2013年09月

2013年09月30日

何もかも失った、
地位も金も・・
そんな人がいたとして、
憐みをかけるのか、
それともざまあみろと笑うのか。

仮にその教養の浅さゆえに、
あるいは無知ゆえに、
素晴らしい作品を
ゴミ同様に捨てることが、
正しいとどうしても思えなくて。

ただ、僕にだけ
光り輝いて見える財宝があるとして。
それはある人にとってはペットだったり、
植物だったり、家だったり仲間だったり
親族だったりするわけだけど、
本当の価値って奴にまだ気づいていない
人ばっかり。
だったらどうする?
その立場にあって、それでも黙りっぱなし。 


(18:40)
自動的にハミングされていく
希望のように。ミラクル、
吹き飛びそうな
シンプルさこそが大切だなんて

面倒くさいことこの上ないのか。
本当にうれしいことって
なんなのか。

元の木阿弥風に気をつけて。
絶望が踊るならそれもいいね。
中途半端に
生きて損はない。

二度あることに三度目はない。
大丈夫だ、安心しろ。
この国は泥船だ。
いつか沈む。
それを考えると少しは気が楽になるぜ。
放射能は健康にいいしね。
んなわけあるかいだあああああああ 


(17:49)
開く為に存在するさ。
何もかも、当然だ。

未来があるのなら、早い話だ。
最初からわかっていたような
そんな話だ。

どうしようもなくたって
生きていくんだ。
そうやって繰り返すことを
希望って呼ぶんだからさ。

何も得られなくなっても
笑ってよ。
追いかけてよ。
命を笑ってよ。

歌い出してよ。
もっともっと、世界が欲しいんだよ。
あえて言うまでもないかもね。
新しさが歩調をそろえているからね。 


(17:40)
君は信じることができるだろうか!?
夢に見た舞台、
ほほえましい光景、

ルックルックにこんにちは。
明日の朝がこんにちは。
あの木にとまる鳥のように、
じっとしてられないんだ。

そうやっていくつもの破壊者たちは。
願えるスクランブルエッグのままに。
It's fantastic world.
どうでもよくてもただテクニカル。

僕より秀でた人間はいないなんて、
よく豪語できたもんだぜ。
いらないもので溢れてても、
やるっきゃないことだってある。
何もかも捨てたって構わない。
そこに未来は見いだすんだ。
それだけが正義感。灰色の男たち。 


(16:51)
夢の舞台が整った!
全てが踊りだして!いるんだぜ!

そうやっていつも駆逐し
朽ち果ててきたから
今さあ。嬉しくて。

ちゃんとやってれば
未来は開かれたなんて
幻想にすぎない言葉を
追っかけるよりも
ずっとずっと確かな

俺の過去そして明日だ。
それはともかく
それはさておき
ファイナルシャッフル
ざわざわメモリアル
明日の明後日になればきっと
あなたの顔もまた少し変わって
未来が想像しちゅう! 


(16:38)

2013年09月29日

それが宇宙なのか。
止められはしないのか。
どんだけ頑張れば辿りつける?
果てしないこの道のりは。

感情止まらないくらいに
かなり激烈な
イメージで追いかけてる。

その震えに振動に
いい加減に震災って
そんな面倒くさいことが
大好きで仕方ないんだね。

きっとそれもそうだろう。
あえて言うほどのことじゃないだろう。
未来は朽ち果てるし、
俺の命は尽きはてるだろう。
明日が僕らを呼んでる。
その声は今君にも
聴こえていますか? 


(10:31)
trouble has come
intel inside?
what is my name

slow down and you look so funny
but I thinking what
rock'n roll is my everything
can you fly?

happy go lucky.
I am strange Chameleon
chameleon is so happy 

you are very nice defense
defense man is so lucky
I don't know how much spell
so angly Wizard so much cool.
foolish man is like to do this orange
It's so happy. defense lucky
go!go!7188 so cool band man
yeah, let's singing sky high yeah 


(10:22)

2013年09月28日

きっと越えていくさ・・
未来、その向こう、
果てしなくずっと。
でも考えているのは

もっともっとでかい何かだから。
追いかけて追いかけても
ドリーマー。
弾け飛ばす

その無力さに。
あるいは行動の果てに。

何か見いだそうという
気概の持ち主。
書くことは決して無駄なことじゃない。

僕はそう信じている。
少なくとも、
太陽は昇り続ける。
大丈夫だろう。これが俺なんだ。 


(18:52)

2013年09月27日

有言実行が
そのトモシビなのか。
その勇気が
どこまでも踏み進んでいくなんて

面白すぎる世界に
感情アンドロイドのように
空白となった
未来に期待なんて
できるわけもなく

俺は終わって行くメロディ。
その果てしない夢までも
最高にトロニティ

エンドレスは叫び出す。
僕は楽しくて慌てだす。
何かをナスためには
何も知らないふりをするんだと
教わったから?
別に何がどうとかそういう問題じゃねえよ。 


(18:48)
考えると、止まらないよ。
何も分からなくなる。
不思議とその向こう側

ずっとずっと言葉を
編み出してみても
ほつれる糸のように
もつれていく。
壊れていく。
けむに巻かれていく。
流れていく。
葬られていく。

あーどうなったら
いいんだろうなんて
その言葉のままに
秩序の崩壊?

It's fantastic world.
混乱がメダパニ。
明日が宇宙。さあ、旅に出よう。 


(18:12)