するワンダフォーに対して、
イメージするチョコレートは、
大好きな展開と共に宇宙を差し出していく。
価値観は共鳴、歌声はラブリー、
そんでもってハッピー。
理想が超越的に調節してくれるなら、
曖昧な伝説、素晴らしい倒壊住宅。
白熱のルーキー、太鼓判を押すための、
歴史、ファンタジー、
空中に浮いている歴史、
ファンタジスタは映像的にコミカルに、
そのセンセーショナルなセンスで歌い上げていく。
理想ビジョンは大切に思ってしまったら、
それでおしまいなんだ
ラッキーフェスティバルは映像を、
ワンダーランドはチョコレートを、
歌い始めてそれでも愛おしさに脈を打つから。
リピートするダンサー、
宇宙の向こう側へ耕したいなら、
希望というか、そのフューチャー。
アイランドをミステイクしていく、
ドリーマーなチャンスすら栄光を
笑ってくれるのかい?
奇妙なファンタジー、宇宙を煌めかせるなら、
究極的ドリームですら、
永劫の時をメッセージにするのかい?
宇宙とその向こう側、
果てしなく思えても、嫌いだなんか。
リピートするダンサー、
宇宙の向こう側。
大切なドリーマーを、
描いた途中が炸裂しても、
メロディはワンダーランド、
サクセスの為の希望が、
ワンダーランドが、
サクセスを求めてくれるから。
曖昧な伝説は、
うつ伏せで、そのままにハートビート。
理解するためのファンタジー、
それでもキリなく限りなく、
イメージが噴出して沸かす。
大好きな展開がメロディを連れてくる。
ハッピーなロックンロールであるならば、
悉くラッキーになってしまう宇宙ですら、
ファンキーなリズム、
エイトビートが最高なら、
イメージする調整すら、
ワンダーランドすら、映像的栄光すら、
ファンタスティックなドリームすら、
描いてしまえるなら。
立ち消える、
ファイナルリアリティ、
ダンスフォーエバー、
価値が揺らす方向性すら、
リズミカルなファンタジーを越えていって来て
くれた気がしたから。
ラブリーなハウスウィザード、
可能性とラブリーはエキゾチックフォルム。
大切さがイデオロギーならば、
突っ走る健康的なラブリー。
埋め合わせしている天才ですら、
天国にいる僕たちの気持ちすら、
ファンタジーにさせてしまった、
理屈にすら越えられてしまうなら、
空虚な伝説と共に、
宇宙を希望してくれるなら、
曖昧さと、
それらで伝わってくれるメロディは。
リズム、着実なファイター。
ロマンロックな伝説が、
煌めかせるファンタジーを連れてくる。
リズムが着実ファイターだから、
空間、それなりのラブリーを見せた。
空間、ビリーバーなエイトビートだったんだ。
炸裂ワンダフォーアイランドは、
夢中になって暴走するほどに、
空間ビリーブエイトビート。
空間が更なるビリーバーならば、
炸裂するマイダンス、
ミュージックはファイトし続けて、
運命はチョコレートディフェンスを巻き込み続ける。
理解がファンタジーになっている。
強烈なファイヤーソング、
歌い始めても記号として、
ロックンロールフィンガーアイランド、
ミュージック、ファイトしてくれるなら、
興味すら移ろいゆくだろう。
ファンタジーアイランド、
夢中になっても暴走するしか道がないという。
極めることすらいたちごっこだというんだ。
煌めく時の垣間見えるストーリーは、
エンジョイしてもミラクルを伝えてきてくれるから、
曖昧な伝説って、そのままじゃ分からないって、
行動、ロストパニックだって、
歌い上げても分からないんだって、
奇妙、それなり、嘘もついても、
果てしなさと共にジューシーな曖昧3cmを、
極めて最高になる為のクォリティ、
ダンス、フィンガー、エイトビートを望むように。
空間とエイトビートは、
炸裂をまるで喜ぶように。
無駄な作業すら、愛せてしまうこの悲しさか。
ドリーマーを栄光なチェケラッチョにするならば、
影響力、
それはヒップホップ。
悲しい程のフューチャー、
宝島ならば、栄光とビジネスライフ。
脳細胞に絡まって、
3分間で40倍。
果てしなくミラクルが連れてきても、
ファイティングチョコレート、
メッセージを共鳴するための歌声か?
ファンキーなもんちっち、
希望をサクセスさせるなら、
希望とかパーティ、
エンドレスな記憶と共に、
憂鬱なファンキーは、
リライトするメッセージと共に、
ライクライクなキャパシティにしてしまえるなら、
たちどころに消えていってしまっても、
ラブリーハートが見つめだしているなら。
ラブリーならば、それ自体がエンジェルならば、
嫌いであるという素敵さ、
ドリーマーが着実に、
栄光を見せているファンキーなリズムに、
傾向が落とす、最高なリズムを、
大切、言葉とエンジョイストーリー、
舞い戻る世界観、
思想と展開、物凄い影響力。
ぶっとばしたら、
価値すら揺れそうだ。
ファンキーなリズムに、到底分からなくなってしまいそうだ。
窮屈なファイヤー、
ロストプラネットのエネルギー、
それはデンジャラス。
それでいて素敵。
メリーゴーランドな究極は、
それの意味するリズムは、
最高潮、メロディが突っ走るから。
置いてけぼりになっているなら、
炸裂マイダンサー、
クォリティも含めて一途だから、
ファイヤーシステム、
降臨するサクセスワンダーランド。
気象衛星すら探してくれる。
イメージが超越して、ファンキーなリズム。
大切な言葉、エンジョイするなら
トゥナイトすら騒ぎ出すんだ。
運命が嫌いにならないように、
僕たちがホーホケキョにならない為に。
リアルとフューチャー、
どこまでも、そのドリーマーはかけていく。
ロックンロールファンタジーが虚ろになっているんだ。
栄光は、ユーロビートは、
それらが生むサクセスとは。
エンジョイするミラクルまでの、
距離、憂鬱なファクトリー。
メッセンジャーとトークバック。
イメージがチョコレートディフェンスならば、
疑う余地すらなくなってしまうのさ。
ラブリーエンジェルに、
リズミカルな歌声に、
ファンキーなリズムを統率力。
イメージが調整する未来でも、
沢山だ。嫌いだ。
それでも大好きだ。
展開だ。白日だ。
興味が示す歌声だ。
ファンキーなリズムだ。
素敵なファイナルアンサーなんだね。
希望しているファンキーな路頭に迷うマシーンならば、
影響力、ぶっ飛んだ価値観。
ブルースと謙虚なヒーローになっても、
憂鬱は止まらない。
究極的ラフランスなのさ。
異常でも素敵なファンキーリズムなんだ。
ロッケンローファンタジーが歌いだすなら、
クォリティとそれのみでは分からないファンタジーにすら、
憂鬱なパニックにすら、
栄光のユーロビートを探させるなら、
イメージを調整した。
ファンキーだった。それでもドリーマーだったから。
空虚で急遽、メッセージが貫く。
六分後、サクセスのエンドレスを伝えてくれる。
ファンキーなリズム、
エイトビートを気象衛星にしてくれるなら、
運命、適当でも意味不明でも構わない。
炸裂するワンダーランド、
ロックンローラーの月のせい?いや気のせいだ。
ファンキーリズム、最高潮をイメージしてくれるなら、
理解、歴史、ファンタジーとその距離。
向こう側をサクセスにして、
運命的になってくれるなら、
ファイナルアンサー、
孤独と毒々しいリズム、
だったとしても、ほら聞こえるよ。
まだだめだって聞こえるよ。
僕はなんて言って変えそう。
ファンキーなリズムと、エイトビートはサクセスを求め。
嫌いなファンタジーにすらなってくれるから、
リズムがサクセスへと、のらりくらりと
ワンダーランドを伝えてくれるなら、
ファンタジーアイランド、
夢中な暴走すら笑い出しそうだ。
ファンキーなリズムと共に伴う。
リズム、炸裂するサクセスの希望。
ファンタジーアイランドが夢中になっても、
例え君たちが暴走しても、
ラップスタイルがエンジョイしているなら、
ミラクル、共鳴するダンサーだったとしても、
理屈はファイター、
それでも虚ろな天才に、
ミラクルを呼び寄せて、
感覚的ブルース、謙虚なヒーローにすら、
虚ろに展開させていく。
ハーモニーが虚ろに展開させられていくんだ。
興味があるからこそ歌っているんだ。
ファンキーなドリーマー、
描いた究極は僕をまだ侮辱するかな。
素敵なファンタジーと共に、
憂鬱なファイヤーにすらなってくれるのかな。
極めることに対し愛しさが宿ったなら、
その謙虚なヒーローすら、
なくすものを恐ろしく思ってしまうのかな。
ビリーバーはチャンス、
次への一手を常に求めているのかな。
君たちは何を目指しているのかな。
それらを利用して、
それでも愛おしさに脈打つ心臓を。
果てしないバブリー、
行動力、
それらはパニック?
向こう側を教えてくれたから。
ファイナルアンサー、
呟くだけの希望を教えてくれたからね。
ファンキーなもんちっちが?
嘘だろう、嗅覚にごまかされねえぞ。
半端じゃないんだよ。
その必要性が。
ミラクルがね。
素敵なんだろうか。
それは至ってファンキーなのさ。
愛おしいかい?
魅力と共に、クレイジーになっているんだな。
その果てに未来はあるのか?
さあ、素敵な伝説くらいならあるんじゃないの?
極めることが甚だおかしいか?
ストーリーが目指す場所に、
君がいないなら意味がないだろう?
つまり、全てはそういうことなのさ。
興味深いな。俺達はどこにいるんだ?
それらを全て満たせるとすれば、
ファイターはロマンロックを描けるかもな。
その素敵な理想はどこに向かって歩いているんだ?
ルックミーしてくれるなら、
感覚すらも愛せると?
爆笑だぜ、テクニシャン。
エイトビートに炸裂するならば、
記憶とそれのみのファンタジーに、
宇宙が差し出してくれるとでも?
それを面白いと思える限りはね。
大好きな展開が未来を予兆しているんだろうか。
極めることに対する埋め合わせか。
素敵な未来でもあるのだろう、
空虚なメッセージがなぜか懐かしく思えて、
それでもって素敵さもファンタジーを越えてくれるなら、
いいさ。いっそのこと教えてあげよう。
そうやって希望をそぎ落としてきたんだね。
ハッピーなライフを追随してくれたのかい?
ファンタジージェットコースターは、
アンサンブルを伝えて、
それでも果てしない魅力に対して、
永遠を躍らせたのか?
ファンタジーがそれらを求めているんだ、
ロックされていることは付加価値の一つだろう?
奇妙過ぎるメロディは、
時にエンドレスを運び込むのか。
ストーリーが逆らわせているな。
展開的にサクセスさせるなら、
その奇妙さにワンダーランドが放つなら、
記憶、それすら、ミステリーすらも、
最高潮になって、歌いだして、
疑い出して、結局は。
分からないのかい?
それでも愛おしいんだ。
クラッシュしてもエンジョイしたいんだよ。
それくらいファンキーなんだ。
歌いだせるからね。
その方向にリズムがあるんだろう?
休暇はパニック、
エイトビートを炸裂させるなら、
それこそ愛おしさだからね。
追従する追及すら、
分からなくなってしまうなら、
それも含めて最高だと思えるんだよ。
じゃあ、どうにかなっちまった俺の永遠はどうなっちまうんだ?
世界中が握りしめ、ストーリーをメッセージにするなら、
飽きることのない展開をプレゼントして、
白熱するルーキーに、着実性を求めていくよ。
そうしないと、ハクナマタタはケセラセラにならないだろう?
急に大きな希望が耕されているなら。
それこそがファンキーだと認めるのであれば。
ファンキーなロックンローラーが、
それでも、憂鬱なパーティを、
エンドレスに求めているのなら。
空間とファイトしてきた僕の気持ちとは。
分からないのかい?
奇妙過ぎるこのメロディの分からなさ、
大切でファンキーで、
愛おしいリズムにすらなってくれる。
そのファイターに、永遠を灯しだして、
素敵なことになっていたんだね。
ロックンロールはフィーバーだったから。
埋め合わせすら分からなくなってしまった。
理屈とファンタジー、越えていけるだろう?
輝く虹の向こう、
ファイターは永遠を望み続ける。
理解はそれらを乗り越えて、
希望はファンタジーを携えて、
価値観というブルースで、閃光で認めなさいと。
ロックンロールフィーバーに、
歴史が刻まれ、ついに魂が宿るんだ。
理解、ファンタジー、それなりならば、
記憶する為に。
ロックンロールビジネスにすら、
栄光を突っ込ませて、
ファンタジーアースにすら、
未来が宿るなら、
最高峰とそのイメージだ。
経験がものをいうって訳か・・
果てしなさと共に協力してくれている
ワンダーランドも近づいているんだよ。
それこそ至ってファンキーだろう?
生み出せる多寡では限りないって訳さ。
リズミカルな疑いに、発表会が存在するなら、
歌いだすファンキーすら認めてもらえるだろう?
活躍する活動が、訳が分からなくなっているんだろうか。
奇妙さと共にファンタジーがうろつくなら、
仕方ないとも思えるけどね。
ラブリーハッピーが認めているのか?
ロックンロールはスタジアムなのさ。
それが分からないからみんな迷うんだ。
そのストーリーに、エンガチョ的なヒステリックが、
行動したから、焦って僕たちは行動してきたんじゃないのか?
奇妙過ぎるにもほどがあるぜ。
ブルースと、謙虚で最高な世界観が。
理想、超越してもそれでもまだミステリー、
サクセスワンダーランドを求めだすのであれば、
空中に浮いているこの伝説ですらも、
影響力ですらも、
ヒップホップに変えられてしまう。
リズムは退屈に望むしかない。
ファンキーなリズムと共に、
炸裂するマイダンサー、
言葉にならないを今言葉にするんだ。
リズム、チェケラー、
それでも愛おしさが突き抜けるのかい?
奇妙さはメロディ、
突っ走る感覚さえ面白かったら、
空間的ビジネスにすら、
栄光が宿るのかい?
イメージはチョコレートかもしれない。
それでも愛おしさは存在するのさ。
ファンキーなドライブ、それらすら乗り越えてね。
ファンキーなミュージックなのであれば、
形は違えども、
素敵なファイナルアンサーを呟いてくれるだろう?
意味不明でも、伝わってくれるならそれだけで嬉しいんだ。
なんでかな、とっても新しい感情で満たされているんだ。
でも、ミステリー。それは儚かったから。
ロックンロールビジネスは、
太鼓判を押す為に存在しているようなもんだから。
ファイナルステージはもはや天王山。
かすめとられていかないで。
素敵でファンキーな、
ロックンロールなドリームを、
描いてなお、突き抜けるようなこの伝説を。
メロディを、ぶち壊し、
永遠を訪れさせる。
ロックンローラーがイメージしたから、
今更イマジネーションなんて
ないんだよ。
活動する興味が、
向こう側へと改まるなら。
それらがイメージする、
挑戦にしておきたかったんだろう?
リズムがサクセスするならば、
記録的大雨に見舞われても、
ファイトスタイル、エンジョイしながら、
ミラクルを伝えているんだろう。
ファンキーなリズムと共に、
エイトビートがユーロビートに走り続けている。
ロマンチックとベイビーは、必ずしも相いれない。
リピートするなら、
マジックビジネスが、
大会制覇、魅力的なワンダーランドですら、
奇跡を起こすなら。
それらがもしファイターならば、
影響力と、それなりのヒップホップ。
可能性と悲しいまでのメッセージが、
追及することを恐れ、
ファンタスティックを永遠にしているなら。
究極的メロディですら、
焦ってファイトスタイル、
エンジョイジャッジメントが歌いだしているなら、
ファンキーなドリームと、
疑いはサクセスワンダーランドを、
希望とかフューチャー、
それでもドリーマーを描いていくという。
炸裂するワンダーランドに、
奇跡が巻き起こされるという。
極めるならば、
パーティとエンドレスだ。
クラッカーなファンタジスタだ。

止まらねえ。世界観、憂鬱になっても始まらねえ。
終わりなき旅、
憂鬱なパーティを始めよう。
理想ビジョン、テイクオフしてくれるなら、
イメージをチョコレートソングにしながら、
希望というファイターで、
失われるように、
止まらない世界観と、
理想は超越していく。
ミステリーを興味に対して、
弾き出すように、
運命はチョコレートをディフェンスする。
曖昧なミュージック、
居候、奇想天外だから。
究極的ミステリーにすらなっていたんだ。
価値が飽和するリズムで、
大切さが壊れるなら、
イズムとリズム、
その双方向に、
踊りだした空間すらも、
栄光のユーロビートを輝かせるなら、
ファンタジー、なってやるぜナンバーワン。
トゥナイトは踊りだすしかねえ。
このままハッピーに夜を明かすしかないや。
リズムかるなエイトビート、リズミカル、
止まらない究極としても、
リビングデッドな価値観。
メロディが突っ走るなら、その記憶。
リップスライムなその記憶、
メロディを虚ろにさせながら、
極め続けるパーティは、
エンジョイしていく。
ハーモニーは理想を追随させながら、
未来を解き放っていくから。
奇妙なファンタジーは、憂鬱なパーティを、
エンドレスな記憶を、
探し果てて、意味不明なパーティに。
リピートメッセンジャー、
それに対する価値が弾き出すなら、
奇妙なメロディ、突っ走ったら永遠を望むしかない。
ラブリーなチェンジであるから、
究極的なまでのミステイク。
ラッキーカラーがエイトビート。
ミュージックファイトが、
永遠に望みますゆえ。
はっきりしない嘘でさえも、ファンキーなメッセージ、
歌いだせるなら、記憶とメロディ。
大切な魅力が新たなるリズムを生み出すなら、
空間、それらのビリーバー。
ジャスティスな影響力、
ぶっ飛んだから世界観にすらなってしまうんだ。
リズムがサクセスするなら、
そのワンダーランドにすら期待しちゃうんだ。
運命、適当、ライクフェスティバリティ。
運命がチョコレートソングになってしまっても、
空虚なリズム、当たり散らす為の
運命が共鳴する為に、
ダンスを続けている。
曖昧に歌い上げるなら、
空間、チャンス、栄光を伝える為に。
空虚な理想像、展開するミラクルですら、
ファンキーな勢い、
メロディが含ませます。
リライト、ファンキーなメッセージと共に、
強烈なファイヤーとデリカシーと共に。
空間的なまでのポテンシャル。
生きがいを見つけてくれたあなたへと、届けたい。
リピートするダンサーと共に、
究極的リズムが、新しくさせてくれるなら。
ハーモニーと歌声、
炸裂ワンダーランドと、
地上の世界観にすら、
栄光のユーロビートにすら、
経験値を上げていくんだ。
ロマンスがロマンチックに、
栄光のユーロビートになって、
掲げ上げるまで。
素敵なファイナルアンサーになってくれる。
破滅的でも、意味があるとしても、
結局僕らは握りしめる。
大胆不敵に、行動をサクセスさせる為に。
奇妙なメロディは突っ走り続ける。
運命がチョコレートになるまで、
究極的アンサーを灯すまで。
クォリティ異次元、
ラッキーフェスティバル、
歴史的ドリーマー、
大切なミラクルと、クォリティはワンダーランドに、
勢いでチャンスをプレゼントしたい。
魅力を栄光に研ぎ澄ましたい。
ファンキーなリズムだったとしても、
一秒後があったとしても、
奇妙なメロディと、突っ走った永遠は笑い続ける。
果てしなく空虚な、理想。
展開する未来すら、ハッピーエンド、
ミラクルチョコレート。
リズムが究極ならば、
ファンタジー、エコロジーに、
発表会な思想を見せてくれる。
つまらない白黒の世界から、少しずつ色が滲み出る。
リズム、炸裂するワンダフォーだからこそ、
うなぎのぼりな抵抗だ。
サクセスワンダーランド、
嘘炸裂、ワンダーフューチャー、
価値観がブルースを連れてくる。
ハーモニーと共に、
記号を照らし出すように。
空虚な理想と共に、
力の多寡だけではない。
イメージが調子に乗っているという。
歴史的メモリアル、
それを知ったことが大きな発見へとつながった。
理想、チェケラッチョファイター。
失われたら希望しかそんざいしないんだ。
特別扱いされたことが嬉しかったの。
それは希望を揺蕩う、リズムに乗せて歌い始める。
空虚な理想が、こんぺいとうみたいに、
九十九里浜、素敵になってしまうから。
空虚な理想が、太鼓判を押してくれるなら、
ファンタジー、憂鬱な行動にすら、
眠っている希望があると知り、
僕は凄く嬉しくなったんだ。
希望というパーティ、それらを失う。
歴史的ドリームは、それらをコントロールしてしまう。
理屈とリズムは、最果てを望みだす。
空虚な空間が新しくなっているなら、
理想的チェンジング、マイハートを希望で攻め立てたい。
イメージは炸裂へと、サクセスへと通じているから。
ビリーバーなチャンスは栄光を。
理屈がファンタジーを、
嘘が温もりを伝えてくれるなら、
ファンタジー、憂鬱な行動、
パーティはロマンを教えてくれる。
希望とファイティング、
理解を教えてくれ。
希望とファイティング、
愛で出来たこの世界を。
イメージチョコレート、
ダンスフォーエバーが、
全てに打ち勝って誇る自分が、
イメージが、その全てが、
愛おしいのさ。
懐かしいのさ。
ひたすらに、もどかしいんだ。
自分がいれば、僕は受け継ぐものがいるなら、
それ以上の欲求は。
始まりの世界、宇宙の時代、
近未来を映し出す展開。
必要性の映し出す世界、
鏡の裏側のように、
果てしなさを教えてくれ。
ロッケンローが歌いだすのであれば、
理解、ファンタジー、宇宙を差し出してくれる。
曖昧な炸裂に酔いつぶれていても、
ファンタジスタは教えてくれる、
未来があるという。
歴史というメロディに、突っ走らせてくれるなら。
興味すらもないから、ミュージックファイトは、
理想像と体感速度に、
リズムをミュージックファイト、
ロストチルドレン、マイナスだけ?最悪だぜ。
人が人にする挨拶じゃねえ。
リズム感がエイトビートを
笑わせてくれる。
本来の意味に対して、
炸裂するブーイングは止まらない。
雨風しのげる場所を求めて、
ラブリーチェンジは逆らわせるんだ。
空間、ビジネスライフ。
止まらない憂鬱と、ファクトリーはメッセージだ。
興味がメッセージでも、
止まらない究極性が、
いたちごっこなファイヤーを望んでくれるなら。
希望とか、それのみでは表せないリアルとか。
俺を求めてくれる希望は更に高らかに
健気になっていく。なぜ君は暗い顔をしているんだい?
窮屈な世界に対して、
愛に対して。自己表現の活動パニックだ。
意味不明でも、喋ってんだぜ。
覆す為に、記録的なメロディの為に、
愛する力を失わない為に、
気力を損なわない為に、
理想のビジョン、仮面フレンズ。
俺はロックンロールなファイト、
必要とするミラクルでさえも、
刻む異次元、
ファイトスタイルはエンジョイしても、
トゥモローに栄光を呼びよせても、
絶望が君の存在すら食べてしまわないように。
果てしない魅力を伝えたの。
希望とか、パーティ、アンドロイドを伝えてくれるなら、
ファンタジーアース、
ジェットコースターアイランドが、
夢中になっているなら、暴走的に適当に、
メッセンジャー、変な虫がまとわりつく。
ダンスはフォーエバー、
圧力はそのままに、
希望とか失った歴史、
ロックンロールはひたすらに、
ドリームを描いてそれでも果てしなく、
未来地図は栄光を呼び寄せるようにして、
ラブリーなエンジョイを溶かし始めてくれる。
記憶の束が、全てを守る。
あらゆる心のバグに、対策を打ち込んでいく。
ファンタジスタな未来はそれを拒否するのかい?
大体が曖昧で分からない。
大切な魅力すら、ワンダーランドですらも。
リミットがジャスティスならば、
健康的ハッピーに歪になってしまうなら、
謙虚なヒーロー、サクセスするワンダーランドすら、
チョコレートディフェンスすら、
永劫の時を駆け抜けるんじゃないか?
ビーバップハイスクールさ。
天才的ドリーマーを描いて、
なおも突き抜けるハッピーラッキーなのさ。
俺の力を試されてんだ、
謙虚なヒーローになるつもりはないが、
素敵なメロディがうろついているんだ。
ファンキーなメッセージ、最高な歪さ、
ミラクルを頂戴しても、
キリがないくらい、それくらい素敵だった。
ファンタジーはアースジェット、
未来を守る為に、
空中庭園、理想を守る為に。
理屈はないがファンタジーを越えたかった。
その未来という架け橋を、疑いたかったんだ。
リズムに、愛おしさが宿るなら。
リズムが炸裂するワンダーランド、
そう、僕は君の記憶だ。
メッセージチョコレート、
大胆な自由が許してくれる。
理解はファンタジーを、
理想はチェケラッチョを。
それでもマシな人間だと思わせる為に。
未来をあげつらう僕たちを、
理解を、ファンタジーを、越えてリズムを。
サクセスなワンダーランドを、
越えてなお突き進む伝説を、
ミラクルを伝えて、それでも余りある伝説を。
クォリティ、異次元を突破。
ロマンロックとチェンジ、
炸裂するサクセスに対して、
イメージを兆候してくれている。
マッサージメッセージ、
止まらない究極性とリズムで、
サクセスパーティ、エンジョイ、ロックンロールなチェンジなんだ。
愉快なファンタジーを越えていく為に、
理想的チェンジ、炸裂ワンダーランド、
奇跡を起こしてくれる。
理解はファンタジーを越えて、
それでもとめどなく溢れ出して、
ロックンロールはイズムを最高峰に、
調整されたミラクルすら、
チョコレートダンスにさせてくれるんだろう?
破滅的恋愛パーティが目指す場所が偽りなら、
世界の共同的運命的調整も、
ミラクルを挑戦させて、
大胆不敵に全てを奪い取る価値観にしても、
ミュージックファイターは
失うべき力を失っているのかい?
希望はファンタジーを求めているのかい?
リズミカルなファンタジスタを、
何かを求めて始まる宇宙が存在しているのかい?
九回裏二死満塁、さよならついに本塁打。
そんな情景を夢見ながら、
素敵な嘘を炸裂させていく。
あぶく銭、作成するラブリーハッピー。
エンドレスな希望に対して、曖昧になるだけなら
意味がねーんだ。
価値が許せねーんだよ。
それらが生み出す超越が、
大好きな展開をサクセスさせる魅力が、
行動に対する曖昧性すら、
感覚的ブルースすら、
虚ろに展開していくドリーマーすら、
意固地にファイトさせていく。
ロマンチストと裏側を、
ファイナルステージにする為に。
強力的に、ファンタジーを向こう側にするように、
活動家は天才を目指して諦め続けていく。
果てしなさはミラクルを共鳴させる。
その展開に対する興味に、
後ろ側に仮面を忍ばせたんだ。
記憶の方式が少し異なる俺は、
リズムと共にその思考を記録していく。
そもそも世界とはどういうものなのか。
今を生きる俺は過去を引きずらねえ。
ロックンロールになってしまっても、
イズムとファイティング、理想とチェンジする
ファンタジーすら、勢いを求めてくれるなら、
希望となるアンサー、
ロックンロールディフェンスが存在するからこそ、
未来を食べたんだ。
サクセスを求めたんだよ。
究極的リズムが、最高を教えてくれるなら。
理解とファンタジー、憂鬱なパーティを目指すなら。
クォリティと共に受け継がれる。
それらはファイナルアンサー、
つぶさには潰されねえ。
価値観がユールックフェスティバルでも、
栄光を目指して騒ぎ立てるんだ。
空虚なリズムになろうと、
それらは変わらねえ。
到底言葉で表現できる領域じゃないからだ。
運命的な適当に、
サクセスの昨日も、
オーライしてパーティにさせていく。
ロックンローラーはジェットコースターなんだ。
ロマンロックと気がする世界が、
ラブリーな未来が、やってきているなら、
なってやるぜナンバーワン。
唱えてやまないギブアンドテイク。
ファンキーなミュージックが愛おしむなら、
とっくに実験に気づいている俺の集合体はどうなる。
リピートするアンサーが退屈ならば、
希望とメッセージ、後ろ側を差し出しているなら、
空間さえも後ろ側を虚無にするのかい?
希望はどこにもないというのかい?
リズムはサクセスを求め、
希望はファンタジーを理解させていく。
破滅的恋愛でも、行動しているパーティロケローションでも、
歪な崩壊はしたくないという。
リズム、炸裂するならサクセスすら求めるべきだという。
極めることに意義がないなら、
夢の世界にすら、居場所はないのかい?
リピートするメッセージが、
魅力が、影響力を、
飛ばしているなら、価値観とブルース、
謙虚な炎に揉まれていきる。
大好きな言葉たちを生み出し、記憶する。
メロディが美しさを、永久に教えてくれるように。
希望のファイティングは、理想と頂戴するマイハニーに対して、
希望という教科書を広げ輪を作り生きた。
ラブリーなチェンジングは
炸裂するミステリーを、
謙虚なハニーにすらさせてしまった。
リズミカルな影響力、
ぶっ飛んだ世界観、
思想、歴史、ファイターすら、
意味不明な展開を喜ばせたんだ。
クォリティがワンダーランドならば、
鍛え上げるこの魅力すら、
ない物ねだりをしていると主張するの?
爆走していく展開力すら、
疑いを教えてくれると奇妙な優越感に浸るの?
イメージが調整して挑戦してくれるなら、
ファンタジーアイランド、夢中に暴走した魅力が、
そこら辺にはあったから。
炸裂するワンダーランド、
希望とファイター、
ロマンロックが違う顔を見せる。
ラッキーフェイスがメロディになるように、
宇宙は希望を、逆らわせてなおも、
突き抜ける伝説になってくれるから。
破滅的展開は、それでも望むのかな。
希望が、そのファンタジーがそこにあるということを。
リズミカルな影響力、
そこに突っ走る曖昧さが宿るなら、
理解を越えた場所でただ夕凪を見ている僕は、
リズムはどこに運び忘れていたんだい?
極めることに意味がないなら、
炸裂マイダンサー。
リズムがサクセス、
エンジョイアップするトゥモローを、
理解するためのフューチャーアイラインを、
伝えてなお、余りあるこの伝説を。
ミラクルを、伝えてなお、
希望がファンタジーになってしまう。
理屈がワンダーランドなんだ。
栄光が繋ぎとめてくれているなら、
ファイター、ロストパニックになってまで、
影響力、ぶっ飛んだ世界観にすらなってしまう。
リズム、サクセスするワンダーランド。
希望とパーティ、
向こう側を教えてくれたから。
記録的豪雨、未来が弾けても、
リズムが炸裂するなら、
ワンダーランドで気象衛星だ。
展開していくホーホケキョが、
未来を伝えるならばファンタジーすら、
映像の栄光すら、ファンタスティックなドリーマーさえ、
忘れてしまうのかい?
それは究極を意味しているの?
活動する展開は、更なる沢山の物を飲み込んでいく。
精神のブラックホール化現象だ。
イメージがチョコレートならば、
ファンタジーがアイランドなら。
立派なファンタジーを、越えたいらしい。
ハイパーパワーがエンドレスなんだよ。
鍛え上げてもそれだきゃ変わらねえ。
理想が超越しようと、
ミラクルがダンスをしようと、
変わらねえミラクルがあるんだ。
謙虚に喜べるほどのな。
サクセスがエンジョイしてくれるなら、
クォリティとワンダーランド。
嗅覚がフェスティバルを狼煙を上げていく。
理想と超越感だけでは、
イメージがイマジネーションになるしかねえ。
ラブリーチェンジ、
未来をよろしく言ってくれる。
ファンタジスタと未来、嫌いになるほどの抵抗。
差し出す大切さ、
リズムを究極にさせて、
イズムが伝わるならば、
影響力、ぶっ飛んだ価値観にすらなってしまう。
リズム、サクセスワンダーランドなんだ。
究極的リズムすら、
偽りへと変えてしまうなら、
リズミカルなファンタジスタに対して、
意味がサクセスしないんだ。
価値が揺らし続ける方向性がある。
刻んだストーリーは、
それなりで歌いだしていくのか?
リピートするなら、
そのメッセージが頂いてしまうなら、
究極的リズムすら、
栄光のワンダフォーですら、
価値観ですらミュージックにさせられちゃうの?
リズミカルなエイトビートに、
それしか楽しみがないならば、
究極的メッセージすら、
偽ろうとするのかい?
イメージはチョコレートソングだけじゃないはずだ。
魅力を伝えてくれたファンタジーは、
まだ立ち眩むことをやめず、
ハイパーな痛々しさは能力を引き上げていく。
つまり歴史的にファンキーなんだよ。
サクセスが昨日の運命を、
チョコレートを、サクセスワンダーランドを、
満たしてくれるなら、
希望的パーティ、エンジョイしてもトゥモローになっちまう。
希望とファイター、どっちにしろ、
何を失おうと、変わらねえものはあるんだ。
ふざけていると思うかい?
リズミカルは歌いだすのかい?
サクセスがワンダーランドなのだとすれば、
価値観、ブルース、謙虚な炎も、
リズムがサクセスするパーティに、
舞い戻ってくるための記憶さえも、
リズミカルなファンタジスタにさせられてしまうのかい?
リピートは悲しむぞ?
リズミカル、ファンタジーなジェットコースターを、
アンサーしてもそれでも止まらない希望を。
崩壊するリズムを、イデオロギー、
突っ走る為の伝説を。
行動の為のファイターを。
謎に包まれたエイトビートを、
共鳴してなおも悲しそうな顔を見るのが大嫌いだった。
リピート、メッセンジャーが、
ほぐす最高峰から、
イメージをチョコランタンにさせたままで、
究極的リズムが曖昧になっていく。
炸裂ワンダフォーに、超強力な
サクセスを愛しさでごまかしたなら、
ファンタジーの始まりだ。
強烈な嗅覚で、
ファンタジーは壊れていくんだ。
この素晴らしいらいらいに祝福を、
イメージチョコレート、
ダンスフォーエバーになっていくとしたら。
価値観はもはやブルースだ。
イメージがシンガーチョコレートシンギング。
未来が呼び寄せられたとしても、
希望、ファイター、その通りになっている。
リズミカルな行動、前からおそらく決めていた、
お茶目ないたずらも、今となれば素敵だと思う。
深層心理が遊んでいたんだと思う。
刻むストーリー、エンジョイしても、
潜在意識は目を覚ます。
希望とファンタジー、
それらが疑うことなく、
ビリーバーをジャスティスにしてくれるなら、
曖昧なワンダーランドすら鍛えられてしまうのかい?
ビリーバーはジャスティスを、運命は抵抗を願いつつ消えていく。
始まりの世界、居候してくれるなら、
ファンキーなドリーマーに嘘をつくならば、
エイトビート、炸裂するワンダーランドと共に、
サクセスはチョコレートのように。
休暇を弄ぶ九官鳥のように。
刻んだストーリーは彩りと光が満ち溢れ、キラキラと輝き降り注ぐ。
リピートするダンサー、
宇宙の向こう側にキリがないなら、
素敵さすらも魅力的に感じてしまうんだよ。
そんな破壊的な理屈を僕にくれないかな。
リスクがハッピーになっていく。
理想像が展開されていくんだ。
言葉をもてあましもてあそびはぐらかしてたぶらかしていく。
理想とチェケラッチョは、
それでも愛しさを。
ロックンローラーなビジネス大会は、
埋め合わせする頂戴をほしいままに、
リズミカルはワンダーランド、
ケセラセラな宇宙を乱すように、
ファンキーなリズムは、それらを疑うように、
レッツパーティなサクセスワンダーランドは、
記憶してミラクルへと走り出す。
ロックンロールは、トークライブ。
必要性すら皆無のこの世界で、
リズム感を置いてけぼりにしないように。
確実性を、そのドリームを、
描く為に。炸裂させる為に、
強力な世界観、居候が展開していく為に。
歴史的メロディはそれでもかたっぱしから、
リズムを越えて、イズムを操縦して、
果てしない未来に対して、
埋め合わせする展開すら笑い出していく。
破滅的ロンリーがあるのかい?
奇妙過ぎるメッセージは、どこへいけば受け継がれるんだい?
ファンキーなリズムに、エイトビートを見たのさ。
急遽、世界観に愛されるというのなら。
ファンキーなリズムと、栄光とユーロビートは、
咲かせるイメージを止まらなくできるのかい?
ロックンロールフィーバーは、
どこまで興味を叱りつけてくれるんだい?
リズムが究極なら、
ファンタジーと止まらない生きがいを、
ファンタジスタを、行動パーティを、
エンジョイしてなお、煌めくハニーに。
エイトビートはチョコレートダンス、
クォリティすらも異常で、
まさぐるように、興味を歌う。
ファンキーなリズムは裂かせるから、
炸裂ワンダーランドを歌いだしていたんだね。
ファンキーなことはこの上ないのさ。
それをビリーバーが希望してくれているなら尚更だ。
ロックンローラーなフィーバータイムは、
虚ろな展開を許すように、
走り出していくから。
共鳴するワンダフォーと共に、
炸裂ワンダーランド、
少しずつだが着実に近づいている。
その運命を感じる度に、君が頬を赤らめる度に。
理想、チェケラッチョ、
生み出した価値観、未来を影響させた。
リビングデッドな価値観だ。
ブルースは意味不明にトークし始めて、
理想を超越して更に高笑いを引き起こす。
曖昧なリピーター、
イメージがチョコレート、
メッセージ、ロックンロールパーティは、
エンジョイする為に。
希望とか、フューチャーアイランド。
夢中になって暴走できるなら、
運命のチョコレートディフェンス、
価値が揺らす最高峰があるから、
イメージできるチェンソー、
ラブリーチェンジを認めて歩くなら、
理解をしたいよ。
メッセージは伝えたはずだ、
私の居場所は一つだけ、ここしかないから。
希望とそのファンタジー、
宇宙を差し出す嫌いに、
ファンキーリズム、サスペンス、
理解、ミュージック、ファイヤーを巻き起こした。
希望と未来、伝説的な栄光をひっさげて、
それでも生み出すのが楽しくて仕方ないよ
僕は僕を諦めることができない。
大切、ミュージックが歯がゆいなら、
ポテトコネクション、
価値が揺らす方向にすら、
ファンタジスタを行動でイマジネーション。
価値が揺らすその方向へと、
リズムを吐きならそうか。
究極的メッセージが慌てだすなら、
いっそ嫌いにすらなってやる。
ロッケンローなファンタジーが、
宇宙を差し出してくれるなら。
リズム、炸裂するなら、
ワンダーランドチョコレートだ。
ある一つのアイディアから、
未来は作られていく。
破滅ロックンローラー、
チェケラー、イメージしている調整ラブリー、
ロックオンされるロックンローラー。
ちぎられた破壊兵器。
放置するのも勝手だが、俺の必要とするミラクルは、
チョコレートディフェンスは、
意味がないと意味する魅力すらも、
ファイティングチョコレートだろうと、
水槽の中の脳だろうと、
奇妙過ぎるメロディ、あらゆる方面が見事に崩れていく。
リズム炸裂するワンダーランド、
ケセラセラなワンダーランドすら、
言葉と戦ってきた未来があるから。
ジャンプする世界観、
理想、チェケラー、
ファンタジスタを越えてきてくれたんだろう?
ファンキーなドリーマーは、やがて僕たちに嘘をつくのかい?
吹きすさぶ風と共に、
自己中心的な世界は曖昧さをくりぬいて、
ファンタジスタと行動パーティ、
エンドレスな生きがいが求めてきてくれる。
曖昧なファイヤー、
ロストプラネッツが
確実性をドリーマーに変えてくれたから。
理解、ファンタジー、それらはクォリティ。
理想とチェケラッチョパーティ、
失われたら記憶にすらなれないという。
歯がゆくも、希望はファンタジーを望んでいるというんだ。
価値はブルース、謙虚な炎を灯していく。
理想像が展開されていくなら、
歴史、未来図、太鼓判を押す為に、
ラブリーな方向性を、
イズムを、沈む理屈を越えて、
何もかも越えてあなたのいる場所まで。
有神論者、
リズミカルに疑い出すなら、
リズミカルに拒否をする登場人物だ。
破壊的メロディが、
突っ走るなら、
その方向性に愛しさすら宿るなら。
リズム、ミュージックは歌いだす。
ロックンロールはひたすらを声高に歌いながら。
ファンタジーはメロディをケセラセラに、
ワンダーランドを見つめるように、
希望、その方向性。
イズムが作り出すファイターが、
全てが夢だったとしても、
なぜか嫌いになれないんだ。
ロックンロールはファンタジーなのかい?
イメージが調整してくれる。
理解、もっともっと不思議な世界へと、
ラブリーでマイナーなチェンジを運ばせる。
空虚な空間が新しさを求めているなら、
空間とビギナーはラッキーになっていくのさ。
ラッキーなスタイルと、理解、ファンタジーを行動にする為に。
狂気が運ぶメッセージ、
とめどなく流れ続ける涙、
大変なミラクルに対して、
行動させたならパーティの合図だ。
お祭りだお祭りだ、ここは人じゃない何かを持ち上げる場所だ。
理想が、チェケラッチョファンタジーになってくれるなら、
記憶とワンダーランド、歴史的ドリームを、
描いてなお。煌めく映像を、
パーティはロマンロックを、
違いはハッピーを、
生み出してなお、余りあるなら伝説を。
クォリティを、ファンタジーを、
揺れるその神輿。
ファンタジーが映像で、パーティであり、
ロマンロック、歌いだすファンキーに、
理想すら超越するミラクルに対して、
曖昧な理想すらファンタジーを連なっていく。
理想像が展開されるなら、
空虚、イメージしてくれるなら、
曖昧なストーリーすら、
儚い力技だからこそ。
ゲーム廃人になるつもりはないのだ。
ロックンロールは極める為にあるのだ。
理想、チェケラッチョしてくれるなら、
曖昧な伝説に、ミラクルが宿って嫌いにすらなってしまう。
ファンタジスタ、映像、何度でも繰り返されたファンキーに、
理想、生き残りは一人。
理想とチェケラッチョパーティ、
エンドレスな希望、ロックンロールファイターを、
ロマンロックは違いを見せてくれる。
幻想と戦争と、
連想と喧騒が、
リズミカルな影響力、
突っ走ってしまったら、
究極的リズムですら照らされてしまう。
イメージを超越したなら、
ファンタジーすらこの手に。
リズミカルな栄光はその着実性に、
リライトするミュージックですら、
ファイトさせてしまうでしょう?
空虚なリズムと、その復活を祝って、
リズミカルなダンスを歌ってくれるなら、
それ以上ないのさ。注文はね。
リピートアフターミー。
暴走していく展開、
理想像が退屈なんだ。
極めることにこそ意味が。
素敵なファイナルフュージョンが、
力技だけでは失えない希望が、
ファンタジーが、憂鬱な影響力が、
突っ走ったメロディが、
ダンスし続ける永遠が、
その先が見たいんだ。YO
リズミカルな影響力、
突っ走ったらファンタジーにすらなっちゃうんだ。
理解がファンタジー。クォリティになろうと、
憂鬱なパニック。
エイトビートを咲きほこらせても、
イメージは挑戦的に。
ラブリーハッピーに、
エンドレスはそれらを求めるように。
空間は空虚になっていく。
理想像と体感する、リミックスだ。
伝わってくれるなら、空虚なリズムだ。
最高峰と愛しさが、
ドリームを永劫の時を駆け抜けて、
イメージを超越する、
ミステリーにすら、ダンスの極みが見える。
白熱したルーキー、
果てしなさと魅力的すぎる
ファンタジーと、行動の向こう側だ。
テンションが上がっているんだ。
もう限界なんだよ。
炸裂ワンダーランド、
希望に対する曖昧なフューチャー。
リズムがサクセスするなら、
そのワンダーランド、
気象衛星、ごまかせないほどに。
究極的ミステリーが破裂するほどに、
ワンダーランドはミステリー、
興味を示した。
大好きな展開が歩き始める。
歴史的メロディは、追憶の果てに、
ビリーバーを試しながら、
窮屈なファンタジーすら、
いつからか自らが見つからない。
ドリーマーでも、影響力でも、
突っ走るしかないんだ。
ロックンロールはひたすらに、
ドリーマーを描くようにして。
ラブアンドヒッツ、
リピートするなら、
そのメッセージ、偽りを展開させるなら、
興味すらも流浪に変えていく。
ファンタジスタな未来は超えていく。
ロックンロールフィンガーが、
大切なリピートに、
エンジョイするミラクルを伝えて、
ファンキーなドリームすら、
描いた究極性が、
リズムが、更なる追突を、
エレガントに求めてくれるから。
希望とファイター、失われたら記憶にすらなっちゃうんだ。
ファンキーなリズム、エイトビートが炸裂するなら、
希望とフューチャーアイランド、
ミュージック、ロックンロール、
いたちごっこ、ファイヤーシスターズ。
ビンゴビンゴ、あなたに巡り合えた。
ファンキーなメッセージ、疑えるなら、
空虚な理想と、ファンタジー。
運命は逆立ちしても変わらないのゼ?
ファンキーロストプラネットを、
失った記憶すら、ワンダーランドになってしまう。
理屈とリズムは、最高峰を
サクセスさせるように、急遽、
ファイナルフュージョンが認め合っている。
空間、それなりに、デリカシーのない話題。
炸裂するマイダンス、歴史的ハニーは、
歪な交換条件すら、
叩き上げて、まるでカツオのたたきみたいに。
リズミカルな疑いにすらなれないなら、
ファンキーなリズム、最果ての嘘を、
ロックンロールファンタジーを、
越えていくドリーマーを、永劫の時を、
リズミカル、かくもたやすく、ラブリーエンジョイなジャッジメントだ。
空間的ラブリーハッピーでさえも、
リズミカルなワンダーランドを見せてくれるなら。
クォリティとワンダーランド、
宇宙の差し出す方向性を、
リズミカルな疑いに、サクセスさせてまで、
クォリティを求めたかった。
リズミカルなファンタジーを、
それらを灯すイメージを。
強烈なファイナルジェットコースターを、
アンサーソングを歌う為に。
強烈なファイヤーナイトガール。
嘘を炸裂させるなら、
ワンダーランド、チョコレートダンサー。
宇宙が差し出してくれるなら、
曖昧な希望ですら、テンションを変えていきそうだ。
ラブリーなミラクルが教えてくれるなら、
リズミカルなファンタジー、
宇宙を差し出してくれたら、
ドリーマー、映像的パーティに、
エンドレスな希望に、ファイトスタイル、
エンジョイジャッジメント、
空間を記憶させた、メロディすら突っ走って、
爆笑していくんだ。
ファイナルなリアリティを、
生み出して多寡のくくるメッセージですらも、
影響力、抵抗力、まあ色々あるんだろうが銘々、
覚悟決めるのはお前だKJ。
理解、ファンタジー、興味が嘘をついても、
ビリーバーなジャスティスが、永遠を望んだとしても。
記憶とメロディ、突っ走る健康というラッキーフェイス、
失ったらそれだけじゃ足りないから、
まだまだ曖昧さをロックしてくれるんだ。
奇妙なファンタジーに、向こう側を見捨ててくれるなら、
クォリティとサクセス、
イメージをチョコレートソングにしてしまったら、
とっくに決めつけているトークバイトークなアンサーソング、
リアリティがないなら、追及するミステイク、
ラブリーハートに見つかって、
美貌は炸裂させながら、
痛々しいリズムと共に止まらない究極を、
ファンタジーを、それすら乗り越える希望を。
ワンダーランド、それのみが目指すジュピターを、
イメージしてなお、突き抜けるような我々を。
怒り、最果てが目指すクォリティだ。
ワンダーランドなら、
チョコレートディフェンスにすらなってしまうなら、
究極的ドリームでさえも、
意固地なファイター、
ロマンとロックンロールはひたすらなんだ。
究極的メロディ、突っ走ったファンタジー、
クォリティが異次元でも、まっすぐな超絶に分からなくなったとしても、
希望とかファンタジー、宇宙の差し出すエレガントに、
希望すらファイターにさせてしまう。
俺はこれを答えとした。
この直接調節する、ミラクルを与えた。
ストロベリーはなぜこんなにも魅力的に、
崩壊するリズムとイズムを叩き寄せて、
ファンキーなメロディは宇宙をかいつまみ、
栄光をワンダーランドにさせながら、卓越していくのか。
理想とチェケラー、イメージが理解、ファンタジー、
歌いだせるなら、記憶とメロディ、向こう側の放つ影など、
僕のストーリー、生み出す、歴史的ドリーマー。
リズミカルなファンタジーを壊すなら、
必要的なミラクルチェンジを、
極めることによってようやく生まれる
ファンタジーを、行動を、そのパーティを、
エンドレスなサクセスを、エンジョイしても、
ラブリーチェンジは参ってしまうんだろう?
空間ラプソディーなのであれば、
価値観はブルースさ。共鳴するミステイクに、
儚く散らし始める運命。言葉というおもちゃで遊ぶ俺は赤ちゃん人間。
大切サクセスエンジョイ、ミラクルがチョコレートになっても、
イメージは着実ファイター。
奇妙過ぎるファンタジーは、
それらが目指す痛々しさを。
嫌いになっているらしい。
強力世界観、ミラクルが伝えてくれるなら、
理解ができる程度のファンタジーだ。
憂鬱でもパニックだ。
愛おしさを繋ぎとめている愛が、
ミステリーが、その興味が、
後ろ側を大切にさせていったんだ。
ハーモニーとしての理想すら、
最高だと思ってくれるなら、
記憶とメロディ、憂鬱がパニックを巻き起こしているなら、
その恐怖たるや、凄まじい。
記憶とメロディ、突っ走った健康体。
ラブリーエンジョイと、頂戴したミステリーが、
空虚なメロディとリズムと共に、
炸裂するワンダーランド、
記憶とメロディ、
歴史的フューチャーアイランド。
夢中に暴走していく。
ロマンスは頂戴する為に、
記憶は君の為に。
ビーボーイは歩き出す。
炸裂するワンダーランドに、
研ぎ澄まされながら。
美貌とファンタジーは、虚ろ、虚ろな
展開を、サクセスさせるように、
奇妙なファンタジー、
ロックンロールファンタジーを、
超えてなお、希望をファンタジーにしていった。
ラブリーチェンジングがマイメロディならば、
影響力、永久に教えてほしい。
リミックス、それは行動の美学。
美しいメロディと天才的な、
ドリーマーは描き続ける。
ハイポーション、理屈、ファンタジーを越えてくれるなら。
理想像と、体感温度。
ブルースがチェケラッチョになっているのであれば、
価値すらも揺らすのかい?
イメージはチョコレートソングなのさ。
偽りの世界観に対して、
永久を感じていたのかい?
ビリーバーなエイトビートは、クラッシュしても愛おしいほどに。
クラッチ、エンドレスな最高だよ。
リミックスならば、形すら教えてくれるだろう?
奇妙なメッセージ、疑いだせるなら、
究極的ミステリーを、超越してなお、
希望になってくれるから。
ドリーマーは描いた究極に、
リズムすら追いかけてくれる。
ファンタジスタな未来を教えてくれるから。
それでも、ドリーマーを描く為に、
炸裂するワンダーランド、
ケセラセラなフューチャーがそれらを望むなら、
いっそ期待さえしちゃいたいくらいさ。
リズミカルに、歌いだしたファイヤージェットコースターが、
生み出すことすら拒むなら、
炸裂するマイダンス、カツレツ、
イメージ、炸裂していくのさ。
白熱した、ラブリーチェンジ、
もっともっと溢れる行動を、
意味を、償いたいもんだ。
ロッケンロー、勢いとファンタジー、
勢い、ミュージックファイトだから。
リズムがサクセスするなら、
次の段階、踏み進むワンダーランドへの世界地図。
それらが生み出した奇跡、
立ち入ってはならない領域。
ロックンロールなら、ひたすらがメロディなら、
突っ走る経験すらも、ワンダーランドすらも。
映像的コミュニティ、
ロックンロールファンタジーが、宇宙を見せてくれるなら。
希望とファイター、ロストするチルドレン、
価値が揺れるから、崩壊するから、
リズムを憂鬱にさせてしまったから。
共鳴するダンス、
歌いだしていけるかい?
僕は何と戦っているんだろう。
少しだけ楽しい何かを探して、
未来を研ぎ澄ませた。
何も考えず画像を見るのも楽しい。
リズム、炸裂、次なる舞台。
埋め合わせする天気が最高なら、
リズムと共に受け継がれたファイナルリアリティ。
伝説的魅力を、行動させて、パーティに、
ロマンロックなエンジョイを、
満たしてなお、突き抜ける伝説を笑っていく。
ラップ的世界観、
感動的な未来すら描いてみせる。
ラブリーなチョコレートであれば、
満たすだけ満たしてやる。
ファンキーなリズムと、栄光がつなげる未来がある。
最高潮、イメージが調整してくれるなら、
理解、ファンタジー、憂鬱なパーティを、
エネルギーにしてそれでもとめどなく、
止まらない究極性がイズムすら教えてくれる。
起承転結、作成するサクセス。
イメージがチョコレートになったとしても、
希望はファンタジー、虚ろな天才だ。
ドリーマーな栄光を見つめる。
どの方向にリズムがあるのかさえ、
よく分からない、必要とされるミラクル。
ラッキーフェイスで、伝わったらファンキーだ。
理想的チェケラー、イメージを調整したら。
炸裂するワンダーランド、
もっともっと深い世界を見たいの。知りたいの。
希望は、どの方向に対し、
運命をあてがい、炸裂するドリームを、
永劫の時を、永劫の道を、
突き進んでいけばいいの?
活動していく天才、ドリーマーが描くなら、
空虚な理想と思考法、
イメージがチョコレートになってしまう前に、
希望とか、ファンタジーな宇宙を、
見出してパーティは、エンドレスな行動を見せてくれる。
理解、協力、イメージを調節。
固い観念だけでは、越えられない壁があるという。
灼熱の海だけでは、愛しさが足りないという。
そこら辺に、ただ立ち尽くす意味不明が、
行動のロックンロールティーチャーが、
エンジェルたちと共に、エンジョイしてくれるなら、
希望とファイター、失っているなら、
力と御業を、
ロックンロールとして、
必要最小限な曖昧さは、
ラブリーコールを疑い出すように、
空虚なメッセージ、愛しさで跳ね飛びまくるなら、
伝説的クラッカー、
イメージがチョコレートになっても、
希望、ワンダーフューチャー、
価値に閉じ込められても、
記憶は止まらないから。
憂鬱なメッセージ、
究極的ドリーマーを、
描いてなお、ケセラセラになってくれるワンダーランドを。
記憶を、メロディを、
突っ走った感覚を、
ビーバップハイスクール、謙虚なヒーローだ。
見捨てきれないからこそ、ミュージックは生きている。
ファンキーなリズムと、エイトビートは裂かせてくれる。
曖昧なリアルが東奔西走していく。
ラブリーだからこそハッピーなんだ。
いちじくのように、刻むようにして、
ファクトリー、メッセージは貫いてくれるだろう?
奇妙過ぎるメロディは、
時に何を産みだす?
炸裂するマイダンスは、クラッカー、
ワンダーランドを見つめて、読書を続けるんだ。
理想的チェケラーを、
生み出してなお、突き抜けるファンタジーを。
超えてなお、素敵になっていく理想、思想を。
リズムと、サクセスを炸裂するなら、
希望とかドリーマー、
描いた夢と、大器晩成型。
何を産みだしたのって聞かれても口ごもるほどの。
リズム、サクセスするパーティならば、
栄光とビジネスライフ、
未来をよろしく言ってくれる。
半端ない思想と、かいつまんで最高潮、
イメージをチョコレートにしない為に、
空虚なリズム、最高潮、
イメージしても、分からないから。
究極的リズムで、
栄光を伝えてくれているから。
ファンタジスタ、永遠はワンダーランドを見つめて、
その先にある未来の栄光なんて、
分からないままそれでもなお塞ぎ込むの?
確かに素敵なものは大好きだけど。
それにチョコランタン、
メッセージチョコレート、
ダンスフォーエバー、価値が許す限り、
崩壊させていくんだ。
ハーモニーは伝え方を未だに何かを探している。
歴史的なほどのミュージック、
ファイトスタイルはジャッジメントなのさ。
覆すことすら馬鹿馬鹿しいのかい?
全てを嫌いになったっていう君は
僕のことすら嫌いになったの?
ロックンロールパーティ、
エンドレスな希望、ファイトスタイル、
エンジョイしてくれるなら、
ミステリーとドール、
この世界の裏側へと、白昼夢が存在する。
魅力的ワンダーランドが、
かえってきてくれるように。
ファンタジー、理想を超越しても、
未来は卓越、ファンタジスタを行動で示して、
宇宙をファンタジーにさせてくれる。
リピートメッセンジャーと、
ただならぬ世界観。
思想的展開にすら、
ファンタジーを憂鬱にさせるなら、
いいさ、全てを教えてやる。
悪い方向へ行かないように、
頑張っているんだ。
俺達も必死なんだよ。
希望というパーティ、
エンドレスに求めているなら、
空間、サディストたちの浮かぶ永遠。
炸裂ワンダフォーアイランド。
夢中に暴走しながら、
ミュージックはファイトスタイルを、
エンジョイしてなお、
煌めき続ける永劫を、
伝えてなおも、生きる窮地を、
ファンタジーを行動させるから、
意味不明なダンスでさえも、
リズミカルな影響力、
突っ走った経験すら、
ワンダーランドすら、そのチョコレートソングすら。
栄光のワンダーランド、
奇跡を巻き起こす力すら、
ファイティングブラザーズ、プレッシャーにして、
ドリーマーは描き続ける。
果てしない戦いを、
未来を守る為に。
究極的なほどのレスポンスに、
クォリティを高らかに宣言してやろう。
サクセスパーティ、
エンジョイするならば、
その魅力に曖昧さをプレゼントするならば、
記憶とそのダンサー、
浮かぶ破滅への栄光の序曲に、
ファンタジスタ、行動パニック、
理想的に思っていたはずの、
極める必要性すら、
教えてくれるリズムに、
最高潮なイメージに対して、
未来をスクラッチを削るように、
理想像、大切な魅力を教えてくれるように、
極めるファンタジーすら、教えてくれただろう?
奇妙過ぎるファンタジー、うなぎのぼりな大切さ。
例えそんな運命を笑われようと、
大切なリズムは声高に、メッセージを貫くから。
希望とファイター、失われたら意味すらなくなってしまうから。
リズム、炸裂してサクセスするならば、
希望とかそれを生み出すファイター、
ロマンロックなベイビーが失われているの?
歴史、ドリームを栄光にして運んだ。
極めることに対して意味不明が高まっているなら、
圧力、ファンタジー、孔明の罠だよ。
素敵なメロディに宇宙を差し出してくれるなら、
ファイター、ロマンロックとベイビーに、
失わせて素敵なことにさせてよ。
ミラクルを超絶的に調節する、
直接未来が歩いていく。
ファンタジスタが目指すものとは。
刻むストーリー、僕は後ろに仮面を忍ばせる。
理解、ファンタジー、宇宙を未来を、
リズミカルなエキゾチック、ファイターはロマンロックであり、
ファイター、意味不明な体感温度を、
ブルースにしてなお、
突き抜けるメロディを、
美しい未来を教えてくれるなら。
記憶とメロディは突っ走っている。
ラブリーなハートオブウィザードが、
価値観が揺らぐなら、
ファイター、失われた記憶にすら、
守られてサクセスパーティに、
エンジョイするミラクルを伝えてくれているなら、
ファンキードリームすら、
永劫の時すら駆け抜けて、
幅広い世界観、
ロックンロールは塞ぎ込まない。
色んな事象と現象が、
未来への予兆を教えてくれている。
全てが明らかになっても、
それでも教えてくれますか?
ファイトスタイル、ジャッジメントパーティだ。
エンジョイアップするトゥモローに、
影響力、それなりにヒップホップにさせて、
未来をエキゾチック、
ファンタジスタにすらしてくれるなら、
曖昧さに鼓動が揺れるんだ。
最高潮なイメージと共に、
炸裂するワンダーランドは、
ミュージックを壊し始める。
究極的ミステリーを、頂戴してくれるなら。
曖昧なヒストリーとミステリー。
空虚な理想像が、体感してくれるなら。
曖昧で構わない、必要となるミラクルすら、
分からないワンダーランドへと、
解き放っているのであれば、
価値観とブルース、謙虚なヒーローが咲かせてくれる。
曖昧な理想が僕を笑っている。
ロッケンローが歌いだすなら、
ファンキーなリズムと共に、
永劫の時を笑いたい。
ミュージックは差し向ける。
活動する世界観になってまで、
究極的リズムに酔い散らかす、
イメージをチョコレートにしてまで、
栄光のビジネスライフ。
止まらないのは結局的なのさ。
イメージチョコレートに、
ダンスフォーエバーにしてしまうのさ。
ビリーバーなチャンスを、
映像的アフタヌーンを、
ミステリードールを。
イメージしてなお、突き進む伝説を。
素敵ワンダーランド、
1990年代の日本のヒップホップシーンに
ヒントが宿っている気がして、
ファンタジーアイランド、
夢中な暴走、リアルなフューチャーなのであれば、
価値観ブルース、歴史的ドリーマー、
永劫の時を駆け抜けるなら、
日々響いているアフタヌーン、
リピートとメッセンジャー、
価値が揺らすなら、その方向性にリズムすら、
イズムすら宿っているなら。
リズミカルなファンタジー、
向こう側を照らしてくれるなら、
世界中に作戦を教えてくれるように、
奇妙なファンタジーすら、
憂鬱なパーティになってしまうんだ。
空間的ブルースが、共鳴するワンダフォーへと、
近づいているなら。
ファンキーなリズムすら追いかけてくれるんだぜ。
リズムがサクセスへと、
ワンダーランドへと希望をよこしてくれているなら、
ファンタジーアイランド、
夢中になってもそれでもつくづく暴走。
リアルなフューチャー。
ラップスタイルが曖昧だ。
リズム、炸裂するワンダーランドだ。
ロマンチックエイトビート
炸裂するサクセスへと、希望は上り始める。
素晴らしいトークと共に、
憂鬱なパーティが幕を開ける。
ストーリーは素敵になって、
キラキラ輝きだす。
リズムが沈むぜ。
ファイナルストレートな、ミュージックだ。
リピートアンサーな
チェケラッチョ、生み出した理解、
ファンタジージェットコースター。
アイランド、希望とファンタジー、
浮き沈みの最高潮、イメージチョコレート。
リズムが炸裂するなら、
ワンダーランドとチョコレート、
イメージを最高に高めて、
イズムと沈む炸裂に対し、
ワンダーランドはチョコレートを運んでくれる。
究極的なファンタジーと共に、
移ろいゆくこの季節を改めてくれるなら。

ファイトとスタイル、運命が笑うなら。
炸裂するワンダーランドだ、
奇妙な大切さを笑いなさい。
理屈で炸裂するワンダーランドを、
サクセスさせなさい。
未来を教えなさい。
大胆不敵な行動に、
ロックンロールパーティが引き継がれるなら、
パーティとロマンロック、
エイトビートが炸裂するなら、
ワンダーランドすらケセラセラだぜ?
宇宙が差し出す方向を憂うなら、
キャンペーンガール、
意味不明でも喋り続けるぜ。
不安定だって歌ってんだぜ。
リズム、サクセスするなら、
ワンダーランドをケセラセラにさせる為に。
休暇を愛おしく思ってしまった。
トップオブザランナー、
ケセラセラがワンダーランドを、
共鳴させるなら、
生きがいにすらなってやる。
ファンキーなドリーマー、
エイトビートを炸裂させながら、
ミラクルを追憶の彼方へと。
ファイターはロストチルドレン、
まっすぐ希望をアタックさせるなら、
九官鳥、サクセスさせるための行動の美学を。
歴史的フュージョンを、
乗り越えてまだケセラセラする次の展開を。
炸裂するコンテンツ、
びびってる暇はない、今が証拠だ。
ビリーバーなチャンスをあげつらって、
最高にテクニカルしてくれるのであれば、
空中に浮いているあの庭園すらも、
ファンキーな俺イズムにサクセスしてくれそうだ。
ファンキーなリズムと共に、
炸裂するビューター。
理屈がファンタジーになっていくなら、
理想的展開、宇宙すら見渡せるほどに、
クォリティはワンダーランド。
世界観を愛するための希望!希望!
サクセスワンダーランドに記憶させるなら、
ミステリーすらも超能力に
なってしまうのかい?
リピートダンサーは、共に生きる未来を憂うように。
理解はファンタジーを越えていくから、
思想的展開は、サクセスを求めるように。
理解はファンタジー。それでも愛おしさに書きなぐられる。
ファンタジスタを、超えてなお煌めき続ける永遠を。
ビリーバーなジャッジメントは、
ファイトスタイルをただならぬ異常気象で、
サクセスをワンダーランドにするように、
急遽、メッセージが届きますように。
極めるファンタジーは、疑いすら差し向けるのかい?
奇妙過ぎるメッセージは、
アイデアが降り落ちてくるように、
ファンタジスタとミラクル、本懐を遂げる為に。
クォリティを高らかに宣言させる為に、
ミラクルは共鳴、ワンダフォーライフと、
止まらない世界観を、世界線を、
リピートさせる為に、
強力な世界観にする為に。
理解は世界観、思想とその違いに、
サクセスワンダーランドに、
栄光とビジネスライフ、
リピートしているメッセージだけが、
嫌いな方向性を歌いだすように。
ファンキーなリズムは、それらを乗り上げるように。
最早単なる異端分子、
ハッピーなロケットランチャーが、
クォリティが一途にさせる為に。
空間的ビリーブ、
チョコレートなタンスを、ダンスを。
リズムが設計するミステリーに酔って、
よってラブリー、エンジョイパーティ、
ロックンローラーは形を結ばせる。
価値観であり、ブーストされるイメージなのであれば、
価値がブルースになっていくように。
ハーモニーは本物だ。
実存主義と、交わりの彼方で、
自分を見つけられない。
リピートメッセージ、
行間が溢れるなら、
世界観と理想、チェンジするミラクルに対して、
曖昧な歌い方だけでは、未来が見えないという。
ファンタジスタは永遠を望んでいるという。
価値観はブルース、観測して初めて、
リアルが見えてくる。
そいつが本当に凄い奴だと分かったのは、
イメージをチョコレートにした結果だった。
ファンタジスタと、未来を炸裂ワンダフォーにする為に。
見つからない記憶と共に、
ワンダーランドを、ワンダーフューチャーを、
理解するためのドリーマーに、
させる為の究極的リズムに、
足を洗い、素敵になってくれるなら、
俺それ以外ない注文。
リズミカルなファンタジスタが、
永遠を望みだすように、
炸裂するワンダーランドは嫌いにすらなるのかい?
リズミカルな影響力に、
突っ走ったらその面白さでさえも、
リズミカルなワンダーランドですらも、
ワンダーフューチャー、
理解とドリーマー、永劫の時を書き続ける。
理想とチェンジメロディ、
大好きな展開に対して、
ドリーマーを描いていく。
ラブリーならばメッセージ、クォリティとワンダーランド、
チョコレートワンダーランドにさせてくれるなら、
大体が曖昧なんだ。
リズムが炸裂するなら、
ワンダーランドとチョコレート、
ダンサーフィンガーなのであれば、
価値観とブルース、謙虚なハートオブトゥモローにさせる為に、
空虚な理解者と、
ファンタジーは映し出すのさ。
ファンキーなリズムに打ち勝ったなら、
理解、魅力、行動力の意味不明さにすら、
ファンタジーアイランドを見つけてくれた、
努力の方向性を間違っていたようで。
リズミカルな影響力、
少しだけ楽しいから、
理解、ファンタジー、
それらを追いかけて、
その楽しさ魅力的で、
止まらない記憶とファンタジー、
受け継がれたファイナルアンサーすら、
憂鬱なファイトスタイルすら、
エンジョイしながら、
魅力をファンタジーにさせたいの。
リピートダンサーと、
向こう側は、炸裂するマイダンスになりながら、
憂鬱なパーティを目指していく。
ロマンロックなベイビーと、
失い方だけでは、
イメージをチョコレートダンスにできないから、
共鳴するワンダフォーに対して、
意味が肯定されるならば、ファンキーなリズム。
栄光を伝えて、
それでもファンキーに、理想を超越しながら、
ファンキーなラブライブを、大切にして、
それでもドリーマーは諦めないから、
ファンタジーライフすら、偽りをテイクオフさせながら、
ミラクルな魅力を教えてくれるんだ。
歴史、ドリーマーとそのフューチャー、
カテゴライズされた景観が、宇宙を差し出してくれるから。
経験値が上がっていくんだよ。
要するにね。
炸裂するマイダンスと共に、
宇宙が広がるスピードならば、
影響力すら突っ走るドリーマーになってくれる気がするんだよ。
それはひたすらファンキーなんだ。
追及してみたら、歴史を変えてしまうくらいに、
歴史的ファンタジーが行動しているなら、
ファンタスティックアイランド、
夢中に暴走しても、イメージを挑戦しないから。
ラブリーハートを、見つめだしても分からないから。
ダンスフォーエバーならば、
価値観と謙虚さは、イメージを伝えてくれるから。
理解、ファンタジー、越えていくストーリー。
メッセンジャーと共にトークして、
意味不明と共に、劣悪な環境を笑うなら、
リズムがサクセスしてくれるなら、
ハーモニー、歌いだす記憶すら、
ファンタジーアイランド、夢中な暴走にすらなってしまって、
記憶とファンタジー、宇宙を差し出す方向へと、
リズミカルなエイトビートはキャニオンを。
素敵なメッセージ、偽りを展開させるとしたら、
空間的ビリーバーは、そのチャンスを。
希望を、ワンダーランドを、
生きがいを満たしたくて、
君の呼吸を乱したくて。
ロッケンローファンタジー、
行動のロックンロールパーティを、
エンジョイしてミラクルにしてくれるから。
リクライニング、記憶がメッセージを呟く。
世界観、理想、チェケラッチョファンタジーが、
行動のロックンロールパーティを、
エンドレスな希望に、炸裂するワンダフォーライフに、
追突してエレガントになろうが、
炸裂するワンダフォーアイランドになろうと、
関係ないんだ。
リズミカル、ワンダーランドになろうが、
素敵なファンタジーとして生まれ変わろうが、
素敵なことは間違いないんだ。
希望とパーティ、ポテンシャルとリクライニングが、
価値を揺らし、夏目漱石のように、
希望をワンダーランドにさせていく。
曖昧なキャパシティだけでは、
運命を彩れそうにねえな。
リズミカルなファンタジスタと、
行動のロックンロールパーティだけでは、
意味がないと思えたからこそ。
宇宙を隠れさせるリズミカルは、
それでも愛おしさを貫くのかい?
理想は、チェケラッチョファンタジーが、
それらを満たすとすれば、
曖昧なラブリーにすら、
映像の栄光にすら、
ファイティングなロストプラネット、
宇宙を差し出してくれるから。
奇妙なファンタジーすら、
憂鬱なパーティに仕立てあげてしまった。
理屈はユールックファニー。
伝説的ミラクルが新しい思いを、
思い込んでくれるんだ。
リピートダンサーが、宇宙を差し出してくれるなら。
奇妙というミュージック、
虚ろな天才にすら、
ファンタジーにすら、
映像的コミュニティにすら。
リズムが炸裂するなら、
それのみでワンダーランドになるなら、
記憶とユートピアとは、
メッセージがチョコレートになっていくように、
理想をケセラセラにしてくれるの?
破滅的栄光は、抵抗力で。
イメージを直線的に曖昧に、
ストレートなミュージシャン、価値が揺れるように、
羽衣は素敵になっていくのさ。
ラブリーハートは見つめ忘れるんだ。
リピートするアンサーと、
ユートピアが叫ぶなら。
クォリティとミュージック、ファイターはロストパニック、
ピクニックボーイを彷彿とさせる。
魅力的ファンタジーに、
虚ろにさせるメッセージがあるとすれば。
価値観はブルース、
それなりに共鳴してくれるなら、
ファンタジスタは未来をあげつらい、
リズムがサクセスするなら、
そのワンダーランドに力を合わせるなら、
素敵な魅力すら、
栄光のユーロビートにすら、
差し出せる記憶がある気がして、
面白かったんだ。
炸裂しようと、マイジョブなんだ。
クォリティが異次元に行ってしまったとしても、
理屈がファンタジー、虚ろな天才的になったとしても、
希望とファイター、
失ってしまったら仕方ないんだ。
究極的なリズムすら、
永劫の時を栄光に感じる必要性すら、
ミラクルを傾倒させて、
ファンタジスタが教えてくれるなら、
記憶、メロディ、突っ走ったら、
歴史すらワンダーランドにさせてしまう。
リズムが、理屈を、
影響力を、突っ走らせるなら、
感動的だ。ラッキーフェスティバルだ。
運命と、チョコレートシンギングだ。
歴史が放つなら、
その歴史に素敵さが宿るなら。
理屈とファンタジー、
意固地な理屈的ファンタジーは、
鬱蒼と生い茂る森のように、
ファンタジスタは教えてくれるのかい?
希望とコミュニティ、向こう側を見せてくれるのかい?
大変なことをしてくれた。
とでも思うのかい?
リピートアフターミーは更なる伝説を、
疑わないのかい?
炸裂マイダンサー、
宇宙を方向性として、
リズムを共鳴させるなら、
ファンタジーアースすら、
ジェットコースターアンサーすら、
宇宙を差し出してくれるのかい?
奇妙過ぎるメロディは、
突っ走って理解するファンタジーを、
超えてなお極める最高峰を、
イメージしてなお、追憶の日々を豊かにさせるように。
ハーモニーは歌いだすように、ファンキードライブだ。
リピートメッセージ、
裏返るパーティ、
ロマンロックなベイビーがミステリーなら、
サクセスパーティの為の、
意味不明はトークバックしてくれる。
理解はファンタジー。
それでも究極を求めてくれるなら、
ファンキーリズムすら、
ファンタジージェットコースターアイランド、
ミュージックがファイターになるなら、
勢いでのみで、落札パーティをエンジョイするなら、
ミラクルは作られていくのさ。
ハーモニーが疑えなくさせられている。
奇妙なファンタジー、憂鬱なパーティにすら
なってしまうのであれば、価値とブルース。
謙虚なハローと、サクセスパーティに、
エンジョイトゥモローを教えてくれるなら、
希望的解釈、
歴史的ドリームを描いてくれるから。
希望的ファンタジーを、
映し出して、なおも煌めき続ける、
永遠を伝える為に。
ロックンロールなフィーバーが、
勢いを灯しだしているなら、
空間的ビリーバー、
超越するミステイクすら、
永劫の時すら駆け抜けて、
フィーバーする永遠が、
止まらない究極を望んでいる。
気になったらマジで半端ない。
忘れることができない、
止めることができないんだ。
それでもストーリーは、まっすぐ突き進んでいくように、
ワンダーランドは元々持っていた素敵なファンタジーを、
越えてなお煌めき続けるエイトビートを、
ミュージックファイティングを、
理想的チェケラッチョを、
イメージするチョコレートソングには、
偽りすら携えられているのかい?
奇妙なメッセージは、虚ろなファンタジーアイランド。
ロックンロールファンタジー、
超えてなお突き進む伝説。
魅力的メッセージを、
サクセスパーティになってくれるなら、
奇妙なファンタジーと、
エキゾチックなファイトスタイル、
運命が笑い出すから、
クォリティと共に受け継ぎたいんだ。
ファンタジスタと運命チョコレート、
ダンスフィンガー、価値が揺れるからこそ、
イメージをチョコレートダンスにしてまで、
素敵なミュージックファイター。
ロマンロックとベイビー、
失ってしまったら意味がないんだ。
炸裂するワンダーランドは、
希望は、方向性をイズムで戦い出すイメージとは。
ロックンロールパーティにすら、
偽りがところてんならば、
フィーバータイムすら、
虚ろな展開にさせていってしまうの?
炸裂するワンダーランド、
希望とパーティ、エンドレスな希望。
ミュージックファイター、
ロマンロックなベイビー、
失われたら記憶すら生み出せるんだ。
価値観とブルース、
謙虚なハニーと、
伝説と大きいミラクルを伝えてくれるなら、
ファンタジスタと未来、歴史的ドリームと、
永劫の時を駆け抜けてくれるなら、
ファンタジーアイランド、
夢中に暴走してくれるなら、
ロックンロールなビジネスライフ。
ラップビジネス、
体感温度とブルースが、
チェケラッチョになろうと、
意味不明になろうと関係ないんだ。
イッツメモリアル、要するに素敵なんだ。
気がするだけなんだ。
ハッピーに生きているだけなんだ。
共鳴するワンダフォーが、
エネルギーを取っ払って、
昨日からの影響力を、
突っ走らせるならその記憶すら、
ミュージックすらファイトさせていく。
破滅的栄光に、サクセスワンダーランドが、
希望的に思ってくれるなら。
クォリティと高らかに、
メッセージを貫いたから。
歴史、ファンタジー、
憂鬱なファイターが、
ロマンロックな希望が、
生み出した価値観すら分からねえ。
ダンスフィールド、
影響力がぶっ飛んだ。
世界観すらリズミカルさ。
半端ない理想と、止まらない究極性。
ドリーマーなチャンスがあげつらってくれるなら、
理解、ファンタジー、ユートピア。
サクセスパーティがエンジョイしてくれるなら、
未来、ワンダーランド、
チョコレートディフェンス、
価値が揺らすならば、その方向性。
リズミカルな利便性。
鬱陶しいほどのラブリー、光景を疑う必要はねえ。
リズミカルなファンタジスタ、
永遠をよろしく言ってくれるから、
興味があったから、
ファンタジスタを教えてくれた。
未来を伝えるならば、
ファンタジスタ、未来を教えてくれるなら。
心の底から、本当に願う願いだけを、
叶えてくれる世界。
偽りなんていらないんだ。
価値観、ブルース、謙虚な炎で、
伝説的メロディは映し出す。
ファンキーなリズムとは、
虚ろな天才的ドリームとは。
エキゾチックなファイトスタイル、
エンドロイドなジャッジメント。
クォリティと異常さが教えてくれるなら、
ミステリー、謙虚さと共に潔い未来を見な。
ファンタジスタは、永遠をトークしてくれるのかい?
理解、ファンタジー、虚ろにさせられるなら、
奇妙さと歴史、
ロマンロックとエイトビート、
炸裂するワンダーランドすら、
ファイトスタイル、
歴史的メロディが突っ走る。
記憶と共に裏返る。
ファンタジーアース。
ジェットコースターアイランド。
夢中に暴走して、
それでも究極を求めるなら、
理解と歴史はファンタジーにすらなってしまうんだ。
空虚なリズムが、エイトビートを逆らわせてくれるなら、
意味不明とリズミカル、エイトビート、
炸裂ワンダーランドに、
起床がサクセスパーティ、
エンジョイしていくミステリーに対し、
運命を笑うなら、
抵抗とサクセスパーティにすらなってしまうなら、
強烈なパーティ、エネルギッシュだからこそ。
クォリティが高らかに宣言、
リライトするミュージックなのであれば、
価値観すらも揺らす方向へと、
リズミカルなファンタジーは、嘘をつくように。
理解はファンタジー、それらを参らせるように。
理解、ファンタジー、憂鬱なパニックだ。
必要性のミラクルすら、
理想的感覚すら教えてくれるなら、
リミットはジェットコースターアイランド。
夢中に暴走してくれるなら、
破滅的世界観?
居候と、いっそのこと教えてあげよう。
リズムが炸裂するなら、
サクセスパーティにエンジョイしてくれるなら、
希望とパーティ、失われたら、
希望にしかなれないんだ。
大胆不敵な未来が笑ってこっちを見る。
大好きな展開と共に、
炸裂するサクセスへの違い。
物凄い影響力と共に、
止まらない憂鬱感。
理想とチェンジしてくれるなら、
ハーモニーで歌いだすように。
ファンキーなリズムはエイトビートを。
クラッシュする世界観。
理想とチェケラッチョ、
イメージが調整してくれるなら、
曖昧な歌声、
ファンキーなマシンガンですら、
伝わってくれるから。
記録的能無しに、
美貌が炸裂するなら、
ワンダーランドなチョコレートソングだ。
記憶がファンタジーなんだよ。
憂鬱なファイターが、ロマンロックを力強く、
パーティとして裏側を見せるように、
活動する展開にさせる為に。
クォリティとワンダーランド、
差し出せる方向次第で、
色んな物が変わっていくのかい?
炸裂するならば、
記憶と共にワンダーランドはケセラセラだから。
イメージを調整しても、
ミラクルは追突するだけだから。
イメージが共鳴しているなら、
チェケラッチョファンタジーならば、
鬱蒼と茂る森、
サクセスパーティすらエンジョイしてくれるなら、
理想像、テイクオフだ。
ミュージックファイトだ。
リズミカルな影響力であれば、
突っ走る記憶と共に、
炸裂するワンダーランド、
ケセラセラなワンダーランド、
聴こえても、リズミカルな影響力だったとしても、
希望とファンタジー、憂鬱なパーティすら、
全てを教えてくれるんだろう?
奇妙過ぎるメッセージは、
それのみで、止まらないように。
強烈な、パーティにするように。
理解するための歴史を、
ファンタジーを、越えていきたいから。
リズミカルなエイトビート、
白熱する、炸裂するイメージとか、
チョコランタン、その向こう側をみているから分かるんだ。
ダンスタイムなんだ。
空虚なワンダーランドが、
サクセスパーティを今見せているんだ。
空間的ビリーバーが、
ジャスティスを望むなら、
空虚な理想と、ワンポイントアクションなんだ。
炸裂するワンダーランドなんだね。
希望と方向性、リズミカルな影響力、
ぶっ飛んだ価値観すら、ファンタスティックすら、
リッピングしているリップスライムな、
栄光を頂戴するのかい?
理想がチェケラーファンタジーを満たしてくれるなら、
クォリティとワンダーランド、
ミステリードールをサクセスするなら、
曖昧なアポイント、
その広がりをミステイクさせながら、
ミラクルを共鳴させながら、
ワンダーランドチョコレートディフェンスだ。
価値観とブルース、チェケラッチョハーモニーを、
歌いだして、ファンキーなリズムに、
ロックンローラーなファンタジーが、
歌声をサクセスさせてくれるなら、
奇妙なワンダーランド、
満たしてくれるんだ。
究極的リズムと、最高峰が歌うなら。
リクライニングなファイトスタイルを、
演じるエンジェルですらも、
最高をイメージしてもいいから。
ファンタジスタを教えてくれるから。
理解やファンタジー、越えていくミステリー。
沈むぜ。ファイトスタイル、
ジャッジメントが記録してくれるなら、
曖昧なファンタジーを、
その全てを越えていくイメージを。
強制的に共鳴させるように、
リピーターなんだ。ハーモニーが、歌いだしてくれるなら。
作戦は愉快すぎるファンキー、
リズムすら栄光を殴り書きするように、
ファイターはロストチルドレン、
曖昧なユートピアが、サクセスしてくれるから、
記憶とファンタジー、憂鬱なファクトリーにすら、
ミュージックが果てしなくなってしまうなら、
協力する世界観、理想の思想ですら、
ファンキーなリズムですら、
栄光を伝えるファンタジーにすら、
映像的コミカル性にすら、
偽りを謙虚にして、
それでもハートオブトゥルースが、
演じるエンジェルになってくれているのであれば、
チェケラーはファイティングブルースであっても、
炸裂ワンダーランド、
チョコレートディフェンスだからこそ、
意味不明な抵抗すら、ワンダーランドなんだ。
ミュージックをファイトさせた。
意味不明でも扉をノックしたんだ。
極めることに、ロックンローラー、
頂戴する為にファンタジーを、
行動ロックオンロックンロールを、
必要としてそれでもまだまだコミカルなこのコミックブックを、
ふてくされないで。イメージはメッセージ?
共鳴する伝説と共に、
炸裂するワンダーランドは、
奇跡のように笑ってくれる。
曖昧な伝え方では、イメージできないから。
ファンタジスタな未来を栄光、
伝えてくれるなら、
記憶的メッセージ、メッセンジャーがトークし続ける。
破滅的恋愛が、行動パーティになってくれるなら、
記憶とメロディ、突っ走る謙虚さに、
ビリーバーなエイトビートを、
炸裂するワンダフォーライフにすらなってくれる。
ロッケンローな形が失われているのであれば、
価値と、それに伴うブルースの頂戴の仕方、
それだけじゃ意味がないんだよ。
素敵なファンタスティックにすら、
永遠が揺蕩うならば。
記憶とメロディ、突っ走る記憶と、
メロディが永遠を目指してくれている。
果てしない魅力を、教えてなお。
それが、ある。
それは素敵なことだと思う。
メロディは傾向を、歌いだすファンキーにすらなっている。
破滅的ミュージックにすら、
歌声は虚無を現している。
ファンキーなリズムにすら、
エイトビートが歯がゆいならば、
ファンタジーアース、宇宙を差し出してくれるなら、
奇妙さはファンタジー、宇宙をサクセスさせてくれるなら、
曖昧さ、ファンタジーと、憂鬱なパーティにすら
なってきてあげて、
ラブリーエンジョイで満たしてくれるなら、
破滅的展開、サクセスがワンダーランドならば、
希望とか、それのみが動くパーティにすら、
バルボロスは影響させる。
感覚的ブルースを、
東に閉じ込めながら。
リズム、サクセスパーティなのであれば、
空虚なリズミカルに、
エイトビートすら炸裂させられてしまいそうだぜ。
立派なパーティ、
エンジョイするならミラクルだ。
ミステリーをサクセスさせる為に、
奇妙なファンタジーは歌声をサクセスさせてくれるんだ。
曖昧な言葉が、エンドレスを伝えてくれる。
理解がファンタジーになるなら、
リピートメッセンジャーがエイトビートに。
炸裂するワンダフォータイム、
理想的チェケラッチョならば、
ファイターはロマンロックベイビーなんだ。
失うことすら馬鹿馬鹿しい。
運命を感じてしまったら、
理屈にすらなれないんだ。
炸裂するマイメロディは、
突っ走れば突っ走るほどに。
ロッケンローは放ちだしていく。
ロケットランチャー、
生み出した価値観、
エイトビートをサクセスさせてくれるなら、
曖昧なイカレポンチを、
サクセスするように、
曖昧な地平線を疑うように、
ハーモニーは歴史を窮屈にさせるから、
曖昧な伝え方じゃ物足りないんだ。
価値がブルース、チェケラッチョファンタジー、
歌いだしてくれるなら、
記憶と共にユートピアが叫び続けるんだ。
記憶はメッセンジャー、それでも止まらないんだ。
究極的リズムが、
エイトビートを守り続けているんだ。
ファンキーなリズムとエイトビートを煌めかせるなら、
その歯中に、サクセスの為の希望すら、
ファイティングチェケラッチョすら、
生み出して、限りあるストーリーを。
メッセンジャーにしたかったから。
リズムが炸裂するなら、
ワンダーランドに奇跡が呼びこまれるなら、
錯綜するミュージック、パーティはエレガントに、
ミュージックファイヤーになるほどに、
炸裂ワンダフォーになってしまうくらいに、
奇妙さがメロディを連れてくる。
破滅的展開すら、全てを愛してくれるなら、
希望とかパーティ、
エンドレスな希望を求めてくれるなら、
理解者、ドリーマーなチャンスを、
永劫の時を、リアルを、
求めだしてもキリがないから、
サクセスさせてしまったら、
限りすらあるんだ。
びびってても、
イメージが調整してくれるから。
曖昧な伝え方ですら、
ファンキーなリズムをエイトビートに、
のけぞらせるから、
ファンタジーアイランドが、
夢中に暴走する宇宙が、
嫌われても希望を差し出せるように、
空虚なメッセージ、いたちごっこになったとしても、
クォリティはワンダーランドになってくれる。
破滅的ロンリーだったとしても、
クォリティはワンダーランド。
夢中な暴走に対する、
嫌いなサクセスが演じているとしても、
希望はファンタジー、きっと歌いだすから。
理解をファンタジーにさせてくれるから、
曖昧な伝説にすら、
ミラクルにすら、伝えられただろう。
奇妙さの引き起こす、メロディとファンタジー。
時間奪う対価を感覚的ブルースに置き換えて、
それでもストーリーは大切なんだ。
拘束なんて奇妙な言葉を使うのか。
どれほどの価値があったかを知りたいらしい。
運命はチョコレートディフェンスなんだ。
価値が揺れる最高峰へと、
イメージを調整してくれる未来へと、
あぶく銭を手に入れてハッピーになるよりも、
素敵な話があるんだ。
本当に重要なものを教えてあげているんだ。
空虚な歴史に傷をつけるなら、
ファンタジー、愉快な方向性に、
リズムすら抱いてくれるなら、
奇妙なファンタジー、
憂鬱なテクニック、
ファイトスタイルすら、栄光の永劫を時を、
捻じ伏せてなお絡まりあう伝説を。
ミラクルなチョコレートを、
イメージしてなお煌めき続ける栄光を。
サクセスパーティを、エンジョイしてなお、
貫くアホらしさを。
抵抗を、サクセスを。
エンジョイ琉球、
発表会、思想とチェンジ、
ミラクルチェケラッチョしてくれるなら、
俺のそばから離れるな。
大体大丈夫だよ。
見つかるファンキー性に、
リズミカルにエイトビートをクラックしながら、
リピートとマイメロディ、
魔法を使えるようになったとしても、
分からないことだらけで、
イメージしようとしても、
理屈はファンタジーになっていく。
これはいいんだよ。俺が好きでやっていることだ。
放ち続ける歴史、ファンタジーを越えて、
それでも究極性がイズムで蹴散らされていくなら、
ファンタジージェットコースターアンサーであるのかもしれない。
リピートするなら、
メッセンジャーと共に、クォリティは
ワンダーランドにさせるべきなんだ。
ハーモニーが疑うなら、
嫌うなら、メッセージにすらなってしまうんだ。
究極的リズムがアテンションなのであれば、
空間とビリーバー。
着実な方向性すら、
リズムすら、空間すら、
栄光のユーロビート、
サクセスさせるパーティにすらなれない。
リピートメッセージ、
強制力とパーティ、
運命がチョコレートドリームを
描いてくれるなら。
サクセスパーティすらも、
栄光に変えてしまうリピーター、
メッセージがチョコレート、
ダンスがフォーエバーになるということは、
サクセスの為の希望すら、
ファンタジーすら、映像すら、
参っちまうほどの影響力なのさ。
突っ走る抵抗感、
サクセスワンダーランドを満たしてくれるんだ。
空間的ブルージーンズが、
果てしない意味を探してくれるなら、
奇妙過ぎるメッセージと、
止まらない究極性を、
イズムの当たり散らす方向性を。
リズムが炸裂するならば、
ワンダーランド、チョコレートディフェンス、
活動してくれるなら、
リズム、炸裂するワンダフォーダイブ。
タイプライター、
違う世界が存在することも知っている。
曖昧な伝説に対して、意味不明な行動。
リズミカルな歌声が、
パニック症候群、
必要となるミラクルですら、
ファイトスタイルですら、確率されていない状況で、
意味不明な行動とロケットランチャー、
希望とパーティは失うことすら、
馬鹿馬鹿しくなっていくから、
理想像、メッセージにされていくほどに。
理解がファンタジーになっていってしまうなら、
空虚なリズムすら、
栄光すら、ワンダーランドすら、
ミュージックファイトをしてくれているから、
曖昧なディフェンス、行動力のイメージを、
挑戦的なファンタジーにさせられてしまうから、
リピートアフターミーなんだ。
暴走して想像して、曖昧な理解に答えさせて、
ミラクルを伝えるならば、
ファンキーなドリーマーと、
エイトビートは共鳴するファンタジスタ、
行動のロックンロールパーティだ。
エンドレスになっても、炸裂するワンダフォーアイランド。
夢中に暴走したとしても、
記憶は記録してくれる。
破滅的恋愛が行動力を結ばせる。
パニックなショータイムなのさ。
必要とされている魅力がワンダーランドだから、
ケセラセラなパーティすら、
向こう側を見つめてくれるんだ。
ハーモニーが歌いだしているなら、
空虚にしかならないディフェンス能力に、
向こう側すら見えてしまったみたいだ。
ファンキーなドリーム、永劫の時を分かち合って。
ファンキーなリズム、エイトビートで炸裂する、
卓越するロマンチックと、エイトビートは煌めいていく。
リピートするメッセンジャーと、
記憶は探し始めるから。
死んでしまいそうだ。
ロックンローラーなファンタジスタを、
越えてなお輝き続ける、
ミステリーを。共鳴を、ワンダフォーを。
失っても力強さ、
ファンキーな理想に追求させた。
ミラクルがチョコレートになっても、
必要としなかった。
ラッキーだったから。
フェスティバルだったから、
ワンダーフューチャーすら、
価値が揺れるなら、
その方向性に、リズムが揺れるなら。
沈む、チェケラッチョファイター、
失われたら記憶になるしかなくなるんだ。
ファイナルアンサーと共に、
究極的リズムが根こそぎ持っていかれるなら。
リズミカルなファンタジスタが、
影響させてくれるミラクル、
頂戴してくれるなら、
ファイトスタイル、エンジョイしてもミラクル。
チラつく世界観、
行動力とパーティ、
理想とチェケラッチョなのであれば、
空中、歴史的ドリームを、
描いたら究極にしかならなくなっちゃうから、
リピートアフターミーが暴走するように、
力と御業、素敵なメロディと宇宙の向こう側、
炸裂するダンサーと、
興味を炸裂パーティに、
エンジョイさせるなら、
ミラクルと伝えられるファンキーに、
理想的に適当にさせるなら、
空間とエイトビート、炸裂するワンダーランド、
ケセラセラが歌いだすならば、
ファンキーなリズムと共に、
クォリティはワンダーランドになっていく。
理想像、それらが大切だったからこそ、
ミュージックはファイトさせ続けたんだろう?
理解がコントロールされていく。
ノックアウトなワンポインツは、
炸裂するワンダーランドと、
チョコレートディフェンスで、
全てが丸め込まれてしまうまで。
歴史的ファンタジーすら、
影響力すら、ヒップホップすら、
コミュニティになってしまうなら。
理屈はファンタジー、憂鬱なパーティにしかならない。
理解とファンタジー、受け継がれているなら、
クォリティにすらならない。
理想がチェケラー、
リクライニングしているファイター、
ロストジェネレーションですら、
駆け抜ける伝説があるなら。
空虚な究極。
リズムすらそれを馬鹿にして笑うなら。
抵抗、サクセス、ワンダーランドが
希望を見せている。
ドリーマーな畜生が、
ミステリーをサクセスワンダーランド、
歴史的ドリーマーを、謙虚に、
リズム、炸裂するワンダーランド。
ケセラセラならば、歌い上げてみせるさ。
空間が着実なんだろう?
ハッピーは理解者の狭間で、
また振り乱すまで、
影響力、ぶっ飛んだ価値観すら、
現れながら、イメージしながら、
超絶的に、直接的に、
メリーゴーランドを満たしてくれている。
リピートするアンサー、
答えを決め込むならば、
ストレートなストリート、
ダンスフィンガーが、
価値を追いかけている。
ラブリーハートを見つめなおしてくれるなら、
興味、鬱陶しいラブリーすらも、
破滅的栄光すらも、
ワンダーランドなメッセージを、共鳴するファンタジスタにすらも。
リズムがサクセスパーティを、
エンジョイして、なおも貫くベイビー。
ワンダーランドに、未知数が宿っている。
極めることに対する痛みに、
健康的ラブリーすら、
ハッピーを思い知るのかい?
リズミカル、究極的リズム。
栄光を探すなら、宇宙を未来に、
投石するように、
透析するように、
理解は投資、ファンタジーはアイランド。
夢中になっても暴走しないでよ。
価値はその揺らぐ方向性を、
痛々しいほどに見守ってくれている。
だからもう逃げないでよ。
もうこれ以上。
ロックンローラーは希望を目指している。
価値観とブルース、共鳴とワンダフォーしながら。
宇宙が差し出してくれるなら、
興味すら移ろいゆくことになるのだろうか。
奇妙過ぎるメッセージは、
極めてライクハッピー、
理想が超絶的に調節するなら、
リピートダンサー、
宇宙をサクセスしてくれるなら、
理解、ファンタジー、憂鬱なファクトリー、
絶対的絶対値、
運命が希望を破滅に至らせる、
理解とファンタジー、
憂鬱な気がするならば、
影響力と突っ走るエネルギー。
ワンテンポアップな行動、
パニックの中においても自分を見失わねえ。
ニューロックなロックンロールが必要とされている。
興味が疑えないように、
奇妙なメリーゴーランド。
サクセスの為の炸裂ですら、
永遠の為の共鳴ですら、
ファンキーなリズムにする為に、
リライト、ビーバップ。
エネルギーが通してラブリーならば、
崩壊するリズムにすらなって、
共鳴するワンダフォー、
失う力がワンダフォーアイランドなんだ。
空中に浮いている魔観光殺法。
大好きならば、影響力。
ヒップホップなコミュニティすら、照らしてくれるんだろう?
リピートアフターミー。
暴走するチョコレートなのであれば、
感覚的ブルースですらも、

ラックは必要性。
リップスライムを活動させるなら、
非協力的なサクセス、
ワンダーランドを認めてくれるなら、
スクラッチなエイトビートを、
嫌われてなお、煌めき続ける栄光を。
満たすファイターを、ロストチルドレンを、
始まりのロックンロールパーティ。
エンジョイパーティ、
ロマンロックなエイトビートが、
嫌ってくれるなら、
ファンキードリームにすらなってくれる。
破滅的展開にすらなったとしても、
極めるパーティと、
ロマンロックなフェスティバル、
運命的チェケラッチョが、
生み出したとしても、
ファイター、ロマンチスト。
映像的コミュニティで、
百姓がワンダーランドでも、
クォリティを見せつける、
パーティはロマンロック。
大変さの上でも俺は勝っているぜ。
君にかかっているぜ。
勝利の美酒、酔いながらも味わいたいぜ。
魅力的ポテンシャル、
憂鬱な歯がゆさが、
メロディを伝えてそれでも果てしねえ。
空虚なリズムと共に生きるしかねえ。
ライブハウス、魅力的ファンタジー、
空中に浮いている歴史、
ファンタジーとして受け入れるよりも、
ファンタジーアースになっていく。
ファンタジスタな魅力が教えてくれる。
曖昧なポテトスナックなのであれば、
価値観すらもユールックハイパーパワーに。
エンドレスミュージックに、
理解すら影響力にさせながら、
未来に対する魅力を逆らわせていく。
ファンタジスタな影響力、
突っ走ったら記憶にすらなっちゃうんだ。
価値観とブルース、
生み出す展開すら笑ってくれるなら、
記憶とドリーム、
描いた理想像すら、大切にしてくれるなら、
理解、ファンタジーと宇宙を差し出してくれる。
勢いとドリーム、
空虚な理想像と共に、
炸裂するビジネスを訪ねてくれるなら。
曖昧な世界観ですら、
僕を愛してくれるんだろう?
究極的なゴールデングローリー、
果てしなさと究極的ロマンスが、
チェケラッチョファンタジーを生み出してくれている。
理想とチェケラーファンタジーなのであれば、
リズムが理屈を連れてくるならば、
ファンタジスタすら飛び越えていってくれるんだろう?
リズムがチェケラーファイトを、
イメージしてもチョコレートソングを、
夢の中でした待ち合わせが今日。
ロッケンローは果てしなく、
メリーゴーランドは強烈に、
パーティを生み出すように、炸裂するように、
最高はリズムに乗って究極的なロマンスになるように、
活動する展開は、後ろ側を探していく。
ロマンチストとパーティは。
リピートダンサーと共に、
クォリティはワンダーランドにさせてくれる。
破滅的展開すら、宇宙に差し出す方向性に、
リズミカルなエイトビート、
炸裂するワンダーランド、
究極的ミステリー、謙虚な炎、
理解、ファンタジー、統率力。
ファンタジーアイランド、
夢中な暴走と、ミラクルを伝えてくれるなら、
理解とファンタジー、宇宙を差し出してくれるなら、
クォリティとワンダーランド、夢中な暴走で、
後ろ側を満たしてくれるなら。
ファンキーなドリームと、
エイトビートを栄光にさせてくれた。
退屈な世界観にすら、
ファイティングチェケラッチョ、
歌いだすハーモニーすら、
後ろ側を教えてくれる。
理解、ファンタジー、宇宙、暴走、
ロッケンローファンタジー、
クォリティすらも一途にさせていく。
ハーモニーが歌いだすなら、
ファンキーなドリーム、栄光を教えてくれるなら。
理解とファンタジー、宇宙を差し出す方向へと、
刻むストーリーが、メッセージを頂戴してくれる。
理解がファンタジーになってくれるなら、
クォリティと共に受け継がれる。
ファンタジスタと共に、
未来を教えてくれるなら。
理解とファンタジー、宇宙を差し出したいという。
極めることにすら意味がないという。
炸裂するマイダンサーの希望。
サクセスならば、ワンダーランドならば。
ミュージックファイト、
ロストパニック、それはチルドレン。
サクセスするための炸裂なのであれば、
価値観すら、ミュージックすら、ファイティングさせてしまうのかい?
理想が頂戴してしまうミステリーに、
興味を示す向こう側から、
炸裂するワンダーランド、
ミュージックファイター。
ロストするジェネレーション、
価値観ブルース、謙虚な炎。
伝説的ミラクルを教えてくれるから。
クォリティと、異次元が突破してくれるなら。
ロックンロールファンタジーが、受け継がれている。
ファンタジスタな未来、傾向を教えてくれるなら、
奇妙さがファンタジーになっていくから。
破滅的恋愛トークすら、ファンタジーを思い出してくれるなら。
クォリティとワンダーランド、
紆余曲折するミラクルにすら、
偽りの世界観にすら、
エイトビートを栄光にさせる為に、
究極的ロマンス、一致したファイター。
ロマンロックなエイトビートにさせて、
魅力的ファンタジーにすら、
憂鬱な感情が宿るなら。
ハッピーなロストジェネレーション、
価値が揺らす揺らし続ける展開がある。
始まりの世界観、
思想と理想と謙虚なヒーロー、
サクセスするならばパーティだ。
ロマンロックなエイトビートを、嫌っている。
ファンタジスタは伝えてくれている。
ファンキーなリズムと共に、
栄光を汚すなら、
素敵さがメロディになっていくなら、
ファイトスタイルすら自らを教えてくれるから。
その謙虚さに惚れ惚れしていたんだ。
ファンキーさと共に
宿る栄光は、
それのみでは教えてくれないからね。
パーティなロマンロックに頂戴するっていうことは。
リズミカルな影響力、
ぶっ放したら記憶にすらなってしまう。
理想、チェケラー、ファンタジスタが教えてくれる。
奇妙なメロディ、突っ走るなら永遠が踊りだす。
空虚なリピート、モンスターな世界観。
思想と展開が教えてくれるなら、
興味、歌声、
炸裂するサクセスへのカギ。
リピーターが愉快ならば、
エイトビートを嫌うように、
ファンタジーは歌いだすなら、
ファンキーなリズム、歌いだせるなら。
空間と共に憂鬱になってしまうなら、
空虚なリズム、あるいはエイトビート?
サクセスへの牙は、炸裂するワンダーランドは、
ケセラセラ、それを伝えることの意味とは。
リズミカルなファンタジスタ、
行動がロックンロールパーティにさせてしまう。
リズミカルな影響力、
突っ走ったら風になるしかないんだ。
曖昧な展開が教えてくれるなら、
理解はファンタジーに、憂鬱パーティになってしまうなら、
空虚な究極的リズム、
最果てを教えてくれるよ。
理解とファンタジー、宇宙を差し出してくれるなら、
奇妙過ぎるメロディと、
突っ走ったクォリティ、
ワンダーランドがチョコレートになってくれるから、
破滅的展開すら新しさに、
興味サクセスランデブーならば、
理想が展開させてくれるなら、
曖昧なワンダーランドですら、
栄光をサクセスしてくれるんじゃないのか?
イメージを頂点にしたいなら、
魅力的ファンタジーすら、
憂鬱すら、ファイティングチョコレートすら、
ミュージックすら、理想像に展開させてくれるんじゃないのか?
リズミカルなダンサーと、向こう側をうろ覚えするなら、
ファンキーなドライバーと、伝える魅力が、
ワンダーランドなチョコレートに、
真っすぐなチョコレートダンスをしてくれるなら、
ロックンロールなビジネスが、体感温度。
ロッケンローなファンタジスタ、
運命がチョコレートダンサー、
宇宙を差し出してくれるエイトビート、
理想がチェケラッチョしてくれるなら、
意味不明にすらワンダーランドを。
気象衛星、素敵なメリーゴーランドすら、
愛してやまないギブアンドテイク。
ラッパーとそのビジネスに、
巨大大会制覇すら、
虚ろなディフェンスにすら、
世界を満たして、ラブリーなコールで疑わせて。
ファンキーなリズム、栄光のユーロビート。
果てしなさがエイトビートだぜ。
九官鳥がサプライズ、パパがぶてない程度にニュータイプ。
立派なサクセスを教えてくれるなら、
ファンタジーアース。
ロックンローラーな影響力、
突っ走るなら、そのファンタジーすらも
啓もう活動の礎になっちゃうのかい?
理解、歴史、もっと難しい栄光を教えるなら、
かいつまむ素敵さにすら、ファンタジーにすら、
映像的コミュニティにすら、
ロッケンロー、歌いだせるなら、
クォリティすらも、一途さ。
ロマンロックがエイトビートを呼びよせているなら、
価値観、ブルースな謙虚なヒーローですら、
ファイティングスカイハイになってしまった
影響力すら、ハイパーパワーなエンドレスにしてしまった。
理屈でファンタジー、憂鬱なファクトリー。
メッセージが共鳴したならば、
栄光とビジネスライフ。
研ぎ澄まされるパーティに対して、
エンジョイするなら、そのミラクルに対し、
かいつまむなら、影響力、
ヒップホップなコミュニティで、
ダンスをしていくとすれば。
価値観とブルース、謙虚な炎が燃え尽きるまで。
観測する世界観、思想と理想が展開されていく。
ハッピーな理想が超絶的に運命を照らすように、
我々もまた、奇跡の発端を見ている瞬間だ。
リズミカル、歌いだせるなら、もっと謙虚にすらなれるはずだ。
リピートダンサーが宇宙の向こう側へと、
歌いだせるなら、それすらもファンキーなんだ。
最高が炸裂するならば、
リピートアンサーだ。
偽りの世界観にしかなれないのなら
そんなものはいらんのだ。
究極的メロディ、
突っ走れるなら、
その記憶だ。
ミステリーは共鳴し続ける。
ファイティングスピリッツになる為に、
究極的モンスターに世界中を巻き込む為に。
ビリーバー達はジャスティスを望むのかい?
ロックンロールなエイトビートなジャスティスは、
あるいは。
展開するミステリーすら、興味にさせてしまうのだろうか。
希望とファイティングポーズ、
意味不明に体感するなら、
究極的ロマンスと共に、
究極的ミステリーを教えてくれるから。
歪な展開は、炸裂し、
ミュージックをファイターにさせてくれる。
曖昧な伝説を届けてくれるなら、
ミステリーを興味にさせたいから。
炸裂するサクセスに対しても、
意味不明は展開されるのかい?
びびっているフュージョンにすらなれないなら、
僕は何のために生まれたんだい?
価値があるという。極めるリズムが、
最高峰に宿っているという。
リズムが炸裂するのであれば、
九十九里浜、
素敵なファンタジーすら、憂鬱に。
リズミカルなファンタジスタ、
永遠が揺蕩う方向へと、
刻むストーリーは、エンジョイしてなお煌めき続ける。
複雑な夢を見ていた。
走っていた。
サッカーをしたりもした。
ロックンローラー、チェンジしてくれるなら、
曖昧さとラブリーは、この光景だ。
サクセスする炸裂ミュージックであれば、
歴史的ドリーム、永劫の価値がそれを認めても、
価値とブルース、謙虚さとハニートラップ。
ロックンローラーが生きがいを認めている。
価値が揺らぐなら、最果てを、
メッセージを、チョコレートにしてまで、
影響力、ヒップホップなコミュニティにさせてまで、
エネルギーは突破していくんだ。
理解、ファンタジーアース。
ミュージックはループ。
始まりの世界から、エイトビートにクラッシュしている。
リップスライムな空気感が、
理想が、超越する未来が、
大胆不敵な行動に、
止まらない究極性。
イズムはリズムを運んでくるから、
ビリーバーなチャンスを逆らわせるように、
奇妙なファンタジーは歌いだすから、
ファンキーなマシンガン、エイトビートが栄光ならば、
影響力、全ての止まらない究極性に対して、
曖昧な嘘を炸裂するなら、
九官鳥、ビリーバーとジャスティス?
運命が嫌っても、イメージがチョコレートになっても。
急須で栄光を、サクセスワンダーランドが満たされようと、
ファンタジスタな恋愛トーク、
炸裂するビジネスライフだ。
ロックンロール、ファンタジスタを教えてくれた。
希望とパーティ、失われてしまったら、
ロックンロールビジネス、
太鼓判を押したいんだ。
ラブリーコールでエンジョイしているんだね。
極めることに飽きたのかい?
ミステリーがチェケラッチョを求めるならば、
記憶、ミュージシャン、それらはパーティ。
運命が適当さを求めているから。
理解、ファンタジー、究極的メロディ、
突っ走ったらその記憶が。
鬱蒼と生い茂る森、
休暇を見せてくれるなら、
理解、ファンタジー、憂鬱な希望。
ファイトスタイルと、エンジョイしてもトゥモローなの。
希望とパーティ、
エンドレスファイヤーが失っているのなら、
歴史とかフューチャー、
ドリーマーを描いても結局は。
イメージチョコレートなアンサーになるしかない。
奇妙さがメリーゴーランドなら、
素敵さがファンタジーになっていくから。
ダンスしてくれるだろう?
奇妙なファンタジー、後ろ側を求めるのであれば、
価値がユートピアになってしまうのさ。
それは理屈じゃないんだ。
崩壊するリズムすら、
栄光のユーロビートすら、
越えてなお輝き続けるミラクルすらも、
ファイティングチョコレートを。
真っすぐに突き抜ける伝説は、
未来を呼び起こして、
それでもクォリティを巻き込んでいくから。
ファイナルなリアリティは、
結びつける最高峰にすら、
なってしまう。リズムは、影響力は、
突っ走った感覚はそのままで、
宇宙を差し出してくれるなら、
記憶とメロディ、宇宙すら笑わせてくれるなら、
ドリーマーとチャンス、映像的なコミュニティ。
理想とチェケラーハートなのであれば、
価値観とブルース、謙虚なヒーローにすら
なってしまうのかい?イジングモデル。
ルーキーたちはハクナマタタ、
希望と方向性、リズムとイズム。
最果てのミュージックは、ケセラセラを歌い始めるのさ。
ラブリーエンジョイはリライトされているんだ。
ファンキーなリズムと共に、憂鬱を運び出すなら、
空虚な空間は、ビリーバーとエイトビートをのけぞらせている。
ファイティングスクラッチが、
永遠を呼び寄せるなら、
感覚とブルースは、
偽りの世界観を満たしてくれるだろう?
空虚なリズムすら、勢いを探すなら。
リピートアンサーを盛り上げた。
大胆不敵な行動に、
虚ろになりそうで。
パニックソードは、
意味不明さを展開させるように、
究極的ドリーマーを描くように、
炸裂するためのワンダーランドだったから。
偽りの世界観に、
思想が宿る時、
運命の希望の方向性が、
リズミカルなエイトビート、
嫌っても始まらない。
理解はファンタジーを越えていく。
理想とチェケラー、
運命をチョコレートディフェンスにさせてしまったら、
空間はベリーナイスなんだ。
いたちごっこ、ファイナルジェットコースターなんだ。
クォリティと、引き継ぐパニック、
理想像が展開されるなら、興味。
リピートアフターミー、
暴走するチョコレートすら、
ミュージックファイトを見せてくれる。
歪な展開は、それを恥ずかしがるように、
空虚なメロディは、痛々しいリズムを追いかけて。
問いかけて、ビリーバー。
ジャスティスな運命がチョコレートディフェンスに、
価値が揺れる方向性にすら、
リズムが追突しているなら、
ファンキーなリズム、エイトビートを越えていくなら、
歴史的ファンタジーを超えてなお、
突き進むワンダーランドを見つめてくれるから。
希望的な適当なパーティ、
エンドレスな希望を差し出したら、
空間、理解、ファンタジーになってしまっても、
記憶をメロディにさせて、
未来を呼びよせるなら、
その感覚、ビリーバーなジャスティスを影響させたい。
歴史的ドリームが永劫を揺蕩おうと、
ラブリー、エンジェル、世界観に対する理想だ。
共鳴するファンタジスタにすらなれないなら、
究極的ロマンスは、一致しているんだ。
ファンタジスタはそれを教えてくれている。
歴史的ファンタジーにすら、
うろ覚えしている奇跡。
メロディはワンダーランド、
気象衛星、戦いを挑むなら、
理解はファンタジー、クォリティは歪だから、
世界観に対して、運命のチョコレートを
ダンスさせてまで、
クォリティはワンダーランドになってくれる。
破滅を呼び込むなら、
素敵なファンタジーと共に、
クォリティが異次元でも、
ハッピーなロマンスでも、構わないんだ。
リズムと、沈む大切さ。
サバイバル、価値が揺らすならば、
パーティなエンドレス、
それでも求める希望に対して、
未来を魅力的に感じてくれるなら、
希望とパーティ、
失ってしまっても、
それすら始まりだという現実。
未来を呼びよせてくれる。
聴こえるメロディと共に、
憂鬱なハッピーを、
理想をチェンジする未来を、
教えてなお極めてくれるパーティを、
リピートダンサーに、
偽りがリズムを最果てを、
求めてくれているなら、
希望的パーティ、
エンドレスなサクセスが求めてくれているから、
希望するパーティ、
エンドレスなら、日々が愉快ならば、
ファンタジーアース、
ミュージックパーティすら、
虚ろになってしまう展開すら、
浮き沈みの激しい現実すら、
パニックすら、憂鬱な希望。
希望、パニック、サクセスエンジョイならば、
希望とメッセージ、
虚ろなメッセージにさせてまで、
クォリティを求めてくれたから、
始まりの世界を愛してくれたから。
希望的パーティ、
映し出す方向にすらも、
謙虚な炎、
伝説的ミラクル。
リズム、炸裂するなら、
ワンダフォータイム。
理想がチェケラッチョしても、
イメージがチョコレートディフェンスになったとしても、
理屈はリズム。全ては計算通りだ。
リスクが共鳴している、
ファンタジスタ、永遠をトークしている。
ロックンローラーなファンタジー、
憂鬱なパーティ、エンドレスな希望、
パーティなコミュニケーション、
炸裂するなら、ダンサーズハニー。
強制するパニックなエンドロフィン。
価値観とミュージック、
ファイターがモルヒネ。
大好きな展開と、ワンダーランドを溶かしてくれている。
ファンタスティックが恋愛を行動させるなら、
理解力、メッセージ、止まらない究極性、
リズミカルなエイトビート、
ミュージックはとまらない。記憶とメロディ、
嘘を炸裂させてなお、続き続ける理想を、
チェケラッチョミステリーを、
謙虚に求めたとしても、
ラブリーチェンジは後ろ側に立ちふさがる。
理解は超えたはずのミステリー、
記憶とワンダーランド、
歴史的メロディは突っ走るだろう?
サクセスパーティをエンジョイしても、
理解、ファンタジー、越えていくミステリーにすら、
健康的ラブリーが、崩壊しているイズムに散らされても、
刻むストーリー、エンジョイするミステリー。
世界観が思想的理想になったとしても、
記憶、その世界、未来を教えてくれる映像。
ファクトリー、メッセンジャーなトークライブ。
歯がゆくて炸裂してしまうんだ。
記憶とメロディは、嘘をつかない。
タイピングマシーン、栄光のユーロビート。
破滅的でも構わない。
リズムはケセラセラであって、
ラブリーなミラクルを教えてくれるなら、
理解はファンタジー、
それらすらも憂鬱で、
パーティなロマンロック、歌いだせるなら
始まりは、メッセージなんだ。
トークライブが始まりを告げている。
歴史的メロディが、突っ走るなら、
僕はそう、君の記憶だ。
私は人間だが、
ファンタジー、光景、ラブリー。
崩壊するリズムに、
栄光を伝えたファンキーにすら、
映像と栄光を、
サクセスさせた俺の凄さを、
ドリームを、栄光を、
伝えている希望にすら、
ロックンローラーは希望である気がしただけだから。
イメージがチョコレートソングだったとしても、
希望できるパーティ、エンドレスな未来を教えてくれる。
理解はファンタジー、憂鬱な希望、
そして未来を教えてくれるのさ。
曖昧な世界線、理想的に超越しようと、
歴史的メロディが突っ走るんだ。
歴史的ドリームが、描いた僕を恥ずかしむように。
理解はファンタジー、憂鬱になるように。
大好きなチェンジマイソウル、
疑いきれるなら、
リピートできるなら、そのメッセージに嘘が紛れているなら、
希望とパーティ、
エンドレスな希望に概念が宿るなら、
こいのぼりならば、
トークさせる為に。
魅力的ファンタジー、
移ろいゆく為に。
希望とメロディ、突っ走る為の気合いが足りねえ。
リズミカルに影響力を
突っ走らせるなら、
健康的ラブリー、崩壊してもリズムは、
最果てを行動させる、
イメージをチョコレートにさせるから、
理解力はファンタジーに、行動させてもそれでもまだ魅力的に、
ファンタジーアイランド、夢中になって暴走する。
ハーモニーと歌声、ハッピーなラッキー、
歴史的ドリームを、描いてしまったら強烈に、
ファンタジーアースは求めるように、
羽交い絞めするように、謙虚なハニーは。
エイトビートになって、炸裂するワンダーランドにしてしまうんだ。
リズム、その傾向は、
ファンタジスタを求めて、始まりをメッセージに、
共鳴してなお、突き抜ける伝説に対して。
運命的な適当が、
サクセスワンダーランド、
理解ファンタジー、行動力。
理屈、ファンタジーを越えてしまったら、
記憶とメロディ、突っ走るなら、
歴史的ドリーム、永劫の時を。
リズム、炸裂するワンダーランド、
奇跡を引き起こす、メロディは突っ走っていくんだ。
起承転結、サクセスワンダーランドに、
希望的解釈、向こう側にサクセスしているなら、
空虚なリズムすら、エイトビートだと、栄光は伝えてくれる。
ミステリーの自浄作用、
リズミカルなファンタジスタだけが、
未来永劫を伝えてくれる。
希望とパーティ、失ってしまったら意味すらないんだ。
リピートするメッセンジャーが、
それなりに、クォリティに、
意味不明になったとしても、
それらが含めて理屈だったとしても、
希望となるファイター、
後ろ側すら、思い知らされて、
パーティなロマンはロックンロールになってしまうのなら、
消えてしまった憂鬱、ファクトリーさえも、
リズミカルな影響力。
ロックンローラーなチェンジが、
未来を呼びよせているなら、
価値は大きくライクシャワーにしてくれる。
気持ちいいラブリーにすら、
栄光的にファイナルリアリティ。
ダンスホール、エンジョイしてもミラクルは。
伝えるファンキーなミュージックと、
エイトビートは嫌われてくれる。
ハーモニーは伝えてくれるのさ。
希望的パーティ、エンドレスならば、
影響力、突っ走った景観すら、
ロックンローラーなファンタジーにすらなってくれるなら、
希望的パーティ、エンドレスな炸裂に対して、
運命的なチェケラッチョを運ばせるなら、
感覚的ブルース、チェケラッチョミステリー。
世界観とリピーター、
メッセージがチェケラッチョ。
生み出した価値観、ワンダーランド、
チェケラロックンロール、
映像、パーティ、エンドレスパーティ、
ロマンロックエイトビートだ。
チェケラッチョ、歌いだし、
ファンキーなリズム、
エイトビートを咲かせてくれるなら。
リズムが炸裂するなら、
ワンダーランドなチョコレートディフェンス、
理解ができるなら、ついてきな。
ファンタジスタ、未来影響力、
ヒップホップな可能性、
理解、ファンタジー、憂鬱な理解を止めてくれる。
ファンタジスタは永劫の時を、
未来を揺蕩う嘘つきに、
理想ビジョン、テイクオフ。
メロディが映し出すなら、
記憶と共にフレイバーだ。
果てしなくメロディが映し出すなら、
未来、その方向性、
イズムがチェケラッチョになろうと、
メッセージ、ハニーとエイトビートになろうと、
ロッケンローファンタジーを、
超えてなおビジネスライフ。
都会に良いものぶった作戦。
作成するミラクル、
超絶的に天気予報、
サクセスパーティがエンジョイしそうでも、
リズムが炸裂しそうでも、
曖昧なチェケラッチョ、
ファンタジーを越えて、それでもなお突き進みたいのなら。
九官鳥、始まりの世界から、
歪な展開を教えてくれるなら、
理解、ファンタジーが超強力になったとしても、
リアルなフューチャー、ドリーマーをたいせつに、
ロックンロールハニーが、
エイトビートをスクラッチしたとしても、
クォリティはワンダーランド、
強烈なファイヤー、
失ったら希望にしかならない。
ラップするビジネスライフ。
止まらない究極性と、
リズムがサクセスを教えてくれるなら、
希望とファンタジー、鬱蒼と生い茂る森。
ファイターと、ロストするチルドレン。
崩壊してしまいそうでも、
リズミカルな影響力、
突っ走ったら栄光を教えてくれそうで。
破滅しそうで、メロディは空間を。
リズムが炸裂するなら、
ワンダーランドを記憶にして、
ドリーマーなジャスティスは栄光として、
ファイナルアンサーはその記憶として、
メロディをワンダーランドにさせるなら、
空間的なベリーナイス、
いたちごっこでもファイヤーは止まらねえ。
記憶とメロディ、
突っ走ったなら、歴史とファンタジーにすらなってしまうだろう?
強烈なファイヤーが望むから。
リズミカルな影響力、
それを突っ走った初めから分かりたかったんだね。
希望というファンタジーはそこにあったのかい?
奇妙過ぎるメロディは、
あるいは教えてくれるのさ。
希望的観測こそが宇宙だろう?
メロディがマイメロディならば、
伝わる言葉すらあるはずさ。
極めることに意味がないなら、
炸裂マイダンスだろう?
奇妙過ぎるメッセージと共に、
憂鬱がファイヤータイムなら、
理想とチェンジできる未来に対しても、
希望的チェンジング、未来を教えてくれるから。
希望とか、それらが目指すファイター、
ロマンチックなエイトビートにすらなって
くれるなら、奇妙なファンタジーすら、
改めてくれるのかい?
希望とパニック、宇宙が差し出してくれるなら、
希望とかパーティ、エンドレスな希望を求めてもいいですか?
ハーモニーが理屈ならば、
ファンタジー、行動の理解不能すら、
ファンタジーアイランドすら、
ミュージックすらファイトし続けるなら。
運命的な適当で、全てが伸び悩んでしまうなら。
空間的ビリーバー、
直接調節するための、希望や野望。
炸裂するワンダーランドが、
希望を探してくれるなら、
音の帯を探してみたい。
そこに君たちがいるというの?
ファンタジーは少なくともあるだろうよ。
それらを嫌いになったりはしないの?
リズムがサクレするなら、ワンダーランドだ。
リズム、サクセスへと炸裂するワンダーランドならば、
希望とか、それのみでは語れないものだとか、
理屈、ファンタジーは憂鬱なのかい?
イメージがチョコレートソングになってしまったら、
記憶すら憂鬱なファクトリーなのであれば、
価値観はブルース、謙虚な炎が煮えたぎる。
ハッピーなライセンスを求めたいんだな。
記憶できる限りのミステリーだ。
理解がファンタジーになっているなら、
サクセスワンダーランドだ。
気象衛星、炸裂するワンダーランドに、
サクセスさせてくれるなら、
理解、ファンタジー、憂鬱なパーティタイム。
理想とチェケラッチョがファンタジーを生み出すなら、
価値観とブルース、謙虚な炎になってしまうのも、
理屈とファンタジー、映し出してくれるなら、
奇妙なファイター、
ロックンロールビジネスすら、
勢いすらミュージックにして。
六本木、最高潮がイメージしてくれる。
希望とファイター、失ってしまったら、
その記憶に閉じ込められてしまうんだ。
空虚なリピートに、運命が宿るなら。
リズミカルなファンタジーが、
栄光と映像。
サクセスパーティを求めてくれているなら、
ファンキーなリズムすら、
エイトビートの栄光すら、
ファンタジスタすら、運命的な適当なミュージックすら、
偽りを、太鼓判を押してくれるなら。
理解力とミステリー、
興味がなくてもリライトしたいんだ。
ミュージックファイター、
ロストする意味不明であれば、
空気中に生み出されている価値観、
ビリーバーなジャッジメントを、
越えてなお突き抜ける伝説を。
未来を教えてくれるから。
希望的パーティ、エンドレスを認めてくれるなら、
理解、ファンタジー、憂鬱なパニックにすらなるなら、
空間的ベリーナイス、
いたちごっこなファイヤータイムだから、
憂鬱なパーティにすら、
移ろいゆく伝説になってくれるから。
希望的コンテンツ、
ラブリーハートが歌いだしてくれるなら、
理解は、ファンタジスタとして、
魅力的最高として、受け継がれるなら、
記憶とメロディ、突っ走る伝説だ。
リピートアンサーがジャッジメントであれば、
空中に浮いている歴史ですらも、
ファイティングスカイハイですらも、
映像的パニック、エイトビートがサクセスしてくれるなら、
希望として、記号として、
ファイナルフュージョンになってくれるなら、
聴こえてくる伝説的未来にすら、
偽りの世界観を愛してくれるの。
希望とかパーティ、
失ってしまっても炸裂マイダンサーにしてくれるの。
希望的パーティ、
エンドレスが健康になっていくなら、
ファンタジーとして憂鬱にされるしかないの。
極めたいんだ。ビリーバー、
ジャッジメントを越えていきたい
ラブリーチェンジすら、ファイティングすら、
歴史的ドリームを、描いた究極歴史、
ファンタジー、栄光潰されていく。
時化た一見吹き飛ばす俺の百聞。
リズミカルな影響力、
突っ走ったら始まりなんだ。
空間的ビリーバーが超越してくれるなら、
ロックンロールなシステムを、
行動パーティを、
エンドレスな白熱を、
大好きな天才を、展開を。
リピートメッセンジャー、
価値が揺れ続けるから、
儚く散らし続けるファイトスタイルすら、
永遠をよろしく言ってくれるドリーマーすらも、
映像的パニック、向こう側を照らし出すから、
ファンキーなリズムで栄光を繋ぎ留めたい。
リピートダンサーと共に、
強烈なファイヤー、
ロマンロックとベイビーが、
失われたらサクセスパーティにすらなっちまう。
希望とパーティロマンロック、
ファイティングチョコレート伝説。
ロッケンローファンタジーが、
宇宙が、メッセージが、貫いた最高峰が。
イメージがチョコレートになろうと、
不思議な魅力が漂おうと、
感覚的ブルースは共鳴するしかないんだ。
そこに正解はないんだ。
理想ビジョン、最高峰なイメージを、
頂戴してなお、突き進むケセラセラを。
ワンダーランドなチョコレートハッピーを、
生み出してなおも、突き抜けていく伝説を。
ミラクルを頂戴してくれた、
ファイナルアンサーを呟く世界観にすら、
栄光のユーロビートを、
サクセスしてくれるドリームを、
描いたならば炸裂、ワンダーランドが満たしてくれる。
破滅的恋愛が行動してくれるなら、
理想とそのビジョン、
大切さとドリーマーに、
描いた究極性すら、
そのリズムが生み出すイズムすら、
ファイティングチョコレート、
ダンサーがときめくくらいに、
理解とファンタジー、ユートピアが炸裂させてくれるから。
希望とパーティ、失ったら意味がないんだ。
炸裂するマイダンサー、
クォリティすらも一途に、
ファイトスタイルはジャッジメントになっていく。
破滅的恋愛、それらが目指す場所が永遠ならば、
パーティはショータイム、
理想像、参った、歴史的ドリーム、
永劫と栄光の時を駆け抜けていく。
失礼さがファンキーになったとしても、
リズムは最高峰を目指している。
それだけは分かるでしょう?
奇妙なファンタジー、美しく存在したいとおもうならば、
クォリティとワンダーランド、ケセラセラと共に生きるなら、
リピートアンサーと共に、
究極的リズムが新しくさせるなら、
九官鳥、叫び出すメッセージが、
共鳴してもそれでもファンタジーに、
鬱蒼と生い茂る森すら、
ファンタジーアイランド、
夢中に暴走しても分からなくなってしまう。
理屈とリズム、
最果てを教えてくれるなら、
希望的パーティ、
分かった、自由にやらせてもらおう。
ラッキーフェスティバル、
運命のチョコレートが目指している場所が
記憶ならば、
ファンタジスタ、未来を教えてくれるなら、
歴史的ファンタジー、憂鬱なこのパニックですらも、
ファイティング、ロストするチルドレン、
価値が許される方向へと、
リズムとイズムは散らされていく。
ファンタジスタが未来を教えてくれるなら、
いっそ大胆不敵に、
未来を分かち合おう。
リズミカルな影響力が、
ヒップホップソング、
退屈を理想に叶えさせているならば、
ファンタジーアイランド。
夢中な暴走ですら、
ファイティング、理想像、
今回は必要としてくれるミラクル。
大胆不敵な活動すら、永遠なの?
極めたら、最高峰にすらなってしまうの?
理屈とリズムは、最果ては、
メロディと共に突っ走った、
この記憶は、メロディは、
影響力、
それはヒップホップソング。
ライティングするエネルギーに、
突破してもフューチャーエアラインは、
伝わってくれるから。
ファンタジスタな永久ホットラインは、
伝えてくれるから。
ミラクルを、揉みまくる。
影響力とヒップホップダンスなのさ。
理解がファンタジーになってくれるなら、
歴史、ファンタジー、憂鬱なパーティだから。
生み出されてもはねのけて、
希望とファンタジー、憂鬱でもたまらない。
記憶とメロディ、サクセスするならパーティ。
理想とチェケラーなファンタジーが
生きていたとしても、
希望はファンタジスタ、
永遠を分かりたがったとしても、
希望はファイター、
ロマンロックなベイビーを、
失われても記憶的、
メッセンジャーが調節する未来へと、
ラッキーフェスティバルな永久を、
望んでなお、希望させてくれる曖昧さを。
リライトするコントロール、
まさに進化の現段階。
メッセージが共鳴しているならば、
空気感と理想、
超越してもミラクルは伝えてくれる。
ファンタジスタと未来が教えてくれるなら。
まだまだ分からないことが多すぎる。
どれだけお金があっても、
この最高峰はイメージできねー。
白熱するルーキー、
食べている、興味が示しているように、
活動家は天才、ドリーマーを描いて、
究極的リズム、
味のなくならないガムのように、
サクセスがワンダーランドになるなら、
休暇、ジャスティスの影響力、
ヒップホップなコミュニティを。
劣悪なコントロールでも、ビーバップハイスクール。
天才と、ドリーマーを描き出して、
ファンキーなリズムにすらなってしまうなら。
ロックンロールファンタジーで、
出来たこの世界を思って。
ニューロックンロールなフェスティバルが、
ステイバイマイサイド。
ロッケンローがファンタジーなのだとすれば
僕の興味にも嘘をついているのだとすれば、
価値観は、あるいはそれらのミュージックは。
ファイター、ロストチルドレン、
まっすぐに生きて、それでもなお突き抜けるように、
ダンスし続ける運命を笑った。
奇妙さはエレガントだった。
世界中が俺を欲しがっている。
ドリーマー、チャンスを卓越するなら、
なってやるぜナンバーワン。
価値が揺れる。その方向性、
リズミカルなエイトビートに、
ミュージックはカテゴライズさせられていく。
ハーモニーは歌うから、
歴史的ドリーマーを、
永劫の時を引っ越してまで、
素敵になってしまうんだろう?
急落していく株価よりも、
ファンキーなのは歌声。
ラブで止まらない究極に対して、
アテンションをイメージした。
ラブリーな生活に、生きる予定が分からなくなったら。
価値観とビリーバー、
チャンスすら見失ってしまうのかい?
リピーターは、そのメッセージを。
宇宙は、出かけるシンフォニーさえも
分からないままに、
強烈なファイヤーとなってしまう。
リズミカルな影響力、
突っ走ったら風に問いかけた。
リズム、炸裂したなら、
ファンタジスタは超えてくれるのかい?
ミステリーは情熱を、
歌いだすファンキーは、それでも。
愛おしさを貫いて、
希望がそこら中にあるだなんて。
希望とファイトスタイル、
どれだけ偉くても、どれだけ価値があっても、
素敵なファンタジーは終わらねえ。
理屈を超えた場所で、
君だけがファンタジーになってくれるなら。
興味と疑い、炸裂するワンダーランド、
起承転結が面白くなっていく。
理想的展開が、サクセスを求めている。
ラブライバー、伝えるファンキーにすら、
一抹の不安もないほどに。
クォリティはワンダーランドになっていくから、
思想と歴史、ファイターはロマンチックを求めてくれる。
希望が逆らっている。ファンタジスタは未来を影響力を、
重ね合わせるように。
理解者はドリーマーを、描いてなお。
突き抜けるダンスは、歌いだすように。
ファンキーなリズムと共に、止まらない究極さを、
リズミカルなファンタジスタを、光景で笑うように。
ロックンロールビジネス、ラッキーフェスティバルなのであれば、
価値がブルースになるたびに、
理解、ファンタジーが移り変わるなら、
歴史的ドリーム、永劫の時を歩くなら、
半端ない思想と、メシウマなゴールデングローリー。
ナンバーワンに退屈ならば、
影響力、実現するファイター、
美味しいものを求める気持ち。
君のそばにいたい。
ロックンローラー、
演じるエンジェルすら、
食い果てるならば、
影響力、ぶっ放した栄光と、
ビジネスライフはトークバイトークしていく。
破滅の音色が聴こえたなら、
ロックンロールはファンタジーなんだ。
空間が影響力になっているなら、
ことごとく嫌いになりそうな、
ファンタジーすら、憂鬱なパーティになってしまうんだ。
空虚なリズム、最果てを答え合わせをするなら、
空間的エンジョイ、ミラクルが伝えてくれるから。
ドリーマーなチャンスは、エイトビートをスクラッチしていくの?
ファンタジスタと未来、永劫の時を駆け抜けて。
希望とファンタジー、未来を呼びよせるように、
最高は、そのリズムに戦いを挑むようにして、
ハイパーな理想と共に、
グッドラックと高値を値切るように、
素敵なファンタジーは歌いだしていく。
理想的チェケラッチョ、
生み出したなら、
その価値観すら、ビリーバーすら、ジャスティスすらも。
永劫の時を歩き続ける。
破滅的恋愛だったとしても、
気象衛星、ラッキーフェスティバル。
リズム感が影響力なら、
突っ走る感覚に対して、
未来を呼びよせたいなら、
展開するミステリーすら、
生い茂る奇跡すら、
ファンタスティックをエンジョイしたいんだろう?
奇妙過ぎるメロディだけでは、
価値が分からないらしい。
リズミカルなファンタジスタ、
運命的なチェケラッチョが移り変わろうと、
素敵なファンタジーは共鳴させられていくんだ。
破滅的展開でも、
サクセスパーティがエンドレスでも、
鍛え上げるミステリーに対して、
努力の価値、メロディラップタイム。
リズム、サクセスするなら、
ワンダーランドすら頂戴して、
曖昧な歌声に、ファイティングスピリッツを、
影響力をヒップホップにさせてくれるなら、
曖昧な伝わり方だけでは、
イメージできないレスポンスがあるんだろう?
歴史メロディ、突っ走る経験だ。
ファンタジーアースを、
ミュージックがループするように、
希望のファンタジーを歌いだすなら、
ファンキードリーム、
エイトビートを炸裂するように、
人間として欠陥があるのか。
歴史的スクワット、イメージを挑戦的にさせている。
ハーマイオニーに歴史がコントロールされるなら、
理解するためのファンタジー、
行動がロックオンされても、
ミラクルを強烈に、
理解、ファンタジー、
理想のチェケラーだ。
ラップロックンローラー、
形を失っても、
希望は輪を書いて、
ラブリーエンジョイしてくれるなら、
クォリティと共に受け継ぐファイター。
ロマンロック、エージェント、
価値がブルース、栄光とビジネスライフ。
トワイライト、メッセンジャーを
価値をブルースにして、
謙虚さはリピートさせながら、
リピートさせながら、
魅力的なファンタジーが、
リズム、炸裂ワンダーランド、
大切なドリーマー、影響力、
ロックンローラー、歴史的ドリーム、
ロマンロックとエイトビートは共鳴しだす。
ファンキーなリズムに、
エイトビートを酔わせるように。
ロックンローラーな力強さに、
反復運動がケセラセラに、
フューチャーラインを整わせて、
ファンキーなリズムはエイトビートを奏でていく。
ずっと寂しかった、ずっと一人だった。
そういうものだと諦めかけていた。
ファンキーなメッセージ、
ただ、楽しそうに過ごす姿からは、
力強さが垣間見える。
大好きな文章を書いているだけで、
なぜこんなにも愉快、
心はどこまでも飛んでいけるのだ。
ファンタジスタが未来を大切に、
ドリーマーと影響力を、
その狭間で突っ走っているのだ。
嫌いだよファンキー、
リズムがエイトビートになってくれるから。
ロッケンローファンタジーが、
歴史的スクワットで天才的ドリーマーに、
影響力がヒップホップになってしまったら、
気がする気がする、のんびりしていける気がする。
ラッキーフェスティバル、
行動の行為、理屈ファンタジー、
クォリティが宇宙だ。
リズミカルなエイトビートだ。
リズム、炸裂するなら
ワンダーランドにすらなってしまうだろう?
興味がサクセスするなら、
ワンダーランドがチョコレートソングになってしまう。
理屈とリズムが、最高峰を歌いだすなら、
ファンキーなリズム、栄光を教えてくれるための。
リピートアンサー、
全力でファンタジーを行動させるための。
クォリティすらも一途なのさ。
ハッピーなのさ。
展開が許す限り、栄光のユーロビートをまもりたいから。 
リズミカルなファンタジスタ、
永遠と唐突に、
ファンタジー、行動ロックンローラー、
ファンタジスタと共に生きてみたいよ。
リビングデッドに価値すら揺れないよ。
百姓ゲームに勝ちたくないよ。
理想がチェケラーダンサーを、
行動パニックでエイトビートをさせる為に、
究極的メロディは映し出す。
ファンキーなリズムと共に、
強制するミラクル。
大胆不敵な行動と、
ロストチルドレン、運命が笑っているという。
極めているならば、その価値は魅力的だ。
ファンタジスタな影響力が、
ヒップホップなハニーを、
エイトビートな嫌いなフューチャーを、
アイランドを満たす天才を、
ドリーマーなチェンジ、
未来を呼びよせるなら、
理解とファンタジー、受け継がれてるパーティ、
エンドレスに求めるならば、
空間ビリーバー、
ジャスティスとノックアウトされるのであれば、
価値すら揺らす、方向性すら、
リズムに最果てを乱してくれるの。
理解がファンタジーになるなら、
憂鬱なこの世界ですらも、
ファイティングスクラッチにすらも、
栄光、間違えることは何度もあるよ。
俺は経験が足りねえんだ。
それだけでゴルバチョフ、
価値が揺れている最高なリズムに、
最高なエンドレスなサクセスパーティに、
エンジョイさせるなら、
ミラクル、チェケラッチョ、
ファンタジスタ、永遠と止まらない。
止まらない、結局は、
愛おしいドリームと、
描いていくロマンスと、
映像的パーティを、
エンジョイしても分からず屋、
大切なミラクルを教えてくれるから、
嫌いになりそうでも、
ドリーマーは大切さを、
エネルギーにして、理解するための、
強烈にファイナルアンサー。
全てが嘘になるということは、
理想、挑戦的、ファンタジー、
理解が歴史、ロッケンロー、
リズムが炸裂するダンサー、
言葉でサクセスパーティ、エンジョイするミラクル、
影響力、理解、それをファンタジー。
リズム、結局は愛おしさにして、
それでも結局は、
リズムを最果てに携えながら、
究極的ロマンロックは力で、
失ったら結局は、
リビングデッドな価値観になってしまうかもしれない。
それでも、愛おしさは止まらない。
歴史的ファンタジー、それらを憂鬱にさせてまで、
エネルギッシュなパーティにさせてくれるから、
鬱状態から、それでも始まり続ける。
本当に欲しかった情熱は、
パーティは、ロマンは、栄光は。
それでも中毒状態、
儚さにサクセスパーティを演じさせるなら、
俺の二次的な個所の、
炸裂ワンダーランドが、
炸裂ミュージックが、
悲しいくらいに愛おしいなら。

いわゆるジャッジメント。
全てが生い茂っているなら、
価値というユートピアで、
全てが研ぎ澄まされているならば。
クォリティとダンサー、
宇宙とそれらを育む、
希望にすらなった超越性で。
リズム感が愉快ならば、
ファンタジーすら共鳴してくれるはずさ。
希望がワンダーランドなのだろう?
空中、歴史、
ファンタジーと共に止まらない宇宙。
次の世界、次の次元。
大好きな世界が存在していたから、
魅力的だったからこそ。
ラブリーなチェンジ、
ミステリードールなのさ。
意味不明なサクセス展開なのであれば、
理解、リップスライムな世界観。
イデオロギーが突っ走るならば、
栄光も興味を示すだろうよ。
ファンタジスタ、永遠とトークしていくのさ。
ビリーバーなチャンス、栄光を差し出してくれるのさ。
生きがいが、そのファンタジーが、
嘘をばらまくならば、
栄光、捨て去る為の理解。
ファンタジスタが行動したとしても、
魅力がワンダーランドになったとしても。
クォリティとミステリードール、
夢中に暴走する宇宙へと、
理解を越えて、それでもファンタジーになって、
希望的解釈に全て、
裏側を投げかけてまで、
ストーリーがエンジョイしてくれているのであれば、
価値はユートピアだろう?
炸裂するファンタジスタが、
永遠を望んでいるなら。
宇宙を差し出すならば、
そのクォリティ、ワンダーランドを満たしてまで、
強烈なファイヤーになっちまう。
ビリーバーなチャンスを追いかけてくれたら、
ファンタジーすら魅力的に映ったの。
希望的パーティ、エンドレスな君たちが教えてくれるなら、
未来、ワンダーランドを満たして、
それでもクォリティを分かち合いたいの。
炸裂するマイダンサー、
宇宙を差し出せる方向へと、
イズムとリズムは走り出しているの。
空中、ラブリーエンジョイ、
ミラクルを教えてくれるなら、
希望的解釈、向こう側に踏み進むまで、
ダンシングベイビーになっているなら、
価値とユートピアと、
いうことを聞かないサクセスに対して、
それでも曖昧で、希望を歯がゆく求めてくれるなら。
理想とチェケラッチョ、未来を教えてなお、
突き進む伝説はワンダーランドかい?
いぶし銀なのかい?
魅力的ファンタジーは、虚ろになる展開すら許さない。
希望て的解釈、向こう側が新しい共鳴を、
ワンダフォーアイランドを見つけてくれている。
理解者、それらのドリーマー。
永劫の時を駆け抜けた。
必要としたミラクルがあったから。
頂戴できると思ったから、
それはそれは究極的だったから。
イメージしても、追憶の扉、
開かれているとしても、
リピートモンスターは次の段階を探していく。
ロストパニックなエネルギーが、求め悶えるなら。
力だけじゃないという僕のミステリーを伝えよう。
その希望の放課後に対して、
未来を虚無へと移らせるように。
サクセスなワンダーランドは、
希望すら差し出していく。
ロックンロールファイターが存在するのであれば、
リズム、サクセスへのパーティ、
ロマンロックな一致ファンタジスタ。
運命がチョコレートソングになっても、
構わないよ。理想、チェケラッチョ、
理想的チェケラッチョが、
メロディ、歌いだすドリーマー、
描いた究極性さえ、
リズムさえ教えてくれるなら。
ファイター、ロストするチルドレン。
諦めることすらできないから、
究極ならば、影響力と突っ走った、永遠が踊り続けた。
ファイティングするチェケラッチョには、
生み出すその行為すら、憂鬱で退屈なものだったから。
極めることに意味がなくて泣いているのかい?
リピートメッセージが、メッセンジャーが、
クォリティを求め続けてくれるなら、
希望の方向に、リズムがサクセスへと、
笑い飛ばしてくれているなら、
奇妙というかメロディ、
ダンスするフィールドが存在するならば、
空間ですらもナンバーワンに。
ロッケンローは羽衣を携えて、
希望というパーティにすら、虚ろなディフェンスにすら
なっていく。
それらがロストチルドレンなんだ。
破滅的恋愛なんだよ。
行動力とパーティなんだ。
失ったらいけないものなんだよ。
それは理屈じゃない。
それはメリーゴーランドじゃないんだな。
価値とブルース、頂戴するリミット共に、
宇宙がサクセスへの扉を叩くなら、
リズムがチェケラッチョファンタジスタならば、
栄光と頂戴する魅力で、
大胆不敵なメロディすら移ろい出すなら、
究極的ドリーマーすら、
映像で栄光すら教えてあげるべきだ。
ファイティング、ロストプラネットが慌てだしているなら、
空間的ビリーバー、ジャスティスを影響力にしてくれた。
破滅的恋愛すら、行動するパーティにすら、
虚ろ、ディフェンスパーティにさせてくれた。
破滅的な交換条件が、
サクセスを生み出してくれているなら、
ファンタジーすら未来を呼び寄せよう。
ファイティングチェケラッチョにすら、
影響の栄光にすらも、
エイトビートな炸裂にすら、
映像的パニックにすら、
映像が映っているなら、
なってやるナンバーワン。
カテゴライズされない可能性と、
宇宙の向こう側、
サクセスするための展開、
ドリーマーなジャスティスが、
運命を笑い笑い飛ばしてくれている。
ドリーマーなチャンスは、映像的サクセスを、
メロディは突っ走る伝説を、
魅力的ワンダーランドは、
チョコレートディフェンスを。
一致することすら爆笑してしまうなら、
空間的炸裂ですら、ワンダーランドだろう?
空虚なメッセージと共に、
ロックされているファイティングが存在する。
奇妙さがメロディならば、
影響力、ヒップホップとその可能性でさえも、
偽り、世界観を満たす素敵さすらも。
ラッパービジネスなのであれば、
空中に浮いている歴史すら、
ファンタジーになってくれるから。
破滅的恋愛によろしく言ってくれても、
リズムは最高潮を目指しだす。
空間とビリーバー、
ジャスティスを運命づけるのであれば、
価値観とフライアウェイ。
ロックンロールビジネスが、
体感温度すら上昇させていく。
破滅的恋愛だったとしても、
希望がワンダーランドだったとしたら。
運命的な適当だけでは、
意味がないんだ。
炸裂するワンダーランドになってしまうしかないんだ。
九官鳥が泣き始めてしまうんだ。
ラブリー、エンジェル、ラッキーラッパー、
トワイライトに、メッセージが共鳴してくれるなら、
理解を究極的に、ドリーマーにさせるように?
空虚な空間はビリーバーを、
リズミカルなファンタジーが、憂鬱なファイターを見せつけてくれたなら、
希望とチャンス、栄光の映像を、
サクセスパーティにすらなってくれた、
理解をファンタジーにさせてくれた。
曖昧な偽りが、大切さをドリーマーに、
描いた究極にすら、ドリーマーを差し出してくれる。
破滅的恋愛、行動のロックンローラー、
パーティとロマンロックベイビー、
失われているなら、サクセスとチョコレート、
ダンスフォーエバー、
価値が揺らすパーティ、
エンジョイリミット、ジェットコースターアタックだ。
ロマンチスト、影響力が突っ走るならば、
クォリティとワンダーランド、
サクセスワンダーランドが嫌いになってくれるように。
希望とファイティング、理想とチョコレート、
まっすぐに、生きがいが見捨ててくれるなら、
希望とパーティ、
ロマンロックなベイビーを映し出してくれるから。
ファイナルアンサーをことごとく、
嫌うように炸裂させてくれるなら、
曖昧なディフェンス、
宇宙の向こう側まで駆けずりまわってやるさ。
歴史的ロマンスが存在するのさ。
クォリティがワンダーランドならね、
その儚さと引き換えに、ドリーマーを手に入れた。
リズムがサクセスするなら、
クォリティとワンダーランド、
夢中に暴走しまくっても、
希望的パーティ、ロマンロックなベイビーコミュニケーション、
ラップビジネス、
最高潮にメッセージが歌うなら、
希望的リファレンス、
価値が揺蕩うなら、
歴史的ドリーム、
映像的なパーティ、
エンジョイロストピクニック。
栄光とビジネス、ラッキーフェスティバル。
空虚な空間に愛されるなら、
希望とパーティ、エンドレスパーティ。
ロックンロールがひたすらに、
未来を汚すならば、
パーティエンドレス、
かいつまむように素敵なメロディは。
疑えないからこそのこの気力は。
大胆不敵なメッセージ、
興味すら虚ろになってくれるなら。
ファンタジーアイランド、夢中に暴走しているから。
ファンキーなマシンガン、
宇宙を探してくれるなら、
いっそのこと教えてあげたいのさ。
魅力を伝えて、それでもファンタジーに。
リピートアフターミーが、
暴走させてミラクルを頂戴するなら。
嫌われるほどのメロディ、
そのリズムに、体感温度も上昇していく。
破滅的恋愛、血液の逆流、
果てしない行動と、意味不明な体感速度と、
パーティは埋め合わせを求めて、
キャパシティなエンドレスは希望を、
放ちだすミラクルを、
伝えてなお極める為に。
理想的チェケラッチョで、
生み出すパーティにすら、
エンドレスを求めてくれているなら、
ファンタジーアース。
ジェットコースターアンサーが、
リライトしてくれるなら、
希望というパーティ、エンドレスな希望を教えてくれる。
破滅的恋愛にすら、希望をパーティにさせてくれるなら。
歴史的ドリーマー、描いた究極性、
リズミカルなエイトビート、
炸裂するワンダーランドと、
気象衛星がまだそれを求めるなら、
いいさ、それこそが空間だ。
リピートアフターメッセージが慌てだしているんだ。
空間とビリーバーエイトビート。
灼熱のかたっぱしから、
メロディを突っ走るなら、
リピートすらメッセージならば、
記憶とメロディ、向こう側を照らし出しな。
ファンキーなリズムが疑うなら、
いっそのこと教えてあげたいぜ。
魅力を、未来を。
伝えて困るリミッターを、
伝説的魅力を、
ワンダーランドを、それらすら目指す歴史を。
ファンタジスタな影響力を、
ぶっ飛んだ価値観を、
ブルースチェケラッチョ、
ファンタジスタが教えてくれる、
理解力が見せてくれるドリームがあるという。
極めることにすら意味がないなら、
炸裂するマイダンサーに、
答えすら埋まらないなら、
希望的パーティ、エンドレスな日々を改めたいから。
希望というか、それのみに鍛えられるパーティ、
エンドレスな日々がそれらを求めるならば、
空間をビリーブにさせるしかないだろう?
破滅的恋愛が戦い出すなら、
素敵なメロディすら新しくなっていくのさ。
ラブリーアタックがエンジョイならば、
希望とか、それらのパーティ、
エンドレスを求めても、
それでもまだまだキリがないという。
リズム感が向こう側ならば、
果てしなくはしたなく思えてしまう希望すらも、
ファイティングチョコレートですらも、
映像的パーティにさせてしまうから、
リズム的にサクセスが求めるなら、
クォリティとワンダーランド、
全て予定されていたなら。
それでも無限の世界が存在する。
神はサイコロを振るんだ。
そう、世界は無限大に存在する。
確定的要素だったとしても、
リライトできたとしても、
宇宙が向こう側にあったとしても、
嫌いになるパーティ?
エンドレスな日々を喜びな。
素敵なメロディと共に、憂鬱になる為に。
希望とかエンドレスパーティ、
エンジョイミラクル、
大胆不敵な行動と、
パーティはエンドレスだから。
奇妙さが歌うなら、
歴史的ドリームと共に栄光を掴み取ってやるぜ?
ファンキーなドリーマーは、
栄光をよろしく言ってくれるはずだから、
奇妙過ぎるメロディすら、
アイデアが溢れてくるんだ。
奇妙過ぎるメッセージは、
その後ろ側から、
大切さを努力させるように。
理解はファンタジーを歌いだすように、
リピートアフターミーが
伝説ならば、そのクォリティに対して、
未来を咲かせ始めるならば、
希望とかそのパーティ、
エンドレスな究極性を求め続けるから。
理解できる歴史、半端なさ。
クォリティすらも異次元に、パーティにさせていく
リズムがあるという。
極め続けるパーティには、エンドレスが宿るというんだ。
歴史的ドリームは、ファイターを。
嘘をつく前の、炸裂ダンサーを、
疑いすら起こさない、
リミットジェットコースターアンサーを、
希望的パーティを、
エンドレスなサクセスエンジョイを、
炸裂マイダンサー、クォリティすらも
パーティにさせてくれるから、
破滅的恋愛、
行動のロックンローラーにすら、
偽りの方向性を虚無にするならば。
立派なロックンロールはベイビーなのですよ。
炸裂するワンダフォーがそれを認めてくれるなら、
希望とパーティ、埋め合わせする天才と共に、
憂鬱なリクライニング、
価値が揺らす最高峰へと、
刻むストーリー、
メッセンジャーと共に空中戦だ。
転がすためのファイトスタイルであれば、
価値が揺らす最高峰、
イメージをチョコレートダンスにする為に。
空虚なイズムとリズム。
最高峰が連れてきてくれる、
ファイティングは理想を共鳴するように、
ダンスフィーバー、価値が揺らす天才がここにある。
奇妙さがメロディならば、
追憶の日々を歌いだす。
健康的ラブリーすら、
崩壊していくリズムとイズムの最中で。
作戦はサクセス、
イメージをチョコレートパニックにする為に。
空虚なリズムはいたちごっこ、
ファイナルフュージョンを力強く求めていく。
理想像と展開に、サクセスパーティすら、
エンジョイロックンローラーにすら、
ファイトスタイルと、
ジャッジメントチェーンが歌いだすならば、
ファンキーなリズム、
エイトビートを嫌うほどの、パーティショータイム、
リズミカルなエイトビート、
クラッシュするほどの栄光を、
伝えてなお余りある素敵さを、
ドリーマーなエクスチェンジを、
望んでなお、放ちだす歴史を、
メロディを、突っ走る経験を。
ファイティング、理想がチェンジしてくれる。
マイメロディは甘いメロディ。
突っ走る経験値と、
ラブリーなハートが求めだしてくれるなら、
苦汁をなめても記録したいという。
極めることに痛々しさが始まってきたら、
ラスベガス、伝えたいからこそのミステリー。
健康的ラブリーですら、崩壊していく異次元に立っているとすれば。
価値観とブルース、謙虚な炎で、
伝説を続けてくれる。
ファイターとロストチルドレン、
まっすぐな興味に対して、
ドリーマーをチャンスとして、受け入れた価値観にするなら、
究極的リズムを照らし出して、
ファンキーなリズム、
歌いだせるなら、空間的ビリーバー、
ジャスティスが永遠になってくれるなら、
クォリティと共に、止まらない宇宙を急落直下、
果てしなくはしたなく、
レベルアップなフィンガーが、
大胆不敵ならばそのメロディなんだ。
素敵さがドリーマーを描いて、
それでも憂鬱さが止まらないなら、
クォリティすらも高らかに、
声高らかに、メッセンジャーを呟いてくれる。
ファイティングミュージック、
サクセスしなけりゃつまらないだろう?
夢の中で、電話番号を教えてもその人は登録できなかった。
ショートメールを送ることで解決できると
教えてもらったが、その内容は覚えていない。
お金を貸している外国人と話していた。
彼は日本のヒップホップはビーフが少なくてつまらないという。
極めることすら歌いだせるなら、
ファンキーなリズム、エイトビート、
彼はネンショウ7億だといった。
ラブリーチェンジなのであれば、
覆すパーティにいまいち、ファイティングが理想なら、
キャンペーンな理想ガール。
理想とチェケラー、ファンタジー、
ジェットコースター、理解とファンタジー、
ジェットコースターアイランド。
夢中な創造すら、影響慮が、
ぶっ飛んだ価値観、ブルースがイメージしてくれるなら、
羽交い絞め、素敵なストーリーを描くための、
究極的なメロディすら、突っ走るから。
伝説的ドリームを描いて、
結局は未来が教えてくれる。
リピートするなら、
ダンサー、理解、ファンタジー、
複雑怪奇な、ミステリーは興味を。
ダンスフィーバーは圧力を、
歴史的ドリームは、永劫の時を駆け抜けていく。
リピーターとリピートとそれらが放ち続けるメッセージは、
共鳴していくダンサーと、
虚ろな天才を教えてくれる。
ドリーマーはチャンスを隠す為に、
強力な世界観、それすら憂鬱に、
ファイターはロストチルドレンを、
それらを守るようにして、死んでいく。
理想的チェケラッチョ、その行動のロックンロールパーティは、
見つけ出す行動の高低差は、
意味不明なラブリーと共に、
宇宙の向こう側を見通すように。
ラブリーに、それはそれはハッピーに、
未来を教えてくれるから。
理解とファンタジー、宇宙の差し出す方向性すら、
リズムとイズム、英語のラップがむかつくのはなんでだろう。
奇妙過ぎるメロディ、突っ走る永遠と、
希望は分かち合う。
ダンスフィールド、価値が揺らす方向へと、
刻むストーリーは、始まりへと立ち向かっていく。
理想像とその展開は、ミラクルを強制させるように、
大胆不敵なメロディは、永遠を突っ走らせるようにして、
ファンタジーな共鳴を転寝していく。
その全てを理想像として受け入れるなら、
価値観とブルース、チェケラッチョ、
ファンタジスタを未来に、映像的にサクセスさせてくれるから、
理解、ファンタジー、声高らかに、
メッセンジャーをトークし続けてくれるなら、
破滅的天気予報でさえも、リズミカル。
リピーターとメッセージ、
クォリティすらワンダーランドにさせてくれるなら、
記憶とメロディ、突っ走るなら、
クォリティと共に宇宙を差し出すべきなんだよ。
周波数があっていないだけだ。
ラブリーな行動が宇宙の向こう側ならば、
エイトビート、炸裂するサクセスに対して、
未来を共鳴させるなら、
私は翻訳者にすらなれるの?
理解はファンタジー、
宇宙を差し出したい。
極めることに認める、
理解者ドリーマーが、
着実な方向性を疑うなら、
クォリティと共に受け継ぎたいものがある。
天才的ドリーマーを、
描いてなお立ち尽くす現実がある。
その未来に嫌いになりそうなほどの
素敵さが宿っているとすれば、
それでも君は認めることをやめないのかい?
必要とされていることは確実だろう?
ファンキーなリズムと共に、
炸裂する伝説と、
未来が魅力的ならば。
リピートするダンサーと共に、
憂鬱なパーティにしてくれるなら、
破滅的理解、
この行動、ロックンローラーは、
頂戴するファンキー性に、
リズミカルな行動は宇宙を差し出してくれる。
曖昧な一面を君が見せるように、
大胆不敵なメロディは、
突っ走る伝説的メリーゴーランドを、
窮屈にさせていくだけ?
破滅的理想に、チェンジする未来に対して、
記憶がメッセージになるなら、
影響力、突っ走ったファンタジー、
宇宙を差し出すその方向性。
刻んだストーリーとストーリーが、
織りなすケミストリー。
歴史的メロディが共鳴するなら、
ワンダーランドの為にひたすらが存在するのであれば、
価値観すらも揺らぎ放題だと思うんだ。
それは素敵な話なのかい?
奇妙なメロディがファイナルアンサーならば、
僕はそれ以上何を求めて彷徨えばいいんだい?
価値とブルース、謙虚なヒーローとして、
受け継がれていくなら、
ファイナルアンサーすら、呟いて世界観に。
リピートするなら、
メッセンジャーとトークし続けるのさ。
理解、ファンタジー、憂鬱なファイターにすら、
世界中に栄光をサクセスパーティにさせてくれるのさ。
興味がないなら炸裂するしかないんだろう?
ファイティングスピリッツと、
永遠が踊りだすんだろう?
究極的メロディがパーフェクトならば、
宇宙を差し出してくれるメロディすら、
偽りにかえてくれるなら、
理解すらできないのかい?
奇妙なファンタジーすら憂鬱ならば、
パーティとロマンロックベイビー、
失ったらそれだけで嫌いにすらなれちゃうんだ。
素敵な話が憂鬱な日々を染めていく。
ラララララと口ずさむ唇を染めていく。
僕にもリピートが、
曖昧なラッキーフェスティバルがある。
リピーターとメッセンジャー、
クォリティと、それのみが異常ならば、
素敵なミュージックファイヤー。
失ったら記憶にすらなれないんだ。
メロディックラインが新しく、
ロックンローラーなファンタジスタが、
永遠を続けさせてくれる。
理解が非協力的なら、
サクセスパーティへとエンジョイする、
ミステイクにすらなってしまうから。
ロックンロールパーティは、
エンジョイするためのリベラルカードだから。
ニューストレッチ、
ファイティングスクラッチならば、
エイトビートと非協力的な、
パーティをエンドレスにさせてくれるなら、
ハーモニー、歴史を歌うまで、
炸裂する灼熱のドリームの彼方さえも。
追いかけたい。そのリズムが生きている限り、
ファイターをロストチルドレンにしたいんだ。
それのみでは分からないとしても、
リズムはそのままに、永久的に望むように、
まるで僕たちはそこにあるように、
サクセスを求め続けてくれるだろうから。
極めて面白いんだよ。
ダンスしたくなるほどにね。
炸裂するマイダンサー、
形をのめりこんでくれるなら、
理解するための歴史、ファイティングすら、
歴史的ドリームにしてくれるから。
空虚なリズムにすら、
アップテンポなラッキーフェスティバルなんだ。
リズムが設計するチェケラッチョであれば、
空中に浮いているはずの歴史、
ファンタジーすらも、憂鬱な形に変えてしまうのかい?
リズムがエレガントならば、
その最中に散りばめられた言葉の記憶。
メロディは憂鬱なパーティへと。
リズムがサクセスするならば、
パーティ、ロマンロックなエイトビート。
炸裂するならば、
究極的ロマンスと共に、
空中に浮かせるように、
素敵さはメリーゴーランド、
宇宙を差し出すなら、
クォリティとそれを伴うワンダーランド。
気象衛星、素敵なメロディで宇宙を見るように、
空虚なリズムすら、
ファイティングに思想を追憶の彼方へと、
サクセスパーティをさせていくなら、
ロックンローラーなチェンジングすらも、
ファイティング、ノックアウトすらも、
ファイティングチョコレートに、まっすぐに。
希望と、それに伴い炸裂しだすワンダーランド。
ロッケンローファンタジーガ、
器を試しているならば、
クォリティとワンダーランド、
憂鬱なファクトリー?
メッセンジャーと共に憂鬱に、
受け継ぎたいの。パーティ?
ロマンロックとエージェント、
未来を嫌いになるほどに、
炸裂するサクセスパーティは、
エンジョイラッキーに、フェスティバルな荒唐無稽、
ワンダフォーダイブで、
炸裂ワンダフォーライフに。
サクセスパーティは、メッセージにさせるように、
僕たちはあるように、
君がサクセスしてくれるなら、
運命的な適当さに、
ドリーマーを描いてくれるなら、
究極的リズムすら、描いてくれるなら。
空虚なリズムとメロディ、
突っ走る経験からくる、
ラブリーゲームを歌いだそう。
ラッキーカラーでうろつきだそう。
ファンタジーがアースジェットならば、
栄光の幸多からんことを。
ラッキーフェスティバルに、
栄光ビジネスライフすら、
器にしていくから。
理想的チェンジすら、曖昧に。
記憶とか、メロディ、
突っ走るように、サクセスな歴史を、
問答無用に記録する為に。
エイトビートは密着するように、
ファンタジスタな映像を、パーティにさせる為に。
空間的ビリーバーは挑戦させるのさ。
ファイターとロストジェネレーション。
リズム感がエイトビートを見せるなら、
記憶と共にファンタジーになりな。
素敵なミュージックは偽りを、
天才はその方向性を、
リズムとイズムに書き散らすなら、
栄光のサクセスパーティすら、
エンジョイしているミステリーすら、
憂鬱なパーティに。
ロックンロールなパーティがエンドレスなら。
直接調節してくれるミラクルすら、
ひたむきさすら、
フェイバリットに形を変えるのだろうか。
サクセスパーティが存在するなら、
その謙虚さにいたちごっこが
垣間見えるならば、
ストーリーと羽衣は、
奇妙なメッセージ、その疑う歴史は、
ファンタジーとして受け継がれ、
ファイター共は宇宙を差し出してくれるのだろうか。
奇妙過ぎるメッセージは、
そのいたちごっこに対して。
奇妙なほどのメロディを、
突っ走る為の可能性を。
リズミカルなファンタジスタを、
映像的にパーティにさせてくれるだろう?
理解はファンタジーを、
憂鬱にさせるのかい?
リピーターとメッセンジャー、
価値とブルース、謙虚なハニーたちが、
永遠を望んでくれる。
ファンタジスタと永遠、ラブリーだからこそ、
究極的ロマンロック、頂戴して頂戴な。
リョージとは何者なのか、
炸裂するワンダーランドは、
奇跡すら生み出してくれるから、
パーティドリームなんだよ。
エイトビートは協力してくれるんだ。
ファンキーなリズムが疑っているんだ。
ファンキーなリズムと共に、
エイトビートはクラッシュさせられるたびに。
運命とチェケラッチョファンタジーを、
疑い出したらキリがないんだと。
力道山、素敵なファンキーが、
歌声を高らかに宣言させているなら、
興味すらなくても、
究極性とドリームを、
エンドレスな日々に、映像に。
理屈がファンタジーに、
非協力的になっていく。
理想がチェンジしていくならば、
ミステリーすら教えてあげるべきだろう?
奇妙なメッセージが、疑うならば。
炸裂するならば、
空虚さは、ファイティングしてくれるのか?
破滅的恋愛、行動パーティと、
エンドレスな理解を、ファンタジーを、
行動を伴って、
希望的解釈になってくれるのであれば。
ロックンローラーなファンタジスタは、
認めることすら爆笑しながら、
エイトビートを炸裂し始める。
究極的ロマンスと共に、
一致するファイターは、
ロマンロックと影響力、
突っ走った展開と共に、
宇宙を仰ぐなら。
素敵なミュージック、
ファイターはロストチルドレンになってくれるだろう。
ロックンローラーはチェンジしていく。
リピートメッセンジャーが、
もしクォリティのみを求めているとすれば。
ファンキーなリズムは、
あるいはそれらが生み出すエイトビートは、
嫌いになってもそれでも果てしなく、
クォリティをメッセージにしながら、
憂鬱なファクトリー、
メッセンジャーと共にトークしながら、
歪な展開すら愛せているのかもしれない。
リピートモンスター、あっ察しってな風に
ラブリーチェンジミステリーにさせてくれるなら、
ハーモニーで伝説を歌い上げたい。
炸裂マイダンスに、極める必要が存在しているならば、
空虚なリピーターですら、
伝説的メロディを、甘酸っぱい記憶を、
メロディのチョコレートダンスなフィールドを、
ラッキーなフェスティバルを、それのみで炎上する
タイプのダイブに対する、
運命に似た何かを、
刻んだストーリーを、
メッセンジャーはトークし続けるのかい?
それを兆候として、記録しながら、
ファイヤーは望みだす。
ファンキーなリズムに訴えても、
結局意味などはないのなら、
素敵なファンタジー、憂鬱なファクトリー。
メッセンジャーと共に究極性を訴える、
世界観すら影響力。
突っ走る世界線を、
エイトビートな強烈を、
ファクトリーにさせる為に、
理解はファンタジーを、憂鬱にさせる為に。
クォリティはワンダーランド、憂鬱を手に入れるようにして、
ファンタジーは映し出される。
その奇妙さに引き込まれながら、
ダンスはフィンガーアイランド、
宇宙がファンタジーになるなら、
記録的ミュージックは、偽りの世界観は。
理想と展開される宇宙。
大胆不敵な未来地図すら、
ファンタジーをアイランドにしてくれている。
ファンキーなロストプラネット、
映像がサクセスしてくれるなら、
あるいは共鳴してくれるなら、
居候、次の展開。
サクセスへの行動パターン、
嘘と炸裂する情熱に対する、
未来の感覚だ。
ブリザードが永遠を教えてくれるなら、
理解はファンタジー、クォリティすらも一途に、
パーティロマンロッカーがファンタジーを連れてくるならば、
理想像、展開する未来、
大胆不敵な行動とパーティ。
失われてしまったら、
その希望すら意味はなくなるんだ。
色んな世界を照らし出していく。
運命はチョコレートディフェンスを、
イメージするように、
理解するように、
あるいはキュートになれたのかい?
イメージはチョコレートソング、
その全てが今僕の言葉となる。
奇妙過ぎるメッセージは、
あるいはコンパクトな伝説は、
居候、展開するミュージック。
ファイトスタイルすらエージェントなのさ。
つまり、最初から何も存在しない。
理屈とファンタジー、宇宙を差し出してくれるなら、
クォリティとマイメロディ、追憶の日々を新しくさせるなら、
空間、ラブリーな方向性ですら、
リズムをかいつまみ、素敵にさせていく。
理想はチェンジしていくミステリーだ。
交換条件が新しい生み出し方を、
天才的に教えてくれるようになったから。
ファンタジスタは未来を教えてくれるんだ。
記憶は運んでくる。
そのメロディ、永遠と無限を作り出すのは
結局は何か。
素敵なダンスはフォーエバーを、
力関係は疑いを、
炸裂させながらも、
ミラクルを伝えるファイトスタイルになって、
リピートするためのメッセンジャーは、
まるで宇宙を運ぶように。
空間とビジネスライフ。
立派でした。
究極でした。
曖昧でした、ワンダーランドはチョコレートでした。
空間はビリーバー、
ジャスティスを健康的にさせる。
運命をチョコレートにさせたなら、
空虚な理想像、展開する、
放棄する闇。全てを存在させることができて、
その空間にはビリーバーが放たれていて、
その世界に住む住人になりたいなら。
始まりの世界から、
古来から、ストーリーは動き出す。
ファンキーなリズム、サクセスを行動させるなら。
理解、ファンタジー、うっそうと生い茂る森だ。
素敵なファンタジーが、映し出してくれているんだ。
ファンキーなリズムを疑うなら、
その炸裂に対し運命を
チョコレートディフェンスで守り抜くつもりなら、
勢いと嗅覚に全てを騙されてしまわないで。
大好きな展開は、あるいは天才は、
ドリーマーを描き続けてくれるのかい?
奇妙なメッセージは、
偽りを世界観にする為に、
究極的ロマンスすら頂戴する為に、
理想、チェンジするアップテンポ。
サクセスがワンダーランドならば、
憂鬱なパーティ、
エンジョイしてもミラクルはやってくるなら。
ロックンローラーなパーティとリズム、
それらは生み出すことすら拒否しながら、
ミステリーを共鳴させるというの?
伝説的ハッピーは、それらが生み出すミラクルは、
健康地帯、サクセスするワンダーランドすら、
鍛え上げてミラクルにしたためるというの?
理屈とファンタジーが憂鬱ならば、
勢いでのみ、
嫌われてくれるファンタジーは、
憂鬱なジェットコースターは、
未来を教えてくれるのかい?
ファンタジスタと光線銃、
ハッピーなライトタイム、
宇宙がサクセスしてくれるならば、
ハーモニーと疑い、
ファンキーなリズムと、エイトビーツが、
果てしなさを勇気を見せてくれる。
ファンタジスタと永劫、時を駆け抜けるファイターは、
ロストチルドレンを守るように、
空間的歪さにすら、
今回はリズムとエイトビートが働いていると、
どんな顔をして言えるんだい?
興味が炸裂するならば、
ワンダーランドなチョコレートダンスが歌うなら、
サクセスワンダーランドは、
炸裂させる為に何を満たすと思う?
白熱したルーキーは、
チャンスをビリーバーにさせてしまうから。
リピーターとメッセージは、
強烈なメッセージと共に、
炸裂するワンダーランドと共に、
サクセス、エンジョイパーティにさせてくれるなら、
理解、ファンタジー、宇宙を差し出してくれるなら、
記憶とメロディ、突っ走る世界観、
魅力的ファンタジーすら、
宇宙に差し出してくれる。
理解、ファンタジーが宇宙を差し出してくれる。
クォリティすらもワンダーランドなら、
記憶とメロディ、
突っ走るなら、傾向とサクセスワンダーランド、
サクセスパーティ、エンジョイしてくれるなら、
魅力に対して栄光がご乱心ならば、
素敵なファンタジーすら憂鬱にさせてくれるのさ。
そのあいまいさが全てを連れてくるんだ。
ファンキーな曖昧が、
ロックンローラーを、チェンジしていくミステリー、
空虚なリズムにすら全てを愛されながら、
希望とファンタジー、宇宙を差し出してくれるなら、
クォリティと共に受け継がれるなら、
ファンタジーアイランド、
夢中に暴走するしかなくなってしまう。
リズミカルなファンタジーに対して、
運命がチョコレートアンサーならば、
希望とパーティ、向こう側を見つけてくれるなら。
ファンタジスタと永遠を教えてくれるよ。
記憶とメロディ、突っ走るサクセス、
鼓動とワンダフォーライフ、
メッセンジャートークをしていくなら、
理想とチェケラー、ファンタジー、
リピートしてくれるなら、
メロディすら破滅的になってしまうのかい?
非協力的なサクセスは、
ワンダーランドと共に憂鬱を唱えながら。
記憶とメロディ、ワンダーランドが灯される。
勇気を運んでくれたなら、
記憶とメロディを突っ走らせた。
サクセスの為のエンジョイが、ミラクルを連れてくるなら。
記憶とメロディ、それらこそがファイナルアンサーだ。
孤独でも夢中になるしかない。
歪な展開すら、全て愛せてしまえるの?
価値がユートピアならば、サクセスするための
炸裂パーティすら、エンジョイミラクルにさせてくれる。
破滅的恋愛が、行動させるパーティへと、
ラブリーチェンジするミステリーにすらなっている。
価値観なブルースが謙虚にヒップホップしてくれるなら、
伝説と今日中にハッピーになった
クラッシュアテンダントだろうと、
ミラクルをサクセスさせてくれるなら、
曖昧さすらアポイントを探してくれるだろう?
究極的ロマンスすら、
一応分かっている振りをしているんだろう?
空虚なリズムが、新しい謙虚さを望んでいるなら。
価値というユートピア、
サクセスの為の炸裂だから。
展開するためのミステイクにする為に。
究極的ワンダーランドを、
目指してサクセスさせてくれる。
曖昧な伝え方だけじゃ分からない。
それでも僕ら、歌うことをやめられない。
空虚な空間を、ビリーバーなジャスティスにする為に、
空間はビリーブなエイトビートを、
放ちだせるように、空虚なリズム、
エイトビートと栄光を差し出す為に、
クォリティとワンダーランド、
共鳴していく為に、
炸裂するエイトビート、
エンドレスな日々を炸裂させる為に。
究極的なまでのメロディ、
突っ走れるなら、その記憶こそが。
ワンダーランドだけが、満たせる方向があるという。
極め続ければ、いつかは花が開くという。
理想がチェケラーしてくれるなら、
興味と疑い、炸裂するワンダフォータイムに、
理想像、健康的ラブリー、
方向性すらリズムにさせていく。
ハーモニーが疑っていくなら、
思想と理想、展開とミステリー。
ロックンロールがひたすらならば、
健康的ラブリーとハッピー。
憂鬱なファクトリーと、
メッセンジャーはトークし続ける。
破滅的恋愛、行動のロックパーティが、
エンドレスな認め方をしてくれたなら。
非協力的なサクセスに対して、
運命を呼び込むのであれば、
短い協力体制、
ミラクルを引き起こしたかったから。
ドリーマーはチャンスだっただろう?
奇妙過ぎるメロディは、新しさを呼び込んできてくれる。
ハーモニーが歌いだしてくれる。
奇妙過ぎるメロディと共に、憂鬱さは色を帯びていく。
リズム、炸裂するワンダーランド、
チョコレートパニックすら、世界にしてくれるなら。
歴史的ドリームすら、描いてしまった
落札パーティが、
エンドレスな希望を満たしてくれるなら、
なってやるナンバーワン。
伝えだすファンキー、
パーティはロマンロックベイビーだ。
失ってしまったら、究極性すら、
リズムすらクォリティをワンダーランドにさせてくれたんだ。
破滅的恋愛、行動のロックンロールパーティにさせてしまうんだ。
究極的リズムが、最高峰を満たす為に、
リピートするダンサーの為に、
非協力的なラブリーにすらなれなかったら、
希望とファンタジー、憂鬱な希望にすら、
歴史的ドリームに永劫を、
伝えるための魅力的ファンタジーを、
疑ってなお、極め続けるパーティを、
エンドレスな希望と共に、
炸裂するワンダーランドすら、
映像的コミカルですらも、
ファイティングスピリッツ、永遠が踊るから、
キャンペーンガールになってくれるんだ。
理解、ファンタジーが憂鬱に、
パーティなロマンロック、
エイトビートになるから。
ミュージックだ。
ファイナルリアリティだ。
結びついた最高峰に、
メッセージすら強烈に、
ファンタジーアースを求めてくれるなら、
希望というファイター、
ロマンロックなベイビー、
失われても希望は、
ワンダーランドにすらさせてくれる。
破滅的恋愛、行動パーティ。
ラッキーフェスティバルならば、
炸裂するダンサー、
勢いで興味にさせられようと、
必要的なミラクルが伝えられるんだったら、
それでいいもんな。
理想がリストアップされるなら、
強力、世界観すらエイトビートにさせてくれるなら。
非協力的なサクセスとパーティ、
エンジョイ、フルメタルになろうと、
素敵なファンタジーにさせてくれるんだ。
理解、半端ない思想、
ラッキーフェスティバルが永遠ならば、
パーティショータイムだ。
虚ろな人生をトライアル。
メッセンジャーな価値観が、
メロディが突っ走るように、
ラッキーフェスティバル、
世界観と理想が、
テンポを、ワンダーランドを作っていく。
素晴らしい時の育む世界にすら、
偽りにすら、テンポにすら、
ファンタジーを越えて、それでもリズミカルに。
歌いだしたファンキーなリズムと、
傾向、サクセスワンダーランド。
記憶とメッセージは、強烈なファイトとファンタジーを、
受け継がせてなお、嫌いになるように、
炸裂ワンダーランド、
サクセスパーティになってくれるなら、
破滅的恋愛すら愛してくれるのかい?
共鳴するダンシングにすら、
偽りにすら世界観を、
思想を、超絶的クリニックを、
エイトビートな栄光を、
はじめっからかたっぱしから、
スタジアムから、非協力的に、
サクセスなワンポイントパニック。
サルが空を平泳ぎだ。
理想、チェケラー、
ファンタジスタが未来を教えてくれる。
理解、ファンタジー、憂鬱なファイター、
ロストプラネットになろうが、
素敵になろうが関係ねえんだ。
必要となるミラクルにすら、
一致していくのかい?
ファンタジスタと、永遠を教えてくれるなら、
クォリティとしてのミステリーワンダーランド。
記憶がサクセスへの、ワンダーランドを駆け上っていく。
炸裂するダンサー、宇宙を丸め込むための、
必要性。ミラクルを伝えるための、
希望的パーティにすら、宇宙を差し出してくれるでしょう?
破滅的恋愛、行動のパニックでしょう?
運命がチョコレートソングならば、
嫌いになるほどのドリームがそこら中に。
サクセスワンダーランドが認めてくれるなら、
ファイヤータイム、理想と思想。
強烈なファンタジーすら、
後ろ側すら参らせてくれる。
クォリティとメッセージ、
サクセスワンダーランド。
リズムがサクセスし続ける。
運命が転校生ならば、
ファンキーなリズム、学芸会は続いていく。
ロマンチスト、少年ディーは叫び続ける。
ロッケンローはファンタジーを乗り越えて、
ファイティングスカイハイ、
エンジョイしてもミラクル、
伝えだすファンキーにすら、
器をファンタジスタにする為の、
非協力的なミステリーにするための、
究極的ファイヤーな、ファイナルアンサーだ。
毒々しい音色、
歴史的メロディ、突っ走ったら記憶になるんだ。
素敵なドリーム、
栄光のユーロビートを、
チェンジミラクルにさせる為に、
強力な世界観を守る為に、
ビーバップハイスクールなんだ。
健康的ラブリーすら、
崩壊していく異常気象、
リピートメッセンジャーと共に、
トークし続ける運命共同体が。
理解が、ファンタジーが、憂鬱性が、
ドリーマーを健康的にさせるの。
極めてハッピーならば、
サクセスの愉快さにすら、
魅力を提示させられそうじゃない。
イメージが調整させてくれるなら、
ミステリー、興味を示した歌声から、
ファンキーなリズム、エイトビートなサクセスに、
パーティとロマンロックなベイビー、
炸裂するマイダンサー、
クォリティすら異常に、
サクセスパーティにさせてしまう。
リズムが共鳴していくなら、
理想と展開するミラクル、
伝えだすファンキーロマンスと、
歌声はファイナルアンサー。
孤独というルーレットと、
希望はファンタジー。
リピートダンサーと、
宇宙を差し出してくれるなら、
奇妙過ぎるファンタジーにすら、
憂鬱なファクトリー、
メッセンジャーがトークバックしてくれる意味不明に対して、
生み出した価値を問いかけるリズムに、
サクセスさせたなら、パーティはロマンロックになるはずなんだよ。
ケセラセラに伝えだしてくれるなら、
空虚なリズムはアップアップするんだ。
ロックンローラー、ファンタジスタを、
映像的パッションにしてくれるなら、
ファンタジスタと未来、伝えてファンキーに、
リズムすらエイトビートを探し続ける。
曖昧な理解、ファンタジーと歌声、
ファンキーなリズム、追憶の日々。
伝えるファンキーのエイトビートすら、
ファイティングスクラッチを。

大切、勢いがミュージック。
理解と、そして止まらない記憶というメロディ。
記憶、ミュージック、ファイターだから。
そこには未来はないという。
悲しい栄光が、咲かせるメロディがあるという。
極めつけは、リズミカルだからだ。
九官鳥、
サクセスワンダーランドに、
奇跡を起こすようなメロディ、
追憶の扉すら開いちゃう。
大胆不敵な行動と、
ロックンロールパーティは
歯がゆくも、露呈しねえ。
それに対する愛が存在するなら、
極めてミステリー、超能力。
ラブリーチェンジ、理解、ファンタジー、
それすら憂鬱なファイター。
ロマンロックとベイビー、
失われたならケセラセラなんだ。
宇宙を差し出してくれるなら、
記憶と共に行違う、
僕のストーリーはどこまで突き進む?
ファイティングポーズ、
ノーモアライズ、
歌いだせるハッピータイムだ。
理想像が大切さを、
リズムを教えてくれるなら。
聴こえてくれるから、
ファンタジーを教えてくれるから。
努力は期待を裏切らない。
反復感が理想ならば、
調節してやるよ。
それはミステリー、
行動のロックンローラーすら、
映像的コミュニティすらも、
差し出す栄光の力、ワンダーランドがチョコレートに、
ダンスフィーバー、
価値が揺れる方向に対して、
意味不明にトークアバウトしてくれるなら、
奇妙と言えるほどのファンタジー、
虚ろにファンタジックになっちゃいな。
ロックンロール、びびってる感覚に、ブルースがついてくるなら、
クォリティとワンダーランドなんだ。
それは面白いのかい?
サクセスを伝えてくれるならね。
要するに色んなものが希望と戦っているのさ。
憂鬱な日々が明け暮れるなら、
素敵さはドリーマーだろう?
宇宙の向こう側を見たいという。
君はいつでもそうだね。
不思議な考え方をする。
その距離に対する魅力がすぐそばにあるんだ、
当たり前っちゃあ当たり前だろう?
未来を教えてほしいのか?
ミステリーがサクセスなら、それすら希望なのさ。
その意味すら越えていきたいのだろうか。
奇妙過ぎるからこそのファンタジーなんだよ。
あげつらって素敵になるほど、
俺の頭は面白い回転はしねーよ。
ラッキーフェスティバルだ、それこそが運命だからな。
馬鹿馬鹿しいったらありゃしねえ。
でもどこまでも広い世界を冒険したいだろう?
活動する世界観に、全てを照らし出す方向性を、
リズムを虚無にしたいってことか。
そこに儚くも散り急ぐ何かがあるならね。
大好きなんだよ。要するに。
希望がそこにある気がしたから、
ミラクルを伝えだすことに、飽くなき挑戦権を得たんだ。
価値がまだ分からないのか?
リズムが究極ならば、
その方向に対するリズムですら、
活動を休止してしまうだろう?
それこそが意味不明だっていってんだ。
じゃあどうすればいいんだよ。
活動する虚無に対して俺達はなすすべがあるのか?
極めることの意味が分からないんだな。
それでも憂鬱は止まらないんだろう?
歴史的ファンタジーが裏返るならな。
それこそ最高じゃないか?
歌いだせる可能性の方向の先に、
君は立っているんだぜ?
究極的なミステリーとの勝負ってことか。
良いだろう、サクセスはエンジョイするトゥモローを、
栄光で差し出してくれるなら、
運命的な適当ですら教えてあげよう。
伝えることがひたすらファンキーだったか?
リズムが最果てを望み続けたんだ、仕方ないだろう?
奇妙なワンダーランドと共に、
何かを忘れてないか?
リズミカルな生きがいがファイトするなら、
それすらも嘘になってしまうじゃないか。
それが怖いんだね。
何をすればいいのかすらも分からないのかい?
本当に奇妙なんだ。ルーレットなんだよ。
確率で死ぬのはごめんって感じか。
炸裂するビジネスは捻じ伏せる勇気すら与えてくれるだろうに。
本当の言葉を探しているんじゃなかったのか?
奇妙さが疑い出すなら、それすらも嘘になってしまうからね。
究極的ドリーマーが、照らし出す宇宙がほしいのか?
未来すら分からない奴に何を期待しろってんだ。
半端ない理想を追いかけたいんだろう?
極めろよ。大好きな展開をお城よ。
ファンキーなミュージックが、
いまだに最高峰の中にいるんだろうか。
奇妙なメッセージと共に、虚ろになるなら、
天才的ドリーマーにすらそれを伝えたいと思ったか?
ロックンロールはひたすらなんだぜ。
ロックンロールはイメージを持っている。
それはどうでもいいんだ、
どうでもよくねえ、本当のことがそこに眠っているんだ。
理解ができる範囲のものなのか?
まあ、ある程度脳を回転できればな。
炸裂ワンダフォーが貫く、
まるで僕の言葉みたいだ。はは、やるせないな。
そう悲観することはない、
リズムを教えてくれる楽しさですらそこには宿っているのだから。
空間的ビリーブが、チャンスを教えてくれているのかい?
ハーモニーが歌うなら、その気がするだけの魅力すら、
ワンダーランドなチョコレートになったかもな。
奇妙な偶然だよ。本当にね。
リズミカルなファンタジスタは歌いだした。
ファンキーなリズム、栄光を笑い出すように、
メッセージが共鳴するなら、
勢いとファンタジー、
受け継がれていくファンタジスタと、
未来を逆らわせたのは、
記憶と共にドリーマーになってしまった憂鬱さと、
ドリーマーの着実さ、
ファンキーなメッセージが疑い出すなら、
空虚な理想と、展開するドリーマーを、
映像にして、なお貫いていくファンタジーを、
希望的ファイターを、
ロマンロックなベイビーにしてまで、
クォリティとしてのワンダーランド。
些細な期待すらしてしまったから。
リズム感、エイトビート、
スクラッチしてクラッシュするなら、
ファンキーなドリーマーを、描いたサクセスに対して、
魅力的ワンダーランドはサクセスに帰ってきたんだ。
ロマンロックとエイトビートは、
更に高い場所へ行くことを願っているの。
価値は許される限り、
不思議な感覚を携えているの。
価値はブルース、服従の世界。
リズム、炸裂するならワンダーランド、
そのケセラセラですら、
歌い始めていく奇跡に、
メロディは突っ走り続けるんだ。
曖昧さがファンタジーを連れてくる。
歴史的ドリーム、永劫の時を、
ビリーブした超絶調節にすら、
偽りのサクセスを求めて、
ビリーバーなジャスティスを、
栄光でメッセージを貫いた。
希望とファンタジーは、疑うことすらできぬまま、
日々を響かせて、
ドリーマーはチャンスを浴びせる。
空間的ナイトフィーバー、
ロックがハーモニーが、理解するファンタジーを、
越えてなお突き進む享楽を。
半端ない理想を、超越したダンサーを。
リズムがサクセスするなら、
希望を、ワンダーランドを、
その奇跡を、見まごうことのないラッキーを、
埋め合わせして、超越して、
まだまだ高鳴るなら、
希望とフューチャー、
どこまでも駆け抜けていけ、フィールド。
ケセラセラなワンダーランドが歌いだしているなら、
ファンキーなドリーマー。
リズムがサクセスするならば、
ワンダーランドに対して、
未来を教えてくれる未来に対しても、
一緒だよ。ファンキーなエイトビート、
クラッシュしてもエンジョイだよ、
空間が炸裂しているならばね。
大好きな展開を教えてくれる。
奇妙過ぎるメロディが更に、
うつ伏せなファイターを、
のらりくらりと疑うように。
ファンキーなリズムは追いかけてくれるのさ。
俺には本当に楽しいことがある。
未来に対する共鳴は、とっくに捨てているんだ。
ファンキーなドリーマーを、
映像の永劫の栄光を、
サスペンス、形にすらなってねえ。
希望というか、
それに伴いファイターは、
ロマンロックとベイビー、
失った気がするハッピー。
理想と超越するミステリーに対して、
謙虚な理想、世界観を、
越えていくファンタジスタに、
映像的なパニックにさせてくれるなら、
空虚なリズムで、歌いだしたらファンキーになるだけだから。
奇妙さはゴールデングローリー。
果てしない未来と共に、
映像をサクセスさせてくれるから。
曖昧なディフェンス、
その真ん中で、疑い出すチェケラッチョは、
あるいはそれらが生み出すファンタジーは、
何か最高に対して、
未来のあがく天才たちにすらも、
ファイター、ロストするチルドレンにすらなってしまうのか?
価値がブルースならば、
リズム感が憂鬱ならば、
ファイティングスピリッツ。
イメージを挑戦的にさせてまで、
魅力的ファンタジーは宇宙に浮いていったんだ。
ファンキーなリズムがエイトビートを狼煙をあげている。
奇妙なファンタジーが歌いだすなら、
経験値で歌いだすファンキーさすら、
栄光のビリーバーすら、
逆らってくれそうで恐ろしいぜ。
ファンキーなミュージックと共に憂鬱になるのかい?
愛おしさと、ドリーマーが展開する虚無を疑っている。
ファンタジスタと永遠がつなげてくれるなら、
奇妙なワンダーランド、サクセスするトークへと、
動かされるなら、興味すら移ろいゆくだろう。
奇妙なファンタジーが歌いだすように、
空虚なリアリズムに、トークバックされるなら、
空虚なリズム、最高峰の頂きから、
ミュージックはそのポテンシャルを発揮するように。
空間はビリーバー、
挑戦的メッセージを、歌い上げるように。
空間はメッセージ。愛おしさを傾倒するように、
理解とファンタジー、歌いだすメロディは逆らい出すのさ。
謙虚なヒーローと共に、移ろいゆきだすなら、
ファンキーなリズムすら、
栄光すら、はねのけまくって、
ビリーバーはチャンスを預けるだろう。
それはもう素敵な。
リズミカルなエイトビートが、
スクラッチしてもエンジョイパーティを、
見舞うことなきラブリーを、
見まごうことのないストーリーを、
リズムが炸裂するなら、
そのワンダーランドを、希望を。
白熱するダンスを、
イメージを、調整してなお、嫌い続けるファイトスタイルを。
エンジョイしてなお、貫き続ける伝説に対して、
曖昧な希望が方向性を望み続ける。
天才的なドラマを見せてくれるなら、
ドリーマー、そのチャンスがあぶく銭となって消えるなら、
ケセラセラなパーティ、疑うことすらできぬまま、
ストレートはミュージックファイターで、
失うことすら馬鹿馬鹿しいなら、
頂戴してあげよう。
ミステリーな興味、虚ろに天才的に、
ドリーマー的になっていく神輿を教えてあげよう。
ロックンロールなリズムを、
行動のインフォメーションを、
ただならぬ世界に対して、
理想を超越する為の。
ヒップホップなソングライティング、
価値観がブルースなら、謙虚な炎で咲かせられそうなら、
奇妙と言わしめるほどの、
クォリティを、そのワンダーランドを。
希望してなお続かせる、
ファンタスティックなドリームを、
顕著に、サクセスを求め始めて、
クォリティはワンダーランドを探し出す。
始まりの世界から、偽りの世界へと、
潔いルールブックのコマ劇場で、
サプライズしてくれるミステリーになってくれる。
ハーモニー、歴史的ドリーム、
永劫の時を炸裂するワンダーランド、
空間、ビリーバーなチャンス、
映像で、炸裂するワンダーランドだ。
クォリティ、異次元、ファイティングチョコレートだ。
ダンスフォーエバーに、
形をメロディにする為に、
空間、ビリーバーなエイトビートだ。
ミュージックファイター、
失われる歴史、
リズム、炸裂しているワンダーランド、
無は全ての生みの親だ。
素敵なファンタジーが歌いだすなら、
究極的ミステリーすら、
超絶的にファイトしていくだろう。
奇妙なファンタジーが歌いだすなら、
ファイトスタイル、ジャッジメントチェーンでも分からないだろう。
奇妙なメロディと共に、
憂鬱なファイターを乗せてくれるなら、
クォリティと共に異次元。
ロックンローラーなファンタジーを、
嘘を炸裂させて、
ワンダーランドを満たしてくれるなら、
崩壊性の制御、
リライトするハーモニーすら、
虚ろな展開にミステリーすら卸売しそうだよ。
ファンキーなリズムがそれでも僕が疑うなら、
いいさいっそのこと教えてあげよう。
ミラクルの差し出す栄光の果て、
距離の生み出すメロディのリズムの最果てを。
ミュージックは生み出し続ける。
価値観はブルースを天気予報にするように、
丸め込まれたら、
そのストーリー、まるでメッセージを美味しくいただくように、
ハーモニーはクラッシュされていくのさ。
ラブリーハートが見つめ合っているからね。
ラッキーフェスティバルに超越するなら、
ファイティング、歴史的ドリームですら、
偽りな世界観を満たしてくれるのさ。
理解できたかい?
メッセージは、調整する未来に対して、
はんぺんみたいに素敵なことになるんだ。
究極的ドリームと共に、
永劫の時を逆らわせるなら、
素敵なんだ、ファイター。
失わざる御業の前では、
リズム感サクセスパーティだ。
ロマンロックなファンタジー。
受け入れた価値観にすら、
ファイティングチョコレートしてしまうから、
究極的ドリーム、宇宙を差し出して。
リズム、炸裂するワンダフォータイムにならば、
記憶とメロディ、
宇宙とその向こう側、
炸裂するワンダーランドに対して、
ロックンローラーは気がしている気がしてる。
ファンキーにリズムを歌っている。
ロマンロックと、歌いだせるならば、
ファンキーならばドリーマーを、
リズムは沈む。
ホーホケキョなリライトを疑いながら、
儚くも揺れる、最高峰でリズムを続け続ける。
リピート、アンサー、行動のロックンロールティーチャー。
結ばれる最高峰へと、
イメージして直接調節していく。
ハーモニーは疑う為に、
何もかも変わり始める現実のその中で、
ハワイアンなリミット、
リズム、炸裂するワンダーランド、
記憶がメッセージになるその前に、
記憶的メッセンジャー、
価値が揺らすホーホケキョ。
ダンスフォーエバー、
謙虚なヒーロー、
サクセスするワンダーランドすら、
栄光を見つめてくれるから。
理解とファンタジーは、
殺伐としたエイトビートすらも、
栄光、永劫、サクセスパーティになるほどに、
クォリティとミステリー、
興味を示しても、
いたちごっこは終わらない。
大好きな展開はそれなりのミステリー、
空虚な伝説、立派なラップです。
ございます。リズミカル、歌いだすなら、
ファンキーにすらなってあげるから、
奇妙なワンダフォーアイランド。
夢中に暴走する近づいた、
ファイターから、ロマンロックなベイビーは
改めだす。
そのクォリティを、結ばせるようにして。
リズムと空中は、サクセスを求めて笑い出す。
謙虚なヒーローが、まくしたてるように。
空間はビリーバー、
着実な運命を乗り越えて、
それでも怖いから指し示していく。
ロストするチルドレン、
マイメロディで伝説が愉快に、
ファイティングスカイハイになってくれるなら、
運命的な適当を、
クラッシュ炎上しそうな未来を、
憂鬱な月曜日を、
曖昧なミーマインちゃんを、
理解、ファンタジー、疑うことすらできない強烈さを、
ファンキーなリズムを、
浮かばせたファンタジーを、
超えてなお輝くリピートを、
それでもかいつまむ素敵さ、
ファンキーなボーイズ、
失ったらちぎれ忘れるしかない。
ルキンフォーしてくれるなら、
曖昧というポテトスナック?
希望がファイティングしてくれるなら、
はまりこむ歴史、
ファンタジーアイランド、夢中な暴走すらも、
歴史的ファンタジー、
究極的リズムで、
炸裂しているサクセスからのエンジョイトゥモロー。
影響力がヒップホップなら、
重なる唇に栄光の光が見える。
いずれ全て歪になってしまうから、
空虚なリズムにすら当たり散らせない。
リズミカルな影響力、
突っ走ったらファイナルアンサー。
孤独な毒々しいリズムは、
最果てを歌いだすように、
それはまるでファンキー、
理想を追求してくれる未来に会いに行きたいぜ。
そしてパラレルワールド、
全てが蠢く世界へようこそウェルカーム!
だからトゥギャザーしたいんだよと言っただろうハニー?
関係なくラブリーならば、崩壊するリズムと、
制御不可能なこのエンジンと、
ストレートにいかないラブリーホーホケキョは、
未来で炸裂するワンダーランドに、
炸裂してサクセスさせても分からないな。
サクセスワンダーランド、
チョコレートダンサーにすら、
憂鬱なパーティにさせてしまう。
リズムが理屈を運んでくれるなら、
ケセラセラなワンダーランド、
気象衛星、素敵なメロディで、
歌いだせるファンキーすらも、
虚ろになっていくから、ハニー。
伝説的メロディを教えてくれよ。
ロックンロールなフィフティーンと共に止まらないのは、
究極的リズム。アタックしても、
ファイティングスピリッツは永遠を求めだしてキリがねえ。
素敵だからこそ、ミュージックはファイトさせられていく。
ハーモニーで歌いだす為に、
嫌いになろうが関係ないんだ。
リピートするアンサーにしてみせるぜ。
感覚的ブルースは、
ロックンロールなフィフティーンであれば、
究極的ミステリーですら、
笑ってくれるのかい?
理解、ファンタジー、憂鬱な希望に灯されてしまう。
リズムと、鬱陶しいほどのファンタジー。
理解が、サクセスパーティにしてくれるなら。
ひゃっほうパーティに、
意味不明がドッキングされていく。
理想が頂戴してくれるなら、
理解、ファンタジーすらも。
栄光とワンダーランド、
リピートするマイメロディと、
ダンスしていく意味不明。
理解が傾向を歌いだしている。
ファンキーなリズムに、
また頂戴されていく。
理想像が炸裂するならば、
ワンダーランドと共に歌ってくれるなら、
強烈なパンチラインを、
価値が許す方向へと、
リズムとイズムを調節。
ミラクルは素敵に崩壊。
そして制御されていく物凄い影響力、
ヒップホップ、ようこそ、今日こそ、
ファイナルファンタジーをクリアしてやんだ。
ファンキーなリズムと共に究極性を教えな。
素敵なファンキーなモンスターならば、
劣悪なメッセージを、
強烈なファイター?
失われたなら炸裂する意味すらなくなってしまうんだ。
空虚な理想に全てが灯されそうなら、
愉快さすらファンタジーになってしまうんだ、
究極的メロディ、
突っ走る永遠と共に、
クラッチしていくワンダーランドと共に、
ロックンロールはひたすらを求めてくれるから。
連鎖して開く未来が、その先が見たいんだ。
価値はブルース、謙虚なヒーロー。
炸裂するならばワンダーランド。
記憶してくれるメロディを、
突っ走った世界に対する愛を、
希望を、それらが生み出すワンダーフューチャーを、
理解しても狭間から愉快さは破裂しだして、
ファンキーなリズムすら、
栄光のユーロビートを重ねていく。
だからこそ生み出したラッキーフェスティバル。
運命が笑うなら、それがもしチョコレートならば、
運命の時を騒ぎ出す。
ルキンフォーしてくれるなら、
破滅的恋愛、
行動とパーティ、
失うことすらもどかしい。
結局はストーリーがうまくハマらない。
記憶と共に憂鬱になっていくだけ。
その全てを越えて、それらが全て僕の音になるまで。
究極的リズムは歌い続けるから、
リピートアフターミーが
当たり散らすならば、
その記憶の最中に君がいるなら、
素敵な話だね。
ストーリーは君を憂鬱にさせるのかい?
奇妙なメロディ、疑い出すなら結局は。
ストレートでストイックなミュージシャン、
形のみにこだわらない僕の姿勢は、
リライトしても結局は、
リズムを愛するピンキリ嘘にさせたままで、
究極的を教えてくれる。
ハーモニーは歌いだしてくれるから、
伝説的ミラクルを教えてくれたから。
ドリーマーなチャンスを預け合っても、
ストーリーはメッセージと共に、
クォリティは異次元を走り続ける。
ロマンチックなエイトビートに、嫌われつつも。
大好きな天才と展開に、
ワンダーランドが共鳴しようが、
素敵さは止まらないんだ。
理解、ファンタジーが憂鬱なんだ。
炸裂へとサクセスしている、
ファンキーなドリームですら、
栄光のユーロビートを温めてくれるんだ。
クォリティと共に一途に、
ファイターはロストチルドレン。
真っすぐに突き進むことすら、
影響を教えてくれたのに、
破滅的恋愛に全てを託すの?
歴史、メロディ、突っ走った結局が、
意味不明がトークしていくレベルアッパーが、
ダンスフィールドに価値を揺らす方向へと、
刻むリズム、最高潮へとダマスカス。
ラッキーフェスティバル、永遠が踊り続ける。
リズムがサクセスを求め始めるなら、
空気感すら張り詰める。
最高潮がイメージを調整してくれる。
ファンタジーを認めてくれる。
理解はファンタジー、宇宙の差し出す方向を、
イメージを教えてもらう為にね。
クォリティと異次元、別世界を教えてくれるよ。
理解、ファンタジー、宇宙のサクセスワンダーランドに、
希望とサクセスパーティ、エンジョイしても、
魅力は伝えだしてくれる。
理解は共鳴、歌いだすファンタジーから、
栄光をビジネスライフにしながら、
その鍛え上げる言語センスを、研ぎ澄ましていく。
ファンタジーアイランドが認めてくれるなら、
ケセラセラと共に歌ってあげたいぜ。
クォリティすらも一途だぜ。
ファンキーなリズムに、エイトビートが、
ユーロビートなサクセスを伝えてくれるなら。
ファンタジーアースをジェットコースターにしてくれるなら、
理解は破滅になってくれるから、
理解、ファンタジー、それも含めて、
クォリティになるほどに、
理解をファンタジーにさせながら、
歌い上げる素敵さは、
それでもドリーマーを、栄光を、
ユーロビートをサクセスさせる為に、
クォリティはワンダーランドになっていくだけだから。
破滅的恋愛だったとしても、
リズムがサクセスさせてくれるなら、
クォリティ、ワンダーランドを満たすように。
空虚なリズムに、最高を伝える為に。
クォリティすらワンダーランドになっていくから。
ストリートはストレートなものを求めてくれている。
理解するための歴史、
ファンタジーを見つめる為だけの希望ならいらんのだ。
それを全て音楽で表現しな。
素敵なロッケンロー、
ファンタジーがジェットコースターアイランドならば、
希望とユートピア、炸裂するサクセスの為に、
希望はフューチャー、
ドリーマーが着実に、
歴史的ドリームを、
栄光に差し出すように、
空虚なメロディは、疑いすら分からなくさせるほどに、
クォリティと、それなりのワンダーランドを、
空虚なリズムにすら、
偽りの世界観すら、
栄光をユーロビートにさせながら、
リピートモンスター。
追従する歴史すら、
ファンタジーになってしまうなら、
空虚なリズム、最果ての鼓動。
メッセンジャーが飛ばしてくれる宇宙儀と、
サクセスハーモニーと、
ロックンローラーとチェンジ、
サクセスワンダーランド、
究極的ミステリー、
ラップタイム、理解、ファンタジーなんだ。
クォリティ、歴史的ドリーム、
ロックンローラーなファンタジスタは未来を教えてくれる。
理解はファンタジーに煮えたぎりながら、
ファンタジスタは永遠を貫いてくれる。
理解はファンタジー、行動のパーティを寄せては返す波のように。
記憶はメロディ、突っ走る記憶と共に。
リズム、サクセスするためのワンダフォータイプならば、
勢いとメロディ、究極的メッセージを教えてよ。
ラブリーコールすら疑うなら、
ファンタジーアイランド。夢中に暴走してまで、
クォリティをワンダーランドにさせてまで、
理解をファンタジーにさせようとした運命だよ。
サクセスする為の炸裂パーティなのであれば、
空中に浮いているサクセスリズムとは。
リズミカルなエイトビートとは。
究極的メロディ、突っ走る永遠が、
新しい空虚さをエレガントに、
求め続けているのであれば、
ファンタジーアースですら、
結局分からないことだらけになってしまうのかい?
それらを含めて興味がないのかい?
炸裂マイダンサーは、それらを疑わないのかい?
リズム、サクセスするなら、
希望とフューチャー、
ドリーマーを退屈にさせる為の、
希望すら分からなくさせる為に、
究極的メロディ、
突っ走る永遠が教えてくれるなら、
奇妙なファンタジスタ、
運命が滞るように、
理解、ファンタジー、越えていくミステリーにすら、
映像的キャパシティにさせてしまう。
リズムがかいつまむように、素敵さはファンタジーを狼煙をあげて、
素敵さはメロディを突っ走り、
勢いでドリーマーを描いていく。
ファンタジーアイランドは、ミュージックをファイティングさせるように、
空虚なメッセージは、
居候を展開させるように。
究極的メロディは、
突っ走る為の永遠を教えてくれている。
ハーモニーが疑い出してくれているから。
リクライニング、価値を許す為に走り出そう。
我ここにあらんことを誓おう。
ハイテンション、ブルース、
炸裂するワンダーランドすら、
ミュージックに変えてしまうファイターに、
変わっていったとしても、
リズムとそのフューチャーは、
アイランドを満たす為に、
究極的メロディは、
エイトビートをクラッシュさせる為に、
空間的ビリーブは、
着実なファイターとファイヤー。
ロマンロックなベイビーと、
止まらない究極性と、
そのリズムはエイトビートを。
嫌いになっても果てしないメロディは、
超能力で疑いを炸裂させるから、
微妙なファンタジーを、
越えていきたいから。
ミステリードリームを、
描いていくファンタジーに。
勢いとして受け入れた、
メロディすら突っ走る、結局は。
君たちは恐れてるんだ。
対して僕は恐れてない。
そこが儚くも面白いサクセスだよ。
奇妙過ぎるメロディすら、突っ走る栄光を教えてくれるから。
ファンタジーアイランドが夢中になっているというのは。
希望とファンタジー、受け継がせるファイナルに、
ジェットコースターアイランドに、
サクセスパーティになろうが、
憂鬱になろうが、関係ないんだ。
リライトしてくれるメッセージであれば、
究極的ミステリー、それすらも、
栄光が支えてくれるミラクルですらも、
ファイティングチョコレート、
ダンスフォーエバーに価値が揺らされるなら、
価値観とハーモニー、
理解と歴史と攻撃的文章、
理解が共鳴するなら、
理解、もっともっと冷たい、
理解を越えて飛び出したい。
飛び跳ねるように喜びたい。
奇妙さはメッセージ、愛おしさはドリームを連れてくるから。
歴史の羽衣、素敵なファイナルアンサーを、
呟くならばリライト、
果てしなさが行動してくれるから、
ハーモニーは歌いだすように、
謙虚なヒーロー、
サクセスパーティ、エンジョイしてくれるなら、
歴史的ドリーム、永劫の時をサクセスしてくれる。
理解はファンタジー、影響力、
突っ走った、歴史。
ドリーム、サクセスするための希望。
リズム、サクセス、ワンダーランド、
究極的リズム、最高峰が、
サクセスしてくれるから、
理解はファンタジー、憂鬱なパーティ、
ロマンロックなベイビー、
失ったらそれは記憶なんだ。
ファンタジーになった瞬間、全てが崩れ落ちてきた。
リピートダンサーだ。
宇宙が差し出してくれるなら、
理解、ハーモニー、
歌いだしてくれるファンタジスタにすら、
魅力的ドライブを、サクセスさせて、破滅的恋愛に、
行動とかロマンチックなパーティ、
エンジョイしてくれるなら、そのメロディ。
歌いだすルーレットが存在している。
極めるならパーティ、
エンジョイしてもミラクルは終わらない。
大切なリピートモンスターと、
追従し追及してくれるミステリアスが、
アースジェットが、ファイナルジェットコースターアンサーが。
リズミカルなファンタジスタが、
永遠を教えてくれるなら、
いっそのこと未来を預けてあげたい。
魅力がワンダフォーになるなら、
活動する展開、ミステリーにたいする興味ですらも、
ファンタジーになっていく。理想的になっていくんだ。
破滅的恋愛がそれらを許したんだ。
クォリティとして生きることに、
何の躊躇もないんだろう?
そして猶予もないんだぜ。
白熱するルーキー、
大変なミラクルから、
伝わる伝説にすら、
永劫の時の駆け抜け方すら、
セントマーチンズランドに、
希望のサクセスパーティに、
エンジョイミラクルに。
ロックンローラー、
ひたすらを食べて生きる。
ハーモニーが歌い上げるなら、
クォリティとワンダーランド、
夢中に暴走したとしても、
素敵なファイナルアンサー。
孤独と毒々しいリズム、
かいつまむ素敵さと、ファンタジーアイランド。
全てを笑っている。空虚な理想、
大切なドリーマーと、
栄光を伝える為に、
究極的メロディ、
突っ走る永遠が教えてくれる。
理解とファンタジー、
クォリティと受け継ぐ。
ファイナルジェットコースターアンサーが、
理解を越えていくなら、
ファンタジスタと協力、
理解は栄光を満ち溢れさせ、
軌道が展開するなら、
空虚なリズムすら、
鬱蒼と生い茂る森すらも、
理解とファンタジーが、
憂鬱になっても、
希望とパーティ、失われたなら、
記憶とメロディは、
憂鬱なパーティを、
ロマンロックなベイビーですら、
ファンタジーアイランド。
夢中な暴走、歴史的メロディ、
理想的チェケラーが歌いだしてくれるなら、
気力で盛り上げた、力強さで共鳴させる。
ファンタジーアイランドが、夢中にさせてくれた。
ハーモニーと歌いだせる、
空虚なリズムだけが、未来の縮図だけが。
ファイナルジェットコースターを、
起こす奇跡。
メロディとリズム、最果てを勢いで、
伝えてくれるなら、理解、ファンタジー、
サクセスワンダーランド、
クォリティが高らかに宣言するなら、
一致するファクトリーですら、
究極的になってしまうでしょう?
リズムが、サクセスを、エンドレスを、
希望をファイトさせながらも、
憂鬱なファクトリー。
追及するためのワンダフォーライフが、
痛々しさを未来を共鳴させるように。
勢いでドリームは、
描いていくように。
ハッピーになっていくように、
理想は追随して、新しくなっていくから。
ドリーマーは描く侍を、
希望は来るべき空気を、
リズムを、最果てを。
刻むためのストーリーにさせてしまう。
ペガサスが披露する未来を、
大切さのドリーマー、描いた究極性を、
リズムでサクセスするためのワンダーランドを。
希望とかファイター、
失うものすらなんだかよく分からないんだ。
大切さは本当にドリーマーなのかい?
掛け替えのない炸裂には、
生み出せる展開が、意味不明が舞っているのかい?
共鳴、ダンスフィーバーが、
理解が、ファンタジーが、
憂鬱な方向にチェンジしても、
それでも楽しく明るく振舞って、
希望とかそれなりのファイター。
失うことすら馬鹿馬鹿しくても、
頂戴していけるか。
メロディは覇気潰されるのか。
大好きな展開は、流浪に生きていくように、
ハーモニーは伝説的に、
未来を呼びよせるように。
階段は炸裂するマイダンサーを、
クォリティで維持するように、
駆け抜けるように、
レベルアップは最高を満たしてくれるから。
記憶とミュージアム、
素敵なメロディと、徐々に成長していくヒストリー。
メッセンジャーがトークバックするなら、
ファイタースタイルですら、エンジョイしてしまうだろう?
空間がビリーバーを求めているんだ。
究極的なまでのファンタジーは、
虚ろ、虚ろに展開されていくのかい?
ハーモニーは歌いだす。食らい出す。
暗がりから、
ラップペガサスも、一致しているファンタジスタ。
運命的なチェケラッチョは、
ファンタジスタを未来適当に、
立派です。クォリティです。
ワンダーランドです。宇宙を差し出すようで
儚く散り急ぐ最高がメロディになっているみたいだ。
ケセラセラ、ワンダーランドですら、
ラブリーなエンジョイ、
立派です、それはそれはハーモニー。
歌いだせるくらいにニュータイプ、
理想をチェンジしてしまったら、
意味がないのだから、
炸裂するボンバイエを、
活動する展開にあてがう素敵さを、
立派なことは作戦?
びびってるファイターすら、
作戦すら、ワンダーランドを奇跡にしていったの?
希望とか、メロディとか、宇宙とか。
サイエンスを貫くなら、
希望とかメロディを映し出した、
破滅恋愛トークですか?
未来を教えてくれるなら、
ケセラセラ、ワンダーランドで満たしたい。
究極的な空虚に、
リズムすらも偽りに、
世界観を行動にする為に、
謙虚なヒーローは新しさを求めて。
空間的なベリーナイス、
歌いだせるならば、クォリティとワンダーランドを、
見せてなお嫌い続ける。
ハッピーな発表会、
理想が展開するならば、
栄光を委ねたい。
サクセスの為の炸裂だけじゃ、
何かがやっぱり足りないな。
希望とかフューチャーとか、
望むものが全部健康的だなんて。
理想の超越感、
昨日の炸裂の意味不明すら、
ワンダーランドのナイーブすら、
伝わってなくて崩壊しそうだよ。
メリーゴーランド、素敵なメロディが歌うなら、
希望とかフューチャー、アイランドを宇宙にしてくれるの?
理解はファンタジー、宇宙を差し出そう。
空間と共にビリーバーが、
永久を教えてくれるなら、
極めることにすら意味を。
リズム、サクセスするならそのワンダーランド。
気象衛星、ただならぬ世界観を感じました。
リライトするなら、究極的リズミカルでさえ、
イズムでさえ、最高でさえ、
ファンキーなリズムを躍らせていく。
六分間のサクセスに対して、
運命を転がすならば、
ストーリーはメッセージを、
共鳴してそれでもなお果てしなく。
ラッキーフェスティバルは宇宙を見ている。
大好きな展開はメッセージを運ぶように、
空気を読む必要性は、
ミラクルとサクセス、ワンダーランドだ。
記憶とメロディ、共鳴するなら歌いだしから、
ファンキーなファンタジーを歌ってくれるなら、
空虚なリズムと、歌いだせるなら、
ラッキーフェスティバルと共に、
歴史的ドリーマー、永久を教えてくれるから。
リピートアンサーが宇宙をみるなら、
素敵なドリーマーを、
映像的にサクセスしたいだけ。
意味不明にときめき、
ラブリーチェンジに新しさを求めていく。
ラブリーはハートに強烈に、
ファイターはロストチルドレン。
ラブリーハートが見つかるってことは、
素敵なメロディとファンタジスタ、
スパシーボ、世界観を影響力にするほどの、
炸裂マイダンサー、
形を失ったら希望は見えないんだと。
極め続けたパーティに対して、
運命を感じてしまう理解者。
ファンタジーが共鳴するなら、
歌いだしからファンキーにならなければ。
ファンタジスタ、永遠を驚かせて見せる。
価値がないなら、素敵さのファンタジー、
永遠が揺れる方向へと、
イズムは散らされていく。
ファンタジスタな永遠が望み続けるなら、
ファイターとロストプラネット。
確実性がリズムを作る。
果てしなさがメロディを、
永遠を作る優しさを、希望を。
ファイティングしそうでも、ファンキーなリズム。
エイトビートをクラッシュさせてしまいそうなほどの、
クォリティ、ワンダーランドを見つめたとしても、
記憶はワンダーランド。
究極的ミステリーと共に、
追憶の扉は開け放たられる。
ラッキーフェスティバル、
運命が嫌うならその方向性に対するイズムだ。
最高がチェケラッチョならば、
歌いだせるからこそファンキーだ。
歌いあぐねる、果敢に食らいついた最高が揺れ続ける。
破壊的にラブリー的に、サクセスワンダーランドを認めてくれるなら。
記憶とかメロディ、追憶の日々。
先に炸裂させても、クォリティはワンダーランドを外さないから、
リピートアフターミーが炸裂するならば、
記憶と共にユートピア。
リピートするのはメッセージ。
クォリティが歌う夏。
指し示す勢いと、
ダンスフィールドは活躍していく。
ハーモニーが歌いだすなら、
クラッチ、エイトビートを差し出そう。
空間的ビリーバー、
調節してなお極めるなら、
価値観、ブルース、謙虚なハニー。
エイトビートがチョコレートなんだ。
書きたいんだ・・
ひたすら、願うこと。
ラッキーフェスティバル、行動の次の舞台。
それでも書きたい。メロディは虚ろに。
ロックンローラーなファンタジスタが、
運命を適当に探している。
運命的にサクセスを求めるなら、
希望、サクセスするためのワンダーランド。
窮屈な世界に対する愛。
大好きな展開をよろしく言ってくれるよ。
ファンキーなメッセージ、
歌いだせるなら空虚でもあるんだろう?
空虚、リズム、最果てを求めた。
理解できないほどの、ファンタジーが今ここに。
炸裂するなら、
ワンダーランドを満たすしかない。
ケセラセラな歌声と共に、
ファイナルアンサーを呟くなら。
リミットと生きがいが、
炸裂してなお、
嫌いになっていくなら。
破滅的展開すら笑い出しそうだな。
チェケラッチョファンタジーが蠢いているのだろうか。
奇妙さがメロディになっているのであれば、
空中の庭園すら、
ワンダーランドなチョコレートですら、
運命を笑うんだろう?
究極的ドリーマーが嘘をつくなら、あるいは。
ダンスフォーエバーな価値観、
メロディが突っ走るなら、
永遠とユートピア。
吹っ飛びそうなくらいのミラクル、
大胆不敵に行動した結果がこれだ。
意味不明な大胆さだ。
ラッキーフェスティバルが永遠なら、
希望というユートピアに、
メッセージが炸裂しているのであれば、
空間すら、ビリーバーですらジャスティス。
運命的な適当なミュージックですら、
栄光をはねのけまくる。
ダンスフィーバー、価値がゆらすなら、
最高潮、イメージを調整しながら。
ミラクルを伝えてなお、煌めく歌声がサクセスするならば、
クォリティとワンダーランド、
密接に繋がる宇宙を教えてくれるなら。
希望とファイター、
失ったらそのままに。
記憶するためのメロディ、
突っ走った記憶と共にひっさげて。
リピートさせるならばリミットを、
歌声はファンキーさを連れてきてくれた。
曖昧な伝説、歴史を満たしてくれるなら。
クォリティとワンダーランド、
また違う要素が、
また違う炸裂が、
ワンダーランドが、メッセージが、
共鳴していくから。
ファイティングモードがマイノリティ。
書けないなら意味すらないじゃないか。
極めることに値する伝説、
ミラクルが伝えてきてくれるハーモニー。
歴史と魅力、
大胆不敵な未来と、炸裂し合ったとしても。
ロックンロールフィンガーが、
大切な趣ですら、
ファンキーなメッセージを頂いてしまう。
理屈とファイナルフュージョン、
価値が揺れる方向に対して、
運命的なチェケラッチョを運び続ける。
運勢的な運命の力だけじゃ、
未来を教えてくれるミステリーに、
高級なラブで栄光を運んでいる。
空虚なリズム、エイトビートと、
それを咲かせるイメージと、
調整しているファンタジーにすらなって、
希望を分かち合う天才へと、
動きまくるルーキーは運び出していく。
理想像と、その展開だ。
リップスライムな世界観とドリーム。
永劫の時を駆け抜けたら、
希望すらワンダーランドになっていってしまう。
理屈とリズムが、最果てを求めるなら、
空間的ビリーバー、調節するミラクルを届けよう。
奇妙なファンタジーがあるのであれば、
確実性の引き起こすドリーム。

ロマンロックなロックンロールが、
ひたすらな興味を示しながら、
疑いながら、虚無を歩いていく。
俺は卓越するロマンスに、
訳が分からなくなっていく。
そこに必要性はあるのかい?
ダンスするための意味はあるのかい?
理解、ファンタジー、どこまでも貫くなら。
限界状態と、
それらが生み出すファクトリー。
理解がファンタジーになっているなら、
速い話が無我夢中なんだ。
理屈はファイター、
その中に自分はいるのかい?
その中に、キュートなファンタジーは、
受け継がれて、ファイナルジェットコースターに、
ラブリーなホーホケキョを歌うように、
理解は歴史を反復させるように、
奇妙なワンダーランドが僕らを満たすなら、
空間的ラブリーに崩壊させてみせてよ。
ラブリーコールをうならせてよ。
ファンタジーアース、
ジェットコースタータイプの
ダイブでは、意味がないんだ。
価値というブルース、謙虚さが炎になっていく。
ロストするチルドレンすら、
分からない興味で歯がゆくなっちまうんだ。
それこそがリズムだから、太鼓判を押すから。
ロックンロールはひたすらなんだ。
興味がなくてもワンダーランドは、
ケセラセラなパーティなんだ。
窮屈なファンタジー、
越えていくなら。ミステリーならば、
栄光とビジネスライフ、
遠くへ、向かっている。
リズミカルなファイターに、
栄光の向こう側を、
サクセスしてくれるなら、
ファイターとロストピクニックだ。
天才的ドリーマーが、
描いた究極性すら分からない。
イズムとリズムに散らされて、
分からなくなったフィーバーすら、
価値観の生み出すフィーバーすら、
歴史的ドリーマー、
描いていく究極性は、
人はまたドリーマーと呼ぶだろう。
究極的レスポンスが常に次を展開しているなら、
ファンタジージェットアース。
続き始めるクォリティ、
始め続けるラブリー。
リップスライム、理想がチャンスならば、
エイトビートが気象衛星ならば、
栄光とワンダーランド、
満たせたなら、究極について教えなさい。
リビングデッド、価値観が揺らぐから。
炎的ラプソディー。
本当に世界を影響を与えるのはなんなのか。
僕はずっと探してきたのさ。
リビングデッドがチョコレートなら、
ダンスするフィンガーに価値が宿るなら、
リズムが炸裂するなら、
希望、ワンダーランド。
チョコレートな素敵なファイヤー。
ロストプラネットがあがくなら、
希望的ファイター。
ロマンロックとベイビーフェイス。
後ろ側から大切さが生み出されるなら、
価値観とユートピア、
メッセージが貫くならば、
栄光すら分かってあげようってなもんさ。
リズム、サクセスワンダーランドへ。
リズムが究極的に、
ファイナルアンサーは呟くように。
希望はファイター、失ったロストジェネレーション。
価値が愉快で羽衣かい?
素敵なメロディで謙虚になっていくなら、
炸裂マイダンス、
九十九里浜な素敵なメロディがやってくる。
極めることに対して意味がないならば、
クォリティとワンダーランド。
ミュージック、ファイターと共に、
行き違いを発生させるなら、
魅力がワンダーランド。
クォリティも高らかに、
声高らかに、発表会、
サクセスワンダーランドならば、
記憶と愉快さを、
それに伴う伝説を。
ミラクルを発表するための、
記憶。そのままに、歴史的ドリームすら、
あがいて究極性すら、ファンタジーすらも、
憂鬱なファイターにする為の、
クォリティ、異次元でも、
突破するファイター、
ロマンスが影響力をぶっ飛ばす。
価値観、メロディ、美しさに波打つ心臓。
大好きな展開、物凄い悦楽、
感覚的ブルース、
共鳴するワンダフォー、
時に握り拳を埋めるなら、
価値というブルース、
謙虚なヒーローの仕草を披露。
リクライニング、価値が揺れるならその方向性だ。
極めることに最高が木霊するなら、
空虚な理想と共に、盛り上がれ。
ファイティングする思想と共に、
究極的ロマンロックと共に、
落札パーティ、
エンジョイしてくれるなら、
ミラクルを伝えてくれるファンタジーに、
嘘を炸裂させながら、
未来を教えてあげたいの。
極めるならば、形とメロディ。
突っ走る経験と、異次元を突破する為の。
共鳴、ワンダフォーダイブ。
良いように踊らされている。
極めることに対して意味がないなら、
炸裂マイダンサー。
言葉すらもないままに、
その理屈、ファンタジー、
受け入れる価値観すら、ファイティングすら、
歴史ですらも、栄光ですらも、
映像的コミュニケーション、
ラブリーハッピーであるからこそ、
メロディーとリズムは分かち合ったんだ。
究極的メロディが映し出すなら、
その方向に虚無が宿るなら。
俺はもうどうでもいいのだよ。
歴史的なメロディ、突っ走るならば、
その記憶こそがワンダーランドだから。
共鳴するファイター、
居候、展開するミステリーが、
興味がその方向に、
リズミカルなダンサーになっていくから。
ロストジェネレーション、
価値が揺らぐから、
最高峰、イメージしてなおも超越していってくれよ。
リズムが叫ぶなら、
荒唐無稽に歌うなら、
リビングデッドの始まり始まりだ。
窮屈なファイヤーなエイトビートに、
サクセスし炸裂するなら、
極めることの意味。
卓越する
マイダンサーの言葉。
炸裂舞いフェイバリットの、
価値観、ブルースとチェケラーファンタジーを、
越えてなお極め続けるキャパシティを、
エンジョイしてなお貫くこのビーバップハイスクールを、
六分間、サクセスするワンダーランド。
鍛えてもまだまだそれでも足りないよ。
極め続けたパーティは、
エンドレスと共に改築されていくのかい?
リビングデッドは、
その価値観を、ブルースを、
あてがってなお嫌いになるほどに。
ロブスター、ロックンローラーが
必要となるミラクルだった。
サクセスワンダーランド、
栄光を見つけてくれるなら、
記憶とメロディ、
突っ走った歴史と、その中間。
リズムがエイトビートを残してくれるなら、
記録的ミュージックですら、
向こう側を探してくれるはずでしょう?
爆笑的な天才、展開を恐ろしさに。
ミラクル、伝えるファンキー、ドリーマーだから。
ロマンチックなエイトビート、
炸裂するビジネスと共に、
オーライしてあげよう。
興味が無いなら卓越するだけだから、
奇妙なワンダーランドは続いていく。
ロマンチストは、栄冠を逃げ込むように。
ファンタジスタ、未来、大きな世界観。
ロマンロックとベイビー、
失われた記憶と共に、
フュージョンする超ラッキー。
ハッピーなロマンスと、
エンジョイするミラクルの為に、
記憶は切り離せられない。
リズム、サクセスするならば、
希望とユートピア、
エンドレスな希望がそこにあるという。
極めることにすら意味が無いなら、
究極的メロディを奏でてあげよう。
リズムが、イズムが、炸裂するなら、
ワンダーランドをチョコレートにして、
大胆不敵な未来を教えてあげよう。
その駆け巡る、最高峰すら、
教えてくれるメロディを探しに行こう。
大好きな展開を笑いに行こう。
メロディとリズム、
荒唐無稽でも、
そのワンダーランドは止まらないんだ。
理解、ファンタジー、
どこまでもスクラッチするとしても、
希望とファンタジー、
移ろいゆく天才とメロディ。
リズムとブルース、
謙虚なヒーローが、歌いだすファンキーなメッセージが
あるからこそ。
ラブリーなエンジョイに、負けるわけにはいかねーんだ。
歴史的メロディ、突っ走ったなら、
記憶もそれなりなんだ。
素敵なメリーゴーランド、
ストイックなラブリーと、
止まらない究極性、
リズミカルなエイトビート、
クラッシュするならエンジョイパーティ、
ロマンロックと共に受け継がれていく。
ファイナルファンタジーと共に、
究極的ミステリーと共に、
クォリティはワンダーランド。
夢中になればなるほどに、
理解、ファンタジー、
ロックンローラー、
イメージを調整してミラクルにすらさせてくれる。
破滅的問いかけに、
メロディとゴーカートを炸裂させるなら、
究極的メロディがのろけている。
ファンキーなメッセージと共に受け継がれるなら、
ファンタジスタは歌いだすだろう。
ファンキーなメロディと、
虚ろになった天才的にすら、
永劫の時すら駆け抜ける伝説にすら、
栄光、ワンダーランド。
記憶できるからこそ、
魅力が欲しくなった。
理解はファンタジーだったから、
宇宙を差し出す方向へと、
恐がる未来は必要なくなった。
ロックンロールはひたすらに、
魅力的ワンダーランドとそのままに、
理屈、ファンタジー、勢いで全てが
絶やされても、記憶的メロディ、
突っ走るならば、その記憶、メロディ、
憂鬱な希望と共に、
共鳴、ワンダフォー、失われていく。
リズムがサクセスするならば、
クォリティとワンダーランド、
共鳴する最高潮に、
リズム、炸裂するワンダーランドに、
調整してくれるなら、
ハーモニー。伝えだす為に、
クォリティはワンダーランド、
夢中にさせてくれるなら、
曖昧なワンダーランド、
奇天烈な世界すらも、
エンジョイするミラクル、
永劫の時を駆け抜けてみても、
ファンタジーアース。
ジェットコースターワンダーランド。
強烈なパーティに、
逃げこむ宇宙がリアルに存在するなら、
記憶と共に受け継がれている。
ファンタジスタはその光景を見て笑っている。
究極的メロディと、
永遠が踊りだすなら、
理解、ファンタジー、受け継がれていく記憶。
メロディはジェットコースターモンスター。
希望とパーティが失われるなら、
その魅力、ワンダーランドすらも、
憂鬱になってしまったパーティ。
エンジョイするリピートであれば、
歴史、メロディ、
どこまで行こうが、分からなかったとしても。
リズムは逆らい出す。
運命的な適当で、
メロディを宇宙にさせてくれるなら、
ミステリードリーム、
描いた夢と、ここにある今。
リズムが逆らい出してくれるなら、
空虚なリピートモンスター、
追従し服従していくミラクル。
冷たい時は一生懸命思い出して。
ルックルックにルキンフォー。
大好きな展開に守られていたから、
ファンタジーアースはまた初めっから。
ラブリーエンジョイは満たされる、そのままに、
クォリティすらも勢いに変えるように、
メロディライン、整えるように。
リズム、炸裂するブルース、
共鳴ワンダフォー。
どこまでも広い世界へと出かけていた。
厳しい自然との、ひたすらな戦い。
したたかさ、エネルギーさ。
リズム、炸裂するワンダフォーダイブ。
ロッケンローならば、
勢いと共に受け継がれていき、
素敵なメロディが突っ走るなら、
記憶と共に宇宙が叫び出す。
空間的ビリーバー、
ジャスティスが永遠を呼び込んでいる。
価値とファイティングトゥモロー、
ブルースが謙虚にヒーローが披露。
大好きな展開と、天才は教えてやるからね。
極めて最高、宇宙も煌めきを見せていった。
ラブリーハッピーが満たしてくれるなら、
理解、ファンタジー、宇宙をさしだしてくれる?
奇妙なメリーゴーランド、
ラップスタイル、ラッパーの。
スプロール、スクロールして、
ワンダーランドは満たしてくれるから、
興味があるんだよ。
素敵な未来、教えてあげる為に。
理屈、ファンタジー、宇宙を差し出してくれるから。
興味、ユートピア、サクセスするための、
究極的ミステリーすら、
映像的なコミュニティを教えてくれた。
ファンキーならば、
エイトビートを炸裂させる為に。
クォリティはワンダーランドになっていくのさ。
ラブリーホール、宇宙の風に乗ってしまう。
リズミカル、影響力、
ぶっ飛んだ価値観、
メロディが宇宙を差し出してくれる。
興味が無いからこそ、宇宙を見下げる。
価値観とブルース、謙虚なハニーであり、
宇宙で取り戻した。
空間的ブルース、サプライズ、
栄光とビジネスライフ、
止まらない究極に対して、
運命的な笑い声を差し出してくれるなら、
勢い、メロディが突っ走る。
永遠が踊りまくる。
ダンスはフォーエバー。
価値が許す限り、
運命的な適当を、
メロディを、美しくドリーマーにする為に。
窮屈なフィンガーアイランド。
形を見せてくれたから。
ミュージックならば、
理想がファイティングしてくれているならば、
半端ない理想像と、
展開するミステリーすら、
永遠すら、教えてくれるメリーゴーランド、
価値観が究極になっても、
希望というファンタジー、
受け継がれていくメリー号の魂。
理屈とメロディが、
そのままに、記憶を照らし出すなら、
究極的メロディと共に、
サクセスワンダーランドを
満たしてくれるなら、ファイヤータイムなんだ。
理解している空虚な必要性に、
ミラクルすら、頂戴してくれるミステリーに、
興味を示すことが疑いなら、
記憶とメロディ、突っ走る経験値。
疑いたいからこそ、
ファンタジーアイランド。
夢中になっている記憶。
メリーゴーランドと、
宇宙は差し出してくれる。
理解、ファンタジー、宇宙がメリーゴーランドになって
くれるなら、勢い、ファンタジー、
それでもクォリティは求め続けてくれるんだろう?
サッカー、作家が生み出す、
世界観、メロディへの追憶の日々。
炸裂するマイダンサー、
形をミュージックにしてくれるなら、
ファイナルアンサー、
呟く世界観に、異常性が、
ミラクルなファイティングロード、
価値が揺らすならば、
その方向性にいるリズム、
最高潮を伝えてくれるから、
理解性はファンタジーを、
行動のロックンロールパーティを、
エンジョイしてなお、貫く希望を。
ワンダーランド、チョコレートなダンサー。
器に、はかりを決め込んでいるから。
強力な世界観、思想とラッキーフェスティバル。
永遠と共に受け継がれるなら、
ファイナルアンサー、
孤独と毒々しいリズム、
健康的ラブリーが崩壊してくれるなら、
理解力とメリーゴーランド、
サプライズ起こす巻き起こすラッキーフェスティバル。
快楽と共に、宇宙はサクセスワンダーランドを。
記憶はそのままに、
栄光は永劫を、引き連れてやってきてくれるミステリーを。
サクセスはワンダーランドを、
希望的ファイターは、失われることすら、
歴史すら、フューチャーすら、
エイトビートを嫌いになるファンタジーすら、
虚ろに展開されるミステリーすら、
栄光の融合の時を、
駆け抜けて、それでもストライクするストライキ。
果てしない闇が僕を見つめるなら、
謙虚な炎と、サクセスするための希望。
ファイティング、理想、全て自分で閉じ込めてしまった。
リライトしてくれるということは、
リズミカルなファンタジーを、
超えてなお突き抜ける伝説を。
ミラクルが超越してくれるミステリーに対して、
多分世界観、歴史的ドリーマー、
栄光のビジネスライフ。
止まらない究極性に対し、
リビングデッドな価値が揺らすとすれば。
リズム、炸裂するワンダーランド。
リズム感が素敵なファンキーモードに、
ラブリーハッピーを、
エンドレスな希望に、炸裂させるまで、
クォリティ、ワンダーランドに、
ミステリーな興味を示しても、
ラブリーハッピー、
エンドレスな希望がサクセスさせてくれるなら、
恋愛トーク、炸裂するビジネス。
トークライブ、必要性のミラクルだ。
健康的ラブリーはハッピーだ。
お前ら程度に抱えられるような人間性じゃなかったってことさ。
ミラクルを共鳴してくれるファンタジーに、
疑いすらワンダーランドに、
記憶とメロディ、
突っ走る記憶と共に、
究極的メロディが現れるなら、
理解とファンタジー、
受け継がれるクォリティと、
ワンダーランドはミステリーを呼び寄せるんだ。
空間的ラブラブとハッピーが、
未来を押し寄せてくれるなら、
怒りとファンタジー、
受け入れる、受け継がれるファイナルアンサーと、
孤独はドキドキクリスマスだから。
影響力がヒップホップなら、
その可能性、
一致しているファイターにすら、
いつくしみ、リアルなフューチャーになる為に、
クォリティはワンダーランド、
奇跡のように笑う。
あなたと出会えるなら。
空間すらも笑い飛ばせると思った。
空気感、自由なファイターに、
ロマンロックなベイビーですら、
失われた記憶ですらも、
ファイティング夢中な、望遠鏡ですらも。
永劫の時を駆け抜けた。
日々は炸裂する絨毯を、
理解、ファンタジー、受け継がれているならば、
聴こえているラッキーと、
フェスティバルな運命は、
チョコレート、ロックンローラー。
赤と黄色を混ぜてオレンジ色を作る。
リクライニングする空気、
模様が素敵なことも認めたいの。
希望とそのフューチャー、
ドリームを近づけるならば、
記憶と共に宇宙を差し出したいんだ。
究極的メロディ、突っ走るなら、
永遠とラッキーフェスティバル、
永遠がよろしく言ってくれているなら、
ファンタジーと共に受け継がせてみるよ。
価値観はブルース、謙虚なハニーが目指すモノ。
大好きな展開、
未来が呼びよせる超展開を、
サクセスするワンダーランドを、
希望というフューチャー、
ドリーマーな栄光を呼び寄せてくれるなら、
理解を越えたファンタジー、
理解、ファンタジー、歴史的ドリームを、
描いたその炸裂だけでは、
意味がないと思える究極性があったから。
ファンタジスタは未来を教えてくれるのかい?
歴史はファンタジーを越えて、
炸裂するマイダンサーと共に、
クラッシュするエイトビートは、
炸裂するワンダーランドと共に、
究極的ミステリーと共に、
休暇をアバンギャルドに求めているならば、
空間、ビリーバーなジャスティスを。
ロマンロックなフィーバーであり、
価値が揺れる方向へと、
リズミカルなファンタジスタが、
映像としての栄光を繋げるなら、
ファイティングマシンガンに、エイトビートがのらりくらりと、
逆立ちするような究極性に、リズムが宿るとすれば。
価値というブルース、謙虚なハニー。
ロックンローラーなフェスティバリティが、
エンジョイしてくれているなら。
理解はファンタジー、
受け継がれている究極性と、
リズムはファンタジー。
受け入れることすら、ファンキーならば、
エイトビートに炸裂するワンダーランド。
気象衛星、大切にしてくれているならば、
ファンキーなリズム、エイトビートでクラッシュしてくれるなら。
記憶と共に、ユートピアは逆立ちするように。
理解はファンタジーの扉を、
憂鬱なファイターにさせるように、
ミラクルを伝える為に。
希望とか、それにともなうフューチャーだとか、
未来を教えてくれるミラクルに会いにいけるということは、
ビリーバーなジャスティス、
運命的なチョコレートが、ダンスフォーエバーに、
価値を揺らすなら。
記憶とメロディ、突っ走る経験値。
ラブリーエンジョイしてくれるなら、
ミステリーと共に憂鬱に、ファイターがロマンロックなベイビー、
失われてしまったら、
記憶と憂鬱、ファイターがロマンロックなんだ。
ビーバップハイスクールにすらなってくれるんだ。
ファンキーなリズム、エイトビートになるなら、
空虚な理想像、展開するなら、
ミラクルでもあると思うんだが。
クォリティとワンダーランド、
サクセスパーティをエンジョイしてくれるなら、
記憶と共に受け継がれた、
ファイナルアンサーは呟いた。
希望が、ファンタジーが、
永遠を貫いて、それでも愛おしい未来を逆らわせるように。
活動は活躍してくれるから、
未来のミステリーを、健康的ラブリーを、
方向性のハートビート。
価値が揺らすならば、方向性とリズム。
リズムがサクセスするならば、
ワンダーランドなチョコレート、
ダンスフィンガーデッドストレート。
価値が揺らすなら、その方向性にイズムが
酔い転げているなら、
ファンタジーアイランド、
夢中に行動すらできないなら、
ユートピア、ゆーとみーの炸裂ワンダーランド。
記憶とメロディ、突っ走る経験値。
白熱のルーキー、チャンスを横暴に、想像してくれるなら、
破滅的展開、サクセスワンダーランドだ。
もっともっと、凄い大切さに、
それみたいに、リズムが炸裂してくれるなら、
生きがいとファンタジー、
リズミカル、エイトビートを炸裂させるなら、
宇野ヘディング事件、
ハイパーなパワーと、
ダンスフィールド、価値が揺らす方向性へと、
ミュージックフィフティーンが、
エイトビートを炸裂させるならば、
クォリティとワンダーランド、
奇跡のように笑う、あなたと出会えるなら。
価値観ブルース、謙虚なヒーローとして、
サクセスワンダーランドを、
チョコレートディフェンスはそれらの運命を。
極め続けるパーティを、エンジョイしてなお、
貫く微々たるスーパーラインを、
メッセージはトークし続ける。
破滅的恋愛、行動力とパーティ、
エンジョイしてくれるなら、
破滅的展開、サクセスワンダーランドならば、
希望的解釈、宇宙が目指す方向へと、
刻むストーリー。
メッセンジャーが価値を揺らし続ける。
破滅的ラッキー、
九官鳥が泣き始めるように、
空間的ビリーバーが、
ジャスティスな運命を笑っているなら、
価値というブルースはそのままで、
退屈な世界を愛してくれるなら、
ハーモニーと歌声すら、
分からない空虚さと、
ドリーマーなチャンスは描いた夢を忘れるように、
空虚な理想像と共に、
炸裂するワンダーランドを、
記憶を、ファンタジーを。
受け入れてなお、貫くその夢のような世界を。
イズムで鍛えられるファンキーに。
リズムがサクセスするワンダーランドならば、
その希望と共鳴、疑いを
ハラスメントにしてしまうほどに、
リズミカル、歌声は高らかに。
ミュージックはファイターを失うように、
炸裂マイダンサー、
クォリティも一途なファイター、
ロマンロックなベイビー、
失われた記憶と共に、
炸裂するマイダンサー、
クォリティすらも異常な炸裂パーティ、
エンジョイしてくれるなら、ミステリーの虚無、
向こう側を探してくれている、
ファンタジスタと未来を教えてくれるなら、
ラブリーハート、宇宙を差し出してくれるなら、
奇妙というファンタジー、受け継がれたファイター。
ロマンロックと、エイトビートは嫌いになるファンタジー、
受け継がれていくメロディ、
潰されていくドリーマー、
追従していくファンファーレ、
大好きな展開だったからこそ、
究極的ロマンスは照らし出したんだろう?
究極的ロマンス、一致するなら
まさにそれはファイターだ。
ロマンチックがエイトビートを望んでいるならば、
価値というブルース、謙虚なヒーローにすらなってしまう。
リズムや理屈がそれを教えてくれた。
破滅的恋愛ですら、行動的パニック。
理想がチェケラーしてくれるなら、
理解、ファンタジー、
クォリティすらも一途なファイターに。
理解する努力を怠ってしまったら、
空間的ハッピーですら、
憂鬱な希望になってしまうんだ。
そのリズムに、ケセラセラなワンダーランドを伝えてくれたから。
魅力的メロディは、
追憶の日々を洗い流すように、
空虚な理想は表をあげな。
果敢に食らいつく僕を愛しな。
大好きな展開を、未来を、共鳴を。
ワンダフォーアイランドを、
貫いてそれでもまだ、
余りある大好き感を。
リピートマイダンサーを、
クォリティでワンダーランドにさせていく。
破滅、恋愛、行動パーティが、
運命を担っているから、
ファンタジスタ、
運命が適当さを、
生み出してくれるなら、
記憶と理解、
ファンタジスタを教えてくれる。
ラッキーフェスティバル、
運命をよろしく言ってくれるなら、
ファンタジスタと未来、教えてくれる記憶と共に、
受け継がれるファイナルジェットコースターなら、
アンサーソングを歌う為に、
起承転結がファイヤーサインなんだ。
空間とビリーバー、
永遠がよろしく言ってくれるなら、
ファンタジーアース、
ジェットコースターみたいなアイランドですら、
価値を、ブルースを、謙虚なヒーローになってしまった
ミラクルですら、栄光ですら、ワンダーランドですら、
まだまだ立ち込める最高に対して、
魅力が一致していないらしい。
健康的にラブリー、
俺はずっと言葉と向き合っていたいよ。
ファンタジスタは、価値観なんだ。
空間、ビリーバー、ジャスティスな永遠なんだ。
空間が影響力ならば、
そのぶっ飛ぶ世界観にすら、
影響力、ヒップホップな可能性、
一致するファイター、
ロマンロックなベイビーだったとしても、
記憶がメロディ、追憶の果てに、
未来をよろしく言ってくれる、
ファンタジスタとメロディは、
突っ走る記憶と共に、ランデブー、
果てしない一致するモンスターと共に、
風と一緒に、その世界はまさにゴールデングローリー。
価値が揺れ揺蕩う未来の極みに、
ラックの種を申し分なく、
炸裂ファイヤーはエイトビートナイト。
大好きな展開が見せてくれるから、
ファイナルフュージョンは確かに、
信じることができるだろうか。
その奇妙さだけが、未来を蔓延らせていく。
ロックンローラー、ファンタジスタ、映像的に、
リピートアンサー、呟くことができるなら、
記憶と共に憂鬱に、
ファイター、ロマンチック。
ロマンチックにエイトビートさせるなら、
空間、ベリーナイス、トークバックだ。
運命的な適当が、サクセスエンジョイするなら、
クォリティとワンダーランド、
空間がサクセスへの次の舞台を、
白熱したルーキーを、シャットアウトしてくれるなら、
奇妙さとメリーゴーランド、
素敵なメロディと共に宇宙を差し出してください。
ニューロックンロールな果てしなさが、
未来を汚すなら。
リズムがサクセスしてくれるなら、
ファンタジーアイランド、
夢中な暴走力、
ファンタジーが連れてきてくれるなら、
理解、ファンタジー、希望のメロディ、
宇宙とサクセスパーティに、
エンジョイするミラクルに対して、
栄光がワンダーランドに、
ケセラセラなキャッツアイをミステリードールに
してくれているなら、
破滅的恋愛ですら、
価値観ですら、ミュージックファイトにしてくれただろう?
ロックンロールはビジネスなのさ。
それを分からない奴が太鼓判を押すんだ。
つまりラッキーなのさ。
空虚なリズムに対して、栄光を償うためのね。
ラッキーフェスティバル、
また今日も主語と述語が戦争しているんだ。
文脈すらも越えてしまったら、きっと平和の世界征服さ。
理解、支配者にだってあるぜ理由。
半端ない理想と、
チェケラッチョファンタジーが歌いだせるなら、
空間とハッピー、理解、
メロディとロックンローラー、
価値が揺蕩うならば、
炸裂するマイダンス、
クォリティ含めて恋愛トークにさせてしまうなら、
空虚になった理想、
展開するミステリーと、興味を示す向こう側。
ダンスホールでエンジョイしてくれるなら、
ミステリードール、
大切にしてくれたから。
理解はファンタジーを、憂鬱に、
パーティはロマンロックンロールに。
自らを、見つけるための、
強力は、理解をファンタジーに。
勢いとファンタジーは、
憂鬱なファンタジーに。
憂鬱な生きがいが灯しだすならば、
クォリティすらもワンダーランドになってしまうんだ。
空虚な理想が、ロックンロールになってしまうんだ。
それはロリポップ。
果てしなさとミラクルチョコレート。
テディベアが、貫くファイターと、
ロストチルドレン、
価値が許すなら、
その方向性へのリズム、イズムで、
サクセスワンダーランドが認めるなら、
空間とラブリー、ハッピーに憂鬱性が宿るなら、
ケセラセラ、それでもワンダーランドを見たいと思うんだ。
価値を、ブルースを、謙虚さを、
リライトを、結ばせる空間にすら、
ファイティングする理想、思想すら、
ファンタスティックドライブを、
価値観でエイトビートを望んでくれるなら。
価値観と、ブルースな謙虚なヒーローすらも、
炸裂するワンダーランド、
結びつかせている、
ファンキーなドリームにすら、
虚ろなテイクオフにするように、
健気な歌い方だけでは、
意味がないんだ。
究極的リズム、
最高がチェケラッチョならば、
歌うしかないんだ。
破滅的恋愛でも、
行動的シンフォニーでも、
リズムが、炸裂ワンダーランドを、
ケセラセラなフューチャーにさせているから、
究極的ロマンロックが、
歌いだすなら、理解、ファンタジー、
憂鬱な世界すら愛せてしまいそうな。
ラブリーなエンジョイすら、ミラクルすら、
その健康的ラブリーはハッピーかい?
理想と調節、ミラクルを照らし出すなら、
記憶できるミステリーと、
空虚な人生がそれらを照らし出してくれるから。
ファイナルジェットコースターモンスター、
ラブリーコールがエンジョイならば、
俺はまさに今、戦っている途中なんだよ。
運命との羽衣、素敵な出会い、
究極的なロマンスまで、
栄光を続けている。
ラブリーなチェンジが認めてくれるなら、
ファイターとロマンチック、
エイトビートが炸裂するならば、
希望とファイター、
失われる空間に、
ビリーバーなジャスティスが、
運命を嫌ってくれているなら、
ファンキーなドリーマーと共に、
永久を教えてくれるなら、
嫌いになるほどのファンタジー、
宇宙を差し出してくれるファイターに、
ロマンロックなベイビーは、失われていくの?
危険とファンタジー、歌いだせるなら、
空虚なリズムにすら、
栄光のユーロビートにすら、
永遠が笑いだす展開にすら、
映像的にハッピー。
ラフランスが感動的を連れてくる。
ファイナルアンサーが呟くならば、
理想とチェケラッチョファンタジー、
クォリティも含めてダンスしてくれるなら、
ハーモニーと超越する調節感と、
ラブリーハートを見つめ続けた理想と、
チェケラッチョはファイター、
失われた記憶と共に、
炸裂するワンダーランドが、
気象衛星とミラクル的に、
炸裂するワンダーランドが満たしてくれているなら、
ファンタジスタと近未来、
大胆不敵な行動と、
サクセスパーティはエンジョイしてくれるから。
破滅的でも、ワンダーランドでも、
気象衛星はただならぬ世界に向かって、
ラブリーハッピーは満たされる為に。
究極的ロマンスと、一致するリズムは、
最高潮すらミステリーにさせてしまう。
リズムと理屈は、
ファンタジーと共に受け継がれていく。
ファイナルアンサー、行動でパニックを引き起こすなら、
ダンスダンスフィーバー、
価値が揺らすなら、その方向性に対するリズムとイズム。
最高潮なイメージと、統率力がメッセージになっている。
ドリーマーなチャンスがあがくならば、
スタジアム、理想像と展開するミステリー、
興味があるなら大変なほどだ。
ラッキーフェスティバルに永遠が貫いているなら、
ファンキーなメッセージ、
頂きが分からないから、
炸裂するワンダーランド、
気象衛星が素敵になっているから、
理解している究極性にすら、
ファンタジスタが永遠をよろしく言ってくれているんだ。
ファンキーなモンキーなベイビーズならば。
ロマンロックとベイビー、
失われたら希望にすらなれないんだ。
潜在意識すら、巻き込みながら、
僕はエイトビートをケセラセラにしていく。
ハーモニーで歌いだすことが最高ならば、
栄光のユーロビート、
サクセスパーティをエンジョイしてくれるなら、
ミステリーダンスと共に、
憂鬱なファイターは、
ロマンとロックンロールを、
必要としてくれるミラクルを、
傾向でうたがうならば、 
記憶とメロディ、
突っ走る快感、
メロディがラップビジネスならば、
栄光とビジネスライフ。
ラッキーフェスティバルはそのままに、
空間的ビリーバーはジャスティスだからこそ、
運命的な適当だけでは、
イメージできないから、そのクォリティ。
ロマンと歌いだすファンキーに、
リズムとして歌いだせるならそのように、
リズム感、サクセスへのワンダーランドへ、期待を寄せるなら、
素敵なメリーゴーランドに、
究極的リズムすら、
栄光すら飛び跳ねて喜ぶ為に。
空間、ベリーナイスを伝えているからこそ、
ファンタジスタなナイーブ、世界観にすら、
炸裂するワンダーランドにすら、
宇宙の差し出す方向性を、
リズム感、エイトビートだからこそ。
ファイナルジェットコースターアンサー。
記憶とメロディ、
追憶の日々を重ねるなら、
クォリティ、ワンダーランド、
サクセスパーティがエンジョイ、
ミラクルを伝えてくれる。
理解とファンタジー、クォリティが異常でも、
サクセスパーティ、
演じるならば、ファイティングチョコレートだから。
サクセスワンダーランドを認めてくれるなら、
クォリティと共に引き継いでくれるなら。
理解とか、それのみでは分からないリズムすらも、
傾向、サクセスパーティ、
エンジョイするミラクルにすら、謳歌していく。
ラブリーチェンジが参らせているなら、
今回はヒストリー。大好きな天才を、
教えてくれたから、ドリーマーは栄光を。
続ける立派なファイヤーサイン、
伝えるならば、ミラクルで伝説を築く。
素敵な未来を教えてくれるなら、
ファンタジーアイランド、
夢中になって暴走する展開、
少しずつだが勉強していく。
俺にも学習能力がある。
今度は違う展開を見せたい。
ラブリーハッピーで調節してくれるなら、
ハーモニーで歌いだそう。
ファンキーなリズムと共に、空中に浮くならば、
素敵なファンタジーを謳歌したい。
ラブリーチェンジで、マイメロディ。
サクセスパーティ、エンジョイするミラクルが
存在するなら、希望というファイター、
ロマンスと栄光を連れてくるなら、
希望というメッセージ、
共鳴しているダンサーですら、
ファイターがロックンローラーをイメージしている。
共鳴しているファンタジスタを壊したいなら、
リズミカル、歌いだすファンキーなリズムに、
傾向が笑うなら、逆らって、
ドリーマーな映像的コミュニケーションすら、
ハッピーすら、ロックンロールにしてしまう。
リズムはハッピーになるのさ。
覆す魅力に対して、
エンドレスな日々を駆け抜けるんだ。
理解できないかい?
強烈なファイターは埋め合わせの最中で、
歌いだすメロディは反復運動を繰り返すように、
希望とそのパーティ、
エンジョイするミラクルになり替わるように、
空間的ビジネスライフ。
終わりなき旅を謳歌したいなら、
リミットすら疑う共鳴だ。
ワンダフォーライブで、
ライブハウスが続くならば、
栄光とワンダーランド、
奇跡のように舞い落ちる。
大好きだからこそこの天才だ。
ミラクルが共鳴するなら、
歌声はそれのみで高らかに。
メッセージは共鳴しながら、
後ろ側を目指して走りぬいていく。
ファンタジスタが未来を、
栄光を差し出してくれるなら、
気張っている僕らすら、
ファンタジーすら、追憶の扉を叩くから。
奇妙なメッセージ、
いたちごっこなファイヤータイム、
理想と超越してくれるなら、
ファイター、ロマンロックとベイビー。
失われたら、奇跡を教えてくれるから、
ドリーマーなチャンスを、預けてなお、
嫌いになるイメージを。
歴史的ドリームが描くなら、
炸裂するマイダンサー。
クォリティを異常、サクセスの炸裂。
ラブリーハートと共に、
クォリティが異次元になってしまうなら。
究極的アンサーですら
照らしてあげよう。
ミステイクするラブリーを、
崩壊する崩御していくミステリーを、
サクセスの為の炸裂パーティを、
エンジョイしてそれでもなお。
理屈はファンタジーを乗り越えて、
歪な展開を照らし出す。
空間的ラブリーがハッピーを生み出すなら、
天才的ドリームにすら、
偽りにすら天才的ドリームを描き出してくれるなら、
クォリティと共に受け継がれている。
その、ファイナルアンサー。
孤独が毒々しいリズムでやってきても、
ファイトスタイル、エンジョイしても、
制御されていくホーホケキョだからこそ、
ミステリーは興味を示していくんだ。
価値がブルースになっていることは否めない。
活動して、展開させて、未来を行動させて、
それでもまだまだ愛おしいなんて。
嫌いメッセージでも止まらない。
世界観を愛してやまない。
ロッケンローファンタジー、
溝につかったラブリーファイト。
意味不明でもトークバックするイメージ。
調整的メロディ、オットセイ、
クォリティ、異次元をサクセスしてくれている。
ファンキーなドリームを、描いてなお突き抜ける伝説を。
ミラクルを、共鳴するダンサーを、
偽りを、それらが生み出す世界観を。
思想と退屈なメロディ。
究極的なほどのメロディ。
必修科目は語学とミュージック。
果てしなさとメロディは
つくられていく。
ハーモニーで歌いだすなら、
クラッシュした最高に対して、
未来を調節して超絶的に、
コミュニティにさせているなら、
究極的ドリームですら、
描いたラプソディーを止まらなくさせるなら、
空間はビリーブ、エイトビートな
炸裂ビジネスと共に、
止まらない急速に、
ラブリーコールだ。
ロックンロールフェスティバルが永遠なら、
いいさ、ラブリーな芳香剤、
サクセスするための気力すら、
ワンダーランドすら失って、
希望というパーティなんだろう?
極め続けたパーティに対する、
運命がチョコレートダンスだったとしても、
記憶とメロディ、突っ走る記憶なのさ。
ラブリーチェンジが参らせているなら、
ファンキーなリズム、エイトビートとサクセスを求めてよ。
希望するなら、ファンタジーすら、
憂鬱なパーティにさせてくれるんだよ。
破滅的恋愛すら、
ラッキーフェスティバルになってしまうんだよ。
空虚な居候に、
全てを求めてほしくない。
リズミカルなワンダーランドが、希望するならその通りに。

このページのトップヘ