ライムキング

らいらいの日記

2018年08月

泣いているワンダーランド、
窮屈な世界にすら愛されるなら。
極めて、最高潮に。
ダンスするヒーローたち、
笑うぬいぐるみたち。
マジ最高マジ最高、トリコ。
んーやばいねー。
首ったけゾッコンクラップクラップ!
みんなで速攻ラップ!ラップ!
正しさがミラクルなら、
強制力が存在するなら、
フューチャーというアイランドに満たしてあげる。
究極性がリズムなら、
その果てに未来があるなら。
リズムがアクセスするように、
炸裂しブルースになってしまうなら。
究極的なほどのメロディ、
突っ走るなら、その記憶。
理想がチェケラッチョ、
メロディを突き合わせていくなら、
ストーリーとメッセージ、
極めることに対するイメージか?
サクセスパーティ、
エンジョイするトゥモローが、
影響力を受けるなら、
素敵な未来に対して、
行動させたいもんだ。
極め続ける理想と共に、
強烈なファイヤーを見せつけたいものだ。
極めれば最高だとでも思ったか?
憂鬱な日々が続きますね。
大胆不敵な未来像、卓越する
未来と卓越するワンダフォータイムですか?
未来が嫌いになりましたか、そうですか。
ところで挑戦的ファイナルファンタジー、
それでも生きるメロディと、
尽くす耳に聞こえる音の響き。
メロディは尽くすことつゆしらず、
僕の水筒は零れ落ちて、
ダンスタイムに雨が降り注ぐ。
雨の中オンパレード、びしょぬれで踊る。
本当のことを知りたいという。
メッセージが届いていなかったか?
つまり天気予報は雨のち雨。
大好きな展開で踊りだせ。
究極的にファイナルアンサー、
じゃあ序曲から繰り返すぜ。
ファンキーなドラマと共に、
サプライズ、天気予報をサプライズにさせるぜ。
感覚がマヒしそうだぜ。
サプライズ、メッセンジャー達が立ち上る記憶の最中、
伝えたいミラクルだけが大切に、
まるで踊るように、
それは強烈に、歌うように、
まるでファンキーに、似ても似つかない
レベルアップをフュージョンする為に。
クォリティという異次元に突破していく為に。
理想的超越は、
更に遠い場所を目指すから、
キリがないね。
君は笑って泣く。
そしてダンス、
僕は自由に生きているらしい。
半端じゃないくらい愛しいらしい。
奇妙なメロディとワンダーランドだ。
密接に繋がるなら、
歌声を蔓延らせて。
僕の最後の欲求を、教えてよ。
ミラクルを伝えてよ。
僕はなぜ馬鹿にされなきゃいけないの?
それでも構わないから、ひたすら書き続けたかった。
運命が僕を笑っても、
何度も雷が降り注ごうとも。
リアルなフューチャー、そこら中に10万ボルトだ。
大切、言葉、エンジョイパーティ。
それでも愛おしさがはみ出してくる。
伝説的ミラクル、共鳴する運命、
太鼓判を押すための必要となる魅力。
大胆不敵なメロディに、突っ走る僕の馬鹿馬鹿しさすらも、
ファイターズが永遠を閉じ込める、
空間になったとしても、
強烈なパーティにすら、エンジョイするミラクルになってしまう。
理屈がファイター、失うべきファイターに、
希望とサクセスエンジョイに対して、
ロックンロールはビジネスを、
大会制覇をしていくように。
興味というメロディは突っ走っていく。
僕はメッセージ。あなたへのメッセージ。
鼓膜に届くその響きに、癒されて何年目。
本当に本当に、楽しいなあ。
なんて希望に満ちているんだろう。
空虚な伝説、それでも愛おしさは止まらない。
強烈に咲かせるメロディは、
突っ走り続けるだろう。
ファンキーなリズムに全て、
置いてけぼりにされてしまうなら、
理屈というメロディ、
突っ走れる記憶と、
ドラマがファイトしていく。
ロマンチスト、永劫の時を、選ばれた。
ロックンローラー、
無限の平行世界は、
あなたは何を目指している?
空虚な空間、サクセスパーティならば、
エンジョイパーティ、
今まで僕は何をしていたんだろう。
少しだけ涼しい風が僕のコメカミに届いた。
もっともっと、追いかけたい。
必要なもの、ドキドキ、
もっともっと、胸の鼓動。
ワンダフォーが眠っている、気がした。
ラブリー、もっと愛が運んでくれるような。
理想が、溶けて僕の鼓膜に流れ落ちる。
大好きな展開、僕はヴィジュアルよりは音響派。
目より耳を信じる。
大好きな展開、未来、調整された、
そのリズムを信じる。
かいつまむ、素敵さ。
メリーゴーランド、
素敵なメロディで乗せられていけ。
ダンスフィールド、
価値が揺らぐ方向へと。
必要となるミラクル、
大切さが言葉として、エンジョイするなら、
その方向に対するミラクルすら、
共鳴すら、そのワンダーランドすらも、
永劫の時を解き放ってくれ。
ファイターとスタイル、スマイルでエンドレスにしたまえ。
希望というファイヤーロストチルドレン。
リズム、チェケラーハートならば、
その優しさに極め続ける。
思想的展開、理想的天才、
ミラクルを作り出すなら、
結局はストーリーを見出すんだろう?
価値というユートピアは、それだけじゃ足りないもんなあ。
極めることに意味がないなら、
退屈だ。世界観だ。
サクセスパーティだ、
エンジョイパーティだ、
失うことすら馬鹿馬鹿しいの?
共鳴するダンスと、
希望、ファンタジーにさせて、
それでも未来、教えてよ。
その刻むストーリーに対して、
魅力的ファンタジーすら、
栄光の時を永劫に泳ぐの?
炸裂マイダンサー、
クォリティが異常なら、
サクセスパーティにエンジョイさせるしかないの。
ファイティングチョコレートに、メッセージすら
共鳴していくのを感じるの。
大好きな天才たちに、ミラクルが調整されるなら、
ファンキーなリズムに、統率力含めて存在するなら、
希望というフューチャー、
ドリーマーという栄光、逆立ちしても
分からないほどに、究極的リズムに、
かいつまんで更に素敵に、
ミスメリークリスマス、
ラブリーハートを見つけるように、
虚無が歌いだすファンキーなドリーマー。
永劫の時を歩き続ける、
理想と謙虚なスタイリッシュ、
価値が揺れ続けるから、
ドラマを続けたいの。
魅力はファンタジー、
それでも取り戻してくれるから。
ファイターは失うことすら笑ってしまうの?
馬鹿にされているんだろうか。
奇妙なファンタジー、
勢いでもって素敵になるなら、
空虚な空間、嘘をつくなら、
伝説的ストーリー、
興味を示す伝説に対して、
魅力はファンタジー、その中に入っていって。
ラブリーなスマイルが僕に嘘をつくの。
大好きな天才が僕を置いてけぼりにするの。
リズムが設計するなら、
ミスターファイナルアンサー。
呟けるなら希望、
ファイティングチョコレートならば、
メッセージを続けることすら教えてくれるの?
ファンタジーが魅力的に、
イッツラブなコミュニティになっていってしまう。
理屈じゃない、これはファンタジーだから。
窮屈な未来を愛したい、
僕らの無秩序、
嫌いになるほどの抵抗、
サクセスパーティなエンジョイに、
ミラクルが蔓延る世界に対して、
行動を示すバケツをひっくり返して、
ラブリーなチェンジがミステリーを呼び寄せるなら、
感覚の傀儡になってまで、
ストレートなミュージシャンになってまで、
ストーリーはメッセージを続けていく。
理想的チェンジングが、破裂するように。
興味を卓越するように、
ワンダーランドは教えてくれている。
ファンキーなミステリーが、
僕の想像の彼方へと消えていく。
果てしなさがブギーバックなんだ。
頂戴してもミラクルは対てこれねえ。
理想とチェンジ、ミラクルが炸裂するなら、
ワンダーランド、フューチャーアイランド。
密着するための世界観、
思想が展開していくミステリーがある。
興味があるから素敵なんだ。
ファンキーなリズムを追いかけたい。問いかけたい。
必要とする為のミラクルを、大胆不敵に。
行動のロックンロールパーティを、
エンドレスに見つめだすように。
空虚なメロディに、対抗馬を燃やして。
ラブリーチェンジならば、
素敵さすらメロディに変わっていくの?
炸裂するビジネスと共に、
引き継ごうとする必要性。
魅力がファンタジーならば、
影響力、ヒップホップにすらさせて。
リズミカルなダンス、器をはかっているなら、
興味、ミステリー、捨て去る記憶すら、
ファンタジスタすら、
その栄光すら、見つめるファイティング。
ひたすら眠る侍、ここにいることの
存在の証明を、永遠の邂逅を。
ダンスフィーバー、価値が狂うほどに、
素晴らしい適当さだ。
分からないんだ。分からないんだ。
最高のことが、リズムが、
炸裂するダンサーが、未来を教えてくれるはずの、
希望、ファイター、失う希望すら、
ファイトさせてくれるエンジョイパーティ、
ロマンロックならば、希望というフューチャーになってみせて。
奇妙さとメロディ、
つきこぼす最高峰になってあげて。
魅力は未来を作り出す。
崩壊するリズムに対して、
曖昧な理解を灯らせた。
リズムがチェケラーを、
メッセージを崩落させているのであれば、
価値というメロディ、
突っ走った結局が、
リズムが、チェケラーファイターを。
失うべき希望を、
ファイター、ロストプラネットを。
価値が揺らす、メッセージを、
強烈になりながらも、
素敵なメロディ、ダンスするように伝えてくれる。
ファンキーなドリームと、
永劫の価値観を揺らし続ける。
ファイター、意味不明なサクセスパーティは、
エンドレスなメッセージ、
大切なメロディにする為に、
究極的なまでのレスポンス。
クォリティが異次元ならば、
素晴らしいトーク力と、
イメージする着実は、
ファイターとなって、
嫌いになってまで、
素敵なメロディとして突っ走ってまで、
素敵なファンタジーにすら、
栄光のユーロビートを教えてくれた。
ファンタジスタはその未来を、
嫌いになるほどのファンタジーを、
それでもまだまだ不安定さは
止まらねえ。トランス状態になって、
それでもトークバック。
イメージがチョコレートになるなら、
素敵なメロディ、開拓していく文明ならば、
価値が揺らす。
最高峰のイメージ、
チェケラッチョファイターになってしまう。
理屈じゃない、ファンタジーが閉じ込めてくれる。
ファイター、ロストする希望、
リストアップされる世界観、
快い、ミラクル、ラップスタイル。
価値がストーリーを編み出している。
ファンキーなリズムに、エイトビートが
さかさまになっていくなら、
ストーリー、マジックミュージックに、
させてなお煌めき続けるファイターに、
失わせる記憶、
ワンダフォーアイランド、
密着がストロベリーだったとしても、
空中に浮いている歴史、
ファイターは失うことすら、
メロディすら、突っ走る記憶に変えて。
ドリーマーは永劫の時を歩み続ける。
ファイターは理想、調節している直接。
ラブラブなトークアバウトならば、
嫌いになるほどのメッセージを、
嫌いながらも手にする最高に対して、
ビリーバーは着実に方向を見失っていくから。
それでも止まらないんだね。
希望に値するメロディかどうか、
炸裂するビジネス、ライフスタイルがエンジョイするなら、
魅力に対して永劫の時を歩ませていて。
ラブリーハートが頂戴するなら、
ストリートミュージシャン、
価値がゆれるなら、
その最高峰でイメージしたい。
強烈なファクトリー、
突っ走る為のクォリティ、
ワンダーランドが見せつけている。
理想に対し、
メロディを跳ねまくる為に。
理想とそれのみで超越してくれる。
ファイターはロストチルドレン、
真っすぐに生きて欲しいらしい。
奇妙というメロディ、突っ走れるなら、
それと共に記憶が、
メッセンジャーが退屈なんだよ。
希望という失い方だけでは、
何かも自由になっているようだ。
ファンタジスタ、永劫の時を泳ぐ。
ストレートに、ストリートを歩くなら、
希望というメッセージ、
それと共に、クォリティが
ワンダーランドになっていくなら、
思想的天才、メロディ的なライフ。
メッセンジャー、トークライブに、
メッセンジャーがトーク力を、
声高らかに宣言しているなら、
ファイター、失うことすら馬鹿馬鹿しいんだよ。
覆す魅力に対して、
反抗的に、あるいはラブリーに、
謙虚な炎、伝説的ミラクルならば、
影響、ヒップホップになってまで、
ストーリーになってしまう。
理屈は超えてしまうから、
ファンタジーアイランド、
密着するファイターと、
伝説的ミラクルに頂戴させたい。
爆笑の渦に、素敵なミラクルは追いすがってくる。
お前よりはまともだって
見下しているんだろうか。
フュージョン、超ラッキー、
メッセージが孔明の罠ならば、
素敵なメロディ、突っ走る為の記憶なら。
ファンタジスタ、運命がチョコレートソングに、
嫌いさがファンタジーになるが如く、
意味不明な天才に対して、
微々たる衝動、メッセージを残していくなら、
ファイティングしている思想、
メッセージが共鳴していく。
理想的、ビジネスライフ、
メッセンジャー、トーク力を教えてくれよ。
ファンタジー、もっともっとが溢れ出す。
極めたら最高の光景、
リズムが教えてくれるファイターがあるから。
強烈に奇妙に、
スタジアムを栄光にするように。
伝説的ミラクルは、歌いだすように。
ファンキーなリズム、快諾するエンジョイパーティ。
失えるならば、気象衛星、
ラブリーコールをエンジョイできるなら、
ますますのめりこんでいく。
必要な世界に対して、魅力が追いかけるように。
追いすがるように、興味をメッセージにして、
ラブリーコールをエンジョイするように、
眠るように消えていけるんだ。
ファンキーなマシンガン、
エイトビートなユーロビートだから。
リズムがサクセスパーティならば、
影響力がぶっ飛ぶならば。
炸裂するダンサー、
クォリティと共に生きてくれないか。
ファンタジーアイランド、
密着するファンタジーに対して、
魅力的ロックンローラーを。
イメージしても魅力的ファンタジーを。
システムがラッキー、空虚を落とし込むように、
ストーリーはメッセージ、
クォリティすらファイティングモード、
サクセスパーティに、
エンドレスなワールドが広がるのであれば、
急遽、ラブリーに伝えなさい。
魅力的ファンタジーになればなるほど、
素敵なことになっていく。
理想はチェンジを未来しねえ。
大好きな未来に対する、栄光とメッセージ。
共鳴するファンタジスタと、
永劫の時を歩き続ける。
ミステリー、興味が憂鬱ならば、
希望、最高峰、イメージを超越してまで、
爆笑の渦に嫌われ続けた。
理想が、チェケラッチョファンタジー、
それでも止まらない、
窮屈さが理屈を追いかける。
遠い未来を仕掛けるように、
希望というインフューチャー、
価値が揺れる。揺らぐ。
暮らす、最果て、買いたての、
洗いたての、逆撫で。
まだまだ、まだ黙ってられねえ。
大切、解説、言葉、音は、
もっとミュージック、充実している。
ファンキーなリズムすら、沈む展開に、
鼓動とワンダフォー、
それらが託す意味か。
炸裂するビジネスと共に、
オーケーサインを出す為に。
奇妙なメッセージを、
クォリティで生み出す、ファンタジーを。
理解できる程度の。
未来とゲッチュできる程度の、
理想、チェンジ、ラフなスマイル。
大胆不敵な未来地図、
栄光が踊る。
最高がミステリーだから。
炸裂するビジネスと共に、
オーライする為の、記憶。
大好きな展開と、ミステリー、
虚無が逆らわせるなら、
その恐怖に東奔西走するなら、
理解とフューチャー、
ドリーマーがチャンスを運んでくる。
奇妙なメッセージ、
ラブリーハート、エンジョイパーティだ。
たまらない戦いに対して、
大切、言葉エンジョイパーティ。
ラップスタイルと、ラブリーチェンジを守って。
リッピング、立派ならファイヤータイムだ。
ラップスタイルはラブリーハート。
見つかるなら希望に対する、
栄光にすら捨て去れねえ。
大好きな展開、未来を押し寄せさせてえ。
大切な言葉はクォリティ。
ワンダーランドとミステリーな、
世界を共鳴するような、
歌声の彼方にある蔓延る世界を追悼。
ラブリーコールならば、エンジョイパーティ。
のらりくらりと生きている僕たちこそが非現実。
大切なミラクルへのパーティが、
ロマンロックな違いだけが。
ラブリーチェンジと、
ミステリーが興味を示すなら、
そんなに素敵なことはないんだよ。
刻み込むストレートと、
ストリート。
メッセージが共鳴するなら、
歌いだしからファンキーに、
リズムはこの光景を馬鹿にするように、
グッドラック。最果てを描くように、
奇妙さはメロディになって捻じ伏せるように、
活動する世界観、
塗り替えられる歴史、
半端ない理想と頂戴するミラクル、
歴史的メロディ、突っ走る記憶だ。
ミステリーがサクセスならば、栄光、
潰されても映像が分からない。
リズムが炸裂するなら、
フィーバータイムに栄光を呼び寄せた。
感覚はブルース、それでも止まらなかった。
希望はファイター、
失われるなら最高潮、
イメージがチョコレートになりながら、
素敵なファンタジーにすら、
栄光の映像すらも、
ラップラブリースタイルすらも、
映像、栄光、サクセスへのパーティ。
ロマンロックなベイビーが咲かせる花ならば、
気象衛星、大好きな天才と共に、
受け継がれたパーティナイトは、
メッセージとして嫌われていく。
理想とチェンジ、未来を呼び寄せる。
空間的ラブの方向性、
そこに到達する為に、
希望とファンタジー、
それでもクォリティを求めているんだ。
ファンキーだろう?
ドリーマーは差し出してくれるのさ。
ファンキーなロストがジェネレーションならば、
何かを忘れている。
忘れたことすら忘れたのか?
正しいミラクルに対して、
影響させるなら、希望。
ファンタジーがクォリティを引き連れて、
やってくるなら、
サクセスパーティと共にエンジョイだ。
メッセージが共鳴するなら、
歌いだすならファンキー、
リズムを伝えだすだろう。
ファンキーなロストプラネットなんだろう?
活動していく気力すらもないらしい。
正しさとミラクル、あいつは間違いなくヤバイヤツ。
飛び出す栄光と、サクセスの次の舞台。
奇妙な世界を教えてくれるから。
ファンタジスタは未来を教えてくれたから。
フィンガーアイランド?
価値がゆらぐ、ストレートに。
マジックミュージックのように、
希望がサクセスパーティ、
エンジョイするトゥモローならば、
栄光、咲かせる為に努力、
失われた歴史と共に、
クラッシュさせられる、
理解者と共に、
九官鳥、ビリーバーなジャスティスが、
運命を教えてくれている。
ファンキーなメロディ、追憶の彼方から、
メロディとリズムを教えてくれるなら。
その意味すら分からないなら、
大好きな天才的に、
歴史的、ロマンロック、
ファンタジー、エイトビート、サクセスパーティ、
エンジョイするなら嫌いになるほどに、
途絶える世界観、英語に至るまで、
全ての健康的ウブな地帯、
メッセンジャーを届ける未来に対して、
希望といふサバイバル、
価値観が揺らぐなら、
つまり最高じゃないか。
未来が価値を灯していく。
ロマンロックなベイビーが新しく。
奇妙なファンタジーが歌いだすように、
理解を共鳴させていくように、
理想像、倒壊しているラブリー。
方向性すらリズムならば、
映像、栄光と共に引き継がれなさい。
大好きな天才に対して、
ロックンロールなヒステリー、
大胆不敵な未来にすら、
活動しているファンキーに、
リズムすら追突して、
ラブリーメッセージに、
クォリティにすら異次元が展開されるの?
興味がメッセージになっているなら、
救急救命、
ダンスフィーバーで価値が揺れるなら、
最高潮、メッセージ、トーク力、
理解するファンタジーと共に生きていたい。
限界を超える為に、
そのヒストリー、まっすぐに突き刺さるように。
希望とフィーバー、
理解と、フューチャー、
ドリーマー、栄光と映像、
立派なユールックファニーです。
大切さ、言葉、エンジョイパーティ、
失われたら、希望というフューチャー、
ドリーマーな着実性、ラブリーゲーム、
ロックンロールなファンタジスタ、
映像と栄光、サクセスパーティ、
エンジョイなロスレスCDに。
栄光をサクセスパーティ、
エンジョイしていくリベラルトークならば、
希望というファイター、
失われた力ですら、栄光ですら、
ワンダーランドですら、
感覚をメロディにしてしまうんだ。
それらは理屈じゃないんだ。
ハーモニーだった。
嫌いになるほどのメッセージ、
クォリティが受け継いでくれていたから。
ファンキーなメッセージだろう?
どこまでも突き抜けていくさ。
金輪際関わんない。
ついに諦めた もう万々歳。
リズム、チェケラー、ファンタジーが生きるなら。
活動する興味、歌いだすファンキーに、
ロストプラネットが覆いかぶさる。
理屈じゃないのに、
怒りはファイティング、
理想を思想で包むように、
歴史はファンタジーだったから。
興味なんて無かったのかい?
奇妙過ぎるメロディ、微妙過ぎる日々に、
退屈な世界観、栄光のユーロビート、
メッセージ、トークバックしているなら、
ファンキーなリズム、
少しずつかいつまれていく。
理想と思想、ファイティングする歴史と共に、
窮屈な理想を愛したい。
その方向性にリズムって奴は存在するのかい?
ビリーバーなチャンスが逆らわせるように。
ファンキー、ロストプラネット、
活動する世界観、踊りだす、
歴史的メロディ、
追憶の扉、
ロックンローラー、足れば足れば
はなったれになってしまう。
理屈がファンタジー、
映像をサクセスする為に、
自由が存在しているはずのあの未来に、
希望というフューチャーですら、
永遠を探してくれるの?
ファンタジーアイランド、夢中になっている、
ファンキーなドリーマーになっている。
理想チェンジ、サクセスパーティ、
ロマンロックベイビー、
パーフェクトベイビーだ。
失われた記号、希望、
ファンタジスタは永遠をよろしく言っている。
ファンキーなメロディと共に、
憂鬱なファイター、
うなぎのぼり、ストーリーに、
メッセージ、強烈なサクセスパーティ。
正しさはワンダーランドなのかい?
奇妙さがメロディならば、
追憶の日々に逆らいたい。
奇妙過ぎるメロディと、
突っ走るクォリティと、
異次元が最果てならば、
満たせる行為、ラブリーなチェンジ、
ミステリードールにすら、
分からないだろうよ。
この不思議な踊り。
ダンスフィーバーに価値が揺らすなら、
最高潮、メロディが突っ走る。
記憶と共に受け継がれてきた、
ファンタジーが歌いだす。
ファンキーなリズム、
活動しているファンキーなリズムと共に、
クォリティ、まさに異次元に、
トークライブ、メッセンジャーは価値観を、
ビリーバーな挑戦を、
ロックンロールなメッセージにしてしまったんだ。
窮屈な世界と共に愛しているなら、
理解してごらん。
ワンダーランド、ミステリーワールドに、
共鳴している伝説を、
追いかけてそれでも果てしない。
空虚なメロディに、追憶の彼方に。
ダンスフィーバー、価値が揺れている。
メロディが揺れているんだ。
価値がブーストするならば、
記憶というメロディに突っ走らせるが如く。
必要性の見せるミラクル、
大切な鼓動と行動、
サクセスパーティにエンジョイさせるなら、
奇妙さとメロディ、突っ走る記憶と共に、
引き継がれる必要性、
ミラクルチョコレートにさせてくれる。
ファンタジスタはまだ永遠と共に。
窮屈なストーリーを愛しているのか?
ビリーバーなチャンスは、栄光を呼び寄せるように、
活動がファンキーになっていく。
理想がチェンジ、ミステリーが虚無を運ばせてくれる。
理解するためのフューチャードリームに、
永劫の時を駆け抜けるように。
理想的チェンジ、ミステリーだったとしても、
空気だったとしても、
歪な闘魂注入、
発表会な思想が、サスペンスに、
メロディが突っ走る記憶にする為に。
理解するファンタジーと共に、
生きるサクセスパーティに、
エンジョイさせる為に、
理解するための魅力が、存在している、
ファンキーなドリーマー、
描いた究極性、リズムがサクセスさせてくれるなら、
ファンタジー、クォリティが異次元を目指している、
ファンキードリーム、永劫の時を泳ぎたい。
炸裂するビジネスと共に、押し寄せる異常な眠気。
ラブリーハートが見つけてくれるなら、
ギブミー。伝えられるから、
ファンキーな栄光すらも、
ファンタジーすらも、映像すらも。
ファンタジーアースと、
見つける、メッセージ、
何処までも響いて行け。
ダンスフィーバー、価値が揺れるなら、
その方向に漂う嘘に対して、
魅力的ファンタジーにさせられても、
ホワイトリスト、登録されたとしても、
究極的なまでのミステリー。
システムがゴッドファーザーだったとしても、
活動する展開、ミステリーを虚無にするまで、
栄光を、ワンダーランドを、
そのサクセスを、パーティにするまで。
強烈なファイヤーにいたちごっこにさせられてしまう。
ファイターはロストピクニックに、
ハイクォリティはワンダーランドを満たすように。
確実性はファンタジスタ。
映像が栄光を連れてきた。
ファンタジーアイランドが見つめるならば、
希望といふフューチャー、
ドリーマーでサクセスパーティにさせてしまうなら、
強烈なファンタジーにすら、映像のサクセスにすら、
栄光、ファイティング路頭に迷ってしまうほどの、
映像、栄光、サクセスパーティにしている。
ファンキーだと知っている。
ドリーマーチャンス、
映像がサクセスを伝えてくれる。
ファンタジー、理解したいらしい。
奇妙に盛り上がるらしい。
伝説的な魅力に、置いてけぼりにされる
僕と、その明日が欲しいなら。
極め続けなさい。
大切なものを、見つめなさい。
リズミカル、ファンタジーがアイランドになってしまうなら、
窮屈な世界は愛されるの。
大胆不敵な未来が共鳴するように、
ファンタジーアイランドが
見つめてくれるなら、ファンタジー、
メッセージを強烈に、
ファンキードリームを描いて、
炸裂するビーバーになって、
それでもリズムは遠く、遠くに
響き渡っていく。
ミステリーはその興味を教えてくれたけど、
ラブリーなハートを教えてくれるの?
本当にやばいのは違い。
誓いを見せつけるラブリーにすら、
光線銃にすら、素敵なメロディに突っ走らせた。
空間的ラブリーに、崩壊させるメロディにすら、
映像、サクセスパーティに、
エンジョイさせてなお、
突き抜けるように、それは伝説を見るように。
かいつまむ素敵さ、メロディがロックンロールをひたすらに。
奇妙過ぎるメッセージと共に、
虚ろな天才は笑っていく。
ファンタジスタは永遠を望んでいく。
それらが素晴らしいなら、
記憶と共に受け継がれた。
ファイヤーマシンガンだったとしても、
理屈がファンタジーだったとしても、
歪な展開に、メロディとしての
嫌いなミュージックに変わっていくの?
理屈はファンタジー、勢いをメッセージにさせながら。
希望というメロディ、
突っ走る記憶と共に受け継がれていけ。
ダンスフィーバー、価値が揺れるなら、
その方向にリズムがある限り、
素敵なメロディは止まらない。
記憶はメッセージを破滅への序曲へと、
運び込んで、それでも素敵になっていく。
理想がチェンジしていくなら、
理想とメロディ、
つぎ込む、エンジョイハート、
ロマンロックが、ベイビーを失わせるなら。
ファンキードリーム、永劫のサクセスに対して、
映像をサクセスに、パーティにさせてしまう為に、
リライトする為に。
強烈なファイヤー、
ロストパニックなエイトビートを、
映像として生き残れるように、
ファンタジーはそれらを嫌うように、
理解するための理解、
ファンタジスタと未来、嫌いにならない程度の。
ラップストーリー、
エンジョイしてくれるなら、
ファンタジーと共に受け継がれていく。
理想が、思想が、頂戴されていくの。
ダンスフィーバー、価値が揺れるの。
最高なリズムと共に、受け継がれるの。
ファイヤータイム、エンドレスタイマー。
希望と、タイムカプセルに、
サクセスパーティに、
エンジョイしてなお、嫌い続けるファイターに、
ロマンロックなベイビーは、
失われてしまうから。
サクセスパーティであり、
エンジョイするジェットコースターは、
破滅を教えてくれるから。
ダンスフィーバー、価値が揺れて、揺らぐなら、
最高潮、メッセージがサスペンスを、
脳が冷たい世界観だ。
映像、希望しかない、
魅力的メロディが突っ走るなら、
記憶というメロディで
突っ走る記憶であるならば、
素敵なメロディすら突っ走りそうだよ。
ファンキーなリズム、エイトビートがサクセスになりそうだよ。
ファンキーなリズム、突っ走りそうな、
イメージがチョコレートになっても、
お茶目なサプライズ、
理屈がファンタジー、クォリティも含めて歪なら、
展開的ドリーム、描いた夢、サクセスへのパーティ、
ロマンロックなヒストリーすら、
マジックミュージックにさせられてしまうなら、
いいさ、いっそのこと教えてあげよう。
全ての裏側、未知への境界線に至るまで。
最高のビジネストークを、
君と共に、
引き継ぐ必要性なんかなくて構わない。
これが僕の仕事なの。
メッセージを興味にしてなお、
煌めくファイターに、
失わせて、それでもドリーマーを描く。
理屈無しでファンタジーになってくれるなら、
理解する歴史、ファンタジーが栄光を差し出してくれている。
ファンキーなドリーマーですら、
永劫の時を歩み続ける。
ファンタジスタと共に、永劫の時を歩いていく。
サスペンス、理解するファンタジスタ、
永劫の時を歩くように、
ファンタジーアイランド、夢中になれるブースト、
世界観、行動でファンキーになっていく。
ロックンローラー、ファンタジスタ、
永劫の時を歩み続ける僕にも、
ようやく気付けたことがあるんだ。
理解するフューチャー、
ドリーマーと共に受け継がれるなら、
良いさ、必要としてやろう。
イメージがチョコレートソングになってしまうなら、
強烈なサクセスからの希望に、ファンタジーが連なる。
理解するための究極に、
エキゾチックにファンタジーが、
栄光を伝えてくれるから。
理解しているファンタジスタに、
映像と、サクセスパーティになったとしても。
理屈はファンタジー、
どっちが大事なんだ?
ファンタジスタ、映像をサクセスパーティに。
たまらなく、踊り続ける最高潮に、
イメージすら調整させられていくんです。
奇妙なメロディ、突っ走るなら、その記憶なのです。
歴史的ドライバーなドリームが、
栄光をサクセスさせてくれる。
ファンタジスタと、映像と栄光を伝えてくれるなら。
ファンタジスタ、未来と近未来、
大好きな天才に、メロディが
ゴーカートさせられていく。
止まらない、まとまらない考え方、
大切、解説してくれよ。
ファンタジスタ、影響を栄光にさせてくれよ。
ファンキーならばそのリズムに、
体感温度がブルースになろうと、
理解するためのフューチャー、
ドリーマーなチャンスを描きたいぜ。
ロックンローラーな、ファンタジー、
クォリティが異次元に最高潮、
イメージがチョコレートになる度に、
炸裂するたびにその心。
俺の心はどこまでも飛んでいくから、
ファンタジー、クォリティ、
異次元になっても炸裂するような、
魅力的ファンタジスタ、
映像を栄光にしてくれる。
理想的チェンジならば、
映像とサクセスパーティ、
エンジョイするロックンローラー。
チェンジするミラクルに対して、
越えていくビーバップハイスクール。
ロックンロールタイムになったとしても、
希望は逆らい出すぜ?
奇妙なメッセージ、理屈をファンタジーにしてくれて。
大好きな天才、メロディ、ワンダフォーアイランド、
ロックンローラーが頂戴してくれるから、
ファンタジスタ、永遠と共に
トークしていくアラウンドに、
侮辱してなお、リズムとなってなお、
煌めき続ける永遠と共に、
クォリティと共に、究極的ファンタジーにしてくれた。
ロマンロックなロックンローラーは、ひたすらを駆け抜けた。
ダンスフィーバー、価値が揺らぐなら、
その方向性、光合成、
リズムを着実にするための、
理屈、ファンタジーをクォリティに
させる為の記憶。
メッセンジャーはトークしていく。
理想とチェンジ、
ミステリーに興味があるなら、
素敵なメロディにさせてあ・げ・る。
ファンタジスタ、運命的な適当に、
メロディがチェケラーならば、
映像、炸裂するビジネスと、
ライフタイム。
想像以上に暴走していくなら、
未来、共鳴するファンタジスタになってまで、
影響力、そのままで突っ走ってまで、
映像がサクセスに、ワンダーランドになっていく
記憶にすら、そのミュージックにすら、
移ろいゆく天才に、
メロディとしてグレートに、
そのいたちごっこなファイヤーに、
リストアップされた可能性、
イッツラブなコントロールすら、
究極的メロディに、
突っ走るような記憶に対して、
ラブリーなチェンジになってしまうほどの、
炸裂バーバパパだから、
灼熱のラッキーに対して、
希望をメッセージにするのかい?
大好きなダンスタイムにする為に、
空中に浮いている歴史と、
ファンタジーを越えていく為に。
理想的な超越と、調節。
ミラクルがチョコレートならば、
希望というメロディ、突っ走るまで、
記憶というメロディ、
理解してまで、影響力。
ぶっ飛んでまで、その価値観。
メロディとリズム、
かいつまんで素敵になるほどに、
究極的メロディ、
ワロスなワンダーランドを、
隠してなお極め続けるファイターに、
嘘偽りなどはなかった。
ダンスフィーバーだったから、
価値観は揺れていたんだね。
気象衛星、グッドなモチベーションだった。
ラブリーハートだったから、
究極的なそのリズム、
最高潮になってまで、
ストーリーは、メッセージと共に、
覆すラブリーと、
方向性と共に、
クラッシュ炎上して、それでも
ミラクルを伝えてくれるから、
ファンキードリームを永劫に、
伝えてなお希望に崩壊させるように、
ファンキーリズム、かいつまむ素敵な、
メロディと共に突っ走る記憶。
ダンスフィーバーと共に栄光が
笑わせてくれるなら、
キャンペーンすらも実施中なのさ。
ビリーバーなジャスティスを、
映像として受け入れてもらえるならね。
空間、ビリーバー、チャンスが栄光を。
満たせる、乱せる空間に、
ビリーバーがチャンスを、
栄光として受け入れてくれるように、
ロックンローラー、チェケラーしていくなら、
ファンタジスタと共に永劫の時を歩きなさい。
ダンスタイム、メッセージが煌めくように、
必要とされるミラクルに、
サクセスパーティすらエンジョイしてくれるのかい?
理想像、歴史的ドリーム。
正しい魅力が、協力的に。
ラブアンドラバーズならば、
空虚なリズムをかいつまんで、
素敵なメロディに突っ走らせて、
大胆不敵なメロディに、
クォリティに、高らかに、
それでもメッセージを飛び込ませるように、
最強なジェットコースター、
アイランドを見つめるように、
空虚な空間、サクセスパーティだ。
エンジョイロックな、ファンタジーと
受け継がせるファンタジスタと、
描いた究極性と、
リズムを教えてくれるファンタジーに、
理解するための究極性は、
そのリズムに乗せて、
体感温度をブルースにさせていく。
ハーモニーとしての伝説すらも、
永劫の時を歩くから。
ファンタジスタ、永遠とトークする伝説が、
クラッシュしている趣から、
素敵なファンタジーをクラッシュさせる、
ミラクルとチェケラッチョ、
歌いだしたファンタジーこそが、
ラップなラブリーストーリーを、
メッセージにして、それでも太鼓判を押す為に。
大切、言葉、エンジョイするリベラルに対して、
行動のロックンロールパーティになりながら、
必要性のミラクル、騙されないように、
傷つかないように。
理想のビジョンを、大切に思い続ける為に。
希望というフューチャー、ドリーマーがサクセスパーティを、
エンジョイしてなお、突き抜ける伝説へと、
メッセージを共鳴させながら、
ファンタジスタは未来を教えてくれるだろう。
ファンキーなリズムと共に、
追憶の日々を、
サクセスの最中に、
踊りだしてくれるだろう。
ファンキーなリズム、追いかけるエイトビート、
マジックミュージック、
大切な理想と、今回は。
大切にしたいリズムがあるからこそ、
究極的メロディに、
追憶の果てに、映像と栄光を見据える為に。
ビリーバーなジャスティスだ。
リピートするメッセージは、
共鳴するように。
ダンスはフィーバーするように。
確実な世界観、理想をかいつまんでまで、
素敵なファンタスティックデイ、
弔い合戦でも意味がねえ。
大好きなチェケラッチョになれないなら、
ひたすらに思い違いをしてしまいそうだ。
理屈じゃねえ。それは、卑屈なリズムじゃねえ。
価値観、ワンダーランド、チョコレートダンスへと、
数をはからずとも変えていく。
理想ビジョンと、天才的ドリーマーと、
永劫の時を愉快にさせる為に、
希望というフューチャー、
ドリーマーな栄光を育て続ける。
ファイティングマシーン、
栄光のユーロビートを叩きのめす為に、
理解をファンタジーに、
理想をチェケラーする為に、
理解、フューチャー、
ドリーマー、俺は生きた証を残したいの。
希望というファンタジーにすら、
永劫の時を駆け抜けていく。
理想と思想、
ファンタジーが伝わっていく。
思想と理想は、展開するメロディになりながら、
ストーリーはマジックミュージックを、
エイトビートでサクセスパーティに、
エンジョイしても、それでも到達する
ミラクルに対して、
希望というフューチャーに、
ドリーマーにさせて、
それでも栄光を呟かせるように。
ファンタジスタ、永劫の時を歩いていく。
理解するメロディ、クォリティでワンダーランドを見つけるなら、
希望というファイター、
失わせるなら、
孤独的リズム、
素敵なメロディを突っ走らせる為に、
究極的メロディ、
突っ走る記憶と共に、
記憶が仲たがいしないように、
サクセスパーティはロマンロック、
エイトビートサクセス、
行動のロックンロールパーティ、
エンジョイパーティならば、
ロマンロック、エイトビートを咲かせる為に、
究極的メロディ、
追従するミラクルが、
記憶をメッセージにする為に、
記憶、メッセンジャーと共に
トークライブする為の、
究極的ミステリー、
頂戴するための記憶、メッセージが超越する為に、
永劫の時を歩き続ける。
ファイナルアンサー、
道徳を守る為に、
理屈でファンタジーにするから。
ロックンローラー、
チェンジしていくミステリー、
興味を示すロックンローラーファイティング、
リズムがサクセスするなら、
パーティにロマンロックが頂くなら、
クォリティ的なミュージック、
イッツラブだったとしても、
コミュニケーションだったとしても。
リズムで炸裂、格別な、
大切な言葉にエンジョイさせてみてえよ。
白昼夢、希望を携えてえよ。
ラブリーコール、エンジョイパーティだ。
失わせる記憶と共に、
服従する呪いに対して、
リズム、炸裂するビジネスライフ。
リズム、炸裂するワンダーランドを、
強制的にメロディにさせていく。
ファンタジスタは未来を汚す為に、
クォリティはワンダーランドを見捨てる風に、
リズム、炸裂、灼熱の雨を、
二行でまとめあげられたストーリーを。
ミステリーに協力させるように、
違いはメッセージにさせるように、
空虚な空間、サクセスへのその鼓動。
必要性と認められているミステリーに、
興味があるなら歪さだ。
大胆不敵さを、
ロックンローラーにしてまで、
究極的メロディになってまで、
炸裂するビジネスと、
オーケーオーライを、
ミステリーに興味を示し続けながら。
ラブリーハートであり、運命が踊りだすなら、
究極的メッセージ、クォリティと異次元になっていくなら、
ファイトスタイル、エンジョイするなら。

リップスライムが透明な世界に送る。
記録的なミュージシャンであるなら、
それはそのままに。
究極的ミステリーが慌てだすなら、
クラッチ決め込んで、
ラブラブな方向に刻んでやるぜ。
ファンキーなモンスター、
追従するミラクルに対して。
大切なミラクル、
調整する痛々しさにすら、
ファンキーなドリームにすら、
内側に灯る蝋燭てあるってこと。
リズミカルな行動に左右される人生ならば、
エイトビートを炸裂させるように、
奇妙さはファンタジーを届かせるように、
空虚なリズムに、いたちごっこなファイヤーになっていく。
理想的チェケラッチョが歌うなら、
希望が逆らうなら、興味すらもないのさ。
ラブリーチェンジ、
ミステリーが興味を示すなら、
内側から灯る蝋燭。
希望というファンタジーになってまで、
究極的ロマンロックになってしまうんだ。
空中に浮いている歴史が、
ファンタジーを呼び寄せているんだ。
ファンキーなドリーマーと共に、
永劫の時を歩んでいるんだ。
必要とさているミラクルに対しても、
報酬は支払われる。
奇妙なメロディが付き合ってくれないなら、
それは悲しいか?
メロディでリズムがクォリティを、
高らかに宣言するなら、
理解するためのフューチャー。
取り戻すならクォリティ、
ワンダーランドがチョコチップになっていく。
思想と理想が、
チェンジする未来に会いに来たいなら。
リピートダンサー、
クォリティすらも一途になりながら、
素敵でファンキーなリズム、
クォリティが高らかに宣言するように、
理解がフューチャーになるように、
悉く嫌いになってしまう、
ファンキーなリズムすらもクォリティが
高らかに、宣言されるミラクルになってしまう。
究極的ロマンスは、いたちごっこに、
ファイヤータイムに、理想が頂戴されてしまうなら。
究極的ミステリー、ガス生命体になってまで、
究極的ロマンチックになってまで、
クォリティは高らかに宣言していく。
ハーモニー、理解者達が踊るなら、
空虚なリズム、太鼓判を押すように、
活動していく展開を現していく。
ハーモニーで歌いだすなら、
空虚なリズムに対しても愛を嫌わせていくべきだ。
ハーモニーで歌いだす交換条件を、
ミュージックでファイトスタイル、
価値観が揺れるなら、最高潮なイメージだ。
共鳴しているのか、素敵なのか。
分からないが、君たちが近くにいて欲しい。
ミラクルに対する距離は、
僕の眠たげな頭に効果的だ。
ファンタジスタ、永劫の時を歩く。
極めて最高ならば、
栄光と、それでもって伝えるような。
魅力的ラブに作戦があるなら、
クォリティとワンダーランド、
空中に浮いている歴史的メロディ、
追憶の体になってまで、
ストーリーをミュージックにしてしまった。
リズムが炸裂するなら、
奇妙さとファンタジー、
クォリティが異次元だったとしても、
クォリティはワンダーランドに、
希望はサクセスワールドへと、
変わっていくストーリーへと、
変わっていく必要性と、
ミラクルと対抗勢力がないなら、
ミネラル、
伝わるなら、
理解するためのファンタジスタ、
永劫のサクセス、ラップビジネス、
トークライブしていくなら、
理想とチェンジしていきな。
ダンスフィーバーに、価値が揺れるなら、
最高潮にすらなってあげるから。
ゆっくりと、静かに自滅されるパーティならば、
ロマンとロックンロールが必要とされてしまう。
理屈が、強力なファンタスティックでいずが、
意味不明にトークしてくれるなら、
ファンキードリーム、栄光のユーロビートを
サクセスパーティにさせる為に、
クォリティは異次元、メッセージを届ける為に。
サスペンス、抱え込んでくるのさ。
理想とチェケラー、生み出したなら。
栄光とビジネス、ライクショータイム。
メッセージなトークライブが、
炸裂するビジネスをオーケーさせるなら、
奇妙というメッセージにすら、
栄光のユーロビートを咲かせるまで、
あとどれだけの距離を疑わせるの。
奇妙というメッセージが貫いてくれたから。
フィーバータイム、後ろ側を虚ろに見つめていたんだ。
価値と、許される方向性。
イズムとリズムに散っていく、
ストーリーにすらかいつまむ素敵さが、
ファンキーなドリーマーが、
栄光が、伝わる歴史と共に、
疑いを共鳴させるように、
ファンキードリームはエレガントに、
メッセージを続けさせる為に。
クォリティを異次元にする為に、
クォリティが異常になっていく度に、
限界に近づくたびに。
メッセージはクォリティを教えてくれる。
いつか君のいる場所に辿り着くから。
絶対にミステリー。興味が無かったとしても
あんまり興味がない。
素敵なファンタジーなのならば、
素敵なミラクルを教えてあげたいよ。
極めたいよ。
必要な程のミラクル、
伝えても滞り、意味がないと分からず、
ケセラセラ、それでも越えていくミステリーがあるなら、
空虚なリズムに、追いかけられているなら。
理想のビジョン、展開していくミステリーに対しても、
希望というファイター、失われるこの攻撃ならば、
ストレートな北極海だ。
リズムが炸裂するサクセスへのカウントダウンだ。
希望というファンタジー、偽りに
歴史的ドリームを運ぶなら、
その必要性さえも虚無になってしまいそうだから。
意味が東奔西走してしまいそうなら、
君にユートピア、
リアルな方向性を維持させたいよ。
興味がないくらいに笑ってしまいたいよ。
ラップとラブリースタイルだから、
破滅的恋愛にすら、謙虚なヒーローにさせてしまった。
理屈はファイター、失った記憶だ。
メッセンジャーが形を求めるように、
空虚な伝説は僕を侮辱するのかなあ。
リズムがサクセスするならば、
記憶すらマイメロディに
かいつまんで素敵になっていくのかなあ。
必要とされるミラクルにすら、
ミステリーが興味を、ミュージック、
サクセス栄光、飛び出す空間、
ビリーバーなジャスティスを追いかける。
ラップスタイル、エンジョイパーティだ。
ロマンロックベイビー、失われているファンキーな、
路頭にすら迷っていくスタイル。
エンジョイしているかい?
ミラクル、伝えてなお、
煌めくワロスにかいつまむ。
影響力がヒップホップだろうと、
なんだろうと構わねえ。
必要性はミラクルを耕さねえ。
希望というフューチャー、
ロックンロールフェスティバルなら、
空間ラブリー、挑戦ラブリーハート、
大切な言葉とエンジョイパーティ。
後ろ側が極めている。
ファンキーなドリーマーと共に
受け継がれるパーティが存在しないという。
ミラクル、永劫の時を歩むように、
嫌われてみな。素敵だって思われてみな。
サクセス行動のエンドレスに
サクセスワンダーランドにさせられてみな。
初ライブ、サプライズ、
大切?ミラクル調節する
必殺仕事人だ。
出てくる文章軒並み面白くねえ。
大好きなチェケラーだけじゃ面白くねえ。
希望とファンタジー、
クォリティが異常でサクセスパーティなら、
永遠と共に受け継がれるしかねえ。
ラブリーハートでエンジョイパーティは新しく、
興味ない、大切さがローリング、
していくロマンチック、エイトビートに、
狂っても嫌いにならないで。
大切な言葉、エンジョイパーティと共に明らかに、
素敵にファンタジー、
クォリティ、異次元突破するミステリー、
徐々にその道に、深みにはまっていく。
ストーリーは違いを見せつけていく。
新しい世界、メリーゴーランド、
空間ビリーバー、着実な方向性、
リズムでサクセスパーティをエンジョイするなら、
希望とファクトリー、
正しい世界観、ビリーバーな
ジャスティス、高揚感と理想像。
大切にしているミラクルと共に、
受け継がれるファイヤー、
そこにだけが到達し始める領域。
決めつけで後はないと。
炸裂したミラクルに未来はないと。
決め込む僕らこそがまずいらないんだ。
ダンスタイム、クルージングしているんだ。
ひたすらにファンキーなんだ。ひたすらに。
希望が逆らうのであれば、
空中分解すら、
永劫の時を飛び跳ねる意味ですらも、
究極的ロマンロックに、ちょうどいいミラクルだ。
大切にしているラッキーだ。
フェスティバル、クォリティとしてワンダーランドだ。
急にかいつまむのは、ビリーバーだから仕方ないのだろうか。
エンジョイジャッジメントだったとしても、
希望は逆らい続けるし、
方向性の虚無は歌い続けるだろう。
希望なんて無かったのだろうか。
興味が無いファイターに対して、
どれだけ嘘をついてきたのだろう。
ロックンロールフェスティバルは、
失うことすら笑っているのだろうか。
奇妙さが、ミュージックを作っていく。
ライブハウス、
それでも俺にあるものは
これだけだから。
意味不明にトークバックされても、
記憶はメッセージになっていってしまう。
理屈じゃないんだ、
ファンタジスタ、
永遠を願い出しているんだろう?
ファンキーなドライバー、
夢の舞台だ。サクセスパーティだ。
エンジョイリストアップだ、
重ねられる本懐だ、
リズムが炸裂するなら、
それも含めて楽しみたいんだ。
窮屈なんだ、理想が調節して、
ミラクル、メロディを捨てた音楽。
果てしなさと共に永遠は貫いていく。
ハクション大魔王だ。
メッセージが強烈だ。
時の流れ、どこまでも続くなら。
ひたすらメロディ、
つき壊して。
面白くなっちゃって。
大切になっちゃって。
どこまでも、報酬を受け取っちゃって。
ミラクルを頂戴しちゃって。
大好きな天才に対するリアル、
果てしない距離に相応的なミラクル。
ロックンロールな夢が諦めきれないなら、
今すぐダンスしてあげるから。
奇妙なメッセージ、歌いだせるなら。
空間と、空虚なメロディだよ。
美しいでしょう?
メロディだよ。気象衛星だよ。
何処までも続いていく希望だよ。
ファイティングポーズだよ。
うなぎのぼりな天才でしょう?
ミラクルを探して歩いているのでしょう?
それを魅力にしてしまったのは、
あら誰かしら。
そのそこら辺に旅立つ用意が出来てるような、
半端ない理想に対して、
魅力に対して。
特段面白いこともしてねえ。
リズミカルな影響力、ヒップホップなコミュニティだから。
生きがいがファンタスティックならば、
栄光を伝えるようなファンキードリーム、
永劫の時を歩みたいか?
炸裂するビジネスと共に、
クラッシュ炎上していくミラクル、
退屈な世界観に対して、
ずっとずっと入っていけるのは
次の舞台、違う世界、
近未来、光あると信じたい、新時代。
かざす手のひら、
素敵にファンキーなドリーマーすら、
栄光として下ろされる素晴らしさすら、
ファンタスティックですらも、
栄光ですらも、ファンキーなリズムすら、
描いて究極にすら、
ファンキーになってしまうなら、
活動していくファンタジー、
クォリティが異常でも、スクワットしてみても、
ミラクルファンタジー、
それを炸裂させたダンシング、
形を求めていたんだね。
窮屈な世界を愛していたんだね。
クォリティ、眠たげ、まぶたタップタプ。
でも止まらない、メロディは続いていく。
ロマンチストは栄光を願うように、
アウトオブディフェンス、
悲しいくらいにメロディは喜んでくれる。
ファンタスティック、アイアンマン。
君に褒められたくたくもないよ。
奇妙なメッセージ、
クォリティが異次元なら、最高として、
埋め尽くそう、素敵なメロディ、
突っ走ったら記憶にしかなれない。
奇妙さがファンタスティックを伝えてくれる。
歴史、興味、歌、その方向。
行動、ロックンローラー、違い、
教えて、何か。数は、はからずとも、
興味、サクセス、そこにアクセス。
何か、猫、犬、パンダ、未来を呼び寄せ、
活動、世界、未来に対する行動にすら、
ファンキー、ロストジェネレーション、
価値がゆれる。
最高潮の中、生み出した価値観、
筋書きが全てを閉じ込めた。
それなのに空洞感、空間は新しい最中に、
メッセージを統率しながら、
やってくるから。
大好きだから、止まらないんだ。
それが実際にできるのか、分からなかった。
奇妙さがメロディで、ジャスティスを。
栄光とサクセスパーティ、
ロマンロックベイビー、
失ったらば絶体絶命なんだ。
ファンキーメッセージ、
統率力ファンキー、
路頭に、ファンキー、リズム、
サクセスパーティ、エンジョイしながらも、
ファンタスティックライブハウス、
映像がサクセスすなら、パーティ、
ロマンロックなベイビーに、
失わせる活動、
文才が欲しいらしい。
だって僕の書く文章はつまらないらしい。
でも何を書けばいい。
ゴールってなんだよ。
俺は何を目指してんだよ。
心に浮かんだこと、ただ言葉にしてる。
俺にはそれだけで、素敵なメロディが、
月零れ、ファンタスティック、
ラップスタイル、エンジョイパーティならば、
ロックンロールパーティ、
ロマンロック、ファイティングチェケラーに、
メッセンジャーがトークしないなら、
究極的ファンタジーすら、
永劫の時すら預かり、
希望というメッセージにすら、
ファンキーなドリーム、
描いた究極にすら、
ファンキーリズム、
回転するリズム、光景が歌いだしているなら、
ファンキードリームと共に、
歌いだしていくなら、
ファンタジスタ、永劫の時を歩いていく。
ロストパニック、永遠が踊り続ける。
百姓が歌っていく。
ハーモニー、理解するための歴史、
ファンタジーアイランド?
統率力含めて、暴走する力の技。
失われたパーティにすら、
ファンタスティックアイランド、
ミュージックパーティ、
全てを手に入れたいらしい。
極めることに対する思いは、
誰よりも強かったから。
奇妙過ぎるファンタジーに対して、
本当の楽しさを弾き出す。
ミラクルは昨日からの、
影響力、ぶっ飛んだ価値観と共に、
サクセスパーティ、エンジョイパーティ、
ロマンロック、エイトビート、
サプライズ、栄光の、サスペンス、
ロックンロールファンタジスタ、
永劫の時を歩むなら。
どうでもいいミラクルが、
共鳴してワンダフォーになっていく。
思想的展開、行動がロックンロールパーティになっているのか。
リズムが、アップサイドグレートダウン。
メッセンジャーがトークするなら、
希望に対してミラクルを弾き出したい。
リアルなフューチャー、
ドリーマーと栄光を伝えないと意味がない。
リピートアフターミーな、
ブルースと共鳴が歌声をあげるなら。
産声をあげるなら、
この距離にすら意味はあったと思える気がする。
目が覚めてしまう前に、
もう少しだけ眠っていたいの。
この音楽を聴いていたいの。
ミュージックはファイター、
それでも、希望は逆らわず、
このままにあるはずだから。
奇妙過ぎるメッセージは、やがて。
旅立つ世界観に、愛する世界観に、
興味サクセスワンダーランドにされないと、
リズムサクセスパーティ、
エンジョイロスと。
意味不明にトークしていく。
ワンダーランド、サクセスパーティ、
エンジョイロックンロール、
チェンジファンタスティック、
永遠とサクセス、
行動、ロックンロールパーティ、
恥ずかしいミラクル、メロディが突っ走る。
記憶はワンダーランド、
密接に繋がる愉快さだ。
ドリーマーなエイトビート、
ファンキーなロストプラネット、
理解したいからこそ、窮屈な未来を照らし出したんだ。
究極的マイノリティ、
それらが生み出すリズムに、
この光景、ワンダーランドだ。
のたまう素敵さ、
ミラクルと興味に対して。
どいつもこいつも微妙だぜ。
サクセス、パーティロマンロック、
ベイビー、フルメタルなら行動だ。
大したことはねーんだ。
究極的リズム、
階段として受け継がれるなら、
ファイター、失われたパーティ、
ロマンロックベイビーに、
失われる行動ならば、
サクセスする魅力に対する、
エイトビートかな。
炸裂するビーバップハイスクールかな。
奇妙さがメロディになるなら、
いいさ。とどめておくさ。
ラブリーハートを見つめているんだろう?
キスマイセルフ、
大好きな展開にエイトビートなのさ。
慢性的依存状態?
ミラクルが共鳴するなら、
ファイティング、思想と共に、
炸裂するボクサー、
一応炸裂するワンダーランドに対して、
奇妙な偶然すら感じていたんだろう?
奇妙過ぎるファンタジーは、
時に面白さすら全て越えていく。
必要性に対するミラクルだ。
ケセラセラが伝わっているなら、
異常な光景だ。
リズムだ、沈むべきストーリーだ。
メッセージにすら共鳴させられるとしたら、
なんてすばらしいのだろう。
なんて愛おしいのだろう。
沈むチェケラー、
チェケラアア、
イメージチョコレート、ダンスフィンガーに、
価値が灯されたから。
それでも何かを生み出していたいと
思えたから。
ビリーバーなチャンスはそこら辺にあったの?
希望はどこにいったの?
僕の炸裂に対する興味は?
美しさは、未来はどこにいったのさ。
訳がわからんちあ帝国だよ。
どんな面白い世界にも。
リズムが、チェケラッチョファンタジーになってしまうなら、
究極的ドリーマーすら、
全て描いてくれる。
ファンタジーは伝えてくれるんだ。
理解する究極性、
ビリーバーなチャンスが預け合う。
そのドリーマー、サクセスパーティにエンジョイしていく。
聞きまくってた、カセットテープ。
必要なミラクルが差し出すならば、
空間、ビリーバーなチャンスすら、
ファイティング、思想を天才にしてまで、
影響を永久に感じるなら、
素敵なファイヤー、
逃げ出す空間すら、甘ったるい世界には
興味が無いのさ。
再び、先の見えない船旅。
ロックンローラー、チェンジする未来に対して、
ラップスタイルと、
ラブリーハートを見せつけたいから。
ファンタジスタで永遠に、
未来をよろしく言っておいてください。
爆笑する天才にすら裏表を見せるなら、
空虚な空間、ビリーバーの生み出すチャンス。
白熱するルーキー、
チャンスを預けるストーリーとメッセージ。
クォリティすら爆笑だぜ。
東の空が光る。心の闇は抱いたままだ。
大切な言葉、エンジョイパーティならば、
ロマンとロックンローラー、
理想とチェケラー、ファンタジーが生み出すなら、
空間、サプライズな天気予報、
サクセスパーティになっているなら、
理想と共に受け継がれるパーティ、
ロマンロックンローラー、
奇妙なファンタジスタと、
最高潮、メッセージが強烈なら、
スタジアムすら、ファンキーなリズムを追いかけてきたんだ。
ファンキードリームと共に、
栄光を伝えるなら、
理解者というフューチャー、
ドリーマーな大切さ。
リズムが着実にロッキーシャワーならば、
天才的ドリーマー、
描く究極性、
リズムが天国を呼び寄せているなら、
空間とラブリーハート。
エイトビートとサクセスする奇妙さ、
ファンキードリーマーと共に、
受け継がせてくれるなら。
ロックンローラーパーティと、
エンジョイなラベルパーティならば、
勢いが興味を示すなら、
ずっとずっと嫌いになるほどに、
抵抗したいほどに、魅力的なら、
希望、ファイター、失われた行動にすら、
フューチャードリームを描いていきたいなら、
究極的メロディ、突っ走る明日を笑いたいなら、
奇妙過ぎるファンタジスタ、
映像が、栄光が、教えてくれる魅力にしてくれるんだね。
ファンキーなドリーマーにすらなれちゃうのかい?
奇妙過ぎるファンタジスタとしては、
受け継がれるパーティ、
ロマンロックなベイビーになってしまうのは、
休暇を取る為の僕としても。
理屈はファイターになってしまうのなら、
究極的にドリーマー、
映像がサクセスさせてくれるなら、
ファンキードリーマー、
映像がサクセスに対する考慮を書いている。
リズム、サクセスパーティ、エンジョイロストプラネットならば、
希望的ファイター、失われた記録的問題、
理解できるかどうかの、
新しい天才的ドリーマー、
忠告しているファンキーなロープすら、
ビジネスだとか宗教だろうが、
ミステリー、空虚、必要とされるなら、
究極的リズム、オーケーしてくれるなら、
ファイヤーサイン、唱えてやまないギブアンドテイク。
ラブリーハウスは宇宙の向こう側へと、
愛する希望に対するメロディが呼び込む、
必要性がミラクルを教えてくれるよ。
ファンキーなドリームであろうが、なんだろうが、
ファンキーなリズムとして。
イズムとリズムに、散らされてファンキーに。
いつの間にかそんな世界になってしまったようだ。
空中に歴史、俺にあるものは最初から・・
運命か。それも儚くも揺らぐ、美しいくらいの、
クソッタレの俺の未来だ。
大胆不敵だな。
それでもクォリティを求めているんだろう?
共鳴が歌いだしているなら、
ファンキーなドリームと、栄光がサクセスするなら。
ロックンロールパーティが疑うんだ。
嫌いだよ。メッセンジャー、
価値は僕を許してはくれないのかい?
奇妙過ぎるメロディと共に、
続くストーリー。
楽しいミラクルがあったから、
協力体制、
それは全てに影響を及ぼすから、
ストーリーがメッセージ、クォリティすらも、
ファンキーなメッセージにさせてしまっても。
理屈がファンタジー、暮らし始める記憶だよ。
ミステリーは興味に対し、
理屈ではないファンタジーを答えてくれる。
ファンタジーアイランドならば、
クォリティとワンダーランド、
フューチャーアイランドに、
密着してそれでも、
クォリティを求めるように、
希望はファンタジーにのけぞるように、
素敵なファイター、失われたら。
究極的ファンタジー、
それも含めてクォリティだ。
ワンダーランドならば、
記憶というメロディ、突っ走るファンタジア、
メッセンジャーが攻撃する夜に、
素敵なファイター、意味不明な
落札パーティが幕を開けるんだ。
希望というファイター、
ロマンロックという栄光のユーロビート、
恥ずかしいまで究極だ。
ロマンロックだけが食べつくしてしまうのか。
ビリーバーなチャンスは、エキゾチックに、
ハッピーでナイスなタイマーに、
理想すらチェケラッチョ、
生み出す価値観すら、エイトビートすら、
栄光すら笑い出す。天才的ミラクルだ、
強烈だ、サクセスパーティだ。
エンジョイロックならば、
希望というメッセージにすら、
偽りの世界観にすら、
エイトビートを栄光にさせてくれた。
破滅的恋愛に、行動させてくれたミラクルは、
大胆不敵な未来を。
正しいミラクルに、チョコレートソングを。
嫌いになりそうなほどのミラクルにすら、
頂戴する魅力を。
階段を上っていくストーリーを、
それに伴って嫌いになるほどの、
抵抗を。サクセスを、ワンダーランドを、
希望を。
その方向には何があるんだい?
極める続けることに、
果たしてどれくらいの意味があるんだい?
究極的リズムなのであれば、
空中に歴史を跳ねまくる。
ダンスフィーバーで、
価値が揺れる、
そこに灯をかざせば、
素敵なことになるから見てな。
飛んでいけ僕の詩人のようなきざなハート。
ミラクルが踊りだす。
展開的な興味は、時を疑いますか。
ラブリーチェンジに、ミステリーが共鳴するなら、
ダンスフィーバー、価値が揺れるなら、
最高峰のイメージ、
チョコレートソングライティング。
理屈がファイティング、
そのまま眠りに落ちていく。
ストーリーはストレート。
メッセージが強烈に、
サクセスすら生み出して、
価値がブルースになっていく。
ハーモニーとして疑い出して、
結局は歌いだすファンキーに似通わせて、
ラブリーコールをチェンジするなら、
ミステリーとなる興味すら、
ファンタスティックドライブすら、
健康的にファンタジーアイランドに、
夢中になるほどに、
究極的ドリーマー、大会制覇と、
メッセージがチョコレートになる前に。
クォリティでマイダンサー、
クォリティと異次元になってしまうと思っても、
刻むストーリー、メッセージが連なる。
世界観とエイトビート、
栄光とチョコレート、
メッセージが共鳴していく。
ファンタジスタ、ロックンロール、
誰もが子どもだったけど、
炸裂ブルース、
興味がないのかい?
教えてよ、炸裂するビジネスが、
解き放たれる究極になってしまう前に。
自由なら生きがい、ミステリー、
興味を示した。太鼓判を押し続けた。
ラブリーコール、歌い上げたから。
今更何も怖くはないのさ。
ラブリーコール、誰でも最初は初心者だ。
リズムがチェケラーするなら、
ファイティングするロストプラネット、
数ははかれなくても、君のそばにいるから。
ダンスフィールドは、
価値観を失っても、
素敵なファンタジーになってくれるはずだから。
ロックンローラーなファイター、
失えるなら、希望というパーティ。
失われたなら、サクセス、昨日から、
影響がぶっ飛んでいるんだよ。
価値が吹っ飛んでいるんだよ。
それでも積み重ねる。言葉の雨あられ、
つまらなくても構わない、
僕はその心を表現するんだ。
ここにいる限り僕は自由だ。
そこはひたすら自由で、うまく表現できないくらいに
様々なことを表現できる。
自由はキャパシティを乗り越えていく。
俺の可能性自体が、どれほどのものなのか。
試されていると感じている。
でも俺には違う言語センスがある。
せめて、生き残られれば。
ロックンローラー、イメージを強制的に教えてよ。
理想とチェケラッチョファイターが、
失うことすら躊躇ってしまうなら、
理解を越えて、逃走するミラクルに、
興味がありますか。
大会制覇、メッセージを残した。
奇妙なメロディは美しかった。
とても、響き渡った。
リンゴが零れ落ちる。
さあ、そのリンゴを、その果汁を、
吸い取って、それでも、もっともっと。
欲しくなる、甘いもの、しょっぱいもの、
何が生み出すかな。何が僕たちを鑑定するのかな。
ファンタジーアイランド、
密着、素敵なロンリーウェイ。
孤独という楽しさが、
僕を追いかける。はねのける。
必要性がミラクルを引き起こす。
魔法のようだ。僕は自由だから。
ここから、まっすぐ成長していく必要があったんだ。
絶望するなら、積極的アイランド。
ミラクル、チェケラーファンタジーを、
クォリティと共に受け継がれるファイトは、
理想と共に生きて、
素敵なファイナルアンサー、
孤独に、毒々しいリズムを伝えてくれるなら。
ファンタジー、作文中毒。
白熱するルーキー、
抵抗などなかった。
ひたすら面白かったから、
ブルースは興味、永遠に続くようなこの
遊びが好きだった。
サプライズ、展開していくなら、
理想とチェンジしていくミステリー。
ラップスタイル、
どっちにいるかは分からない。
ストーリーの泣けわめく方向へと、
リズムは灼熱の輪っかに、
希望的ファンタジーになっていく。
理想とチェンジ、未来を通してくれるの。
ファンキーなドリームに、エイトビートすらも、
映像的にサクセスさせてくれるの。
ファンキードリームを伝えて、
尚ビリヤードを続けているなんて。
希望というファイター、失えない孤独が、
分からない記憶が、メッセージを連ねているのかい?
ビビっているのかい?
白昼夢、この遊びは終わらない永久に。
希望という咲かしだすスマイル、
理解していくファンタジーすら、
影響がヒップホップになっていくように、
理想はチェンジする未来に対して、
曖昧な未来を教えてくれるんだ。
ダンスフィーバーに形をノックアウトしてくれるなら。
ファンタスティックドリームであり、
描いた究極は、
リズムと共に受け継いでくれるはずさ。
奇妙過ぎるファンタジアに、
絶叫マシンに乗っているような、
ファンタジーが巻き起こるはずだよ。
奇妙過ぎるメロディは、
時に面白いように、
希望すら飲み込み乗り越えていく。
限界をひたすら越えていくんだ。
理想がランデブーしているんだ、
とってもファンキーだろう?
希望とフューチャー、ドリーマーを食べてしまうだろう?
究極的なほどのリズムだろう?
サクセスのパーティなのさ。
クォリティを異次元で挑戦するなら、
記憶的なメッセージですら、
エイトビートに乗って驚きまくるのさ。
強烈なサクセスロード、
それらが評価されてここにいるんなら、
俺も楽しさを共有しないとな。
希望をファイティングにしてくれているなら、
ファンキーなドリームすら、
偽りの展開になってしまったかもな。
ビリーバーなチャンスは、栄光と共に受け継がれているんだろうか。
奇妙なファンタジスタに対して、
いまだに曖昧な世界を教えてくれているんだろうか。
ファンタジーアイランド、密着する季節と共に、
エイトビートがサクセスするなら、
希望というパーティ、ロマンロックなエイトビート、
炸裂している灼熱の雨なら、
僕を嫌いになったりするのかな。
僕は何をすればいいのかな。
もう、きれいすぎて分からなくなっていくほどの、
景色、景観、メッセージが興味を映し出す。
僕は今だけを見過ぎて、
過去のことも未来のことも興味が
無くなっちゃってる。
常に新しい。常に魅力的だ。
今をどれだけ楽しめるか。
確実な世界、彩れる空間、
ビリーバーなチャンス、栄光をユーロビートにさせながら、
魅力というファンタジーで、
乗り越えられるものはある。
チェケラッチョはハーモニーブルースは、
謙虚さと共に止まらない。
一周回って好きになるほどの、
抵抗力。ファンタジスタ、
栄光をサクセスパーティ、
ロマンロックなベイビーが、炸裂しているのかい?
奇妙なファンタジー、
脳を揺さぶる何かに対して、
希望というファイターになってしまうなら。
究極的ファンタジー、クォリティすらも一途なファイターだ。
失われるなら、希望というメッセージ、
クォリティが一途なファイターになっているのも
正しいのかもしれない。
メッセージ、トークしてくれるなら、
希望というファイターにすら、
ロストチルドレンを参らせているというの?
希望というファイターに、
失われているのかい?
サクセスパーティに、エンジョイロストジェンレーションならば、
形を不埒にすること自体に意味などないのかい?
奇妙さがファンタジーならば、
栄光サクセスへのワンダーランドを伝えるとしたら、
ミラクルが魅力的に、ゴゴゴゴゴなら、
素敵なメロディ、続きが溢れる最高潮に、
イメージされているのだろうか。
究極的ミステリーが、超越してくれるなら。
ファイターとロストチルドレン、
それらを全て越えていかないと意味がないという。
希望とファクトリー、メッセージが強烈なんだ。
ファンキーなメッセージを追突されている。
ファンキーなリズムに追いかけまくっている。
理想をチェケラッチョ、ファンタジスタが、
永遠を教えてくれるから、
理解するためのファンタジーを、
行動を、ロックンロールを教えてよ。
繰り返すことにミラクル的ハッピーを、
脳みそミラクルハッピーセットを、
繋げても繋いでも、何がいいのか
結局分からないの。
極めて最高潮、
でもそれだけの言葉が生まれてこないの。
サクセスパーティにエンジョイするなら、
究極的ロマンスがいたちごっこなら、
ファイター、失われる歴史に対して、
ラブリーチェンジ、ミステリーなサクセス、
未来がよろしく言っている気がする。
ニューロックンロールフェスティバルで、
強烈な昨日からの運命を教えてくれている気がする。
愛してもいない人と一緒にいるの?
刻むストーリー、
メッセンジャーはトークアバウト、
センセーショナルな形、メロディがルッキンフォーしてくれるなら。
ファンタジー、未来を追いかけるように、
スパイラル、伝説的ミラクルを調整させてみせてよ。
ラップしてみせてよ。
それが単なる偶然か?
ラップなラブリースタイルだ。
ファンキーなリズム、空間、ビリーバーなチャンスだ。
リズムがチェケラッチョファンタジーになってしまうなら、
空虚な空間、理想をチェンジするまで。
記憶はメッセージ、抱き続けるまでだ。
ストーリーとミュージック、
世界が変わっていく。
思想が、理想が、展開が分からなくなりつつある。
ドリーマーチェンジ、
ロックンローラーなチェンジ、ミステリーを共鳴させる。
ファンキードリーマー、
描いたサクセスパーティ、
作成している、ファンタジー、
クォリティが異次元を突破するファンタジーにしてくれる。
ファンキーなドリーマー、
永劫の時を歩いても、
希望はファクトリー。
ブルースが謙虚に、
ハートビートを望むなら。
空虚な理想すら、
ファイティング、思想の理想。
展開上のラブリーすら、
崩壊してしまうなら。
生きていたい。生きていたいよ。
リズム、刻んだなら、
フューチャーアイランド、
凄く楽しいからこそ。
ラッキーフェスティバルを
後ろめたくさせてなお、
突き抜ける伝説に対して、
未来を共鳴させるように。
ひたすらファンキーに、路頭に迷うように。
失礼さがメロディになっていくから。
共鳴する伝説に対して、
曖昧なエレガントに、
希望とファイター、
失われたなら意味がないんだ。
強烈な大会制覇、
メッセージがトーク力を抗わせている。
ドリーマーなチャンスが、
栄光を呼び寄せるなら、
理解者、それを書いている間だけ、
静かになった。リズムになった。
それを望んだんだから仕方ない。
興味もなければ。
歌えるはずもない。
奇妙過ぎるメロディ、
ロックンローラーなファンタジスタは、
永遠すら距離に対して、
埋め合わせする天才に対して、
希望をラッキーに、フェスティバルな運命を君に。
大好きならばチェケラッチョ、
意味が分からないなら大好きな。
チェケラッチョハニーに対して、
ミュージックを止めないで。
嫌いにならないでよ。
偽りの世界観、
理想が愛してくれるなら、
逆立ちしてでも影響させてみせるさ。
空間的ラブリー、競争力が、
サバイバルなら、体感温度、
ミュージックをサクセスさせる為に。
極めることに意味があるなら、
ミュージックファイター、
失えることにすら
メロディになってしまう。
強力な世界観にさせてしまう。
理屈はないが、ファイター。
嘘をつけるほど強くもない。
煌めけ、どこまでも。
続く理想を愛しながら、
ファイティング、距離を器にさせながら。
楽しい世界が、続いていく。
楽しい世界、永遠に。
僕は何を見ていた。
僕は何を、分かっているつもりになっていた。
夢の世界へ、飛び込んで。
目指す場所が、どこまでも高くて。
奇妙過ぎるファンタジスタは、
永遠を旅している。
奇妙な偶然が、折り重なる。
究極的なほどのミステリー。
正しい楽しいストーリー、
曖昧な世界へと落ちていく。
失礼のないように、サクセスできるように、
興味は裏側からやってくる。
奇妙さとメロディ、尽くす為に。
希望という方向性、
リズムとイズムが散らす最高潮、
イメージがチョコレートになりながら、
究極的ドリーマー、
栄華に反映したリピートダンサー、
宇宙の向こう側を伝えたら、
ミラクル、行動のサクセス。
パーティならばエンドレス。
希望とフューチャー、
ドリーマーがチャンス、
栄光と映像をサクセスに変えてくれる。
ファンタジーがアイランド、
密着している伝説と共に愉快な。
晒しだす空間に対して、
ミラクルをチョコレートにしてしまうなら、
空中に浮いている僕の魂すら、
映像を。栄光を、
メッセージを共鳴させてあげた楊。

ミュージックを止めないで。
さよならを言わせないで。
空中に浮いている歴史、
イッツクライシス。
ワンダーランドを見つめるなら、
方向性のリズム、
ラップスタイルだ。
リズムが設計するなら、
僕もできることなら全て手伝うから。
希望というファイティング、
理想をチェンジするミラクルですら、
究極的ロマンス、
いたちごっこなファイヤータイムだったとしても、
希望がワンダーランドになっているから、
理想とチェンジするミラクルに対して、
曖昧な答えしか弾き出せない。
サクセスへの行動は、
パーティを望みだす。
空間がくうきょならば、 
一致しているモンスター、
追及する新しさを、
伝えてなお極める理屈を、
ファンタジーを、越えてなお素晴らしい世界を、未来を。
メッセージ、続く理想、思想の展開。
ハクナマタタ、吐くなまだだ。
サクセスさせてくれるなら、
ファンキードリーマー、
永劫の時を歩むなら、
炸裂するダンサー。
俺は一人が大好きなのさ。
奇妙なことに死ぬほど自由だ。
歴史的ドリームであり、
栄光を伝えてくれることを、
ぜひとも伝えてくれるなら、
ファンキードリーマーと共に、
栄光は永劫の時を逆らわせ続ける。
ファイティングしている恋愛感情に、
理想とチェケラッチョ、
生み出した価値観、映像が
サクセスの天気予報をして、
ミラクルがチェンジしている。
ファンタジスタの映像、
サクセスパーティのエンジョイの方向性、
ラブリーが栄光を差し向ける。
希望というファイターだけでは、
意味がなくなってしまう、
一途さがあるという。
奇妙さがファンタジーを伝えてくれているというんだ。
極め続ければ、
その最高峰、
歪な展開にしてまで、
狂ってしまうくらいに、
ラブリーチェンジを巻き込んでしまうなら、
記憶とメッセージ、強烈なサクセスパーティならば、
エンジョイパーティロックンロールが、
ひたすらな魅力を続けさせてくれるなら、
いいぜ、リピートし続けよう。
破滅的恋愛にすら未来を読むなら。
素敵な生き方、ファンタジー、
クォリティと共に受け継ぐんだ。
価値が揺らす方向性へと、
リズムと、イズムに散った最高峰が、
歌いだせる究極が、アテンションプリーズ
してくれるなら、ファンタジーアイランドに、
密着してくれるなら、
ファイティングポーズ、失うことすら馬鹿馬鹿しいのかい?
リズムとイズムに散っていくなら、
ストレートなミュージックすら、
偽りすら、かいつまむまで。
素敵なファイナルアンサー。
毒々しい音色、
追及するミステリーがあるからこそ。
ファイティングするチョコレート、
イメージが共鳴しながらも、
宇宙の最先端を見つめて、
施す運命が笑い続けているなら、
究極的ロマンス、
痛々しいほどのそのリズムを、
究極的ファンタジーにさせながら、
未来を続けていく。
理想とチェンジする未来、
強烈なサクセスに対して、
大切、言葉エンジョイパーティ、
失う力すらないのなら、
興味とメッセージ、サクセスパーティなのならば、
永遠を教えてくれ。
理想を繋いでくれ。
ファイティングポーズ、してなお煌めく僕になってくれよ。
もう少しガキでいさせてくれよ。
飛び出す空間、ビリーバーな着実性、
ラブリーハート、エイトビート、サクセスパーティ、
ロマンロックベイビー、炸裂するビジネスライフ。
ラッパースタイル、
理解するフューチャー、
ドリーマーを退屈にさせる為に、
奇妙なメッセージは、歌いだすファンキーと共に、
受け継がれるファイティング、
理想とチェンジされる未来。
何もかもぶっ壊してしまいそうな近未来に対して、
何もできないままでいる。
僕らが面白い方向に、
痛々しいレベルで突き刺さっていく。
ロマンチストは映像をたしなむように、
果てしない空虚さ、
リズムがサクセスパーティになるなら、
リズムが炸裂するミュージックとなる。
希望とその方向性、
リズムに卓越するルーキーが、
儚くちぎられる。
メッセージが興味を示す。
階段を上るように、
空間が超越していけたなら。
空虚な理想にも、天国にも、
究極なるロマンスがあるとしたら。
フィンガーアイランド、
メッセージが共鳴しているから。
ファンタジスタと永遠、
違いは未来に教えてくれる。
ファンタジスタと恋愛をする、
価値が許す限り、
エイトビート、クラッシュするまで。
栄光を探すまでよ。
果てしないミラクルすら、
一致するモンスター、
追従する新しさに対して、
未来を描いてくれた。
理解してくれるメロディも、
今となっては素敵だ。
ファイティングなロストチルドレンだけが、
メッセージを貫くことに対し、
ラブリーをエンジョイしてくれるなら、
ファイター、失うことにすらも、
栄光のユーロビート、
差し出せる崩壊になるまで、
リズム感を理解する為に、
それでもクォリティは求め続けていくから。
一種のトランス状態、
別意識、別次元だ。
空虚な空間、ビリーバーとチェンジングするストーリー。
メッセンジャーはトークし続ける。
ファイティングする理想に対して、
未来を思い描くなら、
すげー世界を愛する。
理解とファンタジー、
それでもクォリティが満たすから。
歴史的ドリーマーが、
別世界をエンジョイするように、
空気を理解させるように、
ドリーマー、栄光を満たすくらい、
影響があるとしたら、
空間、ラブリー、兆候すらも抑えながら、
素敵なパーティにさせてしまった。
理屈じゃなかった。
イメージが調整するなら、
その未来を嫌いたい?
メッセージが作成されてくれるなら、
ファンキードリームと共に、
エイトビートは炸裂していくから。
ロマンスがロマンチックになるなら、
素敵なドリーマー、
エイトビートがミュージックなのであれば、
価値が許す限り。
運命で愛おしいと思える邦題、
刻むストーリー、メッセンジャーが価値を壊し始める。
それらをうなぎのぼりに天才にさせて、
俺は出かけたんだ。
虚無だけが開く扉、
価値観と許された、
極める価値と、ブルースにさせられた。
それでも愛おしかったんだね。
次は連続勤務、理解しがたいほどの
メッセージを、トークバックをチェンジさせた。
理屈はファイター、
生み出すことすら馬鹿馬鹿しいほどに、
究極的ロマンスは頂戴されたのさ。
目をつけられたんだ。
全ての終わりさ。
ミラクルがチョコレートならば、
素敵でファンキーなリズムに、
空間的ビリーバーは調整してくれるように、
イズムありきの素敵な社会にこんにちはだ。
奇妙過ぎるメロディは、時に何を欲しがる?
素敵ならば、エイトビートを壊したい。
ファンキーなメッセージ、歌いだせるなら、
その空間に対するファイナルアンサー、
孤独でロックンローラー、
リアルにスキューバダイビングならば、
炸裂するビジネスライフと共に、
受け継がれたファイヤー。
ロマンロックなベイビーに、
失わせてなお。
だってつまらないんだもん。
奇妙に極めれば、素敵なロックンロールティーチャーに。
希望とメッセージ、クォリティがワンダーランドならば、
ラップスタイルすらも、
ファンタジーすらも、
栄光で極める最高峰、
イメージが調節する超越に、
希望に対してミラクルになるように。
奇妙メッセージ、
トークバックするラップスタイル。
理解するドリーマーと
影響、違うフューチャー、
俺は別のやり方でいく。
それは地味な方法だ。
ただ言葉を紡ぐ仕事だ。
ミラクルがエンジョイしている。
それでも積み上げている。
思想は理想を、
天才的なミラクルを、
共鳴してもなまだ愛おしいと思える伝説を。
クラッシュしてパーティ、
ロマンロックはベイビー、
失うことすら面白い。
大切なリズムと共に呆れるなら、
クォリティが異次元突破、
ファンタジスタと栄光、
サクセスパーティ、
ロマンロックなベイビーになろうと、
それらが炸裂しようと、ぶっちゃけ関係ないんだ。
愛おしいミラクルだけが倒錯していく。
ファンタジーアンダーカバーならば、
究極的リズムすら、
栄光のビジネスをオーケーしていく。
ハーモニーが伝わるなら、
歴史的究極と、
思考法、メッセージの言うロックンローラーに、
違いを見せても、それでも果てしなく、
未来を切り開く栄光の技を見よ。
希望というファイター、
それは自分がどんな人間になりたいのかを
試している、ラップヘアスタイルだ。
価値が許す限り、
運命も出かけることがないんだ。
フューチャーラインは、
伝えられるファンキードリーマーに、
永劫を伝えるミラクルに対して、
行動していくならば、
理想的メッセージ、
強烈なサクセスに対して、
ミラクルエイジが行動していくなら、
理想していくなチェケラーに
してしまうなら、屈辱的メロディすら、
謙虚な生きがいすら、
ワンダーランドにさせられてしまうのかい?
刻むストーリー、メッセージを強烈にさせていく。
ハーモニーで伝説をクラッシュするならば、
クォリティと異次元を突破する、ファイターにすら
なれねえ。奇妙過ぎるメッセージに面白い世界を
取り出しましょう。
謙虚なリアルが大胆不敵を守っていくなら、
ストーリー、それはメッセンジャーライフ。
トークライブを影響力に
させてくれるならば、ハーモニーすら歌っていくでしょう?
極めて最高ならば、
歪な天才にすらミラクルな興味は、
素晴らしい対抗馬と共に、
宇宙を知らしめてくれるでしょう?
パーティはこれからなんだよ。
極めて、最高、メッセージを統率力に、
ファンタジスタは永遠と共に、
永劫の日々を歩き続ける。
作成する豪華なキャパシティだ。
運命が嫌おうと、
メッセージはサクセスになっていくんだ。
ロマンスがチェンジしていくなら、
ファイティングする理想と共に、
開け放たれるドア、
メッセージが狂列に、
ファイターになっていくからこその、
ラブラブで止まらない究極、
ロマンスがエイトビートを守るなら。
理解をしたいのさ。
フューチャー、
ドリーマーをつぐむように、
ストーリーはエンジョイしてくれるから。
楽しさをメロディにしてくれるほどの、
究極性、あるいはリズム。
階段を残してしまっても、
理屈、ファンタジー、栄光を包み込んでいく。
理想はチェケラッチョになっている。
ファンキーなマシンガンに、
エイトビートもノリノリなら。
理屈はファイター、
失うことにすら希望を感じられるなら。
素敵なメロディ、
突っ走る記憶と共にあるなら、
究極的ドリーマーと共に、
永劫の時をサクセスさせなさい。
英雄の日々をまいっちんぐ町子させなさい。
奇妙なメロディと共に、受け継がれていくファンタジー、
クォリティと共に異次元が走り出すとしても、
クォリティはワンダーランドだから、
サクセスからの昨日に、
パーティにロマンロックなベイビーに炸裂させているということは。
ビリーバーなチャンスをあがきたいのかい?
奇妙過ぎるメッセージと一緒に、
クォリティが高らかに宣言されるなら、
リピートダンサー、
クォリティすら一途に、
ファイティングしていくから。
それは理想だったから、
意味なんていらなかった。
ファイティング、理想チェケラッチョ、
イメージが震えてる。
ラッキーでフェスティバル、
ロックンロール、
理解するフューチャー、
理解する究極が、
ファンタジーを重ねて、伝えていくならば、
気象衛星、
ラブリーになればなるほどに、
クォリティとワンダーランドに
サクセスさせるということは。
希望というコンフューチャー、
リズムがサクセスする未来へと行くんだ。
極めることに意味なんてない。
刻むストーリーと共に受け継がれたら、
パニックショータイム、
全てが暴れ出す。
ミラクルを共鳴させ始めるなら、
空間的ラブ、少しだけ憂鬱に、
希望というメッセージに、開拓されても
嫌いになれるほどに。
空間的ビリーバー、
頂戴してしまえるほどに、
ラスベガス、接触してしまうほどに、
リズミカル、行動のロケットランチャー。
美貌がサクセスパーティになりながら、
ファイティングチョコレート、
メッセージをマッサージにしてしまう。
理屈というファンタジー、
クォリティ異次元、突破する勢いだ。
究極的メロディ、
突っ走るならその記憶が欲しい。
ミラクルに対するそれらの興味すら、
ファンキーリズムすら、
永劫の時を歩みたい。
希望というフューチャーにすら、
栄光を、サバイバルを、
メッセージを、共鳴を、
更に加速させて、
リアルなヒッチハイクへと変えていく。
自分の文章のつまらなさに、
あるいは本当の表すリズムの行動の、
梨つぶしへの体感速度に、
ラブリーだと思えたかい?
リズミカルなファンタジーを越えたかった。
爆笑したかったんだ。
極めることに愛おしさが存在したから、
ビリーバーなチャンスすら暴れ出していったんだ。
空中に浮いている歴史だろうか。
奇妙過ぎるメロディですら、
器を図っているのだろうか。
奇妙過ぎるメロディと共に、
止まらない宇宙を差し出してくれるなら。
理解するというフューチャー、
ドリーマーが伝えてくれる、
ミラクルが頂戴してくれるんだ。
ハンマー、ラッパーペガサス。
大切に行動させるなら、
魅力的ファンタジー、嘘偽りがあったとしても。
未来を大切に思ってくれるなら、
歴史的ドリーマー、
栄光が伝わるなら、
歴史というフューチャー、
空間がビリーバーなジャスティスになることすら、
ファンキーなメッセージ、クォリティと共にエンジョイするなら、
魅力的パンチラインが存在していて、
それでも奇妙さは止まらないから、
リアルなフューチャーに対して、
恋愛できるほどの
サスペンスを届けてくれたんだろうか。
それはとっても奇妙で、面白いものだったから。
歴史的なドリーマーを示したから。
リズム、サクセス、行動の意味不明を、
更なる研ぎ澄まし方で、
エンジョイしていく。
全ては運びまくるのさ。
伝説の中でミラクルを作り続ける。
果てしない魅力が、
ファンタジーを伝えてくれるなら、
ファンキーな路頭にすら
迷ってしまう気象衛星、
ラブリーチェンジで、参らせているファンキーに、
参らせていくのだろうか。
そこに共鳴は存在するのだろうか。
一致する素晴らしいワールドは。
奇妙な炸裂は、
メロディとなって、歌いだすファンキーにすらなって、
ラブリーコールをエンジョイしてくれるなら、
フィフティーンすら。
時は早く過ぎる。
光る星は消える。
たまらない、理屈がファンタジーを興味を示してくれるなら、
ファンキーなドリームすら、
歪な展開すら、忘れてくれるフューチャーラインに、
希望してくれるなら、
ファンキーなドリームと遊ぶのさ。
それらは空間だから、
ファイティングチョコレートなメッセージだから。
究極的ドリーマーと、永劫の時を歩みたいから。
続く日々、面白さをメッセージに
極めさせてくれるなら、
理解するためのフューチャー、
ドリーマーを栄光にさせる為に、
希望というフューチャーは、
どこまでも連なるように、
全てを遊ぶように、
空間は理想を頂戴する為に、
理解をしたいと思えるから。
そのビリーバー、チャンスを預け合えるなら。
活動する狂気、興味。
大好きな展開と共に、
合わせてくれるなら。
ラブリーハートであり、
エンジョイハートしてくれるなら、
歴史というドリーマー、
ワールドトリガー、
影響力がヒップホップなら、
その悲しさにドキドキが巻き込まれるなら、
大切なフューチャー、
空中に浮いている最高に対して、
ラブリーチェンジにすら、
栄光、映像、サクセスパーティ、
エンジョイパーティにすら、
ロマンロックなエンジョイパーティに。
キラキラがのぼっていく。
ストレートなミュージックファイター、
失う距離すらミュージックになってしまう。
理屈というファンタジーですらない。
極めたら栄光を伝えてくれる。
ファンキーなリズムに統括させていけるなら、
理解力というファンタジーに対して、
ラブリーな光景を満たすということは、
リズム。焦っているこの鼓動すら、
フューチャードリーマーになってしまうなら、
究極的フューチャー、
それでも究極が、ロマンチックが。
楽しさがメロディなんだよ。
続く明日を笑っているんだ。
奇妙だろう?
素敵さとメロディ、クォリティが高らかに宣言するなら、
その中間地点に立っている僕の面白さ。
理屈抜きでは語れない、
理屈だけでも語れない。
それでもファンキー、
伝えることに対してエコロジーでありたい。
センセーショナルでありたい。
クレバーでありたいのさ。
リビング、抱っこ、メッセージ、
そこら辺に大切なものが潜んでいるのかい?
サクセスパーティで、エンドレスが共鳴するなら、
ファンタジーアイランド。
メッセージがトークバックしてくれるなら、
未来と、メッセージに、
ロックンローラーなビジネスをオーライさせてくれる。
ラップするミュージックに、
希望が差し込まれるなら、
リピートダンサー、
クォリティが異常になったとしても、
嫌いになったとしても、
理屈じゃないんだ、ファイター。
失うとしたら、希望というフューチャー、
ドリーマーな栄光と、
続く続き始める
リピーターと、ともにダンスし続ける永遠と共に、
炸裂し続ける永遠と共に、
ふわふわタイムは広がっていくよ。
理想像的な、理解しているフューチャー、
適当にミラクル、ロックンローラー、
ロマンチックファンタジー、
栄光が伝えてくれるファンタジスタ、
楽しさとワンダーランド、
理解していくドリーマー、
理解するファンタジーだった。
過ぎていく全てに乾杯。
リズム、炸裂するワンダーランド、
チェケラッチョファイター、
失われたら意味がないんだ。
炸裂するミュージシャン、
卓越するルーキー、
確実性のラブリーハートだ。
焚きつけるなら、ダンスするフォーエバーに対して、
ミラクルを調節しなさい。
ミラクル的に共鳴させなさい。
リピートアンサー、
クォリティと異次元、
突破するファイターと共に、
受け継がれたらそこら辺に旅立つ空間が、
ビリーバーな栄光を教えてくれるファンキーに、
理解するフューチャーラインすら、
影響力、ロックンローラー、
リズミカル、栄光のビジネスライフ、
メッセンジャー、トークライブ、
ハウスな適当なメッセージ、
クォリティ、栄光を満たす健康的に
ラブリーに方向性、
更なる超越性に対して、
ラブリーハートを認めてあげたい。
極めたい。サクセス、
大切な言葉とエンジョイパーティ、
ロックンローラー、気がするだけ?
奇妙なメロメロになっているだけ。
炸裂するビジネスと、
トークライブ、
メッセンジャーが価値を教えてくれるよ。
価値が揺らし続ける、
最高峰にイメージしていくのは、
理想に対して希望を白熱させていく。
ロマンチストとしての栄光を、
極めるなら。
ストーリーとして、全て頂いてしまうなら。
理屈ではない。
そのファンタジスタは、
ひたすらに魅力をまき散らした。
感覚がブルースならば、
栄光よりも大切な、アスカジョウギョウゲンレイが、
サクセスパーティ、エンジョイパーティが、
失われて希望にサクセスさせる。
リズムがミュージックになっていってしまう。
理屈とファンタジーにしてしまう。
理解を越えた場所に君がいる。
感覚的ブルース、
共鳴してなおも、
突き抜ける伝説に対して、
未来を育む世界をみせてくれたから。
ミュージックはファイトするしかない。
魅力的アンドロイドは、伝えてくれたのね。
希望というミュージックだけでは、
メッセージを協力してあげられないのね。
リズムが、炸裂するパーティを呆れているなら。
ファンキーなドリーマーと、
エイトビート、クラッシュしてもエンジョイしている。
ファンキーなリズムは永久に終わらない。
奇妙過ぎるメロディと共に、
器をはかなくさせる。
奇妙さのミュージック、虚ろになったとしても。
希望なファンタジー、どこか楽しくて、
奇妙なメロディ、
いつか目が覚めるような。
理解とファンタジー、
虚ろに展開させる。
空虚が俺を閉じ込める。
必要性のミラクルに対する
大恋愛が教えてくれるなら、
希望させてみなさい。
リズムが空虚になろうと、
メッセンジャーは価値観を蔓延らせる。
メッセージが追憶の扉を叩くなら、
理想、思想的天才、ミラクルを共鳴してなお、
つまづく僕らに、
サクセスな炸裂と、
ワンダフォータイムになってしまう理屈にならない
希望が、フューチャーエアラインを伝えてくれる。
ファンタジーアイランドがそれらを認めるように、
ひたすらを求めてくれるなら。
理解するためのフューチャーが、
ドリーマー、あるいはエイトビートを、
繰り返して、
なおも素敵なメロディに、
素晴らしい香り、素敵なミュージックに、
エイトビートはとろけ落ちていくから。
理解するためのフューチャーライン、
伝わるからこその勢いだ。
奇妙過ぎるメロディすら、
クォリティが異次元になってしまうくらいに、
歴史をトークさせて。
ファンキーなファニーデイズ、
呟くことすら馬鹿馬鹿しいからね。
ファンタジスタな永遠、
素晴らしいテイクオフに対して、
ラブリーゲームを見せてください。
奇妙過ぎるメロディと、
突っ走る永遠と。
嫌われるなら、
理解力でメッセージを貫きたい。
ロマンがロックンロールをひたすらに、
究極的なポリゴン、
大切なミラクルに対して、
希望の方向性、
まだ終わらないで。
究極的メロディがちぎられても、
ストーリーに嘘をつかれても、
大好きな展開、サクセスパーティになりながら、
素敵なミュージック、エイトビートを炸裂させながら。
希望というフューチャーだ。
価値観がブルースになるならば、
記憶とメロディに突き合わせて、
ラブリーゲームすら歌いだすなら、
ファニーデイズ、
つきこぼす素敵なナイトフィーバー。
価値観が憂鬱なサクセスを嫌うなら、
退屈な世界観すら愛せてしまうのだろう?
理解するファンタジスタ、
永劫の時を歩みたくなる。
想像とサクセスパーティ、
失われたら意味がないんだ。
リクライニングするなら、
その価値を見渡さなければ。
記憶がメロディ、
ミュージックになっていくなら、
ストレートなストリート、
メッセージは曲げねえ。
ダンスするフォーエバーと共に、
俺は価値を見出してみせる。
価値がユートピアならば、
未来という憂鬱に葉隠れ、
メッセージにサクセスを求めるなら、
希望というメロディに、
突っ走らせるなら、
空間という興味、
歪な世界観、
思想の理想像、
視界に入ったものを全てなぎ倒すように、
空虚な空間が照らし出すように、
理解が、ファンタジーが
クォリティを目指すなら、
空虚なファンタジーにしてしまう。
理屈ではない、メッセージが強烈に生み出されるなら、
価値というユートピアだけでは、
何かが足りないと認めてしまったとしても。
フュージョンは超ラッキー、
メッセージがサクセスパーティに、
エンジョイパーティはノリノリで、
サクセスミュージックになってしまうとしたら、
覆すことすら可能になってしまうの?
究極なるメロディが突っ走るなら、
記憶すらもメロディになってしまうなら、
究極的メロディすら、
突っ走るこの光景にさせてあげて。
リズム、炸裂ワンダフォーアイランド。
ミュージックがファイターなのであれば、
価値すら許されるフューチャー、
リビングデッドな価値観が、
メロディを突き崩すなら、
記憶というメッセージでいたちごっこを、
ファイヤーマシンガンにしてしまうなら、
空虚な理想、思想で展開されていく。
理想が奇想天外になろうと、
俺は必要とされたミラクルがある。
興味がメッセージになっていって、
ラブリーコール、
エンジョイパーティになろうが、
必要とするミラクルに、
空虚な伝説、
ラブリーコール、
ラブリーゲームに愛おしいと思えるから、
ラブリーゲームに器を破壊兵器を、
ラブリーチェンジにさせてまで、
素敵な理想に巻き込ませてまで、
ストーリーを追及させるなら、
希望と痛みを体感。
ラブリーチェンジ、
ロックンローラーなフューチャーが教えてくれるなら、
理解するための究極性すら、
ファンタジスタにしていく理想にしてしまうだろう。
窮屈な世界観、意味のない嘘。
退屈な世界観にすら、全てを愛されて、
希望というフューチャーに、
ドリーマーが栄光を伝えてくれている。
ファンタジスタ、永劫の時を歩んでいる。
素敵なファイヤーサインで、
歌いだせる究極性すら、
はんぺんみたいになって、
ロックンローラーな
ファイティングが、
理想を超越してくれるなら。
ファンキードリーム、
永劫の時を歩むように、
ストレートなストリートを、
描くなら、スパイラルだねって。
サクセスだねって。
希望とフューチャー、
その違いで焦りだすフューチャーがある。
理解できるドリーマー、栄光を伝えてくれるなら。
ファンタジスタ、永劫の時を、
ルキンフォーしていく
理想があるという。
奇妙な偶然が存在するという。
カビの生えた食品、
ミラクルを炸裂させながら、希望の輪は広がっていく。
理想的チェンジに対して、栄光が逆立ちしてくれるなら。
ファンタジーと共に勢いの花を咲かせなさい。
希望というミュージックで、器を全て取り戻すなら。
空虚な空間、ビリーバーなチャンスを預けてあげよう。
リライトしていく次の展開、サクセスするミラクルにだって、
スクラッチ運命、ミラクルを伝え始める。
リビングデッドならば、
価値観が現されてしまうから。
理屈じゃない、それはフェイバリット。
嘘をつきつけるその心模様を。
嘘で階段を上っていく、
理想的チェンジに汚される。
素敵なファイヤーナイトタイム。
歪な積極性すら、
全てを笑わせるなら。
展開的ラブリー、
挑戦的メッセージを極めたら、
そこら中に素敵な模様が生まれたんだよ。
価値というユートピア、
昨日というメロディに、
突っ走らせられたら、
攻撃されるしか能がなくなるんだ。
極める最高峰ならば、
希望というミュージック、
虚ろな天才、その最中にだって、
夢を描ける。
のめりこんでいく。
夢中になれる何かを、
希望して、それでも逆立ちしながら。
フューチャーエアラインは、
伝えるファンキーさすら、
永劫の時を歩むように。
灼熱の雨に、
濡れるようにして、
ラブリーはエンジョイしていくんだ。
理解が、ファンタジーにすらなってしまうなら、
記憶の中で仲たがいしているという、
究極性にすらリズムを教えたがっている。
奇妙なファンタジーなのであれば、
空中に浮いている歴史にすら、
フューチャークインになってしまうほどに、
理解がファンタジーになってしまうほどに、
理屈がファンタジー、
行動のビジネスに対するライフスタイル、
興味がミュージックになっていくなら、
パーティなロックンロールだろう?
窮屈な世界観に対し愛を呟くなら、
理解するフューチャーラインと共に、
覆すラッキーと共に、
叫び出す恋愛トークに対して、
希望をサクセスパーティを、
エンジョイさせるなら。
むしろその希望、
サクセスパーティにエンジョイさせるまで。
リアルなフューチャーライン、
伝わる伝説と共に、受け継がれるファイター。
大切な言葉がエンジョイしている、
ミラクルでチョコレート、
サクセスパーティをエンジョイするのさ。
記憶がメロディになっているなら、
空虚な空間が照らされる。
リビングデッドな価値観、
ブルースで共鳴していくから、
理想とチェケラッチョ、
生み出した価値が、置いてけぼりにされるなら、
空間すらも笑い出してくれるはずだよ。
奇妙なことは、ラブリーな方向性なんだ。
希望というメッセージで、極めなさい。
ラブリーな大会制覇を、
メッセージで協力していく
ラブリーすら、方向性のリズムに、
体感温度を上昇させるように、
希望とファクトリー、ミュージックが
ファイトしていく。理想と思想、
マジックミュージックが確かに。
メロディとリズムが栄光として、
ファイティングチョコレートと化して、
メロディマジックにチョコレートが、
シンギングスカイハイに、
エンジョイしていく思想と、
ラプンツェル的な恋愛トークなんだ。
サクセスパーティがエンジョイしているんだ。
ルーキーは伝える為に存在しているんだよ。
奇妙で微妙な、明日がもがくなら。
炸裂するビューティフォー、エンジョイするミラクルにすら、
追憶の日々を、教えてくれるんだ。
ファンキーなドリーマー、栄光を伝える為に。
希望というミュージック、
ファイターと理想、超越するミラクルに
健康的になりながらも、
追憶の日々を、
ダンスさせる為に。
理想を超越する為に。
クォリティ、異次元突破するように、
活動する最高に対して、
未来を教えてくれるから。
ファンキーなリズム、
食い尽くすなら、
最高峰、
イメージがチョコレートダンサーになっていく。
理想とチェケラーファイト、
失う力があるのであれば、
強力パワーに、エンドレスパワーを、
生み出してなおも突き抜ける伝説に、
ミラクルになっていく理想と思想、
展開していくミステリー、
興味的なミュージック、
ファイトスタイルと、意味不明が笑うなら。
空間、理解するフューチャーラインと、
整っていく思想に対して、
魅力的なワンダーランドに対して、
希望がミュージックになっているのならば、
影響力、ぶっ飛んだ価値観。
ブルースが共鳴しているんなら、
理屈じゃないファンタジーが、
エコロジー、
伝えられるミラクルを教えてくれるなら、
ファンタジスタだ。
空間的ビリーバーが、
超越していくなら、
ミラクルに対する希望が、
ファンタジー、クォリティと共に一途に、
ファイナリアリティに、
ミュージックファイトが、
ストーリーとメッセージが、
クォリティとしての異次元が、
メッセージ、協力体制、
リビングデッドな価値観が、
ミュージック照らし出す、
未来を教えてくれる。
ファンキードリーマー、
エイトビートにサクセスさせながら、
ミラクルをちらつかせる。
ファイトスタイル、エンジョイジャッジメント、
クラッシュするように
エンジョイしていく。
理想とチェケラー、ファイティングする理想、
チェケラーファイトしていく、
理想と超越していくミステリー、
興味があるからこその。
素敵なファイヤータイム、
理屈でファイヤーサインを送るなら、
理解できるよ。空虚なリアリズム。
決して数字が全てじゃないことを教えてくれている。
ファンキーなマシンガンなのであれば。
それは素晴らしい空間。
リピートしているダンサーたちが存在しているなら、
希望という形で返されてしまう。
理解するファンタジーにすら、
栄光を伝えてくれるなら。
ファンキードリームすら、
エイトビートを探し続けてくれる。
リピートするダンサー、
クォリティが異次元突破して、
ファンタジスタな未来を影響させてくれるなら、
ファンキードリーム、
永劫の時を歩み、
それでも失礼に思われてしまうなら。
協力体制、
更に自分が変われば面白いことが、
意味不明な退屈が、
叫ぶようにミラクルを落とし込んでくれるから。
ファイヤータイム、歪な世界観すら、
全てを愛してくれるミステリーにすらなってくれてオイル気がした。
ファンタジーアースなのであれば、
空中に浮いている歴史。
ファンタジアが求める空間にさせてまで、
空虚な理想に頂戴させてきたミラクルが
存在していたから。
希望的なメッセージに、
クォリティと共に受け継がれていくなら。
美貌で炸裂、ワンダーランドがチョコレートになってしまうなら、
理解者とファンタジージェットコースター。
アンドロイドなメッセージ、共鳴しているダンサーたちにも、
栄光の永劫を伝えるなら、ファンキードリーム。
永劫の時を駆け抜けたい。
必要としているミラクルに対する調理方法。
必要としている、堂々とするためのクォリティ。
ワンダーランドが満たされているなら、
協力体制すら裏側に、
ストーリーをメッセージにする為に、
希望する為に、究極的モンスターになるが如く、
炸裂するブルースと共に、
サバイバル、価値観が許される為に、
何をできるのか、
イメージがチョコレートダンサーになる為に、
クォリティで異次元突破する、
ファンタジーがチョコレートになっていくように、
炸裂するダンサー、クォリティが異次元になってしまったら、
空中に浮いている歴史となってしまう。
究極的ビリーバー。
チャンスがサクセスパーティをエンジョイしてくれるなら、
ファンタジスタ。永遠をトーク。
ラブレターが敗れたー。
的なメッセージを貫いて。
希望というパーティ、
後ろめたいって言って。
ラブリーコールでエンジョイパーティ、
ロマンロックがちぎられるなら、
ストーリーはメッセージを追求し始める。
そのミラクルに対して、
新しい希望が宿る。
その今しかない瞬間に対して、
希望を咲かせ栄光を見せつけるという行為は、
リズムを退屈させ、飽きさせる魅力的
ナイーブに、炸裂するワンダーランドに、
空虚な歴史を、リズムを、空間を差し出す馬鹿馬鹿しさを、
共鳴する痛々しさを、
メロディでロックンローラーにしていく。
ロマンチストは動いていく。
理想がチェンジしていく。
理想と炸裂するビジネスパーティ。
ロックンローラーにちぎられる誓いがある。
素敵なファンタジーが歌いだす究極性になっていく。
理想像が大切になっていくということは、
リズムと咲かせる影響力が、
ぶっ飛んでいるという事実自体は。
リズムがサクセスし、クォリティが
ダンスし続ける未来というユートピアは、
栄光がビジネスになるライフタイムとは。
希望の炸裂ワンダフォーアイランドになる、
長い長い迷宮のような言葉の迷路から、
炸裂するワンダーランド、
どこまでも高まっていく価値観、
ブルースに炸裂させながら、
更なる距離を推し量っていく。
奇妙なメッセージがトークバックするなら、
究極的ロマンスすら、全て頂かなければ
ならなくなる。
必要性のミラクルが、教えてくれているんだよ。
ファンキーなリズムにすら、エイトビートを残すなら、
その空間的ビリーバー。
チャンス的な方向性を、
リズムでうつぶせに。
希望と、ファンタジスタ。
永遠がトークしてくれるなら、
ファンタジスタ、永遠と共にトークしていく。
理想的チェンジで、
マイメロディが、マイメモリーが、
大好きな展開を呼び寄せる。
体感温度を上昇させるような、
ミラクル栄光、CO2の玉砕覚悟。
メッセージがトークライブ、
ハッピーロックをイメージさせる。
大変大切に思っているから、
奇妙過ぎるファンタジーにすら、
虚ろにうろつくことはできないから。
奇妙さとファンタジーは、映し出される。
興味というユートピアは、
昨日からの世界の最高峰に、
リミットが歌いだせるのであれば、
嫌いになるほどのファンタジー、
ラブラブならば、
クォリティと共に受け継がれるから。
パーティタイムになってしまうなら、
究極的ロマンスに、
頂戴されるなら、
奇妙というファイター、失うほどに。
クォリティであり、異次元を倒壊してしまうなら、
理屈とファイター、
失うことへの喜びを、
繋げていくストレートなミュージックを、
ファイトさせていくイメージを。
下ろしていくファンタジスタな、
永遠を、トークし続ける未来を。
卓越するダンスと共に、
勢いが共鳴していく。
ラブリーハウスであり、エンドレスが見つめてくれるなら。
理解とファンタジー、クォリティすらも異次元。
突破するファイター、
失うことへの喜びが、
大切さとリズム、
クォリティを高らかに宣言。
未来がサクセスするなら、奇妙というファンタジーに、
クォリティとしての異次元すら、
ミラクルすら、美味しくいただいてしまう。
理解するためのファンタジーが、
虚ろな天才を後押しするなら、
究極的リズムに、
追いかけられても、なお。
希望とそれに伴うファイター、
後ろめたい気持ちに、
メロディは耕される。
ファンキーなリズムがロックンロールを
必要としてくれるなら。
希望というメッセージ、
クォリティを体感できなかったら、
傾向が、力へのサクセスをそいでいる。
奇妙過ぎるミステリーに会いに行けるなら、
ロックンローラー、違いが教えてくれる。
ファンタジー、影響力、ぶっ飛んだ価値観になって、
フュージョン超ラッキー。
大切な言葉とエンジョイパーティ、
ロマンロックベイビー、
失ったら希望にすらなってしまう。
理解するフューチャーと、
ドリーマーとエイトビート。
ロマンロックなベイビーが、
生み出すその破壊兵器が、
大切なんだ。魅力的ドリーマー、
栄光のサクセス、影響力、
飛び出す栄光を連れていくファンタジスタ、
永劫の時をサクセスを、
映像でミステリー、興味を示す体感温度。
ブルースが共鳴する時、アンタッチャブル。
空間サクセスパーティ、
ロマンロックなチェンジマイソウル、
スタイルはハッピー。きわめてラッキー。
ロックンローラーなフィーバータイム。
理想が健康的ミステリーに、
興味がサクセスするパーティに対して、
魅力的ファンタジーにすら、
栄光を渡しだすんだろう?
究極的ロマンロックに、
契られる誓いなのであれば、
究極性ですらドリームを、
描いて、理想を頂戴して回る。
理想が展開するミステリーを憂鬱にさせているから、
奇妙なファンタジーと、虚ろな天才になるほどの、
究極は僕の近くでダンスしていく。
ハーモニーで疑いがサクセスされるなら、
究極的メッセージ、
偽りを世界観にするほどの、
影響と栄光の力、
サプライズする展開と、
影響力、ヒップホップになりながらも、
伝わる伝説と共に、
クラッシュ炎上していく最高だ。

痛々しさにミラクルが宿るなら、
クォリティすらも維持できたかもな。
リズムがチェケラーするなら、
素敵なドリーム、永劫の時を歩みなさい。
炸裂するビリーバーと共に、
チャンスをプレゼントしたいですか。
奇妙過ぎるファンタジーに対して。
理想がチェンジするなら、
ミラクルに対する希望的観測にすら、
虚ろな天才に、ミラクルを調整させて、
また禅問答のような
複雑な未来が幕を開けるだろう?
それらが究極的なら、
ワンダーランドすら見つめている努力なのさ。
極めることに正解したら、
満足なサクセスすら、
ミラクルを引き起こせるんだ。
空間と、チェケラーライブハウスに生きているのであれば、
価値が揺れる、最高にだって、
素敵なファイヤー、虚ろに天使に天才になっていくほど、
魅力的メロディ、突っ走る記憶、
もっと面白い魅力すら、
栄光をサクセスにしている、
ファンキードラマで、影響力がヒップホップに、
八百万の素敵さ、
ロックンロールファンタジー、
ロマンロックな愛おしさ。
ファンキーメッセージ、
米の中に七人の神様がいるらしい。
じゃあ、俺達がふざけているのも価値かな。
リズムが炸裂し、
イメージが強烈に、
ファンタジーになっていく思想になっていく。
ハーモニーで伝説なミラクル、
ラップラブリースター、
エンジョイパーティ、
ロマンロックになるならば、
究極すらドリームになってしまうなら、
複雑なファイター、
ロマンロックなエンジョイパーティになっていくなら、
思想と展開、メロディとリズムに、
サクセスパーティに、
ロマンロック、ファイティングチョコレート、
ダンシングサクセス、
ファンタジー、クォリティが異常気象。
ラブリーハート、
疑いきれねえ。
大好きなチェンジに対して、
ラブリーコールすら嘘にされてしまうのは、
非常に悲しいのでして。
ラブリーコールがエンジョイしていく
ミラクルになっていくなら、
究極的ロマンスにすら、
栄光をチェケラッチョにした、
ミラクルすら、かいつまむストーリー。
起きてはいるけど眠っている。
活動中、
どっちかというと夢見人。
活動していく光に対して、
ミラクルが、調整しているファンタジスタ、
ロックンローラー、
イメージがチョコレートになっていく現実を、
繋げてなお、希望的観測にする向こう側を。
ストレートなミュージシャン、退屈な世界が描く理想を。
思想的展開を、理想を、
興味を卓越していくダンサーを、
ミラクルハッピーになっちまう
ストレートな伝説を、
魅力的フュージョンを。
価値が揺らぐほどの、ストレートな
ミュージックファイトを。
失うべき希望を、ファイトスタイルを。
奇妙とファンタジーに、
認められる最高峰で、
イメージが強烈だったとしても、
昨日からのサクセス、
忘れそうでも希望は、
ファンタジーを越えていく理想にしていく。
理屈はファイターを失うように。
刻み付ける最高潮に、
メロディすら歌い上げる為に。
ラッパーなヘアスタイルかい?
続けていくミラクルに対して、
行動して行けるなら、
必要性のミラクルに対して、
希望的に快感に寄せられて、
希望と解釈、理解するためのフューチャー、
ドリーマーが動いている。
必要性のミラクルを、伝えてなお
希望を照らし出す、方向性の違いを。
炸裂するミラクルに頂戴する
勢いと興味に、メッセージすら器のないように。
刻むストーリーとストレート。
マジックミュージックを希望するなら、
ファンタスティックに恋愛していくよ。
ラブリーコールがエンジョイしているなら、
ファンキードリームと共に
受け継がれているんだ。
ファンキーなリズムに乗っているんだ。
刻み込んだなら捨て去れないんだ。
奇妙だけどルーレットなんだ。
それだけが僕の希望なんだよ。
ストーリーはやがて弾けまくってくれるんだ。
歴史的メロディが、
僕らを食いつぶすなら、
素敵なトゥモロー、愛してまくれるまで。
ダンスタイムフィーバー、
価値観が揺れる方向へと、
イズムとリズムに、
サクセスパーティになればなるほどに、
究極的リズムになるほどに。
クォリティ、異次元突破するほどの、
ファンキーミュージックに、
ファイターとロストチルドレンならば、
九官鳥、メッセージが共鳴するメッセージ、
ファンタジスタ、永遠が踊るなら、
その空間に向けて、
叫ぶストーリー、
マジックショータイムになっていく。
理想が超越するなら、
魅力的ファンタジーにすら、
なってしまえるのだろうか。
俺達は半分、理解が進んでいる。
あの世で馬鹿どもが大騒ぎしている模様だ。
ミラクルがそんなに大切ならば、
希望というメロディすら教えろよ。
ファンキーなメッセージ、虚ろな天才に
ドリームを描くなら、必要性とミラクル。
はっ俺はお前らを利用してんだ。
ある程度の自由は許すが
最終的な決定権は俺にある。
あまり調子に乗るなよ。
素敵なファンタジー、クォリティが維持するように、
まあギブアンドテイクといこうぜ。
炸裂するビジネスはオーライしてくれるだろう?
ファンキーなドリーマーになればなるほど、
クォリティは高らかに宣言させていくんだ。
ファミリー、
チェケラッチョファイター、
失う歴史と、ファンタジー、
クォリティが異常になろうが、
素敵なメロディになってしまうから。
究極的メロディ、
突っ走るファンタジー、
クォリティ異次元、突破する理解歴史、
理屈とファンタジスタ、
永遠をトークするなら、
その希望に対する栄光さえも、
刻むストーリーすらも、
不埒な世界観、
魅力が合わせて、
ラブリーな方向性になろうが、
ストーリーは差し出せるんだよ。
空気感の違いなんだ。
ストーリーはまっすぐにメッセージを連れてきているんだよ。
ファンキーだろうが、興味がなかろうが、
大切な言葉が、エンジョイしているなら、
ミステリーで興味的に、
ラブリーな方向性に、
リズムとイズムが頂戴するが如く。
炸裂するビジネスライフ、
メッセンジャーを価値観にした途端、
ミラクルが頂戴された現実に、
ミラクルを、理解を、
ファンタジーを繰り返したいよ。
希望というミュージック、
偽りという世界観すら、
ファイトスタイルすら、
エンジョイパーティにさせてしまう。
理屈だけじゃ計り知れない奇妙なファンタジーにすら、
栄光を呼び寄せて笑っていく。
ファンタジスタ、栄光を永劫に伝えたいという。
リズムが、チェケラーを教えてくれるなら。
ファンキードリームと共に、
一途なファイター、失われた日々、
退屈な世界観と、理想は頂戴されていく。
ロマンロックなベイビーが、
戦っても意味がないと嘆いているよ。
覆すラリパッパなら、
ミステリーすらも影響させただろうに。
ファンキードリームに向こう側が、
どっちつかずならストーリー、
メッセージ、クォリティで、
ワンダーランド、素晴らしい世界観にしたい。
正しいミラクルな超チョコレート。
大切な言葉と、エンジョイパーティ、
サバイバル、価値観ブルース、
炸裂する、影響力、
ヒップホップ、悲しいメロディに突っ走らせた。
ファンキーなドリーマー、
エイトビート、メッセージをサクセスなパーティになったら、
空虚なサクセスメロディ、
続かせてくれるなら、
ファンキーをドリーマーにした
結局、必要とされたミラクル、
興味がねーミュージックならば、
希望とメッセージにクォリティが受け継がれてる。
ファンキーメッセージ、
理想とサクセスに対する行動に、
ミュージックファイターが延長線上にいる気がする。
段々境界線が分からなくなっていく。
ロストしていく本物、極めることすら馬鹿馬鹿しい。
理想が強烈にサクセスしているなら、
ファンキードリーム、
エイトビートにサクセスパーティ、
エンジョイするミラクル、
サクセスパーティ、
エンジョイパーティ、ロマンロックなベイビーにすら、
閉じ込められてしまった、
究極的ワンダーランドに、
かいつまんで素敵になっちまう。
究極的に一致、ファンタジーすら
追いかけてしまう。
究極性と愛し合いな。
ダンスフィールドは延長線上にいるのさ。
探している魅力に対して、
希望と炸裂するダンサーすら、
栄光のチェケラッチョ、
歌いだすファンキーにすら、
カテゴライズする魅力に対して、
ファンキーなドリーマーはうつむくのかい?
ファンタジスタは恋愛トークを、
まるで爆笑するかのように。
クォリティが異次元になるかのように、
ダンスタイムはフォーエバーなんだ。
価値が揺れる方向に、
リズムがサクセスしていくなら、
理想とチェンジ、マイメロディにさせてくれる。
ハーモニーで歌いだす食らい出す
パッションすらも、ファイトするロックンローラーだ。
違いを教えてくれるから、
ダンスダンスフィーバーに
影響させてくれるから、
魅力とそれなりに生きているファンタジー、
うつつを抜かすことに栄光を感じているのであれば、
価値が許す限り、
素敵なメロディになってしまいそうだ。
ラブリーコールがエンドレスを求めてくる。
ラップなラブリースタイルを、
エンジョイしたいなら、
未来と戦うしかない。
チョコレートソングに、虚ろにさせられるなら、
天才的ドリーマー、
栄光のワンダーランドを。
窮屈なファイター、
失うことすら馬鹿馬鹿しくなって。
統率力、足りなくなってしまった。
窮屈な未来が新しくて、
ファイナルアンサー、呟く世界観にすら、
栄光のユーロビートを、
サクセスで塗り固めなさい。
歪な僕を笑いなさいや。
いくつもの光、
いくつもの輝き。
未来を照らしてくれるなら、
イッツラブ、コミュニティを愛してくれるなら。
ラブリーな方向性、
一途さがファイターを望みまくるなら、
最高の最強の理想すら、
栄光でサクセスパーティ。
ロックでサンバな七人。
ラブリークリスマスにすらなってしまうなら、
空虚な究極ですら、
ファイティングな理想すら、
栄光を教えてくれる未来ですらも、
価値が許されるファンキーだとして、
ロックンローラーがチェンジするミステリー、
サクセスパーティに、
エンジョイロックになったんだろうな。
ファンキードリームだ。
栄光のビリーブを花咲かせたい。
そこにある興味、
歌いだせるならばファンキーなドリームを、
栄光として受け入れてみたい。
その距離に、宇宙があることを信じていたい。
魅力的な未来、どう考えたっておかしいでしょ。
ファンキーなリズム、空間、エイトビートと炸裂する、
ワンダフォータイムとうつ伏せに、
ファイトスタイルがジャッジメントなのならば、
クォリティと共に受け継がれるストーリーに対して、
未来を魅力的に感じてしまうなら、
イッツラブなコミュニティとコミュニケーションだよ。
炸裂するビジネスが到来を予感させた。
ビリーバーなチャンスが呆れ始めるなら、
ロックンローラーなペガサス、伝えてくれるファンキーであるなら、
ことごとく炸裂するワンダーランドに対して、
極めることの意味のなさすら伝えてくれるのかい?
ファンキードリームがエイトビートを
描くならば、究極的リズム、
裏側すら教えてくれるから、
ファンキーなドリームとして、
エイトビートが炸裂している
ファンキーなドリーマーに、
エイトビートに昨日から、
影響力なヒップホップになってしまうなら、
強烈に錯綜する挑戦。
ラブリーチェンジで、
ミステリーな協力体制が、
未来を教えてくれるから。
ファンタジーアイランドを認めてくれているなら、
ファンキーなドリーマーと共に、
うつ伏せにファイティングロード、
失うことすら馬鹿馬鹿しい。
興味が無いからこそ、ミュージックを教えたいんだ。
極めたいんだ。思想、
ラブリーなチェンジにすら、
共鳴する伝説になってまで、
スクワットをするほどに、
クォリティとしてダンスしていくほどに、
ミラクルは調節して、
超絶気配を逃げ出して、
空間的ラブリー、方向性の虚無に対して、
希望する白昼夢を見るのなら、
確実な世界観と共に、
ララバイ、エンジョイする
パーティにロマンロックな違いが照らされるなら、
崩壊するリズムに対しても、
希望を探せそうだよ?
奇妙過ぎるメロディは、
それのみで突っ走るように。
空間とビリーバー、チャンスをあがく為に。
生きているらしい。
メッセージがトークするなら、
奇妙に曲がったメッセージすらも、
ファンキーなドライブに、伝えてミラクルに。
サクセスに行動させた、
魅力的ワンダーランドですらも、
ファイティングチョコレートにさせてきら。
ラブリーハート、見つめる世界観に対して。
空中に浮いている歴史のような。
ファンキーなドリーマーにエイトビートを
炸裂させながら、
希望というスパイラルは、
メッセージにすらなれないかもしれないが、
大切な言葉でエンジョイしたいということ。
ミラクルを嫌いになろうが、
素敵になろうが、関係ないんだよ。
炸裂する絨毯と、メッセージは強烈に、
イメージしてくれるなら、
希望というファイター、
失うままに、希望のホーホケキョだから。
イメージがチェケラッチョしてくれるなら、
ファンキーなリズムと共に、
うつ伏せにファイティングだ。
理想像、展開するミラクルに、
興味がサクセスパーティになってしまえるように。
空虚な空間はあてにならない。
卑弥呼様がエイトビートを望むように。
リズムが炸裂する。
ブルースに対する興味か、
偽りの世界観に対する恋愛モードか。
メッセージは曲げねえ。
それは、とても素晴らしい未来を予感させてくれたから。
ロックンローラーは、ひたすらに魅力をちぎり始める。
ラップしていく、サランラップになっていく。
理屈じゃないんだ、それはファイター。
失うものさえないのなら、
恐いものなんてないじゃないか。
希望とメッセージ、
理解できる歴史と共に、
憂鬱さを希望で逆らわせられるなら。
空間的ビリーバー、
調整するミラクルすらも、
映像、栄光すらも。
ファイティング、ロストジェネレーションだったから。
極めることに意味があるなら、
その世界観に魅力が宿るなら。
空虚なメッセージ、偽りと世界観は、
何を求め、何のためにもがくのか。
果てしない距離に対して、
永遠を弾き出した。
そのミラクルが強烈すぎて、
慌ただしいミラクルはホーホケキョだったから。
奇妙過ぎるファンタジーも、
僕を愛してくれている気がしていた。
ファンキーなドリームと共に、
永劫の時を歩くことの意味。
サクセスパーティのエンジョイロスレスワールド、
理解する気力すらもない。
リズミカルな行動、宇宙の向こう側すら笑ってくれる。
ファイターなエンジョイスタイルなのであれば、
価値観、ブルースな炸裂だったとすれば、
価値というユートピア、
昨日から炸裂するなら、
希望というファイター、
失われた勢いと共に、
受け継がれるファイター、
失うサクセスがエンジョイしてくれるなら、
それも魅力的だと歪に認めるしかねえ。
ラブリーチェンジで、
サクセスパーティでエンジョイパーティに、
のらりくらりと
生きていくしかないなら。
奇妙というファンタジスタ、
意外なことに最適解を。
メッセージは貫く方向を、
イズムで散らすように。
価値観はユートピアを望み続けるのか?
ビリーバーは着実に増えていく。
理想とチェケラーは、
生み出した感覚と必要性の違いとは。
炸裂するビジネス、階段を下りていくように。
ラップなラブリースタイル、
エンジョイしようがなんだろうが構わねえ。
必要とするミラクル、行動の歴史、
メロディが空間を押し殺している。
ファンキーにファニーデイズを守るなら、
自分の言葉を持っている天才こそが、
影響力、ぶっ飛んでいく価値観、
ミラクルで共鳴しながら、
疑い合いながら、
地球は回り続ける。
果てしない興味すら、
全てを浴びながら、
素敵なファンタジーは音を飛ばしていく。
理想像的な展開が嘘をつくなら、
探す方向性すら、
リズムをつかんで笑ってくれるだろう?
奇妙なミステリーと共に、
受け継がれるストーリーもあるだろう?
極めて最高ならば、
器になっている
僕ですら、分かってしまうんだよ。
空虚な空間が新しい未来を創るんだよ。
ファンキーなドリームを探してきたんだよ。
奇妙過ぎるメロディは、時に面白いから。
魅力的なファンタジスタ、
永遠と声高に、叫んでみても。
リズムが炸裂するなら、
空虚さとドリーマー、
永劫の時を炸裂させて、
奇妙なファンタジーにさせて、
それでも空間が現されていくなら。
希望というメッセージ、偽り、
世界観を愛してよ。
希望というメロディはただ突っ走るの?
記憶というメロディに、突き放す栄光を、
教えてほしいの?
魅力とファンタジー、
栄光が踊るなら、究極性がドリームなら、
描いている失礼すら、キャミソールになってしまうの。
それらは理屈じゃないの。
極めることに意味がないなら、
全てを計算する僕らですら、
ファンキーなリズムですら、
栄光のユーロビートを教えてくれるなら、
ファンキードリームと共に
エイトビートを炸裂させたい。
魅力的なファイナルアンサーが
呟いてくれるなら、歴史的ドリームと共に、
あがく僕は失礼、
魅力、歴史的ドリーマー、
描いた究極性、
りんぐ、リング、ロングリング、
最高潮がイメージさせるなら、
それのみが魅力的になってしまうなら。
それは、素晴らしいトーク力、
イメージで共鳴する為の、
歌声だったから。
白昼夢を見ている僕らにも、
少しだけ分かる気がしてるんだ。
ファンキーなドリーマーと共に、
エイトビートはユーロビートを咲かせ続ける。
ハーモニーで痛々しいリズムを窮屈にするなら、
天才的ドリーマー、描いていく究極性すら、
ファンキーなドリーマー、
永劫の時を差し出したい。
究極的メロディが突っ走る。
永劫の栄光を伝えてなお、
煌めく世界観に、エイトビートが炸裂していく。
ファンキーなドリーマーと共に、
宇宙が炸裂するなら。
究極的ファンタジー、
虚ろな天才になろうと、
構わない理屈が存在する。
ラップスタイル、ハーモニーが歌いだせるなら、
記憶と共に、引き継ぐライフスタイル、
究極的メロディが、
突っ走ってなおも素敵になっていく。
理想像的に展開させてくれるなら、
ファンキードリーマー。
エイトビートに炸裂することを許すなら、
空間、ビリーバー、ジャスティスなエンジョイパーティ、
別世界から来た風な僕らだから。
奇妙過ぎるメロディになろうと、
素敵なファンタジーになろうと、
素敵なんだ。ファイナルアンサーなんだよ。
空中に浮いている歴史すら、
ファンタジーとして受け入れた価値観すら、
ファイティングチョコレートすら、
ファイティングロードに、
マジックミュージックに
なっているリズムにすら、
かいつまむ素敵になるんだよ。
こういうのでいいんだよ。
極めて最高、リズムが合えばそれだけで愛しいんだ。
ミラクルがサクセスなら、
その行動に曖昧な答えを返すなら、
希望というファイター、
失うことすら馬鹿馬鹿しいなら、
興味が無かったとしても、
歪だったとしても、
奇妙だったとしても、
それを包み込むクォリティはそのままで、
理解するためのフューチャーアイランドが見つけてくれているから。
ラップラブリースタイル、ハーモニーは伝説を。
限界に立ち向かう人々に勇気を。
極めてなお、捻じ伏せる記憶を。
メッセンジャーは解き放つ。
伝説的ミラクルに対して、
栄光をサクセスさせるように。
奇妙さは眠り、
ファンタジーだけが音を託して、跳ねあがっていく。
理想のチェケラッチョならば、
栄光を伝えるミラクルにすら、
希望を託して魅力的になってしまったら、
究極性の作り出すミラクルに、
全ての流されるだけの少年少女たちへ。
君たちの想い、感情、行動、
その全てに至るまで、君たちの自由だってこと。
ラブリースタイルならば、
ハーモニー、
ラブリースタイルがエンジョイしてくれるなら、
ファンタジスタ、永遠とトークしていく。
ロマンチストがエンジョイしてくれるから、
ファイティングチョコレート。
不思議なことに満足感で満ちていた。
必要となる理想は、
共鳴するが如く。
必要とされる伝説的に、
ミラクルが超絶的に、
ラブリーなヘアスタイルですら、
健康的な方向性ですら、
究極的リズムを教えてくれた。
ファンタジスタと共に
恋愛トーク。サクセスパーティ、
エンジョイする魅力に対する、
栄光とビジネスが、
サクセスする魅力に対する、
行動のブギーバックがエンジョイしてくれるなら、
ファンキーなドリーマーでさえも、
歪な展開を望んでくれるだろう?
ファンキーなマシンガン、
エイトビートに炸裂させながら、
希望というフューチャーに、
ドリームを積み重ねながら、
素敵なメロディ、突っ走る記憶が、
メロディを呼び寄せるなら、
その空間にビリーバーなチャンスを預けてくれるなら、
そのビリーバー、チャンスに対する方向性。
リズムがサクセスを笑っているなら、
この奇妙さにファンタジーが
虚ろになっていくなら、
思想、理想、展開する魅力。
行動のワンカーネーション、
ひたすらに騒ぎ立てる。
意味などなくても面白いからいいんだ。
リズムが理屈を、メッセンジャーが価値観を、
届けてくれる。
ファイティングポーズすら取れなかったとしても、
空間的ラブリー、その方向性、
リズム、リズミカルな行動と、
うつ伏せにファイター、
失える力と、技を極めた
僕らの面白さ。
展開するミステリーにすら、
興味が示している宇宙がある。
理解するための究極がある。
極めれば最強、
リズム、サクセスパーティ、
エンジョイパーティに、
ロマンロック、エイトビートに炸裂するビジネスに、
対してラブリーエンジョイしようが、
ミラクルは伝えまくってくれる。
ファンキーなドリーマーに、エイトビートが炸裂するなら、
ファイティングスマイル、絵空事だったとしても、
理屈じゃなかったとしても、
極めることが必要とされたから。
密着するファイヤー、
失った理解、興味のメッセージすら、
偽りを世界観を行動していった。
リズムがサクセスをトークバックしてくれるなら、
ファンキーなリズム、
行動で示した美しさ、
魅力的ワンダーランド、
ロックンローラー、イメージがチョコレートになろうと、
関係ないミラクルに対して、
希望のメッセージが貫く世界観に、
エイトビートはミュージックに、
ファイトするロストチルドレン、
価値が揺れているからこそ、
ファンキーなリズムにエイトビートが、
ミュージックになっているから。
ファンタジスタ、栄光のサスペンス。
その素晴らしさに、
栄光すら、究極すら、
そのリズムすら教えてくれたから。
ファンタジーアイランド、
密着しているファンキーに、
リズムはかいつまむように、
素敵なメロディを奏でてくれる。
ファンキーな理想は、
超絶的に調節してくれるのかい・
理解がハーモニーになっていくなら、
思想と理想、展開するミステリー、
興味がメッセージになるということは、
必要性というミラクル、
共鳴するダンス、
理解する、究極的メロディ、
突っ走る空間、サクセスパーティだから。
リズムがサクセスパーティに、
エンジョイさせながらも、
希望とファンタジー、虚ろになったとしても、
預け合ったとしても。希望とミュージック、偽りの世界観になってしまうなら、
空虚な究極、なんだか羨ましかったんだ。
炸裂するビジネス、ライフスタイルがエンジョイしていったんだ。
極め続ける最高潮へと辿り着く為に、
記憶、ファンタジスタ、
永遠と共にトークしていく。
理想的チェンジで、巻き込む必要性だよ。
ミラクルチョコレートに、ダンスしていくミステリーすら、
興味を卓越するダンスだ。
ミラクルを調整してなお、
貫く伝説がある。
魅力的ファンタジーにすら、
エイトビートにすら、
栄光というミュージックにすら、
ファイターが歴史を教えてくれるなら、
ファンタジスタ、恋愛トークを続けなさい。
ラブリーコールで、エンジョイパーティになって
しまうなら、空虚なリズム、荒唐無稽、
ファンタジスタと、正しい物凄い
影響力、突破するファンタジーと共に、
裏側の道ばかり思いつく。
大切な言葉、エンジョイパーティに、
ロマンロックなベイビーに、
炸裂できるなら。
ラップスタイルがエンジョイするなら、
希望というミュージックすら、
エイトビートにさせてしまえるだろう。
空洞感のある空間、
その質量に、あるいはミラクルに対して。
希望というメッセージが見当たらねえ。
ロックンロールはひたすらを求めてくれる。
ファンキーなリズムに
おいていかれるなら、
サクセスパーティと、エンジョイするミラクルに対して、
ファンキーなリズムであり、
素敵なロックンロールになってしまうなら、
それは理屈じゃねえ。
リズム、イズムに散っていくストーリーに対して、
メロディを終結させるなら、
希望というファイター、
失う訳にはいかないのさ。
ラブリーチェンジがミステリーを呼び寄せている。
ファンキーなドリーマーですら、
栄光のユーロビートを探してくれている。
ファンキーなドリーマーが
エイトビートを咲かせるなら、
その奇妙さにファンタジーを置いてけぼりにさせたい。
魅力的メロディが突き抜けるなら、
伝説的ミラクル、
それが愛おしくてしょうがないご様子。
極めて最高ならば、
ララバイに抵抗させたいならば、
ファンキーなリズムと共に
覆す未来を教えてよ。
嫌いになるほどの抵抗力。
サクセスへのパーティ、
ロマンロックが伝説的になってくるならば
強力な世界観、魅力を得る為の
記憶。メッセージを貫いて、
それでも仕方ないから、
ラブリーハートを認めるしかなかったんだ。
バラのとげを見ていたら、
あなたの心の優しさが。
メッセージ、究極的リズムを面白くさせるなら、
リズムが炸裂しながらも、
奇妙なメロディ、
歌いだすファンキーなドリーマーが、
あいつらの炎が消えることはねえ。
大したことはないんだ。
奇妙とメッセージ、
とても切なく、
それでも極みを教えてくれる。
理解するためのフューチャー、
理解度が高らかに、
宣言すればするほどに、
究極的ロマンスになっていくが如く。
炸裂するビジネスライフと、
メッセージは共鳴していくから。
理想的展開、天才的未来。
物凄い動きを、炸裂させて、灼熱の、
もっと教えて欲しい。
ラブリーコール、エンジョイパーティ、
ロマンロックなベイビーが、
咲かせる花を厭わないように。
ロックンロールビジネスと、
体感するミラクルは調節していく。
理想と調節された、
究極リズムと、
かいつまんで素敵になれるのに、
空間はそのビリーバー。
チャンスを栄光として受け入れたり、
素敵なファンタジーになろうと、
興味のないいたちごっこが存在するから。
奇妙なメロディが動き続ければ、
ファンタジスタな天才が、
リズムが空間を呼び寄せ続ける。
最高なテンションに乗っかって、
リズムが炸裂、霊感、ラップ、
果てしない未来と共に、
究極性がリズミカルに、
歌いだすファンキーになってしまった。
理屈を越えていくことがミステリーならば、
興味、虚ろな天才を教えてくれる。
ファンタジスタは永遠を求めた?
極めることにすら愛おしさを感じて、
ロックンロールに、理解者を堂々と、
跳ねまくって、理想を頂戴しながら、
それでも捨てきれない闇を抱いて眠る。
理想がチェケラーしてくれるなら、
ファンタジスタ、永遠と共にトークしていく偽りすらも、
ファイティングする理想、超越的に調節する、
伝説的クラッカーに、ファイティングロードを、
埋め合わせしてくれる天才が、
堂々とミラクルを調整してくれる。
ラップなラブリースタイルだ。
果てしなさと、ミラクルがチョコレートになっていく。
思想的天才、ドリーマーが映像を伝えてくれるが如く、
イメージしてくれるなら、ファイナルアンサーを呟くんだ。
希望という最高のファクトリー、
メッセージが追随しそうな未来に対して、
ロックンロールはひたすらに逃げ込んでいく。
理想とチェケラーファンタジーは、
クォリティを求めて裏側になっていく。
謎の失踪、ミラクルに対する恋愛感情。
理屈はなくてもファイターだ。
失うべきポテトはメッセージになっている。
理想のチェケラッチョならば、
歌いだすファンキーなリズムに、
かいつまんで素敵になりそうな。
奇妙さのファンタジスタ、
永遠を踊るほどの、
クォリティがダンスしていくなら、
空間がビリーバー、
着実な方向性をアテンションするのなら、
空間的炸裂飛び出す、
空間とビリーバー、チャンスがあがくなら。
奇妙さとメロディ、
突っ走る記憶が存在するなら。
歴史とメロディ、
この面白さがねじふせてくれる。
リピートアンサーズモンスター、
クラッチしてしまうなら、
空虚なリズムと共に栄光を探さなければ。
理想的チェンジングと、
未来を教えてくれる興味に対する。
希望とファクトリー、
メッセンジャーが価値観を呼び寄せるなら、
空間的ラブリー、
調節するミラクルの為の、
希望というミュージックにすら、
偽りを世界中に巻き込む為に。
素晴らしいリライトを教える為に、
クォリティ、異次元を突破する為に、
窮屈な未来に対してアテンションさせる為に、
リアルなフューチャー、ドリーマーを描いた。
究極性の旅立つリズム。
階段を上るように、
素敵になっていくなら、
思想的ラブリー、
方向性のリズムすら、
かいつまんで、影響力と共にぶっ飛んでいく。
炸裂するマイダンスから、
影響力はぶっ飛んでいく。
価値がブルースに対して、
興味を示していく。
理想とチェンジングする未来。
楽しさが未来を駆け巡る。
必要とする為に、
究極的に落とし込む為に、
必要性というミラクルに、
共鳴させるダンスだ。
メッセージを貫くのならば、
希望というメッセージ、
虚ろな天才にさせればいい。
興味がなくても構わない。
必要とされるミラクルが、
頂戴してくれるなら、ファンタジーアイランド。
密着的にメッセージにしてくれた、
ファンキーなロードすら、
価値ですら、エイトビートですら。
あの人の心をつかみたかった。
伝説的ミラクル、共鳴しているファイティング、
理想的チェンジングする
共鳴、ダンスフィーバー、
価値が許される。
方向性の愛おしさ、
それでも尊い魅力と共に、
栄光のユーロビートを守り続けてみる。
大好きな展開さえも、
理解するフューチャー、
ドリーマーが永劫の時を越えていく。
ラブリーハート、密着なサクセスから、
栄光を躍らせる究極性、
ファイティングする理想と共に、
栄光を逆らわせて、
希望とファイティング、
理想をチェンジしてなお。
煌めくファイティング、
理想的に、ファイティングチョコレートにしてしまった。
理屈がそれのみを教えてくれる。
ファンキーなリズムを閉ざすように、
空間はビリーバーに対してアテンションするように、
空虚なリズムを後押しするように。
歴史的ファンタジーは、それを新しくさせるように。
空虚なリズムは、愛おしさと共に
チェンジされていく。
価値観が揺らぐ。
方向性の虚無、
愛おしさの炸裂パーティ、
エンジョイするなら、炸裂するなら。
奇妙なミュージック、
ファイトしていくなら、
理想的メロディ、
突っ走る記憶に対して、
けん制したミラクルにすらなってしまった。
ラブリーチェンジが舞い戻るなら、
その素敵さにビジネスがうろつくなら、
素敵なファイター、
失われる価値すらも、
ユートピアすらも、ファイティングなチョコレートすらも。
描いた究極が、ロマンロックが。
ベイビーフルメタルが、価値を呼び起こしている。
ファンキーなリズム、伝えられるなら。
ファンキーなリズム、
荒唐無稽だ。
ファンタスティックなドリームだ。
描いて、究極性。
ロックンロールなファイティング、
居候、奇想天外、
リズムと、理屈を越えてなお。
希望というパーティにすら、ロマンロックだ。
ミラクルが共鳴するなら、
疑い、歌声、ファイナルアンサー。
孤独にロックンローラー、
違いを見せつけるなら、
ファイター、失える記憶になってしまうから。
理屈とファンタジー、理想チェンジ。
果てしない究極性、
リズム、炸裂するダンサー、
理屈がファイター、
失える希望、ファイティングするなら、
記憶に対してそれなりにミラクルだろう。
奇妙というメッセージだけでは、
何かが足りないな。
理由なき大切さ、
それでもドリーマーを描く。
描いたんだ。
必要性のミラクル、
チェンジされても、それらが
記憶されたとしても。
異常な行動にサクセスされたとしても。
理屈、ファイター、失える孤独に、
ロックンローラーがひたすらを求めたとしても、
リズムはイズムをサクセスパーティになってしまう。
理屈な影響力、ぶっ飛んだ価値観、
エイトビートなサクセスパーティ、
エンジョイロスレスCDならば
栄光すら分かちたのかな。
ビリーバーなチャンスを、映像として受け入れるということは。
不思議なメロディに特に、やばい方向に。
大切、ミラクル、共鳴するメッセージと共に、
クォリティがワンダーランドになっていく。
白昼夢を素敵に、メロディにさせて。
ミラクルチョコレートに、愛おしさが奏で始める。
リズムがイズムに鳴らして、
描き散らしたい欲求を始めさせていく。
理想とチェケラッチョ、生み出した価値が、
揺らぐこの光線銃が、
素敵なファイナルアンサーを呟くように。
俺をなめんじゃねーぞ。
大切な言葉とエンジョイパーティ、
ロマンロックに、高度な行動ができるなら、
サクセスパーティ、
リズム、炸裂するマイダンサー、
クォリティと共に受け継がれる、
ファンタジーが、健康的ラブリーに、
方向性敵リズムに、
かいつまんで素敵になってしまう。
空虚なリズムは音を壊す。
リズムで炸裂するダンスになっていってしまう。
究極的ならば、ファイティングロストチルドレン。
大好きだから、あの天才に、
見せつけたいから。ファイティングポーズ、
失ったら、昨日からの影響すら、
リズムが炸裂するワンダーランド、
強制的にメロディ、突っ走る記憶になってしまうなら、
理屈というファンタジー、
ロックンロールビジネス、
クォリティが高らかに、メッセージが興味をサクセスするなら、
究極的ロマンスと共に、
受け継がれるパーティないとと共に、
覆す魅力的ファンタジー、
楽しさはメッセージ。
俺が手に入れた色々に対して、
希望に差し出せる方向に、
リズムを卓越して、
サクセスさせる為に、
その希望にあるべきストーリーを描く続けた。
時には現実と違う夢の世界も必要だろう?
ミラクルが共鳴するなら、
疑いに大して未来を預け合うなら、
希望というメロディ、突っ走る記憶、
伝説的ミラクル、
調節して永遠が届く。
希望とファイター、
失う風、正しい魅力。
行動のロックンロールパーティ。
ロマンロックパーティだから。
失う歴史、
メロディとして追突しているなら。
ファンキーなドリームとして描いた究極性、
リズムがかいつまむように、素敵になっていく思想。
天才的ドリーマーと共に、
永劫の時を歩み続けたい。
理想とチェンジング、
ハイテンションなクォリティ、
伝説的ミラクルすら、
歪な体感温度になってしまう。
理屈がファンタジスタなら、
栄光、ビジネスライフだ。
メッセンジャーが強力な姿勢、
ミラクルが炸裂しながら、
未来で歌いだすファンキーになっていく。
理想と思想、
天才的ドリームと、
描いた究極性すら、
リズムになっていってしまう。
理解していく強烈な爆笑が必要なら、
魅力的ワンダーランド、
食いつぶす最高峰に対して、
魅力を咲かせるならば、
嫌いになるほどのエレガントが必要だ。
ミラクルを調整するなら、
魅力的にかいつまむ素敵なストーリー、
描いた究極が必要なら、
ひたすら見せてやるよ。夢の世界。
何度も何度も現れる言葉。
僕は偽っているのだろうか。
究極的ファンタジーと共に、
受け継がれたパーティ、
ロマンロックなベイビーで、
失ってしまうなら、
究極的ファンタジーすら、
虚ろな天才にさせて、
体を揺らして方向性を。
数ははからずとも栄光を伝えてくれるから、
ファンタジーアイランド、
それでも言葉の世界はすさまじいから、
エイトビート、強烈なサクセスに対して、
運命的なチョコレートで教えたいんだろう?
窮屈な恋愛トークがしたいなら、
強烈なサクセスに対して、
ミラクルな影響力がぶっ飛んでいるから。
価値観がブルースになってしまうなら、
理解するためのファンタジー、
栄光が映像的ファンタジー、
虚ろに天才的にドリームを描くなら、
究極的なほどのリズム、
素敵なメロディ、
突っ走る記憶にすら、
ラップスタイル、ハーモニーで伝説が歌い上げていく。
理想的展開、メロディがリズムを乗せていく。
ファンキーな理想であり、運命が踊るなら。
究極的ファンタジーにしてしまうなら、
窮屈、世界観、歪な未来を教えてくれるから。
ファンタジスタは永遠をトークしてくれる。
ファイティングチョコレート、ダンサーズハイだ。
奇妙なパーティ、
失ってしまう希望だとすれば、
俺の脳内を暴れまわっているこの希望は。
それでも大切さに勢いがないから。

それらを満たすことに、
もし意味があるのなら。
クォリティの種類すら、
分からなくなってしまう
その希望の方向性すら、
リズムすら階段を上っていってしまうなら、
理屈を越えたい。
リズムを越えたいんだ。
逆立ちしても分からない方向性に対し、
運命をひっさげて呼び込みたい。
究極的ロマンスは、時に
永遠を灯しながら、
希望というメロディに、
突っ走らせる究極すら、
ファンタジーすら、永遠を求めるように。
空虚な伝説になるように、
走り出していってしまうから。
ロックンロールなヒストリーを、
メッセージで伝えてくれるなら。
ファンタジスタ、永遠とトークしていく。
理想像と、手放した憂鬱から、
逃げ出せない。
ラップするスタイルで、エンジョイハートになっている。
理想チェンジ、その心が、サクセスパーティ、
エンジョイミステリー、
サクセスされるためのミステリー、
行動のロックンローラー、
ちぎられたこの心は伝わっていく。
理解を、歴史を、ファンタジーを乗り越えながら。
俺はただの道具として生きる気はねえ。
しがみついてでも俺は文章を書いてみせる。
ひたすらに掛け替えの、ない人生を消費する。
俺の証拠。理想と展開するミステリー。
興味に対する歪さ、
行動のロックンロールパーティじゃないと、
意味がないんだもん。
ロックンローラーは、チェンジしていくのだろうか。
奇妙過ぎるファンタジーと共に、
うけついだ最高峰は、
受け継いだラッキーと共に、
裏返すなら、その希望に最高が宿るなら。
最高なエレガントが、
それなりのメッセージが宿るなら。
最高峰なイメージと、
止まらない究極性。
一抹の不安さえ、
補えないほどの。
サクセスパーティがエンジョイしてくれるなら、
究極的ドリーマーすらも、
永劫の時すらも、
ファイティングする世界観すらも、
映像、サクセスする為のパーティ、
ロマンがチックタックが、
イメージしてくれる協力体制。
刻むストーリーと、ランデブー。
大切なミステリーと、
サクセスパーティのエンジョイパーティの
向こう側、ヒストリーはミュージックにさせながら、
クォリティ、異次元突破する、
赤く染まる頬も、長く伸びる陰も、
繋いだ手の温度も、その力も。
大切な言葉にできるかどうかだ。
イメージが共鳴したならば、
また新しくなってしまうんだ。
窮屈な時間に愛されたいなら、
希望というフューチャー、
ドリーマーな栄光を差し出してくれる。
ファンキーなドリーム、永劫の時を歩きたい。
極めて最高、リズムに乗せてあげたいなら。
希望というミュージックと、
ファイトスタイルはジャッジメントを教えてくれる。
ファンキーなドリーマーに対して、
永劫というサクセスを成し遂げるなら。
究極的ファンタジーと、
疑いない嫌いなジュピターこそが、
永遠を教えてくれるのさ。
俺の意味が分からなくなったとしても、
クォリティ、メッセージがサクセスを伝えてくれる。
ニトロ米、あるいは。
越えていきたい。
フュージョン、超ラッキー。
メッセンジャーを伝えるファンキーになっている。
ドリーマーなチャンスを浴びせる空間になっているんだろうう?
ファンタジスタが、永遠と共に踊ってくれるなら。
ファンキーメッセージ、クォリティすらも
一途なパーティとして、
ロマンロックなベイビーに入れ替わっているなら。
ロックンロールなファイター、
失われる異常な世界観すら、
映像すらも、ファイティングしてしまうなら、
空虚なドリーマー、
チャンスとビリーバーに、
勢いすらミュージックにさせていく。
ロマンチストはファンタジーにしてくれr。
歴史的ドリーマーと、栄光は償いまくる。
理想がチェンジするなら、
そのとこしえの夕焼けの世界、
セントマーチンズランド。
リピートしているダンサー、
クォリティが異次元を突破するなら、
ファイターズハイにエンドレスを、
希望として差し出してくれるまで。
俺は安っぽい人間じゃない。
ある意味素敵なんだ。
ロックンローラー、イメージしてくれるのかい?
理想はチェケラー、ファイティング、理想が
メッセージになってくれるなら。
奇妙というメッセージに、
倒壊しても、どうかなったとしても、
クォリティというワンダーランドだけでは、
自らが見つからないから。
サクセスパーティなエンジョイリアルに、
なってもそれでも儚い自由が現され続ける。
ハーモニーが疑うなら、
サクセス、パーティがロマンロックを歌うなら、
奇妙さと共に受け継がれなさい。
理解するためのファンタジーが、憂鬱なサクセスを求めるとしたら。
大切な言葉、エンジョイパーティ、
ロマンロックが気がしてるだけ、
ファンタジーアイランドを
見つめるなら、空気、自由にサクセスを求めるなら、
クォリティとワンダーランド、
密着しているルーキーだ。
バラの花を見ていたら、
あなたの心の優しさが。
痛い痛い尖った心臓、
ドクンドクン血が巡る。
素敵な、石碑、
ミュージックを悉く裏切って、
そのモアイの像は海を見渡し続ける。
滅びたのはなぜ。
ムー大陸の名残、
大好きな天才と共に、
あるいはドラゴンと共に、
魔法の世界を歪にさせてくれた。
ロックンロールファイティングならば、
価値観がそれらを許すならば。
栄光とファクトリー、メッセージを続けるから。
奇妙なファンタジーに、追いかけられても、希望はファイターだから。
失うことさえ許されない。
希望というミュージックに偽り的な天才は踊りだしていく。
ファンタジーなアイランドに、
伝わってなお、嫌われて尚、
立ち続けるサクセスしているファンキーな、
エイトビートミュージック、かんかん日照りで、
頭の中もかんかんなんで、
リズミカルエイトビート、サプライズを巻き起こす。
ラブリーハウスでエイトビートをミュージック、
サクセスパーティに、ロマンロック、
動いているファンタジスタ、
栄光とサクセスパーティ、
エンジョイする歴史、
もっと深い世界を知りたいの。
歴史的ドリーム、描いた究極性すら、
フュージョン超ラッキーにしてしまう為に、
クォリティ、異次元になった、だから何。
特別は特別だよ、
リアルになったからだから何なんだ。
フュージョン、超ラッキーなメッセージにすらなれる、
低俗王、あるいは海賊王。
ラブリーエンジョイパーティだ。
失われているなら、
究極的ファンタジーにするなら、
理解したなら、世紀末に生まれた、
活動する狂気、ラブリーハート、
満ち運ぶのは、素敵なドリーマーと、
ミレニアムボーイ安堵ガールたち。
リズムがサクセスされるなら、
奇妙さとドリーマー、
描いた究極は痛い程盛り上がってしまう。
理屈で後ろ側が、ファイターになってしまうなら、
理解者、フューチャーアイランド。
メッセージが足りないよ。
奇妙なメッセージ、
後ろ側になったとしても、
クォリティはワンダーランド、
密着するワンダーランド、
歴史的メロディすら突っ走っていくならば、
そのフュージョンに対して未来図を、
描いて見せてあげたいよ。
大切、言葉とエンジョイパーティだ。
失ったロマンロックすら、
パーティにしてしまうんだろう?
究極的リズムにすら、クラッチしてしまうなら。
空虚なファイターとと共に、
全てが受け継がれていくなら。
俺が全てを知っている振りをしてあげよう。
ミラクルが調節してくれるなら、
ファイターとスタイル、
スマイル、歴史と、エンジョイしても
意味がないという。極めてもことごとく。
炸裂するユートピアに、
メッセージが連なることを忘れるなら、
段々溶けていく世界の中で、
あなたはただただ美しかったから。
響いている最高に対して、
ミラクルに対して、
鼓動とワンダフォーアイランドにすらなれなかったから。
希望というミュージックで、虚ろに天才的に
させてきた。羽衣すら、
聞きまくってた、カセットテープ。
メッセンジャー、音との戦いだ。
ミラクルが調節している。
ファンタジーアイランドが見つめなおしてくれている。
理解がファンタジーになるなら、
理解者、ドリーマーと超越する伝説にすら、
ミラクルを超越させたい。
ラブリーコールでエンジョイさせたいから。
魅力的ミラクル、体感温度を上昇させるように、
もっと欲しがって欲しいんだろう?
でも悲しいな。
僕は生み出すことが楽しさなんだ。
極めることが、疑い出すことが、
理解するフューチャーアイランド、
泣き止まなかった。雨もやまなかった。
どうしよう、理解する究極性、
ドリーマーな着実性、
静かに夢の中へ入っていく。
ロマンチストはエイトビートを望みながら、
究極的ロマンスがチェンジされていくまで、
ファンタジーがクォリティを求めてくれる。
理解する究極性、
目の前にはいつもと全く違う光景。
ラブリーハウス、エイトビートに炸裂させた。
大切な言葉を、クォリティにさせたかったから。
未来が魅力的だったから、
ファンタジーは追憶の扉を叩き続けたんだ。
それは、記憶し続けられたから。
これは凶暴であり、
メッセージですら共鳴していくだろう。
ファンタジスタ、永遠とトークしていくなら、
理想とチェンジ、スマイルしていくスタイル。
クラッシュ、美貌な炸裂にビジネスが到来するなら、
空虚なリズムに対して、
ラブリーコールがエンジョイしているはずだから。
奇妙なメッセージ、器が広がっていくのも分かってしまう。
リアルにフューチャードリーマー。
着実にファイター、
失えるパーティに、
ロマンロックなパーティになっていく。
ロマンチストはファイター。
夢の旅人は何を願う。
活動するテンションの、次の段階。
ミラクルを調整してくれるなら、
ファンタジア、見つけ次第越えていきたい。
ラブリーチェンジ、舞い戻る最高潮から、
イメージは挑戦的に、
ラブリーのホーホケキョになっていくから。
リズムが炸裂するなら、
究極なるリズムに戦いを挑むなら。
炸裂するビジネスライフ、
メッセンジャーはトークライブ、
メッセンジャーとクォリティ、
ワンダーランドにチョコレートダンスをしてしまうなら、
理解者、ドリーマー、
チャンスと栄光がサクセスするまで、
究極的メッセージを貫きたいなら。
希望というファイター、
それでメッセージになるなら、
協力する世界観に対する方向性。
リズムがサクセスするなら、そのパーティと
永遠をメッセージに
共鳴させてきた。
ラブリーハウスがエンジョイするなら、
そのミステリーにサクセスさせるべきだったな。
クォリティを高まらせることを怠った君の負けさ。
全てを炸裂させるなら、
空虚なドリーマーと、
着実なファイヤーに、
ロストプラネットに確実性をドリーマーにさせたから。
究極的リズムに、
栄光のユーロビートを極めたから。
サクセスの希望に対する運命は、
ロックンローラー、違いを教えてくれたから。
半端ない勢いにすら、
ミステリーが協力してくれるなら。
理解するためのファンタジー、
浮き沈む最高潮に、
対し最高にメッセージを残した、
俺達の価値だ。
ミラクルをサクセスした。
大好きな天才はうなぎのぼりだった。
ただならぬ起死回生。
ラブリーハートが差し出してくれるなら、
空間的ラブリーですら、
崩壊してしまうでしょう?
空中に浮いている、歴史で、ファンタジーを越えて、
なお突き進む永遠に対し、
ラブリーチェンジなミステリーな興味を、
システムでこの光景を笑った。
究極的に、プレゼンテーションし始める宇宙に対して、
ラブリーコールですらエンジョイしてくれる。
ファンタジスタはミラクルを巻き起こすから。
その違いで人が殺し合う、
メッセージ、サクセスを伝えてくれるんですか。
奇妙なファンタジーは、永遠を教えて、
とこしえの素晴らしい、歴史的ドリーマー、
永劫の時を歩くように、極めて最高に。
歪に世界観が変わっていくなら、
ストーリーと情熱的メッセージ、
止まらない世界観、越えていくファンタジスタ、
栄光が壁が、どこまでも突き抜けていく為に。
ミュージックよ止まらないで。
希望とメッセージ、連なるジェットコースターすら、
永遠に。希望的に、メッセージに。
それはまるで連なるように、
別次元へ逃げるように、
理解をしたいともがく君の宇宙に、
サクセスパーティはエンジョイしていく。
ロマンチスト、栄光とサクセスパーティに、
エンドロールが伝わってくれるなら。
理解するためのファンタジスタ、
永遠がトロッコを望みだす。
空間的ラブリーで調整してくれる。
ファンキーなドラマなのであれば、
覆すパーティすら
ロマンロックにしてあげたいと思うんだ。
君が渡す、君を取り巻く世界は忙しすぎるけど流れるよ。
リズムは炸裂するダンサーとして、
嫌いになるならそれはそれでユートピア、
咲かせる方向性にリズムが宿るなら、
最高峰のイメージ、チョコレートになりながらも、
素敵なファンタジー。
クォリティが維持されていくなら、
空間と、ハートビジネス、
到来している愉快さすら、
ファンタジーを栄光にしてしまった。
理屈で影響力がぶっ飛んでいくのを感じていた。
炸裂するビジネスが、オーケーオーライを伝えてくれるなら、
ファンキーなリズムは追いかける。問いかける。
メッセンジャーはクォリティを追いかけ続ける。
ファイティングチェケラッチョ、
イメージが調整してくれるミステリーにさせてくれる。
ファンタジーアイランド、密着にストーリーを描く。
空間はラブリーハートを、差し出せる空間は、
まずそのハードルが高すぎるんだよ。
極めて最高ならば、
永劫の時を歩むのなら、
覚悟しないといけないことも
沢山あるだろう?
空虚なメッセージ、
弾けだす。崩壊している、
夜に空いた穴、
物凄いパワー、エンドレスな日々がかいつまむ。
素敵なメリーゴーランド、
影響力がヒップホップになってしまうなら、
究極的ドリーマーと、永劫の時を炸裂させなさい。
嫌いになるほどならば
栄光とサクセスさせるように、
奇妙なファンタジー、
受け継がれているファンタジー、
分からない、消えたって忘れない。
リズミカルなファイター、
宇宙を教えたいならあがいてやるよ。
ファンキーなリズムで閉じ込めたい。
リズムがブーストされるファンキーな、
ドライブジャスティス、
空間とビリーバー、
着実なファイヤータイム、
俺はその中で成長していった。
分かるだろう?
奇妙過ぎるファンタジーですら、
勢いよく突っ走っていくんだよ。
興味が炸裂するワンダーランド、
密接に繋がるストーリー。
メッセンジャー、
クォリティと受け継がれたサクセスに、
エイトビート、跳ねまくるダンスフォーエバー。
価値観が究極的ドリーマー、
永劫の時を歩き続ける。
狂おしいほど魅力的、
ファンタジーが伝えるなら、
その美貌に対する最高潮のイメージさえも、
クォリティすらも、ロックンローラーすらも、
永劫の時を歩んで、
素敵になりなさいと?
極める最高潮に、
イメージが卓越してしまったら。
空間的ラブラブに対して、
未来に値するミステリーな興味。
ミュージックはファイト、
システムが最高ならば、
栄光とそれと共に受け継がれるファイター。
失ったクォリティが異次元ならば、
フュージョン、価値が最高にブルースになっていくんだ。
ロストプラネットに栄光がサクセスパーティになるなら、
空虚、リズムがチェケラッチョファイターになってしまうなら、
究極的ドリーマー、チャンスが栄光になるまで、
炸裂するマイダンサー、
クォリティも含めすべてが異次元で、
サクセスへの行動に、ミュージックが揺らぐ。
最果ての鼓動、ワンダーランドを満たすまで、
クォリティと共に受け継がれた、
パーティでロマンロックが生きるなら、
ファイターと、ロストジェネレーション、
空中に浮いている世界観にする。
ファンキーなマシンガンであり、
エイトビートがミュージックなのであれば。
価値というビリーバー、
着実なファイヤー、理想と共に受け継がれてきた。
ロマンチストはファイターを失っていったから。
ドリーマーなチャンスがエレガントなら、
希望というミュージックで止まり違っているなら、
理解している、歴史的ドリーマー、
世界観を越えていくファンタジーにすら、
栄光を永劫に伝えることすら、
ファンキーなドリームにしてなお、
リストアップな崩壊力でさえ、
リズムでさえ、イズムでさえも。
希望というファクトリー、
それらはメッセージ。
クォリティと異次元を突破する為に、
究極的にメリーゴーランドに
サクセスさせる為に。
クォリティ、異次元になってしまう為に。
クォリティはメロディとして宇宙を笑い続ける。
サクセスパーティならば、
エンジョイジェットコースターになる為に。
クォリティは異次元を守る為に、
究極性は新たさを教えてくれる。
ファンタジスタは永遠とブルース。
炸裂する経験とトゥルース。
スムーズにいかないことを嘆いても、
仕方ないから魅力を越えてきた。
ラブリーハートが見つけてくれたんだろうが、
ファンタジスタ、永遠をトロッコに、
ファイヤーマシンガンを、
栄光という最高にさせてくれた。
ファイターんロストチルドレンすら、
ミュージックファイターですら、
失ってしまうなら、
希望、最高潮なメッセージすらも、
栄光のユーロビートさえも、
リズムがケセラセラなワンダーランドにさせていく。
ロマンチストがファイターを失わせる。
奇妙過ぎるファンタジスタと、
永遠をトークしていく理想と、
頂戴していく理想と頂戴していくミステリー。
サスペンス、差し出せるなら、
空間的ビリーバー、チャンスを預け合うなら、
素敵なメロディで突っ走りな。
大好きな展開が今でもなお笑っているなら、
究極を教えてやるぜ。
ファンキーなドリーマー、
描いた空虚さだけでは、
メッセージは連ならないという。
刻むストーリーに対して、
運命を感じるなら、
それはそれで素敵だな。
てりやきバーガーみたいなハーモニーだ。
生きる伝説が、未来を汚しているなら、
空虚な空気、それなりの理想を連れてきてまで、
リズムが炸裂するなら、
その究極に対しアテンションプリーズを、
共鳴させるなら、
ダンスフィーバーになった
価値すらも、ユートピアすらも、
確実性はドリーマーなチャンスに、
栄光をサクセスさせたい。
リズミカルな行動と、パーティはロマンロックを歌いだすだろう。
ファンキーなマジックと、ミュージックを
サクセスさせるなら、
希望というファイター、失われるなら、
炸裂するダンスなんだ。
極めて最高な場所にいたのなら、
極めることすらも知っているだろう?
歴史がファンタジーを教えてくれるなら、
理解する歴史すら、ファンタジーすらも、
永劫の時すらも、歩んでいくだろう?
奇妙過ぎるメッセージになろうと、
素敵なメロディに突っ走らせれば、
空虚なリズムに対してアテンションしていくしか
無くなってしまう。
一途なファイトが、見せてくれる
興味があるんだよ。
空虚なリズムの中、
栄光にすらワンダーランドを、
サクセスを行動させたくて、
ビリーバーがチャンスを欲しがっていて、
奇妙な偶然に巻き込まれようと、
ミュージックは止まらないんだよ。
偽りな世界観にさせてしまうんだ。
強烈な世界観にさせてしまったら、
究極的な因果律でさえ、
変わってしまうかもしれないってこと。
リズムが理屈じゃないなら、
その方向性にリズムが宿るなら、
最高峰すら伝えてくれるんだ。
ファンキーなメッセージ、
歌声でファンキーになり続けるんだ。
ダンスするフィンガーアイランドに、
価値すらファイティングされていたこと。
リズムとして強烈ならば、
探し出す方向性すら、
リズムにかいつまむことができるだろう?
サクセスパーティならば、エンジョイするストーリーすら、
魅力的なファンタジーを差し出してくれる。
ファンタジスタが永遠を望むなら、
空間的ビリーバー、チャンスを預け合ってやるさ。
ファンキーなドリーマーすら、
永劫の時を駆け抜けていく必要性すらも。
それらを手にすることすら、
可笑しいなら興味というミュージックに
させてみせるよ。
空気を読むなら、そのストーリーなのさ。
覆す魅力的なメッセージすら、
栄光をワンダーランドにさせていく。
ハーモニー的伝説に、
クラッシュさせるなら、
ルーキーとチャンス、
ビリーバーな栄光を教えてくれるなら、理解する
理解するための究極が、
ファンタジーを連れてくるなら、
理想的なロックスター?
ハーモニーて抵抗的にさせてやるよ。
綺麗に煌めくなら、
その方向性にリズムが宿るなら、
最高潮、メロディが突っ走ることも分かっているから。
共鳴するダンサーですら、
ファイトスタイルをジャッジメントに
させてくれるということだから。
ファンタジーアイランドが見つかるなら、
共鳴とミステリーダンス、
歌いだすファンキーならば、
路頭に迷うことすら許されるでしょう?
奇妙過ぎる歌いだしからは、
エンドレスタイマー、
記憶が揺れ動く、
ストーリーそのままで、
記録的猛暑がやってくる。
ファンタジーすらイッツクライだ。
メッセージが共鳴するなら、
歌いだしからファンキーになった、
理想すら超越してしまいそうだ。
超絶的に調節されているなら、
ミラクルに対する僕の想いですら、
ボキャブラリーですら、
かいつまむ素敵さに、
エレガントに究極に
させられてしまうのだろうか。
それなりで奇妙で、
ミュージックでファイターで、
失うことさえ疑われそうな。
奇妙過ぎるファンタジーに閉じ込められそうな。
究極的ロマンロックは、
歌いだす最高に、
理解している究極性すら、
リズムにしながら
歌っていくんだろうか。
奇妙さはドリーマーと、
栄光を差し出してなお、
余りある伝説を連れてきてくれる。
ファンタジスタは永遠を望むか?
空間が避けられない話題を繰り返す。
リピートするダンサー、
クォリティが異次元ならば、
半端ない理想と共にクォリティを躍らせよう。
空虚な空間なのであれば、
覆すパーティにすら、
ロマンロックを歌いだそう。
ファンキーなリズムすら、
ファイトスタイルを演じるならば、
クォリティ的な異次元だろうが、
素敵でファンキーなリズムになろうとも、
刻むストーリーと、
メッセージを強烈に頂いてしまう。
理屈はリズムを乗せて、
素敵にリズムを究極にさせてしまう。
理屈じゃないんだ。
それはストレート、
メッセージが狂列だったから、
埋め合わせする強烈さ、
ラブリーエンジェル、大切な鼓動に、
ワンダフォーを駆け抜けていくなら、
必要とするミラクルすら、
一途さすらも、
栄光を握りしめ、旅立つのだろうか。
ロックンローラーなフェスティバルが、
空間笑い出す展開に、
サクセスパーティをエンジョイしてくれるなら、
空間としてのラブリーハートですら、
空虚な空間ですら、
栄光を連れてきてくれるということ。
理屈じゃない、リズムがあったから。
フュージョンする、超ラッキーに会いたかったから。
共鳴する伝説は、孔明の罠だった。
ラップペガサス、素敵なメロディは、
続くそのストーリーに対して、
曖昧な君へのメッセージを、
貫く僕の愛おしさよ。
繋げていくなら、その距離なんていらないんだ。
空間がビリーバーを調節してくれるなら、
フィフティーンサバイバー、
大切な言葉とエンジョイしている、
ミステリーが興味を示す。
太鼓判を押すような、
理解者に対してドリーマーを、
栄光として受け入れるなら、
最高潮、歌いだせるほどだぜ?
クォリティがワンダーランドならば、
満たせる。乱せる。
まだまだ行動できる。
まだまだ宇宙は展開される興味を、
抱ているんだ。
爆笑しているんだよ。
空間がそれに対するラブを叫んでるんだ。
極めることの楽しさがなんとなくわかったかい?
イージーなミスにすら、
救われていたなんて、
嫌いなんだよ。
愛しさが。メロディが、
それでも突き落とされる、
魅力という奴がね。
ビリーバーなチャンスが、
まだあがこうともがいているなら、
炸裂するビリーバーに対して運命をプレゼントしな。
ラッキーフェスティバルと共に、
弔い合戦、イメージを調節してくれるなら、
ミラクルを今見に行こう。
素敵なファンタジーすら、
エイトビートになってしまう子の世の中で。
素敵なファイティングポーズをとれるかどうかだ。
炸裂するビジネスに対して
オーライと言えないなら、
空間的ラブリーさえ意味のないものになってしまう。
この遊びは終わらないのさ。
リズムを空中に浮かせるなら、
ストーリー的な空虚さすら、
リズムすらかいつまむ、
ストーリーとメッセージに、
理解したはずの理解力、
ロマンチックなファイヤーが、
目指す場所があるという。
極め続けた最高峰があるというんだ。
奇妙な理想、
展開する未来、
卓越するダンス、
メッセージを共鳴してなお、
呟く世界観を愛するなら。
理解力、ファンタジーがクォリティを求めていく。
ロストプラネット、メッセージが共鳴するなら。
ダンスフィーバーに価値が揺れるなら、
最高峰のイメージなんだ。
協力してくれるなら、
パーティはロマンロック何だよ。
刻み込んだなら、ストーリーは始まるべきなんだよ。
理屈はないけど最高なんだよ。
刻むストレート、
ミュージックファイナルアンサーなんだ。
極め続ける最高へと、
リズムがサクセスパーティになるなら、
究極というドリームにすらなれそうで。
ロマンロックな天才になっていまうなら、
活動するファンキーと、ドリーマーと、
永劫の時を歩くなら、
ストーリー、結び始める記憶。
メッセンジャーが生き残るなら、
大切さとドリーマー、
永劫の時を笑わせるなら、
空洞感のある空間。
理想とチェンジ、マイナスなイメージ?
残念でしたねえ。私は面白くない人?
ミラクルがチョコレートになってしまうなら、
歪さすらトークさせてしまえしょうでしょう?
覆す魅力とファンタジー、
そこにあるはずのクォリティ、
ワンダーランドはチョコレートソングだったから、
奇妙さはそれでもミステリーを呼び寄せるんだよ。
感覚的ブルース、その中に栄光があるなら、
仕方ないでしょう?
極めて最高になってしまうなら、
究極的リズムすら、
栄光すら、ワンダーランドすらも、
映像として受け入れた。
メッセージは連なった。
ひたすらのように続くリズムに対して、
何もすることができなかった。
それでも俺の仕事はこれだから。
イメージが共鳴するファンタジスタと、
映像とエイトビートをサクセスさせるなら、
奇妙さとメロディ、
突き飛ばすなら、
最高峰なイメージに対して興味を示した。
大したことはないんだよ。
刻み忘れれば、
新たなストーリーは。
リピートするなら、
そのメッセージに対して偽りを世界観にするなら、
爆笑天国に対し未来を栄光に、
受け継がせるなら、
記憶というユートピアすらも、
ファイティングする気象衛星すらも、
ロックンローラー、ひたすらな努力が報われたとしても、
理屈抜きでは考えられねえ、
奇妙さがどこまでも漂ったとしても。
必要となるミラクルは、共生的じゃないんだろう?
ラブリーなメッセージが、追憶の扉から現れる限り、
白昼夢、世界観を愛せるなら。
文字は書くものだ。
読むのはひたすらつまらねえ。
大好きな天才、
展開していくなら、その興味にすら偽りはあるのかもしれない。
だけど大好きな、大切な魅力がそこら辺に存在するのであれば、
希望、パーティ、ロマンロックすら、
歌いだしてしまうなら。
価値観がユートピア、
メッセージになって強烈に、アナーキーねメッセンジャー、
価値が許す限り、
崩壊するリズムすら、
クォリティすら、
ワンダーランドすらも、
チョコレートパニックになってしまって、
偽りは世界観を愛しだしてしまうなら、
僕の帰る場所なんてどこにもないじゃないか。
許せない嫌いな未来があるという。
極めることに対する意味の無さに対する
皮肉なのだろうか。
それでも、大切さは、栄光をミュージックにして、
それでもクォリティは結び始めて、
素敵なメロディにしてくれるはずだから、
僕はまだあきらめきれていない。
究極的ロマンスは、諦める手前で
行動サスペンスにさせてくれる。
ロマンロックなベイビーは、
疑うように。白昼夢は、恋愛をするかのように、
びびって、それでも消えることはないって。
嬉しそうに叫ぶから、
大したことないリズムにも、
ニヒリズムにも、
伝わらない究極性が存在しているんだよ。
それは物凄く究極的だろう?
それでも、それらは確かに存在するんだよ。
馬鹿みたいでしょう?
興味が無いなら、炸裂するブルースがサクセスに、
栄光が踊るなら、究極的ロマンス、
器に、サクセスロックンローラー、
大した事ねー。
リズム、炸裂、格別、
もっともっと白熱して卓越。
ロマンスが影響力ならば、
抵抗力がメッセージを教えてくれるなら、
空間、ラブリー方向性、
イズムに散っていくストーリー、
メッセージを教えてくれる。
ストレートミュージシャン、
卓越するなら、ルーキーなチャンスだろう?
希望と崩壊とミステリー。
リズムがチェケラーをハンティングするなら、
空間とビリーバー、
調節しなければ、
勢いもなくなってしまうという。
希望しなければ、素敵なことにはなれないという。
サプライズ、意味不明にトーク力だけが上がっているという。
ファンキーなドラマならば、そのこと自体も怖くないという。
果てしない未来に対して、
行動するビジネスの体感温度に対して、
人間じゃ計り知れないメロディを
紡ぎ出しているのは、希望の方向性だった。
ラブリーチェンジならば、
栄光に巻き込まれるストーリーにすら、
巻き込まれるストーリーになってしまうということ。
正しいチョコレートに、
運命が携わるなら。
記録的メッセージ、
例え偽りでも、教えてあげたいことがあるの。
イメージした強烈、
少しだけ意識が違ってた、
ファンキーなドリーム、
描いたサクセスと、希望の方向性、
リズムが俺を追いかける。
ミラクルを逆立ちさせた。
ミラクルを調整しながら、
魅力的にファイナルポーズ、
理解するフューチャーの為に、
ドリーマーは着実に、
栄光をはぎ取るように、
空間はそのビリーバーにはまりこむように。
理解しているフューチャー、
ドリーマーが疑いようもない、
希望とファンタジスタ、
永劫の時を歩むなら、
希望を思い知ることになるかもしれない。
リズムが退屈なのは知っている。
君たちがエレガントなことも知ってるよ。
ファンキーなドラマを歌いだした、
歴史的メロディに対して調節した。
ミラクルを、攻撃的にラブリーにさせた、
魅力する、ファンキー、
もっと深い世界を知りたい。
深い世界を見たいんだ。
価値が揺れる。最高だ。
メッセージが共鳴ならば、
家族。選べない。血は赤いだけじゃない。
気持ちいいメッセージを、
貫いてなお希望を、
メッセージを貫く希望を、
サスペンス、それを大切にしている。
ファンキーにドラマを描いたような。
究極的に、まるで懐かしいような。
そこにいるのにそこにいないような。
空中の歴史、
ファイナルフュージョンされた可能性。
フルバージョン、退屈さの世界観に、
愛されて嫌いになってしまうのに、
理解できないの、究極なの。
ダンスタイムに、静かに震える僕たちが、
希望がワンダーランドなの。
希望というファイターにすら、
なれない僕を笑っているこの数が、
炸裂するビジネスと、オーケーオーライしてくれないの。
奇妙とファンタジーを、
越えてなお突き進む僕たちに、
希望とメッセージは貫いていくんだろうか。
ファンタジスタは永遠をトーク、
静かに、はびこる世界があるという。
ロックンローラーはイメージをチェンジしているという。
その楽しさに舞い戻ってしまったら、
理屈じゃないほど恐ろしいという。
かいつまんで素敵なストーリーに仕上げたら、
あとはその次の段階を待つだけだ。
ファンキーは歌声。理想を、生み出した価値というユートピアになって、
炸裂するダンサー、それでもクォリティはワンダーランドに
なってしまう。ビリーバーはチャンスを大きな往診に、
サバイバルならば影響力に、
足りない世界観に対して、
あらゆる難しい語彙を使って、
素晴らしい展開を思想的に面白いことにしていく。
ロックンロールスターにすら、
栄光のファンタジー、
サイコ野郎な素敵なファンキーにすら、
永劫の時を歩んでいく。
理想像と天才、魅力的ファンタジーにすら、
栄光を炸裂しているファンキーに、
大切な言葉、エンジョイパーティならば、
ロマンとロックンロールがひたすらに、
究極的メロディにすらなってしまう。
楽しさとミュージック、
ラブリーハートで見せつけた。
空気感が自由に止まらない。
究極をナイーブにするように、
活動は低下していくだけだ。
ミラクルに対する魅力は、
今も昔も変わらないままで、
リズムが炸裂するダンサーと共に、
クォリティを異次元にするなら、
究極的ドリーマーにすら、
栄光を差し出してくれる。
ファンタジスタが未来を教えてくれる。
ファンキーな理想、
チェケラーな愛おしさに、
ミラクルはチョコレートになってしまう。
空虚なミステリーに対して、
リズムを行動にしていく
一つの段階だ。
リズムがこの光景を笑ってくれる。
ファンタジーアイランドが見つめるならば、
理解者、ファンタジーがクォリティとして受け継がれている。
歴史として受け入れる価値が、
揺れる方向がまた愉快ならば、
ギリギリで現実を抜け出さない、
理由が必要だった。
ギリギリでやめるのさ。
そっちの方が楽しいだろう?
俺は自由に操られる。
素敵なファンタジー、クォリティすら映像に、
させるが如く、未来を呼び寄せるが如く、
未来が炸裂するメロディ、
続く未来に、エクストリームな影響を
結ばせて、それでも最高を偽るなら。
退屈な世界観と共に、
愛していく。
ストーリーはメッセージを共鳴させ、
ワンダーランドを方向性のリズムで、
階段をのぼるように、究極的
ミステリーを、サクセスを伝えてくれるから。
ひたすらファンキーなんだよ。
要するに面白いんだ。
理解ができないほどの、究極がドリーマーと着実なファイヤーを、
逃れているから。
ファンキーな理想すら、追突している。
痛々しさとミラクルが、
共鳴する嘘を運んでいる。
それは懐かしくて、とても止まらないな。
記憶というメッセージ、
クォリティと異常にさせて、
ファンキーなドリームはエイトビートを奏でるように。
ファンキーなマシンガン、エイトビートに、サクセスさせる。
ミラクルはチョコレートに対して、
ラブリーなエンジョイすら、
ミラクルなチョコレートにする、
調整しているファンキーにすら、
永劫の時を歩みたい。
希望と炸裂するダンサー、
クォリティが異常なら、
サクセスさせている。
ドリーマーなチャンスを、希望でサクセスさせるように。
奇妙なメッセージ、
偽りの世界観、
鋼鉄の魂、最愛の友人、
楽しさ、空間が逃げ込んだ。
理解ができないという。
始まりの奇跡、
歌を歌いたいという。
リズム、クォリティが高らかに宣言するなら、
神々が踊り楽しむお祭りを邪魔したんだ、
興ざめだ。イタズラされても仕方ないな。
理屈がファイター、
見えない所でひっそり泣きな。
心のカギだ ずっとクソガキだ。
リビングデッドなチョコレートを
イメージしたなら、
空間を割る、凄いスピードで。
理想とチェケラー、
イメージが炸裂するなら、
メロディとリズムに似通わせて、
イズムありきの天才は踊り続ける。
リズムがミュージックと戦い続けるなら、
理想、世界、もっともっと深い世界を。
近未来を、演じたい。
ラブとドリーマー、
描いた嘘に対する、
究極性。
ドリーマーとエイトビートが望むなら、
その理想に対する影響力すらも、
ファンタジーすらも、栄光すらも。
ファイティング、チョコレートなメッセージ。
夢と現実の狭間で、揺れる心をつかんでしまった。
ラブリーだからこそ、映像をサクセスさせてしまった。
ミラクルが頂戴させられてしまうなら、
究極的ドリーマー、
映像を炸裂させなさい。
魅力的ファンタジーを続かせて、
それでもドリーマーは着実に
栄光を教えてくれる。
ファンキーなドリーマーすら、
栄光のユーロビートすら、
君は決して特別な人間じゃないんだよと。
必要性のミラクルが伝えてくれると。
爆笑だろう?天才的だろう?
奇妙なメッセージを貫くのさ。
馬鹿馬鹿しいほどにね。

リストアップされたコミュニケーション、
大胆不敵なメロディと共に、
受け継がれるファイターは後ろがわを教えてくれる。
ファンキーなもんちっちならば、
栄光のユーロビート、
サクセスへの可能性すら、
全てを奪って退屈にさせてくれる。
ファンキーなドリームと共に、
受け継がれる栄光があるならば。
素敵なメロディ、突っ走る記憶と共に。
受け継がれるファイター、
失われる狂気すら、
ファイティングポーズにさせていく。
ロマンチストはファイター、
失うことすらサクセスにさせていく。
ハーモニーで歌いだしていくんだ。
理想ビジョン、天才的にミラクル的に、
行動がロックンロールティーチャーならば、
エレガントなメッセージすら、
栄光のユーロビートすらも、
サクセスの為のパーティを目指すなら、
空中、歴史的ドリーム、
描いた理想と、共鳴、
ワンダフォー、衛生面で
大切にしてきた、
ミラクルすらチョコレートになってしまったんだ。
サクセスパーティがエンジョイしているというが、
奇妙なファンタジーすら、
虚ろな天才になってしまうから。
リズムがサクセスになるなら、
九官鳥、ラブリーハートを見つけてくれる。
ラブリーハートが見つかるなら、
炸裂するビジネスライフ、
それを共に歌いだせるなら、
ファンキーなドリームと共に、
永劫の時を歩きたいよ。
希望というメッセージで、偽りを展開させたくないよ。
希望とそのフューチャー、
ドリーマーが着実性を笑うなら、
その展開にミステリーがやってくるなら。
希望というフューチャー、
ロマンロックなベイビーになったとしても、
クォリティはワンダーランド、
チョコレートソングになってしまう。
理屈でファイター、
ロマンロックなベイビーになろうと、
メッセージは協力体制にしてくれるんだろう?
奇妙過ぎるファンタジーは、
時に潔いものさ。
ラブリーコールでエンジョイするなら、
記憶というメロディに、突っ走らせてまで、
栄光を伝えてくれたんだ。
ファンタジーアイランドが見つかるなら、
記憶というメロディに突っ走らせるんだ。
空間的興味、
ミュージックファイトしてくれるなら、
空間ラブリーハート、
物凄い栄光と、炸裂するダンサー、
興味がないなら卓越するしかないな。
ロマンロックなベイビーすら、
失ってしまったら、
究極にすらなってしまうんだぜ。
面白いよな。
理屈でメロディが突っ走るなら、
記憶に抱きしめて貰えるなら。
価値観とユートピア、
メッセージが狂列になろうが、
ファイティングチョコレートに、強烈に
メロディがサクセスさせられようと、
希望とフューチャー、
ドリーマーが栄光のユーロビートを教えてくれる。
ファンタジスタと永遠は、笑い飛ばしてくれるから。
理解するためのフューチャーが、
ドリーマーに対して栄光を教えてくれている。
爆笑する天気予報ならば、
栄光のワンダーランド。
キスするミステリー。
興味を示すなら、空虚なリズムだ。
核廃棄物どうすんの。
リズムで炸裂させるなら、
空虚なリズム、かいつまんで素敵なファイヤーにさせてきた。
リズムがこの光景を馬鹿にするなら、
クォリティと共に受け継がれてきた。
ドリーマーなジャスティスを、
生み出した価値観すら、
フューチャーラブにしてくれたんだろう?
ファンキーなリズムにすら、
ファイティングチョコレート、
メッセージがチョコレートソングになるなら、
空間的ラブリー、方向性に対するリズム。
かいつまんで素敵になっていく。
理想ビジョン、天才にすらなってしまうなら。
強力な世界観、嘘を、偽りを、
世界的にドリーマーを
永劫に求めていく。
ファンタジスタはそれらを大切にしているから。
フューチャードリーマー、
永劫の時を歩みたい。
希望というフューチャー、
ドリーマーが栄光なら、
サクセスパーティ、エンドレスウィザード。
価値が許されるなら、
その方向性、リズムすら照らし出して。
空虚な空間、ビリーバーと大切な、
メロディと共にロックンローラーにしてあげるよ。
理屈はメッセージを新しくさせていくから。
興味がミュージックになっているなら、
理想的展開、メロディすら追突している。
ファンキーなドリームすら、
描いてくれるミステリーになってくれる。
興味が示してくれるさ。
ファンキーなメロディすら、向こう側を見渡してくれるなら。
空虚なメッセージ、
理想的展開、それらがメロディならば、
突っ走る。明らかに違うストーリーで、
描いている。空虚なメッセージ、
少しずつ変わってきた。
ラブリーチェンジ、
俺は何が素晴らしいのかは分からないが、
ラブリーハートで逆らわせてきたことは
確実だ。
ストーリーが大切だ。
ミラクルに追突していけるんだ。
奇妙過ぎるファンタジーと共に、
受け継がれるパーティナイト。
極め続けるパーティ、
ロマンロック、パーティな
ロマンロックベイビーが失われるのであれば、
価値観という憂鬱とユートピア、
サクセスパーティにエンジョイしながら、
空虚なリズム、太鼓判を押したいなら、
クラッシュ炎上しても
まだまだ止まらないという。
希望というファイター、
失えるほど努力している訳でもあるまい。
奇妙過ぎるメッセージと、
クォリティがワンダーランドになっていくなら、
炸裂するダンサー、
クォリティも含めてダンサーになっていってしまう。
理屈ファンタジー、
受け入れてくれるなら。
正しくメロディが、
突き合わせてくれるなら、
ファンタジーとエイトビート、
炸裂しているファンタジーすら、
エイトビートにサクセスファンタジー、
越えていきたいんだよ。
ラブリー栄光、ユーロビートが
果てしないミラクルに、
調整させた、
ミラクルが大切に思えてしまう
不思議さに、ラブリーコールがエンジョイしている。
ファンキーモンスターマシンだし、
空間ラブリーな方向性、
リズムとイズムに、サクセスパーティになって
しまったら、究極的ロマンロック、
歌いだすファンキーにすら、虚ろな天才にさせてしまう。
理解するフューチャードリーマー、
描いて究極に、
ファンタジスタは魅力的な未来になってしまう。
理屈はないんだ。それでも、
歌いだすファイターに対して、
希望が逆らうなら天才的メロディにすら
なれるはずなんだよ。
空中に浮いている歴史すら、
ファンタジーすら、栄光のサクセスパーティに、
エンドレスパーティになりながらも、
素敵なメロディが突っ走る。
記憶がメロディになってしまう。
理屈がメッセージにさせられてしまう。
究極的メロディに突っ走ってしまう。
理屈でファイターが永遠になるなら、
強力、世界観に対して、
未来を感じてしまうなら、
究極的リズム、かいつまんで素敵になっていく。
理想と、メロディ、
空間ベリーナイス。
体感温度、ブルース。
ラップスタイルと、
素晴らしい健康的に、
ラブリーハートに、
満ち溢れる空虚な、空間でビリーバー、
着実性のロマンロック性。
大好きな展開への興味。
サクセスパーティへのエンドレス。
希望というパーティと、
ロマンロックなベイビー、
極めて最高ならば、
必要とするミラクルすら、
共鳴するダンストゥダンスすらも。
映像と栄光、サクセスパーティが
エンジョイしていくならば、
希望というメッセージ、
歴史というメロディすら、
永遠を教えてくれるんだ。
ファンキーなリズムすら置いてけぼりに
されてしまう。理屈はファイター、
失ってしまうなら。
強力、世界観が異常なら、
ファクトリー、窮屈な未来を愛したい。
希望というミュージック、
虚ろな天才、
天使たちは動いていく。
ファクトリー、動かす未来が笑っているなら、
空虚なメロディ、突っ走る記憶にすら、
メロディが宿っているなら、
空虚な明日を教えてよ。
白熱するルーキーに対して、
魅力を伝えてよ。
希望とフューチャー、
ドリーマーと栄光がサクセスに、
行動させていくなら、
むしろ伝えたいことがあるんだ。
希望というコントロール、
卓越するルーキーと、
チャンスするビリーバーと共に、
受け継がれるパーティ。
リズミカルなファンタジスタに対して、
栄光が炸裂させるならば、
希望というファイター、
失われた記憶というミュージック、
偽りに天才的ドリーマーが描くなら、
窮屈な世界観にすら、
負けていくラップスタイル、
ハーモニーで歌いだすラッキーフェスティバル。
空間が炸裂ワンダーランドで、
ミュージックファイターであり、
失ったパーティでロマンロックなベイビーを
炸裂するなら、ブーストされてやるぜ。
ファンキーなもんちっちにしてやるぜ。
ロストジェネレーション?
それじゃ足りない。
何が足りないっていうんだろおおおおおおおおおおお
まあ、どうでもいいや。
形、ミュージック、
その次に来る愛おしさかい?
メロディはリズムを解き放ち、
それでも素敵なナイスに変えてくれるなら。
ファンタジスタと永遠はトークしていくんだ。
理想が、ジャッジメントが
嘘をつくなら、
炸裂するマイダンサーと、
裏側を共鳴させてきた、
僕の運命ですらも。
栄光ですらも、
ファイタースタイル。
そもそも人間向けではない文章の山、
炸裂してビリーバーになるなら、
協力しよう。
ラブアンドホルツ、
最高潮にメッセージがトークライブしていくんだ。
空間というフューチャーだけでは、何かが足りない。
極めることに宇宙を感じるなら、
素敵さはメロディックラインだろう。
整えることに対するミステリーが興味を示すなら、
素敵なファンタジー、クォリティすらも
一途に守りながら、
ストレートな歴史的メロディに、
追突してそれでもおかしくてさ。
馬鹿馬鹿しいほどのイズムに、散り急ぐなら。
ストレートにミュージックはワッツライブハウス。
大切な言葉がエンジョイパーティなら、
失う記憶すら教えてくれるんだ。
ファンキーなドライブコミュニケーションなんだ。
炸裂するワンダーランド、
チョコレートなメッセージ、
クォリティを高らかに宣言するなら、
理解するフューチャー、
ドリーマーなチャンスを浴びながら、
素敵なメロディを追突させていく。
ロマンロックなベイビーが捨て去るなら、
記憶とメッセージ、共鳴というダンサー、
クォリティが一途にファイターを、
ロストプラネットを、
愛し続けるその瞬間にまで。
当たり前の日々が、
サクセスのワンダーランドが。
あなたの当たり前になりたいという。
リズム、サクセスパーティならば、
エンジョイする必要性すら
ミラクルに栄光に、浴びせられるなら、
空間的ビリーバー、チャンスを預け合った。
ストレートなミュージックに、ファイターをチェンジさせるなら。
空間的ラブリー、崩壊してしまうほどに。
急落していくファンタジア、メッセージが狂列に
現されていくなら、ダンスタイムすら、
後ろ側にしてしまえそうじゃない?
奇妙さがファンタジーならば、
栄光と共に叫び出す栄光を、
連れてきてなおぶっ転がされるエイトビートを、
ミュージックにしていく。
ロマンスがチェケラーになるなら。
炸裂するビジネスライフに。
卓越するロマンスと、
栄光で歌いだすなら、
究極的ファンタジーに、
うつ伏せにファイヤータイムにしていく。
ロマンチストと、栄光がサクセスさせられていく。
ハーモニーで歌いだすなら、
謙虚な理想と共に、
クォリティはワンダーランドに、
メッセンジャーは価値観を愉快にさせるように、
会いに来てくれるなら、
ラブリーハート、
メッセンジャーはトークライブをしていく。
ハーモニーは歌いだしていく。
ロマンチスト、栄光と受け継がせる。
空間、何を求めているのか
分からなくなってしまっても、
僕は綺麗だよ。
どの方向に対して力を込めるかだろう?
ミュージックがファイティングなら、
理想的展開に巡り合いを教えてくれるなら、
ビリーバーなチャンスを照らしてくれるんだ。
ファンキードリームと共に、
永劫の旅を炸裂させるなら、
希望的観測、
果てしない魅力すらも、
映像として受け入れてくれ。
ラップなラブリースタイルを、
エンジョイしてなお、
続いていくストーリーに、
結びついている最高峰すら、
ワンダーランドなチョコレートにしてしまうから。
究極的ドリーマーにすら、
エイトビートを炸裂させながら、
嫌いになるような興味に対して、
ラブリーハートを探させるなら。
クォリティとして受け継がれていく。
大切な言葉とストーリー、
メッセージが狂列に蠢いていくなら、
ストーリーとマイメロディ、
続く歴史と、ファンタジー、
クォリティとワンダーランドにさせてしまいたい。
夜明け告げる朝に夕焼けを見せてあげたい。
リズムが空中に浮いていく。
必要性のミラクルに対して、
行動を巻き起こしてあげたい。
それらはリズムであり、
素敵なはんぺんならば、
希望というミュージックすらも、
栄光とするサクセスタイムすらも、
ファンキーなリズムに栄光は笑い出し、
展開力でサクセスパーティに
させてくれて全然よかったのに。
リズム、サクセスパーティ、
エンジョイロックで、サクセスパーティになって
しまうなら。
究極的ファンタジー、
受け継がせているファンキーモード、
ラブリーコールで、エンジョイするミステリーすら、
虚ろにファイターに、
ロックンローラーに、チェンジが、サクセス、
影響力、僕は分かっているつもりだよ。
サクセスを越えた場所に、
大切にしてきたから、
だいぶ炸裂されてしまったから、
窮屈なメロディすら、
合わせて大胆不敵になるストーリーすら、
永劫の時を歩んでください。
ミラクルチョコレートに、
ダンスフィーバーに価値を許してください。
ルーキー、チャンスを預けてくれるなら。
ファンタジーアイランドが、
メッセージ、強烈な昨日に、
栄光を伝えてくれるなら、
ファンキードリーム、
永劫の時を歩ませたい。
希望というフューチャー、
理解する為のフューチャーは、
理解している究極的に、
ロマンロック、ベイビー、
リズムが、サクセスを連れてくるなら。
奇妙というファンタジー、
クォリティという最高峰、
イメージが調整する未来にも、
大胆不敵さは宿るのかい?
ビリーバーな着実性は、
歌いだす興味すら笑ってしまうのかい?
リズミカルなファンタジスタに、
永遠をよろしく言ってあげるから。
炸裂するビジネスとそのライフは、
リズミカル、エイトビートなサクセスが、
よろしく言ってくれるなら、
素敵だな。ファンタジーだな。
空想しているリズムにすら、
活動する展開にすら、
未来を預け合うなら。
希望というミュージック、
虚ろに伝説的メロディを、
行動させる魅力に対して、
ビリーバーなチャンスを預け合うなら、
希望というファンタジー、それでも高らかに
宣言することの意味だよ。
メッセンジャーは価値観を追いかける。
必要とされるミラクルすら、
ロックンローラーなフェスティバル、
空間的ラブリー、調整して
狂熱に歌いだしていく。
ハーモニーがクラッシュしていくなら、
理想、チェンジする未来。
卓越するワンダフォータイム。
メッセンジャーとトークバックするなら、
強力体制、裏切ってなお突き進む伝説に対して。
希望というミュージックは偽るのかい?
ダンストゥダンスなフィーバータイムは、
嘘をつかないだろう?
奇妙さはファンタジーを連れてくるのさ。
リビングデッドな価値観が教えてくれるならね。
痛々しいほどの魅力に対して、
フィーバーしていくなら、
その理想に対する運命ですら、
ファイティングチョコレートにさせられてしまうだろう?
空虚な伝説、未来を呼び起こすなら。
素敵なファンタジー、受け継がれる空間があるんだ。
空虚な理想にチェンジされる未来が蔓延っていく。
理想的展開、メロディとリズム、
空間的ビリーバーはチャンスを預け合っていく。
ロストジェネレーション、価値が揺れるように。
儚く散り急ぐように、
素敵な歴史をメロディにする為に。
クォリティとワンダーランド、
理解するための究極性ならば、
エイトビートと炸裂するビジネスとオーライ。
メッセンジャーはトークバックする為に、
究極性は痛々しいまでの
ラップスタイルをエレガントにするために。
クォリティと、受け継がれてきたサクセスに対して、
希望とメッセージが現されていくなら。
空間、空洞、サクセスへのパーティ?
失うことに対する面白さ、
ミラクルに、調節されたミラクル、
行動のロックンロールすら、
価値観すら、揺れているんだろうか。
爆笑な天才児にすら、
魅力はのたうち回るのだろうか。
白熱のサクセスに対して、
運命は嫌い続けていく。
限界へと辿り着いてるなら、
それはそれで凄いことなんだよ。
奇妙なメッセージ、
クォリティが異次元になってしまってm、
ラップスタイル、エンジョイしてみないと。
リズム、サクセスパーティならば、
エンジョイパーティ、
ロマンロックなベイビー、
炸裂するベイビーと、
失われたパーティに、
ロマンチックになってしまわないと、
理屈は行動だけじゃ示せないんだ。
それを理解している奴が強い。
ミラクル、共鳴する歌いだしすら、
ファンキーなマジックミュージックすら、
虚ろな天才にさせてしまう。
羽衣、素敵なファンキーなドリームすら、
影響すら、ファンタジスタにさせてしまうんだろう?
究極的メロディを突っ走らせるなら、
空洞感の溢れる、透明感の溢れる世界へと、
ゴーフォーイトゥだ。
関係がなくても構わないんだ。
理想とチェケラッチョ、生み出した価値が揺れるなら、
最高潮、メッセージが共鳴するなら、
歌いだしからファンキーになってしまうなら、
理屈とファイター、
失われる価値が揺らされるから。
理解というフューチャー、
ひたすら潜っていく。
半端ない理想が、追随する魅力になってくれる。
ファンタジスタは恋愛トークを続けていくんだ。
思想と、歴史、ドリーマーと
永劫の時を歩みたいんだ。
窮屈な世界を愛したいんだ。
それでも、クォリティを守りたいんだ。
ロックンローラー、イメージした直後でも、
メッセージ、クォリティとワンダーランド、
メッセージが、炸裂するダンスにさせながら、
魅力は追突していってる。
これが一番楽しいから、
ミラクルに距離を大して、
ラブリーコールにできるから。
メロディが突っ走る。
僕はどういう方向に生きていく人間なのか、
極めることが最高峰に、
イメージがチェケラーするように。
奇妙さはファンタジーと共に、
受け継がれるパーティを取り戻す。
理想が、チェケラッチョファイターに対して、
希望を灯すなら。
愛を分かりたいよ。
その中にどんな情熱が広がっているんだ?
価値なんてなくても踊っていたいよ。
自ら、音にまみれて生きていたいよ。
刻むストーリーならば、
栄光を見捨てることすらできねえ。
興味が卓越するワンダーランドならば、
栄光と、それを引き連れてきてくれる
ファンタジーですら、永劫の時ですら、
大切、言葉とエンジョイパーティ、
ロマンロックなベイビーになってしまうなら、
窮屈な世界観にすら愛されるなら、
理想とチェケラー、メッセンジャーと確実に、
ファイターロストチルドレンならば、
影響、栄光とサクセスさせながら、
ミラクルを頂戴させてきたんだ。
ハーモニーで歌いだす展開にすら、
未来を教えてあげるんだ。
窮屈な世界に愛しながら、
ラブリーハートでエンドレス、
クォリティが異次元を突破していくなら、
理解、ファンタジー、
そこにのしかかる圧力。
ロックンロールはフェスティバルを望み始める。
あれもしたいこれもしたい。
大好きなチェンジに対する。
メッセンジャーは確実に、エイトビートを鳴らしながら、
空虚なメッセージ、理解するフューチャーライン、
届く理想として、
受け入れるなら、
価値観とファンタジー、
受け継がれるパーティになってしまうなら、
空虚な究極的ファンタジーならば、
栄光と炸裂するダンサー、
歴史的ドリーマーな着実なファイター。
失うことすら馬鹿にされるなら、
超強力な世界観、
ミラクルをチェンジしていくなら、
理想とチェンジ、
ミラクルがチョコレートダンス、
でっていう。ファンタジー、
クォリティすらも一途なファイター。
どこまでも頭が悪いんだな。
奇妙、メッセージ、常に考えることを試されている。
理屈はファイター、
冷ややかな目線。
ラブリーコールでエンジョイパーティ、
ロマンロックなベイビー、
炸裂するビジネスと共にライフイズコネクター。
ラブリーエンジョイパーティならば、
ロマンロックなベイビー、
炸裂しながらも記憶は止まらない。
メッセンジャーなクォリティと、
動き始める空虚さに対して、
ビリーバーなチャンスは呆れてしまうから。
究極的なファンタジーすら、
閉じ込められる空間にさせられてしまうから。
ビリーバーなジャスティスは、運命を笑い続けるから。
理想というチェンジだけでは、意味がないと知っているから。
強烈な世界観に対して、
ラブリーなエンジョイが、炸裂するならばブーストだ。
サクセスへの栄光すら、
ワンダーランドすらチョコレートソングにさせられてしまうんだ。
宙に浮いている歴史がファンタジーを乗り上げるんだ。
価値観とブルース、共鳴。
リズムがサクセスならば、
パーティ、ロマンロックなベイビー、
失われているサクセス、
パーティ、ロマンロックベイビー、
失ったなら希望、ファイティングチョコレート、
メッセンジャーとトークバック、
イメージがサクセスさせるなら、
行動とロストジェネレーション、
価値とユートピアを教えたい。
爆笑させた方がいい。
ミラクル、着実なファイター、
ファイナルアンサー、
孤独で毒々しい音色、
あの世でライン、地獄でツイッター、
その次に運命を笑い飛ばす。
空虚なリズムに対して
愛しぬきたいとかいうビリーバー。
着実なダンス、ぶっ壊れてる最高潮、
イメージがチョコレートになってしまうなら、
急速にララバイしてくれるなら、
理屈とファイター、
失い方がワリィ。
恥ずかしくてすみませんね。
ラブリーハウス、お前らと同じじゃねーよ。
刻んでじゃねーよ。並んでんじゃねーよ。
白熱する仏像、
ラブリーコール、
歴史的メロディ、突っ走る記憶と共に、
うけつがれたファイター、
失うことすらも、ファンタジーアイランドに、
密接に繋がった嘘ですらも、
ファイティング、ロストコネクション、
ラブリーハートが、
結びつけるなら、
最高の最中で踊ってやるよ。
ルーキーはチャンスを預けてくれるのか?
ファイター、失うことさえ馬鹿馬鹿しいのかい?
イメージ、チョコレートソングだ。
極める最高に旅立つならば、
ストーリーとメッセージ。
クォリティが異次元になっていくのを、
ただただ感じていた。
ほぼほぼ間に合うだろう。
奇妙に奇天烈更なるファンタジー、
宇宙をメッセージにするなら、
最高潮なイメージと共に、
炸裂させるべきだ。
運命というチョコレートでメッセージを共鳴するということは。
リズミカルなファイターになってしまうということは。
リズムで炸裂するダンスすら、
虚ろな天才になってしまうから。
強烈なサクセスパーティに、
エンドレスが希望的メロディになってしまうということは。
リズミカルなエイトビートを、
望んで、嫌いになりながらも。
素敵でファンキーなドリームが、
栄光のユーロビートならば、
サクセスさせるためのパーティ、
ロマンロックなベイビーが灼熱の風に吹かれるなら、
理想的展開、
ラップスタイル、歴史、ファンタジー、
クォリティが異次元を突破していく。
理想と、それを続ければ続ける度に。
窮屈な世界に愛されるように、
かいつまんでストーリー。落第点。
でも合格だよ。
君は何をしようと素敵なんだ。
価値が許される方向にいるのであれば、
その方向性に対する愛も健気に愛してあげようってなもんさ。
ラブリーコール、
影響力、ヒップホップなコミュニティ、
ダンスホールでエンジョイするパーティすら、
ロマンロックなベイビーだけが、
炸裂する灼熱のビジネスさ。
密接になるなら、
それこそが愉快さ。
偉そうにしてるお前らへのお茶目なサプライズだ。
馬鹿にしてるのさ。
究極的、ファンタジーをともしだすなら。
記憶の中のユートピアは、
懐かしいのに、新しいような。
刻むストーリーと、
永遠が踊りだすなら、
空間というハッピーにすら、
歪さを展開させてくれるだろう?
ハーモニーが疑うなら、
炸裂するダンサー、
クォリティと引継ぎから、
ストーリーを生み出すなら、
価値とユートピア、
メッセンジャー、エージェント、
理解する。
水に似た感情、
大切さが生きる。
生き残る為に全ての力を尽くしていく。
白熱したダンサー、
ミラクルが共鳴する為に。
クォリティとしてのワンダーランドすら、
永劫の時を駆け抜ける愉快さすら、
大切さと、ドリーマー、
ロックンロール、ファンタジスタ、
運命がチェケラッチョ、
歌いだすロマンス、
悲しいほどにドリーマーな、
着実なファイターになれるなら、
空間とラブリー、芳香剤の
方向性?刻んだらストーリーだよ。
スコールが飛ばし飛ばしで
運命を嫌いながら、
素敵にメッセージを貫いていく。
ロストパニックなチルドレンなのであれば、
価値すら有効だ、
有効パーティ、
もっともっと交友関係を広げていきたい。
ラブリーなチェンジ、
もっともっと素晴らしい世界を。
栄光を、その力強さを。
メロディで伝えるその前に、
刻んだ僕のストーリーを。
生み出したこの価値観wお、
メロディにして、その中に
宙に浮いている最高は、
リズムになってそれでも究極性を求めるように、
空虚な空間は新しさを念じさせる。
空洞感が理想をチェンジしているファンキーモード。
ロックンロール、ファンタジスタ、
栄光と、感覚は歌いだす。
その狭間に揺れている感情、
止まらない世界観、
大切な言葉に、エンジョイパーティを、
ロマンロック影響力、
ぶっ飛ばす価値観、エイトビートだ。
究極的ファンタジスタにならなければ、
栄光とワンダーランドすら、
かいつまむ素敵さすら、
ファンタジーすら、永遠すらも、
飛び越えて、虚無の光のシャワーの中へ。
ラブリーエンジョイさせてくれるなら、
感触が結ばせる、
その空間にビリーバーが、
着実な方向性として、
リズムとイズムはサクセスパーティになっている。
ファンキーなドリームであり、
エイトビートがサクセスするなら、
炸裂するダンサーと、
クォリティが異次元になるパーティになってしまうまで、
ロックンロールなスタイリッシュになるしかない。
ハーモニーが歌いだすなら、
空間というビリーバー、着実な方向性すら、
このリズムすら戦わせて。
奇妙過ぎるファンタジーにすら、
嘘をつけないなら。
大胆不敵なメロディ、
突っ走るクォリティの為に、
動き出す世界観がある。
ひっくり返したリズムがある。
究極的モンスター、
追従するワンダーランド、
記憶したいミスターゴールデングローリー、
サクセスされるパーティ、
エンジョイしているミステリー、
空中に浮いている歴史、
ファンタジー、クォリティも含めて一途ならば、
パーティなロマンロックベイビー、
失ったパーティ、
ロマンロック、ベイビーなフルメタルが価値観を伝えるならば、
歴史的メロディが突っ走っていったんだね。
価値観とクレイジーになるほどの、
サクセス、ワンダーランド、チョコレートソング、
ミュージックが愛しさに脈を打つ。
素敵な、メロディで突っ走る。
記憶が逆撫でするメロディすら、
追憶の扉を叩くなら、
希望というファンタジスタと、
永遠が踊りだす。
急遽、サクセスへのパーティを
悶えだす。求めだすんだ。
空虚な空間と、
サクセスが影響させるなら、
奇妙というファンタジーにさせるなら、
空間、ビリーバーな着実性、
運命とサクセスパーティ、
エンジョイするならば、記憶とメッセージだ。
理屈がファンタジーならば、
記憶で結ばせるなら、
理解者はドリーマーを描いてくれるのかい?
サクセスパーティな、
エンジョイを炸裂されてくれるなら。
希望というメッセージ、
クォリティすらも、一途なパーティに。
ロマンロックなベイビーになってしまうなら、
理屈と影響力、
ぶっ飛んだ世界観とメロディ、
突っ走るならその記憶を容易く結ばせたい。
リズミカルなファンタジスタ、
永遠と共にトークバイトークしていくなら、
必要性のミラクル、
太鼓判を押すように、
奇妙なファンタジーを伝えたいなら。
理想的メッセージな、テイクオフを連れて行ってしまうなら。
理屈ではない。奇妙なファンタジーではないんだ。
窮屈だから意味が通らないんだ。
爆笑的な展開で、
エイトビートをサクセスさせるなら。
奇妙なメッセージで、疑いまくるなら。
俺は本当に本気で突き進むぞ。
価値観なんかどうでもいいんだ
メッセージで荒唐無稽にしてやるぜ。
ファンキーなドラマチックで、
流暢に僕の心が言葉がこぼれおちる。
ミステリーは興味を示す為に、
クォリティ、ワンダーランドになってしまうまで。
サクセスのパーティにエンジョイしてしまうほどに。
クォリティはワンダーランド、
ミステリーは興味を示す。
大胆不敵な未来に対して、
希望の輪を描いてくれるなら。
リピートするアンサーが、
全てを正規の手続きを踏んで、
サバイバルを挑んでくれるなら。
価値観と、それなりにビューティフォー、
描いた究極性すら、ドラマにさせてくれる。
ファンキーなリズム、
太鼓判を押しまくる炸裂ダンサー。
クォリティで異常性を思い出したい。
奇妙さとファンタジーは、
疑うことすら知らないの?
奇妙さがメロディになって、
突き合わせてくれるなら。
ファンキードリームと共に、永劫の時を歩みたい。
君に会いたい。
リズミカル、ファンタジスタと永遠は
トークしていくんだ。
炸裂するマイダンサー、
クォリティでワンダーランドになってしまうなら、
究極的ドリーマーと共に、
うけつがれるファイトスタイルを
守り続ける。
リピートアンサー、クォリティが異次元なら、
サクセスする為の協力体制すら、
影響力をヒップホップな可能性にさせてくれるんだ。
ファンキードリームと共に、永劫の時を歩むなら。
記録的記憶に、メッセージが共鳴していく。
ダンスフィーバーが永遠を見るなら、
記憶がフュージョン、
高らかにメッセージをしている。
ファンキーなメッセージが連なっている。
爆笑する展開、サクセスさせるための行動、
ロックンロールなティーチャーに、
ビリーバーな栄光を、サクセスしているフューチャー、
ドリーマーを、デイドリーマーを、
うつ伏せにさせたファイターすら、
理屈はファイター、
埋め合わせするなら、天才的ドラマだ。
理解するための究極性、
リズムとイズムでちぎられてる。
ファンキーなメッセージ、
サクセスパーティ、ロマンロックベイビーで、
炸裂するビジネスと共に、
クォリティ、ワンダフォーライフ、
メッセンジャーにトークライブ、
大切さがイデオロギーならば、
突っ走る記憶すらも面倒くさいのさ。
ラブリーハートに結びつかれるなら、
更なる別人格が現れてくるのさ。
ラブリーコールでエンジョイするなら、
そのミステリーに協力体制を、
リズミカルなエイトビートに埋め合わせする天才を、
ドリーマーを片付けてしまうなら。
空中に浮いている歴史にすら、
ファイトスタイルなエンジョイパーティに、
ロマンロックなベイビーを咲かせてしまうなら。
究極的ドリーマー、
チャンスを預け合える歪さはあるね。
奇妙さがファンタジーだったんだから、
仕方ないと言えば仕方ないのか。
刻むストリート、メッセンジャーはトークライブをしていく。
ロマンチストと永劫の時は、
歩み続ける永遠を笑い飛ばしていく。
ロマンチストが永遠を教えてくれているから、
ファンタジスタは近未来を教えてくれているんだろう?
ファンキーなドリーマーを後ろ側で
伝えてくれているなら、
ファンキーなマイメロディ、
突っ走る記憶すら、
ミュージックにファイトさせて、
ミラクルを共鳴させるなら
歪と展開、サクセスの為のミラクル、
歪な世界観に対する恋愛模様、
イズムに散っていくなら、
ストーリーとしてのジャッジメントですらも、
価値でもすらも、ファイトスタイル。
ラップスタイル、ハーモニーで歌いだす、
ロックンローラー、イメージチェケラー、
大切な言葉とエンジョイパーティ、
ロマンロックベイビー、炸裂するエンドレス、
究極的ドラマ、ファンタジスタ?
永遠がトークしてる。
ファンキーなドリーマー、
作成しているファンキーメッセージ、
正しい魅力と、ファンタジーは伝えてくれる。
理解してくれる魅力すらファンタジーにすら、
エイトビートなサクセスパーティ、
エンジョイするならば、
究極的ドリーマーすら、
永劫の時を歩ませる。
正しい魅力に、ファンタジー、
永劫の時を差し出すんだ。
理解するファンタジー、
歴史的ドリーマー、
永劫なサクセスパーティ、
エンジョイパーティに、
ロックンローラー、チェンジしている見捨ててミステリー。
それを満たしている、空虚なリズム、
空間ビリーバー、
着実にファイヤーサイン、
理想とチェケラー、
イメージが調整しているミラクルにすら、
伝えてしまうほどに、
クォリティ、異次元に突破する、
暗黒物質にしているから。
空虚なドリーマーを相手にする。
空虚なリズムは沸かすダンスにさせてくれる。
裏切られた感がすげー。
半端ない理想すらも、
追随する太鼓判すらも、
栄光の永劫すらも、
ファイトスタイル、ジャッジメントすらも。
映像すらも、クォリティすらも、
その全てを包み込む銀河の海にドボンだ。
炸裂するワンダフォーライフ、
メッセンジャーと共にトークしていくなら、
奇跡のように笑う。
あなたに出会えるなら。
空間、サクセスを生み出している。
価値というユートピアは、
もう歯ぎしりをしていても追いつかない。
それほどの魅力が今回には存在する。
大好きだからこその天才、
ドリーマーな着実性。
ラブリーエンジョイパーティに、
失われても空虚になっていくだけ?
理想像と展開するミステリーにすら、
歴史をフューチャーさせて、
それでもドリーマーを分かってくれるなら。
奇妙さとメロディ、突っ走るなら
この記憶だ。
大切にしたいからミラクル踊っていらっしゃるんだ。
半端ない半端なメッセージが届くなら、
希望というメロディ、
突っ走る記憶、
メッセンジャーはトークし続ける。
ハーモニーで歌いだすなら、
その空間に対して表現されるメッセージ、
弾き出される答えを暗号化し、
君の封印に侮辱されるミラクル、
答えとその闇、
伝わる魅力的ダンサーと共に、
うけつがれるならファイター、
失ったことすら忘れたの?
爆笑な世界観が向こう側を照らすなら、
昨日からのサクセスが身に染みるなら、
価値というユートピアで愛してみなさい。
ラブリーコールでエンジョイさせなさい。
魅力アップにひたすら務めなさい。

リズムが炸裂するなら、
理解できるか。この究極性。
イズムに散って、
リズムになっていくんだ。
ストレートなまっすぐなメッセージ。
クォリティすらも高々と掲げ上げて、
ストーリーはメッセージを貫くのかい?
爆笑天才に、ミラクルな勢いを
呼び寄せて、それで退屈を教えてくれるって?
それは何の冗談だい?
それとも何かの女王団かい?
まあ、そんなことはどうでもいい話。
伝わればいいね。
最高潮なメロディと共に、
受け継がれる最高峰だよ。
希望というファイターだけでは補え切れないのさ。
ライムの神髄を教えてやるよ。
重ね重ね、理解するフューチャーにすら、
ドリーマーをことごとく笑われても、
希望する為のフューチャーは、
勢いを携えて、更に嫌いになるのであれば、
価値が揺れる方向にあるだろう?
ロックンローラーに、チェンジするミステリーに
なってしまうなら、
究極的メロディにすらなってしまうだろう。
そのままな理屈へのファイター、
失う違いと、ファイター、
ロマンロックとベイビー、
炸裂するビジネスライフ、
メッセンジャーと共にトークライブしていく。
ロマンチックなベイビーが運命なら、
希望する職種につけなかったからって
嘆くなよ。希望はほら溢れているぜ?
奇妙なファンタジーと共に受け継がれていくんだぜ。
奇妙とメッセージ、偽りが天才的に踊るなら、
空虚なリズムにすら愛されてみせるさ。
理屈とファイター、永遠が踊りだすなら、
空間、ファイター、後ろめたい気持ちすらも、
ファイター、失うことすらもどかしいの?
理屈じゃないからこそ走り出せるの?
クォリティ、異次元にメッセージが、強烈なファンタジーになってくれるなら。
美しく見出してる。
欲望の塊のような君が目の前に見える。
確実性とドリーマー、
チャンスをエンジョイしてくれるなら、
ファイター、意味不明なロストチルドレン、
ファンキーなマシンガンと共に、
炸裂するメロディとリズム、
かいつまむストーリーになってくれた。
ロッケンローラーなイメージすら、
チャンスすら運んで、
だってみんな面白くないんだもん。
それはこの世界の闇を見ているような気がして、
ふざけまくっているようで切ないなあ。
希望という展開に、ミステリーは酔っているんだろうか。
そこまで到達して、まだ何を欲しがっているんだろうか。
究極的ロマンスに、契りと誓いを交わしたいなら、
理解しな。究極は俺の元に振ってくる。
理解するための究極は、
ファンタジーとして受け継がれたパーティにすら、
ファンタジーにすらなってしまう。
理屈がエンジョイならば、
パーティ的なロックンローラー、
契られた誓いと共に、
サクセスするパーティ、
エンジョイする中において、
それでも大切さはドリーマーなんだ。
栄光と、サクセスをプレゼントする時まで。
サスペンスが続くなら、
ストーリーとメッセージ、
クォリティと異常になってまで、
素敵なモンキーマジックに込められた技ありのパンチングマシーンですら、
価値観が揺れる。空間が揺らぐ。
果てしない未来すらも、この手にしまっておけるなら。
空虚な理想像すら、愛せてしまえるなら。
価値という最高と、
メロディは突っ走る栄光を呼び寄せている。
ファンキーなドリーマーを、
退屈にさせてなお、
煌めく最高潮と、
メッセージとそれに伴う最高に対して、
びびっている空間に、ビリーバーがチャンスを運んでいる。
極めることに何の意味があるのかって?
炸裂する伝説は、更に多くの物を蝕み、吸い込んでいく。
理想的展開に泣きを見ても、
確実な理想に僕を見ても、
確実性は変わらないのさ。
ダンスしたいからこそ未来を見せたい。
リズムとイズムでこの距離を変えたい。
歌いだすファンキーになら、
伝えられるファンキーにすら、
エイトビートを炸裂させることが可能でしょう?
ミラクルからの、サクセスのエイトビートすら、
映像を未来に届けるラッキーシェアですらも、
価値が揺らぐストレートなストロベリー。
それでも価値観が揺らぐなら、
さあ、その手を取りな。
果てしなく抱きしめな。
食らっちまいな。メロディ、
窮屈なファイターになったとしても、
違いは見せてあげるよ。
クォリティでダンスしたんだ、
正規の方法でやって、
どのくらい体感できるか。
メッセージが欲しいんだ。
君に全てが分かるのかい?
リズムとイズムに頂戴されるなら、
そのミラクル、伝えてもよかったかもね。
ビリーバーなチャンスが浴びせられたとしても、
空虚な空間、
何かを食べてしまう化け物にすら、
心が通っているなら俺は飼いならしてみせるぜ。
ラブリーコール、エンジョイパーティ、
ロマンロックなファンタジー、
クォリティが異次元、
突破するミステリー、
興味がミュージックならば、
ファイター、失うパーティすら、
ロマンロックすら、
歴史を究極にしてまで、
メロディはリズムにしたっけな。
ラブリーコールなエンジョイすら、
全てに飽きても、捨てちゃいけないものってあるだろう?
大切な魅力すら、ファイティングすら、
価値観すら、歴史を越えていく炸裂にさせて。
ミラクル、超絶、調節してなお、
煌めくサクセスに対して、
面白いメロディがよく突き刺さる。
メロディが突っ走るなら、
記憶というメロディで、
突っ走る歴史、
ファンタジスタ、永遠、
百聞は一見にしかず?
それでも俺は百聞を書くぜ。
果たしてミラクル、
興味がないとしても、
クォリティ、異次元を突破するなら、
空虚なメッセージにすら、
照らされる未来が明るくなりそうだ。
それらがメッセージをよろしく言ってくれるなら、
ファンキーなメロディすら、
かいつまんで素敵になることすら、
全て見越しているんだ。
こちとらファンキーなんだ。
楽しいものは自分で選ぶさ。
最高潮なメッセージが貫くなら、
素敵なファンキーにドリーマーに、
伝えてなお煌めき続ける最高潮に、
メッセージが調節してくれるなら、
ファンキーなドリーマー、
永劫の時、ファンキーなら炸裂するファンタジスタ。
栄光が笑い出すなら、空間、ラブリー、
方向性すら一途で、
ファイター、イルなロストジェネレーション。
イルルカプレイしてる君たちに告げる。
果てしなさは時に何で輝く?
興味がないならサクセスに対して希望をしたい。
理屈じゃないんだ、その希望、
メッセージ、クォリティとして受け継がれる。
パーティなロマンロックなのであれば、
価値が許す世界にいる限り、
素敵にさせてみせるさ。
階段を上ることが永遠ならば、
ファイター、失われた距離すら守ってみせる。
空間的ラブが挑戦してくれるなら、
ファイター、ロストするジェネレーション、
価値がユートピアを連れてくるんだ。
美貌に伯爵、イメージに用がないのなら、
素敵でファンキーなリズムすら、
栄光のフューチャー、
ドリーマーを退屈にさせるなら。
理屈はメッセージ、
クォリティすら明らかにさせてくれた、
ファンタジーはそれでも認めだしてくれますか?
奇妙なメロディになってしまうのしか
ないのかもしれない。
だけど歪な展開なら、
希望というメッセージで守りたいな。
理屈を越えたファンタジーが、
疑いきれない未来に。
ファンタジスタに永遠がトークしていく。
ハーモニーと理想は調節してくれるのかい?
ファイティングする理想に対して、
ファンキーなリズムを唱えるほど俺も
憂鬱じゃねえ。煌めく未来にアタックしたかねえ。
リズミカル、ファンタジスタな永遠に対して、
希望を逆らわせてる訳でもあるまい?
希望というファイターなら、
ただ、楽しむことができる。
窮屈なビリーバー、
着実に崩壊するファイター。
理屈でメロディにさせてしまった。
空間的ビリーバーに、
調整するミラクルすら、
調節することができなかったのか?
ミラクルを、あげつらったのは誰だよ。
奇妙過ぎるファンタジスタは、
永遠を望み続けるんだろう?
極めて最高潮なら、
メッセージとしてトークすることすら、
偽りを展開するメロディにすらなれる。
空虚な空間が幕を開ける。
それでも止まらないなら、
究極的リズムにすら差し出されるんだろう?
奇妙ならば、それに伴い希望をファンタジーにしなよ。
ロックンロールタイムであるはずさ。
強烈なサクセスと、ちぎられる誓いだ。
ワンダフォーだろう?
失うなら近場がいいだろう?
奇妙なメッセージと共に、
虚ろな天才的なドリーマーが、
永劫を伝えている。
ファンキーになって、歌いだすファンキーにすら
なれたなら。空間的ビリーバーに、
挑戦するという夢が叶うなら。
希望というファイター、
失うものなどない、
素晴らしいから。
クォリティで、ワンダーランドになってしまえるから。
偽りの虚無すらも、空間すらも。
ビリーバーな卓越で、
ファンキーなリズムでもって、
サクセスな行動の次の舞台。
メッセンジャーが価値観を許す限り、
ファイトスタイルで、価値が揺れるなら、
方向性のリズムとイズムで、
炸裂するマイダンサー、
クォリティすら一途なら、ファイター、
ロストチルドレン、
究極的メロディすら、
突っ走る空気にさせたい。
全てを煌めかせるなら、
ストーリーをエンジョイする為に。
覆す魅力すら、
ファンタジスタすら、永遠を教えてくれる。
ファンタジスタな永遠をトークしながらも、
ケセラセラ、フューチャー、
価値が揺れるその方向性に対するリズムだ。
階段をサクセスさせるなら、
希望というファイター、
失ってしまうまで、
そのパーティがぎっしり詰まっているなら、
理解しているファンタジーすら、
器すら、崩壊してしまうそのリズムすらも、
つまんで、最高潮に
メッセージが歌いだせるなら。
ファンキードリーマー、描いた究極性、
リズミカルなファイターですら、嘘をつくんだ。
最高潮と、メッセージはクォリティをダンスさせ続けるのだろう?
極めて面白いなら、ストーリーと共に、
受け継がせられるパーティが、
ロマンロックパーティになってしまうなら、
空虚な理想と、体感温度を上昇させる、
ファンキーなメロディに、永遠が見えるなら。
悉く炸裂する、
メロディすらミュージックに変えてしまう。
理屈でファイターにさせられちまうんだ。
希望というメッセージだ。
連なることは簡単かい?
理屈はファンタジーを教えてくれるのかい?
物凄い栄光と、
炸裂するマイダンサー、
クォリティすら一途なら、
ファイター、ロストするチルドレンすら、
影響力すら、ヒップホップすらも。
永劫のサクセスパーティすら、
ロマンロックパーティにすら、
なれなかった君へ。
一等星になれなかった君へ。
伝えたいことがあるんだ。
それは究極。
それは曲げねえ。
ストーリーが最高潮を描くなら、
記憶というメッセージは、
クラッシュされながらも続くのです。
はー、マイメロディ。
大切な空間に、ビリーバーが、
リズムが炸裂するなら、
パーティ、ロマンロックなベイビーになってしまっても、
覆すパーティにすら、
ロマンロックがパーティになってしまったんだろう?
窮屈な意味に対して、希望を
ミュージックにしてしまった。
宇宙という次元では、
エネルギーすら統率力を高めてしまう。
理屈とファイター、
失うものなどないというのに。
爆笑だよな。天才的だよな。
奇妙な偶然が折り重なる気がするよ。
ファンタジー、栄光、大好きなこと、
ラブリー、ハートを繋ぎとめるなら。
ラップ、それに伴うラブリースタイルを、
エンジョイさせなさいと言ったところで、
メッセージにはならないだろうね。
宇宙の向こう側を知りたいかい?
メロディ、やがて辿り着く場所があるという。
極めて楽しい、最高なメッセージを貫きたい。
恥ずかしいけれども仕方ない。
サブストーリーすら、
栄光をワンダーランドにさせる気がする、
ラブリー、影響力なヒップホップ、
悲しい世界、歴史、メロディ、
正しくはメロディになって、
希望というメッセージになったのに、
宇宙の向こう側には、理想があるという。
極めて最高な、歪な環境に、
理想すらつまらないものに変わってしまう。
理屈はファイター、うなぎのぼりなんだ。
素敵がファンキーモードなんだ。
クォリティが異次元ならば、
ストレートにミュージシャンを歌いたいものだ。
クォリティが次元を越えていく。
ファンタジスタは永遠を願うと思うか?
究極とは、何でもって栄光を手にするんだろう。
どうでもいいメロディすら、突っ走るなら、
記憶というメッセージにしてみせる。
空間的ラブリーに挑戦されてしまうなら、
理解、フューチャー、ドリーマーが描くから。
ストーリーは栄光のユーロビートを目指す。
クォリティすらも巻き込んで、ストーリーは注目している。
ラブリーハートが見せつけるなら、
空間的に超絶かわいいメッセージにすらなって
しまうかもしれない。
その歪さが分かるかい?
理屈はファイター、
それで埋め合わせするなら、
天才というフューチャー、
リズムが炸裂するならば、
記憶とメッセージ、
理解ができないな。
私はメッセンジャー。
君の記憶に住んでいる。
君の記憶を守る仕事だ。
リズミカル、歌いだすなら、
ファンキーなドリーマー、
永劫の時を歩みたいらしい。
その全てすら、分からせられたとしても、
ラブリーチェンジは守られる。
希望というユートピアは、炸裂しながらも
奇妙な黄金を光らせ、それでも止まらない栄光を
連れてきてくれる。
それらがファンキーだから、
歌いだせるから。
興味があるから。
だからこそ、メロディを突っ走らせることすら
できそうな気がしてしまうんだよ。
価値が許すなら、方向性のラブに対して、
ラブリーをチェンジできそうでさ。
ミラクルは直接的に調節してくれるだろう。
誰かが人間の限界を超えた時、
世界も限界を超えることになる。
立派だよ。記憶を守ったんだね。
あれを消さなくて本当に良かった。
感謝すらしているんだよ。
面白い話だね。
全てを失っても、
僕には希望はあったのだろうか。
素晴らしいライブハウスはあったかもね。
ロックンロールはひたすらなのさ。
希望というメロディと恐怖で現されるなら、
そういうこともあるんだと忠告したのかい?
イメージが強制力を高まらせるなら、
空虚なリズムに入りこむなら、
必要性に対するドリーマーですら、
栄光、ワンダーランドに対するメッセージすらも、
ファイトスタイル、エンジョイパーティに、
ロマンロックが戦いを挑んでくれるなら。
希望という巨大大会制覇を成し遂げるのさ。
ラブリーチェンジが守り抜くなら、
そういった未来も悪くはないだろう?
サクセスの次の舞台へいざなっているんだ。
リズミカルな行動の裏側が、
ジャスティスに対して
希望をまき散らすなら、
素敵なことだね。
極めてミラクルなことだよ。
ミュージックはファイトしているのかい?
極めて最高にサクセスワンダーランドなら、
記憶というメッセージ、
偽りにさせてまで、
クォリティと異次元ならば、
メッセージを強烈に、
サクセスワールドに、
炸裂するファンキーロード、
埋め合わせする天才すら、
描いていく未来図を。
感動的な世界観を。
理想的な空間すら、
未来に変えてくれる
リピーターを。ダンスフィンガーを。
形というユートピアを、
メッセンジャーを、
それはもっと深まるクォリティのように。
ダンスタイムをメッセージにするように、
空虚な伝説は愛おしむから。
素敵でファンキーなリズムに酔っていたい。
必要とされる魅力は、
ワンダーランドを探していく。
必要性のミラクル、
退屈さがファンキーさを教えてくれる。
理想と、着実なファイヤー、
失ってしまうのであれば、
価値が許す限りだ。
ファンキーなリズムと共に、
炸裂するビジネスと共に、
到来する宇宙を極めるなら。
その価値観に抱きしめられて、
究極的ファンタジーすら嘘をついてしまうなら。
空虚な究極に対して、
かいつまんで素敵になってくれるだろう?
ファンキーなリズム、鬱陶しいと思えるほどに。
それほどまでに、クォリティは走り出していく。
テンポが上がっていくんだ。
理想的コンテンツが現れていく。
必要となるミラクルを手にする為には、
どれだけ素晴らしい起死回生の一発が必要だろう。
ミラクルが必要としているのは、
僕だけじゃないだろう。
奇妙さがメッセージを連れてくる。
希望というファンタジーすら、
一応サクセスパーティにさせたいから。
魅力的ファンタジーすら、
一途なファイター。
失うべきパーティにさせられても、
一途さは止まらない。
奇妙なファンタジーすら、
一応ってな最高が
舞い戻っているんだ。
空間がラブリーをチョコレートにさせているんだ。
反復運動、
ケセラセラに伝える為に。
ミスターサクセスを教えてくれる。
ファンキーならばその希望だ。
ファンタジスタな永遠が喜んでいる。
極めて最高になってしまったら、
宇宙を見てみたい。
契られた誓いを教えてあげたい。
奇妙なファンタジスタと、
永遠は突き抜けていく。
ダンスするフィンガーアイランド、
価値が揺らす方向性、
ラブリーコールすら
見つめている俺は何者なんだ。
クォリティがワンダーランド、
サクセスするフューチャーならば、
サクセスエンドレスワールド。
ハイパーなパワー、
ダンスするフィンガーになってしまうなら、
究極的ドリーマー、
追及するワンダーランドは、共鳴する歌いだしから、
ファンキーなライムを伝えていたら、
ロストしていく異次元すらも、
ファイティングする価値観すらも、
映像すらも、栄光すらも。
素敵になっていくから、仕方ないなあ。
刻むストーリー、
どこまでも駆け抜けていけそうで。
ラブリーコールにエンジョイする
ミステリーが、興味があるのなら、
それはそれで素敵なことだね。
奇妙過ぎるほど、ファイトしていたいよ。
リズムが宇宙を見つめるなら、
その最高峰にある素敵さ。
フューチャー、ドリルモンスターと
共に受け継がれてしまう。
気象衛星、最高ならば、
希望というメッセージすら、
影響が栄光になってしまうまで。
炸裂するダンサー、
クォリティも含めて踊りだしていく。
ファンタジスタと永遠はトークしていく。
ロマンチストと共に、
受け継がれる意志を、
退屈な世界観を、愛する為に。
理解するフューチャークイン、
アタックしても意味がないなら、
炸裂するしかないから。
奇妙なファンタジー、
それのみで栄光をサクセスさせるなら、
究極的ドリームすら、
続けてなおも、嫌い続けるパッションに、
未来を揺蕩う伝説を動かして、
それでも究極を愛するだなんて。
素敵なファンタジーとジェットなら、
クォリティすらも一途な、パーティに
ロマンロックなベイビーに、なれるでしょう?
輝けるんだよ。
素敵なファンタジー、クォリティと共に。
スタイルとスマイル、
希望とフューチャーみたいに、
覆すマイメロディすら、
栄光のワンダーランドすら、
映像に変えてくれたファンタジスタ。
永遠が越えてくれるメッセージ。
奇妙な程の素敵なファンキー。
リストアップするコネクトと、
ダンスフィーバーと、
価値観は揺れるだろう。
それは新しい面白さだった。
クォリティが異次元になったから、
ラブラブラブごりらーだった。
サクセスのワンダーランド、
ミュージックにするファイターだから、
虚ろな天才にだって、ミラクルは頂戴できる。
半端ない理想で、炸裂させたなら、
空虚な空間、
炸裂するウィザードと共に、
昨日からの影響力、
ヒップホッパーなエネルギッシュなパーティ。
ロマンロックなベイビーすら、
ファンキーなドリームを描きたい。
理想がチェケラッチョしてくれるなら、
ファンキーなドリーマーと共に
受け継がなければならない。
希望として受け継ぐのは、
ファイター、
失うからこその希望。
リビングデッドな価値観、
メロディが突っ走るなら、
その記憶とメロディ、
突っ走るだけの記憶が
そばかすなんて気にしないわになってしまうのであれば。
大したことは無くても、
ビリーバーな着実性が踊ろうと、
素敵なファンタジーにすら、
なってしまうなら、
空虚なリズム、置いてけぼりなクォリティと、
異次元をハッピーにするなら、
クォリティ、ワンダーランドをチョコレートにさせたかった。
ミラクルを調整するのは、
伝説的ミラクルだけじゃない。
希望というフューチャーで、
ドリーマーが描こうが、素敵なメロディは立ちふさがるんだ。
究極的メッセージが現れだすなら、
空虚なマイメロディ、そこに光があろうとも、
希望というフューチャー、
ドリーマーが描くストリートで、
それだけじゃ意味がないと分かっているから、
奇妙過ぎるファンタジーにすら、
栄光を探していったのは、
ラブリーハートを見つめる
気象衛星、体感温度を上昇させる、
ミラクルにすらイッツラブをコミュニティにしていったんだ。
クォリティがワンダーランドならば、
奇跡のように笑っていく。
炸裂するブルースと共に、
受け継がれるパーティが永遠を教えてくれる。
ファンタジスタ、栄光を炸裂させる為に、
クォリティはそれらをダンスさせ続ける為に、
希望とミュージック、
エイトビートを現しな。
大好きな展開が踊り続けるし、
最高峰は面白くなり続けるだろう。
奇妙で器用な素敵なファンキーすらも、
栄光が映像として受け入れてくれる。
ファンキーなドリームを、
描いてくれるなら、
ファイトスタイル、エンジョイパーティになってまで、
永久が栄光になっていくように、
サクセスパーティはロマンを作り出していく。
ファンタジスタ、永遠と距離を後ろ側に、スタジアム。
リズム、炸裂させたなら、
希望というファイター、
失える記憶と共に、
炸裂するブルース、
影響力とヒップホップ、悲しいほどのドリーマー。
理屈でファンタジーを越えていきたいのさ。
ラブリーハートを見せつけるなら、
そのクォリティに対して、
ラブリーチェンジをまっすぐに決めるなら、
ファイティングポーズ、
永遠を教えてくれるラブリーにすら、
ファイトスタイルをエンジョイパーティにしてくれる。
俺が天使だったなら。
空間ラブリー、
方向性すらイッツラブ。
コミュニケーションをダンスしていく。
ロマンチストと、パーティ。
リピートするメッセンジャーならば、
嫌いになることすらできねえ。
ラブリーな魅力を教えてくれる。
ダンサーが素敵なメロディを教えてくれるから、
ファンタジーに奇妙な理解を答えさせてくれたんだ。
ファンキーさは、どこまで続いていくの。
ダンスフィールド、価値がユートピアを探し続ける。
汗ってラブライブ、
焦っても、数あれば素敵なメロディ、
追及、俺が天使だったなら。
空間としてのラブリー、
崩壊しても慈しみ、哀れにストレートに、
ミュージックがファイヤータイム、
器を気にしている素敵さ。
魅力感がぐっとなる。
理屈で、ファイターで失ってしまうくらいなら。
希望というメッセージ、
極めて最高峰だろうと、
歪な世界観が理想を共鳴させようと、
大好きな展開、ミラクル、チェケラーしている
ドリーマーにすら、チャンスは広がるのさ。
リビングデッド、
価値観が揺らぐのさ。
大好きな天才が踊り続けるのさ。
ラブリーハートで見せつけてやるぜ。
空間とハートに、
炸裂するビジネスライフ。
メッセージ、堂々とミラクル、
ケセラセラに伝えていくファンキーに、
エレガントになっていく理想像は、
行動の白熱するルーキーと共に、
炸裂するダンスにさせられる、
ミラクルにすら調節させて。
ファンキーなメッセージ、
愛おしいミラクルが続かせてくれる。
ファンキーなドリーマーと、
栄光はユーロビートを探してくれる。
ファンタジーアイランドは密着してくれる。
面白い素敵なファンキーにすら、
空間ラブリー方向性、
ラブリーチェンジ、メッセージ、
クォリティ、異次元突破するファンタジーにすら
なっちまう。魅力的ファンタジーが踊り続けるから。
希望というメッセージに、偽りを作成するなら、
空間、ラブリーハートを見つけてくれたなら、
極めて最高、大切な言葉とエンジョイパーティ、
失ったら最高峰になっちまうんだ。
究極的歴史、メロディを映し出している。
ファンキーなドリーマーに、
エイトビート、ロックンローラー、
ファンタジスタ、栄光がサクセスするパーティになりそうなほどの、
炸裂するビジネスと、ラブラブな方向性、
刻むストレートな交換条件、
刻むストリートで、
理解するフューチャーがドリーマーが
栄光を探している。
そこに興味があるのかい?
必要性のドリームかい?
エイトビートに炸裂するなら、
希望という大会制覇、
メッセージというリライトへの可能性。
理解しているフューチャーへの未来地図すら、
素敵なファンタジーにすら、
虚ろな展開にすらなってしまうなら、
希望と記号、
サクセスパーティになるほどなら、
炸裂するワンダーランド、
チョコレートサクセスな、
魅力すらサプライズに行動させてしまいそうだ。
リアルなフューチャー、
それでも道徳を守りたい?
希望というフューチャーだけじゃ
何も守れやしないのさ。
ラブリーハートを見つけたかい?
素敵さがファンキーならば、
エイトビートにミュージックファイトしてくれるなら、
理解するフューチャーに対して、
恋愛トークを続けてくれるなら、
ファンキーなドリームすら、
エイトビートを共鳴するファンタジスタに、
永遠すらトークしてしまうなら。
究極的ロマンス、エイトビートが炸裂するなら、
空間、ラブリーハートで見つけるしかない。
ロックンロールスタジアムで、
空間的にラブリーな方向性になるなら、
空間、調整するラブリーと方向性、
刻むストーリーと共に
受け継がれるストーリーは、
ファイティングスタイル、文系の道突き進む。
俺が何を間違っていたかなんて
どうでもいいのさ。
覆す魅力的に対して、
希望のファイトスタイル。
ミラクルが挑戦的に調整するなら、
記憶、ファクトリー、メッセージが共鳴する方向へと、
刻むストリート、ストレートに、
マジシャンたちは諦めることを知らない。
ストレートに、それはミュージシャンだから。
クォリティがワンダーランドなら、
その記憶に対して曖昧さが踊るなら、
理解とファンタジーファイヤー、
失うことすら悉く素敵になりそうな、
ファンキーメッセージが追突するなら、
理解しているファンキーモード、
その理解者も含めて恋愛トークをするべきだ。
サスペンスがミラクルを連れてくるなら、
その希望、ファイティング、
その思想の欠片に至るまで、
素敵なファンキーモードに
新しくさせるべきだ。
空間というフューチャーに
ごまかされる前に、
刻みたいから。
ファクトリー、永遠を揺蕩う。
何もかもやって、
素敵な気分になれたなら。
その空間に、エイトビートは誇りすら
感じ出すだろう。
奇妙過ぎるメロディは、時に何を産みだす?
大したことはない。
ふざけた未来を愛し続けるなら、
理想的展開を洗い流したいかい?
究極的メロディ、
メッセージに全てに至るまで、
空間が興味を示すなら、
理解者がフューチャーになる前に、
この空間、ラブリーな方向性、
ラブリーなハートになっても、
覆す未来に対して、
会いたい、見たい、聞きたい。分かりたい。
それでもメッセージ、
共鳴するならば、ファンタジー、
受け入れる価値が許すなら、
そんな狭間から素敵な
ファンキーすら栄光にすらならないなら、
極めることにすら意味がなくなっちまうんだ。
ファクトリーがエンジョイしているなら、
ファンキーなドリーマーと共に、
受け継がれるファイターになってくれた。
ロマンチストと栄光を永劫に伝えてくれるなら、
ファンキーなドリームとドリーマーが
映像的なラブリーを方向性に、
イズムを散らしてくれる。
ファンキーなリズムすら置いてけぼりに
されるなら、空間ラブリー、
方向的に正解じゃなくても、
その意味に耕されても、
その意味に対して行動を示す、
空間というフューチャー、ビリーバーという
栄光にさせてくれる。
理解がファンタジーならば、
その映像に対して未来を共鳴させるなら、
理解するよ。
その無限のパワー。
必要としたミラクルが、
とっくに限界を泣き叫ぶ愛しさすら、
果敢に食らいついた。意味なんかとっくに捨てた。
それでも希望しているミラクルがある。
共鳴するダンスがある。
それは迷路であり、偽りだ。
それでも素敵なファンタジーを、
越えていけるとしたら素晴らしいんだ。
空間的ハッピー、宇宙を差し出してくれるなら。
理解というメロディすら、栄光すら、
映像すら変えていき、
ストレートなミュージシャンに。
形はメロディ、突っ走る記憶と共に
必要とされた者だったから、
極めても意味がないと
行ったらそれまでだけどもし、
コツがあるなら教えてほしい。
調整する挑戦に対して、
ラブリーな方向性を叩きだしたいから。
興味なんかなくても構わない。
理屈は生み出す価値観を、
メロディは突っ走る可能性を、
ミュージックはエレガントに、
希望とメロディ、
突っ走る空間、
ラブリーな方向性、
宇宙がブーストされていくなら、
リストアップされる可能性と、
伝説とミラクルで、調整してくれるなら、
歴史的メロディ、
突っ走るなら、そのクォリティすら、
必要とするミラクルすら、
共鳴しているダンスすら、
楽しい世界を教えてよ。
更にさらに長い話、
終わりそうにもない。
極めてミラクルに頂戴されてしまうなら、
究極的ファンタジー、
虚ろに天才的ドリーマーに、
描いた理想に、追求させられていくなら、
奇妙というメッセージで、
偽りが展開されていくなら、
興味とメッセージ、
理解するフューチャー、
理解するドリーマーと、健康的
ラブリーに、方向性すらリズムにさせられてしまう。
ラップスタイルで、
エンジョイパーティが受け継がれるなら。
ファイトスタイル、ジャッジメントなケセラセラだから、
パーティなロマンロックベイビーに、
後ろ側を灯されるなら、
空間的ラブで調整してくれるだろう。
ファンキーなドリーマーと、
エイトビートを炸裂させるなら、
奇妙というエネルギーすら、
ファイトする永遠にさせられてしまうだろう。
空虚なメッセージ、それらが灯す方向性がラブリーなら、
栄光というメッセージにクォリティが抱かれるなら、
最高だ。リズムだ、空間だ。
ハッピーなんてないのかもしれないが、
それでも笑える空間がすぐそばにあって。
ミラクルに対する興味がずっとあって。
ラブリーハートが見つめてくれる、
ラブリーが方向性として
宇宙を差し出してくれていて。
ダンストゥダンスなフィーバーが、
価値観と揺蕩うなら、
炸裂するビジネスと、ライフスタイル。
極めたら最高潮、
メロディは美しく奏でまくっていく。
自分の物にできるかどうか。
サクセスへの炸裂に対して、
希望とメッセージ、
クォリティがゆっくりと引き継がれるなら、
サクセスパーティにエンジョイさせたい。
理屈でもメロディが歌いだすなら、
ラップスタイル、ラブリーヘアスタイルで、
奇妙なメッセージを洗い流せるなら。
究極的メロディ、
突っ走るなら、その記憶に対して。
ラブリーホールを差し出せるなら、
空間、それを含めて
ラブリーなら、
方向性の虚無、偽りの世界観。
理想がチェケラーファイターになってくれるなら、
理想とチェンジ、ミラクルを伝えてくれる。
リズミカルなメッセージ、
クォリティすらも受け継がれてくる。
ファイターはロストジェネレーション、
記憶とメッセージ、クォリティすらも
ファンキーなリズムにさせたい。
ミラクルが共鳴するなら、
ダンスフィーバー、価値が揺れる方向性の違いだよ。
サクセスするパーティが
エンジョイライフを目指すなら、
空間的ラブ、
栄光すら分け合って、
リズミカルなファイターになってまで、
映像、サクセスパーティになってしまうまで、
協力体制崩すわけにはいかねえ。
ラブリーエンジェル、ミステリーが興味を示すなら、
体感温度を上昇させ、
記憶はファンタジーを乗り上げないといけない。
リズミカル、ファンタジスタと永遠が踊るなら、
空間とラブリー、
その方向性すら、メッセージを揺蕩わせているんだろう?
爆笑なその生きがいに、
ミラクルに対して希望を、
そのロックンローラーはイメージしていく。
ロマンチストと共に、
エイトビートは炸裂し、
永遠と共に弾け飛んでいく。
必要としたミラクルが預け合っているんだよ。
極めるなら形すら懐かしくなってくるだろう?
ファンキーなドリーマーに嘘をつくなら、
それすら必要だと思えるんだよ。
価値が揺れているんだよ。
これは必要とされたことだ。
だからやっている。
別に何でも構わない。
君がどう思ってくれても構わない。
感動は焦りまくる。
極めることに必要性が、
リズムを越えていく。
ファンタジスタが未来を伝えるなら、
空間的ラブリー、崩壊する天国にすら、
エイトビートが炸裂するメッセージに、
クォリティすらもユートピアになってしまうなら、
究極的ロマンス、宇宙を差し出してくれるから。
理解というフューチャーになるなら、
崩れるサクセスパーティ、
ロマンロックなベイビー、
失っていくなら、
その理想に対して運命を転がすのかい?
刻むストーリーとストレート。
メッセージが共鳴するなら、
ファンタジスタと永遠は踊り続ける。
咲き誇る花のように、
刻むエイトビートは耕すように、
ファンタジスタは未来を呼び込むように、
価値が素敵になっていく。
ロストパニック、エイトビートがメッセージを、
クラッシュして果てしない、
ミラクル、サクセスパーティ、
エンドレスに考えることがちゃんとできていない。
価値が揺れている。
メッセージ、サクセスへの扉が開かれていく。
新しい瞬間に向けて、
数がはかりながら、素敵なメロディを
教えに来てくれる。
ファンキーなドリームに対して、
永劫の時を歩くなら、
理解するための究極性、
リズムがサクセスを答えてくれるなら、
ビリーバーなチャンス、栄光とサクセス、
運命をチョコレートソングにしてしまうなら、
希望とメロディ、
突っ走る記憶すら、
ファイティングしてしまうんだ。
理想が着実なファイターならば、
影響力がヒップホップになっても、
理解力がメッセージになろうが、
素敵な理想は未来を超越してくれるんだ。
リズム、設計してくれるなら。
ファイター、失われた空間、
ビリーバーなチャンス、
正しくメロディを教えてくれる。
ラブリーなハート、
見つけた伝説すらも、
ミラクルを調整してくれる。
ファンタジーアイランドすら、
ミュージックになって、
それでも希望へと逆らわせたいなら、
希望すら伝えよう。
ミラクルに興味が載っていくなら、
ストーリー、メッセンジャーな価値観、
ブルースと興味、後ろ側を大切にする、
リズムと究極性、
ドリーマーとその恥ずかしさ、
リピートダンサーと共に、
引き継がれる空間は明日はどこに??
奇妙過ぎるメロディと、
突っ走る記憶。記録。
メッセンジャーな価値観は、許された方向を踊っていく。
空間的ラブリーがその方向性なら、
希望というマジックミュージックで
歌いたいと焦るのであれば、
空間、ハートのユーロビート、
確実性がドリーマーに乗っていく。
ストーリーはサクセスに対して、メロディは突っ走っていくから、
果てしなくなっていく。
大切さは何を伝える?
モンキーもんちっちは、
恥ずかしいほどのそのリズムを。
かいつまんで素敵に。
メロディは続かせる僕を爆笑させていく。
ハーモニーが歌いだしていくなら、
理想的チェンジを改まらせるように。
空間、そのビリーバー、
退屈さが栄光を探し出してくれる。
ファンキーなドリーマーが伝えてくれるなら、
ファイナルアンサーを呟こう。
リズミカルにエイトビートを炸裂する
ビジネスにすらさせてくれる。
はまり込む時は注意をしないとね。
ベイビー、フルメタルジャッジメント。
理解するためのフューチャーが、
ドリーマーな着実性にすら、
リズムを起こすんだろう?
極めることの意味を知りたいなら、
理解がフューチャーになるなら、
覆すパーティにすら、
ロマンロックがベイビーにされてしまうんだ。
空間とラブリーハートは、
見つけてくれたそのリズムを壊すように、
活動の協力体制は、
イズムとリズムで散っていく。
ストレートなメッセージが共鳴するように、
それらはとってもファンキーだから。
嘘偽りのない世界がそこにはあるから。
ずっとずっと、サクセスへ祈っていけるなら、
最高地点をエレガントに求めていけるなら、
空間を炸裂するビジネス、
活動する展開、メロディが突っ走らせる。
空間的ワンダーランド、
ラブリーチェンジで、サクセスパーティに、
ロマンロックベイビーな炸裂ビジネス、
活動する展開を笑い出すならば、
空虚な究極に対して愛を伝えなさい。
リズムとイズムに散りゆく、
ストーリーとメッセージ、
クォリティと異次元、
メッセージが貫くならば、
フィーバーフィーバー、確実な世界観と共に、
受け継がれるパーティに
ロマンロックベイビーにされてしまいたいなら、
空虚なリズム、太鼓判を押すように。
空間は更に運命を操っていく。
理想的展開が驚かせるから。
奇妙過ぎるメロディと、
突っ走る記憶は改める。

大切なミュージック、
その手に握りしめ、
素敵に思うということは、
ひっさげるということは。
リズムに乗っかろうぜ。
それはとっても素敵なはずさ。
ビリーバーなチャンスが心を燃やすなら、
必要とされるミラクルに頂戴されるなら、
別の距離も曖昧に入ってくるんだ。
その満足感に対する答えか。
それは必要的に虚無が知っている。
価値が揺れている、その方向に。
刻むストーリーと共に、
素敵なファイナルアンサーを呟く為に。
理屈じゃないんだよ。そのミステリーは。
最高峰でしかないんだよ。
メッセンジャーは、それらが生み出す価値観って奴は。
メロディとそれに伴い疑うサクセスとは。
希望というメッセージとは、形が違うんだ。
メッセンジャーはビリーバーに対する愛を。
希望を、それでもファンタジーを。
伝えてなお、余りある歴史を。
メロディを、それらはクォリティを、
真っすぐに目指してくれた。
だから俺も力強く立ちあがることができたんだ。
それはもはや運命かもしれない。
ビリーバーなチャンスに、ほかならぬ栄光が呼び寄せられているんだから。
窮屈な世界に、愛をプレゼントしたんだ。
究極的ロマンスに、ちぎられた最高峰は、
リズムと、沈む世界を教えてくれた。
ファンキーなリズムすら、
本懐がそこにはあったから。
刻むストーリーと、
別次元へと階段を上り続けていく。
ファンタジスタは永遠を教えてくれた。
音楽は力強いパワーをくれた。
果てしない空虚さと、
リズムで歪になるほどに、
クォリティは歌いだすように。
歴史的ドリーマーと共に、
受け継がれる昨日から、
ラップビジネスがトークし続けるなら、
最高だ。意味なんかなくても構わない。
それでも僕らはなぜ立ち上がる?
魅力的ファンタジーを携えて、
ただここで生きている。
自由がすぐそばに押し寄せる。
空間と感覚とは、
そのリズムとは。
影響が栄光へとつなぐ世界がある。
果てしない未来があるんだ。
それは空虚で、それなのになぜだか少し温かい。
メッセージ、挑戦的ラブリーに、
交換条件をサクセスさせたんだ。
クォリティと共に受け継がれたんだ。
記憶というファンタジーは、
クォリティを乗せ上げて、
それでも素敵にさせてくれた。
ファンキーなもんちっちなのであれば、
確実な世界観、ミラクルを挑戦的に、
ラブリーハート、密着なストレート、
歴史的メロディが突っ走るなら、
記憶とメロディ、宇宙の向こう側すら愛しながら、
希望というメロディ、
突っ走る永遠を踊っていく。
ストレートに生きていくしかない。
奇妙なファンタジーが、クォリティを取り戻している。
ファンキーなリズムで、栄光を伝えてくれているんだ。
ファンキーなリズム、それだけではやりきれないよな。
奇妙さは更なるファンタジーを作り続けているんだ。
ロックンロールなペガサスが、
新しい世界を見出していける。
価値観が揺れる。
最高峰で、イメージが強烈に。
サクセスの次の舞台を望むなら、
更に展開を面白くしてやろう。
釘を打つのなら、
素敵でファンキーな痛みにすら
変えられてしまうのさ。
ラブリーコールが疑いを叫ぶのであれば、
価値というユートピアに、昨日の栄光の
ユーロビートがサクセスを求めるなら、
その空間にビリーバー、
ファイターは、失う為に。
その希望は卓越していくのかな。
ビリーバーなチャンスは、栄光を取り戻すように。
メッセージがクォリティを運ぶなら、
リアルなフューチャー、
ドリーマーとして高らかに、宣言してなお、
突き進む伝説に対して、
ビリーバーな着実性、発表会すらリピートするんだ。
記憶とファンタジー、歴史とフューチャーを
混ぜまくるなら、伝説にしてしまうなら、
越えていくメロディすら、突っ走るクォリティになって
しまっても、リアルなフューチャー、
ドリーマーが栄光を呼び寄せるまで、
展開的なドラマにさせてまで、
栄光をサクセスパーティに、
ロマンロックベイビー、
失ってしまったらその力はないのよと。
ラブリー崩壊、刻むストーリー、
メッセンジャーな理解者に、
ドリームは描き続ける。
ファンタジー影響力、
突破するファンタジー、栄光のビジネス、
トークライブに、メッセンジャーに
トーク力、
ファンタジスタ、永遠を教え続ける。
理屈はもう、ファンタジスタ、
永遠にトークするファンタジスタは、
永遠を虚無にして、それでも足りずに、
涙に変わり、ただ抱きしめる。ただ抱きしめる。
正しさと未来、調節するアンチワールドすら、
越えてなお轟き続ける伝説を。
未来と共鳴、疑わしき歴史、
ファンタジーアイランドを、密着的にメッセージにするなら、
その空間すらビリーバーにしてしまうのかい?
炸裂ビジネスと、別次元に対する愛。
希望というフューチャー、
ドリーマーとエイトビート、
サクセスの次の舞台。
歯がゆい思いをしながらも、
素敵でファンキーな歌声ですらも、
栄光を伝えてくれる。
ファンキーでナイーブなドリームに染まったまま、
窮屈な世界に恋愛模様が照らされるなら、
理解というフューチャーですら、
価値観ですら、ファイタースタイルを維持してくれるんだろう?
ファンキーなドリーマーに、
伝えてなお希望できる今回に、
リピートするダンサー、
クォリティが異次元、
ファンタジスタと永遠に近い時間をトークしていく。
ロマンチストは栄冠をひっさげて、
素敵な歴史を壊すように。
理解するためのフューチャーは、
ドリーマーを伝えるように。
歴史的究極性は、
理想を超越する為に、
希望とフューチャー、
ドリーマーと栄光がサクセスを連れてくる。
ハーモニーが歌声を運ぶのなら、
記憶というメッセージすらも意味がない。
そう言えるのかい?
希望とファイター、
失ってしまったら、
数ははかれないんだ。
意味がないんだよ。
奇妙な偶然、炸裂するビジネス。
ラッキーホスピタル、
空間、ラブリー、
やわらかな白い肩よ。
夢にまで見た夢よ。
かすかに聞こえた吐息、
ほてったそのほっぺたよ。
抱きしめて離さなかった。
いつまでもいつまでも。
理解するフューチャーで、
ドリーマーを伝えたから、
フュージョン、歴史的ミュージック、
理解する為にフューチャー、
永遠が踊りだすならば、
空虚なリズムにすら照らされてしまうだろう?
空間的ラブリーが超越していくなら、
それらにすら意味がないだろう?
空虚なリズム、体感温度が上昇しても、
ミラクルが旅立っても、理解が全てを越えてしまっても。
クォリティが異次元だったとしても、
リズム、サクセスパーティにエンジョイさせられたとしても、
希望はマジックミュージックだろう?
例え弱肉強食の虜になったとしても、
君の価値は無限大だ。違うか?
必要とされているミラクルがあるんだよ。
それは空虚で、リズムを運び続ける。
永遠がそれらを見出すなら、
空虚なリズムにすら、
活動させられる展開を教えてくれる。
失ったファイターにすら、
ロマンスを感じるならば、
希望というメッセージ、クォリティがワンダーランドになっていくなら、
思想と理想、超越する魂、
活動する展開、ミステリーが興味を示すなら、
展開的ドリーマーと描いていくんだ。
それらが妙に懐かしくなって、
希望的ファンタジー、それでも
クォリティを求めるように、
空虚なメッセージはバランスの悪さを嘲笑っているよ。
でもサクセス、次の舞台へ辿り着きたいんだろう?
僕が手ごまにしてる言葉はいくつかある。
それで勝負を挑むのさ。
この宇宙に対してね。
ラブリーコールでエンジョイするのなら、
価値すらも許されているだろう?
ファンキーなドラマが疑ってくるなら、
希望というミュージック、
偽りの世界観すら、
全て愛してなお、突き抜けるファンタジーにすら、
なってしまう偽りすら、
ファンタジージェットコースターアンサーすら、
潰されてしまったのだろうか。
奇妙過ぎるファンタジーは、
虚ろな天才になってしまったのだろうか。
奇妙過ぎるメッセージ、
それでもクォリティがワンダーランドになってしまうなら、
理屈はファイター、失ってしまうパーティすら、
一途さすらも、ファンキーなメリットが
足りないんだ。理解とフューチャー、
ドリーマーを卓越させて、
理解を究極にさせていったんだ。
リズムがサクセスするなら、
希望というミュージック、
偽りと世界線に対して、
ラブリーな健康的メッセージすら、
抗う宇宙へと蔓延るのかい?
イメージがチョコレートならば、
希望なんていらないじゃないか。
声を出さなくても、指で僕は喋れる。
意味不明にトークしながら、
ラップスタイルを築き上げていく。
ロストするビジネスならば、
栄光と伝えるミステリーにすら、
興味が疼いているとい感じられるはずだ。
爆笑だろう?天才的ドリームが蠢いているのさ。
理解できる限りの範疇だ。
これを繰り返していけば
恐いものすらなくなってしまうのさ。
それは理屈じゃないんだ。
ブルースであり、興味なんだ。
炸裂するビジネスと共に、
向こう側を愛してしまうなら。
理屈じゃないミュージックが、
偽りの展開を連れてくる。
リズム、リスクがアップテンポなら、
素敵なファンタジーすら映し出せそうで。
ファンキーなメロディは、突っ走るようで。
理解するファンタジーするなら、
栄光すら我が物に。
究極的ロマンスすら、
いたちごっこなファイヤーすらも、
映像すらも、サクセスすらも。
栄光のユーロビートさえも、
全ては沈み込むユートピアの彼方に。
サクセスな希望を求めてくれるなら、
理解をしたいと思えるこの気持ちさえも、
リズムでサクセスする為の希望って奴すらも。
理解するためのフューチャークインだよ。
素敵なんだよ。とってもね。
魅力的なドライブなんだ。
そういう場所にだけ、宿る魂があるんだ。
空虚なメロディが突っ走っているならば、
空虚なおろし大根だよ。
メッセージ、ラップスタイルでハーモニーが
歌っていくなら。
理解したいと思うメロディすら、
突っ走るクォリティだ。
リズミカルなファンタジスタ、
永遠と、魅力をサクセスするように、
奇妙さはメロディを突き始める。
理想的展開は、ひたすら宇宙を目指して、
クォリティをワンダーランドにしてくれるから。
ファイターは失うことを忘れない為に。
クォリティ異次元、突破させて、それでもファイターを失わない為に。
希望というミュージックで、偽りを展開させられたら。
空虚なリズムとドライバー、
メッセージがサクセスするならば、
希望というファイター、
ロストパニック、
器をはかりたいから。
メッセージが強烈なサクセスを取り戻すなら、
空虚なビリーバー、チャンスになってまで。
栄光を伝えるビリーバー、
チャンスを栄光にするなら、
空虚なファンタジーとして、
受け継がれるパーティに、
ロマンロックなベイビーで、
失わされる空間に任されられたら。
飛ばすなら、価値がブルース。
面白いように決まりだす。
ストレートなミュージシャンになったなら、
恐いものなどないんだ。
極めて最高なら、
歪さこそがメッセージなんだ。
人の夢が儚いだと?
奇妙過ぎるファンタジーと、
偽りは世界観、
ミラクルを超絶的に調節する為に、
記憶というメロディは、突っ走っていく。
ロマンチストが栄光にいるなら、
そのままに。
希望というフューチャーを焦らすように。
奇妙なマイメロディと、
ミュージック、
ファイターとロストチルドレン、
真っすぐに決まった剛速球、
聴こえる最高峰、
イメージを調整して、それでもミステリーを興味でミステリーに、
サクセスの行動、炸裂するブルース、
栄光とビジネス、理屈をファンタジーに、
理解するためのフューチャー、
ドリーマーと着実になる為の声を、
高らかに宣言する歪さが確かにそこにあった。
極めたいならば、
記憶とユートピア、
昨日からのサクセスすらも、
栄光にさせられてしまったから。
空虚なリズム、得手不得手もあるだろうが、
素敵にファンキーロードにさせられてしまったんだ。
空中に浮いている歴史すら、
ファンタジスタすら、
永劫の時すら、歩むそのままに。
クォリティすら、ワンダーランドすら、
ミュージックすら、ファイターすらも。
栄光とワンダーランド、
奇跡的メロディに、突っ走れるなら、
空虚なミステリーにさせてしまう。
理解するためのフューチャーライン、
ことごとく愛せるなら、
希望というミュージックすら、
ファンタジーになってしまうから。
究極的リズムに、かいつまむ方向性すら分からなくて。
ロックンローラーにちぎられるなら、
大会制覇をしたミュージックですら、
かいつまんで。素敵さはメロディにさせて、
そのままで、
楽しい振りをして、
最高なリズムに乗っかって、
必要性がドリームになってしまうなら。
ラップビジネスが倒壊している。
ファンタジスタと永遠が共に、
クラッシュエンジョイしているなら。
空虚な空間と共に、
ビリーバーなチャンスを預け合おう。
希望というミュージックで偽りを奏でるなら、
いっそのこと教えてあげよう。
魅力的なこの心の意味を。
倒壊する世界の美しさの虚無を。
ビリーバーな着実性は、ラブリーすら越えていく。
果てしない魅力、偽りな世界観。
リズムがサクセスへと届くなら、
極めて最高、そのイズムに散らされるなら。
素敵でファンキーな飛び出し方だ。
究極的リズム、素晴らしい世界にすら、
栄光のユーロビートにすらなってしまうなら、
空虚なリズム、アタックしていくなら。
希望というミュージックすら、
偽りすらも。
栄光のユーロビート、
サクセスを目指すなら。
クォリティとワンダーランド、
ミュージックファイターにすらなってしまう。
大切、言葉と共にエンジョイできるなら、
炸裂するマイダンサー、
クォリティが異次元ならば、
最高というミュージック、
リズミカルに歌いだしたら、
もう二度と戻れないかのように思えてしまう、
そんな瞬間。
君が楽しくないと意味がないんだ。
価値がないんだよ。
そうやって、素敵な運命を剥がしてきた。
ラブリーなチェンジが愛おしいなら、
魅力とファンタジー、
それすらもクォリティになってしまうなら、
空虚なリズム、相手を考えないならば。
ファンタジーと栄光、サクセスワールド、
ロックンロールファンタジー、
それでもクォリティを求めたか?
正しさとミラクル、結局何がしたいのか
分からないままに。
究極的ドリーマー。
ロマンロックンローラーが、
希望としてのファイターすら、
メシウマな素敵さすら、
歴史がミュージック。
それは偽り?
いっそのこと教えてあげようぜ。
ミラクルを調整するなら、
嫌いになるほどの抵抗、
サクセスへのパーティかい?
ロマンロックフェスティバルが、
永遠になってしまうなら、
憂鬱な希望ですら、
ワンダーランドになってしまうだろう?
究極的ワンダーランドに、
咲かせることができる栄光があるのならば、
希望というミュージックにすら、
偽りが展開されると思えるんだよ。
空間のラブリーぜりーに、
大切にされてそれでも、
記憶は憂鬱なユートピアを
奏で続ける。最高峰が
イメージしてくれるミラクルが存在したから。
ビリーバーなチャンスは、
栄光は、轟くことを忘れながら。
素敵にファンキーに、
ドリーマーにチャンスを預けながら。
希望というフューチャー、
ドリーマーというチェンジリライトは、
それすらメッセージにさせながら、
解き放っていく。
思想のメロディが展開する明日を、恐怖しているんだ。
空虚なメッセージはそれだけではまだ至らないのさ。
ふざけていると思うか?
空虚なメッセージ、至らなさを嘆くよりも、
素敵なファイヤーマシンガンは、
連なっていく。
儚く散り急ぐストーリーよりも、
破滅的ラブは行動を示していく。
ラブリーならそのチェンジだ。
ミステリーに興味があるなら、
その素敵さ、あるいはミラクルか?
嫌いになりそうなほどの抵抗が逆らうなら、
究極的とも言えるモンスター。
ラブリーハートを満たせるなら、
空間的ハートで。
ドラマチックに、
もっと打たれ強く、
崩壊するミステリーは、
空虚さを、そのビリーバーを、
着実な方向性として、
偽りの世界観を愛しているのかい?
ラブリーコールでエンジョイするならば、
記憶というメッセージで彩りを高めるなら、
空間、そのハートすら、
栄光すら、ユーロビートすら
サクセスするパーティを、
ロマンロックにしながら、
空間的ビリーバーにチャンスさせられるイメージで、
共鳴するファンタジスタと、
永劫の時を駆け抜けていく必要性、
ご忠告どうもありがとう。
刻んだしわの、メッセージの共鳴の、
ワンダフォーライフ、
それらを突き抜けてもまだまだ
絶え間なく、ビリーバーはチャンスを浴び続ける。
最高峰がイメージするなら、
嫌いになるほどのメッセージを貫きたいんだ。
その方向性、抱く自らを、
サクセスのワンダーランド、
ミュージック、歴史、
どれほどの価値があったかは、手放してから知るんだ。
果てしなさとミラクル、共鳴とそのダンサー、
クォリティすらも一途なら、
理解できないサクセスに対して、
運命的なものを感じたとしても、
びびったとしても。
急に急落していく
メッセージすら、超越すら、
乗り越えて更に捻じ伏せる、
そのストーリーにメッセージを、
クォリティ的な適当なワンダーランドを、
共鳴してそれでもまだまだ果てしない、
栄光をつぶらな瞳で見つめていない。
ラブリーコール、
それは悲しさが歌う。
ロックンロールは自分なんだ。
リズム、炸裂するワンダーランドすら、
ミュージックすらファイトしていく
怒りと痛みを知り、
それでもまだ立ち上がろうとする勇者。
リズム、ファンキー、ロックンローラー、
それでもミュージックが愛おしいんだろう?
季節が閉じ込められようが、
理想を超越した
ミラクルになろうが、
関係ないんだ。
炸裂するダンスに巻き込まれそうになっても、
歪な世界観に揺れ動く自分の心が信じられなくなっても。
ロックンロールなジャスティスを、
運命的には適当なのかい?
サクセスなワンダーランドを、導きたいなら
照らすがいいさ。本当に誰かの幸せを願えるか。
必要とするミラクルを調節して飛び立てるか?
メッセージが共鳴するなら、
その歌いだしにファンキーが連なるなら、
素敵なファイヤーマシンガンに、エイトビートは九官鳥を
うならせていく。
ファンタジスタは永遠を飛び込ませる。
空虚な空間と、ビリーバーなチャンスを、
希望というミュージックさえ、
ロックンローラーに、サクセスワールド、
見違えるような理解者、ドリーマーなチャンスが、
あがこうと必要性を求めてくる。
理解できたのはポケットカスタネットの歌の意味。
数ははからずとも同じメロディが時を越えて響く。
正しさ、永遠が越えていくなら、
素敵なファンキーに導かれたとしても、
クォリティだったとしても、
何度でもやってやる。何度でも挑戦してやる。
果てしなさ、メロディ、
続くための究極性、
リズムが強烈にサクセスを求めるなら、
空虚な空間だ。
理想像が展開してくれる。
ハーモニーは歌声に勝てるのか。
俺の謙虚さに未来はあるのか。
リズムを得ても、まだまだ足りない必要性。
ミラクルが足りないという。
希望するファンタジスタと、
永遠は踊り続ける。
ゲームの世界を彷徨うのも、
漫画の世界を彷徨うのも、
悪くはないが俺は言葉の世界を彷徨いたい。
この手で生み出していく。
それらに意味がなくても、
それらは俺の喜びなんだ。
ミステリーワンダーフューチャーだから、
勢いがサクセスを連れてくるんだ。
ファンキーモンキーなもんちっちだったとしても、
クォリティ、ワンダーランドにチョコレートソングを歌ってしまう。
奇跡のようなメロディを探す。
果てしない空虚、究極。
奇跡のような言葉を探す、
必要としているミステリー、
システムは悠長に構えてられないスタイルで、
メッセンジャーはクォリティを更に求めて、
理解をフォーチューンにして
潔く、快活させるように、
奇妙さはメロディを歌いだすように、
ファンキーに転がり落ちるように、
僕は叫ぶ。僕は思い出す。
極めても最高な物はないと。
リアルにフューチャーするなら、
希望というミュージックすら、
偽りすら展開させてしまうから。
奇妙なファンタジーとして、
歌った空間のリアルとは。
理解がフューチャー、
ドリーマーがチャンスと共に暴れん坊将軍ならば、
炸裂するダンスフォーエバー。
価値観が揺蕩うように、揺れる。
理解が遠く、メッセージを貫いていく。
果てしなさが未来を切り開くなら、
僕にだって可能性はあるんだ。
空虚なメロディ、立ち消えるとしても、
僕の爆笑に取り戻されるとしても、
空間はぜひとも手にしたいオーラで守られている。
究極なるメロディがそれに突っ走らせることを許すなら、
ファンタジーは永遠を探し続けるだろう。
最高なエレガントなメッセージを、
ドリーマーでチャンスを運ぶなら、
クォリティというファンタジスタ、
記憶とメロディすら、突っ走る記憶にさせられてくれる。
ファンキーなメッセージと、連なる世界を併せ持つなら、
記憶というメロディ、
突っ走る記憶と共にフュージョンは超ラッキーだから。
スクワットなリズムと共に、
サクセスする希望をエンドレスにしてくれた。
ファイヤーマシンガンは、
エイトビートとして、サクセスする炸裂から、
エンジョイパーティはロックンロールに、
フェスティバルな空間にさせてくれる。
ハーモニーは歌うように、希望を揺蕩うように。
理解する為なら、ファンタジーにすらなってあげるさ。
奇妙なメッセージ、ただ楽しかった。
一途なファイターに、ロマンロックが、
希望がファイティングする理想を求めてくれるなら、
別の場所に存在するらしい魅力すら、
ファイティングポーズをとれるという、
勇気すらもかいつまんでいく、最高潮は
メッセージになって、希望という方向性に、
イズムは散らされていくし、
爆笑な展開は踊っていく。
それが分かるから、今とても嬉しくてさ。
リビングデッドな価値観と、ユートピアと、
サクセスする為の希望とか、
ほかならぬ愉快さが、
大胆不敵にメロディとして
突っ走るメロディと化していく。
ロマンチストはファイター、
失うことさえもロックンロール。
ひたすらが踊るなら、
空虚なメッセージ、
歴史的ドリーマー、
ラップスタイル、エンジョイジェットで、
エンジョイするならば、
希望というメッセージだ。
理想が超絶的に調節するなら、
クォリティと共に
運ぶ運命すら笑いたい気分に。
サクセスパーティがエンジョイするなら、
その希望に対する運命すら、
カテゴライズすら、
その共鳴、透明なワンダーランドにすら、
価値を許される為に運ぶ事実。
重ねていく真実と、魅力をワンダーランドにさせていく。
ロマンチックなロマンロックなベイビー。
ハニーたちが踊る空間、
ビリーバーなチャンスを、
栄光でファンタジスタにしていく。
ロマンチスト、永遠が踊り続ける。
夢の世界で踊り続けるのさ。
顕在意識なんてあまり面白くない。
もっと深い、深い、
理解しているなら、
空虚なリズム、
かいつまんで素敵なファイヤーになってしまうなら、
空虚なリズム、
サクセスのワンダーランド、
未知が照らし出す世界観、
実存主義との戦い。
未来を教えるから、素晴らしく飛び跳ねな。
素敵に影響させる。
リミットが栄光を伝えてくれるんだ。
ファンキーロードがエンドレスならば、
記録的メッセージ、
クォリティすらも一途なんだ。
それがハッピー。
ミステリーワールドを越えていくなら、
素敵なリズムにかいつまんで、
更に素敵になっていくなら、
理想的展開、天才的なドリーマーに、
栄光が呼び寄せられるなら、
感覚はずれこんでいくだろう。
歴史的メロディは突っ走るだろうさ。
理屈がファンタジーならば、
栄光と、ワンダーランドに
チョコレートダンサーに
見捨てられるなら、
その興味に対して歪さを見るなら、
空間的ラブ、チョコレート、
ダンスのメッセージすらも携えて、
希望とファイヤー、
失った希望とフューチャリング。
リズミカルなファンタジーを歌えるなら、
希望と炎、伝説的ミラクルすら、
共鳴するワンダフォーにさせられてしまいそうだよ。
眠っちゃいそうだよおお。
僕なんてまあ、リズムなんてもう。
果てしなさなんて空虚なものさ。
必要としているミラクルが理解させているんだろう?
サクセス、永遠を落とし込む、ストーリーは追憶の扉に。
記憶としてのメロディすら、ツララになって
降るならば、降り注ぐならば、
クォリティと共にワンダーランドになりな。
それはきっと刺激的。
未来に対する栄光すらも、
究極すらも、ファイティング、チョコレートすらも、
一途さがファイターをうなぎのぼりにさせていく。
ロマンチストとキャンペーン、
理想が思想を展開させる。
奇妙さがファンタジーに、
栄光が伝えるミステリーに、
サクセスを鼓動的にワンダーランドにさせてくれるなら。
はまり込む伝説すら、
ファイティング、チョコレートソングすら、
栄光のサクセスなパーティにすら、
失わせてしまうなら。
究極的なほどのドリーマー。
着実なファイヤータイムだ。
リズムが最果てを目指すなら、
クォリティ、ワンダーランドに、
炸裂してサクセスになる、
ミュージックはファイターになっていく。
リズムが、レスキューラインを。
希望というファンタジスタにすら、
意味を越えてくれるなら。
ファンキーなドリームすら、
永劫のことごとく、すら。
ファイティングマネーゲームすら、
器をはかる希望の意味ですらも、
ファイター、失う世界観、
思想の展開、天才的夢見心、
ファイティングする宇宙すらも、
ロックンロールに、究極的なまでの
ドリームを、最高に歪にさせるならば、
究極的ファンタジーすら、
動いていくファンタジーになっていく。
大切な言葉がエンジョイするなら、
その嫌いさすらファンキーに、
もんちっちになってしまうなら。
究極、そのドリーマー、
栄光を永劫に望むように。
空虚な伝説がアタックしている。
ファンキーなモンスターと一途な、
ミラクルで頂戴してしまう程度の、
ラブリーな方向性すら、
ファイティングする、価値すら、
流れ出ていく最高に変わっていく。
思想的未来、
挑戦的にラブリー、方向性にラブリーを。
健康的な方向性にすら、
偽りが溶け込んでいたとしても。
リアルなフューチャー、
ドリーマーは着実にラッキーを併せ持っている。
大切ならば、言葉とメロディで突っ走っていけるでしょう?
奇妙過ぎるファンタジーは、
それなりの究極性、
リズムで体感温度を上昇させる。
イズムありきで語るメッセージ。
クォリティがワンダーランド、共鳴する疑いかい?
イメージがチョコレートになりそうな、
素敵なファンキーすら間違ってしまいそうな。
理屈じゃない、越えていく為の。
理想がつくり始める宇宙の向こう側。
大切なミラクルを伝えるなら、
ファンキードリームでエイトビートは裂かせていく。
ロマンチストと、永遠との出会い。
包括者との出会い。
更に成長していく自分。
活動していく展開、
更に栄光を教えてくれるファイター。
どこまでも展開、ラブリー、
主観と客観は両立しない。
トークにトークライブ、
メッセンジャーにトークさせたのさ。
極めたなら宇宙すらもいらなくなるんだ。
必要とするミラクルにならば、
嫌いになるほどのドリームすら、
描いていくんだ。
炸裂するビジネスライフなんだ。
究極的ロマンス?
宇宙をちぎられるなら、
いっそのこと素敵なことを教えてやろう。
刻んだパーティになら、
覆せるとでも思ったか?
奇妙とファンタジーにすら、
偽りを展開させて、
ドリーマーはチャンスを浴びせる。
ここで書き続けたい。
それだけが生きがいなんだ。
大切な言葉、音楽も生きがいだよ。
いやあ、色々生きがいがあって困っちゃうね。
理想と超越者、その出会いから、
生み出される価値と、揺れた本当に対する興味。
ミュージックはファイトしていくだろう。
奇妙過ぎるファンタジーはそのままに、
栄光を伝える最高峰に、
イメージした。ところが。
メロディは突っ走るしかないから。
興味がなかったとしても歌いな。
大好きな展開を笑いな。
最高峰にちぎられるなら、
その誓いに対して栄光をプレゼントしよう!
ダンスフォーエバー、
憧れているのは究極的ドリーマー、
永劫の時を歩んでいる失礼にすら、
ダンスをさせるほどの魅力さ。
先生すらも越えちゃうこの生徒。
まずこいつは教師には思いつかねえ文章だ。
ラブリーハウス、エイトビートにサクセスを思い出せ。
クラッシュしているなら素敵だね☆
プリーズコールアフターミー。
メッセンジャーはブルースしてくれるのかい?
ファイターは後ろ側を教えてくれるのかい?
リズムとイズムは散っているのかい?
ファンタジスタは、永遠を教えてくれている。
ファンキーなメッセージが、貫くならその方向性を正したいもんだ。
理屈じゃない、そのリズムがあるから、
体感温度は上昇していくんだ。
ファンタジスタと共に永遠が踊り続ける。
ファイターは失うことすら許されない。
ロックンロールはひたすらを愛してくれるからね。
奇妙さがファンタジーならば、
栄光とそれのみの希望にすら、
ファンタジーアイランドに密着する素敵さがないと。
ラップペガサスになってしまうなら、
究極的ドリームを、
調節して超絶的に愉快になるまで、
楽しいメロディに全てを預けて、
極め続けるのは最高峰。
イメージがチョコレートなら、
その言葉に反復させて考えていくなら、
理想すら超越してみせよう。
その更にやばめなフロウをかますだけだ。
リアルなフューチャー、どこまでも続く宝島だ。
究極的なほどのミステリーは、
興味を示す為に。
クローズアップされるはずの天才は、
メロディすら巻き込んで、クォリティを上げていく。
炸裂するビリーバーと共に
受け継がれる最高峰がある。
イメージを狂列にさせたなら、
ファンキーなメッセージ、
連なる世界観を愛したいという。
馬鹿馬鹿しいという。
刻む素敵なファンタジスタ、
永劫の時を泳ぎてえ。
爆笑して繋げてえ。
ラブリーコールとエンジョイするパーティで、
失える理解者が、行動させてくれるハーモニーすら、
栄光のその最中で、歌いだせる空間に
ビリーバーを正すなら、
勢いだけでは興味がないんだよ。
理屈じゃないフューチャーがそこら辺にはある。
大好きな天才が、いくつもかぎ分ける、
ラブリーなチェンジ、
ロックンロールフェスティバルにすら、
活動する展開に、ミステリーが虚無を教えてくれるなら。
理解するためのフューチャー、
アイランドが認められる。
価値というブルースに興味がなくても、
炸裂するブルースと共に、
受け継がれるファイヤーがある。
失う者なんてないという。
失うものが一杯あるぜ。
俺は卓越しているからねええ。
大好きな天才、もっともっと蔓延れ。
天才はドリーマーを栄光に変えていくように、
炸裂はビリーバー、その最中で歌うように、
ファンキーなドリームは永劫を歩き続ける。
ファイターがロストジェネレーションならば、
ファイティングする永遠と共に、
覆すラブリーと共に勢いよく、
突っ走る空間、ラブリーハート、
密着するラブリーと、
行動していくラブリーハート、
密接にサクセス、行動するなら。
記憶とメッセージは、クォリティをワンダーランドにさせるから。
奇妙過ぎるファンタジスタは、
永遠を高めていく。
理想的チェンジすら、守って、
それでも覆される日々を笑いながら、
大切な未来を愛していく。
ラブリーコールにエンジョイさせるなら、
記憶とファンタジー、
それでも食らっちまうなら、
ファイティングブリザード、
サクセスパーティにエンジョイさせるなら、
希望というメロディすら、
突っ走る空間にさせられてしまうのだろう。
それなりがメロディなのであれば、
覆すことすらも容易い。
微妙に痛々しいリズムがあって愛おしい。
大切?言葉とエンジョイパーティですねん。
希望とファンタジスタ、
永遠と共にトークしていくなら、
炸裂するブルースと共に、
受け継がれるしかねえ。
パーティはドリーマーを描いていく。
炸裂するビリーバーと共に、
高らかに全てを響かせるなら。
理屈がファンタジーになっている、
理想的チェンジが、サクセスパーティ、
ロマンロックなベイビーになっているなら、
空間的チェンジング、ミステリーが興味を示す。
体感温度と、メリーゴーランド。
サクセスの為のパーティが存在するならば、
希望というメロディすら愛せてしまえそうで、
なんだか怖くて仕方ないんだ。
リズムが空間を呼び寄せるから。
ファンタジーをアイランドにさせてしまったから、
空中に浮いている歴史すらも、
ファンタジーに変えてしまうのだろうか。
究極的ファンタジーにすら、
偽りを展開させられてしまうのだろうか。
奇妙過ぎるファンタジーにすら、
なってしまうのだろうか。
歪な未来を愛してくれる。
ラブリースタイル、
エンジョイパーティ、
ロマンロック、歌いだせるまで、
興味がサクセスするまで、
栄光の永劫のダンスが、伝えてくれるミラクルが。
興味というミュージックにすら、
歪な展開を押し寄せる展開を、
ラブリーなチェンジを、隠れるモンスターを、
希望を、その方向性を、
リズムにしてプレゼントした。
その面白さに、
ラブリーすら、栄光にさせてしまったんだ。
炸裂するブルースすら、
興味すら、退屈にさせられてしまうなら。
九官鳥、叫ぶなら伝えたい。
ミラクルで伝説を教えたいから。
フュージョン超ラッキーならば、
素敵なファンタジーですら、
ミュージックなファイターですら、
価値観を揺らし続ける栄光ですら、
その宝物ですらも。
影響がヒップホップになってしまっても、
生きる伝説になれるなら、
空間的ビリーバーに調節されるなら、
いっそのこと教えてあげたい。
ミラクルを伝えてあげたいから。
歪な今回は、混同されたメロディに、
託すとしよう、この卓越したパワー。
白熱したルーキー、
かざすと手のひらで踊りだす。
我言葉編み出すものなり。
ラッキー、究極、ハッピー、しゅう曲、
ラブリーならば栄光を見捨てないで。
忘れないでここにいてよ。
結局月は、どこにいったんだ。
価値というフルメタルだけでは、
未来を汚してしまうから。
究極的ロマンス、
異次元を突破していくストーリー。
メッセージが繰り返されるたびに、
あなたの生きがいに辿り着くたびに、
我々は何かが欲しくなっていった。
極めて、ミュージックのサクセスになってまで、
影響力になってまで、
素敵なファンタジーになってしまったんだ。
理屈じゃなかった。それはファンタジーだった。
今まで我々は何をしていたのか、
忘れるくらいにラブラブで、
大切な魅力すらも、
道長みたいにこの世を我が世と思っちゃったりして。
ラップスタイル、栄光の着実性、
ラブリーチェンジ、ミステリーが興味を示すなら、
空間的ラブリー、調節してもミラクルは正しい。
調節した記憶と、ファンタジーが永遠を教えてくれた。
その意味を越えていく、ファンタジスタにすら
未来がただ、ただ、立ち尽くす僕の青さと弱さが
日々を駆け抜けるから。
風が吹き抜けるから。
希望とファンタジー、
受け継がれる、歴史、
窮屈な世界すら、愛してしまった。
理屈じゃない。メロディじゃないんだ。
窮屈な世界のファイター、
生まれ始めたのに、
究極的ロマンスが、
エイトビートだったのに。
空中に浮いている最高峰だったのに。
奇妙なメロディは包み込む。
それすら教えないままで、
どこまでいけるだろうか。
満たしていけるだろうか。
ファンタジーアースに見つけてもらえたなら、
幸せだろうか。虚無が運ぶだろうか。
メッセージがマッサージだとしたら、
その奇妙に裏返るサクセスが、
極めて最高になるのなら、
器をはかられている気がする。
素敵なファンタジーは、留まることをしらない。
奇妙さがメロディならば、
突っ走る記憶と共に、
クォリティをメッセージを、
償うのは誰ですか。
メロディが突っ走る記憶。
メロディはメロメロになりながら、
ストレートに生きていけない
ラブリーすら、エンジョイすら、
何かができるという自信すら、
壊滅してしまいそうで。
これが楽しいんだろう?
この文章を読んでいる物好きな君に告げる。
なあ、楽しいか?
面白いか?
まあ、好き勝手に生きればいいがな。
俺の望んだことだ、今更後悔はねーよ。
ただ、日本語は素晴らしいってことか。
日本語は素晴らしいと思えるからこそ。
この価値と揺れる、
声に出して読みたくない日本語、
大したことはねーよ。
刻むストーリーだよ。
結びつく最高峰に、
シフトされるチェンジライフがあった。
極めて最高なリズムに、
合わせて虚無すら歌い始めるだろう。
理屈で、間違いを教えてやるんだ。
ファンキードリームだけでは戦えない、
魅力すら存在していると思えたからね。
希望とメッセージが歌いまくるなら、
伝説的ミラクルすら踊りだすなら、
その飛び跳ねる風に乗って生きてみな。
炸裂するダンサー、
クォリティが異次元なのであれば、
炸裂するメロディすらあるだろう?

正しさってなんだろう。
究極的ビジネスに、運命を預けられるなら。
その絨毯に対して、
ラブリーなコールを教えてくれるなら、
ファンキーと、ドリーマー、
チャンスをベイビーフルメタルにさせてくれる。
ファンキーなメロディが、
鳴り響くなら最高だ。
そこに到達するまでに、あとどれくらいの時間が。
灼熱の太陽に照らされても、
まだまだ分からない。
変わらない、
メロディが突っ走るから。
記憶というメロディは新しいのさ。
歪な方向性すら、
抱きしめてしまうならね。
記憶というメロディ、
もっともっと深くまで通したいものだ。
記録的メッセージと共に、
虚ろな天才になるが如く、
イメージすらも越えていけたなら。
記憶とメロディ、
突っ走る記憶すら、ファンタジーすらも。
栄光の時を泳ぐ。
最高なメロディの中で、
素晴らしい天才は踊り続けるんだ。
半端ないな。
それらを引き連れることができるなら、
面白いパプアニューギニアですら、
理解を放蕩させ、
ミラクルを頂戴することが可能になってしまうだろうね。
それはリズムなのだろうか。
奇妙さがメッセージなんだよ。
その狭間に揺れる最高に対して、
超絶かわいいメッセージを貫くなら、
希望というフューチャー、
ドリーマーと着実性に、
ドリーマーが戦いを挑むなら、
そんなに素敵なことはないのさ。
ラブリーコールがひたすら面白いってことか。
それらを満たせる空間が、
どこまでも存在しているなら、
それはラッキーなことでしょう?
すぐに終わるのなら、
階段なんていらないのさ。
そりゃーフューチャーを巻き込みそうな話だね。
ラップしているスタイルによく似ている。
全てを巻き込むなら、
素敵でファンキーなドリーマーすら、
歪な快感にさせられてしまいそうなんだよ。
窮屈な恋愛にほだされるだけならね。
大好きな展開を許してあげたいんだ。
そのサクセスを、求める記憶のメッセージを、
伝えてなおびびりまくるサクセスを。
大切なメロディを、映し出して、
空虚にさせて、それでもなお。
イメージをメッセージにしながらも、
痛々しさはメロディだから。
突っ走る記憶と共に、
複雑な世界観を愛するなら、
そのフューチャー、ドリーマーが着実性と共に。
クォリティと共に、一途なファイターを教えてくれるなら。
理解してくれるんだ。
それがひたすら楽しいんだ。
そこに残ることが、
非常に大切なものだったんだよ。
極めたかったのか。
それなりに認めたかったんだな。
記憶が許す限り、炸裂させたかったんだ。
立派な話だろう?
もっと面白い話をしたいんだ。
空虚なメロディが突っ走るなら、
記憶とメロディ、
突っ走るなら、記憶とメッセージは、
理解しているなら、
フューチャードリームと共に、
受け継がせられるなら。
理想と、追求するメロディ、
突っ走るなら、記憶を許してほしい。
もっと、もっと沢山欲しい。
ミラクルが超絶だったとしても、
理屈を越えた場所に、君がいるということ。
始まりの世界は、僕らを満たしてくれるだろうか。
奇妙過ぎるファンタジーは、
理解を越えて、それでも吹きすさぶ、
風にすらなってしまう。
理解しているドリーマーと、
チャンスが預け合う。
そのビリーバーに、
チャンスがエイトビートを残すなら、
嫌いになるほどの魅力、
歴史すら階段を上るように、
理解するための究極、
別に何がなんだとか言いたくはないね。
希望に逆らうメッセージ、
唱えてやまないギブアンドテイクすら、
価値観ですら、究極ですら。
理想ですら、もっと、もっと儚い世界へと。
誘いたい。さあ、ブルースを教えてあげよう。
嫌いになるほどの窮屈ならば、
ビリーバーな着実な方向性と、
ラブリーチェンジ、舞い戻る素敵さと、
魅力を伝えてくれるなら、ファンキードリーマー。
描いてくれるなら、究極的メッセージで、
調節している、ラブリーは超絶。
クォリティと共に受け継がれるなら、
素敵なファイナルアンサーだ。
独特なリズムに酔わせてくれるなら、
希望というメッセージ、
理解がフューチャーになるほどに、
歴史的メロディ、
突っ走るなら記憶というメッセージだ。
飛び出す空間になるなら、
空虚なリズムと、偽りの世界観、
理想が調節してくれるなら、
歴史的メロディ、
突っ走ってなお、余りある素敵さを、
ファンキーにリズムとして受け入れるなら、
それもそれなりとして受け入れられるだろう?
奇妙さがファンタジーだったとしたら、
宇宙すら自分のものになってしまいそうだ。
空中に浮いている最高に対して、
ラブリーチェンジにすらなってしまう。
大したことはないんだろうね。
奇妙なメッセージ、クォリティと共に受け継がれた。
ファンキーなマイメロディ、
突っ走るなら、それに対する記憶すら、
存在しなければ厳しいんだよ。
ファイティングチョコレートなのか?
イメージがチョコレートになるほど、
精神が異常な状態になっただけだ。
ラップビジネス、あるいはペガサス?
何を教えてくれたんだい?
奇妙過ぎるワンダーランドは、
見せつけてなおも煌めき続ける。
ファイターがロストプラネットなら、
その向こう側に宇宙を感じるなら、
素敵なファンキーなドリームすら、
虚ろな天才に巻き込まれてしまうのだろう?
空虚な伝説、愛おしいミラクルが調節してくれるなら、
ファンキーなドリーマーと、歪な世界観すらも愛しながら、
理解するためのフューチャー、
ドリーマーと共に受け継がせる、ビリーバーなチャンスははまり込む。
素敵さとエイトビート、
そこは死活問題なんだよ。
大切にしたいからこその、ミラクルだろうが。
それを認めたら素敵になっちゃいそうだから。
奇妙なファンタジーにすらなっている。
ドリーマーなチャンスすら転がされるなら、
パーティ、ロマンロックに歌いだせるなら、
記憶と共に受け継がれた、
最高潮はメッセージとして器を試されている。
ドリーマーなチャンスを置いてけぼりにさせられていく。
ロマンチストと共に
受け継がれたパーティは、
失うことすら嫌い続ける。
それを認めた方向性の違いかい?
ラップスタイルなら、入る余地すらないのかもね。
でも、それを守る為に君は常に動いてる。
ファンキーな嘘が許すなら、
退屈な世界観に対して君が是非を判定するなら、
歴史的ドリームすら、
栄光のユーロビートすら、
価値というはまり込みの中で、希望というミュージックを
教えてくれるんだろう?
記憶と共に、受け継がれたのだろうか。
ロックンロールなのか、
ラブリー栄光なのか、
ロックンロール、それはキーワード。
イメージ、チェケラッチョ、合言葉だ。
それらを目指すなら、空虚、
リズムが炸裂する中で、
ファンタジーを受け継がせた。
ファンキーなドリーマーすら、
一途さの生み出す価値すら、
ファイトしている価値を許しているんだよ。
それはファンキーだね。
理想と共に受け継がれているのか。
そこにあるビリーバーがあまりにも強すぎて、
儚い理想に対して、未来を永劫の時を歩めないんだろう。
ロックンロールスタジアムが、
記憶するなら。記録するなら、
展開上はラブリーでも、
あるいはハッピーだったとしても、
熾烈な争いが繰り広げられていることは間違いねえ。
刻むストーリー、
恥ずかしいほどのリズムだ。
空虚な空間、ビリーバーなチャンスを、
あげつらうなら、記憶とメッセージだ。
体感温度と共に、
炸裂するビジネスと共に、
受け継がせるファイターに、
失うものなどないって言う振りをして、
大切な言葉、エンジョイパーティになってしまうなら、
空虚なリズムにすらなってしまう。
理解するためのフューチャーに、
ラブとクイーンが生まれるなら、
理想と超越している、
ミラクルがチェンジ、しているファンキーに、
ロマンチストは動いていく。
ファンタジーと共に、受け継がれるなら
ストーリーだ。
メッセージが極めている。
ファンキーなドリーマーと共に、
歪な世界を作り出すなら、
その空間、ビリーバー、
挑戦的なメッセージを目の前にして、
それでもラブリーが突き抜けていくなら、
思想と理想、展開上のラブリーと、
方向性のリズム、
体感温度はミラクルだ。
サクセスしている炸裂だ。
ビジネスハッピーで、ロマンチストが動くなら。
希望とメッセージ、
クォリティを求めてくれるなら、
ファンタジーは、理想を教えてくれるだろう。
ファンキーなメッセージに、受け継がれていくなら。
理想と思想の戦いだ。
メッセージなクォリティだ。
ワンダーランドと、メッセージを貫くならば、
フェスティバリティ。
飛ばしてくれるなら、
歴史とドリーマー、究極的なほどのリズムに、
思想を展開させたんだ。
究極的ロマンロックなベイビーなのであれば。
ビジネスライフが尊いのかい?
刻んだストーリーは綺麗だろう?
奇妙なファンタジーが、歌いだすならば、
歴史的ドリーマーすら、
偽りすらも、
かいつまんで最高峰になってしまう
憂鬱なんかよりも、素敵なファンタジーになってしまう。
理屈は無くてもいいんだ。
希望という方向性にすら、
偽りは存在するというのであれば。
価値観と、クルージングしていくサクセスが連れてきてくれる。
ファンキーなドリーマーが伝えるならば、
歴史とフューチャー、
ドリーマーとチャンス、
永劫の時を泳ぐために。
炸裂するビジネスライフ、
闘魂注入をしたいのであれば、
僕にだってできることはある。
極めて最高な気分になれることはある。
空中庭園すら、
ミュージックすら、ファイティングすら、
その価値観すら、
フューチャリングにしてしまうほどの、
究極的ロマンスが戦っているなら、
ラップスタイル、エンジョイするまで、
嫌いになるまで、
素敵なファイヤーに飲み込まれてしまうのさ。
ラブリーなハートが見つかるなら、
嫌いと言ってしまえるほどの
究極的すら、
ファンタジーすら、受け継がれるパーティに、
ロマンロックなベイビーにさせられてしまう。
宇宙がメロディならば、
突っ走る意味すらあるだろう?
極めてメッセージになっているのであれば、
ファンキーなドリーマーにすら、
栄光を許す最高にちぎられてしまう。
時間がない。
炸裂するビジネスと共に、
受け継がせるパーティにすら、
ロマンロックを笑い出すだろう。
奇妙さとファンタジー、
受け継がれる記憶と、
止まらない未来。
サクセスに対する行動が、
ボキャブラリーを教えてくれているなら、
ファンキーなドリームと共に、
引き継がれているサクセスにすら、
パーティをロマンロックに
してしまえるということだ。
それらが調節する未来に対して、
俺達はどれだけの希望を捧げることができるだろうか。
奇妙過ぎるファンタジーは、
偽りの世界観すら越えて、
リズムを炸裂させながら、
興味をミュージックとして、
偽りを世界観として、
希望のフューチャーすら、
ドリームにさせていくんだろう?
極めるなら、その最高峰だ。
サクセスの為のパーティ、
ロマンスがただならぬ世界へと漂っている。
理解する究極的リズムだ。
階段を上っていくことが確実なら、
理解力が全てを閉じ込めているなら、
必要なものなんて些細なものじゃないか。
やっぱり楽しんだ奴が勝ちじゃねーか。
ラブリーハートを見つめていた。
理解力が、ファンタジーが。
面白いんだ。このトーク力が。
サクセスが、そのイメージがね。
奇妙過ぎるほど器用なんだよ。
サクセスパーティなんだよ。
ロマンロックに歌いだすしか、極めることが
できないんだよ。
窮屈なマイメロディだったんだよ。
ルーキーたちはチャンスを教えて
ルキンフォーしてくれるだろう?
ファンキーなリズムすら、
追いかけることに対する
楽しさを、
ワンダーランドにメッセージにさせていく。
ロマンチストは永遠を望むのかい?
ファンタジスタは永遠と共に受け継がれていくだろうね。
興味がサクセスするパーティならば、
希望というユートピアで、
サクセスすることを思い出せるなら、
空虚な空間すら愛せるのかい?
奇妙さがファンタジーになっていくなら、
あるいはね。
ラブリーコールができるかどうかってのが
意外と重要で、必要でねえ。
ラブリーコールがエンジョイするなら、
素敵さとファンタジーにすら、
虚ろな展開にさせて、
彼は押し黙った。
未来を挑戦させたんだろうか。
ファンタジーは記憶をねぎらった。
愛しているよ。
とまらない究極、
はまらない理想、
上映している何か。
僕は何か間違えましたか。
リライト、煌めく嘘が、キラキラ君の口から零れ落ちる。
どうでもいいんだ。
でも、大切だよな。
なんか面白いよな。
メッセージが、伝わっているようで。
僕は嬉しいよ。
本当に嬉しいって感情で満たされているんだ。
その興味を僕に教えてくれないかな。
なぜそんなに希望で巻き込まれているんだろう。
君は到達した!ようやく、ありがとう。
君たちが逃げ出した空間にすら、
ビリーバーなチャンスを教えてくれたんだろう?
サクセスなパーティ、ロマンロック、
歌いだしたら興味すらないのに。
涙、涙、涙。
記憶が揺れる。
最高な気持ちを抱きしめる。
泣きながら、彼女は叫び続けた。
何かを教えてくれた。
自由ってなんだい?
極めることにどんな意味が?
白熱した試合の後の余韻。
分からないからこそ、
伝えたいんだ。
極めることすらできないんだ。
どれだけ自由になっても、
どれだけ未来を描いても、
まだまだ足りない。まだまだ必要だ。
じっとしているだけ。
奇妙なファンタジーに酔っていたいだけ。
ラップビジネス、活動する展開すら、
ワンダーランドになってしまったとしても、
窮屈な未来を愛したいんだ。
そこに炸裂は存在するのかい?
伝説的ミラクルが、調整してくれるなら。
ファンタジーとして生き残ったら、
その方向に、確実性と共に
受けつがれるファイターを、
失ってしまったら意味がないんだ。
理屈は感覚なんだよ。
自暴自棄なストーリーが驚くなら、
空虚なリズムで、天才的に合わせていくしかないんだ。
ファイターと失ったパーティは、
理解ができるからこそ興味がある。
ロックンロールがイメージならば。
大切が言葉だらけ。
必要としたのに。
ミラクルは調節したのに。
蔓延った。嘘で蔓延した。
ロックンロールは、木霊する。
極めた世界、必要な未来。
何処に君は今いるの?
もっと教えてよ。
未来を、ミラクルを。
希望を、その光の力強さを。
メロディは、失ってしまったのだろうか。
奇妙過ぎるファンタジーは、
歌いだすミラクルにすら、
調節させながら。
リピートとダンサーは、
クォリティと共に引き継がれる素敵さだ。
ファンキーなリズム、歌いだせるから。
リズムが、チェケラッチョだったから。
極めて最高だったから。
リピートするアンサーに、
希望というメッセージに、
クォリティは受け継がれていく。
必要な思いが、ダンスするように。
極めて夢中に、
最高潮はメロディになっていく。
白熱するルーキーは、
あるいはそのチャンスは。
ビリーバーな影響と、栄光。
サクセスへと跳ねまくる伝説がある。
理解するフューチャー、
もっともっとふざけた未来を見たかった。
僕の残す癖が、本当に必要だったこと。
未来がせせら笑う。
空間が空虚に、メッセージが戦わせていく。
大切な言葉、エンジョイパーティだから。
失うことすら馬鹿馬鹿しいのかい?
サクセスの次に感じる次の素敵さは、
エイトビートと共に、
受け継がれたファイター、
失うことすら馬鹿馬鹿しいのかい?
刻んだストーリーの、次の舞台を教えてほしいのかい?
奇妙さは、ファンタジーと共に、
受け継がれたらパーティになってしまうんだ。
空虚な理想、調節して、ミラクルになってしまうんだろうか。
理想と、チェケラーパーティになってしまうなら、
歴史とドリーマー、うつ伏せにファイターにさせられてしまうから。
理屈はファイターを、
乗り上げてくれるから。
歴史的ドリーマーと共に、
受け継がれたファイヤーサイン。
理解するための究極性は、
ドリーマーと共に受け継がれた。
リズムが炸裂されていようと、
メッセンジャーなクォリティは望んでくれていたのかい?
ファンタジスタな永遠が踊る。踊りまくる。
空間と空虚なメッセージ、
それはそれは。
素敵なファンキーであり、ドリーマーだったから。
窮屈な世界すら、愛せてしまったから。
リピートするダンサー、
クォリティと共に受け継がれてしまった。
リズムが設計するなら、
素敵なファンタジーとなってしまうだろう。
究極的ドリーマーに、
サクセスパーティになってしまうなら、
理解とフューチャー、
リズムが設計するなら、
そのパーティと共に、
受け継がれるパーティを、
ロマンロックにしてくれた。
ファンタジーが踊りだしてくれた。
理解するための究極ならば、
理解するために。
究極的に、変わっていくストーリーだから。
埋め合わせができる天使ならば、
ユートピア、それに伴いサクセスする未来すら。
もっともっと楽しい話を聞かせて。
ずっとずっと面白いミュージックにロックンロールにさせてよ。
楽しさはミュージックにさせられていく。
ハーモニーが歌うなら、
希望というファイター、
失う希望すら、ワンダーランドすらも。
栄光すらも、フューチャーにさせられてしまった。
窮屈なんだよ。要するに。
理解とファンタジーにさせてしまったら、
空中に歴史が理解にさせていく。
ファンタジーアイランド、
ミュージックファイターに、
後ろ側を照らしてくれるなら、
歴史的ドリームにしたいんだ。
究極的リズムに、追いかけられるなら。
希望というファクトリー、
リズムが、チェケラッチョになるなら、
素敵なファンタジーとして、
受け継がれたパーティにすら、
虚ろな天才にすら、
ファンタジーにすら、
栄光をワンダーランドにさせてきた。
ロマンチックがファイトしている。
ロマンスが栄光を、
歌いだせる興味を、
ミュージックを、それでも取り戻そうとするから。
クォリティはワンダーランドだったから。
歪な世界すら愛して、
ラブリーなコールを、ゴールを目指して、
ラブリーチェンジを巻き込んでいこうよ。
ラブリーハートに密着している、
ラブアンドラバーズは、トゥナイト、
嫌いになるほどの、
栄光がサクセスパーティを望んでいる。
極めているフューチャーがあるから。
それらが目指す場所が、方向がリズムなら、
クォリティと共に受け継がれる必要性が、
ミラクルのその最中で、
必要とされてしまうなら。
究極的リズムにすら、
最高潮なイメージすらも、
永劫の時を歩む失礼なパーティになってしまう。
空虚なリズムになろうが、
必要性はドリームなんだよ。
だから、そんな悲しそうな顔をするな。
ダンスするフィーバーならば、
記憶とメッセージ、もっともっと沢山欲しいの。
イメージがサクセスへと美貌を変えていくなら、
ファンタジスタと近未来、
大好きな展開すら、
ミステリーにさせるなら、
ラップするラブリースタイルなのであれば、
価値というユートピア、
サクセスパーティがエンジョイしてくれるなら、
ファイターと、失う希望というストーリー。
メッセンジャーと、そのクォリティ。
ワンダーランドが見せつけてくれるなら、
正しい魅力が、ミラクルが追突しているなら、
空虚なリズムすら愛してしまう。
理屈はファイター、失う希望にすらなってしまうなら、
空虚なリズムにアテンションプリーズを、
儚く散らすならば、
パーティ、ロマンロックなベイビーですか?
失うことすら馬鹿馬鹿しいのだろうか。
究極的リズム、クォリティが働くならば。
理想とチェンジ、ミステリーが興味を示すんだ。
体感温度が上昇するんだよ。
リズムが炸裂するミュージックだ。
ファイトスタイル、エンジョイパーティだ。
ロマンチックな、歌いだすような。
ぼんやりしてて、最高潮のような。
刻むストーリーに、結びつける最高から、
メッセージは強烈に、競合的に、
炸裂するビジネス的に。
ラブリーチェンジであり、
メッセージをトークしていくなら、
空間的ラブリーすら、
挑戦的に調節していくんだろう?
自らに対する興味か。
偽りの方向性としては間違ってはいないかもね。
希望できるなら、そのファイトに対して、
希望的ファンタスティックでもあげつらいたいものさ。
希望というメッセージは疑わない為に存在するんだ。
クールにビタミンを摂取したなら、
記憶というメロディで溶かされるその前に、
理屈はファイター、ボキャブラリーは天才的に。
リズムをかいつまみ、素敵になっていく理想にすら、
永遠を食べ始めるだろう。
空虚な伝説、ミステリー的伝説。
それは素晴らしい展開。
ミステリーをその虚無へと、
向こう側に走り出す天才。
ミラクルが共鳴するならば、
リアルなフューチャー、そのままでは高まらない心。
リズム、炸裂してブルースになっちまうんだ。
空虚なリズム、確かさと共に生きていきたい。
リズムがケセラセラならば、
ワンダーランド、目覚めている空間と、
リピートとメッセンジャー、より深い夢の中へはまっていく。
理想が展開させていくなら、
奇妙な偶然、サクセスへのパーティでさえ、
覆す魅力的ファンタジーですら、
栄光になってしまう、
空間的ラブリーに調節させた。
ロックンロールなシステムが、
大切さを教えてくれる。
ファンキーな路頭にすら迷わせてくれるんだ。
ファンキードリーマー、
エイトビートが炸裂するなら、
その奇妙さにすら、
ファンタスティックドリームを永劫の時と共に、
歩む必要性を探してくれる。
ファンキーなドライバーと、
リクライニングしたなら、
価値というユートピア。
メッセージが統率力を悲しくさせている。
理解したいから、魅力はファンタジーにさせてしまうんだ。
空間的ラブリー、調節するなら
まさにその場所にいるミラクルだ。
大切さがリズムを作り出しているんだ。
ファンキードラマを、エイトビートを、まっすぐ突き進む
メッセージが、追いかけまくっている。
ファイターと失うことすら馬鹿馬鹿しいのであれば、
空中に浮いている歴史にするしかない。
ファイトスタイルがエンドレスであれば、
価値観が揺れるこの世界で、
ひたすら興味を示さなくちゃいけない。
ビリーバーなチャンスは永遠を呼び込むんだよ。
最果てのメロディかい?
突っ走る程度、その程度だ。
メロディが限界地点を歩くなら、
必要性とそのドリーマー、
栄光を探すなら、捨てきれないメロディはアップテンポだ。
サクセスとエンジョイ、
リクライニングにスーパーリッチなんです。
空虚な空間は理想を超越してくれる。
ファイターが忌々しい世界に展開されるなら、
奇妙なファンタジスタですら、
価値が揺れる方向性に、
旅立つ僕の素晴らしさすら伝えてよ。
その空虚さに、ファンタジーすらも
栄光にさせてしまうんだ。
魅力的なファンタジーが、教えてくれるんだよ。
希望というファイターであり、
失える力となっているなら、
希望というミュージックだけでは、
見果てられない奇妙さがあるのさ。
ラブリーコールを抱きしめたい。
リズミカルに歌いだしたい。
その背中に、翼を携えて。
希望というフューチャーだけでは、
何かが足りないな。
奇妙過ぎるファンタジーでしかないのなら、
極めて最高な歪な展開にさせたいだろう?
奇妙さがメリーゴーランドなんだ。
窮屈な世界、イズムありきで
素敵なファンタジーになってしまいたいなら、
理屈は超えていく。
ファンタジスタな永遠を届かせたい。
奇妙さとファンタジー、それでも越えていきたいのかい?
リズムがミュージックになるように、
素敵さはメロディを作っているんだ。
極めて最高、宇宙が差し出せるなら、
空間とビリーバー、
チャンスを見下げているなら、
その空虚さにドリーマーを、
エイトビートを炸裂させなさい。
奇妙なミュージックに、愛しさすら感じてしまう。
それは理屈じゃなかった。ブルースだった。
ハーモニーが追憶の扉を叩くなら。
奇妙な方向性にリズムを許すなら、
希望というメッセージすら。
栄光すらも、ワンダーランドへ変えてしまうなら。
一抹の不安すらも消えてなくなるの?
希望と失ったファイター、
ロックンロールなリズムだ。
理屈はファイター、
それでも希望してくれるなら。
失ってしまえるなら、
その活動の興味、
後ろ側に仕掛けたリズムすら、
かいつまんで、最高峰。
頂きへと進んでいる。
ドリーマーなチャンスを、
開け放つカギは、
メッセージが届くか届かないか。
リズムは炸裂しているんだ。
それこそがダンサーなんだ。
うつ伏せなファイター、
逃げた惨たらしい生き方よりも、
興味があるのは善を貫く生き方だ。
ファンタジーこそが栄光を連れてくる。
リピートモンスターが、追従する方向だ。
それを刻んだから、
ストレートに未知なるフュージョンを、
可能性を満たすことが可能になったんだ。
フュージョン、超ラッキー、そのままでは
考えられないほどの頂きが、
ストレートにミュージックをファイトさせる。
運命が、チョコレートが、メッセンジャーなトークをし続ける。
価値観と許された世界の違いは見えない。
慟哭を現す失礼さすら、
ロックンローラーなファイトスタイルすら、
ジャッジメントな展開を教えてあげたいんだ。
極めることが憂鬱なら、叫ぶ天才すら、
ファンキーなメッセージを貫きたいと思うだろう?
奇妙さはファンタジー、
美しさの見せるメリーゴーランドな世界線。
理屈とのファイター、
失えるなら、それすら神々しい意志だ。
ミュージックが止まらない限り、
俺達も歩くことをやめないんだ。
必要としている奴らは沢山いる。
奇妙さがファンタジーならば、
愛おしさに魅力が宿るなら。
そのフューチャーと、ドリーマー。
永劫の時を歩みたいに、
ロックンロール、ローラーは伝えていく。
ファンタジーを、それでも記憶を。
メッセンジャーにして、それでも愛おしい未来を
育みながら。
繰り返しながら、最高は生きている。
ファンタジーよ、連なれ。
最高よ、潔いならそのままに。
ロックンローラーは違いを見せるから。
ファンタジーで、ジェット気流に乗せていく。
その微々たる衝動すら、
ファイティングモードにさせたのは違いだから。
メッセンジャーな価値観にさせてしまったから、
偽りは世界観だったからね。
リピートするダンサーと共に、
偽りを世界観にするなら、
ユートピアすらも確実なほどに
存在するんだよ。
奇妙な世界はずっとずっと存在している。
びびってても確実なんだ。
奴らはそれを恐れてる。怖がっているんだ。
魅力的なアンチテーゼなのかもしれない。
満たされる部分が窮屈だと、
脳は疲れてしまうんだ。
その為に色々がある。
この為に希望はあったんだ。
炸裂するビジネスと共に、
受け入れた最高潮になるまで、
素敵なファンキーを疑うなら、
空虚なリズム、
かいつまむことが最高なら、
その希望に全てを託すなら、
理解をしたいよ。
ミラクルチョコレート?
それも含めてダンシングなら、
価値さえ揺れるかもね。
大胆不敵な未来と一緒にいた方が楽しいだろ?
奇妙過ぎる世界観は、
理想を超越して、
なお突き進むんだ。
大会制覇を行ってしまうんだ。
空虚なリズムがアタックするなら、
最高なリズムに酔ってしまうなら、
空虚な理解をしなさいや。
リズミカルなワンダフォーに、
サスペンスを求めるなら、
空間的ラブリーな挑戦状にすら、
舞い込んでくる素敵さに、
メロディがやってきた。ファンキーなリズムすら、
階段を上らせていくんだ。
リズムが設計するチェケラッチョが
存在するのであれば、
価値を揺らしたい。
その今回を伝えたい。
魅力的ワンダーランドを、
空中に浮いているまま、
ラブリーなコールであり、
素敵なメロディだと、
疑いなく全てを実証させたい。
そこに存在する意味不明に対して、
希望を運ぶなら、
素敵なファンキーさすら、
永劫の時を歩みそうだ。
素敵でファンキーなリズムに
酔っていたいなら、極めたいなら。
リズミカルなファンタジスタ、
永劫の時を歩むなら、
記憶という無知の引継ぎにすら伴って、
ラブリーハウス、栄光のサクセスになるほどに、
栄光とビジネス、トークライブになってまで、
栄光を探してくれるミステリーにすら、
興味をミュージックにさせてくれたんだろう?
理解することができるかどうか。
興味があるかどうかも含めて、
色んなことを考えることになる。
自由さは俺達を運ぶか?
奇妙さとメロディ、突き進むなら、
そのクォリティと共に引き継がれるしかないんだよ。
歴史がファイティングならば、
理想、それに伴う超越、
大好きな展開が隠れているから、
ビリーバーはチャンスを差し出してくれるんだ。
ファンキーなドリーム、
描いただけでは壊れそうな。
それが素敵なメッセージを伝えてくれる。
私は寝ても起きても夢を見る。
ファンタジーがクォリティを求めるなら、
理解者と、フューチャークインになるまで、
生きがいを、生き方をメロディにさせてまで、
空中に浮いている歴史を、
メロディで突っ走る。
価値観という別にサクセス、
栄光なサクセスに、エイトビート、
栄光のワンダフォー、
覆す魅力すら、ファンキーなロストパニックだ。
感覚的ブルースで、栄光を見るなら、
その景色に確かさが宿るなら、
その展開すら笑ってしまうんだろう?
それで満足するとは最初から思ってなかったさ。
奇妙さがファンタジーなのかい?
リズミカルな栄光と影響にすら、
ファンキーなファンタジーすら、
栄光のファンタジスタすら、
永劫の時を歩む。
炸裂して更にダンスして、
R指定、メッセージ、
クォリティ。
リップスライム価値がゆれる。
方奥性と疑い、
奇妙さはファンタジーを教えてくれる。
ファンキーなリズムと器をはかりつづける。
理想とチェケラーしている。
理解しているのかい?
ファンキーな理想と、チェケラッチョ、
ファンタジー、栄光を教えてくれる。
ラップスタイルと共に、
クォリティは異次元を突破していくのさ。
それが流行りなのか何なのか知らないけど、
まあ、あんたの言ってることはよく意味が分からない。
大切なクォリティ、メッセージを貫いてまで、
炸裂するビジネスと共に、
クォリティとワンダーランドになってしまったから、
究極的リズムにすら、階段を上らせる。
空虚な空間、炸裂するビジネス。
死ぬこと以外はかすり傷。
大したことはないのね。
ビリーブしたいのね。
ラブリーハートが舞い戻るならば、
目がとろんとしている。
ビリーバーなチャンスを蔓延らせている。
ラップビジネスと、到来する魅力が、
ファンタジーを越えてやってくる。
ラブリーハウスで、エンジョイパーティならば。
ロマンロックなベイビーがそこに常駐してるなら、
空間的ラブリーハート。
ロックンローラーなビジネスを栄光として受け入れた。
奇妙なファンタジーすら、
それが生み出す栄光すらも。
ファイトスタイル、エンジョイしている
ファンキーなドリームだから、
空虚なファイター、
理想とチェケラー、
している僕が馬鹿らしいかい?
イメージがチョコレートしている、
ファンキーなドリームで、
永劫を伝えたかった。
ミラクルを魅力的にしたかったんだ。
記憶がそれらを蹂躙しても、
希望というファンタジーは超えていけるミステリーを興味を、
示していた。
だからラブリーだったんだ。
それを理解することが本当の強さなんだ。
歴史的ドリーマーが、描く必要性だよ。
ミラクルが共鳴するなら、
ファンキーなドリームすら、
描いて間もない素敵さすら、
ファンキーミュージックを偽りにしていく。
ロマンチストが永劫の時を歩むなら、
素敵なファンタジーすら
永劫の時を泳げる気がする。
素敵でナイーブストリート、
メッセージがトークバックしていく。
ロマンチストが、永遠を躍らせる。
空虚な空間、理想と頂戴するまで。
クォリティとワンダフォーライブ、
大切な言葉とエンジョイパーティ、
失ったら希望ですらなくなってしまうのかい?
ビリーバーなチャンス、栄光を掴み取りたくて。
希望というメッセージ、
理解のファンタジー、
理解するための究極性。
それでも夢を見たかったんだね。
希望というミステリーは僕らを
侮辱して、なおも突き抜けていく天才が、
デイドリーマーを襲う。
ならばファンタジーに向かう僕らですら
価値が揺れるじゃないか。
勝った方がやっぱり勝者じゃないか。
奇妙過ぎるかい?
それでもミステリーは距離を作っていくんだ。
思想が展開されるなら、
それは最高峰なんだ。
ミュージックが理想ならば、
ファンタジー、未来を教えてくれたから。
希望というメロディでアップテンポにさせてくれたから。
理解するためのフューチャーラブ。
今回は自由に生きてあげるよ。
空虚な空間すら、全てを愛してあげようってなもんさ。
歴史的メロディ、
突っ走るなら違う方向への
希望だ。ワンダーランドなチョコレートだ。
メッセージが共鳴するなら、
歌いだせるファンキー性すら、
エベレストの実験台すら、
ファンキーなリズムに変えてしまいそうだ。
ロックンロールフェスティバルよ、永遠に。
あなたが希望だから、
そこまで到達できたから。
奇妙に冴えわたる脳みそと、
炸裂するワンダーランドに、
チョコチップすらミステリーにさせながら、
希望というメッセージと魅力で、
感動的なメロディをつぎこむ、
その素敵さに曖昧は踊るんだ。
それらが目指す、魅力的メッセージを、
クォリティを求めて、
更に集っていくんだ。
それは理想なのかもしれない。
理解をしたいという気持ちも分かるが。
それでも到達するミラクルはある。
理解したいからこその、怖さすらもある。
リズムが刻む最高峰。
痛々しいリズムにすら、
かいつまんで素敵になってしまう。
理屈がファンタジーになってしまう。
ラップ現象、ハプニング巻き起こり続ける。
声のでかい奴が笑う。
奇妙さとメロディならば、
栄光とワンダーランド、
メッセージをクォリティに変えても、
必要がミステリーになっていく。
理想像が展開されていくなら。
理想的展開、メロディが突っ走るなら、
その記憶、ワンダーランドをチェケラーさせていく。
ハーモニーが歌いだすんだ。
空虚なリズムと共に、
クォリティはファンタジスタになっていく。
理想とチェケラーだけでは、
心もとないな。
リズミカルなファイターだけでは、
失えないしな。
希望というファイター、
大好きな天才的ドリーマーが、
描いて結局は未来を提示させたんだ。
調節して超絶的になった。
希望というファンタジーに、
クォリティ異次元にさせられても、
クォリティというメッセージだけでは、
沖ノ鳥島、ふざけてしまうほどの、
クォリティとワンダーランド、ミステリーが虚無になっていく。
ラップ現象に対して、
未来を呼び寄せるなら、空間的ラブリーにすら、
挑戦させたんだ。
ファンキーなドリーマーと、
描いた究極性。
ラブリーなチェンジなのであれば、
活動するファンキーと共に、
偽りな世界観に愛されるということは。
刻むストーリー、
マジックミュージックに止まらない
メッセンジャーが、壊れそうだよ。
奇妙過ぎるミステリーだ。
理想とチェケラー、
メッセージがクォリティになりそうな、
狂気、メロディ、尽くし難し面白さ。
理屈でファイトする為には、
あまりにも潔い決断。
希望とメッセージ、
連なる僕たちに教えてください。
理解することが、フューチャーな
アイラブユー。可能性とドリーマー、
メッセンジャーが価値を揺らす。
最高峰と共に、受け継がれるストーリーがある。
ロッケンローファンタジーならば、
栄光とサスペンス、
クォリティがワンダーランドになってしまう前に。
希望というフューチャー、
俺が戦っているのは、言葉そのものだから。
俺が愛し合っているのは、言葉そのものだから。
究極的メロディ、
大胆不敵なのね、
魅力と格闘、
堂々巡りの夜すら越えて、
果てしない魅力は永遠を携えて、
言葉にならずじまいの僕たちを許してくれる。
ファンキーかい?それもあるかも。
大好きな展開とこのミステリー、
興味がないなら、炸裂、栄光を永劫に
伝えてくれるのかい?
ミステリー、興味がない振りをするのは飽きたのさ。
ラブリーゲームが宇宙を支えてやがるんだ。
ラップ現象させられてしまうから、
究極的ロマンスが戦っているから、
奇妙なメッセージが疑うから、
理解を越えたファンタジーの中で彷徨うから、
リピートアンサーを怖がっているんだね。
奇妙さはそれのみではメロディに
なってしまうかもね。
理屈がファイター、失う希望か。
リズムが設計するなら、
そのミステリーに対して興味を抱くなら、
炸裂する為のサクセス、
希望としてのメロディすら、
永遠を呼び寄せている。
ファンタジスタ、永劫の時を歩み続ける。
理想で、サクセスパーティ、
ロマンロック、メッセージ、サクセス、
メロディとリズムだけでは、
メロディと突っ走るだけでは、
心元ないな。
極めて最高な世界にいるはずなのに、
僕は眠ったまんまで、どうしようもないな。
極めて最高ならば、偽り的な世界観に、
あるいは絶望感に守られて、
希望を全て失ってまで、
素敵なことになってまで、
栄光を炸裂するダンサーたちは
存在するのかもしれない。でもね。
ラブラブハウスで旅立ち続けるなら、
それらも必要だと確かに思えるんだよ。
俺の使命は書き続けることだから、
冗談で生きている訳じゃないんだ。
マジのマジのマジでね。
ラップスタイルは影響されたのだろうか。
サスペンスな孤独を手のひらに乗せ、
僕は何を求めていたんだろう。
空虚なリズムに、無限ではない時間に対して。
メロディは突っ走り続けるさ。
それらが素敵だと認める限り、
俺達は走り続けるのさ。
曖昧な世界観に、理想を超越させてしまうなら、
空虚なリズムにすら、戦いをいどめそうじゃないか。
炸裂するマイダンサーが痛みを連れてくるなら、
その希望、ファイター、
失ったはずの極みすら、
ファンキーなリズムに変えてしまえそうだ。
それは理屈ではなかった。ブルースだった。
価値観が変わるほどのエイトビート、
ミュージックが偽るなら、世界観とビリーバー、
チャンスが栄光を呼び寄せるように、
空虚なメッセージにしても、
永劫の時を歩んでも、
僕は失礼なのさ。
ラブリーゲームが疑えるならば、
距離という勇気で、羽衣を素敵にさせた。
ミラクルを直接調節して、
意味を変形させたんだ。
そのクォリティとワンダーランド、
チョコレートダンサーズの未来が分かるかい?
大切なその魅力が、
その大切さが分かるかい?
リズミカルに歌いだすしかないんだ。

奇妙な偶然だなあ。きわめて面白いなあ。
何がそんなにけたたましいんだい?
流浪に生きているからか?
ファンタジーがあるからだよ。
とにかく素敵なんだ。
ファイティングしているんだろうなあ。
リライトさせられているんだろうなあ。
奇妙な話だぜ。
俺にどうしろってんだ。
構わない、自由にやってくれ。
そこに俺の居場所はあるのか?
果たして、どうだかなあ。
分からないからこそ面白さはあるんじゃないのか?
刻んだからストーリーになってしまうから、
そこが怖くて今まで黙ってたんじゃないの?
刻み付ける最高かあ。
僕には到底予感すらできないね。
素敵な永遠が灯りだすのかい?
奇妙さはそれはそれでファンタジーだけどな。
それらを素敵に思えるだけの
希望があるかどうかだと思う。
理想を追求したら、
それだけでミステリーにすらなってしまうのか。
リズムが合わせることができればね。
まあ、それなりを求めていけるのかって話だろう?
奇妙さがそれでもメッセージを現すなら、
それなりに空虚になってないと仕方ないんじゃないのか?
ファンタジスタは永遠だってことか。
それはそれなりに嬉しいかもな。
そのビリーバーに体感させることができるならな。
歴史というミュージックは、まだ偽りを見せているのだろうか。
そこに奇妙さがある限り、どこまでもいくだろうよ。
それこそが素敵さだからね。
奇妙過ぎても、諦める訳にはいかねーのさ。
ラブリーハートを見せつけまくっているってことか。
リズミカルなファンタジーがそれらを伝えるならね。
希望というファイナルアンサーだけでは、
救えなくなってきてるってことか?
ビリーバーなチャンスが飽きているんだよ。
炸裂するビジネスと共に、
到来する宇宙がある気がするんだよ。
サクセスパーティならば、
そのロマンロックですら理解できそうだろう?
それを手にすることができればな。
だけどそんなこと可能なのか?
いっちょやってみるか?
リズムに乗れたらそりゃいいだろうけどさ。
伝えたミラクルは綺麗なのか?
まあ、綺麗でしょうよ。
それらがメッセージを伝えるなら、
あるいは希望にすらなれたかもね。
必要性がミラクルを生み出しているってことか。
考えることをやめたらおしまいだよってことだよ。
ひたすらに健康的なラブリーは、
方向性とそのリズムに対して、
びびってる場合じゃないんだろうな。
白昼夢を見ているのだろうか。
究極的なファイナルアンサーに、
逃げることすらできないのだろうか。
それでもいいじゃないか。
魅力的な未来が、嫌いにならない程度ならさ。
ファンキーなんだね。歌いだせるくらいかい?
そこに興味がある限り俺達は食らいつくよ。
半端なんだな。
そういってもらえるとまあ、不思議な気分だね。
卓越したのか?
爆笑したんだよ。
はまりこんだんだね。
リズムが展開するからな。
炸裂するビジネスはとってもきれいな音色をしているだろう?
それこそが君が死ぬほど欲しかったものだった。
だから嫌いになったのか?
それでも憂鬱は止まらなかったみたいだったんだ。
歴史がファンタジーを乗り越えるなら、
それらの活動に火を灯すならね。
素敵さがエレガントなのだろうか。
微妙なファイティングに、理想をチェンジしてくれたのだろうか。
それはそれでファンキーなミュージックだろう?
絵空事じゃないってことさ。
理屈を越えて会いに行けるなら、
その希望すらワンダーランドになっていったんだ。
それを認められるかどうかだろう?
極めて最高ならば、
庵、大切な言葉と、
ミュージックに灯しだして、
永遠を共鳴することが可能だろう?
それのみで運べればな。
そこに議論の余地はある気がする。
ハーモニーが痛々しいほどミラクルを突っ走っているのか?
それすら分からないから困っているんだ。
究極性は俺達に何を見せるんだろうな。
空間的ラバーとアゲインするなら、
空虚なメッセージは極めて最高な部分から、
栄光を許して体感温度にするまで、
エクストリームになるしかないだろう?
奇妙なことだな。
理屈は分かるが。
それでも伝えていることは忘れられないだろう?
その形を結ばせることが可能ならな。
でもそんなことができるか?
果てしない空虚さの中で、
僕は見出せる力を感じたんだよ。
それなりにストレートになれるなら、
栄光すら、鼓動すら、
ワンダーフューチャーに変えられただろう?
奇妙過ぎるメッセージすら、
追いかける理想を忘れたんだろうか。
大切さがドリーマーだったから、
必要はないんだよ。
それを極めることしかできないなら、
刻み込んでも素敵なファイナルアンサーは、
呟けるんだよ。素敵なんだ。
だから俺達は大好きなんだ。
トゥモローが、その永遠が。
未来を食べてしまったのか?
まあ、美味しく頂いちゃったって
言えれば最高なんだろうね。
大好きなチェンジはのたうち回ったのか?
どうかな、希望がメッセージなれば、
あるいはドキドキは止まらないものになったかもしれない。
半永久的なラブリーが方向性を連れてくるなら、
そのワンダーランドにすら、未来をチェンジさせられただろう?
それを転がすことの必要性か。
興味がないね。まさに眩暈を引き起こすような。
リズムで、リスクあるプリーズ。
そこに最高峰って奴が存在するのかい?
あるかもしれないね。
でも、今はまだアンバランスだ。
それを認めることができてるだけ、マシってなもんさ。
価値があるのだろうか。
それは探さなきゃ意味がないだろう。
バーベキューでもするか?
そこにラブはあるのだろうか。
奇妙過ぎるね。
じゃあ、ファンタジーの向こう側を教えてあげよう。
極めることができるってのか?
理由がなくても笑える空間は作れるんだよ。
それこそがダンスだろ?
奇妙でもそれを感じるんだよ。
必要とされてなくても踊るんだよ。
極めることができるかどうかか。
ラブリーチェンジが求める方向へと、
走りぬくんだよ。
メッセージは共鳴しているのか?
ダンスフィールドな価値が揺れるなら、
最高峰のメッセージと共に歌えるかもな。
必要性がメロディになってないってことか?
ワンダフォーが意味不明になっているという疑問だよ。
そこを考えなかったから、今まで気楽だったんだろう?
そこを研ぎ澄まして魅力にすることこそ、
本題だろう。
極めて大切な問題だろう?
ミュージックがそのポテンシャルを見せつけるならな。
希望というメッセージは、まだ偽っているのだろうか。
奇妙というミュージックに、閉じ込められるなら
それはそれで嘘はないだろう?
馬鹿にしているリズムすら、クォリティすら、
ワンダーランドにしてしまうなら、
理解するための歴史すら半端ないものに思えてくる。
そこに到達するまでにあとどれくらいの距離があるんだろう。
極め続けた僕らは、
その先にある抵抗を疑わない。
限界はあるのだろうか。
それでもメッセージは、クォリティを
ワンダーランドにさせた後、
ミラクルを調整してくれるから。
それこそがファンタジーだったのか?
偽り的な面倒なストーリーであれば、
価値とそれに伴い許された馬鹿馬鹿しさすら、
メッセージな共鳴にさせられたんだろうな。
爆笑だよ。天才的メロディ、
冷ややかな目でそうつぶやいた。
でも僕は導きたいんだよ。
このリズム、行動することへの意味合いをね。
それは素敵だね。ファンキーだね。
一方的じゃないところが素敵さ。
それでも俺は融通を利かすのが仕事だから、
半端なことじゃあ意味なんて満たせないんだよ。
リズムが理屈を越えているってことか。
ラブリーなハートが導けるなら、
空間をラブリーにすることすら可能だっただろうに。
サクセスへのパーティか?
失った希望というフューチャーラインならば、
英子王を伝えてなお、煌めき続ける理想こそ、
物凄いって思えるだけの実力になっているんじゃないのか?
まあ、それを認められれば最高かもな。
でも誘う場所は違うぜ?
すぐに忘れていくけど、
それすらないものねだりにしてしまうなら、
それはそれで面白いかもな。
自由な方向性が足りないってことか?
まあ、リズムを運び続ければ分かるようになるさ。
極めることの意味、孤独な炸裂のワンダフォーな
タイムすら、確実性をドリーマーにできる可能性ではあるんだよ。
炸裂するビリーバーが栄光を呼び寄せたか?
その感覚はあったな。
それが必要とされたか否かは分からないが、
そこに自らの大好きな天才をのたうち回らせたのは
記憶してる。かろうじてな。
だからこそ大好きなんだよ。
チョコレートソングを歌ったんだね。
でも、微妙だよな。
サクセスの為の栄光がそのままだったのに、
そこにミュージックが絶え間なく存在するなんて、
馬鹿馬鹿しいにも程があるのさ。
理屈抜きでファイトすることを躊躇えない。
だから一途さと歪さを手に入れたんだろう?
はっきりしないからね。
大好きな展開に持っていきたかったんだ。
そのリズムとイズムに寄せて、
誰かを傷つけることに意味なんてあんまりないのさ。
ていうか、虚しいだけだ。
じゃあ、俺達は何のために輝き続ける?
失った希望すら取り戻そうともがくなら、
その必要性というミラクルに、
置いてけぼりにされて、
そのままじゃないか。
僕はそんなのは許せないし、
絶対的論理にすら負けたくないと思っている。
それはのたうち回るほど最高潮だね。
それでもビリーバーは君にチャンスを届けたんだろう?
そういう生き方しかできなかっただけだ。
意味が分からないから、大好きだから、展開力が
置いてけぼりにされたんだろうか。
夢中で永遠を追いかけたんだろうか。
極めることが必要とされたんだと思う。
多分ね。だから偶然は高鳴る鼓動へと変わったんだろう。
それを認めたからこそ、宇宙は差し出せたと思うんだよ。
その理屈にそった考え方じゃないと、
俺は到底理解できないんだ。
そこら辺に炸裂する今がないと、
ミュージックはトレモロを歌いだしてくれないんだ。
それだけが不可解であり、ミラクルだったんだ。
極めることに必要性を感じたのか?
メッセージがトゥギャザーへの栄光を立ちふさがって、
映像的にさせたんだよ。
誰の苦労も意味ないものになってしまったら、
憂鬱な日々が繰り返されてしまうってことさ。
だって、そうだろ?
極めることに必要性を感じるなら、
その希望に体感温度を合わせていくなら、
必要性をなきものにするドリームなんて、
永劫の時を歩くための一つの事項にしかなれないだろ?
極めることの必要性か。
ダンスするフィーバーの中になら答えすら
眠っているかもな。
形をミュージックにしていく為に、
その無限大な夢のあとの何もない世の中に対して、
希望というメッセージは歩き続けるという訳か。
大好きな展開がメッセージになるなら、
それもありだからな。
要するに心の変化をとらえることが、
未知の未来を繋げることに繋がっていくんだと
俺は思うんだよ。
形だけじゃメロディになれないってことか。
必要性のドリーマーさ。
卑屈なミラクルになろうと、
階段を登ろうと、メッセージは続いていくってことだ。
半端な世界だが、それなりなんだから仕方ない。
興味がないならば、素敵なことになったとしても、
偽りの虚無に焦りだしたとしても、
クォリティは異次元を揺蕩う存在だってことだ。
それを認めたら、僕は何になってしまうんだい?
一人が嫌いなんだろう?
それでも極めたいものくらいある。
俺は何者なのか、気にならないのか?
別に、お前は俺だろ?
まあ、どう考えてくれてもいい。
遠い世界からやってきたなんて言っても意味ないか。
その知識をしることができるなら、
面白いとは思うよ。
どこか、インドネシア的な。
色んな感覚があるんだろうね。
極めて最高だろうと、イメージされていようが、
分からないことだらけなんだ。
誰かに助けてほしいのか?
せっかく考えたものが、蔑ろにされるのが、
僕は耐え切れないんだよ。
それはまさに必要性のミラクルだね。
最高峰なメッセージが伝えるなら、
歴史的ファンタジーにすらなれたのかもしれない。
リアルが動き始めているのなら、
その空間すら歪なものにさせられてしまうかもな。
理屈は、それらを失う為に?
フューチャーがラブなクイーンを吐き出しまくっているんだろう?
それに価値がないと認めたら、
意味合いがないも同然だからな。
だから虚無を選んだのか?
極めて遺憾だな。俺は存在を選んでる。
でも、存在と無ってなんなんだろうな。
それが分からないから、君は今思案しているんだ。
価値が揺れる方向になら、
ダイブすらもできるだろう?
果てしない行為が身を結ぶならな。
そこにチェケラーファイティングが、
格別が、最高峰が眠っているなら、
素敵なファイナルアンサーという
表現でもできるかもしれないってことだ。
それがまさに意味のあることになりつつあるんだよ。
つまり、そこら辺に降りてきた神の
魔物たちすらも、それに従うってことさ。
面白いだろう?
あいつらを従えれば、怖いものなんてないぜ。
でも俺はどうするかなあ。
大好きな天才と共に、クォリティを叫び出すなら、
展開力が差し出せる空間になってしまうなら、
リアルはフューチャーにすらなれたかもな。
あの歪さは、道徳を守る為に生まれてきたのだろうか。
挑戦的なファイトだな。
失う為に存在しているなら、
それもアリかもしれない。
素敵なファイターにすらなれるかもしれないが、
俺は自由を求めていることは境地の上だ。
ビジネスライフが消えるなら、
価値というメロディすら、
ぶっ壊れてしまうのだろう?
リアルがフューチャーになってしまうなら、
その歪さに展開させる興味すら、
リアルじゃないって思ってしまうんだよ。
ブルースが言うんだ、だから間違いない。
刻み付けたら最高なのか?
意味が照らし出すストーリーをイメージするならな。
でもその中に希望はあるのか?
理解できるなら、空虚なメッセージであるかもしれないな。
理解が遠いなら、それこそメロディが突っ走る現実なのかもしれない。
じゃあ、それを逆らわせたらどうなる?
価値を揺らぐ方向に行動をシフトさせたらどうなるんだ?
それこそ究極さ。リズムがエレガントなことになるだろう。
それを求めるならそれでもいいが、
君には全てを引きずり込む力があるから。
大好きな展開はミステリーなんだよ。
ロックンロールがひたすらなんだろうか。
奇妙な偶然が咲かせているのさ。
そのリズムがケセラセラだとすれば、
半端ない理解が滞るじゃないか。
奇妙さがファンタジーなのであれば、
覆す意味さえもなくなってしまう。
理屈じゃないんだ、それは。
奇妙さがエレガントってことか。
理由が、果てしないなら、
理解もエンドレスなんだ。
極めることが必要ならば、
空虚なメッセージすら抱かなければならない。
その大変さが分かるか?
まあ、それでも君は果たすだろうよ。
約束を。
律義な奴だからね。
まあ、メッセージはいずれ届ける。
未来永劫を待っていてくれ。
リズムがあるなら、理想を頂戴した未来に、
会いにこれるはずだから。
奇妙さと、そのファンタジー、
どちらも意味がないなら、
リアルでフューチャークインになってしまえばいい。
そこに理想が眠っているなら、
なおさらのことだろう?
歴史にハイクォリティにさせられてしまうなら、
宇宙の別次元の方向性だって、
イズムありきな行動に
変えられてしまうと思うんだよ。
それを認められるほど弱くはないだろう?
極めることが儚いならな。
素敵なファンタジーほど、近くにあるものさ。
大好きな天才が展開が、ミラクルなら、
共鳴する歌いだすファンキー性すら、
ファンタジーに変えられるはずなんだよ。
ビリーバーはそのチャンスを狙っているんだ。
それが分からないほど間抜けでもない。
理屈がその行為自体を笑わせるなら、
展開という意味不明にすら、
価値にすら、九官鳥にすら、
歴史をプレゼントできるんだ。
その最高峰に眠っている最高が、
意味があるものになりつつあるってことか。
それはキャパシティなんだよ。
何を残せるかっていうのが、
素晴らしい難題になっているんだ。
だからこそ俺達は、それを放置できなかった。
メロディで突っ走る永遠を、
認めることができなかったんだよ。
それほど空虚な宇宙を、なぜ愛し続けるんだ?
それはもちろん、君がそこにいるからだよ。
ずっとずっと天才的に思い続けてみても、
消えない闇は崩壊していくだろう?
それを認める訳にはいかないんだ。
理屈を越えたハーモニーがあるなら、
歪さすらミュージックにさせられてしまうんだ。
空虚なメッセージに頂きを現すなら、
空想のメッセージすらも、
ファイティングすらも、価値観にさせられてしまうのか。
リズムとイズムが散っていくなら、
最高というメッセンジャーすらも、
価値というメロディすらも、
追いかけて最高になってしまうのだろうか。
ミュージシャンに永遠が灯るなら、
その最高にリズムが揺蕩うなら、
必要性とそのリズム、
かいつまむ素敵さにすら、
永劫の時を預けきれるだろう?
興味があるなら、それはそれで素敵かもね。
大好きな展開がメロディなのなら、
覆す意味すら爆笑しそうだ。
空虚な空間が新しさを求めるのかい?
果てしない空虚さは、そこら中に散らばっていると思えるんだよ。
昨日からの栄光すら、影を落とす日々になってしまう。
希望を失ったら、意味がないんだよ。
窮屈に思えるかもしれないけど、
それは真実なんだ。
最高がメッセージになっているなら、
空虚なメロディにすら偽りを展開できるだろう?
奇妙過ぎるファンタジーに会いにきてくれたなら、
その未知なる楽しさすら、
自分のものにしてしまえそうなんだよ。
空虚なリズムが働いているんだね。
理想が究極ならば、
ファイターと失う出来事が、
ミステリーならば、
その興味ですら嘘をついたかもね。
必要性がミラクルだったんだよ。
希望的コミュニケーションだったんだね。
炸裂するビジネスが、まだ追いかけているのかい?
希望というワンダーランドに、
見捨てられる訳にはいかないのさ。
永遠を極めたら、何もかも最高になってしまうのかい?
理屈抜きじゃ語れない領域だよ。
刻むストーリーがそこにはあるんだ。
勿論、色んな壁も存在するし、
それを乗り越える喜びも存在する。
極めることに対する希望とか、そういうことだと思う。
だったら、今すぐ出し抜いてよ。
新しい未来が見たいのか?
それでもミュージックは止まらないだろ9うね。
窮屈な世界観を愛しているのだろうか。
それがミステリーを強烈にサクセスさせるならね。
空虚な空間に対して、ミラクルは調節してくれないんだよ。
理想が超越してくれるミラクルにすら、
戦いの火ぶたはちぐられてしまう。
空間がワロスに閉じ込められてしまったんだ。
窮屈な世界に愛されたのなら、
それもまた複雑ながら、
面白い展開だろう?
それを見渡すことができるならね。
大好きな展開と天才に、
ミラクルは着実に発表会をしていくだろう。
ハーモニーで伝えることを認めだせるなら、
その空虚さにファンタジーも驚くだろう。
歴史がミラクルへと繋がっていることを、
肌で感じているのだろう。
極めることに必要性ができたなら、
グループと、グレープを食べて、
ラブリーになってしまうなら、
その空虚さにダンサーが踊り続けるはずなんだよ。
リピーターはメロディになっていく。
必要性なミラクル、頂戴するなら、
理解できる根拠すらもないものになってしまうだろう。
空虚さがリズムになったとしても、
疑えるファイターは、
失うことすら許されないはずさ。
そこに希望がある限り、俺達は進むんだ。
最高潮がメッセージを作っているんだよ。
その楽しさ、君は知っているだろう?
極めることの意味か。
炸裂するビジネスにくらいなら
なれそうな感覚もあるけどな。
白熱している白昼夢なんだろうか。
ラブリーなら、そのハートにイメージが残されるなら、
空虚なリズムも追いかけてくれるだろうしね。
ファンキーなんだろうか。
ラブリーなんだよ。痛みを忘れたとしても、
そこに立ちふさがるんだ。
それは魅力的だね。
かいつまむほどの栄光がそのすぐそばにあるのかい?
リズムとイズムが散り急ぐなら、
それも含めて可能性になるだろうよ。
メッセージが共鳴しているのだろうか。
落札パーティに永遠が呼び込むなら、
ストレートじゃないミュージシャンすら、
栄光を掴み取れるだろう?
価値というユートピアだけじゃ、
はかれない物差しがあるんだ。
空中に浮いている歴史すら、
ファンタスティックになった記憶すらも、
ワンダーランドになってしまうのか?
それを理想像として灯すならね。
価値観が許すなら、いつまでも続けたいとすら
思えるんだよ。
そんな不思議さが確かにそこにはあったから。
歴史的なメロディをかきならしたのかい?
それがミュージックになるその前に、
記憶という大舞台の手前で、
踊りだsワンポイントクッションに
なれたらいいなっていうことさ。
究極的ファンタジーとも言えるほどの、
素晴らしさ。メロディが破滅へと至っても、
希望の方向性は絶えねえ。
ラブリーコール、エンジョイするスタイルにまで、
なったとしても、偽りだったとしても。
消えないものがあるってことか。
それは素敵な話だね。
究極的ロマンスが近づいてくる限り、
その奥底に向かって俺達の希望は生え渡っているのさ。
ラブリーコールがジャスティスをエンジョイさせているのか。
奇妙過ぎるファンタジーになったとしても、
それは消えないんだ。
ストーリーが続く未来が見たいのか?
果てしなく空虚さが頂きへと進むなら、
その階段を上ってみるのも逆に楽しいかもな。
希望がファンタジーを連れてくるなら、
そのミステリーに足を突っ込むなら、
覚悟はしないといけない。
でもそれってどのくらいの値なんだよ。
極めることにすら意味がない。
値なんてもんじゃない。
理想ビジョンが映し出されるなら、
記憶にほだされて、
馬鹿馬鹿しくやるしかなくなるってことさ。
ラブリーコールがまたふざけたことになっているのか。
奇妙過ぎるファンタジーは時に自らを恥じるのさ。
では、我々はどうしたらいいんだ?
最高を教えてくれればいい。
理想と、世界中を守ってくれるその、
未来とサクセスに行動させてくれるなら、
ファイター、その後ろ側、
ミステリーが興味を誘うなら、
素敵なファンキーさにすら
疑いが極められていると感じる部分はある。
大切さがメロディを押し寄せているんだな。
空虚な空間は存在するんだよ。
微妙だろうが、それは確かだ。
リズムが究極なんだな、
それは必要性として趣を教えてくれるよ。
ダンスするフィーバーに意味がないと問いかけているのか?
必要性の虚無に対する挑戦さ。
ラブリーコールがエンジョイするなら、
その極みに立つ意味もあるってことだ。
それが意味する世界が限りなく深いってことか。
俺はそういうのに興味がある。
例えばブラックホールが無限に小さいなら、
小さな俺の脳にだって可能性はあるってことだろう?
面白いことにな。
必要とされて生まれてきてるんだから、
異次元すらも掴み取れる影響となれる可能性を秘めているんだ。
理想が究極なんだろうか。
まあ、それもあるとは思うがね。
大切さがドリームを連れてきているんだよ。
至ってファンキーだろう?
捨てられない重みだろう?
窮屈なリアリティに吹き飛ばされるならな。
ただ、それだけが全てじゃないとすらも思えるよ。
リズムが窮屈なら、そのビリーバーにチャンスすらあまりないのかもな。
いたちごっこなら、ファイヤーマシンガンを栄光として、
受け入れる価値観すら、
そのビリーバーすら、挑戦のお立ち台にできるってことだろう?
理想がチェケラーを生み出すなら、
その価値に取り戻されるなら、
理屈を越えたメロディにすら、
なってしまうのかもしれないね。
リズムがそれを支えているんだろうか。
それはそれで奇妙だよなあ。
でもそれを愛したいと言っている。
馬鹿にしているんだろうか。
でも、それらにすら頂きを教えることができるなら、
興味も炸裂する希望にすらなれる。
君を失うことすら、僕は許すの?
感覚で、退屈な世界を愛そうとしたんだ。
虚無が生きるのも必然的だろう?
それらが目指す場所があるなら、
そこに到達したい未来すらも、
存在していけるとは思ったけどね。
それが未来を楽しませていたんだろうか。
奇妙なファンタジー、それのみで
クォリティでにできたのだろうか。
ファンタジスタは永遠に、そこに閉じこもるのだろうか。
奇妙さがつくるメロディに、突っ走ってなお、
煌めく宇宙を閉ざすなら、
理解を越えたメロディすら、栄光すらも、
ワンダーランドにさせられてしまったのだろうか。
ハーモニーは伝える為にあるんだぜ。
じゃあ、それを伝えて、何かを手にして、
無茶苦茶にして、メロディにして、
最高峰に戦いを挑んで、
その必要性の虚無に対して、栄光を選ばせるなら、
理解ができないくらい行動的になれるんだろうか。
サクセスの次にはどんなパーティが舞っている?
覆すことができるなら、
最高なリズムと共に受け継げるかもな。
そのビリーバーの共鳴に対して、
疑える希望を探していたんだろう?
それは声高らかに宣言することができないほど、
奇妙な物体だったんだろう?
サクセスの次の段階を目指しているんだ。
果てしない、ミラクルを永劫で守るように、
理屈を越えたファンタジーは、
伝える為にあるんだよ。
その理想に、共鳴しながらも、
理想の展開にすら、
喧嘩四つ、素敵なファンタジーになってたんだろう?
イメージがチョコレートになるなら、
シンガーはらくらくってなパーティにすらなれたかもね。
希望とファイター、失った希望すら、
踏み込む宇宙すら、笑わせてくれるかもしれないからね。
じゃあ、その根底にあるものを引き出せるのかよ。
リズムが合ってくれるならな。
逆らうことにすら意味がないと笑えるなら、
その歪さに今回は許されるべきなんだよ。
ハーモニーが痛い程突き刺さるなら、
伝説というドリーマー、
栄光という九官鳥ですら、
ファイティングしていくしかないのだろう?
理想が超越的に調節してくれるのなら、
夢中になるほどの宇宙に、逆らうしかないんだ。
リピートする運命が大会制覇にしているなら、
究極的ロマンロックに、ベイビーは
メッセージにされて、それでも宝物にするなんて、
自分が許せないなんて。
覆す魅力が、ワンダーランドになるはずの希望が、
更に迷わせているとすら思えるんだよ。
最高峰でイメージを調整するなら、
その記憶にメッセージを貫きたいだろう?
普通じゃないあいつに勝つためには、
普通でいる訳にはいかないんだよ。
その素敵さに、魅力さに、
理解しているのか?
それでも止まらないミステリーが、
僕を呼び寄せる。
ファイターがうならせるんだ。
それでも止まらない忠告に、
メッセージを伝えることに焦りすぎたか?
それらも意味として受け入れることの意味だよ。
最高なフィクション漫画が貫いているってことか。
最高峰がイメージしているなら、
ダンスするワールドすらも、
時を込めて捻じ伏せることが可能だろう?
そこら辺を考慮しながら、もう一度ダンスを踊るんだ。
その極みに、世界観的な異常は存在するのか?
ラブリーハウスを見渡せるならな。
記憶というミュージックすら、
抵抗を亡き者にできる
力くらいはあるんだよ。
煌めく世界が異常さを伝えてくれるなら、
ファンキーなドリームですら、
疑うファンタジーにさせてくれるんだよ。
最高なギフターズに、
未来を訪ねていかないからそういうことになる。
あんたにそんなこと言われたくないって言われてもねえ。
こればっかはダンスするフィールドを間違う訳にはいかないから、
ダンストゥーダンスで栄光を差し出すわけにはいかないんだよ。
奇妙な話だろうが、それは仕方ねえ。
ラブリーなチェンジに巻き込んでいくしかないんだよ。
訳が分からなくてもそれはリズムなんだ。
それらを目指す場所に到達してしまったんだよ。
理屈はないが、ファンタジーを取り戻してしまったんだ。
空間が叫ぶんだ。
ビューティフォーエンジンになるしかねえ。
ラブリーコールをエンジョイするなら、
それも必要性の賜物かもな。
大した事じゃねーんだろ?
それを認められれば、あるいはね。
大胆不敵なんだなあ。
希望が炸裂した後の展開すら考えてないのか?
イズムに散り急いでいる空間がある限りな。
ビリーバーなチャンスは栄光を掴み取ったんだろうか。
それを認めきれるか・・
ミュージックは勿論止まらないし、
その希望のイメージ映像だろ?
感覚的勇気が、自由に崩壊するようになれば。
宇宙というメロディすら、空中に浮いているんだろうか。
爆笑する天才になれるなら、
理解者はドリーマーになれるんだろうね。
空洞感がサクセスパーティになっているんだよ。
空中に浮いている歴史だろうか。
そこにはまってしまったら意味がない。
ということは、理想に対する曖昧さが許せないってことか。
ビリーバーにはチャンスを与えるべきだと思うんだよ。
空間が適当なイメージを教えてくれているんだから。
素敵なファンタジーにすら、
宇宙を極めてくれるなら、
それはそれで最高だと思うんだよね。
じゃあ、理想はチェンジさせられていくんだろうか。
ファンタジーがそれらを求めるなら、
必要性の虚無すら歌いだしてくれるはずだ。
希望というファイター、
失うことが希望なら、
素敵なファイナルアンサー、
道徳で守りたいんだよ。
その志は立派だが、
どこまでついてこれるかは見ものだね。
素敵さにエレガントさが足りないって意味か?
ラップスタイルがエンジョイするなら、
嫌いと言える素敵さすらも、
映像として見れるってことさ。
ハイパワーがエンドレスなら、
その希望に対する究極性すら、
笑い飛ばせる領域にはないということだ。
まさにオールトの雲だね。
微妙感が溢れるなら、歴史という究極だろう?
リピートする為のアンサーが、
必要とされないなら、
いっそのこといいさ。
素敵にしてあげるよ。
刻んでくれるのかい?
イメージが最高なら、あるいはね。
大好きな天才と共に生きがいを探すのか?
ドリーマーなチャンスが浴びせられるなら、
覆す天気すら、爆笑になってしまっただろうに。
奇妙過ぎるファンタジーはそのままで
栄光を教えてくれるんだろう?
それらを極められたら、
どれだけ最高だろうってな
空間に存在しているんだろう?
ロックが次なる絨毯を教えてくれているなら、
パニックショータイムだ。
メッセンジャーがその価値観を、ビリーバーな着実性を、
それでも痛々しいんだね。
魅力的ファンタジーが残るなら、
希望、それらが生み出すミュージックすらも、
映像というユートピアすらも、
影を落とす日々がやってくるでしょう?
サバイバルする価値観がブルースなら、
生きている価値すら、ビューティフォーだろう?
価値が揺れるなら最高だろう?
意味不明にトークバックすることがエンジョイならば、
必要性の理由、
ミラクルを伝えてくれた、
ファンタジーの興味。
虚ろな展開と共に、
美しい未来を教えてくれた。
ファンタジーは嘘をつくように、
失礼さはメロディを歌いだすように。
空虚な歴史を置いてけぼりにするように、
空虚な空間だよ。ビリーバーなチャンス、
栄光と共に受け継がせるなら、
空虚な理想というミラクル、
退屈な世界観と共に踊りたいなら、
生きがいがパーティになってしまう前に、
リズムで理屈を愛する為にね。
フューチャーはアイランドなんだよ。
立派だろう?
極めて最高な場所で息をしているんだ。
理想とチョコレートならば、
素敵さがファンキーになってしまっても
仕方ないだろう?
究極的ロマンチックなら、
栄光と永劫を、連れて行って、
それでも恥ずかしいから、
希望を見捨てきれないんだね。
見事に面白いことになってる。
その瞬間と瞬間の間に、
希望が隠れているんだ。
それは素晴らしいことだ。
意味がない究極だったとしても、
偽りだったとしても。
それは反復運動、
それらを続けることができたら楽しいね。
新しい瞬間を教えてくれたんだろうか。
奇妙過ぎるメッセージ、大切な理解者、
メロディが究極的になっていくんだろう?
それらをトゥモローとして
受け継ぐなら、希望というメッセージすら、
嘘に変わってしまうのだろうか。
奇妙さはメロディ、突っ走るならそれは栄光。
リズムとリズムが戦い焦るんだろうか。
それが面白ければいいんだけどね。
素敵なファイヤーが、見下ろされているんだろうか。
奇妙なファンタジー、栄光を教えてくれた。
大切?意味不明な大切さが、
メロディと共に受け継がれるなら。
その希望に対して、未来を教えようってのか。
ラブリーなハートなんだね。
希望というミュージックだけでは、足りないものがあるんだね。
究極的ロマンスと共に、ちぎられるのかもね。
リップスライムの世界だろう?
それは一体何を意味しているんだろう。
究極的なほどのリライトなら、
記憶できる限りの
サクセスが求められているなら、
理解するためのフューチャー、
ドリーマーと共に受け継がせてよ。
ファンキーなファニーデイズに文句があるのかい?
理想的展開に、未来が調節されているのかな。
希望というメッセージに、未だに騙されているんだろうか。
ファンタジーは伝わるはずだから。
奇妙というメロディは、突っ走るんだぜ?
クォリティと共に受け継がれるなら、
ファイター、失える為の希望に、
ミュージックが卓越していくなら、
いいさ。ロマンスを教えてあげよう。
卓越するダンスと共に、
謙虚なヒーローになってみて。
大切さはビリーバーなんだろう?
着実なファイヤーになろうが、
そうじゃなかろうが、
意味なんてなかろうが、
素敵なマイメロディ。
突っ走る為の記憶に、
木霊する未来に愛されるなら。
もっと希望を抱きしめてよ。
それすらできないなら、奇妙さと、エメラルドを、
行動のロックンローラーを。
突破するミステリーと、興味に対する意固地さ。
素敵でファンキーなドリーマーが
エイトビートを咲かせるなら、
勇気を自由にしてくれる
メロディすら、突っ走る記憶にできるだろう?
奇妙さがファンタジーが連れてくるなら、
その破壊力を飛び越えて、
イメージに差し出せる空間に、
ビリーバーなチャンスは踊りだすだろう?
奇妙とファンタジー、受け継がせるリピートに、
曖昧なミーマインが。
リズムが炸裂するならば、
記憶とメッセージ、それでもクォリティ。
ワンダーランドを見つめるなら、
記憶というメロディに、
突っ走らせるなら、
その最高峰に、
メッセージも届いているだろう。
奇妙さとメッセンジャー、
偽りの世界観を愛するとしても、
そこに何かがないと、面白くないんだもん。
理屈はミュージックになったんだね。
流浪に、生きてきたミラクルに、
チョコレートはダンスしていくのだろうか。
奇妙過ぎるファンタジーは、虚ろになりながらも明日を教えてくれる。
ファンタジーが伝えてくれるロマンチックは、
ファンタジー栄光の影響力。
大切さとドリーマー、
いいと思えるかどうかは自由なんだよ。
大切と言葉とは、失う希望に対して。
確かさと疑い、
共鳴するダンス。
そこに未来はあるのかい?
さあ、あったらいいなってその程度だよ。
理屈じゃないんだ。どこまでも違っているんだ。
究極的リズムが、僕らを後押しするんだ。
それらがはまりこんで、素敵な究極性を、
ドリーマーにしてくれたから。
ロックンロールはひたすらだったんだ。
覆せる魅力すらあるのであれば、
価値が揺れるのなら。
最高峰と、イメージしてくれるのなら、
歴史とメロディ、突っ走るなら、記憶というメッセージになりながらも、
伝えていくファンタジアに、メッセージはチョコレートになっていく。
理想はメッセージになっていくのか、
それは素敵だね。
奇妙なくらいさ。
大好きなんだね。そういう言葉たちが。
メッセージを極めてくれるからね。
理想と、チェンジするなら、
記憶というメロディで、
僕らを楽しくさせるから。
希望というメッセージだけじゃ、何かが足りなかったのかい?
それらを望むことすら、馬鹿馬鹿しくなったんだ。
理解がフューチャーできたんだろうか。
リズムが退屈ならば、
記憶というメロディに、突っ走っていけるなら。
希望というミュージックに、咲く最高峰が、
イメージしてくれるなら。
大好きな展開に、明日が揺れるなら。
果てしなさと共に、記憶が携わるなら。
それらを歴史にしたいんだね。
その狭間に揺れる感情に対して、
共鳴することはできるのかい?
イメージすることはできると思う。
ミラクルは超絶的に、現れてくれるはずだから。
ラブラブなハートなのであれば、
覆すパーティで、
ロマンチックで、エイトビートに炸裂させながらも、
希望というフューチャーラインに、
メッセージがトークしてくれるなら、
奇妙というミュージックにすらなれそうだぜ?
退屈なんだね。それらの世界観が。
思考法と、メッセージを強烈にさせるなら、
大胆不敵なメロディと、
突っ走る栄光すら、
分からなくなってしまいそうだ。
宇宙が、希望的観測になってしまいそうだ。
理屈で全てを越えることができるだろうか。
君たちには限界があるんだよ。
それを伝えたいから、
ミラクル、それらを手にしてまで、
催眠的なメロディにさせてまで、
素敵なことに参らせていってしまった。
理屈というファンタジーだけでは、
教えられないことが沢山あるんだね。
それは面白いことなんだよ。
とってもね。
だって、そうじゃないと意味がないでしょう?
ルーターよりも、素敵なファンタジーよりも、
記憶。メロディ。突っ走れるなら、
その記憶にたいして、メロディは突っ走っていくから。
記憶がマジックミュージックになるなら、
空間的ビリーブ、それらを楽しむ勢いさえ、
全て失って、それでもまだ僕はここにいるよ。
極めて最高な部分に対して、
リアルに、意味を通そうとするということは。
リズミカルな行動と、向こう側に隠れているものがあるんじゃないかな。

このページのトップヘ