永遠へ届くことが無理だとして。
俺たちに今と言う時間しか用意されていないとして。
やれることはただ一つだろう。
ララグッバイ。果てしなさをときめかす。

あなたがなんだったっていいんだ。
夢を見てたっていいんだ。
ロックンロール、刻むように。
叫び出すように、声にならない声を聴かせてよ。

きっと誰もが虚ろ、はびこる、
最高、あるいは最強、
思い出すことすら辛いのか。
永遠は求め続ける。
価値は与え続ける。

そして僕らはもがき続ける。
それでも力づよく生きていくんだと。
そういう気概を持ってどうしようもない
パワーで押しまくる。
結構なことじゃねえか、それでこそ人生だ