それらは理屈じゃない。リズムだ。
果てしない空虚さが、
リズムでアップテンポしていくなら。
リズムはリスクを背負って、
フリスクを食べて、
リズミカルな行動は器を、
素敵なファイナルアンサーを呟かせて。
大切?失われることすら神々しいのさ。
リズムでチェケラー?
イメージが満たしだすなら、
その究極性リズムに半端ない
理解者にすら、カテゴライズにすら、
永劫の時をファイナルアンサーにしなさいよ。
つぶれそうなイメージの中で、
クォリティ、ダンスクォリティ、
異次元で突破していくなら、
歴史?
究極的モンスター、
呟くことも知らないならば、
歴史とファンタスティックドリーマー。
永劫の時を泳ぐ。
リズミカルなファイターになってしまう。
リスクはファンキー、リズミカルな栄光で、
ワンダーランドは呟く。
世界観で影響力を
ヒップホップにさせながら、
食い入るように見つめる馬鹿馬鹿しさだよ。
ロックがイメージしてくれるなら、
ファイヤー、伝説的ミラクルだ。
超越性すら食べてしまったら、
きっと平和の世界征服さ。
大好きな展開がミステリーを呼び込むなら、
その空間にのみ、素敵なファイヤーが灯るなら、
理解者達の希望は?
ミュージックは、移ろいゆくだろう。
それは天才的に崩壊していく。
リズムがなんだってんだ。
ラブミーテンダーって言ってんだ。
だってもさってもねんだってんだ
俺以外全バッテンだってんだ。
大切?イデオロギー突っ走らせるように?
空虚な歴史とワンダーランド、
食いつぶすように、押しつぶすように。
イメージがチョコレートだったから、
仕方がないんだね。
大切な言葉と、ロックンローラーなパーティ着実だ。
大切?つまり異常気象。
素敵さがコントロールする歴史とファイター。
埋め合わせする伝説とは。
理屈じゃないから耐え難い。
メッセンジャーなチェーンソーだ。
ダブルヘッドが持ち運んでくれるなら。
希望的観測すら、ワンダーランドに差し出せそうだ。
埋め合わせする天才が、
笑い飛ばしてくれるなら。
ハーモニー的な伝説は、クラッシュしながら
栄光を読み飛ばしながらも願うよ。
希望的炸裂はワンダフォー?
クォリティで異常気象、素敵なファンタジー。
理解するためのフューチャーアイランドな、
クォリティでダンスし続けるなら、
その未来、卓越するワンダフォーアイランドだ。
究極的メッセージに、
移ろいゆく天才が慌てだすなら。
クォリティでマイメッセージだ。
理解力が足りないんだよ。要するにね。
希望的観測すら馬鹿馬鹿しいのさ。
なぜそんなことに、ノックアウトするリズムを
焚きつけるのか。
その希望はワンダーランドなのか?
クォリティでダンスする愛おしさとは、
結びつけるワンダーランドの究極性とは。
色んなことがある。
学ぶこともできる。
その記憶の束で、挑んだ僕たちの勝利だ。
果てしない究極性に、ドリームがチェンジさせられそうなのかい?
歴史はクォリティさ。
それらを生み出した馬鹿馬鹿しさすら、
そろそろ飽きて放蕩する頃だ。
イメージがチェケラーなら、
その最果てに夢を描くなら、
素敵さはファンタジーであるべきなはずだ。
リミットがサクセスストーリーならば、
クォリティでワンダーランドを、
見せてなお繋ぎとめる素敵さを、
究極的モンスターを、
呟いてなお、余りある伝説を。
クォリティでイメージする、
ワンダーランドを。チョコレートを。
密接に繋がる馬鹿馬鹿しさを、
栄光で堂々としたから。
究極性は確かに趣を変えて、
どんな言葉なのか分からないセリフをもって走り出す。
展開力はワンダーランドだったから。
究極的メロディは、
突っ走っていった。
どこまでも、どこまでも。
クォリティは異次元だった。
君たちに伝えたいことが一杯あったんだ。
理屈が、そこまで辿り着くまで、
紆余曲折、大変なイメージで統率力を
守らなきゃいけなかったくらいだ。
ファンタジスタはそれを経験と呼ぶのか?
炸裂するミュージック、
希望と着実、栄光とサクセス、
感覚とブルース、興味がないんだ。
素敵にエンジョイしているなら、
歴史的ドリーム、展開されている。
歴史的にフューチャー、
記憶がやがてそれらを取り戻すなら、
希望的解釈、
イメージを挑戦的に、
ラブリーなジェットコースターモンスターな、
ラブリーはチェンジしてくれるのかい?
理解が本当を、
イメージが歴史を問いただす。
輝く青い空の下で。
イメージできるか?
ファンタジスタな永遠がそれを望むなら。
リズムがチェケラーしてくれるなら、
そのリズムに対して放蕩して、
愉快に炸裂ミュージックを愛おしむなら。
クォリティとそのダンスミュージックとは、
偽り的展開で、
ミステリーを興味を示すように、
活動家は笑いこまねいていく。
大好きな展開を喜ぶように。
空気圧は歴史を呪い出しているから、
ファンタジスタはそこにあることを決め込むしかなかった。
何のことはない、大したことじゃなかった。
大好きな展開を今更忘れられるかよ。
歴史、究極性と共にドリーマーが描いてくれるなら。
希望的解釈、それにすらワンダーランドを差し出せるということは。
リズムがリスクをあっぷあっぷさせている。
だから、究極性はドリーマーを、
着実なファイターと共に、
移ろいゆく伝説に、ファイターを教えてあげたかったんだ。
クォリティでダンスしているということは、
リズムが、どこまでそれらをまともそうに見せても、
リズムが希望を逆らわせるということは。
ひずむリズム、理屈に沈む。
メッセージ、クォリティは異常だろうか。
意味なんかなくたって構わない。
理想が理屈を灯しだすなら、
その空間、あるいはビリーバー。
退屈な世界に愛してあげよう。
大好きな展開を見つめるように、
その希望はワンダーランドで照らし出してくれるのかい?
恥ずかしいと思えるはずもない。
理屈じゃないからこそ耐え難い。
密接に協力体制。
あいつに憧れ、
それでもドリーマーは手に入れられないだと?
俺よりちょっと半端ない理屈の最中に
置いてけぼりにされて、
少しは目が覚めたかよ。
理屈抜きで踊りだしたいとか
言い始めたのは誰だっつー話だよ。
イメージできないなら爆笑するしかないんだよ。
覆すリミット?
馬鹿馬鹿しいから言っておきたいのだよ。
理屈なんて関係ねえ。
ドリーマーなジェットが、
イメージを調節してくれるなら。
ファンタジスタな未来とチェーンソー。
ラブリージェットコースターと、
歴史的、メロディを追憶の果てから
望み続けるなら、
それで今も眠れないのを、
あなたが知れば笑うだろうか。
カテゴライズされた運命は、
いつも先立つ不孝をお許しくださいだった。
ダンスフォーエバーが価値観ならば、
その魅力にすら偽りを、
天才的ドリーマーにすら向こう側を、
運んでなおも余りある素敵さで、
究極的ロックンローラーで、
全てを食べてしまうなら逆に聞きたい。
リズミカルがあったとしても、
クォリティがドラマ的に這い上がったとしても、
それらをケセラセラにして
伝える僕が馬鹿馬鹿しくなったとしても、
本当は僕は誰かのことなんてどうでもいいんだよ。
金も女も権力も、あんまりそこまで興味ねえや。
何が欲しいんだろう。
俺はもっともっと面白い何かを探している。
桁違いな面白さを探している。
理屈、影響力。
ヒップホップにすらなれない希望とファンクションを。
理屈はファンタジーを、
理解するためのドリーマーは究極を、
望んでなお生きようとするイメージを、
大好きな展開、差し向けるファシズム。
伝えるリズムで、食い入るように見つめる
ハリボテだったとしても。
クォリティが異次元、突破するファイター、
歴史的ドリーマー、
栄光でひと悶着起こせそうだ。
ていうか俺はビリーバー?
着実なファイターに見出せるなら、
その空間にイッツラブが
コミュニティ的に、
ダンスするフォーエバー的に、
ラビリンスを続けているなら、
歴史的ファンタジー、
クォリティで異常を求めているなら、
覆すリミット、
ファンクションキーホルダー。
ダンスするフォーエバーが、
確実性を喜んでいる。
理屈じゃないんだよ。それははっきり言ってね。
ラブリーなハウスがそれを求めようが、
なんだろうが別に構わねえ。
武器はたゆまぬKUFUだったとしても、
割と普通に言うと工夫という
だったとしても、確実世界、
リズム、猛り狂う、その工夫で
なんとかなった東の果ては、
どんな気心だった?
生み出した距離は美しかった?
それでも笑い出すこの展開は、
必要以上に舞い戻る。
素敵なファイナルアンサーが呟いてくれる。
歴史的ドリーマー、食い入るように見つめる僕がもし
ボキャブラリーなら。
素敵さがファンタジーならば、
訴えだす魅力すら、
ワンダーランドすら、希望になってしまえそうだよ。
理屈がコントロールしているのかい?
希望がワンダーランドなら、その限りでもないでしょって
話だよ。リズミカルに歌いだした、
その結局が意味不明なら、
活動家のテンションも下がってしまうだろうって
話さ。
理屈は叶っているだろう?
究極的ロマンスが慌てだしているんだ、
今更謙虚になっても遅いのさ。
失礼さがかいつまんでいるのだろうか。
希望的着実性は、
それらを慌てだすように。
理解は究極、
ロマンチックはロマンロックベイビーを。
あなたは隣でうつむいて、タンポポで冠を。
素敵なファイナルアンサーを呟きたいかい?
理想的展開、宇宙が差し出せるなら。
空虚な歴史とファンタジー、
イメージしているチョコランタン、
メッセージをクォリティにさせてまで、
エネルギッシュなパーティにさせた。
運命は踊り続けた。
果てしない協力体制で、
僕を侮辱するなら。
素敵さすらファイナルアンサーになってしまいそうだよ。
究極的展開が、ロマンスが、
笑い出しているならば。
理屈と共にファンキーにダンスし続ける、
僕たちがほらすぐそばに見える。
大好きな展開が移ろいゆくかい?
メッセージはクォリティを、
それでもクォリティは異次元を、
求めてまだまだ果てしないから。
協力体制はデルタ・フォーだから。
運命を感じた。
あの日は馬鹿馬鹿しくもリズムを荒唐無稽にさせていく。
ロマンスはチェンジさせる未来だ。
大胆不敵な活動家だ。
素敵がファイナルアンサーならば、
その希望にすら灯されてしまうなら。
覆す魅力さえ、ワンダーランドになってしまうのか?
協力する為の利口さは、
爆笑してしまうのだろうか。
食いつぶす歴史がそれにしかなかったとしても、
クォリティは異次元であり続けるはずだ。
リミットはジェットコースターを守り続けるはずだから。
リピートモンスター、
食い入るように見つめる馬鹿馬鹿しさが存在しているから。
リミットと歌いだしだけでは、
イメージがチェケラッチョするイメージにすら、
開拓するワンダーランドにさせてくれるから。
ハーモニー的に歌いだすなら、
謙虚なヒーロー、卓越するマイダンス、
クォリティで異常サクセスだ。
ワンダーランドはメッセージか?
食い入るように見つめる少女のまなざしは本物か。
大好きな天才、魅力をふんだんに作りまくった。
素敵さはファンタジーだった。
それでもクォリティを求め続けてくれるなら、
希望的解釈、運命すら感じてしまう。
理屈じゃないんだ、だから希望的なんだよ。
サクセスの為の炸裂ならば、
希望的解釈、後ろに飛ばすためのファンキーさで、
エネルギーを突っ走らせたいなら。
影響力はヒップホッパーなのさ。
運命を笑うことすらどうでもいいんだ。
覆すリミットすら、馬鹿馬鹿しいなら、
協力することすら馬鹿馬鹿しいことだと
思えてしまうのさ。
リアルじゃないのがそんなにおかしいかい?
リズムを求めて、それでもまだまだ苛まれて、
価値観がミュージックになってしまうということは。
理解する歴史とファンタジスタだ。
運命を協力体制で守り抜いてみせる。
確実性はどこまでも、突き抜けるようだ。
素敵がファンタジスタだから、
影響力がヒップホップだったからこそ、
イメージは超越し、調節してきたんじゃないのか?
少なくとも、俺はそうさ。
大切な言葉がエンジョイするなら、
その希望に異常性を見果てぬ夢を、
見てしまうなら。
活動する為の展開すら、
馬鹿馬鹿しくなってしまうのかな。
僕は何になれただろう。
空中元やチョップだって、
大切な理解者、
ドリーマーなチャンスが運ぶなら、
歴史的ドリーマー、
歴史的究極性が、
ファンタジスタを求めだして悶えだしているなら、
クォリティ的にはマイダンスなのかい?
リズムがチェケラーしているのかい?
リズミカルなファイターに、淡い恋すらも
どうでもよくなるくらいファンタジスタになってしまいそうだぜ。
クォリティが異常ならば、
素敵なファンタジーが求めだしているなら、
理解力すらファンタジーにさせるべきだ。
ハーモニー、それらは追憶の扉。
素敵さがファンタジーならば、
なぜ背負わなくちゃいけないんだ。
リビングデッドって価値観じゃねーんだぞ。
サクセスする為の次のストーリーならば、
クォリティが異常になろうが構わねえ。
そういう戦士的な気質くらいないと、
次の時代へと立ち向かっていけないんだよ。
炸裂もビジネスも、全ては手駒にする為に。
究極的ロマンスは頂戴する為に。
理解の理屈は、リズムではかり、それでもまだ狂っていく。
ドリーマーなチャンスを運ぶように、
全てを嫌いになってしまうように。
空虚なリズムはいたちごっこを悶えさせるだろうか。
ドリーマーなチャンスは、
希望的解釈、後ろ側にさせるほどに。
理解するためのフューチャー、
ドリーマーを描くことすら、今となっては馬鹿馬鹿しい。
究極的ロマンスがいたちごっこを見せるなら、
そのミステイク、ララバイにすら、
栄光にすら、ワンダーランドにすら、
力を合わせてしまえそうなんだよ。
そこに理屈というリズムは存在するのかい?
リスクはあるだろうね。
奇妙なワンダーランドが戦い続けているんだから。
素敵なファイナルアンサーだよ。まさにね。
大胆不敵な活動家がそれを望むなら、
希望、その解釈に、
ドリーマーを捧げることになるなら、
理解、もっともっと。
リズムが運び続ける永遠がある。
止まらない理屈があるのさ。
大好きな展開が笑いだすなら、
僕の孤独はどこへ追いやればいいの。
素敵なファイナル、つまり倍になる。
素敵なファンタジスタが、
影響力を、ヒップホップを、
正しい道に折り重ね始めるなら、
理解を越えている!
どこまでも長いジェットコースター、
曖昧なリミットと共に、覆されるなら。
究極的ロマンスが、いたちごっこなファイターを
望み続けるなら。
歴史というミュージックで、
歌いだせる記憶すら笑っていく。
ドリーマーにとってはそれだけがチャンスだから。
美貌をメッセージにした。
嫌いにさせるメッセージを届けさせたんだ。
笑えない冗談を言ったんだよ。
お前があまりにも失礼すぎるんでね。
恩を忘れるなんて恥ずかしいことだ。
意味不明だ、展開力がワンダーランドならば。
素敵さとファンタジー、クォリティと異次元に、
突破するファイター、
歴史的ドリーマー、
描いた夢?失礼な展開、
ミステリーな協力姿勢だ。
ワンダーランドを差し出すならば、
クォリティ、メッセージになっていくならば、
理想、展開、馬鹿馬鹿しいドリームだ。
栄光とチェケラーしていくミステイクに、
希望すらワンダーランドになっていくならば。
クォリティとミュージック、
偽りと展開力。
俺は常に別の道を指し示し続けた。
馬鹿馬鹿しいんだよ。
意味不明なんだよ。
展開力がサクセスを求めているのか?
希望的解釈は向こう側に、
それでも漠然とした楽しさは押し寄せてきて、
ドリーマーなチャンスを追いかけるなら、
希望的解釈に全てを操るなら、
歴史的ドリーマー。
チャンスを蔓延らせる永遠に、
怒涛のイメージを走らせるなら。
究極的ロマンチックが、
エイトビートの最中でほらまた悶えだす。
クォリティが異常ならば、
素敵なファイナルアンサーが呟くならば、
希望的解釈、向こう側を見せてくれるドリーマーすら、
栄光すら笑い出してくれる。
ハーモニーで展開させていくドリーマーを、
チャンスでビリーバーにさせていく。
歴史的究極で、偽りを天才的にさせるなら。
究極的ドリーマー、チャンスを浴びせるなら。
クォリティ的なダンス、フォーエバーを活躍させるなら。
栄光とブギウギ、ファイティングチョコレートを
イメージさせてくれるなら。
ファンタジスタな未来すらも、笑い出してくれるでしょう?
更なる楽しさを求めているのに、
こんな損なことはないよ。
リズミカルに歌いだしたって、
興味が無いねって笑い果てたって、
イメージは調節させることを笑っている。
僕は馬鹿にして調節させている。
天下一品、素敵なファイター。
イメージがチョコランタンならば、
素敵さとファンタジー、
それにすら限界があることを知り、
その中で君は何を望む?
希望的解釈、
移ろえば移ろうほどに。
サスペンスを開拓させていく。
ドリーマーなチャンスは、器を方向性にするように。
リズムを改築するように、
ワンダーランドは伝えていくんだ。
理想的展開、理想とチェケラー、
埋め合わせする伝説にすら、
向こう側へ行ってしまうなら。
覆す魅力とファイター。
サスペンスな行動が違いを見せるなら、
理解するためのフューチャー、
ドリーマーと共に謙虚になりなさい。
クォリティは高々と、イメージを調子よく、
ラブリーな方向性になってまで、
エネルギッシュなポテトにさせてきたんだろう?
イメージが調節しようが、
それはどうでもいい話だろう?
クォリティでダンスするミュージックにすらなれる。
改築しているワンダーランドに、
ミステイクを躍らせるなら、
クォリティでダンスするイメージすら、
改築するロマンスすら、
馬鹿馬鹿しいと思えるんだよ。
覆すリミットすらワンダーランドすら、
馬鹿馬鹿しいと思える。
ファイティングチョコレートなんだとすれば、
改築するロマンス。
栄光とそれのみじゃ立ち上がれない弱い個体だ。
素敵なファイナルアンサーだ、
呟けるならそれこそが希望だ。
何を感じ、何を考えるのか。
行動に関しては制限が多いが、
何を感じ何を考えるかは、結構自由なんだ。
理屈がファイター、理解しているドリーマーなチャンスが、
ビリーバーな出来事が、
ファイティングチョコレートを夢見ている。
伝説的なクラッカーで、
ワンダフォーライブを、ライブハウスを見てくれている。
俺は最高すら知ってしまっている。
ドリーマーな伝説かい?
クラッカーかい?
素敵な影響力。
大切なエンジョイパーティ、
ロマンロックなベイビーが逆らうならば、
希望的になったとしても、
おいざっけんな。
素敵なファイナルアンサーを呟き続けた。
理想的展開はまだアダムとイブを祝福しているだろうか。
共鳴しているということは、リズム、
チェケラー、イメージを調節することすら馬鹿馬鹿しい。
破滅を願い呪い笑い果てるなら、
興味すらスクラッチになってしまうなら、
覆す魅力すらワンダーランドにさせられてしまいそうだぜ?
リズムがリスクをアップアップさせるなら、
興味なんか卓越させてやるよ。
半端ないリアルで挑戦的に。
ラブリーチェンジ、
全てを守りたいという気持ちすら馬鹿にされてしまうのかな。
色んな向こう側があった上での選択だから、
別にそれらはどうでもいいんだ。
俺だって色んな選択はするさ。
そりゃ生きてるんだもん、当然っていえば当然だな。
リスクが追及するなら、
追いかけて爆走するなら、
興味が炸裂したワンダフォーダイブすら、
価値観にしてしまうイメージが確かにある気がして。
分かりやすい文章を書くこともできるが、
問題ない、このままで問題ないんだ。
素敵なファンタジーは俺の世界を作り出す。
はまり込む伝説は、クォリティでメッセージにさせていく。
路頭に迷うのは力強さかい?
リミットで健康的になるなら、
究極的ロマンス、追随させるほどに。
理解力がファンタジーになってしまっているんだよ。
覆すことすら馬鹿馬鹿しいかい?
イメージが超越しているとしたら、
多分それのみでは生きる糧が得られなかったんだ。
覆す最高が意味するそのカテゴライズが文明なら、
太鼓判を押す僕の意味の進化させ、
大好きな音楽の理想さえ、
超越するミラクルになってしまいそうじゃないか?
ファイティングするってそういうことだと思ったが、
何か違うことを思い出しているのかな。
共鳴するファンタジスタは、
栄光を躍らせて、なおも追及させられていく。
だから面白いんだ。
クォリティを、メッセージを、運ばせたいとすら思えた。
ドリームなチャレンジが、
イッツクライシスなワンダーランドが、
理解を越えて、それでも恥ずかしいと思ってくれるなら。
リピートするマイダンサーと、
クォリティは異次元、
突破するファイターだ。
大切さとイデオロギーならば、
突っ走るファイター、
そこにも歴史のファンタジーが
眠っていると知り、
浅い記憶に僕は放蕩する。
魅力的にワンダーランド、
大切な言葉、エンジョイパーティだ。
ロマンロックが歌いだすならば、
ファンキーな路頭に迷っていく、
理想がチェンジしていく理想で、
歴史でファンタジーを呪い出すならば、
究極性すら路頭に迷いそうだぜ?
クォリティでファンタジスタを、
描いている、ファンキーな、歴史、
大切がイデオロギー、
突っ走るファンタジー、
クォリティすらも一途にファイターに
させてしまうのかい?
理解するフューチャー、
ドリーマーがチェンジしていく。
リピートするマイダンサーに、
クォリティすら置いてけぼりにされるなら、
クォリティと異常気象。
素敵なファイナルアンサー。
呟けるなら最高の最中に。
究極的ドリームが、
描いた果てしなさすらも、
映像すらも、ファンタスティックすらも、
カテゴライズすらも、
影響力さえも。
全てのみこんでしまえるなら、
クォリティで異常気象になりたい。
システムと超ラッキーなシステムだ。
うつぶせにファイティングしている、
ドリーマーなチャンスを、オーケーしている。
ドリーマーなチャンス、栄光と、チェケラッチョ、
ファンタジスタな永劫の時を、
ファンタジスタ、栄光を笑い出せるように、
空虚な歴史、ファンタジスタ。
永劫の時をワンダーランド。
ロマンロックなファンタジスタ、
影響力がヒップホップなコミュニティなんだ。
素敵なファイナルアンサーなんだ。
ぐう素敵なファイナル、歴史的、ドリーマーなチャンスが栄光を呼び寄せる。
大胆不敵な行動とその美学。
美しさとワンダーランドなら、差し出せる空間に、
リミット、ファイターでうつぶせにするように。
空虚な歴史、ファンタジスタ、栄光のワンダーランド、
影響力、ヒップホップなコミュニティにしてくれるなら、
半端ない理解と、共鳴するいたちごっこは、
ファイターと共に猛り狂い出す。
空間的ラブリーで、挑戦権を獲得するということは。
理解するファイター、理想がそこら中にあるってことは。
理解するドリーマーとチャンス、ファンキーなマシンガン。
エイトビートを炸裂するように、
興味はなかろうが、
イメージで調節されようが、
素敵なファイナルアンサー、
呟ける最高が、意味を呈してくれるなら。
炸裂するマイダンサー、
クォリティでワンダーランドなんだ。
歴史的フュージョン、
価値観影響力、ヒップホップなコミュニティなんだ。
スクラッチメンなんだ。
素敵がファイナルアンサーなんだ。
孤島に孤独が差し出せるなら。
空虚な思想と思考法。
ラブリーなチェンジで守られる。
空間的サクセスに、頂戴する曖昧な世界が存在するなら。
希望的観測、宇宙を差し出した果てにも、
メッセージがあることを知り、
どれほど僕らは喜んだと思う?
希望的解釈、向こう側に希望を灯されるなら。
空間的ラブリー、超越するミラクルだ。
太鼓判を押せるイメージすら、
追憶のドリーマーにしながら、
エイトビートは走り続けるから。
ワンダーランドは歌い続けるから。
理解者とドリーマー、
チャンスはビリーバー、
闘魂注入、
差し出す栄光と、ワンダーランドなチョコランタンなんだ。
素敵なファンタジスタ、
栄光を、映像を。
ファンタジスタな栄光を、
携えてなおもドリーマーにさせてくれるファンタジーを。
クォリティで異常を求めて、
それでも希望がワンダーランドにさせるなら。
ヒップホップなコミュニティが爆笑するなら、
それも僕の一部だと思えるんだよ。
希望的解釈と、イメージで調節してくれるなら。
ファンタジーがアイランドならば、
覆す意味すら笑ってくれるだろう?
ファンキーな路頭に迷って、スタイルがスマイルになってくれるなら、
希望的解釈、後ろ側なファンタジスタ、
永劫の時を泳ぎ続ける。
ファイターは歴史、ドリーマー、
永劫の時を泳ぎ続ける。
ファイターは望み続けるのさ。
リピートするダンサーは、こだわりを見せつけて、
理屈じゃないんだ。だから耐えがたい。
メッセージなクォリティが、
ダンスしていくメッセージになるように、
空虚な伝説はそれに閉じこもるように、
空虚な歴史は新しくなっていくから。
理想像とその展開、ミステリーにしやがるのは、
素敵なファンタジスタ。
確実な世界観だぜ!!
リピーターとマイダンサー?
クォリティが異常気象ならば、
素敵なファイナルアンサー、
孤独が毒々しいレベルで、
続くならば理想でチェンジだぜ!!
クォリティなマイメロディ?
突っ走るファイターさえ、
一途ささえ、
ドリーマーさえ、
理解しているドープなチョコレートですら、
栄光ですら、ワンダーランドなチョコレートなんだよ。
素敵なファンタジージェットコースターなんだ。
ファンキーな路頭、ワンダーランドなんだ。
サクセスなトゥモロー、影響力がヒップホップなら、
いつか救えるように、コミュニティパーティに
するしかないんだ。ドリーマーはチャンスを運び続ける。
興味ねーよ。うざってーよ。
サクセスのためのワンダーランドが、
超越を越えていくなら、
素敵だからファンタジスタ、
ロックンローラー、こえて、こえていく。
リズミカル、影響力がヒップホップならば、
コミュニティ、理想がチェンジされる未来に、
チェケラッチョファンタジスタ、
永劫の時を酔い続ける、
リズミカルなファイターに、うつ伏せになった理解に。
究極的ロマンロッカーに、
ダンスタイム、さえずる勇気。
伝えられることができるなら、
究極的ロマンス、ベイビーたちは泣き始めるのかい?
綴られるファイター、
理解する歴史、ファンタジスタ。
影響力、
ヒップホップだ。
歴史的究極にすら、
偽りを展開させるのかい?
言葉とストーリー、
メッセージが共鳴するいたちごっこだ。
ファイヤーマシンガンだ。
素敵さがファンタスティックだ。
恋愛トークすらできないのかい?
興味すらないのかい?
リズムが大切で、大切で、
ドリーマー、栄光すら分かってしまえるだろう?
究極的ロマンロックならば、歌いだすハーモニーにすら、
なってくれるだろう。半端ないいたちごっこで、
究極的ロマンスは慌てだすんだ。
空虚な究極が、理解が、とめどなく。
イメージが共鳴してくれている。
それだけで嬉しいんだろう。
なぜだろう。そこに君がいるという確かな予感。
クォリティが異次元ならば、
はっきり言ってつけるぜ?条件。
半端ないことですら、きっと笑えるから。
リズムと蛍光灯、
サクセスワンダーランドは伝え始めてくれている。
ドライバー、超気流。
指し示す意地。
果てしない協力姿勢。
ラブリーハートで、認めるのは狂気か?
サクセスの次にあるのは未来か?
生み出した価値観が、ビューティフォーが、
エネルギーが、そのエナジーが、
素敵な影響力、ぶっ飛んでいきたいんだ。
例え生え抜きだったとしても、
クォリティはその場所でダンスし続けていたい。
はまり込む歴史。
はっきり言って挑戦状なんだ。
素敵なんだよ。ファンキーなんだよ。
素敵なファイナルアンサー、
呟けるなら、更なる希望だ。
ファンタスティックアイランド、
密接に繋がる向こう側から、
理想のチェンジが未来を教えてくれるんだ。
半端ないリアルがチェンジマイソウルしてくれる。
ファイヤーサインで、頂きますだ。
影響と栄光のチェケラーならば、
素敵さすらも半端なく。愛おしく。
その言葉の陰から、挑戦をし続ける一人の男。
半端ないリアルから、とめどなく流れ続ける希望かな?
ワンダーランドはサクセスストーリー。
追及してなお、あまりある歴史をかいつまんで。
理解できるからこそのファンキーなもんちっちだ。
要するに素敵なんだよ。
俺を制御するのは苦難だぞ。
果てしなく究極に、
それでもドリーマーは常に頂けるように。
ファンタジー、それでもクォリティだったから。
意味不明なトーク力と、
イメージ、着実に。
大切な言葉とエンジョイパーティかい?
サクセスする希望と、羽ばたきを永遠に驚かせるなら、
希望的解釈、虚ろな天才的に、
ドリーマーは蠢き続ける。
俺の天才的は、ラブリーな方向性は、
偽りを展開して、またもその可能性。
自由にならない憤りと、
空間は破裂しながら未来を揺蕩う。
希望がサクセスするならば、
希望的、密接に繋がる足跡だ。
ファンキーな路頭に迷い続けていく。
ドラマチックがエレガントになっていくんだ。
つまりロストプラネットだ。
異常でも、サクセスな希望で、
ワンダーランドをサクセスしている希望だ。
まるでそれが欲求のように、
君は声高に叫ぶんだね。
辛いんだね。奇妙なファンタスティックなんだね。
土つかず、素敵なファイナルアンサーなんだ。
孤独が歌うミュージックなんだ。
ファイティングロードならば、
その方向性に痛い程スクラッチさせる、
意味すら越えさせてあげたい。
リズムが直接的には表せない、
リズムとして食い入るように見つめたい。
それはビリーバー?
チャンスの方向性だよ。
つまりリズムなのさ。
退屈性が踊りだすなら、
理解するファンキーが、
至ってロックンローラーにファンクしていく
ドリーマーなチャンスは、運び続けていく。
俺の本当の狂気は、そこにはない。
リズム、高鳴りだす永遠がある。
ハートポイントで永遠が駆け抜ける。
希望というフューチャーには、
あるいはドリーマーには、
描いてくれた未来がある。
チャンス、栄光すらワンダーランドにさせたままで。
大切さ?至ってファンキーだね。
乗り上げることすら馬鹿馬鹿しいのかい?
うなぎのぼりなファイターだ。
映し出す空気感と、理想は調節するべきだ。
ファイター、理想で超越しそうだ。
ファンキーな路頭に迷っていく。
理想的展開すら、ワンダーランドになるなら、
究極的ファイナルアンサー、
轟く世界観に、一途さは反復する。
俺すら馬鹿馬鹿しいのに、
活動感、世界観、
泉に浸すリアルなフューチャーすら、
カテゴライズすら意味不明にさせてくれた。
理解力が東奔西走してきたんだよ。
果てしない興味が、映し出してきたんだよ。
リアルなフューチャー、そこにドリームって奴があるならね。
希望的観測を侮辱する気か?
ハーモニー的伝説だけでは、何かが足りねえ。
必要となっている微々たる衝動が、ビビってる証拠だ。
サクセス、感覚的影響力。
ぶっ飛ばすこのファーストバースで、
運命は轟くだろう。
奇妙なファンタジスタ、
微妙なあんたもシスター。
関係ないドリームで、
友達の彼女を好きになっちゃった?
至ってファンキー、俺は変なことしか言わねーぜ。
精神状態どうあろうが関係ないぜ。
至ってファンキー、ロストチルドレン。
果てしなく歩き続けた。
未来の果てに何があろうが、
構わなかった。
リズミカルなファンタスティックに、
全てを預けてしまうなら。
希望的解釈、
自暴自棄的恋愛を越えていけるなら。
ファンキーなことこの上ない。
リズムとリスクがある運命を、
希望的にメッセンジャーにさせてきた。
ファイヤーマシン。
理解するフューチャー、
歴史的、ドリーマーなチャンスが運ぶ。
正しい魅力、ワンダーランドが作り出すファンタジスタ。
大切な言葉、エンジョイパーティだ。
ロマンロックが歌いだすなら、
ファンキーなドリーム。栄光を旅立たせる為に。
クォリティはワンダーランドを見せつけて、
それでもドラマを作り出すなら。
ファンキードリーマー、
調節してミラクル、ラップビジネスに倒壊していく場所で
トークライブだぜ。重ね重ねで失礼します!
暇だろ?今ぁ!
関係なく踊りだす究極は、
それと共に潔い力を
結ばせながら、
あるいは不安定な場所に、
わずかながらも希望を灯しながら、
究極的ロマンチックは慌てだしていく。