2012年11月

2012年11月26日

ああ、修羅場。
沢山の栄光がある。
いまだ見ぬ栄光があるとして。

俺の冒険は始まった。
全てを打ち崩すほどの情熱に後押しされて、
僕は飛びだす。

ひたすらでかい宇宙へと、広がる言葉の渦から守るために。
動くために。走るために、今僕は飛び立つ。

明日を越えるために、それが必要なら僕は
なんでもやってみせる。
なんだって、トライしてやる。

失敗なんて恐れてない。
成功した自分をイメージしろ。

もっと最高な未来を選べるはずだ。
いまだ見ない宇宙を探検できるはずだ。

望み続ければ夢はかなうと思うか?
永遠を続ける意義はあると思うか?

僕はなんだか分からないけどね。
うたたね、ろんりーろんりー、
果てしない幸せだけは分かるよ。

それは沢山の苦難を乗り越えてやっと辿り着いた快楽だから
冗談でここに立ってるわけじゃないんだよ。
でも、沢山の人の夢をかなえてきた僕は

歩けない人がいる、
食べていけない人がいる、
目が見えない人がいる、、
音が聞こえない人がいる、
寝たきりの人がいる、
飲む水すら汚されている人がいる、
そんな中でその人たちの全ての夢を背負って

僕は立った。
この大地の上に。

健康という何よりの財産を背負って、立っている。

戦争のない、この平和な世の中で
たとえ使い捨てされて消えていくだけの魂だったとしても
僕は感動で涙が止まらない。

実際、お腹がすいてる時は幸せだし、
眠い時は幸せだ。
なぜなら、その欲望が満たされることを知っているから。

分かっているから。
君の情熱、明日へと向かう太陽

惑星を越えて。
脳の構造と似たような宇宙の構造の中で。

じゃあ誰かの脳が俺たちのいえる宇宙なのか、
そうなのか、宇宙の果てってどんな感じだろうなあ。
アメーバみたいに宇宙は分裂するのかな。

それでもどうでもよくって
ロマンを求めるとほら
ブラックホールに吸い込まれる光のようだ。

きっと僕は迷っているんだよ。
知りつくすということを忘れてると思うんだ。
だからねえ。

幸せをかみしめろ。


(19:10)
俺はこの国が大好きだ。
この日本という国が。
生まれてきた良かった、本当にそう思える。

1000兆円の借金まみれだけど。
少子高齢化に歯止めがかからないけれど。
僕はこの国が好きだ。

日本語が好きだ。日本の絵師さんたちが好きだ。
人間性が好きだ。
文化が好きだ。
音楽が好きだ。

俺はこの国で言語を学び、
そして今こうして日本語で記事を書いている。
英語も好きだが、日本語には勝てやしない。

日本の音楽を聞きながら、日本語でコミュニケーションを、日本人ととっている。
幸せは、文化の上に成り立つものだ。
日本は厳しい局面に立たされるだろうけど、日本の文化は滅びない。

どんな戦争を起こそうが、
核兵器落とされようが、
日本のずっと育ててきた、「心」は死なない。
それは負けない。人々がそれを忘れない限り。

島国。農業漁業。
メイドインジャパン。
誇り高き日の丸を掲げ。

今だってこうやって、邦楽ロックに揺さぶられているこの心。
素晴らしいと思うよ。
受け継がれる意志は止まらない。
我々の夢は終わらない。

僕はこの国を愛し続ける。
それだけは誓う。


(19:02)
嘘・・だろ・・・・・・
なんてそんなこと。
分かるはずもないこと。

でも出してしまったあの行動。
どうにもならない。
これが運命という奴か。

俺は本当に虚しいよ。
正しさってなんだっけ。
分かりずらい栄光だ。

面白い優劣
とんでもないパワー
感動して涙が止まらないのか
悲しいのか嬉しいのか
僕には検討もつかないが

明日を生きるために今日の希望があるんだって
昨日を捨てるために日は沈みまた蘇るんだって

地球はぐるぐる回り続けて
果てしない流浪の階段
まるでメビウスの輪のようで

壊れてしまうふりをしながら
ただしい言語に身を横たえて。


(18:47)

2012年11月25日

面白さ、究極。
なにもかもが嘘に見える。
楽しくて笑い転げる。

くすぐりあって。
なんかもう、
終わりが近いように思えてくるまで。

響く恋に身をささげているような。
まるで宇宙に身をゆだねているような。
不思議な感情は僕を襲う。

きっとあれだろう。
俺は選ばれてしまったんだろう。
文章の闇に打ちおろされた希望のようだ。

全部が全部、狂ってみえる。
左目で見る世界はどこか平面的で
美しい未来はどうしようもなく広がっていて
僕にできることはどうしようもないほどに

狂ってしまうほどに
あれがこうなってどうなってそうなるの?
伝えたいこと、あふれる。

君に、プレゼントするよ。言葉の魔法。
もっともっとでかい何かが欲しい。
沢山、沢山欲しいんだ。


(16:23)
かなり極端な生き方。
やり方なささげ割と楽しい方。
夢の自殺行為、明日を天才的後方。

ならばいつまでも楽しくあらんとすることを
もっと面白いと感じることを。
りんごを食べて感じる感動を。

見つけちゃったっちゃ
やっちゃったっちゃ
意味がわからないっちゃ
おもちゃのちゃちゃちゃ

だから僕はねえ!
私も!俺も!
だから朕はねえ!!
余はねえ!!

うそつき なんたって
シュピレヒコールってあんた
でもって完璧なんて笑って言っている人なんて
訳が分からないなんてあなたねえ。

いつだって面白スタディングエブリデイ。
くぎゅううな生き方。
それが限界、面白さも限界。

やったね素敵なエブリデイ。
僕はお腹いっぱい食べるまで終わらないから。
もう慣れちゃって基本的に面白すぎて

怒らせたっちゃやっちゃったっちゃ
基本的に理想向き
未知という名前の船に乗って大後悔時代。

でもってそんでもって ワンピース手に入れたくて
完全、全てが栄光に包まれてるん?
ほたるなんですぐ死んでしまうん?

ライクライク
どうしてもって言わせたくて。
何度も繰り返したこの言葉達がいとおしくて。

どうしても分からなくて。
考えは喉を通らなくて。
くだらないと思うのは好きかってだけれど
だけれどもね。

いつだって保管 管理はあなたの
でもってゆーるっくのーぱっしんぐ
どっから見ても無理があんだろう?

一人の人間として見られた時にさあ。
なんていうかどうでもいいことだけれどさあ。
何かを欲しいと言われたってあんた無理があるってもんさ。

俺は文章で作り上げる。世界をば。
画像が見たけりゃPIXIVにでもいこう。
あそこは楽しすぎる。

だってしょうもないんだもん。
俺にできるのはこんな風に文章を作ることくらい。
キーボードを叩くんだ。楽しいんだ。これで結構。


(16:19)
完全見出しちゃってる。
騒がしいな・・
風邪が騒がしい。

咳をしているんですって!
きゃーこわいわねー!
なんてことねえ。

俺は自分を残すことにはまりっきりきりで
どうしてもそれが勇気だなんて思えなくて
勇者の声に耳を澄ます勇気すらなくて

えらくえろい
その文章の頂きへとのぼるその道筋が
ありといえど ないといえど

何かを信じて生きているのであれば
その先にどんな未来が待っていようとも

誰かの声に浴びる未来をふざけた世界を
信じるよりももっとたやすく
見えてくるのはうそつき伝統の夢、それを攻撃する
全ての栄光に、

沢山の勇気に目を向ける。
俺が欲しいのは快楽だから、
快楽主義者だから、

もうどうなってもいいみたいな
君の栄光にただひれふすしかないんですよ。
きもちよさなら分かってるつもり。

誰かの望んだ未来になんて行きたくない。
もう全部捨てたい。
やめてほしいほどに。

夢を捨てることに価値などあるんですか?
なけなしの金。
いたわる。


(14:41)
断続的に続くメッセージ。
謎の可能性。
関係ないような不思議な気持ち。

新しい未来日記。
過去日記がかっこーかこー

あえてくだらないニュースに突っ込んだりさ。
どうマイティ
ロックンロールになるだけだ。

つまりただのスーパーステーション。
意味もありげにストレートフラッシュ。
明日はきっと女子の胸に大注目。

だって男なんだもん。
仕方ないんだもん。
そんな、俺はそういう人間ではないと

必死に否定するのもつかのま
けれどもちょっと待てよ。
かわいい女の子のそばにいたい、
できればさわりたいというのは

男としてしごくまっとうな欲望なのではないだろうか
そうアルセーヌ・ルパンがいってました。
だから僕は嘘を言いました。
ほらまた自分かばった 自分ばっかだ。ああああああああ

うそつき・・声が聞こえる。
涙をためて、ひたすら声になる前の叫び声を噛み殺しながら
一人の少女が僕を見つめている。

でもって
えっ何もう時間?
ええ、そうなのですよ?


(14:28)
完璧なんか存在しないかもしれない。
だけどねえ!
それでもねえ!!
生きてるって実感は欲しくて。
うごめいた。

素晴らしいな
それがよしと見せるのなら。
それが本当に美しいと思えるのなら。
僕は叫びにいくことにするよ。

栄光の道だろう。
素晴らしい楽しい成功地点だろう。
ああ、とてもじゃないけどね。


(13:56)
黄金のメロディ。
完璧な生き方を。
最強!
栄光が見えている。
それならば。

いつだってそう。見えるの一人だけ。
君を守れるかな。
命の使い方が分かるかなあ。

最後まで信じていてくれるかなあ。
何も意味のない行為を笑ってくれるかなあ。
今CPU100%。

完璧が潤いだす。
悪魔の力を手に入れた俺はゴミゴミの実のゴミ人間。
ならばどうした あらよっと

完璧なのさ。
素敵なのさ。
素晴らしさがかなり導かれてきたようだ。

あいつはもっと大きな未来を見つめているから。
完全を探しているから。
悲しいほどに流れるメロディ、
宇宙よりでかいその心で

響かせるは音の波の最先端。
面白い文章、
誰が?俺が。

書いてて楽しい文章を書きたいと俺は願った。
努力は続けていくよ。
そうすることにするよ。


(13:50)
やばいんだぜ。
歌も歌えないほどになあ!
can you believe that?
ドメスティック!

エンバイロメント!
素晴らしきこの国に祝杯をささげようじゃねえか!
歌いまくろうじゃねえか!!

俺の黒歴史がいっぱいたまった
このブログにただひたすらに追わせておいといて
意味のないことだらけの世界なんだって

訳が分からないんだって
そんなこと嘘だと思えるくらいに
くたばるようで。

面白いようで。うそつき。
カモンベイベー
お腹がいっぱい
なぜならラーメン食べたから!

無邪気な君の笑顔が素敵だよ!
何も知らないくせに!!
ああ、何もしらねえ。

ああ、言われた。
くそう。考えることをやめたら生きてる意味がねえんだって
使う?

ああ、完璧だ。
宇宙の大きさだ。
イメージを共有したが情報バイパスだ。

栄光の道のり。世界だ




(13:44)