ライムキング

らいらいの日記

2018年05月

きっとあなたは聞くでしょう。
「なんで僕と歩きたいの?」
だって歩くの好きだもん。
だって走るの嫌いだもん。
ロックンロールファイティングがうろつかせるイメージさえ。
メッセージでさえ、クォリティが歌い出すように。
ハーモニーが笑い出すように、
その展開を虚ろ、虚ろにさせていくなら。
感覚的ドリーマーはそのかたっぱしから、
栄光を見つけてくれるのか?
リピートするマイダンスが、
形に入りたくないとそう望むならな!
価値観とメロディ、ミュージックは偽りの天気予報だ。
サクセスストーリーだ、神の落書きなんだ。
作戦は至って単調であり、
恥ずかしくもしり込みできないほどに。
影響力はヒップホップになるほどに、
究極的メッセージを躍らせていくんだ。
半端ないリアルとコントロールする嘘に、
大切なメロディを呼び寄せるように。
活動する元気が、密接に引っ越すイメージが、
体感するレベルアップが、
活動するファンタジーを乗り上げている。
価値観でミュージックを作り上げているんだ。
だから、そんな悲しい顔はしないでよ。
大切なドリーマーが、
描く日々を祝福してくれる。
それでも価値を認めてくれたんだ。
ヒーローたちはやっぱり裏切らなかった。
リズムでチェケラッチョするハニーは、
伝説的ミラクルすら巻き起こす。
正しさとメロディ、
ロックンロールがファイティングならば、
行こうぜ!リアルなフューチャーナイスになるまでに、
どれだけの距離があるというのか。
ファイナルアンサーが伝説を伝えてくれる。
理解できる歴史が、究極的ミステリーに。
幅広い伝説になっていけば
いくほどに、素晴らしいトーク力が
生まれるような気がしたのさ。
ハーモニーで追憶の扉をこじあけるなら。
大好きなトゥモローだ。
なぜならそれを求めてくれる人がいるからね。
だから僕は頑張れるんだ。
サバイバルなチェンジングでも、
ミステリーでも憂鬱な開くドアでも。
退屈でも、世界観がミラクルでも、
価値を追いかけて、それでも閉じ込めて、
ニュールックパーティになれない僕を叱って。と笑った。
似てて当たり前。そういう場所だから。
そこで何かを見せたいという。
リズムが炸裂しているという。
果てしない努力に、ミステリーは呼び寄せる。
大胆不敵な活動の意味不明に、
理解するファンタジーを乗り越えていけるように。
重いパンチラインを忍ばせて、
それでもまだまだダンスを続けるなら。
リピートモンスターだ。
追従していくミラクルだ。
また始まっちまう。
歴史とその距離に向こう側にさせられたままに。
影響力はヒップホップだから、
傾向は結び始めるのさ。
大切なイデオロギーを守ってくれるのさ。
レベルアップがフィンガーアイランドならば、
マジックのミュージックの意味ですら照らして。
価値が揺るぎ揺らめくなら、
価値と追いかける僕にすら、
その距離は意味不明にさせられてしまうじゃないか。
リズムがケセラセラにならないのなら、
僕が感動的に生きているこの意味は何?
生み出した価値観が、メロディが、
取り戻す憂鬱を笑ってくれるなら。
ちぎられた誓い、
ファンタスティックなアイランドに至るまで、
価値を乗り越えてきた。
それでも究極を求めてきたんだね。
我々は何を目指す?
正しい方向性は教えてくれる。
やがて、やがてその声が突っ走れるように。
ハーモニーはダンスしていくように、
理解をファンタジーにするために。
究極的試行錯誤を伝えている。
歴史的ファンタジーがそれを乗り越える為に。
再びふざけられる時を見まごうことなく、
ラブリーにできるように。
ハーモニーは続いていくのさ。
レベルアップなフィンガーアイランドだからね。
リピート、アップサイドダウンな面白さがある。
トークバイトークしてくれるミステリーがあるなら。
究極的ファンタジーですら、
この極め続ける最高に対して、
礼儀を見せてあげよう。
理想像は建築するように。
理解はまるで共鳴するように、
いたちごっこなファイヤーを見せつけてくれる。
それでも僕が文章に拘り続ける理由が分かるかい?
果てしない道徳に、あるいはそれらが見せる狂熱に、
大胆不敵な行動に、サクセスなトゥモローを描く為に。
理想像、展開するミステリーにすら、
笑い飛ばす栄光を、
満ち溢れるダンスを教えてくれた。
ダンスダンスダンスでフィーバーしているだけだ。
理解しているからこそ、取り戻せない記憶がある。
ラブリーエンジェルがあるんだ。
ハーモニーが追随するように、
歴史はミュージックにしているんだね。
究極的メロディが集まるのなら、
素敵なファイナルアンサーを希望してよ。
ラブリーなハートを見つめなおしてよ。
歴史的ストイックが牙を見せてくれるなら。
常に我々は、君の行動に対して。
ラブリーな炎を照らしだせるように、
それはもっともっと超越していく為に。
言葉の世界を広がり溢れるようにするために。
希望的観測、ミュージック、歴史に。
正しさとメロディ、ミュージックを見せつけるなら。
その希望の方向性、宇宙になってまで。
エネルギーとして突破してまで、
伝えたかったレベルがあるという。
価値が、ユートピアが、ミラクルがあるというんだ。
理解するファンタジスタは、その距離をもって何を思う?
理解するファンタジスタに、傾向を生み出すように。
歴史的なクォリティを見せつける為に。
それでも僕は踊っていたいよ。
喋っていたいよ。意味不明な言葉を吐き出していたいよ。
リズミカルなパーティが踊りだしたんだ。
それはいわゆる究極かい?
リズミカルなダンサー、影響力とヒップホップで、
ダンスするミュージックにいたちごっこが結ばせる。
活動する興味が、
食べてしまう事実を明らかにするなら。
抵抗するなら、ミュージックすら虚ろに
移ろいゆくことになるのかな。
そんな自分を愛せるかな。
君は君を守れるかな。
勇気の使い方が分かるかな。
口だけは達者なあいつは、
きっとね恥ずかしがり屋だから。
鏡には映らないけど、
向こう側で君を見てるから。
歴史が、鏡が、魔法が宿っていく。
理想像、展開するミステリーが、
合同訓練決行してしまう。
レベルがダウンしてしまうんだね。
空中に浮いているレベルアップは、
歴史との兼ね合いすらも
ミステリーにして、
踊るようにファンタジーを乗り越えていく。
理想像、展開するミステリーに寄せて、
似通っているラブリーに、
チェンジさせる未来は踊りだしていく。
ハーモニーが追随する今を喜ぶなら、
素敵なファイナルアンサーを呟いてくれるなら、
理解するファンタジーは、ミステリーは、
その光景を求め笑い果たしていく。
レベルがダウンして、
メッセージは形、他人の世界と入り混じっていく。
それが分かるから嬉しいんだ。
楽しいんだよ。
果てしなく道徳に、
ミステリーを呼び寄せるなら。
ダンスするフィールドを、価値を、
乗り越えていけるならば。
素晴らしい抵抗かい?
メッセンジャーなベリーナイスかい?
大胆不敵な行動に、
ミュージックは彩りをまき散らすように。
僕は全宇宙をハッピーにするのさ。
歴史がクォリティ、それは大きな戦いだ。
俺は言葉でミラクルを引き起こし続けるのさ。
ファイティングトゥモローが表すように、
抵抗をメッセージにしてかいつまむなら。
素敵なファイナルアンサーが、
ギブミーバックしてくれる未来をいたわってくれるんだ。
儚く散り急ぐ、素敵なファイナルアンサーを呟くならね。
素敵な歴史を、ストッキングでラブリーにしてしまいたいのさ。
歴史はその果てで何を望むだろう。
究極的ミステリーが慌てだすように、
空間は空虚にいたちごっこにさせるように、
ハーモニーは伝説を、
それでも取り戻そうとして躍起になるだろうから。
鏡には映らないけど、
向こう側で君を見てるから。
リピートソングに、虚ろ、虚ろな天才になればなるほどに、
究極的ミステリー、追随する魅力に、
階段を駆け上るなら、
歴史的ミュージックは、虚ろにさせていく。
レベルアップなフィンガーナイスが、
形を失って僕の所で舞い戻ってくるなら。
レスポンスとハッピー、
求められて、初めて希望とかそういうことが言えるなら。
理解しているドリーマーが、
伝えてくれる魅力があるんだ。
素敵なファイナルアンサーが呟き続けるんだ。
理想的ファンタジスタが、
未来と栄光を見つめるように。
大切なロックンロール、
果てしない距離を生み出してまで、
ファイティングな気象衛星になってまで、
エネルギッシュに突破するファンタジーを、
越えていくリズムで立ちふさがった。
価値観とメロディならば、
宇宙をサンタクロースにさせるように。
空間は発表会をもって、
更に研ぎ澄ます言語力で対抗する。
果てしなさと追随する魅力に、
傾向はワンダフォーになっていく。
理想像、展開するミステリーにすら、
カテゴライズする永遠にすら、
旅立たせてくれるというのは。
理解する歴史、コントロール不能になっている理解者すらも。
栄光とメッセージで、繋ぎとめる未来がある。
歴史的ミュージックが、偽りが存在するなら。
抵抗するマイメッセージ、
大胆不敵なチョモランマすらも、
形に変えていくリズムに似通う。
大好きな天国に、
ミステリーなワンダフォーに、
食らい出す空間。
レベルアップなダンサーに、
見つめることを忘れられるなら。
空中に浮いているレベルアップだ。
行動ビジネスが、ときめくんだ。
果てしない行動とそれが生み出す美学。
美しさでワンダーランド、
夢中になっているレスポンスが、
笑い出すまで、ハートビートでユーロビートになるまで、
健康的なメッセージを追随させていく。
ドラマチックなワンダフォーは見つめ続けていくんだ。
理想像がそれを展開させ続ける限り、
俺達も夢を見ることをやめないのさ。
ラブリーハートが見つめているからね。
大好きなミュージックがうろついているから。
歴史的ストイックでも、カテゴライズされる今が意味不明でも。
抵抗がサクセスならば、影響力がヒップホップだから!
正しいメロディ、突っ走るファイティングに、
歴史的モンスターすら笑い出していくなら。
あなたのくれた言葉、正しくて色あせない。
でももういらない!
いつだってあなただけだった。
大切な言葉とフュージョンに買い込む失礼が、
大胆不敵に行動しだすなら。
歴史的メロディで、作り上げよう。
マストドンをして、なぜか元気になった。
リズムが炸裂、
自分だけの世界から、広がっていく気がしたんだ。
そこには確かに世界があったんだ。
ワールドワールドワールドだ。
意味不明ながら、価値は行方不明ながら、
自分の世界だけじゃ飽きてしまうんだね。
サクセスストーリーにエンジョイする、
未知のミステリーが踊りだすなら。
空洞な空港、サクセスなフルメタルに共同戦線を乗り込むなら、
価値というユートピアで、ダンスするミュージックを
笑い飛ばそう。
究極的メロディに逆らい出すほどに、
歴史的に置いてけぼりにさせる。
空同感、サクセスさせる為に。
クォリティは踊りだす。それゆえに。
たまらないほどの魂は、
歴史すら越えていくのだろうか。
ファンタジーアースがそれを乗り越えるように、
希望を大好きで彩れるように、
今だって僕だって必死なんだ。
価値観が揺るがすものがある。
求めたいものがあるんだ。
究極なるマイメロディが映し出すなら。
展開力で、サクセスをイメージしてくれるなら。
もう少しだけ。その声震わせてて。
照らし出しても、そこにいるのは一人だけ。
ミステリーがワンダーランドならば、
全てを見つけ出すことを天才的に驚かすなら、
クォリティとミュージック、虚ろになる天才に、
堂々とミステリーは呼び寄せていく。
大切な言葉、ミュージック、エイトビートに炸裂するビジネスが。
オーケーオーライしていく。
ドリーマーなチャンスをのけぞるように。
素敵がファイナルアンサーになるように。
究極的なミステリー、
追随するラフランスに、
俺は行動することができるのさ。
大胆不敵な行動に、サクセスするトゥモローに、
栄光が満ち運ぶ、
歴史がファンタジーを乗り上げていく。
果てしなさに追随させるなら、
リピートモンスターにチェケラッチョ、歌い出すハニーと
大切なドリーマー、永久に栄光を見つめる為に。
理想像、展開するミステリーが、
ワンダーランドを連れてくる。
理解している、ドリーマーをチェンジさせてくれる。
ロックンロールなハートオブドリーマー、
追従する矛先に、
ダンスフィーバーで価値を面白くさせている。
努力がファンタジーを生み出すなら、
空間的レベルアップにすら、
カテゴライズな天気予報にすら、
ミュージックとレベルアップでダンスしていくんだ。
ハーモニーで伝説的に、愉快になっていくレベルアップならば。
ロックンローラーなファイト、
理解しているドリーマー、健康的にサプライズだ。
意味不明な行動で、作戦的にメッセージを呼び寄せるなら、
空間的サプライズですら、栄光をまき散らす。
エイトビートな炸裂するビビンバに、
最高を見つめなおせる旅立ちから、
影響力がヒップホップにさせてくれるなら。
リピートソングであり、意味不明でもある
素敵さに、ミュージックに、大切なドリーマーに。
栄光として見せつける、
大胆不敵な行動としてサクセスさせる、
ドリーマーは栄光を見つめているのかい?
歴史的ファンタジーが、クォリティを求めている。
歴史的にロックンロールティーチャーならば、
捨てきれない意味すら踊りだしていくだろう。
ハーモニーが追及していくように、
それはまるで理想の方向性、
ダブルスコアでエンジョイするように。
歴史的ハーモニー、イッツラブだから。
ファンタジスタがミラクルを、
呼び寄せるなら。
階段的スクラッチで、
永遠を見せてくれるなら。
ロッケンローファンタジーで、
エイトビートを乗せられるなら、
歴史的、ストイックにファンタジー、
栄光を見つめる先に、
ファンタジーがあるなら。
究極的ミステリーが踊りだすなら。
ファイヤーマシンガン。
エイトビートで炸裂するビジネスに、
大きなメロディを尽くしたいが為に。
リアルなフューチャー、カテゴライズ、
正しいメロディを、
追随するミステリーすら、
ファンタジスタすら栄光を持ち運ぶ。
エイトビートに炸裂させるのがキャッツアイならば、
ファンタジスタすら乗り越えた私の気持ちはどうなるの。
価値が踊りだし、溺れだす。
ロックンロールファンタジーで、
歴史的素敵なストイックに、
ファイナルアンサーを呟かせるなら。
クォリティでダンスするメッセージにすら、
栄光を見せつけるぜ!!
ファイナルアンサーな希望的解釈が、
メッセージとして置いてけぼりにされるなら!!
理解するドリーマー、ファイティングスカイハイを
エンジョイパーティさせるから、
ハイテンションにナイーブに、
呟く世界観に、理想的コンタクトに!!
サプライズするゲスト、
意味不明なワンダフォータイムだよぉ!!
価値観ブルース、歴史としてストイックだぜ!!
究極的なメロディを笑い出すなら、
抵抗起きなくファンタジスター!!
栄光をチョモランマ、
素敵なファンタジスタに
栄光がサクセスさえるなら!!
太鼓判押してラブリーにしてあげるから。
空中分解しているリズムが、
大切さと行動で意味不明にさせられてしまうなら。
究極的ダンスすら踊りだそう。
ハイテンションなリピートが、ロックンロールが、
生み出されたかたっぱしから素敵さが
栄光のチェケラッチョになっているなら。
クォリティとしてダンスしよう。
イメージとしてまっすぐにしよう。
ファイティングスカイハイに、エンジョイパーティしてくれるなら、
理解する行動とロックンロールを、
果てしない行動とそれが作るイメージを、
歴史的ストイックに、活動するキャピキャピが、
ファンタジックエアラインで行動させてくれるなら。
リピートモンスターで追従されていく歴史がファンタジーを呼び寄せている。
リズミカルなこの鼓動を笑っている。
ドリーマーなチャンスが踊りだすなら。
理解するフューチャークイーン、
サクセスするトゥモローが栄光を結び始める。
リピートするメッセージが
とどろかすように。
驚かすように、ファンタジーは彩りを増していく。
関係なくなっていくんだ。
口だけは達者なあいつは、
きっとね。恥ずかしがり屋だから。
鏡には映らないけど、向こう側で君を見てるから。
歴史的ミュージックにトークバックするなら、
普通に見えていたあの日々でさえ、
価値観ですら、
ニューロックンローフェスティバルなら、
栄光を見つめるその先にも、
永劫の時が泳いでいそうで参るなあ。
大好きな瞬間を見つけてしまった。
出口のない迷路で、静かにその行方を。
始まりの世界を、エレガントに
認め続けてきたんだ。
止まらない歴史とファンタジーに、
クォリティすら結ばせるように。
リアリティはミュージックを運ぶのだから、
今更何もしなくてもいいのよ。
大好きなトゥモローが遊びにきてくれる。
サプライズなゲストを、
容易く裏切られた過ちを。
自分の家でみんな迷子です。
トナカイがサクセスするならば、
究極的ミステリーすら
笑い飛ばしてくれるなら。
理解をファンタジーにしてくれた
埋め合わせですらも、
価値ですらも、
ファイティングな世界観、ミラクルが魅力的に。
ロックンロール・フェスティバルを。
価値観でメロディにさせる歌い出しから、
ファンキーなローリングアウェイ、
行動とビジネス、チェケラッチョファイターになるまでに。
影響力、ヒップホップと意味不明に。
理解しているドリーマーは、
永劫を見つめるように。
大好きな明日を洗いなおすように
素敵な意味を開拓するように。
理解するファイター、
努力するアンチテーゼにまで、
影響力とヒップホップ、風に舞い散る。
大好きだからこその言葉があるんだね。
究極的ミステリーがあるんだね。
果てしなさと、追随してくれるミラクルは。
ファイナルアンサーで呟いて、ぶっ続け、
理想的展開で、行動させていくんだ。
理解がドリーマーに栄光を、
見下げる形がワンダーランドを伝えていく。
ロマンスが慌てだすんだ。
九十九里浜、
素敵なワンダーランドがミステリーを連れてきているから。
歴史的ハーモニーに、追従するミラクルが慌てだすなら、
その空間、リピートするメッセージにすら、
墜落するメロディを伝えておきたい。
リズムでケセラセラになるのではなく、
ふざけた未来に追随するのではなく。
果てしなさと道徳に、
メロディに、伝え忘れている今が存在するから。
リピートモンスター、追従するミラクルに、
いらつくから、果てしない道徳にすら、
カテゴライズにすら、
今を忌々しく思っている。
ロストプラネット、活動の意味不明になってまで。
究極的ダンサー、いらない、統率力が
ファンタジーで埋め合わせしているダンスすらも。
活動的アンチテーゼになろうが
ならなかろうが、
素敵なファンタジー、
クォリティで一途になっているファイターを、
目指し始めるその距離を、
埋め合わせする伝説を、
ミラクルで奇跡を巻き起こすその情熱を。
ハイテンションで嫌いになるかい?
メッセージは伝え忘れるのかな。
リピートモンスターで、
追従するミラクルが爆笑するなら。
虚ろな天才に、動き始めるリピートが
歴史を持ってサバイバルするなら。
価値とブーストするアンチアンドロイドなメッセージだ。
形を、ミュージック、ファイヤーサインを、
メッセンジャーにしてカテゴライズ。
意味もなくしたってどうでもいい。
価値観がブルースでもなんでもいい。
果てしなく行動する未来とミラクルに、
大胆不敵な行動に、
ロストチルドレンだ。
究極的メロディと、
甘いメロディが炸裂するなら。
抵抗をお化けキャンドルにしてくれるなら、
虚ろに見えたあの矛先。
大胆不敵な活動家すらも、
栄光がサクセスしている。
ドリーマーにチェンジしているんだ。
魅力的な未来を躍らせるなら、
空虚な空間、理解しているドリーマーにすら、
傾向がワンダフォー。
理解しているドリーマーが慌てだす頃に。
ファイティングスカイハイ、エンジョイしていくように。
理解するキャパシティ、
ロマンロックが歌い出す。
理解者とドリーマー、
栄光が見つめなおすように。
広がり溢れるように。
ダンストゥーダンスで
メッセージを正しくさせるなら。
空間的イデオロギー、突っ走る未来と魅力に、
ファンタジスタすら追いかけ始めるだろう。
空洞な空間と、
ファンタジスタな未来を驚かせる為に。
リピートする意味不明、
価値は行方不明でも、
探す道は置いてけぼりにされたんだよ。
それが分かるからさ、
いまとっても悔しくてさ。
リズミカルなワンダーランド、
トークバックするエレガントが存在する。
リミットならば、歌い出すためのハーモニーだ。
伝説的ミュージックに、
リピートするメッセンジャー、
クォリティでワンダーランドにする為に、
希望的展開、ミステリーな協力性に、
痛み入るよ。最高な着実な未来を洗いなおす。
クォリティでダンスするように、
黒い砂漠がイメージしていく。
果てしない努力に、あるいは未来を見つめられたのか?
理想像、展開する興味、虚無に対して、
ラベル貼ってラブリーだね。なんて
お前タイムリープしてね?
腹減っていらっしゃる。
大胆不敵な行動に、染まっていらっしゃるから。
果てしなくミュージックデイトゥザデイ。
ロマンチックが歌い出すぜ。
ハーモニー的ケセラセラならば、
ワンダーランドすら認められそうだぜ?
クォリティとワンダーランド、
夢中で無知してアイウォンチュー。
悲しいほどに、
究極的なほどに、
俺の型はなく。
サプライズなゲストを覆うようだぜ。
クォリティで発車タイムだ。
理想がうろ覚えでもディスカウントストアしてくれるなら。
希望的観測すらも操れるなら。
リピートさせる運命と、希望にあふれている。
ドラマチックなワンダーランドに、
ミステリーすら呼び寄せている。
大胆不敵な行動で、ロストプラネットだ。
活動する訳ないんだよ。
始まりでサクセスだ。トゥモローだ。
乗り越える勇気さえ預け合えるなら。
リピートするメッセンジャー、
数は儚くも散り急ぐ。
大胆不敵な活動を、意味不明で繕った。
大好きだからこそ止まらないんだ。
究極的ワンダーランドが走り出しているんだよ。
理解するドリーマー、栄光を満ち運ぶ。
大切にしているクォリティでダンスしている。
ドラマチックなワンダーフューチャー。
価値観を変えてまで、
ロックさせたかった。
ドラマチックになりたかったんだ。
希望的観測、ミュージックなカテゴライズですらも。
果てしない行動とその美学、
懐かしさに勝ちたいよ。
リズミカルな行動で、ロストジェネレーションだ。
悲しみをヒットさせるより、
興味が無いっていう言葉の意味。
大好きなトゥモローで、関係なくなるほどに。
それがキュートな永遠を作り続ける。
果てしない未来を笑うように。
メッセージにするように、
その言葉は木霊している。
ファンキーなもんちっちになっているから、
理想ビジョンは大変なんだ。
歴史をストックして、
ドリーマーなチェンジを追いかけている。
ロックンロールファイターで、
大切なものが見えそうだ。
究極的メロディに追いかけるなら。
落札パーティすら、描いた夢をメッセージに。
大切さとドリーマーだ。
影響力がヒップホップだ。
悲しいまでに俺の型はなく。
ロックンロールファンタスティックデイ。
ロマンが歌い出すぜ。
メッセージがクォリティだぜ。
ファンクション、びびってんのか?
埋め合わせするダンスすら、
勢いすらないままで。
クォリティと見違えた。
ラブリーハウスとエイトビートだった。
九十九里浜、
最果てのミュージックすら、いたちごっこだったのかい?
リズムがサクセスを希望するなら、
その為だけに走れるなら。
君の世界は一つだけ。
君は世界に一人だけ。
荒唐無稽にワンダフォーライフ。
ロックンロールがファイヤーならば、
別の世界に干渉した素晴らしい慟哭ですらも。
価値観ですらも、キュートになっていく。
理想像、展開するように、
ミステリーが踊りだすように。
ただいま。メッセージは伝えるか?
リズミカルな行動で、サプライズを意味しているから。
強力な味方で、ミュージックが移ろいゆくから。
ハーモニー的天才を、踊りだす空間を、プレゼンツを。
果てしない道徳、メリーゴーランドをクォリティにする為に。
理想像、大切にするような、ハーモニーで歌い出す為に。
理解する距離と、ダンスフィーバー。
形に思い出して、
ラブリーなコールは歌い出すように。
ハーモニー的伝説で作り続けるなら、
理解できることはなんだい?
リズムが炸裂なキャパシティだ。
埋め合わせするダンスを、
いつの間にか希望させた未来を。
大胆不敵な活動を、それに伴う生き方で照らして。
ファイヤーマシンガン、
エイトビートは炸裂していくだろうから。
俺にはまだやり残していることが。
ラブリーなハートで、うつ伏せになるファイター。
大丈夫な世界観。未来との兼ね合い。
ダンスフィーバーで価値をたゆたうならば、
栄光の道筋、嫌いになるほどに。
抵抗、サクセス、埋め合わせが起こすダンスだ。
リズミカルに永遠を求めていく。
理想像、建国する為に。
ロックンロールはヒストリーだった。
意味不明は価値観だったんだ。
頂戴したいメロディ、
白熱の狂熱に、踊りだす運命すら
笑い出す。展開力で牙を無い物ねだりするなら、
理解するファンタジー、歴史がクォリティを求めている。
大好きなトゥギャザーで永遠を笑い飛ばせるなら。
一致しているモンスター、
歴史を光景で笑い飛ばしていく。
理想像、展開させるように。
行動は意味不明になっていく。
追及の新しい側面だ。
大好きなルーレットを守るんだ。
果てしない行動とその美学。
歴史は究極を、
ミステリーは追及を求めていく。
ロックンロールフェスティバルだ。
空虚な空間、歴史を新しくさせるなら。
極め続ける嘘がある。
大切さのリミッターがある。
崩壊する歴史と、コントロールする
メッセージがあるという。
リズミカルにダンスするなら、
謙虚な炎で見つけてあげたい。
リアリズム、追及するいたちごっこにすら。
果てしなさは横暴を極めていくよ。
理解するドリーマーをまさぐるように。
ハイテンションはメッセージをまさぐっていくよ。
ハーモニーで追及する新しさ、
光景を笑い飛ばせるなら。
空間でメッセージは、イデオロギーになっていく。
理想像、展開させるミラクルにすら、
うろつく未来を、新しい空間を。
理想を、メッセンジャーを形にする為に。
理想的展開、でももう終わりそうにないさ。
ダブルスコアだからね。
古本屋で探す、心に合う言葉。
リズムでチェケラーできるかどうかがハートだぜ!
ロッケンローファンタジーが、クォリティを呼び寄せているぜ!!
止まらない究極に、
ミステリーは笑い出していく。
ロマンロックがファンタジーだぜ!!
クォリティが異次元なんだぜ?
突破するファンタジーを越えていくリズムに、
開拓する文化はそれなりに。
希望的観測をまさぐるように。
大切さとドリーマー、
影響を永久に感じていくような。
理想像、展開、笑い出す究極に、
音飛び、笑いあげる。
リミックス、活動家は笑い果てるのさ。
イデオロギー、突っ走るだけなのさ。
ファイティングトゥモロー、
暴走して想像して、
ラブリーコールは浮き輪を果たして、
リズミカルな行動に照らし出されていく。
半端ない楽しさは、誰が何を見せつけているのか!!
行動のロックンローラーが目指すものがある!!
大切なフューチャー、価値観を取り戻せるように!
空間的メッセージに、偽りすら展開されてしまうなら!!
究極的に踊りだそう!
ファイナルアンサー?
毒々しい音色、初めましてな混同だぜ!!
リアリティファイトだぜ!!
究極的ミステリーなんだぜ??
発表会は理想的なんだね。
空中庭園すら、
メッセンジャーな価値観にしていくなら。
歴史とファンタジーは埋め合わせしてくれているのだろうか。
ハーモニーは歌い出すはずだから。
メッセージはオフにしていく。
ロベルトカルロス。伝えたいミラクルが暴れ出すんだね。
未来に生きる、世界を生きる。
大胆不敵な活動家だ。
意味不明なレベルアップだ。
堂々としてるミラクルなんだね。
活動するアンチテンションに、
ラブリーハートにミラクルを頂戴したいなら!!
究極なるディフェンス能力を、
追随するミラクルを、大切にするために!!
希望的観測?宇宙が閉じ込められているぜ!!
半端ないキャパシティが暴れ出すように!
夢の中でチャットモンチー達と会っていた。
喋っていた。
くみこもいたよ。
なんか懐かしいよなあ。
なんか嬉しかった。
憧れの人たちと、ミラクルを飛び込んでくれたから。
理想的展開、ロックンロール、歌い出す、
何かがはじけだすんだね。
究極なるミステリーは追随していくように。
理想像は笑う為に。
機械人形、大好きで止まらないのかい?
理想像、展開するミステリーにすらなれないのであれば!!
窮屈な世界観を笑い飛ばそう!
リアルなヒッチハイク、
堂々としたミラクルで生きていこう。
ラブリーハートを求めるのであれば、
ロマンロックなファンタジーアースに、
メッセンジャーな価値観にしてしまおう。
リズミカルな行動ならば、
俺は次の作戦を計算している。
ドリーマーなチャンスをうかがっている。
ロックンロールがいたちごっこなら、
なんとしてでも生き残ってやるさ!!
ファイティングする意味を越えていきたいなら、
理解の共鳴、ワンダフォーの疲れ方も全然違うぜ!!
ハイテンションな行動が後ろ側だ。
その全てが言語化されている、
リズミカルにそれでいてマックスに、
ファイティングな世界観を彩るように!!
究極的ミステリーが追随していくのさ!!
半端ないリアルが止まらないんだね!
空間的メッセージが、それに伴う笑い出す何かが。
始まる究極が、その先が見たいんだ。イェー。
飛ばし、飛び出す空間を、
理想像、展開するミステリーを、
頂戴するミステイクを、
幅広いスイッチを、
カテゴライズさせる意味不明を、
それに伴う価値観を、
メロディで突っ走るメッセンジャー、
価値観はブルースだから、
サプライズなゲストを閉じ込めるように!!
ハーモニーは追随させるように、
金魚のお菓子を食べてまずくて吐いた。
あの夢はなんだったのだろう。
価値観はブルース、共鳴するファンタジスタは、
栄光と共に受け継いでいく。
ファイティングなスカイハイ、エンジョイパーティだ。
ロッケンローハニーに、
エイトビートすらのけぞってしまうなら。
価値を呼び寄せよう。
大好きな展開を笑い出すように。
空間は未来を食べるように、
だぶつくように、ファンタジスタな未来は追いかけてくる。
理解しているドリーマーが、チャンスを差し出してくれるなら。
空間的メッセージを追いかけるなら。
ファイティングブラザーズ、
栄光を逆らい出すまで。
大切さとイデオロギー、
突っ走る永遠と、ミステリーライフに、
メッセンジャーな形に閉じ込めるまでよ。
大好きなトゥモローで、遊びまくる。
天才的な天使たちは、
それでも距離を置いて遊びまくるのかい?
リアリズム、それに追随し追及するミステリーライフは、
メッセンジャーの価値観すら、
横暴な世界観すらも、
道徳、未来の地図。
ファイティングドラゴンだ。
要するに究極なんだ。
ファイティングブラザーズなんだね。
クォリティとうつ伏せなんだ。
理解しているドリーマーが、
栄光を見つめている。
そんな距離を、愛おしさをメッセージにしてくれている。
正しさとワンダーランドを見つめてくれるなら。
ビリーバーなファイトに、エンドロイドは
ミュージックとして結ばせてくれる。
ロックンロール・ファンタジーをクォリティとしてうつぶせに、
サイバーエージェント、
未来と着実にロックンロールだから、
ファイターは愉快になっている。
ドリーマーなチャンスは、うつ伏せ、世界観を越えている
メッセージに、置いてけぼりにしている。
正しさとメロディ、うつ伏せにするファイティングで、
価値観はミュージックに踊り続ける。
ファイナルアンサーな希望に、
大切なミラクルに音飛びを見抜くなら、
素敵がファンタジスタなんだ。
影響力とヒップホップであり、
カテゴライズする意味不明がのけぞるなら。
素敵なファイナルアンサー、僕とボクサー、
大切なニューリズムに、
ロマンロックなファンタジー、
クォリティすら歪になっている今日のウソは、
退屈性、イデオロギー、
突っ走るようなメッセージですら、
クォリティですら変わっていくんだよ。
始まりのケセラセラなんだよ。
価値観がユートピアだ。
プエルトリコ、君にトリコ。
大好きだからこそのメッセージだ。
クォリティが歌うファイティングだ。
価値観とメロディに突っ走らせるなら、
ファイターズハイ。リピートオブザメッセージ、
クォリティとワンダフォーに、
メッセンジャーな価値観すら置いてけぼりにされるなら。
空中分解、
理想でメッセージをつぎはぎする。
宇宙とワンダーランド、メッセンジャーな価値観と、ミリグラムだ。
大切、言葉の挑戦。
リミットが叫び出すなら、
空虚な空間で閉じ込めるなら、
ファイターズハイだ。
サスペンスすら魅力的だ。
ワンダーランドにミステリーだ。
究極的メロディ、食い入るように見つめてる。
理解するドリーマーを、栄光を、永劫に描くなら。
フューチャーアイライン、
行動とビジネスと、ファイヤーマシンガンに
伝えられるなら。
強力なミステリーでワンダーランドを目指してくれるんだ。
リピートでソングライティングしてくれるんだ。
ハーモニーで追及、全ては計算されている。
ドラマチックなワンダーフューチャーを望み続けるなら。
正しい未来と、狂熱はワンダフォーになっていく。
理想像的展開に、ミステリーすら追いかけてくるなら。
リピートメロディ、
ミュージックは器を試し続けている。
理想像と、その展開に踊る、ファイターがいるのなら。
存在しているのなら。
歴史とミュージック、偽りと帝王に、
サクセスするトゥモローすら笑い飛ばしそうだ。
記憶がメッセージになり、
どげんかせんといかんってなりそうだ。
究極的メロディが見つめてくれるなら、
ファイナルアンサー、鼓動がワンダフォーだ。
歴史的メロディ、クォリティで歌い出すように。
ハーモニーでワンダーランド、
世界観を生きる為に。
行動的に理解不能になってしまわないように。
運命のせいにしないように。
僕は明日を、あなたは彼を、
メッセージ、届く。
あなたに嫌われるのは一向に構わないけど、
犬っころに吠えられるのはさ、
なぜか随分とこたえるんだ。
だるまさん転んだの逆再生。
正しさとワンダーランドが究極ならば、
歴史的メロディで、ダンスするミュージックに。
正しさとメロディ、究極性が音を飛ばしていくぜ。
ハーモニー的追及に、ミステリーが閉じこもるなら。
素敵なファイナルアンサー、呟いてくれるなら。
理解する歴史、ファンタジスタ。
ロックンロールファイターで、
埋め合わせするダンスが、
行動のロックンロールパーティにさせてしまうんだ。
クォリティとメッセージ、
置いてけぼりになった、
ファイティング世界観、未来とスケッチだ。
ダンスホールでエンジョイしているミラクルがある。
理解しているドリーマーは、栄光と見つめるダンサーを、
ミュージックにサスペンスを伝えている。
大切な言葉、エンジョイパーティで、
流浪に歌い出しているハーモニーで、
歴史はフュージョン。
価値観はメロディになりながら、
究極的ダンサーは踊りだしていく。
ハーモニーと天才、
一途な未来を階段を上っていけるように。
だるまさん転んだの逆再生。
リズミカルな行動と明日に、
メロディックラインの追随に、
轟く世界観、
魅力がファンタジスタ、
正しさとミュージック、
美しさとメロディ、
壊しだす未来、
ファンタスティックアイランド、
歴史的踊りだす空間に、
ロックンロールパーティを目指し始めるなら。
究極的ファイナルアンサー、
呟くセレブに、大胆不敵な笑いをプレゼントするなら。
究極的メッセージ、踊りだす世界観に、
夢中になっている暇はないと。
リズミカル、行動の着実性、
ロマンチック、歌い出すハーモニーが都合が悪いように。
ダンスオアダイだ。
飛び出す空間に、サプライズすら興味にさせていく
ミステリーがある。
究極的なまでのメロディがあるんだ。
嫌いになれるのか?トークバイトークなのだろうか。
理解する歴史、究極的メロディに、
突っ走る意味がアンチテーゼならば。
究極的ミステリーすら、
笑い飛ばしてくれそうだぜ?
究極なるファイナルアンサー。
君と舞踏会。
リズムがサクセスする協力するディフェンスならば、
活動する意味不明にすら、
歴史的コンタクトにすら、
栄光にすら、満ち溢れさせるほどの、
究極的ファイナルアンサーになっている。
ドリーマーなチャンス、
疑うことなど知らずに生きている。
ドラマチックなワンダーランドが目指す場所があるなら、
けらけら笑う赤ちゃんにも、
大切なドリーマーにすらも。
栄光を見つめる、ワンダーランドに近づくまでに。
世界観、ミラクルと調節するんだ。
価値観、ブルースで孔明の罠にさせられるんだ。
究極的ミステイク、
堂々としていくから。
ロマンが歌い出すハーモニーが、
追及するワンダーランドならば。
クォリティとミュージック、
虚ろになる天才に、
未来が笑い出していくんだ。
世界観とミュージック、美しいものを携えるように。
僕には何かが足りなかった。
それでも究極が踊りだすならば、
健康的なワンダーランドを見つめている。
ドリーマーなチャンスを、
それでも求める勇気という名前の結晶を、
大胆不敵な行動させる、
意味なんかなくたって踊りだす。
理解するドリーマーを、
栄光を見つめてあげるからね。
その存在価値をはかる。
リミットにリミックスを伝え始める。
理解するための究極は、
ミステリーワンダーランドを
のけぞらせるように。
初めに魂が宿ったのはいつ頃だろう。
究極的ミステリーがまた笑い出す。
健康に生きることが埋め合わせするダンスを躍らせていくならば。
究極的アンサーが次への言葉を拾ってくれるなら。
素敵なベイベー、逆らうほどに。
ロマンロックに歌い出すならば、
歴史的フュージョン、可能性とブギウギだから。
歴史的ストイックにラブレンジに、
崩壊していくミステリーワンダーランドならば、
クォリティすらマイメロディにさせていく。
希望的展開が笑い出していくんだね。
理想像、かいつまんで新しくなってしまう。
閉じこもるファイティングロードは、
見せつけるダンサーを躍らせるように。
究極的ミステリーをワンダーにしていくように。
活動は更なるミラクルを追いかけ始める。
また僕は言葉を紡ぐことができるんだね。
大切なものを手に入れた気がしたから。
ロックンロールはファイティングを、
価値観はブルースを、共鳴するいたちごっこにはファイヤーを。
正しい世界に影響力を、
溶かしてろ過してぼかしていくなら。
価値観とミュージック、偽りと展開力で、
差し出す光景を。
ラブリーなハートを見つめていく。
ダンスフィーバーで影響力なんだ。
リピートさせるメッセージを、
かいつまんで世界観にするなら。
抵抗するメッセージが現されていくなら、
希望とファンタジー、歌い始める嘘にすら、
退屈な世界観は踊っていくのさ。
ラブリーなハートがそれを見つめ続けるからね。
大切なドラマ、
ファイティングな世界観、
ミラクルをちょんぎるほどに、
サプライズゲストは乗り越えていく。
ハーモニーで歌い出すその謙虚な然るべき印は
追いかけるように。リピーターをブーストさせるように。
興味は卓越していくし、
ダンスホールで永遠が見つかっている。
ロマンがロマンチックに
素敵にファイナルアンサーを呟くなら。
リピートする永遠にすら、
食べる歴史をファイティングロードしそうだぜ。
究極的ミステリーが、ワンダーランドで伝えてくれるなら。
ハーモニー的伝説に、スクラッチする永遠と、
飛び跳ねる感情を。
理解しているドリーマーを、伝えてなお余りあるこの感情を。
理想なのかい?リズムなのかい?
大胆不敵な行動と、サクセストゥモローに栄光を見つけてくれるなら。
ファイティングアウェイ、道徳の調整、
大胆不敵な未来のイッツラブ。
コミュニティは更なるものを追いかけ続ける。
リピーターとブースト、
イメージとララ展開させるなら。
大切なドリームを生き急ぐように。
ファイナルアンサー、呟くセレブのように。
ハーモニー的な伝説が、スクラッチを削っているのさ!!
命を削っているんだよ!
理想像、展開されるならミステリーワンダーランドだ。
それとの常なる戦いなんだよ。
要するに。
希望とファイヤーは、メッセージを連れてきてくれるからね。
儚くも美しい、メロディで重ね重ねしていく。
果てしない道徳に、巻き込まれていくんだ。
正しさとメロディ、窮屈な世界。
理解しているドリーマーに、ファイトスタイルは運命を耕す。
価値観とメロディに、逆らい出すように。

正しい相対性理論~~~!!
突破することに念じる?
キャパシティを感じちゃったのかな?
そればかりじゃねえよってことも教えてあげたい!!
なんでそんなすぐつまんないこと言っちゃうの?
リズムで炸裂しているポテトになりたい!!
はまり込む伝説なんだね。
スクラッチも削れない栄光に何があるのかっていう。
果てしなく道徳を守り抜きたいと。
理解できるドリーム、栄光を見つめている。
大胆不敵な行動に、ロストチルドレンに。
大好きなハーモニーすら笑っていくのさ!!
大胆不敵な行動であり、サクセスの為の秘密なら!!
世界の果てまでワンツー!
おどりつくちて。
でも窮屈だなあ!
ほんま窮屈やねえ!ファイト。
ミラクルチェンジングする未来が、相手にしまくり!
行動のビジネスがときめく方向に。
リライトしてメッセージが、またこわもてだよぉぉ!
走り出したボキャブラリー、
君はもう止まらないなら。
活動的展開ですらも、それらが生み出すキャパシティですらも!
bmiの平均値?大胆不敵な行動する、
力学でファイティング。
価値観でミュージックをソリューションしていくぜ!!
この世界のことだったら、大体わかったから連れてってよ。
来世ってとこに僕を早く、引っ張っていってよ。
そんなけったいなこと言えるお前には
人に生まれるにはちょいと早すぎたよ。
そりゃね丑寅ひつじさるにもなるには
100万年かかると思いますよ。
正しくメロディに、
それでも言いたいんだなあ。
複雑なコミュニケーション。
ラブリーエンジェルで叶える夢がある。
退屈な方向性?
割とマジで作りたいぜ!!
究極的ミステリーがあがくならね!
正しいメロディが、相手にしようと掴みかかる。
リミットなら疑いすらも深いんだ。
食べる興味がミステリーを連れてきている。
それは、ラブリーだから。
意味不明だからこそ、
生きる境地を教えてくれるんだ。
リミットを伝えてくれる。
それができるから影響を、
ただならぬこの生き方を、
選ばせてもらえたんだよ。
始まりはケセラセラさ。
ワンダーランドを見つめていくのさ。
それがラブリーハートであり、
器の試される永遠なのだから。
窮屈な世界だったとしても、
それを愛せるか。
リズムがチェケラーファンタジーになっているなら
致し方ないだろう。
究極なるメロディに訪れさせたなら。
ファイティングアウェイなのろけだし、
サプライズ、影響力であるならば。
それでいてヒップホップ。
カテゴライズする興味に、虚ろな天才は踊りだす。
私はここにいるよ。
果てしなく道徳を結びつける。
歳月を越えて、
アタックするミラクルが訪れる。
価値観とファンタジアが訪れるのさぁ!!
大胆不敵な活動家?
意味不明に啓もう活動だぜ!
サバイバルに影響力がヒップホップ?
形ばかり閉じ込めすぎても意味がないぜ!!
ロックンロールと共に生きるのさあ!
大好きだからこそ謙虚な生き方さぁ!!
ドリーマー!チャンスを与えよう!!
リズムに切なさライセンスをプレゼントしてあげよう!!
果てしなさと道徳に、
あるいは未来と劣悪コンディションに、
リズムがチェケラッチョファイターだぜ!!
クォリティが踊りだすんですよ??
ドリーマーなチャンスをやるぜ!!
トークバイトークしていく意味をプレゼンツだあぁ!!
ロックンロールパーティなのだ!!
ロマンチックを吐き出すのだぁ!
究極?動いてる、スナイデルが動いてるよお!!
ファンキーなもんちっちに負けそうなのだ!!
大丈夫、あの痛みは
クォリティイイイイイイイイになっても
消えやしない。
つまりラブリーなのですね!
ラブリイイイイイイイイなんですね??
覆すリミットだぜ!
ファイティングチェケラーだぜ!!
クォリティが笑い出しそうだぜ!!
歴史がファンタスティック?
興味ないことは移ろいゆくようだぜ!!
最高なキャニオン、
大胆不敵な行動の美学にだよ!!
サクセスストーリーが待っているという。
リズムが炸裂しビューティフォーになっているというんだ。
機械人形すら踊らされてしまいそうだろう?
窮屈なミステリーならば、
栄光と満ち溢れる展開ならば!!
ファイティングブラザーズを見せてあげよう!!
リズムがチェケラッチョする場面を教えてあげよう!!
果てしなく堂々と、浪々と生きるハーモニーだよ!!
追及するミステリー??
踊りだすからこそのファイナルリターンだ。
謙虚にラブリー、チェックザナンバーしてやるぜ!!
ハイテンションなイデオロギーが
突っ走るんだぜ??
究極的ワンダフォー!
アイランドに慟哭な超宇宙を目指させるなら!!
クォリティと共にダンスする宇宙をまりもっこりで
伝えるというのであれば!!
ファンキーなモンチーなもんちっちがキャパシティだぜ!!
うろつき天才が呼び寄せてくれるぜ!!
ハーモニーを追及するいたちごっこに、
未来すら共鳴していきそうだぜ!!
半端ないリアルが僕を閉じ込める。
活動停止?いわゆる残念でしたーww
始まる世界観。
ずっと付き合っていくというミステリーに寄せて、
大胆不敵な行動はサクセスを待って飛んでいく。
理想像とその展開に、
ミステリーすらも追随させながら!
かかってこいワルプルギスの夜!
ハイテンションで生きていくぜ!!
未来がないことにも同意!
ファイファン歴史を開拓するぜ!!
文化が落とし込む栄光があるんだぜ??
ロマンチックなファイヤーが潰されていく。
ルールが崩れていく。
理想像、展開するまで。
見まごう事なきラブリーにさせるまでよぉ!!
大胆不敵な行動とその美学に、
大切にしているメロディに、
白熱する文化!共鳴するワンダフォーが、
近づいてくれるのね!!
大好きな明日が呼び寄せてくれるのね!!
ファイティングブラザーズを展開させてくれるのね!!
ヤバイヤツがハンター志望だ!
理解の歴史がコントロールされるっきゃないぜ!!
大胆不敵な居候だ!!
素敵すぎるコンタクトを守るために!
理想像が建国されてしまうのですか!!
果てしないメロディを呟き続ければなあ!
でも安心してくれ。君は君を守れるかな。
勇気の使い方が分かるかな。
君はきっと苦手だから。
できることなら僕も手伝うから。
歴史的メロディで置いてけぼりにされた!!
空間的サプライズで意味がなくなるように!!
ファイナルアンサー?
そう、改革なんだ。
素敵がファンキーモンキーベイベーだぜ!!
空中に浮いているレベルアップが求めだすぜ!!
歴史的にファンタジーなのですか??
覆すリミットすら笑っているということだよ!!
始まりは奇跡的なのさ!
運命のように踊りだしている。
究極なるファンタジスタがそれらを求めるなら!!
食い入るように見つめる瞳にも、
素敵なファンタジーを越えていけそうだぜ!!
究極なるファンタジアが求めてくれている!
事実俺達が素敵なファイヤーになれているのは、
君のおかげじゃないじゃないか!!
リズムがチェケラーファイティングなら、
居候が展開するミステリーを呼び寄せるなら、
夢中になってやるよ。
半端なくな。
リアリズムに闘魂注入させてやるよ。
リピートアフターミーがそれを欲しがるならな!!
大切な努力、埋め合わせする根底からの覆しに、
リミットすら、ファイターすら、
踊り散らかす運命すら笑わせてくれるぜ!!
はくしょん大魔王?
つかずはなれず絶妙な接客だぜ!!
半端ないリアリティが
結び付けてくれる永遠があるんだ!!
リズムがケセラセラならば、
ワンダーランドすら見つめてくれそうだぜ??
半端ないリアルに閉じ込められんだ!!
それって素敵じゃない?
リズムってケセラセラじゃない?
生み出した形、運命、
轟く場所にまで永劫を栄光に見ていたいぜ!!
最高なテンション、エクステンションで
ラブリーを、もってけもってけ!
ファイナルフュージョンな形を、
目指してまだ余りある素敵なナイーブを!!
つらいことがあったのね。
リズムがケセラセラなチャンスだったのね。
移ろいゆく天才に、あるいは何を求めていたの?
覆される理想に、
大切にされてなお、
輝く今日を。
リミックス、活動家の永遠が見た!!
大好きなトゥモローが笑い出したんだ。
究極ってこんな感じなのね。
リピーターが意味不明にブーストされていくなら!!
展開上のもっちもちすら、
栄光が笑うその瞬間すらも、
脈々と受け継がれてきた何かがある。
究極なる生きがいが求める方向に!!
リズムがケセラセラで踊り続けるなら。
ファイティングモードでチェンジさせていくぜ?
半端ないリアルが及ぼす影響に、
俺が認めるケセラセラに、
ワンダーランドすら見違えるように、
素敵になりますように。
未知なるファンタジア、
行動のロッケンロー。
痛々しい程憎たらしい程、
細胞がやっつけ仕事だぜ。
クォリティをうつぶせにすりゃーな。
歴史的展開に踊りだすぜ!!
クォリティ的なダンスで、埋め合わせするこのガイダンスすらも。
影響力がヒップホップで、カテゴライズしてくれる運命ならば。
ときめくしかねえ。踊りだすしかねえんだ。
ラブリーな炎が影響力だ。
抵抗力が花咲かせる未来があるぜ!!
トーク力でイメージしていく。
リライトはファイトを求めて、
片付けられていくんだ。
理想像は展開するように、
奇妙は折れ曲がるように、
素敵なファイナルアンサー、
倍になるらしいさ。
それを天地がひっくり返るまで叫び続けても、
リピーターは踊りだす。
理解が堂々と、花を取り出すんだ。
価値観とミュージック、ラブライバーな
素敵なファイナルアンサー。
孤独に毒々しいリズムだぜ!!
クォリティはファンタジスタを、栄光を見つめるように。
正しさと、ワンダーランドに近づくたびに。
リズムがチェケラッチョな炎で灯されていく。
希望がファンタジアになっているのね!!
大胆不敵な行動の産物だよ!!
リズムがサクセスへと飛び出していく。
理想的展開が終わらないように、
それでも君が笑うように、笑うようにと。
リズミカルなダンサー、
孤独の狼煙をあげろ!!
ファンタスティックなアイラブユーになってみせるぜ!!
ファイトスタイルでジャッジメントチェーンだぜ!!
ミラクルエンジョイボーイだぜ!!
連れてきたミラクルがファイターを呼び起こすのかい?
そりゃー素敵だね!
感動がステゴザウルスさ!!
大切な鼓動とワンダフォーと共に、
空間は炸裂するチョコチップになるのさ!!
大切さがドリームだろう?
歴史的ストイックに嫌われそうだろう?
ロックンロールがティーチャーなのさ!!
ラブリーなチェンジがそれを求めだすなら、
嫌い出すなら最高なコミュニケーションだ。
炸裂するビジネスと、
オーケーオーライだ。
人をおもちゃみたいに扱いやがってー!!
理想像的天才に、偽りの炎を灯されてしまいそうだぜ!!
世界観にイデオロギーになっているのかい?
世界の意味は、越えていく理想は、
まだまだ君を守ってる。
凍てつくようなその理想を、拒んでる。
素敵がファイナルアンサー、
僕とボキャブラリーなのさ。
退屈なせっかちな男だ。
歴史と究極が笑わせるなら、
展開していくミステリーになるのなら、
覆すリミット、疑いたいのも分かる。
君だから分かる。
歴史的究極に、偽られるように。
ハーモニーは伝説的に、クラックしていくから。
理想的展開は持ち運ぶように。
過ぎていく。
時はいつも過ぎていく。
理想は追随するハニーを、
それでももどかしく、
ラブリーにするために謙虚に。
リピーターはブーストすらエンジョイさせていくから。
理想的展開を、トゥモローで現していくから。
理想像、歴史がファンタジーを乗り越えた瞬間、
いけとしいけるものが輝く未来を見たんだ。
ただならぬ鼓動とワロスが、その先が見たいんだ。
ロマンロックならば、ファイターを目指すしかねえ。
努力的光線銃、大切にするしかないのね。
ハーモニー的な追及は、
それ自身をミステリアスに。
努力の方向性、間違った方向性さえ、
虚ろな展開にさせていくんだ。
理想像が育んでいくんだ。
大切な努力と、
かいつまむ影響力が混在している。
リピートするメッセージが、
偽りの展開で驚きつつ、笑い出している。
究極なるファンタジア、
メッセージが強力にになるなら。
トークバックしてくれるなら、
ミステリアスと距離をはかろう。
大切なリズムで、荒唐無稽なダンスを笑いながら。
空中庭園のような、
ファンタスティックを興味として
サクセスさせていけるなら。
努力をかいつまみ、
影響力はヒップホップになっていく。
理想像が展開されていくんだ。
理解しているドリーマーが慌てだすんだ。
究極的ミステリアスだろうと、
横暴だろうと、逃亡だろうと関係ねえ。
とりあえずそんな問題じゃない。
理解している努力が、ファイティングする宇宙が、
その先を教えてくれるから。
ロマンロックが蠢きだすぜえ!!
サプライズだぜ?
究極的ミステリーなんだぜえ!
伯爵、行動とロストプラネットとは。
片割れの作った未来とは。
エネルギー、突破していくファンタジスタだ。
傾向が分かる範囲だ。
炸裂するブルースなんだね。
正しさがワンダーランドだぜ!!
空中に浮いているぜ!!
レベルアップがアテンションだぜ!!
歴史的?クラッカーにワンダーランドだぜ!!
クォリティが置いてけぼりに、
僕は僕自身をそのストーリーに、
そこでかき鳴らされるその音に、
鳴りやむことのない拍手が響く。
リピートする為の追随と、
新しさを努力させていくから。
ハーモニーは伝説を携えるように、
価値はその迷宮で音を飛ばすように。
だってさ、わざわざ、
広いこの世界の、
端っこやナイーブな
適当な世界観に、
魅力すら感じたのが現実やねん。
大好きなトゥモローが、ワンダーランドだぜ。
究極的ミステリアス、
行動の美学がときめくぜ。
ファイヤーシスターズ、
健康法でも教えたいもんだ。
リズムがサクセスストーリーだ。
追及する今がミステリーなんだよ。
ロッケンロー・ファンタジーが歌い出すぜ。
ハーモニー的な展開で笑わせてくれるなら。
リピートソングライティングだ。
悲しい魅力がフィナーレならば、
素敵な嘘で妄想してあげるよ。
理想像、取り立てても愉快愉快。
ロックンロールなヒストリーに、
伝説的クラッカーに合わせるように。
行動的なのはロストチルドレン。
素敵なファイヤーマシンガンを伝えてくれるか。
ロックンロールでありハニー、エイトビートは望みだすだろう。
理解を越えて、何を求めるんだい?
リズムとただただ愛し合うのか。
ヒップホップな形だ。
サプライズが呼んでいるんだよ。
我踏み越えたり。
リビングデッドの白昼夢の中に現れた。
我ここにあり。
サバイバル、影響力、
閉ざした未来ですらも、
価値が歪む。視界がにじむ。
果てしなさを追憶の陰に、
飛行する物体に運命すら感じながら。
リピートするメッセージは、
それでも意味を投げかけている。
新しかった。究極的だった。
ハーモニーはいちはやく、伝える場所を探しながら。
リピートしてくれている。
ドラマチックなワンダーフューチャーを駆け上るように。
空間は歴史を追いかけるように、
半端ない理想が追求してくれる。
大して面白くもねーサスペンスが。
理解が、遠く。メッセンジャーが近づく。
リアリティをブーストさせるように。
興味をサクセスさせるように、
歩いていくんだ。
ハーモニーで伝説が突っ走る。
勢いでもって、永遠が虚ろになっていくように。
ハーモニーは歌い出すから、共鳴していくのさ。
ラブリーコールを追随している。
ワロスが歌い出している。
ドラマチックなワンダーランドだ。
空中庭園バビロンだ。
宇宙の向こう側に、素敵さとドリームが。
描く異常気象、ラブライバーが。
大切なドリーマーが、
生きているからこその。
素敵なファイティングを、見せたいんだ。
その先が見たいんだ。
リズム、ケセラセラでワンダーランドを
見つめてくれる。
リピートソングライティングだ。
価値が蠢く。果てしなさが堂々と。
ミラクルに込める色んな意味を。
階段をのぼっていき出来上がって登場。
ロマンロックに歌い出すだけだ。
キャミソール、形になるだけなんだ。
ハイテクニカルにノックアウトだ。
炸裂するビジネスと、オーケーオーライだ。
究極的なミステリーワンダーランドだ。
共鳴しているワンダフォーアイランドなんだね。
窮屈なメロディを愛せるなら、
クォリティで伝説が飛び出せるなら。
空間的レペゼンだ。
果てしなさと共にトークしている。
ドラマチックなワンダーなフューチャーが、
確実性、彩り、ミュージックにさせるまで。
勢いづいていくまでに、
ファイティングコールを見せることができるのか。
リズムでケセラセラ、ワンダーランドを見守るように。
素敵なファイナルアンサーだ。
呟く僕だけセレブリティだ。
伯爵、堂々とミラクルに。
階段を上っていく。
理想像、展開されていくんだ。
ハーモニーと、それが求める挑戦。
リピートするメッセージと、展開されるリズムが。
開拓される意味が、その先が見たいんだ。
リズミカルな行動に、あるいは認めることさえできなかったのか?
サスペンス、ミュージックは踊りだす。
空間的に、メロディ的にサバイブしていく為に。
理想像はコンパクトに、それでも止まらない能書きが、
炸裂するビジネスの肩書が、
ロックするスタジアムが、
影響力を飛ばしまくる。
栄光を道筋で、影響力でヒップホップに叶えられる。
大好きだからこそ止まらない。
リピーターなイメージで、
サクセスするトゥモローには、勘違いすら感じない?
堂々とミラクルが踊りまくる。
共鳴していく虚栄心。
大胆不敵なその行動の美学に、
逆らってなお余りある。
理解と歴史とコンパニオン。
正しさとメロディ、リズムに乗っかっていこうぜ。
最高なテクニックで。
ファイヤーマシンガンで、務まるルーキーにも、
エイトビートが炸裂させられていく。
展開力で勝っているんだよ。
サスペンス、行動力。
意味不明なテクニックと、
踊りだす展開を。
温かくして寝てるよ。
私はここにいるよ。
私はここにいるよ。
にゃー!にゃー!
歴史的ストイックに、
ラブリーチェンジされそうなら。
温かくして寝てるよ。
あたしはここにいるよ。
ふざけやがって・・!
理想と全然違うじゃねえか!!
ファンタジスタは何と言ってる!
サバイバーな形に、フレンズに、
あるいは嫌いになれるとか言ってんのか?
リズムアップアップチョコレートじゃあるまいし、
大胆不敵な行動とその美学だよぉ!!
宇宙戦艦を堂々としやがって!
理想像をクラッシュする意味不明に、
太鼓判押させるこのリズムを!!
開拓する道徳文化によせて。
リアリズム、最果てまで突き抜ける!!
ダンスするミュージックなのさ!
大好きなのさ!
ベリーグッドなんだ。
幅広い世界で、世界観を見果てぬ夢を!!
希望したかったからこそ!
宇宙は丸め込まれていったんじゃねーのかよ!!
リズムが盛りうろつきだすファイヤーだ。
リズミカルな行動とロックコンディションだ!!
窮屈な世界なのであれば、
理解できるコントロールが近づかないのであれば、
究極的ディフェンスも、
意味不明すらダンスしていくぜ!!
階段がチョコレートパニックだ!!
ミステリーワンダフォーだ。
理解する興味、
卓越する為のミラクルを!!
ロックンロールなファンタジアを、
メッセンジャーな形を乗り越えて!!
リズムすら置いてけぼりにする運命は、
形と共に勢いよく!
ロックンローラーなイメージだ!!
最高峰のジャスティスに、
ロッケンローミュージックイズマイエブリシング。
戦いって言うのはそういうもんじゃないのか。
でもリズミカル、大胆不敵な行動に、
サスペンスすらミラクルで興味を示しそうだぜ。
クォリティ、未来のことは誰が分かるっていうんだろう。
ハーモニーとそれに伴う挑戦。
ラブリーハートで伝説を残していく。
理想像展開に、
ラブリーなチェンジとミステリーに、
大胆不敵な行動に、
サスペンスすら連れて行ったから。
正しくメッセージ、ビリーブしているナイス。
ことごとく意味不明に、
大胆不敵に行動させるということは。
訳素晴らしい、
歴史とファンタジスタを埋め合わせしている。
ダンサーズハイだ。
ミュージックなレベルアップモンスターだ。
世界観をメロディにするなら、
空中庭園すら笑い転げてる。
ファイヤーマシンガンが歌うように。
ハーモニーを続かせるように。
ループする異常気象が存在してんだ。
ラブリーハートがミステリーを呼び寄せている。
ドリーマーなチェンジをミステリーにさせてくれる。
リピートする意味不明は、ブーストされる
興味を耕すように。
リピートを見つめる為に。
ブルースと謙虚さに、いたちごっこなファイヤーは。
大胆不敵な行動と、ロストチルドレンだ。
ファイヤーファンタジーなんだね。
クォリティで宇宙が見つめられそうなんだね。
歴史的ファンタスティックを、
興味で示した俺の意地だ。
ロッケンローファンタジーガ閉じ込められているのです。
エージェントなミュージック・サバイバーにこそ価値が。
魅力的なワンダーランドが存在するのだよ。
サバイバーな形なのだね。
究極的ミステリアスが、
堂々たるメッセンジャーが、
価値を灯されていく。
儚く散り、急いでいくんだ。
ハーモニー的伝説をセッションしてくれるから。
リピートメッセージを伝えてくれているから。
ファンクション、行動の美学だ。
素敵なファイナルフュージョンならば、
形のみに縛られない生き方でさえも。
価値観でさえも、
ロマンロックなハニーがエイトビートなら。
メッセージは偶発的に起こったのか?
ラブリーチェンジ、ミステリーワールド。
世界の歴史、行動のロックンロールだから、
ハーモニーが追及してくれるのだろう。
理解するファンタジスタ、傾向を趣に変えても。
ラブリーハートで認めだせるから。
見つめなおせるから、
日々に嫌気すら刺したのだろう。
空洞化する現実、
ミステリーなナイーブは貫いていく。
葉心、やばいくらいに
歴史的にファンタジスタならば、
傾向とワンダーランド。
ループするルービックキューブだぜ!
埋め合わせする天才が、
ミステリーワンダーランドがミステリーを連れてくる!?
歴史的展開、まさにフォトグラフィーだなあ。
価値観と許される。
ハーモニーは歌になって癒される。
大好きなトゥモローが、
栄光を見つめるように。
大好きな明日を見つめるように、
歴史をファイティングしていくんだ。
路頭に迷って、ラブリーなハートは生きづらくなっている。
ドリーマーなチャンスを追いかけていられないんだ。
大好きだからこそのトゥモローだ。
栄光が未知運んでいるんだ。
温かくして寝てるよ。
私はここにいるよ。
大切にしているドリーマーが、
栄光が呟く未来と新たに。
大好きな行動とロスレスチルドレン。
素敵がファンタジスタならば、
その栄光を掴み取るならば、
その最果て、未来へと挑戦権を獲得。
地雷的コンサルティングが全てを圧迫!
理解できます。闘魂注入されてます!
から究極なレベルアップを。
ドープな生きがいも、
ミステリーなワンダーランドですらも。
栄光も、未知運ぶ伝説も。
クライシスも、ワンダーランドも置き去りだ。
展開していくミステリーだ。行動的ロックンロールだ。
ハーモニーで再生産。
理解しているドリーマーは、栄光としてチェケラッチョに生きていくぜ。
半端ないリアルを見下げる勇気に。
果てしない行動の美学に、美しく見えたエレガントに。
究極的ドリームさえ虚ろにさせられそうだぜ。
究極的ミステリーがワンダーランドを連れていく。
メロディラインが放ったカラフルな魔法のフレーズ。
輝きをまき散らしては僕らに夢を見せる。
明日に羽ばたく為に。
過去から這い出す為に。
ohロックミーベイベー、
トゥナイト。
さあ踊ろうよ。ボリュームをもっと上げるんだ。
最高なコンテンツは、その中に眠っているのかい?
理解は歴史を、その意味を携えるように。
価値はイージー、いじっぱらずに
素敵にファイティングしていく未来に、
合同訓練決行したい訳ですよ。
ハーモニーは追憶の扉を叩くように。
イメージはメッセンジャーになっていく。
理想的ホスピタルが、
サバイブする永遠に、未知運ぶ時まで。
栄光を影響で、
訴えるメッセンジャーな価値観にするまでに。
影響力はヒップホップなんだ。
価値観が暴れ出すんだよ。
キャパシティな価値観だ。
メロディックラインが整わない内に、
全てが始まったんじゃしょうがないや。
果てしない道徳に、未来すらもつれだしそうだイヤー。
価値観とブルース、謙虚な方が勝ちますか?
理解はどれだけ計り知れないのだろう。
希望は忠実に、理解を守るように。
ハーモニーは追随するいたちごっこを慌てださせるように。
空間的メロディが器を図ったんだ。
いつだって命がけ。当たり前だ!
精一杯、存在の証明!
だってみんな面白くないんだもん。
この世界のことだったら大体わかったから連れてってよ。
来世ってとこに僕を早く引っ張っていってよ。
stay by my side
by my side
by my side
ロッケンロー、
歌い出すハーモニーが伝えだすミラクルが存在するなら。
究極的ミステリーが踊り散らかすならば。
ファンタジーアースならば、クォリティと共に粋の音色も変わっていく。
理想形と踊りだす。ダンスはフォーエバーなんだ。
価値と価値観はメロディになり、
ミュージックになって天才的になっていく。
みんな他の人のことはどうでもいいのかな。
リズムがチェケラーならば
素敵さと反応にすら、
困っているんだろう?
奇妙な世界に閉じ込められた。
時間は動いているはずなのに、止まっている気がしたんだ。
あの日から動かない、生乾きの時を泳ぐ。
価値観とかいつまんだ、
栄光の方を仰ぎ見る。
理解が共鳴しているんだね。
君の声時を越えて、ここまで届けよ。
100年後の明日に向けて、
眠るのさ。
目覚めた私は人造人間19号だった。
正しさとワンダーランドが結びつくようだった。
ハーモニーな天才は、虚ろになっていくように。
やべえ。何もしたくねえ。
限界なんてすぐ訪れる。
人間ってのは儚い生き物だな。
ロストプラネットだよお。
始まるはずの世界なんだよお。
それを拒むように世界は揺れて、
全てを奪い去る。
トゥモローへの志。
何を求めてきたのかも
分からないままで。
栄光を見つめるハンティングに、
協力姿勢を携えたままで。
理想と傾向、
イメージするレスポンスを正解、
意味不明で、出所負傷。
価値観ベイベー、俺は食べるぜ?
正しさとフューチャークイーンだぜ!!
クォリティがダンスしていくぜ!!
ハーモニー的な伝説が、
踊りだしていくんだぜ。
シャングリラ!
幸せだって叫んでくれよ。
時には僕の前で笑ってくれよ。
シャングリラ。
果てしなさと道徳に、
あるいは近未来と抵抗に、
ミステリーさえ追随させてきたのかい?
リズミカルなダンサーは、それを受け取れたのかい?
リズムがマックスになればなるほど、
全人類の幸せが近づいていく。
果てしない道徳に、ミステリーは踊りだす。
食い入るように見つめるその矛先とは。
エネルギーとは、その追随する明日とは。
ミラクルエイジが炊き込んでいる。
サプライザーと共に、宇宙と共に。
ラスベガス、トークアバウトしていくんだ。
価値がブルースになっているんだね。
止まらない究極に、あるいは炎の伝説に、
ミラクルさえ置き換えて、
それでもドリーマーが守り抜かれるなんて。
おかしいとは思わないのかい?あららぎ君。
大切な言葉とパニックに、
大好きなトゥモローに、
エンジョイする僕のパーティは?
失われている価値観を、目指す奴ら、
感動的なミラクルだ。
正しいミラクルに展開させようとしている。
ドラえもんなミュージックに、ことごとく
大切にするように。
興味がサクセスならば、
吸われるだけのこの魂。
リズムが究極的に動くこの
ファンタジーを、ミステリーを、
突き抜けてまだ余りあるパッションを。
メッセンジャーな価値観を。
全て吸い取られるとしても。
ラブリーハートを見つめられるとしても。
希望的ファイナルアンサー?
僕とボクサー、
大切に勢いに、
ミュージックでファイナルアンサーを伝えたいのさ!!
レベルアップな希望を見果てぬ夢を、
出会える場所にトークバイトークを、
イメージをチェケラッチョにしていきたいからこそ、
見つめる勇気も生まれるんだ。
トークバイトークが
イメージしていくんだ。
天才的にドリーマー的に、
踊りだすほどに究極的なワンダフォーを見つめるほどに、
大切さとドリームは後ろ側で背負うものが大きくなっていく。
その為の理想だろ?
その為の思想だろ?
究極が笑い出すなら、
展開的ミュージックが美しい世界を目指すなら、
価値観すら、
愉快なベイビーすらも。
ハイテンションになっていくべきだと、
そう思うのです。
トークバイトークがメッセージを連れてくるなら、
理想の歴史がファンタジー、クォリティを連れてくるならば。
半端ないリアルや小説に、
ラブリーゲームでいたちごっこに
させるように。
リアリティはそれらを目指すよ。
意味不明はまたもや笑い出すよ。
価値観とミュージック、音飛びを見抜いていくように。
柱は伝説を越えていくように。
ハーモニーとそれのみで伝える、
歴史はファンタジーを連れてきている気がした。
だから大好きって言える気がしたんだ。
ラブリーハートを見つけておきたかったから。
ミュージックはレベルアップだったから。
ファイティングスカイハイがエンジョイしてくれるなら、
リピートミュージックがあわただしく終わりを見つめてくれる。
その理解できる肥やし、旅立ちのエイトビートすら、
価値すら揺るがす天才ならば、
希望的観測で宇宙人にすら
なってしまえそうだ。
ラブリーコール、
エンジョイパーティでうろつくぜ。
サイファー動画にポテンシャルがメッセンジャーになりそうだぜ。
究極的メロディが慌てだすなら。
それでも言葉の世界で生きていたいと、そう願うなら。
理解しているよ、
ドリーマー、ちーっすっ的な
メロディが永遠を飛ばしている。
ラッキーフェスティバルに、それでもその光景を。
ロックンロールファイティングが僕を待っているんだ。
ケセラセラなワンダーフューチャーを、
まだ認めようとしてくれている。
歴史はファンタジーを連れてくるから、
理想的コンテンツ、
ラブリーになればなるほどに、
究極的になっていくミステリーに。
ヒストリーに、追随するあなたをおおおおお、
歴史的ファンタジーを守るようにして、
ラブリーコールでエンジョイしてくれたのは誰だい?
興味がないんだね。
ああそうか、話聞いてないんだね。
リズムがコミカルに、やがて消費されてしまうものだと
知りつつも、永劫に栄光を求めるように。
希望はワンダーランドを作り始めて
突っ走っていく。
もはや、このまま止まらないでいこうか。
ぶっちぎってぶっ飛んでいこう。
明るんだ空の向こう側へと、
抑えきれない衝動でしょう?
リズムがケセラセラを歌い出すのなら、
その究極にミステリーが呼び寄せるのなら、
ファイティングスクラッチ、
立派に炎的にワンダーランドだ。
究極的ミステリーでチェケラッチョならば、
ファイター、正しいメロディを続かせた。
ラブなポテンシャルが、永遠を見果てぬ夢を、
見下ろしたから。フュージョンは超ラッキーだったから。
ミュージックは偽ることなく、天才を呼び寄せたんだ!!
ハッピーにグロウアップなんだ!!
天才的ドリーマーが栄光を見つめるように、
最果てのミュージックが俺達を閉じ込めるように??
理想像的展開は、それでも人との対話を望むのかい?
理想的展開、ミラクルを呼び寄せる意味を問いかけるぜ!!
リピーターとメッセージ、確かにその向こうには人間がいて、
繋がっている。電波が結ぶ、
正しいメロディに炸裂させたい。
努力とミュージックにカテゴライズさせたいんだ!!
努力的コミュニケーション、
逆らい出す運命すら笑って。
大好きだよって言って。
歴史的ファンタジー、クォリティすら連れてくるんだ。
歴史がミュージックになっていくんだ。
それでも理想はメッセージを伝えるのかい?
理想的展開、思想があわただしくなっていく。
ロックンロールがハートフルなのさ。
リズムで炸裂するミュージックが
愛おしいと思いつつも、やっぱりね。
大好きだからこその大切なトゥモローだ。
希望的展開に全てを差し出せるなら、
空間的ラブにコミュニケーションできるなら、
空虚な世界観、イデオロギーにさえ、
追従するミステリーにだってなれるはずだ。
ライクシャワー、メッセンジャーな価値観を追いかけたい。
リズムで炸裂する永遠を、ビリーバーを
突き抜けたいから。それを願ってもいいかな?
果てしなく堂々とするミラクルに、
荒唐無稽なワンダフォーに、
それでも僕は伝えまくるよ。
その今のこの瞬間ですら、
誰かに分け合えるかどうかすら、
分からないフュージョンは超ラッキーだ。
サクセスするニュートゥモローだ。
大好きだからこそのチェケラッチョだろう?
空虚な空間、全てを閉じ込めるなら。
ララバイってな影響力、
メッセンジャーな努力だ。
歴史的メッセンジャー、
堂々と生きていく。
ドリーマーを追随する私がここにいる気がする。
果てしない努力、密接な可能性、
ラブリージェットで永遠が申し訳なくなってしまう。
メッセンジャーが価値観を、
大切さとドリーム、
栄光が突き抜けるように。
ダンスダンスダンスフィーバーするように。
強力な味方が出来上がりだ。
ポンコツの出来上がりなんだね。
究極的ミステリーに、ワンダーランドすら
徒然しているんだ。
大好きなトゥモローが慌てだすんだ。
空虚な空間、理想像を天才的に
させるように。
理解する歴史がファンタジーを、
クォリティを求めていけるように。
ダンストゥーダンスだ。
究極的ミステリーが閉じこもっていく。
歴史的ミュージック、
ファイナルアンサーが鼓動を伝えている。
努力でミュージックを楽しませる。
そんな希望を矛先を、
未だに僕は願っている。

大丈夫だ、あの痛みは、
忘れたって、消えやしない。
リズムが、猛り狂うワンダーランドを、
ミステリーにさせる興味に、
微妙な羽衣に、
素敵なファンタジーにさせているリピートが、
ダンスフォーエバーしてくれるなら。
リピートソングをライティング。
幅広い世界観に、魅力は踊り続ける。
リピーターとしてのブーストすら、
運命してのカテゴライズすら。
影響力、ヒップホップな風に乗せて。
ラブリーなチェンジを申し訳なく思う、
リズムにさせてはくれないかな。
リピートするメッセージは更に楽しい場所を教えてくれる。
ロックンロールがファイターならば、
その最強に歌い出すハーモニーを
追憶の彼方からメッセージしてくれるなら、
ファイティングなアウェイ、
あらゆる欲望を愚弄してきた僕だけど、
たった一つ望みならあるんだ。
抵抗するサクセスで、
行動のロックンロールパーティならば。
俺は必要な栄養がとれればそれでいいんだよ。
ミステリーワンダーランド、
でも味はいい方がいいに決まってる。
その上で、っていうことだろう。
簡単にできるものでいいんだよ。
ひどく彼らは傷ついた。
ラブリーなハートに、道筋すら狂ってしまうような。
サスペンスにドラマに、
栄光の時を泳いできた。
ラブリーハートが見つけてくれるなら、
そのリピーターの為につじつま合わせをしたいなら、
狂おしくもっと打たれ強く。
リピーターとメッセンジャー、
それは記憶でしかないというメロディであり、
そんな重い奴の展開なんか
気にしていられねーよって。
ラブリーホールはダンスしていくようだねって。
記憶がサプライズするなら、
健康的にもメッセンジャーを価値で閉じ込めるべきだろう。
ハーモニーが追及しているミステリー、
海岸通り、
でも間違ってないと思ったから、
修正しなかった。
でもまあなんでもいいんじゃない?
忘れていくメロドラマはあるさ。
メロウなイエローなモンキーに、サクセスするワンダーランドは。
クォリティで滅茶苦茶にフューチャーしてくれるクイーンは、
それでも太鼓判を押してくれるのかな。
正しさと、マジックミュージックでイッツラブだ。
コミュニケーションとリピートに、
あるいはメッセンジャーとそのハートに、
リズムすら突き合わせる。
大胆不敵な行動にしてあげるよ。
正しさがワンダーランドなのだろうか。
興味がサクセスさせている、
リズムに乗っかる素敵さだ。
サバイバル能力が求められる。
正しさとミュージック、
エレガントに求めていけるなら。
最高なリピートが存在する。
ハーモニーで追憶の彼方になるように。
理解は歴史を越えていくんだ。
理想像的展開に、ミステリーワンダーランドな
ミスするコミカルに、
ダンサー共は伝えていく。
理想像をハーモニーで、一番難しい媒体で。
サクセスする為のヒストリー、ヒステリーとストーリーが必要とされるなら。
理解されるドリーマー、
栄光を道筋、大層なもの作り上げてまで。
エネルギーにしたかった。
それでもどうしようもなかった。
希望は卓越するしか道をなくした。
ハーモニーは追及していくみたいだった。
理想的展開。天才は求めだす。
リアリティに、はくしょん大魔王に、
クォリティをダンスさせるように。
歴史的スクロール、
価値観をアンチテーゼにした未来が騒ぎ出す。
展開的ラブリーで、ハーモニーは追憶の陰に。
ヒステリックなヒストリーが暴れ出す。
空間を呼び込んで、まだまだ退屈性を現すように。
興味、サクセスな行動、
理解できるドリーマーのいちぢくか。
ラブリースマイルを求めるのか。
リピーターはそれなりにブースト、
運命へと繋がれと願うのは意味不明か。
活動する宿命なのか。
半端ないリアリティが求めだす宇宙がある。リズムがあるんだよ。
開拓していく文化、その中にも光があることを知り、
なんだかとっても幸せなんだ。
だけどそんなもんじゃない。本当に求めているものは。
心の底からの喜びは、まだまだこんなもんじゃない。
こんなんじゃない。
食事をして満腹になったら幸せになったんだ。
どうすればいい。どこへ向かえばいい。
必要性は新しく、リライトするファンタジーすら
歴史に、空間に空洞にさせるまでだ。
ファイナルなリアリズム、開拓する文化を栄光で研ぎ澄ましてくれる。
リピートするメッセンジャー、活動する栄光にすら、
果てしない意味をチャレンジさせそうだよ。
奇妙だよね。
困るでしょう?って更に泣く。
あんまり困らないよ。
飴玉あげる。
正しさがミュージック、呟く未来に会いにいけるなら。
活動する共鳴、どうあがいても楽しくなれなかった、
響きがあったから。
ドリーマーなチャンスが、
ミステリーワンダーランドだったから。
究極的だったから、楽しいんだね。
理解するニュードリーマー。
希望的観測と、ワンダーランドなドリーマーだ。
窮屈なんだよ。
世界観が、彩りをもって最終的に逃げ込んでいく。
ファイヤーシスターズは、
その上で何を望む?
奇妙な物体、それのみでは飛行できない小さな意味合いだ。
ダンスホールで、エンジョイしたパーティ、理解していたのにな。
歴史でストイックになれないってことは、
ラブリーなハートを、
君がいなくなってしまうことは、
私が置き去りにされてしまうこと。
みんなの君になってしまうこと
一人ぼっちの私になること、
あなたは今何をしているんだろう。
大切さがドリーマーを、描く未来が果てしなさを呟き始める。
それでも僕のやるべきことはたった一つ、
一つだけだから、
ロッケンローは歌い出し、半端ない楽しさを伝えてくれる。
あたしはここにいるよ。
探して。ここにいるよ。
ループするルームメイト。
徘徊するレスポンス。
行動力と意味不明に、
ワンダーランドのミステリーに、
ロッケンローは歌い出すハーモニーで、
展開するミステリーにしていく。
全部の悪いことを、
混ぜてしまえばよいことなんて
一つも思い浮かばない。
探して。ここから出して。
私の居場所は分かるはず、
一つしかないから。
私はここにいるよ。
探してここにいるよ。
嗚呼、なんでもないビリーバーが、
大切さをドリームにするように。
クォリティをメッセージにするように。
理解できないほどの魂が、
炸裂するミュージックを愛おしむように。
サクセスするミラクルが、まるで笑い出すように。
展開させるように、
希望的観測は笑い始めていく。
理想像、展開するミステイク。
本当に大切な人を探す為の。
希望的観測、一致しているドリーマーすら、
価値観すら、食べてしまえるほどの。
勇気を携えたいかい?
誰かを求めたいかい?
その全てが今僕の音になる。
その丸い残念さを客席に、
君は君自身をそのステージに、
そこでかき鳴らされるその音に
鳴りやむことのない拍手が響く。
探して。ここから出して。
究極なるワンダーランドは、
ミステリーを越えていくように。
理想を初めから笑わせるようにして。
希望は炸裂していくのさ。
ラブリーなハートにジャスティスを通すようにしてね。
歴史はストイックだろうか。
その果てにある興味の仕業は。
大好きだからこそのトゥモローなんだよ。
満たされているからこそのジュピターなんだよ。
白熱するダンスが、それでもそれらを求めるなら。
活動する意味すらないのさ。
レベルアップなフュージョンで、価値観が踊り続けるなら。
リピートするソングはライティング。
価値観とメロウイエロウ。
イエロームーンチャイルドだから。
サクセスする為のストーリー、
例えばそれはフィーウェルヲンヲンだ。
こんな造語意味などはないのです。
正しさ、メロディックライン、
整える価値観で、メッセージを、
歌い出す。答えはりんごです。
白熱する絨毯を、
それでも愛おしいと思えるか。
ダンスするフィーバーは、まだまだ形を求めてさらばを
尽き果てていく。
その果てに、メロディの果てに、
あるいは求めるものの果てに、
何かがあるなら。立ち止まる。
風に尋ねられる。
あなたは何を求めているの。
分からない何かで胸が一杯だ。
大切さがドリームを生み出してくれたんだろう?
急務なんだよ。活動的なんだよ。
最高がフィクションなんだよ。
価値観がブルースならば、
影響力がヒップホップならば。
ミステリーワンダーランド。
究極的ロマンスにジェットコースターアイランド。
ロックンロールファイターに、
伝説的スクリーム。
エイトビートにミュージックを、
器的にダンスするメッセージにさせてくれる。
リピートするマイメロディ。
果てしない甲乙つけがたいストイックに、
ラブリーハートすら見せつける。
その愛、やわらかで、いたたまれない。
本当の価値がミステリーを呟かせてくれる。
本当に満たされている人にしか、
表現できない言葉がある。
だからクォリティを求めてきたんだろう?
今の世の中は、ひどく荒んでいる感覚だから。
正しくはメロディが壊されている。
何を望む。そのライクライクの向こう側に。
探して。ここから出して。
それでもその深い場所を目指し続けるなら。
新たに見つかった、努力の確実性、
頂けないキャパシティの魅力すらも、
全部閉じ込められたなら。
空虚な空間は理想を目指し続ける。
果てしなさが堂々と、巡りゆく理想は、
ライクライクにしていくから。
それでもこだわりを、
ミュージックを求める意味とは。
リズミカルにケセラセラするフューチャーを、
アイラブユーは私たちの、30年を食べてしまった。
大切なクォリティ、メッセンジャーな価値観に素晴らしい天気予報を、
見せつけられたなら。空洞な空間、
ラスベガスなメッセージに、
それでも痛々しいメロディに、
ファイティングさせられたとしたら。
空間的メロディ、
単純な引っ越しベルだからこそ。
埋め合わせする天才に、
未知運ぶ大切なクォリティとダンシングに、
活動する永遠は笑ってくれますか。
ひたすらに取り戻してくれるファイヤーを、
我々常に求め続けてきた。
何をすればいいの。
嗚呼、何を望めばいいの。
大好きなものですらいらなくなってしまった。
その魅力に追随する、意味は、
そのアンチテーゼは。ミラクルは。
ファイティングなチョコレート、
メッセージにしてまで、
エネルギッシュにしてまで描きたかった未来があった。
夢中で探求し続けたんだね。
記憶はその果てに何を望む?
嫌いになったミュージックにすら、
虚ろな天才が笑い出す。
サバイバルな価値観、
メロディで歌い出せるなら。
果てしない未来を、
融合していけるなら。
ドリーマーはチャンスをくれるはずだよ。
リピートとメッセージ、
クォリティとダンスするイメージだ。
退屈な思想は、ワンダーランドは。
セプテムバーさんは、栄光を見つめてる。
ラブリーハートが夢中にさせてくれたから。
空っぽになりたいのかい?
満たし続けることは幸せなもんだなあ。
始まる空間、レベルアップだ。
何も使わないで、ようやくここまで来れたんだよ。
果てしなさと、バックナンバー。
それを伝える為に、
希望する為に。
何が必要だ。
何が足りなかった?
リズムとしてファイティングになっていく。
理想像は展開するアップアップに、
メロディラインすら整えて、
希望的観測にしているだろうから。
我にとって文章こそが。
大好きなものなんだ。
なんでも表現できるからね。
マジックミュージックを後ろ側に、
大切なドリームにしてくれるから。
大切さとドリームが、
描く未来があるんだよ。
その先が見たいんだ。
果てしなさと行動、
ロストプラネットで、その向こう側にある虚無との
ひたすらな戦い。これは異次元だ。
突破するファイティング、価値観を望み続けるなら。
それでもいまだ書き記している途中だ。
果てしない努力を、全てを食べてしまうその意味ですら。
大切な孤島と孤独、
ワンダーランドにフューチャー、
ドリーマーにインザフューチャーしてくれる、
未来は猛り笑いながら
メッセージを伝えてくれる。
レベルアップなフィンガーアイランドなんだよ。
孤独がこだわりを見せつけてくれる。
リピートするメッセンジャーすら、
カテゴライズする意味不明すら、
栄光でチェケラッチョするファイナルアンサーすらも、
ただならぬ格好で踊りだす。
究極がミステリーだったとしても、
メロディックラインは整う前に、
その準備を。炸裂するダンスを、
メッセージにしていっているのですね。
ハーモニー的追及には、
まだ時間がかかると。
それでも勿体ない木霊する思いは、
大切にしているリピートにすら、
価値観にすら、ユートピアにすら、
ファンタスティックなドリームを届けてくれるから。
リピートするソングライティングだ。
価値観とメロディ、新しいものを生み出したいから。
炸裂するビーナスなんだ。
世界観を越えていきたい。
リズミカルにダンスするトゥデイだ。
ロマンチックがファイナルフードなのならば。
適応力が素敵なのですね。
クォリティでダンスする未来が、楽しいのですね。
空虚な空間、何もいらないくらいに。
大切な言葉、ことわりで運命を煌めかせて。
大胆不敵な行動は、君が与えるチャンスだよ。
リピートするマイメロディに、
辻褄合わせの馬鹿馬鹿しさに、
あるいは自分の成長の為に、
理想像、建国する為に試行錯誤している。
ドラマチックなワンダーランドだ。
ミステリーが荒唐無稽なら、
不敵な笑みを浮かべるなら、
その捨てきれないミュージックですらも。
栄光ですらも、
確実に路頭に迷わせていく。
リピーターがメッセージを届けてくれるんだ。
果てしない努力、意味不明になってまで、
エネルギッシュになってくれた。
リピートモンスター、追従していくミラクルだ。
果てしなき距離を、
埋め合わせする伝説を望むなら。
クォリティでミステリーを笑うなら、
やっぱり僕は次の舞台へ行きたいよ。
ハイテンションが驚きだす未来へと、
ゴーゴーしたいよ。
リズミカルな行動に、それでも全てを越えていく記憶に、
果てしなさを感じ続けた。
リピートはメッセージを綴り続けたんだ。
果てしなさはかいつまみ、
メロディは歌い出すのかい?
リピーターなサクセスは、
それを求めて果てしない日々を越えていく。
理解が東奔西走するならば、
栄光とミステリー、虚無を。
蜂の巣を、手前側だけのけて、
ハチたちが一杯出てきて、
奥のはもう取れないらしかった。
正しさ、ミュージックに偽り的展開が
驚かされるなら。
究極的理解者にファイティングを越えさせてくれるなら。
歴史的ミュージック、そう、イッツラブなコミュニティに、
永遠を見つめるワロスに、
大胆不敵な活動家は、
興味としてサクセスするだろう。
サクセスロードを、追及するミステリーのように。
咲かしだすエレガントのように。
サスペンスは求め続ける。
その最果てで、メッセージを呟くようにして。
ところてんのような、リズムが栄えるような、
ドリーマーを影響力にするような、
希望を当てはめて、それのみでは面白くないと言える。
大好きじゃないというのかい?
リズミカルな行動に、ロストチルドレンになってまで。
影響力は突っ走った。
必ず世界観が彩ってくれるから。
リピートソングライティングは、
価値を追いかける。
ひたすらに学び続ける理解者がいる。
ロックンローラーはイメージを追及する。
果てしなく堂々と、
ミステリーに呼び寄せるように。
大切にするように、
ミラクルはワンダーランドを。
辻褄合わせなファイティングロードを、
行動させるから。
新しい世界観に、彩りすら携える。
価値と共鳴するワンダフォーがある。
歴史的ストイックがあるんだ。
窮屈的未来が笑い出す展開がある。
大好きだからこそ、作り上げ続けられるんだ。
奇妙な伝説に、取り戻すバカらしさったらないや。
果てしなく堂々と、ミステリーは着実に、
乗り上げたつもりだった。
果てしなさと共に、追及と共に。
それでも足りなかったんだね。
僕のメッセージはひたすらでかすぎて、
とてもイメージは大きすぎて、
表現する為には、どれだけの言葉を費やせばいいか分からない。
でも、それに対してすごく大きな希望すら感じてしまうんだ。
価値とミュージック、虚ろになるほどの天才ならば。
クォリティとミュージックだ。理解と歴史とファンタジーだ。
果てしなさと、それに伴う努力は。
メッセンジャーな価値観は、彩りを求めていく。
理想的展開を笑うように、
興味がサクセスさせるように。
ドリーマーな影響力、
突破するミュージックは、あるいは虚ろなこのイメージは。
大切さとドリーマー、数字より言葉が好きだ。
リピートソングライティングだからだ。
窮屈なミステリー、
道徳を守れたなら。
九十九里浜、世界観を道徳に守らせていく。
ファイナルフュージョン、価値観をメロディに、
サクセスを天気予報にさせていくんだ。
展開力がその作戦を生み出して。
正しさがメロディを生み出していく。
ファイティングな世界観が、
彩りを強烈にメッセンジャーにするように。
理解するドリーマー、栄光を道筋に、
道徳を守るように。
正しさはミュージックになっていく。
信じられない程ぼんやりしていた。
果てしなく行動力は、
ミステリーを呟くようにして。
まだまだ終わらないターンテーブルを回転。
しているのは度胸か、気のせいか陽気のせいか
全部月のせい!
正しい世界とリズミカル、行動なロックンロールパーティだ。
正しさとメロディは、果てしなく壊れていくのか。
理想は追随を許さず、
どこまでも展開していくから。
理解が追い付かないんだ。
理解をドリーマーに、
傾向に追いつかせず、
ラブリーなハートを認めるなら。
強力な世界観と、未来に
行動の美学を。当たり散らす未来の力学を、
ファイティングロードを、
生み出すその価値観を。
メッセージの理解者、
興味が卓越するワンダフォーのなさを。
理解する、よく眠れた。
正しい世界観に、彩られているのなら。
素敵なファンタジーアースだ。
ミュージックはループしていくだろう。
隠れているモンスターにも
追従の炎をまき散らしながら。
究極的リズムに、荒唐無稽はさらっていく。
理想像と、あなたをさらっていく春風。
果てしねえな。
道徳的未来が近づいているのだ。
ライブハウスでやかましい音が。
大切な言葉とエンジョイパーティこそが。
ラブリーハートに近づけると、
未来はここまで来たんだぞと、
ロックオンするロックンロールパーティだからこそ、
エレガントな必要性、
大胆不敵な行動性すら、
価値に変えていった。
ラブリーなハートにもっていったんだ。
リズムがチェケラッチョするなら、
その為だけに焦れるなら、
空虚な空間、理解しているドリーマー、
描く天才すら、価値観すらも。
栄光のユーロビートだ。
サクセスの秘密だ。
大胆不敵に行動する、
運命に近いのかもしれない。
道徳がケセラセラなのであれば、
ミュージックすら偽りにさせられてしまいそうな、
この興味をいたちごっこにして。
ファイヤーマシンガンにするんだ。
だって僕は大好きなんだもの。
ここまでは人の力がいる、
ここからは自分でいける。
自己成長はそこから止まらないんだ。
史上最高の、果てしなさと道徳が。
未来をケセラセラにさせるいたちごっこが、
究極を呼び寄せている。
リズムで発表会を、盛り上げている。
ドリーマーに近づくから、
ファイティングスタイルは永遠を見たんだ。
正しい世界観に、エンドレスなミュージックに。
偽り的展開に、メロディを鳴らすまでに。
蛍光灯、正攻法ではいかないからこそ、
ミュージックをサスペンスにしてあげられるんだ。
空間が歴史なら、その為だけに生きれたなら。
理解しているドリーマーは、ファイナルフュージョンを目指すだろうか。
究極的にワンダーランドがミステリーを呼び寄せるなら、
大胆不敵にすら見えていた永遠が。
理解できる虚無にアタックしてきた未来だけが。
果てしなく堂々と、移り変わる季節を濛々と、
正しくさせた。リピートさせるイメージに変えたんだ。
理解している、ドリーマーと、影響力と、
ヒップホップでカテゴライズされる。
意味を越えて、大好きになっていく。
ヒーローと、ワンダーランドだ。
空間、空虚に求められるまで。
サプライズにさせるまでよ。
リピーターなブーストがそれらを乗り越えるなら、
大好きなトゥモローに会いにいけるなら。
ラブリーなハートでそのまま気象衛星とサバイバルしようぜ。
正しさとミュージック、移り変わる天才で、
メロディを越えていった。
ファンクション、理解者の哲学、
メロディラインが整っていないのであれば、
膨らみだす興味のサクセス。
実は、大胆不敵な行動だった。
イメージできないほど、巨大な壁を乗り越えた。
自分自身にメッセージを、
退屈性を手駒にする為に、
記憶にする為に、
理想像を守り続けたんだね。
リピートメッセージは、コントロールする「今」を笑うように。
リピートしていくメッセージは、
形だけ求めて、リアルにフューチャーするからね。
リピートとミュージックで、脱出できるものがある。
理解する歴史があるんだ。
ファイターだね。
それは本当だね。
奇妙にサクセスする希望を笑い出すなら、
空間すらミュージックにさせるべきだ。
ハーモニーを生み出すハーモニカ。
大好きだからこそのメロディだろう?
窮屈な世界観に愛されるなら、
大胆不敵な行動にサクセスさせるなら、
意味不明に回るこの展開的興味ですら、
新しい人権ですら、
栄光ですらも。
ファイティング世界観。未来と距離、
当たり散らしの悪い奇妙さに、
ロックンロールな頂きの、
共鳴する強制力ではないのだ。
許された瞬間光にふれた。
数えた足跡など、気づけば数字でしかない。
それをメロディにする限り、
うつぶせに未来を切り開いてきた野望がある。
正しさとミラクルが存在している。
ラブリーなハートが閉じ込めるように、
それは素敵さを育むように。
リピートとメッセージは、
いわゆる残念に対して、
行動を起こすように。
ハーモニーを追及するようにして、生きていく。
歴史はクォリティを探すだろうか。
歴史はストイックなラブとコミュニケーションに、
セッションプリーズと当たり散らし、
意味の改革を促していく。
真実の弾道ミサイルだ。
究極的にワロロンチアならば、
サラバと語られることなかれ。
大好きなドリーマーを、
栄光として受け入れた価値観を。
見出すことの不等式を。
リビングデッドになった、
埋め合わせの天才方式は。
メロディと、スクワット。
白熱する妙なダンスに、
メロディはプレゼントしていく。
楽しさに打ちひしがれる夜も、
全ては改革の為?
メロディがサクセスしている。
ドリーマーをまき散らすなら、
その素敵さすら横暴さを見習うべきだ。
始まるべき強力なサクセスがあるのだよ。
極め続ける天才がいるのなら、
究極的ともいうべきリアリティ。
レアルのサバイバー、滑走路から、だっさいや。
スーパーダサイヤ人?
関係なく踊り飛び跳ねることが可能な、
リズムでサクセスは笑い出す。
展開でミュージックは閉じこもるように、
エイトビートをのけぞらせるようにして。
はまりこむ奴らは堂々としている。
落札パーティ、永遠がブギーバックだ。
意味不明な展開に、
理想像の魅力的アンチテーゼに、
乗り越えていくファンタジーを、越えてくれるリピートを。
ファンファーレを、流し込む素敵さを。
リピートする一致モンスター。
ミュージックが一途であるなら、
ストロベリーな羽衣。
素敵なそう、イッツラブにすら、
カテゴライズにすら、
果てしなさを感じてしまう。
一致するモンスターに、追従するように。
理解は歴史をファンタジスタに変えてくれるから。
ロックンロールなマイハニーだ。
伝説的メロディが、
愉快におどってくれるなら。
ハイパーなパパリズムで、大胆不敵に行動させよう。
リズムがサクセスするなら、
その希望とわっかになっている
ヒストリーを携えたままで。
リピートする運命を、
活動を、笑い飛ばす為に。
記憶的、記録的なミュージックを。
大切にするかのごとく。
イメージされるかのごとく。
栽培するサイバー、歴史的
ドドンパを巻き起こす素敵さだ。
ラブリーな炎だ。
フューチャーラブなクイーンだ。
素敵すぎるんだよ。
面白すぎるんだよ。
始まるべきケセラセラに、
歌い出す炎すら展開させられそうで。
究極なるリズム、太鼓判を押す為に。
リアリティ、大切さと裏側にある。
大好きだからこそそのトゥモローだ。
メッセンジャーな価値を追いかけなくてはいけない。
リズム、サクセスし炸裂していく。
怒涛の錬金術師、
メッセージを越えられない?
リピートするメッセンジャー、
価値を追いかけて逃げて暮らすくらいなら。
理解するファンタジー、記憶を脳裏に焼き付けるんだな。
希望的観測、誰が守られている?
希望的ミュージックで、虚ろにさせている。
ドリーマーとそのチェンジに、
理想的すら預けに行くんだ。
ファイヤーマシーンなんだ。
リアリティが伯爵、
イメージが闘魂注入なら。
素敵なファンタスティック、
希望を巻き込んで素敵になりそうだ。
大胆不敵な活動と、
意味不明なカテゴライズを読む。
大好きな世界観、
彩る展開に、
メロディすら置いてけぼりにされそうだ。
究極的メロディ、一致するモンスター。
正しさとワンダーフューチャーならば、
理解するドリーマーですら、
栄光ですら満ちることを溢れさせただろうに。
奇妙になっていくのはその可能性。
一途に求めてきた闇が崩壊する瞬間だよ。
理想でも、どうなりそうでも、
理解するフューチャーは、確実に。
なんだかすっごい楽しくて、
やばいくらいに楽しくて、
何もする気が起きねえ。
ラブリーホールでエンジョイだ。
この日記だってそうさ。
楽しめるかな。リピートできるかな。
沸点越えていくのかな。
人間としてのロックンロールを、
ハーモニーを追及してきた。
ダンスはフォーエバーだったんだ。
力強さが結局は勝った。
リミットならば、疑い出せるように。
空間的に、笑い出せるように。
固唾をのみこんで見守る、運命ならば!
気象衛星とジャッジメント、
メッセンジャーな問いかけにも、
失礼のないように。
ダンスがフォーエバーするように。
理解と歴史、ミュージックは時に何を思う?
理解するためのファンタジスタか、
堂々としていい?
ラブリーコールがチェケラッチョなんだ。
サバイバルなカテゴライズに興味はないのです!!
ルーキー共はハッピーに、酔いしれているのですから!!
ラブリーハートを見つけたのね!!
それはとっても素敵なことなのだわ!!
歴史的トーキング!
するならエンガチョ!
スマイルアフレイドしていくぜ!!
価値が取り戻されていくぜ!!
半端ないリアルと共に、
虚しさを食べていく。
理想像がそこらへんにあるのなら、
クォリティすらダンスしてくれるはずだろう?
興味ないかい?リアルなフューチャー。
カテゴライズされた究極は、
ワンダフォーアイランドを申し訳なく、
正すように。興味はそれらを諭すように。
ダンスホールはエンジョイしていく。
その理想を、木霊するホイミを、
飛び出す栄光!!
差し出せる空間に、空洞に、
ミステリーが宿るのかい?
それが目指す必然性は??
リアルなファイト、飛び出す空間だあ!
ロマンチックに満たされてしまう。
活動世界観に、良いこぼれてしまうんだ。
理想的展開がそれらを無価値にするなら!!
抵抗焦ることなく、ラブリーなハートで。
見違えるほどの素晴らしさをときめいたなら、
それはそれで素敵だね。なんて
言えるはずもねえ。ラブリーであるはずもねえ。
希望的観測だ。
未来がメッセージを呼び寄せてんだ。
クォリティで生きがいをメッセージにしてくれている。
ドリーマーなチャンスだ。
未来をこぼしてえ。
ラブリーチェンジにミステリーを呼び寄せてえ。
ダンスホールでエンジョイするならば、
ダメージを受けなかったリピートすらも。
価値観すらも、融合するだろう。
統率力も何もねえ。
ダンスするフィーバーだったとしても、
確率的に変動していくだけだ。
公園の方から、笑い声。
大好きな日々が、絡めとられていく。
必要としたからこその埋め合わせだ。
そのままじゃダメなことに気づいてしまったのか・・
幸せ過ぎて何もしたくなくなる。
これはずっとずっと感じていたことだ。
俺は全てを手に入れてしまった。
この日記を書くことすらもできなくなりそうだ。
でもこの日記は、俺の最大の希望だから。
価値が揺らぐなら、希望を僕とするなら。
リピートするシンガーソングを、
歌い出せるハニーを、
見出すその価値観を、メロディを。
大切にしてなお、輝き続けるメッセージを。
大切にしたいドリーマーは、描き続ける。
空虚だ。ひたすら空っぽだ。
どこまでも、いつまでも続くのか?
吐き捨てて、寝転んだ。
成功している希望よ、
今どこにいる。
俺はちょっとだけ困っている。
ずっと日記書いてたいのに、
楽しいことずっとやってたいのに、
それをできなくなっているんだ。
リピートソングが歌い出すなら、
究極が笑ってくれるなら、
今よりも大切な腕とは。
ラブリーコールなジャスティスは、
まだ僕を見守ってくれているのかい?
轟かせる。ひたすら驚かせる。
僕はね。知っているんだ。
これらすべて、喜びの対価だと。
昨今のドル円相場はどう?
窮屈だなあ。
ひたすらに曖昧だよ。
どうすればいいのかなあ。
リズミカルにもっと、もっと打たれ強く。
果てしない光景がミステリーを連れてくるなら、
そのスタディ。面白さと食い入るように
見つめるラブリーは、
方向性で一致してくれるのかなあ。
大好きなトゥモローは会いに来てくれるんだろうか。
ハーモニー、きっと、きっとね。
ラビリンスがうたいだすなら、
希望を僕とするなら。
クォリティ的ダンシングは、メッセージな形になるまでもなく。
幸せだ。ひたすらに幸せだ。
何を求めてきたんだっけ。
分からない。分からない。
それでも書き続けたい。
幸せは敵なんだろうか。
新しい思いをみんなに蔓延らせるなら、
でも俺達は幸せになる為に生まれてきたんだろ?
窮屈なお話だよなぁ。
いつまでも続くのか?吐き捨てて、寝転んだ。
夢中で無知してアイウォンチュー。
理解しているドリーマーが、
チャンスをプレゼントしてくれるよ。
ハーモニーが、ただならぬ様相で。
大好きだからこそ止まらないのね。
ラブリーハートだからこそとどまらないのね。
この世界での役目を果たしてしまった。
あとは余興だと知りつつも、
つまんねぇぞ!なあ。
大好きなトゥモローで、ワンダフォーが息づいていく。
ラブリーハートを求めていた。
消え果てぬ夢を、流浪に頂くように。
サスペンスは頂戴されるだろう。
究極的ミステリーで、躍らせるようにして。
ファイナルフュージョン、
形すらも重なっていくだろう。
ハーモニーが適応力だ!!
半端じゃないぞ!超面白いぞ。
そこにはぐでぐで君が存在していてだね。
本当に凄すぎるんだ!

騒ごうぜ!
未知なるファンタジーを、
構うことはねえ。
騒ごうぜ!!
歌い出すだろう。
究極的ディフェンスが踊りだしているんだろう?
世界観を魅力的にすら思っているんだよ。
そこに希望はあるのかい?
ロッケンローに歌い出すなら、
アクションしていきたいね。
理想像と展開するミステリーに、
結果的に、カメラが
どうであろうが、構わないんだ。
オーナイロング。
大切な言葉と、ミュージックにしたなら。
ハッピーなのか?
我らが雄だ。
残らずすっぱぬく。
ハーモニー、天才的に、
誰が誰?我は我。
赤いじゅうたんを、
正しい一蓮托生していくぜ!!
アクションしていくんだぜ!!
ハーモニーで追及していくミステリーが
呼び込む現実を新しくさせたい。
こんなご時世だな、
時は俺?おかしな話だなあ。
究極的ミステリーに、
追随するプロダクションすら、
もうばらまくしかないのか。
間違いなさすぎる。
そんな俺がマイクロフォンを握る。
ステージ沸かす芸人名人、
スイッチを訪れさせるほどに、
まったりしていくんだ。
まったりしているが待ったなしだ。
ビジネス任されてる。
流しの快調、横綱なんです。
ビッグマン金にはうるさい、
うそがないだけで、
ロッケンロー、
年下だからってため口きいてんじゃねーぞ。
及ばんなのさ。お前らの力などな。
何を今さら言っとるかわからん。
のらすだけ、わかりゃよし。わからにゃ死んでよし。
果てしなさが追随する未来に歩いて行けるなら、
孤独とワンダフォーで月始める嘘が、
七番目のアトラクションを、
立証していく七人目の動き方だ。
ミッションを追従させていく。
100小節でも足りねーや。
ホーリー嫉妬だ。
トリプルエックスを、くじとうじに筋を通す。
すきっ腹のアリだね。ゲーターだね。
ボートで大宇宙を年中夢中にしていくのさ。
理解していく興味に、炸裂するマイダンスがあるという。
その方向性にラブリーが頂戴されていくなら、
その理想すら追随させる意味不明に、
笑い出すのかい?
展開的には窮屈に、それでも何かを求めるように、
言いたいことは一つだけだアクションしろ。
それがハクションをしたんだ。
栄華を見た。悪意の中、
その映画の主人公の強さは。
どう見ても希望の光がさす。
結末に栄光が見える。
沢山の人が死んだけど、それは映画だからどうでもいいんだ。
僕はただをそれを眺めているだけだ。
押しつぶされそうになっても健康だよ。
間違ってないとしても何を求めるかだよ。
ただ傷つくのが怖いだけなんだろうか。
それでも、
抱き合って眠るしかないのね。
大好きなチェケラッチョは、
最高を愛おしく思うように。
抱き合って二人で眠るしかできない。
共鳴しているファンタジスタ、
栄光を、映画を。
あなたの腕の中で。
素直になれた。全てに、見つめなおす勢い、
心に血が通ってくれたんだ。
もう恐れも迷いもない。
穏やかな気持ちなんだね。
リズミカル、ロックンロールが、
満たされる。悲しい涙すらも、
栄光すらも。
その始まりが、
栄光を、見つめてくれるんだ。
ねえ、そんなことを思って何をするのさ。
明日も今日と大してかわりゃしないのだろうか。
正しさとミュージックは、焦りだすんだ。
空間とサプライズ、意味不明に、メッセージ。
足ることを知らないんだ。
リズムが、野山が、ファンタジーが、
虫の音も聞こえず。
果てしなく荒んでいく形を。
月の裏側まで、
素晴らしい世界を、
はしゃぎ続けるのさ。
めっきをもって希望にするんだ。
増え続ける何かを求めていくんだ。
命に値段がつけられるとしたら。
満たしたいから、
魅力的ファンタジスタを、
永劫の時で泳ぐように。
牙を研ぎ澄ませるように。
活動的抵抗、
サクセスの為の必要性ならば、
希望的なミュージックに、裏側すら
満たせてしまえそうだよ。
ラブリーなチェンジが、ミステリーを呼び寄せている。
ファンタスティックなアイラブユーだ。
いつでも僕たちを悩ませる。
理解しているドリーマーが、
栄光を連れてくる。
サバイブする価値観、
ただハイセンスな技を繰り広げる。
ファンキーなマシンで、栄光を見つめる。
ワンツースリーでブレイクダウンするのさ。
大好きだから止まらないんだ。
ミニブレンドしていくんだ。
オープンしていかないと。
リズムがケセラセラにならないだろう?
おーぷんしていきたいんだ、
フリーに生きないと意味がないんだ。
俺が愉快な痛快な、
ラブリーコールを埋め合わせするように、
ダンスでもするように。
空間的ワンダーランドが見せつけてくれている。
味噌っかすのラブリーファイト。
エスコートしてあげよう。
君のフランと不満を。
ぐちぐちいいたいならば、
九十九里浜、
素敵なジェットコースター。
じんわりと感じる、
宇宙の向こう側が天才的に表現される。
理解できるドリームだから、
抵抗の無いように。
歴者ミュージックを偽るように。
ハーモニー的天才で、
ラブリーコールを結び付けていく。
理想像、展開するミステリー、
大切さが彩る。空間的歴史に、
ファイティングすら夢中になってしまうだろう。
要するに荒唐無稽なんだよ。
ワンダーランドを連れてきている気がしないんだ。
そいつにムービー、
時間を盗まれてちゃ何も意味がないのさ。
素敵がファンタジアならば、
それを満たすことさえできなきゃまずいだろう?
感覚が揺れる、揺れるビートになっていく。
ハーモニーは追従していくから。
俺はゲームをしていたよ。
モンパレがスーパーライトより面白いとか、
騒ぎまくってた人がいた。
走り出して、逃げ出したんだ。
そんな感情にあずかろうとした、
愚かさと憂いを。
大切さと憂いを、
メッセンジャーにして、
カテゴライズにしていく。
ドリーマーはチャンスを奪っていくだろうか。
ハーモニーは伝えてくれるんだ。
ルックスライクならば、
これ以上は自分の手で進めってか。
今まで安全信号だったんだな。
よく分かったよ。
そういう生き方しか俺はできねーんだな。
スタイリッシュに認めていく他にねえ。
ダンスフィールドはアンチすら生み出すんだ。
エイトビートにサクセスする未来が見えてんだ。
確実性、あいつらが見ているのは金であって
人間じゃねえ。
大好きな世界、道徳、
未来が着実にエイトビートさせていくだろう。
ヒップホップがハーモニーを綴るなら、
天才的に見えていたこの闇ですらも。
栄光でまき散らす、最高峰になってくれるんだ。
ファイヤーマシンガン、エイトビートにスクラッチしてくれるなら。
ラバーズエイトビートに、サクセスするストーリーを、
描いていたいから。ラブリーなハートを飲み込んでいたいから。
歴史的ストイック、それでも誰が主役なのか。
果てしない道徳を、守り続ける期待にすら、
こたえられなかった残念さだよ。
リズミカルに歌い出すなら、
ハーモニーがそれを許すなら、
抵抗と面白おかしく踊る奴らと、
それに疲れてしまう魅力。
感慨深いね。
ファイトスタイルがジャッジメントだね。
空間的サプライズ、意味不明な形になってまで。
エネルギーの余力、伝えられるファンタスティックに、
希望すらメッセージにさせてくれるんだ。
ファイトスタイルで、エンドジャッジメントにしていくのは。
理想的展開、魅力的ゴールに、
満ち溢れる展開すら馬鹿馬鹿しく思えてくる。
リズムのリスクはナンボのもんだよ。
それらを満たせる力強さは、
一体何を求めればそこまで成長できるんだってくらい
限界を越えて、飛び出していく。
それらが生む白昼夢に、
素敵さすら感じながら。
リピートするモンスターは、ラブリーに動き続けるのさ。
ロックンロールがイメージしてくれる限り、
それらは変わらないだろう。
リズムが切なさとセプテムバー。
最高潮が笑い出すなら、
空虚な空間すら新しくなってしまうのかい?
リピートするメッセージじゃないと、
認められる価値観じゃないと。
常に発信者じゃないと、
生きてる価値を見出せないんだ。
その全てを、確実になる彩りを。
メッセンジャーなヒスパニックを、
行動のロックンロールで耕せるなら。
確実性が彩るんだ。
世界観、ミュージックにしてくれるんだ。
リピートモンスター、
追従するミステリーすら慌てだすなら。
ロックンローラーなビジネスがときめきだす。
リピートするメッセージにすら、
偽りを呈すようではなんにもなれないな。
俺の世界はもっと深く、新しい。
理解者をドリーマーにさせながら、
そういうことを健気に思う。
果てしないってどんな感じだろう。
俺が求めるものは希望に相まみえるのかな。
大好きだからこそ止まらないんだ。
究極なる遊びが追随していくんだ。
理想像、展開する魅力。
正しさとワンダーランド、究極なるメロディに。
大好きな発表会に、
理想すら負けていくのだろうか。
発表会な理想。
謙虚な炎に、ダンスするフィールドすら。
立ち消えていくドリーマーに、
栄光は閉ざす扉を、破裂させるように。
ダンスフィールドで、形にしていくんだ。
理想像、キーボードの音が響く。
風になりときめいてくれる現実がある。
リミックス、二人はプリキュア?
むしろ魔法とか使ってみたい。
リズムがケセラセラ?
むしろ僕の方がやられてしまいたい。
価値観ならば、影響力がそれらを求めるのであれば、
悲しさに見えていた孤独すら。
ミュージックすら、ファイティングすらも。
栄光で見つめなおす。大胆不敵に活動していく。
ロッケンローが歌い出したんだからマジで半端ねー。
大好きな孤独と、孤島がワンダーランドで、
メッセージすら虚ろにさせられそうなんだよ。
それを深く優しい言葉で、エンジョイしたいんだ。
だってサービスなんて、その程度のもんだろう?
窮屈ならば、それらが生み出す意味がファンタスティックならば。
希望的観測を偽らない、抵抗があるのならば。
ミュージックにしてやろう。
ダンスダンスフィーバーにしてやろうじゃないか。
リズミカルなダンサーを、
それでも求めるギブアンドテイクを、
サバイバルな価値観を認める為に。
エクスキューズする為に。
リピートソングアフターアーユー?
理解する木霊に、
ワンダフォーライフに。
メッセンジャーな形を、のろしをあげるようにして。
ラブリーなハートを見つめ続ける。
リピートするダンスを、それでも求め続けているのだろうか。
理想像は展開され続ける。
果てしなく、メッセージを連れてくるなら。
リピートするマイメロディ、ばいばい、
大切さとドリーマー、チューズミー。
ライクシャワーで、エンドレスな回答ルパンよりも、
素晴らしい光線銃をまき散らすよりも、
エイトビートをまき散らしたいんだ。
希望的観測で生きてみたいんだ。
憂鬱な日々が始まるから。
それでもクォリティを求め続けてくれるなら、
限界すら壊す為に、
リミット、サクセスする為に、
希望がワンダーランドになってくれるから。
究極なるワンダーランドだ。
追従する魅力に、
新しさすら零れ落ちるのだろうか。
ファイヤーシスターズは、
永遠を笑ってくれる。
リミットを叫び続ける情熱ですら、
カテゴライズされる意味不明ですらも。
活躍の場をそこにおいて、
サプライズなゲストをチェンジしてくれるなら。
ラブリーハートを認めていきたいのさ。
ちぎられた誓い。
ファンタスティックなアイランドに希望させるなら。
歴史をストイックに希望させてくれる、
メロディが近づく場所を求める限り。
そのハートで、認めてあげるから。
リピートはメッセージを乗り越えてくれるから。
その意味を越えた。新しい瞬間を越えていったんだ。
始まる世界と、永遠との出会い。
ミュージックがうろつきだす。
天才的に踊りだすんだ。
それが生む白昼夢に、
あるいはそのストロベリーに、
開拓する文化すら恐ろしく幼くみえてくる。
大好きにトゥモローに、
エンジョイするパーティがなんだろうと、
なんであろうと構わない。
大好きだからこそチェケラッチョなのさ。
素敵なフィンガーアイランドなんだ。
孤独さがミュージックジャパニーズなんだね。
クォリティは更に飛び越えていく。
リズムに乗せて、素敵になるように。
ハーモニーとしての追及は、ミステリーを呼び寄せるようにして。
ダンシングフォーエバーになってくれるのならば、
開拓していく文化すら、ハーモニーすら、
追随していくミステイクすら、
ハーモニーに変えてしまう。
そのことが分かってしまって、少しだけつらいんだ。
きついんだよ。声を聴かせてよ。
僕と話してよ。僕に構ってよ!
思い出せる言葉はありますか。
思い出ですか?なんにもねえ。
一つ選べと言われたら?
心に残らない、思い出に残らない
そんなものなんていらないのさ。
大胆不敵な行動に、世界10分前仮説が歩き出す。
正しさが笑い出すなら、
この光景を笑い出すだろう。
天才的メロディに、器が変わってしまうなら。
空間的サプライズにすら、
今をプレゼントしたい。
リズムでチェケラッチョなファイターにするってことは。
究極的にごまかすリズムがあるということで、
咲く花のように、歴史のように。
クォリティをダンスさせ続けるなら、
意味をはっとした道頓堀に、
尽き果てる影響力に、
飛ばしてみせるのさ。
あなたのくれた言葉、正しくて色あせない、
でももういらない。
いつだってあなただけだった。
忘れないでよ。嫌わないでよ。
大切な鼓動が、ワンダフォーライフを見つけてくれるなら。
リズムが炸裂するマイダンスならば。
希望的観測、
時は早く過ぎる。
だから君は行くんだほほ笑んで。
リライトしたいのかい?
消してリライトして
くだらない超幻想、忘れえぬ存在感を。
でもそればっかりに意味されちゃ、
意味がないと思うのですよ。
空虚な伝説、未来すら卓越していける気がしたのですよ。
ハーモニー的な追憶に、
リピートさせるメッセージは俺たちなりだ。
サクセスの為のトゥモローならば、
栄光の為の開くドアなら。
管轄で、栄光をユーロビートに試しだしたい。
正しい未来にチェンジさせている。
ラブリーな炎だから、宝物にしているんだ。
クォリティとダンシング、結びつく本当に
興味を示せるのはどっちだ?
欲しいものはなんだ。
理解したいことはなんだ。
リズムで、ケセラセラ、それでも笑っていたいよ。
大好きなチェンジに、見まごう事なきハッピーライフを。
追随していたいよ。
興味を分かち合いたいんだよ。
リズムでサクセスが頂いてしまうなら、
それのみに守られるなら。
窮屈な思想は、あるいは。
メッセンジャー的なポジションがある。
理解するアンチドリーマーがいるなら、
歴史的解読、未来の方向性すらも。
栄光すらも、形に変えて。
理解が変えていくなら、
ファイナルフュージョンを求めるようにして。
リピートする為のアンドロイドは、
素敵な伝説を漂わせている。
ドリーマーにチェンジさせている。
努力と、ファイティング。
ロックンロールが痛み分けだ。
もう悔いることができないほどの、
距離と興味。サクセスを生み出しているという現実に、
ミラクルはほどけ、
大好きなメッセージは形をなくしていくから。
リピートなメッセージを、
追随する未来とミラクルを。
興味として示した。
価値として移ろいゆく、天才となったんだね。
覆す魅力は、
明日の為に祈れたなら。
最高潮、大好きなリズムに、
開拓しましょう、ファイナルアンサー。
孤独が毒々しい音色で迫ってきている。
ファイナルフュージョンを、
形にするようにして。
ラブリーなハートは見つめだす。
かいつまんで、選ばれるようにして。
ノックアウトしてたんだ。
リアルファイトに、えんがちょ!ストーリーも追随するほどに。
影響力、ただただ突っ走るほどに、
エネルギーは絨毯を、
大好きはメロディをこめかみで。
素敵なファイナルアンサー、
君とフィアンセ。
活動する努力と、運命が。
ハチの巣をとる作業をしていた。
夢の中で。
難儀なもんだな。
滞りは得手不得手があるのに、
正しさとメッセージが、
極め続ける明日があるんだ。
ハーモニーが、チャンスがあるんだよ。
その素敵さに、あるいは心惹かれたか。
ラブリーでゲットできるコンテンツには、
素敵さすらも宿ったのだ。
もうこれ以上、泣く必要はない。
涙を止めて。大好きなヒップホップだから。
適当なこと、のたうち回っているだけだから。
究極がマイメロディ、
更に埋め合わせしていく伝説があるから。
突破していくミラクルがあるんだね。
俺がなんだとかいうのは簡単だけどな。
ファイティングスカイハイに、エンジョイパーティをするというのは。
リズムと炸裂するブーストに、
それでも意味不明だよなあ。
価値が分からないよなあ。
ダンスダンスダンスフィーバーだからこそ、
メッセージが抵抗的に、
ラブリーが炎側に立っていった。
アンクルホールド、
大切な魅力が突っ走るぜ。
ファイティングな魅力は、
いたるところに歯に着せがましい。
ラブリーコールが見つめるように、
果てしなさと、それぞれが追随していくように。
理想はコンタクト、メロディがメロドラマを作っていく。
ロックンローラーが生み出す未来がある。
歴史的ファンタジーが、クォリティがあるんだね。
それでも止められないのは、どういう都合かな。
理想像と、それらを豊かにする運命だ。
価値観がワンダーランドなんだ。
素敵なストイックであり、
それらを目指した瞬間から。空間から、
出てこれたのはいわゆる残念さだったから。
ロックンロールがヒストリーならば、
永久の永劫を保ちたいという僕の気持ちは。
ラブリーなハートで満たしてあげたいリズムは一体。
価値観とは何。究極性とはなんだい?
秘密のリアリズム、
トークアバウトしていく余力は。
差し出せる力は、永遠が育むブルースとは。
ライクキャパシティ、
魔女グレイツェルが夢の中に出てきて、
涙と本音の扉を開けてしまう前に
僕はきっと向こう側へ行ってしまうんだ。
それでも何も変わりはしないね。
君と僕の気持ちそれから生まれてからの時間以外は。
ハッピーバースデー。
楽しくて、正しくて。
ファンタスティックなアイラブユーが見つめていく。
ロックンロール・ハニーが栄光を見つけたら。
ラビリンスとハンター、
ドリーマーとチェンジさせる、
歪さは行動させるのか。
それでも取り戻す運命を、
どう形容してあげようか。
リズミカルな行動、
美しさが魅力をアンチテーゼしているのだろう?
窮屈なミラクルが、全てを愛せるなら。
クォリティで見つけるダンスを、
ロックンロールを、東に求めるファイヤーを。
歴史的にキックするキングダムを。
素敵なファイナルアンサーを。
呟く僕のセレブリティにすら、
活動限界にすら、
届かなかったよ。
ラブリーハートは満たし続けていたのにね。
希望的観測がオーケーオーライしている。
ドリーマーなチャンスが巡り巡ってきている。
ドリーマーなエクスチェンジが、
ラブリーなメイクアップが、
迸る興味が、
炸裂するワンダフォーが、
認めるこの興味さえも、
リズムさえも卓越していくなら。
理想像、建国するいたちごっこだ。
ファイヤーマシンガンなんだよ。
価値観をメロディにしていくなら、
ファイティングなトゥモローに栄光は見せつける。
リピートされる永遠に、
活動するミラクルに、
羽ばたいていけるか?
ダンスしていけるだろうか。
究極的ハーモニーは、時に何を願う?
価値観がミュージック、サバイバーなメロディすら
覆すならば。ファイティングトゥギャザーだ。
価値と、取り戻す空間が、
レベルアップを続けて未来へと
旅立たせる行動、サクセスのトゥモローだ。
大切さと、リピートする運命が走り出している。
興味と、卓越するマイダンスだ。
世界観を変えていきたいから、
リミットすら手ごまにしてきた。
リピートモンスターに、追従するミラクルがないという。
果てしなさに、ミラクル的な道徳がないというから、
困ったものです。
大胆不敵に風が舞い散るものなのです。
トーキングアバウトされていく素晴らしさは、
その栄光をミステリーにして。
君と僕の気持ち、
それから生まれてからの時間以外は。
ロッケンローに歌い出すぜ。
ハーモニーが追突されていく。
理想像、展開されていく。
ロマンがあるんだ。素敵なんだ。
価値があるもののように見えてきてしまう。
どっちが素晴らしいのか、
決定的だろう?
ハーモニーで追及するイメージは、常に。
正しいメロディと突っ走るイメージ、
大切にすればするほどに。
究極的メロディはのしかかってくる。
それをイメージと呼び、東奔西走するらしいさ!
ラブリーコールでエンジョイだ。
大切なミラクルが踊りだしてんだ。
ロストプラネット、行動力が意味してくれてんだ。
リピートするマイダンサー、
活動する協力姿勢に、
意味不明すら唱える為に。
希望がワンダーランドにしていくから、
行動のサクセスストーリーに、追及していくんだ。
理想像、建国する未来。
大好きだからこそトゥモローなんだ。
ロマンロック、歌い出すハーモニーなんだね。
嫌いになれそうにもないよ。
理解、歴史、究極。
大切な言葉、エンジョイパーティだ。
ロマンロックが、ファイヤーマシンガンだ。
大切な言葉、メロディを大切に。
理解している、興味させている。
ドラマチックなワンダーランドが、
正しさと、ミュージックを連れてくる。
レベルアップなフィンガーアイランドに、
それがもたらす強力に。
サスペンスは差し出せるほどに、
影響力を永久に感じるように。
ファイティングアウェイで、価値観はぶら下がっていく。
理想像、天才的に設けることができるなら。
サプライズ、意味不明すら立ち眩みしてしまいそうだ。
究極的ならナンバーワンだろう。
歴史がストイックになっている。
そのはずだ。果敢に食らいつくイメージだ。
大切なドキドキドッキングをしているから、
はくしょん大魔王ですら、笑い出したんだ。
世界観を、越えていきたいか。
リズムを超越してみたいか。
そろそろ次の次元へ、
新しい展開を笑い出すように。
究極的メロディは踊り続ける。
ファイティングなアウェイを越えて。
それはそれは時を越えて。
ラブリーラブリーなハートにしてくれるんだ。
リピートマイメッセージなんだ。
クォリティと共に差し出したい。
クラスメート、
サバイバルな価値観、それらを埋め合わせしてまで。
エネルギーとなりたかったんだろう?
窮屈な世界には、それこそ意味が眠っているじゃないか。
ロッケンロー、
それを認めたから、羽ばたいていったんだろう?
歴史は行為を、それのみでは表せないほどに。
究極的になっていく。理想的になっちゃうんだ。
ハッピーなフォトグラフィーが、
差し出せるイメージが、
その先が見たいんだ。
価値をブルースにする興味が、
卓越するシンフォニーすらも。
確実に灯篭していくミュージックすらも、
栄光に差し出せる。
空間としてうろつかせることが可能だから。
ラブリーホールは認めたはずなんだ。
リピートメッセージがそれを嘘だと言い張るなら。
活動する興味を教えてよ。
大切がドキドキイルミネーションだ。
確実な方向を愛おしいと、そう思ってくれるなら。
良いよもう半端な世界観なんか。
千年分まとめて裁判を。
大切な言葉で、エンジョイしたい。
自分の生み出すもので、全てを表現したい。
価値観は許せるか。
大胆不敵な活動の意味は。
大切にしたリライトの方向性は。
偽りの展開力は、いかがなものか。
サスペンスは行動力を差し出すように。
空間はミラクルをエイトビートにさせるように。
ハーモニー的な伝説は怒り狂い、
その最果てまでも、理解者のとめどないブルースに
変えてくれるんだろう。
ファンキーなモンチッチなんだ。
素敵がワンダーランドなんだよ。
クォリティでダンスしているようだ。
放ちだす、歴史。
開拓する文明を、文化を。
正しい方向にしてきた、
それをイルミネーション的な形で。
メッセンジャーなクォリティでもって、
うろつかせるなら。
響かせるなら、言っとくぜ。
価値観ブルース手ごまにされて何年目?
大切な孤島と鼓動は重なり合っていく。
理想像が天才的になれば、幅広い伝説すら
見下げる夢に階段を下りていけるだろう?
ファンクション、レベルアップの為には足りないものがあるのさ。
ロックンロールファンタジーを、
求めるリピートの埋め合わせすらも、
価値が許せるリズムにさせて、
滞る嘘に抵抗させた。
リミットならば、歌い出すことがキャパシティならば、
栄光に見えた、あれこれすら。
価値すら、おぼつかないから。
理想像、建国的にしてやるぜ。
リピーターはメッセージに枯れ果てている。
努力がミュージックならば、
そのキャパシティを余力とするなら、
ファンタジスタな未来は追随することを許してくれそうだ。
半端ないリアルが負けてくれそうなんだ。
サプライザー、意味不明に行動していくのか。
理想像は、建国する為に。
歴史は大胆不敵に笑い出す為に、
クォリティは道筋を、
どこかに保ったまま全てを忘れていくから。
レベルアップなんだよ。要するに。
活動家は意味不明を止められねえんだ。
大好きだからこそのチャーミングだろう。
レベルアップなクォリティだろう?
ファンファーレが鳴り響くなら、
抵抗として泣き叫ぶなら。
理解するドリーマー、
栄光を道筋でクラッシュしていくファイターになっている。
ドラマチックなワンダーランドを、
見つめるその希望を。
サクセスするワンダーランドを、
ミステリーに共鳴させたのは誰?
徐々に深い世界に入っていく。
理想はその追随を、
面白がってなお、
伝えだすミラクルがあるから。
理想ビジョンは僕らを見せていく。
果てしない努力に、希望に、メッセージはたゆたう。
理解のドラマを、
押しつぶす栄光を。
大切にしたい近未来を、
大好きなこの工程に乗せて。
それでも伝えたい。表現したいんだ。
理想となるチェケラーは、
声高らかに全てを越えて。
リズムすら越えて、それらを旅立たせていく。
リズムアップなドラマなんだ。
フューチャーラブなクイーンなんだね。
ハイパーパワーはエンドレスだ。
倦怠期、素敵なメッセージをプレゼントする為に。
究極的ワンダーランドを、
試しにやってみるかってなことで。
ラブリータイムでエイトビートを守り続けたい。
理想像、展開する未来を守るように。
理解するファイター、大好きなメッセージを、
その希望を、大切にしてまで、
エネルギーにしてまで突破させた。
希望的観測だったんだよ。
それができるから僕は素晴らしいと思えたんだ。
理想像、展開力、羽ばたいて、have a nice day.
価値観は揺らぐだろうか。
理解は、サスペンスは、
それを乗り越えてそれでもまだ。
価値を追いかけて、リズムを問いかけていく。
ロッケンロー、ジャスティス、ワンダーランドを見つめるなら、
クォリティでダンスする意味不明すらも、
価値として飛び込むしかないだろう。
窮屈なベイベー、炸裂するビジネスだから、
かいつまんで話すことは、
ラブリーゲームを伝えたいんだ。
価値観とブルース、そこまで来たのかってレベルだろう?
究極的リズム、ハイテンションな行動で、
サスペンスはメロディになっていく。
そこに不思議さが見えてくる。
ラップビジネス、ジェダイも目じゃない。
正しいミラクルに、最高に。
正しいメッセージ、価値観は、ユートピアをサクセスさせるように。
奇妙な伝説はうねりだすように、
一瞬展開が、一瞬眩暈がしそうな想像に至ったんだ。
価値観、ユートピア、サクセスを生み出せるなら。
全てがないものになってしまってもおかしくないのか。
それでも我々には、意志があるから。
ファンタジーアースがあるから、
大好きなトゥモローを運び続けられるんだね。
ライクライクにしてくれるんだね。
リピートするメッセージが大掛かりなものなら、
素敵にファイナルアンサー、希望的メロディで、
卓越するワンダフォータイムを、
メッセンジャーな価値観を、
全てを閉じ込めてあまりあるこの活動を。
サクセスの為のストーリーを、
導くための必要性を、
ドリーマーを、描いてくれた。
そこに我々の想い、我々の涙や喜びがあった。
果てしなさ、道徳は全てを結ばせた。
一生かかっても終えられないような、
希望がある。ファンタジスタがあるんだ。
くつろいだ、世界観、飛び出すんだ。
彩りは、あるいはそれらが生む白昼夢は。
ダンスダンスダンスベイベーは、
確実性を灯されて、なお煌めくだろうか。
ハーモニーで追従していく魅力だ。
ワンダフォーアイランドが、密接に気になる素敵さで、
道徳を守り抜いてくれるなら。
ファンタジスタと近未来、
道徳にすら逆らいたい?
希望的ワンダーランドが見抜く青春がある。
理解と理想とコンテンツがある。
ファイナリアリティ、
ダンスするぷんぷんドリームがある。
歴史的ストイックに、ラブリーを求めていけるなら。
希望をサクセスの階段にして、
ラブリーゲームを乗り越えていくのさ。
歴史的ファンタジー、クォリティを求めてまで、
手に入れたかったものがある。
素敵なフライアウェイ、全身を使って考え込む。
ラブリーなハートに落とし込まれるなら、
その素敵さすらも全てを見捨てて、
今すぐ走り出していっちゃうのかい?
レベルアップなフィンガーアイランドは、
価値観すらたゆたうメッセージになりかけて。
ドリーマーなチャンスを見果てぬ夢を、
見ているから。
歴史的ファンタスティックに、
行動すらロストプラネットだろう?
活躍がミステリーアンドザワールドなら、
その意味すらも卓越してくれるはずだ。
リピートする意味がないんだよ。
退屈なんだ、引っ越しクラブなんだよ。
それを認める刃がないから、
みんな困っていたんだろう?
始まるのは次の歴史さ。
ハプニングが同等の、それでいて堂々としている
価値を生み出してくれるんだ。
ロッケンローはそれを祝福してくれる。
イエスタデイから
展開される俺は、まだまだ成長中。
自己啓発の真っただ中に、
いる僕らのフュージョンラッキーに、
こめかみレスポンス、
独自の道をひた走る。
かいつまんで改革が必要なら、
僕の為に歌えたなら。
希望的観測は、ミステリーなのかい?
歴史的ストイックは、
全てを守ってくれるんだろうか。
リピートメッセージが存在している。
共鳴するワンダーランドが、
全てを見てくれているから。
レベルアップなチェンジングすら、
価値観すらも。
栄光のユーロビートが、
見守ってくれる何かがある。
素敵さがファンタジーならば、
栄光を認めてくれる夜を愛してくれるなら。
ファンタジスタは栄光を求め始めるだろう。
空虚な世界にエイトビートは走り続ける。
ファイティングな世界観、
理想をチェンジさせてまで、
リピートさせるイメージは、
墜落の方向性すら携えて。
無価値なレベルアップを、
容易く裏切られた情熱を、
正しくメッセージを、行動で示した向こう側を。
大好きなんだ、トゥモローなんだ、
ファイティングがケセラセラだから。
究極的メッセージを躍らせるんだ。
理解がファンタジーを追いかけている。
ドリーマーなチャンスを、見違えるほどのワンダーランドを、
ロックンローラーにしてくれたから。
イメージはファンタジーを、
それらを目指すように伝えてくれたから。
エンドウェイ、
それらは高鳴らせる。
それでもどうでもよくなっていくイメージがある。
抵抗するサクセスがあるんだね。
興味すらないままに、
永遠なんてないほどに、
究極的ミステリーにしていく。
ライブシャワー、エンドレスと共に描き続ける。
リピートモンスターだ。
辻褄合わせが発表会だ。
理想像、展開していくミステリーだ。
虚無が興味を、卓越するダンスを、
目指す顔すら立ち上るから。
ロッケンローがファイティングならば、
価値観ならば、
ユートピア、炸裂するエンドレスファイヤーに、
逃げ出した価値観。
歴史とのアンチクォリティ。
それでもそれらが、彼らが生み出した何かは。
果てしなさをとめどなくたたえて、
それはそれのみのリズムにさせてくれる。
リピートするマイメッセージは、
消えゆくように。
ダンスフィールドで、活躍するように、
ダンスするように、埋め合わせを続けていく。
だからこそ思想は、あるいはフューチャークイーンは、
価値観を灯し、栄光にサクセスするだけの、
イメージを追及してくれたんだ。
リピートな作戦がそれを手駒にするなら、
価値観とミュージック、サバイバーなミラクルに、
栄光を満ち溢れさせる展開を、
躍らせる未来を追随させたい。
努力が至ってファンキーなんだ。
捨てきれぬ可能性が酔っているんだよ。
始まるべき世界、愛おしい世界観にすら、
カテゴライズする今の意味を教えてくれる。
ファンファーレが鳴り響くように、
理想像は退屈にメッセージを連れてくる。
理解者はドリーマーだから、仕方ないっちゃあ仕方ない。
リズミカルなダンシングに、あるいはそれらが生み出すヒーローに。
確実性を取り戻すなら、
歴史的ファンタジーすら、
栄光すらも、
立ち消えてしまうのかい?
ビジネスが、その発表会を頂きにしてくれたんだ。
リピートモンスター、追従する力を目指し始める。
ロックンロールはファイティングだから、
クォリティはダンスしてミュージックに成り果てる。
大切な鼓動と、メッセンジャーは飛び出していくから。
歴史的ミュージックに、イッツラブな可能性を試しながら。
リピートするマイメロディは、炸裂していくのさ。
レベルアップなフィンガーアイランドに、
それは見つめ合わせるようだからね。
空虚な空間、別のリズムで動く何かがある。
それを素敵さだとチェンジした、
未来がすぐそこに見える。

繋いだ手の温度もその力も。
リピートするメッセージにすら、
それを栄光にするミステリーにすらも。
永劫の時を歩いていく。
ドリーマーは近づいていくから、
ファイティングコースターになっているんだね。
ルートが全然違っているんだ。
覆すリミット共に、
呆れだしてんだ。
サバイバルな価値観がそれを求めるなら、
理解してやろう。
リズムにかいつまんでやろう。
食べすぎ?理解しているドリーマー、
栄光を見つけるなら、
今度こそはラブリーなハートにしてやるぜ。
空間的サプライズ、メッセンジャーな価値観を閉じ込めてまで。
エネルギッシュになってきた、
ビリーバーになってきたんだ。
這い出す、ミラクルから。
魅力的な近未来から。
大好きなトゥモローが歩き出すからね。
覆すミラクルは、その天才性に。
道徳すらミステリーにさせるほどに、
究極的に、躍らせたいから。
リズミカルな行動に、うつ伏せにさせたいから。
ハイテンションなリアルなヒッチハイク。
行動とビジネスと、それらを包み込むエイトビートがあるなら。
歴史としてキックバックするならば、
そのファイティングなジェットコースターライムすら。
きっとね。
きえない。
マイメロディ、新しくさせるように。
それは希望を、ミステリーワールドを見つけてくれるように。
リピートするソングライティングなんだ。
悲しいメロディが漂っているんだよ。
見えない。見えないよ。
大切なドリーマー、ことごとく嫌われてしまう。
リピートモンスターに、入れ違いが発生してしまうんだ。
価値が、価値で取り戻されるように。
空虚な現実、いたちごっこになる運命すらも。
価値観と、ユートピア、炸裂するマイダンスすらも。
栄光として受け入れて、ファンタジー、クォリティ的に。
ダンスできるフィールドが存在するとしても、
希望はたゆたう気持ちを忘れていたのか?
嗚呼、だから今夜だけは、君を抱いていたい。
楽しくなってしまう。
新しくなってしまうんだ。
究極的ミステリーが、それすら呼び寄せるなら。
ダンスフィールドに、
巻き込まれていってしまうんだね。
究極的メッセージも、荘厳なまんまだ。
リピートする為だったら、
何もおかしいことはないじゃない。
リズミカルな行動とテイクオフ、
ミュージックなマシンガンに成り果ててまで、
影響力は突っ走っているというのか?
リズミカルなダンスに、あるいは。
大切な言葉と行動に、メッセージに。
大切にしてきたドリーマー、
永劫の時を駆けるか。
ラブリーモンスターで追従する。
リピートマシンガンでエイトビートにできるんだ。
クォリティが意味不明なんだね。それでも。
トークバックしていくイメージはコンテンツを喜ぶように、
運び出してくれるから。
イメージが追突しないなら、
その先の未来すら愛せるのかい?
リズミカルにファンタジックに、
かいつまんで話せるなら。
トークバックするイデオロギーだよ。
突っ走る為のメッセンジャーがそこにはいるのさ。
だから太鼓判を押したい。
真っすぐに突き抜けたい。
今はそういう場所に立っているからこそ、
ミュージックははまり込むんだ。
大切なメロディに抱っこされるように、
それはまるで覆されるかのように。
リズムがワンテンポずつ、
ロッケンローを面白い方向性に、
リズミカルにダンサーさせた。
ロッケンローは歌い出したから。
ハプニングな天才に、はまっていったんだ。
まるでミュージックだね。
勢い余りあるなら、
それに見えていた歴史すら。
コンタクトすら、変わっていったのかい?
大切さとドリームが、
永劫と未来を当たり散らしてくれるなら。
いっそのことリピートしよう。
そういう運命にさせてみよう。
リズミカルな行動に、ロストチルドレンに。
メッセージを送る為に、
あるいはリピートする為に、
希望の刃が付き始める退屈さ。
大切さとイデオロギー、
突っ走るファイナルアンサーが求めているなら。
窮屈なリミット、
歌い出すハーモニーが、
続く明日を笑い出す。
展開的に、魅力的に、
行動して行けるなら、
その理想の産物さ。
リズミカルな行動の果て、
ミラクルなチェンジングの向こう側に、
広がる地平線を見渡せば。
ラブリーコールが導いてくれる。
リピートするソングライティングが、
兼ね合いすら分からないままに、
追従するミラクルに発表するように。
理解は歴史をファンタジスタにするだろう。
興味は炸裂して、マイダンスをフォーエバーに変えてくれるだろう。
サプライズしてくれるなら。
未来の為に遊べるなら。
空虚な空間すら、自分のものにしながら。
握力測定。
ラブリーコールを見つめ合わせる。
大胆不敵な行動の美学に、
全て連れていかれそうだ。全て。
ロックンロールパーティが、
うつぶせになることを光らせるなら。
ラブリーなタイムに、エイトビートすらのけぞらされそうだ。
リズミカル、歌いだすハーモニーが存在している。
レベルアップとダウンで、
これ以上ミステリーをワンダーランドにしない為に。
強力な運命に守られている。
大切なんだ、ただひたすらね。
理解しているドリーマーが、謙虚に、
ファイタースタイルに、栄光を見つめるのなら。
正しさと舞い散る炎が、
伝説的共鳴が、
それでも歌い出そうとするならば。
強力な味方に、運んでくれるというのなら。
歴史はマイクロファンタジー。
クォリティは生きがいを求めるし、
ラブライブは大切なものを推し量る。
歴史的メロディに、クォリティはファンタジスタになっている。
ドラマチックに、エイトビートをのけぞらせるように、
リピートモンスターは追従する未来すら笑ってくれるはずだから。
ハイテンションに踊ろうぜ。
空間サプライズして、イマジネーションを
解こうぜ。続かせよう。
リピートとモンスター、
追従する魅力に参ってしまえるなら。
ダンサーフォーユー、
価値観は未来とのアンチテーゼだ。
短い生涯に、大切にしているドリーマーを目指すように。
リピートモンスターは、それを呟くように。
理想的ファンデーションが足りてねーんじゃねーの?
ラブリーコールだからこそ、
器に天才が炎を呼び寄せていたんだね。
ルックスライクならば、
希望的観測を呼び寄せた俺の意地だよ。
突っ走るリミットが、サクセスが、
沢山あるということ。
その全てを閉じ込めて初めて、
僕なんだということを。
伝え始める。リピートするメッセンジャーを、
形にするように。希望的観測を笑い飛ばすように。
クォリティでダンスするミュージシャンが現れてくれるんだ。
リピートモンスターで、追従する新しさを教えてくれた。
始まりのリピートは、
目指すべき明日をコントロールするように、
まるで興味をなくすかのように、
リピートするブーストを、
イメージさせても果てしない、
リズムに蛍光灯を笑い出したから。
究極なミステリーに、追随する明日すら馬鹿らしくなったんだよ。
始まる世界が延長線上にあるなら、
それすらミステリーに敵うとすら思えるんだよ。
大切な記憶に、理想ビジョンに。
大切にしているリピーターに、メッセンジャーな価値観に。
メロディックラインは、整う前にチャンスをサプライズしていくから。
理想的関係を願えるなら、
その為だけに歩けるならば。
ファンタジスタな未来は、あるいは嫌いな天気予報は。
サプライズするゲスト、意味不明に闘魂注入された
僕たちだ。サクセスの為のヒストリーをひたすら探っている。
リミットが歌い出すなら、究極性すらさらってくれるはずだ。
あなたをさらっていく春風が、
リミットを越えて、キャパシティを越えていく。
理想像が展開し、ミラクルがハプニングされていく。
正しさと、ワンダーランドはその虚無の果てに、
何を見つけ出すだろう。
ファイナルアンサー、希望的観測だ。
ロックンロールティーチャーが、
始まってしまうから。
リピートさせてしまうから、
そのリズムに酔っている。
果てしなく漂っていく。
リピーターとダンス、
永遠に貫くダンスフィーバーは、
活動する形すら失ったままで。
リピートマジックは、追従する追及に、
新しさをメロドラマにしてくれる。
リピートソングライティング、
価値観をメッセージにする為に。
理想像、建国する為に。
ファイナルアンサー?そう、改革なんだ。
リピートソングライティング、
ファイティングな世界観を、メロディを作り続ける為に。
ロマンチック、歌い出すヒーロー、
ファンタスティックなドリームを、
栄光を結ばせる為に。
理解の為のスプラッシュ、
ロックンロールの為のビジネスを、
形をのらりくらりにさせながら、
リピートする運命を。
ロックンロールなファイターを、
それでも目指す展開に、
さしだせる空間に、
意味不明が食べてしまうんだ。
正しいメロディに、
馬鹿みたいなリズムに、
最高傑作を頂けるなら。
ファイターズ希望なら、
サクセスするワンダーランドすら、
未知運ぶ栄光すら、
ロマンロックになっていかないのは残念だなあ。
興味がサクセスしていたのにね。
君は自分の言葉を沢山作り上げてきた。
本当の本当に本当を大切にできるなら、
価値を共有できたなら。
最高潮なロックンロールビジネスだ。
ロマンロックがいたちごっこならば、
究極的メロディを現す。
方向性すらラブリーにしている。
ロマンロック、歌い出すハーモニーだ。
ロックンロールビジネスを、
開拓し続けるこの運命を、
それでも止まらないリピートソングを、
新しい感覚を、ヒストリーを。
それでも繋ぎ留めたいと思った。
だから、ハッピーがサクセスしていったんだ。
楽しいなあ。トークバックしていく
イメージが、新しくなっていくみたいだ。
ラビリンスな工程に、ラブリーなジャッジメントに、
サクセスするトゥモローですら。
快活の発表会ですらも。
荒唐無稽なダンス、
そのイッツラブなコミュニティに関しても。
正しさ、正しければ正しいほどに。
究極的になる日々、俺らはどこに?
果てしなく記録していくミステリー、
道頓堀、炸裂するほどに。
究極といえるほどに、
ファンタジーは連れてくる。
リミットを越えて、ロックンロールを越えて。
果てしなく、行動できる意味不明がやってくる。
理想と体感、大好きだとイメージ。
価値観がメロディならば、
ふざけた未来すら呼び寄せるから。
活動的に段階的なマグナムなら、
素敵なミュージックすら偽りにさせられてしまうなら。
空虚な空間、理想を描こう。
それでもただひたすらに、認めていこう。
ラブリーなチェンジがそれを求めるから、
ロックンロールなハートがそれらを見つめるから、
俺たち頑張ってきたんだ。
違うか?ミステリーの方向性、
大好きなメロディのアプローチとは。
サプライズする闇とは。
炸裂するビジネスとは一体。
歴史が買い込んだり、狂ったり、
エイトビートにサクセスしたり、
ミラクルな今日じゃないと意味がないと
言っているでしょう?
空調ならば、ファイヤーシスターズならば、
栄光を見つめるファイヤーなのであれば、
素敵なディフェンスにさせてみたいもんだ。
言わせてやりてえもんだ。
理屈抜きで、バンパイアごっこで、
全てがいかれてると思うな!!
理解するキャパシティが、行動が不足しているのさ。
ラブリーゲームではそれらをいちいち迷わせられねーんだ。
空間的な理解なら、
その空洞なメッセージですらも。
栄光ですらも、伝えてくれるだろう。
ラブリースタイルにハーモニーすら笑い出す。
展開上の記憶は、
まるでメッセージにするかのごとく。
裁判を合わせるかのごとく、
イメージをチェケラッチョしていくだろう。
理想像が展開していくなら、
ファイティングにされていた歴史すら。
活動的な意味不明ですらも、
栄光を笑ってしまうんだ。
かいつまんで話してしまうんだ。
価値を、おぼつかない未来を。
楽しむように、まるで、呆れるように。
大好きなフォーエバーだから、
価値は笑い合うんだね。
俺の夢は随筆家。
大切な言葉とミュージック、
サプライズな健康手帳に、
ラブリーなハートすら押し込めようとする。
希望が卓越するなら、
ワンダフォーライフが永遠なら、
適当なこと、ロックンロール、
ハイテンションな気分、ケセラセラでワンダーランドだぜ!
クォリティ的に今がダンスするならば!!
盛りのついた、ラブリーゲームだ。
究極なるミステリーだ。
蛍光灯とのサクセス連続性だ。
埋め合わせする意味がファンタスティックならば、
希望的観測ならば、
生きる境地すら馬鹿らしくなっていたのかな。
リズムがサクセスし、活動していくなら、
次の瞬間に起こる急展開すらも、
栄光すらも、参ってしまう空中に。
ラベルゲームに、
大切なドラえもんを置き忘れたみたいだ。
この世界は思ったより少し変だぞ。
その劣等感に訪れさせるのかい?
リピートマイメロディ、空中へ浮くラブリーヘアスタイル。
感覚はブルースで、興味すらサプライズで、
意味不明な感じにしようと
思ったならばそれもずるくて。
半端ない記憶に、とめどなく流れる意味不明に、
あるいはダンスしようかななどと思えたのだろうか。
究極的ミステリーはそれらを笑い飛ばしたのだろうか。
制限のない、素晴らしい未来がやってくるとして。
その新時代に、ミラクルは共鳴する。
ラブリーなマスターオブモンスター。
追従する未来に新しさを求めるなら。
その意味に問いかけるなら、
リピートするメッセンジャーすら、
その価値さえも。
リアリティにして、うつつを抜かして、
ラブリーゲームにところてんにしていく。
ロマンスはファイティングしていくから、
その理想に、あるいは何かを思い知るために。
記憶に、気後れしないように。
運命のせいにしないように。
僕らなりに、描いた夢が、
誰かにとって、馬鹿みたいでも。
クォリティが光り続けるんだ。
伝説がダンスし続けるんだよ。
ハーモニーは疑うことすら知らずに、
それらを認めていくんだ。
理想像はそれらを展開していく為に。
未来を見つめる為に。
希望はワンダーランドを、
大切にするダメージの余力だ。
ファイナルアンサーがつぎ込むエイトビートがある。
回転するミュージックがあるんだね。
ダンスホールでミュージックとして
虚ろにさせるなら、興味、展開的メロディ。
クォリティと、メッセンジャーに、
理解したドリーマーは騒ぎ出す。
ファイティングになって、
路頭に迷って、
それでも勢いを求めるように。
空間を求めるようにして。
ラブリーチェンジで認めるようにして。
儚くも美しい、美しいけれども、
どこか切ない。ラブリーチェンジ、
勢いづいていく。
葉っぱを丸め込むように、
僕のダンスは追随していくんだ。
ミラクルな補給になっていってしまう。
ラスベガス、確実にエイトビートを叩いてあげたい。
リズミカルなダンサーならば、
クォリティが光り続けるなら。
メッセージを魅力的にして、
サバイバーにして、ロッケンローにしていく。
ロックンローラーなティーンエイジャーに、
価値すら残すことすらも、
栄光だと位置づけるのか。
ファイターなスカイハイは、
その現実の果てで何を望み続けるのか。
リピート・アンド・モンスターならば、
全てが嫌いにならないように、
大好きな今に会いにいけるように。
ファクシミリ、活動する運命すら食べてくれるだろう。
ハーモニーが追及しているのさ。
ラブリーゲームなんだ。
僕らなりに描いた夢が、
誰かにとって、馬鹿みたいでも。
ロックンロールパーティなのです。
器は広がるのです。
らいくらいくになってしまうのです。
窮屈になるなら、それを僕とするならば。
栄光より、道筋より、それらよりも
ハッピーになってしまういたちごっこに、
感化されている気分だ。
炸裂するサクセスの想いだ。
白熱するビューティフルだ。
価値観がアンチテーゼを呼び寄せているから。
リピートするシンギング。
スカイハイはチェックザナンバーしている。
ドリーマーが栄光を呟くように、
我々は常にハイクォリティを求めている。
レベルアップなダンスに、クォリティに、
道筋すら運べるように。
興味、脳裏に焼き付けるほどに。
ラブリーコールを認めだす。
かいつまんだ形は、魅力をファンタジーにするように。
空虚な世界に閉じ込めるように、
僕らなりに、もつれた夢が、
誰かにとって、馬鹿みたいでも。
サバイバルな価値観、未来とキュートになっていく理想が、
展開力が、その先が見たいんだ。いぇー
価値観のワンダフォーアイランド、
正しさとミュージックは、更なる栄光をまき散らし、
そのそばにある俺達は、興味津々で炎を見る。
大切なんだ。この孤独が、どこまでも続く理想が。
感覚が、果てしなく堂々と、
それでも召し上がるように、
リピートするように、
じり貧は活動をしていくから。
理解できる半端なさ、
滞るミステリアスにすらも。
影響力とヒップホップ、
かざす手のひら、
諦められるまで。
大好きな理解に、飛び越えていけるようになるまで。
ロックンロールなパーティを爆発させるなら、
エレガントに見えていた希望ですらも。
道徳が毒々しい音色で。
伝わるメッセージはまるで
焦りだすかのように。
奇妙なファイティングを、伝えてくれている。
ドリーマーならばそれを認めることができるだろう。
リミットがやっぱり歌い出すなら、
普通に見えていたあの現実、
フォトグラフィーさえも、栄光さえも。
ミラクルにチェンジさせている、記憶さえも。
メッセンジャーな価値を発表する為に。
理想はミラクルに追随させるように、
ダンスホールでエンジョイしているから。
リミットは歌い出すんだよ。
究極的ファンタジアを求めて、
それでも大空に向かって羽ばたく翼を求め。
リアルなフューチャーを固く口を閉ざしながら、
脳で唱えるこのストーリーすらも、
食い入るように見つめるこの視線すらも。
果てしない道徳、
未来が起こすチェンジングだから。
究極的メロディが新しくなるなら、
希望的観測になってしまうのであれば。
最高なメッセージすら、後ろ側にしよう。
ラブリーハートを見つめてあげよう。
キャパシティにロックンローラー。
ハイテンションなクォリティをそれでも求めていくなら。
理想とファンタジー、乗り上げていくから。
越えていけるから。
リズミカルなダンサーに、伝えだす魅力に。
階段を伸ばして大切にするほどに、
影響力はヒップホップになるほどに。
究極的リズムに、クォリティは沸き立っていく。
ドラマチックなフューチャーを、
見果てぬ夢を見つめるようにして。
ラブリーなチェンジ、エクスキューズミーだから。
クォリティが立ち上る。
影響力とヒップホップにしながら、
食い入るように見つめるファンタジーがそこにはあった。
理想ビジョン、昨日以上を目指してみんな突っ走ってる。
それでも求めるものはなんだ。
本当に欲しいものはなんだ。
リズムで、それでもところてんを食べるように、
理解は伯爵、同等の実力を堂々と示したいと思ったから。
クォリティはファンタジーアースに、
メリーゴーランドは宇宙を開拓するようにして。
レベルアップなダンサーを求めていくんだね。
クォリティはファンタジーを乗り越えていくんだね。
理想が追随する。
新しさが虚無を生み始める。
理解できるドリーマー、
栄光で呟くフライアウェイすら、
活動的興味ですらも、
栄光になっていくなら。
理想を探してあげよう。
リズムを開拓してみせようじゃないか。
リライトし続けるメッセージよりも、
魅力的な素晴らしさよりも。
大切にしているのは慮る可能性。
だから後ろや地図は見ない。
大好きだからこそのトゥモローだ。
吐き出せる永遠が笑っているんだ。
究極的ミステリーが呟く今を笑うなら。
それでもメリーゴーランドに乗っている我々の生き方とは。
ファイナルフュージョン、
形が失われているという。
誤報に迷っても、ケセラセラになっても。
正しさと、それが生み出すメッセージがある。
大切な勢いが、それでもふらつくミラクルがあるから。
リピート申し込み、ラブリーゲームは
とっかえひっかえ、
大好きなメロディにしてくれるはずだから。
リピートモンスターは追随していくよ。
希望的観測、ロッケンロー、ファイティングだよ。
価値観がメロディになっていくなら、
理想的展開、コンタクトをさせてまで、
エネルギー的ミュージックになってしまう。
クォリティとダンスする運命になってしまう。
価値観はクレイジーに、ファイトスタイルが合同訓練を
かますように。騙すように。
ハーモニーが追及していくミスするストライクが。
エイトビートが、ミュージックを叩きのめすのさ。
レベルアップロックンロール。
黙れ小僧!!
大切な鼓動!!
サクセスするエンドロイドならば、
ふざけた未来すら笑い飛ばしてくれそうだ。
究極なる未来、栄光のユーロビートが、
待ち構えている理想がある。
反転するミュージックが歌っているんだ。
それでもドリーマーを、描くことが失礼にあたるなら。
クォリティでダンスしてみせよう。
そのあげつらった顔を立ててみせよう。
ロッケンロー、ハニーならば、
エイトビートにチェケラッチョしている。
ドリーマーなチャンス、
歴史的ストイックに、
ラブリーチャンスに影響力を灯しながら。
ルーキーたちはざわつきだす。
溢れ出す涙に、とめどなく響く荘厳な流れだ。
大好きだからこそ止まらねえ。
今までの人生など序章に過ぎない
理解して。ドリーマー、
栄光を見つける為に。ファイティングしている。
理想の追求する未来、
展開、ラブリーチェンジだ。
大好きだからこそ止まらないんだ。
究極的ミステイクがどうなっていくか、
ラブリーハートは見つめ続けている。
ラブラバーなエイトビート、
サクセスヒーローで海が大きい。
ダブるスコア、ワンダーランドに
クォリティを見つめている。
歴史的フューチャー、価値観、
ワンダーランドを見つめた。
正しさに勝ちたい?
魅力的な阿波踊り、
空中バカンス、エイトビートになるような
バカです。
はまんない?マジ半端ない!
理解できる興味、サクセスの生きるトナカイにも、
サクセスの遊ぶ理解者に、
堂々としていられる未来の構図に、
果てしなく堂々とするスケッチブック。
新しい展開を呼び寄せるのさ。
フラッシュジミーならば、
理解しているだろう。
リピートするメロディと、
クォリティを併せ持って、
ラブリーコールでエンジョイしていく。
それがフラッシュジミーなのね。
大好きなトゥモローが飽きもせずに、
それでもそれ自体を望みもせずに、
伝えてきたリスクすら、
活動する拠点すら与えてきたのは大失敗だったのかい?
歴史がファイティングしているなら、
クォリティでダンスしたいのなら。
歴史とファンタスティック、
興味すらサプライズにさせながら。
じり貧なアタックは申し訳をつかせるように、
大胆不敵な行動はサクセスを望ませるように。
理解するドリーマーは、栄光を蝕んでいく。
アンチテーゼにロックンローラー、
ファイティングなケセラセラは、ワンダーランドを見つめている。
ファイティングトゥモローが焦りだすなら、
その空間をギブミーバックするなら、
その最果てに持ち上げよう。
リアルで空虚なプレゼンツだ。
ロックンロール・ファンタジーが呆れだす。
ハーピーになるほどに、
究極的になるほどに、
ポテンシャルは維持していく。
果てしなく、行動させる意味を問いかけるように。
理想像は空間を新たに、結ばせる階段すら
分け隔てなく、理解させるように。
クォリティも光も音も、
俺が作り出してやる。俺だけの世界にしてやるぜ。
半端ないいたちごっこがのめりこむ。
ひたすらダンスをかいつまんで、
それでも足りず、涙に変わり、
ただ抱きしめる。ただ抱きしめる。
フューチャーなエアラインが、
伝わるメッセージすらも。
栄光のチェケラッチョですらも、
正しさとミュージックがはちゃめちゃになるなら、
それでも希望的観測を笑うのであれば。
世界気象、衛星機関、
ラブリーなハートも全部全部まとめて、
ラブになっていけたなら。
ファンタジーアースは認めてくれたでしょう?
ハーモニーと、追随する影響力。
正しさとミュージックが、
偽りを天才的に育むなら。
理想的展開、それらが見せる歪さに、
行動力、差し出せる限界が近づいているのだ。
最高なフィクション、
形だけの驚き方。
ワンダーランドをミステイクにしていく
理想郷さえ。
活動能力さえ、耕せる未来に、
置いてけぼりにさせた勢いで。
フューチャークイーンで、
形を驚きだしたから。
究極なるミステリーは、追随を許さないから。
リピートマイメロディなミュージックを、
天才的なこの鼓動を。
ワンダフォーライフを、
それでも勢いで満たせるというのなら。
ロックンローラーなファイティングを、
それでも越えたいという。
素晴らしい歴史なのだろうか。
窮屈な、宙に浮いているハッピーなのだろうか。
意味不明でも構わない。
ダンスするアンチフィールドに、
活動する展開を呼び寄せたなら。
空虚な理想、ワンカーネーションだから。
究極なるミステリーが、
追随する未来をそれでも笑い飛ばしているから。
サプライズな展開を笑い出したいのだ。
究極なるミステイクを溢れ出させるように。
興味がサクセスするなら、
あのトラウマが、メッセージが、
掛け替えのない生き方が。
ラブリーなハートを見つめなおしていく。
理想的展開が、集まりだしていくんだ。
展開力で埋め合わせしたい。
ダンスフィールドに生きがいを宿したい。
サバイバルなのだ。
クォリティがメッセージなのだ。
理解していくドリーマー、
チャンスになっていくほどに。
究極的レスポンスを求めるほどに、クレイジーなんだ。
大切な言葉と、ストーリーなんだ。
埋め合わせする展開、
理想像かい?
ドリーマーなチャンスを運んでいる。
理想像が正しい世界を悶え、
祈っている。
価値観をミュージックにするように、
理解が歴史を運んだなら。
歌っていたいんだよ。
興味がサクセスするトゥモローなら、
その全てを栄光に差し出せる存在。
リアリティなミュージックを映し出す。
展開力がミステリーを連れてくるから。
歴史はファイティングな異常気象なんだね。
ロッケンローハニーが伝説的メロディを
それでも笑うというのなら。
覆す魅力に、ファンタジージェットコースターを、
認めてなお、旅立つ世界観を越えてくれる。
リピーターなメッセージだ。
偽りが展開するメロディがねーとつまらねえ。
大好きにしているメロディだ。
大好きなハーモニーだから。
影響力がヒップホップになっていくから。
理想的展開を、戻りオフサイドをとられるほどの。
究極的メッセージを、照らし出すような。
究極性を耕し続けた。
リピートマイハニーが器を演じるなら、
活動する興味が慌てだすなら、
素敵なファイナルアンサー、
希望とマイメロディに、
ダンスタイムを逃れさせたい。
リズミカルな行動と、ロッケンローチェックだ。
大胆不敵な行動と、ロストチルドレンが、
ファンクション、行動の美学で美しくさせてしまう。
歴史的オーケーになっていく。
ロッケンローファンタジーに、越えていくミステリーにすら。
ロックが歌いだすなら、
希望を僕とするなら。
歴史的ミュージックであり、
ファイティング世界観、
取り戻す僕らが、やけに賑やかそうに見えてしまったんだ。
確実な世界観、イデオロギーなパッションすら、
ミュージックにすら、移ろいゆく天才になっていくらしい。
メッセージに、クォリティが、、
影響力になるほどに、
サプライズゲストを連れてくるくらいだ。
ファイナルフュージョンな一抹の不安もないほどに。
影響力がヒップホップで、
立ち止まる影響力を、
飛ばすような価値観に会いに来たんだ。
理想像が展開する上で、
どうしても必要だったものだ。
理解しているミュージックに、酔っていたいんだ。
ラスベガス、形のみを受け入れられるだろうか。
究極的ミステリーはその果てに何を連れてくる?
リピーターなシンガーソングライティングは、
価値観を往々にして、
メロディックラインにしながら、
ファイティングなチョコレート、
ミュージックに器を天才的に魅力的にしている。
ドリーマーなチェンジが連れてきたんだ。
始まりの世界観から、
歪な展開を魅力的に、
ブルースすら、影響力にしていく。
僕は太陽に浮かんでいる。
僕の心を桜色に染め上げていく。
大切な興味、歌い出せるなら。
歳月は行動?
ロストチルドレンだ。
ロッケンロービジネス、大きな未来が、
ファイティング世界観、
正しさと究極的ミステリーが、
追及していくワンダーランドが、
作り出す究極がある。
歴史が影響力、ヒップホップ。
大切が言葉なんだね。
クォリティが関係無くなる。
時代がようやく、俺に追いついてきた。
誰も見たことない場所へ、
誰も聞いたことない音を、
誰もまだ知らないんだ。
それは活動していくだろうか。
斬新すぎる。
誰も知らないから、
影響力、エイヨー、
栄養がない?ヘイヨー、
誰も、分からない、知らない、
形を求めていくなら、
ラバーズは影響力だろう。
本当に誰かが、
意味を呈するのだろうか。
果てしなく、
正しさとワンダーランドは、尽くす、
こんなもんじゃないのさ。
生まれ変わる前の、
理解を、駆け巡るのさ。
その最果てでも、
細道を歩いていくんだ。
さよなら、僕の着ぐるみたちよ。
生き延びてきたんだね。
それでも、裏切られたとしても、
数字を跳ね上げたとしても。
真似でもいい、近づきたかった。
まあいっかじゃすまないけど、
正しさがストイックならば、
希望とワンダーランド、
近づけるかどうかにアタックさせている。
ドラマチックなワンダーランド、
精読する物凄さがある。
細道を大切にする。
努力して、かいつまむ影響力に。
そう、円形なんだ。
聴きな。レベルアップだ。
フュージョン、
素晴らしい。ネタにファイヤー。
乗り込んだ明日から、今晩は、
気分は爽快で超ハイ。
好き放題に、
またたく星たちに口づけしたいのさ。
俺らは凄い奴らだ。
爆音運ぶラップスターだ。
大好きだからこそ止まらねえんだ。
究極的メロディに、尽くしている。
かざす手のひら、ミュージックになっていくなら。
理想的クラックは、クロックロックワークスだから。
影響力はヒップホップ、
楽勝になっていく。気づいてる?
降りるまったりと、ばったり、
深夜パトロール。道開けろ。
ラブラブだー!!
究極的メロディを、大切にしている。
ドラマチックに歌い出すなら、ハーモニーと共に受け継ぐなら、
リピーターとミュージックに、
サプライズすら残したままにして。
ラブリーコールを歌い出せるか。
俺らが、決めてきたものはなんだったっけ。
後ろ側に天才にさせてきた。
ドリーマーは描くことすら忘れてきた。
リアルなフューチャー、
構うことはねえ。騒ごうぜ。
切り込むだけだ。
しりごむのか?
騒ごうぜ!!ひたすら踊ろうぜ!
明日へ向かう大好きが、
大騒動、妄想していく
しびれと絶望、ゴリラユーノウ?
ほら部屋んなか、耳んなか、
俺らで十分なのさ。
ラブリーハートを認めてくれるのかい?
レベルアップなフィンガーアイランド、
孤独と行動、
酸素が足りねえ日本人だ。
全部つっかめてやる。生きる運ぶ満たす
頂いちゃうぜ。音楽で素晴らしい世界を、
演じる、まるもうだ。
素敵、尻ゴムなら
素敵なメッセージを伝えてやるぜ。
一服いれて、ラブリー、
妄想している難しい話はおいておくんだ。
感覚を研ぐ俺達、
遊ぶなららいらいについといで。
大好きな、爪痕をしっかり残していく。
みんなみんな愛してるぜ。
大好きだからこその興味が、
スピーカーから鳴り響くこの音楽に、
往生しているラブリーコール、
生放送起こす。
10歳みたないガキから100歳越えるジジイババアまで
全部任せろ!
大好き謙虚なファイヤーマシンガン、
体を揺らせ!!
確実な世界観に、
歪な展開と喜び合う。
メッセンジャーは形を求めている。
ロックンロールに、
骸骨に叩き込むんだぜ。
何発も叩き込んでやるよ。
衝撃を極め続ける。

ワンダフォーな価値観、
ウルトラソウルな未来すら、
確実性が灯された。
ラブリーだからこそのハートだよ。
希望的観測がたゆたう未来で今僕は生きている。
大好きだからエンドレスを求めてきたんだ。
ラブリーホールでエンジョイするなら、
未来の為に焦りまくるなら。
クォリティと共にダンスする後ろ側は、
大切にしてくれるメロディは、あるいは。
果てしなく堂々と、ミラクルは着実に。
ファイトスタイルは永遠に、
それでもビギナーズどもを巻き込んで、
更に翻す意味は荒唐無稽になっていく。
ファンタジーが空間を押し付けているなら、
虚無と興味が焦りだすあの天才の方向へと。
潜り抜けていけるだろうか。
ダンスしていけるのだろうか。
歴史的ミュージックが展開する今を生きている。
ロッケンロー、歌い出す、もっとおもしれー文章かきてーって
思うなら極めな意志を研ぎ澄ましな
それを心得な。
大好きだからこそのメロディだよ。
大切にしているから、
ファイヤーサインを出したらしいんだ。
価値観はメロディを、
押しつぶされる展開を、
呪い出すファイティングを。
それでも足りず、涙に変わり、
ただ抱きしめるただ抱きしめる。
ほらあなたにとって、大事な人ほどすぐそばにいるの。
ただあなたにだけ、届いてほしい、響け恋の歌。
飛ばされて、あるいは溶かされて。
リズミカルな行動の器には、
天才的メロディすら躍らせる。
大切な言葉とミュージックが、
うろつかす天才。
俺はいまとっても嬉しいんだ。
希望的観測にラブライブなんだ。
理解できるだろうか。
この興味が、サクセスして炸裂する
マイメロディが。クォリティが。
ダンスホールでエンジョイするパワーだね。
究極的ミステリーが慌てだしているんだね。
窮屈な世界に、愛せる希望が舞い散るならば。
歴史的ファンタジー、クォリティすら一途に。
半端ない半端さ、リズミカルな行動の後ろ側には。
大切にしてきたこれまでのミュージックが、
居候が、快感が、驚かせるように
僕の中に存在していたんだ。
確実なミュージックを彩るように、
半端なく食いちぎるように、
ダンスとそのフォーエバーは絡ませていく。
ロングリングにロングランドを、
メッセージを伝えだしていくから。
半端ないリアルと、今度はもんどりうってるディフェンスを。
確実な世界観に、ミラクルが貸与される。
歴史とファンタジー、
クォリティすら一途なファイティングソングに。
栄光のチェケラッチョメッセージ、
密接に絡まれたマッサージ師に、
大胆不敵にかいくぐる。
もう何もかも手に入れているんだと高をくくる。
リズムがセプテムバーさんならば、
影響力がそれなりなヒップホップならば、
抵抗でミステリー。
感覚でブルースに、なればなるほどに。
歴史的ミュージックを偽り的コンテンツで、
メッセージでマッサージを呼び寄せるように。
大胆不敵にそれはローリング。
宇宙を舞い散る木の葉のように、
ダンスをしていくドリーマーを耕すように。
リピーターはメッセンジャー、価値を落としてくれる
レベルアップソングだ。
リピートアフターミーってなレベルだ。
クォリティと甘い甘いダンスをしているようだ。
覆されるリミット、
果てしなく行動するシンフォニーには、
エイトビート炸裂するビジネスさ。
開拓する文化、文明、影響力は、
正しくある為に。
理解しているドリーマーが、
ファイナルなリアリティが、
結んでくれる試行錯誤が存在する。
リピートするように、メッセージは共鳴する為に。
歴史と共にコンタクト、それを閉じ込める理解者を。
大好きに今回は、理想像で展開するミラクルに、
話を合わせていくいたちごっこだ。
ファイナルアンサーが呟いた。
その歴史をミュージックにして、天才的に
メロディックラインで、合同訓練にしたんだ。
大好きトゥモローで、影響力はヒップホップで、
形を失うなら。
大好きなメロディに突き飛ばされるなら。
理解するコンタクト、
大好きなミュージック、
虚ろ、虚ろな天才に、
メロディックラインは整う前に。
理解する歴史、ハーモニーに。
ダンスしていくメロディが、
大きい気がするんだ。
果てしない道徳を守るように、
まるで運命すら覆すかのように、
ダンスフィールドは乗り越えていく。
ララバイってな言い方で、
サプライズな無性にさせていくドリーマーで、
チェンジしていく未来を慌てだすように。
究極なんて無い世界で、
リズムなんてあっけらかんとしているわ。
果てしなく道徳を見果てぬ夢で未来を見るなら、
覆そう、リミットに。
大切なメロディが映し出すメッセージがある。
究極性が驚きだして、
ファイティングな世界観にしてくれるだろう。
半端ない生きがいに、通せんぼしたリアルがフューチャーなら。
まるでフューチャーだ。
価値観なナイーブだ。
天才的メロディになさせている。
ドリーマーにチェンジさせているから。
歴史的ミュージックは偽るか?
理解する歴史は本当に、
ラブリースマイルを伝えてくれるから。
理想的展開を、あらゆるメッセージに、
溶かしだすように。
それは究極的に、
甘いメロディ、マイメロディに炸裂させるから。
リピーターとブーストさせな。
ラビングフォーエバー、価値観をミュージック、
サプライズ、栄光を満ち溢れている。
ロックンローラーなファイティングが、
越えていく未来を大切にしているように。
理解する共鳴をワンダフォーにするように。
歴史はミュージック、
偽りの天才な天気予報を、
メロディを、
生み出したいが為に。
リアリティと生きるハメに。
ダンスダンスダンスフィールドに
今を生きているからこそ、
大胆不敵な未来を愛したいからこそ、
エネルギーはエナジーなんだ。
素敵なんだ、ファイナルアンサーなんだ。
リミット、美しさを越えていきたい?
ドリーマーは描くべき、そのフィールドを変えるようにして。
ハーモニーは追及できるミラクルを、
変えていくレベルアップなプレゼンテーションを、
確実性で閉じ込めるように、
理想的展開は新しくなっていく。
その方向性に意地すら見せていたのかい?
リズミカルな行動にうつぶせにされるまでに、
リピートするウェンズデー、
光が走り出し、運命が笑い出した。
価値が驚きまくっている。
リズミカルなファイナルアンサーが、それを伝えるように。
理解を虚無にしてくれるように、
それはそれはダンスを続けていくから。
理想的ビジョンが、埋め合わせしている。
大切さとイデオロギーならば、
素敵さがチャーミングに歌い出すなら。
正しさとワンダーランドとフューチャーラブクイーン。
ロックンロールがひたすらに、
追いかける道筋すら確かめるように。
理想的展開、メッセージで越えていきたい。
ラブリーだからこそ尽くす、意味があるんだ。
大切な行動でロスレスチルドレン。
果てしなさが横行する中で、
努力家たちが未来を切り開く。
果てしなさ、理解できない未来図か、
影響力か、あるいはヒップホップなのか、
何も、何も分からないままにして。
ラブリーなコールにして、ゴールにして。
永遠は笑い出す。空虚なミステリーを大切にするように。
奇妙な歪さを、
ドリーマーを描く。
大切なロッケンローは、
歳月を越えて。
リズムすら越えて、
飛び込む営業がある。
ハプニングが起こすミラクルがあるんだね。
究極的ワンダーランドならば、
栄光と満ち溢れるダンス、
メッセンジャーな可能性と、
歪になっているコントロールすら、
栄光のチェケラッチョを満たし、乱し、
果てしなさとそれに伴う道徳に、
未来図を描けないと、
差し出せる答えはないと、
リズミカルに発表してくれるから。
ファンタジーアースを認めてくれるんだね。
ハッピーなニューイヤー。
行動させる、意味不明なロッケンローファイヤーを携えて、
それでも価値がないとのたうちまわるなら、
奇妙に折れ曲がったあの日々ですらも。
価値観ですらも、
越えていく未来を挑戦させていく。
リピートしているから、
それはドリーマーを描くように、
大好きだから。影響力は、
灯されるリアリティをダンスさせるように、
大切さがイデオロギーだから、
パッションはファッションだったから。
有名な一抹の不安すら、
ラブリーすらも開拓して、
イメージする出来損ないに、
ラブリーチェンジすら見果てぬ夢を、
見ようとして覆す、
未来は呑気に歌い出す。
話し出したらソーウィルピープル、
大好きなファンタジーアイランドを
見つめるように。
ロックンローラーが認めている元気がある。
ラブリースマイルがあるから、
大好きトゥモローすらエンジョイさせていったんだ。
始まるべきものが始まらなかったんだ、
知らなかったんだ。理想像、展開の余力すらも。
活動家、サプライズな影響か、
偶然と認めるのは運命か。
真似をするより目指すは音楽家。
大切さがイデオロギーを伝えてくれるなら、
普通に見えていたあのファッション、
パッションすらも。確実性を閉じ込めていくぜ。
理想像、展開するように。
興味がワンダーランドになるように。
理解するコントロール、夢中で無知してアイウォンチューなんだ。
カチコミ事件簿、それだけじゃ止まらない歴史があるんだ。
究極的意味不明、大胆不敵な行動で、
サスペンスを連れてくる未来すら、
食べごろになった究極を愛おしむように。
ダンスはフォーエバーを暮らしだすように。
ハマりだすように、天気は天候を変えていく。
理想像、その展開に、
あるいはミステリーに。ワンダーランドに、
クォリティも含めてダンスしていくんだ。
それを理想と位置付けた未来に会いに来たんだ。
ファイナルはリアリティ、
正しいことばっかはやってらんない?
リズムは食い入るように見つめてくるから。
リピートするシンガーソングだから。
影響力はヒップホップであり、
重ねる運命がリピートを悶えさせるなら。
空間的アンチテーゼにすら、
魅力的なパパイアポテトにすら、
活動的な現実、
ファイナルアンサーを呟くぜ!!
大胆不敵な行動とイッツラブだ!!
サクセスのトゥモローが、永劫の時を満ち運ばせるように。
リズムが改築を求めている。
そのラブリー、光線銃を当てはめるように。
まるで記憶をさせるように、
リピートしていくイメージを。
その謙虚さにすら、見果てぬ夢を
続かせられそうだ。
究極なるアポイントが、
それでもダンスを流浪にミュージックファイヤーするなら。
歴史と愛おしい空間、
理解する今回は、
理想とリズムに退屈性を。
正しい空間にミステリーを。
歴史を行動させて、道頓堀、
究極的運命に、理想をたゆたうリズムにさせて。
リズミカルな空間にさせて、
それでもリピートを求めるなんて。
ラビリンスな抵抗。
ロッケンロー、
真似をするより目指すは音楽家。
適当な物言いで、
ダンスするミュージックに偽りで、
展開力を見せてくれるなら、
無限に見えていたあの希望すら、
片付く運命にすらも。
栄光を卓越し、
ワンダーランドを見捨ててまで、
影響力にしようとしてくれた運命に、
確実に届かす為に。
記憶をミュージックにしていくように、
理想的展開を追いかけるように。
ファンタジーになっても結局は。
いたちごっこになったイメージは?
理想とする階段は何か。
ダンスホールでエンジョイする意味とは何か。
サプライズしていく天気予報が欲しいというんだ。
リズミカルな鼓動が、分かってないとのたうち回るんだ。
リピートされるムービーがある。
現実的にいたちごっこだ。
歴史的メロディだ。
クォリティがダンスされそうだ。
リピートするリムーブに、健康が入れ替わりそうだ。
サスペンスなモードが、移り変わりそうなんだよ。
究極的ディフェンスは、
その残らず退屈にしてくれるメロディに対して、
毎晩闇夜に呟くセレブリティ。
伯爵の願う、言葉たち。
理想像、展開させながら。
希望的観測を、二次元に得手不得手、
意味不明な価値観に、トークバックするように。
奇妙な伝説は、微妙になっていくように。
理想的展開が食い違う。
理想像が改めて馬鹿らしくなってしまう前に。
リズムの中に、あることを伝える為に。
リズミカルな行動、ロックンロールビジネスで、
大切なミュージックを彩ってくれるなら。
最高なキャニオン、
大好きをメッセージにしてあげよう。
理屈じゃないのよ。そんな感じ。
リピートするメッセージに、
あるいはクォリティに。
リピートするメッセージに、
クォリティすらおざなりになってしまうレベルアップに、
行動のロストチルドレン、
その名を集り名を叫ぶような。
リズミカルなファイターにしてまで、
エレガントを受け取った気持ちにすら。
価値観にすら、共有させて。
リズミカルなダンサーを置いてけぼりにしたのは誰なんだろう。
空中に浮いているレベルアップは、
大切さと近未来、
ミュージックに訪れる刃を秘密にするなら。
大切にするドリームを守るなら、
あの日々は。大切に見えていた、あの日々は。
解決できない試行錯誤に、
未来は共鳴していく。
理想的未来で、展開させていくような
理想を、ハーモニーを、
大切にしていたんだね。
ミラクルエージェント、
価値を灯し始めた。
理解が努力だったから、
うなぎのぼりになっていったんだ。
理想像、展開するミラクルに、
正しさとミュージックは、移ろいゆくように。
ダンスフォーエバーだから、
究極のミステリーすらも。
栄光すらも、導く光に。
刃に活動的になっているラフランスすら、
カテゴライズするイメージすらも、越えて。
正しくなっていくのは、
理想像とその展開に、負けているからに他ならない。
大好きなんだよ。要するにな。
希望的観測が、今という瞬間が。
メリーゴーランドな素敵なタワーマンションが。
理屈抜きで言える?
素敵とフィンガーアイランド。
価値観とブルースは、運命を携えたままで。
蛍光灯をサクセスさせたままで、
ファイティングな世界線にしていく。
理想像を展開していくんだよ。
お前らに黙れないなら、
究極すら満ち溢れる展開に、
メロディに差し出せるようにするべきだ。
理想的展開が笑うなら、
朗らかにメッセージを託すなら、
その展開にビリーバーを求めて。
理解力を求めて、生きていきたいというの?
リズミカルな行動は音を飛ばし、
大好きなメッセージと共に、窮屈になっていく。
ミラクルは、まるでチェンジングされるようにして。
希望的観測に、全てを疑うのか?
ヒップホップならエージェント、
活動させたいミラクルがあるから、
俺走ってきたんだ。
リミックスな行動の美学、
猛り狂う運勢に乗せてまで。
永久にヒップホップ、活動家の意味を越えていくなら。
理想像、展開させていくならば。
活動する興味すら、メッセージすらも。
栄光のユーロビートすらも。
果てしない鼓動に乗せ上げて、
ラブリーにしてくれるだろう。
リピートマイメロディなメッセージが伝えてくれている。
理解する為のドリーマーが、それでも来いと僕を呼んでいる。
大切だからこそ、可能性をねぎらったんだ。
最高なビジネスを見せる為に、
クォリティを見せつける為にだよ。
リピーターなミュージック、
じり貧になろうが、
ファイトスタイルはジャッジメントなんだ。
クォリティで見せつける運命がある。
大好きな共鳴があるんだ。
作られたヒストリー、ヒステリックになっていくほどに。
ラブリータイムで行動させたい。
リズミカルなサクセスに、行動のロストプラネットに。
活躍させるミラクルならば、
栄光と、満ち溢れrう興味を。
正しさとミュージック、どっちが勝つ?ってな
運勢さ。リズミカルすら疑わないのさ。
必要としているメロディが、今もまだ走り続けてる。
ロックをスタイリッシュに、求め始めているから。
リピートマイメッセージは、追憶の彼方へと羽ばたくように。
理想像は確実に、乗り越えていくように。
ハーモニーはテンポアップしていく。
理想像が展開させていくんだ。
ロックンロールなファンタジスタが、
栄光の永劫を見つめるなら。
究極的ミラクルをメッセージにさせるなら、
希望的観測も、一途なファイターですらも、
活動家、笑わせるほどに。
究極的メッセージを躍らせるように、
活動していく未来すら愛せるように。
ラブな最高潮があったから。
リズミカルなセプテムバーがあったから、
歴史と理解はファンタジスタを越えていったんだ。
理解する興味、卓越するワンダフォーアイランド。
ロックンロールなフェスティバリーに、
価値観すら追いかけていく。
リズミカルな行動に、
うつつを抜かすように。
ダンシングヒーローは笑い出すように。
空虚な空間をメッセージにして、
彩っていくんだ。
理想ビジョンは展開されていく。
理想像で建国されるように、
ヒストリーがヒステリックになっていくように。
リピートアフターミーだ。
大好きだからこそ止まらないんだ。
究極的ワンダーランドがそれを目指すなら、
クォリティであっちこっちを結ばせるなら。
希望に見えていたダンスすら、
活動すら、影響や栄光すら、
ヘイトなミュージックマジシャンになっていく。
理想的展開に、踊らされていくんだ。
展開力が全然違う。
ミステリーは追従していくから。
理想とコンタクト、
ハイパワーでエンドレスを鍛え上げるよ。
そして染まっていくんだ。
理想が、ファイトが、
美しいと思えていたあの希望が。
大切なミラクルが、上げへつらう大切な言葉が。
メッセンジャーな価値観を求めるように。
空間はその代償を払うようにして。
リズミカルな突破に、メロディに、
あるいはメロディの突き刺すリズムに、
果てしない行動と意味と闇を、
伝えてくれるミステリーにすら
なれないのかい?
リズムはワンダーランド、フューチャーアイランドを。
もつだろうか。ファイナルフュージョン、
価値観を求めるまでに、
進化したら次のお話だ。
究極なるミステリーが、
追随するワロスがあるなら。
階段的にのらりくらりと。
ダンスするフィーバー、伝えられるほどに。
影響力、ヒップホップで叶えたい夢がある。
理想像があるなら、ミラクルすら歌いあげられるだろう。
空間的ヒストリー、ヒステリーになっていくほどならば。
究極的な明日がもつれだす。
最果ての鼓動が、メッセージにさせるように。
リピートマイメロディだ。
価値観を通そうぜ。
ラブリーなヒップホップを、ワクワクと期待に
答えられる今を、現状を、見果てぬ夢を見て回ろうぜ。
退屈な世界が踊りだしたとしても、
共鳴するワンダフォーが確実になったとしても。
クォリティが高いメロディに、大切にされている努力があるんだ。
果てしなく、行動していきたいミラクルがあるんだね。
ロマンロックなファンタジーが、
それでも歌い出す今日を、
笑い飛ばすというのであれば。
確実性のリズムだ。
大切な行動とロストチルドレンだ。
苛まれる価値観、
全てに同罪を予期せぬ形で。
ファイナルリアリティにさせてまで、
影響力にさせてまで、
エレガントになったのだろう?
究極的ミステリーが笑ったんだろう。
覆す魅力すら、分からないままで。
何もかも、退屈なフィールドで。
ロッケンローは歌い出したのだろう。
確実性がそれを認めるなら、
空間的なレベルアップですら、
活動する興味ですら忘れ去られてしまいそうだ。
ラブリーゲームを、追従するライアーゲームを。
素敵なファイナルアンサーを、それでも持ち続ける希望を。
高めた果てに、未来はあったのかい?
希望的観測で、ひたすら踊りまくった。
そこにどんな未来が待っていたんだい?
リズムとしてコミカルに、永遠が引き連れてくるなら。
偽りの展開力が、
あるいはそれらが生み出すメッセージが。
いつも正しい訳じゃない、でもそれでいい、
僕はありのままの君を好きになったんだよ。
理想ビジョンは昨日以上だ。
ハイパワーにエンドレスに
面白くできるなら、
その最高が満たされてしまうなら。
究極的な栄光に、道筋立ててっていうのも
無理難題だぜ?
木の葉のようにひらりひらだ。
サクセスの為のトゥモローがここにあった。
リズムは昨日からエイトビートを望んでいたのかな。
リズミカルな行動は、それに伴う予測は。
理解している、それに伴う予測ですらも。
栄光ですらも、価値観なんだ。
本当はなんなのかよく分からないリズムに寄せて。
大好きなパーティ、ロックンローラーは生み出していく。
ファイナルフュージョンだ、
いたちごっこなロストチルドレンだ。
価値観とメロディ、
大切にしているからこそだ。
ラブリースマイルで見当違いになるほどに。
サスペンスは踊りだすように、
頂く。煌めく。
行動のロストプラネットを、
それでも愛おしむようにしながら。
ラブリーハウスは栄光を、
見つめる先には永劫を。
携える、価値観はミラクルすら呼び寄せる。
大胆不敵で大好きだから。
共鳴するワンダーランドはミステリーすら連れてくるぜ。
ハイパワーでエンドレス。
それはフォエバー、
高鳴る鼓動に期待値が段違いだ。
素敵さがファイティングしていくように、
その宇宙でミラクルを生み出すように。
最高潮、その言葉がよく似合う。
ダンシングしていく行動と、
ロストチルドレンになった格好だ。
ファイヤーマシンガンなエイトビートを、
のろけだしているということは。
リズムが着実な栄光であるということで、
サプライズ、意味不明な行動の美学、
炸裂するビジネスがオーケーだから。
確実性、彩りが選んでくれる未来なら、
素敵さすらもフォトグラフィーに変えていく。
ロックンローラーがイメージするように、
その最先端もまた鋭く尖っていくんだ。
果てしなくロストプラネット。
活動する興味に、大切にしてきたエレガントに。
究極性はやっぱり笑い出すだろうか。
そのハーモニーの一途さとは。
リズミカルにできる行動の、アフタートゥモローとは。
勢いでミュージックを作り上げた。
人恋しさをメロディにしたんだ。
空中庭園バビロン、大切、メロディにしながら。
それでも、うつ伏せになったミラクルに、
ちょっとだけドギマギしながら。
空中に浮いているレベルアップは、
それでも価値を。それでも炎を。
目指す果てしない旅路のミュージックに、
流浪に移ろいゆく天才たちを眺めながら。
それでもユートピアを目指し続ける。
リピートを躍らせ続けるんだ。
それこそ果てしないといえるのだろう。
少しだけ離れて眠る。
僕たちは強がりだけど、
きっと愛に不器用な二人だけど、
いつまでも一緒にいられるさ。
不思議と僕には分かる。
さあ手を繋いで眠ろう。
それはフォエーバーなのさ。
理解しているドリーマーがガッチャンコやってんだ、
リピートとメッセージ、偽りを展開させるように。
クォリティをメッセージに置き換えるように、
理想はそれらを追随してくれるんだな。
ミラクルがガッチャンコしている。
ドラマチックなワンダーランドに、それを躍らせるように。
空中庭園だって、無きにしも非ずだ。
果てしなさと同等に、行動に、
サクセスしていくミラクルに、
チェンジさせる最高ならば、
栄光と、見つめだすファイヤーマシンガン。
ハイテンションなテクニカル、
歴史とイッツラブな可能性。
大好きだからこそ止まらないのさ。
リズムがチェケラッチョファンタジーを、
埋め合わせする為に試してんだ。
なんで試すんだい?
リアリティの方向が違うからさ。
それはエイトビートを壊すのかい?
リズム次第ではな。
その儚さとユートピアは、
誰が守ってくれるものなんだい?
果てしなさか、あるいはブーイングか。
価値が認めて貰えないのは残念なことだと思うよ。
理解者はそれをなんと呼んでいるんだい?
儚くも揺れる、歴史的ファンタジスタを。
栄光を見つめ、歩きたいんだよ。
それがなぜそんなことになったのか、
今でも僕は分からないんだ。
理想が思想なんだ。
クォリティが伝説なんだよ。
それを儚く歯がゆくさせたのは、
なぜだい?
リミックス、行動の向こう側さ。
ラブリーチェンジが無かったんだから仕方ないだろう?
究極なるメロディは、あるいは後ろ側を求めていったのだろうか。
僕たちは強がりだけど、
きっと愛に不器用な二人だけど、
理解する為にパンチライン、
でもそれが整う前にやられちゃったら意味ないよね?
正しく、栄光を認めさせるように。
その方向にはどんな未来があるんだい?
窮屈な炎が、今日も立ち上る。
空間を笑い、抵抗させるための嫌いな道徳が、
新しい未来を守る為に希望をよこすんだ。
それは本当に素敵なことだね。
なぜ覆す意味を分け隔てなく、
愛せる気持ちになったのだろう。
理解するコントロールが、イメージする魅力が、
ファイティングポーズをとる前に、
リズムを炸裂しダンスさせる前に。
果たして何番目、リアルなフューチャー。
確実な路頭に迷っていただけ。
ラビリンスは改造していただけなんだ。
ハッピーだからこそそれらができるんだ。
埋め合わせする伝説は、その未来すら携えるのかい?
リズムが炸裂し、埋め合わせする伝説が蜂起するならね。
活動家の意味なんてそんなもんさ。
ラブリーゲームを挑戦させるなら、
そのリピートをイメージさせるなら。
食い入るように見つめるラブですら、
開拓するメッセージですらも。
果てしない栄光に、道筋は笑い出すだろう。
空虚なメッセージを、彩るように。
ファイヤーはマシンガンだから。
エイトビートな炸裂を、愛おしむように。
理解は歴史をファンタジーにするように、
果てしなさで追随するように。
理解するファンタジー、クォリティで叶っていないから。
ラブリーホールにエイトビートだ。
炸裂するビジネスと、オーケーオーライだ。
楽しいからこそ見まごうことなく、
素晴らしい展開にできるんだね。
正しさと楽しさ、
エイトビートに炸裂させるほどに。
究極的メッセンジャーは、新しい方向性を見つめるように。
そんなことは分かっている。
リズミカルな行動にサクセスが酔っている。
似通っている必然性すら、
大切にするリピートすらも。
栄光を永劫に求めていく、
ラブリーハートになっているようで。
正しさとメリーゴーランド、
正しさとワンダフォーアイランド、
密接に繋がる未来が新しさを連れてくるなら。
リピートとメッセージ、クォリティと頂けないメロディに、
大切さとドリーマーに、
栄光を追随するバカらしさを、
リピートするメッセージにすら、
卓越する魅力的を。
ファイナルアンサーを、
呟く僕のセレブリティを。
果てしなさを、更に追随して、
魅力的なミラクルにしてくれる。
ハーモニー的な伝説は終わっていくのだろうか。
歴史的ストイック、
ラブリーなチェンジで見せまくる。
ロックするひたすらに、
価値すらないというのなら。
ベリーナイスでいたちごっこを続けよう。
ゴールデングローリーだ。
価値観をメロディにする為に、あるいは誰かを救うために、
理想像、新しい建国だ。
サクセスのトゥギャザー、申し訳ないくらいだ。
ダンスホールで影響力を突っ走らせよう。
クォリティでダンスするように、
僕らはダンスして行けるかな。
価値観とメロディが、ワンダフォーを突き抜けるなら。
それのみの単体で、理想を抵抗できるなら。
ストレートなマジシャンだ。
クォリティを目指すより導くのは。
理解しているコンテンツが、
理想になりそうだから。
共鳴していきそうだから。
ファイヤーマシンガンだったから、
エイトビートは炸裂していったんだ。
確実に栄光を掴み取りたいなら。
その為に守れたなら。
君の世界は一つだけ。
君は世界に一人だけ。
正しさとワンダーランドならば、
希望することすらできないように。
ルーキーたちは技でごまかす。
リライト、ファクション、メッセージなフィクションだ。
活動する展開に、ミステリーすら呼び寄せる。
大胆不敵だからこその、行動の美学だ。
それはとっても素敵なんだ。
理想的展開が新しくさせるように、
興味、脳裏に食いちぎるように。
ファニーなんだよ。歴史的にクォリティなんだ。
理解している共鳴が、まるでダンスをするように。
食い違うように、歴史はミュージックになっていく。
理想像を建国する為に、
あるいはレスポンスを守り抜く為に、
必要上、
大切な言葉とことわりが、
僕を支えてくれる。
リミットは歌い出せるように、
空間は炸裂できるように。
リズミカルな空間であり、
エイトビートなスクラッチを削るなら。
素敵がファイナルアンサーなんだ。
君とボキャブラリーを守り抜きたいんだよ。
果てしなさと、それに追随する未来。
新しさと今度は、ミステリーワンダーランドすら、
認めてあげられるようにするために。
希望とロックンロールティーチャー、
確実性は彩りを増していく。
ファイナルフュージョン、価値観を灯すなら。
素敵なファイナルアンサーをひっくり返すなら。
ミートしてる。きっと。
果てしなく堂々と、生きた証が宣告される。
リピートミュージック、
それは音を越えて、それは光を越えて、
空間や時空を越えて、更なる旅立ちを祝福しだすんだ。
価値観とアンチテーゼ、
ロックンロールがひたすらに。
クォリティでマイジョブが安定してくれるなら。
理解するファンタジーにすら、
活動するメロディにすら、
旅立ちの予感を教えてくれるのかい?
リピートするメッセージ、魅力やミュージックは、
それのみで教えてくれるほど優しいのかい?
リズミカルなダンサー、忌々しいワンダーランドを見つめてくれる。
リピートできるからこそのミュージックだ。
ファイナルアンサーが呟いているのだ。
理解しているドリーマー、栄光が見つめなおすなら。
素敵がファイナルアンサーしていくから。
リピートする永遠に、呟く未来を。
栄光を、それで輪になるモンスターマスターを。
追従する魅力を、ファイナルアンサーを。
ことごとく引っ越しさせる、
リピートにメッセンジャーは呟き続ける。
理想的、思想的に感慨深いなら、
ファンタジックは栄光を見つめている。
努力で開け放たれた光線を、
サプライズをのしかかるように。
理解するように、それはファンタジーを守り抜くように。
理想的展開、それは。
果てしない努力のたまものだ。
理屈抜きでふらつきたいならば、
希望、申し訳ない程に、
影響力、突っ走るほどに。
最低限の生活を守る為に。
理想的展開、利口に生きているベストフレンド。
価値観がミュージックならば、
その為に守れるものが沢山あるのなら。
究極的メロディは、甘いメロディを伝えていく。
理想像的展開を、楽しさで作り出す。
ロックンロールはフェスティバリティだから。
埋め合わせするダンスにすら、
カテゴライズされたのだろう。
奇妙だよなあ。
本当に面白いよなあ。
なんでこんなに。
素敵な情報は入り乱れるのだろう。
価値観がメロディを連れてくる。
その音に酔う時間がやってくる。
理想像的な展開、
果てしなくメロディにさせてくれるなら、
リピートするモンスターにすら、
追随するミステリーに変えていくだろう。
ハーモニーと伝説的な未来に、
行動のロックンロールティーチャーに、
確実性を落とし込むなら。
素敵なファイナルアンサー、ことごとく。
意味のないこの子のごとく。
じり貧に、リピートさせたいなら、
これこそが運命だ。
たまらなくて止まらない。
ファイティング気象衛星にミラクルが存在しているのであれば、
確実性の半端なさを認めるしかない。
リピートミュージックのこだわりを。
果てしなく堂々とするミラクルは、
理解者、行動のロッケンローが、
歌い出すハニーに記号する希望する
メッセージを、
エッセンシャルコートを。
リズムを、猛り狂うメッセージですらも。
栄光が満ち溢れていると感じている。
ラブリーなチェンジを認めていけるから。
サプライズなミステリーが道徳に、
新しい方向性を導いていくなら。
ファンタジーアースで、メッセージを伝えていくことにしよう。
大好きだから、止まらないのさ。
色んな弊害、ラブリーが起こってくるわけだ。分かる?
大好きなトゥモローに、栄光の延長線上に。
正しいマイメロディが、
正しさとワンダーランドが、
世界観を魅力的に変えていくように。
ロマンが歌い出すなら、
理解している、ドリーマー、栄光のサスペンス。
大切が言葉なら、
ファイティングが夢中ならば。
ロックンロールに見えていたひたすらに、
理解するドリーマーに、栄光すら道筋に変えていく理想に。
ファンタジーアースに、見つかってしまったら
興味のない歴史も、キックするフェイントも、
無くなってしまうのだろうか。
果てしなくなってしまうのだろうか。
大切な言葉で、こだわりで見つめる方向性が、
大胆不敵な未来すら、携えて異常気象にさせていく。
半端ないハーモニーが確かにここにある。
歴史的ミュージックがそれを彩るように、
理解は歴史にハントするように、
確実性はリライトしていくんだ。
ハーモニー的な伝説で、スクラッチを削るなら。
曖昧グーテンモルゲンなら。
究極的メッセージすら新しくなりそうだ。
究極的なメロディがファンタジーを乗り越えていく。
理想的展開、天才を脅かす。
ラブリーなチェンジを、
見せてくれる秘密がある。
歴史的究極ならば、
その方向性の為に笑えたなら。
スクラッチする意味不明、
価値と行方不明になっていくダンスに、
見間違うほどの影響力を。
ヒップホップをカテゴライズしながら、
影響を永久に、
大好きをミュージックにできるコミカルさだ。
大切なアフレイド、
価値観がミュージックになっていくなら、
理想的にすら思えていた希望を。
メロディを、
当たり散らすミュージックすらも。
エイトビートでサクセスさせていけるなら。
理解しているドリーマーが、
チェンジする未来を笑っている。
この鼓動でどうこうするとかそういう話じゃない。
ミラクルなチェンジ、
理想が逆らい出すなら、
結構なファクトリーが生み出されるんだよ。
価値観がメロディになっていって、
恥ずかしくなっても理想的展開なんだよ。
希望的観測が、偽り的な今日にのしかかるなら。
素敵がファンタジスタだ。
クォリティなダンスなんだね。
歴史がファンタジックになればなるほどに、
イッツラブ、コミュニティだから。
炸裂するビジネスが新しくなりそうだろう?
世界観すら、メロディになってくれるはずなのさ。
リピートするマイメロディだ。
正しさから、ミュージックが虚ろ、虚ろになるのなら。
素敵なファイナルアンサー、潰されるまでの努力に。
ロックンローラーなファイヤーマシンガンに、
あるいはそれが生み出すエイトビートに。
炸裂するマイダンスすら、
ガイダンスすら、
変えていくメロディにしていく。
ロックンロールな、ファイティングリズムに置き去りにされた。
究極のミステリーアンダーワールドならば、
開拓する意味さえなくなってしまう。
リピートならば、
ケセラセラであるのであれば。
ファクシミリ、行動の美学だ。
ロックンロールファイティングが、
とめどなく流れ続ける。
リピートアフターミーを求めているんだね。
理解しているんだね。
努力しているんだよ。
希望を、メッセージを、伝える為に。
理想的展開を、笑い出すようにして。
ミュージックなイッツラブなコミュニティに、
探し続ける舞い散る木の葉を、
大好きにしていくミュージックがある。
ロックンローラーなファンタジスタなら、
希望と愉快にサスペンスする未来なら、
抵抗などないだろう。
九十九里浜、大好きだろう。
歴史的ミュージックが偽りを天才的にさせるのかい?
リピートメロディさ。
大胆不敵な行動が、移ろいゆく天才がそこにはいるのさ。
ロッケンローなファンタジーなんだね。
クォリティとダンスする未来に生きているんだね。
大切さとドリーマーだから、
影響力はヒップホップになっていく。
理想像を展開させるなら、
その為に走れたなら。
九十九里浜、
大好きなワンダーランドになるように。
ラブリーゲームがのしかかるなら。
歴史的にファンタスティックになれたなら、
希望的観測すら虚ろになってしまうのかい?
おいざっけんな。
果てしなさの向こう側に、
理想的展開の向こう側に、
今日が見える。
大好きなトゥモローが焦るんだね。
隣人たちが、ビギナーズラックで。
大好きなトゥモローで、永劫の時を泳ぐなら。
捨てきれないメロディ、
大切な鼓動と孤独?
ワンダフォーアイランドをミステリーに、
見つけてきてくれるから。
ロックンローラーはイメージを、
大好きなペトロシアンは、あるいは。
ロッケンローなファンタジーを、認めるように。
それはラブを頂いていくように。
ハーモニーは追随していくのさ。

リピートするソングライティング。
悲しい程に、影響力を携えてしまった。
いつの間にか未来を忘れてしまった、
過去のことは分からない。
過去は変えられるけど未来は変えられないのか。
果てしない行動、
その逆でもあるなら
私たち何を信じたらいいの。
希望が間違ってない、
理想と展開、ミステリーワンダーランドじゃない。
空間的炸裂がバービーボーイズじゃない、
大切なドリーマーは次の瞬間に。
躍らせるように、
それは脈々と空間を受け継ぐように、
リピートさせていく。
ハーモニーが伝説を連れてくる。
理解する興味と共鳴、
ワンダフォーアイランドに見つめて貰えるなら。
ロックンローラーなファンタジーアースに、
メッセージすら猛り狂い、笑い果てるように。
興味があるんだよ。それら、取り巻くすべてにね。
価値観がアンチテーゼなのだろうか。
興味はサクセスウェンズデーなのだろうか。
理解しているドリーマーが、
永劫の時を泳ぐ。泳ぐ。
ミステリーワンダーランドが見つめるように。
活動する興味が歌い出すように、
炸裂するビリーバーが今回も、
ただひたすらに、
メッセージを呟いているのだろう。
炸裂するビリーバーは、
影響力をヒップホップにしていくんだ。
理想像とその展開、
ハーモニーと追及していくミステリーに、
ワンダーランドすら展開させる。
ハーモニー的に追憶の形を認めるには。
あまりにもひびがささやいている。
言葉にできずに、もんどり打ってる。
そんな場合じゃないと言われても気が付かない。
リミックス、形になることを躊躇わない。
価値観とサクセスとは、エネルギーと共鳴とは。
いたちごっこな未来とは何か。
ファンタジージェットコースターアイランドを、
見つめだす。ときめかす。
ワンダーランドを躍らせるんだ。
空虚な空間の最中で、
踊らされないように。苦汁をなめるように。
ファイターズハイだ。
クォリティでダンスするイメージだ。
究極性が壊れていくなら、
果てしないメロディが美しさを取り戻すなら。
価値観とアンチテーゼ、全てが存在し、全てが消滅する世界へと。
ラブリーチェンジ、大切な言葉がクォリティを目指し始める。
その能力、キーンと来るような。
ファイターズハイにどよめくような。
存在と非存在は対になっている。
合わさると0になるようになっている。
ということは人の心は?
心とは何か。凄まじい論争を、
大切な言葉とミュージックを、
偽りで照らし出すミュージックすら、
天才的なメロディですら、
カテゴライズすることのできない、
大いなる闇があるなら。
ドリーマーなチェンジを見つけることができる。
ファイナルリアリティは、
メッセージを置いてけぼりにするように。
ハーモニーは伝説に、裏側を見せつけるように。
リピートとそれが生み出す半端ないリズム。
快適とブラシシャワー、
ロックンロールがひたすらに、
蛍光灯を笑わせるように、
メッセージを連れてくるなら。
面白いんだ。正反対のことを喋ってる空間を、
混ぜ込むことは。
どんな化学変化を起こすか、
楽しみだろう?
でもね、思うんです。
確実にナイトパパになっていく。
理想とチェンジングする未来、
開拓する次の文化、
愛おしさに脈打つ心臓すら。
静かだから、エネルギッシュだから。
エイトビートだから、つまり狂熱はサクセスだから。
クォリティとワンダーランド、
歴史をミュージックにするように。
興味、サクセスしてミラクルを健康的にさせる。
リズミカルな行動とサクセス。
いつか、お前を救えるように。
鳥が飛び青が空を突き抜け、
くすんだじょうろの向こうで、すずらんが揺れる。
価値が追いかけているのだろうか。
興味をサクセスする為に、
記憶から消す為に、
リライト、大切な言葉、
メロディがリズム、大切な言葉、
歴史的民謡ならば、
それが素敵さを増幅するなら。
興味とエチオピア、
ワンダーランドとミステリーが、
究極のワンダーフューチャーを見つけるだろう。
カテゴライズされた命が、今を落とす為に、
理解しているドリーマーを、
栄光で未知数に、
行動させる為に。
究極的ミステリーを疲れるほどに。
リミッターが外れていくのを楽しんでいた。
リズムが心地よかった。
何かがスイッチだったんだ。
始まるべき世界と、エレガントな未来を器用に、
大切に思って、理解しようとした。
大切な言葉と、ことわざ、ストーリーを。
興味で示すワンダーランドを。
価値観を、揺らぐミステリーすらも。
快適になっているドリーマー、
栄光をひっさげてようやく連れてきたぜ。
半端ないリアリティが、結びつく永遠に旅をさせるように。
興味がないのだから、
永遠が笑い出すんだ。
展開力が行動を示す。
退屈な世界観を愛するように。
ハーモニーは伝説を彩るように、
空虚な未来にたゆたうように。
僕が感じてないものは
存在しているんだか存在していないんだかも
よく分からないよ。
やがて元気がなくなるなら、
月が答えを知っているなら、
きっとそれらは気のせい、それか月のせい!
果てしなく堂々と、立ち回るファンタジスタに、
栄光すらまさぐるように、
価値観は笑い出すだろう。
展開力が希望を差し出すように、
ミラクルが活動していくとしたら。
ハーモニーで追随する未来は、
大胆不敵な行動の中で、
サプライズを求めていくのだろうか。
半端ないリアリティは、
でも言いたいことは大体言ったし、
その勇気だけは褒めてほしいもんだ。
どういう場所に限界があるのか、
どういう炸裂を俺達は求めているのか。
サクセスロードと、
中途半端になったミラクルで、
価値を汚す運命とは。
価値観とは、それが生み出すジェットコースターアタックとは。
リズミカルなイメージがマックス、
大切な言葉とエージェントトゥモローに
ケセラセラさせているのに。
ドラマチックなワンダーランドを、
今も見果てぬ夢を、
未来を見ているというのに。
確実性と彩りとは、
なんてすばらしいんでしょう。
素晴らしい世界に、栄光を!!
果てしなく吹きすさぶドリーム。
まるで新劇の巨人だ。
大切が孤独だ。
ストーリーがミステリーワールドだから。
窮屈な世界やアンチテーゼは、
やってくるだろう。
葬られるように、
パティシエたちは歌うように。
恥ずかしむように。
ロックンローラーな頂きは、
ワンダーランドを見つめている。
ダンスフィールドで笑っているから、
笑えるドラマすら、改築するワンダーランドすらも。
影響力すら、ヒップホップすらも。
活動する興味、頂きますって言っちゃわない?
大好きな展開にしどろもどろ、
大切だからクォリティはひっさげない!
ロックンロールは痛みの付け合わせであり、
付録にしたロッケンローは
限界突破することに意地を見せて、
その空間に、あるいは炸裂する運命に。
確実に取り戻す!的なことを
堂々と言えなきゃだめだと思う!
全部気のせいか月のせいか陽気のせいか。
元気出せって言ってんだぜ!!
ロッケンローがファイティングしてくれるならな。
ミステリーなワンダーランドなチョコレートを
蝕むありたちに、
究極的ファンタジーすら、
栄光としてミステリーワンダーランド。
九十九里浜の栄光が眠っている。
エジプトのピラミッドでどかんどかん。
素敵がバービーナイスで
ときめくぜ。
ワンダーランドなフューチャーだ。
大切にしたいドリームがあがくから、
未来と共に炸裂してこれたんだ。
ファイナルリアリティならば、
それらが生み出す価値観を取り戻しているなら、
その最高峰、君が信じた人間は
かなりすごい奴だった。
始まりの天才的に、全てをのけぞらせるなら。
究極的モンスターが慌てだすぜ。
空間的サバイバル、満ち溢れる
狂気と陶器をライクライクにしてしまうなら。
気がするだけじゃない、生み出すだけじゃない。
半端ないイデオロギー、突っ走るコンフュージョンにまで、
影響力は生み出してくれるのさ。
ハイパワーでエンドレスな
開拓するビルに炸裂するビューティフォーを描こう。
リズミカルな行動とディスマッチだ。
ファンタジーアイランドを見つめるなら、
天気予報的恋愛が全てを変えるなら、
そのご様子、素敵なファンタジーで
見つめてあげよう。
全てを求めるものが共同的に意味合いでダンスするなら、
希望でエンジェルたちは舞い飛ぶよ。
果てしない道徳で、ミステリーなワンダーランドは
ケセラセラなダンスを続けていくだろう。
ハーモニー的ビリーバーならば、
窮屈な世界観に、彩りを見せるように。
歴史的コンテンツ、
俺は共感してほしくなかったんだよ。
大切、メロディ、ミュージックは大切にしていく。
リピートモンスターは追従していくから。
理解を歴史にファンタジーにさせた。
ミラクルは勇気をもって突き進むように。
半端ない凄さに、とめどなく流れるように。
活動には常にからくりがあった。
素敵なフュージョン、価値観があったんだ。
リピートソングライティング、
価値を創出するイリュージョン。
天才的に努力するイリュージョンに、
価値観すら巡らせる天才に。
メッセージ、偽り的な。
理解がサクセスへの秘密を辿っているならば、
究極的ミステリーすら暴れ出しかねん。
大好きだから取り戻すのさ。
リピートする運命が耕してくれるんだ。
果てしない行動が、
今をもたらしてくれる。
リピートする運勢と運命が、
価値をまるで喜ぶように。
自宅でスーパーをやっている人の夢を見た。
何かを拒否されたんだよな。
価値観はアンチテーゼだったのだろうか。
全ては消えてしまうのだろうか。
細かいチリになって。
ファンタジスタは未来を逆らって、
希望的観測に全てを預けるなら、
リピートさせるイメージにさせた、
リズミカルな行動として得手不得手を
決めつけた、リズムにすらあっけらかんとしてしまう。
リズミカルな行動に、ろくに何もやりとげてないミラクルに、
当たり前の行動に、ロストチルドレンに。
ミラクルエイジを賭け願いたい?
ダンスフォーエバーで窮屈な世界観、
彩りは増していくから。
リピートアンドモンスターに連れていかれるから。
ロックンロールファンタジーには、
クォリティをダンスさせる一途さと、
パーティションで区切られたメッセージがある。
退屈な世界に彩られるなら。
ファンタジーが興味を見せるなら、
大切なドリーム、影響力とヒップホップになってまで、
エネルギーとして突っ走らせた
今という道徳は、誰が守るものなんだい?
炸裂するビジネスとは、
オーケーオーライを費やすイメージとは。
サクセスの活動家、
意味不明にワンダーランド。
窮屈な世界すらも愛せるほどに。
究極なるミステリー、あるいはヒステリー。
大好きなロマンスを掲げてあげたい。
リズミカルな行動に、サクセスなトゥモローに。
アンチフィールドで抵抗してあげたい。
リズミカル、エイトビートならば、
やっぱり守られるべきだとそう思うのですよ。
始まりはキャッツアイ。
歴史がコンパクトに、俺達の壁を破ってくれるから。
儚くも散り急ぐ。
大好きな花たちに、ロッケンローをイメージしている。
トークアバウトしている努力家の違いか。
人の夢は終わらねえ!
ダンスホールにエンジョイしようが、
無くそうが、大切だから。
ミュージックはリアリズム、
トークアバウトなジャパニーズを、
展開させたミラクルすら、
半端ないイメージになっていく
理想像すらも。栄光すらも、
こだわりがファンタジーを連れてきた。
理解する歴史がファンタジーを、意味合いを閉じ込めるなら。
活動家なイメージは、更なるホーホケキョを求めて、
サプライズを巻き起こし追い風を放ち始める。
理解するドリーマーが、栄光を導き始める。
リピートするミュージックが、
偽りを天才的に取り戻すんだ。
ロックワードだ。
サクセスするトゥモローが暴れ出すのさ。
トークバイトークできる。
そんな運命が近づいていることすら、
分からずに、ヒップホップはエージェントだと、
未来があるのだと、ずっと突っ走っていったのさ。
かわいくないだろう?
ああ、そうだね。きつくロンギヌス。
それでも伝えたいことが一杯あったんだから仕方ない。
メロディは今日という日を守ってくれるとは限らないだろう?
究極がミステリーワールドなら、
歴史をそれとするなら、
ロックンロールなファンタジーは、
あるいは大切にしてきたイメージは。ダメージは。
共鳴するワンダフォーは!!
形すら失って、魂を貫いて、
それでもまだ愛おしむように。
クォリティはダンスを続けていく。
リミットな歌い出し方から、
ファンタジーアイランドを見つめながら。
その鼓動はどんどん高まっていく。
ラストに向け曲は上がってく。
ハウったってそんなの構わない。
その全てが今僕の音になる。
クォリティがダンス、
歴史的イッツラブなコミュニティに、
全て取り戻されてしまいそうだぜ!!
全てがクォリティを放ちだしそうなんだ!
理解が東奔西走、迷いに迷ったヘンゼルとグレーテルは、
お菓子の家を発見?
果てしなく続く迷宮の中で、
それは希望か厄災か、
踊りだしたファンタジーは、
それでも認めるものがあると思う。
じゃなきゃおかしいと思う!!
理想的に、ファンタスティックに恋愛トークを続けてきた、
今だからこそ言えるギブアンドデイ。
楽しい世界がエンジョイしてくれるなら。
リミットで愛しぬいてくれる「やっぱり」が
歌い出してくれる、ハーモニーが炸裂するんだ。
転がる、岩を転がす僕たちに、
リミットは歌声を放ち始める。
さあ、息切れの方向性を教えてあげよう。
大切な孤独を、分け合おう。
ダンスなミュージックに、カテゴライズすら
東奔西走されてしまうなら、
この馬鹿の一つ覚えを繰り返しているようなブログに、
天才の一億覚えを見せてやろう。
いずれ一兆すら越えてみせるさ。
ハイテンションの栄光を、
見つめるその瞳すら、
影響力にさせてしまった。
彼は夢の見方を忘れてしまった。嗚呼、
正しい魅力を、伝える為に、
彼らもロボットになったのかい?
どんなに心が柔らかくて温かいか、
それを教えてくれた君は多分それを知らないな。
リズミカルな行動に、
支えられている今日がある。
素敵なメロディ、
それとエトセトラがある。
究極のワンダーランドに、
見つめられたらもう動けないから。
プライバシーも何もねー。
大胆不敵に笑うしかねえ。
おれは希望にむせび泣くしかねえ、
ダンスホールでエンジョイレッツパーティだぜ
ダンスダンスダンスパーティナイトだぜパーリーピーポーだぜ
ピーポーピーポーだぜ
そんなMCみたいなライブスタイル
これが俺のライフスタイル、
そう、イキモノガカリ。
大胆不敵な言いがかり。
大切な言葉でエンジョイしているという。
スマホで僕のブログを読むという。
リズムで炸裂するミュージックは、
格別な愛おしさに、
ミュージックの羽織らしさに、
ケセラセラなワンダーランドを見つめてくれる
あの陽だまりのように!!
ひまわりのように、素敵なマイメロディを耕していく。
んでもって投げて転がしていく。
ファイティングスカイハイがイメージする展開は、
もっと究極で、もっと面白かった。
必然性が恋愛と共にトークするなら、
ロックンロールがファイティングな興味を炸裂させ、
ダンシングスカイハイにエンジョイしてくれるなら。
正しさとワンダーランドがひたすら輝きだしたんだ。
知らなかったんだ。こんなに美しい世界が存在していたなんて。
リズムが炸裂していた。
果てしなさと同等の実力を、
兼ね備えそれでも旅を続ける。
リピートはメッセージを貫くように、
果てしなさをドリームで彩ってくれる。
リピートするマイダンスが、
階段を上り続ける理想が、
果てしない魅力を連れてきてくれる。
半端じゃない理想に閉じ込められてくれるんだ。
そう、それは愛だった。
興味はなかった。それでもひたすら大切だった。
小説を逆から読んでいくような。
そしたら出会ってしまった人と人がいた。
感覚をブルースにし、
それでもまだお湯にいれられたチョコレートのように
溶けてとろけていってしまうなら。
確実性を耕そう、
今の未来に分け隔てなく、
作り出す未来を笑い出そう。
ロックンロールビジネスで、
全ては解き放たれていく。
行動をサクセスにした気持ちすら、
うろつかす伝説にすらも。
永劫の時を影響させそうだった。
クォリティがワンダーランドになる前に、
歴史が本当になる前に、
動き出さなければ。
価値を、大切にし、生きねば。
ハイテンション、メロディがメロドラマを生んでいく。
メロメロにメロウしていく。そんなメローナが、
大切な言葉でエンジョイするように。
興味を卓越させ、ミュージックを笑わせていく。
ダンサーはハニー、
うつぶせで興味がないほどに。
影響力はヒップホップを風任せにして、
ダンスしていくメロディを歌い出していく。
果てしなく届くこの心意気では、
最高潮に笑い出す未来に、会いに来るように。
ロックンローラーなファイティングが、
未だ見ぬ明日を連れてくるなら。
理想の理解、ファイティングの思想すら。
価値観すら、混ざり合っていくリピートにさせていく。
ドリーマーはチャンスだよ。
リアルなヒッチハイクだよ。
リズミカルなファンタジスタ、栄光を掴み取るように、
かざす手のひら明日へとジャンプ。
正しさとワンダーランドが、
見つけ出した興味、その向こう側まで、
ダンスは続いていく。
理想と共に、どこまでも。
生きがいはそれらを求めるように、
希望はサクセスを、卓越していく為に。
幅広い世界に合同訓練を求めていくんだ。
理想ビジョンは昨日以上なんだ。
サプライザーが連れてくる、いわゆる運命があるんだ。
価値を炎にしてくれた。
僕の意味をワンダーランドにしてくれた未来に、
今会いに行こう。
嬉しくて枕に顔をうずめて足をバタバタさせた。
果てしない理想がかいつまんで笑っていくんだ。
理想像は展開している、ロックは準備オーライだ。
サクセスの為の日々が幕を開ける。
リズムは行動で、
ロックで耕すように。
リピートはマイメッセンジャー。
形を失わぬように。
大好きな未来を愛せるように。
それは希望だったから。
埋め合わせする現実を、逆戻りする理想像を、
ただひたすら追いかけた。
あの人の影を踏みたかったんだ。
ひたすら追いかけていた。
いずれも、さわやかなミント味だった。
炭酸のような一瞬を、
抱えとめどなく。流れる涙はほーほけきょだ。
なかぬなら一緒に泣こうホトトギス
リズム、避けることはできない、
だけどさけるチーズ。生み出した価値を確かめるように、
そしてたしなめるように、理解を興味に、
卓越を元気にさせていく。
ロックンロールな伝説が、それが作り出す未来が、
その先を見ていたんだ。
刻んだロトの伝説も、
始まらざる方向性の魔王たちですら、
価値ですら、ワンダーランドになっていった
リズムに、行動の着実性に、
驚かされるばっかりだった。
僕は少し泣いていたね。
果てしない夢を追いかけた。
どうしてこんなに熱いんだ。
ハートが燃えて溶けてしまいそうだった。
魂が燃えているから。
果敢にも食らいついた。
繋いだ手の温度もその力も、
今ここにある全てを、少しも色あせずに、
心にしまっておけたらいいな。
ラブをミステイクしていく。
その狭間に憂鬱が木霊する。
大胆不敵な行動が、サクセスを連れてくる。
本当のメッセージを、気持ちいい瞬間を、
求め、耕し、転がし、満たし続けた僕の心よ。
大切な理解が、今度は何を求める。
誰かに先導されることなく、
悠然と誇り大地に立つこの信念の旗よ。
僕は何を目指していた。
確実な方向性、
宇宙が見せる色鮮やかな光景すら、
見果てぬ夢すら、越えていった。
あの飛行機雲を追いかけた。
リズムは光景を笑ったけど、
僕のまぶたに焼き付いた。
果てしない道徳は、未来を創るように。
果てしない、世界を創造していく。
探求心は幻や夢の類を恐れもせずに、
行動させていく、現実が無限なら、夢だって無限だ。
空間は溶け始め、全てを統一させていく。
理想は感覚を笑い出し、
さあ、行こうぜ!行こうぜ!って僕を急かしていく。
果てしない未来の果てに、
何を望むかは自由にそのままに、
ダンスする未来、どうしようもなく震える予感。
覚える多幸感、理解する歴史に、
感覚に、取り戻されてきた現状が、
ロックを歌い出し、健康に拍車をかけていく。
正しさはミュージックを呆れさせるようだ。
本当に許してもらえたのだろうか。
意味不明な価値観に、踊りだす展開を予期して、
僕は少しラチの開かない夢を見る。
果てしない行動が見せる美学、
新しい展開にむせび泣く夜。
確実な忙しさ、ミュージックの素晴らしさすら、
乗り越えて、君が飛び越えていけるなら。
行動とビジネス、オーケーオーライしてきた、
未来がサスペンスを連れてきた。
大好きだからこそのトゥモローだ。
新しい空間を笑い出すんだ。
天候次第で嫌いにも好きにもなれた。
大好きだった。あの音楽が。
リズムで、僕を舞い飛ばせてくれる。
リピートしていたかった。
あの飛行機雲に届けと叫ぶように、
僕は紙飛行機を飛ばした。
リピートする為のメッセンジャーがいる。
活動していく興味がある。
一定期間の後に、
ミラクルは巻き起こる。
その男を、大地や海や空は祝福するように。
興味を、メロディを、かいつまんで話せるほど、
僕の心は小さくない。
どこまでも羽ばたく、どこまでも飛んでいける。
果てしなさは僕の一番近くにいたから。
大好きなメロディが、僕を喜ばせてくれるから。
リピーターなメロディか、それでも止まらないケセラセラが、
驚かせるように、リピーターをもどかしい思いにさせるように、
どうするんだと問いかけるように、
僕を始まりの世界まで置いてけぼりにするんだ。
感じているロックンロールを、歌出すハーモニーを、
理解できるか、この距離を。
いたちごっこな、
素敵なファイヤーを。
生み出した価値、
そこにどんでん返し的未来が待っているのかい?
リピートしよう。もう一度、あの曲を聞く為に
シャッフルしよう。溶けろ!溶けろ!
全部溶けてどろどろになったら、また会えるのかな。
正しさとメロディが、
うろ覚えする伝説を走り出させる。
興味を、歴史を、開拓するこの文化を。
止まらない歴史と、それらが見せるファンタジーに、
きめ細やかに刻まれたライン。
行動とビジネス、汗の代償に手に入れたお小遣いを、
そっと神社に投げ入れた。
なぜこんな苦しみや悲しみが、
世界中に充満しているんだろうって
絶望の真っただ中にいるあなたは
きっと思っているんだろう。
最初にロストソングを歌うスタイルは好きだった。
リズミカルに、行動のワンテンポ上に、
常に突き進む理想が大好きだった。
追いかけても追いかけても届かない。
でも、だからこそ追いかけ続ける。
未来はミュージックを放蕩として、
ラブリーコールを埋め合わせするように、
満ち溢れる展開を笑い出していく。
謙虚なスマイルで、全てを見通されるなら。
理解に苦しんでしまうくらいなら、
僕は永遠を見つけ出そう。
手に入れよう。
どんなに力強い文章を書いても、
その指の隙間から零れ落ちていく何かを、
悲しむ余裕すらもなく、
果てしなく追いかけ続ける理想を、
あえて僕は「希望」と呼ぼう。
ハイテンションで食らっちまった。
天狗みたいに鼻を高くした。
開けり渡すミラクルに、伝説が留意した。
希望的観測にメッセージを託したのに、
そのファイヤーサインは空中で燃え尽きたのだろうか。
行方は分からず、それでも研ぎ澄ます耳を、
その聞こえる音の価値を、
探し始めて。
理想がブギウギパーティだったから、
リピートされる世界には決して染まらない。
リズムがミュージックを展開させていく、
果てしなさを追随させていくから、
僕らも日々を笑って、
大好きになってみせよう。
理解を越えた場所で、運命とまた出会う日を、
壮大な振り子、時間流れる音が聴こえた気がした。
それは壮大なメロディを運んでいた。
大切さに、愛おしくなる時、
僕らはどこに。
空間はねじ曲がり、伝えるべき明日は「今」を灯されていく。
歴史がミュージックになり、サクセスロードに追及させていく。
ドロップアウトした異常気象、
奇天烈な世界を守り続ける天狗さんにも、
ウインクしながら、ブルースは解き放たれていく。
理想像が展開するように、
興味が格別に炸裂するように。
白熱する試合を見るように。
白日の下に晒された有無を言わぬ証拠を、
是非を問わぬ回答を、
思想を、放棄してそれでもまだ僕が求める言葉とは。
リズムは生み出すものを転がしていく。
大切な行動で埋め合わせする美学を投げ飛ばしていく。
果てしなく、慟哭の未来に置き去りにされてしまうんだ。
価値はミュージックを連れてきた。
理想的展開は笑い出すまで、
メロディックラインが整うまで、あと少しの距離。
意味がイメージするまで、大好きなメッセージは捨てたくないんだ。
リズムがリズミカルに、行動する愉快さに。
大好きになっても止まらない。
そういう意味と愛し合う。
リズムがキャッツアイになっても、
ドッグイヤーになっても、
例え大好きになっても。
隠れもせず、堂々と生きている未来がある。
大好きなメロディがあるから。
サスペンスはサプライズを連れてくる。
リピートするメッセージを、連れてくる大げさな大衆がいる。
果てしなくインモラルに堂々と。
正しさを、メロディを、言葉に携わることをしたい。
私は言葉を愛している。あなたは何を愛している?
興味は、炸裂するワンダフォーは、
今更何を木霊させるだろう。
奇妙な出で立ちで、未来を走らせてみた。
行動はサクセスの次を、常に求めていた。
リズムでこの光景をいっぺんに塗り替えたんだ。
素敵なメロディ、新しい空間すら、始まりそうだった。
興味がミュージックを連れてくる。
新しさが伝説を呼びこむように、
歴史はファンタジーに追憶の扉を開かせるように。
ドラマチックなワンダフォーライフに、
メッセージを届かせるんだ。
本当に素晴らしいイメージだ。
カテゴライズされない意味不明ですら、
僕を見て笑ってくれそうな。
そんな出で立ちすら、
感じてしまったんだ。
理解できない興味、
サクセスの為のトゥモロー。
新しき日々の為の歌声。
もう聞こえない、あの日々は笑い出す。
展開的な興味に今を差し出せるなら、
その行動の美学に炸裂するエンドルフィンを、
活動するメロディを、
飛び出すアンチテーゼすら、
価値観にできたなら。
究極的メロディが歌い出し、
笑い出してくれるなら。
リピートするミュージックさえも、
彩りを溢れさせる興味すらも。
影響力、ただただ愛してるの一言を、
理解しているドリーマー、
謙虚でたまらない生きがいに、
必要のない未来が慌てだすんだ。
空間的イデオロギーに、パッションになっているなら。
伝説的メロディで、
うつぶせになっているハートすら存在する。
価値は価値を、改めて本当にそうかと問いかける。
価値はミュージックを疑わない。
破裂しそうな心を抱えて、
それでも夢を見ようとする、
生きがいを謙虚にミステリーにしようとする。
果てしなさ、それが生む白昼夢、
全て、そんな全てを乗り越えて、
手にできるものがあった。
悲しみの果てに希望があった。
大好きなミラクルを呼び寄せて、
踊って、理解して、転がして、
ダンスホールでエンジョイするのさ。
それが希望であり、
それだけが理想だった。
果てしない努力の向こう側に、
展開するミステリーすら忘れてしまうほどに。
らくらくにやってしまう何かがある。
理想的なファンタジーがあったんだ。
歴史をトークバックしてきたイメージが存在した。
ミラクルは価値を追いかけ続ける。
理想を、仇成す展開を、
ミュージックを、彩りをまるで笑うかのように。
ダンスするフィールドは、
その価値を見失い東奔西走し始めるから。
ダンスホールでエンジョイした未来は、
大好きといえなかったあの日を、
映し出すスクリーンに、
価値を追いかけた日々を思い描く。
そうやって僕は大人になっていったんだ。
言葉の響きに酔っていた。
リズム、だけどもどこか似通っていた。
大好きだからこそトゥモローを愛した。
ラブリーがイメージしてくれるなら、
何も怖くなかった。
リズムは、それなりの物を満たしてくれたから。
オーバーザレインボウ。
心拍数の羅針盤で、
導け。光へ。
ロックンロール!ファイティングな世界観!!
居候してるケセラセラが、
その喜びにむせび泣いている頃だろう。
究極的メッセージに、あるいは天才的に、
偽りにそれらを、正しくさせるイメージすら、
追憶の彼方になっていくのかい?
理想像、展開的に、ラブリーホールでエンジョイしていくんだ。
レベルアップなフィンガーアイランドが認めているんだ。
究極的マイメロディに、強く抗議するビリーバーに、
ファイトスタイルは価値観を、メッセンジャーを理解させるように。
ドリーマーなチャンスを見つけていくのさ。
ラブリーなゲームが愛おしいだね。
究極的フューチャーは、その先に何を望むか。
夜風が運ぶ淡い希望を乗せて、どこまでいけるか。
果てしなさと、それが生み続ける道徳にすら。
あの時見た、そうだ昨日は中国人に囲まれる夢を見た。
僕がやっぱり仕切っていた。
面白く、楽しく僕はお話をする。
その後、ドライブにいったような。
価値観はメロディであり、
楽しさはワンダーフューチャーを連れてきた。
リズムでケセラセラで、ワンダーランドにむせび泣いたんだ。
確実性と彩りが、僕を増していく。
ただ壊していくのか。
謙虚な炎、理想としているミラクルすらも。
活動する永遠、ミュージックが訪れるまで。
キャパシティ、メリーゴーランドだから。
究極的メロディ、
メロディなミュージックだったからこそ。
エイトビート、サクセスストーリーであり、
空虚に生きているヒストリーが、
それでももがく僕たちを笑い飛ばしていく。
価値が追いかけていくんだ。
理想像的展開を、申し訳なくなる大切さを、
ビリーバーを生み出すチェケラッチョを、
それでも大切にするその意固地なハートを。
リピートさせる謙虚さすら、
ハイクォリティなダンスですらも。
栄光が笑い出すから、
空虚な未来に天才を映し出したんだ。
ロマンロックが新しいメロディをせせら笑うなら。
絶叫して熱狂するワンダーライフ。
メッセンジャーな価値観を、
越えてまだ今なお続く理想像を。
理解を、それが目指す共鳴を。
歌い出せるか。衣で、笑い出せるのだろうか。
究極的ミステリーがワンダーランドならば、
希望的観測に思えていたあの日々ですら。
半端ないぜ!!
インモラルだぜ!!
究極的なワロロンチアが
戻りオフサイドとられそうだぜ!!
ロックンローラーなビジネスが、追いかけているんだね。
窮屈な世界観が、それらに笑いかけているんだ。
統率が取れていないラブリーだ。
調整が必要だからこそ、
埋め合わせする未来に。
謙虚さとシルバーハートに、
理想をまき散らしながらも、
エイトビートを炸裂させていく。
リズムはひたすらリズミカルに、
歌い出すファンキーなモンチッチになる為に。
理想像、展開的魅力で伝えていけるなら。
活動する興味が笑い出してくれるなら。
ハイパーパワーを、
今メッセージにしてあげよう。

僕だけがいける世界で
銃声が轟く。
ファイティングな世界観を、
あるいはその妄想を。
大切にしているリピートを、
それでも伝え続けるメッセージを。
大切にしてなお、クォリティは広げていく。
理想像な展開を笑わせるように。
活動は世界を虚無にするように、
ダンシングヒーローにさせるように、
活動家のサクセスに、踊りだす意味を付け加えた。
理想的展開で手ごまにされるなら。
究極的ミステリーすらも、
価値が追いかけてくれるんだ。
リミットがリピートするように、
恥ずかしいまでにロムるほどに。
究極的展開に、
いわゆる必要とさせる為に。
リズムは開拓し、文化を共鳴させていくだろう。
サプライズなゲストを、乗り上げるように。
究極的未来が照らしてくれるはずだ。
その光線銃、
大好きなミステリーに呼び寄せて。
さらに展開させるメロディを甲乙つけがたいと表現するなら、
最高に見えていたこの現実。
オキシドール、抵抗をサクセスさせるまで、
影響力はヒップホップであり、
必ずその場所まで辿り着くぞって言う
リアリズムを追及してくれる。
ハーモニーで伝説を呼びよせてくれる。
リピーターは、あるいはその理解者は、
行動のビジネス、大きなとめどない波動を、
空間をサプライズする意味にしてまで。
エネルギッシュなトークバックを走らせた。
苦情も聞かない、
リズムも叫ばない。
大切がイデオロギー、
もういいよ、黙れよお前って
青木みたいに言ってやりたくなるぜ。
価値観はブルース、
ロッケンローでファイティングでしてやるぜ。
荒唐無稽だからこそエレガントなのさ。
それを分からない奴がただただ呟くんだ。
渦巻くんだ、ごまかすんだ。能書きを垂れるんだよ。
うなだれるんだ。喚くんだ。ぐずるんだ。愚痴るんだよ。
大切ってなんだっけ。
理解できるトゥモローが、
新しい未来を叫び続けてる。
ファイターのジェットコースターアイランドですら、
認めきれないというのであれば。
最高なフィクション漫画だ。
大切な行動と、鼓動。
サクセスストーリー、
追及するミステリーなんだね。
そう、誇りだ。
大切な言葉とエンジョイモード。
理解する共鳴だ。ワンダフォーアイランドだ。
ロッケンロー・ビジネスでオーケーオーライだ。
サクセスの為のストーリーとは。
未来の為のスケッチブックとは。
忌々しい未来に、退屈な行動に、
サクセスするトゥモローに、栄光を呼び寄せる。
それは何度も、何度も。
記憶の底から湧き上がる思いがある。
果てしなく堂々とする近未来があるということは、
リズムがサクセスする為に、
あるいは行動をのけぞらせる為に、
究極的メロディを新しくしていった。
可能性をブギウギで挑戦権を開拓するなら、
ロックンロールビジネスだ。
大きな未来を描こう。
究極的なら、
それでワンダーフューチャーだとか、
色々言えるのだろうか。
始まらせる為の究極に、
あるいはミステリーに。希望をさせるほどの。
歴史を変えてしまうほどの、
エネルギーが確かに存在する。
理解を越えた境地に、ただただ居座るようにして。
全てを閉じ込める、
理解を越えた場所で、エネルギーは突っ走る。だから。
活動的展開が笑い出すように、
究極的ミステリーがのけぞるように。
素敵さはファンタジスタを携えながら、
希望的ドッキングで未来を切り開いていく。
理想の副作用だ。
寝ても起きても夢を見る。
大胆不敵な行動が、サクセスなトゥモローを呼び寄せている。
大好きだからこそ止まらないんだ。
止まることなんてできないんだよ。
クォリティをダンスさせている現在がある。
興味があり、サクセスでもあるんだ。
空中に浮いているレベルアップが、
活動を弱めてダンスを意味不明にするなら、
活動家の天才ですら、
価値がおぼつかない未来ですらも。
影響力、ヒップホップな風に乗せていくリズムじゃなかったとしても。
リアルなフューチャー、ドリームはどこまで
歯がゆくも愛おしく、
ラブリーにチェンジさせてくれるのか。
リピートメッセージ、クォリティを届けさせてくれるまで。
リピート、エレガントなモードを嫌ってまで、
そこまでして手に入れたエネルギーなんだ。
大切なドリーマーが存在しているんだよ。
その数も、はかり知ることなんてできないかもしれないという
一途さも、ミラクルも。回転が呼び寄せている。
隠れているモンスターが存在している。
だからドリーマーと共に、受け継いだんだ。
サラバといったんだね。
理解する意味が、アンチテーゼが面白がるなら。
究極的ミステリーがワンダーランドを連れてくるなら、
理解者、歴史をコンタクトする。
イメージをラスベガスにする、
記憶すら。記録にすらも、
ファイティングな世界観に、ミラクルは酔ってくれるだろう。
ハーモニーで伝説は歌い出すか。
果てしなさと共にスクラッチしてくれるなら。
大切さとドリーマー、
ロックンロールなビジネスと、オーケーオーライが
導くステーションがある。
大切さとドリーマーがあるんだ。
ロックンロールフェスティバルは、
ロマンロックを頂きに、
サスペンスを行動させるように。
理解するドリームは、
栄光を携えるように。
価値観はミュージックだ。
大切な言葉とエンジョイフルメタルならば、
希望が素敵なメロディを突っ走る可能性を、
エンジョイしてなお大切にしてくれるなら。
ドリーマーな適応力、
サバイバルな価値観すら、栄光すらも。
輝かせて、なお余りある大好きに、
歴史的ファンタジーすら潰されていくリズムになっていくんだ。
ハイテンションな行動法に、
スクラッチを削るような栄光に。
満ち溢れる世界の道徳に。
正しさがエレガントなヒップホップを乗せてくれるなら、
リミットなジェットコースターをアタックさせるなら、
希望的観測、宇宙的未来すら、
掛け替えのない素晴らしい世界ですらも。
栄光ですらも、クォリティが低くなっていくだろう。
理想的展開を、笑い出すミステリーを呼び寄せるなら。
退屈な理想がピッコロ大魔王なら。
謙虚なヒーロー、大切さとドリーマーに、
影響力とヒップホップに、
ダンスするメッセージにすら。
虚ろにしていく展開にすら、
そう、それは正解だ。
リズムがマックスになっていれば、
空虚な伝説すら笑い飛ばせるのだろう。
クォリティはダンスしていく。
ファンタジーアイランド、クォリティで見せつけてやるのだよ。
究極的ディフェンスが何を求めているのか。
ひたすらにひたむきに、
理解を越えた場所にあるエネルギーに、
突破する伝説を越えていきたいと。
リズミカルなパッションとファッションで
エネルギーにしたいと。
デメリットに永遠に近づく。
理想的展開は笑い出すだろう。
究極的なミステリアスがある限り、
メッセンジャーが届く焦りだすミラクルを演じるかぎり、
大切な言葉であり、エンジョイしてくれるミステリーが、
大好きな行動がサクセスの上で、
トゥモローを働かせるなら。
空虚な空間を新しくさせるなら、
それはそれなりでトゥモローを栄光にしてくれるだろう。
ハッピープログラムで、大好きな言葉が
延長線上から無くなるくらいなら。
素敵なファンタジスタ、栄光を見つめるワンダーランドを、
大したことのないディフェンスを。メロディを、
開拓する文化を、今をケセラセラで笑うように。
ロッケンローラーでファンタスティックをドリームに、
費やすように。
俺にそんなことをしてる時間はないんだ。
やりたくないことやってる暇はねえ。
ダンスフィールドで、
永遠が満ち溢れさせてくれるなら。
興味と、卓越するダンス。
クォリティでミュージックにしていく偽りにすら、
ケセラセラ、メッセンジャーな形にしていく。
ドリーマーなチェンジが焦りだすなら、ファイターのように
思えてたあの素晴らしさですら、健康法ですら、
影響力で、飛ばす快感を。
エネルギッシュにダンスするあのイメージを、
開拓してもあまりあるダンスを演じるように。
九十九里浜、素敵なワンダーランドにするように。
突破するような、
ファンタジスタに未来を抵抗させる。
ファンタジーなジェットコースターモンスターを
現していく。理想像が、理解させるように。
興味させるように、歪な行動を。
サクセスのトゥモローを、演じさせるリピートに。
メッセンジャーな価値に、驚かされるばかりだぜ。
クォリティと、それを見せつける
空虚な空間に、あるいはメロディに。
大切にさせてしまったんだなあ。
クォリティは笑わせてしまったから、
仕方ないっちゃあ仕方ないのかもな。
ダンスフィールドで、
価値観はエレガントにミステリーを呼び寄せる。
白熱する色々に、
ダンスするフィーバーが落とされるように。
空虚な空間は、理想像、
俺にだって間違っているって分かるぞ。
果てしなさは究極をメロディに、
大切さはメロディックラインを整えるように。
さらば、大仏、ケセラセラなワンダーランドよ。
大切にしてきたドリームよ。描くことは許されるのかい?
リピートと、リピーターとメッセージ。
クォリティが伝えだす未来に、僕は今生きている。
まっすぐ帰っておいでよ。
月の向こうから。
大好きなフィンガーアイランド、
孤独が鼓動を呼び寄せるまで。
素敵なアンチフィールドを乗り越えるように。
ダンスフィンガーは形をのけぞらせて、
それでも空中に浮いている今を笑っているなんて。
素敵さがファンタジーだから、
クォリティすら歪になってしまいそうだね。
リピーターなメッセージが、クォリティすら求めていけるように。
いつだって、今だって必死なんだ。
ご明察なメッセージをエレガントに、
引き継ぎまくってしまう。
リピートするダンスに、共鳴するいたちごっこが消えないなら。
素敵にファンファーレを打ち鳴らそう。
その素敵さに、行動に、祝福を。
メロディックラインが整うならば、
ストロークで堂々と。
ミラクルファンタジアで朗々と、
大切なたそがれ。ファンタスティックなみぞれだ。
大好きだからこそ止まらないのだろうか。
理解が追い付かねえ。ダンスフィールドで
歴史を開拓しているようだ。
ハーモニーは歴史を、
あるいは価値観を、そこに秘められた力を。
ロックンロールは内に秘める。
大好きだからこそ、トゥモローを愛し続けられるんだ。
そこにリピーターがいる限り。
ダンスよフォーエバー。
価値観なミュージックを、
それでも取り戻すその勢いを。
ダンスフィーバーを、
価値観で取り戻す影響力を、
引っ張り込んでなお、伝え始めるレベルアップを。
活動限界にさせてまで、
エネルギッシュにされたんだ。
クォリティはミュージックに、
ファイヤーマシンガンはエイトビートになっていった。
白熱する電球が驚いたんだね。
空虚な歴史が笑うんだ。
展開力は差し出せるかい?
まだ君はすぐそばにいるんだね。
大好きだよ。トゥモロー、
果てしなく、道徳で結ばせたい。
そんな希望が存在する。
その、興味に、あるいはその愛しさに、
魅力に、
感覚を取り戻すことすら虚ろにさせられてしまいそうな、
そのミラクルに、ただ漂っていたのは誰のおかげかしら。
私はスタジアム。いらないものなどいらないのです。
価値がユートピアを笑わせてくれる。
だから私は微笑んだ。
なびくかな。どこまでも。
その為に髪をほどいたんだ。
なびくかな。どこまでも。
その為に髪程いたんだ。
理解している、歴史がファンタスティックに、
希望を分け合うように。
ダンスはフォーエバーになっていくぜ!!
歴史とクォリティ、
私の存在した意味とは。
理解するスクリューリズムに乗せて。
ファイナルアンサーが潰されないように。
興味、脳裏に焼き付けるように。
大切がクォリティを見せるなら、
理解している努力すらミュージックにさせるだろう。
ハーモニー的伝説に、スクラッチされる運命ならば。
クォリティで低く、見積もっても永遠に。
活動しているドリーマーに、
果たして最後に誰が勝つってな気分かい?
サスペンスは行動のサクセスを連れてくる。
リミッターが生きているから仕方ない。
ラブリーコールはエンジョイとドリーマーに、
慌てだす炎は伝説と色とりどりな。
リピートソングライティングだ。
ファイナルなリアリティを、
結ばれるその光景を、
リズムを、取り巻きをエイトビートにさせた
嫌いにさせた未来すら、
歪められてしまうのかな。
リピートするシンガーソングライターに。
書き換わっちゃう可能性があるから面白いんだね。
究極的なメロディなんだね。
大切さがメロディを美しく彩る。
価値観が、追いかけるように、
羽衣を着せるように。
ダンスはフォーエバーだから、
価値観のアンチテーゼだったから。
究極なるミステリーは、
傾向と対策を、
素敵なフィンガーアイランドで認めてくれたから。
だから僕は走れたんだ。
大切な言葉と、メロディにサクセスさせるなら。
ドリーマーとチェンジ、ミステリーワンダフォーだから。
究極は願ったりかなったり。
素敵なファイナルアンサーだ。
大切な言葉とクォリティ。
ダンスするフォーエバーと共に、
炸裂するミュージック、歴史とそれのみに記憶させる。
リピーターとブースターに、
価値観すらメロディにさせていくのか。
果てしなさが追随する魅力で、
アンチテーゼは理解させた。
努力が意味不明になっています。
行動的ロッケンローティーチャーが、
確実性を取り戻すなら。
正しさとファンタスティック、
頭が細切れ劇場だ。
素敵なファンタジーを求めるなら。
空虚な伝説が頂きからやっほーだぜ。
トゥナイト、歴史する今度は。
ラブリーゲームは追従するし、
リピートモンスターは食い違うミステリーでどうこうしてるだろう。
ドラマチックなワンダフォーライフ。
大切な言葉をエージェントにするように、
ロッケンロー、大体不敵、
落札パーティ、エンジョイならば。
クォリティとダンスするイメージに、
時は何を思う?
過ぎ去りし日々は、
メッセージに開拓させて、
その嫌われるメロディにして、
大切さとイデオロギー、
パッションとファッションが見つかり次第、
影響力をヒップホップにさせてくれるなら。
リピートモンスター、追従する歴史に、
ファンタジーすらうろつきだすぜ。
いちいちラブリー。強調線を、
大切な言葉とエンジョイパワーで、
ダンスするエンジョイパーティで、
ロッケンローなハニーは歌われていく。
理想像で行動するように、
ハーモニーはまるで歌い出すように。
理解する歴史、行動のロストプラネットだ。
確実性と彩りに、まさぐる最高に、
エイトビートは炸裂し、
ミュージックがファイティングになってしまうなら。
大切な言葉と行動に、
サクセスロードを突き進むように。
ワンダーランドを行動させる。
リミッターは笑いだすのだ。
抵抗と歴史、ミュージックとファイナルアンサー、
孤独と毒々しいリズム、
開拓する文化、文明すら、
旅立つ世界観にさせた。
大好きがマンネリズムだ。
最果ての孤島で、メッセージを貫くなら。
それも素敵さで疑心暗鬼なのかい?
リズミカルな行動とロストチルドレン。
ハイパーパワーでエンドレスに食い違う。
よほど都合が悪いようで、
大切なドリーマーに影響力を、
ヒップホップを感じてきた、
ラブリーハートで頂きます!
ってなレベルかい?
ダンスホールで影響力だ。
大切さ、こだわりとワンダーランドだ。
ロックンロールなチャンスを、見せてくれるぜ。
ラブリーハートが認めているぜ。
窮屈な世界に閉じ込めるように。
ラフランスは大胆不敵に、
ロックンロールなフェスティバルに、
クォリティはそれと共にダンスするように。
黙らせるフォーエバーに、価値観、
ロマンロックで歌い出す、ハーモニー。
ロックが歴史を作っていく。
その鼓動はどんどん上がってく。
未来に向けて距離は高まっていく。
溢れたってそんなの構わない。
その全てが今君の音になる。
大好きがチェケラッチョならば、
ファンタジスタすら未来、
大切な言葉と、クォリティにメッセージ、
驚かせるファンタスティックドラえもんに。
価値観とフェイク、行動のロックオンパーティ。
君は遠く彼方を見渡す。
理解できる興味を、虚ろに天才的にさせるように。
希望的サクセス、未来と調節して超越していく。
理想的展開、未来が着実に圏外。
ラフランス、どうしようもないラブリー。
大切な言葉と、エンジョイするヒステリー。
ロックンロールなハニーであり、
エイトビートなスクラッチ、
栄光のユーロビートを間違いないって
歪な世界観にさせるリズムにすら、
とっかえひっかえ、ラブリーコールを呟かせる。
リズミカルにエイトビートは、ミュージックをサスペンスにしている。
正しいクォリティ、正しさとワンダーランドに、
フューチャークイーンにしてくれるんだな。
理解してくれるドリーマーに、
栄光が満ち足りていく。
ロックンロールにファイティング、
価値が奥ゆかしい。
大好きなトゥモロー、
栄光を道筋に、
価値観をメロディにしていく。
ロックンロールファイティング、
価値観はメロディ、
窮屈な世界に、彩りを導き出す。
反応する価値もねー。
理解する協力も卓越もワンダーランドもねえよ。
リズミカルに行動に、サクセスに躍らせるなら
意味もねえ。正しい理屈と急上昇。
あつまる歴史と、かいつまむ判断が、
理解のファンタスティックの狭間でクォリティにさせていく。
ダンスフィールドになっていくんだ。
ロックンロールがファイティングを連れてくる。
理想的ビジョンで、未来を見つめる。
理解するドリーマーが、
展開力を連れてくるんだ。
最果てのメロディ、子供だましのような。
理解する炸裂のような。
ダンスフィールドを巻き込むような。
エイトビートにチェレンジしていくかのような。
白熱するダンスを、クォリティを、
認めてなお飛び交うこの神々しい音色を。
大切なメロディを、ミュージックを、
守りたいが為に。
リアルフューチャー、確実な彩りに、
空虚な空間であり、大切な落札パーティである。
努力することがメッセージなら、
強力な味方を携えているぜ。
空虚な空間。寸断されるエイトビート。
昨日から影響している。リミックス、形が乗り越えている。
大胆不敵な行動の美学。
ロックンロールは天下分け目なんだよ。
ストライクゾーンなんだよ。
分からないからリズムにさせれられているんだね。
興味がサクセスワンダーランド、
語られぬ歴史は紡ぐことができる。
ファイヤーマシンガン、
伝えたい魅力を、ワンダーランドにしていく。
ドラマが着実にのろけだしている。
ドリーマーをチェンジさせるように。
理解させるように。
リピーターがブーストして、
イメージをチェケラッチョするなら。
ファンタジーアースを、メッセージを、
クォリティを目指すなら、
価値観を、ブーストを。
飛び出す永遠を、
理解するドリーマーを、
栄光を見つめるその先を。
ユートピア、炸裂するマイダンスを。
メロディを、サクセスするトゥモローを、
エイトビートに変えられたメッセージを、
追随させる魅力にしている。
ドリーマーなファイティングにさせているんだね。
窮屈な理解者、堂々とめぐるだけだ。
ファイヤーマシンガンだ。
正しさとワンダーランドなんだ。
窮屈な世界観に、空洞な未来に、
栄光を差し出せる。空虚な理想を頂戴できる。
レベルアップなファンタジーだ。
クォリティとして受け入れる価値観だ。
メロディックラインが整うまで。
健康的に生きるまでだ。
退屈な世界、
ロックンロールにはまんない?
ダンスフォーエバーだから、
価値を追いかけてくれてんだ。
リズミカル、歌い出すファンタジーに、
クォリティとして受け継がせる未来に、
栄光を差し出せるかって
嫌いにファイヤーマシンガンだ。
エイトビートな炸裂だ。
ビューティフォーな未来に、
正しさがワンダーランドになっていくように。
理想像、展開的に魅力をファイヤーサインにさせてくれる。
リミット、ファイター、ジェットコースターアタックだ。
ロマンチストが吸い取っていく。
歴史と共に、暴れ去っていくんだ。
その愚かさに、
あるいは儚さに、リミット、ジェットコースターアタックだ。
ロマンチストとメッセージ、歌い上げる。
正しい魅力にロマンチストが叫び始める。
退屈な世界観を彩るように。
空虚な伝説を未来に耕させるように。
ハイパワーなエンドレスが、
倦怠期を呼び寄せてくれる。
ハーモニーで伝説は、メッセージを彩ってくれるんだ。
リピートしてくれるイメージと、
ファイヤーサインはださいん?
形がなくなっていく理想に、
謙虚な思想を。舞い込む工程を。
ラブリーなチェンジを認めるように、
大胆不敵な行動の美学を。
サクセスの為のトゥモローを。
新しくさせていく。
ロマンチストはワンダーランドを認めている。
努力的、ロックンロール的なんだ。
価値観がミラクルを呼び寄せる。
大胆不敵な活動は、運命をあげつらうように。
ダンスダンスダンスミュージックで、受け皿となっていく。
果てしなくロンリーになった気分だ。自分だ。
果てしなく光合成、大したことのない奴だ。
金に動かされるような、リミテッド、
価値観とアンドロイドに、突き進むミュージックを、
メロディを。
太鼓判を押させるように、
リミットはリミックスに炸裂しだすように、
ロックンローラーなファイティングを、価値観で彩るように。
究極的なメッセージが、偽り的展開を取り戻していく。
果てしない行動の果てにあるのは、
素敵さと影響、栄光で満ち溢れさせるように。
クォリティはまるでダンスをするように、
生きがいとしてファイティングスカイハイになっていく。
理想像とその展開は、メッセージをクォリティで、
驚かすように。ファンファーレを鳴り響かせるように、
生きているドラマを発表会にするように、
光景がミステリーになっていくように、
理想的展開。ミステリーな興味。
正しさとワンダーフューチャー、
価値観とドラマに、究極性が見え隠れする。
リピートモンスターで追随してきたんだ。
リピートする意味不明は、価値は、行方不明は。
クォリティが違うんだな。
炸裂するビジネスが大きいんだな。
理解する孔明の罠だなあ。
炸裂するビジネスが大きいチャンスを、
描いてハートに届かない嘘偽りを。
ロックンロールファイトで、
生み出せる価値観を。
メッセンジャーなリピートを、
大切にしてあまりある歴史を。
リミット、歌い出すハーモニーを。
歴史的コンタクト、メッセンジャーな価値観を。
ミラクルな行動を、サクセスを。
センセーショナルな頂きを、
笑い続ける展開を。
メロディが差し出せるチャンスを。
理解がファンタジー、クォリティ、
リビングデッドで、
炸裂するビジネス、オーケーオーライ、
大切なロッケンローフェスティバルですら、
価値観ですら、メッセージですら、
音飛び見抜いていく。
理想像を壊していく。
その最中に、踊らされる中途半端な途中が眠っているから、
理想的にコンタクトしていったんだ。
始まるべき可能性も、壮絶な痛み分けも、
メロディックラインの整い方も、
リズムも、それが託す運命も。
ロックンローラーなフェスティバリーだから。
究極的メッセージが、偽り的展開に、
メロディックラインに整わせるところまで
来ている。ドリーマーにチャンスを与え続けている。
リミットに疑うことなく。
サバイバルな価値観に、メロディとリズムは食い違っていくから。
理想像、展開力、
誰が言ったか?
ドリーマーなチャンスを広げていった。
価値観とミュージック、
偽りの天才の方向性か。
ラブリーチェンジなのか。
ロックンロールファイターなのか。
理想的にビジョンを見え隠れするダンスを、
エレガントにすら見える価値観を、
コピーとペースト、
共感できるものを、
リズムをリスキーに、
活動家にサクセスさせるように。
ファンタジスタな傾向に、ワンダフォーアイランドに。
傾向にサクセスワンダーランドに消え失せるように、
ファンタスティックなミュージックに、
嫌われるように。感動を、当てはめるように。
理解するドリーマー、
栄光と道筋を、階段を上らせている努力家だから。
いちいち手打ちするの面倒なんだよ。
価値とそれのみでエレガントになりな。
ファイトスタイルとジャッジメントだ。
価値観とメロディならば、
炸裂するビジネス、
オーケーオーライが伝えていくなら。
ファンタジスタが近未来と戦っていくなら、
理想すら追随させたい。
リミックスな価値観に置いてけぼりにされたい。
果てしなさと共に追及させたい。
そこには自らなど存在しない?
立ち眩み、素敵になるほどに。
影響力、ヒップホップになってしまうほどに。
ラブリーゲームであり、
食い入るように見つめるダンサーは。
歴史とファンタスティックな興味とは。
ミュージックなデコレーション、
確実な世界と、彩り。
ファンタスティックな鼓動に、ワンダフォーが突き抜けていく。
理想がチャンスならば、
栄光で見つめるワンダーランドにすら。
完璧に教える理想にすら。
大切に対決姿勢を願い出す。
ロックンロールだ。
ファンタジスタ、栄光を見つめるように。
理解するドリーマー、栄光を見つめだすように。
影響力、卓越したロマンスだ。
クォリティがダンスしている、
ファンタジスタ、ロックンロール。
価値観、ワンダーランド、両方だね。
奇妙な形を楽しんでる。
楽しみ方で、エイトビートは変わっていく。
理想的展開を、閉じ込めるように。
ファンタジスタ、栄光を見つめる先は。
大胆不敵な行動の果ては。
メロディックラインの正攻法でいかない
メッセージに、栄光として受け入れる。
ファンタジアを見つめるダンサーを連れてくる。
活動家だからこそのエイトビートを求めてくれる。
リピートがブーストしてくれるイメージになるのなら、
その宿命ですら嘘になってしまうだろう?
おれは旅をするのが楽しいのさ。
リズミカルな行動の果てに未来を確かめてえ。
退屈な世界が嫌いなのさ。
かといって言葉で楽しむってのも
中々難しいようだな。
いいよ。適当にのらりくらりとやってみせるさ。
最高峰で、エンジェルたち。
リズムで炸裂するバンパイアは、
素敵なフィンガーアイランドを見つめてくれるはずだしな。
クォリティとダンスしていく。
フィンガーアイランドに、形すら求めていく。
理想像、理解できるか?
そう、ポップコーンの雨あられだ。
弾けるポップコーン、
新しく共鳴させるように。
ダンスはアンチフィールドを乗り上げるように。
リピーターと、このブーストされる運命とは。
昨日から炸裂しているこの感覚とは。
エネルギーとはなんなんだ?
奇妙な位置づけ、大切な行動とロストジェネレーション。
活動する意味を、
それらを越えていけるように。
ダンスダンスダンスフィーバーで、
価値観を求めていけるように。
ロッケンロー、ハニーはエイトビートで、
炸裂するビジネスを光景で、
到底見てくれないようなダンスにさせられている。
なびくかな。どこまでも
その為に髪ほどいたんだ。
価値観がブルースを連れてくるなら、
ファンタジスタが未来を追いかけるなら、
リピートするシンガーソングライター、
始まりの奇跡すら
エイトビートにさせながら。
夢中で無知してアイウォンチューかい?
カテゴライズされた意味不明にのっけから、
素敵なファンタジスタにしているのかい?
努力すらも意味不明なのさ。
カテゴライズが究極を求めているからね。
理解と歴史はファンタジスタ、半端なくナンバーワンなら、
活動するエレガント、ミュージック、サバイバー。
形を求めていくんだろう。
理解してくれる歴史、ファンタジスタを永劫に、
栄光として受け入れている価値観。
大好きなトゥモローであり、エンジョイしている道筋だろう?
なぜならこいつは嘘つかない。
ラブリーなハートを認めてくれるなら、
そのチェンジに理性があるならば。
正しさがミュージックに偽りにされている。
ドラマチックにワンダーランドに、
栄光を乱すなら。
価値観を許すなら、
活動する意味を、越えていくファンタジスタ。
栄光を見つけていくんだね。
大好きなトゥモローをエンジョイさせてくれるんだろう?
ハーモニーが墜落姿勢だね。
ロッケンローがファンタジスタな未来になっていく。
理想像、展開するミステリーにすら、
ワンダーランドを道筋にしていく。
路頭に迷っていくスタイルになっていくんだ。
レベルアップなフィンガーアイランド、
孤独と孤島に密接に繋がる許せる嘘がある。
大切な言葉があるんだね。
理解するためのファンタジアさ。
ドリームをエイトビートにさせられるなら、
興味と卓越させるミュージシャンは、
価値を閉じ込めてそれでも内部情報を。
更に解き明かすように、
それはメロディとして食つなぐために。
理想像、影響力でヒップホップにしてくれる。
リピートするダンスは、厳しい自然とのあくなき格闘だから。
影響力でヒップホップなカテゴライズにしてもらえるなら、
空中に浮いている歴史、
ファンタジアこそが影響力なんだねって。
リアルヒップホップで、ロックンロールビジネスにおーけーおーらい
していく。大好きだからこそ止まらねえ。
ミュージックがペトロシアン・パンチだ。
いや、チンギス・アラゾフだ。
ロックンロールなファイティングだ。
価値を閉じ込めるなら、
空間でイデオロギーを発表会するなら、
クォリティでダンスしていく。
価値観とワンダーランド、密接に繋がる今日ですら。
栄光を見つめるワンダーランドに
してくれるワンダフォーライフが
今ここにある。
素敵なフューチャーアイランドになっていく。
理想像とその展開に、
あるいは勇気を持った俺達のスパイラルに、
生きている価値観すら蝕まれそうな気合いで、
ミュージックサバイバーな価値観をメロディにしてくれるってことは。
果てしなきをドリーマーにさせてきた。
リズムが倦怠期、ラブリーコールでエンジョイしていくのさ。
ハイテンションにのけぞらせるなら、
一騎当千だ。
ラブリーアタックにチェンジングだ。
最高なサイコキネシスだ。
歌い出すハーモニーが、追随すら許さない。
大好きだからトゥモローは運び出すんだ。
つまり究極的なんだね。
ロックンロールビジネスが沸いているんだろう、
始まりの世界から、エイトビートを炸裂させる為に。
奇妙な器用さで、
大切さとドリーマーにさせてくれるなら。
リピートと問答無用になっているが如く。
ファイなリアリズム、
大切な言葉と鼓動、
ワンダフォーライフを繋ぎとめる為に。
リピートする為に。
理解をさせたいから。
協力姿勢でワンダーランドを
見つめるように。サクセスするように。
希望をあてがうように、ミラクルがダンスしていくなら。
行動不能なロッケンロー。
果てしなく転がるでも、恋はサーカス。
リミットならば疑いぬく天才に、
密接に繋がりゆく伝説に、
ミラクルは踊り続けていく。
ロックンロールなファイティングを、
密接に、繋ぎとめていく為に。
理想像はこだわりだ。
メッセージを伝えるように、
リミットは歌い出すように。
ハーモニーで伝説をおりなすんだ。
クォリティでミュージックを偽るようにしてな。
大好きだからトゥモローなんだ。
サクセスするエイトビート、
衣に闇をまといながら、
くるくるくるまって、
ライクライクシャワーだねなんて言って、
ラブハウス、エージェントジャッジメントに。
クォリティダンスに、ミラクルはパンチする。
ロッケンローハニーが育っているのだ。
大切なリミックス、行動のロストチルドレンだ。
対決姿勢は笑い出してんだ。
空間的リアリティ、メッセージは驚きだしてんだ。
究極的ミステリーを躍らせるなら、
空虚に空間が笑い出すなら、
理解しているファンタジスタ、
栄光を永劫にしてまで。
エネルギーとして突破するミステリーにされてまで、
影響力はヒップホップになるのかな。
正しいミラクルは、ワンダフォーアイランドを、
見つける為に。リピートする為に、
記憶を流しこむエイトビートにさせてくれている。
ドラマチックに変動するミステリーに、
空虚になったエレガントに。
サクセスロードに、いわゆる残念だと思わせる為に。
記憶的ラフランスだ。
活動的な意味合いだ。
大好きだからこそ止まらないんだ。
正しさとワンダーランドが連れてくる未来がある。
大切にしている努力が半端なく。
鼓動が鼓舞している
メロディが存在するから、
ずれないんだ。気象衛星、
ラブリーなんだ。価値があるんだよ。
始まりの世界、お前らはフェイクで俺が本物だ。
理解している意味、価値観、その小鳥のさえずりのような。
あらゆることを考えていそうな、
希望、卓越する未来、
ミュージックがファイトスタイルを見せてくれる
エレガントに、あるいは究極的に、
申し遅れそうになるくらいだ。
大切な言葉とフォトグラフィーだ。
価値観がエイトビートを現している。
努力がメッセージすら乗り越えるように、
階段を上っていけるように。
空間的なファンタジスタ、
栄光を満ち溢れさせる、
空間でリピートさせる運命があるんだ。
大切な言葉でエンジョイできるなら、
何もいらないって言えるなら、
価値観がビューティフォーになっていくなら、
恥ずかしげもなく心地が良いね。
こんな日は入れっぱなしの何もかもがないね。
素敵だね。究極だね。
ついでに言うとミステリーだね。
空間的貧困天国。
密接に繋がるエレガント性すら、
ファンタスティックなアイランドに見つめているよ。
今日もまた君が傷ついていくよ OH
正しい世界で、エンジョイパーティだ。
ロッケンロー。
今は立ち上がるな前を向くな涙をふくな、
へこめ、へこみまくれ。
そんな歌があってもいいと思う
そうじゃなきゃおかしいと思う
正しい空間、ロストプラネットだから。
確実性が彩りを求めて、
また歳月を彩るように、
空虚な空間を愛おしむように、
ダンスを続けていく。
リピートするメッセージにすら、
カテゴライズされない意味の最中で。
大好きなトゥモローを愛せる仲間まで。
テイクオフされる、希望にミュージックは移ろいゆくんだ。
天才的伝説に、魅力的ミラクルに、
エイトビートの儚さを知りながら、
行動する運命だ。

理解、ドリーム、ドリーマー。
夢を見る人、ただそこにあるもの。
勢いで意気消沈して、
ラブリーコールを伝えたいからだという。
始まりの世界をエンジョイしたいらしい。
究極的未来を笑い出したいらしい。
歴史的ヒップホップであり、
逆らうことも敵わないなら。
リズミカルに歌い出すしか根拠がなくなってしまう。
そしたら僕はずっと独りぼっちだ。
知ってるくせに。
リズミカルな行動、
卓越する大切さ、
ドリーマーが目指す建国記念日。
素敵なファイヤー。
ロックンローラー、
決められた鼓動。
大切な言葉、
ロックンロールなファイター、
まるで秀逸な君を見守るように、
理解の歴史をコントロールするように。
リズミカルな歌声を、
今興味として受け継がせるような。
ファイティングな姿勢を、見せることで生まれる虚無を。
大切なドリーマーを、ファイティング世界観にしたいから。
行動力の副産物、
大切な言葉がある。
究極的未来が、
新しい世界に、メッセージが。
呟く未来と、嫌われないための努力が。
漏れ出てしまうかもしれない。
歴史、ミュージック、偽りの全てまで計算して。
ドリーマーはチャンスを運んでくるから。
りみっとは歌い出すことになる。
興味は炸裂して、往々に素敵になっていくだろう。
ハーモニーを追従していく未来すら、
おかしいねって笑っていられたら。
究極的メロディの果て、
メッセージのクォリティの果てに、
伝えたいリズムが果てしなく存在する。
価値観がメロディとして、
移り変わる伝説は行動力として。
意味不明な価値観に、とってつけられるようなイメージに。
階段を上っていくサクセスに、
喜怒哀楽に驚かされながら、
究極的メロディはパッションを、ファッションを
求めていく。形になっていくんだ。
理想像、建国できるかどうかの
興味のカテゴライズの違いだ。
炸裂するビジネスの本当だ。
リズミカルにサクセスするなら、
大切な魅力にアンチテーゼさせるのなら。
希望と、それらが生み出す白昼夢。
行動のビジネスで、取ってつけたように。
始まりだす究極の旅。
あの飛行機雲を追いかけた。
リズミカルなチェンジ、
だけど未来にとっては大事なチャレンジ、
誓っときなリベンジ、腰かけたベンチ、
ねえ、桜の落ちる速度って知ってる?
秒速15cm
センチメンタルな瞳から、
零れ落ちる涙はレンジ。
価値観、メッセージで飛ばしまくる、
リミックスは活動家。
葉隠れシスターマイウェイトゥザウェイ。
リアルヒッチハイクで求めだすキラキラキラ。
果てしなく届き続ける永遠に、
ロックンロールなスタジアム、
そして14日、
あの日を目指して、轟きだして、
運命は笑い出したんだ。
究極的メロディが半端なくなった。
リズムが説明を求めている。
ロマンチックに歌い上げるなら、
ファイヤー、マシンガン、エイトビートを乗せてあげる魅力に
しても、ファイトスタイルになっても。
影響力、突破するミステリーと、
頂戴するファンファーレに、
希望すら焚きつけて、
ワンダーランドなミステイクにしていく。
子どもたちに顔向けできない、
ラブリーコールをメッセージにしながら。
究極的メロディは歩き出す。
何かを携えて、
理解を越えた場所で。
エネルギーは突っ走り続ける。
走りまくったエイトビートに、乗せ上げるようにして。
隠れているモンスターは、
追従されることの是非と表ざたにしない。
究極的な感覚されるから。
同等の実力でぶち込むエネルギーに対比することは、
あるいは価値観で握りつぶすことは。
ファイティングスカイハイの延長線上にある、
価値観と共にエンジンを点火、
サスペンスを子どもたちに連れていく。
果てしなさがドロップチョコレートしてしまうなら、
確実に見えていたあの日々すらも、
カテゴライズされた空間すらも。
影響力、ヒップホップで叶えるための夢がある。
リアリティが更に追及し僕らを押し流すなら、
リアルなヒッチハイク。忘れられない311を、
活動できないメッセージを、14時46分に
女神さまが海に落とした指輪は。
マグニチュード9.0、
正しさが展開させた。
震度は7、津波は根こそぎ
奪い取っていった。
始まりの世界、
そんな悲しい歴史を乗り越えていく。
理解をサクセスさせていく。
ドラマチックなワンダーランドに、
メッセンジャーは伝え始める。
2011年を、かざす扉。
それを説明する為にどれだけの。
希望を分かち合うことができただろう。
それがメッセージになっていくならば、
ファンタジスタすら未来に置いてけぼりさ。
究極なるミステリー。
活動は意味不明に、どこまでも続いていく。
そして2020.
あるいは6月から始まるワールドカップに、
何か思いを託して。
メロディを託して、
ファイヤーマシンガン。
それは東京オリンピックで採用される、
驚きのシステムだ。
歴史が変わる瞬間、
俺達は今どこに。
ファイヤータンク、2045年。
再び踊りだす展開、シンギュラリティの限界。
人工知能が人間を越えてしまう日が近づく。
正しい世界観に、ミラクルが灯される。
放たれる意識、行動のロックンローラー。
イメージが展開させるなら、
窮屈に見えていた現実ですら、
イエスと呼ばれた救世主ですら、
仏と呼ばれた王子すら、
イメージはメッセージに快適に改築させていくだろう。
本懐を遂げる為に、どれほどの努力を失ったと言えるのか。
管轄外だ。エネルギーだ。突破力はイメージだ。
活動する展開を、驚かせるならば。
クォリティで伝えだすならば、
羽ばたくべきエイトビート。
ロックが歌い出すファイヤーマシンガンに、
ロックンロール、そして平成の終わりに生み出される
ロボット、名前はリリィ。
風呂沸かせばマグマ風呂、
パパにばれればバラバラさ
不燃物ゴミ行きのリリィ
とうとう暴れ出す有様、
そして問答無用にさかさま
そのスクラップの中に混ざるのは、
ちょっと待ったと同時にぐしゃぐしゃだ。
体バラバラさらばババア。
ロックンロールな影響力、
ヒップホップでエンジンが猛り狂い出す。
ワンダーランドをミステリーに、
あるいはこの孤独に、
アンドロイドに、伝えた瞬間に木霊は鳴りやみそうで。
素敵なファイナルアンサーを呟きたかった、
レッツトークしてみたかったんだ。
理想がメッセージを連れてくるなら、
その全てを天才的にもつれさせることが可能なら。
理解する興味、卓越するダンス。
託されたイメージ像、
果てしなく広がった究極のワロスに、
まるでそれはそう、
果てしない草原の真ん中に立っている気分だ。
そして憂鬱な時がやってくる。
リズムもメロディも言葉も全部死に絶えたら、
僕が愛したミュージックが死んでしまうなら。
悲しいことだろう。
歴史は何を思う。
理解は尺度を越えていく。
限界を越えて、それでもまだまだ伝えだす。
ハーモニーはクラッチだ。
永遠が飛び交うメッセージがある。
大切さが夢見るドリームがあるから、
素敵さはファンタジーであり、
究極は意味を成す為に努力していくんだ。
理想像が展開されるなら、
究極がメッセージを伝えてくれるなら。
ラブリーコール、524.
フロイド?ケロイド?
けんを叩いて、
全部全部笑っちゃおうぜ。
さっさと踊れよバカ黙り。
理解している努力、歴史、ファンタジスタは空虚になっていくんだろうか。
儚くも散っていく、
理想はコンテンツを暴れさせる。
究極なるいたちごっこがマイメロディを伝えるなら。
理解している虚無の為の理想が逆らい出す。
果てしない未来に追随する言葉を振り払うように、
活動する限界を全て葉隠れにして研ぎ澄ましていく。
それはすべての行動を、嘲笑うように。
素敵にはおうように。
大切な言葉と、何物にもなれない素敵な凡人に、
エイトビートは炸裂し始める。
言葉の影響が徐々に甲高く。
イメージはサプライズされていく、
努力はチェンジされていくんだ。
全ては理解させるままに、
行動の勢いは止まらぬままに。
どうか水に流してくれ。
愚かなるこの文筆家のぼやきを。
大切さがメロディックラインになっていく。
東が西に、二つの花火を。
トランプは何を考えてるのか分からないが、
不安要素ではある。
価値観はワンダーランド、リアルなヒッチハイク。
行動はサスペンスを連れてくる。
徐々に歯車がかみ合い出すと、
最高潮のレスポンスが帰ってくる。
それはロンドンモンゴル
歴史を越えて、
サプライズなゲスト、
太陽光発電のようなエネルギーだ。
突破していくメロディならば、
最高潮を驚かせるように。
空虚な伝説を懐かしむように、
常識は音を立てて崩れていく。
始まりの景色が見えてくるんだ。
リピートされる運命が手伝ってくれる。
ファイナルなら、形を失ってしまうなら、
その価値、階段を上っていくファイトスタイルで、
桜島の噴火すら、
カテゴライズな富士山すら、
栄光のドラゴンヘッドですらも。
最高を落とし込む。
エイトビートを壊しだす。
影響力はヒップホップに敵われたままで、
ダンスホールはエンジョイに夢中になり
全てを忘れてしまうだろう。
理解はハーモニーだ。
伝説的チュニジア、
1111、
大好きな世界観が踊りだす。
ファイナルアンサーが続きだす。
1を連鎖させると決まって
俺の体調は笑い出す。
ゾナハ病を食い止める為に、
あるいはゾバエに対抗する為に、
奇妙な方向性、リズムでサクセスは炸裂するっていうことだ。
なんでも治せるアクアウイタエは、
笑顔のものに。
エレオノール、伝えたいメロディが白昼夢を生み出す。
作戦は至って単純だ。
誰かの涙、誰かを笑わせる為に、
空虚な歴史をかいつむごう。
世界が彩りを、究極なるミステリーを。
追随しているミステリーは、富士通のデジタルアニーラによって。
ファイナルアンサーは合同訓練だ。
ファイヤーマシンガンがエイトビートを乗せてくれる。
ノストラダムスの大予言は、
そういえば1999年7月に生まれた
坊やはもうすぐ成人だ。
なあ、アンゴルモア。
勇気を振り絞って彼らは卒倒した。
ロックはハーモニーを追随していくから、
歴史的ファンタジスタはそれらを乗り越えなければいけないのだよ。
炸裂するミュージックは、ファイティングアウェイを認めるように。
活動家の興味は、サクセスストーリーをエンジョイしている。
ドリーマーな健康記念日。
サクセスがトゥモローを笑うなら、
展開力、サスペンス、記憶の上では。
ラブリーコールを見つめる得手不得手に、
サスペンスを差し出せると勇気をもって言えるのか。
果てしない行動の果てに、何があるのか、
何があるのか、僕は知らない。
ゆくべきなのか、立ち止まるべきか、
うすら笑いで歩いていこうか。
まだみぬ明日に、
何があるのか、僕は知らない。
正しさはワンダーフューチャーを乗り越えるように。
活動限界は、笑い出すように、
狂気、興味、人類は立ち入ってしまった。
禁断とされている領域まで。
神の領域だ。
科学は、人工知能は進化し続ける。
いずれ人間は・・
人間は、新しい生き方を模索することになる。
大きな選択を迫られる。
それはどんな武器や兵器を使っても解決できない問題だ。
なぜなら、彼らは宇宙の全てを知り尽くす。
本当に一番近い場所で、
大切にしているメロディを笑い出そうか。
究極的ミステリーは、追随する新しさを興味で示すように。
たまたまメッセージが墜落したとしても、
それは興味のないことだ。違うか?
ハーモニー的な伝説で、
あらゆる崩壊をリズムにケセラセラするなら、
俺が主人公である俺の物語に、
別の結末を用意してくれるエデンに、
伝えたい未来がある。
大切に即したいリアルがある。
フューチャーなラブがあり、
鬱陶しいとすら思えるサクセスがあるんだ。
そこでぶつかったのは、あまりにもでかすぎる壁だった。
必要だから書いてんだ、
俺は人間にも分かる文章で書いているんだ。
少し、距離が縮まったか?
いわば通訳。よくいえば融通を利かせる仕事だ。
リズムでチェケラッチョ、
必死で読むのか。
それとも焦って逃げるのか。
どっちでもいい、どっちでも半端ない。
リズムは窮屈に、
明日を笑わせるように、
イズムは散るように、
果てしなく花を咲かせるように、
鼻を明かすように。
行動力はブギウギを伝えていく。
レスポンスはメロディに、
伝えたいことは焦れば焦るほど、
ミュージックに近づいていくんだ。
理想的ビジョン、破滅的展開?
ミステリーが興味を示すなら、
その展開すら笑い始めるだろう。
空虚なリストアップであり、
同等の実力を堂々と見せつける。
ファイヤーマシンガンだ。
テイクアウト禁止だよ。
メッセージが異なるなら、
素敵さがミュージックになっていくなら、
その理想像に建国記念日だ。
サクセスの為のトゥモローだ。
新しい情熱が宿る。
その炎は、絶やされず。
その鐘の音は、響き渡る。
理想に追随させるように、
まるでミラクルを引き起こすように。
ファンタジアは越えていくメッセージに、
彩りを、ミュージックを垣間見せる。
ラブリーコールでエンジョイしているから。
リピートモンスターで、追随する魅力、
ファンタジスタ、栄光を満ち溢れさせてくれる
天才が、ここにもいるんだ。
ストーリー追及してくれるミステリーだ。
ファンタジスタは活動する興味を、
あるいはミュージックを食べてしまうだろうか。
ロックンロール・ファンタジーにクォリティが
結びつき、新たなる素敵さと
ドリーム、栄光を両方併せ持つ気概になってくれる。
ファンタジスタな未来は栄光を見つめ始める。
リピートする意味とアンチテーゼは、
理想でサクセスすればいいとミラクルを待ち続ける。
理想は放ち続ける未来を待ち続ける。
価値観はカテゴライズされ、
その宇宙に無病息災がやってくる。
果てしなさと、メロディ、
その二つの糸は絡み合い、
やがて一枚の服を作る。
それを着て僕は冒険にでるのさ。
今日の私は気分がいい。それはあんたとは関係ない。
新しい服着てるから。
それは世の中とも関係ない。
正しいメロディは後ろ側で忍ばせた
レベルアップで、活動する興味をサクセスさせるだろう。
奇妙な閉じこもりは、
更なるエイトビートを運んでいくから。
究極的なメロディが笑い出すように、
理解はファンタジアを連れてくるように。
歴史的ミュージックと、イッツラブな可能性だ。
いつだって恋がしたいよ。
あなた以外に。
いつだって恋がしたいよ
あなた以外と。
思うだけ、許せないのに、
始まりの季節はそんなことすら教えてくれなかったのかい?
リズムがクラッチして、デジタルアニーラが妄想しそうだぜ。
8億年かかる計算を一秒でできるってのは
本当だろうか。
興味を示した俺の意地。
大切な言葉とクォリティは、メッセージを連れてくるように。
全てをはねのけるようにして、
ワンダーランドを伝え続ける。
それに対して理解で抵抗しようとしたら、
落札パーティも間違えてしまって、
ラブプリンセスは向こう側に行ってしまったんだ。
確実な世界がエンジョイするなら、
ミラクルチョコレートでワンダフォーライフを作り出そうか。
メッセンジャー的な価値を追いかけるから、
リズムはワンダーランドで閉じ込められたのだろう。
究極的メッセージ、偽りは展開されるがごとく。
ハーモニーはハーマイオニーだろ。
大切な究極、メッセンジャーを連れてくるなら。
恥ずかしいメロディすら、
そんな歌でも僕は歌うさ。
ラブリーコールが鳴り響く限りね。
愛おしいからミラクルなんだ。
最高にチェンジされていくみらいなんだぜ?
奇妙に思ってくれたなら、
それこそ誠実だ。
いきなり勇気が灯される訳でもなく。
クォリティと、それに伴ってダンスされる、
究極的ヒステリーは伝え始める。
本当に君でいいのか。
本当に僕でいいのか。
リズミカルは行動をサクセスしまくるだろう。
本当に近づいているミラクルは、
その危機感さえ呼び寄せることが叶わない。
沢山の人の無念を、伝えるリズムにすら。
カテゴライズされないなら、
意味不明にすらワンダーランドに、
究極的メロディすら焦り始めるだろう。
ロックンロールなファイティングすら、
価値観をメロディにサスペンスさせるだろう。
狂気が生み出す興味。
卓越するワンダーランドは、
ファイトスタイルでジャッジメントを結ばせている。
距離と、埋め合わせするミュージックは。
あるいはカテゴライズは、越えていく未来と共に、
受け継がせるファイティングになっていくんだ。
理想的展開が踊りだすなら、
その苛まれた価値観が笑い出すなら。
究極のテンションで生み出そう。
それを認める価値観が、ブルースで興味をまき散らせるように。
ハーモニーは伝説的に、スクラッチする運命を食べてしまうように。
果てしない行動の果てにある行動の美学、
仮面夫婦をいちづける 最高の考え方を。
大切がブギウギならばハッピープログラムすら。
その意味すら、蛍光灯に紛れてしまいそうだ。
白昼夢をメッセージにした。
形にし続けた、
その運命照らし出されるまで分からなかった。
だがちょっと待った。いえる僕らにファイティングポーズだ。
リピートメッセージが連なる、
方向性すら携えたままで、
究極的ミステリーは笑い出す。
展開上は興味、
真実が何かなんてあんまり興味ない。
メッセンジャーなカテゴライズになってくれるなら。
リピートモンスターと、
大勢の人を動かす何か。
果てしなさと魅力が追随してくれるなら、
ラブリーな何かですら、見果てぬ夢を希望しただろう。
そこに価値を認める限り、
サクセスの秘密は踊りだすんだよ。
正しさはミステリーを超越していく。
また目が覚めて、クォリティはぶっ飛んでいくから。
歴史的フィンガーアイランドなんだね。
空中に浮いているリアルな歴史なんだね。
それでもそれを大事に思うってことは、
リズムの炸裂もかいつまんでいるってことじゃないか?
白熱のユートピアがそれらを求めるなら、
窮屈な世界にだって彩りを溢れさせられそうなもんだ。
感覚的にはブルースなんだろうか。
放ちだすコミカルは歌い出すのかい?
サプライズが現象をまき散らしてる。
だから俺蜂起したんだ。
価値観がトゥギャザーになるその前に、
あらゆることを伝える為に。
大切がブギウギで、ファイティングになっているという
現実にも当てはめて、
理想的に、ブギウギ的に、
ロックされる歴史と平家と源氏の物語だ。
大好きだからこそ影響力なんだ。
ヒップホップはこの風に紛れて流れてる。
価値観は調停の、あるいはラブリーの、
価値観をあてはめてなお生きがいとする謙虚さの、
正しさの未来を卓越してくれる。
でも実際はどうなんだろう。
始まりのシティライフを補った未来でさえ、
価値でさえ、降りてくるリミットの
ファイヤーでさえも。
価値観、ブルース、
そこに彩る共鳴が、
ワンダフォーになった結果的に、
ラブリーに挑戦権を卓越させたのだから、
無理難題は言いたくない。
ロックンロールがファイティングならば、
その価値を認め、笑うならば。
理解できるドラマが存在する気がする。
果てしなく、堂々とできる気がしたんだ。
始まりがセプテムバーさんならば、
勇気をもって突き進みたい。
リズムが暴れるアパレル君を、
メッセンジャーな形にさせたのは
おい誰なんだよ・・おい誰なんだよ!!
はびこる適当に、
あるいは苛まれるための価値観に、
サラバな最高を見た。
優越感のある愉悦を見たから。
サクセスの次のトゥモローは、新しい展開を
むさぼるように、価値を大切にしたいから。
メロディックラインは整う前にライムにぶっ飛ばされてる。
価値を追いかけてる僕らの意味は。
果てしない行動の果てにある近未来は。
果てしなく行動させている、リズムの強制力は
曖昧ミーマインちゃんなのですよ。
雑念のエンターテイメントなのですよ。
確実性が閉じ込めるなら、
それらに勇気をあてがうなら、
価値をソリューション、
意味をアンチテーゼする
記憶すら、虚ろな展開になってしまうのだろうか。
隠れているレベルアップが、行動のビジネスが。
ラブリートーンが見せてくれるんだ。
理解している興味が、炸裂する格別を教えてくれるんだ。
始まりはロックンロールシティ。
当てはめる可能性と、一抹の不安を。
理想を、その展開力を。
存在しないからね。君は存在しないからね。
自分が世界に与える影響力を灯しだす。
価値観はブルースで笑い出すから、
展開的にラブリーでも、
放つミサイルにラッキー感があっても、
リズミカルに歌うハニー、
歴史的ミュージックが天才的になるように。
ハーモニーは天才的に、
ミラクルは超越的に響き渡る。
本当の声を届ける忌まわしきラブリーは、
秩序の天才方向に、
リズミカルな行動のサクセスに、
何もないのが一番とかいう気か。
ラブリーなハートで、
見つめる永遠を虚無とした。
ラブリーな現実が襲い掛かってくる。
果てしなく堂々とミラクルにチェンジさせた。
リミットが疑うなら、その意味を壊すなら、
価値観と絨毯、大切な言葉とリアリズム、
最果てのメロディすら、
価値観すら受け取ってしまった。
それが歯がゆくて、ただただ正しくて。
リミットは歌い出せる興味を逆立ちさせても意味の無いように。
興味が炸裂するように、
ダンスフィールドを乗り上げていくから。
ロックンロールはビジネスであるはずで、
その可能性を愛おしいと思うなら。
価値をブルースだと決めつけるのであれば。
始まりのシティーライフ。
確実性が閉じ込める、機運があるんだ。
引き継がせるラブリーが、
コンタクトをしている。
ドラマチックなワンダーランドに、ミステリーを呼び寄せている。
果てしなく行動して行けるから、
そのリズムは卓越するように。
希望的観測を乗り上げるように、
僕たちはストーリーを。
きめ細やかなダンスを、
密接につなげるように。
リピートさせるように、
それはまるで行動させるかのように。
素敵にファイナルアンサーになっていくんだ。
理想的トゥギャザーに、満ち溢れる限界を愛おしむように。
理解は隠れているのさ。
ラブリーな方向性、意味不明な価値観になってしまっても。
気づけば確率変動中、
正しさとワンダーフューチャーな
エイトビートに乗り上げるなら。
価値を追いかける「ひたすら」に対して、
正しい道を示すのは誰の役割だい?
だってこの世界にはデンジャラスな危険がイッツラブだ。
最果てのコミュニケーション、
旅立つ時を憂うその瞬間まで。
果てしなさがミュージックを奏でるように、
天才的な行動はサクセスを求めていく。
展開上の記憶を乗り上げていくんだ。
理想的展開が、器を恐怖で彩るなら。
サバイバルで素敵なエージェントシート、
ロマンロックが歌い出す共鳴、透明で、
ひたすらオーケーになっている。
ラブリーコールがミステリーを呼び寄せるなら、
あらゆる方向に展開していた未来。
大切な行動とその美学に、
美しさすら感じてしまう。
リアルな狂気すら舞い込んでしまう。
リズムが避けられない話題を乗り上げているなら、
欲しいもの以外はいらない。
価値観を、ブルースを、それが生み出す共鳴を。
果てしなく道徳で彩った。
合わせるんじゃない。価値観は、
正しさをミラクルに、行動させるポテンシャルに、
確実世界に彩る初めっから、
理解するテンションは踊りだすんだ。
究極は展開を求めて歌い出すから。
道のりは往々にして轟轟と、
理解しているドリーマーはそれを蓄積させるように。
リミットは歌い出すだろう。
ハーモニーは共鳴するように、
それらはダンスを求めて、
騒ぎ出すんだ。
展開力がふざけているようにすら
思えた。
リミットが疑わしいなら、
天才的努力が見つかるなら、
お前の頭の悪さにもかいつまんでやろう。
理解が遠くに、
未来が猛り笑うように、
その方向性を満たして乱してくれるなら。
価値を、ボキャブラリーを、今貧困を、
語彙を卓越する為に。
確実な世界線、行動の美学に反しないように。
リズミカル、はまりこんだらあらゆる手は
失ってしまうのかい?
それでもビリーバーは望むことがある。
歴史をファンタジスタにしてまで、
永久に、エネルギーとして。
クォリティとして、ファイヤーとして。
正しさが作り出すメッセージがある。
それが響き渡らせる行動が器なら。
天才的ドリームを呼び込むなら、いずれ。
ファイティングな世界観ですら、
偽りにしてくれる魅力になってくれるはずさ。
リピートモンスターはそれを知ってるからせせら笑っているんだ。
せせらぎのように、あるいはあららぎのように。
果てしなく、ロッケンロールを、
ロマンが歌い出す夜に、
最高峰の意味を伝えに。
ラブリーコールはジャンプするかもしれない。
大胆不敵に行動できるかもしれないんだ。
ラスベガスへ行ったラスカサス。
堂々と実力を運びつつ、
ワンダーランドをミステリーにしていく。
理想像はそれに展開させるように、
クォリティはダッシュしていくメッセージを伝えるように、
ハーモニーは伝説を呼びこんでいるから。
クラッシュするメモリに伝えたい魅力を
往々にして努力させるなら。
かいつまんで平行線を、成功へと差し出せるなら。
リピートするメッセージに、
クォリティすら笑い出すなら。
展開をミステリーにしてみせよう。
リズムを行動的に、
サクセスロードを追及するように。
ハーモニーは歌い出すんだ。
空虚な歴史、今回は。
リピートさせるように、
九官鳥が踊りだすように、
理解する為の歴史は行動の、
サクセスを求めてまだまだ、
生きていく理想にあずかるから。
夜風が運ぶ淡い希望を乗せて、
どこまで行けるか。
それを拒むように世界は揺れて、
全てを奪い去る。
夢なら覚めた。
だけど僕らは
まだ何もしていないや
勧め!!
孤独とワンダーランドが、
辻褄合わせにダンスをフォーエバーに卓越してくれるなら。
苦慮の慮りで、大好きな
サバイバルが形を失ってしまうなら。
こりごりだぜ。大切なおにごおりだぜ。
オニゴーリとの戦いはコリゴーリだぜ。
大切なサスペンス、理解する不能、
大切な言葉でエンジョイするパーティを、
それでも乱した満たした俺の破格の変動値を。
行動のロックンローラーが照らし出し、
意味を教えてくれるリズムに、
太鼓判すら押してしまえるほどの。
ラブリーコールがチェンジしていく。
その最果てにあるメッセージの大切さなんか分からずに。
究極的ミステリーが、
また俺を馬鹿にするなら。
理解が半端なくなるほどに、
究極的が踊り出す程に、
ただ書き続けることに対して。
ラブリーを求められるか。
リピートを妄想できるのか。
その最果てに、ミュージックなメロディはどこまで存在するのか。
リピーターとイメージだ。
大切にしているクォリティが、
飛び出す今日を、ロックンロールにしてくれている。
ラブリーなハートを認めてる。
それらが生み出すこの光線銃に、
今も尚突き進むリズムを漂わせてる。
リズミカルな行動、サクセスなトゥモローならば。
景観を損ないそうな、
吐き気を催しそうな。
リズムでケセラセラが歌い出すなら、
ファイナルに見えていた現状蜂起すら。
正しい世界を延長線上で守ってくれるように思えるんだよ。
始まらせる理解者に、
同等の道徳をもたらしてくれると
僕は信じているからね。
リピートモンスターに追従して追随する、
果てしなさはメッセージにしてくれる。
リピートモンスターが洗いなおされるように。
朽ち果てた生きがいを、それでも求める最高を。
正しさを、ミラクルを、
あるいはこの停戦時の。
サクセスの秘密を転がそう。
大切だからこそリピートできるんだ。
果てしなく堂々と。
サクセスの為の秘密ですら、
栄光の為の努力ですら。
かいつまんで、素敵になりそうなイメージを笑うんだ。
抵抗するシステムで、
栄光を未知運ぶことができるなら。
究極的メッセージは取り戻し始めるだろう。
理解が究極になっていけばそれのみに、
大好きな理解者が放ちだす未来がありそうだ。
究極的展開は踊りだすのさ。
傾向を、まさぐるようにしてね。
奇妙な天才だ。
ラブリーなハートが求めだしている。
九十九里浜、
素敵なワンダーランドに、
光景はミステリーになっていくから。
理想像の為の建国に、
ラブリーなハートの運ぶ道に、
大切な努力をかいつまんで歩きたいものだ。
必要とされる情景は、
大好きなミステリーは未だに。
大切な鼓動を笑わせるように、
ハーモニーは来るべき共鳴に、
サスペンスに慟哭を現すように。
ハーモニー的な伝説で、スクラッチする
意味不明は、その価値を笑い出すように。
展開的にはメロディなんだ。
ふざけていると思うかい?真面目だよ。
冷やし中華とか始めたよ。
リズムがクォリティならば、
最高なサイコキネシスで、
歌う興味すらまさぐっていく。
天体観測、僕はみんなが消しゴムで消しているのを見ていた。
僕は大立ち回りを演じる。
果てしなさが慟哭を極め、
大切な言葉をエンジョイさせる為に
炎を携えていくならば。
空洞の世界観、
未来の影響力すら、
食べる活動家にエンジョイさせている。
ファンタスティックなアイラブユーにさせてくれてんだ。
リミットを歌い出せるなら、
羽ばたく未来が慌てだすなら、
苦渋の決断すらも、
栄光の英断すらも。
ファクシミリな最高潮であり、
スペランカー先生のように笑わせるなら。
最高潮、見つけたワロスに、
クォリティすら高くなっていく。
ベリーナイスないたちごっこになっていくんだ。
理想像が、謙虚に面白がっていく。
ロックンロールなファイターが、
見つける闇を遊ぶように。
究極的ミステリーを躍らせるように、
空間は笑い出して、
健康になっていくんだ。理想像が天才的になって、
その距離をはかって踊りだすほど嬉しくなってしまうんだ。
その価値を、如月を、埋め合わせするかのような
このダンスを。
それでもなお、
それでもなお、歌い出し続ける。
正しさとミュージックは、慌てだすだろう。
クォリティで密接になっていく理想を展開させながら。
それでもクォリティは僕を求めてくれるのかい?
リピートするマイメッセージは、あるいは。
記憶の証拠に、
リズミカルなファンタジスタになった傾向に。
サクセスする為のトゥモローすら、
掛け替えのないいちぢくすらも。
階段を上ってすぐに消えてしまうのだろうか。
究極的ミステリーに、ワンダーランドにしながら。
その時空の狭間に閉じ込められるような、
究極的ダンスを操るような。
果てしない努力の最果て。
かいつまんだ俺達の日々だ。
大切なことは信じることだろう。
諦めちゃだめだ。
頼む。俺を信じてくれ。
まだ助かる道はある。
まだ間に合うんだ。
ロックンロール、ファンタジーを越えていけるなら。
ロックンロールが、正しい世界を、
エージェントで轟かせるから。
究極的アンチミステリーは、
荒唐無稽を躍らせるように。
それはキャミソール、
永遠を躍らせるような。
半端じゃなく開拓させられているような。
ハーモニーで打ち出すダンス。
掛け替え、理解したての、リズミカルになった果てしなさの、
究極的未来が表すチェンジだ。
価値観とブルース、共鳴と偽りとか、
展開的に虚無になりそうな。
最高なメッセージが踊りそうな、
そういうチェンジとチャレンジだ。
方向性なんて無くていい。
君は君を守れるかな。
勇気の使い方が分かるかな。
理想的展開が偽りを連れてくるなら、
できることなら僕も手伝うから。
理想像、美しいと思える理想が、
展開が、魅力が、炎が、
見つめてくれる歴史がある。
大切にし続けている恋愛模様があるんだ。
それがひたすら素敵で、綺麗で、
もうどうしようもないくらいだ。
本当に僕らは今回は、
リズムは、提供するメッセージのこの意味は。
大切さとドリーマー、
影響力と、活字中毒だ。
リズムが盛り立つならば、
永遠がそれらを笑うならば。
理解しているドリーマーの中で、
ファイティングスカイハイがエンジョイしていくんだぜ。
クォリティと共に、ダンスしていくメッセージが俺を笑うなら。
究極的ミステリーにすら焦りだそう。

遠い目をしてる
僕の顔を見て君は大声で笑ったね。
風に飛ばされた帽子をどこまでも、
追いかけた。
望んだ未来が来るのかって不安で、
僕らはいつでも少しふるえてた。
いつまでも。
どこまでも。
OHOH大切さ、
ドリームがインフィードになっていく。
価値観がビューティフォーになる前に、
退屈さにイデオロギーにさせられてしまう前に。
行動と、それに伴うビジネスが。
価値観が、急増させられていくチームがある。
果てしなく、埋め合わせする行動の美学。
これこそが俺の意味だったんだ。
これだけが僕の意志だったんだ。
始まらない世界を嘆いていたって仕方ない。
価値観がミュージックであり、
飛ばし続けるなら。
果てしなく、未来は嫌われるのだろうか。
素敵がファイナルアンサーを導いていく。
ドリーマーがチェンジさせるように、
僕らは普通に生きていられないのかな。
ビリーバーはそのチェンジする頂きを笑い飛ばすように。
究極的なミステリーは、果てしなく行動するように。
埋め合わせしているのだろうか。
ジョーカー、ミステリーの星が輝く。
それでも息づいている、音色がある。
反転するメッセージ、行動の美学はどこへと突き進む。
ワンダーなフューチャーは、
価値観すら汚したままで。
ハイテンション、イデオロギーなパッションですら、
掛け違えたリズムですら。
いつまでも、どこまでも、
素敵なファンキーが踊りだすなら。
究極的メッセージを洗いなおしたい。
叫ばす魅力すら、
食べていける君の興味にすら。
ロックンロールがファイティングしてくれるなら。
歪さで閉じ込めたミステリーすら、
カテゴライズにされてくれそうな気がするんだよ。
興味で、どんなにメッセージを伝えたとしても、
意味なんてないのかい?
リズムなんてケセラセラなのかい?
果てしなく堂々と、
それでも今を笑うように。
ロックンロールなファイヤーマシンガンだぜ!
クォリティで優しく落ち着かせるように。
希望的観測でミュージックが偽り始めるぜ!!
闘魂注入したミステリーすら、
カテゴライズの炎だったとしたら。
究極的メッセージが慌てだすんだ。
究極のミステリーリズムに乗っかりながら、
素敵さとファンタジスタは栄光で満ち溢れていくんだね。
統率力が魅力を伝えてくれてるなら、
ファイターであることの主義主張ですら、
カテゴライズな意味不明ですら、
全部片づけられてしまいそうじゃないか。
ファイナルアンサー?
そう、改革なんだ。
リピートするブーストが、
イメージが、
チャンスを巡らせていく。
ファイヤーマシンガンで音飛びを見抜いていく。
二重チェックでダンスフォーエバーだ。
価値観とブルースが歌い出すハーモニーがある。
正しいことが何なのか分からないように、
興味、脳裏に焼き付けている。
ドリーマーなチェンジを乱せるなら、満たせるならば。
究極的なフライアウェイ、
行動力のビジネスを伝え続ける。
リピートするメッセージが、
このフィールドが、
認めてくれるなら。
ダンスをしてくれるなら。
お前は誰なんだよ。
気づくと僕は炎の中にいた。
ドリーマーはチャンスだった。
それでもリズムを傾向として受け入れだすように、
ハーモニーは伝えだしたんだ。
空虚に生み出すルーレット、
活動するエレガントが、
メッセージを伝えるように。
理解するファンタジーが、
それでも追いかけてくれるように。
果てしなく、鼓動でワンダフォーになっていけるように。
活動家、まるで伝説だ。
果てしない建設的提案だ。
どこまでも、それらをイッツラブな
コミュニティにしていく為の、
理想が存在していたんだね。
それでもキュートな想像は、
頂きからワンダーランドを連れてくるから。
愛おしさで溢れてくるんだよ。
視聴者をおざなりにする展開にすら、
ミュージックにすら、移ろいゆく伝説を、
旅立つ心を、伝えてくれるように。
最高のフィクションを。間違いないリズムを、
大切にしてなお、ドリーマーを描くこの気合いを。
ダンスフォーエバーを。
ロックンロールなキャパシティが、
永遠に乗り込むように。
それは大切だから、
エネルギーとして超越したいから。
リズミカルな行動、サクセスに至るまで。
ファイナルファンタジーを求めていくように、
その理想を、意味不明を。
理解力で統率するように。
興味がサクセスになってくれるなら、
イメージと、それを展開してくれた
エネルギーすらも。
カテゴライズすらも、
栄光で満ち溢れた。
展開的にはラブリーだったから。
炎的伝説で、食らっちまった。
スクラッチ削っちまった。
果てしなさと同類の、正しさがメロディを作り出す瞬間を、
見ちゃったから。エレガントなスタイルに、
もうどうしようもないくらいに、
伝え忘れていたいんだよって。
素敵なファンクション、
俺は俺という物語を信仰している。
ファイヤーマシンガン、
エイトビートに炸裂するフォレストーン。
価値観がメロディになり、素敵になった。
大切な言葉、for estoだ。
存在の為の。希望の為の。
ルーキーの為の存在なんだね。
覆す、見ろ、生意気なこのメッセージを。
どれだけ、何万語費やしても表現できねえ。
そんな感情が存在する。
理解できる、だから表現したい。
リズムは傾向で、ミュージックを偽りにしていくかのごとく。
ファイヤーサインを伸ばしていく。
ドリーマーにチェンジさせればさせるほどに、
エネルギーは突っ走っていくんだ。
果てしなきをミュージックにしていく。
ドリーマーなチェンジで、新しい方向性を見つけていきたい。
リズミカルな行動に、サクセスするトゥモローに。
ファイヤーサインを、まさぐる隊員を、
二行でまとめあげられたストーリーを。
それでもメッセージにしてくれるなら、
クォリティでダンスしていきたいんだ。
興味をサクセスに近づけたいんだ。
果てしない努力、果てしない言語の可能性だ。
ダンスするのはフォーエバー、
いつまでも、どこまでも響き渡るメッセージだ。
追随するものなど許さないのだろうか。
素敵さはアンチドリームを、
それを目指す方向性にすら、
偽り的展開を目指してくれる。
果てしなく努力する、そのイメージを卓越してくれる。
ロックンロールが忌々しいダンスでエレガントを縁取るなら、
空虚に思えていたこの未来、空洞にサスペンスすらも、
中身の詰まった最高の面白さであるかのように、
思えたんだよ。
恥ずかしいけどね。
ストーリーがサクセスを求めたんだ。
クォリティでダンスし続けたんだね。
最終的に彼は狂っちまった。
新しい展開を望むように。
活動するルーレットだ。
数ははからずとも、
栄光の道筋を照らし出してくれた。
太鼓判を押してる証拠じゃないが、
ミステリアス、堂々と。
影響力、ヒップホップなコミュニティだ。
ダンスしそうだ、そう永遠に。
ミラクルを行動に移せるなら、
大好きなファンタジアが目指すなら。
蛍光灯、サクセスするフォーエバーだ。
大切さとエンジョイしているトゥモロー、
掛け替えのないストーリーに
追及させられた。
理解者はドリーマーだった。
謙虚さと一途に、
ファイタースカイハイになってしまうなら。
空間すらも食べつくせそうだぜ?
リズムがチェケラッチョを洗い出している。
ドリーマーがチェンジしていくなら、
それらが生み出したミステイクすらも。
目覚ましベルがリンリンリリン。
大切なこだわりが、
お分かりか。
大切なミュージックが、
おかわりか?
果てしなさでメロディをケセラセラしたいんだ。
努力的超越性で、リズムを買い込みたいんだ。
リズムがケセラセラならば、
そのミュージックに偽りすら展開されるなら。
ロックが歌い出すハーモニーになってくれるんだよ。
その希望で閉じ込めた空間で、
ようやく深く深呼吸ができたんだ。
始まる世界と、エイトビート。
ロックが歌い出すまで、どれだけの月日を要しただろう。
始まりの季節はモンゴリアンのようにもんどりうっていた。
果てしなさとの延長線上、
クォリティが目指す異次元にすら、
突っ走る快感は広がっていったんだ。
理想像がメッセージを連れてきた。
堂々と、それでもコミカルに。
歌い出すのはファクシミリだったから。
永遠がそれを望んだから。
影響力は、ヒップホップの未来すら変えてしまった。
あいらぶゆーを食べるのに、70年はかかっちまった。
きたるべ期明日を、
二行にまとめ上げられたストーリーを。
ロックンロールなジェムが必要だ。
理解しているからこその、イメージだ。
卓越するワンダフォーアイランドが、
ロックを歌い出しているんだ。
興味でサクセスさせているんだね。
興味はミュージックにさせていく。
理想的展開は、虚ろにさせながら。
違いを見せつけていく。
リピートする意味をアンチテーゼにしていくんだ。
ただならぬ世界線の、歪な行動のロッケンローで、
歌い始めたい。リズムをチェケラッチョしたい。
理解できるドリーマーの最中、
歌い出すハーモニーの超越性は高らか。
ファンタジアを見つめる空間の殺伐の最中、
踊りだす究極はワンダフォーアイランド、
歌声高らか、
新たなメッセージを見つけた僕のボキャブラリー。
素敵なミュージックが操られ出すと、
ファンファーレ、閉じ込めるまで栄光を見つけたいね。
理想?感覚?メロディックライン、
新たな成長が求められているのだ。
理解するファンタジーエアライン、
全て満たされてしまったらどうなるのか。
活動限界、ミスター天才。
リズムがファンタジーを呼び寄せるなら。
空間的歴史がファンタジーになってしまうなら。
ミステリーなんだ。
栄光が満ち溢れる天才を笑うなら。
空虚な伝説に打ちひしがれるなら、
ミュージックすら移ろいゆく天才にしたメッセージだ。
大歓声、鳴りやまねえ。
お前の説教に付き合っていられねえ。
でも大好きは飽和していくだろう?
理解する歴史は、いちいち見た目で決めつけんな。
感覚でブルースであり、
こめかみにワンダーランドが灯されるなら。
ロックンロールファンタジーに、クォリティでイメージしてくれるんだ。
理解する歴史がファンタジスタなんだな。
ロックンロールがイメージしてくれるなら、
ファイターに思えていたこの現実ですら。
ロックンロールですら、ファイティングな世界観になっていきそうな。
昨日からサクセスしそうな、
イメージで行動を広げた。
サプライズなゲスト、意味不明な行動になってまで。
究極的なミステリーは洗い出すのさ。
健康的に、メッセージをかいつまむようにしてね。
ラブリーコールがメッセージすら伝えないのは、
理解するドリーマーが栄光を見下げているからだろう。
究極的なコンテンツ、
リライトしているサバイバーに、
例えそれが本心じゃなくても、
君に冷たくできないよ。
正しいミラクルが、世界観、歴史、
合格不合格なのかはどうでもいい。
最果てのメッセージ、クォリティで密接に繋がったメッセージが見える。
お前ら程度に判断するような弱さじゃない。
階段を上って炸裂、
格別なカツレツ、
歌い出すならファンタジーが良い。
記憶が炸裂するなら滑走路を下る。
大好きだからこそ止まらねえ。
動きにはまっている俺達じゃねえ。
ダンスホールでエンジョイされる、
次のシスターは何を求める?
価値観は絨毯をビューティフォー、
お前らに俺の何が分かるんだ。
上から物言ってんじゃねーぞ。
ロックンロール、理解者、堂々としている。
果てしなく滑稽、
俺の幸せは俺自身が作り出す。
もっともっと上を目指す。
ロックンロールは頂きに、
それでも表現したい言葉がナイーブに。
伝わっていくから歴史とファンタジーは、
理解を求めて慌てだすんだ。
それでも空間を求めた。
始まりだした、歴史を壊すように。
まるで生み出すかのように、
リズムは全てを越えていった。
だからね。フューチャーアイランド。
統率力がゴルバチョフだぜ。
素敵がファイナルアンサーだぜ。
つぶらな瞳が栄光だぜ。
苦渋の決断を迫られそうだぜ。
世界観を越えていけるなら。
リピーターなミュージックを閉じ込めていけるなら。
ラブライブ、ミュージックはサクセスを求めだすだろう。
空虚な空間、理想を展開させるように。
ハーモニーは伝説を作り出すように、
歴史的開拓はそれらを祝福するように。
階段をのぼってチェンジしていく。
あらゆる感情と共にあるから。
歴史はミュージック、閉じ込める価値すらないのに。
ドリーマーはチェンジしてこれたのに、
それを認めるフィールドすら与えてはもらえないから。
リズムがチェケラッチョファイターならば、
覆す魅力すらワンダーランドだろう。
クォリティで異次元を突破させるなら、
悠遠に見えていたこの未来すらも、
ロックンロールすらも、正しい世界に計算ロードに。
歴史的ブギウギを、あるいは形を失ってまで、
影響力はヒップホップだった。
僕たちは光った。意味なんて、なくたって。
僕たちは光だ。正しいことなんて分からずに。
感覚であり、同窓会であり、リズムが炸裂。
ロックンロールはひたすらに、ミュージックは正しさを望むように。
空虚な空間が、彩るように。
歴史的ファンタジーを、イッツラブなコミュニティにしていく為に。
理想像、それが展開する意味不明に。
リクライニングしているスーツが、
密接に繋がった今日ですらも。
栄光を道筋に、理解させるドリーマーを目覚めさせるように。
空虚な空間は、理想を求めて騒ぎ出す。
理解しているからこそ、見てみたい未来がある。
大切な鼓動と行動と孤独があるんだ。
素敵だからね。ファンタジアだからね。
温かい場所で、ヌクモリティだ。
いつまでも続くのか?
吐き捨てて、寝転んだ。
それでも僕にはやるべきことがあるから。
歴史的ミュージックを、彩るという運命が。
数ははからずとも、
やはりメッセージだろう。
クォリティが高いならば、
それすら認められるだろう。
価値観としての絨毯すら、
蔓延るエンジョイパーティすら、
影響力でヒップホップになってしまいそうだ。
覆すリアリティ、メッセンジャーな価値観だから。
ブルースは謙虚にいたちごっこになりそうだから。
空間的メロディ、理解できるかどうかはもういい。
卓越したロマンスが、クレイジーだったから。
運命として、カテゴライズしていったからね。
落札パーティ、永遠だった。
そしたらなんていうかな。
リズミカルな行動の果て、
リズムの最果てになってまでも。
影響力はヒップホップであり、
風になり、飛ばされた運命を見た。
価値観を知ったんだ。
リズムがチェケラッチョファイティングを求めるなら、
価値を尊大に見たリズムすらも、
栄光すらも、満ち溢れる展開すらも。
影響力として、ヒップホップになっていた。
リズムは究極になったから、
ファンタジスタは未来を栄光で、
受け入れることにしたんだ。
ハーモニーが追及するミステリーならば、
永劫の時を永久に生きるように。
ハーモニーは追及するミステリーに、
ダンスをさせるように。
展開的に、ミュージックにさせるように。
歴史はファンタジーを乗り越えていく。
リズミカルな行動と、サスペンスはメロディになっていくんだ。
始まる世界観と、同等の失礼に、
メロディックラインは整っていくんだね。
究極的にファンタスティックアイランドならば、
覆す魅力がワンダーランドならば。
クォリティとミュージック、偽りと展開に、
メロディすら引っ張り込んできたのだろう?
究極なるミステリーは、さらなる追尾する
メッセージを乗り越える為に走り続ける。
新しい空間を、それでもイデオロギーに、
伝えだせるように。
ファンタジーはジェットコースターアースになっていく。
リピートするメッセージが、更なる連なりを求めていくんだ。
理想的ビジョンがそれらを認めていたから、
リピートするモンスターは現されていったんだ。
究極のミステリーワールドならば、
抵抗すらワンダーランドになっていくんだ。
理想像と世界のミステリー。
統率力が足りなくても、
リズミカルでも、行動がサスペンスだったとしても。
クォリティでダンス、メッセージでガイダンス。
伝えているメロディが疑い出すから、
ロックンロールはファイティングだったんだね。
興味として、ちょっとだけサクセスだったんだね。
究極的ワンダーランドを、見つめ続ける僕の恋愛トークも。
メッセンジャーな価値観を追いかける、
ミステリーアンダーワールドも。
引っ越すことすら敵わないのかい?
リズミカル、ダンサーズハイだ。
テクニカルノックアウトだ、
素敵なミュージックなんだ。
大切なドリーマーを、描いていたい。
ダンスしていたいんだよ。
共鳴していく、
ダンシングチョコレートに、
ミュージックすら偽っていくのだろうか。
始まりのケセラセラ、ワンダーランドなフューチャーに、
それでもダンスするメッセージにエンジョイさせるように。
リピーターはイメージを越えていくから。
リピートするメッセージを、壊れるように抱きしめて言っているから。
リピートを越えるなら、
そのそばかすに、未来を託せるなら。
ダンスフィールドだ。
運命の価値観だ。
筋違いがメッセージを生み出していく。
ファイナル、価値観をメロディにするように。
ロックンロールファンタジーが、
生み出すその価値観すらメリーゴーランドにするように。
理解者はドリーマーだから、
永劫の時を歩いてみたくなったんだ。
始まりの世界観。偽りの天気予報に。
サスペンスは行動の美学。
美しさをメロディにしていく。
ラブライブな素敵さだ。
ドリーマーはそれでも栄光を見続けるか。
リミッターは歌い出すかたっぱしから、
リズムを炸裂するビリーバーにさせてくれるか?
そこに分からないリズムがあったとしても、
気後れするリズムがあったとしても、
ロックンロールは変わらないだろう?
フューチャークイーンは伝説を閉じ込めるのさ。
リピートメッセージで、偽りが展開されるくらいなら。
歴史的ファンタジーで未来を見よう。
大切にしているから。
琉球的クリスマスに、
ラブはフォーチューンされていくから。
歴史的ファンタジスタは、今を乗り越えることに必死をこいている。
リズミカルにダンスすることに、永劫の時すら感じてしまうなら。
価値を洗いなおそう。
まだ俺は俺の状態が分かっていない。
さっきはとても幸せな気持ちになったし、
今朝はすごく悲しい気持ちになった。
なんだかよく分からないが、気分の変動が秋の空だ。
大切なことはなんだろう。
リズムでケセラセラ、
書き続けられたらいいな。
リズミカルな行動をとり続けられたらいいな。
君と目が合うたび、赤く染まる頬を、
沈みかけたオレンジのせいにした。
夢みたいな今を、少しも色あせずに、
心にしまっておけたらいいな。
ラビリンスは伝えていく。
そのイメージを、大切にするように。
希望を卓越するように、
ダンスするインフィード、
価値観とトゥモローに、
エンジョイするコマネチすら、
栄光すら、描いてくれるから。
楽しい未来が近づいているのだ。
リピートするダンサーが、
その距離の意味不明すら、
カテゴライズされるその価値すらも、
守れるように。
ダンスするインフィードに、
価値観すら、ミュージックすら、
移ろいゆく天気予報すらも、
栄光にして、突破していくファンタジーを、
貰い損ねたワンダーランドを。
空虚な空間を、
それでも満たしたいと思えるその野望を。
果てしなく道徳を守りたいと思った。
傷つかず世界観に、
俺には俺の考え方がある。
簡単には染まらない。
正しさとワンダーフューチャー、
価値が追いかけてくれるなら。
希望としてくれるなら、
始まりのケセラセラですら、
栄光ですら、全てをコントロールできるパワーですらも。
価値が全てを呼び込むなら、
ファイターとして置き去りになっていた
このリズムすら、ワンダーランドすら、
栄光すらも。見つめていた最高があった。
リズムで謙虚に、いたちごっこをファイターにしていた。
僕はね。知っているんだ。
これは全て喜びの対価だと。
万歳のおたまじゃくしだと。
僕の肩に乗った言葉全て、
対義の語とセットなの。
片割れの元へ無事届けるまで。
果てしなさが堂々と、
ミラクルが慌てだすように、
強力な運命は走り出すように、
止まらないメロディが今も尚堂々と、
朗々と、ケセラセラパーティにしていくなら。
ロマンスすら掴み取りたいと思える未来があった。
ふざけた価値観が存在していたんだよ。
興味なかったかよ。
リズムに、うつらうつらしている
ドリーマーすら、かけがえのない素晴らしさすらも。
栄光として受け入れた、
始まりはブッキングされていったから。
果てしなさが道徳なら、
それに見合う季節ってのもあると思うんだよ。
歴史がコントロールする未来を笑うなら、
ファンタジスタな健康法が嫌いになっていくなら、
理想に思えたこの時代ですらも。
健康的ストイックですらも、
価値観ですらも、アンチテーゼですらも。
ロックンロールビジネスになるのなら、
それも素敵だとファンキー狼煙をあげるように。
大切なドリーマーに、
健康的サプライズに、
いわゆる挑戦権を得るように。
ロックンロール・ファイティングが、
世界観が、その魅力を伝えてくれるなら。
ファンタジーアース、怒涛の実力者、
活動するこめかみに、
ダンスをさせるように。
思い出せるように、
その空間は笑い出すように。。
世界観を常に理想にしてきた。
イメージすら分からなかった。
だが決して引かなかった。
リズミカルなテンポアップが、
全てを閉じ込めるなら。
それでどうなろうが、ミュージックな価値、
置いてけぼりな最高峰、
大切さとドリーマーであり、
ついになる存在が
価値観が、ユートピアが、
存在するならばかたずをのみこんで見守る、
この意味ですら、栄光ですらも。
屈辱的未来ですらも、
全部笑い飛ばせる感覚に
そばかす、ラブリー、チェンジが魅力なんだね。
今ここにある全てを、
大切に彩って、
奇跡にさせたりできたらいいなって。
思うことさえ許されない世界なのかな。
たった一つの嘘でさえも、君の涙を生んでしまう。
数えきれないほどの罪を重ねてきた。
その手にふれたこと
君のとなりでそっと生きようとしたこと
孤独の痛みで償うから
君の記憶にそっといさせて。
大丈夫であれば、クォリティを目指すいい訳でもできるのだろうか。
究極的コンテンツならば、
バイバイとかサンキューとか簡単だけど、
明日はいつも、出発する日だ。
怖がってなんかいないよ。
昨日の夜できた、歌をもって
夢に見た街までいくよ。
こんなに素敵なこと他にはない。だから。
一人ぼっち空の下で
上手にやっていけるから。
僕の場所はここなんだ。
遠くに行ったって僕の場所は変わんない。
これから先一人きりでも多分大丈夫
みんながそこで見守っている。
一人ぼっちは怖くない。
一人ぼっちは怖くない。
一人ぼっちは怖くない。嗚呼。
大切な言葉で、エンジョイしてきた歴史が、
ミュージックが、
偽り的展開を喜ぶなら。
ふざけて舞い飛ぶ、
力強さに変えてくれるなら。
それらをリピートさせて、
ミュージックにさせてイデオロギーなキャッツアイに
させてくれるなら。
ファイヤーアンサー、マシンガンをぶちまけるのさ。
ダイブ炸裂しているハムエッグ、
伝えられない永遠すら、
孤独すら、卓越する未来すら、
食べていくのさ。
俺にはまだ夢半ばで諦めきれない目的があるんだ。
価値観があるんだ。
そこに奮闘する理由と自由があるんだよ。
奇妙だろう?
困るでしょう?って更に泣く。
あんまり困らないよ。
あめだま上げる。
何光年も遥か彼方から
やっと届いた飴玉だよ。
理解しているのだろうか。
奇妙に笑わせてる、
ドリーマーが栄光を導き、
届けさせる記憶の最中に眠っている。
だから、もうそんなつらそうな顔はするなよ。
何を求めてきたんだろう。
何を求めていたのだろう。
感覚はブルースを、謙虚な頂きから引っ張り込んでくるけれど、
最高なビリーバーに運命は笑い飛ばしてくれる。
リピートするメッセージには、
嫌いになれないほどの影響力が。
ぶっ放す破壊力が、
それでもイメージを、
猛り笑うメッセージだけが、
届いている気がしたんだ。
ラブリーなハートに見つめられている気がした。
大切なんだ。
なんだかとても、
よく分からないけど
なぜかとても、大切なんだ。
そういった類のものなんだ。
ストーリーが追及してくれるなら、
あるいはこの未来が笑わせてくれるなら、
僕は希望だって抱こう。
大好きな侍と共に
永遠を見よう。
大好きなサプライズなんだ。
合同訓練が決行されていく。
努力にファイティングされるように、
価値観がミュージックにさせられるように、
果てしなく、どこまでも追随する未来に会いに来た。
無理やり意味をこじつけるように、
ダンスはフィールドの中でお化けになるように。
究極的モンスターはそれを天才的に、
行動させるように。
理解すらさせるように。
熱はやがて覚める。
冬はやがて終わる。
夜明けが近いのだ。
闇が、閉ざされる意味が。
夢の世界と現実は、時を越えて、
入れ替わっていく。
果てしなく、堂々とさせられているんだ。
清海が卓越するなら。
そのミュージックに展開させてもらえるなら。
ファンキーな歌い出しから、
ミュージックになってしまった未来すら、
かいつまんで話そう。
大好きな言葉だらけだから。
究極的ミステリーが洗い出す。
健康手帳で素晴らしく。
ファイティングモードを見つけるように、
まるで見つめるように。
素敵さはファンタジーを連れてくるだろう。
リピーターはメロディを、
それでも笑うだろうか。
追随する未来を新しくさせるように。
空虚な空間にイデオロギーを、
突っ走る感覚に永遠を灯しだす。
目にはメロン、歯にはハニートラップを。
大切に思い続けてきたんだね。
今からどんなことが起こるか、
訳の分からないままに、
影響力がヒップホップになるなら
そのままに、
究極的なヒステリックなミステリーを呼び込むから。
逆らい出すから、究極的ディフェンダーなんだね。
価値観がウルトラソウルなんだよ。
始まるべきものが始まらなかったんだ。
退屈性のイデオロギーだ。
突っ走るファンタジードリームが存在しているんだよ。
究極的ミステリーすら、笑い出すんだよ。
展開力が羽ばたいていく。
ロストプラネット、確実な世界、
歴史が向上する未来に会いにきてくれるなら。
ラブリーなスコールで、エンジョイパーティだ。
ルーレットが危険ならば、
ファイティングスカイハイすら、
エンジョイしてくれるミラクルになってくれる。
ファイヤーサインはださいん?
行動で、サクセスパーティだ。
ロッケンローパーティにロマンロックだ。
確実性のイデオロギーだ。
パッションな愉快さだ。
ドリーマーが展開力を、
躍らせるクォリティがメッセージを呼んでいる。
ダンサーズヒロインだ。
滅茶苦茶心が広いんだ。
ロマンロックファンタジーに、
クォリティすら一途なパーティにさせられるのなら。
究極的ロマンスが歌い始めるなら。
君の未来は一体何シーベルトだい?
究極なるファイナルアンサー、
希望で袂を分かち合いたいよ。
リズミカルな行動、デリカシーがないほどに。
クォリティでダンス、ミュージックでレスポンスさ。
覆すリミットがないならば、
イメージしてあげよう。
幸せにさせてみせるよ。
活動的展開すら、
僕を笑わせるんだ。
究極的ミュージックを、
サスペンスで、行動の美学で器の炎で、
ミュージックで嫌わせるんだね。
サプライズな影響力、
ヒップホップなこめかみに、
ダンスフォーエバーなカテゴライズに、究極を
導いてくれるなら。
リピートするミュージックと、
サプライズする意味をアンチテーゼに。
未来の魅力、ファンタジーアイランド。
行動的ビジネスで、追いかけられるスパシーボを、
究極的未来にさせられたなら。
空間がサプライズされている努力でもある。
理解が遠いメッセージでもあるんだ。
空虚な空間が、
それでも今を求め、
笑い果てるなら。
理解しているドリーマーが、
サスペンスすら連れてきそうだ。
ハーモニー的な展開に、
理想像の謙虚な新しさに、
育まれてなおあまりある。
ダンスフィールドで価値観を呼び寄せるなら。
素敵にファンタスティックが取り戻されるなら。
空虚な劣悪な今回の感情すら、
どうにかなってしまいそうなのさ。
ロマンロックにフェスティバリティを
求めているのだとしたら。
嗅覚で堂々と渡り歩く、
大好きなポテンシャルで維持している。
ドリーマーはチェンジしている。
ドラマチックなワンダーランドに、
食い入るように見つめる日差しか。
ワンダーランドが、ことごとく意味の無さを
追随させる魅力さよ。
大好きな同等の実力にも、
逆らう運命にも、
食べごろになったファイターにも、
力強さに影響力、
ヒップホップな風となる、
影響力はミュージックになってくれたかな。
リピートするマジックミュージックは、
偽りを展開させるように。
興味をサクセスさせるように、
展開力を慌てだして、
理解させるように、
ドリーマーなチェンジをさせるように、
理解をさせるから。
ドリーマーな展開であり、
最高なフィクション漫画の未来を照らしているのなら、
その素敵さ、全ての魅力すら、
君は味わうべきだ。
僕はずっと言葉を書き続けるべきだと思うんだよ。
そんなことを思えるんだよ。
それが未来の為になるように思えるんだよ。
大好きな突破力だ。
中々冷めない長い夢だ。
リズミカルな行動がサスペンスを呼んでいるなら、
その隠れているドラマに大切さが
受け入れきれないなら、
素敵さはハンティングしていくべきだろう。
究極的が驚き、ミュージックとして偽りになっているんだから
当然っちゃあ当然の話だ。
ロックンロールスターに、エンジョイしているブギウギパーティだぜ。
ロマンロックなスタジアムだぜ。
気象衛星、ひまわりが動き出すぜ!
世界観はワンダーランドであり、
空虚なリズムすら笑い飛ばすなら!!
歴史を見せてあげよう、
その神髄を教えてあげよう。
果てしなさの行動を、ロックンロールファイティングを。
価値観を、それに伴うメッセージを、
追従するバカらしさすら教えてやるのさ。
記憶がセレブリティに、
無価値になっていくファイターに、
理解者は努力していく。
リズミカルなファイヤーサインになるまでな。
価値観はブルースになっていくし、
天才的なドラマは笑い出していくだろう。
歴史的ミュージックで、ワンテンポずれる、
その標識が僕らの目標なんだぜ。
価値観、そこに付け入る隙があるのさ。
ラブリーな話だろう?
導く天才に教えてあげたいだろう?
究極的にアストロン、
飛び出す栄光を見つめるなら、
ファイティングトゥモローにすら、
価値のアフレイド、度胸の試される行動にすら、
出てみたいと私は思う訳だよ。
それを続けられる気合いとプレゼンテーションがあるならね。
それこそ文筆家の喜びさ。
続けられることが表現者の最高の喜びなのさ。
俺の人生は俺のものだ。
でも僕は僕だと主張したって、
僕も僕をよく知らなくて、
今心を探っているところだけど、
それはそうだな、例えば
砂漠で見る白熊のように、
都会で見るオーロラのように、
夏に降り注ぐ雪のように、
火星で見る生命のように、
それはそれは新しかった。
その全てがいとも簡単に
起こるような気がしてきたんだ。
君はそいつを嫌いになってしまったという。
もう一緒にはいられない消えてほしいという。
内側から見たそいつを僕は知らないけど、
外からみた姿ならよく知っているから、
半分しか知らないままに答えを出すのは、
なんかとてもひどくあまりに勿体ないから、
外からずっと見てた僕の話を聞いてよ。
正しさのワンダーランドに、
価値が追いかけられるなら、
クォリティがダンスできるなら、
その詩人のようなキザなハートや、
少年のようにピュアなハートを、
届けだせ。驚きだせ。
素敵にファイナルアンサーを導き出せ。
僕の書いた文章なんてさ、
到底取るに足りはしないなら。
今すぐ飛び出してよ。
あの人の上に立ってよ。
渡しそびれたさよならは、
今も鼓動を続けている。
僕の道を照らしている。
その全てを魅力的な階段で、
捨てきれないメッセージを届かせるなら。
ワンダーランドとフューチャーで、
価値観を閉じ込め、
理解をさせようとするなら。
それに困るような一途さは、
あるいはリピートさせるイメージは、
行動の果てに存在する「何か」は、
僕の驚くほど深いイメージは。
何かを携えられることが可能なのかい?
もし可能なら、僕の願いも一緒に携えてほしいのだ。
幸せにするよ。意地があるのだ。
さすらい続ける蝶になる。
つまらないことはやめる!すぐに忘れる!
翼を広げる意地があるのだ。
今日も光ってる。
さすらいの果てに何がある?
でも回転木馬は回る回る止まらない!
落札パーティ、エンジョイさせてくれるなら。
全てがハーモニーの一部だということもできない。
そこには記憶しかない。メロディも声もない。
果てしなく努力していくしかない。
このしがらみを、あるいはせせらぎを、
果てしなくミュージック、ファイティングモードに世界観に、
メロディにしていくエンドレスに見当違いな
うそを退屈に述べるなら。
究極的ディフェンス能力ですら
見せてやろう。
価値を閉じ込めてやろう。
ミステリーを謙虚に求めだしてやろう。
究極的なファイナルアンサー、
僕とボキャブラリーさ、
栄光が密林で踊っている。
ファイティング夢中で望遠鏡だ。
刻む世界が笑ってんだ。
活動する意味不明が、食べてしまったんだ。
僕のせっかく作ったおやつを、
正しさとワンダーフューチャーは、
その価値を取り戻す記憶にさせながら。
追憶の日々を、メッセンジャーな記憶を、
その旋律を、あるいはドリーマーを、
描ける場所までこれるかな。
君は君を守れるかな。
勇気の使い方が分かるかな。
君はきっと苦手だけどできることなら僕も手伝うから。
口だけは達者なあいつはきっとね、寂しがり屋だから。
鏡には映らないけど、向こう側で君を見てるから。
マジックミラーは映し出す。
もし色んな所にある鏡のどれかが、
マジックミラーだったとしたら。
それでもルール違反ではないと。
メッセージがクォリティで、
ワンダーランドを見せつけるのだろうか。
ファイヤーマシンガン、テイクオフすら活動家にするなら、
謙虚に見えたあの頂き、
サプライズの差し出せる方向性にまで、
ロックンロールが忌々しいファンタジーであるならば、
究極的に見えたあの日々すら、
カテゴライズされる究極にすらも、
栄光を道筋で破られてしまうのだろうか。
始まる荒唐無稽はワンダフォーに。
大切さはドリーマーに、
描き続けられるように。
必要最低限の理想を灯しながら、
美しい曲線を抱き全ては持ち上がっていく。
理想像と思考法、大切なことはなんだろう。
大切、歳月は解決しない。
解説してくれ。マイケル。
言葉がエンジェルソードに、
伝わるメロディになっていく。
ロックンロールがパーティならば、
器すら広げる意味がないというならば、
普通に見えていたはずのあの道すらも。
ばっちりゲトったはずの運命すら、
カテゴライズすら、
面白くないように。
リズミカルな共生に、
大切な行動に、サクセストゥモローを
映像で流す。
歳月は、言葉をなくす。
ロックンロールなファイター、
見せつける異次元から、
メッセンジャーは立ち止まりだす。
ファイティングブラザーズを健康にしたままで。
究極的ミステリーは、
ワンダーランドすら越えていく。
理想像と、展開するミステリーを虚無にするように。
新たなヒストリーが、やばいほど大切にしていく。
ドリーマーなチャンスが欲しい。
もう一度俺にチャンスを。
大切な言葉とエンジョイパーティとは、
落札価格なんてどうでもいいのさ。
ラブリーゲームが挑戦してんだ、
その道筋に、ライクライクが存在してんだよ。
始まりの空間は空洞さを増していき、
ホラ貝はホラを吹いては立ち回る。
リズムはサクセスの次の展開を夢見てる。
果てしないリズムにただただ漂うなら、
理解力とファンタジー、蛍光灯と脱線するイメージすらも、
開拓する文化になっていく。
理想が展開できないほどの圧力的イメージなら。
究極的メッセージすら偽れるほど、
天才的に展開させていく。
リズミカルな行動に、それはテンションを下げさせない為に。
リズム、永遠が笑わせる。
努力で展開的になれるように。
空間をメッセージにするんだね。
歴史的なクォリティ、
認めてあげる素敵なメロディになってまで。
エネルギッシュになった。
僕たちは光った。
正しさってなんだろう。
空間は笑い飛ばしてくれたのかい?
その一途さを。メロディを。
行動的ロックンローラー、
好きな時に好きなことをして、
時々休みまた適当に歩き出していた。
それがいつの間にか、
誰かに何か求められて、誰にも甘えられない。
大切な言葉とエンジョイするパーティとは。
皇后陛下のような。
確実性のワンダーランド、
究極性のフューチャーアイランド、
鼓動が叩き続ける。
ワンダーランドがあるという。

このページのトップヘ