ライムキング

らいらいの日記

2013年04月

多くの失敗と成功を
分かるまで少し時間がかかりそうで
気になっちゃって
間違えちゃってて
もうどうにもならないからさ。
素敵超越がミステイク。

新しさを見つけてる。
それほど素晴らしい世界でもないんだ。
なら作り上げるしかないだろう。
あの日夢で見た景色は
ひどく懐かしくてまいるなあ

古い駅にたたずむような
果てしない草原の中で立つような
かつての記憶を呼び起こす
まるでジブリみたいな力だ

僕らは頑張る為に生まれてきたんだから
這いつくばってでも生きてやろうぜ。
醜くてもいいさ。そのままでいい。

いっぱい走ったので。
びっくりするほどポテンシャル。
新記録だしちゃうほどの。
メロディックライン、ぶっ飛ばすようで。

日本人が100mを10秒切るのはいつになるでしょうか。
難しいのかなあジャマイカ。
ウサインボルトになりたいよなあ。

生きる伝説、
完全を越えた。
ビリーバー達も唖然だね。
その日は彼の日だった。

すごく面白くてさあ。
媚売ってるのかなあ
訳が分からないことこそが
誰にでも優しくする秘訣
分からないね。
そんなこと全然知らないよ。
分かるはずないじゃん。

独創的なアイディアで前へと進む。
もっと悲しげミスライト トワイリズム。
何もできなくて悩んでいる。
くだらない行為が今を伝えている。

何もできなくても強い気持ちは届くだろうとか
そんな眠たげな表情で言われても
説得力のかけらもないよお
ひどすぎるよお

こんな簡単に沈んでしまうなんて
分からない。何も分からない。
僕はただワロスを考えてるの

そうやって引き下がることが
許されない社会に生まれてきたんだろうから、
多分誰かに伝えるために頑張ってるんだと思うんだよ。

そしたらもっと広い世界が見えてきた気がするんだ。
あと少しで届きそうなんだよ。
光よ待っていてくれ。

やったでゲソ!!
ニコ生で野球見るのに最近
はまっているみたいな
でもまあいいんだ。

実は野球よりサッカーのほうが好きなことも、
関係ないさ。5月30日の試合。
風邪をひくほど頑張ってみたヨルダン戦。
屈辱的な敗戦。

イカ娘と共にベイカッタという文字の踊る
AAが最近とある場所でよく見かけると。
それはとってもかわいくてキュートで
中々いいなと思っているんだと。

それでも侮辱されているような
気分だからこのさい
適当にビクトリー目指すみたいな
そんなワンダフル追いかけてみたい
パパラッチ会長も快調に進み
踏み進みうろたえているんだろうなあ

ふはぁ。もうもう!!
ストレートじゃねえなあ。ラックロンリー
ユートピアな伝説?
何かを考えてることが楽しい。

それがどう転ぼうと、道は見いだせる。
必ず素敵なロードが存在していて、
way to the way.
もう残ったもの全部たいらげる勢いで。

ぐーすかぴーのエンドレス。
僕らは渇く生き物だよ。
120円のために生きるのさ。
それでこそ最高なんだろう。

俺はなんだってできる人間になりたい。
毎回ホームラン打ちたいし、
毎試合ハットトリックしたい。
100mを5秒で走りたいんだ。
そんなハガネの筋肉もってなくても、
僕の指は確かに未来を創りだしてる。

失敗を恐れちゃだめだ。
だって失敗は成功のもとって
いうじゃないかああ
でもさ。
本当に冒険するのなら
もっとすごい領域がいいよな。

DNAの操作だとか
宇宙開発だとか
それよりも、
誰も考え出したことのない
独創的なアイディアで
かけのぼりたいぜ。

そんなアドベンチャー。
冒険をやめない。
それは素晴らしいことなのか?
少なくともはたからみて面白いんじゃないの。
俺は作らないけどね。
そりゃそうだ。
でも、期待はしてる。

見たこともないほどに究極、
癒されるぜ全くもう。
欲しいのは喉の渇きを満たしてくれる
水のような、
心の渇きを満たしてくれる
何か。それはなんだろう。

音楽だろうか。絵だろうか。
食べ物だろうか。睡眠だろうか。
僕は泉の中でおぼれたい。
素敵な夢を見ていたい。

走りだした冒険は、
作られた物語よりも
思いっきり予想とは別方向に
進んでいくんだ。

未来を創るのは僕自身なんだと
気付いた瞬間から始まっていたんだ。
競争なんてもんじゃない。
限界への挑戦だ。

強く信じる。
何か、強い力が働いている気がする。
行動に自信がみられる。
そんな勇気ですらも、消えてしまうのか。
もっと強くあれよ。

ふざけてもいいけど、
真面目な時はしっかり真面目に
やらnight.
スルガナイト。
ゴスペラーズごめんぺらぺらーず

とか言ってる合間にもふざけだす僕の声は
なんとなくあれだなあ
最高にストロングポイント、
やる気ゼロなの?
もうどうにもならないさ。
時代は決してしまったんだ。

栄光のアバンチュール、
だすべき方向へと

かなり重要な局面を迎えていると思う。
当たり前が消えてしまう。
生活のリズムの急変。
それは怖いことだね。

当たり前のことがあたりまえじゃなくなってしまう瞬間。
本当に怖くてたまらない。
もう悶えるしかないのか。
言葉を吐き出すしかないのか。

リラクゼーション、闇の中心に自分がいる。
心から笑ってみたい。
強く願う日々。
仕方ないさとひれ伏す心。

もう少し楽しくやれないのかい。
考えれば考えるほど難しいよ。
すごく大変なんだね。だとか
よく頑張ったね。だとか
言葉だけじゃどうにもならない苦労が
すごくあまりにとても沢山あるんですよ

ちょっとだけストローで吸って、
舌でストローの口を塞ぐと、
中に液体をいれたまま
持ちあげることができるのです。

小さい頃の大発見。
が、大して役にも立たない。
豆知識にもならない。
真空状態を作るのですね。

ストロー使って飲むっていうのは
最近あんまりしてないなあ。
がぶ飲みだよ。基本的に。

それほどストローに恩恵は
感じていないけれど、
まあそういうトンピッシャンで
素敵な文章辟易として、
君の目にも浮かぶ涙、
ああ、晴天の霹靂。
夢のコンパスぐるっと回って未来をさすんだ

このページのトップヘ