ライムキング

らいらいの日記

2013年09月

僕は・・もうだめなんだ・・
こっそりこそーり
はっきりさせるしかない!
あることないこと
言いふらされて、

それで黙って突っ立ってろってか?
面白いこと言ってくれるじゃねーか!

じゃあ闇に消えた
その最後の調べを
僕の行動を
人生観が360度変わるような
スペシャルな
その最高な気分って奴をだな。

こうこねくりまわして
toloveる読んじゃって
感激の嵐運んじゃって
面白いねって
笑っちゃってよ。 

もうそれだけなんだ。
おいとましちゃうんだ。
ロックンロールに沈むんだ。
意味なんかないが、

不思議とモントーラル。
チャンスが来てる気がする
この世界、
この勇気に。

初めて知る痛み。
ロックンロールはアンチテーゼ。
明日を知る為に、
どんな傷もいとわないように。

ああ、どんなに頑張ればいいだろうか。
何が大切なんだろうか。
訳が分からなくて、
暴挙、その未来へと
進み続けるのは一体・・
感動、その修羅にも置いてけぼりだ。 

何もないなあ・・
ああ、何もないさ・・

いつかは全部全部全部
なくなってしまうんだろう。
消えてなくなってしまうんだろう。
僕が何を叫んでも、
何を伝えようとしても。

その行動の果て、
教えられたとおりに?
ミラクルジャスティス。
面白すぎて笑えてくるぜ。

その美しさに、
あるいは感覚に
最高の言葉を探している途中なのか。

じゃあ最初からやることは
決まってるじゃねーか。
なあ、google先生。 

そのなんだかんだを
どうにかしたいのだろうか。
イメージレスポンスも
形にするだけの

パワーハッキング。
今日のおやつは・・
とんでもクルリート、

最後の最後になるまで
決して物怖じしないと
誓えるか?

未来は究極、
自分がどれだけの人間なのか
思い知らされる。
ずっとずっと高いハードルに
挑戦し続けているような。
高い場所目指しすぎて、
自分を見失ってしまっているような。
そんな空気が充満してきてさ。 

その先、
とんでもない未来へと
走って行く。
その翼のままに。

誰も知らない。知られちゃいけない。
ニューロマンスが走りだす。
やることとできるということは違う。

その感覚ドリーマー、
覚えきった侍ファイヤー。
感情がブレイクしていくのは
声を届けたくて
仕方がないから?

そうは言われましても
そんなことなんじゃっちゅー
最高なんだげっちゅー
そんなストーリー
ドラクエモンパレ
吐き出す全てに価値を認めそうで。 

きっと足りていないんだ。
未知数はかるのも
拒絶反応おこしちゃっているんだ。

 かなり難しい問題に
付きまとう痛みは
必ず勝ってみせると?
強く願いつつ、

ロックンロールを願うことを
よしとするのなら。
じゃあ今すぐその手のひらの
裏側にある真実って奴をさ。

何もかも忘れるように。
導かれるように。
何かを勉強するかのように、
誰かの為に動くかのように。
それを他人に押し付けるんじゃなく
自らすすんで動く、
その精一杯な姿勢が美しいんじゃないのか? 

行動、忌まわしき人々?
どこまでも完璧に、
どこまでも希望を追いかけるような
そんな人々を

目指す先はなんだ?
何を得れば人は喜ぶ?
その喜びはいつまで続く?
安くても生きてる方がいい。

俺はただ健康に
生きていく事が出来る社会を
熱望するよ。

生活が苦しくなろうが、
明日にもゴミ箱漁ろうが
もはや止められない
この情熱の焔は
轟く雷に乗り
もっともっと大きくなって
全世界を覆い尽くしたのでした。 

借りにそれを全て受け入れたなら。
 イエスと叫びつつ
理想郷に飛び込んだなら。

何をすればいいのかも分からないが、
伝えることに意思を持たざるを得ない?
なんだか完璧な推理、
疑問で終わることの
単純さ。

にっちもさっちもちょんちょんちーですね。
プライベートワロッシュですよ。
なんなら全てをいとおしむ、
全てを破壊、
レクチャーするプロ、

超面倒なフライハイ世界、
何も感じなくても
別にどうでもよかったりする。
宇宙、その広さに
甘えていたんじゃだめなんだなあ 

一体なぜ
そこにただ存在し続けるということが
こんなにも大変で
苦労して

存在するだけで
辛いなんて
ありえないだろう。
そんなことあっちゃいけないだろう。

努力するしかないのか。
努力というのは苦しんで頑張るということなのか?
それは努力している振りじゃないのか。

まあなんでもいいけど
こんなに沢山の人々がいる中で、
自分のアイディンティティを見いだせなんて、
強みを見いだせって。
どうすりゃいいのさ。
希望は持てるのかい?
新しさに置いてけぼり。 

変わり続けるだろう。
俺たちは言葉を求めて追いかける。
未来が完璧を、
更にすごいパワーを、

生み出していると
考えるのが普通なのかもしれない。
それは最高のポテンシャル、
栄光をゲットするための

その未来を描き切る為の
全体的なポテンシャル、
ああ、繰り返せ。
何度でもゴーアクエリオーン

そうなっていくのは
それにはまっていくというのは
大切な何かを失わない為なのか。
感情が、とめどなく
流れ続けて明日を創る。
未来が音を立てて崩れるように。 

このページのトップヘ