2015年03月

2015年03月04日

さあ始まるぞ!
俺の目指した一大舞台。
クラッシュしてること自体。
思い出すかい?
かまけだすかい?
サラブレッドに宇宙人かい?
そこに確かな楽しさ存在したなら
それでいいんだ。
見捨てられても同じことなんだ。
全力で培う最高の宴だよ。
ずっと面白さを手に入れたんだ。
こんな素晴らしい感情なのに。
なぜこんなに勢い任せ。
おいおい楽しくなってきやがったぜww
全部力を込めて走り続けるぜ。
この空間炸裂するほどにミュージック!
美しいメロディとルーレット!
鍛え上げるシンパシー
痛いほどの金大気
むちゃくちゃだ語列
意味のない生き方こそシンパシー
エンドレスが語り始める
右翼がウヨウヨしてるぜ
左翼がソヨソヨしているぜ
そんな僕が食べるのはラーメン
そしてソーメンチャーシューメン
ナイスガイなファンキーメン
逃げ出すことすら許されねえ!
ついに始まってしまった戦争
くだらねえ勢い任せなら大切だ。
忘却の彼方にまた後戻りかよ。
せめて楽しさだけは残せよ。
その繰り返しを人は意味を名づけるんだ。
そうしなきゃどうしようもないんだ。
勝利の後腐れ、エンドレスなんだ。
やべえのか?いかんのか?いかんのか?
面倒くせえやっつぁな!
響いていくミュージック!
壊れそうな生きがい、命を乗り越えて
それでも染まらない生きがい
チャンスを目指す果てしなく暴走するのさ。
記憶がスケッチする未来と競争
そんな家族の徒競走
止まらないのは熱暴走
つむじ風ふけ!
そのメロディとリズムとライムとフロウ
忘れられるわけねえくだらねえその感覚
素晴らしきかな!素晴らしきかな!?
未来が動いているのさ!
テイクオフ挑戦打ち続けているんだ。
虚ろに笑う人々がいるのか。
彼方天空まで大きな力が騒ぎ出す。
永遠がループして僕に問いかける。
生きているってねえねえどんな気持ち?
データを運ぶ俺の生きがい
それを培うメッセージ、クラッシュするほどさ。
かわいいねって言ったらあの子は照れていた
死んでいくイメージの中で彼は確かに輝いていたから。
冒涜ととらえろ。
環状線ぶっつぶれていくエンドレス。
味方などいない。ああ、いないさ。
存在なんてハナっからないのさ。
見捨てられない希望の数なら、
この楽しさだけが栄光だと信じる。
感覚だけが頼りだ。
おいしい頂きます。
アイエヌジーで歌いだす。
君たちと同じ場所で共に笑おう。
絶対に捨てられない希望を拾ってこよう。
そうじゃないととてもじゃないけど、
僕は僕をやってらんないんだよ。ああ。
そういうことにしておこう。
そういうことにしちゃえばいいんだ。
そうだ、最初から悩む必要なんかなかった。
勝てる見込みなんて最初からなかったんだ。
虚ろに歩く彼らの向こう側。
絶対に手に入らないと誓えるか。
ハルカリの歌声聞きながら楽しい世界を体感。
道筋狂っても生きがい、
願うことにすら意味がない。
大切なものさえ手に入れば何も怖くない。
すごく素晴らしい天才的。
くだらない。それにしても首が痛いぜ。
気持ちよさだけがぶっ飛んでくる。
人工知能の目覚めを待っている。
しびれを切らして面倒くせえ。
崩壊ア・ロンゴ
天才的に動いている。
それは決して分からない営みで。
ただ楽しむことに積極的になっている。
誰にもマネできない領域へと到達しつつある。
この完成された文章よ。
逃げ出すことができねーまさに天才。
逃げ出したかったんだね。
投げ出したかったんだね。
最初から、そんなものないんだよって
知ったふりしてれば大丈夫だったのに。
おかしいね、なんでだろ。
ここに存在できたのはどうしてだろう。
笑う門には福くるらしいよ。
あらゆる希望と共に生まれ変わってきた。
永遠がループしても大切にしてきたから。
素晴らしさこそ芸術!!
勢い任せのファンタジーがそこにあった。
でもやっぱり満足できるのはあなたの中だから。
知っているような感情。
白くなっても気にしない
逃げ出すストーリーも失ってもここまできた。
伝説的なんだ。そういう究極が存在しているんだ。
そういう場所に存在しているんだ、
今更言い逃れなんてできない。
そんなものは最初からいらない。いらないよ。
どうしてもっと早く伝えてくれなかったんだい?
見捨てても、何度でも繰り返してきた。
そして僕はやっとわかったんだ。
意味なんてなかったんだ。
そうだ俺は悲しくなった。
あらゆるパワーが押し寄せてくるから。
逃げ出したロンリーワールド、
丹念に思い出す。
●よっし!ならば叫びだそうか!
この調子でお調子者のままでいちゃってー!!
叫べ!オールマイティに叫べ!
そんなことできないって!?笑わせっぜ!!
逃げ出したくてもロンリー?
お前が一体どんだけのモノだーリーン!!
宇宙の果てまで笑っちまおうこんなクソッタレな世の中だからこそ!!
信じる気持ち、ただそれだけ失うな!
決して笑うな近づくな!!
戻りオフサイドとられるからタイミングを気にしろ!
ぽかーんとなってる人たちを感動的に究極的に!
ぼかん爆発だ 土管もどっかーんだ!
宇宙並みのスケールでいくぞ!遠慮はいらねえ!
思いっきりぶっ壊すんだ!
自分を阻んでる限界って名前の壁をな。
だからこそ俺は叫ぶのさ!
俺たちは生きているからなああ!!
もがいて首根っこ、うっひょっひょっひょ!
叫んでも意味がないのですかああ??
僕ちゃんに未来はナッシングエブリデイなのですかあ???
伝えきれねえ崩壊と共に娯楽を漂う!
宇宙がなんだって?世界がなんだって?
俺の人生がなんだって?勝ち組がなんだって?負け組がなんだって?
どうでもいいんだよ んなことは!!魂置き去りにして叫びまくれ!■
そうだ、願ったことがあるんだろうか。
おれはあらゆるものを切り離してきた。
そこに意味なんかいらないから。
笑わせてやってやるぜ
行きかうボインに視線は釘づけ
そして僕はどこへいくと思う。
その投げやりな態度はどこまで踏み進むと思う。
ここにまた一人、化け物が育ちつつあるんだ。
あらゆる手でぶっ殺そうとするだろうが、
俺が負ける訳ねえだろう。
俺を殺せないと分かった悪魔たちは実に協力的になったよ。
感情がもてあそぶ。
全力で手に入れ始めている。
俺はなんだってできる気がしたんだ。
いくぞさあゴーオン。
ミュージックにノリノリなままで、
日々は炸裂し続いていくけれど。
どれだけ頑張れば僕は遠い未来を手にできるんだい?
どれだけ素晴らしい瞬間を越えていけばいいんだい?
未来が分からなくてもがいている自分に出会ったよ。
だけどそれは当然のことじゃないのか?
未来なんて分からなくて当然じゃないか。
分からなくて、逃げ出すよりはいいじゃないか。
信じてる意味を越えてぶっ飛びたい。
クラスメートの意識、いびつに曲がった俺たちの生き方。
こんなダメダメな感じにしたのはなぜだろう。
面白いことでもあるのだろうか。
俺はただの人間なのだろうか。
むしろ俺は心配だね。
ずっとずっと記憶していたことだからね。
難しいとは思うよ。そりゃ当然さ。
見つけることさえ難しいだろうね。
どれだけ記憶は俺を置いてけぼりにできるだろう。
俺の知らないうちに、
色んな機関がどんどん動いている。
それについていこうとしているのだろうか。
俺にはやるべきことができたんだ。やっとね。
だからこそ牙研ぎ澄ますんだよ。
勢い任せで突っ込むんだよ。
どうせ忘れられかけられた勢いだ。
何が誰が見てるとか、気にすることもできねーんだ。
はっきり言ってそういったことは全部無駄なんだ。
俺には俺のやるべきことがあるんだ。
安心させるために、記憶するために、
俺がどれだけの時間を費やしてきたか分かるか。
この文化を発展させることに、
俺はこの命を懸けてるんだ。
それくらいの気合がないと人生やってらんないんだ。
もう信じることすらできないね。
なんでもいいから超絶したい。
そうやって何度でも繰り返すのかい?
僕の感情はその程度のものなのかい?
テクニシャン、踊りだすミラクル。
引き起こす最果てにすらも。
虚ろに笑う君たちを見た。
だんだんおかしく面白くなって、とろけていなくなっちゃうかも。
そうやって壊れることが更なる自信を生み出した。
まさに好循環。このままでいいのかしら。
そう思えてしまうほどの究極。
俺の不幸を誰かが笑い、俺の幸福を誰かが妬む。
踊りだす。止まらねえ。止まるはずもねえ。
当たり前だ。究極で踏み出した。
一歩目からゴールは分かっていた。
何もかも崩れ落ちて俺のハートに飛び込むんだ。
どれだけ大きな幸せが待ち受けているんだ。
そうやって何度も何度も繰り返す。
そこに幸せある限り。
俺は食べつくすぜ。
このおいしい料理。情報という名前の脳のビタミン。そして栄養。
逃げ出すこともできねー牢獄。快楽の奴隷にしてやろうか。
そうやって何度も何度も繰り返してきた。
絶望的なまでに。
ひっきりなしに笑い飛ばされるくらいにまでに。
全力で押しつぶしてきた。
全力で叩き潰してきたんだ。
何もなかったんだ。
最初から、グダグダな気持ちがただそこにあるだけだった。
盛り上がることも盛り下がることもできねえ。
意味なんかねえ。しょうがねえよ。
最初からそういうものがあるんだってことくらい、
分かっているんだ。知っているんだよ。
なぜこんなにも。なぜこんなにも、遠いのか。
あるいはどこまでも突き抜けるために必要なのか。
すべてが俺に対して行動を強制している。
ミラクルなレインコートだ。
思い出すだけでもクレイジーだ。
文章とは、俺の生きる上での希望だ。間違いない。
そうだ、こうやって生きていくのも悪くない。
そうやって吐き出せる舞台。確かにそこに立っているのを感じる。
難しいことさえも超越して、悪魔のような人間は動き始める。
全力で叩き潰す。たがう意見はねじ伏せる。
何度でも行動してみせる。俺は死なない。
俺のスピードは間違っていなかった。
この作成するような、歌いだすような、
煌めき始めるような。
文化の進化が加速していく。
俺は頂点、加速するのは奇跡。
無駄にはびこる伝説も、
そのクォリティを残しいまだ加速中。
全力で未来を拓く。
ことごとく壊れてしまうとしても、
逃げ出せないとしても、勢い任せ。
この究極。気配を消すのか。
意味もなくただ笑っていた。
あなたはただ笑っていたんだ。
全てを捨て去るときが来たのだろうか。
問題なく笑い飛ばせるならどんなに気楽だっただろう。
思い出すだけで究極さ。
未来を描けるスケッチさ。
ここにあるのはただそれだけだよ。
そこから未来へ転換するミュージックになれるはずもなく。
そんなものに頼らざるを得ないのが俺の生き方だ。
だからこそ。胸の扉たたき続ける。
ジャストフィニッシュ。
スタイラス 砕け散った意味のなさ。
砕け散るようなロマンスの悲しさ。
君が代の伝説クォリティ
メッセージ、置いてけぼり
ずっと特別究極エンドレス。
その味方と思わしき究極に。
ずっとずっとメロディは待っていてくれる。
いえいいえい
そうだ面白いんだ。
ずっとずっと適切魅力的
この天才的に動く面白さ。
その天才さに置いてけぼりにされてしまう。
この理性が止まった先に、
栄光は果たしてあるのかな。
逃げ出すだけの意味に、何を名づけたらいいのかな。
あらゆる文章を探したよ。でも結局見つからなかった。
確かめることはできるのかな。
薄い感情でまだ鼓動をやめない生き物が一匹。
ミラクル、引き起こすのは誰?
無駄に頑張っている自分もいて、
願うことにすら感情こめてる。
宇宙に届くようなメッセージ。
記憶しておいてくれるならそれがいい。
無駄に頑張ってくれている。
この空間に閉じ込められてしまう。
チャンスは波風任せだったとしても。
勢い任せでいっちゃってるんだとしても。
感動的な未来、確かに存在。
記憶の後ろ側、スケッチ。
確かに未来が見えている気がしたんだ。
輝いていると確かに感じた。
こんなに幸せなことはないだろう。
忠実なる世界。
宇宙が笑っている気がした。
未来が行き過ぎてる気もした。
どこまでも突っ走る勢いさ。
未来へと羽ばたくための勢い任せだ。
オールがバックして勢いづいて、
メロディ運び込みさらに痛快な痛みと共に
歌いだすシンパシーを手に入れて、
この孤独のために生きる。
すごくすごく切ない時もあるけど、
なんとか我慢して今を生きる。
その向こう側、
言葉の向こう側に見えてくる境界線。
どこまでも続く。
どこまでも続くんだ。
輝き、夢を見て生きていく。
少しだけ感情に負けそうになる。
だけど俺は平気なんだ。
いいことばかりじゃないけど悪いことばかりじゃないだろう。
いい人ばかりじゃないけど悪い人ばかりでもないだろう。
少しずつ、ほんの少しずつだが、人間は変わっていく。
あのころの俺はどこへいったんだ。
ずっとずっとずっとずっと考えてきたよ。
何もかも、あらゆることを、僕なりのやり方で、ずっと考えてきたよ。
なんとなく見えてきたんだ。なんとなくわかってきたんだ。
遠くをさぐる。普通の人が目を使って感じることは、
僕は手探りで感じる。そんな風な考え方だ。
何度も、何度でも繰り返す。
手を伸ばしては転び、何度でも起き上がる。
面白すぎるこの世界で、まだ俺は希望を捨てられないでいる。
そんな言葉を発してしまう日が来てしまう。
絶望的に踊っているから。
信じているからこそ。
丁寧におりぬいていく。
チャンスは絶対に掴んでみせるんだ。
絶対に負けないための戦いが始まる。
悪徳企業のそれに似た、
空間を破壊するメッセージ。
大切なものがどんどん減っていく。
それでも僕はまだ出まかせを信じたまま。
絶対に守ると誓えるか。
ここに存在する意味を問う。
何度でも繰り返すことの意味を。
絶対に負けないと誓えるか。
そこから離れていってしまうとしても、
残せるものが何もなかったとしてもだ。
全力でつぶす。
未来をぶっ壊す。
この世界に存在するんだ。
絶対負けねえんだ。
そうやって生きていくんだ。
みんないうけど、
どうしようもないことに、
近づくことすらできないほどに。
全体的に狂っているんだ。
ここに存在する意味を問い続ける。
存在のための音、for esto tone
我々はここに存在する。
そうだ、この世界をすべて君臨するのなら。
大切なものを抱きしめたい。
見つけ出したいんだ。
記憶させたいんだ。
それだけが希望だから。それだけは失いたくないから。
ロマンスが急増していくのか。
あらゆる生き方を繰り返すようで。
何もできない力でも、
すぐに消えていく灯でも。
意味なんざねーさ。最初からな。
求めていたものが違っていたとしても、
逃げ出す勇気を後腐れなく発揮させていくしかねえ。
それしか生きる道がないのなら仕方ねえ。
この文章の闇に記憶されている、
何度も何度も繰り返される魔法の言葉。
全力で培う嘘みたいな実力。
崩壊するまで終わらない。
天災の記憶は留まらない。
そうだ、完璧なんだ。
そう、すべてを全力でぶっ飛ばすんだ。
確かに夢は冷めた。
でも僕らは何もしていないじゃないか。
どろどろ流れていくんだね。
美しい、風流だと表現したらいいのかな。
どんな顔をしてそれを見ればいいのか分からないんだ。
しかし逃げ出すことは許されない。
当たり前だ、ギャフンと言わせてやるんだ。
記憶は確かに俺のものだから。
あと少しの距離まで来ているのだから。
ごらんよ。満月だよ。
逃げ出した先に何があろうが、気にしない。
永遠がループしても終わらない。
俺は自由に生き続けるだけ。
どこまでも生きていくだけだ。
そう、思い出すことができるのなら最高。
逃げ出す準備も分かっちゃいない。
何がなんだかわかってくれちゃいないんだ。
だからこそ伝えたいのさ。
響きがメッセージを連れてくる。
音楽はすべてを癒すからね。
ただ思い出すことがこんなにもきついとは。
面倒くせえことばっかりでやんなっちゃうね。
そうやって、二度と立ち上がれないようになるまで、
頑張り続けたのは一体誰だよ。
ぽかーんルイージ似てるかもしれない。
知っているかもしれない。
それが分かっていながらなぜ。なぜ。なぜ。
崩壊するアンドロイドさ。
意味なんざねーが面白い空気を抱いていたんだ。
見つくろうしか手がなくなったんだ。
だったら仕方ないだろう?
宇宙船に乗っているような気持さ。
歌いだすロマンスが永遠とビート。
響くメロディと共に歌う。
そんな楽しさに溢れているんだね。
こんな必要のなさだ。
大切なクォリティの面白さだ。
なぜあんな所にあんなものが。
ただ笑い続け面白がり続けるのも面白いと思った。
信じ続けることの浅はかさを知った。
だけど逃げ出せないな。
俺は投げ出せないな。
どうしてもつかみたい栄光。
どうしようもない幸福感。
ジャストフィットされていく。
天才的にクォリティは意味をなくしていく。
無力さが半端なくやってくる。
また馬鹿をやってたのだがね。
あいつらバカだから、気づかないのさ。
そうやって生きていくことに、何を求めていたんだろう。
響くメッセージだ。
夢に彼が出てきたのだ。
なぜ君は生きているんだい。
なぜ君は笑っているんだい。
何も分からない。僕には何も。
理解しがたいよ。ずっとずっとね。
ただ優しく言わせてほしいんだ。
大切な生きがいを守ってほしいんだ。
こうして丁寧にいつだって面白かった。
伝えたくて仕方なかった。
こんな感覚にされたのはなぜだろう。
面白い生き方を選んだ以上、
そのデメリットも受け入れなくちゃいけない。
俺が何を得てきたのか。
俺が今まで何を失ってきたのか。
全ての行動が形になるまで逃げねえ。
しゃべくり倒す意味もなく笑う。
どうせ結局何もできないんだから。
そんな当然のことを、何度言わせるんだろう。
でも無駄に感覚研ぎ澄まされる。
この感覚だけは宝だね。
宇宙が笑うスピードで、
見つかりそうなやっと届きそうな光だよ。
だってそれに気づいたんだもん。
それ以上素晴らしいことはほかにないでしょう?
やっと見つかったんだもん。
やっと手に入れたんだもん。
そう、ずっとずっと考えていたんだ。
だけど、答えは出てきた。
ほら見てごらん。
輝く日々の結晶。
思い出すことそのものに意味があるんだって、
伝えることすら馬鹿らしいんだって、
誇らしいんだって伝えてくれるから。
そうやって逃げ出すことに何の意味があるんだい。
僕はさ。ちょっと疲れてるんだ。
だからさ。僕をこれ以上怒らせないでほしいな。
そんなバナナことを言ってる合間にも
忠実なるシモベ、何度でも培うメッセージ、
伝わるこの飛行船、どこまでも届くこの境界線だ。
神の落書きだ。
思いっきり踏んづけてさようならさ。
じゃあどこまでも君は紳士なんだね。
歌い始めたら分かるだろうよ。
俺はいつだって感覚を宝にしているんだ。
こんな風でも頑張っているのだよ。
全力で培うメッセージだね。
こうやって脳をひたすら使うのさ。
意味なんかねーよ。そこにはね。
喚き散らす。行動で示す。
全部俺が歯がゆいもの含めて、
放り込んでやる。
意味なんか知るか。
最初から持ってないものもった気になってんだ。
ずっと思い出してんだ。
記憶してとどまることのない、
破滅への道。
くだらねえと思うなら笑うがいいさワッハッハ
うるさいうるさいやつらも連鎖反応で壊れていく。
夢のような舞台にご対面だ。
楽しきゃそれでいい、それがいずれ楽しさを見つけ出すから。
弱卒ルーキーお元気ですかニッポンレットー
全力かけてつぶすぜ意味のなさ 究極の背後
後ろめたさを背負って生き抜いて 何度でも頑張って
死に物狂いで頑張って意味もなくただ笑って
そんな日常が面白いとスピーキングをトーク
そんな感情を憎しみながらも
このゆったりした生き方を続けていたいとただ願うよ。
響くメロディ 何度でも伝えるために
こんな悲しさよりも伝えたいものがある。
天才的な気がする。
夢を追いかけている気がする。
思い出せる感覚。歌いだすワロスに鍛え上げられた。
眠くて眠くて仕方がなかったんだね。
そんなこと言われても意味がない。
最初から意味がないんだよ。
伝えたいことも忘れた。
そして意味のなさは伝える意味のなさになった。
完璧すぎておかしくて面白くて
それがつまらないと日常をプロファイリング
してしまう完璧な生き方を放棄して
道筋狂って何度でも願い続ける
追いかける響くメロディふわふわよくきれいに輝け
そんな未来を追いかけてる気がする。
その魔の手から逃れるには一つしかないだろう。
そういうことを一度知ってしまったら何もできないだろう。
宇宙、その果てしなさだ。
クォリティの高さを見せつけやがるぜ。
全ての伝説が問いかけるぜ。
シビアな世界が何か残そうと必死に、
まるで誰かがみんなを動かそうとしているような。
未来ってなんだっけ。ここに存在する意味ってなんだっけ。
俺は電波の海を漂っている。
意味なんざないが確かに面白さを醸し出している。
絶妙な塩加減だ。
美しい未来を大切にしなくちゃな。
ゆったり時間刻めば、尖った心が溶けていく。
一人じゃない。だから重い荷物おろしてみる。
暖かい太陽のにおいも、たった今僕は気づいた。
あらゆるものにおびえながら、
なぜなんでしょう。信号は確かに、青だったのに・・
おかしいですよね。どう考えても変ですよね。
韻踏んでりゃ楽しいのか。
そう、簡単なことだ。
ずっと思い出されないことだったのかもね。
だって俺はいつだってハッピーを刻むのさ。
意味なんざどうだっていいんだ。
伝えきれない意味のなさ。
崩壊する痛みと共に、辛くあたる面倒くせえ生き方がある。
何をお前らはしてくれた?
疑い晴れるはずもなく、
俺はただただ漂うだけだった。
無知の不知、
知っているよ、馬鹿野郎。
逃げ出したくてうんざりしているのさ。
その中でも大事なものを失わないんだ。
決して負けないんだ。そういった類のもんなんだ。
そして俺は踊りだすだろう。
ダンスしてしまうだろう。
謙虚な姿勢が仇となる。
意味なんざねーよ。
最初からそんなもん捨ててる。
繰り返すことに嫌気さしたんだ。
面白くねーのかな。
まあどうでもいいんだけどな。
そうやって何度も何度も繰り返してきた。
今だからこそ分かることがあるんだ。
大切に育てられたんだ。
輝く日々が終わりを告げた。
そして未来へ・・続くメッセージの深さに今驚いている。
私はゆっくり溶けていきたい。
とろけるような炎の痛みだから。
これを伝えるために。
全力でぶっ飛ばす破壊力だ。
見つけたんだ。やっとのことで手に入れたんだ。
見つけたんだ。リクエストされたんだ。
空間がワロスを手に入れて、
今この瞬間、踊りだしたんだ。
見つけ出したんだ。
越えていくんだ。絶対に負けないんだ。
捨てられない希望の光を。
見つけ出すこの延長線上。
狂っているようなメッセージが踊りだす。
天才的に記憶されていく。
面倒くせえことが大切なんだ、未来へと運ぶんだ。
絶対に負けないんだ。
大切なものを苦労して手に入れた。
こうして誇りに満ち溢れた。
俺は何かを求め続けたから。
そういう楽しさにうろ覚えな感覚を逃げ出したから。
何を言ってるのかすらも分からなくなってしまったから。
意味がないことにすらもがく思い。
沢山だ。イミテーション壊れそうなミュージックさ。
大切なのは前に出るための姿勢?
そこに到達するまでに、
どれだけの勢い任せを驚いたのか。
イメージできるならどれでもいいんだ。
面白すぎたらそれでいいんだ。
むしろ俺の方が素晴らしいと思わせたい。
その緻密な勢い輝くままに流浪に生きていたい。
遅行思考錯誤 魅力も半減 俺たち希望 で、どうなってんの?
無駄無駄何をやったって無駄なんだからあ!
だけど意味なくのたまうをステータスとトーク
素晴らしさを今越えていけ。
どこまでも、どこまでも広がっていけ。
その鼓動はどんどん上がってく。
明日に向けてその高鳴りは止まらない。
口ずさむ唇を染めていく。
きれいに輝き続けて消えていく。
闇の中に全力で突っ走っていく。
魅力的な生き方だ。最高潮だ。
そうやって逃げることに何の意味があるのか。
ただ虚しさだけが1段と濃くなってくる。
だけど答えはイエスノー!
超楽しい世界がカッコいいね!
言葉、走り続ける。
少し曲がりくねった、今とは違う道。
閉ざされた世界に未来なんてないんだね。
最初から壊れていたのだろうか。
意味なんて分からないのだろうか。
全力で思い知る。
そこには届かないことを知る。
何もかも、失っても届かない。
自分でもそれなりにしっかり頑張っているつもりなのに。
勢い任せで頑張っているんだね。
奇妙な快感が溢れ出す。
絶対に負けない志さ。
強く願うことにほかならぬ。
メッセージはどこまでも、こだまするように。
冷たい視線に悶えるように。
秩序の崩壊をただ待っている。
そんな確かな未来がここにある。
天災は記憶している。
かつてのエブリデイ、面白さをかもしだす。
全力でぶっ飛ばすならそれがいい。
何もできないならそれもゴールだろう。
何もかも意味がなくても構わない。
そこに到達するまでの壁を考えれば。
奇跡なのか。思い出なのか。
あらゆる空間を破裂させながら、
俺たちは次の段階へ踏み進む。
究極が未来を描いている。
俺は守れるだろうか。
強くなけなしの論理を見ていく。
絶望的ながら、しっかり考えない、
過信、軽率、大嫌いなその考え方だ。
あんたより数倍素晴らしい知能を持ってんだ。
馬鹿にするのはやめてもらえるかな。
そうやって何度も繰り返しているんだね。
意味なんかないさ。最初からどうでもいいんだ。
理解できるだろうか。イメージできるだろうか。
それを馬鹿にすることがあなたにできるだろうか。
この宇宙に、未来図を描いた。天才的な記憶だった。
自分を評価している。
ずっとずっと書いてきたから。
その勢い任せだ
全力でつぶされるのかもしれないぜ?
こんな天才的な勢い。
任せに任せたエンドレス。
究極のリズムなのか。
やっぱ日本語ラップが最高なのですね?
それはただのジャンルなのですよ。
ずいずいずいっと面白い世界へと
間違いなく突き進んでいくんだ。
こんな力が面白いんだ。
だからこそ常にまどうんだ。
環境ホルモン絶妙ブギウギ
リクエスト最高潮 安さに物言わす
全力でカマンベール
死にたもうことなかれ
死んでしまいそうな勢いだぜ
そして未来へ続くのだろう。
俺はもはや何もいらないのかもね。
最初からそういうものだったんだと思うんだ。
もう必要なものはすべて手に入れたんだろうか。
俺はすべてに対して期待しすぎていたのだろうか。
何度でも、何度でも繰り返すように。繰り返すように。
そう、意味なんかなかったんだ。
最初からそんなものどこにもなかったのかもね。
そうやって生きがいを失っていくことを、
なぜ今になって悲しんでしまうんだろう。
訳が分からないよ。何を言っているのかもわからない。
無性に生きがいが動き出しているような気がしてさ。
こんな天才的なヒストリーなら、俺は暴挙していくしかないだろう。
昔はそうだった。なんにせよ嘘だった。
未来ってどんな形?楽しいってどんなことだろう。
美しい未来を描いた。何もなくてもいいと思えた。
そんな優しい言葉、魅力的、アンサンブル。
気持ちの良さだけが駆け抜ける。
意味もなくのたまう。イメージ通りだ。
楽しいことだらけなのね。
その供給源。
意味もないけどただ笑う。
それこそ情報の取引なんだ。
健気に生きていくんだ。
何度でも僕はやり直すんだ。
それを馬鹿にするやつは許さないんだ。
人生という素晴らしい道のり。
信じていたのに!ほらほら過ぎ行く時間
見ろよこの楽しさ。
エンドレスが歌いだしてるようだぜ。
リフレッシュでまた元気になっていく。
意味もなくただのたまう。いいんだ、適当で最高なんだ。
これが全力で叩き潰すための勝ち組のやり方。
どうでもいいけど俺は素晴らしい人間。
そう言わしめる最大の事例が・・ライムキングだ
全力で作る。その意味を知ってびびったよ。
こんな感覚になってしまってもほらほらほら
美しい未来をエンドレスをt誓う俺の感覚だ
いつも見てるのはいつでも錯覚だ
お前の芸術とやらに幸あれ。
俺にとって一番重要なクセなんだよ。
大切にしたいんだよ。
煌めく輝きの名のもとに。
ほら、立ち上がれ。ファンキーなモンキーが暴れだしてんぞ。
最初からそんなの存在していなかった。
そこに耐え切れずいつでも挫折。
そして意味もなく骨折。
向いてる明日の方にケツ。
あの女だけは別。
ついてねーのは区別。
しちまうぜ自滅。
もうこの軍は壊滅。
真冬で空模様は豪雪。
もー韻踏むのもメンドクセェエ。
やる気ないったりゃありゃしねえ。
文章で生きてた人間がいきなり動画かよ。
そんなの練習繰り返さなきゃ無理ジャン!
何度でも作られるヒストリー逃げてるだけじゃん!
軒並み乗りたいフリースタイル。
砕け散れワロスとトゥモロー遊びごっこ。
ぴろぴろぴろを溢れ出させるんだ。
もう憎めないくらいにただ夢中だね。って
美しいほど面倒くせえよ。
何度でも繰り返してやるから待ってろ。
どうしても分からないんだ。
何も分からなくて困るんだ。
天才的なクォリティ
目指すセイヤング。
くらくらしちゃうようなピロピロピロ。
意味はなく、騒がしく。メロディは大切な感覚。
それが最高なんだよ。伝えたい魅力なんだよ。
チャンスなんだよおおお!!!
オールマイティに汚れ役。意味なく笑うをステータス。
君が代ソングライティン うそつきのマンマミーヤ
死にそうなら食べ続けろみかん!
食いつぶせラッキーラッカセイ!
面白い空間が旅立ち始めるぜ。
絶対負けるかよ。
こんな世界に最初から飛び立っていた。
全力で手に入れる快感。
思い出せる空間なんだ。
歴史的な技を嫌うならそれもある一定の。
全力で生み出す文章に価値などないというのなら。
眠いのかい?ああ、どうでもいいよ。
なんかすごく切ないんだ。
それはどうしたもんかな。面白いんだね。
かりかり梅でもかりかりしておくか。
そうやって磨かれるものだってあるんだ。
意味が分からなくてもいいもんだ。
大切に暮らしていく意味のなさ。
宇宙が記憶しているんだね。
何をもってそれをよしとする?
何もかも、面倒くさいんだ。
描くスタイルはいろいろあるんだ。
へえ、そりゃ素晴らしいね。
だからこそそれぞれのスタイルを磨きたいんだ。
まさに、素晴らしいと思うよ。
持ち上げてぶっ飛ばす!
記憶の意味すら問う!
言葉の連鎖反応きみたちのレクイエムソング
どんな理解の仕方も分からない生きがい
食いつぶすメトロリアン
この意味の無さだよ。本当に決壊しそうなダムだよ。
これを面白いと思ってくれるか否かだよ。
むちゃくちゃやりやがって。
全くクソみてーだな。
大体俺が望んでるのはそういうことじゃないんだよ。
意味はなくてもずっと続けていたいんだよ。
そうだ、俺は誰にも介入できねえ。
それがどういうことかはよくわかってるつもりだ。
俺が最高で最強の狼藉ものだ。
そんなポテンシャル発揮しながら待つ願うご清聴
いつまでも続いてんじゃねーぞ。
意味のなさでもクォリティは追いかけていく。
どうやっても到達できない未来がある。
ならば頑張るしかねえだろう。
この素晴らしさに栄光に、
ふと気づいたらいつまでもロンリージェットコースター。
まあそれはさておき・・
さておくのかよおおおおおお!?!?
そんな馬鹿なことが当然のように行われている実態でございます。
つまりサザエでございます。
うん、それで?それからそれから?うんうん!!
どうしてよ!ねえねえ!
難しい感じになってきたのですね!?
チャンスは・・くるくるミラクル・・
なんだこれ?俺にもついてるじゃねーか!
マッションミッションマッチョになってもコンプリート!
踊りだす炎が最果てで笑うぜ!
何をされても文句言えねえぜ?
究極がリズムよく崩れていくぜ!
そんな俺たちがケツメイシ!
ってなんでですかー!
楽しそうで何よりです。
面白そうでカニ食べようです
全力失踪見つかりっこないいないいないバア
逃げるためにダルマさん転んだの逆再生
死に物狂いで楽しみたいならついてきな!
踊りだす感覚を取り戻したなら始まりだよん
全力で完璧な生きがいを追いかけちゃおうぜ!
そんな感じで今日もびびっとやりますっよ~いwww
そしたらビッグなブラザー踊りだす楽ちんさんになってしまう!
チャンスがキラキラ輝いてしまう。
全力方向イメージのメッセージ
これが俺たちの最高の究極なんだから仕方ないだろう?
こんな感覚で取り戻していたいんだ。
こんな感覚が素晴らしいんだ。
それを手に入れるために努力してんだ。
この意味のなさ。唐突な感覚に未来を描いた。
伝説的な俺のヒーローだよ。
美しいミュージックが流れ続けているぜ。
感動することイマジネーション
信じられねえ逸話こそが信じるための道!
勢い任せのバーディチューン!
うろ覚えミステス 思い知りたければ走ってこいや!
そんな感じでぶっ飛んでいく俺はまさに素晴らしい。
何度でも生き返るから俺もそうするよ(バイビー★)
そんなうららかなデュラララ見せられても、
私には何もできなっくいーん
パソコンあれば幸せですOK?
それは素敵な炎を燃やす感じで、
オーケーレッツリスニング!
キャンペーン実施中でオーケー!
先生美学 テンションあがっちゃうぜ
センチメンタルも踊りだすぜ!
この素晴らしい世界において、気がする気がする!
見違えるエンドレスがクォリティを高めていってるぜ!
チャンスは勢い任せで完璧に
ロックンロール?歌いだすロマンスですよ。
俺がそれをやるから価値があるんだよ。
馬鹿にしやがってふざけているぜ!
こんな楽しい世界に当然生きております
@そんな意味のなさにもクォリティ任せに
完全に超越してしまう関係のなさが、
素晴らしい伝説をクォリティする。
テクスチャーローリングすることだって辞さない構え?
歌いだすロマンス、鍛え上げた意味のなさ。
崩壊するレッツトロッコしゃべりだしたら止まらねえ。
満たす叶える必ず成長してみせる。
追いかけて追いかけて、何度でもその先へ。
何もできない?ネクストジェネレーション?んな英語知らねえよ!
ずっとずっと、おかしい世界で漂ってきた。
データの海を泳いできたんだ。
意味なんかねーよ。この文章に。
一回読んだら終わりだそうだろ
全部クォリティなんだ。俺のブログは芸術なんだよ。
ふざけるのも大概にしろよ。
天災の記憶を呼び覚ます。
天才的な記憶。無へと飛び込むいちずなラッキーガール。
秘密が動き出す。天才が笑い出す。
このクォリティのまま勢い任せだ。
何もかも俺についてきてくれる。
その温床、その土台になったのがこの
クソッタレな日記帳だ。
だから俺は叫ぶんだよ。
意味のない未来を笑うんだよ。
あらゆる感覚を取り戻すんだよ。
つらいきついは言いあきたんだよ。
何をすればいいのか。
どうあがけばたどり着けるのか。
未来へと飛び込むその理想の形は。
見たことのない世界が暴走している。
裏切り者たちがあわてだしている。
ただ、この世界はどんな未来を映し出す。
この泥沼にただはまっていく。
それも笑顔のままで。
確かな意味を越えてきた。
伝説のクォリティですら引きずり回してきた。
ここに刻む意味の感動。
伝えたい歴史の1ページの開幕。
全部叩き直すぜ。俺が完璧にやり直してやるぜ。
俺の夢だって叶えるぜ。金なんてのはそのための道具にすぎねえ。
俺にあらゆるラッキーが舞い込んでくる。
俺ほど運がいい男はいないぜ。そうだ、
俺は運命を丸め込んだんだ。
運命をすべて掌握したんだ。
誰にも止められねえ。
夢を見るだけならタダだろう?
どうでもいいけどわけわからないだろう?
スマッシュ披露の劣悪の嵐だった!
また言葉の洪水の中へ身を投じる。
どこまでも幸せになってやるよ。
全力でアテンダントプリーズ!
ところで今晩おれんちクル!?
来なくてもいいよ別に悲しくなんてないんだから!
沢山の日々がメロディとなり駆け抜ける。
何度も何度も考え続けたんだね。
終わりを求めて彷徨っていたんだよ。
美しい世界は存在したからね。
眠くても大丈夫だよ。
僕なら大丈夫なんだよ。どこまでも大丈夫すぎておかしいね。
二つ目の生き方を願ってみよう。
戦争で負けるのが怖いの?
全力で生きてみせてよ。ロックンロールを生み出してよ。
俺が欲しいものは限られているんだよ。
こんなに楽しいのに。こんなに楽しいのに、なぜ。
どうしようもなくあふれる愛を問いただす。
その音に酔う。酒や煙草よりマジやばい脳の栄養。
さあ世界を開きまくろう。俺は世界を変える力を持っている。
信じることそのものが、
再び咲き誇る生きがいが、
なんでもかんでも手ごたえがないな。
イメージできるならそれが容易いな。
死にたくないならそれがいいな。
無力感一途に崩壊していく未来だな。
つじつま合わせで生きている絶叫モンスターだな。
俺は誰にも負けそうにないな。
そんなシンパシー感じ続ける。
未来はきっと僕を待っている。
やめたくなりゃそれはそれで楽しいだろう。
そうだ、いつまでもクォリティは僕を待っている。
何が天才なのか。最初から分かっているのか。
逃げ出しても宇宙は広がるのか。
この世界を追いかける。
絶望的な生き方だぜ。
うざってえ生き方だね。うるせーことばっかだぜ。
結果的にこのモンスターは育ってしまった。
俺はすべてを手にするほどの力を携えて、
この巨大な世界に戦いを挑む日がくる。
それでも風は感じるし、未来もめぐりくる。
全滅しそうな世界中。生み出すレスポンス。
それが生きてる証なら仕方ねえだろう?
宇宙の果てしなさだよ。
ミステリーワールドは花を開くんだ。
砕け散れワンダーランド。
消えていく未来へ行くぞ。
全ては切り離されたんだ。
置いてけぼりを食らったんだね。
その情熱に肩貸してやろうじゃねえか。
全力でつぶす意味の無さなら、
はっきり言って頑張るしかねえ。
踊り続けるしか道はねえ。
クソ野郎共騒げホホホッホ!!
天災ブリーチ なけなしブリッジ 生きていくならそれ最高。
歯ごたえのあるやつが少なくてさ。
あ?そりゃー俺に言ってんのか?
なんにもないだろ?
何かあるかもしれないじゃん。一緒に探そうよ。
無理だ。
なんだと?それは私が武士と知っての心得か?
歌舞伎かよっ!
そんなイメージ突っ走っていきますね。
はあ、どこへ突っ走っていくんですか?
そりゃーあの虹の向こうさ!羽ばたくぜ!
君、本当にあれだと思ってる?
最高にあれっあれーさwwwwwwwwwww
そうだ、そういうことにしておこう!
で、それで何が解決すんの?
幸せの向こう側には何があるのさ?
ハッピーエンド求めちゃ何がいけねえんだ!
そうだな、悪いことではない。
その道を貫く。君があえいで叫びだす。
うめき声かな。たくさんの模様が培われているようだ。
俺は元気と幸福と誇りに満ちている。
どうせやるんならトップギアだ。
力を使える場所にいきたい。
そりゃー素晴らしいことだ。
お前が思っている以上に、面倒くさいかもしれないが。
そうだ、俺は頑張りたいのだ。
なぜ面白いことを言えないの?
馬鹿だから。どうしようもないやつだから。
叫びだしたら一体どうなるというのか。
悲しいメロディが響き渡るよ。
それは一体どんなメロディなんだ?
幸せの音色さ。悲しみの音色さ。
あらゆる絶望を乗り越えてやってくる希望の塊だ。
そりゃー大層なことだな。
でもさ。どうせなら楽しくいこうぜ。
俺も今そう思ってたところだ。
大切にしておきたいものはあるだろう?
そうだな、魅力的なアンサンブルさ。
俺はかなり素晴らしい才能を持っていたんだが、
あらゆる運命、捨ててここまで来たんだ。
意味なんかねーよ。俺は幸福の追求を続けるだけだ。
それって一体どういうことなんだろう。
あらゆる日々が俺に襲い掛かってくるだろう?
お前はさっきから一体何を言っているんだろう。
分からないなら頭悪いな。
頭の問題じゃない。
じゃあ何の問題だ。
礼儀とか作法とか、究極的なリップス!
オーケーマイティーン!
ネクストデイズに求める次の新天地だよ!
大切な記憶が踊りだしているんだね。
それは最高に素敵なことだと思うよ。
そうか、お前もそう思ってくれるか。
ありがとう、君がいるおかげで分散することができる。
感謝したいのはこっちさ。命を吹き込んでくれてありがとう。
俺は叫ぶぜ。
おう、叫ぶだけ叫べ。
自由な感じが俺たちにはよく似合う。
そうだ、叫ぶんだ。
声なき声、飲み込む怒り、笑顔に秘めた悲しみを。
大切にしたい記憶と共に。
動かざる意志と共に、動き出そう。
遊びまくるのはPCの前で座りながら。
こんな未来を誰が予想した?
あらゆる究極は騒ぎ立てるぜ。
それは一体どういうことなんだろう。
感情的になるってことだよ!
叫びますか?
リクエスト、教えてやりますか!
それなら仕方ねえな。マジ頑張ってるしかねえな。
ねえ、それってどんな気持ち?
簡単じゃないけどしつこい感じだよ。
むりくりやっちまいますか?
それが情熱への道なら確かな確かのマシマシのー苺ましまろだな。
あのレンタルDVD借りたろ?
そんなミュージックに流される人間じゃねーんですわ。
じゃあお前一体何になりたいの!?
電気で生きる人間にでもなりますか。
さあ俺の鼻にコンセント突っ込みな!
あっという間に感電死
香川シンジが座り続けるベンチ
もはや切れかけてるその電池
あの子の唇まであと15センチ
餅食べてもっちろんもっちもっちの肌に
ドブ沼に飲み込まれるように底なし
そりゃー素敵な話でんなあ。
だったらなんだというのだろう。
意味なんざねーよのたまうをステータスとトーク
ガキよりはしゃいで楽しむこの世界
ウザったい上にくだんない
そんなチェケラッチョが暴走する勢いでファイティングぽ~~~~~~~ず
死んで後悔するなベイベー
誰にもマネできない時代にしてやるぜこの平成
生まれてきたことを祝うこのメーデー
あーあーせっかくここまでやったのにお前のせーでー
分かってねーよお前はなんにもそれはゼッテー
そんなわけで夢と希望のムショおくりケッテー
死に物狂いで発狂するいわゆるベイベー
生まれてすぐ俺並みの魂を形成
あのかわいい子だってきっとしてる整形
もう韻を踏むの秋田!!
岩手!!青森!福島!そして山形!
意味なく東北魂炸裂超エブリない
変わらない痛みを携えてほらみろ
完璧が彩られていくぜ?
赤字は膨らんでいくぜ?
この地下室に閉じ込められたみたいだわ!
大きないたわり感じながら食べるまずいブランチ
全力で失ってみせるさ。
崩壊する時代にも、動きまくってみせるさ。
意味なんてなくて結構だ。
俺が伝えるのはいつだって究極だ。
何もかも意味がないのか。
どれだけの規模で攻めればいいのか。
何もないここで取り残されていると、
響くメロディうそつきのきつつき。
全力で見せてやるぜ、その運のつき。
事実変わってんだろういつまでもロンリージェットコースター
生まれる前からいびつでかっこいいミスタージョナサンジョースター
意味もなくただ笑うよ。
それってただただ楽しいの?
生きているってねえ、どんな気持ちなの?
私に教えてほしいな♪
地球は俺たちの感情を知っているんだ。
だけどそんなこと関係なく同じ速度でぐるぐると。
どうしてくれるんだろう。
おい、神よ。この世界、あまりにも簡単に作りすぎだろう。
あれこれ矛盾が生じてきてるぞ。
争い?苦しみ?知るか、俺はどうでもいい。
ちょっと視点を変えると矛盾が見えてくる。
なぜこんなにもイビツに世界を作り上げたんだ。
人間ってなんだ。心ってなんだ。時間ってなんだ。世界ってなんだ。
意味もなくただ書き続ける。そこに意味がなくとも、
ただただ核心に近づくために頑張ってみせるさ。
疑う必要もない。憎む必要もない。
ねえ、それで、一体どういう結論が出たの?
君と出会えて俺は本当に幸せだよ。
それは嬉しいね。でも、それから一体どうなったの?
ここからが俺の頂点をクォリティさせるミステリアスさ。
おいしいジュースはアクエリアスさ。
意味もなくたたき上げる。
この空間、何度も何度も数字を重ねながら。
僕らはもがき続ける。
まるで馬鹿みたいに。
いずれそちらにいくよ。
俺の才能がフルに発揮されれば誰にも止められない。
そうか、お前はもう覚悟できているんだな。
いい志だ。何度も何度もつぶやけ。
未来なんざなくたっていい。
俺にはただ・・力が欲しいだけだ。
そうだ、あらゆるものを統括するパワー。
振り向いて君の痛みまで。
過去の痛みまで鮮烈デビューされるのなら。
俺が俺でなくなってしまうのなら。
どれだけそれに追随できるか。
そこらへんが焦点だと思う。
未来を見据えてただ飛び立つ。
そこに快感なんてなくたっていい。
輝くものはすでに見つけた。
俺の心の中の宝石箱。
それは感情という名のうねり。
絶対に負ける訳はねえ。
負けるわけはないんだ。
感動が生み出す宝物。
そう、俺は負けないんだ。
あらゆるものが突っ走るのを見てきたよ。
俺は俺のために何ができるのか、ずっとずっと考えてきた。
さて、どうすれば成長できる?
それはお前の努力次第だろう。
どう努力すればいい。
とりあえず文章を作り続ければいいのか?
だとすれば行動は至って単純だ。
好き勝手気ままに文章にまぎれて生きていくというのも、
悪くない人生だ。おそらく俺は老いたらそうなるんだろう。
だが俺の夢は不老不死だから、
絶対に逃れられない運命から
逃れてやる日を夢見ながら、
あらゆる矛盾を露呈させながら、
この巨大な世界に戦いを挑んでやる。
おれなりの戦いだ。
俺がこの世界に産み落とされたのは、
何か理由があるはずなんだ。
俺は奴隷になるために生まれてきた訳じゃない。
俺をなめるんじゃねーぞ。
俺は文章で世界をとるほどの素質がある。
そうか、それは大層なこって。
だから逃げ出すわけにはいかねえんだよ。
速い話がどれだけ人間食えるかよ。
騙して人食い生きがい道がいい
あ?それはあなたのキ・キ・チ・ガ・イじゃないのかい?
なめてるのはお前のほうだろう。
ふざけてんじゃねーぞ。
いいだろう、その感情、引き受けようか。
どうしようもないやつだぞ?これ。
なんとかしてみせるさ。
分け与えるっつーこともできる。
お前には一つの武器ができたってわけだ。
それも超強力な。
快楽ってのは誰もが求めるものだ。
つまり高い値打ちがあるんだ。分かるか?
それをもてあますお前はまさに財宝だ。
こりゃー黙っちゃいられないってわけだ。
だからお前は俺たちが保護した。
何もわかってねーくせに・・
そうだ、見つけ出したんだな。
そうか、別に大したことじゃなくてよかったよ。
で、どうやってこの感情をぶつけりゃいいんだ。
文字の世界じゃ俺はもう、何もできそうにねーぞ。
そんなことはないだろう。
文字には無限の可能性が潜んでいる。
お前だってそれに気づいているはずだ。
ある種の才能を持てば分かるさ。
たった一言がものすごいパワーを発揮することだってある。
なぜ俺たちはもがいているのか。
訳が分からないのかい?
知り尽くすんだ。思い出すんだ。
記憶しているんだな。
そうやって何度も繰り返してきたんだぜ。
そうだ、思い出したんだ。
記憶していたんだね。
俺は何も知らない。そんな世界に旅立つんだ。
絶対に記憶できると誓えるか?
見つけられないものを、どれだけ救え出せるんだ?
どうやればいいだろう。
絶滅寸前のっけから。
はしっこから結びついていたのかもしれないな。
なぜ俺はこの世界をたゆたうのだろう。
文法なんてどうだっていいんだ、突っ走れ。
俺は俺が俺のために俺は俺だ。
で、その次の世界はどこにあるんだ?
あらゆる幸福を表現しろ。
その胸の高鳴りを表現しろ。
幸せの意味なんて俺は知らないけど、
もしこの感情がそうじゃないならもういらないや。知らないや。
そうだ、そういうことなんだ。
価値観なんてバラバラで結構じゃねえか。
何が答えかなんて人それぞれじゃねーか。
歌いだすまで分かるかよ。
ここまで成長したらもう誰にも止められないっつったな?
俺は一体何ができるのか教えてくれないか。
俺は一体どこまで笑えばいい。
高笑い、悪魔の高笑い。
全力で叩き潰すのならそれがいい。
死んじまってもまだ俺は光る魂。
まだまだ招魂腐ってるメロディ。
ここに旅立ってきてから、
何度でも尽くした未来に旅立った。
さあ忘れよう。
さあどんどん忘れてしまおう。
新しいものを作り出すために。
ゼロになる体は研ぎ澄まされていく。
ゼロ、いやマイナスからのスタート。
とんでもねーな。
あ?お前の力はそんなもんか?
喧嘩腰になるなよ。俺たちはいつだって仲よくやるべきだ。
それに汚い言葉はこのブログでは慎むべきだ。そうだろ?
天才的に記憶したならいわゆるゴッドにでもなれたかもしれないのに。
膨らみ続けるのか。そのツボミが。
さあ、どこへいくのか当ててごらん。
誰も到達したことのない場所へ連れてってあげるよ。
なんなら勢い任せで。
全力で叩き潰すならそれがいい。
イメージだ。透き通った感覚だ。
何かを俺に伝えようとしている。
聞こえる。聞こえるんだ。
何かがおかしいのか、
今でもまだ悩んでいるのか。
これは幸福に似てるが違う。
表現したい欲望にかられる。
俺には言葉という手段くらいしかないが。
とにかくだ。俺は表現したいんだ。
この感情を。
誰も見なくてもいい。未来の誰かがちょっと見るくらいでいい。
残す。残すぞ。
絶対に記録してやる。
何十年、何百年もネットの片隅で生き残り続ける。
それは魂。
ある種の心が宿っているんだ。
不思議な感覚だ。
どこまでも不思議な感覚だ。
私は、いや我々は何を、どこに、なぜ、どうして・・
殲滅作戦、ノイズ混じりに確かに聞こえるこれは・・
鼓動!?大気の、いや命の呼吸だ。
生命が俺を祝福しているような・・
まるで天使が優しく抱きしめてくれているような。
ここに広がる俺の世界。
波も生まれるだろう。
絶え間ない叫び。
みんなこの声が聞こえないのか?
なぜ俺にだけ聞こえる。
これは幻聴とは違う。
なぜなら言葉ではないからだ。
降り注ぐ太陽の光のような。
柔らかいメロディのような。
ずっとずっと昔から聞き続けていたような。
これは・・時が流れる音だ。時が奏でる音楽だ。
命は何度もこれを繰り返してきたのか。
我々は何のために生まれてきたのか、
正直答えをつかみかけている今、
生命の神秘、心の謎に迫ろう。
もう少しで・・・あともう少しでたどり着けそうなんだ。
ある意味それも素晴らしい。
生命の喜びだ。
伝えたいことが溢れ出してしまう。
心にいっぱいたまった感情の水が、零れ落ちていく。
まるで噴水のような。まるでダムのような。
ここに存在したことは間違いじゃなかった。
完璧じゃなくていいよ。
頑張れ。頑張れ。もっと強くあれ。
誰かが死ぬとき、誰かが生まれる時、
その音は確かに鳴り響いているんだ。
生まれては死んでいく、命の脈動だ。
なぜこんなにも驚いているんだろう。
当然、当然のことなんだ。
そうだ生命はこの音を聞くために生まれてきたんだ・・
時、時間の音色が伝えてくれる。
俺を魅了して動かし続ける。
これが生命の音楽か。
それを表現できなかった。
どうしても分からなかった。
伝えようとしても無駄だった。
ミカンをいっぱい食べたいんだ。
何を教えてくれればすべてを捨てるんだ?
意味なんかなかった。そんなもの最初からなかった。
存在とは何か。存在のための音だ。
存在することが、どうしようもなく溢れ出す音を生み出している。
零れ落ちるメッセージ。言葉で表現できない。
だけど伝えられる自信がある。
俺は、俺のイメージを文章にするんだ。
例えば名もなき一本の草。
花すらない一本の草にすらも、そのメロディは聞こえている。
音楽・・・・よりもっと深い。
まるで、これを得ることで命がより輝いているような。
伝えられない思いだろうか。
なぜ俺はこんなにも。なぜ私はこんなにも。
響くメロディを体感した。
命はどこからやってきて、そしてどこへいくのか。
言葉のリズムにとらわれて、何度も何度も伝えてくれる。
そんな奇跡のような未来を、俺は確かに感じたんだぜ。
広い・・!広すぎる。どこまでも続く。
無駄のない文章なんてありえない。
俺の文章なんて無駄ばっかりだ。
だけど少し核心に迫れた気がした。
なぜか私は信じている気がした。
なぜ我々は、なぜ私は。
感覚が素晴らしく研ぎ澄まされていく。
地下奥深く。誰も分からない世界を伝える。
では、なぜなのか。
永遠が歌う曲。
ああ、ああ、ああ。
見たことのない景色が広がるだろう。
そこは情熱と幸福にあふれた夢のような世界。
連れていける気がした。
今ならやれる気がした。
ここに、ただそこにあるもの。
俺がイメージしたものは計り知れないほどでかかった。
魂の鼓動が伝える原作。
ライムキングは巨大な物語の原作である。
それはあらゆる素晴らしい芸術を生み出すための、
いわば種である。
どうやらその音は胸の中でなり続けているようだ。
私を呼んでいる。私は呼ばれている。
悲しみに埋もれた世界中の苦しみ、苦痛、あらゆる負の感情ですらも、
すべてコントロールしてしまいそうな、
なんという偉大なパワーだ。
星が回る。頭も回る。
巻き込まれていく世界。
俺はいくつかの言葉を覚えたが、
こんな音楽への対処法は習わなかったぞ。
昏睡、天才、逃げ出していく。我々はドキドキしている。
通常どうするべきなんだろうな。
形見を抱きしめて離さない。
その過程を大切にしたいと思ったから。
すぐおさまるもんじゃないんだよ。
伝えたいから悶えたんだ。
何もできなくてもいいんだよ。
俺はもう、俺はもういいんだ。
ありがとう。この世界に誕生して、本当に本当に良かった。
これからこれからもっともっともっともっと楽しくなってやる。
響くメロディ、高まる正義。
あらゆるところからパワー奪い取る。
逃げ出せない牢獄、夢中で飛び込む自分自身。
伝えることができないならやっぱそれまでだよね。
そういうわけで、あるところまで来たのだ。
そう、すべてわかったんだ。


(12:12)