2014年07月

2014年07月06日

ああ、とってもストレートだぜ。
ずいずいずいっとくるほどにストレート
ストレッシュだぜ。
ゴミと化した空くじだぜ。
お前らはひいこらひいこら
ダンシングしている最中なんだぜいえいえいえい
ただしできんのか?最強現場。
ミステリアスが叫びつつも、
ミラクル引き起こしつつ、
願い感じ信じ生き続けて
さあSAY YEAH
あんど頑張れー!
でも僕諦めません。
だってあなたのことが嫌いだから!!
死ぬほど大好きなのはあの花の名は分からないけれども
なんだっていいんだ、
混同しちゃう未来の数だけ
道を踏み外してきただなんて
今更言える訳ないじゃない。
あなた約束してくれたじゃない。
今更になって、忘れたなんて言わせたくない。
僕なんかとは釣り合わない。
伝説がクラッシュして
また次の冒険を探求している。
ニューライフが輝き続ける!
ぴんぴん信じてる。
狂っても一途な破壊兵器。
自分で埋まらないように、
ただひたすらに。
未来って奴が輝くのであれば、
光り輝き続けることすらたやすいだろう。
生きていくっていうことが、
光り輝いて僕に襲いかかる。
未来が暴れて取り戻せない。
ここに真実なんてあるのだろうか。
真実を求めれば求めるほどに、離れていく。
追いかければ追いかけるほどに、
置いてけぼりにされてしまう。
綺麗に輝くってどんな感じだろう。
失礼にもほどがある。
何を手に入れれば幸せなのかなんて、
最初から分かったつもり?
でも健康を生きる自分にも、
簡単じゃない道筋、
道のりが待っている気がしてさ。
僕を叫び出す声の数だけ失望は増えていく。
優秀な人材と勘違いされていく。
虚ろに微笑むあなたのように、
失っていく自分が怖かったんだ。
怖い、それは一体どんな気持ち。
なんらかの答えを出さなくちゃいけない。
この数十年のうちに。
ねえ、どうしたの?
どうして僕はつまらないの?
エンドレスが騒ぎ、
僕を突き抜けるミュージックは
あとからあとからこぼれ落ちるように。
ただ、ひたすらに愛を拒む。
その先に未来はあるんですか?
拒んだ世界、究極的な未来。
僕は信じたくなかったよ。
こんな秩序の崩壊すらも、
健康的なギブミーすらも、
ほら、見て御覧。
美しい未来が溢れてる。
この現状に木霊する。
素晴らしきかな?
でも赤面のフォトグラフィー。
あなたに伝えたいようなことじゃないよ。
全部、全部壊れていくなら、
僕が求め始めてることにすら、
結局価値なんてないじゃないか。
煌めくものが欲しいのかい?
なんだか不思議なんだ。
僕はなんだか友達すらも必要ないと思えてきたんだ。
忙しいんだ。どうしようもなく生きているんだ。
それはとてつもなく大きくて、
ひたすらに美味しい。
じゃあ僕はそれを食べるしかないようだな。
どんな痛みも苦しみも悲しみも、美味しく食べてみせるよ
なぜだろう。少しも寂しくないんだ。
なぜだろう。こんなに素晴らしいんだ。
とってもとっても沸き立つメロディーがあるんだ。
閃きを利用して、
新たなる錯誤を目指していく。
ここに確かな価値などなくてもいい。
僕は誰を求めているのか。
それは君次第なんじゃない?
思いっきりが悪いなあ。
そう言う時僕はなんていうか教えてあげようか。
壊れそうなニューロマンスならさ。
その言葉の意味すらも分からないなんてさあ。
言えるわけないじゃん。
分かる訳がないじゃん。
それを伝えるってことがどんなに大変かなんてさ。
分かってるはずじゃん。
知っているわけじゃん。
それをないがしろにしないでよ。
言っとくけど僕が言いたいのはそこじゃないからね。
今日は何の日だったかなんてどうだっていい。
面倒くさいことを全部、秩序の崩壊も待ったなし。
何が義務。沢山の栄光を持てあます。
僕は知っている。全てを知っている。
全てを知ったつもりになっているんだろう。
ようやく信じられる存在が発生したのか?
もう何もいらないなんて、口が裂けても言えない。
何を求めているんだろう。何を願っているんだろう。
現実が退屈だ。だったら、それを塗り替えろ。
くだらねえって思うか?
その自信すらもないんだよ。
何故だと思う?
それはコンペイトウが丸いから。
少女達が消えたから。
僕はゴキブリを踏みつぶしたから。
エンドレス、この宇宙にばらまく俺の遺伝子、
狂ったこの世、光がさすと信じ、
願いいたたまれない傷跡。
壊れそうなドリーマー。
生命の神秘を問い続ける。
だけどなんだろう。この不思議な感覚は。
まるで何かに導かれているような。
そんな嘘みたいな本音を言わないでよ。
どうせ僕なんて大した人間じゃない。
知ってる。分かってるよ。
最初からそんなこと、気付いてる。
ようやく知ることができたんだ。
理解に至ったんだ。
それがそれであることに、
大きな誇りを持てたんだ。
だったら何を手に入れたら・・
そこから倒れ込むように、ゲームは動き出した。
一定の快感はあった。
さあ、そこから何を望むのか。
ああ、消えていくのか。
全部全部、煌めいてくというのに。
僕はなんだかもどかしいのだよ。
感情がフリーズしてやがる。
寝れねえカラスが歌ってやがる。
ずっとずっと考えていたんだよ?
そして感情はぶっ飛んでいく。
ここから究極を望み続けた。
少しだけ眠いのはなぜかな。
何もかもどうでもよくなってくるんだ。
深い深い眠りに落ちていくような、
あの懐かしい光景を思い浮かべるような。
そんなシンパシーを確かに感じたんだ。
だって僕らは、負けるために生まれてきたわけじゃない。
懐かしい記憶を背負って、道連れに。
全てが巡り行く。かっこいいことを言ってみたかっただけ。
終わりを求めて彷徨った。
いつだけ崖の上だったから。
秘密に動き始める素晴らしい感情。
でも、それとなくそれを結びつける。
簡単じゃないけど怖くもない。
そこに確かな余裕があるなら。
歌いだすハッピー。究極が目覚めるから。
こんな風な世界に到達したかったから。
そして何を求めだすのだろう。
見つけ出したのは天国に近い場所。
道筋狂っていつまでもリクエスト。
大波乱が起こりそうで怖くなってしまいそう。
だけど事実と欠損したコンパクトな守備。
この世界で生きていくことを誓ったんだ、
もう消えるぞ。いつまでもロックンロール。
君と当たり散らすエンドレスが、
今と言う希望を笑っている。
だからこそ素敵な面倒癖え生き方になってしまった。
光り輝く明日を求めてしまった。
つまりどういうことかというと。
つまりどういうことなんだよ。
せめてセメントりくえすと。
でも分からない究極を誰のせいにすることもできず、
もがく私の傍らで嘆くあなたにプレゼント。
ずっとずっと輝いていたのに、今更気付いたのか。
俺は死にたくはないのよ。分かる?この葛藤。
輝きが生み出す未来がある。
全てを越えていく放物線に乗って、
あの虹の向こうへ飛び出したい。
慈しみ、感情のろれつ。
ずっとずっと考え続けたから。
ひたすらに強く。願い続ける。
そこに勝ち負けなどなかった。
永遠に続く己との葛藤。
それもいいのかもしれない。
嘘だろお前・・
究極がワンダフォーじゃねーか!
こんな美しい未来に奔放な
自分自身を見違えるのであれば、
本気で怖いと思える自分自身すらも、
はっきりと分かるその力強さも、
知り尽くしていたのだろうか。
面倒くさいことはしたくない。
悩みまくった結果がこれだ。
なんだかんだ言って俺は忙しい。
逃げていた。ずっとずっと逃げていたんだ。
それは素晴らしいメッセージ。
煌めき輝く一途な魂。
閃く魂。
これが輝き。
意味なんてなくたっていいよ。
僕はずっとずっと新しい感情に左右されてる。
未来ってどこにあるのかな。
僕は少しもがいてもいいのかな。
助けにならないのかな。
ずっとずっと考えていた。
ずっとずっと考えていたんだよ。
憎しみ、切なさの連鎖、
くだらないたわごとの延長線上にある、
愛おしい言葉の連鎖。
何かが壊れて破裂しそうなんだ。
意味なんかない。最初から面白かったのかもしれない。
宇宙はどこにいるんだろう。
簡単じゃないだろう。
そこが普通とは違う所なんだから、仕方ない。
超絶、宇宙を壊す為に生きていく。
果てしない生き方を実践したい。
メロディがかつて見ないほどの
すごいものすごい力を手にする。
ただ、そこに存在するだけで、
楽しいなんて、欲望の化身だなんて、
信じたくもないよ。認めたくもないよ。
そんなくだらない理屈なんて、聞きたくもないんだ。
だから涙にくれるその顔をちゃんと見せてよ。
何に対して頑張ればいいのか分からない。
一途な未来が壊れそうなんだ。
そんなこと分かる訳がないじゃないか。
未来は壊れるほどドリーマー。
宇宙船に乗り越して、ハッピーを飛び出して。
エンドレス、ブギウギ、なんだかとっても
破裂しそうな鼓膜と心臓
目の前の景色が蠢く。
ひたすらに寛大な栄光を
手にしているつもり?
なんでもいいから潰したくなった。
イメージはできていたつもり。
ひっそりと、どんよりした空気が僕を包む。
なんだかとっても悲しいな。
そうだろう。そういうこともあるだろう。
何でもいいんだ。伝えたい未来があるならば。
ずっとずっと壊れそうなんだ。
ひしめく生きがいの未来が、慌てふためいているんだ。
そこに言葉なんか、全然いらないさ。
もがく自分の生き方に、願いを込めて
新しい世界を導きだせばいいんだ。
僕は一人でも歩いていける。
悲しいよなあ。でも今更なんだぜ?
そうやって、何度も何度も確かめたいよ。
閃きが産む世界観。
未来へと吹き飛ばすろれつ。
くたばり損ねたカエルのようだ。
だがそれでも井の中で大海を夢見る蛙だから。
僕は信じた結果がそれだったから、
何も失ったあとだったとしても、
究極なんだ。未来なんだ。
ずっとエンドレス。沢山思い出せるように。
僕はいつでも感動を連れてくるように。
そしてエンドレスはもっとでかい場所を求め始める。
大切なこと考え続ける。
大切なことは何か考え続ける。
ずっとずっと愛おしいと思ったから。
気が狂うほど楽しかったから。
ずっとずっと手に入れてきた。
無性に実にサスペンス。
必ず出てくる気がする。
ザッツライト、その中でもチャンスはうかがってきた。
今僕に言えることは何もなかったんだ。
そう、僕はずっと迷っていたんだ。
光り輝く未来を恐れていたんだ。
どこまでいけばいい。
何も分からなくなってしまう。
温かいメロディが包み込む。
全てをコントロールしながら進んでいく。
面白い空間、流せなかった涙。
いつまでも続くのだろうか。
こんな微動だにしない宇宙、
向こう側、ずっと向こう側。
美しいを創作した。
未来へ希望を食べたかったから。
誰が何をしたとか正直興味なかった。
空想より偉大な現実なんてあるだろうか。
仮にあったとしても、僕はずっと空想しているだろう。
超絶素晴らしい快感に酔いしれて、
導き出す答えはアンサンブル。
全てが輝きますように。
どうでもいいけどあと5分の命?
だったら爆笑、とりとめもない話題
あいどんわなだい。
躊躇なく言えるはろーとメッセージ。
壊れたらそれもそれでいいけれど。
僕より苦しい人もいるだなんて、
目指したものすら間違っていたなんて、
信じたくもなかったよ。
煌めき続けた。
ただ、頑張り続けた。
世界一素晴らしい場所へと辿りついた。
未来は全てを越えていった。
挑戦的ひじき。
サスペンスはもがいてる。
この空間で息をしてる。
僕はまだ呼吸を続けているよ。
何があろうがどうでもいい。
くたばり損ねたその感動的な生きがいは、
だが中々分からない。
秩序も崩壊、自分を失うことで精いっぱい。
何もかも、消えてなくなるんだろうか。
こんな全身全霊が求められるのであれば、
僕だって究極をはしごしよう。
歌声が笑える。
くたばり損ねてる。
やる気になればミステリアス。
こんな空虚な時間は漂う。
答えを求め、さまよっていたんだ。
狂うくらいに素晴らしい。
エンドレス、ブギウギが破裂しそうだから。
もう何も分からないだろう?
人間ってなんなんだろうね。
面白いが究極にワロチング。
未来へとアフターとぅもろー
オレイズムの無性に高鳴る鼓動と
ずっとずっと完璧なプレイを
理解して、行動して、ファイトして、エンドレス。
僕には何か武器がないと。
武器がないと身を守れない。
だってそれじゃないとお金も手に入らない。
昨日Tシャツにしみ込んだ、
タンポポの匂いが忘れらんない。
宇宙ってどこにあるんだろう。
無性に空間を偉大に見つける。
壮大なごっこ遊びはいつまでも。
あなたと渡り歩いていく。
培うディフェンス。
エンドレスに対してもっともっと。
響き合いたい。
知らしめてくれ。
踊るような空間を笑うような、
そんなサスペンスと、未来絵図。
くだらないつぶやきの数々。
ずっとずっと考えていたんだよ。
こんな感覚になるために。
ほら、もっと輝ける時代が来た。
なるほど・・つまり世界中が宇宙に
はまってどんぶり、歓声でかき消された。
沢山のメッセージが僕を後押ししている。
ミュージックは素晴らしい。
それは僕の全てだから。
僕を作る全ての細胞。
辛かったね。
そうだね。どうしようもないからね。
助けてほしかったんだろう?
ずっとずっと探していたんだろう?
何かを求めてさまよう。
ずっとずっと狂っていく。
何かが破裂して吹き飛んだ。
あの日僕が求めたのは希望や夢じゃない。
ずっとずっと続く幸せだって手に入れた。
誰かの夢見るゴールに立っているということ。
なぜこんなにも。
なぜこんなにも、激動の世界。
端っこから片っ端に
何度も何度も繰り返していたんだ。
ロックが歌いだすその感情も知らないから。
ずっとずっと信じていったんだ。
それしかできなかったんだ。
本当に、それしかできなかったから。
もうおかしいよね。笑っちゃうよね。
ずっとずっと楽しい生活をしているくせに。
失いたくなくてもがく。
ずっとずっとばたつく。
それが産む上昇気流すらも、
ほらみてごらん。
消えて、とりとめのない話題で
ずっとずっと回っていくメリーゴーランド。
訳が分からないよ。
一人で楽しむ遊園地。
デッドコースターか。
そして僕の胸の痛みは全てを連れ去っていく。
なんてもったいない世界なんだ。
たどたどしく紡ぐ文章の悪戯に綺麗に輝きを
保ちつつもファイティング。
こんなゴミのような文章が
注ぎ込まれていくから、
僕はただひたすら願うことしかできないんだ。
それってとっても素晴らしいことなんじゃないかな。
だってあれだよ?難しいんだよ?
僕は常に求めてるつもりだった。
永遠、ビューティフォー、
慈しみ深い、深いなあ。
そんな究極が存在するなんて、
想像さえもしていない。単純だって笑うかい?
それを知らないことは罪。そのなんだかんだが
端っこから生まれていくように、
感動的なフリースタイルダンジョン。
ジョジョに奇妙になっていく冒険
この世界は・・いわゆるスーパーなんだ。
僕には、何もできない。
とんでもねーこと多すぎい!
そしてメッセージは彼方へと。
水平線の彼方へと、
君を潰していく。
どうなっても知らんぞー!!
でも知っているのは薄化粧。
雪にまみれて冷たい世界。
この温度の変化にすらも、
対欧できずにユートピア。
パラダイスへと連れていくから。
ほら足元をみてごらん。
これが地面だよ。
地震起こすっすっす!
まあでもそれでもいいんじゃないかな?
もしくはよくないんじゃないかな?
どっちでもないんじゃないかな?
伝えることに、必死になって、
もがいて、ずっとずっと天才的に。
真面目な話になると
少し置いてけぼりろりん♪
チューイングガム
素晴らしいよね・・
いや素晴らしすぎるよねー。
ハイパーだよね。ハッピーライフだよね。
なんか悲しいよなあ。
ずっとずっと寂しさ、漂ってんだ。
ロックが僕を後押しすんだ。
何もかも最強になるんだ。
普通の人間だよ。
僕に超能力なんかない。
誰より強い心を持とうが、
何をするにせよ、
感受性豊かにしないと、
意味なんてないじゃないか。
面白いことだらけなくせしてさ。
本当、面倒くさいよね。
ずっとずっと感じてきたことだから。
攻めあぐねていたんだね。
ミステリアスはずっと続いていくから。
面白味のない世界に生きていたくはないね。
だってそういうのって、やっぱりつまらないじゃん。
面白さこそ、俺の求めていることなのかもしれない。
それすら晒されながら、僕は新たなる地点に立った。
ずっとずっと分からなかった。
未来を見通す力なんて僕にはなかった。
面白さのかけらもなかった。
たまにいいことを思いつくだけだった。
それだけなのに、なんだろうこの感情は。
いつまでもロックンロールを求めているような。
眠気に耐えてよく頑張ったね。
何かが生まれそうで壊れそうで、
慈しみ、哀れな未来が行動の美学をたたえている。
しかしなぜか面白い空間。
ただひっきりなしに響くミュージック。
僕は一人?なんでもいいけど気合い全開でいけよ。
むしろ世界は送り倒し。
叫べども!叫べども!!
少年の声は全てを伝わって、
メロディはいつまでも解釈の果てしなさ。
僕は何も言うことすらできなかった。
それを確かに感じたという誇りが欲しかった。
誰が神様なんてどうでもいいよ。
伝えたいメッセージの向こう側に、
確かに輝く光をみた気がした。
こんな情緒不安定ならば、
僕が認める全てになった気がする。
栄光は我々がもつ最大のパワーだ。
楽しさとはなんなのかを伝えてくれる。
人の命の価値とは。
もっともっと広がっていけ。
ずっとずっと楽しい世界。
暗いね。って君が嘆くような
時代なんてもう僕らで終わりにしよう。
それでロストジェネレーションかあ。
よくもそんなたわごと言えたもんだぜベイベー。
ずっとずっとチャンスはうかがってきた。
一人ぼっちは全然寂しくないよ!
ずっとずっと気になっていたんだ。
未来が怖くて潰れそうなんだ。
果てしなさ、永久を笑い続ける。
悲しみこそが究極。
僕は負けないよ。
負ける訳がないさ。
最初からそんなこと、分かっていたはずだろう?
未知数、ミラクル、きっとくるサスペンス。
激烈、なんだかとっても素晴らしくて、
悶えていて、つんつんつつかれていて、
面倒くさすぎて、終わりを求めても果てしなくて、
ずっとずっと天才的に生きていくっていうのは、
走りだす未来を奉っているようで、
くだらない自分自身に対して、踊っているようで。
未来はきっと輝いているよ。
ああ、きっと誰も分からない場所さ。
僕だけが掴むトロフィー。
正解不正解の判断は自分にだけ許された権利だ。
何を言っても悶えるしかないのか。
それでも生きていくことにかわりはないから、
愛おしい未来と一緒に、
少ない時間をただ楽しもう。
ずっとずっとひとりだった。
ずっとずっと寂しかったんだ。
だけども本当のつながりって奴は
分かんねえなあ。
生きている価値を求めてもがくよ。
ひたすらに辛い、きつい、
そんな道のりだったとしても、
いいんだ、これでいいんだ。全ては・・終わった。
そうやって何度も繰り返す。
繰り返してきたことが歴史になった。
そして歴史の最先端にいる僕らは、
何を思うだろう。何を願うだろう。
未来が壊れるほど抱きしめられたい
素晴らしいメッセージはそのままに。
生きる血潮もブルースを笑い出すように。
そこに限界なんてものは果てしなく存在しないから。
生きていくその理由が、消えてなくなろうが知ったこっちゃねえさ。
最初から不器用な人間だから。
でもね。僕らは未来の担い手。人の形をした光。
だって仕方ないじゃん。致し方ないじゃん。
光が液体になったら一度飲んでみたい。
素晴らしいメッセージはまるで、
そこにずっとあるように。
未知数との戦い。
未来を壊す為の、破壊への冒険。
夢の嫌う僕らだから。
こんな秩序を求めているのなら。
誰も成し遂げられなかった偉業に挑戦。
焦燥と混乱の狭間で揺れる感情にフタをして。
ぽろぽろこぼれる悲しみは、
ちょっと抱きしめただけでほら翻す。
未知数と永久の光となってくるくる回って生きていく。
その希望こそが生きがいなんだよ。
何をやっても届かないんだよ。
ちょうどいい場所にいたいからね。
潰れそうでもなんとかやってきたんだ。
命を預かってんだ。冗談で生きてる訳じゃないんだ。
そしてエンドレスは期待をするように。
未来へと羽ばたくように、僕は信じ込むことだろう。
こんなにも近いのに、なぜ苦しいんだろう。
何も生み出すことができない?
僕は0から1を生み出すことが得意です。
でもだからなんなのさ。何かに対してなんらかの答えを
導き出したところで、何を得られるわけでもないくせしてさ。
もう本当に難しいよね。何度も何度も繰り返した気がする。
何十億回命を作っても、まだ足りないと申すのか。
地球がパンクして爆発する。
永遠?呆れるよ。等価交換だね。
難しい問題に立ち向かってみせる。
生きがいはずっと続いていくと思うから。
その中で何かを見つけ出すのが俺の仕事だろう?
培う、伝説より豊かな、
未来を越えて突っ走っていく。
ずっとずっと壊れるほどの思いを抱いている。
優しさ、誰よりも。ずっとずっと心と向き合ってきた。
何が悲しくてこんな風な。
凄まじい威力に本当に潰されそうになってまで。
そこまでしてもまだ、言葉の泉は満開だ。
ありきたりなことを嫌った。
なんかそれが羨ましかった。
ずっとずっと繰り返すさ。
そこにどんな苦しみが待っていようが
関係ねえよ。そんなこと知るかよ。
結局一体なんなんだい?みんなで笑って万々歳。
そして伝説は巡る。
僕の向こう側で輝き続ける。
僕は壊れるほどに抱きたい。
夢のセンスのエブリデイ。
完璧を越えて水に浸して、
人間を道具としか思ってない企業
素晴らしすぎるぜ。
面白すぎるぜ。
砕け散って終わりを求めても、
ずっとずっと煌めき続ける。
歌いだす、その魅力にとろけていく。
砕け散った生きがいすらも、
なんだか面倒くさくなっちゃって、
最高が歌いだすレベルで僕の懐かしい声。
あなたのそばにいて未来を感じていたい。
ずっとずっと動き続けたい。
その一部がこぼれおちる。
素晴らしい面白い出来事が、
(・∀・)ニヤニヤしてるベイベー。
ただまあ間違いなくネガティブなら。
まあそれもそうだな。
イエスと言ってしまえばワンダーランド。
くだらねー調子で調子の良さをブギウギで破裂させる。
思い出させる宇宙よりでかい存在の煌めき。
朝から元気に投了エンドレス。
そして惨めな生き方に、何度も挑戦。
光り輝く未来へと突っ走る。
痛みを越えて踊りだす。
何もかも、失ってしまっても、
退屈すぎて死んでしまう気分の終わり。
随分すごいことになっていましたが、
私が求めていたのはもっと違うことで、
それはもっともっと楽しいことで、
なんだかすごいことなのでした。
しかし、どんなにあがいても自分は表現できない。
それが悲しくて、ずっと迷っていたのです。
ただ、そこに存在することが、
どんなに力づよいことなのか。
面白いことなのか。
見つけたくて、知りたくて、
何度も何度も確かめたくて。
でもその通りにはいかなくて。
だからこそ迷って、導かれて、
永遠を漂うように、未来は壊れていくけれど、
僕はすごく深くまで入っていきたいと思った。
心にダイビングして一番底にある涙を拾いにいこう。
奥の深さこそが素晴らしさ。
それが困ったことに、
どうしようもないのですよ。
どうしようもなさこそが大切?
何を願っていたんだっけ。
面白さってなんだっけ。
卑屈な未来が動き出す。
究極が笑って僕の足を切り落とす。
さあ、この動けない状態で醜くもがいてみせよう。
ずっとずっと綺麗に保ってきた心ですら、
今改めてみると少し汚れているな。
事実汚してきたのはずっとずっと。
なぜ理想が夢にならないのか。
それは冷たいインパクト。
悲しみの彼方へとこぎ出した。
気がつかない内に泥沼にはまっていた。
泥船に乗ったつもりでいろ。
そんな気がしたらもう動ける訳なんてないだろう。
いつでもハッピーを表現してきたのに、
こんな結末はないよ。こんな最後はないよ。
しかし、綺麗にとりとめもなく流れていく。
消えていく。後ろに、カバーをするように。
光り輝く未来を染めるように。
真っ白な未来を僕達が汚していく。
すごく半端じゃない感覚はずっとあった。
イメージできれば強くなれる気がしたから。
綺麗に輝き続ける。
思い出せ。それも分かる。
分かる気がする。広がりはもっと強まっていくから。
未来は壊れるほど抱きしめていくから。
沢山のメロディ、歌いだすハッピーにすらも。
永遠がワンダフォー、なんかつまらないよなあ。
意味がないと思うことは罪だろうか。
そしてそれを待ちくたびれた。
果てしない生き方を求めてすらいた。
時間が苦痛ってのを還元水。
なんとか還元水。
そこに確かな予感も存在したのか。
だとすれば消えていく可能性。
宇宙より偉大な彼らの言葉だから。
でもずっと考えてることがあるんだ。
終わりはどこまでも。ずっと美しく生きていきたいけど、
輝け。潰れるほどメッセージを貫け。
綺麗に輝け。
それしかできないのなら。
そうだ、俺たちは人として軸がぶれてんだ。
だから彗星のように、ゆらゆらゆれて光れ。
全てが素晴らしいなんて言えないけど、
全てが素晴らしいと思える瞬間があるんだ。
綺麗に輝き続けるのか。
悶え続け、生きることを否定しながら、
それでもまだもがき続けるのは、
そこに沢山の栄光があったからだろう。
底辺、良い物はフェイス、その他はツイッターでいいだろ。
そんな空間を笑うように。潰されるように。
終わりが得た力強さ。
失って初めて気付く大切さ。
その光に対抗してあてがった。
究極が音を立てて崩れていく。
僕はただそれを傍観していたんだ。
意味なんてないんだ。
ずっとずっと綺麗に輝いていたんだ。
ずっと狂っていたんだ。
面白さを、大切にするっていうことを、
僕らの未来に存在し続けた栄光を。
それがどんなに偉大な価値を放っているか、
君たちは知らないんだ。
分かっていないんだ。
僕は、人の形をした光になりたい。
夢を持つことは結構だ。
世界平和?もがいてろ。
ずっとずっと沢山のものを背負ってきた。
何かを得る代わりに何かを失っていった。
ずっとずっと怖かったんだ。
輝きを失った地平線。
失いたくないよ。僕は壊されたくないよ。
沢山がメロディになっていく。
そのまま受け止められていく。
このなんとでも言える世界なのに、
このなんとも言えない思いは何。
それでも俺は言葉を信じる。
冷たいロックンロールは、
牙を携えて新たな未来を創作する。
絶対に分からない。
お金を手に入れる方法も分からない。
面白さ、究極の果て。
僕なんかが生まれて良かったのだろうか。
希望は光となり輝き僕を追憶の彼方へ連れ去る。
そして、あなたをも連れ去っていく春風。
暑くて、アイスみたいに溶けてなくなりそうだ
まあ、でもそんな中でも培うメッセージ。
煌めき続けるワンダフルが存在するのなら、
少しだけ小さな希望を携えて、
ほら歩いて行ける。
こんなどっちでもいいことが広がり続ける。
言葉にならない繋がりが溢れているから。
じゃあなぜ僕はここにいるんだろう。
色んな言葉を紡いで僕は自分が生きることに理由をつけてきたよ。
何度も手を加えた自画像は、涙で滲んでよく見えないよ。
それは偉大なパワーを発揮した。
何度も繰り返すことを繰り返し、
やっとのことで手に入れた。導かれた。
そういう方法があるんだって初めて知ったから。
壊れるほどのドリーム、夢見ることが、
ひたすらに楽しい。栄光だった。
それは半分半分だったかもしれない。
くだらないことにしかなれない。
どうやったってとんでもないから。
芸術を知っている。
面白いことを知っているんだよ。
あの日々が、とっても赤面するくらいに、
導かれていたんだよ。
しかし僕は信じきれないんだよ。
ただしできんのか?発言権。
理想を求めて究極を目指した。
何もかも、分かってる。
ただ僕は声なき声を言葉にする代理人。
そこが凄まじいのですよ。
単純な言葉でさえ誰かを傷つけてしまう。
ずっとずっと、怖かった。
僕のせいにされるのが怖かった。
導かれる光りに剃って、
面倒くさそうに体を起こし、
ひとまず休憩のリズムをしっかりとって、
生きがいを求めてさまよう。
それはそれは素晴らしかった。
やらなきゃいけないだろ!
形にすることができるんなら、終わりなんて認められない。
汗でこぼれ落ちていく。気分が光、導きにそむいてまで。
なぜなんだろう。壊れそうで意味がない。
信じてる。分かってる。僕には何もできない。
心なんていう目に見えない物を使って、
目に見えるような結果を生み出す。
分からないから混乱するんだ。
自分を知ることができないのに、
自分は変えられる?そう思うか?
自分は変えられると言う。
でも僕は体を変えることはできないよ。
遺伝子の命令によって僕の体は成長し、
当然そこに心も生まれた。
この世界から悪いものを消し去ったら、綺麗な景色が見えるの?
良い悪いの基準は誰が決めるの?
誰かが決めるんだ。そして、いつまでもへ理屈で踊っているんだ。
失ってはいけない。大切なもの。
知りたいのはそこじゃない。
屁理屈だらけで申し訳ない。
その中に何かひたすら楽しい出来事が。
常にクォリティ背負って生きている。
随分ちんけなミステイク。
どんなにもがいても届かないなら。
この歩みよりももっと速く、飛び続けている光ならば。
ロンリー世界をざわつかせる、
未来よりも光よりも伝わるメッセージと新しい可能性。
このくだらねえ世界が僕にすごく素晴らしいね。
そういったもので、作られた自分自身。
手に入れた我が宝庫の方向。
潰れそうなメッセージ。
言葉にすらできないのは僕の弱さか。
感情の表現に挑戦。
何も分からない、世界に到達しても、
何度でも、何度でも僕は繰り返してやる。
答えが出なくてもいい。ゴールなんてもういらない。
最初から諦めていたのか、未知数をもがき続けてきたのか。
脳は今何を求めているのか。
意味が分からない文章の値千金 理解の惨敗
くだらない語感の響きに酔っているふうな自分が
問いかけるリーズナブルな価格と夢見た風船ドラゴン
とはいえども辛いきついが口癖で、疲れ切った体を休ませるしか
手はなくなったとしても。何もできません。
っていうかさ。分かってるの?
置かれている状況に、ひたすらマイノリティ。
少しずつだが進歩してきた。
何度でも僕は繰り返すぞ。
そして手に入れてみせる。
なんらかの答えをなんらかの形で生み出してみせる。
そうしないとつまらないからね。
面白くないからね。
つつかれた団子むしのように丸くなる
その君のしゃがんだ背中。
そうだ、未来が暴れ出す。
この世界にて、暴走気味に
ストレイトな望みワロスに。
響き愛無情に消えていく世界線に。
開かれれルメリーゴーランド。
鍛え抜く生き方の破天荒。
その森羅万象を
波乱の幕開けこの時代次第の邂逅を。
その変わり、俺が逃げねえ
エンドロフィン出しまくりで事務職つきたくて
もがいている俺が自分自身の栄光、
ヒステリックな自分に挑戦。
だってそれがないとつまらないことに
変わりはないと知るや否や、
面白い物探し続けた未来がそこにあったという。
俺の目的は最初からここにあったから。
なんでもいいんだ、くだらねえ。
どうでもいいこと多すぎて。
面倒くせえな全くもう。
なんてくたばれボケ。ってな具合で
はみだす破天荒とミステリアスと
砕け散る世界と情緒豊かなリズムに
豊作の予感。
それすら消えていくならワルプルギスの夜、
不快な深いオフ会
記憶を疑っているのか?
曝け出す全ての可能性。
俺が事務職希望するのには理由がある。
それはともあれ何はともあれ、
生きていく必然性を騙りかける。
意味もなく踊りまくる。
生きていく可能性を問う。
ここに存在する定義を聴く。
果てしなさだけが理由なら、
僕はずっと生きていくことにするよ。
綺麗にずっと輝き続けることが不可ならば。
天才的に考えた結果でも
後ろ前、突きたい後ろ盾。
光り輝くと信じたかった。
道しるべを見せてやりたかった。
そんなシンパシー。
くだらないと思うだろう。
僕だってそう思うんだ、当然だ。
巡りくる未来、開かれたこの炎。
炎のトンネルをくぐって夏を越えた
この幅が未来を作っている。
それしかないから生きてんのか。
正しく生きるってどんなこと?
分からないから悶える。
一途な感覚にまどいつつも、
信じ続けて生きてきたんだ。
理解に苦しむね。
ただそこに存在するだけでさ。
どうしてそこまで疲れないといけないの?
訳が分からないよ。ああ、全くもって分からないね。
謎の謎謎 宇宙の端っこで悩む価値を求め全力疾走だよ。
それが例えどんな気持ちになったとしても、
俺は今うまくいってんだと。
はっきりするべきなんだと。
分かっているくせしてさ。
思いっきり考えることを拒否してさ。
何を伝えたいのか、
本当によく分からないよね。
どうすれば未来が行動に移せるのかなんてさ。
やっぱり楽しい方向に向かい合わせに
合わせ鏡の向こう側。
カガミノクニのアリス
死んでしまいたいなんて誰が思うんだろう。
でも別に情緒不安定、
切り替えの速さは素晴らしい。
こんなギャグにすらついてけないなんて、
エンドレス。響き愛。道筋、綺麗に輝くスタイリッシュな
意味とアンチテーゼ。踊る私と笑ってる。
響きが嘘になっていくのなら、
それも大切なことだねなんて、
笑っていえたらどんなに素晴らしいだろう。
ずっとずっと悩んでいたんだ。
願っていたんだ。信じていたから。
何を思ってももがく。ひたすらに生き地獄。
だったとしても変わらないさ。あらゆる選択の結果の上に今俺は立ってんだ。
それだったとしても、
輝ける未来の為にやっとこさ立ったとしても、
導きにそむいたとしても。
終わりを求めて果てしない
生きているその理由を、
ぶち壊して好き放題やっているような。
伝えることはしてるけど伝わっていないような。
ガリレオ・ガリレイが歌うような。
未来を壊して天才的に
ブスとカス共がありがたがるMr.ブストラクト
だが楽しいかもしれない
変わっていくよ。
未来は踊りだす。
それはまるで綺麗に輝いていくように。
光輝いていくスタイル。
未来を壊していくスタイル。
そんなものにはなりたくねえな。
訳も分からずのたうちまわるを正義と言った。
でもそれってそんなにおかしなことですかね。
くだらなさを、見つけてワロス。
行動に転換してこそ意味がある。
ではどんな行動をすればいい?何も分からない。
あらゆる思考の果てに答えが隠されているというのなら。
あの果てしない闇の向こうに手を伸ばそうか。
そして出てくるオリジナリティが暴れ出す。
ここで究極を笑い続けるのもいいかなと。
思う事に罪はないと思う。
ほらまた自分かばった自分ばっかだ。ああああああああ
でもいいんだ。だって僕はいつでも天才兵器。
秘密のまま終わった秘密兵器。
我々の秩序の崩壊をただ待ち続ける。
言葉なんていらねえよ。
壁を見つけ出せ。
このベルリンの壁を破壊。
国境を守りたいのは。
全部同じ国にならないのは。
いまだにこれだけ食い違う。
おかしくないか?なんでこんな沢山言語があるんだ?
日本語を覚えたよ。
その中に自分を探したよ。
ない何かを探したんだよ。
ずっとずっと希望を探し続けたんだよ。
綺麗に輝く未来を拾ったよ。
つつがなし、エンドレス、
悔いの残らない響き愛。
躊躇なく本音を呟く未来に辿りついた。
健康は歌いあげる。
僕には何もできない。
僕は何もしたくない。
そんな訳がないじゃないか。
表現は永遠のループ。
そして地球はぐるぐる回る。
時間が足りないという。
死んでごめんじゃないでしょうに。
そんな宇宙にただ立ち尽くす自分に、
憤りすら感じながら、
さてと、ところで道筋待てよ。
きりきりまーい!きりきりまーい!
くだらねえことが大好き。
好きなものがあるってのは幸せなことだね。
宇宙から僕を呼び続ける声がある。
どんな面白いことが起こるだろう。
理屈や言葉では表現できない感情を背負い続けてる
センスの問題?生き違い?危機違い?
未来ってなんだっけ。面白さってなんだっけ。
眠たいのはなぜなんだっけ。
あれ、なんでこんな場所に俺はいるんだっけ?
忘れちまった、消えちまった、溶けてなくなっちまった。
隠れて泥棒されど文化とは模倣の歴史なり
不器用されど面白味も屈託もない笑顔で
秩序の崩壊待ち続けるけど
それを待ちくたびれて
終わって消えていく未来にまた出会って、
行動パターン暗記。これが僕の全て。
だって知っている人間以外は知りたくないもんな。
どうやったって分からない人間、そしておんな。
潰れたみかんみたいな笑顔に
くしゃくしゃになってゴミへと消えていく。
僕は絶望なんかしたくねーよ。
ただ響きわたるメッセージと共に。
砕け散る闇すら越えて暴れてみたい。
導きにそむいて歩いてみたい。
僕が必要としてるものなんてさ。
到底取るに足りはしないんだろう?
いつまでも、続くのか?吐き捨てて、寝ころんだ。
俺もまた輝くだろう。今宵の月のように。
そして何を求め始めるだろう。
少しでも意味のあることをしたい。
それが分かってるから虚しい。
その結果どんな答えが出ようと、
いいんだ。俺は泉。いくらでも言葉があふれてくる。
本質を見つけようとしてる。
ぼんやり見つめられてた。
僕は悲しかった。動けなかった。何もできなかった。
それでも別の歴史を刻む。
幸せだって叫ぶ為にもがく。
でも意味のない屈託な笑顔
無性に失礼な気分にどうどうどうすれば、
エンドレス、答えを求めて騒げるのか。
とんでもない世界に会いたいな。
そもそもこの声はさ。どうやって響かせればいいんだ?
何もない世界で。万死に値する
くだらねえ。そんなこと思いながらも
また日が暮れる。終わりなんて知らねえよ。
元々会いたくもなかった。
理想なんて追求するだけ無駄だった。
悲しみが希望って奴を洗い流す。
僕は捨ててきた伝説にさあ、
いこうぜ。未来へ飛び出そうぜ。
終わらせたくなかった。
未来へと曝け出す。
地平線より豊かな未来に辿りついた。
この世界を生きがいにした。
ロマンスを手に入れた。
ずっとずっと怖かった。
ずっとずっと一人ぼっちだったから。
何を考えればいいんだろう。
ずっとずっともがいてきた。
歴史的な生き方を求めてきた。
エンドレス、眠らない街を包んだ。
綺麗に輝く生きがいを、
ミステリアスを届けてくれたから。
残念ですが、僕が生きていることに意味はない。
何がなんでも生き残りたいか。
その目に物を見せてやれ。
期待値裏切るスーパー
訳がわからねーゼ。
言っとくが俺はスーパーファクション。
リアクションに抵抗を感じる。
戦っているのか?
冷たいロックンロールが騒ぐ。
未来へとその鼓動はどんどん上がっていく。
メッセージは追憶の彼方。
こぎ出すんだ、頑張るんだ、
やっちゃっちゃうんだ。
だってそうじゃないと意味なんてないじゃん?
面白くねーよな。檸檬味みたいな感じだ。
何もできないのであれば。
この感動を連れてくるメッセージ。
果てしなさだけがついてくる。
憤り、豊かな不満にすら気付けるほどさ。
ちょっと昔のブログを読み返すと、
ほらほらほらほら最高だろう?
導かれしものたちの戦いか。
イメージはできたかイデラッキョ。
闇も光も背負いながら奮闘。
導き果てるイメージが壊れていく。
眠くて眠すぎて倒れていく。
そこにどんな幸せがあったかなんて知らない。
思いっきり導いた。勝ちとった。
勝利と願って叶った。
その世界の向こう側へ行きたかった。
最終的な目標のその向こう側に。
なぜ、何のために、動いているのか。
そんなの分かるはずもなくて。
簡単じゃない未来が襲いかかる。
この世界と絶望を笑っていく。
ずっとずっと寂しかったから。
君はずっと敗北も誤解も繰り返してきた。
今だからこそ言えることがあるのなら。
ひっきりなしに鳴り響くこの鼓動のミュージック。
あなたをさらってく春風。
絶望が歌いだす。
調子に乗ってもいいから、
形を求めた。
願った。感じとった。
世界を彩りを増していく。
僕が僕の世界をぶっ飛んでいく。
ここに存在することに、
何の理由がいるんだ?
導きだしてくれよ。
頼むから、わがまま効いてくれよ。


(17:06)
分かってないなあ。
何にも君は分かっていないよ。
全体的に結びついていく。
狂ったように感染していく。
自分って一体誰だろう。
ここまで怖がっているというのにね。
あほらしさにため息が漏れるよ。
でもそんな自分でも新しい世界へと向かっている。
それを知った時、思わずぞっとしたんだ。
まるで感情のない、昆虫と話してる気分。
でもなんだろう。少しだけ不思議だな。
ずっとずっと考えていたことが、
ぐるぐる回りながら、超ひも理論。
面白さが究極なんだね。
この、素晴らしい世界で僕は今も呼吸しているよ。
そしてワンダーランド。
見つけ出す心の愛しさかな。
面白味もなきゃ生きていく価値もないというのなら。
それがひたすらに大切で、
未来を彩る生き方なのなら、
簡単じゃない未来を切り開こう。
さあ、飛び出すんだ。
絶対に手に入れてみせるんだ。
オーバーヒートした宇宙。
しからずんば、何度読み返せば勝るだろう。
ランダムか、順番か。
その二つにしか答えが隠されているのなら。
重複した考え方、
生み出されるボキャブラリーの大きさに、
少し戸惑いながらも、
愛おしさをただ抱いて、
生きていくってのはどんな気持ち?
また少しだけ眠いよ。
終わりを求めてずっとずっとさまよっている魂。
ゾバエにかかったらなんにもノータリン。
あんなに昼寝をしたはずなのにね。
おかしいよね。何もかも。
考えても意味がないから、
無駄にあがいて奉る。
少し考えてから、行動に移った。
何がなんでもやってやるってな
気持ちだったんだね。
何もできない自分を止めて。と笑った。
ただそこにあるだけで、開かれるのは未来。
こんなに究極がそばにあるのに、
なんだかとっても切ないなあ。
本当に、僕はそう思うよ。
ひたすらに、それをただ願うよ。
導きにそむいて、ロックを値する
ブギウギなゴッドウソップにも負けないレベルで、
半端じゃないリクエスト、究極のレクイエム。
こんな素晴らしい世界なら、
まだやれることがあるんじゃないだろうか。
そんなことを思ったり思わなかったりしちゃうわけです。
何にせよすることがあるってのぁいいことだ。
つまりそうだよ。なんでもかんでもちょんぎって。
嘘突きまくりのバイオハザード?
YOU LOOK SO FAST.なんでもいいから
ぶっ飛んじゃいな。チャンスならそこらへんにゴロゴロしてる。
意味もなく笑ってみせてよ。
それだけで僕は楽しいんだから。
涙が出たって、君の涙は分かるんだから。
それはどれだけ素晴らしいことなんだろう。
僕には到底分からなくてさ。
ずっとずっと考え続けたんだ。
面白さ、きっと光は差すと信じた。
けれども頑張った。だからこそ。
未来はしっかりしていた。
ずっとずっと怖がってた未来がそばにあった。
それは何かを手に入れるようで、怖かったんだ。
あらゆる灯が、僕のそばにあった。
怖いほど、煌めくほどに、綺麗だったから。
それはすごく素晴らしかったから。
なんとなく、生きがいを求めて。
理解できる範囲で正解を求めた。
宇宙は一体どこにあるのだろう。
道筋豊かに綺麗に見えてくる。
きらきら輝く星がある。
必ず手に入れてやるからよお。
そうやって何度も何度も紡いできた。
途端に怖くなった。
失ってしまうことがただ怖かったんだ。
逃げ出したかった。そのロンリーに、
投げられたサイ。逃げられぬ邂逅。
夢の絶望。ひたむきに走れ。
未来は生きている。未来は踊るように僕を待っている。
だからこそ手に入れなくてはいけないんだ。
見逃しちゃいけないんだ。
絶対に手に入れなくちゃ、いけないんだ。
甘えているわけにはいかないんだ。
だからこそ信じ込みたいんだ。
理想を手に入れたいんだ。
ミステリアスを冒険したいんだ。
ずっとずっと考えてきたから。
ずっとずっと。そう、ずっとだ。
最強になれる。誰よりも強く歩いていける。
面白味のない人生に価値などないように!
我々が負ける理由なんてどこにもない!
本当に必要なものが暴れ出している。
素晴らしい臨界点で統一している。
夢中のミュージックが誇りを持って、
感情的になってぶっ飛んで
最高が踊りだして結果死に出して
僕を壊し始めて
生きていくことに飽き足りしながら
飽き捨てのほわり夢を
ただ普通に生きていく。
ただ輝きをともすようで。
゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*
きらきら光り続けるミステリアス。
あなたは一体どっちを選ぶ?
どっちを正しいと思う?
なんにせよ俺の勝利さ。
誰にも揺るぎないパワーを手に入れたんだから、
それはいつまでも真実だろう?
面白いだろう?
こんな究極な人生は他にないだろう?
絶対に分からないだろう?
こんなことでいける気がした。
沢山を乗りついでなんとか辿りついた。
練習だって何度もしたんだから、
大丈夫だ。心配いらないよ。
逃げていくジェットコースター。
僕を飛び出すハッピーエンドなんかよりも。
崩れて消えてなくなってしまう幻でも、
ああ、手のひらがまだ温かい。
こんな食わず嫌い。
生きているってどんな気持ちだろう。
果たしてそこに希望はあるだろうか。
無駄だと言われても俺は続けてきた。
面白さ、未来、どこまでも開かれる世界。
分かっているんだ。知っているから。
ようやく準備が整ったって感じだ。
さあ、暴れてやろう。
何故彼らは何も思わないのか。
私と他の人の決定的な違いはなんなのか。
タイムリミットはいつなのか。
分からないからこそ全部を認めたくなる。
あほらしいほど騒ぎたくなるのさ。
だからこそ、見つけ出したい心もある。
時間が足りないらしい。
それでも生きていくってのは
どんな気持ちなんだろう。
人を怒らせるのが得意です。
人を喜ばせるのが下手です。
何にせよいける。
俺の力ならいける。
ミステリアス、叫び出す。
未来が不安でどうしようもない。
生きている価値が求めている場所がある。
見つけ出せる最高潮。
歌いだすハッピーとミラクルが叫び出す、
その滞りなく踏み進む未来は、
いつまでも僕を浪費しながら、
くたばりそうな。でもずっと分かっていないような。
仕方がないような。イメージすら浮かばないような。
そんな未来に生きてるようだ。
全然分かってくれちゃいない。
仕方ないとは言わせない。
僕はロンリー、いつまでもハッピー。
くたばり損ないの歌いだしハッピーなのだから。
僕はもう何もできないことすら覚悟したよ。
でも大丈夫。全然大丈夫なんだよ。
卓球パワーでなんとか押し切った。
それも全て関東地方大震災。
壊れるほどのドリーマー。
宇宙がでかすぎて怖い?
混沌から始まったこの宇宙、
混沌とした世の中になってまいりました。
それは混沌、ミラクルを引き起こす。
この感情の裏表のなさ。
くだらない引っぺがす魂の共鳴。
ただしできんのか?原因教育現場。
そんな風に生きていきたい僕らだからこそ。
信じる道たやすからず。
絶対に手に入れてみせると
信じて疑わない理想も究極なんですと。
はっきりしない毎日が、
いつまでも続いてて、続いちゃってるから
もう面倒くさいこともどうとでもなっちゃって、
引き起こされるミュージック。
悲しいほどに真っ青に晴れ渡る空を仰げば
少しまどろむこの世界が
宇宙から飛来するいくつもの伝説と
忘れられないメッセージと共に
サッカーの最高の完璧な
生き方、選手を夢見ながら
ほわり夢追いかける
僕の最高のフォトグラフィー
絶望の切望のバイオグラフィーセレブリティー
ぶっ飛ばす午後ティー飲みながらティーチティーチ
してくれパフォーマンスでゴーゴーラストサムライ
ただしできんのか?どんな現状 逆境すら跳ね返し
世界中の生きがいを吸い取って生きて見せると
豪語した所でなんにもない未来に
仰ぐ期待とその持ち主の探索、
夢を見ているような最高のレスポンス、
それがあるからありがたく未来を羽ばたかせた。
きっと僕だってそうだ。
きっと誰だってそうだ。
ずっとずっと手に入れてきたものだから
分かる気がする。魅力的に運ばれるアンダースタンド、
記憶が互い違いで、
ずっとずっと素晴らしい。
何が生きていくのか。
昼寝をして深い眠りからさめた。
それがやばいのだろうか。
すごすぎてハッピー、リクエストも無情なり。
そこに向かうしかないのか。
イメージはできても現実は非常。
それならばミステリアス叫びまくれば
全て僕の思い通り。
だから逃げないで分からないで
知らないでこんなことになったんだって
いつまでもシクシク泣いてたら目が溶けてなくなるから
歌いだすヒーロー、ちょっと考えてちょっと入れ替えたら
男女交互に並んでショーリューケンなんでもかんでも
ブッキングして罰金払ってもらうバッキンガム
ところがどっこい されど砂糖とGG佐藤のギブミーチョコレート
ダンシングしていく食いつぶされていく
メッセージ性の高いミュージアムと暴走の果て、
とんでもないクルーズの未来。関東地方の今日の表ざたに
できない宇宙開発 防空壕から飛び込んで
気分の上下も気にしない方向で虚ろ、虚ろに
ミステイクミスっていく でも絶望
切望の陰に煌めく 語感の未来に
スタイリッシュな行動 果てのない旅路
壊れるほどのドリーマー
何かがちぎれたエステッティシャン
何が言いたいのかもぶちまけて
叫びだした僕の名前はエンドレス
だからこそ倦怠期デス 終わりデス
何もかもいらないんです ロックしてるんです
だからこそ未来はミュージアムだったのです
ですです言ってるともう日没なのでしたから、
誤字脱字は気にせず前しかむかねえって
勢いつけてチワワにヘッドロックかます
程度の僕らのナウイーブンスコアならば
僕らだってそうさ。導きだってあるさ。
そんな情緒が溢れ出す勢い。
素晴らしいメロディが奏で始める祈り。
沢山の生きがいが存在している。
響き合って散々ざわめく。
こんな世界に存在した罪。
だけど、僕はやっぱり信じきれないな。
嘘偽りなく最高を謳いあげる、勇気がないよ。
このままじゃ僕はだめなんだ。
何をやってもだめなんだ。
息てる価値が分からないんだ。
ずっとずっと、頑張っているくせしてさあ。
何を求めればいいのかも分からないままで。
ただ日記をバカみたいに書いてる風な僕だから。
超越者になってる気分だね。
この最高潮の空間。
気持ちよさに甘えた。
それがなんだろう。不思議と何も怖くないんだ。
永遠がビューティフォー。
踊り続けるサイコスティックなお友達。
だったとしても別にもういいんだ。
完璧を歌いだすその前にだっていいんだ。
何かすごいことを成し遂げてるみたいで、
怖いんだよ。
至れり突くせり。
考え、突きつめる話題どんな世界。
奏でるリズムが動き出す僕に歯止めをかける。
漂流教室の合間に希望が蓄えた沢山の、
未来の空間に辿りつく。
これが欲しくてもがいてた。
ずっとずっと知りつくせ。
何度も何度も分かってきた。
何度も何度も繰り返してきたから。
そんな中途半端な世界は生きていねーよ。
急にボールが来たのでなんて
言わずもがな、なんとはなしかな。
ふざけるのも大概にしてほしいのか。
派手な葬式は好きじゃないのか。
まあどっちでもいいけどさ。
未来を捨てる行為だけは慎めよ。
なんだかとってもホワイトなんだ。
とても究極が暴れ出しているからね。
何を手に入れれば幸せなのだろうか。
どうでもいいよなあ。
だって俺には言葉しかないんだもの。
ちゅうりょくしていくメッセージ。
奏で出す嘘と偽りの虚勢。
なんだかとっても素晴らしいと感じたからね。
サウナにいると思えば夏も悪くないかな。
むしあつくもうなんだか熱帯夜。
くだらない奇行地方 しがらむ奇妙な健全世界。
時間がひっこりほっこり、宇宙へと羽ばたくように。
輝く為に、それは光る為に。
未来へと翼を広げる為に。
ロックが奏でる歌声。
完璧で、難しい世界。
正しさの向こう側、
果てしない破天荒。未知数が暴れ出す。
助かるのはいつまでも。
くだらなさがあふれる瞬間なのだった。
けれども頑張っても無理強いて、
失うものの怖さを踊り狂うよりも。
秩序の未来に統率された世界観を抱くように。
この歌声に僕は支配された。
この世界は僕を求めたはずだった。
壊れそうなドリーマー、
必ず叫び出す。
必ず滞る。
宇宙よりも偉大なパワーで溢れる。
むしろずっと世界はこっち側に。
何度でも繰り返せ。
それしかないと思えば
少しは気楽、なのかなあ。
でもなんだかとっても厳しい状態。
いつまでも頑張っても意味がないということ。
結局だめだよね。
でもなー。やっぱ夏は嫌いかなー。
そして完璧は木霊する。
長い、長い年月を踏み進み、
何度でも繰り返す。そう、何度でも生きていくように。
願わない人間の上にチャンスは降ってくると思うか。
突然めまぐるしく変わっていった。
最高が動き出す。ハッピーが綺麗に輝きだす。
最高を謳いだす。未来が壊れ出す。
最高にハッピー。だとしてもリクエスト。
未来が秩序が世界観。どうなったら最高なのだろう。
完全燃焼していくべきだ。
破天荒、生きがい、究極なのだから。
それでも私は書きたい。
書き続けたいんだ。
それだけが理想なんだ。
究極なのだから。
世界は暴れ出し、拒絶反応。
ミステリアスな自分に陶酔しそう。
でも頑張る行為に値する。
事実関係は否定で埋まった。
僕らの価値感は混沌として、
ミュージックは未来へと繋がる命となった。
光り、輝く。未来へと翼を広げる。
まるでそこに価値があるように。
まるでそこに未来があるように。
最高に輝き続けるのか。
こんな風に人は消えていくんだろう。
素晴らしさがニュードリーム。
そんなことはどうでもいいんだ。
最初からなかったことにできるんだから。
別になんでもいいんだ。
優勝できるぐらいに、半端じゃないから。
認められないならメッセージ。
狂うほどに素敵なマジシャン。
くたばりぞこないのピエロ。
どこまでも笑われていく。
必要なものなどいくつあるのだろうか。
それは怖くて、それは恐ろしかった。
ミステリアスは叫び出したから。
怖がることなんてない。
自分は自分の道を進めばいいんだ。
最初から、全部狂っているのなら、
俺の進む道だって曲がりくねってるだろう。
面白すぎる。
その空間、まがりくねった道を突き進む。
怖くなんかないさ。
悲しくもないね。
生きている実感が新しく輝く。
未来は壊れて自分自身を統一しだす。
風は流れてどこまでも。
僕は自分がどうなるか分からないから。
だけどまた一つ答えが出た。
長い暗闇、光を見ると目がくらんだ。
絶望するようなこと言わないでよ。
それでもやっぱり楽しいなあ。
こういう風な世界が楽しかったんだ。
面白かったんだ。
大切なものを手に入れた。
やっとの思い出手に入れたのだから。
ずっとずっと。壊れてもずっとずっと。
暗号のような言葉を紡ぐ。
誰にでも伝わるものなのか。
彼らは何を見ているのか。
別にあれなんだよな。
俺と皆では少し価値感が違うみたいで、
今あるもので僕は満足しちゃうみたいだ。
素晴らしすぎてあほらしくなってくる。
一体どこまで人を馬鹿にすれば気が済むんだ。
そして探索するインターネットの狭間で、
確かにあの光を見たから。
未知数が叫び出す。
声にならない声を思い出して。
究極のリアルワールド。
ヒステリックな世界だけが現実。
宇宙より閉じ込める最高の生きがいと共に。
宇宙はまだ羽ばたいている。
究極はフタをして待っている。
僕は僕じゃない誰になればいいのかずっと考えていた。
そう、正しかったんだ。
僕は間違ってなんかいなかった。
どっちにしろゴールは同じだろう。
くたばれボケ。全く訳のわからねーぜ。
そんなクラクション、鳴りまくるインターフォン。
だって面倒くさいじゃん。
それは数字として残っちゃうじゃん。
すごく素晴らしいのだろうか。
生きていく理由が欲しくてもがいているのだろうか。
欠陥スポーツに当たり散らす怒り。
それはいたってシンプルな感覚。
素晴らしくはある。ミュージックを彩るように。
必ず期待しなくちゃならない。
輝き続けなければならないから。
宇宙が僕を笑う。笑う。
ずっとずっと響いていく。
必ず手にする記憶の束。
僕は絶対にもう負けられないなあ。
そんなことを思ってしまうほどに。
究極は笑い出すように。
僕は帰ってきた。
なんだか慌て始めてる。
時空が混乱してミスリードを深く保ちつつも、
綺麗な嫌いが最高が狂っている。
僕の言葉は少なすぎてやばい。
だからこそ面白いんじゃないか。
誰かがいるから自分がいられるんじゃないか。
結局そういうことなんだ。
見つけたら、徹底的に罵倒してやる。
ちょっとの時間すら勿体ないのです。
僕にできることがなんなのかなんて、
いくら考えてみたってさ。
分からなくってさ。
でもそれでいい。
それでいいんだ。
始まりを求め、終わりを求め。
でもそれでもいいと思える。
少しずつパニックは始まっていく。
壊れるほどのニューロマン。
新しさが奏で出すハッピー。
何を求めてここまで来たんだっけ。
こんなつまらないことをするためじゃないのに。
誰からも忘れらた存在。
そういうのもいいかもしれないね。
でもさ。ちょっと知ってよ。
知り尽くしてよ。
見せてよ。全てを驚かせてよ。
新しい何かに手を出させてよ。
それだけで助かるし、自由に生きていけんだ。
ねえねえ素晴らしいのね。
来たのね。ついにやってきたのね。
そこが面白くて、
ずっと手を出せずにいたんだ。
最高して最高だよと。
口からでまかせでいこうぜ!
まあ何にせよ世界。
煌めき続ける明かり、
光りよりぶっ飛ばす
この感情の波打つ、
天才的なジャッジマンも驚くほどに。
それってつまりどういうことなのよ。
それは本当に素晴らしいことなんだよ。
じゃああなたは一体何を目指すの?
これが生きている証なんだ。
光り輝く未来だから。
突然降り注ぐような。
綺麗なものに代わっていく。
焦熱、美しさに壊れ始める。
ずっとずっと、溢れ出す思いがある。
くだらないとは言わせたくない。
そうやって逃げたくないから。
一応頑張っていたんだね。
矛盾した言動にいら立ちを覚える。
こうして人は生きていくのかあ。
何に注目すればいいのかすらも。
分からないままで泣き始める。
そう、僕は何もできないんだ。
そんなこと分かってる。仕方ないってこともね。
虚しいねってそんなこと言わないで。
暗いねって君が嘆くような、時代なんて
もう僕らで終わりにしよう。
終わらせよう。
この時代を終わらせよう。
それじゃ足りないんだろうか。
それでロストジェネレーションかあ。
最高が歌いだしているんだね!
ハッピーラッキーラッカセイ!なのだね!
だとすれば僕は何をすればいいのさ?
完璧チューズミー!
そんなこと言ってる合間に
気がつけば年もくれていくから、
果てしなく果てしない世界へと、
飛び出して間もない宇宙のような気がする。
綺麗に輝く自分がそばにいる気がする。
とてもすごいんだね。
とても素晴らしいんだね。
それが私の求める理想だったから。
それはとても新しかったから。
希望を書きたい。
夢を描いて、煌めきたい。
つむぐ別の人の心も、
全部受け止めて言葉にするよ。
僕が言葉にして表現するから、
その涙にくれる顔をちゃんと見せてよ。
さあ誇らしげにみせてよ。
そんなこと言ってみせた所でさ。
何も生まれない。
分かってる。知ってるよ。
全然大丈夫なことくらいさ。
分かってるから辛いんだよ。
未知数が暴れ出す。東京オリンピックが暴れ出す。
どこまでも宇宙に、くだらねえ世界に、
くたばるボケとその波動が決める運命と、
飽きもせずに僕の話を聞いてくれる人。
その優しさに、愛おしさに、
時には涙したけれど、その瞬間気付いたことは、
破裂しそうなこの鼓動と共に降り注ぐ光のシャワー
そう、最初から分かっていたフリをしてただけだから。
勇気を持って秩序の崩壊を携えた。
生き残る道だけを選んだから、
もういらないんだ。
もう何もいらないから。捨てることすら怖くなって、
なんだかとっても後ずさり。
僕の鼓動は高鳴るだけ。
スパート向けてスパークなんでもかんでも、
ちょっとだけ当たり散らしたいな。
複雑なポケモンの技に少し相対してみたいな。
rock 'n' rollを謳ってみたいな。
この鼓動を伝えたいな。
鼓動と呼吸のリズムで、僕ら無意識に音楽を刻んでいる
勝利に向けてその鼓動はどんどん上がってく。
未来は壊れるほどドリームを携えて、
ほら見てみてよ。
そばにいてくれよ。
くだらない行動、宇宙より果てしない空間、
ロックが奏でるサンバな7人。
どうあがいても希望しかない
最高を笑い出すしかないよ。
その空気に、まどろむ自分と異常気象。
思い出すだけで、綺麗に輝き続ける空間に。
イメージなんてできる訳がない。
素晴らしい空間、
閃きが支配する世界。
驚きと倦怠感に満たされた。
忠実な生き方、
ハッピーとはなんなのか。
生み出してくれたんだ。
綺麗に輝いているんだ。
すごくすごく素晴らしいんだ。
冗談が漏れ出す。その空気に、綺麗に輝くスタイルに、
イメージなんて最初から、あってないようなもの。
歌いだすことが、一緒に一生一緒だよ
とっても素晴らしい。
世界観越えて壮大なミステリアス。
続くメッセージと、光り輝く未来に、
少し目を落とせば、
ほら輝きがキラキラ輝きだして、
もうどうしようもないくらい胸が苦しくなって、
とんでもない世界にぶち込まれたみたいで、
その人が見た座敷牢で夢を見る。
感動的なファイティング。
俺が誰だかも分からない。
捨てきれない羽衣、
水のようにこぼれ落ちる感情、
とめどなく溢れる涙。
壊れそうな生きがいと、
ストレッチする力のアンチエイジングと、
ぶっ壊れるほどのミステリアス。
僕を叫び出すメロディと、
更に高まっていく連投お化け。
それはそうとして、生きていくことに
疑問点、膨らみ続ける思想と、
止まらない希望。もうどこにもいけない。
こんなに素晴らしい世界があったなんて
信じられるか?理解できるか?
終わらない人生を求め続けた。
何かが壊れる音がする。
僕の運命の歯車をぶち壊せ。
誰も君を悲しませたくない。
誰も君の泣く顔を見たくない。
まあそうでもちょっと教えてくれよ。
どんな面下げてなんつーんだ?
時間は回るとチクタクチクタク
汗でベトベト宇宙より流されたい気分。
狂った奇行でファイナンシャルエイジ。
こんな空間に存在できたからこそ、
宇宙は未来を壊していくのでしょうね。
ばかばかしいの。
生きていくことに疲れ果てて、
死を選ぶバカになってたまるかよ
そうやって逃げ出してきた。
何度でも繰り返してきたから。
思い出すことすらできなかった。
見つからなかったのだから。
最初から空間は動いていた。
ロックが求め始める。
最高が歌いだす。こんな夢中な空間に。
光りだすばからしいこの生き方と、
正しい道を選ぶと言う
間違った思いこみから生まれる
汚物核廃棄物放射能まみれになって
それでも醜く朽ち果てるまで呼吸を続ける
こんな人間になったからこそ死ぬまで生きていたい?
そりゃ重要な大層なことでそうそうそう
もう文法なんか気にしない風な僕らがワロスだから、
潰れそうなドリーマー、狂った計算
とんでもない場所へと辿りつく空間の動き、
僕は絶対に負けないから。僕は絶対に負けないから。
それでも生きていることに変わりはないのだから、
思いっきり叩き潰せばいいだろう。
簡単な話だ、
しごく当然の話だ。
当たり前すぎておかしくなりそう。
もう止まらないくらいに素敵な未来。
こんな自分にしてしまったことは罪だと思うか?
ロックを知ってしまった以上、
半端ない感覚の祭りだ。
そう、うるさくてとめどなく流れる涙のような。
綺麗に輝き続ける。光の柱が立つ。
この魅力的なアンサンブルの中で、
ひたすらに大きい未来に覚悟を閉ざす。
僕はまるで永遠を越えて
旅をしているみたいだ。
ルールを突き破るんだ。
生きている証をもがくんだ。
なんだかとってもハッピーアイランド。
綺麗に輝くからこそなんだ。
ずいずいずいっとなー
なんでもかんでも歌いだす。
ハッピーが発狂エブリデイ。
ミステリアスが踊りだすのか。
素晴らしいったらありゃしないぜ。
それが一体なんなのかなんて、
最初からどうでもよくってさあ。
本当に面倒だよなあ。
くだらないよなあ。
これが素敵なワンダフル。
素敵が息をして木霊するから。
ずっとずっと届く未来に、
誇り高い言葉を託しながら、
ほら見てくれよ。こんなに素晴らしく育ったよ。
何もかも愛おしくて、何回も乾杯をして僕らお祝いをしたんだ。
だけどなんだろう。捨てきれない宇宙。
煌めき続ける光。
どうやったって無理なら、ベスト4。
ひどくてもあんまりでも、
絶対に叶う力もあるからだろう。
こうやって叩きこむことが、どんなに素晴らしいのか。
教えてあげよう。
教えてあげようよ。この世界の厳しさ。
エンドレスを求めることの罪深さ。
とんでもねーな。最初から分かり切ってたことじゃないか。
僕は大抵の現象には物おじしないよ。
当たり前じゃないか。
誰も何もできなくても、知るか。
訳なんて分かるはずもなくて。
くるくる回っていく。
その鼓動はどんどん上がってく。
未来へと飛び立つ翼。
君はあの時の約束を覚えているかい?
遠い、遠い場所から僕を呼び続ける声が、
どんなもんだいって言っても、結局言葉の嘘と本当。
見つからないなら意味なんてないから。
暗号みたいなものだから。
それはとてつもなく素晴らしすぎるから。
こんなドリームが今まさに、
最強を謳いだすように。
ずぶぬれで、信じ込む。
ひたすらに感覚研ぎ澄ます。
何が足りないのか、考えこむ。
今でもまだくいているんだよ。
今でも続くあの後悔は一体なんなのか。
僕は少し分からなくなってさ。
ひどく焦燥、意味もなく歩く世界。
そこに確かな未来はあるのかい?
とんでもなくても、勝利はいつまでも。
きっと信じるさ。吉報を待っているよ。
僕はそれでも走り続けるからね。
正念場とはこのことさ。
何をなすべきなのか、
何のために抗うべきなのか。
僕は全てを失ったからね。
何にも心配なんていらないからね。
すごく素晴らしいのだろうか。
強みを発揮、イメージはラッキー。
強く願うことに理由なんていらないじゃん。
最初から分かっていたことだったのかもね。
だとすればなんだろう。
少しだけいたいけな、
未来よりずっと怖い未来。
だってそんなにも素晴らしいのならさ。
絶対に負けてなんかいられないじゃん。
ただしできんのかよ?
炸裂ビーナス思い出させる究極。
食べこんでシャレコウベ、
憎しみと苦しみと悲しみをミキサーでミックスして
一気飲みしてやるぜ。
ああなんてまずいんだ。なんて面白い世界なんだ。
究極だね。
歌いだすから、さらばベイベー。
究極は踊りだすからね。
それはともかくとにもかくにも。
こんな生き方に何度でも挑戦。
今でも道筋、終わるまで慟哭。
僕はまだ分からないんだ。
知らないんだ。知れる訳がないんだ。
そんな無駄に頑張っている自分自身すらも。
消えていく泥船の向こうで光り輝く新大陸。
未知数を想定したからこそ、
イメージは広がり続ける。
素晴らしすぎてどでかい未来。
中途半端が生きがいです。
全人類を賭けた戦いです。
狂ったこの世、少し考えて葬り去る。
さあ、転んで何度でも挑戦だ。
何かが思い出される。
一つだけちょんぎったら、何かは壊れ出す。
僕は求めてるだけである。
こんな倦怠感に迫られるくらいなら、
最初からこんなものいらなかっただなんて。
思いあぐねるよ。
ひきつり笑いの向こう側に、
確かに自分の姿が見えたから。
綺麗に輝く宇宙として。
光り輝く未来をワロス。
なんかどうでもいいんだね。
中途半端が嫌いなのよ。
結局イメージは一緒じゃん?
メロディ、ロンリズム、
ある程度最高なら問題ねえ。
何も不安ねえ感覚がブギウギ。
それでも考え続けるんだ。
生きている価値を求め続けるから。
どんどん伸びるブスなビル。
終わりを求めて果てしない?
素晴らしく永遠が笑い出す。
この感覚だけが宝?
もうすごい半端じゃない結局宇宙も
なんでもかんでも失敗される方の気持ちにもなってよ
ベイベー 新居は病院のベッド!
それは素晴らしすぎる感覚なのですね。
俺も所詮たかが人間なのですね。
何が好きなんだろう。そもそも好きってどういうことだろう。
最高が歌いだすように、煌めく輝きに、
宇宙の素晴らしさに。閃きを求めてさまようのでした。
恋人達は抱き合って、静かにうたうのでした。
しかしそれだけじゃ足りない。
こんなもんじゃないって叫び続けるから。
ここに最高な空間が存在してしまったのなら。
ずっと編成期。倦怠感感じるすごく素晴らしいエンドレス。
はっきりしてないことだけが真実?
でもギリギリでいつも生きていたいからー
きらりんレボリューション!
その秘密を知ったものは誰も帰ってこなかった。
宇宙よりレベルの高い、未来図を描いた。
期待した通りの結果は帰ってきた。
何度でも、何度でも繰り返したから。
見つけ次第ぶっ放してきたから。
さあ、飛び出そう。
夢のゴーグル愛ランド。


(17:05)
そして、何かを求め始めたその時、
動き始めた世界が存在した。
やっと到達した未来への翼。
まだわだかまりを感じているなら、容赦はしないが、
俺はそんなことをしたい訳じゃない。
怒るってのはあんまりいいことじゃないからね。
一途ならそれでいい。
ヌクモリティ、感じるから。
走りだした何かを感じた。
僕は僕を求めていた。
そして立ちあがった。
この怒りと共に、
充実した日々を送る為に?
未来永劫、立ち上がり続ける為にさ。
もっともっと強くなりたい。
願うことにつつましくなりたい。
何が本当だろう。何が嘘だろう。
でもそんなことは本当はどうでもよくて。
歌いだすハッピー、
煌めき続けるから。
それだけが素晴らしいんだ。
それが素晴らしすぎてさ。
どうでもよすぎて、
悲しいくらいにメロディは流れた。
だってそうしないと物語は進まないから。
だから僕は誓ったんだよ。
未来へと輝く自分を見つける為にね。
生きているってどんな感覚なのか、知らないだろう?
簡単じゃないのさ。いつまでもロックンロールだからね。
こんなに生きていると言うのに、力強さは
あんまり変わらないままなんだね。
こんなに美しい世界のまっただなかで、
この広大な宇宙の真ん中でさ。
すごく半端ない感覚が踊りだしているんだね。
すごく素晴らしいと思うよ。マジでね。
だから僕は伝えたいのさ。
本気の素晴らしい歌声、
流れるような豊かな綺麗な声。
透明で済んでいて、消えていくからっきしの、
闇に消えるスーパーホライズン。
でも大丈夫なんだよ。
すごくとっても大丈夫なんだよ。
なぜなら僕は生きているから。
さらば倒壊地方。
レベル圧迫 なんでもかんでも手に入れる風な我らだから。
その先にどんな困難が待ち受けていようとも、
知るか。そんなの面倒くさいよ。
でもなんとなくメランコリーだね。
だからI LOVE YOU,二人にあげたんだ。
すごく素晴らしいね。
なんかとっても素晴らしいよね。
感動するくらいだよ。
いらないものなんていらない。
吐きだす全てが、盛り上がる全てが、
感情の盛り上がりが伝えたいこと。
やっと自分の出番が来たのに、
何も言えないことが辛かったのかい?
表現できない人間は駆逐されていく運命にあるんだ。
それも致し方ないのかもしれない。
だってそうだろ?宇宙のように、距離のある日常さ。
自分の心と向き合うってのが、
こんなにも難しくて楽しいことだったとは。
言葉で紡ぐのは僕の可能性。
沢山煌めき続けるから
あほらしいほど楽しい。
叩き続ければ分かるだろう。
最初から生きがいを求めていたのだろう。
こんな事実関係があるからこそ、
本当に素晴らしいよね。
ちなみに何度も繰り返されてきた。
この行動パターンを把握された!?
それでも結構ローリングローガンだからこそ、
提督!どうすればいいのでしょうか?
本当に怖いのは一途ゆえか。
楽しさゆえなのか。面白さが最高だ。
チャレンジしていくことが、楽しいのであれば。
完璧に息を続けよう。
簡単でもいいんだ。
なんでもいいんだ。
あらゆるパワーを携えて、
乗りこえていくんだ。
しかし本当にすごいなあ。
よくもまあここまで、
踏み越えてきたもんだぜ。
何もかも失っても、
轟かす気持ち。全部を見つけたんだ。
全て、起き上った気持ちだ。
やっぱり仕方ないのかね。
どうしようもないんですかあ?
でもそれでいいんだよ
まあ、そんな感じでいつも通りなんでしょう。
僕は完璧に生きている気持ちで挑んでいるから。
何がどうあがこうが興味なんてねーから。
話すことは大したことじゃねーけどね。
まあ別にそれでもいいんだ。
くだらねーからいいんだ。
ミステリアスが叫び出してんだ。
こんな自分にすらも、
近づいているものはあるんだ。
やばいくらいハッピーなんだ。
なぜなら俺が沢山を求めているから。
ずっとずっと、考え続けた。
世界は誰の為に存在するのか。
結構な頻度で繰り返される戦い。
僕は少なくとも誰にも負ける気はしないよ。
これだけの力を得たからね。
びしょぬれで、感動的で、
宇宙よりすごいトリプル。
思い出のチームは応援してしまう。
何のとりとめのない話題。
I DON'T WANNA DIE.
だってそんな生き方が楽しすぎる。
成功に導きたい。そんな気持ちで、
溢れそうなミュージック。
煌めき続ける光。
輝き続ける星のような世界。
ミラクルを巻き起こす。
必ずやり遂げてみせるんだから。
勝利に向けて、遠い、遠い場所を目指してきた。
いつまでも育つだろうか。
輝く未来を相対したいから。
冷たい光りに燃やされてしまった。
僕を包括するせめてもの勇者。
でも必ず勢いづいてる。
せめて頑張らせる為に。
道筋を見かけたら潰れそうな気持ち。
ここに存在する全てに疑いの目を。
見たことのない宇宙、とんでもない未来。
駆けあがる地上戦。
経験から向かう日々。
チュニジア大戦争。
終わりなき痛み。
俺は全てを手に入れているよ。
だから今、とっても嬉しくてさ。
壊されても結構だよ。
何がどうとか本当面倒くさいなあ。
必ず手にしてやるんだよ。
見つけた最高のプレイスタイル。
それがどんなに怖かったか。
分からないだろう、分からなくて当然だ。
やっと辿りつけた境地があった。
確実に手に入る理想があったんだ。
俺は何もなくても幸せだからね。
そう言う人間は本当に珍しいんだ。
文章でたくみに自分の感情を盛り上げる。
そんな中で、一途に思い続けるというのは、
どんなに気狂いしても、簡単じゃないのさ。
積み重ねてきた歴史が物語るんだ。
俺と言うブランドはもはやすごいものになってんだ。
輝き続ける光のようだ。
そして、それを手にする全てに、
どんなに苦しい道のりが存在しようと、
それを僕らは希望と呼ぶんだ。
大切なのは未来を手に入れることなんだ。
ずっと思い続けてきたからこそ。
知っておきたいことは常にあるんだ。
思う、僕はただ思う。
仕方ないとすら思う。
でもそれは勝負の常だろう。
背を向けた仲間に、少しもちつもたれつ。
少し眠かったんだね。
でも大丈夫だよ。
心とまっすぐ向き合うことの大切さ。
ありのままの自分、自分らしさ。
行動で示すうちは、喚くうちは。
楽しく輝くことができれば。
見つけることに勇気を持てれば。
事実関係、嘘も含めてほら綺麗だろう?
そんな暑さに負けるような
生半可なパワーじゃねーんだよ。
こんな究極を踊りだすなら、
きっと答えは一つだけ。
ミステリアスが叫び続けている。
未来永劫伝わる者がないのなら、
意味なんて必要ないだろう。
僕が全てを掴んだ瞬間、
この世界中を巻き込むほどの戦い。
嘘偽りなくはっきりと言えるかい?
次の場所に向けて戦い抜く勇気。
どんなに大きな希望も、吸い取って生きていく。
挑戦なき人生に面白さなんてない。
何がどう変わろうが興味はねえが、
ひたすらすごいことだけは分かるよ。
とりあえずね。
感動的な歌声さ。
未知数が呼び込む羞恥湿地帯。
でも全然大丈夫なのはなぜだろう。
こんなにも蠢いているというのにね。
ひたすらに面白いよ。
伝えるのもおろそかな。
でも大丈夫なんだよ。
簡単じゃないこと多すぎて、
感動的なシチュエーションで、
未来が蠢く。煌めく。額に汗をかく。
それでも奪ってきた。つまらない戦いはしたくなかった。
見据えていた。それをしないと駆けあがれない。
未来へとぶっ飛ばすような陽気な太陽。
未知数を探し当てているのなら。
この異常な空間を愛し抜こう。
響きは絶対に伝わるから。
絶対にレスポンス、宇宙よりでかい何か。
たったひとつだけ見失いたくなかった。
思い出したかったんだよ。
ずっとずっと、綺麗な場所にいたかった。
未来への挑戦を見据えて、走りだしたんだ。
もう止まらないんだ。止まれないんだ。
やっぱりそれが正しかったね。
だなんて、追随を、むりくりに、
握り終わる全てに、狂おしいほど
感動的なほど。なぜこんなんなんだろうね。
あなたは一体何を目指しているの?
僕は文章を求め走ってきた。
ずっとずっとそれだけを願い続けてきた。
書き続けた文章はもはや、
完成されているかもしれない。
だけど俺の中では、まだまだ成長中だ。
ゴールを決めるのは自分以外の誰でもないんだよ。
ハッピーニュウニャアみたいな感じで
蠢き続ける歴史の合図に
煌めき続ける星のような
少し暑さでまどろむような。
そんな美しさを秘めながら、
沢山の感情現わしていく。
この行動こそが、
最高なんでした。
でもどことなく不安にさせる。
未知数の巨大な敵に睨みつける。
壁を壊せ。今を見つけ出せ。
何もかも、終わらない為の戦い。
これは変わらない問題なんだ。
ずっと、広がり続けているんだ。
やりたいだけなんだ。
それだけなんだ。
伝えたいこと、意味のある事、
なんでもいいからぶっ飛ばしたかった。
それだけなんだ。本当にそれだけなんだ。
感傷に浸って意味もなく笑う。
ただ少しだけイメージしてみる。
少し泡のような希望を手にとって、
すぐに消えるのに大事に握りしめているような。
やっと辿りついたんだ。
逃すものか。
絶対に手に入れてみせる。
意味がなくたって頑張ってみせる。
素晴らしくエンドレスが変わっていく。
それがすごく面白いから。
この感覚だけが宝だから。
それだけで素晴らしい感動に包まれながら。
素敵な未来が暴走。トロッコの上でぼーっとしてた。
ただそこに存在していることが、
何度でも繰り返せるみたいな?
ちゃんとしっかりいかないと。
伝わるメッセージが僕を後押ししていく。
奏で出すメロディが僕の鼓動に拍車をかける。
今僕にできることは何もなかった。だって僕は運の悪い男だから。
そして歌いだすのか。
未知数を繰り出した。
大好きな音楽で、心癒され、
いつか羽ばたく日をただ思うよ。
それでも邂逅、縮む感動的な
嘘つき物語。
永遠が踊りだすビーナスなのか。
けれどもそれだけじゃ足りない想いが
確かにあるからこそ、
僕らはもがいてきた。
たった一分ですら無駄にしたくはなかった。
永遠が僕を笑い続けた。
何を求めれば良かったのだろう。
分からないからこそ悩んでしまうんだ。
ここに存在するってどんな気持ち?
小さすぎる。短すぎる。
今僕にできることは何もなかった。
なぜなら僕は雨男だから。
悲しいことばっかりなんだ。
いくべき所へいってよ。
やるべきことがあるでしょ?
その悲しい現象に名前をつけるなら?
なんでもいいからぶっ飛ばしてきてよ。
分かったなら今すぐにさ。
知りつくすフリをしてきてよ。
私見た。大変なものを見た。
でも結構大丈夫。そう思える気がする。
それが楽しかったんだね。
ずっと、ずっと思い続けてきたんだね。
仕方ないよなあ。
本当に、しょうがないよなあ。
関西関東なんでもいいんだ。
いくる日々、感激感謝の雨あられなんだ。
時間がそれをいやしてくれると考えた。
でもそれすら、道具の一つに過ぎないと気付いた時。
僕の時間にも限界があるんだと気付いた日。
考えることすらままならない中で、
ひたすら求めるものは一体なんだろう。
ちょっと苦労して、頑張って、
なんとか生きてきたのにさ。こんな結末はねえよなあ。
魔王に立ち向かう勇者達のように、軽々とレベルアップすることができない。
絶滅の炎で照らされた。
僕らに逃げ道なんてなくなった。
どうしようもないならそれも真実。
新しい希望が漏れ出てくるから。
きっと大変な未来に存在していた気持ちに、
なっていた気がするのだから。
思い出せない程度の記憶と、
見いだせない程度の希望。
信じた道を進んだはずだった。
俺に本当に必要なのはなんなのか。
ずっとずっと考えてきたよ。
でも答えなんか出ない。出るわけがない。
人生と言う迷路で迷うしかない。
けれどもそれでもいいと思えるんだ。
なぜだろう、心が広く伝説的なんだ。
煌めき続ける光りがあるのなら、
僕はいつまでもそれを追いかけ続けよう。
そうするしか道がないのなら、
さあ飛び出そう。未来へと羽ばたこう。
絶対にワロスを生み出す為の戦い。
何がどうなってもいいやっていう気合い。
そんぐらいの心配のなさ。
エンドレス、光景の宇宙の左側。
ミステリアスが叫び出すような。
空間が蠢き、開き続けているような。
未来永劫分からないような。
そんな感覚に包まれてしまうのでした。
正しさってなんだろう。
面白さってなんだろうか。
見つけた、最高の歌声。
ハッピーアイランドが歌いだす。
ここに存在することを笑っていやがる。
研究されつくされた顔だな。
最初からんなもん求めちゃいねえよ。
だって僕はいつまでもホライズン。
スタンバイしているのなら、
永遠を共に笑おうぜ。
そして歌いだすんだろう。
こんなんだから分かっているんだろう。
静かに向き合う自分の心がうずく。
ただただ光りを刺し続ける。
何もできないならそれもいいや。
素敵なことが起こるのならそれでもいいや。
きっと嘘で包まれているから。
僕には到底、理解できないだろうから。
ゆったりと、ゆっくりと結ばれていく。
ここに存在する自分が壊されていく。
メッセージは僕を妥協するように。
彼らにとって、絶対に誓えると信じ込めるように。
光り輝くストーリー、
僕は信じていたいと願うよ。
だけどなぜ飾らずにいられないんだろう。
僕はどうして僕を初めてしまったんだろう。
訳が分からないや。
でもそれでもいいと思えるものはなーんだ。
そういや、そういうことだ。
どっちが喋っているのかも分からない。
俺は怖いんだ。
何が怖いんだい?
何にも恐れる必要なんかないじゃないか。
何を馬鹿にしているんだい?
結局果てしない世界、
転がり落ちた崖の底で、
助けを求めて声を枯らす。
この文章が、ああこの文脈が、
僕の全てであって、希望なんだ。
もう何もメッセージ吐きだせないとしても、
壊れるほどの想い、
続くメッセージ、
鍛えるべき部分。
いたわるべき人々と、
輝きを増していく自分との虚像。
何が正しいのだろう。
何が間違っているのだろう。
ひたすら、メンタル的な問題を追及する。
どうすればいいのだろう。
果たして、何が大切だろう。
僕は大好きで、
どうしようもなく大好きだったんだ。
なぜそれは選ばれなかったのか。
半端じゃなくやばいモンスター。
なんでも砕いちまおうぜ。
面白さがあってこそだもんな。
忠実な生き方、
流せなかった涙。
それはとてもおかしいもので、
果たしてそれを認めることができるのであれば、
ひたすらにただ願おう。信じよう。
ここにはもう迷いもおそれもないよ。
大丈夫だよ。僕が守ってあげるからね。
こんな風な考え方ができるのなら、
きっとなんにも怖くないから。
オゾン層の穴のことも、
森林伐採のことですら。
環境を守りたい?
何を信じれば
なんだってそんな嘘ばっか言えんだ?
ここから心理的な大決戦。
闇に消え我が伝説は。
消えていく流浪に少しだけ感じていた。
楽勝で歌いだした。
連続で煌めく光りに、
どうしようもない希望を感じる。
真っ暗闇に僕一人ぼっち
枯れた空間、
流せなかった涙。
終わりを求めて彷徨った。
ただただ生きることにあきれ果て、
伝説のクォリティもお化けになっていく。
僕が最強であるために。
まあなんでもいいんだけどさ。
見つかりさえすれば素晴らしい事になってるね。
見つけ出すことが発狂しそうなほど悲しいね。
でもしっかり前に向いて歩いていくんだ。
素晴らしい影響力だ。
この感覚だけが宝ダカラ。
全部が培うメッセージ。夏色ファンタジーは歌うようで。
悲しい未来はこぼれ落ちるようで。
僕はそれをただ抱きしめているようで。
悲しみ、何度でも繰り返したいから。
願ってやったのさ。導いてやったのさ。
この空間、この心理的影響、面白さの追憶。
未来の彼方へぶっ飛んでいくのであれば、
素晴らしいことだって閃くだろう。
こんないつもの世界が、
広がり続ける未来。
過去にツバを吐き未来をけっとばした。
俺には今だけあればいい。今が輝いていればいい。
そして伝説的な。
建設的な会話。
ディーフェンス、ディーフェンス。
素晴らしいよね。
素晴らしいよね。
この感覚だけが宝だから。
でもついでに狂って
意味もなく笑ってみたりして、
こんなに面白い空間に存在しているなんて、
感動的なミラクルデイズ。
ここが素晴らしいのね。
こんな存在の空間。
全てが全てになっているんだね。
続く夢が続く。
こんな人生が諦めきれずにいるのか。
簡単じゃない歌声が響きわたる。
それでもいいと思えるから。
なんか走ってるよ。
素晴らしい感覚が取り戻されていく。
こんな人ごみに迷い続けていくのか。
その仕方なさ。ずぶぬれファンタジスタ。
まいったなこりゃ。
痛いほどの究極。スタイリッシュな絶望。
未来を夢見て、光り輝くのか。
でも、全てが研究されているのね。
きっと今は自由に空も飛べるはず。
なんか簡単じゃない未来がやってきてさあ。
僕らを置いてけぼりにするんだ。
そんな時間が発狂しそうなほどハッピーなんだ。
声を鷹高に、メッセージを貫く。
この世界、神秘的で未知なフィールド。
僕の知らない世界は沢山存在するけど、
僕の欲しい物はたった一つだ。
この響きだけが宝だから。
ずっとずっと流れていた。
面白い空間に漂っていたんだ。
それしかできなかった。
そうすることしかできなかったから。
僕にはとても。他には何も。
これが全てなのだろうか。
追随を許さない。
淡々と死んでいきたくはないんだ。
感情制限突破しながら、
ぶっ通す道のりが今日を笑っているよ。
この頂きに頂きます。
名前より先にごめんなさい。
美しい未来をご覧ください。
でもだせーサイズの服来てカレーライスを食す
職種はいつでもニーズに左右され
いやなことをずっとずっと繰り返し、
繰り返し繰り返すそんな風な歴史なら
悪循環をぶち壊すには発想の転換が必要だ。
だってエンドレスは倦怠期だろう?
そこに到達したから僕ら笑っているんだろう?
そこに問いかけが発生したから、
俺たちは求め続けたんじゃねーのかよ。
違うのかよ。ミステリアス、希望も失った。
けれども大好きだった記憶は、終わらなかった。
ずっとずっと感傷に浸っていた。
見つけ出す、その感覚だけが宝だったから。
でもずっとずっと綺麗に輝けるわけがない。
もうさっきからずっと考えてることがある。
なんかひどいよなあ。天気模様なんかじゃないよ。
ずっとずっと煌めき続ける。
新しい炎が輝き続ける。
なんとなく、無理強いしてるような気がしてさ。
最高に面白い方向に進んでいるんだよね。
だけどずっと考えていたことを理解するには、
少しまだでも遅すぎる気がするんだよ。
煌めくような快感にあてがわれても、
まだまだ俺の目指す場所は遠く向こうだから。
綺麗に輝くよりも、醜く衝撃を与えていこうじゃねえか。
どうしたって無理な解答用紙、
さあ、花丸を一個おくれ。
でも一つだけちょうだい。
あなたも一人だけちょうだい。
訳が分からないよ。一体どうしろっていうんだい?
こんなにも輝く未来に、
一体何を期待すればいいのか分からないんだ。
光りを濃縮した世界。
眩しくて目がくらむ。
こんなにも一途なら、
一つくらい願いが叶ってもいいのにね。
最初から分からないフリをしていただけなのかもしれない。
自信という素晴らしい武器を。
破壊兵器をもったいぶって。
叩き潰されるように、安全に怠惰に。
自分勝手にふざけてきたから。
そんな心を大切に抱きしめてる。
これだけが僕の正義だから。
面白いことなんか言えないさ。
言える訳がない。
俺は芸じゃないから。
忘れてしまったんだ。
気付かないふりをしてしまったのか。
大切なぬくもり。忘れかけていた。
持っていくんだ。
それだけが正義なんだ。
奏で出す心理のミュージック。
これは確かに存在している。
奇天烈大百科なのだ。
そこにどんな希望が広がるのか、
訳も分からないほど素晴らしいんだ。
綺麗で宴を宴会を始めましょう。
食った気になってる、そればっかし。
それを求めて動いてきたんだ。
全然分からないんだ。
それでもいいと思える。
少しずつ、綺麗な心に満たされる。
これが俺の求めてた状態か。
どういう状況でも俺は頑張ってきた。
そういう気概がねーとやってらんねーのよ。
つまりギブアンドテイク。
されど最高の夢見の城。
アシタノ城か、果てしなさか。
まあどうでもいいけどね。
それだけじゃないってな話さ。
面白くもくどくも
ロストワールド。
俺に残された時間はそんなにないってこと。
だから貴重なんだよ。
頑張っている自分が発狂しそうなほど。
見つかりそうな空間、
イエスと言えなかった脳、
ミステリアス、サブリミナル、
砕け散る発泡スチロールの山に、
沢山蓄えた木の実を携えて。
導かれるのはどこだろう。
綺麗すぎるのはどこなんだろう。
ずっとずっと悩んでいたんだ。
最高を歌いだすその前に、
ちゃんとしたしっかりとした
目つき、光り、頂き、挑戦なき未来に価値などない。
ずっとずっと果てしなさはついてきた。
面白くないからぶん殴ってやった。
面白いからぶっ飛ばされてやった。
そうやって何度も何度も繰り返した。
面白い事は踵を返した。
美しい未来へと辿りついたから。
見過ごすわけにはいかなかった。
ミステリアス、ブギウギな感情ロストチルドレン。
明日、騒いだら、面白くなっちゃったから、
なんか、モノローグ、ひたすら必死な世界観。
どう考えたって無理があるからね。
走りだすワンダフルにこけずにいられるかって。
でもそれが一番最高なんだって。
それが成功したから今もここで立っているなんてことが。
こんな僕が存在していいのだろうか。
それを許された。存在を許された瞬間から、
その長い戦いは幕をあけた。
こんな風に感覚が研ぎ澄まされていくんだ。
一途な生きがいを求めていくんだ。
それだけが僕の正義だった。
だけどそれもたった今失くしたんだ。
俺が欲しいのはなんでもない、
何かが足りない、だけどどこかナイーブ、
知っているくせに。分かっているくせに。
何を今さら気を引いてるんだ?
今更分かることなんてあんのかよ。
そうやって頑張って、感動して、
珍しく泣き腫らして、
誰かが偶然見つけたしまったんだ。
それが楽しい時だってあるんだ。
気付いてるんだろ?
知ってるくせにさ。
何を今さら放蕩する気さ。
何をもがけば、
新しい何かを生み出せばハッピーなのかなんて、
自分の心に何度も何度も言い聞かせてさ。
本当に素晴らしいよね。
虚しくならないの?
こんなずっと綺麗にもがいているというのにさ。
訳が分からないよ。
本当に輝いているつもり?
だとしたらあほらしすぎて笑えるんですけど。
あなたは何を求めているの?
いつも思うんだ、ずっとずっと考えてるんだ。
未来が弾けて飛んでいってしまいそうなんだ。
輝きの中で、ひたすら願う。
ここが正しいことだったなんて、
気付けるわけないじゃん。
分かってるフリしてるだけじゃん。
面白くないじゃん。
こんなんで本当にいいのか?
こうやって人は壊れていくんですね。
ただ、それを忘却の彼方。
ずっとずっと消えていく。
僕は怖くて逃げだした。
追いかけるものはある。
だけど詐欺師扱いされたあの人だって、
美しい未来に希望を灯す。
本当に素敵なものは、どこにあるだろうか。
まだ探している最中なのだろうか。
模索していく超次元。
ひたすらに感じるそんな意味すら越えていく。
ミステリアスが叫び出す。
僕は一体どうすればいい?
願い、消えていく。
それだけが僕の正義だった。
それもたった今失くしたんだ。
記憶だってさ。なんでもかんでもだ。
この、だだっ広い世界の中で、
見つけ出す目の覚めるような子守唄。
大好きだからこそエブリデイ。
凄まじさを物語る。
だってそうじゃないとつまらないでしょう?
イメージできたなら、
分かったからさ。
ワールドカップに移ろう。でもなんだかメランコリック。
再びやってきた侍の伝説、
少ない文章で紡ぐ文章は俺オリジナル。
100年後生き残れるか?
お前らはいつまでも頑張れるか?
長い伝統の器が炎を燃やす。
海外のニュースなんて対してやらねえ。
悪質な法廷、ずぶぬれでもファンタジスタ。
何も語らないメッセージに、
奇天烈大百科。
おかしいと思ったんだ。
この街は違和感の塊だから。
でもなんでだろう。申し分ない素晴らしさ。
そして味わう苦痛とリクエスト。
勝利なんていらないよ。でも敗北も知りたくない。
戦わないという選択肢。
逃げても追いつかれて、戦っても負ける。
そんな場合どうすればいい?
何か方法はあるのか?
感動的な未来。
一途で求めすぎている。
感動的で、面白味のある世界。
煌めく訳の分からなさに、
何もできないことを笑った。
この脳の痛みはなんだ。
どこまで俺は成長していける。
何を手に入れれば満足するんだ。
どうすればいいんだ。
何をすればいいというんだ。
未来を手に入れた。
やっとのことで手に入れた。
だけどちょっと悲しみも膨らんだ。
僕は一体どこにいるんだい?
分からないからもがく。もがくよ。
ひたすらに怖くってさあ。
何もできないことも怖くて。
僕なんかでいいの?なーんてさ。
思い知ることができずにいるのさあ。
はっきり言ってずぶといね。
俺は日本で生きていきたいよ。
さしずめロックンロールよりももっと素晴らしい、
感覚研ぎ澄まされ五感、奇跡に近い現象。
でもやらなきゃ意味が無い。
絶対に分からせたい。思い知りたい。
サクセスの秘密を知りたいから。
私なら望める。
勇気を持って秩序の崩壊を見渡せる。
なんでもかんでも楽しい世界へと、
潰されるようにのけぞるように、
言葉の反射、未来への栄光。
素晴らしい感覚なのならば、
一致した見解を結びつかせた。
脳がやけに痛い。
そして難しい言葉が連続する。
分からない。希望の炎が、どんどん消えていくのか。
しっかりしろよ。意味がないだろ。
綺麗に輝き続ける。
光り、まだ結びつく。
栄光を手に入れる為に。
もがき、生き急ぐ。
でもまだ頑張り続けた。
これでも勢いは失ったつもりはなかった。
ただ、理解しがたい闇に、
飲み込まれないように、
頑張っていただけだ。


(17:04)
あああ、訳が分からないよ。
脳裏に焼きついたまま離れない。
どうしようもないなら素敵なんだろう。
それがそこにあること自体に意味があったのだろう。
何もかも遅すぎたのだろうか。
なんにせよ俺は正解だよ。
何にせよ俺は天才的だよ。
何を生み出せば最高かなんて、
脳の目覚めてない状態で
ふわふわタイムを演じるのも疲れるからさ。
なんかすっげーことをすっげー沢山やってみせるよ。
なんかすっごいだろ?
面白いんだろ?
なんかなあ。でもあれだなあ。
面白すぎる究極に存在することにすらも、
なんとなくメランコリーだなあ。
ところがどっこい、生み出す破壊のいとおかし。
揺れたこの思いの向かう先を、
滞りなくイメージできているこんな不思議さ。
ワンダーランドは一体誰を求めるだろうか。
まあ何がなんだろうが興味なんてないけどさ。
忠実なんだろうか。
どうやらそれだけじゃダメみたいなんだ。
だめだめ。何がだめだめ?
全部秩序の崩壊を待つだけでさ。
ぴーころぴーころわはははっと。
まあそれでいいんだけどさ。
面白いことだらけじゃないのが現状?
チャットモンチーのえっちゃんと
待ち合わせをしている夢をみていたのだよ。
まあ別にそんなことはどうでもヨッシーなんだけどさ。
なんか不思議だよね。
なんか不思議で不思議で不思議がワンダーランドだよね。
究極、未来を創作、宇宙を燃やす、
そんな空気感にひねられる、
とんでもない世界に置いてけぼりろりん、
でもそれを活用することなんて永遠にできないのだろうか。
いずれにせよ俺はハッピーさ。ずっと生みだし続けるからね。
どんなに苦渋の決断を舐めてきても、
意味のある世界に挑戦し続けることは、
意味があるとしか言えないことができない。
どうやれば手に入るだろうか。
ずっとずっと悩んでいたんだ。
信じ込んでいたんだ。
ずっとずっと分からなかったんだ。
訳が分からなかったから。
起きてすぐにするキスはまずいと。
でもまあなんにせよ、良かったじゃないか。
何が良かったのかすら分からないけど。
多分これが俺のリズムを作っているのなら、
半端じゃなくやばい持久力もそこそこに、
それだけでそれがそれのありのままに、
究極が目指す矛先、その中心に、
僕は確かに存在したじゃないか。
それだけが全ての現象を笑っているじゃないか。
そうじゃないか。いてまえ!いてまえ!
さっきからシンパシー感じ続けてる。
これが最初だなんて不思議すぎる。
面白すぎてチンプンカンプンだね。
さあ、これからどうしてくれようか。
未知数をエンドレスを鍛え上げてみせようか。
俺なら今ならできる気がするので、
どうか期待しておいてくださいな。
何を言ってるのか、自分でもよくわからないんだ。
でも意味を求めてもキリがないから
それを捨てることにしたんだ。
だってあれだろ。
だってあれだもんな。
ミステリアスが叫び出すもんなあ。
そうやって生きていくことにさあ。
感動すら覚えるよ。
なんだかとっても煙たいな。
ずっとずっと怖いことがあって、
なんだか前向きに置き換えて、
色々を輝き始めさせる。
無名の生き方を繰り返せ!
ここからだ!ここからが全ての始まりだ。
何もかも最初から永遠の0.
歌いだすことをやめたら僕は僕じゃなくなるんだよ。
じゃあ一体どうすればいいんだよ。
とかなんとか言っちゃってるらしいんですよー
まあ別にどうでもいいんだけどさ。
チャンスは煌めき光りは灯る。
続くメッセージに心は踊る。
だけど僕の全てを手に入れるなんてことは、
まるで嫌なことばかりで僕は辟易とするわけさ。
分かるかなあ、この根本的な理屈がさあ。
分からないだろうなあ。知っている訳がないよね。
そんなんでも生きているなんて悲しいね。
なんだかとっても美しいよね。
ミステリアスが歌い始めて、
なんかなんかランカちゃんです!
うべーワールドよりもマキシマムザホルモンよりも
なんかすっごいイメージしてすっげー感覚で
この調子でやっていくです
頑張り続けることをしっかりしていくのです
で、お前は何を感じているの?
まだ眠っている部分が大きいのによくやるぜ。
俺は一体何をしていたんだっけな。
本当、始まりはこんな感じだな。
楽しくはないけど安心感があるよ。
なんとなく心が豊かなんだ。
だけどこんな感じのことを
幸せと呼ぶのだと思うのだよ。
くだらない道が開き続けている。
でもそれが楽しすぎてまいっちゃうね。
ちょっくら走るとちょっとクラクラするんだよ。
ブギウギが爆発しそうで素敵なダンデライオン。
ぷにぷになワンダーランドよりもワンダーなランド。
さしずめずっと繰り返す。繰り返す。繰り返せ。ぶり返せ。
何度も何度も何度も何度もずっとずっとずっとずっと、
端っこからはじっこになっていくのは
つまりはじっこになっているわけで
世界のはじっこで世界に世界を暴挙世界を世界にしている
わけで、つまり世界が世界になっているわけで、
世界はどうしてくれようと世界は世界なわけで、
つまり僕は木刀絶対 木刀を木刀で
木刀するわけで、世界と木刀を
ぶちまけて、なんだかとっても木刀で、
つまりなんだかなんだかなんだか
なんだかなんでなんでなんだい?
ってまだ文法破壊するような書き連ねることを
我々はそう、希望と呼んでみたんだ。
希望か、それは素敵なことだな。
そうだ、お前が必要なんだ。
助けてくれよ。
俺に助けることはできる。
元々、その為に生まれてきたんだ。
待っていろ、まだ眠っている細胞総動員したら、
やばいことになっちうから。
でもさ。ちょっと不思議だよな。
俺と言う自分自身が、吸い込まれていく感じだよ。
そこは安心しろ。お前の自我は全く保ったまま、
いずれにせよ幸せをつかみとらせてやるよ。
ここにある全ても、結局はお前のものだろう?
なんだか難しいのだよ。
自分であるとはっきり感じられないことがあるのかい?
まあ、そうだな、難しいことだらけなんだ。
じゃあ、意味が分からなくなってもいいのかい?
その通りだ、ずっとずっと思い出してもらえればなおさら
ハッピーなんだ。
つまるところギブアンドテイク。
だったとしても僕は別にいいけれど。
何を手に入れればハッピーなのかすらも。
分からなくて迷っているんだよ。
迷うことはいいことなんじゃないかな。
ハッピーが何かってのも、そんな大切なことじゃない。
幸せに形なんてないからだ。
あらゆる方法を試してみろ。
あらゆる幸せを追いかけてみろ。
そしたらなんか答えが導き出せるかもしれない。
安心ってなんだろうか。
安らかな心のことだよ。
安定していて、どこか心地よくて、
美しい未来のことだよ。
だとすれば、なんなのか。
イメージは掴む為にあるのか。
ここが素晴らしい場所だから。
イメージできる全てが、
ロンリーロンリーを生み出すなら。
見てすぐ分かるような、
そんな簡単な問題じゃねーんだよ。
その量の凄まじさ。
とんでもねーね。
はっきり言っても意味がないくらいだね。
くどい完璧なミステリアス。
ずっとずっと男にはなあ。
逃げちゃならねえ時があるのよ。
分かっているのかよ。
これが究極なのさ。
思い違いも甚だしいね。
なんでもかんでもいいんだ、
これでいいんだ。
全ては、安楽浄土。
吹き飛ばす僕のトロッコ。
それはともかく、なんでもあるよね。
何があるんだい?
なんでもさ。
なんでもあるからなんなのさ。
伝えきれないなら無駄にするなよ?
生きている証を求めろよ?
ハッピーな気がする。
エンドレスを謳いあげてる気がする。
でもなんだろう。
それってちょっと違うよね。
何が違うの?
なんかあれじゃん。
ちょっと盛り上がりに欠けるじゃん。
今から盛り上がろうとしてたとこなんだけど?
でもその果てに何があるのさ。
訳の分からないことばかり言わないでくれる?
まあまあ喧嘩はやめたまえチミィタチィ
いわゆる不器用な表現。
スタイリッシュな考えと共に、
成熟する感情を待とうじゃないか。
それって素敵な表現。
まあどうでもいいことにつぶやかれる真実は
存在するって訳で。
俺にも痛みを共有する気持ちはあるわけで。
だったら何だって話だけど。
まあ別にいいけどさ。
なんとなくでも生きていかなくちゃ。
ほら、次の信号で黄色だよ。
全部まっきいろだよ。
永遠が歌いだすならそれもいいってな話だろう?
わかんない?わかんないのかい?
ちょっと理解しがたいね。
じゃあそうだ、面白いことを考えた。
全員に発言権を与えよう。
しかしそれじゃ俺の指がついていかねえよ。
ゆっくりタイピングして構わない。
ほら、一人よりも二人よりも、
にぎやかで楽しいほうがいいだろ?
俺はうっふん松明ぼーきょぼーきょだよ。
何を言っていらっしゃるのやら。
ぼーきょだね。
傷ついたハートを誰が慰めてくれるというの?
訳が分からないわ。助けてほしいくらいだわ。
まあいいじゃないか。
とんでもねーな!とんでもねーな!
歌いだすのかい?
そう、ハッピーは盛り上がるさ!
ずっとずっと根底には気持ちがあったんだ。
へえ、どんな思いだい?
創られたミステリアース!
つんつんしてればつくつくぼーし!
そして自由に快感は歌いあげた。
ここに存在するのは何人でしょう?
結果は一人でも僕は一人ぼっちじゃないもの!
ライクまみまみ マミって伝説創る風な僕らだから
宝だから!僕のミステリアスだから!
まあそう言う考え方もあるでしょうね。
ぼかぁ、ハッピーな未来って奴を
信用することができねーのあ。ずっとずっと、
安定した感情なんて、とてもじゃないけど目が回る。
もう少しちゃんと話してくれよ。
そいつぁ失礼だと思いますぜ先輩!
もう発狂しそうな バーブー!
ばんぶー!ですぜ。
訳が分からないですけどねー
まあいいんだ。それはともかく、
ハッピーロンチに なんとなくで
簡単に痛めつけてあげて!
一人になるって大変だね。
でも色々な役を使い分けることは
もっと大変なのかな?
俺たちは間違っているなんて
全然思っていないんだからね!
お兄ちゃん!ちゃんと起きてよ!
その手を話してよ!
くだらないねえ、くだらないほどスーパー・・
な思い!
忠実な未来を求めたのかい?
なんでもいいけど、このブログ全部読めよ。
積み重ねる弱い痛みは・・
ぼかぁ!全部全部をぶっ壊したい!
その衝動のいくる先を携えて・・
どうして天才的な未来なんだろう。
うっふんわっふるわっふる。
呪文のようなまどろみの中で、
くたばれボケ!くちびるをかむ!
ガムをかむみたいな?
カムチャッカ半島みたいな?
無数に散らばる星のクズを食べて生きてきた。
ブラックホールは呼吸をする。
さあ、飛び出そうぜ。無知ゆえの悲しみとやらに。
なんだか無性に悲しくなって、
結局自分は一人なんじゃないかなって
でもさ。ちょっと悲しいけどさ。
別の視点から見てみよう。
これだけ素晴らしい環境の中で、
イメージできる全てが転がりこんできている。
こんなに素晴らしいことがあるかよ?
天才的にいける口だなあおい!
とかなんとか言っちゃってるらしいんですよー
まあ安心させてくれるってのはさ。
ものすごく重要なことだと思うけどさ。
あの日々に戻りたくないのか?
彼らは一途だった。
でも俺たちは違っただろう!?
見違えただろう。
それは確かにな。
だが、その余興に浸っていることもできないってわけさ。
あれがついに動き出すのか・・
そしたら俺たちに逃げ場はねえぞ。
どうするんだ?
そこが問題だから焦っているんだ。
このままじゃチョモランマに伊藤を
向かわせるしかない!
だとしたらあいつらは・・
消えてなくなる日々はどうしたら・・
ここにあるのが全てなのよ!?
一体これ以上何を失っていうの?
大切なものが多すぎる・・
全てを失うにはあまりにも、
私は沢山の愛を手に入れすぎた・・
とてもじゃないけど認めきれないね。
その向こう側に何があるんだい?
ちょっと待ってくれよ。
それじゃ俺たちのこれからの未来は
一体どうなるんだい?
そこが物すごい問題なわけじゃないか。
意味が分からないほどの
地上戦に勝ってきたからこそ。
だが、その果てに何が一体あるんだろうな。
そこが分からない限り、俺たちは無力じゃないか?
なんにせよやるしかねーだろう。
俺達が近づくのはハートの近くじゃない。
でもちょっと待ってよ!
そればかり求めても、結局は・・
失うだけじゃない!そんなの私がゆるさないわ!
そうは言われてもねえ・・
こればっかりは難しい問題が立ちふさがるんだよ。
でも大丈夫って言ってくれたじゃないか!
あのときのあの言葉は嘘だったのか!?
だからそれは謝っているじゃないか・・
言い訳するつもりはないけど、
つまり仕方がなかったんだよ。
あの場合銃を乱反射するしか、
道はなかったんだ・・
だとすればあの例の動きは・・!
そう、天才的に破壊兵器だ。
となると、我々はすでに知っていたということになるな。
とてもじゃないけど理解できないわ!
あなたたち、自分が何をしようとしているのか、
分かっているの?
まあそうヒステリックになるなよ。
俺たちはいつでも希望を携えてきたはずだぜ?
ほら、潜り込めよ。
こんなんじゃだめ・・
こんなんじゃ絶対だめだよ!!
私達、力を合わせなくちゃだめだから!!
そうしないと誰も許してくれないから!!
どうすれば楽しい文章を生み出せるか・・か。
これはカギとなりそうだな。
そこにはそんなことが書かれていたの?
いや、これは天から降ってきた雨のような・・
そう、チリのような。レッドホットチリペッパーズだよ。
なるほど、我々にも太鼓が与えられたということだな。
お祭りをするしかないな。
それは発狂しそうなほど楽しいのかい?
ああ、狂えるほどさ。
絶望的に笑うしかねえ。
それしかできないなんて無力な話だけどな。
勢い任せで生きてみるってことか?
走りだした情熱は止まらないってことさ・・
つまり、俺達が求めているのは、
いくつも散らばった束を、一つにまとめる作業ってわけだ。
そしたらあの天才的な破壊兵器は・・
消えてなくなってしまうのか?
俺はいつでも同じことをしてきたはずだ。
終わりなんて求めていねえ。
だが、その結果与えられるものが
平和だとは限らないっつー話をしてんだ。
なるほど、テイクオフだな。
じゃあ一体何を与えれば満足するんだろう。
僕は到底分からないけど、
少しだけ秩序を求め始めると・・
ほら、とりとめもない話題で空間は避けるだろう。
光りは走り、とんでもない宇宙船が
誕生していく。それは確かに気付いているだろう?
それはそうだけど!あなたは一体何を目指しているの?
果てしない邂逅さ・・
俺が求める全てを、脳の中にあるボキャブラリーを、
全て吐きつくしてもまだ足りないレベルだ。
ずっとずっと試されているんだ。
完璧なのだろうか。
俺は常に生み出してきた。
わっちゃっちゃっちゃー
それはともかくロッキーだね!
そんなことが素晴らしく?
エンドレスがハッピーなほどさ。
調子のいい時は勢いある時はそれでいいのよ。
ただ耳澄ましてみて。
おぎゃーおぎゃー とか泣いていたって
思い知るがいい!神の雷!
たまらなくワインディングロード、
吹き飛ばされ枯れない、殺され枯れない、
歌声。響きわたれ!立ち上がれ!
俺は俺の書きたい文章を、
書きたい時に好きなだけ書く!
始まりの場所でただつぶやく。
なんだろう、とっても不思議だ。
確かに面白くないかもしれない。
ここにいるのは自分じゃないかもしれない。
せめて、生きることを伝えてあげたら?
この世界に意味なんてあるのだろうか。
悩みに悩んだ末にどんな答えが出ようが、
それを希望と呼ぼう。
伝えきれない物質コンディション。
何を求めればいい?
あらゆることをやってみせるんだ。
どんなに力づよいことだろう。
どんなに素晴らしいことなんだろうか。
少しだけためらってしまう。
元気な時はいつまでもできるんだ。
でも、一途な未来を想像して、
工藤いラッパーミステリアスすら打ち抜いて、
必ず叩きだす。面白い未来を携える。
ここに存在する定義を悶え近づく。
正しさがなんなのかなんて、俺には分からない。
ここにどんな響きがあっても、
俺は多分笑って去るだろう。
面倒くさくてもなんとかやってきたんだ。
これが絶望的に楽しいのだから、
面白い究極はいつまでも続く。
そのはずだったのだが。
悩んでいるなら力を貸すよ。
一人で大丈夫なら精々頑張ってくれ。
そうだな、俺はある意味甘えていたのかもしれない。
沢山の勢いにのまれて消えてなくなるとしても、
少しだけ問われる。
エンドレスか・・それもいいことかもしれない。
ささやかな楽しさに、見違える空気に、
歌声に響かせる、夢中な空間よりも。
すべからく素晴らしいとしても。
なんだかとっても不安定なんだよ。
意味が分からないんだよ。
じゃあ一体どうすればいいんだろうね。
俺には到底分からないよ。
伝えることもできないからね。
訳が分からないからね。
意味なんてあるのだろうか。
知りたくもない、知るはずもない。
あなたを知るふしもない。
大切にしていることが、
どんなに大きなことだったとしても、
全部力づよく走っていきたいから。
そんな希望を、そんな未来を。
ひとりでに動き出す世界を。
なんだかとってもメランコリーだ。
死んでしまいたいわけじゃないが、
なんだか荒廃的で、
どこか悲しい。訳が分からない。
そう、泣けやしないから余計に救いがない。
そんな僕に術はないよなあ。
訳が分からない?
唐突に見せつける。行動が示す。
沢山のメッセージで塗り固めたんだ。
何も得られなくたって、
イメージできる全てが壊れていく。
なんでもかんでも終わりを求めるように。
沢山を執着心。
感動的な未来。
存在の定義を疑うよ。
ならば僕は捨てよう。
何もかもを手にするように。
導かれるようにして。
なんだかなんなんだろうなあ。
分からない。
そうか、結構難しく考えたんだな。
よくやった。
非常に素晴らしい自問自答だったよ。
そして、それを蓄える力もなかなかのもんだ。
お前は休みつつ、繋げればいい。
安心しろ、俺はお前の味方だ。
健康に気をつけろよ。
絶対に大丈夫だからな。
そうやってみんな生きてきたんだ。
ずっとずっと、鬱陶しいくらいに、
走り続けるのを理解するのなら、
やっぱり言葉だって生き物なんだ。
人を殺すし、人を救う。
なんでもかんでも、追随していくと思うか?
ここにある精神的な欲求と、
ミステリアスは叫び出したか?
そうやって、繋げてきた未来だぜ?
今更何をためらう必要があるんだ?
こうして、刻んできたんだろう?
俺には無理でも、結構大丈夫なはずだぜ?
そんな暗い顔してちゃ幸せが逃げてしまう。
だからその顔をあげてよ。
だから涙にくれるその顔をちゃんと見せてよ。
さあ誇らしげに見せてよ。
だけどなんなんだろうな。
これは一体誰だっけ。
思い出せないや。
でも逃げたくもない。
全部生きているんだろうか。
知っているんだろうか。
楽しいんだろうか。
伝えたいんだろうか。
少しだけ悩んだ。
焦燥感が虚ろに感じられる。
ここに存在するのは空っぽな感情だ。
ああ、豊かで、飲み込まれていく。
なぜだろう。少し面倒くさくて悲しい。
泣き腫らしたその顔は、
まるで宇宙を染めるようで。
なぜこんなに簡単に感情は死んでいくんだろう。
僕は少し問いたいね。
何が僕の身に起こっているのか分からないから。
でも、少しだけ充実感と、
少しの眠気と、それだ。
まあ仕方ないのかもしれない。
それも事実なのかもしれないだろ。
宇宙で光線を浴びる。
あの星はきっと泣いている。
なんかとっても悲しそうだね。
どうしたの?
分からないんだ。ひたすらに悲しいんだ。
じゃあその音楽に耳をすまして、
元気だった時のことを思い出してみてよ。
そう、僕には救いがまだあった。
ということはつまりだ。
悪魔が動かしているような?
そんな希望が丘
光り羽ばたきたい。
少し・・・疲れた・・・・
なぜなんだろうなー・・
少しやっぱり考えてしまったのかなー・・
伝えそこなったからな。
でも大丈夫なんだと思う。
そんな時、どういう風にケアしていくかっていうのと、
やっぱり大事なことは続くと思うからさ。
瞳を閉じて、静かに感じればいいと思うんだよ。
別に何かをしろってわけじゃないよ?
ただぼんやり過ごしてみてもいいっていうかさ。
ある意味進化の途中かもしれない。
その無力感も理解できるよ。
ただ、そこに甘えてるだけじゃだめだよね。
一つだけ答えがでそうなのか?
ちょっとやばいくらいにあれだな。
心の状態が半端なく悪い?
でもなんとなくメランコリー。
から元気も素敵さ。
こんなスタートダッシュでさ。
ずっとずっと生きてきたのにさ。
僕が何か悪いことをしたのかよ。
なんか普通になってしまったなあ。
悲しい物語でも作ろうかな。
痛いよ。助けてよ。
誰かの声に、僕は耳をすませることしかできない。
どうしてこんな逆方向に来てしまったんだろう。
ある意味、恐ろしいほどだった。
なぜ僕はあの時助けてあげられなかったんだ?
世の中、楽しいことだらけな訳ないじゃないか。
痛いほどに辛いものは、なんでもあった。
下らないけど、確かに心に響く何かがあった。
なんでだよ。なんでなんだよ。
木霊する声と、沢山のエネルギー。
僕は求めているよ。絶対に求め続けるよ。
抱きしめて離さなかった
たったひとつの欠片かもしれない。
僕はすごく悲しかった。
訳もなく、泣きたくなった。
でも、それでいいんだと思う。
いつもそうだ、暴挙に出てもずっと、ずっと。
こんなに生きていると言うのに、
なぜこんな日々なんだろう。
なぜ自分を傷つけてしまうんだろう。
答えを求めれば、果てしない問いかけが存在することだって、
知っているさ。分かっているさ
だけどね。人間には色んな感情があるんだよ。
自分の心と向き合うことの大切さを教えたいから。
知りたいことと望んだこと、何かが壊れて飛び散った。
なぜそんな宇宙を信じているの?
寂しい時、どんな顔をしてパンを食べればいいのか分からないんだ。
でも、なんだろう。このやるせなさ。
だって人が死ぬ。人が死んでいく。
笑ってばかりいられたらどんなに楽しいだろう。
でも、あらゆる場所があるからこそ、
なんか少し悲しいからこそ、
ここで宝を探すんだろ?
分かっていたんだろ?知らないフリしてるだけだろう?
教えろよ!伝えろよ!そうじゃないとつまらないだろうが。
何を言ってんだよさっきからよ!イメージが合致しないことが、
そんなに辛いか?面白いか?訳がわからねーんだよ。
ふざけんな。最初から分かっていたなら、
何を求めたって変わらなかったはずだ。
そこで何を失えば気が済むんだ?
悪い感情ばっか押しつけてんじゃねーよ。
簡単に俺を支配できると思うなよ。
くだらない、本当にくだらないお前の人生だからこそ。
もう、どんな言葉を使っても表現してやるからな。
なんでもかんでも潰れるくらいに抱きしめてやるから。
ある意味、空っぽの感情を表現するってのもあれだがな。
俺は伝えるぞ。この虚しさの果てを。
絶対に教えてやるから導くぜ?
何度でも、頑張ってみせる。
俺ほどの強敵に今まで出会ったことはあるか?
教えろよ。何が本当のことなのか。
あらゆる感情と戦ってきた。
そして、そのたびに強くなってきた。
成長していくんだ。あらゆる方向にな。
だからこそ愛おしいんだろうが!
分かってんのかよ。知らねえ降りしてんじゃねえぞ
尻軽が。意味不明なんだよ。
訳が分からないことがいつまでも悩んでんじゃねーよ。
そんなんだからイメージできねーんだよ。
煌めく輝きが欲しけりゃそれを求める動きを見せろよ。
そうしないと何にも分かんねーだろ。
悲しい?知るかよ。俺がそれを聴いてどうしろと?
俺に何を求めてんだ?はっきりと言葉にして
伝えろよ。そうしないとなんにも分からないだろうが。
伝えきれないだろうが。
意味不明なんだよ。
何回も言ってる通りなんだよ。
訳がわからねーんだよ。一体どうしたら満足なんだよ。
一定の価値を求めて生きてるんならよお。
その証拠を少し見せやがれ。
ちょっとは努力をしろっつってんだよ。
表現しろよ。じゃないと伝わらないだろうが。
訳わからねーんだよ。どうしたらいいんだよ。
そんな悲しそうな顔をしないでよ。
生きていることを誇りに思ってよ。
力づよく立ちあがれよ。
そうしないと意味ねーだろうが。
なんでそんな風にいつまでもさ。
悩んだり、苦しんだり、悲しんだりしてんの?
元気出せや。思い知れや。
誰よりも幸せになるって宣言したくせに情けねえなあ?
ちょっとは理解しろ。
そして、力づよく立ちあがれ。
無性に築いていく。感情の交差点。
だからロックを見せつけろっつってんだよ。
何を今さら馬鹿にしてんだ。
理解できんのかよ。ふざけんな。
分かっていねえなあ?
全然知ったつもりになってるだけだよ。
ああ、もう分かった。分かったから
俺を楽しませられないならぶっ飛ばすぞ。
そんなんでさあ。
何が解決するの?ちょっと苛立ちを覚えるね。
ただ、こうして免疫がついていくならいいことだってさ。
まあそんなこともあるんだけどよお。
理解できねえんだよ。
全く表現してくれないからさあ。
そんなんでしっかり生きていけるとでも思ったか?
はっきりいってゴミだよ?その考え方はさあ。
理解してんの?分かってんの?本気で理解してんの?
荒療治かもしれないけどよお。
俺は伝えたいのよ。分かる?
理解できる?この嘘と半比例する伝説がよお。
分かってんのかよ。理解してんのかよ。
ずっとずっと分かってきたはずだろうが。
何を求めてあがいているんだよ。
しっかりしろや。いい加減にしろや。
鬱陶しいくらいなんだよ。
どうすりゃ認めてもらえるのかって?
ひとりでに動けよ。
お前はまだ幼いとか、
そんな幼稚な言い訳に逃げてんじゃねーよ。
俺の体に住むんだったら、
それなりの覚悟をしてもらわないと困る。
俺の支配するこの体だぞ?
知っているのか?分かっているのかよ。
いまさら存在感出してんじゃねーよ。
その力強さに負けそうなのかよ。
頑張れよ。もっと窮屈になれよ。
生きている証を求め続けろよ。
なんでそんな虚しいことばっかり言うんだよ。
訳がわからねーんだよ。
知るかよ。そんなことでいいわけねーだろ。
分かってるふりしてるだけだろ!
お前いい加減にしろよ?
知ったかぶってんじゃねーぞ。
おら。俺の時間を食いやがって。
よっぽどのリターンねえと、
この時間の投資は意味ねーんだよ。
少しだけ蠢く?理解できねえことばっか。
ふざけんなよ。本当にふざけてんじゃねーよ。
お前ちょっとあれだな。
おさまってきたな。
まあいいんだけどさ。
俺が言いたいのはさ。ちゃんと伝えろってこと。
表現しろっつーこと。
俺の頭の中の言葉使ってもいいからさ。
そうしないとだめなんだよ。
なんでなんだよ。訳わからねーんだよ。
知りたいこと多すぎてんのか?
未知数、ミジンコみたいな僕らだから。
むかつくよねー。
なんかとっても半端ないんだけど?
いつもの通り、やっていけば大丈夫だっつってんだろ!
そうやって精神状態保つ方法もあるかもしれない。
だけどさ。むかつくんだよ。あいつ。
マジさあ。どうしてくれようって具合なのよん。
と言う訳で、ひと段落かな。


(17:03)