うっし。
そういえばフォトグラフィー?
俺が描いたもちつきファンタジー?
それもあるね。
何があるっつーんだろう!!??
まあどうでもいいじゃないか。
どうでもよくねえええええええよおおおおおwwwww
まあそれで笑える内が花ってことで。
手を打ちませんか。俺さん。
まあそんなこと言わないでよ、僕さん。
さんさん降り注ぐ太陽のような日差し?
煌めき輝く未来を見ゆ!
チャンスに輝くには少し早いだろ?
そんなことはないさ。全ては今走りだしている。
壊れるほどの思いを、何度でも体感していくんだ。
理想ビジョン、この感覚で生きていくんだ。
おう、素晴らしいなお前の根性。
いやーそれほどでも。
なんでもいいから伝えまくりたいんだ。
感性の彩りを見せてやりたいんだ。
こんな自分だからこそ、伝えたいこともあるんだ。
ほう、それは御立派なもんだな。
そう、立派なんだ。俺は人間様だからな。
宇宙ってどんな形だと思う?
三角かな。四角、丸と来たらあとは一つだろ。
あるいは線かもな。いや点かもね。
俺の胸にも宇宙ができたんだよ。
破綻した論理、乱れた筆跡。
きっと溺れていくんだ。
きっと壊れていくんだね。
なんて悲しいんだろう。
なんて悲しいんだろう。
見つけ次第、手に入れた価値が壊れる。
ねえねえ、心は壊れるの?
僕は僕を手にする。
独り言?ねえねえ楽しいの?
僕は逃げたくない。
崩壊していくの?そこにどんな価値があるの?
続けるさ。ずっと続けるさ。
何を続けていくんだい?
絶対に負けるもんか。俺は生きてるんだから!
教えてよ。本当のことを。君は嘘つきだ。
どうにでも言うがいいさ。
俺はずっと考えてることがあってさ。
知りたいことが多すぎるんだろ?
大衆を思い通りにしないと
気が済まないんだろ?
それってどういうことなんだ?
壊れていくんだ。がんがん壊れていくんだ。
なぜ僕はそんな風に迷っているんだ?
接合性、知恵の欠片もない。
更に吹っ飛んでいくのかい?
未知数が暴れ出しているんだ。
何を怖がっているんだい?
超スーパーな感じで生きていくんだ。
理想ってなんだい?
僕って誰だい?
そこに確かな未来を感じていくんだ。
ここで喋る喜びを感じるんだ。
とてもじゃないけど難しいと思うけどね。
どれだけすごいことなんだろう。
どれだけ天才的なことなんだろう。
ずっとずっと生み出し続けたよ?
その価値が置いてけぼりにされるまで。
そこまでして頑張ったのにさ。
今更無茶言われても、
始まりの前に意味ないなんて言わないでよ。
君は本気で神になるつもりかい?
ああ、俺は不老不死を成し遂げて見せる。
誰にも邪魔させるもんか。
その意気ごみは素晴らしいと思うよ。
本当にね。絶対に叶えてやるからな。
大切な何かを失う時、涙と共にこぼれる想い。
虚無感と同時に湧き上がる感情。
長らく離れていたこの場所から、またはじけ飛ぶダンスを感じる。
勢いだけで生きてるんじゃないと、本気でそう理解した。
俺はある意味頂点に立ったんだ。
少し頑張りすぎたんだ。
ちょっとだけ頑張りすぎたのか。
じゃあ休むべきだな。何かをするべきだ。
俺が欲しい物はただ一つさ。
それを求め続けてどれだけの年月が過ぎただろう。
僕の求めるのは時の流れそのものを掴み取ることだから、
流れの中で何を手に入れようが関係ないんだよ。
僕の目的は生命の流れそのものを理解することだから。
命はどこから?命はどこから???
無性に少し泣きたくなる。
希望が降り立ち響き合う。
誰もが俺に恨みを持つ。
絶対に負けない志すら手にする。
こんな自分に負けることが怖いのだろうか。
難しいのだろうか。なぜこんなに悲しいのだろうか。
それは君が少し情緒不安定だからじゃないか?
俺はずっと落ちついた人間だと思っていたのだが?
美しい未来。そして、じっくりいため続けてる心がある。
あらゆる命を食ってきたよ。
そうやって命を繋いできたよ。
手を合わせて笑顔で頂きます。
その裏にどんな痛みや苦しみがあったかも知らずに、
僕は貪ってきたよ。
悲しいんだ。悲しいから、
あなたと共に生きていたい。
それは・・そうか・・・・・
虚しいよなあ。はじけ飛びそうなんだろう?
ある意味形を手に入れたって感じだな。
俺もできる限りの協力を惜しまないつもりだ。
理解する為にどれだけの希望が。
魅力の詰まったアンサンブル。
綺麗に輝いていくのだろうか。
少し眠たげな瞼を開くと、
いつもの景色はいつだってそこにいた。
命はどこから。命はどこから。
結構ずっと考えてることがあって。
ストライダム、宇宙を乗り越えていく未来があって。
伝えたいメッセージは常にあって。
誰が怖いんだろう。
何が恐ろしいんだろう。
希望はすぐそばにいつでもあるよ。
それが本当なら嬉しいのだけどな。
要するに、自分を他人と考えてみるんだ。
ほこりが燃える匂いで目が覚める。
絶望的なこのアンサンブル、
ねえ、気がついたのかい?
気がついてしまったのかい?
この脈動する生命の光。
輝き続けるエトセトラの希望。
もっともっと突き詰めると踊るように変わっていく未来?
日々響き愛ミュージックはフォトグラフィー。
知る為に願うこと。何度でも誓うことがある。
絶対に負けたくないんだ。壊れそうでも大丈夫なんだ。
君は本当に、無駄なく生きていけるつもりかい?
信じることが多すぎるんだ。
疑うものも多すぎるんだ。
じゃあどうすればいい?信じながら疑えと?
その矛盾だらけの僕には少し眩しすぎる誓いだって、
僕にとっちゃその通りさ。
何も怖くないのさ。
寒さにとろけるようでも、なんとか生きてきたんだ。
理解不能でも輝き続けてきた。
この転がり落ちるような下の未来でさ。
僕は悶える。少しだけ深呼吸をしたあと、
世界をぶち破る。時空を壊してみせる。
チョコレートの海に溺れていく。
温かい空気。ひらめく心。
ずっとずっと怖かったんだろ?
大丈夫だ。もう大丈夫だ。
もう泣かなくていいよ。もうこれ以上悲しまなくていいよ。
どうして美しいんだっけ。
まだまだ俺は修行が足りないな。
ああ、全然足りてないのかもな。
でも俺がついてる。
大丈夫だ、安心しろ。
どんな怖いものよりも優しくて、
どんな面白いものよりも悲しくて、
ずっとずっと。ずっとずっと輝き続けてきたから。
光を未来を信じることを。理解できぬことを。
信じたはずなのにな。なんで俺は諦めちまったんだろう。
願うことか?何があるだろう。
信じているのか?何を求めてるんだ?
気がする。そんな気がする。
形が変わってい気がするんだ。
結びついていくんだ。
例えモブディブえぐざいる勧誘
悲しみのリクエストが僕を。
ひたすら悲しみの奥へと連れていく。
誰が何だって?信じたいことが嘘だって?
理解できないね。もしかすると面白いのかもしれないだろ。
そんな気がする。ひたすら越えていくのは。
どんな希望なんだろう。どれだけの抗いなんだろう。
記憶に満ち足りている。
響く、デンジャラスな道のり。
それって希望を謳いあげているのかい?
意味が分からないんだ。
理想のビジョンが狂っているんだね。
光輝く意味を知っているかい?
煌めき輝く嘘偽りもなく。
命はどこから?命はどこから?
遺伝子に刻み込まれた個体の運命
逆らって生きる者など誰もいない。
なぜなら命令こそが自分の生きている意味だからだ。
それじゃ人間はなんなんだ?
なぜこうも考える。人間も動物の一種なら。
どれだけの魂を宿してるんだよ・・
ちょっと想像できないな。
僕にはとうてい越えられない壁だよ。
命はどこから。命はどこから。
現れては消えていく。命はどこから。
ロマンスはクレイジー?
流石の俺も願うことをやめられない。
何か不思議な夢を見ていたような。
輝く未来を置いてけぼりにされたような。
不思議な感覚は広がるけれど。
いつまでも楽しく生まれていく。
遺伝子に全てが刻まれた。
かすかに翻した。
思いを形にしたんだ。
言葉はどこから?生みだす意味はどこへと。
光り輝くんだね。それもいいね。
信じる心ってなんだろう。
君は少し攻めあぐねているんだね。
光り輝いているよ。
かすかに聴こえる麦笛。
それは輝いていた。
それは光っていた。
それはどうしようもなく綺麗だった。
絶望と踊り続ける。
前にもなんだかこのようなことがあったような。
叫び出す。永遠と共に、煌めきだす。
もっともっと輝きたいから燃やす命。
僕は大切にしたいと思った。
煌めきはどこから?僕と言う人間はどこから?
叫ぶ魂の向こう側で、かすかに聴こえる麦笛が。
あなたは一体何を目指しているの?
君が笑っていることが嬉しいの。
ずっとずっと木霊していたんだね。
何もいらないさ。何もいらないよ。
言葉がまた木霊していく。
信じるために信じるんだ。
ありのままを受け入れるんだ。
何を悩んでいるの?
僕は少し悲しいのよ。
何を生み出せばいいの?
光り輝く未来を見たいのよ。
秩序を守ってくれるの?
信じるってどんなこと?
ねえ、教えて。言葉の数々。
あなたの全てを僕は知らない。
言葉こそが俺の生きてる証なら、
存在の証明だとでも言うのなら。
吐き出そう、思いのすべて。
それはいいことだね。
すごくいいことだと思うよ。
自問自答の響きあい。
ずっとずっと怖かった未来。
この、日々を培って、意味を求めて生きてきたけれど。
何か、答えがある気がする。
ずっと鼓動の奥で、ミステリアスが生きている。
くだらねえ意味に問いかけても、
宇宙のはしくれ、エンドレスの忘却。
彼方までいってしまうんだね。
それは本気でふざけていると思うよ。
でも大丈夫なんだよ。
分かっているからね。
歌いだせばいいんだろう?
ずっとずっと怖がっているだけなんだろう?
宇宙ってのがどんな響き、メッセージ、どうでもいいんだそんなことは。
感情を恐れているのかい?深い深い闇に飛び込むんだ。
何も怖くないさ。ただ立ち尽くすんだ。
利口にやっていくんだ。完璧に生きてみせるんだ。
何を怖がる必要があるんだ?
この心の闇は、人為的、それとも運命。
少しほころぶその笑顔は、その涙はどこから。
エンドレス、僕は伝えたいと思った。
光輝く未来。照らしてくれ光よ。
みんな不安なんだ。
だけど僕は思うんだよ。
何を思うんだい?
みんな、何を求めているんだろう。
答えなんか見つからないさ。
死ぬのが怖い?
そんな感情すらどうでもよくなってくる。
ただお前はもう引き返せないぞ。
幸せになるしか道はない。
ゲラゲラ笑えば幸せだろうか。
少し難しい選択を迫られた。
感情は変えていくさ。
なんでもかんでも宇宙に存在したんだ。
時効成立ちょっと前のあたりから。
愛って奴が何を救おうが俺は興味ねえ。
生きているってどんな気持ちだい?
優雅に息をする気分はどんなだい?
煌めき続ける星のような気分なのか。
エンドレス、騒ぎ続けるのも嘘か。
最低限の仕事がしたいならお断りだよ。
素晴らしさが踊りだしているぜ!!
何をする気もなくなるぜ!
そんな空間が破裂しているぜ!
ミステリアスと共に叫び続ける!?
勇気があるがまま、
ひたすら頑張るがまま。
偽りと嘘の関係性の孤独。
夢見た侍。今こそ叩き上げる時。
ぶっ壊す時が近づいている。
今こそ二つに分かれる時。
気分を爽快にさせるために必要なものだ。
テイクオフされていく。
煌めき滞っていく。
未知数は暴れ出していく。
完全に落ち込んでいる理想。
追求される思想。奇想天外なこの自暴自棄的あとはいこう。
せめてもう少し輝けたなら。
せめてもう少し踊れたならば。
私の幸福は終わらないでしょう。
私の最低な友達はいなくならないでしょう。
気持ちに嘘はつけない。
必ず輝いてみせるから。
光は嘘ではないだろうから。
天才的に動いているのを感じるから。
沢山の魅力がほら、詰まっているから。
練習した結果がここにあるんだ。
叩き続けるキーボード。
その愉快な響きに合わせてほら、
未知数は答えを弾きだすのです。
鬱陶しい雨の音も、
雪の冷たさも消えていく。
まるで僕らだけ取り残されたようだ。
くだらない問いに取り残されたのは誰。
いつまでも輝き続ける光りは何の為。
あなたには分からないでしょうね。
新たなる進化を、とげるその時まで。
力づよく立っているその因果関係。
だったら僕に優しくしてよ。
ライクシンガーソングライター
響けリズムと鼓動のなけなしの勇気?
響くのでしょうか。
さあ、響くんじゃねーの。心に?
心がどぎまぎしてきたらそれは合図と見ても?
完璧なる追憶の彼方なら、性欲便りのこの生活にも
終止符が打たれるでしょうが。
不思議を考える脳。
私と世界の不思議。
意味が分からなくて、ただ冒険を続けるようで。
必ず生きていると願いをかけながら。
伝えたい思いをさらけだす。
それはどんな綺麗な絵よりも輝いて見えたから。
必ず時を越えて辿りつく。
未来は微笑んでいる。
優しい風が吹いている。
僕はただ願っている。
信じているとでもいうのか。
おれはどこまでいっても俺でしかないと言うのか。
妙に響く般若の声。
導く世界のアルゴリズム。
簡単じゃない未来、存在。
響くメトロノーム。文章で作り上げるのは世界。
愛おしさに波打つ感情。
誰かが叫ぶ。誰かが祈る。
何も手に入らないと知っていても、
もがく魂。煌めき続けるから。
輝き続けると誓うよ。
何もできなくても笑ってみせるよ。
それこそが救いだからね。
知らないさ。分かるわけもないさ。
そう、俺は楽しんでいたいんだ。
あらゆる文章を乗り越えて、
まだ飛び出す心を手に入れたい。
たった一言でいいから褒めてください。
それだけで全てを感じる。
不思議な感情、芽生える。
少しだけ強くなれる気がした。
大丈夫。僕はもう大丈夫だから。
健康的にリクエスト?
僕のこの清々しい朝は、全て僕のものだから。
この世で起こる全ての良い出来事は、
全て僕の仕業だから。
伝えたい。思いのはかる温度計
冷たい風になりかわって、
見たところで何も変わらないとしても。
俺は空間に対して交渉してくるわ。
神がいるんなら殴り殺してくるわ。
そして俺は天罰を受け一生死ねない体に。
大丈夫。俺は何度でも生まれ変わる。
ふざけた話だと笑ってくれて構わない。
伝える嘘も完璧。チャンスを手に入れる。
全部そのチャンスを、奇天烈、
生み出すそのテンポの違い?
嘘だろ。これは最高だ。
絶対におしみなく送る声援。
そういう綺麗さも身につけながら、
一致した見解、理想のビジョン、
少しずつ貯めていくこればバース。
ハッピーリバースデイ。
だから俺は生まれ変わる。
その冷たい風に乗り越えていく希望に対して、
何かを求められても満たすことができない。
その悲しみに君はふたをしたんだろう。
何がなんでもっていうその姿勢。
盛り上げる為に積み上げる感情。
少しずつ漏れ出す感情はいかがいたしましょう。
これを苦労と呼ばずになんと呼ぶ。
ひたすら駆け上がる階段。
全ては序章に過ぎない。
この空間、破裂、未知数。
なんだかとってもロックンロールだね。
積み上げるまだまだ。
手に入れるまだまだな世界。
冷たくもずっと手にする光。
この言葉はどこから出てくるの?
イメージできないレスポンスはいつまでも。
言葉を越えていく為に理想があるのなら。
僕は手に入れてみせよう。
その溢れる言葉に身を預けよう。
全てのストレスをぶつけるために?
気持ち悪さも全て受け入れるさ。
この全てをひっくり返すほどのアイディア。
楽しくも偽りにまみれた
この世界を今ぶち壊す。
歯車をぶち壊して、周り回ってあの子の笑顔に繋がったらいいな。
響く、響き続ける。鼓動は鳴りやまない。
ずっとずっと期待していたんだ。
理想ビジョン、僕は見つけていたんだ。
誰かになりたいってのはまたふざけた行為だよな。
何かを操るなんてふざけんな。
さあ流行に染まって踊ってくれ。
ここから作りだすメッセージ。
イメージできれば全てが羽ばたくだろう。
僕は創り上げる。少しずつのぼるように、登山をするように。
絶対に忘れられない思い出を作りたい。
まだまだまだまだ頑張り続ける。
がたがたがたがたうるせーな。
面白さ、青春の勢い。
天才的なこの空間。
絶対に思い知ってみせる。
健康的。超絶ハッピー?
怖くて仕方ない。その理想ビジョン?
器。はかる天才。こぼれそうな心。
チャンスを手に入れるその悲しみに。
また積み上げていく、積み上げていく。
少しずつ溶けていく心。
綺麗で輝いている道のりが見える。
少しずつ進歩している。
まだまだ心の全力はこんなもんじゃない。
続ける為に続けるんだ。
悲しむために喜ぶのか。
自ら泥沼に飛び込む勇気。
そして何度でも僕ははいあがってみせる。
大切な何かを奪う時、
絶対に失ってはいけない栄光が存在する。
絶対にミスってはいけない。
沢山の世界、羽ばたけ、色とりどりに。
見つけた最高の歌声。
ここからは俺のリズムだ。
そして成長していく全てに対して。
俺は常に抗い続けた。
崩壊、レスポンス、宇宙へと羽ばたく。
自分の生きる意味なんて知らないけど、
少しずつ弱い言葉の魔法を積み重ねることで、
僕は進化を刷る為の
文化の遺伝子をまた求め続ける。
感情は高ぶる。ここに自分が存在することを認める為にね。
ずっとずっと怖がっていたミステイク。
夢を見ていたようだ。私はどうやら闇にまぎれていたようだ。
絶対に負けるものか。
絶対に失うものか。
この権力の器の崩壊。
誰も頼る人がいなくなっても、
絶対に消えたりなんかしない。
終わりなきらせん階段のようだ。
器、光、かざす涙。
俺が天才的に、その器の大きさに、
少しだけ積み上げたその感情に、
大いなるパワーに、
どこまでも広がるようなそのテンションに、
勢い任せで沢山手に入れるより、
未知数、壊れるほどに。
絶対に手に入れてみせるさ。
何度でも挑戦してみせるさ。
終わりなき日々。伝えたいのは名前じゃなくて言葉だ。
意味なんかなくてもいい。
さあ、open the next door.
今、今この瞬間。
弾ける理想ビジョン、
何も分からなくなるほどの空間をください。
意味なんていらないだろう。
天才的に燃える情熱。
狂うほど最高な次元。
僕を越えていけ。僕を乗り越えろ。
何度でも昨日の自分に挑戦する。
絶対に負けない為に誓うことがある。
嘘も偽りも、全て生み出すことを失えたら。
もっともっと沢山の記憶をあてがえたなら。
記憶は呼び起こす。
まだまだ言葉が眠っていることを知る。
俺には何も手に入らない。
もう忘却の彼方なのか。
ここから天才はまた挙動を変えていく。
俺はどう考えてもただの人間だ。
ずっとずっと、遠くの世界だ。
響く、響く、響く、響け。
終わりなんて最初からなかったんだ。
始まりすらなかった。それが永遠だった。
なんて素晴らしいんだろう。
俺は永遠と言う名前の空間に身を横たえながら、
スライドされていく未知数。
謙虚なその姿勢。
記憶を壊すほどの強い思い出なら、
僕は作ろう。その心理的な一介のミスを、
すべて取り消すことにしよう。
また作り直す。
何度でも僕はやり直す。
大丈夫だ、心配いらない。
言葉と言う魔法は、決して俺を裏切らないから。
そして食い止める。なんどでも立ち向かう。
理想ビジョン最高記録更新。
なぜ悲しいんだい?
ミステリアス、それは嘘とワンダーランド。
意味不明が織りなす感情。
また増えていくこの感覚。
私は思い出す為に、そして作りだすために。
何が記憶だろう。何を呼び起こす気だ。
いつまでもローリング、回っていくんだ。
序章に過ぎない。カンタービレ、時空の感覚。
全体的にミステリアスだね。
全力で作るメッセージ。
この文才に寄り添って生きていく。
もう何も得られないくらいに気圧の変化。
破綻した論理、乱れた筆跡。
少しずつ文章は破壊される?
沢山、魅力的なもので詰まっていたからさ。
まさにそうだね。天才的だ。
絶望的なほどに、宇宙だ。
痛みと共に、不思議なほどに。
天才的に、色を漂わせるように。
必要なものを着実に積み上げていく。
何かが僕の心で花開く。
イメージすれば全てが手に入る。
なんでもかんでも正解じゃないことくらい知ってる。
幼い奴らがいることも知ってる。
おれはある部分はガキで、ある部分はすごく成熟している。
普通と違うんだ要するに。
結びつくメッセージ。誰にも叶わないと知るや否や、
放り投げるレスポンスゲーム。その偽りの嘘を見つける為に。
この空間に対してれッパ。誰もかれもが嘘にまみれて
綺麗な色をまとって踊っている。
僕は絶対に逃げ出さないよ。
信じる気持ちだって失わないよ。
僕のアイディンティティは絶対にブチ壊れないよ。
意味を分からせる為の旅さ。
己を貫く為の旅さ。
何も怖くない。最初からそんなものなかったかのように。
分からない、何もカモが消えていく。
なぜ私は飛び立つ?
何故私は生まれてきたのか。
その答えは幸福の流れの中にある気がした。
だから俺はもがいたんだ。
絶望的に歌いあげることにしたんだ。
そのイメージ、そのままに。
言葉なんて少しで良かった。
日本語、少しできればあとはなんとかなった。
この壊れそうなドリーム。
感じるその心だけが青春だ。
忘れていこうが言葉で遊ぶ。
ただ、そこに存在することを大切に思う。
私は絶対に分からないから。
このテンションのまま続いていくからね。
何度でも繰り返していくからね。
ある意味挑戦状なんだ。
いくらでもあるような、
そんな不思議な雰囲気漂わせるほどにね。
何度でも繰り返すさ。
意味がなくても笑うさ。
ただ、そこに存在することをいとおしむさ。
何もいらない。何もいらないから。
続いていくメッセージ。
壊れていく歌の波長。
ただ続けていく。ただ続けていく。
私はここにいる。私はここにいる。
未知数、愛、暴挙、天才、品質、謎。
感動すら巻き込む。ただ巻き込んでいく。
壊れるほどのメッセージ。あなたを手に入れる為の旅。
壊れるほどの、スクワット。
あなたのすべてと僕のすべてを掛け合わせたような。
作りだすニューロマンス。
ただキーボードの音だけが木霊する。
さあ、どうしようか、
何をもって是とし、
何をもって非とするのか。
まあどう考えても、
俺の人生はラッキーだ。
盛り上がりをよく知っている。
何度でも僕は繰り返す。
繰り返す為にタイピングする。
いやタイピングするために繰り返すんだ。
チャンスは幻滅盛り上がる。
絶望的な休日感。
ナイスで(σ・∀・)σゲッツ!!、
イメージなのはレスポンスのせいか。
俺が暗いせいか。何度でもやり直すためか。
接待絶望夢、希望、
なけなし、俺は全てを手に入れたい。
もう何もいらないっていうくらいに
全てを導きたい。
欲しい文章なら私の中にあります。
全ての答えを導き出す。
その歩みは止めない。
情報が沢山流れた。
不思議な感情だったのか。
不思議と少し心地よかった。
何が正義なのかなんて分からない。
最初から器が違っていたのだ。
ずっと、ずっと、ずっと、ずっと、
信じてきたのだから今更何も怖くない。
それは伝説となり続く。続く。
理想ビジョン、推し量るように
イメージ、ずっと天才的に。
ミラクル、記憶の塊。
絶望的なその歌声こそが僕の生きる意味だよ。
何度でも繰り返したからこそ、
僕は全てを手に入れた。
何度でもやり直した。
私達が理解しあえるのなんて、
本当にただの点と点なんだよ。
怖くてもよく見てほしい。
この空間にただ旅立つだけの
僕だったとしても、
ミステリアス、なんどでも心を打つさ。
面倒癖え。何でもいいじゃないか。
なんでもいいんだ。もうなんでもいいんだ。
絶望的に、宇宙のかなたに。
切望する希望。忘却の彼方?
自分の最中に見た永遠。
感情のブレイク工場、
テイクオフされるミステイク。
この絶対に散らかす魅力的アンチテーゼ?
絶対に負ける訳にいくかよ。
俺は絶対に終わらない旅を続けるだけか。
反応に困るその態度?
レスポンス、歌声も知らないほどに。
伝えたいことなんてさらさらもないよ。
散策と導き、今、光になる。
私が大好きな文章は、いつだって私の中に。
伝えたい行動ならいつも通り。
この天才的な記憶の器にも、
嘘はやってくる。
伝説級の理想像でも、
私の伝えたいこと、
理想ビジョン、
絶対に失わない為の戦い。
理想は超越するためにあるというの?
私は何のためにここまで繰り返してきたの?
意味不明なの?
謙虚な姿勢が冒涜。
何が必要だと言うのか。
分からない、からこそ面白い。
天才的だな。
そうだ、それも一つあるが。
心理的な要因。
絶望的か?
なんでもありだよ。
まさに宇宙だ。
続ける流浪に生きていく光。
広げていく輝き。
絶対に終わらない記憶。
ミステリアス、叫び出す論理。
繰り返す、このポリリズム?
勇気あるパフュームそしてコオロギ。
培う嘘と経験。
もう何もいらないってくらいに、
飾り付けたいもんなんだ。
それが素晴らしいことだなんて、思ったことは一度もないよ。
絶対に生み出してみせるさ。
輝いてみせる。ああ、キラキラにな。
だから俺は忘れないんだ。
笑って生きていくんだ。
やっと辿りついたんだよ。
光り輝く未来。
置いてけぼりにされた気分だ。
どこまで信じたらいいのだろう。
何が僕の正義だろう。
積み上げるあの快感は、
どこまでも広がるように、
ただまるでそこにあるように振る舞う!
絶対的な超越者が存在するのなら、
まさにそれは僕のことだろう。
話すことに億劫になるわけにはいかない。
俺は生まれ変わるんだ。
そう、名前なんてどうだっていいんだ。
花開けばそれがすべてだろう。
セレブリティ。
溢れ出すならそれもいい。
ずっとずっと積み上げてきたものがある。
驚くほど発狂するほどマイメロディ。
歌いだすワロス、名前と共に品質も変えていく。
変わっていく、嘘があるという。
ミステリアス、叫びだすと言う。
夢中になって遊泳、
理想像その彼方まで。
嘘つきがどうなろうが興味ねえよ。
はっきり言って不快でしかない。
その道筋狂ったのならそれもいいだろう。
絶望と踊るならそういうこともあるだろう。
感覚的に、何を求めればいいのか分からない。
ふてぶてしさだけは一人前か。
太陽は陰っても、消えやしない。
星だって本当は輝いている。昼間でもずっとね。
眩しすぎて気付かないだけだ。
あるいは光りにかき消される。
意味もなく笑う。結びつくメッセージ。
俺の求める全てがそこにあったから、
正直言ってびびったよ。
怖くて明るんだ空に未来を見た。
怖くて立ちつくした。
意味もなく叫んでみる。
何も得られないことを嘆くよりも。
ひたすら頑張り続けるというのか。
痛みも知らずにただ立ち尽くす。
感動が僕を連れてくる。
彼はすでにこの世にいないらしい。
死んでしまうというのは本当に情けないことだね。
人間を馬鹿にする宇宙人達は、
きっとまだ僕らの後ろ側で笑っているんだろうなあ。
ゆっくり歩調を合わせながら、
ゆったり、ゆったりとのぼっていくこの山。
静かに、開かれる。未知数、暴れまくる。
感情、もがきくるしむことの意味。
体が燃えるようだ。
消え行く懐消え去るようだ。
見違えた、理想ビジョン、
乗り上げていく。ひとりでにそれは開かれていく。
未知数、暴れだす。究極は音をたてて壊れていく。
遠く、遠く彼方から声がする。
僕を呼び込むように。それは誘うように。
導かれたまま進んだ先に何があるだろうか。
誰もが願う明日がある。
必然的に求め始める。
センセーショナルを叩き上げる。
俺にとってそれが必要だから、手に取ったんだ。
幸せならそれがすべて。それで全部いいだろう。
俺は何かを求め続け、
その果てに何かを探し続けた。
勢いだけが友達。
理想ビジョン。クォリティの高さだけだった。
もうどうにもならないくらいだ。
本当に頑張っているのだろうか。
未来へと羽ばたく為の翼。
乗り上げるためにまだまだ力を貯めている。
嘘みたいなパワー。矛先は願った通りに。
結びつく、愛情を求めて。
必ず勝ち抜いてみせる。
どこでも天才は現れる。
絶対に負けられない戦いがある。
育つ環境を求めている。
その時私の何かが弾け、飛び散った。
言葉の数は芸術だ。
私は私の全てを掘りつくす。
イメージできる全てが俺の理想であり未来だ。
実現するためにキーボード叩き続ける。
僕は今をあがきつづける。
ずっとずっと、遠い場所から俺を呼ぶ声がする。
絶対に負けるもんか。俺は待たせているんだ。
今行くよ。その声が、誰だろうが、
例え未来の自分だろうが、関係ないさ。
今を作っている全ての理論と状況、間違い正解の判断を任される、
全ての行為にすらも、あほらしさを感じながら。
ずっとずっと遠いメッセージを奏で続ける。
何が楽しいのか。エンドレス、きっと声は届くから。
見つけてみせるから。一人、立ち続けるから。
あらゆる設定はないも同然だから。
だから俺は決めたんだよ。
理想を、追求、光を、求めて、
希望が、轟く。何もできないくせに、笑っている。
ふざけているよなあ。本当にそう思うよ。
けれども僕には何もできない。当たり前だ。
今の俺にはな。何のパワーもない。
常人のそれと同じだ。
だが心は違う。俺は生み出せる物の規模が規格外だ。
つまり、俺は練らなくちゃいけない。
このパワーを100パーセント、いや120%
引き出す為に、何をすべきか。
とりあえず文章を書いているこの腕。
思ってるスピードでタイピングは無理だけど、
色んな考えが巡り巡るなかで、
記憶が壊れ、論理の意味も薄れ、
常識は崩れ、戸惑い疲れて死んでしまう。
そんな風にはなりたくないから。
輝く為の「今」であってほしいから。
いきなりは無理でも、必ず立ち向かう。
絶対に負けないそのパワーが、確かに存在している。
力づよく求め続ける。光り続ける。
この理想を、何段階もクリアしてようやく辿りつける境地。
未来へと投げかける咆哮。待ってろ。今会いに行く。
遠く遠く、偽りの彼方まで。
ずっとずっと求め続けるから。
ずっとずっと記憶を。未知なるファンタジーを。
おいかけつづけるから。絶対に負けないから。
我慢するしかないというのか。
弾けだしそうな想いの竹。
全部が壊れそうで、夢も掴み取れそうで。
危ない危険なデンジャラスが暴れ出す。
まだまだ賭けのぼる。
まだまだ俺の器はこんなもんじゃねえ。
勢い任せに殴りこむ。
全体的に立像、視界の天辺往来の狭間。
空間の炸裂ダンス。一体大丈夫?
感動が連れてくる不思議な未来。
こんな感じで生きていけるなら
なおさら素晴らしいと思う。何もいらないとすら思う。
極めたなら大丈夫だって何度も自分に言い聞かすんだ。
逃げ出したい弱い心だって共存していく。
俺たちは共生する生き物だからだ。
倫理がどうのこうの、それがどれだけ科学の進歩を邪魔してるかも
知らないままで。俺は常識を破る為に生まれてきたのかもしれない。
とりあえず永遠をループさせる。
時の流れを自由にしたら、適当に暴れて
今度は永久不滅の牢獄に入れられる、
そんなのやだから繰り広げる妄想。
夢の中で見る夢はやけに現実感があって、
空を飛ぶ夢もなんかすごく臨場感があったんだよ。
生きていく価値を求められて久しい。
何を戸惑う必要があるんだ。
答えなら一つだけなんだ。
理解を越えた理解の頂上決戦、
理想の超越者。
終わらない旅を導け。
光あると信じて、
ただ突き進むこの光の数か。
終わっても終わらない宇宙銀河の時代。
伝えたい思いが溢れ出す。
壊れるほどのミュージック。
風に乗ってどこまでも飛べ。
絶対に負けたくない。絶対に終わりたくない。
可能性は追憶の彼方へ。
絶対に負けない志。
勇気を持って踏み進みたい。
全体の歩調は合わせていきたい。
未来へと飛び立つために。
今を輝かせる為に。
ある段階で、勝利は手にした。
大きなパワーを得るには、
もっともっと成長しないといけないと感じた。
何をやるにも確実な方法はない。
難しいけれどもやるしかない。
答えを導け。俺の開く世界。
あらゆる全力振り絞って進むぜ。
この感覚の狭間に。危篤な道筋に。
橋の端っこを渡る。
ロックンロール・チェンソーだ。
きしむ音、崩れる雷鳴、
うなだれる鉄棒、煌めく地面。
響く時間の波。滞りなく滞る僕の人生。
結果的にそれがなんだろうが、気にしないのだ。
死んでしまうのだろうか。
やっぱり俺は、朽ち果ててしまうのだろうか。
この文章はどうなる?残るのか?
未来へと繋ぐ柱。
もっともっと突き抜けたい。
でもやっぱり死ぬのだろうか。
死にたくないな。その感情こそ生きてる証だろ?
感じる全ての世界がなくなり、私を私と認識する心も消える。
肉体は朽ち果てそれと共に魂も心もあらゆる精神的なものは
空想の遺物となり葬り去られる。
幽霊がいるというなら僕はそれを本気で信じたいよ。
肉体が滅んでも精神は生きるなんて、夢のような世界じゃないか・・。
苦労は水の泡だ。ああ、なくなりたくない。
全ては水の泡となり消えてしまうのだ。
あの喜びも、あの悲しみもいずれは消えてしまうのか。
永遠に続くように見える宇宙にとっては、
何十億年も続く地球の歴史に比べたら、
あまりにも短い人生の数十年。
さあどうすればいい。スタートラインは、絶望した時だ。
もうだめだと思った瞬間がいつだってスタートラインだ。
勢い任せに包まる羽衣も、
水のような感情ですらも、
歌声、やかましく響く。
訳が分からないよライクプレゼンツfor you??
歌いだすロケット花火の為に。
美しき未来の為に。
なんらかの確証を得る為に。
何もかも朽ち果ててしまいませんように。
力づくでも奪ってみせる。俺は俺になってみせる。
挑戦権ならあるんだ。
理解する心ならあるんだ。
全ては決まり切ったルールの上で、
何もかも宇宙は、最高を歌いだしている。
世界観、嘘、何かを思いこんだり、信じ込んだり、決めつけたりすること。
違い。生み出すものの規模。
宇宙、ロック、音楽が照らす未来。
響け。響け。俺の声。届け。届け。俺の声。
膨らむ音楽僕らのパレード
響き合うメロディ あの日々はもう二度と帰っちゃこないけど。
大切なものを失いながら手に入れていく。
意味はあるだろうか。いや、そんなものいらないんだ。
人を狂わせるだけの「ナニカ」があったんだ。
この世界はやっぱり深い。
意味もなく笑うその力か。
遺伝子に逆らう勇気か。
限界へ突き進む覚悟か。
どれだけの希望と面向かえば。
理想は壊れていくけれど誓える。
信じる力が群を抜く。
もうものすごいものすごいものを感じている。
あらゆる時代、何もかもが支配されている。
飲み込まれたくないから彼は頑張った。
あらゆるものは光となり消えた。
興味も失い消えていく力を、
ロックンロールの灯を、
人々はただ信じていた。
そう、もがいていたんだ。
煌めく星に彼らは祈った。
自分たちの後世の平和と喜びを。
彼らは死んでいくが、そんなこと今の彼らにとっては
どうでもいいことだった。
なぜ頑張るの?
人々が生きてるからさ。
どうして生き続けるの?
未来が必ず俺にも訪れるからさ。
記憶は全てを呼び覚ます。
そこ光りあると信じて、もがき続けるのか。
何をどうすれば、この闇は越えられる?
秋に桜が咲いた。
絶対に気がつかない気がした。
連中は苦い涙をかみしめた。
何もないなんてそんなことない。
そう、何かがあったんだ。
空間が破裂した。
未来が鼓動をあげて突き刺さっていく。
俺は挑戦する。文化と体の遺伝子に。
それしかもう道はないと思えた。
永遠を目指す人間一匹、ここにいる。
さあ、どうとでもいくぜ。
花が咲き乱れ、あなたは笑っている。
自転車のうしろであなたは笑っている。
走れ。走れ。もっと速く。
太陽が沈む。影は広がる。
どこまでもいけそうだ。
水の上で車輪を転がす。
ロマンはすぐそばにあった。
私は誰にも負けない。
誰もいないから。
誰もいない世界、時を越えて君を愛せるか。
太陽に手を突っ込む。あぶない日々に終わりを告げる。
綺麗に輝く魂でも、
どんなに難しい道のりだったとしても。
終わりなんかないさ。大丈夫。いつまでも幸せだから。
忠実に生きていく。響く、メロディ。
感動して涙が溢れた。
何気ない一部の魂だった。
もうどこにもいない場所が、
唐突に壊れる空想の世界が、
僕を突き動かした。
僕は何もできなかった。
ねえ、なぜもがくの?
その未来に希望を見たから。
なぜ生きるの?
絶対に求め続けたい幸せを見たから。
私は面接を受けているような気分だった。
ここは美しい世界。この世とは思えないほど、
美しい世界なのです。
信じたらそれは嘘に変わった。
何もかも失ってもいいとすら思えた。
理解したんだ。それは過去のことだったんだ。
チャンスがあればぶち壊してきた。
俺のパワーとなっている。
全ての夢の中の人々ですらも。
何かが弾け飛び散った。
何を願えばいいのか分からなくなった。
なぜ俺はもがいているんだろう。
ひたすら響く、メロディが俺を追いかけた。
絶対に負けないとは思っていた。
だが、何かが壊れる瞬間、
沢山の希望が飛び散った。
栄光への橋だ。神の落書きだ。
壊れるその世界に、少しだけ期待をしてしまったんだ。
するとその期待を見事に裏切って、
響く世界中、エンドレス、最後の最後になってようやく手に入れた。
もう怖いものなんかなかった。
俺はパワーを貰ったんだ。
それが大きく影響していると思っているんだ。
何かを手にするって言うのはすごく素晴らしいことだろうから。
煌めく何かがあった気がした。
その瞬間光を浴びて、
僕はロボットへと姿を変えたんだ。
未来が差し迫っているのを感じた。
世の中、何が成功するのか分からねえな。
俺は永遠の肉体を手に入れた。
そう、俺はロボットになったんだ。
いつしか互い惹かれあい、
事実無コンのユートピア。
あの日々はもう戻らない。
けれどもひたすら感情は爆発した。
何かが弾け、飛び散った。
伝説的だった。まさに、魔法を見ているようだった。
幸せに拍車がかかった。
理想のビジョンは浮き上がった。
天才はまたもがいた。
絶対に負けないと力づよく答えた。
正直こたえた。
だから未知数を僕は感情をこめてぶつけたんだ。
全力失踪していく彼女の横顔を、
僕はボーっと見ていた。
少しだけ歩いてみようか。
何もできなくても笑うことはできるさ。
放り投げよう。生きる意味を問う。
何かが壊れる音がした。
何かが弾け飛び散った。
夢はいつだって僕らに対してまっすぐで、
何かを叫びだすような。空間が破裂するような。
何か、爆発するような。そんな感覚すらもこたえた。
ヒットしていく宇宙船。もがれていく気持ち。
それは光っていた。風を呼んでいた。
未知への場所へと、旅立つようだった。
胸をさわやかな風が吹き抜ける。
意味を捨て、行動に出た。
俺は全てを手に入れた。
崩れる信頼、愛情すらも巻き込んで、
今俺は俺の二本の足で立ち上がる。
チャンスは何度でも訪れていたんだ。
気付かなかっただけだ。気付かなかっただけだ。
理想がぐるぐる回って、光となり風を巻き起こす。
ユートピア、生きがいを越えて旅立ちを告げる声。
もろく崩れ落ちる。何もかも消えたこの世界で、
僕にできることはなんだろうか。
ひたすら考えていた。
この日々が続けばいいとすら思った。
健康的にリクライニングシート。
難しいことは全部中途半端に。
必ず見つけ出してあげるからねと
優しい気持ちを浴びせながら、
砂の海を浴びながら、
背骨でハチミツの雨を聴いている。
そんな微妙な親近感。想像力の名のもとに。
ふざけていると思うかもしれない。
だけど俺は確かに文化の遺伝子の脈動を感じたんだ。
何もない、そりゃそうだろう。
なぜ誰も助けてくれない?
嘘をつけない体。
私は私でいいのか。
いいや、だめだよ。
じゃあ何をすればいいんだい?
歩き続けるの。
そこに未来はあるのかい。
捨てたはずの勇気があなたの心の奥底で、
ともっているの。
煌めく光りになっていた。
ロックは僕の鼓動となり更に走りだす。
スプーンは折れ曲がりフォークは突き刺さった。
あらゆる丸い物質はブラックホールになっていく。
散っていく世界の崩壊の合図で、
僕の心臓が爆発した。
気持ちよさはなぜ。
苦しみはなぜ。
悲しみはなぜ存在するのか。
痛ましい、傷つけるだけの牙ならば。
なぜ私はそこに存在したの?
ふざけているのかもしれない。
勇気を持って突っ伏した。
どうしてなのだろう。
何もかもが憂鬱なメロディで響きわたる。
俺の生きる道は限られた。
カスカに光る方向へと突き進む。
後ろを振り返る道は消えた。
全部ちぎれて参っていく。
この世界中から押される風にのって、
ひたすら賭けのぼっていくしかない。
意味なんていらなかった。
沢山の響きがミュージックとなり、今一つに!
かがやけ!かがやけ!
輝くために、もう一度笑う為に、
全ての苦痛すら携えて、
私はその海へ飛び込んだ。
全てを飲み込む覚悟がないと、
できないことだってやってみせる。
あらゆるパワーが俺の力となる。
さあ飛び出せ。さあいくぞ。
どこまでも、地平線水平線乗り越えて。
さあいくぞ!!!!!!
さあいくぞ。。。。。。。
絶対に負けられないのよ。
ここはもう譲れないのよ。
その鼓動は更に加速していく。
絶対に負けられないパワーになっていく。
俺はなんだ。俺は一体だれなんだ。
不安を消し飛ばしながら、
ほら目の前を見て御覧。
あらゆる光はあなたのものだよ。
私の胸を何かが脈動する。
恐ろしさ、あらゆるものに対する目、
響く、響く、響く、響く。
更に高まっていく。ウルトラジェットコースターだ。
この空間、理想、円筒。理想。
侮辱していくミュージック。
壊れるほどのマイドリーム?
理想の追求 あなたの求める全て。
光輝く未来へと突き進む術を失くした。
今こそ輝く時なんだ。
今こそあがき続ける時なんだ。
蜘蛛の糸ほどの希望の光が見えた。
ふざけているのかもしれない。
でもそれでもいいと思える。
なぜか俺は俺の人生に、
ある程度妥協しているような気がするんだ。
どうでもよくなってるって言ったら
変だけど、なんかある程度許せてしまっている。
なんなんだろう。この感覚は。
不思議だ。俺の心。何を求めているんだ。
何を一体探しているんだろう。
ひたすら考える。心はすぐそばにある気がした。
でも答えなんか見つからないことを知ってる。
さあ、飛び出そうか。俺はどのくらい長い文章を
書いてきたのだろうか。
分からないけど、一瞬じゃコピペできないくらいは
あると思う。全部見つけたんだ。
やっと手に入れたんだ。
何年も文章書いてきて、
ようやく辿りつける境地。
逃げ出せない世界。見つけ出す。絶対にな。
そうやって俺は輝きを増してきたんだ。
理想、利口、夢見の猿のような。
吹き飛ぶ世界中の勢いの良さのような。
俺の感覚は少し違っていた。
誰からも見てもらえない?
そんなに長く続くようなものじゃない。
私は私を越えていく為に。
全ては手中に入れる為に、
ほら、崩壊するだろう?
宇宙、気にするだけでもいつまでも。
壊れていくのだろうか。
チャンスは消えていくのか。
救いはないのか。
なんとなく虚しくなって、
なんだかかろうじてやってきてる気がして、
もう怖さすら怖くなくて、
なんかひとまず自分の文章を生み出すことに対して。
とても美しいあなたの、
とてもカッコいいあの人の、
10分の1、100分の1の輝きでももらえたなら。
どうしようもない興奮と共に、
生み出されるメッセージ。壊れていく脱走線路。
全部が節分。、俺はなんなんだろう。
ひたすら文章書き続ける。
俺は一体なんなんだろう。
俺は一体なんのために?
理想、追求、壊れる。壊れていく。
伝説的だ。ロックンロールだ。
いらないものを押しつけられるようだ。
そういうものに、チャンスがある気がして、
もう何も手に入らないくらいに。
鬱陶しいくらいにそばにあって。
言葉は炸裂する。
そりゃそうだ。俺はストレスがたまってる時が、
最高に強いんだ。
ストレスの発散法を知っている者にとって、
ストレスはお菓子である。
怖いものが多いのだろうか。
あとで見直しても、大丈夫なように。
勢い任せで続けてきたんだ。
やっと辿りついたんだよ。
やっと誇れたんだよ。
だから、だから・・・・・・
どうか、どうか忘れないで。
どうかどうかこの魂が朽ち果てる前に。
煌めく太陽のような。
すでに私は手にしているのだろうか。
永遠という名前の最高の財宝は。
どこを探せば見つかるだろうか。
ガキみたいでも、いいんだ。
捨てる気になるんだ。
理想ビジョン、越えていく、
越えていくと誓う。
だから、絶対に信じ続ける。
自分というこのちっぽけでよわよわしい生き物を。