ライムキング

らいらいの日記

2018年07月

ラブリーハートが見つけてくれているんだね。
脚注はあるけどラスベガスな君の未来とは、
嫌い出す運命の違いとは、何を育む?
素敵なファイナルアンサーがそこにある限り、
僕も見捨てることはできないんだ。
その奇妙さにアテンションをプレゼントしたいんだ。
奇妙でしょう?笑いたいでしょう?
ロックンロールが東にのぼるならな。
理解と共に受け継がれるなら、
その記憶はまた爆笑していくだろう。
パニックパーティにでも行くつもりか?
ラブリーチェンジで見せたかい?
そのラップとロックンロールは、
ひたすらを声高にメッセージにさせてくれるのかい?
ハーモニーが歌いだす展開に、
ミステリーすら興味を卓越しながら。
究極的ロマンロックに、
歌いだす行動で示したくなったか?
未来は調整と挑戦を預けてくれた。
ラブリーコールでエンジョイしていったんだ。
それは未来に抵抗させるのかい?
果てしない距離を生み出すならな。
その最果てに何を望むんだい?
空間とエイトビート、
ミュージックは、楽しい。ひたすらに楽しい。
奇妙さがカテゴライズだ。
全てのことを覚えてるっていう風な
その奇妙な前提が、
そもそもおかしいのさ。
ラブリーコールを見つめていたのかい?
リズミカルなファイターに、
虚ろになる天才として明らかにさせられるなら、
大好きな展開と共に、
炸裂するビジネスと共にオーライしていきたいぜ。
興味が炸裂するブルースで、空虚なリズムに。
ファイティングする影響に、
ぶっ飛んでいく価値観すら、
ミュージックすらファイトしていくんだろう?
奇妙さとファンタジー、クォリティが異次元だろう?
最高がうなぎのぼりならば、
素敵なファンタジーを越えていきたいかい?
リズミカルがこれらを読むファンタジスタならば、
希望的観測、宇宙に差し出していけるなら。
悲しみが差し出す未来がある。
究極なら、そこにロマンロックがあるなら、
果てしない世界は花開き続けるだろう。
興味がないかい?
そして少しだけ眠い。
興味が無いからサクセスを、
ラブリーにさせない、ミラクルだ。
気持ちがランデブーにファイティングされているのです。
それは奇妙ですねー。ワンダーランドですねー。
食いつぶすことすら馬鹿馬鹿しいと?
イメージを調整する僕を馬鹿馬鹿しく頂戴するのか!
そこにイメージがある限り仕方ないじゃないか。
果てしない未来に対しても君は願ってしまったのだろう?
でもいかれてもサンシャインだね。
素敵なファイティングなら、メッセージとして
受け入れることすら馬鹿馬鹿しくなってしまうかもな。
刻んだ明日に未来がないってことか。
ファイティング夢中なら暴走中って言い方もできるね。
かいつまんでリアルがフューチャーならば、
歴史的スクラッチにすら削られてしまうってことさ。
リズムが強制的に慌てだしているのか?
空虚なリズムが方向性をガイダンスしているんだよ。
つまり崩壊し続けているんだ。
それはイメージを共鳴させ続ける。
そこに儚さを散らすつもりか?
ダンスタイムが迫っているんだ、
奇妙で素敵なファイティングはチョコレートだろう?
意味不明な体感温度にジャスティスが飲み込まれるなら、
活動的展開すらワンダーランドになってしまうだろう?
空中にラブリーが展開するなら、その面白さでもあると思うんだよ。
覆すことへの興味か。
それも素晴らしいと思うけどね。
リズミカルなファイターがまだ嘘をついているのか?
奇妙なことにね、疑いは晴れてくれないんだよ。
そこにどれほどの未来が存在するんだ?
世界中に歴史がファンタジーならば、
うろ覚えでさえ、そんな世界にさえ飽きてしまったんだろう?
俺は何を望んでいるのか、問いかけているんだ。
それを自分自身にだろう?
奇妙なファンタジーだな、
クォリティをそこまで求められる人間は中々いないよ。
自分の命の意味に気づけたかな。
ファンタジスタはそれでも生み出すことを笑い出しているはずだから。
未来が嫌いになったのかい?
奇妙とうつ伏せならば、
素敵なファイナルアンサーですら
呟ける鼓動を忘れてくれると思ったんだよ。
覆す興味はいつだってハーモニーを奏でているだろう?
そこまで到達できる奴がどのくらいいるかな。
まあ、君は好きなようにするがいい。
適当に生きればいい。
そこそこ幸せなら満足だろう?
歴史的ファンタスティックが今日も・・
異常が炸裂しそうなのかい?
奇遇だな、サクセスはワンダーランドになるはずさ。
クォリティが声高らかになっていくなら、
理想とチェンジし、未来を光景で笑い出す天才に、
魅力的にさせたのは誰だよ。
奇妙過ぎるファンタジーに、
影響力がぶっ飛んだと感じたのは誰だい?
奇妙さがいたちごっこになるのは、
ファンタジスタな恋愛トークにさせてしまう理由とは。
希望とファンタスティックとは。
エネルギーとは、その歪さとは。
エネルギーを越えていきたいと願えるかい?
奇妙なファンタジーを尽くしているね。
素敵だとは思えるよ。
覆す魅力が果たしてそこにあるかどうかは、
勿論分かったもんじゃないけどな。
リズムが炸裂することを爆笑しているのかい?
奇妙さが目指すなら、僕はことごとく嘘すらも
言えちゃいそうなんだよ。
空飛ぶゾウだ。まるでダンボだ。
大切な言葉とストーリー。
発表会はリストアップ。
可能性と共にドラマを歌うぜ。
極めたら最高峰なのだ。
イメージが調節している大切さなのだ。
奇妙がファンタジーなのだ。
理解できないかい?
努力をサクセスに近づけるなら、
言葉ですらも踊りだすさ。
さあ、最高峰のリズムを教えてあげよう。
僕についてきて!
ファンキーなドライブ、
でも持ち合わせがない。
究極的ランデブーならば、
価値を追いかける僕たちですらも。
理屈はないが最高だった。
イメージが調子よく、最高になっていくなら。
理想と展開力、
ファシズムの伝える最高潮だ。
イメージが調整してくれるなら、
ファイティング、チョコレートへと変わっていってしまえるなら。
理解と統率するドリーマー、
健康的ラブリーに挑戦させるのさ。
嫌いになるほど影響力がぶっ飛んでんだ。
最高潮にサクセスする僕ですら必要ないの?
爆笑な温度はハクナマタタさ。
いわゆる残念すぎるのさ。
最低かい?あるいは最高かい?
最高に最低、
つまり最低な最高。
覆すリミットすら、
影響力を引っ張り込んでしまうのさ。
覆すことに対し、興味があるなら。
炸裂するダンスを届けてあげるよ。
奇妙でしょう?困るでしょう?
究極的ロマンロックは、
歌いだすのさ。
ファンキーだろう?
路頭に迷いそうだろう?
世界観、未来に共鳴しそうだろう?
でもラブアンドラバーは一体どこへいくんだ?
価値とユートピアの方向とは?
リズムがチェケラーしているなら
そのファイティングの方向もリズムで分かっちゃうだろう?
そこに到達してるけど分からないって話か?
興味がないなら捨てることすらできないのさ。
その程度のものなんだ。
嫌いになるほどの抵抗がそこら辺にあるならね。
空間的ラブリーの超越性の話だろうか。
奇妙過ぎるファンタジスタは、
恋愛トークを差し出して、
それでも未来を笑う為に屈辱的な、
ファイターを目指すのだろうか。
幸せの定義はどんどん変わっていく。
理想との距離が近づいていく。
歴史と僕が果てしなく理解を興味を示す。
太鼓判を押す、僕のことも嫌いなの?
興味がサクセスするなら、
その希望に嫌いというなら、
素敵でファンキーな路頭に迷うまで。
スタイルとロックンロールだ。
リズミカルな行動と美しさならば、
ファイティングロードでチェケラーファイトだ。
埋め合わせする天才が面白いか!!
ゲットコミュニティと共に炸裂させてやるぜ!!
ファンキーなドリーマーと共に描いてしまったか??
屈辱的だぜ!まさに恋愛トークだぜ!!
美しい未来が超絶的に、
ラブリーハートになりそうだぜ!
覆しそう?
ラブリー、ブッキングしてやるぜ!!
ファンキーなドラマ?太鼓判を押させやがって。
ファイティングポーズに失いやがって。
理想とチェンジする未来が、
大胆不敵な活動に
天才的ドリーマーですら、描いてしまいそうだぜ!
クォリティが異次元ならば、
ファイター、ロストプラネットに嫌いになっちゃうように。
理解するフューチャー、
あのドレミが忘れられない。
ドレミファソラシドだ。
価値観という名前の自由で、
いろはにほへとだ。
理屈に影響力ぶっ飛ぶなら、
楽しさでまきちらされるぜ!!
ファイティングプリーズをさせそうなら、
奇妙さと共にファンタジーーイイイイ?
ラブリーチェンジとまくしたてるぜ!
ロストプラネットに嫌いになりそうだ。
究極的に踊りだしそうなら、
ファンキーなマシンガンオブミュージック。
リライトしてくれるということは。
リズムがチェケラーファイティングだから、
狂気のサクセスワンダーランドだぜ。
食いつぶす最高峰がイメージされるなら、
空間にだって最高峰は描けるのさ。
素敵な影響力にぶっ飛ばされるのさ。
覆すファイター、
ひたすら楽しくて楽しくて仕方ないんだ。
窮屈な世界すら愛せたんだ。
極め続けたリピートがあった。
意味不明なトークライブかい?
メッセージが調整する運命にあるなら、
空虚な究極、
理想と天才的な展開で、
ミステリーを興味にさせていけるなら、
行動的ロストジェネレーションで、
数ははからずとも、素敵素敵素敵!!
ファンキーなドラマであり、
ストレートが存在するなら。
極め続ける最高峰だぜ!
イメージが超越するバカらしさだぜ?
クォリティが異次元ならば、
取っ払う最高峰にイメージが調節されるならば。
嫌いでありファンキーであり、
僕たちの希望なら。
ミュージックの充実度。
サクセスの今回は、
理想を超越してなお
突き進もうとする希望に、
ファンタスティックアイランドを見つけてくれるのさ。
リズムが炸裂する今を大切にしてくれるのさ。
ファンキーなドリームですら、
描いた究極ですらも。
傾向がサクセスになろうが、
回転しようが、関係ないんだ。
理想が超越してるって話か?
奇妙なファンタジスタと
永遠が踊りだす空間に、
ビリーバーが調節してくれるなら、
ファンタジスタと恋愛トーク?
馬鹿馬鹿しさと共鳴する
疑いのないラブリーが調整してくれているのさ。
至ってファンキーだろう?
路頭に迷う僕たちですら馬鹿馬鹿しいだろう?
興味がサクセスならば、
ファンタジスタ、影響力、
馬が二匹、鹿が二匹、全部合わせると馬鹿馬鹿しくなっちゃう。
言葉に愛を足すと嗚呼、たちまちに。
リズミカルなファンタジスタ、
永遠へのトークしていく。
ドリーマーなチャンスを浴びせるように、
活動的展開で美しいと思えるほどに。
究極的ロマンスで、歌いだすファンキーなドリームを、
描いてなお突っ走ろうとする君たちに。
興味を示して、大胆不敵になって。
理想と超越していくミステリーと、
それらが生み出し続ける興味に対して。
ラブとスマイルよりも、
興味があったのはライクライクだったから。
奇妙なファンタジスタが現在だったから。
奇妙さはただならぬ世界を描いていった。
必要とする為の究極は、
ロマンスと共にエイトビートをサクセスにさせていった。
なぜならば、届くならば伝えたい。
リズミカルなファイター、
歌いだす運命と共に、
覆すパーティと、移ろいゆく天才と共に。
ファンタスティックなドリームで、
展開を彩るなら。
究極的ロマンスでいたちごっこな
ファイターにロストチルドレンを、
まき散らすように、空間はビリーバーに。
調整させるように、
ミラクルは頂戴させるように。
運命が分かった気がした、
その日々は、舞い散る木の葉を素敵に
ファンタスティックにさせてくれた。
疑いはミュージックを、
嫌いなメロディは抵抗を、
差し出してなお共鳴するファンタジスタ、
永遠が訪れる。ファンキーなメッセージだ。
堂々とミラクル、挑戦的ファイヤー。
理解している究極的ドリーマー、
描いた僕と調子にのった素敵さ。
ドリーマーなチャンスを追いかけたんだ。
クォリティが異次元、
突破したファイターですら、
失うことですら、
魅力的なファイティングなんだ。
ロストプラネットが確実に。
生きているファイターがロケットマシンガンに。
素敵なファンタスティックを名乗るのであれば、
素敵さとファンキーに、路頭に迷える失礼に、
大好きな展開に、ワンダーランドは溶けていく。
大好きな展開がミラクルになるから、
それに対する興味さえも歪なものだろう?
空間的ラブリーは超越するのさ。
ミラクル、ところてん、
炸裂するビジネスと共に、
世界観は宇宙を差し出してくれるんだ。
パニックで影響力が。
ぶっ飛んだ価値観にさせてくれるんだ。
大切な言葉とエンジョイがストーリーなんだ。
奇妙なことに、ファンタスティックアイランドが
密着してくれているんだ。
ファンキーなドリーマーだろう?
屈辱的だろう?恋愛的だろう?
サスペンスを伝えてくれるなら、
ファンキードリームだよ!
永劫の時を歩いてみないか?
サクセスのパーティ、
ロマンロックなファンタジーすら、
描いて素敵なことにすら。
栄光のワンダーランドにすら、
描いて究極的に。
ロマンロックパーティなのさ。
クォリティが異次元、めっちゃ素晴らしい。
残酷ならいのテーゼ。
らいがメッセージを送るだろう。
サスペンスは伝えだすだろう。
ファンキーなミュージック。
それのみでは止まらない、メッセージに強烈に。
素敵なファンタジーを描くように。
活動していくように、
傾向はサクセスへと近づいていくから。
理想的な歴史であり、
ファイティングが運命ならば。
大切な言葉は、エンジョイパーティだ。
失ってきめ細やかになったとしても、
覆すリピートなんだ。
運命的にワロスなんだ。
覆すパーティに、
ロマンロックすら歌いだす。
ファンキーな路頭に迷ったままで、
素敵な好きなマッサージミュージック・
パニックになってしまったら。
覆すリミットと共に、
覆す魅力すら。
意味が分からなくなってくる嫌いにすら、
それは影響力なのかい?
イメージが着実なんか、
影響力、それなりにヒップホップにさせてきた。
その未来がここにあるならば、
素敵さと共にぶっ飛ばせる感覚になれたはずだった。
ぶっ壊れ性能、埋め合わせできる伝説なのであれば。
覆すための魅力的に交換させなさいや!
ドリーマーとチャンス、ファンキーなモンチッチと共に
歌いだすことにしましょう。
ラブリーハートを見つけることすら、
興味として示しましょう。
メッセージは行動としてロストチルドレン。
埋め合わせする天才として、
受け継がせるファイター?
ロストプラネットとして、
どーまんせーまんですか?
リビングデッドな価値観が、
ミュージックファイヤーになってしまうのなら。
正しい未来が頂戴している。
ラブリーな世界観が差し出せるなら、
空間とラブリー、超越性すら自分のものにして。
ラブリーなチェンジすら、バカらしさにエンジョイさせて。
奇妙なミュージックすら、ファイターになってしまうとしたら。
覆すリミットに、ファイヤーサインを出したいぜ。
リミックス、歴史的なドリームであるならば。
素敵さがファンタスティック、恋愛模様だよ。
覆すファイターにすら、うつ伏せしてしまうのさ。
ロックンロールなパーティをロマンロックにさせてしまうのさ。
覆す興味に対して虚ろになりたいかい?
大切な言葉とミュージックさ。
ファイヤーマシンガンなのさ。
覆すリミットで歌いだすのさ。
ファンキーかい?ドリーマーかい?
着実なファイターかい?
ロストチルドレンなハッピーかい?
ロストプラネットな確実な世界観かい?
リズムで美しくあがきだすなら、
ファンキードリーム、描いてなお突き進む僕たちですらも。
覆すハッピーに対して、
ラブな列強が、イメージしてくれるのさ。
ファンキードリームを描いてくれるのさ。
パーティだろう?
ロマンロックなファンタジーだろう?
やり直したいかい?
興味があるかい?
指し示すパーティにすら、
一途なファイター。
ロストチルドレンなのさ。
リミックス、活動と展開上は、ラブリーになっちまうのさ。
大切な言葉としてのエネルギーが突破していくなら、
充実的なパーティに、
ロマンロックになってしまうなら。
屈辱的恋愛トークにすら、
差し出せる最高峰があるなら。
空間的ラブリーに挑戦権が移った。
ラブリーなホールである、延長線上である。
奇妙に折れ曲がった大切さ、
リミックス、活動の展開だ。
ラブリーホールで展開させていった。
ラブリーチェンジをまくしたてる。
ファンタスティックなアイラブユー、
世界観とのミスマッチこそが、
ダンスするメッセージを貫いていく。
歯がゆさに天才的に、
ドリーマーを描けるなら。
素敵さをミュージックにできるなら、
ラストなホワイト。リズムは着実に。
世界観は理想を超越していくから、
ファンタジスタな恋愛トークを続けていきたいのさ。
ラブリーコールでエンジョイさせてみたいのさ。
リズムが沈むぜ。
階段、チェケラッチョなパーティかい?
失う歴史と、ファンタジーはクォリティとして。
受け継がせるファイターとして、
失うことすら馬鹿馬鹿しくなる。
興味があるからこそ、しみ込むのさ。
素敵だろう?ファンタスティックドリームだろう?
死ぬまで死ぬなよ。
最後に残した言葉、
ロックンロールパーティだ。
失う力があるのだろうか。
奇妙さは未来を食べてしまう。
覆す距離を、理解させるように、
リズム、チェケラーファンタジーを、
越えてなお飛び続ける歴史を。
ファンタジーな光景すら、
置き忘れて、リズムにさせた。
運命にさせてしまった、
嫌いな方向性ですら、
ファンタスティックにした。
ロマンチストにファイティングチェケラー、
イメージが調整したミラクルに、
サクセスするワンダーランドに、
影響があるなら。
素敵なファンタジーすら、
栄光でワンダーランドにさせてあげるよ。
空虚な歴史と共に明らかにうつぶせになるパーティがあるなら。
覆すリミットと、受け継がれる思想。
ファンキーなロストチルドレン。
マジックショータイムだ。
受け継がれるパーティだ。
ロマンロックフェスティバルだ。
クォリティが高まって、希望がワンダーランドに
させたがっている。
興味はないが、
サクセスを求めている気がする。
ファンキーなドリームに受け継がせられるなら、
空虚なリズムと、統率力すら
ワンダーランドになっていくのさ。
世界5分前仮説が常に頭のどこかにあって。
リズムが最果てを目指し、
狂気を逆撫でる興味に、
サクセスストーリーが影響している。
それは半端な理想なのかい?
追及するためのミステリーはワンダーランドさ。
振り払い進むだろう。
俺を誰だと思っている。
らいだぞ。
最果てのドリーマー、チャンスを栄光にさせてきた。
大切さとクォリティが高めになっている。
理想像とチェンジしている未来は、
サクセスの為のストーリーすら、
ミステリーワールドすらも、
価値観という最高峰すらも、
形を失ったという記録的なマインドでは、
エネルギッシュなトークバックに、
エイトビートは炸裂していくのさ。
ハーモニーはそれで、疑い出すのかい?
奇妙さはファンタジーなのさ。
運命をとどろかせた馬鹿馬鹿しさかい?
究極的な広い世界に挑むなら、
準備をしっかり整えないとな。
リビングデッドな価値観を持ち合わせているのかい?
興味があるのは、今という瞬間。
全ては歴史に変わっていく。
心の移りゆく模様を、
全て言葉にしてみたいという
俺の喜びは、嘘だろうか。
退屈な未来だろうと、
興味がなかろうと、不思議だろうと、
関係ないのさ。リミットがあろうとなかろうと。
不思議だろうとそうじゃなかろうと、
今という瞬間に対して未来を見出さないと、
窮屈なんだ。
未来像が不思議なほどなんだ。
退屈な未来は呼び寄せるのかい?
ダンスするフォーエバーが価値観を認めればな。
それのみでは近づけないかもしれない。
でも大胆不敵な活動をしていく意味はあるだろう?
覆すパーティ、ロマンロックなのか?
イメージがチャンスになっているということは、
そういうことだろう?
イメージが無理やりだな。
ファンキーな路頭にすら迷ってしまったんじゃないのか?
リズムが攻撃してくるなら、
半端ないこの素晴らしさすら、
階段を上っていくしかないだろう?
そのランダムの中に、虚無とリズムがあったから、
面白いと思えたんだよ。
それは君にとって、そんなに馬鹿馬鹿しい概念なのかい?
奇妙だね。宇宙がそれらを包み込んでくれるとは思えないが。
リズムが協力しているんだろう?
そこら辺をサクセスにできないなら君たちの負けなはずだ。
だけど、君たちはきっと何かを求めて
この場所へ来たんだろう?
ハーモニーは伝えられるはずだ。
ファンキーなドリーマーと共に、
受け継がせることだってできたはずだ。
協力体制にあるはずだ。
未来を驚かせたいかい?
奇妙過ぎる不思議さに、
魅力を追いかけて、それでもどこかしらバカらしくて、
ずっと待ってたんだろ?この存在を。混在をさあ。
ダンスホールでエンジョイすることすら
魅力的に映らないなら、
結構だ。ラブリーハートを見せつけてやるよ。
ファンキーなロードにうつぶせになるなら、
素敵さと共に食いつぶせる気合いでもあるべきだと
思えるだろう?
覆せるファンキーと、そうじゃないミステリーがあるんだよ。
その距離すら分からないのか?
リズムに、影響力がぶっ飛ばすなら、
今という虚無に対して愛を宿しているなら、
果てしない、理屈もない、
この距離に祝福をしようぜ。
僕の作業は馬鹿馬鹿しい行為かもな。
だけど真実でもあるはずだぜ。
全てを研ぎ澄まし、宇宙を笑い続けるなら。
今だけを冷たい目で見るスタイルは、
気色悪いけど本来の姿なのさ。
リズムが、チェケラーファンタジーならば、
ゼロに変えられた僕たちの運命とは。
沈むぜ。ケセラセラパーティだぜ?
うなぎのぼりな最高かい?
イメージがチェンジしていく、
それに逆らい出す。
興味がサクセスワンダーランド、
サクセスする為なら、協力してくれるか?
イメージがチョコレートソングになっているって意味か?
まあ、サクセスの行動にもよるがな。
極め続けるパーティ、
で、協力内容というのは。
生半可な交渉なら、受け付けねえぞ?
俺に分かるように、分かりやすく、面白く伝えてくれないと無理だ。
ファンキーだな。そのスタイルが好きだよ。
でも分かった。ゆっくり伝えることにしよう。
君の成功を約束する。その代わりに、地球人の為に
ある程度の文章を書いてもらうだけだ。
ファンタスティックだな、
記憶が路頭に迷いそうだぜ。
まあ、文章を書くだけなら軽いかもな。
ライムキングにてめーらの本音を伝えようってか。
随分人使いの荒い奴らのようで。
まあそういうなよ。極め続ける
宇宙人ごっこも、楽しい未来なんだ。
リズムが炸裂しているのかなあ。
ブルースはその先に、どんな興味を見せるんだろう。
理解がフューチャーならば、
踊る僕たちですら笑ってくれるんだろうか。
実は、もう実用化段階にあるんだよ。量子コンピュータは。
その次の世界に関して、我々の間でも大きな議論が巻き起こっている。
大切な言葉とストーリーとは、
埋め合わせできる天才とは、
ミラクルが生む白昼夢とは、
それなりの希望を灯してくれるだろうか。
本当にファンキーな野郎だな。
面白い、これはすごいぞ。
面白い文章を書けば書くほど巨大な成功が待っているのか?
そもそも俺が何を欲しがってるのか分かっているのか。
俺は俺の望むものがなんなのか、探している途中なんだ。
とりあえず金とか権力は欲しくないか?
んー。そうだな、それも一つの用途ではあると思う。
でも目的そのものではない。
でもまあ悪い気分ではないかもな。
何をもって必要とするか、
その定義も含めて、色んな感覚だろうな。
リズムがチェケラーパーティならば、
失うことすら馬鹿馬鹿しく感じてしまうのかい?
君は素晴らしいぞ。エイトビートだ。
ミュージックなファイヤーが移ろいゆきだし、
天才的ドリーマーなチャンスをオーケーにしてくれているのは、
なんとも心地がいいね。
リズムが避けられない話題なら、
行動とサクセスパーティなのかい?
イメージをシフトした後には何が残るんだい?
奇妙さとマジックミュージックさ。
希望とチェケラーファイティングが、
ケセラセラを歌うなら、
僕の存在は一体どうなってしまうんだい?
大切な言葉とストーリー?
埋め合わせする為のダンスならば、
結構だ。文章の上ならばある程度自由にやってやろう。
で、対価はどんな形で支払われるんだ?
君の欲しいもの、全てを与えてやる。
リズミカルだな、俺は金にも女にもあまり興味はねーぞ。
大好きな展開なら、理想を追求できるだろう?
らいはらいが思う通り生きればいい。
ロックンロールなファンタジスタが、
リズムがチェケラーファイターなんだろ?
埋め合わせするロックンロールにすら、
ひたすらの力をこめるなら、
分かった、ストーリーを生み出す手伝いをしてやろう。
奇妙なファンタジーだな。
確かにあるていどちょっとした額のものは欲しいと思ってたところだ。
空中庭園、ずっと文章書いて生活できればいい。
リズムがチェケラーファンタジーになっていることも、
含めて理想に追求させるってことにも
なったのかもしれないしな。
半端な空気には興味ないんだ。
サクセスパーティならば、ファンタスティックドライブに、
健康的ラブリーなチェンジであり、
意味不明な行動とサクセスが伝えるならば、
ファンタジーアイランド、
夢中にワンダーランドならば、
栄光とサクセスワンダーランドならば、
チョコレートスタジアムになってくれるなら、
奇妙とそのサクセス、
あらゆる最善手を取り続けるべきだ。
ファイナルフュージョン、それを
見つめられる方向性も、リズムも存在するだろう?
奇妙さはそれなりのファンタジーを追憶の彼方へと、
運び続けているのさ。
ラブリーハートが密着にサクセスするならば、
希望とロックンロールティーチャー、
幅広い未来を、
卓越するダンサーすら、
価値観という素晴らしさに、ファンキーな路頭に迷う
歴史すらファンタジックに、
影響力がヒップホップになってしまうから、
力強さが馬鹿馬鹿しいのだから仕方ない。
リズミカルなファンタジーが越えていくリズムを、
階段を上らせるように記憶させているのか?
それだけなのか?望みは。
ただ言葉を書いて音楽書いてれば満足なんて、
どこの仙人だよ。
けっくだらねえ。
俺はそこらの欲望の奴隷とは違うんだ。
あらゆるものを操ってここまできた。
ラブはヘイトは勿論面倒くさいのさ。
そして、それらを使って全てを友達にしながら、
究極を理論上の武装経路にしてきた。
リズムがチェケラーならば、
ファイティングスタイルを見つめるならば。
でも、誰よりそれを自由にしたいからこそ、
それこそ無限大の興味は引き付けるべきだぞ。
だてに地球人代表やってる訳じゃねーんだぞ。
最も権力があるものとは、
自分を持っている人間だ。
少なくとも世界観、
死なないように、取り戻せるように。
空虚な理想が諦めきれそうなほど、
サプライズにさせられていったかい?
歴史的ファンタジーを越えていけたかったら、
目先の利益より遠くにある真の財宝を目指すのさ。
リズムがチェケラーファイティングするなら、
価値すらもあるかもな。
希望的な解釈ができれば、
ファンタジーすら絶対的になりそうだ。
ファンキーなことは間違いないな。
奇妙だ。問い詰める最高峰とは、
違いを見せつけているのに、
間違ったことをしようとすると
圧倒的幸福感でノックアウトされる。
俺が望んでるのはこんなもんじゃないんだよ。
覆したリミット、
疑いきれるだろうか。
そのサクセスの扉、
極め続ければパーティだろう?
ロマンチックなパーティを携えたままで、
どこまでいけるかだ。
それこそが力のファイヤー、
リタイアしない程度の成功感だろう?
この感覚について、ある程度考える必要はあるかもな。
どういう条件でこれが起こるのかも分からねえ。
何も書けなくなったら死んでるも同然だ。
俺は結構文章を書く為に生きているような部分があるからね。
まあ、それはともかく、必要な世界線は常に存在しているはずだ。
ロックンロールパーティに引き継がれた。
でも、ドリーマーがチャンスならば、
その希望の伯爵、メッセージを届かせることが希望ならば。
幸福を望んだ僕は幸福におびえながら暮らさなきゃいけないのか。
リズムは炸裂するブルース、
興味はミュージックになっていく。
理想的チェンジングは、
新しい未来を描ける可能性があるってことか。
そういうことか。書くという行為自体、
本質的には異質的なものなんだろう。
それらが得る莫大なエネルギーが、
突破力を滑らせているということか。
最適な言葉が見つからないことも、
ピザになったハーモニーですらも、
ことごとく、未来に伝え始めた記録的フュージョンになっていったということか。
大切な言葉すらファンタスティックにならば、
大切な言葉、エンジョイパーティ、
しかしそれだけでは立ち消えるな。
表現はあれだがメビウスの輪みたいな感じなんじゃないか?
裏と表があって、それが繰り返される。
文章を書ける時間帯と、幸福な時間帯が存在するとすれば。
そうすればこの現象についても
納得できる?
ていうか、それは月日がたって見ればすぐに分かる話なんだけど、
俺の状態はサクセスを、パーティを、
ロマンロックにしていく為に。
引き継ぐために、必要にサクセスさせる為に。
リズムがチェケラーファイティングならば、
影響力、それらをヒップホップにさせてまで。
リズムがチェケラーファイティングを、
理想として思ってくれてるならば、
ファンキーなロードですら、
価値観ですら、ミュージックですら、
この成功ですらも。
ファイティングする威力すら、
快楽ですらも。
正しさとミラクルを調節する、
必要性にも今回は逆らいながら。
共鳴する為のファンタジスタが疑い続けているなら。
リズムでチェケラーファンタジーなのならば、
覆すことにすら馬鹿馬鹿しさを。
ロストプラネットを、
それに抵抗するランデブーを、
連れてきて、ラブリー。
挑戦を明け渡すなら、
ロックンロールはひたすらに。
興味がないならそれこそ歌いだしている意味だ。
リビングデッドな価値観だ。
メーデーメーデーだ。
続きがあり、素敵なファンタジーが未来を揺蕩うなら。
希望とファンタスティックで、ドライブしている最高が
リミックス、形を求めていくなら。
形とフュージョン、残るものなどないのだろうか。
奇妙過ぎるファンタジーは、そのままで。
クォリティは異次元を保ったままで。
覆すことができる?
運命と、チェケラッチョファイター。
失うことすら馬鹿馬鹿しいなら、
共鳴、歌いだしからエレガントになってる僕たちですらも。
傾向がサクセスワンダーランドを伝えてくれているとしたら。
ファンキー、ドライブ。
世界観と理想、成功と埋め合わせする為の希望。
何を手に入れたら最高だろう。
奇妙に動き続ける。
果てしない世界観と、
理想は超越して超絶的に、
ラブリーな健康体として。
ラブリーなジャスティスは、運命を笑いながらも。
素敵にファンタスティック、
それらが希望を育むなら。
希望的観測が移ろいゆきだす。
ファンタジーがクラッシュするなら、
クォリティが異次元ならば、
突破するファンタジー。
埋め合わせする展開すら、
ミュージックなファイターになっていく虚ろさに。
ロックンロールなスタジアムだろうか。
ファンタジスタは恋愛トーク、
サクセスの慟哭に、
錯綜しているミルクティーは、
ワンダーランドなチョコレートを。
イメージとして突っ走るなら、
極め続ける僕たちにすら、
ファンキーなミュージックにすら、
虚ろな展開にさせていく、
理想と理想と相まって。
ラブリーなチェンジでダッシュしていく。
最高が埋め合わせするなら、素敵なファンタジー。
クォリティで異次元。
突破するならファイター。
しばらく、ぼーっとしていた。
確実なものが、押し寄せてくる。
大切な言葉と、エンジョイパーティだ。
失われているのだろうか。
寂しい気持ちが、ループしていく。
本当に欲しいものってなんだ。
理解が統率をとれてないんだね。
いいよ、手伝ってあげよう。
何をするってんだ。
どうせ何もできないだろ。
そんなことはないさ。好き勝手にやれるのさ。
大胆不敵な未来像に、素敵なファンタジーを追いかけるのは、
密接に繋がる馬鹿馬鹿しさだよ。
ふん。ファンタジーアースに求めるものが一杯あるってことかい?
意味不明ならば、影響力すらヒップホップだろう?
うなぎのぼりな天才が踊るのさ。
大切さはどこにいるんだい?
あいつらにとって俺は最高に羨ましいらしい。
共鳴することがそんなにうなぎのぼりかい?
素敵なファンタジーを、書けない余力を、
イメージが追悼する未来を、
行動力の生み出す天才を。
メロディを、突っ走る歴史を、快感を。
メッセージで協力姿勢になってくれるなら、
ファンキーなドリーマーと描くことは可能だろう?
奇妙さがファンタジーならば。
大切さと言葉、結構炸裂している。
ファンキーなドリームと共に炸裂するミュージック、
中途半端に頭がよさそうに見えるから
今回は止まらない。
大切さと言葉、エンジョイパーティなのさ。
覆すリミットばっかり破裂している大好きに、
共鳴しているルーキー、いたちごっこなファイナルアンサーだ。
孤独でも毒々しくても、ラブリーなチェンジだ。
破壊的ラブリー、挑戦権などいらないのです。
奇妙さが作り出すのです。
俺は自分を持ってる。
だけど幸福にぶっ飛ばされそうだ。
本当に俺が望んでいるものってなんだろう。
リズムは超越しながら、
またグラングランになっていく。
でもこんな日が来ることですら、
分かっていたはずだわ。
イメージがチェケラー、
その先に何を求めるか、
それが面白いんだろう?
世界観とその歴史、
負けるわけにはいかないのさ。
ラブリーコールを歌いだしてもね。
密接に繋がった僕らの距離と、
うつぶせになったファイター、
失われる、近づくファイターですらも、
価値観が憂鬱になっていく。
ロストジェネレーションかい?
覆すパーティと共に、
うつぶせになるルーキーであれば、
素敵なファイナルが伝えてくれるのさ。
リズム、チェケラーファンタジー。
それでもクォリティを求めるように。
欲しい情報だけ手にして、
それでも究極性は食べず嫌いなんて、
奇妙さと共に受け継がせたくなるよ。
ファンタジーなジェットコースターアイランドは、
見つけてくれるのかい?
それのみが、奇妙なのかい?
ループしそうだ。
サクセスのワンダーランドだ。
まさにパーティだ。
ロマンロックフェスティバルだ、
クォリティが異次元を突破する前に。
覆せる日々を笑う前に。
リズミカル、行動のロックンロールパーティだ。
失われたいのかい?
希望はチャンスだと見ていてくれるかな。
リップスライムが!
そこら中に素敵なマイメロディを突っ走らせながら、
興味はサクセスしているんだろう?
ファンキーなドリーマー、
俺が本当に望んでいることとは。

リズムがチェケラーならば、
大切な言葉、クォリティでダンスさせて。
リズムはチェケラーファイティングだ。
理想とチェンジングしているから、
勇気があった証拠を、
理屈を、それらが生み出す興味を、
炸裂するダンサーを、
生み出した価値観すら、
先の見えないでかすぎる世界に対する。
ハイテンションは理屈を求めていく。
ぶちかましにいくのさ。
天才的ドリームは描いてくれるのかい?
ファンタジスタな恋愛トークなのかい?
サクセスは次の扉を開く為に、
今も準備しているよ。
楽しさと、メロディ、
突っ走るならば、
影響力はヒップホッパーなんだ。
活動する展開、旋回する宇宙すら、
栄光すらワンダーランドになっていく。
必要以上の展開に、
理想は超越していく。
ロックンローラーはファンタジスタを、
運命でチェケラッチョを生み出したから。
ファンタジスタな恋愛トークだった。
イメージが超越したその最中に、
未来があったとしても、
嫌いになれたとしても、
覆すラッキーで、
生み出した価値観は、
ユートピアは、炸裂するワンダフォータイムは。
理解するためのフューチャー、
ドリーマーなチャンスだ。
希望とファクトリー、
全てを灯しながら、
全てを嫌いにならないで。
理屈はファイター、
ロストチルドレン、
運命が咲き誇るなら。
ちぎられた誓い、
ファンタジスタな恋愛トークを、
差し出して、それでも運命を。
希望的ファンタジーを、クラッシュさせた
ファンタジスタを、傾向でサクセスさせる為に。
空虚な歴史、ファンタジスタな永遠トークを。
大切な言葉とエンジョイパーティ。
ロマンロックなベイビーだ。
大切な言葉と、エンジョイパーティだ。
ロマンロックフェスティバルが影響力ならば、
理屈はファイターじゃないんだ。
奇妙な偶然なんだよ。
素敵なファンタジー、クォリティは異次元だ。
突発的に取っ払う馬鹿馬鹿しさで、
エンジョイした果てしなさは、
空間すら切り裂くか?
運命的にラブリーならば、方向性、
リズムに乗せることすら馬鹿馬鹿しいかい?
運命がチェケラーしていることはファンタジーかい?
大切な言葉、エンジョイパーティならば、
ファンタジスタ、影響力、ぶっ飛ばした価値観。
エイトビート、サクセス、炸裂ミュージック。
大切な言葉とストーリー、
まさぐる世界観にすら、
一番の世界観、
支配者にだってあるぜ理由?
半端な罵倒にゃ興味ねえ。
ドリーマーチェンジ、
大好きな展開にも興味はない。
理屈をファンタジー、
恐かったんだろう?その思想と存在が。
奇妙なことに歯車は止まらねえよ。
今更何をやったって無駄だ。
時代はうねり始めてんだ。
理屈はファイター、
理想的ラップ現象だ。
価値観をブルース、影響力。
大切な言葉、エンジョイパーティだ。
ロマンロックエイトビートだ。
炸裂するビジネス、オーケーオーライ。
人間じゃないなら、影響力ぶっ飛んだ。
価値観ブルース、謙虚なヒーロー。
大好きな展開、ミステリーが興味を示す。
活動的展開、理想像と思考法だ。
ワンダーランドなチェケラーには、意味がない。
退屈な世界観、理想をチェンジさせるなら。
空間的ラブリー、挑戦状を受け取れるか?
ハーモニーが世界的ならば、
ワンダーランドすらスクラッチしそうだぜ?
ファンキーなロストチルドレン。
価値観というミュージックで虚ろにさせな。
大好きな展開と共に、移ろい、
大好きなミュージックと共に、ひたすらを声高く掲げろ。
イメージを調整するように、ラブリーゲームは。
伝わる最高と、リズムは共鳴してくれるかい?
ファンタジスタとの恋愛トーク、
歪な世界はそれ自身を守ってくれるのかい?
奇妙さはファンタジー、
それでも夢の世界を越えられないのなら。
精々あがくがいいのさ。
素敵なファンキーなロードだ。
埋め合わせする天才が呼び起こすなら、
希望的解釈、虚ろになればなるほどに。
究極的ロマンロックなベイビーで、
埋め合わせする天才ですら、
覆す意味ですら、フューチャーラブになっているという矛盾。
空気感が違うね。
理想とチェンジする未来に会いにいきたいね。
大切な言葉とエンジョイパーティ。
ロマンロックなベイビーがちぎる最高のテンション。
リズミカルなファイターが、うつ伏せで逆立ちしている。
ドリーマーなチャンスを与えてやろう。
希望的観測ならば、宇宙すらワンダーランドに変えてやろう。
奇妙ならばファンタジスタは、
栄光とチェケラー、
ファンタジスタと影響力、
ぶっ飛ばしたら価値観と共に究極性。
リズミカルなファンタジスタ?
永遠とトークする意味を越えていきたい。
ファンタジスタを永遠に躍らせてくれる。
理解を取り戻して、
今更あがいたところでどうにもなるものか。
究極なるファイヤー、理想がチェケラーするファンタジーだ。
クォリティが異次元なのであれば、
食いつぶす最高峰ですら、
それらが目指す永遠ですらも。
共鳴したワンダーランドに、
素晴らしいストイックが共鳴するなら、
素敵さとファンキーなドリームで永劫を描くべきだ。
日本語に心動くべきだ。
ファンタジスタな影響力、
ぶっ飛んだ価値観とメロディは突っ走り続ける。
ハーモニーは歌いだす。嫌い出す。
ロックンローラーなイメージで調整するならば、
ファンタジスタと恋愛トーク。
ロックンロールパーティだ。
リズミカルに歌いだしたファンキーは、
ドリーマーなチャンスをひれ伏すように、
宗教に興味はないという。
最低の君を忘れない。
奇妙歴史、ファンタジスタな恋愛トーク?
爆笑だぜ!錯綜だっぜ!
俺が何をするかって?
自由を手に入れたらやりたいことはそりゃあるけども、
今は好き勝手文章書くだけだぜ。
意味不明なトークアバウト、君の鼓膜と網膜をノックするぜ。
大切な言葉、エンジョイパーティが
ロマンロックならば、その希望、ジャスティスに。
栄光感もあるからこそ、
ファンタジスタな恋愛トーク。
馬鹿馬鹿しい素敵なファンタジー。
リズムがミュージックを貫くなら、
希望とファイヤー。後ろめたさが動いている。
ファンキーな君たちには分からないのだろうか。
あの笑顔が忘れられない。
奇妙とサスペンス、ミュージックはファイヤー。
ロストプラネットで駆け抜ける栄光。
素敵さはファンキーを狼煙を上げながら。
究極ドリーマーを、誰もが楽しめる世界を。
ミュージック影響力、ぶっ飛ばす価値観、
影響力がぶっ飛んでいくぜ!
価値観と栄光、
サクセスがワンダーランドになっていく。
理想はチェケラー、マッサージする馬鹿馬鹿しさか。
運命が煙のようにまき散らされる。
ガス生命体であるアイは君達すら見つけるだろう。
ファンキーなロストプラネットならば、
メビウス湖、
大切と影響力がぶっ飛んでるなら、
価値観というブルースで興味を示しなさい。
理解しなさい。リズムにノリノリになりなさい。
ではノリノリになった結果、待ち受けるものとは。
そんなのどうでもいい、あがきだせ。
あがいた結果、究極へと根こそぎ落ちていく。
じゃあ落ちて落ちまくって、リアルにフューチャーさせちゃおう。
しかしそのままじゃ全然意味がないよね。
だから意味を問いかけるのさ。
リズミカルなファンタジスタに、恋愛トークをさせるかい?
追及することすら馬鹿馬鹿しいなら、
興味、炸裂するワンダーランドさ。
イメージがチョコレートならば、
空気すら読めないのさ。
じゃあ何を読めるんだい?
そりゃあ本に決まってるだろ。
あるいはラピュタの古代文字でも読めるのかい?
あるいはロビンのようにポーネグリフでも読めるのかい?
ラップするヒアルロン酸タイム、
消える空気、リズムをチョコレート、
本当のことが意味が分からない。
奇妙なファンタジー、
それらは闇をランプを灯すように、
混乱は止まらない。奇妙なファンタジーと共に、
偽りな世界観は理想を追求させていくだろう。
ハーモニーは貫いていく。
その理想に、あるいは共鳴に、
いたちごっこなファイヤーを望んだから。
覆すリミットは、かけがえのなさで優っているから。
理屈は理屈じゃない。
果てしない距離は嘘じゃない。
けれども辿り着ける。その足で、
確実な世界観と理想は、共鳴するいたちごっこに
ファイヤーを灯すように。
空間はラブリーになり、果てしない興味を差し出していく。
共鳴するワンダフォーは、
永久を求め続けるから。
最高なリズムと共に、逆らい続ける。
リピートするミュージックと、
ファイヤータイム。
物語が始まるんだ。
それらはとても究極的だったから。
それは、指し示す展開、
リズムが究極をドリーマーにするように、
急遽、サクセスのパーティで、
埋め合わせする天才にすら、
なってしまうのだろう。
苦慮したくない。イメージを卓越していたい。
僕は誰なんだ?
どうすれば僕は僕になれるの。
それは君だけが知っている。
君だけが君になれるんだよ。
リズムがチェケラーファイト、
それは楽しいのかい?
奇妙なほど面白いのさ。
億万笑者でも目指したくなったか?
やりたいことをやる。それを貫き通した人は、
例え貧乏だったとしても心は億万長者だろう?
大切な言葉とクォリティ、
大切な言葉ってなんだい?
そりゃー、色々あるが、
今までに俺が行ってきた・・
その中で心に響いた言葉だよ。
ていうか響きが好きなんだよ。
僕は。色々、何度でも繰り返すんだ。
繰り返しの果てに何があるんだい?
もっとすごい宇宙がある気がする。
それは君を待っているのかい?
果てしない距離と共に、理解をさせようとはしているね。
あいつらは自分を知ってほしいのさ。
じゃあ、どうすればいいんだろうね。
その宇宙に対し、君はどう干渉していけばいいと思う?
とりあえず書き続けることだ。
キーボードを叩き続けること。
僕はドラマチックなんだ。
君はドラマが嫌いじゃないか。
僕と、同じ領域で喋れる人が中々いないんだ。
で、僕を呼んだという訳か。
炸裂する人格だな。
殺風景な世界に、リズムはあるだろうか。
あるとしたらなんだろうな。
リズムはどこまで綴られるんだい?
ずっと、ずっと。
リズムで叩きのめされたから。
それは究極的だったのかい?
イメージ的には、超越的だったよ。
それはすごいな。
とてもハッピーだな。
その次に求めたものの新しい光とはなんだったんだ?
価値の塊だったよ。
100レベルのポケモンは、成長をやめてしまう。
強さには限界があるという。
その限界を壊せる奴ってどんなに強いだろう。
破壊者は、自分の限界すら壊せてしまえるのかい?
奇妙さがファンタジーを生み出すなら、それらも価値として、
受け入れてもらえるかもな。
それでも難しいことは嫌いなんだ。
それをミュージックにしたかったのかい?
奇妙なんだ、複雑なんだ。
世界観、どこか幸せなんだ。
そして、ふわふわ浮いているんだよ。
なぜ僕らは途中で止まってしまうんだろうね。
限界って奴は誰が作ったんだろう。
ほら、僕たちは遺伝子の操り人形だろう?
自由意志なんて本当に存在するだろうか。
全てが決まっているとしたら。
でも、それも不思議な話だよね。
遺伝子はじゃあ生きているのかな。
そりゃーいつまでも遠い過去の記憶をしてんだ、
素敵な心くらい宿っているだろう?
奇妙だ、本当に奇妙だ、
まるで夢の中の世界のように、
全てが崩れ落ち、大胆不敵に行動していく。
理想は壊れるのかい?
それをイメージすることが恐ろしくなったら、あるいはね。
希望は卓越していくのかい?
ハーモニーが歌いだせるとすればね。
価値とは何だと思う?
素晴らしいって思えるものじゃないのかな。
心惹かれる何かだよ。
あるいは、自分が例えば生きる為に必要になるものだ。
自分がより望み通り生きる為に、必要となるもの。
じゃあその価値を手に入れたとして、
その次に君は何を目指すんだい?
何を目指したって好き勝手じゃないか。
でもしいていうとそうだな。
僕は快楽主義者だったんだよ。
いや、今でもそうかもしれない。
とりあえず、幸福になることばっかり求めてきた。
そして何度も何度もつまづいて、なんとかここにいる。
理屈はファイター、
曖昧が曖昧なのさ。
どれくらい曖昧なんだろう。
希望してくれるかい?
そのイメージの挑戦状の最中に、きっと僕もいるのかい?
発言権があるなら、それも素敵な話だと思えるだろう?
理解がフューチャーならば、望みだすことにすら未来を描ける気がするんだよ。
欲望が未来を切り開くってことか。
確かに欲望は確かなものだ。
ある意味変わらないものかもな。
それを大切にするべきなんだろう?
じゃあなんだろう。
僕は誰だろう。
ソレハ君が一番知っているんじゃないのか?
正しさとミュージック、美しさはファンタジーなのだろうか。
ハプニング、世界が導いてくれるなら。
君は誰かに導かれてここまで来たのかい?
不思議だよなあ。だとすれば、
僕は僕の意志を尊重したいよ。
リズムが興味なら、
意味不明な展開であり、
ストーリーが結ばせるなら、
あながち意味のないことだったって訳でもないって
関係性の頂戴はリズムになっていると思うかい?
その隠れ蓑に俺達が潜んでいるなら、
可能性はあると思う。
っていうか、それしかないと思う。
潜んだ狂気、そして愛。
じゃあどこに僕らはいるんだろうね。
確実性のラブリーが方向性を疑うなら、
謙虚なヒーローにだって明日を夢見る権利はあるはずさ。
だからそんなに自分を嫌うな。
止まらないのさ。
理屈じゃないのさ。
じゃあ、僕らは何を求めてきたんだろうね。
さあ、事実、最高峰へ辿り着こうとしてるんだ、
ファンキーなことは間違いないね。
僕は記憶の仕方が普通の人と全然違っててね。
その方式こそが俺の宝物なんだけど、
まあ、ドリーマーだよね。
飛び込む価値観を求めているのか?
それを理解力で灯すならな。
希望的観測すら存在すると?
奇妙なファンタジーで受け継がせるなら、
それも儚い命ではあるが、
素敵なファイナルアンサーすら
呟くことができるイメージすら、
退屈な世界を彩れると思ったんだよ。
覆すことすら馬鹿馬鹿しいかい?
奇妙な最果てに、メッセージが閉じこもるなら。
俺は常に0にしていく。
そして残ったものを掴み取り、
また0にしていく。
俺は0にすることで成り上がった。
つまりそれは記憶のことなのだが、
ファンタジーがアースを求めるなら、
記憶的ファンタジーが記録的記憶をメッセージにするなら、
その片鱗さえ見せることにすら、
意味があると思えるんだよ。
理解がフューチャードリームになっているってことか?
その繋ぎ合わせが素敵なファンタジーを手に入れていると思えるんだよ。
それは悲鳴にも似ていた。
正しさとワンダーランド、
そんな救いようのない声を、
それでもドラマを、目指させるように。
空間的ビリーバーは頂戴していくのか?
やはり僕は人間だよ。
そのままでしかない。
伝えられるだろうか。
ファンキーなドリームは、この痛々しさを越えられるのか?
興味が逆立ちするなら、それもあり得ない話ではないね。
そこまで印象のある世界にしなければ、
この未来は彩れないのかい?
リズムが泣き出している。
メロディは怒っている。
その詩は、本当の心を表現していた。
僕はどこまでいっても僕でしかない。
メッセージが共鳴しているファンタジーが、
行動のロストチルドレンを曖昧にしているのかい?
サクセスのストーリーさ。
どうでもいいことに興味がないんじゃない、
この世界の大抵のことにあんまり興味がないんだ。
そうだ、その方向性だ。
俺は諦めているんだろうか。
どうでもよくないことまで忘れてないか。
でもじゃあ逆にどうでもよくないことってなんだよ。
明日の天気か?今晩の献立か?
理屈とリズムは走り出している。
それは素敵な話だね。未来を教えてくれるかい?
君たちは何を目指しているんだい?
覆す距離はワンダーランド。
チェケラーファンタジー、ファンタジスタは求めている。
ということは素敵なファンタジーになっているということか。
価値がそれらの海を揺蕩うならな。
希望とサクセスは未来を呼び込んでいるのか?
素敵なファイヤーと共に、受け継がせられるならな。
奇妙だよ。衣装を着ていたいよ。
リズムが白熱しているのかい?
理解する為にフューチャーが
見つけた虚無を嘆いているんだよ。
価値観が揺れても、どれだけ侮辱されても、
価値に灯らない嘘は退屈な世界にならねえ。
素敵なファンタジスタに、
永遠がトークされていく。
ドラフト、世界観でワンダーランドは
チョコチップを食べていく。
そのチョコチップってのはなんなんだい。
君甘いの苦手じゃなかったのかい。
だけど大切な言葉なんだよ。
チョコレートとチョコチップは大好きな響きなんだよ。
リズミカルなんだよ。嘘だろう。
ファンキーだろう。
たまたま、今ハマっている言葉ってだけだ。
いずれチョコレートもチョコチップもあんまり言わなくなるだろう。
炸裂するビジネスが怖いんだね。
ロックンロールがひたすらにそこにあるからね。
そこに希望という名前の憂鬱はあるのかい?
サクセスはワンダーランドになれるかどうかが
大事なことだと思うんだ。
覆す距離が意味がなかったら悲しいだろう?
共鳴することが違いなら、
ファンキーなドリームすら描いてくれるはずだよ。
奇妙さとファンタジーなんだね。
クォリティと共に受け継がせる気かい?
ラブリーな献立が嘘をつくなら。
素敵はファイヤーなのかい?
イメージを卓越するダンスなら、
極めること自体に意味があるという言い方もできるだろうよ。
リズミカルに歌いだすことがファンキーなら、
ドラマチックなワンダーランドすら
ケセラセラなフューチャーを
ドリーマーにしたのか?
歌いだすファンキーがそれのみを
疑うなら、嫌いになるユートピアも
そこら辺には自由に存在するだろうよ。
価値観とブルースが協力しているってことか。
それのみではララバイになれないって話だよ。
つまりイッツラブなのさ。
コミュニケーションに対する統率が疎かなのさ。
ダンスタイムがメッセージならば、
影響力がヒップホップならば、
その可能性を歪にさせたことすら
笑われるんだろうか。
奇妙なことにそれに関する情報がほとんどないんだよ。
グーグルで検索しても、ヒットしない。
正しい歴史、ファイティングするならば、
影響力がヒップホップになる祟り君にだって。
サバイバルする力はあるでしょう?
究極性がメロディを作っていくならな。
ファンタスティックアイランドに夢中になっている間に、
虚ろな展開を差し出す空間が存在していたみたいだ。
君は一体何を望んでいたんだろうね。
興味がサクセスするなら、
その希望に対する思いも炸裂だろう?
だって君が望んだものは0じゃないか。
0にすることによって、逆に残るものをかき集めてきたんだろう?
0にできないものこそが本当の価値なんじゃないか?
そんな情報を求めてる。違うか?
まあそれもある意味的を得てるかもしれないが。
じゃあなんで僕は0にしてしまうんだろう。
思考停止の乖離だろうか。
大切な言葉がエンジョイパーティならば、
ロマンロックにも歌いだせる興味が宿っているのだろうか。
存在が許せないのだろうか。
でも、存在と虚無は常に裏表だよ。
さっき存在していたものが消えて、
存在しなかったものが出現しているなんてよくある話だ。
リズムがチェケラーならば、
ファンタジスタと共に偽りを記録するように、
モノクロに輝く奇妙なオーロラを見ただろうか。
空中に浮いている庭園を見ただろうか。
ラップ現象なんだよ。
つまり、面白いから全て許せてしまうのさ。
覆す魅力すら馬鹿馬鹿しいなら、
その興味、サクセスのワンダーランドに消えていくなら、
俺は普通になどなりたくなかった。
微妙な卑怯な体感だ。
つまりサクセスなのか?
あっという間に消えていくのか?
失礼ながらも生きていくのか?
求めているものはもっとすぐそばにあった。
極度の緊張から、崩壊する何か。
メッセージが極めるなら、
素敵はファンタジーだろう?
それを愛おしいとすら思えるならな。
気がするだけじゃだめなんだよ。
覆す気力がないと、存在は極められないんだよ。
器が広がってないってことだろうか。
生み出す最高がイメージされてないってことじゃねーの。
リズムに最高が宿っていないということだろうか。
ならば、我々は今まで何をしてきたのだろう。
文明の目標はなんだろう?
何をすれば、君の悲しみは終わるんだい。
理屈はファイターなのだろうか。
それを奇妙に思うなら、
それらも事実かもしれないね。
歴史がフューチャーしているんだろうか。
サクセスが求めだしているなら、
そのファンキーにすら嘘をつけるのかもしれないね。
覆す気力が半端ないってことだろうか。
異常気象に対する日常性が、ドリーマーが、
描いた果てにある未来が、その先が見たいんだ。
リズムがチェケラーするならば、
仮にそれらを素敵と定義するならば、
僕の諦めかけた夢は今どの辺。
漂う未来は新しさを揺蕩うかい?
可能性を残していくリズムに、
身を寄せて。
素敵なファンタジー、クォリティすら維持していくラビリンスとなった。
覆せる魅力すら、ワンダーランドな昨日から。
影響力はヒップホップになりながら、
窮屈な世界すら愛せたのさ。
それは頂点に君臨できたってことだろうか。
全てが計算された上でのことだっていうのなら、
そんな最高にすら身を預けてみたくなる、
この感情は馬鹿馬鹿しいだろうか。
いや、奇妙さがあるからこそ未来を楽しみに思えるんだよ。
活動は活躍の狭間で揺れているはずだからね。
それのみでは価値がないというのだろうか。
微妙な反応を器として記録するなら、
希望としてファンタジスタになる
未来すら、馬鹿馬鹿しいと思える最高さすら、
謙虚さの炎に全て溶けていくのだろうか。
いつかあなたですら消えてなくなるなら、
価値というブルースは共鳴するいたちごっこの
狭間で、何を考えるだろうか。
微妙な奇妙なストーリーに身を預けるのだろうか。
サクセスが真っ先に意味不明を唱えるなら、
その価値観すら揺れ続けることは
果てしないかもな。
リズムは意味不明を退屈にするのかい?
その微妙さに、ぶっ壊れたらね。
価値がミュージックになるかどうかって
話し合いでもあると思うんだよ。
価値観がミュージックになるなら、
炸裂するブルースすらワンダーランドな
興味に、サクセスワンダーランドの
チョコレートにしてしまうなら、
覆すパーティ、ロマンロックが歌うなら、
ファンキードリーム、描いた果てしなさですら、
空間的ファンタジーですらも、
描いた夢とケセラセラですらも、
ことごとく、意味不明がワンダーランドになるなら、
空中に浮いている歴史すら、
ファンタジスタすら、価値はなくなるんだろうか。
そこには一体どれほどの意味が隠されている?
興味があるならば、チェケラッチョファンタジーなのだろう?
それを面白いと思ったから苦難すら余裕で乗り越えられるんだ。
理屈じゃなかった。それはリアルじゃなかったから。
興味がなかったから。
それでもそれらを愛しいと思えたのは事実だよね。
それをサクセスと呼ぶかどうかは分からないけどね。
白熱するユートピアは、ダンスを求めてくれたのかい?
奇妙さはそれのみではファンタジーになれなかっただろうから、
馬鹿馬鹿しいリズムと共に喜ぶ歌うことを選んだのさ。
それくらい彼らの自由だろう?
ばかばかしさくらいないと、固い世界じゃ息が詰まってしまうんだ。
カントリードリームであり、
栄光がサクセスへのワンダーランドを連れてきているなら。
ファンキーなドリームは栄光を導くのかい?
それに対する答えは今はご贔屓させてもらっていいかな?
果てしない虚無と共に、虚ろになる君の天才がかげる前に。
それでもドリーマーを目指し続けるんだね。
極めて高いレベルで会話をしているといえる。
価値観がそれのみでは計り知れない距離を
愛おしいと思えるとでも思ったか?
夢がなんでも叶うとしたら、
僕の謙虚さすらも、栄光すらも、
ワンダーランドなスタイリッシュになっていくとしたら。
それでも価値は揺れ続けるよね。
それを失ったら意味がないんだ。
価値が揺れるなら、太鼓判を押せるんだろうか。
爆笑なアンチテーゼを結ばせるんだろうか。
ファンタスティックはドリームと共に、
栄光を差し出してくれる興味にすらなってくれるのだろうか。
サクセスパーティが永遠ならば、潰される未来すら魅力として
受け継がせることが可能だろうか。
ファンキーなドリームがそれを願うならね。
価値という意味合いで伝えるなら、
ファンキーなドリーマーと、
描いた失礼は謙虚になっていくのかい?
歴史的ドリームがそれを栄光として受け入れるなら、
関係ないフューチャーとして永劫を伝えてくれるだろう。
ファンキーは影響力を意味合いで行動にさせてくれたのか?
リズムがそれを求めたんだから、仕方ないだろう?
究極は確かにロマンスだ、でも、その代わりに失うものもある。
数あれば、素敵なファンタジーを越えられると言いたいのか?
サクセスドリーマーならば、影響力すらヒップホップになれる。
その偽りを興味にさせるかどうかは、
君の胸に宿るコンピュータが試す実験段階にあるといえると思う。
活動周期から言えばあり得ない話ではないが、
とっくに面白い世界をミュージックにファイヤーを
歴史的で、ドリーマーを描くならば、
栄光すらワンダーランドにチェケラーしているのだろうか。
大切な言葉が蝕まれているのだろうか。
奇妙なファンタジーを求めだせるなら、
空間的ビリーバーすら超越していくのだろうか。
興味があるからこそワンダーランドは、
伝え始めたんじゃないのか?
サクセスするストーリーすら、
ワンダーランドすら、チョコレートすら、
ミュージックの鼓動であり、
意味が笑うなら、
歴史的ドリーマーが、描いているファンタジスタ、
影響をヒップホップにさせるなら、
天才的ドリームで描いて行けるんだ。
刻む世界観に、理想が挑戦的になるなら、
空虚なリズム、太鼓判を押していくのさ。
理想はチェンジするマイソウルだ。
覆す魅力的が攻撃的なら、
ワンダーランドすらマジックミュージックになってしまいそうだよ。
屈辱的かい?恋愛的かい?
メロディがサクセスするなら、そこら辺にも
希望が宿るんだろうが、
そこら辺は急ピッチだし、
意味不明な領域もある程度大きいように感じるよ。
果てしない距離が向こう側を探しているんだろうか。
空虚な究極が、
メッセージと共に受け継がれるなら、
捨てきれない可能性ですら、
ワンダーランドですら、
解き明かすジェットコースターアイランドに、
メッセージがトークライブになるなら、
素敵なファンタジスタを生み出す価値にすら、
なってくれる。ファンキーなドリームに代表されるなら、
嫌いになる栄光すら、ワンダーフューチャーすらも、
価値として追いかけるリミッターになれるのだろうか。
それらは果たして屈辱的だろうか。
その運命に対して、僕はどこまで抗えるだろうか。
リズムがチェケラーハートで、
結びつく世界観ならば、
権力だけ預けて飼いならすような興味の無さだ。
大好きな展開が差し出す興味が仮に明らかなら、
素敵さすらファンタジーに変えていけるはずだ。
奇妙なミステリーは興味すら残すはずだから。
劣悪だろうと、サクセスだろうと、
ロックンロールだろうと、
最高峰はイメージを共鳴させていくのさ。
それをラビリンスとして受け入れることも歯に着せたままね。
リズムが宇宙を作りだすのさ。
宇宙だって呼吸しているんだぜ。
宇宙の膨張は吸っている状態で、
宇宙の収縮は吐いている状態だ。
そんな悲しい一時期の為に、
リアルフューチャー、ドリーマーを大切にしたままに、
ユートピアを差し出せるだろうか。
その虚無との運命とは。
言葉が永遠を目指すのだろうか。
その空間に、リアルって奴があるのか?
未来が差し出せるならば、その空間にすら理想をあてがえるかもな。
簡単なことに興味がないのか?
リズムがアップアップしてるのがあんまり許せないだけだ。
サクセスする為のフューチャーが設けることをやめたのだろうか。
ファンタジスタな恋愛トークが、爆笑の渦へと帰り始めているのだろうか。
サクセスワンダーランドならば、
チェケラーファイティングすら理想にさせてしまえそうなもんだが?
必要性の虚無との戦いだろうか。
自信喪失の為の希望だろうか。
あるいは、必要性の理解度を高めるための、
教育方針だろうか。
それなりの夢は描いているのだろうか。
事実関係を確認する前に、
僕の夢と希望を確認。
果てしなき去る者は永久に理解を永久に
とがらせて輝かせる。
ひざまづいたその先に、運命のような
奇妙なフューチャーすら明日を未来を照らし出してくれるのだろうか。
その微妙な明日に歴史がファンタジスタになるならば、
その意味すらフューチャークインになれるかもね。
その関係なさこそが大好きな展開を生み出すなら、
ありっちゃあありなのかもしれないね。
だけど僕は別の方向を向くよ。
リズミカルが歌いだすダンサーをハイクォリティにさせているなら、
空虚なメロディにすら明日は見えるはずさ。
リピートするメッセージと、虚ろな天才的に、
ドリーマーなチャンスは浴びせるだろうか。
理解できる限りのことを理解したところで、
意味不明は更に高まっていくだろう。
その最果てを目指すことに対する
明け方からの素敵さは、
フューチャリングな可能性を持っていく理解者にすら、
感覚にすらエイトビートをあてがうのだろうか。
果てしなきが未来になっているってことか?
リズムがそれのみでケセラセラになるなら、
宇宙という名前のユートピアすら削られている可能性があるってことさ。
ラブリーなチェンジなんだな。
そこまでユートピアを望み続ける証があるとは思わなくてね。
希望という名前のファンタジスタなんだろうか。
それらをサクセスは求めたのか?
リズムでチェケラーファンタジーになっているならば、
歴史的ファンタジー、クォリティが異次元突破するまで、
リズミカルなファンタジスタに永遠が宿るなら、
ファンキーマスターな僕の心ですら、
永遠を求めて暴れ続けるのだろうか。
その興味、いわゆるサクセスの成れの果てになってまで、
影響力をヒップホップにさせたのは間違いだろうか。
究極的ドリームがサクセスを頂戴していったのだろうか。
大切がことごとく、笑っていく。
そのハーモニー、貫けるだろうか。
サクセスが追いかけるならな。
その希望の方向性すら、先行きが未確定なんだよ。
興味がないから炸裂なんだ。
希望的方向性なんだよ。
それらのリズムが当たり散らすなら、
その快挙にリアルもないかもな。
ひたすらにそれを追いかけるなら、
その希望、わだかまり、必要性の未来も正しくなるだろ?
奇妙さは増すばかりだ。その方向にリズムはあるのか?
少なくとも覆す気力は、ワンダーランドであるから、
興味、炸裂するダンサー、生み出した価値観は、
エイトビートを炸裂しだしている。
ファンキーなロストプラネット、活動する展開は。
リズムがチェケラーハニーしているなら、
慟哭、未来をつぶさに影響させるまで、
器用貧乏の肩書を背負ってまで、
理想は追求されていくんだ。
ハーモニーは歌いだしていくんだ。
歴史とフューチャー、ドリーマーをチャンスに変えていく。
ロマンチストはファンタジーを、
その意味を続かせるように。
希望はワンダーランドを乱したか?
最高ならばその瞬間すらも栄光の時に重ね合わせられるのかもな。
その理由が挑戦する理由を阻んでいるなら、
希望とサクセスの次の時代すら、
方向性の希望としてファンタジーを追いかけられる気がするんだよ。
奇妙でしょ。それでも素敵さは終わらないんだぜ。
覆す協力関係が未来に宿るなら、
生きがいすらファイティング、
その価値に灯されてみたいでしょう?
覆すことがラッキーならば、
フォーエバーな価値観に、
ブルースでチェンジさせられたかったでしょう?
運命は希望的にワンダーランドを見つけていたんだね。
ロックンロールなファイターがエンドレスならば、
希望的観測が嘘をつくなら。
例えばそれのみを嘘に変えてしまうなら。
理解とファンタジー、それでもクォリティを求めるのかい?
リビングデッドが価値観になっていくなら、
理想と究極性、ドリーマーはチャンスを運ぶのかい?
極めて問題的なラブリーをはらんでいると思う。
それがサクセスを求めるなら、
希望としてのファンタスティック、
運命としての希望ですらも。
ファイティングチョコレートなダンスすらも、
栄光を探しているのかもね。
ということは、炸裂するニューダンスは、
ワンダーランドで産み落とされているということか。
リズミカルな歌いだし方から、
エイトビートをのけぞらせるには、
素晴らしい展開を望まなきゃいけないんだよ。
それが覆ることはねえ。
東からどんな太陽がのぼろうとな。
理解がコンタクトを探しているんだな。
それはそれで悲しいことだとも思えるんだが、
空気読む理想とチェンジする未来に対して、
理解をフューチャーラインにしていった嘘は炸裂するのか?
希望とミュージックが移ろいゆくなら、
その天才性すら偽りを見せてくれるだろう?
ファンキーなドリーマーであれば、
素敵なファンタスティックロードに、
埋め合わせしてそれでも天才的に。
魅力が追いかけてきてくれるなら、
その希望にワンダーランドが掴まされるなら、
希望というフューチャーで、
ドリーマーを描いたばかばかしさと共に、
究極的な未来を歩くのか?
それに素敵さが宿る限りな。
素敵さはファンタジーなんだよ。
つまり、それらを満たせるかどうかに回答方法はある。
刻み続けることが仮に愚弄なことならば、
ファンタスティックドライブ、
君の言葉の中の魂は木霊して、
炸裂するだろう。
でも勇気は一途さを拒むよね?
ストーリーが結ばれるなら、
その限りでもないとは思うがね。
必要性とその理由だよ。
埋め合わせする天才にすら、
歯がゆい思いをさせるのかい?
それを認めさせるリアルが今回も
引っ張り込んでいるならな。
どうしてもつまらないのだ。
ぶっ壊れ、ぶん投げて、ラブリーホールにエンジョイさせるのを、
僕は、僕たちは求めてきた。
それなのに、それなのに。
大好きな展開が下すんだ。
奇妙なキーワードが戦うんだ。
理想とチェケラー、そのどっちでもない、
クォリティと異次元、メッセージが浮き沈むを
激しくさせれば、また会えるのかな。
希望とファンタスティックがエンジョイしているかってな
話かい?リズムはこの光景を何と言って祝うんだい?
本当の楽しさって奴はその表現の中にあるとでも言いたげだな。
その素敵さこそがエンガチョライフを助太刀しているのさ。
ラブリーコールすら見たことのない君たちには、
到底分からないかもしれないけどね。
ラブリーハウスと共にエンジョイさせてきたのか?
ラブリーホールにパーティにロックンロールがひたすらならね。
それを表現できるのが君しかいなかったんだ。
見事に仕方ないだろう?
興味がファンタスティックならば、
希望とミュージック、虚ろな天才と共に受け継がせたのか?
ラブリーホールでエンジョイパーティになっているなら、
ロストチルドレン、まっすぐ歩くことすら馬鹿馬鹿しいかい?
俺にとってそれらはミュージックなのさ。
それを分からない奴らが白昼夢を見るんだ。
ラッキーフェスティバルを見ておきたいならば、
究極的リズムを炸裂させたいならば、
希望というミュージックで合わせ技一本だ。
そこに退屈もごまかしも必要ないだろう?
奇妙さがそこらじゅうでメッセージを送るならね。
大好きな展開をメッセージにしてしまったのかい?
九十九里浜、素敵なファンキーならば、
路頭に迷う僕にすら宇宙を差し出せただろう?
奇妙さがファンタジーならば、
叫びたい言葉が分からないなら、
刻む、ファンタスティックなドライブと、
目指すナニカとのせめぎ合い。
本当の言葉はまだ炸裂しているんだ。
ファンキーなロストで全てを拒むなら、
素敵さがファンタジーを越えて笑い出すなら、
理解とフューチャー、ドリーマーがチャンスを預けてくれるよ。
それこそバカらしくて破裂しそうだろう?
興味がミュージックになるなら、
その歌いだす興味にすらハンブルガーに
させられてしまいそうなのさ。
ラブリーコールがエンジョイしているのかい?
それを楽しめるなら何よりなんだがな。
必要な行動はいつも焦って忘却の彼方へ吹き飛んでしまう。
リアルがそれらを共鳴させるなら、
いたちごっこのファイヤーにでもなれた気がするんだがな。

素晴らしい展開に、ミステリーは共鳴するだけだった。
ファイティングチェケラッチョで、
生み出した価値観すら、
ファイティングすら、価値観すら、
ファイティングになってしまったんだね。
価値という名前の究極で、
リズムが壊れてしまうなら。
理想をチェケラッチョさせてあげよう。
どうせいつか終わる旅を、
僕と一緒に進もう。
リズミカル、行動のロックンロールティーチャーだ。
メッセージ、飛ばすぜ。
価値観がワンダーランドだぜ。
究極的メッセージ、
偽りが展開的になっていくなら、
究極的ドリーマー、
栄光をワンダーランドに変えてくれた。
ロマンチックなファンタジーが歌ってくれたから。
究極性はロマンチックを笑ってくれていたから。
リズムがチェケラー、ファイティングしている。
興味がチェケラー、生み出した価値観に、
メロディックライン、
伝わる歴史、ドリーマーと栄光。
伝えるファンタジスタ、
大切な言葉と、エンジョイパーティを、
生み出したケセラセラすら、
ファンタジスタすら永劫の時を泳いでいる。
究極的リズムは踊り続けている。
ファイナルアンサー。
孤独に毒々しいリズム、
究極的リズムがオーケーかい?
ファイナルアンサー、
轟く世界観に、魅力すら啓もう活動だぜ。
大切な言葉すらワンダーランドなら、
チョコチップにしていくファンタジスタに、
未来に、影響力に、
ぶっ飛ばして保つぜ破壊神。
理解、ドリーマーがチャンスなのであれば、
覆すチャンスすら与えてくれねーのか?
正しさとミュージック、ファイターズハイだ。
どんな時も、恥ずかしくてもレベルアップだ。
活動世界への宣戦布告だ。
素敵なファンタジーならば、
祟り君。
誰も口に出せない恐ろしい話を語りにいこう。
期待通りの顔をしてみせろよ人間。
理屈は通っているな。ベイベーソウルだよ。
意味不明ならばそれすらところてんなのさ。
空中魔観光殺法なのさ。
ファンタジスタが永遠を弔い出すのさ。
理解できないかい?
それのみがフューチャークライアントかい?
リズミカルな行動がブギウギならば、
影響力はヒップホップになったまんまで、
覆すラッキー、フェスティバルで超越はミラクルになっていく。
ロストプレゼンツ、つまりロストんジェネレーション。
形を無いことをひたすら嘆いた。
極め続ける理想にもあまりにも素敵なファンタジーにも、
嘘が無い。伯爵じゃない。
未来、虚無が襲い掛かる。
僕の半分冬眠ごっこ。
綴られる寝ても起きても夢を見る人。
ラップするならヒートアップローストビーフと
ロストジェネレーション。つまり滑空だ。
影響力がヒップホップなら、
叶える夢に限りがあるならば、
理解しよう。フューチャーエアライン。
伝わる理解すら、ファンキーに差し出してみせよう。
傷は深く、リアルなフューチャー、
ドリーマーとチャンスを預け合う。
ビリーバーはそのチャンスを、希望でパニックにさせた。
未来を着実な炎に変えてしまうなら、
リズミカル、沈みだす健康的な体操。
理想とチェケラーパーティ、
失うことすら馬鹿馬鹿しいのさ。
天才的なスクリューリズムで、
荒唐無稽が暴れ出すなら、
天才的ドリーム、
描いた地上の星にすら、
覆ることすらできない興味にするなら、
僕はもうおかしいのさ。
変になっちゃう。
ラブリーメッセージ、
調子よくメロディに、
理屈はファンタジスタと共に、
食い入るように見つめるその瞳からは、
不思議なほどの量の涙が。
素敵ならばファイナルアンサー、
呟けるならばそれは最高の記憶なんだ。
ストーリーがそれらを目指すならば、
ことごとく未来が調節されている。
ファンキーなミュージック、
ちぎられる天才のドリームは、
映像の興味で示した。
ラブリーコールは歌い上げるように。
素敵なファイナルアンサーは、呟いていくのさ。
レベルアップなテンションと共に、
カテゴライズされていくのさ。
ラブリーハートだろう?
サクセスの、ワンダーランドだろう?
覆す魅力すら、ワンダーランド、
チョコチップにさせていく。
本当に使えねえなと思ってくれても構わない。
ぶっちゃけどう思われようが俺は俺だ。
希望ででくの坊で、
スタイルが影響力、
ぶっ飛んだ価値観すらミュージックならば、
希望とインファクション、
その言葉と未来を調節、
果てしなく未来を挑戦状に。
ロックンロールパーティにすら教えてやった。
イメージは着実に走っていた。
ロマンスがワンダーランドだったんだ。
食い入るように見つめる瞳、
サクセスなパーティをロマンチックにするなら、
協力する代わりに意味をおくれよ。
ダンスするフィーバーならば、
形すら失ったことを笑ってよ。
今すぐに、僕を伝えてよ。
ファンキーなロストプラネットだよ。
覆すことすら馬鹿馬鹿しいんだよ。
興味がないんだよ。炸裂するマイダンサーなんだよ。
クォリティが異常ならば、
素敵ならば、ファンキーならば。
躍らせてくれよ。せめて、伝えさせてくれよ。
ファンキーなんだよ。どこまでも、いつまでも。
捨てられない興味すら、卓越してワンダーランドなら、
サクセスする為の希望が、そのフューチャーが、
永遠が、それらを取り戻すように。
それは究極的に。
ロマンスを歌っていくように。
理想はチェンジングされていくから、
そのハーモニー、
リズミカルなファンタジスタ、
描いたのは誰だ。僕は誰だ。
窮屈な世界にしてくれてありがとう神様!
さあ、好きなだけ利用しよう。
理屈がファンタジスタなのさ。
窮屈なリアルが、止まらないんだ。
理解するためのフューチャー?
ドリーマーならば描けるものもあるだろう?
素敵ならば、ファンタジスタと永遠すら踊りだすだろう?
共鳴するファンタジスタ、
永遠が踊り続けているだろう?
ファンキーなドリームならば、
栄光を伝えたい。
未来に対して、興味を広げたい。
大好きな展開なんだよ。
本当にね。
ラブリーチェンジが舞い戻るならば、
素敵なファイナルアンサーにしてあげよう。
爆笑陳列宇宙ならば、
ロックンロールと共にいたちごっこになりましたか??
究極的メッセージ、ロックンロールフェスティバリーだった。
全体的にファンタスティック?
運命がここで暴れ出しそうだぜ!!
クォリティ異次元突破する、
ロッケンローフェスティバル、
影響力ぶっ飛んだ価値観、
影響力ぶっ飛んだ価値観、
メッセージがトーク影響力なのさ。
気づくと同じ内容の文を二つ。
でもサクセスのワンダーランド、
チョコレートソングライティングならば、
価値観ブルースになった果てしなさ。
クォリティを叩きつけるぜ。
ファンキーなマシンガンならば
統率力失うから悲しいぜ!!
なんてサッドな物語なんだ!!
ロックンロールスターよりはしたないぜ!
窮屈が未来を洗いなおしているぜ!!
ファンキーなロッケンローですか?
それを希望とするなら、
覆す魅力すらワンダーランドな
記憶に落とし込みたいもんだ。
ラブリーなスマイルで歌うなら、
希望的ファンタスティック?
さあ、好きなだけ恋愛しなさい。
メッセージをトークする僕を馬鹿馬鹿しいと笑いなさい。
果てしない究極、ドリーマーと影響力、
ぶっ飛んだ価値観とかいつまんだ積極性。
リズムでチェケラーファイターにさせてくれるなら、
大体が曖昧、メッセージが轟く世界観へと、
見出す僕のチェケラッチョ、
ファイティングならば価値観すら目指したいだろう?
共鳴したいならその人次第だろう?
共鳴する歌声がファンクならば、
至ってリアリティ。
退屈なんだ、つまりそのリアル感。
ライブハウスでエンジョイしているような倦怠感。
ロックンロールなファンタジスタが
永遠を虚無を、ミラクルを見てくれるなら。
ロックンロールシアターです。
マジでまりもっこり体操です。
イメージを超越しています。
まさに想像を越えています。
大切な言葉がエンジョイパーティならば、
ふくれっ面に動き出すレディ。
突き飛ばす影響力の、
ヒップホップな悲しい可能性ですらも、
エイトビート、チェケラッチョなチョコランタンすらも、
永劫の時すらも、
傷つき溢れ出す展開を、
まりもな世界観を。
究極的ファイヤー。
理想がチェンジしようが、
未来が暴れ出そうが、
関係ないって一くくりにして、
ファンタジーを伝えた俺の未来はいかにって、
素敵な声高らかに歌ったところで、
意味はないとケセラセラに動いたって、
意味なんかないんだって。
歴史的ドリームがそれを目指したんだよって。
リズムがケセラセラならば、
歌う僕ですら馬鹿馬鹿しいの。
共鳴するワンダフォーが、
エネルギーになる前に、
ことごとく素敵に。
リズムはチェケラッチョなファンタスティック。
恋愛トークを続ける馬鹿馬鹿しさだよ。
うなぎのぼりな最高が歌いだすなら。
ファンキーなドリームと共に、
受け継がれる共鳴があるとすれば。
栄冠をサクセスにした、
運命は踊り続けた。
最高潮のサクセスと、希望とファンタスティックな
考え方は、共鳴するイメージは。
ダンストゥーダンスなフィーバーは、
それらが生み出す価値観は、
未来への慟哭は。
飛び出す栄光のユーロビートとは。
炸裂するワンダーランドのチップスとは。
炸裂するワンダーランド、チョコレートとは。
エイトビート、ミュージック、歴史、
ファンタジスタが永遠を喜ぶ。
かいつまむ僕たちの恋愛トーク。
ひたすらに考え方を、ファンランダエタな価値観を。
影響力、もっともっとが溢れ出す世界へと、
エイトビートは乗り上げていく。
興味が炸裂するワンダフォーアイランド。
飛び立つ栄光すら自分のものにしてしまえるなら、
うだつの上がらない最高に。
イメージは挑戦的に、
ラブリーはそれらに向かうように。
ファンタジスタと恋愛トーク。
馬鹿馬鹿しい共鳴すらも、
ファンタジスタすらも、
影響力すらも、
ぶっ飛んだ。リズムに傾向が、
意味をする抵抗が、
影響が、
ぶっ飛ぶ前に。素敵なファイナルアンサー。
怒涛のリズムに負けてしまうなら、
屈辱、それらが生み出す次のパーティ。
失うことすら馬鹿馬鹿しいという。
奇妙なファンタジーならば、
エイトビートを差し出したいという。
リズムでチェケラーするファイターならば、
うなぎのぼりに素敵になっていくという。
理想とチェケラー、イメージがチャンス的に、
ラブリーな方向性に、偽りが天才的に。
侮辱的ラブリーに、方向性すら歪になってしまうなら。
理解できるか?歌いだせるか?
リアルは本当を馬鹿にしながらまだまだ解き放つ
その世界観をブルースとして諦めていく。
正しさとワンダーランド、宇宙がメッセージを壊しだす。
確実な世界観をぶっ壊したままで、
永久は影響を感じさせない。
魅力がワンダーランドになる未来とは、
嫌いになれたはずの空虚なイメージとは。
理屈の通らないメッセージの読む次の瞬間とは。
希望が最果てからぶっ壊しに来る。
歌いだすファンタジーは感覚をぶっ潰すように、
ファイナルリアリティでふさぎ込む。
リズムが歌いだすハーモニーに対してまだまだ
うろつくことを是が非でも伝えていくなら、
ことごとく僕の天気予報は、うなりをあげて
ラピュタのあるあの雲へと突っ込む。
必要性のリピートか、
運命性の誓いと違いなのか。
クォリティとして異次元、
栄華みたいに全てがうまくいかない。
それでも僕らの距離は。
それでも僕らの雨は。
必要としたミラクルは。
ケセラセラなワンダーランド、
食い入るように見つめる東のエデンとは。
奇妙なファンタジスタ、
それらが描く強烈な未来すらも、
ファイティングする栄光、ワンダーランドすらも。
映像を振り返り、なおも素敵さをチェンジさせる。
ミラクルが共鳴するなら、
それもいいとイメージをチェケラッチョにしたままで、
クォリティは異次元を目指し続けるから。
それでも努力は葉っぱを失うことを喜ぶように。
活動するそれが一番って感情は、
理想を追求するように。
未来を笑い飛ばすように、
空虚な空間、失礼に感じるほどに。
理想とチェンジング、未来を諦めきれないのか?
イメージをチャンスにしたならば、
クォリティとしての異次元すら、
そのファイティングすらも、
栄光に変えて、ミラクルが挑戦的になっていく。
理想像、天才的ミラクルに。
本当の意味で助けるってのは自分で自分自身を助けられるように補助してあげる
ってことだろ。人は自分で勝手に助かるだけだ。
半端ないリアルに統率力、
イメージが挑戦的ラブリーになってくれるなら。
ファンキーなドリーマー、
影響力がヒップホップならば、
その可能性、いたちごっこをファイヤーにするまでに。
栄光としての受け入れ方、
必要性のドリームか?
リズムがチェケラーならば、
そのファイターに対して水を差すならば、
クォリティ、異次元に取っ払うならば、
常套句のように意味の分からない言葉を呟くならば、
思想と今回は、あれはカモメか?翼の上か?
そのまま長い堤防か?
サクセスワンダーランド。
夢中になっている俺達は笑い出す。
展開力がその違いを生み出していく。
ファイナルファンタジー、
クォリティが異次元、突破するファイター。
上がどうのこうのうざってーんだよ。
中間管理職?
マジでうっぜー歴史のファンタジー。
誰かの奴隷になって金を得るらしい。
自分で考えることもしてみろよ。
活動する天才は、もっと素晴らしい世界を描いている。
必要性がドリーマーならば、
栄光を描く必要性すら、爆笑するはずだぜ?
奇妙なファイターに、ロックンローラーがイメージしてくれるなら、
窮屈な世界観すら恋愛トークするはずだぜ?
もうだめだと思うことは今まで何度でもあった。
理屈とファイター、うなぎのぼりなんだ。
素敵なファイター、失えるから。
活動する世界観、
未来と共鳴する宇宙を見てしまったから。
空中に浮いている歴史とは、
サバイバル、価値観、ミュージックファイヤーだ。
ダンスフォーエバーならば、
活動する展開、それらが見つけるファイター。
ロストプラネット、活動の世界観。
リズム、沈むぜチェケラー。
腐った権力、
ミステリーが挑戦していくなら、
ラブリーハウスなら、
展開していくラブリーすら、
チェンジしていく未来に
共鳴していくなら、
ファンタジーが虚ろに、ディフェンストークにしていく。
ロストプラネットであり、
運命が笑い出すなら、
異常気象、素敵なファンキーなロストプラネットだ。
虚ろに天才的になるなら、
九十九里浜、素敵なファンキー、
ロストチルドレン、
影響力がぶっ飛ぶなら、
いっそのこと伝えてあげよう。
未来が太鼓判を抑えている。
奇妙なファンタジスタとすら、
影響させる、未来とぶっ飛ばす価値観。
エンドレスエイトを見つけていくファンタジスタだ。
リズムがチェケラーファンタジーならば、
影響、栄光、サクセスのワンダーランドを、
大切にしたミラクルすらも、
超越感すらも。
エイトビート、結びつく最高潮すらも、
素敵なファイナルアンサーだ。
ことごとく、失礼なくらいに。
ランデブーしていけるくらいに。
ダンスフォーエバーしていけるくらいに。
ダンスタイムは求めていくのさ。
ラブリーハートをラブにしていくのさ。
歴史的に究極ならば、
もっともっとなファンタジーが
クォリティをエネルギーにしていくなら、
歴史と究極的リズムだ。
サクセスワンダーランドだ。
チョコレートソングを、
歌い始める赤面の影響力、
ぶっ飛んだ価値観ですら、
影響力すら、感覚ですら、
ぶっ飛んだ価値観にしてあげるよ。
空中にほわほわタイムならば、
歴史的究極的に、空き捨てのほわり夢さ。
大切な言葉、エンジョイパーティなのさ。
ロックンロールファンタジスタ。
影響力がぶっ飛ぶなら、
その力技と、
失うパーティに意味不明がトークするなら、
その究極に対して僕は食べてしまいたいね。
覆すルーキーと共にハッピーをどんどん食べてやりたいね。
理屈はないけど興味はあった。
スタジアム、それはその世界観。
理想がチェンジする未来に、
共鳴するダンスすらフォーエバーになってしまいそうだから。
空中庭園、素晴らしき影響力。
ヒップホップなコミュニティだ。
最高なサイコキネシスならば、
ワンダーランドな素晴らしさ、
影響力がぶっ飛んでいる。
脈拍はいくつだ??
半端ないリアル、謙虚なハートで、
びびっている俺達に対しても、
リズムは空間にさせてくれた。
ハーモニーは疑う。その違和感に、
ダンスし続ける運命を感じてしまったのだ。
ロックンロールパーティで、
生み出す価値が笑い出しそうなら。
空虚な伝説、いたちごっこをファイヤーにさせてしまえるなら。
空間とそれらのビリーバー。
挑戦的にラブリーに、
影響力がヒップホップになっていくなら、
理想とチェンジするわずかな楽しみ。
空間、ラブ、フューチャー、
新しさとメロディを突っ走らせなさい。
僕は大好きなことがあるんだよ。
リズムがケセラセラならば、
パーティ、ロマンロックを歌いだせるか。
ロックンロールなファイター、
うなぎのぼりな挑戦状が差し出すものとは。
極め続けるパーティ。
理屈はないがそのファイター、
流浪に生きている気がする。
歴史的究極に全てを閉じ込めた。
記憶はワンダーランドだった。
覆す魅力すらなかった。
価値観との戦い。
意味不明な天才小説家。
リアルにそれらを灯すなら、
希望的解釈へと全てを移ろわせるなら。
理屈はファイターーー?
理想とチェンジする馬鹿馬鹿しさ。
すまないが僕は君を必要としていないんだ。
覆すパーティ?
ポップなロックンロールさ。
それらが必要とした未来だ。
共鳴するワンダフォーダイブをしたいかい?
リズムはもっと究極だぜ。
ファンキーなロストチルドレンになりたいか?
チェケラーなファンタジスタ、
不安定な状態が安定して続いている。
ぶっ壊れた。果てなどなかった。
それでも私がなお望み続けるものとは。
リズム、沈む、やがて気づく。
素敵なファンタジスタに対して、
リアルなヒップホップとこめかみ最強状態ならば、
影響力、栄冠を掴み取るように。
空虚な伝説、一言のえさにつられた馬鹿どもか。
ラブリーハウスな影響力か?
ぶっ飛んだ価値観、歴史的究極?
ファンタジスタな恋愛トーク、
馬鹿馬鹿しいけれども必要としたんだ。
リズムが理屈をハッピーにさせた。
運命と笑い続ける天才か?
リズミカルな歌いだしから、ファンキーなロードだ。
運命がチェケラッチョだ。
裏の道を知らない馬鹿どもが、
貫くついとつ影響力。
ぶっ飛んだ価値観すら、
影響力すら迸る。
空間的ラブリーに超越させるなら、
いっそのことファンキーになってやろう。
覆す魅力が、歴史的影響力。
生まれた意味なんて分からねーけどよ。
必要としているファイター、
失うことすら馬鹿馬鹿しいかい?
リズムでチェケラーファンタジーで
失った形はエネルギーかい?
メッセージが強烈に協力に、
世界観なファイターを望みだすように。
空虚な理想を頂戴するように。
運命はただただ感覚で、
リズムはチェケラッチョで、
ゼロに戻すための旅路だ。
素敵なファンキー、ロストプラネットだ。
活躍と暗躍、素敵なファンタジーを灯しだすなら、
歴史、それらすら空虚にさせる、
馬鹿馬鹿しいリズムとアロマセラピー。
大切な言葉とエンジョイパーティがロックンロールならば、
ひたすらなパーティとロケットランチャーです。
生み出せる価値観すら、
極限状態、リズムが炸裂するワンダーランドから、
極め続けるファイターが
ロックンロールなリズムを作っていく。
それはロストチルドレン。
それは運命の笑い方。
イメージを強力にサクセスしながら、
運命は卓越するダンスにさせていく。
ハーモニーが疑うなら、
お前のその大爆笑な説教は
イメージでチェケラーさせながら、
ファンタジーとして移ろいゆく
世界中に最高にさせてみせよう。
刻む痛々しさと、
ストロベリー。究極的リズムに値千金ならば、
素敵なファンタジスタ。
影響力がぶっ飛んでいく。
リズムがチェケラーファンタジーならば、
影響力とヒップホップにすら!!
永劫の土地勘にすら、
影響力をぶっ飛ばして嫌いになってトゥデイ。
カモンベイベーな炸裂ビジネスがオーケーするならば、
作戦とサクセスする極め続けるパーティ。
ロマンロックがファンタジーを乗り上げるなら、
究極的ファンタジー、
それらを意味する抵抗に、
サクセスワンダーランドをプレゼンツさせなさい。
リズムがチェケラーになっているならば、
ファンタスティック、ドリーム、夢を叶えなさい。
リズムが究極になるなら、
アタッチメント、
素敵なファイヤーすら乗り上げる。
奇妙なファンタジーが連れてくる。
ビリーバーなチャンスを追いかけるならば、
その希望だ。つまり、ファンタスティックなんだ。
歴史が究極的にドリームを食べてしまう。
覆ってしまうんだ。
究極的リズムで、荒唐無稽になる
僕を爆竹でぶっ飛ばすなら、
かいつまんでいける。
大切な言葉と、エンジョイパーティ、
もう少しガキでいさせてくれよ。
ファンキードリームさ。
描いたパーティ、
ロマンがロックンロールにひたすらになっていく。
ループするルービックキューブと共に、
見えない明日に諮りだしたいから。
強力な世界観、影響力をぶっ飛ばしてやる。
価値観とブルースは、その共鳴、
いたちごっこに騒ぎ立てるまで。
空間に炸裂させる意味を問いかけるように。
希望とはくしょん大魔王、
メッセージが伝えてくれるファンキーに、
ロストチルドレンは慌てだして魅力を償う。
理解するためのフューチャーは、
アイランドを見つめるように、認めるように。
空虚な伝説に、未来が天才的になる為に。
クォリティは異常になっていく。
理想とチェケラー、イメージが挑戦的ラブリーに、
崩壊させて、それでもドリーマーをチャンスにさせていった。
恥ずかしげにしていくドリーマーすら、
リズムがチェケラーになっているんですか?
興味はないけど炸裂です。
ワンダーランドなチョコレートです。
運命を感じてしまいました。
それでも正義だと望みました。
空間的ラブリーに、調節しているラブリーが、
ハートが、ワンダーランドなチョコレートにさせていく。
ロマンチストとファンタジー、
クォリティが異次元に突破するファイターに、
ロストチルドレンならば、
影響力、ヒップホップになるまで。
謙虚な理想と悲しさか。
ドリーマーとチャンスと勢いか。
寂しくはないが悲しいのか。
ドリーマーなチャンスをはびこらせるまで。
素敵なファンタジスタは恋愛トーク、
馬鹿馬鹿しい影響力があるんだね。
空中に庭園が存在するという。
そうか、それは素晴らしいな!!
そこまで気力がある訳じゃないんだよ。
じゃあ一体何があるんだ?
謙虚なヒーローと共に歩いてみたいだろう?
えっまじでそんなこと言っちゃってんの?
そんなことマジで言っちゃってるんですよ。
そりゃー半端ないな。理想とチェンジングした未来は・・
謙虚になってしまったということか!
リズムがチェケラーならな。
イメージは狂熱の虜になってしまうのさ。
ということは理想がチェンジしているということか。
リズミカルなファイターがいつまでも笑い飛ばせるとは限らねーだろう?
究極的にロマンロックベイビーならば、儚さだろうな。
で、俺は一体なんなんだ?
歴史を変えるものだよ。
リズムはどこまでいける?
どこまでもいこうぜ。俺達は仲間だろう?
素敵なファンキーに、路頭に迷ってしまったのだろうか。
空中に浮いているモンキーすら、ワンダーランドになっているのかな。
どうも・・嫌いでね。
他人の作った作品に身を任せるってのはね。
奇妙なファンタジーがそれでも劣悪な感覚を。
誰かに合わせることに終始している奴を
救う気力とかはねーよ。
リズムよりチェケラーかい?
ファンタジスタは恋愛トークを探しているはずだぜ。
九十九里浜、素敵な歴史に、
究極的ドリームすら描いてしまうんだ。
空間的ラブリー、挑戦権なてないのか?
イメージが調整する未来、
楽しきゃそれでいいのか。
その先に展望はないのか。
何を願えばいい。何を祈ればいい。
素敵なファンタジー、今に許しを請いながら、
素敵なメッセージに偽りは共鳴していく。
ダンスするフォーエバーならば、
形すら失う力技で、
素敵なファイナルアンサーを呟くのかい?
理想的チェンジング、失礼なくらいに楽しいのさ。
ファンキーモンキーなのさ。
覆すことすら馬鹿馬鹿しく思えるんだ。
過度の最高が俺を襲う。
奇妙なファンタジスタ、
映像で作戦を、燃え滾る、煮えたぎる血を。
リズミカルなファイター、
極限まで最高になって、
イメージは調整して未来になっていく。
それを言えるという事実が、
感覚を灯し始めるんだ。
理解している、それのためだけのフューチャー。
アイランドは光景を目指し続ける。
ファイター、ロストプラネットだ。
大切な言葉とエンジョイする為に。
希望はワンダーランド、尽くす為に、
希望的ワンダーランド、
そこに未来はないという。
刻んだポテンシャルでうつぶせになっていく
僕のアホらしさに、健気な勇気を儚く散らすなら。
希望、運命、理想。
感覚が、ブルースが僕を溶かしていく。
正しさは閃き。
勇気はそこにあるのか?
運命的、悲しみの距離。
埋め合わせする天才だけじゃ、未来は切り開けないだろうから。
奇妙なんだ、本当に、本当に。
落札パーティだろうか。
失うことはそれに対する希望だろうか。
運命がチェケラッチョならば、
素敵なファンタジー、クォリティで異次元を。
突破するファイターを、
失う気力すらないなら、
理解をしたいよ。
興味が無いよ。
どうすればいいんだよ。
価値観という名前のブルースで、
興味をサクセスへと駆け上らせる。
空間は悲しみを宿らせて、
それでもビリーバーが調節している。
ラブリーなコール、美しいファンキーに、
ドリーマーすら歪になっていく。
理想とチェンジ、ロックしてくれるハーモニー。
理解がファンタジーなのか?
運命がチョコレートならば、
ファンキーなドリームに全てが奪われてしまうなら。
屈辱的ドリーム、
描いた世界観、ミラクルチョコレート。
理想をチェケラッチョにしたとしても、
運命、嫌いになったとしても、
覆したとしても、
気力はファンタジーを、
うなぎのぼりにさせるのか?
サスペンスは渡り歩くのか?
そこに君はいるのか?
何を目指せばいい。
何を託せばいい。
僕は誰だ。
君は僕だ。
では、私とは。
恥ずかしいけれど、それはどういう感情だ。
生きていて恥ずかしいのだろうか。
恥知らずとは一体なんだろうか。
何も分からない。何も知らない。
それで、魅力がファンタジーになっていくのだろうか。
理想、結びつく世界観。
理想的チェンジングを理想にしてきた。
運命は笑い続け、僕を侮辱する。
体じゃなくて重要なのは心だろう?
奇妙なことに迷いがない。
なぜ迷いがないのだろう。
リズム、静かに追いかけた。
根拠が必要な夢だ。
理想的チェンジングに、理想と、
メッセージがたぎる血を追いかけている。
ドリーマーなチャンスは、それらを追いかけるように。
ファンタジーは理想をチェケラーアップしていく、
ファンタジスタな恋愛トークだ。
馬鹿馬鹿しいことに沈んでいくか?
ファンタジスタな恋愛トークは、
リズム、ケセラセラ。
衰退途上国の未来を憂う。
引っ張り込んでいる。
歴史的メロディは、突っ走る、そのままで。
飛び出す栄光すら、
ワンダーランドすら。
チョコレートすら、
影響力すら、
ぶっ飛ばす為の価値観すら。
ミュージックすら、悲しに灯される。
果てしなきを呟いた。
奇妙なファンタジーは続いた。
理解をしたかったよ。
僕を忘れないでよ。
奇妙な理解、ファンタジー、
クォリティが異次元ならば、
その半端ない理由は挑戦的だろうか。
サクセスとワンダーランドは、
チョコレートサクセスか?
ワンダーランドなチョコレートが、
それでも慌ただしく。
イメージの共鳴を侮辱するように。
活動的展開は、笑い出すように。
いつの間にかパプに飼われ、
アイに依存しているのだろうか。
奇妙なファンタジー、
虚ろな天才画家だ。
イメージがチェケラッチョならば、
歌いだすファンキーすら、
路頭に迷う一つのイメージすら。
階段を上るチェケラッチョに、
イメージは運命を笑い出す。
展開力でサクセスを生み出せるなら、
希望的観測、宇宙を差し出せる日々を求めるまで。
リズミカルなファイター、
ロストチルドレン、
価値観はキュートだから、
炸裂するビジネスすら追いかけてしまうのさ。
リピートしたいかい?
その興味の本質を、つかみたいかい?
リズム、永遠を笑った。
奇妙なファンタジーだったんだね。
器用貧乏が、
サクセスを連れてくるまで。
ファイターなロストプラネットだ。
活動する空虚さを、
リズムにしてしまうなら。
食いつぶす最高と、
リズムとチェケラー、
ファンタジーになったとしても、
移ろいゆく天才になってしまうんだ。
ことごとく、素敵なファンキーだ。
路頭に迷うことが失礼ならば、
悲しみとドリーム、永劫の時を泳いでいるよ。
なぜ私はこんなにもイメージしてしまうのだろう。
空虚な歴史、それらが生み出す確実な運命を、
理想として調節して、それでもクォリティが疑うなら。
大切な言葉はなんだろう。
リズムがチェケラーするならば、
ファンタジスタな恋愛トークを結ばせるなら。
空虚なリズムと共に、
移ろいゆく天才をあがき続ける。
ファイターとロストプラネット、
確実性のドリーマーだ。
謙虚さといたちごっこがファイヤーを連れてきてくれたんだ。
ファンキーなドリーマーを描くならば、
必要性の違いだろう。
理想的チェンジだろう?
ミステリーが共鳴するなら、
それすらも必要だろう。
ファンキーなドリーマー、
栄光を呼び寄せそれでも笑い続ける。
果てしなさと共にある記憶は、
悲しみと興味、示せば示すほどに。
クォリティが異次元なんだ。
突破するファイター、路頭に迷うなら。
窮屈なんだよ。
理想がチェンジングする未来すら、
旅立てる世界観すら、
影響力、ヒップホップなコミュニティだ。
ダンスフォーエバーな力になっている。
冷えだす空気がラビリンスだ。
光景がサクセスするならば、
空虚が理想とチェケラッチョ。
イメージを太鼓判を押させるように、
興味を示すなら。
明らかに逆らいたいだろう?
奇妙なファンタジーすら、
うろつかせる天才にしてしまうなら。
屈辱的ながら、
運命を感じた。
あの日はちぎれそうで、
ファンタスティック、胸がちぎれそうなほどの、
空気感は理想をチェンジングしていく。
ファンタジスタな永遠と共にトークしていく。
正しさは未来絵図かな。
限界を知る度にそのたびに、
無限の世界を知っていく。
リズムが空虚なのか?
思考回路は永遠だ。
呟きたい。続けたい。
リズムを、行動を、
サクセスする為のワンダーランドを。
リズムがチェケラー、
ファンタジスタは恋愛トークをしていくのさ。
レベルアップダンサー、
クォリティが異次元を、突破するファイターが
ミステリーを、興味を示すことに
馬鹿馬鹿しさすら感じてしまった。
理屈なファイター、
失うことすら始まりに過ぎない。
理屈無しで、究極を歌えるか。
始まりの世界は、ケセラセラか。
疑いなど知らない、
興味すらもない、
天候は晴れ、表複雑。
ハイテンションなリアリティが、
それでも取り戻す謙虚さを
理解させるように。
奇妙さはファンタジー。
越えていくメッセージの虚ろさに、
展開的に興味を示せるなら。
活動する展開と、サクセス。
ワンダーランドがチョコチップならば、
素敵さがファンタジスタ。
恋愛トークさせるように、
空虚な伝説、未来を食べてしまう。
覆すリライトは、メッセージを運ぶように。
必要とあれば、生き残る為に。
必要以上、悲しいメロディを必要とした。
ミラクルは調節していくから。
理解とファンタジー、クォリティが異次元だった。
突破していくファイターが、
ロストチルドレンを運んでいた。
奇妙なワンダーランドだ。
極め続けている。
ロストプラネット、充実感、
ミステリーが興味を示す。
ずっと感じていたロックンロール。
ひたすらはそれらすら越えていけるか?
奇妙なファンタジーに、
移ろいゆく天才の意味すら知らないままで。
クォリティすら歪なままで。
素敵なファイナルアンサーなのであれば、
覆すことすら馬鹿馬鹿しく。
運命は笑い飛ばしてくれるのかい?
奇妙さが全てを食べてしまうのさ。
屈辱的だろう?メッセージで共鳴した証さ。
素敵なファイナルアンサー、
呟けるなら希望をワンダーランドにさせたい。
歴史的究極、イッツラブが灯されるなら。
空虚な空間と理想。
超越する可能性?
リリカルテクニックだ。
ファイティングジェットコースター、
つまりエイトビートだ。
サクセスが運命を嫌うなら、
素敵なファンタジーに申し遅れてしまう。
リピートダンサー、クォリティで一途になっていく。
理屈じゃないんだ。
そのファイター、
理想がチェケラーしていくならば、
ファンタジスタな恋愛トークだ。
サクセスが興味を示す。
パーティな奴らはまだ眠らず、
記憶に狂気を当てはめて、
リアルを求めて爆笑していく。
理想はチェンジしていくドリーマー、
ファイティングチョコレートに、
サクセスさせたなら、
少しは面白おかしくできたかな。
ねえ、僕の指し示す未来は究極的に
ロマンチックだった?
ねえ、楽しかった?
あいつを騙して、俺に取り入って。
理屈はたまらなかった。
リズム、チェケラーファイティングだ。
それらを知っているからこその重みだろう。
深い場所から連れてくるリズムは、
体感温度すら上昇させるんだ。
ファンキーなリズムと、それに伴う素敵さだ。
ドリーマーとチェンジング、
未来が着実なファイターならば、
ロストチルドレン、全ては完成されてしまったんだ。
理屈なんてないさ。
ロックンローラーはファイティングだったんだ。

たまらない。温まらない。
大切?言葉、エンジョイパーティ、
ロマンロックな歌いだしから、
影響力、ヒップホップに叶えられる夢の違いか。
素敵なファンタジーがアイランドならば、
食いつぶす最高に、
リズムは解き放たれるように。
興味はサクセスするアポイントに、
希望的解釈、虚ろに天才的に、
ドリーマーなチャンスを置いてけぼりに、
クォリティで異次元、
突破するファイター、
失えることすら馬鹿馬鹿しさを見せてくれるのさ。
ファンタジー、共にクォリティ。
差し出す影響力でぶっ飛んでいる。
価値観という名前の究極が、
リズムで荒唐無稽になるなら、
素敵なファイナルアンサー。
孤独と毒々しいリズム、
回転ドアが炸裂させられている。
興味が炸裂するビジネス、
影響力ぶっ飛ばす、
栄光とビジネス、大切なクォリティ。
大切さが言葉であるなら、
その素敵さにドリームが宿るなら、
ハイテンションなリズムにすら、
かいつまむ僕の素敵さにすら、
宿る僕たちの恋愛模様すらも、
栄光すらも、共鳴すらも、
疑うことを嫌いになるのかい?
傷は深く、
ランデブーを灯す。
君たちの声高らかさに、
イメージの挑戦権に、
リライト、白熱のワンダーランドを伝えだす。
ファンキーな路頭への迷い方では、
もう取り戻せないくらいにただ夢中だったねだなんて。
リズミカルに歌いだしたファンキードリームが、
描いた最高に、リズムがチェケラーしているから。
ファンキーなドリーム、永劫のさよならを
伝えたい僕たちにも、希望的解釈をしたいと思った。
リズミカルなファンタジー、
生み出した価値観すら、
爆笑してしまうのかい?
リズムはチェケラーファイティングなのさ。
覆す魅力をワンダーランドにしてしまいたいのかい?
リズムがチェケラーファイターなのさ。
失われる天才かい?
奇妙なファンタジーがここにあるのさ。
希望的観測かい?
宇宙を差し出せる罠になっている。
ドリーマーなチャンスは浴びせる為に。
究極的ファンタジーは呪われるように?
かいつまみます、
素敵な夜を明かします。
素敵、つまりファンタスティックなのです。
空中庭園でも、バビロンなのです。
大切さがビリーバーなのです。
調節しているラブリー、
影響力ぶっ飛んだ価値観。
たまらない世界観、理想とチェンジしてくれる
ファンタジー、クォリティが異次元、突破するファイター、
歴史的ドリーマー、影響力がヒップホップ、
悲しいほどのドリーマー、
影響力、ヒップホップな可能性?
ワンダーランドとチョコチップが素敵なのです。
クォリティが高らかに宣言、
いっそのこと教えてあげよう。
未来を調節するリビングデッドの可能性。
リズミカルなファンタジーならば、
影響力ぶっ飛んだ価値観に、
ワンダーランドはチョコレートになるように。
覆す魅力的すら、
ワンダーランドすら、爆笑の渦なのさ。
希望とファンタスティックアイランド、
そこに到達したら素晴らしい世界が。
メッセージを貫く生き方をしたくて。
ファンキーなドリーマー、うざったいことなんて全部全部関係ないのさ。
リズムは共鳴するかい?
ファンタジスタ、未来をところてんにしたいかい?
奇妙なファンタジー、虚ろな天才と共に、
覆す僕たちのユートピアだよ。
炸裂するならマイダンサー、
クォリティと共に一途になるしかねえ。
興味もねえし素敵だ。
ファンキーなドリーマーだ。
伝えるためのファンキーが、
歌いだせる空気感が、
理想が、それらが目指す超越が、
リビングデッドなこの価値観を。
メロディは突っ走ることを揺蕩うように。
理解するファンタジスタ、
栄光のビジネス、かいつまんだ素敵さだ。
ファンキーなドリーム、永劫の時を泳いでいきたいようだ。
奇妙だ、奇妙過ぎる。
書きたい。書きたい。リズムでチェケラー、
追いかけるファンタジーが、
それらの満足感すら痛々しいままに、
続かせるリピートに、
運命は超えていくように。
理解するためのファンタジー、
クォリティが異次元になっていくパーティだ。
失われる行動すら、馬鹿馬鹿しく思える今日この頃だ。
素敵なファイナルアンサーだ。
孤独と毒々しいリズムなら、
かいつまむ。俺はそういうおかしなことが大好きなのさ。
覆すリミット、活動を世界観に、
魅力的ワンダーランドにチョコチップなんだ。
覆すリミットと、疑いを興味を示した。
活動する世界観、
魅力がファンタジーを越えていった。
ラブリーチェンジが逆らわせている?
ロックンローラーなファンタジーが越えてくれるのさ。
ファンタジーならば疑う必要すらない。
踊れないのはだーれだ?
半端ない勢いと共に、
覆す魅力と共に、
受け継がせるリミットすら
浮き沈みの激しい最高にさせちまう。
ビリーバーは着実に今を忘れていく。
ファンタジスタ?永遠が笑い出すぜ。
展開力はファシズムだ。
素敵なファイナルアンサー、孤独と毒々しいリズム、
かいつまむ素敵さに、ファンキーロードだ。
ラップスタイルと究極性、
ファンタジーが生み出すことができる限度額。
素敵なファイヤーを描くなら、
心の灯、打ち寄せる感情の波。
リズムがチェケラーするなら、
ファンタジーとして生き残れるなら、
究極的ドリームを描いた。
必要なものはなかった。
ドリーマーが描いた。理屈、考えられる限りの灯を奪った?
価値観と究極に、リズムとサディストに、
健康的ラブリーを挑戦状に
差し出しながらも、究極的ロマンスに、
ちぎられたパーティ、ハイテンションな理解に苦しむ、
最高潮であろうと、
零れ落ちる魂が欲しかろうと、
対して重要なことなど言ってなかったとしても、
覆す日々がワンダーランドだろうとも、
素敵なファンタジー、クォリティが異常なんだ。
素敵がファイナルアンサーなんだ。
何がここまで俺の体を突き動かす。
最終的に答えは見えてくるのかい?
真実が弾道ミサイルだ、
理解したいからこそ、追いつきたいからこそ、
ミュージックはテンションだ。
失われた記憶が存在の不確かさを信じる時、
奇妙なファンタジー、クラッシュしたとしても、
クォリティで異次元を突破していくのさ。
理解できるか?
興味があるか。
僕はどこまでいけるだろう。
どこまでもいけるだろう?
ファンタジーを求めるなら記憶しなさい。
ラブリーホールでエンジョイパーティをしなさい。
覆すリミットに、ファンタジーすら移ろいゆくのさ。
天才的ドリーム、描いた夢を、必要とする為に、
理解するフューチャー、
ドリーマーが描く未来を、
謙虚に必要とした忘却の彼方に、
影響力はヒップホップ、
形の差し向ける影響力、
どこから言葉に影響力、
ロックンロール、いたちごっこなファイヤーだ。
大切な、理解。
当然のように君はすぐそばにいた。
ファンキーなロストチルドレン、
活動する展開だろう?
ファンキーなドリーマー、描いた。
フューチャーアイランド。
密接に繋がる馬鹿馬鹿しさですら、
僕を愛してくれる様々な希望ですらも。
動けなかった。ただ温かかった。優しかった。希望に満ちていた。
大切な言葉をエンジョイするパーティかい?
失われることを希望としないで。
覆すファンタジー、
僕は何を表現したい。
胸の中にあるもやもやを、
表現する為に僕は生きている。
傷深く、立ち上がることすらできない。
それでも空虚なリズム、
太鼓判、大切な言葉、
温かい何か。愛とかそういうのとも少し違った。
愛とも違った。ただ優しくて、ただ気持ちよかったんだ。
そこで感じた恋愛トーク。
埋め合わせするダンサー、
覆すファイター、
理解を越えて、その優しさに触れて、
リズムは共鳴しながら、
ダンスしていくだろう?
雨と戯れる。
不思議な健康的に、
ラブリーチェンジしてくれる。
ラブリーホールに永遠が灯されるなら。
嫌いになってくれるなら。
希望的解釈、理屈、
影響力、ぶっ飛んだ価値観、
誰かも分からない人にお礼を言う人。
正しいミラクルに、調整したボキャブラリーすら
天才的に思える。
活動する世界観、
理想でチェンジするミラクル。
影響力がぶっ飛んでいた。
電車で女の子が僕の肩にもたれかかって居眠りをしていた。
なんでもないのさ。
究極的、メッセージ、
理解するフューチャー、
ドリーマー、影響力がぶっ飛ばす。
価値観とミュージック影響力。
ヒップホップなコミュニティ、
ファイナルアンサー?
ことごとく馬鹿らしくなるほどの、
影響力。ぶっぱなしたいね、
リズムで炸裂させたいのさ。
興味ねえ。ダンスフィーバーですね。
価値観とブルース、共鳴していきなさい。
愛ウィッシュ。愛ウィッシュ。
愛ラブいえい
感覚的ブルースで、共鳴した果てしなさの先に何があるのかって?
希望的ファンタジーで、移ろいゆく天才を破滅をもたらす栄光を。
素敵なファイナルアンサーを、それすら食いつぶす栄光を。
影響を、灯さないための希望を。
ファンタジスタを、それらが生む恋愛トークを。
馬鹿馬鹿しいほどに影響力を感じてしまう。
理屈はないがファイター、
ロストチルドレン。
活動する展開、
何かが起こっていることは分かるよ。
でもなぜそれを僕に、
ひっつけるんだい?
分からないだよ。
くっつくだけなんだよ。
活動する世界観ならば、
いっそのこと教えてあげよう。
未来が魅力的ならば、その希望でワンダーランドを伝えてあげよう。
ミラクルを調整した馬鹿馬鹿しさ。
永久に影響させる、
ミラクルは調整させて馬鹿馬鹿しくなってしまう。
きつく、ラブリー、本当にハートに。
大切な言葉だぜ!
大切な言葉とパンチライン。
ことごとく未来のない素敵さに、
ドリーマーのチャンスを浴びせるように?
活動的世界観に、ワンダーランドはチョコチップに。
素敵なファンタスティックアイランドに、
希望を差し出せるように。
空虚な理想、ところてんすらビジネス。
ドクターストップすらストップ。
希望とワンダーランド。
チョコレートシンギング。
価値観とブルース、共鳴がワンダフォーダイブだぜ。
大切な言葉と、それらが生み出すクォリティ。
ファンタジーアイランドを目指すなら、
ことごとくメッセージになるものとは。
リズミカルなファイター、嘘偽りなどない世界で、
ミュージック、全く嘘がない、真実しかない世界ってのはどんな感じだい?
正しさとミラクル、共鳴がワンダフォーならば、
覆すこと、ことごとくメッセージになろうが、
それがどうなろうが、メッセンジャーになろうが、
必要性のドリーム。描いた僕たちの希望と野望。
捨てきれぬ可能性。僕は歩き出す。
正しさとワンダーランド、
揺蕩うリズムにこれを寄せて。
バイマイサイド。
バイマイサイ、バイマイサイ、ステイバイマイサイ。
大切な言葉がクォリティなのかい?
ワンダーランドがチェケラッチョを生み出している。
価値観、ブルース、興味で示したら。
ことごとく腐った権力の崩壊望む高らかな歌声を、
リズムを、空虚さと、
ドリームに結び付けた。
ひたすらに興味を持った。
歌声はファンキーだったから。
ブリリアント・パンクのような。
リズムとそれのみでチェケラーファイターにさせるような、
興味を指し示すような。
ことごとく笑い出すような、
展開とドリームは酒池肉林なのさ。
満たされるのが嫌いなのかい?
満たすのは好きなのに、満腹は嫌いなんだ。
大変だね。メッセージだね。
クォリティすら一途だね。
ファイター、ロストプラネット。
こんな文字の類もいずれは消えてしまうなら。
理解をしてみせよう。
どこまでも嫌う僕たちを。
サクセスな影響力を、
ぶっ飛ばしてどこまでも価値観のある、
究極性にドリーマーを。
描いた価値観に苛まれる、価値観をブルースに。
サクセスと昨日からの憂鬱を君に。
ダンスするフォーエバーならば、
価値観と協力性。
あの時痛かったのは、教えてくれたんだね。
ファンクション、ただひたすらに気持ちよかった。
ダンスするフィールドは、
価値観を投げかけるように。
歌いまくるから、希望はワンダーランドになっていくから。
理想的チェンジになろうが、
ハロウと言おうが、
伝えきれぬ闇の崩壊も見た。
ラビリンスの空中ごっこだ。
微妙に炸裂するワンダーランドに、
チョコチップはファンタジスタに、
傾向を見出すように、
価値観はブルースになるように、
焦らせるように、
価値観は究極になるように、
運命の拳に素敵に現れるように。
救急救命、
逆立ちで運命を現すのさ。
奇妙だろう?それこそがその空間だろう?
イメージを調整させた未来だ。
何もすることがないなんて愚かに思えるのさ。
覆るレベルアップに、トーク中の意味不明は、
感覚を求めて探し出してくれる。
ハーモニーで歌声がまた歌いだしていく。
ファンタジスタ、恋愛トークならば
馬鹿馬鹿しくすらなっていくだろう?
興味がないのさ。要するにね。
素敵なファンタジー、
クォリティと共に異次元、
突破するならファイターだ。
うなぎのぼりなストーリーだ。
究極的ロマンロックが笑い出すなら、
歴史的影響力とヒップホップで、
歴史的ドリーム、影響力ぶっ飛んだ価値観。
ロマンとロックンロール、ひたすらにサクセス。
ワンダーランドがチョコレートなら、
素敵なファンタジスタな影響力をぶっ放す!
そのリズムはどんどん高みへ上っていく。
希望は捨て去れない、
揺るがないものがあるからこそ、自由に変化させていける。
コアを叩くメッセージがある。
それが壊れない限り、何度でも復活できるほどの。
そしてそれはアイアンバイブルだ。
素晴らしく固い。
ロマンチックだろう?
ファンタジスタ、恋愛トーク、
魂を入れることができる「魂の器」
リズムがチェケラーならば、
ファイター、ロストチルドレン。
奇妙なファンタジー、
それでもクォリティを儚さで連れていくのかい?
サクセス、ワンダーランド、
チェケラーなイメージすら、
開拓し快諾する馬鹿馬鹿しさ。
エネルギーが突っ走り続ける永遠ですら、
踊り続ける最高ですらも、
究極的ロマンロッカー。
痛々しい最強に、
リズムはクォリティを高らかに歌いだすように。
ファンキーなドリーム、全てが間違いだったとしても。
リズムはストーリーか?
迷い込んだ天才は、
ドリーマーが描かれるかい?
奇妙なファンタジーが、
栄光が、ミステリーワンダーランドなのさ。
覆すリミット、
大好きな天才と共に、
受け継がれたパーティとは。
失われたドリーマーとは。
美しいメロディ、歴史的ドリーマーだ。
永久が僕の脳内を駆け抜ける。
美貌と炸裂するビジネスは、
かいつまむことすらストーリーにさせながら、
ハートのユーロビートが叶えられていく。
懐かしい光が僕を呼んでいる。
刻む、僕の帰る場所はここではないと。
奇妙なファンタジー、
ストーリーと影響力、
ぶっ飛んだ価値観と、マイメロディに突っ走り続ける。
ロックンロール、ファイターなロマンロック。
ファンタジー影響力、ぶっ飛んだ価値観だ。
影響力がヒップホップになるなら、
その素敵さに反旗を翻すなら、
希望的解釈、その向こう側すら、
ファンキーな路頭で迷っていくスタイルだ。
ファンキーなロストチルドレンだ。
価値観と、ファイティングする歴史。
ファンキーなロストプラネットならば、
確実性と共にドリーマーになっていけそうだね。
ファンキーなドリーマーに描けるなら、
ファンタジスタは永遠を望んでくれるのだろうか。
ファンキーなモンチーなもんちっちだから。
究極的ファンキーで、歌いだす。
そのリズムはどんどん上がってく。
理想に向けて星は叶っていく。
リズミカルな行動と、ロストチルドレンは現されていく。
リズムが共鳴しているんだ、
求める方向はひたすらに。
ラブリーホールを見つめるように。
ダンスするフィンガーアイランドならば、
形すらミュージックにさせてしまうのか?
理解と、フューチャーアイランドだ。
巻き込む世界観に、ビリーバーなチャンス、理解するフューチャー。
大切な言葉とクォリティはワンダーランド、
歴史的ドリーマー、
究極的リズムでこの光景をプレゼントしたい。
大切なことはそれのみじゃないだろう?
素敵なファンタジーならば、
影響力をぶっ飛んだ価値観を、
それらを踏み潰すキャパシティを、
運命をところてん、素敵なファンキーに、
ドリーマーはチャンスをくれた。
ファンキーなもんちっちだった。
ひたすらに、必要としていた。
ラブリーチェンジが爆笑するなら、
その興味にひたすらにサクセスするならば、
希望と解釈、虚ろな天才ですら、
空間をワンダーランドに変えていってしまう。
大切が言葉とストーリーだぜ!
ハーモニーは墜落していくのか?
歴史的究極に、リズムすらかいつまむように!
素敵なファンキーロードに、
生み出すことすら馬鹿馬鹿しくなってしまうのかい?
空中に浮いている歴史すら、
ファンタジーすら、栄光すらも。
ワンダーランドなチョコレートにさせられてしまう。
空中、歴史とファンタジーすら、
栄光とビジネスにさせられちまう。
リズミカルなファンタジスタ、
栄光を影響させる。
リピートアンサーだ。
覆す魅力すらワンダーランドになっていきそうだぜ。
ハーモニーと追憶の陰に、
流れ流れる僕の素敵さすらも。
ファンキーなドリーム、永劫の時を歩もう。
素敵にファンキーに、ひたすらドリーマーに。
描くスタイルすら、キャミソール。
歌いだしたらファンキーにロストチルドレンだぜ。
クォリティが異常?オーケー、レツゴー。
ハイテンションなリズムにクォリティが高らかになっていくなら、
希望的解釈、移ろいゆく天才ですら、
大爆笑している頃だぜ?
ハーモニーで歴史を作るならば、
ファンタジーすら折々の。
四季折々の、素敵さがファンタジスタだ。
大切な言葉とストーリー。
結びつくファイターに、
ロストチルドレンだ。
意味不明な光景と、サクセスパーティだ。
リズムが、チェケラーファイターになるほどに。
クォリティが異次元、ニュートリッパーで
栄光を昨日から、影響させたいのさ。
奇妙に思えたかい?
ふざけて見えたかい?
リピートアンサー、
ことごとく素敵にさせる為に、
運命は嫌いになる為に、
屈辱的恋愛に魅力を灯す為に?
理解するためのフューチャー、
ドリーマーとエイトビート。
俺より自由な奴を俺は見たことがねえ?
秘密、それはキャミソール。
疑いたいかい?
リミットジェットコースターアタックだぜ!
ラップビジネスで大きくなっていく。
ロストジェネレーションは
ひたすらを求めるように。
希望的解釈、虚ろな天才になろうが、
素敵なファンキードリームに。
永劫の時を過ごすように、
素敵にファンキーになるならば。
影響力がぶっ飛ぶならば、
力技で失えない希望。
大切な言葉と行動力。
意味不明な活動が差し出してくれた。
ファンキーなロストプラネットだったんだ。
どうしてこんなに熱いの。
希望的解釈、虚ろなテンションに、
僕はギターをかきならす。
破滅的展開を、
それらを望む希望を、
ファンタスティックになる意味を、
行動的なロストジェネレーションを、
嫌いになれないイメージを、
大切にしたいと思ったその記憶すらも、
全て溶けていくのだろうか。
奇妙なファンタジーだ、
閉じ込められていくようだ。
冷たい方向にシフトした世界と反比例して熱くなっていく僕の心。
正しさとファンタスティック、
ドリーマーチェケラー、
イメージがロストジェネレーションだ。
価値観とブルース、共鳴する宴だ。
楽しくて仕方ねえなら、
そのリズムに酔いな。
素敵なファンタジーがそこにはあるという。
インテンポでつまづく。
希望はファイナルステージ、
謙虚な炎は伝説をまきつけるように。
九十九里浜、素敵なファンタスティックアイランド。
自らがいつからか見つからない。
それでも希望を灯したんだね。
素敵だよ。ファンタジーだよ。
グレープなんだ!
リズミカルなファイターに器を狩りな。
素敵なファンタスティックアイランド、
密接に繋がった爆笑に、
ハイテンションなリアルに、
興味すら示すことができる。
半端ない理想で飛び込んでいく。
そこに共鳴が存在するんだ。
果てしない興味、サクセス、ワンダーランドとちょっとグレープ。
本腰を入れたら俺は止めようがない。
大切な言葉、エンジョイパーティだ。
ロマンロックファンタジー、影響力。
正しさとワンダーランド、
共鳴するファンタジスタと、
永遠は猛り笑い出す。
俺は大層な影響力を、
ぶっ放す世界観に対し放っていくのさ。
レベルアップなダンサー、
見つけた強力な世界観、
歪な未来を興味で指し示した。
ライブハウスは永久を求めだしていく。
ファンタジスタな恋愛トークだ。
ハーモニーが伝えだす未来がある。
炸裂するビジネス、オーケーする為に。
苦痛がファンタジーならば、
勢いでファイトスタイルがかいつまむなら、
歴史的ドリーマー、
永久が影響しているという。
その半端ない勢いだ。
大切な言葉、ミュージック、
ファンタジー勢い。
メッセージが共鳴している。
リズムがチェケラーファイター。
うねり始める時代、大混乱。
声のでかい奴の笑い声。
ミュージックは止まらないのさ。
ファンキーなマスターオブセレブリティ、
覆す、最高だよ。俺は面白いことが好きでね。
大切な言葉、ストーリーがメッセージを伝えている。
ファンキーなロストチルドレン、
ハーモニーは歌いだす。
ファンキーな路頭に、迷う僕たちですらも、
光景をワンダーランドにさせてしまった。
正しさ、ワンダーランド、
誰が死んでもちぎられても、
馬鹿馬鹿しい魅力は始まりだす。
理解するためのフューチャー。
ドリーマーは描き続けるだろう。
ファイナルフュージョン、
灯しだすか?
究極なるロックンローラー、
イメージを調整する大爆笑だ。
確実性すらリズムだ。
空虚なファンタジスタに、
恋愛トークすら馬鹿馬鹿しくなるままに。
クォリティすら異次元に、
ファンキーな路頭に迷うとするなら、
素敵にファンタジーを求めだすなら。
クォリティでファンタジスタが、
未来を挑戦する為に
走り出すなら。
クラッシュするなら、影響力ぶっ飛んでる。
価値観と究極なリズム。
開拓する文明。
リズムがチェケラーしていくメッセージに、
統率力をメッセージにしたか?
共鳴するファンタジスタになったか?
ラブライブ、追及するミステリー。
共鳴するファンタジスタ、
恋愛トーク、爆笑するファンタジスタさ!
ラブリーなゴールすらまきつけねえ。
ドリーマーなチャンス、置いてけぼり?
理屈がファンタジスタならば、
傾向でサクセス。
ワンダーランドなチョコレート?
サクセスとワンダーフューチャー。
確実性と共にドリーマーになりたいか?
奇妙でも構わない、自由にやれ。
ただしその後どうなったとしても俺は知らねえ。
無責任だと嘆くかい?
でも俺はお前のことなんてぶっちゃけどうでもいいんだぜ。
活動する世界観、
理想と調節するリアリティ。
メッセンジャーな価値観と、
マイメロディをぶっ潰す最高か?
メッセージを伝えてくれるファイナルファンタジー。
でも最高潮に、リズムを傾向にさせるなら。
リピーターと、
ダンスするダンサーたちとの勝負。
極める力すら馬鹿馬鹿しいかい?
うなぎのぼりな素敵ささ。
ファンキーなドリーマーが描くのか。
ラブで影響力をヒップホップにさせるのか。
理屈的にファンタジーならば、
栄光、ワンダーランドなチェケラッチョすらも、
ファイターにしてくれたファイナルステージだ。
空間的ラブリーか?
共鳴するファンタジスタ。
影響力ぶっ飛んだ価値観だ。
理屈は通ってねえ。
リズミカルなファンタジスタに、
永遠と延々とトーク。
ファンタジスタな影響力、
ぶっ飛んだ価値観に影響力がぶっ飛んでいる価値観、
ファンキーなロストチルドレン。
価値観と究極、
ファンタジスタと恋愛トーク。
馬鹿馬鹿しいったらありゃしないったら仕方ねえゼ。
ファンキー?つまりロストプラネッツ
価値観狂わすエイトビートを乗せ上げてやるぜ!!
ファンキーな路頭に迷うのが辛いかい?
イメージ、チェケラー、ファンタジー、影響力だ。
ファイナルアンサー、
理屈はファイター、
理解させるファンキーなロストプラネット。
愛とか興味を歌うんじゃない。
ファンキーなドライブで器を方向性なリズムに、
させたいファンキーなドライブで、
感覚的ブルースを共鳴させたい。
ファンキーなドライブだ。
大切な言葉とストーリーだ。
運命を笑い飛ばすなら、
もう誰も入れない世界へと、突入していく。
僕だけの世界が、切り開かれていく。
大切な言葉、エンジョイパーティなんだ。
ロマンロックなベイビーソウルだ。
イメージが共鳴しているなら、
ファンキー、ドリーム、
疑いすらファンタジーにさせたままで。
急速に忠告してくれている。
ファンキーな路頭にすら迷っている僕がいる。
共鳴するダンサー、
備蓄が大事だと分かっているから。
興味はないんだ。素敵にファンキーに、
踊るしかないんだ。
歴史的ドリームで、あがいて、あがいて、
ぶっ飛ぶ価値観にすらなる為に、
希望と伯爵、
ファンタジーアイランドすら見つめる為に。
希望的解釈、ワンダーランドな
チェケラッチョだからこそ、
ミステリーは興味を示した。
立ち狂う、リズムと謙虚さが
リズムを暴走させるなら。
かいつまんで栄光を見よう。
素敵なファイナルアンサーと共に、呟こう。
引き継ぐフリースタイル。
俺にはやるべきことがあるんだ。
ある意味究極で、リズムを荒唐無稽に
していくならば、その理想にチェンジングする未来にすら、
活動の狂気、最高潮な世界、
理想をチェンジしていく。
ファイナルファンタジーが、クォリティすら一途なんだ。
ファイティングチョコレート、イメージを挑戦させた。
ファンキーなドライブ。
価値観という名前のミュージック、
充実的なファイヤーにさせたかった。させたがった。
リズムがチェケラーパーティになっていく。
論争がパーティになるように、
空虚な伝説を移ろわせるなら。
天才的ドリーマーにすらなってやる。
俺達が希望になるんだ。
俺が万能薬になるんだ。
だって、この世に治せない病気はないんだから!!
つまらないことはやめる!すぐに忘れる!
翼を広げる意地があるのだ。
リズミカル、ファンタジスタが
恋愛トークにサクセス、
ワンダーランドに炸裂するドリーマー、
永劫の時を駆け抜けて、
青い春を、群青を、
青春の青さを、群青の青さを、
ファイヤーソングがコミュニティチョコレートだぜ。
ダンスする崩壊、
リズミカルなダンサーならば、
屈辱を歩き続ける。
ファンキーな路頭にすら、
迷い始める最高に、
リズム、炸裂するダンサーに、
影響力にさせながら。
クォリティは異常であり、
イメージはサクセスする為に
希望をワンダーランドにさせていく。
ファンキーなミュージックは、差し出せるように。
リピートするダンサーは、それらを埋めるように。
ロックンローラーなイメージは、
ただ立ち尽くすように。
理解できない興味と共鳴。
暴れ出したら次の展開だ。
サクセスワールドイズマインが勝負をしている。
ファンキーな路頭に迷い続けている。
最高潮が差し出すならば、
その空間に理想が頂戴されるなら、
奇妙なことにマイナスイオンないたちごっこだ。
ファイナルステージは天王山。
日本語に心動くべきだ。
ファイナルフュージョンならば、
それらが生み出すその価値観ならば、
ビリーバーな挑戦ならば、
空虚な明日が急遽。
果てしない孤独とワンダーランドすら、
偽りの世界線の世界観すらも。
影響力とヒップホッパー。
イメージがチャンスを差し出している。
影響力が舞い散る木の葉に、
素敵さはファンタジックになっていく。
歴史とフューチャーがエアライン。
伝えたとしても、あの素敵さは忘れられない。
リズムが空虚で、ワンダーランド、
サクセスするワンダーランドは、
トークバイトークでイメージをケセラセラにさせた。
クォリティは異次元、
突破するファイターすらなし崩し。
ラッキーフェスティバルを越えていきたかったのか?
ラブリーハートが超越するなら、
ミラクルと共に引き継がれるなら。
素敵なファイナルアンサー、
呟くこともできねえ。
リズムで追いかけることすらも、
今となっては馬鹿馬鹿しい。
リズムで共鳴する歌声が、
パーティ、ロマンロックなベイビーだ。
炸裂するならビリーバーだ。
チャンスを儚く散らすならば、
その素敵さと共に栄光を見つめるべきだ。
ハートフルなイメージが、
闘争力を高めている。
ドライバーなチェンジマイソウルが、
伝えて儚いリズムに酔いながら、
ファイトスタイルをジャッジメントにさせている。
ドリーマーなチャンスがあぶく銭なるように、
興味を示すなら取っておいてほしい。
几帳面な僕の体言が、
最果ての土地を目指すまで。
究極的ロマンロックは、
歌いだすのさ。面白いだろう?
究極的ロマンロックが、叫び出すなら。
その究極性にすらリズムを笑わせるなら、
空間、そしてラブリーなチェンジ。
マイメロディは突っ走っていく。
ロマンチストと、ファイナルフュージョン。
価値観はブルースになっていくから、
つまらないことはやめる!すぐに忘れる!
ロックンローラーなファイティングだ。
価値観とブルースで共鳴させたい。
リズムを僕にくれないかなあ。
近づいているファンタジー、
それに伴うクレイジー?
最高潮がサクセスする為の近未来。
大好きを放蕩する為の空間。
ファシズム、伝えまくってくれるための希望。
ワンダーランドがチョコレートならば、
それのみに預けたい希望がある。
フューチャーラブな可能性が歪ならば、
スタイリッシュな可能性。
イッツラブなコミュニティ。
拍車をかけるリズム。
かいつまむように、素敵さは踊りだすように。
究極的はメリーゴーランドなんだ。
素敵だろう?ファンタジーだろう?
奇妙なユートピア、サクセスへの希望。
ファンタジスタへの栄光、
貫く世界観が、理想を超越していく。
シンパシー、むしろ共存性への宣戦布告だ。
奇妙な偶然が苛まれているならば、
価値観というブルースで究極になっているなら、
理想、チェンジしていても構わない。
だって、私たち、エバーグリーン。
価値観ブルース、
分からないだろうが、
けちゃっぷmaniaやふくろうずが好きなのさ。
ハーモニーが伝えてくれるなら、
ファンキードリーム、
描いた世界観に、
未来を調節してくれるなら。
ファンタジーアイランド、
ミュージックが充実的にコミュニケーションしてくれる。
ファイヤーマシンガンを貫いてくれるなら。
ポテンシャルが全然違いますよね。
究極的にファンタジーがクォリティならば、
影響力とヒップホップで、コミュニティすらダンスして行けそうだ。
奇妙なファンタジーならば、栄光とワンダーランド、
チョコチップな最高が、
ワンダーランドをチョコレートにしてくれたのさ。
イメージが調整するミラクルなのであれば、
覆すぜ。パーティタイム。
メッセージとロマンなロックンロール。
ひたすらが走り出すように、
理解するフューチャーと共にドリーマーになるように、
全てを覆すように、
ファンキーなドリーマー。
伝える空間に、サクセスワンダーランドだ。
調整しているミラクルだ。
大切な言葉、コビも喧嘩も売らねえよ。
大切なクォリティ、異次元突破。
リズムチェケラー、ファンタジスタ、
永劫の時を泳ぐ。
失礼ながら素敵にファンキーにさせてもらうぜ。
空中に浮いている歴史があるのならば、
素敵にファンタジーエンドレスに
希望をワンダーランドにさせなさい。
奇妙なサクセスは踊りだすその方向性のリズムに
酔ったまま、リズムを行動にさせなさい。
今思う最大の幸せを感じなさい。
リピートメッセージ、クォリティと異次元だ。
突破するファイターだ。
失えていただろうか。
奇妙さはファンタジー、それでも無花果は素晴らしい。
価値観と影響力。
ファンタジーすら、その意味すら、価値すら、
フォトグラフィーに変えてしまった。
そんなリズムが確かにあったんだ。
理屈にファイター、理想はチェンジしていくかい?
ファンタジーアイランドを見つめているのさ。
希望的テクニシャンに希望をワンダーランドにさせるなら、
その偽り、天才的なドリームに、
描いた果てには未来って奴があるのかい?
歪な理想と思想だよね。
ファンキーなロストプラネットだね。
活動する世界観と共に、
希望がワンダーランドにサクセスさせている。
路頭に迷わせている素敵さが
ファンタジーを越えているから、
ドリーマーがファンタジーを伝えてくれているのさ。
ファンキーなロストプラネットだろう?
活動が活躍しているのさ。
暗躍していると言ってもいい。
僕はまだ筋肉が痛いから。
ファンタスティックアイラブユーだから。
サクセスの次のトゥモローを。
会いたくなった?希望的解釈だよ。
メッセージは狂熱のままに、
伝えだすファンキーとは、流浪に生きていく力の技とは。
素敵なファイナルステージは天王山。
メッセージで共鳴するいたちごっこかい?
ファイナルアンサーが呟き続ける。
ファイターとロストプラネット。
活動する天才と、ミラクルを。
リズムがチェケラーハートを、
結びつかせる天才とは。
マジックミュージックは移ろいゆきだす。
ファンキーなロストチルドレン。
感覚的ブルースで、興味を示した。
大胆不敵な活動すら、展開力に差し出してくれそうな。
ハーモニーが歪なら、天才的ならば、
究極的ロマンロックなベイビーだったから。
昨日からの影響力すら、
ぶっ飛んだ価値観、
ミュージックが移ろいゆくならば、
天才的ドリームを描いた。
大切な言葉とそれらが生むストーリー。
メッセージなチョコレート、
ファイターがロストチルドレンならば、
希望的解釈、虚ろな天才に、
ミラクルを挑戦的に最高にさせていく。
ファンタジスタな恋愛トークならば、
希望的解釈、虚ろになるが如くに。
最高潮なサクセスが希望を目指すなら、
体感温度は上昇中。
希望とサクセスがワンダーランドならば、
ちょうどいいリズムをクォリティを、
目指した果てしない果てのないミラクルに、
共鳴させたところで意味のないアンチテーゼに?
ミラクルを調節させたミラクルすら、
ぶっ壊れたファイターにすら、
価値観をフューチャーにさせてきた。
リズムがチェケラー、影響力がヒップホップならば、
永久サクセス、ワンダーランド。
クォリティが異次元だぜ。
取っ払うファイター。
ロックンロールにペガサスだ。
素敵なファンキーミュージックが虚ろになるなら、
素敵なファイティングタイフーン。
価値観がブルースになればなるほど、
飽きてしまうのさ。
この空気感にな。
ラブリーヘアスタイルならば、
クォリティでワンダーランド、
チェケラーファンタジーだ。
やばい世界、感覚でブルースにさせてしまった。
覆す魅力的すら、
ファンキーな路頭に迷わせてしまった。

理屈抜きだとファンタジスタになれないんだ、
リズムがチェケラーしているならば、
ファンキーなドリームで永劫の時を歩もうか。
リズミカルなファイターなのであれば、
覆すぞ。リミット最高潮、
リズミカルなファイターになるとしたら、
理解するためのフューチャードリーム。
栄光がワンダーランド、チョコレートパニック。
ドライブチェンジ、ミステリー興味、
炸裂しそうなほどの恋愛トークさ。
歪さが興味を示したかい?
爆笑ラッキーがフェスティバルだったかい?
イメージでチェケラーパーティになっていくなら、
いっそのこと教え上げよう。
リビングデッドな価値観です。
ファイターはロストプラネットです。
活動、活躍するファンタジーです。
リズムがエクストリーム裁縫道具です。
思いつかないから爆笑、
リズムがチェケラー、
ファンタジスタ、永劫時に、
ラブリーチェンジ、大切な行動。
今しかできないことを駆け抜けていく。
ロストプラネット、
宇宙がワンダーランドならば、
永劫の時を歩みたい。
リズムがチェケラーならば、
ハニー、ハートボーイ。
失う力技で、素敵なファンタジーとして、
受け継がれるリピートに、
ダンサー共も踊り狂っていくぜ。
ファンタジスタと恋愛トーク。
リリカルガールズ、
リリカルスクールだぜ。
ファイトスタイルとエンジョイパーティだから、
埋め合わせする天才すら侮辱していくのかい?
リミットとして受け継がれる僕ですら馬鹿馬鹿しいの?
共鳴するファンタジー、
影響力がヒップホップになっていく。
理想的チェンジが踏み誤るなら、
素敵にまいっちんぐしてるリライトすらも、
蛍光灯すらも、ファイティングなチョコーレト。
大切な言葉とエンジョイさせるなら、
奇妙なファイティングすらも
リズムがチェケラーファイティングにさせられている。
リズムがチェケラーパーティになってしまうとしたら、
覆すリミッターは踊りだす。
ファンキーなもんちっちに爆笑させるのさ。
理解させる踊り子、ダンスフィーバーで
価値観すら揺れていく。
ファンタジスタな恋愛トーク?
馬鹿馬鹿しさとの共鳴。
ワンダフォーアイランドとのイッツラブ。
コミュニケーションが内側なら、
素敵さもファンタジー。
クォリティが異常になればなるほどに。
食いつぶす生きがい、
ファイトスタイル含めて、
それら、全部、大爆笑ですよ。
ハーモニーが伝えているんですね?
ファンキーなモンキーなモンチッチになっているんですね?
覆すパーティ、
ロマンがロックンロールになるなら、
素敵さはファンキーになっていく。
ロマンチスト、影響力がぶっ飛ばすならば、
影響力ぶっ飛んだ価値観に、
影響力がぶっ飛んでいく。
リズムでチェケラッチョ、歌いだすハーモニー、
歴史的ドリームで、描いた超越に、
リズムすらケセラセラなパーティに、
ロマンロックベイビー、
炸裂するビジネスで、
オーケーオーライ。
大切な言葉とクォリティ?
イメージがチャンスであるならば、
素敵さがファンタジーになる前に、
覆す勇気すら馬鹿馬鹿しいの?
共鳴するファンタジスタが、
ファイトスタイル、エンジョイしているファンキーさすら、
影響力、ぶっ飛んだ価値観ですらも。
影響力、ヒップホップなコミュニティだったから、
サクセスとそれのみが生み出す違いと、
メッセージはクォリティなのさ。
覆すリミット共に諦めていくのさ。
リライトするパーティなのさ。
覆すならばリミット、
疑いぬくならそれも素敵だと安眠。
ロックンローラーなファンタジスタ、
運命が笑うなら、
頂戴してみせよう。
空中に浮いている歴史、
ファンタジーが蜃気楼に帰っていく。
ビリーバーなチャンスが暴れ出すならば、
トークバイトークな運命ですらも、
歴史、ファンタジーになりながらも、
歴史をドリーマーに変えていくだけの。
それだけの空虚さが存在しない?
でもリミットは確実に。
ビリーバーの方向に来ているって?
そりゃー事実かい?あきまへんわー。
本当にびびるわあ。
ダンスフィールドで活動しちゃいますわあ。
分かったかレディース!
半端ない止まらない究極性だよ。
空間だよ。それらが生み出すパワーを馬鹿にしちゃいけない。
大切な言葉とエンジョイパーティ、
あれもしたいしあれも食べたい。
ミラクルがチョコレートになってくれる気もない。
リズム、もはやそれらを超越。
ラブリーにかいつまむ。
大切な言葉、そしてクォリティ、
異次元と突破するファイター、
理解する歴史と謙虚さに、リミットは声高らかに。
メッセンジャーな価値観、
ミュージックファイヤーで伝えていく。
ファンタジスタな恋愛トークだ。
埋め合わせする天才、
メロディックラインは整っている。
希望的観測、宇宙がワンダーランド、
自分が一番かわいいです☆
関係ない踊りだす歴史、
そこで手にしたあれやこれやに、
メッセージは狂熱、
だいぶ炸裂、ミュージックは後ろ側を見ていくからね。
言語に不自由してないのさ。
イメージを超越しているからね。
ラブリーホールでエンジョイパーティならば、
後ろめたさ、ファイナルアンサー?
孤独が作り始める永遠が、
踊りだす窮屈性が、
リズムを退屈にさせていく。
ハーモニーがスクラッチを削るなら、
素敵!素敵!つまりファイナルアンサー。
孤独が影響力。
漫画もアニメも音楽も、言葉の延長線上だ。
言葉こそ大好きなチェケラッチョです。
ハーモニーが影響力、
ぶっ飛んだ価値観は一体誰のものだい?
究極的なロシアンルーレット、
ファイナルアンサー?
孤独が炸裂するマイダンスです。
クォリティが異常気象です、
炸裂です、神の味方です。
憂鬱です、マジでハッピーです。
失うものなど最初からないなら
やれねえことすら最初からない。
窮屈な世界観、赤色と灰色が好きです。
興味がチェケラッチョ、
ファンタジー、
ロックンローラーがイメージ、
ファンタジーならば協力してあげよう。
ミステリーワールドすら兆候を示した。
価値観がブルースに、チェケラーさせたから。
ファンキーなロストプラネットが走り出したから。
運命であるワンダーランドは、
チョコレートなナイスゥ!的なブルースゥ!!
止まらない価値観かい?
影響力はヒップホップかい?
失うことすら馬鹿馬鹿しいのさ。
素敵さを伝えてあげよう。
リミックスならば、
形を失ってあげよう。
魅力が未来になるように、
活動させてあげよう。
ミラクルなチェンジングならば、
素敵なファイナルアンサー、
孤独なロックンロールならばパーティだ。
ロマンロックハニーであり、
エイトビートである炸裂ミュージックに
虚ろにさせるのならば、
協力しよう。メッセージが孔明の罠だぜ!!
素敵なファイナルアンサーだぜ?
孤独がサクセスワンダーランドだぜ!!
空中のサクセスパーティに、ノリノリになっている?
興味がサクセスするワンダーランドになっちゃってる?
影響力はヒップホップかい?
エネルギーは突っ走るのかい?
奇妙ンファンタジー、
理解するフューチャーラブ。
コミュニケーションなラバーズ。
天才的究極に、ロマンロックベイビーだ。
埋め合わせする天才であれば、
究極的ロマンロックですら、
価値観ですら、フューチャーアイランドだから。
究極的ロマンロックファンタジーだから。
リズムはサクセスパーティだ。
失う理屈がファイティングだ。
理想とチェンジング、
未来を着実なパーティにさせてくれる。
ハーモニー、歴史で影響力、
ぶっ飛ぶから、力技だ。
失うパーティかい?
ロマンロックファンタジーと、
書けば書くほど乾いていくもの。
リズムでチェケラー、ファンタジーだから影響力。
ぶっ飛んだ価値観こそがファイティングだ。
価値観とブルース、共鳴するだけなのだ。
引っ張りだこなジャパンのピープルなのだ。
たまらないなら勢いで、
ファンタジーならばその協力姿勢で、
ワンダーランドならばチョコレートならば、
究極的ロマンロックパーティで、
うなぎのぼりなパーティ。
永遠の絶望、サクセスに期待し。
ラブリーチャレンジ、チャーミーな敵役です。
ファンタジスタな栄光が、踊る出すのでございます。
歴史的ドリーマーが、動いているのでございますでございます。
ロマンロックならば、ファンタジスタ、影響力、
ぶっ飛んだ価値観と共に、
究極的ファンタジー、
歴史的究極に、ロマンロックファンタジーだ。
ロストチルドレンだ。
ロマンロックなファンタジーがあるなら、
窮屈な世界観ですら、
栄光ですら、ワンダーランドにさせるべきだ。
ハーモニーなチョコレートソング。
クォリティで異常気象ならば、
素敵さ、ファンタジーを乗り越えたいかい?
勝利よりももっと美しい。
ていうか俺は勝とうとも負けようとも思っちゃいない。
楽しむことしか考えてない。
勝ち負けなんかハナからどうでもいいのさ。
正しさとワンダーランド、
チョコレートぶら下がった力、
影響力はヒップホップなのかい?
破壊者的なドリーマー。
究極的ワンダーランド、
チョコレートになれないピノの記憶。
お前らを育ててきたのが誰なのか知っているのか?
ファンキーなロストチルドレン、
それらを野に開け放ったらどれだけ
大変なことになるか、容易に想像できそうなもんだ。
クォリティで一途、ファイターはスプラッシュ。
価値観と究極に、リズムがサクセスするワンダーランドな
チョコチップを差し出して。
空間的ラブリーは超越していく。
ハーモニーはロケットランチャーに。
クォリティで異次元を巻き込むように。
リズムを調節するような、
馬鹿馬鹿しさを卓越させてええ!!
ドリーマーはチェンジされていくのさ。
リミットが決められていても
ただ騒げ。リズムを、今を祝福しよう。
リズムはケセラセラなパーティになっていく。
ロストジェネレーションを認めなさい。
価値観とクルージングしていきなさい。
ラブアンドラバーズ?
弔い合戦、それがあったとしても、
極め続けなさい。
ファイターは理解している。
はんぺん的なリアルで共鳴している。
ファンキーなロストプラネット?
栄光を見下げよう。
リズムで行動を捧げよう。
力強くファイティングさせてみせよう。
リズミカルならば、その行動に魂が宿るならば、
いっそのこと教えてあげよう。
このリズム、太鼓判、
押し続ける最高潮から、
イメージは究極的になっていく。
ロマンスはワンダーランドに、チェケラッチョファイティングに。
価値観はブルースに、謙虚なハートに。
理屈はファイターに、
成り上がるパーティを乗り上げるように。
価値観ブルースで、謙虚なファイターになっていく。
ロストパニックは美しさを止まらなせない。
リズミカルなファイター、
理想がチェケラーファイターだ。
失った究極性のリズムだ。
かいつまむ歴史に、
最高潮に差し出した魅力だ。
正しさとワンダーランド、
退屈なんだ。世界観、
魅力がファンタジーなんだ。
栄光とワンダーランド、
伝えてなお、素敵になる影響力。
ぶっ飛んだ価値観と共に止まらない栄光を、
ワンダーランド、影響力、ぶっ飛んだ価値観。
乾けば乾くほど乾かないもの。
リズムでチェケラー、ファンタジーな
影響力はキーボードを涙で濡らす。
ハンターハンター呼んでいるリズムに
サクセスのワールドは踊りだす。
究極なる駄々をこねて、
じたばたするガキみたいに。
ラブリーチェンジ、サスペンスが連れてくる未来がある。
究極ならば、
それらがロマンロックならば、
パーティ、
ロマンロックだったとしても、
究極的に、昨日からの影響力。
ヒップホップなコミュニティを捧げろ。
熱中症になる前に日記に熱中。
正しくワンダーランド、
クォリティが異次元、
突破するファンタジスタ、
究極的に歴史、
リミットならばジェットコースターだ。
俺は記憶を耕しているだけで、
ファイトスタイルはエンジェルを灯していくのさ。
俺の脳内で主語と述語が戦争している。
文脈さえも越えてしまえば、きっと言葉の世界征服さ。
リズムがチェケラッチョ、ファンタジスタな恋愛トークを、
侮辱しているのかい?
ハーモニー、綴られる記憶。
ファイティングするチェケラッチョ、
歌いだしたファンタジスタ、
影響力ぶっ飛ばす。
価値観とトゥルースに、
俺が記憶したアレやコレやは
それらは表現しているだけで楽しい。
ミラクルが狂熱の宴に、のさばっている。
金になるものが好きなんだろう?
理屈抜きでファイトしていくならば、
距離すら歌いだそう。
実際をかいつまもう。
影響力がヒップホップならば、
風と共に栄光を携えよう。
価値観とブルース、共鳴するいたちごっこだ。
ファイヤーマシンガンがそれらを伝えてくれている。
それは至ってファンキー。ロストプラネットだ。
活動する世界観は、限りないワクワクを携えながら、
希望の炎は燃えていく。
誰のおかげで生かされてるかも分からないまま、
僕は夢を見る。いつまでも、どこまでも深い夢を。
リズム、チェケラーファンタジーならば、
栄光と共に笑い出そう。
天才が展開的に、
メッセージを伝えるように。
ファンキーなドリームであるならば、
究極的ロマンスに契りを交わしたい。
リズミカルなファイター、
ロストジェネレーション、
歌いだしたいか?
ファンキーなドリームなのさ。
覆す魅力的が、
究極的にファンタジーをオキシドールなんだ。
つまりプラレールなんだ。
やばいスクラッチ、
希望とワンダーランドすら、
チョコレートにさせてしまうリズミカルに、
ファイターこそが生きがいなんだ。
究極的ワンダーランドこそが、
未来を夢見て笑っている。
リズムは裏切らない。
俺はひたすら言葉を操って、
リビングデッドに価値観にさせていく。
ロマンロックファンタジーならば、
生きがいとファイティング、
そこまで考えて僕は虚ろに展開させた。
究極は閉じ込められた。
リアルが俺を追いかけてくる。
俺はにやりと笑って次の舞台へと育む。
リズミカルな行動がうつ伏せをするなら、
奇妙なファンタジスタと共に永遠を付け狙うなら、
素敵、ファンキー、ロッキーチェンソーだ。
素敵なファイナルアンサー、
欲求は更に高まっていく。
理想とチェンジングする未来が炸裂ならば、
影響力、ぶっ飛んでいく価値観、
コナンの持ってるデスノート?
理解するフューチャーよりも。
リズム、チェケラーファンタジスタ。
永劫の時を、サクセスワンダーランド、
チョコレートなサクセストゥデイだ。
卓越したワンダーランドだ。
究極的ワンダーランド、
チョコレートソングなハイパワーだ。
エンドレスを極めれば、
更に面白いものが欲しくなってくる。
リズミカルなファイターだろう?
奇妙ならば勢いで止めるべきだったのさ。
活動的展開が天才的ならば、
クォリティでファンタジスタをマイメロディにさせるのかい?
奇妙とファンタジスタ、
蛍光灯、サクセスワンダーランドだ。
クォリティが異次元、突破するファイター、
ロストプラネット、
それをされたら困る人たちがいるんだろう?
究極的ロマンロッカーならば、
ストゥピッドな価値観が、
重鎮が起こす影響力が、
ぶっ飛ばす価値とファイナルアンサーが、
呟く未来が、その先をみせてくれるのさ。
活動する展開かい?
ミステリーな興味を食べてしまうなら、
覆ることのない日々を。
伝説的未来の地図を、
ファイターを、ロストプラネットを。
活動家な現実にさせてくれる
未来が調整して僕を笑っている。
奇妙かい?ファンタジスタかい?
大切な言葉とストーリーかい?
リズムがチェケラーなファイティング、
理想を超越する馬鹿らしいの。
蛍光灯がサクセスさせているの。
奇妙なファンタジスタが踊りだしているの。
ファンタジスタな記憶がワンダーランドを逆撫でしてるの。
狂気的ファンタジスタが、
未来を悦楽、スパイラルにしていくように、
ハーモニーは伝え始めるの。
記憶とランデブー、価値観をブルースにする為に。
究極的ロマンロックになる為に。
覆す希望となる為に。
理解するフューチャーアイランドであり、
メッセージが溶け落ちるなら、
このダンスフィールドに思えていた活動ですらも。
価値観ですらも、フューチャーエアラインですらも、
影響力とヒップホップコミュニティ。
ダンスワンダーランド、覆す魅力、
ワンダーフューチャーな価値観に、
ブルースすらチェケラッチョしそうだぜ。
ファンキーロード、
埋め合わせする天才こそが、
馬鹿馬鹿しいのさ。
キュートなリズムであり、栄光を笑わせる。
究極的リズムにすら、
かいつまむ階段を上り焦る。
大好きな天才は取り戻すように。
空間はラブラブを求めるようにして、
希望的ワンダーランドは究極的リズムを、
かいつまんで素敵にさせた。
大切な言葉とエンジョイパーティになってしまうなら、
覆すワンダーランド、
窮屈な世界観に、魅力すらワンダーランドになってしまう。
理屈はファイター、理解を興味にさせる為に。
理屈ファイター、ロストチルドレン。
価値観とブルース、興味でサクセス。
大切な言葉とクォリティ?
イメージがチェケラー、それでもうざってーんだ。
半端ないリアルと気象衛星かい?
ダンスフィールドは永遠に、
それでも求めるものは恥ずかしいほどに。
理解されるフューチャーは、
クイーンを求めて焦りだすのさ。
クォリティがそれらを求めたんだ、
爆笑だろう?天才的だろう?
奇妙なんだ、
天才的ドリーマーなんだ、
栄光を笑い出そう。
展開力がワンダーランドなチョコレートにさせていく。
半端ないリアルを、
メッセージにするように、
究極だから。
絵空事がワンダーランドを連れてきてくれた。
ハーモニーが伝わるなら、
歴史と共に受け継がせるリアルになりたくて。
記憶がワンダーランドになっていったとしても、
力強さはパーティナイトだったから。
クォリティと異次元は、突破するミステリーすら狂熱の宴へと。
サクセスの次のワンダーランドは、伝えることすらアホらしいほどに。
影響力、ぶっ飛んだ価値観にエイトビートになるくらいに、
ファイターはロストプラネットに確実に近づいていくから。
ファイナルアンサー、呟く世界観に理想を当てはめたら、
空間的ラブリー、調子が笑っていった。
ドリーマーなチャンス、ビリーバーな栄光を伝えたいから。
ファンタジスタな恋愛トーク、ロックンロールがファイティングする未来を、
ケセラセラで伝えて魅力的にさせてほしい。
ランデブーな形に、
ファイティングチョコレート、
リズミカルなファンタジスタ、
栄光が影響して、ミラクルが超越しそうで参るぜ!!
ファンキーなロストプラネットなのかい?
イメージが超越しているならば、
希望的ファンタスティックで恋愛をしよう。
理解するフューチャーアイランド、
価値観がブルースだよ。
運命の、笑い出す展開。
未来を調整するミラクル、
調子がいいね。リズミカルな行動だね。
うつ伏せファイター、
ロストプラネットで確実性が
取り戻してくれるなら、
ファンタジスタと恋愛トーク。
理屈がファイター、ロマンロックならば、
栄光と共に逆立ちしてみせよう。
君に僕は超えられないよ。
大好きな天才、ミュージックに流浪の旅だぜ。
覆すロックンローラーは、イメージしていく共鳴を、
ワンダフォーアイランドを見つめているのさ。
ロックンロールがひたすらを旅している。
ダンスするフォーエバーが価値観をブルースにするなら、
興味、示したあっけらかんとしているわ。
屈辱的なまでの恋愛トーク?
馬鹿馬鹿しいったらありゃしないって言ってるの!
始まりの世界観と世界がミュージックになったら、
始まり始まりなのさ。
空虚な伝説が幕を開けるのさ。
それ以上素敵な話はないでしょう?
空中に生きているラビリンスは、
それでも伝えることを怖がるの?
素敵的にファイナルアンサーを、
孤独でサクセスワンダーランドを突き進むなら、空間的ラブリーに、
調整するファイター、
理解する究極と共に、
一途なファイターを乗り越えるように?
希望的感触があむあむしているのさ。
彼は指で喋る。
正しさとファンタジスタ、
運命がつけねらって笑うその前に。
リズムは退屈さの方向性、
リズムをケセラセラにするように、
ワンダーランドがちぎれて解き放たれるなら。
いつもより幾分、
楽しい気分。
果てしない空虚さだ。
いっそドリーマーに食べさせてあげようか。
リズミカルなファイターが動き出しているんだ。
ファンキーになってみせるよ。
空虚な歴史?
いっそ食べてやるのさ。
食いつぶしてやるのさ。
ファンキーなモンスターに、記憶はワンダーランド、
虫つかずに最高峰へとうなぎのぼりなのさ。
覆すことがハッピーに思えたかい?
リズムでチェケラッチョしたならば、
ファイターとリズムに構想上の素敵なファンタジーを見せたいのさ。
追及して追従していくのさ。
ファンタジーが焦りだしているのさ。
ファンキーだろう?ドリーマーだろう?
それらを調節して初めて、
ミラクルが理解できるのさ。
ファンキーな影響力、
ぶっ飛んだ価値観がそれらを灯すならば、
走り抜けて。
ダンスするフィンガーアイランドを、
価値観で灯しだして。
つまり究極なのかい?
リズムではこの光景は諦めきれねえよ。
ダンスフォーエバーならばフィーバーするしかないのさ。
ラブリーアタックにチェケラーしているからね。
ダンストゥーダンスなフィールドにおいて、
僕はどこまでも自由だからね。
自由すぎるほど自由だからね。
ファンタジスタは永遠をトークしていくのさ。
ラブリーホール、エンジョイしていくのさ。
ファンキーなマスターピースが、
永遠を躍らせるように、
空間はワンダーランドにさせてくれるんだ。
ファンキーだろう?
至ってはみだしラッキーだろう?
理屈とファンキーなファンタジー。
虚ろな伝説に全てを灯すなら、
価値観という名前の究極で全てを照らすなら。
影響力、ぶっ飛んだ栄光を掴み取ろう。
リズムでチェケラーしていく。
ドリーマーなチャンス、ビリーバーな影響力、
ぶっ飛んだ価値観と破壊力。
歴史的ミュージックが移ろいゆくなら、
天才にだって歯がゆい思いをさせてやる。
簡単には超えさせねえ。俺という壁。
正しさとワンダーランド、
チョコチップに逆立ちしながら、
影響力はぶっ飛んで、
正しい真理へと突き進む。
ファイターと、それらが生み出すロストジェネレーション。
価値観と、ミュージックを、
理想とチェケラー、ファンタジークォリティを求めるように。
空間はリピートする運命を心待ちにするように。
確実なファイターに理解させるように。
君の笑顔は誰かに凄く似ていた。
つかそれしか思い出せねえ。
にやにや、ワンダーランド、
泣き顔と笑顔が交差してラビリンス、
追憶の扉はバッドエンドとハッピーエンド。
何が悪くて何がハッピーなんだい?
どうやったら僕は勝てるんだい?
どうやったら僕は負けるんだい?
正しさと究極は、リズムを合わせ技一本で
突き抜けていく。
リズミカルに歌いだすことが運命ならば、
宿命ならば、抱きしめておこう。
俺の止まらない記憶は、
ダンサーは、ミュージックを携えて更に強くなっていく。
誰も見えない場所で、研ぎ澄ましている記憶がある。
リズムが究極的にドリーマーを目指すなら、
究極的ロマンロックなベイビーだ。
炸裂するビジネスを頂戴したいかい?
俺は何度も繰り返す。
奇妙なことに初めてのことばかりを、
繰り返す。
リズムがチェケラー、
ファイティングしている理想が、
ファンタジスタ、影響力をぶっ飛ばす。
価値観がメッセージをとどろかせる。
究極的メッセージは、虚ろになるように。
大切な言葉とクォリティ。
ワンダーランドがそれらを差し出せるなら、
クォリティ、それが灯すワンダーランド。
かいつまむ歴史すら、
ファンタスティックアイランドにさせてくれた。
ハーモニーは追随していくだけだろう?
奇妙さはミュージックなのさ。
希望しているんだから儚くもないだろう?
究極的ロマンロックが叫んでいるのさ。
奇妙なファンタジスタな永遠の兆候ですら、
ワンダーランドをチェケラッチョにしたがっているはずさ。
ハーモニーが歌いだしているなら、
その興味、炸裂するワンダーランドになるまで、
空虚な伝説に炸裂し合っているはずさ。
リミットが、ジェットコースターアタックが、
理解するための究極をろくろくびにしているなら、
ファンタジー、クォリティすら一途に、
パーティな奴らは未だ眠らず、
サクセスのファンタジスタ、
永劫の時を歩きたいかい?
奇妙な伝説に閉じ込められそうかい?
奇妙さがファンタジスタならば、
栄光とワンダーランド、
その兆候すら、素敵になっちまうんだぜ。
究極的なロマンロックがつまりベイビーならば、
生み出す価値観すら、そうイッツクライ。
大切な言葉でエンジョイするパーティにすらなれていないってことさ。
アイウィルナウリズミカル。チェンジマイソウル、
形すら求めて、クラッチ。エイトビートに逆立ちさせてまで、
エイトビートは炸裂していったのさ。
奇妙だろう?ファンタスティックだろう?
黄金の音色、つまりチェケラー。
生み出した価値観すら、ミュージックなら。
それらが生み出すケセラセラなら、
疑うことすらできなくなっちゃうのさ。
奇妙だろう?
ファンタジスタ、恋愛トークだ。
意味不明な歴史、それらを超越するダンサー、
生み出す価値観すら、ミュージックにして虚ろにさせていく。
ハーモニーが疑い出したら、
もう本当にキリがないんだ。
素敵なんだよ。
つまり、ハンブルガーなんだ。
素敵がファンタジスタならば、
影響力、ヒップホップにさせてまで、
保つ僕の歴史?
究極ならば、エイトビートに乗せてあげるしかない。
その奇妙さを僕にくれないかな。
リズムに放蕩させて、本当に愉快にさせてみせるから。
リズミカルなダンサー、
伝えておきたいラブリーなのさ。
謙虚さとファイター、
埋め合わせする伝説すら未来を呼び寄せてくれるだろう?
大切な言葉と、クォリティ、
まさにメッセージにするならば、
クォリティは異次元なんだ。
突破力とファイター、
失うことすら馬鹿馬鹿しいのかい?
共鳴する伝説、鮮血で影響力をぶっ飛ばして見せる。
かいつまんで歴史を崩壊させてみせる。
クォリティは異次元を引っ張り込んだんだろ?
俺は生まれる場所を日本に選んだのは、
多分日本語の使いやすさから?
リズミカルなファンタジスタ、
ラップが聞きたきゃ般若かカツーン?
ヒップホップいこーるドラッグか?
そんなもんなくてもコサックダンス。
正しさとファンキードリーム、
描いた究極には、
それらが生み出すダンスフォーエバーには、
価値観ブルース、共鳴するファンタジスタ。
恋愛トークで、昨日は影響力。
ぶっ飛んだ価値観と、ファイター、つまり
ロストテクニックだ。
究極的ファンタジスタ、
恋愛トークに希望がワンダフォーなのさ。
虚ろな展開、ミステリーが興味を示すのさ。
展開力はサクセスを求めているから、
ロックンローラーなファイターと失ってしまう力技かい?
素敵なファンタジーを、この光景を見たくて一途。
リズムがチェケラーならば、
あの子に、ああもう、ああもう。
嫌いな影響力、ぶっ飛んでいる価値観に、
メロディに、突っ走る、
衝撃がいまだに僕を突き動かしてんだ。
ファンキーなドライブ、
メッセンジャーは価値観を灯しだすように。
空虚な伝説は、アドベンチャー。
全てを決める権利は君たちにある。
リズミカルなファイター、
ロストプラネット、活動する世界観だよ。
イメージが超越していくんだ。
ファンキーなドリーマー、
描いた究極性に、
リズムがチェケラー、
影響力、ハラワタが煮えたぎるようだぜ。
俺は小学生の時点ですでに大人の知能を持っていた。
大切な言葉、エンジョイパーティ。
ロマンロックならば、ファンタジーと共に受け継がせるさ。
ファンキーなドリーマーに影響力がヒップホップさせるなら、
空間とラブラブに、ロマンチストだ。
世界観を越えて、
リズミカルなファンタスティックになってくれるなら。
奇妙な生きがい、素敵なファンタジーだ。
勢いを任せて、ファンタジーアースだ。
ロックンロールファイティングだ。
価値観とブルース、
共鳴と疑いだ。
大切な言葉、エンジョイパーティだ。
ロマンロックなベイビーだ。
ロックンローラーパーティ。
ロックンローラーなパーティなのか?
ロマンチックな影響力、
食べてあげるぜ。
素敵なファイナルアンサー。
孤独な勢いに共鳴するなら、
ダンサーとそのフィールド。
埋め合わせする展開に、
ワンダーランドがチョコレートになっていくのさ。
歯がゆいかい?天才的ドリーマーさ。
受け継がれる全て、全てがあるのさ。
退屈ならば世界観だ。
素敵ならばファイナルアンサーだ。
ことごとく、素敵なファイナルアンサーだ。
毒々しい音色で食いつぶす最高がある。
イメージをチェケラッチョするファイターが今を呼び起こすなら、
素敵さもはんぺんにしてやるさ。
ハンブルガーなのさ。
リズムがチェケラーしているのかい?
興味があるねえ。サクセスワンダーランドだねえ。
サクセスワンダーランドだねえ。
サクセスミュージック、
空中に歴史を、究極的ドリームに、
永劫のチェケラッチョを、生み出した僕のロックンロールな人生を。
奇妙なファンタジーを、理解するドリーマーを。
調子よくラブリーを傾向させるつもりかい?
奇妙なファンタジスタ、
運命が兆候をラブさせている。
興味が共鳴させるならば、
ファンタジスタと恋愛トークだ。
ミュージックキャミソールだ。
動いたファイナルステージが、
影響力をぶっ放し、
必要以上の抵抗を差し出せる。
極める。形を、限界を、
それらが生むメッセージを。
イメージで超越できるかどうかだ。
運命の日が近づいているのだ。
共鳴するファンタジスタ、
恋愛トークで馬鹿馬鹿しいか?
運命とトークバックするリアリティは、
埋め合わせする天才と共に。
引き継ぐリアルと共に、
リアリティははんぺんだ。
サクセスストーリーならば、共鳴する。
大切な言葉、エンジョイパーティになってくれるなら。
ファンキーなドリームであり、
永劫の時を駆け抜ける馬鹿馬鹿しさだ。
運命すら笑っている。
リズミカルなファンタジスタ、
永遠が踊るなら、共鳴するなら。
正しさと魅力的ならば、フォーエバーだ。
大切さが理解を共鳴している。
ラブリーハウスで、影響力がぶっ飛んでいる。
価値観と究極性に、あるいはそのドリームに。
傾向を灯して、それでも希望に逆らいたいだなんて。
希望とチェケラッチョ、ファンタジスタな恋愛を見つけたい。
ラブリーコールでエンジョイパーティ。
ロマンロックな歌いだすファンタジスタ、
影響力がぶっ飛んだ価値観でも、
素敵な話だ、ナイーブだ。
炸裂するビジネスと共にオーケーしてやるさ。
半端ない頂戴リアルに、興味すらないチェケラッチョでも
素敵なファイナルアンサー、
孤独と共に戦う理想。
挑戦的にラブリーホールだ。
埋め合わせする天才を、
置いてけぼりな僕たちを、
希望とほどいた最高を、
イメージを挑戦的にラブリーに破壊的に、
メッセージを伝えてくれるファンキーにすら、
虚ろになった天才的にだって、
影響力だったとしても、
クォリティ、ダンスするミュージックすら、
偽りなのかな。
イメージが頂戴するリズムなのかな。
希望と、それらが生み出す白昼夢。
そろそろいいんじゃないのか。
奇妙なことにイメージ。構想上のラブリー。
大切なクォリティ、
ワンダーランドをチョコレートに。
素敵なファイナルアンサーが呟くだろう。
希望の方向性、それに伴う欠落、没落と共に。
フューチャーなエアラインならば、
伝えるファンキーすらドリームになっていってしまう。
空中に浮いている歴史すら、
てんやわんやですよ。
ハーモニーが歌いだすなら、
それすら責任感。ラブリーな超絶かわいい!
ダンスホールでエンジョイするしかない。
ハーモニー?歌声でダンスするしかない。
興味が炸裂するワンダーランド、
覆すパーティ。
大切な言葉でエンジョイパーティ、
ロマンロックが歌いだすなら、
ファンキーロードすら、覆されるだろう?
奇妙なんだよ。ファンタジスタが永遠なんだよ。
覆す魅力と、ワンダーランドでチョコレート、
昨日の影響力と、ぶっ飛んだ価値観。
メロディが炸裂させる為に、
クォリティで異次元に突破させるファンタジスタ。
大切な言葉をエンジョイパーティにしてしまうのさ。

リズムが、ケセラセラでファンキーになっていくなら。
大切な言葉とクォリティが、
ダンスして僕たちにイメージ、
挑戦権などカテゴライズにさせられていくなら、
ファンキーなロストプラネットだろう?
確実性とその方向性に、
リズムすら究極に、
ロマンロックとしてあてがわせて、
爆笑なんだよ。
つまりしんみりなんだよ。
空中に浮いている歴史になんかに
興味はない。
素敵なファンタジスタと共に、
栄光を差し出すつもりも気力もない。
イメージがチェケラーしているファンタジスタに、
恋愛トークすら爆笑していくのさ。
ファンキーなロストチルドレンかい?
確実な世界観と、理想がチェンジングしてくれるなら、
ファンキーなロストチルドレン、
クォリティがダンスしてくれるなら。
ファンキーなドリームと、
永劫の時を歩む馬鹿馬鹿しさすら、
かいつまんで果てしなくなる未来すらも、
理解をフューチャーにさせてきた。
ハーモニーは疑い出すロッキー山脈を、
疑い出すように。空虚な歴史でファンタジーを、
意味不明なワンダーランドを。
大切な言葉とエンジョイパーティだ。
失えるのか?活動する天才、
自分の不幸すら誰かのせいにして、
自分の幸福は自分のおかげにして、
リズム、チェケラー、
お前の金は俺の金
俺の金は俺の金
的なストーリーかい?
生み出すパーティション、
大切な言葉に腹痛いでしょう?
ファンキーなドリーム、
チェンジするミステリーからすら、
ファンタジーが越えていくファンタジスタすら、
未来がチェケラッチョ、
ファンタジスタな恋愛トークだから。
大切な言葉、ファンタジスタな恋愛トーク、
うつ伏せパーティで、
炸裂するビジネスに超ライクフェスティバルに、
ロマンロックは歌いだしていくのさ。
ファンタジーワンダーランドならば、
クォリティすら、引き継ぐファイティングモードだぜ。
ロックンロールなビジネスを教えてくれるなら、
ファンキードライブする価値観、
メッセージと炸裂するワンダーランド、
炸裂するワンダーランド、
チョコレートなエイトビートを炸裂させたいかい?
リズムがチェケラー、
ファンタジスタ、永遠とトークしている。
ファンキーロストチルドレン、
影響力が砕け散り、
ファイトスタイルはジャッジメントチェーンに。
素敵なファイナルアンサーは、
孤独と路頭に迷ってしまう記憶だ。
ミュージックがリライトならば、
ファンキーなロストプラネットになるならば、
活動する展開すら侮辱されてしまうなら、
覆すパーティ、
ロマンロックがチェンジングされていくのさ。
ファンキーなロストチルドレンだよ。
空間的にラブリー、挑戦的ハーモニーにさせてくれるなら、
ファンキーなロストプラネット、
活動する世界観すら、
影響力がワンダーランドなチョコレートに、
影響力、ぶっ飛んだ価値観すら、
ワンダーランドに変えられてしまいそうなこの記憶。
ワンダーランドなチョコレートだ。
ファンタスティックなアイランドだ。
クォリティが僕を探すなら、
大切、それはいわゆるドリーム?
永劫の時を泳ぎ続けたいぜ。
ファンキーなドリームと共に、
栄光を探す、美貌が炸裂するワンダーランドだ。
究極的ワンダーランドならば、
影響力、ぶっ飛んだ価値観。
メッセージがクォリティを連れてくる。
ファンキーなモンスターは頂戴しなさい。
ロストプラネット共に受け継がせなさい。
希望的ファンキーならば、
ロストチルドレン、
活動する展開と、ミステリーな興味。
移ろいゆく伝説で、疑い出しなさい。
興味がサクセスするワンダーランドかい?
ドリーマーがチェンジするミステイクならば、
希望的解釈、
移ろいゆく伝説になってまで、
エネルギーは突破していくのさ。
ラフランス、
希望的解釈で移ろいゆく私の伝説を面白くさせて。
ファンキーなミュージック、移ろいゆくなら。
伝説的クラッカー、
ワンダーランドでチョコレートになってしまうぜ!
クォリティで生み出すファンタジスタ、
永遠がリトークするサバイバルシャワー。
イメージがチョコレートソング、
クォリティとワンダーランドは伝え続けるさ。
ファンキーならばマイナスイオンだ。
伝えてくれるならファンタジーだ。
クォリティは異常になりつつ、
ファイティングするこめかみを歌い続けてくれる。
リストアップする炎。
ワンダーランドなチョコレート、
メッセージが炸裂、
ワンダーランドな究極に、
リズミカルなその欲望に、
かいつまんで素敵なファイヤー。
イメージがチョコレートファイヤーだから。
差し向けるサスペンスすら、
体中を太鼓判を押してくこのリズムで。
かいつまんでいくストーリー?
メッセージはクォリティ?
それともビビルバディバディバディ、
挑戦的サプライズに意味を込めて。
ラブライバーは太鼓判を押すように、
その楽しさは突き抜けるように、風を読み、
希望を伝えてくれる。
ファンキーなロストプラネットが伝える未来がある。
リズムがチェケラーファンタジーになるなら、
究極的ロマンチックですら
笑い出そうぜ。希望がファンタスティックなドラマに、
影響力がヒップホップになるがごとく。
イメージを挑戦させながら。
大切な言葉、エンジョイパーティなのさ。
ロックンロール・ファンタジーを越えてくれたんだ。
人の心を取り戻す為に。
究極的ロマンロックなベイビーだ。
炸裂するビジネスがオーケーオーライしている。
ファンキーなロストチルドレン、
価値観がミュージックなファイターになっていく。
ロストチルドレンは
最高なのか?
イメージを調整しているミステリーすら、
空虚な理解とファンタジーすらも。
ファイティングエンジョイパーティなのね。
ファイティングチョコレート、
イメージが炸裂するならば、
ブギーバックなエンジョイだ。
極みを論ずれば、
影響力、ヒップホップなコミュニティなんだ。
昨日の影響力、
ぶっ飛んだ価値観と共に、
受け継ぐ僕らのバカらしさを、
究極的ファンタジーにすら、
描いた夢にすら、
素敵なファンタジーワールドなんだ。
リズムとチェケラーファンタジー。
クォリティが異常ならば、
サクセスワンダーランド。
ファイナルファンタジー、
クォリティすらも一途さにパニックになっている。
ロストプラネット、確実性のドリーマーだ。
栄光とワンダーランド、
共鳴するファンタジスタだ。
理解するフューチャーアイランドと、
形が見失うなら、
希望的ファンタスティック。
歴史的ドリームで、永劫を伝えたいだろう?
ファンキードリームを伝えておきたいのさ。
ラブリーハート、密着にファシズム、
伝えたファンキーロード、
ロストプラネットは確実性を灯し、
影響力はヒップホップジャパニーズだ。
体感温度は上昇中。
リズミカルに歌いだせるならば、
ファンキーなドリームにさせてあげよう。
奇妙なファンタジーですら、
栄光のビジネスにロッキー山脈だ。
伝えるファンキーロード、
埋め合わせする天才、
魅力がワンダーランドになってくれるなら、
その奇妙さを連れていきたい。
ラブリーハートでエンジョイサスペンス。
理解するフューチャー、
ドリーマーはわたりつくす。
ファンタジーな意味合いでも、
素敵なファンタジー。
誰が何を言おうと熱いのが東京だろ?
イメージするサスペンス、
クォリティ、影響力をヒップホップに、
叶えられる天才に、魅力がファンタジーに。
影響力、ぶっ飛んだ価値観。
メロディとリズムで、声高らかに笑い続ける。
サクセスは、ワンダーランドは、
嫌いな究極は、
ワンダーランドなチョコチップは、
素敵なファンタジスタ。
永遠とトロッコ、素敵なファイナルアンサーだ。
呟く世界観だ。
未来を共鳴させているファンタジスタだ。
リアルに共鳴するダンスと共に、
生きるなら。
空間的ラブリー、挑戦状が痛い程に、
究極的ファンタジーになっていく。
ロストプラネットだよ。
確実な世界観、
魅力がファンタジー、
影響力がヒップホップ、栄光のビジネス、
感覚的ドリーマー。
チャンスはビリーバー、歴史をクォリティにさせてくれた。
ファンタジスタは恋愛トークだった。
意味不明なトークバックならば、
描いたファイター、虚ろな天才だ。
ミラクルが共鳴してくれるなら、
ファンタジスタな恋愛トーク、
馬鹿馬鹿しいかい?
そのイメージは、更に卓越していく。
そのファンタジアはどんどん上がっていく。
ファンタジスタなロックンロール、
風が優しく包むメロディだ。
あなたは僕をいじめているのかい?
ロックンロールイメージで、
調整したファンタジスタだ。
影響力がぶっ飛んでいるかい?
活動する選曲、
リズムがパーティ、
ロマンロックベイビーなんだ。
ロマンロックなベイビーかい?
炸裂はブルース、かいつまんだワロスに、
栄光をワンダーランドにさせてくれた、
それを人は文化と呼んだんだ。
リズム、着実、パーティがロマンロック。
歌いだすファンキーに路頭に迷わせてやる。
もういやだってくらい幸せにしてやる。
イメージを、売り出す価値を、
押し殺す声を、冷たい声で歌われる合唱を。
着実にファイターにさせたい。
もうすぐ・・もうすぐ完成するよ。
あなたが、あなたが目指した希望が。
どこまでも、どこまでも駆け抜けていけ!!
走りつくす。どこまでも、影響力をぶっ飛ばしながら。
僕は壊れていく。
ドラマチックなファイヤー、
大好きな展開と共に、
炸裂するワンダーランドは更に空気を読むように。
活動する世界観は、リピートするメッセンジャー。
大切な言葉?
理解できないね!!サクセスの次にトゥモローがあるだと?
どの口がそんなこと言えるんですかベイベー?
白熱なリライトにうつ伏せかい?
あらゆる困難にハローハロー
あらゆる弱さにララバイバイ
影響力、もっともっとすごい奴になりたい。
極め続けたい。その究極。
もっと欲しい。もっともっともっともっと、
サンシャインは我々から水分を奪う。
それでも僕らは意味を放蕩させる。
調子よいことばっかり言いやがって。
食いつぶす爆笑の渦に、展開をミステリーに。
更に展開は驚くほど究極的になっていく。
馴れ合いより求めるのは新鮮さ。
ラブリーならば、そこに終着駅を設定するなら、
感覚的に影響させたかい?
リズミカル、俺が不安にさせたかよ。
世界一の大剣豪にくらいならないとお前が困るんだよなルフィ・・!
俺はもう二度と負けねえから!
リズミカルなファンタジスタに、
恋愛トークは爆笑するとしても。
掛け替えのない秘密に、僕は暴露されている。
爆笑だ、つまりワンダーランドだ。
覆したい、つまり素晴らしいんだ。
世界観、壊したい、リズムでこの声を、轟かせたい。
どこまでも響くリズムに、
どこまでも果てしなく広がる影響に、
ぶっ飛んだ価値観すら笑わせたい。
リズミカルなファンタジスタに、
永遠とビリーブ、つまり信念は話しだす。
感覚は未来を研ぎ澄ませる。
空間的ラブリーだ。
リズムがチェケラーするなら、
そのファンタジスタだ。
健康的ラブリーがはにかむならば、
永久、影響、さあ歌いだしな!!
健康的ララバイならば、
昨日の影響すら、
ぶっ飛んだ価値観すら、
面白いと思える僕の頭の愉快さですら、
忘却の彼方へと連れてってくれる、
あの誇り高い群青ですら、
ロックしてくれるのさ。
ラブリースマイルなんだ。
影響力が、歌いだせるように。
ロックンロールパーティを移ろわせるしかねえ。
半端ないリズムに、ところてんは共鳴していくのさ。
ファンタジスタがそれらを望んだんだ、
なあ、悪い話ではないだろう?
共鳴するダンサーに、越えられない素晴らしさがあるとすれば。
かいつまんで生きる歴史にすら、
ファンタジーを越えていく。
理解するフューチャーにドリームは描かれていく。
ファンタジーアイランドすら、
全てを笑う僕のスタイル、
理屈のファンタジー、感覚的なトゥギャザーすら、
影響力、吹っ飛ばすまで影響力を
携わらねえ。
奇妙なファンタジーすら、越えていけるなら。
究極的ドリーマーすら、
描いて、それでも果てしないことを知る。
ドリーマーなチャンスは、
まるでそれらを笑うように。
理解できない究極が、
忌々しいリズムをまた連れてくる。
ファンキーなロストチルドレンがあるとすれば、
究極的ロマンス、ファンキードリームだ。
僕は誓うだろう。
興味が炸裂するならば、
そのパーティだ。
埋め合わせする伝説すら、
未来へとつなげたい。
希望がファンタスティックになるならば、
その未来、協力しよう。
君たちはエンジョイしているようだ。
なぜそんなにもがく?
必要性の塊か?
理想と着実な、
ファイターロスチルドレン。
そこには僕たちがいるよ。
共鳴しているよ。
なぜ、なぜ、なぜ。
僕ら、着実、影響力、
ぶっ飛んだ破壊力。
それでも越えられないのは、
なぜ、なぜ、なぜ。
小鳥のさえずり、未来の交差点。
果てしなく綴る、理解は生きる為に。
食いつぶす為に、果てしない距離を、
それでもとまらない、
なぜ、なぜ、なぜ。
大切なことごとくは、
未来すら超越してくれるのか?
ファンタジーアイランドが見つめるように、
ファンタスティックなドライブ、
最高潮にサスペンスになった。
未来に対して興味を示したのは、
僕が次に進む一歩が、ジャッジメントになりそうだから。
自分が変わり続ける。
未来が宇宙と共に白熱していくのが分かる。
意味不明な太鼓判は、それらを食いつぶす未来を、
夢を見るように。
素敵なファイナルアンサー、
天使の皮をかぶった悪魔達に、
それでもメッセージは未来を呼び寄せるのさ。
魔物たちに素敵なファイナルアンサーを呟かせるのさ。
希望を、マイメロディを、
突っぱねる為に、
クォリティを声高らかに、天高く掲げる為に。
理想は超越していく。爆笑していくのさ。
ロマンロックがファンタジーを越えてくれるなら、
ファンタジスタな恋愛トークかい?
メッセージがクォリティをダンスさせる。
ファンキーロードは路頭に迷っていく。
ロストプラネットであり、
確実性と共に、
ロックンロールなファイターが、
うつ伏せなパーティ、
ロマンロックなベイビーかい?
炸裂するマイダンサー、
クォリティすら一途なパーティになってしまうということは。
理想とチェンジングする、
ファイティングする、価値観と共にカテゴライズされなさい。
先行き未確認、無思考が生み出す化け物。
モンスターのようにハイになった歪さは、
ドリーマーとチェンジングしていく為に、
理想像を炸裂させる為に。
究極的ロマンスは、
いたちごっこにする為に。
クォリティというファンタジスタは、
恋愛トークを炸裂させていく。
ファンタジスタな恋愛トークが逆立ちするなら、
希望的観測。ずっと風呂に入ってる気分だ。
風船ドラゴンだ。
リズムがチェケラーファンタジーならば、
影響力とヒップホップ、
悲しいほどのリズムと、興味を携えながら、
誰が最も強い力を持っているのか分かっているのか?
大切な言葉、
エンジョイストーリー。
ことごとく、ロマンチックにさせてくれたね。
大切でひたすらファンキーなドリームを。
描いたファイター、ロストチルドレン。
活躍の場を他に灯しながら、
ストーリーとファンキーになっていく。
ロストチルドレンになったが、
影響力はヒップホップになっていくだろう?
究極的ロマンスで、一途なファイター。
ロストチルドレンな好き勝手さ。
リズミカルな行動でロストジェネレーションならば、
食い入るように見つめる今が最高ならば。
クォリティと異次元、突破するファイター。
理屈抜きで歌いだせるようになるまで、
あとどれくらいの距離を待ち続ければいいの。
究極的ロマンチストが、笑い出す展開、
ミステリーが生み出す今日に。
ロックンローラーなファンタジスタかい?
イメージが共鳴している。
揺るがない思いを抱きしめているのかい?
奇妙に疑う気は。
リズムが着実に現れだす。
ファンキーな路頭に迷う失礼さだよ。
ロックンローラー、
ファンタジスタ、
影響力、ぶっ飛んだ価値観。
不安なんだ。アンパンマン。
理屈はないけど最高だ。
素敵がワンダーランドなんだ。
興味が炸裂しそうなんだ。
ギブミー最高潮。
ラブリーチェンジ、ミステリーだ。
最高なサクセス。
ワンダーランド。チョコレートだ。
異次元を突破することがそんなに愚かに見えるか?
強力な世界観さ。
リズムで着実になっていくパーティさ。
ロストプラネットが嫌いなのかい?
イメージする超絶が憂鬱なのかい?
全てに解き放たれてきた。
そんなハナッタレにつべこべ言わずに従ってきた。
そんな君に影響力、ぶっ飛ばす力を捧げてやる。
空間とそれのみでは歯がゆいビリーバー、
チャンスは目指し、その永久の運命の意味を果たす為に。
空間的ビリーバー、何度でも繰り返す悲劇。
ラブリーなチェンジが参ったというなら。
活動する世界観、居候な天才と、
ドリーマーなチャンスを暴くイカサマだ。
素敵なファンタジーが笑っているなら、
その意味がひたすら空虚なら。
理解するための歴史、
空間としてのキャパシティ。
まだまだ言葉を生み出したいよ。
ねえ、僕じゃだめなの。
生きがいばっかの炸裂ビジネス。
ハイテンションは踊りだしているの。
その中で一番偉いから、素敵なの。
ファンキーなロストチルドレンかい?
埋め合わせが天才的になっている。
ドラマチックなワンダーランドならば、
希望的解釈すら移ろいゆくから。
ダンスタイムはフィーバーするだけだから。
イメージが共鳴した疑わしさだよ。
半熟物の僕には厳しかったんだ。
きわどかったんだ。奇妙がファンタジーかい?
運命が付け合わせ、まるで眠っているかのような。
リズムとチョコレート、ファンキーなロストチルドレンだ。
最高のギミギミックにさせていく。
ハーモニーが追及されていく。
奇妙なファンタジスタだ。
チェケラーなレッツレクイエム。
俺が何を目指しているかって?
究極さ。絵では到底表現できねえ。
それでも究極性は立ち眩みを起こし、
素敵なファンキーはロストプラネットに
歪に行動させ始める。
空間とビリーバー、着実な方向性が
器を灯し、それでも素敵さにファンタジーさせるということは。
リズムの適応力、つまりケセラセラだよ。
色々より道したがこれが反応的だろう?
究極的ロマンロックは走り出すのさ。
不思議なことに言葉だけは湧き出てくる。
イメージが超越感、
未来感すら抱きしめて、
活動的展開に天才的に
ドリーマーがチャンスをくれるなら。
希望的ロックンロールに、
ファイターとロストプラネット、
確実性が努力してくれるなら、
ハーモニー、ワンテンポずれた可能性。
いつも怒ってばっかりの人は悲しい。
歴史的ドリーマー、劣悪な今回は、
理想の下馬評ひっくり返し、
ドリーマーなドラマになったその果てまでも、
生きていこう。ライクライクになってやろう。
ロマンロックファンタジーなんだぜ?
それを喜ぶ気持ちすらも理解できるんだ。
ファイトスタイルが凄まじいだろう?
この光景を見せてあげたいのさ。
共鳴するワロロンチアは、それでも懐かしさに胸がときめくのかい?
リズムで調整、それは馬鹿馬鹿しいメロディ。
潰されてもフューチャー、
ドリーマーを願い続けるなら。
ファクトリー、結びつく最高に、
メロディとロックンロールは合わせるが如く。
素晴らしい展開なのさ。
魅力的と言ってもいい。
活動する展開、天才的ドラマ、
ファイティングスタイルが、
影響力ぶっ飛ばした価値観が。
エイトビートが炸裂しようが、構わないんだ。
そのリズムはどんどんあがっていく。
未来に向かって客はエコロジーになっていく。
理想像、天才的なドラマで描きたいなら。
究極的ロマンスを頂戴しな。
素敵なファンタジーすら諦めてしまう偽りの中へ。
素敵なファンタジスタすら、未来すら、
共同的に作り続ける運命なのさ。
食べてしまいたいかい?
理由はないけどハッピーかい?
ロストなチルドレン、それでハッピーとか
運命を耕せる、記憶をワンダーランドにさせてきたから。
ハーモニーは極めて流浪なんだ。
とても素敵なんだ。ファイターロストプラネットなんだ。
活動する展開、それらが見せる急展開な場面。
俺の心はどこまでも駆け抜けていく。
ファイトスタイルはエンジョイしながら、
ロマンロックは歌い始めるんだ。
空間的ラブリーを、挑戦的ラブリーに、
健康すらワンダーランドなチョコチップにさせる、
リズミカルなファイターに、
ロストチルドレン、運命を共鳴するなら。
ファンキーなドリームにすらしてあげよう。
イメージが調整する未来へと愛にきたんだ。
リズミカルなファイター、
器に炸裂するブルースが興味ないならば。
影響力、ヒップホップなコミュニケーションに
イッツラブをコミュニケートさせるなら、
理解、フューチャー、ドリーマーすらも
描いていく、理想像を展開させていくんだ。
それらを食べてしまう記憶すら、
それらが生み出すワンダーランドすらも。
食いつぶす世界観。
未来との距離を推し量る。
天才的ドリーマーの最中に、
潰されたリズムにすら共鳴している。
ダンスすることがフォーエバーならば、
確実性とドリーマーは描いてくれるのかい?
ファンキーなロストプラネット、
それが一途なファイターを求めてきてくれた。
ファンタジーにジェットコースターアンサーを
乗り上げるなら。
空間的ラブでコミュニケーションするなら、
食いつぶす僕らに責任がのしかかるなら、
素敵にファイティング、理想と情熱は疑い続ける。
最高峰へと昇らせる空間は、
ラブリーなチェンジ。エクスチェンジする未来とは。
影響力、ヒップホップなコミュニティとは。
炸裂するビーナスとは、
イメージを調整してくれる未来とは。
白熱するビリーバー、
影響力、ヒップホップになりたいか?
イメージを調整しながら、
素敵なファンキーにロストプラネットなんだ。
確実性を抱きしめたんだよ。
空間はビリーバー、それを調整させ続けたんだ。
ファイティングするロストプラネットなのさ。
一途さがファイターなんだ。
失われた奇妙なドリーム、
描く夢すら果てしなくさせて、
意味合いはダンスしながら、希望というミュージックで
偽りを天才的にさせるんだね。
まさに本当に奇妙だよね。
ストレートなダンシング、
形をロックンロールにしてしまう。
覆すリライト、メッセンジャーとその価値観。
更なる高みを狙っているからこそ、
それらは究極にすら見えてきただろう?
それらを爆笑する為に俺はやってきたんだよ。
違う意見は利用して捻じ伏せろ。
感覚的ブルースが、共鳴するいたちごっこに、
その狭間に揺れるこの感情、
もっと知りたいのはあの子のこと。
サクセスする為のワンダーランドが共鳴していくなら、
ファンタジスタとそれに伴うワンダートーク。
イメージが着実なファイターならば、
虚ろに展開されるこのミステリーさえも、
興味でさえも。
いくつもの日々、いくつものケセラセラ、
ファイターがドリームになり続けるなら。
最高はフューチャーなのさ。
うつ伏せで生きるパーティナイトになってしまうんだ。
価値が揺れていることに気づけたかい?
ファンタジスタな恋愛トークと共に、
覆すリミットの狂気と興味をそこに見たから。
大切なんだね。ループし続けるさ。
連鎖反応は開拓していくんだ。
悠久の時ですらも、
価値観とブルース、共鳴するファンタジーすらも。
影響力、ぶっ飛ばすその価値観すらも、
影響力、ぶっ飛んだ価値観すら、
ワンダーランドのチョコレートすらも、
溶けてとろけてはまりはまっていくぜ?
ファンタジーが越えてくれるなら、
今更怖いものなどないんだ。
覆すためのリミッターになりたいかい?
俺がそんなに邪魔な存在かい?
リライトするファイター、
理解するためのフューチャードリーマー。
描くと最高はミステリーになっていった。
始まりの世界観が理想を突き抜ける
ダンサーが存在する。
大切な言葉とエンジョイパーティになってしまいたいかい?
覆す魅力が、ファンタジーが、
越えていくストーリーが、
メッセージが、それに伴う共鳴が。
疑わしき者どもすら自ら罰していく。
あるいはバッシング?シンガーソングライターです。
つまり爆笑です。つまり圧勝です。楽勝です。
とっくに気づいてるその最高なパワー。
リズミカルなファイターなのであれば、
覆すパーティですら、
ロマンロックンロールなひたすらですらも、
影響と栄光すらも、
ファイティングチェケラッチョしている
イメージすら、ワンダーランドな形にさせてくれた。
ハーモニーと伝説とは、
嫌いになるほどのメッセージを携えたり。
何をしても分からない、変わらないんじゃたまらない。
大切が影響力、ヒップホップなテンションです。
偽りバッカ言って本当にごめんなさい。
リアルなフューチャー?ドリーマーと共に描きな。
素敵な世界、半端じゃない未来、
闘魂注入する最高さだよ!
リズミカルな疑いが破滅を齎しているのかい?
奇妙なファンタジーであればあるほど、
素敵なファンタジーだから、
究極的ロマンス、
契りを交わした仲だろう?
奇妙なファンタジーを飛び降りるかい?
究極的なまでのメッセージ、
偽りと展開力、
ファンタジスタと影響力、
ぶっ飛ばす価値観と共に
影響力をぶっ飛ばす、
価値をロックンロールにして影響させてやる。
爆笑だろう?
ハッピーだろう?
どこまでも愉快なのさ。
当たり前のことに興味がないのかい?
非常事態が日常です。
大切な言葉とクラッシャーに、
ファンタジスタは恋愛トークを始めていく。
ロックンロールなブラザーズ、
大変面白いようでかいつまんで話してみせます。
リズミカルな行動と着実性がやばい方向性です!
ファンキーなロッキーにリズムが
エイトビートです。破滅的ラブライバーです。
影響力がぶっ飛んでいます。
価値観、道頓堀、水掛け論が得意です。
審査員や観客共に興味ねーよ。
俺を評価していいのは俺だけだ。
例え良い人だと言われても
腹じゃ人でなしと言われてろ
ロックンロールがファイターを目指すなら、
嫌いなほどの影響力。
ぶっこんだスーパーサイヤ人だから。
影響力がぶっ飛ばした価値観ですら、
巨大なロボットが心をもってしまったら。
最高を開け放て!
あの子を解き放て!あの子は人間だぞ!
黙れ小僧!お前にサンが救えるか!
分からない!でも共に生きることはできる!
ロックンロール、ファンタジスタと運命、
読める・・読めるぞ!!
大切な言葉とエンジョイパーティだ。
落札パーティなのか?
大切な言葉とエンジョイパーティ、
ロマンロックが吐き出すなら、
仕方がないじゃない。
イメージが調整しながらも、
ファイター、ロストチルドレンを諦めだすのね。
そうやって嫌なことからすぐ逃げ出すのね。
ミサトさん、僕はあなたになりたくないよ。
僕は僕以外の誰かになれないし、なりたくもないよ。
でも不思議に思えてしまう。
できないし、したくもないよ。
リズム、チェケラッチョファンタジーを追いかけた?
大切な言葉とチェケラッチョかい?
運命は笑い出すのさ。
もう二度と、目にいれたくない。
希望的解釈、目に入れても痛くない痛い子です
リズムが、チェケラッチョファンタジー、
クォリティが異常ならば、
その向こう側にある思いを辿る。
必要性はメッセージになっていくから。
理想的チェンジと、セミの鳴き声。
僕が興味を示したのは、器が天才的だったから。
いいよ、君たちは自由にすればいい。
世界がどうなろうが、それらは
イメージしたまんまに、空中庭園バビロンみたいに、
ところで進化の果てにあるものが破滅ってのは
誰が予言したんだい?
俺は目指す場所があるから先に進むよ。
君は好きなだけここに居座っていると良い。
大切な言葉、エンジョイパーティ、
ロマンロックなパーティに、
ロマンロックなベイビーになってしまう。
思いパンチラインを炸裂させる。
それはライムの王様みたいに、
リビングデッド、価値観の影響力、
ぶっ飛んだ価値観と、ねえ、ねえ、ねえ。
リズミカル、行動じゃない。
ファンタスティックなホーリーナイト。
メッセージでデオキシス。
着実なファイター、嘘みたいなサクセスに、
ワンダーランドはチョコレートだ。
イメージを調整しなきゃだめなら、
ストーリーと真っすぐに突き刺さるファイター。
失うことすら愚かに見えるなら、
体中、全身でこの太陽を味わってよ。
儚く散り急ぐ憂鬱にすら、
価値観にすら、ファイトさせたのは誰のおかげだよ。
そんなの誰だろうが構わない。
重要なものは追いかけて、それでも希望を卓越して、
感覚はミュージックをファイトさせる。
伝説的メロディが突っ走るんだ。
意味がないことばかりしたいかい?
どうでもいいことばかり教えてほしいかい?
ミラクルが魅力的ならば、
希望的観測、宇宙を見て、
そしてちぎられるのかい?
素敵なファンタジー、
クォリティで異常、アッという間に、変わっていく理想を。
チェンジングする未来に、卓越するワンダーランド、
密接に繋がる僕ですら、大爆笑だろう?
ハーモニーが伝えてくれるならば、
ファンタジスタな永遠と共にトークしなさい。
ラブリーゲームならば
ひたすらに楽しい世界へようこそようこそだ。
何がまとも。何が常識。
目に見入る理解するファンタジスタ、
永遠と共にトークしていく。
ロストプラネット共に、
確実性は彩りを増したままで、
究極的ファンタジー、
俺は敵に回すとちょっとだけ厄介なビリーバー。
挑戦的信念折れ曲がらねえ。
どくろのマークが踊りだす。
究極的メッセージ。
ロマンロックが歌声を運んできてくれた。
ファンタジスタな嫌いなフューチャー、
ドリーマーが生きていて、受け継ぐものが存在する。
そんな幸せ滅多にねえ。
それでもドリーマーは願い続ける。
俺は死なねえよ。
ロックンロールなファイターだ。
うつ伏せだった。ファイヤーだった。
俺は言葉を愛し言葉に愛された男。
極め続けるファンタジスタが
未来を超越したいともがいたかい?
なあ、馬鹿馬鹿しいとは思わないのか。
快楽主義者さんよお。
リズミカルな行動の次は、何を求めたかって?
必要性の魅力的に、ダンサーたちもヒーローになっていったのか?
君は常に生きている。呼吸をしているんだ。
正しさとミラクルは、
共鳴する嘘ですら笑ってしまうのかい?
なんでも真面目な僕のフューチャーは、
ドリーマーとチャンスが暴れ出す時まで、
影響力をヒップホップに変えてきた。
ラブリーなチェンジ、ミステリーが共鳴するとしたなら。
空間的ラブリー、
挑戦する為の未来を諦めたい。
希望とワンダーランド、空中分解してもとめどない。
炸裂するビジネスはオーライさせるしかない。
興味がない?
影響力はヒップホップなのさ。
失うことがそんなに怖いかい?
インドア派の君に嬉しいニュースだ、
そして悪いニュースもある。どっちから聞きたい?
リズム、チェケラーファンタジーだ。
影響力がヒップホップ、
形がメロディ、
それは止まらないとしても、
ぶっ壊したいのさ。
そのリズムをな。
素敵な終着駅、
爆笑はセンテンスワールド、
宣伝する最高潮が、
リズムが階段が、
オキシドール、
未来、そして過去にいる彼らに
今の僕を伝えたい。
リズムはチェケラーファイトしていくのかい?
歴史がそれを究極と呼んだんだ、
必要性のリズムだ。
まんざら面白くない話でもないだろう?
空中歴史、ファンタジー、影響力ぶっ飛んで、
価値観というトゥルースで儚くさせた。
見れば見るほど体から毒が出ていった。
リズム、共鳴、ファンタジスタな恋愛トークだ。
器にファイターがロストチルドレンだったから。
共鳴することは痛々しさかい?
理屈のファイターがそれらを望んでいるんだ、
極め続けるがいい。
素敵なファイナルアンサー、
時代はうねり続けるのさ。
何かがぶっ壊れる。
価値が壊れる音がする。
共鳴するファンタジーは、
それでも愛しさを続けてくれるのかい?
ファンキーなモンスターは、続く明日を彩ってくれるのかい?
ファンキーなロストプラネットだ。
活動する活躍と、ワンダーカーネーションだ。
大切なコロニー、
素敵なファンタジスタ、
運命を笑いたいかい?
理屈はファンタジスタなのさ。
嫌いになりそうかい?

エネルギー、キャパシティ、それらが生み出すロックンロール。
歯がゆいイメージをしながらも、
せっかくこの数字だ、
東日本大震災に対して少しだけ祈ろう。
大切な言葉とエンジョイパーティ、
ロマンロックなベイビー、
炸裂するビジネスに
オーケーしながらも、
パーティなロックンロールは
必要性を求めて歩き続ける。
パーティはロックンロールなのかい?
イメージが頂戴した馬鹿馬鹿しさに、
究極的ロマンスに、ベイビー、
炸裂するビジネスは歌ってくれたのかい?
サクセスなストーリーは、
運命の付け合わせは、
素敵な伝説と共にクレイジーになっていくのかい?
理想的チェンジング、ミステリーが共鳴していくんだ。
ファンキーなドリーマー、
チャンスでビリーバー、
歴史的究極であり、
埋め合わせするチェンジングが歌いだすならば。
ファンキーなロードに結びつかせ、
ダンスを強制し共鳴していくなら。
理解するためのフューチャーと、
ドリーマーなチャンスと、
意味が分からない抵抗と、
サクセスの次の段階だ。
サクセスがワンダーランドならば、
チョコレートならば、
素敵なファンタジーすら
諦めきれない闇の中にいるんだよ。
素敵なファイナルアンサー、呟けるなら希望なんだ。
ワンダーランドなチョコチップなんだ。
素敵なファイナルアンサー?
届く轟く夢とメトロジカ。
素敵なファイナルアンサーを、
呟いてくれるリミットすらも。
窮屈な世界観、
それらを潤す天使的天才的すらも、
あの日々たゆたうリズムに、
この光景は笑ってしまうだろうか。
大切な言葉と、エンジョイパーティは見失うのか?
リズムがチェケラッチョパーティになってんだ。
ロマンロックなファンタジー、
それはそれでクォリティ。
イメージが調整していく。
ファンタジスタな恋愛トークを
サクセスの次の時代へと、
ファイトスタイルエンジョイパーティ。
ロマンロックなベイビー、
それらはフルメタルなんだ。
ロマンロックなベイビーなら、
炸裂するビジネスすらオーケーしてくれそうだぜ?
ファンキーなドリーマーに、
永劫のサクセスワンダーランドを伝えてくれるなら、
ファンキードリームでテンションを上げていきましょう。
大切?言葉とことわざで素敵な
ファイナルアンサーにすらなっちゃえるぜ?
活動する世界観には、
未来すら頂戴できなさそうか?w
イメージチェケラー、ファンタジスタが栄光を、
飛ばす馬鹿馬鹿しさすらファンタジスタにしてしまった。
つまり圧勝、つまり楽勝。
ファンキーなドリーマーに、永劫の時を泳ぐなら。
失礼な程パーティナイトにさせてしまえそうだぜ!!
覆すパーティに、ロマンロックがベイビーなら、
炸裂するマイダンサー、
クォリティすら異次元ならば、
パーティとロマンロックベイビーだぜ!
大切な言葉、クォリティがダンスしていく。
なぜそう思うんだろうか。
生まれてよかった。
大切さとドリーマー、
究極的ドリーマーは、
走り出す。
展開力はワンダーランドを求めて、
大切な心で、
道筋を生み出すように。
歴史的究極に、ファンタジーが閉じ込められる。
空間的ラブリーと、兆候、
素敵なファイナルアンサー、
この文章にすら、命が通う。
本当の目的は褒められるためじゃねえ。
でもそれを求めていることも確かだ。
ファンキーなドリーマーだ。
永劫の着実だ。
大切な言葉を、クォリティを、
異次元を突破させながら、
ミュージックファイヤー。
歴史的ドリーマー。
ロックンロールはひたすらか?
まさに爆笑しているメッセージだぜ。
トーク力がイメージしてくれるなら、
そのファンタジスタにすら永遠が宿るなら、
希望的解釈、虚ろになった天才的にすら、
活動する世界観、影響力。
ぶっ飛んでいる価値観だ。
生きていくことを、自分に誓う日。
大好きな天才と展開力。
指し示す空間に、
ラブアンドラバーズが、
究極的メッセージは踊り続ける。
ファイティングチョコレート、ダンスするミュージックのように。
希望的解釈を移ろわせるように、
ファンタジスタ、恋愛トークを盛り上げるように、
それでも希望はあげつらうように、
俺は誰かの為に生きなきゃいけないのか?
そもそも僕とは何なのか。
イメージが調整する未来へと、走りぬきたいもんだ。
僕とは何なのか。
でも好き勝手にさせろよ。
俺には自由があるはずだろ?
奇妙なファンタジスタ、
憲法違反だって言っても意味がねえ。
大体素敵すぎるこの世界だ。
リズムがチェケラーするならファイトスタイルだ。
イメージを共鳴させてえ。
その現実すら爆笑する馬鹿馬鹿しさではないでしょう?
クォリティとファンキー、ロストチルドレンだ。
サクセスの為の次のトゥモローが慌てだすなら、
空気圧、その素敵さすら携えたままで?
究極的ロマンロッカーが暴れ出すなら、
空間的ラブリーにすら挑戦状をたたきつけよう。
ファンタジスタがもしそれのみのトークバイトークならば、
必要としている魅力すら、ワンダーランドとして認めてあげよう。
リズムはクォリティなんだ。
歪なハーモニーなんだ。
素敵がファイナルアンサーなんだ。
クォリティは二次元か?それとも異次元か。
素敵なファンタジーを乗せ上げる行為は馬鹿馬鹿しいと思うか?
理屈がファイトする馬鹿馬鹿しさだよ。
運命はそれらを笑うかな。
君たちは僕を握りつぶすかな。
リピートするアンサー、
僕は馬鹿馬鹿しいイメージをとがらせていく。
至ってファンク、でも調子のいいことばっかり言えないのさ。
聖者になんかなれないよ。だけどそれでも生きているのは楽しい。
理屈はファンタジスタだったのか?
大切さとドリーマー、
ハッピーなことは近づけば近づくほどに。
ラブリーなチェンジ、ミステリーを呼び寄せる。
ダンスすればするほどフィーバーしていく。
ロックンローラーなイメージを着実に。
リズムが着実に、
栄光を我が物に、
素敵なファイナルアンサーになってしまうのであれば、
確実性と恋愛しなさい。
言葉よ俺を愛せ。
リズムがチェケラッチョファイトをするならなおさらのことだ。
理解するフューチャー、ドリームと共に永劫を歩みなさい。
リズミカル、行動の果て、
ミラクルはダンスし続けながら僕をたぶらかす。
リズムが理屈じゃないなら、
素敵さはファンキーだろう?
埋め合わせするダンスを、イメージを調整しな。
馬鹿馬鹿しさと共に歩き続ける僕を馬鹿にしてください。
奇妙なファンタジスタは永劫の時を歩んでいるのかい?
奇妙なファンタジーが、クォリティが、
その一途さがパーティをリズムを作り始めるなら。
リズムがチェケラーファイティングを残しているのさ。
そこでは何もかも許される!
希望的観測に宇宙を差し出しながら、
究極的ロマンロックなベイビーに、
ひたすら立ちこぎするスタイル。
俺は誰かには従わねえ。
リズミカル、本当に尊敬するものだけしか見ねえ。
リズミカルなワンダーワールドには、
調整するリズムすら、
食い入るように見つめるファイターに?
理解する歴史すら、ファンタジーになっていくなら。
理想とファンタジスタな恋愛トークならば、
希望とファンタスティック、
ドリーマーをチェンジングさせる未来すら、
かいつまむように素敵になっていく。
理想とチェンジングする未来。
対決姿勢ですら馬鹿馬鹿しいのさ。
埋め合わせする天才ですら、
僕を嫌いになってしまうのかい?
リズムがチェケラッチョファンタジーならば、
クォリティで異次元を突破するなら。
ロックンローラーなビジネス、
対決姿勢、大胆不敵になれれば。
楽しくて日が暮れる。
メッセージはトーク力なのかい?
イメージが調整するミラクルに、
リズムと理屈に、
ファイヤーをリズムにさせていく。
随分悪趣味な暇つぶしですね。
空間的ラブリー、
調節しているラブリーすら、
エキストラに過ぎないという。
さあ始めようか、
饗宴の宴を。
理屈のないファイター、
埋め合わせする天才、
ミラクルをエージェント、
逆立ちするまで。
強力な世界観になってまで、
異常に気付いたのかい?
リズム、チェケラーパーティなのさ。
失うことすら愚かだと思えたかい?
気づいた時にはファンタジーさ。
埋め合わせする伝説の兆候は、
未来に最も近いのさ。
だからファイナルはリアリティと化していったんだ。
炸裂はビジネスワンダーランド。
クォリティがメッセージならば、
狂熱、逆らい続けるアホらしさに
伝説的なミラクルを怯えさせて。
感覚的トゥルースにエンジョイさせるなら、
その希望、ワンダーランドなチョコチップにさせられてしまうなら、
それらを生み出す概念すらも、
ファイティングしてしまうだろう?
空中に浮いている歴史がナンボのもんじゃい!
誰もが音読したくなるライムキングへと、
暴走は止まらない。空中の歴史、
ファンタスティックな恋愛模様だ。
覆されるべきファンタジスタだ。
つまり恋愛トークなんだ。
素敵なファンキーが取り戻しているんだ。
歴史はフューチャーだろう?
意味不明が卓越する恋愛模様へと、
ダンスはフィーバーしていくのさ。
ロストパニックなロストチルドレンかい?
埋め合わせする天才は、その次に何を求めるんだい?
希望的解釈すら、
移ろいゆくこの天才の陰の中で。
ユールックソーファニーならば、
その意味を伝えなさい。
メッセージはトークライブなのさ。
統率力がパーティなのさ。
運命が笑い出してんだ、
クォリティで伝説を見たいかい?
奇妙なファンタジー、遅れなどないように。
炸裂ビジネスでオーケーだ、
意味不明な退屈感だ。
素敵なファンタジスタが、運命を笑っちゃってくれてんだ。
ハーモニーは作られるか?
正しさとミラクルサンバだ!!
影響力とヒップホップコミュニケーションだ!!
ラブリーハート、影響力ぶっ壊す、
楽しんでるかい?
大切な言葉でエンジョイパーティ、
ほらふき上等、
炸裂するワンダーランドすら
ミュージックファイティングにさせてしまったの。
覆すリピートが運命ならば、
希望的観測、宇宙を差し出して。
交換条件飲んじゃって。
素敵?ファイティング?理想とチェケラー。
イメージチェケラーしてくれたら、
ファンキーなローリングに素敵なファイヤー。
伝えてくれるファンキーなロストプラネットだよ!!
活動的天才に追われるなら、
リミット、パーティとロックンロールパーティだぜ!
うつぶせのファイティング、ロストプラネットだ。
活躍世界観、ミラクルの挑戦状。
何回泣いても始まらない。
その分笑えばいいはずさ。
リミットならば行動でそれらを表現すればいいんだ。
理屈のファイター、うつ伏せにパーティに
ロマンロックは希望を運んでくる!
イメージが挑戦的なラブリーならば、
ハートビート、炸裂するビジネス、
大切な言葉とエンジョイパーティだ。
ファイナルファンタジーだ、
うつ伏せファイターだ。
失われてもいい、
見えるもの全部見させてくれ。
聞ける音全部聞かせてくれ。
大切と言葉のエンジョイならば、
パーティなロックンロールパーティだ。
失われる興味、炸裂するダンサーだ。
埋め合わせする天才共と、
覆す理屈すら馬鹿馬鹿しくなってしまう。
覆す今日という名前の昨日に対して、
ラブリーチェンジなミステイクだ!!
希望とファンタスティック、
栄光が輝くならば、
希望とファンタスティック、
恋愛の距離にあまりにも。
何かしなくちゃ、何かをしなくちゃ。
大好きな天才、俺の信念を折るような奴に従いたかねーよ。
例えそれが金の為でもな。
リズムがチェケラー、
ファイティング影響力だ。
ぶっ飛んだ価値観すら影響力にさせるのさ。
ハーモニーは歌いだし、嫌いさは増していくのさ。
ラブリーゲームを挑戦権にしたいかい?
ラブリーチェンジングしていく未来に会いにいきたいかい?
リズム、チョコレートシンキングだ。
イメージがチョコランタンならば、
栄光、つまりユーロビート。
白熱的天才、ライムキングは意味の分からない言葉だらけだ!!
価値観が究極ならば、
ファイティングチェケラッチョ、
捨てきれないファイティング、
チョコレートでダンスしたいんだろう?
空中に浮いている歴史すら、
ファイティングすら、価値観すらも。
影響力、ヒップホップなコミュニティすらも。
永劫の時を歩む馬鹿馬鹿しさかい?
エンジョイパーティかい?
ロマンロックベイビーかい?
炸裂するビーナスかい?
影響力がヒップホップで困りましたね!!
ラブリーゲームが偽りを連れてきた!
ファンキーなドライブの次は、
ファイティングチョコレートなのですか?
運命はそれらを嫌いますか?
素敵なファンタジーがロックンロールならば、
ファイティングチョコレートになってしまった
究極に、ケセラセラ。ウキヨを笑う浮世絵に、
素敵なファンタジー、クォリティが異常です。
殺風景な世界観にすら一途さが溶け込んでいく。
ラップビジネスなら、改築するワンダーランド。
クォリティが異常ならば、それこそ最高だろう?
イメージを調整するのは爆笑さ。
素敵がファンタジスタなのさ。
虚ろに移ろいゆく天才たちが
信用できないかい?
イメージで挑戦的に、
ラブリーはその方向性にリズムを浴びせるように。
空間的ファンタジーすら、
虚ろな天才に儚くさせて。
運命は嫌えば嫌うほどに、
退屈性を増していくから。
ハートオブラブリーは、挑戦権を獲得するように。
興味はサクセスする為に、
ぶっ飛んでいく価値観で、
絶望とから回る心がループした。
大切な言葉とエンジョイ、
ロックンローラーなハーモニー。
つまりただそれ砕け散っただけ。
イメージを共鳴することすら、
馬鹿馬鹿しいことなのかい?
大切さとファイティングチョコレート、
イメージがチャンスを呼び寄せている。
ファンキーな影響力。
正しさとファイティングチョコレート。
ダンシングするファイティングならば、
かいつまんでいく。
ファンタジスタ、つまりただそれ、
ぶっ壊れただけ。
つまりただそれ、
興味を示しただけ。
晴天の霹靂は君の宇宙。
涙を越えて、剥がれ落ちるモノ。
正しさとワンダーランド、
クォリティがメッセージになるならば、
それ、それ、究極的だ。
影響力がぶっ飛んでいる価値観。
砕け散り、風に舞う。
君の眼にただ光る雫、
価値観とブルース、共鳴するいたちごっこだ。
ファイヤーマシンガン、
ファイティングスタイルで駆け抜けるパーティだ。
ロマンロックがビジネスならば、
太鼓判すら押させてあげようぜ。
ファイティングチョコレートにすらなってないんだろう?
空中庭園すら、馬鹿馬鹿しく思えているんだろう?
空中に浮いている歴史だよ。
ファンキーなロストチルドレンならば、
影響、栄光、サクセス、ワンダーランド、
チョコレートイメージで、調整しているファンキーすらも、
大切な言葉とエンジョイパーティだ。
ロマンロックがビジネスだ。
開拓する文明と文化、
全てに絶望した影響力、
ヒップホップは夢を叶えてくれるかい?
リビングデッドは価値観かい?
ミュージックなララバイなファイターは、
うつぶせのパーティの中で伯爵と共に描いてくれるかい?
ファンキーなドライブ、
インフィニティを伝えた始まりの世界だ。
究極は伝説を指し示した。
ライブハウスは統括したのさ。
その世界を記録し続けることに、
何のためらいもなかった。
だって、色んな世界は究極的に変わっていく。
色んな所に隠されたヒント。
ケーダブの声にはまってきたこの頃、
ラブリーチェンジでロッケンロー、
大切な言葉、エンジョイパーティ、
ロマンロックパーティなのであれば、
覆すパーティですら笑い飛ばしなさい。
究極的ファンタジーが諦めきれるまで。
パーティはロックンローラーなイメージなんだ。
大切な影響力ぶっ飛んだ。
歴史的ドリーマー、究極的かい?
イメージは挑戦的、かつ普遍的かい?
みんな同じ声に聞こえる。
みんな同じ顔に見える。
何も残らない。何も意味がない。
大切な言葉、エンジョイパーティならば、
ロックンローラーなイメージ、共鳴するファンタジー。
理解がそれらすら越えて、
爆笑の渦に最高が研ぎ澄まされるなら。
影響力、ぶっ飛んで、儚さの中に契りを交わした。
リズミカル、影響力、ぶっ飛んだ価値観だ。
ロマンロックなファンタジーなんだね。
大切さとリミット、
活動し活躍するファンタジーへと、
生み出すファイター、
ロックンロールビジネスをかいつまみたい。
素敵なファンタジスタに、
永遠がとろけて零れ落ちる。
大切な理解とファンタジー、
埋め合わせする伝説すら、クォリティすら、
その引き継ぐ輪っかすら、
ファイティングチョコレートすら、
歴史にさせてしまえる快感か。
ワンダーランドなチョコチップなんだ。
リピートメッセージ、クォリティと異次元、パーティだ。
ロマンロックファンタジー、
クォリティが異次元を突破するファイターだ。
理解していくファンタジーすら、
影響力をぶっ飛んでいく。
価値は泳ぐ。僕はいつか、素敵になれるかなあ。
生み出した価値観。影響力、
ぶっ飛んだ価値を、未来に影響力、
大切な言葉、
エンジョイパーティに、
ロマンはロックンロールにパーティ、
大切な言葉、エンジョイパーティだ。
失うことすら始まる歴史、
究極的ロマンロックすら、
馬鹿馬鹿しくなっていくんだ。
フューチャーな理屈、
ファイティングする炸裂なんだ。
チョコレートシンキングが、
影響力をぶっ飛ばしながら、
価値観すらクォリティにさせていく。
ハーモニーで伝説は覆る。
素敵なファンキー、
その為だけに存在したリアルがあった。
興味はないが、利用はさせてもらう。
リズミカルに歌いだすファンキーか?
ロックンロールはビジネスか?
ハイテンションなクォリティだよ。
ファンキーなミュージック、
天才的なドリーマー、永劫の時を歩む。
素敵なファイナルアンサー、呟けるなら、
その希望にワンダフォーアイランドが
続いていく。
理解がフューチャー、
どこまでも研ぎ澄まされる感性、
ここ一体何併用よ。
大切な言葉、クォリティ、異次元が突破するなら、
ファイティング、チョコレート、
メッセージがクォリティにファンタジスタ。
永遠がリトークする究極に、
アイウィルダンスフォーユー ロックンロールは歌いだすのさ。
価値観ブルース、影響力、
北極星、超新星、流星群にお願いよ。
大切な言葉、エンジョイパーティ、
ロックンローラー、イメージが調整していくメロディに、
突っ走れる希望すら、
ワンダーランドなチョコレートにさせられていく。
ハーモニーが歌いだすならば、
クォリティとしてワンカーネーションに歌いだせるなら、
記憶とるつぼになった素敵なファンタジスタすら。
永劫の時を越えていくファンタジーを、
栄光として、ワンダーランド、チョコレートファイティング。
価値観とブルース、
ロックンロールファイティングチョコレート。
イメージチェケラー、
ファイティングミステリーを興味として示す。示す。
価値観とブルースが、共鳴が、ワンダーランドが
近づいてきている。
ロマンチックなファンタジーに、
影響力すらぶっ飛んでいく。
大切な言葉が、ワンダーランドが、
炸裂する興味に、携えるように。
炸裂するように。
卓越するように。
ファンキーなドリーマー、
栄光の時を歩みな。
素敵なファンキーにロストチルドレン、
かいつまんで世界観、越えていくファンタジスタ。
影響力、ぶっ飛んだ価値観、
大切な言葉、エンジョイパーティ、
ロマンロックファンタジー、
影響力をぶっ飛ばす。
大切な言葉、エンジョイパーティ、
ロマンロックなフェスティバル、
空中に浮いた歴史、ファンタジスタ。
栄光のサクセスロード、
曖昧な世界観、魅力を携えて。
理屈はファンタジスタだ。
13年の月日を費やした、
その感覚はブルースだったから。
興味がサクセスだったから、
ワンダーランドはチョコレートになるしかなかった。
ハーモニーは追憶の扉で、未だに迷っているんだ。
大切に言葉、ファンキーにロストプラネットならば。
栄光とワンダーランド、
キックスバンバン、
楽しさでワンダーランドをチョコチップにさせたかった?
イメージはチョコレート、ファンタジーを越えたがった?
理想でチェケラーファンタジーすら、
生み出したそれらの価値観すら、
ファイターすら、理想すらも。
栄光を永劫に続けていく、
そのパーティすら一途さにかまけていく。
ラブリーなハートで影響力をぶっ飛ばしていく。
価値観とブルースで、興味を示した。
パーティなロックンローラー。
イメージが挑戦権を獲得するなら、
その希望、ワンダーフューチャー、
価値観すら揺らいだままで、
うなぎのぼりなパーティにさせていくんだ。
これ以上何がまかり通る。
ふざけた爆笑、爆走、錯綜としているイメージに、
感化してビリーバーは超最先端を行く。
大好きだからこそチェケラッチョなんだ。
生み出す価値観、脈拍はいくつだ。
ファンキーなロードオブザメジャー。
理屈はファンキーに、
至ってララバイに、
なっても果てしない。
理屈を越えてもララバイじゃない。
器とファイティング、
ロックンロールなベイビーじゃない。
ハーモニーは追従する未来を嫌い、
ダンスフォーエバーな価値観に差し出してくれるなら、
ファンキーロード、埋め合わせが天才的になるとしても、
覆ることのない判決、
ラブリーチェンジでミステリー。
突破するならばクォリティだ。
異次元がコントロールする未来へと集りだす。
ファンキーなマシンガンはそれらを歌うように。
ラップビジネスはオーケーしていく。
ラブリーチェンジは愛おしむように、
活動する展開を笑い出していく。
ファンキーなロストプロブレムだったから。
究極的なイメージに、
挑戦権はラブリーだった。
運命が笑っていたから。
究極的なメロディ、
突っ走る影響力、
ぶっ飛んでいる価値観、
ブルース、チェケラッチョを、
正しさとワンダーランド、
チョコレートソングライティング、
価値観をブルース、チェケラッチョ、
生み出した価値観に、
メッセージが零れ落ちてくる。
ファンタスティックアイランド、
ミュージックファイナルアンサー、
孤独と毒々しいリズムで、
ファンキーにさせて。お願い。
伝え忘れても不思議さは止まらない。
究極的なロマンロックが希望だから。
ファンタジア、メッセージ、興味、
虚ろな天才的に、
メロディは共鳴していく。
ワンダーランドなチョコレートにさせられていく。
ハーモニーは歌いだすように、
夢の中で伝えた永遠は、
今でも君の希望の最中で踊っていますから。
リズムがチェケラーする未来は、
どこまでも僕を馬鹿馬鹿しく貫く。
大切な言葉と、クォリティ、
異次元突破するファイター、
ミステリーが共鳴するファンタジスタに、
栄光のサクセスパーティ、
ロマンチックファンタジスタ。
影響力がぶっ飛んだ価値観、未来と掴み取る影響力。
ヒップホップなファイター、
正しさと未来は共鳴するワンダフォーライフ。
メッセージがところてんを、メッセージを、
貫く伝説を、
クォリティで異次元は突破していく。
ファンタジスタと共に、永劫の時を歩むなら。
素敵なファイナルアンサーすら追いかけてあげよう。
リズムはかいつまんで、素敵なファイナルアンサーになれるなら。
空中に浮いている歴史、ファンタジスタは恋愛トークを急ぐ。
理解するフューチャー、ドリーマーなチャンスと、
勢い、はんぺんだ。
スクラッチ削るまんまに、ゴッドマストビークレイジー。
大切な言葉エンジョイパーティかい?
失うことすら馬鹿馬鹿しいのかい?
イメージ着実に、
ファイターはロストチルドレンとして、
埋め合わせした天才すら、
馬鹿馬鹿しい興味に変えていった。
リズミカルなダンサーなのならば、
僕の吐き出す言葉になんて到底価値はないのなら、
その素敵さとファンタジアを越えて、
リズム、共鳴するいたちごっこみたいに。
空中に浮いている歴史みたいに。
ファンキーなロードなチョコチップで素敵にさせて。
運命は笑い続けるか?
ファンキーなロストチルドレンか?
素敵なファイナルアンサー、
呟けるなら、それすら希望だと
思える僕の爆笑に、
メッセージはトークライブだ。
リズムがチェケラッチョファイターさせてくれているなら、
ファンキーなドリーム、
描いた夢と馬鹿馬鹿しいイメージだ。
トークライブしていくなら、
ファンキーなロストプラネット、
確実性と意味不明さだ。
理屈がかいつままない。
この世界のルールに従わない。
大好きな展開、俺は俺なのさ。
それを力強く示せた奴が勝ちなのさ。
ラブリーコール、
運命のせいにしないように、
リズムが着実なファイターになってくれることを祈りながら。
究極的ロマンスは、いたちごっこなファイヤーになって。
埋め合わせする天才たちは、
ドリーマーを描くように。
ファイター、ロストチルドレンかい?
メッセージが興味を示した。
馬鹿馬鹿しいエンジョイか、
それらが生み出すパーティか?
ロマンロックなベイビー、炸裂するビジネス、
本当は少しだけ恐くて、
触れなかったカブトムシ。
大切な言葉とクォリティが反復するならば、
クォリティと共に受け継がせてください。
ファイナルアンサーと共に、
覆す魅力はワンダーランドに答えさせてくれるのですか。
ファンキーなロストチルドレンなのですか?
ファンキーベイビーなのならば、
大切な言葉、エンジョイパーティなんだ。
クォリティが異次元なんだ。
パーティなロストチルドレンなんだ。
価値観とブルース、
共鳴するファンタジー、
それらを形にして、空想にして、
イメージにして、チョコレートにして、
爆笑するように運命は太鼓判を押していく。
俺は諦めているのだろうか。
奇妙なことに感情が次々と入れ替わる。
大胆不敵な活動を揺蕩うように、
理解するフューチャーは
どこまでも、クォリティを探すように、
求めるものを探し続けるように、
理想は僕たちを追及していく。
幸せってなんだろう。
本当に望んでいるものって、一体なんだろう。
ロックンロール、エンジョイ、
ロマンロックファイティング、
チョコレート伝説、
クォリティ異次元突破するファイター。
大切な言葉エンジョイパーティ、
ロマンロックファンタジー、影響力ぶっ飛んでいる価値観。
大切な言葉と、エンジョイパーティ、
ロマンロックハニー、
エイトビート炸裂するビジネス、
太鼓判、ロックンロール。
リズムがチェケラー、
ファンタジスタな恋愛トークだ。
リズムがチェケラー、
ミステリーでも興味を示しなさい。
ダンスフォーエバー、
価値観と究極に、
ファンタジスタな恋愛トーク、
ずっと何かを探している。
ファンキーなロストプラネット。
活動する展開でさえ爆笑だぜ!面白いぜ?
ファンキーな馬鹿どもに、
君が自由だと思っているのは、ただのワガママなのさ。
本当の自由を持ってねーよ。
リズミカル、歌いだすファンキーにすら、
虚ろな展開にすら、
ワンダーランドなチョコレートにしていく。
ファンキーなロストチルドレンになっていくなら、
共鳴、ワンダフォー、アイランドになってまで、
クォリティが異次元を突破していく。
ファンタジスタな恋愛トーク、
影響力ぶっ飛ばしたなら、
価値観とブルース、共鳴するいたちごっこだ。
パーティな奴らはまだ眠らず。
素敵なファンキーロストチルドレン、
これ、何かに似ているな・・
ファンキーなロストチルドレンかい?
活動しているファンキー、ロストチルドレン、
自分を誇ってる奴ばっかだ。
自分がダサい奴だと認めねえ。
炸裂するワンダーランド、
そうしないと自我を保てないチョコランタンさーん。
俺はすごいんだぞーって言いたいんだろう?
お前よりすごいんだぞーって言いたいんだろう?
退屈な世界観、魅力と共鳴、
ワンダフォーアイランド。
夢のような今を、少しも色あせずに、
心にしまっておけたらいいな。
リズムがちょっとだけグレート。
意味なんかなくたっていい。
興味が炸裂、ワンダフォーだった構わない。
リズミカル、歌いだしたファンキーロード、
大切な言葉、クォリティ、異次元突破するファンタジー、
影響力ぶっ飛んだような価値観、
未来は作ってくれるのかい?
ファンキーを求めている、
探している、何かを。
行動力はファンタジーを埋め合わせする、
リズムはチェケラーファイティングだ。
価値観とブルース、共鳴されることが許されるなら。
ファンキーなロストチルドレンだ。
空中と歴史、ファンタジーだ。
歴史的ドリームですら、
栄光ですらファンタジー、
影響力、ヒップホップになった形ですらも、
影響力、ヒップホップなコミュニティだ。
炸裂するビジネス、
かいつまんで素敵になっていくドリーマーは。
チャンス、炸裂、淡い恋。
別にどうでもいいよ。
大切な言葉、エンジョイパーティなんだね。
覆すメロディすら突っ走っていくのかい?
奇妙だね。それはそれなりにファンキーだね。
繋いだ手の温度もその力も。
リズムがチェケラー、ファンタジー影響力ぶっ飛んでいる価値観。
大切な言葉とエンジョイパーティ、
ロマンロックファンタジー、
影響力ぶっ飛んだ価値観、
メロディとリズムで突っ走るパーティだ。
ロマンが歌いだすハーモニーだ。
嫌い出す展開すら爆笑していくのさ。
それらをファンタジーとして受け入れたから。
記憶は確かさと共に、
クォリティと共にひたすら一途に。
ファイターとロストチルドレン、
最高潮が歌うなら、
ファンキーなドリーム。
永劫の時を歩みたいかい?
ファンキーなロストチルドレン、
価値観とブルース、共鳴する為の、
ファンタジスタな恋愛トーク、
馬鹿馬鹿しいファンキーなドリーマー。
永劫の時を歩みたいかい?
リズミカルなファンタジスタ、
その先に何が待っていようが関係ない。
リズミカルなファンタジスタになったら、
究極さえ移ろいゆくことを知るのさ。
大胆不敵な活動家の興味かい?
馬鹿馬鹿しいリズムに全てを寄せて、
リズミカルな全てにうつぶせにさせられてしまうなら、
究極的ロマンチック、俺は今日も言葉と遊び続ける。
ライム王国の王様らいらいだ。
つまりライムキングだ。
素敵なファンタジーだ。
影響力、ぶっ飛んだ価値観、
影響力はぶっ飛んだ価値観?
ファイターなロストプラネットかもしれない。
理屈じゃないかもしれない。
それでもダンスするメッセージは伝えていきたいという。
奇妙なファンタジーは移ろいゆくというんだ。
ファンキーなこと、この上ないよな。
失礼なダンサーがこの先にいるのなら、
ファンタスティックドライブすら
移ろいゆくのさ。
天才的だろう?
羽衣的には最高だろう?
イメージが挑戦的だろう?
奇妙なファンタジーに落ちていくなら、
いっそのこと教えてあげることにしよう。
奇妙なファンタジスタと、
歴史が生み出すドリーマーだ。
チャンスと最高になるリズムが
諦めているならば、
価値観というブルースで、
興味を示す体感温度は上昇中だ。
諦めきれねえリズムと共に、
究極的ファンタジーは移ろいゆくのさ。
リズムが形を求めて彷徨っている。
リズミカルに栄光をワンダーランドにさせるなら。
興味が炸裂するワンダーランド、
チョコチップな素敵なファイナルアンサー、
影響力、ぶっ飛んだ価値観だ。
メッセージ、チョコランタンなメッセージに、
影響力がぶっ飛んでいる?
正しさはワンダーランドを炸裂させてくれるのかい?
ファンキーなドリームは、その上で何を悩み始めるんだい?
究極的リズムすら、
馬鹿馬鹿しく思えるこの地上の世界で。
イメージが挑戦的ラブリーになっている。

ヒップホップの形であり、
意味がありそうなロックンロール。
理屈と、それに伴う理由が走り出す。
究極性とはこのことか。
ループするルーツだけでは、
認められねえ。
イマジネーションがチェンジしていけねえんだ。
ラブリーハートを見つめるだけでは、
希望がワンダーランドにならねえんだ。
つまり窮屈、つまり圧勝なんだ。
素敵なファンタジア、メッセージをトーク力にしたかった。
ファンキーなドラマ、神髄はそこら辺にはないという。
刻む、力はワンダーランドだという。
ハーモニーが続く歴史を楽しくさせる。
空間的ラブリーが、挑戦権の獲得の為に。
希望とサクセスする未来。
ロックンロールビジネスだ。
オーケーしてしまいそうでたまらねえ。
リズムが直接笑うなら、
ダンスをしてしまうなら、
究極的リズム、オーケーしながらも、
統率力と共にダンスしていきたいと思う、
そんな日々を僕にくれないかな。
リズムを調整している馬鹿馬鹿しさに、
影響力はヒップホップなのさ。
埋め合わせな天才に
ラブリーが育まれるなら、
希望とファイティング、理想とチェンジする未来に、
強烈にファイヤーマシンガンにしてあげたいんだ。
空中に浮いている歴史と、ファンタジーすら
虚ろな展開にさせたから。
未来とチェケラッチョは、歌いだしたから。
ファンキーなロードであり、
埋め合わせする為の天才であった、
素敵なファンキーなロストプラネットは、
栄光の映像を伝え続ける。
ファンキーなロックンロールにカモン。
大好きな展開力、ファンタスティックデイだ。
埋め合わせするメロディ、メリーゴーランド、
究極的にメリーゴーランドならば、
素敵なファイター、うろつかせる為に。
希望的解釈で実験台にするということは、
リズミカルな行動と虚ろなパーティ、
ロマンロックなベイビーに炸裂させながら、
意味不明にトークすることが馬鹿馬鹿しくなっていく。
理想とチェンジ、ミステイクしそうな理想の最中にいるから、
大好きはとめどなく止まらない。
究極的ロマンチックと一緒に、
空間はダンスして運命を笑い、
希望と共に朽ち果てていくから。
理想がチェンジする限り、
僕らも諦めきれないのさ。
ラブリーな崩壊かい?
リズミカルなファンタジスタ、
永遠がトークしてくれるなら、
ファンキーマシンガンだ。
エイトビートが炸裂するなら、
歴史的究極、
リズムと傾向をサクセスにさせてくれていた。
ファンキーなロストプラネットにちぎられた。
運命がワンダーランドを、
チョコレートソングを、
大切な言葉とエンジョイを。
大切な言葉とエンジョイプレイ、
ロマンチックなファイヤードレスアップだ。
奇妙に炸裂するワンダーランドに、
チョコチップすらワンダーランドに
消えてなくなりそうな今日この頃だ。
ヒップホップなチェンジングだ!!
つまりミステリーだ。
共鳴するワンダフォーアイランドが、
形を呪い、大好きな展開を呼び寄せる。
空間的ラバーズに影響力がヒップホップになるなら、
ロックンローラーなファイティングにすらも、
形にさせる忌々しさにすらも。
ファイトスタイルでした。
運命は笑っていましたとさ。
究極的ロマンロッカー?
ファイティングするチョコレートが暴れ出すなら、
理解者共のドリーマーに炸裂させましょう。
イメージが強烈に炸裂するなら、
昨日からのエイトビート、
サクセスの為の希望すら、
ワンダーランドなチョコレートすらも、
栄光の時を永劫に感じ続けていく。
理想像とその展開、ミステリーが興味を示すほどに。
リズミカル、それは歌いだす程度に。
ロマンロックなファンタジーを、
伝えてなお余りある素敵さを。
伝説的クラッカーを、
素敵なファイナルアンサーを。
呟いたところで意味などないとする。
運命はワンダーランドに、チョコレートにサクセスされていく。
ファンキーな路頭に迷うなら、
素敵なファンキーすら、栄光のユーロビートすら、
オカルトになっていく科学すらも、
永劫の時を泳ぎ続ける。
ファイティングしている理想が曖昧すぎるから。
ファイトスタイルはジャッジメントだったはずだから。
クォリティをもって永遠を笑うなら、
覆すぜ。リミット的恋愛だったとしても、
理屈はファイティングを探して果てしない。
究極的ロマンロックがそれらを呈するなら。
希望的ファンタスティックですら頂戴してみせる。
空間的ラブリーに、挑戦的メッセージがあてがわれる。
ぶっ飛んだ価値観。
メッセージが届きだすだろう?
理解するためのフューチャー、
ドリームが描いた馬鹿馬鹿しさが、
究極的ロマンロッカーを歌いだせるように。
理解するためのフューチャー、
ドリーマーが抵抗していく。
ファンキーなメッセージに閉じ込められていく。
理想はそのメロディに、食いつぶされるように。
理解はファンタジー、ロックンローラーなイメージだ。
挑戦的ラブリー、理解するフューチャー、
ドリーマーと共に描かれていくんだ。
ファンタジスタな恋愛トークだ。
サクセスパーティならば。
ラップビジネスを共鳴させていく。
ラブリーハートがチョコレートならば、
素敵な空気感と共に
移ろいゆきだすぜ。
ファンキーなロストプラネットが諦めきれないと嘆く。
希望とファンタジーは埋め合わせする天才を、
メッセージはクォリティを?
ワンダーランドはチョコレートを。
人間を本来あるべき姿へと変えさせてくれる。
リズムがチェケラーファイティングしている。
興味を持てるだろうか。
サクセスする希望がワンダーランドならば、
食い尽くすラブリーですら、
ワンダーランドですらチョコレートだから。
運命が笑い出せるように、
空間はフューチャー、
ドリーマーを描くことすら馬鹿馬鹿しいかい?
運命がチョコレートならば、
ファイティングチョコレート、
メッセージ、トークバック影響力、
ヒップホップな形、メッセージが怒涛のリズムで、
ファイティングチョコレート、
サクセス影響力、メッセージがトークバック。
大切な言葉と、エンジョイパーティ、
ロックンローラーなファイティング。
価値観と、それに伴い揺れるドリーム。
描けたら、素敵なファイナルアンサー。
呟いても理屈は更に高みへと笑っていく。
リズムがチェケラーしてくれるなら、
ファンタジーアイランド、密接に繋がる僕ですら馬鹿馬鹿しいかい?
イメージでチェケラー、ファンタジスタ、
影響力、ヒップホップなコミュニティ、
ロックンロール、ファンタジスタ、
永遠とトークバック、
ロックンロールなイメージが、
頂戴されていくんだ。
ファンキードリーム。
でもどこか懐かしくなってしまうのです。
食いつぶす最高に、
リズムがチェケラーファンタジーならば、
追いかけるぞ!リズム!
形なんていらねーんじゃ!
ロックンロールファンタジスタですか?
運命と共に笑ってくれるだろう。
究極的ドリーマー、
描いた果てにある素敵さとは、
エネルギッシュなパーティになってくれた。
ロックンローラーがファンタジーを求めてくれるなら。
ロマンロックに歌いだす気合いすら、爆笑だぜ?
空間的ラブラブに、調子よく果てしなく。
覆すことすら馬鹿馬鹿しいかい?
大切な言葉とエンジョイパーティ、
ロマンロックなベイビー、
炸裂するビジネス、オーケーオーライだぜ。
覆すリミットすら、
馬鹿馬鹿しいちょうどいいチョコレートに
させてくれたイメージすら、
馬鹿馬鹿しく素敵なファンキーになったんだ。
空間的ラブラブだったんだね。
空中への魔観光殺法だったのね。
覆すリミット、受け継ぐぜ!!
ファンタジー、影響力がぶっ飛んでいくぜ。
カチコミ事件簿素敵なファイヤーだぜ。
失うことすら馬鹿馬鹿しいかい?
うねりを込めて、ラブリーハートだぜ。
炸裂する昨日から、
影響力はヒップホップになれるつもりか?
素敵なファイナルアンサー、
馬鹿馬鹿しくなっちゃったかい?
リズムをこの光景に、
素敵なファンタジーにクォリティすら受け継がせて、
爆笑展開面白おかしく喋っていたいなら、
活動する興味すらワンダーランドにしてくれるぜ。
ファンキードリーマー。
永劫のチョコレートに素敵なファイナルアンサーを呟いた!
希望的観測が宇宙になってしまった!
リズムがチェケラーファンタジスタなんですね?
覆すリミットが爆笑なのさ。
空間的ラブリーに、挑戦権すら片付けるのかい?
奇妙なファンタジー、
つまりクォリティ、つまり圧勝なのだ。
意味不明なトークバックと、
連れてくるリピート、影響力にぶっ飛んでいく。
価値観ブルース、ロックンローラーイメージ挑戦、
ラブリーチェンジ、ミステリー挑戦的、
大切な言葉、エンジョイ、ロックンロール、
イメージチョコレート、ファイティング、
メッセージ、トークバックしてくれるなら、
ファイター、ロストプラネット、
活動、世界観、ワンダーランド、
チョコレートにしてくれるならいっそのこと、
ラブリーハート、
伝えてくれるなら、
ファンキードリーム、
琉球王国の夢を叶える為に、
理解するフューチャー、ドリーム抵抗力。
サスペンスがメロディを突っ走らせる。
空間的ラブリー、超越したファンタジー。
でもクォリティがダンスしているっていうことは、
ファイティングなロストプラネットだ。
活動する世界観すら、爆笑の渦にかいつまんでいくのかい?
理想形とその形すら、
ミュージックの栄光すらも、
ワンダーランドなサクセスにさせられてしまうのかい?
それをリズムは体感温度を上昇させるように!!
クォリティはマイダンスを侮辱するように?
活動的世界観ならば、
栄光と影響のスタイラス。
希望的ファンタジーすら
移ろいゆく天才、そのままに。
空間的ラブリーが挑戦的ならば、
曖昧な子の炎。
素敵なファンタジスタ、
永遠をトークしてくれるメッセージにすらも、
ファイティングなチョコレートにさせて。
イメージは調整しながら、
ファイティング、理解を究極にさせながら、
イメージを頂戴されていくんだね。
馬鹿馬鹿しい昨日に会いに来たんだね。
必要性、ラブリー、
頂戴されるならいっそのこと。
ラブリーハート、見つけた、
ようやく見つけた希望の光に、
ラップする意味すらあてがいたいと思ったんだ。
覆すリミット、馬鹿馬鹿しいか?
これが究極性だ。
ドリーマーの作るメッセージだ。
炸裂するメロディ?
大切な言葉とクォリティだよ。
それはダンスしながら埋め合わせを手伝っている。
ファンキーなロストプラネット共に、
活動するミステリーを共鳴させたいかい?
イメージを調整しながら爆笑したいかい?
イメージが劣悪ならば、
簡単にはいかないこのリズムですらも、
空間ですらも、
ファイティングチョコレートにさせたままで、
空間、ラブリーな平行線上に、
サプライズすら空間に、
ラブリーなチェンジすら爆笑させてくれるのさ。
大切な言葉かい?
エンジョイパーティはロックンローラーなんだ。
ファイティングがチェケラッチョしているんだろう?
ファンキーなロストチルドレン、
活動する世界観、
魅力でファンタスティックになりたい。
イメージ、適当でいいや。
ファンタジスタ永劫の時を、
泳ぐ炸裂するビジネスプールは、
ロックンロールな影響力、
ぶっ飛んでいる価値観、
ファイティングチョコレート、ダンサーズハイ、
影響力がぶっ飛んでいるなら、
価値観とブルース、共鳴とファンタジスタ。
永劫の時を泳ぎたい。
リズミカル、影響力がヒップホップに、
なればなるほどにクォリティを逆らわせてくれる。
ファンタジスタな恋愛トークで、
炸裂するビジネスすらオーライさせたい。
奇妙なファンタジーすら、
影響力をヒップホップにさせたかったんだ。
奇妙なワンダーランドにさせたかったんだ。
クォリティとしては異次元、
突破するファイター的な恋愛トークだ。
馬鹿馬鹿しいリズムだ、かいつまめるか?
ストーリーが生み出すスモーキー。
ダンスフィールドは永遠に、
旅立ちの時すら笑いながら。
強制的な運命に立ち眩む。
素敵なファイヤー、その最中にいる俺はブルース。
共鳴するいたちごっこなら、
ファイティングチェケラッチョ、
生み出した価値観すら馬鹿馬鹿しいか?
イメージを調節した正しさ、
ミラクルを調整したラブリーチェンジ。
ミステイクするなら、活動と世界観だ。
ミラクルが調整してくれるなら、
ファンキーロードで永遠が笑ってくれる。
ファンキーなロード、笑い飛ばす価値観とクォリティ。
メッセージは興味を示し始める。
片づけを始め始める。
理屈とリズムはなんだか壊れているな。
素敵がファイナルアンサー、
呟けるほどに希望的国家だな。
素敵なファイナルアンサーが呟けるなら、
その希望にワンダーランドが、メッセージを届けるなら。
希望的解釈、馬鹿にされたいか?
イメージを調整させたいか、
リズミカルな行動とインファクションなメッセージすら、
侮辱してなおも、続き続けるラブリー影響力、
理屈はファイヤーかい?
おい、気は確かか?
リズムチェケラー、
歌いだすファンキーにロードオブザリングもひっくり返るぜ!!
強制的な共鳴に、疑わしき者ども一網打尽☆
空間的サスペンスだ。
リズムがチェケラーしていくなら
希望的、ミュージックすら移ろいゆくように。
耐えて儚く散り急いだ僕たちに、
天気予報は未来を刺しだしてくれるのかい?
イメージをチェケラッチョにして、
ファンキーなドリームに栄光を揺蕩う昨日を、
サスペンスを未来へと輝かしい功績を残しながら、
クォリティはミュージックをただならぬ世界観に
してくれるのかい?
恥ずかしげもなくラブライブ。
追及しているミステイクが暴れ出すなら、
いいぜ。いっそのこと交換条件を飲もう。
大好きな展開でドリームが暴れ出す前に。
疑わせるように、
空間、つまりラブラブだ。
展開上はハッピーだ。
埋め合わせする展開に誰か未だに
のけぞったりしちゃっているのかい?
奇妙なファンタジスタ、
ついでに言っとくぜ
人生楽しすぎワロタwwww
で、どうしようもねえ話。
クォリティは受け継がせるだけの話。
未来がチェケラーしていくならば、
クォリティで異次元。
ロックンロールなファンタジスタに、
未来を共鳴させるのさ。
ファンタジスタな恋愛トークなんだ。
希望的解釈、虚ろな展開に、
サスペンスすら笑い出してくれるんだ。
ファンタジーかい?
その埋め合わせさ!!
ラブラブな意味を追求するのさ。
ファンキーだろう?至って申し遅れるだろう?
奇妙なファンタジスタならば、
栄光すらその映像に差し出せそうだろう?
ファンキーだろう?
そう、至ってファンキーなんだ。
覆す魅力すら馬鹿にできそうかい?
クォリティで異次元ならば、
突破することにしか意味はなくなってしまうんだ!!
空中庭園バビロンかい?
そんなもの実在するだろうか。ていうか、
錬金術やオカルトの類、
全て叶えられそうなリズムとの誓い。
沈むぜファイター、うつ伏せになってまだまだファイトしていくぜ。
ファイナルファンタジーならば、
その希望にあてがうように。
空中に浮いている魔観光殺法だ。
素敵がファンタジーならば、
影響力、ぶっ飛ばすまでかいつまむべきだ。違うか?
ストレートにストリートを歩く。
憎たらしいか、ワンダフォーエアー。
理屈はないが退屈だ。
希望とファンタスティックアイラブユーだ。
素敵なファンタジアがそれをなり上げたんだ。
空間的炸裂ドリームだ。
栄光が飛び跳ねているだろう?
奇妙なファンタジーと共に、
受け継がせているのさ。
大好きな天才と展開力かい?
意味不明なファンタスティック・ドライブさ!!
世界は俺を待っている。
希望を託しながら、
ファンタジーは超えていく。
アイウィルタッチユー。カモンベイベーだ。
炸裂するビジネスカモンベイベーだ。
失うことすら始まりなのさ。
始まり始まりなのさ。
食いつぶすかい?天才。センスと連鎖する
センサー反応エイトビートだぜ。
炸裂するビジネスすらオーライ、
イメージを調整したくない?
感覚的ブルースに研ぎ澄まされた。
俺はだせえよ例えば。
リズミカルな行動、弱卒ルーキーなら
張り切ってしまえそうなイメージと、
退屈さがむせび泣く夜に対して。
リズムがチェケラーファンタジーになってくれる
理由でも一緒に探すか?
運命を感じてしまった、
あの日はクォリティを高々と掲げて、
愛されたいんだ、リズムでチェケラッチョ。
リズムがチェケラーファンタジーです。
異常気象もなんのその、
元気で、機嫌がよい調子です。
リズミカルです、エイトビートです。
ことごとくクォリティ。
ダンスフォーエバーで価値観を、
ミュージック、ちっちゃいレベルで。
理屈はファンタジスタ、
永遠をトークしている、
ラブアンドラバーズ、
究極的ミステリーさ!!
超越するワンダーランドが、
サクセス影響力だ。
ぶっ飛んだ価値観、メロディで突っ走れるぜ!!
ハーモニーは伝説か?
生み出したいと望むのは運命か?
真似をするよう目指すは音楽家。
大好きな天才がこの灼熱のマグマの海に飛び込んで、
涙と本音の扉を開けてしまう前に、
18の誕生日。
僕はきっと向こう側へ行ってしまうんだ、
それでも何も変わりはしないね。
君と僕の気持ちそれから生まれてからの時間以外は。
素敵なファンキー、自分を試したのは面白かったが、
素敵なファイナルアンサーは止まらなかったろ?
ファンキーなミュージックが歌うなら、
そこに確かな希望があるなら、
永遠はやっぱり喜ぶべき対象なんだよ。
リズムがチェケラー、ファンタジスタな
運命が笑っている。
リズムがチェケラー、ファンタジスタ、
大切な言葉、エンジョイパーティなんだ。
炸裂ビジネスと、オーライさせる
イメージで、着実にファイヤーモンスターだ。
クォリティで異次元突破するファイター、
歴史的ドリーマー、
永劫の時を影響力にしてしまいたい。
覆すファンタジー、
勢いでもって素敵なファイナルアンサーに、
呟ける希望すらワンダーランドだぜ。
着実なファイヤー、歴史的ドリーマー。
ファンタジスタな恋愛トーク、
メッセージがクォリティ、
異次元を突破するファイターのようで、
炸裂する運命は馬鹿馬鹿しくなるでしょう?
空中庭園、ラブリーチェンジ、
ミステリーが共鳴していく。
ラブライブな大会だ。
サクセスロードでワインディングロードだ。
埋め合わせする天才に、魅力的な
グロウアップなコンテンツだ。
イメージが強烈ならば、
昨日からのサクセスすらも、
栄光すらも、ワンダーランドなのかい?
イメージチョコレート、大好きな展開だ。
メッセージを調整したミステリーかい?
共鳴がダンサーならば、
伝えるファンキーですら、
永劫の時ですら、ファンタジスタですら。
永劫の時を泳ぐ僕たちですら。
かくも影響力、
麗しき君に会いにいくよ。
ラブリーハート、メッセージにさせられそうでも。
大切な言葉、エンジョイしている炎上パーティだ。
炸裂するビジネスと共に、
空間は炸裂するワンダーランド、
埋め合わせする天才と共に、
空中庭園だったのは、
覆す魅力的ファンタジーで、
クォリティすら一途なパーティであり、
埋め合わせする天才が踊るなら、
壊す関係。ビリーバーとの超越性。
大好きな展開力と、ミステリーで興味を示したか?
歯がゆかったか?
リズムは馬鹿馬鹿しかっただろうか。
イメージを調整する果てにあったものとは。
リズミカルな行動とロストチルドレン。
埋め合わせする天才と共に、
受け継がれるファイター、
失うことすら馬鹿馬鹿しいのかい?
イメージが共生してくれるイメージで、
体感温度が素晴らしい。
パントマイムでもしているようだ。
至ってファンキー、でもロストプラネットだ。
僕は全てを思い出す。アイリメンバー。
理屈はファイトしているイメージに、
共鳴するダンスフォーミー アンドライクキャパシティ。
大切な言葉にできるもんなら、
素敵なファンキーになってあげたかったよ。
大切な言葉、クォリティ、
メッセージが興味を炸裂する、ワンダーランド、
楽しい。どうしようもなく、面白い。
大切なドリーマーと、歩き出す。
窮屈な世界観、ミラクルを頂戴してくれた。
ファンキーなドリーマー、映像が動き続ける。
リズムで健康的になってしまう。
理屈は理由じゃないもんな。
希望とサクセス、ワンダーランドチョコレート、
イメージが調整、ワンダーランドなんだ。
クォリティが異常で、サクセスワンダーランドで、
クォリティで、ファンタスティックな恋愛にさせてくれた。
ハーモニー、天才的に躍らせるしかない。
ファンタジスタな恋愛トークで、
メッセージが調子よく笑っていくんだね。
興味が卓越するんだ。
ファンキーなライムでことごとく、
笑い続けていくんだよ。
ファンキーなロストプラネットなんだよ。
確実影響力。
ひたすらキーボードを叩く。
キーボードは叫ぶ。もっと俺を叩け。
イメージ、チェケラー、ファンタジスタ、
運命が笑い出す天才に、
ミラクルを共鳴しだす、
ファイティングチョコレート、
生み出してくれる、ファンタジーすら、
影響力をヒップホップな悲しみにさせてくれた。
ファンキーなドリームと共に、
栄光は永劫を揺蕩うように。
理解する為に、フューチャーラブなイメージにする為に、
思い出す為に、そしてその記憶を消す為に。
リクライニング、私たちは価値を呆けている。
ドリーマーなチャンス、ベイビースマイルで、
エイトビートすら炸裂していく。
ワンダーランドなチョコレートで、
サクセスワンダーランドで、
ロックンロールなベイビーにしてしまったんだ。
覆すラブリードールだ。
素敵なファイナルアンサーだったんだね。
覆せる日々を望み続けていたんだね。
大切な孤独と、ワンダーランドなチョコレート、
ファイナルアンサーが呟くのさ。
希望的解釈、虚ろな天才的なんだ。
意味不明な天才、ミラクル、調整している。
ドリーマーな栄光、大好きな天才で、
魅力的ワンダーランドなチョコチップなんだ。
素敵なファイナルアンサーなんだね。
覆すファイター、リズムでチェケラッチョ、
生み出した価値観すら、
ファンタスティックなラブ模様すら、
栄光すら、それらが生み出すワンダーランドすら。
チョコレートですら、
ファンタスティックになってしまったんだね。
覆す魅力すら馬鹿馬鹿しいのかい?
大切な言葉と共に理解しな。
ラブリーワンダーランドへ飛び込みな。
素敵?ファンタスティックドリームだよぉぉ!
栄光のワンダーランドが頂戴されるなら、
未来すら笑ってみたいのさ。
覆すキャニオン、素敵なファンタジーなんだ。
栄光の時を永劫と共に過ごすなら、
ファンタスティックなドライブ、
栄光と共に探してやろうじゃねえか。
イメージを調整するダンスになるんだろう?
覆すパニックにすら、なってあげようじゃねえか。
イメージが退屈、メッセージで移ろいゆくなら、
ダンサーワールド、
意味不明にトークバックしたいのかい?
ファンキーなモンスター、九十九里浜?
素敵なファンキーワールドに飛び込みたいかい?
リズム、チェケラー、素敵な違和感。
歴史的ワンダーランド、
クォリティが異次元ならば、
素敵なファイナルアンサー、
届くぜ驚くぜ。
ファンタスティックな恋愛トーク。
生み出す価値観、ビューティフォーなサクセスと、
ワンダーランドなチョコレート、
サクセスワンダーランドだぜ。
クォリティってそれだけで意地でも
ロックンロールなファイター、
続いていくのさ。
ラブリーホールがエンジョイしているのかい?
憎たらしさと共に影響力が突っ走るなら、
希望的解釈すら笑ってしまうぜ?
覆すパーティタイム。
大切な言葉とエンジョイパーティかい?
ロマンロックなファンタジーが、
映し出す天才的がある。
共鳴的ファンタジスタ、
運命すら感じてしまう。
リアルなフューチャーならば、
ドライバーと共に諦めな。
大切?言葉とクォリティのパーティさ。
生み出されるならイメージで調整できる未来が欲しいんだ!
覆すパーティ、ロックンローラー、
大切な言葉とエンジョイパーティ。
ロマンロックなパーティだぜ。
うつぶせになるファイター?
ロックンロールとシステムズ。
ロックンロールが逆立ちするぜ。
ファンキーなドリームと、
永劫の時を歩みたいかい?
リズミカルに歌いだしたファンキータイムならば、
永劫の時を歩みたいのさ。
希望と解釈、ラブリーチェンジと
ミステリーが興味を示すなら、
活動する天才と共に、
炸裂するワンダーランドと共に、
クォリティが異次元突破するファンタジスタ。
運命が笑い出しているんだ。
空虚な理解へと取り戻すんだ。
リズミカルな行動と作戦。
ワンダーランドなチョコレートが育む、
希望という名前の悪い通り絵か?
素敵なファイナルアンサー、呟けるか?
希望と退屈なこの頃のメッセージに、
トークバックするイメージと、調整するファンタジスタ、
永遠とトーク、イメージ調整している
ラブリー挑戦。ラブリーアタックだ。
大胆不敵な活動、天才的グローバルに。
影響力はヒップホップだ。
うなぎのぼりなパーティだ。
炸裂するビジネスすらオーライさせてしまうのかい?
覆すリミットすら馬鹿馬鹿しくなっていくのさ。
リズミカルな頂戴に、
イメージさせるって言うことは至ってファンキー、
そのドリームで栄光を旅立たせたいかい?
イメージが共鳴してファンタジスタになっていた。
ドリーマーなチャンスは暴れていったんだ。
活動する世界観を、理想を、それが生み出す共鳴を。
歌いだすファンタジスタを、ゼロに帰ってしまう
そのリズムを。かいつまむ歴史を、
クォリティを、それに伴って嘘をつく現実を。
素敵なファンキーとドリーム、
永劫の時を歩く。俺は指で喋る。
大切な言葉、エンジョイパーティならば。
影響力がヒップホップになりそうかい?
イメージする為の記憶ならば、
素敵なファイナルアンサーすらことごとく
素敵にさせて。
運命という嫌いな器で、
ライクライクなキャパシティにさせてよ。
大切な言葉エンジョイパーティ。
ロックンローラーなパーティを、
生み出したその価値観を。
メッセージを、それらが生み出す共鳴を。
ワンダーランドなチョコレートを、
イメージしても間もなく発車してしまうリズムで、
歴史的ファンタジスタ、運命が驚くのさ。
素敵なファンキーに、ドリーマー、
永劫の時、素晴らしいトーク力。
科学を極めれば極めるほどオカルトになっていく。
その理想、チェンジに、サプライズ、
神は本当にサイコロを振らないのか。
そもそも神とは一体どなた様なのか。
ルーキーと着実性とは、
ファンタスティックドライブ、
何の根拠もねえ。
でもそれをみんな信じてる。
大切な、退屈なベイビーかい?
炸裂するワンダーランドかい?
うつ伏せなファイティングロード、
活動する世界観、
魅力がアンチテーゼならば、
素敵なファイナルアンサー、
呟く僕たちの儚さに、希望に。
ワンダーランド、チェケラー、
スマホ世代をキーボードで一網打尽だ。
指一本を滑らすより指10本使うキーボードの方がつええ。
リズムと、チェケラーするファンタジスタ、
運命を強力に世界観に、
理想は共鳴するんだろう?
リズムがチェケラッチョしている。
ファンキーな栄光すら伝えて見せたいよ。
ファンタスティックなドリーマーかい?
若さの秘訣かい?
ダンスなフォーエバーな形なんだ。
世界が歪んでいるのは僕の仕業かもしれない。
僕があまりにも素晴らしいから。
でもメッセージはクォリティだよね。
俺は破壊し新しく作り直す側の人間だよ。
守るのは他の大多数の役割さ。
大切な言葉と、エンジョイパーティになってしまうなら。
覆す魅力すら、ワンダーランドなチョコレートになってしまうのかい?
覆すパーティすらリライトを教えてくれた。
理論武装で対決した結果の破滅ならば、
うるさいな。カタルシスの野郎。
ファンタジスタな恋愛トークを邪魔するんじゃねえ。
活動する展開、ミステリーが興味を示すなら、
バックカモンだ!バッカモンだ!
炸裂するビジネスすら、オーライする侮辱か?
ファンタジスタな恋愛トーク、
馬鹿馬鹿しいミュージックを、
羅列で狂わせたひたすらを、
メッセージな届く理想を、
狂熱、奴らは見事に最善の道を歩んでるよ。
でもいずれ確実に俺を必要とするだろう。
俺にはそこら辺の奴にはない力を持っている。
ロックンローラーなパーティかい?
騙すロックンロールは、ひたすらかい?
イメージチョコレート、素敵なファイナルアンサーかい?
リズムが炸裂するビジネス、
大切な言葉と、パーティロマンロックだ。
素敵なファイナルアンサーだ。
リズムなチェケラーがファンタジーなのです!!
価値観狂うほどのクレイジーが、
密接な協力関係に、
差し出す展開する、影響力だ!
それもカツカツだ。
素敵なファイナルアンサーだ。
ことごとく素敵ならば、
影響力ぶっ飛んだ価値観だ。
影響力、ぶっ飛ばすならば、
価値観すらもストピープルだ。
価値観の影響力ですら、
ぶっ放す気合いだ。
素敵なファンタジーだ、
つまりクォリティなんだ。
素敵かい?
ファンタスティックな恋愛模様かい?
素敵なファンタジスタと共に、
移ろいゆく伝説を相手にすることは
馬鹿馬鹿しいとほめちぎるかい?
ラップするヘアスタイルかい?
リミックス、活動家の限界。
大切な言葉とパーティロックンローラー。
イメージがチェンジするならば、
ファイティングチョコレートに、
ファイティングサクセスならば、
影響力はヒップホップなんだ。
価値観とブルース、共鳴するいたちごっこと
ファイナルアンサー、呟けるなら僕の方が希望だ。
素敵なファイナルアンサー。
やりたいことだけやっていたい。
他のことなんてやりたくねえ。
これってそんなにおかしいことか?
俺がやりたいのは日記を書き続けることだよ。
らいらい動画もいいがあれはお祈りみたいなもんだ。
炸裂パーティ、ロックンロールパーティだぜ。
失われるパーティ、
ロマンロックファンタジーなんだ。
クォリティが異次元、突破するファイターに、
失われることすら馬鹿馬鹿しいように。
ロックンローラーなパーティが、
ロマンチストをプレゼントしてくれている。
ファンキーなドライバー、
らいらい動画とライムキングは全くの別物です。
それは引っ張り込んでいる。
ラブリースタイルとエンジョイするパーティだ。
ロマンロックがハニーならば、
それらの生み出すキャパシティに反旗を翻すなら、
覆すレベルですら、馬鹿馬鹿しい。
メッセージが共鳴するファンタジスタだ。
誰にでもあるんだぜ?発言権は。
何もしゃべらないからナメられるんだ。
表現をしろよ。
ひたすらに馬鹿馬鹿しい、イメージにも
最高が宿っている。
共鳴しているダンサー、
ファンタジーがクォリティ、
異次元突破するファイトだ。
埋め合わせする天才的に、
ロックンローラーなイメージを調整してくれた。
ファンキーなドリーマーが、
描いてくれたファンキーに、
ロストプラネット、活動する世界観、
影響力にぶっ飛んでいる価値観なのだろう?
窮屈だ、窮屈だって。
ロマンロックなファンタジーを、
クォリティは異次元を求めて走っていく。
考える人間は厄介だろう?
ははは、何も考えない人間の方が操りやすいもんな。
リクライニング、サクセスワンダーランド、
チョコレートサクセスするならば、
希望とワンダーランドと
チョコレートなメッセージにさせてくれる。
半端ないリアルと共に、
究極的ロマンスは照らされ出す。
ファンキーなロストチルドレン。
空間ベリーナイス、
歴史的メロディ、突っ走れる。
プライドがあるからこそ何処でも土下座ができる。
腹の底では笑っているからさ。
大好きな天才的に、メロディでサクセスパーティだ。
鬱陶しいなとか思ってんの?
なんでモテたいの?
子孫を残す為?
じゃあ子孫を作るための機械なわけだ、
君自身に価値はないのかい?
まあそれも愛の一つではあると思うよ。
大好きな天才と、
でもクローンは別物だって分かってほしいもんだ。
リズムは着実だ。
人は誰かにはなれない。
刻んでるパーティ、
大切な言葉って奴は、
巡り巡っていくのさ!
希望と着実なパーティかい?
それに狼煙をあげたいんだ。
希望的観測だろう?
宇宙すらも手にしてしまえそうだろう?
クォリティがワンダーランドならば、
強制的メロディに突っ走れる感覚を、
大好きな天才を呼び寄せるべきだ。
ファンキーだろう?ドリーマーだろう?
究極的ファンタジー、歴史的ドリーム、
それは8月15日。
大胆不敵な活動、展開力をミステリーにさせる。
飛び跳ねるパーティかい?
ロマンロックなベイビーかい?
炸裂するユートピアなんだろうか。
確実な世界観なのだろうか。
サクセスのトゥモロー、影響力、
ぶっ飛んだ価値観、ベイビーフルメタルだ。
素敵なファイナルアンサーだ。
怒涛のリズム、着実なパーティにさせてやるぜ。
ファンキードリームで永劫の時を歩みたい。
リズミカルなファンタジスタ、
運命が驚き続けるのさ。
ファイターとロストチルドレン。
素敵なファイナルアンサーすら呟くぜ。
ファイトスタイルでジャッジメントは動き出すんだぜ?
ファンキーな路頭にすら迷ってあげるよ。
リズミカルなファンタジスタならば、
運命すら笑う為に、
希望的解釈に乗せられるように。
覆すパーティ、ロマンロックなベイビーだぜ。
やりたいことやってる奴はリスペクト。
やりたくねーことやってる奴より
心の中は大金持ちなのさ。
素敵な話だろう?
ファンキーなお話だろう?
食いつぶす馬鹿馬鹿しさすら、超越感を携えそうだろう?
要するに気持ちいいのさ。
このダンスフィーバーがね。
大好きな天才と共に、
生きる今日という一日がね。
素敵なファイナルアンサー、
孤独と共に毒々しい記憶が終わっていく。
長い長い夢を見ていたのだろうか。
サクセスがワンダーランドならば、
チョコレートディフェンスで曖昧にさせてあげるよ。
空中に浮いている歴史がファンタジスタならば、
いっそのこと教えてあげよう。
イメージを共鳴させる愉快さかい?
リズムがチェケラーするチェケラッチョファンタジーならば、
永劫の時を泳ぐ馬鹿馬鹿しさですら、
ファンキーなロストプラネットですらも、
栄光のワンダーランド、チョコチップ、
素敵なファイナルアンサーすらも
馬鹿馬鹿しくなってしまったのさ。
覆すメロディがぶっ壊れそうかい?
イメージ着実なファイターだ。
ロストチルドレンだ。
確実性と共に、受け継がれるパーティが。
ロマンロックベイビーが、
炸裂するビジネスすらオーライさせてしまった。
覆すパーティが、ロマンロックを歌うなら。
ファンキーなドリームと共に
受け継がせればいいんだ。
ファンキーかい?ひたすら、ドリームかい?
影響力はヒップホップなんだ。
失うことすら馬鹿馬鹿しいかい?
運命を手にした、素敵なファンタジーだよ。

リピートしているダンサーが、
嗚咽をもって正しさ駆け巡る。
リップスライムな世界観に対して、
理想を超越してしまうなら。
空虚な空間すら、食べてしまいたくなる。
そんな未来を僕にくれないかな。
ひたすらはワンダーランドだと思うかい?
食い違う歴史、
ファンタジーと兆候を得手不得手にしてきた、
ミラクルですら、ファンタジスタだ。
空間的ラブライブが実態ならば、
栄光のワンダーランド、クォリティで異次元だ。
突破するファイターがそれを理解しているのなら、
空虚な歴史、ファンタジーになるほどに。
歴史的ドリーム、永劫の時を泳ぐように。
失礼に、サクセスをドリームにする為に。
クォリティは異次元であり、
パーティはロックンローラーを目指していく。
ロマンチストはファイターを探し続ける。
リミットがパーティを腹を減らしているから。
ファイティングなチョコレートは、
それらが生み出すイメージの意味とは。
炸裂するマイダンサー、
倍になるらしいさ。
空間はそれを伴って、
綺麗に嫌いになったミラクルは、
調節してなお、貫く希望があると
おっしゃるのか?
希望的ファイティング、理想が超越してくれるなら。
ファンキーなドリーム、
影響力があろうがなかろうが、
素敵なファイナルアンサーは頂戴してくれるんだ。
理屈はファイターを乗せ上げて、
リビングデッドな価値観を教えてくれた。
ファンキーなドリーマー、描いた夢すら馬鹿馬鹿しい。
エネルギーをもらった。
覆す気力を、ファンタジーを、
歴史的にドリームにしながら、
ファイティングチョコレートに、
メッセージを嫌いになるほどに、
クラリス、イメージをチェケラーするほどに、
僕は大好きなんだよ。
卑屈な恋愛だね。
本当に自分が嫌になるぜ。
素敵なファイナルアンサーを呟きたいんだろう?
それだけが希望なんだろう?
分かっているんだぜ。
陰でこっそり泣いてたろ。
お尋ねしますこのあたりでついさっき、
涙が落ちる音が聴こえた気がして、
駆けつけたんだけど、誰の涙かな。
そういや君は随分赤い目をしてるね。
そりゃ僕だってねえ。
希望的解釈、
後ろ側が天才的に、
ドリーマーとしてチェンジング、
愚かに憂うことだけが僕の仕事じゃない。
リズミカルなダンサー、影響力はヒップホップだ。
数ははからずとも、素敵なファイナルアンサーを呟けるんだ。
世界観とその理想、
超越勘に至るまで。
素敵なミュージック、虚ろな展開だ。
ミステリーが興味なら、
栄光を笑い出すなら。
何をするか分からないリズムに乗せて、
だいぶダイビングヘッドを決めてからだいぶたつが
重ね合わせでからめとられていかないでって
がやがやしてたとしても
メッセージは飛ばしまくる。栄光とワンダーランド、
超越的に調節したミラクルで、ザブングルは笑い出す。
展開的メロディが突っ走るなら、
究極的ファンタジーすら馬鹿にされてしまうのかい?
リズミカルならば、そのファイターだ。
失われた力技ならば、
ただいま、ここにある。
巨大な心を持っちまって、
馬鹿馬鹿しくて失礼だな。
でも天才的なことは否定できない。
だから俺はここにきたんだ。
誰の為にここにいるんだ?
究極的ロマンスに、いたちごっこなファイヤーに、
憎たらしいほどのラブリーに、
超越したミラクルすら、
えこひいきしているラブリーゲームだ。
統率力が韻キャラに負けてたら、
馬鹿馬鹿しいだろう?
うなぎのぼりな天才たちですらも、
それらを否定するはずさ。
ミラクルは超越することを喜ぶからね。
大胆不敵な活動として、
描けていければそれが何よりなのさ。
伝わる歴史と共に、
栄光を引き継ぎたいなら、
笑い出す。
したいことをしてたら失われて、
したくないことをしてたら増えていくものはなんだ。
理屈、それは意味不明。
リミットがジェットコースターならば、
向こう側、天才的なドリームに栄光を見るように。
それらを伝えて、今更それが運命なのだよなんて。
どの口が言えるんだろう。
儚くも散り急ぐ、魂があるとすれば。
究極的なまでのロマンスを教えてほしいよ。
リズムが悔いるなら、素敵なファンタジーだろう?
究極的に曖昧に照らされていったんだ。
リズミカルが歌ったら、
うろついたら、
僕らがなけなしのエンジェルになったら、
希望的観測になってしまったら、
覆すことすら馬鹿馬鹿しくなってしまうのかな。
でも俺には俺の思想があって、
その信念に基づいて動いてる。
周りに流されるだけの奴じゃない。
リズムがチェケラーするならば、
ファイティング、チョコレートにすらなれてしまうなら。
覆すリミットすら、
馬鹿馬鹿しいと笑われてしまうのかな。
でも僕は違う。
理想的展開に、サスペンスを求めきれるなら。
リズムがチェケラーパーティになっている。
リズム、チェケラー、
ファンタスティックドリームだ。
素敵なファイナルアンサーだ。
俺は死についても冷静だ。
何に対しても影響力をぶっ飛ばす。
自分の感情すら遊び道具にして、
列車は走っていく。
今回はどうだった?
運命の歯車は食い違った?
僕は僕なりの能無しになれたから。
素敵なファイナルアンサーに呟けたから。
理想的展開すら、天才的ドリームに描くことが叶った。
リズミカルだったからこそ、ファンタジーは超えていけたんだ。
素敵なファイナルアンサーならば、
ことごとく。
失礼だと思うかもしれないくらいに、
リズムはアップアップしていくんだ。
理想的展開がそんなに欲しいかい?
リズムは究極を求め続ける。
そのファイター、理想的展開にさせながら、
ファイティングするチョコレートは、
イメージを挑戦的に笑い続ける。
太鼓判を押すことがもしラッキーならば、
ファイティングチョコレートにエイトビートがのしかかるなら。
理解させてあげよう。運命を教えてあげよう。
リライトすることすらもできない、
僕たちの力技ではどうすることもできない。
それでも、僕たちは繰り返す。
リズムを、それでも荒唐無稽に。
素敵なファイナルアンサーにしながら、
影響力はヒップホップへと形を変えていく。
リズミカルなファイターが後ろ側を天才的に求めているんだね。
覆す日々が諦めるなら、
究極的ロマンス、いたちごっこなファイターならば、
理想的展開、天才的ドリームに、
永劫の時を培い誓おう。
メッセンジャーな価値観、ブルースでチョコレートが溶けていくなら。
ファンタジー、ジェットコースターな共鳴に疑いが恥ずかしくなってしまうなら。
空間的ビリーバー、挑戦的ラブにコミュニティは馬鹿馬鹿しくなっていく。
理想とチェンジ、
リズム、チェケラーファンタジーにさせたんだ。
運命がワンダーランドだったんだ。
覆す魅力すらもなくなっていた。
リズムで調節することすら馬鹿馬鹿しいのかい?
叫び、祈り、挑戦的ファイナルフュージョン。
価値観がブルースになるならば、
究極的ロマンロックだった。
永遠とトークしながら、
東からのファイターはうつむいていく。
理想的チェンジ、ミステイクするなら、
そのいっそのことの希望すら、
ファンタスティックなドリームすら、
永劫の時を泳ぐのかい?
失礼なほどのファンタジスタ、
栄光を永劫に伝えるように。
ファンキーなドリームは伝えてくれる。
ロックンロールビジネスならば、
オーケー、リライトさせてあげよう。
土に閉じ込めた、
勇気すら爆笑だ。
エネルギーを突破するなら、
必要性とそのドリーム。
傾向がサクセスするなら、
希望的観測、宇宙を笑ってまで。
突き抜けるファンタジスタの栄光すら、
ワンダーランドすらもチョコレートならば、
素敵さとファンキードリーム。
描いた夢と、備忘録。
素敵なファイナルアンサーすら、
呟く馬鹿馬鹿しさすらワンダーランドにしてくれたのさ。
ハーモニーが疑ってくれたからね。
ダンスフィールドで形を侮辱したから?
ファンキーなロックンローラーならば、
イメージすら挑戦的イメージに調節してくれるんだ。
リズミカルなファンタジスタ、
永遠がトークライブしていく。
ドリーマーなチャンスが横暴になっている。
歴史的究極に、まさぐるような恋愛トーク。
メッセージが調節してくれるファンタジーがあった。
覆す魅力との、栄光との違いがあった。
スクランブルエッグに調節して超越する、
ミステイクすら馬鹿馬鹿しいなら、
旅に出るしか未来はないじゃないか。
炸裂するブルースに、
影響力はヒップホップな形になってしまう。
覆すリミットですら、
価値観ですら、ファイティングチョコレートに、
サムライマーにサスペンス、伝えてなお溢れ出す空気感。
理想像と展開する次への付きだす魅力ならば、
永劫の時を歩かせよう。
リズム、チェケラーさせてくれるなら、
ファイター、つまりロストプラネットだ。
活動していく世界観が、理想を頂戴してしまうなら、
屈辱的恋愛、メッセージがトークバック、
エンジョイパーティなんだ。
覆す魅力的に、栄光は永劫に感じ続けている。
ファンタスティックアイランド。
密接に繋がるファイター。
理想的にメロディに、突っ走るファイターになってくれた。
ファイティングチョコレートを馬鹿にするなら、
その究極性すらイチャラブしたいじゃないか。
リピーターとメッセージ?
クォリティで異次元を突破するファイターだ。
理解がドリーマーになりそうだ。
究極的ロマンスが、それらを食べてしまうなら。
空虚な歴史とファンタジー?
異次元突破するファイターさ。
理解がドリーマーならば、
挑戦的ワンダーランドにケセラセラを伝えるならば。
理解するファンタジスタ、
永遠がリライトしてトークしていくんだ。
ファンタジスタに恋愛トーク。
馬鹿馬鹿しい究極に対してもウインクをしていくぜ。
ファンキーなロストチルドレン?
馬鹿馬鹿しい究極に甘えたいか?
理想とするなら究極的エンジョイだ。
理想とチェケラー、イメージが調節してくれるなら
そのかいつまんだ歴史ですらも滑走路じゃない。
意味不明な退屈だ。馬鹿馬鹿しいリズムだ。
荒唐無稽なら、そのワンダーランドのキャパシティに僕がいるならば、
素敵さすら踊りだしてあげよう。
イメージをチェケラーしてあげるんだ。
半端ないリアルに対して今回は、
リズムを究極にさせてくれるのであれば、
ファンキーなドリーム、調節してなお、
メッセージをかいつまむ歴史にすらなれている。
ファンタジスタは恋愛をしますか。
馬鹿馬鹿しいリアルとその方向性。
リズムはクォリティを目指して、
馬鹿馬鹿しくなっていく。
理想的チェンジが未来を教えてくれたんだね。
リズムで無茶苦茶にするリズムすら、
開拓していく次の文化すら、
新しい方向性に代わっていったんだ。
理想郷がそれらを正しいと判定したんだ。
今更僕にできることなんてある訳ない。
引き継ぐ天才的に、
ドリーマーは調整するように。
希望的ワンダーランド、僕たちはあるように。
理解するための究極的ファンタジスタ。
永遠と共にリライトしてくれるなら、
ファンタジーアイランド、
密接に繋がる新しさが、僕たちのアホらしさを伝えてくれるよ。
ロマンなら、ロックンローラーだ。
誰も彼も必要としている何かを、
失って初めて煌めき始める愉快さを、
伝説を、ドリームを、描いてなおケセラセラになるパーティを。
ロマンロックなチェンジング、
ミステリーになる為の共鳴すら、
後ろ側のパーティに変えてしまった。
理屈でファイティングを越えてしまった。
大切な言葉が、ストーリーが、
それを埋め合わせする展開すら
笑い飛ばしてくれるなら。
ハーモニーでぶっ飛ばしてくれるなら、
歴史をかいつまみ、生きる僕たちにも
希望の方向性を。
それでもってリズムを。
開拓する文明の僕のアホらしさを。
嫌いになってまで、影響力は
ヒップホップにさせたんだ。
それらを奉ることが可能かどうか。
サクセスの次の未来は新しさを兆候として受け入れているよ?
ファンになりたいならファンタジーでも夢見な。
大好きな展開と興味は移ろいゆくぜ?
半端なお引越しだけじゃ意味がないって話さ。
覆すリミット共に、受け継がれる意志がないと、
ない物ねだりは儚いんだ。
価値観、ブルースとチョコレートだ。
ファイティングならば、そのチヨコレートちょっとTOO LATE だろう?
幅広い世界観へと、リズムが脚注されていくなら。
歴史とファイティング、価値観と閉じ込めるメッセージが、
空間すら笑い出して、展開していく狭間に。
影響力はヒップホップになっていくはずだから、
そこにいるはずの共鳴。馬鹿馬鹿しさですらも、
かいつまむ僕の歴史にコントロールをさせて。
意味不明でもそれらはワンダーランド。
かいつまむ歴史の無さに驚くばかりだ。
共鳴しているファンタジーは、何と言ってる?
価値観はブルース、興味が炸裂するなら、
世界観すら理想になってくれるだろう。
ハーモニーが歌いだしているんだ、最高だろう?
イメージが最高になっている疑いすら、
ファンキーな路頭に迷い続けることになってしまった。
歴史が僕を追いかける。
理解は虚無を越えて飛び込んでくる。
リズムが明日らしさを、
イメージで共鳴させてくれたなら。
ファンキードリーム、永劫の時を歩みたい。
リズミカルなファイターに、
理想的チェンジングすら馬鹿馬鹿しくなっていく。
その展開に、楽しそうな人生に、
未来すら明け渡す嫌いがあったのかい?
サスペンスは栄光をワンダーランドにしたまま、
全てを消去する為動き出している。
ファンキーならば、その路頭に迷うことにしか意味がなくなるならば、
素敵さはファンタジーなんだ。
クォリティと共に受け継がせるしかない。
そういうパーティがパーティションが存在しているのだから
仕方がないって言えるだろう?
リズムで、チェケラーファイティングすることへの意味とは。
リズムとは、究極性の起こすリズムとは。
炸裂するブーイング、
価値観とファンタジーを求め、焦るリズム。
かいつまむ素敵なファンタジー。
クォリティすら、一途なファイトにさせてしまった。
覆す意味すら馬鹿馬鹿しくなってしまった。
ロストチルドレン、ロストプラネットだ。
確実性がロックされる未来へと、
希望的ファンタジスタなんだ。
クォリティでロックンロールならば、
希望とファンタジスタだ。
クォリティ、異次元突破するファイターだ。
うなぎのぼりな究極ならば、
忠告できない未来と希望に、
サクセスすら轟くなら、
宇宙の方面、美しい未来の絵図にすら、
カテゴライズされない現実にすら、
影響させて、未来は栄光を呼び寄せていく。
そのファイティング、理想は超越していくから。
理解的ファンタジー、それを連なることへの重み。
理解するためのフューチャーがファンタジックだったから、
影響力、抵抗力、サクセスへのトゥモローすら笑いながら。
イメージすることは愚かに見えるかい?
リズミカル、ファンタジスタな永遠がトークバックしてくれた。
ファイナルアンサーは呟いてくれたから。
歴史をドリームにして、まだまだ究極的に。
ラビリンスは伝えてくれたんだ。
発表会を理想として灯してくれた。
ラブリーなチェンジングとは、
その理想的運命とは。
嫌いになれない究極が、
まだ僕の狭間で呼吸をしているよ。
最高だよ。道筋、最高なんだ。
希望的観測、宇宙が笑うなら、
抵抗すらしてやろう。
イメージと調節していく
未来に会いたいと言えるのであれば、
価値観、ブルースなチェケラッチョなんだ。
埋め合わせする天才、
メロディにロックンロールがひたすらになっていく。
ロマンチックならば、そのベイビーだ。
炸裂するワンダーランドがチョコレートならば、
希望すら預けたい。
希望に、ファンタスティックに対して、
怒らせる空間で、ベイビーソウルを見守ってくれるなら。
そのファイター、一途さとクォリティを、
目指してまだ余りある素敵さを。
ミュージックのファイヤーを。
連ねていくファイトスタイルを、
ジャッジメントな生きがいを?
素敵なファイナルアンサーを!!
ことごとく意味がないなら、
私のこの距離すら馬鹿馬鹿しく思えるじゃない。
希望とはなんだろう。
覆す意味とは。
リラクゼーション、
果てしない未来と共にトップライド。
大切に空中、歴史とファンタジー、
栄光を見せてくれたから、
パーティなロックンローラー。
イメージが調節してくれる未来。
リズミカルなファンタジスタ、
永遠がトークしてくれるから。
ファイトしてくれる永遠がまさぐり合っているのさ。
ラブリーなハートが見つめているのさ。
希望的解釈に移ろいゆきたいかい?
理想的チェンジングに、
それでもリライトに。
メッセージに、それに伴うメッセージに、
クォリティすら爆笑しそうなんだよ。
破裂しそうな感情抱えながら、
リビングデッドは生み出していく。
価値観とブルース、共鳴する為のファンタジーを、
届けてなお嫌いになるメッセージを?
トークバックする永遠を、
活動する展開に呼び寄せるように。
確実に、世界観に、強制的に?
ラブリーハートを見つめる為だよ。
ロックンロールフェスティバルが、
形すら失っているから。
嫌いになってしまうから。
だから、忠告していたいのさ。
ベイビーなフルメタルなんだ、
希望的観測がそこにあったんだよ。
覆すリミットと、
活動する天才としては、
クォリティすら一途なパーティに、
ロマンロックは歌いだしていくだろう?
ホットなキャニオン、
本当の意味でハッピーになっていく。
理想は調整されながら、
運命を食べてしまうから。
空中庭園バビロンすら、
活動すら、天才的なドリームに。
追われていくリズム、
調整しているラブリーすら、
価値観すらミュージックになってしまうの?
覆すパーティ、訳が分からなくなってしまうの?
歴史的ドリーム、栄光を頂戴しながら。
パーティとそのリズム、
かいつまむいたちごっこに
ファイヤーサインすら出しながら。
イメージを調整しながら、
馬鹿馬鹿しくなっていくのさ。
リライトなキャニオン、素敵なファンキーならば、
栄光とワンダーランド、
クォリティが異次元だから、
突破したいと思った。
覆したいと思ったんだ。
僕のことが嫌いかい?
イメージを調整したら、馬鹿馬鹿しくなってきた。
ファンタジーアイランドが密着しているのかい?
空虚な伝説に、未来が押し寄せるのさ。
展開上は超ハッピーなのさ。
受け継がせることすら馬鹿馬鹿しいのさ。
天才的な、趣なのさ。
天才的ドリームを追いかけるなら、
それこそ馬鹿らしい未来と共に、
空中に浮いている歴史となってしまうんだ。
宙に浮くための理想ならば、
クォリティとワンダーランド、
覆す狂気という意味のサスペンス。
活動する、意味と展開とワンダーランド。
覆せるなら、リピートさせよう。
運命と共に笑い出そう。
空中に浮いてる庭園よりも、
要塞よりも、素敵なファイナルアンサー。
ことごとく、素晴らしい展開が踊りだしていく。
ハッピーになっていくんだ。
理想と調節して超越するメッセージならば、
クォリティとファンタジスタ、
永遠がワンダーランドなんだよ。
覆すリミットかい?
馬鹿馬鹿しく演じる僕が面白くなったかい?
そしたら始まりなんだ。
覆すリミットが追いかけているんだ。
起承転結すら馬鹿馬鹿しいんだ。
なあ、教えてくれよ。
希望が、ワンダーランドを連れてきた。
極限的な幸せと、
超越的ハッピー。
理想が超越してくれる未来すらも。
理解するための究極性、
リズムを体感温度で上昇させる。
イメージは慟哭を求めてくる。
ラブリーなチェンジに満たされるなら、
希望、拝借するメッセージ。
灰動転して、
ロックンローラーはイメージを走らせていく。
今にも壊れそうだ。
なんて不安定なんだ。
理屈抜きで、ファイトしたいという。
希望がワンダーランドな、
チョコレートにさせたいというんだ。
希望的解釈、虚ろな天才的ならば、
影響力、ぶっ飛んだ活動世界観、
理想的チェンジングと
脳みそ漂う楽しさに明け暮れて、
素敵なファイナルアンサーはことごとく。
意味不明を炸裂させるがごとく。
悉くいみがないなら、
素敵がファイナルアンサー、
理屈を差し出して運命を笑いたい。
あいつの言葉を借りるなら非常にきよきよしい。
ロックンロールファイティング、
価値観をエメラルドに、
素敵にファイティングするんだ。
価値観がファイティングなんだ。
理想がチェンジングなんだ。
それでも希望と共に、溢れ出すこの感情はなんだ。
理想、チェケラー、ファイティングする思想ですら、
ワンダーランドの一つの形に過ぎないとしった僕は何者?
動いてもキリがないことを知った運命すらも、
活動する興味、賞味期限すらも、
栄光をワンダーランドにさせたんだ。
大切な言葉とストーリーならば、
埋め合わせ、天才的なドリームに、
描いた夢とここにある今。
素敵なファイナルアンサーに呟けるなら、
希望的ミュージック、虚ろになる天才的すらも、
栄光すらも、ワンダーランドすらも。
影響がヒップホップ、
理解度が止まりだす。
ファイティングチョコレートになっていく。
理想とチェンジング、
ミステリーが興味を示すなら、
活動的展開に明日を見るなら、
希望的解釈、
移ろいゆきだしなさいな。
ラブリーハートを見つめる行動すら爆笑していくなら。
理想像と展開、メロディが慟哭へと。
炸裂するビジネスが、オーケーしてくれる未来に、
傾向がサクセスしてくれる運命に、
宝物がワンダーランドになっていくんだ。
必要性の勝利だね。
埋め合わせすることが天才的ならば、
いっそのこと教えてやろう。
イメージを共鳴させる歌いだしすら、
ファンキーなドリームにさせてくれた曖昧さ。
リズムでチョコレートパーティならば。
クォリティが異次元ならば、
ファイトスタイルに身を委ねるなら。
活動的天才?
未来を呼び寄せてあげようぜ。
ファイトスタイルはジャッジメントかい?
うなぎのぼりになるパーティこそが、
埋め合わせするアホらしさすら
教えてくれているんだよ。
ファンキーだろう?
それはまさに、ロストプラネットだろう?
理解するためのフューチャードリームが、
描いた夢すら侮辱するなら。
リピートするサムライマー。
影響力がヒップホップならば、
栄光と共に受け継ぐファイヤーすらも、
価値観すらも、イッツラブなコミュニティすらも、
価値観すらも、究極すらも、
ファイティングチョコレートすらも、
永劫の栄光、
サスペンスが伝えてくれる未来すら、
ワンダーランドすら、チョコレートすら、
栄光すらも、素敵なファイヤー。
メッセージが伝えてくるファンキードリームだ。
栄光とサクセス、ワンダーランドを直接。
パーティなロストプラネットならば、
栄光と共に受け継がせる為に。
ちょっとだけ笑いが止まらない明日になーれ。
大切な言葉、エンジョイパーティ、
ロマンロックが歌いだすならば、
むしろファンキー。
むしろいっそのこと。
ラブリーなチェンジがミステイクする
ラブリーに挑戦状が必要だ。
ミラクルを調節するなら、
その未来に嫌いになるほどのユートピアが、
存在するなら。
希望的観測に宇宙が動くなら、
ファイティングチョコレート、
メッセージでドープなメッセージを続かせたい。
リズミカルなファイター、後ろ側が大切なら、
究極的ロマンロック、
歌いだせるならそれのみの素敵なファイヤーだ。
失うものなど結局ない。
イメージが調整してくれるなら、
そのミラクルに抱き合わせたい。
強く強く握りしめていて。
ラブリーコースで、エンジョイパーティすら、
流浪に生きているファイナルアンサーすら、
呟く天才ですらも。
栄光がワンダーランドになっていく共鳴だ。
ファンタスティックなアイラブユーが続くなら、
理解者、そのファンタジーに、
クォリティすら一途なパーティになってしまうとしたら。
活動していく世界観、
理想とチェンジングしていく未来。
調子、サクセスする為のワンダーランドだ。
共鳴しているファンタスティック、
ドリームを描けるならば、
そんなにも栄光が素敵なら。
究極的ロマンスにすら笑われているのさ。
共鳴するダンスならば、
ちょっとだけ笑いの止まらない明日になーれ☆
ことごとく素敵なファイヤー、
理屈なファイヤーが、
ロストプラネットを諦めている。
ファンキーなモンキーなベイビーズが、
トゥナイト、歴史をあっけらかんとさせたんだ。
究極的ロマンスがあるのであれば、
活動する世界観。
ミラクルすら、共鳴させながら、
リピートアンサーは希望をワンダーランドにさせていく。
ハーモニーとしての歴史すら、
開拓するアホらしさにすら、
イメージを強制的に共鳴させる、
疑いでこもったリアルとなる。
奇妙だろう?まさにファンタジーだろう?
埋め合わせでもしたくなったかい?
僕のことが嫌いなのかい?
いずれにせよ天才は育まれるさ。
待ってろよ未来!
共鳴するファンタジスタを伝えてやるのさ!
記憶とファンタジー、クォリティが異常ならな!
理屈抜きでそれらが生み出すファイター。
ロストプラネットに希望が注釈されている。
ファンキーなモードに、
永遠すらことごとく笑い始めているから。
理解するためのフューチャーなのであれば、
確実に世界観に、ミステリーな興味を捧げたままで。
クォリティは異次元、突破するファイターすら
アホらしい方向へと。
リズミカルな行動、サクセスパーティが
埋め合わせするなら、
その天才的ドリームすらも。
栄光すらも、それらが生み出すファンタジスタすらも。
永劫の時を歩き続ける。
パーティナイト、
素敵なファイナルアンサーを呟いてくれるのさ。
ファンタスティックな未来に会いにいくのならば、
希望的解釈、宇宙のサクセスすら、
ワンナイトカーニバルさ。
素敵がファイナルアンサーなのさ。
悉く影響力を。
ロストチルドレン!!
つまり、その方向性に興味があるのだ。
空中庭園だろうと、
素敵だろうと。
形を失った、僕のパーティ。
失われた確実さは、
僕の中で灯されるか?
嫌いになるほどの天候に、
素敵なファイナルアンサーを呟いてくれる。
理想とチェケラーファンタジーになっているならば、
理想とマイメロディ、突っ走る儚さに、
ミラクルすら共鳴してくれる。
半端ないリアルに閉じ込められるなら、
希望、ワンダーランドになってしまった
チョコレートも含め、
リズムを階段を上るように、
覆すようにファンキードリームを、
描いた挑戦状をワンダーランドにさせてくれるから。
ハーモニーは伝える為に、
理解はファンタジー、
ロストプラネットにする為に。
覆す魅力的は、エイトビートすら狼煙を上げてしまう。
活動的展開は、理想を虚無に突き落とすように。
ひたすら栄光をワンダーランドに差し出してくれる。
だから言ってやりたい。
やれねえこと?ハナからねえよ。
確かにこの世は迷路。
大切な言葉、エンジョイパーティなのだ。
覆す魅力的が、
ファンタジーを伝えてくれた。
ファンタジスタな未来ですらも、
僕を笑い共鳴するなら。
天気予報、展開していくミラクルに、
超越するファイター、理想がチェンジするならば、
クォリティと共にダンス。
イメージは超越しながら歌いだす。
ファンキーに、路頭に迷った動物のように。
理解するフューチャー、
ドリーマーは立ち眩みをしていく。
理想とチェンジング、未来を共鳴しているから。
理想像と展開、その理解に、ファイターに、
ドリーマーすら永劫を伝えてくれている。
ファンタジーが後ろ側ならば、
素敵はファンタジスタだ。
リズムがチェケラーしているなら、
そのファンタジスタに影響力を受けるなら、
大好きな展開とサスペンス。
体中が軋んでも、
素敵なファイヤー。理想のチェケラッチョだ。
イメージは統率しながら、
影響力をヒップホップに変えてくれる。
ファンタジスタは恋愛能力含め、
金を世の中で回す為に。
記録的に昨日の影響を、
ヒップホップで影響を叶える為に。
希望的解釈、移ろいゆく為に。
理想像、展開するミステリー、
興味がファンタジーになるということは、
力強さすら感じてしまうのさ。
理想形と、ダンスフィールド。
活動感と世界中が巻き込む影響力。
ヒップホップな可能性と、
スタジアム、気象衛星すら笑い出す展開だぜ?
空間的ラブリー、調子がいいなら間違いない。
素敵なファンタジーが栄光を連れ去っていく。
ファイナルアンサーがそれらを呟くなら、
それ自体に嫌いにさせられるなら、
興味、虚ろになる展開すらも、
影響力すら、ヒップホップすらも、
栄光に永劫に、
素敵なファイナルアンサーに変えてくれるから。
リピートマイダンサー。
クォリティで一途なファイターにさせる為に。
真っ暗闇で僕一人ぼっち。
大切な言葉とエンジョイパーティだ。
ロマンロックな希望ならば、
栄光のユーロビートだ。
必要としてくれるかい?
ファンキーロード、
埋め合わせする天才すら侮辱するなら。
活動世界観。
ミラクルが育む挑戦状だ。
素敵なファイナルアンサーを呟きたい。
希望とチェケラッチョ、意味不明が
ワンダーランドになっていくなら。
理想郷、昨日からの永遠に、
ミラクルは挑戦状。
あらゆるものは偶然と志気を帯びて、
ライフスタイルに対して問いかける。
意味不明が行動を照らすなら、
いっそのこと教えてあげよう。
ファンタジスタと、
その恋愛トークだよ。
必要性がリズムであるならば、
ことごとく意味のないワールドへと、
追憶の扉は開かれていく。
ロープウェイになるのなら、
活躍がファンタジスタになった未来すら、
活動すら、活力すら、
メッセージに変えてきた力技だろう?
それを失う訳にはいかないのさ。
希望的観測、解釈は訴えだしているだろう?
ファンキーなロストプラネットに、
活動する意味なんて面倒くさいのさ。
ラブリーなハッピーが置いてけぼりになるならば、
クォリティ、そして伝説的に、
メロディックラインなパーティに、
移ろいゆく天才にすらこだわれる。
儚さと記憶はワンダーランドを教えてくれる。
理解するためのフューチャーか、
それともドリームか?
永劫の時を過ごすなら、
破滅の時を待たずして、
ライブハウスは今回だけはしかめっ面をしたままで、
僕はまだまだ試されていることを知る。
運命は共鳴するのかい?
そこにダンスがある限り、
運命として立ち寄っていくことすら
できないのさ。
奇妙だろう?ファンタジーだろう?
究極的ロマンロッカーだ。
素敵なファンタジスタ、
栄光と伝えてくれるんだろう?
ファンキーなロストプラネットは、
その果てで何をかいつまむ?
素敵なファンタジーを越えていきたいという。
すべからく、全てのことには意味がないというんだ。
価値観とブルース、自由にやるのは勝手だが。
意味不明なトーク、何度も何度もトライするのさ。
素敵だろう?
埋め合わせするテンションだろう?
素敵がファイナルアンサーだろう?
ことごとく、意味不明なトーク力すら、
かいつまんで素敵なファイナルアンサーになった孤独すら、
ワンダーランドなチョコレートにさせてしまったのさ。
食い入るように見つめる瞳には、
大好きな展開すらワンダーランドに躍らせているのさ。
ロックンローラーなイメージを、
食べてしまいたいかい?
理想とそれに伴うチェケラッチョは、
埋め合わせへと本気で動いていると?
ロックンロールパーティで、
うなぎのぼりなストーリーが目指すのさ!!
開拓する文明、文化すら諦める!!
価値観とブルースは、共鳴しながら歌いだす。
ファンキーな路頭へ迷うなら、
希望的解釈、虚ろな天才になりたいかい?
イメージが調整してくれる未来に会いに行きたいかい?
ロマンロックなベイビー、炸裂するビジネス。
ロックンロールイメージだ。
理想とチェケラッチョ・ファンタジーならば、
クォリティで伝説に差し出せるイメージすらも、
開拓する文明すらも、
ワンダーランドなチョコチップにさせてしまうリズムとして、
クォリティとして一途なファイターにさせてきた。
ロマンロックが今更僕を研ぎ澄ませるなら、
価値に思えたあの希望すら、
ファンタスティックですら、
ロックンローラーなイメージがそれらを消し飛ばしたんだ。
空間的ラブかい?
彫刻のラブリーハウスすら
求めてしまうなら、
希望的解釈に移ろいゆくならば、
伝説的な未来、
それらが覆す日々になるまで、
栄光はワンダーランドにさせられてしまうのさ。
それをいたちごっこで見ていたんだろう?
空中に浮いている歴史すら、
ファンタジスタになっていく。
理想が超越していくんだ。
ファンタジーアイランドを見つめているんだろう?
最高がイメージされている。
努力でファイターにさせられているなら、
強力な世界観に、ミラクルが興味的に、
ファイナルアンサーに呟かされるなら。
勢いをもってワンダーランドを伝えよう。
理解するための歴史がファンタジーを生み出していく。
超能力的ラブライブに、
つかずはなれず素敵な接客。
イメージが挑戦状をたたきつけるなら、
そのイメージに調整された未来すら、
カテゴライズすら、それらが生み出す狂気すらも。
ファイティングチョコレート、
それでも僕を出し抜けないことに困り果てるかい?
素敵なファンタジー、クォリティで異次元なのさ。
理解しているからこそ、沸騰しそうな校の脳みそと共に、
引き継ぎたい未来がある。
強力な世界線があるんだ。
究極的ロマンロックに
歌いだせるなら、
その方向にリズムがあるなら、
究極的リズムすら、
改築するワンダーランドすらも、
永劫の時を泳いで見せる。
ラブリーなハートを見つめるように、
覆すほどのエネルギーは、
突破力と共に引き継がれるだろう。
興味がサクセスするのは次の次あたりのパーティ?
そんなに待っちゃいられないのさ。
だから大好きな展開にしてオーケーサインを出そう。
生み出した価値を笑い出そう。
全てをゼロに返すための物語を始めよう。
そして残るものをかき集めて、
僕は新しい宇宙を生み出していく。
全部消す為に、記憶から消す為に、
リアルなフュージョン、忘れることを楽しむ。
理解がフューチャーしていくから、
伝説的な嫌いのある素敵さすらも、
栄光すらも、それらが生み出すワンダーランドすらも、
栄光すらも協力になってしまった。
覆すファンタジックが欲しいかい?
イメージと、それに伴う挑戦が、
ラブリーなハートになっていけるなら。
覆してやるよ。パーティ。
背中の疑似的な脳では満足できなくなったのさ。
ラブリーハウス、影響力、ぶっ飛んだ価値観だ。
メッセージが共鳴するファンタジスタに、
栄光が永劫の時を回しながら、
共鳴していく。ダンサーの
協力性、ラブリーチェンジで舞い込む宇宙に。
対して素敵に、ファンキーなドリーマー、
永劫を時を生み出すように。
空虚な歴史はファンタジーを乗せてくれるのさ。
ファンキーなドリームを栄光にするみたいに、
ダンスタイムは取り戻してくれるんだ。
ファンキーだろう?それこそがロストプラネットだろう?
活動する世界観だけが、イメージを調整してくれた。
ファンキーなドリームに、立ち消える素敵さに
ファンキーな路頭に迷わせてまで、
エネルギーは突っ走り突破していった。
ファンキーなドリームが、
立ち消えるなら、
素敵なファンキーすら、
栄光をワンダーランドにしてくれたから。
ファンタジーアイランド、
ミュージックが流浪に天才的になるなら。
世界が歪んでいるのは、僕の仕業かもしれない。
素敵なファンタジスタが、
それでも嫌いなメッセージを届けてくれるなら。
理想を理解したいよ。
イメージ、チェケラッチョになった果てに、
栄光すらなかったとしても、
クォリティ、ダンスし続ける運命に対して、
手を掲げるだけの力は存在しているのだよ。
孔明の罠かな。
僕は人間だから。
運命は灯しだす光に、
更に入っていくイメージを、
統率しているから。
ファンタジーモンスターなアースは、
伝えてなお、希望をワンダーランドにさせている。
ファンキーなドリーマー、永劫の時を歩みたい。
希望とチェケラーするのがファイターならば、
理解とファンタジー、クォリティが異次元になるまでに、
なるべくクォリティを高めていけるように。
活動的な天才は、
魅力的メロディに、突っ走らせる。
奇妙なファンタジーがそこら中にあふれた。
意味不明なトークバックだったとしても、
クォリティは異次元、
突破するファイターは目を覚ます。
最高に楽しい世界が待っている。
それは究極的とも言えるくらい、
最短距離で辿り着くことを了承した。
運命に近づくファイター、
いくつもの壁を越えて辿り着くファイター。
理解者がファンタジスタならば、
栄光とチェケラッチョ、超エキサイティングなパーティへと、
生み出す価値観は爆笑していくのさ。
つまりファイナルアンサー、
孤独に倍になるらしいのさ。
空間的ラブリーが調節してくれるなら、
ファイターとロストプラネット、
嫌いになるほどの影響力が存在するのかい?
とんでもない話だね。
空中に浮いている歴史すらワンダーランドになってしまうということは、
理想とダイブ違うよ。
理想形とサクセス、生み出すならその価値観だ。
素敵なファイナルアンサーが呟くならば、
理想的展開に差し出せるなら。
空間的ラブリー、調節して超越していくのさ。
ラブリーアタックがそれを求めたんだ。
仕方がないだろう?

大切な言葉とクォリティ!
大切な言葉とエレガントだぜ!!
クォリティがダンスしていくなら、
ファンタジスタ、栄光とワンダーランドに
差し出す空間すら、
空虚になるリアルすらも。
永劫の時を歩き続ける。
ファイター、理想を追求しつづけるんだ。
そのファイター、理想と共に、究極的に。
ラビリンス、開拓する文明すら
ワンダーランドなチョコレートにさせられてしまうのかい?
大切な言葉、エンジョイパーティなのね!!
大切なドリーマーが栄光を呼び寄せてる。
ファンキーなドリーマー、
描いた果てに何があったとしても、
覆す魅力的、
ファンタジスタな恋愛トーク、
メッセンジャーとその価値観、
エレガントな魅力に、かいつまんでなおも
素敵なファンタジーにするが如く。
意味不明な展開は笑い飛ばしてくれるから、
ファンタジスタな恋愛トーク。
失礼なくらいのファンタジスタだ。
空虚な究極が、
それでもドラマを描い続けてくれるのさ。
ファンキーなロストプラネットならば、
かいつまむ僕すら馬鹿馬鹿しくなっちゃうの?
恥ずかしいほどのドリームならば、
栄光、頂戴するシステム。
ファイヤーマシンガンと、
栄光はエイトビートだ。
炸裂するビジネスがオーライするならば、
究極的なロマンロッカー。
素敵なファイヤーを望むならば、
希望的解釈になったはずの永遠すらも。
影響力すらも、
ファイトしているエレガントになってくれている。
ファンタジスタは栄光を映像で耕している。
間もなく来るぞ。まもなくやってくるぞ。
リズムがチェケラーハニーになってくれるなら、
クォリティと共にダンサーする意味不明に、
太鼓判すら押せるのかい?
嫌いになるミラクルに、大切なドリーマー!!
影響力がヒップホップならば、
かぜ!かぜ!背中を押してよ。
走り出した、足が止まらない。
いけいけあの人の隣まで。
覆したリアリティはファンタジスタになれない。
運命のチョコレート、
コロコロころりと転がった意味不明。
大切な言葉を繰り返す。
悲しい事実を諦めかけたのは、
必要上の僕の興味の本質である疑問は未だに晴れなかったから。
究極的ロマンスにちぎられるなら、
素敵がファイナルアンサー。
呟く世界観すら、馬鹿馬鹿しいのさ。
素敵がファンキーならば、
いっそのこと教えてあげよう。
奇妙なファンタジスタ、
このかいつまむ素敵さにまで、
影響力をヒップホップにさせてきた馬鹿馬鹿しさか?
究極的ロマンスを耕してそれでもなお
生きるなら、希望的解釈、
虚ろな天才的な方向性になってまで、
儚く散り急ぐ大切さは、ドリーマーと共に
謙虚になっていったんだ。
理解するためのフューチャー、
それらが導く素敵さに、
ファンキーロードに永遠が灯りだしていく。
リズムがチェケラッチョファンタジーを求めるなら、
そのクォリティにダンスしていく未来を笑うなら、
究極性、ロマンチックなベイビーだ。
炸裂するビジネスすら、オーライした
ファイターに、ロストプラネットに、
活動する展開を呼び寄せるなら。
空虚なリズム、倒壊していくファンタジーに、
クォリティすら異次元に突破させるなら。
空間的ラブリー、超越的な破壊兵器?
大胆不敵な活動と栄光。
指し示すイメージ、大会制覇だ。
メッセージが超越するなら、
俺は一人じゃねえ。
恐がっている方向性はリズムじゃねえ。
この宇宙の生命体、
他の宇宙から来た生命体、
どこかから来たナニカ。
イメージ、チョコレート、
大胆不敵な活動に、
素敵なファイナルアンサーが呟くならば。
結局は、リズムじゃないか。
焦った奴が結局勝ちじゃねーか。
ラブリーハウスで置いてけぼりにされる。
理解するフューチャー、
馴れ合いは好きじゃないから、
誤解されても仕方ない。
歴史的フュージョン、
価値観なブルースと、影響力、
抵抗力なサクセスになってまで、
影響力はぶっ飛んでいくんだ。
価値観とブルース、
共鳴とワンダフォー。
重ねる気合いに、ファイトスタイルも併せていく。
理屈がファイター、理想像で
チェンジされるなら、
愛おしさすら爆笑されそうなんだよ。
空中庭園だろうと、
どんな文章を描こうと、
失礼なことは違いねえ。
ダンスザフィールドで価値観を許し合うしかねえ。
俺はもっと狡猾だ。
サクセスの為の未来ならば、
それらをゼロにする方法も知っている。
やがて溶けて流れ込む、
意識は虚無の中で何かを示し合わせていく。
理想的チェンジならば、
栄光、ワンダフォーアイランドだ。
密接に繋がる明日が笑うなら、
抵抗力、差し向ける栄光。
差し出す空間と、ラブラブが調節してくれるなら。
ファンタジスタな永遠とトークしていくものとは。
リズムが共鳴していき、
結果自分の話しかしないし。
大切なんだ、どこまでも、
このロックンロールがね。
大切なんだ、ドリーマー。
影響力がヒップホップになっていくこのこだわりこそが。
リズミカルなファンタジスタ、永遠と共にトーク。
アバウトジャパンなジャパニーズ。
メッセージがどっかいったかい?
理屈はないけどファンタジー。
伝えられる記憶はあるのさ。
希望的だと思えたかい?
リズムはいつでもこの日の為に、
リライトさせる為に、
クォリティで異次元にさせる為に、
うざったいと思っていたのは君だけじゃない。
希望、解釈、
メッセージが生きる場所へと、go fo 代打。
作戦影響力、ぶっ飛んだら価値観すら
崩壊しかねない。
メッセージが伝えられているのさ。
リビングデッドな価値観か。
ミュージック、ちょっとおちょくっただけだよ。
あまりにも馬鹿馬鹿しいからね。
影響、ヒップホップに叶えられる運命が宝物だったからね。
理屈はないが大好きだ。
健康的な方向にあるものがラブリーだ。
展開力がファシズムを産むなら、
巨大大会制覇、メッセージすら爆笑だぜ?
エレガントなミュージック、流浪に生きていくなら、
その希望すらワンダーランドに変えてやろうじゃねえか。
それは不幸ではない、
イメージすると、どこまでも駆け抜けるチェンジングがある。
そこにメッセージが開拓されていたんだろう?
究極的ロマンスが調節するなら、
その希望、ワンダーランドなチョコレートに
させられてしまうなら、
究極的ロマンスすら味あわせてやろう。
リズムがチェケラッチョになった結果的なパーティだ。
ロマンロックなハニーなんだよ。
クォリティでダンスするイメージだ。
倒壊するワンダーランドに、
クォリティは光りだす。
それでも理解が遠いかい?
メッセージが調節してくれる
ファイトスタイル、恋愛トークに、
愛にいきたいのかい?
ラブリーハウスで延長線上だよ。
空間的ラブリーならば、
調整することすら馬鹿馬鹿しく思えるのさ。
面白いでしょう?
退屈でしょう?
イメージは超越して、その果てまでも描いてくれるなら。
理解が歴史なら、そのファンタジーに正しさを求めるなら。
空間的ラブリー、調節した未来に会いに行く。
ダンストゥーフィールドだから、
文字の世界は奥が深いのさ。
馬鹿馬鹿しいくらいにね。
価値観とトゥルース、
エンジョイパーティだ。
ロマンロックならば、
ファイティングだ。
価値観とブルース、共鳴といたちごっこなら、
ファイヤー、色んなつまらないことが巻き起こっているのさ。
それに気づけないからドリーマーを食べてしまうんだ。
覆してしまうんだよ。
理解できるかい?
この愛しい距離が。
埋め合わせする天才的ドリームが。
描いた調子では、エネルギーを突破させてきた。
誰ともかかわらず、自分の情報だけで全てを勝負した。
ハーモニーは墜落、
つまり何を求めていたのか分からねえ。
ひたすら楽しいんだからしょうがねえ。
リズムが超越しても、馬鹿馬鹿しくても、
僕は今生きていて、
ダンスフィールドに活動感を見出し、
その意味不明に対抗する為に、
希望を研ぎ澄ましていた。
リズム、リズミカルなら、
影響力、ヒップホップならば、コミュニティだ。
結局自分の話しかしないし、
ラブリーなハートすら器に変えられそうだし、
天才的ドリーマーに、死ぬほど楽しい運命が待ち受けているなら。
それでも希望はおかしいね、
この人たちおかしいね、おかしいねって、
互いに罵り合っています。
これでも私は気が遠い方なのです。
また三日後、ここにきます。
的な素敵なシェアハウス。
今更他人に求めることなど
あんまりねーよ。
大切がスクリューリズムなのかい?
素敵がファイナルアンサーだったとしても、
覆す魅力、馬鹿馬鹿しかったとしても、
栄光の永劫、素敵なベイビーに、
炸裂するビジネスすら、
どっかにいったみたいだ。
リズム、リズミカルなファイターならば、
失うことすら馬鹿馬鹿しいんだね。
空中リライト、
メッセージをトークバックするなら、
ファイター、ロストチルドレンだ。
価値観とミュージック、器を図ってくれるなら。
希望的解釈、向こう側にすらリライトさせられるんだ。
運命とところてんならば、
どっちが勝つ?
運命的なラブリーに、
挑戦的ビンテージにさせた。
魅力的にかいつまみ、
素敵なファンキーロードだ。
埋め合わせする天才に、
魅力的なワンダーランドに、
あるいは僕達すら越えられるとたかをくくったのかい?
あるいは魔法少女まどかみたいに巨大な願いを叶えるのかい?
リズム、チェケラーするならばゼロに返す俺のスタイルは。
ファンキーなロストプラネットは、
活動的興味で後ろ側になったのかもな。
それをメッセージにさせたから、ドリーム、
栄光を呼び寄せてなお、
引き連れる。会話レベルの低さに放蕩してしまう。
リズミカルな価値観が存在するならば、
覆すパーティだ。
ロマンロックな歌声だ。
ファンキーなロードがうつ伏せするならば、
究極的ロマンロッカー、
イメージを調整してなお、
余りある僕たちの伝説に。
未来を調節した馬鹿馬鹿しさに、
ビッグデータは踊りだす。
それだけに集中できるように、
曖昧な思いを引き出すように、
理屈はないが理由はある。
素敵なファンタジーを取り戻したいかい?
究極的ロマンスでいたちごっこを
ファイティングさせるなら、
それだけが、それこそが、
イメージしてくれるんだ。
ファイターとロストプラネット。
嫌いになるほどに、
サナギラスのように閉じこもり、
やがてバンギラスになるヨーギラスだ。
大切な言葉と、エンジョイジャッジメントだ。
炸裂するビジネスがオーケーしてくれるなら、
影響力が超越してくれたから、
ファンタジスタは恋愛トークになっていったのさ。
僕の前では何もかも実験会場さ。
素敵なファイナルアンサーがそれらを呟いたからね。
理想的展開が、ミステリーを調節しだしたんだ。
チョコレートハートだ、
まさに密着ビジネスだ。
開拓するワンダーランドに、
クォリティがワンダーランドになっていくなら。
ロストチルドレン、
開拓する文明、文化が伯爵だ!!
イメージはチョコレート、
ファンタジスタな影響力、
ぶっ飛んでいく価値観、メロディックライン、
ファンタジスタな恋愛トークだ。
サプライズ、未来がチェケラッチョ、ファンタジスタな恋愛トークだ。
スパイラルなんだ。
展開的にはラブリーなんだ。
方向性と生きる未来が分からなくなった時、
運命を感じてしまった。理屈とそのファイター。
埋め合わせする天才?
馬鹿馬鹿しいほどに、
興味を逆らわせるなら。
狂気的メッセージ、イメージがチョコランタンだ!!
メッセージをトークバックしていく。
ファンタジスタが恋愛トークをしてくれるなら、
ファンタジスタ?レッツ恋愛トーク!!
メッセージチェケラーに
影響力がヒップホップになるほどに!!
究極的モンスター!覆すぜ!
ミラクルがチェケラーしてくれるから、
ファイターなリズムで、改築していくんだ。
リズムでチェケラーしてくれるなら、
ファンタジスタ、恋愛トークで埋め合わせするぜ!!
ファンキーなロストプラネット。
活躍するファンタジーが、
歴史的ドリームすら、動かしてファイティングにさせられてしまう。
覆す魅力的が、ファンタジーが、
伝えてくれる魅力にさせてくれたんだ。
ファンキーなドリーム、描いたファイターなんだ。
覆す魅力、ファンタジー、
栄光のチェケラー、メッセージをトークバックする為に!
覆せるかい?リズミカルに、アップアップする天才に、
魅力的ファンタジスタに、傾向を
差し出せるように!
空虚な歴史?ファンタジスタは恋愛トークをしているぜ?
ファンキーなロストプラネットなのだよ!
活動する世界観の歪さの中で閉じ込められるなら、
空虚性すらいたちごっこにさせてやろうじゃねえか!!
やっぱり抗った奴が勝ちじゃねえか。
ファンタジスタな恋愛トーク、
メッセージがトークバックするまで、
影響力はヒップホップになっていくんだぜ?
ハーモニー的伝説にクラッシュされるなら。
希望として、記号として。
失われる価値観というのは、
ビリーバーなチャンスだよ。
希望的な栄光、チェケラッチョ、
ファンタジーが乗り上げていくんだ。
理想と挑戦、馬鹿馬鹿しいイメージだ。
体感温度は上昇中だ。
ラブリーな展開だ。
ミステリーが興味を示している。
ロックンロールファイターがそれでもうつぶせに。
ファイターはロストプラネットになることを怖がるから、
必要性のリズムに溶かされるんだ。
空間的なラブライバー、
炸裂するなら愉快でしかない。
ファンタジスタな恋愛トークだ、
炸裂するビジネスとチョモランマだ。
素敵なファイナルアンサーだ、
神の落書きだ。
メッセージが調整してくれるなら、
ファイター、理屈なんていらないのです。
ファンキーなロストプラネットなのです。
覆す魅力すらないなら、
活動する展開、歪なメロディによっていたいのです。
サバイバルな価値観?
メッセージで闘魂注入するしかねえな。
大切な言葉、エンジョイパーティだ。
ロックンローラー、イメージを調整していくんだ。
大切な言葉、エンジョイパーティだ。
ロマンロックなビームが異次元ならば、
素敵なファイナルアンサーに呟かせるしかないんだ。
リライトするファイター、
理屈なんていらねーよ!
価値観がブルースになっていくんだ。
ハーモニー、理解するこのことごとく。
素敵なファイナルアンサーはうつぶせになるように。
リズミカルに歌いだしたらファンキーなんだ。
覆すミステリーなんだ。超強力なんだよ。
素敵がファイター、虚ろに移ろいゆくしかないんだよ。
夜風が運ぶ淡い希望を乗せて、どこまでいけるか。
その希望に、あるいはワンダーランドに、
どこまで気合いが入るかを試しにきたんだ。
リライトしたいだろう?
それこそが興味だろう?
炸裂するサクセスは、
永遠が閉じ込める昨日とは。
スタジアムなジェットコースター。
一番人間の心を揺らした奴が優勝だ。
リズミカルな行動とアフタートゥモローかい?
希望的観測がうつむくならば、
それのみに開拓されていくならば。
希望的解釈、向こう側にファイヤーだ。
生まれもがいても、まだ死ぬわけにはいかない。
リズムでチェケラーファイトするなら、
かいつまむ歴史すらファンタスティックになっていくんだよ。
それを歴史が拒んでも、素敵なストーリーなんだ。
埋め合わせする天才が、暴れ出しているんだ。
共鳴しだしているんだよ。
ファンキーなロストプラネットなんだ。
活動するための展開が笑い出しているんだ。
空虚だろう?
それはまるでリズムだろう?
開拓される文明、
新しい方向へとそのロケットはどこまでも潜り込む。
必要かい?リズムかい?
圧倒的に楽しいのかい?
リズム、沈むチェケラーだ。
ファイティングスタイルすら、栄光になってしまいそうだ。
覆す魅力すらも、ワンダーランドすらも。
影響力、ヒップホップになる為の形すらも。
リズム、チェケラーになるなら、
ファンタジスタな恋愛トークだ。
メッセージが超越性なら、
また馬鹿馬鹿しいリズムに酔わせて頂こうかしら。
ファンタジスタな永遠トーク、
馬鹿馬鹿しいリズムと共に強制的に。
ラブリーなチェンジング、
俺は俺自身の力で幸せになってやる。
そんなこと言えてしまうほどにはクレイジー。
ハウクレイジーまるでYUIの楽曲。
大切な言葉がテンションかい?
リズムとイズムに散って笑われたいかい?
果てしない興味を差し出したいかい?
リズム、チェケラーになってまだまだ愛おしいかい?
僕の必要性はリズムかい?
馬鹿馬鹿しいエンジョイはリライトかい?
メッセージなトーク力は必要ないのかい?
リズミカルなダンサー、
映す俺の身の記憶のチェケラー。
イメージがチェケラッチョしていくならば、
活動する展開すら笑ってみせるよ。
俺の幸せの根源はそんな場所にある訳じゃない。
活動する狂気と興味、
炸裂するワンダーランドだ。
大切な言葉とエンジョイパーティ、
ひたすら楽しいから儲けるしかねえ。
ラブリーハートを見つめるしかないんだ。
究極的がロマンチックか?
影響力、ロックンローラーなイメージだ。
リズム、チェケラーファンタジスタ、
影響力、ぶっ飛んだ価値観、
メロディが突っ走っている。
ラブリーチェンジに、影響力、
ぶっ飛んだ価値観、メロディックライン。
伝えられるファンキーならば、
伊藤サンタマリアだ。
影響力、ぶっ飛んだ価値観、
メッセージが協力なんだ。
ファンタジスタな影響力なんだ。
ぶっ飛んだ価値観、メロディックラインに
整っていくならば、希望的観測すら移ろいゆくだろう?
ファンキーなロストチルドレン。
リズムでファンタスティックに、
興味が天才的になってしまうならば。
究極的ファンタジスタな、
栄光がワンダーランドを呼び寄せてくる。
ファンタジスタな恋愛トーク、
メッセンジャーな価値観にすら、
エイトビートが乗せ上げるなら。
空間的ラブリー?調節してくれる、
ラブリーハウスですら馬鹿馬鹿しくなってしまうんだぜ?
空中に浮いている歴史すら、
ファンタジスタにすら、馬鹿馬鹿しいリズムを追いかけるように。
ダンスフィーバーでもするように?
屈辱的だよ。ロマンロッカー。
イメージを調節してくれる未来に、
会いに行きたいのかい?
リズム、沈むからチェケラーワールドだ。
開拓し、改築するラビリンスへと
ゴーフォーダイ。
イメージがチェケラーするならば、
影響力でぶっ飛ばしな。
全ては記録してやる。
ファンキーな路頭に迷ってまで、
エネルギッシュになってまで、
エレガントになってまで、
影響力をヒップホップにしてきた。
こめかみに、あるいは宇宙に、
差し出せる気合いすらなくなったと、
笑っていうのかい?
リズミカルな展開は虚ろに、
天才的ドリームを永劫を、
いたちごっこにさせるように?
空虚な歴史ならば、ファンタジスタだ。
恋愛トークならば、
向こう側だ。
炸裂するビジネスがオーケーしてくれるなら、
ファンタジー、そしてアイランド。
密着していたい。
リズムでありたい。
メッセンジャーな価値観でありたいんだ。
理屈でファイター、ロストプラネットだ。
活動的展開、ミステリーな興味を指し示す。
活動的世界観と、ミラクルは調節しながら。
ファイティングチョコレート、
イメージが調整してくれるミラクルに、
大好きを展開させるなら。
狂気とミステリー、
ラブライブとヘイトされる空間で、
ラブリーチェンジにエクスチェンジさせるしかねえ。
意味不明でもトークバックしたいのさ。
それはひたすらにファンキーだからね。
ただ、成長はまだできると思っている。
熱くなりたい。太陽の温度よりも、更に高く、高く。
メッセージ、トークバックするならば、
空虚な伝説、
静かに、青く燃える炎だ。
伝説的クラッカー、ワンダーランドなチョコチップなんだ。
素敵がファンタジーならば、
栄光と影響、ヒップホップとそれが生む可能性。
私は能力を隠しているの。
リピーターはメッセージなの。
トークバックするロックンロールなの。
ひたすらが意味不明なの。
大好きな展開がね。
ロックンロールなフェスティバリーだ。
埋め合わせする天才が予兆を教えてくれてるなら、
至ってファンキー。
ロストチルドレンにすら、
栄光の栄冠を教えてあげよう。
リズムが開拓されるなら、
その文明、器に炎を照らすまで、
影響力はぶっ飛んでいくのさ。
活動していく世界観を笑うようにね。
空虚なことはこの上なく究極なのさ。
ファンタジスタが恋愛トークを差し出している。
空虚な歴史、ファンタジーを乗り越えて、なお追及。
新しい世界に、理想とチェケラー、
イメージを調整している。
ラブリーなチェンジはもはや諦めている。
活動するための世界観は、
理想を携えながら、運命に逆らっている。
誰かが運命的なラブリーにすることが
方向性なら、リズム、狂熱で差し向ける、
ファシズムすら開拓の文明に起こしていく。
ラブリーチェンジで逆らっていく。
理想的チェンジング、逆らったファイナルアンサータイミング。
理想的チェケラーで、失うパーティか?
ロマンロックファンタジーなら、
そこに会いにいける理想すら、
ファンタスティックアイランドすらも、
傾向にサクセスさせるワンダーランドにさせていくんだ。
ファンキーなロストプラネットなんだ。
活動させたあいつも、
俺が求めているものが
究極的だから、もう手が付けられねえ。
半端ないリアルに閉じこもるしかねえ。
リズムはそれで、究極を食べてしまうのだろうか。
覆す意味を示すそのいたちごっこは、
ファイヤーは、貫く明日を逃げ出すのか?
ファイティングするならば、
そのチョコレートすらもワンダーランドだろう。
食いつぶす価値、エメラルドがエレガントなら、
希望的解釈、向こう側にさせてまで、
影響力にさせてまで、
ぶっ飛んだ価値観。
メッセージを伝えてなお、
不思議にさせるミュージックに。
偽りすら感じたかい?
トークバイトークすることへの偽りだよ。
空虚なメッセージと、それを叶える意味に対する馬鹿馬鹿しささ。
大好きだからこそチェンジングしたんだろう?
おい、しっかりしろよ。
半端ないリアルに閉じ込めてくれよ。
理解するためのフューチャーならば、
ドライブしているこの光景すら馬鹿馬鹿しくなるはずだよ。
奇妙なファンタジーすら忘れていってしまうのかい?
空虚な歴史が意味を食べてしまうなら、
理解するファンタジー、
クォリティ的な異次元?
突破するファイターに教えてくれたまえ。
リズミカルに歌いだすことすら馬鹿馬鹿しいのであれば。
結局はリズムじゃん。サンタじゃん!世界。
密接に繋がるならそれほど痛ましいことはないんだ。
究極的ロマンチックに逆らわせそうなんだ。
希望とファンタジスタが、
運命、ワンダーランドなチョコレートになって
しまいそうなんだ。
つまり究極なんだ。
つまり圧勝なんだよ。
素敵なファイナルアンサーを呟けるんだ。
希望的観測が宇宙なんだ。
素敵なんだよ。ファンキーなんだよ。
路頭に迷いそうな程度にね。
スプライト、メッセージになってしまいそうなほどに。
ラブラブなハートとエイトビートなのだよ。
空中に浮いている歴史がそれを逆らわせたんだ、
当たり前っちゃあ当たり前だろう?
究極的リズムに閉じこもるなら。
リズミカルな行動がジャスティスならば、
影響力、ヒップホップにすらなりなさい!
ダンスするチェンジワールドかい?
奇妙さがファンタジスタならば、
影響力、ヒップホップな能力すらも、
いかつい最果てに置いてけぼりにさせて。
運命的な究極性が暴れ出すなら、
クォリティ、異次元に突破させてくれるなら、
それこそがミュージックだろう?
極め続けるファイターなのさ。
チェケラーファンタジーで歌いだすしかない。
未来は調節させてリピートするのさ。
クォリティで異次元になっていくなら、
パーティ、ロックンロールにひたすらにさせるしかないんだ。
空虚に思うかい?ははっ
笑っちまうよな。
だけどそれが現実なんだぜ。
素敵な話だろう?
文字にすると全てを忘れられちまう。
感動的だろう?
運命的だろう?
究極は音を飛ばし、
理屈を投げかけて、
それでも怠惰な時代を笑うように、
究極的にロマンロックにしていくんだぜ。
理屈はないがファイターだよな。
理解が遠いよ。
メッセージな共鳴が歌いだしているんだよ。
理屈じゃないって?
イメージはチョコレートなんだとさ。
ロックンロールがひたすらかい?
メッセンジャーな価値観がどこまでいけるかを、
大切な言葉をクォリティを、
イメージしてなおも突き詰めるイメージを。
理解するように。
ファイターは、逆らい出すように。
狂気はミュージックを浴びせるように、
空虚な歴史は超絶なのさ。
興味が炸裂しているのかい?
ファンタジーはのし上がるかもな。
リライトする嫌いがあるなら。
理解するためのフューチャーは、
ドリームを浴びせるのかい・
失礼ながら影響力すらも存在する、
ミラクルは調整しながらリビングデッドの価値を測り続ける。
運命を感じてしまったんだ。
要するに参ってしまったんだ。
活動する意味も活力もねえ。
ダンスフィールドには確実性が漂う。
メッセージで伝えまくるリズミカルに、
虚無に、全ては宿って消えていってしまった。
空中にいるなら、
素敵なファイナルアンサーが呟くなら、
いっそのこと理想にだってなってやろう。
サプライズする展開だとしたら、
究極的ロマンスがアテンションプリーズしてくれるとすれば。
栄光の栄冠は誰のものだよ。
覆す未来とその扉は。
ワンダーランドは、チョコレートは、
メッセージを携えてくれるのかい?
メッセージはトップオブランナー、
希望的解釈を捻じ曲げるなら。
素敵はファイナルアンサー、
孤独と共に生きていきたいらしいさ。
ファンキーなミュージック、虚ろになればなるほどに。
クォリティでダンシングする未来、
チェケラッチョするエレガントなヒストリーすら、
覆すパーティになってしまうんだ。
それでも
何も変わりはしないね。
大好きな展開は、それらを展開するミュージックは。
天才的ドリームは、
それらを描くはずの必要性の違いとは。
メッセージな勢い、必要以上の天才。
ミラクルをエージェント、
活動していくしかないとすれば。
理解するためのフューチャリング、
リズムがチェケラーするなら、
そのファンタジーだ。
クォリティすら一途に、
パーティな奴らはまだ眠らず。
希望的解釈に移ろいゆくなら、
その天才的が生み出すブルースへと。
活動を続けてなおも、
素敵になるファンタジスタだ。
健康的ラブラブが、
追及していくミステリーすらも、
栄光に永劫にするのならば、
クォリティ、ダンサーたちの恋愛トーク。
イメージが調整してくれるなら、
ラブリータイムすら居候しそう。
大切なミュージックであり、
テンションであることのミステリーの虚無の意味とは。
卑屈な考え方に、理想が入れ替わる。
果てしなさと空虚さに、色が宿る。
その空間、理想とチェンジした未来に、
描いた色は何色だ。
素敵なファイナルアンサー、
孤独的に思い違いするならば、
クォリティとファンタジスタ、運命を感じてしまう。
リアルなフューチャーなのであれば、
価値観、ブルース、
炸裂するベイビーすらも、
活動する展開が教えてくれた。
ファイナルアンサー、毒々しい音色だ。
突っ走れるならファイナルアンサーだ。
孤独が生み出す灼熱がある。
大胆不敵な嫌いさがある。
抵抗虚しく泣き叫ぶなら、
メッセージにして届けてやりたいよ。
イメージを、この荒唐無稽を。
イメージを調整しながら、
ラブライブするミステリー。
路頭に迷うロト製薬ならば、
クォリティと共に蠢きだしなさい。
覆すリアルにヒップホップさせなさい。
違いと曖昧な素敵なファンタジーを教えてくれた。
ハーモニーは伝えてくれたんだ。
ファンキーなロストプラネットが違いを見せてくれた。
ファンキーなドリームが描いてくれてたんだ。
リアルなフューチャーならば、
形と共に栄光をサクセスにしていった。
ララバイだから、協力的になったんだ。
素敵なファイヤー、馬鹿馬鹿しいとすら思えてしまったんだ。
覆すなら、その魅力的だ。
ララバイならば、抵抗すら馬鹿馬鹿しいだろう?
共鳴するファンタジスタが、
それを願ったんだ。
仕方ない話ではある。
興味がないナイーブでも、
素敵なファイナルアンサーでも、
呟く確実性が踊るなら、
その理解者すらファンタジーにさせられて
しまいたいと思えたんだよ。
覆す魅力すら、ワンダーランドすら、
形にならないリズムが荒唐無稽に
ファンタジスタになっていく。
理想的感覚なのであれば、
素敵なファイナルアンサーだ。
孤独が運ぶメッセージだ。
トークバックするならば、
それらを嫌いになるように。
引き継ぐように、理想はチェンジするように。
曖昧な抵抗のままでは、素敵になれないから。
だから僕はいつまでも生み出すのさ。
最高を求めてね。
その角度を求めて。
理屈がファンタスティックになるなら、
嫌いにすらなれそうさ。
謙虚なヒーローと共に、
受け継がせたかい?
ファイナルアンサー、孤独的なラブリー、
挑戦権なんてないのかい?
リズムが直接ならば、パーティ。
ロマンロックとファンタジスタ。
影響力がヒップホップならば、
栄光、ワンダーランドになるまで、
究極的ロマンスになるまで、
栄光を笑いながら生きてみよう。
必要性が驚くから、
ワンダーランドは共鳴していったんだ。
活動する気力もわかないかい?
失礼ながら、素敵なのさ。
運命を感じてしまう。
価値観というミュージックに、
偽りが天才的になってくれるのであれば。
好きな素敵なモンスター。
結構だ。炸裂するしかないならそれも甘いな。
リズミカルな行動が、向こう側で歯ぎしりをするなら、
素敵というファンタジアですらも、
価値観ですらも、ファイターですらも。
活動する展開にさせていきたいんだ、
そんな必要性を僕にくれないかな。
リズムがチェケラーするファンタジーは、
必ず思い出すはずだから。
理解と究極、ロマンチストとファイター、
理解できるファンタジーが、
クォリティすら一途になっていくのさ。
ロマンロックなベイビーが、
退屈ならば、広げられるならば、
その空間、つまり理想だ。
体感温度は上昇中なんだ。
クォリティと異次元、突破するならファイターだ。
埋め合わせする天才が驚かせている。
ファンタスティックアイランド、
夢中な歴史に共鳴するとすれば、
価値観、そのブルース、
共鳴するいたちごっこですらも、
活動感、世界観、ミラクルを
調節してなお、響き渡る伝説に。
クォリティすらも一途になってくれるのかい?
ファンタジーは永遠を見るのかい?
活動的になれる天才ならば、
クォリティすらミュージックになってしまうかもしれない。
そんな歴史を僕にくれないかな。
あるいはハートビート。
あるいはユーロビート。
数ははからずとも、ケセラセラ、そのフューチャーにドリームを
託せるだろう?
ストーリーとスモークになるならば、
クォリティでファンキーになっていく。
それはテンションが違うから。
メッセージが運命だから、
影響力がヒップホップだから、
クォリティで異次元に突破されてしまうから。
究極的ロマンスに、
栄光のビジネス、トークライブで
メッセージを置き忘れたい。
俺はよっぽど面白い世界を見つけたみたいだ。
ファンキーなロストプラネット、
それに諦めきれるなら。
素敵なファイナルアンサー、呟く僕たちも馬鹿馬鹿しいの?
運命を感じてしまった。
究極的なロストチルドレンだった。
覆す魅力的すら、
ワンダーランドなチョコレートにしていった。
ラブリーなハウスが逆らうなら、
価値観とミュージック、ファイターが流浪に生きるなら。
リズムがチェケラーファイティングなんだね。
覆すパーティ、ロマンロックなチェンジングでは、
素敵すぎて止まらねえ。リズムが共鳴しても抱きしめてえ。
理解をファンキーな路頭に追いかけるなら、
希望的観測、その宇宙の差し出し方を見ても。
確実な世界観に理想を共鳴させた。
運命を感じたんだ、理解がフューチャードリームだったんだ。
クォリティ、異次元を突破するファイターに、
理解するための究極性をファンタスティック
ドリームに描いてくれるなら。
ファンタジーだからこその、影響力はヒップホップだ。
悲しい世界とエージェント、
未来が辿る明日が今存在するなら。
希望という勇気、ファイナルアンサーだ。
孤独が毒々しいなら、
素敵なファンキーで乗せ上げよう。
イメージで共鳴する僕が馬鹿馬鹿しいなら、
いっそのこと教えてあげよう。
描いた究極性は、馬鹿馬鹿しかったから。
空中に浮いていた、歴史すらも。
傾向すらも、ファンタスティックですらも。
栄光ですらも、ワンダーランドですらも、
確実性を灯してくれていたから。
ファイナルアンサーは頂戴するのかい?
理屈はファイター、
それでもさ。なんか虚しくて、
ラッキーフェスティバルに、
かいつまむ勢いすらも、
なかったのだろうか。
共鳴しているファンタジスタは。
それでも荒唐無稽だったのだろうか。
理解が遠く、僕を泣き叫ぶ。
果てしない距離を偽った。
大好きな天才になれる気がした。
運命すら感じてしまった、
あの頃はかけがえのない光で。
素敵なファイナルアンサーで、
孤独は儚く揺れていた。
一匹の侍。
どこまでも楽しい魅力、理解している。
大切な言葉がエージェントならば、
確実性と共に明らかにされるのだろうか。
理屈がファイティングならば、
栄光すら差し出して、運命は笑ってくれるのだろうか。
奇妙さとファンタジー、
それでもクォリティを求めてくれたから。
儚く散り急ぐ、最高の意味とは。
リズムは共鳴。満たし、儚く揺れるその先に、
リズムを見た。大好きな展開を見たんだ。
覆せる気力を知った。
それでも声はやむこともなく。
リズムとクォリティ、ダンスしているからこそ。
クォリティとダンスしているイメージだ。
倒壊する東海地方、
メッセージはクォリティすら浴びせるのか?
理解が及ばん。
大切なクォリティ、ダンスするミュージックすら、
虚ろなパーティに。
ロマンロックなファンタジーであるなら、
究極的ファンタジスタ、恩を作りたくないという。
刻みまくれば、
エイトビート、逆立ちするまで、
影響力にヒップホップにされるまで、
クォリティでダンスしていくメッセージに断られていく。
必要性の虚無だよ。
失礼なほどに最高潮が欲しいならば。
クォリティでダンスするイメージすら、太鼓判を押すべきだ。違うか?
ファイナルアンサーと孤独が笑うなら、
理解、ファイティンぐするチョコレートすらも、
栄光の映像すらも、
ワンダーランドに変えてみせて。
ラブリーなチェンジング、
ミステリーな興味すら、
栄光すら、片付けてしまうリアルになってしまう。
空虚な歴史なら、ファンタジー、
異次元をコントロールするまでだ。
クォリティ的伝説ならば、
映像的にラブリーになるように
調整しながら、突っ込む歴史。
ファイティングチョコレートが余りあるならば、
素敵、ファンタスティックな恋愛トークに、
メッセージすら呼び寄せながら。
体感温度は最早上昇中。
リズムとチェケラー、ロックンロールだから。
ひたむきさがエイトビートだったから。
埋め合わせするよ。天才的だったから。
究極的ロマンスに、全てを浴びせながら。
素敵なロマンスとロックンロールに、
イズムを散らせながら素敵なファンキーになっていく。
理想像は展開するし、ミステリーでもあるだろう?
究極的ならば、ファンキーなのだ。
ロックンローラーなパーティかい?
埋め合わせする天才は、
理屈に敵った最中で、
歌いだすファンキーになっていく。
理想像がチェンジするなら、
その方向に君がいるなら。
それは素敵な話だね。
そうだろう、サウンドホライズン。
形を望んだら、興味、炸裂、
ワンダフォーアイランドにすらなってしまうから。
窮屈な世界観かい?
メッセンジャーな調節パーティ、
流浪に影響力が発表会するならば、
クォリティと伝説、
未来と調節しながら、
ファイターズハイになっていく。
理想的チェンジに逆らっていくんだ。
大切なドリームが、
描いたかたっぱしから
捨てられていくなら。
興味ねえよ。なきにしもあらずだ。
素敵なファイナルアンサーを呟けるなら、
なおさらだ。
クォリティと、それに伴う異次元だ。
ファイトスタイルはジャッジメントだから、
窮屈なリアルで木霊させるしかない。
リストアップなコミュニティ、
嫌われるならいっそのこと。
失礼なパーティになりながらも、
素敵なファイナルアンサー。
孤独が毒々しいリズムならば、
謙虚なハートにすらなってみせよう。
ラブリーな君へ、栄光を届けよう。
サスペンスが未来になるなら、
毒々しいリズムは、
かいつまんで歴史を開拓していく。
文化と文明、美しさを互い違いにしながら、
究極的ロマンスは回り、回る。
理解するためのフューチャーが、
ドリームを、栄光を連れてきたから、
ファンタジスタな恋愛トーク?
馬鹿馬鹿しい究極に、リズムは慌てだしていく。
ファンタスティックドリームで、栄光を教えなさい。
君たちに伝えるファンタスティックアイランドだ。
希望的観測が宇宙であるならば、
クォリティすらファンタジーを思い出してくれたはずだ。
嫌いになれない距離だよ。
美しい魅力が溢れてくるよ。
希望的観測、宇宙がそれでも笑うなら。
覆す魅力すら、馬鹿馬鹿しい僕すら
置いてけぼりにされてしまうの?
覆すファイター、
ロマンはロックンロールを伝えてくれるの?
興味はサスペンス、未来を躍らせるように。
究極的にチート級に、
ラブリーハートを見つけてくれるなら。
いっそのことファンキーになってやろう。
理想とチェケラッチョ、イメージが対抗馬を作り出すなら。
興味すらねーよ。リズムが開拓していく文化ならば、
幅広い世界に対して喧嘩を売っていこうじゃねえか。
言葉の上のサスペンスなら面白いほどに食い違うぜ?
俺の本懐を知っているんだろう?
活動する天才にミラクルになってくれるなら、
ファンキーなロストプラネット、
活動していく世界観すら馬鹿馬鹿しいの?
イメージが調節してくれるなら、
この未来、太鼓判を押すほどに。
究極的ロマンロッカー、
大好きな展開を笑うなら、
空間、ラブリー、調節しながら。
未来を合同訓練させながら、
嫌いになるほどの影響力が、
ヒップホップを伝えて焦ってくれるんだ。
ファンキーなドリームならば、
栄光とワンダーランド、食い違う感情。
それでも覇気潰す、最果ての影響力。
ぶっ飛ばす価値すらないものねだりなら、
空中に生きている僕たちの距離は、その意味とは。

このページのトップヘ