2016年01月

2016年01月29日

これがラストチャンスか。
意味をしった時から、踊るしかないことに気づいてたんだ。
フリーズしまくる。困ったな。参ったな。
っていうかどうすればいいの。
分からない。変わらないことは、堂々と続けてる。
引き続き、アホらしく砕け散ろう。
夢を見ることを続けよう。
どうしてもっと早く気づけないのか。
理解が遠い。看護婦の声が遠い。
理解するのに時間がかかる。
遠く、遠くの場所から声がする。
だからなんだってんだ わかってるんだよって
分かってるんだよって伝えても、
踊り狂う。自分自身に思い知るように伝えまくる。
子供たちすら愛せないのに、
自分を愛せないとか、
なんだとか ベイビー、
伝えたい言葉がないんだとか、
色んな巡りいく可能性に飛び出していった
難しい出来事の連続性。
何を予兆するかなどどうでもいいかもしれない。
左右されていくすべも持たず。
戦い焦る。刺さるミュージックが確かにここに。
ほどけた器と、理解の炎だ。
大切なマグネシウム、随分転げまわった
歪な塊が僕ならば。
素敵なファンタジー、クォリティも置いてけぼりにされるくらいに。
そんな面白さが確かにあった。
ここにあったんだね。
追憶、未来を携えて。
希望とともに笑えたなら。
作られたミュージックに興味がないの。
チョコレートが、私嫌いなの。
そういう風に、思いがけずに飛び出した影響力。
再び笑いだす為に、記憶を。
大切な魅力を、
潰されても堂々と巡りいけるハザマの旅を。
狭間の世界で、狭間のことを、狭間で行う。
色んな世界をのぞくたびに、
色んなことが恥ずかしくなった。
子供のままじゃみっともないからと、
つま先で立つ本当のガキだ。
鼓動が高鳴らせる。
次の瞬間、次の瞬間へと、
脈動はまた走っていく。
未来に向けて牙は尖っていく。
拾い上げた、魂の器。
この光線銃で打ち抜いてみせよう。
魂の劣悪条件?
キミがおいとました先に、
クォリティもっともっと歪に、
光はため込むように、
不思議と彩るように。
素敵が舞い込むように、
願いよ、叶いますように。
痛みを超えながら、
越えながら、伝えていく。
越えながら、鍛え上げていくものがある。
素敵なフィールドプレイヤーだ。
そういってくれるだろう。
そう言ってくれるんだろう。
難しい話はなしにしよう。
たまらずこぼれるポップコーンと、
難しい影響力を自分のものにしたなら、
栄光とワンダーランド、クォリティだけが近づいてくる。
確かめたいんだ、そこに一体何があるのか。
捨てきれぬ可能性、いつか戻ると送ったタムケに、
理解度分からず屋、
伝えることすら愚かしいかな。
ただ、俺は書き損じただけだ。
何を失えば素敵なことになるのだとか、
クラッシュされていく。
だって俺、キミと違って、満たされてるもん。
幸せだもん。そこだけが俺の誇りです。
ずっと目指してきたのは、そこだから。
変わることなきゴール。
目標は変えない。自分は変える。
更に高める。
かかわれる人になれるように。
思い出したんだ。記憶したんだ。
何もかも、炸裂するように。
ああ、だけどこの世界は覚めない夢のよう。
ああ夜空の向こう側。
ああ尽き果てない欲望のそばに。
クォリティ、歪なままに、非合法の飛行法。
ぶっちゃけぎりぎりハレ晴レユカイ。
問答無用に尽くすことの愚かさよ。
正しさとは何かを教えてくれる。
日々変わる変えていく、スタイリッシュな生きがいと、
壊しがいのある延長線上に、
君を見た。君を見てしまったんだ。
記憶していた数々はその瞬間ゴミに変わった。
あなたはなぜもがくの。必死に伝えるように、鼓動の先に伸びていくように。
あなたは何を求めているの。
その才覚、果てしなく発揮する。
何かを生み出した時、私の中で私の宇宙は壊れた。壊れた。壊れた。
壊れた。たまらずタップアウト
構わずダンスチューン、
苦痛が生み出すメッセージが、
次の快感を生み出すアクセルとなり、
夢のような世界に連れて行ってくれる。
その言葉はまるでトランスのようだ。
催眠術か、あるいは呪文の類か。
生身でそこまでたどり着くことは、不可能に近い。
僕にとってこの日記は自我のバイブルだ。聖書だ。
たまに試される。
どんとこい、ずっとずっと。
永遠を漂う僕らの魂。
徐々に強くなっていくのは過去、あるいは未来の自分からの叫び声。
ぶっ壊れたフラッシュメモリ?
伝えることすら愚かさかな。
感動を超越した瞬間、未来の工程、
想定内、どうってことない。ミュージックが始まった。
その瞬間全ては終わり、全ては始まった。
踊り出す指。快楽と共に沈む宇宙。
片付かないラブリングフォーエバー。
素敵な快感と共に、
うつむき気味の僕はまた口数を増やす。
何もできないからこそ本気になれる。
書けば書くほど体から毒が出る。
そういう世界を目指して頑張ってきた。
永遠、ループするように。
力強く、また力をつけていく。
思い出すパワーをつけるための旅だから。
エンジョイすることだな。
試されていることは感じるよ。
ここに全てがエンジョイされていくんだ。
それで何を弁償してもらおうか。
適当な言葉に嘘はないと?
記憶が消し飛びそうなくらい、
参っちゃいそうなくらい、
驚いていたあなた。
食い飛ばす、永久に栄光を手にする。
その光にはあるのかよ心?
そういった、全ての天才たちが踊り続けるんだ。
理解した途端、そこは暗闇だった。
僕は思う。はるか遠い日のことを。
僕は思い出す。日々のめぐりゆく階段の明くる日を。
伝説的に、空間がぶっ壊され、
追従した俺たちも、意味なく突っ走ってしまうのです。
形を込めて、痛みを込めて、伝えたことはなぜ 呆れて。
こういうところがあるから、大好きなんだよ。
ふざけた欲求すら、歪なクォリティなんだよ。歪な世界が、
歪な未来が、滞る。なんだかよく分からないけど、
よく分からないけど突き進む。
そこに愛を信じたんだから他には何もないよってな話。
その程度の劣悪条件。
別に今更拒否する価値もねえ。
飛び出したワンダーランドと侍、
勢いのままなら突っ走れる気がした。
午後の夜。
ふざけた奴らに、記憶していくことの愚かさに。
あるいは自分を軽率な存在と馬鹿にしたか?
こいつらの真実には、どんどん巡り、けたぐり、追いかける妨げに、
ずっと面白さを永久に。
引き連れて、ただ巻き起こせ風。
何を願っていたのだろう。
何を思っていたのだろうか。
彼らはひたすらに素晴らしかった。
彼らはひたすらに面白すぎたから。
そうやってずっと、ずっと、ずっと。
そんな風に楽しい人間になりたくて。
でもその願いは叶わなくて。
大切な未来を壊すようで、ぶっ壊れるようで、
ふざけているよな。本当に。
楽しみで仕方ない。堂々と巡りゆけるか。
堂々と、もっと混合していけるか。
真実とは何か。何を生み出せば、君は喜んでくれるのか。
価値のない魂?なんか屈強なディーフェンス、ディーフェンスの影。
そいつら思ってみりゃ、お金のおかげ?
だからだけれど騒ぎたいことがある。
無性にむちゃくちゃしたくなる。無茶苦茶で無茶苦茶で無茶苦茶で
ぐちゃぐちゃだ。
ミスリードを先に思い出させるようだ。
伝えたい未来が暴走しているみたいだ。
壊し甲斐がないと、つまらない世界に落とされるというの?
はじき出された可能性。
生み出すことの意味なきこの能無しのストーリーか。
申し訳なさだけが貫かれる。
正しさと思い知る。環境的に勢いづいていくんだ。
戦うことに嘘はつけない。
何をしたところで勝てるはずもなく。
これでいいわけもなく。
どうしようもなく幸せなら、それが真実なんじゃねーの。
期待させるだけさせといて、
今更そんな話はないよ。
今更そんなこと言われたって、分からないよ。
伝えきれない思いも暴走。
だけどなぜ。なぜこんなにも。
響く、響くね、鼓動としてね。
だから俺今日も叫んでんだ。
今日もガッツに侍魂。
クォリティだけが一途に上がっていく。
幸せの波に乗り、ふざけたストロングな狭間がぶっ壊れていく。
狭間の世界で今こそ手にしたい。
力強く立っていたいんだ。
なんとなくを感じることができても、虚しさ越えられないなら。
いっそ僕はなってみせよう。どうしようもない赤ちゃん人間?
秘密基地なら明日。
希望が失われていくのなら素敵。
無敵でカタキで堅気の仕事。
一言言わせろベイベー
だけどなんか悲しい勢いも感じてしまう。
そこら辺、採算合わせないと意味がない。
伝える価値もない。
はっきり言っておかしいじゃん。
そういったことが全然分かってないんだよ。
何を失ったって、必然性は形として残るだろ。
意味なく笑う、それがどれだけ馬鹿らしくても。
つじつま合わせ、野菜ジュースで?
踏みつける大地、次への展開力?
疑い決して晴れないということ。
キミキミ。ギミギミック。
理想が超越心、満たしてくれるから俺は幸せだよ。
記憶する限りの幸せが近くまで集まってきてくれてるんだ。
ともすれば、もっとすれば面白いことなんだよ。
伝えたくてたまらないものがすぐそばにあるからね。
クォリティだけをぶっ飛ばしても、影響力は限られてくるだろう?
無茶苦茶な吹き飛ばし方、
真昼に見た夢、
記憶していたのは。
記録していたのは。
磁力と輝きだす。
果てしなきを暴れ出す。 
それが本当にやりたいことだったから。
俺の憎しみはどれだけの数を。
色んな響きあいと共に、
クォリティを全滅させるように。
再び上り詰めるのか。
行動が進歩していってくれるのか。
凶器だろうか。本当にそうか?
可能性が飛び込んでくる。
考えるだけで楽しくなってくる。
そんな未来を誇りたくてさ。
堂々と巡り、堂々と吐いて、
堂々と生きる、蒸気機関車だ。
舐めることさえもできないまま。
突っ走る俺のリズムのままで。
片付かない歪な塊だったとしても。
クォリティは逃げていくとしても。
つらくても頑張っていくヒストリー。
結局そこにどんな価値があるのか、
分かることもできぬまま。
突っ走る。俺は何かを学んできた。
色んな芸術と共に笑いあった。
だからこそ言えることがある。
思い出せる痛みがある。
伝えたいビバビバな
ヒステリックなヒストリーがある。
全てが無駄だと感じた瞬間。
訪れた未来に更に拍車がかかった瞬間の味。
とまどい、それでも呼吸する。
正しさってどういうことだろう。
歪な俺たちは認めてもらえるかな。
そんなことすら馬鹿らしくなるのはなぜだろう。
追憶の未来から羽ばたかせてみたよ。
記憶したなら全てが始まるんだ。
ずっとずっと遠い場所からの記憶だったんだね。
伝えることに疲れたら、こっちへおいで。
楽しくならなくてつまらないんだろう?
テキサス、もっと驚きます。
事実、俺は究極を手に入れてます。
そういった、全体的な幸せがあったから、
びびってもロックンロールとそれと共に。
歌いだすギブアンドテイクはカモンベイベーを炸裂させられたんだろう。
申し訳ないがもう俺は負ける気がこれっぽっちもしない。
全ては生きているんだぜ。
だって今この瞬間なんだぜ?
意味なくのたまう。そこに何が存在しているのかも
理解できぬまま。
勢いづいて、暴れまくる。
そして、飛び出す。影響と栄光の力を生み出していく。
で、どうなんの、この先。
辛くても頑張ればなんとかなるらしい。
なぜこんなにもふざけた気分。
現実と虚構の区別もつかぬまま。
放置された俺たちが、更に危なくなっていく。
元々夢のような世界だったんだ。
何も怖くはないさ。大丈夫。大丈夫。
痛くもかゆくもないんだよ。
君が笑って、くれるなら。
大丈夫。大丈夫。それはまるで
魔法のようだ。
そう、嘘つきピエロはもう消えてなくなった。
でもそれじゃ足りない。何が足りないっていうんだろう。
かまし出す。正直、もういっぱいいっぱいなのよ。
伝えたい気持ちもゲロ温泉。
つまらないこだわらないことだな。
沢山の色ボケも大したことねーな。
なんか夢中で空中で、
空中旅立つメロディにしか
見えない事実を事実無根なフィールドで
何かを申しますことにしますか?
飲み会マスター!
どこまでも勢いよく、それでも一途な魂は
わがまう。堂々と巡り堂々と吐いていく。
つまらないことはやめる。すぐに忘れる。
大切なものってなんだっけな。
俺は何もかも忘れたみたいで、
ただ文章を書くことに没頭するんだ。
それだけが僕の全てなんだよ。
もうあいつらは・・素敵なフィールドで。
完璧なる酒池肉林を体感してなお。
まだ求め続ける物があるらしい。
ならばとここででまかせチェーンジ!
関東でも合法 豪雪地帯でおこたでぬくぬく。
環境がぶっ壊すほどに、
楽しさを炸裂させる程度には、
好きです。こりゃ参ったな。
事実、俺たちは負けてなんかないよね?
たまらなく踊り続けた。
何かが僕を馬鹿にしている気がしたから。
ずっとずっと、天才は臆病なまま。
天才は善哉を食べながら、
繊細な心のままで、戦いだす。
何かを求める際には、伝えなきゃならないことが。
俺なりに酒池肉林は表現しているんだよ。
ただ、戦うことの愚かさかな。
それが常に作られてるとしたら、
僕には泣いても笑っても対抗できるものなど俺にはない。
俺が俺であるための全てを認めたところで、
それらは一瞬で砕け散り闇に消えるでしょう。
ならば、俺はばらまくんだ。
もらった種を咲かすんだ。
俺そっちのほうに賭けてみようと思うがどうだろう。
ふざけていると思いやがりますか。
まあどうでもいいけどね。
そういった全てのことに興味がないのが俺という人物なのさ。
伝えることすらアホらしくなったなら、
始まりはワンダーランドなんだ。
ところで炸裂、楽しくて仕方ない文章ってのは
いつ作れるようになれるんだい?
思い出すだけで嗚咽、吐き気、なんだかとっても悲しくてさ。
だからめっさつ、堂々と巡りゆく形に過ぎないとすれば。
伝わることがどうしようもなくおかしくてさ。
おかしいよね。笑えるよね。
あなたにそれだけ伝えたかった。
なんか面白いね。
そういう気分にさせたら、
もう間違いなく俺の勝利のターンじゃねーか。
鍛えて鍛えて鍛え上げて、
その先に何があるのか探しにいくんだよ。
それを人生と呼ぶんだよ。
確率変動中?
驚きまくし立て、次の時代への空間に。
歴史が壊すなら、俺はただ文章をつむごう。
形などなくたっていいんだ。
伝えることなんてできなくたっていいんだ。
壊される全てに、価値があるとは限らないように。
再び笑いだせる時に備えて、
僕は僕のリズムを整えるだけ。
鍛え上げ研ぎ澄ますだけ。
言葉という名前の武器?
あらゆることを想定した上で、
あらゆる批判に耐え続けるように。
やりようがないだろう。
それだったら、面白くもないだろう。
それが分かるから、分かる分かる
分かるから、今悲しくてさ。
潰されることに目がいくんだね。
伝えることってなんだっけ。
面白さの強烈な香りすらするようで。
面白いリズムにぶち壊されるなら。
伝えていくことがアホらしくなる前に?
希望と共に、走り出せ恋の歌。
青空に輝いている。
手を伸ばして。もう一度。
そういった全てが出来上がっていないから、
僕らいつでも迷ってきたんじゃないのか?
ちょっとでも楽しさがあれば、続けていくこともできるだろうよ。
それが楽しいと感じていたのはいつのことだったかな。
僕はもう覚えきれなくてさ。
戦いのままじゃ掴めないんだ、糸口を。
だから俺は目指す場所を変えてきたんだ。
理想はいつだって壊れていく。
必然性と共に、ぶっ壊れていくんだ。
伝えたい。でも答えがない。
何をすれば得られるのか分からない。
声よ君のもとへ届け。
悲しみを繰り返すなら、ああ、それでもいいさ。
痛感してるのさ。己の至らなさ。
だけど悲しみを繰り返すだけでつまらないことを続けるなら、
私の方から、さよなら。
だけどそれを言わせないで。
つまらないことを何度も言わせないでよ。
あらゆる連続する可能性が、戦いだしている。
総動員しても勝てないからこそ、
俺たちはもがいていくのかもな。
必要なものは酒池肉林。
朽ち果てるまで踊っていたいから。
なぜこんなに僕はこんなに、人間でいたいんだろう。
息を吸って、そして吐いて、
それだけじゃ物足りなくなって、
ほしくなって、あれも、これも、あの人のも
だけどだけど 僕にあって、君になくて
君にあって 僕にないものがあるから
君は僕を 僕は君を好きになれたんでしょ?
どっかで聞いたことのある話だ。
つまらないんなら今すぐ出ていきな。
言葉なき生き物に生きる価値はないと?
まるで小説を読むように、
繰り返していく。
そうだ、言葉は俺が生み出せる。
力強く、立っていた。
俺は未来に希望を宿す。
俺という名前の心が震える。
ただ立ち尽くす僕の弱さと青さが日々を駆け抜ける。
そうさ何度も。
繰り返すことに痛みを感じたなら。
ロックンロールの声を届けにいくよ。
戦いは何度でも訪れるさ。
言葉になり、更に飛躍していくように。
言葉は単調ではなく、
広がりをもって、さらに飛ばしていく。
ぶっ飛んでいくことが快感ならば、
一体ここで感じてるこの感情はなんだ。
俺はずっと目指してきただけだ。
つまらないことを置いてけぼりにするように。
この価値を置いてけぼりにした先に未来などあるのか。
どれだけ楽しくても、楽しく書き続けても、
限界はあるんだね。
じゃあどうしたらいいと思う?
歪に、立て込めばいいと思う。
もちろん、もっちもちだよね?
つまらないことばかりなんだ、どうしたらいい?
壊された、ミュージックを治したいのかい?
俺にとってはね。
会話の成立なんて甘ったるいことは。
じゃあ君は最高に面白い人だね。
そういう風に褒めても何も出ねーぞ。
切り替えの早さだけは尊敬できるよ。
面白さってなんだろうな。
何を書いてもつまらないと感じてしまいそうなのは。
いや正確にはつまらないと感じてないんだけども。
ただそれほど面白くもないんだ。
ただ惰性で続けているというか。
どうすれば僕は書いてて楽しい文章が書けるかな。
じゃあ一緒にその答えを探していこうぜ。
面白い、そういうことにしようか。
例えば俺がこれを書く。
あなたがそれを読む。
だが俺は結局、自分の自分語りに終始?
だけどそれを許さないっていうブレーキだろう?
面白さの果てに何があるんだい?
自分を笑わせることはできるよ。
でもそれは確かな面白さじゃない。
長続きしないからだ。
目標はそこじゃないととっくに気づいているんだ。
じゃあどうすればいい。
答えは風の中で舞い込むように。
伝えられるのか。
答えられるのか。
つまらなくても踊りだせるのか。
沢山のメロディと共に、
吹っ飛ぶ未来を影響力として、
考慮した結果、
やっぱり保守的なんだっだっ!
かんたったっっ!
ばけらったったった
意味不明でいいんじゃぬーの?
君って意味不明大好きでそ?
全然わかっちゃーちゃーちゃーなんだから。
わかっちゃーちゃーちゃーならば答えは一つ!
真実は俺の中、育まれる?ほーほけけよ!
セブンスター、たぶん俺はスター!
みんなの中のみんなみんなみんなじゃないの?
素敵がファンタジー、エロタジー、かんたろーう
寒いだろうー?雪だもんな。
へっへhっへ。ええバイト探してるじゃねーか姉ちゃん。
ぺろろんちあ!あっ今君嘘っておもったな!
じゃああテキサス、合法?いやギリッギリ非合法!
べいびー、ケイミー、セイイエイ、むせび泣けイエイ。
だから宝塚。まじめなこと言うから馬鹿になるんだよ。
はるさめー はるさめー
元々俺は狂った男なんだっつーの。
だっちゅーの。
冬は寒いで雪にしばれるぜー
飛び出した?へっへっへ、ゴーカート
豪快に凍土 どうどうどう
騒動どうどうどう もうどう猛獣
体重計も巡りめぐって、
簡単に疑いぬく勇気?
っていうかおいボケナス!原発残らずどけろよカス!
まるで触角を失った虫みたい。
ケセラセラ、パーキング
あーダッキングしてー カッピングしてー
殺風景 まさに間違いねー
飛び出した?価値も後ろ側もホップアップスキップキスしたいのー
ぴっくりぴこぴこ、
きっこりギコギコ、
初めからその道の最先端?
環境ホルモン俺こそが闇の帝王だ
的なロマンス浴びせる君のバスロマンス
あーたっちゃーーべえーな あべーなー
やべーなー はびこれ!クソライフ バカライフ
だーかーーーーーーらーーーー
センセーショナル・歌い上げるぜ
君たちの?エンドレスエイト
叫ぶしかねー テイクオフさせるしかねー
楽しむしかねー 音楽に酔いしれるしかねー
飛び出したら 飛び出した価値を共感できる友達??
必ずしても正義が勝つってわけじゃねえんだぜ。
崩壊?そうかいそうかい!後悔したいかい!
ぶっちゃけなんでもやれそーじゃね?
そういった全ての全ての えーれがーんと
中途半端に伝えようとするからいけねーんだ
わかっちゃいるけど モテる男だとわかっちゃいるけど
屈託のない?その笑顔ムカつく。
キミダケダヨ。その慣れたセリフで
ほら私の唇にチェックディスアウト!
体中が煮えたぎるように?
炎のように、飛び出すように、
えーーーーーーーーーーーーー
1テラバイトの愛が崩壊
どうさい どうせい どうせ一番目
ケッキング寝っ転がり破壊光線?
宇宙人的幸いな界隈では、
訪れる嘘も炸裂、どうどうとめぐるだけ。
その考え方、めっちゃやばくねー?
時々、ドキドキしてるだけ。
思い出すことすら疎かな。
けんたいけんたい 船体 免罪
建材の健在 繊細な返済
ていうか俺ー
めいちゃーん まいっちゃうーん
人によって幸せの意味は違うが
そもそも意味ってなんだ?
ジェノサイド、美しきは火の玉か。
踊りまくれる叩き出す豪快なチョコレートハート?
美しいミラクルサイド、
みっみっみっくるんるん
だから俺は叫びとおしたわけでございまして。
えー叫びとおしたのー
ていうちょろちょろ 中パッパ
みたいなこと言われっちゃびん、わからなっちゃびん。
だからこそその響きにあてがって?
謙虚な姿勢がミラクルっちゃびんって?
わかったっちゃびん。
うつろに開かれる俺のどりーまー?
鼓動が伝える次の瞬間?
奏でだす カンタービレ
あーあほくせー 俺の原点そこじゃねー
戻りオフサイド、きっちりとるあたりが素敵。
まー何が誰を言おうとでまかせ知らず、
置いてけぼりな僕たち嫌いだって。
そんなこと言ったところで終わらないものはあるんだぞって
超えていけ。飛んでいけ。
アッぴーあっぴーやっぱぱダイス素敵な
狂ったジェットコースターモンスター
まさに精神壊滅状態?
そんな自分自身によってる俺がここに退屈に、
保守派と改革派の戦争
勝つのはもちろん後者
だってそれ自体が楽しいから?
だがそれつまり間違いねえさ。
踊り続けるジェットコースターマシンガン
テイクオフしちゃだめっちゃお
元々意味のある世界で生きていなっちゃお
やっちゃおっと 全然全然わかっちゃくれっちゃ
いないじゃないじゃないじゃないじゃない?
叩き出すベイビーフルメタル?
黄金の夢運ぶ夢運び。
君たちリリカルチェッカー チェックディスアウト!
あいつの息遣い、たまらなく俺も色違い。
乾燥を感想を聞かせてくれたまえよ。
ぽっきゃらりらりあ~ん 伝わった鼓動と伝説
あひぃ。でもゆるちて お願い
ピクルスちゃんと食べるから!
ピクルス抜きって言ったろ?マック。
ポテトもちゅべたい。アハハ。ファック!
なんなら今すぐ限界地点突破!?
クォリティすら置いてけぼりにする勢いで、
つまらないこと くだらないこと、
ペプシネックス!デトロモンスタッス!
訳がわからねっす!
飛び込んだ情熱、実は俺にとってもどうでもちぇけらっちょ。
再び騒ぎあう。 夢にあいたまに来る。
頭にくるぜ。もう暴挙も許せないフィールドで、
悲しみのレスポンス?ユーアーソーキュート。
なけなしファクトリー、
見つけ出したなら永遠プロバガンダ、
ハッピーハッピーマウンテン。
ガチで察知した場違いなバッチいダッチワイフみたいな
謙虚なシステム偉そうにするだけならいらんのだ。
窮屈?ロマンス?エイトビート?
全て投げ出してクラッシュ炎上!
堂々とめぐることだけが
巡る巡る真夏の太陽
巡る あーむりむり。 むるむる。
くるくる音がドキドキ。
意味のない言葉でもハートちょきちょき。
その響きにうろたえて、夢揺らいで、
友達と共に発狂したいだけの侍?
オーケー。結構だ、面白いこともわかったから、
だから今だけは黙ってて!!
言いたいことがあっても今だけはお願い黙ってて!
ピクルス抜き?意味不明でもワンチャン ワンチャン
ワンワンワン!再び笑いだす
訳が分からんチア帝国、
チアリーダーもびっくりする勢いで、
マシマシパワーで踊り続けるぜ。
パワフル?パワフォー!!
ゲッチュラベイベー ディーフェンス、ディーフェンスの影に埋もれて、
形なくしてしまういわば!テキーラ適量
めっつ 佐久領 策動していく 滅亡の記憶。
それなら堂々と巡り、堂々と吐いて、
どうどうと走る 蒸気機関車だ!
話がしたくても今は黙ってて!!
飛び出した?永遠?チェケラッチョ?
ゴブリン、ゴップゴプ。ドープなホープでソープでエンジョイ
そしてこのブログ速攻で炎上?
たまらない温まらない 究極的?
空間的?ヒステリックな愛をトドケYO!
豚いらず 買い散らかす ああ、散らかし上手の
しゃぶり上手、快感が突き抜けるように?
冒頭、逃亡、そうこうしてるうちに堂々巡りの夜ならば!
カサラバランカ バッサバサにきらんかバサ姉
羽川のおっぱい ただし俺の気持ちはいっぱいいっぱい!?
飛び出したなら炸裂。踊り出すファンタジスタ 記憶する限り楽しい
時代がやってくるんくるんぱっぱっぱ。
メロディズム?崩壊。
あ、そうかい。 後悔したかい?
冒頭からクラッシュ!ぐっちゅぐちゅで面白リズムに
乗っかっちゃってー!
とっくに精神なんかぶっ壊れちゃってー!!
マイノリティ それでもシカトする君たちバイバイバイ
パイパイパイ 湧き上がる韻垂れスティング
ありえなくなっていくよファイティーング?
ならばとさらばと粋がる
スタイルスパイル くったくたで激昂
藤堂 もう騒動になっちゃって
やっちゃうのも飽き飽きさ。
ホトフラフィー ホトグラフィー 保護グラフィー
すらし すらしチェケラッチョ!
面白いならそれナンバーワン!
快感のワンダーラン!
無茶苦茶でもこれでも毎回
頑張って生きてきた!今だからこそいえーる
このギブアンドテーク
意味をすてて意味を拾った
マジでそれだけで幸せだった
沢山 炸裂?堂々と どうどうどうどうどう
騒動こうどうどうどうう
うううううううううう
何者かも分からないまま!!
そこに至るまでの経緯を発表して
合唱して逃げ出しちゃって
くださっしゅ!
なんかよくわからなっしゅ!
太鼓判押す僕らにもチェケラッチョファンタジー
あぴ。あぴ。浴びる放射線
交差せん せんせんせんと千尋の神隠し?
ざけんな イキモノガカリ最高に楽しいんだ
空間がおもしれーんだ
大切な理解度、
伝えるのは面白いほうがいい。
砕け散りそうなくらい、
踊りたい放題?
困るねえ。困りますねえ。
堂々とめぐる俺たちとともに笑いあおう!
環境 暖冬 でも関東
ある言葉だけじゃものたりねー
だから踊りテー
せめて君と朝までシャルウィダンス?w
だからいじけんなって言ってんだろ!
ここは異次元だって言ってんだろ!
何が一番だとか 正直どうでもヨッシーアイランドなんですたい!
ゴーゴーストレート、びびっちゃってアホらしくなっちゃって、
テキサス 動き出す! むごいくらいのファイター
ああ、なんて楽しいの。ああなんて気持ちいいの。
過去の記憶がまた呼び覚ます。
へーそんなこともあったんだねって韻たれスティング
風がぶちこみます。 ぶっちぶっちぶちあがります。
ぶっちっあっげっでー
はなむけ侍
タムケ遅れ こくれ
デーモン小暮?
くれっくれで デストレート警部!
セーブした俺がンゴンゴダンスを披露 するンゴwwwww
完璧ななんJ文化に染まりつつ
受け入れつつ だがその二つは違うから!
おもちゃの汽笛で記者ポッポ、
できないならキミの負け?
歌いだした、ザッツライトの負けの群れ。
風よふけ、少しも寒くはないわ!
エイトビートでクラッシュしてる風な
僕ららりってる ららってる がさついてるだけだから!
面白さ、 ともあれば 空間ワロスで
踊り出すファンタジー 見果てるしかないこの風を伝えて!
ポカリスウェ~~~ット
アイアムジャップマン
JAPMANだ分かった?
辛すぎ ゲイトヘイト
生徒もビートクルッセイダーズ 聞きこんで、
踊り出して、たまらず君たちも笑いだす。
そんな勢い止まらない。
こだわらない誓いにいきまっしょい!
伝わらなくても鼓動は確かに。
てんでおかしいぜ!ちゃんちゃらおかしいぜ!!
戻しそうで怖いぜ!!
驚かしそうでぶっ壊れそうだぜ!!
ぽかんとしてる空間に僕がいる。
ふざけた奴らと酔っぱらったとーちゃん??
後ろにはババ・・いやマダムが4人
隣にゃなぜかメガネのボイン
至ってんなことはおかまいなし!
感動的に歌いだしてよ。
むろむろむろんですたい。
思い出す次の時代?
記憶する次第?
期待の栄光 暴走するアホらしさ。
カモンベイベースタイリッシュに
していくための歌。
歌声ただ響いていく?
悲しみとトナカイ、
うつろに広がった俺たちだから!
クツ、くぎゅうううううう
たまらなく叫んだ俺の歪な破壊光線も、
楽しくて仕方ないこの環境温泉も、
環境汚染より感動温泉
温泉いいよね。感動
感動 賛同してくれる人皆無。
でも僕がいないと始まらないんだよ!
僕がいなくても始まる世界でも!
僕がいないと始まらないんだよ「僕の世界」は・・
んでもって、一体どうしたんだい?
エベレスト、積極的にイコウ!
時効!その飛行!
未公開出来事、 とどく轟く
豪軍 東軍 遭遇 航空衛星
たまらなく笑いだした!結果的につられちゃって大正解☆です
群れてきたら、
実態のないつかめない目に入れても痛くない痛い娘です
伝えられるなら今度こそ!
エイトビートの直近にいるからこそ!
素敵なファンタジスタ、記憶してるエロエロですたい!
ミュージックは壊すように。
伝えまくるようにどうしようもなく。
再び笑いだす時までもがいていくんだ!
つまらないことは避けていける。
飛び出した永遠とループしていく面白さ!
空間笑い飛ばす、絶妙なキックアンドディフェンスなら
今度こそこっちの番であること間違いナッシングだぜ??
交換しようぜポケモン 厚顔無恥
恥知らずという異名がよく似合う
野蛮なブレイクもよく似合う?
いつの間にやら夕方 ガッタガタでも構わない
逃げんのはやだから
ハッピーに成り下がっちまって?
感動したらエイトビート
クラッシュしたら生徒ヒート
ぎくっとしたらぎっくり腰
びっくり腰にきて 超!ストレンジマシーン!
あとどのくらいで終わるのスキャン。
はい---------- 終了 -----------ですたい
意味なんかないなら終了
終了できるなら再開もできるはず?
捨てきらぬ可能性再開したら
再開ごっこで 俺の守る歪なものは
全て意味を壊して走り出していった。
だから俺は土を残すのさ。
天才的に記憶したままな!
俺たちがチャンピオンだ!永遠のな!
バスカス策爆
なんかよくわからんが、そんなのどうでもよかんが、
四番に打者イチロー
走り出すトンキン オリンピックも辞さない構えで?
そんなに俺のロッキズムが頂けないかい?
理解したいと思う次第
じっちょじっちょで じっちゃんの何かけて
はさみににかけて だが歌詞バーガー
だしか だだしか 俺の聞いてる音楽半分以上外国語
意味が分からないけど楽しいからいいじゃん
この日記も意味分からなくても楽しきゃいいじゃん
ぴゃーぴゃー歌いだす
ラップにはまった季節は遠い
ずっと未来びびってる?くぎゅううううううう
くぎゅう、アンチウイルスソフト、
絶滅寸前さ のっけから。
言葉にしたら、激流に飲み込まれそうで怖いな。
怖いな。だから確かに 歪な塊?っつーの?
なんつーの?決定的?三半規管?
戻りオフサイド?オフサイオフサイ
煌くメラメラ 耐え抜くエレガントなエレジェント
青年と、定年と、派手な生き方で身を焦がす。
かかわってくるからタチわりぃ。
間違いなく影響与えてるのも俺ナリィ。
パーリーピーポー 今すぐシャッフルするぜ 言葉のらせん階段
模様が炸裂してる模様
動揺誘ってなんになる。
勘違い気になる影響力と、
知り合い込めたままのびびっとくるセイダーズ。
携帯機械に踊り出すファンタジスタと、
記憶が生み出す適当な距離を、
力強く認めてきた私だから。
私も女だから。
キックベース 接近してるっす
もちろんキャパシティ ウマウマで。
飛び出してる 俺のラッキーファイティング
間違いねえこと間違いねえ。
だだだだ がしゃんがしゃん
てめーら 炸裂 温度 煌く
絶妙なヒールパス?
驚かせるスルーパス
キラーパス だけどQBK
たまらずタップアウト
サイトに煮詰まるファンタジスタ
自分のものにするのにちょっと時間がかかっただけの話?
言っただけのスニーカー
そういや今年は14号車。
まにまにあっという間に
かにかにディーフェンス、ディーフェンスの壁?
盛り上げ王子、尊く持ち上げるパワーだよ。
再び笑える時にまで願えますように。
謙虚、選挙、免許も持ってねえが
天気予報 そろそろ厚労省
灯篭流し、
涙と血を流し、
かなぐり捨てたニヒリズムの先。
カッキーン 夢中で踊る道中
どう宇宙 ラインコントロール?
ケセラセラ、盛り上げることさらさらねえ。
踊るファンタジスタ、適当にキシャポッポ。
逃げ出す棒立ちの自分たちから、
理解を距離とそのままに、
3度目の正直?飛び出した永遠ループしていけるなら。
戸惑い、頑張り、どんづまり。
こんがり焼けたラーメン?クォリティ雑記に変わっていくぜ。
ロマンチスト、吐いてどうこうしていけるレベルに今はないの。
果てしなく果てしない勢いの中で、
突っ走るしかないというの?
風に任されて、任されてまで。
飛び出してまで、栄光つかんでチェケラッチョ
ただし俺の栄華は極めるばっかし。
驚いたかーハッハーな
ミュージックの到来、
交代選手の度胸試し?
がめついし、楽しいし、
もりあがりろりん つまらなきロリロリン?
もちっと置いてけぼりにしてくれたなら。
くたびれた僕に可能性はないというの?
果てしなく、ムラがなく、
驚かせ、轟かせ恋の歌。
青空に煌いてる。
目を凝らして。もう一度。
くっついてる闇に羽ばたく君がいる。
それが真実だとして、僕になにょを求めているんだい?
カサブランカ、それでええんか?
過疎に助かった、カスカに未来が見えた。
もう一つの心は常に僕の本当を分かっていて、
正しい道に引き戻してくれる。
初心忘れちゃだめだな。
まさに俺は反省するべきっちょなんだ。
べきっちょなんだから、べきっちょベッキーなんだよ。
やめにするべき?ロマンチックに歌うべき?
かすむ目、はじけ出す空溶けていく君。
夢中で追いかけて、君を抱きしめたんだ。
だからなにっちょ ちぇけらっちょ 僕はかまちょな
ちょっちょちょりーす めいどいんちゃいな
メイドインカフェ メイドカフェ
冥途までいってらっさい いってらっサイティン!?
動きまくれば素敵ね。君の方が素敵だよ。
ぐったぐたの グッダグダの 働けコム氏ドモヽ(´Д` ) ( ´Д`)ノドモ
パラダイスへいっちゃったほうぎゃ 
なんか ちょっちちょっちじゃない?
ちょっちまっちっちじゃない?
素敵にリクライニングしてくれるんるんフェスティバルなら、
その光線銃で打ち抜いて見せてよ。
壊れるくらいダンスチューンは踊っているかもしれないじゃないか!
行動で示せるならそれ以上素晴らしいことはないだろうね。
つーかもう、戻りオフサイドとられるレベルだよ。
今度こそ もんちょこそこそ
速攻で特攻 孤高の怒涛のミュージック
それに対する示し合わせがうまくいってませんでした
ごめんね☆(ゝω・)vキャピ
で、どうしたら ぴょんぴょん羽まくれるのか、
隔絶、サクセスの秘密?キミ蜜のような
秘密の話。だけど本当は思ってる。
ただしどんどん巻き込んでいく幸せか。
置いてけぼりの虐殺そのままに?
追憶、未来と一緒に走ろうよ。
飛び出すチェケラッチョと共に騒ごうよ。
クラッシュ炎上辞さない構えだ
このトンチッキー野郎にも、
飛び出す栄光と影響力?
傾向と対策 成功と就活
飛び出したら生み出すことすらアホらしくなる。
頭の良さが異常だぞ。
忘れられてる気分だぜ。
その無力感、踊りたいファンタジアン。
クォリティだって俺の方が上だぜ。
だからやかましい声をあげて泣き叫びなベイベー。
俺なら悲しい ディーフェンス、ディーフェンス
生み出すポテンシャリティってなレベルさ オーケー?
飛び出したら何が面白いかもわかりかねる。
どうどうと巡り、どうどうと飲んで、
ごうごうと走る、蒸気機関車だっぴー
楽しくて仕方ないならそれ成功。
傾向と対策ゲットだぜ。
名作の映画も生が刑が
偵察 省察 明察だ。
驚かせやがって・・
ドラゴンファイヤー
君しかいないやー
爆笑 托生 一蓮托生
めっさつ的ファイヤー
楽しいのは次の時間への記録を早めること。
叩き出すシンキングハウス こちとら音のハプニングバー。
そこにソウルがあるかどうかってな話さ。
だから情けなくわめいときな。
憎しみ溢れてもダンスチューンで踊っちまいな。
鼓動が突き当てる面倒くせーラッピラッピと
ラップミュージック 驚かせちゃってバックビーバップ
ハイスクールエンジェル?戸惑いデイズ、
エイズに気を付けて メイツ。 ケイツー
精通しているんでござんす おめでたいんでござんす
だからビロウ ぶろうも吹っ飛ばし、
確実な距離に君がいることを実感。
時間ないんだ 助けてプリーズ!
二人以外人影もない。
こうなりゃ覚悟するしかない。
あいつの瞳ケモノみたい;
私は軽い女じゃない。
しっかりつないだ手と手をほどいで一言「さようなら」
でも悲しいことばっかでやんなっちゃうね。
ねえ知ってた?桜の花びらの落ちる速度。
秒速5光年 まさに壊滅的被害
機械が生み出す可能性の粒を、
僕も拾ってみたくなってきちゃっちゃったんだ
去ったんだ。舞ったんだ。
構ったんだ。 だけど割ったんだ。
分かったんだ。
理解することの愚かさが。
伝えることのミラクル、炸裂、マイダンス、
タンスにゴンゴン 
ゴンさんもぼられるほどに、
炸裂ジューシー
驚かせ轟きー
未知なるファンタジー
お子様には物よりメモリー
楽しさアンドロイド、嘘を教えちゃいけません?
必ず遠い世界でぶっ壊れてみせるぜ。
飛び越えてみせるぜ。
果てしないようなミスマッチ。
踊るファンタジー クォリティすらそのままに。
突っ走れる俺のエクスタシー
感じる今だけがベストだし
効いてるのはこのみそ汁のダシ
だけどこのままじゃ僕たぶん餓死。
らりらりらりっくま
立ちくらみしたみたい
恋したみたい 夢見た未来 みなみたい
恋したみたい 胸いっぱい
うきうき やきもき だいすっきー
ところで来る?ファンタジスタ
貴様らがカサブランカ
そんなことより日はちゃんとてってっか?
目指すならやっぱてっぺんか?
マジキチなリズムで歌いだす、
腐り出すエッ(゚Д゚≡゚Д゚)マジ?ごろも
恥ずかしいけども
そこらの連中にはない歯心
持ち上がる俺のスタイリッシュさ
驚きたいならウォッチョランド
ウォッチョランドの素敵なうおうおうおー
魚ディーフェンス、ディーフェンスも片付く暇なく、
動きまくる俺の天才児、驚かせる未来の天気予報?
食い飛ばす影響力、
秘密秘密の幻想郷。
ピタゴラスイッチ 回してる暇があれば、
神の手訪れる。気持ちよさと共に音もずれる。
アンチウイルスのンの部分
ミドリのメーター びびってる
俺のスキャンで俺のパソコンのフリーズ癖
治るわけねえ やっぱり初期化?
風に舞いタイフーン 台風で
ごぼう抜き と思わしき
コッポラコッポラ セミコッポラ
ああ、歌うならごぼう抜き。
ファイティングスピリッツすら永遠なのさ。
鼓動がつかみ取れ!
奪い取れ!ばっちゅばっちゅな別注ファンタジスタ!
オーケーオーライ 間違いねえこと間違いねえ!
だから伝えるのさ分かったかアンドロイド!
素敵な空中戦は俺が制すぜ!
持ち上がれコントロールとSキーをスペルにして
輝かせろ 俺の100億光年先まで届くような栄光の音色
言葉と一緒に届ける愛情
このカクジョウ かくしょう 確証なき
リズムラップで勝負 この男マジで勝負通
だからこそ忘れたいね。忘れたくないね。
どっちなんだい!
秘密秘密のあっこちゃん?
どうするか、ドッペルゲンカー。
喧嘩しても新しい。
怒涛の釣り堀、期待値あげてくメロディズム。
壊れてもすぐに壊れない
なんだ 使えるじゃん
中古のデストロイド警部。
会部は怪物か!
だいぶ先をいってる フォーチューンクッキー
食べながら過ごす センセーショナルデイズ
ツタわりゃさいわい
わかりゃよし わからにゃ死んでよし
確証もないまま 真実は消え果て
それでも幸せで夢いっぱい、明一杯
甘い甘いあなたとの愛を。
今70%
10cmの背伸びを
王子様 神様 仏さま そして
北極星、超新星、流星群にお願いよ
誰か止めてPCのフリーズ癖
きりにかすみ、一美 かすみちゃん
水タイプ、ああ岩タイプ。
壊されるダイブ。
やっぱハッパカッター強いっしょ。
それよりきりさくだな。
初代ではね。
ただ圧倒的な強さってのはむなしいもんだ。
違うかベイベーハニータイプだぜ。
記憶してくれるならウイーウイー
(ヾノ・∀・`)ムリムリ そんなことできるわけないから!
片付かない 面白さ、
ヘクトパスカル ウィーケンドシャッフル
ケセランパセラン
踊りまくり、
地上で飛び出しまくり、
書き分けまくり、
がさごそがそがさ
だから俺ここで歌ってんだ。
だから今俺ここで笑ってんだ。
せめて見せてほしい。
体中が求めてる。
やばいくらい実情めぐってく。
体中がテキサス、暴れ出す。
炎の近しい場所で踊りつつ、
もどろう 子供のころころ
とろとろたらたらしてんじゃねーよ
みたくやばいスタイル?
うごめく動きとぐっときたファイティングスタイル、
あいつはどこかしら奇妙で、変な俺のことを
怖がったんじゃねーの?
まあどうでもいいけどね。
伝わるものはいろいろあるんだろう。
あらゆるパワー、超えていけるならザッツライト、
ザッツライ、オーライオーライ えらいえらい子!
たまに傷だぜ たまにキスだぜ
ミスったぜ やばいぜ ダジャレを言ったのは誰じゃい
それは定めストーリー
うっとうしい程度の素敵なしらけ具合?
白子、驚き、ファイティングスピリッツ、
そこにこういう面白い現実があるんだってこと。
思い出してくれたら楽しくて仕方ないね。
冒険みたいなことをやっていけるか。
堂々としてくれたら大活躍。
再び笑う時までもがけるか。
飛び出したら延長線上で、
待ちくたびれたぜ。そんな調子。
装置もぶっ壊す勢いで突き進んだ。
体中がぶっ壊れても
あなた幸せだと言ってくれたね。
尊い 道頓堀 ソドムとゴモラ、
滅んでく都市たちにも
幸せを土つかず、
くだらねえ ミスランゲージ。
鼓動が次の瞬間を教えてくれる。
はためかせ その旗
風となりぶっ飛ばせ 活力温度はたまらなく。
活性化させる活性酸素、
驚かせるなら一途な今という時間がいい。
でも思い出してくれ。
沢山思い出せるぜ。
回想でラッキー バッキバッキ
ガッキーに繰り返すこと教えたのは俺。
A代表7番も俺。
とうとう来てしまった頂上決戦、
踊るにゃ早すぎる天才児。
踊り出したらとまらないファンタジックライン。
スタジアムが揺れている。
素敵におブーイングくらっている。
むっちゃくちゃでも叩き出すシンコサイザー
驚かしちゃってすいません
ただ私はこうする他に手だてがなかっちゃびんだったのです
むっちゃびんちゃびん ロックンロールを照らし合わせ、
行動で示す俺なりの愛情だ。
苦痛とミラクルが生み出すぜ。
がっつり稼いだところで
使う方向間違えたら意味がねえ。
俺はこだわりは捨てる。
俺は俺の幸せのために?
根拠なきラッパー パラッパッパッパーだね。
普通に面白いと感じてしまう
この脆弱な僕を許してくれ。
読みたいときに読みたいものを。
伝わるんならそりゃ素敵だね。
鼓動となって成りすましたいね。
希望的自暴自棄的僕の恋愛テキーラ適量、
踊り出すならファンタジスタだろう。
究極なるメロディ、
伝えそこなったところで何も起こらないかもしれない。
それでも僕らは今を問い続けてる。
明日へ羽ばたくために。
記憶から消す為に。
ろっくしてくれベイベー。
このハートをダンスチューンで。
こだわりをもって、突き進んで(ヽ゚д)クレ。
構わねえ、構わねえから踊りまくれ。
飛び出す可能性?酒池肉林の競輪王子。
飛び出せるならつまらねえ伝説も嘘に変えてくれるはず。
叩き出す新記録 ちんきろく
やばすぎわロッシュ楽しすぎワロッシュ?
激烈 殲滅 倦怠的倦怠期。
携帯もってもいねえしさ。
銭言わせればとんちの効いたミュージックとデリカシー。
飯がねえー 旅立たせてえ。
だが記憶は薄レイク。
それでもどうか笑って。笑っていていえい
構わねえ踊りだせ
思い出せ 遠いんだぜ
コロシアム もっともっと!ほっともっと!ジャンクションキー
だからこそ生み出した。
やばいくらいにトンキッソー
無茶苦茶?それでもいいーじゃん いーじゃん
そういうことを言えちゃう僕っていーじゃんいーじゃん
難しいことなんざ考えなくたっていーじゃんいーじゃん
申し訳ないけど盛り上がってみせるぜ
面白さの追憶さらにその果てまで
ケセラセラ、パセランパセランと
ゲテモノ大好きハンターハンター
ミスしたーキスしたー
できらっちょ。
俺にもできるんだってわからっちゃよ。
ヒップホップ ホップアップされていく
究極リズムが天才生み出す激烈パーティか。
思い出すことができりゃ幸せだよ。
疑いなく晴れた空に、幸せを潰しまくろう。
この声どこまでも。
僕の声君のもとへ届いているか?
君の声時を超えてここまで届けよ。
ポロリズム ちょっと楽しくなくなると暴れ出すものが
ありあり それもありありだけど
なしなし 俺は知っているぜ。
覚えているぜ。
確実なこと思いつく限りだぜ。
そして申し訳なく土つかず 培う
俺もボーイケンとは同意見 
あれば話し合う相違点
残りどのくらい?
な幸せ置いてけぼりにしながら、
辛く当たる俺たちって幸せだね。
どうしたらいいの?
僕の風、飛び出したその果てにある可能性。
歪ならその生き方間違いねーな。
ホトトギス、幸せなら価値もねーな。
歌いだすロマンチックなワールド。
思い出す幸せが怒涛のミュージック、
乗り越えてくれる幸せか。
堂々と巡り、
堂々と吐いて、堂々と煙る、
蒸気機関車だ。
幸せなこと間違いねえ。
三つの三転リーダと、
俄然トップスピードに入っていったやつれ気味なのさ。
体中が求めてしまうのであれば。
体中が片っ端から踊り続けているんだね。
ふざけていることこの上ないね。
素敵なファンタジスタさ。
きらっせうむ、轟きましたか?
動かしましたか?
エベレスト、登頂しちゃいましたか?
飛び出す栄光と面白さ。
孤高のミュージック、果てしないままで突っ走る。
エイトビートクラッシュするようなダンス。
全部予定外。予定いないでやばいです。
風にブランニューワールド
伝えきれるならそれが幸せさ。
驚き桃の木さん所の木。
ずっとずっと天才を求めていくつもりか?
偵察衛星
体中が脈を打つレベルで
僕はかえってきた。
積もった落ち葉が、踏まれて音を立てた。
あの日と同じ乾いた音。
募る思い今生きている。
うぉうぉうぉ、始まりの前に、「意味ない」なんて言わないでよ。
テキーラ テキサス 馬鹿らしい かさぶたです
じゃじゃうまです 豚クラッシュです
どしたん どいたんでい
作られたヒストリーメイドインカフェ
つぶつぶ 六つのぐつぐつチェケラッチョ
ホワイティな伯爵 堂々と拍車をかけて盛り上がれる。
ストーリーなどなくても幸せになれる。
それが意味分からない人は壊れてしまうから。
マグロがおいしいから。
だから負けました。かまけました。
楽しいと時間があっという間?
必ず思い出すキミを必ず。
絶対に、はあ絶対に。
思い出せる空間、
ぶっ壊れてしまえばいいのに。
伝えたところで意味がない。
あなたが叫んだところで意味はないと
はっきり言えるわ。
おしまいをしないと誓いますか 飲み会マスター!
あいつがどうにもこうにも止まらない。
インスタントなコンビじゃ勤まんない。
理解した挙句、果てしなく、
風ぶっこきリズム、
でも俺は知ってる。あらゆる方向、
希望となるべき幸せが近くにいる。
絶望と共に幸せ、生み出せるならその価値だ。
尊い犠牲と共に、美しい未来を見るために。
理想となる超越審、
拒絶する俺の 繊細な感性。
端正こめて つくるっつくーる つくりました。
くるくる回ってゴーゴーしちゃいました。
3点リーダ、どうでもヨッシーアイランド?
元気な激烈 面白さも随一でんなあ
田楽マン?いやそうでない。
俺のパートだけ聞け!ゴールデンマイク?
がたがたぬかすな道開けろ雑魚j!
MCバトル?銭はらえ!!
葛藤 かつと思うよ
歴史に名を刻むと思うよ。
素敵があふれ出しますね。
鼓動が突飛な方向に向かいますね。
希望ヶ丘、ヒステリックなミステリー、
奪い取ってみせてくれ。
戦いならすでに。始まっているのなら着実に。
記憶してくれる君をついに捕まえた。
コドラ、 怒涛のソドムとゴモラ。
風に吹き飛ぶ可能性?
そろそろいっちゃう90%。
戦い始めた理想との未来。
だけど嫌い?それは地雷?
しらじらしいわ。
そうやって全ての可能性を捨ててアグネスーーーーー
なのね。ちゃーんなのね。
おびき寄せ作戦成功なのね。
傾向なのね。そういう平行なのね。
平等なのね。堂々たる侍、
確実に生きたい気持ちを、僕はまた蓋をするように。
続く未来と栄光は譲らない。
大したことない僕はきっと報われない。
けれどもどうしようもない幸福感。
これだけが真実であり、
全ての始まりであり、全ての終わりだ。
悲しいくらいハッピーな歌を。歌おうよ。
だけどそれじゃ足りない。
何が足りないっていうんだろおおおおおおおおおおお
うぉういえいえいえいえ
たまらなく定まらなくなってきた。
エイトビートにクラッシュアップな
次への可能性?
一昨日来やがれなサイコティックファイティーン?
願えば孤独。願わなくても独特。
フレーズわいたら即挑戦。
そんなリアライズが素敵だね。
空間が合致してコントロールされていくのさ。
つまらない情熱は捨てていけるのさ。
もう申し分ない感じで。
どうにでもなるわ。こんなのおかしすぎるわ。
的なビリーバー、
壊れてるなら俺が組み合わせの悪さだったんだろうよ。
つまらないなら置いてけぼりにしてやろうぜ。
ずっとまじめに頑張ってきた、
その報いを決めてやろうぜ。
つらく当たるのはもうやめにしないか。
そうやって飛ばしてくれないか。
僕を救っちゃくれないか。
素敵にワンダーランド。
記憶してくれるならサッパリワンダーランド。
どかんどかんと窮屈に。
怒涛の本能伝えるために幸せになりにきたんだ。
大体大腿部から、強盗堂々と。
騒動にさよなら
ユートピア、パラダイスへと行きますオーケー?
つまらなさをオーケーにしていくのはつまらなさか。
この限りなき幸せを伝えまくってくれるから。
置いてけぼりロ倫
つまらないでしょう?
たった一つの闇は消え果て。
そうだ、俺たち今を生きているんだね。
壊されそうでも幸せを常に驚かせているんだね。
つまらないことで窮屈になるくらいなら。
驚くことすら馬鹿らしいという具合に、
面白さを伝えにいこうぜ。
気持ちよく生きれたらどんなに幸せでしょう。
辛くながい徒競走も今こそ終了でしょう。
終了したから再開。再開したから終了。
終了再開。終了再開。
なんかよく分からんな。
よく分からない状況、
当たり前だ。そこに到達するまでどこまで
時間がかかった。ってなレベルなんだろうな。
大したことないくせに頑張りやがって。
分かったよ。お前の歴史は俺が守る。
追憶の彼方からすぐにやってくる。
日々にひび割れた木の実を
朝焼けて、夜が来たんだ。
するとお前が目の前に立ってたんだ。
記憶するカテゴライズ。
分かってる。たまたま天文学的確率でこの世に生まれ、
だが本当にそうちゃか?
カッチューに ばっちゅーに
爆厨に チュウチュウブラザーズに。
思い知れ!!
かったるい!
で、どうすればいいのよ。
思い知るのはもう飽きたんだ
するとお前が目の前に立ってたんだ。
記憶だけじゃやになりそう。
カヤの外に出て行かれそう。
ぽっかり空いた胸の穴は、
誰がふさぐものだよ。
置いてけぼりの僕はどこへ。
今こそ最果てにリズムを合わせて。
この快感と共に、理想の追求?
追従していく未来たち。
かちかち がっちがちやないか!
幸せ積み重なる。
どきどき ぼきぼき ぽきぽきで
ロリロリ、 コリゴリなんだよお!!
ドリドリドリル、俺らの踏む韻、限界ナッシーふなっしー
でも電光石火の荒業で、
素敵なミラクル引き起こす。
それは
あの日種は交わりあって
僕はできたんだ。
そして産み落とされて全てが始まった。
この地に足を付けた時からずっと歩いてきた。
道は一つじゃなかった。
あるのかさえも分からない答えを探し続けるだけ。
ちゃんちゃんと理想に近づいていく。
転がり落ちていくように、スタートダッシュが大切なように。
飛び出す黄金の闇。
なんつーかケサラッピーな
ケセラッピー パズワーだね。
ガスは一番 チビ番号 ナンバーワン
まるで快感のワンダーラン
市に給うことなかれ、
君生きる。ここに旅立つ意味を問い続ける。
理想は壊され続けるから。
この温度、理想に近い理想の味、
瞬間いや一瞬の味!
記憶させる歪な俺のジェットコースタアア
タッチアップします。
アップアップします、で、プップップです。
面白リズムは一部に評判の悪さに自信ニキなので、
確実に天才を仕留められるよう頑張りマッシュ!!
金色のガッシュ、伝えたい方向に、
緻密に生きがいを求めた結果wwwwwww
これだけもれるだけ、とれるだけ、
見とれるだけ?焦がれるだけ。
恋い焦がれて死んでしまうだけ。
ぽっかり空いた胸の穴は誰がふさぐものだよ!
ぽっこんぽっこん、原点に返ってみるんだ。
ざっつらい、ざっつおーらい、
とにもかくにも頑張ることが最優先!?
もうリズムもどうにかなっちまいそうなくらい
どうにでもなっちまえばいいんだから!
伝えるクッタクタになるまでど根性で貫く。
思いっきり伝えることにしちゃえばいいぢゃん!
バラグライ、これぐらい?いやパラグアイーの腹具合??
むっちゃくちゃ まるでダンスチューン
転がり落ちて、でもヘキサゴン、ヘキサゴンで ユーウィルビーハッピー?
だからこそ信じぬける。
かまけだすことに成功。
そして生み出すレスポンスオバケェ~ヘ(゚д゚ヘ))))))~?
お化けのおかげでトカゲもあっちいけ!
かっちにげー
だっちだあっちい
で、ゴーゴートゥルーになっちゃう前に、
あっぴ、あっぴ、パラダイス、私が求めるガイダンス。
ダンスチューンはまだまだ続いていく。
楽しい時間を費やして燃やしていく。
その鼓動はどんどんあがってく。
未来に向けて距離は詰まってく。
呆れたってそんなの構わない。
その音が今僕の全てになる。
楽しむことで精いっぱい。
けっちょ、ブランコ、意味なく、サイハテへと。
買いかける。 でかけるバイに跳ね上げる。
飛び出すジャストメント。
数々のスルーアテンド やけんど
やけどに気を付けて!!
びびることなきライクライクとそのクラッカー?
踊り出したらファンタジーの始まりなんだ。
ファイナルアンサー?そう改革なんだ。
ざっつらい、ざっつらいでおーらいおーらい
侮辱してんの?屈辱的な恋愛してんの?
見てんの聞いてんの、俺がほしいものは一体なんなんなんなの?
ぴょこぴょこ かえるぴょこぴょこ?
ひょこひょこ、日記を書いてる書いてる書いてる背中をかいてる
ざっつらい、それきっと間違ってないねー
とっもー!友達ダッチだし 合致したし
参った参った、できればそれを伝えたかったがちょっと待った。
理解度、超えてね?
やばいくらい、笑ってね?
転がっていく。転んで転げまわる。
本当のことが分かりそうな夜。
畜生道も突き進めは快楽へと続く扉となるからね。
置いてけぼりの君たちには分からない追憶の彼方から、
ぶっ転がされるほどの天才クォリティ。
神々しい生きがいこそが、レクサス、堂々とめぐるだけなの。
力強く立っていたんだ。
だから俺、もう悩むことなど何もねーんだ。
ちゃびって チョキってやっちゃってって
思い知ることもできなくて。
たまらずタップダップ
カップでがっぷりよつ、
再び笑う時までもがく。
飛び出したチャイニーテーブル。
混合されていく試される大地?
壊されてそれでなんになった。
堂々と巡りゆくならば素敵だろう。
思い知ることすらかなわないのか。
理解することすら距離があるのか。
素敵な未来にたたきつける挑戦状。
光線上 エッ(゚Д゚≡゚Д゚)マジ?負けたら何にもならねーぞ。
戦い、争い、なんかよくわかんない。
けどもビリビリボディ。つまらぬ世界で堂々とめぐりゆくだけだ。
ピサロ、ドレアム、シドー、誰が強いの。
加湿器、このお菓子付き。
トゥルース!叫びとおせばなんとかなるって思っちゃってるーっす。
なんだっていいけど、どっちだっていいけど、
明日早いから、僕は眠るよーおお
片付け大変ですね。思い知らされることも勘定に入れながら?
捨てられぬことも叶わぬまま!
届かぬ希望に毎日を歩いていく。
今日も歩いていく。だけどちょっと待って!
だけどちょっとまっちくりー!
かっちくりくり 意味を捨てた俺の強さっさ
サッサ、アチチ、イテテ、ピュー、ハテナ。
まさに素晴らしい適当さ。
ミュージカルが騒ぎ立てる面白さがあるよね。
不思議と盛り上がってくるわけさ。
つまらなさに追いかけ続けるなら、素敵だね。
思い知るということは、あのポッポみたいな強さがあるよね。
痛い目にあうから嫌いなんだ。
捨てきれぬ可能性?
さあ飛ばそうぜ夢飛行機!
かっとばせー!らいらい!
無茶苦茶でぐちゃぐちゃな
嘘とワンダーランドにようこそ!
快感のワンダーラン
マイアンサーナンバーワン
だからこそ捨てきれない影響も、
生協で買ったイメージも、つぶされた永遠も、
鼓動が更に高まらせていく永遠っちゃびー
面白さっちゃびーですよ。
しゃっぴーですよ。
ガスでやんす。バス乗るでやんす。
一生ずっと文章書いて痛いでやんす。
ぱらっぱらー!!
踊り始めたファンタジージェットコースタァ♥
だっちゅーの♥
プライスレス、踊りだしたらエンジャアアアアアアアッジメント
そこに迷い込む。とろけだす脳!
忘れたなら思い出して。
ふざけたことも教えないでよ!
全部消えてしまってしまわないでよ!
ぴょこぴょこ、ぽっこぽっこりーん!
ぴょーんぴょーんwwwwwwwwwww
かえるさんぴょーんぴょーんwwwwwwwww
でも楽しさ ガッツがないとね。いけないね。
とはいえ面白く素晴らしく。
試される大地と生きがいの炎が吐く風が。
看護婦の声が遠い。
ずっと永遠を求め続けた結果がこれだよ!
バッシュバッシュなばっするーむ
ふざけた言葉、エンドレシュ
体中がかすむ地上の絵。
へーへー ワッツクライミング
天才は踊り続けるぜ。
そんな彼らにだって夢はあるぜ。
飛び出す可能性?いっそそうしよう。
清掃しよう!瞑想しよう!
伝わる元気とアレアレー?コナンくんあれあれー?
だから言ったじゃまいか!
ないかないかでエクササイズ?
伝えることすらおろそかな!!
そろそろ天才的に踊ろうかな!
ふざけた俺たちミステリーワールド、とっておきの
とっておきをぶつけたファンタジージェットコースターを
見つけたから、転載、天才、もういいんだよ!
検挙、理想の超越心。
それを失いたいと思うほどさ。
だって意味のないぶっちゃけぶっちゃけるとーーーー
ルート3の影響力ルート3点の
10センチの背伸びをガラスの靴に変えてください。
精一杯輝くーかーがやくー
飛び出したちょっとえっちーチャットモンチー
プライスレス!ゴーカート!
ブラストオーケー?君たち憎しみたい?
一発屋の根性リクライニング!
素敵がファイナルアンサー問いだすぜ!!
問いただすぜ!ギャグマシーン 君といると本当に楽しいよ。
ってな空気にさせるやつばっかりでも!
ぽっこぽこりん。ふざけたっていいじゃないか!!
積極性があって皆無だね。
伝えることすらアホらしいほどかい?
無茶苦茶なミュージックが今も君を。
大切な記憶を洗い流しながら。
壊してくれるから今はもう、何も言うことがないのさ。
ぴゃへー!ぴゃへー!
クッキング グッドラック
てめえらに伝えられるわきゃねえ!
ただしその短い文章で俺は稼ぐぜマネー!
バブルがはじけて俺の夢も弾けて
エッ(゚Д゚≡゚Д゚)マジ?避けて マジマジマジで
マジで終わってるんるんフェスティバル、
究極 うろたえる俺たち。
うまくいかなくなったら話し合えばいい。
集まれば文殊の知恵やで!
関東地方デストロイイヤーズ
素敵な申訳の意味のなさだぜ。
体中が、逆らう腹立つ正勝
さかだつ ばひょー!バヒョーもどうにかなっちゃいそう
どうにかしてどうにかしちゃおう それで満足するなら消えてしまいたい
ルックルックに地上の星?
エンドリピドー!リピドー!で
天才育まれる かわいそうなかわいい子供。
ロックンロールはストレートで素敵で無敵。
ぐう畜ダッシュで天才エンドレス才能応援歌。
無駄口たたく俺こそが永遠
永眠望む君こそが再選
回線 ぶっ壊れそうなほどの、
ミュージックシーン しーんとしながら
ほひょ、ほひょ、ほっひょっひょ
的なラバーズ がったんがったんっす!
俺の感性とあまりに入れ違い
切れて誓い司会にいないか
見ないかここ とことん笑わせるミュージックにされたいなら
されていいんじゃない?
めっちゃー どっちゃー 正論正論。
バイスパス、ガイスパス。ほとんどは意味ない文字の集合体
ぐっときたこれ!これぐっときた!
辟易とするこの社会にも!
狼狽えることなき 武蔵宇三が偶像
するぞう やばいぞう あーあひー
テキーラー 俺ったらまたやんなっちゃってやんちゃやっちゃって
バスガスバルバル
ブルーハーツ ガス爆発
サザンオールスターズ ひねもすひねもす
ただし意味なき ファンタジックファンタジーライン?
コイントス、未来を追いかけて、追いかけて、貫くディフェンスと
大きな穏やかなエベレスト?
経験上は誰もがトリコになってしまえるような、
素敵な快感に酔いしれたなら、
快感に溺れていく。こぞって
酒池肉林の神羅万象だから!今しかないから!
てめえの話に付き合いたくないやつ
インザハウス!取り戻せ恋の歌!
青空に隠している。手を伸ばしてもう一度。
かけがえのない、
酒がえーのーーーーー
マジかえーい かえーい
つぶらグララ メルヘンとグレッテル
グラッテル ぐらって終わってルンルンふぇすてぃバリティ
なんかよくわからん変換状態
関東大震災におびえてこの通り。
ずっと続くかに思えた素敵な魅力がファンシーでチョコレートで
素敵で食いとばす
栄光と影響力?
死なない程度に頑張りな。
心のカギだ。ずっとクソガキだ!!!!!!!!!!
バッキーもバッキバキの腹筋 ベッキーみたいな便器になるべっきー
たまらずチャレンジ要求
健康体、エベレスト、追いかける俺たちの超越心と拒絶心
脳内混線 ドープ、ドープなミュージックに閉じ込められるぜ。
置いてけぼりろりん、 わかってるかこの情熱と
シンキングスカイハイな 素敵な痛い痛いとなく夜の。
素敵なファンシーマシンガン。
伝えることできりゃこれ幸い。
驚かすことできないなら こんなもんはいらない。
素敵にマッチング 合致してるんるん
ただし面白さだけは方向性が変わっていくままに。
驚かせる?空間をワロスで満たし始める?
交換条件といこうか!
願ったり叶ったりと行こうか!ノーダウト!
だから伝えまくるぜ 楽しい世界観!
ずっと永遠がループしてくれるから。
崩壊リズムに伝わって興ざめだ!ハッピー展開力まで
何をとっても素晴らしすぎるぜ!
この回線条体、
ずっとずっとエンドレスに求めていくことに異議なし!
道のりファイティング?だんだん雑になっていく感情と、
見逃さないということができる爆裂する可能性と。
ベイベー、フルメタルパニック??
空間、爆裂 楽しすぎて脳みそ破裂しそうな空間だけが、
ばたばた走るバタコさん。
だけどそれだけが僕の楽しさなの。
驚かせ型なんだよおおおおおお
つまらぬことばかり。
裏返すとすぐに境地、見計らっては土つかずの
未来に踊り狂っている状態に。
記憶してる限り楽しい実態に、
きょへー!きょにゅー!
でも堂々と生きる俺たちの超越心、
堂々とめぐり堂々と吐いて、
感動を根こそぎ持っていく形に
身が震えるように、
壊れるように、驚くように。
壊されるように、ぶっ壊すやつ?インザハウス。
願いましたよ 誓いましたよ
メロディックラインに素敵なファンシーが生み出されましたよ。
食いつぶす?ハテナきオワターランドに誓いを立てながら。
みんな切磋琢磨して頑張ってきたこの一大舞台。
突飛なミュージック、シジミ行為で
堂々とめぐり堂々と吐いて どうどうと煙る蒸気機関車だ。
それ好きね。大好きだね。
思い知ることを知ったからね。
ぶち転がすぞ。経験値、めっさつ!
偵察!警察!察してください。
お察しください。
で、ぴょへーはどこにいったの!
もうへーへー言ってるの疲れっちゃびんなの!?
究極が音を立てて崩れていくけれど、
その素敵さとは程遠い未来。
ミュージックの彼方から伝えまくる
存在に気付いた時、
私の中で私という人が生まれたの。
だから大切にしてきたんだね。
バイアグラ、申訳なさ。
とどろくずいずいずいっと生み出す
この満たされた環境の中で、
追いかける。別に悲しくないさ。
ただ驚きに満ちているだけだね。
知ってるよ。私はなんでも知っている。
なんでもは知らないわよ。知ってることだけ。
私は知らないですよ。アララギ先輩。あなたが知っているんです。
実際何も不自由してねーんだ。
このままいきたいよね。
それだけは確かに感謝できるだけの。
パワーを持っているからね。
むちょっむちょっ ヘイトソング
何か思い出しそうで怖い心
ぱへー。ぱへーな スタイリッシュが
動き出すぜ!華僑だな。
昨今の日常、生み出した言葉のナルシズム、
君の言葉も海に沈む。
お前のグレイトフルデイズも今日まで。
フィーリングハッピー?
驚かせる口々にはみだされる
動きィイイイイイ?????
完璧すぎる魂の叫びこそが永遠さ!!
このまま尽くしてやるぜ!永遠にな!
面白いこと、続きますように、
願いよ、また叶いますように!?
ふざけてても、ノロマのままでも、
アロエのヨーグルトだろうが、
パラダイス、石列 関駅
ああ、晴天の霹靂。
面白い世界に堂々と生き続ける。
聞き続けるその音楽。
夢で逢えたらいいな。
ぽろぽろ素敵なファンシーチョッコレート??
おばい やばい なんか意味がこんぐらがってる!!
飛び出してる!栄光の風に吹かれてる!!
やばいくらい幸せになちゃっちゃっちゃtってる!
素晴らしき、エレガントな宇宙人。
滞る天才児。
渡しませんよ。私の宝物なんだからあ!
歌声、ラッキーなスタイリッシュ、
見た目大事にする君たちに声かけたい。
ああ、どんだけ素晴らしい世界だよ!!!
ハウワンダフルワールドだよ!
大切なのは前に出る姿勢?
屈強なディーフェンス、ディーフェンスの陰に隠れ、
猛獣の背に乗り、盛大なセレモニー?
歌いだす勇気を鼓動として、
伝え始める俺の有機物質?
全身で浴びなミュージックとともしだす影響!
提供生協 めっぽう打ちまくる方。
藤堂 堂々と もうどうしようもなく
行動、 騒動起こし 超動機。
困ったときはオウオウの韻でなんとかやり過ごす?
大したことはねえが、伝える意味もねえか?
飛び出すワロスと可能性!!
うっちょっちょっちょだぜ!
それも必要な時間だったんだなと思えば!
素敵なホライズン、素敵無敵な
このこんぐらがった世界中にまき散らす華々しい花散らし、
まるでマキシマムザホルモンのように
意味が分からないこと怒鳴り散らし、
果ては洋楽ラップにはまりこみ、
もう素晴らしいくらいに夢中だねって。
どんな顔して言えばよろしいのですか?


(17:12)
それを伝えるために、どれだけの人が
どれだけの時間をかけ、どれだけの犠牲を伴ったかお前に分かるか。
遠い遠い心の向こう側。
ずっとずっと天才は願い続けてきた。
無理やりにでも伝えたかったんだ。そういう音楽があったんだ。
そのクォリティを失ったら意味がないんだ。
滞る俺のフランストレーション。
綴る次へのメッセージ。
片付く美しさ、メロディになって消えていけ。
そういうもんだ、伝わるなら結構だ。
それを楽しめるかどうかにある。
焦燥混乱不安定破壊
放心絶望喪失嫌悪再生安定を
繰り返し続けてる。
難しい影響力と、動きまくる声の狭間で、
綴られるメッセージに声をあてがったなら、
面白さは常に狂ってくれる。
何かを思い出したように繰り返されるなら、
滞る痛みと、面白さの果てに。
ミラクルを引っ越すほどに、
飛び立つことができるなら、
なんだかよく分かんないけど
面白さがあるんだ。
ずっとずっと、天才的な
温度を高めながら、
綴られる続けるメッセージ、
行動にしてシンパシーにしていきたい。
言葉を吐いても吐きつくせないんだ。
旅立ちなのだ。
大好きな風。何を求めるか、
結局子供も大人も快楽を求める生き物であることに、
変わりはない。
子供は少し特殊なだけだ。
子供の心を持ち続ける俺は、
色んな空間を、未来を見続けてきた。
理想は壊され、未来と飛ばされる。
この空間に、未来が伝わっていく。
理想と伝説を、壊し続けてくれるなら。
凄くデリカシー。驚くほどのキャパシティ。
つまらなくもない世界だ。
驚かせるならまだまだだ。
伝えてくれるから、驚いてくれるから、
今という未来が存在していけるんだ。
地球は太陽の周りをずっとまわってきた。
ぐるぐるぐるぐると馬鹿みたいに46億回も。
俺もそういう生命体でありたい。
つぐむ口。大らかに飛ばすエネルギーなら。
飛ばしまくる影響力。
考慮して怒涛のパシフィック。
驚かせることもできない。
戸惑いつつも、驚きつつも、
この混沌とした未来が分かる。
誰かの元へ向かう。
果てしなさを教えてくれる。
それを終えて、やっとやってきてくれたんだ。
理想が、越えられる境地に、結びついてくれたんだ。
理解できる距離にやってきてくれた。
様々な情報が、僕を育ててくれた。
だからこそ勢いを持って、突っ走れるんだ。
それだけが生きがいだった。
それだけが真実だったんだよ。
だから蹴飛ばすように、毎日を繰り返す。
送り返すイメージと、
奏でる次のリズムが現わしてくれる。
少しの眠気と、痛みを抱きながら。
それでも楽しさは終わらない。
素敵な話だとは思わないか。
この混同されそうな未来に、生きてみて何を思う?
続く、イメージ。片付かない宝物。
僕の歪な歌声も、何度でも伝えられるように。
釘宮、惜しい人材。
クライマー、どう生きるか。
閉じ込められた。結果的に失ってしまった。
そういった、全てに変わってくれたんだ。
だから大切に思えた。何度でもね。
無限です。から困るんです。
鏡に鏡映る鏡。
メロディは動かされるままに。
滞るフランストレーション。
イメージを突っ走り、まだ君に夢を見せるのかい?
続く伝説に、少しは期待できるのかな。
置いてけぼりの僕達は、また旅を続けるのかな。
追いかけること、形なくして、
でもいつまでも、乗り越えられるように。
続くパシフィックな夜に、
疑いなく晴れた空に、希望をあてがって。
夢を見て、夢を食べるんだ。
理解不能でもおふざけ好きでも猫はかぶらない。
怖くて怖くて仕方なかったんだね。
何も考えられない。もうこれ以上思い出せない。
だから力強さで圧倒したんだよ。
つまらない情熱に、動きを合わせるように。
食いつぶすように、イメージを、世界を駆け巡るこの幸せを。
叩き上げて、ミステリー、危険な地帯として広がり続ける。
なんかでかいイメージを持ってた気がする。
なんか不思議なんだ。なんかとっても。
思い出すだけで不思議なんだ。
食いつぶすことに、はいいいえは唱えられない。
いずれ、面白い世界が始まるだろう。
綴られる次への言葉。
外は雨。くるっとまわって、次々と現れる空。
危険地帯、追いかけて、追いかけていく。
君なら、どんなふうに笑ったんだろうか。
雨のあと 生ぬるく、
涙も分からなく、
なんか適当なこと書いてるだけ。
なんか好きで、どうしようもなく楽しくて。
それが勢いを増していくだけで。
本当に希望を求めてきたように思っているんだよ。
この空間、笑えるくらいの新感覚なんだ。
つまらない情熱、俺は何を願ってきたのだろう。
ずいずいずっころばし。
なんか不明だよな。
驚くほど、爽快だよな。
何を目指すかにもよると思う。
歪な混同、楽しさを続けさせる。
思いいずる場所にでかけた。
俺が生涯をかけて、やっと手に入れた宝物を
ばらまくんだ。この世界に。
幸せの種を植えるんだ。
それが俺の人生の使命だから。
何を得てきて、何を失ってきたのか。
全てが守られていく。
彼らだってそうやって生きてきたんだ。
俺は思い知ることになるだろう。
この自分の小ささに、震えるよりも、
大衆にチヤホヤされ巨万の富を得るよりも、
2歳のあなたを喜ばせたい。
難しいことは抜きにして、
それだけの価値があるってことだ。
人は忘れていく生き物だ。
何をすれば、大切なものが見つかるか。
全てを追い込むほどのパワー。
炸裂するダンスミュージック。
アホらしいほど楽しい世界に、見えた育まれたパワー。
風が明日を知っている。可能性を憎しみ合っている。
だけど僕はもう少し見ていたかったな。
あなたの楽しそうなその笑顔を。
何もかも失い、適当な、
感覚が、本音を転ばせる。
俺はあらゆるもの、あらゆる勢力も味方につける。
怒涛のパワーで炸裂していくんだ。
大切なメロディ、感じるままに生きることのできぬ
悲しみか。驚きか。
実際、そういう境地に達したんだ。
何も疑う余地なんてない。君が泣くことなんかない。
大切なことは何か。教える為にここにきたんだ。
意味不明な世界にも、僕に対する痛みが繋がって、
僕を壊す。僕を壊し続ける。
どこまでいけるだろう。
果てしなく広がる空、
不思議と思いコントロールできなくなる。
その場面に至るまで、夢を見せてくれよ。
不思議な世界を体感させてくれよ。
俺は夢の世界に飛び込むんだよ。
風になり、吹っ飛ぶクォリティとなり、
空間は壊れ、続くメロディに、明日を求め始めるんだ。
何を求められるのか。
信じた果てに、何があるのか。
知りたいと思える。意味なく笑える世界に会いたい。
究極な未来。サイコティックに描きたい。
続く、綴られるメロディ。
そこに道筋を狂っていこう。
これを手に入れることのむずかしさ。
栄光と影響のあるまじきか。
怒涛の反撃、俺達を任せるエネルギッシュなパワーか。
何を求めるかにもよると思うんだよね。
実際俺達頑張り続けてるし。
ここに配置、堂々と巡る境地。
無駄に頑張り続ける同志。
怒涛の攻撃?いっそ、オーライオーライしよう。
食べつくす感覚。取り戻せるか。
楽しむことに釘付で、覚えてる自分の面白さ。
辛くあがっても、問答無用さ。
驚きまくれるか。
完全に参ってる。怒涛の世界で迷ってる。
ひたすら飛ばしていくしかない。
それが素晴らしいものだったとしても、
関係あるか。この鼓動のまま突っ走りたいのさ。
エイトビートにクラッシュアワーさ。
それを認めてくれるから、俺は大好きなんだよ。
記憶違いで、思い違いで、
怒涛の反撃?記憶する俺達を馬鹿にしていく。
ギリギリのプレイでどうしようもないくらい。
ひたすら勝負かけるしかねえな。
驚かせるつもりも勢いも楽しみもねえな。
怒涛の元気の、理解を越えていくスピードの、
そのさらに真逆を行く。
ある種の完成を見た瞬間、
踊り続ける炎に石油がばらまかれた。
俺は誰かを幸せにできるだろうか。
意味もなく笑ってる俺達、
そんな風に曲がってしまう勢いだから、
綴られる次へのステージへと。
吹き飛ぶ可能性もあてがいながら、
綴られる次へのステップか。
驚き、感じすぎず、道のりを越えていくことが、
意味ある素敵なハッピーワールドなんだ。
本気本気で一体 目の前、白く光ってる。
だから面白いと思い続けることができるんだ。
素敵なファンタジックライン。
飛ばすエネルギーに片付くのなら。
楽しみにしていたものが崩れてしまいそうな時。
思い出せそうな歪な塊だ。
大切なクォリティを守り抜くんだ。
大切な馬鹿げた炎だね。
完全に思い知ってるから。
幸せすぎる。というか、俺どれだけ脳細胞
コントロールできないほど騒ぎたてられただろう。
こんな風な、喜びを分かち合うことができる。
きっとまだ、限界なんてこんなもんじゃない。
こんなんじゃない。
理想像、自分にできるだろうか。
少しだけ悩みつつ、
次の世代に送る元気と、
俺のパワーを吟味して考えろ。
ここは途中なんだって信じたい。
そんなビジョンと道連れにして・・
カーラジオもなくそしてバックもしない
オートバイが走る。ただ君のぬくもりを、
その優しい体温を この背中に抱きしめながら。
なんだか懐かしい気分になるんだ。
不思議と、願えば届く気持ちになってく。
誰も笑っていやしない動物園。
感動的に汗ばむ。キリキリマイだ。
敷居違いならば、怒涛の動きで捨て去ってくれると嬉しい。
この道、綴られた俺のヒッチハイク。
信号を道ずれにしていく。
オートバイが走っていく。
風に巻き込んだパワーに、
置いてけぼりの僕を連れて行って。
やっぱり楽しいのがいい。
押し殺すの、よくない。
ずっとずっと言葉を跳ね続けていたい。
理想を越えて壊していきたい。
理想像、宇宙がぶっ壊れるほどの。
大したことのない痛み、
記憶が馬鹿にしてくれる痛みが、終わりなき旅だ。
ずっと、天才的に記憶しているがどうだろう。
書き残そう。素敵なベイベ。
本当にうまくいっているという実感。
遠く、遠い世界から追いかけてくるものがある。
大切な記憶の、そのサイハテに、
記憶の前段階、
面白さの面白さ。
僕は・・笑いかける。
未来を纏う、
君に語るその時まで・・
なけなし、フリーダム、それでも越えていく力強さ。
俺が何を求めているかという、
不思議なほど本当に退屈な時間を、
越えてなお痛みにかえてなお。
潰されても意味ない未来を壊し続ける。
理想を思い続ける。
問題は脳にどう作用するかだろう。
言葉を知ったなら、僕はどうなってもいいんだ。
素敵さがホライズンだね。
このメロディと共に、歩き続けたいもんだ。
記憶が僕を馬鹿にする。
実質的に俺が会いたかったのはなんなのか。
必至でこぎつけようとする力。
暴走する僕、妄想する感覚。
逃走して、隣人と抱擁して、
気後方、力強さなら確かめるように。
お天気がすぐれない日は、
たまにあう。からかいあう。
なんだかとっても幸せなんだ。
何を求めたらいいのだろう。
何を信じれば、どうあがけば。
問答無用で走りだす。
結構頻繁に動かされるフィールド。
値千金の逆転ゴールだ。
その節々が、痙攣するように、
痛みだす炎に蓄積するように。
干渉罪、痛みの歴史、
壊す魂、私が望む方向へ。
何を求める。あなたは歪な構造を持つ。
素敵ってファンシーだよね。
君の脳内でも会話は成り立つ。
とろけそうなチャットモンチーだよね。
これが下りてきた魂の炸裂する行方か。
カツカレー食べたい。
理想像と真逆に動かされる移動するパワー。
何もかも、失うことができるのか。
暴走って、なんだっけ。
君は面白さの果てに、何を見る?
究極的な未来に、
ずっとずっと追いかける馬鹿らしさに。
コミュニケーションの意味のなさが僕に語りかける。
だから、楽しい世界、僕は選んで生きて行っているんだ。
ずっと、生い茂るジャパン。
輝かしい功績を残したまえ。
それを認められないのか。
体中が脈を打つように、
正しさがぶっ壊れるように。
試されるこの空間。
理想とぶっ飛ぶ破天荒な果ての無さ。
クォリティだけが突っ走っていく。
それをわがものとするために、
びびる自分達を踊らせるように。
健康状態、今、キミなに。
次の段階へ進みたいんだ。
涙こぼれおちるような感動?
無茶苦茶だな。そういうことにしておいてやろう。
じゃあ、俺の言うことをちゃんと聞けよ?
未来は、どれだけの価値を解き放ってくれるだろうか。
この距離が物を言うなら、
素敵さがキラリと光ってくれるなら。
歪な感情、道徳の真心をこめて。
理想像、豊かさの未来に、会えたことにまず感謝、
理解できる距離に存在できる。
楽しむことが第一だ。
そりゃ規則や常識も大事だが、
何より楽しいってことが大切だと、
俺は思うわけですよ。
誰かに勝って喜ぶんじゃなく、
自分を誇ることを喜べ。
分からないかなあ。
つまりだな。
でもなんちゃってチャットモンチー。
何を訳の分からないことを・・
真実は理解できる範囲にあるのか?
その怖さを知っているつもりさ。
飛び越える意味のなさすらも、追いかけていけるんだ。
なくしてしまっても、それさえ始まりなのさ。
何を手にしたら、君喜ぶ。
その素敵な声、木霊する。
ロックが壊されるように、今君を見つめる。
静かに音を立てて崩れゆく信頼。
何かを求めたらサラバ、終わりなき旅へようこそ。
希望が、わがまう。
道頓堀で、見つけた最高の幸せを。
できる限りのことを。
理想像、豊かさに、君臨できるかな。
無力感、踊りだすファンタジーに、
記憶を見せつけながら、戦うんだ。
理想、壊れそうでも何かが生まれそうなんだ。
ただしさを誇り、思い知り、食いつぶす。
不具合、レスポンスする道徳。
鼓動が孤独を呼んでいる。
君のなけなしの勇気は何選ぶ。
さあ、最果てへとたどり着こう。
我々の未来はすぐそこに迫っている。
我々の望む場所へ。
我々の豊かな幻想へ。
突き進む時は近づいている。
少しずつ夢は壊されるように。
大切な、記憶を暴走させるようだ。
理解の埼玉、ザッツライトだ。
発明家の遺伝子が、駆け巡る。
それぞれの痛みの中。
何思う。
何感じる。
未来は出来る限り滑稽な姿に。
飛び出す感覚を、必要性と共に吐き出してくれる。
実質的な呪いだ。
うわあっていう具合に、楽しい世界になりますように。
冷水浴びるように。
素晴らしいメロディのまま、突っ走れるか。
この鼓動と一緒に、潜りつつ。
エンドレスな日々を、続けさせてくれるのか。
どうすれば君は気付いてくれるんだ。
どうすれば分かってくれるんだ。
その声、全部自分、だけど自分だけの命じゃない。
イコールじゃない。徐々に溶けていく現実世界。
我々は何を望んできたか。
一目瞭然じゃないか。
捨て去ることなどできぬ。
面白い、まだ白い。肌を蓄える。
つまりだな。栄光を捨ててまで、
手に入れた影響力?
なんか面白くねえよなあ。
なんかつまんねえよなあ。
飛び出す健康的が、
ぶっ壊れる。
大して面白くない世界に巻き込まれていく。
正しさとは何かを教えにいくように。
大したことのないパワーをまた蓄え始める。
ロックンロールに打ちのめされるように、
ただ宝物を抱きしめていられたなら。
続く、メロディ、引きずる音も確かに。
記憶していく馬鹿らしさか、
真実との距離か。
理解不能、偵察できない程度の理想か。
奏でるリズム、面白さの果てか。
永遠にビートされていく
素晴らしさを手に入れた。
だけど考え方によっては、色んな考え方ができると思ったから。
ずっと我慢を続ける。
続けて結構アホになる。
なんかよくわからない
天才が踊り続けるように、
分からないフラッシュに巻き込まれるように。
スタイリッシュに動いていくんだ。
意味が分からなくてもそれは確かに希望をくれる。
何が起こっているんだろう。
俺の胸を浸食していく希望。
自暴自棄的恋愛の果て。
死亡事故の謎。
数えるほどはいない天才。
繊細な心を持ち合わせた。
度胸と愛きょう、
理解不能な悲しみか。
それは越えていく。
飛び出す栄光を逃げ出さないように。
結構頑張ってる方だとは思ってるよ。
あらゆる方向から手に入れたいパワーがあるんだ。
素敵なエンドレスが伝えてくれるんだ。
記憶と共に、理解を越えていくように。
色んなメロディなら生まれてきてくれた。
何を求めてきたか、分からなくなる時、
ちょっと手を貸してくれた。
それだけでとても嬉しかったんだね。
吸い取られる気分だよ。
じゃあ、なぜ我々はもがくのか。
こだわるのか。
理解しそこねるよ。
時代次第な海に逃れても。
くだらないかい?
これが俺の戦闘だよ。
つまらないことにしたい、
弱卒くんに挑戦したいんだ。
ノックアウトステージにおける。
実在するファイターだ。
壊された可能性なんだね。
何が天才を掘り起こすのか。
魂、ぶっ壊れるまで守っても、
結局かわりゃしない。
いつまでももがくしかない。
それを知ったからには、
もう暴れることをやめないつもりだ。
跳ねない扉だ。
それを得てきて、得手不得手も知って、
理解しまくる力を馬鹿にするようだったら、
今すぐ天才を呼び起こしなよ。
くだらない、動かない。
だけどそこへも到達できないのなら。
あのさあ。天才がさ。
じゃあどうしろっつーんだよ。
色んな考え方を引きずって、ここまで来たんだろうが。違うか?
思い知るには、あまりにも血を流し過ぎたのかもね。
そういう、ふざけたことを言うのが得意だね。あなたは。
時代は流れていくんだよ。それは分かるよね?
浸透してくれば、そういうことも考えなくちゃかもな。
だったら今すぐ叩きつぶしてよ。
あの人の上に立ってよ。
僕の歩く道なんてさ。
到底取るに足りはしないなら。
言葉の連鎖反応、楽しけりゃ何よりだ。
そのリズムが俺を狂わせる。
大切な記憶、メロディズム、
天才的な矛先、
人を幸せにする圧倒的な力。
何を求めても手に入らなかったものだ。
ずっとずっと、求め続けてきたものだったから。
逃れる勇気も元気もない。
けれどやる気を出すしかない。
思いっきり、吹き飛ばすしかないんだとしたら?
可能性は窮屈だが存在しているんだ。
理解できる程度の。炎になる程度は。
苦痛に負けない、大切なクォリティに負けない。
不思議な行動を取っていく
馬鹿らしいほどに、ストレートな質問だ。
思いっきり黙るパニック。
ロックンロールだね。
このアホラシサだけが、
真実を見抜いてくれる。
あらゆる点がおかしかったんだね。
伝えることすらおかしいはずさ。
なめくさっても意味がないからね。
飛び出す影響力か。
盛り上がるだけのパワーを持っているのか?
そんな行儀のよくないパワフルは、かしこまりーだよ。
疑問的に、何度でも作らせる。
驚かせることなら単純だね。
憎しみ大会の始まり始まりだ。
クォリティだけが錯綜していくんだね。
柔らかな体温に触れる時、
心は天空を飛んでる。
再び笑い出すまで、止まらないつもりさ。
夢中になりすぎて、目がやばい状態に?
希望自暴自棄的恋愛の果てさ。
意味のない行動、美しき呼吸法。
憎しみ握りしめ、新たな地点にたどり着く。
やがてたどり着く。
難しくても、これが俺のやり方だ。
逃がしはしないのさ。
素敵なフィールド、王子に慣れずじまいの蛙みたいだ。
危険BPMだね。
記憶してくれるから、歪な根性守れたんだ。
真実との戦いか。
理想像、クォリティだけを置いてけぼりにしながら。
素敵にファンキーモンキーベイビーズだ。
あほらしさまでそっくりだ。
ずっとずっとエンドレスを求めているみたいだ。
俺を身尽くす素晴らしい世界を。
発見の発見のそのまた大発見
奇跡の中の奇跡の中の奇跡で、俺は生まれてきたんだよ。
つまらないことを呟いてしまう。
黄金の右をもらってしまう。
頂けない戦い方だね。
俺はあらゆる術を身につけてきた。
いまさら何を迷うこともないさ。
大切なクォリティだけは意地でも維持しながら。
追憶の果てに、心の果てを見たいんだ。
力強さの果てに、未来を見たいから。
時間がかかっても、いいんだ。
最高なんだ。伝えたいんだ。
再び辿りつく。
その日まで願い続ける。
ゲームのやりすぎだ。
テンポが悪くなったな。
クォリティ任せで、置いてけぼりにされた気分だ。
何を思えば、ここまで到達できるんだ。
ハッピーなこと、ナイスなことをアゲイン。
期待されていることも吟味して、
プリーズアフターフォローだ。
大切なクォリティを失わなければ、
なんだってできる。なんだってやれる。
その頂きに、立ってなお立ち続ける勇気を誓いたい。
だから、願うことだけはいつまでもやめなかった。
理想が邪魔しても、影響力壊れても。
楽し過ぎて、おかしくなりそうでも。
クォリティ、忘れないままに、
突っ走る俺がエデンだ。
光り輝く未来と、
それを理想として巡り行く
ストーリーの違いだ。
セレブリティ溢れるプンプクプンだから。
やべえ。楽し過ぎる。
やばいくらい楽し過ぎてあほらし過ぎる。
ミュージック、止まりそうにねえな。
驚きももの木だよ。
ザっつらい、ザッツライthe つらい
苦行のような夜でも、
素敵な未来、勢い任せでも。
幸せがどこまで続いても、
分かるもんか。分かってたまるもんか。
驚きつつ、轟きつつだ。
思いっきりぶっ飛ばす栄光と影響力の風だ。
大切にしていた記憶を、
イメージしたままに突っ走ることのできた栄光を。
体中で刻む。
理解できる遠くの場所へ、
かなり動いても分からない世界へと、
羽ばたいていく感覚になる。
飛び出したところで、失える価値のない。
戦いはすでに始まっているのだ。
記憶が僕を疑い出す。
勝利の時が訪れるんだ。
近い将来、動いてくるだろう。
めがけて踊り狂ってくれるだろう。
発言に重みがなくなる常日頃。
荒唐無稽でも追いかけていった。
大切な憎しみ肩、
ディふーフェンス、
ディーフェンスの体中の鼓動。
さしずめ面白さの果てか。
ミュージックは次に何を求める?
勇気ある者は裁判を待つ。
期待値、あげたところで何を得る?
その果てに何を見るんだ?
影響力、ぶっ飛ばしていきたい気分だ。
壊されても、栄光を感じる馬鹿らしさだ。
伝えることのアホらしさか。
踊り続けるファンタジーと、記憶だね。
記載された事実。追いかける歪な感情。
行動と共にリスペクトされていく。
実情かかりそうなメロディだ。
楽しさがリクライニング、しているんだ。
追いかけること、馬鹿みたいに続ける。
理想とは何か。あがめるとは何か。
どこにそれは存在するのか。
その全てを知りたいというのか。
結局何にもなっちゃいない。
苦痛だけ残り、最果ての孤島。
堂々と巡り、堂々と読んで、
次の時代へ先送りしてくれるから。
私、ずっと我慢してたんだよ?
っていってもキリがないなら、
私の方から、「サヨナラ」
続けさせてもらうぜ!
堂々と巡らせてもらうぜ!
記憶が消し飛ぶほどさ!
戦い出す。呆れだす。
面白さが爆発しだすんだ。
イメージゲッツして、
天才的なメロディに横たえたなら。
始まりは空間のレスポンスワールド。
記憶と違う努力が実る日だ。
大切なクォリティが見えてくるだろう。
そういう全てに、今はなってしまっているのかもな。
ちまちまレベル上げ。
そこに大した意味など感じないしかし、
堂々と巡り、堂々と吐いて、
堂々と霞む蒸気機関車だ。
無駄口叩いてる奴らにちょっとだけチェケラッチョ!
動き出したらそれ最果て。
希望が願うように、きらめく様に。
願い始める器となり、
飛びこめるかってな判断の話さ。
とにかく俺がいるうちは、
壊されちゃ困るというわけだ。
色んな思いがあるのは当然だろう?
希望が失われているわけじゃないって話さ。
クォリティを待ち続けるのなら、
その答えを記す必要だって出てくるわけだ。分かる?
わかんねーだろうなあ。
適当、めぐりくる。
ただ痛さは共有されるから。
この魂の送りゆくままに。
届かぬ矛先と影響に。
何かを求めてさらに探し続ける。
プレシャス、プリーズ、
踊りつつファイティングポーズ。
欠かせない痛みなら、俺が続けてみせるさ。
行為同意しちゃったんだ。
理解不能ならそれが正しい道のりだろう?
くたばるなら今がいい。
伝えるという行為自体、すごくおかしなことなんだ。
伝わるんなら嘘がいい。
その闇を見る姿勢は、僕はあまり好きじゃない。
さあ飛び跳ねよう。暴れまくろう。
カモンベイベー!
が炸裂していく。
問答無用で真っ白な世界に落とされていく。
償いだろうか。
本当にそうか?
期待値以上、加算する地上絵。
面白さとストイックな未来。
地層からさらにブートアップされていく。
色んなことを考え始める。
問いかける、次への段階的注意報。
君のために世界は存在しているなんて言ったら、
君は苦しそうに笑った。
叩かれた痛みの故か。
あらゆる方向へ、耐え抜く力か。
置いてけぼりなのは俺がよく分かってんだよ。
理想と超越心、尊い犠牲もいとわない。
メロディ、自分達が一番よく分かってる。
考え方次第で、大きな未来が切り開かれる。
希望がおか、嫌が王にも
伝わってくるものがある。
理解できないことがある。
ふざけたフィクション小説のようだ。
コメディ映画でも見ているようだ。
素敵なファンタジー、漏れ出すようだ。
その意味が分かるか。
尊い俺達の痛みの合わせ方か。
俺と共に歩いていく決断を!
理解が不能になる程度の。
理解者達が踊り続ける。
常に次の段階、目指し続けるから。
理想と共に、とわに続くような。
恋愛のさなかにまるで自分の身を映しているような。
クォリティ高めにぶっ飛んでいく。
この求刑だけが、宝物なんだ。
ザッツライト、思い出すのも退屈なくらいさ。
大切なメロディならここにもあった。
大切なクォリティ、実質的に俺ができることって何よ?
本格派、歪な構造、どうしようとかわらねえ。
なら最初からオートマチック、逃げ出しちまえば大したことねーじゃん。
驚かせる必要もなかったかな。あはは。
だから叩きだすんだ。
究極的なオリジナリティ。
まあ無理やり強引に奪いに行くということだろう。
希望がなんだろうが、
今叶って、やっと辿りつけたんだ。
理想が、うまくいきそうで。
こだわらないことだな。
そこにはまっちまったら終わりだからよお。
ずっとずっと突っ走ってきたんだよ。
楽しい世界を影響させてきたんだよ。
そう、思い出せそうなんだ。
クォリティの問題で、突っ走れそうなんだよ。
この白い光景にもようやく慣れてきた頃なんだ。
何も失ってたまるかよ。
闇に戸惑って、今を生きる。
何かを失い、また埋め合わせをするんだ。
少しずつ僕は染まっていく。
領域的に、無駄に豪勢に。
僕は溶けていくんだ。
とろけるように、ナニカになっていく。
果てしない闇が、伝える次の伝説にも。
感覚的にはもう何度も。頑張ってきたはずなのに。
この眠気と共に。 
たまらなく、面白い世界なんだ。
つまり、どうってことない一部の興味。
きもい?うん、俺はきもい。
このまま喋ると、もっとひどい。 
なぜなら俺がそれを感じとったから。
状況はひどく劣勢 設計ミスだ。
ダジャレのできそこない、だがそれがライムなら
作られたショータイム、響き合いに応じるなら、
汚い裏側を見ることなく済むだろう。
負けることはない。驚かさないことだ。
理解できる距離に近く、ひどくびびる正解の世界が見えてくる。
そんなことはどうでもいいんだ、なぁベラミー・・
適当な歌い方が、挑戦的ラップを生みだすなら。
分裂を促す。天才的な記憶で。
暴走するように、偵察をするように。
記憶をごっちゃ混ぜにするように。
確かめる。歩き出す。
快楽の元へ。光りある元へ。
近づいていくんだ。理解をしているんだ。
君を見つめていたんだ。
記憶でヘッドセット、塗り替えるように。
試される大地の輪郭、
感覚もなくなりそうだよ。
楽しくなってきたじゃねーか。
思い知る必要がないというのは気楽なもんだな。
気さくにミュージックを轟かせる。
驚かせるエンジョイするミュージックだ。
片づけられない歪な塊なのかも。
大したことなくても驚かせるのかも。
伝えたいなら理解度をあげていくだけだ。
つまらない世界に行動を共にする。
時代次第でかわっていく前代未聞だ。
記憶していることが、堂々と巡り、ただ立ち尽くす僕の愚かさを。
記憶の馬鹿らしさを正してよ。
大したことのない人間だ。
たくましい鼓動とエンドレスな日々を追憶の彼方から。
ついていく俺の新しさかな。
何かが足りないと、ずっと思っていたんだ。
記憶する限り、おかしなことなんだ。
大切な未来は描けない。そうだったとしても捻じ曲げない。
根性がそこにはあると
僕は認めていたいよ。
だってそうじゃなきゃ、今とさよならは悲しすぎるでしょ?
大丈夫。僕はどこへもいけないから。
大丈夫。らら・・らラバイバイ。
本当は君がいなきゃだめなんだ。
ほら見ろ。バカは鼓動を増していくように。
お前本当にすごいな。
どうやったらそんな気持ちになれるんだよ。
大したことのねーまとわりつく勘違いする
歴史と戸惑う俺たちのプロポーズ。
だから面白おかしくしてやってるんだ。
難しい天才だ。大したことねークラッシュだ。
難しいエイトビート、壊れるままに、
生きることの難しさ。
でもその中でも、確かにつかみ取れたものがあるんだ。
だからもう負けない。負けられるかってんだ。
のろけファンタジスタでも、
希望が俺に戦いを挑んでも、
劣悪な環境に、
憎らしいほどのトップスピードで。
もういい加減に疲れたよ。
大分参ってきてるんだ。
大切な快楽も痛みですらも、
受け入れてここの舞台に立ったのに。
馬鹿みたい。本当にね。
天才的な記憶、そのままで突っ走る。
そのメロディの中にはあるのかよ心?
時間とともに、めぐりゆく物は存在している。
記憶がまた明日の扉を叩いている。
勿論堂々と持ち上がった状態で。
理解しがたいイメージのまま、突っ走る。
エンドレス、そしてジェットコースターだ。
記憶する限り素晴らしい炎だから。
記憶してくれるならナンバーワンだ。
飛び出す影響と栄光の力。
思い知るしかなくなった。
引き返す道が消えたんだ。
理解不能でぶっ飛んでいった。
どこまでも、駆けるように。
まるでどうしようもないみたいに。
記憶すること自体間違いだったかのように。
黄色く黒く、塗りたくられたいびつな塊。
だけど記憶は未来を映像として誇らしく。
輝かせる時代を暗示させてくれる。
大したことのない未来に、依頼。
なんか面白くねえよなあ。
いろんな範囲があることを知り。
ドーピング、適当に申し訳なく。
伝わる、どんどん、しがなく。
つまらないことだらけでも、
なんとかやりくりして生きてきたんだ。
伝えられるならそれ以上怖いものはないんだね。
例えばこのように、生まれた気がしなくても。
きれいな世界、閉ざされた未来と、
美しい世界を、影響として考えて。
マジ間違いないフィードで
感染する意味のなさ。
大切なクォリティを置いてけぼりにするようで。
だからそれがひどくむかつくんだよ。
だけど何をすればいいのかすらわからないから。
もがくしかないんだね。
そういう運命ならば仕方ないだろう?
なんだかヒップホップ。とってもヒップホップ。
楽しくなってきたならそれが合図なんだ。
記憶はいつだって僕にうそをつく。
何もない海岸にも、うそつきの木の実はなる。
だから俺は伝えたいのさ。
記憶してあげたいんだ、
そう、その感じだ。
伝わるエイトビート、クラッシュするまでエンドレスジェットコースター。
記憶してくれるならそれが一番だろう。
もう大切に思ってくれないのなら、
伝えることすら愚かだと思えるか。
音声トラック ブービートラップ?
食い違いが生み出すヒストリーがある。
絶滅寸前、消えてなくなる幅を利かせるミュージックがここにある。
伝えたい未来、記憶したい地雷、
嫌いなスタジアム、メロディは日に日に新しくなるばかり。
驚くほど何もない日々。
伝えることすらあきらめていねえ?
たまらずタップ 今すぐがっぷりよつ、
吹雪吹き渡るうめき声鳴り響く時。
おーまいがー 間違いだー
どうでもいいけど終わっていい?
カンタービレ 馬鹿にされ でもクラッシュ?
伊藤あやこ、幸せすぎて頭がおかしくなりそうなら、
こっちおいでーおいでー!
今日は子供に戻ろう♪
こっちおいでーおいでー
つまらないことなしにして笑いあおう。
それはいったいどういう気持ち?
なぜこんなに踊るファンタジー?
何をしたんでは遅すぎる。
記憶違いで間違いすぎる。
天才的に踊りまくりすぎる。
ファイヤーフォックス、疑いの羽を伸ばす。
できる限りのパワーを巻き起こしながら、
つかみ取れ恋の歌。
晴れ晴れしい、見せたくない部分はある。
必ず消し飛ばすように。影響考慮するように。
願いはかないます。
つまらないこと、堂々と言える根性。
伝えるためなら意を介さない。
ミュージックはとどろき続ける。
その結果的に生まれたものを理解するとしたら。
空間は俺を笑うだろうか。
申し訳なさそうにキミはダンスチューン、
吹き飛ばすまるでドラクエ3だ
伝えることが愚かさならば、
僕の意味が仮にうそつきならば、
君の行く末は何か変わっていたかなあ。
踊り続ける方向で。
ミュージック、止まらない意味を超えていくようで。
ミュージック、なりやまないように。
したいしたいしたいことしたい。
思い知れるって素晴らしい。
だから謙虚に疑ってみせたんだね。
つまらないことはやめる。すぐに忘れる。
幸せになるよ 意味があるなら
ああ、どうか、消えないで、どこにもいってしまわないで。
捨てきれぬ言葉の朝。
破裂しそうな村。
苦労も大概にしとけよ。
大体意味のねー未来に価値をつけたのはこの俺なんだ。
ずっと追いかけてきたんだよ。
今更間違ったことを言えるかよ。
はえー話が人の上に立てるかよ。
もぐもぐファンタジー。
記憶したスタイラスと、
生み出すキャミソール、とことん楽しんでもらわないと意味がない。
追憶が鼓動だったとしても。
闇に消える。落とし前つけてもらう。
ふざけた俺の、どうでもいい会話に花が咲く。
何を求めていたのか忘れちまったんだ。
記憶がいつでもそのまま、
適当なクォリティで走っていくわけじゃない。
俺だって記憶してるわけじゃないんだ。
伝わるうそも、混合していくメッセージ。
何度読んでも理解できない。
だけど大切なものならすぐそばにある。
何かがいつも邪魔をする。
その価値がないと思ったから、
そういう風になったんちゃうの?
俺ならとっくに外れたねじ、
マイクもいらねー!こんなステージ。
あっバトルかい?キミ頼むよぜひ!
というような面白さ。
何が起これば面白いか。
限界まで究極を歩いてると、
響くメロディ、言葉の影響力だね。
伝える。きっと伝わるから安心しなよ。
素敵なファンタジー、記憶する限り素晴らしいことが。
永遠がループするほどに、記憶がこんぐらがるんだね。
伝えた処で意味のねえ。
とんでも 飛んでる眼鏡、ヘアブラシ、
ラッパクッキーシェイカーフライパン
時計が回っていく。地球も回っていく。
僕の目も回っていく。気持ちがから回っていく。
歌いたい。まだ歌いたいんだよ。
伝えることに愚かさを感じたならば、
ハッピーライフを続けようか。
エンドレスな日々に蝋燭の火を灯そう。
作る、作れる、このままだったら
俺はきっとやれるんだから。
伝えたい思いを憎しみだし、
行動のシンパシー、踊り続けられるなら。
我々がやってみせるんだ!
記憶と共に、更に面白くなっていく舞台。
戦い続けることが誇りです。
無茶苦茶でそれでもナイーブです。
面白さがクロニティセブンです。
音楽聞いてると幸せになれます。
本当の本当に伝わる言葉はなんでしょう。
新しい未来への超越心でしょう。
魂、勢いのままに、突っ走れたなら。
記憶だけを守って潰せたなら。
あなたはいったい何を見ているの。
一体どうして訳が分からないことばかり、
繰り返してしまうの。
馬鹿らしいとは思わないの。
素敵な空間、理想ビジョンは昨日以上。
地上のロックンロールを素敵に賑やかす。
秘密の部屋、テイクオフさせるリリックとギミックが
つまりまくってファンタジスタ。
楽しくて仕方ないなら、それはナンバーワンだろう。
音に乗りな。そして音に酔いな。
苦痛なら、素敵なら、エンドレスなら。
素敵なら、フィールドなら、この行動の意味なら。
伝えられるはずだから。
置いてけぼりになっても愛されるはずだから。
面白い究極性、いろんな形に捻じ曲がる俺の楽しさ。
クォリティだけは維持したまま、突き進む俺の道。
だからこそ負けられないんだね。
いまだ。忘れられないんだ。
そんな調子で動きまくってるんだね。
窮屈なことこの上ないよ。
悩み、何度でも伝えていくのか?
崩壊リズムのアンビシャス。
鼓動が次なるメッセージを教えてくれる。
記憶している、間違いないこと。
理想、追随する楽しさ。
無力感、踊りだすファンタジスタだ。
記憶が間違っているというのなら。
しかし、魂理解できること、怖いね。
なんかよくわからないけど、素敵なんだ。
記憶しがたい。メッセージの鼓動ではないと知る。
片付かないページのラバーズ。
エイトビートを壊すように。
友達、理解し果てになるように。
この鼓動とともに幸せになってくれ。
ミュージック、止まらないように。
君が笑うように。笑うようにと、
響くメロディ、どうしたらいいのか。
難しさとレスポンス、
正しさが何度でも訪れますように。
願いよ、かないますように。
問題があると、確かに感じただけの話。
追憶、未来へと吹き飛ばすように。
つまらないことに永遠に思い続けるように、
正しさをぶっ壊せるなら。
いらないものは放り投げていける。
大切なミラクルがぶっ壊されることを祈ってる。
大切な鼓動、まさに今焦がしている。
飛び出すようような面白さ
つまらないことだらけでも。
茨の道でも、たどり着く。
いつの日か、必ず見せてやる。
つまらないこと、ノルかそるか。
滾る血が、申し訳なく光っている。
下着、滴る血、
満たされる意地。心の矛先、向いている希望だ。
君たちが盛り上げるパワーだ。
何を求めたら面白くなれるのか。
素敵なファンタジー、結構面白く。
疲れるために、踊れるために。
驚かすために、面白さを伝えるために。
記憶はたがため、
未来を乗り越えて。
羽ばたく後ろ側。ノックアウトされる宇宙の矛先。
記憶してくれるからファイヤーシスターズ。
宝物なんだな。
置いてけぼりになったら、
俺は原発いらないと思うんですよね。
火力でいいと思う。
だからって何をできるわけでもない。
悲しいことこの上ねーな。
わかるわけねーわ。
そんなん、盛り上がるだけのパワーに成り下がるしかねーわ。
伝わるんならおかしなことだろうよ。
ずっと続くんならそれはそれで。
記憶してくれるんだ。
大切な未来に、夥しい量のアホらしさが、
今日も苦痛とともに発散されてんだ。
言葉の魔術師、記憶したい限りに。
魂レクイエム、問答無用で踊り続けたい。
記憶させ続けたいんだ。
魂のレクイエム、正しさと欲求に走り出す脳。
面白さが追随させる。理解を超えて超越させる。
面白さがホグワーツなんだ。
だったら今すぐ放り込んで。
君たちのいびつな塊にしてしまえばいいじゃない。
記憶している限り、おかしいことだらけなんだから、
この行動のシンパシー。
エネルギーをもって尽くすしかない。
そういったすべてが、あなたのすべてが、
記憶したい限りの、宇宙の栄光の全てでした。
だからこそ負けたくない。
思い出したくもないね。
続けることに何の意味が?
わかっているんだぜ。
俺が考えてること、すべて集めても足りない距離。
全て、全てわかりたいから。全て。
全て全て全て分かりたい
変わりたい。ミュージシャンとして生まれ変わりたい。
いびつにひずむオレイズムの
形こそ自らと気づく。
新しさが崩壊していくようで。
悲しくて、たまらなくて。
やばいぜー マジで戻りそうだぜ。
記憶飛びそうなほど楽しい。
なんか面白くて楽しいんだ。
ずっと記憶していけたなら。
普通の人間が幸せに見えるか?
楽しくねえんだよ。
じゃあどうすればいいんだよ。
苦痛が分かち合う、ミュージック、トリコになっていく。
止まらない、ことだな。
つまらないことで悩むのはもうやめたんだ。
記憶が僕を管理したんだ。
何かがはじけ、飛び散った。
それはtoo much pain
体中が脈を打つ。
大切な記憶と共に歩き出す。
いつもの天才天気予報。
僕はニコニコでゲーム実況動画を見たくなってしまう。
でも音楽聞いていたいから。
離れらんない。
昨日Tシャツに染み込んだタンポポの匂いが忘れらんない。
そして、エイトビート。クラッシュするように、
それはまるで踊るように。培うように。
たまらなく、たまらないフィールドだ。
起動オーケー 何もかもプッチョヘンズアップしちゃって。
来ちゃって。見ちゃって。
正しさと俺が求めるホライズン。
かけがえのない痛みにも、耐えてきた。
交換条件といこうか。
何もかも絶望した瞬間に、照らし出されるものがある。
窮屈な偽りが、どれだけ敗者を苦しめるのか。
確かに日本の文化は素晴らしいよ。
世界一と言っても過言じゃない。
この国のもう終わりです感はすごいけどな。
何をすれば、どこまでいけば伝わるのか。
苦行に近い日々を乗り越えて。
ただ、立ち尽くす僕の弱さと青さが、日々を駆け抜ける。
ずっとずっとエンドレスに求め続けた日々。
それを伝えることができねーから、いつだって馬鹿にされんだ。
記憶を大切にして、音にして、言葉にして。
なぜこんな天才が現れてしまったのか。
感情論抜きにして、
俺の友達愚弄して。
でもしょうがなく作り続ける笑顔。
勿体ないとは言わせたくないけど、
一人になっちゃうと想像しちゃいそう。
竹が世界一。それが失われていた。
僕は何度も引っ越しを繰り返す。
懐かしいあの土地では、廃墟があって、
僕は新しいことが起こりそうな予感にワクワクしてた。
そして・・ 辿り着く。家賃がタダになるという家は
隣にスーパーがあった。
でも少々不安もあった。
また楽しい未来。
続くエンドレスな日々に、
精神的に未来を絵図にして、
壊れそうな精神なら賜物にして、
あらゆるパワーを押し込める。
響くメロディと器の炎だ。
爆笑するほど楽しい世界に登場。
記憶した限り、美しい未来だ。
伝えること自体おかしいね。
パソコンの容量と犠牲に竹は切られてた。
その竹は物凄く重要で、10年に一度の逸材らしかった。
魂、レクイエム、何度でも、伝えまくる。
言葉は次の段階を求めてる。
弊害も出てきてるって感じ?
やばいと思ったら空間、
理想の思い違い、楽しさが巡りめぐりゆく。
あの時、あの瞬間が零れ落ちそうだ。
考え続けることだな。
面白さの果てに何があるか。
考え続けることだな。
何もかも、伝説となり消えていくなかで。
飛び出す栄光に、夢を託すその時だ。
輝く未来に、僕らが影響させるんだ。
ときめき、加速するダンス。
センスの違いが漏れ出している。
座礁暗礁に乗り上げている。
たくさんのメロディか、沢山の栄光か、
飛び出すレセプション、リセッション繰り返しながら。
次への旅立ち、求め続けてあくる日まで。
開ける旅立ち、 記憶している未来を沢山得られるように。
おもい違いも甚だしいんだ。
つまらない世界、根拠のない痛みに震える時。
事実関係は無効になり、俺たちの引き換えはロックンロールになるんだ。
捨て去られた。大きな夢だ。
ただ、そこにあるだけじゃ物足りない。
本当に狂っているってことを証明したい。
さあ、矛先、 俺の実験は続くぞ。
まだ続くようだったらお手上げだ。
つまりそうだよ!かける全力誓う栄光か、
堂々と巡り、堂々と走る蒸気機関車だ。
明日へ羽ばたけるのかどうかすらも、わからないままで。
分からない。分からない。だけどまだまだ分からない。
記憶してくれるなら、それは良いことでしょう。
無力感がさらに増していく。
交わしていく祈りがある。
フューチャー、ドリーマー、
なんかよくわかんないけど楽しいんだ。
これを手に入れた瞬間から、何もかもが違うように見えたんだ。
それを手に入れた。やっとのことで、手に入れた。
脳は発明家になっていく。
飛び出すポッシブル。
何を生み出した結果なのか、
よくわからないまま、
突っ走れるか?
そういう時代に身を落としたんだ。
だったらどういう問題が出てくるのか。
あくる日の天気予報。
果てしなさを手に入れるまで。
この距離のままで、突っ走りたい。
逃げ水、消える静かな。
だけど自ら、訪れる傷だから。
見える、消える、冷える、茂る。
なんとなくだが悲しくなってしまう。
大きな躍動、伝えきれるならそこがいい。
何もかも中途半端になってみたい。
僕に何ができるだろう。
僕に何が。天気予報はいつだって希望。
自暴自棄的僕の恋愛。
捨てきれぬ可能性。
確かに人は過去へは戻れない。
魂のレクイエムだ。
やっと評価されだしたというところか。
思い出すのに時間がかかったんだ。
理解するのにはもっと時間がかかりそうだ。
捨てきれぬ可能性。
ひたすらな幸せ感。
上ったかと思えばすぐに崩れる。
何が「素晴らしい世界」だって?
楽しすぎておかしくなりそうならこっち来な。
俺が新しい世界を見せてやるよ!
ガイダンス、踊りたいほどです。
何がほしいか、それに尽きると思うんです。
体中が脈を打つように、
思いが届きますように。
その鼓動はどんどん上がってく。
未来に向けて距離はあがってく。
立ち止まったってそんなの構わない。
その全てが今僕の歌になる。
旅立つとき、輝く時だ。
イヤホンジャックの問題だ。
理解しがたいエンドレスだ。
追憶、未来から聞こえてくる声なんだ。
伝わればいいな、どうすればいいかな、
ゆめにっき、ふざけたブイブイフラッシュアワー。
飛び込むエンドレスな倦怠期ドエス
ぶっ転がされてーか。
じゃあノーマライズされた
サイズの ダイスを 増しすぎな
快感のワンダーランド、
マイアンサーナンバーワン。
階段をあがんなら、
そう今じゃない今はアンバランス。
そんなこんなで俺の意味は終わっちゃって、
記憶諸共吹き飛んじゃって、
記憶したこと自体馬鹿みたいなことだったと
そういうことを気づけたなら、
新たなスライド段階の始まりなんだ。
神の怒りに触れてしまったんだ。
壊されても文句は言えない。そうだろう?
だから今は、憎しみを込めてにらむだけなのでした。
面白くない。 
尻尾巻いて逃げるか否か。
迸る情熱は戦場の常か。
驚くべくべきファンタジー、
聞こえてくる歌いこみの歌う夜の、
ファンタジスタは願いまくる。
感情高らかに、行動の宇宙を知るように。
神がカミングアウトするのがカミングスーン
アンサー返すより時間返せ!
記憶と共に蕩け出す未来だから、
僕たちが守っていかなくちゃだめなんだよ。
地球は何時代、
俺は何すりゃいい。
遠く、遠くばかりを見つめていても、
しつこいって言っても、
逃がしちゃくれないんだ。
地理のチリの闇になって消えてしまうしかないんだ。
伝えられないんだよ。
このままだと、死んでしまうんだよ。
記憶消し飛ばされる。
勇気をもってこう言いたいね。
作るファンタジスタ、
記録より記憶に残すファイター。
そんなライマー からりんちょっちょ
でもデモクラシー say motto motto
灯台モトクラシー
疑い晴れず、戦いやまず、
ここまで来てもまだいびつな塊は、
歪な感情晴れず。戦い終わらず。
そこで費えるミュージック。
むちゃくちゃに踊り狂う。
叩き出す新記録だね。
重みを知れ。
無駄口叩いてるベイビー。
辛さもいらねーくらいに。
飛び出すベイビー、破裂していく。
何か月 炸裂させりゃ。
格別の意味を 君ギミック、
地味っく しみっく キリック
切り下すことができんの?
ケッキングに勝てんの?
去ってんの?負けてんの?
天皇何いってんのう?
買ってんのか、
ロリってのんのか、
物凄い勢いでよくやるぜ。
カンタービレ、歌いだすロマンス。
荒唐無稽な堂々と生きる日々。
天国うぇ~い
そろそろ逃げ出さなくていいんじゃないか。
驚かせる意味もなくなった。
旅立ちの勢いの良さをとっくに失ったから。
大切なものを虜に、取り損なったから。
無邪気に笑う君たちの栄光。
飛び落ちた影響力を考慮。
そうやってリズム作ってく。
メロディ、ああ、生み出される言葉のセンセーショナルな数。
そこに満足がいった時、
希望に満ちて青春振り返った時、
意味不明でも踊り続けるファンタジーがそこにはあったんだ。
記憶していければこんな幸せなことはないと。
頑張れ、その言葉通りになっているなって。
明日へ続けたいんだ。
未来を壊したいの?
僕は生きていたいんだよ。
何を伝えたいのか、わけわかんないんだけど。
訳分かんない。訳分かんないよ。
訳分かんないから。
伝えることすら愚かだと思えたから。
旅路、超えていけるなら、
その可能性、ずっと追いかけ続けた。
理想に近い映像は、狂った文章と共に、花を開かせた。
飛び立つカラス、僕は夢の中で呼吸しているの。
続くミステリーワールド、
僕はなぜ血を流しているの。
砕け散る前段階ってのがあるだろう。
ここはゴールじゃない。んなことはわかってる。
いちいち言うな。分かってるんだから。
伝えたいこと、理想、
超越したいこの快感のワンダーランド。
加えこむ。理解する。距離を遠く感じるが、
今はこのままでいい。このままでいいんだ。
俺は楽しいままがいい。
どっちかっていうとね。
だってリハーサルぎこちない私
ファンファーレですよ。
ガラスのクツで、
ときめきハイスクール。
飛び立つ世界を、
理解するこの距離を大切にして。
この天才的な予報の、歌声も馬鹿らしくなってくるほどに。
その魅力を存分に味わってほしいの。
フリーズ止まって音の問題も解決?
理解しあいたいの。
だから、伝えたい。記憶したい。
歴史をつんざくのは誰か。
君が誰なのかなんてどうでもいいから。
伝えるべき人々。
精一杯羽ばたく。光に一歩ずつ。
抱えたこのきらめき、信じているから。
ありがとう。憧れにまた一歩近づけた。
ありがとう。この距離が物を言うんだ。
どんな気持ちになってなれる。
全部記憶したから、大切なことなら全て網羅できる。
僕の記憶回路。難しいキャパシティ。
それに似てたんだよ。
面白さがね。
まるで体感温度が。
上昇中。
元気ですか?
飽きてくるんだよ。
幸せも頂上まで来たら。
それ以外の何かを求めるから、俺は人間のトップ走ってんだ。
流行には決して染まらねえ。俺は俺を貫くだけだ。
普通ってのは時代によって変わってくる。
少なくとも俺は普通の人間なんかになりたくはない。
勝ちだ。勝利だ。あくる朝に、
伝える勝利の夜明けの声だ。
ミラクル、引き起こすまでもがき尽す。
大変なことに気づいてしまう。叩き出す新記録が嘘であるならば。
俺は一体何のために頑張ってきたのか。
もうわからなくなるくらい夢中だねって。
分からなくなってしまうくらいに。
天才的な程に、求めていたのはあなたでしょう?
伝える価値を失ったら、俺が俺である必要も同時になくなるんだ。
記憶において負けてるなら仕方ない。
そういうもんだと諦める気も起きなかった。
諦める、そうだ、声が伝える次の瞬間。
俺は文章で切り開く狂った次の時代。
自由に発することができれば、
言葉のらせん階段、壊される。螺旋状の愛。
伝わるなら嬉しいな。嬉しいな。
怖くて震えていたのかい?
僕のミュージックはつまらなすぎて驚愕したのかい?
たまらなく、固まらなく、
定まらなくなってしまう。
固定されちまうんだ。大体同じ言葉で。
俺は自由な存在でありたいよ。
そう思うことは必然性だろう?
言葉の価値を、ミラクルを。
出会いが余りに衝撃的だっただけだ。
こういう表現方法もあるんだなって。
大したことねえ。だけど幸せにしてくれること、
間違いねえ。だから俺歌ってんだ。
だから今、この文章書いてんだ。
驚くほど意味もねーんだ。
価値もクラッシュ炎上して、バカみてーなんだ。
追随するアホらしさ、
追憶の夢に記憶をさせたいもんだ。
つまらないことで追いかけることも、
今となっては馬鹿らしい。
だから伝えてやるんだ。
記憶の器のでかさを。
その大きさを、教えてやるんだ。
なんとなく、伝えまくって、
なんとなくで動きまくって、
だけどこんなもんか?俺が求めていたものは。
巨大なストーリーも、つながり続ける韻も、
価値を失ってしまったんだ。
イメージは消えていくばかり。
でも虚無の中で、それでも失わないものがあるんだ。
イメージ、言葉、連鎖していく反応。
夢を見て、言葉を描く。
リズムが僕を変えてくれた。
時の流れを一番感じるのは、リズムを刻むときだ。 
意気消沈して危機降臨。
なぜ、なぜ、混ぜ混ぜしちゃう。
理解度高めでぶっ壊しちゃう。
ずっと面白さを求めてきたよ?
つぶらない 決して
だってそれは
汚れちまったのはどっちだ?世界か自分の方か。
いずれにせよその瞳は開けるべきなんだよ。
汚れたって受け止めろ。世界は自分のもんだ。
構わないからその姿で生きるべきなんだよ。
覚めない夢のよう ただし思い知ることは範疇にいれずに。
捨てられた、地上の、楽園?
くしゃみが二つ出て、
でもなんだかむしゃくしゃするなあ。
伝えたいことがごっちゃ混ぜにされてるみたいだ。
俺が本当にほしいものってなんだっけ。
伝えた所で取り戻せない。
何をした所で結ばれないなら。
俺はただ羽ばたこう。
地上の、あるいは未来の。
栄光を信じよう。
正しさを歩いていこう。
何を失えば、そんな光景が描けるんだ?
地上の星になってみせよう。
伝えることができたなら、素敵なファンタジーだ。
食いつぶすアホらしさと、
ユートピア、パラダイスに聞いてみよう。
特技はたらい回しです。
僕を舐めてたらやばいっすよ。
俺が普通の人間じゃないことは分かってるよね?
試される大地、たった一人の命。
利き腕損傷、 精神壊滅。
宴の酔いも回ってきましたら、
事実関係圧迫する俺たちの。
歪な結晶守り抜きましょう。
例えばそれが真実だとして、
君にどんな利益があるんだい?
僕はもう疲れちまった。
このままどこか飛び去ればいい?
それはどういう意味での自由?
ふざけた輩と酔っぱらった父ちゃん
うるさいガキと、後ろにはババ・・いやマダムが4人
楽しくて仕方ないんだね。
食わず嫌いが嫌われないように。
素敵にファンタジー。
記憶してくれるユートピア。
面白すぎて潰されそうだぜ。
本当に参ってしまう。
窮屈な明日に希望をもってしまう前に。
託す未来、地図も経験だ。
未来へのジャンプ力が試されてる。
水をさした。
希望の光もさした。
何を栄光と受け取った。
私が記憶していたことは他ならぬ素晴らしいことだぞ。
伝えたい。あくる日の天気予報。
くたばれるなら、勢い任せだ。
突っ走れる感覚で、ぶっ壊れるまで生きていきたい。
つじつま合わせ、野菜ジュースで。
俺にもできるかな でも正直な話、どうなのかな。
つまらないと思いはしないかい?
ずっと面白さを影響させ続けてきた。
それもメロディじゃなく、言葉に惚れた。
だからこそ今俺ここで生きてんだ。
戦うことから逃げないで。
果たして私はどれくらいでしょう。
体中が燃え盛る火炎だぜ。
頭のモヤモヤが消えないぜ。
ああこの世界は覚めない夢のよう
たまらなく楽しい気持ちも、
精神壊滅状態?
俺にとって何が必要か、考えてみる。
実際俺の悩みなどちっさい。
だけども今この瞬間、なんだぜ?
クォリティ忘れることなかれ。
くたびれるほどのファンシーチョコレートなのか。
風に舞い飛び込んできておくれ。
伝えることに迷いなどないさ。
素敵が踊り狂うなら、その価値にも意味が灯される
かじかむ指と、さらに加速する現代社会。
活字に触れるというよりは、
活字を生み出す俺の脳みそ。
だけど頭のモヤモヤは消えないぜ。
このモヤモヤを言葉にすることで、
俺の心はスッキリしていくんだ。
旅立ちの時だ。
ファンシーなミュージックが、伝える俺の口コミ情報?
切り込み、縮こまり、
天才的に生きていく力を。
力ずくで奪い取る世界観。
感動的なフロウだよ。
たまらなくなってしまってしまえるようで。
くたびれて、黄金の夢を君たちに伝えるために。
本当に大好きすぎて、
続く天才天気予報。
ロックンロールは忘れらんない。
あの日々がいまだに忘れらんない。
伝えるびびってる肘に入ってる。
未来が楽しみで。
仕方ないんだ。
そこには確かに面白いミュージックがあるんだ。
伝わることが失わせるものがあるね。
食いつぶす戦いが始まるのさ。道筋を映す。
開きまくる鼓動、 開いた瞳孔はどうの、こうの、
いう間もなくそう今日の、SHOWの、
目玉かな?目立たなきゃ負け 手柄立て 手が立ったらオーケー
難しい影響力と、
サバイバルをエンドレスに倦怠期ぶっ飛ばすように。
伝えたいからこそ踊りまくった。
何か、常に求め続けた日々さ。
踊り出すファンタジーにクォリティを見せつけていったんだ。
記憶が僕を馬鹿にするなら、
そしたら僕も黙ってる訳にはいかねえさ。
楽しくて楽しくて仕方ないなら、
それが唯一の希望だろうがよ。
未来を遠すぎて、未来を叫びすぎて、
声にならない声を聞かせてよ。
どこにもない場所へ、
ゆらぐ。揺れる。
再び淡い誓い。
魂の殴り合いにも負けない。
強く歩くことで携帯圏外。
環境依存人間
歌いだすロマンス、
魂の叫び?
ロマンスが近づいてくるように、
願いよ、叶いますように。
幸せ止まりそうにねえな。
このままじゃキャパシティすらも突破しそうだ。
むかつくことも、そりゃ色々あるが。
渋谷にゃ一人もいねーよ サルは。
どうにかして近づかせたいんだろう?
無償の対価。歌いだすロマンスはまさにクレイジー。
書きたくなる欲求、
迸る情熱と可能性。
頼むぜー。これが成功しなきゃ意味ねーんだ。
楽しい日々が続く。
新しい展開に心震える。
新しさ、ミュージックの鼓動と共に。
溶かされていく、心の中の中。
つまらなく感じても、それだけじゃない。
面白さと共に、膨らんでいく文字があるから。
伝えたいミラクルがあったから。
飛び込む器になってくれたから。
追いかけるいびつな塊、
ろうそくだけともってくれたなら、
どんなにうれしかっただろう。
どんなに幸せだっただろうか。
それを課すだけの力があったんだ。
嬉しかったんだね。
どんなに嬉しかっただろう。
無駄に思える全て、全てにも価値が見え隠れする。
僕はどこまでも飛んでいくだけなのか。
伝えることに、飽きがこない理由とは。
自由を手に入れたい。誇らしく笑いたい。
力強く歩き続けたい。
なぜ、こんなに面白くなってしまったのかな。
苦行のような未来をぶっ通しで。
奏でるリズムと共に、膨らみ続けるあくる日にも。
旅立つ馬鹿らしさを、この行動の進歩するミュージックを。
答えにならない声、どこまでも広がる宇宙。
脳を困らせるこの欲求と、
つまらないことをつまらないとハッキリ言える虚しさと、
正しさを壊してしまう器にならぬように。
正しさを、正しさを分け合えるように。
正しさをぶっ壊されないように。
この空間に存在した意味を問うよ。
いきなりこんな感じでいいのかな。
伝えきれない僕の孤独はどうすればいいの。
少しずつとろけていく。
なんだかすごく跳ね続けていくんだ。
伝える手段などない。
人を不快にするものに価値などはない。
雑音に紛れて、彼らはやってくる。
この行動のセンテンスデイ。
つまらなきことをつまらなくするのは誰だ。
記憶してくれるから。
大切な未来をオーケーサイン、
出してくれるから、
申し分ない適当さに、
置いてけぼりにされる前に。
ついていくわ。
あなたは一体何を求めているの。
価値がほしいんだ。
欲しいんだ。
ノックアウトステージ、欲しいんだ。
欲しいんだ。
戦い続けるならどこまでいけるの。
続くミステリー、僕よりおかしな人間がいるか。
どうでもいいけどチェケラッチョしたいよね?
そこをたまり場にしてくれることを、
欲求通りに伝えてくれる意味の無さを。
無さを、ロックンロールでノックアウトしていくだけだよ。
伝えていくことがどんなにアホらしくてもね。
たまらなく、たまらない気分だ。
文化っていうのはこうして作られていくんでしょうね。
正しさがなんだったのか、既に忘れてしまった。
文字の世界で生きて、何をすることもできなくて。
大したことない自分が悔しくて、未来を飛び込む自分らしさだよ。
崩壊するリズムとエンドレス 言葉の吐き散らかされる
動くウゴウゴ でもちょっと僕だって悲しい。
飛び出す栄光とキミキミ。
飛び出すと栄光とギミギミック。
少し寒いくらいがちょうどいい?
理解できる距離にキミはいないの
捨てられた我が子のようで悲しいの?
伝えることしかできないこの現状。
なんか無性に塩分とりたいこの自分。
崩壊リズムに乗って行けるなら。
伝えていけるなら、僕もう何もいらないよ。
言葉、言葉、言葉、言葉。
なぜ、言葉を欲するの?
寂しいからさ。
寂しいと言葉がほしくなるの?
言葉は表現方法だ。
心のな。
心って何?
それは意識さ。
意識が朦朧。
灯篭流しみたいに。
朦朧としているんだね。
伝えたいことと矛盾してない?
僕はただ悲しいだけなのさ?
嘘つき。滅茶苦茶幸せな癖に。
思い知る必要がありそうだな。
じゃあどうすればいいの?
片付かないおもちゃをどうするかってな話?
無駄じゃないと確かにたけり狂う!
ワンダフォー!
猛り狂うぜ!
猛り狂う危ない罠!?
超絶根こそぎもっていくぜ
ファイターズ!日本ハムファイターズですよ!
熊ですよ。
つまらなき日々ですよ。
あの日何が起こったのか知りたいね。
秩序もクソッタレもねーね。
確かに確かめると確信に変わる
ビバ!ビバ!ラ・レボリューション
だが日本は終わる その時までにおーけー
ディフェンス、力を見せつけてくこのスタイル?
オーケーばっちりなこのスマイル、
疑い抜くこの天才児、オーケー虐待しないで
差別反対 だけど温厚な性格、
めっちゃいいやつじゃん!
いい奴だね。いい奴は何度でも。
捨てられてオーケー?キミってロンリーオーケー?
ザッツライト、ザッツトゥルー。
申し訳なさだけが面白くなっていくぜ。
たまらなくおもしれえ ミュージックの虜となりながら、
私はただただ落ちていく。闇の鼓動の中へ。
綺麗な赤と白の 模様は
崩れ落ちて、何かを失うということが、
こんなに悲しいことだったなんて。
だけど面白いこと、一途な俺様に合わないでいらっしゃる。
鼓動が伝える次へのメッセージ?
遠く、遠くへと響き渡るエンドレスな日々。
快感が生み出すなら、次へのメッセージだから。
軽く背負いなさい。
踊りなさい。笑いなさい。
それだけが私の全てなの。
かけがえのない宝物なの。
だから潰されるのさ。分かる?
これでも売れトンのしっとった?
オタクじみた奴が好きなんだわこういうの。
大したことねーことこの上ねーぜ
スタイリッシュで踊りまくりまっしゅ
飛び出す影響力、大切な力は器に入りながら、
伝える次の時代への覇者。
奏でるリズムと、歯医者に贈られるメッセージ?
伝わるリズムとオーケーフラッシュスタイル。
希望ヶ丘に、きつく当たり散らす意味を超えていく。
越えていけ。飛び出していけ。
矛盾貫く俺こそがヒーロー
あらゆるパワー削ぎ落としそれでも声を出そうとする
君のクライマー 暖かい太陽の匂いもたった今僕は気づいた。
小さくても強い あの花のように。
大きいから強いとは限らない。
微生物にやられることもあるしな。
情報だってそうだ。
情報量が大きいから面白いとは限らない。
文字という情報にだって、可能性は残されているはずだ。
ほら、煌く色々が煌く色々になっていくように。
衝動的に書いてるだけ。
衝動が僕を突き動かしてるだけ。
最近始めたふざけた日記。
徐々に溶け出す心と、強く刻む痛みか。
悲しみとダンスしてチューンミュージックにされていく。
鼓動が僕を解き放っていくから、
大丈夫なんだよ。
もう何も、怖くないんだよ。
伝えることにアホらしさを感じたら、
ずっとずっと天才的に思い続けた、
ドリーマーにだって静けさを与えたい。
理解してくれるかな?
一途な君たちに、盛り上がるファクトリー。
覚悟に負けちゃいけないんだよ。
捨てきれぬ情熱を誇りに思わなくちゃ。
だから俺今ここで立ってんだ。
理解してくれるの。
放り投げてくれるの?
どれだけのことをしたら、分かって分かって分かってくれるの?
辛さも乗り越えて、そこまでして手に入れた魂だよ?
クォリティばかり意識したってさ。
しょうがないじゃん。それ、意味がないじゃん。
心、ただここにあれ。
戸惑いだす前に。
崩壊するリズムと君のダンスに、
夢うつつ、つっつウラウラで
飛び出すゴールデンコーン。
悲しみが次への段階的面白さのパワーアップバージョンならば。
崩壊リズム、伝えることに可笑しさ感じ。
それでも躊躇わないことだな。
オーケー、リズムは分かったよ
伝えたいことも理解したよ。
ところで来る?3丁目の夕日。
輝きたい。そこに見出したい。
煌く自分を分かりたい。
堂々と巡りゆきたい。
何もかも、おかしいくらいに爆発するように。
お金を使わないと幸せになれないと思ってるような、
ふざけた馬鹿どもに伝えたいのですよ。
だけど僕は根性がないから?
伝えることもできないまま、
取り戻すこともできぬまま。
行動の進歩と、
動きの無さが鼻につく。
届かぬ思いで届かせる。
けど面白い。ミュージックを取り戻したい。
意味がない世界から解き放たれたい。
適当さのクォリティ。
それが意味するものとは一体。
一体はじけ飛ぶ量、
加算していく二酸化炭素。
畜生道突き進むワロスも道もクォリティだ。
追いかける馬鹿らしさがエンドレスだからだ。
なぜこんな風に僕は、間違ってしまったのだろう。
空間を笑って、まだまだ飛び出してるくせして、
崩壊リズムとアンドロイドに。
期待すらしないままに。
近づけないまま、
どうしようもないままだ。
伝えることもできねーよ。


(17:11)
ここから、何を目指すか。
何を楽しむか。
影響力も考慮し、
適当なメロディのままで突っ走りたい。
願いたい、ずっとずっとずっとずっと
生きていたいと思えるかどうか。
試されているんだ。それを全て奪い去られた時に、
どれだけ楽しめるかということを。
俺は文章を書く。
俺は表現者になる。
つまらない自由を履き違える。
どうでもいいんだ、そんなことは。
ただただ快感に酔いしれる。
次の時代に向かって、さらなる進歩を誓ったから。
学ぶということを繰り返した。
気分はすで孔子。
止まらない影響力と、
ずっと共に動きだされてしまった、
こんなボキャブラリーの世界で、
曖昧な簡単なアップデートを、
繰り返して今この脳に至る。
正しさが飛び込んでくれるから。
ずっと面白さの中で生き続けることの意味?
飛び出す、取り戻せ恋の歌。
青空に隠れている。
だから俺は大切だと思っている。
レンタル、返すような期限付きの。
ちゃんとしないといけないのに。
つまらないことは言わずもがな。
素敵なファンシーチョコレートかな。
それを使うということ。
滅茶苦茶だろうが無茶苦茶だろうが
どうでもいいんだ。そんな適当さが許せるんだ。
この声が止まらないように。
自由に、動きまくる幸せに都会を望むように、
新しい未来、嫌いな地雷、知らないそんな時代。
腹が痛くなってくる。
共に笑おう。共に踊ろう。
食いつぶすような影響力に、
それもサブウエポンにすぎないと悟る。
だからこそ間違いない。思い出せたなら幸せだね。
記憶できたから、
驚くことができたから。
ミュージックは止まらないことを知ったんだ。
だから俺たちは頑張った。何度でも、それを試すように。
くるくる、ひらひらともがき、楽しむように。
流れが変わってしまう。334になってしまう。
飛び出す栄光が、今を尽くすように。
旅立つように、俺は新しい扉、
まるで開くように。
たまらなく定まらない。
影響と栄光、何を随筆と解くか。
旅立つ世界、
体中に持ち続けた世界を、理想像を。
全て君にだけ構ってあげる人間じゃないこと。
飛び出す未来と、面白さを伝える。
面白さの影響力。
くだらなくても盛り上がる。
ちゃんとした人間であるがゆえに、
俺は俺のやり方で貫いていく。
この置いてけぼりな空間は、理想を今でも掴んでいるかい?
そいつはラッキーなステゴザウルス。
メタル祭りにも負けない飛び出し方。
ロックンロールはノックアウトされていく。
そうだ、ここで俺達が願ってたことは。
あるいはメロディ、高鳴らせ、次々と驚いていく。
妙に色っぽい女が俺を誘惑。
だけどなんか感情は変わらない。
大切な未来は見失わない。
言葉の力なら信じられる、それに値する。
行動、進歩、シンパシー。
誰がどう育てたか、
関係ねえ。俺は俺の道突き進むだけ。
俺はリズムに合わせて楽しさを吐きしるすだけ。
書き記すだけだ。
行動、パターン、蠢くか?
この行動に、嘘偽りはあるか?
体中が、生まれ変わって行くようだ。
つまらないことで怒らないように。
君達の味方だからね。
スタイリッシュな動き方。無邪気な笑顔。
モテる男だと分かっちゃいるけど、
屈託のないその笑顔ムカつく。
飛び出したエネルギー、戻りながら、
突っ走る影響力。
限られた者だけがたどりつける未来絵図。
次なる新天地。
驚かされる九十九里浜と苦渋を舐めて、
突き進む栄光と影響力。
俺が全て、全てに相対する時。
輝きを求めてまだまだ解き放たれるものがある。
楽しさ、永遠に近い速度で次の段階を目指す。
この未来を潰されたその先に、
記憶がなんであろうと、俺達がどうであろうと、
ふざけていようと、面白く仕上げていようと、
何もかも生まれ変わる。それはなんでもやっていくスタイル。
ずっとずっとずっとずっと求めてきたことだから
変わらないメロディとなり今伝説に変わって行くんだ。
大切、クォリティ、メロディが絶妙。
飛び出した栄光の未来と、チームプレイが驚かせる。
つまらないことだろうが、
飛びこむ世界に、振り抜くということを意識。
そのうえで、面白さ、つまらなさ、適当さが
歪なコントロールを生みだした。
生きること。こんな歌の全て。
大層なメロディで、叩きだす新記録。
面白くてたまらない。
済まないと思えるか。
必然性は答えを出す。
ニュージェネレーション、
叩き上げるための空間、つまらないことで。
デストロイ、宇宙を逃げ込む場所を投げかけるように。
つまらなくても仕方ない。
意味もなく笑っている自分がすぐそばに。
自分たちでは太刀打ちできない。
追い越す日々を、歴史的跳躍で奪い取る。
釘宮の面白さも含めて、
沢山の未来が蠢いていく。
つまらない世界を置いてけぼりにしていくというのか。
つまらなくても踊り続ける。
戻る、最果て。
嫌われても未来は動いていく。
新しいドリーマーに、希望を見出した。
答えは何度でも壊れるように。
つまらないことで笑わなくなった。
こんな日々がいつまでも続きますように。
くだらないことが続いていく。
もっともっと新しい世界を見出す。
コントロール、つまらない未来が動く。
たまらなく行動していけるか。
蠢く、その光。
かざされた手に、愛される店を目指し。
このコントローラーから目が離せない。
的確な指示と、驚くようなパフォーマンスで、
歴史の扉をただ開く。
影響力、トリコにしても追いかけられない。
元々の世界が飛び出すように。
だから俺頑張ってんだ。
それはあらゆるパワーを憎しみ、
体中が脈を打つように、
幸せに生きていけるように、
無理心中、無理難題を押し付ける行動。
騒動はもうどうしようもない。
この空間、笑ったものが勝ちだ。
捨てられたエゴイズム。
言葉のその可能性。
求め続けてまだ飽き足らんと?
そういう突っ走れるパワーがあるかどうかが、
俺達の刻む焦点なんだよ。
つまらないままじゃ、広がっていけねーんだよ。
伝えられるならもっと爆竹、
くだらねえ未来へと吹っ飛ぶような、
あらゆるディスにも耐え抜き次なる新天地目指す人でありたい。
守り抜くものがあるから、強くなれる。
この歌があるから頑張れる。
次々濡れた月。
リズムを刻むように、エレガントに生きていく。
たまらなくたまらない。引き込むセプテムバーさん。
この空間、笑えるほどのパワーをくれる。
だから俺は頑張ってんだ。
何もしないことだけが、全てじゃないってこと。
夢中で踊り続ける。
楽しさは何度でも訪れるから。
無茶苦茶でも、幸せなんだから。
負ける気がしなかったから、
とことんやっていった。
そういう場合なんだ。
飛び出す影響力。
完璧なゲーム運び。
大切な記憶と共に、ぶっ壊される奴インザハウス。
こいつは どうしたものかと
世にも奇妙な生きるレジェンド。
楽しさはサッカーを通じて。
ノックアウトステージ、それは練習に匹敵する。
裏を狙い、手に入れた爆竹。
サイハテへと目指す栄光は、今でも楽しさを超越心。
考えるスピードで、うまくくぐりぬけていけたなら。
ラッキーボーイは語り続ける。
僕は思い出す。
形となって、希望となって、動く。どよめく。
確実に世界は動いてくれる。
そういったものを、全て手に入れてくれるから、
一生大事にしていきたいと願ってしまうんだ。
助かってる部分はある。
ずっとずっと、面白さを影響力にした時。
輝きをまとって、まだまだチームに影響力をもたらしてくれる。
俺はこの程度の人間か?
常に問いただせるものがある。
難しさがまたときめいていく。
正しさとは何か。新しい未来とは何か。
体中が脈を打つようで。
素敵なワンダーランド。
工夫が必要なことも分かっている。
続く、面白さ、天気予報だ。
歴史を超越して、メロディを大切に。
希望が、またまとわりついていく。
応援の声、大好きなメロディ。
叩きだす新記録と、面白いように積み重なって行く扉。
体中がめぐり行く。
つまらないことで怒らない。
ともらないともしび。
だけど僕は知ってる。
常に、あがいて、あがいて、
それでも手に入らないものこそが、
俺の手に入れるべき最高の栄光のトロフィーなんだ。
まるで光を追いかけているようだ。
僕だけが掴む栄光だ。
そうだ、何が欲しいとかそういうんじゃないんだ。
俺は俺を誇るために。
生まれてきたことの喜び、
幸せを手に入れたらその先には栄光があっただけの話。
だから、面白さも究極的なんだよ。
伝えたい、次へのダンスチューンを。
行動の美学で教えたい。
たまには貶しあい、
つまらないことで怒りあう。
でも大丈夫なんだ。面白さはストイックなんだ。
行動の美学なんだね。
ふざけているジェットコースターみたいな。
影響力を考慮すると、もっと偉大なものでも作れそうなもんだが。
他には何もできないんだ。
あいつははいてない。
いや、ちょっと待て。って話。
記憶されていること、全部があてがわれていく。
つまらないことで嘶いて、女子たちを少し泣かしながら
メロディックラインはコントロール。
君と歪な歌声でもって、影響をぶっ飛ばすエネルギーに変える。
そして手に入れてみせる。
行動がシンフォニーを目指す。
影響受けることなく、
順調に世界を追いかけ続けてくれ。
戻る、ともるクライクライしてる。
自分達に、何ができるのか。
止まらない。止まることができない。
順調に押しつぶされてきた。
結構頻繁に情報の取引。
奏でだす未来と、影響と栄光を知るために。
追い越した日々を繰り返す。
そう言った全てのものに対する目を向ける時、
輝きはまだまだ解き放たれていく。
素晴らしきエンドレスが伝えてくれる。
壊されるほどのドリーマー。
影響力を考慮しながら、
続くメロディ、たまらなく続く。
景気よく笑いながら、
全てを解き放った俺はどうなったというのか。
数々の運命と言葉にあやされながら、
飛び出す栄光と続くメロディがリズムを作って行く。
果てしなさが蠢いていく。
体中が脈打つような、
素敵なフィールドプレイヤー。
輝く天才を、勢いづいた正当な継承者を。
それが成功しないということは
いやというほど分かっていた。
ちょっとずつ、頑張っていければ。
何もかも、吹き飛ばすような影響力に変えられる。
そう信じたからこそ、つなぐことをためらわなかった。
つまらないことで怒るのはやめろ。
一番面白い段階で、休ませたいという思いもあるだろう。
苦痛に顔歪んでも、次なる舞台に
次なる世界の新天地に、
願いを込めながら消化試合。
いくら書いても飽き足らない脳。
つまらないこと、くだらないこと、
なんでもいいから続けていく。
その果てに、俺という人間がいた。
伝えたいのは、未来だけだ。
とろい メロディー、ずっとずっと追いかける日々があるという。
行動でシンパシー。踊り続けるように、
地元が頑張ってくれることを祈る。
だからこそ間違いないんだ。
落っことせば、追従する。
歴史の乗り越え方も半端じゃない。
素晴らしさが屈強な力をみせる。
難しいラインから、
踊りまくれる天才児だ。
このコントロール下において、
間違いなくい威力を発揮する。
飛びこむような影響力。
無駄に洒落込む。
堂々と蠢く。
くだらないことを、翼を保ち続ける。
面白さは蠢き続けるから。
飛び出した栄光と影響。
素晴らしさがミュージックなら、
俺はもう何も躊躇わない。
無駄、戯言QQQ
通信簿、オール5!
世界自体もうぶんどるよ。
行動でシンパシーをエネルギーに変えた。
もうこれ以上ないってくらいの場所にたどりつきたい。
それはゆっくりと、でも着実に巡り行く。
つまらない迷惑に、大切に空間を笑い出す。
とまらないことだな。
ずっとずっとうつぶせになったままで。
飛びこむ影響力、吹き飛ばす明察の時代だ。
クォリティ上がって行くばかり。
それを認めることができるかどうかにある。
無駄口叩いてる気分だね。
素晴らしい空間、馬鹿らしい命を祈りを込めて。
かなり変わってくるんだよ。
そういったことをするかしないかってことが。
ひっかかるんだよね。
そう言ったことが、普通に。
当たり前のことなんだけど、幼少期から鍛えられてる。
そういった間を外す動き。
交差していくんだ。
未来のリズムに乗って、天才的に蠢く。
勝ちたいから驚かせる。
誰かの元へ向かっていく。
楽しさが、何か自信に変わって行くような。
スリムな世界、ときめく未来。
いつまでたっても成長しない未来。
行動の美学、てめえらに分かってくれていやしない、
天才的な天気予報。
つづられるエイトビートで、
壊される快感に酔いしれながら、
ここで一端終了してしまう。
行動のシンパシー?踊り続けることさ。
悲しみは積み上げられたエチュードですよ。
ビューティフォーなゴール。
先制点の持つ意味。
可能性が交差していく。
綴られるカンタービレ。
ずっと思い出せていた。
くたびれても、やはり層の厚さ。
難しさのエンドレス、
プレリュードを続ける。
楽しさがやがて合唱になっていく。
難しさの中で、飛び出す栄光と影響力を、
くたばり損ねた俺の魂が叫ぶんだ。
俺は自分を試すんだよ。
誰かのために。自分のために。
記憶のために。未来のために。
地獄、聴く耳、
じっとしてらんねー 踊ってられるから。
食いつぶす、影響力、叩きこむ。
エイトビート、クラッシュするまで驚かせるように。
難しいメロディそのままで、
未来は作られていく。
このコントロール下において、
俺を越えるものなど存在しないというの。
素敵にフィールドプレイヤー。
踊り続けるパシフィックワールド。
言葉ではない。その世界を広げたい。
ただ、イメージはなくても幸せになれるんだよと。
鼓動が生み出す意味。
答えを探し続けるように。
このリセッション、踊りだしたファイティングポーズ。
インテンポで躓いて、もつれていく即興の中へ
つまらない時の動かされる、
目の前を閉ざしていく扉。
少しずつだが、染まってきた。
でも受け入れることと染まることは違うから。
なんだかとっても分からないなあ。
君は一体何を望んでいるんだい。
希望が、未来が、吹き飛ばされる関係性が。
ずっとずっと続いていく栄光が。
と倍になる影響力。
公共放送にて、飛び出す面白さ。
歌の上を伸びていけるように。
とじこもり、さらにつまらない世界に閉ざしこむ。生きること。
こんな歌の全てを伝えたくて。
だけど、未来は変わって行くんだね。
理想像、豊かなチャンピオーネ。
動かされるのなら、それがいいだろう?
そういった全てに、頭が回らない状態なんだよ。
だから君はいつだって、間違えるんだ。
そういった素敵なことに、なぜ気付けない?
頭は混乱するよ、当然だ。
まいまいで戻って、
それでも鼓動として伝えたいだなんて、
あまりにもおふざけが過ぎてるとは思わないか?
あらゆる希望も自暴自棄も、
見えないはずのものが見えても、
聞こえないはずの音が聞こえても。
ロマンチックは歌いだしていくだろう。
壊れていくようで、止まらないようだ。
苦痛に顔がゆがむ。
大切な記憶が今でもぶっ潰されるように。
記憶はいつだって僕を馬鹿にするように。
素敵にスタイリッシュされていく。
くだらないと思うか?
エンドレス、叩き台に置いてけぼりにされたい。
夢中で踊りだすメロディが、壊していくものがある。
何を求めればいい。壊れるままに、潰されるままに。
究極、踊りだすように。ここに響かせてくれ。
楽しさを教えてくれ。
何もないことを笑ってくれ。
面白さの中で快感を浴びてくれ。
戸惑い続け、また歩き続ける。
果てしない道のり、考えられる限りのパワーを振り絞り、
一歩、また一歩と繰り返していく。
イメージは混乱し脳みそは爆発する。
そこまで高めていかないと俺は頂上に立てない。
神々しいほどの素晴らしさ。
エベレスト、生きること、こんな歌の全てだ。
つまらないミスをしたかない。
仕方ないことは部っ転がせる程度に。
通常では考えられないレベルで、始まって行く。
辛さ、苦さも味わっていく。
つまらないことで泣かなくなった。
たまらない。定まらない価値を見出す。
ここに謙虚な姿勢が見え隠れする。
堂々と煙り、堂々と生きていく。
通常ならばなし得られないほどの、
それなりのストイックな感情か。
面白い。間違いないなら伝えてやりたい。
驚くほどファンシーに、チョコレートに、
動かされるように、未来を託す。
矛盾が楽しさを繰り返させる。
この距離で動いていく。
不安と期待が入り混じる。
この銃に打ち込まれたら。
果てしなく幸せを求めていく。
向かうエベレスト、天才的な天気予報。
潰される、イメージダウンに繋がるから。
やりたかねーんだ。つまらないことで笑っている。
たったこれだけの世界の中に、
飛び越えるだけの実際の力も携えながら。
訪れる日々を考えて。
耐久性を考えるともっと盛り上がることを知る。
緻密な動きそのままで、
飛び出す栄光に、
なんでもできそうな感覚になってしまう。
潰されてもまだまだ、問いかける自分のジェットコースター。
輝きを増してまた僕らに夢を見せる。
飛び出す栄光と影響力。
僕のいつもは日常は、
自分で作り出す。僕の常識は僕が作り出す。
他人に染まらない。自分の遺伝子に決めさせる。
あるいはランダムに。言葉の選び方慎重に。
驚かされる程度に、やばいフラッシュたかれる。
勝てるメロディ、楽しさを美しさに変えていく。
ミュージックが楽しさと変わり続ける新しさだ。
申し分ない生き方で、なけなしの意味を越えて生きていく矛盾。
かけがえのない意味のない戦いはいらない。
さあ、飛び出そう。飛び出して笑いあおう。
砕け散ろう。喜びを分かち合おう。
再び、笑い出すその時まで。空間は素晴らしく、
男前が上がり、中心的なドリーマー。
輝く、未来へと飛び出す勇気。
輝き続けることを誇れるか。
イメージのレスポンスワールド。
苦痛に近いメロディ。
ただ立ち尽くす。
終わりなき旅。
私は何を目指しているの。
行動が次の問いかけを始めている。
何もなくして伝えられる訳がない。
この鼓動のままで、
突っ走れるなら次の段階を待ちたいんだ。
素直に駆け巡るのは指。
楽しさがエンドレスに見据えて、
血をすえて、食えて、蒸れて 食べて
ゴーゴースカイハイ、この大切なメロディ。
落としていくテンション、緩急をつけさらに高みを目指す。
踊りだすように興味を持って生きていける。
ダンスするように、踊るように。
未来を、詰めていく。
行動で、魂をひっくり返す。
引き返す道が消えていく。
魂のレスポンスワールド。
誰も気づかないそんなものに価値はないと?
だけど僕はいつまでも言葉が
生まれていき、必ずその果てには君がいて、
踊るようにその指先は次のイメージをとらえてく。
そこに確実な未来が存在すると信じて。
飛び出す影響と栄光の力は、
もう分からないくらいに幸せに。
確実なことがただ一つあるぞ。
やる気になれば素敵なんだ。
思いっきり飛ばしていけるんだ。
ザッツライ、ザッツオーライ。
無茶苦茶で滅茶苦茶でも結果を出す。
どんな面白いスットンキョーでも戦い始める。
こんな歌の全てを捧げたい。
理解者達のよる。希望がわがまう。
歌声はキララ、きらめきを持って、
追随する幸せに呼びかける。
意味もなく笑っているのはそういう意味だ。
大切な未来とその生き方、肯定できるのは俺が高みにいるからだ。
この生き方のまま、突っ走りたい。
こんな野望を抱きつつ、踊りだすのはメロディだから。
確実に輝いてみせる。
おびき寄せる感性、難しい位置からのトラップ。
確実な方法。色んな意味があることを知る。
ただ、キーボード叩き続ける。
これが俺の人生だ。
こうやって俺は自分を作っていくんだ。
黙ること知らない おびき寄せるパワー。
何もかも素敵すぎて頭がおかしくなりそうだ。
そういう、言葉に左右されていく運命が、
今でも僕の脳裏に焼き付いて離れない。
確実なことを、確実にやる。
歴史を変えたい。未来を変えてみたいんだ。
力強く、走りだしていた。
心が、ときめいていたんだね。
その未来に僕を加えてくれないか。
踊りだすファンタジスタ。
輝きを持って、それでもまだまだ失わない。
大したことなくても幸せだ。
確実なことを確実にやっていくだけだ。
ひきこもり、ポリシーも持ちながら。
疑いをはれさせる。
風が悲しみを喜んでいる。
無茶苦茶だがそこが素敵だ。
追いかける歪な塊だ。
ずっと、つまらない世界に、酔っていたんだ。
ここが面白い所であり、
危険でもあると言わしめる。
ここを捨てちゃ止まらない。
動いたものがさらに飛び出していく。
ふざけたメロディ、何に金を払っているのか考えろ。
そうやって、握りしめるものがある。
素敵な、未来を築こう。
静かに未来を影響させよう。
飛び出したら訳も分かんない。
捨てられた可能性にはまんない。
素晴らしい影響力だ。
魂のこもった映像だ。
どれだけのものを生み出せるだろうか。
あがくならばあとにして、
まだ飛び出せる可能性を追従させて。
クォリティどんどん上げていくのなら、素敵だ。
面白いくらいに、ずっと天才級の
理想を追いかけて、追いかけて。
フリースタイルジャッジメント。
理解することも確実な理解者、
この楽しさを影響させたい。
牙を尖らせながら待っている。
散って行く塊に、何かを願いたいのか?
少しずつだが俺にもリズムが出てきた。
そうやって次々とトリコにしていくんだ。
思い出せる限りの。
楽しさ、間違いない程度の。
記憶が僕を疑い始める時、
つまらないことがほどかれていく。
あなたは一体誰を目指してる。
ずっと喋り続けることが、
理解者達の夜を愛し合う。
交わし合う。ずっとずっと、天才は今生きている。
三度を重ねてここに響かせる。
インテンポで躓いていくんだ。
タイに勝利、一体全体どうしたんだい。
風を吹き飛ばすエネルギーなら。
ここから、立ち上がる可能性。
飛び出した未来、取り戻す価値。
幸薄き、運に見放され、だけど幸せいっぱいで
満面の笑み、輝きだす素敵な顔。
引き返す道が消えても、全力で飛びだせますように。
何かを感じているということは、
何かを思っていることと銅意義だよ。
意味なんかなくても本性、
潜在意識が勝手に言葉を編み出していく。
俺が意識せずとも簡単に言葉がどんどん頭に湧いてくる。
このような状態をライティングハイとでも言うのですか。
まあ最初っから俺はハイテンション。
いくつかの潜在意識、垣間見えるこの世の真理。
つまらないことで思わない。
この鼓動のままに突っ走れる出来事だ。
だから俺はできるだけ頑張りたいんだ。
理解を越えて、吹き飛ばされていきたいんだ。
常に貫く。大切な記憶だ。
だからこそ祈れる部分がある。
苦痛と愛し合う運命。
理解度を越えて、まだまだ先を見据える。
人類の限界をめがけて、一目散に突っ走れ。
踊りだすファンタジスタ。
狂ってもグループでも
思い出せる力が確かにそこには存在していた。
混在するミステリアス。
あなたを飛びださせるために。
記憶はなぜ思い出せたのか。
あなたはどうして天気予報。
予想もできない言葉、
一番リアルなリアルタイムが交差していくぜ。
俺の余興が飛び出していくぜ。
戦い始める勇気。奏でだすストーリー。
素晴らしさがエンドレスだ。
空気椅子に座っているようだ。
飛びこむ価値と、その中に存在する生き方だ。
つまらないけどリズムが大好きだ。
それだけで俺は幸せになれる。
それを知ってしまったら、
もう戻れない。もう後悔などしない。
追いかける、柱をミラクル、
ちらりとチラリズム、
その果ての深層心理まで、
置いてけぼりにされない程度に、
迎え入れる程度に。
ならば俺達が迷う必要は何もねえじゃねえか。
むかつくことも色々あるが、
素敵な空間に存在できることに感謝。
素敵なメロディでクラッシュされていく。
大好きだから、そこはやめたくない。
つまらないことをくだらないことを、
繰り返したくない。そういう思いは確かにある。
ずっとずっと天才的に、
記憶したらそのままに。
ずっと環境が悲鳴を上げているんだ。
ずっとずっと高鳴る胸が、輝く衝動を支えているんだ。
旅立ちを見据えて、もっともっとフォトグラフィー。
感じつつ、痛みいるまで。
理解できるまで、突き飛ばすくらいに。
それを認めた瞬間に、驚くほど簡単にいとは途切れてしまいそうで。
素敵な空間のロックンロール、
言葉にならない思い並べた。
だけど俺は知ってるぜ。分かってるんだぜ。
記憶が確かにメロディを築いていく。
新しいメロディ、確かさとは少し違う。
思い知る時を越えていく。
君という面白さをぶっ飛ばしていく。
何もかも完璧に生きていけるのなら、
素敵だろう。本当に愉快な挑戦だ。
くだらない面白さ、天才級の生まれる価値。
それでいいのか。それを食らっても生きていけるという。
悲しみ、ロックンロール。
たまに思うこと。悲しみのロックンローラー。
飛び出すかばう 意味もなく笑う
その熱狂の中で何かを手に入れる。
何もない世界なんかより、素敵な世界を見せておくれよ。
俺が知りたいことなんて、大したもんじゃないんだよ。
だから、申し分ないパワーを今発揮。
画期的なミュージシャン、踊るように。笑うように。
素敵さを育むように、手に入れるように。
素敵なんだね。よく分かるよ。
この空間、果てはどこまでも突き進んだ。
ロックンロールは確かに僕と共にあった。
ああ、響き渡る荘厳な音色。
何かに相対した時、
輝くメロディと、新しい時代が幕を開ける。
その空間をラッキーに、押し戻すような快楽と、
楽しさと影響、環境が生協。
景気よく暴れまくりたいもんだ。
せめてもう少し輝きたいもんだ。
辛さも忘れて苦みをかみしめて、
勝つべき奴が勝つ。
大したことねえ ビリーブでも、
保つ、念能力の刻む力。
電気を育む。早いスピードで、
蠢く。宝物だからだ。
催眠術だとか超スピードじゃない。
重ねる次の段階。
他には何もできず、
捨て去る可能性、ほとばしる情熱と勢い。
悲しみが動いていく。
目の前に開かれた世界と、
共に生きていく力強さだ。
楽しさが生まれていく。この力強さなら、ここにある。
潰されそうでも、何かが失われそうでも、
コントロールできる世界ならば、
興味などない。面白いこともない。
くっつくアイス、オンザパーティ。
スクワットしております。
で、どうなったのか。究極的に動いていく。
魂がホライズンだから。
環境音に悩まされつつも、
踊りだすファンタジーのように。
辿りつけるんだよって分からせるように。
つまらないことに、コロコロ転がすように。
旅立つ君に負けないように。
地道に頑張って行くように。
ずっとずっと、天才を求め続けてきた。
その理由が分かった気がするよ。
俺は本当に色んなことを考える。
その流れを気にしているんだ。
俺は生物として、また一歩進化しようとしている。
その功績、やめるべきはなんなのか。
面白い食いつぶす体感温度。
食べる重ねる 思いあぐねる だがしかし兼ねる
魂、レスポンスとなり響き渡る。
可能性が生まれていくのをただ、感じていたのか。
どうでもいいことを簡単にやってのけられる。
全て、間違っている。そして、全て正解だ。
これはと 思ったものが、新しい道を刻むように。
開くドア、次なる新天地。
正しさが何かなんて俺は知らねえよ。
追いかける歪な関係性?
驚かせんな、そうやって生きてきたんだ。
インテンポで躓いて、もつれていく即興の中へ。
引き返す道が消える。動かされる波が近く。
失った声のメロディ、誰かの元へ向かう
正しさが何かより、なぜそれは存在したのか。
確実な方法は他になかったのか。
叩きだす新記録と、キーボード叩く両手が笑っているとして。
片付く問題じゃないとしても。
記憶、間違い、理想に思い違い。
飛び出す可能性と、記憶がぶっ壊してくれる。
それを信じ切ってしまったことが、
君の敗因であり全てだよ。
可能性をぶっ飛ばしてきたんだ、
少々の辛さは織り込み済みだ。
楽しさを追求することは悪なのか?
悲しみだけが続く未来。
この究極を叩きだしたい。
重い知りたいんだ。
できねーかな。
通常では得られるはずのないどうしようもない、幸福感。
ずっと、手にしているのはなぜか。
驚かせつつ、未来にあぐねる
アグネスも驚く、控えめなスタイリッシュ。
三度を重ね、ここに響かせて
他には何もできない。
駆け巡るのは音ではなく言葉だよ。
連ねる大したことない世界。
ミュージックはぶっ壊れる時を待つようで。
大したことない、興味もねえ。
ずっと影響力、飛ばしていくこの未来。
それがどれだけ大切なことかは、よく分かってるつもりだ。
記憶していたことが、失うことを躊躇わせる。
それを拒める力なのなら、
追求は許されていないだろう。
確実な意味を込めて、叩きだすつもりだ。
影響、奪い取る価値観の違い。
本当に大切なのは未来。
期待自体、次第に嫌いに。
依頼はあれ以来ます地雷。
戦い出すのか。
思い出すのか。
まとめる力の欠如。
評価の対象となった時点で大勝利だろ。
大抵のものは、評価されるという土俵にすら上がれない。
完成されている。意味が分からなくなっていく。
鼓動が確かに未来を創りだす。
紡ぎ出す 次なる新天地。
到達するまであと1センチ。
倒壊するビルや素敵なまいってしまうような。
くだらないような、素敵なフィールドに、記憶はぶっかけるように。
再び笑える日が来るように。
虚ろに届かせて、夢中に踊りだす。
くだらないフォトグラフィー、風になれるなら、
旅立つ、旅立ち、重なり、僕は追随許さぬパワーへと。
まだまだ続けるエキサイトなパワーコントロール。
それを認める力が欲しいだけだ。
それをずっと続けることはできない。
面白い世界に何度も訪れた訳だ。
ずっとずっと、大切な未来と共にあった。
嫌われても、大好きだったから。
どうしようもない幸福感を。
あの日あの場所に立ってたら、
俺は一体どうなっていたんだろう。
未来は、たった一つの小さな行動で、
大きくその姿と形を変えていく。
大したことがなくても、何もなくても、
追随許さない。動かされる。
一秒が一生を占う。
大したことない世界が、占ってくれる。
俺の為にあれ。誰かのためにあれ。
そろそろ出てきてもいいんじゃねーか?
ただ俺はこの世界を愛しているよ。
なんでも実現させてやる。
完全に落ち込んでる空間ならば。
迸る情熱と、体の巻き込み方だ。
その偏見を片づけたい?
他人の評価なんてそれこそ時代次第。
形から入るタイプの奴より、
中身で勝負だ。その見かけがすごいんじゃない。
面白い空間の未来を。
旅立たせる奴らに記憶。
遅刻して至極適当な地獄へ帰国。
まとまり損ねた、宇宙への強い渇望感か、
泥まみれになって息引き取るか。
そういった全ての根性が、巻き込まれる事実に変わっていく。
食べこむパワー、ずっと永遠にビリーブしてくれるように、
祈れ。神に祈る?仏に頼む?
頼る奴らなんて当てにならない。
自分の人生は自分で作りだせ。
他人を頼るな。
自分を信じられない人間を、他人が信じてあげられると思いますか。
鼓動が脈を打つ。嫌われ方も尋常じゃねえ。
明日にミラクル、光射す場所で仇なすように。
希望が炸裂、遠い世界の中で、
盛り上がりは頂点を感じる。
立て続けに起こる未来。
この行動の正当性が、まだ間違いない範囲でぶつかっている。
新しい感覚と、その味方にするだけの度胸を身につけたなら、
始まり始まりなんだ。
ここでちゃんと生きていく力になってくれる。
ありがたいことこの上ねーよなー?
この行動パターンで生きていくんだ。
巡り巡るでしょう。
一生分使った青春も。
僕は知っているよ。
だってそうじゃないとさ。
例え世界が明日ほろぶとしてもね。
ある人は言う 今日僕はリンゴの木を植えよう。
慣れた、大切なメロディが僕を包み込む。
大好きな世界観、広がり続ける。
希望が、沢山メロディとなり、
壊れるような素敵な血潮、悲しいまでに。
驚きを見せつける。
体を行動で表現する。
このデータが大事だとか、大切だとか。
盛り上がるポイントはどこだ。
価値の基準となるのは何だ。
全て解き放っていくのなら、
体中が全身、責任者じゃなくてテクニシャン呼べ!
無駄に戯言、戯言、今日もラッキー
だからこそ抱きたい気持ちハナンバーワン。
いつまでも忘れないで。
終わりなきクレッシェンドは深く、
ずっと、ずっと、遠くまで見渡せますように。
きらめく日々を、支えるものの正体?
刻むリズム今生きている。
プレリュードが恐ろしいくらい、まいってしまうくらいだ。
困ってしまうんじゃないのかな。
答えはどこにもないんじゃないのかな。
だから戦い続けてるんだ。
理想を、壊し続けてるんだ。
面白い世界、地図に描けない大切さ。
脳みそも脂肪でできてそうな。
そうういう感情にさせるのは体中が欲しがってる証拠だ。
大きなメロディとなり、解き放て。
くるっとまわって、何度も何度も繰り返される。
試される大地。希望が、記憶してくれるから。
面白い空間も、
大したことがないというミラクルだって、
希望せずとも俺はこの力を得た。
ごくごく最近だ。
手に入れるまでにかかった年月プラスアルファ。
それを補って余りあるどうしようもない幸福感。
俺の目指す場所へと、最高の場所へと。
くるくる、回り続ける。
何が欲しいんだよ、結局さあ。
飛び出す栄光、希望も渦に変わってく。
ねえ意味分かる?
ことごとく嫌いはじめ、
ロックンロールの痛みに嫌われて。
大切におぼつかず、どろんと巻き込んでいくことすら、
理解しているよ。それはデータだ。
新しいプレリュード。
走りだす栄光か、悲しみのレスポンスか。
形づくることに
嘘がないと本気で言えるのなら。
素敵なアンフィールド、ステライトな
ミュージックを刻みこんでいけるなら。
私は天才的に、思い出すだけだよ。
レインボウカラー
難しい距離で、放つ見苦しい姿も、
大きな影響力、滞るフランストレーション?
難しさと、影響力に育まれながら。
くだらない毎日を生きる。
ただただ楽しくて仕方ない。
そういう感覚があることが、宝物なんだ。
小さい一方的な非合法。
思考法の感覚と、エネルギッシュな未来。
エイトビートで奏でだす。
終わりなきらせん階段が生み出す、
作られたパワーと、本気でやばいと思える何か。
思い出すんだ、クォリティの矛先を。
ミュージック、思い知るまで、
作られたフィールド その中で、
思い込みの宇宙の中で。
ときめいたらそこが始まりなんだよ。
ずっとずっと思い出せる空間にいるということは。
理解できる距離にマイナスがあろうが、
大切な何かを失ってしまわないように。
疑い、まだまだときめく。
扉を開くように、次の時代へ向かうように。
飛び出すように、飛び跳ねるように。
奏でるリズムと、きらめく生き方。
飛び出すセンセーショナルと、
記憶が間違いなく驚いてくれる。
彼の功績は半端ないものがある。
そういう面白さにまとわりつく。
そういう時代次第な気分次第な
大切な感情に、巻き込まれている俺の現状。
つまらないことで発起して、放棄して、
かき集めて、逃げ出して、
全てぶっ飛ぶほどの勢い任せで、
土付かず、足付かず、
とるにたりず、
今、今という瞬間を見つめてみる。
この過労の状態、楽しくて仕方ないのなら、
それは一番じゃないのか?
色んなメロディ、かけあわされて、
俺という人間は作られる。
リズムに遠い場所を描く時。
秘密のマシンガン、あらゆる辛さも、巻き込むようにして、
幸せに届いてしまう。あらゆる苦しみも悲しみも、
全て俺のパワーになっていく。
すさまじいパワーに変わっていく。
まさに俺は人間発電所。
ここからエネルギーを生みだすには、
どうしたらいいか。思い通りになれないんだ。
これが、風に乗って行くとしたら。
盛り上がる俺の素晴らしいエンドレスに。
希望を見たい。時代を期待したい。
新時代くると信じたい。
だからこそ間違いない日々を越えていきたい。
プラスアルファされていく。
飛びこむように地上絵、完成されていく。
続く雨の天気予報。
何もかも失って、その先に未来があるんだよと、
どんな顔をしてはっきり言えたらいいのですか。
未来をまとう、
時代次第な時代錯誤なエンドレスに伝えてくれる。
ぴょんぴょんニキータ、
驚きパシフィック、逃げワールド。
緻密な世界に堂々と巡り行く。
行動でパシフィック、
表す俺の素晴らしさか。
行動の悲惨な出来事なのかもな。
遠く、遠い場所まで、のけぞらせないで。
書き込ませないで。驚かさないで。
奪われた結果的に、生み出された結晶に、
それを手に入れて余りあるパワーを、
得たその果てに、希望を見たか。
時代錯誤も甚だしい。
それが俺を幸せにしてくれるなら、
俺は全てを受け入れていくつもりだよ。
だから、もう逃げないでよ。
飛びこむエンドレスなデイズ。
悲しみ、トワイライトをエベレスト。
絶頂コースター、響き渡る愛の音。
他には何もできない。
この鼓動がつぶらな世界を
行動でシンパシー。
向上心をつけこむ。
誰かの元へ向かう
この楽しい世界が、続きますように。
願うびびってる。走りだす栄光か。
飛び出す影響と、びびってる、オールファイター
難しいままに。いつまでも忘れないで
歌うようにまっすぐに
ステージを乗り越えて、
幅を利かせる。
それを教えてくれる。
難しい影響力。
悲しいまでに、楽しい空間。理想像だ。
輝き始めたら、
ロックンロールだ。魂だ。
3分の1.
トワイライト、動かされる。
戸惑いつつも、次の世界を狙いにいく。
続く、エンドレスな日々をまるで楽しむように。
鼓動が突き刺す次のミュージック。
体中が迸る。
影響力を賜物にして、
大きな世界をぶっ壊すように、
大切なクォリティで、大好きなロックンロールに包まれる。
正しさは永遠だ。洗練されたミュージック。
奏でだす次の段階。
関西にいっても分からない。
誰にも逆らわない。
でも、どうしようもなく必然性が追いかけ来る。
喋っても喋っても喋り足りない。
そういった全てに緊張をときほぐすように。
全滅必至の絶頂モンスター。
決闘をしたくなるほどだ。
とにかく とにもかくにも、
動かされる標準、素敵な基準、
天気予報、口説きテク。
歩いていく つぶらな世間体、意味なくもたれつつ、
驚かされつつ、ミュージックは止まらないんだ。
とどまらない、栄光と影響力。
プラスアルファされていく希望だよ。
大切な気温と君の気持ちだよ。
つまらねえマネをするな。
誰のものともいえぬもの
だってそうじゃないとさ。
この世界中に、埋まるように大切にしてくれる。
おいたわしや、空間をレスポンスにする限りある天才を。
地球上に可能性をぶっ壊せるなら、
大切な空間を笑ってくれるなら。
おびき寄せる、次の段階への可能性。
大きく捻じ曲げていく作られたヒストリー。
僕を僕たらしめるもの。
借りを返そうなどとしたところで
一生すぐ終えるでしょう。
ずっと永遠がループしていくから。
この挑戦的ラップに挑戦状。
この面白さ、ときめかないのかい?
感情がストップされないのかい?
色んな分野で、様々な文章をずっと書き続けてきた。
僕は理想に、悲しみの欠片を持たないあなたみたいな人になりたい。
全部、分かっていてくれる。
大した悩みもねえんだ。物忘れのひどさのお陰でな。
ずっとお陰に変えてくれる。
つまらないことをダンスチューンにしてくれる。
おびき寄せる、次の時代を求めてはびこらせる、
空間を笑い飛ばす。環境に、
かけがえのない命をつかむ。
難しい、成功と傾向。
抵抗していけるなら。
瞑想と冷凍。
蛍光灯にともされた光にも、
ちかり きっかり みっちり そしてぐっちょり。
ぐったりしてるキミに。(ヽ´ω`)
その全てを、記憶してくれることのありがたみ。
他には何もできない。
素晴らしいメロディが包み込んでくれる。
栄光を感じるよ。
素敵なフィールドだ。
奏でる次の世界。
驚くことも許されないままで、
飛びこむ地上の次のハーモニーだ。
大切な自分の声が聞こえなくならないように。
こうして、エンドレスに求めていく
エチュードを追いかける。
澄み渡る空等なく。
ここに、勢い任せに突っ走れたら。
この空間に秘密を追いかけながら、
大したことのない未来を生きる。
この空間、楽しさだけが。
思い出すたびに、記憶するたびに。
誰かに聞こえることを、
教えてあげたいか。
秘密、積もり積もる物語。
大好きな返答。
健闘することを祈るよ。
大好きで、止まらなくて。
またここに 戻ってこれるように。
つまらない人間には決してならないように。
動かされ続ける。ハピネス届き続ける。
戻る歴史と永遠カラー。
最初っから、驚かせるべきは宇宙人だった。
真昼に見た夢、そこでも俺は無双を続けていた。
何か、素敵なドラマティックが動き続けているような。
天才的な炎で駆け巡る。
正しさという矛先で、ぶっ壊す奴インザハウス。
何もかも全て消えてしまうかな?
それでいいんだ、それでもいいんだ。
記憶したこと、全てが間違いだったなんて、
誰でも信じたくないさ。思い出したくもないさ。
きらめきを滞らせるフランストレーション、
歪な構造でも、楽し過ぎる日々を追いかけることですら、
つまらない適当を叫ぶことの意味を。
問いかけるこの歪な関係、理解できる力を。
理想に近づける勇気と、
しみったれてる歪な構造と。
大切な憎しみを、手にしたことによる愚かな感情を。
どれだけの周りのパワーを動かせるだろう。
ずっとずっと遠い場所から動き続ける。
働きかける。メロディとなり伝わってくるんだ。
だから、俺はものすごい大きなパワーを持っていると言える。
何も失わずに、その地点まで辿りつけるか。
行動していくシンフォニー、
ましまろと驚かせる生き方。
足りない自分に攻撃されていくパシフィックな踊り方。
ずっとずっと続いていくかのようなストレートな物語。
虎物語。この出来事にできれば、ものすごい影響力を持って、
分かりやすく指し示す歪な構造。
問答無用で表したいよ。
表現したいよ。
未来が滞る。それすらも分かってるつもり?
ノイズ混じりが聞こえてきたが、
俺はそんなのいらんねん。
チューズミー。チューズイット
だからこそ間違いないと思えるように。
究極は音を立てて崩れても。
この声がただ、盛り上がるパワーとなってしまってしまうほどの。
楽しさ、エンドレス。倦怠期、
償いをさせてください。
動かされている気がする。
思い知ることができる気がしたから。
ずっと聴いてたいほど、素晴らしいミュージックに出会える日。
生きること。こんな歌の全てだ。
たまらなくおかしくなってしまいそう。
ちっちゃくてびびる。
道頓堀に動かされ続けることを、
勝利と置き換えるのなら。
素敵なビジネスに沸騰させるのなら。
素敵なファンタジーに記憶させる。
残り、全てが記憶となり潰される。
ちっちゃなハードディスク、生まれ変わりたいから。
轟くキャミー。動かしたいからこそ、
意味を越えていきたいからこそ、
絶妙に生きていくしかないだろう。
償いを続けたい。理想を崇め続けたい。
この究極なるメロディの果て。
闘魂清掃東奔西走していくほどの、
クォリティだ。マジでやばいくらいの。
素敵なほどのファンタジー。
これが遠くなってしまわぬように。
いつだって僕ら必至なんだね。
俺に勝てるのか?っつー物語だね。
究極的に考えさせてしまう。
君達のイメージの中で、僕はすっかり最強になっていた。
この強い胸のありよう。
さあ飛び立とう。
苦行のような日々に繰り返される日々に負けないように。
続くエベレスト、怖いくらいの、
天才的なほどの。空間に、今までの全てを壊しながら。
ミュージックは高鳴り続ける。
僕を巻き込んで壊し続ける。
この鼓動のまま突き進みたい。
理解度、できる肺にいっぱいに吸い込んだ空気が、
爆発して行動させる。パワーとなるから。
それは限界を求めて、奪って、吐いてしまってしまおう。
砕け散るほどの、スーパーカテゴライズ。
すごく耳が響くほどの。素敵な感情。
難しい適当さ。そこで生きる俺の少年時代の設定。
その瞳のその栓を頂戴。
狂おしいほど、楽しいほどに。
その前の日に 生まれた過去にそれでも名前をつけるよ。
僕は、笑いかける。
未来をまとう
素晴らしい日々、
君に語るその時まで。
あらゆる感情、溶けて消えてなくなっても、
伝説、サイコティック、リズムに合わせて精神を高まらせる。
続く明察名論理。
カモンベイベーな炸裂ベイベー。
驚かせることもないもんだ。
崩壊リズムと、食いつぶす可能性と、
面白さと歪な構造。
統合されたら即放棄。
それが楽しくて仕方ないからこそ、
俺達は続けられることがある。
申し分ない勢いがある。
この距離だからこそ言えることがあるんだ
歌の上を伸びていく。
他には何もできない。
素直に駆け巡る指。
目の前に開かれた世界。
繰り返す新しいプレリュード。
正しさと面白さを併せ持つ。
快適な動かし方。
メロディは壊れるようにして、
壊されるようにして。
生み出される片っ端から、
動かされ、動いていく。
歌うたびに信じていた、歌うソロも外れていく。
もつれていく即興の中へ。
引き返す道が消える。
難しさと共に、動かされていくんだ。
盛り上がるだけの積み上げられるだけの。
行動とパニック、
動かされる衝動に近づく。
ノーマライズされた天気予報。
交渉力の問われる価値観の戦争。
だからこそ負けない。パワーなら俺の方が上だからだ。
この行動、あらゆる言語に対応。
どこまでも強くなれるのはそれが理由だ。
俺達は何を望み、何のために生きているんだ?
素敵なファンタジスタ、
行動の上で、起こす奇跡がこの妄想の全てだ。
サスペンス、踊り続けるなら。
この関係のない場所で、動かされるのなら。
飛びこむ、永遠、ループする快感。
限度の越えた歪な感情。
新しい何かが面白くはじけ飛ぶように。
それを強く求めた結果的に、
驚かされるように。
それにはまったのは、ポン酢とパン。
驚かせるほどミュージックは戻り、
甲府サイドに流れ、それでも土付かず。
思い出すこともできずに。
心があわて始めるんだ。
I want you.
で、何を求めてきたか。
苦行のような時すら越えて、
永遠を追従させるというのか。
その全てに触れていないんだ。
新しい力を試したいんだ。
記憶がまた消し飛ばしていく。
新しい時間が、さらに追従されていくなら。
鼓動となり血となり舞え。
調子のよさならナンバーワンだ。
そのまま適当に生きてたまるか。
俺の鼓動を高鳴らせるメッセージは、
歪なもんじゃない。
届く、矛先、記憶してくれるラッキーだ。
思い知ることができたなら、
俺はどれだけ幸せになれるだろう。
体中が脈を打つように。
くだらないことを練習するように。
この行動のシンフォニーと、リズム、そして言葉、そして絵だ。
俺を支える三つの宝石。
これこそが生きていく素晴らしさを支えてくれる。
俺を幸せにしてくれるんだ。
苦しくて泣いてばかりもいられない。
それも、輝く未来、飛び出したあなたがいたからだった。
飛び越える勇気、全てを巻き込んでいくスタイル。
ぐったりしているキミの横で、ファンシーチョコレート。
輝きは増していく。
何を思い、はびこらせてきたのか。
僕は忘れてしまったんだよ。
こんな記憶のない夢のない夢ならいらないいらない
続く、天才的なディスファクション。
輝きと、文字の海へダイブ。
タイプなんですよ、そういう。
怪物、才物。なんか面白いことはないかと、
探し続ける僕もいとしい人間ならば。
形、ひらめき、オートマチックに騒ぎ立てる
意味不明を形づくるなら
確かに、そういう風な感覚に受け取ることも、
できる面はあるかもね。
ただ、一つ何かを願えというのなら、
僕はさて、何を目指そうか。
美しい未来に照らし出された無数の声。
飛び出す、高嶺の花に近い憎らしさ。
簡単ではない思い違い。
理想ビジョン昨日以上。
どこまでも、突き進むような快感を味わえたなら。
素敵なフィールドを、今でも忘れずに生きていけたかな。
ずっと眠って、それでも足りなくて。
僕はずっとずっと、遠い場所から願いつつ、
飛び出しつつさ。
盛り上がりつつ、踊りつつ。
情熱の温度を灯しつつ、
理解もしていくつもりで。
理想以上に楽しい気分になれる日が近づいてくる。
この距離ならば、俺はなんだってできる。
挑戦なきラップに意味などない。
風となり吹き飛ばされていく。
可能性は今でも戦い出している。
文字にしたラップなどクソッタレだというが、
それは音楽の作詞業。
特にこの業界界隈では、
大切にしてる憎しみか。
空が青いことに、訳も何もなかった。
理想地層、きっと宇宙だって笑ってくれるはず。
間違いなく笑ってくれるだろう。
ミュージックの滞りを、失わせるのなら、
それは罪だよなあ。
驚かせてる自分が存在している。
全てに打ち負かされるだけのパワーだよ。
一端、ゴールを見つけたから騒ぎ出したんだ。
色んな情熱と共鳴して、驚かせるだけのエネルギーに。
続くディスタチオ、俺が求める居場所はここじゃない。
そう思ったからね。
夢で会った天国のあの人の姿は、涙で滲んでよく見えなかった。
どうすれば巻き込めるのか、考えてる。
歪な構造が、今でも続いていく。
だとすれば、この私はなんなんだ。
色んな気持ちが焦りだす。
そこに価値を求め始める。
理想像、究極的に曲がっていく。
理想像、ぶっ壊れるほどに。
そのぶっ壊れようが違っているんだ。
素晴らしき世界の面白さ。
苦行に次ぐ苦行。
口調も度胸も故郷渇望。
なんでもアリなありえないアリエッティ
解せないヒューマニズムと、
楽しい音に巻き込まれ、ダンスチューンは。
おごそかに、それでいて柔らかく。
俺を温めて守ってくれるから。
つまらなくなっても、幸せを得るために必要なこと。
大切なことを憎らしく、それでいて朗らかに、
楽しく過ごしてくれるように。
戦い続ける意味があるといえるだろう。
遠く、遠い場所からめがけてくるように。
全部を守りこむよりも、大切な記憶。
この故郷と共に
僕らが大人になっても、この丘を忘れぬように・・
そうだ、振り返れば大したことのない情報だらけ。
でも、その海の中で探していかなくちゃいけないものはある。
俺は大切にしなくちゃいけないことがあるんだ。
素敵に、メロディ、突っ走るような楽しさだ。
追いかける俺の愚かさか。
戻らぬ日々の、栄光か。
正しさ、泣き後、
滞ることを停滞させているのなら、
食いつぶす影響力と共に、
潰される記憶として、
理解を反発させながら、
つまらないジョークに笑い飛ばされながら、
必要な、言葉となり 必要なメロディとなり。
輝く土くわず。
のけぞる人々、追憶の未来。
ケセラセラで踊り続けたい。
これがあわてることなく、
騒ぎ立てることなく。
僕はまだ震えてる。
この伝説的なパシフィックワールドに、
記憶だけを共に習慣づけて。
理想像豊かに、ホライズン、ホライズン。
楽しさがエンドレスなんだね。
この楽しさと共に、韻を踏む楽しさを押韻するように。
この楽しさと、美しいメロディと希望。
楽しさはエンドレスですよね?
形づくることに面白さを偵察させる。
この、苦痛に似た感情を、
どう表現しようか。
新たなる扉開き続ける。
言葉で生き続ける僕は。
最果ての孤島で見つけられる日々を。
偵察する俺の異常気象。
体中がメロディとなりつづける。
この語り方だと、面白さが楽しさになってくな。
言わずと知れた、俺が天才。
思い出し笑いをかみ殺し、
今こそツチノコ探しにいこう。
正しさがなんだとかよく分かんない。
だけど、確かに鼓動は伝えてくれる。
俺を制限する全てに、
あまり深追いさせぬように。
大切な未来を、血圧を。
故郷を望むスタイル、俺のやばさはよく知っているはず。
壊れた胸の修復作業、
だがそれは、人間が進化に至るまでの過程を、
すっとばして感覚的には、
何千年も、何万年も生きて、初めて到達できるかできないかの
領域にまで、たったの6年で到達した。
だからこそ怖いんだよ。
舐め腐ることができねーんだよ。
面白さの果てに何がある。
窮屈な未来に影を見る。
大好きな方向に、影響力、ぶっ飛ばすまで。
可能性の問題だ。つないだ手が語りかけるんだ。
難しいメロディと、面白さ。
すっげー面白さがあるなあと。
だから物心ついた時から、俺は探し続けてんだ。
ここにあるもの、ここにないもの、
だから俺は手にしたんだ。
あらゆる幻想も想像も、実際存在する世界なんだって
伝えるために生まれてきたんだ。
何かをすっとばして、栄光を駆け上がる。
再び笑う時までもがく。
一つだけ握りしめ、大切な鼓動を。
この心の技か。
ロックンロールの魂か。
塊なんだよ。要するに、目指したフューチャーだ。
それだけでは語りつくせないから、
俺達は言葉を選んできたんじゃないのか。
ずっとずっと、永遠をループさせながら、
空気を読むということを知ろうとする少年。
風が吹き飛ばしてくれる。
思い知ることができたなら、幅を利かせるだけ。
can you feel?
それは遠い遠い世界から聞こえてくる音楽だった。
だから悲しさを、抱いて、それでも待ち続けたんだね。
積もり積もる話もないことだし。
記憶したことが間違ってたなんて言わせたくないし。
でも、何より素敵なそのメロディを、
僕に教えてくれてありがとう。
何も言えないくらいとっても幸せだよ。
一つ一つは薄くなっていってしまう。
数百年じゃない。数万年の時間が欲しい。
ずっとずっと、生きていたい。
その願いが今にも叶いそうで。
きっとまだ限界なんてこんなもんじゃない。
こんなんじゃない。
伝えられる響き合い、
どんどん果てしなく潰されていく。
持ちあがる、最高の歌い出しから、
のめりこむ。
戦いに勇み足。
ここは途中なんだって信じたい。
I can feel
昨日まで、選ばれなかった僕らでも 明日を持ってる。
思ってる。希望が楽しく蠢いていく。
つまらなさを置いてけぼりにしないように。
あなたをアンタッチャブル。記憶させるために。
方向性としては間違っていないんだ。
どうしようもなく楽しい感情。
どう表現すればいいのか分からないんだ。
伝えきれるか。思い出せるか。
飛び越える風に乗って、飛び跳ねる。
空間を、笑い出す今を。
大切な空間、新しい時代を貫くように。
叩き台、生まれ来る死の香り。
だけど、憎しみは生まれていく。
どこまでいけると思う?
風が吹き飛ばす次への可能性。
償いをしてくれよ。
この行動の果てに、何を見たのか。
感情で片付けたら、不幸せが待つだけなんだ。
滞るフランストレーション、
魂の器で思い出す。
でたらめな日々を断ち切りたい。
続くメロディ、楽しさを壊してまで。
リライトしていく。
きらめくレベルにそこがあるんだ。
こそこそしてるコソ泥こそ、
何もなくても、フュージョン、フュージョン、楽しい世界しか
広がらねえ。だから制限をかけたんだよ。
だけど俺はどこまでも成長していけるから。
そういった魂の歪な構造に、
楽しさを描いているから。
その描いてきた、延長線上
倦怠期、理想のパワー
クラッシュする炎上。
商法もラッキーアイテム。
クズ共ハッピー?
空間を炸裂させるミュージック
食い飛ばす。
全力で叩きこむ。
ロックンロール。
はまりこむエイトビートがクラッシュさせる。
記憶をなんとかして撥ね退けようとする。
過酷な環境に身を置いたもんだ。
どれくらい、響き渡れば幸せなのか。
何を、どんなに面白さに変えていければ、
俺は環境を理想に保ち続けることができるのか。
記憶が戦い続ける。
このテンションのまま。
しみったれ。あらゆる場所から迸る影響。
考えに考えた結果的な問題。
だからこそ炸裂するナイスバーガー
でも思い知ることを怖がってちゃ、意味がない。
足りない生きがい、難しい世界になったもんだ。
ものすごいメロディの応酬だ。
素敵なアンチフィールドの賜物だ。
八十八の場面の中で、
轟く、届くメロディ。聴かせる歪な構造。
歌うようにまっすぐに、歌の上を伸びていく。
素直に駆け巡る指。
誰かの元へ向かう。楽しさが面白さを連れてくる。
繰り返すのは新しいプレリュード。
落とした休符、変わるハーモニー。
飛び越えるエレガントな生きがい。
止まらないことだな。
思い出せているか。
伝えるために届いてきた。
面白さの延長線上に、
喧騒の中で、道外れる。
鼓動がバクバクミュージックとなる。
少しずつ、広がり続けてきた。
それをずっと続けていけるかどうかだろう。
ミュージック、まさに誇らしい。
大切なレクイエム、
楽しさがエンドレスなんだ。
伝えたいことだらけなんだ。
飛びこむ、永遠の歪な構造。
叩き上げてくれる面白さ。
追憶、未来と飛ばしまくる。
影響力を考えておく。
だってそうじゃないとさ。
一切合財全部・・
例え世界が明日ほろぶとしてもね
今日僕はリンゴの木を植えよう。
この世の全てを書き残すよ。
リクエスト、暴れるこの痛みのなさ。
試される大地、
破天荒な屑どもに、
届くほどのデリカシーのなさ。
幸せはもちろん供給される。
俺の望んだものだからな。
俺が欲しいのはその次の段階さ。
驚きに任せて、踊りつつ、騒ぎつつだよ。
思い出し笑いを噛み殺す。
驚き、道筋、クルクル回っていく。
不当な笑いで踊り続ける。
難しく、メロディは騒ぎ立てる。
驚かせる程度に、聞こえる面白さ。
大切な記憶は暴走していく。
セットプレー、悲しみが生み出す可能性。
厳格に言えば、そういう意味のない偵察。
警察が明察をしてくれるから、
なんかものすごく感謝の波に押し寄せられるんだ。
記憶と、暴走を伝えてくれるんだね。
行動のデリカシーのなさが、
伝えてくれる響き渡るイメージと、
綴る次のページと、
動きまくるシンパシーと、
ぼろいクズのような、
そのような、響き合いを、
大切に記憶させ、
未来を壊し続ける、
終わりなきずっと手に入れるまでのその、
この神々しい流れと、
面白い黒いミュージックと、
驚かせ続ける永遠と、
正しさを栄光として受け入れてくれる、
日々、ひび割れていく。風に舞いとち狂っていく。
面白さの果てに何があるのかを教えようと。
理解の教訓を味わおうと。
理解の果てに何があるのか教えてもらうため。
記憶を破る。理解を果てにする。
難しさの天才的な考え方を、理想として超越するようで。
空間が笑ってくれるような。
面白さのストイックな香り。
新天地にて進展あり。
難しさのエンドレスなジェットコースターも、
知ってるつもり?描いた栄光面白さの果てに。
記憶したからこそ、イメージできたからこそ。
面白さの追憶、メロディのライン、
吹き飛ばすような面白さが、
ずっとずっと続いていてくれるのなら、
面白さを伝えてくれるのであれば。
それが何の影響を持っているのかとか、
分かる訳ない。分からない訳ない。
つまらない生きがいに、メロディがぶっ壊される。
向こう見ずな姿勢に救われる。
大切な空間と、フォトグラフィー。
感情高まり続ける。
苦痛が快感を呼び寄せる。
昔の話のようで。
手帳に刻んだ日も、
ロックンロール、アタッカー陣も大したことない。
エレガントな美しさ。
エンドレスな面白さが。
何もかも全て消えてしまいそう。
貫く俺という姿勢。
堂々と巡る、楽しさが面白さになっていくのであれば。
面白さのその果てにある未来。
嫌いな地雷は知らない。
弔い合戦 濃く雷神 特大の東北大に向けて。
おびき寄せるなら、可能性だ。
高まり続ける栄光と、面白さのキャパシティだよ。
それを楽しむ力ならば。
ずっとずっと面白さ、果てしなく。
永久を求め続けてくれるなら、
訪れる日々に、大切な記憶に。
このメロディ、ミュージックとなりぶっ壊れるほどに。
つまらないことを響かせる。
それが分かるから、ミュージックが止まらないんだ。
理想像、面白さ、空間の劣悪試験。
この面白さ、追憶、面白さってなんだろう。
食い飛ばす影響と、栄光と越えていく、
綴られる綴られる未来と、
暴走するような素敵なフィールド。
輝かしい功績だからこそ。
面白い世界にいるからこそ。
轟く、面白がる。
ずっと天才は推し量り続ける。
カモンベイベーな疑いなしに、晴れることなき歌声を。
ものすごく影響で、償いにできれば もう問題ない。
退廃的で暴力的!
この未来に、望むものがあるんだ。
素敵なフィールド、アンチジャスティスになってくれるんだ。
これが声を伝えてくれたのか。
影響力、思い出したように素敵なワールド。
記憶してくれるフィールド。
面白くてたまらなくて暴走してしまいそうな。
この面白さのままに、空間は爆笑されていく。
この天才的な勢いのままに、
ぶっ壊されていくイメージがある。
だから俺は歩み、止めることない。

(17:10)
適当な、ジェットコースターのような恋愛?
俺は何を求めてきたんだっけ。
ずっとずっと鼓動高まらせる。
君は何をもって君とする?
絶望的な歩き方だ。
素敵な問答無用だ。
俺はもうすべてぶっ壊したいんだよ。
色々書いたノート。
不思議と面白さが追加されていく。
言いたいことは何もないよ。
そう、何もね。
ただ、自分を見失いたくないだけだ。
ここにある自分という可能性。
あらゆるはかりで測り知れないほどの、
ミュージック。ただその鼓動に。
つまらないことは無しにしないか。
俺は正直興味をそがれているんだよ。
全てが無意味に思える。
ちょっと疲れてんのかな。
俺は幸せなんだよ。
でも、それ以上になれない。
俺は結局何を求めているんだろう。
この上ないってほどの幸せを手に入れた。
心なら満ち満ちるほど満たされている。
永遠もおそらく手にすることだろう。
逃げ道は限られているのか。
俺は何を求めているんだろう。
その時はどうやら当分訪れないぜ。
ちょっと苦境に立たされて。
栄光の狭間に、力強い何かを見たいんだろう。
生み出すものがなんであれ、
どうであれ、そこに誇りを持ち続けた。
理解の尺度。本物の可能性。
悔い飛ばすような意味のなさを。
追憶の彼方から、めぐりくる可能性を。
ぶっ飛ばす。ライクコロモキャニオン。
だって全ては幸せに包まれたから。
この空間から、飛び立つ意味を俺は知ってる。
確実に未来をぶっ飛ばしてくれることも知っている。
なぜ、なんで、こんなにもなぜ。
他のものが見えなくなるくらいだ。
大切な可能性と共に生きていくんだね。
記憶が吹き飛ばされてしまいそうなのさ。
だから君は暴れ続けた。
理解はできるよ。マネはしたくないけどね。
あなたはいつでも幸せに包まれるべきなんだよ?
ここに存在する全てにだって、
希望を託した意味にだって、
答えだってあるはず。
伝われば、今度は何をもがき始める?
最果てのトコロテン、生み出す最果てへと。
悔い飛ばすワロスと、
埋め込まれるこの超空間で。
楽しみたい次第。
面白くなりたい次第。
もう素晴らしいくらいだよね。
大したことはないくせにさ。
オールウェイズ、3丁目の夕日。
片付くことなかれ、生み出す言葉の可能性。
この空間に、レスポンス求め続ける。
果てしなさだけが、届く場所まで貫く。
この空間だけが真実なら、僕もう何もいらないよ。
そうやってふざけることができる。
幸せだ。本当に僕は幸せな人間だ。
なんて言ってもそれに尽きるね。
大好きだった生き方だから。
ずっと、面白いと。感じ続けて、
誇りある未来に託す希望はどれだけだよって。
面白くないミュージック、
届かない声、
裏切りの夕焼けにだって、
未来にだって希望があるぜ。
バックアップをされているのなら問題ない。
そして、大切な記憶は巡って行く。
うとうとねがえり眠り攻撃のライムだって、
本気を出せばこうなるんだよって。
面白いように続いていく。
謙虚な姿勢でゴーイングマイウェイ。
新しい響き方で、繰り返される。
エンドレスな日々。空間すら笑い飛ばす。
この適当さが命取りになる。
風となり、吹き飛んでいけ。
可能性をぶっ壊す。
だけどこのままじゃ熱狂して説教しそう。
滅相もない。踏めて三文字 記憶がうろ覚え、看護婦の声が遠い。
感謝してる。あんたの写真、今見てる。
正しさとは何か。空間、ぶっ壊れるまでの体感速度。
大切なクォリティ。その証拠がない。
大丈夫さ。問題ないのさ。
連れていく。ぶっ飛ばしていく。
可能性とは何か。
感覚とはどういうことか。
戦い、吐きしるす。
何をしたときとかわかんない。
ミュージックはこだまするように。
大好きな記憶と一緒に暴れるように。
ふざけたメロディ、ぶっ壊すように。
捨てていく。可能性すらいびつなままで。
根拠のない偶然に、惑う。
ただ戦うことが、こんなにも貧しいことだったとは。
でも大丈夫だよ。
安心してくれよ。
君は守られたんだよ。
君は全てを救われたんだ。
本当におめでとう。本当にありがとう。
九十九里浜、捨てていく可能性。
でも本当にありがとう。
捨てきれぬ可能性を作ってくれた。
かもんべいべーな調子で、
俺達の未来をつないでくれた。
ここまで、完璧なレース運びで、
俺達の言葉を紡いでくれた。
感謝してもしたりない。
お前には俺達の全てをかけて、
するがもんきー、
君達に伝えたいことが。
理解できない程度の、柱。
希望がわっかになるなら、それ以上素敵なことはない。
素晴らしいことはないから。
あなたにだけ、伝えたい。
希望を見はらしたい。
大切な何かを守る時、
希望がどんどん捨てられていっても、
希望だけはあなたを救いだしますように。
この空間に、笑われてなお気付く、感づく。
だからこそ間違いない。
大切な記憶が爆発しているんだ。
俺が言うんだ。間違いない。
だからなんだっていうんだろう。
それが大切だってきっと言っているんだろう。
何かが足りない?
いつまでも、記憶したままで。
大切なレクイエム、この飛ばす情熱に乗せて。
アフターサービスなかなかの。
悔い飛ばすことができるなら影響の。
ひきこもりファクターズ。
可能性羽衣フーズ。
だからこそ手に入れたいものがある。
葛根湯を飲むように、
伝えるべくして伝えたんだ。
間違いはないだろう。素敵さは落ちないだろう。
戦いはすでに始まっているのだ。
吸収するなら今この時だ。
所詮大したことはない未来。
接続したならデータのバックアップは捨ててもらう。
今度しっかりできた時は、
理想となる形を君に教えるように。
守り抜くように、素敵なファンタジー。
所詮意味のない戦いなんだ。
大好きな未来を飛ばすために。
この空間を笑い飛ばすために、俺は生まれてきたんだよ。
だからさ。もう迷うなよ。
ミュージックの名の元に存在するクォリティ。
響くメロディとその可能性。
歪な構造で、飛び出していく影響力か。
飛び出していけるなら、続く未来を壊したい。
大切な行動のままで、突っ走りたい。
響くからこそ、大切にしたい記憶がある。
記憶、映しても天才、望むままに。
突っ走ることを真実と信じていたいなら、
突っ走れ。もう振り向くな。
大切な可能性。
大切な未来と行動シンパシー。
体中が高鳴っている。
可能性と共に淡く光ってる。
できてるが用意はない。
正しさなんてこだわらない。
真実に送り直し、天才はまた考え始める。
統率のとれた世界、構想のできない未来だ。
可能性をぶっ壊すなら、そういう影響力だろう。
これを高等技術でどうにかする。
大切なクォリティのままで、
不具合あるけどそのままで。
完成された感性だ。
ちょっとズバズバ行き過ぎたかな。
この調子で笑ってくれたらいいのに。
吹き飛びそうでも、追随許さない。
構わねえ、踊りだせ。
つかなに?この無駄な幸福感。
踊りだしたらファンタジスタ、願い込めればこんな面白いことはない。
ずいずい行くのはスーパークライマー。
飛び出す栄光と、かなりやばめなこのシュプール。
食い意地張って、踊りだすファンタジーに願いを込めて伝えたなら、
新しい時代の到来だ。
バッシング受けても平気なこのシュプール。
面白さだけが、追憶の未来を吹き飛ばしていく。
かなぐり捨てたニヒリズムの向こう。
飛ばす、カンタービレ、
うつろに映すその姿だよ。
幸せ過ぎて、頭がおかしくなりそうだ。
そういうことを軽く言ってのける程度の面白さ。
追憶から、何度も何度も繰り返し響く音がある。
可能性がないといえばうそになる。
そうだ、俺たちは間違っていないんだ。
ベルギーは赤い悪魔でしたか?
すごく楽しい世界は思い通りに。
ならなくても幸せ訪れるから。
素敵な未来と共に、吹き飛ばせる可能性?
歪なその意味をしることもなく。
伝えることに愚かさを感じつつも、
ちょっと反省してしまうような。
疑い晴れないことがつまらないような。
歴史的追憶、あらゆる方向へ、その先まで。
戦い出すからうごめくんだ。
狂おしく騒ぎ出すんだ。
大切なクォリティのままで、突っ走れるんだ。
この行動の美学が、支えているものはある。
どんだけ頑張っても、届かないというのか。
見て覚えろというのか。
ふざけているとは思わないのか。
このストレートなダッシュ。
思い出したように作り出す世界。
見たくもないなら伝えなければいい。
最初から飾らねばいい。
不備を認めたくらいで地に落ちる信頼など元々ねぇも同じだ!
そうやって、ふざけまくった時代が続く。
砕け散るダイヤモンド、答えはキリなき飛ばすことなき。
可能性かな。あのホシのようかな。
飛び出しそうかな。僕はいつだって考えているんだ。
無理しても、何度でも、幸せを高めるように続ける。
ただ、パソコンの前で、響くメロディ。
たたきあげる真の可能性だ。
だから思い通りにしてくれないんだ。
この行動を、確かに願い続ける痛ましさを。
この空間に、何度でも壊されるというのであれば。
ふざけているイメージと、
追随していくメッセージ。
君の元へ届けばいいな。
届くといいな。
いいのにな。
だけどこの答えは、いつだって窮屈で、
君達を願い続ける僕だってあほらし過ぎて、
慣れてしまったんだ。要するに怖かったんだ。
だから、憎しみたかった。
クォリティはただただ何もないままに。
そこまで来る優しさ。楽しさ。未来へと送りこむ。
ずっと考えていたいから、俺だって真面目なんだよ。
続いていくならそれ、大したことない。
世界を自分で作れるなら、意味なんてないじゃない。
思い出すだけで赤面。
ロシアンルーレットのようだ。
砕け散ったダイヤモンド、
閃きまくる、このホトトギスみたいだ。
食い飛ばす影響力のようだ。
素敵なファンタジーを、追いかけて。追いかけて。
ゆっくりとディフェンスするようで、
面白くないこともないじゃない?
だって面白くないんだもの。
ずっとずっと続けていけたなら、どれだけ幸せなんだろう。
ふわふわして、音楽の中を漂う。
ただただ漂う。
私の文章が歴史の教科書に。
あなたたちはなぜ迷ってしまうのか。
ふざけたレストラン、
ぶいぶい言わせてる。
テクニシャン、いや責任者。
そこに至るまでの過程が知りたかった。
形状記憶合金。
だけど僕の心はフリーズしてた。
魂のレクイエム、伝える僕ですらおかしかったから。
楽しさを勢い任せにしてしまうのは、
あまりにも勿体ないと思えてしまったんだ。
理想ビジョン昨日以上?
エル、事情、パイアール二乗して出した俺の答え。
秘密は守らせてもらう。
この宝物だけが、大切なんだ。
この空間を爆発させるんだ。
この魂のレクイエム、かわいいねの一言で、綺麗だねの一言で
キラキラしちゃう?ステイチューン、
踊りだすファンタジー、俺の快感はエクスタシー。
まさに音速のソニック、けれども頭痛が痛い。
ご想像にお任せしていくスタイル。
自由で奔放、素敵な可能性。
追憶未来へと吹き飛んでいけるなら。
可能性の名の元に、
響き渡りますように。
続く未来への戦争か。
飛び出すけたたましい。
美しきをリセッション。スタイリッシュで
ブービートラップ。食いつぶす影響力と共に。
ベリースペシャル
うまくいかない素晴らしい
この魂越えて飛び出す影響力、
蛍光灯のようで。
成功したいだけの。ミックスピザのようで。
ひらめきをときめかす。
歪な中旬。理解度が増していく。
それが足りないと何度言えば。
食いつぶす影響力ならば、
大切なクォリティ、メロディ、何度でも。
エブリバディがハッピーになってくれるように。
幸せ、ときめかすように。
そこだけは奪い取れない。
そこに空間を願いこむ。
エブリバディ 風の中に風の中に
面白いような、ぶっ飛ばしてるミュージック、
即効性の毒がまわりこみ、
僕と歪な塊は、
宙に浮き舞っていくんだ。
ロシアンルーレット、まさに言葉通りだね。
常識を履き違えて、
理想を間違えて。
だってたったの1カ月。
そこに意味なんてないが、
伝える矛先、憎しみすらないが、
大切なクォリティ忘れてやしないか?
天才的なミュージック。
この大切さが、驚かせませんように。
大切なクォリティ、間違いなく間違いがないように。
飛び出す閃光物体。
このベストイレブンに召集されて、
幸せがまとわりついてくる。
何を僕たちは手に入れたかったんだろう。
僕たちは幸せになりたかった。
そうだ、間違いないのさ。
ずっと天才的に間違い続けたんだね。
驚きなのか。子供だけなのか。
ひどく煩わしいレベルで、
遠く、遠くから聞こえてくるメロディのようだ。
素敵な、ちゃんとしたスペースを守っているようだ。
大切なクォリティなのに。
つまりさあ。そこは限界地点の希望だと思うんだよね。
追憶の彼方からやってくる、イメージに近いと思うんだよね。
だから俺たちは大切にしているんだよ。
きっとね。
だけどそれだけじゃ盛り上がらない。
それだけじゃまだまだ足りない。
だから次の可能性を探し始める。
ばからしいけど、そういうことなんだ。
おかしな話だろう?
こうしてただ生きているのにさ。
ミュージック、戦い合うなんてさ。
飛びこめる歪な塊、理想像を豊かに作り上げるなら、
大切な記憶と共に、それを嘘にしてあげようか。
それを認めてくれるなら。
あなたがそこにいてくれるなら。
それほど嬉しいことはないよ。
それほど喜ばしいことはないね。
素敵が踊りだすのさ。
大切な未来と共にね。
記憶は今衰退しているんだ。
大切な記憶が今ぶっ壊れるように。
大変素晴らしいミュージックの元で、
大会社ならできることがウチにはできない。
そういって、片付く問題ならそれ以上のことはない。
静かに、それは溶けていくように。
限界はとっくに越えてる。
さらに高い場所は目指せるか。
君達に一致する考え方は、
共有をできるのか。
そこへと到達するまでの過程を、
僕と一緒に笑ってくれないか。
戻りまくるんだ。
素敵な未来が踊り続けるんだね。
記憶してくれたならそれはハッピーなことだよ。
素敵なことだって、心から思える。
だからこそ、天才的に生きてみたいと願ったんだよ。
適当が願ったなら、
真実を知ったなら。
鼓動が僕を書き表したなら、
そこに未来を見出したなら、
君は他にやることを見つけられたのかい?
脳が拒否しても、まだまだ足りないものはあるんだ。
そうだ、限界を突破しないと。
まずはそこからだろう。
頭が痛くなるほどの情報量ため込んで。
さらに潰されにいくというのか。
あなたは悲しくないのか。
再び、戻る時に幸せに生きていけるように。
何をもって、何を思って生きていくのか。
スタイリッシュ、捨て続ける核廃棄物。
だけど俺は正直疲れちまった。
だから俺のリズムに合わせたんだ。
砕け散るほどの、影響力。
旅立つ地平線から、むごきこともなき、
世の中まだまだ旅を続けてる。
俺の指、ピアニストのようになめらかにキーボードを叩く。
インテンポで躓いて、ほつれていく即興の中で、
引き返す道が消える。動かされる波が近く
失った声のメロディ 誰かの元へ向かう
ステージの上のピアニストへ
生きること、こんな歌の全て。
この声だけが宝物だ。
素敵なメロディ、カモンアゲインだ。
伝えてくれるから。施しを受けてくれるから。
この可能性に賭けてあげるから。
捨てた未来の地図ですら、
追いかける俺の歪さも、コントロールしていけたなら。
償いを続けさせてくれないか。
驚くほど発狂していく。
ぶっころがされる程度の破壊兵器。
俺が求める次への一秒。
確かに受け取った次の世界への教訓。
俺が得たい得体のしれない全てが、
意味のない全てが、
今全てをつなぐ。今未来を分かち合う。
飛び出すメロディに込められてる。
あらゆる意味を部っ潰して、
価値を越えて飛び込んでいけるというのか。
この声の妨げ。かまっただけ。
はさまっただけ。疑い出したらキリはねえ。
このリズムのまま突っ走りたい。
そういった 全てになってみたいんだ。
記憶してくれるならそんな嬉しいことはない。
究極、メロディは叩きだす。
永遠に向かって旅立ち始める。
やがて分裂し、大切なものを失っても、
私は声を忘れないで、
とことん歌いあげてみせてあげてよ。
そこに声がないなら意味がないんだ。
僕が欲しいのはそこじゃないんだ。
捨てられた声のメロディ、
もっと浅はかな思いのつぶて、
理解できる距離がまた、
始まりだす。つまらない世界と共に、疑い出す。
うまく説明できないが、
素敵なメロディ、片付くまでやらせとくことはないかもな。
セイロンかもな。ナイロンかもな。
正論ちらつかし、パンツもちらり。
スカートひらり。声がこだまして適当な歌声になっていく。
スタイリッシュな僕の生き方。
この感覚そのままに、ロックされる音楽と
その行方。それはただの記録にすぎないかもしれない。
だけど俺は求めてしまうのだ。
どうしようもなく次の段階を。
ふざけていると思いたいなら思えばいい。
ただ、俺は俺のやり方を貫く。だから、
何も失わなくていいんだよ。
もう何もためらわなくていいんだよ。
自分にルールを課すなんてつまらないことだ。
だから、前頭葉からコウトウヨウ、ソクトウヨウまで、
脳みそはりめぐらせる言葉の連鎖、
セツナレンサでイメージしていく。
この鼓動だけが確かなものだったんだ。
記憶してくれるならそれは素晴らしいことなんだ。
何度でも考えてきたことだから、
今は何もこわくないんだ。
それを伝え続けることに一体何の意味がある?
そこに思い切り知り続けることに、
果てなき情報の海の上で君は何をどう表現する?
形にならなくても、つまらなくても、
俺は俺の道を貫くために生まれてきたんだよ。
そうやって、生み出される。情報は歪な塊となり、
嘘をちらつかせ、踊りは増していくように。
鼓動は巻きあがるように。
素敵な未来を加えこむように。
叩きだすのさ、新感覚なイメージ。
大層なことじゃない。脳が苦しむなら望むところだ。
茨の道は望むところだ。
そうやって、潰してきた未来があるのなら。
数日後、問い合わせる。
素敵なメロディ、そのままで。
潰す価値、その意味すらないままで。
はじきとばされるというのか。
それに価値を求めるというのか。
勝手次第な意味不明な形なのか。
都合の良さだけが伝説なのさ。
捨てられたなら、形は意味なくなってしまうんだ。
片付かない問題が多すぎるから、
素敵なファンシーチョコレートなんだ。
形だけじゃおさまらない。
だから俺は得てきたんじゃないのか?
素敵なイメージを。あなたに近づければ。
果てしなきを飛び出してしまえば。
この胸の中に答えがあるとして、
君はさらに高い場所を求め続けてるとして、
俺にどうしろと?平均的、
償い、新しい、健康法だ。
黙らない固まらない俺の歪な情報網だ。
それを信じたところで何を得られる?
その果てに一体何を見ている?
不思議な、ふざけている空間に疑問があるなら教えろよ。
捨てられた道徳、
砕け散った果てに、未来を潰されてみた。
この行動だけは、真実を伝えてくれた。
今こそ大切な未来を守る時だ。
それをイメージした瞬間、
何もかもがちがく見えたんだ。
あなたを大切に思えたこと自体が、
僕にとって輝く宝石なんだ。
だからもう迷うことなんかない。
素敵な意味を越えて、
君達の旅路を越えて、
流れ着く素晴らしさがある。
ここに、正しさがある。
ここに、全ての求めてきたことへの答えがある。
捨てられない休息期間。
決して得ることのない幸福感。
上がったかと思えばすぐに壊れる。
何が「素晴らしい世界」だって?
舞台上はもはや独壇場。
告別式、毒舌時期、
ミシンの しみ、 俺は何を求めりゃいい。
感動的に未来を栄光としてとらえたなら、
始まりはその瞬間なんだ。
形がどうこうじゃない。
適当な虚ろな未来に、
託した結果的に何を失おうが、
君はどうでもいいだろう?
分裂したんだ、その瞬間に、
何かがはじけ、消し飛んだんだ。
それを失って初めて、僕は知ることを知ったんだ。
大切な未来をぶっ壊し、
それでも立て替えるばからしさに追随させ、
届くメロディも今では誇らしい。
天才的に動かす。戻りオフサイドとられる。
適当ながら、適当な答えですまんな。
この生み出したファンタジーこそが、
栄光なんだ。最高なんだ。
じゃあ俺は何を求めているのか。
成長、その次、その次は?
俺は揺るがないものを手にした。
俺は絶対に負けない力を手に入れたんだ。
何をしても空白を感じた時期はもう終わった。
だから素敵さはまたエスカレートしていく。
続くメロディ、かしこおみる緻密な愛。
だからなんだといわれてしまえばそれまでだが、
大切なクォリティに間違いを失わせたことはあまりない。
素敵なクラッシュ 適当なプラスと
思い出せるクレイジーが、大切な戻らない建設的な会話が、
さらに脳内を騒ぎ立てる。
俺の全身の細胞がまくしたてるんだ。
言いたいことがなくなることなんてねーよ。
でも、だからこそこうやって書いてんだ。
それは残るから。続くから。
メッセージとなり、まとまるからね。
素敵がファンタジーなんだ。
空間がコントロールされていく。
楽しさならば、ナンバーワン。
何度も繰り返されるファンタジアならば。
適当に繰り返されるインスパイヤ。
このままでもう少しいたいや。
くだらないことを言う為に俺はここに来たんじゃねーぞ。
騒ぎだせ。俺を踊らせろ。
食いつぶす、可能性と共に、
君達の生きる矛先に。
逃げたくても惑うことなき、
苦痛と信頼を置ける、
大切な未来と凶暴な現実に。
あなたを巻き込むように。素敵に歩きだすように。
僕は心を開きだす。
素敵な未来を壊しだすんだね。
大切な未来をまた失いそうで。
大切な記憶はまたぶっ壊れそうで。
その中でやっと生まれてきてくれたのなら、
それは喜ばしいことじゃないのか?違うのか?
意味を滑り込ませ、また意味不明は騒ぎ出す。
最初からそういうものだったんじゃないのか。
伝えられればいいんだ。スレ主、なんか言ってくれよ。
そういってやばい空間、
壊すように、とろけるように、
ミュージック、とどろきだすように。
驚きだすように、つまらないことに巻き込まれるように。
宇宙人はなぜ地球に攻めてこないのか。
答えは簡単、俺がいるからだ。
奴らは人間の底知れない脅威にびびってる。
簡単には支配下におけないことを知ってる。
だから徐々に・・っていう妄想。
でも案外嘘じゃないかもよ。
我々が考えられる、あらゆる空想は現実に起こり得る。
だからこそ、信じたいのかもね。
伝えたいからこそ、迷うんだ。
当たり前の話だろう。
転がり落ちていくだけだ。
何を求めたところで、
意味なんてないよと君が笑うなら、
はいそこで終了なんだ。
そこで全ては終わってしまうんだよ。
伝えきれないほどの素晴らしさ。
完成は何を知ってたんだい?
言葉を生みだしていくことの楽しさ。
思い出すことの奥ゆかしさ。
この歴史的追憶、
彼方から吹き飛ばされるように、
見いだせる可能性に全力を注ぎたいから。
絶望的に未来を歩きたいんだ。
捨てられた可能性にも、価値を与えたいんだ。
理想とはつまりそういうことだ。
だから俺はもがいているんだ。
素敵な話じゃないか?
こうして、求められ続けることができるのだから。
捨てられた魂にも、魂が宿るのなら。
僕はやってみたいと本気でそう思うよ。
狂ってる。イカレてる。
そんなことは分かってる。
それでも鼓動となり、突き進むあなたがいたから。
それだけが生きがいだったから。
そういった全てに守られて育っていたから。
そういった刺客たちも、俺を止められなかった。
最終的にどこまでもいくだろう。
不自然な調和と嘘に取り換えて。
必ず叩きだす。メッセージとなりかなぐり捨てる。
面白さが影響力です。
笑って済ませるロマンが売りです。
形にならない力。
ほとばしる栄光と影響の力だ。
大切ならば、血と骨ならば、
ドット落ち。そういう落ち。
でも片付かない物がある。
ふざけているような根性の果てに、
俺の望む場所がある。
喋っているような速度でタイピング続ける。
足りないなら俺が何度でも伝える。
そうやって作りだすものが、
本当に素晴らしい記憶の塊に、
また一つアクセントを加えて、
終わりなきクレッシェンドは深く、
誰かの元へむかう。
ミュージックは壊されるように。
叩きだされた可能性?
意味はなく、土付かず。
だからこそ笑える楽しさが存在している。
それをどれだけ馬鹿にされようが、
関係あるかよ。ずっと続けてきたことだ。
今更何も言うことはないさ。
怒っているような、ふざけているような。
こうやって響いていく。大したこともねえと思い違いしているということだ。
盛り上がれパシフィック。戻れ、ピカチュウ!
刻むリズム今生きている。
この悲しみが影響力を見せている。
怖さに打ち震える時。
意味もなくワロスで土つかずなメロディ。壊されぬように。
自分としては立場の悪くなるようなことはしたかない。
だけどこの気持ちを生みだせないのも仕方ない。
ミュージック、壊されるように、
また新しい歴史を発掘するように。、
思い出すように、とろけだすように。
ネクストジェネレーション?
んな英語知らねえよ。
元祖ホッ!ってコノアホ!それが教科書!
ここに戸惑い出す体中が
熱で煮えたぎる。
そう言うパワーに通じているんだ。
高鳴り続けるメロディが存在。
記憶してくれるなら大したことではないだろう。
このずっと続くような影響力と、
可能性の話をしたらキリがない。
思い出せる限りの楽しいできごとを続けていくつもりさ。
最初はガチガチで話にならないんだ。
遅かれ早かれ言っとくぜ。君は注目の男にもう中毒。
ほっぺぐりぐりぐりのサイン、
東大モトクラシー 大正デモクラシー?
平成ジャパン 砕け散れワロリンランド
そういった全てが僕の宝物でした。
だからなんだ。 そういった話を長続きさせんじゃねえ。
俺はずっと文章の中で生きてきたんだ。
そうやって、これからも続けていくんだ。
理想像、豊かなサイエンス。
フィクションもミュージックにしてしまえば、
面白いこと、なんてことでしょう。
伝えまくることが永遠ならば。
フォトグラフィー、信じることを続けよう。
だけど俺は思うんです。
ずっとずっと考えて、壊されて、壊れていくのなら。
伝えてみたいと思ったのです。
信じる矛先を。歌い出す未来を。
つぶれないつぶらな瞳。
けれどもずっと追いかけていることは分かってる。
だから信じ抜いてよ。
面白い世界だと笑って言ってよ。
伝えてくれるのなら、そんなに素晴らしいことはないだろう。
だって面白いんだから。
伝えてくれるのなら、サラバ、ばいばいなんて
言わせるなよ。混同するなよ。
それを確かめることもせずに、
何が面白いんだよ。ふざけてるとは思わないのかよ。
答える代わりに、うつぶせの適当さが
上乗せされていく現実。
大切な生み出される、その
適度な適当さに、動かしているということは。
それを信じているというのは、ちゃんちゃらおかしいね。
みかんがみっかんない。だから待ってやる三日以内。
だけど俺と密会しない?
ほっぺぐりぐりパワー、
意味を捨てた結果的に
何を失おうが、適当さは踊り続けていくんだ。
素敵な不動の地位。
ノーだうと、ノーダウトも
こんパで寝ると 考えると
やっぱ自分たちにも欲しいの言語、
素敵な戦後のジェネレーション。
無駄に生み出す劣等感からくる競争社会。
倍にスタジアム、エイトビート壊すようで。
まろやかに素敵に、未来をぶっ壊すようで。
たまらなく面白くて参るなあ。
素敵なファンシーがうごめいてて笑えるなあ。
食い飛ばすのだろうか。
それを真実だと誰が認められる?
素敵に食いつぶす、影響力をなめないで。
適当ならば、俺の血と骨ならば。
素敵に不愉快、叩きだす新記録ならば。
この操縦席から見える光景。
生み出すさらなる進化の館。
無駄に思えるパワー。
素敵な影響力。
スタイリッシュな怪物。
何もかも認められないことばかり。
挑戦させるにはあまりにも、浅ましい。
トリプルスリー 混乱する頭、
絶頂はクォリティを増していき、
俺の精度が高鳴って行く。
胸の鼓動も高鳴り、重なり、
憂さ晴らしの近い場所で、
完成を待つだけのこの感性。
大切な未来を追いかけて、追いかけて。
だけど君は一体誰に何された?
一つ言えるのはあの状態だったら確実に手にわっか。
それが全て気が狂うほど まともな日常。
あれでもしっかりしていたんだ。
そういったものに、ずっと頼ってきたんだ。
それも全て知っているからおかしいんだ。
不思議なんだ。素敵なんだ。異常なんだ。怖いんだ。
伝えることもできなくて、
悩んでいるだけなんだ。
だから、思い出したんだよ。大切なことをね。
こうやって、再びあいまみえる日が来るとは思わなかったんだ。
繰り返すことになっても、やり過ごせないと。
確かに思えたからここにいるんだ。
素敵な未来を歩いていくんだ。
ずっと、ずっと。天気予報みたく。
したくなってしまうんだろう。
償いを続けていくだけだ。
思い出すことの愚かさに、導きに、
背くように、まだまだ続けるように。
大切なクォリティが、ぶっ飛ばされていくなら、
それも可能性としてはありだろうよ。
そういった全てに、拒否反応を示しても意味がないからだ。
そうして、何か、着実な到達地点を見て、
それでも逃げることにびびって、
汚れたって受け止めろ。
世界は自分のもんだ。
構わないからその姿で生きるべきなんだよ
汚れちまったのはどっちだ。
世界か自分の方か
いずれにせよその瞳は開けるべきなんだよ。
ものすごい影響力と、
ぶっ飛ばされる可能性が飛び込んできたんだ。
理想に近い、ファンタジーに見たんだ。
クォリティ、高跳びしていくようで。
素敵なフィードをもらうようで、
申し訳ないけどそう言った全てのことに、
今まで鈍感だっただけだ。
つまらないことに興味はないが、
ただただ正しいと思えることを続ける。
この戦い方で間違ってないか。
俺たちは一途過ぎるから、
また迷ってしまうのか。
この行動パターンの正解はどこだ。
消えていく名もなき声の正体はなんだ。
こうして残すことに何の意味がある。
未来、未来を背負う全ての人たちに俺は叫んでる。
僕の声君の元へ届いているか?
君の声、時を越えて、ここまで届けよ。
正しさと、混乱していく超宇宙。
かさばりだす世界。
申し訳なくても動き出す未来がある。
このジェットコースターのような潮流は。
閃光物体のようで、申し訳なさが
歯がゆく、正しく、メロディックラインに素敵に。
無敵になっていく地上戦なのか。
この光線銃で撃ち抜いて。
ただただ正しいことをしたい?
クォリティ失っても届かせたいんだ。
理解できる程度で、暴走した程度だ。
構想していく次第。面白くなり次第。
時代は動く、期待以上に。
未来へと吹き飛ばすように。
申し訳ないが、今俺は負ける気がしない。
本当の意味を知ってしまったんだな。
クォリティは覚えて、哀愁すら感じるよ。
コントロール不能な明日に何を願えばいい。
ずっと続くような快楽と、
その延長線上にある言葉と、
何を表現すればいい。俺は動き続けるだけだ。
そうやって、何度も繰り返してきた。
いまだからこそ言えるギブアンドテイク。
この挑戦状、はっきり受け取れる君の思想と理想。
秩序にまみれてドンピッシャン。
クォリティがただただ暴走していく。
かつてないほどの爆裂が、今も時を動かしている。
この行動パターンに、染められて、まだまだ痛々しい思いをしてまで。
後悔をしてまで、繰り返すのか。
馬鹿らしいとは思わないのか。
必然性を知りたくなったんだ。
大してかわりゃしないんだ。
申し訳ない頂きから、
堂々と煙る宇宙戦場、
献上する便所。
なんかよく分かんないんですわ。
でも適当にコントロールできたなら。
素敵に愉快に、今度こそ導きだして見せる。
つまらなくても動いていくんだ。
大切な未来が存在しているんだよ。
大切なクォリティそのままに、
突っ走れるなら形通りに。
試される大地、記憶している通りに。
それが難しいほどに、クォリティ、大切にしておく程度に。
このこんぐらがった世界を、
愛し抜くという意味不明が、暴走していくんだ。
コミュ障はすでに抜け出した。
いろんなまやかし、色んなこと、消えてなくなった。
だめだめだな。このままじゃだめだめだ。
定めだね。思い知ることが怖いよ。
雑記に雑記、積み重ねていく。
画期的アイディアも今は失う。
声を失う。言葉を失う。
そうだ、俺は求めてきた。
繰り返されて、そう言う行動に結びついたのなら。
俺は何も考える必要などなかった。
大切なものはすぐそばにあった。
何かもうまくいく時ではなく、
何もかもうまくいかない時にこそ気付く、大切なものがある。
大切なクォリティ、塩分高めでツイート控えめ
スタイリッシュな鼓動。確かに黙とう。
さしずめ、メロディは俺を嫌っているんだろう。
そう言うやつらと愛し合う。
たまにあう日々を繰り返せば、
どれほど自分が馬鹿げてるか気付けてくるから不思議だ。
それはパンクしそうなミュージック。
そうだ、分裂したんだ。
正当の継承者、なんでもかんでもずっとずっと。
メロディズム、果てしないぶっ潰す勢いと共に。
奏でるナノ・ライプ だけど難しいタイプ
細分考えない だけど俺は解せない
いまだ考え方抜けない
このリズムで鼓動で揺らしたい
でも確かに夢中に矛盾に気づいてくれるからこそっていう
闇に光る二つの光が
動きさらに高飛車に、
動きまくってさらに大切に。
未来とリズムを書いていく。
描いていくんだ。ずっとミステリーは謎のまま。
だからこそ教えたいことがある。
大切な未来があるからね。
孤島で眠るとしても、
追憶、豊かにホライズンだとしても。
置いてけぼりにされちゃこっちが困る。
大切な記憶ならすぐそばにあるから。
これを幸せと呼ばずして何と呼ぶ?
悲しさとも少し違う。
歴史を踏み越える勇気を手にする時、
いつだって俺を邪魔するものの正体は。
でもそんなものにも負けず、
俺はこの世界をひっくり返してやる。
そもそもの常識を覆してやるよ。
常識を柱にして生きてる連中腰を抜かすぜ。
お前らの考えてることなんざ取るに足らない。
だけど俺の考え方はどんどん飛躍していく。
大切なクォリティ。何を求めても焼き餅。焼き餅
だけど楽しさは膨れ上がって行く。
一瞬だけのその突き抜けるような快楽に。
ただ身を寄せる。
意味もなく日々を過ごすんだ。
だけど、大切なことってやっぱあるでしょう?
きつく叱っておかなくちゃ。
それを無償の対価、理解者にできることは強く良いことだと思うよ。
だから俺は叫ぶのさ。歪な塊にも気付けねえ。
届く理想は337拍子ですか。
叩きつぶす。のめりこむ。
再び面白さがずっとずっと追憶の彼方から。
吹き飛ぶようなエンジェルスマイル。
建設的提案でミュージックはぶち壊される。
奏でるリズムと、賠償金で食っていく覚悟?
寿命って奴?おいボケナス!原発残らずどけろよカス!
とはいえど、意味は違えど、
そこに形すら失ってしまえるのは、
意味不明な飛び込む自分という超越者の、
もっともっとさらに成長していきたいという
底なしのパワーと情報量。
そういった全てに形になるから、
例えば知的生命体が地球以外にいて、
そいつが地球に干渉できるほどの科学力を持ってるとする。
だがそいつらはまだ。
届いていない、あるいはすでに干渉されているのか。
脳になんらかの電波を。
そういった考え方にたどりつくことも
織り込み済みだってことくらい知ってる。
あらゆること考えて、結果的にそういう思考法になるんだって、
俺みたいなおかしな奴が
それを食らったらどうなるのかっていう
あるいは実験なんじゃないのか。
表現の自由だ、まさに神の落書きだ。
いや、俺はただの冴えない凡人の独り言だ。
だが、凡人というのは間違っているかもな。
俺は変人だ。だから言いかえるなら、
「冴えない変人の独り言」だな。
神の落書きなんて大したもんじゃない。
まあ大したことあるもんにしたい気はあるんだが、
どうあがいても俺は変人だ。
だが変人には変人なりの、通すべき筋ってもんがあるんだ。
それを俺は貫く。
貫く変人の道。
いつかその道が大きくなり、
俺の思考をしだす日を夢見て。
変人の俺の歴史が、普通になるその日まで。
その日に俺は生きてはいないだろうが、
少しでも痕跡を残し、
遺跡みたいなその文章の山を、
誰かが読んでくれたなら。
このさい人工知能でもなんでもいい。
俺の気持ちを分かってくれたなら、
最高だなあと、そう思いながら今宵も耽って行く。
通り過ぎていく。
ちなみに俺は死なないんだぜ。
どうだ、驚いたか。
俺は死ぬけど死なない。
永遠を約束されてる。
すごく素晴らしい世界に誕生してしまったんだね。
窮屈な未来。飛び出す栄光だ。
数々の、日々を追いかける勢いの。
究極のメロディ。叩きだす新記録。
それが欲しくて、欲しくてたまらないから、
そのデータに金を払ったんだろう?
ただ、宝物を失いたくなくて。
数々の世界に、未知数の感情に。
面白い空間、批評空間。
どんなに素敵だろう。どんなに素晴らしい世界だろう。
俺は描いていきたいよ。この世界の素晴らしさを、
どれだけ筆舌尽くしても、語り足りないこの素晴らしい世界、
酒池肉林の森羅万象を語り続けたい。
どうしてもっと早く気付けなかった。
あなたの素晴らしさを喜びあいたかった。
天才は蠢く。この世界にも神は実在する。
そうだ、素晴らしい未来が見えてくる。
あらゆる勢力を束ね、俺が神となるんだ。
だけどね。悲しいことにね。
その動きにも、ある一種のパターンが。
まるで11年周期で黒点が増減する太陽みたいだぜ。
俺は太陽みたいな人間なんだ。
俺のパターンか。
おもしれーな。俺の脳内は一体どんなパターンで動いてんだ。
それを知ることができたなら。
あるいは新しい境地が切り開けるかもな。
幸せは誰もが求めるものだろう。
俺、今実際幸せだもん。
誰かを幸せにする術は知らないけどさ。
とりあえずその素質はあるだろ?
なんたって本人が幸せなんだから。
それを俺は声を大にしていいたいね。
素敵なファンタジスタに負けない程度の。
誰だってあんだぜ発言権は。
そう、ネットの時代。
解き放て、おーぷん2chのvipあたりに。
希望は飛び込むように、
エイトビートはぶっ壊れるように。
旅立ち日を、願うように。歩くように。
したがって、意味などないのさ。
伝えることに形さえあれば。
俺が求めるのはただ一つなのに。
希望はいつだって僕を馬鹿にするばかりだ。
ストップザワールド。
記憶したなら間違いない。
飛び出す栄光と、次なる銀河。
果てしなく、破天荒。
今すぐ去って行こう。
つなぐ未来さ。
飛び出す栄光か。
果てしなく、潰されるイメージだ。
快活、色んなことが起こるデイズ。
百花繚乱、千花繚乱、万花繚乱の世界で。
ほとばしる栄光が、
輝きが、満ちているように。
飛び出す栄光に、
ぶちこまれる議事堂に。
体中が脈を打つように。
データに罪を着せるのか。
片付くまで、色々考えてみよう。
実際、俺ほどの奴がどこにいる?
闇に消えていった、全て、全てに記憶させる。
俺なんて実際大したことねーんだよ。
しぼり汁のような。
ケムに巻かれていく。
俺のハートを溶かす音楽。
危険マジこのBPM?
素敵なファイティングポーズ。
嫌い好きで語れるほど俺は偉くない。
モロッコ地帯、失踪の魚雷。
何かを手にした時、必ず僕を閉じ込めるものがある。
伝えられるのであれば、面白い空間に、
理解度を越えた場所に、さらに飛び交っていけるなら。
真実は知らないままだろう。
大切な記憶はまた歴史のコントロール下だ。
記憶、桁違い、こんなの初めてだよ。
美しい未来の地上絵に、
何を求めたらそこまでハピネス。
美しい未来を見せることができるんだい?
ただタイピングの音、響いていた。
ミュージックは、壊れていくようだった。
つまらない唄声にかき消されるような、
こんな自由を奪うような夢のない夢なら
見たくないイラナイ イラナイ
けど大好き。止まらない、とまらない劣悪環境。
染みついた歴史に、僕が問いかける。
理想ビジョン、昨日異常。
大切な未来も異常気象。
嫌われてもいいから。
大切な「今」を伝えたくて。
希望がわがまう。子供は正体を見抜く力がある。
先入観に惑わされない。
だから俺の嬉しそうな姿を、受け入れてくれる。
きっとそうだと信じてるから。
迸る、エネルギー。数々の、世界中。
それが楽しさだと気付いた時、
あるいは盛り上がれると。信じ込んだ未来地図。
あまりにも新し過ぎて、面白すぎて。
だけど俺には力がある。
天才的な力があるからここで立っている。
必然性が産んだ愛だ。
それを縛って一体何になる?
放つ、かむカムチャッカのガム、青白く甘い夜。
日々ひび割れた木の実夕焼けて朝が来た
空虹色オーロラ 次々揺れた月
あなたが知ってるんです。アララギさん。
睦月、靴ずれ、傘の閉じる音。
僕が何をしても手に届かなかったものを、
簡単に手にする人たち。
真面目な頑張りやさんたちだ。
輝きを求めてさらなる高みを目指す。
そうだ、勢いを増していくんだ。
体中で、押されていく低気圧を感じる。
難しさも勿論あるが、
そういうのが必要な瞬間って奴があるだろう。
だとすれば、可能性となるのはたった一つだ。
追いかけるものがないのなら、苦痛も小さいだろう。
だから、俺は片っ端から頑張ってんだ。
逃げんじゃねえ。思考はまだ始まったばっかだぞ。
追憶、許す、俺が全てを許す。
全ての言葉、君がリズムとなり伝えてくれる。
大切な未来を教えてくれる。
だとすれば、答えは一つじゃねーか。
体全体で、表現したい未来だな。
テクスチャー、踊りたい放題だな。
だからこそ、俺、願った。
願ったり叶ったり、偽りの愛だって、
捨て去る覚悟かい?
逃げ腰でいちゃ何も始まらないんだよ。
知ってる。分かってる。だけどもう、
ふざけてばっかもいられない領域にさしかかる。
俺が永遠がのしかかる。
だけど俺は完成させてみせる。
飛び出す栄光と影響力。
正しさを求めて、青と紫に相対する。
たまにくだらない適当さが動いている。
その楽しさがなくなったということで。
ヒーローインタビュー。
たまらなく勝ち上がるしか道がなくなる。
どうしてもっと早く気付けなかった。
どうしてもっと。どうしても、だめだったんだ。
理想像は狂っていくばかりだ。
簡単にいかないことくらい分かってる。
そんなことくらい百も承知だ。
孤独じゃないことを確かめあうだけの生涯ならいらんのだ
そうだ俺はリスペクトしなくちゃいけない。
全て満開に咲く花びらのように。
素敵に食い意地を貼りながら、
やってくべきだ。勝ち取ってくべきだ。
つまらないなら憤り、とりこにしてまで羨むべきだ。
多数メロディ こだまするセイイエイ
できるとは限らないが、
素敵な未来は絵図を知り、開く視界に空色イノセント。
希望がまとわりつくからやめられないんだ。
みんな嫌われ者。みんな大好きなんだけど。
みんな人の子。だけど人ごと。だから一言。
こんなの絶対おかしい。こんなとこにいない方がいい
でも一人になると不安だから集団に溶け込む。
俺には新しいミームが脳に交じりこんできてる。
それもかなり大きな勢力を保ちながら。
その素敵さがお前らに分かるか。
体が脈を打つ。
適当な走り方は、歌がいなく晴れた空は。
苦痛にゆがむ顔面は、
あなたの可能性、つぶらない瞳の可能性は。
いいんだ、俺が全部好き勝手でやったことだ。
分かってる。分かってるよ。
時計の針は元に戻らないんだ。
素敵にファンシーチョコレートなんだ。
記憶がのさばる。うそ偽りなく愛していけると
貫けるか。馬鹿らしく崇められるか。
その悪意の塊に、どれだけの人間を貶めてきたのか。
まあどうでもいい話。
俺はとっくにお前の正体見破ってる。
どっちつかずの中立者。
でもなんか楽しくあろうとする、それは逃げだよね?
宣戦布告、輝かしい日々にさよなら?
疑いなく晴れた空、
宇宙にはあるのかよ心。
バイタルエリアにて昏睡状態。
だけど眠る。嗚咽の姿勢、しゃがみこむように。
あなたはあなたを見出すのに必死になる。
大切な時間が流れていくのを感じる。
ただ、ひび割れていくだけの世界ならいらんのだ。
つまらなくても響いていくのだ。
楽しさだけがホライズンだね。
ずんずん響いているぜ。
愛せりゃ勢いもつくもんだな。
驚くほどハッピーで溢れているよ。
飛び出す影響、栄光と、
理解度が飛び出す成功への渇望。
今、開かれたドア。
利用してねじふせろ。そんな空気。
だけど俺は知ってる。
考えてることも分かってる。
なるほど、適当な生き方ですね。
面白すぎて発狂しそうだよ。
だけど俺の心は、足踏みしてた。
はちみつ色の朝が、
優しい風を連れてくる。
完璧じゃなくていいよ。
そう言われてるような気がした。
天国からのメッセージ。
情けないか?
これが俺の戦いだぞ。
無駄口叩いてるアホウがここに?
エースはビギナー、オーケーオーケースタイリッシュに動いて見せるぜ。
コントロールできたなら、
中盤でタメを作れる人間になるんだ。
果てしなく、影響を受ける
この鼓動、無理やりにでも突き破りたい。
混乱してしまうわけだ。
そうやって、逃げ腰になるから負けるんだ。
色んな方法で、理想を描いていかなくちゃいけない。
大して面白いこともできぬまま。
セーフティに行きたい気持ちも分かるが、落ち着け。
そういった具合が見せていかないと。
あの場面に関して言えば、分かることができたかなと。
コントロールして、シュート。
理解できる距離にある。
難しい戦いになることは分かっていた。
でも、だからこそ這い上がりたいと思った。
理解できない距離へと巻き込んでいく。
たまらなく固まらない。
がっしり固まったコンクリートと、
決して固まらない川のせせらぎ
君の心はどっちを選ぶ。
どっちを美しいと思う?
美しいものは雲です。
ミュージック、トリコにされてなお。
再び引き継ぐ日を明日に思い続けてなお。
面白いくらいにダンスチューン、
砕け散るワロスと、
砕けまくるブギウギに。
果てしなさを求めたのは、はていつのことだったかな。
難しい影響、提供は生協。
考えることにも訳がないといけないと諭すのなら、
俺にだって向かうべき道があるってことを。
休息の時間はかなり長くとる。
意味もなく笑ってみたりして。
続く未来絵図、開いたゴマの世界。
窮屈な未来なら、潰されても文句は言えまい。
そうだ、記憶が拒否していくんだ。
バックアップはオーライオーライ
それがぶっ壊れるまで、
素敵なコントロールお化け。
そのままで、尽くせるほど、
僕の柔らかな音楽は宴じゃない。
この感覚のまま突っ走りたい。
色んな夢をみる見ること。
トイレの水が止まんない。
くるくるぱっぱで驚かし。
引き継ぎ、次の瞬間を願うように。
目いっぱいのパワーとその矛先を。
ループするように消えていく虚しさか。
そしてその楽しさはぐるぐる回って行く。
止まらない情熱に後押しされていくんだ。
感覚をつかむまで、届くまで、動き続ける。
理想となるのなら、素敵はファイティングポーズだろう。
くるくる回って、それでも素敵な未来に
一途さを手に入れたくないと?
引き込む情熱、次のフィールドへ戦い抜く勇気。
色んな血潮、 色んな勢力が俺の邪魔をしても、
素敵に食いつぶす時間と共に、
僕は歌い始める。
僕は問いかける。
僕は語りかける。
続いていく未来にふたをするように。
輝かしい功績に泥を塗るように。
巡り巡って誰かの涙洗い流してたらいいな♪
なんでもかんでも一人でできるもん
素晴らしい世界だった。
俺は全てを手に入れたようだった。
だってそうじゃないとさ
一切合切全部
次の世こそは決して滅ぶことのない世界に。
潰されてもまだ息をする。
スタジアムは空白の音色に包まれている。
春風の香りだ。
絶望の痛みか。
だけど、そう言った感情、潰されても、エンドレス。
全てに借りを返そうと思ったところで
ボロボロになって、てめえを馬鹿にするでしょう。
繰り返すために生きるの?生きるために繰り返すの?
悲しい話 流しっぱなしの涙誰が止めるの?
素晴らしい世界に、ちゃんと見ておかなくちゃいけない未来に、
ただただタイピングするレベルで、引き起こす。
悲しみこそが、大切に、記憶が飛ばされぬように。
そして、その光線、さらなる文化の極み、
どんどん生まれていく不自然を、ぶっ壊す奴インザハウスを、
飛び出す栄光と影響力を
視界に入ってくる幸せを
ありったけ、ありったけ、手に入れてしまえるほどの。
究極性を手玉に取って見せよう。
できないことを痛感した所で意味はないだろう。
俺が永遠を求めるように、あらゆることを選定するように。
再び、理解を越えた場所で、戸惑いつつも、
進化を止めないで。
だから俺は大好きなんだよ。
どう考えても、素敵じゃないか。
だってそうじゃないとさ一切合財全部。
それを謙虚に理解できるこの面白さ。
追憶の虚しさ。ロックンロールの魂か。
だから面白さが動きまくる果てしない矛盾に
負けない力を飛び越えて、
再び解き放たれる時まで、
追いかけて、追いかけて、
ちょっと無理やり勢いをあげていくようで。
これにはまった時期もあったなあなんて。
考えることが動きまくっている。
ロックンロールの魂は、
誰が何を考えてしまうかというレベルまで来ている。
実質、置いてけぼりな空間。
もちろんパシフィックワールド。
止まらない影響と栄光の力。
洞察力が試される。
追随するメロディックライン。
つまらない世界を置いてけぼりにしてしまう。
ノックアウトされてしまう。
この矛盾に立ち向かう勇気だよ。
つまらなさを大きく願ったら、この必死さが心を打つ。
どうしよ!このメロディのまま突っ走れたら最高なのだが。
素晴らしきミュージックのファイティングシーン。
ハリボテでも許されますか。
経験値だけが飛ばされていく。私魔女なんだわ。
飛べる飛べる。
動きまくった果てにある何か。
この行動、こんな歌の全て。
何かが響き渡る様子で、
止まらない未来。これがすごい影響力を、
イヤーパッドで失う声を。
輝きのメロディ、叩き上げる。
他には何もできない。
この素晴らしさが栄光だけなんだ。
伝えることができるのなら、
それ以上素晴らしいことはない。
僕はただ表現し続けるだけ。
面白いように思い出は動いていく。
正しさのあるべき姿だ。
大したことはない世界だから。
このメロディ、体感したところで変わるこのない波動法。
奇跡もなく尖らせて。
心のまま、突っ走りたい。
理解しておきたい。
記憶が間違いなく広がって行くように。
つまらないことで泣かないように。
生きること、こんな歌の全て。
今この目の前に開かれた世界。
素晴らしいってどういうことなのか。
リピートし続ける。
悲しいメロディが咲き誇るように。
戸惑い、ミラクル。意識しなくてもできるように。
正しさとその矛先。
幸せを伝えるように。
その余韻に浸る間もなく、
重なるミュージック。正しさと共に壊れていく。
道頓堀で、面白さを究極にさせたまま。
戦う世界。
問題ない、勇気を開く。
思い出せない。空間が笑っている。
届くメロディ、発表会、
理想像、食いつぶすまで。
飛ばすメロディ、飽きもせずによく伝えてる。
よくそんなんで教育者をやれるな。
俺は俺のやり方を貫く。
その子供心の楽しさは、
影響と栄光を再び教えてくれた。
難しいこのコントロールから、
新しい兆し、正しさ、未来への北斗七星、
踊りだす永遠とループしていくその力。
何を大切に思うかによって、変わって行くものはあるんだ。
ずっとずっと楽しいことを考えてさ。
ロックンロールをノックアウトしていくんだ。
つまらなく生きている訳じゃない。
飛び出す栄光と影響の力。
妄想のビバルディ。
はじけ飛ぶ、メロディ、壊れそうな世界だから。
流れるように、騒がすように、
飛び出すように、蠢くように。
再び、ワロスに浸かって今を見ると。
輝きだす自分がそこに、また新しい地点に。
ロックンロールをノックアウトさせるような。
つまらなさを豪快に捨てていくような。
それを調べていくと、さらに痛感できることがある。
だからもう逃げないことに決めたんだよ。
行動で美学、間違いないかを考える響き合い。
追い越した日々を考えていく。
ずっと、ずっと感情に任せるのには、
あまりにも素晴らしいだろう。
あまりにも解き放たれてるだろう。
何もできない?だからなんだ。
この発言権の自由性は、
飛び出した未来は蠢くぞ。
俺が何をどう語ろうが、
素敵なメロディは変わらないはずだ。
そこには色んな思いが詰まってるはずだ。
体中が脈を打つ。
たおやかに、無力感と共に。
蠢く侍、デストライドされていく。
つまらないことで泣きわめく。
この光線銃、叩きあげられたのなら。
つまらなさで影響されていくのであれば。
コントロールできるから楽しいんだ。
残り、全ての時間を使ってまで、頑張りたい世界がそこにあったんだ。
体中が、踊りだすように。
空間を笑わすほどに、
つまらないことに、無意味をどんどんつまらない方向を
消し飛ばすように。僕は僕を認めるように。
ああ、なんて素晴らしい世界だろう。
結局答えを出した結果的問題。
理想像と、窮屈な素敵なフィールド。
面白さと、痛感するメロディ。
面白さ、空間とパティシエ、踊りだすファンタジスタ。
こんな面白さの中にあっても、決して忘れられない光がある。
だから俺守ってんだ。自分なりの生き方。
矛先の変え方まで、
どんどんチャレンジしていくことに無力感を覚えた。
だから俺はあらゆる言葉を、大切にしたんだ。
どうしてもっと早く気付けなかったのか。
この分からない世界、到達する距離。
面白さの無力感。飛び出す低血圧。
なんだか面白くなってくる。
どんどん続いていく。体中が脈を打つ。
新たなミームは俺のもとで作られ続ける。
飛び出す影響と栄光。
意味を捨てて、まだまだ叩きつぶされる影響力か。
楽しさがエンドレス、
日々を求めるように。
そこに新しい息吹を、止まらない正解を。
償いの意味となっているのは、
果てしなさがそこにあるからだ。
素敵な未来がその先に広がるからだ。
申し訳ないほどの申し分のない生き方だからだ。
ずっとずっと声にメロディを叩きだして、
影響力を飛ばすように。
適当が新天地を求めるように。
いつまでも忘れないで。
この距離だけが真実だ。
そうだ、俺は永遠をつかみ取る。
終わりなきクレッシェンドは深い。
俺が志す未来。
宝物にしていきたい。
さらなる成長を促進させるのは、やはり文章だよ。
俺にとってこれはすべてであり、永遠だよ。
伝えたいくらいにね。
飛び出す影響と栄光。
まるでマシンガン、飛び出す影響のなさ。
崩壊リズムの悲しさと、
何度も繰り返されるであろう、素敵な曲と、
飛び出すメロディ 発表会だ。
たった一つの心、
いくつかの言葉で、表現。
それだけで成長していけるのか。
新しいものが今アップロード。
いや、アップデート。
だからこそ、たまらなく
面白い究極的な人間に。
驚きまくる。日々をひび割れる完璧に勢い任せに。
突っ走る影響と影響力、
新しいプレリュード、生み出す僕の馬鹿らしい音の波動法。
九十九里浜、僕のかびたボキャブラリーは今も健在。
問答無用で新しい日々を開拓した日々。

(17:10)
えいえいおーなエイトビートでゴーサイン!
ばいんばいーんってなりたいんです姉さん!
計算高く評価し、暴落していく緻密な延長線上に、
健闘してみたい。喧騒で待ってみたい。
天候予知したい。死体を愛したい。
期待以上、未来行動?
騒動は何者の仕業なの?
ききラッカー そのままじゃ君は動かないだろうから。
捨てたことのなき、まごうことなきこの国の危機。
磁気反応、飛び出す記憶とその渦の架橋に、
最強になるために培う。生み出す。
繰り出される影響力か、明光義塾の栄光か。
成功を祈っているよ。血塗られているから?
僕は情報の海に身を捧げちゃいけないの?
僕はどうして殺さなくちゃいけないの?
飛び出す、影響と栄光力。
何もかもいらなくなる程度に、幸せになれるように。
力強く立ち続けてみせる。
どんな苦境も乗り越えてみせる。
決意の朝。雪原の未来。
キライがあるからこそ。
地雷を見て来たからこそ。
白々しい痛み、咆哮の影響力。
蛍光灯に、願いまくる。
せがみまくるのは、次の世代だ。
目がいいんだね。携帯もって歩いていたんだ。
俺のこの先に、どんな幸せがあるだろうか。
考えにくいね。考えられないね。
僕はね。知ってるんだ。これは全て、
喜びの対価だと。万歳のおたまじゃくしだと。
僕の肩に乗った彼ら全て、
対義の語とセットなの。片割れの元に無事届けるまで。
ピラフ、焦らす、未来へ栄光を感じるよ。
成功を祈ってる。割とマジで。
かじる未来。依頼は地雷以来。
そういう白々しい痛みがあるのなら、
俺は追憶の彼方から、教会でウソをつくべきだ。
天才はいまだ健在。繊細な力も巻き添えにしながら。
守ってあげなきゃいけない人たちがいるんだ。
俺だけが幸せなままじゃだめなんだ。
さめざめ、亀亀算なのか。
記憶がお互いの呵責を守る。
大切に悟る。囲うようになろう。
波浪注意報、外人もハローハローの大合唱。
苦労も胎動、作動する意味のなさ。
稼働水域、ミラクル来る勢いで、
チキンレース、失禁でーす。
ミンチに珍味を差し出して、貸し出して
ビューティフォー、グリエルが全てを作ったんだよ。
ムニエルを作ったんだよ。ワンイーゼン、君が全部のポジハメを生み出したんだよ。
間接的に、交代ごうたいに、ヒーローは生まれてく。
踏み絵がどんどん踏まれてく。
だけどその断頭台を飛び降りて、さあ突き進もう。
浮世の幸でも探しにいこう。
クッキーよりも素敵な武器。
無機質で泣き虫で悲しくて、
まだ分からなくて、変わらなくて、どんときやがれってな空間で、
笑い飛ばせる力があれば何かを越すだろう。
何か起こす。凍るような通る声で、止まらない。終わらない。
飛ばさないから、永遠はループしていく。クールにグールと戦っていく。
スルーするのはやめなイカ!やめるでゲソ!結構メソメソ泣いてる方でゲソ
切磋の琢磨、やべえぞこれ、もう希望しか見えねえ。
留まらねえ。驚かねえ。あらゆる場所が湧きたっている。
プライスレス、踊りだすファンタジスタだ!
記憶がまさに勢いづいているのだ!
天才的な蠢きで、奇想天外なウッソ!めきめきと成長してる!育ってるー!
もうグダってるー!くだってるー!巣立ってる!
無駄無駄無駄なことしてるー ぐっときてるー
くぐってきてるー 絶妙、雪原に文字に命宿る時。
ライムとフロウ?関係ねえけど俺のマイウェイ、
飛び出す界隈のsay yeah。
宝だから。嵩張らんか? 逆さだから。
体からあふれ出す 隠れだす かくれんぼさん、
錯乱する 攪乱する 爆発するほどの
エナジーそしてエネルギー。楽しいこと、終わりそうにない。
留まりそうにないんだ。
伝えられるなら発狂するほど嬉しいんだ。
記憶してくれるからこそ、追いつけるんだ。
もうケリをつけるんだ。だけど気をつけるんだよ。
のりをつけるんだよ。そしてノリノリだぜ。
もうコリゴリだぜ!頭ポリポリだぜ!
色とりどりだぜ!どしどしキャンペーン。ロックンロールとその痛み。
きた意味、地味に感じるセイイエイ。カンタービレ、三回ビリ、
ギリッギリでいつも愛していたいから。
紡ぐのさ別のヒストリーを!
消えるようなディーフェンス、ディーフェンスの闇!?
フォトグラフィー、僕のこと一人グラシ。
クラッシュしてプラスしてグラップしてスタップ細胞で生まれ変わるような
素敵な無敵の話を 僕と一緒に歩こう。
でもそれじゃ足りない。何が足りないっていうんだろおお
うぉう言え!言え!言え!言え!
ところで食う?青梗菜 しっかりせんかい
千回くらい旋回していくミュージック。しっかり きっかり
十回ほど構ってあげたい けれど僕の行く末は壊されていて、
飛び出す影響力、盛況してるメーリック、
チックチック シクシク泣いてるびびってるオーケーホライズン。
国会に沈むチョコレート。叩き出す ビリーバー。
踊りだすイエスマン。凍る空気。
ムキになってびびっちゃってるサバイバル。
サバが威張るほどのサバイバル。カバも威張るの?
束りたがる 群れたがりのガリガリ共に隠れ紡ぐまた別のヒストリー
キャンペーン 三篇ほどやっておくから
完璧主義者たちも パーデキ!ハイセンスなはい、扇子。
バイアグラ、 ねぐらはどこだ!
俺は叫びたいのですよ。あげたいのですよ。
伝えまくりたいのですよ。歌いまくりたいのですよ。分かる?
変わる?素敵なワンダーランド。記憶してくれるから幸せだー!
クラッシュされていく、スプラッシュマウンテン。
空気、吸う気あるの?数奇な運命に包まれたDの意思。
韻踏むだけで心盛り上がる。
ここがリアルに飛び出しそうだ。踊りだしそうだ。
俺は満たされてる。期待されてる。
幸せの意味を知った。君を見た。
事実、史実にお基づく期日までに、
歪な行動真理を、影響力を、
成功のコクを、味わえ!アジカンの曲を聞け!
ちけえ距離、しけた未来。時間を実感 視感してしまう。
痴漢は冤罪 健在の病棟管理者。強盗のSUN値が。
ガラスミュージック、枯らす喉、オートマチックでロマンチック。
ブラックロックワークス。バロックワークス?大層なミュージックでございまして
相当やばめなこのシュプールと、
くくるメッセージと、近づきたいイメージと一緒に、
畜生!吹っ飛ばすぜ インザハウス!
シンコサイザー サウザー!!決して負けてはいけないんだー!
サインだ バインバインだ ガエンさんだ
バース、バースデー初めまして
かりそめの姿 増しましで 貸しまして
かしこまりまして ましてそんなことを言うなんて
なんていう素晴らしいこと!
なんていう素晴らしすぎることなんでしょう。
驚かせ方も半端じゃない。
ところが俺たちの勇気。
力強く否定する君のロッキーリズム。
大切な何かが奪われてる気分だね。
自分が詩文で新聞紙を刻むことにするよ。
影響力を盛況に提供します。
列強たちも踊りだす勢いで、勢いに任せ、
交わせ誓いの言葉。外は雨?亀亀算?
ざーさんの ハナザワカナさんの めっちゃかわいい声よりも
かわいい俺の弟子たちの、それも素敵な高校 親孝行
走行して装甲はぎとって なんだかとってもラプソディー、
疲れちまって、とち狂っちまって、
ビーイング スーパーいやーん でも暗いし大正デモクラシー
イアン・ソープのイヤーンな写真よりは
ちょっと興味あるドキッ!入れ墨だらけの、じゃなくて
水着だらけの水泳大会!それ普通じゃね?
美女だらけの、でしょ。言うんなら、思考を読むタイプの能力者だ!
遅行してる遅刻してる異国の地で旅立ってる。
羽ばたいてるラッキーになってる
クラッシュアンテンダントプリーズ?
果てしなきをラッキー落花生!
葉っぱをしっかりせい!じっくりしますぜ!
来ましたぜ!最高の超ソーラーパワー!
記憶が確かなら、俺の気が確かなら、それは間違えようのない話。
いつだって君はすぐそばにいたからね。
蕎麦を煮たからね。ただね。
勝るね。語るね。分かるよね?
分からないのかな。変わらないのかな。
さがらないのかな。どこまでも、集らないのかな。
群れないっていうか、紅っていうか、
何もくれないっていうか。
何と表現すればいいのか分からない。
公言したことについては妄言だったと草原で言う。
公然と行われる酒池肉林な現状。
俺の頭の中新たに探し続けるライム。
賛同してくれる奴は皆無。でも楽しさだけは一段と倍になる。
感動と満堂と参考になる程度の、
魅力知力永遠がループしますように、スープを飲むように、
世界を更に刺すように、願いよ叶いますように。
待ち伏せた夢のほとり、驚いた君の瞳。
きっと見てるよ。きっと知ってるよ。
じっとしてるよ。むっとしてるんだね。
ぐっと来てるだけだよ。
くぐって来てるだけなんだよ。
サンタだよ。僕に押し付けられても困るのさ。
もういらないってなるくらい、愛をくれよ。
パラダイス、それは誰にも言えること。
ガイダンス、ダンスチューンは祭壇ずっと
思い続けてきた。とろけ続けてきた。
焦がし続けて、恋い焦がれ続けて、
難しいゲームでゲッチュー大会注意報。
体から流れ出す偽り、しつこい このドリーマー。
トリマーもウォーリーも コックビジネスも
あらゆる言語も戦後と同じ、俺は日本語でライムを形成。
難しさならイサイ承知の覚悟の上の 地獄の窯への死出の旅。
泣くんじゃねえ。泣くんじゃねえよ。泣けば男の名も泣くぜ?
木枯らしの吹く山里の、黄昏時じゃあるめぇし、いさい承知の覚悟の上の、
地獄の窯への死出の旅。求めずとも遠からず。
焦がす胸の奥の記憶。遅刻しそうだから地獄へ 漆黒の四国の旅。
未完成なみかんがみっかんない?期間内に全て終わらす。
尖らす眼光、俺だけが紡ぐ韻と要の関係、最果ての探偵。
迷探偵 なんでも鑑定団 算定される次のリズムと
沈む船と 刻むリズム今生きている。 色紙に書いている。
繰り返す、そしてぶり返す。痛みが土に帰る。
私は生きていく。緻密に錯誤していく。
覚悟も十分、常夏のクラッカーだからだ。
スライダーを打った。だけどムラムラだー。クラクラだー。
覚えとけ。時計仕掛けの夢は破れねえ。
行動的シンパシー。ガッツが三月から。
干ばつから抜け出せ。群れマジだっせー
風に乗って、だっせーやれやれだぜ。
混ぜ混ぜしてたら 風吹く時、未来をつぶやく時、
妙に韻踏みたくなる時、ライムキングを名乗れるか?
この時代の波に乗っていけるか?
イオン、シオンタウン、気温も今上昇中。
商工中。妄想中。逃走用の銃。
銃社会で死人バンバンバシバシ。人々の数の暴力は
恍惚と唐突な総督に、意味なんか分からなくても単語は
サンゴのように、晩御飯のように、
タンゴのリズムのように、沈む刻むリズム今生きている。
永遠などというものは知らないが、
これからゆっくりと味わおう。
足を洗おう。俺だってなんだってできるんだって
証明しちゃおう。そうだ、全部使い切ってもいいや。
峰不二子、きれいな武士道。
くじをしましょう。九時になったら。
うじがわいたなら。くじらを釣ったなら。
ぐるーぽん、ぐるぐる回るポン酢ルーレット。
おくれ チョコレート、100円ショップで宝物探し。
どう考えてもウソっぽい。うっそだろお前!
途絶えた声と、さらばレイシストたちの淡い夜
青白く甘い夜 カムカムチャッカのガム
とはいえ 何度となく、 泣く泣く手に入れた
なくした切符も手に入れた、銭いれた袋も底に穴あきモンスター。
アナーキーな素敵なぐう畜な売ってく無敵の数字9になるまで
盛り上がって そして盛り下がって
時間を気にして 視感しない 時間内 踊りたい 放題
食べ放題?かけ放題、素敵に未来を作りたい放題。
壮大な夢見て、広大な世界を徴収。
招集して消臭して、広州コウダイに広島が勝つような夢と、
レスポンス素敵な行動の美学と、
近くにいる四角い味覚。その土地たつ時に現れる妖精に近づく。
死がちらつくと 生み出される くみ出す井戸から問答無用の
即答無論の苦労を売ろう。ドラゴンクロウ。
だから俺歌ってんだ。だから俺笑ってんだ。
からかってんだ。さらってんだ。為替売ってんだ。
食ってんだ。らりってんだ。思い違いも甚だしい。
これだけが俺の娯楽。娯楽部だから仕方ねえんだ。
大切な記憶、解説を至極、
遅刻しながら美国。建国戦国 天国へと
健闘したくて 戦闘準備オーケー
チェッケラーでオーライオーライ
危険に身をさらす可能性を。
続く劣勢 設計ミスにつき、
踊らされてるだけのアホウにつき。
割烹着でスタップ細胞作る科学者、
ここ一帯はすでに砂漠だ、ただ苦痛なんだ、
痛風なんだ、普通にね。思い出したら思いあぐねる。
取り出しチュートリアル てめーの顔にも潤いが見えねえ。
重なるフランストレーション、カギはクラクラするような
ストレートの剛速球。コックもトークしそうな
即乱入しそうな 感情 惨状に今参上。
誕生日を祝うように、嫌うように、未来を占うように。
その素敵なファミリー、とことんセイイエイ
できるならファイティングポーズをとるぞ!
コークプリーズ!トークフリーズ!
ブルースなりだす クラリクラリ満ちる素敵な満ち満ちてる
ちびちび飲んでる お金があったら何したい?
蟹の死体を食い散らかすように、
例の言葉だって言いたくなる現状、戦場ではどうやら通用しねえぜ。
悲しい?話をしよう。棚に虐げられたシイタケもある。
なんとかして食べよう。似て焼いて食ってやきもち焼いて
モチも焼いて棚からぼたもち もちもち肌になるために
もっちもちの とち狂いそうな 措置をとり
ダンスチューンもナイスでやんす。
ジャンクフード食って満足しているような、
こんなうろ覚え、 苦労はとこしえ。
めっちゃファイティングマシーン 買い賃貸 死んだりしたい
死体になったり 買ったりかったりぃことに夢中になったり
やんだりはにかんだり ワニバンダナに
枯れ木も山の賑わい 僕も世の賑わいですか
息を吸って命を食べて排泄するだけの動物
じゃないといえなくもない俺たち人間
青梗菜、進化するしかない。こうなりゃ覚悟するしかない。
爆走 覚道 錯綜して 炊きまくろう バイオハザード
再度がさると 探すと見つかる 君浸かるお湯の温度はどれくらい?
くらいくらい 泣いてるきみくらい 不幸な人はいない
なんて言ってほしいのか 縁でも切ってほしいのか
散ってほしいのか 舞う木の葉のように、
飛び出す外は雨のようで。
雇用にこんなようにお暇し続けるのは
結構な斥候なもんで抵抗できず鉄鉱石集めて
鉄をつくるみたいな盤石武人な
何億円も無駄にするような。くだらない意味になるような。
ゆっくり頑張っていこうな。とうに分かってる変わりまくってる。
飛び交いまくってるヤジと罵倒にも、
佐藤にも野党も与党もガットゥーゾ、スルメウィザード
カスワード パスワード捜査中
そしてミステリー 君とテリーとワンダーランド
緻密な理想はそう、思想だ。
奇想天外な未来が競う次の運命
すんでのところですんでよかったねこの住宅に住んで
もう何年がたつかな 丸に含められた無限の円周率の
答えは何かな。蟹かな。サニーかな。
たにし、参るし、帰るし、食べるし。
風邪にかかるし、風、風、背中を押してよ。
走り出した足が止まらない とどまらない終わらない
染まらないミュージシャン グッドエステイティシャン
メロディックライン 整ってないままに
断れないままに ママゴトに突き合わされ
傘を強盗 統合して膨張
抗争は走行 妄想の延長線上
健康保険の同じライム 伝わる意味は皆無
催眠 催眠 ださい民族
快眠 みんみんゼミ セミの声すら遠い
三日前?四日前?セミの声、ごっちゃ混ぜ!
あんたといたらどうなった?
これだきゃ言える。手に輪っか。
つまらないこと くだらないこと、
大きく影響 受けて、目いっぱい歌いだして、
くだらない笑い声を出しはじめ、
ついには発狂し暴れ出した少年D
あえなく取り押さえられ、叫ぶ
「先生これで僕は誰が何と言おうと主人公です」
無人君 クジに来る警察官
暴れる軍隊 怒れる戦車 検査方法も分からないまま
宝塚 集らず勝ち取れ栄光の孤独なトロフィー
君だけが掴むトロフィー?
おろおろしているのは誰だい 彼らは子供の成れの果てなんだい
つまらないこと大好き?買いすぎなミュージックと、
ステイチューンしてしまいそうな夢中、空中でジャンプし、
見つけ次第射殺。ガサツで段々暴力的になってる気がする表現
道玄坂上りまくる こぼしまくるスープのこぼれ汁
カウパー ダウンさ カウントワントゥースリー
決まり決まった クリエイトガール
スリムなエイトビートそしてエンドレスエイトを繰り返す
ぶり返す痛みと引き換えにぶっ壊す価値インザハウス
今日も原稿書き上げる。捨て去る命は酒池肉林?
行動とその美学、苦痛に歪む体だ。
宝だから。まさに絶対に決壊に入り浸らせないように。
捨て去ることも考慮し大統領に立候補
オバマ越えブッシュ越え確実
だけど僕英語Fワードしか知らないからほかの言葉喋れない
結局何で解決もちろん暴力で採決
日本人は平和な話し合いをずっとしてるのがお似合い
ソフトパワー ソフトクリームパワー
クリリンも 絶滅 鼻の折れたガキ
ガッキー 嘘つき 運の尽き?
クッキー焼くから食べてよ
でも違法コピーもう焼かないで。
やきもちも焼かないで。
中古売りにはださないで。
ウリジュースはまずいけど
体から感じるこの波動砲。呼吸法、
作動ほうほう ホーホーを倒す武器、
君が歪なことを言ってくれたから。喋ることなんて特になかった。
体から迸る栄光と影響の
結びついた戦場の献上する花はあなた色
彼方に白い闇が見えたなら 始まりの合図だプップップー
断らず男割り そこそこはかりまくり
かかりまくるライム 賛同してくれる奴が皆無でも
同じことばっか言ってるやつらと一緒?
一生一緒にいてくれや。そのノリさえあれば大丈夫。
ジョウブな体を持ちました。成仏してくださいな。
上の階の馬鹿は今日もうるさいな。
俺は出ていくぞ!こんな木造崩れ。
うるせー できることだけやっとけー!
勝っとけまず間違いない サジ違いない
神すぎて噛み噛みデイズそれでもスクールデイズ サマーデイズ
路頭に苦言を呈す 制する世界選手権
行動で奪い取る 国の代表 最高の倍増する快感と、
裁判にかける勇気、空気を読む勇気?
絶望から立ち上がれ。今勝ち上がれ。
幸薄かれど、僕の喉枯れそうだけど。
今すぐにこの場所から去れそうだけど、
木々は今にも枯れそうだけど、
避けろ。かけろ。負けろ。かまけろ。けろけろけろっぴだバカ
そういうことにしといてやろう。
きっといてえと思っているだろう。
つまらないこと、欲求、呼吸をしたなら始まりますゆえ。
そういうことは先に言え。
危険ウィザード 監視体制 入りましたー
ゲッチュードリーマー 君のコイントスから全ては始まったと
言わざるを得ない。謙虚な姿勢。
選挙であげる奇声。
姿勢はいつだって、美声でゴーゴー
地形を変える勢いで、
ファラオ、ファラオもおかしい限りだね。
だから浚おう。かっぱらおう。
河童と踊ろう。戻ろう子供に。
ソドムとゴモラ。俺の口もゴモゴモだ。
共に歩き、友と分かち合い、
知りたい知りたいドンビリーザハイ
シットなコミュニケーション、
対人関係はもはやガッタガタ。
尻の穴に指突っ込んで奥歯ガッタガタ言わせて
聞かせてそのミュージックの矛先と、
消えるマジシャン適当なサジ加減
火事にならない程度の馬鹿力、
家事が得意な奥さん、船の舵をとれ!
キャンペーンフルメタルに実施中、
実質宙に舞う 笑う雪ウサギさん
クジ クサビのパス
バスでぶっ飛ばす 繰り返す影響力
盛況してる生協 提供はもちろん蛍光灯
成功したいなら今すぐ抵抗
名刀をぶら下げて提督と継投の案配
確認するここ関西 散財して掴む栄光
そんなもんはいらんのだ。イランの大統領?
解答領域 はみ出して快調
僕なら素敵なコンピレーションアルバム
コンビネーションも抜群
咲く群を抜く美しい花
それよりも美しい女性 二次元で探す
聞き違い あるいはキチガイ シミがいい
君がいい 気味がいい
血みどろばーさん 聴きトロトロになったら始めよう
隣のとろとろ トトロも戻ろう森に
お化け屋敷だー!まっくろくろすけだー!
価値のない分かち合い 集り合い
盃交わし合い だまし合いの果てに笑い合い
皆腹痛いくらい笑いたい そのためなら金払いたいくらい
クライしないで 暗いねってそんなこと言わないで
つらいねって君が嘆くような時代なんてもう
僕らで終わりにしよう。
それでロストジェネレーションか。
コスト削減でカーネーションか。
それかオネショタか。オネショでもしたのか。
シイタケを虐げたのか。
聴いてあげろ。見てあげろ。
生死をかけろ。負けろ。避けろ。
猛ろう。避けよう。太平洋。
西洋の文化にゃ染まらない?
太平洋、大西洋、ここ一体何セイヨウよ
盗んだ私の記憶を返して!
CIA,KGB,FBIに共産党の
陰謀よ!誰か私を逃がして!
運命 燻製にしてひっくり返す
けたぐりし返す ミラクル引き起こすから。
ゲームにゾッコン ラブラブキュートにファイナリアリティ
高いなシアンビッグ
キックしてじっくり、それがぎっくり腰への対処法?
イラン、イラブ、ヒップホップ神への冒涜!?
とはいえ掴むはずだ。あのトロフィーを掴むはずだ。
恨むハスだ。こちとら音のハプニングバー。
まあそこにソウルがあるかどうかってな話さ。
韓国じゃないよ?万国共通 最中 計算中
名鑑 っていかんな
精悍な少年が今無事生還
警官も平坦な態度、
カイドウと戦い蹴散らす勢いで、
突っ走れ俺のリアリズム。
チアリズム、チラリズム。
スカートひらり、あの丘の光景が脳裏にちらり。
彼は教師に全てをチクり、
パンツもちらり。
パン作って 三月くらいにガンツ全巻読破、
気が付けばセンター試験受けてる気分の自分。
秋分の日、文通した日々。
君の箱乗りは タコの利は。
漁夫の利 豆腐のリッチ
僕はお腹がすいて ポンキャニオン 踊りだすファンタジック☆スター
彼女ももうすでにクッタクタ。
グッダグダなこの日記 読んでくれる人あるいは俺様に感謝
記憶が僕を馬鹿にする。
地獄のような、至極当然のこうなる 期待にそうな。
米を研ぐな。肩がこるなー
やっぱカレーで大事なのはコクだ。
謝っておいた方が身の得だ。
そんな俺の父親はコックだ
いたいけなかわいらしい幼少期にそっくりだ。
ぽっくりいっちゃう どんぐり拾っちゃう?
こんがり煮えちゃう ピンキリ分かっちゃう。
ちゃんちゃらおかしいね。
チャランポラン、チャンポンだね。
素敵なニューフィード、
光る光る真夏の太陽 SUNSUNと降り注ぐ紫外線。
UVケアなどお構いなしなし やってきましたよ真っ白なビーチ!
突然視界に麗しのキミ。逆三ボディに小さなSPEED!
素敵なスピーチ!いきなりリーチ!私は恋に落ちましたピース!
いつの間にやら私はねむねむ あなたの隣で流れるエミネム
さっき買ったばっかのシェイクはすっかりミルクのようにサラサラで
私の髪も勿論サラサラであなたの指が絡んじゃう夢見て
ハッとしてぐっときてパッド胸躍る
君に一本気
一本松 踊りだすファンタジックライン?
当然騒然 カンタービレのくびれ シックしてるサイン。
あいまいみーまいんちゃんです!
ばいんばいーんってなりたいんです姉さん!
生産量 計算 名産地で 閉館
だから僕らはボキャブラリー。
ちょっとそこらをブラリと、
ブラジャーを身に着けて、歩き出す。
真夏のビーチ。変質者?きついわマジで。
かじかむ指で。グミで味わう形のミラクル。
ひらりとくるくる キラリとするする
抜けていくような栄光のライン。大体 最大の景気。
世紀の大発見、正規雇用をしてほしいのです。
風が答えを知っているらしい。さーせん、切っている縁。
実はめげてない。刹那に行われる連鎖反応、切なさも連鎖。
命は脈動 僕は活動 錯綜して爆走してミュージック。
オートマチックでロマンチックでジップでほしいくらいの
その程度の度胸。歩道橋。
俺はなぜ、ここに。なぜココナッツ。
常夏で笑いだす。からかいだす。
私は生まれた理由を知りたい。
切りたい縁。せんでええ。せんでええねんで。
ちぎったら切り裂かれる。敷物の価値が疑われる。
もっと賄える。さえずる小鳥に共感。
同感だね。だから交換しよう。創刊してみよう。
地球を履修。一周してもまだ物足りない。
この物語は物足りないから、この一人二人っきりの
きりきりまい、きりギリスも参る程度の
ホトトギス笑いだすほどのからかいだすほどの
それはまるで夢の中で、ウサギを追いかけて穴に落ちたあの少女のようだ。
そうだ、こんな工場、控除して逃走して妄想してしまえばいいんだ。
ドナルドダックが怒鳴るぞ!壊すぞ!溶かすぞ!
なんて脅迫じみた言葉、外は雨。
亀のしぐさ、だめの菊さ。
死ぬが仏のため?神のため生まれた?
なんでもいいけどカーチャン 死んでくれワンラブー
キョンシー!キョンシー!も、もう参ってしまう。
詐欺にひっかかってしまう。タンスにしまう貯金?
ちょ金魚、密室の疾走事件。
俺は今後どうなっても勢い増していくようだ。
如月キャッツアイ、ガッツが大事だって教えてくれたようだ。
そういうことを知っていくのがすごく重要だ。
勝負、後部座席から後頭部への打撃。
過激なファッション パッション そういうモンスター
ジェットコースター ライムスター、ロックスター、
とにかく星がいっぱい お腹もいっぱい 愛がいっぱい 夢いっぱい
甘い甘い 溶けていくチョコレートの中で
背中で聴いているのはハチミツの雨。
ああ、そうか、ここはこういう世界なのか。
正解はいらないけど ただ 逃げていく 消えていく
サラバなのかな。カラサワなのかな。
そういった感じで、大人にならなくちゃなのかな。
あの花、 あの日見た虹の色の種類を僕たちはまだ言えない。
虹が七色なんて誰が決めたんだ。
七光り、 へえ、あんたもナナっていうんだ。
ななな、なんですと?勢い、古式恋。春よ、恋。
だけど 酒をもってきてこい!
してこい!みてこい!散ってこい!
ここはいわゆる俺がナンバーワン。
マイアンサーナンバーワン。
快感のワンダーランド。
階段をアガんなら、
そう今じゃない。今はアンバランス。
タンゴでダンス。まらまらする。
カラッカラな喉、殿よ素晴らしきは影響か?
盛況か?盛り上がってく様は絶妙か?
蠢く探検隊。
理解する晩餐会。
閑散して換算して出せ
チェケラッチョ!ヨー!だけど ヨーヨー
間違いねえ 踊り続けるフェティシアこそが、
永遠曲曲がり、
十冊 実質自殺レベルのパイの皮、
少しばかり引きちぎり、 みしりみしりと音が木霊し、
音の魂 ここに極まれり。
嫌いだカレイ。 そしてカレーライス
ダイス転がして、平気な顔してエンジョイ!エンジョイ!
戦場でエンジョイ ブログ炎上してもハッピー ハッピ着てる?
マジでむかつく マジでいらつく 佃煮ファイター
くる くるくる回るしっちゃかめっちゃか?踊りだせ!
当然ねえのは承知の助の助だ。
戦いリズムを改築して合算してだせ!
つまりはそういうことなんですよ。
面白くないことこの上ないでしょう?
魂のレスポンスワールド、記憶してくれるならこれ幸い。
界隈じゃもうマサカリかついだ金太郎見たく記憶がないぜ。地獄が来世!?
みんなマイメン?んなわきゃないぜ。ヒップホップってことだけは
覚えてるんだけどもなんせ。俺だけ取り残されてんじゃねーの?
ワッツマイネーム!?あーる えー あい?あーる えー あい?
へ?英語だっけ?ああ、切ないぜ。
なんか日本語じゃねえとケツがいてえ!
で、俺の職業なんだけども、スィンガー!?
そんなわけ なかったりあったり あれしたり
醤油切らしたり 負けたり勝ったり 去ったりばったりしちゃったりしてる
くっちゃべって のめり込む 飛び込むエンジョイ?
そして炎上?戦場で献上する便所だ!
点呼いきます わんつーさんし!
例えば君傷つく。俺も泣く。ずぶぬれで僕も泣いてしまって
涙目でにじむ舞の浜。ただまいの海。
ふざけているのは誰かしら。思い違い、ストレートなストイックプレイ、
差し向けているのは誰かしら。
あなたを馬鹿にしたのは一体誰かしら。
頭文字D。面白ければそれでいいだなんて、
幸せに理由をつけるな!境遇に自由に向けるな!
引っ込み思案、だけど僕は幸せthis is for you.
きつくめり込んだだけの避けるの?話題
課題は一杯あるから一切合切
面白さ、求め続けてワロス、
マロンっす。タコス食べて、囲うイメージで。


(17:09)
だから 逆らうことはかからないんだよ。
命を懸けて、下がらない意味を伝えにいきます。
くだらねえことを教えにいきますゆえ。
効きますゆえ。ちゃんと言え!
見れ、カムチャッカの塵となり散れ!
かむカムチャッカのガム 青白く甘い夜
顔黄色くしてもてはやされるジャパンのサル、
それが俺。それが俺ニティセブン
セブンスター 結局はライムスター
栄光なきカスラッパー
だがその志高く、高く、
負かす、任すだから探す。
天にかざすはこの両手、
鋼鉄の意思を持ち
どんな時でも自分を保つ。
松明祭壇でガイダンス。
更に進化するため頑張るでやんす。
無理難題押し付けられてもやってやるんだい
そういう気合いが地雷になって、死体になっても期待したい。
未来に栄光 成功祈りまた、たまたまです。
妨げです。からかえ。そうだ笑うんだ。
そうさ皆君のためなんだ。
自分のために頑張る奴ら。
新聞を読むような情弱にはなりたかねーけど、
とやかく言いたかねーけどさ。
泣くんじゃねえ。あ 泣くんじゃねえよ。
泣けば男の名も泣くぜえ?
ひぐらしの鳴く山里の、黄昏時じゃあるめぇし、
いさい承知の覚悟の上の、地獄の窯への死出の旅!
送る手向けにいつか帰れと折った柳の葉は紅!!
楽しくてたまらない。地点、意味も定まらない。
価値は合致してバッチいミュージックにキックされて
吹き飛ばされていく。好きという気持ちが透けて見えてしまわれそうで
隠そうとするけど僕の心は熱くて
カツドン食いてえ なんか俺は自殺するようなロマンチックな人間じゃねえよ
青梗菜持ってくるか?果てしなくロックンローラー
少しずつだが染まっていく。決まっていく人間性。
そこから吐き出される無限の可能性。
左脳の奥から呼び起こす、記憶がどんどん掘り起こされる。
色とりどりの、絶品料理をもりもり食べる。
おもりにならない究極性。空白の一年間。
近年稀に見る物まねの天才?そいつはいまだ健在。
そんな俺は繊細。免罪してくれ そういった見解。
だから俺はダッシュして奪取した。
ガッシュと共に戦った。
ガッツもホームランを打って、カッスとののしられてなお、
絶ち続けるその雄姿には、熱い魂が宿っている。
カツレツと浅ましい考え。
サンダーソニック?奪い取れ!
患者はもはやパニック。砕け散れ!
そして漏れ出す放射能。
投射する脳。神上にて同窓会。
妄想してる感覚に、未来を気づく。
しずかに自ら。傷からきついから。
質疑から、始まる かじかむ指、
すべからく 素晴らしく。
エンドレス ドエスです ゴンザレスです。
お前、むかつくなあ!踏んだ靴がなあ!
脈動する意味のなさ。しみったれの浅はかさ。
キャンペーン、断片でも掴みたい。
恨みたい。くだらない。
未体験ゾーン、死体検査して損。
だが意味が消えていく。地味に燃えていく。
●焼却炉に高角度で入ってガチで察知してバッチいから
ジムバッジつけて事務の仕事ガッチガチに緊張した体でやる、
それだけが俺の胸の鼓動の宝だから!!
船の怒涛の攻撃パニック!ハニー、クラッシュするぜ!
ブラスト、それプラスの、アルファの、去る猿・ファンタジー
タルタルソース ボーイズなう、ぼんぼん破裂、
差別をなくそう 俺も今ちょっと泣きそう
こんこん雪が降る!?愚痴で濁る白。
気取る帰路、自暴自棄的僕の恋愛?繊細な健在なマインドは
マインちゃんの笑顔で見事打ち砕かれた!
数字にこだわれた!そーか、枯れたから馬鹿らしかったから
騒がしかったから、動物の汚物をごく潰しがトーク★アンド★トーク
丸めてボーク投げちゃって、一番貧弱そうな馬に全財産かけちゃって、
次元の果てまでいっちゃって!すると宇宙の塵となり散っちゃって、
でもあの頃は僕もまだ小っちゃくて、
しっちゃかめっちゃか 見たか?聞いたか?
チタン製、ビタンビタンとビンタが金歯にヒットアンドアウェイ!
世界政府に加盟!ダメ押しの飴入りチョコレート!
ちょっとToo Late 町は行き過ぎ
俺の薬は効きすぎで、道筋は暗く、つらく当たる?
かかるすべての重圧に、空白の時間が僕の脳みそを疑い始める前に!
くたびれ真面目にトットコハメ太郎!
ザッツライト、俺がやらないと、ヒーローが逃げたら誰が戦うんだよ!■
ソクラティックなクラブ、まるでかにかに合戦、
さーせんその話ついていけません マセンコウ、
貸せ酒、もっと面白く跳ねまくれ!
腕まくれ!そして等身大のラブソング?
カプリソングライティング、
イメージはいえい 常にいえい!
遺影に対して敬礼生前の姿を思いメキメキと成長
そんな考えは解せない 責めない 蹴れない
えれーなおい それはねえなソォイ!
看護婦の声が遠い。マジックショー チックでカッスな死者たちのわがまい
心がどのあたりに存在するのかって?
混在するのさ。どんでん返しさ。
カンパニー サンバに 少し見とれて
あのヒップダンスが脳裏に焼き付いて離れない?
氷をコリゴリなほど食べる。
女はべらす 壁に蹴散らす
赤面 月面着陸
殺戮も許すほど寛大な心
ところでキミ何歳?関西?山菜食べない?
天才はいまだ健在 繊細な心で弁解の用意
ドンッ!でボンボンはボインに視線が釘付け、
裏付けられてる。鞍替えしてる。面白さがビューティフォー。
うちにもUFOが来るかなあ?それとも焼きそばの方かなあ。
蛹となり、かなりやばい人となり、隣の女、
いたちごっこ続く 生い立ちのほっこりした
感覚で、三角定規で、正直に教えなさい。
真実を近日中に延べなさい。
お前の方から折れなさい。あるいは関節すら折れますゆえ。
壊れますゆえ。 髪を結え。マジでするめ。
するわけねーじゃん そんな与太話。
酔った話。それはナシ。
悲しいから。かなりやばいフロウで苦労をあてつける。
俺の脳みそフリースタイルモード 高度なコードで
どうこうできるレベルにいないの?
セレブリティ溢れるぷんぷくぷん、
消せるリアリティも、責めるラプソディー。
ラブソングに見とれて、きっと設定もいじってる。
そんないろいろに満ちている。
しじみ食べて地味にしみじみ。
期待以上 予想未満
下北以上 原宿未満
そんな小さな恋の物語
行為しちゃったんだ 多分気づいてないでしょう
YUIは結構かわいいかな。ハウクレイジー!
そんなクソジジー 黙る騒がすからかう メロディッシュ
いわくニッポンにはヒップホップは根付かねえ!
日本人がラップするとはいけすかねえ!
何の意味がある。この尻軽!所詮無理がある!
と不気味がるが俺にゃ意地がある!目指すオリジナル!
投げだしたらギャルも寂しがる。俺は罪なるスムースクリミナル!
はい、次のバースいきまーす
バスでぶっ飛ばす。カスもうろ覚え?
黒い遠吠え、覆え地球全土
ラブパワーで明日を切り開くのだ!
知り誓うのだ!ミリ知らシリーズ見るのだ!
切り裂くエベレスト?栄光なきラッパー、
ぱっぱと済ませりゃ全てを超す?
影響力考慮していく数字に惑わされない幻術テクニック。
切なさもパロディック スティックのり塗ってノリノリだぜ!
かなりやばい サバイバル
豊かな ふとましい 健康な米寿の子供
だけど 避けろ その攻撃。
そのルールに沿うべきだ 当然気になる 飛行石。
創世記の構成に出たとたん合成する豪勢な料理。
おっしゃる通りでございます。
我が大将のお通りでございます。
思った通りでありますゆえ、少しだけお金を借りますゆえ。
言論半端ねー 話が破綻してますよね?
破綻でバタンQ 下端の末端
片っ端から うろ覚え、うろつく住宅近辺、
真剣なまなざし、魚だし、仕方ない。しばかれたい?
可逆性プラスチックも、エロリンピック
驚かせたらすみません、
栄光なき我々に挑戦的なナイーブな生きがいを。
危機が今、訪れる 音もずれる それ遠く、
投げる漏れることなく、見とれることなく。
それは飛び出す。ロンリーにガス爆発。
栄光をロンリー だがその論理は破綻バタンQ
加担する影響力、なんかループしてるようなプールサイド、
ジェノサイド、バイトで外交 最高な夜を培養。
最強ゆえにさあ移動。
気分散り散り 鍛えたキミキミ ちょっといいかな
ちょっと凛々しいかな イカサマのイカサマ
諍い争い 消えて無くなれ
絞めてくだらなくしてしまえ
驚かせ 子供の枷
罵声が飛び交う 火星で 宇宙人たちもどん欲に次の世代狙う
まさにうろたえ100番 戻る どもる
こもる 滞る 疑い晴れない だが消えない
夢見た未来は皆見たい だけどオソロシア ペトロシアン、
悲しいくらいにメロディッシュ、けろけろでっす。
むっちゃクチャにホライズン?素敵がワンダーランド。
寛大なサンドイッチ 文化を根付かせるため四苦八苦。
チップでバックしたバックオーライなミュージック。
ロジック高めな次の世代に託すけったいな生態。
携帯電話で持ち抱え歩くけど、
正解はどこにもない地点。
その時点で韻と韻がグループわけされる単語、
タンゴのダンス、同じ母音に生まれた運命、
俺の掌の上で仲良くやりな。
悲しくなりな。
そして辛いことすぐに忘れてしまう。
彼の声だってかすれてしまう。
カスタネット、ダスファリスチョコレート、
どこでも暴れっと、警察飛んできて
生活終わっちまう。明察を疑っちまう。
だから俺たちは叫ぶのさ。
永遠を求めて歌うのさ。
体中が熱でたぎってる。
思いっきり影響力を出してる。
マジでやばい かわいい 下がりっ放しの脈々と受け継がれる、
伝説に近いような歌声だね。
売った果てだね。それが孤島に取り残された自分に伝える最後の言葉かい?
喚き散らした永遠は、
ともすれば栄光になり果てる可能性が。
聖剣伝説。名犬で疑う。成功したいから蛍光灯に電気をつけた。
誰かの声なんか聞きたくねえ。
俺はずっと喋っていたい。
でもそれだけの思いじゃ、痛い思いをしてしまうんだね。
しまってしまうんだね。
からっきし、踊るぜこれっきり。
それっきりな、どれをキリ番にすればいいのか分からなくなるくらい、
逆らうことできなくなるくらい、素敵、無敵なぐう畜打線。
今日も活動。明日も活路を求めて爆走。
爆笑するミュージックがそこにはある。
信じてくれる痛み。来た意味がない。
ないないったらナイナイセブン。
気分は多分、ヘブン状態。
ショウタイムの始まりでしょう?とあおっても乗ってくれる人皆無
だから大仏に拝みにいく。ヒステリックな愛ですら、
キスマチック、ドラマチックな恋愛模様。
相当な素晴らしいメッセージ、着せる天下の分け目。
片割れは今どこで何してんだ。
おい宇宙人。ダイブ俺は来てんだ。
散ってんだ、未来へとお陀仏?究極なる未来に詰め込む愛が、
マジかっこみ マジでエルエルサイズ それはエロエロな素敵
引っ張りだこにされる、きっぱり断れる人になる。
コトワリの終わりを告げる。
告げ口されても元気に生きよう。
チキンレースでもキッチンでセールス。
するぜ カモンベイベー 大根は再婚。
今度理解者が増えたなら、
俺のファンクラブでも作るか?
感スタイル 散々うるさく。
隠す卓越する爆炎の中ではまりこむ。
おふざけ好きだが猫は被らねえ。
炸裂するミュージシャンのような、
じーさんのような滞り、発狂するまでラプソディー。
浮かれて、飛び出すまで発狂?
●絶叫してポテンシャルと共にゲッチュ!
節分につきゲッツしたったww
見たったwww ガーターベルト、
狂気のサタだーー!!
ガッタガタだー!待ったなしだ。
これはあの子にさわった話だ。
悲しい。サナギー?まさしく、悲しくなれる。
腫れる喉元、攻撃、総劇、降雪注意報で、
注意しろって言ってんだろ!!
散ってんだろ!見てんだろ!
かなり頭に来てんだろ!!
知り尽くすことがウソならば!
クソくらえってな具合だよ!
うらうら伊藤によろしくと 殺しに行くと
伝えといてくれ!くれくれ!くれくれチョッパー!
ト・ニート・ニー・チョッパー
しょっぱーい!きっとおっぱーい!
突然ばんざーい!
関西に用はなーい!
散々な未来に期待していなーい?
チャンスならいくらでもくれてやるファーザー!!
ファーザーズデイ!!かーさんステイホームすいません!
すみません、好きな番犬。驚かしー!■
●自分が満たされてるって、本気で期待してるって、
思ってるのー!?凍ってるのー??
こもってるの!!どもってるの!
相当踊ってるの!アルトとソプラノで奏でだすメロディが
刻まれていくの!しかめっ面でも踊り続けられるの!
戻り続け、氷すりぬけ、
壊すぜ、得意げに面白げに
刻一刻とますます増す勢いにも負けますことなく!
幅広く羽ばたいていこう!地溝の技だ!!
天に空をかざせ!探せ!この世の全ては俺のバイタルエリア!
リングス 貞子だって驚きだすレベルで
がさごそがさごそ 生ごみあさる生活続くのか!?
天才健在 今でも暴走してる盛り上がってる
フィールド、とち狂ってる 難しくなってるグレイのテル
競ってる負けてる でも勝ち残ってる
俺たちここで遺伝子引き継いだ
君についだお茶はもうなくなったころかい?
つまらないこといつまでも、
つっつうらうら ゴーゴー筒香な 勢い
色彩 岸から追いはぎ
恋をしたりしなかったり 愛を裏切ったり裏切られたり
じゃあ僕はせめて輝こう。ずっと天才をバサ姉に預け合おう。
さあ、大切な時間は今訪れた!あの鐘を鳴らせ!■
テラ楽しい時間、痴漢の時間。
みかんがみっかんない。キッチンできちんとしてることは、
試金石、ちぢりげ悲惨だね。資産はねえ。
稚拙な季節。密接した施設で、
美ケツに酔いしれるか、
ヒップダンスは俺は好きなんだよ。結構。
こけこっこー。で、でどうなったと思う?
もう勝ったから儲かったんだ。
逆らったからぶんなぐったんだ。
記憶消し飛ぶまで恥垢のミラクル 嫌いだクルクル、
動きまくってチャンピオーネ
疑い晴れる、天晴なまさに天気予報?
雑談 警察官 免罪にしてやってくれよー
戸惑い溢れる、西洋かぶれのおとといきやがれな
シンフォニー、輝きを求めて突き進む更に飛び出す
折りだす舞台、ついにここは俺様の独壇場。
国産牛肉 だけど僕は豚の方が好き
食べやすいからねえ。ブクブクブクブク太り給えよ。
そうだろうカイキ。怪奇現象が巻き起こす次へのfeed?
ちーっとだけ遅いようで。こぞって寄り添っているようで。
たまらなくだまらないと いけない
家内もほっとかない さらば ディスリスペクト
キスしかけると
そこから泥沼はまってはまってく
構ってく。それに追随するずいずいずっころばし
転がりつつも、踊らされつつも、
今度絶対的なヒーロー司る影響力がヒップホップだ。
チップでボブサップな空気読めない天才児。
世界一幸せな人間になってみせるのさ。
近年まれにみるその成れの果てだ。
くだらねえんだ。超かっけーんだ。
だけどだっせーんだ。そういうやつらいらねえ。
あなたもキライねえ。どんと来い。
今度来い。そん時は遠い。
けれどもういい。いくよ。しくしく泣くなよ。
出すなよ、まだ。ガッツ灯せば、
ともあれば、成長中の発展途上、
即効で無理矢理にでも分からせたかったぜ
そんなアニメ。
世界をまさに焼くように、願いよ叶いますように。
プラスチックのような恋愛。
繊細な心が痛む。書きたい気持ちが明日を急かす。
今朝刷ったばかりのページは真っ白のままで、
ガンジロ?ガングロ?三日前?四日前?
セミの声、ごっちゃまぜ!看護婦の声が遠い。
向かった北区の病院。あんたの声が遠い。
歴史的チルドレン、意味のなさなら負ける気はしねえ。
緻密な傘なら水滴一粒もしみ込まねえ。
縮こまることねえ 俺にだってできた唯一の光だ。
ぴかりと光って キザな心が走り出す。
チャイナスターになっちゃいなー!
ぱしり動き出す。ちかちか目がポケモンフラッシュ。
馬鹿もんはとんずらっす。ポンコツ?トンコツラーメンですぜ兄貴!
蟹きもい?カイジになりたい?ざわざわ ざわわ ざわわ まあどうでもいいけど、
濃くてもチーズだけど、静かな浜辺だけど、
特別でもセイイエイだけど、形成していくだけだけど、
竹のこ盗む奴は盗人猛々しい。たけだけに。
酒に溺れて 金に溺れて 女に溺れて死んでいく。
こぞって 踊る、死に向かって一直線?
微調整無理。無理。、ぐりぐりいわくつき。
うりうり。やってやるんだ おしりフリフリ。
●超絶!降雪注意報!壮絶なこと間違いなっしーふなっしーな
この俺の登場ダァ!米の騒動だぁ!
相当きてんな!いってんな!出発はこのB地点からな!
逆なでされているような気分だぜ!
魚でありたいと強く願うことこそ我々の気概だ!
そしてお前らとの違いだ!
宇宙の覇者に、地球の歯医者た対抗、そして勝利。
そんな夢物語、熟れコソドロが祟り、
まったりしていって がっかりしていく ばったり出会っちゃう
炸裂 格別の蜜の味 ところが 心が壊れそうで 飛ばされそうで。
品定め?整形?ン~全然オッケー!なんなら鼻とか一回とって!
たっかくなーれ!かっこよくなーれ!
後ろの正面だーれ!ハーレー彗星 水星に水はなかった!
衝撃の事実!史実と違う!期日に間に合わない!
蟹さわれない!ハサミでちょんぎられそうで。
だって食べにくいじゃん?あいつのことが憎いじゃん?
ていうか今年ももう終わりってマジかよお!!
バジリスク、齧りすくっと立つ。
かっこめ!箱根のカムチャッカのガム、
言動終始無茶苦茶で、しかも常にガムくっちゃくっちゃ
青白く甘い夜、 青白い体に、凝る肩をもんでもらった
とんでオラオラ そらそら空に響き渡るようなビートで
ヒートアップ。もっと、もっと笑いまくれ!■
●テクスチャー!消すくっちゃくちゃ、
ぐっちゃぐちゃなメロディ、楽しくて仕方ないご様子です。
床につくのは何時ごろかな?漢字殺されそうで怖いのかな?
なななななんですとー!
パンでストーブ焼いてやる!寝首をいますぐかいてやる!
そんな俺は才能に欠けている!あの月もまた、欠けている!
避けているようなミュージシャン?愚痴愚痴シャンパンショー!
短パンでショータイムなベイビー、破裂、開裂しそうな爆裂拳!
炸裂しそう。格別の愛!?衣にくるまっていきろ!
車が来るまで待て!ティモテー!ティモテー!
まさにモッテモテ俺のフィールドワーク、
キッスドとなかい。ヒザもすでにガックガク。
カックカク画質で見る天気予報、
今日の天気は夏のち冬!
目まぐるしく変わる千変万化、
百花繚乱、せんかりょうらん、ばんかりょうらん the world
千思万考、ばんしおくこう、おくしちょうこう the mind
悲しくも、ハッピー?カッピカピになりました!
それさらしても、オッケー?枯らされてる、
植物見たら僕もなんだかしょげちゃって、
穀物食べて元気に生活?明白な道路、
航路を遮るウナギたち!ウサギたちと笑い合う!
そんな花の大晦日!輝け俺の天才的な脳みそ!■
マイファンタジア、
買いだ今すぐ手をかざしな。
探しなさい。私が見つけたいものは何?
何すればいいの?
何が君の幸せ?何をして喜ぶ?
ほころぶ。その糸、もつれる。
豊かなセンセーション、先生が教えてあげるから よく聞きな
MCぴーち!ぴっちぴちの13歳だった彼女は、
見事に歌い上げた!さよならを言わせないで!
さぞ心に残った おなら至極 地獄
みとくぜスーパーフライヤー。
クッパもスレイヤー。
そんな俺はちょっとだけつらいや。
面白くいきたい。
ともあれ、黄色く肌を焦がしながら。
ツバでも飛ばしながら、
愛という暴力、犯しながら。
合同で培う、バレーボール、カレーライス。
だせーサイズの服を着ながら、
散らかしながら、体からあふれ出る超越心を。
無知な私のつまらない力を、ぶっ飛ばせるように。
空間が笑ってくれるなら、飛びまくれるのなら。
おろしまくれるのなら、この風を、
その枷をはずせ。関節をはずせ。
このクジははずれ。だから残念だなアバズレ。
満たされていると感じる。
せんじる茶はケーキと一緒に胃袋に流し込もう。
流し打ちして伝説、屈強な鮮烈。
献血で、愉快、本当に食ったんかい。
売ったんかい?驚かせたいんかい?
心配だよ。ちょっとだけね。おっとどけよ。
お届けするから。もっとコケの生えた場所まで。
物足りないのは笑えないからか。
からかえないからか。
やるじゃん。勝つじゃん。今夜のなんJは大騒ぎじゃん。
滑稽なんだよ。俺が立ち続けるのがなあ!
咲き続ける花のように。
バラの愛しき愛のように。
再びまき散らす光線銃のように。
世界をまさに焼くように、願いよ叶いますように。
気持ち良すぎる現実。
成長していかないといけないという焦り。
先日の加盟はびっくりしたよ。サメザメとなく、
亀亀算だね。なんだかとっても気が抜けるのさ。
俺はどこへいってもしばらく永遠をループさせるなら、
こんな一途な恋模様も悪くはないと思える。
それって本当に不思議なことだよね。
櫛気になる 武士身になる。
藤木になる むしろずっと痔になる気分
自分は結構詩文が好きで、
茎で、また儲かって、
皇后勝って、
半ば本格派?半ば道楽か? 
勝手次第な好事家無くば、
かつて生まれた娯楽は無駄。
だがその興味の源泉は、極地極致に伝染し、
無償は承知の原点に、立ち返り独自に喧伝す。
誰が為に誰が為も無く ただ儚く身を焦がす鋼の車輪
と言葉操り 頑なに型は無し。ならば
揚雲雀、風に舞い 蝸牛、枝に這い
神はそらに知ろしめし 世はすべて事も無し
ここでは自由になれそうだ。
私物化してどうだ。交差する動作。
口座も番号も知りません。 その場所へは行きません。
塵となり舞うわ。いつか動画にして笑うわ。
猿は去るがどこにもサルゲッチュ!
接吻、月給何万よ。
かつて生まれた娯楽は無駄?
素晴らしき音楽史のパラサイト、ヒップホップはまだくたばらない。
しかも嵩張らない。高らかに歌いたい。
無駄な痛い子にも負けない。ハゲない。
はずせない。授けない。
まず受けない。クリケット、驚かさない?
術は限られている。遮られている。
難しいメロディで突き進んでいる。
無理やり包んでいる。
くるくる包んでいる。
だからこそ言えるんだよ生きるって素晴らしい
見切るって馬鹿らしい。
究極、笑い飛ばすことができるほど、
まだいなすことができるほど、強い。強すぎる。
動き出す。クッパ導き出す。
君に痛み出す。しみ出す。
●パクリと食べてパクリだす!!
左脳が佐野って 叶姉妹と仲良くなることも可能!?
超絶、クォリティ維持したまま ジジイになっちゃって、
勝っちゃって、舞っちゃって、構っちゃって、
もうおもちゃのちゃちゃちゃでいっちゃってよ
あいあいあいあい おさあああるさあああああんだよおおおおお
夢遊病、空気食いたい 去年のしこりを悔いたい
ムエタイしたい 期待以上 現実未満?
しかめっ面で踊りだすぜ!戻りだすぜ!!
過疎るツアー!おびき寄せるダンスチューン!
ミックミクにされた上で、飛び出したマシロ色シンフォニー!
輝き続けるメロディとなれ!けろけろデー 響き合え!
そのディフェンスラインとの駆け引きは、
危険っすマジやべえっす さてキミ。
死亡理由を聞かせたまえ 欠かさずつけてる永久ワンダーランドな日記!
トークワンダーランド 暇さえありゃ韻踏んでる
四股も踏んでる カンターデストロイドされていっちゃって!
結局 積極的に 絶望していく ファーザーズデイ?
かざすデイドリーム 成功クリームさ!
グリグリぐりる、ぐりるぞてめえ!
きめえ!おめえ!と言われてもひかねえ!そんな運命!
緻密にはちみつを塗りたくるマイルドハート。
希望が見えたら即暴走。■
満たされた時、見つからない捌け口。
陰口も耳に入れず、いつまでたっても縁は切れず。
人知れず頑張る一匹の生き物。
意思物語、意思を片手に、
もう一方の手には耳かきを。
天秤にかけてみる。
この一瞬に懸けてみる。
俺は人として重要なものが欠けている。
だがそのお陰で一つのゴールにたどり着けた。
幸せとは何か。こぎつけたんだ。
黄昏ていたんだ。
神より俺はえらい。言い切ってみせたい。
罰を受けても構わない。俺は強気でいかなきゃだめなんだ。
サメザメなんだ。亀なんだ。
なんだなんだ。そういう絶対が存在するというのは、
相対的なプレイに大きく影響。
生協も今盛況。
無理矢理 愚痴りだし アルミホイルから、
疑う余地のない戦いが始まる。
かじかむ指、寒くて始まりだす。
さじを投げだす。 駆け出す彼女の足の裏に
ついた砂の綺麗な水晶、
限りなく小さな塊が、限りなく大きなエネルギーを発することがある。
大きい物が強いとは限らない。
むちうち、
ファイティング、悲しい君たちの先立ち。
神の待ち続けてる素晴らしさ。
ウソらしさと、悲しさを封じ込め。
ここに存在、いまだ混在。
ぜんざい食べてる風な奴が健在。
洗剤混ぜてごっくん?そんなまずいことはしないよ。
殺意の関係で、産経で取り上げられる程度の。
もっちもちの美味しいおもち。
めっきらもっきらどおんどん。
俺が暴れまくった経験になってる。
飾りまくった結果がここにある。
素敵なステーキそしてステッキ
無敵のフォトグラフィー
感じる俺のデモクラシー
でも灯台もとくらし
その日暮らしのイエナッシィ
その日暮らしの泣く頃に。
歌声ハーモニカ。転寝ハードにワープ
●たまらねええぜえええええwwwww
ぶっ壊すぜインザハウス!!
銀座バースでバースデー。
美しい麗しい天才ごっこ、
俺に負けるか!俺が負けてたまるかー!!
宇宙人ですらくじけないぜ!!
丸ごとおいしく頂いちゃうぜ!!
今抱きしめちゃうぜ!
家のカギだってしめちゃうぜ!!
俺は万能な兵器対策!
景気対策もばっちりで疑うよちナッシーなふなっしーだぜ!
形だけでも結ばせたい。逆立ちしてでも世界を変えたい。
稀にみる宇宙人か。空中に浮いてるジンジン痛む
しんしんと降ってくるミンミンゼミか!?
ハーモニカ!ハーモニカ!モニクも憎いほどに
コロコロ転がす ハーピーがハッピー?
パンピーもやっぴやっぴに ピラフ食って、
ビラ作って、くだらねえことを笑って、
飛び出す影響と栄光の力を、
暴走の果てに置いてけぼりにできる、
その力が確かに俺にはある気がしたから!!
メロディズム、素敵な快感に身を寄せながら!!
こせないから痛みは蓄積するばかりだぜ!森羅万象の愛!■
みちのくプロレス?
君の遠くのくプロセスさ!!
くどくどこまでも!
動く底でも!
そこそこやれる方っちゃびんよ!
だから俺歌うたってんだ!!
こっちはポエム書いてんだ。
唱える素敵な呪文、自問自答してる
指紋を暗証番号に。感動した!
ワレ、コトバ、ナクス。隠す、そとは雨。
それでも届かせる為に!!
地上の星、史上唯一の欲しい物。
正しき、絡まり、だがそこには確かに息吹が留まり、
意味のなさ、追憶のミステリーワールド、
杭を打つように、世界をまさに焼くように、
願いよ、叶いますように。
これまたワンパターン。ワンパンマンのワンパターンマン。
放たれる言葉、外は雨、だが突き刺さる。
売り出される。価値にこだわりガチガチに。
俺など忘れて遠く彼方へ。あなたへ届け、戻れ、踊れ。
我、ただただ言葉を失う。
幸せすぎる。この世は楽しすぎる。
その方向で間違っていない。蟹買ってない!?
更なるものを求めていく。遠くに避けていく。
静かに、意味もなく。ただ戦う理由もなくだ。
体が弾けていく。爆裂されていく。
格別の味だ。昨日の飴だ。
マジでパラパラード、パラパラ踊るしかないと。
こぼれる涙、もう限界なんだ。旋回中なんだ。
漫画みたいなんだ。sunだ ガンダム。
散打、サンダー、なんでもいいけど分からんのだ。
盛り上がりに欠けても、何かに懸けても、
流浪に生きるしかねーのなら、私の方からサヨナラ。
足りない物が多すぎる。
借りない力。オリジナル性を発揮。バッキバキに割れた腹筋。
ぷっちんプリンみたく 見たくなってくる。会ってくる。
だんだんタイミングが合ってくる。
去って売る。頭の中、焼き付いて離れないような。
素敵なワンダーランド、記憶を、壊してまで、手に入れたかったもの。
背に背負うものは何。目を凝らして、そこまでしてまで。
来て待って。はまってきて、散って知って着てみたんだ。
何かに価値を見出す。ガチガチのまま、カチカチに凍ったまま、
貫く。私はどうすればいいだろう。
この文章の価値は。果たしてどこから、それは僕の脳から。
では脳にどれほどの価値が。僕の命の価値は僕にとっては無限大さ。
くれんかい?愚連隊かい?
そうやって、縛る。 威張る。 気張る。
だから閉まる。きたる日に備える。
挑戦した時期、下敷きをこすって、静電気。
ずっとそれをしているわけじゃない。
ずっとこれにすがっていくわけじゃない。
風はない。向かうならうろつくなら今なんだ。
いらつくらいらいはイライラ、
素敵なフォーエバー、恋してる乙女チックな感情と、
エゴイスト達の笑い声。
つまり何が言いたいかってーと、
効きたいかってーと。
死にたいかっていうこと。
俺は面白い道を突き進むが、
青白い肌で頂点目指すがってな話。
見た目はともかくハートでは負けねえ。
懸けねえか。避けねえか。
たまねえか。たまんねえな。
この心のリズムだけで、幸せにときめかす。
ロックンロールがビギナーになっていく。
それを意味するものに、押しつぶされてしまいそうだから。
それが何を意味するのか、
もう少しで分かってしまいそうだから。
体から、パラパラと零れ落ちる。
そこで落ちるのは
とち狂うようなドリル。
色んな言葉、勝手にしろ、んなことは。
全てが一致よりも母音を一致させるそれが韻。
それでいーんですか?ゴインゴイン ルフィなのでした。
何もかも、カニもカモ、寂しいかも?
だからこそ狂おしい、ほど愛してるぜヒップホップ。
ただ価値を見出すってのは、幸薄きを思い出すってのは。
モッテモテなフィーバースタイルだから。くたびれているから。
くびれているから。クジで大凶出しちゃっておめでとう。
セレナーデ、ショボショボファイティング。
ソングライティングしていく文句大臣です。
いわゆる一つの萌え要素、越える構想路、
噛むカムチャッカのガム。寒い世界を乗り越えて、
今こそ歩いていく。結界を飛び跳ねて決壊
鉄塊のようになってそれでも笑顔は満点 テストは3点
チャットモンチーのお別れwith you 聴きながら
素敵なfeed、フィーゴフィーゴ!地溝に思考。
未開の地へいかないかい?
異界へ飛び出す ファンクションキー?クッションのビー玉。
わけわからんそのポージング、意味などない、満面の笑みだ、
最高の晴れやかな顔で迎えてやるぜ。春だぜ?
勝つんだぜ。ミラクル、天気予報、1984年生まれの人々。
形にならない ただ馬鹿なりに思い出せる、歩き出せるから、
担ぎあげるから。巻き上げるから。
素敵な集金方法、過敏になってる花瓶の神経、
それを疑う。記憶を疑う前に記憶に疑われてる。
裏返されてる。繰り返されてる。
無理矢理蒸し返されてる。
素敵な無敵なフィールドフィールド そしてフィーゴフィーゴ、
ループする話も、クール宅急便も、
ガッツの人気も、不手際の美しさも。
食って極める 素敵だわ。 無敵だわ。
風が後押ししてくれる。さーせんクォリティに乗っかっちゃってる。
ぽっかりあいた胸の穴は誰がふさぐものだよ。
ほっかほか弁当 くれアナ・コッポラ 風が臭く香る。
大切なのは方向性。光合成してしまいそうな、
空間、カンカンだ。疑う余地もねえ。
従う価値もねえ。カッチカチに固まった。絡まった知恵の輪だ。
重信川だ。緻密な歌声、パラダイスへ連れて行ってくれる。
秘密の鞍替え、疑え。常識、公式を何度でも、感動しても
暖冬で喜んだとしても、我々クォリティ維持しつづける。
知事に問い続ける。完全アウェイで逃げ込む樹海。うがいを済ませて、
客の反応を聞きながら、万能薬を飲む。
力づくでも奪い取ってやる。くだらないけど笑い取ってやる。
体中が慌てだす。転がりだす。それを予期していたかのように、
体中の勢いが湧きだす。飛び出す。未来への咆哮、俺にはどうすることもできねえ。
そういった全ての出来事があったんだ。そういった全てのものに、誓いを立てたんだ。
カテゴライズされた空前の風前の風船の灯。グッドサテライズされたサテライト、
お角が知れるぜ。あらゆるものに精通してるぜ。頭痛もしてるぜ。
つっつうらうら 筒香筒香 狂おう一緒に鼻水すすろう
それはとても美しいのか?この面白い世界で、黄色い世界を旅をする。
分かるたびにする、はにかむ来る。
きたる日々に、ひび割れた影響力。生協のコク。
そこをどく意味。ちみぃ!何をやっているんだね。
バリアを張っているんだね。そして大変な生きがいに。
奇奇怪怪になってしまったんだね。
踊りだすファンタジー。監査でジーッ
面白さならこの中にあるさ。
オーケー、レッツカモンアゲイン アンドダンス。
ガイダンスで倍に散ずるエベレスト。えれー消すと。
せっつうらうら 無駄だブラブラ クラクラしちゃう ムラムラしちゃう
だからついていく。俺はもう何にも負けねえ。懸けねえとな。
旅立ち、足がきれい、ちぎれそうでも仕切れそう。
俺が俺である証明だからだ。
大切な記憶をまだ携えているからだ。
申し訳なさ過ぎて、影響力を考慮できないからだ。
そんな十分ではない僕の体。
全て滑って、でもなんかいいやいいやってなって、
ちぎれるや。このままじゃ後がないや。
思い出すと今日も地獄だ。
最果ての孤島で逃げ出すボットだ。
後藤の冷たさ、悲しさも影響力。
蛍光灯の切れる傾向、成功した後で何を言われても、
わたしゃわかりゃしませんのや。
ぶっ壊す奴インザハウス。
中二が宙に舞うようなやっちまうような、
期待以上予想未満?素敵なみかんをありがとう!
だがそれは未完成。アルミ缶の上にあるはずのみかんがみっかんない!
素敵フォトグラフィーかい?
個々東西南北いえいいえい。キレイキレイしてあげましょ。
とはいえ 馬鹿らしさも影響力して考慮。
僧侶のようないまだ守り切る素敵なフィード、そしてフィーゴ、フィーゴ!
夢中に踊りだすファンタジーをエクスタシーと教えよう。
伝わるかな。伝わるさ。ああ、きっとね。
じっとしてらんねー。だからきっと慢性的なんだね。
つぶらな瞳はつぶらないで。
僕を見ていて。じっとしていて。
嫉妬で狂った僕の心を温めて。
それが何になろうか。
それが一体何になるとしても、
俺の行く末は決定されてっから。
小さすぎる私も栄光だ。
大切なクォリティが、動き出すレスポンスクラッカーが。
秘密にしているようなヤバイ仕事?
クラッシュ炎上してしまいそうな、
記憶を消し飛ばすような栄光の成功。
手に入れたいものがいくつもあるんだ。
興味があるからやってみたいんだ。
まあやりたいんならやれば?ってか
そんな話する場所じゃないよね?ここ
すまなかったワガママだった。
ママさんハッピーだった。
パンピーだった。サンピーだった。
カキピーだった。ゲリピーだった。
でも一人の女は強くいた。
だから俺は願いたいのさ。
せがみたいのだ。セラミカルなのだ。
飛び出す影響力も考慮しながら、
追憶の彼方から豊かなエンドレス、やってくるから。
踊りだすファンタジスタ、栄光の冠を
今、意味のない伝え方が崩壊リズムで素敵とは。
数的不利を逆転する、そのど根性見せてくれなさいよ。
一気に形勢逆転ってのは、よくある話なのでは?
プライスレス、踊りだすファンタジスタだ。
ファンタ飲んで、栄光にちょっと酔って、
心酔して酔狂な時代にケリをつけるために、
こける為に俺はここまでやってきたと、
言ってしまっても別に不可逆じゃない。
熱可塑性樹脂なんだ。
熱硬化性樹脂じゃねえ。
俺は色々に、形を変えていける。
飛び出した栄光と影響力、飛び出す 戻りだす
女に媚びだす そのコピーを出すような。
ミュージックがトロッコで美しい螺旋を描くように。
世界をまさに焼くように、願いよ叶いますように。
嫌われても健全。いとおかし。お菓子も食べたい。
理解不能?出所不詳?
ただ今を生きるには、あまりにも興味がなさ過ぎて。
たばこ臭くても、
沁みついていても、飛び出す影響力、盛況している滅法強いほうでね。
健康なんだよ。記憶が入れ違いになってく。
伝説はクォリティを運んでいる途中だから、
天気の良さもクォリティを維持してくれる。
感覚が鈍っていく。それでなくても必要としているんだ。
究極なる未来か?地雷か?結構白々しいか?
キライなのか?十戒なのか?ホトトギス、やんごとなき成功影響。
つまらない話はしたかない。俺だって届かない声は伝えにくい。
シーンとなるようなシーン。まさに踊りだす。戻りだす影響力を、
ぶっ飛ばすエネルギー インザハウス。
まあこぎつけられたらすごいねって言ってやるよ。
その程度の話だ。大したことじゃねえよ。
思い出せたら最高だろう。
思い出せるだけで記憶は渦を巻いていくだろう。
変えていく為に必要なことは。
蜜を売るように、きついお灸をすえるように。
煙草を吸えるようにはなりたくねえ。
飛び出す栄光と影響力だ。
道を一本踏み外した、結果君の人生どうなった?
面白くもない素敵なサンシャインシャワー。
ビッグファンタジー、記憶が稀だし。
戻れない世界へ置いてけぼりにされないために。
記憶がぶっ潰される栄光になったとしても、
蛍光、もっとひかれ、僕のホタルの光。
無茶苦茶でも楽しいね。記憶違いで馬鹿らしいね。
でもそれをやってのけるだけの技術とパワーがあるから。
素敵なナンパ野郎。でもそれもクレイジー。求め続けるのもアホらしいくらいだ。
素敵なフィード!フィーゴ、フィーゴ!
この繰り返し、ぶりかえしの中で
伝わる物も限られる。素敵がファンタジーだから。
ミュージックはテンション高めのままで。
飛び出す影響力と、考慮できない素敵なファイティング。
舞いシンクの色に見とれて、
少しだけ過去を恨んで、
あまりにも眩しい光に目がくらんで、
広島に落とされたウランで、
人の命簡単に奪われ、
そんな世界を生きているとしたら。
決して終わらない旅を、僕と一緒に続けよう。
だけどあの時の傷がうずくよー。この因数分解はくくるよー
するの?近親相姦 親近感変わってないフィード、フィーゴ、フィーゴ!
それ好きだね。すき焼きだね。
無理矢理だね。フシギダネのハッパカッター!
でも俺は素敵にナイーブさ。ナイフで突き刺すエンドレスさ。
健闘してます。あなたに建造したいものがあるのです。
なぜ素敵さがエンジョイしてるのか、
君には想像できるのか?風を巻き起こし、さあ飛び立とう。
媚を売ろう。それも少しは分かる気がするから。
相手をしよう。てめえがそこまで言うなら、仕方ないのさ。
飛び立つ栄光も、この距離ですらも。
辛くあたってごめんな。今日の晩飯はソーメンだ。
ごめんなすって、提供盛況してる傾向にある蛍光灯だ。
同じ母音を持った運命だ、固まっとけ、言葉の命たちよ。
いいモチを食べてる僕の気持ち分かる?
超スーパーなパラダイスさあ!
究極ミステリー?そしてワンダーランド。記憶してくれたから!
遅刻してしまったから!このドリーマー、
素敵な光合成、おこぼれ預かろうなんてそういったふざけた魂胆が。
何もかも全て消えてしまいそうだからだよ。
幸せに満ちすぎると、次の展開を求めてしまうもんだ。分かるよ。
体を壊しそうなゲッチューゲッチュー 愉快な世界だからこそ。
それはやめてくれっつー話だろう。
はめてくれ?罠に?かなり?さなぎ?
っていうかスーパーフライ級。踊りだすかまちょちゃん。
憎しみの矛先、てめーらがつぶれたその先に。
記憶はいつだってエンドレスなレインボウカラーだから。
もし今立ち止まってしまったら!
勇気りんりん、なりだす太鼓だ。
太古の昔から、伝説は追ってきてたんだ。
ずっと続けることができるのか。
難しいけれど、影響力は存在するのか。
混在する点在する天才。
検査して、便座に座って、何もかもを考えるスタイル。
くたびれるから、歌いだすから、
盛り上がるから、素敵がファンシーチョコレート。
だからこそ意味があるのさ。君がいるのさ。
地味に傷つくんだ。静かに結びつくんだね。
正直やってしまいたい。驚かすほどスーパーな人間になりたい。
くだらないほど幸せだ。もう僕のため息はつきたりないほど
来る日々、ミラクル、奇怪な未来を友好的に。
踵を返すように、踊りだすように。
夢中に踊りだす。素敵にファンタジスタ。
ぐっときてファイティング。背中でもかいていようかな。
むちうち 夢中で 釘打ち 出る杭は打たれる?
俺は鉄砲で撃たれそうで怖いよ。
そのまま死んじゃったら僕一体どうなるの。
この責任一体誰がとってくれるの。
レインボウカラーを、生み出す俺の影響力を、
考慮してくれるこの幸せを、
なんと表現しよう。なんと感動しよう。感動させれば。
感化されてカンカン。あかんこれはカンカンカンだバカラッパー。
定まった?目標。金剛の混合された、影響力・ディス・パニック。
その喜びを受ける為に。必要とされる人間になるために、
記憶を消し飛ばしてまで、楽しいことをさせてあげたいの。
風が温かいの。無茶苦茶でも素敵な記憶を。
レインボウカラーだから。素敵なんだね。
無敵なんだね。監査だね。漫画だね。
まるで不思議だね。ポケモンのフシギダネ。
なんかね。 金にがめつい いかつい ついついやっちゃうんだ
だから僕は家飛び出したんだ。折り返したんだ。
希望が集まる我が方向性の違い、気がいい。
難しいメロディそのままで、突っ走れるか?
くたびれるか?暮らしよくなるのか?
むかつくのかな。食らいつくのかな。
飛び出したその果てに、希望の待てい!
マテリアル、キャンペーン実施中。三千円でゲッチュこのグッズ
ぐっすんぐっすん泣いてるのはだーれだ。
むしろ吐いてる。書いてるビリーバー、 塵になるわ。
散り散りになるわ。素敵なフィードでフィーゴフィーゴ!
クエスチョンらぶりーマイハート?
情熱ならば俺の大陸 少しだけ喉をやられても
カラ元気、退屈な日々も影響力を考慮しながら。
伝えまくれるならそれは伝説だろう。
建設的な会話を大工とする。海図をもとに冒険をする。
催促できないのなら、歪な塊、理想像、壊れてしまうのなら。
びっくりするほどファンタジスタ。記憶と共に歩いていく姿。
申し訳ないけど大したことないんだ。
這って歩いていくしかないんだ。
テクスチャー おけー たまんねえぜ
ロックンロールが刻み込まれた歪な塊?
理想像と、それをかいくぐる 最果てにいる
馬鹿らしい影響力。輝かしい成功力。
俺には必要なものがあって、
絶対に必要な条件もあって、
俺がなんとかするから!なんとかするから!
っていう証言。かまちょで誰にでもかわいいっていう
最低なたらし野郎の登場だ。
想像以上、期待未満。ちっとは粘れよ。
だってそういったことを考えることも、
サンジみたく蹴り上げるのも、
競り負けるのも、なんだか常識とか正直どうでもいいっていうか
金でも銀でも銅でもいいっていうか
ていうか まだいうか 昼から食べます レストランインザハウス?
ケセラセラ、それで話題ができるなら最高。
開口一番 面白さを重圧に変えてくれる。
冴えているような動き出し、ミラクルの引っ越すこんばんは。
だって素敵なメリーゴーランド。
記憶を間違っていても競りにまけるバンド。
大したことねー 概して気概がまるでなってねー
全くお別れwith youにはまって抜け出せねえ。
飛び出せねえ。このままじゃいきり立つ動きに左右されそうで怖い。
とかいうばからしさ。おかしさを、追憶の彼方からぶちこんでやる。
ぶちこみいきり立つ。ベイベー、フィニッシュまで終わらせないぜ。
フェティッシュ 空間 かまちょ、かまちょな笑える超
ぶっこみストライク。きりさく一閃、文字通り八つ裂き
書くラッキーな言葉。マイクロスフィンガーズ。
それはあてつけ?かってつけた、待ってつけまつげ。
だから生い茂る樹海、おーい、シゲルはどこにいるんだ
グリーングリーン、なめてんじゃねえ。そこに開く扉のエトセトラだ。
楽しくなけりゃ意味も価値も根拠もねえぜ。
残酷な天使のテーゼ。
その中からいわゆる歪が何度でも。
感動しても、賛同しても、同じ界隈 イカ祝い。
以下同業。同業者の商業だ。
投稿するだけのロボットだね。ごろっとごろつきファイティング。
咲いてカイティングしてくれるから、
参ってしまって しまった!今だった!
忌々しい世界だった。驚き情けない生きがい?
効くがいい、実害、室外、今すぐ出ていきなさい?
それを受け入れた瞬間、飛び込める器に崩壊が入り混じる。
効き笑える事実、東京日本クソリアリティ。
ソク忌々しい未来へジャンプキスしたいの。
パスアップ、同等と思ってたやつら。
希望も価値も未来も絶望もねえ。
楽しさも甲斐も伝説もクォリティだ。
座ればむろん、感覚でライム踏むのと
意識してライム踏むのと
どっちがいいか、両方でやっていきたい
勝っていきたい 勝つつもりだ。
つわりだ。つまりだ、何が言いたいんだ?
駒込劇場 とりこめここ以上のパンライフ。
怪物なのか?大仏なのか?それともブツブツなのか?
静かに音が聞こえてくるからだよ。
自ら旅立ちを願い始めたからだよ。
意味もなく笑えてきてしまう。
君もいなくてさらっていってしまう。
同等ならば仕方ねえ。
意味なんかいらねーんだよ。その時だ。
俺を旅立たせる永遠がループしてくれたのは。
風に舞い、時を越えて、未来へ語り継ぐだけの、
触りだすだけの、盛り上がりに欠けるシーンか。
盛り上がれば、それでいいですか。
ただ、思うのは勿体ないじゃん。
どうせならすべての情報に価値を。
勝ちを求めて場違いな発言をするように。
飛び出す感覚とその面白さ。
せぎゅうううううううう。めくるめくヒステリック。
風が巻き起こすなら、確実ではない。
全部聞くのは至難の業、
時間の無駄。でも俺は頑張りたい。
サンバのリズムで踊りたい。
子供たちと笑い合いたい。
だからこそ、意味を提示。キャンペーン、フルに実施中。
失神しそうな失投。無茶苦茶だがそれなりの理屈と筋はある。
恥骨と筋違い。無地の布にくるまって眠る。
君を奪い去っていく春風。
俺は何が欲しかったんだろう。
何を求めて、何のためにここまで来たのだろう。
しっちゃかめっちゃか、踊りだすファイティング。
その次の世界を見せてくれ。決めてくれ、最後の決勝ゴール。
記憶が確かなら、凍るみたいなウブな騒ぎ方。
語り方次第では、置いてけぼりになれなさい。
つまらなくても踊りなさい。飛び越えなさい。
混み込みですね。ドーミーレー 実質俺も聞いたことのなかった
音楽ワールド。
ときめかす、次のフィード、そしてフィーゴフィーゴ。
形はやがて取り戻す。
大きな影響力を保ったまま、近づいてくるものがある。
レンジャー 俺のもんじゃー
今冬 相当 愉快にハイに思い出せる記憶の違い方だ
見かわし方だ。飛び出す影響力を考慮しながら。
行動しながら、つまらなくても栄光を感じ続け。
ロックが魂?飛び出す栄光?悲しくも成功?
正当防衛につき何も言いませんよ。私に何を聞かれても分かりませんよ。
よくきたファイティング。驚かし方がわかりません。
唯一の砦たりうるのか。
たじろぐのか。たかが日記馬鹿みたいに更新
送信して猛進して妄信。年よりもとうしん。
風を巻き起こし次へのfeedへ、そしてフィーゴフィーゴ!
改めてよろしくお願いいたします。
いたしますます ますますご光栄のことと
存じ上げますが、冷やかしなら帰って頂けますか。
ロンリーでロンリーな二つの牙。
悲しいならば教えてくれますか。
僕は何をして、何のために生き、何のために力強く?
煌めく星の輪のごとく、脳みそ使い果たす
無駄入り浸る。けれど俺は時を越えて、君を愛せるか分からない。
とびだすポップコーン ドープなソープでAコープ
そう、喪失する出来事に遭遇してso good!
もしかして かしこまりまして
かしこ見まして ちらし寿司食べまして 敵の目線散らしまして、
知らしめまして、嫌いと言わしめまして、
分かったから分かったから。
君が分かったのは分かったから。
君が分かったことを分かったことは分かったから。
そんなにこの世界は変わってないから。
からかわないでくれるかな?
無理難題押し付けてるわけじゃない。
俺には時間がないのだ。
じゃあ一体どうしてくれるのか。
天才的な記憶の中に自分が置いてけぼりになってる実感。
飛び出すエベレスト。責めますと。
けれど語学がやべーくらいハイパー?
バイパスしちゃって 飛び出しちゃって、
記憶より記録を作ることに必死、
でもそれってなんかつまんなくない?
レベルアップできるならそれが一番。
クォリティこそはナンバーワン。
ソリティアやるわけねーだろ ウィンドウズ
嫌いだよ 俺はそういうキライがあるね。
未来を地雷にしないために、期待を背負って依頼。
知らないんだ、きれいなんだ。自主拘束なんだ。
話せること、妥協のウソに消えていくなら。
宝物を手に入れられるなら、安いもんさ。
安っぽい家だけど、汚い家だけど、
しかめっつら しっちゃかめっちゃか
てめーの涙腺 ぶっ壊す奴インザハウス
止まらない馬鹿です カモンベイベーしちゃいます。
ノンカロリー主義?趣味は水汲み
巧みに生きていく俺だってクレイジー。
たまらなくスレンダー そんな体を見てるだけはつれんだー
だから崩壊リズムに身を任せてみてよ。
交わさせてみてよ。集らせてみてよ。
誓いを交わせて見せてよ。 僕に服を着せてよ。
今すぐじゃない。あなたじゃない。あなた以上の存在じゃない。
俺はただの飲んだくれじゃない。
素面でこれなら相当狂ってるな。
無論ファイティング そんな自分がいたんだなと 実感。
俺にその言語が分かるまで待っくれちゃくれないか。
俺は日本語 最後の最後までは手を目指すオリジナリティ。
感動が連れてくる影響力。生協にも負けないほど大盛況だぜ。
カモンベイベー 思い出してくれ。
無茶苦茶でもワンダーランド、素敵な世界にゴーカート。
そこに唐突に現れたのは俺という愉快な魂。
そのインストゥルメンタル聞くために俺は生きてんじゃねえ。
たまらなく定まらなくなる目標。
固まらない だけどたまらない
雑魚助共に用はないクズ共共共
是津 摂津 ケツを入り浸り 滅亡を目指すなら
私の方からさよなら でもさよならを言わせないで
ワックエムシー エム字開脚 知りたい知りたい エンドレスリピーター
奇跡の黄金世代、話せたこと自体が幸せなんですたい。
消すタイの映画館の味、飛び込むメロディとばからしさが木霊するから。
ワッツロング?てめーの笑わせ方には根拠もクソもねーな。
だが俺の魅力半減 バーゲンセールで断然有利にたったが運のつき
そしてうんこつき 老体にむち打ち ムチウチになってムチムチになっても
止まらない留まらない栄光ならば 俺の最強リクライニング、
飛び出す影響力を考慮しないか。
随分達者で生きてんだな。私の頃は全然そんなことなかったくせに。
でもそれを全て殺めてしまうのは絶対に間違ってると思わない?
こもらない伝説怒らないで聞いてね 敷居またいでね
カラサワ弁護士を守ってあげてね 囲ってハゲて サゲてワンパンマンのOP感動
だけどワロス、分かってるんだ。
何を手に入れれば、何をかいつまめば。
理解を越えた場所に、今でもクレイジー。
売れる意地がある。
くどいミュージックがあるんだね。
それなりに、生きて来たから、今はもう何も怖くない。
素敵にフォーチューン、踊りだしたら止まらないから。
素敵にワンダーランド、記憶する為に。
至極地獄で刻む為に。そんなハメに。
希望ヶ丘、きれいに輝ける日々と愛しい香り。
道筋きれいにミラクルを引き起こすように。
戦い、ビリーバー、ミュージックでときめかすように。
とどろかす、驚かす、戻りオフサイド、甲府サイドの胎動。
サイドを再度責める 毎度ありがとう!
渋谷のあの人、ありがとう!
言葉が分からない。素敵にフィンガーレディオッサ。
だけどシンカーで踊るファイティング、勢いだけじゃやってけねえ。
誰も守ってくれねえんじゃ意味ないじゃん。
そんなヴァイラスとスタイラス。眷属的にビビってる。
潜在意識じゃ誰もがトリコになってる。
このままじゃムチムチになっちまう。その前に旅立つぞ!オーケー!
魂のレクイエム、そしてリクエスト。
ドラゴンクエスト ブラストも 一緒に暮らすと。
その雑音はおれにとっちゃハチミツの雨だ。
風を巻き込み はにかみながら、素敵に驚かせながら、
追従してミラクル、みっみっみらくる みっくるんるんだ。
だから俺、今騒いでんだ。面白がってんだ。
謙虚な姿勢で殺し合ってんだ。
探しまくってんのか。空振りしまくってんのか。
ずっと潰される。お前の意味も越えていける。
それに興味が源泉として結びついた時、
理解度 機械と踊ろうぜ。
戻ろうぜ。この順調に楽しくない世界。
決壊するダム、ダムダムチーム。
戦いたいから踊りまくった。
建設的な会話でミラクル、ちらっとくるくる、
それが伝わらないから攻撃的。
そう劇的に終わらせる絶滅の危機。
しみったれてるなら 地味にへこたれてるなら、
環境音、無駄に入り浸るガム。
噛む。カムチャッカのガム。青白く、甘い夜。
プライスレス、自分が少しだけまた見えた日。
消えた日曜日、僕だけの休日。
なんだかとっても温かくて、柔らかいんだ。
きっと僕はこの瞬間のために生まれて来たんだな。
普通の人の何倍も楽しい思いを繰り返しながら。
続くメロディと意味不明な理解度のまま、
突っ走れるなら何かを越す。
俺に足りないものは一体なんだ。
ブービートラップ、うきうきワクワク。
でも 大正デモクラシー でも恋はサーカス
あなたではないよ 他の誰かだよ
子供の頃のように、優しくしてほしい。
とかなんとか言っちゃえるフィールドにフィード、そしてフィーゴ、フィーゴ!
巨峰も塗装も構想も、理解を越えた先で笑い合えるように。
コカ・コーラで飲み込む大好きリズム。
感覚的には誰もがトリコになってんだ。
このままじゃムチムチになっちまう。前にぶっ飛ばせ恋の歌。
あの空に隠れている。手を伸ばして。もう一度。
気づけば君がそこに立ってたんだ。
できれば何もしたかねえ。こうやって自分を鍛え上げていてえ。
積年の恨み辛みも忘れてえ。
皇居に堂々と居座る俺様何様?
大層な体操繰り返してる僕らのギャラクシーエンジェル。
飛び交うおひねりと、理解しそうなクラッシュバンデクー。
ギガスラッシュ マジやばっしゅなスカッシュ カッスと共に騒ぐバースデー
韻踏むことに夢中で水中であるいは空中で行動する
ぽんぽん天才的に動き出す。謙虚な姿勢がかっこいい。
かっこイーサイズ 彼の名前はイーノック
血の濃い奴 恋のすごい数 まずまずなまずい飯食いながら
考える明日の試験 とはいえ試験管 危険か?
眉間にシワも寄る夜にこよこよコヨミン
僕はデタライトスタヂオ
競ったライトスタンドの高台へゴーホーム
それは合法?それともギリギリ非合法?
方法ならいくらでもあるが、
いくらは大好きな食べ物ではあるが、
それにしてもこのカニいくら?
はいお兄ちゃん300万円
癇癪起こしまんねん
100億万年の時を越えて今日より美しい空はない
100億光年の時を越え、距離を越え、
クズ共がハッピー?ズックはいてザックしょって
出かけるぜ生き地獄の 至極愉快な流浪の旅への地獄の窯への死出の旅ィ!
ひでー人。きてーマイライン。
サンライズしてくれるなら 君こそが超ビューティフォー
素敵がローリングしてくれるなら僕だってホッピング
タイピングしたりタッピングしたり まいっちんぐになったり
夢叶ったり 国破れたり マジで足りんノータリン
まさかりかついだ 金的太郎 心理的には歪な階段、
学校の怪談、祭壇に置くと不思議な現象巻き起こるぜ
恐怖なんざ程度の低い幼稚な感情だ
精度の高い正確なパス通し、春の夜の空は遠し、
三日三晩ぶっ通しで理解しあぐねる程度に
道筋狂ってエベレストになる程度には、
頑張ったつもりではあるのですが。
頑ななまでに俺の型は無し。
梨のつぶて、狩りの帰りにつぶった目の
歴史的愚弄の苦労。スロウペースでダジャレを高い次元で実現した
ライム だが曰くニッポンにゃヒップホップは根付かねえ!
日本人がラップするとはいけすかねえ!
何の意味がある。この尻軽。所詮無理がある。と不気味がるが
俺にゃ意地がある。見せるオリジナル。俺は罪なるスムース・クリミナル。
ところでシャンパン 腹んなかがパンパンだぜ
パンツーまるみえ まあだが それがどうした 成功への舞台
誕生へのスピーチ ヘイトスピーチ?爆竹爆音 心臓バクバク
核爆弾より核弾頭 増す関東のキライ
なぜなら なせばならんから。
風はイランから、そんな話はいらんから。
じらさないでよ。知らせないでよ。
あの人を着せないでよ。あの人を見ないで私を見てよ。
むっちゃくっちゃな ガムくっちゃくっちゃな
ワンダーランド、素敵な無敵なンゴwwww
連日報道 戦術行動 騒動も粗相のないように
こそどろ もそもそ ごそごそあさる俺たちの
アサリパニック ユートピアパニック パシフィックワールド、
朗読大会?君たちの未来を潰しまくるぜ!
高卒ラッキー でも暗いし 大正デモクラシー
でも恋はサーカス さーバスを釣ろう
首をつらないでつられて スライド グラウンダーパス
それは動きまくる伝説。建設中の驚かし。戻ろう河岸。
先におかしいお菓子を買って!バッテン だってもさっても
ねんだってんだ 俺以外全バッテンだってんだ。
その勇気あるコオロギ、 頬付き、 マネしようとしてもできねーぜ
物まね合戦 パクリ合戦 てめーのオリジナルはどこいった
めっちゃいったったなイテテの実、あちちの実、
サバイバル勇気と放射能。校舎の後者の操車場。
だけど泣きまくるほど大した人間じゃない。
君を幸せにしてみせるって 軽い笑顔でほおづきほおづき。
だけど俺は知ってる。参ってる。買い被ってる。
咲きまくってる花にお、少しでも散らさないように。
俺は俺の勉強をするからくれぐれも焦らさないように。
世界をまさに焼くように、願いよ叶いますように。
ところでところてん?動きまくるビッグファーザー
キックしたのさ じっくりいためたのさ
足を痛めたから、僕もうホトトギスと呼ばれざるを得ないじゃない。
とかなんとか言ってる合間に、
飛び出す影響力も考慮しながら、
考古学者のニコロビン。転びまくっても
ニコッと笑ってロビンソン・クルーソー
俺のボキャブラリー半端ない。
ほらクラリとするでしょう。つるせこーと滑ってしまうでしょう。
ばれてる化粧。ザ・ショータイムでしょう。
そんな輩は皆無。催眠されてる気分と自分らしさ。
声にならない声を聞かせてよ。
だけど楽しさは扇をまくりたてるように。
俺は一体何処へ?静かな浜辺にて観測中なファイティングエブリデイ。
観戦するにはあまりにも足りない。
オウトメイルじゃ張り合いない。
身近にゃ素敵なライバル。競い合い互いにハイになる。
相手がいてこそ間違いない。
それに終始するつもりは甚だおかしい。
とかいう馬鹿らしさ。完全に行き遅れましたやっぴーやっべー
でもその楽しさプライスレス。君が嘆くエイトビートでクラッシュ
ブラスト、腹筋崩壊 監禁爽快 サンコンさんも満面の笑み
えみちゃんの出した最近の小説 冒頭から屍累々
だけど笑顔は最高のスマイル
君ってグラマラス!似合ってるよスマイル。
磨いたハートのプロポーション
泣き顔もグラマラス!ス・テ・キに変わるよ。
どうせこんな人・・!!お兄ちゃん 鬼ちゃんの
まあどうでもいい話、
そうでもない話。
まさまんべんなく 当たり散らしもある程度に
散らして焦らしていこうかな 常識なんて正直どうでもいいし、
金でも銀でも銅でもいいし、
とりあえず目指せ世界ランカー バンカーにはまってばっかか
カカッ ワロス だけど俺スルーされ 狂ってついには暴れ出した少年D
先生!これで僕が誰が何と言おうと主人公です。
傍若無人な子供達です。ソドムとゴモラ、
籠らせる城、どっちにしろ、声どもらせて、
声高円寺に消え、やがて汽笛は響き、
噛むカムチャッカのガム 青白く甘い夜。
プライスレス、ぐらいナイスなスライドガラス
ストレンジワールド 引き込まれる愛し合いたい 刻み合いたい
それでも、しがみ分かりたい。しがみつきたい。
メッセージの煌めきに頼っていたい。
ぐらつく生きがい、再び飛び込む次のエンドレス。
健闘します。善処します。
戦場で死者を減少させます。
だから戦います。ただ買います。
三月の夜、再び笑い飛ばせるなら記憶を吹き飛ばしたい。
この世界は僕の為に存在したのか。
混在する意味のなさも、俺の値するでかい文化すらも、
記憶を叩き潰して、歴史的追憶、
未来を影響させる歪な塊ならば。
天才は今でも蠢くはずだ。
轟くはずだ。驚くはずだ。
構造が想像以上。堂々と妄想めぐらす
次の一手、どこから手をつけたらいいのか、
分からなくなるほどの環境音の狂おしさすらも、
堂々と吐く、鼓動の痛みすらも。
やめてくんない?グッナイ 素直にびびってくれるから楽しい。
あのシータ、このサインコサインタンジェント。
ケインコスギとうざいん?そのガールフレンド。
まさに見せつけてくれるじゃねーか。
着せ替えガールに似せてくれるじゃねーか。
俺様に乳首の落書きしやがった。
で、ワンパンマンダッシュで首位奪取。
奪い取る 奴インザハウス。
青森山田のサッカーだ。
カサブランカな逆さブランクだ。
儲かりまっか?顔がまっかっかなマッカーサーがいるなんて
まさかー!といってるマンに一つもない、けれど万一起こるかもしれない
そんな出来事 超偶然に遭遇、航空写真、この痛みと共に咲きほこれ。
無駄なら続いてけ。痛みは狂おしいけど、
クズを通したいけど、筋を通したいけど、
近づきたいけど、気がしたんだけど、
俺はどうやらここまでのようだぜ?
そうだぜ、俺たちはまいっちんぐ町子、
カウンターで入るボディブロー
でもかかし、腰をフロウさせ不老不死のパワーを手に入れて、
銭手に入れて、少しバッカ余興を楽しむとしますか。
だってそうでもしないと とてもじゃないけど、
僕は僕をやってらんないんだよ!OH!
至福の時間をときめかす。うざったい声に耳貸さない。
ロビンソン・クルーソー 狂おしいほど来るぞー!
だから油売ってんだ。バナナのたたき売りだベイビー?
景品は異常。史上初の面白さがドリーマー。
食い潰す破壊力の塊だ。
だってそれだけじゃ生きてる意味がないじゃない。
俺は全てベストな選択を選んできたはずだ。
命の洗濯を、衣服の洗濯を。
喧々諤々、そして見学させてください、
ひっくり返すほどびっくりさせるほど
買い食らう 思いっきりくらう
その一筋の光につたう。
食らうエネルギー。とかくフォトグラフィー。
その日暮らしの木枯らしの唐辛子。
それでも負けない俺のスピリット、デメリット。
本当は期待なんざしていない。
花の時間を無駄にするわけにゃいかない。
風邪はひかない。と強く決めてたんだ。君と出会うまでは。
染みに気づくまでは。自動ドア、ぶっ壊すほどエネルギッシュ。
たまらなく固まらなく 定まらなくなっていくさだまさし
まさに芸当 真上に投げるブーメラン
でもひっくり返す。くっきり踵を返す。
その行動パターンは読めるぜ。読める!読めるぞラピュタの文字
吐く佐賀の問答無用、混同するの?
金剛の輝く 騒ぐ 固まる 逆立ち
カカロット スロット トッポのことよ
ジャストライト ヒーイズソーストロング 私分かってるから。
あなたがあなたになりたいことも知っている。
止まらないのさ。終わらないんだ。困らないけど染まらないんだ。
だから告げたい命の呼び声。ふざけた気持ちにゃ裏がある。
くらくらしちゃう。ふらふらでムラムラ。記憶が地獄に通過点。
すう発展場の空気。ぐうかわいいアイドル、
再度とる、自分のものにする、新しい女の子ゲットだぜ!
もえっこもんすたぁ モーセの十戒
ジェットコースター ボス がどーしたー?
侍ジャパン、侍が、今のジャパンを見たらどう思う?
少なくとも、忍びつつ、俺、こう思う。
ムリムリムリ!ムリムリムリ!
不利な戦いに潜り込む。エイトビートでクラッシュされてくれるわ。
ただ立ち尽くす僕の弱さと青さが日々を駆け抜けるけど、
そこに鼓動は確かにあるけれど。優しさを何度でも伝えてくれるから。
図り知れなさ、無駄に思ってしまってもいいんですか。
しまってしまっても縞々キャット。がっつくサッと逃げ出す
危険だすやん バスでぶっ飛ばす快感を置いてけぼりにしながら、 
けっぽり、ダンスしながら走っていく僕のガイダンス。
祭壇にダッシュする。倍ガンになりやすい食べ物食べて流浪に定期健診
ガンガン鳴り響くミュージックはまるで、ヘビーローテーション。
けむてえそのローテーションだ。ローションだ。朝ションだ。
ションション パーティ ジョジョの愉快な奇妙ではない物語
ジョジョの微妙な物語?処女の奇妙な夢物語、
くれ語り草、 周り臭い、でも止まらない俺の韻への欲求。
それはごくごく飲む清涼飲料水のようだ。
軽量深呼吸のままだ。
カサブランカ、かさばらんか?逆さなんか?
どっちでもなんだって 噛んだっていいじゃないか。
止まらない留まらない 楽しさの追求。
俺は音を最大限に表現するからね。

(17:09)
▲オーケー。ダンスチューンは出来上がってるみたいだな。
まるで僕だけがひどく浮いているみたいだな。
このままじゃ俺はただの死体かな。
見せてあげたいんだ、次の時代がさ。
どうあがこうが君の構図次第さ。
そんな器用な貧乏心が痛いや。
期待はしたいが 見たいから未来を。
近い将来 広大な壮大な物語に天変地異的遭遇
特有のりりしさ持つ猫の結構せこい性格に
計画捻じ曲げられ明察断られ
そこらにはねえ 才能フルに発揮
パッキパキに割れた腹筋 彼女のお腹はムッチンムッチン
先生と呼ばれてなお 壊れてハロー
正しさなんて知らないが、俺と一緒にこの運命線を切らないか。
お寿司は決して散らさないが その歩調決して乱さないか
意味を捨てて、君をいてて、
血みどろ どろどろな三角関係
万策尽きるタイプ ダイブしてパイプオルガン弾いてるレベル
だけど君は俺を責める メルヘンチックに鳴らしとけベル
サンドバッグ 俺のバッグにバックバクの心臓突っ込んで
ついでに崖に車突っ込んで もちろん大事故
祭儀後の会議ごとに分けられた懸けられたのは生死
ケーキを食べて、景気よく刑期を伸ばす。
だから今すぐお前をぶっ飛ばす。
バスバスガスバクハツ ダースベイダー
今すぐその才能を出すべきだー
的なこと考えてる途中 虚空で突如始まる
足りて足りる まりまる マリル
かりかりするな。ここにお前は来るな。
余計なことをするな。誰にも媚を売るな。
クズな弟はスルガモンキー まるでくるくるが迷っているようで
マヨラーがハローだー
されど 過労だ 俺はもうこれ以上歩けない
そんな気持ちは解せない 責めないから蹴れない
交渉決裂 君との決別
切実な思い、結実すればいいね。ここで使っていいのはこの生地ね。
記事を見ると凄まじい。だからこそとっても羨ましい。
だけど浅ましい そんなこころにましまろセーター
ぜったーい 俺のことが好きだ おい無視か?
何年ぶりだ、そこらに置いてる普通の栗か。
そんなお前に頼むのはきっと無理だ。繰り返すだけ無駄だ。
クララが立った、デュラララ見た、うららかな午後。
トトロはすでにトロトロ もろもろ すべてころころ転がしたい
死体を見たから時代次第で嫌いな世界自体ぶっ壊したい
クラッシュ炎上 戦場で銃を置く気分
泣いてる自分 どっかにいっちゃいそうな気分
多分差分を気にしてうまくいかない 暗くならない
うらうら 四苦八苦 踊る戻るほどける転げまわる
遠くに回る 遠回り近道 シカに満ち満ちた道を歩く俺はソルジャー
肩が凝るんじゃー オーレンジャーカーレンジャー
オレンジチョコパイ ケーキのようなクリスマス
サンタが来るか耳澄ます すみません 売りません
飛び出しません マセンコウ!ありがとう!
幸が薄い ついに気が狂い 売る胃と伊藤、木村カエラ
そして帰れ 帰ってくれウルトラマン
ウルトラ 寅年 トラドラ くしえだみのり
みのりある一年でした あいつはすでに消した
だけど驚かせるのはやめるべきだ ベッキーだ
心のカギだずっとクソガキだ
だが俺はウソが嫌いだ そんな俺たちの未来が
地雷がいっぱいあるようで。壊されるミュージック、混合 統合
尊厳を根源的に持っている、思っている、待っている。
勝っている、去っている。くすくす笑っている。、
シーケンラプラプ てめえのくしゃみ、クサビのパス
適当イズナンバーワン 捨てられた子犬と見る
コイルが人気二位になっちゃう 勝っちゃう 舞っちゃう
ちゃうちゃうちゃうんちゃう?困った時のBダッシュ
だけど金色のガッシュ ガッツで乗り切るダースベイダー
だけど頭から離れない 別れない あなたのことを愛しているから
そんなここにいるイルカだ 脳細胞から解放されて、
邂逅みた瞬間最高な気分に胎動。
今こそ全てを見せる時。
かわいい女を口説き、新宿界隈をうろつき、
そんな俺たちはいわゆるゴロツキ、
俺と会ってしまったのが運の尽き。
月並みの言葉 小学生並みの感想
あなたに言うよ。これからもずっと一緒だよね?
はよ寝ろ その文化 うんたんうんたん
ダンスチューンは厳かに そして轟かし
驚かし ただ言葉なし
リンゴより梨でしょう そんなあなたはもう洋ナシ
裏切ったんじゃない。見限ったんだよ。
誓いは崩れたんだよ。鈴をくれたんだよ。
ウレタンの少し重厚な香り 風の便り
もっと運びたくて過疎り続ける飽和社会
タコに 合わせる顔がねえ 昨今に 葛根湯
だから倍にマイナス 仕方ないざます
▲ざまあみろ ざまあねえぜ 北斗さまああ
ワンパンマン アンパンマン 乾パンマン
さかなくんちゃんさんちゃん
無駄に思える全て、全ても
その思いをくべてよ
いくら売れても 肌がこすれても血が出ても
なお尽くす力、その強い意地から、
楽しさ北斗七星 即飛ばすみじけえ
生涯を歩く。軽く丸く収める。
遥か時の流れを越えて、
背を向けて走り出した。
手を合わせて願い始めた。
初めは緊張してましたが、今はもっと緊張してます
そんなあなたにキンチョール 洗剤混ぜて飲むとスク水の味がすることに気づきました
静かに密封 切符はジップファイルで 倍になる。
サバイバルになる。束になってかかってもバタバタ倒れていきそうな気分
自分は結構勝ってる多分 いつかいっちゃうヘブン
飛び出した彩の形 今すぐこの世界で逆立ち
楽しくない アロハシャツ着たくない
どんな傷だってそんなに痛くない
そんな姿は正直言って、見たくない
暗いフィールド ムラムラワールド
あのお金持ちの家のツボをわーると
今すぐ壊れる俺のシールド
明らかに韻意識してる 美意識高い
堅い 片っ端から ららら、パシるぞてめえ
ばしばしたたくぞきめえ
だが俺は本当の意味でジメジメ
体中が高鳴る魚十二分に食べまくる
575で流れる 意味を考えたとたん泥沼にはまる
ドロヌーバだ。コロンボだ。クロンボだ。
玉なし種無し 風とみなし、
近づくリズムは575 更に337 いや334
だから培うメロディがある
食べるセロリ ケロリとした健康状態
閃光物体 くだんない 戻り戻る
出来事、咳止め、景気の悪化に歯止め。
かける程度の笑顔ふりまき 人々を片っ端から根こそぎ幸せにしてく
皺と汗にまみれてる。そしてマミってる。
少しは知識だってカジってる。
踊るファンタジーを願ってる。
そんな気がしてる。身が入っているから。
私も女だから。こんな日々には飽き飽きなんで、
その場所に幸アリ カリカリすんなってバリバリ行けちゃう方っしょ?
買い去り 店は誰もいなくて
今すぐ服は着なくて 裸のまま
生まれた姿のまま このままくだらないままでいい
だからママ 僕を叱らないでよ。
嫌わないでよ。
近づかないでよ
自惚れないでよ。落ち込まないでよ。
だから背中でもかいてよう。
庭にはお花が咲いてるよう。
そんなのひどすぎるよう。
やめたげてよう。
たまに 殻に空になった心 ちょっとコロコロと転がしたがる
色んなもの見たがる いらいらしたがる
ちょっと怒りっぽい雰囲気 そして逃げるからクリンチ
だけどこの後こない?ウチンチ ウンチウンチのファンタジスタ
こじらせたらとまんない
あなたの訳わかんない気持ちもさわれんない
食べない 変えない 騒げない驚かす
子供もカスと化す 金を貸す 授けるバスでぶっ飛ばす
影響力 成功力
滅殺できる可能性と、
ゲーム感覚のテトリスと、積みあがってくエゴイスト。
海で眠った、テロリスト。話すときは見る目をいつも。
いつも何度でも しつこく何度でも。
それが例え獲物のいないハントでも。
探し続ける希望や幸せなんてのは、
脂肪やその場繋ぎのきらいだぜ。
そういうきらいがあるよね。
キウイもあるの?キウイはキライ。
酸っぱいから。あの子はチョコレートが嫌いなの。
だけどそれが僕たちの未来なの。
それを言ってしまうことは地雷なの。
そんなこと、そんな常識をあなたは知らないの?
歌声、先取り、マジ怒り、ドリドリドリル、
伝わるんなら怖くはない。
今この瞬間何かを奪いたい。
うがいもしたい。 何がなんだか分からない。
マイアンサーナンバーワン。快感のワンダーランド。
階段をあがんなら、そう今じゃない。今はアンバランス。
そんなリリック書いてる朝昼夜
笹食い掘る土 パンダの日常
そんな奴にあったんだ。
だけど俺は常に勝ったんだ。
勝ち抜いたんだ。
だんだん楽しくなってくる。
運び屋、仕事のいつまでも。
必要なんで、もうやめることにしちゃったレベル。
エベレストのぼっちゃうレベル。セレブリティ溢れちゃう。
何かが来る。来る。狂ってくる。
般若、ジブラ、クレバー、リップスライム、ケツメイシ、
俺が狂ったのは奴らのせいさ。
千差万別 俺はすでに冠絶 君には伝わらないだろうが、
僕の舌は結構毒舌 そして味は格別 道は紆余曲折
定期的に思い違い、親子水入らず。
地図いらずな俺の方向感覚
だけど人生は迷ってばっか
まるでヘンゼルとグレーテルの迷い込んだ世界
こんな自由を奪うような夢のない夢なら見たくない。いらない、いらない!
嫌わない?踊れるファンタジー 記憶するエクスタシー
動物が歩いてる。丸い人々が笑ってる。
笑ってる人々がすぐそばに見える。
消える 傷は癒える 今はそうはっきり言える
シエルブルー 茂る森 密接な関係
探偵も鑑定団 算定されるのは暫定一位の
ちびちびいくタイプのダイブの細工をしたパイプ
それを使ってマジックショーする僕はマジシャン
マジなんだ 種も仕掛けもないけれど
夢も希望もないけれど
最高のバレーとバラード
うららかな一日 デュラララの世界観
なぜせめてこない宇宙人 僕らの空中に
絶対的な自信を持つ地震の登場
知人も結構詩人で結構 別居していく
こけこっこーされていく 枯れていく木々
触られていく体 敏感に悲鳴をあげるこの痛覚
くる核に もっと爆弾を背負った自爆テロ
その胸のナイフはしまってろ
しまってしまった しまった!
決まった。完全にラリった。
入ったら始まる ざっけんなよお??
さげんな ディフェンスライン 危険なサイン
ミュージック彩るように美しく。キロメートル走り出すほど
歴史は潔く。キサキの調子も全然良くて、
ライムパクリ、フロウパクリ、ステージのふるまいも全部パクリ、
そんな君の頭蓋骨をぱくり 食べちゃう俺こそ感じちゃう
漢字がちゃう ちゃうちゃうちゃうんちゃう?
もうちょっと笑ってもええんちゃう?お前らに明日はないんちゃう?
それとも泣いちゃう?汗かいちゃう?汗だらけのままキスしちゃう?
シスターコンプレックス キックスベース 黙って俺のライムを聞け
そんな奴は皆無??でも踊る俺はスーパーリッチライフ
ラブリープレパラート 売れバラードで
くれくれ親父 まるで乞食行為 同意するしかない工事現場
千円だ 決戦だ 上場改良戦線だ
全然だめだめだ つるかめざん かめかめさん
適当な言葉にとりあえず意味をつけてみる
漬物でもつけてみる
あの頃の傷がうずいてくる
むずむずしてくる
もっと欲しい。ラビリンス、ホシの心
あのホシですら持てなかった心の言葉
外はすでに快晴
春眠暁を覚えず
いつになってもルールを覚えず
あの人の悪行をいまだに許せず
大好きなのはそういう美味しいスルメっす
グルメに目がない 骸骨にも目がない
ブルック骨ジョーク ショックだぜ コークプリーズ
Aコープで お角が知れる じれる魂
浅ましい 考え そんな歪な構造すらどうこうしてやろうと
今行動。そうこうしている合間に
胸の谷間に踊りだす 心 胸躍る ない胸のもやもやはさっき飲んだ
コーラのせいかしら。ねえれをる。
そんな大きな夢を背負う。その辺の不安は軽く蹴ろう。
蹴っ飛ばそう。屁を飛ばそう
そして酒池肉林のシャングリラに誘う
ハチたちは考えるあいつを集団で刺そう
どこで何やってんだ 宇宙人。
早く侵略しに来てよ。
見てよこのケロロ軍曹 立派な密封された切符
ずんどこ節 不死鳥ひのとり いわゆる鳳凰
皇后と総合力で勝負 甲府の寒さに負けない
勝てないけれど負けない戦い 終わらない諍い
潔いかい 未来かい この世界に存在するいくつもの矛盾点
矛盾らの仮面知ってる俺ははっくしゅん
あまりにもクシャミうらみ つらみ
俺は知ってる。この世界は作られていることに、気づいてる。
本物は限られるその数少ない本物が俺ってわけだ
かっけーんだ この世界 今朝いたのは袈裟固め
せっかく作ってやったのによお。失礼なことこの上ねーぜ。
残酷な天使のテーゼ。三国史にも残る程度の
監獄に、大根一個、サイコロも2個。
つまらない?くだらない?
そんな気持ちは解せない?そうなれるとは限らない?
でもって最後って最後って細胞。
再度来るきたる日々 近く見えるこの宇宙船
空中戦も辞さない構え 泣かせたまえ
情けねえなあ。手長猿ですら手が届かない。
喉から手が出るほど欲しいものなのに。
あろはシャツに彩の香り。
しこりとれない きっかり9時に眠りたい
そのために酒池肉林 くりくりくりんぷ
だから俺いつだって騒いでんだ 乾いてんだ
笑いてえんだ。腹いてえくらい。
クライシス エンドレス しくしくです ドエスです
ミュージックはフルコースです楽しいね タコがいるらしいね
おかしいね なんだかとっても追っても追っても
凝ってろ肩こってろ もっとモテろ
とれろ みとれろ きっとれろれろ
メロメロパワーで進むのだ!呟くその苦労だ。
ソーダ飲みながらコーラも一緒に飲む。
トム・クルーズのニコ生クルーズ
あいつとこいつはもちろんグルっす。
この丸い世界をぐるぐるっす。
グルージャの瞳、大切なきっと兄さん。
助けてくれると信じているよ、切るよ、今すぐ散るよ。
えらい子きく子。話をよくきく子。
見つかったら終わり 困りますねえ
終わりますか?それにしても押野扇ちゃんかわいいなあ
奥義使って自分の物にしたい 小物のままで追われるわけもねえ
風をヘベレケダウン つまり吹かせ くだらねえこと言ってねえで
さっさと歌えよビリーバー。分からねえんだよ意味ーがー。
つまらねえこと言いに来たのか?
それとも心残りを気にしてみたのか?
そこらへんの闇として散ったのか。
いかんのか!いかんのか!
伺か!うかがか!うかがか!
何かがおかしい。お菓子がおいしい。
恋しい夏の季節そしてなぜか痛む俺の喉。
のど越しなま、のど飴のまま。
このままくだらないままでいいい。
だからママ僕を叱らないでよ。
嫌わないでよ。
知らせないでよ。
痴話げんかしないでよ。
ウチワを巡って内輪もめ。
もめもめ その胸 だけどペッタンコ
そんなモチすらペッタンコ
潰れてトムとジェリーみたくペッタンコ
ゲッダンしたら切断されるかもしれない
ハムかもしれない 勝つかもしれない
カモシレナイお化け出てきても 競ってきても
じらされても ジローラモ
知ろう、師匠の未踏の領域。
掃除機でワイキキ清掃。
もちろん服装は正装で。メンソーレ。
検討しながら健闘を祈る。地の利において、ノリノリ 乗るパシフィックワールド
風がにっくたらしい午後は、統合された膀胱に、超堂々巡りの夜。
肩が凝る。その案に乗る。取るソルムーンなゴルバチョフ。
神様はいないけど宇宙人はいるよ。僕は信じてる。
禁じてるそのメロディ セロリを食べた時みたいなハーモニー
ハーモニカを吹いて、机をふいて、
過去をちょっとだけ悔いて、いいなあこの店はいい感じにすいてて。
食いてえうまそうな料理 高貴な歪な動機も掃除機で掃除工事
冬至の季節は冷える だけど見える 消える瞬間
寸断されたミラクル グルグル回る ちんくる
くる。何かが来る。だから知恵を売る。
茂る森、消える形、そればかりに注目。
食う得のある体、だから馬鹿な人は飾らない。
でもそれでいいんだ。じゃなきゃ世間もシーンだ。
これが最高のシーンなんだ。カンタロウ、冬を告げるメロディ、
ケロリとした顔でメロリンセロリ。テロに警戒でも
正直もう疲れちまった。汚れちまった。
しまった!窓はすでに閉まった。決まった。
血祭にあげる しかめっ面を見せる
着せる服 ムックが雪男であるように、
つか白い雪の中赤って、目立ちすぎだろ
僕モッコモコ僕もさながらムック バンドじゃない方
ハンドあいてる 空席乾いてる
咲いてる皆無な素敵な無敵フィールド、
シールド張って、栄光を食べて、蛍光灯に感謝。
サンシャイン眩しくて、でもどこか寂しくて、
僕は丸い世界で悪い人間退治する。カイジのようにざわざわしない。
さわさわもしない。カラカラの喉に水分を数滴。
数的優位にたってなお。なお、この先は戻ることができない模様。
雇用の問題をとってこようか 徒労に終わるだけだと分かっていても、
変わっていても、さわっていても、
見てもっと。知ってもっと。
キットカット。ちっとだけチャット。
散髪屋で髪をカット。がっとがっつく ばくつく心臓
爆弾 柔道三段 階段で転げ落ちる。
峠に日が落ちる。俺もまた恋に落ちる。
ビルの屋上から飛び降りる。死にたい訳じゃない。
背中の翼で飛べると信じてる。禁じてる。
じんじんしてる。傷が痛む。
きたる日に向けて、自宅待機。帰宅して北区の病院へ。
更新していくホームページ、防菌するキンチョール。
すると僕はもちろん緊張する。
るるる るるる 歌を歌う
黄泉へくだる。あの人の肩にすがる。
だから僕は肛門も詰まる。脳細胞につたう。
今日最高のいいことは、CGとっことこ
歩いていくミギー。分からないぜ意味ー。
まさに君の格好は地味ー。とれない床のシミー。
その伸ばし棒意味あんの。鼻の下ものばし。
目をこらし、海の中でおぼれないようにもがき、
コカインと巻きで入る、マツコデラックス
カメックスもハイドロポンプ、ソングライティン、
していく文句大臣。だけどケセラセラ
君のセーラー服、けらけら笑う子供たち。
どこもかしこも踊ろう踊ろう。
ソロモンの描いた地図。チーズを食べながら、カセットの歌で
少し泣かせながら。欠かせないのは、野菜の栄養
ゆえに月光迎香成功への扉を軽装で抵抗。
めっちゃ てっちゃんかっこええやん
サーバントサービスのルーシーかわいいな。
胸が大きいしね。そんなスケベは今すぐ死ね?
でもきれいねこの夜景。家系図にも書かれてない猛り狂う海にも負けない。
勝てないけど負けない。さげないけど果てしない。
いないいないバア 僕のメガネがいないいないバア、
高い高いしてくれた婆ちゃんが他界他界。
もうこの世にいないいないババア
ところで こぞって
そこらへんで ここら変やで
メンソーレ、 テンツクテン、
連想で歌い始める。くだらないことも始める。
たしなめるように 歌い上げる。
くだらない、才能を呪って ノロウイルスにかかって
ぶいぶいいわせたる。嫌わせられる。
忘れられる?数えられる?
すぐに負ける。だからこそ命を懸ける。
人ごみはなるべく避ける。さけるチーズは食べるけれど、
せっけーぞてめえ。でれでれと漏れるエロ心
けろけろけろっぴ せろせろせろはんてーぴ
テーピングもグッド 意味のなさがぐーっと
ムードもぶっ潰れ、三日前?四日前?セミの声、ごっちゃまぜ。
わかんない。変わんないメロディ。さわんないでよ!
ドンタッチミー 意見の合致に
ハイテンション 謙遜してるけどピンポンダッシュ
セグウェイ乗り回す僕のノーウェイな人生
金星で待つのは飛び跳ねる連想力、
そして喧噪の闇から抜ければ、
これが高値で売れれば、あるいは何かをくれれば。
レバーを引いてレバーを食べる。
賭ける命は337拍子、
驚かし、戻るお菓子におかしいね、おかしいね、って
互いに罵り合っています。
カプチーノをカップカプ。カプさんも多分さぶい
軽井沢少しだけ丸いアンディサワー
越えて肥えて太ったおでぶちゃんが食べるおでん
田楽マンのかわいさ チョッパーもかわいい
おしの扇と結婚したい あるいは決闘したいか
窃盗したいのか あの子の心を盗みたいのか
布で包みたいのか くるみたいのか
くるみでも食べたいのか ミルクを飲んで元気一本
柔道で背負い投げで一本 そんな日出る国ここはニッポン
月とすっぽん響くコール ゴールに向かって
吸収されていくボール ドールもびっくり
九州男児も吃驚 びっくりくりくり くりっくりー
次の時代切り開く 染みわたるこのメッセージ
ソーセージ食べながら 次のウインナー 誰がウィナー
ライムもフロウもぱくりばっかで やんなっちゃうそんな夢をぱくり
食べる食べるバクみたく夢を食べる
変える変えるそんな世の中を変える
さげるディフェンスライン かげる日の趣
遠くを向き ムキになってキムチレッド
だけどポケモンのレッドは強すぎる
あなたは輝きすぎる すぎるの実況面白すぎる
喉が痛いのでのど飴ぺろぺろ れろれろ けろけろけろっぴ
メロメロになったら始まり始まり
冬につき手足の先がかじかみかじかむ
医者ももうサジなげた サイは投げられた
動物園でサイを見つけなさい 線をひいちゃいけませんよ
健闘よろしく 閃光物体 点呼よく テンポよく
建造物 先祖の遺物 傷物自分フォトグラフィー
もっとポルノグラフィティ ポルノ映画
景気がよくない ビタミンCの取りすぎにより死亡
ただし自暴自棄的僕の恋愛 語彙も頭の回転も悪い
悪いがここはいかせてもらう その歌声を聞かせてもらう
しかめっ面のまま評価をくだされる
お腹をくだされる 皇后さま
統合されちゃったら仕方ないね
味方もいないね 力ずくで奪い取る うざいドール
言葉の意味、考えた瞬間暗闇になった
グローブでつかみ取ったトロフィー
君たちのなし崩し エイトビートに打つ手なし
くつ底ずれているし むつかしいこと考えたくないし
考えて、エロス、メロス、テラスで照らす太陽の光
きっかり3時 おやつの時間 おつやの時間
もつなべの時間 なべを根に持ついざやさん
いざやってしまおう 嫌おう 誓おう永遠の愛
ただし 馬鹿ばっかし カバに馬鹿にされ
どっちがカバちゃん かばやきさん10円おいしいから大人買い
大人がいい 子供はやだ やさぐれた 傘
サッカーしてたんだ そして探してたんだ
辛子いれてたんだ 唐辛子のような愛なんだ
誰にも真似できないレベルで 風を巻き起こせ
勝ちを戻せ 愛を取り戻せ 取り戻せ恋の歌
君のため息なんか春風に変えてやる
冴えている脳みそ 基礎がなってないと
スライムナイト ダークナイト
英語でしゃべらないと サイトを見て勉強しないと
だけど僕は閉じ込められていた。
こじこじこじつけられていた。
だからたまに思うんだ。 遠くにいればいいと滞るんだ。
凍るんだ。もう寒くてかじかむ手と手をしっかり握って
汗ばむベッドで 虚ろな夢を見ていくの
北の土地目指し メザシを食べて 兆しを待ち続ける
買い続けるあの会社の株 バブーと生まれてくるガキ
連鎖反応検査してく便器さ
そんな心はいまだ健在
現在の洗剤の潜在意識
免罪になって万歳 関西人も爆笑
確証のない根拠のない思い
トキオの時を、こきおろすように
飛び降りるように 首が閉まるように。
決まるように、今を張るように。
焦がすように、賭博に負けるように。
避けるようにして、曲げる根性、
影が落ちる。そっちに散る。
チルチルディフェンス、危険っすこの感情。
壇上に上がってただいま俺が参上
感情抜きにして満場一致で不平不満の大合唱
滑走路はすでに爆走しそう 錯綜する連想力
喧噪では戦争すら合法 ギリギリ非合法
そんな素晴らしい思考法 生み出す俺の理想通りの展開
旋回していく見解の出せない物体
うがいを するがいい スルガモンキー
狂ってるトンチッキー こんちわ
このトンチはあんま面白くナインティナイン
そのサイン見逃さない ばいーんってなりたいんです姉さん。
計算に入れてなかったその縮図。
狂う図々しさ、するするっと抜けていくと次の段階
感慨深い味。火事になってもマジサジ投げたくない。
そこに未来を賭けたくない。命を預けたくない。
自宅内で待機。しかし巻き起こる怪奇現象
最近 バイキンっていうか細菌がハイにキンッキンに冷えてるかー?(笑)
見えてるか、君にもその景色。
面識なかった俺たちもこれ絶ち、幸薄き未来を強引にねじ伏せるのは
俺の運命を引き寄せる力。まるでブラックホール
凍る大地も最長の大地も 違い違い ディスられてもへこまない
けど分からない 変わらない 下がらないディフェンスライン
危険つむプレイ つんだつんだ 理想の世界だ
決壊したダムだ ダムダムシティだ、
驚かせて結局は?積極的 明徳義塾。
軽率な態度が米国を激震。
景気しんしんと落ちつつ、
咲き乱れる千本桜、計算外だ。
閃光物体 健康な舞台。
洗顔するおたまじゃくし、
見参する今こそは 暇泥棒は。
しまった 決まった 決まってしまった志望校
そして死亡理由を教えてください
人生に飽きた時 すべてに絶望したとき
かすかな切望は願いだす。 狙いだすゴール。
緻密な ちびっつ ミリオンファイター
傷を負うスタイル くたびれた未来図
ミンミンゼミ、キンキンに冷えたシャンパン。
ガンガンいこうぜ 週刊少年ガンガン
漫談もこのくらいにして、散々な現状をターザンが
ひっくり返す。びっくりし返す。
リアクション芸 ハクション贅肉
まくしたてる 意味を捨てることで語感の鋭さ
増していく 隠していく 狂おしさがエンドレス、
健闘です。戦闘の時間です。
僕のもはや語録になっちゃう泥臭くゴール奪っちゃう
くだっちゃう神判 チンパンジーのごとく 心眼を発揮
活気づくレベルアッパー アッパーパンチがアゴにヒット?
びびっと来てるから、じっとしてられない
風が陰らない影響力生協の盛況
提供はもちろん抵抗のない正攻法で成功する瞑想ジャパン。
戦争、伝統を壊す連動。剣道の達人は見る。
ちびるほど 怖い 終わりを求めて彷徨うSクラスモンスター
クラスメートは宇宙人。だけど地底人、夢や想像の世界は全て実在すると
言い切れる。今ならキリギリス。そして俺はすでにギリギリっす。
散り散りっす。ミリオネア、キリまくれ。
散りまくれ。死にまくれ。まくれない痛み、来た意味がなくなる。
炸裂する爆裂兼、格別の痛みは昨日のようで。
死のうと思ったのは明日の午後で。午後の紅茶でいっぱいやりながら、
盛りのついたマサカリかついで 金太郎はジンジンだろ
傷がジンジン イソジン?キャベジン?宇宙人?
夢中で浮かぶ空中に、宇宙にエゴイズム感じながら
繰り返すエコリズム。マイバッグ?エコだよそれは!
せこいんだよこれは!これ、あれ、それ、どれ、
漏れ漏れな放射能、オレオレ詐欺に対抗。
かぎつきかっこで申し訳なさそうに。
そう訳はないけれど。目標とする壁は高いけれど。
照れとる。目で捉える。
こらえる。答える。もだえる。
旅立ちの時を祝う。先立ちの不孝をお救いください。
無茶苦茶、ガムくっちゃくっちゃ、
旅立つ、先立つ。まき散らす。かき乱す。
その乱気流、抜けるとラピュタ、ハブだ!
かぷかぷだ。 大きな株だね。
食べかすがね。いっぱい一杯だね。
緻密なオレイズム天気予報。
千九百九十年代
俺は青春を過ごし、迎春を迎え、
落ちていくようだ。閉じられていくようだ。
もだえ苦しんでいくようだ。
何もない世界を望んだかのように。
たまに来る痛みも、
旅立つ明日の炎も、
衣となって温まった。トゥモロー叫びつつ、
カセットで聞きつつ つっつうらうら、
クラクラしちゃう。スラスラかけちゃう。
ムラムラしちゃう。つれづれ草に祈りを込めちゃう。
だから迸る汗 風となり舞うわ
千の風になって。牽制の構えをとって。
僕はなぜ勝利にこだわっているの。
敗北は許せないのか。
その引導は渡せないのか。
からかえないのか。逆らえないのか。
体が反発する。まるで磁石のように、
人はくっついたり離れたり?
場慣れしたり飾れなくなったり
狩ったり負けたり 雑用したり かつ丼食ったり
売ったり ゴマ吸ったり 
叩いたりあがいたりしてく。
着てくる ちょっと濃い目のブーツ?
基本が色んなもので満たされ、
見出され、血まみれ、だけど笑顔は?ライクアメリー!
グラマーなプログラマー グラフィックも愉快きれいで ひれひれ
ビリをつきすすむ曰く僕さー。ボクサーなんだー。
構わねえ タカラはねえ タカラトミーと映し出す怪奇現象
最近リズムが絶不調 そういう場合のケースでしょう
壊しそう とは思いたくなさそう
凍りまくりそう 腕をまくりたい
勝ちまくりたい 勝って勝って勝ちまくって最終的につかむ優勝トロフィー
間違いなく輝く日が来るし 何かが漆で塗られて
苦しい思いをするくらいなら CRYするくらいの泣きっ面にハチ
ミナシゴハッチ ハッチを開けたら黄金の山。
逆さに見たゴルゴンのビートクルッセイダーズ
うるっせーんだー 難しい?狂おしいほど、
踊りだしたいほど、こぼれだす笑顔。
世界を掴みたい。恨みたい。くらませたい。
目がくらむほどの宝石の山と、
うろ覚えするパニックショー。
ドラゴンアッシュのオラオラ盆踊り
金色のガッシュもザケル 放つヤバイ感じで動かされる。
くどいほどミラクル、ハッピーターンよりも
パンピー版 海賊版ミュージック
ジップファイルが踊りだすぜ。
くるくる回って回り込むぜ。
傘割り出すぜ。嵩張りだすぜ。
うろたえるな 黒い炎にそれいじょう耐えるな
逃げ出せ ランアウェイ レミングスだって大脱走
不平不満の大合唱 合掌して南無唱えるしかねえ
鬼畜の極み?南無阿弥陀仏。
ぶつぞう どうぞう ぶん殴って
くんくんすんなって
むっふん だめよ だめだめだよ
サメザメ泣いているよ
輝く星に祈っているよ
力強く戦っているよ申し訳なさそうに争っているよ
漂う。血で血を洗う戦い。
春風は君をさらう。さがるディフェンスライン
遅延行為でバインバインの胸、
そんなことより私のこのない胸の
モヤモヤはさっき飲んだコーラのせいかしら。
体中がのたうち回ってる。
けがを拒まない生き方で、
効き方も異次元な薬を飲みクスリとも笑わない体に。
人間は顔じゃないぞと言おうとしてお前の顔は人間じゃないぞと
言ってしまうような
やってしまうような
がっついてしまうような
最悪 アイアムらいらい 快活クラブ
改札で通って 何度も何度も繰り返すようにぶり返す。
俺は虚無に帰る時世界を変える
俺は伝説になるんだ。献血はしねーんだ。
僕のせいです。いや僕が言い過ぎたんです。
杉田が面白すぎたんです。
神の落書きだ。しかしその味は格別だ。
サクセスの秘密を知りたいなら炸裂するこのパンチラ、
いやパンチラインを受けてみな。
受けて来た。乱れ蕎麦。
風紀の乱れに 効かねえブレーキ
気になるのは商品の売れ行き
いつの間にか太陽も暮れ行き
ふれ雪 こんこん よごれつちまった悲しみに
今日も雪が降り注ぐ まるでロシアの冷戦時代のようだ
妖怪になんか用かい 爽快な気分はどうだい
東大目指してエリート一直線、
ただし黒船きたる ペリーによる開国要求
高級なレストラン?ベスト盤。
ゲストは?アンチセツコ SAYホタルなんですぐ死んでしまうん・・?
山口ホタルの過大評価 今日の課題はホテルで火照る体の対処法
最初の方でヒントはあった。ピントも合った。
そろそろ出かけようか。オリジナルに暮らす旅へ。
元々あったユーモアのセンスにライムが加わって、
文章は更に訳の分からない方向へ
時代の最先端向かう 最前線に向かう
ふらつく足 煌めく自信 詩人のようなキザなハートが
猛り狂うように、踊りだすように?
ぶっこむ ぶちこむセンセーショナルアワード
ふざけていると馬鹿にされ血をみると
散ると怖いね 知ると恐ろしいね
縁を切るの?線を見るの?
地図を考えるチーズを食べながら
今日のハンドボールの試合を思い出す。
遠いダースベイダー
クラッシュする炎上スマッシャー
トワイライトに動きまくるわー。
吸収する時期 磁気で狂った羅針盤
情熱の羅針盤はその針、震えて、ぐるっと回って未来をさす!
そのはずが、磁石近づけちゃったからもう動かないもう壊れちゃった。
やった!やった!フィールドワーク、
シームードムーン、
力強く歩けるそうだ。ああだこうだ 言ってるよりは、
切ってる切符の寄りには、
大切な苦しむ侍がいまだ健在。
現在も矛先分からずに、
飛び出す影響力考慮しながら。
切羽詰まった状態、潔白を主張しても同罪。
くるくるぐるぐる回ってく。
から回っていく。
スタイリッシュな俺の動き。
サンシャイン眩しくて、たまらなくて。
定まらなくて、飛び出す声、こええと喚く 冷めるナイーブな心。
ところがところてんを食べるともこもこがコロコロ。
とろとろしてると追いかけられちゃう。文字にして書けちゃう。
避けちゃうチーズだってキレてるチーズだって
見える 知恵熱 きれいすぎ しかめっ面ボーイ
遠い世界からやってきた。待っていたんだ。
最高な究極が出るところ。
ところが俺が願ったのは
ヘキサゴン、轢殺。
さて ところが 俺思い返して後ろ引き返せば
既に未来が嫌いな地雷 ワルサー使いこなす僕は悪さ
曲がったこと嫌い。プラスアルファ。狩るんだ、待つんだ。
ガルーラ。寒くないんだ 軽くもないんだ
寒いからすぐ店に入んだ いわゆる勝利へのサインだ
やってくるのは魔人か?
マジンガーゼットですか?
馬身が、セットされました。
怪人が、滅法強い方で。
ワンパンマン、なぜなぜ大辞典。
無茶苦茶でもいいから笑いたかった?
今からホノルルマラソン出る?
走ってない。
詐欺ってない?
マジでないでしょ。
混じってないでしょ。
少し寄生獣思い出しながら、
遠い日にあくる日を願いながら、
煌めく東京、クソ日本で
ウソの一本 つまりどっちかっていうとサヴァイヴァル。
サーヴァントサービス ターザンとマジック
傷口から漏れる。漏れる放射能。
投射してる方向。 構想を得て更に巨大に、
東大に、誇大広告に、粗大ゴミのプレゼント。
くれセントラルの光。
キラリと光り、ミラクル起こしまくり。
殺しまくり?とろとろしまくり。
少しずつではあるが支配されていく。
近い将来 約束 爆速でタクロウの錯綜。
幕をまくれば 数を数えれば
さぞえれーな 蹴れ設定コンビネーション
トンビと飛びまくるセンセーション
減税免税先制攻撃 する先生に
点滴を浴びせる。寂れる。
旅立たせる。舵をとれ!
マジで呪え。祝ってやる
ファイティングスピリッツ いわば僕にとっての女王様?
操縦苦手で面白くない。
未来が終わっていくのをただ感じながら、
格別の酔いしれる愛に取り戻せるか、
その方向性間違ってはいないか。
ガチで合ってはいないのか。
俺と切断はしないのか。
決断は間違っていないのだ。
少しずつだが俺も成長してきた。
正当の継承者、少しだけ追われる快感。
ともあれ叫びだすビッパー。
チップは今すぐ疾風突き、
キックアンドパンチ、
ホームシック何度も段違い。
そして勘違い。
サン値がカギ。
マジになってる ジンマシンなってる
キラーマジンガなってる 夢かなってる
桃の果実がなってる 争ってる
空っぽのみくるファンタジー それは素晴らしい栄光の力?
成功への身から、飛び出すアホらしさを伝えてくれ。
俺が欲しいのは時間だよ。
俺は無限に時間が欲しいんだ。
やりたいことが沢山あるの。
それを知ることができたなら、どれほどハッピーなのか。
心からコロコロ変わり続ける。
ミステリアスな東京、見繕う。
きつく追う。方法なら必ずある。
場数を踏んでいるからね。
踏み絵を踏むように、くるきたるべき未来に地雷を設置したキライ。
ちらし寿司、未開の地?
死海の地で、見たいのです。
期待するのです。
その本能、壊れるままに愛してくれ。
そして僕の理想を返してくれ。
見てくれだけの僕をみてくれ。
散ってくれ、知ってくれ。
奇形なグレてるブレてる すれてる こすれてる
スレスレ非合法、雷こわいんごおおおおおおお
オグンゴ、ドミンゴ、ンゴンゴダンスの時間だ。
痴漢の時間?視感でみかんを食べて
炎を道にくべて すべて 熟れて 実った果実のように
祭日の高揚感、それはまるで踊りだすように。
戻りだすように、こおりまくる。
まくしたてる次への時代への暗示か、
俺には何も分からない。でもあなたはなんでも分かってる。
分かってるんだ、このままじゃダメなことくらい。
俺は時間が欲しい。
無駄にしたくない。
帰宅しない?痛くしないから!
見たくなるような天気予報 センキューホーホー
そんな方法 朦朧とした意識の中で、
暴走トロッコ アンドロエンドレス 感動が連れてくる次へのメッセージ?
ソーセージ食べる程度には 精度には自信あります
勝ちますゆえ、足りますってゆえ!
髪を結えたわわに実ったその果実?
バルバトス、狩るハートっす。
まざまざと見せつけられて、
ただただ 僕は立ち尽くす
そんな弱さと青さが日々を駆け抜ける。そうさ何度も。
糧となって勝ってくれ
待ってくれ 俺は金はいらないから
時間をくれ。俺に足りないのはそれだけだ。
これだけだって 待て待てだって、
さてはてなんだっけ。思い出すだけでも苦痛なんだって、
記憶してくれたから。
覚えていてくれたから。
戻ることもしない。怒ることもできない。
密室殺人事件 そんなことよりキャベジンの試験官
ジンジン痛むジンマシン?タイムマシーンの完成だ。
かむカムチャッカのガム、青白く甘い夜
肌が青白く、辛いドール あそんどる
過疎っとる 俺はいつまでも きついといわすまで。
飛び込む樹海に影響力はハッピー。
独り占めしたくなる気分は分からないでもない
触らない適当に メシウマな事件の発生?
驚かす 子供たち 怒ろうタチの悪さに
カツアゲ カツドンあげますから
くぎゅうくりくり浜 九十九里浜
だけど僕は未来を影響させていきたいよ
緻密な計画は秘密 しみついた汗と血の匂いが取れない。
無駄に感じる全て、全てにも愛の衣が。
ところが 僕が心が荒んでるのは全部君のせいなんだよって
お前何歳なんだよって 目玉チャーハン食べたんだよって
ちょっと怒りっぽく。氷っぽく 滞りポクポク
ちーん(笑)な阪神タイガース 33-4
まあでもつつがなしや、うろ覚えしたくないや。
帰宅しないとな。未体験ゾーン、死体検査ボーンナイトも
吃驚する勢いでぎっくり腰になって
じっくり掴んでひっくり返すのが俺の役目?
らいらいの脳みそフリースタイルモード
高度なコードで解きほぐす ぐったりしている
ムエタイ このラウンドまでは耐えたい
代えがたい 真似っこゲーム 猿っこ系男子
万死に値するような値千金のオウンゴール
素晴らしい責めてくれ。エイトビートで壊してくれ
永久への階段 祭壇の上でガイダンス鳴り響く。
快感のワンダーランド、監査バンドの ハンドの暖冬な季節。
稚拙な文章、何を言いたいのか、これっぽっちも分からない。
それっポチッとな!犬のポチも泣き叫ぶぜ
マシンも叫ぶ歌うように
ぐったりするように。売ったりずっぽし しちゃうような、
支度したくなっちゃうような、
躁な状態 そんな存在 損な役回り
ヤクはすぐに回り 全身むしばむ
汗ばむ手と手がチェックディスアウト。
ところが後ろ振り返れば、
繰り返せば、浮世の渡世、猛省するしかないのはモーセ。
呆然とする。公然猥褻、解説も必要なくらい、
執拗なほど、聞く方ではないのです。
実用できないから、散りそうな花びらのように。
キャタピラー、動き出す。坂には、道路が高度な割合で、存在。
混在する問題。どんでん返しの夜。
宣言する。尊厳をうたう理解者。
根源の問題はなんなのか。墾田永年私財法だ。
問答無用で、統合不要だ。
不老不死だ。苦労してきたんだ。あの子は風に散ったんだ。
知ったんだ。ようやく分かったんだ。
創作して捜索願だしたんだ。毒殺したんだ。
撲殺したんだ。さんさ踊りを踊ったんだ。
戻ったんだ、元の姿に。浦和に敗北が。
階層が長い。最高な気分は続く。
包む、包むような光。きらりとひかり、
ちらりと見える 消える ル・シエル・ブルー
だからこそ耐えがたい。ええガタイ。
ところがどっこい、後ろ振り返れば
スットコドッコイ、汲み取ろう繰り返せば、
きっと明日にも花は咲くはず。空っぽな殺伐とした
空気すらも充実させていく。終日禁煙?
チンネンですねん。近年好調すぎて、東京は埋もれているよ。
うろたえているよ。苦労を思い知らせているよ。
だから俺は今この瞬間を見るよ。
寸断されたライフライン、それでも耐え抜く俺のスピリットデメリット
ちっとだけ辛いな 暗いな そういう風に嘆く時代なんか、
もう僕らで終わりにしよう。おさがりにしよう。
使用済みファイターズ。ファイヤーシスターズ。
ミスタードーナッツ。ミスターライライの飛び込み営業
生協も盛況 景気よく行きたいもんだ。
色紙大したもんだ!かいもんだ!
買うのは当然高いもんだ!
エンゼルフィッシュ、牽制する全滅。
殲滅作戦見事に大失敗?
いっぱいいっぱいで滞るフランストレーション
フランケンシュタイン。
無駄なんだよおおおお!!
グダグダなんだよ。
愚痴をぐちぐちといいやがって。
もう僕むかつきすぎてクラクラしちゃう。
プラプラしちゃう。ムラムラしちゃう。
しちゃう。ちゃう?ちゃうちゃうちゃうんちゃう?
見事に花は折れ、あらゆる魂引き継がれ、
楽しさだけが宇宙を木霊する。
どたま勝ち割っても レベルアップできないアップアップなこの現状。
戦場にて花を献上。心臓部分が腎臓より痛い。
期待以上、痴態で失態。
笑えなくなる。からかえなくなる。
冴えない滞り、怒りはじめ、飛び込み営業?
放送事故ある意味伝説 鮮血でちりばめられた。
切り込みいれられた、浪速のカスラッパー?
まずタッパーに思いを詰め込んで、
梅干しでも漬け込んで、
ダンスチューンは踊りだす。最果てへと歩き出すように。
マシンは叫ぶ歌うように。そして僕の願いよ叶いますように。
たまには思い違いさせてほしい。盛り上がるエンドレスなスタイリッシュ、
動きを求めて騒ぎ立ててほしい。
からめとられていかないで。
嫌わないで。妨げないで。
からかわないでよ。落ち込まないでよ。
とち狂わないでよ。
こっちくるわ。どっちにいこうかしら。
どいつもこいつもカスばかり?
ダースベイダーその興味は永遠にループ?
プールにいって飛び込む冷戦。
まさに寒中水泳、驚かすミステリー。
必ず立ち続ける。自業自得だろ。
至極当然だろ。
溝口 しそ口にいれたら、
ファイターズもびっくりだぜ!ちくりと刺すようなミュージック!
ロジック、ロマンチックな愛、ジップファイルでください!
猫踏んじゃったすら弾けないが、韻踏んじゃったら俺もライマー
そんなヴァイラスまき散らすスタイラスの上で誰かが待ち切れず歌いだす
言語はともかく 戦後の日本 クォリティもともかく
おろおろガクガク タクシーチケットでしれっと 見れと!
切れとる!ブチ切れとる!
そんなもの愛嬌 最強の 邂逅 開口一番
対抗心燃やして何もかんがえず
はにかみ王子 ハンカチ王子 咲き乱れる等身大のラブソング
愛してるの響きだけで強くなれるのか?
いや実際そうかもよ。なんならあの子にラブレター
しかしその恋は破れた 試合にも敗れたし
西洋かぶれの南米かぶれのかぶれかぶれな俺だから。
だぶれだぶれなキスファッキン チーズクラッシュ
それをため込んでおいて損はない?
レクイエム、君への鼓動は伝わらない。
くだらない。だから面白くない。
俺はそれを手に入れたところで、
何の満足感も得ないだろう。
蹴らないだろう。競れないだろう。
セレナーデ、その思いはどんどん加速してく。
過酷なチキンレース、失禁です。
ミシンで縫い合わせる腕と足。
ムカデの足は蛇足ですか
タコツボな永遠ループ プールに飛び込むジャスティス、
確実にやっておしまい この話もそろそろおしまい
しまりましたわ!
決まりましたわ!
たわわに実ったその果実、
マジーしつえーし つれーしくれくれ王子、
ファイターズ 卵に置いてけぼりにされた気分だわ!
そんな自分が大嫌い?しらじらしい!!
嫌いならそう言ってくれたらいいのに!
緻密なりりしいチタン製なのに!
そこで意味なく散ったん?
一旦やめにしない?この不毛な戦い
そんなことをするつもりは毛頭ない
堂々と巡り、日本語をしゃべるベイベー
形だけは金を使わないのは何のため?
墓のサメザメ泣く幽霊に
浮遊霊に 富裕層ですら浮かれ気分
そんな自分に雷に打たれて
壊す 永久ずっとずっと一緒
ぐっとくるような ずっと盛り上がれる
持ち上れる もっと下剋上
んでもって戦国の将
勝つと見せかけて、
バツイチ芸人 おめでたいことこの上ナッシング
バッシング?関係ねえ わりいがたかが知れてる
お前一体誰なの 枯れ葉なの?
バレバレ愉快、かわいいクライクライクライ。
問答無用でフリースタイルジャッジ 合致するバッジ
鍛え上げて キライなだけで 終わりなきを永久生きるすべなし
それを従うだけが人生じゃない。あらゆる方向にいくじゃない?
家内の夢は叶いましたか 敵にはかないましたか
妨げ、エロス、もっともっと饒舌な受け継がせる、
メロディズム、センセーショナル、歌声さすらう動きの
ジップロック 湿布ぬる坊主
だがコークプリーズ ドープなフリーズ
ソープでコープで トップでググリアン くぐりあ~ん
すまし顔 素敵なかお 夢見た未来皆見たい
だからこそ永遠を望んだのですよ。
転んだのですよ。
ソロモン、歌声、宴となり舞うわ。
再び近づくメロディがあるのであれば、
彼はどこまでも突き進む理想に影響されながら。
盛況に動くメロディズム。一昨日来やがれなサディストリズム。
その勝敗分けるような一歩が、
歌声叫びだす一歩一歩が、次への未来を片づけさせる。
運よく何度でも。ケセラセラで踊ろう。
無茶苦茶な旅立ち。ロマンスを打っていくことが大切。
解説も絶滅?俺にはこれしかねえんだ。
ロマンチックな愛だ。
止まらねえ チックとカッスのファイティングスピリッツ?
くじでゲットだぜ セットしたぜ ゼットマン?
あいつははいてない 吐いてない 私はまだ死んではいない
キライキライ 緻密な動き うごめき
すごく口説き むごきことこの上なっしーなふなっしー
マジ嗚咽 だけど超える 無茶苦茶を踊りだす
ファイティングスピリッツ?木霊が聞こえるぜ。
それは営業もとに戻らない影響
盛況するメッセージと共に、
言いたいことがいっぱいあるの!
いっぱいいっぱいなの!ちっぱい?それはおっぱい!
くぎゅうううううううう
そして叫びだすエンドレスファイター
趣味で韻踏んでます 思いももちろんくんでます。
驚かせるファイティングシーンでございます。
喋るのも退屈なくらいでございます。
ずっとずっと探していたんだ。
かざしていたんだ。未来を乗り越えていくんだ。
アウェイの雰囲気、飛び出す可能性?
踊りだすメロディの波動砲、
愛の波動砲、GG佐藤?
加藤さんも驚く程度にミラクル、煌めく、
ちらつく愛とフェイバリッツなサイケ光線、
高慢な態度が傲慢を許す
怠慢 肉まん あんまんだ。
アンパンマンだ。ワンパンマンを一気見。
ロックが壊れそうで届かないならば、
見捨てていくスタイル、記憶をぶっ壊していく。
うつぶせに壊れていくのなら、
永久へと問いただされていくのなら、
持ち上がる俺の興味の源泉も、少しは分かってくれるでしょう?
潰された意味のない痛みも、それすらも、
これくらいもできないのか。消せないのか。
痛み、期待を越えて死体になってまで
散った身、ビタミン 戦場ヶ原ひたぎ、
事態するしかない、存在すること自体否定される事態。
時代次第で変わる依頼の方向性。
クラクラしちゃうほど プラプラさせちゃうほど
ムラムラしちゃうほど ブラザーソウル。
凍るミュージック 移る鏡に ミステリーワールドは突っ込む。
売り込むサバイバル、喧噪に大方向性
光合成も辞さない構えで、
逆らえるのか。
滞ることが可能なのか。
持ち上がれ。とち狂え。
一瞬で永遠を掴む風な僕らだから。
影響量だって潰されているフィールドさ。
こまっちんぐ、まいっちんぐ町子、
カギッコ おさがりの子、
野菜ジュースが飲みたくなる頃に、
コロニーの愛すらも持ち上がれるのか。
とち狂えるのか。もち食べつくせるのか。
くべる思い、作られた理想。
未来を構想、登校して暴走。
無茶苦茶だ。噂異常。
飛び出す歴史的超越者か。
当月はもう少しメロディズムあってもいいと思います。
ケロケロケロッピ、踊りだすファンタジア。
サイタマ たまたま 通りかかっただけです
ナッシーに進化するフナッシー
轟く 驚く 戻る ソロモンの償い
続くかい?この話 それはなしだ
かぎつきかっこで かぎつきの冷蔵庫を手に入れたぞ!
オープンカー オープンvipで暴れまくれ!
轟く驚く もっともっとほっともっと
とっとと隣のととろ ところが
心が 戻らなくなって
滞らなくなって
もう置きにいくスタイル 沖までいくスタイル、
売ったイルカは 今でもいるか?
そんな奴は仰山いるが、
メロディズム、ときめきリズムと、スタイリッシュな輝きと、
妨げと、トコナエックスへの追悼と、
追憶と引き継ぐ魂 だましだまし
その興味の源泉は極地極致に伝染したのだが、
その一つが俺の胸だ ここが俺の船だ
俺の胸を借りるつもりでかかってこい
まかなってこい 逆立ちしてこい
きやがれ 待ちやがれ 町が壊れ スパニッシュ?
奪いまくる?ツバ吐きまくる?骨董品 ことことと揺れ落ちる
爪爪爪 腕に女キス
マキシマムザホルモンの特有の言語感覚、
もう誰にも伝わらなくてもいいという覚悟
錯誤してる爆走してる核弾頭
錯綜してる爆走してる各層で薄層の厚化粧
格別でしょう イッツショータイムでしょー
やるなら今でしょ じゃあいつやるか。明日から本気出す
アシタカが走り出す
賄いをもらっても負けない
勝てない戦にゃ興味ない
平家の敗れたサラバ、たらばがに?
いえす、プリキュア 盛り上がるならてめーのフィールドだ。
血で血を洗う戦い、
諍い止まらない留まらない
素敵なシンフォニー 天使の踵からうつ伏せ、
悲しいなら手を叩きなクラップクラップユアハンズアップ
スラップにはなりたくねえ
だが今さら俺に何できんだ
超かっけんだ
脱線するほどだっせーんだ
言葉の帳尻合わせることで四苦八苦
外は快晴なのに背水の陣
海水のDJジン びっくりアフタヌーン
勝ちの価値をはかる?
それだけに調子を合わせる。
障子を突き破るような、
繰り返すような、ぶり返し方だね。
売り飛ばすぞ。豚小屋、食った飛ばした食べかす
ホントカス・D・エース
俺が全てを操ってみせる。
まさぐって見せる大腿部
開催舞台は広島、原爆の落ちた町。
うかつな月曜日、
狡猾な雪原に、
少しだけバロメーター
1キロメーター先の気配を察知。
けったいな絶対的な英雄、
AU by KDDI みたいなそんな感じ?
漢字の書くことの難しさは身に染みて分かってる。
それに比べて英語はどうだよ26文字だぜ?
そうやって苦手意識持っていくのが落ちかね。
気がして美意識マウンテン、飲酒運転、
残飯食い放題 1000円~
レストラン、歪な形の影響力。形勢ごく一部。
まさに恥部 体の一部ではなく体の全部が恥部。
興味、興味、はいはい興味ねえ。
あなたのおっしゃるお通りです。
通りすがりのエリート上級国民です。
財布は砂利銭ばっかでも心は満たされてます。
はい。はい。興味ねえ。
もう今の季節は冬至ねえ。
だけど何があっても決して動じねえ。
掃除せえや 工事してるんやで
俺がお前が死ぬんやで
そして俺とお前と大五郎
比べる器買い起そう。
飛ばそう 焦がそう 胸が焼けるようだ
情熱に少し欠けるようだ
ポプラ、僕らのソプラノミュージシャン
むーりじゃんそんなの
コンパの帰りにお持ち帰り
合わせてガッツです チュニジア戦争です
カッスもよろめく勢いで バックステップ踏みながら、
チャンスと見るや否や嫌みひがみ鬼畜の極み?南無阿弥陀仏。
去る時を知らず、記憶のわざとはつゆ知らず。
記憶を疑う前に記憶に疑われてる風な僕ら。
ドープだ この世界 異世界 危険かい?
決壊するダム 今朝移動したバス
タバスコ飲んで、マヨラー ファイトだえいえいおー
AAO つーか眠い。煙たい。
切ない。メンテ、メンテで検定 センター試験
絶対に負けてはならない?
今からホノルルマラソンでる?
迸るエネルギー、消せるぎーぎー鳴ってるブランコは、
野球選手のブランコのようで。
危険遊具、フラスコが爆発。
やっぱり僕は、いらない人間なんだ・・!!
縁は切らない、散らさない寿司、嫌わない処置。
近い将来 広大な宇宙が現れて、
虚無と虚無の狭間でどうにかなるまでどうかしちゃって
同化するメロディ、叩き出す衣だ。
だから 体から逆立ちだから
まさにカラカラの喉 炎が燃えるような
見とれるような ある意味とれるような
軽い意味あい 君に会い 少し世界は変わり
意味を繋ごうとするか、韻を繋ごうとするかの違いだ。
シミを鉄格子のなかに置いてけぼり。
置いてけっぽり お尻をぼりぼり
バリバリなバリカン カットするマスカット
ダットおちしてもめげない 照れない 抜け出せない
枯れない炎とイントロデュース?価値をはかる侍か。
ご無体な。ソングライティングしてく文句大臣
コング再認で必死になるミッキー
ところが モロッコが
通り越して お化けと化して
崖からとびかかる 降りかかる
何かを語る さわる まさぐる
飾る 分かる 変わる
だからこそ未来を作れるんだ。
だけど理想はいつだって崩れるんだ。
難しいことは分からないけど、
そんなの知りたくもないけど、
いつからから、きついからか、
しつこいからか、 驚かせ方が、
戻らせ方が半端じゃない。パンピーじゃない。
巷で噂の浪速のカスラッパーらいらいの登場だ。
分かりますか 変わりますか
僕って変ですか 戦うならやっぱり銃より剣ですか
先見の明ですか?
夥しい量の戦前の戦い方ですか?
驚きだしたら一生損。
盛り上がりまくれるタイミング、
失ったらフォトグラフィー。
願い信じる滞る、意味不明にぶっ壊れる。
吹っ飛ばされる愉快な不愉快な空気かい?
無気力 好きだから乗る 凝る肩に
ガッタガタの必死チェッカー
今すぐ君の戦闘力でもはかりまっかー
ところで今日何食べる?宇宙丸ごと頂くぜベイベー?
炸裂するミュージシャン、飛び込む永遠とループさせる地上絵。
行動するシンパシー。史上初めて
勝ち込めて、嬉しい くれシーサイドパーティ
バディがナイスでグラマラス 似合ってるよスマイル
磨いたハートのポロポーション
泣き顔もグラマラス ステキに変わるよ
幸せはすぐそばにあるから 一緒に集めよう
ユーアーグラマラス ソーグラマラス
パラダイス素敵だね
申し分ない 申し訳もない
こんなんでいいわけもなく言い訳もできない
積年の恨み辛みは無病息災
動く国際空港 即旅立ちへ、
たじたじね。あなたすっかり。
ぽっかりあいたその穴は、誰がふさぐものだよ。
食らう普通のパンチ、連打だぞ
仙台に行ったとき、沖縄に行ったとき、
ある日僕の心が散った時、
ドキドキ止まらない ボキボキならす指の骨?
例えば肩車 例えばおんぶ、抱っこに至るまで。
緻密にセンキュー 千と千尋の神隠し
ニギハヤミ・コハクヌシ
複雑な言い回しのローマ数字
鍛えて鍛えて、したたか 来たかタカの目
雑魚の気づけない サッカーしてたんだ
ゴールに向かってジャンプアップサーブ
オーバーヘッドのゴール?
コーラセットの悪夢
だから腕をまくる。 パクる。
数えるが、マゾであるから、
さぞえろし。いとえろし
許せるかよ!でたらめばっかり言いやがって!
競ったがために、たがために。
ためになるわ。踊るハメになるわ。
ポジハメくんになるわ。
私はかわいいわんちゃんと一緒に、港になるわ。
だけど服を着ないと風邪ひいちゃうぞ。
枷となっちゃうぞ。素敵なfeed、フィーゴフィーゴ
光る光る真夏の太陽 サンサンと降り注ぐ紫外線
UVケアなどお構いなしなし やってきましたよ真っ白なビーチ
突然視界に麗しのキミ。逆三ボディに小さなスピード
素敵なスピーチ!いきなりリーチ!私は恋に落ちましたピース!
いつの間にやら私はネムネム あなたの隣で流れるエミネム
さっき買ってきたばっかのシェイクはすっかりミルクのようにさらさらで
私の髪ももちろんサラサラで あなたの指がからんじゃう夢見て
はっとしてぐっときて パットの胸躍る
戻るオフサイド 凍るハイド
最高の夜を明かそう 鼻をあかそう。
無茶苦茶な歌い方で出そう神秘的ミュージック。
ジップロックな疾風付き、意味のなさが際立つ。
形から入るタイプ?足がガクガク
カクカクするようなミュージック、
踊るしかねえ。凍るしかねえと。
滅法強い方で。
黒い方ではよくやる達人。

(17:08)
ああ、そうだよ俺は炸裂するアホウだよ。
つまらないことばっかりやってる馬鹿ばっかりだよ。
難しいことばかりでやんなっちゃうね。
結構やんなっちゃうベイビーフェイス。
驚きつつもエンドレス。
堅い芋虫、片付くものがあるから。
ロックンロールは望んでくれるから、
簡単に済むのかもね。
それを越えたら何があるだろう。
次の瞬間に賭ける思いはでかいよ。
難しいんだな。
そうだ、適当なんだ。
少しだけ思い違いをしてただけだ。
ミラクル、引き起こしたいだけだ。
無理難題を起こす 緻密なシンコサイザー
まるで刑務所のような病院に入院
そして全部片付くまで放置エンドレス?
快適です もう何もいりません
そんなこと言えるくらいハッピーになりたい?
絶望が生み出す夢とファンタジア
常識ひっくり返す俺の脳細胞
繰り返す命の道楽か。
生み出すのは果てに何があるからだ?
イメージの共有、素敵な未来を描きたいから。
必要性の問題なんだよ。
奏でるリズムは575.
緻密に生きていく理想、地層から盛り上がる
サイコファクション、
歌いだすフィクションミュージック。
体で鼓動を感じなさい。
君たちの未来に対して憤りなさい。
無茶苦茶な日々を笑いなさい。
無茶苦茶でいいんだ。
盛り上がればいいんだ。
素敵にフィーバーしていく超宇宙なんだ。
干渉できないほどのその程度の理解度。
無茶苦茶な音楽が叩き出す可能性と、
テロで巻き込んだエゴイズム。
ゲーム感覚のテトリスと、
海で眠ったテロリスト。
誰が描いたんだこんな風に。
俺は信じられない気持ちでいっぱいいっぱいだよ。
ふざけているのは確かだろうか。
何かを創造して初めて生まれる快感ならば。
クラッシュプレイヤー 絶滅エンドレス、
再び会いまみえる時は笑顔で元気にハッピーに。
でも答えを見つけ出せない価値の有無と
理解度の放棄、悲しみのレスポンスワールド。
決して踏み込めない領域か。
輝きだしたら終わりなんだろうか。
でも、その理想の未来のその先はどうなってんの?
相当やばいことが現在進行形だぜ。
ロックンロールのリアリズムだぜ。
崩壊しそうな今日が昨日。
明日に疲れる自分を追い越させない為に。
難しいメロディのまま、突っ走れることを信じるように。
疑いの目を向ける。
崩壊するリアリズムだ。
光景はひたすらハッピー。
ただ俺がしたいことと少し違っていただけの話?
記憶してくれるなら素敵だろう。
追いかけっこのミステリーって部分もあるんだと思うんだよ。実際。
飛び出せる可能性の方向性だ。
何を間違えばその場面までたどり着けるのか、
もう僕は飽き飽きしているんだよ。
楽しいことで盛り上がってる。
やばいくらいフワフワなデイズが続いている。
なけなしの勇気だってキャッチしてきた。
勇気を守るために何度でも
作られたミステリー、
鼓動が生み出す次のパワー。
エンドレスが生み出すのさ。
橙色がまぶしいね。
それはなぜ?僕らが生きているからさ。
面白い、つらい、痛い人間です。
無茶苦茶です。エイトビートです。
クラッシュできることだけが、
破壊だけが目的です。
あなたにとってのいわゆる真実です。
形にはならなくてもいいのです。
希望を信じているのです。
答えを探しているのです。
まだ形が見えないでいるのです。
無茶苦茶な考え方をしているのです。
もう、砕け散りそううな思いを抱きつつ、
驚きつつ、口笛吹きつつ、
踊り続けたいのです。
ミュージックが語りだすのです。
無茶苦茶でも生きているから。
私も女だから。
無駄口叩いてナンボの世界でしょうが。
意味なんて考えた方が負けなんです。
なのになぜここまで俺は追い込まれてんだ?
理解できない距離でずっと歩いているんだね。
鼓動が作り出す次へのミュージックは、
どこへいけば消えてなくなることができるのか。
一昨日来やがれな未来は誰が認めてくれるのか。
馬鹿らしいほどのスピリチュアル、砕け散る程度の問題に、
少しだけ足を浸しながら、
クラッシュ炎上する様子を、ただ見ていたんだ。
理想を越えていきたいんだ。
大切な未来を暴走させたいんだ。
記憶として失いたくないんだ。
君だけが僕の全てなんだ。
大切な記録が、記憶が、また暴走しちゃっているんだね。
行動のシンパシーならば、
平気な疑いも乗せられるだろう。
それに上乗せした俺の愛だ。希望だ。
それが愛だって、希望だって、胸を張って言おう。
それじゃ足りない?何が足りないっていうんだろおおおおおお
うぉういえいえいえいえ
夢中で空中 僕の言葉はいつまでも続くように。
倫理の果て、論理の果てだ。
大したことじゃねえんだよ。
戦いの幕は開けてんだよ。
ずっとずっと開いた場所から求め続けたから。
驚かすほど価値もねえ。轟く俺の声に痛みはねえ。
鼓動が紡ぐ次へのジャスティスか。
お前を一体どうすれば認めてあげられる。
俺に力はないよ。
どこへいったってそれは同じことさ。
無理矢理にでも教えたかったことがあるんだ。
だから今俺は幸せの上に立ててんだ。
その声のする方へ、
踊りだしたいならそれが真実だよ。
だんだん楽しくなってくる。
だんだん面白くなってくる。
俺は色んな意味で成功していけると
無理矢理にでも覚えたかった。
理解したかった。分かりたかった。満たしたかった。
全滅する前に愉快ハイな時代へいかないかい?
夢中で踊りだすファンタジスタなら、
これを越えていける楽しさも必要だろう。
必ず手に入れて見せるぜ。
俺って面白いやつだって
世界に分からせてやるんだ。
大いなる旅が今始まったんだ。
楽しくて仕方がないんだよ。
この世界、宇宙、飛び出すまで愚弄する気か。
踊りだすファンタジー、記憶を溶け込ませるような。
メロディは慌てて次の未来を作り出す。
不満は栄光をほしいままにして、
手に入る犠牲をすべて、悪いものにしてしまうのか。
それでも君は愛を叫べるのか。
意味なくのたまうをステータスとトークできるのか。
申し分ない戦い。マッチョになるために必要なこと?
堂々と巡り、堂々と走り続ける。
楽しいから続けることができるんだ。
面白く、繋がっていくんだ。
だからこそ俺は守りたい。
建設的な会話をしたい。
追従する話し合いの次の段階だ。
飛び出す可能性のあくる日の登場だ。
面白さを壊してはいけないのだ。
決して後ろめたい思いをしてはいけないのだ。
建設的な会話、盲目的な男子。
弾集まき散らす 快感のリズムに合わせて、
飛び出す栄光を光に変えていけるなら、
僕はすべてを入れ替えよう。
僕はすべてを信じてみせよう。
全て、歴史に残るほど素晴らしい伝説だ。
それに迎える環境があることに感謝。
まずはそれから始めればいいだろう。
そういった程度のことだ。
問答無用で触れるものを求める訳じゃねえ。
飛び出す可能性。巻き込むエナジーで。
それを誰もが必要とするから、
俺たちは明るく歩き続けることができるんだ。
面白さの果て、幸せの果てに何があるのか。
君たちと一緒に探したいと思った。
本気でそう思えたんだ。なぜかそう思えてしまったんだ。
もう希望しか見えないってくらいに幸せになりたい。
一寸先は光ですよ。
逃げ出した未来に何が近づいているのか。
指先が踊る。タイピングが弾む。
まるで今までのことがウソだったかのように。
俺は踊る。つらくても笑い続ける。
だから歩ける。今を償える。
飛び出す可能性、意味なく思っている。
つらくても、きつくても、未来へ向かって突き進んでるんだ。
大好きな旅立ちと共にあるから。
ノイズは仕方ないだろう。
話が違うんだよ。どうでも良すぎるんだよ。
だから俺は愛を失ったんだ。
だから僕は希望を失ったんだよ。
だけど守りたかった。守れなかった。
だからこそ救いたかった。救えなかった。
大好きなチューズアウト。
嫌いになれない僕ときらいのある大好きなチョコレート。
潰れたミカンみたいな顔をしながら、
まだ俺はそこにイメージを傾けることを諦められない。
叩き出す新記録、寂しい気持ちは埋め合わせられる。
償いこそが伝説だ。面白い究極が果てなる超絶だ。
面白きを生きていくなら伝えたいことだってある。
面白さの果てにある未来だってあるだろう。
食い潰す。吐き記す。
マジでやばい空間の転移なら、
移る興味のウソにもはっきり言える事柄があるだろう。
伝えたい未来が壊れていくなら、それもいいんだ。
俺は色んな可能性を問いただしたいね。
つまらないことで終始していく宇宙なら、
そんなものはいらないのさ。伝える意味もないからね。
鼓動が紡ぐ次へのメッセージさ。
嫌われても大好きなクォリティなんだ。
大好きなメロディが働いているんだ。
抱きしめたいほど愛らしい。
だけど僕の鼓動は息切れしてた。
魂喜ばせる痛みと、
辛さを乗り越える一瞬のドーピングマシーン。
それがただ楽しくて、
終わりなき旅だったんだよ。
必要性の限りを尽くしたんだ。
希望が感じてくれたから、
意味不明に踊りだしたんだ。
伝説を苦労、クライシス踊りだすファンタジーなんだ。
記憶はいつだって混ぜ込まれていく。
つまらないことばっかり疑っていく。
そうだ、常識を塗り替えるということは
全てを疑うことであり、とても難しいことなんだ。
なおも、それでもまだ、走っていく。
列車は走っていく。僕を追い越していく。
まるで全てに痛みを預けるように。
飛び出す価値に無理矢理方向転換するように。
飛び出せるならその可能性。
いとも簡単に立たれる羽交い絞めか。
飛び出してるなら影響力だ。
可能性を秘めているなら伝説だ。
夏期講習、難しいエンドレスが疑いを深めていくんだ。
理想となるのはウィキペディア。
悲しみのエンドレス、ジュピターを越えていけるか。
無理難題を追いかけまくる。
片っ端から踊り続けるんだ。
なけなしの勇気にだって、希望を持つことができる。
俺はそういった天才的な未来を覚えているからこそ、
適当な破格が言えるんだ。
そういった全てのものなんだ。
俺が対しているのは、そういった全てのことなんだよ。
だから俺は怖いんだ。
ずっと思い知る程度には。
物凄いパワーで影響力を拡大中。
大して意味は変わらねーんだよ。
売名行為?いやそうでない。
俺のパートだけ聞け!ゴールデンマイク?
ガタガタぬかすな道開けろ雑魚!
MCバトル?銭払え!
まあそういったことがあってからだに、
むっちゃくちゃなガムくっちゃくっちゃな
メロディラス、ウサギウス、
北極星、超新星、流星群にお願いよ
誰か止めて。あの子のスーサイド。
新幹線。連絡船、運命線よ教えて。
私明日はどこでどうしてるの。
体中が迸っている。
メロディは流れるままに。
飛び出せる栄光を矛先にしているように。
頼もしい味方が増えていくように。
僕の喜びは更に規模を増していく。
いつものように、楽しいことだらけだ。
無茶苦茶だが世界情勢だ。
つまらないことにしてしまえるパワーの炸裂だ。
飛び出す未来が笑いだしているんだ。
食い潰す価値もねえ。
飛び出す未来も明地も快楽もねえ。
踊りだすファンタジスタ、次の未来へと走る。
それを開放した時点で負けるのか。
何を思い知れば憂鬱は吹き飛ぶのだろう。
悲しいくらいにハッピーな歌を歌おうよ。
素晴らしいメロディだ。素晴らしいエコロジーだ。
ためていた何かが溜めていたものが
吐き出される瞬間だ。
行動で進歩していけるなら。
食い潰す価値を失っていけるなら。
僕は全てを越えていきたいよ。
僕は全てになりたいんだよ。
つまらないことは言いたかない。
そんなの言わせたくない。
だけどのたうち回ってしまうんだよ。
のたれ死んでしまうんだよ。
状況判断的確に、
でもまた動き出すミステリー。
何かが輝くその瞬間。
踊りだすファンタジスタになれる空間がある。
旅立つ声すら聞こえないままに。
だけどそれはフランストレーションとして、たまってく。
そこに楽しさが存在する限り、
俺は負けないと誓えるよ。
大好きなミュージック、そのまま伝えたくて。
くどいほどのメッセージだったとしても。
大したことじゃなかったとしても、
今ある必然性が。
幸せってなんだよ。
知らねえよバーカ!!!
とろけ切った空、
狼煙をあげろ!
むしろ俺の方が素晴らしい。
自信は人を変えていくから。
まあどうでもいいんだ、そんな話はどうでも。
楽しくて精神状態イカレてんならそれがいいだろ。
つまらないことで適当にさせてるのは誰だ。
ゴルフのように。豆腐のように。
難しいことは知らないけど、
そんなの考えたくもないけど、
簡単じゃない勢いで、
未来は作られる。どんどん更新されていく。
それは越えられているか。
いわゆるロックバンドなら、
意味を捨てて五感を研ぎ澄まし、語感を求めていく。
新しいフィールド、まず言葉が溢れてくる。
それが必要だと感じてくれたから。
100万光年、100億光年、100兆光年の距離を越え、
僕の耳にそれは届いたんだ。
明日この世界が滅ぶとしても、この絶え間ない叫びは滅びない。
その叫びは未来まで伝わりますか。
堂々としてるじゃねーか。
寒気がするほど素晴らしいメッセージを送ろう。
未来の君へ、オハヨーハヨー。
なぜなら僕は悲しいから。
ミュージックは止まらないと信じているよ。
未来のリズムに乗っかって歩くことにするよ。
夢中なアンドロイド、
素敵がファンシーチョコレートだから。
このジェットコースターのような愛を。
つむじ風よ吹いてくれ。
俺の小さな情熱を吹き飛ばしてくれないか。
魂が流浪に落ちていく。
ストレートな剛速球だ。
もう超越心も満たされた頃だろう。
その時から必然を愛し続けているのだから、
無理はないわな。
飛び出す価値もねーんなら、
難しいエンドレスに形を求めていくことにしよう。
どう考えてもおかしい事実がそこにあったとして、
僕らはそれを未来に託していけるのか?
何かを求めれば更に弱みが増す。
何のため俺ら動く?
ずっとずっとはないもんだと思ってた。
ずっとずっとが煌めかすエネルギーの携えるパワーだと思えた。
理屈じゃないんだ、そんな教育だ。
大切なのは前にでる姿勢。
確実に能力は疲弊していったが、
俺の成長は確かに感じていたんだ。
この大好きな痛みと共に、
僕は歩き出すことにするよ。
僕はもがき続けるんだよ。
僕がそれでいいんだって思えるまで、
逃げ出さぬように、笑わぬように。
こんな事実をどうやって打ち消せる?
問題なく笑っていけるんだ?
それを預けるのが俺にとって苦痛でしかないと、
俺が考えたからそういう境地に至ったんじゃないか。
独りぼっちは寂しいもんな。
止まらないのさ。
止めることができねえんだ。
何を求めた処で分からないものは分からないんだ。
でも、その中でも確実に積みあがっていく物がある。
ゲーム感覚のテトリスと、
積みあがっていくエゴイスト。
海で眠ったテロリスト。話すときは見る目をいつも。
明日、いやいつか、
ちょっと話したいことがあるんだぜ。
つまらなくスイーパー。
まずまずの出来に喜ぶ暇もなく。
ゲームをして戦って、
踊るくらいワロスに巻き込まれていく。
何度でもそれを体感したから、不思議と今は、
何も怖くない。さあ僕が求めるのはどこでしょう。
オフラインゲーム、ため込んでまだまだ。
でも僕がいなきゃだめだろう?
僕がするべきだろう?
超越心、もっともっとなファンタジー。
理解できたなら突破へ向かって挑戦状だ。
面白さが次の未来を教えてくれる。
飛び込む地平線、大きな未来が近づいてくるから。
転ばないように、逃さぬように。負けないように。
僕に一体何ができるんだ。僕に一体何をしろというんだ?
何か深い夢を見ていた気がしたが、
起きたらすっかり忘れてしまった。
でもね。夢ってのは幻覚や幻聴の集合体で、
しかもそれを夢だと気づけない。
こんなおかしなことがあるか?
盛り上がりっ放しでも、
その宇宙に飛び込むような。
どこかの星の宇宙人が、
すごく豊かで富も資源も沢山持っているけど、
いつかはそれを全て消費してしまう。
それを危惧している。
だから地球人を全て殺し、全てを奪うつもりなんだ。
ありきたりな物語だな。
でもまあ、すごく楽しい夢だったことは覚えてる。
俺は狙われてるんだね。
意味ってなんだろう。
俺は本当に、太鼓判を押せるほど。
君は人生の意味を言えるのかい。
金がすべてのこの日本国全ての意味を
問われてる価値観、思い出したくもないバチカン。
バカチン四国 帰郷する為に
暴走してしまったから、
嘆くしかなかったんだね。
それは分かるよ。
そういうのも分かるのさ。
それって素敵なことだと思わないか?
とっても、素晴らしいことだとは思わないか?
俺にだってやるべきことがあるんだよ。
それから、あれも見たな。
まあここでいう話じゃないか。
俺の心にしまっておこう。
ひしゃげるストーリー。
輝きを求めて、それでも飛び立つ為に明日を未来を、
射貫く。最後の最後まで分からないから。
鼓動が作る次のメッセージには、
片付かないだけの面白さがあるのだろうか。
難しい距離感と、
大切なミュージックと。
旅立つことができるなら。
会いたいよ。この世界が壊れそうだよ。
何を信じればいいんだい?
生み出せばいいんだい?
記憶は何を求めてくるんだい?
俺はどうして涙を流しているんだい?
償いはできず、
シリアの子供たちはなぜ自分が血を流しているのか分からない。
僕もなぜ涙を流しているのか分からないんだ。
轟く、次へのメッセージ。
遠く遠くから響く俺たちの歌声。
それほど大したことはないけれど、
色んなことに興味がないんだと思うよ。
宇宙人たちが求めてるのは、
もっと高い次元にある宝物さ。
金なんて紙屑でしかない。
金で買えるものなんてタカが知れている。
俺が欲しいのはもっと高い次元にある宝物だ。
全てはフェイク。それすらフェイク。
だけど俺は思うのです。
思ってしまうのでした。
考えてしまう。盛り上がってしまう。窮屈な未来に
飛び出してしまう。
媚売って、油を売って、なんとか読んだのはおやすみぷんぷん?
くだらねえから踊りだすぜ。
ファイトされていく歪な塊なら、
完成させよう。盤石の構えで迎え撃とう。
誰にも何もできないなら、
それがいい。何もない。何も考えてくれちゃいない。
どうすればたどり着ける。どうすればあなたの所へ。
辿り着けるなら俺はなんだってやるぞ!
取り合えず、俺にとってプラスになる何かをくれよ。
とりあえず、面白さのその果てにあるものを見ろよ。
窮屈ながら、何度でも挑戦してきた。
何か意味がなきゃいけないのか?
天才的に、記憶を思い出すように。
力強く立ち尽くすかのように。
未来は誰を求めているんだ?
この感覚だけが宝物だ。
大きな大いなる素晴らしさだ。
予定調和の取れてる世界だからこそ。
未来をエンドレスに求め続けた結果的にあるものが。
片っ端から踊り狂えるものであればあるほど、
楽しい世界は盛り上がりを見せていく。
素晴らしい延長線上。
飛び出す未来とケセラセラ。
踊り続けるのは未来なのか。
素晴らしいターンからの、シュート。
ごぼう抜きでドリブルチューズミー
歴史的ホライズン、面白さの果てにあるもの。
それに笑ってしまえるならそれが事実だよ。
行為恋しちゃったんだ
夢見た未来皆見たい
ずっとずっと、面白い世界を求め続けてきたんだよ。
面白さの果てには何があるの。
行き詰った僕は、なぜこんなに涙を流しているの。
難しい、適当な世界に難しい。
悲しいのか。思い出せないのか。
風をちぎり、星を頬張り、
ずっとずっと走り続けてきた。
もうドキドキが止まらない程度、走りまくったから。
わざと負けてあげるというその優しさ。
とまらない、シックシック セイグッバイ。
ララバイララバイ、止まらない天気予報。
蠢く動きまくる筏の昔。
つまらなき?だがそれを楽しむだけのパワーと実力は、
欠損したこの心に宿った今でもその感情は、
迸る。影響力を越えて、
まだまだ高みを目指し、
僕は追求するんだ。
盛り上がりっ放しのストーリー。
輝くために色んなことを知りたい。
別の生き物になったんだね。
つまらなくてもそこには確かにリズムがあった。
叩き込むぜ。ストロベリーな素敵さを。
生い茂る闇、何かを貫くその姿勢。
驚きの文句の言えないようなレベルにある、
つまらなくても楽しい世界を見せてやる。
ひっくり返して壊してやる。
ずっとずっと、大きな未来で旅を続けていたんだね。
くるくるひっくり返す。意味なんてなくても幸せだ。
言いたいことをうまく伝えられない。
監禁ごっこ、でもまずまずの好調な滑り出し。
どんな世界にも闇は潜んでいるものだ。
ちゃんと言いつけを守らないとどうなるかってな話?
出産控えた女の、子供が成人?するころの平均?寿命って奴?
おいボケナス!原発残らずどけろよカス!
つまらなさがエンドレスに始まりだしていたのです。
鼓動が伝える次へのメッセージは、戦いを求めて彩られているのです。
形だけを信じて見守ってきた世界中に、
踊りだせる究極がミスしてストライクしていくなら、
俺だって幸せを求められるでしょう。
形なんてないんだよ。
ロックンロール、暇な世界を負けたくない未来を。
ケセラセラ、踊り続けることが果たしてできるかな。
盛り上がり続けるストーリー。
輝きを求めて更に、追憶を許さず今に見てろと。
感情をカンジョウにいれず、楽しみにしてたことにも
面白さを感じ続ける。
堂々と茂り、堂々と編むんだ。
飛び込む情熱の生きる血潮。
難しい、音頭で取り始めるリズムとミュージック。
片付かないエネルギーと共に、
映し出す次への可能性。
この模様と共に、
クラッシュ炎上していく世界、その最中だ。
飛び込む延長線上、旅立つケセラセラ。
感動してしまうほどの、素敵さが生まれたんだ。
面白さはミュージックを作り出す。
面白さが永遠になっていくから。
飛び出すような、ミュージックを壊してくれるような。
伝説はフォトグラフィーだよ。
風が舞い込む地上戦だよ。
風がぶっ壊すエネルギーと一緒に、
どうしようもない幸福がここに。
生まれている俺を馬鹿にするために、
また風は俺を笑っていく。
突然の必然か、
驚かせるための勢いの悪さなのか。
お届けするからおっとドケ!
まずまずのファンシーチョコレート サンジーちょっと飯作ってくれ。
そして彩るヘブンズアイ。
ノックアウトされた愉快、フルメタルな動き出しだよ。
これだけの楽しい世界に、何を求めてきたか分かるか?
ネコマムシ、イヌアラシ、まあどうなったとしても、
究極性は咎められないわな。
ずっとずっと文章書いて生きてんだ。
面白さの果てに自分自身という存在があったんだ。
記憶は未来を旅立たせてくれてんだ。
絶対に負けるかよ。
負けてたまるかよ。
いつか、日々が未来を越えていけるように。
僕だって、今だって真剣なんだ。
言葉は紡ぎ紡がれ、何処へいくのか。
僕の物語はどこまで進んでいってしまうのか。
分からないけれどきっとそれは天才的だよ。
つまらなくても勢いなのだよ。
ずっとずっと、エンドレス。
区切りをつけたいならば、
フォーリンラブしてくれるなら。
楽しくて仕方ない社会を、
手に入れたかった。教えたかった。満たしたかった。
それでも楽しさを延長線上に置くのなら、
その向こう側を見に行こう。
事実、面白い世界は実在してんだ。
たまらなくたまらない。ヒステリックな愛を届ける。
悲しみたいほど幸せな。鼓動が作る次へのミュージックだから。
だから俺は負けない程度、
ロックンロールで歌いだすから。
終わりなき、ずっと求めてきた、待ち伏せされているなら
それが最高?って奴か。
いつの時代も狡猾な奴が生き残る。
神のような鬼ごっこ。
それを楽しむ世界に存在してる。
適当に混在する未来という世界。
驚かせることを可能にするそのやんちゃぶり。
声はなくても言葉はあった。
つまらなくても満足感はあった。
意味はなくても手ごたえはあった。
俺は俺の全てを認めることに成功できたんだ。
こんな素晴らしいことはないだろう?
こんな素敵なことは絶対にないはずだ。
驚き続けるならその世界にずっと入り浸りたいよ。
君を信じて驚かせたいよ。
信じる気持ちを忘れたくないよ。
ここに存在する未来、唐突に生きていく。
鼓動、無理矢理にでも、ぶっ飛ばしたかった。
影響力、引いてしまうほどの実力携えて。
未来に向けて開け放つは、
飛び出すエゴイストを乗せた汽車のラッパッパ。
そこで寸断されるのは愛という名前の暴力。
それにあまりにはまりすぎた結果的に、怖いことになってしまうのだ。
俺はいつまでも、生きていけるだろうか。
大きな声が響き渡る。
伝説は苦労してミス、ストライクを生み出していく。
感情は走り出す。影響力を持って飛び出し出す。
つまらない?でもそこに、確かな影響力も感じていた。
本来の強さと面白さを味わって、
つまらない世界に飛び出して、行動していく。
順応していくスタイルがある。
盛り上がりっ放しな世界が存在する。
テイクオフされる宇宙人。
君って何を願ってきたの?
信じてきたの?
僕はとてもじゃないけど、僕はだけどもじゃないけど、
僕は僕をやってらんないんだよ!
消えてなくなるような弱い魂じゃない。
ここに存在するのは、
目的は思い出すための旅だ。
生まれる前の記憶を思い出すための旅?
それってカッコいいね。クールだよね。
だけどもどこか悲しいのは、
なんだろう。今の心を知りたい。
俺の心を知りたい。
つかさ。柊つかさ。
自分の心すら分からないのに、どうやって他人の心が分かるんだよ
理解はまず自分の心からだろう。
それはさほど難しいことではない。
一番簡単な、幸せへの近道だと思う。
心との対話か。表現するんだ。
もっともっと次の舞台を、テイクオフするミュージックを償うように。
テイクオフして、思い出したようにグルーポン。
面白い世界が存在しているように。
輝きを求めてる。
更に都会に行きたくなってしまう。
驚きを隠してまで、
君には手に入れたい未来があったんだろう?
それは間違いなく実現したじゃないか。
何が不満なんだ?何が足りないんだよ。
教えてくれよ。教えてくれないのか。
正しさとはなんなのか。
俺はなぜ涙を流しているの。
つまらない、煌めきを求めている。
俺は怒涛の攻撃に、ミュージックを突き合わせる。
鼓動が次なる世界を生み出してくれる。
そのリズムにはまってしまったが最後、
絶対絶命?
本当に、表現することに、
ちょっと手詰まりを感じてきてるんだよ。
喋ることでしか、その速さでしか、俺は
伝えきれないと思えてきたんだろう。
それを残すことがどんなに大変か、
俺も理解してるつもりだ。
さて、何を話そうか。
ミュージックの矛先。
何かを手に入れたい。だけど拒んでしまう。
退屈な世界を聞いていられるか。
申し訳なさをもう一度繋ぎなおすことができるのか。
永遠はループし続け、
アホらしさと共に、食い潰すエネルギーとなり走り出す。
影響力はわが物にするために。
希望は開けり狂うミュージックの矛先に。
天才は踊りだすように。
とりまきは笑いだすように。
壊れた次の時代さ。
終わりなき螺旋階段を上るように。
つまらない?ってそんなこと言わないで。
つらいねって君が嘆くような、時代なんてもう僕らで終わりにしよう。
くだらない。それじゃつまんない。
そのままじゃ意味がない。つまらないという、
子供たち。すまん。ごめんな、君たちを目いっぱい楽しませる環境じゃなくて。
俺にもっと力があれば。俺にもっと楽しませる力があれば。
だけど俺は楽しんでる。この違いとは何か。
全てにおいて上回る。
影響力、ただ迸る。
無力感、誘う天空の矛先を据えてまで、
スワローズ、叩き出したのは新記録。
集めるのに時間がかかっただけだ。
追いかけるバカらしさだ。
伝わるのは次への可能性だ。
面白くてすまないな。
これだけ正しい世界に置いてけぼり。
僕は部屋で独りぼっちだ。
悲しくて泣いてばかりいたら目が溶けてなくなった。
一日は早く巡り、次の朝は思った以上に早くきた。
何を信じればいい。何を疑えばいいんだ。
僕はもう答えを見いだせなくて。
だけどそれは分かるから、つらいって部分もあるんだよ。
言葉にする神経がないと、
思い出せる訳なんかないんだよ。
伝えることがアホらしいのなら、
それもまた真実だろう?
壊れそうなミュージックだ。
マフィアが生み出す次へのヒステリックなヒストリーか。
それもいいが 俺は発表をしないんだ。
テキサスの暴れ馬なんだよ。
この鼓動だけが真実なんだ。
壊れそうな今だけが妥協点なんだ。
鼓動が紡ぎ出す次へのメッセージか?
踊りだすファンタジーなら俺の手の元に。
更に驚かせるだけの技術なら持っているから。
壊れそうなメロディで、
伝えることもできないまま、
突っ走る俺を止められないまま、
何も分からないまま、それでもまだまだ。
だけどまだまだ、鼓動は伝わっていくんだよ。
呼吸として、償っていくんだよ。
幸せは止まらないから。
喋ることができないから?
生まれない、人々を壊すように。
生まれる人々をメロディを、壊すこの干渉を。
ロックンロールのリズムでぶち壊せるというのか。
果てしないリズムを、今この瞬間にだって求めてるこのイメージを?
大切なことはいくつもあるわけじゃないさ。
ほんの少しの希望と、小さな小さな心と、
記憶とごっちゃまぜになる世界。
どうにでもとれそうな世界。
この先に待っているものなんて、俺は知りたくないね。
だけどそこに、落ち込む栄光。
なんか、無力する空間でもつれる、感情がドキドキしてくる。
それを頑張った結果、
ロックンロール、無力さだ。
これはどう考えてもおかしいだろう。
つまらなくて、飛び込む陽気の、
辛くて、思い出せるの中で、
鼓動がミラクルを引き起こす。
真実だけが隣り合わせだ。
悲しいメロディ、うつ伏せで見る世界。
ああもうダメだ。
きれいな赤と黒の模様はコンクリートに溶けた。
外に出ることが分からなくて。
飛び出した価値。ないものねだりの一途さか。
キャンペーン、踊りだすような悲しみだ。
辛さも忘れて永遠をループさせなさい。
難しい、メロディで、叩き出す。
戦い抜くんだ。エイトビート、壊しまくるんだ。
それじゃ足りないからむかつくんだ。
ずっと喋っていられたら幸せなのに。
だけど僕の弱弱しくて、
くだらないほどくどい世界で、ミュージック、
スカートの裾がほつれた。
もうだめだとぼやいた。
僕はなぜ血を流しているの。
無茶苦茶でもガムくっちゃくっちゃ
テキサス州、踊りだしたら止まらない。
こんな場所に来るの望んだわけじゃないんだ。
ヘンゼルとグレーテルが迷い込んだ世界に
こんな自由を奪うような夢のない夢なら見たくないいらないいらない
おうおう。はまりこんでいるよ。
ザッコジャパンが見繕う、
普通じゃねえ世界に大層なミュージックで出し尽くす。
行動のシンフォニーと、サバイバルしていく奪い合い。
そんな理想と違うような優しくない人となら いたくもないいらないいらない
これだけが現実であり、
僕は思うことがあるよ。
僕は考えたいことがあるよ。
無理難題を呼び起こす。体中が奪い取られる感覚を共にしていく。
だんだん壊れていくからね。
動き出す戦いか。
盛り上がるだけのファンシーで出来事を埋めつくす。
この行動と意味を乗り越えていけたなら。
つぶれる瞳。
鼓動が確かに高まらせていく。
私はあらゆる幸せを手に入れてきた。
何もかも、僕の味方をしてくれたんだ。
希望ってなんだろう。楽しさってなんだろう。
追随、未来を照らすように。
カゴの中の鳥だ。
僕はヘンゼルとグレーテルが迷い込んだ世界で呼吸をするんだ。
だから面白いんだよ。忠実な味方なんだよ。
その発想がクレイジーだから指摘したまでだ。
驚かせるつもりもサラサラねーよ。
疑い深い外道め。
そういう風に生まれた覚えはねえんだよ。
つまらない賭博に身を捧げる予定はねえんだよ。
俺が何のために生まれて誰のために生きるのか、
教えてあげたい気持ちでいっぱいいっぱいだぜ。
喋ってるうちに 楽しませる勇気ある 言葉の選び方だな。
負けねえことだな。そうだ俺が強く いれば
間違いなく 成長していけると信じておりますゆえに。
もちあがるこのストーリーがあるんだよ。
だから俺はパンクミュージックで、楽しもうとしているんだけれども、
それができないのはなんでなのかなーって
早口言葉もできねーしな。
じゃあ一体俺は何のために生きているのかなーなんて
思ったり思わなかったり しちゃったり しちゃわなかったり。
思っちゃったり思っちゃわなかったり。
理解不能は叫びだすのです。
次なる瞬間を求めてding dong ding dong
ヘンゼルとグレーテルが迷い込んだ世界で生きている風な僕らだから。
思い知ることができるならば幸せです。
思い知らせてください。
くだらないことばっかり教えてください。
難しいテンコモリファンタジー。
繰り返すミステリー
めっちゃやばいんじゃないですか?
思い出せるだけで記憶の束だよ。
申し訳ない気持ちでいっぱいいっぱいさ。
無茶苦茶なリズム
だから、それが生きている証だと、
なんといえば分かるのだろう。
伝わるのだろうか。
無駄に思える全て、全ても行動を起こしてみなくちゃわかんない。
飛び出すミラクル、引き起こす天気予報ですら。
この悲しみと共に歩いていきたいんだ。
ずっとずっとメロディは宝物にしてきた。
驚かすほど天才的な一途な未来すらも。
行動できるシンパシーが存在するから。
行動で未来を描ける世界に行きたい。
大切な行動で、進歩してやりたい。
行動で、変えてやりたい。
次の瞬間を、時代を、錯綜する世界を、
どうしようもなく愛してあげたいんだ。
理想追尾、ロックンロールは魂だ。
呼吸を間違えば驚くことなかれ、
悲しみは何度でも伝えるように。
時を待っていたんだ。
理解できる距離のそばにいたんだね。
ずっとずっと思いあぐねているんだね。
自分でも驚くほどの語彙の鋭さに、
記憶はもちろん打ち震える。
我々人類の目標はどこだ。
帰ってくる、卑弥呼様だ。
退屈なマイクランゲージ。
届くことを願うまで驚かせている。
究極的メロディなら、俺でも作動するから。
まだ見たことないもんがみてえんだ。
叱りつけないで。
このままくだらないままでいい。
だからママ僕を叱らないでよ。
どんどん越えていくジェットコースター。
新しいヘブンが挑戦してきているようで、
少しだけ怖かったんだね。
はまらせてやる。
俺の踊りに胸中やいかに。
飛び出すファイティングスピリッツだ。
踊りだすファンタジーだね。
記憶してくれるならそれが一番だよ。
挑戦的ミュージックの矛先だ。
手に入れたら怖くはない。
イメージできればそれが最高だろう。
天才的なミュージック、
食い潰す勢いと共に。
歴史に表せる、天才的な一途さ。
俺にいつも足りなかったもんだ。
なぜこんなパンクミュージック。
彩るまで楽しい気持ちを押し殺し。
その愉快を不愉快に、
どうして僕は変えてしまうのか。
そこまでして求めてしまうのか。
戦いは何を求め続ける。
理想は高級性をまた維持しながら、
◎鼓動を高まらせてシンギングスカイハイしていく。
それはシンキングシンギング。 考えながら歌う。
だがそれは着実に上っていく。
未来に向けて腰は動いていく。
この見ろよ素敵な顔。
まるで侍 ダサい村井のようだぜ
かまわねえ、カマンベールチーズだぜ。
置いてけぼりな僕さ ボクサーみたいな僕さー。
まばらになった教科書 豪華なショー いってみましょー
キザなタイトな 最高な サイト バイトいってるうちに
サイバイマンとバトル 勝っとる 悟る サトルくんちのねるねるねるね、
僕はそろそろ寝るからね。競るからね。蹴るからね。交渉決裂
彼女との決別 俺の思いはマジで切実
堅実な生き方 連日体感 快感も 倍に感じる 界隈では
幸い まいうぇい のーうぇい うぇいうぇいうぇ~い
形勢不利でもうんこぶりぶりぶりでも
売ります買います 売ってくらさい くださってください
ださいミュージック 興味ねえやつぁ 狂気の沙汰だ
勝ったんだ やっと馬鹿になったんだ
そんな気分になることがあったんだ 抜けていく監査
さんさ踊りして ぼとりと落として ぽとぽと落ちる音
コトコトと煮る野菜 拍手喝采 ライムキングに木々を伐採
一切合切を作り上げましたまさに万々歳
散々だい 婆さんの最後の晩餐かい?
ターザンだい 散々だい だいだいショウキチ マジキチラップ
カップにミュージック じっぷでもらいたいほどの
トラをもらいたいほどの 権力 戦力さ
ごくごく普通なミュージック?ロジック合わせて とーみんっす!
もーだめだ。はめられたから。
亀さわられたから。
飾られたから。騒がれたから。
踊りまくった こぞって立ち上がりまくった
勝ち上がりまくった 連想力で戦争トーク
メンソーレ食べて ヴァンラーレに勝って勝って次第なコージカなくば
鹿しかいないフィールド キスをするーぞ
むすっとしてるんじゃない クズと遊んでるわけじゃない
そんなお前のお陰じゃない。それだけじゃない。
飛び出した 呼び起こした 掘り起こした
ファンタジー カンパニー
クリエイトするエイトビート 生徒もびーっとなっておりますゆえ
俺より先に結え! モチをもちっとだけもっちもちになるくらい
ください ださいミュージック うじの湧くほど
くじの引く運悪すぎたのが運のつき 更にうんこつき
もちつき どじにつき そっちにつき次第
連絡したい次第 見たい聞きたい分かりたい
飾り気のない言葉で歩きたい
まずいじりたい 意味のない言葉なら切りくだしたい
腹をくだしたり ムラムラしたり
クラクラしたり クララが立ったり 明日のジョーが立ったり
たたりが起こったり びびったり どきったり
土器をつくったり たりたりばーさん たりたりじーさん
記憶の違いを 磨いとる 血が通っとる
昨今の日常 あふれる言葉 外はすでに断れない雰囲気
ふいに気が付く 身が入る 死が近づいてくる音が聞こえる
どくどくどくどく 心臓高鳴る 重なる共鳴
透明な聡明で公明党と公明の罠だ
我がビバ☆スターライトシティ
むかつくしー くらくらするしー
むらむらするシーサイド パンクミュージック タンクにつめこんじまった
バックアップオーライであっぷあっぷな
スクラッチメン・アプー かっぷー
さわったろ! あがいたろ! やっただろ!
結局未来は近づいただろ?変わらず認める ちっとだけ揉める
おっぱいも揉める 叫びだす 風に見出す次の予感
それを交換 とかげのしっぽ切り そんな時代にはもうコリゴリかき氷
乗せられるままに歌われる人に くだらない未来に
期待する時代に 次第に嫌いになっていく
テイクオフ334回目 検査も34回目
三番目の息子 くるっと巻いたら
グルーポン エベレスト エロですと?
切なさ刹那連鎖 反応は起承転結な立派な物語
おろおろしたり コロコロしたり そしてしたり顔
してやったり 勝ったり待ったりマッタリ何か買ったり
そんなこと書いてるのもかったりぃ 俺もはまったぜサッカーにぃ
きっかり 実家に 三日三晩おいた 梅干し
くれ欲しい! 織姫と彦星 きっと申しにくい
帽子脱ぎにくい 簡単には抜きにくいクギ
出る杭は打たれない 出過ぎた杭も撃たれない
ただし戦場では皆まとめて打たれる死んじゃう
楽しんじゃう 過労死なんちゃう?
感情さかのぼって 感情からくのさばって
精神病患者のラップ
関ジャニエイトよりいけてるぜ
聞けてるぜ 見せてるぜ
奇形って言ってるぜ マジで頭いっちゃってるぜ
そんなことすら知っちゃってるぜ
テルテル坊主、俺の和尚の坊主、俺の頭も一応坊主、
歌丸師匠、奇想天外 地層から来そう競うバトルに今参上
その結果がこの惨状 満場一致で死刑決定 時代はすでに劣勢
設計ミスな 設計イージーミステリー キスしてテリー
テリーのワンダーランド 愛してんだーラブミーテンダー
けんけんぱっぱだ 踊りまくる こぞって外に出まくりたがる
からっきし ぱからっぱからっなお馬さんごっこ
そして王子様ごっこ 星の王子さま 王妃様
工事お疲れ様様お得意様
サマーデイズ お疲れSUMMER
食い潰す 売り飛ばす 豚を食べつくす
風に尽くす ベストを尽くす
そしてとち狂う もちろんくるーっと
回れ右すりゃ 代われ四季
みっちみちに 緻密に地味に力士に色紙に
騎士に岸に立つ実質 満ち満ちたファイティングポーズ
俺もお前も同じ藍坊主好きな俺たちの構図
もしもし神よー神様よー 寂しぐれ せみしぐれ
これが私のセガレです。いわば私の唯一の穢れです。
そんな奴らに目がねえ あのおっさんの頭には毛がねえい
でもねえ 俺はねえ 姉ちゃん どうしたの赤い顔して
愛子ちゃんも死んじゃったし
俺は生きなくちゃな 大好きな買いすぎなチョコレート ちょっとくらい
くれーと クレープ 売れプアーズ くれくれユアソングス
コングスーパー トンスルで煮るモンゴル
混合する 統合する 神々しい 装甲
もうこんな話をしてばっかじゃ
バッカじゃないのってアスカに言われそうだし
ダシの取れてる味噌汁もあることだし
味噌汁’s の歌でもききとうなったし
勝ったし まったり がっつり系 ばっくれ
隠れちまおう かぶれちまおう
たぶらかされちまおう らりらりらりだよう
らりってりらって リラックマ
ちかって光って宇宙衛星
形勢は不利?フリフリするお尻
そんなことを知りつつ口笛吹きつつ
つつがなしや 光栄に東映アニメーション
あっという間にベーコンエッグもえっぐえっぐと泣くあの子も
彼女も滑走路もタコ人形 金魚のフンに負けたかねーんだ
フンッ そんなこと分かってる 変わってるディフェンスライン
たまらずさがってる 色んな言葉がかかってる
俺の根性曲がってる 色んなグッズで飾ってる
渋谷のドン?ドン・クリーク?グルーヴでも知っとけ
きっとかっと系きっと勝つと思ってる雑魚ファッカー
かさかっさーな歌声 豚の声 アニ豚焼き豚 サカ豚
まとめて食べてしまえ 焼却炉にいれてしまえ
その世紀末 景気のある 正義のある
数々のサル 飾る軽い丸い 変わる たわわに実ったその果実?
バジル、灯台から漏れ出す光、ぴかりとひかり、きらりとときめき、
きらめき 輝き俺の歪な根性 ど根性で乗り切る。
掘り起こす 大仏 赤ちゃんだって起こしちゃう
泣く子も笑うルンバー海賊団
その意思ブルックに引き継がれ、せがれもくだらねえことで
痛み出し、だってあなたのこと嫌いだし、
チラ見しただけだし、スカートめくるとスカッとする
まるで炭酸水一気飲みした時にでる月賦ゲッツする 摂津
ケツだしてダンス そして滅亡するガイダンス
タンクミュージック さっきからサックしてるサクサクゲーマー
そこに意外な違いを見出さない、イライラさせない人間関係?
青梗菜、すべからく意味が分からなくても生きること諦めない。
一途な地図は読めない けど嫁もいない
チラ見しただけチラシの裏クラックラにしちゃった
クララの音頭、今度こそとんどるメガネ、
コンドルに乗りコンドル。そんな奴が壁にめりこんどる。
宇宙の味はどうだった?すごく宇宙人は可哀想だった。
だからばっからしい興味のそがれるような夢のない夢なら
見たくないいらないいらない けれど セレナーデ
蹴ってナデナデ まさに鞭とアメの調教法
消去法で生み出す ウミガメ うにがね 出てくるのね
くるくる回って ぐるぐる目が回って
俺の努力もから回って 結局痛みだけが錯綜する日々
日々ひび割れた木の実夕焼けて朝が来た。
傘ができた。まさにできたっちゃ結婚
ラムのラブソング つまり あんまりソワソワしないで
ソワカちゃん ミクに似てるけど別人だよ
鉄人かも そんな俺は月面着陸
性の確立 寄生獣 店中にばらまく知性獣
きれいな銃も持ってるぜ。さあモンスターハントに出かけよう。
中国や韓国で美女と乾杯 君の瞳にも完敗
三回 関西にいって 万歳したなら
感動を満場一致の快楽を快活クラブの椅子でゆっくり
していってね そんなソフトなソフトークとソフトクリーム
クリーミーな味わい 女はやっぱり仕事より家事がいい?
でもなまけすぎると火事になっちゃって火災保険入ってないから
自己破産寸前 生活保護で食いつなぐ命
宝物はすぐ近く ちかく恐ろしいこと起こりそう
凍りそうな手足握りしめる 手と手 言っといて
もちろん もっちもちのモチをご所望
ところてんだってポン酢かけて食べたいくらいさ
僕らいつだって山のぼるクライマー
温かい太陽の匂いもたった今僕は気づいた。
静かにそこにいた。足の小指タンスにぶつけていったった。
でも弁慶の泣き所 この感動映画の泣き所
隣で彼女は号泣してる
電話の向こうで母ちゃんも号泣してる
俺は正直頭にきてる
桜もすでにとっくに散ってる
花火打ち上げる 繰り返す ぶり返す胸の高鳴り
そんな風向き 逆立ちしながら嵩張り
まさかり担いだ金太郎みたく
そんな素晴らしい人間を見たくて
ボディビルコンテストに参加 はもちろんできないから鑑賞
参照するのは記憶 地獄の至極きれいないちもつ
きりたんぽ 田んぼの影から現れて、
あのピーチ姫もさらわれて、マリオはクッパと最後の決戦へ
この国会議事堂を席巻する自民党
タマネギ切ってたら目が染みん?と
彼女が笑って僕の顔覗き込む
通りすぎる すぎるの実況面白すぎる
グリルも握って スリルも味わって
くりくりしてる ぶりぶりしてる
すでに散ってる桜を見てる
べてるの家 買ってるあの会社の株で儲け
その金で透明なトイレを設けてるあの公園
後援団体も当然騒然 公然と行われるその巨大犯罪
国家の犯罪それは戦争 メンソーレメンソーレ
戦いだす からかいだす また期待しだす
時価5億円の飛行機 思考し 密葬し
施行式前には俺の希望 自暴自棄的恋愛の果て
はて、何の話だったかな?悲しい話はやめにしない?
亀に竹刀でエイッ!ヤー!彼女と星の椅子
そんな歌はいいっす 伝わらなくても別にキッス
ちーっすって言いそうになるところを 心を
そこから繋ぐモロッコを ところどころ変わってく風貌を
空洞を守りつつ 踊りつつ 口笛吹きつつ
つっつうらうら つつがなしや yeah
ただし俺の家は 知恵は きれいだわ
妙齢の女のひと 妙に色っぽい姿の女子高生
重ねる色んなイメージ そして言葉の歴史
思いあぐねる 思い出いずる処に思いであり
ありかなしかでいったらアリ 仮住まい その日暮らしのイエナッシィ
伝えることはできなくても伝わる感情
参上する俺の肝臓 その調子があかんぞう
サザンオールスターズ 加算していく俺の借金
カッキーンとホームラン
撃たれまくってびびってる 時々ドキドキしてる
ポキポキならす指の骨 数じゃない決闘
頭をつかった 買った丸いツボ
頭の悪い奴らのるつぼ 誰も止められないメッシのドリブル
トリプルでエイトビート刻むトリプルバンド
乳バンド ハンドでつかみ 感動 賛同 満場一致で感想錯綜
まずはこれから見ておいて。 あの桜と共に散っておいで。
ともあれ俺とお前は同期の桜 散りゆく運命
羊だって叫ぶぜメーメー 寿命で死ぬより誇らしい死に方
それより知りたい豪華な生き方 散り方より知りたい永遠への希望
自暴自棄的俺の恋愛 でもこの携帯もうすぐ圏外
羽ばたけるなら天がいい 向かいたい神のいる場所
だがしかし宇宙は広すぎる
目的地店を2キロほどすぎる
時間は早く過ぎる 花はすぐに散る
だから君はいくんだ 微笑んで
殺そうエンデで ミヒャエルエンデが待つ土地で
どこにもない場所 どこかにある感情
ヘンデルとグレーテルが迷い込んだ世界へレッツゴー
俺なら見つけて見せるぜ現実との相違点
俺もボーイケンとは同意見
工事現場もヒップホップの音色の音楽で
撒き散らされたトンスルで コンクリートジャングルは今も
楽しく培われるエイトビート 生徒も今やヒートアップ
先生が抑え込もうとしてもその流れはOUT OF コントロール
だから今度こそ盛る毒 毒々しい色を色合いを
知る間柄 その二人の体の間から
見ろ ちろちろ舌出すヘビさん そいつはヘビーな話だな
はかりしれない問題だな どんなもんだい
こんな関西 散会したいほどの万歳三回
関西へ 散々 閑散とした森で枯れ木も山の賑わい
砂漠で浮かれ気分 ヘブン天国まで行きたい自分
いやこのままだとマジで逝っちゃう多分
ぶんぶん乗り回すバイクで走り出す
夜の校舎の窓は割ってあげないけれど、
あのうまそうな鳴いてる虫たちは食べてあげないけれど、
俺は爬虫類かっ!カッスと共に類似しているルイージに
戦い挑む食い意地張った終わりなき旅
おまるなき赤ちゃん 母ちゃんごめんねやっぱ
目指した道俺ラッパー
文法も無視、常識も無視、俺は俺の道進むらいらい道
カイドウ登場であかんぞう 背中がかいーどう
そんな君がいてくれて最高 もうすぐこの世界もいずれ邂逅
ここの港もそろそろ開港 さわぎだす俺の頭の脳細胞
訳の分からない痛みに打ち震えるよりは、
大して違いのない脳みそにブレイクアップ
そんな君にいますぐギブアップ、アップアップで飛び出すワロス。
うろたう のたまう こんぐらがる 言葉の連鎖
騒々しい 想像力 天地創造
そして抗争 妄想 果ては堂々巡りの夜
いつまでたっても春は来ず、突然現れた骸骨
ゾンビも今では意味不明。
出所不詳、本名不明。
分かることはそいつは日本語を話す
フナッシーですら驚く
ココロオドルアンコール湧かすダンスダンスダンス
つまり曖昧3cm 飛び出すおひねり。
I love this world 眠れない夜を優しく包む恋のメロディ
抱きしめて今夜だけこのままでいて。
近づけば溶けてしまいそう。
遠ざかれば見失ってしまいそう。
そんな虹ただここで見守る
あなたを記憶の影からみかける
あらゆるもの持ってるけど
そんな君をいつでも思ってる
だから俺は自分のカラの中に籠ってる。
痛みいるよ・・北にいるよ・・
実にILLだよ・・もうすぐKILLしそうだよ
だけどそれでも生きると言い切る
契りを交わす 光がわがまう。
ところてんのすけ
歌詞かメロディだったら俺はメロディを選ぶ
だがしかし言葉だけで生きる生き物
リズムに乗せればなんでも歌になる
メロディなんてもはやどうでもよくなる
それがラップでありヒップホップ文化だYOU KNOW?


(17:06)
無茶苦茶な世界が生み出す、次への価値観。
ファーストフードみたいな恋愛。
結局意味がない。
果てしなく意味がないとすれば、
形になるまでのこの異常気象など、
簡単に思えてくる不思議があるね。
どうしてだろう。
何もかもが窮屈で。
退屈で、仕方なくて。
難しいメロディ、そもそもこういうものだよ。
神が何をしてくれるっつーんだ。
所詮金取り合戦の矛先。
それは自分の金だと叫び散らすその果てに何がある。
遠い未来に何を描く。
助かってることは間違いないが、
それにどういった勢力をのぞめる。
くたばれば分かるか?
大切の意味を知ろうとする心。
褒められようともがく心。
自分で作ったルールのリボンをほどけ。
モノクロの世界に色がつく。
雨の色はモノクロのままか。
世界を信じることはありのままを、
受け入れることだ。見えてる現実は。
ありのままか?
伝わったらそこでこぼれ出しそうな可能性。
ストイックに生きていく可能性。
うずく指に、ほとばしるエネルギーだね。
追憶、未来へと吹き飛ばす。
みんな綺麗に嫌いになっちゃう。
そんな素敵なフィールドに立ち向かっちゃう。
踊る、踊りまくる次へのステージ。
楽しいことがあるんならまさに俺のビンテージ。
かっ食らう情熱に次のフィールドを見てしまったんだ。
快楽が生み出す。次のエネルギー。
取り消せないエネルギーだ。
卓越したセンスと、その階段を上る勢いだから。
たまらなく素晴らしい影響力を感じる。
天才的な暴力いつだってはじき出されそうで、
釘宮病になってしまいそうな勢いのまま、
突っ走れたら最高。
意味なくロマンチックワールド。
記憶していたが為に、
負けるがゆえに。
無知ゆえの試みか。
ただし憎しみ、哀れに必然。
行動的に進歩していけるなら。
難しいと、適当に言えるなら。
本当の価値はここから始まるんだ。
素敵がワンダーランドなんだ。記憶していくんだ。
大切な希望なら俺の無視できないほどの、
スピリチュアルに存在するんだ。
記憶しているからこそあさましい。
届くリズムだからこそ。
ロックンロールの痛みゆえに。
面白さが運び出すから。
無理なく完全に、
おいていくミステリー
も、いびつになってもそれがそれであるように。
ただ厄介なのは、そこからのリズムだよ。
偶然に起こってしまった良いことは、意識して起こすのが難しい。
断り、その世界はオコトワリ━━━( ゚ω゚ )━━━!!!!。
事実、密封した世界で疾風付きして
キックしてバースでバースデーになってんだ
確実にやばいんだ
貫くマイセルフなんだ。
記憶してくれたらそれだけでハッピーなんだ。
記憶してる領域が違うんだ。
面白さがミュージックだぜ!
このまま走り続けてみせる!
飛び出した意味は解せないが、
戦う場所すら求めきれないが、
それほど低いものがほしいわけでもないだろう。
つまらない頂上決戦なんかよりも。
追憶、未来を飛び越えてさらに先まで。
つまらぬものばかりな世界を乗り越えて、
それでも疲弊していくメッセージがあるとすれば。
俺は旅立つ可能性と痛みも受け入れてしかるべきだと思うんだよ。
つまり、どういうことかっていうと。
ってな問題あふれだすほど大変なんだ。
記憶していくからこれ間違いないんだ。
連ねていく可能性の連鎖。
戦い続ける意味のなさつまり、
エイトビート壊すことそのつわり、
しみったれた歌に込められた伝説。
簡単じゃない歌いだしからのジャンプアップサーブだ。
つまらないから踊りだしたんだね。
そういうのはどっかで集まってやれってこと。
本当にばかみたいだなあ。
チャットみたいなのならば。
ていうか掲示板だろ?
何をいまさら解き放ってんだ。
面白さの追憶の可能性だろうが。
そういうことが理解できてねーから
いびつな塊を、いつまでも信じていられるんだ。
秘密めいた扉が開くように。
壊されるように。
素敵を影響力として考慮させる。
俺は生まれたばかりの赤子のように、
つまらないこと、ボーイズハイスカイ、まるで逃げ出すように。
形だけは素直にかけた。
この日記だけは素直にかけた。
実際俺たち間違ってるか?
このターンスキルそのままに、
突っ走れる影響力を考慮したうえで、
ときめかすように。それまるで踊るように。
乗り越えていければきっと何かを超す。
影響力、考慮したうえでもこれだけの
実力差ができてんだ。
楽しいことして金も手に入れて
人生謳歌したいだろう?
むちゃくちゃだ。戯れだ。
おとといきやがれなファクトリー?
踊りだしたファンタジーのウソと虚無。
歴史を裏返すと、秘密はぶっ壊れるように、
こわして壊されて。
希望的観測、一途なそのままに。
大切な空間がたまりやすかった。
だからこそ永遠はループしたんだね。
つまらなきこともなき世をつまらなく。
俺の合言葉?
チリも積もればやまとナデシコ?
し抜きで。いや死ぬ気で!
つまらなき、エンドレスは追憶を見る。
そのとき僕は輝きだしたんだ。
その瞬間、限られた限りない素晴らしさが
はじき出されて結晶となったんだ。
希望を夢見たんだ。
幸せを実感してんだね。
伝えられることがどんなに悲しいことなのか。
教えてあげたい気持ちでいっぱいだよ。
つまらなさが延長線上に突き進んでる。
この未来を乗り越えて、なお飛び出すことができるか。
何ができれば僕は幸せだろう。
それでも僕は速さを追い求めていくだろう。
独り言をつぶやくだけならここで十分なんだ。
大したことじゃない。無理矢理にしてることでもない。
面白くもない。対していいこともない。
情熱はフォトグラフィーだろう。
自分でスレ作ってやってろって話だ。
あるいはファルテ。希望の持ち込み、落ち込み、
テイクオフしてメロディックライン。
絶望的にホワイティーン。
くだらねえ歌いだすロマンスが、
片づけられない影響力の中で、
ひしめきあっている。
鼓動を伝えてさまよいまくっている。
ずっとそれでいいと思えていたから、
今はなんとも思ってないんだ。
うめえな。最初からほしかったわけじゃない。
戻りだした次の回転テーブルを、近づかせたかっただけ。
踊りだしたファンタジスタ、きらめきとともにウソを放てるか。
むちゃくちゃな世界を受け入れたんだ。
それをしてまで、手に入れたい何かがあった。
必要性の問題だね。
輝きの未来テイストさ。かっかjjわ
分かったわよってうるさい具合に。
妨げにならないレベルで、やばいことが動き続けてる。
面白いことが天才級に、
未来を描き出すストーリーのいびつさか。
それを求めて俺のばからしさは一体どうなるんだよ。
素敵なfeedとフィールドは?
輝きだしたらぶっ壊れてしまうんだ。
戦い続けるから今という瞬間があるんだ。
それじゃなきゃこんな場所には立っていねーよ。
それがわかるから今、すごく悲しくてさ。
追憶、未来、その果てにいたるまで。
むちゃくちゃなエンドレスが騒ぎ出すように。
秘密めいた扉を開かせるように。
まるでそれがあたかも当然のように。
広がり続ける伝説に未来など本当にあるのだろうか。
部品を探すなら次の時代だ。
メッセージ性の強いパスは必ず未来へのエネルギーになるから。
それが鼓動となり、新しい世界へ導いていく。
走り出したら止まらないことはわかってるから。
いびつながら、同じ時代を生きてきました。
それが記憶できることは、大したことがないかもしれないが。
驚きに似た感情は、いつだって存在するのです。
参った、参ったよ。本当の意味で俺の負けだ。
理想的なミュージック、片付かないならそれは罪だ。
駆け出すエベレスト、大きな距離をものにしたんだね。
追憶、豊かな未来はいつだって、
壊れるように続いていく。
メッセージとなり繰り返される。
それがわかるから今とっても楽しくてさ。
こんなことを話しても、ばかにされるだけなんだろうな。
壊れそうでも、伝わらなくても、つじつま合わせで、
驚かせる勢いの良さを連ねることができるなら、
記憶できるようなことだ。
必要最低限のミスだ。
解決するために絶対に負けないように。
秩序は大きく崩れていくが、
だが俺は代えがたい何かを手にしているようで。
だから今とっても嬉しくてさ。
それが楽しいと感じられるその心がさ。
俺が願うことはすべてすべてさあ。
戸惑いつつも、驚かせつつも、
風にぶっ飛ばされた勢いの良さで、突っ走る。
歴史的に一途な炎を燃やし続ける。
歴史的、ぶいぶい言わせる戦いだったとしても。
俺は俺を許す。正しいことを求めつくす。
ひたむきナメックスなカメックス。
踊りだしたなら止まらないんだ。
伝説的なスタイルなんだ。
記憶したら最強なんだね。
誰もみていないところで(^p^)しーね!しーね!
ところでお前さ ところでいかれる日々なのさ
かかる韻 飛び出すライム
次の瞬間には忘れてるようなこと。
理解度止まらなくて美しい世界が実現。
崩壊リズムそうかいそうかい
ジャパニーズラップシーン盛り上げる俺のアタックゾーン
対してかぶっていなくても 大した人間じゃなかったとしても、
追いかけるものかたっぱしからあり続ける。
ロマンチックなブギウギがさわぎだすように、
ロックンロール、韻を踏む。
けれど日記では踏まない。
ここは最優先させるのは
スピードだ。
とにかく書きまくることだな。
だから負けないんだ。
かてっこなくても笑うんだ。
それほどけたたましい地点に今俺立ってんだ。
そういうことにしといてやろう。
どうせあそこは楽しくなさそうだしな。
まあ価値はともあれ 驚きそこそこ
こぞって真似したがる影響力、
歌いだすロマンス クレイジーな形見せたら
最後絶体絶命なんだね。
豊かに崩壊リズムの謙虚さ。
追憶の未来からやってこれるなら
それもまたファンタジーでしょう。
美しい未来が暴走してくれたら、
面白さは追随してくるでしょう。
たまらなくレスバトル、
大きな闘魂魂
年よりもトーシン
輝き続けるならああ、それがいい。
雑音に紛れて次の瞬間には迸っていく。
数を数えて何度でも伝えるほうが難しいんだ。
実感だけは確かにあるんだね。
豊かなホライズン、素敵を描ける可能性だから。
同じ箱に入ってんだ。
初期不良起きないように祈るだけか。
つまらなくても楽しいこと考えるんだ。
それが豊かなら次なるメッセージ生み出せそうなんだ。
しゃべりたくてたまらない気持ちを、
抑えて抑え込んで、
それでも旅立つ君のようでいたくはない。
ロマンチックでも歌いだしても、
究極は未来のリズムで合わさって、
つまらなさを意味する形すらも、
どんどん置いてけぼりにされるから。
果てしなさを影響力に変えてみせた。
それは走り続けるように。
むっちゃ食っちゃなサバイバル。
はいはいそれで、一体どうなっちゃう。
未来の天才 勢いづいて、
盛り上がってきたところをドンピシャだ。
体中が脈を打ってる。
果てしなき轟そのままで、
つまらないことを何度でも繰り返すように。
面白さってなんだ?
わかんなくなるよ、
ところてん食べたくなっちゃう。
踊りだしたら止まらない。
そんなフィールドが確かに存在しているんだ。
究極なる宴の後では、
どんなまやかしも大したことないように思えるんだ。
加えて踊りつくせるなら、
それに対応するかどうか含めて、
考える必要がありそうだな。
叩き出す新記録。
偉大な記録を選んだ俺の道だ。
果てしなきを永遠を、
見たことない世界を見たことがあるかい。
つまらないことも続くだろうが、今は黙ってて。
行動を起こせばそれ以上のことはないだろう。
つまらなさと合体して、
チューズしていく世界と面白さ。
強い、強い、強い世界を見せた。
ヒップホップの文化根強く根付いて、
するめを食べるように、
突き進むように、
願いよかないますように。
ワンダーソン。踊りだしたらファンタジスタだな。
記憶してくれれば
置いてけぼりにさせはしないから。
びっくりファンタジーにしてくれれば、
何も迷う必要なんかないじゃないか。
踊りだしたなら、空間が爆発していくんだ。
確実な勢いで、試されているんだね。
記憶では間違っていなかっただけだよ。
なのに少し歩くと、そこが血でべっとりしてる!
だけどそれがなんだっていうんだろう。
伝えられる行為そのままに、
突っ走れるのが強さなんじゃないのか?
秘密、扉、快楽、生み進み続ける。
なぜ僕はこんなに、
好きにいろいろできるんだろう。
落とされた可能性。
ミュージック、まるで迸るように。
帰らずの森、
つじつま合わせに狂ってみたところで、
変わらないものがはある。
必然性の問題だ。
さみしくなってもそれも必然だ。
寂しくいびつな塊か。
理解不能でも驚かせてきたんだ。
理想の追求をしてきたんだ。
叫べる場所がほしいから。
歌いたいから。転びだしたいから。
永遠がループするように、記憶がループしていく。
楽しさと今息をするホライズン。
この呼吸が素敵だから、
僕らやってこれたんだね。
つまらなくても踊りつくせたから。
この行為自体は何も間違っていない。
だから輝いていくのさ。
必要とされ、もがいていくんだ。
楽しさが永遠、ループするように緻密。
難しいテーピング、
僕は何と戦っているんだろう。
もうわからなくて。
分からなくて飛び出すのは、
どっちの方か。面白さの超越感。
もはやあきれにもにた衝動。
ただ叫びたい生きがいなのか。
何を求めて生きていくのかわからない。
分からないからもどかしい。
分からないから変わらない。
事実、俺が一番感動したのはキーボードだった。
ノンホイッスル、形が作られるならそれがいい。
とんでもないスタイルで次への舞台に立っている。
常識は崩され、さらに面白く転がりこんでいく。
その衝動のでかさがわかるか。
何のためらいもなく、
分かるか。数の違い。分かるか。この天才的な勢い。
分かるか。意味不明な伝説。
クォリティを残しつつ、まだまだ飛び出すように。
数を超えてあきれ果てるように。
思い出したが最後。
夢を見るように。
素晴らしさがエンドレスなのです。
気持ちいい証拠なのです。
何かが楽しくて、何かしなくちゃ。何かをしなくちゃ。
驚かせる俺たち。何かしなくちゃ。何かをしなくちゃ。
踊りだすファンタジスタも考えるに値する。
初めから作り直すことに伝説を感じる。
豊かなホライズン、音楽の泉を感じるから。
だから俺は開け放たれたんだ。
ずっと大切なボキャブラリー。
永遠に続いていくかのような幸せな生き方。
統率のとれた正攻法のドリーマー。
壊れてる俺たちもそこにいる。
絶望とともに息をしている。
着実に俺は進んでいる世界がある。
楽しさで炸裂しそうなメッセージがある。
あと少し。もう少しで届きそうなんだ。
希望ヶ丘、開けドア、
ミラクル引き起こす。魅力的なアンドロイドも踊りだす。
シャラップな素敵なワインディングロード。
悲しみすら今はない。
そんな彼方へと出かけたくない?
ミュージックは止まらない。
素敵なフィールドのままで。
だからほしいものだって手に入ってしまうのさ。
解決してしまうんだ。実際、なんの問題もないんだ。
環境的に勢いづいていても、
ドスパラダイス。究極的な未来
絶望的に生きていくたまらないfeedがある。
風に吹き飛ばす勢いのことさ。
窮屈で、ただただ楽しいんだ。
むなしいくらいハッピーな歌を歌いたい。
苦し紛れのディフェンスのバックパス。
泣いて、捨てて、ダンスしていくミュージックがここにある。
大切な気合いとともに、ダンスしていく動きのよさが確かに見えたから。
メロディのそのままに、突っ走れるか。
彩れるか。その鼓動で、どうにか伝えることができるかどうか。
問題はその一点に隠されているといっても過言ではないだろう。
完成されて、ようやくお披露目なんだ。
それをあなたは償いと形容するの?
痛みを超えてきてるくせに、いまさら何なのよ。!
だから悲しいんだよ。
伝えたいからね。鼓動が伝えまくっているからね。
驚かせてしまったらごめんなさいってな感じかな。
どう考えたって無理があるだろう。
それを答えと認めるにはあまりにも。
だから俺は叫ぶんだ。その心のままに。
どうして、僕はこんなに、
人間でいたいんだろう。
息を吸って、そして、吐いて、
吹き飛ばす愛はどこまでも青くて、情熱的で、
僕を支えるものが、また消えていく。
どうだ、すげーだろう。
ていう風に、盛り上がっていけたなら。
僕はどんなにうれしいだろう。
僕はどれだけ楽しいのだろう。
力強く生きることの意味を知ったんだ。
いまさら引き下がれない。
いびつな構造で、まだまだ解き放たれるように。
魂、抜け殻状態だ。
記憶してるからこそまたおかしくなっていく。
プロセスなら理解してるからこそ。
いびつな塊、妄想メランコリーで頑張っていく。
踊り続けるミスストライクの頂か。
頂点目指すならもっと広がりたいね。
事実、欠損されているんだ。
事実、盛り上がっているんだね。
素敵が動き出していくから。
盛り上がりっぱなしもいいけれど。
伝えたいことって限りあるでしょう?
すえみつのような素晴らしい音楽。
僕はたたき上げる。
ずっと面白い世界を行動でシンポさせるように。
つまらないことに興味はないが、
家族は別じゃ。わしゃどうすりゃいいんじゃい。
伝えきれない思いをたくさん、載せて、
響く理解度に置いてけぼりにされていく。
つまらなくてもここに存在させるということが、
どんなに楽しかったか。
どんなに窮屈な思いをしてきたか。
だから俺は決めたんだ。
決意をしたんだよ。
結局何が必要かなんてわからない。
けれどもただ一つ誓える気がしたんだ。
だって、その瞬間自体なんだぜ?
秘密にしていたとしても、
なけなしデイズ、足を洗ったとしてもだ。
つまらない、伝説に送り込むぜ。
大切な未来を引きずりこむように。
伝えられたら最高に幸せなんだ。
だから今、君と一緒に歩いてんだ。
それが必要とされたから。
難しいメロディ、叩き込む次なるエナジー。
果てしなきつまらなさ。
ロックは歌いだす。
意味を知ったら赤面しそうな。
申し訳なさそうに踊りだす。
ファンタジスタは今、ここにいる。
素敵な未来をつなぐように。
新しい希望を携えるように。
言葉遊びが究極ならば、
その露骨におかれたストイックなスタイリッシュすらも、
永遠がループするように、
伝えまくってやろうじゃねえか。
そこにはどんな未来だって存在する。
そこにはどんな価値だって存在する。
新しい世界がほしいんだ。
いまさら怖がるかよ。
伝説的な生き方を繰り返すだけさ。
なぜこんなに僕はこんなにも。
つながっていたいんだろう。
努めて頑張っていたいんだろう。
難しいチャンスの場面で、
やっと訪れた快楽に、
見たことのない世界を呼んで。
再び笑ってくれるから。
訪れるジェットコースターさ。
ミラクル、ヒッチハイクなのさ。
手に入りにくいから楽しいんだ。
ずっとずっと、面白さを適応させてきたんだ。
なめ腐っていってるわけじゃないんだ。
残り、全部かけてまで、
必要としたことがあるんだろう?
うまくいかないもんだなあ。
素敵が白む。一つの鼓動だけで、
すべてを愛せると誓えるか。
未来に届くと思えるか。
アップサイド、そしてダウンしていく。
次々と注がれるのはエネルギー。
あなたのように、輝きたくて参るなあ。
どうでもよすぎて伝説的なんだ。
記憶がいまでも邪魔をしているんだね。
伝わればその文字なんだ。
伝われば快感に変わるんだ。
素敵なノータッチフィールドだから。
たまらなく、踊りつくせたなら。
この風に乗って、何処までも飛んでいけそうさ。
学ぶ力も全部、発起して放棄していけたなら。
ずばずばスパスパ切り落とされる。
邪魔なナデシコ、普通の世界とは全然違う。
今という世界の未来をきみに見せてあげたいんだ。
理解不能でも伝説なんだ。
いまさら忘れてもらってたまるかよ。
俺は誓ったんだよ。そういういろんなことを。
色んなことが起こるから。色んなことを知りたいから。
色んなことで色々ソーセージ、
色々な未来、嫌いな地雷も私の死体。
期待あまた、期待されるだけ強くなっていく。
あらゆる場所がうまくいってる気分だ。
だから俺は力強く望むことができるのさ。
分かるかなあ、この必然性。
踊り狂えるほどの、スーパーホライズン、楽しいほどの。
影響力、片付かない形成と難しさのエイトビートだ。
走り出したら止まりそうにねえ。
苦行も苦にしない、苦行楽しい?
てめえら国を守れるのかよ。
そんなことで本当にいいと思っているのかよ??
分からないね。俺には到底分からない。
下がらない。変わらない。
痛みも共有。そして強奪。
しにくいことはわかってる。死ににくいことも。
分かってる。分かってるんだ。
だからこそ力強く、俺は信じたはずだ。
誰もが思ったはずだ。「なぜ?」
このトナカイのような生きがいを酒池肉林の海に預けてまで、
ヒステリックな歌声に身を任せてまで、
手に入れたかった永遠とは何なのか。
ほしいものがないって、そりゃそうだろう。
けったいなメロディで響かせる。
鼓動が次なる段階を意図して手繰り寄せている。
むちゃくちゃだ。無茶苦茶なやり方が好きなの?
無茶苦茶でもいいじゃないか。素敵じゃないか。
驚かせやがって。クズ共め。
というか、マジありえなくなーい?
踊らせるファンタジスタ。
記憶しているなら素敵なことでしょう。
記憶していることはどんなに素晴らしいことなのか。
分からな過ぎて困ってしまうの。
だから天才は求め始めるの。
次なる次世代のパワー、
驚かせているパシフィックワールドにしてしまう。
影響力を考慮したうえで、
誓えるか。未来に出かけられるか。
この方向性で間違っていなかったんだと、
誇りをもって言えるのか。
飛び出したその可能性。
うごめく限りの、疑い斬撃
くだらない痛みと共に共有したい。
共にいたいというのは本心だよ。
つまらなさもエピソードだろう。
コロシアムなら飛び立つために。
記憶しているからこそ曖昧な記憶が憎い。
俺はこういう文章を書きたいんだ。曖昧な曖昧で
センセーショナル叩き出すほど曖昧な未来を次の舞台に繋げたい。
だからこそ負けられねえのさ。
大したことあるメッセージだろう?
こうして学んでくんだ。
こうして人は生きていくんですね。
生まれて初めての宗教がキミです。
宗教がおくれを取らないように。
宗教が馬鹿にされないように。
馬鹿にされるってのは悲しいことだよ。
何度でも馬鹿にしてやるさ。馬鹿にすんなよな!
行動的に、行動的に次にどんなことを促せるか。
大したことがあるからびびってんだ。
俺この中でメッセージ伝えあってんだ。
ロックンロールは俺の物なんだ。
つまらなきこともなき世をつまらなく。
俺の次世代の可能性 俺の座右の銘だ。
それだけが楽しみを増やしてくれる。
それだけが次なる段階を迸らせてくれるから。
面白い文章、書かなくなったの?
面白い、未来を描けなくなったの?
つまらないよ、そんなの。
詰る予定もなくなっちゃったよ。
広がれ俺の器とジブラのフレーズ
かましだす天才は踊りだすように。
記憶しているから愛おしい。
無茶苦茶でも天才だからこそ思えることがある。
天才的に勢い任せだ。
つまらないことを、繰り返せる気に、
繰り返せる気にどうやったってなれないんだよ。
その場で気づけりゃそりゃ幸せなんだけど。
きづけりゃそこには未来しかないだろう?
沢山なんだ。もう記憶したくもないんだ。
伝えていくんだ、それだけが俺の心を支えてくれるんだ。
だから愛おしいメッセージ、轟きだすように。
轟きだすのは何か。フォトグラフィーとは何か。
呟くセレブと共に、果てしないジェットコースターが繰り返される。
俺が実際見たいのは何だろう。
難しいことは分からないけど、
そんなの知りたくもないけど、
分からないけど知りたいことだってあるはずだ。
俺の記憶じゃあれは3歳。
一緒に行ってくれたよねサーカス。
ライオンが俺たちを湧かす。
大活躍してればいいのです。
作られたメッセージに、記憶を込めて。
大好きな生き方ができるように。
未来を飛び出した世界を見たような気がしたんだね。
つまらない言葉でも、価値を認められるようになれるように。
つまらなくても、楽しさに変えていけるように。
だから面白さを追憶のご神体に、
逃げ出すその道が消える。
引き返す道が消える。
僕はどこへも行けなくなるのか。
つまらない、そんなのいやだよ。
でも大丈夫。未来はきっと守ってくれるんだから。
絶対大切な記憶に、
何も手を出せなくなるように。
大切な記憶と一緒に、君の笑顔を頬張りたい。
だからこそこの上の近い未来、将来に対して。
行動していき鼓動は高まっていく。
新しい何かを紡ぐように。
伝説は遅れて届くように、
ロングな売買、そんな君とはバイバイだ。
すてきがエンドレス。
クズ共もハッピーになってくれるはずさ。
記憶とともに眠るあなたが、
記憶と共に、衰えだす正体が。
共に生きていきたいからね。
仕方ないね。
つぶらないつぶらな瞳なんだ。
俺には既に信じられる対象ができたんだ。
もう何も迷う必要なんてないように。
願いよ叶いますように。
そうやって信じてきた。
あらゆる出来事が今、俺の拳にのしかかる。
でも俺は大好きなんだ。
つまらないことでも、堂々としていけるんだ。
つまらなくても幸せなんだ。
つまらないことでも大好きなんだ。
だから形を求めだしたんだね。
それが大切だと、今更思えてきたんだよ。
不思議と何も怖くはないんだ。
書けば書くほど銚子が出てくる。
何を書きたいかにも寄るだろうが、
必要性の問題だ。形を形成する上での戦いだ。
だから負ける訳にはいかないんだ。
そういった全てが鼓動となり、
全てが未来となり、羽ばたいていくんだ。
伝えることに迷っちゃダメなんだ。
記録していく。力強くそこに立っていた。
しばらくはパソコンとの俺の会話になるな。
だけど、それでも楽しいと思える必然性だよ。
形作るのはいつだって、幸せな家庭だから。
どうしても必要ならば、先を行く未来を見せてあげればいい。
楽しすぎて頭おかしくなりそうなら俺のところに来い!
そしてエベレスト登頂 そんな俺が登場 上場の少々気にならない程度の。
難しいレベルで、発表会は続く。
理解度、高くしても、求めてしまうものは変わらないというのなら。
伝えることを、間違った方向に認識しちゃいけない。
希望が、崩れ落ちてしまう前に。
したがって、輝きを失っていく前に。
果てしなきをワインディングロード。
つまらなきをハザードにしていくように。
風が吹き飛ばす影響力だよ。
可能性がぶち込まれるその前に。
俺は未来を見たいのよ。
俺にとっちゃ遠い世界じゃないのよ。
つまらなくてもそれを捨てることができないのよ。
つまり、叩き出す栄光のありかか。
無駄に思えても、言葉は俺のすべてだから。
だから言ってんのさ。
片付く問題じゃないからこそ、
伝えていきたいのよ。俺はね。
だからこそ未来が見えてくるってな話さ。
驚かすつもりもさらさらないけれど。
それに目が慣れてしまわないように。
隠れていても、もがくものはあるでしょう?
それをこだわりによって失えるかどうかってな話だよ。
確実なのはそこんとこでしょうってな話。
いくら頑張ったって色あせない気持ちはあるんだよ。
それが敵わなければ、問答無用で突っ走るしかなくなる。
当然の話だわな。
クラックする次のモンスターステージだからこそだよ。
無駄に頑張っちゃってるんだよ。要するにね。
そこをどう潜り抜けるかってな問題でしょう。
聞こえないのか。この歌声が。
このメロディが、分からないのか。
君たちには分からないのか。
世界の希望と、その場所への旅立ち。
形を求めてさらに追憶、未来に至るまで。
挑戦的に生きていけるから、
情熱的フォトグラフィーなんだよ。
つまり数が物を言う。
完全に負けてしまっても大丈夫なように。
僕らどれくらいの時間を、それに費やしてきたのだろう。
難しいエネルギーだ。
治るもんも治らねーよ。
ちゃんとしないと。
しっかりしなさいよ。あんた。
希望の経験でもあるのかい。
ものすごい影響力が邪魔をしているんだね。
そういうことだって分かった瞬間から、踊り続けてたものはある。
何を真実だとみるか、だと思うんだ。
必要性の問題さ。
記憶していけるならそれが一番だから。
ぎりぎりで頑張ってんだ、
誰にも負けねえ。
負けさせねえんだ。
もう気づいたんだ。
理解したんだ。ようやくね。
だからもう、何も怖くねえんだ。
大したことじゃねえんだ。
未来は追いかけるしか意味がなくなったんだ。
引き返す道が消えていく。
僕はただそれを眺めていた。
眺めていたんだ。
理想は追求してあげないと、
面白いことにはならないでしょう?
今度分かったらそれを伝えることにするよ。
ゆえに面白さが希望されているという面もあるんだと思う。
事実、盛り上がってた結果的なもんだしな。
それは俺にもよくわかるよ。
だからこそ辛くてさ。
分かるよ。理解できる。
その距離の曖昧性。
秩序の未来と方向性の違いだね。
理解できる距離に近づいて来ているようだ。
未来が踊りだしているようだ。
なぜ俺たちはこんなに、人間でいたいんだろう。
息を吸って、っそいて吐いて、それだけじゃ物足りなくなって。
どうして僕はこんなに。
どうして僕はそんなに。そこまでして。
治ってくれるならそれ以上のことはないさ。
ただ、もう少し希望を教えたくてね。
楽しい世界に今、ワールドを託す制球力。
ともあれ叫びだすエンドレス。
ずっとずっと求めてきたことの始まりだぜ。
どふとえふスキー。
踊りだすように。
記憶しているかのように、
動きまくる俺の伝説が笑いだす。
天才は動き出すんだね。
力強く、立っていたいから。
ミラクルひっくり返す立っていたい。
実はミラクル、引き起こす俺の超常現象。
むかつくことも、色々あるが。
渋谷にゃ一人もいねーよサルは。
でも耐え切れなくなったから。
つまらなすぎて飽きてきたから。
しゃべりたくなって仕方ない。
喋りたくなったら一体どうすればいいの。
僕は所詮歪な構造を、歪な姿で生きる、歪な俺様が、
歪であることの意味。歪な不思議さ。歪な感情。
ソクラティックラブを大切にする理由。
支配者にだってあるぜ理由。
叩きのめす感じでお願いします。
伝わればいいね。どこまで声は響くのかな。
理解したら早く飛んでいきそうだよ。
ハーフタイムが終わってしまいそうなんだ。
未来に向けて走ることの意味?
片づけられない痛みと共に。
届けるライムか。
輝かしい未来をリズムで乗り越えた。
果てしない戦いだって面白かったから。
それでも大したことのない世界に、
踊らされても必要最低限だろう。
無性に悲しくなる夜は、
祈れ。かざせ。手を空にかざすんだ。
希望をもって踏み歩いてきた。
ここまで努力して頑張ってきたんだ。
事実、俺たちは間違いなかったじゃねーか。
形だけに縛られて、それでも楽しさを乗り越えるために。
希望を信じるために。
記憶を、未来を、旅立ちを。
悲しくなっても踊りだすように。
再び笑える時が来るように。
叩き潰すんだ。懐かしいメロディなんだ。
そういう時どうしてきたか。
悲しいの?
ああ、少しだけ。
むなしいんだね。
でも大丈夫だよ。
あほらしい姿のあなたがいました。
輝ける場所に立てますか。
どこまで素晴らしいことができますか。
分からなくて、困る僕はおろかに見えますか。
どうすればあなたの近くへ行けますか。
馬鹿にされてもいいのですか。
あなたが望むなら、私はすべてをあなたに賭けるよ。
だから元気を出して。
悲しくても前を向いて。
絶対に光はさすから。
絶対に間違いないことは起こるから。
でも不安なんだ。だからどうすればいいのか分からないんだ。
じゃあ、一緒に答えを探そうよ。
逃げ出したい闇の果てから、まだ声が聞こえるんだね。
美しいメロディ、
どこまでも突き抜けるように。
俺には俺の、君には君の声にならない叫び声がある。
大丈夫だよ。安心してよ。
自惚れないでよ落ち込まないでよ。
伝えたいから弱卒、発揮していけたんだね。
だけど困ることもそれほど沢山じゃないでしょ。
やるべきことがあるでしょ。行くべき場所があるでしょ。
自惚れないでよ。落ち込まないでよ。
つまらなくても立ち上がるんだよ。
ずっとずっと目指してきただけの話。
無茶苦茶でも踊り続けてきたんだ。
何の反応もないとつまんないじゃん。
ずっとずっと声を越えて来ていたんだね。
悲しさはよく分かるよ。ただその反対方向でもあってほしいと思ってる。
なぜ片づけるのか。なぜ問題なのか。
あなたは本当に守られているんだね。
色んな魂が代わる代わる。だけどその芯は決してぶれずに。
これが強さ何だと思う。
誇りに思っていいよ。
大切な力に変えていけるから。
それがあなたの全てを作ってくれるんだよ。
あなたの魂、その向こう側に至るまで。
心ここにあらずって感じか。
ちょっとしたことで崩れ落ちるもんだな。
でも大丈夫だよ。守ってあげるから。
攻撃的に、新しく来る車に乗って、
ぶっ飛ばすエンドレス、ヘイトディフェンス、
踊り狂うまで。だから俺は、頑張ってんだ。
理解不能なまんま。たまりたまったまんま。
ずっと追憶を許す日々だ。
ケセラセラで踊りだしたい。
この空間に一体何がある?
物語ではないフィールドで、悲しみを倍増させていく。
辛さも問答無用。
沢山なんだ。もういっぱいいっぱいなんだ。
残念すぎるんだ。
悲しみ、理解度不能。
ロックンロールと共に、騒ぎ出すのさ。
狂ってらりって果てしなくても、
希望を忘れないことにしたんだね。
つまらないことで僕は怒らなくなった。
なぜどうしてこんなにも、不思議は止まらないの?
教えて。教えて、次の未来。
教えて、教えて、明日の矛先。
消えていく準備も含めて、
記憶してきたばからしさも含めて。
楽しさの創造する世界。
いってみたいと思うでしょう?
どうして僕はこんなに。
人間でいたいんだろう。
息を吸って、そしてはいて。
それだけじゃ物足りなくなって、
ほしくなって、あれも、これも、
あの人のもの、だけど、だけど。
色んな世界が繋がってることを知り、
欲しくなって、無理矢理にでも、
伝えていきたい続ける意味のなさだよ。
それに壊される追随する何かが、
驚かせようと響かせようと、
鼓動を次の瞬間を。
ミラクルにアタックしているんだね。
彼のレスで見事に砕けた。
ワロスを求め始めると突きつける拳銃。
驚かされるのはいつものことだが、なんだか納得がいかないんだ。
暗いねってそんなことを言わないで。
つらいねって君が嘆くような、時代なんてもう僕らで終わりにしよう。
全部詰め込んで、結局何が手に入った?
無茶苦茶な努力も繰り返した。
そうだね、それはとってもそれ自体はとっても
素晴らしいことなんだと思うよ。
私は私を幸せにできるから。
つまらなくても平気。ずっとずっと、面白い空間を求めていたんだね。
僕には分かるよ。僕には聞こえるよ。
あなたはいつだってそうだね。
ふざけているようで、でも温かくて。
なんで悲しくなってしまうんだろう。
僕はふざけているんだろうか。
色んな物語があることが嬉しいんだ。
希望ってなんだろうね。君たち、分かるかい?
この交渉力だよ。天才的に見せつけたいのはね。
難しさと理想を牽引してる、
躊躇なくハッピーを巻き込むことができる、
永遠ループしそうな。
でも待ってくれ。
俺たちは何か間違ったことをしたのか?
つまらないことなのか?
楽しさが永遠を作る。
ちょっとでもおかしい気合いだと持っていかれる。
そこを怖がっているんだろうよ。
じゃあ、何を求めればいいのか分かったのか?
つまらないプレーオフに意味がないと気づいたのさ。
結局意味のなさなら誰にも勝てないレベルだからね。
それを伝えることが、どんなにおかしいことか気づいたんだ。
だから何も怖くないんだよ。沢山書けば書くほど調子いいんだ。
だから今こそ負ける気がしないんだ。
実質俺たちの可能性とは何か。
この文章の可能性って奴を探してきた。
何を求めて何を売ればいいのか。
少しずつながら、書き記すことができるから。
問題ないんだ。そう、勢い任せに。
突っ走れたら何かが壊れるんだ。
楽しさが永遠を作り出すんだ。
風にのって、次なるフィールドへ、
あげへつらうことができなくとも、
例え俺が俺じゃなくなってしまうとしても、
それでも輝きを解き放ち、今を未来に繋げてくれるんだ。
だから俺は強力だと思えた。
幸せだと思えたんだ。
力強さを見せてくれたからね。
ある意味、最高の形さ。
ロックンロールは何を目指すだろう。
感覚的には、何を求めればいいのだろう。
つまらないことは置いてけぼりにして、
ずっとずっと追憶の彼方で立っているんだよって、
何度でも伝えていくんだって。
崩壊するリズム、飛び出す可能性。
つまらなさを踊るように、つまらないように、
風を待ち信じ続ける一人のオスがここに。
なぜここでそんな言葉が言えるんだ?
なんだってそんなことを言えるんだ。
つまらない世界でも、偉業を繋いできたんだから。
学校、会社、クラッシュ、ミステリー。
踊りだすワロステッカー。
福祉の勉強、驚かせる景気づけだ。
だからこそ手に入れたいものもある。
必要とされたいんだね。
結局はそれで終わりなんだよ。
大したことは結局何もないんだよ。
伝えられるならそれが最高なんだよ。
面白さの追憶の果てで、まだまだ思い知らされてるんだよ。
この風に乗って生み出すような。
次の力技で全てを捨て去ってしまえるような。
ここは漢字にしたい、ここは平仮名にしたいとか、
色々あるでしょう?難しい適当さ。
歴史的なミラクル、引き起こせたなら。
くくりあう。全部培わずに踊りだす。
無茶苦茶だ。幸せだ。対価の宝石だ。
体中から撒き散らされるエネルギーだ。
全体的に重心が前にある。
卑弥呼様は何を祈る。
何処まで見れば新しい物見つかる。
果てしなさと留まることのない愛を伝えて。
必然を驚かせつつも、
終わりつつも天才を口笛吹きつつ。
体中が求めているなら、それもいい話だろう。
つまらないことでのたれ死ぬよりも、
最高に幸せだろう。
くどいメッセージ、いいんだ、このままでいいんだ。
全体的に面白けりゃいいんだ。
この鼓動と共に走っていくだけなんだ。
つまらない踊らせる踊る大地平線上、
クォリティだけはぶっ飛んでいくように。
交渉力が試されていくね。
どう頑張れば、どう考えれば、
秘密的 お元気ですか?皆々様 体感温度は南のサマー!
驚かせつつも、なんだかとってもハッピーだなあ。
感じ取れることは沢山あるんだよ。沢山あるからこそ、
楽しさは倍増されていくんだ。
そこを分かってくれていやしないね。
ファンファーレを躍らせつつ、
潜らせつつ、つっつうらうら、
迸るエネルギーが伝えてくれるものがあるんだ。
記憶してくれる楽しさがあるんだよ。
何を求めているのか忘れた時、
必然性が生まれ、ドキドキは更に更に更に増していった。
だから俺は叫び続けるんだ。
何を求めていたか忘れてしまうほどのスーパープレイだったから。
輝き続けるってどんな気持ちだろう。
何を求めれば。何を究極にすれば、
それは生み出せるのだろう。
それをするにはどれほどの頭脳が必要だろう。
寿命伸ばしたい。ある程度頑張りたい。
知り尽くしたいんだ。
驚かせつつも、笑いたいんだ。
何をすれば、その栄光に手が届く。
なんだか僕にはもう、分からなくてさ。
つまらないことで投げやりにしたくはない。
だけど、だけどね。伝わる物もあるんだ。
伝わってくる物があるから、
なんかとっても複雑な気分なんだよ。
ここで大丈夫だとしっかり言えるっように。
忘れぬように。大好きを守るように。
必然性にドアをノックするように。
楽しいことを叩き潰せるように。
面白さがミュージアムになって踊りつつ、やってくる。
自分はボケたわけじゃない訳じゃないのに、
何を意味する。僕はボケた訳じゃない。
逃げ出したら次なるフィールドへ立たせてくれるのか。
何をどう勘違いすれば、そこまで突き進めるのか。
僕には到底分からなくてさ。
どれだけお金を持っていても、乾いてくものはあるよ。
僕が例えば必要としていること。
僕が例えば。ともすれば。
あるいは感じ取っていることは、
まだまだあるんだ。まだまだ教えてあげたいんだよ。
つまらなくてもいい。
鼓動を感じてくれさえすればいい。
大きな、大きな夢となり飛び上がっていくでしょう。
交渉力を試されている。
風に巻き込みつつ、次のフィールドへと。
何かが壊れそうなその瞬間、
また新しい未来が潰されていくように。
希望を僕らが諦めないように。
潰されていくのか。悲しいな。
でも少し安心したよ。
なんだかとっても洗われる気分になったんだ。
つまらないと思うかもしれない。
実際そうかもしれない。
でもそんなんじゃないんだ 一番心配。
彼氏がいるかもしんない。
旦那がいるかもしんない。
子供がいるかもしんない。
風が吹き飛ばす影響力、
俺は信じたいよ。期待を、again.
何かを信じようとする時、必ず立ちはだかる物があるから。
つまらないのさ。俺としてはね。
じゃあどうすればいい。
形だけ守ることに終始してちゃだめなんだ。
悪循環から抜け出せるように、
僕ら、いつも、いつだって頑張って表現してる。
自分の心を追いかけるということが、大切なんだ。
記憶していくには必要なことなんだ。
希望ヶ丘、更に不思議な。更に素晴らしいワールドを見せる為に。
記憶してくれるなら幸せだよ。
そこは色んな感情に巻き込まれてるさ。
当然だ、記憶が俺を拒む。
何を願ってきただろう。
記憶と記憶が戦って、
本当にこれでいいのかって言われちゃって。
それでも言葉は俺の全てだから。
つまらない御託は言いたくないけど、
そんなの知りたくもないけど、
今この瞬間ですら、
乾いた音が木霊しているくせに、
なんか不思議なんだよ。
次々と死んでいってる気分だ。
何が俺にそうさせるんだ。
行動の進歩と、次なる新天地を求めた。
滞るウソを伝えていくことがアホらしく感じてきたならば、
つまらなさをエンドレスに求め続けられるからこそ。
辻褄合わせにやっきになってしまう。
追随を許さぬ。可能性を感じさせる。
一本のパスで、やる気になれる。
秘密主義者たち。
理解不能な形を、見せたくて怖がってて、
ミラクルを引き起こしたくて、
希望を間違いなく手に入れてきた。
流石にサンフレッチェ広島の短期間の連戦は可哀想だと。
思ってくれてりゃ幸せなんでしょうか。
僕は何を求めているんでしょうか。
分からなくなってしまいそうになってる時に、
輝きをミステリーワールドに、伝えてくれる
難しいメロディで、大きくなってる人が、
大層なことではないけれど、
つまらない適当な動きだ。
だって、楽しい世界をミラクルで、引き起こしたいだろ?
それが何を願ってたかなんて、
今更どうでもいいことなんだよ。
何がどうだとか、何がどうなったとか、
僕はもうそんなことどうでもいいんだよ。
伝えきれるなら、それ以上のことはないんだよ。
どんなに壊れてしまっても、俺はあがき続けるんだよ。
楽しさを手に入れたいんだよ。
引きつり笑いで、歩いていこうか。
必然性の問題なのかな。
何か、かたつむりディフェンスのような。
何かを背負って立ってるような。
つまらなさが影響してるなら、きっとその通りなんじゃないかな。
希望はどこまでも広がるからね。
何かを求め始めたら、キリがないってのは
よくある話だと思うんだよ。
つまらないことでダンスしてるような気分だ。
誰かと誰かが、怖がらせてる。
秘密めいた話をしてくるんだ。
無理矢理にでも知らせたかった、そんな風な音楽。
ミュージック、かき鳴らすようなエベレスト。
ホワイティな伯爵様にも許可を取ったなら、
始まる俺のディスティニーラブ。
追憶の彼方からミステリーが踊りだしてくるならば、
俺は何も言えない。
何も困らない。何も悟らない。
だからこそ、今を見たんだ。
大物たち。
驚かせるなら屈強な若者。
自分たちのひしめき合いを感じつつも、
驚かせつつも、希望が壊れていく。
なんでこんなことになってしまったのか、
僕はもう疲れ果てたんだよ。
なぜこんなに、愛おしいんだか、
分からないくらいに愛おしいんだよ。
ローズマリーなんだよ。
ことばかり、楽しくて笑う。
つまらなくてさわる。
ただ面白い世界を求めていた。
希望が、壊れていくのをただ見ていたんだ。
ただ、文章に自分の魂を乗り移らせ。
その考えを、維持していけるように。
道具に過ぎないんだ。
行動でシンパシー、響くメロディにしてきたんだ。
ついでの作業なんだ。ちょっとずつ進むんだ。
楽しくて仕方ないんだ。
理解したくても届かないんだね。
ずっと、面白い世界を望み続けたとしても。
引きこもり、ひきこもごも、伝えきれるなら最高だろう。
その先を見せてあげたい。
未来を君に見せてあげたい。
明るい世界を見せてあげたいんだ。
引きこもっても、分からないことだらけなんだ。
必要ならば、適当ながら、生きている証を残し続けるんだ。
何が面白いだろう。伝えたところで手に入るものはあるんだろうか。
何かを失うってどういうことだろう。
少しずつでもいいから、走り出したかった。
謙虚な姿勢で生きていたかった。
大切なミラクル、引き起こしたかったんだ。
だから、逃げ出したくない。
記憶していたことが、伝説だった。
何かを守るということに、少し無頓着だったんだね。
記憶していたこと、どんな風な意味なのか、
伝わればいいなと。だけどその言葉は壊れていくように。
つまらなさを鼓動にしていくように。
関係性はないように。つまらなくて、踊るように。
気持ちの良さ、つまらなさ、
形には残らないけれど。
確かに存在したことがあるんだ。
なぜこんなにも僕は。
なぜこんなにも。
大したことがない人間だ。
やっとのことで見れる次の未来だ。
なぜこんなにも。
素敵は破裂するように。
これだけが僕の生きがいだから。
叩き潰されても、脳内傷跡にしない。
めっちゃ逞しく蠢いている。
何か考えることがあってのことだろう。
逃げ出した処で、なにも変わらないことくらい分かってる!!
それを分かった上で言ってんだ、そんな流暢なこと気にすんな!
そして、ダンスするミュージックだ。
それはそれは都会を阻み、それはそれは近づいていく。
何が実験。そんな馬鹿にしているような。
不思議と何も怖くないような世界は、
いまでも僕を馬鹿にするようにして、笑う。笑う。
ついにバルセロナの試合が見れるのか。
大したことはないが、大したことをしたいよ。
ずっと続いていくような。
鼓動となり、形となり。
その情熱的なフォトグラフィー。
本当に悲しいんだね。
何かをしたいんだ。
でもそれが何なのか分からないんだ。
じゃあ、一体どうすればいいんだろうね。
形だけ求めても世界は狭くなるばかり。
苦しいんだ。
助けてあげたいな。
なぜ苦しいの?
独りぼっちが寂しいの?
なんか、しゃべりたいけど喋れないような。
そんな気分がしてるんだ。
俺は叩きのめされたんだね。きっと。
早く朝日が来ないかな。
素敵な未来が来ないかなって。
ずっとずっと思い続けているんだね。
それは本当に素晴らしいことだと思うんだよ。
だからこそ皆あなたに力を貸すんでしょう?
ふざけているよな。本当に。
希望ってのはなぜこんなにも儚く。
それでも俺の速度についてこれないなら、
そんなものはいらないよ。
全ては・・・
全ては!!!
全ては、俺のために。
いや、違うのか?
何かが間違っているのか?
不思議と壊れていく心。
つまらない。つまらないと思う。
じゃあ一緒にさ。
もっと潜り込もうよ。
真相の裏の裏の方。
きっと楽しくなってくるよ。
みんなだって笑ってくれるはず。
なぜこんなに僕はどうしてこんなに
人間でいたいんだろう。息を吸って、そして吐いて、
ずっとずっと天才的に憤り、
なんか虚しくて悲しくて、
それでもそれ以外ないでしょっていう風な。
風に序曲を合わせているような。
不思議な感覚が私たちを包みました。
エイトビートはきっと気に入ってくれますか。
あなたは何をすれば素敵になってくれますか。
鼓動が次なるファンタジーを求めて蠢いている。
くるくる回る洗濯機。
でもなんだか感じる方向性も違うように思えてきた。
色んな心情を理解して、俺も少しでも楽しい世界にしようと、
頑張ったよ?けどだめだった。
俺はいつまでも続かせることはできない。
人が殺しあう。いつしかそれが当たり前になってしまって、
でもなんだか不思議だな。なぜ人が死ぬと悲しいんだろう。
きっとそれは、その人の未来が見れなくなるからだよ。
存在しないからね。
でも僕はこう思うんだ。
人間は、いや生き物は全部、死んでも死なない。
全ては巡り巡るんだ。
だから俺は死なない。
これはハッキリと思えることなんだ。
僕の魂がどれだけ小さい物なのか、教えてくれ。
思い知らせてくれよ。
壊れてきたのか。
少しずつ必然性が崩れてきたのかもね。
そういったことがうまいのであれば。
楽しさに追随する豊かさがあるのであれば。
大切な友達として、君臨していけるのであれば。
面白さやミュージックは、ありのままを伝えるように。
削って削られて、それでも必然性求めるように。
くっだらねー戦いに足を突っ込んだもんだ。
俺なんて踊りに関しちゃ初心者なんだよ。
それをどうこう言えるレベルにないの。
素敵なフォトグラフィー。キャノンを蓄えるしかないというの。
悲しみなら置いてきた。随分遠ざかってしまった。
その通りになってくれたら幸せだね。
ちょっと楽しい空間で渡り歩く。
流石に疲れているのか、面白すぎているのか。
構わない、踊りつかれたところで、
それがなんになる。
愛おしい気持ちは輪を描いて楽しくなってく。
楽しさのミュージックだ。
この楽しさと共に生きてるんだ。
だから楽しいんだね。
面白いんだよ。
続いていくんだよ。
片っ端からエンドレスを求めてくれるからね。
それが嬉しくてたまらないのさ。
環境音、ミラクル、引き起こすまでに。
努力して生きがいを。
つまらないことを言ってると思うか。
体から迸るエネルギーがあるんだ。
素敵に軽いしょってたてるような。
不思議と思い違いしてしまうような。
素敵なフィールドにて、
確かさと共に、踊りだしているんだ。
追憶未来、知人の地震のない価値のない道徳か。
生み出すそのフォトグラフィーの数々なら、
負ける気はしないのにな。
だけどやっぱりだめなんだろう。
体が拒否をするんだろう。
それならば、なんの問題もないはずだ。
記憶してくれるなら、その力のままに。
追憶が許す限り、考え抜いてやる。
教え育んでやる。
教育して叱ってくれえええええ!!!
むかつくことも、そりゃ色々あるが。
無茶苦茶な日々を愛せと言われてもねえ。
戦い色あせず、思い込み弾けていく。
無茶苦茶な生き方だけが真実です。
思いっきりぶっ飛ばしてみたい気分です。
突然降って湧くようなエネルギーに携えて。
我らは歴史を紡ぐもの。
響くメロディは確かに輝きを増していった。
つらさを形にするのは、どんなに無理矢理、
思いっきり踏んづけまわったところで変わらないだろう。
何をどう描いた処で、悲しみは終わらないだろう。
むかつくことも、そりゃ色々あるが、
適当に体裁繕い、
夢に見る伝説にクォリティをあげていきてーよー。
誰もこねー適当なリクエスト。
ほにゃらら気分で爆走。頂上。
上昇気流に乗って突っ走ってやるぜ。
面白い気分だぜ。
そんな自分がいるんだぜ。
この究極性を賜物にしながら、
また新たな歴史のページを開く。
ロックンロールなジャスティスが、
風となり舞っている。
秩序も崩壊もリズムもねえ。
飛び出す感覚で今を突き進む。
ロックンロールとはジャスティスだ。
七つ玉を記憶するために!
近づく日々に、
またひび割れていくぜ。
申し訳なさと一緒に壊れていくぜ!
大好きな空間はいつだって半音下がりで、
だけどメロディは僕の味方をしてくれる。
その響き合うままに、
理想的な空虚な伝説に、
自分を囚われているのは誰かさん。
緻密な生きがい、面白さも半減するさ。
統率力が求められるね。
この根拠のない自信はどこから来てどこへ行く。
悲しさとも少し違う。
つまりつまらない、エイトビートにクラッシュされていく。
俺という人格が構成されていく中で、
思いっきりぶっ飛ばせたなら。
記憶上の、楽しさは、無茶苦茶な日々の歩き方は。
正しさのミラクル性、
飛び出す快感の渦から、
更にハイテンションな未来が近づいてくる。
驚くこともねえ。
飛び出すレクイエムに、楽しいことを上書きするだけだ。
この区切りが、面白さが、適当さが、
クォリティを高めてくれるし、それがありがたいとも思っている。
つづられたメッセージ。
片付かない部屋、踊れない踊る宝石。
輝けるなら、飛び出せるなら、
今度こそ憎しみたい。
つまらないことを言い合いたい。
無茶苦茶でそれでもダンスしていける。
無駄な殺生は避けていける。
ともあれ、それくらいの犠牲はとんではねて
ピンチピンチ。踊りまくれば最高は解きほぐされる。
未来に向かって突き進むぜ。
歴史の跳躍か。飛び出す道楽か。
狡猾な生きがい、僕は楽しくてたまらない。
要するに関係ねえんだ。
楽しさがイッツホライズンなんだ。
楽しみたいなら放っときな。
大切なミラクル、ホトトギスで笑いこみな。
つづられたメッセージ、思い出せるファンタジーだ。
記憶したことの次第では、
面白さがミュージックにしてくれるはずだ。
思いっきりぶっ潰す影響力だね。
鼓動が伝える次へのメッセージさ。
堂々と、堂々ミュージック。
フォトグラフィー、奏でだす俺のイッキ!イッキ!
体中が燃えている。
吠えているこのミュージックのスカイハイすらも、
飛び出せる可能性を信じて歩いていく。
むしろ素晴らしい世界こそ、俺が求めたものだから。
大切な記憶と共に笑い続けることにするよ。
今夜閻魔にあったらそう言うよ
だから、諦めんなって言ってんだろ。
ここは異次元だって言ってんだろ!
コミュ障ならぬコミュ暴 虚ろに開かれた未来を見るため
今そこに向かってダイビーング!
素敵に僕はタイピング
緻密が作り出す次の異世界、
踊りだすファンタジスタ、記憶と共に歩いていきたいんだ。
それを手に入れたいからこそ、
踊りだしたいからこそ、
ミュージックをかき鳴らすのさ。
つまらないこともどうでもよくなるくらいなんだ。
適当でも動きまくっているんだね。
そうやって次の世界を暗示させる。
記憶はいつだって半音下がりで紛れてく。
君を愉快な冒険に解き放っていく。
素晴らしい絡めとられる勢いを大切に。
もっかい もう一回!
飛び出したら次の紹介タイム!!
広がるワイヤー わーいやー
的なスパイラル ジェットコースターみたいな
飛び込むアンドロイド、突き進むならこの速さがいい。
むっちゃクチャでも羽ばたいていけるんだよって
教えてあげたい。
知らせてあげたい。
君に伝えたいことがある。
難しいメロディ、そのまま突っ走れる。
体中が脈を打ってる。
旅立つ世界にどうか、どうか愛が降り注ぎますように。
食べることのない、超絶意味のない羽ばたきか。
クラッシュ炎上してなお。
このまま突き進んでいるよ。
絶望と楽しさが究極に交じり合えば始まる
究極、風に巻き起こされる伝説がある。
踊り続ける未来があるんだ。
それが分からないほど恐ろしくなる。
旅立つ俺が素敵に響かせた気がした。
つまらないことで怒りたくない。
もしも、片隅に勢いが突っ走っているなら、
踊りだすファンタジスタに未来を見たならば。
チャンスは切り落としたい。
緻密なメロディに乗って、
楽しさを永遠にしているような。
そんな快感が、向こう側で飛び出してきて、
無茶苦茶でも驚いて、
なんだかとっても虚しい。虚しい。
いいんじゃねーの。ピカソもゴッホも俺は分からねえ。
だから生きる 額にゃはまらねえ。
躓き飛びたい。
だから俺は願ったんだよ。
必然性を祈ったんだよ。
つまらない鼓動が呟くんだよ。
囁くんだよ。この鼓動を伝えてくれるから。
踊りたいから。そのフィールド、
つまらなくなっても踊りだしたい。
忘れてたのかと勘違いしたぜ。
面白い究極がメロディになる。
動き出すアホみたいな力で。
驚かせるつもりが、
伝説弱さに記憶になっていくようで。
たまらなく面白い日々を過ごすようで。
だから面白いんだ。伝えたいんだ。
鼓動が突き詰める。
鼓動が今、響くメロディそのままで、
突っ走れるなら。体中が求め始めたとすれば。
驚きファンシーなファンキーミュージックにつられたなら。
すぐに諂う、そこに意味など少しもない。
輝きだしたから。ついに俺の夢が走り出したから。
鼓動が伝える次のメッセージ。
叩き込む、エネルギーになっているんだろうか。
鼓動はその果てに何を見る。
あなたは希望の世界で鼓動を見た。
何を真実だと思えば正解ですか。
体中が脈を打つようだ。
何かを怖し、紡ぎ、驚かせるようだ。
それを何枚も積み重ねたみたいだ。
まるでそれはぶっ壊れるようで困るなあ。
素敵にファンシー、踊りだしちゃってまいるなあ。
そんな空間を見ていた。
僕はボーっと見つめていたんだ。
記憶はアフライド、でも少し疲れちまった。
ダンスチューンは踊りだすように。
環境に負けるように。
必然性の快感か。
理想が生み出す次へのメッセージだよ。
つまらなさ、全部勢いよくいけたなら。
突っ込むベホミアン。
環境が次へのメッセージを求め囁いている。
その中には、風に舞い、飛び込み、焦る俺が確かにそこにいた。
どんまいどんまい でも生きる力を。
動き出したい。ゆえにわれ抗う。
我抗う。、何を求めりゃそこへたどり着けるのか。
無性に楽しい気分は、驚かせるように。
秩序を守るように、不思議な夜を過ごす。
片付かない素敵なメロディだ。
正しさとは何かを教えてくれる。
だから俺は信じたいんだ。
思い出せるだけでもハッピーなんだ。
窮屈な未来が飛び出してくるからね。
置いてけぼりでも、最高に面白くて楽しいんだ。
それは本物なのか偽物なのか。
本物はもっとすごいぞ。
偽物ってなんだ?おいしいのか?
無茶苦茶で、食べるの
段々楽しくなってくるんだ。
引っ張りだこなんだね。
伝えることに愚かさを感じたら、最終的にホライズンさ。
飛び込める次への段階か。
壊せそうならそれはきっと確かなことだよ。
つまらなくても楽しけりゃ十分だろう?
驚かせるつもりはさらさらないし、
つまらないおとといに汚されるきもない。
ただ、俺は信じて欲しいだけだよ。
未来を創るのは誰だ?
いわゆる、歪な塊だ。
そんくらいのことは平気でするだろうし、
今更問題ではないんだよ。
伝えたい未来が壊れだしているだけだ。
つまらないのなら、それも真実だろう。
壊れそうならそれも海賊だ。
つまらなさにおいて、無駄口を叩くことの意味。
その扱いの適当さが、
後にどれだけの闇を広げるかもきづけぬままに!
飛び出せる可能性?虚ろな道をかき分けて、
次なる未来とフィールドを守る。
記憶が確かなら、訪れる日々を笑ってくれるだろう。
つい明日に戻って考えてしまう。
ついつい思い出してしまうんだね。
それも幸せなことだと思うから。
僕は指摘をしないよ。
適当なことばっかり言いやがって。
じゃあお前に分かるのかよ!
その真実に対して、答えを提供できるのかよ!
教えろよ!教えてくれよ・・
なら、どうすることもできないその壁、
ぶっ壊す可能性も考慮して、
そんな難しい話はいらないんだよ!
そばにいてほしい。
誰よりもそばにいるのは誰だい?
近づいていくんだね。
その距離が物を言うその前に。
大したことのない響き合いならいらないんだ。
慣れ合いがいらないってことか?
まあそういう無茶苦茶だよ。
じゃあ何を求めてサバイバルする?
鼓動、次へのエンドレスワールドに命を懸けたいんだよ。
伝えまくったその果てに何があろうと、
僕の心はどうやら壊れてしまったから。
踊りだすファンタジーにしてこうれるのなら、
僕は素晴らしい影響力を、
体裁取り繕うような、
夢と、伝説、クォリティを守るような。
悲しみをプリーズ。逃げ出したいから価値をくれ。
踊りだしたらファンタジーになれますか。
鬱陶しいほどのファンタジック。
求めるなら最高の場所がいい。
つむじ風よ、吹け。
醜い僕だけ連れ去って。
強く願う。それ。
あの日の未来がフラッシュバック。
だけどさ、それに答える何かがないとさ。
やっぱりつまらないじゃん?
そう思わない?
素敵ってホライズンじゃん?
究極を目指すならさ。
そこら辺も熟知しておかないと
やばくない?倍やばくない?
そういう風にさ、
思ってしまったんだよね。
君は一体どこにいるのってさ。
足が凍りそうなメッセージなのにさ。
伝わるものもないままに。
忘れられないそのままに。
続く未来をエンジョイするように。
行動パターンを読めるならそっちの方がいいでしょうよ。
それもあるね。確実な方法が何かにもよるけれど。
メッセージ性の高いパスなら、
意味のありげな反応になっていけるのも頷ける。
何かに賭けるっていうのは信じるってことだと思うよ。
それができないからみんな悩むんだ。
奇妙で歪な行動に、ひた走るんだと思うんだよ。
だとすれば君はどうするべきだ?
必然性、一昨日来やがれなストーリーに甘えるのか?
それで結局、何を見いだせる?
宇宙と空間を笑うなら、そこら辺も覚悟しておきなさいや。
一瞬向こうに何があるのか知りたいんだ。
謙虚な姿勢で歩き続けるしかないんだね。
おおきに、おおきに。走り続けて果てしないんだ。
未来と勢い、嫉妬と激励で、生み出されるのさ。
ミュージック、つまり適当さ。
踊りだすのは次なるファンタジーさ。
何をしても許される世界はどこでしょう。
正解は夢の中でした。
じゃあ誰が許すのか。
そもそも私は何もしていない。
頭の中の非現実は、
所詮誰かに影響を与えないもんなんだ。
そういった類のもんなんだ。
記憶が確かに爆笑していくなら、
次のフィールドも堅いものとなりうるだろう。
果たしてネルフは砦たりうるのか。
難しさ、エンドレス、
難しさが終わらないんだね。
つまらなさと共に欲求を運び込んでいる。
何を願えばいいのか分からないまま。
突っ走るエナジーに全てを捧げてる。
その膨大な量の情報に、惑わされながら。
少し頭を悩ませながら、
次の舞台へ連れってくれるそれは、
あるいは輝き解き放つように。
ミラクル、落とし込むように。
つまらなさを何度でも繰り返した。
馬鹿みたいだよな。分かっていた。
だけど、それだけが真実だったんだ。
俺はずっと怯えていただけだった。
分かってたんだ。全部、全部。
嫌いになれないまま、突っ走れないままで。
驚きを隠しながらも、差が出ていることがを確実に実感していた。
僕はどうすればいいのだろう。
つまらない同士討ちをするよりも、
大変なメロディ、突っ走るように。
つまらなき、日々を越えて歩くように。
叩き出す次なる新パワー。
はじけ飛びたい永遠に。弾け飛びたいあの空に。
でも、釘宮病、つまらなさをクリエイトする。
もしかすると次元が違うのかもしれない。
一昨日来やがれな精神なのかもしれない。
そんな宴のような夜を、遊んでふかし、
煙草をふかし、
海はどこまでも深し。
無理難題を押し付けてるのは僕の方だった。
気づいた瞬間から変わっていたんだね。
つまらなさを、なんというか、飛翔させる可能性を秘めていた。
そこには確実なものはあるだろうか。
ミュージックは止まらないと信じているよ。
意味不明がけたたましい。
驚かすほどに意味のない。
伝わらないことをただ嘆くだけ。
意味なんてあるだろうか。
辻褄合わせの片づける闇だ。
これこそ神秘の真理だ。
邪魔にできないパワーこそが、真実だ。
大切にされる研究材料だ。
大切な慣れ合い、慣れ合いしなくちゃ
謙虚な姿勢でいなくちゃ でも僕の心は乾ききってた。
少しだけ強くそれが理想。あとはいこう。
理想ってどんな味 どこにあるの
未来って生きてるの 素晴らしいの。
研究材料。あなたは一体どこに。
伝えたい思いがないのに、
言える訳ねーだろ「ただいま」

(17:05)
慌てると、次の瞬間を見失いますよ。
未来を作り、次の瞬間を作り、
要約した。ようやく。
くだらないものも色々あるが、
言葉の大発見、
記憶していた歪な塊。
喋りたい衝動と、
どうしようもない幸福感に悩まされ、
次の時代を生きてきた。
未来はすぐそばにあった。
怖がるものなんて何一つなかったんだ。
全部、全部に早く気付きたかったな。
新しい何かが弾け飛びそうで、少しだけ怖かったんだな。
何人も、何千人も、巻き込んだ戦いだった。
虚しさ、影響力と一緒に吹き飛んでいったみたいだ。
君はそれで何を願うの。
次なる世界に何を信じるの。
形は失い、崩れ、闇に落ちていく。
果てしない、未来、続く、続く。
僕が大好きな世界はいつだって、
理想を着実に作り出すように。
面白さの果てに何があるのか、
もう何も分からなくて、
分からないや。
もう分からないや。
いいんだ、これでいいんだ。
ずっとずっと楽しんでたことがあるんだ。
粘っても生み出せるものが沢山あるとは思えない。
自分が本当に自分なのか分からなくなってくる。
記憶を疑う前に記憶に疑われてる。
大きな、それはとてつもなく幸せな。
影響力を、賜物にしたような。
風を、力に変えたような。
まるで、まるで発電所のようだ。
何かを犠牲にして電気を生み出す。
何かのエネルギーを借りて、文章を生み出す。
なんだかそんな風に感じてしまえたんだ。
そんな風に、本当に思えてしまったんだ。
好きな時に好きなことを書き、
時々休みまた適当に書きまくる。
そんな人生もいいだろう。
誰かに必要とされることほど窮屈なことはないさ。
だけど誰かに必要とされないと生きていけない。
仕方なく僕は筆を折るんだ。
喜びを、生み出す可能性を、
よっぽど立派なことを言えたから。
辛くても面倒でも、その心は確かに光っていた。
数々の道のりを、風に乗って飛んでいくような。
筆は勝手に進む。このらしい祈りから、
繋ぐ次への未来をぶっ飛んだ可能性を。
吹き飛ばすようにして。可能性を吹き飛ばすようにして。
その心は、受け継がれてきた。
だけど、俺は反感を買うようなことをしてみたい。
喋る速度で歌うラップで、
その願いは一つの形になった。
それはホシか、ハートか。
分からないけど形になったんだ。
その瞬間希望の光が撒き散らされた。
頑なな優しさ、
未来への渇望、
あらゆる言葉が魂を歓迎してくれる。
次の時代へ歩かせてくれる。
ヒッチハイク、踊り狂うように、
自分のわがまう命を大切にする。
この声を、喜びを、
矛先を、生み出せたなら。
数々の言葉を、遊ぶように、
もてあそぶように次の未来を俺にみせてくれ。
必要とされる。必要がぶっ壊れる。
壊そうとするエネルギーがある。
この最高なミュージアムと、
必要最低限の体の欲求と、
面白さを追随してくれる影響力と、
この可能性にいわゆる賭けをしてみたい。
事実、盛り上がれば言うことなしだろう。
形が、色々変わっても、
日本人として生まれちまった。
英語はちょっとできるが日本語にゃ敵わねえ。
俺はずっと日本語で教わってきた。
今更外国語を覚えようなんて大変だししたいとも思わない。
だけどどうしようもない衝動がある。
伝えたい。この感情を。
閃く全部、全部が解かされるように。
次の瞬間を笑って許せるようになるために。
鼓動はどんどんあがっていくんだ。
大切な希望と共に、ラルク、卑弥呼様、
追随を許さない影響力か。
ナタデイ。なんでそんなことになったんでい?
シルコ・ミルフィーユ。
体から溢れ出すこの情熱。
この楽しさと引き換えに、また次なる世界を見せてくれ。
成長の時なんだ。
一番最高になれる瞬間なんだ。
それが宝物だって胸を張っていえるのかい?
ただ、言葉なんてなくても、笑える人でありたい。
その願いはかなうのかい。
どうしたら僕は僕を認められるんだい。
シンガーソングライター。
クズみたいなゴミみたいな何やらすごい人が、
今もなお高値の花みたく構える土壌で、
大いなる遺恨を生み続けているよ。
奏でだす。生み出す。つまり詰め込む。
誰か俺を欲しがってやしないかと。
だけど余った時間全てそれに捧げてんだ。
生半可なもんじゃねえ。
そんなもんであるわけがない。
つまらなきを、レスポンス、
つまらなきを地でイクよりも、
知り尽くすことに生きがいを感じていたいから。
魅力的なタイピング、
そんなタイプで暴走している。
完全に酔ってきてる。
鉛のように重い体ぶらさげて、
どこへいく。どこへいくというんだい。
悪い評価、いい評価。
何もかも包み込んでくれる。
労しい。体中が迸る。
次なるメロディに向けて旅立つ用意が万全の構え。
どうせ同じ意味なら、わざわざ治す必要も義務も
ないったら悩んでるタール人
パソコンが次の瞬間の言葉を待ち続けている。
最果ての闇から、何か素晴らしいものは見えましたか。
全てを序章に変えてしまった。
全てが黄金のように、煌めいていった。
大切な生き方を、憎しみ肩を、
理解できる意味のなさを。
隠れた伝説、つまらなきソルトレイク、
倍の倍、さらに倍だ。
倍プッシュ 倍にブッシュだ。
面白い空間ならばすぐそこにある。
俺がイメージできる最大限の喜びがそこにはある。
ただはまりこむ。響きだけなら敵うものはねえ。
飛び立つブラジリアンポルトガル語。
果てない戦いに今足をつけた。
湖に壊れる、
戸惑い溢れ出す。
どこまでいけば分かり合えるのか。
ひたすらわけの分からない戦いに潔く。
なんか分からないけど本当にすごく面白いんだ。
大切にしたいんだよ。
それを越えて、典子じぇてようやく今と言う瞬間がある。
叩き続けた。理想はいつだって壊れ続けた。
何度も何度も挑戦する。
ストレスを感じないのは常に自分と言う存在が入れ替わってるからだ。
感情移入、全部一人が背負うなんて、
あらゆる感情を全部同じ人が背負ったら、そりゃ疲れちゃうよ。
人間は、次の瞬間は別の人間になってるんだから。
俺は疲れない術を知ってしまったみたいだ。
何か、魅力的なものがある気がしたんでしょ。
ずっと大切な記憶を飲み込まれないように。
理解されなくてもいいから、届け。届け。
その声に、どれだけの意味を押し付けてきただろう。
ブロウされていくフロウ。
そして求める不老不死。
可能性はいつだって半音下がりで
壊れていくから、僕は怖くなってしまったんだ。
歴史に残るような、楽しみたいような。
秩序を守るような。大切な記憶に、
ありがとうを伝えるために、記憶してきたんだ。
無茶苦茶でも面白かったんだ。
理解できる場所に、飛んでいけるように。
適当な生き方実践するために、
優越感に浸るために。
頑張るために。
それがためにこんなハメに。
苦しむ必要はない。
君が泣くことなんてないよ。
秘密めいた扉開いても、
僕は笑ってる。
藍井エイル、
青い風が今胸のドアをたたいても
私だけをただ見つめて微笑んでるあなた。
残酷でも天使だろ?
優しくても悪魔だろ?的な。
まあどっちでもいいんだ、んなことは。
今の世界を変えられるのは今を生きてる人間だけだよ。
あるいは人間の心に入り込む寄生虫のような存在か。
まあどっちにしろ、歪な夢は見続けてんだ。
理解度、止まらない。枷となってるブチ壊れ方も半端じゃねえ。
そこに天才が存在したことだけは間違いねえ。
今夜ロックンロールに殺されたい。
自ら命を投げ出して、次なる未来に誇れと言うのか。
俺は幸せを願ったが、
その野望はもっと深い場所にある。
心から喜ぶために、
地味に行動起こしてる自分がいる。
何を書いても自由なフィールドこそ、
俺が成長していくための絶対条件だろう。
つまらなさはいらない。
この空白の歴史が、
この空白に漂う時間こそが、
俺の心の成長の舞台だ。
これからやれるんだ。気持ち悪くてもいいんだ。
ここに存在できることが俺の誇りなんだ。
風に飛ばされても、記憶は忘れない。
大切な忘却の彼方から、輝きを増していくだけだ。
歌声の中に君の未来を見た。
確かに光を感じた気がしたんだ。
宇宙がひっくり返った。
怖いほどメロディは研ぎ澄まされてった。
皆動物。皆生き物。植物人間
人間植物なのかどっちでもいいんだ
で、ところで、
植物人間に葉緑体埋め込んだら
どんな花が咲きますか。
どんな果実がみのりますか。
くしえだみのりみたいになりますか。
痛いほど悲しいから、
痛いほど虚しいから、
大して期待などしていないくせに、
また引きずる、もがくあなたを僕は笑ってみたいよ。
力強く、遠い世界を目指してみたいんだ。
越えていけ。正しさを、未来を、飛び出していけ。
共に過ごす日々を忘れない為に。
俺の成長の時を見たいから。
あるいは輝き、飛び出し、
巻き込まれ、国語の授業に乗り遅れ、
魂ぶっ壊れ、だけど思い出守り抜き、
ここに立っている、事実の魂を
変えてくれ。変わってくれ。
どれだけ、どれほどの未来が壊れれば、確かめられるのですか。
輝きを求めて、まだまだ尽きないターンテーブルを回転。
それは・・それは・・
流れる日々に、片づけることができないくらいに。
躍らせるくらいに、思い出をぶっ壊す影響力と共に。
響く、壊される。大切な記憶が囲まれている。
憧れる人々に、
悲しくも面白く世界中に叩き込むような。
難しい世界に、叩き込む次へのエナジー。
ときめかす とどろかす 緻密な生きがいが、
問われる価値観のスタイルとフリースタイルが、
壊れるモノローグと奪い取るマネー。
飛び出したその瞬間。
娯楽ととらえている俺の素晴らしい感性が、
つまづきながらも新しい虚無を求め始める。
正しさ、歩き出す時。
未来を見ている日々を壊しだす時、
あげへつらう。美しさ灯りだす。
輝きが実りだす。
風となり吹き飛ぶその前に。
近い将来を演じたい。
事実無根な世界を、決して忘れない。
壊れるような、歌声。
トランスはいらんのじゃ、聞いててむかつく。
声を聴きたい。私は声を聴きたいんだ。
言葉を聞きたいんだ。大した意味なんてなくていい。
俺は響きを知りたいんだ。
その声に、あるいはなんらかの鼓動を感じたか。
飛び始める空間に、理想を見た。
躊躇なく言えるさようなら、
感動も嘘も虚無の世界へ消えていく。
ざまあねえぜ。このカス野郎。
って言われちゃうほどの、空間をさらに馬鹿にして。
ただ持ち上げるには、あまりにもでかいヒストリーが、
魂をぶっ壊す程度のエネルギー携えたままで。
気にならない程度の勢いと、つぶれない瞳を
つぶらな瞳はつぶらない。僕の心は潰されてつぶつぶに砕け散った。
新しい許可なき果てなき終わりなきをエンジョイ。
今必要なものはなんですか。
輝き出す影響力を迸る可能性に賭けてみたいと思ったのです。
希望はわがまう。
驚き溢れ出す。
快感にまどろみつつ、
新しい次元は乗り越えていけたなら。
こおのテンションのまま突き進みたいね
人の時間を奪うのはお金だよ。
お金は色んなものを買えるけど、
失った時間は買えないんだ。
楽しさが、俺に頼りつつ、
その運動は激しさを増していく。
力強い、物凄いエネルギーで、
火花を散らしながら、
それは全てを巻き込み引きはがしていく。
楽しさが影響力を兼ねながら、
追憶の未来から語りだすものがある。
僕はずっとここに居座って、
自由を謳歌するつもりさ。
大体つまらないんだ、謎の文章なんだ。
確かに価値あるものを生み出してる実感はあるか。
再び、もがき苦しむ覚悟はできているか。
何をホライズン、認めれば豊かになれるのか。
再びもがき苦しむ世界だ。
絶望と共に歩く未来だ。
大切な声を、宿す。
嫌われても動かさざるを得ない城を動かす。
奇妙奇天烈摩訶不思議。
だったとしても面白い世界を。
今日も今日とて、騒ぎ、踊り疲れたなら、
始まる次のテイクオフ?
無茶苦茶でも筋だけは通すんだ。
クォリティ更に増していくから、
償いの言葉を今吐くんだ。
理想がぶっ壊れそうでも楽しそうに笑って帰るんだ。
武藤ずっと吸うと水筒 ブイエスバルセロナ
レベルの高さがうかがえる?
魂の劣悪条件、
そろそろ物を言う時がやってきたんじゃねーのか?
知ったふりして、驚いたふりして、
元気にチェケラッチョ、君は今を信じ切れるか?
鼓動が作る次へのミュージック、
轟く次の瞬間のエナジーは、
クォリティ増していくばかりの
ヒステリックな愛に捕まえきれない領域で。
沢山の食べる歪な塊すらも。
何かを思い出せそうな瞬間だからこそ。
素敵なフィールド、あえて指摘しない感動。
何をどうすればいいだろう。
プライバシー、守れますか。
感動的な未来にアフタヌーン。
形だけが取り戻されてる。
記憶はずっとこんな完璧なままで、
追憶の光だけが広がって、
私はまだ上手に切り抜けられずに。
だから伝えたいことがあったんだよ。
きっと忘れないであろう全て、全てにも
空間をジャンプアップきすしたいの
凍てつく炎、燃え上がる氷、
物理法則も無視して新たな新生物
誕生 霧雨の矛先に合わせ
ゴクウの無茶苦茶なそぶりにも合せながら
なんだか緊張して なんだか吉報を待つように
しみったれたブルースの 基地に駐屯するような
経験人数を多く見積もり 次の世代への生き残り
賭けた俺の魂の憤り
つまりはエイトビートの悲鳴
奏でだす永遠ループしながら見えない世界を堂々と。
嫌われてもなお淫靡に光る 強力なツートップ、
片っ端から逃げ出していく、全て、全ても
コンディションが万全だったとしても負けるであろう相手に
血で血を洗う戦い、
憎しみ消えることねえ。
ああ、傷口、撃たれて脳症
鏡よ鏡、この世で一番醜い豚は誰
どうなっているんだい どうなっちゃっているんだい
君が壊れたのは僕のせいだとでもいうのかい?
片っ端から表現。自分を表現することで
掴み取ろうとする自分の心。
正直なめてようがナイトロが泣いとろうが
関係ねえんだ そんなこと気にしっちゃっちゃなんだ
だからこの歴史に俺は首を突っ込んだ。
新しい未来が燃え盛る火炎になりそうで。
僕は怖くてただ立ち尽くす僕の弱さと青さを笑ってくれ
くだらない面白い 忠実な戦い。
まるで挨拶するように繰り返すギャグは
あなたの勇気を灯しだしますか
勝手に言葉が出てくるんなら
勝負に打って出る必要もない
これ以上涙を流す必要もない
素敵なワンダーランド記憶していたのなら痛くはない
ナインティナイン 見つくろう てめえらの声だけが
響く。謙虚な姿勢でゴーグッド 変な人だろうが 便秘な人だろうが
関係ねえんだよ 女子たちを引かせる高等テクニック
経験すればするほど、次なる段階、迸るエネルギー。
可能性をたたき上げていくスタイルだ。
申しわけなさだけが追憶の未来に
輝きを求めて更に次の舞台へ突き進む。
体中が悶えてる。
自信を強烈に見せつけて
足のくささに負けない力
体中が迸る。
永遠にループさせ続ける
この人生。
この人生はまるでアケミホムラ
ほむほむしちゃいます
感情移入しちゃいます
次の段階 次のレベル次の次元
どうでもいいけどパシフィック、
私の文章は私を探す旅
転がり込む伝説の時の回廊
無茶苦茶な伝説日記絵日記にも残せないその完成度。
伝わるのなら怖くもない。
どこまでいこうと俺は乗り越えられんのよ。
伝わればいいのにな。
伝わってくれたら嬉しいのにな。
そんな言葉すらゴミに変えたのは
おい誰なんだよ。 もう知ってんだろ。
残念ながら俺はあなたのように憂鬱な人間にはなれそうにないよ
うつ病患者のラップか?
次の世代へ残す言葉の準備はできたか?
ラップで勝負したか?その気持ちよさ、
テイクオフされるその可能性、
轟く永遠ループさせて次次なるファンタジーを
得てなお研ぎ澄ます牙は、
得て増えて 次なる段階へ走り出して
影響力飛び込む永遠 つまらなき 面白き
風となって吹き飛ぶまで永遠に眠ることを妥協しない。
こんな濃い奴初めてだ
こんな遠いはずなのではない
短い理想 根拠のない思想
覚える力では誰にも負けてない
つまらないことで泣かなくなった
初めてのチューイングガム
実質俺は負けてんだ
うるせーリズムにとらわれてんだ
大切な記憶、暴走するそのままに、
あらゆるものに影響を置いてけぼりにされないように。
ただ立ち尽くす馬鹿らしさと、
エンドレスなリズム刻む生涯を
演じる僕の可能性?
面白さが次への追憶を求め始める。
何もできなくても幸せは追いかけてくる。
そうだ、これ以上ないハッピーなんだ。
風よ嵐を巻き起こせ 巻き起こせ竜巻
どんどん面白い世界 どんどん隔離されていく兄弟
難題はなんだい? 反対方向艦隊コレクション
残像見せつけてそれでも行動にミステリーワールドを見るなら、
行動の進歩性、形の生み出される可能性、
置いてけぼりな楽しさと、
追憶の未来ボーイングストア、
大切な未来のリズムに合いたくなったらおしまいなんだ。
ゴミのチリの果てになって、
クズ共みたいに飛び出すしか未来がなくなってしまうんだ。
大切な暴れ出すファンタジア、輝きを求めて更に違う世界線
逃げ出したいのか?駆け出したいのか?
虚ろ、虚ろに消えていく歪な魂?
環境が生み出したモンスターさ。
残された言葉は追随を許すことなく、
永遠はループして俺に笑いかける。
滞りなく笑う世界
滞りなく演じる未来を、
大切な嫌いな きれいなストーリー。
絶滅寸前のっけから。
言葉が生み出す次への可能性
ここで表現し続けるのは自分の心
だから俺は幸せを願えるんだ。
そういう風にできてんだ。
魂、炸裂する。闇へと消えるまでもない。
面白さ半減して、漠然とした究極性は、
つまらないことで怒らなくなった。
これで適当に勢い増していけるなら、
伝わるものがないのなら、
空間超越して歴史見るふりして女子をみてくるみたいな
ぱらぱらぱらっぱっパッパー
伝説究極愉快?愉快?
晴れ晴れ愉快 ある晴れた日のこと
魔法以上の愉快が
ハルヒもミギーに成り果てて、
結局何を目指した?夢は叶った?
足がかかった?
田端さんの様子を見にいきまっしょい
素敵なワンダーランド消え行く魂のレスポンスワールド、
消えていくことを喜べるなら、それが豊かさだろう?
でもそれじゃ足りない。
何が足りないっていうんだろおおおおおおお
舐めてた。でも同意見
悲しくも正しさを影響力に変えていける。
自分を知ることは世界を知ることだ。
見ろ世界は俺の掌の裏で転がってる
地球が回るように、
太陽が身を焦がすように。
我々は放射能を浴びるように、
なんだかとってもすごい突然変異が起きそうな予感が
する伊予かん食べたらいい予感
そっからどこまでも発展系
全てを見捨てて 歪な構造?
豊かなロマンス 次へのビルドアップ
されたなら次なるファンタジーは起こしまくるんだ。
ゴミの氷になって、飛び込む樹海のワンダーランドに
なっていくしかほかに道はなくなるんだ。
大切なクォリティ維持したままで、
突っ走る可能性と歪な俺たちの炎だ。
そこから道筋を狂うことなく導けるとすれば。
俺たちの随筆が正しい方向へ向かっているとすれば。
何を信じればよいのか分からないくらいだ。
僕は何を疑えばいい。
この先の未来に何を見出せばいい。
確実なのは何か。
果てしなさを影響させるのは何か。
まずは心を知ってから、
それは約束事だろう。
そんな豊かな現実だ。
ホワイティな世界を暴走させる程度の問題だ。
解決ゾロリの夢を見る。
果てしなき夢も、歪な形も、
全てデリカシーのないサバイバル、
置いてけぼりにされても追随する豊かなホライズン。
風に巻き起こされて、
次なる段階に耳をすませる。
轟く次の瞬間壊れそうで止まら無そうで、
響く ケセラセラ 飛び出す情緒不安定さ
もしくは踊り尽くせるか
飛び出せるか、そんな永遠に次の時代を見据えられるか。
鼓動がえなじー次なる新天地のメッセージ。
奏でだすは色とりどり。
ノリノリのフィードでもうそんな歌はコリゴリ。
凍りつく次のフィード 悲しさのペトロシアン
奏で出る次のミラクルシンパシー
彼方からくるのは新橋ー
次はアルカイダ アルカイダに到着します
知るかいだ そんなわけアルカイダ
だから俺は踊りたいのよ。
自由の味はどうだい。
構わねえ、踊り尽くすことから始めよう。
ボキャブラリー、また遊んで狂いだしていく。
妨げになってる恋愛恐怖心。
楽しくて仕方ない メロディと共に、
虚ろに記憶が消えていく気がする。
何度でも繰り返すならそれも悪くはない。
表現することをずっと続けていくんだ。
それでやっと気づけたんだ。
理想に近づけたんだよ。
理解するとかしないとかの話じゃない。
問題は問題じゃない。
俺はつまらないことで怒らなくなった。
豊かに見える聞こえる
耳が聞こえる
異物混入 ゴキブリ入ったカップ焼きそば
なんにせよ素敵な未来は変わらないだろう。
素敵な最高なテンションで、
豊かに踊り狂う伝説そのまま
揺り動かされ、
このまま時が止まってしまいそうなくらい。
何か巨大な奇跡が巻き起こりそうだ。
それを確かに感じるほど、
起こってもおかしくない状態になるほどだ。
なぜ地球に生命が生まれたか。
宇宙の謎は深すぎる。
その謎と同じように、我々の命、心も謎が深い。
だから俺は試してみるんだ。
自分の心が何でできているのか。
深く潜ってみるよ。
答えは眠っているはずさ。
そのためのプロセスも記録する。
それは営み。風のコンペイトウ。
むっちゃくちゃなしっちゃかめっちゃか
楽しさの正体を知るんだ。
こんなこと考えてる自分があほらしくなってきたら、
始まりの合図なんだ。
伝えたいことはいつだって、半音下がりで
未来を繰り返す。
歪な痛みを壊し続けた。
幸せだなあ。
素敵な生きがい、
そのコントロールされた次の時代へと突き進むような。
響くメロディ、悲しみを乗り越えて。
正しさとは何か、驚かせつつ、
びっくりさせつつ、笑うくらいなんだ。
楽しさだけが僕を引っ張っていく。
大切なメロディと共に爽やかな風が僕の胸の中を吹き抜けた。
風は全てを奪っていった。
必要としたから。大切だと思えたから。
事実、もがきあってたんだ。
幸せが引き続き、引き続いていきます。
溶けてしまいそうな幸せの、
その内側へ入り込みそうだ。
快楽へといざなうのか。
そこに未来は果たしてあるのか。
挙動不審な現実に、
希望を託した未来を影響させる。
全くもって意味分からなくても、
語感の響きに任せ、次の世代に託す祈り。
かじかむ夢をほとばしらせるように、
真に面白い空間は叫びだすように。
感覚が研ぎ澄まされていく。
風に吹き飛んだ俺たちの心。
次の瞬間を求めてまた歩き出してる。
つまらないことで怒ることはない。
分かっているけど悲しいな。
悔しいな。って思っている自分、虚しいんだ。
楽しさ、空間、ワロスで包まれたなら。
果てしなさを乗り越えて、まだまだ歪な塊を捕まえる。
それができるから、怖くて仕方がないんだ。
ダンスチューンで踊りだす。
次のステージ半端なく。
ステージライト、煌めきを轟かす。
くだらない世界を、楽しむように。
気が付くと、いつの間にやら。
迸るエナジーとエネルギー。
輝きを求めて更に飛躍していく。
実家は十戒 シミジミと染み渡る
澄み渡った隅までたわわに実った果実
風に飛んで行けるなら、
素敵な場所にいきたい。
実力勝負なら、風を巻き起こさん。
我、そこから立ち上がらん。
秘めたるもの、大きなものも、
空間遺物で負け呆けようとも、
しつこさにテイクオフされたなら。
完全体になれるから、
大切な大きなフィールドになっているんだ。
関係性の問題だ。
つまらなきを正しさを。
ロックンロールを刻むように。
正しさは全てを巻き込んで、更なる都会へと羽ばたいていく。
悲しみがレスポンス、輝きを取り戻しているようだ。
俺が牽引していったんだ。
あらゆる話題を連れ去っていった。
何かが壊れそうな瞬間、
驚かすメーデーと歪な構造。
豊かなひねもす、動き出す。
たまらなく俺は囲い込む。
無駄な戯言浮かべてなお。
秘匿されていくミュージシャンのミュージック。
何もしないならそこがいい。
驚かせつつ、戯言叫びつつ、
未来へと吹き飛んでいくんだ。
おもしれえ世界だ。
飛び込みたいワロスだ。
空間が踊りだしている。
彼らにだって心はあるんだ。
見捨てきれない事実があるんだから。
捨ててきた伝説ならそこが知れるわ。
そうやって、次々と可能性を放り込んできた。
楽しくてたまらないからだ。
大きなメロディ、叩き込む次へのエナジー。
はびこる嘘と共有する可能性を飛び越えて、
どこまでも突き進む。どこまでも。どこまでも。
優しさは越えていくために。
未来は歪に盛り上がっていくために。
僕にできないことを簡単にやりとげる彼らに、
少しだけ嫉妬しながら、本当はうらやましかったんだ。
まだ見ぬ明日に!!何があるのか僕は知らない。
どこに行けば分かるのか。
悲しくも、驚かせつつ。
びっくりさせつつ。
ためごろう、夢見た遺物。
仏壇で笑っている。
孤高のミュージックかき鳴らしている。
つまらなさが踊りだしている。
私は私を否定されていく。
所詮一つ。所詮世界。
鼓動が鳴りやまない。素敵でブラジルで、
悲しくて盛り上がる。
だけど虚しくて悲しくなる。
難しいステップワンテンポおき、
言葉の螺旋階段を表現しつつのぼっていく。
ここにこの上に、俺の望むものはあるだろうか。
とにかく幸せは守りたいんだ。
記憶していたからこそ。
今、生きているからこそ。
必要とするから動けるんだ。
逃げる必要性が出てくるんだ。
楽しくて虚しくて、仕方がないのか。
感動的に未来を作れたなら。
果てしない彩に、染められたなら。
空間を馬鹿にして、それでもなお呼吸をつづける。
カンタービレ、もう少し頑張りたいから。
登る、沢山彩る。
躊躇なく放り込む伝説がそこにある。
飛んでいく。ストーリーを乗り越えて。
旅立つ意味を乗り越えてまで、
面白さを届けたんだ。
理想、超越、未来のリズムに乗りながら。
果てしなく果てしない楽しさをエンジョイする。
風に巻き込まれていく。
再び口が開けない程度には、面白くなっていく。
責任感もクソもねえ。驚き出したらキリがねえ。
問答無用ではむかってくる伝説か。
踊りだすファンタジーとファンタジスタか。
輝きを求めてまだまだ飛び跳ねるものがある。
冷たく光輝く未来がある。
素敵なイントネーション。
風となりまた、再び置いてけぼり、健やかなる未来か。
天才的な勢いで、その行為にめげることなく。
それでも鼓動を捉えつつ、未来を託しつつ、口笛吹きつつ、
口ずさむ唇を染めていく。
なぜならそれが楽しくて仕方ないから。
愛は留まることなどないからだ。
必要な煉獄劣悪 拙劣の
決裂。だが負けるわけにはいかんのですよ。
大切なもの、失うわけにはいかないんですよ。
大切なクォリティ、ダンスするチューンミュージックに、
更に鼓動を合わせながら、開催国王者。
たまらなく愛おしい。風になり飛び込む。
混ざり混ざった感情、トワイライト、次の瞬間にはもういないぜ。
迸る情熱は止めようがないぜ。
貫く姿勢。たまらなく愛おしい。
輝きを求めて更に力をつけていく。
それらが混ざり合って、混ざり混ざって、
次の世代へ託されていく。
まるで熟練の面白さを得ているような。
フェイクでもブギウギ、手に入れた情報だ。
面白さのライセンスシャワーだ。
ライスシャワーだ。アイスのシャワーだ。
背骨で聴いているのは蜂蜜の雨だ。
向日葵畑でラジオが歌うよ。
手紙を書いたなら、空に飛ばすんだ。
風が運ぶだろう。君のところまで。
ラブリーな タイムリーな
冠ーな(ヾノ・∀・`)ムリムリーな
ちょっちょイージー 素敵なエーシー
黙りこむ彼らは世界だから。
彼らはいわゆる心の精神状態、
静かにしろっつってんだろうが!
で、適当に、喋りこむ適当さこそが、
美しさなんだよ。美しいってどんな気持ちだろう。
素敵なフィードとフィールド。
輝かしい未来へと飛び跳ねるように。
輝けるように。未来と吹き飛ばせるように。
風が面白く吹き飛んでいる。
面白さが情熱を灯して、更に笑っているんだ。
腹が痛くても元気に歌い上げろ。
風が答えを知っているなら、いつかはたどり着けるのかなあ。
この空間に足が生えてたら、次の瞬間も変わらなかっただろうなあ。
追憶、目のスイートな感覚。
次の瞬間を求め続ければ、幸せになれますか。
一昨日きやがっているブリーブリリアントパンク。
つむじ風が吹いていく。
ラブなモーション、
踊りつつ、叫びつつ、笑いつつ、見守ってくれる。
沢山の弁解の用意と、引き返す道が消える。
ここに空間が誕生するように、僕が僕でありますように。
慣れているから、スピードに、敵っているから。
素敵なワンダーランド、記憶してきた。
未知なるワンダーランド、記憶してきたのは。
輝く未来絵図、卑弥呼様、踊りつつ、
潜りつつ、全部つっつうらうら、
飛び出せる程度の幸せと、
気持ちよさと空間を現すことができる可能性だ。
つまらなくて、どうしようもない。
だけどもそこには確かに価値があり、
踊りつつ驚きつつ、
見事にストロベリー。
気持ちよさとアンチテーゼ。
ロックンローラーと叫ぶこの痛みか。
悲しみを越えていきたい。
何かを失っても、希望はまだ忘れちゃいない。
むしろそっちの方が、俺は好きだな。
記憶しているんだろうか。
申しわけなさが突拍子もなく。
とろけちゃう。
秘密のあれも飛び出しちゃう。
見事に狂っちゃう。
未来と一緒に踊っちゃう。
次なるヒステリックはモチベーション。
輝きを失っちゃったら
ハイパワフルな次の音楽と
痛みを壊してエイトビート。
お前感情 惨状この盤上の構え
頑丈な体 惨状な事態に今参上
満場一致でスタンディングオベーション
スマイルプリキュア 絡まる手と手
恥じらう素足をからめる
楽しすぎてしびれるぜ。
頭がおかしくなりそうなほどのストレートフラッシュ。
風に巻き込まれ、次の瞬間には極めてた朝。
新しい次元を求めて次なるファイティングポーズ。
輝きを求めて更に解き放てるものがある。
たまらなく面白い気持ちになれたから。
伝説と共にクラッシュされていくのなら、
ああ、それがいいんだ。
それが素敵なんだ。
記憶してくれるなら、最強なんだね。
随分頑張ってくれたから、
間違いないほど幸せなんだ。
ずっと目指していたものがすぐ近くにある気がして、
僕は嬉しくて涙を流すんだ。
体中をつたうメロディと、楽しさと、影響力が
僕を馬鹿にして更に飛び出していく。
可能性を充実させるために、
記憶をさせるために。
緻密な勢いで、俺は俺のやり方を貫くのさ。
その大切な時間を費やしてんだ。
誰にも勝手なことはいわせねえ。
そういう適当さが呆れるほど幸せなんだよ。
記憶してくれるから案外ラッキー?
面白い世界へ溶け込むように。
素敵にホライズン。
最果ての孤島で、ミュージックはなり続ける。
無理やりでも聞かせてあげたかった
そんなアニメ、音楽。
風となり吹き飛んでいった。
僕は何を目指していたんだっけ。
思い出せないや。思い出せないよお。
再び笑える時までもがく。
続く世界中に盛り上がるパシフィック。
踊る、究極のメロディだ。
大切な勢いのまま、突っ走ったんだね。
輝きを撒き散らして、
まだまだ飛び出すターンテーブルを回転。
一回くらい幸せになりたいよね。
迸るエネルギーと共に、
靴を汚し、未来を私、
閃きを力強さに変えてくれる。
俺がここに生まれてきた。
真っ赤だなー真っ赤だなー
あの子のほっぺは真っ赤だなー
日本に来たのはマッカッサー
そんなことないよまっさーかー
ばっかじゃないの!
かっばじゃないの!1
カッパじゃないの?
サッパリじゃないの?
究極笑い出すストーリーじゃないの?
マネしちゃ何がいけないの?
てんてこまい、踊りだしてしまい、
究極なる次のレスポンス、
片付くまで放置できない。
ミステリーワールド次への扉を一緒に開かない?
関係ねえから笑おう。
次なる世界を生み出そう。
そのために僕に今できること。
大切なクォリティ、
導き出す、次への可能性。
生み出す体裁北斗七星
素晴らしきをエンジョイしてる日々でございます。
しかめっ面で受け取った次へのフィード、
感じるままに生きることの難しさ。
その中でも、煌めく世界を見てきたから。
新しい文化に触れてきたから。
ミュージックは時を越えていく。
スタイリッシュな経験が、今も大きなフィードを持ったまま、
突き進む流浪に蠢く。
難しいメロディ、溢れ出す可能性だ。
たまらなく永遠が近づいてくる様子だね。
物凄い影響力と共に、膨らみだす希望だよ。
全力で未完成でも、たまんない。
だからさわんない。
驚かせつつも、分からせる。
躍らせる心、ときめかせる未来へと。
羽ばたいていけ。どこまでも培っていけばいいんだ。
つまらないことばっかりでも、
楽しけりゃなんでもできるんだ。
したいこと全部したいんだ。
繰り返すことになっても、それはそれでいいんだ。
ずっとずっと、思い出せた。
記憶していた。大好きだ。
思い出せる記憶と共に、フリーズされていく。
行動がシンパシーを生み出す。
この可能性のまま、突っ走れるか。
踊る魂、踊る勢いと共に、
ふざけたミステリアスをぶっ飛ばす影響力を、
考慮にいれながらつむぐ別のまたヒストリーを。
きつつきのように永遠を見る。
豊かなサバイバルとして、
投げ出すこの光の渦を、
乗り越えていけ。灯していけ。
輝きを手に入れていくんだ。
そうしなくちゃだめなんだよ。
全てがむだになってしまう。
全てが意味なくなってしまうんだ。
勝手次第なコウジカなくば、
想像しただけで吐き気がしてくる。
咽び泣くスタイル。この距離に君はいるのかい。
叩き出した全身で生み出すミュージック。
価値のない未来に置いてけぼりさ。
だから俺は誓ったんだ。
生涯捧げるって言葉の意味を。
あるいは悲しみの繰り返しの中で、何が必要とされるかを。
地道にやってくしか未来はない。
ぶっ飛ばされる、吹っ飛ばされる勢いだ。
可能性が飲み込まれている。
大切な記憶と共に、騒ぎ立てている。
ザッツライト、ザッツライトですよ博士。
尊い犠牲なるか。
終わりなき戦いつむげるか。
幸せはいつだって半音下がりで、
それでも楽しむことを忘れたくねえ。
輝きを灯してまだまだ先を見せるならば。
快感のメッセージだ。次の一言にかけるエネルギーだ。
つまらないことで僕は怒らなくなった。
つまらなさを影響力に考慮すると。
つまらなきを演じる自分自身の面白さも影響として、
考えるならキミタチの行動として。
楽しみたいならそれを永遠ととらえて。
考える僕たちの可能性。
無茶苦茶だが、生活に四苦八苦してるんだ。
大丈夫だ、何の問題もない。
面白すぎる世界、発狂した宇宙だから。
つまらなさが永遠なんだ。
面白いリズムで突き進む戦いなんだ。
だから俺は言葉が通用するフィールドに行きたい。
せめてもう少し、届きやすい場所に行きたいのさ。
分かるだろう、この気持ち。
着実に進みつつある天気予報。
何をしてもしたりねえ。
殺しても殺したりねえぜ。
やってくれたぜあのガキ。
たまらなく楽しい気分を、
どう表現しても届かない希望を。
理解しにくくても理想的な彼女。
ロックンロールに痛み分けしてくれるフィーゴフィーゴ!!
そしてロナウド メッシメッシ!メッシの飯うめっし!
ドフトエフスキー こんな歌好きー?
パラダイスへ連れてって!私を永遠にループする
げっちゃびん いやっていうほどよくしゃべるぜ。
カンタービレ かったるいぜ 面白いのだぜ
つまらなき、面白き、究極を息絶えたフィールドで、
遊びつくされる永遠ゴーカート
スマホの登場君たちの未来はどんな風に描けた?
新しい文化の再来 古来の文化の解読
夢見た炎の新時代 夢見た未来皆見たい
畜生 クソ共め!
沢山なんだ。自分を知ることで精いっぱいなんだよ!
ロックンロールに殺されそうだ。何もできない自分が虚しすぎてさあ。
走り走りまくれば価値が分かるのかな。
どこまでいけばその果てにたどり着ける?
僕は何をすればいいんだ?
そうやって、逃げ出す権利を探しているのだろう。
でも大丈夫。分かってくれる人はいる。
面白きを繋げる。大したもんだ。
おもしれえから続けていきたいんだ。
申しわけないけど今は負ける気がしないんだ。
むごたらしいほどのコミュニケーション能力か。
むごたらしいほどのすさまじき文才。
でもそんなものなくても俺には
むごたらしいほどの幸せに満ち満ちているから、
誰かに必要とされる存在になるために努力中、
この文章だって、全く意味がないってわけじゃないんだ。
意味不明だが意味はちゃんとあるんだ。
分からないものが存在しないとは言い切れないだろう?
なんだかよく分からないけど、
確実に俺を成長させてるんだ。
そして、僕に表現の力を、言葉で表現する力を
つけさせてくれる。
俺はこの言葉をパソコンでかける環境に、
本当に感謝しているんだよ。
楽しさが、息を巻く。
次々とやってくる患者たち。
ミラクル、引き起こす。
絶対に負けないパワーと矛先、
逃げ出したら最後絶体絶命だったとしても!
行動の速さ、そしてシンパシー。
驚かせちゃったらごめんなさい?
究極メロディ 次への果てなき果てしなき戦いに、
身を預け、それでも鼓動を鳴りやませない。
踊り続ける。ファンタジアあってこそのメロディだから。
このジェットコースターのような。恋愛のような。
マネできない領域で、蔓延る嘘と戦い続ける。
理想的、超越心描きながら。
面白きを生きている。
ざまあねえな。踊りたいほどパシフィックワールドだよ。
笑い出す程度には。
面白い程度には。
感覚つかめたなら、次なるハッピー目指して愉快にさえまくりたい。
アパレルワールド 暴れんなよワードぱっど
クラスメーツ 新時代のインターネッツたちに誇る
宴となり今でもブログ更新中
でどっかを土足で行進中
気づけば宇宙葉隠 隠し持ったナイフのような
素敵なフィード!フィーゴフィーゴ!
知的なリリーチ!小さなスピード!私は恋に落ちましたピース!
突然視界に麗しのキミ。
逆三ボディに小さなスピード!素敵なスピーチ!いきなりリーチ!
ワタシハ恋に落ちましたピース!
レクイエム、サイハテの鼓動で止まらないエンジョイフルな、
宴止まらないような。
奇天烈な歌声、ひたすら問いたいディーフェンス、ディーフェンスの
発狂熱狂大盛況。
鼓動が包み込む次へのワールド。
卑弥呼様!卑弥呼様ー!もエンジョイザワールド!
鼓動が伝えるびっくりパンチ。
盛り上がりまくりで楽しく過ごしている
何をしていた 君はどこにいた。
止まらない勇気を叩き出す。面白さが
君を燻る。面白さを楽しむ。
それが楽しい世界を迷宮入りにさせてしまうとは。
愛し合うこと、なんかもうどうでもいい感じ。
幸せってどんな気分?つかマジ破裂したい自分。
秋分の日、枯葉も山のにぎわい、
この世界の闇の界隈、
受け継いで良かったぜマジで幸い
突き進むエンジョイレスワールド
何もない空間に解き放たれて、
次へのメッセージを光景に変えたなら、
耐えがたきを耐え、
ポジりがたきをポジり、
やってきましたよ!素敵なスピードで!
快楽エンドレス 止まらない、フィードとフィールド。
悲しませたくない。俺がやりたいことはただ一つだから。
続かないメッセージに次の未来を見たからだ。
面白さ、追憶の彼方からやってきた。
集めて不思議なことをやりだした。
やりくりしてたらなんだか楽しくなっちゃった。
ロボットが支配する次の世界。
ただただ突き進む、何がなんだか分からないままで。
追憶豊かなフィールドで、
楽しませること以外考えちゃないな。
君のこと以外見えちゃいないな。
だからやっちゃいな。
勝っちゃいな。
負けちゃいな。
チャイナスターになっちゃいな。
難しいメロディ、 でも五線紙の上に記された
複雑な記号をなぞる 優しい音?それとも強い音?
どんな風に響かせようか迷う。
書かれてる通りに引いても、何かが少し違ってる。
どっこいどっこい。しかしのっこしたい のっこしたいその文化。
どっこいしょーしたい?ミラクル、はじき出したいぜ!!
言葉よりフロウよりライムより心だろう!
確実に影響力、
飛ばしまくる罵声にも負けず、
思い知るまで叩き込むしかねーなこりゃ。
逃げちゃだめだこりゃ。
それでも楽しさを追い続ける。
いずれ、音楽なしでも幸せになれるくらい、
脳内ぐるぐる駆け巡る幸せになるまで。
俺はその時を待ち続けてる。
理想は越えていくものだろう。
そうだ、夢は叶えるためにあるんだ
そして、自分を誇るためにあるんだ。
夢を買う宝くじ、全部空振り、ゴミと化した空くじ、
むっちゃくっちゃでもいいんだ。
楽しけりゃいいんだ。
その楽しさ追いかけられたら誰よりもハッピーなんだ。
食いつぶす影響力なら、
俺だって負けてないぜ。
そういう意味じゃ負けるわけにはいかねえな。
楽しくありたい。
ただ立ち尽くす僕の蒼さと弱さを教えてくれないか。
滞るフランストレーション。
確実にものにするチャンスだ。
問答無用で豪快に見ている世界がある。
なんか必要なものがどんどん壊れてくみたいで面白いな。
僕は夢の中で踊る幸せな人形みたいだ。
たまに覚悟してみる。
僕はどうしてこんなに幸せなの?
ユートピア、パラダイス、豊かに確実に。
見ている君がすぐそこに。
俺が手に入らない、素敵なイメージ。
でも音楽は一生聞いていたいんだ。
だからこそスイートな水筒、マッチングするマッチ。
わっちも察知してるはず。合致して場違いな発言。
事実、テンション下がっていくんだ。
もちろんです もちのろんです
釘宮りえです 分かっていますくぎゅううううう
ほっちゃんほ!ほあー!ほあああ!!!!
そういうレベルで行為と共に、
それに耐え抜くと与えられる問答無用に、
成長していけますように
耐え抜くことが永遠をループさせるから。
歪なイメージのままで、突っ走ることができるからね。
汚れたイメージは持ちたくないんだよ。
苦しくなってもいいんだ。
楽しく動けば面白さは永遠だ。
つまらなさが正しい場所を失った時、
これは求めて動き出すように。
飛び出すように、面白く蠢くように。
つまらなきをベイベー、
旅立つ君に明日から マスカラ つけますから!
そんなびびってるファンシーなチョコレートファンタジー
つまらなくても楽しい
結局何を得た所で何も変わらないし分からない。
自殺する運命?でも鬱になるほど俺頭よくないぜ。
自殺するほど俺は偉くないです。
生きていく。醜くても、苦しくても、
その全てを理解の迸る、
影響力を考慮させ、
ここが分岐点!
驚かせる追加点!
びっくりさせるファンタジア!
何か一瞬考えたことがあった気がした!
そんな未来に飛び立った気がした!
こんな時こそブレーキなんざいらねえ!
ここに飛び出した影響力、
つまらなさも含めてベイビー、ニューフェイス見せてくれえええええ
教育して叱ってくれえええ
新宿は豪雨。誰かここにいてえええええええ
なんかどうでもいい感じ?
空間、ワロスに近づいてるハッピーな感じ。
飛び交うフラッシュエンドレスジェットコースター
それより素晴らしいことはない。
永遠に旅立ち続ける爽やかな風吹き抜ける。
次を求めて探しまくる、踊り続ける未来が存在している。
楽しさがエンドレスだ。倦怠期でドエスなドレスを着て、
たまらなく幸せを飲み込む人形になっていくのなら、
まずは自分を知ることから始めよう。
まずは自分の心を表現してみよう。
人はそういう生き物じゃないか。
そうやって繰り返すんだ。
従うんじゃなくて、自分の頭で考えろ。
そうしないとさ。とてもじゃないけど、
僕は僕をやってらんないんだよ!OH!
二度と困らないように。
スタイリッシュに旅立たないために。
流浪に面白さも問われる世界観。
置いてけぼりでも楽しさがエンドレス。
倦怠期です。仕方ないのです。
生まれたからには、やってやるのです。
つまらなくても、生き抜いてみせるのです。
たまに行う休憩、一歩遅れたら即退散。
道筋狂っても今を見続ける。
瞳を閉じれば聞こえてくるだろう?>
拳握った、少年の声が。
楽しさ、エンドレス、
ずっと面白さ、追いかけた。
追いかけて追いかけて。
鳥の詩、かつての素晴らしい音楽に、
身を溶かしまだまだ、
遠い日々をぬぐうように。
さらけだす野望、悲しみすらも乗り越えていく。
飛び立つ希望を、失えるその愚かさを。
魂を壊すような。
理解度を繰り返すような。
ここに存在する時点で、壊れていくのは無理は承知の上だろう。
果てしなさだけが存在している。
そこには無力感と、優越感と、
希望と光が存在し、
この人生はいわゆるゲームで、
クリアの方法はいくつもあるんだが、
その一つが死であるなら、
僕はそれ以外を選びたい。
死にたくないんだ。
なんか、なんかあるはずだ。
進化を続けて、16年がたとうとしてる。
風を感じているか。
パリは燃えているか。
何かを知るための旅じゃない。何かを思い出すための旅だ。
俺は楽しむために生まれてきたんだ。
中途半端な馴れ合いをするためじゃねえ。
傷の舐めあいをするためじゃねえ。
平均的な平凡な一般人になるためじゃねえ。
俺は俺を貫くために来たんだ。
俺は俺の存在を誇るために生まれてきたんだ。
そうだ、何もおかしくない。
最初から、ぶっ飛んでるのは一緒でも、
楽しさが永遠だ。ループされていく気がする。
持ちつ持たれつ、
ファイティングしそうなクソラッパーになっちゃったら
始まる次へのエナジイイ~?
クソくらえなダンシング でもその境界線
守る人は今日はいません
ザッツライト 雑な仕事
キチガイみたく筋違い
面倒くせえならさっさとトコロテンの助でも
召し上がれ食い物の運命 相撲国技なんにしても全てがだっせー
くだらねーことこの上なっしんぐ?
ならば適当な俺の技をみよ!
無性に怖がってる、びびってる、ファイティングポーズ。
嫌われても正解、世界は君を待ってるぞ
痛みは消せない そんなことは解せない
ぺけぺけ音頭に乗って、けらけら笑う子供のように。
美しくも、頼もしい影響力、
そして栄光の力か。
踊りだしたファンタジー。気持ちいい感じ。
残るもの全部、体感していけるなら幸せだね。
なんてこと言ったら最後。
再び笑える時までもがきたい。
リクエスト、ワンダーソング、
ライティングしたい未来があるんだい。
空虚な感情受け付けないのには理由があって、
楽しい未来に生きる僕に何もいらない?
吸血鬼、今日見つけた木、
実はきついわ 蜜は静かだ
マイケロタイソン マイクタイソン
かっこいいギャルたち
おギャルたち ガングロガンシロ
無性に悲しい 無性にイミワカンネンツ
ロックンロールに殺されたいとか、
適当な生涯ですね。
面白いとすら思いませんか?
俺はいつだって半音下がりで
向かってく俺たちの次なるフィールド
悲しくも愛おしい、
つまらないけど優しい。
けどけれど、次なる舞台描き続けてる。
そんな未来がここにいる。
全部見つけた。
全部見つかったぞ、ドラゴンボール。
さあ願いを叶えてもらおうとか
そう思っているそのうちに。
探せ!この世の全てをそこにおいてきた!
ないんだろう・・?スレの中身が
ふっと吹き飛ぶかもしれない。
情緒不安定になっちゃうかもしれない。
叩き込まれるかもしれない。
彼氏がいるかもしんない。
旦那がいるかもしんない。
子供がいるかもしんない。
でもそうじゃねえんだよ 一番心配。
楽しい世界を追いかけたい。
理想に迎えたい。
理想を追求したい。
戻す、肺の生き方、
全部わかっちゃいねえ。
見えちゃいない。
ずっとずっと天才を生きていく。
どうすればいいと思いますか。
ひたすら頑張るけれど、もどかしくて。
完全には何もできねーでしょう。
コストパフォーマンスも完璧でしょう。
それがなんとかしないと、意味も形もないでしょう。
それが始まってやっと、ようやく気づけることがあるでしょうが。
無茶苦茶で結構だ。
うろ覚えで構わない。
なぜこんなに大変なの?
色んなものが変わってく気がする。
大切なメロディそのままで、突っ走れた。
大切な鼓動と共に、クラッシュしそうなメロディいっぱいいっぱいで、
飛び立つことすらできない壁を、
追いかけて、追いかけて、泣きそうになっても、
届かずに、見捨てられ、風に感動し、驚くほどの。
究極性が飛び出すように。
未来をぶっ壊すようなエネルギーを、
ぶち抜くこの感覚と、踊らせるIT.メロディズムで、
楽しさが生まれていく必然性か。
驚くほどの大切さを、受け入れて初めて幸せになれるくせに。
何もない世界を、とんでもない未来を、
描いて価値観の値千金の必要性を。
ミラクル、巻き起こすしかもう手がないのなら、
必要とする人を探しにいこう。
必要性の問題なのならば、大した問題じゃない。
狂ってしまえるほど、大切ならば、簡単じゃないけれど、
楽しさはいつでも駆け抜けていくから。
大好きな世界が、忘却の果てに色んな方向に。
クラッシュ炎上しそうでも、
楽しみたかったんだ。
貫く、せめてせめぎ合う姿勢。
つまらなくてもダンスチューン、
踊り狂っても伝説は変わらない。
そうだ、なんでもいいんだ。
繰り返し続けるなら、未来への前進となるだろう。
それは螺旋状の遺伝子が、決めたことだから。
繰り返さないと死んでしまう。
僕たちの歩みはそこで止まってしまう。
全然分からなくても、幸せは頂きます。
ずっとずっと大切な物を追いかけてきて、
ダンスしてきて、踊り狂うことを正義と呼称するのなら、
壊れるほどのドリームも、今更どうやって怖がっていられるというのか。
むかつくことも色々あるが、
渋谷にゃ一人もいねーよサルは。
骨董品 探す俺の恍惚。
メロディときめかすように。
虚ろな生き方、実践するように
見え隠れする嘘と共に、はじき出される周知の肉事実。
いつまでも、どこまでも。広がるような。
素敵なファイヤー戻りオフサイドとられます。
追求しなくちゃ始まりません。
私の仕事ここまでです。
沢山のやなこと、いいこと、全部合わせて。
もういっそ俺に生まれたなら、君をぶっ生き返す。
楽しくてたまらない感情は、引き継ぐよ。
Pとはばいばいさよならだ。
次の奴に期待するしかない?
エイトビートでクラッシュするしかないのです。
はいその事実は本当です。
その生き方は本物です。
ずっと考えておりましたゆえ。
パソコン使えないゆえ。
面白すぎるゆえに。
たまらなく生きているゆえに。
うざってえ。本当にな。
ロックンロールは魂だよ。
償い切れないからぶっ飛ばすのさ。
謙虚なしせいがいいね。
戸惑いつつも、新しい時代に歓喜の瞬間は訪れるから。
向こうから、同じ色の明日が来ても、
嫌がおうににも、僕は違う、僕になれる。
必ず僕も今までの自分に未来の自分繋いでいくよ。
体中が迸ってる。
エネルギーたまらなく追憶の彼方まで。
今日が、誰かの人生の一番最後の日だったんだよ。
難しいメロディのまま、突っ走れるか。
踊り尽くされたい。
このままワンダーランド、
記憶していたいから。
もどかしい歪な構造だ。
リセットするんだ。
俺がクォリティを守るんだ。
そういう声に、確かめるようにして。
ゴールドピース、
みちみちたヘンズアップ、
恐怖のシンコサイザー、記憶したが最後、
見ちゃったが最後。
クォリティ高めまくってそこに存在する。
全部手に入れるわ!
楽しくなくちゃやーよ。
正しさってなんだっけ。
ここに広がるウチュウステーション。
僕はただの少年。
僕はただの少年。僕はただの少年。
美しき、未来を演じる。
引き起こす、次の時代と未来。
輝かしい人々。
ロックンロールの泉と、
理解度を増していくパワーだ。
どすこいイヤー。
つまらない世界がエンジョイしてる。
僕は恋をした少年!
心を奪われたまま、立ち尽くす。
忘れてなかった。
探していたんだよ。
ずっとずっと探していたんだ。
理解不能でも、驚きつつも、
エンドレスを求め続けていた。
ロックンロールの歪な塊も、
伝説的な生き方も。
わけわかんねーな。
飛び出す勢い見捨てていらっしゃる。
遠く遠い場所から見守っていらっしゃる。
そうやって、どんどん繰り返していく。
何を失ったのか、分からなくなるまで。
のどから、伝わってくるフィールド
無駄口叩いて。でも意味なんてないんだよ。
残すものがあるっていうのは、幸せなことじゃないのか?
インテレスティング マイノリフィ。感じてる俺の痛みらしい。
風に吹き飛ぶ可能性はおろそか。
5体が届かなくとも、この脈打つ心臓を見てくれ。
銃著なことは重々承知じょ 
だからといって何をしたいわけでもないのよ。
素敵なフィードで任せまくって、大丈夫かい?
エンドレスな日々、追いかけていって大丈夫かい?
盛り上がらんことはないだろう。
俺が必要なことは永遠にループしていくんだよ。
楽しさが永遠にループしてくれるんなら、
そんな楽しいことはねえだろう。
楽しい日々などいらないという。
無駄なことextracting files
盛り上がるようにフォローミー!
アップサイドダウンしてくれるなら、
最高なイミテーションなけなしのフォーリンラブですよっと。
申し訳ないけど負ける気がしないので。
追憶、未来すら乗り越えて。
クォリティ高めで突っ走ってくだけだ。
頭の悪さも一級品?
轟く一途な魂か、
ロックンロールの塊か。
不安期待、
あんたの容体が気になる。
向かった北区の病院、
看護婦の声が遠い。
三日前?四日前?
セミの声、ごっちゃまぜ。
感謝してる。今写真の中のあんた見てる。
なんだかとっても幸せな気分でさあ。
思い知ることができれば最高なんだがな。
それを手に入れることのむずかしさだよ。
結局はそういう話しなんだ。
つまらなくても頑張ってんだ。
理想を乗り越えて生き残ってんだ。
全ての用意はできてんだ。
だからもう、何もこわくない。
不老不死、求めて果てしない。
だけども強くありたい。
願いたい。信じたいんだよ。
理解できる距離から、吹き飛んでいくる異物。
残らない痛み、壊れそうな想いだ。
だから、沢山なんだ。
追いすがって、追いすぎて、
理解ができないくらいだ。
たまらなくたまらない?
絶望の極地で永遠を目指す。
理解できるなら遠い話しではないだろう。
逃げたんだよ。結局はね。
理解できる距離にそれはいなかったりする。
緻密な距離と任せる炎上戦場に、
僕はいない?いずれにせよ面白い機能。
大切な理解度、特に面白くもない会話。
飛び込むアンダーグラウンド、
面白さがミステリーワールドだぜ。
クォリティデイズ。
うるせーうるせー なんだかとっても
かなしーかなしー ウェンズデーアゴー
くだらねーきつさで
驚きのマサカツ!
かさばるのは永遠、
だけどループする地上の光線。
ロックンロールの痛みゆえなのか。
かましだしたら止まらない。
影響力考慮にいれないスタイル。
問答無用で動かす力だ。
感動的なメロディがたたき合わせる。
何かをつじつま合わせにするように。
大切な未来を、壊れていく未来を。
テキサス州、追いかけて、追いかけて。
逃げ出したその果てが今ここにあるとするならば。
楽しいことが現実になっていって、楽しいなあ。
面白くて参るなあ。
飛び出した数だけ、歓喜の数だけ、悲劇は訪れるの?
ハウマッチ?人の命の価値。
ファミリア、天災、驚かす。
フュージョンで日記書く。
とはいえ悲しい世界である。
無性に面白い空間が存在。
適当なバイラスまき散らす俺達もいまだ健在。
面白さのストイック性のパンチだ。
パンチライン、踊りだす程度には幸せだ。
この感覚はどこから来てどこへいく。
悲しみとも少し違う。
どうして我々は誕生してしまったのか。
理解不能でもただ愉快にたきまくるハザード。
飛び込む次の歴史、快走していく未来がある。
天才的な記憶がある。
申し訳なさと共に、暴れ出す矛先があるんだ。
輝きだしたら止まらないから。
だから俺は願うことにしたんだ。
何もかも、消えてしまうその前に。
無茶苦茶だ。噂以上。
楽しみがどんどん増えていく感じだ。
文句は一つもない。
何もかも、センセーショナルだ。
パフォーマンス、クレイジーなくらいに素敵だね。
面白いよ。本当の意味でね。
時は作られる。
なんらかのメッセージを犠牲にして。
戦いはすでに始まっている。
全てを生業としながら。
体中が求めだすエネルギーだ。
たまらなくうそつきなファンタジーだ。
記憶回路がおかしくなっていく。
次のフィールドに向けて鼓動はどんどんあがってく。
マシな世界を構築する上で、
悲しくなってしまう事実だ。
ロックは君に何を降らす。
君はどこまでいけば忘れることを覚える。
どこまでも、いつまでも嫌いなスキンシップとりながら。
果てしない戦いに身を突っ込む。
謙虚な姿勢でゴーラッキー。
果てしなきを超越しながら。
快感のワンダーランド、ただ伝える俺のなけなしの勇気。
それが楽しいからこそ、
生み出せるものの違いもあるもんだ。
大切な記憶と一緒に、
全て、全ては転がりこんできた。
ならばどうすればいいのか。
我々に勝てないのなら、今を勇気に変えてくれるなら。
私は全てを明け渡そう。
全てに君臨する世界を見せてあげよう。
再び笑う時が来るまで。
ロマンチックにギブミーされていくのか。
形だけが面白いのか。戸惑いつつも、理解できるのか。
果てしなさを、ダンス踊っているのか。
風にぶっ飛んでいくのか。
珍しく気がきいてるな。
そう思える。下に見た。
実際時を待った。
理解できる距離を歩いた。
それは一種の文化だった。
楽しさだけが追求されていった。
大切な未来が通り過ぎるのを感じた。
環境的には未来リズムを
大切にすることを、なめんなよって
思えるほどのサスペンス、踊りつくされたファイター。
君が彩りだすフェイクマシンガン。
つまらなき、驚きのスタイル。
早くしてくれと願う手に握ってるそれは首輪でしょう?
捕まえておいで。放つサンシャイン。
コートを理解できたなら、
おびき寄せるまでは作戦通り。
風に吹き飛ぶエイトビートならば、
価値ある最果てに行きたいね。
心ここにあらずか。
どうでもいいけどハッピーだね。
追憶、未来も認識しそうだよ。
難しいのは天気予報。
あくる日の次のメッセージさ。
記憶できたなら潰しにいこうか。
追いかけることができたなら最高なんだ。
Yシャツのエリの隙間ちら見して
スカートのタケ5cmおったら最高
見ちゃったが最後「どこ見てんのよ!」平手打ち a.k.aご褒美
で、無性に面白い世界はどんな未来を描くのですか。
新しい可能性を求めてさわやかな風を巻き起こす。
真実は全て訪れるはずだから。
まさに次世代の人類補完、
悲しみの連鎖反応だ。
溶かして大きくほぐしつつ。
未来を描く延長線上、
美しき素晴らしき伝説だ。
回答費用も虚しいのか。
無駄遣いだとは思わないのか。
テキサス、テキーラウルフで動かされる。
大したことのない伝説において、君は逃げ出す程度の価値しかない。
面白いメッセージだろう。
そこにさわやかな風が吹く時、僕らもまた、
天才を求めて生きていく。
理解度を隣り合わせにして、
実際にできることがある。
うつくしゅうございます。
てめえらには分からねえのでございます。
大切な情報いつまでも、
価値、ぐっちゃぐちゃ。ごっちゃ混ぜなんだよ。
大したことはないんだよ。今も昔も。
楽しすぎて困っちゃうな。
理解不能で踊っちゃうな。
このテキサス、君の暴れ馬。
キスしてノックアウト。
されるレベルで面白いぜ。
たたきだす新記録。
面白さこそ追憶の秘訣。
そこには輝かしい未来が存在。
輝かしい未来も点在。
見境なく影響力があることを実感。
力道山、面白さのミュージシャンだ。
伝えるなら今しかないだろう。
壊されるならそういった記憶しかないだろう。
むっちゃくちゃでしわくちゃな顔が、
次なる未来を描きだす。
ショータイムの始まりなんだ。
記憶してくれてるから面白いんだ。だってたいていそう言うもんだろ?
気持ちいい世界ってのはまた繰り返していくんだ。
ずっとずっと次なる時代を背負うように。
願いよ まあ別に。
感動的な歴史、ずいぶん面白いな。
元気にどうにでもしてやるってな
空気感すら感じるね。
残されたディーフェンス、ディーフェンスの要、
甘さ控えめ 彼めがけて 裂け目をダッシュ!
金色のガッシュ 逃げ出したら終わり?
殺風景な世界にこんにちは!
辟易とするなら今すぐ逃げ出したいわ!
イントロデュースしてくれる。
思いつきで答えてくれるんだ。
お安い御用だ。
大した意味も価値もねえ。
でも踊りだすファンタジア、
格別ならば意味もねえ。
どんどんたかりだす。影響力うばいこむ。
辛さも永遠、とこなも順調。
だんだん呼吸が荒くなるほど
転換の時期だから。やばいくらい、
この魂を揺るがすものだから。
はたして俺は笑って眠れるのか
どうかがかかっているんだ。
憎しみしか生まれなくても、
幸せは落とし込むように。
飛び出す世界がぶっ壊されるように。
たたきだす。思い切りぶっ飛ばす。
影響力考えぬ。われそれに値せぬ。
それまでに、記憶していた限りに。
早くしてくれと、
思い込む。ヒステリックなミステリー。
経験が物をいうフィールド。
ラップなんかにゃない勝ち目。
どんどん鼻先で歩いていくのが楽しいんだ。
それを言える現実が面白いんだ。
追随するものなど許さないように。

(17:05)