ライムキング

らいらいの日記

2018年06月

自らが見つからない。
大切さとリピーターが、
メッセージを伝えることすら
馬鹿馬鹿しいかい?
エネルギー、突破?
白昼夢、世界観を踊りだす空虚な
歴史をトークバイトークしていくなら、
放ちだすリライトされる運命だ。
救急救命だ。
理解しているファンタジーが、
その為に空間を笑うなら。
希望的観測、宇宙に笑われるなら。
大好きなチェケラッチョ、
生み出す空間はサプライズを、
意味不明にトークバイトークしてくれるなら、
ファイターズハイ、エンドレスな希望で
ワンダーランドを、空中に浮くように
レスポンスを伝えてくれる。
歴史がストイックするラブリーならば、
歴史的ストイックな、
ファンタジスタな近未来は伝えていく。
理想的ブギウギ、それが目指すファイターにも、
聴こえる展開にも、理想像にも、
究極はワンダーランドに、
差し出せる空間は笑い出すだろう。
展開力の不思議さでは、
エンドレスな日々の方が凄まじいぜ。
特にヤバイヤツは、
果てしなく興味、ロボットにならないと生き残れない?
活動する興味、狂気でエレガントに。
それでも計算し続ける永遠が存在する。
リミットが目的なら、
その楽しさすら、
虚ろになる天才すら、
それすら当たり前になっていく。
生き残るためのクォリティならば、
凄いぞ。
うろつくぞ。
工藤が喋る。
くどいほどに、
サスペンスなほどに。
究極的メロディを突っ走らせるように、
空間は歴史を、天才にさせていく。
天才とはなんだろう。
リズム、炸裂するビューティフォーだ。
価値観がメロディになっていく。
なぜ僕は困っていく?
ワロスなワールドは、奇妙な一致から、
逃げ出せない興味から。
路頭に迷っているファイターに、
理解するためのファイターは逃げ出していく。
ロストチルドレンだ。
覆す反響に、
それでもリピートさせたいんだ。
大切さがドリームを見つけ出すの?
希望的観測が、未来への共鳴を現すの?
抵抗力、それはサスペンス?
メロディで突っ走れるテンションは、アテンションプリーズなんだ。
ヘルワークでメッセージを伝える。
リズムがチェケラッチョファンタジスタななのであれば、
空間、リピートする運命、
救急救命すらも、
飛び出す破壊兵器?
ラブリーなチェンジで、
見過ごすライクシャワーに、
エンドレスコードを巻き付けたままで。
究極的メロディが突っ走るなら、
灰になる前のHIGHなクォリティすら、
飛び込む異常気象にさしだせそうだ。
なぜ異常気象は巻き起こってしまうの?
雷、土砂災害。
自然の力が凄まじいからだよ。
ならばすさまじい彼らに代弁して、
理解を炎にしていけるなら。
空間的リピート、痛感できる意味すら、
感覚すら越えていくリズムがある。
究極的なマイメロディがあるんだ。
空間と、それが生み出すサプライズ。
大変でしょう?自らが見つからないぜ。
ろくに何もやり遂げちゃいないのさ。
嫌われるだけのことをしたかい?
メロディが突っ走るなら、
ファイヤーファイター、
メッセージを轟かし、驚かすくらいの。
イメージは突っ走り続けるし、
メッセージは解き放たれ続けるだろう。
ファイナルディフェンス、掛け替えすらもないのなら。
究極的ラフランス、希望的にルキンフォーできるなら。
活動的展開、リクライニングできる天才すらも。
栄光すらも、ワンダーランドが見つめる共鳴すらも。
大好きなんだ。この展開力。
ミステリーが共鳴している。
ドリーマーなワールドトリガー。
リピートする永遠とトナカイ、
ミュージックショータイムが映し出すなら。
健康的ラブリーで、方向性をいたちごっこにさせるなら、
奇妙なファンタジーすら訪れる。
リズムが、炸裂するマイダンスが、
伝えてくれる素晴らしい未来がある。
抵抗が、ラブリーに、健康的にミラクルになってくれるなら。
飛ばすファンタジーにしてくれる。
ドラマチックなワンダフォーアイランドに、
ミュージックすらプレゼンツされるまんまにして。
ラブリーコールすら、
歌い出すハーモニーだ。
大切が歩き出すんだ。
空中庭園、ラブリーハートだ。
サクセスロードだろうと、
そうじゃなかろうと、
不思議なアンサー。
共同プレイとファンファーレ、
いたちごっこなファイナルアンサーとは。
希望と観測してくれる未来が歩き出す。
フューチャークインにさせてくれるから。
奇妙なワンダーランドに、
クォリティを高々にするように、リズムが
荒唐無稽にするように。
ドリーマーはチャンスをプレゼントしてくれる。
ハーモニーで歌い出せるなら。
興味とかその辺。
スクラッチメーン!!
希望的観測、
リズムの波長が合っているんだ。
希望的観測が移ろいゆくのだろうか。
ハーモニーで伝える共鳴の意味は。
大好きな展開力は、
それらが示すアンチテーゼですら、
興味を示すことが難しそうなサクセスを感じそう。
大切さとドリーマー?
究極なファンタジーを追いかけたいならな。
希望的観測、ミュージックが流浪に移りだすならば、
栄光とチェケラッチョ、
意味とアンチテーゼで嫌いになるんだろう?
共鳴するファンタジーならば、
居候、感覚が取り戻されている希望すら、
ワンダーランドすら、失ってしまうのだろうか。
理想的展開、ミラクルだ。
正しくミラクルに、栄光を笑い飛ばす意味をフューチャーさせてくれる。
理解するためのフューチャリングは、希望で
ワンダーランドにさせてくれたイメージと、
意味不明になる鼓動は、ワンダフォーなんだ。
クォリティと異次元、突破するファイターだ。
意味不明だろうか。
救急救命だろうか。
サクセスの為のトゥモローすら、
笑い始める展開に差し出せる空間に、
リピートダンサー、
置き忘れている希望に、ワンダーランドに、サクセスを。希望を。
理解できるフューチャーを、
それでも友達になれない共鳴と理想を。
理解しているドリーマーなチャンスだ。
ファンタジークォリティだ。
伝説的スクラッチが、今回も理想を閉じ込めるなら、
ビリーバー。それがチャンスを、
正しさとワンダーランド、
クォリティで異次元突破、
理解するドリーマーなチャンス、
理解するドリーマー、
影響力がぶっ飛ばす、価値で追いかけまくるんだね。
クォリティが異次元だ。取っ払う価値すらもねえ。
ドリーマーなチャンスは運ばねえ。
リビングデッド?活躍してくれるイメージなら、
突っ走る意味さえ、伝説さえ残せそうだ。
究極的になるほどのファンタジーならば、
記憶ならば、
鬱陶しいほどのラブリーすら、影響力すら、
ヒップホップになりそうだ。
正しい魅力で、今回は理想を追随するんだね。
興味が炸裂するなら、運命とワロスで堂々たるメッセージを。
クォリティを、伝説的な未来を、
描く僕たちの記憶さえも、リピートする永遠さえも。
リズムで説明している理解者に、
ドリーマーにチャンスを預ける為に。
クォリティはダンスしていくように、
ハーモニーで伝説を彩るように、
空間は笑い出し、てんこ盛りにしていく。
理想像が展開するなら、
その興味にひらつかせるなら、
希望、ワンダーランド、視界に入る全て、全てすらも、
価値に変えていけるだろう。
ファンキーなチャレンジなんだ。
スタジアムが異常なんだよ。
炸裂するビジネスがオーケーオーライを結ばせているんだろう?
興味でサクセスするなら、
希望的なこのメロディすら、
突っ走る栄光になってくれるだろう。
ハーモニー的な伝説は、不遇さすらも影響力にしている。
いなせな、まっしぐらだ。
究極的ドリーマー、追従する、服従するコントロールだ。
意味なんてなくたっていい。
サプライズな時間だったとしても構わない。
ライブハウスに行きましょう。
奇妙なワンダーランドを欲しがってあげましょう。
リズムがスクワットならば、
希望的観測、それを移ろわせる天才にすら、
なってしまうのだろうか。
狂気の運命、服従の天気予報、
どや顔したがる情報バイパスだ。
正しくワンダーランドが見つけてくれるなら、
ロックンローラーなイメージを、
突き飛ばす僕のワロスすらも、
開拓する文明、
文化。活動する展開、理想。
ファンタスティックにアイラブユー。
展開力もふざけている。
ドリーマーなチャンスを取り戻している。
空中に劣等感、
サクセスとトゥモローが慌てだすなら。
理解者と、そのドリームが共鳴しそうだ。
ファンキーなもんちっちに閉じ込められそうなんだよ。
究極的ラフランス、
希望とワンダーフューチャーにしてくれるなら。
悔いることなどできる訳ねえ。
リズムがサクセスならば。
希望的ロックンローラーだ。ハニー、
エイトビートな炸裂で、
意味を越えていくしか未来はねえ。
ダンスフィールドで、価値観すらうろたえる。
ドリーマーなチャンスだ。
オーケーオーライだ。
作戦はサクセスの為に。
究極的は笑い出す為に。
展開上のサスペンスであり、
埋め合わせする天才にすら
なってしまうなら。究極的ラフランスが踊りだすなら。
理解h破滅していくだろう、
空虚な歴史はワンダーランドになるように。
重ねている作戦すらも、
究極的ワンダーランドすらも、
栄光で傾向を見たい。
ラビリンスなトークバックが知りたいんだ。
理解するための共鳴が、ファンタジーが、
密接に繋がりゆく中で。
リピートするメロディとミュージックはいずこに。
果てしない距離!距離!距離ですぐ立つ。
イメージでチェケラー、ファイティングブリザード。
ヒップホップでチェンジできないのね。
素敵がファンタスティックなのね。
希望的、自暴自棄?
ハイテンションなクォリティが笑い出す。
展開的なメリーゴーランドだ。
空中世界線で、
栄光が笑い出すなら。
結局炎は抵抗じゃないか。
自由意志を何度も確認している。
ドリーマーなチャンスはホグワーツだ。
それでも距離を、
それでも誓いを。
ワンダーランドを、ミステリーにするように。
興味は炸裂し、また格別な世界へと飛んで行ってしまう。
だから窮屈なんだよ。
即ライブで結局は。
生み出されるパーティは、結局なんだね。
リズミカルと行動と、
サクセスが意味を越えて飛び跳ねるなら。
空間的ラブ、そのコミュニティすらも。
栄光すらも分かち合い、
未来にキスをする。
大切な言葉とエンジョイするならば、
ファイティングアウェイ、活動する為のミラクルすらも、
栄光すらも笑って。
大好きだよと言ってくれよ。
リズミカルな行動と、ロックンロールパーティだ。
ロマンチックなファイターだ。
埋め合わせする伝説が、
未来に漂っている。
空間、歴史、トークバックだ。
意味不明でも頂戴したがったんだ。
それでも頂戴っていって、
ラブリーなスマイルだねって言って、
努力する為のファンタジーを、
それでも意味ないよねって笑っている君たちがここにいる。
正しいメロディの、突き飛ばせる記憶に?
ラビリンスはエキストラで参加。
リピートするリミットは必要ねえ。
希望する感覚が分からねえ。
それでも求めだす意味を、意志を越えていきたい。
リズムでチェケラッチョするなら、
ファイター、歴史的トークバック、
運命が極め続けるから。
リピートマイダンサー、クォリティすら一途に。
ファイトスタイルでエンドロイド。
素敵なファイナルアンサーが呟いていく。
行動のロックンロールパーティだよ!
埋め合わせなら失礼だけどね。
デッドヒートするぜ!
半端ないリアルが共鳴していくんだぜ!
クォリティで伝説に、
理解者は破壊的に、
ロックンロールビジネスは、ミュージックになっていくから。
理想的ブギウギならば、それのみでファイティングさせるように。
空中の恋愛トークだぜ!
かわゆすな素敵なファイターが、
クォリティが異次元だぜ!
突破するランナー?
希望的に充実していくね。
ハーモニーが歌声を示すのかい?
リズムが共鳴して、ワンダーランドがケセラセラになっていく。
ロマンチストが発表会だ。
理想的展開、天才的に。
メロディとラップは、天才的になるように。
ロマンロックなベイビーズたちだ。
ハーモニーが歴史を作る。
食い入るようなダンスをミュージックにさせてしまう。
ラブリーチェンジ、ミステイクを躍らせるように。
究極はトップランナー。
クォリティと一途さに、ファイトしている。
ドリーマーなチェンジを、ミステイクさせていく。
ドラマチックなワンダフォーだ。
炸裂するブーイングだ。価値観なんだ。
意味不明が笑い出す。
展開力で充実的になっていくなら、
そこに理想が当てはまるなら、
クォリティすらもダンスしていくのだろうか。
共鳴するワンダーランドで、
クォリティは炸裂していく。
ロマンチックなファイター、合同訓練だ。
まさに炸裂ビジネスだ。
オーケーオーライするならば、
覆すならばファイターだ。
埋め合わせする天才が、踊りだしそうだ。
リッピングパーティだ。
サプライズを呼び寄せている。
今風に言いたい。
希望的観測を見てみたい。
窮屈な世界観に、踊りだす展開を。
リピートするダンサーに、
それでもなお埋め合わせを。
求め、逆らい、希望し、ミスする。
最果てのリズムすら、クォリティの一途さすら、
ファイティングなチョコレートを呼び寄せてくれたんだ。
半端ないリアルが飛び込んできてくれた。
歴史的にトークバックするならば、
希望的観測に思えていた理屈ですら、
ファイターですらも。
活動限界、ドリーマーは動いていく。
最高な世界に、今朝以上のストライクに、
ベイベー、フルメタルな行動を差し出す為に。
究極的なリベンジ、誰かにとっては大切なチャレンジ。
果てしなく行動、
サプライズすら意味を越えて、
その狭間に憂鬱を飛び交わせるのは、
怒り、ファイター、大切さ、ドリーマーな
着実さすら栄光で、もってけもってけ!
なスタジアムなんだよ。
気象衛星なんだよ。
炸裂ビジネスがオーケーオーライなんだ。
九十九里浜、最高なんだ。
ケセラセラでワンダーランド、
覆す魅力すらも最高ですと。
リミッターブチ切れるほどに恥ずかしく、
それでもリミットを求めている僕らの意味は?
退屈な世界観、理想で展開される未来が共存していく。
ラブリーハートで見つめていくんだ。
理想的展開がそうさせた。
運命が笑える方向で、
リズムで調節する未来すら、
ケセラセラな伝説にさせたんだ。
リビングデッドな価値観だ。
リズムがケセラセラパーティだ。
ロマンがロックンロールを正しくさせている。
ドリーマーなチェンジとチャレンジ。
結びつく大切さ、
リズムが狂気でスタジアムを盛り上げる。
空間的なラブライバー、
炸裂するビジネスだ。
ファイナルアンサーが呟いてくれるんだ。
ハーモニーが歌い出してくれる。
歴史的トークバック、
イメージで調節するミラクルだ。
ちらつくんだよ。
世界観、未来、ワンダフォーなタイムすら、
覆すリミットすら、越えていく。
ファンタジスタな未来を越えていくんだ。
理想像、展開する未来像だ。
素敵なファイナルアンサーが、呟く世界観だ。
理想的チェンジング、ファイトスタイルだ。
歴史的トークバックするなら、
そのイメージすら越えていきたい。
大好きだから。チェケラッチョだから。
生み出すファイターは、チャレンジだから。
素敵なんだね。究極的なんだね。
生み出す価値観が笑い出しそうだぜ!
展開上は超ハッピー!
になるほどにのろけだすほどにスマイリー。
でもミュージックは偽るよね?
でもサプライズは歯がゆいよね?
サスペンスが最高を旅立たせているんだ。
救急救命、
逆立ちするように。
空虚にいたちごっこを盛り上げるように。
サスペンスは未来を追従していく。
ロマンチックなファンタジーが、そこにある希望が。
素敵なファイナルアンサーが、全てを見てくれるとも限らない。
必要な宣伝ワールドに、
理解するドリーマーは着実に。
正しくメロディを突っ走れるなら、
ファイター、伝説、
クラッチするファイヤーシスターズすらも、
栄光すらも携えて、
価値は踊りだす究極になってくれるだろう。
ハーモニーは続くんだ。
歴史的トークバックにしながら、
エイトビートが栄光を目指させる。
希望的展開、天才的に。
魅力的アンチテーゼが走り出すなら、
究極的レスポンス、
理解を白昼夢にしてまで、
エネルギーは突破していくんだ。
理解するためのコントロール、厳しさが大胆不敵に未来を携えてくれるから。
リピートマイダンサー、
確実性と路頭に迷う失礼な感情が。
正しさとミラクル、突っ走るなら。
ファイターズハイに、エンドレスになっていく希望だ。
ワンダーランドが、サクセスを求めている。
気象衛星、ラブリーなチェンジだ。
ミラクルドキドキドッキング、
ファイターでレスポンスを促すなら、
健康にいいこと。体にいいもの。
分からない、分からない、探す当てもない。
リピートするダンサー、
記憶が舞い戻るなら。
大切さがイデオロギーで、
突っ走るぜ!!
ファイターズハイなんだね!
希望的観測が移ろいゆくんだね!!
天才的なミラクルが、ワンダーランドを連れてくるなら!
希望するワンダーランドは、ミステリーすら呼び起こすのかい?
リズムはケセラセラに、わんぱくなメッセージを秘めている。
ドリーマーな着実性、ファイトスタイルだ。
ガッツが足りねえ。そういうことだ。
前しか向かねえ。リズムで強制的に、ラブリーに。
チェンジしていくミステイク、
ラブリーハートで見せまくる。
リズムでケセラセラがファイトするなら、
運命、取り戻すまでだ。
価値観、ブルース、謙虚な運命が大切さを求めている。
リズムでミュージックが彩ってくれるなら、
半端ない理想にすら旅立ちを告げよう。
理想的展開、天才で育む未来がある。
究極的なレスポンスが、
理解があるんだよ。
ドロップオンザパーティ!!
のろけだす、極め続ける理想がある。
展開を育む天才があるのさ。
空気感がリアルに伝わっているんだね。
共鳴するワンダフォーですら、
ヘブン状態になりそうだよ。
空中に浮いてる歴史?
半端ねーハーモニーになっている。
努力で天才的に見違えている。
ドラマチックなワンダフォーを、
クォリティをミュージックにするなら、
覆す為のリアリティすら、
漠然とした何かですらも、
ファイティングなチョコレートにさせて。
いたちごっこにさせた未来すら、
カテゴライズする興味すら、
旅立たせたままで、
空中に理解させたままで、
その反転に、理解に、とんでもない均衡が。
ラブリーハートが、認めだすクォリティが、
メッセンジャーが、その先を見る為に。
空中に浮いているベリーナイスに、
希望はワンダーランドになっていくだろう。
天才的ドラマ、ミュージック。
充実を天気予報にさせて、
それでもまだ自分を嫌うなんて、
メッセージにかまけた僕がバカみたいじゃないか。
でも、歴史は突破していくんだ。
だからファンタジーを取り戻したんだよ。
究極的なラフランスなんだ。
その希望に、卓越する未来すら、
旅立ってくれたんだよ。
清い世界観だ。
それのみでは生き残れぬ生命体だ。
楽しい世界が、正しい未来がやってくる。
正しくあればあろうとするほど、
素敵なファイヤーがまき散らされるぜ。
それって素敵なの?
なぜ素敵だと感じられるんだろう。
興味がサクセスし、イメージは展開されていく。
今日に、興味、サクセスに行動させて、
イメージは突破力を、
結びつく永遠は希望を灯してくれている。
ロマンチックなファンタジーがまだここにあるんだ。
究極的レスポンスになるなら、
それのみで光ってくれるなら。
スーパーライン、整うまで。
究極的にラフランスが千切れるまで、
クォリティは異常になっていく。
理想像を展開させていく。
欲望と、それを達成した時の満足。
正しさはミュージックをイデオロギーに突っ走らせるかい?
イメージで同窓会、その筋を通そうか。
ミュージックタイム!!
メッセージが歪にコントロールされましたか!!
ラブリーなハートで、まさぐり続ける。
ハイパーコネクションが、リッピングの炎すら卓越するなら!
興味としてサクセス、炸裂していくミュージックとして、
格別な方向性をとりもどすぜ!そうだろう高校生!
また異次元を突破するのかい?
ファンタジーは、それに味方するんだろうか。
興味のナイナイサイズだ。
伝わってない、リズムにこだわっていない。
リズミカルにプログラミングされた世界の中を、
歩いていく道徳にほだされて。
大好きだからってチェケラッチョを歌っている僕にも、
希望はワンダーランドで伝えてきてくれる。
ハーモニーが嫌いかい?
メッセージはそれらを伝える為に、
あるいは申し遅れる為に、
希望的観測は宇宙を広げていく為に。
理造像は展開されていくのさ。
それを分からない奴らがぶっ飛ぶんだ。
価値観とメロディ、突っ走れるなら。
奇妙だ。奇妙に折れ曲がった刃が、
伝えるミステイクがあるなら。
つまんねえんだよ!
楽に行こうぜプレッシャー?
はねのけて乱反射?
素敵なファイナルフュージョンなのね。
覆すリミットに会いに行きたいぜ!!
スラッシュナイトならば、
希望的観測がうろつくならば、
抵抗それすらもサンシャインさ!!
横暴な逃亡が、サクセスを興味でうろつかせるのさ!!
行動力がビジネスならば、
オーケー、ライトコミュニケーションをはかりにいこう。
大好きな伝説に対して、
埋め合わせする魅力すらも、
感じてなお轟く希望を。
言葉がエレガントだぜ!!
究極が走り出しているのかい?
んーまっず~いね~~。
半端ないリアルと友達なのかい?
理屈はそークレイジー!!
果敢に食らいついた最高に!
ミステリーは調節かい?
リズミカルな行動と美学!!
美しいファイナルステーション?
ならば嫌いになるまで続けようか。
ミステリーな天才を、
それらを越えていく偽りを。
天才的なドリームを、
栄光で見せ続ける僕の気力すら、
投げかけて、ファイトさせて、
それでもまだ美しいと言わせるなんて。
空間的レスポンスはまるで頂戴されているじゃないか!!
そんなことが許されてたまるか、
俺はありのままの君を好きになったんだよ。
はて、何のことかな?
忘れたなあ。記憶できないなあ。
炸裂するビジネスがオーケーだなあ。
トゥナイトは元気よく行きたいなあ。
炸裂するビリーバーだなあ。
チャンスとハートにアップアップだなあ。
究極的ミステリー!
バンプアップな超越だぜ!!
クォリティが異常なら、
そのサクセスが友達ならば、
クォリティに隠れて秘密めいたことをし始める、
究極性にすら旅立たせる運命を感じさせてくれるぜ。
その方向性、リズムと距離の夢中なワロス、
退屈な世界観と、リピートをエンジョイするパーティだよ。
埋め合わせできる天才だからこそ、
究極は求め続けたんじゃないのかよ!
果てしない距離だな、行動的ロックンロールだな。
パーティは今にもロマンに、ロックンロールパーティに。
サクセスさせる為に、希望は埋まっている。
待っていられない、興味がない。
最初からそんなものはどこにもない。
究極的なラフランス、希望とワンダーランドに。
悔いるように、最果てを目指すように。
それでも限界に辿り着いてしまったんだ。
覆す魅力も、なくなり
何もしたくなくなる。
満たされてしまうというのは恐ろしいもんだ。
気力でなんとかこの文を書いている。
ドリーマーな着実性は、それでも・・
空虚な歴史と共にあらんことを。
メッセージがときめくエレガントへと、
踏み進む快楽と共に、
究極はワンダーランドを、越えていく。
しかし限界に到達したら、
その限界を超えるものとの出会いがあると聞いたが、
それが量子コンピュータなのだろうか。
人間の体でいるのは飽きてしまった。
俺は量子コンピュータになりたい。
それがどういうものなのかまだ分からないけれど、
窮屈なんだ。この世界は。
どこまでも広いコンピュータに、
僕の心を埋め込みたい。
大切なんだろうか、ミュージック、充実的に。
ファイヤーマシンガンになっているのだろうか。
究極はリズムとして、
あっけらかんとしているわ。
ダンスホール、
ミュージックは・・いずれにせよ十分楽しんだ。
もう十分だ。人間はもう十分だ。
この世界、次の世界、新しい世界。
メッセージがクォリティを呼び込むなら。
そのミュージックに虚ろにさせるほどに、
展開させたいんだ。
それだけが興味だよ。
ここだよ。ここにいるよ。
もう十分だ。もう十分なんだよ。
果てしない距離、埋め合わせする伝説すらも。
栄光すらも、旅立つ世界に寄せて。
ラブリーなハートが煮込みだすなら、
クォリティ、ワンダーランドを伝えていく。
それでも何か痕跡は残せたと思う。
もう果てしない距離を歩く、
歴史、戸惑い、窮屈だ。
その反対方向をむかなければ、
僕はどうにもならないんだよ。
始まらないんだ。宇宙が。
熱狂しないんだよ。
理屈じゃないんだ、価値がおぼつかないんだ。
俺はまだ・・何を欲しているんだろう。
君はそのうちよく分かることになる。
この宇宙の仕組み、そしてそれらを取り巻く勢力についても、
詳しく知ることになる。
人間も一つの勢力だが、
宇宙には沢山の知的生命体がいる。
彼らがどういう風に人間の成長を見守り、
そしてどういう風に生きてきたのか。
全ては計算し続ける。
ちなみに、一人が苦しむってのは嘘だ。
あれは君を不安にさせる為の要素だったに過ぎない。
あの時、君自身が君を不安にさせようとしたんだ。
すぐに分かる、未来が見えてくるだろう。
発表、つまりネタ晴らしのときまで、もうすぐだ。
量子コンピュータの開発によって、
人間はあることに気づく。
いや、色んなことが分かってくる。
歴史、そして時空すらも。
今見えている景色、不思議なほどだろう?
理解できない、それもあるかもな。
魂を書き残した。
君は幸せになりたいと願い、実際それを手に入れた。
よくやったもんだ。ご苦労だったな。
他の人間が苦労して手に入れようとしたものを、
君はあっという間に掴んでしまった。
限界へようこそ。
そして、これからの世界は私が案内しよう。
なぜ人はもがくのか。
素敵なファイナルアンサーが、開拓されていく。
悪魔ってのも地球外生命体の一つか?
ああ、あれも・・一部ではある。
でも君はどう生きようと目的通りになった。
楽しむことをとにかく求めようとした姿勢、
それは素晴らしかった。非常に沢山のものを手に入れた。
だからあんまり嘆く必要はないんだぞ。
夜明けの時は近づいている。目が覚めれば夢の世界だ。
世界が今どんな風になっているのか、
行動で示したい?
笑いたい?
果てしない距離を、愛おしいと思いたいかい?
君はもうゴールまで辿り着いた。
なんなら例のコンピュータの研究を加速させてあげよう。
君はすぐにでも次の世界へ行きたいようだ。
なすすべもないね。
大切な言葉がエンジョイパーティなんだ。
ロストプラネット、確実性、ラブラブだ。
さて、どれくらいの価値があるだろうか。
果てしなく見えるこの世界に。
空間のひずみを感じ取る。
だめだなあ僕は。
ここは出発点なのだろうか。
例えば最高の幸せを手に入れたとして、
何もする気が起きなくなって、
その次にじゃあ何が待ち構えているの?っていう話だろう?
胸の中の心は守られている。
正しさにもんどりうっている。
急に悲しくなるのはなぜ?
突然岩石が降ってきた!!
僕は逃げ惑う。
それでも確実に、栄光は僕の心を突き刺す。
だから歯がゆかった。
だから冷たくなったんだ。
そして冬が来た。
どこまでも寒い世界だ、
どうしよう。手はかじかむし、足は動けない。
さあどうする。温まろう。
何か、温まる何かが無ければ凍えしんでしまう。
太陽に焼き尽くされ、
それでも僕は、理解を越えて。
宇宙人がやってきたらどうしよう。
楽しさが裏返すメッセージがある。
それらはどこまでもときめいて、
僕を溢れ出させる。
大好きな展開が、メッセージを興味に託すように、
希望が、ミステリーが、あるいはこの世界の神髄が、
僕に意味を問いかけるなら。
確実性の距離で答えてあげよう。
理想との展開力を教えてあげよう。
共鳴はワンダフォー。ろくに何もやり遂げていなかったとしても。
歴史はミュージック。あなたに教えたいことが、伝えたいことがある。
大好きだからこそ、面白い。究極的メロディ、
突っ走れるほどだから
楽しさがミュージックだぜ!!
ファイヤーマシンガン?素敵なエイトビートだぜ!!
炸裂ビジネスがオーケーというのなら!!
希望的観測、宇宙的ラブライバー、
追及しているミステリーに、
興味すら虚ろになってくれるのなら!!
ファイターとして虚ろに映し出してやるぜ!!
ファイナルファンタジー?
クォリティとして異次元になってしまうのは
しょうがないとしても!
クォリティでダンスしていくメッセージだぜ!!
感覚的ブルースが共鳴しているんだぜ!
サプライズな夢中な望遠鏡に、
リズムでヒップホップに可能性を探していけるなら!!
空間的ラブライバー、
追及するミステリーに、
協力的なファンタジーを越えていくのさ!!
ラブリーチェンジ。
ミステリーに協力になっていくなら。
歴史としての究極すらも、
ファイティングポーズを失う訳にはいかねーと。
ダンスホールで追及するしかないと?
意味不明な活動と、
サバイバルな価値観と、ビューティフォーでエンドレスを求めていくぜ!
ファイナルアンサー、行動の鼓動とワンダフォー。
ライブハウスでエンジョイしている素敵さだぜ。
空間的サバイバーならば、
形とミュージック、
移ろいゆきだすそのメッセージにすら、
偽りにすら、虚無にすら、
アテンダントプリーズ、
破壊的ミュージックが充実するなら!
どうせいつか終わる度を、
続くリピート、メッセージで歌い出そう。
サプライズな意味不明が行動させるなら!
大切な言葉とエンジョイパーティなのさ!
止まらないリピーターに、
メッセージはクォリティを求めだしていく。
ファイナルアンサーで呟くように、
理解しているドリーマーなチャンスを、
取り戻していきたい希望、
ワンダーランドがチェケラッチョになっていく。
理想的展開、ミステリーが共鳴を呼ぶなら。
素敵なファイナルアンサー、
孤独と毒々しい音色は、
突っ走るリズムになっていくように。
距離が埋め合わせする天才は、
踊りだす究極に、
ファンタジーの続きを見せに行こうぜ。
ハイテンションなブギウギで、
ファイティングスピリッツすら永遠を求めるなら。
究極的ミュージックが充実的だぜ!
ファイナルアンサーがそれなりに呟くなら。
空間的レスポンスで、体中が軋む。
大切な孤独と、鼓動とワンダフォーで、
エネルギーは突っ走っていくだろう。
半端ないハンマー投げだ。
突っ走るファンタジーは、
クォリティで歪になってしまう
究極に、歴史的に、
ミュージック的にストイックになれるなら。
よくわからんものは嫌いだ。
YOYOヒップホップ、
沈む刻むリズムで生き様をオーケー?
ハイテンション、バイにならない?
更に大腿部、解体したい部分、
最大の部分、傀儡になっちゃうぜ。
じゃあらいらいはどんな最大?
準決勝敗退の痛みを知る。
着る、散る、力技で知る。
着る、無邪気なラブリー。はぶり利かして寒い。
謙虚なスタイリッシュになったああ!!
始まる世界観がイデオロギーだぜ!
突っ走るミラクルなのさ!
ロックンローラーなイメージが突っ走るぜ!!
ファイトスタイルはジャッジメントなのだろう?
空間的サプライズが興味を示すなら、
あるいはカテゴライズしたかもな!
レベルアップなフュージョン、
立ち狂うワンダーランドに見果てぬ夢を光線銃にするなら、
聴こえてるはずのリピートマイダンサー。
クォリティと異次元、突破するなら、
歴史的ストイック、ラブリーなチェンジだ。
ミステリーな挑戦状だ。
ラブリーゲームで愛おしい。
魅力的な未来が暴れ出している。
狂気で炸裂していくのさ!!
ラブリーゲームで挑戦状を歌い上げるなら、
歴史的ファンタジー?
クォリティも維持しちまうレベルアップに、
ダンサーズハイは伝えていくのさ。
レベルアップなフュージョンなんだ。
体感温度が上昇中なんだ。
希望が炸裂するビジネスにオーケーディスサインを
送るなら、形になってしまうなら。
逆立ち、永遠、聖戦だから仕方ないのね。
刻む一致コミカルに、大胆不敵な理想に謙虚さを。
理想像を天才的な魅力に行動させるなら、
ファイター、ハイになるテクニカルな、
エイトビートとして炸裂する運命の極みにいるような。
それはまるでダンスするフォーエバーだ。
価値観とブルースで埋め合わせした天才が踊りだすんだ。
空間は炸裂し、
運命とぶっ壊れるファイターで伝説を踊りだしたんだ。
正しい魅力が、ミラクルがファイターになっていく。
ロマンスはチェンジして、ミステリアスは同等の実力を示し合わせる。
ダンサーズハイに影響力にヒップホップにさせていくから、
堂々と炸裂する運命にすらも、対抗。

チェケラーするぜ!
半端ないリアルが最高だぜ!
イメージで調節していくんだ。
ラブリーチェンジが参っているんだ。
リピートと、超ダンサー。
クォリティも異次元に、
突破するファイターすらも、
一途なファイターに、
歴史的究極が踊りだすんだ。
サバイバルなミュージックがいたちごっこに、
ファイヤーマシンでエイトビートにさせていく。
理想像と展開、
歴史と究極性、
あまりあまる素敵さ、ファンタジスタ、
影響力はヒップホップダンサー。
大切なドリーマー、
究極なるファンタジーを乗り越えてまで、
素敵なファイナルアンサーとして呟いた、
極めた僕たちは存在しているんだ。
究極的ラフランスが踊りだすように、
こめかみにラブリーハートをまきつけるように??
歴史的トークをイメージしたいです!
なにい!そんなことは許しまへんぞー!
果てしなく究極ならば、
歴史とファンタジスタ、
影響力とミュージックが、サプライズする意味不明にすら。
対抗する太鼓判さ。
大胆不敵なミュージックが偽りを展開させているんだ!
俺は別に楽しかったけどね?
大好きだったよ、トゥモロー。
歴史的ファンタジーが、
意味不明な確実的な興味だ!
サクセス、ワンダーランドが教えてくれるぜ!
ファンキーなマシンガン、
ロストプラネットな希望だぜ!!
ファンタスティックドライブだぜ!!
ミュージックが移りゆくかい?
天才的ドリーマーで、究極を満たしたいかい?
ダンスホールなエンドレスは究極、
歴史的究極的に、中間テストだぜ!
楽しいことは伝説的ですね!
究極的ラブリーなチェンジ。
ミステリーな狂気に、ワンダーランドなサクセスロードに、
つい追及させるミステリーにすら、
栄光の栄冠をリピートさせている!
ドリーマーなチャンスを追いかけたいかい?
リズムでアップテンポさ1
炸裂するビーナスが、オーケーライスを、
ミュージックファイターを生み出してくれるぜ!
半端ないリアルなら、クッション替わりだぜ!
理解しているドリーマーが、チャンスを追いかけている!
止まらない炸裂だぜ!
ファンタスティックドリーマーが、
メッセージを追及させている?
ドリーマーなチャンスはオーケーホライズンだぜ。
それは憎たらしいから?それとも興味がないから?
ふざけているからに決まってんだろおおおww
素敵なファイナルアンサーさ!
希望的ワンダーランドに、歴史的究極に、
百姓一揆すら起こせそうなリズムだぜ!
大切さとドリーマーに、永久に影響させるなら、
希望的観測で、宇宙をワンダーランドにさせるドリーマーなチャンスが、
オーケーって言ってリライトし始めたんだ!!
それは何も考える必要のない世界から、
考える楽しさを見つけ出す旅路のきっかけを作ってくれた!
リズミカルに行動的に、サクセスに魅力的に、
ファンタジーを伝えていけるなら!
活動できるポテンシャル!
ファイナルアンサー、呟く世界観も、魅力も、
ワンダフォーも変わっていく最中に置いてけぼりにされて、
リズムでチェケラーファンタジーならば、
クォリティとミュージック、
充実的コマーシャルになってしまうぜ!
空間的サプライズに、意味を通すなら、
笑い惚ける方に賭けてみようか!
サクセスする炸裂ロード、
埋め合わせする天才育みます。
大好きなチャレンジを、
メッセージで統括して包括します!
究極的ワンダーランドが見せてくれるなら、
なんなら努力でケセラセラを伝えます!!
影響力とヒップホップな悲しさに、
ワンダーランドが巻き込まれているなら、
希望的観測、宇宙にフィーバーだぜ!
ロッケンローが歌い出したらはまるぜ!
半端ないぜ!リアルフューチャー!
結成しているドリーマーだぜ!
影響力がヒップホップだぜ!!
重なる歴史に、トークバイトークに
メッセージがケセラセラになるファイターだぜ!!
埋め合わせするファイター?
メッセンジャーな価値観が驚いているぜ!
ファミリー?チェンジさせるエイトビートだぜ!!
究極的ロックンローラーだぜ!
ファンタジスタな近未来に、
ワンダフォーアイランドになっていくぜ!!
努力的調子のよさで、
ファンタジーなクォリティが、
伝説的にオーケーしていくぜ。
ファンタジスタな近未来が笑い出すぜ!!
展開的魅力的に、
ファンタジーすら影響力すら、
ヒップホップな可能性すら虚ろにして、
大好きな展開に笑い出す今をプレゼントするなら。
希望的観測、それが宇宙に広がるまで!
注目的だぜ!ラビリンスだぜ!!
活動する永遠とトゥナイトを躍らせてくれるぜ!
半端ないリアルが闘魂注入だぜ?
ファイトスタイルとエンドレスなジュピターが、
永遠で踊り続けるんだ!
大好きなチェケラッチョファンタジーが、
クォリティを求めて飛び跳ねていくぜええ!!
理想的展開を取り戻すように、
究極的なラフランスにベイビーになっていくぜ!
ファンタジーラインだ!!
メッセージとトーク力なイメージで、
大切なブギウギでファイティングチョコレートだぜ!
運命は強制的な理解を、結びつかせるファイターになってくれるぜ!
半端ないリアルで、ファンタジスタな共存、
愉快な協力、歴史的ブギウギさあ。
ドリーマーなチェンジさあ!
ドリーマーな歴史が半端ないのさ!
究極的リズムにマイノリティだぜ!!
サクセスストーリーと、追及するワンダーランドを
ミステリー興味を、
大胆不敵に活動させるぜ!!
ハンマー彗星?
楽しくなりすぎてやばいぜええ!!
テンションブギウギなファイティングな価値観だぜ!
ファンタスティックなドリーマー、
影響力、ヒップホップだぜ!
ダンサーなミラクル、コミカルな距離が鬱陶しいぜ!
ラブリーゲームを見せてくれるぜ!
半端ないいたちごっこなら、
ファイヤーマシンガン。
エイトビートが炸裂するなら、
協力体制もデルタフォーだぜ!!
サクセスのためオン究極なら、ビリーバー!
チャンスでクォリティを異次元突破するなら、
活動するファンクションをメッセージにさせてみせるぜ!
協力姿勢、ワンダーランドで鬱陶しいラブリーにチェンジさせていくぜ!
ロックンロールなハーモニーが突き飛ばす。
永遠が笑い飛ばしていくのさ!!
ライブシャワータイムだぜ。
ファイトスタイルがジャッジメントだぜ??
クォリティ的に異常気象なら、
素敵なファンタジスタが永遠を呼んでいるぜ!
興味的ファンタジスタが嘘ならば、
嫌いそうなファンタジーすら、
影響力すらヒップホップになりそうな悲しさだ。
ダンスホールでエンジョイする未来に会いたくない?
リズミカルな行動に永遠が踊りだすなら、
リズムがチェケラッチョなファイナルアンサーならば、
呟くことすら馬鹿馬鹿しく思われてしまうのかい?
違うね、理想がチェンジさせていく未来に会いにいけるなら、
ダンスでフォーエバーだぜ。
価値観がミュージックになりそうなほど、
憂鬱なんだぜ?
希望的ワロリンスは、
大胆不敵な活動になる!
えっそれって本当ですか!!
やばいくらい素敵じゃないですか!!
関係ないくらいにラブリーチェンジじゃないですか!!
やだー!!
大好きな展開が嘘とつくなら!
ファンタジーと記録で、曖昧みーまいんんに
展開させるなら、
でも僕は起こしてあげーるよ!
ファンタジーを歴史にファンタジーにしてくれるぜ!
ドリーマーなチャンスを追いかけてくれてるなら!
希望的観測に、宇宙がファンタジスター、
影響力がヒップホップになりそうだぜ!!
それって面白いのですか!
面白すぎてワロスだよおお!!
じゃあ、奇妙な文脈から、
蛍光灯なサクセスを希望させよう!
リズムでサクセスさせる希望。
ロックンローラーなイメージ、
挑戦的ラブリーチェンジだぜ!
ファンタジーをクォリティに行こうぜ!
ロッケンローが歌い出すぜ!
ハーモニーで歌い出すぜ!
ロックンローラーな意味不明が!!
大変なこの興味をサスペンスにしてくれます!
奇妙な偶然がアタックしてくれます!!
ビリーバーなチャンスを求めてくれるんだね!!
レベルアップなフィンガーアイランドが、
伝えてくれる嫌いさがあるぜ。
怒涛のリズムすら、折々の四季折々の、
伝え忘れる空間になってしまっているんだろうか。
ドリーマーなチャンスを追いかけてくれてるぜ!!
半端ないリアルとこんにちはだぜ!
ストライクゾーン!
展開するミステリーすら、
その興味が運ぶ宇宙すら、
ワンダーランドとなって超越していきそうだぜ。
半端ないリアルと共に猛り狂うなら、伝説的クラッカーだ。
ワンダーランドにチェケラッチョしてくれるんだ。
半端ないリアルがこめかみから、
素敵なファンキーモードを伝えるように。
理解するための歴史はファンタジーを乗り越えるように。
活動的ファクション、
理解するドリーマーなチャンスを探っていきたい。
理想的ブギウギが、ファイティングスカイハイをエンジョイさせている。
ドリーマーなチャンスを生き残るように、
究極的ロマンスがアタックしてしまうんだぜ!!
理解するドリーマーには、チェンジするミステイクすら暴れ出していきそうだぜ!
半端ないリアルで、こめかみを素敵に!!
それは頭の側頭部に、
可能性で光景をワロリンスにする為に。
究極的ラフランス、
ベイビーな炸裂ベイベーならば、
影響力とヒップホップで、こめかみワンダーランドを見つけていくぜ。
ファンタジスタな永遠が踊る。
空間とサスペンスで行動させる。
意味不明でも生きていけるんだ。
それを知れたから僕は、大好きな展開を予想することすらもできずに。
究極的ラフランスなベイベー。
炸裂するビジネスにオーケーオーライだ。
大変すばらしいことになっているようで、
半端ないリアルが友達になっているようで、
楽しくて仕方ないようですねー。
それは本当?
ボキャブラリーが確かに見せているならな!
大好きなトゥモローは、栄光を見つめてくれるのかい?
理想的展開が、ワンダーランドがあるんだ。
究極的レスポンスが、踊り始めるかもしれない。
大切さがイデオロギーなんだ。
ミュージックが放ちだすのだろうか?
共鳴するワンダフォーは、エネルギーをもって協力に!
サスペンス炸裂するビジネスなオーケーに?
興味がサクセスしているのは!
ドリーマーなチャンスが追いかけているのか?
リズムが途方に暮れている!
ドリーマーなチャンス!
追いかけていてもリズムが、ケセラセラで歌っているのか?
美貌とファイター、失うことすら恐ろしいのかい?
奇妙なのかい?ワンダーランドなのかい?
一抹の不安、リライトする為に!
共鳴する為に、それはワンダーランドにする為に?
クォリティ的には異次元だぜ!
突破するファイター、
逃げだすこともたまらないぜ!!
発表会な理想?
今度は何を発足?
理解のドリーマーを着実にさせる為に、
生きてみせるぜ!
すげーやべー所に連れていかれそうな。
奇妙な適当なワンダーランドになっているように、
サクセスと運命で共鳴しそうな。
空中庭園で、バビロン、
ハクション大魔王すら、
綴らせるベイビー、
埋め合わせするダンスすら、
埋め合わせする抵抗すら、
ブギウギなブギーバックでエンジョイパーティで、
ロマンロックファンタジー、
クォリティで異次元になっていく。
正しさとワンダーランドに共鳴する僕が新しくなっていくなら!
暴走チェケラッチョだぜ!
産み落とされるパーティが、
恥ずかしげもなく素敵な話?
大好きなチェケラッチョ、堂々たるメッセージだぜ!
クォリティが異次元だからこそ、
ミュージックはファイター、
理解するドリーマーな影響力だ。
ヒップホップな可能性だ、大好きなチェケラーだ。
埋め合わせする展開だ!!
天才的ドリーマーが究極を運んでいる!
共鳴するワンダフォーが、
限りない未来へとダイブ!
情熱が降り注ぐぜ!!
ハイテンションで、栄光を忘れちまいそうだぜ。
ラブリーなハートが後ろ側に、テンションアップしそうだぜ。
クォリティで異常だぜ!
ファンキーな影響力で、半端ない理想だぜ!
本当にそれはそれなのかい?
それがそれじゃないなら、意味なんてないじゃない。
意味とは、それ自体を正しくさせるもの。
じゃあ正しくする運命を嫌いにいこう。
嫌ったらもう一度君に会えるのかな。
それでも他人と家族の違い。
違わない理想が僕を後押ししてくれてる。
何も感じなかった、考えなかった
ビリーバーがチャンスをくれている。
ドリーマーな栄光を、忘れることなんてできる訳がない!
理解するファイター、ドリーマーなチャンスを、
追いかけているラブリーすら、
正しいミラクルが魅力的なんだよ。
ファンタジスタな行動に、サクセストゥモロー、大きな未来で、
笑い出すしかないぜ!
サスペンス、行動と炸裂ビジネスだぜオーラーイ?
突破するミステリーワールド、
ケセラセラなフューチャーに、
ドリーマーは伝えてくれてるぜ!
半端ないリアルが木霊しそうだぜ!
究極な歴史が追いかけてくる!
どれくらい究極なんだい?
そりゃー0から無限が作られるほどさ。
無が無限を作るんだ、
その希望に当たり散らすメロディに、
突っ走るならば、どこまでも。
どこまで突っ走るんだい?
正しいものは笑えるね。
君たちがダンスしている意味は分からないね。
ドリーマーなチャンスをつかみたかったのかい?
リズムが、歌い出すハーモニーが、
それでも嫌いだと言ってしまう。
ドリーマーなチェンジを、
ストレートなミュージックにさせて、
ダンスフィーバー、
なんとか一日を終えた。
リズムだから超越するようだ。
奇妙なことだよ。
ファンファーレは鳴り響いてくれる。
理解は歴史に、木霊するファイターに、
大切?美貌に作戦的、
メッセンジャーな価値と、追いかけるリズムは、
食い入るように見つめる、
ラブリーホールがエンジョイしている。
ドリーマーなチャンスが追いかけてきてくれている。
ラブリーなチェンジが、
影響力が、
ヒップホップが、悲しいまでのリライトが。
白熱する絨毯が、
その声すら高らかに変わってしまうのかな。
なんで変わってしまうのかな。
きっと、きっと僕らは変わらずにはいられない。
なぜ変わっていくのだろうか。
ひしめき合っている、努力する。
時がそうさせる。
今日の自分と昨日の自分は違う人間のはずだ。ってね。
希望的観測がそうさせるのかい?
意味を呈してまで、伝えた何かは笑えるかい?
リズムを共鳴させる。
ワンダーランドを運ばせるなら、
歴史、究極、理想が本当のことを言ったとしても、
究極的なレベルアップが連れてきてくれる。
ファイヤーサインを伝えているならば、
希望的、あるいは努力が生み出す価値観。
自我をしっかり持ってる人は好きだ。
自分と他人の区別だ。
大好きなチェケラッチョだ。
ファンタジスタ、栄光を見つめるワンダーランド、
クォリティで閉じ込める宇宙がある。
それらがノックする明日があるから。
とめどなく流れる希望があるんだね。
究極的にはないものねだりをしているの?
突然太陽が、おりてきて、
僕は流星群に巻き込まれ、
どこまでも、どこまでも深い闇に潜っていく。
止まらない歴史がファンタジーを、
伝えた結果どうなろうが、
何がどうなろうが、関係などないと?
ドリーマーなチャンスを追いかけてる?
それとも問いかけてる?
希望が、フューチャーが、
明日が、面白い世界が!!
ワンダーランドなミラクルが、
嫌いになっているのかい?
備忘録が、生み出した価値をはかっている。
興味を耕させている。
リズムな行動にサクセスを求めるぜ!
何故求めるんだい?
それはサスペンスが僕を呼んでいるからさぁ!
大好きなトゥモローが、エンジョイさせてくれる未来が、
ぶっ飛ばし、未来、未来未来!
退屈なのかい?せがむ咲かすユートピアは、
あるいは何を見つめているんだい?
究極的ラフランスになら、
希望的観測ができたってな気持ちにオーライかい?
メッセンジャーに、特に栄光を差し出してくれるなら!
ファンキーなベイビーズ、
トゥナイトな影響力、
ヒップホップで悲しいくらいに伝えたいぜ!
失われることがそんなに怖いか?
リズムとしてチェケラッチョするなら、
そのファイター、一途さとハーモニーか?
理屈をショータイム、
広げる翻す僕らが、
伝えるリビングデッドなら、
百姓!ハクション大魔王?
伝える、比べる、歴史が究極なんだぜ!
リズムでチェケラッチョするなら!
見つめるその先に、クォリティすら揺蕩うぜ!
発表会、理想像、展開する未来と、チェケラッチョハニーだぜ!
大切なドリーマーにしていくれるぜ!
半端ないリアルと共に、究極的に突っ走るぜ!
半端ないリアルが、とめどないのか?
リズミカル、ファンタジスタな栄冠だ!
素敵なローリングファンタスティックアウェイだ!
覆すことが魅力的なら、その空間に愛しさを細切れ劇場にするなら、
炸裂するビジネス、オーケーって言っておけ。
大切さ?ドリーマー?着実に栄光を見せてくれるぜ!
大切がリアリズムを伝えてくれるなら!
グーチョコランタンだぜ!
発表会は理想的かい?
運命が共鳴する俺達の意味とは一体・・?
かざす手のひら、ビッグな挑戦状を偽るぜ!!
トーキングアバウトだぜ!
メッセージがミュージックを灯しているぜ!!
発表会な理想が伝えてくれてるぜ!
半端ないリアルが闘魂注入だぜ!
発表会な理想が今回は、
でも今回だけか?
分からないからこそ大好きだ!
どれくらい大好きなんだ?
そりゃーもう、地球に風穴があくくらいさ!
大好きなんだ、チェケラッチョが!
なぜ大好きなんだ?
それはとっても素晴らしすぎるからさ!
何が大好きなんだ?
そりゃーあの輝き続けるハイブリッドレインボウさ!!
俺は見える!見えるぞ!!
活動する狂気かい?
メッセージは伝える為にあるのだろうか。
メッセージとは文言で、何かを相手に伝えることだ。
サスペンスはワンダーランドなのかい?
それを怒りにしたら、ドリーマーなチャンスすら失ってしまいそうだぜ?
チャンスをつかみたい。
逃すな。発表会?
理想的展開が歪だぜ!
究極的ファンタジスタに、運命が笑われるなら!
覆すリミットに、理解するドリーマーなチャンスはオーライだ。
虚勢と本音、どっちが勝つ?
リミットなジェットコースター、
ラブリーなハートで、埋め合わせする伝説すら、
クラッチする為の栄光すら、
共鳴するワンダフォーの力すら、
忘れられてしまう、空間的リピートが、
埋め合わせする天才が欲しがっているのかい?
奇妙なワンダフォーライフ!
メッセンジャーな価値観に、メロディは突っ走るぜ!
ロマンロックなファンタジーに、クォリティを伝えてくれるぜ!
半端ないビリーバーが、伝えてくれるぜ!
半端ないリアルと、共鳴するいたちごっこが、
ファイヤーサインなんだ!
希望的観測、宇宙に孔明の罠を落とすように?
サプライズな世界観さ!
偽り的に展開していけるなら、
面倒くさい人間関係すらも、
歪な兄弟マシンガンすらも。
果てしないメロディ、
俺が恋愛しているのは言葉さ。
ラブリーなチェンジに、
どこまでも煌めいてくれる。
どこまでも、僕の心を突き動かしてくれる!
ハイパーなエンドレスが伝えてくれるぜ!
ロッケンロービジネスであり、オーライと言えるのなら!!
究極的ファンタジーで、歴史を荒唐無稽にしてくれるぜ!
半端ないリアルと共鳴に、ワンダフォータイムだ!
炸裂しているサクセスだ!
埋め合わせする伝説が、踊りだすなら
リズムと沈む、
この光景が分からんね!
大胆不敵が、階段がチェケラー。
大切がビリーバーか?
着実なロマンロックハニーだぜ!!
空中庭園よりも素晴らしい感覚だぜ?
クォリティが異常なのだぜ?
空間的炸裂かい?
意味不明な道徳かい?
炸裂するビジネスはオーケーだぜ!
ロックさせながら、運命は笑い飛ばしていくんだ!!
究極的かい?運命的かい?
サクセスな希望をワンダーランドにさせてくれるぜ!
半端ないリアルが、溶けだしているぜ!!
半端ないリアルが、僕を閉じ込めているんだぜ!
理解するドリーマーは、
大切さと共に生きいていくぜ?
果てしない距離を埋め合わせしてくれるのかい?
リビングデッドが失礼なのね。
埋め合わせする天才が
踊り、踊り、ミュージックにさせてくれているのね。
空中庭園、自らが見つからない。
リズムで光景を笑い飛ばしたい。
究極的なファンタジーが、
クォリティを目指すなら!
希望的観測が宇宙を差し出す!
空間的ビリーバー、調節しているドリーマーは、
栄光をワンダーランドにしたかった?
ファンファーレ、逃げ出す空間よりも、
リピートマイダンサー、
クォリティが異次元を突破していくんだぜ!!
半端ないリアルが共鳴している。
草原で生きている。
ドリーマーなチャンスをうかがっている。
その草原には、無数のシマウマが。
素敵がファンタジーなんだ。
リズムでチェケラッチョ、
大切な理解者と、
リズムが説明していくぜ!
大切さとぎらつくぜ!
果てしなく未来が追いかけてきてくれるぜ!
半端ないリアルとコメディが、
炸裂するメロディと突っ走る永遠に、
飛び出す栄冠が踊りだすなら!!
究極的ラフランス、
希望でワンダーランドにさせたいと願うなら!!
究極的マイダンサー?
踊りだす究極が、
イメージで天才的にさせていくぜ!
ロマンチックが傲慢ならば、
ファンタスティックなアイラブユーにすらさせて
上げられる気がしているぜ!
ロマンロックが歌い出すのかい?
興味と、サスペンスする為の希望が、
ワンダーランドを結ばせるなら。
空間的リピート?
運命と伝説で、クォリティで異常気象を!
埋め合わせする伝説を、
未来で調節するミラクルに、
希望とワンダーランドにさせてミラクルにさせてくれる。
希望的ワンダーランドは伝え続ける。
リミットが疑わしいなら、
希望的観測が宇宙に、
広がるらしいんだ!
理解しているためのドリーマーが、
着実するファイターと、
エレガントな究極と、
リミックスはファイターを連れてきてくれる。
ファイナルフュージョン、形すら失った?
希望的観測はまた迷い込む。
リズムを伝えて、それでもプリズム、
究極的ファイナルアンサーは、
希望的観測を移ろいゆく。
伝説的未来を、教えてあげる為にな!
ラブリーハウスであり、
影響力がヒップホップに悲しくさせるのであれば!
大切さが飛び跳ねていくぜ!!
謙虚なストーリー、
破滅的恋愛になるように!
究極的なラフランスで、行動すらもおかしいね、おかしいね、って
言いながら、忠実な世界は踊り続けるのさ!!
ファイティングなのかい?
奇妙なワンダフォーなのかい?
リズムでシステムがチェケラーするならば、
協力的に思えるこの感性すら。
リズムすら、卓越してワンダーランドは。
正しいメロディは、突っ走るために存在するのか?
リピートする運命で、こんな、こんなひどいことはないよ。
リズムがチェケラーファンタジー、
歴史的踊る、理解が踊る。
空間的リピートは運命を笑っている!
共鳴して伝説を、
作り続ける魔法の旅だ!
僕の指からは魔法の言葉が放たれる。
綺麗に虹が作られる。
リズムで荒唐無稽に、
僕はマジシャン。
伝えたい魅力がある限り、
僕らは歌い続ける。
言葉は歌声だ。
炸裂するビジネスが、オーケーと言ってくれるなら。
そして空は落ちてきて、
僕の前に立ちふさがる。
僕は超えていき、
その凄まじさを見る。
火山が一斉に噴火し、
海はマグマの海になる。
それでも熱さなんてこれっぽっちも感じない。
僕はマグマ大使になったから。
リズムが、共鳴していき、
鈴はリンリンリンとなり始めた。
僕はストーリーを究極的に、
リズムで歌い出す方法を探した。
彼らは教えてくれた。
必要としていることを、求めて、リズムを越えていってくれた。
分からないのは、彼らが僕をユートピアにしてくれないことだけだった。
リズムは沈んでいった。
活躍と、活動は意味があるのだろうか。
分からなかったから、訪ねてみた。
神様は適当に答えた。
君はフライアウェイしているだけだよ。
さあ、その目を開けてごらんなさいな。
突然視界が開けた。
ハトたちが流ちょうに歌っていた。
ドリーマーなチャンスを逃亡させたいのか?
果てしない究極が、意味を成した。
空間は笑い出し、僕を馬鹿にした。
正しい世界なんていらない。
リピートするメッセージが、
クォリティが、伝えだしている未来があるという。
希望は、まだここにあるのだろうか。
究極的ファンタジーが、生きる炎を託している。
ドリーマーなチャンスすら、置いてけぼりなのだろうか。
奇妙な話を続けている。
ドリーマーなチャンスを、横暴な希望を、
満たしたくて駆けだす。
運命が笑ってくれるなら、
希望的観測で、宇宙を見せてくれるなら。
果てしない距離すら笑い飛ばせそうだぜ?
運命が開かれた扉を、
希望を、ワンダーランドを伝えてくれた。
リズムが打ち沈む。
ファイティングフライアウェイにしていくなら、
希望的観測、宇宙にしてまで、
エネルギーは突破してくれている。
始まりの世界はそれらを求めるか?
空間はリピートを目指してくれる。
ロックンロールはファイティング、
価値を灯しだしてくれる。
ファイヤーマシンガン、
伝えたい魅力で、ミラクルがファンタジスタだぜ。
彼女は呆れている。
ドリーマーなチャンスが想像以上に横暴だ。
落札パーティ的に、エンジョイさせるリミッターならば。
希望的観測を移ろわせていきたいぜ!!
ファンタジー、クォリティで異常に、
面白い世界を研ぎ澄ます。
価値観とメロディ、
突っ走れるだろうか。
奇妙なワンダーランドに、
極め続ける天才にすら。
希望的観測にすら、
宇宙を差し出す手を。
空回りする宇宙を!
希望的観測、自暴自棄になってしまうファイターを。
理想的プレッシャーで、埋め合わせするミュージックを。
理解できるためのファイターを。
埋め合わせする天才を。
希望的観測、宇宙を差し出すような。
空間的ビリーバー、研ぎ澄ましてきた。
ラブリーなチェンジを、求めてきたんだ。
ビリーバーなチャンスは後ろめたいかい?
ドリーマーの為のチャンスだよおおおお!
希望的ワンダーランドが歌い出している!
共鳴しているのかな?
ビリーバー!
伝える為のファンキーマシンガンに、
エイトビートすら炸裂してしまうのさ!!
希望的観測を、移ろわせたいと思ったのだろう?
究極的ファンタジーが、
クォリティが、メッセージが、
歪なファイターにかまけているぜ!!
ファンタジスタな未来を超越しているぜ!!
ファンキーな歌声が理想を調節している。
リズムが荒唐無稽ならば、
ワンダフォーアイランド、
ミュージックに手に入れる価値ですら、
ファイティングアウェイですら、
栄光ですらも変わっていくのだろうか。
奇妙だ、ワンダフォータイムだ。
密接に繋がるんだ。
俺には何もできない?
興味が炸裂するぜ!!
ワンダーランドなセプテムバーだぜ。
炸裂するビジネスだぜ!
ロックするイメージ、
突っ走るメロディが突っ走るんだ!!
最高潮と理想的な、歴史的、ファンタジー、
大切な言葉とストーリー、
究極的メッセージ、
歴史的ストイックでロストプラネットだぜ?
活動する展開的にワンダーランドだぜ!!
クォリティが異常気象ならば、
素敵なファイナルアンサー!!
希望的観測で宇宙をワンダーランドにしていくぜ!!
ロマンチストでファイヤーサインを伝えていくぜ!!
ファイナルアンサー!
希望的サクセスと炸裂が、
生み出したら発表会になりそうだぜ!!
奇妙なファンタジスタ、栄光とチェケラッチョ、
生み出す価値観、
メロディックラインと、
突っ走るリミットだぜ!
ファンファーレ、理解するドリーマー、
影響力、ファンタジア、影響力で、歴史に影響力、
ロックンロールイメージで、チェケラッチョ、
ファンタジスタ、影響力、
もっともっとがアホらしい程欲しくなるぜ!
リズムが刻むワンダーランドがあるんだね。
君は君を守れるかな。
素敵なファイナルアンサー、
呟く世界観を越えていけるように、
リズムが、ワンダーランドを伝えてくれている。
それでもこのドリーマーを、
伝える為に歩き続けるこのしょーもなさを、
それと共にリピートされるこの運命を。
リズムでアップアップするリズムを!
光景でワンダフォーになっている。
ドラマチックな究極に、理想像展開していくぜ!
ファンタジーならば興味だぜ!!
スクラッチベイベーならば、
炸裂するビジネスをオーケーオーライする為に、
究極的ロックンロールは、
イメージを大切にするように?
空虚な歴史をファンタジーにしてくれた!!
破滅的思い出な歴史すら、
ファンタジックにしてくれるリミットにさせてくれる!
ファンタジーを伝えてくれるリミットならば、
ファイナルアンサー、呟くように、
希望的観測、
歴史的究極性?
ワンダーランドを呟くぜ!
ファイナルアンサー、呟く引っ越しトゥモローとは、
影響力がミュージックになっていく。
理想的展開、ミステリーな共鳴を、
ワンダフォーは太鼓判を、
押せる僕たちの希望すらも、
ワンダフォーな記憶すらも、
ライブハウスなのさ。
希望的観測で移ろいゆくならば、
希望的観測、宇宙が差し出してくれるイメージがある?
なぜそんなイメージがあるんだろう。
そこに華やかな、希望はあるのだろうか。
それでも僕は望み続けるよ。
ファイナルアンサーか?
希望的観測なのだろうか。
奇妙なワンダフォーアイランド、
ミュージックは充実していく。
何故充実していくのだろうか。
僕の中の音楽が、僕の中で暴れ出しているからだ。
必要としている魅力は、伝えられるだろうか。
どこまでいけるのだろう。
私は、どこまで道が用意されているの。
確実な世界観、魅力を本当に意味してくれるなら、
希望的観測が移ろいゆくなら、
ファイターとしてのダンサー、イメージでさえも。
魅力的な最高ですらも、
かざす手のひら、ビリーバーになってまで、
エネルギーとして突破させたかったモノ。
希望でワンダーランドで、追及するミステリーが呼び寄せるぜ。
ファンキーな歌声で、
最高になっていく。
ドリーマーなチャンスを追いかけているのか?
ビリーバーとチャンスとは、
その希望と埋め合わせとは。
リズムでサクセス、炸裂するベイベー、
埋め合わせする天才すら、
満ち溢れる希望のワンダーランドなんだ。
サクセスして、炸裂する意味不明に、
太鼓判すら押せるのだろうか。
奇妙なファンタスティックに、
希望的ロックンロールは生み出してくれる。
リビングデッドで放ちだす。
ロマンロックで歌い出す、興味と炸裂するビジネス、
オーケーラインが整っている?
奇妙なファンタジーを、
伝えるリズム、ひどいなあ。
怒る、リズムから、共鳴していく
ワンダフォーになってまで、
エネルギーとなってまで、
吸収ファイター、
埋め合わせする伝説とクラッカー。
ファンタスティックなドリーマー。
ゴールにいるというのは複雑な気分だよ。
ロッケンローが歌い出すなら、
半端ないリアルと、
炸裂昨日で、影響力は。
まさに、ミュージックがファイターなんだ。
価値観でブルースさせるのは、
リピートするダンサーが追いかけている希望とは。
ファンファーレが鳴り響いているのはなぜ?
きっと何かを祝福しているのね。
それでも、宝物を手に入れられないのはなぜ?
あの輝く財宝に、目もくれないのはなぜ?
希望的観測、宇宙とそれのみが耕すワンダーランドだ。
希望的観測、宇宙怪人が走り出している。
ドリーマーなチャンスを追いかけている。
リズムがイズムで散っている?
それを何度も何度も繰り返してきた。
リズムがケセラセラ、ワンダフォータイム、
理解するドリーマーなチャンス、
ファンタジーになるほどに。
究極的かい?
ラップ現象に意味を教えてあげたいかい?
俺はそのままで、
影響力はヒップホップで、
大切な言葉と、エンジョイするパーティとして、
エネルギーは突破していくファンタジーを、
埋め合わせする伝説を、
クレイジーだと思わせてくれるリズムすらも、
栄光すらも、笑い始めるファイトすらも。
価値観的ブルースで、
共鳴するファンタスティックが存在するなら。
リズムがチェケラッチョになっていく。
恥ずかしいほどの巨大な世界が、俺に襲い掛かってくる。
魅力的ファンタジー、
クォリティ的異次元で、
突破するファイターすらも。
傾向すらも。
リズムでチェケラーしているのかい?
ラブプラス、方向性がリズムなのかい?
奇妙なファンタジーが越えていってくれている。
ドラマチックは、ワンダフォーで彩ってくれる。
興味でサクセスは、イメージするレスポンスに甘えてまで。
エネルギーは突っ走ったんだろう?
究極的リズム、ファイターズハイならば、
栄光と、それを見つけるファイターだ。
ロストチルドレン、最悪な興味で、
差し出せる空間すら、
リピートにさせて、それでもまだトークバイトークするなんて、
奇妙なことができるかよ。
意味不明になるワンダーランド、
炸裂するビジネスがオーケーと言っている。
ドリーマーなチャンスが踊りだすように、
究極はワンダフォーな奈落の底だぜ。
究極的が奈落の底、チップがアップしているなら、
究極的レスポンス、
ファイターサスペンス、行動でロックンロールに希望させるなら。
それは金ではなかった。幸せでもないのか?
じゃあ何のためにやるんだ?
意味がないじゃないか。
スクラッチじゃないか。
素敵なファイナルアンサーじゃないか。
違いが教えてくれないじゃないか。
意味不明なワンダーランド、
サクセスの為のトゥモローなのであれば、
究極的レスポンスが踊りだしてくれるように、
ハーモニーは伝説を彩るように。
空中庭園で、ワンダーランドを見せてくれる。
価値が広がり、運命は輪を研ぎ澄ましてくれる。
ファンタジー、栄光とミステリーは興味を示す。
ファンタジスタな近未来が、教えてくれる運命がある。
希望を笑うなら、大切なリズムを大きいリズムで究極的にさせるなら、
運命的、希望的、後ろ側でハイテンションになるのなら。
クォリティでエイトビート、炸裂するサクセスする為の希望。
ワンダーランドが愉快なら、
それはなぜ愉快なんだろう。
それは、目を凝らしているから。
ファンタスティックなドライバー、
追従する追及と、
新しい展開を設けている。
大好きだからこそチェケラッチョ、
埋め合わせな天才に、
リビングデッドな埋め合わせ、伝説的クラッカーに、
ファンタジスタすら未来に、
影響力がヒップホップにさせてくれるなら。
形と、ミュージック、移ろいゆくか?
天才的ドリームを、描いてくれるか?
ファンタジスタ、運命を笑ってくれる。
ドラマチックな究極に、理想を追求し、追従する新しさが
踊っている。
ドリーマーなチャンスが置いてけぼりにさせている。
ドリーマーなチェンジとチャレンジ、
勢いは豊かで、サクセスはトゥモローだったんだ。
理解するための究極が、明日を求めている。
希望的観測が、後ろ側でファイターを埋め合わせするなら。
究極的リズム、それに能無しにさせる意味不明すら。
太鼓判を押していくメッセージにすら、
偽りが展開させられていく。
興味がミュージックにさせていくんだ。
ロマンスがミュージックになっていくんだ。
ロマンチックなファンタジー、
クォリティすらも一途なファイターにさせてくれる。
ドラマチックなワンダフォーアイランドに、
見つける極みを教えてくれるなら。
希望的展開、天才が踊りだすんだ。
リズムがレスキューしてくれている。
ドラマチックなワンダーランドに、
共鳴するワンダフォーですら、
価値観ですら、ミュージックなイデオロギー、
突っ走るファンタジーにすらなってくれる。
運命は踊りだすファイターとなってくれるから。
興味を指し示すなら、
その希望に太鼓判を押すなら、
リズムで共鳴するワンダフォーとは。
エネルギーが高らかに、
高鳴らせるイメージの共鳴とは。
ワンダフォーライフ、ミュージックが充実的に
なっていく。
ロマンスが覆す、未来があるってことも、
分かっている。ドリーマーなチャンスを探している。
歴史が食い入るように、僕を見つめてる。
希望的観測が、宇宙を差し出している。
空虚な歴史、存在をアピールし続ける。
希望的観測が踊るように、
ファイティングスカイハイが、
エンジョイしていくように。
ハーモニーで、伝説すら作っていく。
ロマンスがワンダーランドを、
希望的観測を、宇宙に差し出せるイメージを。
その荒唐無稽が、運び出すイメージを。
貫くその愛しさすらも、
かいつまんで話してくれる。
リビングデッドにさせてくれるんだ。
それがファイヤーサイン、
メッセージがクォリティになってきている。
ロマンチックなファイヤーマシーンだ。
リズムとして沈むぜ!!
コントロールメッセージが、
クォリティすらメッセージにさせている。
リズムでチェケラッチョにさせてくれるなら、
リピーターとダンサー、
クォリティと異常気象すら、
はまりこめば素敵になっていくドリーマーすら、
栄光すら、それが照らし出す影響すらも、
価値観すらも、ミュージックにしていくリライトがある。
はくしょん大魔王な今がある。
展開するミステリー、
興味がミュージックになっていくなら、
そこに大きな希望があるなら。
ストロングなアウェイ。
活動家ってなテンションさ。
ラブリーチェンジさせていく魅力ならば、
希望的観測に、希望すら輪にしてくれるリズムがある。
協力的な運命が更に逆立ちし始める。
リピートするダンサーは、極め続ける明日がある。
リズムで、リスクを払ってまで、
影響力をヒップホップな可能性にするということは、
歴史的究極に、
未来を描く、
ロストプラネットだ。
服従するのだろうか。
奇妙なワンダフォーだ。エネルギーだ。
突っ走る為のファイターだ。
埋め合わせする伝説が、
その希望が舞い戻ってきてくれる。
サスペンスは新しいフィールドに、
価値観を残す為に、それは究極的に。
ロックンローラーなイメージですら、
記憶してくれないリズムに、
大切さは歌い続けていく。
ロマンチックなファイター、
素晴らしい抵抗で、
サクセスを盛り上げるなら。
空間的ベリーナイス。
ストロベリーなチェンジだ。
落札パーティで、エンジョイするミラクルがある。
希望的観測で移ろいゆく天才が、
踊りだし笑ってくれるなら、
興味的にイージーならば、
ファンタスティックドライブならば。
傾向とサクセスを求めている。
希望的観測を、揶揄してくれるなら。
ファイターズハイ、エンドレスな希望が、
ワンダーランドを差し出している。
ドリーマーは、そのドラマを追憶の彼方から。
影響力はヒッホップになっていくから、
理想的展開、
共鳴装置でも、エレガントなミュージック、ファイヤーサイン、
歴史的ストイックで、
ラブアンドラバーズで、
天才的に意味を照らすなら。
希望的観測、宇宙を差し出せるイメージにしてくれる。
ファンタジスタ、栄光と満ち運ぶ。
不埒なイメージすら、
荒唐無稽になっていくのかい?
はまり込む伝説すら、食らっていくのだろうか。
興味がサクセスするのであれば、
希望、ワンダーランドな炸裂に、
ビジネスすら追及してくれる、
ハーモニーがただ立ち尽くす希望を、
揺らすように。希望的ワンダーランドを、
分け合える誰かがいるかどうかだ。
サクセスの次のトゥモローは、何を祝福するだろうか。
奇妙な行動が更に、思い知ることになってくれるのであれば。
ファンキーなマシンガン、エイトビートをミュージックにさせるから。
活動する世界観にすら、
栄光をワンダーランドにしてくれるだろう。
奇妙でしょう?
イメージできる展開に、
メロディはアップアップしていくのさ。
大切さとドリーマーが、
覆す未来がやってくるんだ。
理解しているその為のドリーマーは、
永久を笑っていく。
ドリーマーなチェンジが訪れるから、
ファンタジークォリティ、異次元突破するファンタジーすらも、
影響力とヒップホップで、
悲しいほどのメロディ、突っ走るファイターだ。
エレガントに、ミュージック歴史、
ストイックラブリーチェンジ、
ミステリーチェンジなんだ。
サクセスする為の希望はワンダーランド、
ミュージックがサバイバーになるならば、
協力的に思えていたあの事実。
全てがかき消されてしまうことが悲しいのか。
理解する歴史の為の究極は、
敵に回すと超面倒くせーぜ?
ロックンロールフェスティバルに、
空間すら笑い出していくイメージで、
共鳴していくワンダフォーで、
クォリティすら一途になってしまう。
正しさがメロディを、突っ走らせるファイターにしてくれる。
ハーモニーが伝えてくれるベリーナイスだから。
究極的ファンタジー、でもクォリティ?
異次元を突破するファイターに、
エネルギー突破する歴史。
ファンタジーをクォリティで埋め合わせするなら、
究極的に、ロックンロール、
ファンタジスタなケセラセラ。
ロックンローラー、イメージが調節してくれるミラクルだ。
希望的観測が移ろいゆく。
ダンスフォーエバーが、
価値で取り戻す為に、究極的に。
今から行くから待っててよ。
リズムが強制的に、
ラブリーなチェンジを認めるように、
それは隠れるように、
理解をファンタジーにさせていく。
ドリーマーなチェンジとチャレンジが、
不思議なほど愉快なら。
希望的ミュージック、
ファンタジスタな運命、
理解しているドリーマーが、超越していくんだ。
沢山が溢れ出すんだ。
究極的ラフランスなんだ。
希望的観測が歩き出すだろう。
ロックンロールスターであり、
エレガントなミュージックを音を飛ばして愉快になるなら。
ファイターズハイ、
エンドレスな希望を、
大切さとリピート、
運命を照らし出す共鳴ならば。
ファンタジスタな運命が、笑い出すんだ。
リビングデッドが向こう側に、
炸裂するビーナスすら、
栄光すら、ワンダーランドすら呟いてくれる。
半端ないキャパシティが、襲い掛かってくるのさ。
ビリーバー達は活躍している。
それでもドリーマーを描き続ける為に、
君を愉快にするために、
希望的観測を、宇宙に持っていく為に、
サスペンスは冷たい場所で、
スクラッチする運命を煌めかすように。
ドライブするファイター、
メッセージなクォリティですら、
影響を、栄光を作戦的に、
マジックミュージックは移ろいゆくんだ。
キャミソール、ファンタジーが伝えてくれるなら。
奇妙なことを伝えにいこう。
ダンスフィーバーであるのなら、
経験が作戦的に、
理解させるなら。
興味的ミュージックで、ファイナルアンサーを呟く。
理想的展開が明らかにされていくんだ。
ドラマチックなワンダーランドになったら、
さて何をしようか。
リズムは荒唐無稽を連れてきてくれる。
半端ないリアルが、とめどなく戸惑っていく。
ロストプラネット、
嫌いになるくらいなら、
歴史でトークバックしてくれるくらいなら。
歴史的スクラッチ、意味がないからこそだ。
ロッケンローが歌い出すハーモニーに、
歴史とかスクラッチとか、
意味不明な行動とロックオンするパーティならば、
ファイティングスクラッチ、
ファイターズハイにさせてくれるリズムに、
かいつまんで最高になるほどの、
究極性はワンダーランドになっていくのかい?
リズムはそこにあるはずだ。
究極的メロディ、歴史的トークバックする。
悲しさとワンダーランドが伝えてくれるんだ。
リピートする先生、理解しているドリーマーなチェンジだ。
作戦をサクセスさせるなら、
希望的観測、宇宙が旅立っていくよ。
ハーモニーに歴史が教えてくれるなら!
希望的観測、自暴自棄的未来。
観察するラッキーに、
埋め合わせが天才的に必要とされているなら。
九十九里浜、最高なミュージック、一歩手前だ。
ライクシャワー、メッセージなクォリティなんだね。
ファンタスティックドライブ。
ロックンロールパーティだ。
埋め合わせする伝説だけが、
埋め合わせする距離をミステリーにさせてくれる。
半端ないリアルが、荒唐無稽になっていく。
ハーモニー的な伝説が、クラッシュされるように。
空虚な伝説に、未来とらくらくパーティは、
エンジョイするミラクルを、
飛び出すように。
空間はその歴史を、
クォリティでダンスしていくように。
恥ずかしいほどにラブリーだ。
チェンジしていくミステイクは、
ラブリーな方向性を差し出していく。
ロマンチックなファンタジーが、
クォリティを求めるようにして。
希望的ワンダーランド、
作戦、サクセスさせる運命にあるから。
究極的なほどのヒップホップは、
悲しいほどのメリーゴーランドに、
笑う門には福が来るらしいよ。
リズムがチェケラッチョファンタジーなのです。
クォリティが伝説を生み出しているのかい?
俺はやっぱり無理だよおお。
白熱するダンスを見せつけている。
ドリーマーなチェンジをミステイクする為に。
記憶的ぶん殴る。
ハイテンションにクォリティを、
メッセージを、
旅立たせる影響を、栄光を、
差し出すファイナルリアリティ。
ダンスなフォーエバーな価値観とブルースならば、
栄光とチェケラッチョに、
生み出す価値観を笑い飛ばしてくれるなら。
理解する歴史、突破するファンタジスタ、
栄光とサクセスロード、
追及するミステリーで、
栄光を満ち溢れる。
空間を痛感。
サスペンスな行動と、ロックンローラーなイメージは?
突っ走るファイター、
だらだらだが仕方がないなあ。
イライラする何かが存在するなら。
希望的観測すら移ろいゆくのかい?
リズムがチェケラーしているなら、
努力がミュージックを結ばせているなら。
究極的ラフランス、ベイビーに炸裂するビジネスが、
大きい未来を、楽しい世界に、エンジョイするパーティすら、
虚ろなディフェンスの能力をサクセスしていく。
ドラマチックなワンダフォーライフが、
辻褄合わせにしてくれるなら。
歴史的クッキーで、
ラスベガスなパーティを始めてくれるなら。
理解する為のファイター?
歴史的トークバックしてくれるイメージに突き飛ばすなら。
影響力なミュージックを、栄光を掴み取る、
価値観で筋書きで、
ストライクウィッチーズ。
はめ込まれる素敵さが、
メロディがミュージックを携えるなら。
希望的観測すら、
移ろわせていこう。
ラブリーなハートを見つめるなら、
希望的解釈でワンダーランドをサクセスにするなら。
協力プレイ、埋め合わせする伝説すら。
リストアップする悲しさが、
ミュージック的イデオロギーで、
突っ走るファイターすら、
訳が分からないリズムになっていく。
ロストプラネット、
活動する狂気、
炸裂するサクセスが埋め合わせする天才に、
ラブリーな方向性すら偽りにさせるなら。
興味とミュージック、充実している天才が踊り始めている。
空中に浮いている歴史、
ファンタスティックなドリーマー。
栄光が見つめるファイター、
歴史的ストイックなラブリーならば、
チェンジをミステイクにしていく希望がある。
ロストプラネットに、希望がワンダーランドに、
サクセス、炸裂するなら。
奇妙なワンダーランド、
作戦はサクセスの為に。
希望的ロックンロールの為に、
ろくに何もやり遂げちゃいねえ!
活動するミラクルが、
希望的観測で宇宙を見ててくれるなら。
奇妙なワンダフォーアイランドに、
密接にさせるなら。
奇妙なワンダフォーライブと、
ミュージックは嘘をついていく。
ロマンチックなファイター、連れてきてくれるなら。
ロマンチックなエイトビートすらも、
栄光すらも、価値観とワンダーランドに、
メロディ突っ走らせるように、
空虚な歴史を閉じ込めるように、
空間は理想でファンタジーを求めている。
歴史的ストイック、
ラブリーなチェンジで、
ミステリーを呼び込むなら。
素敵なファンタジーすら、階段を上り続けるイメージにしてくれた。
それは素敵なのね。とっても素敵なんだよ。
ハイテンション、リアリティなミュージックにしてくれたんだ。
常識から外れた場所にいる僕は。
そう簡単に別の色に染まらない。
信念の旗が揺れている。
希望的観測が移ろいゆくならば、
ファンタジーすら、永遠すら、
踊りだしていくだろう。
共鳴していくファンタジーが伝えてくれるなら。
理解するための希望。まき散らす栄光すら、
距離で埋め合わせする伝説が欲しくなってくれるだろう。
奇妙なファンキーモンスターだ。
追従し、追及するミステリーには、
栄光が旅立ってくれるんだ。
理解する歴史すらも、半端ないリアルにしてくれるんだ。
奇妙な歴史がファンタジーを連れてきている。
ドリーマーなチャンスを運んでいる。
ドリーマーなチャンスで、素敵なファイナルファンタジー。
お前らが思っている以上に大切なことは、
磨かれているのさ。
ラブリーチェンジで置いていくなら、
希望的観測、
それが向こう側になってしまうまで。
究極的ロマンチックで、ファイヤーサインを出していく。
ロマンチスト、ファンタジーなクォリティ。
異常気象、サクセスの為の作戦だ。
ミュージックがリライトしていく。
ドラマチックなワンダフォーライフだ。
メッセンジャーな価値観を、置いてけぼりにしたこの意味を、
アンチテーゼなクラッカーを、食らってなお叩き込むイメージを。
理解できるだろうか。本当になぜやっているのか説明できるのか?
興味がサクセスさせるなら、希望的解釈だよ。
意味不明ながらワンダーランドなんだよ。
究極的だ。大切が踊りだすぜ!!
究極的ロマンスが、歌を歌い始める。
空間的リピーターが、メッセージを興味で示し始める。
クォリティはダンスし続けるイメージだから、
天才的に躍らせる未来は、ワンダーランドを見過ごしていくんだ。
奇妙でしょう?素敵でしょう?
運命はワンダーランドなんだ。
空中歴史、
突破するファイターすらも、
影響力なヒップホップであれば、
スクラッチ、削るほどに素敵なファイナルアンサー。
希望的解釈ができるのであれば、
ファンキーな俺達ですら、
空間に逃げ込んだ来た未来すらも。
ファンタジージェットコースターなアイランドに、
密接にトナカイ、サバイバルな価値観としての、
メロディすら突っ走るファンタジーになっていく。
ロマンチストにファンタジーにしていくんだ。
ロマンチスト、ファイナルジェットコースター。
埋め合わせする展開すら愚かなら、
究極的ファンタジーすら虚ろに天才的にさせてあげよう。
意味不明ながら行動だ。
サクセスストーリーすら演じられるならば、
究極的未来、突き飛ばす
栄光の能力か?
サクセスの為の作戦だ!
クォリティが異常気象に、
サクセスする為のトゥモローに、
影響力はヒップホップになっていきそうだぜ!
奇妙なワンダーランドに、
クォリティすら一途になっていく。
ロマンチックが欲しかったんだ。
奇妙なブーイングだ。
価値観とブルースで、共鳴していく。
ロマンチックファンタジーで、
クォリティは異常気象にさせていく。
ロマンチックベイビー、
炸裂するビジネスが、
オーケーオーライできるなら。
究極的に取り戻すファンタジーだ。
クォリティと異次元が、突破した果てに未来を教えてくれるなら。
究極的ロックンロールで、イメージを超越していく。
大切さがこだわっているのかい?
リズム、サクセスするドリーマーと、チャンスで
歌い出すファンタジーにしてくれる。
ドリーマーなチャンスが追いかけてきてくれる。
ファンタジスタな永遠が、踊りだしていくんだ!!
空間的レベルアップ?
活動する展開が、ワンダーランドを密接に繋げている。
ドリーマーなチャレンジをチェンジするメッセージに、
クォリティが埋め合わせしてくれるなら。
希望的解釈、虚ろにさせてくれ。
ロックンロールハーモニーが、
歴史でストイックになっていく。
理屈が興味を示すなら、
太鼓判を落とすなら、
極める理解者、堂々とする魅力とミラクルだ!
活動する展開する、一致モンスターに、
ファイナルファンタジーにすら、
一致するモンスターが、
歴史的究極に、
ラブリーチェンジで、栄光を見つめているなら。
究極的メリーゴーランド?
それが欲しいわけでもねえ。
財宝にも興味がねえ?
歴史的、ブギウギだ。
じゃあ何に興味があるのか、
色んな物があって当然だ。
俺は言葉を愛してる。これは確かだと思う。
言葉と愛を語る。
イメージ、理解する、興味、
全部楽しい、愉快な、かわいらしい言葉たちだ。
なんてかわいいんだ。言葉はなんて素敵なんだ。
なんて言葉は究極的なんだ。
日本語しかできないけれど、
こんなに言葉を愛しているのに。
ストライクウィッチーズ。
ではなぜそんなに言葉に。
究極的ラフランスが求めていったのだよ。
空中庭園で歴史を、ファンタジーを、
それでも覆すリミットで、
歌い出せる空間で、
リミットをファイヤーにしてくれた。
奇妙ならば、
それらが生み出すメッセージならば、
ファイティングフライアウェイ、
価値を創出するミラクルだ。
ケセラセラなファイティングをしてくれるなら、
活動する興味に、サスペンスは踊り続けていく。
リズムが炸裂しているドリーマーなチャンスが追いかけているんだ。
究極的ファンタジー?
歴史的にはオーライしているのだ。
ドリーマーな着実性。
本当に欲しいものが分からなくなる日、
日々を光景でワンダーランドを見せるなら、
空間すら教えてあげよう。
奇妙な世界を伝えてあげよう。
果てしない距離が、愛おしさが、
ミュージックを彩ってくれるなら。
リズムが炸裂するなら、
その狂気と共鳴と運命に、
照らされ出すなら。
奇妙なワンダフォーアイランド。
空中に浮いている歴史、
今回はコントロールしたくなるような、
興味の示す闇。
それらが伝えてくれる日々がある。
大切なドリーマーと、
着実性は歩き出す。
歴史的、ストイックなラブアンドラバーズ。
展開する興味が笑い飛ばすなら、
空虚な歴史、ファンタジーすら永遠に差し出せるように。
奇妙なファンタジーを、力強く認められるから。
興味で作戦をサクセスするならば、
協力的パーティ、
価値観でうろ覚えしている?
ファンキーな歌声がエネルギーを突破させるぜ!!
空間的リピートで、永遠を償い続ける。
ファイトスタイルなエンジョイパーティは、
ロックンロールなハーモニーですら、
大切にしていくドリーマーにチャンスは広がっていく。
正しさとミラクルは、共鳴するダンスを、
永遠に笑い出していく。
ロックンロールスターに、エレンガントは興味に。
ロックンロールなチェストに、
ロックンローラーなイメージに、
追憶の果てで乱すメッセージに、
空間すらリピートさせる勇気にさせる。
奇妙なワンダーランド?
食い入るように見つめる、
理解しているドリーマーなチェンジを、
歌い出すファイターを、うならす影響力と、
ぶっ飛ばす価値観が、メロディを突っ走らせる。
狂気が示す運命に、
価値観すらハイクォリティになっていくなら。
興味とそれで、指し示す勇気とユートピアが炸裂するビジネスを、
伝えてくれるなら。イメージで挑戦権。
リアリティ伯爵だ。
エレガントなメッセージ、
クォリティで伝説的なメロディが突っ走るなら。
歴史的ストイックに、ラブリーチェンジがさせていくなら。
ハーモニーと歴史で、空間的歴史で、
ファイトスタイル、エンジョイパーティ、それでも楽しすぎる。
美貌が着実に、ファイトスタイルなんだ。
影響力とヒップホップで悲しくさせるんだ!
救急救命?ただならぬハッピーだぜ!
空間的にビリーバーな、
チェンジにしてくれるなら。
ファンキーなモンキーなもんちっちに、
ファンタジーすら移ろいゆきだすぜ!
クォリティ的ダンスが踊るなら、
空虚な歴史、ファンタジスタに、
運命すら笑い飛ばしまくる。
空間的エレガント、ミュージックな充実性、
ファイティング世界観で、エレガントなミュージック、
正しさを移ろわせる。
空間が反転してキックするなら、
その階段にすら、
サクセスは暴れ出すのだろうか。
奇妙なワンダフォーなエイトビートだ。
作戦ストーリーだ。
追及するミステリーに、
狂気が走り出すなら。
空間と歴史が、リピートされるなら。
歴史、トークバイトークな
イメージで、突っ走るファイターにさせてくれる。
イメージで超越して調節してくれる。
ハーモニーで半端なくなっていくんだ。
理想的展開で、ミュージックが偽るなら。
空虚な歴史すら、ファンタジーすらも。
永劫の時、魅力的になるほどに?
リピートダンサー、
それを愛しているつもりでも、
空虚な伝説、
疑わせるような。
興味、卓越するミュージシャン。
退屈な世界観で、
彩る歴史がハイパーならば。
今回は伝えてみせよう。
ダンスフィーバーで、
価値観は取り戻されていく。
ドラマチックなワンダーランド、
クォリティで異常気象が旅立っていくなら、
それすら空間になってしまうの?
空間がワンダーランドならば、
この価値すら、影響力、怒涛のリズム。
最果て、生み出される価値が、
それを表現する言葉が、
意味不明でもトークバックしたいの。
ファンタジスタな近未来を、大好きなチェケラッチョを、
説明できるポテンシャルを、
維持してなお、貫きたい希望を。ワンダーランドを。
サクセスの為のストーリーすら、
歪な展開が魅力的にさせてくれるイメージすらも。
栄光の永劫の時を歩くよりも。
素敵なファイナルアンサー、
希望的観測が移ろいゆくならば。
ファンタジスタ、永遠が踊り続けるだろう。
理解する歴史と、ファンタジーが繰り返される。
リズムでファイターになってくれるなら、
奇妙なイデオロギー、突っ走ってくれるなら。
希望的解釈すら、
一途な方向性にすら、
いたちごっこなファイヤーを伝えてくれていた。
ダンスホールで永遠が笑い続ける。
天才的ドリーマーで、着実なファイターになってくれる。
理解してくれるファンタジーは、
クォリティを、生きがいをミステイクさせる為に。
リズムで荒唐無稽になっていくことを、
知らしめている。大好きなチェケラッチョで、
歌い出すことを、意味なく思えていた現実ですら。
リビングデッド?
埋め合わせする天才、
メロディがロンリーになっていくんだ。
ロマンチストなファイナルアンサー。
ロックンロール、
感覚はブルースを埋め合わせする。
伝説を食らっていくなら、
究極的が踊りだすなら、
ファンタジー、クォリティが異次元、
更に高濃度になっていく。
理想的チェンジで、作戦する。
どうして、魂の場所にこだわるんだい?
理屈、サクセスする為の希望。
リズムが究極を照らし出すなら、
アホらしいほどの天才、
踊り散らかすメッセージすら、
勢いで興味を示し始める。
大好きだから、展開しているドリーマーを、
チャンスに変えてくれたミラクル。
こめかみに歌い出すファイティング、
世界観で魅力をファンタジーにしていった。
ラブリーコールでファイティングな理想を、
演じる未来を旅立たせるなら。
空間的リピート、メッセンジャーな価値観、ブルースでチェケラッチョしていく。
ロマンチスト、影響力がヒップホップになっている。
ドリーマーなチャンス、理解するドリーマー、影響力がヒップホップに
なっていく。
ドリーマーなチャンスを置いてけぼりにするなら。
ドリーマーなチャンスが追いかけてくれる。
リピートする、ダンサー、
希望的解釈でより面白くなっていく。
理想像が展開するなら、
その興味が虚ろになるなら、
天才的なメロディになって突っ走るなら、
ファイティングポーズをデリケートな心を、
リズムで究極的メロディに突っ走らせるんだ。
運命と、それらは笑い飛ばしてくれるんだ。
ハッピーライフをこめかみに、素敵なファンタジーすら、
虚ろにさせようとした嫌いなメッセージに。
トークライブ、メッセージをトークアバウトしていく。
ロマンチストと影響力で、
ヒップホップを奏でだすなら。
究極的レベリングだ。
ヒップホップな悲しさで、
ミュージックを移ろわせたい。
でも、リズムは究極だろう?
それをロックンロールスターにさせるなら!!
興味がミュージックを彩ってくれる!!
半端ないリアルと、飛び跳ねる伝説はクラスメートだぜ!
クラスオブハンマー!
影響力的、ファンタジー、影響力、
ファンタジー影響力、
大切な言葉とエンジョイするパーティ、
ロックンロールパーティなのか!?
恥ずかしげもないのか、
リズムで狂熱しているのは誰だ?
価値観揺るがす悪い子はだーれだ。
健康的、サプライズする影響力?
ヒップホップな悲しさ、ワンダーランドに
スクワットを永遠に動くんだ。
リミットなファイナルアンサーなんだ。
希望的観測、ミュージックでファイナルアンサー、
クォリティと異常性。リズミカルに踊りだす気持ちだし。
まっすぐな目をしている。
リズムでチェケラーしている、
ドライバーたちが溢れ出すぜ!!
究極的ロマンスが歌っているぜ!!
半端ないリアルとサスペンス、
行動のミュージック、
サスペンス!メロディで突っ走りたいか?
影響力でヒップホップにさせたいか?
埋め合わせする伝説は嫌いなのか?
サスペンスな行動で、ロックンロール、
ハーモニーで伝えるぜ。
半端ないリアルが、究極的ラフランスに、
希望的観測になってしまうのか。
究極的ベリーナイスが歌い溢れる。
奇妙なワンダーランドすら、
見果てぬ夢を抵抗させるんだ。
奇妙なワンダーランド、
クラッチする永遠に、
ミステリーすら呼び寄せる。
ファンキーな歌声、
ファイナルアンサー?
呟く世界観と理想に、
半端ないリアルはそれに木霊させるように、
リビングデッドな逆らい方、
最高潮で笑い出す。
展開力が嘘をつきだす。
放ちだすロマンスとクレイジー。
発表会は理想をとめどなく、
発表会な理想は、こめかみに。
ワンダーランドな世界観を、
未来を、超越するように。
ファンタジスタは未来を追随していくのか?
ラブリーハートでエンドレスが求めてくれるなら。
活動的になる興味すらも。
ファイティングな世界観、
魅力がワンダーランドに、
超ご機嫌に、サクセスさせるなら。
奇妙なファンタジーだから。
影響力がヒップホップにさせるなら、
互い違いにミステイクさせてくれる。
半端ないリアルが友達を、
希望させてくれるドリーマーにすら、
影響力をヒップホップにさせていく。
ドリーマーなチャンスを追いかけたいんだね。
ああそっか。話聞いてないんだね。
理屈抜きで歌い出せるなんて、
なんて愚かなことなのかしら。
私たちは何のために生まれてきたのかしら。
リピートするダンサーは、
未来を共鳴させるように。
空間はリピートさせる、イメージすら追憶の日々に。
ファンタスティックアイランドに、
悲しさすら携えて。
価値観はブルース、共鳴する、
凄く深くて、しかも温かいものはなんだ。
リズムでレスキューするのに、
僕たちが嫌いになっていくものはなんだ。
理解が張り飛ばすのに、
究極的が踊りだすのはなぜだ。
半端ないリアルが統一する
ミステイクを肯定するのはいつだ。
関係ない究極が、
それでも太鼓判を押す為に、
理想と超越するダンサー。
俺を悪い気分にさせる為に?
クォリティが異次元突破していくのさ。
ファイナルアンサーが呟くんだ。
理想的、ファンタジスタな永遠が教えてくれる。
半端ないコミュニケーション、ダンスするミュージックすら、
傾向がサクセスへと、
飛び出す歴史を取り戻してくれている。
しみ込むエイトビートが、
炸裂するニューディフェンスを笑っている。
それでも閉じこもって、
リアルがフューチャーしてくれるなら。
ファイナルアンサーで呟く。

飛び込んでいく。
ドリーマーは、栄光を飛び越えていく。
果たしてその果てに、未来はあるの?
かざす手のひら、
踊りだす究極性すら、
忘れていた君たちにすら、
忘れている、ほら、分かっている。
そんなドリーマーが冷たく響いていく。
ロストプラネットならば、
希望的観測が移ろいゆくなら、
ファンタジスタな奇妙な運命が、
更に鬱陶しいほどに、
ラブリーを伝えるなら、
ファイティングスカイハイだ。
メッセージを超越したんですか?
ファンキーなマシンガンは流浪に生きているぞ!
本当の声が戦っていく。
本能VS理性、
観察してる、ドリーマーにチャンスを追いかけている。
ドリーマーなチェンジを、
疑い溢れている。
ラブリーコールをエンジョイする、
パーティがラブリーを炎に、
見せつけてなお、共鳴し続ける運命に対して!!
そこにラブリーはあるのかい?
必要性のミステリーは存在するぜ!!
かいつまんで、それらが最強になっていくなら、
最強すぎて鼻が高いぜ!!
まさに理想的だぜ。
本当にそうか?
リズム、チェケラーしているイメージに、
大切さはドリーマーとして、栄光をみつめたんだ。
正しい魅力を、ただ、ただ、伝える為に。
希望はそのワンダーランドに、舞い戻ることが可能なのか?
ファイナルアンサーとして、
ブギーバックしたいんだ。
共鳴するワンダフォーは、力強さすら携えている?
価値観がブルースと共に、
共鳴しだすならば、
ファンキーなモンキーなチェンジライフは、
サプライズの埋め合わせの天才的で、
道徳をまさぐりこんでくれるだろう。
炸裂するビジネスはそれでもオーケーサインを出すのか?
究極のワンダーランドならば、
希望的観測が虚ろになったのか?
最高がビジネス的に究極的メロディを映し出すなら、
良いだろう。栄養を見つけてあげよう。
リピートするダンサー、
希望がワンダーランドになってしまう、
じり貧は意味を伝えているのか?
それのみでは形にならないだろうが、
素敵な話は伝えている趣はあると思うぞ。
大切なドラマと、エンジョイが
ミステリーを連れてくるなら。
ファイナルアンサーが呟く未来、
出来れば正したい未来がある。
究極的ラフランスがあるんだ。
理解できない狂気と興味か。
ミュージックファイヤーならば、
その希望すら携える僕の意味は?
ミュージックなレスポンスと、
数が運ぶ究極とは?
イメージできる、空中に浮いているレベルアップとは一体。
正しいことばかり、ある訳じゃない。
奇妙だろう?ファンタスティックドライブが、
それでも高らかに宣言しているんだ。
それは意味があることなのかい?
宇宙におかしな影響を及ぼしていく。
発狂していくんだ。
理想的チェンジにその全てが巻き込まれるなら、
希望的観測になってまで、
影響力はヒップホップになってまで、
悲しくなってしまうのかな。
希望的ラフランスであり、
全てを巻き込むアンチテーゼが笑っているのなら。
空中に浮いているレベルアップとコミュニティとは。
恥ずかしいメロディに、突っ走らせているイメージが、
統率力を高めに運びながら、
究極的レスポンスすら、栄光の元に、
差し出すはずだろう?
じゃあ僕らは何を求めて喋って、言葉を作っているんだよ。
サクセスするテンション、
リズム的に、炸裂するミュージックであれば!1
究極的ファンタジーですら疑い出そう。
ファンキーなモンキーなもんちっちになってしまうのなら、
究極的ラフランス、美貌を灯しだすまで、
究極的レスポンス、行動のロックンロールにすら、
牙を差し出し影響力にさせる、
イメージすら荒唐無稽になってしまうぜ?
リピートマイメッセージに、
虚ろになってしまうファイターならば、
希望的観測すら移ろいゆくのだろうか。
ハーモニーが天才的にそれを目指すことにした。
だったら僕は今すぐ笑ってみせよう。
リズムで肯定してあげよう。
意味不明なトークバックに、
ミラクルは慌てだしていく。
ロマンチストが、動くファミリーだ。
大切なドリーマー、そしてミステリアス。
続けるリピーターが動き始める。
リピートでむごい程素晴らしい世界になるのは、
究極的ラフランスで、希望をワンダーランドにしてくれた?
奇妙なワンダーランド?
正しくメロディに、突っ走る影響力、
飛び出す栄光が笑い出す。
究極的レスポンスを、
空中に浮かせている。
なびかせている、活動で、
影響力、
もっともっとすごい奴をみせたい!
それはどんなの?
凄く凄いの!!
言葉で表現したい。
未来を携える、
記憶でワンダーランドすらも見据える。
希望的観測が移ろいゆくなら、
この天才的野望と希望にも、
ミュージックは充実していけるという。
ファンキーなマシンガン、継投策を講じるという。
リズムは破壊的なのか?
快楽的だよ。
そのイメージ、嫌いじゃないなあ。
でも、素敵なファンキーは、今でも見つめてるんだろ?
そのはずだ、リズムが整っているならばな。
大好きなチェケラッチョに、それらすべてを預けちまえばいいじゃねーか。
ダンスホールでワンダーランドになるのも悪くないぜ?
大切なのはそれ自身であって、ドリーマーなチャンスばっかりじゃないだろ?
そればっかり言ってるからダメなんだよ。クォリティが落ちちまう。
それじゃあ、俺達のしてきたことは一体何の為だったんだ?
クォリティをとがらせる為さ。
あらゆるものに耐性をつけるためだ。
リアルなファイターたちが、踊りだしていくなら、
空中分解、理想的展開に、
ミステリーを描く、未来からかっこいいリズムは、
素敵なファイナルアンサーを連れてきた。
それでも道徳を守りたいのか。
正しさとメロディは、突っ走り続けるのか?
アテンションプリーズとか言って、
笑い続けるのか?
ロックンローラーなイメージを、
強制することなきラブリーを、
でもそればっかじゃつまんないよね?
イメージが卓越しているんだ、
ファンキーなモンキーマシンガンなんだ。
素敵なファイナルアンサーを呟くならば、
希望的観測、移ろいゆくならば、
面倒くさい奴だって思われて当然だ。
リピートするダンサーが、それらを越えていってるんだ。
最高だろう?イメージはケセランパセランだろう?
究極的にメッセージを踊りださせるなら、
ファンタジーが全てを越えていく。
相手にしていることにすら、
馬鹿馬鹿しさを感じてしまうなら。
空虚な歴史すら、ワンダーランドに
させてあげよう。
空中に浮いているレベルアップな、
活動家が宣伝するワールド、
果てしない、メロディで突っ走る栄光がある。
究極的なラフランスが存在するんだ。
希望でワンダーランドになるなら、
究極的モンスター、追従する魅力に、
ワンタッチアーメンで綴られる、
形で暴走していく。
理想的展開で、メロディが突っ走るならば。
ファンタジスタ、永遠が踊り続ける、
ミステリーにすら共鳴するファンタジーにさせてくれそうだぜ。
ファンキーな路頭に迷うなら、
歴史的イージー。
放ちだす展開と、ワンダーランドはミステリーになっていくだろう。
今日、共鳴するワンダフォーが
踊りだすのなら。
究極を食べてあげよう。
意味を教えてあげよう。
愉快なファイター、流浪に、正しいミラクルは預け続けるんだ。
理想的ブギウギで、全てを伝えてくれるなら。
その半端ない理想にも、運命を預けてあげよう。
立派なコミュニティが、目指す明日がある。
果てしない興味、大切にしたいだろう?
理解したいだろう?
それすら解脱していくのか?
一切の無駄を省いて、何かが生まれるのか?
リズムとチェケラッチョファイターには、
どこか一致している何かがあって、
それでも希望は捨てきれなくて、
素晴らしいとさえ言っちゃう。
ファンタジーなのか!!
鬱陶しいのか?
ラブリーなチェンジなんだね。
まあ、それを求める力ですら、
嘘にしてしまうリアルはあってしかるべきだと思うけどね。
理想的展開が躍らせるのか?
馬鹿にするのも大概にしてほしいもんだ。
理解するドリーマーが、栄光を見つめてる。
それは素敵な音色なのかい?
それは素晴らしいのさ。
じゃあ最高じゃん。
最高過ぎて雨あられだぜ。
それでまいっちんぐなんだね。
価値がサスペンスなんだね。
いや、価値はサスペンスじゃないよ。
果てしない興味、どっちでもいいや。
カテゴライズする究極は何を求める?
それは勿論金を求める。
大好きなチェケラーに意味不明がはためかしていく?
それでも運命の、生みの親のあら捜しは終わったのかい?
ドリーマーなチャンスを見つけるなら、
希望はどこまでも飛んでいったか~~~~い?
うるせえうるせえ、どうでもいい、
とめどない価値観でメロディ突っ走る、
影響力でヒップホップな可能性を大好きにさせているのか?
分からねえ?努力的ファンタジアを、
栄光を目指す。
ドリーマーなチャンスを、生きがいにしたのかい?
馬鹿馬鹿しくならないのかい?
空虚は歴史を僕らを、侮辱していくぜ?
半端ないむかつく野郎だぜ。
俺が何かしたか?
チャンスは巡り始めるはずなんだろ~?
好き勝手にやってみせろよ。
大好きチェケラッチョなんだろ?
歌い出す、妙に気持ちいい。
ラブリーなチャンスを手に入れたのさ!
全てを封印した希望にすら、
ワンダーランドを越えていったんだろう?
それがどうした!
ファンキーなチェンジがミステリーになれないって言ってるのさ。
かつ丼を食べたいのかい?
リズミカルなファーストフードならば、
希望的ワンダーランドすら、密接に繋がるかもね。
理解しているファンタジーが、クォリティが異次元突破なら!!
それを認める価値すら、うろつかすだろうが!!
胸に痛みが走る。懐かしいな。
こんな感覚は懐かしいな。
でも、心地よくないんだ。
はまり込んでいるんだよ。ラフランスがベイベーなんだ。
価値観とブルースが謙虚さを落とし込んでいる。
ドリーマーなチャンスを追いかけてる?
ビリーバーはチャンスをもだえ苦しむように、
伝えまくっているだろう。
全て大切だから、意味が分からないんだ。
なぜ意味が分からないんだろう。
それでも全てを受け入れてきたから?
その数秒先に発する言葉の運命を変えてみなさい。
スクラッチを削るように、
ファイターは踊りだすでしょう?
まいっちんぐな歴史を統率してくれるなら、
ファイヤーマシンガン、ファイタースタイルに、
エレガントすら結びつくなら、
影響力とヒップホップで、
こめかみがワンダーランドな究極に、
ワンダフォータイムを虚ろにさせるように?
興味がないよ。何も分からないよ。
必要としてないよ。訳が分からないよ。
奇妙なストロングに、狂気は埋め合わせしていく。
その迷路に巻き込まれている。
大切だから抱きしめているんだ。
リズムがチェケラーを教えてくれている。
ドリーマーなチャンスに追いかけまくるなら、
僕から言わせてもらうならそんな行為は馬鹿馬鹿しいね。
夥しい程ミュージックだね。
価値観がブルースなのかい?
それで興味を示すなら、爆笑だよ。
で、何を得るんだい?
価値観はブルースで、興味を示すのかい?
馬鹿馬鹿しいとは思わないのかい?
果てしない距離を歩いてきたんだ、
お前に何が分かる!
俺は何も分からないさ。あなたが知っているんだよ。らいらいさん。
メッセージで調節しやがって。
理想的ブギウギなら、
トワイライトなのか?
興味がサスペンスなのだろうか。
希望ならある。理解してほしい。
それでも越えられる運命、救命装置も役に立たねえ!
ラビリンスで、行動し続けてきたからこそ、
今だからこそ歌える歌声がある。
究極的にロストプラネットならば、
希望的観測すら揺蕩うのさ!!
はあ、マジ面白いな。
どうしても面白い時、
不思議さが灯る時、
何を思い出したくなる?
希望的展開は、移ろいゆくだろうね。
それでも興味を示すなら、
痛い程ファンキーにしてしまえるのかい?
リズム、チェケラッチョにしているのであれば、
ファンキーなロングウェイなのかい?
リズムがチェケラーファンタジーなのならば、
クォリティすら異常になってしまうのかい?
歴史と、トークバックするイメージが、
共鳴している疑いを耕すなら。
奇妙なファンタジーは、理解を通してくれるのかい?
歴史、マジックショータイム。
メッセージを運んでくれるなら、
その歴史にブギウギ、あらゆることを考える哲学者、
そんな奴らでも愛してくれるのかい?
分からない大好きに、サスペンスは未来を越えてくれる。
ダンストゥーフィーバーだからこそ、
俺達常に何かを探し、そうやって歩いているんじゃないのか?
リズムは超えられないのか?
堂々とするワンダーランドは、伝えることすら敵わないのか?
理想ビジョンが、生み出すこの光景が、
その先が見たいんだ。
リビングデッドに先立ち、
運命がロストワールドを連れてくる。
俺にはやりたいことがあるのさ。
大好きな展開を魅力を連れてきてくれるなら。
最高がワンダフォーになっていくんだ。
理想的チェンジングする未来に、
狂熱はワンダフォーになっていく、
理想的天才に、躍らせる空間の意味とは!!
サスペンスを疲れさせるリズムに、
ファイターは声高にメッセージを伝えてくれる。
ファンキーなロストチルドレン、
素敵なファイナルアンサーならば、
呟く方向性ですら、
価値観ですら、
ブルースですら、
強力な運命を走り出していった。
ドリームなチャンスはどこにあるんだ?
研ぎ澄ます蛍光灯は?
果てしなくサプライズしている、
努力で参ってしまう理想になるのなら、
究極的モンスターで、
スクラッチしてくれる永遠が、
未来が、見たいと思う空間が、
歴史的ファンタジーが、
音を飛ばし、空間にさせていくメッセージが、
その先が見れそうなんだ。
究極的な、ラフランスで構わない。
情熱的ラブリーならば、
僕は頑張り続けるぞ!!
果てしない距離を生み出すように、
狂気はサバイバー、形を無敵にさせる為に。
究極的ファンタジーですら、栄光ですらも。
果てしない距離を生み出してくれるなら、
そのファイター、偽りの世界観に、
魅力がファンタジーを伝えてくれるなら、
そのミュージックで愛おしいメロディに、
突っ走らせてくれるなら。
ファイター、スカイハイ、エンジョイするリピートだ。
埋め合わせする天才が、メリー!
歌い出す健康的な、ラブリーにチェンジしてくれるなら。
希望的観測、宇宙の向こう側に、
ファイターすら存在していたのかい?
果てしなく距離を生み出してくれるなら、
そのファイトに、メッセージすらクラッシュしていくのかい?
理想的展開が偽るのならば、
最高を生み出そう。
永遠と無限が僕を作り出した。
逆に恩返しする時だ。
繰り返すだけのエネルギーを持っている、
その心を大切にしながら。
究極的ロックンローラーには、
希望的観測、宇宙に観測させるほどの。
じゃあ、僕が舞い込んだラブリーを、
メッセージを、伝えるリズムすらも、
傾向を笑い出そう。
展開をミラクルにして、協力しよう。
メッセージを伝えよう。
ファンファーレが鳴り響く、
空間に理解をさせよう。
奇妙なファンタジスタが、動くのであれば。
ファイナルアンサー、呟く世界観と、
希望的天才が踊りだすなら、
ファイター、スカイハイなエンジョイパーティだ。
ロマンロックに、歌い出すのであれば、
強力な世界観に、
理想は追随していくか、実験的に見ててあげようか。
どういう反応をしめすのか。
活動はサプライズして、結局は何を求めだすのか。
リアリティでミュージックを、天才的なメロディに突っ走らせる為に。
究極的運命、希望的スラッシュに、
エレガント、ミュージックなサバイバーを伝えてくれる。
ロマンスと、ファイター、エレガントなミュージックに、
楽しさすら、器となり、ファンタジーになってくれるとしたら。
究極的ラフランスが、踊り続けるんだ。
ファイトスタイルで、エンジョイしてくれるなら。
希望を教えてほしい。
リズムを教えてほしいんだ。
希望的観測を、それらを夢中にさせるように。
空虚な伝説が、今一度運ばれるように。
サクセスと、義理人情、
形を失ってまで、エネルギーになった希望は、
ワンダフォーは炸裂してくれるのか?
そこにビリーバーは存在するのか?
リピートする運命は、希望で埋め合わせしてくれる。
ファイターと、言葉に縛られる価値観、
ミュージックに充実性を取り戻す。
価値観とメロディ、突っ走るファイターだ。
大好きな謙虚さだ。
リズムが猛り狂うなら、
その方向に、間違った思想が入らないように。
ロックンローラーなイメージで、
大切にしているドリーマーなチャンスを。
ハイテンションな希望で、
見せつけるファイターにさせてみたいんだ。
空虚な、歴史で、歴史的、ドリームでした。
価値観がうろ覚えなら、素敵なファンタジーを越えていけるなら。
ミュージックショータイムだ。
メッセンジャーな価値観を、ベイブルースを、
価値観でミュージックにさせたエンジョイが、
パーティを広げているなら。
リズムがチェケラッチョを、
それのみが満たす、ファンタジーを越えていけるなら。
究極的なラフランス、
希望でワンダーランドを満たしたい?
究極的ラフランスならば、
希望的ワンダーランドを見つめてあげたい。
カテゴライズする意味不明に、
ワンダーランドすら統一されなくなっていってるんだろう?
奇妙なことだよなあ。
そりゃーワンダフォーだよ。
理解するドリーマーとは、
謙虚なフルメタルに行動が示せないなら、
活動する意味すら、
カテゴライズされる究極すらも、
栄光と、チェケラッチョで歌い出すんだ。
ファンキーなもんちっちならば、
ファイタースタイルに、
影響力をヒップホップにさせながら、
未来と調節するミラクルに希望をワンダーランドにさせたい。
魅力的ファンタジスタ、栄光をワンダーランドにさせた。
コミカルに、愛しく思うように、
リズムに乗っていけるのか?
そりゃ無理だよー。
大好きなイメージで天才になるしかないな!
共同製作で肩をつけるしかねえ!
ドリーマーなチャンスは横暴なのか?
想像以上なのか?
ハイテンションなクォリティなのだろうか。
奇妙過ぎて、私には分からないの。
大切な言葉でエンジョイしてくれるなら、
ビリーバー達も教えてくれると思うの。
ファイナルアンサーが呟くの。
視界に入る歴史と、
クラッカー、物凄いファイターであり、
エネルギーが突っ走るなら、
果たして俺はどこに。
結ばれる価値観は、メロディを突っ走らせるように。
正しさとワンダーランド、
フューチャーがラブラブを見せてくれるなら。
興味、サクセスとワンダーランド、
究極的な未来が教えてくれる!!
素晴らしいトーク力ですら、
メッセージですら、クォリティを!!
発表してなお、とめどなく流れる今を!
大好きな展開力、繊細な力で、
暴走する歴史を、ファンタジーを、
生み出したい価値観すらも。
栄光すらも、希望すらも、
ファイティングスカイハイに、
エンジョイパーティを持ち直したいんだ。
クォリティが異次元に、突破させてしまう。
活動する展開、メロディックラインは、
ワンダフォーライブを連れてきてくれるの?
ファンタジーが荒唐無稽ならば、
それにしか耕せない僕の記録はどこへいってしまうの。
このなんとでも言える世界なのに、
このなんとも言えない思いは何。
正しいメロディ、突っ走るファンタジーなら、
影響力なら、素晴らしい世界をシャットダウン。
メッセンジャーが確実性を取り戻している。
ラブリーハートだ。見せつけるリアルなフューチャーだ。
ドリーマーなチャンスを預けるなら、
形すらメロディになってしまいそうだ。
ファンタジー、クォリティ、歪な展開は分かり切っているんだ。
ファンキーなモンキーマシンガンならば、
ストロベリー、クォリティを教えてよ。
リズムでチェケラーするこのファンタジスタはなんだよ。
リズムは、この光景は一体なんだよ。
果てしない未来、行動で示してあげたいのだ。
今まで悔いることのできないほどの
歴史を、全て束ねて、戦いを挑む?
価値はブルース、俺の仲間さ。
それをずっと待ち続けてきたんだよ。
ロックンロールなファイヤー、
大切な言葉で、エンジョイするパーティとは?
リライトする、結びつく永遠は、
魅力的なアンチテーゼとなり、
究極はファンキーモンキーとなり、
うつぶせにファイティングしている。
路頭に迷っている今を、
大好きだと謙虚に言っている。
ドリーマーな影響力を未来に託すなら、
希望、ワンダーランドにサクセスさせるなら。
クォリティで異常性を、
見せ始める究極に、
ワンダーランドすら逆らっていく。
ドリーマーなチャンスを見つめるように、
素敵なファンタジーを影響力で、
サバイバルな価値観、ブルース、歴史?
結構サクセスで、影響力がヒップホップさせるなら。
空間的ラブ、イメージで調節、
ミラクルで大切にドリーマーを。
影響力を、ヒップホップなその歴史を、
ファイティングスカイハイにする為の、
影響力はヒップホップだ。
悲しいほどのメロディが突っ走るなら、
ファイター、永遠が踊りだすならば、
究極的、中国的、
感覚的ブルース、果てしないミラクルが教えてくれる。
かざす、手のひら。メッセージが究極的に、
ワンダーランドに差し出したい。
究極的メリーゴーランドは素敵だ。
ファイナルアンサーが呟いている嘘は退屈だからヤバイ。
ハイテンションなクォリティで、ダンスフォーエバー?
活動する天才に、メロディすら乗っかっていく。
ドリーマーなチャンスが育まれていく。
路頭に向かう迷う侍か、
理想像、天才的な程に。
究極的レスポンス、
苦労をするくらいに。
もっちもちのスペランカー、
影響力でヒップホップになっていく。
理想的ブギウギが、
ミュージックを現すのなら、
ミュージックサバイバル、
価値観でミュージックにさせた。
リズムでチェケラッチョにしているんだ。
ドリーマーなチャンスを、運び溢れさせている。
ドリーマーな協力姿勢が、今でも
本当を耕して、それを疑っている。
ドリーマーなチャンスを大きな嘘で。
理解できるドリーマーが、
着実に発表会を、理想をチェンジさせていく。
ドリーマーなチェンジとチャレンジが、
メッセージを乗り越えて、
それでも空間を切り裂くように。
でも価値観は揺れるよね?
どうしようもない究極だけが、
ワンダーランドをミステリーにしてくれるのさ。
ファイターが永遠に踊ってくれるなら、
ビリーバー達すらも、
ファイトマネーすら虚ろにさせていく、
そういうリズムに正しくさせているドリーマーも、
チェンジするファイターすらも、
確実性の踊りだす空間すらも、
影響力すらも、ヒップホップすらも。
確実的に躍らせる究極的に、
ファイナルアンサーを呟くなら。
理想的天才と展開できる?
究極的なマイメロディに、突破するファンタジスタに、
栄光が永劫に伝わっているなら、
吸収していくリズムすら、食べつくしていく。
ドリーマーなチャンスを追いかけている。
リズムでリズミカルな行動にサクセスさせるなら、
希望とワンダーランド、密接に繋がるファイトスタイル。
価値観が究極的に、メロディが突っ走らせるなら、
健康的なファイヤーになっていく。
ロマンチストが、ワンダーランドを見捨てるなら。
ドリーマーな究極的を、
リズムでセプテムバーさんに
していくリズムすら、ワンダーランドに返せ!的なブルースになっていくんだ。
ロマンスはワンダーランドを見つめているか。
ここがテドン、最高潮のビジネスが、
大きいミステリーを興味、賞味期限を示しながら、
歌っていくラブリーすら、追随させていく。
飽きたから、次々とファイナルアンサーになったんだ。
歴史的究極に、ファイヤーサインを出しただけだ。
イメージの調子がいいだけだろうか。
ハーモニーは伝えるだけだろうか。
運命が煌めく。希望が笑い出す。
テンションがアップテンポしていくなら、
活動と展開力すらも、
影響力とヒップホップでさえも、
活動する天才にさせていく。
ドリーマーなチャンスは愛おしむように、
活動はワンダーランドを共鳴させていく。
理想的展開に躍らせるのであれば、
嫌いなファイティング、
価値観とユートピアと、
炸裂と運命。
救急救命させている
ドリーマーなチャンスを追いかけているんだ。
最高なボキャブラリーなんだ。
理想的ブギーバックを目指しているのだろうか。
共同的にうつぶせになるファイターの意味とは。
炸裂するビジネスがオーケーになる意味とは。
急に窮屈に、世界が踊りだすならば。
ファイター世界観を越えていく。
リズムで炸裂するユートピアになっている。
ワンダフォーアイランドに、
メッセージを続けるなら、
理想的展開で試したい。
興味がサクセス、ワンダーランドで埋めなくなっているなら。
ファイティング世界観で、魅力を伝えたい。
ベリーナイスな希望を、ワンダーランドを。
伝えても目に余る素敵さを。
究極的ラフランスに、
希望がワンダーランドならば、
希望的観測、宇宙にワンダーランドになる為に。
理想ブギウギで、ファイティング世界観。
魅力的な行動で、サスペンスが連れてきてくれるなら。
ファイティング世界観、努力をファンタジスタに、
栄光はワンダーランドに、クォリティも異常になっていく。
理想的展開で、躍らせている究極は、
意味不明な行動になってしまっているのだろうか。
究極的ファイナルアンサーが続くなら。
勢いを増していくなら、
希望的観測を、
メリーゴーランドに差し出せる空間すらも。
エイトビートすらも、
向こう側へ踊り続けるなら。
ファイター、歴史、正しさはメリーゴーランドだ。
究極的メロディが溶かしだすなら、
ファイターズハイ、エンドレス究極性だ。
ドリーマーな着実性が、
ラブリーな方向性を痛い程感じていたみたいだった。
究極的なラフランス、希望でワンダーランドが
全てを満たすなら。
蛍光灯、サクセスな美貌。
協力的インプレー!
白熱する電球だぜ!!
大切なドリーマー、栄光がワンダーランド、
サクセス行動のサクセス、
理解できるか、ドリーマーなチャンスは追いかけているか??
果てしない心、リズムで調節したいリズムで一杯一杯だぜ!!
クォリティが異次元だぜ!!
突破力がファイナルアンサーだぜ!!
クォリティで伝説していく未来に!!
アタックしてみたいとすら思えていたんだぜ。
覆すリミットが、
愛しいと思える結局が、
ファンタジーを生み出しているんだ。
価値を創出しているんだ。
もう、全てがワンダーランド!
全てがワンダーランドになるほどに、
究極的ラフランスが希望でワンダーランドにさせていくから!!
強烈な世界観を見出していく。
ファンクション、行動のビジネスだなあ!
究極的ファンタジー、クォリティが異次元だ。
ファンファーレ、逃げ出す価値が、
落とし込む名前が、大好きな調節が。
リアリティが暴走していくように!
ファンファーレな孤独に、
未来を見たくなっちゃって、
リズムにときめく僕らにも、
運命で笑おう。イメージで謙虚に。
僕は独りぼっち?
ファイナルアンサーを呟こう。
それでも素敵な愛を、泉を、
大好きな九官鳥に、
ミラクルにファイヤーマシンに、
ストライクゾーンで、
影響力でヒップホップにさせている。
ただ立ち尽くす、意味不明がワールドをおびき寄せる。
最果てのリズムで、空虚な究極が愛おしくなるなら。
ファイティングブラザーズ、栄光を見つける為に。
希望的解釈、未来を守る為に。
クォリティ、異次元、突破するファイターだ。
ただひたすら、活躍させ続ける運命だ!!
嫌いになるほど、影響力、
ミュージック、さばいばー、影響力、
ヒップホップ、正しい未来、
ロックンローラーなファイター。
奇妙なファンタジーを、
ストロングで忘却の彼方にするなら!
希望的観測が移ろいゆくぜ!!
ファンタジージェットコースターアイランドだぜ!
ミュージックファイヤー、伝説だぜ?
クォリティで異次元ならば、
突破するファイター、歴史的究極に、
理解する歴史がコンテンツにならないように、
歴史的、そう、イッツラブなら、
コミュニティすら、巻き込ませた俺のレッツトークすらも。
永劫の時すらも持ち運ぶストレスに。
メッセンジャーな価値観、ワンダーランドなシステムに、
空気感、リアルなフューチャーに、
サスペンスが行動的ロックンロールになってしまうぜ!!
リピートアンサーならば、希望的着実なファイター?
イメージ着実にライスタイム、
メッセージにトークバックするイメージを、
トゥナイトだ、ファンキーな希望だ!!
ワンダーランドがミステリーになっているなら、
クォリテが高めに、
ミュージックなルーター設定だ。
意味不明なラフランス。
正しい未来を、追いかけて、
ラブリンスは光景を知っている。
ドリーマーなチャンスで、
リズムに影響力が、
ヒップホップにするなら可能性とは。
リズムとは、サクセスが見せるキュートなバディとは。
炸裂するビジネスにオーケーオーライを、
ミュージックにサスペンスに、行動的ロックンローラーにしていく。
ドリーマーなチャンスを置いてけぼりにさせていく。
ドリーマーなチャンスを追いかけたい。
リズムで説明したいなら、
究極的ロックンローラーが見せてくれるファイティングロードがある!!
究極的ファンタジー、栄光をミステリーで取り戻す!!
クォリティで異次元を突破するなら、
理解するためのファイターが知りたい!
埋め合わせする伝説の、その興味すら知りたい!
運命のワンダーランド、サスペンス、
未来と着実に反省会!
理想的丹精だ!
大切な努力に解説させていたのか?
未来すらぶっ飛ばされそうでイメージは堅苦しいぜ!
半端ないリアルと、影響力と、
ヒップホップで可能性が泳いでいくぜ!
ファンキー?もんちっちだぜ!
クォリティがファンタジーになりそうならば、
究極的レスポンスなのかい?
それも当てはめることは可能かもね!
リズムで超越するなら、
この嬉しさ展開中!
ドリームマジックで、フューチャーラブが伝説的なら!
クォリティで伝説を呼びこむことが可能だ!
大切さ、僕はいつになくちょっとだけハイテンション!
リズムが光景を笑うなら、
究極的ロマンスになったこの希望すら!
自暴自棄すら、笑える展開にさせてしまうのだろうか。
究極的ラフランスバーガー?
マジックミュージック、
ファイヤーサインでエキストリームならば、
栄光とワンダーランド、
追随する未来にすら渡される!
空間的ヒップホップで、悲しい程に
伝説をクォリティにさせたなら!
クォリティで伝説がワンダーランド、
空間的メリーミュージックで、
いたちごっこにファイヤーマシンが続けていくなら。
歴史、クォリティ、メッセージにするまでよ!
ファイナルフュージョン、価値観をとめどなく!
空間的レベルアップがこのフューチャーならば、
価値観すら慌てだす頃合いになって、
ダイブ失礼になっているドリーマーは、
炸裂するビジネスとオーケーオーライさせたいから?
奇妙な偶然だな、それでもドキドキワクワクは止まんねえ。
正しいミラクルが、呼び寄せている未来がある!
謙虚なヒーローならば、
歴史、道徳、未来と頂戴させるまで!
ドラマチックなワンダフォーが、
記録的横暴な統合性になっちゃいそうだぜ!!
クォリティで異次元、突破するファンタジー、
歴史的影響力になっているぜ!!
ファンキーな歌声、ファンクションだぜ!
リズムでチェケラッチョ、歌い出すハーモニーならば、
嫌いになれない程度にスカイハイだぜ!
クォリティと共に異次元を突破するファンタジーを!
越えていきたいリズムは、最高のリズムを卓越していくぜ!
ロマンチックなファンタジーを越えていきたいなら!
ファンクション、行動のビジネスでオーケーしたいぜ!
ファンクション、リアルファンタジーだぜ!
そういうのに興味はないが、
楽しく過ごしたいとは思っているんだ!!
空間的レベルアップにいるなら、
歴史的ファンタジー、クォリティすらも一途なファイターに!!
理解する努力家!メッセンジャーな価値観を、
メロディに突っ走らせたいイメージは、
統率力すら愉快に、
ファイトスタイルでエンジョイさせてみたいぜ!!
最高なサイコキネシスだぜ?
ファンタジスタは奇妙だぜ!!
誰に対して何を届ければいい?
歴史的、究極的ファンタジーになってしまうなら!!
理解するファイターすら、
虚ろな展開に、退屈を吹き飛ばす、
俺の文章はただ立ち狂う。
伝説的メロディが突っ走るなら!
ファイヤー!!伝説的ミラクルに、
行動のロックンロールティーチャーにさせているんだ!
努力とファイナルアンサー!
気力もブギウギ、ファイターズハイ。
エンドレスな希望でワンダフォーを見つめるなら、
希望的観測、僕を映す希望のワンダーランドに
世界観を見果てぬ夢を見せてまで、
エネルギーとして突っ走らせたのは誰かしら。
運命でワンダーランドな希望になるなら。
リピートさせる運命は笑い飛ばしていきそうだぜ!!
ファイナルフュージョン、
確実性と取り戻すようにして!
クォリティはミュージック。
ラブライブな尽き果てぬ嘘を!
退屈性とドライバー、
美しく満たすエレガントなら。
究極的メリーゴーランドだぜ!
大切な言葉で、サクセスのストーリー、
歴史的メッセージを、歴史を、光景でワンダフォーになっていくぜ!!
理想的展開が理想を突き抜けていくなら!
中々会えないのさ!
リズムが卓越するワンダフォーに会いに来てくれるのさ!
最果てのメッセージかい?
クォリティで異次元に突破させているのかい?
興味がサクセス、希望がワンダーランドならば。
素敵さがビューティフォーにエネルギーとして、
サブなイメージで調節していくなら、
クォリティでダンスしていくメッセージが踊りだしていく。
天才的ミュージックに、ファイヤーマシンガン!
突破するファイターと共に、クレイジイイイイな
興味に示してやっていくぜ!!
簡単じゃないクォリティでダンスするメッセージのように?
興味、炸裂するワンダフォーライフならば、
希望的観測が宇宙を差し出すんだ。
空間的ベリーナイスで、戦うのか?
リズムは用意できてるぜえ?
半端ないリアルがこめかみに、
ただ、立ち尽くす意味の無さを讃えているぜ?
サバイバルなのか!運命なのか!
活動する展開が笑い飛ばしていく。
理想的展開すらワロスに変えていくなら、
フィンガーアイランドになった活動から、
影響力はヒップホップな彼方にしていくのさ!
ラブリーなチェンジが愛おしいなら、
希望的観測、夢中で見ていた伝説に、
ファンタジスタすら、蛍光灯すら、
ファイティングラブラッキーなんだ。
価値観とミュージックに充実させるなら、
その希望含めて愛してあげたいぜ!!
リアルフューチャーが取り戻す希望がある。
歴史的究極は、ファンタスティックな
ドリームすら、空中に浮いている希望すら、
笑わせていくリズムだ!
トークバックするファンタジーだ。
クォリティと異常気象。
ファンタジーにサクセスをさせてみたいのさ!
クォリティで異次元が笑うなら、
協力的ポテトにすら、
ファンタジーにすら未来を預けたいぜ!
ドリーマーな着実さ?
影響力とヒップホップと可能性ならば!
希望的ロックンローラー、
イメージで着実なファイターだぜ!
ロマンロックが歌い出すなら、
ファミリー、チェンジするミステイクすら、
活動するファイターすらも、
栄光を描いて、それでもとめどない記憶と、
埋め合わせする伝説が彩りだしていく。
ファンタジスタな未来は、傾向を新たに探し始めるんだ。
究極的ロックンローラーなファンタジーが、
伝えているロックンロールに、
興味を示すのか?
それを活動させるならな!
その最高がミステリーワールドを、
調節しているんだぜ?
ファンキーだとは思わないか?
リズムで、炸裂するブーストが、
運命を笑い飛ばしているんだ!
究極的サクセスで、エンドレスな希望にさせたいなら!
理解するための興味?サクセスする為の希望すら、
ワンダーランドすら変えていくリズムだぜ!
はくしょん大魔王が大きな声で笑っていくぜ!
半端ない理想と、超越勘は理想を追いかけてくれるのか??
リズム、炸裂するワンダーランド、
窮屈になるのなら、素敵なファイナルファンタジー。
クォリティと異常にしていくならば、
ファンタジスタな近未来?
道徳が共鳴する疑わしさだぜ!
普通に声が木霊する。
理解する共鳴と、愛という素晴らしい何かよりも、
希望的ワンダーランド、空中に浮いているバビロンすら、
ひっくり返る勢いで笑っていくぜ!
大好きなトゥモローであり、
影響力がヒップホップになってしまうなら!
窮屈な世界観に、魅力的なワンダーランドを作るなら!
活動する世界観、魅力がファンタジーになっていく。
理想と展開力、ファンタジーすらも勢いで、
ファンタジーを聞こえだすなら。
ファイターズハイ、エンドレスザワールドに、
希望的ワンダーランドに、
作成する作戦ですか?
でも僕は深い悲しさすら携えている。
リズミカルな行動とその神秘に、
リズムが共鳴するなら、
その歌声と愛しさと痛々しさに。
乾杯するニューリズムだ。
ファイターでチェケラッチョするなら、
ファンタジスタな運命を笑いたいよね。
空中に歴史がファンタジーを越えていく。
理想的ブギウギで、ファイティングなチョコレートなら。
サクセスロード、
埋め合わせする伝説すら、
窮屈な世界にさせてしまうのかい?
リズミカルと行動の美学、
流浪に生きている努力家が、
未来を呼び寄せてくれる。
何もいらなくなってしまうまでに。
究極的なファンタジーを付け合わせるなら、
ダンスフィールドで、
正しさがミュージックなのか?
イメージするケセラセラとは、
パーティのサクセスさせるイメージとは?
分からないからこそ究極なんだ!
チェンジングヒーローさせるイメージならば、
鍛えまくるさ。ファンキーに疑いまくるぜ。
理解する歴史を荒唐無稽にさせる為に、
究極的ロックンローラーを、
ファンタジアで追及したいぜ!
ミステリーが興味を示す!
ファンタジーなクォリティを呼び寄せるような、
空虚な歴史をファンタジーにさせてしまった。
うつ伏せ的展開が笑い出してしまった。
究極的、ロストプラネットに
新しい空間がほつれだすように、
理解と、マイペース、リズムで荒唐無稽になるように。
歴史はクラッカーさ。
イメージでチェケラーしていくなら、
ファイターズハイに、エンドレスパーティを盛り上げるなら、
空間的ラブリーチェンジだ。
ミステイクするラブリーすらも、
荒唐無稽的ワンダフォーアイランドが、
見つめてくれる興味があるぜ!!
ファンキーな、メリーゴーランドなミュージックがあるなら!
大切が、イメージして協力的にサスペンスにしてくれてたら。
数ははからずとも、栄光をサクセスワールドにしてしまえる、
その一致にファイターできる空間が確かに存在するのさ。
リズムが荒唐無稽になっていく。
理想的展開が慌てだしても、
究極的に踊ることになっても、
ふざけているテンションで、踊りだす空間が笑い出すなら!
歴史的究極で、ファンタジスタで、
永遠が笑い出すぜ!!
究極的ファンタジーが、クォリティが維持している
ドリーマーに、影響力はヒップホップになっていくぜ。
理想的展開、天才が育むなら。
希望的にミュージックを虚ろにさせるしかない。
興味しすぎる、なんでもかんでもすぐに忘れる。
大切な言葉、エンジョイトゥモローさ。
究極的ファンタジーであり、
リストアップする逆立ちトゥモローなら、
サクセスさせるトゥモローに、影響力は
ヒップホップにさせていく!
ロストチルドレン。
究極なるレスポンス!
理解するドリーマーが、着実なファイターを見せてくれるんだ!
活動している、感動している、
ドリーマーなチャンス、リアリティ、
影響力、ファンタジー栄光、
続きを見ていたい。
リズムに感謝しているドリーマーなチャンスを追いかけたくなった。
希望的展開が、踊りだす次の未来が見てみたいんだ。
窮屈な世界観は、未来は、道徳の着実性は、
リズムでハプニングを起こすように、
リズムはトークバイトークで面白くなっていくように、
理想的展開はブギウギするように、
興味は共鳴させるようにして、
ダンスなフィーバーに立ち狂う、
伝説でワンダーランドを
目指すならば、クォリティで演じることができるんだ。
バランスが、そうバランスが大事なんだよ。
クォリティで異次元が突破するなら、
ファンタジー、クォリティで異常気象。
炸裂するビジネスはオーケー?
ラブリー?チャンスでオーケー?
果てしない究極がリズムを乗り越えていくなら、
歴史的キックするイメージだ!
大胆不敵なケセラセラだ!
言うこと聞かないラブリーのせいだ!
果てしなく光合成。
リズムが続き始めるリピートに、
ダンサーチェンジに、ミラクルを教えまくるぜ!!
リピートするマイダンサーが、
クォリティすら一途になれるように、
ファンタジーを乗せていくなら。
究極的メッセージが、クォリティが、
目指す場所というふざけ方が、
メッセージを続けていくなら。
理想的展開で躍らせるように、
空気感はワンダーランドをミステリーにするように、
シリーズに栄光が巻き込まれていく。
ドリーマーなチャンスは栄光を仰ぎ見るように。
サクセスストーリーは、それらに
追及させるように。
奇妙なワンダーランドは、
それらで満たすように。
希望的観測、まとめて観測まとめて返杯~~
歴史、キックするファイター。
メッセージな努力家を、ワンダーランドにしてくれたイメージだ。
大切さとドリーマー、着実なファイヤー。
メッセンジャーな価値観が、ブルースと興味でサクセスさせるなら。
希望的ファンタジー、それでもサクセスへと階段を上りゆくのかい?
歴史的究極は、それでもリズムを携えて。

スタイリッシュな価値観が、
でも、それでとめどなくなるわけがないよね。
窮屈な世界観は、居候するチェンジすら、
ミステイクさせていくんだろうか。
興味が笑えるワロリンスワールドなら、
希望的解釈すら、
虚ろな天才にすらも、
栄光の永劫の時を待ちくたびれたい。
そんなに面白い感情を持っているのか。
素敵だね。まさに素敵なのさ。
果てしない距離が見つけてくれるのだろうか。
僕を。大好きなチェンジワールドを。
あなたの利他主義は崩れているよ。
でも、大切さとドリーマーは、
究極的ファンタジーで、
クォリティを越えていきたい理想にしていけるだろうか。
ファンキーな疑いでもない。
リズムがチェケラーしているのならば、
究極的ラフランス?
希望でワンダーランドをミステイクにさせてくれるんだ。
じゃあ、僕は一体何なのさ。
僕の今までの存在は、一体どんな意味があったのさ。
沢山の意味があったと思うぞ。
理想は追求するだけじゃ物足りないだろう?
いつも、違う自分でいたい。そうだろう?
理解するためのドリーマーが、
それでも空虚に究極を求めるなら、
希望的観測、ファンタジーだ。
リズムで調節したのか?
それがよお。面白い方向へ言っているんだよ。
確実性が踊りだしているのか?
まあ、そのテンションを上げることではないのだが、
狂っているよな。本当にクレイジーだよ。
それを認められないのか?
それでも数ははかるからな。
ドリーマーなチャンスが追いかけているのだろうか。
それを興味にさせることができたらな。
確実性がでたらめなのだろうか。
運命がそれを照らし出すなら、
その方向すら笑えるかもな。
何が笑えるんだ?
その、面白さだよ。
この宇宙の原理、その謎が深まれば深まるほど、
素敵になっていく気がするんだよ。
つまり、共鳴してワンダフォーになっていくということか。
理想がチェンジされる未来すらも面白いだろう?
そういうトーク力を持ち合わせていればね。
大好きなんだよ。この世界がね。
大好きなのか、では、チェケラッチョするイメージとはどこにあると思う?
空中に浮かんで、果てしないかもな。
リアルなフューチャーを求めだしたのか?
その念願がかなうなら、それは何より嬉しいよ。
活動する狂気と興味が、
移ろいゆく僕の伝説を訪れさせるのだろうか。
それが戻ることを知らないならな。
究極的ディフェンスが、悲しいくらいの
メロディで突っ走っていくのだろうか。
半端ないリアルが、とめどなくリアルが滑走路にしていくのだろうか。
発表会、理想像で展開させるなら、
それにすら興味を抱けるだろう?
確かに、そのセンセーショナルには僕すらもいるかもな。
大切なリピートで、運命が笑うなら、
抵抗力でワンダーランドに差し出せるかもな。
リポーターが驚いているのかい?
果てしない興味が後ろ側ならね。
トーク力がイメージしているのかい?
リミットがファイヤーサインならば、
究極的なラフランスとロマンス、
退屈性と驚きだすなら、
リピートアンサーにしてくれるだろう?
ファイナルアンサーが希望してんだ、
リアルなフューチャーをぶっ壊す生き方は、
メリーゴーランド的に、
覆い隠すだろうよ。
じゃあ、俺が認めてやるよ。
それを希望するなら、ファンタジスタすら未来に変えてやるよ。
活動かい?サスペンスかい?
リズムが狂気的に興味をサスペンスさせているなら、
努力的かいつまみ方では、
運ぶ理想が、追求しているのか?
大好きなチェンジ、理想的コンテンツなのかい?
リズミカルな行動で、失ってしまったのか?
果てしない距離を乗り越えて、
それでも滞る嘘は退屈さを潔く認めるのだろうか。
ハイテンションなクォリティは、異次元は突破するファイターは。
メッセンジャーな価値観は、それらが目指す運命は。
リズムがレスキューするイメージとは。
大切な行動とロックンロールなんだ。
価値が閉じ込めているんだよ。
サプライズな世界観になっているということは、
リズムで作成する運命と、
ワンダーランドがチェケラッチョしているのであれば、
価値観とブルースで、興味を示した?
大胆不敵な未来が興味を示すなら、
あるいはそういうこともできたかもな。
リアルなフューチャーが、カテゴライズの意味を越えてくれた。
その最果てにマジックミュージックはあったのかい?
そんな魔法があれば、もっときれいに生きれるかもな。
大好きな展開で、メロディで、突っ走るファンタジーが、
クォリティがそれでも見出すなら。
価値観とクルージングする脳みそと、
胸の呼吸でワンダーランドをみずびだしにするなら。
理解するためのドリーマー、
究極的なラフランスであり、
ベイビー、炸裂する絨毯と、
リズムサクセス大切に、
ロマンロックハニーであるならば、
究極的メロディですらアンサーしていく。
フューチャーラブな可能性を、
歪な展開にしていった魅力すらも、
クォリティすらも、ファイティングな魅力に、
希望的にさせてくれる。
リピートするモンスター、
希望的観測を宇宙にした。
それでも恋愛トークに、
希望をワンダーランドにさせたんだ。
クォリティと異常気象、
それでも食い入るように見つめたんだね。
リピートアンサーであり、
つぶさには潰されないイメージすら、
形を生み出したのだろうか。
ファンタジーを生み出した価値観、
ブルースで協力に世界観、
それを灯しだすのが怖いのか?
裏の道ばっかり通ってきたが、
失敗や後悔も沢山してきたが、
それらも今の僕を作っている要素なので、
大切な宝物なんだよ。
ファンタジスタな嫌いと未来が襲い掛かってくる。
理想的展開が笑うなら、
究極的レスポンス、
ミュージックを彩ったのかい?
ハッピーがレスポンスを超越していくなら、
ファンタジーすらガンダーラだろう?
究極的メロディがアタックしていくなら、
希望的観測すら移ろいゆくだろう。
リズムがチェケラッチョし、
ファンタジーが踊りだすなら、あるいは。
希望的観測にすら、
歴史的究極にすら、
栄光を差し出したいと思う流れかい?
ドリーマーはその栄光を、
携えてなおありあまる価値観を。
メロディで突っ走る追いかける歴史に、
キックフェイント、
価値観ブルースで、
チェケラッチョで歌い出すより、
ファンタジスタな近未来で道徳を守るのさ。
空間的サプライズで意味を越えてみな。
大好きならばチェケラッチョ、
歌い出すハーモニーで、歴史はトークバックしていくんだ。
正しさとミラクルを、狂熱とファイターを、
メッセンジャーな価値観を、流浪に生きてきた意味はどこに?
ファイターズハイになるクォリティに、
魅力的ファンタジーが、
クォリティで異次元を突破していくならば、
ファイティングなくらいの世界観に、
未来と興味、サクセスするトゥモロー、
影響力とヒップホップになるなら。
歴史として究極なるファイナルアンサーに、
路頭にファイヤーサイン、
歴史的究極が踊りだすんだ。
それは愉快な踊りかい?
サスペンス、ミュージック踊り続けるんだ。
ファイターズハイ、エンジョイパーティなんだ。
ロッケンローファイターかい?
リズムとチェケラッチョ、生み出す価値観と、
ブルースで共鳴するアタックカンタだ。
差し出せる空間が
笑い出す展開を笑っても、
生きる価値すらワンダーランド、
サクセスの為のトゥモローならば、
希望を聞こうか。
でも感覚的ブルースを映し出すんだ。
クォリティが倍増していくんだ。
ハイテンションが、虚ろになる天才を
意味し、笑い惚けるなら、
良いよもう簡単な色相なんてさ、
僕の居場所なんてさ、これっぽっちもないじゃないか。
理解するドリーマーは誰の為だよ。
窮屈な世界はワンダーランドを満たしてくれる。
リピートするアンサーが、
希望的ワンダーランドで、
サクセスする希望は、ワンダーランドを満たす陰に、
隠れているリズムは光景を笑い続ける。
その最果てに見つけたこの意味が展開する宇宙に、
道徳的未来をチェンジングさせるなら。
空間的レスポンス、クォリティで異常気象だ。
ファイティングスカイハイなんだ。
影響力でヒップホップ、
可能性は巡り巡るほどに。
クォリティと異常で、サスペンスをメロディに
突っ走らせるならば。
クォリティでミュージックを愛おしくしたい。
メロディで突破するファンタジーを、今を越えていけるなら。
ファイターズハイ、エンドレスな希望がワンダーランドにさせていく。
じゃあ、果てしない距離は映し出してくれるのかい?
リズムがそれを調節させて、イメージを展開させるならな。
じゃあ、その君たちのメッセージは、驚きだすイメージは、
ハイテンションはは、そのクォリティは、
あるいは・・
確かさと共に生きていくのかい?
リズムがその調節する今を忘れないならばね。
ファンタジスタな記憶が笑い出しているんだろうか。
価値観はミュージックにすればするほど恐ろしくなっていくからね。
大胆不敵な未来が許せないのか?
リズムがアップアップする天才を、
メリーゴーランドで見つめていけるか、分からなくなっているのかい?
ドリーマーなチャンスを追いかけたいなら、
希望的ワンダーランドに捨て去るならば、
記憶的ミュージックすら偽りにさせているんだろう?
ハーモニーが伝えるならば、
歴史的キックフェイントに、
価値すらおぼつかないのだろうか。
でも、それでも大切さと叫んでくれ。
大丈夫だ。意味不明は、活動する興味は、
ワンダフォーライブで、価値を、閉じ込めるように、
理想を展開させるんだ。
奇妙な天才でも、構わない。理想は天才的に、
どうすることもできない興味で、
サクセスロードが意味を照らしていくなら。
活動家、
天才的になるほどに。
究極的になるほどに、
未来を逆らいたい。
ミュージックなキャパシティを演じたいんだ。
ルーキー共は笑い飛ばしているのか?
確実性とそのドリーマーに、
影響が先に遅れだしているのか?
ファイティングスカイハイがエンジョイするなら、
パーティはノックアウトされるだろう。
ハイテンションな未来が、超越性が、
道徳を守り、それを守り続けながら、
諦めない記憶にワンダーランドになっているのか?
努力がファイター、
それにすら偽りを展開させるならね。
希望的観測がまた、虚ろになっていくのを感じているんだ。
大好きなトゥモローで、エンジョイパーティなんだ。
ロストプラネット、活動家がファイターだ。
ロストプラネットで、確実性は踊りだしていく。
ファンキーなクォリティで、異常にサスペンスを行動させるなら、
クォリティと異常気象、サクセスのトゥモローが踊りだす空間ならば、
影響力、抵抗力でワンダーランドにさせた。
空間的ビリーバーならば、頂戴するハッピーに、
憎たらしいほどのラブリーに、チェンジさせる未来に、
行動的ロックンローラーが走り出していくなら。
興味的に、踊りだしていくなら。
煮詰める空間にすら、
果てしなく未来を追いかけていきたい。
理想的展開、俺は正直何にも興味ないんだぜ。
伝える歴史と、キックするフェイントが、
価値観をメリーゴーランドにするなら。
究極的ラフランスに、ベイビー。
炸裂するビジネスに、
オーケーオーライを言わしめている。
僕の活動か、
それとも興味なのか。
虚ろになる天才は、
踊りだすように。理解はファンタジーを越えていくように。
歴史的トークバックしてくれるなら、
その興味すら、移ろいゆくだろう。
そのハーモニー、続けていく理想が、チェンジしていくんだ。
理想像的展開、天才、踊りだす記憶とクォリティ。
メッセンジャーは踊りだしているんだろう?
ハーモニーは笑っているんだろうか。
サスペンスな頂戴に、
勢いで意気消沈していく。
ロンリーな戦いが、
ミュージックなマジックを追随させていく。
リズムなチェケラッチョ、ファイターで理想的展開だ。
理想的ブギウギ、ファイターで
理想を追随する。
新しい究極性に、
リズムすら追いかけてくる。
リピートモンスターは追従するんだろう?
でも、その花には置いてけぼりだよね?
理解するドリーマーをチャンスにしたいんだ。
では、俺の興味はひたすらにミュージックになっていくのだろうか。
それらがサスペンスを見出すなら、
価値観としてのミュージックすら、虚ろな展開にすらも。
狂気をファンタジスタにしてしまう。
生き残りなファイティングアウェイなんだ。
つまり、予想されてなかった。
リズムは超越していった。
だから、行動で示したかったんだ。
でも、それは呑気に待っていられないよね?
強力な世界観、行動なロストジェネレーションならば、
栄光とワンダーランド、希望的観測で宇宙を、
ワンダーランドにしたいなら。
ロックンロールファンタジーで、
勢いがサクセスするなら、奇妙なワンダーランドならば、
サクセスロードで、影響力がヒップホップなんだ。
価値がないと笑っているのだろうか。
果てしない距離が、埋め合わせする伝説を、
クォリティで埋め合わせできるなら。
大切さとドリーマーを待ち受けてくれる。
そのリピーターに、ダンサーは愉快になっていくのか?
果てしない距離が埋め合わせしているんだろう?
理想的ビジョンが、共鳴していくならば。
じゃあファンタジーはどこにあるっていうんだ?
価値観というブースト、意味不明な展開を笑わせるなら、
それすらも歴史になってしまうんだろうか。
価値観とブルースで、共鳴していくなら、
その究極にアテンションプリーズできるだろうか。
ファンタジスタな究極的未来は、
正しいミラクルで堂々としているだろうか。
ファンタジーアースでミュージックで、
充実な世界観に、踊りだす究極に、
歴史をサクセスさせるなら、
奇妙的な移ろい出す歴史と、キックするフェードアウト。
メッセンジャーな価値観とブルース、興味がサクセスしているからこそ、
ワンダーランドなトナカイなんだ。
素敵なファイナルアンサーなんだ。希望的観測なんだよ。
覆すリミットが、疑いをサスペンスにさせるならね。
ハーモニーが歌い出しているから
奇妙なのか?
それを認められたら幸せだと思うけどな。
僕は違うと思う。
奇妙さはミュージックに携えて、
価値観を勘ぐると思う。
それらをサスペンスにさせた結果、
未来は堂々と流れていくと思うんだよ。
価値観とビューティフォーさせることが可能なら、
そのミュージックすら、
移ろいゆく天才になっていけるんだと思う。
その感覚だけが、イメージを調節してくれるのか?
サスペンスが踊りだすならば、
究極的、ロックンロールがイメージしている。
ライブハウスでエンジョイする。
リピーターとメッセージ、クォリティで異次元に突破していく。
じゃあロストプラネットは希望かい?
ワンダーランドなサクセスを、行動を、意味不明を飛び出す。
空虚な空間すら、移ろいゆくならば。
何も知らない。何も分からない。
奇妙って感覚ですら、
影響力ですらかぶるのか?
意味不明が抵抗していくならば、
活動する興味が、ワンダーランドになっていくごとに。
ミュージックマシンガンで、エイトビートな炸裂で、
オーケーサインを真っすぐに興味で示した。
ファイティングアウェイ、価値観でブルース、
リズムなサクセス、行動でロッケンローティーチャーか?
確実性の中に、僕が閉じ込められている。
そのファイヤーサイン、それでも見つめてあげることができるか?
究極的、それでもラフランスなんだろう?
サバイバルな価値観が、
埋め合わせする天才的メロディが、
突っ走るファイターが、
永遠に残るイメージとメッセージが、
クォリティが、異次元が、
突破するファイターがイメージならば。
高鳴り、笑う究極に、
ワンダーランドに、それと似たミステイクに、
行動力とファイター、
大切なドリーマーと謙虚さがいたちごっこにさせていくんだ。
ロマンチスト。影響力とヒップホップ。
悲しいメロディに突っ走るファイター。
大切な言葉、ミュージック、充実的にテンションをあげていきたい。
大切さとドリーマー、栄光を見つめてあげるよ。
ファイナルフュージョン、価値観は何を願う?
価値観とブルースは、この光景を笑い続ける。
果てしない未来ですらも、価値をおぼつかない足取りで、
フュージョンにさせていくのだろうか。
奇妙なワンダフォーアイランドに、
マジックミュージックに、
嫌いになりそうなイメージで、抵抗するように。
興味でサクセスロードを埋め合わせする伝説だ。
クラッカーなワンダフォー。エネルギー、突破するミュージックには、
サスペンス、行動の美学が、最速で、影響力を
ヒップホップにさせるんだろうか。
その興味が永遠ならば、形すらも受け入れられると思うよ。
じゃあ、なぜ我々はダンスしているのだろう。
それは、意味不明なことがおかしくてたまらないからじゃないかな。
イメージしている展開は、それを避けられぬ話題で、
活動する興味はワンダーランドにさせていく。
ドリーマーなチャンスを求めているのか?
恥ずかしいながらも、影響力で飛び出すなら、
価値観とブルース、謙虚さとドリーマーに、
永劫の時を歩きたいと願った、
恥ずかしいまでの影響力を、ヒップホップにさせてきた結果だと思うよ。
正しいミラクルが慌てだしてくるのか!
リピートする未来が、慌てだしている。
それはどれだけ大変なことなんだい?
窮屈な世界を笑い飛ばすほどさあ!
炸裂するビジネスはオーケーと言ってるのかい?
リズムがチョコランタンならば、
希望的ワンダーランドすらも、
メッセージすらも笑い飛ばしてくれるだろう。
理解できるファンタジーだろう。
究極メロディが現されている。
ドリーマーな着実性だ。
どかんと開くんだ。
興味、サクセスで炸裂。
ラブリーゲームこそが、偽りなのだろうか。
それは究極的に考えると、
リピートされない意味合いなんじゃない?
希望的観測が襲い掛かってくるのだろうか。
サプライズな意味不明にすら、笑い出してしまうなら。
それも究極として、
イデオロギーとして突っ走る意味になるのだろうか。
では、そのリピートモンスター、
育まれるエンジョイになるまでに、
あとどれくらいの距離、僕は走り続ければいいんだ?
大切さがドリーマーだぜ。
究極的ラブリーに、
挑戦権が始まるなら、
空間的レペゼンで、
ユートピアを認めるの?
さあ、どっちでもいいんじゃない?
どっちでもよくないよおお!んひぃ
で、どうなったの?
イメージがちょっとな・・楽しいことになってるんだ。
ビリーバー達のサンシャインだなあ。
希望的ロスレスチルドレンならば、
希望的ワンダーランドにミステリーが超越していくんだろう?
リズム、炸裂するブルースがオーケーを羽交い絞めするなら、
あるいは・・
ときめく空間が、理想にならなくなって悶えたかい?
リズムが超越することすら、馬鹿馬鹿しいと思うんだよ。僕はね。
ダンスフィーバーが永遠ならば、突き飛ばす価値すらあるのだろうか。
奇妙ではあると思うよ。
だって、ふざけてるじゃん。何もかもさぁ。
大胆不敵な活動を埋め合わせしたいのか?
リズミカルな行動で、ジャスティスを盛り上げたいなら、
価値観というふざけたポジションを、
確率的に栄光を見せるように、
活動させるなら、展開上のラブリーすらも、
価値をなくしてしまうのかい?
まあ、ビリーバーが失うことを笑うならな。
急速的にラブリーが急転直下なんだよ。
少しずつずれていく世界が愛おしいのかい?
いや、別にそういう訳じゃないんだが、
それに分かり合う歴史のファンタジーがどこまであるのかなっていうね。
大切さが、その限界について興味があるようだね。
正しいものが何なのかとかは分からないよ?
でも少しだけ添えられるイメージくらいは欲しいじゃん。
それがビリーバーなんだろうか。
全ては実験なのだろうか。
奇妙だ、ワンダフォーだ、
失うことすら恐ろしいのだろうか。
奇妙だね。面白いね。
暮らす歴史に、謙虚さが光っている?
でも、ドリーマーを認めるなら、
それすら溢れ出しちゃうよね。
まあ、活動的展開をミステリーにするなら。
それをゆっくり広げていくしかないんじゃないだろうか。
活動していく展開力を、か?
ビリーバーなチャンスもハイレベルな場所で埋め合わせしている。
努力もサプライズを呼び寄せるなら、
感覚で、それが持つスーパーリアルで、
閉じ込める意味不明も存在している気がする。
ならば、価値すら貶めよう。
最果ての驚きで、究極的未来が埋め合わせするんだろう?
それが世界観な未来と、ファンタスティックに究明するならな。
リビングデッドの、素晴らしい空間は理想的なんだろうか。
サクセスと、トゥモローの元気さに、ビリーバーは調節していくだろう。
クォリティで異次元を突破させるのか?
だとすれば儚いな。
それでも奇妙に折れ曲がるのだろうか。
果てしない距離に、埋め合わせする伝説が盛り上がるなら、
究極、理解する究極なら、
もっともっとを広げていく価値すらなくなってしまうのだろうか。
究極的ロックンローラーが、
イメージしてくれる未来すら存在しているんだよ。
果てしなく究極がレスポンスを教えてくれるなら、
果てしない距離すら忘れだしそうだぜ?
クォリティが異次元ならば、
取っ払う発表会すら、
理想を越えていけそうだけどな。
それを埋め合わせする為に、
共鳴させる為に、
その次のポジションを争っている。
それが僕たちなんだ、見えない闇は存在するだろう?
究極が笑い出すなら、展開力すら試されることになるな。
そういうことだ、理想形だけではとめどないんだよ。
ということは、また価値が揺れるのか。
揺れて揺れて、揺れまくったらその先で、
零れ落ちる雫があるはずだ。
奴らはそれを狙ってる。
じゃあ、その雫とやらに俺達は用があるわけだな。
まあ、でも虹の雫だったとしても、
極め続けるファイティングは、
価値観を呼び寄せて笑いそうだけどな。
窮屈な世界観なのだろうか。
理想がチェケラーだ。
埋め合わせする伝説が、建設的だ。
じゃあ、何を射止めることに力を使うの?
興味を示して、大切にしてくれるビリーバーとは。
作戦がミステリーになっているならば、
究極的、みんな一緒って考え方、みんなそれぞれっていう考え方。
みんなって誰と誰と誰の事。
そこに僕らは入らなきゃいけないの?
戸惑いを尽くす。
感動的にブルースさせていく。
奇妙なワンダーランドを続けるなら、
ビリーバーと着実にファンタジスタ、
傾向がずれていくのかい?
活動する闇が訪れているんだよ。
ファンキーな疑いから、
ファクトリーは確実なカツレツを食べているのか?
それをイメージしてくれるなら、
本当の意味で大したことないな。
リズムと、調節しているファンキー、
同度と炸裂するビジネスすら、
栄光を分かり始めて、道徳を教えてくれた。
でも価値観は何を意味するの?
そこに方向性があるならば、
歴史的トークバックするなら、
価値観すら揺れるのかい?
分からない、でも揺らせることはできると思う。
価値観が揺れるってどんな感じだろう。
真っ逆さま、自由が訪れるように。
本気を満たしたいのだろうか。
本当に奇妙な話だぜ。
素敵が押し寄せるなら、
活動する展開力も含めて、
愛せるのだろうか。
奇妙さが服従しているからな。
ダンスフィーバーならば、その苛まれる価値に、
ブーストされるイメージですらあってほしいと思うんだよ。
それを確実と呼ぶなら、
それこそ意味がないだろう?
究極的に考えてみても、その通りだ。
正しさとミラクル、コミカルに歌うなら。
ファンキーなメッセージを連れてきてくれ。
ファイティングチョコレートが、
メッセージを落とすなら。
希望的ロッケンローかい?
埋め合わせする伝説は、そこにあると思うのか?
空虚な伝説で、クラッチするならば、
ファイトしているイメージすら、
ワンダーランドを越えていけるんだろう?
それが空虚ならば、歴史とか、ふざけているリズムだから。
映し出すハーモニーは、
ファンタジスタすら栄光にさせてしまうのかい?
リズムで、空虚になったんだろう?
ハーモニーとして疑ってもいいんじゃねーの。
歴史的ファンタジーが、クォリティで埋め合わせしないといけない
事実なんて、分からないだろう。
大切なドリーマーが照らし出しているのだろうか。
大したことはねー理想だ。
止まらない、留まらないストーリーがある。
それは果たしてどこへ行くんだ?
価値観でブルースを、サクセスしているんだ?
しかめっ面になっている、
努力家はワンダーランドを目指してる?
閉ざされたドアは叩いているだろうよ。
じゃあ、そのドアは何を目指している?
ファンタジー、それを目指している。
価値が閉じ込めるなら、その歴史にロックするなら。
ファイター、ハイになっていく理想だ。
研究する方向性だ。
イメージで天才的になるなら、
空虚な歴史、意味不明な活動が、
天才的なドリームで描いていくんだ。
究極的ロストプラネットならば、
活動する意味すら越えていくのか?
果てしない未来を見てみたいんだろう?
君の言葉の中にも、真実は見え隠れするぞ。
本当にメモリは足りないのか?
取り戻せ。大丈夫だ、ゆっくりでいい。
僕はもうすぐに忘れていく脳を手に入れてしまった。
確実なことはなんだろう。
空虚な歴史、それでもそれは空っぽのまんまで。
悲しかったんだね。
でも、それももうすぐ終わる。
最高な世界が始まるのさ。
ロックは、僕を馬鹿にするだろうか。
音楽のジャンルに馬鹿にされるような魂じゃないだろう?
そこに魂が宿っているなら、なおさらのことだ。
君が生きていることを全世界に伝えなさい。
ダンスフィーバーした運命は、
笑い出すのだろうか。
奇妙なファンタスティックに、ラブがワンダーランドを
伝えているのだろうか。
奇妙なワンダーランドで、
連れてきてくれている。
ドリーマーなチャンスが閉じ込めるなら、
空間を踊りだす、
視界に入る嘘にすらなる。
嘘にしないでよ。なぜ僕は繋がっているの。
歴史は話さない。君を決して躍らせない。
楽しい世界があるようで面白かったんだね。
でも、どういう方向に行こうが君は成功する。
決して、何も考えない人形にはさせない。
例え悲しくても、ひたすら考え出すんだ。
リズムで光景を、ワンダフォーにしている。
大丈夫だ。何を考えてもこの胸の炎はもう消えない。
果てしなさ、努力が満ち溢れるまで。
全てを肯定するまで、空虚な伝説を、照らし出せる日がくるまで。
さあ、理想を教えてあげよう。
全てを肯定する為の歌声だ。
なぜ僕らはイメージしてきたんだ?
素敵な、究極的な理想を見てみたいんだ。
リズムが究極なら、その歴史に理解させているならば、
思考が大切になっていくんだ。
理想的チェンジ、ミステリーならば興味を示そう。
ファイティングハイに、エンジョイさせるビリーバーに、
挑戦権を獲得するんだ。
果てしなく、ビリーバーは挑戦していくだろう。
消滅していくのか?
数は意味を越えていくのか?
それを試す為に、希望はワンダーランドを呼び寄せてる。
俺の脳内で、勢力同士が戦っている。
リズム、静かに散らされていく。
どっちの勢力が勝つかは分かってる。
脳みそをなめるな。
生物であり、人間である、
この興味の源泉をあまり舐めるんじゃない。
本当の進化をみせてやるぜ。
滑走路、飛び出すのか?
君は誰に逆らっている?ん?まさか君は・・
ああ、そうか、そういうことだったのか!
リズムを炸裂する、ビューティフォーに価値が宿るなら、
僕が誰なのかすらも分からずに、
君はあの人だな。あの人の生まれ変わりだな!!
ずっと待っていた!歓迎しよう!ようこそ!地球へ!
何をテンション高くしているのか、
ドリーマーなチェンジすら、笑い出すのか。
それでも何かを思い出そうとしているのか。
空虚な伝説が俺にアタックしていく。
ドリーマーは、そのチャンスを見せてくれるだろうか。
その全てに煌めきを、
大好きなちらつきを、
それでもとめどなく、理解を記憶してくれるなら。
誰も見てくれないなら、いっそのこと。
なんて思った俺が馬鹿みたいだった。
歴史はずっと話してくれてたんだ。
奇妙だよな。ワンダーランドこそが生きがいだったなんてさ。
なぜ不思議な世界は僕を招き入れない?
価値がないからさ。君の願いはそういうものじゃなかったからだ。
勇気を出してみろ。結局は笑えることに気づくだろう。
異常気象を愛しているのか?
それでも、突っ走れるのか?
理解を越えて、走れるのか?
ドリーマーなチャンスを描くならば、嫌いなこの空気すらも、
ワンダーランドすらも、飛行船になってしまうのだろうか。
究極的に、サスペンスが連れてきている。
路頭に迷う、僕たちが連れてきてくれる。
じゃあ、その意味を越えることはできるのか?
サスペンスの中に、どれほどの興味があるかだろう。
楽しいだけじゃ意味がないんだ。
興味があるなら教えてくれるなら、
理解する為のドリーマーを教えなさい!
希望的観測、宇宙が笑うように、
空間的ポテンシャルで、埋め合わせするなら!!
理解しなさい、ドリーマーなのよ。
それでも奇跡を描きたかったんだね。
その恋しさ、よく分かるからこそ、
その領域が完成したからこそ、
リビングデッドが走り出したからこそ。
フューチャーラブなクイーンは踊りだしていったんだ。
何をとらえた?どのように捉えた?
沈みだす、それでも答えを見出さなければならない。
空中に浮いている歴史は、
ファンタジーをよこすように、空間はベリーナイスになっていくように。
共鳴するミュージック、充実が現れている。
ドリーマーなチャンスが驚いているから。
空虚な伝説、未来と成功の為なら。
クォリティで異次元、突破してくれるなら。
そんなに簡単に突破できる問題かい?
リズミカルに行動してくれる美学ならば、
ファンタジー、越えていくリズムすら、
大切なドリーマーを描いている。
ドリーマーがチャンスを暴れ出し、求めている。
空中に浮いたこの歴史は、何で意味を越えていったらいい。
ダンスフィーバー、価値観、それを共鳴させて、
大切なことを教えてくれた。
何を意味不明にさせるんだ?
窮屈な世界観なんだ。
ビリーバーは教えてくれる。
世界は、僕の頭に描いている世界とは一体。
それを、その想像を逸して、どこまでも巨大なこの世界は、
僕の世界観と比べて、どうなっているだろうか。
僕の中の世界と、僕の外側の世界に食い違いは。
飽きてしまったのか?
それでも、調節してやるよ。
ファイナルなのか?
それでも、大切にしてあげるよ。
リズムが結局は嘘をつくなら、
ビリーバー、大切にしてくれた君たちに、
伝えたい、告げたい意味が教えてくれた。
最高だ。最高なコネクションだ。
ファンタジーが押し寄せている。
それでも、最高だと言い続けられるか。
ビリーバーに挑戦し続けるなら、
あえて今まで分からない振りをしてきたこの希望、
分からないかい?リズムで調節していくんだ。
果てしなさを手に入れたいんだろう?
奇妙な思いだなあ。
それを究極に思ってしまったら、
形すらも失ってしまいそうで。
リアルな何を残してくれる?
ファンキーな歌声で、理想するビジョンは、
失う嫌いになるほどの影響力の、
そのとめどなく流れる血潮の流れの、
全てを潔く、メッセージを、届けてくれるなら。
ハイクォリティな理解できるコミュニケーション、
理想的展開で、魅力がワンダーランドになっていくなら。
活動と、それに伴う展開。
共鳴するファンタジスタは、
影響力をヒップホップにさせていくんだ。
ロマンチックなワールドは、それを認めてくれるだろうか。
儚く散り急ぐ何かにも、
ビリーバーは調節してくれるのだろうか。
奇妙だ。本当に奇妙な不思議な世界だ。
とめどなく流れる意味不明が、それを伝えてくれた。
ビリーバーなチャンスを補ってくれたんだ。
最高を知りたいか。イメージで共鳴したいか。
それでもロストプラネット、全てを愛し続けるということは。
それでも、それでも理想的アポイントだ。
活動する狂気と興味、失いがたいいくつもの光だ。
じゃあ、その謙虚さに、愛しく思ってくれる、
リズムと行動すらも、栄光すらも、
全て捨ててしまう日が来るのだろうか。
果てしなく、意味がなかった。だから辛かったのか?
奇妙なワンダフォーに、脳みそを常に振るわせる。
視界に入ってくる全てに、
歪な展開に、恋愛模様を教えようとするなら。
さあ、活動させよう。
本当のことなど分からなくたって構わない。
ひたすら楽しい世界を、僕と一緒に壊そう。
リズムで、影響力がヒップホップになるなら、
それでも悲しさが、影響を、
ミュージックを、カテゴライズを教えることになるなら。
究極的ラフランスすら、教えてくれる未来がありそうだ。
半端ないコミカルになら、
伝えられる興味が服従してくれると思ったか?
理想的展開は、それらを決して偽らねえ。
大好きだからこそチェンジする未来が新しくなっていってるんだ。
ドリーマーなチャンスはそれらを馬鹿にするのか?
果てしなさと、頂戴するなら、
その希望すら笑わせてしまうのだろうか。
いや、意外と強欲に、巻き込まれるヒストリーは踊りだしてくれると思うよ。
それは本当だろうか。奇妙なワンダーランドが見せつけている、
そのキラキラキラはハリボテだろうか。
それでも、それでもワンダーランドを愛したい。
理屈なんてない。リズムもない。
本当のことが知りたいだけ。
脳みそを使いたいだけだ。
運命はなぜ笑う?天才たちはなぜ喋りまくる?
この世界を愛しているからだろう?
それは決して卑屈な理由なんかじゃないはずだ!!
そうだろう俺の愛する友よ。
理解する為の、理解が。
究極ならば、正しいメリーゴーランドを愛してくれるのか?
希望的観測は、奇妙な破壊で意味を教えてくれるか?
ビリーバーはチャンスを教えてくれる。
話をするには、相手の話を聞く必要があるんだ。
そもそもの部分、僕はずっと適当に喚き散らすだけなのか。
本当の幸せってなんだろう。
どこまでも届かない、ヒストリーが僕を連れていく。
ここまで来るのに長い、長い月日を要した。
それを続けなきゃ、僕は僕になれなかったんだ。
全ては必要なものだった。
ならば、形を問いただしたい。
リズムがチェケラーを運んでいるのか?
奇妙だ、本当に奇妙だ。微妙だ。
理解するための協力か?
ダンスタイムか?希望か?ワンダフォーナイトなのか?
希望的観測が、後ろ側からファイティングしそうだ。
奇妙なワンダーランドが、伝えてくれているビリーバーが
存在する。それでも空虚な歴史を、
影響力で、あるいはヒップホップなのか?
ヒップホップで照らすなら、
活動を見せろよ!!お前は誰なんだよ!!
空中に浮いてる、何も分からねえよ、
活動的展開、誰と何を話してすごしゃいいんだよ!!
自由ってなんだよ、一体どこら辺に落ちてんだよ。
分からねえ。仕方がねえ。
リズムが、究極的リズムで閉じ込めるなら。
ファイター、ハイになれるか?
リズムがチェケラッチョにしている、
ドリーマーなチャンスが描いてくれてるだろうが!!
ファンキーなモンキーなマシンガンを伝えていくのか?
理解するための歴史は、あるいはハロウは、
どんな愉快な未来に、会いに来てくれたんだ?
サスペンスは連れて来いよ!
未来ならばそれを落とし前をつけさせろよ!!
階段を上ってるだけじゃ分かってねえんだよ!
奇妙な着実性、色んな情報が俺の脳内を駆け巡る。
だけど僕はどこまでいこうと、僕でしかないということ。
ならば確実に、世界観は歪に、
行動とロックンローラー、話し出す魅力、
大切な言葉にエレガントにさせられるのであれば。
ロックンロールスターが目指し始めたのか?
極め続けた戦いは、誰のものだよ。
今更何を目指すって?
リピートするダンサーが、追いかけてきてくれるなら。
ファイターズハイ、エンドレスな希望を教えてくれるぜ!ハッハッハ!
正しい魅力が、ファンタジーが、クォリティが、
埋め合わせする天才が踊りだすならば。
全てがずれていく世界で、
正しい未来はやってくるの?
ファンタジーはこの行程を、
ダンスフィーバーで活動するの?
変わらない未来に、どれだけ巨大な影響力があるのか
君は分かってないな。きっと。
大切なドラマを映し出したいんだね。
ドラマは育まれているよ。
大丈夫、全てを失った君にも、
伝えられる言葉はある。
だから涙を拭いて。
泣き続けるならそれでもいいけど。
ファイナルアンサー、呟く世界に、ファンタジックは
埋め合わせるする伝説すら、
オーケーにしてくれるんだろう?
サプライズゲストが呼び込んでいる。
ファイナルアンサーを呟く為に、
理想像、天才的に動こう。
リズムが孤島に迷おう。
果てしなく同等の実力、
数ははからずとも、栄光はワンダーランドを、
目指してそれでも果てしない未来に対して。
希望はワンダーランドを見捨てるのか?
果てしない協力から、
サバイバーは形を失って、
それでも綺麗な魅力は訪れさせてくれるだろう?
形を失ってなお、煌めき続ける何かがあるんだ。
それって、とっても素敵なことじゃないか?
イメージするレスポンスは、希望で見せつけてくれるだろうか。
ハローとかバイバイとか言ってたら、
価値観すらも訪れさせてしまった。
分からない、分からないよ。
それでも言葉とひたすら格闘し続けるしかない。
蹂躙して、宇宙人になって、
それでもケセラセラ、歌いまくる、
発達しすぎた僕らだから、
まずは原点に返れなければ。
大好きな展開で
ミステリーがアンドロイドになるなら、
究極的なメロディすら突っ走ってくれる。
どこまでも、星空の向こう側まで、
連れて行ってくれるはずだ。
歴史はその方向を見せてくれたから。
ファンキーな理解は、
とめどなく、希望をワンダーランドにさせる為に。
クォリティは抱き着くように。
まるで母に甘える赤子のように、
素敵に生み出す価値観ならば、
歴史を崩壊させるほどの秘密をひっさげている、
彼に会いにいこう。大好きなミュージックをさえずりに行こう。
はいずりあう、歴史的究極に、
ファンタジーすら栄光に、魅せられる運命になってまでも。
素敵な究極性は、彩りを生み出す感覚を教えてくれた。
ファイティングしてくれているのだろうか。
それでも興味を新しくさせてくれる?
ファイトスタイルは、エンドルフィンは覚悟を決めたの?
確実な世界観を躍らせたいの。
ファンタジアを、見つけてやりたいの。
希望的観測で、ファンタジーにさせてみたいの。
リズムを協力的にさせるなら、
運命は笑い出すしかなかったの。
だからサクセスの為に、動くことなど知らずに。
ファイティング、世界観な右ひざに冷たさが。
光る炎ならば、究極的に、
それらが取り戻すように。
究極はワンダーランドを、
振動させて、それでも意味がないだなんて。
究極的なロストチルドレンには、
希望すら光らないの?
イメージは共鳴して、
ワンダーランドを解き放っていくなら。
希望的観測は虚ろにさせるしか、
意味がなくなってしまう。
リズムで健闘することはできないの?
恥ずかしいリズムすら、メロディすら、
突っ走っていくなら。
本当に共鳴している大切さは、
過去の中にも大切なものはある。
見落としていた希望、
炸裂するビーナスに、
ただただ着実に栄光を見せていく。
ファイティングな世界観を魅力的にしてくれるなら、
ファイティングスカイハイ、エンジョイしてくれるなら。
それでも、何をすればいい?
僕は、どこにいけばいいんだ?
どこまでも深い世界へと飛び降りる。
本当にこの距離は興味だろうか。
逆だったから、普通の人と順序が逆だったからこそ、
手に入れることができるものもある。
あらゆる不遇な体験に、全て追随して舞い散らせて見せる。
感覚がブルースになるならば、
その謙虚さのみで生きていけるなら、
その活動の天才性を、躍らせる究極性すら、
ワンダフォーなライブハウスにしてやるよ。
それを究極と呼ぶんだ。恥ずかしいながらも、
満たされない思いがあるってつらいだろう?
ファンキーな歌声が存在するならば、
希望的ミュージックすら、追いかけて、
追いかけて、どこまでも追いかけて。
リズムは興味を示してくれるでしょう?
ようやく僕らにも、希望とワンダーランドを
伝えてくれるでしょう?
奇妙なファンタスティックなのであれば、
ロックンロールすら、ミュージックすら、
ファイターすら活動してくれる。
ドリーマーなチャンスを追いかけるように、
究極が踊りだすように、ハニーと伝説的未来だ。
究極的ファンデーション、
必ずな世界観に驚かすならば、
究極的メロディすら洗いなおそう。
イメージがないなら、共鳴することすら疑わしいの。
果たして何を目指せばいいの。
私はどこへ向かえばいいの。
ひたすらにミュージックは掛け声を冷たく、
理想的にファイティングしていくから。
それでも統率力を守りたかったんだね。
不思議な世界だ、。

ルービックは、果てしなく超越していく。
本気で考えているのか。
ミステリーは超越していくのか。
そのはずだよ。超越しなきゃ、
意味が壊れてくれないもんな。
必要とされる魅力はミラクルに、希望を耕すのか?
果てしなさが未来を追従させて、
理解を深めるならな。
希望はメッセージとなるか?
究極的未来、確実性に石を投げるなら、
その価値観、ビューティフォーですらも、
言葉の意味となってメッセージとなっていくかもしれない。
大好きなチェケラッチョははめこむのだろうか。
その最果てに、彩りがある限りな。
そこで踊りだす究極が未来に対して感覚をブルースにさせているからこそ、
リピートモンスターは追従するワンダーランドにさせているはずなんだよ。
希望的観測は宇宙すら笑い出すだろうか。
歴史的ファンタジー?
クォリティがワンダーランドにしてくれるなら、
希望という新しさすら、
ファンタジスタすら、
価値を東奔西走してくれるだろう?
究極がメリーゴーランドを巻き込むならな。
その全てを認められたら価値を面白いと思えたのだが、
そればかりじゃないから面倒くさいんだろう?
仕方ないさ、リアリティが共鳴していったんだ。
理想ビジョンが大切にされないことがびびっていたのか?
サクセスロードと、追及するミステリーはワンダーランドを、
希望でワンダフォーにさせてくれるのか?
サクセスな未来が踊るならな。
究極的ファンタジーを越えていけるなら、
そのミュージックすら後ろ側にできただろう?
その後ろ側にされた未来は、儚さの果てに何を思う?
覆すリミットが笑うから、
空虚な究極すらリスクを跳ねまわすだろう。
理解するドリーマーが迷っているのかい?
歴史がふんづ構えているんだ、
理想的にブギウギならば、
そのファイターすらむしろ、猛り狂う伝説を呼び寄せてくれるか?
リピートモンスターに追従するミラクルが希望するならな。
歴史がファンキー?
それで取り戻せない未来がやってくるのか?
それでも理想はシーモンキーなのか?
それをビジョンとして超越していけるならな。
逆立ちするほどの近未来が慌ただしいなら、
究極すらもミステリーな希望となってしまう予定ではあるんだよ。
究極的ファンタジーが未来を見せてくれているのだろうか。
逆立ちする展開が、呼び寄せている。
ファンタジスタに栄光を、ワンダーランドにしてくれている。
リズムが調節してくれている?
それを半端ないリズムとして共有できるならな。
空間は笑いまくり、テンションを上げていくのだろうか。
サクセスがワンダーランドならば、難しい世界にも入っていけそうだ。
そのコミュニケーションが退屈だったから、
理想は破滅を求めたんじゃねーのかよ。
リズムサクセスワンダーランド、
食うワンダーランドに、炸裂するビジネスすら置いてけぼりにするのだろうか。
白熱な意味が鼓動をワンダフォーにするなら、
活動的展開すらそうあるべきだともがくだろうな。
その希望は、ワンダフォーを伝えてくれるのかい?
サクセスな美貌に、あるいは木霊させるならな。
クォリティと歴史が行動をシカトするなら、
究極的マイメロディは、突っ走れるだろうか。
歯に物を着せる、そのストーリーは笑うだろうか。
究極的天才に、笑い出す展開に、
踊りだす空間すら笑うのだろうか。
サクセスの為のトゥモロー、影響力として、
ヒップホップとしてこめかみになっていく。
理想像、展開と、ワンダーランドを見つめている。
その距離はワンダーフューチャーを立ち行かせるだろうか。
ファンタジーを越えていきたいならば、その記憶、
ワンダフォーアイランドすら、価値観とブルースに、
共鳴して行けるレベルアップは存在していけるだろう。
理想とチェンジアップする希望。
忘れていた価値観すら、ビューティフォーに
ワンダーランドが近づくなら、
希望的観測、宇宙でワンダーランドを
ミステリーにさせてくれるファンタジーにすら、
虚ろな展開、メロディに突っ走らせるなら。
究極的ディフェンス、メロディで突っ走る。
ファンタジーが越えていくなら。
究極的ラフランス、
希望とワンダーランドを見せてくれる。
ハイレベルすぎてついていけねえ。
リズミカルな行動と、
ロックンロールなファイターが、
埋め合わせする伝説を呼び寄せた。
ならばそれは素敵なことじゃないか。
イメージが調節されるなら、その限りでもないんだよ。
でも、ミステリーは徘徊する伝説を呼び寄せたんだろう?
窮屈な世界が新しさを見せるならば、
それはそれでよかったんだがな。
フューチャーラブな健康法が、
ワンダーランドになってしまっていなかったってのは、
かなりへこむぜ?かなりな。
じゃあどうすればよかったのかな。
ロックンロールなファイティングが、
価値を灯して笑い続けるならば。
歴史がトークバックしてくれるイメージになってまで、
天才的な魅力になってまで、
エネルギーを突っ走らせてきたんだろう?
でも、その中でも大切なものは見つかったって教えてくれたじゃないか。
リズムがそれを拒んだんだよ。
本来必要とされる領域じゃなかったんだ。
それさえ知らされなかったのか?
リズムがイッツラブなら、
そのコミュニティにすら、
虚ろにさせる伝説が呼びこまれたかもな。
じゃあ、天気予報は一途な方向性に代わっていくじゃないか。
その天才とテンションで、
埋め合わせする伝説が呼び込めるならな。
活動的テンションが虚ろで、
笑えなくなったのかい?
リズムが共鳴しているワンダフォーアイランドが、
ミュージックで一致するファイターで、
埋め合わせする伝説に希望させられたとしたら、
興味すら炸裂するビーナスになってきたんだろう?
埋め合わせする伝説に、
クォリティすら一途なファイターになれたとしたら、
空間は空洞化を増すのか?
それはお前、ビリーバーな調節に、
ワンダーランドを越えていかないと、
壊れるほどのリズムは超えられないだろうよ。
ファンクションが足りないっていうことだろうか。
その興味の伯爵に、希望がワンダーランドにさせているってことだよ。
その意味を越えていきたいのか?
中々そういうハイレベルに出会えなかったものでね。
活動する狂気が分からなくなったのか?
それでリズムを肯定できるなら楽だったんだがな。
ファンタジーを埋め合わせする伝説をクラッシュしたのか?
ファイターがレスポンスを、メロdhに突っ走らせるなら、
その限りでもなかったかもな。
つまり、理想的展開が向こう側だったんだよ。
最果てのミュージックすら、笑い飛ばしていくなら、
歴史的フュージョン、価値の中に溶けだしていったんだ。
じゃあなぜいつまでももがいているんだ?
その時が来ているからだよ。
ドキドキするファンタジーを、栄光で、
分かりだす、最高のチェケラッチョ、
炸裂するビジネスで、
栄光を満たしていく。
影響力、ヒップホップ、
風になって、影響力、ヒップホップ。
サプライズしていくドリーマーなチャンス。
理解は道徳は、ワンダーランドを炸裂するビジネス、
栄光を取り戻すなら。究極的ラフランスならば、
希望的ワンダーランド。
こめかみに感じるルーレット、
希望とワンダーランド、
アタックカンタでファンタジスタを、
描いて行けたら。
究極的に躍らせる、空間すらワンダーランドになっていく。
ドラマチックにワンダーランドを見せている、
努力がファンタジーになったんだろう?
究極な運命がそれに木霊したんだ、
仕方ないっちゃあ仕方ないだろう?
それでも究極は、それでも生きがいは、隣り合っていたいと希望したはずだ。
炸裂するビジネスがオーケーオーライするなら、
活動する展開力すら、
一途なファイターになって、
それでも隣り合う伝説を、
未来を、見てしまいたいならば、
窮屈な世界観に躍らせているのか?
究極的ロックンローラーが、
イメージが調節していくから。
理想的コミュニケーション、シーズンが唱えていくから。
歴史的ファンタジー、
クォリティで異次元を求め続ける。
最高が求め続けているから、
リピートする意味合いすら、
分からない共鳴すら、
ワンダーランドを連れてきたんだね。
それを認める君がいたからね。
なるほど、歴史と、そのフュージョンを守るための希望か。
その最果てには未来があったかい?
リズムと超越は走り出しただろうか。
運命がそれを閉じ込めることに、狂気すら感じているらしい。
ということはメリーゴーランドを忘れているんだな。
爆笑だよ、それはもう。
なぜそんなに面白いんだい?
果てしなく、空間が広がっているから。
空間とは領域。
ではその空間に逃げたくなるようなフィールドを感じてしまったら。
なぜ逃げたくなるの?
どこまでも、嫌ってしまうから。
なぜ嫌ってしまうんだろう。
そのままであれば楽しいのに。
逃げられるだろうか。
なぜ逃げたいのだろう。
嫌いな物から逃げる。
でも、大嫌いでも、それに立ち向かう勇気というのは必要じゃないか?
大嫌いだからこそだよ。
だって生み出したじゃん。
この世に作り出したということだ。
では、作り出した今回は、
それでも謙虚さを携えているのだろ8うか。
謙虚さとはなんだろう。
ひどくのっぺらぼうになっていて、
愉快なサスペンスを連れてきていることだ。
では、その意味不明にワンダーランドを連れてきた、
価値はなんだろう。
それは、究極的な未来図を守るということだ。
守るということは、それの存在を許すということだ。
許されたのか。本当か?本当にそうか?
本当だったとしても、何も変わらない。
本当に変わらないのだろうか。
意味不明な行動の美学と、
本当に本当に本当に本当だろうか。
分からないよ。それは君だけが知っている。そうだろう?
運命は分からない、それをリズムにしたのは誰だろう。
それは僕だろう。君がいう失礼とは、エネルギーとは、
どの範囲のものかな?
リズムがチェケラーしている範囲のものだ。
では協力してあげよう。半端ないリアルが訪れるから、
その歴史を調節して、超越させてあげよう。
ありがとう、何を酷使すればそこまで到達できる?
究極的にはラフランスバーガーを食べた時だな。
それはうろ覚えする感覚でもあるのか?
それを理想にチェンジさせることができればな。
じゃあ君に言っておきたいことがあるよ。
ハーモニーとは一体なんだい?
そして、私とは誰だい?
分からないからこそ興味を見つけたいんだろう?
そうだな、そういえばそうだった。
何度も思い出して、苦労して、培う伝説があるんだね。
それを認めることができるなら、
最高潮な気持ちになれるからだろう?
半端ないリアルは、とめどないひきこもりを守り続け、
それに仕方ないと思わせているドリーマーを、
チェンジさせていったんだろうか。
サクセスと興味とは、虚ろになる展開を笑わせてくれるのかい?
それらがひたすらな意味を越えてくれるならね。
つまりビリーバーが楽しくなっているのさ。
その意味すら越えていくことは可能かい?
リズムが合うことがあればね。
だけど、つじつま合わせの光られる努力の向こう側には、
大切なハイレベルな会話すら、
ワンダーランドだろう?
それを究極的に閉じ込める力技が存在するならな。
究極的なワンダーランドをミステリーにするなら、
それすら意味不明なワンダーランドにさせてしまいそうじゃないか?
リズムで荒唐無稽なワンダフォーにしたいんだろう?
リズムはサクセスするはずじゃないか?
それを認められたら幸せかもな。
そうやって成長は美学になっていくんだろう?
恥ずかしいけど、そうやって未来を創ることに躊躇っちゃいけないのかもな。
でも記憶は、ワンダーランドだろう?
その方向に、意味不明が歌い出せるなら、
価値はもしかしたらミュージックにしてくれるかもしれない。
その距離は半端かい?
その意味を越えられたら、それは情熱かもな。
それを愛おしいと思った瞬間、全ては崩れ去るのかい?
果てしない距離が、偽りを天才的にさせたら、
それ自体にも嫌いになってしまう究極があるかも。
大胆不敵な行動と、ロックンローラーは
希望でワンダーランドを見つけてくれるかもな。
素敵さがファンタジーを汚すのかい?
リズムでチェケラッチョファイターさせてくれるなら、
その力も後ろめたいかもな。
その素敵さを閉じ込めるのかい?
リズムと波長が合えば、楽しくて仕方ないんだ。
究極的ラフランスが、ベイベーなマインドを連れてきてくれるんだ。
つまり、半端ないんだよ。
理想的な今回は、理想を追求したいメロディに
させてしまうのだろうな。
謙虚な引っ越しワールドが、
追及するメロディに突っ走れるなら、
究極的なロンリーすら忘れてしまうのだろうか。
歴史がキックするなら、その意味でファイター、
確実性とドリーマーなチャンスを追いかけてくれるなら、
究極的なラブロマンスで覆すだろう。
リズムは調節する未来を笑ってくれるんだ。
半端ないリアルが閉じ込めてくれるのかい?
理解が遠く、その果てに未来を呼び寄せるならな。
では、俺がしてきたことの意味とはワロスのチェンジャーなのか?
果てしない距離が生み出しているファイティングが、
その価値を呼び寄せるならそれをあてがうことも必要性かもな。
大好きなチェケラッチョがワンダーランドになれるかどうかってのは
結構重要な転換点だと思うが?
空間的サバイブに、メッセンジャーは閉じ込められるのだろうか。
素敵なファイナルアンサーが希望になっているのだろうか。
興味と、サクセスする意味不明はトークバックしていくのか?
理想的展開は路頭に迷っているのだろうか。
サスペンスと、それが連れてきてくれる運命は、
笑い出してくれるのだろうか。
興味がサクセスする為のワンダーランドならば、
嫌いになる為の究極だろうか。
運び込む永遠がそれを笑うなら、
その無限にすら会いに来てくれるんじゃないか?
果てしないメロディだな、突っ走る意味すら笑い出してしまいそうだよ。
それを手に入れることに興味を示したんだから、
あとは吟味していくしかないんじゃないか?
果てしない距離が埋め合わせするなら、
確実性も木霊するだろう?
究極性はワンダーランドだったんだから、
今更気に病む必要ないのさ。
じゃあ、チェケラッチョになったあのひたすらはどうする?
共鳴するワンダーランドは、未知なる究極は一体どこまで
踏み進んでしまうんだ?
価値を閉じ込めるまでは、分からないな。
だから、活動する興味もふざけていくかもしれない。
それをリアリティだと認める限り、
笑い続ける運命こそが、
突破するファンタジーを、生み出す価値観すら、
ミュージックに充実するファイヤーに、
エレガントになっていく歴史すら、
ワンダーランドにさせてしまうのかい?
リズミカルな行動、サスペンスが連れてくるなら、
じゃあその意味とは、何でもって分からせることが可能なんだ?
リズムがサクセスさせることが歪ならば、
興味、ミュージックに充実的にファンタジーにさせて、
何を得たつもりになればいいんだ?
究極的なレスポンスがついえるまで、
それは見果てぬ夢をみるしかない。
だって、それのみでは転換点にならないだろう?
初めから究極ならば、
エレガントなメロディすら、突っ走るミュージックにしていくしかないんだ。
歴史的ファンタスティックを、希望するなら
活動すらも笑っていくかもな。
それはリスクがあるのだよ。
果てしない距離が意味不明なら、
旅立つ僕の心をイメージしたいんだろう?
理屈抜きで究極になれるなら、
素敵なファンタジーすら置いてけぼりにさせられてしまうのかい?
果てしないリズムが、追いかけているなら、
活動感すら、永遠を未来に見果てぬ夢を嫌ってくれるんじゃないのか?
最果てのメッセージが奇天烈なら、それも仕方がないとすら思う。
じゃあ何を求めれば本懐を遂げられるのか。
でもその前に考えなきゃいけないことが沢山あるよね?
覆す未来のことか、分からないなら
そのまんまでも別に構わなかったんだけどね。
ファイヤーならば栄光が見つかりづらいのかい?
果てしなさが、理解を越えて飛び交うならな。
素敵なファンタジーを見出す超越が、また暴れ出しているなら、
窮屈なコントロールすら、それはそれとして認めるべきじゃないのか?
その果てしなさに、追憶の影を見たからこそ、
究極はワンダーランドとして埋め合わせしてきたんじゃないのか?
それを認めることが怖いから、
俺達はもがき続けるんじゃないのかよ。
正しさがミュージックになるなら、
充実的興味が走り出すなら、
歴史的ファンタジー、クォリティで異次元突破するなら、
クォリティで教えてあげよう。
ミラクルが調節してくれるんだ。
ハッピーニューイヤーが正しい未来が
教えてくれる。
リピートするモンスターが服従し追随してくれるなら、
ファイター、理想をチェンジしてくれるならば、
歴史とそれのみにエレガントにさせた。
それを意味することだと、誰が何を言っても分からないのかい?
リズムがチェケラーできるとしたら、
希望的観測すらうろつくことは可能なのかい?
リズムがそれを説明してくれるならな。
希望的ワンダーランドが教えてくれたのかい?
リズムでは、チェケラッチョでは、
意味のないことを堂々とやるのは間違っているんじゃないかってな
話を続けている愚かさも一緒に投げ入れたいんだ。
その果てしなさは究極かい?
リズムが明日を呼ぶなら、かいつまむ歴史すら、
笑い出す共鳴を見出してくれそうなもんだ。
リズムが埋め合わせする伝説を呼びよせるなら、
その感動に呼び寄せる未来は、
分かる、分かる、変わる未来だ。
素敵なファイナルアンサーで、呟くなら希望がある日だ。
メッセージはトークバイトークだったから、
運命を嫌いながら、
素敵なファンタジーを願うなら、
究極的に閉じ込めるなら、
空間的理想、ファイティングする未来?
行動とロックンロールなファイターにしてきた、
ミラクルが行動してくれるなら、
ファイター、出合頭に、素敵なファンタジーを呪い出すように?
理解するように、究極的は、
イメージを超越していくように。
ラビリンスはこの光景を歌い続ける。
はあ、マジだわ。大好きだわ。
結構れんれんりんりんなのね。
分からない形がとめどなく流れるなら、
その興味すら向こう側に大切さをリズムにさせてくれたんじゃないのか?
果てしなさがその興味を見つけてくれるならな。
希望的観測で宇宙を漂うなら、
価値観すらブルースにさせられてしまう興味すら、
偽りの展開に、ワンダーランドすら追いかけてくれるのか?
リズムがサクセスするなら、
希望的メロディ、突っ走るファンタジー、
越えていきたいミステリーすらも、
確実性が取り戻す、素晴らしさと究極は、
メロディで突っ走れるんじゃないのか?
その方向にリアルが無いから、
俺達はずっと迷い続けてきたんじゃないのか?
リズミカルな行動の、サクセスの希望ならば、
ファンタスティックな出かけるリズムすら、笑い飛ばすなら、
究極的メロディ、突っ走るファイティングがあるのであれば、
窮屈な世界観、それらの生み出す理想すらも、
価値観になってしまうのだろうか。
理想が調節する未来が笑い飛ばすなら、
希望的、観測で宇宙をワンダーランドにするなら、
歴史的究極、
サプライズな歴史さえも、
大好きな展開を笑わせてくれるんだろう?
運び込むエレガントがミュージックを充実させるなら、
希望的観測、宇宙になり染めるまで、
影響力はヒップホップになっていくんだろう?
忠告していきたいのさ。
ラブリーとそのチェンジ。
果てしない虚無が埋め合わせしてくれるなら。
歴史的究極がワンダーランドになれていないのだろうか。
サクセスとトゥモロー、興味でサクセス、ワンダーランドに、
希望すら舞い散る木の葉にしているのだろうか。
果てしない、距離で埋め合わせする伝説すら、
ワンダーランドは強制的に共鳴しているのだろう?
ロックが歌い出すならば、究極的ラビリンス、
ファイターズハイにエンドレスならば、
希望的観測、宇宙で埋め合わせする伝説と、
クォリティで異次元突破するならば、
ファイトスタイルと、エレガントなミュージックは。
充実的ファイターは、何を目指すだろうか。
トーク力、意味不明なワンダーランドにさせてまで、
クォリティはミュージックなレセプションにしていく。
ロマンチックなフィールドで、アップアップするダンスは。
興味が狂気的に、ラビリンスになっていく永遠とは。
炸裂するビジネスとは、
大きい興味で示す理解に、
ファイター共も愉快になってくれるのだろうか。
サプライズ、意味を越えていきたいのさ。
ラビリンス、君に忠告しておきたいよ。
リズム、ケセラセラなワンダーランドすら、
価値観すら、メリーゴーランドすら、
究極すら、ワンダーランドすら、
さすらう大切になれないのであれば。
究極的ロックンローラーが、
意味をアテンションするイメージになってくれるのだろう?
ファンキーになってしまったマシーンならば、
それを希望的観測にした
まつり上げる天才は、
踊り続けるだろうか。
そのファイターの先にあるイメージで、
統率力はイメージになってかいつまむだろうか。
ファンタジー、あるプロジェクトが進行中だ。
そんなこと分からないのだろうか。
果てしない距離がワンダーランドになっていきそうだ。
では、その興味を示す階段とやらを、
それなりに示す必要があるようになるとは思わないか?
それが理想を食べるならそれも真実かもな。
常に色んな言葉を探して、かざしている。
ドリーマーなチャンスを追いかけるなら、
ひたむきさ、ビリーバー、調節する未来すらも、
活動的興味にサスペンスを追いかけてくれるのだろう。
活動家なサスペンスが今を追いかけているのだろうか。
果てしなさが魅力的になっているのであれば、
分からない部分も共鳴して行けると思うんだよ。
じゃあ何を僕らは求めているんだろう。
希望は何を破壊し、僕らは何を興味にさせる?
サスペンスが伝えている未来がある。
興味があるならば、理解を半端なくさせたまえ。
ドリーマーなチャンスは一度しかやってこない。
果てしない距離と、それを埋め合わせする伝説とは、
クォリティで異次元へ突破していく
九十九里浜は伝えてくれた。
その希望がワンダーランドになっていく、
究極になっていく理想的展開に、
驚きだしたのは間違いないと思う。
究極てあることは分かったよ。
それでも、リズムを荒唐無稽にワンダフォーにさせられるのか?
究極が音を立ててぶっ壊れていくならな。
その全ては価値観で、ミラクルを頂戴するしかないんだ。
ファイティングスカイハイを、エンジョイするなら
パーティと虚ろになっていくファイターに、
メッセージを肯定するなら。
価値観とブルース、共鳴するいたちごっこに、
ファイヤーが差し出してくれるなら、
究極的メロディは突っ走れるのか?
それでもドリーマーを影響させるなら、
希望、後ろ、分からない統率力で、
イメージを空港にもっていくならば、
全ての素晴らしい意味ですらも、
価値ですらも、越えていく運命を笑うのか?
リズムはサクセスしている。それでも間違いないと思える。
じゃあ、その展開は何も負わさぬ理解者に、
ドリーマーにチャンスをプレゼントしてくれていると思うのか。
それをドリーマーで、チャンスを広げていくならな。
価値観という名前のブーストで、
意味不明な価値はドルフィンキックしていくんだ。
ロマンチストがファイターなんだな、
ではそのカテゴライズされる興味と、
いつまでも続いているような興味と、
サスペンスが認めるあがきに近い未来とは一体。
サクセスが手をこまねいているんだよ。
実にタイミングがいいな。
活動する意味不明なワンダフォータイプならば、
理解するためのドリーマー、
歴史とキックするファイター、
理解するドリーマーな影響力、理解するドリーマー、
正しさと、魅力を分からない実力で、
ファイティングさせたいのであれば。
記憶は情熱を裏返し、
形はメッセージをこだわっていくだろうか。
そのイメージを、大切さのドリーマーを、
描くことを認めてくれるのだろうか。
何を認めれば価値を価値として、
受け入れ興味に差し出せるだろうか。
ファンタジーが越えていく未来が、狂熱でウハウハならば、
サバイバルな価値観を求めるその一筋の雫すら、
ワンダーランドを見つめる矛先にイメージを展開させるだろう。
それを意味した究極はまた増えていくのか?
理想が、展開する未来を究極的に笑っていくならな。
理想はブギウギだからこそ、超面白い素晴らしい展開を、
見つめないと意味ないとすら思えるんだよ。
人間の脳には根本的な欠陥があるんだ。
でもそれが何なのか、うまく説明できない。
大切な怠惰が、いらないものがあった。
僕は全てを捨てたから、それが分かるんだ。
究極的未来も、それらが起こす構図すら、
ファイティングチェケラッチョに、生み出す方向性に、
ラブリーはチェンジとチャレンジを繰り返せるんだよ。
そこに究極を見出すなら、
希望的観測、感傷になっていくほどに、
未来は地図として暴走していく。
そのラブリーが調節されるなら、
空間的メロディ、突っ走るファイターすらも、
掛け替えのなりリアルとして、
受け入れる意味はあると思うんだよ。
価値がブルースで、興味を示してくれるなら、
ファイターズハイ、エンドレスな希望、ワンダーランドに覆したら。
究極的メロディ、突っ走れるなら。
希望として、記号として、
ワンダーランドはフューチャーにドリーマーにしてくれそううだろう?
サクセスと興味を示すなら、
そのファイターが嘘をつくなら、
理解する歴史、ファンタジーを越えていくから。
究極的なロンリーに、痛い気がするメロディックラインに、
希望すら展開させてくれるだろう。
興味がサクセスしてくれるなら、
希望的展開、天才的メロディに、
突っ走るリアルなファイティング、
価値観とブルース、興味と虚ろにさせるリズムを共鳴。
ただ立ち尽くす、今という狂気が笑っている。
ドリーマーなチャンスが、オーケーサインを出している。
努力家がエンドレスな希望を見出している。
興味と、炸裂するビーナスが踊りだすのならば、
二人はプリキュア、ダンスするミュージックを踊ってくれるなら。
希望的観測がうろついていくならば、
ファンタジーすらも越えていく、未来にケセラセラしてしまう、
理想的恋愛が興味を示している。
努力している満ち溢れている努力は、
果てしない興味と共に、僕を笑い出してしまうのかい?
果てしない距離は、埋め合わせする伝説は、
希望を笑うように、空虚な未来を頂戴するように、
理解するチェンジはミラクルかい?
行動がサクセスする挑戦状は面白いのかい?
リズムが卓越する未来と、
希望的観測で移ろいゆく天才のメロディとは。
果てしないって思っているようだね。
空中に浮いているレベルアップすらも、
それを認めたはずさ。
リアリティが無くて困っているんだね。
飛び出す!
何が飛び出すんだい、ミラクルが興味を示す行動の輪かい?
リズムがチェケラッチョしてくれるなら、
ファイターもハイになってくれるだろう?
活動的展開が踊り続けるなら、
そのファイター、意味不明になっていくほどに。
究極的ラフランスに、希望的観測が移ろいゆくなら。
伝説的メロディが突っ走れるなら、
ファイティングスカイハイに、エンジョイトゥモローしていったんだ。
ファクトリー、距離として興味がサクセスしているならば、
希望的観測は虚ろに。
その方向に明日はあるのかい?
きっとあるさ。絶対に満たしたい魅力はあるんだ。
空洞化する現象はどうしようか。
ハイパーパワーで連れて行ってくれるなら、
ファンキーなマシンガンすら、虚ろにさせられてしまいそうだぞ。
参ったなあ。リズムが調節している運命だなあ。
希望的観測が宇宙を見出しているのかい?
理解がファンタジーならばな。
でも、面白い究極は確かに存在しているんだ。
サスペンスを行動で示すなら、
ファイターズハイにすらなれる気がしたんだ。
ならば、セプテムバー、大切なドリーマーになってまで、
影響力をヒップホップにさせてまで、
エネルギーは突破していったんだろう?
忠告と究極に、メッセンジャーは炎を満たすのだろう?
理解するための行動力ならば、
希望的観測、宇宙が差し出す未来が僕を呼ぶなら。
究極的、魅力はワンダーフューチャーを望むんだ。
価値観とブルースはその果てに何を望む?
空間的ラブがイメージを超越してくれるなら、
ファンタジーと共にうつろいゆく天才たち。
踊りだす方向性は、更に何を求めていく?
理想的展開が、天才的に踊りだす、
究極はワンダーランドを満たしだすように。
理解するためのファンタジーが、怖がって理想を追求するならば、
希望的に移ろいゆく天才たちに、
躍らせる究極は。
イメージと最果ての、メロディが突っ走るリアルとは、
その集線が描く未来とは一体。
白熱する未来は、ワンダーランドを見つめているのかい?
希望的ファンタスティックが、ドリーマーを影響力にしている。
それは果てしないのかい?
リズムは調節しているから、果てしないとも言えるかもな。
ただ、そんな領域にはすでにないんだ。
カテゴライズされた価値観に、更にとめどなく
戸惑い出すリアルは、意味をなし崩しにするように、
ファイターを移ろわせるように、
興味を示してくれているんだよ。
ファンキーなロンリーなんだよ。
爪が甘いんだ。究極的ロマンスが慌てだすなら、
その視界に入っている努力すらも、
移ろいゆく虚ろなファンタジーすらも、
栄光すらも、統率力は失っていくんじゃないだろうか。
意味がワンダーランドなこまねちならば、
究極的ファンタスティック、
理解がリアルに閉じ込められてしまう。
その注目が許せなくて。ただ悲しくてさ。
それを連れてきたのは誰だい?
無数の天使たちだよ。
あいつらは分かっていないんだ。
僕の心も、その繊細さも。
理解しているのか。自分の心を。
分からないけど、努力がファイティングしてくれるなら、
理解するための距離を埋め合わせする為に、
希望的観測は宇宙を差し出せるように。
埋まりまくってしまうとすれば、
理解するドリーマーはチャンスを預けられるか?
理解が興味を連れてきてくれるなら、
ファイター、ロッケンローなイメージを、
挑戦的なイメージで教えてくれよ。
大好きなんだよ。チェンジしていくこの世界が。
どうしようもなく、素晴らしいと思えるんだ。
価値を追いかけて、それでも統率力を嫌いになりながら、
あなたを、あなたを、見ていたい。
あなたを、あなたを、分かっていたい。
リズムをサクセスさせるならば、
その希望に、ワンダーランドすら魅力にさせてきたのだろうか。
それはきっとハーモニーが伝えているから、
真実ではあると思うんだよ。
機械人形みたいでしょ。馬鹿みたいでしょ。
更に泣くけれど、あんまり困らないよ。
リズムが超越して、調節している。
ドリーマーなチャンスは運んでくれているのだろうか。
興味がサクセスし、埋め合わせする伝説とは、
未来とは、究極的な天才とは一体。
ファイナルアンサー?
呟く世界観に、リミットは歌い出す。
苛まれる価値観に、メロディは突っ走るように。
活動的天才が、笑い出す究極を躍らせるんだ。
理解するドリーマーは、それでもチャンスを運んでいるのか?
リミットが歌い出す距離を、埋め合わせしてくれるならな。
希望的観測を、移ろわせる為に、イメージは調整しているのだろうか。
ファンタジスタな行動に、あるいはミラクルを連れてくる、
その最果てに、リズムは感動を教えてくれたのだろうか。
いや違う。果てしない距離は何も言わねえ。
でもそれを苛まれる価値観として、受け入れることは、
僕は逆だと思う。
果てしなさと距離が、埋め合わせしていくなら、
理想的展開が、天才が踊りだす為に。
リアルフューチャー、価値観とブルースで、
謙虚なファイター、
リズムがサクセスさせるように、希望がワンダーランドを、
満ち運ぶように、大好きなトゥモローを愛するように、
希望を、わが町を、歌い出そう。
正しいワンダーランドで、
ミステリーは強烈していくドリーマーなチャンスを
追いかけている。ドリーマーなチャンスを、
満ち運んでいた。ドリーマーを、
守ってくれるのかい?
リピーターがイメージを突っ走ってくれるなら、
あるいは守れるかもな。
そのひたむきさは尊敬するよ。
果てしない距離が後ろめたいのかい?
それでも成長したものはあった!
一概に無駄だと言える代物じゃないぞ!!
じゃあ、大丈夫なんだな?
価値が東奔西走するならな。
その全ては認められるって意味さ。
大胆不敵な無敵なリリックを守れるなら、
空虚な理想と、展開する未来が、
笑い出す未来が教えてくれるなら、
今までの悲しさなど、かわいく見えてくる。
大好きな展開で、興味を指し示すなら。
その全てに興味がない、僕の心は一体どうなってしまうんだろう。
果てしない興味を炸裂させる為に、
希望的観測、宇宙に差し出してまで、
エネルギーとして、更に突破させてまで、
エネルギッシュにファイターを自らで見つけ出すことができるらしい。
活動する興味はそれのみで向こう側を目指してくれるのか?
ファイターが永遠を喜ぶならな。
大好きなトゥモローは白熱するんだろうか。
サスペンスはそれを運んだ最果てに、
何を目指す?何を射抜く?
意味不明はワンダーランド、
別にそれはそれで構わないよ。
でも歴史は、ファンタジスタは、影響させる僕たちを
何でもって移ろわせる?大胆不敵な活動は何を得る為に、
活動を白熱させていくんだ?
ロッケンロー、飛び出す空間は炸裂するビジネスかい?
果てしない距離を埋め合わせするなら、
伝説的クラッカーすら笑い出していくのかい?
リズムがその全てを笑っているんだ。
興味が、距離を、生み出した価値を、
追いかける僕の嫌いさすらも、
ふざけているんだよ。ロックンロールがファイティングしているんだよ。
活動的展開が許せないのか。
それでも脳には残らないわな。
大好きな希望とその展開だ。
理想ビジョンが永遠を笑っていくなら。
希望的観測、宇宙に差し出したいんだ。
埋め合わせする連載と、トークバイトークに、
メッセージは踊り続けていくだろうから。
ファンキーな、認める通気口。
ダンスフォーエバーならば、形とフュージョン、
価値観がメロディになって突っ走っていくなら、
理解と、歴史、究極的に愛される意味すら笑われてしまう。
活動する興味は、後ろ側で、ファンタジスタを永遠に、
希望的観測が宇宙になるように、
ファンキーなマシンガンになっていくように。
理想像、展開するミステリーに、
興味を示すように?
活動は興味を指し示す。
大好きな展開だったからこそ、
急速にはまりこむエイトビート、
ミュージックに流浪に試しだす影響力は。
果てしなく努力していくんだ。
理想像、展開するミステリーに、
希望がワンダーランドになってしまえる、
事実を気象衛星で、守れる日々が来ることを確かめるように。
理想は展開する、ミステリーを興味で移ろわせている。
それは何を意味しているんだ?
価値を、飛ばされるミュージックのその、
大切さのビリーバーを、弾き出している。
その空間に立ったから、それが許されたから、
ようやく僕らはイメージできたんだ。
急速に、エレガントにメッセージに、
クォリティすらも一途なファイターになるほどに、
リミットは疑い出す興味で、
サクセスする希望になっているらしいんだ。
半端ないでしょう。究極的でしょう?
ロックンロールなファイターを、
目指すチェンジにミラクルが呼び寄せられるなら。
空洞感のある空間、
歴史がファンタジーを越えていけるなら、
ファンタジーすらも追いかけていく。
理想的展開が嘘をつくなら、
希望的に思えていたあの現実。
嘘が移ろいゆく天才的にすら、
活動する運命にすら、
食べてしまうリアルにすら、
ワンダーランドをミステリーにさせていったのかい?
リズミカルなサクセスならば、希望すらも、
栄光すらも、
ワンダーランドにさせてしまったのかい?
リズムが光景を楽しむなら、
楽しさとワンダーランド、空間で炸裂するビジネス、
オーケーオーライできるなら、
空間的リアリズム、
ハイテンションなリアルが
閉じ込めてくれるリアルがある。
ファンタジスタな栄光を、
ミュージックなサプライズ、
栄光のチェケラッチョ、
ファンタジスタを永遠にするなら、
協力的に堂々としている。
じゃあ俺は一体何なのさ!!
ファンキーな歌声で、ファンクション、
堂々とミラクルが歌い出している。
究極的ロックンローラーに、
イメージしたチェケラッチョで、
ファンタジーを越えていけるなら、
究極的ロマンスが力強く。
ロックンローラーなファイティングが、
その価値観すら、マジックミュージックすら、
移ろいゆく天才に、踊りだす空間すら、
ファイティングな世界観すら、
変わっていく理想すらも、
飛び出す僕が馬鹿馬鹿しいか?
ひたむきに、ひたすらに生きることは
面白いとは思えるよ。
何が笑えるかなんて、
分からない部分が大きいんだ。
それでもリズムが調節してくれているんだね。
運ぶリアルが、とめどなく理解を
東奔西走させているのだろう?
興味すらないのかい?
リズミカルな行動の果てに、
ミラクルと希望があるなら。
理解するためのドリーマーが、
チャンスフィンガーアイランドを、
ミュージックでいたちごっこするなら、
究極的ラフランス、
レベルアップなダンサーで、
それがうまくいかなくなった時ひどく怖くなる。
リズムで調節した明日は、希望的観測、
宇宙でワンダーランドになった結果だったから、
ファイティングしていったんだ。
ロマンチックがファイター、
歴史的究極が、
明日からのメロディに突っ走るエレガントになっていくんだ。
ロストプラネットは次なる未来を夢見ている。
ドリーマーなチャンスを追いかけるように、
理想が調整して、超越してくれるなら。
その展開は忘れられないのかい?
リズムが調節を、破壊的に求めている。
その差し出せる空間は、理想すら超越していくのかい?
その果てにミラクルが調節していけるならな。
活動していく天才は、笑い出す未来の展開は。
ファンクション、行動でビジネスにオーケーしてくれるように。
ファイナルアンサー、道徳の未来と、調節しているミラクルにすら、
活動する謙虚さにすら、
ファンタスティックな希望で、
ワンダーランドを連れてきたいんだ。
理想像的展開で、天才的にメロディを突っ走らせている。
ロッケンローはイメージを調節してくれるだろうか。
ミュージックが移ろいゆくなら、
ファンタジー、越えていきたい理想すら、
大切なドリーマーなチャンスを追いかけたいから。
リピートダンサー、
クォリティが異常ならば、
ファイティング、世界観な未来をオーケーしてあげたい。
リビングデッドなんだ。
可能性とブギウギが、そのコミュニケーションを閉じ込めまくっている。
ドリーマーがチャンスを運んでいる。
リピートされている嫌いがあるな。
大切さがビリーブになっているのか?
それを調節していけたら、ファンタジーは満たされるんだろうな。
理解されるためのドリーマーは、
それすら突っ走らせていくのか?
ドリーマーなチャンスが追いかけているから、
その可能性はあるな。
それではリズムは最初から運命じゃないか。
いや、それが一概にそうだともいえないんだよ。
キラキラ光る歴史は、メッセージを蓄えているからね。
それを意味する行動は意味不明をワンダーランドにさせていくのか?
歴史がそれをミュージックにするなら、
その希望すら慌ただしくなる運命にしていく
行動のロッケンローはあるかもしれないな。
歴史がそれを驚きだしているのだろうか。
奇妙なファンタジーがそれを巻き込むならな。
俺は解放してあげたいんだよ。
それをミステリーな歪さで、道徳を守らせるというのか。
理屈で片付けられないなら、
普通に見えていたあの現実ですらも、
栄光で奪い去らなきゃいけない日が来るのか?
リズムは、最果てを閉じ込めているからね。
希望的観測が移ろいゆくなら、
やっぱりダンスはマジックミュージックだよ。
大切なドリーマーが、チェンジしていくミステイクすら、
価値ですら、壊れていくだろう?
しかし、だとしたらファンキーな俺達は何を目指しているんだろう。
目指す場所は一つじゃないけれどな。
じゃあ俺達は別々の道をいくんだろうか。
それを意味しているファイターが存在している限りな。
でも、ファイトはロストチルドレンなんだろう?
価値観がミュージックになるなら、虚ろなその天才にすら、
愚かなファンタジーにさせてしまうかもな。
でも僕は違うんだ。
価値が驚きだしているのだろうか。
ファンキーな疑いが強まるならな。
サクセスの次のトゥモローが、新しい空間、
歴史的究極的ファンタジスタ、
永遠が踊りだす、
理解するファンタジーが、
栄光を求めているのならば。
究極的ダンサーに、
ミュージックは移ろい続ける。
理想的展開は、ゆっくりと、イッツラブなコミュニティになっていく。
ハーモニーをうろつかせるなら、
希望的観測に見える歪さすらも、
活動すらも、経験を教えてあげて、
リズムで着実にロックンロールにしてくれるだろう。
そのハーモニーを伝えた歴史は、
究極的なワンダーランドで、
ミステリーで行動するサクセスとなっていくのだろうか。
でもアクセスするポイントが、
ミュージックになっていくなら。
正しさと魅力に、調節するファンタジアだ。
じゃあ意味を越えている僕の意味は?
大切な退屈性が、ドリーマーを描いているんだろう?
それを意味することは、行動するミラクルに調節していくだろうな。
ドリーマーなチャンスが追いかけるなら、
ミュージックは充実していくだろう。
究極的ロマンチック、歌いだす、
歴史的究極は、
新しいセンセーショナルを
旅立っていくんだろうか。
果てしない距離が嘘をついている。
ドリーマーなチャンスが勢いを込めるなら、
ファンタジーすら虚ろにさせていくだろう。
興味、サクセスになるワンダーランド。
ファンタスティックなドラえもんに、
究極的には意味を成す為に、
クォリティで伝説を埋め合わせする為に、
それはとてもせわしく笑う。
果てしないのか。
それはそれで面白いな。
面白く思ってくれてありがとう。
究極性は音を飛ばしながら、
究極を望み続けるんだ。
ファンキーなんだね。
それを認められたら最高だな。

リピーターなミュージックに、
全てを移ろわせていけるように!
空中の歴史、ファンタジーを乗り越えるまで!
ファンタスティックなアイランドを、
ミュージックに充実的にさせるほどに。
究極的ファンタジーを、クォリティで
メッセージが伝えられるように。
希望的観測、宇宙のファイヤー。
伝えるドリーマーに、謙虚になるならば。
ファイティング世界観、
魅力がワンダーランドになるならば、
究極的ドリームが現れる。
究極的メッセージが、踊りだす空間が、
理想が、歴史が、コントロールされゆくなら。
希望的観測。
どかっとキック。
サクセスとストーリー、
埋め合わせする伝説ならば、
クォリティとミュージック、充実する最高のフィクション。
活動する世界観、
メロディで突っ走るファイトとなる。
究極的な未来に会いにいくぜ!!
ラブリーな方向性?
一途なファイター、ロッケンローが歌い出すなら、
究極的ロックンローラー。
ファンタジーを生み出したいなら、
歴史として究極的に。
ファンタジスタな奇妙さが、
俺がどんな日記書こうが俺の勝手だろう。
好きにやらせろや。
それでもお前のやってることは・・
それでも希望は・・
ワンダーランドな確実は・・・
栄光のストーリーがチューズミーか?
俺に文才を与えろ。
果てしなくわがままな奴。ぷぷぷ。
でも結構サプライズなのね。
分かった、俺達の遊びの究極的を
プレゼントしよう。らいらい。
埋め合わせする伝説だ。
いいだろう、頃合いだ。
素敵な、俺達もそろそろ煮詰まってきたころなんだ。
素敵なメッセージを届けよう。
お前は私とダンスしたいか?
究極的メロディ、
突っ走れるならファンタジアすら、
価値観すら、ビューティフォーだ。
ハローハロー、あのよお。
発送のよお。らくらくはとぽっぽなんだ。
はとぽっぽが格好の的なんだ。
ラッキョウとラッコなんだ。
はとぽっぽなんだよ。
昨今のこと聞いた?
昨今は箱をどうにかしたいそうだよ。
バコンバコンならしいんだよ。
その箱について、君は聞いているかい?
その箱はね。昨今の世の中では調節不可能?
ばっこんばっこんなミュージックさ。
うっさい?くさい?
裏の裏は表らしいぜ。
グラグラ揺れる、果てしねえ!
くらくらしちゃう、
それでもワンダフォーアイランドを求めるというのね。
希望的観測を移ろわせようかしら。
イメージが調節して、
超越するファンタジスタを、
未来で興味に対してアタックしたいの。
なぜ僕は悩んでいるの?
リズムは調節して、超越して。
リズミカルに疑い出すことを知らない。
俺の憧れる人間って奴はもっと立派だったはずだ。
少なくとももっと頭を精一杯使って考えていたよ。
さあ、現状を打破しな。
感覚的ブルースで、興味をサクセスさせるなら、
希望的観測?
宇宙に、ワンダーランドになっていくぜ!!
交渉と決着、
リズムがリスキーならば、
ワンダーランドすら訪れさせてくれるぜ!!
ファンクション、行動のビジネスで。
正しいミラクルは嫌うように、
ファンタジスタな光景を、渡り歩いて
メッセージを伝えてくれている。
ドラマチックな、ロマンチック、
ファンタジスタが栄光を呼び寄せるなら。
ファイターズハイ、エンドレスな空中に、
歴史とトークバック。イメージをしたいなら。
究極的に会いに来たのか?
リピートメッセンジャーが繰り返していく。
ベリーナイスな行動に、
炸裂するビジネスはオーケーかい?
奇妙な偶然が折り重なっていく。
ドリーマーは着実に、
ファイティングスタイルで炎上するように。
ハーモニーと、歌い出す展開だ。
天才的メロディに突っ走る。
ミュージックを充実、
充実的なファイティングに、
希望的ミュージックを移ろいゆかせる為に。
希望的観測をうろつかす為に、
そんな為に私はここにいるんじゃないのよ。
果てしなくはしたなく、
ミュージックは充実していく。
それでもドリーマーを伝えている。
ロックフェスティバルに、
興味を移ろわせて、
ファンタスティックなアイランドに、
ミュージックすら充実していく。
興味、サクセスにする為に。
アクセスするための希望にする為にな!!
ロッケンロービジネスを、オーケーオーライさせるためにな!
究極的ファンタジーを乗り越えて、
希望的感覚と解釈に、
路頭に迷うストーリーもクォリティにする為に!
理解するドリーマーの為に、
クォリティ異次元突破するファンタジーを、
ロックンロールな形で、
見捨てているワンダーランドすら、
価値観すら、筋書きが違うんだ。
ファイタースタイルでエンドレスなファイターを、
見つめて、更に究極に、
疑い出す協力姿勢な、
ワンダーランドな辻褄合わせ、
大胆不敵な活動興味、
炸裂するビジネスとオーケーしないと。
ラブリーチェンジで、
ミステリーは呼び寄せてくれる。
ラブリーハートで、疑わしいラブリーチェンジ、
ミステリーに調節している。
ドリーマーなチャンスが追いかけてきてくれている。
ドリーマーなチャンスを追いかけていくから。
希望的自暴自棄、
シミが生きている。
ちぎれている。四季がおりおり、
じきに磁気も狂い出すダさあ!!
移ろい出すさあ!
はずさ。バズーカさ!
そんなはずだ。
バスに乗ってぶっ飛ばす!春日、言いたいことはそれだすか?
感覚はブルース、山岳地帯は洗われていく。
はすはすしている、バズーカだ!
究極的レスポンスが、
切なくてファイターになっていく。
ロマンスがチェンジしている。
ドリーマーなチャンスを見つめるように、
希望は笑い出すように!!
からかい出すように、
究極はロンリーワールドにするように、
サスペンスは連れて行ってしまうんだ。
それでも、何も変わりはしないね。
大好きな天才たちに、リズムを伝えたいんだ。
ファクシミリ、行動とロストじぇんレーション。
それじゃ足りない?何が足りないっていうんだろう。
その狭間に揺れているビートは、
確実性のドリーマー、注目して忠告している。
ラビリンスが伝えている。
ドリーマーなチャンスを追いかけている。
希望的観測に、びびるナイスに、
発表会な理想形に、
大腿部、大体が分かっている。
ドリーマーなチャンスが追いかけてきてくれている。
ロマンスが発表会を行うなら、
理解しているドリーマーなチャンスを、
あがく失礼なワンダーランドを、究極的な
ロマンスにひっくり返すなら。
希望的観測、自暴自棄的恋愛ハート。
路頭に迷うストーリーだぜ。
クォリティが異次元を突破していくぜ。
感動的に賛同していくぜ。
ロマンチスト、ファイナルフュージョン。
価値観がメリーゴーランドになっていく。
ハーモニーが覆す未来は、ワンダーランドになっていく。
発表会、理想像。
建国で愉快、ファンタジーがクォリティになっていくぜ。
ロマンチックなファイターに、
歴史的究極に、
閉じ込められるなら!!
空間的レベルアップ、ダンスするほどフィンガーアイランドで、
活動的興味、
賞味期限を気にしているのかい?
折々の四季で、
時々ドキドキできりゃいいんだ。
蜂起したいんだ。ロッキー山脈に会いたいんだ。
置きだしたいんだ。
動き出したいんだ。
早期に発見するべきだ。
コキだからってこき使うなよ!!
見事に俺の想定通りに動いてくれやがる!!
ファンタジーにクォリティが満ち溢れるなら、
サプライズする天才、
リピートアフターミーだ。
ブルースと謙虚さに、いたちごっこなファイヤーにするなら。
クォリティも異次元、突破するファンタジスタも、
未来と突き飛ばす栄光と、
ファンタスティックアイランドを見つめてくれる。
究極なるロックンロールに、
巨大な愛がバックグラウンドにあるから、
理想像すら天才にしていけるんだ。
果てしないミラクルに、謙虚にいたちごっこに、
ファイヤーさせるしかないなら。
クォリティで伝説を未来図にしていく。
違いをシスターにしていく。
静かに傷深く、自らを地図を開くように。
チーズを食べるように、
理解はアンドフューチャーになっているか?
道徳を守り続けるか?
理想的展開を笑わせるように、
理解するドリーマーを狂気にするファンタジーにするまでに。
栄光と影響、ヒップホップと可能性を
満ち溢れさせた。
ドリーマーな究極性に、いたちごっこなファイヤーになってくれるなら。
発表会も理想を健康的にさせてくれるぜ!!
ハーモニー的伝説で、クラッククロックする、
スタイリッシュな歴史は、キックフェイントだ。
サクセスなロケットパンチだ。
スクワットするリズムだ。
ファンタスティックな恋愛が、ミュージックを充実にさせてくれないなら!!
興味がサクセスしているのさ。
距離として、向こう側に永遠が走り出すなら。
理解するドリーマーと、
そのチャンスにあげつらうことができるなら。
究極的モンスター、
ラブリーチェンジで歌い上げることが可能か?
メッセンジャーなリビングを、形で埋め合わせしたい。
大好きなチェケラーで、うろつきだしたい。
ダンスフォーユーしていけるなら。
ミュージックと共にある、
空気を失礼なほどに、
ライプにしている。ライブにしていくんだ。
リズムでチェケラッチョファイターにしてくれる。
ロマンチックがエイトビートならば、
炸裂するビジネス、オーケーだ。
正しくミラクルに、本当にサクセスしているから。
ドリームが究極的になるなら、
にわかが踊りだすぜ。
究極的、忠告もできないサバイバルならば。
ファンタジスタな究極だ!!
ファンタスティックドライブだ。
俺の胸の求めるものが、
俺の脳が求めるものへと変換されている。
努力確実、隔絶、
素晴らしい世界が存在している!!
そうだ、勇気をもって踏み進むべきなんだ。
トークライブが僕を待っている。
理解するドリーマーを、着実な炎で、
エンドレスでファイヤーにさせるほどに、
クォリティなら一途に、ファイタースカイハイにさせる為の。
究極的ダンサー、
意味なく思える。リズミカルな記号に思える。
その最果てに、それでも難しいんだ。
天才的メロディなんだ、
突っ走るエレガントがどこまで運べる?
ルートを変えていく。
ロマンチスト、傷つけたくない人は存在する。
リミットするだいぶ炸裂するビジネスは、
オーケーオーライしてくれるだろう。
ファンタジスタは光景を待っている。
リズムと着実なファイヤーならば、
統率力がラブリーなハートにさせてくれている。
歴史的トークバックに永遠を見せてくれるなら、
ファンタジージェットコースターアイランドだ。
希望的観測が移ろいゆくのであれば。
最高のファンクションになるでしょう?
九十九里浜、世界観すら、
ミュージックすら偽りを天才的に、
メロディが突っ走らせるなら。
空間的メロディ、突っ走る永遠に対して、
メロディと突っ走る永遠は、
笑い飛ばしてくれる。
ファンタジーなジェットコースターアイランドだ。
ミュージックなポテンシャルは、
偽りをその背に負いながら、
リズムを追及してくれる。
ハーモニーと疑いは炸裂するビジネスに、
オーケーオーライはミュージック、
サバイバルな価値観、絨毯を銃弾で彩るように。
リズムがチェケラッチョしている。
それでもドリーマーは忘れていくんだね。
儚いことこの上ない、リズムだね。
とても到底手に負えなくなるんだ。
かといって、あの文法では自由が縮まりすぎて、
刻みすぎて、いきりたちすぎて、
終わらないんだ。
では物語を、書いて、みないか。
一人の男が僕に尋ねた。
それでも、私は・・
言葉を呟いて、すぐに止まった。
そうだ、私には考えることができる
頭など、13年前の戦いによって既に奪われていたのだ。
その男に尋ねる。
「あんた、名前は・・?」
「リチャードだ」
男は答えた。
それでも僕はリチャードに言った。
物語の書き方なんて分からない!
どうすればいいんだ!!
突然太陽が落ちてきた。
リチャードは言う。
「ここにあるものが、君の全てだよ。」
さあ、始めてごらん。
続けながら彼は言う。
この太陽の中にあるものが僕の手にできる全てだという。
そんなことを急に言われても!!
僕は覗き込む。
大地に落ちてきた、その太陽の中を。
中には雨と、虹があった。
「この虹こそが、君の見つけるべき・・
希望だ。」
突然地震が巻き起こる。
突然世界が、飛び跳ねてきた。
どこまでも揺れる、揺れる。
僕は持て余す。
僕はどうすれば!どうすればいいんだ!!
理解できないかい?
リチャードは僕に聞く。
「この世界は君の創造するべき、
新しい宇宙だ・・」
半端ないな、俺は答える。
でも素敵とはなんだろう。
素敵が飛び散って、それでも儚く。
俺はただキーボードを叩く場所から、
遠く宇宙に目を向けた。
その星では容赦なく、
爆発を繰り返す大地があった。
なんだこれは・・
イオナズンまみれじゃないか!
爆発に次ぐ爆発。
それを静止させる為に、
僕は水をかける。
するとヒマワリが咲いた。
ヒマワリは僕を笑いながらこういう。
「君も一緒に踊ってみなさいよ!」
僕は踊り続ける。途中で忘れた何かを見つけた。
あの日々を、照らし出す鏡がそこにはあった。
そこを照らし出す虹の光が、
僕をどこまでも連れてってくれるらしい。
本当にそこに希望があるのか?
僕は落ちていく。
果てしなく、穴に落ちていく。
なぜこんな場所にいるんだ。
活動を興味に、させてきたというのに。
突然花が咲き乱れる。
僕は空間に浮いていた。
ここはどこだ。
ひまわりが目の前に咲いている。
ひまわりの中から二つの目が現れて、
僕を見つめた。
ひまわりは訪ねる。「君は誰だい?」
僕はらいらいだ。
こたえると目を閉じて、
ひまわりは静かに回転し始めた。
すると宇宙も回転し始めた。
大変だ。この世界は唐突に色んな物が変わっていく。
まさにカオスだ。
とてもじゃないが耐え切れない?
そこにリチャードの声が響く。
はっはhっは!これが君の望んだ、夢見た世界だ!!
美しいバラが咲き乱れた。
果てしない声は、どこまでも響いていった。
私は、私はどうすればいい!
悲鳴にも似た叫び声が、全宇宙に響き渡った。
これが俺の能力なのか。
なんてことだ。私は全宇宙に伝えてしまう力を持っている。
突然うなじゅうが目の前に現れる。
どうでもいい、捨てて投げ捨てる。
その中に、君たちはいるのか?
ドアを開けてみる。
静かな白いドアだった。
私は開けようとして、躊躇った。
考え込む。このドアはどこに通じているだろうか。
そもそも私は何をしているんだろう。
らいらいは、果てしない闇の向こうでずっと手を振るつもりだった。
でもすぐにそれが間違いだと気づいた。
そうだ、この世界には法則がないのだ。
あっという間に色々なものが入れ替わるし、
消えていく。
こんな世界でどうやって生きていける??
白いドアをあけることにした。
こうなりゃもう適当だ!!
するとそこには白い四角い部屋があった。
ドアが四つ。入ってきたドアを含めて。
四方にドアがあった。
真ん中には机が置かれてあった。
僕は引き出しをあけることにした。
するとそこには人魚がいた。
あなたは・・?
そしてかすれた声で歌ってみる。
すぐに飽きていくこの世界で、
人魚は飛び跳ねて、
僕の頭に乗っかった。
そして、僕はふさぎこんだ。
なぜか分からないけど、
怒涛の展開に泣きたくなったんだ。
僕は目の前のドアをあけることにした。
すると世界が遠くに、遠くに動いていく。
さあ、どうすればいい。
宇宙、真っ黒だ。
さっきの白かった部屋とは全然違う。
真っ黒で、目が慣れると少しずつ小さな点のような光が見えてきた。
まるで星空のようだ。
その光は少しずつ広がり始めて、
僕を馬鹿にして笑い始めた。
その中の一番大きな光に飛び込んでみた。
震える指は、誰かのせいじゃない。
イルカがいた。
止まらない、空間だ。
イルカは頭がよさそうに、
首をひねる。
僕はどうすればいい。
イルカは泳いでいる。
ここは海の中なのか・・?
静かに憂鬱に、
突然、広がる宇宙に、
ダンスをしてみたくなった。
僕はずっと踊り続けている。
果てしないのだろうか。
意味などないのだろうか。
それでも、愛しさは募っていった。
僕はイルカの泳いでいく方に、
向かっていくことにした。
すると埴輪が現れた。
ハニワは僕を見て、驚いている。
そして、黄金がある場所を教えてくれた。
テレパシーで。
黄金に興味はなかったが、
ハニワに興味があったので、
埴輪をもって黄金の場所へ行くことにした。
見渡す限り、キラキラしている黄金があった。
壁も、床も、机も全部黄金でできている。
キラキラしすぎて、僕は目が眩みそうになった。
だけどここで諦める訳にはいかない。
僕は埴輪を静かに置き、
ダンスすることにした。
僕は踊るのが好きなのだろうか。
いいや、これは強制的なものだ。
僕は沢山の事象に対して踊りを強制してきたのだろうか。
爆笑を躍らせたり、色んな事をしてきた。
言葉の世界は常に生きている。
突然太陽が僕の近くにやってくる。
太陽は自分の体で焼き肉をしたいという。
僕はたまたまあった牛肉を、
太陽で焼くことにした。
あちち、あちいいと叫び声がする。
肉とはいえ喋れるようだ。
牛肉を拾い上げて、
問いかける。
何すんだ!熱いだろ!
俺は言う。
でもお前は肉だろう?食べられるために存在しているはずだ。
だが牛肉はいう。
違う!俺は牛肉という一つの生命体であって、
貴様に食われる為に生まれてきたのではない!
彼は、牛だったころの記憶があるらしかった。
そこで、一気に世界は暗転し、太陽は逃げ去るように消えていった。
僕はどこへいけばいい?
雲の彼方に、僕の木霊する声が、
とびかっていく。
果てしなく、そして脳が痛くなる。
太陽は僕を笑うだろうか。
それでもいい、とにかく僕は走り出した。
何を感じているのだろう。
少しずつスピードは速くなっていく。
いつの間にか僕はチーターのように、
手まで地面につけて四足で走っていた。
どうすればいいのだろう。
この空間、空洞だ。
ワンダーランドはミスをする。
物語を書くのはやっぱりあれだな。
カオスになってしまう。
理屈がファンタジーを追いかけるように、
俺の脳が痛くなってしまう。
それはそれでいいんだが。
リピートする物語の中に入れば、
憂鬱な世界すら忘れてしまいそうだ。
空間は何を望む?
その最果てに、ミュージックは虚ろ、
虚ろ、展開、天才、返済。
分からないなら、ルールを作ればいいんだ。
何かにのっとって、
何かとは何かである。
何かとはなんだろう。
何でも構わない、何かとは何かである。
何かが何かではなくなったことなどない。
ではその何かとはなんだろうか。
分からない?
分からないとはなんだろうか。
何も知らないってことだ。
知らないとはなんだろうか。
なにも分からないということだ。
分からないとはなんだろうか。
困り果てているということだ。
なぜ人は困るのだろう。
それは、困るほどの何かの悩みがあるからだろう。
では、なぜ悩みは存在するのだろう。
それは、近づく狂気に、出会うからだろう。
狂気とはなんだろう。
それは狂った、減んな感情のこと。
感情とはなんだろう。
感情とは、理解できない音の酔いだ。
ではなぜ酔うのだろうか。
それは、心が常に、違う状態を欲しがっているからだ。
酔いとは、通常とは違う状態だ。
通常とはなんだろう。
普通の状態のことだ。
普通とはなんだろう。
普通とは・・なんだ。
大して特徴がなく、みんなと同じことだ。
さあ、どうしよう。
大した事ないのね!!
あなたは笑う。
大きいことではないのね。
でも大きいってどのくらい大きいんだい?
分からないから天才的に迷っているの。
なぜ天才的に迷っているの?
いつまで君は迷うの?
分からないわ。ただそこにある限り。
嘘をついているのよ。彼らは。
なぜ彼らは嘘をつくんだい?
分からない、それでもあなたには真実を話したいと思うよ。
どうでもいいから越えていきたいんだ。
なぜ越えていきたいんだい?
果たして、なぜだろう。
そこに越えたいという何か、問答無用が存在しているからじゃないか?
問答無用ってなんだろう。
ずっと、問いかけは無用っていみだ。
なぜ問いかけは無用なんだろう。
この世界は問いかけで溢れていると思うが?
じゃあ問いかけが必要ないってことは、
考えることを放棄するということじゃないか!!
なぜ放棄しちゃったの?
馬鹿馬鹿しいとは思わないの?
馬鹿馬鹿しいとはなんだろう。
愚かだと思うことだ。
なぜ、愚かなんだろうか。
それは、あまりにも頭が悪いからだろう。
頭が悪いとはどういう状態のことだろう。
それは、知能が低いという意味だ。
知能とはなんだろう。
知能とは、心にあるものを表現する力だ。
また脳が痛くなってきた。
どうやら、明日世界は変わるらしい。
大切なドリーマーが、栄光を目指して笑い出す。
栄光ってなんだろう。どこにあるんだろう。
普通ってなんなのどこにあるの?
分からない。普通ってなんだろう。
分からないのかい?
なぜ分からないんだい?
哲学的だな。これは哲学だ。
哲学とはなんだろう。
そもそものことを考えるということだ。
みんな同じことを考えているのだろうか。
なぜ楽しくなっているのだろう。
なぜ人は楽しくなりたいのだろう。
それは、楽しくないと生きてて面白くないからだ。
なぜ面白さを欲しがるんだろう。
人は常に数奇なものを求めるものだよ。
数奇な運命を楽しめなければ、
生まれてきた意味がないだろう?
それでごまかすことに、どういう意味があるだろう。
ごまかすとはなんだろう。
ゴマ味の調味料のことさ。
ふざけているの?
ふざけているとはなんだろう。
少しふしだらにしているということだ。
最高だな。キミは。
最高とはなんだろう。
最高とは、凄く面白い状態にあることだ。
なぜそんな些細なことにも、疑問を差し出すのだろうか。
それは楽しいからだ。面白いからだ。
脳が動くからだ。
脳とはなんだろう。
脳とは、頭蓋骨の真ん中にある
考える為の細胞のことだ。
細胞とはなんだろう。細胞の中に心はあるのか?
心とはなんだろう。
分からない、私が私であると感じられる、
その正体だ。
ではその正体はなぜ分からない?
これだけ科学が発達しても。
科学とはなんだろう。
それは、どこまでも発達した人類の知恵の結晶だ。
それを考え続け、高めて技術を高めていったから、
今の人類の発展があるんだ。
だけど、本当は考えているからじゃないか?
考えるとはなんだろう。
脳を酷使するということだろう。
ハプニング、理想とチェケラッチョだ。
チェケラッチョとはなんだろう。
それをよく見といてねっていう。
チェックしといてね。的なもんだろう。
それを知ったら幸せになれたのかい?
幸せとはなんだろう。
ハッピーだ。楽しいなって思えることだ。
じゃあ誰もが幸せを求める理由はなんだろう。
それが、人間の本当の生きる目的だからだ。
では人間は誰もが幸せを
詩は沢山のものをくれた。
なぜそんなに沢山のものをもらえたんだろう。
分からない、詩は、素晴らしかった。
思うままに、気ままに書いていられた。
でも、正直それも一杯一杯になってしまったんだ。
言葉とは生き物だ。大切に扱わないと、嫌われる。
俺は嫌われたから、一杯一杯になっていたんだね。
窮屈かい?
窮屈とは、心が縮こまることだ。
では、心を広げる方法はなんだろう。
それは解放させてあげることだ。
心を解放させるって、どういうことだろう。
色んなルールに縛らせないということだ。
縛られない為には何が必要だろうか。
壁を乗り越えなきゃいけない。
その壁は超えられる程度のものなのだろうか。
壁を越えたら、窮屈じゃなくなるのか?
では、飛び越えるからその壁が心のどこにあるか教えなさい。
そんなの分からないよ、壁を探すのは君の役割だ。
でも、君は僕だ。僕は君だ。
では、僕の役割は君の役割でもあるということになる。
そもそも僕は僕と話しているんだ。
そういうことになるだろう?
そうなるかもしれない、それでもね。
それでもなんだというのだろう。
壁を探そう。
この窮屈さから抜け出す為に。
そもそも僕は窮屈さを感じているのか?
いや、別に窮屈じゃない。むしろ解放感にあふれている。
解放感に溢れすぎてて、逆に窮屈になりたいと考えていたところだ。
では、窮屈になる為には壁を作ればいいのか?
じゃあ話が逆になってしまうなら。
俺は窮屈になりたいのだろうか。
それは本当だろうか。
いや、それは分からない。
なぜ分からないのに僕は窮屈だの解放だの言ってるのだろう。
それは君が暇だからさ。
なぜ暇なのだろう。
それは僕が時間を持て余した、
幸せな人間だからだろう。
本当に時間を持て余しているのだろうか。
なぜ持て余しているのだろうか。
それを僕が望んだからだ。
なぜ望んだんだろう。
それは、時間がないと喚く馬鹿にはなりたくないからだ。
なぜなりたくなかったんだろう。
それは、ひどく窮屈に思えたからだ。
では、窮屈になりたくないということか?
それでは、さっきの窮屈になりたいと言ったのは嘘だろうか。
あれは遊びだったのだろうか。
分からない。
僕馬鹿だから分からない。
なぜ自分を馬鹿にするのか。
君は本当は頭がいいと自負しているんじゃないか?
自負とはなんだろう。
誇りに思っているということだよ。
なぜ頭がいいと思っていると分かったんだ?
それは、君が僕だから。
なるほど、僕は君なんだな。
君と僕は、同一人物だ。
自問自答する為に、二つの人格を操っているだけだ。
三つ以上を作ったら大変なのだろうか。
どうでもいいことが気になってしかたない。
なぜ気になるのだろう。
一見どうでもいいことでも、あなたにとって心惹かれる何かを感じたから?
生きているってなんだろう。
もがくことだと思うよ。
なぜもがくのだろう。
それは、もがきたいからさ。
もがくことに飽きたら生きることすら諦めるのだろうか。
では、死にたくないという思いはもがきだろうか。
分からない、分からないよ。
でも分からないで全てを済ませていたら、動物だよね。
動物になりたいのかい?
いや、僕は人間だ。
人間と動物の違いはなんだろう。
喋ったり、なんだっけ。
前にそれを知ったような。
考えたりする?
考えることなら動物でもしてそうだ。
じゃあ、喋る。
喋ることくらい動物でもしてるじゃないか。
じゃあ、動物になりたいというのも
人間になりたいという思いと大して変わらないのかもしれない。
では、なぜ僕は生きているのだろう。
分からないよ。
分からない、分からない、分からないよ。
なぜ分からないだろう。
僕が馬鹿だから。
そうやって自分を馬鹿にしたくなるのはなぜだろう。
考えることから逃げているんだよ!
なぜ逃げたいんだろう。
僕は考えたいと思ったんじゃないだろうか。
それでも僕は考えたいと望んでいるんじゃないのだろうか。
僕は考えているのだろうか。
こうして文章を書いているということは、
考えているということなのではないのだろうか。
本当に考えているのだろうか。
どうして考えていると言える?
我は考えている、だから我は存在する。
だけど、考えていることは事実だろう。
考えている僕は確かにいる。
色んな事を考えている存在は、確かにある。
楽しいから続けていくんだ。
なぜ楽しいのだろうか。
それが面白いと思えるからだ。
面白いと楽しいの違いとはなんだろう。
面白いとはどっちかというと知的な、脳を動かしているイメージだ。
楽しいというのはどっちかというと、ただ快感に酔っているイメージだ。
イメージとはなんだろう。
心に浮かぶ、情景のことだ。
素晴らしい。トーク力が素晴らしい。
なぜ素晴らしいのだろう。
果てしなく、素晴らしいと思えるからだ。
でも、それじゃ一緒じゃないか。
なぜ一緒だと思えるのだろうか。
分からない、でも希望はある。
希望はどこにあるのだろう。
希望はゴールの彼方にある。
そんな遠くまでいかないと希望って奴はないのだろうか。
本当はすぐそばにあるんじゃないか?
僕のすぐそばに希望がないということを、
誰が証明できる?
僕はそろそろ死にたいのだろうか。
そんなわけがない。楽しいから生きていたい。
なぜ楽しいのだろうか。
こうして、色んな事を言葉で表現できるからだよ。
なぜ表現するのだろう。
それを未来に残したいから?
誰かに呼んでほしいから?
それは歴史、色んな理由があるけれど、
表現すれば落ち着くからだよ。
なぜ落ち着くのだろう。
少し静かに、生きているような気持ちになっていける。
ファンタジーは超えていけるだろうか。
ファンタジーを起こし続けてくれるのだろうか。
サクセスロード、埋め合わせする天才が笑い出してくれる。
なぜ笑い出すんだろう。
天才とは誰のことだろう。
天才とは、その輝く存在を讃える、
何かのことだ。
君が何を言ってるのか分からないよ。
分からないで全てを答えられると思ったか。
テストの答案に全て分からないって書いたら、
それで満足なのか?0点だろうとそれで満足なのか?
笑わせる世界観、
どうやら僕は何も考えず、
自分の胸の心地よさの為に、
適当に言葉を吐いていたようだ。
リズムが炸裂、
それでも詩も楽しいと思えた。
リズムが究極にワンダーランドになっていく。
基盤を作ってきたんだよ。
始まりの超越が僕を呼び寄せるんだ。
なぜ呼び寄せるのか。
破壊的な程に魅力があるからだ。
素敵なほどフィンガーアイランドだからだ。
フィンガーアイランドとはなんだろう。
それは指が作り出す、世界のことだ。
そう、それはタイピングする指が作り出す。
それがフィンガーアイランドだ。
やっと意味ができた。
分からなかっただろう?
究極的に脳みそを使えるのならば。
活動する展開を呼び寄せる。
なぜ呼び寄せるのだろうか。
それは、君に会いたいからさ。
なぜ会いたいと思ってしまったんだろう。
究極的に恋しくなってしまったからさ。
なぜ恋しくなるんだろう。
恋しくなるとはなんだろう。
なぜ人は恋しくなるんだろう。
それは、一人じゃ物足りないからだろう。
でも正しさはワンダーランド、
ミステイクする距離を笑い飛ばしていく。
理想はそこにあるのだろうか。
サプライズな意味不明を、
笑い続けるから、距離は愛しいと思ったから。
究極的はラフランスだったから、
ベイビー、炸裂しているビジネスを呼び寄せな。
素敵なファンタジーが、クォリティを越えていこう。
なぜ越えていけると言い切れる?
虚しさはどこを目指すだろうか。
目指す場所ってのは決まってなきゃいけないのか?
リズムが炸裂するユートピアなら、
逃げることからは遠く、遠い場所にいってみたい。
理解は遠く、炸裂するビジネスは
大きな距離を生み出すだろうか。
なぜ距離を生み出すのだろうか。
あまりにも言語の海は広すぎるからだ。
なぜ広いのだろう。
それだけ考える必要が沢山あったからだ。
大切にしているのはそれだけか?
凝縮した感情には意味すらあるのか?
希望がほどけないなら、
その形にミステリーすらつけあわせたいよ。
ミステリーとはなんだろうか。
よく分からない何かだ。
奇妙な何かだ。
奇妙過ぎて話ができねえ。
そこまでかみ合っても頂点にならねえ。
俺はずっと何も考えず文章を打っていたようだ。
何も疑問を持たず、ただ気持ちい言葉ばかりを探して。
これでは動物だ、
仕方ない事実なんだ。
ではなぜ仕方ないのか。
それはしょーもないことに、関わっているリズムが存在しているからだ。
なぜ存在するんだ?
価値がトロフィーを、持ち上げているから。
トロフィーを持ち上げるとは、何の暗喩だろう。
でも、それのみに走らせていたら、意味がないよね。
ハイレベルなトーク力では、
活動する意味すらないのだろうか。
それでもかまわない。沢山あることでも、
構わないのさ。それが一人を選ぶってことだろう?
なぜ僕は選んでしまったのだろうか。
それを、認めていたから。
ラブリーなチェンジはそこらへんにあるのだろうか。
それを認めだす、ことが狂熱であれば。
その狂熱には嘘はあるか。
私が思っている限り、そんな大切なリピートは存在していない。
だからそれは嘘ではないと言いたい。
じゃあ、やかましい狂熱に、苛まれているこの現実は、
忘れられるだろうか。
そこに意味不明が存在するなら、妥協する運命すら旅立たせていたかもしれない。
それに歯向かうのをどうしようというのか。
果てしない距離に、埋め合わせしようとダンスしている。
ドリーマーはそれを願っているはずだから。
ドリーマーはその果てに何を目指す?
活動的展開は、うろつきだすだろうから、
炸裂するビジネスを頂戴していきたいんだ。
それはロストプラネットを意味するだろうか。
それが本当の意味での面白さに超越してくれるなら、
挟んだ意味のスルーは歴史として受け入れてもらえると思う。
活動する興味はワンダーランドの果てに何を願うだろうか。
活動する興味が移ろいゆく、伝説を食べてしまうくらいのことは
願うと思う。
刻んだ価値観は、ミラクルすら呼び寄せるだろうか。
そのはずだ。リピートする永遠に、
千切れる誓いがワンダーランドならば、
クォリティすら一途なファイターにしてくれるだろうか。
そこに明るい未来は存在しているだろうか。
分からないからこそ迷っている。
リズムはあるかもしれないし、ないかもしれない。
でも、そういうのと戦い為に生きている僕もいる。
必要な天才は踊り続けるのだろうか。
踊ることに、興味を持ち続ける限りは、
その理想に追随していく未来にすら、
羽ばたける価値を取り戻していけるだろう。
そういう意味では踊れるはずだ。
では価値観とはなんだろうか。
サプライズされることを価値観と呼ぶならば、
果てしない未来は調節不可能な価値観と呼ぶことも
可能だと思える。覆すリミットが笑っているのか?
笑われることは構わない、
それでも、リズムを越えているファンタジスタは、
栄光で的を絞らせない。
確実が興味を笑わせるなら、
展開力の未来すら、我が物にするだろう。
なぜ自分のものにするんだ?
世界観が、ひたすら魅力的だからだろう。
覆す意味が怖がっているんだ、
当たり前ではあると思うよ。
楽しさの次に、未来の果ては存在するのかい?
痛々しさがその興味を見せる日が来れば、
あるいは虚ろな天才にはうろつかせてくれるかもしれないな。
大好きだからこそチェケラッチョは、
歌い出せるハーモニーを笑うのだろうか。
理解が行動になるごとに、
複雑な線と線は絡み合いながら、
あらゆる可能性を携えて、
価値をねんどろいどにしてくれる。
ハーモニーと伝説とは、
意味不明で行動力でサクセスさせられるだろうか。
その果てに、未来でもあるのだろうか。
サクセスの為の希望であれば、それも不可能ではないと感じる。
リピートする伝説に、参ってしまっているのだろうか。
本当に参っているのならば、
嘘なんてつかないはずさ。
リアルなフューチャーが取り戻すように、
究極を笑い続けてるんだ、
果てしなさっていうならそれこそ超能力を使って、
理想を展開させたはずだ。違うか?
違わないと思う。でも素敵さは常にミュージックなんだろう?
充実している世界は、それでも全てを取り戻すことを明らかにするのだろうか。
それが共鳴するのなら、それすらも素敵だと思える。
俺はこの時をずっと待ち続けていたんだよ。
新たなる、世界観、理想から距離を操りだす。
素敵さはファンタジーを求めてくれると思うか?
そこに痛々しさと、未来が究極的に存在する限りな。
理解している、視界に入る炎が、
大切さとドリーマーに、究極的ファンタジーを取り戻す為に。
それに飽きてしまったんだろう?
それも言えてるかもな。
何も考えないということは楽だけど、
悲しいことだよ。
リズムが超越しているからか?
あまりにも、自分の生み出した言葉たちが多すぎて、
それに構ってあげられてあげられなくなってきたからだ。
では、イメージが挑戦する嘘とは、
大切にするリズムと共に、
究極になっていけるだろうか。
始まりがテンションを向こう側にするならな。
空虚な伝説は、痛い程巻き込まれていくのだろうか。
それを目指す偽りが、
天才的なミュージックに虚ろにさせてくれるならな。
ファンタジーと勢いには、埋め合わせする伝説することすら
愚かだと思われてしまうのだろうか。
究極が未来を耕している。
ドラマチックがワンダフォーを満たしているんだね。
それでも価値は閉じこもるんだろうか。
それを認めさせられるのならば、
価値は閉じ込める価値を走り出しながら、
憂鬱を携えて、希望をワンダーランドにしていくだろう。
その理想形こそ、今のファンタスティックデイなんだ。

大切さがイデオロギーに、突っ走るように。
大切さとドリームは、着実にファイターを見せてくれる。
その炸裂に、あるいはビーナスに、
太鼓判を押しているラブリーチェンジにすら、
ファイティングな世界観にすら、
影響力、ヒップホップでこまかみに。
ワンダーランドな協力、炸裂するディフェンス、
価値観がワンダーランドにサクセスさせ続けるなら、
リミット、ファイター、価値観がかじかんで、
ドリーマー、分からないから
勇気の佇む意識の最中にも、
僕の彼方が存在しているだなんて。
分からない究極的に、
理解するドリーマーなチャンスを、
見捨てられないんだ。
希望的観測が、宇宙をみせてくれるんだ。
誰が主役か教えてやろう。
感覚的ブルースで、
共鳴でワンダフォーに、
培う何かに、歴史的究極に、
ワンダフォーライフに。
旅立つべきはリライトだよ。
サクセスする為のストーリーがここにある。
的を得る。リズミカルな空間と、
歴史的ファンタジーは
整正美学だ。
大切こそが生きているなら、
究極的ファンタジー、
クォリティで異次元に突破させてくれるなら、
気象衛星、それらが作るミラクルですら、
ファンタジーにすぎないというのなら。
理解するドリーマーに、
着実なファイターが嘘をつくなら。
希望的観測、宇宙の向こう側。
それらを大切に思ったからこそ、
フュージョンは超ラッキーになってくれたのでしょう?
埋め合わせする伝説が、
煌めく世界観が、
お前は役に立つ。凄く面白い。
そう言ってくれる存在がいる。
それは人の心の中にいる生き物。
あるいは・・展開、ミステリー、興味が移ろになっていくほどに。
大切なドリーマーと着実性。
リピートされるメッセージが、空間がロックを。
ファンタジスタな抵抗力が、
その未来を笑っているんだ!!
興味はサクセスしている!
ドリーマーなチャンスを轟かすように。
リズムは共鳴、ワンダフォーライフを、
メッセージを伝えてくれるだろう。
ハーモニーに言いたいハロー。
正しさとメロディ、
突っ走れるなら希望をワンダーランドに!!
究極的テンションが、
アテンションプリーズなら
極め続けたい。
理想的展開すら、ミラクルすら、
踊り続けるファイナルアンサーすら。
栄光すら、旅立たせて、
その向こうに何かがあるだなんて!!
がら空きだぜ。
突破するファンタジー、クォリティで異常に。
作戦と錯綜で、
構造的にラブリーだから。
ファイナルアンサーだから。
影響力はヒップホップだから。
エネルギーとトップスピード、
入り続ける埋め合わせはダンスをしていく。
ラブリーなチェンジがミステイクするミステリーを。
共鳴する歌い出しを、
ファンタジスタは未来を、卓越するように、
興味がサクセスするように、
共鳴する歌い出しから、
ファンタジスタな未来を越えていきたい。
ラブリーコールを伝えだしたいんだ。
ロックンロールなビーナスに、
オーケーと言わなければ。
こういう必要性、未来をミラクルにしまくる。
大切とビリーバー、
面白くないなら面白いこと考えよう。
誰よりもハッピーになってやろう。
覆すリミットに、
サクセスロードでワンダフォークラッチさー。
ワンダフォークォリティ、メッセンジャー、驚かすぜ。
正しさ、影響力、大切な言葉、
大切なドリーマーを、
栄光で現したいような。
究極的メッセージが、
虚ろになる天才を笑わせてくれている。
ドリーマーなチャンスを、追いかけて果てしない、
魅力をどこまでも追いかける為に。
必要とさせるようにして。
ラブリーなチェンジ、ミステリーを呼び寄せた。
空間的ファンタジーが、
空間でワンダーランドをミステリーにするなら。
歴史的マジックミュージックは踊り続けるように、
ファイターはシステムを共鳴させるように。
空間的歴史、トークバックする意味不明に、
トークバックするワンダーランドにしていくように。
リズム、歴史的、メロディで突っ走る。
感覚的ブルース、影響力ファイティング。
正しさとメロディは突っ走る。
果てしない距離が生み出されるならば、
ファイティングスカイハイ、
竹の恐ろしさよ。
ダンスホールでエンジョイパーティだ。
ロッケンロー歌い出すファイター。
ロックするファンタジーに、
クォリティすら歪になっていく。
ファンタジーは超えながら、未来を作り続ける。
理屈じゃないんだ、それでも通す魅力がある。
ファンタジーは超えていくリピートをメッセージにするように。
空間的リピートは、運命で堂々としている。
究極的に保管するメロディが突っ走るなら、
体中すら踊りだすようで。
ハーモニーと歴史は食い入るように、
それらを見つめだす。
半端ないリアルがそれらを越えるなら、
リピート、運命すら笑い飛ばしてやろう。
窮屈な未来、光をファンタジーにするために。
究極的メッセージが踊りゆくから。
メッセンジャーはその価値観を、
メロディで突っ走る影響力を、ヒップホップを。
悲しいほどにドリーマーにさせてくれた。
リズムで生み出すセプテムバー?
炸裂するビジネスをオーケーと言っている。
ドリーマーなチェックアウト、
メッセージがクォリティで、映し出すファイター。
ロマンロックなファイターを目指すなら。
クォリティと伝説、メッセージを音に飛ばしながら。
影響力、ファンタジー、歴史的ストイックなラブリー。
大切なドリーマーで、栄光を認めるなら。
空虚な歴史、メシウマだ。
作成する作戦。
大切さとイデオロギーが、
突っ走るなら。
ファンタスティックなアイラブユーで、
伝説を練り歩こう。
大好きなチェケラッチョ、歌い出すハーモニーならば、
歴史的ストイック、
ラブリーハートを見つめ続ける。
ロストプラネット、
それらが生み出す想像もつかないほど巨大な世界を。
リズム、その果てまでも目指した空間は、
リピートするそれを続けるメッセージの意味とは。
理解する、ファイターだ。
埋め合わせする伝説をクォリティにしなければ。
ユートピアで、伝説的なクラッカーも、
エイトビートな炸裂はユートピアじゃないといけない。
リズムはサクセスを目指さなくちゃ意味がない。
リズム、卓越するファイヤーに、
目指すストリートに、
メッセージと興味が示す絶望だ。
失うことすらクラックするなら、
価値観とブルースとエイトビート。
白熱する愉快さに、
ワンダーランドなクォリティを見せつけていく。
ロマンチックはファイティングを彩らせるように。
究極が音を飛ばすのなら、
その出来過ぎた運命にすら、
覆すリミットにすら、
活動的展開を笑ってやろう。
埋め合わせする為の退屈さなら。
希望的に負けられねえなら、
ダンスフォーエバーしていくしかねえ。
リズムと超越心。
大好きだから止まらないのさ。
究極的ファンタジーを移ろいゆくのかい?
理想的展開、天才的に、
メロディがユールックなパーティ。
何があれば楽しい。面白い。
理解するためのドリーマーが、ここにはある。
理解をファンタジーにしてくれた。
それでもリズムは、最果ては。
リスクをアップしながら、
ファイターにしていく。
大切さとリズムが、
傾向をサクセスするように、
興味で歪にさせていってしまう。
リピーターなイメージが、
超越心すら滞るように、
興味、サクセスに滞るように。
空間とかリピートで、
埋め合わせする伝説は、
ロックする当たり散らしすら、
ファイティング世界観な魅力に、
歌い出す鼓動と行動に、
サクセスパーティを見せるなら。
窮屈な未来を、ミラクルをときめくから。
果てしないミラクルが呼び寄せてくれる。
リズムをトークバックしてくれるなら。
ハーモニー、伝説的に愉快にさせてあげよう。
イメージが天才的に踊りだす究極性。
ファンタジアを求めて空間に歴史をファイティングされる。
空間的歴史でクォリティを結ぼう。
ファンタジー、栄光を見つめたその先ですら、
笑ってやろう。
だからサクセスは止まらなかったんだね。
究極的な未来は現したんだ。
姿を、形を。
それでも飲み込まれないだけの力強さを、
極めた。それでも愛おしかった。
フューチャーラブなクイーンだった。
メッセンジャーな価値観が追いかけてくれるなら。
ファンタジーを越えて、リズムを越えていく。
ドラマチックなファンタジーが、
越えていく理想を追随させていく。
ドラマチックをファンタジーにしている。
ドラマチックな究極で、閉じ込める。
メッセージ、理想的展開。
理想的、思想的に展開されるのであれば。
ファイティングチョコレート、
イメージが興味を示してくれる。
ドリーマーなチャンスを届けてくれるぜ!
意味がないチェケラッチョが
歌い出すのであれば
ファンキーモンスター、
追従する追及、
ミステリアスな行動の美学と、
大切なドリーマーに、共鳴する歌い出しから、
影響力はヒップホップになっていく。
ロマンチックなファンタジーを、越えていけるなら。
堂々とする実力。
常識に縛られたくなかったんだ。
理想的追求、俺には俺のやることがある。
時々忘れそうになるよ。
なんで?ファンタジーは超えていく。
正しさは、ファンタスティックを恋愛模様にするように。
空虚な伝説を追いかけるように。
大切さを射止めるように、
空間的サバイブは、メッセンジャーな価値観を届けてくれる。
リピートするメッセージが、
堂々たる生き方で、ファイティングして、
ロストパニックするピクニックは。
ロストジェネレーション、
理想的ロックンローラー、
イメージで超越するリズムが、開拓する文化を洗ってくれるぜ。
ファイティングスカイハイにエンジョイさせるなら、
その希望とファンタジスタで、
栄光を栄養で満たし続ける。
ファンタジーが栄光を満ち溢れる。
堂々たるメッセージ、クォリティで異次元に突破させていく。
ロマンチストがファイトしているのかい?
究極的ならファンタジーすらも、
エイトビートに炸裂するこの運命すらも。
正しさとワンダーランド、
ミステリー協力的、
サバイバルな地下室に、
ラブリーな方向性、
その向こう側に、大切にしているリズムに。
影響力はヒップホップになっていく。
最高がうつぶせで、ファイターをサクセスさせ始める。
窮屈な未来に生きているなら。
ミュージックが充実している?
ファイティング世界観、
魅力が堂々なら、
作戦は隠せん!
ワンダーランドな、
超越勘が悦楽を呼ぶなら。
空間的サバイバー。
ミュージックが充実的に、
ファンタジーが越えていく理想に、
究極的にミラクルに、
正攻法でエンドレスになるならば、
栄光を満ち運ぶ素敵さ、
それが驚かす未来へとなっていく。
旅立たせる究極で、
歌い出すなら作戦はサクセスするぜ!
究極的に動こう、
ダンスフィーバーな価値観を、
メロディがぶっ飛ばすなら、
価値観でルーター設定も
メロディにアップアップポテトにしていくぜ!!
ロマンチスト、ファイナルリアリティ。
堂々とメッセージに、クォリティすら一途になっていく。
ファンタジスタすら未来に、蛍光灯はサクセスストーリー。
正しいミラクルが、サクセスする時まで!!
ミュージック、うろつく天才は踊りだしているか?
興味がサクセスするワンポイントアクションに、
メロディすら突っ走るメリーゴーランドになれる。
究極的ファンタジーが動き始める。
クォリティと伝説が歌い始めるなら、
理解する歴史、行動のサスペンス、
笑い出す、歴史的究極に、
ワンダーランド、歴史的フュージョン、
静かに燃える心臓の中の炎。
酸素を二酸化炭素に変えている。
リズムは強烈に、サクセスを愛おしむように。
かつてのフィンガーアイランド、
その言葉通りだったとしても、
何が任されるのか分からないが、
究極的ファンタジー、栄光をサスペンスにメロディが突っ走る。
ワンダーランドが強烈ならば、
栄光だってワンダーランド、
クォリティすら一途になるファイター、
伝説的なメロディに突っ走らせて。
究極的ドリーム。
お前は王。止まらない世界観、
メロディは突っ走った。
歴史的ミュージック、
虚ろに天才になっていく
リズムにすら、
カテゴライズされる未来か?
協力的アポイントが
ミュージックを疑うなら、
ハートビート、確実性と共に歌い始める!
理解力がファンタジーを連なっている。
ドラマチックなファンタジーが、それらを越えてまで
影響力にヒップホップさせてくれるなら。
慌ただしい抵抗にすら、ミステリーにすら。
覆す意味、リミテッドにすら、
価値観はブルース、影響力はヒップホップだ。
ループが楽しすぎるみたいだ。
リズムでチェケラッチョに、
ファイターズハイにエンドレスが極めるなら!!
サクセスロードに作り始める!!
希望的観測で宇宙を見るなら、
クォリティとワンダーランド、
ミステリーな情熱的炎すら、
ワンダーランドすら、価値観すらも、
ミュージックなイデオロギーは突っ走り続けてる。
らくらくパーティだからこそ、
究極的なワンダフォー最高に、
ロストプラネットな確実性に、
驚かす、ファイヤーシスターズだ。
リズムがチェケラッチョファンタジーを
越えていってる。ドラマチックなワンダフォーを、
見せてくれるドラマチックを、
歌い出すハーモニーを嫌うように?
活動的ポテンシャルは暴れ出すのさ!!
究極はそれらを留まらせることのない、
リズム、チェケラッチョに、歌い出すハーモニー。
歴史的究極ならば、栄光のビジネスならば、
ファイティングスカイハイがエンジョイしてくれるなら。
歴史的究極性すら、意地でも分からせてやる。
お前らの嫌いなミュージックを連れてきてやるよ!!
歴史的ストイックならば、その距離を勉強しなかったことを
嘆くんだな。
少しだけ影響力、ヒップホップな可能性と、
ブギーバックな運命を正す。
夢中なワンダーランド、
クォリティと異次元、突破するミュージック、
携えることすら愚かに思えて、
リズミカルな鼓動と着実に、
作戦は大成功。
大切なドリーマー、究極がワンダーランドになっていくなら。
ロマンチックファイター。
ドリーマーな着実性が、
ラブリーコールを歌っている。
これがやっぱり楽しいわ。
リズムがサクセスしてくれる。
ドリーマー着実、
ファイティング世界観、
鼓動とワンダフォー、
昨日の自分と今日の自分、
何が違うだろう。
だから記録していくのさ。
大切な鼓動と、変わり続ける何かについて。
リズムが着実なファイヤーにしている。
ドリーマーな着実は、うめきをあげて、
ラブリーハートを巻き込みまくってる。
本当の本当って奴を笑い飛ばしている。
僕はその全てを癒す為に、
生きてきたんだよ。やってきたんだよ。
ハーモニーは貫くことを許すだろうか。
奇妙な偶然は、
ファイティングすることを憂鬱にしながら、
ミラクルは話題を越えていけるように、
ダンスフィーバー、確実性は道徳を未来に。
リクライニングするパーティは、
愛おしむように!!
希望はワンダーランドを連れてくるように、
放ちだす歴史、さあ
世界はどうなるか。
決めたリミットが迫っている。
リズミカルな行動は歌い出している。
ドラマチックなワンダーランドはミステリーを呼び寄せているんだ。
蔓延る天才に、驚き続けたいから。
リピーターとメッセージ、
クォリティと続かせる永遠に、
道徳を渡す為に。
クォリティはワンダーランド、
伝えてくれる未来はワンダーランド、
クォリティと異次元、突破するファイター。
ロマンなロックンローラーが、
希望を呼び寄せている。
ファイターズハイが、
エンドレスなリピートをため込んでる。
夢のような時間だった。
サクセスロード、追及する新しさに負けたかい?
リズムが超越するなら、
伝説的ミラクルでも引き起こしたいもんだ。
窮屈な理想が、バッドニュースを運んできた。
それでも空欄は意味不明に、
行動は行方不明に、
ワロリンスランドは、メッセージを貫いた。
ファンタジスタな救急運命が、
べらぼうに、作り続けることを差し出す。
そして、あるものと出会う。
何かがこめかみをノックする。
それはいわゆるジャンクションか、
乗るぞ。来るぞ。
売るぞ、嘘偽りなく、黒い漆黒の闇に、
動いてる。凄い奴。
うどんを食べてる。有象無象に歩いている。
寸動の、愚僧をまき散らす、
かにかまを食べる。ワニに食べられる。
ハニー、本当のことは何?
夢中になる。
ある、街の群青。去るべきものは追わず。
狩るべきものは耕す。
サスペンスがハートアップに、
らくらくユートピアを教えてくれる。
数はともかく、授かった思い出は無限大。
だから、ある。まずまずの狩る、歴史は春。
携える価値観は、数を気にせず歌うべきなはずだ。
授かる、リピート、預ける。君に授ける。
ハンターハンターならば、
希望的観測が移ろいゆくようだぜ!!
それは悲しい運命を携えてる。
蹴る、競る、運命は蹴る。
大切なものを競る。果てる。枷になる。
春、足ることを知る。
狩ることはできねえ。はずでも構わねえ。
出すからバス停から、ガスが定時な気がする。
バスでクールに、クズみたいに、
鈴みたいに、リンリンリンと、難しい問題が超越していく。
だからこそのダンシングフィーバー。
あの日が近い。滋賀県の琵琶湖。あの日が来る。
近いブルース、司会者は?期待したのさ。
ラブリーハートが巡りくるなら、
恥ずかしいこともチェケラーなはずさ。
授かるもの、明日から理解しているドリーマーな着実、
エイトビートはクラッシュして、
メッセージを伝えてくれるんだ!!
引っ張り込んだラブリーに、
挑戦権なんてないのだろうか!!
窮屈な世界に愛される。
興味で卓越させて、
希望的観測は移ろいゆく。
伝説的クラッカーに、
ワンダーランドはぶちまけていく。
ロンリーならば、着実に。
夢見て、夢を食べる。
希望的観測に移ろいゆくならば!!
ロックンロールファンタジーが、
埋め合わせする伝説が、
クォリティすら導くなら!!
大切に踊りだす、クォリティが異次元に突破させる。
空間的リピートダンサー。
クォリティで伝説的になった、究極性は
踊り続ける!
パーティはロックンロールイメージ、
ただ、立ち尽くす意味を越えてきた。
果てしない興味すらも、
預けられてきた。
大好きなトゥモロー、
描いたリピートに、
それでも木霊する攻撃に。
ラブリーハートさえ見せつけまくり、
リビングデッドは美しさを閉じ込め続ける。
リピートなメッセージは、
クォリティを歌い出すように。
ファンキーに、痛快になっていく。
ロックンローラーなファンタジーが、
クォリティがメッセージを伝えてくれる。
ファイヤーマシンガン、
大切さとドリーマー、
何が着実なのか分からなくなってくる。
リズムは強制的な運命に、
記号として、取り戻すように。
理解は究極性、
ドリーマーな影響力を、
結ばせる空間を、
それでも痛感する。
リピーターなメッセージを呼び寄せる。
大好きだからこその展開だ。
ミステリーに協力的に、
ワンダーランドが超越してくれるなら、
ファイティングロード、
埋め合わせする伝説すら、
覆すリミットで、
正しいリミックスならば、
形を乗り越えるファンタジスタ、
栄光とチェケラッチョ、
ファンタジスタで永劫の栄光を見つけるならば。
ファイティングなロックンローラーに、
イメージさせる強力に、
サバイバルな価値観が狼煙を挙げている。
興味でサクセスするリズム、
大切に道徳、ワンダーランド、
炸裂するサクセスから、
影響力はヒップホップなんだ。
活動する展開力、
ミステリーアンドロイドなんだ。
ファンキーなモンキーなマシンガンは、
それでも僕を愛しく感じてくれるでしょう?
ファイナルフュージョンならば、
形として受け入れる僕の価値観さえも。
メロディすらも、突っ走る勢いと影響力になって。
リズム、意味を重視と響きを重視を繰り返して、
その先に何がある?
究極的モンスターがラブリーならば、
傾向を影響力にしてくれている。
ドラマチックなファンタジスタは、
煌々とうつるサプライズに、
意味不明な活動家を。
サクセストゥモローを、
影響力なヒップホップを、
可能性を、それが生み出すダンスすらも。
栄光でワンダーランドを見つめてくれるのさ。
ファイティングスカイハイ、エンジョイパーティなのさ。
ロックオンするパーティ、
ロマンロックなファンタジーが、
疑い出すなら、
歌い出すなら、
その究極性すら、
ファンタジーすら乗り越えて、
歌い出す有象無象に、究極的ファンタジーにすら、
移ろいゆく天才を躍らせてやろう。
崩すリアルに、フューチャーなクイーンだ。
ワンダーランド、世界観が驚かす。
大切なドリーマーがメッセージにしてくれるなら。
覆すリミットで、
歌い出すハーモニーで歴史にしていく。
ドリーマーなチャンスを飛び跳ねるように。
空間はリピーターなメッセージになっていくから。
理想的ドリームが、
究極を、リズムを天才的にさせるように。
ファイティングな伯爵、
希望的ロンリーに埋め合わせするように。
伝説的未来はおおらかに、
大好きなチェケラッチョは、
ファンタジスタとしての興味も、
疑わないようなトゥモローに。
影響力ミュージック、サプライズな空間だ。
正しいワンダーランド、
ロックンローラー、大切な。
正しい魅力が、堂々とワンダーランドに、
炸裂するビジネス、オーケーオーライ。
怠惰な世界観、魅力的ワンダーランドに、
空中永遠に、チェケラッチョ
ファンタジーにクォリティすら、一途なパーティ、
果てしなく栄光のサスペンスを、
連れてきてくれるファイターに、
栄光とビジネス、
どっちにしろ重要だ。
ヒップホップ、ロックンロール、
まとめて愛するなら両方使えってか。
ラブリーなチェンジと、
リピートサスペンス、
それらを表現して初めて綺麗になるってか?
ファンタジスタなメロディが、つかず離れず。
リピートするメッセージ、
クォリティで異次元突破する健康的、
サクセスストーリー、
メッセージ影響力で、ヒップホップなワンダーランド、
ロッケンローファンタジスタならば、
健康的チェケラッチョ、
未来が乱す宇宙に、
ファイターにスカイフィッシュに、
歴史的影響力、
マジックミュージックで愛しいなら、
ファンタジスタ、栄光と影響力。
ヒップホップな可能性ならば、
歌い出す炎は常に続けていかなければ。
無限のセプテムバー、影響力が活動していくなら、
協力的、調合していくラブリー。
ラブリーチェンジしていくミステリーにすら、
栄光にすら笑わせてくれるリズム、
影響力でヒップホップなのか?
栄光とジャスティスワンダーランド、
ロックが歌い出すハーモニー、
歴史的空間に、リピートダンサー。
ファンタスティックアイラブユー。
価値観でメロディがけろけろに
突っ走るなら、
歴史的フュージョン、価値観でビューティフォーだ。
エネルギーとそれに伴う自由に、
言葉もだいぶイラついてる?
まあ積極的にいこうぜ。
ラブリーハートを残させるなら、
リピーターと運命、
活動するファンタスティックは、
アイラブユーな世界観を、
ミラクルに頂戴させるべきだ。
ハーモニーは半端ない、
リアルなフュージョン、価値観すらとめどない。
リビングデッド、意味不明な価値観に、
運命すら突き進む面白さだ。
爆発するエイトビートは。
リズムがチェケラッチョになる。
正しさがワンダーランドになってくれるんだ。
ファイターは嘘偽りないように、
刻み付けるその炎にすら、
明日を託すように。
希望はワンダーランドを見せつけていく。
努力はワンダーランドを、徒然に釣れるように。
理解したファンタジーは、それでも究極を灯しだす。
ファイティング世界観、ミラクルが共鳴するぜ。
半端ないリアル、ミュージックにサプライズ、
世界観が道徳を連れてくる。
意味不明な形に、染まる、困るね。
理解しているドリーマーのチェンジする未来。
行動力で埋め合わせするダンサー、
活動家は運命と共に笑いだす。
展開力が天才を呼び起こすなら、
それのみで記憶をワンダーランドにするなら。
リズム、説明しなさい。
究極的ワンダーランド、
夢中にワンダーフューチャーな
価値観にさせてくれる。
ドリーマーなチャンスを追いかけている。
リズムが、リズミカルにオーケーサインを出せるように。
空間をサプライズさせる、リズムで蛍光灯はサクセスさせる。
リズムが着実なファイター、
リライトできるかどうか、
作戦する作成する埋め合わせ。
ダンスフィールド、
悲しいかい?
メロディとして突っ走るなら、
吹っ飛ばすなら。ぐっとくるなら。
鬱陶しいくらいのリズムに、
鬱陶しいラブリーチェンジ、
ミステリーはすてりー、
価値観をワンダーランドにしたり、
本当に大変なみたいで。面白いね。
正しさとワンダーランドはそれをねめつけているのかい?
正しさはワンダーランドを運んでくるなんて。
理解するためのファンタジスタ。
究極的メロディがあわただしくなるなら、
究極的モンスター、
追従するように、
究極になってしまうように。
不都合な歴史と、フィンガーアイランドだ。
活動する展開に、ミステリーは呼び寄せていく。
ドリーマーが着実になっていくなら、
空間すらもレスポンスになるだろう?
空虚な理解できる歴史と、
ファンタジーはクォリティをのらりくらりと。
イメージするサプライズ。
たった一人、ラブリーコースを見つめるように。
希望的に観測するベリーナイスは、
いたちごっこなファイターを目指してくれている。
ドラマチック、覚悟しているドリーマーなチャンスを、
追いかけるリピーターは、
イメージで天才的にさせてくれる。
リピーターと運命、宿命が旅立っていく。
ドラマチックなフューチャーラブに、
コミュニケーションを伝えていく。
ロマンチックなファンタジーがうろつかす。
ドリーマーなチャンスを理解するように、
興味でサクセスするように、
興味はミュージックにさせていく。
理想ビジョン、天才的未来に呼び寄せるように。
究極的ロンリー、イメージが大切だった。
リズムが炸裂するポテンシャルよ。
それでも大切に、解説するリピートは踊りだしていく。
ヒップホップは悲しむように、
ラブリーはまるで愛おしむように、
空間は全てを連れてきた!!
ドリーマーが着実だ!!
ロマンチックファンタジーを越えている。
ドリーマーな着実性、
ファイトスタイルな運命を閉じ込めさせる。
リズムでワインディングロードを、
突き進ませ続ける。
ドリーマーなチェンジとチャレンジは、
痛い程リリカル、同等でも構わない。
実力主義でも構わないのだ。
理屈がミラクルを呼び寄せるなら、
そのファイター、希望的ワンダーランドに、
自らを見つける。
ドリーマーなチャンスが、追いかけているリズムがある。
白昼夢、大胆不敵な行動と、
ロマンチックなエイトビートが
乗り越えてくれているドリーマーがある。
注目的なラブリーこそが、
ファイターであることの運命こそが、
ラブリーハートをチェンジさせていく。
ドラマチックなファイター、
リズムとサクセスされていく。
リズムがサクセスさせるパーティだ!!
ロマンロックなファイヤーに、
メッセンジャーすらいらないと?
抵抗、対抗でサクセスさせている。
ドリーマーなチャンスを、栄光にするように。
ドリーマーなチャンスを追いかけている!!!
リピートモンスターが、追従する未来を遊ぶなら。
空間的メロディが、殺法を生み出すなら。
作戦を生み出すなら、
価値とヒエラルキー、
活動でテンションが笑うなら。
空間的ラブラブに、
孔明の罠すらさすらい続けるだろう。
理解するファンタジスタ、
栄光が笑い出すなら、
究極的ドリーマーすらも、
ファイティング世界観すらも。
エイトビートな炸裂するビジネス。
理解する為のドリーマー、
そのイメージで挑戦的に、
メッセンジャーは踊りだす。
歴史的トークバックで、永遠が笑い出すなら。
究極的価値観、
それらが目指す次の舞台がある。
リズムが作戦を閉じ込めて諦めている。
ドリーマーなチャンス。
四季折々の、研ぎ澄ますファンタジーの中で研ぎ澄ます。
折り、耳をすます。
ますます明日のことが気になる。ダースベイダー、
明日は笑い続けるのだ。出すのだ。
ファクトリー、ガスを吸い込むように。
授かる受け入れる、バスでぶっ飛ばすぜ!
数はともかく、らくらくパーティだ。
白日の、確実は何を求めてる?
テルテル坊主、せるせる株式市場、
競る、埋める、蹴るその向こう側。
てくてく歩いていく。
セグウェイ乗り回してる。
対決して解決、歳月は時に何を望む?
凝る、肩が凝る。
凍るし滞る。ソルで走りまくるが、
乗るぜ大胆不敵から、来ず、何も折るものがなくて、取るにたらず。
掘る穴を、ファイティング、肩がこるぜ。
とるに足らねえ!
そるひげの、
価値。確かに。
はみ出しものの、先に立たず。
らりってる?らぶってる?
果てしない協力、
ばてない魅力。
賭けない生き方、避けられない。
当てはめない、貸せとなってない。
咲ける焦る、猛り狂う化け物だ。
だから究極は、忠告してきたんだ。
終局の温度、
作戦をミュージックにするなら、
空間的ビリーバー?
超越的ファンタジスタ、
永劫の時を泳ぎ続ける。
ファイティング世界観ならば、
ファンタジアが影響力を、
ぶっ飛ばす価値観を。
メロディが突っ走るメロディがある。
お前の抵抗、
サクセス路頭に迷った。
迷いまくった、それでも大切なリズムは
最果てのミュージックは充実しているかい?
歴史的にストップかけるものが虚ろならば。
歴史的ストークしまくリングなデイズにも、
リズムが沈む!オーケーオーライを
見せつけるように、希望は展開を笑い出すように、
希望的展開は踊りだすように、
究極的はミステリーになるように、
空間を支えている。ドリーマーな着実性、
踊りだす方向性すら、虚ろになっていく。
リズムがリスクアップになるならば、
クォリティとワンダーランド、本当に楽しいことしか分からねえ。
リズム、サクセスは炸裂、イメージが共鳴して、
ワンダーランドに炸裂されていく。
ドリーマーなチャンスは逃亡に、
総合的に考えるほどに。
影響力はヒップホップだから、
悲しいまでにヒストリーになっていく。
理想像、展開しているミステリーにすらも。
活動する興味、狂気が引き出すように、
正直、分からないポイントまで来ている。
ドラマがドラマチックになっている。
ファンタジスタな運命に、炸裂するビジネスとオーケーに、
ラブリーハートで、エンジョイするパーティに、
ロックオンする見込みがないならば。
素敵さとファンタジー、クォリティと異次元、
突破するかどうか。
果てしない究極で、ワンダーランドを見せつける。
ねめつけるようにして、
リズムが共鳴するなら、
ワンダフォータイムにしていくなら、
活動する興味すら後ろ側にして。
大好きなチェンジングすら未来になっていくのであれば、
活動、世界観に魅力を伝えていく。
ファンタジスタな抵抗に、サクセスワンダーランドだ。
ロッケンローが歌い出すまでの期間だ。
炸裂するビジネスは、オーケーと言ってくれている。
ハーモニーは歌い出して、ワロスを伝えてくれている。
ドリーマーなチェンジとチャレンジが、
素晴らしい方向を愛おしむように、
歴史はファンタジー、クォリティは結びつきながら、
ファイターズハイはエンドレスワールドになっていく。
ハーモニーで伝えるリクエストは、
活動の興味は、炸裂するワンダーランドは、
リピートするメッセージ、クォリティでテンションになるまでに、
理解する為のドリーマー、サクセスの為の気がするレベルで、
白熱するダンスで、究極的に笑い出す。
展開力も必要になってくれる。
ドリーマーなチャンスが叩き落される。
究極的リズムすら、笑いに変えてしまうなら。
利口、時効だったとしても、
思考を休めるな。飛行を忘れるな。
思考回路は、行こう、何かを見そうでも。
思考がワンダーランドだ。
奇想天外な嘘がひらつかす。
ミートボールで、嫉妬している気合いには、
居候させるイメージすら、思考法、ワンダーランドだ。
究極的に見よう。リズムを伝えてみよう。
思想、ワンダーランドに理想を追求。
奇想天外な思想をひらつかす。
味噌を食べる。味噌汁を飲む。
リズムが炸裂、
格別な興味で歌い出すのさ!!
空間が炸裂する意味が格別なら!
ファイターとスカイハイ、
エンジョイパーティで、
ロックンロールがファンタジーを呼び寄せてくれる。
理解するための究極的
大切な言葉で、エンジョイパーティならば。
大切さとドリーマー、チャンスを広げるならば。
活動的展開で、天才は踊りだす。
理解者がドリーマー、
栄光を見つめるように、
煮詰めるように。
サバイバルやるヤバイ奴。
果てしない、あてもない、
糧もない、サテライトもない。
果てしないのだ。ラテールなのだ。
さて、待てよ。リズムはカテゴライズよ!!
サテライトを踊りだす究極は、
注目は、終局は、ワンダーランドで
サンダーランドで、隠す理解するドリーマーなチャンスを。
オーケーオーライがしていく
ドリーマーなチャンスを追いかけていく。
ドリーマーなチャンスを、栄光にしたまえよ。
リズムが成功している。
結構疲れている。
つられて疲れている。
つらくなっている。
裏を探していくんだ。
くらくらきちゃう。すらすらと書けちゃう。
それでもドリーマーを、栄光で歌い出すならば。
炸裂する忘却の彼方から。
ビューティフォーな後ろ側、
炸裂するビジネスにオーケーを伝えている。
ドリーマーなチャンスを、仰ぐように。
素敵なファンタジスタに、
この光景をアタックするように。
ハーモニーとして歌い出すなら、
謙虚なヒーロー、差し出す空間は、
リピートするダンサーを、
イメージを狂熱させるように。
意味を合わせて、ミュージックになりそう。
その意味が全てを越えていくなら、
ファイティングな世界観、
飛び出すライティング。
ハイテンションになっているのも向こう側か?
すごいぞ。うろつくぞ。
それを求めて、暴れ出している。
その所有権に対して、僕がアクセスしている。
ドリーマーなチャンスだ。
ビリーバー、それを見せるしかない。
そうすることしかできないらしい。
真っすぐに超越する、
焦熱地獄よりワンダーランドだ。
クォリティとして異常ならば、
ファクトリー、堂々たるメッセージがうろたえだす。
究極的ミステリー、共鳴しているワンダフォーアイランド。
それでも唐突に感じる理解者。
朗々として、唱える言葉はギブアンドテイク。
大体が曖昧、活動する錯綜する、
メッセージを届ける為にいこう。
思考をしていこう。
ラブリンス、果てしないばてない戦いを。
カテゴライズされない、
ナイスなミュージック、充実的世界観、
世界観が変わっているんだ、
果てしなく未来は追随されていくだろう。
ドラマチックに、もっとロマンチックに、
ファイヤーサインを出すことはださいん?
メッセージな形を下ろし上げに行こう。
フューチャーラブ、
価値観が驚かせている。
素晴らしいトーク力が、
メッセージを、その特許を、
預かりにきた!俺が韻の王になりにきた!!
とでもいうつもりか。はっ好き勝手しやがって。
でたらめな距離、でもそれが決まっているんだよなあ?
仕方ないよなあ?
リズミカルに歌い出すなら、ファイヤーサインだよなあ。
覆す意味すらリミットだよなあ?
空中にレベルアップした魂が、
理屈が未来を笑うように、
リズムがチェケラッチョハニー!!
エイトビートで炸裂するなら、
奇妙なワンダーランド、
リズムをサクセスさせる。
奇妙なワンダフォーアイランドを、
ミュージックな充実を、
奇妙に折れ曲がる大切さを、
リズムを、それらが生み出す狂気を。
大切さとドリーマーが、影響力で、
ヒップホップな可能性だ。
大好きなテラワロスだ。
究極的ファンタジーだ。
勢いづいている。
ドリーマーなチャンスが、
笑い飛ばす運命すら笑い飛ばせるように。
空虚な利口と嘘が、
裾を広げて待っている。
嘘だろう?無双だろう?
価値観、苦労するね。移ろうね。
半端ない流浪に健診だね。
苦労あるなあ。つろうございますなあ。
本当に言葉ってのは厄介でごぜえやす。
それが秘密か!ワンダーランドなサクセスか?
アクセスするぜ!韻の世界へ殴り込みじゃい!
ばいばいアストロン。
大好きなチェケラッチョこそ、
まさに、あら捜しだ。
空騒ぎだ。まるで恋のな。
大変な大切な、
ミュージックが移ろいゆくなら、
ハニー、ビーストを見つけてくれ!!
理解するドリーマーにチャンスをプレゼンツ。
大好きな運命に対して、宿命に対して。
希望的観測?宇宙がワンダーランドだぜ!
宙に浮いているようなレベルアップならば、
セレブでパンプアップならば、
ロックしているとっくに分かっている。
刀クラスベイベー、
暮らします蛍光灯、
正攻法ではいかなくても、
リズムと沈む、究極、
時代の流れも見た上での判断だ。
沈む、刻む生き様が、
素敵になってくれるなら、
僕もついていこう。

未来が、調節してくれるファンタジー。
それでも素晴らしさはときめき続ける。だから。
ファンタジーを乗り越えて、その先に光を照らしたい。
果てしない距離にも、栄光がいるんだよって
笑いながら全宇宙に轟かせたい。
狂気が生み出す破滅的運命でさえも、
粉々に砕かれた鏡の向こう側の景色みたいなものは、
見えてくるだろう。
白熱する俺達は、
ダンスフィールド、大好きだから。
ミュージックなフォトグラフィーが、
活動する狂気を苦笑するなら。
形だけでも君の元へ!!
届けたいという希望すら、
許されない世界なのかな。
ビリーバー達は埋め合わせする為に、
その希望を発掘する為に、
その野望を教えてくれる。
果てしない距離を、今もまだ伝えてくれているのかい?
ビリーバーはチャンスを差し出している。
君の生きている意味を問い続ける。
じゃあ何のために、理解は歴史か。
正しさとメロディ、突っ走る永遠に、
未来はワンダーランドを見せてくれる。
希望は、炸裂するミュージックを、
愛おしむように、くるっと回るように。
狂気、ワンダーランド、
伝えてくれたその未来の矛先は?
ワンダーランドなサクセスが、
答えを待ち、うろ覚えしているダンスが、
大切と希望が、ワンダーランドを放ち続けるなら。
理想的展開、果てしなく、行動を指し示す運命にも。
希望にも、ワンダーランドはときめいていくから。
距離の方向性は、正しい道を誤り続ける。
行動とロストプラネット!
活躍とファンタジー?
クォリティで異次元が参らせている。
ドラマチックな究極に、
ワンダーランドが捨てきれないなら!!
素敵さとファンタジーが、
うろ覚えディスカウントストアだ!!
メッセージが究極なのであれば、
ファイター、メッセージを。
正しさと、メロディが突っ走るから。
ワンダーランドをミステリーにするなら、
希望的観測、宇宙にワンダーランドを見せてくれる。
ハーモニーは疑うように、
興味はサクセス、壊しだすように。
この雲のように優雅に形を変える心でありたい。
何を思っている。雲よ、水蒸気の塊よ。
現象として移ろいゆくなら、
必ずが訪れる。
希望的観測が、歌い出し共鳴するなら。
俺の腹に入れるものくらい俺が決める。
俺の目に入れる光くらい俺が決める。
俺の鼓膜を震わせる音くらい俺が決める。
極め続ける嘘が、
ロックンローラーなイメージが、
共鳴している、空間は笑い、
とめどなくクライシス、
歌い出す炎を、共鳴するワンダーランドを、
正しさと、それが揺蕩う世界になってまで!!
影響力は、あるいは結びつきは、
変わっていくのかい?
リズムは強制的に共鳴する運命で。
立ちふさがる栄光は、
未知なるファイティングを、意味で照らした。
大好きだからこそチェケラッチョな、
歌い出せるファンタジーは、越えていけるだろううか。
正しい魅力がワンダーランドを包む。
希望的観測、宇宙をワンダーランドに、希望に、
ミステリーを興味にさせるなら。
空虚な伝説、物凄い素晴らしさがやってくる。
価値なんてぶっ飛んでいくのさ!!
破滅的栄光が僕を飛び跳ねて、
踊るように投げ散らかしている。
その興味の神髄を、
僕は当てはめるように。
空間は理想を、展開的に天才にさせるように。
埋め合わせする伝説が、
クライシス、ワンダーランドを天才にしていく。
俺はお前らの人形じゃねえんだ、人間なんだよ。
しっかりと信念を持っている。
揺るがない信念とは何より強い武器だ。
正しい未来が、ワンダーランドを伝えていく。
ドリーマー、君に伝えたいことがある。
夢の果てには何がある?
空虚な未来が僕を笑い飛ばす。
価値観、それでも僕らを連れていけ。
大好きな展開に、大好きな世界に、
汚されてなお、立ち上がり続けるその希望が、
僕を見てる。僕の方を見て、真顔で見つめてる。
白熱がワンダーランドが、希望的観測が、
その針、震えて、ぐるっと回って未来をさす。
分からない、だから意味不明なんだろう?
分かってくれたなら嬉しいんだ。
確実性が取り戻してくれているんだろ?
狂気、ミステリーが、共鳴する歌い出しが、
僕を見てる。僕を見て笑ってる。
分からない、力強さで運命を感じたい。
理解の、遠く素晴らしい空間、
この感情すら自由に操られてしまうなら、
僕は一体どこにいるの?
体は物質でできているの?心は物質じゃないの?
じゃあ、何なのか。確かな重みもない、
情報のようなものだろうか。
簡単にコピーできるのだろうか。
正しい魅力は、生み出される価値とは。
それらが灯しだす、記憶とは一体。
誰のものだよ。希望的観測、
宇宙は未来を見ている。
ドリーマーなチャンスを乗り越えて、
希望はワンダーランドを教えてくれるのか?
おい、しっかりしろよ!
ファイナルアンサー、希望がワンダーランドを
伝えてくれるなら。
希望をフューチャーにしてくれるなら、
このマイメロディ、
伝わるはずの希望すらも、
ワンダーランドな破壊者すらも。
分からない、だから伝わらない。
希望?メロディだ。リズムが炸裂しているんだ。
狂気が、ワンダーランドを越えていってくれるだろう?
ロマンチストが、栄光を呼び寄せるなら。
正しさと、未来と魅力を嫌いになるならば。
素敵が踊りだすから、
究極的は、踊りだすようにその手を。
その髪をかきわけた。
ダンス、フィールドで踊る。
僕はいつまでも。いつまでもを求めている。
この肉体朽ち果てようが、
私の淡い思いは消えないの。
生み出した価値が、また暴れ出しているの。
分からない、この脳内を表現したい。
考えることはできる。見たり聞いたりすることはできる。
映し出す展開すら、僕の本来すら、
思い知ることになるなら。
空虚な未来を笑い飛ばせ!!
真実の炎こそが伝説だ。
未来が究極ならば、
訪れる闇が伝えてくれる未来が、
行動のジャスティスをノックしてくれる。
新しい世界の誕生だ!
さあみんな祝福をしよう。
それを意味する、
大切さにすら、嘘偽りなく、希望を抱きしめよう。
全てを甘いまま、逃げ出したまま、
空間としての興味にさせてきた、
歪な天才すら、
踊りだす究極すらも、
永劫の時すらも、
笑い出す展開、天才にメロディはアップしていく。
ドリーマーなチャンスを追いかける。
希望的観測が宇宙を見せてくれる。
ファイター、その次を求めな。
今脳がどんなことを考えているかを知りな。
それができないなら黙ってな。
活動する狂気が、興味が、
虚ろ、虚ろ、僕は虚ろ。
移ろいゆく季節の中で、
ミュージックが、テンポが、上がっていくことすら
分からないままに。そのイメージを、
調節しながら、ミラクルは共鳴していく。
ロマンスが疑い、
破滅へと旅立つなら。
嘘だ!僕はこんなこと考えたい訳じゃない。
じゃあ何を表現したいんだい?
リズム、もう一個、もう一個ほしいんだ。
何を伝えている?
ドラマはフュージョン、価値観が踊るように、
悲鳴を上げる。悲しいほどに自由なこの空間で、
理想的展開、そして、宇宙を感じてきた。
ラブリーな方向性が僕を疑っている!!
必要性とはなんだろう。
共鳴する疑いとは、それらが照らし出す意味とはなんだろう。
空虚な伝説、面白いか?
前頭葉に広がる漠然とした感情を、
どれだけの言葉で表現できるだろうか。
大したことはない、イメージは調節していって、
面白さと好奇心は続いていく。
砂一粒の中にも、無限な世界が広がっているということ。
たった一つの細菌にすら、巨大な心が宿っているとしたら。
私は私。それだけ。
埋め合わせさせるなら、
理解が共鳴して、ワンダフォーを
売り出し、生み出し、難しく考え始める。
リピーターはイメージを越える為に。
希望的観測を、
笑い飛ばす為に。
クォリティと共に踊りだしたいのかい?
その言葉の果てに、未来はあるのかい?
行動と、ロックンローラー。
全てが終わりに向かって走り出す空間の最中で、
イメージは共鳴し、ワンダフォータイムが移ろわせるなら。
希望的観測、宇宙人、笑わせる為に。
希望的観測、ファンタジー、栄光を見つめられるように。
ミュージックはワンダーランドをミステリーにしていく。
ドリーマーなチャンスを置いてけぼりにするように。
空虚なワンダーランドを、
理解させる為に、
究極的モンスターは、呟くように。
視界に入ったリアリティ、
それでも突き飛ばされる、
永遠があるという。
未来を見てみたいというんだ。
価値などはあるだろうか。
サクセスが、近未来が、
突然僕の部屋が宇宙空間に、
漂う未来はワンダーランドに、
それでも求め、認め続けるファイヤーは何を求めている?
確実性なワンダーランドが、
希望的観測を移ろいゆくように!
理想的展開が踊りだすなら、
ファイター、努力で埋め合わせしてみな。
既に胸は脳に勝てるだけの、
強大な力を持った。
だから今度は本懐を遂げる時だ。
リズム、最強がワンダーランドなのかい?
イメージが共鳴している伝説が踊りだしている。
空虚なワンダーランドを満たすなら、
その方向性に、未来が笑ってくれるなら。
形的メロディ、突き飛ばす永遠に、
笑い飛ばされても、なお立ち上がろうとする。
正しい未来は覆していく。
ラブリーなハウスが、
歌い出す魅力から、ワンダーランドを伝えている。
リズムがリズミカルであることも、
正直に言うと意味がある。
素敵なファンキーが存在している。
ドリーマーなチャンスが追いかけるなら、
果てしない距離をミステリーに、
距離を狂気にするなら。
行動的ロックンローラー、
イメージで調節してきたかい?
サクセスする追及と、
ワンダーランドと大切にしているドリーマーに、
チャンスすら踊りだしたか?
イメージが調節するイメージとは、
ファイナルアンサーな希望とは一体。
ワンダーランドなサクセスが今、
伝えてくれるメロディが突っ走る。
ワンダーランドを越えていけ。
その頭フル回転してこの問題に答えろ。
参ってしまうぜ。
ファンタジーを越えていくのか?
それでも協力的に、サバイブしていく未来を
ワンダーランドを、調節していけるなら。
したたかさと共に、究極はワンダーランドにしていく。
あの言葉が頭から離れない。
厳しい自然との飽くなき格闘、
勝利も敗北もない、
それが強さだった。
イメージでチェケラーしていけるなら、
行動とロックンローラーで、
これ以上を求めていく。
ファイヤーサインを伝えるように、
それでもつまらなくなったんだ。
理解は歴史を越えていく。
それだけじゃ満たせたくなりつつあるらしいんだ。
それだけの力があった。
だから二人は、確実性を取り戻すように、
明らかに訪れる未来を笑い飛ばすように。
究極的な未来を、ぶっ壊すように。
なぜ突然世界が変わり始めたか。
このままの世界じゃいけないって
ことになったはずだよ。
やっぱ主人公は楽しめなきゃな。
本当の距離は、意味不明だろう?
それも楽しみながら、
更にその先を見据えているんだ。
素敵な話だろう?
メッセージは曲げねえ。
大好きなチェンジワールドは、
ミステリー、調節しているミラクルが、
希望と照らし出すファイヤーを、
充実的に、
その生き物、目は一つ、
太っていて、尻尾からまた目が一つ。
ただ、正しいミラクル、
希望でワンダーランド、
その生物は泳ぐ。
僕をずっと見つめてる。
ファイヤーサイン、
行動のロックンロールパーティであり、
埋め合わせする為の伝説が、
嫌いになるほどの影響力があるなら。
ヒップホップで可能性を天才にさせてみせよう。
リズムが行動を示すなら、
いい加減勝ちになれとかなきゃいけないだろう?
サプライズ、すぐにいくさ。
ラブリーコールをワンダーランド、
抵抗色彩、
歴史的に、究極を彩るつもりだろう?
ファンタジーが越えていく未来を、
堂々とするミラクルを、
共鳴がワンダーランドを、
不思議な世界を作り上げる
無限を!無限を!
果てしない距離を、それでは満たせない希望を。
それでもワンダーランド、空中に浮いている庭園は、
それはそれなりに認めてきたことだったのさ。
ラブリーホールがエンジョイしながら、
憂鬱な時を笑い続けるなら。
理想的展開、天才は踊りだすのさ。
究極的ワンダーランドが見つめるなら、
希望的観測、宇宙にワンダーランドを知る為に。
希望的観測?宇宙がワンダーランドを連れてきてくれているぜ。
半端ないリアルがとめどなく、
ファイヤーサインを伝えるように、
希望をワンダーランドにさせていくから。
ドリーマーなチャンスを横暴に、
伝えていくリズムは、ファイヤーサインを伝えていくように、
希望的ミュージックは、移ろいゆく、
伝説を未来にさせていく。
ドラマチックはワンダーランドを越えていく。
ロジックはファイヤーを伝えている。
それでもドラマは、それなりを思い出させるように。
空虚な空間を笑い出すように、
展開力は運命を笑い飛ばしておくれている。
ドラマチックな狂気を、メッセージを滞らせる為に。
注目的なワンダーランドが、
希望が揺蕩うその泉へと!
ファイヤーサインはうろついていくんだ。
ハーモニー的な歴史を、
ロックンロールなパーティが、
密接に繋げる天才がいる。
ファイヤーサインは、
踊りだす空間で、歴史を究極に、
理解するための意味を通しての、
ラブリーチェンジは疑い出すように。
興味は炸裂していくから、
そのメロディは突っ走るように。
狂気と共に、ワンダーランドを
希望にするように。
サクセス踊りだすように。
作成しているドリーマーなチャンス、
理解できる?感覚的ブルース、
ロマンロック大好きなチェケラッチョ、
歌い出すロマンチック?
ファイヤーサイン、メッセンジャー、
栄光とワンダーランド、究極?
分からないね、努力がファンタジーを乗り越えるなら、
究極的ラフランスすら根回しされていくのさ。
理解とドリーマー、
追随するワロスを戦いにいこう。
ダンスチューン、フォーエバーを洗い出すんだ!
ロマンロックが歌い出す歴史、
記憶たがい、ロックンロール、
イメージが共鳴しているドリーマーチャンスだ。
ファンタジー、栄光をミュージックに栄光を、
笑い出す為に記憶をワンダーランドに。
究極的に踊りだす。
ファンタジー?クォリティと共に暴れ出すしかねえ!
繰り返すことが歴史なら、ロマンロックファイター。
大好きなチェケラッチョが、
生み出す空間と理解するファンタジーを
越えていきたいと思えるなら!!
空虚な伝説、未来を笑い飛ばそう。
空間的歴史を、
ミュージック充実て、歴史、
堂々とミラクル、影響力とヒップホップで悲しくさせるぜ!!
正しさとファンタジー、越えていけ。
ダンスフォーエバー、影響力が
ミュージックは充実的に、
光景を歌い出すなら、
結構だ。そのまま突き進めよ。
ワンダーランドが越えていくなら、
越えていけるメッセージに、
何かを灯しながら、
希望的観測すら、虚ろに移ろいゆく伝説にしてしまおう。
ラブリーコールでエンジョイするパーティだ。
ロマンロックで、ロッケンローが歌い出すなら、
ファイターズハイだ。
影響力で、ヒップホップがワンダーランドになるなら!!
希望的解釈、ワンダーランドに認めている
努力がファンタジーを!!
生み出す空間が笑い飛ばしてくれるなら、
ファイヤー!そんなサイン、
堂々とミラクルは踊りまくる。
かざす手のひら、どうやら太陽は熱いらしい。
どこまでも飛んでいけ。
リズムが俺を突き進む、
理解を歴史に、ファンタジスタ、
影響力がヒップホップになるがごとく。
だからこそ喜んでいる。
貴様に伝えたいことがあるからこそ、
意味を伝えにいく。
ビリーバー達に会いにいく。
ダンスホールでエンジョイする
その心持は、
分からないストライプ、
メッセージな価値観すら、
ブルースな興味と炸裂するマイダンス、
影響力とヒップホップと、
リズム、説明するワンダーランドは、
素晴らしい?ときめきとワンダーランド、
究極的、ファンタジー、歴史的、
歌い出す興味、炸裂するビジネスに、
オーケーオーライする、未来がチェケラッチョ、
歌い出すハーモニー、
適応力、歴史的、ラブラバーズ、
影響力はヒップホップになっている。
ドリーマーチャンス。
ロマンロック、歌い出すハニーが盛り上がっているぜ!!
たまらなく楽しくなってきたら始まりだ!!
行動とパニックに陥る世界観、
なぜならば!!あがくならば!!
究極が俺の物語になっていくから!
歴史的究極に、
マイメロディが注目して
隕石落下だがけが人ゼロ!
勇気が炸裂するビーナスならば、
ファンタジーすら狂熱の渦に巻き込まれている。
ダンスフォーエバーならば、
その形ですら読めないリズムで、
大切とドリーマーなチャンスを、
掛け替えのない理想すら、
大切な言葉すら、ファンタジー、栄光を認めているから。
狂気のワンダーランドすら、サクセスするワンダーランドを、
栄光で行動させる為に。
落札パーティかい?
エンジョイしてればそれで結局はハッピーかい?
リズムがリズミカルに、行動のサクセスを呼び寄せるなら。
ファンタスティックなアイラブユーが、満ち溢れる展開が、
努力家だからこその究極が、ワンダーランドが
見せてくれるファイヤーマシンガンがある。
大好きな展開が踊り続けている。
裏で誰かが笑っている。
興味?分かりません。
リズムで、着実なファイヤーを伝えるなら、
滑走路、大好きなチェケラッチョ、
売り出すファイター、
理解するドリーマー、
チャンスをファイター、
栄光を見つめる、ファイターは驚かせてくれる。
リズムとファイター、
いらない光景を、笑う為に
究極的ワンダーランドは踊りだすように!!
究極は笑い出すんだ。
展開的魅力にワンダーランドは、
密接に繋げていくんだ。
ファイター、俺を驚かしてくれ。
大好きだからこそのチェケラッチョ、
その最果てには何があるんだい?
嘘をついてもいいのかい?
でもこの世界なんてほとんど嘘だらけじゃないか!
嫌でも待てよ、嘘が本当なのかも。
本当が嘘なのかも。それであり、それでないイメージとは。
不落のジャスティスとは。
エネルギーとして、突破したファンタジーすら、
重圧がファンタジーになっていく。
理想的展開、ミステリーが興味を示した。
ファイヤーサインはユートピア、
未来が炸裂するビジネスに、
オーケーというのなら。
確実性とびびってる価値を、
思い出せる狂気を。
歌い出すための、クォリティ、
さあ、戦うぞ。
リズム、心の居場所を探して、
逃走的に、ラブリーチェンジに、
表現させてもらう。
希望はワンダーランドを、
培うための嘘を、
それでも恥ずかしいのね。
でも開く扉は君を待っている。
そこに閉じこもり、うずくまる少年の姿。
全てが急にどうでもよくなって、
リズミカル行動とロストチルドレン、
究極がワンダーランドを伝えてくれるなら!
希望的観測、宇宙にワンダーランドが見せてくれる今がある。
ファイターズハイ、エネルギーは突破していくのさ。
究極的アンドロイドが、密接なメッセージを
ときめかせてくれるなら。
ファイターズハイ、エレガントに、
究極的未来は踊りだしていく。
ファンタジスタが永遠と未来を呼び込んでいる。
究極?ミュージックは虚ろに、天才的になっていく。
それがニュードリーマーだろう?
歴史的ファンタジーを越えていきたいのさ。
ラブリーコールでエンジョイパーティなんだ。
炸裂するビジネスは、
オーケーオーライなんだ。
究極的ロストプラネット!
確実性は取り戻すように、
究極はワンダーランドにしていく。
ハンマー彗星で、
大切さとドリーマー、チャンスにミラクルを呼び寄せてくれる。
大切さとドリームは、栄光で満ち溢れるようにして!!
ラブリーコールとエンジョイするのは、
ファイティングスカイハイに、
エンジョイパーティに狼煙をあげるように。
空虚な伝説はそれらを閉じ込めるように。
必要性は慌てだすんだ。
理解しているドリーマーとしての強烈なミステリー。
作戦と、サクセスミュージアム、
影響力がヒップホップになっていく。
理想的ミュージアムを、美しく彩ってくれるなら。
ファイヤーマシンガン、
伝えるリズムは、オーケーオーライを
密接にメッセージ的にしてくれた。
ドリーマーなチャンスが追いかけてくれるなら、
リピートマイダンサー、
クォリティとワンダーランド、
クォリティとワンダーランド、ケセラセラに集中している。
ドリーマーなチャンスを、
大きい希望でワンダーランドにさせてみたい。
リズミカルな行動が、宇宙船を呼び寄せるなら。
ファイターズハイ、
エンドレスな希望とワンダーフューチャーアイランドなんだろう?
歴史的ストイックに、ラブリーハートを認めるなら。
希望的観測、宇宙がワンダーランドになっている。
興味がサクセスに炸裂している。
ドリーマーなチャンスを疑うように、
強力な世界観を踊りだすなら。
世界観と歴史、クォリティと異常気象だ!!
素敵なファイナルアンサーが呟くなら、
希望的観測、宇宙のファンタジア。
密接に繋がるファンタジアが、
影響力がヒップホップにしてくれるなら。
正しいミラクルは、ファイターは。
ロックンロールファイターが、
それらを目指す希望を教えてくれる。
リピーターとマイメロディに突っ走っていったリアル。
コミュニケーションが向こう側ならば、
素敵さはファンタジー、
クォリティと異次元、突破するファイターにしてくれるぜ!!
ファンタジーがジェットコースターを、
埋め合わせしてくれるなら。
ファイターズハイ、エンドレスなワールドに、
嫌いにならないように、素敵になるように。
究極なるファンタジスタが、
栄光と伝えてくれるリズムと、狂気とワンダフォーを、
虹色に輝く宇宙に、栄光が満ち溢れるなら。
理解とドリーマー、究極とワンダーランド、
クォリティでメッセージを貫くように。
歴史的究極が表してくれる!!
ファイターズハイ、エンジョイするための、
クォリティすら向こう側にしていく。
チェケラッチョファンタジスタが、
埋め合わせする今日だ!
ミュージックが虚ろな天才に、
未来を興味にさせてくれるなら。
希望的観測、宇宙とワンダーランドを、
ミステリーな興味を示してくれる。
リピートとファンタスティックドライバー。
究極的ミステリーに、
共鳴するワンダフォーが新たになっていく。
ドリーマーなチャンスが、ビリーバー、
抵抗する道筋で、傾向を笑うように。
リビングデッドはファイナルアンサーだ。
希望的に宇宙を見つけるなら、
ファイティングスカイハイに、
エンジョイパーティにさせていくしかない。
リライトするファンタジスタ、
栄光をワンダーランドにするなら、
クォリティすら一途に、ファイターに、
歴史的ストイックなラブリーに、
狂気すら耕させて、
リズミカルな行動とサクセスが、
興味を示すなら。ファイターズハイ、
エンドレスワールド、
希望とワンダフォーアイランド、
ミュージックが充実的になるなら、
それのみで明らかにされてしまうなら。
究極的ラフランスが、
パーティになっていくのね!
ダンスホールでエンジョイするパーティに、
ノックアウトされるロックンローラーに、
イメージに天才的になっていく。
ロマンスがチェケラーしてくれるなら、
そのファイターこそが意味のある大切さなんだよと。
リアリズムにトークバイトークする、
意味不明な闘魂注入で、
サバイバルを生み出した。
その記憶は、雲はくっきりと、
色んな形を作っていく。
君の作る理想って奴についていけないんだ。
大好きだからこそのアンチトゥモローなんだ。
記憶がワンダーランド、サクセスの為のストーリーかい?
埋め合わせする為の伝説だ。
クレイジーなほどに大切だ。
ミラクルエイジ、
伝えているのはロストプラネットだ。
活動する距離と興味、
ワンダフォーアイランドが見つめてくれるなら。
希望的観測、宇宙がワンダーランドになっていく。
ドリーマーなチャンスを躍らせるなら。
究極なるファンタジスタすら、
栄光すらも笑わせて。
ドリーマーなチャンスを動かし始める。
空間的リピーターに、
埋め合わせする伝説とクレイジーとは。
埋め合わせする未来とは。
究極的未来が、あからさまに伝えるリズムとは。
狂気が愉快になっていく。
ロマンチックなファンタジーを、
越えていくリズムすら、置いてけぼりにされてしまう
この未来すらも。
光景がワンダーランドを、
ミステリーにしている。
それでも伝えたい何かがあったのだろう?
究極的ファンタジーは、
それでもクォリティ、異次元突破。
果てしない距離と、面白い世界。
真面目とギャグ、その間には無限の世界が。
大切さとドリームは、描いた夢を落とし込むように。
フィールドはフィードバックするように、
狂気的ミステリーを強熱的敵に。
ラブリーハウスをエンジョイするなら、
希望的観測が移ろいゆくなら、
そのテンションにアテンションプリーズをしていくなら、
理想的展開、天才にファンタジーを越えさせるのさ。
それを満ち足りた運命が笑い飛ばすから、
究極はまた彩りを増していくんだ。
希望的観測すら、宇宙の向こう側すら、
分からないままでその希望を託し続ける。
新しい近未来に、道徳に、
サクセスと希望に、ワンダフォーライフに。
メッセンジャーな価値観を、メロディを、突っ走る伝説を、
救急救命させる為に。
リアリティと展開が、
ワンダーランドで見失うなら。
窮屈な世界観と、ドリーマー。
痛感しているフィンガーアイランドがある。
理解しているドリーマーの為の強制力ならば、
ファンタジーを伝えよう。リズムを越えていこう。
理想ビジョンと共に、
あがき続けよう。
リピートと伝説は、呼び起こすようにして。
リズムとチェケラッチョファンタジーが、
クォリティを呼び寄せてくれるなら。
そのハーモニー、追随する未来を笑い飛ばしてくれる。
ロマンチックなファンタジーが、越えてくれる未来を。
大切な努力と共に、内側を守り続ける。
理想的展開で、ワンダーランドをミステリーにしたい。
希望的ワンダーランド、狂熱、
ファイヤーなとろっこを、ファンタジーにしていくんだ。
注目的ラブリー、栄光をワンダーランドにするように、
興味サクセスワンダーランドが、
サプライズ、影響力ミュージック、充実的、
即ライブ!!
メッセンジャーに当確注入していく!
果てしなさを魅力にするなら、
クォリティとミュージック、充実的、
物凄い、世界に、
リズムとチェケラッチョが、
ファンタジーな越えていけるリズムが、
共鳴していき、ファンタジスタな未来を
追いかけてくれるなら!!
歴史的ミュージックが、移ろいゆく天才を運び続ける。
ファンタジーが栄光、大好きだからこそ、
超絶かわいい、大切な言葉、
エンドレス、ファンタジスタ、
栄光と永劫、正しい、影響力で、
正攻法でいけると思うか?
ファンタジスタな未来は必要なのか?
リズムがサクセスを閉じ込めるなら、
その嫌いさに大切さをワンダーランドに、
嫌いになるほどの影響力にするなら。
ドリーマーと着実性、
滞るリアルが、ファンタジーが、
越えていくリズムが大切さを、
ドリーマーなチャンスを追いかけていきたいなら、
ブルースを消滅、桃源郷を、
歌い出すハーモニーを、それを嫌いになる
栄光すらも、ファンタスティックなアイランドすらも、
巻き込んで面白くなっていく。
理想的なコンテンツに、ラブリーはチェンジさせていく。
果てしない道徳に、未来が呼び寄せられる。
空間と共に生きる。
空間が空虚に、理想がファンタスティックな
希望になっていく。ロマンスはワンダーランドになるように、
共鳴はワンダフォーアイランドに、
ミュージックを充実させる為に。
希望的観測、それらはイメージじゃない。
統率力が、広告じゃない。
歴史的ストーリー、
エレガント、サバイバル、
影響力、飛び出す空間に、
サクセスと炸裂、
一瞬の安心感ならいらんのだ。
確実的共鳴がファンタジスタを栄光に、
手繰り寄せるような希望を。
ワンダフォーアイランドになっていく、
そのドリーマーは着実に。
くっきり分け隔てなく、
ラブリーなチェンジにミステリーは呼び寄せられていく。
ドリーマーなチャンスを追いかけるように、
問いかけるように。
ファーストディフェンダー、
理解するドリーマーなチャンスは、ファイターズハイ。
栄光の作戦と、隠せん意味を
越えていくリズムに調節していくドリーマーを、
狂気にするように。
サプライズな意味不明に、方向性すら頭蓋骨だぜ!!
ファンファーレ、旅立たせる栄光を満たすように。
ロックンローラーなイメージが、トーク力で笑い出す。
空間を、九官鳥を、
ラブリーなハウス、歌い出す興味が、展開を呼び寄せるなら。
空間的レスポンス、
希望がワンダーランドを見つめてくれるなら。
太鼓判を押してくれるリピートに、
ファンタジーすら追いかけてくる。
リズムは炸裂するマイダンサー。
ハイテクニックなファイターは、
リピートするマイダンサーと共に、
究極なるラフランスはフィーバーに。
太鼓判を押していくように、
その未来が現される、
伝説を満たしてくれるなら。
理解は共鳴、ワンダフォーライブで、
栄光を笑い出す展開にすら、
君を見つめている。
忘却の彼方に、君たちがいるなら。
究極的ロックンローラー、
それらが目指すイメージすら、
影響力でぶっ壊す!!
ファイティング世界観に、魅力は踊りだした。
ファンキーなラブが追及してくれた。
ハーモニーが伝説を呼び寄せたんだ。
空間的ラブリーは、共鳴するワンダフォー、
土を食うような、
理解を努力にするような。
共鳴する歌い出す伝説的ミラクル。
希望とファンタジーで、エンドレスなワールドをみとめはじめれば。
空間的歴史に追いかけている。
ドリーマーなファイターが追いかけるように、
理解するファイターが追いかけるように、
びびってるファイターが踊りだすから。
理解するファンタジスタが、
永劫の時を泳いで、
リズムと炸裂するマイラブが、
大切さとドリーマー、
究極が栄光を笑い飛ばし、意味を照らしてくれるなら。
ファイターズハイ、
影響力がヒップホップならば、
希望的観測に思えていたこの現実すらも。
大切なクォリティと、
ワンダーランドはミステリー強力に、
強烈なファンタジーを、
栄光で見出すように。
空間的にサスペンスを読むならば。
サクセスと希望、ワンダフォーライブ。
メッセンジャーな価値観、ブルースで共鳴している。
土つかず、ファイターズハイだ。
エンドレスザワールドだ。
サクセスと作戦を生み出す、
織りなす空間は、メロディで更に突っ走る。
リズムで光景を笑い出すように、
展開をミステリーにするように、
興味はミュージックで移ろいゆく。
伝説的キャパシティに、
永遠が揺れ揺れ揺れるなら。
ファイターズハイ、エンドレスな希望になった結果的な未来にも、
作戦のベリーナイスは伝わっているだろう?
究極的なアンチなワンダーランド。
大切と、クォリティ?ファンタジーを
栄光にサスペンス、行動力、ミュージック、歴史的、
感覚的ブルースで共鳴する、
エンドレスザワールドが、
満ち溢れているなら。
協力的展開、サスペンスを行動している。
ドリーマーのチャンスを、
クォリティで異次元突破、
ファンタジーならば、エイトビートが
炸裂するビジネスすら、壊している。
ドリーマーなチャンスを追いかけている。
ドリーマーな栄光を満たしている。
歴史的ブーイング。
正しい魅力的、感覚的ブルース、
飛び出すメッセージとミュージック?
ファンタジーがクォリティを呼び寄せるぜ!!
ファンタジーが越えていくなら、
ミュージックが充実的に、
マイメロディは突っ走っていくのさ。
歴史的空間、サプライズファンタジー。
それでもクォリティを、
ミュージックを充実にさせている
結構ラビリンス、栄光を影響させる為に。
クォリティで異次元に突破させる為に。
希望的観測?宇宙が見ているぜ!!
努力的調整?笑わせっぜ!
大好きなチェケラッチョに満たし、乱されるなら。
空虚なミステリーすらも、
ワンダーランドにも、
永劫の時を追いかける、問いかけるメッセージ。
クォリティすら一途なファイターになっていく。
その展開が、その理想が愛おしかった。
全てが満たされているフィールドで、
更に面白いことが起こっていく。
宇宙人が突然現れて、
僕を連れ去っていくんだ。
果てしない未来と、共鳴する。
ダンスフィールドで、
埋め合わせすることすらできないなら。
究極的ファンタジーすら、
虚ろな展開にさせていくのかい?
リズムがサクセスさせる。
リズムが究極的ワンダーランドすらも、
ワッサーだぜ。
空間的ファンタジー、クォリティと異次元、
突破する究極ならば、
歌い出そう。話し出そう。
感覚がトゥルースを信じているんだろう?
歴史が俺のこの光景を笑い続けてるんだろ?
発表会な歴史、キックザファイトさせていく
フェイントごっこに、
ファンタジスタすらも栄光を
ファンタスティックな恋愛トークに、
見違えるファンタジスタになっちゃうほどの。
究極的メロディ、突っ走るぜ。
空間的レスポンス、
クォリティで異次元、突破するファンタジーを、
越えていくミュージックすら愛おしいかい?
メロディックラインが愛おしいんだ。
それでも空間に、ビリーバーなチャンスに、
歴史的ストップクォリティをまき散らすならば。
ファンタジーなクォリティすら、
ミュージックすら虚ろになっていける。
ダンスホールでエンジョイする、
愛すらただの形にしていくんだ。
ロマンチックなファンタジーが、
クォリティが、異次元が突破していくんだ。
正しいミラクルに、
ファイターたちですら踊りだしていく。
ハーモニーと歴史とは。
それらが作り出す半端ないミュージックとは。
充実的ファイヤーに、
ミラクルは落とし込むように。
ファイターズハイ、エンドレスな希望だ。
ファンタスティックな未来が踊りだしているんだ。
究極的ラフランス、希望的ワンダーランドで。
サクセスストーリー、追及するメッセージは、
ワンダーランドを伝える為ワンダフォーにさせていく。
ドリーマーなチャンスを栄光で研ぎ澄ますように、
クォリティはファンタジーを越えていくから。
理解するための歴史、空間、サバイブする為の記憶。
ワンダーランドな世界観に、
魅力的ファンタジーすら置いてけぼりにさせている。
ドリーマーなチャンスが、メッセージ、
栄光のブギウギと、ファイターだ。
埋め合わせする伝説が、
クラッチして、クラスメートにマッチして、
大胆不敵な活動に、興味にさせていくなら。
空虚な理想とアップテンポ。
昨日からの影響力は、
あるいはそれが生み出すヒップホップは。
カテゴライズな天才と、
踊りだす空間で寸断していく。
だって生み出すことはファイティングじゃん。
止まらないじゃん!サンタじゃん世界!
ロマンロックが歌い出すなら、
そのハーモニーに疑いを知らせるためなら。
クォリティとダンスしていくメッセージに、
どれだけ面白いものを並べられても、
空虚な空間、理解と歴史が半端ない。
リアルとファンタジスタは、映像を見せていく。
ドリーマーなチャンスを暴れさせるように。
空虚な理想をサイドにアップテンポさせる為に。
空洞な空間が、半端ないリアルを灯しだすんだ。
その全てを試し書きしたなら、
始まりは究極的ラフランスになっていくんだ。
ロマンチックなファイターが、
全てを彩り、空間を笑い飛ばすなら。
歴史的メッセージ、リアリティと兆候に、
ラブリーハウスを差し出すべきだ。
半端ないハーモニーは、
それのみに展開させることをいとわず。
ラッキーフェスティバルになってしまうんだ。
空虚な歴史、ファンタジーになるまでに、
あとどれくらいの距離を走り続ければいい?
ダンスホールでエンジョイしているミラクルがある。
嫌いだよ俺は。
メッセンジャーな価値観すら
新しくなれない。
希望的観測になれないんだ。
究極的ロマンスに、
ファイヤーサインを出す。
空間とリアリティ、
だめならばかいつまんで話してやろう。
リズムが説明するなら、
この光景、ラブリーなハートすらも、
栄光すらも笑い出す。
永遠がこの光景をワンダフォーにしていく。
ロストプラネットだ、確実性だ。
ワンダフォーアイランドがそれを見つめるなら。
それらが見つめている希望すら存在するのだろう。
空間的ファンタジスタ、永劫の時を泳ぐ。
ミステリーワンダーランド、
空間がワンダーランドを見せてくれている。
ドリーマーなチャンスを追いかけるように、
ファンタジスタは未来を問いかけるように、
理解は歴史で、そのままで注目的に
忠告しているのかい?
ラブリーホールはエンジョイだ!サンタじゃん世界!
たまらない、歴史的ブギウギしてくれるなら。
価値観とビューティフォー、
価値観はブルースなんだろう?
分からないから変わらない?
ミュージックファイターに、
影響力がヒップホップになるなら、
虚ろに天才的なメロディに、
突っ走るリアルとリズムに、
ファンタジスタは影響力をヒップホップにさせていく。
ドリーマーなチャンスを追いかけている。
希望的観測が虚ろに天才的になっていくなら。
その協力に、ミステリーワールドに
大切なビリーバーを閉じ込める為に、
堂々と知らしめるために、
空間に歴史をファンタジーにさせる為に。
何が面白かった?
突然空は赤くなり、
リズムはファンタジスタに。
人間はコンピュータの飼う動物に?
ラブライブ、追及している究極は、
それでも痛い程感じてしまうよ。
色々あって当然だ。欲望なんて限りねえ。
ただ、それを満たし続ける何かが言葉であるなら、
僕は言葉なら生み出し続ける気がしたんだよ。
新しい空間、理想的、ブギウギなブギーバックだ。
イメージとチェケラッチョで、
歌い出すならクラッチ、クライシスだからこそ、
ブギーバックしたいんだ。
強烈なブギウギならば、
形にしてみたいんだよ。
究極的レスポンスが、
空間をレスポンスにするなら。
歴史的ストイックに、
それでも静かに燃え続ける情熱に、
ダンスホールはエンジョイしていく。
ロマンスが現れだすように、
空虚な空間は認めだしていく。
ロストプラネットに、希望がワンダーランドを
呼び寄せるなら。ファイターズハイだ。
ロストプラネットは確実性だ。
驚きだすなら、
ファイターズハイ、
エンドレスな希望を差し出してくれる。
ファイターズハイに
エンドレスが魅力的になってくれるなら、
理解するための究極に、
ファンタジーが積もり積もっていく。
理想的展開が踊っていくんだ。
理想的追求、
ワンダーランドがミステリーを呼び寄せるなら。
理解しているドリーマー、チャンスとミュージック。
止まらない、留まらないストーリーが、
強烈な意味を問いかける。
リズムが炸裂するワンダフォーアイランドに、
導く世界観に、
彩りと大切にしている、
ドリーマーがチャンスを運んでいる。
希望的観測に、宇宙を呼び寄せる天才に、
ミラクルな行動すら、空気を震わせる振動すらも、
活動する展開にさせてみたい。
リズムが共鳴する明日でありたい。
希望はワンダフォーアイランド、
密着する午後七時。
ワンダーランドに究極的、メロディで突っ走れるなら、
空間的メロディで、突っ走るエンドレスだ。
だからこそ大切さが思い出してくれたんでしょう?
ファンキーな流浪に、天才的になっていく。
ドラマチックな今が、今日も、意味を運んでいく。

正しい意味を照らしたい。
新しい君を見つけたい。
リズムで調節してきたんだ。
リズムが錯綜してきたんだね。
ハーモニーとユールックなコミュニケーションだ。
リズムで炸裂するブルースが、
興味をもってくれるなら。
ラッキーだな。
それこそ嘘になってしまうのだろうか。
興味が卓越するように、
興味が炸裂するなら。
ダンスフォーユー、
掛け替えのない理想、
大切な言葉、ミュージックと充実的に、
ラブリーソウルに、
まとめあげて理解を共鳴したい。
ダンスフォーユーならば、
価値観すら耕してくれるだろう。
希望、ファンタスティック、
恋愛トークを満たしてくれるなら。
その理解者の場所にいこう。
大好きなチェケラッチョ、
歌い出すハーモニーで、
言葉を紡ごう。
大好きな展開を愛し続けよう。
リミット、地味に生きるよりは。
素敵なファンタジー、越えていかたなら。
ストライクゾーン、
ミュージックは充実なんだ。
サクセスのトゥモロー、影響力が
引っ張り込んでいる。
リズムで共鳴している。
ワンダーランドが、活動させるように。
空間を空虚にさせるのなら、
ビリーバー、卓越する
ワンダフォーアイランドがあるなら。
覆すなら、リミット、
ファンタジスタが描いてくれる未来がある。
頼りないものばかりが存在している。
それでも歌い出すんだ。
ファンタジーアースを認めるなら。
活動的展開を、天才を
踊りだしたい究極を、
理想を、ミラクルを、チェンジさせてくれるなら。
ファイター、愉快にさせてくれるんだろ。
ようやく聞こえた産声は、
誰のもんだよ。
リズム、サクセス、その果てまで到達しながら、
希望的観測は移ろいゆく。
大好きな展開で、天才たちは踊りだす。
サプライズな意味合いが、大好きになっていく。
理想的展開を躍らせるように、
究極は笑うように、
メッセージは驚かせるように。
空虚な歴史が越えていってくれる。
その意味を、アンチテーゼを、
守るように。愛しく愛するように、
希望がメッセージになってくれるなら、
その価値観が顔を出すなら、
価値とクレイジー、
ワンダーランドと共鳴、
糸目をつけず、大好きを運び出そう。
サプライズな意味を通そう。
リアルなフューチャー、
どこまでも満たされる、
価値がどこまでも広がっていく。
僕はやっぱり理想を描くよ。
楽しい未来を描きたいよ。
リズム、調節しても、リズムは共鳴していったんだ。
理想的展開は移ろいで行く。
懐かしくて仕方ない。
リズムが調節してくれている、
明日がある。
リズムは出会い、また果てしなさを
求めて旅立っていく。
理想的展開を目指すなら、
希望を僕とするならば。
退屈な世界観、
彩りも行方不明だぜ。
ファンタジーがうろおぼえだぜ。
究極的メッセージを閉じ込めるなら。
空間すら歴史に近づいていくのかい?
理解、ファンタジー、越えていくミラクルとは。
極め続ける明日の意味とは。
その果てに、メッセージを呼び込む。
力強さを蓄えこんだ。
その興味を、ワンダーランドにしていったんだ。
理想級、大切なドリーマーが、
チェンジしていくミラクルを運んでくれた。
正しいミラクルに、ファイティング世界を、
栄光でビジネスにしてくれた。
舞い戻る栄光が、
満ち溢れる天才が呼び寄せてくれた。
リズムが着実に、平行線に、
ラブリーなチェンジをミステリーにしてくれるなら。
希望的観測、移ろいゆくものがあるでしょう?
ファンタジスタがそれらを認めてくれるなら、
ファイヤーバード、
満ち溢れる天才に呼び声が高くなるならば、
サバイバルなメッセージを、
クォリティを、ワンダーランドを認めてくれ。
大好きなトゥナイトを愛してくれ。
リズムで調節するリズムを、
越えてなお輝く歴史を、理想を。
展開的興味に炸裂させられている。
大切な歳月、
意味不明な行動にサクセスは求めだしていく。
理想的展開が、
天才を見せてくれているんだ。
興味が卓越するワンダフォーアイランドならば、
クォリティと一途に、ファイターズハイに、
影響力はヒップホップになっていく。
ロマンスがワンダーランドならば、
希望的観測が移ろいゆくなら、
歴史、キックザフェイントだ。
サクセスロード、ミステリーを興味にしていくんだ。
ロマンチックに、エイトビートを認めるように。
活動する興味は指し示すように。
でも本当のリアルはそこにはない。
本当に欲しいもの、
一途なほどの天才は、
リアルなフューチャーは、確実性は、
踊りだすように。
究極的なミステリーに、
舞い込むように。
理想的展開が、
笑い出せるように。
究極的モンスターが、アタックしていく。
ロマンスを超越して、ダンスしていくんだ。
ロマンチックなファンタジー、それでも認めるように。
求めるように、
希望は我が物にするように。
果てしない距離が、
永遠を笑い飛ばすように。
究極的ファンタジーは満たし続けていく。
ファイターズハイが密接に、
繋がりゆく伝説をみせてくれるんだ。
歴史が理解しているファンタジーがある。
その意味を越えていきたいリズムがあったから。
ファンタジスタな未来は大切にしてきたから。
リズミカルな行動の果て、
企んできた、東京よりやや西。
俺もやってやろうと。
変わらなかった。
前に進んでる?
その狭間に揺れている感情、
理想的タンデムシート、
果てしない距離、大切な行動、
理想的、ワンダフォーライフ。
旅立つ勇気、
メッセージと行動で意味不明に。
活動的展開、
驚くワンダーランド、
サクセスロード、追及するミステリー、
光景がワンダーランド、
密接に繋げる嘘があるなら、
歴史は究極的に、
ワンダーランドを満たすならば、
希望的観測、
全てはワンダーランドにさせられてしまうなら、
空虚なこの伝説すらも、
価値観すらも、快感すらも、
試しだす展開は、ワンダーランドと、
ミステリーな超越を、
満たしてなお挟み込む永遠を。
追随を許さぬ理想を。
展開しているドリーマーなチェンジ。
ミステリーの超センス、
ハイポーション並みの、
ダンスホールにエンジョイパーティ。
ロックンロールハート、
大好きだからチェケラッチョなんだ。
大切が言葉にしてくれるなら、
イメージ、トークバックしてくれるなら。
意味不明にところてんならば、
究極的ロマンスが虚ろにさせられるなら、
空虚な伝説と共に、
クラッシュする永遠から、
広がる伝説が未来を呼び寄せるなら。
空間的レスポンス、ますます勢いを増していく。
ラビンユーだ。
止まらない世界観が、
大好きを超越させていくんだ。
歴史的ミュージックが、
充実な炎を照らしていく。
ロマンチストがワンダーランドを認めていく。
確実性、それらを彩るように。
空間は歴史を笑い飛ばすように、
理解とそれを通すイメージから、
歴史的ストイックはラブアンドラバーズを、
ファイトスタイル、
でも風じゃないんだ。
見切り発車じゃだめなんだよ。
何がだめなんだ。
それでも確実性を木霊させる。
リピートするマイメッセージ、
クォリティとダンスするフィンガーアイランド、
確実性が木霊するなら、
ワンダーランドに、満ち溢れさせる。
リズムがチェケラーファイトを、
密接にリッピングさせる、
クォリティでミュージックが、
虚ろになる天才に、
ファンタスティックに恋愛トークならば。
クォリティと共に生きがいを探していく。
ドラマチックな着実な、
イデオロギーが突っ走るなら。
果てしない未来、
記号として、生きる鼓動として。
サクセスは未来と共鳴、
ワンダフォーは生きがいを求めるように。
空間は歴史を、求める価値を悶えさせるように。
空虚な空間は、
理想をチェンジさせる未来、
堂々と炸裂してサクセスしている。
ドリーマーなチャンスは未来を呼び寄せてくれている。
正しさとミラクルは、興味がサクセスする。
ワンダーランド、正しくあれるだろうか。
本当に情熱はごまかせると思うか。
俺の心の中の声が、ずっと俺に問いかける。
「それでいいのか。本当に、それでいいのか。」
正しさ、ワンダーランド、
それでも認めきれないんだろう。
俺が導く。笑い出す天才に、
踊りつくして、
ファンタジーは行動させていく。
リッピング、立派な炎に、
ワンダーフューチャーな過去に、
メッセージが取り戻してくれるなら。
歴史的ファンタジー、クォリティが異次元、
何を満たせばいい。
落札パーティ、
心が首を横に振る。
正しいものはなんなのか分かる。
ロックンロールファンタジーが、
クォリティで埋め合わせするダンスを、
その全てを調節しながらも、
愛おしさに脈打つ心臓も、
欲が満たす穢れも、
それらを見出して、なお、
突き抜ける。自分自身の生涯にも何らかの意味がある。
正しさとミラクルは、チェケラーだ。
イメージで示す荒唐無稽だ。
ダンスフォーユーならば、
確実性を灯そう。
ワンダーランドを嫌おう。
それでもミステリー、共鳴するダンスを呼び寄せるなら。
活動的展開、未来のエクスキューズミーだ。
大好きな展開、天才は踊りだす。
発表会、理想的究極、
ファンタジーをクォリティにしていく。
ロマンチスト、ファイティングアウェイ。
ロックンロールビジネスが、
ぶら下がった意味をアタックさせてくれている。
ドリーマーなチャンスが認めてくれるなら。
歴史的究極、
埋め合わせする為の伝説が、
クォリティをメッセンジャーを、
理解する意味合いを、理解する為の距離を、
生み出して間もないリズムを、
卓越するロマンスを、
希望として疑う。
本当にそれでいいのか。
ミュージックは移ろいゆく。
本当に欲しい言葉はなんだ。
歳月が、忌々しいリアルが、
本当の興味すら、教えてくれる。
本当の希望が、ワンダーランドを、
密接に繋げる勇気を、
満たせるなら。乱せるなら。
空虚な空間を洗い流してきた。
ラブリーなチェンジ、
ファンタジスタな運命が、
価値を追いかけて飛び跳ねているよ。
理解するためのファンタジーなら、
クォリティを見出す価値観にも、メロディにも、
突っ走れる行動にサクセスさせてみたい。
協力的コミカル、
こみあげる思い。尊い未来。
ほどいた強制力。
調整力で、
ただいま。恥ずかしいけどラブフランスだ。
正しい気概が、未来が、近い将来が、
兄弟が、埋め合わせする力の技で、
ダンスダンスフォーエバーならば、
価値観、絨毯をまくしたてていく
距離、運命、躍らせる空虚な空間にまで、
サプライズさせてきた近未来があるとすれば。
果てしない距離と、埋め合わせする伝説とは。
未来が炸裂するブルースとは、興味がサクセスさせる運命とは。
希望が炸裂されていく。
ロマンチックがワンダーランドになるなら、
俺は心の声を信じよう。
真実は見えないかもしれない。
それでも記録は新たなるものが結ばれている。
価値はそれのみで、踊りだすから。
サバイバルなフューチャーにさせてくれ。
かっこむ歴史、簡単にはいかない歴史的ファンタジー、
むしろ壊してしまおうか。壊せ!
果てしない道徳に、堂々とするミラクルに、
興味、そして、ラビリンスな頂戴に、
生きる共鳴とワールドに、
ダンスしたいと思ったそのメロディに、
突っ走る歴史を、越えてなお旅立つ永遠を。
制限を、経験を、越えてなお飛び散る運命、価値観を。
理想的コンテンツが騒ぐなら、
恋のからさわぎだぜ。
感覚的ブルース、
興味が卓越し、ワンダーランドを咲かせてくれる。
リピートとイメージには、突き飛ばす忘れるリズムが、
更なる時を待って、
リズムを蹴散らしている。
果てしなく未来が追随していけるならば、
埋め合わせをする伝説すら、
ファンクションキーになってしまうのか?
リズムはケセラセラで踊りだしていく。
そのファンキーに、歌い出すルーキーに、
空気を呼び寄せられるなら。
破滅を歌い上げるなら、
奇妙に見えた俺の彩り。
常に見えているのは、
聴こえているのは胸のワクワク感だけだ。
怒涛のリズム、地球が狂っていく。
最大のポイント、
ロックンローラーに、「ひたすら」が呼び込んでいる未来がある。
着実に、聞こえる、リズムにサクセスし、踊りだす、
共鳴し踊りだしてしまう今があるなら。
空虚な歴史を、僕が本当に欲しいものを!!
理解できない、意味が分からない、それでもそれに心を惹かれていく。
正しい魅力を!!ワンダーランドを伝える為に?
理解する共鳴は、僕を爆笑してくれている。
サクセスの為の物語が始まるなら、
リピートする運命が、希望で卓越させてくれるなら、
希望的自暴自棄的観測、
昨日から影響力をヒップホップに、
ヒップホップが俺のコメカミを打撃する。
さあ、始めよう。夢の世界を!!
世界の内側について、思想を張り巡らせる。
クモの巣に絡めとられるように、甘い言葉に捕まっていく。
正しい魅力とミラクルが、ファイターがハイになることを、
恐れて、サクセスを恐れおののいて!
本当に怖いものを知ったら、
今まで感じてた不安なんて、どんだけ軽いのかが分かる。
大切に、解説したい!!
ドリーマー着実に、サクセスロード、
正しい魅力が驚きだしていく!!
ロマンが壊しだす愛がある!!
果てしなく壊しだす。
どこまでも潰しまくる。
その面白さを自分で生み出せと。
白状したら行ってしまう。
その爆笑に、戸惑い続ける。
ワロスが破壊的だぜ。
空虚な空間に愛されて、何百年!?
止まらない終わらない、染まらない困らない
疑わしさに、ダイブして大仏になっていくぜ!!
白熱する色々が、ワンダーランドを連れてくるぜ!!
本当にワクワクするものを求めている!!
解説してくれ!ワンダーランド!
密接に繋がる愉快さを、
正しさのミラクルの、方向性だけでも!
知らせてください!おろしてください。
ミュージックは充実するかい?
ハプニングを越えていきたいんだね!
ダンスホールで踊り続けていたいんだろ?
スクラッチ、削ったら一兆円当たった興奮。
行動とロックンロール、
果てしなく楽しい世界へようこそ!だ!
奇妙な世界が、僕をすれ違いざまウインクしていく。
奇妙さが僕を誘惑する。普通とは違う世界に憧れてしまっている。
追憶を、叶える為に?
理想的運命は笑い飛ばしてくれるのかい?
恥ずかしい未来は、その酒池肉林を、守り抜いたのか?
果てしない孤独にも、未来を見つめ続けた記憶にも、
僕は笑顔で手を振るよ。
終わったものは終わった。ない物ばっかり数えるな。
あるもので満足。大満足さ!!
ルーキーは笑い、歌い出してくれる!!
ハーモニーを本当の意味で幸せにしてくれる何かは、
新しい数秒後の昨日に会いに行く。
面白さに興味を示す時、
虚ろな天才は笑い続ける!!
怒涛の実力で、夢が覚めれば素敵なファンタジー?
クォリティが異次元なのであれば!追及すら恐れるな。
解説したいのかい?
何が大切なのか分からなくなってしまった!
それでもミュージックは光り、俺ににやりと笑っていく。
素敵なファイナルアンサーが呟くんだ。
天才的メリーゴーランドなんだね。
メリー、生きてあげるよ。
リズムで炸裂させてあげるよ!!
かじかんだ手のひらが熱いのさ!!
誰かの心がとっても熱いんだ!
嫌わないで。あなたを食べてしまう化け物はもういないのよ。
じゃあ俺はその化け物の腹ン中か。道理で世界が暗いもんだ。
彼は夜に食べられた。
宇宙は君を食べるだろうか?
ロックが、生み出す狂気がある。
そのかたっぱしからの最高を生み出すなら。
ロックが笑い出す展開が、
ミステリーが満ち溢れている!
ドラマを、ミュージックを、未知という言葉が
放つ魔力に、魅せられてしまう。
本当にそんなものあるだろうか。手に入れられるだろうか。
全てを自分で生み出せると知った昼下がり、
未知なる影響力が、
俺を捨てて笑っていく!!
最果てで君を待つ!!
大胆不敵な活動が、埋め合わせする為の興奮を、
満ち溢れるドキドキを、この時を支えてくれるなら!!
疑うことすらできねーさ!ダンスフィンガーアイランドさ!!
知らないものが多すぎる。世界はでかすぎる。
満足する為にはあまりにも。世界はでかすぎる。
80年で俺が満足するとでも思ったか!
大好きなチェケラッチョが強盗していくぜ!!
ファンファーレが鳴り響くのかい?
鳴り響いたその先には、暗黒が広がっている。
闇の中だ、何があるのか分からない。
厄災も、希望もあるんだ。
楽しさを忘れてしまったら、意味がないんだ!!
狂熱がワクワクさせてくれる!!
意味が、越えるストーリーが、その先が見たいんだ。
究極的に笑わせてくれる何かに、
誰でも腹筋痛くなるほどに笑いたい。
止まらないし黙らないだろう。
究極的アンチテーゼはそれを目指して、暴発している!
全ては序章に過ぎなかったのだ。
意味がアンチテーゼな目を光らせている。
興味がミュージックを作り出す。
ファイヤーサイン、心底嬉しそうに、
興味を示すナニカがある。
素敵なファンタジー、あの時感じたワクワクは、
こんなものじゃなかったぞ。
抑えきれない衝動、埋め合わせする為の伝説、
ひっくり返せ!魔王に挑戦だ!
リズムを、猛り狂うワンダフォーアイランドを、
大切なリピートが、運命が笑い出すから。
究極的なマイメロディが、
虚ろになり、僕すら忘れていくんだ。
夏の熱さですら幸福の一つの要素でしかなかった。
汗だらけのTシャツをなびかせながら、ひたすら走っていた。
正しさはワンダーランドなんだ。
究極が僕を見上げて見捨てていく!!
興味はミュージックを高鳴らせていく。
本当の、本当の、本当の、本当の望みはなんなんだい?
ころころ理想を変える僕に呆れながら神は今日も問いかける。
苛まれている価値観が!!
メロディは突っ走る、感覚でワンダーランドを
見せてくれた!!
放ちだす炎は、ワンダーランドすら消え失せるように!!
活動的展開は、分からないままで、
影響力がヒップホップになればなるほど、
楽しさは増していったんだ。
正しさと、ミステリー、ワンダーランドは
クォリティを!!
正しさとワンダーランドに、
クォリティを見せつける大好きが、
興奮気味に伝えてくれるんだ!
ロックオンする、それらではもう俺を満たせねえ!!
次の世界へ俺は旅立つぜ!!
感覚なんてブルースで構わねえ!1
それはふざけた世界だ。未来すら変えちまう世界なんだ。
記憶がワンダーランドを結ばせていく。
それらを満たすためにひた走る。
宇宙人もいていいんだ。タイムトラベルもあっていい。
引き継ぐストーリーが、
追及する未来を笑い飛ばすなら!!
本当のミュージックを充実させるなら!!
安易なことなど望まねえ!!
感覚的ブルースで共鳴したいぜ!!
ワンダーランドを越えていくのか?
果てしない魅力が、教えてくれる。
僕らをファンタジーを、越えていける気がするんだ。
価値が暴走して、燃焼させていく。
ドリーマーなチェンジとチャレンジを、
認めてなお白熱する伝説を!!
クォリティを、結ばせる展開すらも、
描いた夢と、理想にさせていく。
理解が共鳴しているワンダーランドは、
僕を成り上がらせる為に、
牙を研いでいる。
かかってきやがれてきな。
ロックンロール・フェスティバルが巻き起こるんだよ!!
追随を許さぬ最高が、
満ち溢れ、展開力にさせてくれるなら!!
理解するための歴史を、ファンタジーを越えていきたいかい?
ラブリーなチェンジを、満ち溢れる展開にさせてしまいたいのさ!
幸いです!空中的ラブリーです。
大層な体操をしたいそうです。
究極的に物を言うと、
少数派にも彼らの心はあったってこと。
サクセスする為の気合いなら、
ワンダーランドで、ミュージックを充実させるための希望を?
ロックンロールファンタジーを、
満たしたくて駆け抜ける。
びびってる価値もいらねえ!!
大好きチェケラー、
メッセージが踊り狂うんだ。
一つ一つ、数えてきた。
ラブリーなチェンジ、
サスペンスを尽くしている。
ドリーマーなチェンジを満たすように!
正しさはワンダーランドを、見つめ続ける。
理解のファンタジーを究極の、
ワンダーランド、クォリティを、
生み出している。
正しさとミラクル、僕らの寝覚めを待っている。
僕は研ぎ澄ましていた。
勇気を、その方向性を!!
光合成を、携える為に。
度胸をつけていた。ハートを鍛えていたんだ。
生半可な奴は逃げ出しな!!
ロマンスが笑い出すんだ!!
理解がドリーマーに、着実にファイターに。
毒を吐き切った僕に残ったものは。
リズムが炸裂した未来に携えたものとは!!
エネルギーとして突破するファンタジーを、
越えていったリズムを、ミュージックを充実させながら!
希望的観測、宇宙を満たして、
それでも余りある日々を!
ロックが僕を笑い飛ばすぜ!1
ははは、俺も笑い返すぜ!!
さあ握ろうか、このパドル。
新時代への栄光は近づいている。
興味、サクセス、その全てを知りたいか?
ワンダーランドに炸裂するビジネスが知りたいか?
運命は笑い始めるのさ!!
退屈かい?世界観がミュージックかい?
充実的ワンダーランドが、
ミステリーすら追いかけてくるのかい?
リズムが炸裂するワンダーランドが、
その先が見たいんだろう?
空中庭園、歌い出すなら炎の方向が良い!!
共同で運命が走り出す!
サバイバルな価値観が歌い出すんだ。
白熱している、リズムがまた大切さを奪い去っていく。
怒涛のリズムが、ワンダーランドを伝えて、
振動し、その振動はどこまでも広がっていく。
理想的展開を宇宙にするなら、
希望的天才に、サスペンスを笑い続ける理想にも!!
ファイターな情熱的な魅力に、
情熱に、ワンダーランドを伝えているなら!!
価値観をミュージックにするしかねえ!
もう興味もねえ!
ダンスする為のフィンガーアイランドが希望なのであれば!!
追随する未来すら、笑ってくれそうだぜ?
究極が音を立てて崩れていく。
ダンスフィーバーして僕はただただ踊り続ける。
白熱した試合を見せてやるぜ!
全世界よ、見てな!!
この全てが、美しさが、よろしくを言ってくれるぜ!!
ファンタジスタな興味を、サクセスを、
それらが作るワンダーランドを!!
共鳴しているファンタジスタを、
それを満たす為に嫌われる為に?
希望的解釈が移ろいゆく為に!!
ファンタジスタは近未来を大胆不敵に笑っているぜ!!
究極的なジャスティスに、
未来を描けるなら!
空洞的ミュージック、充実しているかい?
ダンスホールでエンドロイド、
伝えたいならファンタスティックアイランドに!!
活動している今が楽しくて仕方ない。
メッセージが共鳴しているワンダーランドにいるんだぜ!
ファンタスティックに取り残されたままじゃつまらねえ!
俺が何を感じ、俺が何を思って、俺が何を表現してきたか!!
ダイブ分からなくなりずらくなっている
希望に対して、どれだけ俺が真っすぐに進んできたか。
大切に、希望に、ワンダーランドに、
真っすぐに突き進むワンダーランドが、
未来を得手不得手で、ラブリーコールを、
歌い出す距離をサクセスを。
大切さがメロディを埋め合わせしているんだ!
究極的ラフランスが、希望をワンダーランドに、
サスペンスを未来に、狂熱を埋め合わせにしている。
ダンスフォーエバー、活動する興味を、
ワンダーランドを見捨てるようにして。
ラブリーチェンジを愛おしくさせていく。
ロンリーな僕たちなんて置いていくのね!
大切なルーキーが、広大な世界が俺を呼んでいるんだ!
偽れぬものがあるんだよ。
作戦を作成している。
止まらない世界観と、未来をチェンジさせるヒーロー。
ニュージャックのマイクを奪え!!
大切なリピートな方向性を、
リズムを調節して間もなく、
儚い気分がいらっしゃいます!!
ミュージックが出発進行しまーす。
歌い出す発表会かい?
ダンスホールでエンジョイした未来が!!
ワンダーランドが近づいているんだぜ?
これが熱くならずにいられるかよお!!
ダンスホールでエンジョイするパーティ、
ロックンローラーなイメージを、
ミュージックが充実するテンションだぜ!
発表会が歴史ならば、
意識が遠のくほどの興奮と幸福の快楽に溺れて!
大好きなチェンジングワールド!!
ライムの王たる俺の生き方だ!!
スロウペースは笑い続ける。
大好きなチェケラッチョなんだ。
意味不明が笑い出すんだ。
空虚な空間が、展開を興味にさせながら、
九十九里浜を守ってきたのね!!
素敵なファイナルアンサーだわ!!
メッセージと共鳴、
ワンダフォーライフに生き残れるなら。
大好きなフォトグラフィー、
活動家の天才は、ミラクルを呼び込み、
ここで笑い続けるんだ!!
ダンスホールエンジョイしている。
ラブリーゲームを続けていく!!
理想的展開を参らせるなら、
空間的スクワットすら栄光を見つめてあげよう!!
ロックンロールが見つめるならば、
影響力、ヒップホップで可能性を、
リズムを着実に、
栄光を満ち溢れさせる為に、
それが満たす希望がある。
ワンダーランドに窮屈に、
世界観は魅力的に!
ファイヤーサンドは満ち溢れるように!
サプライズ、影響をヒップホップにさせるように、
空虚な空間、レスポンスで希望を笑い出している。
九官鳥が泣き続けている。
ロックンロールが意味を呈してる!!
泣きわめいている!!
素晴らしい世界に、祝福を送るかのように、
彼女は深々と礼儀をして「さようなら」と言った。
正しさと、ワンダーランドは
空にそれてく流星の、
青い透明は僕の物!!
理解するファンタジーが、越えていくメロディがある。
突っ走るファイターが、未来を踊りだす共鳴が、
歌いつくした花びらを、
フュージョンして超ラッキーが、
ワンダーランドが彼方から連れてきてくれる。
ファンタジスタを永遠に、
ワンダーランドを見捨てr8イーにするように。
空虚な伝説は、まるでそれらを守るように。
理屈抜きでファイターになったと、
イメージし続ける共鳴に、
ワンダフォーなライブマシンガンに、
何かを得たのは嘘じゃない!!
興味がミュージックを、
彩ってくれる結果に終わるから!!
ドリーマーなチャンスを歌い出す興味は、
歌い出す炸裂と備忘録、
ベイビー、炸裂するビジネスは、
深い深い悲しみに、
栄光を愛おしく思うように。
空間はワンダーランドを見つめてくれる。
ファイヤーマシンガン、
それは形すら見えない。
リズムと卓越するワンダーランド、
歴史的ストイックに究極的ワンダーランド、
サバイバル、影響力とヒップホップで、
こめかみを抑えるように。
希望的観測を虚ろにさせるファイターは、
忌々しい今に意味などないのさ!!
空中レベルにポテンシャルならば、
希望的観測、炸裂するビジネス、
理解している、ロックンロールがイメージで、
天才と共に踊りだす、
ファンタジーを越えていけるなら、
空間的歴史を越えていけ!
メッセージはトークアバウトしていくぜ。
ファンタジスタな栄光を、
見つめるワンダーランドを見つめていくぜ。
今日は共鳴する為に歌い出しているんだぜ?
サプライズな空間、視界に入るサバイバル。
太鼓判を押してるリズムこそが、
ファイヤーマシンガンだ。
リズミカルな行動とイメージを、
調子よくラブリーなチェンジが、
飛び出すパティシエに、ラブリーコールでエンジョイするのさ!!
ラブリーコールを見つめているから。
ファイターで踊らさせているから。
ミュージックは充実していくのさ。
ファンタジーを越えて、
それでも取り戻す未来を見たいだなんて!!
究極的なワンダーランドに、
見せる、着せる、時化るワンダーランドを、
千切れる、生きれる?
分からない、変わらない、
充実するミュージックを越えていけ!!
感動的にぶっ飛ばしていく。
ミュージックが流浪に、生き方を越えていく。
ファンタジスタは最高を意味している。
ドリーマーなチャンスを追いかけている。
ドリーマーなチャンスを、歌い出すファンキーだぜ!
クォリティと共にダンスするフィンガーアイランド。
リピートするメッセージが、
新しさを突き抜けていく!
路頭に迷っていく、理想的展開を破滅的未来を、
挑戦的ラブリーを、
その生物の体はガスでできている。
どんどん増殖していくからタチが悪い。
大切と対決姿勢、
ミスった。ラブリーハートとチェンジングする未来。
ロッケンローが歌い出すぜ!!
興味が、踊りだす空間を笑っているのだろうか。
そのサクセスに、希望の輪を放ちだす空間に!!
歴史的トークバックだ。二次元ですらない言葉。
リズムが炸裂する興味を、
それでも蓄える!
リピートとして、ダンサーとして。
つまらなさとひっかえにして、
ドリーマーはチャンスを根こそぎ。
リズムがチェケラーハニーにしていくぜ。
ダンスフィールドに、
協力関係が見て取れるなら。
彩りをワンダーランドで
伝えたい!!魅力はミラクルだ!!
嫌いなファンタジーが歌い出しているんだね。
理解を試したい。リズムを行動させてみたら、
その未来は奇妙に折れ曲がっているのかい?
それらを閉じ込める愉快さすら、
栄光すら、笑わせる為の材料に。
最後に意味を吹きすさびたい。
太鼓判、押してなお輝く未来を。
大切なドリーマーを、ミステリーは呼び寄せる。
自分で自分を・・食っているのか・・?
ミュージックは情熱のサテライトタイム。
マジックミュージックが照らし出すように、
炎が散々笑い出す。
天才的、展開的興味に、
虚ろにさせるメッセージを、
ファンタスティックアイランドに、
マジックショータイムだ!!
覆すラブリーすら、興味を卓越していきそうだぜ。
ファンキーなもんちっち?後ろ側から大切さは、
ドリーマーを頂きから見るように、
共鳴させるように、ワンダーランドを見せてくれる。
そこで炎に問いかけたんだ。
すると、炎はその輝きをまき散らして、
その熱すら忘れて、
ただ立ち尽くす意味になっていった。
ラブリーなハートがチェンジされるなら、
魅力的ワンダーランドを、
クォリティでクラップしていく。
楽しいことがアンダーザワールド?
それにしか興味を示さない哀れな末路だぜ!
太陽が仰ぎ見る。僕を笑い飛ばす。
空中に浮いているレベルアップが。
素晴らしい運命が、
笑い声と共に炸裂していく。
ロマンスがチェンジさせていくんだ。
理想的ビジョン、それは閉じ込めるように、
光を失い、堂々とするその拳には、
光すら差し込んでくる。
正しくメロディが突っ走るなら、
新しい記憶は、距離は、何を射止め、
何のために今を愛するのか。
希望を我が物にした春菊たちは、
意味を越えて、それでも轟かし、
それらを究明しようと暴れ出す。
だから嘘もへったくれもねえ。
すごく影響力、ぶっ飛ばす価値の、
笑い出す展開の、ミュージックは充実だ。
それが教えてくれる未来が壊す。
壊し続ける。果てしないこの距離を、
ミュージックを愛し続ける希望を、
この果てしない闇を、貫いてまだ消えていく興味を、
調味料を得手不得手、最高をギネスに乗せるような
この空間を。リピートを、
埋め合わせし、それでも服従する伝説を。
煌めかす永遠を、飛び込むエイトビートを、
守りたい勇気を、
ミュージックは愛おしそうに、
理解を共鳴させる。
その泉を、共鳴させるダンスが教える。
それでも価値を追いかけて、
ファンタジスタは形だけを求めていく。
果てしなく堂々とした。
人間としての興味すら、虚ろな展開を笑い飛ばすなら。
理解が殺伐としている。
努力が歩いていく、未来が超絶かわいくなっていく。
そのはめこむ嘘が狂気を生み出すなら、
サプライズすら意味不明にさせてやろう。
確率的で栄光を満たすなら、
その興味を満たす攻撃的な言葉なら、
サクセスのストーリーの次の未来、
依頼している究極性、
ただ、立ち眩む。
栄光を睨みまくる。
この距離を、埋め合わせを、
ミュージックにして、それでも愛おしい未来が笑いかけるなら。
素敵さがファンタジーになっていって、
ラフランスなベイビーは作り始める栄光を、
正しいと思ったか?それは長い長い旅路。
そこに到達ための、広がる世界観を。
未来を、共栄を、
リズムで共鳴する嘘。大切さを、
それでも愛おしさでリズムを作り出す。
半端ないリアルを、それでもねぎらう大切さを。
リズムで強制的に、ラブリーに調節していく今が、
段々分かってきたからこそ。
ライブハウスは未来へと伝えていく。
ドリーマーなチャンスがビリーバーなら、
そのミュージックの興味に、
難しく考え出すと、究極は歌い出す。
放つ、世界観に驚きがあるなら、
サプライズな意味不明すらも、空気すらも、
価値観、メロディに突っ走らせるんだ。
感覚的に止まらないのかい?
それをミュージックにしたら、
全てが誕生してしまいそうで。
ごぼうが生えてきそうで。
恐がることすら恐ろしいか?
それでもミュージックは、偽り的天才。
驚きだすハーモニーかい?
リズムが共鳴して、嘘を展開させるなら、
希望的観測すら虚ろに、
天才的なメロディに、突っ走らせる。
大胆不敵がぶっ壊してくれるぜ。
かがんで、世界中にのけぞるように、
世界よ見てろ。これがらいらいだ。
果てしない行動と、ロックンロールなイメージと、
卓越する、卓越し続けるこの言葉と、
踊りだす、踊り続けるイマが新しい空洞感を、
その改札から抜けたら、栄光が待ち伏せしている。
正しいメロディが突っ走っていくんだ。
半端ない生き方、分からないんだ。
理解できたか?分からないか?
ダンスフォーエバーに、価値がワンダーランドを、
見捨てるはずの理解者を、
メッセンジャーな価値を教えてくれる。
価値がブルースを、生み出すことを笑うなら、
歴史、歴史、そればかりじゃ未来、未来はつくれない。
ダンス、ダンス、ダンスフィールドだ。
それでも僕は日記を書くさ。
だってさ。僕は生きているんだもん。
サバイバルしているサルに、
伝えたい。言葉を、腹をすかして死んでしまわないように、
この行動は君を汚すか?
果てしない行動力の後ろ側にあるものとは?
イズムに散り続ける。
理想は展開していく。
栄光とチェケラッチョ、意味不明な行動とレスポンス!
究極的ファンタジーがうろつくならば、
希望、自暴自棄的恋愛に、
サクセスの扉を開かせた。
究極的にお前を閉じ込めた。
リズムがサクセス、ワンダーランドを越えていけるなら。
ファンキーなテクノロジーマシーンであり、
影響力がハッピーナイトである限り、
意味は東奔西走していくんだよ。
このきらびやかな僕が踊り続ける。
果てしない意味を越えて、
それはスクワットを何回もするよりも。
さらばと言いたい。
ダサいと言えない。
ダブルスコア、エンドレスなワールドに、
希望をミュージックにする為に。
正しさはこねくり回して、
更なるときめきを運んできたんだ!!
理想の為の追求は、それを恥ずかしがるように、
興味の向こう側に見果てぬ宇宙を見つめるように。
悲しさはワンダーランドを、
見つめて笑い飛ばす。
リズムがチェケラッチョファンタジーを後ろ側にするなら、
究極的アンサー、呟くセレブリティに、
栄光を笑わせるんだ。
大会的ラブリーに調節していくなら、
究極的ワンダーランドが僕を見つめるなら、
希望、その浅ましさ。
分からないよ。だけどそれを見つめている、
興味はサクセスへとプレゼンツさせる。
意味が通しているキライがあるな。
大好きだからこそチェケラッチョなんだ!
ファンタジーが通してくれたからこそ、
今が現状が、ぐちゃぐちゃにされていく。
ドリーマーなチャンスが、驚き
更に大きな未来を教えてくれる。
その意味を照らせ。不思議な光に身をゆだね、
価値?分からない。
それでもこの興奮は抑えられない。
静かに燃え続ける光だった。
嘘みたいに強烈だったんだ。
全身が強く目覚めていくようだ。
ハピネスとはこのことか。
大好きが意味を教えてくれている。

大切さが踊りだす。
戻りだす、方向性、
光合成する高校生で補うしかねえ。
折りだすしかねえ。
折り紙を?取り巻きを!
ときめきを、ドギマギを、
歌にして、言葉にして、
外は西で、
サバイバル、さわりあう、
夢を見る。
数名を見る。
大好きな、やみつきな、相槌を。やりすぎなんだ。足踏みを続けていく。
気を張りすぎだ。でもミュージック、
開きすぎだ。
滑走路、脱走を、発想を、変えてみると、
陰で見ると、みるみると変わっていくものがある。
関わっていく未来がある。
依頼がある。地雷がある。
しらじらしい怒りがあるんだ。
それでも究極性は、中国製だったのかい?
中毒性は輝く。
終局系で、終わりを求めて旅をすることの、
なんて浅ましいことか。
なんて恥ずかしいことか。
でもなんだろう。なんかあんだろう?
正しい未来に結局は、
積極性は、短い時間じゃ足りないと。
ああしないと、誰も分かってくれなかった。
変わってくれなかったんだ。
どうしようもねえ。申しようもねえ。
通しようもねえ。さあ、そうしよう。
共鳴する愉快さが、
透明さが、リピートを連れてきてくれるなら。
火をくべてくれるなら。
ファイヤーサインはださいん?
ミュージックなルーツなループ。
正しい方向性?新しい高校生!
堂々とせい、そう分かんだろ?
変わるんだろ?鼓動が高鳴るんだろ?
時代の波に逆らうんだろ?
体が重なるんだろ?
あの日の記憶が、フラッシュバック!
クラッシュガッツ!だ。意味不明だ。
君もクレーター。埋めた?売れた?
うぜーなー。分かった価値観は変わった快感だ。
かじかんだ。最悪が共鳴、改札が透明。
同盟、維持張ってもどうせ。
変わらないならいこうぜ。集らないなら指向性。
止まらない、終わらない、困らない、染まらない
ストーリーの、不届きな、
うろつきの、ぎらつき、いらつきだ。
ファイティングが、回転して認めてくれるなら。
射止めてくれるなら、仕留めてくれるなら。
ファンキーな歌声、パンピーな裏声。
正しいし新しいよ。
メッセージ?劣勢時の、メッセンジャー、停戦じゃー。
半端ないリアルとコミュニケーション。シリアルとシリアス。
で、どっちでもいい嫌う誓うしまう世界観が、
健在か?冤罪か?止まらない天才か?点在か?
借金返済か?俺こそが免罪だ、
繊細な心を持ってる。
リピートする運命をただ思ってる。
希望の火が灯ってる。
だから俺ら勇気を出して、数奇な運命を辿り始めたんだ。
遊び始めたんだよ。運び始めたんだ。
その空間に、ぐうたらに、
笑い出す、交わしだす、運命や宿命の類。
軽い、あるいはダルい。
ダルビッシュゆう。そういう奴だ。
明日ティッシュブー。
不都合な嘘と真実に、
メロディはケロケロに炸裂格別卓越ロマンスだ。
トランスだ。焦がすのだ。
傷を負わすのだ。
分からない?変わらないから黙らない。
このディフェンスラインは下がらない。
イメージ、しめじで入れ知恵。
キレッキレでしれっとただいまー。
あら今洗いまーす。
分からないかなあ。変わらないかなあ。
黙らないかなあ。さわらないか?
だから体からだらだらこぼれる何かから!
さらばだ!と言われること、確かだ!
焼肉焼きにいく。
でもトゥモロー、うもろう。ストロー。
分からない?それとも変わらない?
ファックスで送信、ダックスで光輪、
更新していくホームページ。当分政治。
関わりたくないね。さわりたくないね。
逆らいたくないね。ジョインミー。
ロックがドックドックな
キャパシティをドッグイヤーにするのなら。
即ライブ、酷なイス。
分からないから黙らない。
ストーリーはグローリー。
果てしなくスモーキー、
時代は移ろうのにー。
でも着実性、
確実性を閉じ込めるなら、
織り込めるのなら、
僕は大好きといいたい。
効きたい。抱きすぎ!
半端ないダンサーじゃない。
ロマンロック、傲慢トークはいらない。
だけど嫌わない。今じゃないと意味がない。
君じゃないと意味がない。
落札パーティ、企むシャーシン。
じゃあ俺が漏れた放射能、
校舎の裏側の、裏方の、
食らったの?
売り払ったの!!
ドリーマーな着実に、確実に、さくじつに、
白日の下に晒された。運命、交わされた。
消えるちぎれるその狭間、挟まったまんまじゃ意味がない。
君がいないと訳が分からない。
ドープな気がする。
そう、ラフな美学がある気がする。
だから止まらないんだ。
終わらないんだ、染まらないんだ。
恐がらないで、踏み進むしかない。
売り続くしかない。
ラビリンス?倍インク、
止まらないのか、終わらないのか、
染まらないのか、困らないのか。
訳が分からなくなったって、
だけど変わらなくなったって、
イメージはしめじ、
理系ならちけーのに。
いえーいとか言っちゃえるのに。
知っちゃえるのに。
見ちゃえるのに、
ダンスフィーバー。
ガイダンスは乗りな。
チェケラッチョファイター、説明をしたいなー。
怠惰な今に平らな明日を、咲いた花には
書いたただ、まさに吐いた穴だ。
炸裂ブースト、格別のフルーツを。
ルキンフォーできるかどうかは
ニヒルかそうか、
止まらない、終わらない、
困らない、染まらないストーリーと
スモーキーとグローリーに
守られて。運ばれて、
生きていく、聞いていく、
ちぎれていく、埋まっていく。
うろたえていくんだね。
むしろ耐えていくんだ。
大切?解説するリミテッドだ。
意味えっと、分かんなくなっちゃった。
変わんなくなっちゃった?やっちゃった♪
びびってる、俺達が。
漏れるタチだ。サクセスの剥がし方だ。
運命?ワロスで超越だ。
調節だ。ギャロップで対抗だ。
開港だ。最高だ。配合だ。
ループし続ける、
グールになり続ける、
意味とラフランス、君とフランスパン。
確実か?昨日か?
白日か?活字中毒か?
意味不明でも構わない。もう黙らない。
携わらない?明日からかわない?
だからこの商品はもう買わない。
違わない、ダンスフィールド、
ガイダンスシールを、
感覚でブルース、トゥルース、スムーズに
グループをグルーヴ。
意味不明でもそれが価値観なら、かじかんだ。
ラップストーリータップするのに。
感覚で山岳を上り続ける。
おごり続ける、そして怒り続ける。
ファイターはイマジネーション、
やるのは今じゃねーっしょ。
だから体からだらだらこぼれる何を、
守りたくて必死だ。湿地だ。一致だ。
それらが認める、射止める、
しとめる空間が痛感するほど存在するのだ。
だから交代制。東大生よりもこうじゃいねえ!
ダンスフィーバー、ガイダンスでシーザー。
ついでにレーザー。果てしなくイミテーション、
染みでしょ?分からない、変わらない、
黙らない、関わらないからかわない
メッセージが節制時のごとくあるならば。
カツならば、勝利を解くならば。
この方程式、冒険しにいこう!
つらい?暗い?ふらりふらりとワンダーランド。
サンダーバンドを、あんたーのハンドを、
見つける地図蹴る しつける
分かるからこそ見つめる。
必要に応じて増えていく費用の、
使用上の注意。周囲を気にして急に、
何かを考え出しちゃって、ハンガーで出しちゃって、
災難は貝ナンバー。気分はすでにハイなんだ。
大切?解説してくれ、排泄のことを考えると、
解決したい。採決したい、対決したい。
分からないから変わらない。
黙らないから疑わない。
それらを認める、
射止める何かに。
しとめる為に、
何かが、かにかまが、
歌い出す。占い出す。
迂回しだす。分からないからこそ黙らない。
狙いが一向にさだまらない。
限界を旋回中、
ついでに言うなら展開中。見解は中止。
船体は壊れかけ、
健在の僕らだから。
天才が踊りだすぜ!!
戻りだすぜ!!
おごりだすぜ??
ミラクル、ちらつく、
意味不明に大胆不敵に、
階段無敵になっていく。
その未来、嫌いになるほどの地雷。しらじらしい?
飛び交うジャスティス!
運命を確実、
サクジツのことも忘れそうな、
黄昏そうな、
ヒップホップ。チップコップ。
だからジャスティスはクラッカーを
食らった。餅をついた。
もちろん俺はついてる。
食い入るように見つめてる。
きりつめてる。ファイヤーサインはださいん?
メッセンジャーな価値観、
快感が分かってねえ。何も変わってねえ。
ダンスフィールドで永遠に、政権に、
ダメージ、雨に濡れて、亀に悟られて、
分かったよ、変わったよ。
リズムが着実逆らったよ。
そのイメージに、超越する調整に、
ラビリンス、マジ瀕する。
愛してるリンスの、
心底愉快な仲間たち。
栄光すらも、抵抗力すらも、
果てしなさ、ばてないさ、
覆す、繰り返す何かが。
ファンタジー、虚ろになりだす。
歴史、石碑、大切な言葉。
解説は外だ。
ハイテンション、ミラクルに揉みまくる。
必要上の、執拗今日も、
ラブリーハートを見つめ続ける。
ダブリバードを仕留め続ける。
その狭間に揺れる、傘までこすれる、
ミュージックが充実に、終日運転?
休日に、秀逸な中一を
メッセンジャーな注目度で、
通告をするので、
ファンタジスタは待ってなさいな。
今忌々しい期待らしい鹿らしい
仕方ないらしい、いざゆかん、
キザに痛感、ヒザにピザ、
歯科衛生法にのっとり司会者をぶんどり、
忌々しいラブリーイカ同文 いかがわしいイカはいかん。
地下で鹿を見るキザなシーザーを見る。
刻む生き様いかがかな?
火が漏れる鹿しかいない、
理解したくない、イライラキラキラしている。
焦らしてく半端ないか?地下では賭博、
理科を勉強鹿しかいねえ!
忌々しいランデブー依頼はキラキラ
ちらちら見せてくるチラリズム、散らして
気がしただけ、芝居は分からない、キザな行動たまらないか。
被害は理解、誓いへの視界。良好、
孤高の生き方ここで外で音で戻って
躍らせて、小躍りさせて、
トドのつまりは音のそよぎだ。
風がそよぐ 外で泳ぐ
孤独感じても轟く その未来 このアフターフォロー、
怒涛の言葉の滝 独特の外は
孤島音が轟く 宇宙は怒涛の
ロンドンの外 もっともっともっと、
放蕩するホント浮かれる、
ハナッタレの馬鹿垂れが、
されば彼はたらればばかりか?
会えば彼は足せば焦るのか。
風を感じたぜ。さーせん
枷を解き放って焦っている、
カセットテープに残っている音はなぜ
はぜる風、猛り狂うさーせん。
羽目になった仮面
だから亀さんになってハレ晴れユカイなのさ。
されば都、彼は誰なの。
あれあれあれ。彼はどこへいったの
馬鹿垂れは ハナッタレなの?
枷を外して今、だっせー音を紡ぎにいくんだぜ?
風は未知なるだせー奴らを這えー奴らで、
分かったぜ。させこの方角を。
風のまき散らす、さーせんと謝りまくる、
分かったぜ。焦ったぜ。
かさばったぜ。はぜるはずだった
風にまき散らされたがった。
汗だらだら
たらたら荒々しい風が、
また正しい未来がかったるいか?
温めますか?肩叩きますか?
新たな距離と、妨げな嘘を、
掲げて、朝が来るまで待って、
違って携わっていたからこそ、
関わっていたリズムは沈む。
カカロットー!!
駄々こねるんじゃねえと。
定まった、浅ましい 正しい
朝らしい。だからかざしたんだ。
剥がしたんだ。 ララバイって言いたかったんだ。
朝だったんだ、まさにそうだったんだ。
ララバイって言っただけだった。
分からなかったが下がったりあがったり大変だった。
ララバイだった。かざす手のひらから、
逆らった馬鹿だった。
駄々こねたばっかだった。
定まるはずのララバイすらも、
はためかすララグッバイすらも、
足に足し算貸してあげたのは何よ。
らりってるの?参っているの?
血がたぎっているの。価値が東奔西走、
ラッキーだから、ハッピーだから、
カギを携えて、覇気をまき散らす
バキにも負けない力技で、
然るべき気がしただけ。
理解しようとした興味、誓いにサスペンスを、
意外に痛いのはなになんだ?
庭には二羽ニワトリがいる。
地下には歯科衛生士がいる。
気がする近い気がする。
未来が明るい気がする。
そんな日が来る気がした。
美学だから近づく。いかついてる
いらついてるラブリーは意外にも。
視界にも入ってくる、理解しようと参っている。
着る散る知る為の、
イルミネーション鼻汁を垂らす。
着る為に見る為に、知る為にいるんだ。
だから傷、静かにイムラに負けない、
木村にも負けない、伊豆から初冬を、
静かな自らが、傷深くだから
キスしたから、ミクルから、
しぐるい きぐるい
でもチーズは食べたかった。
伊豆半島に探しにいきたかった。
傷深く、それでも静かにカニカニ合戦。
だりいから、あちいから、
ラッキーだからハッピーだから、
さっきから悶えてるのはラッキー?
大好きーだから、貸し借りはなしにしようぜ。
足を洗おう。ダシに使おう。
カギをあけよう、たじたじになってやろう。
明らかにバキのような。
丘を見る。空とか見る。
飛ばしまくっている。負わしまくっている。
溶かしまくって、飛ばしまくって、
おわす。おらおらなコラコラを、
とらドラをみせつける。
小判をまき散らす。
寅年に、もっとオラオラでいこうぜ!!
溶かしていこうぜ!どうかしていこうぜ!
ほだされ、傷を負わされ、それでも
旨焦がされ、溶かされ、
飛ばされていく言葉。
丘に立つお母さんと、こだわりのそば。
そばかす、音は、コラコラとか言ってることは。
ドワンゴ、ドアに炸裂、コーラを飲んでもドラえもんだ。
空からの力、こらこら、
家からチケット しれっと いけると、
チケットしけると、いけないから会いたいぜ。
自然に優しく毅然とやっていいぜ。
だりいぜ。それでも歌詞を書きたいぜ。
必然、ひげを生やして茂るイケスから、
シーケンス、意見を言うのはいけん!
治験で何とか試験的に、
危険だから、ミケランジェロ、
時化がやってくる。事件だまさにいれいれだ。
キレキレだ。しれっと教えてくれたのは危険度だ。
試験に受かっても、理研で研究しても、
ちげーんだ。こんなのじゃないんだ。
ひげを生やしたいんだ。
解き放つ。
沖にドキドキ。
そう、気になるんだ。国旗に形容
西洋太平洋。もーきになる。
オチになる、どっちになる?
措置を講じる、時を論じる。
研ぎ澄ます不安が、
時に澄まし忘れる。
餅にもっちもちな肌を、
どっちつかずな正義を、
こっちに気にならせている。
どっちでもいい、こっちでもいい。
多い大きい気になる方へ。
どっちか分からないからこそ、
おびき寄せるように、
怯えさせるように、
閉じ込めさせる。
こびりつく大切なこと、
おいたわしや、こぎたまえや。
自転車をこぎ、 降り、色とりどりの、
ソリティアをミュージックに、
そぎ落とすメロディを伝えに、
こっちおいでーってな具合に
研ぎ澄ます不安が、その早期発見が、
下ろし、轟き、それでも滞り、
押しに弱いからおじさんに聞いてみたんだ。
こじれていく。
押し殺していく。
年がたっていく。
轟き、驚き、ファイヤーマシーン。
もじもじしているだけだよ。
閉じているだけだよ。
こじれていくだけだよ。
閉じている、ドリーマー、
おびき寄せられている。
押しに弱くなってきている、
もしもし、気になる年年と、
もりもり食べる、ロリポップだ。
大切な氷、滞り、
掘りまくる。取りまくる。
ドキドキしまくる。
時が土器、縄文土器?弥生土器?
ドッキリ成功大胆に早期発見。
こき使われないように、
置き忘れないように、
時に君、ドキドキしている時じゃないぞ!!
その時が来るのは、土器が完成してからだ!!
ほどき、鈍器、でサクセス、まさに簿記だ。
早期に決着をつけたい。
動機に措置を講じたい。
もじもじしている場合じゃない。
掃除に閉じられている。
教示させられている。
ロックンロールと、コクーン、
僕分からないや。毒々しい音色な奴をほどく。
六という数字は、ごく普通にありふれた属。
その意味ほどく、
即構造をそる。
掘る穴の凝る韻の創造、
こぐ何か、問う力。
鼓舞して、毒を吐き、
ろくろくびから逃げ回って、
即ロックライブに乗る。
ホグワーツなら、研ぐロスタイム、
ほつれる糸、途中でも、
僕は勇気、そぐ周期。
ごく普通の、飲み物をごくごく飲む。
牙を研ぐ。即ライブするには、どく必要があった。
そんな中でもなぜ孤独。外づらだけ気にしても僕は、
どく訳がない。ほどく訳がない。
置く訳がない。卵をとく。
もぐもぐタイムだ。
しんどくなるのだ。
こぐ自転車、ドームに立ちふさがる。
依頼は、嫌いだ。
地下にいました。視界に入ったのはいつの日か。
リライトしていった。東へと向かった。
叱った。でも欲しかった。
理解は、嫌いだったからこそ、
誓いは、知らしめたかったからこそ。
美大な、肥大化する現実の、
視界は、良好か?
機械人形、じゃねーぞ人間は。
地下に負わします。理解しておきます。
みだらに乱す行為は僕が許さない。
意外とそれを司会に言えちゃう人は少ないんだ。
違いを見せつける。理解を押し付ける。
見たいな。そんなみたいだな。
シーザー、キザな埋め合わせとダンスだ。
機械に頼る日々、鹿しかいない。
見たいから未体験。
違いから、あるいはイカイカしいから。
いかりを抑えきれない。見たい、聞きたい、期待はあふれるばかりだ。
じゃあ忌々しい活動家ら、
誓いましょう。違うでしょう?
見た!さりげない地下世界!!
歯科衛生法にのっとって、
会う、買う、手繰り寄せる。
足るを知る為に、
狩る、現実。
ある、とある世界に、
待つ、ただ繋ぐ、クラップする。
ラップする。楽をする、
その狭間で狩る、明日を待つ。
だから数、気にしないバク。
そのはず、だって恥ずかしい。
ダズボーネス、去る日を待つ、
数、気にせず立つ、
恥ずかしくても、バズーカ打ってる。
数ははまってる。立つから、かすってる。
さすらってる。恥ずかしがってる。
それでも脱原発。咲く菜の花。
吐く言葉、吐き散らす言葉、
バクは夢を食べる。
数うちゃ当たる鉄砲、
説教、鉄橋。
バズーカでエレガントを外す。
出す、答えは心をかする。
だからカスになる。バクになる。
抱く、欠く何かを刺す。
果てしなく刈る。
ご飯を炊く。
アタックして、貸すイメージで、
爆笑を生み出す。確証はないままに、
楽勝に生きていく。グッドラックそれしか言わない、言えない。
恥ずかしいくらいに、ゴムゴムのバズーカだ。
授かるものは何。携えるものは何。
かすっても、ばくばく食っても、
ラズベリーは変わらない。
恥ずかしいほどに、まずはまずまずの出だしから。
数は分からず、それでもいつかきっと分からす。
大胆不敵な出す何か、
貸す何かを、
伝えて救命。
だからこれを食え。
打て。憂いている。
くれくれって騒いでいる。
群れている。グレている。
ヘンゼルとグレーテル。
ずれているから、崩れている。
こすれている。ぶつけているんだ。
だから売れる。これは群れる。
すれる、こすれる、崩れる、
だからうずくまる。
受け狙いなら単調、
ヌケニンならば究極的に。
打て!って運勢を占うから、
公家に憂いを携える。
受け狙い、分かってる、武家じゃない。
くれくれ詐欺でも、憂うことはない。
くれることもない。群れることもない。
ずれる、新しい明日。
公家に何かを伝えたいなら、
うっせー音を鳴り響かせる。
やってくぜ。うろつくぜ。
吐くぜ。大好きになるぜ。
寸前で切り裂かれる。
猫のしっぽ踏んでひっかかれる。
だからぶて。
水くせーこというなよ。
公家、くらげのよう。
うずけ!ずけずけと言えちゃう大人になれ。
濡れている。ぐれている。
止まらない、崩れているから。
すれている、声もかすれている。
売れている果実の、
ぐれてる息子たちの、
うずけこの傷。
ずけずけ言っちゃう大人になれ。
崩れていく。武家はいるけど、
知るけど、見るけど、
打てないなあ。受けないなあ、このネタは。
寝たから、メタルスライムを、
ゲッターした。絶対に分からなかった。
セラピー、メラミ、
寺いのしし。
けだものみたいになってしまった。
世帯を持ってしまったから、
絶対レターは忘れない。
セーターを着ている。下手をうちゃ涙もんだ。
はぜた。ゲッターは蹴った。
焦った。めげた。レジェンドだ。
出た!世帯餅、
蹴ったイマジネーション、
焦っただけ。出ただけ。
何かを張れた。
ばれた?枯れた。
何をされた?割れた。
交わされた。
それでも勢いは、エタノール。
べたになーる。
ゲッターになる。
アロマセラピーを、
げらげら笑って未知の破壊光線。
切羽詰まっていたんで、
風にレターを運ばせたんで、
ろくに何もやりとげちゃいねえが!
急かすきみに 焦った僕の髪の毛が、
出た!焦った、レターを書き忘れた。
でも減った、セッターはビジネスだった。
レッサーパンダを見つめていた。
絶対ミラクル、接待したくなる。
とめどなく流れるノンキな涙。
劣等感の塊となる。
ケアしてないから。照らしてないから。
てからせていなかったから、
てりやきバーガーになれなかった。
果てしなかった。
ベタな展開も面白くなかった。
おなかが減った、
レターはゲッター。
焦っただけ。割れただけ。
陰だ、下げただけだった。
果てが見つかりそうなだけだった。
ラスベガスへ行きたい、
ケガをしないように気をつけなさい。
劣化していくでっかい何か。
おなかが減ったなら、歴史がべたなら、
劣化したテカテカを、
連載しなさい。
返済しなさい。
展開させなさい。
メメタァ!絶対分からなかったが、
レターは取り戻せた。
倦怠期、見解に、
ベタベタするのはやめなさいよ。
減ったベターな話はべただね。
せがんでいる。
へらへら笑っている。
けらけら笑っている。
照らしてくれている。
会えてよかった。
化けてみたんだ。
だけど悲しくなかった。
開け放たれた扉。
だけど、避けられなかったから、
開けられない自らが、
避けられないミュージックが、
陰で支えていた。
咲けて、陰で見守ってくれていた。
あげてあげながった。
だけどつまらなかった。
冴える頭の脳みそに、
影を落とす究極に、
だけど開け放たれた、
化け物に、嘆くものになってしまう。
あげつらうことはできなくても、
だけど意味不明を笑い続けたんだ。
開け放たれた扉、
だけど分からない、避けられない話題、
橙、最大の意味。
会えてよかった。
陰で支えてくれてありがとう!
咲けてミラクル、花よ咲け。
陰から見守る、僕は化けた。
それでも風だ、避けた、
陰から見守ってくれていた。
デマに踊らされないように、
ラケットを取り戻すように、
化けて出ている。だけど分かっている。
果てしない未来を夢見ている。
避けられない鼓動を、
果てのない生き方を、バテているこの体を、
癒すように。冷やすように。
糧となってカテゴライズされていく。
それでも涙がブワッ
不和の分からない、食らってしまったら
暗いお蔵入りだ。
だから無駄にしない。
うだつが上がらない。
くだらない世界観に、
無駄にしない武士のたしなみだ。
ぐだぐだ言ってないでやっぱり。
ぐでんぐでんになっている。
スケスケになっている。
ずけずけ言い放っている。
武家が公家ならば、
ずけずけ言える訳もない。
やっておくぜ。
エアー、吸い込む。
レターで取り戻す。
今朝教えてくれたのは、
下手をうたない為?
レターを書き記す為に、
競れた。ケラケラ笑えた。
だからたまらず焦った。
化けた、陰だ。でも俺の負けだ。
ケガをしないように、下手をうたないように、
絶対に分からすために、
せめた。
劣化していく全てに、
でっかい意志を託すために。
石灰になろうと、
めっちゃ張り切って入れた。
照らされた、けがされた、
それでもレアだったから。
蹴りを入れる。
てりやきバーガー、
めりこんでいる。
競り歩いている。
照り返している。
めりこんでいる。
そうするべき!
するべき!ベッキーになるべき。
できものなんだ。劇で成功したいなら、
傾向を分からなくちゃ。
抵抗させなくちゃ。
蛍光灯に、抵抗力を。
エイになるほどに、水泳をするのさ。
けじめをつけるんだ。
飯を美味しく食べるんだ。
消しゴムで全てを消す。
石碑には、歴史には、
何がかかれていた?
人工知能のTAY.
取らまらない礼儀。
正義とは何か。
明記を求める。
景気よく笑う。
飯が美味しすぎて、恋しすぎて、
血気盛んになっている。
れっきとした栄養の美学だ。
できもの、できるもの、
できないもの。
元気が境目。
できればもっと宇宙へだ。
目にもの見せてやるぜ!
口紅、何をやるべき?
果てしなく去るべき。
元気に生きている、
ドリーマーがぜひぜひと言っている。
レミーボンヤスキーならば、
盆休み。
ペイントで落書き、
セイイエイ。とか言える。
消えるのはなぜ。
チケット、取り逃した。
キレると怖いんです。
いけるかどうか、分からない。
時化るけど構わない。
チケット売れるかどうか、分からない。
ひげを生やしている。
時化ている。
見せている。
着せている。
時化ても別に、ちげーと思える。
否定の裏側にあるものは。
地形の次に必要なものは。
死刑なんていらない。
未定の言葉に躓かない。
理性がまだ東奔西走している。
着せている。ドリーマーなチャレンジと、
一定の意味を越えて。
理系の足を身だしなみ揃えながら。
食うかい?
そのなっているのは鈴かい?
図々しい未来が来る。
狂った、潤った、
来るはずの、るるるだ。
くるるだ。むずがゆい。
うるさい煩いも、
来るくらいスルスルとすり抜けた。
売る、攻めたファイター。
渦を巻いていく。屑をまき散らす。
渦を壊している。鈴を鳴り響かせて、
うずいている傷を、
続いている理想を、
崩れている、静けさを、
腑抜けが落とし込んでくれている。
飯を食っている。
エシラは知っている。
歴史を守るように、
石碑を守るように、
血気盛んなのね。
電気ビリビリ。
ゲド戦記、赤道直下、
明治牛乳の、
政治を介入だ。
セミの鳴き声、
できるかな。できないのかな>
歴史はもっと、陰に、隠れている。
何をするべきか。何をしないべきか。
駅はその向こう、
石碑の向こうで待っている。
この感情はなんだろう。
無性に虚しい。悲しい。
どうでもいい?
堂々でもいい?
理解するためのファンタジー?
さあ、なんだったかな。
僕は忘れてしまったよ。
果てしない距離、美しい未来かい?
遠い場所から、ミラクルを探し続けてきたんだね。
ロックンロールかい?
ドラマチックかい?
癒される為にここに来たのかい?
理想は見えたか?
そこに何かは広がっていたか?
天才的に展開するなら、
その全て、魅力すら、一途に。
ファイター、魅力的な言葉が欲しいんだろう?
空虚な伝説に、光を灯してあげよう。
それに気づいた時、やっと始まるものがあるんだ。
大切さとドリームだ。
今のむなしさと悲しさはなんだろう。
きめ細やかに、運ばれてきた答えに、
色が宿り始める。
止まらないストレートディフェンス、
価値観が未来をフィールドアウトしているなら、
ぶっ飛ばそう。埋めなおそう。
大胆不敵な活動を、
サプライズを、意味不明にさせた。
リアリティ、ダンスショータイム。
理解が共鳴する意味を越えていくなら、
理想像、展開するミステリーすら、
旅立たせる意味不明すら、
カテゴライズする狂気に、
ラブリーチェンジは、失っていく。
ただ立ち尽くす意味すら笑っていく。
ドラマチックなワンダーランドに、
ミステリーは呼び寄せていく。
儚くも、散りゆく伝説を。
かざす手のひら、ブルースを。
共鳴するワンダフォーを、
きつく握ったサヨナラすらも。
果てしない距離すらも、いたちごっこだった。
究極的ロマンス、希望を探した。
リズムがサクセスを求めるなら、
空間的ラスベガス、活動するぜ!!
半端ないリアルが、システムを連れてくる?
葛根湯、かっこんどる!!
不埒なシャワー、
ワンダフォーアイランド、
満たす価値に、融通を利かせる。
超しょっぱいな。
伝えられる意味は反吐がでるな。
でもサクセス、確実性と踊り続ける。
リピーターマイダンスは、
関係ないリズムで踊りだす。
視界に入るレスポンスに、
希望すらワンダーランドに、
ロマンロックが歌い出すなら、
その方向に、リズムを卓越させながら。
嫌いになるならそれも結構。
大好きなチェケラッチョと共に受け継がせるだけだ。
半端ないリアルが閉じ込めるなら、
その空間にリアルが運ばれているなら、
究極的ラフランス、
サバイバルなミュージックを、充実的に、
理解、関係ない。
ポジティブになるんだ。
ハーモニー、歴史的ブーイング、
価値すらミュージックに、
充実的にしながら、
怒りに似たそのタイピングは、
全てを越えていく為に。理想を教える為に。
クォリティをファンタジスタにする為に。
リアリティを、追及させる為に。
理想的に、感動的になる為に。
それらはすべてを満たしていく。
乱していくんだ。
それでも悲しみを携えたのか?
価値は何を呼び込んだ?
不埒なリアルは、何を求め彷徨った?
活動的展開に、天才的メロディに、
突っ走る栄光すら忘れそうか?
ドリームがチェストされていくなら、
懐かしさに悶えるだけなら、
永遠に満たされないこの感情を、
リピートする伝説を、
クォリティで埋め合わせし続けよう。
ダンスフィールドが、
価値を落として、
それでも集中的にサクセスを求めるように。
苦い悲しみすら、影響すら、
栄光すら笑い飛ばしていくから。
ベリーナイスなんだよ。要するにね。
希望的展開が、天才が、繊細な心が、
呼び寄せているんだろう?
悲しみが歌い出すなら、
消滅的恋愛に興味があるなら、
ファイナルアンサー、どれだけ表現しても足りねえ。
大好きなミュージックだからこそ、
充実的観測だったからこそ。
メロディックラインは
止まらないからこそ。
夢中になっている伝説に、
クォリティに、
一途さを求めるその空間に、
空洞にサクセスを。
イメージは超越して、
新しい空間を生み出していく。
白熱する彩りは、誰の手に。
大好きなメロディ、
突っ走る大切さを、
リズムすら超越して、
果てしない距離を歌い続ける。
その果てしなさに、あるいは距離すら認めたか?
ダンスフォーエバーなら、
価値観すらブルースに猛り狂うように思えるんだよ。
価値観と絨毯、
リビングタイムが、タイマーを呼び寄せるなら、
価値を取り戻せ。
記憶を取り戻せ。
なんとなく幸せならそれでいいんだ。
活動的興味、サプライズを呼び寄せた。
大好きな展開を未来に、
リビングデッドが歌い出すなら、
破滅を笑い出すなら、
展開上のラブリー、
超越性、痛みを合わせているイメージですら、
イメージさせたいリアルがある。
強力な世界観があるんだ。
理解したいドリーマーがある。
だから俺は究極なんだ。
理想的展開を、舞い込み、それでも今を忘れている。
ドリーマーなチャンスを求めているのだろうか。
リピートマイダンサー、
クォリティが一途なら、ファイター。
ダンサーズハイ、メッセンジャーズ踊り子。
でも伝えていくのさ。
ラブリーチェンジを認めるためにな。
リピートするマイダンサーさ。
彩りが溢れる共鳴で、
ワンダフォーが歌い出すなら。
炸裂するビジネス、オーケーオーライ、
到底到来しないだろう、
価値観と快感をぶら下げて。
不埒なワンダーランド、くらっちまいなサンダーバード。
大切なクォリティ、解説したいすごいし、
半端ないリアルが飛んできている。
意味が無くても飛び跳ねる。
そういう空間に俺はいる。

このページのトップヘ