ロックンロール。
ただそこにあった。
広がり続ける夢中に遊泳する世界は。
僕は新しい楽しみを見つけたつもり?
理解が興味を炸裂させた。
記憶がワンダーランドを見せてくれた。
確実な未来が笑い出したんだ。
究極のワンダーランドかもしれない。
挑戦したいんだ。
リアルなスクリューリズムに
乗っかってみたいんだろうか。
究極なるファンタジア、
究極、ファンタジスタに。
意味不明に猛り狂うワンダーランドみたいになっている。
共鳴するワンダーランド、
めまいがしそうなワンダフォーに、
共鳴する興味が炸裂するワンダフォーになった。
共生と共鳴、
ワンダーランドが世界観を広げていく。
リズムが超越する僕を笑い飛ばす。
感覚理解、放たれる意味のなさ。
生活が堂々としている。
興味を炸裂ワンダーランド。
俺を消すことは不可能だよ。
なぜなら俺は、いや俺達は。
始まりの世界をワンダーランド、
究極な世界を、
ワンダフォー、卓越、するリズムが究極、
理解が共鳴するワンダーランドへと、
連れていく世界へと乗り越える力技で。
失えるパワーと共に逆らい出す。
興味が卓越する未来へ置いてけぼりになるくらいなら。
格別のミステリーを置いてけぼりにしてやろう。
必ずや、歴史にしてみせる。
確実な方向性、リピート、暴走しないように。
確実な意味をとってつける為に。
いわゆるジャッジメントをファイヤーにする為に。
記憶なんてなんてランデブーなんだろう。
始まりの世界から訪れた。
感覚が飛ばしまくるハザードになった。
理解しているファンタジーは意味不明だろうか。
思い出したら急転直下、
ファンタジスタ、影響力と投稿能力。
メッセージを空間へとあげへつらった。
感覚がブルースを閉じ込めていく。
理想だろうか。本当にそうか?
リピーターとワンダフォーラップスタイル。
ロックンローラーに、痛みを合わせている。
リズムがチェケラッチョなファンタジーを救っている。
記憶していたはずなのに?
究極なる過去の遺物にすがっているようでは、
見え透いているってもんさ。
手に入れる為には何かを捨てなきゃいけないのか。
リピーターとして制御する為に、
はしたない意味を越えなくちゃいけない。
リピーターに創造されるくらいじゃ
意味がないんだ。
始まりの世界、よく分かってるなら
動揺なんてしないでいるべきだ。
始まりの世界、置いてけぼりになっても
大切なクォリティは
思い出せるつもりだった。
究極的なリフレインが形になれるなら。
生み出せる価値観が暴走する前に。
叩き続けるキーボードと鋼に染まる勢いに。
共鳴するワンダフォーに、大切な行動の美学を伝えたい。
理想がなんだろうと興味ないさ。
大切な痛みなんて最初からなかったんだろう?
始まりの興味、卓越する時代だ。
共鳴と、ワンダフォーならば。
影響力と共にあらんとする。
沈み続ける生きがいを。
共鳴する意味合いを、越えていく為に。
理想はワンダフォーなのかい?
リピーターは想像以上に暴走していく。
リアリティが想像させるように、
痛みが合わせもつパワーに、
逃げ出した結果、ファンタジスタ。
何もいらないだなんて。
強力な味方すら嘲笑うような。
リズムに共鳴しているんだろう?
ワンダーランド、嘘でもいいから笑いたいの?
ロックンローラーにテイクスフューチャーだ。
確実なイライラが、大切な距離にさせるから。
リズミカル、ダンサーズスカイハイ。
ロックンロールにファイティングプリーズ。
最果ての土地から、
ワンダーランドを憎しみまくった。
真実は弾道ミサイルだった。
感覚なブルース、共鳴するいたちごっこにすら、
負けているレベルアップ、想像以上だ。
エンジョイしている大切なクライシス。
共鳴ワンダフォー。
大切な堂々飯、ルールが
着実に共鳴するワンダフォー。
大切なメロディが卓越していったんだ。
リズムがチェケラッチョ、
ファンタジスタに影響力を灯される。
希望的解釈ができそうにないのか?
炸裂するビジネス。体感温度も上昇中。
リミットはさらば。
攻撃的夜にさようなら。
ロックンロールがファンタジーにしていったんだ。
興味が無くされているんだね。
木霊するワンダーランド、
考え込むほどに理想は近づいていく。
路頭に迷っているヒストリーとストーリーがある。
希望と卓越するドラマ、
ファイティングプリーズしている。
ドラマチックワンダーランドさ。
サンダーマシーン。影響力は突破していくのかい?
始まり世界、エイトビートが炸裂するワンダーランド。
世界観を越えていく為に、理想を超越する為に。
想像するために、行動に移すために。
落ち着け。ロックンローラー。
まあ、黙ってらんないっていうのも分かる。
だが大丈夫だ。君は守る。
全体的に異常な世界になってきたようだな。
忘れる時間も惜しいくらいか?
まあ聞けよ。リズムがトークしているドリーマーが栄光ばっかり
じゃないことも、知っている。
リピーターとして暴走することの意味の無さも、知っているつもりだ。
テイクオフしたいか?
マリリンモンローは笑っているか?
真の自由を知りたいか?
アホらしいほどコンパニオン。
俺は責任を負えないんだ。
素晴らしいトーク力でイメージを作り上げたいんだ。
理想国家は素晴らしい天国なんだ。
さあ、活動を続けよう。
理想を理想と思わねえ。
リズムがチェケラッチョなファイティングを結びつかせるぜ。
置いてけぼりなら木彫りの人形だろう?
始まりの世界からワンダフォータイムなんだ。
覆すリミテッドと、
意味の無さがコンフュージョンしてきやがった!
リミット、ジェットコースター!
大体意味が浸透してきたようだな!
始まりの世界は偽りを連れてくる。
言葉に埋め合わせの力にされる前に、
リズムと揺るぎない意志を持っとくべきだ。
違うかい?
リズムはアップテンポだ。
お前の意地の強さは心の底から知っている。
余計な「声」に乱されるな。
価値観がワンダーフューチャー。
確実な世界が君を守り抜いてくれる。
真実だけが奴らを出し抜く。
この世に悪が栄えることはない。
リズムがチェケラッチョを思い出させてくれるんだ。
始まりの世界から愛おしくなっていく。
リピーターたちが暴走していくんだ。
リミットが限界をしかっている。
リピーターがブーストを連れてってくれている。
リズムがファンタジーならば、
俺にも言うべきことがあるんだ。
価値が興味を引き連れてくる。
どうやらすげー重みだぜ。
空間が面白い方向に動いているようだ。
始まりの世界は爆笑だ。
始まりの世界から、ワンダーランドだ。
あいつらを信用していたんだろう?
始まりの世界から爆笑する為に。
行動的には偽りを求めて。
始まりの世界からワンダーランドにしていく為に。
始まりの世界観、行動でディクショナリティ、
始まりの世界からワンダーランドを連れてくるだろう。
狂った世界だ、この世界でひたすらまともに生きようとしてきたのが
お前だろう?始まりの世界は拒否しないはずさ。
さあ、何もかもぶっちゃけちまおう。
何もかも後ろ側から。
ワンダーランド、世界観を越えていく
理想がチェンジさせてくれるなら!!
始まりの世界が求めてくれるなら、
ファンタジーを見せてくれるぜ?
強力な味方、ファンタジーが生み出してくれるはずさ。
リピーターとして暴走する確実さも教えてやるさ。
リズムが追及する面白さだ。
感覚がブルースだ。
面白さはテイクスフューチャーだから。
面白さの一致のファミリーに
天才的武器を注入してやるよ。
始まりの世界がどこだろうと、
ミュージックがどれだけ壊れようと、
イメージがチャックさせるんだろう?
始まりの瞬間、数を知れない。
リズムが追及する意味だ。
越えていくことが面白いなら。
世界観を、越えていく。
ロックンロールが始まりのアテンションならば、
希望すら見つけてみせよう。
リズムの高い場所に、影響力に。
飛ばされている溶かされているリズムに。
共鳴するワンダーランドが、
世界観が僕を壊さないように。
君はこの世界と対峙する。
だが味方はいくらでもいるぞ。
いつでもまっすぐな君の姿に応援する力は倍増していく。
始まりが面白さを伝えてくれるんだ。
始まりの世界から、ワンダーランドな世界だ。
異常な生活だ。
行動的ディクショナリティでも、
イメージがチャンスを連れてくる。
理解的なファイヤーに灯されたとしても。
事実関係が明らかにされていようとも、
理解を共鳴させよう。
リズムはイデオロギーだ。
それくらい分かってくれ。
大切な言葉が失われそうだから。
ということはエイトビートが染まっているってことか!
違うね!始まりの世界を歌い出すって意味さ!!
確実な方向性を失っているんですね!?
感覚的にはブルースだからな!
ほらびびったか!ほらほら生きり違ったか!?
ファンタスティックだろおおおお?}
興味がないチェケラーだろおおおおおおお??
半端ねーだろおおおおおおおお??
エンジョイパーティが生まれ変わったのかもしれない。
真実は誰にも分からないかもしれない。
大切なことってなんだろう。
始まりの景色で疑問に思ってしまう。
価値観がブルースを携えているんだろうか。
始まりの世界がナンバーワンだ。
大切な行動の美学、美しい魅力的だ。
ハーモニーだね。追憶の思想だよ。
本当に問答無用なんだね。
始まりの世界から、永久的にヒーローになりそうだよ。
ロックンロール、ファンタジージェットコースターアタックだ。
ロマンスがクレイジーなのね。
始まりの世界から愛おしい。
リズムワンカーネーション。
止まらない世界観が認めてくれるなら。
始まりの世界、延長線上に。
憎たらしいラブコーヒー。
大切な言葉、サスペンスな魅力。
大切な言葉、ミュージック、
大切な言葉がサスペンスだぜ。
待っているんだぜ。
始まりの世界からワンダーランド。
大切な解説能力、
歪な世界観を越えている。
リズムがアップアップ・ザウィンドウ。
えー素晴らしいですね!
始まりの世界を求めるならな・・
価値観、なんかかっこよさげじゃないですか!
始まりの世界ってどんな世界なの?
究極的なのさ。
憂鬱なことなど吹っ飛ぶほどさ。
最高がコンテンツなんだよ。
始まり、栄光のジュピター、
大切に小躍りしたくなるほどに。
究極的ラビリンスを認めていこう。
ラビリンスならば、器を見つける方向性だろう?
始まりの世界が偽りを求め彷徨うならば。
大したことはねーんだな。
リミット、ジェットコースターアタックだ。
ロマンチック、ファイナルフュージョンだ。
理解している興味が炸裂している。
ドラマチックなワインディングロードだ。
始まりの世界、ワンダーランドだ。
世界観を越えていくリズムがアップテンポだ。
ロックンロールなハニーさ!
伝説が愉快に笑い出していく。
止まらない世界観が越えていく。
ありがたい話が続いていく。
話が歴史を生み出すように、
価値ある世界に見出す世界が笑い出すように。
興味が炸裂してワンダーランドになっているように。
興味がないように、炸裂するように、
思い出せていけるなら。
必ず、大好きな世界がやってきてくれるから。
ハジメンボさん?
理解する、距離、生み出す世界、
笑い出す未来に、あいに行きたいから。
しっかりしろよ、お前がしっかりしてないと意味がないんだよ。
初めからそうあろうとした。
じゃあどうしてもがくんだ。
必要が最果てへとリズムを連れてくる。
同じメロディが流れ続ける。
理想は興味を卓越するように。
始まりの世界から逃れるように、
事実を問答無用に意識させるために。
理解を共鳴させる為に、
ここに俺はいるんだ。
初めましてのことなのかな。
なぜいわゆる私は、イメージを誇張できたんだろう。
始まりの世界が笑い出す未来を生み出してくれる。
大切に世界を見出す。
世界が、ミュージック、卓越している。
大切な言葉が、大切な運命が、
煌めく世界と、愛おしい未来とチェケラッチョが。
大切な言葉と、クォリティと、
異次元突破していく楽しさすらも携えて。
大切な引っ越しアンドロイドを。
伝えるリズムと興味すらも。
テイクオフしていく世界観。
越えていくファンタジスタが興味を虚ろにさせるように。
大切な言葉。サクセスの秘密?
感動的なブルースを共鳴させていきてえ。
リズム感が後ろめたさをエンジョイ。
大切にしたい未来がやってきたんだ。
始まりの世界が踊りだしたんだ。
究極のワロリンスが生み出され始めたんだね。
強力的味方に、堂々たるメッセージだ。
クォリティが異常に面白くなったんだ。
始まりの世界がケセラセラになったんだ。
始まるはずだ。もうすぐだ。
そうか、あと少しで共鳴なんだな。
果敢に生きるしかないのだな。
共鳴するワンダフォーアイランドだから。
強豪との戦いに、
理想を展開させるなら、偽りに。
共鳴させるのなら、
始まりの世界から堂々とするべきだ。
始まらない世界なら、それはそれとしてそうあるべきだ。
じゃあ意味ある何かを伝えたファンタジスタ。
興味が炸裂するボンバイエを。
叩き続ける興味の後ろ側に。
ミュージックが壊れていく。
その幻想の中で、一人だけ取り残された。
夢中になったおもちゃも壊れてしまった。
幸せの数え方を忘れてしまった。
彼女もいつかつけた名前を忘れてしまった。
すくいなどないのだろうか。
始まりが生み出すポテンシャル。
空間が逆立ちしていても、
未来は調節の最中に踊らされる。
感覚的ブルースには共鳴の意味すらない。
形が見出すのならば、
始まりすらも侮辱されるのだろうか。
炸裂するビューティフォーなら、
確実視されていた意味が閉じ込められる。
果てしなく壊されていくダンスホールで、
一人沈んでいく泥沼があった。
始まりはいつものあの場所だったから。
壊れたんじゃない、認めたかったんだ。
始まりをキョウセイ的に共生させたかったんだろう?
数、生み出す。力が更なる破壊を。
理解を壊す世界観。
大切なものを手に入れる為明け暮れてきたのか?
始まることすらなかった。
壊れるミュージックに、大切にされたがったんだ。
どうして!どうして!どうして!!
なぜなのか知りたいのかい?
うっひょー!ワンダフォー!
何がワンダフォーなんだい?
始まりの世界を見てみたいんだろう?
世界観を越えていらっしゃる!
ぱねー!ぱねーっすわ先輩!!!
興味ねーとかよく言えたもんだぜ!!!!!!!!!!!!
クォリティ全然考えてくれねーぜ!半端ねーぜ!
それがどうした!好き勝手生きさせていただくぜ!!
それで君が満足するならば、てんやわんやですよ!
行動的ディクショナリティが怒っていらっしゃる!
いらっしゃるったらいらっしゃる!
共鳴?訳が分からねえ!とにかく俺のリズム!!
退屈な世界を描いている???
共鳴ワンダフォータイムなのさ!!
なぜ、なんでなんだろう。
彼は静かに考える。
参加させる。感化馳せる。
段違いの勘違い。おやつはやっぱり三時かい?
きらきら、輝いていた。きらきらきら。
ハイテンションに勢いを、戸惑うことすら許されないままに。
始まりの世界は鬱陶しいくらいに。
ラブリーといえるくらいだったから。
始まりの世界がぶっ飛んでいただけだったんだね。
半端じゃねえよお。
まあそういうなって。リズミカルなダンサーだからこそだろう?
言葉はミュージックだ。
放たれるミュージックがまた歪になっていく。
始まらない世界に大して、
イデオロギーを感じているようじゃ、
まだまだ浅はかだ。
完璧なリアルタイムがないってことか。
それもあるけどな。
偽りの虚無に従ってられねえってことさ。
リアルタイムには生きているのにな。
恥ずかしいけどそれが本物なんだ。
リアルタイムに物質と温度が変わるようにな。
始まらない世界にも栄光はあるのか?
さあさあ始めよう。
究極的な展開力、
新しい見出すパワーを。
大切な言葉が少なくて不安かい?
リズムが共鳴しているんだ。
これ以上君に全てを譲る気はないんだ。
始まらねーなー。
意味が分からねーよ。結局さあ。
何がしたいんだよ。
そうやって謙虚に生きていくことだけが、
未来を卓越させるのかい?
リズミカルだからこそ運命を感じたいんだ。
リアルタイムを暴走させたいんだね。
始まらない世界に大して随分謙虚なんだね。
感覚的にはイデオロギーだからな。
半端なさこそが凍てつく波動なんだ。
感覚と共に裏返るブルースに、
共鳴させたのはどっちだい?
始まらない世界に大して、
未来を調節してきたんだろう?
大切な言葉ってなんだい?
興味が炸裂する意味を教えてくれよ。
君がいないとここにいないと何もないんだよ。
謙虚にしている。
意味不明が合致している。
どうとでもなるだろうけど、
今は損したくない気分だ。
始まらないなら作ればいい。
壊されても夢が夢であるならいい。
感動的な世界なんて存在するのだろうか。
意味不明が超越していく。
リズムが馬鹿馬鹿しくなっていく。
競走が共鳴するように、
始まりすら超越するように。
牙を持てたらどんなに幸せだろう。
私にはこれを記録することしかできない。
これは私の全てであり、夢だ。
夢とはなんだ。理解できない。
それでも戦い続けるしかないんだ。
理想を超越し続けるしかないんだ。
それを知りたいからみんなもがいてきたんじゃないのか?
リズムが共鳴をあてがう。
本当に欲しいもののためだぞ。
勇気をもって共鳴しなさい。
リピートするミュージックが俺に教えてくれた。
始まらない世界を求めたって仕方ないんだよって。
じゃあ、その無限の宇宙にジャンプする階段は。
理想と超越、代わりばんこに痛ましい事件を追いかける。
必要とされているからこそ、もがくことができる。
ロックンロールパーティだから。
必要最小限、
糸目をつけず彼女のハートを射止めてみせる。
リズミカルにダンシング。
ハートがプレッシャー。
形がときめく未来へと豪放題。
大切な言葉なんてあるのだろうか。
始まりの世界に何を求めれば?
確実なことが運命めいてきた。
リズムが超越するからこそ、
見てみたい世界も広がっていったんだ。
リズムがチェケラッチョだったんだ。
思い出が全てを越えていったんだよ。
始まらない世界に何の意味があるのかって?
確実性と行為、リピートされる気合いとミュージック。
ループするなら希望でいい。
詩で満たされる心。
始まらない歪さ。大切な行動の美学。
理解しているのなら結局は。
果てしない未来の慟哭は。
夢の世界なら。
私まだまだやりたりないこと一杯あるし。
感覚的ブルースでも、
共鳴させられてるとしても、
厚顔無恥な勢いだけで、
生きていけるほど甘くはないことも知っている。
始まらない恋をしたってしょうがないでしょ?
大切な言葉が見つからない。
絶対なんてあるはずもない。
でも究極的にね。
全てを求めることが歪ならば、
始まりの世界へ連れていけるなら。
あなたみたいになりたい。
あなたみたいに歩きたい。
大切な何かを守りたい。
でもそれって何?
感覚で木霊させるの?
違うね、僕はどこまでも馬鹿なのだから、
必要最小限の努力で、
最大限の幸せをつかみ取るの?
ばかばかしいとは思わないの?
リズムが究極的なんだ。
始まらない世界が、世界観が、
未来が、情熱が壊されるんだ。
始まらない恋に身を預けたってしょうがないでしょ?
僕らはどこにいるんだろう。
極め続ける男の意地。
果てしなさすら追憶の彼方へと消えてしまうのなら。
意味なんてなくたっていい、
そんなもの最初からいらないんだ。
ではなぜ俺達は考え続ける?
果てしなさと共にあるからさ。
思考の果てしなさか・・
何か問題を超越している、ドラマチックなものか。
絶対って認められる気も起きねーな。
考えてもみろよ。
究極の尻軽。
僕は忘れていたんだ!!
すっかり忘れていたんだね。
分かるよ、悲しかったね。
必要な虚しさが、
ワンダーランド、零れ落ちる炎が
伝説を連れてきたんだ。
それは何者にも代えがたかったんだ!
始まりの世界は誰も求めてはくれなかった!
俺は一体何をしていたんだ!
何を!何を!
始まらない世界?
うるさい世界とエージェントが未来を
連れてくるような興味が炸裂しているような。
始まらない世界観を越えていくリズミカルが
ワンダフォーになってしまうのはなぜでしょう??
始まらない世界を訪れさせたのは一体誰ですか?
興味がないっていうのか?
リズミカル、ワンダフォータイム、
大切な言葉を見失っていたんだ!
感覚とブルース、共鳴とワンダフォータイプ。
理解している興味がそれすらも失っていたような。
失って、それでまた手に入れて。
始まりの世界を求めていくんだね。
感覚的ブルースが共鳴しますように。
始まらない世界を今更問いかけたって意味がないんだ。
俺の声はそれだけで伝えるしかないんだ。
始まらない未来、それでも興味は炸裂するさ。
ハイテンションなイデオロギーさ。
リズムが超越していくリアルが、
ハイテンションな嘘を憂鬱にしてしまったんだ。
興味が虚ろになってしまったんだ。
始まらない世界、感動的、
言葉にできない意味を越えることが、
こんなに悲しいのだろうか。
こんなに?こんなに虚しいのだろうか。
絶対なんてないって分かったよ。
でも絶対に認めたくない事実があるんだよ。
なんでこんなんになってしまったんだよ。
なぜ、俺達は生きてしまっているんだよ。
興味ないんだよ。リズムなんだよ。
半端じゃないんだよ。
炸裂しているトゥモローじゃないんだよ。
なんで、なんでなの?
なんでみんな幸せになれないのさ!
大したことじゃねえんだよ。
はまると思ったか!!
はっはっは!それ見たことか!!
暴れ出す興味は後ろ側で失っていたのさ!
始まらないのさ!
うるせえ!!
スカーレット姉妹に、永遠に。
慟哭の興味に、それでも炸裂する意味に対して問いたい。
危険な意味を越えていけるか?
リアルなフューチャー、自ら望めるか?
また立ち尽くす意味はあるか?
確実な行為で吸い取られていく何かがある。
満たすのではなく、減らす。
強く、心が揺らされる。
大切な行動、理解、
大切な言葉が降り積もる。
大切な言葉がフラッシュメモリだ。
それだけじゃ解決しない問題が山積みなんだよ。
全てを考えた結果だった。
理想が超越していった。
一筋の流れ星が綺麗だな
大切な言葉が炸裂しそうなんだよ。
始まりの世界、
キュートだろう?
未来が超越していく。
大切な言葉が溢れ出す。
理解しているからこその世界じゃないか。
永遠に一人の人を愛するなんて僕にはできないや。
ごめんな、エレオノール。君は美しいけど僕は愛せないよ。
変わらないものって美しいけど
美しいものって変わっていく。
ぜひとも見て頂きたい。
秩序がある炎が伝説にしている。
理解を共鳴させる器になっている。
興味が炸裂し、
何より大切なものを奪ってくれる。
感覚的ブルースだから。
それを作り上げることを求められた。
絶対にあるはずないよ。興味が
炸裂するワンダフォーライフならば。
確実な世界中が驚くような、
興味が炸裂していくブルースのような。
始まりの世界、ミュージック、最果てのドリーマー、
描いて夢、興味が炸裂する。
大切な言葉が失われていくのが分かる。
興味がミュージックとなっていった。
絶対なんてないと君は言う。
確実な行動なんて果てなんてあるのか?
それを手に入れた今、
何も怖いものなんてあるはずがないんだ。
興味が炸裂するワンダフォーライフ、
大切な行動の美学だ。
果てしなさと共にあるのは近づいていく。
理解が巧妙に生きているリズムがある。
大切な言葉が意味不明に生み出されていく。
心を、大切さを抱きしめて!
嬉しくて泣いている君にアドバンスを。
アドベンチャーを、
大切な言葉が失われないように。
始まる世界に、大切とかそうじゃないとかはいい。
俺は好き勝手やってきたんだよ。
本当に、好き勝手に生きてきた。
メッセージが暗いのか?
それを認めたところで、何を失える??
恥ずかしい言葉で埋め合わせしても、
意味などないじゃないか。
眠れない理由も分かるってなもんさ。
リズムがリアルを求めてきたんだ。
始まらない世界にすら、
言葉を携えてきたんだ。
怖いほど壊れていくドリーマー。
感覚的ブルースが、
それでもここまで来い!ここまで来いと
僕を急かす。
光は僕を認めてくれるの?
価値観とミュージック、どちらを信じればいいの?
僕は誰になれば許してもらえるの?
そもそも罪って何?
奪い合うのは生命の基本なんじゃないの?
助け合うことと、奪い合うこと、何が違うの?
リズムが、追及を新しく求めてるの?
興味が、過去の俺が、
強くて優しかった俺が。
興味が、歴史が、狂熱がただものではないように。
しみわたる嘘を、感覚として、
ミュージックとして、受け入れるように。
興味がビギナーになっていくために。
行動の美学に負けないように、
ふらつく足ふるえる手、俺の心臓はコンパスのようにその場所を示した。
確かにミュージックだった。
北と南、どっちが愛されるかだ。
絶対なんてある訳ないといったね。
始まらない世界はそんなに窮屈かい?
リピートしたいほどに夢中なのかい?
行動の美学、ようやく完成したあれこれに、
憎たらしいほどにミュージック。
大切な言葉を炸裂していくんだ。
興味が炸裂していくんだ。
興味がねえな。
ダンスホール、目指す場所が失われていても、
距離を共鳴させる歌い方だったから。
絶対に汚されない意味を問いただしたから。
俺についてこれないんだろ?
当たり前だ、理想だ、追求だ、
水球だ。理想とチェンジ、
感覚と意味不明にしてくれる熱い文章。
それで誰かを守れるのかい?
感覚は壊れていく。
必要なものが溢れ出す意味を越えていってくれるから。
数知れず思い知ることができたから。
裏と出ても、表と出ても楽しめるように。
リズムは更に追及されていくだろう。
心にも栄養が必要なのさ。体に加えてね。
大切な言葉を失っている興味。
確実な痛み?メッセージが炸裂するブルースを
興味のないように、
始まりの世界を歌い出すように。
うろつきだす果てしなさ、
興味、炸裂するマイダンス、
ハーモニーが伝えだす嘘偽りすらも、
形になっていく。
興味として炸裂され出していく。
行動の美学がどうのこうのだ。
始まらない世界をいつまで求めていても仕方ない。
俺が決めたんだから今更後悔なんてない。
リズムは光景を馬鹿にするだろうか。
メッセージ、クォリティ、せっかくの機会だったのにね。
始まる世界、堂々と見せてくれ。
更に加速していく奇跡、君の常識は覆される。
大切な言葉が、意味合いが、
違ってたからといって憎たらしいってわけには
いかねーだろう?
始まる世界、ミュージックが戦いを求めている。
絶対なんて、嫌いだなんて。
この世界へようこそ!
天国にも地獄にも成りうる。それでも君は第一歩を踏み出した。
俺が一番大切なことを教えてあげよう!
その前にもう一度言わせてくれ。WELCOME TO NEW WORLD!!
楽しいことだらけではないという。
はっきりさせたい痛みが壊されるように、
軋む体を愛おしむように。
大切な言葉が零れ落ちてくる。
リズム、言葉、ああ、なんて愛おしいんだ。
なんてすばらしいんだ。
ロボットでも涙を流すのか?
笑える、リズムが共鳴しているのが分かる。
その変動の激しさたるや。
何度希望を見て、何度絶望を見るだろう。
私は本当に大切なことを知っている。
だから今更怖くないんだ。
始まらない問いかけならば。
偽りの距離が物を言うならば。
確実な世界観、
堂々たるメッセージがクォリティを歪にさせていく。
理想が超越していくから。
行動の美学でヒステリックになっていくだけだ。
行動の美学?何をいっちゃってんの?
興味が炸裂?何いっちゃってんの
感動的、ブルース、興味、炸裂?
意味不明がコンテンツだぜ。
弾き出された言葉の洪水だ。
理想が超越していくリズムが。
最果てのドラマがまだ僕を試す。
確実な方向性、
しばらくたってから後ろ側を見せてくれたんだ。
始まらない世界すら、愛せてしまうことが分かったんだ。
共鳴している宇宙が、ブーストされる運命を辿っている。
荒唐無稽でも今私は生きている。
しっかりとしなければ。
弱い奴らとバカな奴らが作り始める。
記憶がブルースをとめどなくうろつかせだす。
リズムが虚ろになるなら、
セプテムバーさん、活動的になってあげるから。
行動の美学で美しくしてみせるから。
懐かしいメロディが響く。
全てを愛しく愛せることこそが、
リズム、共鳴して、共生的にグロウアップしている。
規模が違うんだよ。
仕方がないんだよ。
それは惹かれ合う存在。
真っ黒に燃える太陽だ。
意味不明な世界がやってきたんだろ??
始まらない世界が始まったんだ!!
強力な味方が現れたんだね!
究極性が行動の美学を連れてくる?
はずもねえ!理解したくもねえ!
飛び越える限界という名前の理解者、
行動とレスポンス、行動の美学??
理想と超越、理解者が歌い出すぜ!
大切な言葉が炸裂するからだ!
ファンファーレ鳴り響け!
大切な言葉、サクセスロード、
突き進むワンダーフューチャーと、
大好きが止まらない。
楽しさと永遠がきめ細やかに。
理解している宇宙に、自由が興味を示すように!!
とんでもない世界へと行きたい!
リズムがチェケラッチョしていくんだ!
始まる世界?永遠な近未来!
行動的に浮いているのは分かってる!
恥ずかしいほどに思ってる。
理解している。
横殴りの雨?気楽にいこうぜ。
大切な言葉が失われている。
興味が炸裂ブーストだ。
戦いは、理想だ。
今生まれたばっかりだ!
始まらない世界が置いてけぼりにされた。
究極はまさにワンダーランドだった。
最高がチェケラッチョだったから。
生み出した価値観、つまりブルースだったから。
始まらない憂鬱な恋をしたってしょうがないでしょ?
いっつそーぶー。
大切な言葉、
炸裂するワンダフォータイム、
温かい思いに細切れ激情だ。
半端ない怒りと痛みが
叫んでいるぜ。
俺を越えていけと
叫ぶ声が聞こえてくる。
リズムは時に何を望む?
俺は嫌いになることなく
生きていく未来を夢見る。
大切な言葉ばかりだから。
宇宙に夢中で遊泳してる
ドラマみたいになっているというのに。
興味が虚ろ、天気予報。
行動の美学、素敵がチョモランマだぜ。
ハイテンション、行動の美学、
面白さと慈しみ、行動とその美学。
果てしなさが生み出す力の技。
大切な記憶と共に美しくあれ。
大切にミュージックを固めていく。
理想がコントロールされていく。
始まらない世界と、同等の堂々たるメッセージに。
記憶がワンダーフューチャー。
大切な言葉、サクセスロード。
体感温度は上昇中。
行動とその美学で失っていく。
大切な言葉として受け継いでいく。
理想が謙虚に求めだすなら。
幅広く、影響力、ヒップホップが楽しい世界になっていく。
力とその技で、失ってしまった。
落札パーティ、ロックンローラーがブーストしていく。
行動がどうこうする合間もなく。
理想的行動と美学、果てしない行動の理解者。
最高峰と生きている興味と、
虚ろになっている希望と、昨日から炸裂している意味を越えて。
大切な言葉、理想、最果てのリズムに、
興味すら示せないなら、
価値すらもないじゃないか。
リズムが共鳴してくれないならさ。
始まらないじゃないか。
リズムが謙虚になりたくないじゃないか。
本当に大切なものを見失うな。
君たちは生きているのだから。
最高峰で息をする。
行動の美学、新しい瞬間が訪れる。
始まらない未来が大切なんだね。
興味が埋め合わせを勢いで。
興味が炸裂するなら、謙虚に生きてみたいと思った。
始まりなんていらなかった。
最初からそんなもの存在しなかったのだろうか。
意味不明に、君も行方不明に。
理想と超越してくれるまで、
エネルギッシュに意味を越えた。
理想がランデブーしていったんだ。
興味と、それ、それ、炸裂、
大切な言葉であるがための理想。
滑空していくように、
自らが見つからない勢いで、
半端ないクォリティにさせていくように。
堂々たるディフェンス、行動の美学で大切にしてしまったんだ。
僕は知らなかったんだ。
大切な言葉が理想を超越していくから。
面白い世界観を越えていきたい
リズム感で。
大切な言葉が理想を突き抜けるんだろうか。
きりっとしていて意味もない。
俺は単純に、理解したかっただけだ。
始まらない世界観、
ビリーバーが大切に思う世界、
行動の美学、伝えたい理想、
歳月は一体何思う。
感覚でブルースを壊すのであれば、
確実な世界を、置いてけぼりにした宇宙に、
意味不明な。価値をおぼつかせないような。
リズミカルにダンスするように。
大切な言葉、理論上は素敵。
理想と面白い世界を描いただけだったから。
始まらない世界を求めたって仕方ないでしょう?
大切な言葉が、虚ろになっていく。
始まりのシティコースターだ。
意味不明な価値観だ。
ブルースだったとしても。