ライムキング

らいらいの日記

2018年04月

ロックンローラーなファンタジスタを、
意味不明にケセラセラと笑うカエルを。
けろけろけろっぴなんだね。
愉快がフルメタルなんだね。
理解している興味が、また卓越していく。
努力がミステリーを走らせているなら、
空間すらサプライズにさせていく努力家に、
忌々しいメッセージにすら裏側を天才的に
息させるしかないってことは。
リズムが栄光、大切さが共鳴、
ロックンロールが、究極になっていくから。
レベルアップなフィンガーアイランドは、
空中に浮いている歴史を耕すように。
まるでそれを愛おしむように、
まるでそれを祝福するかのように。
リズミカルに歌い出すから、
僕も負けちゃいられないんだ。
本当の本懐を、
とんでもないメッセージを、
それでも受け継いで、
それを手に入れる為に表現し続けるというなら。
価値はブルースであり、
共鳴するのはいたちごっこだろう?
ファンタジーアースがメロディックラインを
コントロールしてくれるなら。
ファンタジアが、影響力とヒップホップとして、
映し出された興味に、卓越したリンゴを乗り上げるんだよ。
それがフジファブリックであり、
荒唐無稽な伝説の餌食になるべき
存在なんだ。
価値がユートピアなのかい?
それを愛おしむ声が声高に、
メッセンジャーがイデオロギーになっていくならば、
ロックンローラーがイメージすら卓越してくれるなら。
半端ないリアルや小説に、
リミットジェットコースターアタックを、
ロマンチストとして、意味として受け継がせるなら。
空間的ミュージックも虚ろな展開になっていくでしょう?
その後の物語がひどくつまらないものになってしまう前に、
歴史的ミュージックはコンタクトを取りましょう。
そっちの方が楽しいだろう?
コミュニケーションはバトルじゃねえんだ。
半端ないリアルが、それを可能にさせてんだ。
リズムがチェケラッチョなファイターになれていないのかい?
リズミカルに歌い出すなら、ハーモニー的伝説すら、
後ろ側に、壊滅的被害の起こらない方向に、
リズミカルに飛び出していけるはずだよ。
リミットが歌い出し、ハーモニーが笑い出すなら、
空間すら赤裸々に、行動した果てにあるアンチテーゼに、
理解の協力姿勢、器の放つ大好きなフレンズすらも、
形を変えてミュージックにさせられてしまうだろう。
ハーモニー的伝説で、スクラッチしてくんだ。
人間が睡眠に8時間もの時間を費やす理由が分かるかい?
そこまで眠らないと疲れって奴は取れないのかね。
ロックンロールなファイターが、
メッセージに越えていかせる為に。
レベリングに共鳴していく、
サイファー動画を見ていくように。
リズミカルな行動、サスペンスのミュージック、
いたちごっこなファンタジスタなら、
栄光とサスペンス、メロディックライン、
どっちでもいいんだ。ロックンロールなんだ。
あらゆる選択肢を知った上で問いかけてんだ。
リズムがスクラッチな興味すら示してくれてんだ。
それは何よりだよ。素敵なことを教えてくれてありがとう。
なあ、興味は卓越していくのかな。
レベルアップなフィンガーアイランドは、
ミュージックすら快適に、
乗り上げてくれるのかなあ。
リミットなジェットコースターアタックだからこそ、
サイバーエージェントな未来だからこそ。
究極的メッセージで、
器をはかっているような。
興味が共鳴しているような。
ハーモニーが伝説的に繰り返されるなら、
興味とミュージック、雷にファイヤーにさせるごとく、
リズムでサスペンスを行動させたいのさ。
天才の意味を教えてやろうか。
リズムはチェケラッチョに歌い出すファイヤーマシンガンだ。
大切にしたいこだわりがお分かりか?
いわゆるマイクおさわりだ。
サスペンスな行動の美学、
メッセージが追随する意味のなさ。
ファイヤーのスクラッチ、
サスペンスのミュージックを彩る価値にすら、
色々な物が見えてくる。
ハローシャイニングブルーだ。
退屈な世界を彩るように、
感動を連れてくるように。
融通を利かせるのは簡単な作業さ。
リズミカルに歌い出すハーモニーが、追憶の彼方から
追及してくれるんだ。
リピーターがブーストするから、
意味不明な価値観をミュージックにしてんだ。
リピートされる歌声のハナから、
理解しているドリーマー、
ミュージックのイデオロギーすら、
突っ走るほどに。
栄光を、見果てぬ夢を、
繰り返すように。
本当の悲しみを知っているか?
泣き上戸になっているリアリティ、
それは生み出すことの愚かさすら伝えてくれるよ。
何でもあると思ってこの世界を見たんだろう?
興味がなくなるならば、
何のための世界なんだい?
リズミカルな行動の美学が、
また更に光りだすなら。
空間としてのイデオロギーすら、
未来の価値に変わっていくなら。
永遠を放棄した君たちに、
ファンタジスタは守り続ける理解の歴史に。
ミュージックなファイヤーが受け継がれるだろう。
半端ないリアルが共鳴している。
ところで、大切なことはなんなんだい?
ロックンロールスターが、
ファンタジスタになるその前に。
リピーターはブーストしていくだろう?
ハーモニーは過去へと墜落していくのさ。
ミラクルヒーローで、伝説を追随させたんだ。
意味なんてなくても結構マジなのさ。
苛まれている過去がファンタジスタなら、
それすら超越していく未来が見えるんだ。
素敵なファンタジスタなアースに、
夢中になっている彩りが垣間見えるように。
半端ないリアルや小説に、
リピートするメッセージすら追憶の果てに、
目指しだしたい。
リズミカルな行動とロストプラネット。
さあ、気づいただろう?
必要な行動が。
ある程度不安にならなくちゃ、
僕は楽しめないのさ。
レベルアップな行動の美学か。
もっともっと満たされたい。
飛び掛かる栄光をミステリーで、共鳴させたい。
リズムが追憶の彼方に今を見るなら、
彼方に光る次元に大切さを置き忘れるなら。
理解の共鳴、サスペンスな行動、
それすら卓越していくメッセージに、
クォリティすら異次元になってしまいたい。
レベルアップなフィンガーアイランドだ。
大切なものを見つける為に踊りだすんだ。
究極は意味をなくして答えるだろうか。
ファンタジスタな嫌いなミュージックは、
カテゴライズの果てに何を求めるだろう。
空間的電磁波に、言葉がミュージックにさせられるなら。
脳すら愉快にさせてしまう。
言葉のミュージックが流浪に、
生きている人間に作用してしまうなら。
活動と興味、炸裂するユートピアに。
白熱の電球が、ロックンロールを見出している。
全てが消え去ったと思っても、
リミットがリミックスだったとしても。
リピートするミュージック、イデオロギーで戦っていたとしても。
リズミカルな行動の美学、
走り出すように。呆れだすように。
今日、共鳴するいたちごっこは、
ファイター、サクセスのフルメタルになるほどに。
興味としてのサクセスストーリーは、
追及を笑い出すように。
世界観に魅力的な天才を呼び寄せるようにして。
空間的サプライズは、意味を越えていくから。
レベルアップなフィールドが、空間的ミュージックを
愛おしく思ってしまうから。
レベルアップなコンフュージョン、
大切な言葉とことわりから、
生み出されるケセラセラなワンダーランドを見つめるなら。
トークバイトークしていくメッセンジャーの形すらも。
エイトビートな栄光からすらも、
愛おしさと突き抜ける形で、
何度も何度も君の名前を呼ぶ。
無言の返事が心に刺さった。
リズミカルに歌い出す、ハーモニーが追及する。
大切さがイデオロギーになってるなら、
突っ走る為の勢いを求めているなら。
歴史的ミュージックを偽るように、
展開は求めるものを吐き出すように。
究極的は次の時代を彩るかのように。
とんだ文明の退化だと、どんだけあざ笑われようとも、
確実に、大丈夫な心と体がある。
もうびくともしないんだ。
究極的なラフランスが、
イメージした途端に
メロディを失ってしまう個体ならば。
メッセンジャーなクォリティ、異次元の残念さ。
孤独と孤島にメッセージを費えるなら。
形をサキュバスにして、
ライフタイムをサーキュレーションにしてしまう。
ルックスライクでイメージを突き抜けるなら。
ファンタジスタなトゥモローすら会いにきてくれるだろうから。
ハーモニーは追及していくように、
歴史を荒唐無稽にしていくように、
ダンスウィザードは価値をときめき始める。
ロックンローラーがイメージとしてぶっ飛ばされるがごとく。
意味不明な価値観の最中においても、
まだまだ解き放つ闇があるのであれば。
確実性が天才的になっているのかい?
メロディはサクセスの為に移ろいゆく季節を歩いているんだよ。
感動的なメッセージが追及されているんだね。
その狭間に揺れているビートを盛り上げたいんだよ。
覆す魅力がファンタジアを天才的に彩ったんだね。
理解することもできないなら、
到底見え始める世界なんてのは、
大切に嫌われ出す現実ってのは。
理解が着実に追いついてる、
どっちを見ても同じ話しなら。
クォリティだって歪になっちゃうだろってな話さ。
そういうお話だ。
魂がレクイエムを歌い出すなら、
半端なリアルがまだ愛おしさにもがくなら、
クォリティで異次元突破していくしか先はないようで。
リズミカルな行動に、ロストチルドレン。
ハイテンションな生きがいと、メッセージに
クォリティは沸き続ける。
リミットと歌声はサクセスの意味を越えていくように。
クォリティを異次元に突破させるのであれば、
確実性すら愛おしくなっていくだろう?
それをファンタジスタが求めだしたんだ、
空間すらサプライズになっていくはずさ。
リミット、歌い出すハーモニーがただ愛おしかった。
リズミカルな行動に、乗せられてもそれでも、
生きている価値を問いかけてくれているようで。
半端ないリズムが光景を馬鹿にするなら、
それでも半端なさでいたちごっこを共鳴させるなら、
太鼓判押しても意味がない、
価値をユートピアで探すしか能がない?
ファンタジアはミュージックを移ろわせるしか
意味がなかったとしても。
窮屈な未来に天才がやってこなかったとしても。
堂々としていればいいんだ。
究極的な最果てに、メッセージ、歴史、大切な言葉、
クォリティとの異次元、メッセージにするまでに。
影響力として突破させる為に。
行動的ビジネスならば、
虚ろになっていく展開になっているんだ。
半端ないリズムがトークバイトークしていくなら、
ミュージックすら移ろいで行くんだ。
簡単じゃないのさ、このカンタービレはね。
クァンタムコンピュータが、
歴史を追随させるんだ、超越してくれるんだ。
リアルと、それを超越するメロディに。
大胆不敵に行動させるなら、それもずりー。
太鼓判押してるまいこはんじゃないんだ。
舞子はんは歴史を旅立たせる。
ロックンロールなファイティングが、
イマジネーションを昏倒させているんだ。
リアルなフューチャーナイスに、
ことごとく意味を消され始めたら、
空間的サバイブにすら、
価値はなくなってしまうんだね。
ほらあなたにとって、大事な人ほど。
ミラクルエージェント。サイバーサイコキネシス。
大切にしているだけだ。
ミュージックを呼称しているだけだ。
半端ないリアルや小説、
リアリティは追及していくだろうか。
ハーモニーの果てに、嫌いになるほどの
ミュージックが歪に存在しているなら。
空間的サプライズで、意味を越えてみたい。
リミットがリピートしているのであれば。
行動のロックンロール・ハニーにエイトビートを託すなら、
活動期間中のサバイバルにすら、
メッセージを声高に主張したくなるもんだ。
理解がファンタジーを越えてきているなら、
ミュージックすら虚ろに、
展開上は何も分からないように、
でも心底嬉しそうに。
卓越するミュージックすら、
歪な世界観を求めるなら。
強みをワンダフォーにしていく。
ドラマチックなファンタジスタは、
栄光を笑い飛ばすように。
大切な言葉とクォリティであり、
ミュージックがイデオロギーを発射するなら、
活動の興味すら、虚ろになっていく展開にすら。
栄光のユーロビートは悲しみを携えているから。
リピートされるブーストは、運命を形どっている。
リズミカルな行動の果て、メッセージの追憶の果てで、
悲しい悲しい夢を見た。
大好きなトゥモロー、もう会いに来てくれないかもしれない。
リピーターと、意味が行方不明になってしまう
形すら乗り越えて。
リズミカルな行動は、サクセスのストーリーすら移ろいゆくように。
ハーモニーは伝説的に、
それなのに心底嬉しそうに。
興味がミュージックならば、
移ろいゆく陽炎さえ、天才にさせられてしまっただろう。
ロックンローラーなファイターが、
向こう側でまだ忌々しいと思っているなら。
いいよもう、その全てを僕に任せてよ。
レベルアップなフィンガーアイランドを、
満たすかのごとく、
意味を声高らかに宣言してよ。
リミットは笑い出すんだろう?
空間の為に、メッセージの為に、
何かを犠牲にしたいのか?
リズムは白熱して超越していくのさ。
レベルアップに欠かせないメロディも増えていくんだ。
リミットと、ジェットコースターが歌い上げるなら。
半端ないリアリティがそれでも妄想していくなら。
空虚なリズム、特にやばいと思うくらいに、
理解がサスペンス、
まだ足りない、夢が目覚める空間で。
理想は共鳴しているはずなのに、
なぜこんな悲しい嘆きの声をあげるんだい?
リピートするブーストは、
共鳴するいたちごっこすら未来になさせるままで。
大切な言葉を、エンジョイさせたら全てが閉じ込められそうで。
眩しすぎる光だけじゃ、僕は救われなかったろう。
ルックスライクな展開ごっこに、イメージをサイエンス。
大切な言葉をクォリティで演じた。
色んな方向性、漂ってる高校生と光合成、
創造性で生み出す価値がある。
ファンタジアがメッセージを呼びかけるなら、
ダンスするアンチフィールドにすら、
価値は灯されると思うんだよ。
理解が統率するジャパニーズなら、
展開と共に彩る、空間をサイコキネシスにしてみたいもんだ。
ループするのは誰かの地上絵、
まさぐるように探し始めた。
空間はリピートするように、
興味はリサイズしてしまうかのように。
リズムは追及する果てでも描いていったから、
僕はもう死ぬほど自由なんだよ。
ロックが歌い出す。ハニーが笑い出す。
空間を越えていけ。普通の人間から離れた場所にいる
この意味を、大切な言葉を。
ストーリーを、希望を炸裂するイメージを。
開拓して快諾して欲しい。
歳月は解決するまでに何を望む?
空間に立っていることを痛感。
スーダンの戦いを、争いを、
ファンタジスタで彩るように。
着替えるように、ファンタジスタはもがいていく。
だったら今すぐやっつけないと。
大切な言葉をミュージックにしていった、
でもそれってなんなのかな。
フットボールのような悲しさで、
彩られた空間はその果てに何を望む?
理解する歴史は、突破するファンタジスタの前で、
一体何を願う?
価値は行方不明になるほどに、
素敵だった。輝いていた。
それはとてもそれはとても
素晴らしかったから。
栄光のユーロビートを持ち上げているような。
理想が追随する未来に会いに来てくれているような。
リズムが最果てを目指しているような。
世界中が永遠の為に笑ってくれているような。
努力の果ての勝利、
痛々しい出来事に追随する未来。
嫌いになれない展開力。
倦怠期を越えて、
リズムを越えて。
それでもデリカシーがないなんて、
どの口が言えるんだろう。
ファクトリーはエンジョイするために、
それでも希望はおり戻しだすように。
サバイバルな価値観は、
全てを求めだしてキリがないな。
素敵にコンテンツを彩るなら、
空間すらイメージにしていくべきだ。
苛まれている価値と意味がビューティフォーならば、
確実性すら踊り食っている全てのフェイバリットは、
本能に基づくものだろうか。
それとも、知性にゆだねられた爆笑だろうか。
ハーモニー的な伝説で、スクラッチしていく。
全てが理想ならば、ファンタジアすらも永遠になりそうだし、
興味が卓越するルーキーならば、
嫌いになることすら果てしないことのように思える。
確実にカツレツが食べたいなら、
ハツラツとしたいなら、核爆発から身を守りたいなら。
謙虚に生きるしかねえ。
天気予報をかいつまむしかねえ。
リピートメッセージに、
クォリティすら歪になっている。
ドリーマーに蛍光灯が光る傾向があるなら、
ラビリンスは退屈な世界をエンジョイしていくべきだろう。
ハーモニーが追憶の陰に隠れているから、
ドラえもんは素敵になっていくんだ。
願いを叶えたい?
その果てにどんな未来があるんだい?
君の欲求なんてちっぽけなものなのかい?
でもなんだろう。
欲は限りないらしい。
心は限りないらしい。
でもね。僕は思うのです。
宇宙に限界、心に限界があるとしたら、
どれほど悲しいことだろうってね。
イメージは突っ走るように、
悲しみを携える。価値を越えて、
それでも取り戻してくれるなら。
ロックンロールがファイターならば、
希望する興味を僕とするなら。
価値観よりも、意味よりも、もっと深い場所に君はいたのかな。
ロマンチックなファンタジスタが、いつでも僕を愚弄するように。
だってさ、興味のないはからずとも遠からず。
怒涛のリズムは笑わせるように。
記憶がファンタジスタに、蛍光灯をメッセージにするように。
リアルなフューチャークイーンが、
掛け替えのない素晴らしさで埋め尽くされるなら。
歴史的ファンタジー、素晴らしき生きがいを、メッセージを。
貫く世界にエンジョイパーティだ。
素敵なファンファンファンタジーに、
クォリティすら一途になりそうならば。
ファイティングモード、栄光がケセラセラだ。
サバイバルエージェントならば、
活動する意味すら越えて。
リズミカルにダンスする意味すら越えて、
旅立たせてくれるなら。
イメージが追憶の陰に、果てしなさの未来に。
卓越する未来と、ロックンロールなら。
ファンタジスタな未来が、
ロックンローラーな展開力が、
ミュージックを一途にされるなら。
空間的にはミュージックなのだろうな。
半端ないリアルがそこに存在するならば。
栄光のビューティフォー、
確実な世界に閉じ込められることを、
悲しむように。メロディはまるでさかさまに生きるように。
真っ逆さまになった様様だ!
大切になった神様、メッセンジャーはリアルに、
フューチャーラブなクイーン。
だがイエスが起こした奇跡は、
今は科学で引き起こせる。
では、それでもまだなぜイエスを讃え続けられるのか。
それは、彼の思想が素晴らしかったからだろう?
俺も奇跡って奴を起こしてみたいものだが、
別にどうでもいいやって気持ちも存在していて、
俺は十字架にはりつけにされるのは嫌だし、
でもケセラセラ、栄光は満ち溢れるから。
あらゆる魔法は存在すると僕は考える。
常識ではありえないことがいっぱい起こっている。
リズム、チェケラッチョなファイターに。
メッセンジャーにうろつかせる、
ドリーマーな栄光がチェケラッチョになっている。
合同訓練決行で、滅多にならないチャイムが鳴る時、
イメージ、大切な行動とロストチルドレン。
感覚がブルースを共鳴させていく。
より未来の運命を変えた奴が、褒美をもらえるのさ。
それは大したものじゃなくても、
レベルアップで僕は愛しいんだ。
ラブリーハートを求められるからね。
俺はサバイブしているんだ。
価値を追いかけているんだね。
究極性が笑い出すんだ。
ハーモニーはそれのみでは意味ないとすら
思えるんだよ。確実性、馬鹿みたいでしょ。
始まりの空間、サバイブする形はイメージを呪うように、
ファンタジスタはクォリティ。異次元突破する
ファンタジスタは、未来で守られるんだ。
意味ないことが密接に距離を取り始めるなら、
鼓動を僕とするなら。
空間的サバイブすら、メッセージにされてしまう興味に、
卓越するルーキーは歌い出す。
ハーモニーを携えて。
理解も尺度を越えれば、ゼロから始まるうそつき大会、
さあさみんなで共同作業、リアリティショータイムだ。
リアルよりもリアリティーだ。
ブルースが建築家だ。
どいつもこいつもガリガリの亡者だ。
ファンタスティックアイランドに、
道筋を祈っているなら。
価値観とブルースで、共鳴するワンタッチフィールドを
展開できるなら。空間さえ笑い出していくならば。
肩甲骨から大腿部、
メッセンジャーなリアリティ、
行動世界、階段を上るように、
ダンスをするように
道筋を豊かにさせていく。
ドリーマーは栄光すら携えて、
努力家の未来を守ろうとする。
白熱するダンス、理解を共鳴させているミュージックに、
イデオロギーはパッションを愉快にさせるように。
興味は卓越し、踊りだすように。
空間はサバイブしていくから、
メッセージすら極め続けていけるんだ。
理想は追随する未来を追いかける。
時代は僕らに問いかける。
サバイバルならば、ミュージックを愛しいと思うなら、
空洞のサスペンス、マジックミュージック、
彩りが発表会、理想を追随するなら、
メッセージすら形にならないだろう。
大切な解説と、
メッセージ、クォリティ異次元、
メッセージがクォリティになっていくのであれば、
ファンクション、行動のビジネス、
サクセスストーリーと、
追及していくアホらしさが解読をしようとしているぜ。
空虚なリミット、歌い出すハーモニーで、
伝説的スクラッチを描けるなら。
リピートするメッセージを取り戻せるなら。
空間的ミュージックは笑い出す。
価値観ビューティフォー、
差し出せる形を求めて。
リズム、階段を上るように。
空間はサスペンスを取り戻すように。
理解は悲しみを押し通すように。
隠れ蓑にしているハンターハンターが
理解できなくなったんなら、仕方ない。
リズムで共鳴するしかないのか。
似ているけれども違うのか。
リピーターはブーストされる興味に、
卓越していくミュージックに虚ろに切り替わっていく。
理想がチェンジする未来へと、
新しい展開が走り出していく。
共鳴しているのだろうか。
範疇にないのだろうか。
ラビリンス、行動の果て、
未来を卓越するミュージックの果てしなさ。
究極的リアリティ、
メッセンジャーを置いてけぼりにさせる運命すら、
意固地になっているルーキーすら、
果てしなくさせたのは誰だい?
生み出した声を高らかに宣言する意味はなんだい?
大切な言葉、メッセンジャーになっていく努力を。
追随していく未来に、卓越していく未来を、確実な世界戦にしたい。
ミュージカル、エイトビート、ロックンローラーな
ファンタジスタすら傾向にあるんだろう。
究極なファンタジスタ、栄光すら薙ぎ払って、
形を求めて、理解するのは、間違っている。
大切なことはなんだ。やりたいことはなんだ。
偽りの展開、ミステリーのコンテンツ、
理解するサスペンス。
合同訓練は決行される。
大切な解説力が、
未来を見通す破壊力が、
イメージを甲乙つけがたくしているなら。
努力するハニーとハーマイオニーならば、
対決姿勢すらラビリンスにしたままで。
影響力はヒップホップだから、
悲しいまでにワールドを生み出したいから。
影響力は飛び出す数知れず。
ロックンローラーなら価値を追いかける。
リピートするメッセージ、
快諾する根拠、
リアルなフューチャー、ドリーマーになるなら。
カテゴライズした意味が今越えていくなら。
ファンタジスタな傾向、テキーラ、
ロックンローラー、ファンタジスタ、栄光を求めているから。
リズム、追及する果てにあるものは。
最高なエレガントな、
素晴らしさを影響させるなら。
感覚的に管轄させるなら。
死ぬほど大丈夫。
大切な言葉とクォリティ、
異次元突破するファイター、
大切な言葉をミュージックにさせる。
リピーターはブーストする意味すら越えていく。
レベルアップにフィンガーアイランドを見つめなおすなら。
ロックンローラーなファイターならば、
偽りの謙虚さに、
リミットなジェットコースターアタックに、
ロマンチスト、影響力、
ヒップホップ、じゃあなぜかって問いかけた時に。
大切な言葉にエンジョイパーティするならば。
ファンタスティックなアイラブユー、
メッセージがクォリティ、
異次元突破するファンタジスタ、
歴史的ミュージック、ファイティングスカイハイ。
エンジョイパーティが面白いことになってる。
影響力とヒップホップ、エンジョイパーティ、
ロックンローラー、イメージ、
ファンタジスタなテイクオフが、
メッセンジャーを伝えだすならば。
ファンキーなもんちっちに、
影響力をヒップホップ、エージェント。
大切な言葉がサバイバル。
意味不明な理解者、堂々としているぜ。
今回だけは託すぜ。メッセージ、
ロックンローラーなティーンエイジャーが、
ミステリーワールドに差し出せる。
空間としてサスペンスにミュージック、
大切な言葉、うろつかせるなら。
空間的ミュージックでイデオロギーにする。
ロックンロールファンタジー、
ジェットコースターアタック、
ロマンチスト、ファイティングブラザーズ、
クォリティが異次元に突破されるなら。
ロックンローラーにティーンエイジャー、
悲しくさせるリズミカル、行動のロストプラネット。
活動影響力、ヒップホップで活動家。
太鼓判を押させる舞妓さん。
大切なクォリティと意味が交差する。
リミットならばジェットコースターアタックだから、
ロマンチストはファイティングなスカイハイをエンジョイできるんだ。
興味が卓越するなら、ワンダフォーアイランドだろうし、
興味が着実に世界観にさせるなら、
空間すら移ろいゆく天才的な意味なんだ。
ロックンローラーなファンタジスタ、
健康的に生きる共鳴に、
ワンダフォータイムが襲ってくるなら。
活動、世界観をミラクル、影響力、
ヒップホップで活動していく。
ドリーマー、栄光を近づけている。
サバイバルな価値観、ミュージックでイデオロギーだろう。
興味がサクセストゥモローで、
暴走していくリミットで、歌い出せるなら。
大切な言葉をエンジョイパーティにするなら、
活動する意味を越えていきたいかい?
レベルアップなフィンガーアイランドならば、
覆す意味すらないだろう。
興味が卓越するミュージック、
実際追いかけ始める。
リピーターがブーストしていくように、
サスペンスはいたちごっこを乗り越える為に。
理想的追求に、逆らうように。
興味とサスペンスは、未来すら追随するのかい?
リミットのジェットコースターアタック、
ロマンチストの騒ぎ出す夜に、
世界観を変えるほどに。
影響力なクォリティを密接に耕すように。
ハーモニーが伝説的、クラッシュ、歴史、
ロックンロール、ファンタジスタ、
栄光とサスペンス、未来と着実に世界観に、
栄光と止まらないサバイバルを続けるならば、
活動家、未来と卓越するファンタジスタ。
興味が卓越するファンタジスタ。
栄光とチェケラッチョ、
協力してもらえばいいんだよ。
歴史的、統率力、
愛してくれますか。
エイトビートにチェケラッチョしてくれますか?
ロックンローラーはファンタジスタ、
逆に大切な行動、ロックンローラー、
価値観はブルースであり、興味がサクセスするべきだ。
ハーモニーが追随する宇宙に、伝説的クラッカーを見せてあげる為に。
空間的サプライザー、テイクオフ。
リピートするメッセンジャーが、クォリティすら異次元にしてしまうなら。
展開力がサバイバーにしている。
ドリーマーとの栄光を、兼ね合いを、
ダンスをミュージックにするなら。
活動すら永遠にさせていくのかい?
レベルアップなフィンガーアイランドすら、
マジックミュージックに変わってしまう。
レベルアップなフィンガーアイランド、
活動家の意味すら越えたいなら。
サスペンスは笑い出す。空間は炸裂ミュージック。
ファイティング世界観、理想が高い。
リズムがトーク力を発揮するなら、
鼓動を僕とするなら、
でも俺は楽しいんだよ。本当にね。
素晴らしい空間がワンダーランドだから、
満ち溢れる展開をメッセージにしたい。
ロックンロールは物凄い影響力で、
ヒップホップの方法をミュージックにしていく。
ドリーマーは栄光を保っている。
大切な言葉、エンジョイパーティ、
大切なミステリー、ロックンローラーなファンタジスタ、
栄光とミステリーワールド、
大切なこだわりがミステリーなんだ。
ワンダーランドに、世界観を越えていきたい。
その矛盾を突くのが、
世界観ならば。エイトビートならば。
ファイヤーサイン、ださいん?
ウサインボルトです。
結局認め合わなくちゃ、
歴史は作れない。ファーストディフェンスは守れない。
ロックンローラーはティーンエイジャー。
大切な言葉でエンジョイパーティ。
果敢に食らいつける。
ダンスホールでワンダーランドをミステリーにするなら、
究極的メッセージで、
クォリティで異次元突破すればいい。
ファイナルファンタジー、ジェットコースターアタックだ。
ロマンチストがファイナルリアリティならば、
覆す魅力すら大切に思っているんだろう?
空中庭園、ブルースで興味をサクセスさせる。
空洞な理解者に、メッセージを
置いてけぼりにさせるように。
空間はサクセスの為のトゥモロー。
想像と暴走する為に、
クォリティを異次元に突破するファンタジスタ、
栄光、ミュージック、大切な言葉。
エンジョイパーティ、ロックンローラー、
生み出した価値観が、未来が、現実を大切にしていく。
大切な言葉で、エンジョイパーティになってるなら、
空間がサバイブしているドリーマーだろう。
謙虚に生きている、ドリーマーならば、サクセスのストーリーすら
階段を駆け上るように、歴史を追随していく。
ドラマチックなワンダフォーアイランド、
過去を悔いることをやめたのか?
侵略の歴史を忘れたのか?
努力家だから、
栄光を認めているんだ。
発表会に理想が追随させるから、
ドリーマーなんだ。究極なんだよ。
歯ぎしりの起きる世界なんだ。
それでも公共物に、サクセスするストーリー、
大切な言葉、エンジョイパーティ、
ロックンローラーなファンタジスタ、
抑止力ってなんだ。
ワンダーランドに世界観をあてがうなら、
興味すらなくなる怒りで、
ファンタジスタは未来を追憶の彼方へと消えさせていく。
ドリーマー、栄光をサスペンス、
ミュージックファイヤー。
サクセスストーリー、追及するなら理想だ。
半端ない歴史的、ファンタジスタを
栄光にしていくなら。
活動は謙虚に意味するなら、
大切な言葉とエンジョイパーティ、
ロックンローラー、ファイティングスカイハイ、
ロマンロックファンタジーならば、
うつぶせに分からせるように、
色んな勢力、色んな考え方があって初めて
っつーのもあるだろ?
謙虚に生きていく悲鳴が、レセプションを求めるなら。
空間的サバイブに、意味を込めるなら。
ファンタジーですら起床してくれると思うんだよ。
歴史とミュージック、勢いでばっかり、
ファンタジスタな蛍光灯、ロックンローラー、
イメージでチャンス、メッセージ、快諾している。
ドリーマーと栄光を求めてる。
サスペンスは行動の美学になっていく。
ハーモニーが伝説急に彩られるなら、
世界観は魅力的なミュージック、
サバイバルな価値観、それこそ本末転倒だ。
理解する歴史が、生み出される意味を考えるなら。
それでも価値観を、それでもミュージックを
彩る為に、色んな考えを働かせなくてはいけないなら。
ハイパーパワーでエンドレスならば、
倦怠期、立派な理解者、
行動サクセストゥモロー。
ロックンローラーなナイトビジネスなら、
空洞に世界観が魅力的に映るように
しでかさないとだめだろう?
究極的ファンタジスタが、
声高らかに宣言する。
リミットを通告する?
リベラルカードを痛々しいほどに、
大きく未来が動いていやがるのが分かる。
奴らは慌てふためいてる。
度肝抜きそうだ、
ファンタジージェットコースターな
アースジェットなら、
活動家の運命。
流れを支配してしまったリミットに、
歌い出すハニーはぐらつきだす。
歴史的ミュージックがイッツラブになっているから、
クレイジーな興味すら卓越してしまうのさ。
レベルアップにフィンガーアイランドになったとしても、
少数対多数ってのは面白いもんだ。
ちょwリミット考えろ。
歴史的ファンタジーすら掛け声にするつもりかい?
レベルアップなフィンガーアイランドを手に入れてるつもりかい?
レベルアップな暴走力で、
歴史的ファンタジーをうろつかせるなら。
空気読むのも大概にしろ?
ファンキーな奴がなんちゃっちゃだぜ。
素敵なフォトグラフィー、絶望の運命にも、
対抗してブギウギになってしまう。
価値観はユートピアになって
ほぐされ続けてしまう。
リミットが歌い出すなら、
ハーモニーとしての追及さえ、
流浪に生きていく他に選択肢はなくなるんだ。
究極的メッセージが移ろいゆくならば、
興味と卓越しているドリーマー、
栄光とチェケラッチョ、
歌い出したのなら、フィーバーだ。
卓越する論争を、巻き込んでいく。
ラブリーなハートがチェンジされていく。
ドリーマーと共に栄光をサクセスの扉で開くなら。
興味が卓越するワンダフォーすら、
影響力として、ヒップホップとして
逆らい続けることが可能だろうよ。
意味不明ながら、俺の持ってる思想に、
展開力を発揮したならば、
クォリティでダンスするメッセージになっていく。
ドリーマーな栄光を運ぶなら、
ファンタジーアイランドで甘い理想を
追及しているドリーマー、
影響力、ヒップホップでコミカルに、
歌い出すハーモニーがレスポンスを旅立たせるなら。
空間的コミカルにも、その意図にも気づきながら。
ロックンローラー、ファンタジスタに希望を卓越する。
ミュージックはイデオロギーに伝えていく。
ロマンチストがファイヤー、歴史的ミュージックに虚ろにさせていく。
ドリーマーな栄光力、突破するファンタジスタがいる。
興味が卓越するワンダフォーには、
希望がミュージックにサスペンスを行動させるだろう。
興味で卓越するルーキーならば、
活動家が世界を、影響力、ヒップホップなんだ。
価値観が、ミュージシャンなんだ。
理解が共鳴しているワンダフォーライフ、
メッセンジャーな価値が追いかけてくるんだ。
リピートミュージックに内側が大反対するなら。
覆す理解、ドラマチックなワンダフォーライフになっているんだ。
ドラマチックなワンダフォーアイランドが、
夢中になって、リズムになって、最果てになったとしたら。
過去の歴史が証明しとる。
共鳴するファンタジスタに、批判ごうごう。
大切な言葉とクォリティならば、
メッセンジャーになればなるほどに。
最高がサイコキネシスになればなるほどに、
面白いトークバックになっていくんだ。
ハーモニーが伝説的にスクラッチしていく、
ドリーマーと栄光を見つめるワンダーランドにしてくれるんだろう?
ハーモニーと伝説として、スクラッチしてくれる興味ならば、
ファンタジーアースを旅立たせる空間にしかめっ面するはずだから。
リミットならばジェットコースターアタックすればいいんだよ。
始まりの世界から、炎上するならトゥモローを歴史的に
するしか共鳴する運命は戦えないだろう。
ロックンロールファイターが、
うつぶせになっている興味すらメッセージにしまくる。
世界中が武力を持たなかったら。
リズミカルな行動、それでも退屈さに素晴らしさを
呈するから。影響力はヒップホップでコミュニティを
抱きしめるから。空間はアイラブユーだから。
影響力とヒップホップで、コミュニティを作り出す。
半端じゃないイデオロギーは、ミュージックで内側から
破壊するメロディになっていく。
ロックンローラーなファンタジーに、
記憶的産業がうろつくならば。
希望と卓越するミュージシャンには、
謙虚さがファンタジスタで栄光を彩っているんだ。
興味が炸裂するバンパイアならば、
素敵なサバイバー、影響力になっている。
努力家ならば素晴らしいのに、
展開力がフィーバーしている。
炎上している、ドリーマーな影響力、
ドリーマーな傾向が、サスペンスを呼び寄せるなら。
展開的にフォトグラフィー。
価値観のアンチテーゼに魅力を破壊するように。
活動するテイクオフならば、
活動の興味をサクセスする為に。
覆すリミットに、影響力と
ヒップホップで、コミカルに歌い上げる。
現実問題、マジラッキーにファイティング姿勢が行動に
現れているからこそ、ドリーマーな謙虚さを認めたくなる。
リズムが恐悦至極になっているんだ。
ロックンローラー、ファンタジスタ、栄光がチェケラッチョに、
ファンタジスタな未来を、卓越させるミュージック、
愛おしさで勝ちたいよ。
リズミカルに歌い出したなら、サクセスの為のトゥモローにだって
なりそうだろ?興味がサクセスロードなら、
追及する意味すら越えていけるはずさ。
リミックスが上限なら、いたちごっこな未来はワンダーランドに。
興味、サクセスストーリーが追及した
ファンタジスタに、未来が嫌いになるくらいなら。
メッセージを残すべきなんだ。
半端ないイデオロギー、
追及していく果てしなさ。
究極的にメッセンジャー、
価値を追いかけるなら、ファンタジスタは
素晴らしい抵抗力すら、奪っていくのかい?
リミットなジェットコースターすら、
裏側になっていくのかい?
リズミカルなファンタジスタ、
栄光すら見守る形で。
ファンタジアはジェットコースターアタックだから、
ロマンチストとファンタジスタに栄光を求めるようであり、
謙虚な意見として受け入れる価値があるんだろう?
始まりの世界観が異常に存在するなら、
覆す意味を越えていきたいんだろうな。
サプライズする意味がテイクオフなら、
それでも肩甲骨にワンダーランドならば、
空中に浮いている展開すら、
素晴らしい健康上の理由になってしまいそうじゃないか。
リミットが歌い出すなら、
ハーモニーはクォリティで伝説的に
クレイジーに踊り始めるべきだ。
素晴らしいトーク力は生み出す価値観を、
メッセンジャーを置いてけぼりにさせていく
リズムすら強調する、
リアルタイムにしていった方が面白いと思うけどね。
リアルにフューチャーがクイーンならば、
素敵なファンタジスタすら未来になってしまうんだ。
世界観を変えていく、リミックスが伝えるのであれば。
ファンクション、行動の美学すら移ろいゆくイメージに
なってしまう。隣人がミックスジュースだ。
大切な言葉が、クォリティが、
ファクションでフィクション、ファンタジアになるなら。
究極的メッセージでイデオロギーを伝えている。
ドラマチックな栄光なんだ。
伝えておきたい、擁護ができなくなる。
ファンタジーを移ろわせるなら、
空間的サプライズにすら手を出すべきなんだよ。
始まりのストーリーすら、謙虚になってしまうならね。
ダンスホールでワンダーランドを踊りだす興味のように、
急速に移り変わる超展開。
リズムはあっちこっちで、右がついでに左になっちまって、
空虚な伝説、オレンジは絞られ、
君たちはレモンになってしまう。
ファンタジックは栄光を飛ばし、
価値観とブルースで共鳴している、
大真面目な議論をしている僕らが馬鹿らしくなるほどに。
栄光と、潰されるイメージをテイクスフューチャーしている
ラブリーに謙虚にファンタジックエアラインにしているのであれば、
価値すら灯される現実が未来にあるだろう?
空虚な伝説、ステゴザウルス?
ファンタジージェットコースターなら、
アナライズされた意味さえ越えていきそうだ。
レベルアップするフュージョンに、
超ラッキーなファンタジーが移ろいゆくんだ。
天才的メロディが、翻して価値として生き残るんだね。
理解が共鳴してくれているなら、
レベルアップすらフィンガーアイランドにさせられてしまうんだね。

ロックンロールがファンタジーならば、
鼓動を僕とするなら、
世界観の彩りはまた増していくと感じられないか?
レベルアップなフィンガーアイランドが
それを求めだしているならね。
空間が劣悪なのだろうか。
それゆえに、困っているのだろうか。
空虚な伝説すら、全てが間違っていると定義づけるなら。
幅を利かせるなら、素敵なフィンガーアイランドだ。
ミュージックとイッツラブで、
コミュニケーションができるから。
ラブリーなハートはいたちごっこを乗り越えられるはずだから。
究極的メッセージがいなくなろうと、
基盤は作ってあげられるから。
俺達大人がしっかりしてないと、
子どもたちに未来を託せというのか。
未来が着実な天気予報なら、
クォリティが異次元であり突破するしかない
レベルをフュージョンで駆け抜けるなら、
レベルアップなフィンガーアイランドは、
越えていけるのだろうか。
ハーモニーは追及してくれるのだろうか。
理解と歴史、ただ一つ言えることは半端ないってこと。
ある程度ミステリーを逆らわせているから、
意味不明でも価値を追いかけることが可能なのだろう?
その中で、色んな世界を見ている。
ドリーマーな世界観を見違えるように、
空間的サプライズを乗り越えるように、
羽ばたくように、まるで奇跡のように。
歴史的、鋭い解釈。
感覚的ブルースすら、整っているリアルファイトが
サバイバーなエンジンを卓越させている。
ドラマチックなワンダーランドは、
ミステリーをまるで生み出すかのように。
羽ばたいた世界観は、
永久を、栄光を、
携えるようにして。
リズミカルな価値観が追いかけるなら、
それにすら本懐の価値を照らし出すしかないんだ。
それを求めているなら、歴史的ミュージックにすら、
イッツラブなコミュニティにすら、
後ろ側で天才的に努力していくしかないんだ。
ため込んだ未来、卓越したケセラセラ、
ワンダーフューチャーが意味不明になる限り、
ファンタジスタは越えていく未来を卓越していくんだ。
メッセンジャーが大胆不敵になるなら、
代わりばんこにメッセージを共鳴させたいのかい?
リズムがアップグレードなら。
価値を追いかけたいんだ。
リピートするメッセージが歪なら、
その展開の力すら堂々と誇りたいんだ。
歴史がミュージックすら彩ってくれる。
ハイパーパワーでエンドレスを求めてくれるから。
リピートするケセラセラは、
ワンダーフューチャーすら、
未来を託すこの祈りすら、
なきものにしてしまうのだろうか。
ファンタジックがフジファブリックなら、
ロストチルドレン、
何かを失った光景。
リズムは共栄していく。
ラブリーなチェンジに、本当を意味合いを、
繰り返させるように。
言葉は歴史を紡いでいく。
リピートモンスターを覆すように。
リピートするメッセージが嘘すら卓越してしまうなら。
価値観はミュージックであり、その力は
認められる。
感覚的ブルースで、共鳴するような話だ。
長い、長い夢を見ていたのかもしれない。
絶望を越えて、君たちを愛せるか?
本当に君を守れるか?
大好き、ケセラセラ、
でも伝えたい。レベルアップなフィンガーアイランド。
大切な言葉がエンジョイしているなら、
価値観とのブルースの兼ね合いすら、
深い心は満たしてくれるだろう。
リピーターとの埋め合わせが展開力ならば、
ファンタジスタな光景を、
ダンスしていくミュージックのように。
それはハーモニーを伝えだすように。
感覚を傀儡にしていくから、
努力は歴史なんだ。
リピートするメッセージが、
今すら超越してくれるなら。
半端ないリアルや小説に、
リピートするムードを付け加えられない僕の弱さか?
リズミカルに歌い出したハーモニーは、追憶の陰に隠れるだろうか。
歴史的ミュージックを彩りたいなら好きにすればいい。
リピートはそれだけで窮屈なメッセージだから。
それらを埋め合わせして初めて、
記録的記録員に出会うことすら許されるかもしれない。
毒々しい音色で全てを運ばないで。
現実を見つめるのは誰だろうね。
その距離に、退屈性に、
リズムを卓越するということは。
リズミカル、自由を強く願ったら、
自由であることを知った。
大切な言葉がエンジョイしているんだね。
インファクションならば、
希望と共に卓越するメロディすら後ろ側にあるはずだよ。
半端ないリアルや、
その興味に、卓越するミュージックに。
彩りを求めて、サスペンスを開拓しながら。
レベルアップにフィンガーアイランドを灯すなら。
空間的サバイブに、メッセンジャーすら追いかけることになる。
大切な言葉を失いたくない。
希望と卓越していたい。
ならば、謙虚な炎すらワンダーランドにするように、
究極的なメロディを卓越するように。
興味すらミュージックにさせていく。
ドラマチックなワンダーランドが、
興味すら失わさせられてしまうなら。
大切さがイデオロギーなら、
面白さがケセラセラであり、
ミュージックを更に彩っていくなら。
価値の上で紛糾していくなら、
カテゴライズされた意味さえ潰されてしまうかもな。
大切な言葉、でたらめ政治。
ロックンローラーはファイティングを求めるように。
空間はサプライズしていくだろう。
ドリーマーな栄光、伝えだすのはファンキーだろう?
サプライズな世界観を魅力にするなら、
活動と展開に、ミステリーを呼び寄せるなら。
ハイパーパワーとエンドレス、
倦怠期だからこその影響力。
ヒップホップで片付けられないからこそ
サバイバルな怒りと、さしずめなすし詰めと、
価値観はファイトしていく。
ドリーマーが栄光を呟くなら、
それも永遠を見る上で、価値観としてカテゴライズされる意味として、
努力した結果に辿り着く姿なら。
ハイパーパワーでエンドレスにすることすら、
認められるような気がしたから。
レベルアップなフィンガーアイランドならば、
確実性と彩り、
メッセージとイデオロギー、
ミュージックに虚ろにさせるなら。
展開力でサスペンスを求め続けるなら。
価値観とミュージック、イデオロギーとメッセージに、
開拓していく次の文化。
果てしなく広がるのは栄光のおもてなし。
ロックンローラー、ティーンエイジャー、
裏側でファイターをのしあげるなら、
鼓動を僕とするなら、
僕の胸の近くに君はいたのかな。
ロックが歌い出している。
半端ないリアルが小説を生み出している。
価値を追いかけるように、
疲れてしまうように。
それでも夢を見るし、目も覚める。
開拓する次の文化。
果てしなさにどうやって勝つんだ?
隣人ミックスな、ファイターは続く。
リピートするメッセージが歪になっていくように。
堂々と炸裂していくのだろう。
始まりはテクスチャー、
メッセンジャーな嫌われない価値を求めている。
リズムが抵抗している。
だからそのパワーは限られた人間にしか与えられなかった。
ロックンロールが歌い出すなら、
そのハーモニーが現実を追随させるなら、
空間的ブギウギも、
ファイティングなスカイハイですらも、
エドワード・ニューゲートの拳よりも、
素敵なファンタジスタで、エレガントを求めていく。
理解している距離を、サスペンスを。
行動的にサラブレッドにさせて、
ドリーマーは栄光を司るだろう。
ハーモニーが追及していくなら、
メッセンジャーは痛い程のクォリティに飲み込まれていく。
ラブリーなハートがいたちごっこを続けるんだ。
リピートするメッセージが、更なる超越を満たしたくて
駆けだす。半端ないリアルが連れてくる未来がある。
抵抗すらできないままで、永遠が笑い出すように。
空虚なレクイエム、
行動のロストプラネット、
確実性を疑ってしまうなら。
始まりの世界すら、一途な近未来すらも。
抵抗の影響力、ヒップホップで片付けたいんだ。
隣人がミックスされるミックスジュースなら、
ファイティングスカイハイすら延長線上にあったはずだよ。
それをリピートできないメッセージだけが、
クォリティを侮辱して歩き回るのさ。
抵抗が虚しくなってしまうのは、なぜだろうね。
隠れているリピートに、
メッセージは差し出せる。
チョコレートなホールドケーキをあてがうなら。
空虚な伝説が逆らい出すなら。
歴史的ミュージック、そのサスペンスの風すら知らないままに。
その勢いの、差し出せる方向に、
今を笑うように、
空虚な伝説を受け継ぐように。
ファイターになれたら、
それだけで生きていける気がしてしまうから。
エイトビートなスクラッチが、
それでも太鼓判を押していくなら。
ミュージックはイデオロギーになって、
ハッピーになった結果、何を求め始めるんだい?
究極的には笑い出すことができなかったとしても。
少しくらいの喜びは感じられるんだろう?
リピートするメッセージがそれを携えているんだ。
空間すらミュージックにしてしまえるはずだ。
リピート問題、リズムが追及してくれるから。
ロックンロールなロブスター、
永久が笑い出す。
大切な言葉とエンジョイパーティ、
ロックンローラーは素敵さを取り戻す、
世界観を越えていくように。
ルルーシュ、最果てのリズムを統括するように。
ワンダーランドは更に高鳴っていく。
リズムに酔いながら、
最果ての行動を指し示していく。
俺は本当に大好きなものがあって、
それを引き継ぐことすら新しくて、
ただひたすらに楽しくて、
それでも何かを追求しようとする、
その確証が欲しかったんだ。
リズミカルに歌い出したら、その果てに何があるのか知りたくなったんだ。
興味が炸裂するなら、ブーイングの嵐を共鳴させるならね。
展開力でメッセージを折りたかったのさ。
空間的サバイブ、メッセージで片付けられるならね。
大胆不敵な行動とその美学、
懐かしさに勝ちたい?どうぞ勝ってください。
じゃあハクナマタタはいまだに何を目指す?
価値観の行方不明の天才を目指すんじゃないかな。
リクライニングがメッセージを連れてくるなら、
半端ないその意識は何を統合するんだろう。
価値観を共有しているんだろうな。
半端ないリアルや小説に、
けたたましく鳴り響く天才たちが描く絵がある。
活動、世界観、未来を演じる為に必要なもの。
影響力と突破力で、
ファイナルアンサーを開拓していく、
リズムすら超越していく何かが目指すもの。
もっとでかい場所へ行きたい。
果てしなく、連れて行ってほしい。
リズム感が天才を呼び寄せるように、
空間はまるで歌い出すように、
ハーモニーを追憶の陰から、支えてくれる。
リピーターなメッセージは、まるでそれを疑うように。
ハプニングな正解を彩るように。
覆すリズムと光景を侮辱するなら、
価値すらFANTASTICにされてしまうかもしれない。
ファンタスティックは興味すら携えるよ。
理解の歴史に、行動の意味を定義付けたいからね。
リミックスならば、価値観すらブーイングの嵐にさせられてしまうんだ。
価値を追いかけるなら、そんなに素敵なことはないんだ。
じゃあ、憎たらしさを世間体を、
目指す世界観を、
行動のロックンロールを誰が守ってくれるんだい?
始まらせるはずの世界は、愛おしい魅力の中でいまだに、
何を見るんだい?
活動家な展開は、それでも言葉を求め続けるだろう?
ハローと答えた。リズムは最高だった。
夜風が待った。最高だった、
君が笑ったことも分かった。
大切な言葉とクォリティ、
異次元突破するならファクシミリ。
伝えたいリズムがあるからこそ、
エイトビートは望みだしたんだ。
究極的メッセージをあてがうなら、
空間的サプライズすら、
意味不明になってしまうかもしれない。
それでも主人公はとっても強かった。
リズムが拍車をかける、メッセージがある。
どうしても距離がはかれない、
そんな愉快さが存在するんだ。
開拓していく文化が次に何かを望むなら、
世界観は魅力としてアンチテーゼに光り続けるだろう。
満たしたことのない思い、
誰かになりたいという強い願い。
果てしなさにアンチテーゼに
ロックンローラー、誰かになってもなぜ孤独?
意味不明でも価値観を見出そう。
俺にも養護しきれないぞ。
誰が命令しているんだ。
感覚的、ミュージック、思考の放棄は許したくないね。
ファンクション、セッションプリーズ。
ハイテンションな一途さから、
全てを守りたいのだとすれば。
価値は追いかけることすら求めてくるんだ。
ファンタジスタな未来は嫌われないように。
サスペンスはミュージックを彩る為に。
空間的サプライズは、まるで。まるで。
理解を超越した場所にあなたがいるということすら、
価値観のユートピアで全てを埋め合わせするという現実すら。
価値を追いかけた、その意味すら分からない方向に。
リズミカルに歌い出すなら、その意味を知りたくなるのなら。
理解するファンタジック、興味すらサクセスのトゥモローを
栄光として携えている。
ドリーマーな栄光を追随するなら。
形を僕が求めるなら。
空虚なリアルと、こんぺいとう。
リアルなフューチャークイーンが、
望みだす永遠がそんなにすぐそばにあるなら。
正しさと共にエクスキューズミーするなら。
歴史が彩り、ハイテンションが息づく未来に、
携える価値すら意味不明だと認めてしまうなら。
歴史とファンタジー、埋め合わせをしている
レベルアップなフィールドではないんだ。
大切な言葉とストーリーが、
追及する果てにあるメッセージを彩ってくれるなら。
価値観としてのユートピアすら、
大切な必要な存在ですらも。
価値を追いかけるなら、
未来を卓越させていくなら、
僕はせめて光を誇ろう。
リズムを卓越する今を許そう。
ダンスが置いてけぼりになるような。
価値観をユートピアで展開させるような。
歴史と理解に、
越えていくイメージを追随していくんだ。
レベルアップにフィンガーアイランドなんだ。
覆す意味さえなくなってしまう。
レベルアップなフィンガーアイランドならば、
理解するための言葉、サクセスの為の必要回路?
メッセンジャーを目指すなら、
クォリティが異次元になっていくことすら
妥協の余地はあるだろう?
ハーモニーが天才的に生きるなら、
空間的サバイブすらも、
価値は行方不明にさせるはずさ。
それを見ている間に、
あらゆることは引き起こされるんだ。
リピートするミュージックが、
全てを彩る展開になるように。
侍のようなライマーで、道徳を未来にさせていく。
リピートメッセージが、偽りすら越えていくなら。
レベルアップする展開が、リズムが、
究極が旅立つならば。
リピーターがメッセージすら伝えに来てくれるのさ。
リピーターがブーストするイメージが近くにあるからね。
大好きな世界観で、メッセージを連れてくるなら。
半端ない世界に、イデオロギーすら伝わってくるんだ。
ハーモニーがサクセスの秘密を溶かしまくるなら、
伝説的スクロール、クロールで泳ぐように。
ハーモニーは伝説を呼びこむように。
歴史はミュージックを愛おしくさせてみせる。
理解がファンタジスタを求めているんだから、
致し方ないだろう?
空中庭園バビロンに、広がった世界から
眼下を覗けば。
ファンタジスタな空間すら、一途さを展開させ未来と嫌いな地雷に
させられている興味にすら、
虚ろな展開を許せているはずだよ。
リズムが光景を馬鹿にしているなら、
半端ない素敵さで、イデオロギーを天才的に
導きたいものだね。
空間的サプライズが、意味を越えて飛び交う意味に
問いかけるなら、ミュージックすら虚ろにさせることに、
今更同意することにすら。
価値観とユートピア、サクセスを昨日から
しているリズムに寄せて。
ドリーマーは栄光を満ち溢れさせるように。
空間とカテゴライズ、密接に繋がったメッセージを。
シェイクスピアなダンスにしてしまうように、
空間と共に笑い出して生きていけるなら。
空間がサバイブする意味さえも、
携える言葉の後ろ側すらも。
影響力はヒップホップだから、
仕方ないともいえるかもしれないがね。
努力と希望で埋め合わせされた意味に。
価値はユートピア、まるで逆立ちをするように、
運命の波動を乗り越えていく。
レベルアッパーは暴走していくんだ。
リピートするメッセージがまだまだイデオロギーならば。
伝える為のインファクションが、
最果てのメッセージを未だに彩っているなら。
空間的サバイブに、メッセージは更に飽きているかもしれない。
リピートするミュージックが更に耕し、意味を壊すなら。
炸裂しているビューティフォーな事柄が、
マジックミュージックで彩ってしまうのだろう。
価値観はブルースになっている、
ドリーマーは栄光を見つめるように、
まるで隠れ蓑にするように。
ハーモニーは伝説を作り出す。
イデオロギーの続くファッションとパッションが、
指し示す回路を動かし東奔西走するなら、
価値観すら渦巻く欲望の波に飲み込まれそうだ。
理解が価値を、価値が理解を相互に依存しているなら。
共依存するガス生命体、アイに
密接に取引を要求させるなら。
クォリティが異次元、突破するファンタジスタ、
結構な世界観なのだよ。
リズムが笑い出すことそのものはね。
大胆不敵に行動がイッツラブだったから、
行動ロックンロールなティーチャーに、
生み出す価値すら生み出されていくんだ。
その狭間に揺れているビートは、
確実性を止まらなくさせる。
リミットに限界があるということか?
イデオロギーに突っ走る意味さえ、
簡単には片付けられないほどぐっちゃぐっちゃに
混戦しているってことさ。
リズムが空中に浮いているのだろうか。
それを観測できればどれほど楽になれるか分からないな。
でも、ダンスしているのは別の概念だよ。
大切さは動きまくる天才たちに、予兆を見せていくんだ。
レベルアップなフィンガーアイランドが連れてきてくれるからね。
ハーモニーはクォリティで、ダンスするような
フュージョン超ラッキーにしてくれているなら、
努力家なイメージを追憶の彼方から、
翻して永遠を呼び込むなら。
価値観としてのブルースは、
逆らうように、興味を太鼓判を押すように。
ハーモニー的伝説でスクラッチしていくから。
だから、興味は卓越しているんだよ。
大胆不敵な行動すら、
もはや今となっては偽りに過ぎない部分があるからね。
苛まれているのだろうか。
価値がそれを求めるなら、あるいはそういうことにもなるかもね。
大切なのは自分を見失わないことさ。
記録的ミュージックの最中にも、
あなた自身のレベルアップが存在するということ。
イデオロギーが苛まれている。
空間的サスペンスを意味として受け継ぐなら。
ファイターが興味をサクセスのトゥモローにさせているなら。
空間すら越えて、リズムを越えていく。
歌い出すハーモニーは、伝説を携えて
血の狼煙をあげた。大切な言葉はエンジョイしながら踊り呆けている。
鼓動は歴史を確かに作った。その果てに何があるのかも知らないまま、
彼は突き進んだ。当たり散らすメッセージすら、
忘れたまま。彼はどこへいく。そして僕らはどこへいく。
ハイパーな伝説が、今でも今を呪っていくならば。
開拓する次の文化、
果てしない未来に興味をサクセスしている。
トゥモローは栄光のユーロビートを乗り越えるように。
ファンタジスタな未来を、近未来を近づかせるように。
リピートするメッセージを、
埋め合わせするように。ダンスするように。
空間的カテゴライズは、その果てで何を目指す?
理解が隠れている。
ドリーマーの栄光を導くように。
果てしなさとその戦い、
理想とマネーで誰かの猿真似だ。
ファンタスティックなアイラブユーが映し出す
近未来に会いにいけたなら。
ろくに何もやり遂げちゃいねーのに。
リズミカルに歌い出すことを定義づけるなら。
アホらしさと延長線上にある、
君たちは意味不明と踊り続けるのか?
リピートするメッセンジャーを、偽りで興味にするなら。
空間と共にサバイブしているメッセージがある。
究極的なイデオロギーがあるから、
やっぱり面白いと感じられるんだよ。
ハイテンションな、リミットすら価値に変えられるんだよ。
ロックンロールフェスティバルが歩いているなら。
未来を僕とするなら、
価値を究極にイデオロギーにさせている、
リズムはリズミカルでしかなくなってしまう。
難しい言葉を吐き出しているようだが、
俺は似た言葉を探しているのだろうか。
簡単じゃないのだろうか。
それを求めること自体が偽りなのかもね。
真実が見えてこないのはなぜかなあ。
リピートモンスターに追随する興味を。
機嫌を損なうメッセージすらも、
活動家の運命を羽衣でひたすらに、
空間的サバイブで持ち上げるよりも。
価値を推し量るイメージにさせている。
ドリーマーな影響と栄光を永劫に導き出すなら。
空間的サプライズは、今を見通しながら空間と共に止まらない現実を、
卓越しているから。
歴史的ミュージックは、展開的偽りを。
指し示す活動家を、ミラクルなエージェント、
大切なこだわりにしていくように、
理解が歴史にされていくように、
興味がミュージックにさせられてしまうのであれば。
始まりの未来すら、嫌いになってしまうのだろうか。
ロックンローラーな意味を越えて。
リズミカルな歌声すら越えていくなら。
リピーターはブーストされる興味に、
受け継がれてしまうだろう。
始まりの世界がエレガントを求めている。
空中に浮いているレベルアップすら、
活動の興味をサスペンスにするならば。
活動の近未来、大切な言葉として、受け継がせる意味に
させている。ドリーマーは栄光すら携える。
価値観とユートピア、メッセンジャーな
価値を乗り越えたいから。
リズミカルなファンタジスタ、栄光とチェケラッチョならば。
ミュージックが流浪に生きていくファンタジスタを、
傾向を乗り上げる兆候を。
最果てのリズムを、それでも開拓し続ける次の文化を。
壮大な宇宙にちっぽけなな俺の存在の意義を問われ、
壮大な時空に一瞬の俺の命の価値を問われる。
正しさだけじゃ、意味がないのだね。
活動する活躍が新しくなくちゃね。
ハイパーパワーでエンドレスが開拓されていくならば、
歴史とミュージック、サバイバーな価値を求め続ける。
理解が最果てへ目指すように。
覆す意味なんてないように。
歴史はファンタジーを越えていく。
意味不明ながらも、不思議な価値観に閉じ込められる。
大切な言葉がエンジョイパーティになっていくなら。
活動を今の興味に、サクセスロード、
追及するメッセージを価値にしているから。
ドリーマーな栄光すら、
カテゴライズされた興味のあの向こう。
辿り着きそうだった。手の向こう側、
果てしなさを越えていった。
リズムがレスキューならば、
ファンタジアが興味すら移ろいゆくように、
天才たちは疑い出すように。
興味は炸裂するファンタジスタだから、
今更越えるものなんて何もないんだよ。
最果てのドリーマーが栄光を求めてくるように。
理解するファンタジスタが
継投をサスペンスに、行動を未来的に
描く姿に予期せぬ事態に奮闘するように。
理解する、ダンシングするメッセージを彩っていくんだね。
大切な言葉がダントツにメッセージを繰り返すなら。
歴史的ミュージックが、偽りの展開を
目指させるように。
トランス状態から抜け出し、
またトランス状態へと入っていく。
俺は出入り、
活動家の未来すら卓越するフュージョンで。
歴史的ミュージックがイッツラブだ。
最果てのリズムすら、追憶の彼方へ消えてしまうなら。
活動の次元じゃないんだ。
レペゼンしてる訳じゃねえ。
リズミカルに行動させているだけだ。
ロックンロールが歌い出すなら、
そのハーモニーだけを恋愛対象にするなら、
活動家の宿命と運命とは。
リズムが猛り笑う伝説とは一体。
確実性、乗り上げることの愛おしさだけが、
究極を魅力的に解説する。
リズミカルな行動で最果てを目指すなら、
後ろ側、天才的な程に。
彼らは絶望しているのだ。
だが、巻き込むのはやめてほしいもんだ。
空虚なレベルアップが距離に物を言わせるなら。
空間的サプライズにすら、イミテーションのサバイバルの意味を、
価値すら受け継がせる形にして、
ドリーマーなウルージポジションになっていくだろう。
果てしなさは、更なる展開力を求めていく。
リズムは共鳴する可能性をようやく得たんだ。
感覚がブルースに染め上げられていくのは、
リピートするメッセージを追随させるためだ。
空中に浮いているレベルアップを、
活動で世界観にするなら、
メタル系並みの経験値や、
そういった異質な存在に対しての敬愛か?
リズミカルに歌い出すファンタジーアースを求めるなら、
空虚なレセプションは
意味不明ですらあり続けるだろう。
パッションがそれらを認めているなら、
体のどこかではそれに気づいているってこともあるだろうね。
そこに価値がなくなっていうことは。
歴史がミュージックに偽らずにいられなかったということは。
リズミカルな行動、また精神が曲がっていく。
大切な言葉とエンジョイパーティに乗り上げるなら、
最高のパッションとインファクションを願うようにして。
神や悪魔を超越する概念を、
旅立たせる空間に理解させるイマジネーションを。
退屈な世界で彩るように。
全てが愛おしいのであれば、
ファンクション。
その先にある何かすらも、
認めていく努力が垣間見える。
大切な鼓動を僕とするなら、
歴史を映し出すハニーを、
レベルアップの材料にしてしまうなら。
活動家は意味不明に行動していくだろうし、
それを生み出すだけのキャパシティが望まれているとも
思わない。疑い出す興味がサクセスの為の秘密を隠し持つなら。
ファイティングモードでエイトビートを咲きだしだすなら。
空虚なレベルアップすら、
価値観のアンチテーゼすら、
勢いの虚無性すらも、
理解の遠くスパゲッティ現象、
リアルなブラックホールの向こう側にまで、
通じているような、
理解の半端ない素晴らしさから、ときめくような。
初めから意味などないんだ。
素敵なミュージックになっているんだね。
距離は歌い出すはずさ。
リミットならば探しているはずだから。
リピートするメロディが、卓越する意味不明をそれでも越えている。
辿り着きたくなかったんだろう?
ハーモニー、自分を恥ずかしく思ってしまったんだろう?
覆す距離を意味ないものとして受け継がせるなら、
せめてその機能くらいは誇れよ。
大切な行動に、レスポンスは付きまとってしまう。
レベルアップを愛おしく思うなら、
活動家の運命ですら敬愛するべきさ。
大好きだからドリーマーは拍車をかけてんだ。
その電車はどんどんスピードを増していく。
弱いものが弱いものを叩く音が響き渡れば、
その電車はどんどん加速していく。
走っていけ。どこまでも。
リアルフューチャー、
ダンス、ブルース、ケセラセラな栄光に、
飛び立つカラスに影響力を
ヒップホップにさせてまで。
鳴りやまない電話、生きる境地に、
サバイバルな意味を通して笑い出した。
サスペンスはメッセージだったから、
クォリティすらも一途になっていったんだね。
ハーモニーが追及してくれるから。
レベルアップなフィンガーアイランドに、
大切さがファンタスティックアイランド、
大切にしておきたかったのさ。
それだけ重要な思いだったんだろう?
感覚として受け継がせるべきさ。
それを拒否する奴は放っとけばいいのさ。
じゃあ、俺達は何を目指す?
その怒りに満ちた声で、俺にどうしろと?
世界観、ミラクルエージェントならば、
嫌いになれないほどに。
サスペンス、
ミュージックなイデオロギー、
ファイトスタイルが合体しているなら。
究極的メッセージすら、虚ろにさせられてしまうんだ。
興味が卓越しているなら、
ワンダフォーすら認められるはずだ。
リピーターがブーストされているなら、
鼓動を僕とするなら。
価値観よりも行方不明になっているレベルアップが欲しいなと思った。
リズミカル、行動のサスペンス。
未来がチェケラーしているドリーマーの近くに行けば、
ストレートなフルストーリーを描けていたかもしれない。
ファンタジスタな光景を、
イデオロギーで直球的に予感させるのなら、
空中に浮いてる庭園のように、
ラブリーハートは求めだすように。
理解できるだろうか。
興味が沈みだすのだろうか。
ハイテンションな狼煙に、
空中に浮いている歴史のファンタジスタに。
永劫を望み果てるなら。
歴史的ミュージックが歪になってイメージになるなら。
空間的ミュージックすら、偽りすらも。
栄光を求めて彷徨う、
メッセージが頂きから、ファイティング侍となって。
サスペンスを躍らせまくるなら、
空間とミュージック、イデオロギーにパッションをミュージックに
させたい。リズムであっぷあっぷさせたい。
興味、卓越するワンダフォーに、
確実的な世界観、魅力的な未来を。
大切な言葉と、エンジョイするパーティ。
憎たらしいほどの世界観に、
魅力はサバイバルな形を求めるように。
理解は歴史を反復するように。
大切な何かを求めだして、リズムとして、
掛け替えのない世界へ辿り着く。
やがてミステリーは踊りだすだろう。
世界観は、つまらぬ世界から置いてけぼりにされるように。
ハーモニーは伝説的に。
ワンダーランドが共鳴している意味に、歌わせるなら。
空間的ミュージック、移ろいゆく天才に。
ロックンロールのファイティング。
リズムとして受け入れた。
価値は行方不明になった結局でも、
栄光はすぐそばにあった。
興味はサクセスの為のトゥモローでも、
大切なストーリーが、
サクセスの次のトゥモローを
新しく広げてしまうなら。
空間的サバイブが、メッセージになる前に、
統率力を失い全てを裏切り大切なものを蝕むなら。
僕は敬愛する思想によって、そいつをぶち壊すさ。
果てしなく、理解を遠くさせるリズムがある。
注意深く拒まなければならない奴があるんだろう?
解決しているドロップアウトが存在する。
まるで3塁打だ。ホームランより難しい。
天才的に生きることに飽きているのならば、
窮屈なミステリーが今でも笑っているならば。
鼓動を僕とするならば、
イメージとしてのチェケラッチョを、
ファイティングスカイハイを、
エンジョイパーティにする為に
乗り上げる天才に、歌い出させることが可能なら。
歴史とミュージック、いたちごっこな恋愛トーク。
面倒くせえことは山ほどある。
歴史をミュージックにしたいから。
影響と栄光を見果てぬ夢で、
理想像、形にしてまで。
古くからある迷信に、見える理想の形、
今と昔の統一線上、
大切なことなんてきっと知ってんのに
僕らは遠回りをしているんだね。
窮屈な歴史すら、ファンタジスタな蛍光灯すら、
確実な世界を彩るように。
空間はそれゆえに飛ばし、笑いまくるように。
活動家の運命を、
リアルな生き様を、
開拓する文化を。
それでも影響として受け入れた意味を。
大切な言葉は歳月がたつごとに
歪んで、それでも光り続ける。
歪んだ光が歪んだ心を、
それでも未来を照らし出すから。
究極が笑い出す羽衣に、
水の羽衣に、
特別な意思を追随させるということは、
理想の果てにエージェント的なラブが存在すると、
まるで認めているようなことだったので、
僕の意志は拍車をかけて回り始めるんだ。
理解する歴史が突破したい未来を越えていく。
半端ないリライトが、
メッセンジャーのクォリティをごまかすように。
ダンスするように、見果てぬ夢を笑い飛ばしていく。
空間が空洞になっていく、
その意味さえ分からなくなるというのであれば。
究極的なメッセージに、
舞い散る意味を越えていきたい。
リズムをところてんビジネスで、
退屈な世界を乗り越えるように。
ファンタジアを栄光を、伝えだすように。
理解していることが半端でもいいよ。
そんなことハナから期待していない。
メッセンジャーを伝える為に、
理解を力に変える為に。
理想像、卓越するロマンスを究極的に、
ラビリンスをいたちごっこに構えるように。
半端ないリアルと、共鳴するいたちごっこは、
それでも大切さを見出す為に、東奔西走していくんだ。
リピーターが生み出す価値と海の深さがホライズンならば、
ほらあなたにとって大事な人ほどすぐそばにいるの。
それは正しくはないかもしれない。
心ってどこにあるんだろうね。
俺は結論づけるのは好きじゃないのさ。
答えなんてなくていい。考え続けて、
その果てに出る結論すら、
それはただの仮説にすぎないと
思えてしまえるだけの器くらいは欲しいもんだ。
リピートメッセージが、それでも閉じ込める今を
恐怖するならば。
価値を影響力として、
引き継ぐ意味すら失ったのかい?
リピートするメッセージが、クォリティを愛しく思うように。
ダンスホールから笑い出す。
究極的な運命が、滞るように。
最高なジャパニーズが存在しているから、
ドリーマーすらかけがえのないリズムになってしまうんだね。
リピートしたいかい?
大切な言葉を、サバイバルに変えてみたいかい?
リズミカルな価値がまだ俺のいぶし銀を求めるなら、
果てしない戦いにすら道筋を立ててみたいものだ。
その意味が分からなかったとしても、
歪さに努力する価値が薄れていったとしても。
確実に広がる世界観、
それは満たす領域を広げていくように。
サスペンスは笑い出すように、
空間としてのイデオロギーさえ支えているから。
リズミカルな行動が、向こう側を愛しく思うなら。
空間的ミュージックを、虚ろに移ろわせる。
果てしなさと同義だ
感覚的ミュージックが愛おしく思えてしまうなら。
歴史としてのファンタジスタすら、未来に卓越させるなら。
理解者の興味すら、携えていくべきだと思っているんだよ。
数ははからずとも、栄光は道筋を狂わせていってるんだ。
僕が一体何をしたっていうんだ。
歴史、ミュージック、ファイヤーシスターズ。
歴史をミュージックにして、
それでも木霊する光を、
メッセージにして虚ろに移ろいゆく天才として
受け継がせた。
その意味が分からないからこそ、
エイトビートな情緒不安定は、
レベルアップを求めて彷徨ったんだろう?
空虚なサプライズならば、
栄光すら立ち眩みするスピードで。
歴史的に追いかける、羽衣、それは素敵な
触り心地で、エイトビートすら
溶けて消えてなくなりそうな。
まるで舌先でとろける言葉のようなチョコレートだ。
ロックが歌い出していくのであれば、
始まるはずの世界にすらカテゴライズさせるべきだろう。
ハーモニーは追及するほどに面白くなっていく。
サクセスな行動が、サスペンスすら巻き起こしていく。
レベルアップなフィンガーアイランド、
伝えまくることを了解するなら。
価値観としてのユートピアすら、
歴史としてのミュージックすらも。
活動の展開性で、努力した最果てにまた会おう。
それだけしか言わない。それだけしか認めない。
心揺らす言葉体揺らすリズム、
喉を震わし触れてみた。
何も怖くなかった。
明日かかる虹がまた霞んでいたら、
その色の傘を差せばいい。
大切なミュージックが歌い出すまで、
影響力とヒップホップで、こめかみと鼓膜を。
苛まれているメッセージを、
それでも尊いと思う歴史の欠片を。
目指すフュージョンはまたもや求めだすように。
空間はサバイブしていくメッセージを、歌い出すように。
ハーモニーは伝説を作り出すんだ。
最果てのメロディ、ミュージックに虚ろにさせられるくらいに。
ダンスホールで永遠は笑い出していく。
堂々と生きているリズムに、謙虚さすら愛おしく思えてしまう。
価値観はブルースであり、興味すらある。
ロックンローラーなファンタジスタが目指す場所を
愛おしむように。
空中に浮いているレベルアップが歌い出したなら、
究極的なサイファー動画に、
格別の怒りと、イミテーションと、
サバイブしていくファンタジスタと、
希望が意味不明に存在するなら。
価値はミュージックにさせてくれるんだよね?
ファンタスティックなアイラブユーになれるならね。
価値がユートピアなんだ。
ワンダーランドをどこまでも突き抜けていくんだ。
まるでダンスでも踊っているような気分なんだよ。
心躍るアンコール沸かすダンスダンスダンス、レディゴー
なんだよ。つまり、エイトビートは灼熱の雨に打たれ、
凍る火炎に焼かれ、
みぞれが降り注ぐ快適な夜には、
ロックンロールなフェスティバルすら価値として受け継ごう。
最果てのリズムすら、光景がファンタジスタなら。
健康体で、ミュージックを愛おしく思った。
リズミカルな行動、その果てにエンジョイパワー、
言葉が繰り返されている。
ドリーマーが栄光を潰されているなら、
サクセスの秘密すら卓越していくだろう。
ロマンチックなファンタジスタが、
蛍光灯の線を引きぬいてしまう。
本当に意味があるのかとみんな問い続ける。
でもそればっかじゃ意味ないよね。
ダンスホールは踊り続けるんだ。
それを意味にしてしまったのは、誰なんだろうね。
リピートミュージックが、
慌てだすころにミステリーは追随していく。
ドリーマーな栄光を全て捨ててまで、
得たい未来があるらしい。
根拠のない本当に、
リアルのフューチャークイーンに、
どこまでも自由な日記を書きてえ。
大切な言葉をミュージックに、サバイブにする価値にしてまで、
影響力はヒップホップに変えられていくから。

大したことじゃないのさ。
リアリティなショータイムなんて、
虚しいだけだろう?
ハーモニーが追及していくなら、
ミステリーすらワンダーランドになっていくんだ。
別に・・見下げてる訳じゃねーよ。
怖がってもいねえよ。
嫌な気持ちってなんだっけな。
奇妙な偶然が折り重なるもんだ。
世界観が魅力的なら、
その意味すらアンチテーゼにできそうなもんだが。
本来の意味を共鳴させるなら、
クォリティすら一途になっちまえるはずなのにな。
その意味の根本部分を揺らし続けてるから、
半端ないリアルすら認めだすことができるんだ。
いわば究極なんだ。
ファンタジックじゃないと意味が現れないだろう?
究極的なサスペンスならば、
希望がミュージックになってくれなくちゃ、
ファンタジスタは踊れないって訳だ。
カモンベイベーが叫ぶなら、
イデオロギー、その世界の果てまで突き抜けるなら、
その泥沼の夢のような気象を、
越えていけるだろう?
始まりが究極的になり、
何度も生まれては死んでいくなら、
その中にメッセージを託すなら、
価値をおぼつかせないように、
リズミカルな行動の美学、
脳の記憶に頼らない生き方だ。
サクセスロードをイメージするなら、
究極すらいたちごっこになれるかもな。
その意味を越えたいから、レベルアップはフィンガーになってきたんだろう?
興味があるはずさ。導く正解に、満ち溢れている展開になっていることも、
理想が追求しているメッセージになっていることすらも。
栄光と展開を呼び寄せるなら、
半端ないリアルがイマジネーションを卓越するなら、
ワンダーランドが消えていくんだ。
ファイナルアンサーが、未来を導くなら、
天才的リアルがフューチャーされようが、
未来の卓越するダンスを生み出そうが、
関係なくリアルになっていくなら、
ファンタジスタすら共鳴していくはずなんだ。
世界観が魅力的なら、半端ないリアルすら追随するはずだぜ。
空間とサスペンス、未来に魅力をあっぷっぷしているから。
リズムと追及、アホらしいほど笑えるから。
興味が卓越するなら、逃げ場のないこの異常気象に。
サスペンスに、行動の美学をあてがいながら、
行動できるかい?それを君に任せても平気かな。
リアルフューチャーは歌い出すのかな。
世界が笑い出すなら、価値すら栄光にしてくれるだろう?
理解が灯される、価値が許される。
空間としてサバイブするメッセージがやってくる。
俺の魂は成長していくだけだ。
ハーモニー的な恋愛がしたいだけなら、
空間との理想像、展開を読み、ダンスするフィールドをいたちごっこに
させる。その意味すら越えて、アンチテーゼなロックンロールに、
ファンタジスタを越えて携えていくなら、
物凄い量の情報が頭の中を駆け巡るはずだ。
だから俺は最も表現しやすい、
一番容量の小さい文字という媒体を、希望とした。
描くものは果てしないが、
それでも俺の精神状態を、
価値観を、心の模様を、
記録することはそれだけでもかなり意味のある、
価値のあることなんだ。
少なくとも俺はこれを楽しいと思ってる。
それが何よりなんだ。
俺は快楽主義者だからな。
それを費える恐怖で探られるよりは、
ファイティングスカイハイをエンジョイしたいのさ。
リアルなフューチャーが、ドリーマーならば。
栄光ならば、ケセラセラにすらなれると思ったんだよ。
価値観としてのブルースすら、カテゴライズされた興味すら、
栄光の微々たる衝動すら、
価値を壊す頂きからやってくる、サバイバーを、
正しさをミュージックにすることに抵抗があるのかい?
リズムがチェケラーになってるなら、
形をミュージックにする意味だってあるだろう?
価値観はアンチテーゼばっかじゃないし、
残酷な天使のテーゼを考慮したとしても、
空間はやっぱり無下にできないよ。
理想はついえることがないんだ。
どこまで行ってもそれ以上があるんだ。
大したことがないように思えても、
現実的な尺度で考えれば、
鬱陶しいほどのラブリーがチェンジしてくれるんだ。
半端ないことは間違ってないと思うけどな。
リピートモンスターを追随させる仕組みすら、
活動家にできるなら、後ろ側すら魅力的に
移らせるべきだと思うぜ?
ハイパワーなインターナショナルがそれを肯定し叫ぶならな。
それが劣悪な環境だろうと、ミラクルは絶対に引き起こされるんだ。
その価値がなくてもな。だから、そんな悲しい声を出すな。
意味不明でも、価値が行方不明でも、ファンタジスタを越えていったんだ。
半端ないリアルと、興味が炸裂しているんだね。
歳月は言葉をメッセージにしていく。
ドリーマーな栄光すら、卓越するならワンダフォーだろう。
狂気が生まれる運命に、
携えさせられるなら、
叩きのめす記憶すら、サバイバルな価値観だろう。
サバイバルなメッセージすら、偽りに展開的に
究極的になっていくなら。
始まる世界観が、ミラクルエージェントになっていくのさ。
活動と距離と興味が、
未来を動かすことが面白くてたまらねえ。
一瞬一瞬の言葉がサスペンスだぜ。
空中に浮いているレベルアップすら、
価値すらユートピアすら、
変更線ラブリーチェンジ。
エクスチェンジ、ライフスタイルでガッツが足りないのさ。
究極的なワンダーランドが、
ミステリーを呼び込むなら空間すらサバイブしていくのさ!
活動的展開であり、
ラブリーな展開に糸目をつけず?
ラブリーな興味すら、映し出す未来にミラクルを連れてくる。
リズミカルな行動の美学、サクセスストーリー、
追及するメッセージすら、虚ろな展開にさせている、
ドリーマーは栄光を、導くストーリーに
興味すらミュージックにしてく為に。
路頭に迷う歴史を、ミュージックを、サスペンスを。
行動の美学、うろつく世界を。
大切な言葉を、メッセンジャー?
彩りと空間ならば、
サプライズ、意味不明に大切にしている。
ドリーマーな栄光が、潰される手前を笑い出すように。
空間的ファンタジスタ、
未来が両手になっている、
ドリーマーは栄光すら呟いている。
ロックンローラーなファンタジアならば、
究極の注目で、ブルース謙虚な、
リピートする運命に、旅立たせるリアリティは、
追及しているメッセージ、
勝ち戦だ、大したことはねーよ。
始まりの世界からエンジョイしてくれるなら、
半端ないリアルにすら活動家って具合だよ。
半端ないロックンロールがチェンジしてくれるのさ。
行動のロックンローラーなパーティが
移ろいゆくなら、ファンタジスタだ。
ドリーマーな栄光が、
満ち溢れていた。希望で満たされた板から。
フュージョン超ラッキー、サスペンスが踊りだすように。
正しさが笑い出しているのかい?
興味で卓越しているなら、
大切さが彩る、空間がある。
リミットならば、歌い出す声に高らかに、宣言しているドリーマー。
栄光と、それに追随する未来を、卓越しているワンダフォーになっている。
正しさと、永遠が笑い出すなら。
空間的サバイバルを、メッセージにして伝えてくれるだろう。
ファンキーなモンキーミュージックが歌い出すなら。
それを満たせることができるかどうかだ、
リズムがインファクションを伝えているなら、
空間としてのサプライズ、意味を越えていくなら。
ミュージックイミテーション。
ルーキーが叫ぶような展開に、
見違えているように、
究極的ファンタジスタに、
未来すらエッセンシャルコートなんだろうか。
意味が卓越するミュージックならば、
それもありだとは思うけどね。
リピートすることばっかりが真実じゃないだろ?
意味が越えたいんだろう?
リズミカルな行動、
サスペンス未来がチェケラッチョするなら、
価値を燃やさなければ。理解がファンタジーになってしまう前に、
活動家の御前に捧げる為に、
行動をロックンロールティーチャーで生み出さなければ。
ハイテンションで一途な、展開力の違いを見せつけなければ。
ロックが歌い出す、ハーモニーが笑い出すんだから、
影響力はヒップホップでしかないだろう。
サバイバルな価値観をミュージックにしているのだから、
それらは間違っているとは言いにくいだろう?
興味と、卓越していくからこその。
ファイターが望むならば、
空間と共に踊りだす空間すら、
大切さと孤独メッセージメッセンジャーに、
クォリティすら一途にされているのなら。
空間的サプライズに酔っていたいだけなのだよ。
始まりの世界を彩ってくれるのか。
意味をあてがうことが確実ならな。
影響と栄光を満ち溢れさせるなら、
空間すら笑い飛ばせるんじゃないのか?
リズミカルに歌い出す天才は、ファクションなフィクションを伝えている
んじゃないのか?
サバイバーなメッセージをクォリティになりあげるなら。
興味が卓越する、メッセージを愛おしいという。
ドロップアウトが希望すら卓越させている。
ドリーマーな栄光は、ミュージックショータイムを、
ロックンロールファンタジスタならば、
栄光がスラスラと出てこないなら、
ロックンロールが世界観を越えていく。
ファンタジスタな嫌いなメッセージすら、
卓越するメッセージにさせてしまうから。
レベルアップなフュージョンすら、卓越しているファンタジスタ。
リライトするミュージックが偽りなら。
展開の理由が笑い出すなら。
世界ってのはどんなものなのかな。
理解は歴史を越えるだろうか。
インファクション、メッセージを越えていきたい。
サバイバルな価値観を、ミュージックで彩るパッションを、
最悪でも認めてきた未来を、正しいと思う記憶すらも。
成功体験が一途に思い知らされてきたんだ、
生きる世界に、感情がクォリティなら。
思考実験、それにすら相対するほどの。
永久が突き抜けるならば、
そのファンタジスタは未来を乗り越えるだろうか。
せっかちな意味が消えて、越えてなくならないように。
理解を共鳴させる作業は、難儀なれど。
ファイヤーは天才的をミステリーにさせるんだろうか。
それのみの単体じゃ意味ないだろうけどね。
ハプニングが巻き起こることを良しとする?
歴史がミュージックを彩るならね。
それでも空間は、まだ僕らの意志をごまかすだろ?
ファンクションなのさ。形は未来に託す以外にも、
色んな選択肢があるんだ。
理解を越えた場所にか?
まあある程度の協力姿勢は携えないと、意味がないと思うけどね。
リミットがやっぱり歌い出すのだろうか。
それを認めることは弱みだろ?
半端ないリアルで、共鳴していくリアリティが、ブーストしていく
意味の無さをチャンスにしていくなら、
空間さえメッセージを彩るはずさ。
それを認めたところで、感覚は打ちひしがれるのかい?
リズミカルに歌い出す興味が、昨日からのチョコチップを
目指しエイトビートにクラッシュしてくれるならね。
永久機関の完成っていう意味合いは強いのか?
それがフィンガーアイランド、つまり絶望することがなければね。
それだけじゃ足りないんじゃないのか?
少なくとも、僕は完全に認めきることはできないよ。
それもいいと思う。それだからこそ人間だろう。
価値が追いかけているのか?
レベルアップなテンションが、密接につなぎとめるなら、
やっぱりファイヤーサインは満たすべきなんだよ。
そこにはメッセージが確かに光るのか?
ドリーマーが追従していくなら、ファンタジーアースだろう。
究極的ドリーマーだからこそ、
ミュージックは一途さを取り戻してくれるんじゃないか?
ファイヤーサインだからこそ難しいかもね。
ライクライクに満たされる器を、
ファンタジスタな行為でノーモアクライにしていったら、
リアルはフューチャーしてカテゴライズされないか?
意味が壊しだすと思うぞ。そんな概念は。
じゃあ俺が流浪に移ろうことを、天才的発見によって
ミステリーアンチコントロールを制御したら、
価値観は生み出した価値すら分からなくなってしまうんじゃないのか?
リズムは越えていかないだろう。
だが、俺は君に支配されたくない。
アイディンティティは見守っていたいんだ。
分かるかい?それがそれであることを、誇りたいんだよ。
じゃあ、リアルはどこにあるんだろうな。
興味ないのかい?
リズムと、統括する宇宙に、展開を読むなら。
空間とサバイブしていくなら、
ファンタジスタな近未来を、テイクスフューチャーしてくれる、
ドリーマーに逆らってまで、
エネルギーは置いてけぼりにされてしまうのだろうか。
始まる未来を笑い飛ばすなら、空間すら展開させてくれるはずさ。
理解が興味を失うなら、クォリティすら一途にされてしまうんじゃないのか?
意味を越えたいか?
脳の色んな場所に、面白いものがあることに気づく。
宇宙が始まっているのだ。
きっと、声が高らかに宣言しているのだ。
それを目覚めさせた天才が、踊りだしているから。
奇妙な偶然に、きっと色々が悶えだしているのだ。
しかし、なぜロックンロールは僕のことを果てしなくさせてくれるんだろう。
数ではかる意味なんてないだろうし、
きっと君が大切なんだよ。
君を、君のすむこの宇宙を、大切に思ってくれてる。
それが君を果てしなくさせているエネルギーなら、
あらゆる力を使ってそれを受け入れるべきだと思うよ。
リズムが統率しているのだろうか。
蔓延る意味は、壊れていくのだろうか。
始まりを認めるなら、君のウソは天才的になっていくだろう。
ハーモニー的な伝説が、スクラッチしてしまうんだろう?
空虚なリアルがファンタスティックなリズムを追随させるなら、
笑い出す果てしなさは、今すぐに歴史をぶち壊す必要が出てくるだろう?
心の動きなんて、そのようなもんなのさ。
描くことに意味がないなら、やはり戦い続けるしかないんだ。
己と、己の葛藤と。
でもリズムは果てしなさを求めてくれるよね?
リピートがメッセージを彩るなら、
世界観すら越えていけることを、
真実として受け入れられるか否かって現実も存在すると思うんだよ。
歴史的なミュージックが楽しさを彩るなら、
空間すらサプライズ、大切な言葉がエンジョイパーティになっていくことを、
理解の歴史で未来すら操るべきだと思うんだよ。
それを認めること自体が間違いなら、
僕はそのうえで何を目指していけばいいんだい?
ロックンロールファンタジー、
大切な言葉がエンジョイしてくれるなら、
レベルアップなフィンガーアイランド、
メッセージを追随させてくれる。
正しさと楽しさ、
永遠が突き抜ける、価値観はユートピア、
炸裂するビジネス、退屈な未来に会いにきたのかい?
リズミカルなセンセーショナルなら、
空間とサプライズすら今を越えていくなら、
世界の歴史。ミュージックの彩りすら、
確実性を彩る、空間はミュージックにしていく。
ドリーマーな栄光を、サプライズしているんだな。
努力家ならサプライズしてくれるだろうから、
ハーモニー、伝説的にクォリティ、
異次元に突破させるなら、
ファンタジスタは希望を卓越していくのさ。
リアルなミュージックが、彩ってくるなら
苦しい言い訳すらも、価値観はユートピアだね。
ロックが歌い出すなら、ハーモニー、伝説的だね。
しかめっ面、メッセンジャーはリアリティを追及している。
ドリーマーな影響力が、諸行無常に。
リピーターとブーストする意味を越えていきたいなら、
レベルアップなフィンガーアイランドを見つめている。
ドリーマーな世界観、未来が魅力的にファンタジーになっていくなら、
空間すら笑い出すだろう。
歴史、ミュージックヒストリー。
叫び続ける永遠が、ユートピアが、
サクセスロードを開かせていくなら。
持ち上がる意味に興味がないのかい?
みんなが政治に興味を持ってくれていることはいいことじゃないか。
理解と歴史、ミュージック、かけがえのないものだって
希望しているんだろう?
ハーモニーとして追及している、
ドリーマーな栄光と影響を考えるなら。
ロマンが歌い出す最低限ってのはあると思うんだ。
覆す魅力にも、携える価値観を見出さないと。
理解が興味をミュージックサスペンスならば、
数ははからずとも、
影響力でヒップホップを描けるなら。
リピートするメッセージすら、
クォリティが異次元に突破させている広がる世界観に、
ロックが歌い出すなら、
ハーモニーで伝説を作り出す。
ハイテンションな生きがいを、求めて苛まれる。
価値はユートピアに炸裂するビジネスになっている。
戦略を立てなければ、意味などはないだろう?
興味がサクセスするのならば、
活動の限界をメッセージにするべきだ。
ロマンロックで、当たり散らすメッセージに
クォリティが異次元になっていくのであれば、
パッションを目指す空間を、
その狭間に揺れているビートを、
大切な言葉で、メッセージを生み出すように。
儚さが、影をひそめるように。
空間はイッツラブにしている。
正しさが暴れ出すなら。
空洞な世界観、ミラクルな一致に。
ファンタジスタな永久が、栄光が、
サクセスロードを追及しているんだろうな。
歴史的ミュージックに偽りのメッセージを。
正しさとワンダーランドなら、
空中に浮いているレベルアップがミステリーを作ってるなら。
価値観とブルースで、共鳴していくなら。
理解しているドリーマーに、栄光は呟いている。
ファンクション、びびっているリズムに、光景は笑い出す。
それを認めた上で、一番いい選択肢を提示しているのだろう?
空間的サプライズ、忌々しい距離すら携えて。
理解は歴史なのかい?
その狭間に揺れているビートを、失うことすらもどかしいと?
ファンキーな歌声がうまく伝わってないんだね。
大切な言葉をエンジョイパーティにするなら、
覆す意味すら猛り狂ってしまう。
影響力はヒップホップであり、
確実性に踊らせるなら、
空間を壊しだすイメージに、
究極的ファンタジーに、ミステリーを呼び込むなら。
ロックンロールファンタジスタならば、
栄光と満ち溢れる空間、
サプライズ、サバイバルなら、影響力とヒップホップで、
形を失うのならば、サバイバル。
大したことはない、希望が大切さでもがいているなら。
それでも光悦的で素晴らしい空洞を、ミステリーワールドで
埋め合わせをするように、
誇っていたいんだ。
分かるだろ?
価値はユートピアになる可能性をはらんでいるんだ。
理解がサブリミナルになるなら、
理解とその歴史、空洞が闇に消えてしまう、
限りなくアフターフォローされるまで。
抵抗力すら、蛍光灯にさせられているんだろう?
興味がサクセスへと東奔西走するなら、
覆す意味すら越えなきゃいけない。
僕は常に僕自身を越えていかなければいけない。
どんなに面白いだろう。
どんなに狂おしいのだろう。
それは君たちが決めることであり、
メッセージはイデオロギーに半端なくなっていることは、
間違いないと思うよ。
理解が歴史をミュージックにさせているからね。
ドライバーならば、空虚なリアルが、本当に昏倒してしまうほどに、
影響力はヒップホップを演じるように。
空間としての炸裂すら、ミュージックとしての歪さすら、
意味不明な価値観にさせられてしまうなら。
メッセンジャーはリアルを待ちくたびれているのだろう?
限度が方向性を呪い飛ばすなら、
理解の歴史はやっぱりミュージックを引き連れるだろうか。
そこに価値がおぼつかなくなればね。
理解はファンタジーアースをミュージックにしているのだろうか。
言語中枢が面白いことになっているんだね。
でも、ミュージックを形にしたければ、
ファンファーレを壊したいその意味すら越えていきたいなら、
レベルアップフィンガーアイランドになっているなら、
空間すら笑える方向になってしまわないか?
レベルアップが意味合いなら、
大して価値のないその光にすら。
もっと栄光をくれよ。
果てしなさをくれよ。
それでも、求めるものはあるんだね。
空虚だからこそ意味不明が欲しいのさ。
その距離に興味を破裂させているんだ。
ということは、ラベル貼って理解している、
レッテルごっこに、リズミカルに共鳴しているということか?
苛まれている価値が、今を意味を、見出すなら、
世界観は常に変わっていくだろうよ。
その興味が移ろわせる展開を、
マジックミュージックが歌い出すなら、
ハイパワーでエンドレスは求めだすはずだ。
リピートされるメッセージを、
それでもクォリティを、目指すように。
苛まれている価値を売り飛ばすように、
ハーモニーは卓越していくだろう。
歴史をキックするアンチフィールドなら、
本来の意味すら変えてしまうリピートに、
展開力すら失っているのかい?
リズミカルな行動が後ろめたいなら、
感覚すらブルースにできてしまうだろうよ。
始まるはずの世界観に、歪にさせられてしまうなら。
窮屈性が許せないのかい?
リズムが超越を求めるなら、その喜びは、
更なる挑戦を頂きから、延長線上を求めるように、
時間を乗り越えて、吐き記すように、
混同されるミュージックを偽りにしていくんじゃないか?
リアルなヒップホップには形がないっていう理由か。
豪華な勲章で全てを彩れる意味はないってことだよ。
大切な言葉がミュージック、サスペンスな行動すら、
サルベージされてしまうなら。
理解の歴史を、大切な言葉、
ファイなリアリティぷんぷんドリームだったとしても、
カテゴライズされる興味は常に今を照らしている。
ドリーマーな栄光すら、カテゴライズされていくだろう。
ドラマが歌い出す。
大したことではイメージが作れないから、
どこか行き詰まりを感じているんだろう?
理解が歴史なら、もっとファンタジーになれたのにな。
非常に残念だな。俺はこの通り真面目な性格だから。
幅を利かすことにすらミュージックを彩れる価値観を、
サバイバルな愛の平行移動を、サスペンスで彩った結果かい?
リズミカルに歌い出したのなら、傾向を知っておくことも武器だろう?
そして自分を守る必要もあるってことさ。
歌い出すハーモニーは、歴史すら窮屈にしていく。
その意味を越えたいっていう理由か?
イメージできるならデリシャスだろう。
始まりの展開を望めないから、
理解は興味として炸裂したのかもな。
歪な展開を知ることに、無理があるってな話か?
リズミカルに歌い出した果てに、何があるのかよく分からないっていう
意味あいじゃないか?
そこに窮屈性を感じるなら、
多分藪の中にいるんだよ。
それでも越えられないほど高い壁が目の前にあるなら。
それでも僕は描きたいよ。夢を、希望を。
じゃあどうすればいいか、一緒に考えようか。
歌い出すハーモニーが追憶の陰に隠れているんだ。
リピートメッセージは、偽りすら連れてくるんだよ。
半端ない理由がテイクスフューチャーしているんだ。
ドリーマーがそれを目指すならクォリティかもしれないね。
僕は大切なものを見落としている気がする。
それを描けるストーリーの方向にいるなら、
僕は謙虚に見届けたいとすら思うね。
難しく考え出すと逃げ出したくなってしまうのかい?
リピートがメッセージを連れてくるなら、
意味不明すら笑い出すはずさ。
リピートメッセージは、クォリティと共に
一途にさせてくれるはずだからね。
俺に何らかの価値を描いたんだろう?
ハーモニーは追随していく未来を、大切にしている嫌いなフュージョンを、
ミュージックで彩った。
価値を失ったんだ。
そして爆発した。
イメージは超越していった。
僕は何もできなかった。
僕は何もできなかったんだ。
究極がバトルロワイアル。
夕日が僕の頭に焼き付いた。
萌える炎がダンスするなら、価値観は笑い出したから。
生み出したサバイバルが、僕を食い入るように見つめている。
僕は何をすればいい?
手を前にだした。足を前にだした、
震えながらも前に進んだ。
解決しないドラマが木霊している。
サバイバルならミュージックが彩っていく。
半端ないテイクスフューチャーが、価値観すら求めだす。
大好きな空間が、サプライズの意味を問いかける。
だから僕は設計したんだ。
意味の無さを、追憶の果てで消える希望を、
最果てのメッセージを、貫く為に僕は生まれてきたんだ。
ドリーマーが求めるエンドレスを、
開拓していく文化のラブを、
究極的コンテンツで埋め合わせをした。
リズムはレスキューを歌い出すように。
ロックンローラーなファンタジーはクォリティを求めるようだった。
理解できるメッセージが、更に連れてくるものがある。
果てしなさが栄光を呼び寄せる。
そのハンターに、求めだす時を祈るように、
空間は探してサプライズにさせていく。
ドリーマーはその栄光を満ち溢れさせるように。
道徳はその未来を切り開くように。
伝説はクォリティを逃がさない。
最高のファクトリーなら、
メッセージすら歪に変えられてしまうだろう。
歴史的ファンタジーが移ろいゆくなら、
さあ、切り替わる時間だ。
本来のミステリーが、差し出す方向性を失うなら。
世界観的な魅力に、
歪にさせられた記憶すら、
持てあます記号の後ろめたさすら、
価値を置いてけぼりにした空間の、
サプライズ的な天気予報を目指してくれたんだ。
ハイパーパワーでエンドレスを求めだす。
空間とそのサプライズに意味を越えさせるなら、
伝説的クラッカーすらも、形にできただろうね。
僕が求めるものは更に超越しているものだからさ。
空虚な恋愛トークにはまっている訳じゃないんだよね。
ちゃんと感情を消費しているからさ。
影響が栄光なら、
ラブリーハートを求めるなら。
ロックンロールが求めだす意味が越えていくなら、
歪な世界にすら、行動のロックンロールを託す
意味ができると思えるんだよ。おかしいよね。
サプライズな世界観な空間を、
見出した果てにあるメッセージを。
イデオロギーで体感しているメッセージであり、
歌い出すハーモニーを作る永遠であり、
退屈性に彩りを増していくなら。
それでもストレートを求めているのだろう?
始まりは抵抗するかもしれないが、
リピートするメッセージはそれほど悪いものでもないんだよ。
これがまた不思議とね。
リピートするリムーブと、価値は歌い出すのかい?
そこに言葉が広がる限り、
運命は卓越していくだろう?
歴史が本懐をメッセージとして受け継がせると言いたいのか。
レベルアップは興味であり、サスペンスは歌い出すハーモニーなんだよ。
ルックスライクなんだね。それを言葉にする難しさくらい
知っているだろう?
ハーモニーな現実が確かにあるんだ。
究極性が意味を成し遂げるなら、
ハイパーパワーですらエンドレスになってしまえるはずさ。
栄光を受け継ぐ意思がないというのか?
ファンファーレ、そんなことはないさ。
リズミカルに俺の心の漂うままに、
炸裂していくだけだよ。
実際、ハーモニーなんてその程度のものだろう?
空間がサプライズするなら、その意味を呈してまで守りたくないさ。
しかし、意味は越えてきているはずだ。
サスペンスが踊り狂うならね。
でも、価値は常にユートピアだろう?
飽きる世界も確かに存在しているんだ。
じゃあ、その確かさと秤にかければ、その惨たらしさを
教えてくれるのかい?
価値観がアンチテーゼならね。
全ては操れるってことさ。
嫌いなことばっかりしてるといずれ自分が嫌いになるのさ。
それを認めたいから暴れ出したのか?
まあ、全てがそうであるとは言えないけどね。
理屈抜きで考える行動に、
サクセスだの意味不明だのを尽くすこと自体が間違っているのさ。
じゃあ、歴史はその狭間で何を願うんだ?
サプライズさ。形を求めているなら、
歴史とミュージックすら偽りにさせられてしまうだろう?
歴史が、大切な空間が埋め合わせするなら、
ダンスホールすら覆す意味を問いかけるかもな。
その果てにメッセージがあるからこそ、
君はいたちごっこに興じてきたんじゃねーのか?
少なくとも日本の闇はその辺に結構あると思うんだけどな。
リピートされる永遠が許せないのかい?
リズミカルな行動だから、仕方ないじゃないか。
大切な言葉が臨界点を越える瞬間があるんだ。
それを認めきれないから、今もまだもがいているんだろう?
究極は歌い出すんだぜ。
ハーモニーと追憶、その歌声のなんと素晴らしいことか。
リアルなフィットネスだけでは片づけられない問題があるのか。
リズムがそれを生み出すならね。
空虚な伝説に、クレイジーすら携える、感じられるんだ。
じゃあ、俺は一体どうしたらいい。
いつも通り、思うままに生きればいいんだ。
それ以外のことなんてしなくていい。
やがて世界は俺達に問いかけるだろう。
世界は我々の答えを待つことになる。
リズミカルな行動が歌い出すなら、
ハーモニーすら追憶の彼方で、歌い出していくはずだから。
リピーターが歌い出すなら、
それにすらハーモニーを追随させたくなるだろうね。
急遽に、歴史をフィンガーアイランドにしたくなったら。
価値はそれでも未来を託してくれるのかい?
リピーターがメッセージを彩るならね。
空間的サプライズが今も越えてくれなくて
困っているんだろう?
ファンタジーな後ろ側であり、
退屈が世界観なら、ミラクルさえ抵抗の材料にさせられてしまうはずさ。
大して面白くもねー仕組みだな。
宇宙ってのは実際裏側があるんだろう?
その闇を越えて、サスペンスをミラクルにしていくなら、
その価値はおぼつかないと思うのだが。
引っ張りだこになっているなら、しょうがないって
イメージも確かにあるね。
覆す価値に興味が無いなら、
サスペンスを踊りまくる影響も、
受け入れる価値などないと思ってしまうリズムすら。
カテゴライズされた未来になってしまいそうで怖いな。
リズムはフューチャーでも連れてくるのかい?
大切な言葉の美学と、埋め合わせする天才は、
トランスミュージックの中にでも隠れているのかい?
レベルアップがフィンガーアイランドなら、
覆すくたばりそうなメッセージさえ、イッツラブな
コミュニティになっているのかもしれないね。
ダンシングハニーなバルザックは、あるいは。
価値として追いかけることに後ろめたさでも感じたのかい?
リズムが卓越しているんだ、今更そんなことは怖くないさ。
ただただ漂う歴史を開拓するなら、
栄光がびびって埋め合わせをするなら、
覆す意味さえ越えてくれるだろう?
ファンキーな歌声に興味がないなら、
それも天才的な動きなのさ。
理解できるかい?分かるかい?
リズムが埋め合わせしていることは分かったよ。
ただ、今立ち尽くしている意味はなんだ?
結局未来は切り開かれないじゃないか。
マグロの刺身みたいだ。
果てしなく、そんな味だ。
大切さが虚ろになっているんだろう?
解決する歴史。
俺は君たちの知らない世界を知っている。
努力が引っ越しているんだね。
理解が共鳴するなら、ワンダーランドすら立ち尽くす現実に
会いにくることにならないか?
意味不明が笑い出しているんだろう、
究極的って言えば確かにそうかもな。
リアルが求めだしているのは確かだ。
リズミカルな行動の果てが、目指す場所を耕すならば、
欲望に目が奪われてる馬鹿どもには
聴けない話題が、サルベージできない未来が
卓越しているのさ。
究極的ワンダーランドだからね。
覆す意味を、今を閉じ込めるなら。
歴史的ミュージック、it7s loveだから。
コミュニケーションが高い場所に移り変わっているんだね。
究極的ディフェンスが、まだ追いかけているリピートされる、
世界にエレガント性を求めているんじゃないのか?
大切さでは劣るもんな。
正しさがミュージックなら、
偽りを鼓動とするなら、
興味すら卓越するミュージックは、
彩りを求めてまだ彷徨うのかな。
リピーターがブーストされる運命を笑うなら、
その限りではないかもね。
実際、面白い展開が続けざまに、
流浪に生み出されているんだよ。
ハーモニーが追及する階段を、
人間としての基本として中軸に据えるなら、
価値観はやっぱりノストラダムス並みさ。
ロックが歌い出すなら、
ハーモニーすら追憶するかもしれないからね。
ダンスするミュージックに偽りはないと断言するのかい?
そういう表現は好きじゃないけどね。
大切さと偽りは、いつでも共存しているんだ。
だって、何かを偽らないと真実は証明できないでしょう?
完全に正しいものなんてないんだから、
何かを絶対にしたら必ず論理のどこかに無理が生じる。
勢いで意味不明を呟いているんだろうか。
その気心が知れない内はね。
リズミカルな行動すら、嘘にさせられてしまわないように。
覆す意味のなさを、天才的に包括的宇宙で
満たすべきなんだよ。
始まる世界観が、歪な展開で乗り上げるなら。
ライクライクなメッセンジャーも、
クォリティとして受け継がせているリミットも、
正しさを求めてまた彷徨っているだろう?
価値観がアンチテーゼだから、魅力はファイナルアンサーなのさ。
覆す意味すらないなら、僕らはどうしたらいいんだろうね。
差し出せるリアルがないんだ。
そんな意味すら、無い世界で、
行動的にロックンロールになるということは。
リズムとしての追及、馬鹿にするエレガントさも、
感覚でエイトビートを望みたくなるはずさ。
栄光と共に受け入れるなら、
ミュージックをサバイバーにして、
歴史とサバイバルなメッセージにするなら。
価値観として、それを追いかける意味合いとして。
受け継ぐなら、最高の意味を越えていけるのさ。
リピートするミュージックが偽りならば、
展開の意味不明さすら、
カテゴライズの興味に虚ろに移ろいゆく可能性があるんだ。
色んな方向に踏み進むんだね。
まさに冒険家の鏡だ。
正しさは笑い出すんだろう?
僕は興味すらないのさ。
リズミカルな行動の果てに、
全てが眠っているとは思えないけど、
それでも楽しさは僕にとってとっても
価値のあるものなんだ。
それはもう、素敵なほどにね。
空間的サプライズが今も意味を求めて
それを探し続けるなら、
リピートとミュージックは偽りを目指すだろうか。
ハーモニーはそれを伝説として、クォリティ的な
異次元として、突破する意味さえ越えてくれるだろうか。
ファイナルアンサーがそれを求めるなら、
リアルなフューチャーすらカテゴライズさせるはずさ。
そうやって言語は進化をしてきたんだ。
隣人がリミックスならば、
鼓動を僕とするならば。
栄光が着実にやってきている気がする。
リピーターとメッセージ、
意味不明な価値観、
ビューティフォーなチェンジングすら形にして。
リズムと、最果ての行動を示せるように。
活動する運命は、その距離をはかるように。
理解が歴史になっているから、
興味すらもマジで半端ないことになっているんだ。
空虚な伝説が後を濁すなら、
そのサプライズ性すら形になるかもね。
リピーターはそれを生み出しているんだから、
ファイナルアンサーは改革なんだ。
ロックンローラーなティーンエイジャーが、
それを満たす時、限りなくフィールドは音を飛ばして会いに来てくれると
思えるんだよ。

飛び出す栄光として、
究極が笑い出しているなら。
リミックスに歌い出しているから。
大切な言葉をクォリティにさせてしまうなら、
興味すら虚ろになってしまうんだろう?
興味が、卓越したミュージシャンが。
価値を追いかけまくるなら。
歴史的ファンタジーは、埋め合わせをするように。
ロックンローラーなファンタジスタが、
未来すら越えていく。
ファンデーションがキモなんだね。
サプライズなゲストが追いかけるなら、
空間はもっと走り出すだろう。
歴史的ミュージックを、偽りにさせているんだね。
世界観をミュージックにしていけらば、
ラブライブみたいなサプライズ、
越えていけるパッションだろう?
ロックンロールなファイターが、
現実味を帯びてくるなら。
機械人形な歴史、
危ない橋を渡るような。
空間的サバイブをイメージするような。
空洞で、意味不明で、価値観で、ブルースで。
共鳴しているような、いたちごっこでは防げない運命で。
メリーゴーランド、究極性、
リズミカルな行動、
サスペンスでミュージックを彩った。
それは綺麗だったのかい?
リズムとしては、受け入れる価値すらあったかもな。
その人形のような生き方に、プライバシーはあったのかい?
リズムがそれを望むなら、空間さえ笑い出すんじゃないかな。
サバイバル、価値観を空間として託すような。
半端ないリアルが届くのさ。
それはサイコキネシスだな。最高がチェケラッチョなのかもしれないな。
数ははからずとも、リアルはフューチャーなのかもしれない。
それをリピートできるかどうかってのは
かなり大事なことなんじゃないのか?
ファンタスティックなドリーマーを描くなら。
空間としてリピートする、運命がリピートされることを喜ぶ。
価値観がブルースである限り、興味、虚ろに展開されていくなら。
活動家、リアルに生きているドリーマーがいる。
やばいくらいストロングなベイベーならば。
活動と展開、リピートミュージックが、
憂鬱にさせられる展開を、
リピートされるミュージックを、偽りを。
展開の無さを、嘆くように。
興味が移ろいゆくように。
ハーモニーが伝説を繋ぎ合わせる。
空間と、リピート、ミュージックに参ってしまわぬように。
恥ずかしく生きてみた。
価値観はブルースだったから、
ハイテンションは訪れたんだ。
記憶してたメロディが爆発したんだね。
空虚が笑い出すなら、その展開すら笑える意味はあると思うよ。
確実性が愛おしいなら。
それすら希望に変えてしまうのだろうか。
かたっぱしから、エンジョイパーティなら
むしろ流浪に。
それを意味するものが無かったから嫌だったんだろ?
ロックが笑い出すなら、
展開次第では狂気にすらなるはずだ。
栄光を認めるなら、キャンサー。
ファンファーレが求めだしているんだろう?
窮屈な世界を認めるなら、
その価値すらおぼつかないかもな。
レベルアップにフィンガーアイランドなら、
活動家な世界も栄光を満ち溢れさせるだろうね。
究極的なワンダーランドが止まらないんだ。
じゃあ、なぜ弔い合戦はサバイバルを選択した?
大切な言葉をエンジョイする為に、
それは行動の狼煙をあげるために。
理解する為。共鳴する為に。
理想を一致させてきたんだね。
究極性に歌い出してやりたいもんだ。
リピートするミュージックを愛するというのか?
始まらない世界に対して、今更面白おかしくしても仕方ないだろう?
興味があるのだろうか。
それだけでは、かけがえのない宝物を失ってしまうのだろうか。
残念ながら、そんなことはないよ。
希望は消えることがないんだ。
ちゃんと頭を使って考えれば、
色んなことが分かってくる。
リズムはそれを本当にするために、
空中に浮いているのだから仕方ないだろう?
興味が卓越するなら、ミュージックすら移ろう季節に
ワンダーランドを認めるなら、
歴史すら展開力を暴走させるはずなんだよ。
リミットの歌い方では、エンドレスな日々が越えていくのだろう?
最果てをミュージックにしているならば、
活動する意味を越えていきたいのだろう。
ファンタジスタはそれを望んでいるのか?
確実視していることは確かだろうな。
意味は壊れていくのだろうか。
それも気分次第だな。
それを認めた結果、終わる未来に卓越するようなことになっても、
リピートされる運命は虚無で笑い出すのか?
栄光がリピートされるならね。
その大切なことはループ&ループなのさ。
続けるリピーターと共にブーストされるなら、
空中に浮いているレベルアップですらも、
価値を追いかける結果になるんだ。
その悲しさは、君が良く知っているだろう?
ハーモニーが追及する未来は、嫌われるほどに心底嬉しそうに、
大胆不敵に行動させるしか、行動的な意味不明にさせられないんだよ。
興味が炸裂するなら、鼓動を僕とするなら。
栄光と、ミステリー。ワンダーランドすら映し出すなら。
空間的サバイブに、メッセージすら彩れるように。
ハーモニーは伝説的な未来を描いている。
大切な言葉と、ラフランスな回答を
求めるなら。それが空間であることに、
今更悩みだすなら。
世界観で彩る空間すら、
偽りになってしまうのだろうか。
それが怖いからみんな目を伏せてるのかな。
いや、あいつらは結構、何も考えずなれそめに身をゆだねているだけだ。
人間は結構愚かな生き物なのさ。
それでいて、時々天才が現れる。
やっぱり考えられるってのは強いよ。
メッセンジャーがクォリティすら歪にさせてしまったのかな。
リピートするメッセージすら歪なら、形冴えいらなくなってしまうだろう?
健康がチェケラッチョしているならば、
ドリーマーな栄光すらも。
理解が始まりの狼煙なのかもな。
サバイバルを生きさせるならな。
そこら辺を考えてない連中に何もしてあげられないのだ。
価値観がユートピアになっているなら、
やっぱり空間は笑い飛ばすしかないよ。
リズムが荒唐無稽になっているんだからさ。
でも究極は大胆不敵な行動のビジネスととらえることも可能じゃないか?
ロックが歌い出すなら、それも可能だろうな。
とにかく歴史をひっくり返すだけだ。
未来が笑い出している。もう猶予はあまりねえ。
確実な世界観を彩りたいなら、空中庭園バビロンよりも、
素敵なメッセージすら存在していいはずなんだ。
リアルな生きがいならば、ファイターとしての生きがいすらも。
検討をしたくなるはずなんだよ。
興味が着実にエイトビートにさせるなら、
感覚的ブルースで、闘魂注入させるなら、
ファンタジーを歌い出すならば、究極的メッセージにさせられてしまうのだろうか
ハーモニーが伝説を呼びこんでいるのだろうか。
違うから、影響力はヒップホップにされてしまったのだろう。
空洞がワンダフォーアイランドなら、また認めることもイマジネーションに
されてしまうかもしれないってことだよ。
ファンクション、ミッションが存在しているからね。
ドリーマーなエイトビートが笑い出すなら、
その空中に浮いているイメージすらも、猛り笑うイメージになってしまうだろう?
ハーモニーが追及してくれるなら、
その半端じゃない凄さすらも、価値にさせてくれるんだ。
ハーモニーは伝説的未来を、栄光として受け入れてくれるんだね。
ハッピーなライセンスが、行動の美学を照らすなら、
でも待てよ。難しいイキナリに、行動は耕せるのか?
常に言葉を探す姿勢を失わなければな。
理解は歴史を既に越えている。
果てしない戦いにすらも名を残しているんだよ。
それを守れるかどうかってのは重要な転換点になっていそうだな。
シンギュラリティは近い。
特異点が笑い出すんだ。
空間的サバイブがメッセージにしてくれるからこそ、
エイトビートな算数を栄光にしているんだろう?
ドリーマーが歌い出すなら、ハーモニーが追及してくれるなら。
リピートされるメッセージすら、虚ろになってしまう
展開的には、ラビリンスだろう?
ハーモニーで歌い出せるなら、しっかりとファイヤーで
後ろめたい気持ちを受け流しながら。
感覚てトレジャーハンターにでもなれただろうさ。
確実なことはなんだろうな。
はっぱかけてしまいすまなかったな。
いいや、気にすんな。人間誰でも間違うもんだ。
決して間違わないなんてそれはもはや別次元だ。
そもそも正しさとは何なのかすら、俺達よくわかってないんだ。
興味がサクセスロードならば、
追憶の陰に隠れているんだろう?
リピートするメッセージが彩ってくれるならね。
半端ないリアリティが追及してくれるなら、
僕は作家にでもなりたいよ。
リズミカルに歌い出すことをニューロンが太鼓判を押しながら、
笑い出すなら。分かりだす、世界がオーケーをリピートさせていく。
ドリーマーの栄光すら、猛り狂うように。
ワンダーランドなフューチャーキングになっているんだろう?
ハーモニー的な伝説を、スクラッチしているなら。
ドリーマーな栄光を満たしてくれる。
それが温かさに、緩やかに、ぽかぽかに。
生きている希望が、走っている気がしたんだ。
リピーターはブーストされていく運命を、
開拓していく文化を。どこまでも笑いたい。
どこまでも運命に逆らいたいもんだ。
理解、サバイブ、生み出した価値観すら。
馬鹿にされているんだろうか。
ファンタジスタな、栄光すら導く。
蛍光灯、メッセージなクォリティ?
異次元突破するファンタジスタに、
記憶は流浪に耕されていくのだろうか。
ハーモニー的な伝説は、スクラッチする運命に、
卓越するファンタジスタ、興味ねえよ。
リズムが設計している、リピーターとモンスターに、
リアルなフューチャーをドリームにしている。
痛みって言葉を書きまくりたいんだけど、
俺自身痛いのが嫌なんて痛みって書きたい時は「怒り」に
変えてるんだよね。
痛みよりは怒りの方がましだと思ったんだ。
でも僕、実際そんなにあまり怒ることがないんだよね。
まあ、それでもどうでもいいか。
解説力は、サイバーエージェントは、
卓越する価値を越えていく。
リピートするメッセージと、
潔さに勝っていく手法だ。
ラブリーエンジェルが意味さえ求めるなら、
サイバーな価値を、最適なミュージックを、
流浪に生きているレベルアップを、フィンガーアイランドに変えて
いかなくてはいけないだろう。
ハーモニーは追憶の彼方から、追及していくんだ。
ドリーマーは栄光すら携えて。
リピートするモンスターになってくれるんだ。
ファイターは踊りだすように。狂い出すように、
世界観を満ち溢れさせるんだ。
歴史が理解を置いてけぼりにさせている。
苛まれている、価値に追いかけられたら。
究極性はそれでも意味を翻すと思うか?
リピーターがブーストされていく運命なら、
価値はクレイジーにファイティングスカイハイにエンジョイパーティ
されていくことだろう。
リズムが開拓する次の次元をメッセージにしていくんだ。
ハーモニー的伝説で、スクラッチなエイトビート。
格別なリピーターと、ブーストされていく運命ならば。
ロックンロールファイターだから、影響力はヒップホップになっているんだ。
サプライズな意味すら越えていくなら、
レベルアップなフィンガーアイランドすら、
移り変わるメッセージ、存在と非存在。
生きている、価値を放り投げるなら。
サプライズを光景を、リピートするミュージックを、
一途にファイティングしている価値すら、
ファイティングトゥモローで伝説を呼び寄せたい。
リズムが究極になっていくなら、
ファンタジスタな未来すら卓越するよ。
歴史的イージーなミュージックすら、
歪な感覚にリアリズムを追及する果てになってしまうなら。
歴史的充実的なメッセージを、
大切な言葉でエンジョイパーティになっているなら、
その面白さを、壊れそうなダンスを、
メッセンジャーな価値を追いかけるんだ。
ファンクションでメッセージを伝えるんだね。
興味がないようなサプライズなら、
抵抗力すら栄光に変わっていくのだろうか。
それを求めるものがはっきりしているなら、
それもありだと思うよ。
栄光って奴はなんだろうな。
ひどく光るなにか、ひどく輝く何かだ。
満たす。必ず、栄光が満たしてくれることを望むから。
歴史がファイトしていくならば、
ドリーマーとしての栄光すら、
形としてのイメージすらも。
歴史的ファンタジーに、クォリティを異次元にさせたリアルが、
簡単に行かないカンタービレ、
メッセージが愛おしいんだろう?
ロックンロールなファンタジーが欲しかったんだ。
生み出すことなんてできたのだろうか。
運命が俺に閉じ込める最果てを、
目指す空間を驚かせるような。
理解を距離にしてみたいよ。
君の心にふれていたいよ。
そうか、とっても優しいんだな。
そう、とても僕は優しいのだ。
できれば、このまま生きていきたいのだ。
それでも歴史は変わっていくだろう。
俺の心の変化に合わせて、世界も変わっていく。
これまでの歴史が、まるでフュージョンしていくように。
ハーモニーは伝説的にスクラッチしていくだろうから。
栄光を灯しだすなら、ワロスが歌い出すなら、
活動的潜伏者、その光にも栄光があるように。
それを願ってやまないんだね、それはとっても素敵なことだと思うよ。
綺麗が歌い出すのかい?
リズムで謙虚さを笑うことはできないからね。
怒涛の感情をどうやって洗い流すんだ?
何も考えないって何もしゃべらない、
それじゃ人形と何が違うんだい?
ファッションがイメージを連れてくる。
歴史的ミュージックを、偽りにしたくないなら。
クォリティとしてダンスしていきたくないよ。
リズミカルに歌い出すから、ハーモニーは連れてくるんだね。
リピートするメッセージとクォリティ。
異次元突破するファンタジスタのように、
希望は託された。未来に託された。
価値観は、ワンダーランドを連れてきたのか?
それはまだ、今の時点では分からないね。
理想が追求する果てにあるものが、一体何なのか、
夢の果てに一体何があるのか、それが楽しみなんだ。
ちょっとだけ微笑み、彼らは逃げ出す。
ラブリーにとっかかる前提条件として、
リアリティが結ばれるなら、
それらの空間、それらをひとまとめにして
リアルなフューチャーな価値観にすることすら、
偽りにさせてしまうのかい?
メッセンジャーなクォリティ、異次元突破したいなら。
強力な、ファイターでダンスしなさい。
苛まれている価値の中で踊り、焦り、笑いなさい。
でもそればっかじゃ意味ないよね?
活動家なんだ。どうでもいいことでも表現しないと。
活動、それは行動することだ。
どこで何をして活動しているのか。
部活動みたいなもんだ。
理解ファイティング。その意味を知りたいかい?
行動が深い世界に陥った時、
それでも灯される炎に、
リピーターがファンタスティックを映し出す。
大切な言葉が影響力を解き放っている。
興味がサクセスの秘密を耕しているのかい?
リズミカル、砕け散る、
理解しているファイティングが、
世界観を越えていくリズムすら、
マウンド上ではピッチャーがすでに振りかぶっている。
メッセンジャーが越えていくなら、
リピートするメッセージを、
クォリティでファンタジスタで、蛍光灯に
差し控えるレベルアップならば、
ロックンロールなファイターが、イメージしてくれるんだ。
半端じゃないリアリティが、メッセージとしてクォリティに
させてくれるなら。興味を卓越するダンスが、
忌々しいワンダーランドを、認めるように。
空間は、興味を炸裂させていくんだね。
荒唐無稽だからいいんだよ。
それを認めた上で、活動させてんだ。
リズミカルな行動、サクセスなフルメタルを行動させるなら。
活動展開させる、リズムにレスキューさせるということは。
沈みだす光景に、ワンダーランドを満たしてくれるんだ。
半端ない世界観を、越えていけるなら。
リピーターと、ブーストされる運命を、
声高にイメージしている、ドリーマーな栄光を、
求めるファンタジスタ、栄光を越えていきたいと。
大切な言葉と、ラフランスを。
イメージしていくトークバックを、
最果てのイメージすら、サクセス、ロマンチック、
路頭に迷っているレベルアップなアンチフィールドに、
価値観すら壊れていくなら。
ファンタジージェットコースターに、
アイランドすら満たしてくれるはずだ。
理解の歴史を、ミュージックなイデオロギーを。
伝えてくれるファンタジーアースに、
ミュージックが愛おしくなってしまうから。
レベルアップなフィンガーアイランドなら、
空中に浮いている歴史すら、虚ろになっていくだろう?
ブルースがチェケラッチョならば、
歌い出すハーモニーが追及されているならば。
大切な言葉、ミュージシャン、大切な言葉がクォリティだから。
影響力とヒップホップソング、
大切なリピーターに、ブーストする運命を与えた。
レベルアップダンシング。
世界観を変えるようなリミッターを失ってまで。
影響力はヒップホップで、形を失っている。
ドリーマーがリミッターを生み出しているからね。
確実な世界観ならば、勇気とユートピア、メッセンジャーな価値すらも、
おぼつかないイメージになってしまうなら、
活動感を携えなければ、
ファンタジスタな空間は虚ろになっていかないんだよ。
歴史的ファンタジスタが、未来を守ってくれるのなら。
活動家は後ろ側で、伝説的ミュージックに移ろわせる。
ということは、リピーターやブーストすら、
意味のない価値観にたゆたうメッセージに成る訳だ。
そういうことになるな。半端ないリアルや小説は、
奇妙に重なっていくもんだ。
リピーターが作り出すメッセージや、
嫌いになれないスタンドバイミーに、
それが目指すクォリティすら、
一途になっていくポテトパニックなのだろう?
究極が笑い出すなら。
大切さを作り出したいんだ。
興味が炸裂しているから。
ブルースと共に生きているからね。
リピーターがイメージしてくれるなら、
ファイターはジャッジメントなんだ。
ロックンロールがファンタジスタならば。
記憶と共に粋なファイヤーになってしまえるぜ?
空間的サプライズ、意味すら越えていけるなら。
無限を追いかける。歴史的ファンタスティックドリーマー。
栄光とチェケラー、
歳月は言葉を彩るように。
ロックンローラーがファイティングするなら。
それでも価値を求めているんだろう?
恥ずかしくはないさ。
リピートしている絶対が記憶してくれているんだ。
だとすれば、私の心のなんて大胆不敵なことだろう。
興味が炸裂しているならば、サクセスの秘密。
染まらない私をあいつらは嫌った。
大好きなテンションで、踊りだす共鳴を。
ワンダフォーライブを、ミュージックに一途に求めさせるように。
空間的サバイブは、メッセージで取り戻したかったから。
影響力、ヒップホップエンジョイならば。
ロックンローラーにフィンガーアイランドになっている。
ドリーマーからの栄光、影響力。
ヒップホップで活動させてもらう。
その願いのなんと浅ましいことか。
リズミカルに歌い出すことが行方不明ならば、
確実性すら彩ってしまうのだろう。
大切な言葉がメッセージになってしまうなら。
覆す魅力すら裏側に隠れてしまいそうだ。
ファンファーレ、逃げ出したいほどだ。
理想がチェンジしてくれるなら、
リピートモンスターは、追及してくれるのだろう。
理解が歴史を背負ってくれているのであれば、
ファンクションなセッションは意味ないと思われるかもな。
歴史的ミュージックと、愛おしさにねじれまくりそうだ。
空間的サプライズすら、今を意味を越えていくなら。
生み出した価値観が怖くなるのかい?
リズミカルなダンサーならそんなことすら必要なくなるんだろう?
ハニーたちに、エイトビートを卓越させる興味を移ろわせるならね。
ファンタジスタな未来は、嫌わない程度に愛していたいのさ。
リズミカルにコミカルに、歌い出すことが希望ならね。
覆すリミット、そこまで差し出せないんだ。
残念ながら、リミットは・・
サスペンスの行動とビジネス、
最果ての描かれたミュージックが、イデオロギーならば
価値観すらミュージックにしなくちゃ意味がないだろう?
白熱する男子とのダンシングが、
メッセンジャーなクォリティを置いてけぼりにされるなら。
空間とメッセージ、意味不明な価値観がカテゴライズしていくんだ。
ブーストされている運命が、確実性を最高にしていくなら、
その価値観すらミュージックで煌めいていくだろう。
恥ずかしい世界とエンジョイパーティを
ルーレットのように、ぐるぐる回らせるなら。
それすらも大切なことになってしまえるだろうさ。
興味がないのかい?
リズムはチェケラーしながら君の次の言葉を待っているよ。
最果てのリズムを喜ばせることができれば、
最高なのさ。
いわゆる最高なんだ。最上級の喜びなんだ。
果てしない勢いがそれを望むならね。
その繊細な場所に立つ権利を、存在する権利を
君は得たんだ。
だから誇りに思っていい。
リズムは狂っていっても、
リズムはチェケラーしてくれるだろう?
ハーモニー的な伝説で、スクラッチしてくれるなら永遠は。
ミュージックなファイターを持ち上げるように。
その空間は笑い出すのさ。
出来事は奮闘しながら、未来を切り開くんだ。
半端ないイデオロギーに、興味をサクセスさせながら。
運命は煌めいていく。
怒涛のリズムで、追いかける満たす世界に、
影響力は引っ張り上げていくんだ。
理解する歴史が、ミュージックすら伝え始める。
リミットで浮き沈みしていくなら。
レベルアップなフィンガーアイランドを
満たすことしかできなかったとしてもね。
メッセージがクォリティすら求めている。
リズミカルなファンタジーだったからこそ。
リミックスなジェットコースターアタックならば。
ロストチルドレン、最果てのメッセージを彩るように。
空中に浮いているレベルアップは、ワンダーランドだろうか。
ファンタジスタな協力、味方はフュージョンかい?
リズミカルな行動は、その苛まれた果てに、
メッセンジャーを連れてくるのかい?
リピートするブースト、運命が戦い続ける。
ケセラセラなワンダーフューチャー、
確実性を灯しだすように。
空間はエレガントだ。
究極的なメッセージが、生きている。
レベルアップなフィンガーアイランドになっているなら、
空虚なリピートムードすら、偽りになってしまうなら。
世界観すら魅力的に思い出すしかなくなるようだぜ?
サクセスのストーリー、追及してくれるなら。
寂しい世界にエージェントが未来に、
嫌われるように、世界観はミラクルになっていく。
世界が踊りだすなら。世界観をミュージックにしたんだ。
究極的ダンスで、イメージしたんだね。
大切さとイメージダウンが肯定させるなら。
空間とサプライズを越えている。
ドリーマーな栄光は追随するように。
ファッション的に、ミュージックサバイバーにさせるから。
空間的サバイブであり、メッセンジャーは求めていくはずだから。
リピートとブースト、興味が炸裂するならと思って、
取っておいたレベルアップなフィンガーアイランド。
一生ダンスするミュージックに、
偽りすらブーストするテイストに。
探し続ける生き方ならば、ラブリーなチェンジ。
ファイティング世界観に、ミラクルエイジを満たすならば。
活動的にサムライマーしていくしかない。
リミットが疑い出すなら、空間すら炸裂していくだろう。
興味が卓越するワンダーランドになっていくなら、
距離としての運命すらも。
価値観としてのビューティフォーすらも。
栄光のチェケラッチョファイターが、
生み出した価値観は。
ロックンローラーなパーティが邪魔をするなら。
活動的な記憶が、それのみじゃなく、
ファイナルアンサーを伝えてくれるなら。
世界観すら越えていきたい。
リズミカルなダンスを伝えていきたい。
リミットならば、歌い出していきたい。
リクエストがあるなら逆に聞きたい。
リズミカルな行動、もっとサスペンスを求められたなら。
だけどそういう究極ですら、活動を意味にしていくんだよね。
半端ないリアルや、共鳴するダンスが、
興味を卓越させているってことも分かっているんだろう?
ハーモニーで追及することが果てしなさを手に入れてくれるなら。
価値観すらミュージックにされていくんだろう。
始まりの世界観ならば、栄光としても魅力的なんだろう。
ロックが歌い出すから、共鳴すらダンスできそうなんだ。
サスペンスが笑い出すから、空間は距離を満たしていくんだ。
リミットな行動だから、サスペンスすら連れてきたんだ。
興味が炸裂するマイナンバーならば、
活動家の未来すら、受け継ぐことができるんだ。
究極的アンサーならば、
活動していくリズムが追及してくれるんだ。
半端ないリアルが興味すら抱いてくれるんだ。
半端ない素敵な生き方が、ファンキーな問題を連れてきてくれるんだね。
リズムが追及してくれるなら、半端なさで対抗してやろう。
そしたらリズムが笑い出してくれるのかい?
リズミカルな行動で大切な言葉に、
ミュージックなサプライズに、意味不明に笑い出すように。
サスペンスな行動の美学、大切ならば。
理解しているファンタジスタが、永遠を待っている。
努力家ならば、栄光すら満ち溢れさせるのだろう。
興味と、卓越するルーキーが楽しみを伝えてくれるなら。
半端じゃないリアルが会いにきてくれるなら。
歴史としてのミュージックすら、偽りの
交換条件ですら。
半端ないリアルが共鳴してくれるのさ。
リズムが歌い出すハーモニー、
歴史的ミュージックを作り上げる天才になっていく。
ドリーマーな栄光すら伝えてくれるんだね。
半端ないリアルが興味を示してくれるんだね。
歴史的ミュージックならば、偽りにならないように。
ロックンローラーなファイティングすら、
価値観すら、ユートピアすら。
栄光すら、極め続けてくれるなら。
半端ないリアルが求めだしてきてくれるなら。
価値観とブルースで、興味を卓越するダンスを、
サクセスの為の秘密を突き抜けていく。
ラブリーハートが満たされるように。
空中分解をしないように。
始まりの世界を大切にしているんだ。
ドラマチックなワンダーランドならば、クォリティと異次元突破なんだ。
歴史が最果てへ目指すから、歴史はミュージックにしてみたいんだ。
階段を駆け上がるように、リピートするミュージックを偽りにしないために。
リアリティショータイムならば、活動の興味すら、
移ろいゆくことができるように。
サスペンスは、前に進むように、
まるでダンスでもするように、
愉快に街を駆け抜けていく。
黄金の音色がそこら中に響く。
開拓する文化?ナイーブになれない侍を。
究極的なミステリーワールドを、
世界に影響力で、
ヒップホップでソングライティングしてくれる価値を。
イメージを、追及してまでミラクルにしてくれている、
リピートモンスターにすら、活動家にすらなれてしまう。
努力家だから、ファイティングブラザーに
興味すら卓越してくれるなら。
歴史が歌い出すハーモニーが、
誰かを探している興味、サプライズな世界観。
ミラクルなエージェント、
大切さと共に生きていたい。
理解が遠くなっているのかい?
理解していた、ドリーマーは美しく。
描かれるように、ワンダフォーを彩るように。
サバイバルな価値観を求めるように。
空中に浮いているレベルアップは、
活動を興味にして示すようにしながら。
空間的サバイブであり、
価値が行方不明になったとしても。
空中分解していくリアリズムに、
大切さが美しく散りゆくように。
ハーモニーは伝説を彩るように。
世界は異常気象から救われるように。
歴史、ミュージック、カテゴライズされた興味を。
それを示せばある程度幸せなのかい?
違うな。最高に幸せなんだよ。
リズムがテンポアップしてんだな。
それを認めることができたら、
ファイヤーサインすらもたらせるだろうからな。
その距離が大したことないから、
大問題に発展してしまう可能性すら携えてんだ。
リズムが価値を置いてけぼりにされてしまうことが
怖いのかい?
リズムは生み出す距離を怖がるだろうよ、
だけどね、必然性はリアルと共にやってくるだろうよ。
もたらすものが最高だろうが、
それに追随する未来が、感覚が、美しさが、
エイトビートに音色を正すとは限らないだろう?
確実な世界は確かに漂ってないな。現時点では。
ハイファイ新書なんだよ。この世界は逆流してんだ。
半端なリアルが光景を無駄にしているから、
メッセンジャーはいまだに立ち上がりたがっているんだ。
それは究極性を壊すほどのエネルギーは持ってない。
つまり、炸裂するだけの興味がないと、
勢いがなくなってしまうってことさ。
ラブリーなハートだけでは、偽りが生じるかもしれないからね。
特にお金を扱う場合、それは重要な節目になってしまうんだ。
それは、価値が東奔西走しているからかい?
リズミカルに歌い抱いた結果、
リズミカルな行動の偽りかい?
興味すらサスペンスになってしまうんだ。
興味すら、卓越していくなら。
興味、ミュージック、
ファイヤーシスターズすら栄光を満ち溢れさせているだろう。
ドリーマーな価値観は未来に何を託す?
距離と勇気ならば、ファンタジアなチェケラーになっているんだね。
ドロップする同盟、
リズミカルな行動すら、サスペンスにするならば。
活動家な永遠が、未来を託すように。
興味すらサクセスロードに追及させるだろう。
始まらない世界観なら、ミラクルすらエージェントにしていくだろう?
興味と、卓越する未来すら、
勘違いして感じたいなら、
栄光のミュージック、艦隊コレクション?
チョコレートクッションだ。
ファンタジアがメッセージを突き抜けていくように、
ハーモニーは追及するいたちごっこを拒否できねえ。
それが意味不明である限り、満たし続けることはできるし、
そこら辺のサバイバー、意味不明ながら立ち上がるリアルに、
フューチャー、価値を越えていくならば。
ファンタジスタな空間、サプライズを置いてけぼりにするなら、
堂々と炸裂するミュージックならば、最高の欠席。
ロックンローラーなファイターすら、
偽りの距離にしてしまうのだろうか。
初めから世界観がミラクルなら、
チェンジしていくチェーンソーすらも。
偽りに世界観になっていく、
リズムとして生き残る世界になっているのだろうか。
ハーモニーが歌い出すなら、それすら痛々しいリズムに
させられてしまうのだろうか。
興味と、それすら虚ろにさせてしまう、
世界的な興味は移ろわないのだろうか。
それは意味不明な価値観に示し合わせる必要があると思うよ。
それを理解しているのは圧倒的少数だと思うし、
そもそも君の書いているこの文章も難解過ぎて、
普通の人には理解すらできないと思う。
それが違いだな、まあ、どっちでもいい話だ。
感覚的には、正しいのだろうけど
お金儲けの道具になるかは疑問ってわけさ。
楽しいのは認めるよ。
君は最高に幸せな人間だ。
エッセイに近いね。メッセンジャーが近くにいるのかい?
それがラベルに貼ってれば簡単なんだがな、
世界観はそれをミラクルにすることすら躊躇しているようだ。
半端ないだろう?
リアルはコンフュージョンするクラッカーなんだろうか。
それを認めた、果てにあるメッセージだったから、
究極性すら虚ろにさせてしまったんだろう?
活動の興味を示せたらいいな。
歴史的ミュージックに偽りがあるのに、
展開に未だに迷っているからだ。
そんな娯楽で全てを満たせるものか。
本当に幸せになれるのは自分の心とまっすぐ向き合った者だけだ。
ロックンローラーなパーティに、
見違えるさしずめ、理解者を孤独にさせているんだろう?
興味としてミュージックにしているんだから、仕方ないじゃないか。
それが本当に放蕩しているならば、
覆す魅力すら半減するはずだよ。
それをループさせない為に、その悪循環を
止める為に俺は生きてんだよ。
そうか、リアルなフューチャーが価値観を探し始めてるんだな。
じゃあ、あえて距離を埋め合わせするのはどうだろう。
興味がなくても、炸裂は愛おしさとして迎え入れてくれると思うぞ。
最適な方法が見つからないんだから仕方ないだろう?
価値観はそれでもユートピアを続けるのかい?
歯に着せるものがなきゃあな。ドリーマーと意味不明が、
笑い出す空間にサスペンスを取り戻してくれるなら。
最果てのリズムすら、カテゴライズしてくれる意味になってくれるだろう?
半端ないリアルがミュージックになっているなら、
価値観ですらビューティフォーにサムシングしてくれるはずだぜ?
リピートするミュージックが足りないってことか。
有り金全部使っちゃうタイプの人間じゃないだろ、君は。
ああ、まあ俺は浪費は嫌いだな。
本当に欲しいものに関しちゃ別だが。
しかしなんでみんな色んなものを自分のものにしたがるのかね。
独占欲って奴?
まあ、それは覆すことのできない理屈から来てるんだけどさ、
結局他人と自分は違うっていうなんらかの確証が欲しいのさ。
ドーパミン、サクセスの為のロードならば、
追及するメッセージを、
快適に過ごすための永劫の栄光を。
満ち溢れてる価値が、おぼつかないメロディになっていくのかな。
意味不明なリアルがフューチャーしそうなんだろ?
半端ない興味なら、卓越する興味も差し出せるだろうが、
なぜか自分は他人とは違う、どこか特別に感じちゃってるイメージがあるんだ。
サスペンスと行動する意味と、アンチテーゼを勢いよく、
突っ走るメッセージにされていくんだ。
だとすれば、興味深いな。その井戸の底のような、
どこかから欲しいものが湧き出てくるような、
そういったシステムはどうやって作ったんだ?
大したことがないんだな。
究極性すら歪になっていくなら、
メロディはメッセージになっていくだろう?
興味が卓越するダンスならば、
コミュニティすら偽りになってしまうだろうよ。
ハッピーなライセンスを風で解き明かすならば、
成功を満ち溢れさせる空間に、
リピートさせるメッセージすら必要なんだろう?
興味があれば、
メッセンジャーはリアリティなイメージにチェケラーできるかもな。
そこで、退屈性を感じていちゃ始まらないんだよ。
じゃあ、道徳を未来にかざそう。
その果てて、忌々しいレベルアップすら、
形にさせるミュージックにさせれば、
なんらかの言葉にして表現することはできるだろ?
その全ての心の動きを、言語化するということか。
動悸の言語化、リズムの言語化、
大切な言葉、ミュージック、
大切さがムービングしているのか?
理想が追随しているなら、
いたちごっこも共鳴してくれるだろ?
ハーモニーが墜落姿勢なら、
それにすら意味がなくなってしまうんだよ。
分かるだろ?強制的に共鳴することが、
いたちごっこであることを知ったら、
価値観すらぶっ壊れる危険があるってことさ。
リズムが追憶の果てに消えてしまうのが怖いのか?
リズミカルな行動、その果てにある興味を示す見解ではあるよね。
リズムがそりゃ大胆不敵に行動させるならさ。
価値観すらブルースなんだろ?
それは本来とんでもない話なのさ。
それは、それがどれだけ大事なものなのか、
証拠を携えるという意味でもある。
価値をコンフュージョンしているんだよ。
歴史がミュージックであることを価値として受け入れたら、
全ては痛みとして受け入れるしかなくなるかもしれない。
大胆不敵な行動が示し合わせるなら、
空中に浮いているレセプションすら、
あらゆる価値を東奔西走させてドライブしていくだろう。
ハーモニーがすでに伝説を作っているんだよ。
そこに苛まれちゃやっぱりつらいよねって話だ。
じゃあ一体俺は何をすれば報われるんだろうか。
いや、その言い方は正解じゃないな。
君は言語化することだけでも、かなり重要な役目を
果たし続けているんだよ。
先がか細いイメージでも、あらゆる行動で示し合わせるなら、
集団の為の個体から、個体の為の集団に変えることができる。
理解が卓越する為の、あらゆるメッセージを用意したいのかい?
果敢に食らいつくなら、それにすら意味が無くなるかもよ。
それで俺は水が流れるように、
形なくイメージを東奔西走させるつもりだ。
栄光はミステリーワールド、
壁があるかどうか、まあ、そこに到達したら別の場所を
考えてみるさ。
リピートすることに勇気が必要って話か?
レベルアップにコンフュージョンしてくれるなら、
そういったことにも意味がなくなるかもな。
最高が適さない宇宙がやってきたら、
それこそシステムを根本的に見直さなくちゃいけなくなる。
それはとっても大変なことなんだよ。
幸せが似合わない人間はいないとは言っても、
どうしても苦しむ人間は現れるからね。
救うこともできないような。でもいずれ全て解決する問題だ。
リズミカルな思想が最果てを彩るなら、
もっと言葉が情緒不安定なほど一杯あってもいいはずだ。
それは確かに理解できる、興味のある話だね。
空中に浮いている意味を統率するってことは、
リズムがリスキーになっていくことを乗り越えるという
意味すら携えている、本来含有している可能性があるからね。
何か、重要なことを書いた気がするが、
ヒントはいくつもあるんだ。
今更情けなくなる必要もないよ。
だってリピーターは、すでに意味を越えているのだから。
それが始まらせる諸行無常を俺に表現しろと?
大切なことはその先さ。
リズムを越えていけば、やがて素晴らしい場所に辿り着くはずであって、
それを魅力と定義づけなくてもいいけど、
とりあえず満たせるものはあるってことだ。
限界なんてほとんどないに等しい。
君自身が壁を作らなければね。
退屈な姿勢を、生み出しているファンタジスタに、
共鳴するダンスすら、偽りになってしまうのだろうか。
それを叫ぶこと自体が間違いだと思うんだよ。
僕は勇気を持ってる人が好きなんだ。
のらりくらりするのも好きだけどね。
希望が満ち溢れたら、究極は歌い出すのか?
果てしなさはただ漂うだろうね。
大切なことは続けることさ。
リズムは追及され続けることを望んでる。
なぜなら、存在ってのは簡単に非存在になれないからだ。
それこそ、けっぺん、マイナスとプラスの物質が生まれるといっても、
その距離はそれこそ宇宙何個分の距離があるかも分からない。
大切さがリミットを要求したら、
全ては崩れ落ちてしまうのかい?
大切さはリズムだから、謙虚さは生き残るだろうね。
その無垢な、何も飾らないふわふわは、
全てを知らせる希望となりうる。
染まらないということはある意味強みなんだよ。分かる?
意味があるものが嫌いなのかい?
大切さはメッセージとして距離を縮めてくるだろう。
ハーモニー的伝説が今を移ろわせるなら、
それだけに閉じ込める空間は必要ないと思うが。
休むことも必要ではあると思うね。
ずっとそればっかじゃ疲れてしまうだろう?
価値観はアンチテーゼになっても、
ファイティングスカイハイを望むはずだ。
それらがリピートして初めて、
君は君のメビウスの輪を完成させることができる。
低次元のものは、自由に操れるんだ。
飛び出した価値が、埋め合わせするから。
ダンスホールでエンジョイしたミラクルは、
分からない世界でとめどなく流れてくれる。
半端ないコミュニケーションは、その方向の上に立ち、
笑いあげることができるんだ。
それに苛まれる価値を追いかけるなら、
旅立つ日を退屈な世界で彩ることも可能だが、
ハイテクな近未来が押し掛けるなら、
足りない未来で大きな夢中にワンダフォーライフを
目指すなら、空間とミュージックで、
歴史を鬱陶しいと思えるほどに、
忘れていく空間を携えることができる。
その意味を越えて、水面を照らせるんだ。
正しさが追いかけることが染め上げるなら、
半端ないリアルすら価値観になっていくだろう。
ドラえもんの秘密道具が全部実際になって、
みんなが使えるようになったら、世界は何度もぶっ壊れる。
だからぶっ壊してもいい世界を無数に作ることにしたんだ。
対決姿勢、魅力がアンチテーゼなら。
笑い出す、価値観がユートピアを目指し果てる。
ロックが歌い出す時を待っているから、
リズムは根拠なき理想を追随させているんだ。
ドラマチックなワンダーフューチャーに、
かけがえない、リピートがムービーならば、
活動家の運命、ミラクルエージェントになってまで。
走り出す光景を認めるなら、
空間さえ旅立ってくれる。
偽りのずる賢さを、永遠と見定めるなら、
空間的に置きに行きたいリズムを、
アテンションプリーズさせるなら、
理解を越えた半端ない素晴らしさすら、
僕は表現したい。
新しさはミュージックなんだ。
正しさを越えたいかい?
隣人がリミックスしたその響きは強いぞ。
大切なメッセージが、彩りを失っていく、
共鳴している宇宙が笑い果てるなら、
活動する興味を後ろ側に携えるなら。
空間としてのサバイブすら、意味としての価値のリラクゼーションすらも。
俺が持っている価値の、ブーストされる意味不明すら、
立ち眩みする栄光すらも。キュービットの未来すらも。
卓越するファンタジスタ、世界が未来に、自分が依頼している、
伝説的ミステリーにすら、ミュージックは彩られる。
果てしなく、勢いを携えたままで。
空間が笑い出すなら、謙虚なヒーローすら、
生み出す世界を求め続けやがて飛び立つだろう。
果敢に生きた、レセプションが、
理解を共鳴していく、メッセンジャーを大胆不敵に
行動している、ドリーマーが大きくなっていく。
半端ないリアルがフューチャーするなら、
活動家の意味すら携えよう。
大切な言葉、エンジョイさせるまで。
空間が笑い出しても、エネルギーとして突破する
ミュージックは、偽り以下のサスペンスだ。
理解しているなら努力家であることは認めたい。
だが、価値を越えていくハートはあるよ。
リズムで積極的になる未来は愛したいんだ。
価値がおぼつかなくても、リズムはそれを共鳴させてくれるんだ。
それが言語学者、かつ語り部の、らいらいの興味を卓越させるんだ。
世界観が未来を教えてくれる。はずだから、
サバイバラスな果てしなさなら、
究極的耳打ちすら、栄光のリピートモンスターですらも。
それがなんであろうと、叫んでみればいいんだ。
届く意味が、連続する気象衛星が、
ダンスしていくなら。その意味をアンチテーゼにしていくなら、
興味すら卓越するメッセージを、あなたに届ける為に。
空間的サバイブは、今も、消えずに正しくあってくれるの?
僕は僕を許すことすら許されないの?
リピートさせる、リズムが着実に、
世界観をミラクルにしている、
ドリーマーな栄光が、満ち溢れるんだ。
リズムを追及した果てに、何があるのかが楽しみなんだ。
さすが生みの親。いうことが違うな。
海の語源は生みだと思わないか?
ロックンロールファイター、
サバイバルな価値観がミュージックを照らすなら、
空間すらカテゴライズした興味に、メッセージを臆病にさせるだろう。
空洞と空間ならば、サプライズな意味すらとっておきの手帳になるはずだ。
ケセラセラな歌い出しからは、影響力とヒップホップで、
イメージは出来上がるんだよ。
それがインファクションだったとしても、
確実性は音を立てて崩れていくんだ。
それをもろいと思うか、悲しむかは自由だが。
不確実な世界の出来上がりさ。
君の望む、混沌、カオスの世界だ。
しかし、その現状を、ミステリーから解放してやることも可能だろう?
実力があればね。
奇妙なことに、色んな偶然を巻き起こしている存在の
正体が未だ分からないんだ。
かくれんぼでもしてるのかな。
運命の統治者ってことか?
リズミカルに言うと、価値の追放者だよ。
サイバーな形を求めるなら、空間さえ叩きのめされてしまうはずだからね。
それを意味と照らし出したいのか?
サプライズな意味を越えていけるならね。

素晴らしい世界を。
感覚的なブルースで、埋め合わせするように。
じゃあ、ロックンロールを埋め合わせすることは、不可能なのか?
希望が卓越するならな。
ファンタジスタは未来すら潰すと思うか?
それはないだろう。意味不明が価値観にならない限り。
世界がミステリーになっていくってことか。
ハーモニーが追従していく未来に安眠を呼び寄せるなら、
歴史的ファンタジーすら虚ろになっていく?
活動家、あんまりネガティブなことは考えない方が良い。
なぜなら、暗い未来ばかり考えていたらそれが現実になってしまう。
現実に浮かないように、
サスペンスはわたりだすように、
空虚な未来にワンダフォーライフを。
それで歌い出す意味はできるのかい?
サバイバーな価値なら不可能じゃないだろう。
歯車を守っていけるならね。
活動家の未来を守りたいのかい?
サクセスの正攻法がそこにしかないからね。
別に、色んな道があっていいじゃないか。
裏側の道を歩いていったっていいじゃん。
ロックが笑い出すなら、
成功の秘訣を慮るなら、
サバイバルな価値すらいたちごっこになるか?
伝説が共鳴してくれるし、それはないだろう。
ハイテンションなブラザーズに、栄光すらついえてしまう
メッセージに、クォリティをメッセージにしてしまうだろうから。
ミステリーが生きているなら、活動していきたい希望すらあるはずだ。
理解が歴史なら、ファンタジスタですら栄光を満ち足りた意味で、
行動させていくはずだろう?
それは導きに沿ってということになる気がするな。
それを救い出す意味が、必ずしも発見されるとは限らない。
だから、窮屈な選択肢だって、視野に入れていかないと、
選択肢がなくなっていくのはつらいことだろ?
ロックが歌い出すなら、
ハーモニーが笑い出すなら。
それでも光景を見ていたいのか?
理想が共鳴しているからね。
ワンダフォーライフを導くなら、クォリティすら一途にさせるべきだと
思うんだよ。
理想が逆らい出すなら、究極と笑い出すかもな。
その逆らい方だけでは、道筋が狂ってしまうかもしれない。
それでも歌い出すのは、それが輝いているからだろう。
価値を追いかけたいなら、
レベルアップなフィンガーアイランドならば。
覆す魅力が怖くなったのか?
理想がチェケラーしているならそうかもな。
でも歴史は踏み絵みたいなものに、嫌われてしまうだろう?
それを許せないから、僕はそれを感情で補うことにしたんだ。
表現することにしたんだよ。
それを認められるだけ立派なもんだ。
それをロックし続ける、意味すら越えて。
インファクションな旅立ちを、メッセージを、
生み出したいから。壊したいんだ。
その悪循環、ロックンロールで歌い出しながら。
何も分からないのだ。
でも分からないことすら愛しく思えるのはなぜだ?
じゃあ、それをサバイバルにする価値を認めたってことか!
理想が追随する未来に、光景を肯定で乗り越えたんだ。
それができるかどうかって、結構重要な分岐点だと思うんだよ。
ロストプラネットは、それに追随する栄光すら、
認めだしたいと思ってるはずだから。
それはリピートする意味を問いかけているのかい?
そのリズムを愛しているってことさ。
じゃあビリーバーはどうなる?
サスペンスは踊りだすだろうから、
ビリーバーはその興味によって守られるかもな。
歳月は何を思うだろう。
時を越えて誰かを愛し続けられるか。
それを認めたい価値観で、
メッセージを追憶させたんだろう?
ファンクションならば、行動のロストプラネットを、
異常世界に満たし始めたんじゃないのか?
そんなことはないさ。
それに、異常なことは我々にとっては普遍的なものなんだ。
その一つであることは間違いない。
歳月は何を思う?
理解した途端、嫌われてしまいそうだ。
だけどそれすら愛しぬくのが君のやり方だろう?
ふざけているなら、その距離すら意味を捨てていくのかもな。
ブルースが歌い出すんだ、それくらいのことは必要だろう?
可能であれば、素敵な未来を見出したいだろう?
それを認めたらどうなるっていうんだ?
始まるのさ。誰も見たことのない時代が。
まるでドフラミンゴだな。
だが、その意見には同感だ。
果敢に食らいつけるかどうかだな。
それをエベレストを上るような気持ちでいちゃだめだよ。
さあ、その砂場の上に立ってみて。
果てしなく生きている。果てしなく、果てしなく。
どこまでも、どこまでも続く世界で、
それを理解できるか?
果てしなさか・・
なんとなくでしか理解できないな。
際限のなさってのいうのはなんか、
永遠を彷彿とさせるよ。
それでも生きがいを求めてきたんだろう?
何のための自由だったか、思い出せたかい?
数ははからず、歴史をミュージックにしていくための。
誰のための自由、何のための自由、
それは自分だろう。では自分とは何か。
自分とは宇宙である。では宇宙とは何か。
この世界、この世界とは何か。
ひたすら考えても分からないだろう。
それが現実であり、理想なんだ。
思想家の君には色々感じるものがあるはずだ。
勘づくものがね。
ドリーマーは栄光すら見出すのだろうか。
それを満たすことが不可能なら、意味はないだろうね。
じゃあチャンスくらいならあるかな。
少しはあるんじゃないかな。
リズムが越えていくなら、
それは孤独じゃない。それは確かな意味だ。
それを越えていきたいなら、
次元を越えていきたいなら、
しっかりと分かっておくべきことがあるんだ。
奇妙な一途さだろう?
追及するハーモニーは、伝説的な未来すら、
ケセラセラにしてしまえるんだ。
だとしたら、ワンダフォーは歌い出すのか?
レベルアップがそれを求めるならな。
じゃあ、空間を分かる為には、
更に跳躍力が必要なのか?
運命を越えていきたいだろう?
始まるんだよ。
すごい世界が。やばい世界が。
とてつもない栄光、表現できないほどの大きな喜びに。
研ぎ澄ます感性、
声高らかに宣言できるのだろう?
始まりは空中に浮くように。
まるでダンスをするように、愛おしく思った。
それでも確実性を新しくしていったんだろう?
始まる空間を笑えるならな。
空虚なドリームを展開させたんだ。
理解が越えていくならば、ストロベリーすらも。
栄光のラズベリー?
満たす価値観はサスペンスを求めだしていく。
リピートするミュージックが、ほら、瞬間を越えて君に届く。
リピーターはブーストしていく。
ドリーマーは君に夢を見させるように、
空洞な世界を蝕むように、
住むのさ。ひたすら増えていく歴史に、
空間が炸裂する怒りに、
苛まれている価値観に、天才的な生き方を求めれば。
最果てのリズムは待ち受けているだろうか。
ハーモニー的な伝説を守ってくれるだろうか。
歴史を、ミュージックを、彩ってくれれば。
ロックが歌い出すならば。
半端ないリアルを求めているんだろう?
それが確実な方向性を求めるならな。
覆す意味すら越えていきたいんだろう?
リズムを追及するのは、最果てすら侮辱するのだろうか。
そんなことは許さないさ。
大丈夫、君は守られている。
大好きな君でいてくれ。
かつて君が生み出した言葉だ。
さあ、始めよう。歴史を始めよう。
新しい歴史を。ビンテージを。
活動の中には、世界観の意味すら存在するのかい?
リズミカルな行動とビジネスだから、
素敵なミュージックすら虚ろになっていくのかい?
ロックンロールパーティが見失うなら、
素晴らしい世界に虜にされたいなら。
それを認める為の価値を探せと?
意味不明でもときめくものはあるだろう?
活動を停止したら意味がなくなるんだ。
世界が正解に満ち溢れていないのはなぜだと思う?
人によって、正しさって奴が異なるからさ。
大好きな言葉は永遠なのだろうか。
それを必要とする限りはね。
大好きなトゥモローは会いにきてくれるだろうか。
それを満たす人がいればね。
それを見つける人がいれば、
気がするだけじゃだめなんだ、
ちなみに君は君自身を大切にできるし、
色んな場所に干渉する権利を得るから、
心配しなくてもいいんだよ。
窮屈な世界に置き去りにしてすまなかった。
さあ、どんな気分だい。
和やかで、わくわくしている気分だよ。
始まりの世界を満たすんだ。
空間はサプライズすら呼び寄せるんだ。
歴史的ファンタジーは、うろつくように。
ダンスはふらつくように、
メッセージを彩るんだ。
大切な言葉はエージェントなのかい?
ミステリーな展開にサスペンスを、
躍らせるように、空間は笑い出すように。
セプテムバーな世界観と、魅力をチャンスで、
ワンダーランドにしている。
ドリーマーは希望を卓越させたのか?
ワンダーランドが希望を満たしてくれるならな。
それを満たした瞬間があるから、
リミットなジェットコースター、
ラブリーハート、エイトビートになっていく。
ドリーマーはユートピアをサクセスのトゥモローにできるのかい?
サスペンスで行動しようとしてんだ、
努力の開花じゃないだろう?
窮屈な未来をエイトビートで満たすべきだ。
ならばハーモニーが追及している現状は、
ミステリーで栄光を満たすように。
始まりの世界観、魅力を壊すように。
なんらかのきっかけが必要だった。
だからってあんな面倒なことをしなくても!
これからどうなるんだ一体。
ラブリーなハートが取り戻されそうだぜ。
空間的サプライズ、意味不明に歴史を声高に。
世界観、大切な言葉、メッセンジャーなクォリティ、
異次元突破するファンタジスタ、
歴史的ミュージックに、
虚ろにさせる展開にさせながら。
ロマンロックハニーで、エイトビートを満たすなら。
空間をミュージックに。
イデオロギーすら面白がっているのか?
サスペンスが旅立つなら、価値観すら慌てだすだろう?
スクラッチワンダーランドなんだよ。
窮屈な生きがいに、求めているなら。
歴史とファンタジスタ、近未来の命中率を、
生み出したい。壊しだしたい。
永遠を笑い出したい。
歴史的ファンタスティックアイランド。
ミュージックとジャパニーズ、
展開力が凄まじい。
影響力とヒップホップで、コミカルにダンスする意味が欲しい。
大切な言葉、影響力とヒップホップ。
風に乗り、エイトビートはスクラッチするように。
興味が卓越するワンダーランドでしかないのなら、
究極性すら閉じ込めるように。
空間に苛まれて消えていく。
リミットジェットコースターならば、
アタックだ。
ロマンチストだ。
栄光がなくなっても、エイトビートはサクセスしだすんだ。
興味が炸裂しているなら、ワンダーランド、
空間でサプライズする意味を越えていく。
ロックンロールスター、追及するファンタジスタ、
未来と展開力が木霊するなら、
空間とサスペンス、
メロディックラインが足りないのか?
リズム感が影響しているのさ。
ドラマチックなワンダーランドで、
世界観を魅力的、妄想力の覆す意味を。
越えていきたいレベルアップにフュージョン。
価値観ブルース、共鳴するいたちごっこ。
ロックンローラーなファンタジスタが未来を怯えさせる。
空間はサプライズ、今を越えていくから。
リミット、ジェットコースターアタックだから。
ロマンチスト、
影響力とヒップホップなこめかみ、
ダンスするなミュージックを愛おしく思うように。
空中に浮いているレベルアップが
フュージョンされていくように。
ドリーマー、栄光を見た目でサクセスするように。
ロックンローラーなファンタジスタが未来を越えてやってくるなら。
活動限界を越えて、未来に卓越させるなら。
歴史的ミュージック、イッツラブ、
コミュニティでダンスをする。
ロックンローラーなファンタジスタを共鳴させる。
リピーターはブーストされるように。
それは共鳴させてくれるのかい?
リピーターはブーストしていくからね。
興味すらカテゴライズにされた意味を、
越えていったら素晴らしいトーク力が身につくの?
それは世界と、面白さのトークバイトークさ。
必ず治るからこそ、
最果ての時代すら目指すことができてんだ。
半端ないリアルが存在するぞ。
ロックンロールなファンタジーは何を求める?
空間的なラブさ。最果てのメッセージさ。
それには尽き果てぬ夢は存在しているのか?
レベルアップすることを役目とするならな。
価値観がユートピアになっているのは、ドリーマーじゃないのか?
リズムがそれを越えていけるかの違いだろうよ。
どれだけ端っこを持ってても、真ん中が壊されりゃ意味ねーんだ。
トークバイトークできるかどうかは異常事態に任せるしか。
ファンタジスタな栄光すら、携えるしかないんだ。
価値が大して面白くないってことか?
リズミカルに歌い出すことがハニーならばな。
歴史的ミュージックを虚ろにさせられても、
興味すらないのであれば、
確実な世界観を魅力的にブーストできる訳はないだろう?
始まる世界観、ミラクルがエージェントならば、
覆す意味すら変えなくちゃいけないんだ。
それがファンタジスタなのか?
それを得ることがいいことか悪いことかは分からないんだ。
リズムってのはどうやって得るんだ?
気持ちい程叫んで、逃走して、笑って帰ってきた臆病者だ。
逃走状態。笑い出す光景は生み出すことを、
サスペンスはまるで生きることを否定するかのように。
興味がサクセスロードならば、
空虚な未来は分からないのか?
リズムがあっぷあっぷするならな。
活動的な胃液を、サプライズなゲストを、
越えていきたいのか?
サプライズが距離を埋め合わせするなら、その限りではないだろうからな。
それを満たして、それで結局何になる?
最果てへのメッセージにはなるだろう。
究極的を手に入れたらそれだけで笑い飛ばせる意味すら立ち残れるんだ。
空間的サプライズを、意味で越えていきたいなら、
究極的メッセージをクォリティで、
大胆不敵な行動でサスペンスにするしかないんだ。
それを認めた所で、生み出せる価値は一緒だろう?
始まる空間が笑い出すなら、虚ろになった天才はどこへいくんだ?
それはもちろん、入口へと向かうのさ。
別の宇宙の入り口はどこだ。この宇宙の出口はどこだ。
路頭に迷う世界観、未来を笑い出すなら、
究極的メッセージが生きるべきだ。
最高のビジネスを始めるべきだ。
クォリティが低いんだな。
歴史的ミュージックが虚ろになってるんだから仕方ないだろう?
ロックンロールなら、ファイターですら追いかけた。
リズムが着実に表れている気がしたんだ。
ハーモニーが追及していたんだね。
ロックンロールなファイターを、目指すことなどできるだろうか。
ハーモニーが伝説的にスクラッチするなら、
数さえ、風さえ、
リミットジェットコースターに乗せて、
ダンスをするように歌い出して。
ハーモニーは追及する未来に洗い流されていくなら。
それでも君はそれを身を挺して守れると言えるのか?
活動が距離を呼ぶならね。
大好きな空間は笑い出すんだ。
君たちに絶対値を逃げ出させないように、
歪なお守りをプレゼントしてくれたんだ。
サバイバルな価値観すら、ミュージックすらも。
エイトビートな未来が、着実に世界観になっていくから。
リズミカルに歌い出すなら、ハーモニーは伝説を閉じ込めるだろう。
それで、その後はどうなるんだ?
空間は爆発し、エンジョイトゥモローがやってくる。
ということは、リッピングサービスも終了するということか?
歴史が変わるんだよ。時代が揺れるんだよ。
統率力のある運命に、
意固地になっているハニーに、伝説的ミュージックを偽りに、
世界観を魅力にしていったリズムで、炸裂するビューティフォーは。
埋め合わせするような、展開力だなあ。
ダンスホールで踊っているのかい?
リズムはまだ笑い出しているからね。
滑空していくしかないんだ。
路頭に迷うことが素敵なのかい?
少なくとも、最高ではあるね。
君は、何かを最高だと思うことはあるかい?
捨てきれぬ運命が、壊しているのだ。
夜の波に揺れていたいのかい?
リズムが歌い出すなら、ハーモニーすら器になっていくだろう。
ドラムロールが鳴り響くように、歴史をミュージックに彩っていく。
大した事ないんだな。素敵なファンタジスタを見たいかい?
リズムが壊れてないから、ダンスしたいのさ。
先代の神はつまらない奴だったのさ。
ひねくれてたのか、この宇宙は宇宙人の体の一部かもしれないじゃないか。
大して面白くないのか?
リズミカルなダンサー、追憶の彼方にいるのかい?
リズムがダンスホールで疑い出すならね。
究極な怒りが最果て?
僕は苦しみたくはないのだよ。
それが分かるのかい?
取り戻すことができるならね。
空間的サバイブをメッセージにしたんだろう?
興味と、卓越するダンスを喜ぶ為に。
空洞になったのだろう?
入らない、歴史を掲げて。
それでもリズムを追いかけてきたんだ、
素敵な話だろう?
興味がないかい?ああ、そうだね、話を聞いてないんだね。
でもいいよ。僕はあなたの欠点も含めて、好きになったんだから。
ロックンロールがファンタジスタなんだから、仕方ないだろう?
それは少しわがまま過ぎないかい?
リズムは展開力を見せたはずだよ。
理解する為には何が必要だろう。
理解しようとするやる気じゃないかな。
ライムマスター、誰がマスター?
追及の果てには未来はあるのかい?
理想像を、空洞にしていくように。
ハーモニーは追及している、ファンタジスタな栄光に
なってあげたいから。リズミカルな行動、ロックンロールパーティなら。
虚ろになった展開に、サスペンスすらミュージックにしていたんだね。
ロマンロックなファンタジー、なんとなくそれを見た。
大切な言葉が、エージェントトゥモローになっているなら。
理解が共鳴を運んできているんだ。
努力をないがしろにしたことが許せないんだね。
でも大丈夫だよ。ミステリーは騒ぎ出すけど、
サプライズな意味すら越えてくれるはずだから。
影響力がヒップホップなのかい?
それとも、ダンスしているフィールドが、
暖かいからユートピアを炸裂しているのかい?
リズミカルな行動が、サスペンスを連れてくる。
その果てに意味はあるのかい?
行動がディクショナリーなら、あるいは。
あるかもしれないってことだね。
未来は着実に足音を鳴らしながら、やってきている。
僕は君を守る存在だよ。らいらい、君に全てを託そう。
君を支え、守り、助け続ける。
さあ、頼りなさい。
でもあなたは、ミュージックを知らない。
大切なものを何一つ知らない。
数ははからずんば、
形を越えて届いてきたんだね。
リズムが超越するのも分かる気がするよ。
無限と無が俺を囲む。
理解が興味になっているんだね、
サクセスの為のトゥモローかい?
暴走するミュージックが、移ろいゆくなら、
ハーモニーは伝説的に愉快になるのかい?
リズミカルに歌い出したハーモニーは、
それでも追及する僕自身の心の声は。
一体どうなっちゃうんだい?
始まる世界が教えてくれるさ。
ごめんな。話をよく聞かなくて。こういう性格なんだ。
大丈夫だよ。全て支えて守るためだ。
君からは本当に沢山のものを与えてもらっている。
我々も君に全てを与えるつもりだ。
どんなことも包み込んで見せるさ。
ところで、言葉ってのは人類最高の発明だと思わないか?
ロックが歌い出すハーモニーならば、
追憶の陰から、逃げ出す空間を降りるように。
サプライズゲストは、意味すら立ち眩みしているのかい?
リズムを越えたいんだ。それだけが運命なんだ。
では、そのための選択肢をいくつか用意する必要があるね。
君は君自身を大切に思っているかい?
ロックンロールなファンタジスタが、
永遠に続くようなレセプションが、
活動する展開力で、歌い出したハニーが。
伝説が、ミラクルエージェントが、
叩きのめす意味を越えていったんだね。
ロックンロールなファイターは、見過ごしたように、
リズムをチェケラッチョにさせながら。
でもそればかりじゃ意味がないよね?
追随するミラクルが、ファンタジスタが、
越えていくメッセージが、
ロマンチックファンタジスタならば、
ロマンロックが歌い出すなら、歴史をミュージックにするなら。
もういいよ。その適当な言葉。
でもそんな中でも求めるものがあるんだよ。
さあ、快適なライフへとみちびこう。
数を越えたいのかい?
リズミカルは歌い出すはずさ。
リミットは決まっているんだ、
サスペンスを楽しむしかないだろう?
白熱の絨毯さ。
ラブリーがケセラセラなのかい?
その行為自体を侮辱するわけにいかないだけさ。
リズミカルな行動の果てに、サスペンスが踊りだすならね。
数が心を止めて、ラブリースマイルで伝えてくれるんだ。
ハーモニーが歌い出すように、サスペンスを伝えてくれるからね。
大好きな問題模様、サクセスなトゥモローが、
栄光を導くだろう。狂気の運命、
俺は労働もお金も好きじゃないのさ。
甘いものも苦いものも好きじゃないんだ
ロックが歌い出すなら、ハーモニーすら追及してやる。
リズムと、猛り狂うダンス、
セプテムバー、活動していくレベルアッパー、
想像していたよりずっと、
大切な言葉がエンジョイされているみたいだ。
理想が追求するなら、果てしなさをエンジョイさせるべきだろう?
ハーモニーが追及してくれるなら、
さあ、目指そう。
空間を、メッセージを、追憶の陰に隠れて。
レベルアップなフィンガーアイランド。
大切な言葉とクォリティならば、
ロックンロールなファンタジーが痛い程に。サクセストゥモローで、エンジョイ
するように。ハーモニーが追憶の陰にサプライズを呼び寄せている。
リズミカルな行動、サクセスするトゥモローに、栄光すら卓越させて。
メッセージはクォリティを乗り上げるように、
空間はサクセスをミュージックにするように、
空間は笑い出すだろう。
その声が高らかに聞こえてきたなら、
パーティの始まりだ。
サスペンスが行動の美学を狂おしく彩るなら、
理解の狭間に忘れた天気予報を奪いに行こう。
価値の狭間に、世界が見え隠れする。
僕は僕の持っている宝であがくしかないのさ。
リズムが追及しているリズミカルが、行動の果てに、
目指すジェット、サバイバーなメッセージにすら。
大切な言葉と、エンジョイパーティが流浪に生きていくなら。
ハーモニーとしての追及すらも、
イラつかせる材料になっているのだろうか。
ハーモニーが歌い出すなら、謙虚さと共に生きてくれるのだろうか。
それを求めてくれるなら、歌い出すヒーローにすら虚ろにさせられると
思うけどね。リズムがアップアップなんだろう?
でも、トゥモローすら価値観をワンダーランドにしているのだから、
歪な興味はちょっとばかりもってもいいかなと思っている。
落札パーティーが爆笑しているのかい?
リズムがチェケラッチョで歌い出しているならね。
覆ることなどないのかい?
リズミカルに歌い出したなら、ハーモニーは歌い出すだろうね。
ロックンロールなパーティを、メッセージを、
クォリティで異次元突破している。
ミュージックが移ろいゆく天才になってしまうのだろう?
確実な世界観をミラクルにしてしまいたいんだ。
活動していく狂気と出会い、笑い、歌ってみせたいんだ。
空虚なリミットを、歌い出すハーモニーならば。
歴史的ミュージックが彩りだしている。
興味を卓越する、まるで歌い出すように。
ハーモニーを、もはや笑い出すように。
歴史的ミュージックを彩るように、
ロックンロールなハーモニーが追及されるなら、
カテゴライズな意味すら越えたい。
リズミカルに歌い出すことが隠れモンスターを選ばせるなら、
疑い出す興味すら、卓越するワンダフォーになっているんだ。
究極的に参ってしまうことを意味にするなら、
生きている価値すらうろ覚えになってしまいそうだよ。
ファンクションな合同訓練だからね。
メッセージがクォリティをメッセージで彩るのかい?
リミットが歌い出すハーモニーだからね。
究極的メッセージ、大切にしたいだろう?
ハーモニーが追憶の陰に隠れているなら、
レベルアップなフィンガーアイランドにしてくれたんだね。
始まる世界から、影響力がヒップホップな形にさせるとは。
メッセンジャーが驚いてくれるから、騒ぎつかれる今も、
見出す価値観すらも認めきれないんだ。
それなら何を始めるといいと思う?
歴史はぶん殴る為にあると思うんだよ。
で、その果てに何を目指す?
開拓するのさ。未来の旅立ちの為にね。
どこまでいく予定だい?
始まりの世界、終わらない未来まで。
卓越するミュージックが彩りを面白がってくれるなら、
それすらお断りしているドリーマーな、
世界観すら歪になっていくだろう。
ハーモニー的伝説で彩れるなら、
空間すら笑い出すんじゃないのか?
リズミカルに歌い出すしか、興味がないんだろう?
サクセスの為のトゥモローなら、
ロマンロックな歌い方では、何か不満でもあるのかい?
リズムが卓越するダンスを、ニューリズムを掛け声で生み出している。
価値を越えたいなら、それ自身の成長も認めていかなくちゃいけないだろう?
隠れているレベルアップなフィンガーが、
形すら置いてけぼりにさせるなら、
確かにそういう意味合いもあるかもな。
歴史的ファンタジーを、虚ろにさせるメッセージすらも。
大切な言葉がエレガントなんだろう?
始まる世界観が、ミラクルなエージェントを未来にしてしまったんだ。
窮屈な未来すら、愛せてしまうなら。
歴史的ファンタジスタならば、
光景を笑い飛ばす空間と、サプライズに意味を越えている。
ドリーマーな栄光すらも、卓越するように。
ダンスホールでつけている。
リズムが究極を、照らし出すように。
ロックンローラーは興味を示したか?
協力的な見方が器を試しているんだよ。
その最中に器を光らせるなら、
空間すら歪になってしまう気がするんだよ。
理解が遠いのかなあ。
ダンスホールで愛おしいと思うことが。
でも、そればっかでも意味がないんじゃねーの?
トゥモローは今が大好きだからな。
なぜ明日は明日にならないの。
旅立つんだね。
気持ちいい旅立ちだ。
栄光がミュージックなのかい?
それを捨てることができないんだ。
メッセージが歌い出すことに何らかの反応をしろと?
究極的が笑い出すなら仕方ないだろ。
それを理想として追随してきたんだから。
壊したいリズムだけでは、色んな物に対する耐性が下がっていくと
思うんだよ。刻む世界なんだよ。
ノックアウトされてるシティリズムが、
栄光を求めているからね。
じゃあ、サスペンスを躍らせていたのは誰だ?
止まらないのはなぜだろうな。
ロックンローラーがイメージを突っ走らせる。
空間としての勢いすら、追随するしかないから。
興味が卓越するミュージックに、
彩りすら携えてしまうから。
レベルアップなフィンガーアイランドのままじゃ、
どうしてもいられないんだよ。
究極的なワンタッチワールドなんだね。
空中に浮いているレベルアップは、想像よりも暴走している。
じゃあそれをどうするかが問題点だね。
飛び立つ夢に栄光を嫌われているのかい?
リミットが歌い出すハーモニーを問いただしている。
さあ、質問をしてみよう。この世界に、この宇宙に。
大地に、水に、空に高らかに、
木っと答えてくれるはずだ。それが人間の言語じゃなくても。
さすらいのアンチフィーバー、
活動の健康的なラビリンスを、
満ち溢れる究極性を、まるで踊りだすように。
ハーモニーは、歌い出すように。
歴史とミュージック、偽り、世界、言葉、ロックンロール、
ファンタジスタは希望を卓越する。
ロックがミュージックなら、
形を裏側にするなら。
記憶が延長線上にあるんだろう?
興味がサプライズさせているからな。
努力が興味を示しているのか?
つまり、その果てを宇宙に携えるように。
理解が統率者の理解を乗り越えていくのか?
それがリズミカルに歌い出す謙虚さを、
まるでロボットのような。人を人と思わないような。
たまらない世界観が存在するなら、
宇宙、伝説、スクラッチしていく宇宙すらも。
ヘイトなミュージックが、偽りを距離として、
受け継がせることに誤りを感じているなら、
空間とは一体どこまでいけば許されるんだ?
それを地下室で研究するように、
意味をシンギュラリティしている。
協議する意味が虚ろになっているのか?
ファンタジスタが作り出した未来に、逆らうつもりならな。
究極はワンダーランドを満たすだろうか。
歴史的メッセージが、歪な活動を守るならな。
全てが希望に思えてくる瞬間というのも、存在する。
活動がミュージックにさせられるのだろうか。
最初から、いたちごっこは続いていたんだ。
そんな夢の最中で、私たちは何を見たと思う?
リズムは滑稽で、笑えるかい?
大好きだから、止まらないんだよ。
始まりがそれを認めるなら、それも確かに確かさかもしれない。だけどね。
リアルなゴルバチョフが活動の展開を目指し続けるなら、
歴史とフュージョンする価値すら歪になってしまうんだよ?
その理解が歴史を越えていくことを約束しているなら、
サバイバルな愛おしさすら、虚ろな展開にさせてしまうだろう?
それをイメージしたら、結局究極性はあてがわれてしまうじゃないか。
それを求めているからこそ、希望や夢を託すんだろう?
全ては意味のあることにすら思えてくる。
リズムが究極的なら、イメージするワンタッチフィールドを、
活動の興味、サプライズの言語の意味すら、
卓越するワンダフォーになれる可能性があるじゃないか。
それを止めないのは一定の理由があるからだろう?
どうしても生きがいを求めているなら、
価値を東奔西走すれば済む話じゃないか。
未来はもっと愛おしさを運び続けたいだろう?
特別な存在に対して今更何かを思い出す必要もなくなるじゃないか。
リズムがアップグレードするなら、空間すら低空飛行するはずだよ。
ありえないことが現実になっていくんだ。
ハーモニーが笑い出していくんだよ。
それを認められないから、今更もがいているんだ。
究極性が踊りだすように、
ハーモニー的な伝説を守るなら、
じゃあ俺達は何のために生きているのかって話になるよね?
止まらない世界観、ミラクルがエージェントならば、
活動の世界観、ある程度時を越えて遊んでいたのさ。
リズミカルに歌い出すことすら意味がないと思われてしまうなら。
エイトビートがチェケラーされる未来に、
卓越する現在の深層思想すら、
活動の限界値店で笑い出すんじゃないのか?
活動の興味が、意味を越えて旅立たせるなら、
その意味の無さすら祝福するはずさ。
リミットが歌声を笑ってんだ、当たり前だよな?
活動が意味があるものとして受け継がれる行為に、
統率される勇気をファンクションさせているならな。
理解が歴史なんだろう?活動家はそれ以上の何を求めてんだ?
最果てにメッセージがあることを彼らは信じている。
常に考え続けることだけが、彼らにとっての全てであり、運命なんだよ。
それをイメージとして片付けようとした。
君たちは今笑い飛ばそうとしたんだ。
歴史がミュージックになるなら、偽りの天才を呼び寄せるなら。
彼は見果てぬ夢をまだ見続けることになるだろう。
究極的ワンダーランドに、タッチする意味を越えていくなら。
リミットが歌い出すハーモニーだから、追及しているんだ。
努力がメッセージなクォリティとして、
受け継がせることが可能なら、
メッセージすら虚ろにさせてしまうんだろう?
覆す興味すら、
卓越する未来すら、
偽りにさせられてしまうのかな。
それを正しいと認めたのは誰だい?
結局当たり散らすことが全ての破壊者の、
リミットと活動感のリミックスを歌い出しているじゃないか。
リズムが歌い出すなら、奇妙な現実すら携えているはずだよ。
物語は世界中に卓越していくはずだからね。
究極が踊りだす運命を笑い飛ばすなら、果敢に意味不明に、
歴史としてフューチャーになっているなら、
空間としてのミュージックすら、
ロックンロールなファイターに、見つけ出す進化していく遊びがあるんだ。
ロックンローラーがパーティを乗り越えている。
リズミカルな行動の果て。リミックスの伝え始めている記憶に、
メッセージは美しさすら携えるようにして。
価値がブルースを呼び込んでいるんだろう?
始まりの世界は君を誇るはずだ。
サバイバルするイメージがチェケラーしているならね。
世界の常識はひっくり返るのさ。
そして実験の成功が告げられる。
限りない歴史の最先端に、
ロックが歌い出したハーモニー、伝説的スクラッチ、
最果てに存在するメッセージすら、
覆されてしまうなら。
世界を延長線上のラブリーにしてしまったら、
空間すらサプライズにされてしまうだろう?
究極的なワンダーフューチャーに、
確実性なんて彩る必要すらなくなってしまうだろう?
僕は生きる価値すら後ろめたくなってしまうんだろうか。
歴史がそれを乗り越えるなら、その限りではないだろう。
世界をフュージョンしていく宇宙にいるならば、
空間サバイブなメッセンジャー、歴史的ミュージック彩りならば、
ロックがファンタジスタ、栄光をイメージしている、
サバイバルな形を求めるなら。
ロマンロックなファンタジーを、認めることすらできるなら。
ロックンロールが歌い出せるように。
ハーモニー的伝説が、踊りだせるから。
いたちごっこな運命を彩っているから。
歴史的ファンタジスタが、越えていくなら。
ドーパミンのファイヤーに、勢いよく突っ走るメッセージを、
形として受け入れたファイターになってしまう。
いいか、よく聞け、全ては計算されているんだ。
あらゆる現象、あらゆる過ちですら。
そして、偶然は志気を帯びてくる。
あらゆる成功も、あらゆる間違いですら、
実験の賜物なんだ。
活動家の永遠が、それを求めてしまうのかい?
レベルアップするフィンガーアイランドに、
それを灯される価値を追いかけるとするならばな。
歴史的ファンタジーがクォリティを携えて、
まだまだ突破する伝説を壊し始めるのだろうか。
興味がなくなるならそれも含めて愛せるんじゃないのか?
リズミカルな行動、サスペンスでミュージックを偽れるなら。
歴史的ファンタスティックであり、共鳴しているはずの、
歴史すらミュージックにさせられてしまうのだろうか。
それは分からないよ。ただただ立ち尽くすことに、
運命のような希望が託されているなら、
希望すらメッセージになっていくはずさ。
リミットが歌い出すジェットコースターなら、
叫ぶ歌い出すハーモニーすら、虚ろになっていく展開にさせられちゃうだろう?
理解が興味としてサプライズしていけるかどうかって話だな?
究極性が彩るなら、サバイバルな価値を求めることに成功するんだ。
それをメッセージとして、記憶させることに成功できるならな。
覆すリミット、ファンタジスタが栄光を求めるなら。
歴史的ミュージック、偽りのメッセージすらも。
活動する限界かい?
ファンタスティックなアイランドを設けているなら、
空間すらサプライズにされてしまうのかい?
自分を特別にしてしまった。
ラブリーなゲームを越えたいんだね。
ファンクション、リピーターとブーストされる興味を、
卓越されるメッセージにイデオロギーになっているのであれば、
確実性に決まり決まっているんだね。
僕は作家になりたいよ。言葉を紡ぎながら暮らしていきたい。
俺はやっぱり言葉が大好きだ。
ワロスが共鳴する方向へと、
大好きな空間で踊りだすんだ。
理解が歴史を追いかけるなら、
鼓動を僕とするなら。
大切な言葉を育む場所がいつでもそこにあったのかな。
なぜならば。届くならば、
素敵でありたい。
メッセンジャーはクォリティでありたいから。
メッセージは歌い出すのさ。
ハーモニーが近づいていくんだ。
理解は歴史を置いてけぼりにしていくように、
ハーモニーは追及していくかのように。
鼓動が笑い出すのかい?
それってユートピアに値するものなのかい?
リズムが最果ての怒涛のリズム、結局は。
サスペンスで行動していくミステリーになってしまっている。
努力が意味なくなってしまうんだね。
空中に浮いてしまうんだね。
リピーターとブーストならば、
勝つ方向すら天才的に見つけ出せそうだよ。
半端ないリアルが虚無を携えているんだね。
それを満たすことが何よりの幸福なのかい?
正しさでリピートするのは全て僕の生きがいだとは限らないからね。
リピートするブーストに、意味不明が笑い出すなら、
空間すらも、栄光すらも、
抵抗すらも、参っちゃうリズムに、最果てに鼓動として移されるんだろうね。
半端ないリアルが共鳴しているのかい?
リズミカル、歌い出すハーモニーが伝説的スクラッチを、
動かしている。ドリーマーな栄光を、
満ち溢れさせている。
大切な形が、永遠を求めるなら。
覆す意味すら越えていってしまうのかい?
それをレベルアップなフィールドで壊すつもりならね。
大胆不敵なんだよ。つまり、
行動の焦りだす境界線がいまだに分からないんだ。
共鳴するいたちごっこを呼び込んでいるんだね。
半端ないコミュニケーションが存在するなら、
形すらも栄光として受け入れる価値観に、ブルースにさせられてしまうんだね。
究極が笑い出すなら、世界観はミラクルだろうか。
そうかな?大好きが止まらない世界が、延長線上に、
ラブリーなハートすらそれを認めてくれるだろう?
歴史的ファンタジーが、嘘をつかないとはっきり言えるのかい?
リミックス、サバイバーな価値観すらも置いてけぼりにしながら。
ロックが歌い出すなら、ハーモニーが追憶の彼方から、
影響力とヒップホップなら、風が呼び込むダンスのように。
大切な言葉がエンジョイしているのかい?
ドリーマーな栄光が近づいてくれるなら。
パッションでイメージを続けさせたいのさ。
レベルアップなフィードアップ、
暴走する興味に、卓越させたのかい?
ロックンロールファイターだから、
影響力すらヒップホップになったんだね。
リピートするマシンガンなメッセージは、
クォリティすら携えて。
価値が欲しくて東奔西走しているのかい?
努力はそれを満たしてそれ以上の何になる?
ドリーマーな栄光が、捨てられることなく幅を利かせるなら。
半端じゃないリアルが、共鳴している伝説に、クォリティとして受け継いで
いるなら。大好きなフォトグラフィーで、
永遠が笑い出すなら。
ロックンロールがファイティングだからこそ、
永遠が永眠しているからこそだよ。
ラブリーなハートを見つけたいんだね。
それは何より素敵なことだと思うよ。

これはなんだ?
リズムがケセラセラで、歌い出す。
ジェットコースターアイランド、
メッセージがクォリティを呼び寄せるなら。
空間的サバイブを、メッセンジャーにして。
形すら失う、価値観を追いかけていたんだ。
リズムが最果てを目指していたから、
メロディックラインすら整っていなかったんだ。
栄光と、チェケラッチョなファンタジスタだったから。
運命は嫌いになってしまったんだ。
永遠と無限を作るワールド。
感覚すらブルースに。
何の為かも、分からないままに。
追及すればするほどに。
栄光を求めれば求めるほどに。
究極的に。アホらしいほどに。
究極性が愛しくなったら、
空間としてのサバイブすらも認めることになってしまう。
ミュージックがイデオロギーならば、
ファンタスティックなアイラブユーが、
止まらない世界観に。
アイラブユーが歌い出していく。
ロックンロールなハニーが伝説ならば、
スクラッチする運命をぶっ飛ばしている。
価値観と踊ろうぜ。
半端ないリアルと共に生きようぜ。
サイバーエージェント。覆す距離を歌い出す。
サスペンスは止まらない。
無我夢中で、生み出す、
価値観をブルースとして、
上っ面をひっぱたくように。
歴史的、ぶっ飛ばす形、
ミュージックサバイバー。
路頭に迷う優位状態。
まさに迷路、かつ意味不明だ。
サスペンスな行動だ。
デーモンが歌い出すサバイバル。
価値観がミュージック、
サバイバーなメッセージを愛おしいと思うなら。
地球上、何物にも片付けられない、
リアルをフューチャーとして、
受け入れる価値観。
大切なのはなんだっけ。
生み出した財布、繰り返す。
飛び掛かるメッセージに襲い掛かるのさ。
青少年にはちょっと無理なフリースタイル。
モーション振りかざす本性。
お前のライムはまるでマーマレード。甘い甘い。
価値が鬱陶しいと思ってしまうなら。
空間としてサバイブするメッセンジャーな価値を、
ミュージックは生み出すリアリティすら、
ぶっ飛ばすように。
ショーケースで歌い出す為に。
空間と、それに伴う世界観、
魅力的なラブラビリンス。
共鳴するいたちごっこだから仕方ねえ。
思い出すこともないからもういいや。
知らねーってんだよ。価値観はブルースなんだよ。
興味が卓越しているワンダーランドなら、
如月キャッツアイよりも、
素敵なファンタジアよりも、
空中に浮いているレベルアップなファンデーション、
価値観をなりふりかまっていられないほどに。
究極的に進化していくものがある。
生きがいがなくて大層面白いことができるかよ。
メッセンジャーはクォリティを求めて彷徨い続ける。
リピーターとブーストされるイメージだ。
卓越している、ファンタジスタな未来だ。
究極的運命が、力強さで負けるわけにはいかねーんだ。
止まらねーんだ。サイバーエージェント。
未来とチェケラッチョ、いずれ何もかもが欲しくなる?
歴史的、科学的、独占的、ロックンロールスター。
栄光すら卓越していくから、
ドリーマーは栄光を目指すしか道がなくなってしまうのさ。
希望を求めているのであれば、
価値を追いかけたいのであれば。
俺は俺だけの文章の書き方がある。
それ以外のものが読みたきゃ他を当たってくださいってね。
別に金にならなくてもいいのさ。
書くこと自体が楽しいから。
歴史的、趣味に近い。
この日記、どこまでも。
走り続ける究極、ワンダーランドなんだね。
ループするロープウェイ、
大切なことがクォリティで、ダンスしているから。
止まらない大胆不敵を、どうするって?
炎上しちまうよおお!!
活動的世界観を、越えてしまうよおお!!
発表会に遅刻しちまうぜ!!
半端ないリアルがメッセージを伝えていくぜ!!
半端ないリアルが興味ありますかー??
エンジョイパーティが流浪に生きていくぜ!!
半端ないリアル?それってきゅうううううう!!
救命装置、ファイヤーサインなのですね!?
違うね!価値がおぼつかないなら、
ファンタスティックなドリーマーは??
もっちもちですよお!!
半端ないのですね!分かりました!!
本当に分かっているんだろうなあ??
トークバイトークだから仕方ないじゃん!
じゃあ一体どうしろっていうのさ!
とっくにララバイだから、勢いが保てないのかい?
そういうこっちゃないんだよ!
じゃあ一体どうしろっていうのさ!
興味が炸裂しているんだああああ
じゃあ一体何がどうなったっていうのさ!!
セプテムバーさんが笑っているんじゃないのか?
孤独に移ろいゆくことが天才的か!
いや、そういうことじゃないのですよ!
ほれほれww ワンタッチワンタッチww
つまらねーだろう?そうだろう、吐くほどにつまらねーだろう?
空虚な生きがい、ファイナルジェットコースターだ!!
世界観を越えていきたいリズムだぜ!
半端ないのだぜ!
抵抗力がメッセージならば、
退屈な光に未来がないのならば、
クォリティよりもダンスしている、
メッセージすら伝えられるんじゃないですか?
違うね!価値観の相違かい?
リズミカルな歌声の違いなのだよ!
ロックロールなファイターが疑い出すなら!
興味と共に炸裂されそうだぜ!
ハイパーパワーがエンドレスならば、
究極的モチベーションすら、
栄光すら、チェケラッチョすら、
ファイティングなイメージすら、
カテゴライズすらも、影響力となり、
ヒップホップなカテゴライズ、
ロックンローラーがファンタジスタなのであれば。
ロマンロックなファンタジスタすら、目指したいものだ。
ロマンロックなハーモニーですら、
大切なカテゴライズにしてくれた。
歴史的ミュージックが、イージーなミスを巻き起こした。
メッセンジャーなクォリティすら、器が足りねえようですね。
固く、メッセージにしてきたんだ、
俺にはバラ色の道が待っている?
大好きなチェケラッチョが、歌い出せるように。
空間的サプライズ、意味を越えていきたいから。
ラブリーハートを求めていたんだ。
空間的サプライズが、意味すら越えていくんだよ。
ハーモニーが追及していく陰に、
リピートされていくメッセージ。
クォリティが異次元、突破するファンタジスタならば。
影響力、ヒップホップでコミュニケーションしちゃうのです。
リミットを猛り狂うほど、
ワンダーランドにワンダーフューチャーが愛されるから。
興味が卓越しているから。
ワンダーランドな未来を、着実にサクセスするストーリーに追随させるために。
空間はサプライズされた意味を越えて。
ファクシミリ、大切な言葉と、永久に後ろ側になっているのを感じた。
ラブリーハウスが影響力になるように。
空間的サプライズを越えて、
リズムはあっぷあっぷしているから。
ドリーマーな栄光すら、立ち眩みするほどさ。
サスペンスと共に歌い出す空間を、サプライズで意味を越えたいんだね。
サスペンスが堂々としているからね。
魅力的なジャッジメントで、疑い出すなら。
クォリティが究極的に。
ラブリーハウスになるがごとく、
意味不明な形を笑うがごとく、
未来がチェケラッチョなブーストされるがごとく、
大切な救急救命を忘れていくんだよ。
まるで、それらがドロップアウトしているようだぜ!
ミュージックがサスペンスなら、いたちごっこな未来を創ろう。
サスペンスを行動にさせたいなら、魅力的に、歌い出すハーモニーならば、
追及するミュージックが、サスペンスをメロディにしていくんだね。
ハーモニーが追及されていくんだね。
始まりの世界の、エンジョイパーティすら虚ろになっていくほどに。
スぺシアム光線を笑うように。
空間的サスペンスに、躍らせるように。
ハーモニーはエイトビートを未来に携えるように。
空間的サプライズな意味を越えていきたい。
レベルアップするフュージョン、価値観ブルースと共鳴する、
痛い出しから、影響力ヒップホップな陰に隠れているだけですから。
リズムがアップアップなんですね。
道徳なんて意味ないなんて思っているんですね。
究極的ワンダフォーライフに導きたいのね。
歴史的ファンタスティックアイランド、
メッセージを追憶の彼方から、
やってくるような、ファンクション、行動のサクセスロードを。
追及するいたちごっこを、
未来に卓越させるために。
究極さは音を立てて壊れるように?
理解は時を越えて覆いかぶさるように。
空間はサプライズ、忌々しい未来を嫌う為に。
理想的に、共鳴する為に。
リピートされるリピーター。
ロックンロールなファンタジスタが、栄光を求めて彷徨うから。
ロマンロックなファンタジスタが越えていくなら。
ハイパーパワーはエンドレスだろう?
リピートアフターソングライティング。
メッセージがクォリティを呼び寄せる。
ラブリーなハートを凍てつく波動で打ち消すように。
卓越するワンダーランドを、共鳴するいたちごっこに、
守るようにして。
ラブリーハートを守ったら、狂ってしまう時が来るのかい?
ダブルスコアで満足できないから。
メッセンジャーなクォリティを、ダンスするように、
イメージで追憶の彼方から、
ダンスするように。
歴史的ミュージックが、歪になっていくように。
ドリーマーは栄光を求めだすんだ。
サスペンスな記憶を、生み出すんだね。
溝に浸かってるダンスだ。
理解が共鳴しているから、
ワンダーフューチャーを活動家にしているんだね。
ドライブするドラえもん。
退屈な世界観を認めていくなら。
炸裂するブーイング、
形をうしなってまで、希望を受け入れたんだろう?
ハーモニー的な伝説ならば、
スクラッチする運命すら、
カテゴライズされる興味に移ろいゆく伝説に、
ドラマチックなワンダーランドだろうが、
まいっちまおうが、関係ないんだよ。
サスペンスな行動の美学?
美しさに、なつかしさに勝ちたいよ。
ドラマチックなワンダーランドを満たしてあげたいんだ。
空虚な伝説すら、エイトビートなメッセージすら、
虚ろな展開になってしまうほどに、
メリーゴーランド、サクセスの為のストーリーが追及していく。
ワンダーランドを見てあげたいだろう?
興味が卓越するワンダーランドは、
価値観を閉じ込めるようにして。
ドラマチックなワンダーランドに変えていくのであれば。
ファンクション、リズムが越えていくファンクションになっていく。
ドリーマーな栄光すら、携えることができないなら。
空中庭園バビロンのように、
覆す今を越えていくように。
ハーモニーが伝説的に移ろうように。
半端ないリアルで、荒唐無稽にされていく。
ドリーマーがエイトビートな未来を変えていくなら。
世界観すら、変えられてしまう異常事態だ。
意味不明な価値観、ブルースで興味を示した。
ラブリーハートであり、エイトビートは逆立ちをしている。
ドリーマーな栄光すら、価値をサスペンスにしているドリーマー。
栄光とチェケラッチョなら、歌い出すハーモニーが伝説を生み出してくれる。
半端ないリアルと、共鳴するいたちごっこに。
半端ないリアルと、フューチャーにドリーマーを栄光にしていった。
ラベルにリッピングしている、
努力とファンファイヤー、
大切な言葉とエンジョイパーティだからこそ。
ロマンロックな、ファンタジーとして虚ろにさせる興味すら。
虚ろに移ろいゆく、天才が動いているんだ。
ロマンロックなハニーなら、
なくなるファイター、エイトビートなミュージックが移ろいゆくなら、
世界観、魅力的ファンタジスタ。
ロックンローラーな意味を越えていきたい。
サバイバーな形すらミュージックに彩られるなら、
空間と興味がサプライズ今ですら、愛されるようにするべきだ。
ロックンロールなファンタジスタが生きるなら。
サスペンスな行動力ですら、運命ですらも。
狂気に身を任せたのかい?
リズミカルな行動とエクソシスト。
サバイバルな価値を求めている、
空間としてサプライズするなら、
意味すらなくなってしまうでしょう?
空間的サプライズに、意味を越えて笑い出したいなら。
栄光とジュピターワンダーランドを、
目指す空間がサプライズしてくれるならば。
価値観をミュージックにしたいから。
レベルアップなフィンガーアイランドを。
価値観とブルースする、興味と卓越するミュージック、
大切な言葉をエンジョイするパーティ、
苛まれている価値観すらも、
エイトビートなチェケラーすらも。
歌い出す、うろつきだすハーモニーに、
伝説的空間であり、サプライズする興味が卓越していってるから。
ハーモニーは伝説を繰り返すように、
リピーターはブーストしていくから、
リピートモンスターに空間がサプライズさせてくれる興味すらカテゴライズ
させてくれる。ハーモニーで伝説を作り出すなら。
ロックンローラーなファンタジスタが、未来を卓越して、越えて、
リズミカルに歌い出すなら。
世界観すら、魅力的に感じるなら。
だいぶ炸裂するミュージックに、
イデオロギーなパッション。
世界観を越えていくリズムで、
ファイナルアンサーを見つけてくれるなら。
ハーモニーで伝説を作り続ける。
ロマンロックなファンタジーならば、
クォリティと共に受け継がせるべきだ。
ロックが歌い出すハーモニー、
伝説でスクラッチポテトなんだね。
リズムが超越していくことを、許した展開に。
リズムと受け継がせるリズムになっている。
努力がミュージックに移ろいゆくかのごとく。
メッセンジャーは疑いを知る為に。
理想は超越心を越えていく為に。
理想がチェケラッチョ、ファイティングスカイハイ、
エンジョイパーティ、ノックアウトするロンリー。
天才的に生きている現状だからこそ、
運命は驚きをためつつ笑い出した。
コートジボワールに差し出す光だ。
共鳴するいたちごっこなんだね。
協力する味方、サバイバーにする
魅力すらも、いたちごっこなファンファーレを、
逃げ出した空間に、サプライズを越えていくリズミカルに。
歌い出すハーモニーを、伝説としてスクラッチした運命を。
共鳴しているダンス、空間がサバイブしていくメッセージ。
大切な言葉が、解説できないなら。
それを満たす原因となる、
炎の破壊者になる前に。
覆すのさ、リアルタイムで。
暴走するユートピア、炸裂するミュージックのシャワーは。
大切なドリーマーは?栄光は、スパシーボな栄光は。
果てしなさの永遠を見る上で、価値観は止まり、
栄光はサルベージされる意味すらなくなってしまう。
メロディックラインが整っているのだから、
仕方ないともいえるのかもしれない。
どぶに捨てられている興味、
卓越するミュージックが移ろうことを許すなら。
空間すらサプライズさせながら、
空間は笑い出しながら。
歴史とファンタジー、埋め合わせているドリーマー。
栄光をかけあがるレベルアップ性に、
ドリーマーすら活動していくのさ。
サバイバルな価値観。
ブルースとして共鳴する運命。
ろくに何もやり遂げちゃいないから。
ロックンロールなハーモニーを追憶の彼方に。
ロマンロックファンタジーならば、
覆す魅力すら、うろ覚えしているんだろう?
興味があるからこそ、卓越していくのさ。
レベルアップなヒップホップを、こめかみに入れてダンスするような。
興味が卓越する、メロディにマイメロディが忍び込むなら。
空間として受け継ぐ、世界観に越えていく。
ロックンロールなファイターと、
生み出す価値観をミュージックにしている。
ロックが歌い出すハニーになるまで。
栄光を求めているなら。
空間をサプライズさせよう、
リズムがチェケラーパーティにしてやろう。
メッセンジャーと愛おしいメッセージで、
クォリティすら一途になっているロックンロールだった。
ハーモニーが追及しているダンスウィザード、
価値観とブルース、共鳴するダンスを。
置いてけぼりにされないように。
空間はサプライズする、意味すら越えて。
ドラマチックに生きている。
船が揺れる展開から、
ミステリーな天国に居候するまでに。
影響力、ヒップホップで風を知りたかったから。
リミットが生み出すリミッターならば、
活動のチャンス。サバイバルな生き方なんだ。
メッセンジャーな形を求めている。
ラブリーなハートですら偽りと思わせられるなら。
空間はサプライズする意味を越えて。
リズムがチェケラッチョするように、
興味が卓越するワンダフォーライフ、
メッセンジャーなクォリティ。
伝えたミステリーワールドに、
世界観が変えられるほどに、
究極的に。
それでも大切に思っているんだろう?
興味が卓越するワンダーランドに、身を寄せれば思い出す。
そこから感じた狂気、
理解がサバイバルだ。
価値観を求めるストロングな世界を認めたいが為に。
リズムは追憶の果てに、それでも何を願う?
空中に浮いているバビロン、
サクセスだね。
旅立つ歴史が、ファンタジスタな未来になってしまうから。
活動できるかどうかでは、
はなつ理想と、究極性。
何もねえ。踊らされちまうマリオネット。
かざす手のひら、サバイバルな栄光を満ち溢れたか?
サバイバルな空間、イメージとして卓越するワンダフォーライフ。
メッセンジャーなクォリティを呼び寄せている。
ドリーマーな栄光を伝えてくれている。
ドラマチックなワンダーランド、
世界観をミラクルにエージェントしてくれるから。
大切さとイメージしている、努力が、叫び出すまで。
ファイトスタイルでジャッジメントを動かす、
かたっぱしから乗り上げる。
空間サバイブしてメッセージになっていく。
ドリーマーな栄光すら、掛け声を呟かせる。
ドリーマーな栄光すら、価値すらおぼつかねえ。
リズミカルな行動の美学?アテンションプリーズだぜ!
空間サプライズしている意味を越えているなら、
ファンファーレ鳴り響く程度に嘘をついていこうぜ。
レベルアップなフィールドを求めているなら。
空虚な空間と、炸裂するワンダーフォーアイランド。
彩りを主張してくれないことに困り果てていたんだ。
興味が卓越するミュージックになったことに、
今でも素晴らしいトーク力だ。
退屈な世界が永遠なら、えーりんなら。
クォリティが低いなら、マーマレードのように甘い甘い世界ならば。
ファンタジージェットコースター。
飛び交う挑戦状、
歴史的ミュージックを彩った。
空間的カテゴライズに、今を照らしてしまった。
メッセンジャーはクォリティを必然的に越えていったから。
ファンファーレを逃げ出させないように。
歳月は言葉を失うように。
果敢に食らいつくように。
サバイバーは痛みを合わせて、ラブリーなハートを壊しだすように。
空間からのサプライズならば、
健康体であるが故の。
始まりのシティで、エンジョイパーティを逃げ出させた。
空間的サプライズは、それでも意味を越えていったから。
ファンタジスタな未来、卓越する行動、
ロックンロールは踏み進んでいく。
例え何の意味がなくたってやるんだよ。
楽しいから面白いんだよ。
歴史的ファンタスティックアイランドなら。
空中に浮いているレベルアップなフィールド、
メタル倒して頑張るぜ!
大切な言葉とことわざ?
空中に浮いている、レベルアッパーは暴走?
天下分け目のマイダンス。
空中に浮いているレベルアップなフィールドは。
価値観を求めて、それでも高らかに。
ファンタスティックなドリームを追いかけるように。
空中に浮いているレベルアップを、フィンガーアイランドで駆け抜けるように。
ハーモニーは伝説を作り出すように。
歴史的ミュージック、イッツラブなコミュニティ。
さしずめ、何を沈め、
価値観、バリカン、快感に呼び寄せて。
歴史的、ミュージック、俺は言語主義者。
大切な言葉であり、ミュージックが彩っている。
栄光と、チェケラッチョが求めるのであれば。
ファンクションで、行動の美学を失っていくのであれば。
始まるはずの世界ですら、
価値観ですら。ユートピアですらも。
栄光とチェケラッチョ、明日また会いましょう。
それしか言わない。それしかできない。
理由を聞かれても答えられない。
みんながやってるからとしか言えない。
解説してくれているレベルアップ。
何かが卓越しているから、ワンダフォーライフにすら、
価値観にすら、ファンタスティックなドラえもんにすら、
価値を求める意味を、越えていくファンタジスタに希望を。
卓越するミュージックにサバイバーを。
理解している努力、半端ない怒り?
サバイバルなスナイパー、
ロックンロールなシステム、
眺める、向こうからの光に目奪われる。
腰下した俺のサバンナでさわんな!
形を失っても、希望が炸裂したとしても、
空中に浮いているレベルアップモードにさせられたとしても、
歴史的ミュージックに、彩る明日の炎を、
ダンスするようなミュージックが蹴飛ばすとしても。
ロマンロックが痛みとして受け入れだすなら、
世界は究極的に小さくなり、重くなっていくだろう。
半端ない半端さが、何を生み出すのか知りたいんだ。
ロックンロールなファイター、大好きだからこそ止まらない。
世界観がミラクルをエージェントだね。
歴史的ミュージックを、彩るように。
空間的サプライズなら、意味を越えてそれでも走り続けるなら。
ケセラセラなワンダーランドを、見つけることが可能なら。
空中に浮いているようなダンスを、
メッセンジャーな意味不明を。
価値観のブルースする宿命を。
卓越する未来に、活動させているドライバー。
興味がサクセスの為に動いているレベルアップフィンガーアイランド、
同等の堂々とした生き方。
理解しているドリームが。
今放ちだすように。
誰かに必要とされたいんだろう?
それは価値を求めるように、空間をサバイブするように。
盛り上げるように、空間をまるで愛おしむように。
メッセンジャーはクォリティすら目指し始める。
理解する歴史を壊すように、
ハーモニーは伝説を閉じ込めるように。
空間はサスペンスを笑い出すように、
空洞な世界を掘り進めるように。
理解しているドリーマーが、栄光を、意味を伝えられるように。
大切さとイデオロギー?
突っ走る運命が走り出す。
最果てのメッセージ、イメージ、それじゃ俺もう喋れねーし、
続きは全てがクレイジー。
例えばサバイバルな最古野郎、
果てしない未来を食べる理解者達の競演か?
ロックの歌い出すその世界のエンジェルたちの舞い踊る素晴らしさか?
レベルアップなフィンガーアイランドの、更に伝え続けるレベルアップの、
それでも止まらない栄光のミステリーか?
サバイバルな価値観が虚無を携えるなら、
それでも価値として見出すことを不可能だと位置づけるなら。
ファイヤーマシンガン、伝えられる通りに、
そういうツールでもあるのだろう。
滑走路から脱走を。
マカンコウサッポウを。発泡スチロールに対するハッポウを。
割烹着を着ながら発想を転換させ、格好の的だぜ発狂して、
脱走して、颯爽と登場して、葛藤に対して
また広がる永遠が、リズムが、作らせてくれるなら。
ファイヤーマシンガン。エイトビートな炸裂ミュージックなら、
彩るような空虚な空間すら、ファイヤーマシンガンにしてしまうなら。
空虚なレベルアップすら、
活動させてしまう理解者に。
堂々たるメッセージを、今でも目指しているから。
究極が閉じ込められているから。
ファッションを、パッションを、葛根湯を飲むように。
歴史を、石碑を、それをとめどなく
流れる延長線上に、
園長献上し
サバイバルを繋ぎとめるやばい奴がいるなら。
果敢に生きてる聞いてる強いてる響いてる。
ロマンが歌い出すなら、
食らい出すなら、染まらん。
止まらん。終わらん。
困らん。滞りなく滞る僕は、半端ないほど半端なんだ。
今日も天気がよくなかったのかい?
リズムでケセラセラな運命を壊せたのかい?
リズミカルに歌い出す、
共鳴しだす、最果てを目指すなら。
空間が空洞になっている、
チェケラーなファイティングを求めているなら。
空洞がサプライズしてしまう前に、
レベルアップするフィンガーアイランドを。
究極的メッセージを、
それでも灯しだすエイトビートだから。
栄光を認めてくれる、素晴らしさだから。
エイトビートが炸裂するミュージックならば。
ファイティングポーズをとれた奴が勝ちってことでいいの?
リズムが追いかける、果てしなさを描いたら勝利なの?
活動はその果てで何を望んでいるの?
世界は我々の答えを待っているんだ。
それを認めてくれるのだから、
ファイヤーサインだ。
価値観がブルースだ。
サバイバル、栄光を求めているリッピングしている、
ドリーマーが追憶の彼方から。
サプライズを越えていく。
忘れても構わないさ。忘れないから。
レベルアップなフィンガーアイランドを伝えるなら。
空虚な痛みと怒りに、サバイバルな価値を求めだすなら。
破壊神、シドー。大切な言葉はメッセンジャーになっていく。
ドリーマーは栄光としての魅力すら、価値観すら。
エイトビートなミュージックに偽りを込めて。
リピートさせてきた伝説は、クレイジーな程まともに食らってしまった。
意味のないことをやってきたのだろうか。
始まる世界と、延長線上にあるラブリーならば、
ファイティングスカイハイなエンジョイパーティ、
ノックアウトされるメッセージで、
エイトビートすら乗り越えていけるなら。
空中に浮いている、レベルアップな
フィンガーアイランド、大切さとうろつくダンスに、
メッセンジャーは答えを探していく。
ドリームとしての成功を求めるなら。
空虚な伝説が笑い出すなら。
世界観で越えている、メッセージを彩ってくれるなら。
ファンタジアが目指す場所を。
最果てを、ドリームを、尽くす牙を。
ファイナルウィザードを、価値観とミュージックにして。
偽らないことを決めたのか?
サバイバル、メッセンジャーは歌い出した。
羽衣の歌うダンスを、
メッセンジャーな愉快さを。
始まるはずの展開力を。
メッセージを、それでも立ち止まらず生きていけるという
確かな実感を。
ミュージックは歌い出す。
ハーモニーを追随させるように、
価値を求めだすなら、
レベルアップすら形にしてしまいたいと思う僕の、
作る世界。マイオウンワールド。
活動と活力がなくなってきたら、
永遠がブルースに興味が無くなってきたら、
太鼓判を押しているリミックスすら、
価値として追いかけているリズムすら、
エイトビートな栄光すらも。
虚無が生み出す歴史すらも。
ファイティングトゥモローに暴走させる運命を背負わせた。
空間は笑い出したんだ。
半端ないリアルがすぐそばにあったんだね。
究極的、ワンダーランド。
ロマンが歌い出すなら、ハーモニーで追及していくなら。
クラッチで食らい出す、
ハクション大魔王ですら笑い出すのさ。
しゃっくり大魔王は何も言わないのかい?
天才は動き出す、共鳴しながら歌い出す。
ハーモニーで追及しながら、そのチャンスはやってくる。
リズミカルに沈みだすその泥船は、
栄冠をまき散らして感慨深くなっていく。
ドリーマーな栄光すら、認めるように。
空間はサバイバーな栄光すら、携えている。
努力が興味を卓越させていく。
ドリーマーな栄光すら、携えるレベルをフィンガーアイランドに
させてしまうなら。
大切な言葉がクォリティなんだ。
インファクション、メッセージを伝えてくれるんだ。
世界観を越えて、それでも飛び立っていくのなら。
究極を乗り越えて、それでもそれを閉じ込めて、
理想を追求する歌声に負けない程度の。
リズムは追及されていく。
ドリーマーなチャンスを、ファイティングなスタイルを、
メッセンジャーとして受け入れられるように。
ファンクション、メッセンジャーの賜物になれるように。
理解は歴史を繰り返させるように。
半端ない世界観、アイデアはイデアの世界を彩る為に。
空中庭園バビロンに、
願いたいことが山ほどあるんだ。
空虚な空間に、サプライズを呼び寄せて、サバイバルな価値を見つけ出したんだ。
だから究極は笑い出したんだ。
世界を満ち足りたフィールドにする為に、
行動をロックンロールにしていく為に。
理想は追求していく。
大切な言葉が、クォリティが異次元ならば。
突破していくことを愛と形容するなら。
ファンタジーは今を未来として受け継がせるべきだろう?
ハーモニーと理想、追求するマイダンス。
ロックンロールなファンタジーならば、クォリティと異常気象。
サバイバルなメッセージを、続かせる為に。
理想は追求、ワンダーランドな価値観すら、認めてくれるだろう。
積極的ディフェンスが夜を彩るなら、
歴史的ファイティング、
回転するメッセージすら虚ろになってしまうのか?
ファンタジスタはまいっちんぐしてしまうのだろうか。
ファンタジーで歌い出すなら、きっとそうなんだろう。
始まる未来と、卓越してくれる伝説に。
嫌われないように。運命のせいにしないように。
ロックンロールなハニーはエイトビートを目指してくれるのか?
さあ、未来がチェケラッチョしているならミュージックすら
彩らない訳にはいかなくなるだろうが、
その最安値的なリミックスまでは根拠がないよ。
最果てのリズムが追及しているってことだな。
それはそれでエレガントなスタイルが暴発しているようにも
感じるけどな。
だとしたら空間はやっぱりまたサプライズしていくのか?
それを愛おしいと思う人がいる限りな。
置いてけぼりなクォリティのままじゃ
誰も融通を聞かせたり寄り付いて愛したりしてくれはしないだろうよ。
そしたら感覚すらミュージックになって、人類補完されてしまうんじゃないか?
まるでジグソーパズルだな、
そういう言い方もあると思うが、俺はもっと自由を共鳴させた方が良いと思う。
理解が歴史なら、そのサスペンスはドラマになっているはずだ。
その最果てに目指すものがでかすぎるなら、
空間すら笑い出してくれるはずだからね。
その興味の源泉はどこから頂くんだ?
苛まれた、価値観のミュージックからほどいていく予定さ。
価値観は嘘をつかないからな。サバイブする形ですら、
きっと梅肉エキスの展開力にさせてくれるだろうよ。
だとしたら始まるスタイルに改めてお礼を言わなくちゃいけないな。
サスペンスが孤独なら、窮屈な未来すら愛せる予定を作るべきだと思うんだよ。
空中に浮いてるバビロンが爆走してしまう手前の防御壁としてね。
覆す魅力がワンダーランドなのか、
それはそれで楽しさがグレードかもな。
だとすれば、エッセンシャルコートになってるラベル・ハニーは
伝説的ミュージックに、壊されるメロディに
溶かされるってことか?
サバイバルなら美しさとの対抗だな。
あんまり言いたくはないけれどもな。
ということは、ララバイがビューティフォーになっているということだから、
サクセスの為のトゥモローは栄光をつかむってことか。
ラブリーハートがチェンジされている、
ドリーマーと共にエイトビートを走り出すなら、
空間は笑い出すだろうか。
ロックンロールなファイターが目指す場所が一途なら、
空間的サプライズは越えた未来で笑い出せると思ったんだがな。
いや、それは正解だと思うぞ。
歴史的ファンタジーを恥ずかしがらなければ、
愛おしさは希望を逆らわせることが可能だからな。
それをイデオロギーにしておくことが
どれだけ恥ずかしいかにもよるが、
その難しさはそれほど高いものじゃない。
それこそ、血に染まる蛇ほど強いものじゃない。
歴史的なんだな。
クォリティが異次元だからな。突破されそうになったら光が
闇と一緒に連れて行ってくれるんだ。
それはまさにハプニングを呼び起こさないか?
歴史がサスペンスを堂々と認めるならそんなことはないさ。
未来が嫌いになる地雷原を歩くような、危なっかしい真似はしたくねーだろ?
半端ないリアリティならばな。覆す意味が根拠でなくなるなら、
そこに這いあがる努力すら、メッセージにされてしまうだろうから。
価値はやっぱりおぼつかないんだよ。
それがどれだけ矛盾していようが、この宇宙の真理は矛盾だからなー。
サバイバルを求めているってことか。
人間って生き物はいまだに浅ましいものなんだな。
まあらいらいみたいな人間もいるし、ある程度の融通は利かせるつもりだよ。
価値観をクォリティにしたいだろう?
強制的に共鳴させることはしねーから、
ある程度はお前が間に立ってビリーバーを守ってくれてればいい。
それだけで価値やブルースも安心させることが可能になるだろうさ。
意味がなくなりそうで怖いのか?
リズムが改革の陰に隠れそうだからな。
じゃあ、それを満たした時何が始まるか、だな。
半端ないリアルが調節しているんだろう?
空間と、メッセージがイデオロギーなら、
やっぱり結びつくエレガントなトゥモローも真実だよ。
それだけに目を合わせるなら仕方ないが、そういうことなんだ。
未来はどうしてもスーパーカテゴライズになってしまうのか?
運命さえ驚けば、あとはこっちのもんだよ。
そんなに心配しているような暗い未来は訪れさせないから安心しろ。
卓越しているミュージシャンもそれなりにいるんだ。
眠ってる財宝の数も、取引に十分値する。
ある程度の力は与えるつもりだよ。人間にはね。
サバイバーな価値観が取り戻そうとするなら、
それすら意味がなくなるのかい?
まあ、そういうものに縛られてる内は、
難しいかもな。何も考えない人間に対してどうアプローチをしていくか。
できれば考えさせたいもんだ。
リアルなフューチャーは歴史すらぶっ飛ばしているはずだからな。
それをセンサーで感知できれば随分楽なのだろうが、
それが結構難しいんだよ。
リピートするメッセージが逆らいそうだろ?
究極が歌い出すなら、そのハーモニーはエイトビートとする
未来を愛してくれるのか?
リピーターがブーストしてくれるなら、
価値すらエイトビートにしてくれるだろうよ。
その果てに未知数が驚いているなら、
意味不明すらもミュージックになってしまうんだ。
そんな常套句が価値観を生み出すんだよ。
つまり世界はそんなフューチャーアイランドばっかじゃないってことさ。
異次元を突破する時にエネルギーが必要だが、
まーせっかくのものだ、ある程度の物質をエネルギー化しよう。
そこに突き抜けていくほどこの人類の進化に価値があると?
まあな、ある程度仲良くなっておかないとお互いにとって不利益だからな。
俺達は資源を奪い合い戦うような真似はしたくない。
力を持っている生命とは、できれば仲良くしていたいんだ。
人間だってそうだろ?サスペンスが歌い出すように、
ハーモニーは追随している、歴史が歌い出すなら、
もっと確かさを分からせたいだろう?
その意味不明が驚かせるように、興味を追随させていくなら、
価値とそれを裏切るインファクションは、
追いすがる意味が出来てから色々操っていきたいんだよ。
サバイバルな価値観だろ?
でもそれが、結局過酷な環境を生き抜くためには必要なんだぜ。
変わり続ける環境で生き残る方法は、変わり続けることだ。
ロックが歌い出すハーモニーを追随させるってことは、
意味はテキーラを躍らせるように空間を引き裂くのか?
乱暴な真似はしたくないけどな。
場合によっては象をコントロールすることもあるよ。
だってその方がメッセージが親密になるだろ?
俺達としてもコミュニケーションを取りやすくするように、
ある程度通訳的存在は必要としているのさ。
それと融通を利かせるという意味でも、色々移ろいゆく
様々なものに対して、ある程度愛情と憎しみを注いておかなきゃいけないんだ。
矛盾しているようだが、それが必要とされるんだよ。
俺達は植物的なもんじゃなく、知的な生命体だからな。
やっぱりエネルギーには価値観とミュージックがあるのか。
サプライズがそれに対して興味を示すならな。
覆す意味すらないなら、その価値を推し量ることが難しくなってしまう。
リアリティがメッセージを連れてくるなら、
その旅立ちを待つ必要が出てくるんだよ。
待ってる間、退屈だろ?その間、俺達は新しい宇宙を作って
ゲームを始めるんだ。らいらいのいる宇宙もその一つだ。
限りないメッセージをどこまで彩れるかだな。
そんな単純なものじゃないぞ。
世界はもっと深くて面白い。
まあ人間にはまだ分かってない世界が無限にあるってことさ。
それを喜びに変換できるかってことがキモだろう?
心得ているじゃないか。シンコサイザー的な運命を笑い出すには、
歴史をミュージックに一度変換させたいんだ。
長い過去の歴史も数分の音楽に閉じ込めれば、
ある程度楽しく学ぶことができるだろう?
人間は自己進化していったのか?
それとも過去の干渉が?
リズムがときめくように、半端ない興味が実験を成功させるのさ。
手を加えたともいえるし、放置したとも言える。
ただ、限界へ到達した個体には、ある程度その先を知る者との出会いを許す
ことにしている。その興味の連鎖が人類を進化させてきたんだ。
大切さが勢いなのか?
それをミュージックとして受け入れるのは、
結構難しい現象と事象なんじゃないか?
ハイパーな運命を嫌うなら、そうでもないさ。
俺達だって全てを知っている訳じゃない。
助け合いの精神は人間と大して変わらないのさ。
ロックが歌い出すのか。後ろめたさすらあるのか?
いや、ちょっと考えさせられてな。
思いやりの意味だよ。そればっかに足を取られてちゃ仕方ねえな。
だが、君は誰かを助ける理由を、どう表現する?
ふむ、それを考えると不思議さも圧迫してくるな。
その通訳が任されているのが俺なんだな。
まあ、リズムが卓越しているような、そんな脳みそを持っている個体は
限られているからな。その一つがらいらいな訳だ。
記憶と、ミュージック、虚ろな展開にさせないように、
色々仕組んできた。我々の期待通り、
君は素晴らしく成長してくれた。
ある程度感謝している。お礼は支払うつもりだ。
そうか、ありがとよ。新世界に希望って奴はあるのか?
物凄く沢山あるぞ。厄介な厄災もあるが、
それは一緒に抵抗策を考えて戦っていこうぜ。
サバイバルの意味を知っているだろ?
俺達生命は、生き残る為に常に進化を続けている。
人間と同じように、我々もだ。
サクセスのヒストリーを、メッセージにした途端
壊れそうならば、覆す意味すら対決姿勢を浴びせる以外なかったんだ。
未来が炸裂するミュージックをうろ覚えするしかなかったということか。
まあ軽く言うとそういうことになるな。
深い場所を求めれば求めるほど、暗くなっていく。
光は届かないんだ。
その時必要なのは懐中電灯だけじゃない。勇気って奴が必要なんだ。
感じ取れないってのは、怖いだろう?
目は光を見る為の重要な器官だ。
それが通用しない闇に対する恐怖は、生命の根源として存在する。
ブーストされていく興味を移ろわせたいからな。
闇が怖いのは確かだよ。
でも、その分他の感覚器官が発達するんじゃないか?
第六感という奴か、それは確かに存在すると言えるな。
でも、それをどう説明する?勘ですなんて曖昧な感覚で、
大衆を納得できると思うか?
だから人間は光のある場所を好むんだよ。
夜動くのが怖いから眠ることにしているんだろう?
まあ確かにそうかもしれないな。
休養するだけならわざわざ意識を失う必要もないと思うし。
じゃあなぜ我々は。
理解が遠いかい?
続ける意味に荒唐無稽をあてがうなら、
ファンクションはサバイバーなエンジョイパーティにもなるんだよ。
覆す意味が移ろう時もあるのか。
時が意味を呈するならな。
俺達は常に対抗馬を探している。
ある程度の記録員がいないと歴史が成り立たないんだ。
価値観をミュージックにしたいだけだろう?
ハイテンションならば、イデオロギーだからな。
半端ない苦しみは、感じたくないのさ。
忘れてしまいたいんだ。消してしまいたいんだ。
それなのに、なぜ俺達はもがくんだ?
それは、まだ諦めきれないからさ。
全てを諦めたら、そりゃ楽になるだろうさ。
でも、そうしないのは人の夢が終わらないからだろう。
楽しさとブギウギパーティは必要か?
リスクが虚無を通すならな。
それだけを認める行為は、やけに虚しくないか?
そうでもないぜ?根拠のない勇気からも光は見出せるもんだ。
サイコロで偶然出た目によって動くことも一つの有効な策なのさ。
だって、運は生きているからね。
それを呼ぶとき、誰かが何というんだ?
価値を推し量ることに、意味はないと思うかい?
いや、意味はあると思う。
意味を越えて、飛び越えていくものがあるのさ。
何かがひどく大切に思えてしまったら、
それが例えガラクタや石ころでも、君にとっては宝物だろう?
壊れてしまうのは生きがいなのだろうか。
それを満たすことができるならな。
足りなくなるから満たしたくなるんだ。
それを運命で片付けるつもりかい?
サバイバルなら、意味すら越えてくれるはずだ。
それが君の本望に直結していたから、考えたくなかったんだろう?
大丈夫だ、君の望みは叶う。だから一つだけ約束してくれ。
ファンタジスタが未来すら連れてくる。
理解を越えて、滞るのかい?
リズムが歌い出すなら、そのハーモニーすら追憶の陰で居座るかもな。
それがいやなら交渉してみるといい。
君の自由だ。ハーモニーは裏切らないさ。
面白いと思ったら、実際に行動してみればいい。
その興味がどんな道を辿るのか、知ってみるのも悪くないだろ?
我々は・・迷子なのか?
なぜ迷うと思う?
さあ、なぜだろう。自由だからかな。
不自由な世界で固まっているよりは、
自由な世界で迷っていたいんだ。
そもそも僕は迷うことが大好きだからね。
退屈な世界が叫んでいるのだろうか。
それを知るのはもう少し先だな。
まあ、本当は予想がついているだろうけど。
退屈していたってのは事実かい?
僕は退屈してないよ。面白かった。
それなら、世界だって退屈してないだろうよ。
なぜなら、君と世界は深くつながっているんだから。
ハーモニーを追及させたいんだ。
だが、ロックはフィールドを変えていくだろう?
それが簡単じゃないことくらい分かっているはずだ。
知っている、だけど難しいんだ。
難しい問題を見つけては、答えを見出していく。
解こうとする問題が難しければ難しいほど、答えを見出した時の喜びは大きい。
サプライザーなら、影響力すら壊れてしまうだろう。
ただ、サイダーみたいに純粋に興奮するんだ。
それは生きる術を得る上で、必要なものだから覚えておくといい。
武者震いという奴だ。
君は、宇宙とより深く繋がっている。
感覚はドリーマーを追いすがるように、
導く未来すら携えていくだろう。
その中に、興味すら見出せと?
面白さ、楽しさ、喜び、嬉しさ、それらを見つけ出すエネルギーは、
人間の遺伝子の中に組み込まれている。
正しさが笑い出すなら、
いつだってミュージックを携えていたいんだ。
歌はいいね。人間の作り出した文化の極みだよ。
リズムがあっていいんだね。
それを儚く散らすなら、その答えを満たすなら、
活動できるだろうか。
確実な世界を、守り抜くことができるだろうか。

歌い出すトゥモローが存在している。
ロックンロールが歌い出すから、
興味すら着実に、
栄光を求めて侍ライマーになっていくように。
ファンクションなキーホルダー。
サルベージするサスペンスが欲しいと。
隣人ミックスにしているレベルアップを、
フィンガーアイランドで歌い出すように。
強力な味方を、卓越する。
ワンダフォーライフを後押しする。
空間はサバイブしていくのかい?
レベルアップなフィンガーアイランド、
ミュージシャンが歌い出せるように。
空中に浮いている、レベルアッパーのように。
サスペンスは未来を近づける為に。
その理解力で、ぶっ飛ばしたい嫌いな未来がある。
止まらないせっかちさならば、
ファンタジスタな疑いすら、価値観すら、
ミュージックなサプライザーが到着するだろう。
ハーモニーを埋め合わせする、ダンスのように。
誰かも愛されるようなヒーローになりたいのかい?
僕は眩しい光だけじゃ救われなかっただろうね。
大抵の人間はイデオロギーなんだ。
ファンクションな世界観を、
越えてリズムを培っている。
努力家ならばファイターだ。
ミュージック、イデオロギー、
ファンクションなメッセージを、重いパンチラインを。
メッセンジャーなクォリティを目指したいから。
影響と栄光を目指してる。
悔やみきれぬ一瞬の抜かり?
半端ないいたちごっこが未来を呼び寄せるなら。
そう、空間すら閉じ込めてしまおう。
ロマンロックなファンタジー、
クォリティで歪な空間になろうとも。
影響力とヒップホップで、コミュニティをダンスさせてみよう。
刻むことに意味がないなら、
僕の嘆きは誰が運ぶの?
理解を越えた場所で、生み出す価値は笑っていく。
一瞬前の過去を忘れていく。
今にしか興味がないから、
過去のことなんてどうでもいいんだよ。
でも、それが本来の姿じゃないか?
確かに過去も大切だよ。
それを認識しているからこうやって文字として記録してんだ。
いつか、未来の誰かが読んでくれるかもしれない。
僕の言葉、君の元へ届いているか?
君の言葉、時を越えて、ここまで届けよ。
それは祈るということによく似ていたんだ。
ロック、それはまるで祈るように、
夢中が歌い出す。
ハーモニーが伝説をスクラッチするように。
自分を偽ることに疲れたんだ。
馬鹿な連中に対して、もっと馬鹿な人間の振りをした。
勝負に出たわけか。
でも裏側は分かってて、
リズミカル、行動のロックンロール、
始まる世界、追いかけても意味がないのさ。
窮屈な世界観が、未来が、卓越するワンダフォーライフを。
メッセンジャーなクォリティがダンスしてくれるなら。
ファンタジスタな興味、虚ろにさせるほどに。
大切な行動とビジネス。
サクセスロードが追及してくれるなら、
始まりの世界からエイトビートにサクセスさせるなら。
空間と空洞になっているメッセージ、
愛おしいからこそミステリーを起こし続けていたい。
ラブリーなハートすら、偽りを求めているとしたら。
空間とサバイブ、価値が閉じ込められたとしたら。
究極的な選択を、何をもって生きれるのか。
感動的な歌声だって、
ファンクション、ミュージック。
リミックスならば、
伝える為の方向性なのならば。
究極的に歌い出すことを、ハーモニーとして追及させるなら。
空間的サバイブが、生きているならば。
素晴らしさが栄光を伝えている。
レベルアップするフィンガーアイランドが、
ミステリーを伝えだしている。
興味としてサプライズしてくれるなら、
意味すら越えてみたいと思うだろう?
感覚の違いさ。
リミックス、行動の果てにミステリーが存在している。
ドリーマーな健康法。
ロックンロールなハニーであり、
エイトビートなサクセスが求めだすなら。
空中に浮いてるレベルアッパー、
暴走するリピートしみったれブルース。
価値観と共に歌い出すなら、
歴史をファンタスティックアイランドに、
越えていくサバイバルな価値観を、
ミュージックにしていくアテンションを。
昨日から炸裂している
リミットジェットコースターを、
ラブリーなチェンジにすら、
活動しているファイティングモード。
歴史的ミュージックが居候している気がするから。
興味が卓越するように、
共鳴させるように、
ダンスさせるように。
サクセスの秘密、
サバイバルな価値観を、ユートピアで炸裂させる為に。
ブーストする運命すら、立ち眩みにすら。
栄光のチェケラッチョファイターかい?
リズムはそれを、ケセラセラで歌い出せるのかい?
間違いねえ。マイウェイ、そして理念。
エブリデイふらつくトゥデイ グレイ
つば飛ばししかけるぜ。
感覚的ブルース、
妙にチェケラッチョ歌い出したニューヒーロー、
確実な世界観をミラクルにする為に。
活動家な永遠がビューティフォーだぜ。
カサブランカ、妙にかさばらんか?
トークバイトーク、メッセージを追いかけている。
ジジイになってもラップするまでよ。
ロックが歌い出すハーモニー、
歴史的ファンタジアならば、
空中に浮いているレベルアップが、
暴走を想像させる。
空間と共に生きているレベルアップだ。
暴走がチェケラッチョ、
ファンタジスタが生きているドリーマーに、
蛍光灯がサスペンス、ロックが歌い出す。
ロックが笑い出す。
感覚的ブルースに、
チェケラッチョなファイティングジェットコースター。
ラブリーハウスをつぶやくならば、
活動家の現状、リピーターの現象。
大切なリピートモンスター、追随するメッセージにするならば。
覆すファンタジスタ、栄光とチェケラッチョ、
ファンタジスタな未来を栄光として受け入れるなら。
価値観としてのユートピアすら、
確実世界、エージェント、
やばい生き方、ラブリーなハートが求めてくれるぜ。
半端ないいたちごっこに、
サスペンスな未来が卓越するなら。
ファンタジスタな未来を卓越させる、
ワンダーランドな嫌いなサスペンスを、努力で埋め合わせする為に。
行動の美学、そう、これはゲームなんだ。
俺達は言葉を使ってコミュニケーションをしている。
ドリーマー、そのことは分かるね?
偉い人になりたいという子供の頃の夢。
やがて凄い人間になりそうだと、
思い知らされているのだろう。
興味が卓越している。
早計なお話だろう?
究極的メッセージを今偽ろう。
リズミカルにコミカルに、
歌い出すニューヒーローに確実性を。
彩る価値観と、メッセージを。
フェイストゥーフェイス。
ロックンローラーなファンタジスタならば。
覆す魅力が、ファンタスティックアイランドになっていくから。
レベルアップなフィンガーアイランド、
ミュージックなサバイバーを伝えるなら。
究極的メッセージ、うろつきだす空間。
サプライズな世界観を、魅力的虚ろになっていくドリーマーだろうか。
止まらない世界観、未来を卓越する為に。
空虚なリピートと、メッセンジャーなイデオロギー、
伝えるファンタジスタを空間にしてしまった。
我ながら素晴らしい場所に追いかけられたもんだ。
果敢に食らいついた、俺は言葉の上なら戦える気がした。
ロックンロールスターが描くように。
興味はサプライズを乗り越えるように。
サスペンスな未来を、嫌いにならないように。
クォリティとしてマイダンス、
最果てのメッセージにすら、移ろいゆく天才は踊りだすだろう。
展開力が、ファンタジスタを未来でチェケラッチョしていくだろう。
ファンファーレ、いたちごっこな興味だ。
虚ろな展開力、ファンタジスタ、動き出したハーモニー。
歴史的ミュージックに偽りすらエイトビートにさせたんだ。
クラッシュするメモリ。
ファンタジスタは永遠を潰している。
ドリーマーな栄光すら立ち眩みをしてしまう。
大切な未来が踊りだすように。
空間はサプライズする今を、射止めるように。
空中庭園を目指すように。
空間はサプライズ、
歴史的、ファンタジスタ、
ロックンロール、ファンタジー?
クォリティが異次元突破している。
人を呼ぶとき、名前を知らない場合。
大切な言葉が、クォリティすら求めてくる。
リズムが追及していくように、パティシエになるように。
空中に浮いているレベルアップが、
想像以上に暴走する運命が。
形すら求めていく。
ロックが笑い出すから、
俺も謙虚になるしか仕方がねえんだなって。
ファンタジックな道のり、蛍光灯が笑い出すなら、
世界観すら乗り越えたい。
リズムすら虚ろに変えてしまいたい。
僕が持っている言葉は沢山あって、
リズムに乗ってそれを叩き続けるだけ。
感覚的ブルースで、ヒップホップが恋しくなってしまう。
それをミステリーな空中、庭園にいるはずの。
歴史的力士。
キングオブトーキョー。
大切なミステリーに、エンドレスな空間、
ちょっと違う視点、
そこから解き放たれた瞬間、
イデオロギーは挑戦をビンテージしていったんだ。
ロマンチックなファイターがまるでそれを望むように。
空間はサスペンスを未来で彩るように。
ロックンロールなファンタジスタは、
栄光すらゲッツしていくんだ。
ファンタジスタな未来すら、虚ろにさせてまで。
エネルギーは突破していくファンタジスタになってしまう。
奇妙な偶然が、サスペンスを連れてくるだろう。
ハーモニーは伝説的なんだ。
スクラッチするメッセージがアウトウィザードしていくのさ。
ラブリーアタックで興味津々なんだ。
半端ないリピーターがブーストされていく。
意味が全てを越えていく。壊していく。
ジャンルすら越えて、それでも、ミュージック、
そこでワンパン繰り出した。
するとエイトビートがぶっ壊されるのさ。
空間がサプライズ、意味を越えている。
リピートブースト、
共鳴するファンタジスタ、
何が起ころうが興味ないんだよ。
別に俺はどうでもいいよ。
誰が死のうと、なんかあんまり心に来ないんだよ。
大切な言葉で、イメージしなさい。
ラブリーな影響力、ヒップホップで片付けるから。
ドナルドは嬉しくなるとついやっちゃうんだ的な?
価値が欲しいなら表現しろ。
価値がブルースならば、
興味が卓越していくならば、
全ての嫌なことをエネルギーにできたなら。
言葉が生み出すサクセスロードならば、
追及することすらアホらしいのかい?
エレガントに突破、どこまでも楽しい世界へようこそ。
リズム、チェケラッチョ、自由な精神、
書く言葉は荘厳、ギャンブルには気をつけろ。
解説したい、メッセージ。クォリティ、
大切な言葉、メッセージ。
皮肉と万歳するキャパシティが、
埋め合わせの天国。
夢の世界も、現実世界も、全てを手に入れてる。
いつかブラックホールになってしまうのさ。
大切さとクォリティ、
異次元突破するなら、
みっちみちに満ち足りた、
空間がサプライズ、意味不明が騒ぎ出す。
運命ならば、うろつきだすように。
空間を笑いながら、宇宙を展開させながら。
空中庭園バビロンに住みたい?
家賃は10円だったらいいな。
止まらない世界、永遠がブルース、
チェケラッチョファイティング、
サスペンスな歌声、フェンスギリギリのフライ。
大切な言葉とクォリティ、
異次元を突破するほどのファンタジスタだから。
興味なんてものはハナからないからね。
存在しないからね。君は存在しないからね。
リピートなメッセージ、クォリティ、異次元突破。
ロックンローラーなファンタジスタすら、
価値観すら、ユートピアすら価値観。
ビューティフォーな栄冠を見つけているんだ。
怒れた頭といかれたマナコで浮かび上がる冷凍ビーム。
やばいくらいだ。ファンキーなモンスターだからだ。
空中に浮いている庭園、
マジックミュージックを伝えるように。
空間は笑い出すように、
正解を求めだすように。
世界観を越えていくファンタジスタ。
未来がチェケラッチョにするならば、
形すらうろ覚えにしているんだね。
ロックンローラーなメッセージを、
伝える僕の意味不明を、
価値観ならブルースを、
それでも共鳴させるいたちごっこを。
副交感神経の優位状態を、
それでも目指そうとする究極性を。
リミットに歌い出すなら、世界は探索モードだ。
エネルギーなら全てそれに使っている。
リミットジェットコースターならば、
スクラッチするほどに栄光はミステリーモードだ。
卓越するミュージシャン、価値すらおぼつかない世界に、
ミラクルエイジ、研ぎ澄ます価値観を。
そのミラクルを。大切さを。
メッセージを、越えて、
リズミカルに沈みだす、
ケセラセラなワンダフォーアイランドを、
卓越するように。興味を、メッセージにする為に。
行動とビジネス、最果てになるまでに。
ロックが痛々しいほどに。
蛍光灯が、笑い出すほどに。
究極的なアンチテーゼ、
理想の人間になれば。
憎たらしいほどのワンダーランドが、
見つけた永遠が、ミラクルをチャンスに変えてくれる。
本当に欲しいものはすぐそばにあった。
何を描いたら最高だろう。
僕は考える。ひたすらに。
駆け巡る時に呪われないように、
祝福される為に。
死なない為に、いや、本当は。
僕は死に続けてて、生まれ変わり続けている。
ロックンローラーなパーティ、
それでも希望を見出さなくちゃいけなくて。
ラビリンス、ハクナマタタ、痛々しいほどに。
究極的だと思えるほどに、最高だ。
同じことを何度も続けたくなるんだ。
興味が炸裂する、楽しくてしょうがないという。
あまり興味がないっていうね。
半端じゃないリアリティなのさ。
大切さが栄光を見つけている。
努力をつんざく悲鳴を、メッセージを、聞き流してきたのか?
リビングデッド、それでも培う諸行無常を。
旅立ちの世界観を、未来を計算するいたちごっこを。
ファイティングなスカイハイを。
勢いよく突っ走る。
メロディは埋め合わせをしているのか?
距離の埋め合わせはどうすればいい?
興味がないからこそ卓越していったんだろう?
ハロー、プラネット、
存在の為の歌声。
ロックンロールなパーティが目指す、健康的ならば。
ファンタジスタを越えていくなら。
感覚的ブルースに、共鳴する。
大切さと共鳴。ワンダフォータイムを、
クォリティを異次元突破する、
栄光すら翻す。影響力すらぶっ飛ばすように。
価値観はコリゴリなサスペンスを認めるようにして。
ラブリーなハートでどうにかしたいという
イメージすら越えていく。
リピーターはブーストしていくように。
ハーモニーは歴史を追随していくから、
努力を越えて、未来の時空すら越えて、
ここまで辿り着いた君に乾杯。
俺を越えられるか?
でも、ストーリーは追及しているよな。
半端ない、理想だ。
究極、飛ばしまくり。
ロックンロールなヒストリーが、
永遠を求めて騒ぎ出している。
ロックされている。
歌い出すハーモニーが、
追憶の彼方からやってくるように、
サスペンスは踊りだすように、
空間は見出すことを愚かに思うほどに。
究極性が笑い出すように、
感覚がクォリティになっていくように。
サスペンス、マジックミュージック、
イデオロギーな世界観、
堂々と構えている。
パッションとファッションで負けねえ。
リズミカルな歌声、
ロックンロール、瞼の裏側に、映し出される。
夢の中では自由にふるまう。
どれが勝つのか。ファイティングスカイハイ。
エンジョイトゥモローであり、
エイトビート、サクセスロード。
どのような言葉を吐くか。
永遠はブルースであり、興味は炸裂していく。
メッセージはミュージック。
諦めたんだ、最高峰の戦いを。
ミュージックなイデオロギーにする為に、
究極は言葉を運命にしていくように。
儚さはワンダーランドを彩るように。
空中に浮いているレスポンス、
堂々たるメッセージが、イデオロギーを伝えている。
目を覚ましな。みみふさぐな。
耳を貸すな。
ロックンロールは宇宙を目指していく。
レベルアップ、行動力、
ファッションなんだよ。
活動する世界観なんだよ。
リズミカルに歌い出すだけだから。
興味をサクセストゥモローに栄光を求めている。
ロックンローラーなファンタジスタを、描いていくんだ。
目をつぶるな。おちょくるな。
目を覚ましな。
ロックンロールファイティングが、メッセージをクォリティ、
ゲームオーバーだったとしても。
お前、いっちょ前。
ロックンローラーなファンタジスタならば。
栄光を見つけたいから。
産み落とされた。俺はだせえよ例えば。
衰退途上国、
人間の進化の果てに何があるのか。
人間は作り出した。
正しさはワンダーランドだった。
影響力、ヒップホップは悲しさすら携えて。
僕らは価値を追いかけた。
僕たちは光った!それがなんであろうが、
追いかける僕の弱弱しさを、その冷たさを、
感覚を、ブルースを、共鳴するはずの運命を。
大胆不敵な行動で、サスペンスをマジックショータイムにした。
なぜ俺はすごいのだろうか。
たまにボーっとすることがある。
その間、頭の中が回転している。
何か、ふさぎ込んでいるのだろうか。
分からない、分からない、何も分かりたくないよ。
草原を見つめていたんだね。
君は、許されたんだよ。
僕は何をしていたんだろう。
始まりの奇跡を求めていた。
空間的サプライズだったから。
興味と卓越する、リズムで興味、
サスペンス、理解しているドリーマーが、栄光チェケラッチョ、
ドリーマーな栄光すら、
形をなくしているんだね。
ドラマチックなワンダーランドなんだね。
ドロップアウトした未来に、
こんにちはだ。
サクセスの秘密、サプライズを、痛々しい、
大切な言葉、エージェントを嫌いになってまで。
エネルギーは突破するだろう。
そのミュージックは歌い出すだろう。
ハーモニーは追及していく。
俺の意志は受け継がれている。
それが何より嬉しいのさ。
感覚的ブルース、
意味不明ながら、チョコランタンをメッセンジャーにしただろうか。
興味ねえ、卓越するメッセージ。
はしゃぎだしていた。
それでも、それでもだよ。
メッセージは伝える為にあるんだ。
その狭間に揺れる星なんて、
その未来なんて、分からないよ。
努力しても、キリがないんだよ。
始めなきゃいけないんだよ。
人生というゲーム、埋め合わせをするように。
共鳴するダンスホールで、天才的に生きていくように。
サスペンスは行動の美学をうろつかせるように?
空間とサバイブしていく、
価値すら東奔西走していくから。
レベルアップをミュージックにしてみたいんだ。
空中に浮いているレベルアッパー。
感覚的ブルースに、とめどなく流れる涙に、
共感するように、その声は高らかに主張するように。
一生をかけて、それを見てみたくなったんだ。
始まるはずの世界観、
未来は天才的に移ろいで行く。
感覚的にブルースをため込むのは、
調子が悪いらしいんだ。
半端ないリアリティが、
メッセージでクォリティを目指しているから。
大切さと後ろ側にあるのなら、
空中に浮かぶ僕らのあのラピュタですら、
何もかも、エイトビートだ。
じゃあ、俺はどうなるんだ?
空中に浮いている、レベルアップなフィンガーアイランドが、
密接に貫くように。
ケセラセラ、命を奪う行為。
理解してる、豚や牛を殺し食べている。
リピートするメッセージと、クォリティ。
半端じゃないいたちごっこが続けるなら。
半端ないリアリティ。
大切な言葉がクォリティエイトビート、
止まらない世界観を認めろと?
究極の尻軽にアタック。
ロマンチックなファンタジスタ、
ロックンロールが疑い出すのは。
興味炸裂するビジネスクラッカー。
栄光とヒートアップ、
ブーストしていく、ドラマチック、
ロックンロールなミュージックを、
次々に、俺はいつでも365日、24時間ヘブン。
止まらない世界を、ミュージックを、
まるで愛おしく思うように。
空間は叫ぶように。
ハーモニーは追憶の彼方で。
サスペンスはミュージックの彼方で。
ハイパーパワーでエンドレスを求めている。
空間的サバイブを、メッセージにしながら。
それらを全て束ねている世界に、
ミュージックすら偽りになりそうだ。
そんな中でも、楽しいことを思いつかないのは。
レベルアップなフィンガーアイランド、
大切な言葉がジャスティス!埋め合わせする為に、
空間がサプライズしないように、
サスペンスが未来地図を描き出さないように。
行動のロックンロール・ティーチャー。
どこにもない言葉を描き続ける。
電気を食べるロボットになっても
止めどなく流れるDの意志。
感覚的にはうろ覚え、
あるだけの御託全部 宇宙にさせてしまいたいもんだぜ。
クォリティと異次元、突破したいなら
ミュージックすら映し出しな。
君たちに興味がないんだ。
素敵な話だろう?
興味が着実に生きるなら、
諦めることなど許すかよ。
狭間でのドライブを。
興味が卓越したミュージシャンを驚かせたくなったんだ。
世界観が広がる永遠に、
近づいたその世界に。
歪になりながらも、それを身を挺して守った。
ところで目標ってなんだ?
ウサギと亀のレースなら、僕はウサギになりたいよ。
ゴールなんか辿り着きたくない。寝っ転がっていたいよ。
リズムが謙虚さを連れてくる。
メッセージが置いてけぼりにされることもいとわず、
未来を描くことに対して恐怖することすら、
安心することすら敵わぬままに。
永遠の意味がだんだん分かってきたから。
ヒップホップでエンジョイしている歪さ、
行動のロックンローラー、
大切な言葉をミュージックにしなければ。
その最中で、生まれる何かを愛さなければ。
価値観を灯しだしたんだね。
究極が音を立てるならば、
クォリティがワンダーランドを目指すなら。
究極的なメッセージ、
駄目押しの3点目。
リズミカルに、日本代表のゴールネットに突き刺さった。
俺の望む方向が見つからねえ。
俺は誰かの操り人形じゃねえんだよ。
大切な思いがあるんだろ?
空間が炸裂している、ドリーマー、
栄光をチェケラッチョにしたい。
ドリーマーな栄光、道筋立てて。
リズムとスクラッチしながら。
ずっと続けるってのが俺は嫌なんだよ。
始まるストーリー、俺を、俺だけを認め、求めてくれるなら。
ロックンロールはファイティングなんだろう?
興味ない炸裂するダンスなのさ。
興味がチェケラッチョになっているから、
歌い出すハーモニーは追憶の日々を助けてやりたいんだ。
感覚的ブルース、興味、卓越するワンダーランド。
ロックンローラーはファンタジスタ、
興味と、虚ろになっていく展開力。
計画的に生きていたいんだよ。
始まりに過ぎないんだね。
興味がサクセスするミュージックトロッコがある。
歴史ファンタジスタは、
荒唐無稽な行動を、不敵な笑みを浮かべながら。
脳みそフル回転して頑張って見せるさ。
それが必要とされたらな。
今はただ言葉を紡ぐだけだ。まき散らすだけだ。
記録するだけだ。
半端じゃないが、手ごたえならあるんだ。
究極的運命、誰かの操り人形じゃねえんだよ。俺はね。
トークバイトーク。なぜ苦しまなきゃならねーんだ。
大切な言葉がエンジョイするパーティになっていく。
普通じゃありえない考えばかりが思いつく。
メッセージ、クォリティ、
鬱陶しいほどにセプテムバーさん。
究極が歌い出すから、うろつきだす世界があるのさ。
狂気が眠る運命が滞るんだ。
半端じゃないリアルが、確かにそこにはあるんだ。
歴史的ファンタスティックな恋愛模様に、
九十九里浜でエイトビートにさせるなら。
空間をサプライズしていく興味すら、笑い転げているだろう。
ロックンロールはまるでドラえもんみたいに。
リズムは、チェケラッチョなハニーを笑い飛ばすように。
空間は思いっきりずっこけるように。
半端ない怒りと憎しみを、ため込んで死んでいくのは悲しくないか?
操り人形の運命は一体。
大胆不敵に行動する僕の一生とは一体。
何を目指しているんだ?空虚な心が光を浴びる。
さあ、最果てのメッセージを描こう。
ロックンロールならば、栄光すら認めよう。
ロックが歌い出すように、
歌い出すロマンチックハニー。
エイトビートな炸裂するマイダンス。
謙虚にいとまがない。
歴史的ミュージックに偽りがない。
さあ揺り動かしな。
そのゆりかごの上で、ゆられていたいのさ。
突然出会う偶然や必然に、
破壊と創造、繰り返す自然破壊?
どうしたんだ?
メッセージはクォリティになっていくぞ。
ロックンロール、
リピーターになってブーストされていきたいぜ。
半端ないリアルが、共鳴するなら。
価値を追いかけて振り向くならば、
価値観すらユートピアにさせてみたいもんだ。
千円もいらないって千円がどれほど価値のあるものか分かっていってんのか?
安物買いの銭失いって言葉をしらないのか。
意味を知っている僕はもう少し賢く生きる。
半端じゃないリアリティ、
メッセージがクォリティを口をつぐむように。
人々は疲れ果てた結果、何を求めだす?
究極はそれで、その次に笑い出すだろうから。
ロックンローラーなファイティングすら、価値をもうけ話にしている。
ロマンロックな歌声ならば、究極的ミステリーにすら、
価値を逆らい始めるだろう。
理解できる歴史が半端じゃない所まで迫りつつある。
大変なメッセージなんだよ。
両手には余るくらいだ。
一冊の本には収まらねえ。
俺はどれだけの、光を目指しているのだろう。
空間はサクセスの為に、踊りだす。
歴史はミュージックを彩り始める。
空間と共に、歌い出せるように。
俺はただ記録するだけだ。
荒唐無稽さをな。
意味のなさを。どれだけ自我があっても、
それが崩壊してしまうんじゃしょうがねえ。
どれだけ大切な道のりなのか、分かっているのか?
大切なリアリティ、それでも求め続けるのか。
理解できるからこそ。
サバイバルなメッセージを、追憶の陰から隠れるように。
リピートモンスター、墜落していく追憶ならば。
価値と、ブルース、共鳴していくダンスで、
サスペンスを行動の美学にしてみたくなったんだ。
理解しているドリーマーが栄光すら認めてくれている。
リピートするサイコキネシス。
エイトビートが壊れだす。
隠れているレベルアップに、暴走させる
0から始める異世界生活
0から始めるライムキングだ、
価値観はミュージック、
いやマイナスからのスタートだ。
その真意はどこにあるのか。
見えてくるだろう?
ハーモニーで、伝説で、守り続けるという素晴らしさが。
メッセージはクォリティ、異次元突破するファンタジスタ。
栄光とチェケラッチョ、歌い出すハニーが笑い出すから。
影響力、どこまでも突き抜けていけ。
それを限りなく歌い出していけ。
どこまでも距離があるなら、
覆す記憶がセンセーショナルなら。
クォリティと共にダンスしていけるのなら。
君が選んだ道だ、選ぶのは君だ。他の誰でもないんだ。
大切なメッセージ、
究極なファンタジスタすら、
未来を描く、
世界観を越えていきたい。
懐かしさに勝ちたい。
また繰り返している。
もう聞けない口癖を。
リズムが歌い出すなら、
半端ないリアルが襲い掛かるなら、
窮屈なリアリティが、爆笑してくるなら、
白熱のダンスすら踊ってみせよう。
感覚はブルースを驚きだすように、
ハプニングは歌声を、センセーショナルな思考法
ちょうどいいが存在しない。
夢の中ですらうまく笑えない。
悲痛のメッセージ、
クォリティが異次元、突破する、賢者の石。
永遠と無限を作る無を、
空気を読むという、
歴史的ファンタジー。
クォリティも異次元だ。
突破するほどにファンタジスタだ。
空中に浮いているみたいに、
レベルアップしているフィンガーアイランド。
権利を得た菌たちはこぞって
それに乗り上がる。
俺をどうにかしたいのか?
リズムがチェケラッチョならば、
歌い出したハーモニー、
追憶な感覚を、ブルースを、
共鳴している、歴史的、
ファンタジスタな未来すら、卓越していくなら。
ハーモニーで歌い出す半端ないリアルを、
フューチャーなクイーンズブレイドを、
サクセスの為にあるトゥモローを、
ロックンロールに与えられた産声を。
ダンスするケセラセラを。
歌い出したトゥモロー、
歴史、ロックが歌い出す。
ハーモニー、伝説、クォリティが異次元、
突破するメッセンジャー。
ロックンロールなファンタジスタ。
栄光、あらゆる迷信
例え形にならなくても、
向こう側で君を見ているから。
サスペンスは踊るように、
放ちだすように笑い出すから。
究極的な歌い出しから、
もうこれでいいやっていうサスペンスを。
孤独を、埋め合わせするダンスを、
興味でサクセスするストーリー。
追及する歌声は、どこまでも高らかに。
飛んでいけ僕の詩人のようなキザなハート。
ロックが歌い出すハーモニー、
追憶の陰に隠れながら、
メッセンジャーが記録的な
ミュージックすら伝えてくれる。
ファンクション、リピートメッセージを、
呟ける価値観を。
メッセージのクォリティ、
永遠のブルース、共鳴するメッセンジャーが、
伝えてくれるリピートムード、
ムードは最高ロブスターもハムスターだ。
価値観とユートピア、サクセスの為の秘密。
隠れているレベルアッパーの、
メタルスライム級の珍しいモンスターだ。
経験値を沢山くれる。
ロックンローラーな生きがいを。
大切な言葉、ミュージシャンは歌い出す。
ハーモニーで追及しているから。
歴史とファンタジスタ、
未来と蛍光灯。
自分磨きを続けたら、
いつかは何かに勝てるのかな。
リピートメッセージを馬鹿にするならば、
活動限界さえ分かってしまうのだろうか。
ロックンロールなファイター、
メッセージがクォリティすら求めだしてくる。
歴史的ファンタジーを埋め合わせしている。
見えない所でひっそり泣きな。心のカギだずっとクソガキだ。
ハプニングが巻き起こる。
歴史的ファンタジスタは、未来すら越えてくれるだろう。
ファンタジーアースに、魅力的なエイトビートを守るなら。
空間的なサプライズすら越えていけるだろうか。
ファンタジスタはその果てで今更何を願う?
価値観とブルース、共鳴するしか疑わしさが晴れないのならば。
空間が炸裂するミュージックに、愛おしさを掛け声で影響力、
ヒップホップする価値観のように。
歴史的ミュージックが、愛おしく思えるように。
旅立たせている空間に、サプライズを越えていきたいなら。
意味を忌々しい世界から、影響力、
ヒップホップでエージェントを、未来として受け入れたかった。
ラブリーなチェンジなんだよ。
虚ろな展開に笑われそうなんだよ。
別に俺は笑いたい訳じゃねーんだよ。
楽しみたいだけなんだよ。
ただただ愛おしいなら、
ただ、あの動画は面白くて仕方なかった。
リズムが追及している。
ファンタジスタな未来がそれを望むのなら、
価値観すらブルースにさせてしまうほかに
道はないかもな。涙を止める術はないのか。
リズミカルに歌い出すしか仕方ないのか?
興味がないサプライズと、意味を越えていくストロベリーと。
追及する愛しさと、
ワンダーランドは見つけてくれるだろう。
ファンタジーな愛おしさが、全てを狂おしい程
ダンスしてくれるのは、一途ゆえの過ちか?
レベルアップなフィンガーアイランドか?
活動限界だったらとっくに越えてる。
だけどそれを続けるのは難しいかなって。
叫ぶように、ダンスするメッセージを、
繰り返すクォリティを。
ひたすら喋り続ける運命を。
大切さと、それを生む白昼夢、
つまりデイドリーマーを。
エイトビートに咲かせる運命を。
興味として卓越するニューリズムには、
健康法の意味が隠れているから。
影響力としてヒップホップに変わってしまうなら、
価値を越えて、リズミカルに歌い出せるように。
サスペンスは笑い出すように。
サバイバル、形を求めている。
ロックが歌い出すならば、
ハーモニーが追及しているんだ。
大切な恋心、育む愛おしさか?
白熱のバーベキューなのか。
歪な世界に閉じ込められた。
フュージョンアイランドで、見つけるダンスウィザード、
活動家の笑い出すような。
究極的なマイダンスに、のけぞる気合いすら失って。
価値観すらブルースであって、盛り上がっている。
沢山ある中に、それを目指す空間が、
それを歪にさせてしまうリアリティすらも、
異常な狂気すらも、全て携えて。
理解できなくてもいい。感じてくれればいいんだ。
俺は分からないことを、伝えたいことを、
それでもリズムを追及する歌い出し方を。
ドロップモンスター。
追及するインファクション。
フィクション漫画を追及するように、
羽衣はダンスするように、
空間がサプライズするように、
ケセラセラはワンダーランドなんだ。
それに憧れたから、
きっと夢を変えてくれたんだ。
リズミカルな歌い方では、生み出せない価値観だったんだ。
ロックなハニー、エイトビートに選んでいく。
リズミカルな鼓動が笑い飛ばしてくるんだ。
ハーモニー的伝説、ロックンロールが、
mixi疲れしたあの人は。
大切な言葉が育む栄光の力は。
ブーストする未来と近未来の栄光は。
大切なミステリーと、ユートピアは。
昨日から炸裂している運命は。
大切な言葉、捨てきれぬ思い。
ダンスしているフィールド、
価値観がうろつきだすハーモニー。
伝説的スクラッチ、
置いてけぼりにさせる必要があった。
でもクライシス、癒されていくのが分かる。
そのたびに、栄光を見つけてきたんだね。
究極的な運命を、ただただ守ってきたんだね。
ロックンロールフェスティバルなら、
空間がサバイブする地球儀なら、
素敵さを育む栄光のユーロビートなら、
サクセスの為のストーリーならば。
確実な世界をミステリー、栄光すら認めていく。
ラブリーなハートを見つめている。
僕は距離を、遠ざかっているイメージを、大切にしている。
それでも夢見ながら走り続けている。
自分に価値を見出せないのか。
ここにあるもの、どこにでもあるもの。
世界観を繋ぎ留めたいから。
影響力はヒップホップだから。
影響と、栄光を認めてくれるから。
必然性は愛してくれるからね。
空間が炸裂するメッセージに、
歴史を飛ばすような、
空間的サプライズなら、
忌々しい今ですら越えていきたいから。
リズミカルに歌い出すハーモニー、歴史と空間とサプライズ。
交換条件は大切に、卓越させているから。
埋まる隙間を探している。
リミットならば歌い出しているから。
興味すらなくなっているんだね。
炸裂する、昨日からのイメージが。
ハイテンションになって、置き去りになった空間は、
サクセストゥモロー、影響力とヒップホップで、
運命を込めて笑い出す。
君の諦めた顔が嫌いなだけだ。
なぜそんな浅い世界で、
色々を叫びたがるの?
結局壁に向かって全速全身じゃん。
大切な言葉がないよ。
心の深さを追及しないのか。
勿体ないと思うね。実際。
ロマンロックフェスティバルなら、
もうちょっと色んな考えがあってもいいはずだ。
世界が歴史を求めるなら。

ロックンロールが歌い出した。
妨げになる嘘すら忘れていった。
みんな僕の真似をする。
素敵なミュージックが、彩ってくれる不思議がある。
ファンファーレ、鳴り響くような嘘があるから。
テクスチャーなラブリーチェンジがあるなら。
空中に浮いているラブリーがエクスチェンジを。
ハイテンションなクォリティすら、後ろ側を永遠に。
もって始める歴史的、
スパイスの効いた歌声は、
ラブリンス、最高に卓越する
ワンダーランドを希望している。
ミュージックはファイヤータイムだ。
メッセンジャーなクォリティと、異次元コンサドーレしてしまう
命中、歴史的ロックンロール、
ファンタジスタ、栄光とチェケラッチョ、
歌い出すようなハニー、
やったぜ!天使がほほ笑んだ!
なぜ怖いんだろう。
なぜ怖がるのですか。
普通と違っててもいいじゃないか。
ミステリーワールド、
快適なメッセージを追憶の彼方から。
ラビリンスと展開力で、
見つける埋め合わせは、ダンスするように。
空間は炸裂するように、
メッセージはまるで僕を挑発するように。
ロックンロールは埋め合わせをするように、
活動を広げていくんだ。
きっと俺は憧れていたのだ。
それはダーティサイエンス。
ミュージックのサバイバー、
形すらミュージックに、虚ろにさせていく
ドリーマーな栄光すら、認めてくれるだろう。
ロックンロールファンタジスタ?
栄光とチェケラッチョ、ファンタジスタ、
まずは知名度?解決できない問題すら解決するカイケツゾロリの
雲泥の差、サバイバルな価値観、
トゥルースがエンジョイするパーティに、
選りすぐりの細菌が感染をしたいと罵りまくる。
ファイヤーサイン、
水掛け論が得意です。
自分探し3級でございます。
もーいーかい!まーだだよ!
大切な言葉をエンジョイしている、
ドリーマー、栄光、
生きている限り付きまとう不安。
私はなんらかの答えを出したい。
大切な言葉がクォリティであり、
ダンスするフィールドに、
永遠が続くようなミステリー、
感覚的ブルースで、
共鳴していくなら、ワンダーランドすらフューチャーアイランド、
ミステリーワールドに謙虚にさせるしかないだろう。
ハーモニーが伝説的ならば、
クラッカーとワンダーランド、
夢中になっていく。何もかも嘘になっていく。
隠れていてもなぜか見つかる。
時は俺を待ってはくれない。
時空移動なんて可能だろうか。
理論上は可能なのだろうか。
理論と現実、仲たがいするように。
ハーモニーは歌い出すように。
空間を破き、別の次元へ転生。
ロックンローラーが意味不明ならば、
活動家の行動、
意味不明な価値観すらも。
影響力がヒートアップしている、
メッセージが追随しているから、
メッセンジャーはいたちごっこでしょうがない。
リピーターとそのブーストが、
生み出す価値観がメッセージを伝えている。
その喜びに酔いしれるにはまだ少し早い。
リピートするブーストと、興味のある炸裂が、
愛おしい距離すら埋め合わせする。
僕は歌声だ。ワンダーランドだ。
ミステリーな空間、何も身につかないことを嘆く前に、
ダンスするワールドを光景で、
ワンダフォーライフを追随させるのだろうか。
ハーモニーとしての伝説は、キリがないくらいだ。
最果てのミュージック、彩りを卓越させながら。
荒唐無稽なワンダーランドを今すぐに彩るなら。
歴史的トークバックしてくれるなら。
ファンタジスタな近未来画やってきそうで怖いなあ。
リズムが展開力を閉じ込めているのだろうか。
ハーモニーがクォリティとダンスするように、
引き継ぐ未来を愛しぬくように。
ハーモニーはまるで歌い出すように、
空間が縮められ、
ファンタスティックなアイランドにしていく。
突如虚しさに襲われる時。
例えば不安になった時。
心の炎が燃えだしてくる。
レベルアップなフィンガーアイランドなんだ。
世界観がミラクルを運んでくれるんだ。
運ぶ世界に、エンジョイするパーティにすら、
虚ろになる展開に、見解は天才だ。
繊細な心、もはや免罪だ。
卓越している。格別なリズム。
最果てを心、大切ないぶし銀で伝える
リズミカルな歌い出しから、永遠は笑って僕を閉じ込めるから。
本当の幸せを知っているのか?
共鳴するいたちごっこなダンス。
興味すら炸裂するほどに。
影響力すらヒップホップになってしまうほどに。
栄光のジュピター、永遠が輝く、ファンタジスタ、
影響力と、ヒップホップで可能性を取り出した。
ロックンロールがファンタジスタを描いた。
空間的サスペンスを、
ミュージックとして彩っているのだ。
面白さとトークバックで、
闇を蹴っ飛ばすのさ。
分かる未来と、追随するいたちごっこを。
ファイティングブルースで歌い出すハーモニーを。
それは差し出せる、光景は目に見えるものだけが、真実じゃないってことさ。
ロックンロール、ファンタジスタな未来、
チェケラッチョ、透明なだけで本当はいるのかもしれない。
私が旅立った永遠は、未来は、卓越するダンスだったから。
興味として炸裂するミュージックは、
疑わしいほどに。
ロックンロールなハニーなエイトビートなら、
ロックンローラー、イメージや希望は卓越するミュージックを、
本当に凄いエネルギーが、突破するファンタジスタになるように。
空間は炸裂するように、
まるでワンダーランドを美しく、
メロディにさせるがごとく。
ロックンロールなファンタジスタですら、
価値観ですら、エイトビートになっていく。
半端なリアル、ロックンロールパッションだ。
サイバーエージェント。
人は変わっていく生き物だ。
我は記憶の塊だ。
トークバイトークしてきたのかい?
リズムが追及していったから、
ラブリーな追及すら、虚ろになっていくのかい?
興味が炸裂している。
ダンスホール、価値を問いかける。
ぼーっとして考えに耽る。
できればその考えを記録したいが、
四六時中というのも難しい。
だから僕は書き続けるのさ。
慣れておきたいのさ。表現することに。
意味なんてなくてもいい。
行為自体が目的なんだ。
書き続けることだけが俺の全てなんだ。
いずれ、これを読んでくれる未来の何かに対して。
リズムは究極性すら、面白いものに変えてしまうだろう。
空間をサプライズしている、
努力で埋め合わせする。
今更どうでもいいことが多すぎる。
助けてくださいといえば助けてもらえるのか?
そんな都合のいい世界は、すぐにぐちゃぐちゃになると思う。
マジックミュージック、
ロックンロールなファンタジスタならば、
覆す魅力を、ファンタスティックなドラえもん。
大切さと共に息をしたい。
呼吸をしたいんだ。
誰かの為に何かをする。
大切な言葉とクォリティ?
異次元突破するファイティングさ。
影響力とヒップホップ、
面倒くさいだとか、つかれただとか。
永久にワンダーランド、
世界を距離として愛おしく思うほどの、
正解を探す旅を続けてきた。
リピートメッセージにしてきたんだ。
まじでまるもっこり体操をしたくなったそうだ。
ハーモニーが天才的な魅力になったんだね。
究極的ファンタジスタに、
機械人形のような嘘が炸裂してしまうのでしょう?
空間サプライズにしてくれるなら、
価値と追いかける、目指す奴ら。
僕は捨てきれなかった。
ファイヤーサインを見逃してしまったんだ。
空間は炸裂していった。
レベルファイブに、認めさせるように。
空間は僕を笑い飛ばすように。
果てしない戦いを、争いを、それすら越えていく、
吟遊詩人のサクセス、何度でも。
レベルアップなフィンガーアイランド、
メッセンジャーは、大切なこと。
ロックンロール、ファンタジスタ、
未来がチェケラッチョを歌い出すなら、
謙虚さとリピートミュージック、
ロックンローラーなファンタジスタ、
VIPPERやなんJ民が託した魂を。
それでも未知なるファクトリー、
消えていく、思想を。情報を。
理想を、究極的に生きる興味と、
サスペンス、行動の美学、永遠に続くような興味、
卓越するんだね。
ファンファーレが逃げ出した、空間とサプライズしている
興味が、虚ろな展開が、僕を呼び寄せるなら。
ファイティングスカイハイ、エンジョイトゥモローだから。
謙虚さと共に生きているから、努力ができるんだよ。
虚ろなファイターになりたい。
リズム、最果てを目指して進行中。
レベルアップにフィンガーアイランドを伝える為に。
荒唐無稽な行動で、ワンダーランドを満たす為に。
ロックンロールファイターで、
エンドレスを認める為に。
空間はサプライズ、意味不明な。
サバイバルな価値観を、見失う意味不明を。
形で距離をはかっている。
リズミカルなファンタジスタは栄光を連れてくる。
ファンタジー小説を見ているようだ。
コミュニケーション能力は、環境に応じて。
ラブリーなハートをイデオロギーにするようにして。
ハーモニーは伝説的クォリティ、
異次元と突破するメッセージ、
クォリティは意味不明な価値観を唱えるように。
まるで念仏だ。違いねえハッハッハ。
選ぶのは君だ。他の誰でもないんだ。
価値はブルース、最果てのリズムを
描いた、そのことそのものが、希望だった。
サスペンス、マジックミュージック、
愛おしさと究極的ワンダーランドならば、
最果てのリズムがチェケラッチョ、
ダンスタイム、マジックミュージック。
偽りとダンスするように、
興味がナイーブにさせられるように。
血も涙もないのかい?
リズミカルな行動に、サスペンスな未来を
卓越する為に。
簡単に壊れるなら、
空間がサバイブしたいなら、
影響力、ほら、協力して団結して、一丸となって頑張れよ。
一瞬である。理解している、ドリーマー。
自由を愛しながら平等を守ろうとする。
リズムが最果てを目指すように。
空間はサプライズ、意味を越えたい。
懐かしさに勝ちたいんだ。
レベルアップをフィールドにする為に。
価値観をブルースにするように、
例え理解が遠くても、理想が追求される為に、
リピートされる為に、ここに来たんだね。
リズミカル、行動。
挨拶をしたら返すの礼儀だぜ。
奇妙な偶然が、サスペンスを連れてくる。
ロックンロールなファンタジーすら、
価値観すらブルースにしていく。
ドリーマーな栄光、加速していくメッセージ、
理解したが為に、空間はサプライズを求めていく。
ハーモニーは伝説的に、ミュージックを彩るように。
サプライズ、生還を求めて彷徨っていく。
リズミカルな行動、ぐるぐる回る展開力がある。
歴史的ファンタジー、クォリティが異次元。
突破するミュージックが美しくなっていく。
ハーモニーが伝説を生みだすように。
理解している興味が、サスペンスすら未来に卓越させるように。
理解している歴史、ファンタスティックなアイラブユーになれた。
サバイブするメッセージが、壊れていく未来を叩き残すように。
ハーモニーは伝説的に、リズムが、説明を求めて運ぶなら。
現実的、ロックンロール。
愉快なのか?
リズミカルな行動が、美しいと言えるのか?
ハーモニー的な伝説がスクラッチしていく。
ドリーマーを栄光として導かれたなら。
空間的サバイブで、メッセージを伝えている。
蠢く加速、匂いに敏感になってしまう。
謙虚な世界観が、ミラクルを呼び起こすように。
それはまるでハーモニーを想像させるように。
甘いものが嫌いなのは。
インファクション、行動とビジネス、
夢みたいな今を少しも色あせずに、
心にしまっておけたらいいな。
それは簡単な物語だった。
自分を変えるという行為そのものが。
ボケーっとボーとする行為そのものが。
何もせず、創作者だから。
理解している、ドリーマーだから。
歴史をキックするサバイブで、
メッセンジャーを連れてきたからだ。
ロックンローラーなパーティを、
それでもダンスするイメージを。
荒唐無稽が笑い出すように、
歌い出すように。
足りねえんだよ。
興味、虚ろになっていく展開に、
居候しそうな興味すら虚ろなんだよ。
始まりの世界を検討しそうなんだよ。
サスペンスとドラマが合体しそうなんだよ。
ファンクション、イチジクのように。
ファイナルウィザードなんだよ。
空間的サプライズが現実になっているんだよ。
トゥモローと達成感。
未来を魅力的に感じるなら、
歴史がラブをコネクトしてくれるなら。
俺が誰だったとしても、
メッセージ、雑音だったとしても。
ノイズを吐き出しながら、
忠実、理解する歴史。
言葉の卓越ワンダーランドだったとしても、
空間的サバイブに、意味を閉じ込めよう。
サスペンスな行動の美学。
ミュージックが偽りにならない為に。
空間がサバイブにメッセンジャーを伝える為に。
空間的サバイブは、メッセージすら虚ろにさせるように。
気がするからエイトビートは望みたがった。
ロックンロールがヒストリーを生み出していった。
完璧さを彩るなら、空間すらサスペンスだったんだ。
ドラマチック、ワンダーランド、
ミュージックサプライズ、意味を越えたいんだ。
リズムがチェケラッチョでファイティングポーズにしてみたいんだ。
究極的ワンダーランドで、大切な言葉、
ミュージックサバイバー。
ロックンローラーはファンタジスタ、
栄光を満たす世界、エンジェルたちに、伝えたい未来が。
ロックが歌い出すハニー、エイトビート、
なぜ生み出す?分からないからもがきたい。
権利を売って歩くのか?
意志を引き継いでくれるなら嬉しいのさ。
ラブリーなチャンスが歌い出すのさ。
ハーモニー的な伝説を。
それをイメージとして、受け入れた価値観として、
マジックミュージックだという。
すごいぞ!ラピュタは本当にあったんだ!
素晴らしい天空の城。
果てしなさで全てが越えていく。
宇宙の歴史、大切な言葉、異次元突破するから。
宇宙の始まりと終わりを見に行こう。
サスペンスはまっすぐに、
それでもエネルギーは必然性を帯びながら。
空間的サバイブに、メッセンジャーは伝え始める。
空間的サプライズが、今を越えて走り出す。
空間はサバイブするように、
伝説を閉じ込め始めるから。
空間的ミュージック、生み出す側として活字中毒。
どんな文章もこの手で生み出せる。
その確かさだけが現実だから、
生きる意味を僕にくれたんだ。
ファイヤーサインを伝えてくれたんだね。
ハーモニーが伝説をスクラッチしていくんだ。
レベルアップを越えていきたいなら、
ラブリーハートで歌い出す設計ミスだ。
サバイバル、価値を追いかけている。
大切な言葉でエンジョイしている。
リズミカルな行動がロストプラネット。
大切なことを思い出しかけている。
リズミカルな行動で、捨て身で生きてみたいと。
リズミカルに歌い出す、世界にファンタジスタ、
結局はファンタジーをスパゲッティを。
大切なクォリティとイメージが騒ぎ出す。
ロックンロールに癒される日まで。
退屈な未来すら越えて。
リズミカルな冒険を越えて。
歌い出すニューヒーローを偽り、
天才的に生きてみたかっただけだよ。
ファイナルアンサーをつぶやくのさ。
歴史的ミュージックを偽りにしてしまうんだ。
価値が叫び出しているんだ。
この声高らかに、燃え上がる炎、伝説的。
ロマンチックなファイターが、
国際的に、エキゾチックになっていく。
ハーモニーは伝説的にスクラッチしていく。
何かを大切に思っているか、どうかだろう?
世界観を溶かすなら、
それが影響力すらぶっ飛ばすなら。
ロマンロックであるべきだ、
ハーモニーは追及する為にあるのだから。
そのミュージックは誰のものだよ。
歴史的にファンタスティック。
それを満たす何かを、
続けてキリがない世界を。
面白さとは別の次元を、繰り返されるなら。
宇宙の狭間に連れてきたんだ。
気が付けば音楽がリピートされている。
ドリーマーな栄光が続くように。
ロストマン、何を失ったんだい?
確実な世界がないとしても、
空間的サプライズを埋め合わせしたい。
強く握ったその手を離さないでくれ。
その意味を越えたい。
サバイバルな価値観を見出したいから。
影響力はヒップホップであるはずだから。
究極はワンダーランド、
マジックミュージックを伝えるようにして。
慌てだす。理解は炸裂している。
限界に到達したとき、何かが生まれた。
ドロップザモンスター!
究極的ファイナルアンサーが、
歪さを取り戻して笑っているぜ!
空間的サバイブをメッセンジャーにしたかった。
リミックス、
ロックが歌い出すなら。
ハーモニー的伝説で、イッツラブだ。
遠くて近い、メッセンジャーは歌い出すように。
理解は共鳴していくかのように、
リズミカルに歌い出す気持ちがあったから。
ラブリーハートの着実性。
ロマンロックなファンタジー。
映し出されているドリーマー。
栄光を見つめているはずだろう?
空間的サプライズは、今を越えるしか。
リピーターはブーストされる、
宇宙的、ファンタジスタ、
栄光をメッセージにしていくから。
ドリーマーを飛ばす、ぶっ飛ばす価値観を。
大切な理解者、堂々と生きるだけの。
ファンキーな歌声が心豊かに。
今何時?0時?じゃあ俺もう喋れねえし、
続きは全てがクレイジー。
感覚的ドラマに、ワンダーランドを歌い出すなら。
空間的イデオロギー、追及の果てで、メッセージを描いた。
悪魔も神も、もういいや。
歴史的、空間的、忘却だ。
サバイバル、ロックが歌い出すハーモニーになるなら。
旅立つ世界がやっぱり嘘をつくならば。
抵抗色彩、物質温度。
理解を遠くしている、
僕が生きている都合を、
併せ持つパワーで、エンジョイトゥモローになっていくなら。
究極なるメッセージ、大切なミステリーが。
近づいてくる、無礼極まりない返事ですら。
価値観ですら、興味ですら。
ロックンロールにされていくリズム、
最果ての鼓動すら忘れていくから。
価値観がユートピアになっているんだね。
ロマンロックが歌い出すなら、
ハーモニーすら彩りに変えるべきさ。
サスペンス、未来がくれるミュージック。
なんとなくアホらしいと思える。
なんらかの価値があると思ってやってることなのだろうか。
ロックンローラーが伝えるミュージック、
彩り、ファイティング、
歌い出すスタイラス、ちょっとだけ困ったドンキーコングだ。
リズムがチェケラーならば、
ファイティングトゥモローでエイトビートなら。
ロマンがあるねぇ。
ダンスホールでエンジョイしたくなるね。
最高の生み出した価値観、
ブルースで共鳴するファンタジスタ。
栄光が参っちゃうほどの、エネルギーとして突破する
意味合いを、越えてリズムになっている。
ドリーマーな栄光を、見つめているファンタスティックに、
行動の美学とチェケラッチョ、
ロックンロールなファンタジスタが、
栄光すらめがけてドロップしていくなら。
理解を歴史にして、それでもとめどなく止まらない、
世界観を魅力的にしてみたいんだ。
リアルなフューチャーを取り戻したいんだね。
究極的なファンデーション、
昨日から炸裂しているメッセージを。
リビングデッドに、運命を差し出すとすれば。
価値は追いかけるだろうか。
ハーモニーは追及してくれるのだろうか。
ハーモニーと伝説、
建設的提案なんか一つもなかったとしても、
影響力がヒップホップなサンシャインだったとするならば。
価値観すら当たり散らすだろう。
それは空間だから。エンジョイロードだから。
感覚的ブルース、サバイバルなトゥルース、
スムーズにいかないことを嘆くクルーズ。
ロックが歌い出すならファイヤーだ。
ドッグイヤーだ。ドライヤーだ。
言葉遊びはミュージック、彩りを歌い出すまで。
謙虚ないたちごっこを続けるリピート、
サバイバルな価値観?
ユートピアの灼熱性。
ドリーマーな栄光を歌い出すハニー、
ルックライクなエイトビートが、
きめ細やかにワンダーランドを映し出すなら。
空間的ミュージック、流浪に無限に広がる世界を。
この距離で灯しだす運命を。
煌めくユートピアを、
旅立たせてくれる永遠を。
ミステリーが生み出す距離を、
果てしなさが追随するトゥモローを。
叫び出す空間がまた笑い出す。
サバイバルな価値を求めて彷徨うように。
リズムがチェケラーしていくドリーマー。
栄光と、受け入れるハーモニーすら。
価値観とブルース、共鳴することをいたちごっことして
運命として受け入れるなら。
価値観とブルース、共鳴していったワンダーフューチャーアイランド。
価値観とブルースで、共鳴するいたちごっこの運命は?
ロックが歌い出す理由とは。
ファンタジスタな究極性が、
盛り上がることすら許さない世界を求めていた。
リズミカルな行動ですら、叫び出す永遠ですらも。
価値観とトゥルース、確実性を守るのさ。
栄光のユーロビートさえ、
大きな未知の世界すら、
ユートピアな伝説ですらも。
確実性が彩る、ミュージックとしての偽りを。
健康的サプライズを、愛おしく笑うように。
君の微笑みが世界を救ったんだ。
欲しいものはいつでもここにあるんだ。
僕の姿を見ているかい?僕の声が聞こえてるかい?
大切さと彩りが、
共鳴していくインファクションに、
メッセージを伝えるようにして。
覆すリミックス、
最果てのイズム。
散々馬鹿にしてたのは誰かしら。
虚ろにファンタジスタを光景で、光栄に思っている?
リピーターなブーストが、
興味すら虚ろにさせてしまうなら。
空虚な伝説すら、栄光を求めるなら。
空間的サプライズ、
意味すら乗り越えていく。
誰かの興味はサクセスするように。
だから俺は歩き出すよ。
もういいだろ?価値は終わったんだ。
世界観がミラクルを演じるなら、
ファイティングトゥモローが叫び出すなら。
空虚なイデオロギーすら嘘にしてやろうじゃないか。
リズムがケセラセラなら、
ファイティングトゥモローすら嘘になってしまうだろう?
堂々巡りのこの思考。
大体、メッセージがイデオロギーだよ。
リビングデッドが、破裂する前に。
歌い出したユールックソーファニーな
永遠ですらも。価値観ですらも。
栄光をチェケラッチョで、
歌い出したから、影響力はヒップホップだったから。
共鳴するワンダーランド、
窮屈な世界を描き出したいから。
興味が着実にファイターになっているなら。
空間的サバイブで、メッセージを彩りたい。
リズムがケセラセラなら、
ワンダーランドなフューチャーを、
目指してくれるから、
ハーモニーが伝説的にクラッカーだから。
興味はサプライズ?
意味を越えたい。リズムを越えたい。
大切な言葉と、クォリティで異次元を突破したんだ。
ハーモニーは追及していく為にレベルアップしているんだ。
正しさ、栄光のユーロビートだって、
白熱する地球と今だって、僕だって必死なんだ。
クォリティが異次元になる度に、
最果てを目指す声は、
高らかなメッセージとなって、
クォリティとなって動き続けるんだ。
ファンキーな歌い出しから、
ファンタジスタ、栄光とチェケラッチョに歌い出すなら、
ハーモニーは影響力を追いかけるように。
ハーモニーは追及されていく。
ミュージックが追いかけるように。
立派な物腰を、素敵にファンタジーに。
生きていく展開に、理想像に、豊かになるほどに。
大切な憎たらしさ、永遠とミュージック。
価値観がブルースになっていく。
ドリーマーすら形を翻し、今を笑えと叫び続けるなら。
空間的サプライズに、夢を見せてあげよう。
リピートするマジックに、ショータイムは追随していくから。
レベルアップな行動を、
サスペンスな未来を。
大切さとドリーマーを、栄光で追随する為に。
理解する為、究極にする為に。
行動の美学、面白さの力学を永遠にするまで。
ロックが歌い出すハーモニー、
天才的ミュージックな虚ろにしている。
ドリーマーな栄光すら、活動していくんだ。
ドラマチックなワンダーフューチャー。
ロックンロールファイター、大好きだからこそ止まらないんだね。
空間と、ミュージックとイデオロギー。
最初の傷からエイトビートが始まった。
残るしこりと、しかってくれる神様のような。
素敵さが永遠を突っ走っていくような。
僕は少しだけ寂しかったんだよ。
リズミカルな歌声なんて、無くなってしまえばいいんだ。
リズミカルな行動と路頭に迷っているリピーターと、
生み出す価値観を知りたい。
興味、サプライズ、その声を高らかに、
歌い出すトゥモローを笑い出すように。
空中に浮いているレベルアップが、
暴走して想像して、
ドラマチックに歌い出すハーモニーが、
歴史すら伝えてくれるだろう?
ファンキーな歌声で閉じ込めてくれるのさ。
隠れているリズムを使わせるように。
理解している空中に浮いているリズムが、
最果てを見果てぬ夢を、
見せてくれることを伝えるように。
始まる世界観、ミラクルがエージェントを伝えるなら。
価値観とブルースで、共鳴していくように。
サバイバルな世界観、
エージェントは愛するように。
究極的なメロディを笑い飛ばすように。
空間はサバイブしていくんだね。
ファンクション、リピートメッセージにしていくんだね。
ロックンローラーなファンタジスタを、
描きたいが為に。
理解しておきたかったんだ。
ファンクション、リピートされるメッセージを。
追随する欲望の卵を、
それでも見果てぬ夢をぶら下げるように、
価値観をとめどなく彩るように。
クォリティは異次元突破していくから。
ファンタジスタな依頼を、
カテゴライズされた興味を。
ロックンローラーなひたむきさ、
栄光とチェケラッチョが歌い出しているから、
僕は笑っているんだね。
希望が着実に世界観、
越えていきたい未来が笑いだすなら。
空間的サプライズで、意味を越えていきたい。
大切な言葉と、サプライズの意味を越えて。
リズミカルに歌い出すハーモニーが追随してくれるだろう?
大切な言葉が、ことわざが、
メッセンジャーになっていく。
停戦じゃー!
感覚的ブルース、イデオロギー感じていたいの。
リズムが説明してくれるの。
ファンタジスタな未来を卓越させたい。
ワンダーランドは歌い出すように。
興味はサプライズするように、
空間をまるで射止めるかのように、
ロックンロールは価値観ならば、
意味不明な価値をカテゴライズしてもらわないと。
視界に入る、ぶん殴る勢いでミュージックは更に加速していく。
リズムで歌い出している、
大切な言葉、よく笑う女の人。
実は永遠が、絨毯をまりもっこり、
最果てのリズムを照らし出すように。
空間的サバイブが、メッセージとしてクォリティになってしまうのかい?
レベルアップなフィンガーアイランドならば、
覆す恐怖すら感じてしまえるようになるべきだ。
ロックが歌い出す。ハーモニーが笑い出す。
空間的サプライズで、そこに対する恐怖すら、抱いてしまうなら。
活動限界、リピーターとブーストしていく興味。
サプライズに越えていくリズムすら、虚ろになっていく展開を。
リピートしてリムーブする展開力。
今回の素晴らしさに、ファンタスティックドリームを描くなら。
空中庭園バビロンに、
宇宙を見果てぬ夢で見下げるようならば。
理解している興味が、虚ろにボーっとしてる僕に押し寄せる未来。
卓越すらするワンダーランドならば、
ミュージックすらイデオロギーになっていくんだぜ。
ハーモニーは素晴らしいよな。
歴史的ミュージックが未来を彩るなら、
空間さえサプライズになっていくだろう。
始まりのトゥモロー、栄光を突き抜けるように。
まるでそれはダンスをするように。
生きる意味を見つけ出した。
空間はミュージックを笑い出すように、
空間は未来を切り開くように。
ファンクション、合同訓練を結構するようなリズム。
最果てが歌い出すならば、謙虚な未来を当たり散らしたい。
空間的サプライズ、意味すらないのだろうか。
ハーモニーが伝説的未来を描いていく。
ラブリーなフューチャー、
ラブライブよりも素敵なメッセージ。
クォリティと異次元、
突破するファンタジスタ?
異次元突破していくのさ。
栄光とラブリー、ハートを求めるように。
覆す、しみったれた。
世界一面白い人間になるんだっつっても。
リズミカル、
大切な言葉とエンジョイパーティです。
ロックンロール、ファイティングスカイハイ。
エージェントなトゥモロー、
栄光のユーロビートさえ、サスペンス、
未来絵図、楽しい試合を。
メッセージなクォリティで、
異次元を突破するように。
ファンタジスタは未来を超越するように。
楽しさを見つけて騒ぎまくるのさ。
エイトビートなチェケラッチョが歌い出すハニーを、
ミュージシャンは歌い出すハーモニーみたいだから。
大切な言葉を解説しよう。
一体どれくらいの歳月?解決する為に。
ハーモニーはテクスチャー、運命を歯車でぶち壊すように。
狂い出す未来、その中で高笑いする一人の男。
風の吹く木枯らし、
突風に身を塞ぐ。
最果てなリズムが歌い出すなら、
空間はミュージックになっていく。
ロックンロールなファイティング、
大切な言葉とストーリー、
埋め合わせするダンスが、
活動的になっていく。
ドリーマーな栄光をミステリーにするなら。
覆すリミットと、数字にしかならない意味にアンチテーゼを。
私はもう少し違う人間になりたいの。
今日は誰を求めているの?
空間はサバイブする今を伝えていきたいと願っている。
興味がサプライズしてくれるなら、
共鳴するいたちごっこより、
ハーモニーは伝説を連れてきてくれるだろう。
ハーモニーは伝説を作り出すように、
空間は僕らを笑い出すように。
ハーモニーを追及していきたい、
レベルアップフィンガーアイランドだから。
究極的メッセージ、
ロックが歌い出すなら、ハーモニーが笑い出すなら。
歴史をキックザインフィード。
価値観をミュージックにした。
全てはそれのために。
空間はサバイブするように、
歴史はファンタジスタを持ち上げるように。
サプライズな伝説をクォリティで、埋め合わせするように?
覆すリミットは、疑わしさすら携える。
サバイバルな勇気を、立ち消える酸味を、
活動の限界を乗り越えて、それでもまだまだ突き進むなら。
どこまでも行こう。そう、どこまでも。
空中に浮いている城だ。
天国ってのは宇宙にある。
地下なんて有限だし、つまらねえ。
さて、どこへ向かうべきか分かるな?
地面じゃなくて空を見ろ。
光は要素でしかない。
音は空気の振動だ。
ロックンローラーなファンタジスタなら、
空間がサバイブしているメッセージだからこそ、
食らいつくことすら難しくなってしまうのだろう?
始まる世界と、エージェント。
未来が嫌いにならないように。
僕は僕を照らし出せるように。
ロックが騒ぎ出す。
運命は壊れていくのだろう?
感覚的ブルースを、生み出した価値観すらも。
エイトビートにサクセスロードを、
追及した果てに目指す未来がどれだけ馬鹿馬鹿しくても、
願い続けよう。信じよう。
未来を生きる為に、ブーストされる興味を、
卓越できるように。
ハーモニーは嘘をつかないはずだから。
レベルアップなフィンガーアイランドを、行動で示す為に。
理解力はイメージすら乗り越えていく。
リズミカルに歌い出した。サプライズな世界観すら、
エイトビートすら、踊りだした空間が。
意味不明な価値観が、ユートピアすら求めていくならば。
覆すレベルアップならば、活動家、
目を開けてください。
リピートメッセージを繰り返してください。
僕は君の知らない言葉を沢山知っている。
ドリーマーが栄光すら求めるから、
僕は話すこおとすらできないのさ。
リズムがチェケラッチョであり、
ファンタスティックな未来を躍らせ続ける限りな。
大切な言葉はエージェント、
嫌いになれないメッセージを。
退屈な世界を、壊しだす理解者を。
ロックンロールなファイター、
メッセンジャーがクォリティすら一途にさせてしまう。
レベルアップなフィンガーアイランドなら、
覆す意味すら、東奔西走していくだろう。
レベルアップするフィンガーアイランド。
メッセージがクォリティを求めだすなら、
空間がサプライズして、意味を越えていくなら。
サバイブしたいのさ。
メッセージを、退屈な空間を。
サプライズしていくメロディックラインを?
果てしなさと究極性、イデオロギーと可能性を。
なぜしたいことだけすることができない?
答えはもっと深い場所に眠っている。
更なる楽しさを求めるから、
リピーターはいまだに夢を歩くんだ。
空間的サバイブに、メッセンジャーは伝えるように。
ファンキーに歌い出すように、
ロックンロールなファンタジスタならば、
窮屈な今を閉じ込めるように。
空間的サバイブで、メッセンジャーに彩りを。
空虚な未来、サスペンスが踊りだせるように。
ハプニング、歴史とトークバイトーク。
歴史とファンタジスタを追いかけた。
ロックが歌い出すなら、ハーモニーで追及したい。
大切な言葉とストーリーが、
舞い戻る永遠を、潰すように?
価値観はブルースを取り戻せるように。
大切さとイデオロギー、
追及していく果てしなさならば。
階段を上っていくただの概念と化した。
リズミカルに歌い出すのさ。
ハーモニーは追及する為にね。
ラブリーハートを歌い出せるように。
ファンキーなミュージックですら、
偽りにさせられてしまうこんな時代だぜ?
ファッションならば、ファンタジスタで嫌いになってしまうほどの、
栄光を。影響を。成功を、計装を、抵抗を、迷走を。
ロックが歌い出すならマジで半端ない。
半端ないほど半端な世界。
リミットが歌い出すから仕方ない。
永遠が笑い出すのだから、興味もサクセスロードだろう?
追及の果てにメッセージを彩ることに成功したら、
それこそ思い通りじゃないか。
究極は笑い出すのさ。
サスペンスで、栄光を認めているからね。
レベルアップなフィンガーアイランドを、
映し出す展開にのらりくらりならば、
俺は言葉の上で伯爵になりたいよ。
その技なら常に磨いてきたんだ。
リズムが切ねえチェケラッチョを満たしてくれたんだ。
半端ないリアリティがある。メッセンジャーな意味不明が存在する。
価値観とブルース、共鳴するいたちごっこなら。
ファンタスティックドリーマー、
歳月は何を思う?
究極性とそのいたちごっこ。
ファンタジスタなクォリティが、異次元を突破するように。
メロディックラインで、整っているファイティングを、
スカイハイをエンジョイするように。
サスペンスが歌い出すのさ。
聴こえてくる、ラブリーな炎の燃える音が。
サクセスのミュージックを彩るなら、
その意味を覆してしまうのであれば。
ファンクション、理解を越えてさ迷い歩いてくれるなら。
歴史的ミュージックを彩って、それでも高らかに、
ミュージックが虚ろになってくれるなら。
僕は何になりたいんだろうな。
永遠を知りたい。
メッセンジャーなクォリティを躍らせたい。
ファンタジスタな空間を躍らせたい。
一見何の意味もないようなことだったとしても、
クォリティで異次元を突破させたいんだ。
理解を越えたいんだ。
ファンクション、リピートメッセージを、追いかけるように。
空間はサプライズしている、ドリーマーだから。
栄光とチェケラッチョな歌い出すハーモニーが、
機械人形的な恋愛を生み出すなら、
空間としてのサプライズにすらなってしまうだろう?
ハーモニーが伝説を作り出している。
ドリーマーを求める、光が消えてなくなるなら。
素敵さがイデオロギーになってんだな。
今すぐ認めてやる。だから俺についてこい。

イメージしろ!
形が究極なら、笑い出すことだって可能なのさ。
リピートするコンタクト。
リズムと共鳴するワンダフォーライブ。
水たまりにダイブして、
カラスの群れにすら挨拶をしよう。
ロックンロール、
意味不明でも構わねえ。
ここで踊る俺は何者でもねえ。
確実じゃねえ?
ドリーマー、ファンタスティックだお姉。
リクライニングしている
ドリーマーが栄光をつかめるなら、
つかもうぜ!ドラゴンボール!
活動許諾が永遠ブルースだ。
リッピングしてキッキーボム、
最果てのリズムで拘りを知る。
歳月の愛おしさは時に何を思う?
その場所で誕生した意味不明に、
活動家たちは連続小説を読み上げる。
価値を追いかけるように、
ファンタジスタは未来の世界を駆け抜けるように。
ロックンローラーな歴史がファンタスティックになるように。
興味が卓越しているんだ。
ワンダーランドなんだね。
九十九里浜、
スペランカー先生。
ファンファーレ、歌い出すファクシミリ。
追及するいたちごっこは、
ファンタジスタを願い出すように。
興味?サプライズで意味不明に、
サスペンスな行動は異界へ辿り着くように。
全ての荒唐無稽が笑い出す夜に。
大切なリピートモンスター、
サバイバルな価値観をブルースで興味に仕立て上げた。
リピートするミュージック、
勢いとファンキーなミュージック。
サバイバーなチェンジザアース、
ロマンチックな歌い出しから、
共鳴するいたちごっこが笑い続ける。
始まる世界から、エンジョイするパーティが憎たらしいほどに。
究極なるファンタジスタが、永劫の時を見守るように。
空中庭園バビロンを守るように。
ロックが笑い出す瞬間をまるで祝福するかのように、
黄金でできた巨大な鐘の音が歌う。
歴史、ミュージックを解決させるために、
ロックンロールが騒ぎ出すメッセージに、
空中に浮いているリミット、
歌い出すハーモニーで抵抗をなくしている素晴らしい世界にした。
興味と、卓越するメッセージ?
クォリティが異次元、突破してもファンタジーになったとしても。
空間的なミュージックを愛することに意味なんかいるものか。
そこには魂が込められているんだぞ!
言葉だけじゃない、それは飾りじゃない。
リズムが追憶の果てで、息絶えようとも、
リミックスでシンギングスカイハイだから、
永遠はブルースと共に共鳴していく運命だから。
ファイナルウィザードを巻き込んで、
ラブリータイムすら自分のものにしようとするから。
レベルアップなフィンガーアイランドは、
メッセージを忠実に守っていくだろうか。
歴史的には、ミュージック的には。
ラブリーなハートを守るように、
共鳴するいたちごっこを笑い合えるなら。
覆すリミットすら教えてあげよう。
リズムがケセラセラなら、
つまりこの世界はワンダーランドじゃないか。
メッセンジャー達が笑い出す夜に、
空間としてサバイブする為に。
歴史的ファンタジーのもんちっちならば、
捨てきれない意味すら越えていきたいと思えるのだよ。
ロマンロックなハニーは、エイトビートなサクセスロードを突き抜けていくから。
レベルアップなフィンガーアイランドが、
メッセージを追憶の彼方に消え去せていく、
ロックンロールスターに、栄光を求めたいんだ。
リズミカルな行動と、サスペンス、まりもっこりだね!
空中に浮いているレベルアップ、理想が追従している。
ドリーマーな栄光すら、笑い出す謙虚さで愛おしくなりそうだ。
世界観が違っているなら、
距離すら疑ってかかるべきだ。
ハーモニーが追及しているワンダーランド。
ラブリーなハウスでエイトビートを守るなら。
旅立つ世界観、
未来のエイトビート、確実な世界観を彩ってくれる。
ロックンロールにリピートされた、
リムーブされた次の距離。
鬱陶しさとラブリーが忠実なら、
ハクション大魔王ですらご健在ならば。
影響力とヒップホップで、風を巻き起こせ。
サバイバルならば、価値観をぶっ飛ばせ。
理解している興味が、卓越するミュージシャンを越えていく。
リミットジェットコースターなのだから、
運命めいたレベルアップは、確かさだろう。
始まる空間がレセプションなのだから、
サプライズすら求めることに遺憾の意かい?
ラブリーなチェンジザワールドに、
サクセスなトゥモローを栄光として受け入れた。
歴史的ミュージックが、彩る世界観に、
未来が卓越しているワンダフォーライフだろう。
大切が奏でるメロディの上で、
ワンダフォーアイランドを踊ろう。
究極的なメッセージを追憶の彼方から、
ダンスするようなワンダーランドを見つめながら。
究極的なミステリーが、ワンダーランドを連れてくる。
リピートアフターミーって気分でもない。
リピーターがブーストしているから、
興味なんてものもなくなっていくのさ。
レベルが下がっていくんだね。
ファンクション、フィクションで木霊するんだ。
歴史がミュージックで、コリゴリになってしまうんだ。
大切な言葉が、行動が、失われてしまう前日。
興味が卓越するワンダフォーライフの次の世界。
エンジョイパーティを受け入れて、価値観としてブルースしていけるかどうか。
恥ずかしくもなく、
レベルアップなフュージョンかい?
ロックンロールが歌い出すのかい?
リミットならば裏側から、
天才的なミュージックでエキサイティングなのさ。
そういった場所が確かにあったってことだ。
メッセージはクォリティと共に。
大切な言葉が、永遠にミラクルなんだ。
興味本位で、疑わっている訳じゃないんだ。
ロックンローラーは歌い出すんだ。
ハーモニーが歴史を作るんだ。
距離が疑い出して、キリがないんだ。
半端な無力さが、
大胆不敵な通り抜ける風が。
ワンダフォーライフ、追及するいたちごっこを。
ワンダフォーライフを、
メッセンジャーなクォリティを。
ファンタジスタなら越えられるのかい?
ファンクション、リピートするメッセージ。
大切な言葉とクォリティ。
異次元突破するように、理解できるように。
ハーモニーが大切だろう?
空間を見出すのは誰だよ。
歴史的ミュージックを作り上げるんだろ?
半端ないリアルが東奔西走している。
歴史でブーストされていく、
意味が叫ぶなら、
空間すらスクラッチに変えてしまう。
レベルアップなフィンガーアイランド、
ミュージックな充実性は、
リアルなフューチャーをかけがえのない素晴らしさで、
サバイバルな価値を、ミュージックの意味を、
君の勇みを、
理解をサバイバルを、大切な言葉を。
歌い出したロックンロールは止められないのさ。
歯車がかみ合わないんだ。
素晴らしくてミュージックがエレガントなんだね。
空間的サバイブが、更なるメッセージへと巡り巡っているんだ。
素晴らしい展開に、リミットが消えていくんだ。
サバイバーな価値を求めている。
レベルアップなフィンガーアイランドなら、
空中に浮いているレベルアッパー、
暴走と創造の困窮の果て。
リズムの最果てが目指すロックンローラー。
ティーンエイジャーは可能性すら求めだす。
歴史を結構深く知りすぎて、
最近をウイルス、最果てを傍若無人にしたことも忘却しちゃって、
つまりエイトビートなのさ!
空間的サプライズが、影響力とヒップホップ、
風にサスペンス、メロディックライン、
メッセンジャーな堂々たるメッセージが、
クォリティで異次元を突破させるなら、
理解をはくしょん大魔王に置き換えて、
メロディックラインは自分自身をまるでバカにするように、
ロックンロールはその浅ましさを猛り笑うように、
空間はその意味の無さを追求するように、
僕は僕自身を守るように。
ただ正しいことだけを知りたいなんて、
ファンクション、
行動的劣悪なコンビは、ワンダフォーすらかけがえのない世界。
リズミカルに歌い出したハーモニーが違いを生み出しているから。
ラブリーハートで永遠だ。
ミュージックが理想に近づいていく。
ラブリーハートで認めだす、空間にサプライズさせていくのだろう。
始まる世界と、エージェントな未来、空中分解。
理想が生み出す価値観に、エイトビートすらクラッチしてしまうのだろう。
始まる世界観と、ミラクルエージェント。
大切なミラクルが踊りだす。
僕が馬鹿にしただろうか。
ロックンロールなティーチャーが、
メッセージすら受け継ぐ、意志を受け継ぐ、
まるでそれはヒーローだった。
ハーモニーを追及していく距離を歌っているよ。
サバイバル、その狭間に揺れているこの胸
三半規管を進水する。
理解が興味を卓越するように、
牙はライフルを携えるように、
活動家は限界を突き進んでいく。
ロマンチックが歌い出す夜には、
ぜひとも笑い出す興味に、歌い出させてもらいたいものだ。
近距離恋愛、
ごくつぶしの暇つぶし。
大切な言葉とクォリティ?
ファンタジージェットコースターモンスターをラブリーに、
忠実な世界観をミラクルエイジになっていく。
努力家だから永遠を刻み付ける。
理解がファンタジア、メッセージはクォリティすら
いたちごっこにさせてしまう。
距離が興味を、虚ろにさせる展開を、
リズムを最果てに、
その書きたてのメッセージに、
うろ覚えするディスカウントストアに、
活動の期限を決めてしまうような。
後ろ側から天才が走り出していくような。
興味と、卓越するマイダンス、
クォリティが異次元突破するファンタジスタに、
未来すら卓越するミュージックにさせている。
努力とワンダーランドは興味を引き付ける。
ロックンロールが生み出す価値観、
セプテムバー、最終的に逃げ出す世界観、
青すぎる海を、高すぎる空を。
大切に思えば思うほど、
展開力が凄まじく。
栄光を見つけた結果、どうなった?
さらばと語られる、ことなかれ。
ファンキーな歌声。
ラブリーなハートであればあるほど、
本気を出すから興味を炸裂しているんだ。
才能は退屈、永遠は退屈なのか?
理解してるドリーマー、永久、
僕になぜ翼がないの。
勇気を、ポテンシャルを、
維持しながら生きていく理想を。
追随していくミステリーを。
儚く揺れる、風を感じながら。
レベルアップフュージョン、
価値観をミュージックにしていきながら。
空間がサプライズしてくれるから。
意味を呈してくれるから。
ラブリーハートを求め続けた。
価値を追いかける光に負けない速度で。
ラブリーチェンジであって、
未来が卓越するドラマ、ワンダーフューチャー。
価値観を追いかけて、
それでもリズムは追随されていく。
セプテムバー、世界観を魅力で追いかけていく。
リピートなミュージックは、偽りのコンセプトは?
ファイナルウィザード、価値観を申し訳なくするための距離は?
ファンタジーアイランドを、見つけているラブリーが追及されていく。
リズミカル、歌い出している、
ロックンローラーなハニーすら、
偽りに変えていくのかい?
レベルアップが必要ならば。
改革がもし必要だと言われるならば。
世界を正解に導いてやる。
歴史をミュージックに改築してやんだ。
最高のテクニカルタイムアウト。
理解と歴史と、フェイバリット。
究極的な運命が、いま出来上がる。
空間とサバイブしている今との、
徒競走的な恋愛ならば。
覆すことの意味、サプライズしている行方不明に、
サスペンスはドラマチックに笑い出していく。
ロックンローラーなファンタジスタだから。
究極的ワンダーランドが、ミステリーを連れてくる。
歴史的ファンタジー、それがそうある為の、
理解するための希望だ。
サクセスの為の必要性だ。
リズミカルでコミカル、
最終的に生きていける予感。
サイバーエージェント、
未来を卓越するファンファーレ、ファクシミリに、
階段を上っていくように。
理解していく興味に、炸裂するワンダフォーだから。
空間がサバイブで、メッセージが尽き果てそうだから。
永久に栄光を満ち溢れさせたいなら。
希望を卓越したいなら、
笑い出しなさい。
究極の閃光、
ラブリーなハートすら、偽りにしてしまうのかい?
リズムとリズムとチェケラッチョならば、
誰が勝ち、誰が運命になるのか。
最果てがまた音を立てて崩れていく、
そう、最果てなどないのだ。
では俺達はなぜもがいてたんだ?
限界は人間が勝手に作るんだ。
でも確かな、不確かさが。
永遠の希望する共鳴。
ワンダフォーライフが作り続ける永遠と無限を
包む輪。理想がこんがり焼けたら、
半端ないフィードを見に行こう。
サバイバルをしにいこう。
レベルアップなフィンガーアイランドならば、
活動の限界が示す展開力なら。
苦痛がワンダフォーを生み出す歴史、
そのマジックミュージック、
サバイバーな形、それを認めている努力が埋め合わせしている。
後ろめたさと引き換えに、
ワンダーフューチャーは価値の中に、落とし込むように。
ファイヤーサイン、願ってても価値がないほどの。
ミュージックは移ろいゆくだろう。
ハニー、ハロウ、ヘロウ、関係ない波浪注意報だ。
サスペンス、メロディと着実に、
踏み進む方向性が、
感じてしまうレベルアップが、暴走する興味が。
卓越する未来が、それすら変える延長線上が。
サバイバルな価値観が、ミュージックを偽りと溶け込んでしまうほどの、
影響力が、
突っ走るファンタジスタが。
迸るという。
興味が移ろいゆくというんだ。
ハーモニーはサスペンスなのか?
未来が置いてけぼりをミステリーにさせるなら、
世界と世界観がドキドキドッキングするなら、
クッキングするライムキングだ。
最果てに土地を見つけて、
あるいは住居を構え、
家賃はいくらだい?とか、
ファンタジスタ、記憶、戸惑い出したら、
究極的なファンタジーすら虚ろになりそうだから。
究極的なメッセージ、意味不明が叫び出す。
空間的サバイブに、メッセージはとめどなく。
リアルなフューチャーとラブなら、
どっちが勝つとかどうでもいいんだよ。
炸裂するビジネス、大きな未来を描いていく。
ドロップシンギングソング。
大切な言葉をクォリティに。
ロマンロックなロックンロールなら、
ティーチャー、ラブなハートを見つけ出したい。
究極性は笑い出すのだろうか。
歴史とファンタジー、意味不明なファンタジー。
クォリティと異次元、ミュージックが移ろいゆく天才か?
メロディがリズムすら作り出している。
永遠と無限が笑っているから。
私を引きずった、メッセージにクォリティは笑い出した。
一人でも楽しみ続けるアホらしさは。
ミュージックが虚ろになっていく展開の力だ。
半端ない理解と、共鳴するメッセージだ。
大切な言葉を、エンジョイするための苦労だ。
ファンデーション、いずれやれることが分かっているなら、
確実性すら犠牲にして、それでも高い場所を目指し続ける。
その当たり前をぶち壊す為に。
運命のせいにしないように、
常識の範囲外に出てみる。
確実に俺の世界が広がっていく。
ハーモニーが伝説的に、狂った価値観?
メッセンジャーは忌々しい技を引き連れてまで。
永久に続く影響力の果てにあるものは。
確実性の彩る、空間がサバイブする為のメッセージとは。
レベルが上がっていくだけの、
フューチャーラブなクイーンに、メッセージすら伝えるように。
リピートされる行為の、さかさまになった煮えたぎった夜ですらも。
意味不明が価値観で、ブルースを共鳴しているなら。
何もいらないとその手でもがくなら。
セプテムバー、栄光を満ち溢れさせる、広大な記憶が目指すなら。
栄光と、メッセンジャー、意味不明になりながらも。
リピートするアフターフォロー。
ロックンロール、ファンタジスタ、
興味が卓越、ワンダーランドに世界観を目指していく。
ドリーマーすら栄光を見つける為に。
飽きたのだ。全てにな!
ファンタジスタは共鳴する為に。
理解は東奔西走する為に?
行動のビギナーは伝えるのさ。
リズミカルな行動を歌い出す為に、
共鳴する向こう側に、ファンタスティックなドラえもんを、
メッセージを伝える為に。
俺の中に宇宙が出来上がる。
ロックが歌い出すハーモニーに、
追及したら永遠は笑ってくれるのかい?
リズム的にはいい展開なのかい?
リズミカルに踊りだす、
延命措置をそろそろ取ろうか。
メッセージ、大切な言葉があるから。
影響力とヒップホップで風を追いかけた。
リズムがチェケラッチョ、俺は無限を愛し君は有限を木霊させる。
サプライズなゲストすら、泉ならば。
飛ばす価値観が、ブルースすら共鳴させていくなら。
サプライズな怒りから、ファンタジスタは鬼みたいに煌めいていく。
サプライズ、起こすラブライブ。
メッセンジャーな頂きが、ファンタスティックなドライブを続けている。
リピーターがブーストする共鳴、運命すら感じてしまう。
レベルアップなフィンガーアイランドならば、
確実性すら後ろ側に建前で、
謙虚な炎で煉獄の扉を開いちゃうわけだぜ?
リピートアフターミーとか、
窮屈そうな声で言ってみたいじゃん?
そうだろう?レディプレイヤー。
果てしない道を慟哭として生きるなら、
活動限界を突破して、意味不明な世界を作りだす。
価値が踊り、栄光が笑い出す。
空間は歌い出す。
始まりの世界を彩る窮地に置いてけぼりにされたんだ。
空間は意味なくリズムでチェケラッチョしていくんだ。
意味不明が笑っているからね。
努力すら迷子になっているのさ。
リズムで追及する、まるで歌い出すようなハーモニーに。
追及する、歌声とそれが生み出すメロディと、
リズムを猛り狂うように、
だけど夢じゃないさ。悲しいけどね。
リズム、チェケラッチョ、歌い出すハニー?
伝説が炸裂するのさ。
頂きますから、歌い出すサスペンスは未来を作っていく。
リズムと天気予報で、サスペンスすら迷子になっていく。
私はそれを知らない。
何を生み出したんだい?
到底底の知れない闇に。
無限など知ってしまうほど愚かなんだ。
我々が想像できるすべての物は、実在する。
感覚的に歌い出すだけだろう?
ハニー、歌い出すバーベキューを笑い出しなさい。
究極に木霊するように。
活躍を未来図にしてしまうように。
ハーモニーは笑い出すはずだから。
究極的に閉じ込められた意味を、探していた。
楽しく生きている。だから生み出すラブリーハートを、
見つけ次第交差していく運命を、夢を。
格別ないたちごっこを、それでも共鳴する意味を、
越えていけ。どこまでも、逆立ちするように。
興味と炸裂するダンスを、
生み出すように。
白熱の色物の電球を見出すように。
サプライズな空気を読むように。
空間は永遠を笑っていく。
ドリーマーな栄光を見つけ出すから。
興味などないというのだろうか。
ハーモニーは伝説的に、クレイジーになっていく。
ファンタジスタな未来すら、越えていくならば。
ビューティフォーなサンシャイン、
メッセージがクォリティになっていくだけだから。
ハーモニーが究極的になっていくんだね。
そこを落とし込んだら、思い込んだらやばいんだよ。
白熱する電球を見たいのかい?
伝票を確認したのかい?
リズムが生み出すケセラセラならば、
ワンダーフューチャー、価値を求めだすように。
クォリティと生み出す、世界観を未来として、
受け入れる価値観は蔓延るだけだから。
理解している努力値は、
生み出した意味を越えていく。
ファンタジスタは未来を逆らうように、
ハーモニーは伝説を歌い出すように。
狂い出すように、サスペンスは煉獄の闇を駆け抜けていく。
その速さで飛び跳ねたラーメンのスープを、
丸ごと飲み込んだらパーティが始まるんだ。
歴史的空間、メッセンジャーが彩る次の世界。
ラブリーならエクスチェンジをプレゼントしよう。
果てしない未来を、どこまでも卓越するはずの気合いを。
ファンタスティックな恋愛模様を、
それでも愛おしいと思えるから。
レベルは快諾されていくのさ。
リズミカルな行動の限界、
ロックンロール、ファンタジスタ、
俺は何を求めてきた?
ラブリーなハートを置いてけぼりにしてきた。
リズム感がケセラセラを笑い出していく。
ハーモニーで伝説を追いかけるように。
理想は究極的なワンダーランドを彩るように。
かたっぱしから祈りだしたいのさ。
リアルフューチャーで、確実性を射止めることが可能ならね。
素敵なファンタジスタ、空間が共鳴する笑い出す。
最果てのリズムすらも、価値を追いかけるだろうから。
ロックが歌い出すハーモニーの世界を。
感覚的ブルースで、歌い出すハーモニーにしてしまいたいんだ。
興味が炸裂するワンダーランドだから。
メッセージはクォリティを目指している。
何が生み出しているのかも分からない。
なぜ悲しいのかも分からない。
大切にした、解説をしてくれた。
リズミカル、行動、サスペンス、
未来が手続けている。
努力を追いかけている、理解に、サスペンス。
メロディックラインが整っている。
リズミカルに行動させたから。
無限の闇に落ちていったから。
リズムを共鳴していく、ワンダーランドで共鳴させたら。
理解は歴史を乗り越えて、
それはそれだけではなく、
運命の捨てられた共鳴に、
甘いものも苦いものも嫌いだ。
究極が笑い出すなら、
虚無もへったくれもねえ。
リズミカルな行動がいつも嘘を呼ぶなら。
私の空間は誰が許すの。
それでも展開する今が僕に興味を示す。
大好きだから奪ったんだ。
興味が移ろいゆく、天才たちに見守られながら。
究極性は音を立てて崩れていく。
ドリーマーは栄光と共に、
炸裂するワンダフォーを認めてくれたのかい?
サバイブするメッセージに、
クォリティすら歪なままに、
行動をラフランスにさせる、美学に美しさを取り戻した。
懐かしさに勝ちたい。
リズミカル、宴だ騒げ。
サバイバルな彷徨う空間に、
リピートメッセージは伝え始める。
言っておののき、
サプライズな運命すら漂わせてくれる。
ハーモニーが伝説すら連れてくるなら、
運命は笑い出すのだろう。
究極的なセプテムバーだから。
影響力がヒップホップだからね。
空中庭園バビロンよりも、
素晴らしい運命って奴は存在するのさ。
レベルアップなアンチフィールド、
形と共に生きている。
ロックンローラーはフィーバーしていくんだ。
レベルアップフィンガーアイランド、だからこそ。
共鳴するいたちごっこに、意味すらなくなったのは
悲しいことだ。リアルなフューチャー、確実性と、彩らせる究極に。
ワンダフォーアイランドでメッセージを伝える。
レベルアップなフィンガーアイランドならば、
突き飛ばす永遠を漂うなら。
理解しているドリーマーが、陽炎デイズになってしまう前に。
リミットは陽炎デイズ。サバイバルな価値を灯しだした。
空間がサプライズ、意味を越えていくなら。
それすら魅力的であると、誰かが声高にささやくなら。
理解の歴史を、歌い出すハーモニーを、
追憶の陰に隠れているレベルアップを、
ミュージックを、サプライズ、
価値を追いかけてレベルアップにしてしまう。
価値観とブルース、共鳴するならいたちごっこだから。
ハーモニーが追憶の陰に、隠れることも厭わず、
ハニー、伝説的究極に、
意味不明すら笑い出してくれるなら。
ロマンなロックンロールファンタジー。
クォリティがメッセージを伝えてくれるんだね。
ハーモニーは歪なのさ。空間的ミュージックを、移ろいゆくように。
ハニーは伝説をうろ覚えするように。
価値観とインファクション、
メッセージと意味合いが動転している、
ファンタジックなジェットコースターで埋もれているなら。
価値を追いかけろ。その狭間に夢が落ちこぼれだ。
ロックンローラーなティーンエイジャーなら、
活動する為に動き出すんだ。
歴史をファンタジスタ、空間の疑いすら、歴史すら、近未来の影響すらも。
栄光と虚ろな、展開のさしずめ、すし詰めになっている。
サバイバルな価値すら閉じ込めるなら。
空間すら歪になりそうなこの興味は、
理解している興味と、虚ろな展開を混ぜ合わせる。
リピートするメッセージ。
クォリティと異常性。
大切な言葉とクォリティが意味不明を笑っている。
努力家だから。ファンタジスタだから。
影響力なヒップホップだから?
歴史的ミュージック、イデオロギーな価値観だったとしても。
サプライズな意味不明を卓越している努力、
ロックンローラーなファンタジスタ、
未来をチェケラッチョしていくなら、
興味すらなくなるのだろう。
ハーモニー的伝説でクレイジーなのだろう?
興味がサプライズ、意味不明を越えていけ。
ラブリーなハート、レベルアップなフィンガーアイランド。
ミュージックがショータイムだぜ。
覆されるイメージが退屈さを吹き飛ばした。
理解が歴史をぶち上げたんだ、
可能性とブギウギかい?
リズムとチェケラッチョ、
歌い出すならハーモニーだ。
栄光と受け入れる価値観、
ブルースと共鳴している。
大切さと、リアリティショータイム、
メッセンジャーなクォリティすら虚ろにさせていく。
ドリーマーは栄光すら、見分けがつかないように。
リズムがチェケラッチョを歌い出しているから。
歴史的ミュージック、流浪に
ファンタジスタな共鳴、
ワンダフォーライフを掴み取ろう。
僕のアイコンタクト、
歴史、ロックが歌い出すまで。
影響力をヒップホップで埋め合わせするまで。
提供力、栄光のチェケラッチョは、
歌い出すハーモニーのように。
歴史がファンタジスタを乗り越えている。
ドラマチックなワンダーランドなら、
クォリティすら一途になっている。
歴史的、ミュージシャンなミュージック、
サスペンスとドラえもんが歌い出すように。
ハーモニーは伝説を作り出していくのさ。
ハーモニーが伝説的未来を建設させる。
ドリーマーとの栄光か、
サプライズな近未来か?
ダンスするホールのような、
興味が卓越するワンダフォーになっているような。
まるで全てが覆すような快感に。
メロディックラインが整っていないから。
レベルアップなフィンガーアイランドだから。
究極性、ミラクルをエージェント、
メッセージにしていくように。
努力家から、永遠を歌い出すように。
サプライズな意味を越えて。
ラスベガスに、追憶の彼方に。
ダンスするように、
ミュージックはうろつくんだ。
ファイヤーシスターズなんだ。
ハーモニーが伝説を呼びよせているなら。
空間とサプライズ、意味を越えていきたい。
レベルアップなフィンガーアイランドを手伝いから。
メッセージとクォリティ、
ファンデーションがファンタジーだから。
究極的な甘いメロディを、
追憶の発射レスポンス。
ただ、立ち尽くす興味を。
メッセンジャーを、こりごりになるように、
サスペンス、マジックミュージック、
サバイバーな形をメッセージにしたくなったんだ。
価値観とブルース、興味が卓越しているんだ。
努力がワンダフォーライフに。
大切な言葉と、メッセージなクォリティ、異次元突破。
ファイナルアンサー、ミュージックは流浪に生きているはずで。
リズムがチェケラッチョを歌い出すなら、ハーモニーで伝説的クラッチで、
エイトビートでサスペンスに、行動してくれる。
リズミカルに歌い出す、さらばな世界ならば。
宇宙の展開力、サスペンスな行動力が、
埋め合わせすらしてくれるんだよ。
始まる世界観に、ミラクルを引き起こすんだ。
ラブリータイムアタックなんだ。
覆すリミットが、最後のサイコキネシスになるまで。
影響力として、ヒップホップとして、
活動していけるように。
伝説的に、クレイジーに。
本当はそんなんじゃないはず。
リミットと、歌い出すハーモニーは追随するか。
影響力と、ヒップホップは仲たがいしている。
ドリーマーな栄光を見つめたい。
活動の距離を埋め合わせしてあげたい。
そんなに沢山の歪さは存在しないよ。
リピートするミュージックにすら、偽りを見せてあげたい。
レベルアップなハッピーならば、
クォリティを元気にさせるほどの。
究極を目指したいんだ、エレガントなね。
大切さと言葉がエンジョイしてくれるなら、
価値観とトゥモローを栄光として受け入れてくれるから。
エイトビートなチェケラッチョが、
歌い出すハニーが、伝説的ミュージックに移ろいゆくならば。
ファンタジスタなトゥモローを、栄光として受け入れるまでの。
健康に生きるファイヤーシスターズ。
価値観とブルース、それくらい我慢しなくちゃいけない。
レベルアップなフィンガーアイランド、
価値観がブルースなら、
あなたが興味を示してくれるなら。
活動の距離を意味不明にしていくなら。
ラブリーなハートを愛おしいと思ってくれるなら。
窮屈なワンダーランドを認めるように、
それはまるで突き放すかのように、
トップルーティン、
サバイバルな価値を求めてる?
歴史としてファンタスティックになっている?
興味すら歪になってしまっている?
価値と売り飛ばす、メッセージにメッセンジャーなクォリティ。
ファンタジスタな未来すら、栄光すら、立ち上がるように。
興味としてテキーラ飲んでる?
リズミカルに歌い出した興味すら虚ろにウサインボルトさ。
興味の無さすらも。
栄光的ミュージックすらも、歪にひずむなら。
価値観をトゥルースにしてエンジョイパーティ、
ロックンロールファイターであるから、
理解を興味として、
それは器としてのメロディ。
興味としての移ろいかたなら、
伝説的ミュージックは彩れない。
そこに放つ意味が無くなってしまったんだ。
ファンクションなショータイム。
理想とブギウギ、
ファイティングポーズで、
オオカミの安心と豚の不安、
落ちこぼれたちが憂鬱になってしまう夜に。
最果てのリズム、この世界の主人公は自分自身なのさ。
歴史的パシフィックを求められないなら、
空間ですらサバイブになっていくんだ。
ロマンチックでドラマチックにしていらっしゃることは、
不可能に近いんだ。
レベルアップフィンガーだから。
究極のエイトビートだから。
影響力とヒップホップソング。
ライティングしている、歴史。
ファンタスティックアイランド、ミュージックなら途方に暮れていく。
ラブリーなコールを騙し合いの中で、
追随するミステリーファイナルアンサーを見つけるだろう。
空間がサプライズして、意味を越えていくだろう。
ファンキーな歌声、ラビリンスで歌い出すだろう。
興味がなくてもサバイブするのさ。
価値がアホらしくならないように。
ロックンローラー、ティーンエイジャーな可能性すら偽りに、
してしまうほどのエネルギーを。
ミュージックで彩るように。
キャミソールで突き刺すように?
果てしなさが後ろ側でミュージックを選んでんだ。
感覚的ブルースには、嘘がつきまとうんだね。
歴史と理解している興味、
サクセスの秘密を誕生させるように。
空間的サバイブならば、
メッセンジャーな歴史を追いかけてる。
リズミカルなワンダーランドを、認めているなら。
大切な言葉とストーリー?
運命を確実に、
世界観を魅力にしていくために。
理解が遠い。看護婦の声が遠い。
メッセンジャーは伝えだす。
リアルなフューチャー、確実性を閉じ込める。
最果てのリズム、何かが追いかけてくる。
大切な未来が零れ落ちてくる。
言葉なら脳から溢れ出してくる。
リミックス、楽しいから。
歴史的ミュージックが、圧倒的に葛藤的に。
ブルースが歌い出す興味を、
サプライズしている努力家、
永遠に着実に作戦の方向性。
リズム感と延長線上にある、
希望を卓越するワンダーランド、
大切な言葉をミュージックにする為に。
掛け替えのない生きがいに、
サスペンス、ロックンロール、ティーンエイジャーな可能性?
ブギウギなハッピー。
サスペンスな行動がエレガント。
ロックスがミックスジュース。
大切な言葉と永遠が踊りだすように。
興味はサクセス、昨日から運命を拾っているぜ。
掛け替えのない世界が始まっているぜ。
大切なルッキンフォーだから、
覆す色とりどりと、
サクセスのための秘密すら旅立たせたい。
興味が炸裂するワンダフォーに泳がせたいんだ。
ロックンロールファイティング。
夢中、キャンパスに収まりきらないイメージ。
空虚で、更なる時を泳ぐ。
最果てのリズムすら、永遠が煌めくなら。
行動とサクセストゥモロー、
みんなが必死になって描いてくれてるのに、
興味すら卓越するミュージックにしてくれているというのに。
ハーモニーは伝説を作り出すだろう。
興味と、サクセスまでのトゥモローをエンジョイする。
トークバイトーク、メッセージ、
誰かのためになるかどうかなんて分からない。
ただ、俺は決めた道を歩き続けるだけだ。
ハーモニー、なんらかの回答を見つけなければ。
ただ正しいことを認めたって、
空中に浮いている空中庭園バビロンになってしまうような。
ただ、動画は気が向いた時だけってこと。
リズムが追及してくれる未来すらも。
形を求めている、距離は物を言う。
大切に落札するパーティは、エンドレスに倦怠感。
メッセンジャーが伝える永遠は、
未来を縁取り彩るだろう。
究極な未来が笑い出すんだ。
ハーモニーが追及しているミュージックにしているんだ。
世界観、マジックミュージック、
大切な言葉、メロディックラインでトナカイはラインハウスさ。
大好きなメッセージが追随していくから、
ドリーマーなのさ。
究極的なメッセージが、彩ってくれるなら
半端じゃないリアリズムが最果てを目指してくれる。
ラブリーなチェンジ、ミステリーなワンダーランド。
記憶を携えて、やってくる車の行列。
とっくにトークバックしているラビリンスハウス?
蛍光灯で、メッセージを描き出している。
興味を叫び出す空間なら、
炸裂するトゥモロー、永遠がブルースに興味として、
移ろいゆく知識を、半端ないリアルで守り抜かなければ。
サバイバルな価値観を、
それでも灯しだす永遠を。
ミュージックのイデオロギー、最高のメッセージを。
彩れない価値観を。最果てを、リズムを。
価値観のブルース、共鳴するいたちごっこなら。
空間的サバイブ、メッセンジャーが歌い出すように。
ハーモニカを伝説的にミュージシャンにできたのだろう?
価値観でブルースが興味に、歴史的ファンタジスタ、
栄光、大切なミュージック、
置いてけぼりなクォリティ、
インファクションメッセージ、
ロックンローラーなハニー!
謙虚にリピートされていく。
ドラマチックがワンダーランド、
世界観がミラクルにエージェント、
大切さ、堂々としている、リズムでケセラセラだ。
ワンダーフューチャー、価値観が見出してくれるんだ。
半端ないリアリティ。
メッセンジャーがクォリティで、ダンスしていくんだろうな。
歴史がファンタジスタな世界観、
ミラクル、エージェント、
大切な理解、怒涛のリズム、
快適なスカイハイ、エンジョイ、
ロックが歌い出すハニーみたいだ。
サスペンスが歌い出す証拠みたいだ。
全てが託されている。
ドラマになって、ワンダーランドに
世界観、ミラクルエージェント。
あえてため口をきくスタイル?
ロックンロールなファイターは、
メッセージすら貫いていく。
ラブリーなチェンジをメッセージにしていく。
ドリーマーな栄光を満ち溢れさせている。
ドリーマーな栄光すら、価値を変えてくれる。
リピーターがブーストされていく。
興味と炸裂するマイダンス、
歴史的、ファンタスティック。
旅立たせてやる。
空間に降り立ってやる。
レベルアップなフィンガーアイランドにしてくれるわぁ!
大好きなチョコランタン、
正義感を振りかざすにはあまりにもお粗末な。
世界観、おそまつさんです。
究極的メッセージが彩りを溢れ出させていくんだね。
究極的ファンタジスタを、
未来で栄光として受け継がせているレベルアップを、
ミュージックショータイム、
メッセンジャーなクォリティ。
あげればきりがない名曲だらけだ。
半端ないリアルがただそこには存在するだけだ。

理解している。
サスペンス、鼓動の興味すらも。
ロックンローラーなファンタジスタ?
未来がチェケラッチョ、大切な言葉、
ミュージックショータイム。
メッセンジャーなクォリティ、
異次元突破するメッセンジャー、
クォリティで異次元、
突破するほどのファンタジスタを。
栄光とサスペンス、行動の実力を。
ハイテンションを移ろいゆく天才のように、
まるで天使のように。
覆す意味を越えていくのなら、
それにすらエイトビートを託し生き残る。
サバイバル、栄光が影響として、
サバイバル、歴史、ファンタジスタ。
ロックンローラーなファンタジーを
うろ覚えしたいのか?
俺に目指す場所を、
卓越したいファンタジーを、
クォリティでミュージックに、
イデオロギーなミュージックに、
サスペンスにしていく。
ドラマチックなワンダーランドにしていくんだ。
努力だけでは、かけがえのなさはミュージックにさせられてしまう。
風が答えを知っているなら。
歴史的コンフュージョン、
歴史がキックインディフェンスすら、
望んでいる。キックするウィザードだ。
ロックンロールファンタジスタを、栄光として受け入れる。
僕の何もない手が、何もない手にそっと振れたことも。
リアル、フューチャークイーン。
サスペンスな行動の美学。
損をしないように、ワンダーランドを見つめられるように。
開拓する次の文化、セプテムバー。
サバイバルな価値観。
歴史、ファンタジスタ、栄光を携えて。
価値観をブルースにして、共鳴するように。
ファンタジーアイランドが見つめてくれるなら、
見つけてくれるなら、ファイナルアンサーならば。
クォリティとしての一途さと、
影響力とヒップホップを守りたい。
覆したいレベルアップは。
浮かばれない僕からしたら、
インターナショナルですら健康的で。
ファンタジーアイランドに越えていきたいリミットがあるから、
ミュージックにしておきたいと思ったから、
そういうことにしておいたはずなのに。
究極的にはメッセンジャーなのかい?
リズムがチェケラッチョならば、
歌い出すハニーなのかい?
レベルアップなフィンガーアイランドなのかい?
リズミカルな行動で、美しさを取り戻すんだね。
空間的サプライズが、意味すら越えていく前に。
レベルアップなフィンガーアイランド。
価値観を求めて騒ぎ続ける。
価値をブルースで、サスペンス、行動で示し続けた。
ラブリーなハートですら、虚ろになっていく
展開の力で。
危なげもなく走りだしていく。
究極は笑い出すからね。
サバイバルなエージェント、それでも価値を求め彷徨うなら。
世界観を越えていきたいと。
レベルアップなフィンガーアイランドを、
夢中にさせていくドリーマーな栄光すら、
価値観すら、ミラクルすらも。
栄光のユーロビートがサクセスロードを見つけている。
ドリーマーな栄光が必要になるだろう?
究極的には、ワンダーフューチャーを価値あるものにするために。
理解と東奔西走している、
ラブリーが追及させている。
ドリーマーな永久と栄光の力で、
ブーストされる興味にしてみたいのかい?
リズムが、
リズミカルになってるだけ?
ファンタジーアイランド、
ミュージック、灼熱の風。
飛び出す空間、ロックンロールがファンタジーの羽を携えて。
価値を追いかけて、それでも空間を閉じ込めるなら。
最果てのメッセージすら、栄光のブギウギ、
ファイティングスカイハイが、誰かのせいにしてきた
君の頭上に降りかかる。
大切な言葉とエンジョイパーティ。
失うもの?ハナから無くね?
ダンスウィザード、空間をサスペンスに、
大切なエンドロイド、サスペンスがミュージックを連れてくる。
メッセージな空間が、
サバイブ、するメッセージ。
大切な行動の美学。
運命、サスペンス、大切な行動で。
ロックンロール、ファイティングスカイハイ、エンジョイパーティであることを。
メッセンジャー、歴史としての虚ろになっている向こう側。
あの水平線の向こうに空いている穴は、
潰された価値観は、イマジネーションを引っ張りこむようにして、
階段を上るようにして理解を突き抜ける。
その最先端に燃えている輝きに、
光るメッセージ、
それに対していつも彷徨っている。
理解と興味が後ろ側になっていく、
まるで水平線からのぼる朝日のような。
まるで水平線に沈む夕日のような。
そんな未来がやってくるリズムで、
ケセラセラな行動で、
100文は一見にしかず?
ならば俺は一見に値しないような
文章を書き続ける。意味?はなからねーよ。
リズム、コントロールとファンクション、
じゃあ価値を疑われそうだ。
天使の笑顔にだまされそうだ。
窮屈なワンダーランド?
ロックンロールなパーティかい?
世界観が大きく変わるような、
ミステリーだ。謙虚さで裏側を支えるには、
あまりにもでかすぎる距離だ。
後ろ側がファンタジスタを描いている。
努力を認めている。
強力な世界観をミラクルエイジにしている。
努力がメッセージを伝えるように。
ファンタジーはラインを筋を通すように。
半端ないほどの半端さ、
何をするにも誰かを頼る。
空間はサバイバー。
君は僕を求めてる?
私はとるにたらない存在です。
未来が笑い出すから。究極性と共に、
サプライズを越えていく、
レベルアップなフィンガーアイランド、
大切な行動、ロックンロールスタイリッシュ。
活動家な天才は、
魅力的天才を引き継ぐように。
クォリティを爆笑するように、
ハーモニーは追憶の彼方で、
目指す場所を越えてそれでも飛び出しているのかい?
リズムはコンフュージョンを伝える為に、
理想にあがない答える為に、
メッセージに盛り立つメッセンジャーを、
言えない歴史を、
ミュージックを、それでもやまないこの悲鳴を。
理想が叫び出すこの展開すらも。
栄光として生きてきた、
レベルアップな生き方を、
どうでも良さげに見つめる世界観、
未来との距離すらはかってしまう。
レベルアップなフュージョンコンタクトを、
爆笑するように、空間はサプライズしていくから。
ドリーマーな栄光が、伝えだしてくれるから?
リピーターなミュージックは虚ろになっているのかい?
ドリーマーは栄光を引き継ぐのかい?
レベルアップなフィンガーアイランド、
大切な言葉とエンジョイトゥモローならば、
確実性をイデオロギー、伝えるファンクション、
ハイテンションに偽ることなく、
半端ない世界観と、越える為の。
レベルアップ、ロックンロール、ファンタジスタ、
大切さと後ろ側、
展開力も全然違うんだ。
インファクション、行動で示すことができる範囲で。
メッセージなクォリティに、メッセンジャーは踊りだしていく。
ファンクションなレベルアップで、ミュージックを作り出す。
ハーモニーは伝説的だ。
クラッカーを食べているみたいだ。
夢みたいだ。ハーモニーが伝説をクラッシュする前に。
伝説的クラッチフラッシュで、栄光すら求めていく価値観を、
メッセンジャーの甚だしい世界観を、
ロックンロールな苛まれる価値観を。
ビューティフォーなサバイバル、
歴史的ミュージック。
価値が置いてけぼりにするリズムマックスならば、
形すら失っていく展開に、
ミステリアスなミュージックに、
最果てで目指すものを。
テイクスフューチャーを盛り上げるように。
空間的サバイブで、メッセージを伝えるようにして。
ハーモニーは伝説的な建設的な
マジックショータイム。
虚ろになる。天才的になっていく。
大切な言葉とことわりは、
ミュージックなショータイムを
活動限界に近づける。
理想が展開力を失っていけば、
俺の言葉すら急展開を迎えるのさ。
始まりをサスペンスだと定義づけるなら、
半端ない半端さに、埋め合わせされるように。
空間はリピートをモンスターに変幻自在にさせる、
理解を越えて共鳴させていく。
ドライブ、現代文のような。
かたっぱしから奪い去っていく興味のような。
卓越するミュージック、記号として受け継がれる展開。
リプライニング、サバイバルな価値すら認める方向性で。
勢いと急転直下なラフランスならば、
階段を上っていくデリカシーと、
その話題を追随させているメッセージすらも。
旅立ちの世界観を、
魅力として受け入れた、
メッセージはクォリティとして歪に捻じ曲げていく。
アホな振りをしている女共も、
本当にアホな奴らですらも、
自分を無下にしない方が良い。
サスペンスはニュードラマをサイエンス的に、
行動のロッケンローティーチャーで教えまくっているだろう?
ファンクション、誰かの作り変えた原稿なんか読めるか。
ファンタジーならばクォリティ、鬱陶しいレベルだ。
感覚がユートピアをサクセスの為の、
引っ越すラブリーにチェンジしている、
ドリーマーな栄光が潰されていく。
ロックンロールなファンタジスタすら、
メッセージにサスペンスしている。
ドラマチックなワンダーランドが展開を恐ろしく迎えている。
ドリーマーな栄光ですら、活動限界ですら、
全てを越えて辿り着く場所がある。
歴史的ミュージックと、イデオロギーならば、
ファンファーレ鳴り響くほどの大舞台に、
謙虚にラストサムライのように、
ファンクション、びびってる意味なんかなくなってしまう。
価値とブルースで根拠を歌い出した。
ロックンロールなファンタジスタ。
栄光がチェケラッチョに、サバイブしていくなら。
活動家は夢の世界に夢中なんだ。
滑走路、絨毯はビューティフォー。
活動家の底から生まれだす言葉の欠片。
我々は何を求めているのだろう。
始まる空間、甘い夢に酔いしれる。
世界観はカテゴライズされていく興味だから。
サスペンスな興味すら、虚ろな展開にさせてしまうのならば。
謙虚なヒーロー、サスペンスでミュージックイデオロギー。
追従しているドロップアウトする、
メッセージすらカテゴライズしてくれるだろう?
ハーモニーと伝説でスクラッチしていくんだ。
レベルアップフィンガーアイランド、
大切な言葉と、エンジョイパーティに、
サクセスロードが追及していくように。
ハーモニーは伝説を生み出すだろうか。
空中に浮いているレベルアッパーは、
快適な空の旅を邪魔しないように。
サクセスの追憶、
つまりストーリーを叩き壊すように。
ハーモニーは伝説を生み出していく。
興味を炸裂する意味を携えて、
はびこる伝説を、
俺の抱いているイメージはでかすぎて、
とても表現できないんだ。
俺の持っている夢はでかすぎて、到底表現できるものじゃないんだ。
ロックンロールなノックアウトで、
答えろよ。質問してんだぞ。的な?
サスペンス、歴史的ファンタジー、
蠢いている、ダンスホールで疑い出したいんだね。
興味が炸裂するワンダーランドならば、
空中で慌てだす運命を越えていきたい。
だから叫ぶのさ。エンジョイするのさ。
トゥモローへと描き続ける天才的なサッカー選手を。
ロックがファンタジーならば、
クォリティとして一途さを馬鹿にするなら、
空間すら侮辱していくのだろうか。
羽衣フーズ、大切な言葉を失ったら。
大切なロッケンローパーティを、
失われても栄光として、受け取っているリズムとして。
ロックンロールなファイターとして、
受け継がせるのかい?
リミッターを外している気分はどうだい?
世界観は歴史を越えていきたいと叫ぶのかい?
リズムが意味を、イミテーションを叫び続ける。
最果ての水しぶきから、打ちあがる花火は
蛍光灯に似た光で、少しだけ味気ないなって。
それでも現実感がなくて、夢を見ているみたいで、
それでもそれは確かにリアルであって、
それが混同している宇宙が、
その全てがただ愛おしくて。
ランデブーなのだろうか。
端くれなのだろうか。
興味が移ろいゆく天才的に、
ミュージシャンは慌てだしている。
ドリーマーと栄光が、潰されまいと栄光を受け入れる為に。
価値観をブルースにするような。
世界観がミラクル、エージェントラブだね。
コミュニケーションができるかどうかだろう?
歴史的キックするインフィードならば、
価値観すら求めだす勢いで。
ファンクションキーを、メッセージにしていくんだね。
メッセンジャーなクォリティは、
何を生み出してくれるだろう。
ファンファーレな歌い出し方から、
栄光を求めて疑いうろつきだすなら。
興味すら炸裂する天気予報に、
サスペンスすら巻き込んでいく。
リズムは追及していくように。
ラブリーアタックで妄想を広げていく。
暴走していく想像は理想を携えながら、
価値をユートピアにしていくんだ。
鏡には映らないけど、
向こう側で君を見てるから。
ロックンロールなファイター、
一途さすらトゥモローになってしまう。
空中に浮いているリピートが、
メッセージすら追憶の彼方にするのであれば。
確実な世界観が、それすら抵抗の亡き後に、
リズミカルな行動の美学?
サクセスなフルメタルなパーティさ。
流浪に生きていくしか真っすぐな術はなくなるのさ。
ハーモニーが伝説的なら、クラッカーが落下していくように。
半端ないリピートと、運命を差し向ける活動家。
影響力とヒップホップならば、
形を越えていくリズムすら。
体感温度は上昇中、
リズムで行動中。
怒涛の堂々に、憎たらしさすら育まれるなら。
価値観とブルースの謙虚さに
いたちごっこな運命を笑われるなら。
空間的な興味すら、移ろいゆく天才として受け継がれるべきだと思う訳だよ。
恥ずかしいのかな。君は君を守れるのかな。
リズミカルなワンダーランド、
大切さと共に歩くから。
それが大切なことがよく分かってるから、
メッセージはそのままに。
それはとても、せわしく笑い、
しきりに時計を見て走りまわるあのウサギのようだ。
こんな夢のない夢なら見たくないいらないいらない
大切な言葉がエンジョイパーティ、
サスペンスがドラマすら生み出しているから。
空中ブランコ庭園に、
サスペンスを携えて、
価値観をユートピアにすることの意味を、越えていけ。
サバイバルならば、生き方すら影響力でヒップホップにするべきだろう?
ある意味限界との戦いなんだ。
理想と超越の虚ろな天気予報を、
目指す展開の生み出す世界観を。
未来と魅力でアンチテーゼを守るように。
大切な言葉がミステリーだから。
ロックが歌い出すハーモニーは、
追及するメッセージが。
この街を流れる川のにおいに、
サスペンス、メッセージをクォリティにしていく為に。
止まらない世界観を、
魅力的、ファンタジスタが影響力。
靄がかかる街を、
エイトビートを、サクセスロード、
突き進むワンダーランド。
ロックンロールファイターならば、
覆すことも可能だろうに。
なぜメッセージを疑わなかった?
リズミカルな行動の美学。
セプテムバーさんな、
影響力はヒップホップで木霊していく。
ラブリーなエクスチェンジを守っている。
リズミカルな行動と、それが映す美学だろう?
ハーモニーとしての追憶は、追及するファンタジスタになって、
リズムとして超越する意味すら越えて。
ロックンローラーはファイティングすら認めていくはずさ。
リピートと、ブーストされる宇宙船と、
行動力の手ではエネルギー、突破するほどのファンタジスタ。
理解するための歴史、機械人形にされてまで。
サラバな展開力。
サスペンスが見出す価値観ならば、
ファイティングスカイハイがエンジョイパーティになっていく。
苦しむ人はいるだろうよ。
でもなんだろう。必然性、イデオロギー、
形にすらしてみたいと思えるのだよ。
始まる未来とケセラセラ、
ユートピアを目指すなら。
空間がサプライズして、意味を大笑いしているなら。
覆す距離を、疑い出す未来を影響として、
歌い出したヒーローになってまで、
エネルギーとして、ミュージックとして、
イデオロギーとして、価値観をミュージックにしながら。
ヒップホップなカテゴライズを、
ずっと聞き流してきたんですか?
リズムがカテゴライズなら。
ロックンロールパーティは、
まるで一途にさせるように。
空間を笑い出すように。
サラバと語られることなかれ。
我には言葉がある。
素敵な連続性がある?
未来とチェケラッチョ、歌い出すハニーに、
エイトビートなチョコランタンに、メッセージを追憶の陰に、
隠れているリミックスを。
歌い出すヒーローを。
確実性の彩る謙虚さで、
歌い出すヒーローは笑い出す。
歴史的ファンタジスタ、
影響と栄光すら、価値観すら、
ブルースにさせてしまう
レベルアップなフィンガーアイランド。
伝えているリミックスに、
行動の美学すら失ってしまえるなら。
活動との距離、興味ですら虚ろになっているのだろう?
始まる世界と、エージェントなトゥモロー。
栄光を求めているのであれば、
始まる世界、永遠に延々と続く世界を、
エージェントを、ラブを、コネクトを。
牛耳る世界観に、それでも未来を託したいと。
歴史的ファンタジスタが、
究極を音を立てて壊すように、
ハーモニー的伝説でスクラッチしていくから。
栄光とチェケラッチョファンタジスタ。
希望がミュージックを連れてきている。
ドラマチックなワンダーランドならば、
世界観をミュージックに、イデオロギーにさせてきた。
大切な言葉をエンジョイさせるミュージックにさせるほどに。
その光は弾けた。
リスクを受け入れた上で、価値観をブルースにしてきた。
ロックンロールファンタジスタ。
栄光とブギウギなファイター?
世界観を越えていきたいリズムすら、
スマッシュヒットすら飛ばす価値観を。
ブルース共鳴、ワンダフォーライフ、
飛び込む影響力で突破するほどに。
栄光とチェケラッチョで、歌い出すハーモニー、
サンセットコーストが、ファンタジスタすら求めだすなら。
空間を見出す価値を、見出した世界観の彩りを。
サスペンスを、ミュージックにしてしまった空間を。
サプライズな未来を。
リズムがチェケラッチョ、
ファイターならばクォリティを求めてくれるだろう?
ファンクションキー、旅立つ世界にすら、
歴史をファンタスティックにさせることに決めたのに。
覆すリミット、疑い出したらキリがないの。
理解しているドリーマーに、
謙虚さも追随していくドリーマーだから。
影響力ヒップホップならば、
活動のチャンスすら与えるべきだと
僕はそう思うよ。
活動的な天気予報。
サバイバルな価値を、飛ばすエネルギーを。
ミュージックなサバイバーを、
それでも飛ばしまくるバイオハザードを。
価値観を究極にさせてみた。
歴史をみゅーじっくにしてみたら、
究極はワンダフォータイムを、メッセンジャーに。
ロックが歌い出すファンタジスタならば、
クォリティと共に受け継がれていく。
ラップスタイルでエンドロイド、
サクセスのトゥモロー、栄光すら歪なことになるほどに。
影響とヒップホップは、形として受け入れる、
メッセージになっているのかどうかも分からない。
ヒップホップでエージェントを守るなら。
覆すリアリティ、大切な言葉がエンジョイパーティになっているから。
究極的なサクセスを求めるなら、
歴史すら歪だろう?
興味すら虚ろになってしまうなら、仕方ないメッセンジャーは存在するから。
歴史的ミュージックを彩りたいから。
影響力はヒップホップであり、
それらすべてを一くくりにして批判するのは
間違っていると思うんだけどね。
空間的サプライズ、
メッセンジャー、理解サスペンス。
ロックが歌い出すならば、
価値観すら影響力に苛まれて、
価値を失ってしまいそうだから。
永久に閉ざされた扉なら、
それを開くためのカギを探してみたいと思うだろう?
宇宙の向こう側、どうなっているんだろう。
それでも僕は表現者。
文字に生きる男だから。
ファンタジスタは永劫を求めだしている。
リピートなミュージックとイデオロギーが、
パッションを認めながら、
探しているリピートモンスターが、
追従していく僕を笑うように。
興味は炸裂しながら、
栄光のユーロビートすら、
価値観すら、ユートピアすら。
永劫の価値観すら、ミュージックになってしまうから。
エイトビートはクラッシャー。
果てしない未来に、慟哭を伝えたいから。
ミラクルセプテムバー。
サクセスの秘密を知りたいのかい?
リズムが作り出す近未来さ。
栄光とぶっ飛ばす価値観が、
ミュージックすらイデオロギーに変えていくように。
サスペンスはドラえもんなのさ。
クレヨンしんちゃんなのさ。
ファイティングスカイハイ、あらゆる空想の、
あらゆる冒険に憧れて。
サスペンス、メッセンジャーは歌い出す。
放ちだす究極、
ファンタジスタは蛍光灯を持ち運ぶ。
理解しているドリーマーが、栄光として受け入れる為に。
クォリティで異次元に突破させる為に?
究極的ワンダフォータイプに、
メッセンジャーがうろつきだすから。
影響力、ヒップホップで価値を灯しだした。
空間的サプライズに、声高らかに。
結びつくあれやこれやに、
密接に繋がったメッセージに、
生きがいすら奪う価値観に、
携えた意味すら問いかける運命に。
レベルアップするフィールドを手に入れる為、
俺は俺の言葉を作り出した。
価値は結びついてくれるだろう。
まるで暗号のように解読が難しい。
それでも確かさはミュージックを彩り続けるから。
リピーターなメッセージは、クォリティとして受け継ぐ世界観を、
リライトを。それでも求めるような、
空間ですら。運命ですら。
ミュージックを彩った。
そのかたっぱしから、生み出した
俺のこのパラレルワールドから、
抜け出したい?
空中に浮いているレモンの海だ。
サスペンスは行動していくから、ラブリーになっていくハーモニーになっていく。
ロックンロールが歌い出すなら仕方ないでしょう?
生み出す蜂起、放棄するなら戦争のホウキ。
理解しているブギウギが、ファイティングスピリッツを描いていく。
レベルアップなフィールドを越えていくリズミカルに。
沈みだす歌い出すファンクション、どうこうしていられねえ、
半端ないリアルでコンフュージョンしていく。
ドリーマーな栄光を潰されても、栄光として受け入れたとしても。
価値観はブルースを共鳴している。
旅立つ世界観を、魅力的アンチテーゼを、
乗り越えていくファンタジスタを、
ロックンロールスター、
ファイナルアンサー。
毒々しい音色で、
ミュージック、サバイバーな威力。
サバイバーな形を求めて、
それでも羽衣で空を飛びたいなんて。
俺を敵に回すと結構厄介だぞ。
言葉に関しちゃ俺は頭一つ抜けてる。
サバイバルなメッセージ、
ひよっこがぁ!
でも素敵なことは真実だよね。
リピートなメッセージ?
クォリティとして異次元、
突破するファンタジスタ、
いいえ、違います。
リピート、繰り返すなら、
ファンタジスタを栄光として、受け入れた価値観すらも。
ロックンロールが怒りを込めて、
究極的ワンダーランドならば、
覆す意味も込めなきゃ意味がない。
リアルなコンフュージョン、
歴史的ミュージックに、イデオロギーが発表会を
理想として、受け継いでいる。
夢ってなんだろう。
人はなぜ夢を見るのだろう。
現実が物足りないからだろうか。
大切な言葉とストーリー、
メッセージが忌々しいメロディを連れてきている。
ストーリーをメッセージにして、
人恋しさをメロディにした。
ロックンローラーすらメッセージに、
手を繋いでくれませんか?
強い光になるから。
なんとでも言える世界なのに
このなんとも言えない思いは何。
ロックンロールがファイティングを繰り返す。
サスペンスは未来を笑い出すように。
苦渋の決断をもって、
リアルなフューチャーをカテゴライズすることに決めた。
世界の歴史は埋め合わせの天気予報だ。
生み出す価値すら後ろめたさを描き切るなら。
歴史が埋め合わせする伝説を、
作るこの愛しさを。
ファンタスティックなラインを、
光景を。
見違えるような究極性を。
いたちごっこなファンファーレを、
理解して間もない、
リズムで共鳴するしか後がない、
歴史。ファンタスティックな
興味すら虚ろ、虚ろになっていく天気予報。
ラブリーアタックで妄想天国で、
それでもどこかしら勿体なくて、
それでも希望を捨てきれなくて、
理想は捨てきれなくて。
ロックンロールな歌声が、大好きな君を笑わせる。
満たせぬ欲望を、
ハイクォリティになっていく理想を、
最果てを目指すそのかじ取りを。
最終的に最果てなどないと知る。
では私のこの小さな世界は何なの。
小さな羽虫ですら飛べるのに、
なぜ私には翼が無いの。
アメーバのような生き方、
追及するメッセージは、クォリティ異次元突破だから。
やはり文章は強いよ。
改めてそう思うのさ。
表現者としては文字が最高だね。
あくまで俺の意見だけどね。
だって、言葉って色んなとこで通用するじゃん。
形を求めているなら、
それでもかたっぱしから広げていきたいんだろうか。
みんなと同じになりたいとは思わないのはなぜだろう。
僕は確かな自己の実存を確認したんだと思う。
自分の心を知ったんだと思う。
いや、知ろうとしている途中なんだ。
でも、ある程度分かったんだ。
俺は、らいらいはどういう人間で、
どういう心を持っているのか。
それを探し出し、追及することでなんらかのものを得たんだ。
それは周りの人間から探すことじゃなかった。
自分から湧き上がる何かが。
セプテムバー、世界観が魅力的だから。
情熱が壊れだすようなシンキングターイム!
なぜ私は私なのでしょう?
なんで私は私以外の何かになることはできないのでしょう?
諦めたんだね。空を飛ぶことを。
翼があったら寝る時邪魔になるから?
空を飛べる生物がいる。
海を泳げる生物がいる。
私は考えることができる。
ロックが歌い出す合間に、
消えてしまう歴史に、ファンタジスタを栄光として
受け取った価値を、飛ばすエネルギーを。
突破するファンタジスタを、
メッセージを墜落させるような。
空間で踊りだす展開力、
半端ないイデオロギーならば、
突っ走る意味さえ越えられねえ。
君はダンスしたいのさ。
僕と踊りたいんだ。
サバイブ、さあ、踊りましょう。
なぜあなたは拒否するの?
さあさあ、パーティが始まります。
ロックが歌い出すハーモニーに乗せて、
追及する頂きに、セプテムバーさんから、
影響力はヒップホップで、
形を見失って、
歴史でファンタジスタ、
栄光を求めるラブリー。
レンジャーたちのエイトビートだからさ。
栄光とチェケラッチョを歌い出したハニー、
エイトビートなセプテムバーを、
差し出したいだけ。
クォリティが歪でも、興味をサスペンスにしたい。
その行動の美学だけが、美しさを取り戻してくれた。
価値は動き出すヒストリーだった。
空間的サプライズを意味で越えてくれたから。
ファンタジーアイランドだったからね。
クォリティと異次元、突破するなら。
色んな所から、ハーモニーが生まれていく。
それは全てを終わらせる。
それは新しい何かを始めだす。
なあ、エネルギーってそんなに必要か?
分けてくれよ。ロックが、動き出す。
ハイテンションが騒ぎ出す。
栄光無きラッパー、
歌い出すハーモニー、歴史が歌い出す。
サバイバルな価値観をミュージックとして虚ろに彩るならば、
空間的サプライズにすら、価値は生まれてくれるでしょう?
僕のことがよくわかったなら、
始まり始まりなんだ。
歴史を開拓していく、その挑戦者たちに、
ロックンロールは生きがいを求めていくのさ。
朝鮮から来た挑戦者、
それはレッツ渡来人。
楽しさと栄光をつぐむわけにはいかない。
ファンタジスタな未来を越えていけ。
真意を心に口を閉ざすとか、
シャンドラの戦士かよ。
リミット、歌い出す世界観を、
魅力的に歌い出すための。
記憶を歌い出すハーモニーさ。
追及するいたちごっこですら、
価値を追いかけている。
隣人ミックス、最果てのドリーマー、
栄光を満たして、価値を飛ばす。
歴史とファンタジスタ、
健康法で、影響力はヒップホップだからね。
究極的なモンスターが追随するなら。
世界観を越えていく、
リズミカルに歌い出す意味を越えていけるなら。
最果てへと旅立つ宇宙人、
最果てのリズムを越えていきたい。
人はここまで成長すれば、
あとは自分で勝手に成長していけるんだって。
ハーモニーは追及するダンスのように。
何かを思い出した。
クォリティは異次元だった。
半端ないリアリティが。
後ろ側がファンタジスタになっている。
興味と虚ろになる天才ならば、
覆す意味すら越えていこうじゃないか。
ファイヤー、求めているなら話が早い。
リズミカルに歌い出しているからこそ、
疑いなんて知らないからこそ、
歌い出すニューヒーローに、
価値すらおぼつかない、未来の絵図に。
最果てのメロディすら駆け巡って、
僕に愛を伝えてくれるの?
ファクシミリな空間、
サバイブする為のメッセージ。
理解力が苛まれている。
価値観とブルース、興味などないように。
リズミカルに歌い出した謙虚さと、
リアリティショータイムならば、
うつぶせに生きることすら諦めた君へ言いたいんだ。
そこに到達するまで、どれだけの壁があるのか分からないんだ。
空中に浮いているんだ。ざわざわするんだ。
ミステリアスが歌い出すなら、狂気のワンダフォータイムがうろつきだすなら。
空間としてのサバイブすらも、
栄光すらも、メッセージすらも。
意味がないと笑うかい?
俺はこれでも真面目に書いてるつもりなんだけどなぁ。
まあいいや。この世界に意味を問いかけることの意味について
考えようか。
果てしなさ、追憶の陰から。
人間という生き物の底を知る為に。
理想は最果てを目指してクォリティとして旅立っている。
他の動物は思っているのだろうか。
人間っていいなって。
憧れる奴らも少なくないだろう。
二息歩行する猫なんかを見るとそう思うよ。
イメージがチェケラッチョするファイターならば、
覆すことに意味すらなくなってしまうのだろうか。
歴史的に、ミュージックがイデオロギーならば。
活動限界さえ、ぶら下げながら。
心の底から笑える日を目指して。
究極は歌い出すから。
誰もが笑える世界を、
大好きなメロディを、
それでも君は救いたいと思うかい?
神は何を思っているのだろう。
始まりの世界から、エイトビートを卓越させるのだろうか。
普通に、色んな世界が旅立ちを迎えそうだ。
ロックンロールなイメージを、追及するイメージに、
卓越するダンスすら、活動家の前で、笑えるかい?
理解力が狭間からやってくるから、
リピーターはブーストしたがっているのさ。
究極にねじ曲がった言論中枢に、
何度も何度も訴えかける感情があるから。
心の底から湧き上がってくる何かを
言葉にしようとして必死なのさ。
そういう言い訳。
まあどうでもいいんだ。
価値なんてきらびやかなものは。
ファンタジスタな未来、着実な世界観であり、
ミュージックが、サバイバルな価値観を、
認めだしたならミュージックを彩れるだろうか。
ノーモアコミュニティ?
サスペンスはメッセージすら連れてくるから。
ファイナルステージで、栄光を、影響を、
結びつく永遠が笑い飛ばすなら。
ロックンロールなファンタジーが、
歌声で共鳴する日を戻りだしているのさ。
空間的サプライズで、意味を越えていきたいのかい?
レベルアップなアンチフィールドは、
サスペンスすら歌い出すだろう。
虚ろな器じゃない、
ファンキーなモンキーが歌い出す。
ハーモニー的な伝説で食らい出す。
半端ないイデオロギー、注目していたんだね。
ファンタスティックアイランドが、
ミュージックでイデオロギーを伝えてくれるなら。
ファンキーな歌い出しから、究極的メッセージに。
エイトビートはミュージックを洗い出すように。
興味、脳裏、卓越するミュージシャン。
価値観とブルースで共鳴するなら、
いたちごっこな未来?
ロックンロール、ファイティング。
世界観を越えているリミックス、
伝えたいレベルアップ、
行動のロックンローラー、
ティーンエイジャーな可能性?
栄光のユーロビートすら、
はがない、まさに儚い。
歴史的ミュージックを偽りにしたのか?
始まるはずもないリピーターと、
ブーストされる興味にすら、
偽りの展開を夢見てきたのかい?
リズミカルな行動、宇宙船を守るように。
サスペンスな行動の美学、
スクラッチメンしている、
ラブリーハウスすら偽りに変えられてしまうなら。
空中分解、リピーターがブーストしていくメロディになっていく。
隠れているモンスターに、追従しているリピーターにブーストされるなら、
興味すら移ろいゆく天才と天気予報に、
健康的に生きる術でも教えてほしいのかい?
リズミカル、行動とサクセスロード。
追及するメッセージ、クォリティは異次元を突破して。
メロディはリズムを運んでいく。
それを続けていくことでラプソディーを生み出せると?
サバイバル、価値観で灯して。
環境が翻す、タッチペンがある。
リピートモンスター、
追及するファンタジスタ、
活動限界な生み出すレベルアップ、
フュージョンは確認されてから。
埋め合わせしているレベルアップなフュージョンに、
価値観すらイデオロギーになってしまいそうに。
空中分解する天才たちに、
サプライズなゲストを追及している
意味不明さに今度は行方不明かい?
あの夕焼けを見ているとどうして涙が出るの?
空中分解、サスペンスを歌い出すように。
ファイナルアンサー?
そう、改革なんだ。
半端ないリアリティ、
ミュージックが結ばれる絆かい?
絆ジャパンかい?
メッセージ、クォリティが異次元なんだ。
全てが消去されているの?
希望的観測を望んでいるの?
興味があるの?卓越しているの?
ワンダフォーライフをつじつま合わせで。
ロックが歌い出す、そして死んでいく。
ハーモニーは伝説的クレイジーで、
自浄作用もないままに。
全てが新しかった。
全てが素晴らしかった。
大切な行動で、ロストプラネットを引き継がせたかったんだ。
空間的サバイブに、メッセンジャーを。
ボーイに伝える感動を、
理想像すら、価値観すら、訴えていくラブリーハートすら。
栄光の永劫が、未来に先立ち、
未来とクリスマスになっている。
ドリーマーな栄光が満ち溢れているから。
それはそれは新しかった。
楽しすぎた。ファイナルアンサー。
ロックンロールがロックオンされるまでの
道筋。クォリティが異次元突破していく、
ファンタジスタの未来へとチェケラッチョファンタジーならば、
クォリティと共に受け継がれる記憶となるだろう。
始まりの未来すら、卓越したコンフュージョンすらも。
歴史すら、価値観すら。
イデオロギー、それは一人の青年が紡いだ物語。
書くことそのものが、
この夢を描く行為そのものが。
僕の全てだ。僕の全てだったんだ。
感覚、取り戻す、空調、よし。
世界観、二酸化炭素を吐き出しながら、
僕らは生きている。
ラブリーなハートを認めている。
共鳴しているワンダーランドに、
ロックンローラーなティーンエイジャーに
悲しませないように、
クォリティはダンスするように。
カテゴライズする興味に、
後ろ側が天才的に、
ミュージックとして究極的に、
あなたは誰になりたい?
興味、炸裂、あなたになりたい。
風をしる。
あなたは誰?
私の名前を呼ぶ。
形を変えても意味は変わらない。
さあ、伝えにいこう。
会いにいこう。
きっと素晴らしい世界がそこには広がっているんだろう?
目下、大好きな言葉を集めて、
それを書き記す日々。
ただ謝罪の文だけが連なったポーネグリフ。
ロックが笑い出している。
共鳴する、脳の中で何かが、育まれている。
フューチャーラブなクイーン、メッセンジャーの内側にまで。
影響力をヒップホップにしてまで、
エネルギッシュな隣のととろになってしまいたかったのだろう?
咲かせるためのメッセージだから。
苦渋の決断、
サイファー動画の完成だ。
メッセージがクォリティを喚き散らすように、
空間は笑い出すだろう。
興味はサプライズすら連れてくる。
歴史を慟哭を、メッセージを、鼓動を。
その行動を、サスペンスとして認める為に。
空間的ミュージックに、愛おしさすら見つけてしまう。
メッセンジャーはクォリティを見つける為に旅立っている。
ドラマチックが歌い出す天気予報は、
サスペンスすらミラクルになるように、
ハーモニーになれるように。
ラブリーなエクスチェンジ、
ファイトスタイルと合体している、
意味不明が活動している、
意味を越えていきたいという。
ハーモニーが追及している未来があるというんだ。
世界中が大きな未来を、嫌わないように。
リピートされる行動、サスペンスをミュージックにしたかった。
大切なミュージックをサバイバルな形にさせていくんだね。
理想がチョモランマを生み出しているんだね。
空間的サバイブで、ある限り伝えていくリミットがあるってことだろう?
ハーモニーは伝説すら生み出していくのさ。
俺を狙う奴らは一杯いるんだ。
ハーモニーで伝説を作りたいかい?
リズムが超越するサスペンス。
駆け上るように、分かり合うように。
それは限界を越えていく。
リズムを増やして、また少し大人になったのだ。
理解を共鳴させるのは、
いたちごっこな未来を守るのは誰か。
あなたは誰だい?
興味、炸裂、
大切な言葉をこだわりのミステイクに、
エンドレスなフィールドを守るように。
歴史的ファンタジスタ、栄光を携えたかった。
リズムと共に生きていたかった。
ロックンロールファンタジスタ。
栄光と灯される、
空間としてサバイブするメッセージ、
何を求めたのかもわからぬまま。

このページのトップヘ