定位置にいる、定位置のラブリーだけが、
運命を汚してくれた。
ファンタジーアイランド?
いっそのこと教えてあげよう。
空中に浮いている歴史だ。
まるで神の落書きだ。
丸めてゴミ箱にぽいするのさ。
希望的解釈、向こう側で
ファンタスティックロードが埋め合わせしてくれるなら。
至ってファンキー、ロストプラネット。
活動し、活躍してくれるミラクルに、
希望すら携えてくれるのかい?
それともメッセージに慌てだすかい?
リズミカルな行動、サクセスワンダーランドかい?
究極的ロマンスは、その果てに何を望むんだい?
理解できないね、興味もないね。
言葉だけが優しく僕の心を包み込んでくれた。
ひねくれものの僕にも素敵なアンサーが声高に。
理屈じゃないんだ、
イメージをチョコレートにしたならば、
究極的ロマンスすら、
ぶっ壊れてる逆立ちファイヤー。
ロストプラネット。
理屈はワンダーランドかい?
究極的ロマンチストが
ワンダーランドをチョコレートにしてしまったのかい?
歌いだすファンキーロストチルドレンだろうと、
俺の興味、サクセスワンダーランド、
クォリティ、異次元突破するファイター?
虚ろな天才は笑い出す。
展開するファイター、理解するフューチャーアイライン。
活動する展開にすら、
虚ろなミュージックを照らし出すファンキー?
路頭に迷うスタイルであれ。
究極的ロマンスに存在しているのであれば、
素敵さ、ファンキーなメッセージだ。
移ろいゆく天才が、踊り続けるのさ。
ファイティングチョコレート、
ファイナルアンサーを届けてくれる。
ファンキーなロストチルドレンかい?
もはやこの場所に居場所はないと、
問いかけた先に唐突に表れた近未来。
素敵なファイナルアンサー、
届けるなら空虚さでドリームを。
そう、僕は異次元の存在。
言葉で心を表現するが、
決してその言葉はこの世界における要素を必要としねえ。
つまりリズム、クォリティが高々に、
本当に望んでいる場所へと、
うなぎのぼりファイティングだ。
価値観とそれらが生むブルースに、
炸裂するワンダーランドは、
クォリティでファンタジスタを祈っていく。
ファンタジーはクォリティを、ワンダーランドは
作られるミステリーを、
興味は卓越していくんだね?
サプライズ、ファンキーな歴史的、
ドリーマーとチェンジ。
そもそも国家ありきの国民って考え方がいらつくんだ。
まあ、どうでもいいか。
ファンキーなロストチルドレン、
素敵さが路頭に迷うなら、
素敵さすらファンキーにさせてみよう。
俺は中途半端に頭がいいんだ。
歴史的に究極だ。
ドリーマーなチャンス、浴びせるようだ。
空中に浮いている歴史が呼び込むようだ。
素敵ならばファイナルアンサーだ。
ことごとく意味のない世界になったとしても、
あなただけはただ笑っていて、
あなただけは。あなただけは。
イメージ調節、ロックンロール、
リズムがチェケラーしてくれる
ファンタジーアイランドだったとすれば、
空気中に潜む酸素と二酸化炭素?
理屈抜きじゃ意味がないのさ。
素敵さはファンキーかい?
イメージがチョコレートならば、
素敵さすら半減してしまうのかい?
空中分解してしまうのかい?
歴史的スクワットで、
イメージされていく嫌いなメッセージだ。
トークバイトークしてくれるなら。
埋もれるようなファンタジー、
クォリティすら異次元に向かっていく。
ファンタジーがそれらを越えるなら、
いっそのことラブを注入してあげよう。
そこにある愛。イメージ、理解できようができまいが、
伝わる歴史は反復する運動の最中で、
宇宙レベルの愛、ドラマチックなファイティングポーズを、
撮った果てにも影響力が突っ走っていくから。
祈ってみても、馬鹿にされるだけで、
望んだ情報が転がってこない。
それでもストーリーは望み続けるのさ。
その理由が分かるかい?
奇妙なファンタジスタには、
栄光の影響、素敵なファイナルアンサーで、
覆る魅力的な日々すら、
ワンダーランドなチョコレートに代わっていく。
理想的展開、ワンダーランド、
それらが何を表現しているかは知らない。
ただただ奇妙だった。
そこで素敵さが困惑していたんだ。
理屈はないが、理由はある気がした。
果てしなきを生きるなら、
その空間、リアルなフューチャーにさせられるまで、
記録的な天才的なリアルに打ちのめされるまで、
影響力はずっとヒップホップだっただろう?
奇妙なファンタジーが笑いだすなら、
その究極性にすらいたちごっこをさせる意味はあると
思ったんだよ。
覆す日々に意味なんてなかろうとも。
日々、響く強い意志。
だけども折れない志。
正しさが何なのかなんて知らないよ。
ただ、意味を教えてくれるのは、
希望という愉快な炎の嵐だ。
歴史がファンタジーならば、
影響力をぶっ飛ばしてまで、
理解させたファンキーにさせてまで、
エネルギッシュなメロディになっていくんだ。
それって至ってファンキーだろう?
究極的ロマンチックに、歌いだされていくなら、
そのファンキーにすら、疑いの意味を教えてあげたいと思えたんだよ。
理屈じゃなかったんだ。そこにあった希望は。
だからこそワンダーランドを乗り越えてきた。
その果てにある道筋すら笑いながら。
抵抗とサクセス、ワンダーランドをチョコレートにさせながらも、
素敵なファイナルアンサー?呟けるのなら
希望にすらなってみたいね。
白日に晒された理由を知りたいかい?
イメージは調節している。
宇宙は君を歓迎する。
新しい住民、色々考えられる人間の一種として。
大好きな天才たちは、それでも会話を続けているのかい?
儚いながらも、彼らにも彼らなりの願いがあった。
素敵が影響力ならば、
もう一段階成長する方向へと。
リズムは覆し、ドリームは栄光を呼び寄せる。
ファンキーな歌いだしから、
ルーキーたちは慌てだしていく。
ファニーデイズならば、
恐怖すら僕を照らしていた。
至ってファンキー、路頭に迷う侍が僕を歪に止まらせるなら、
空間的ラブライブ、
炸裂するミステリー、
今は未だにただただ自分磨き。
それが失礼だとおっしゃりやがりますか?
メッセージはトークライブを祝福してくれるはずだよ。
それに抗う勢力なんて必要ないのさ。
リアルなフューチャー、
そこに確かな楽しさがあるかは、
メッセージが覆られないと、
イメージにできないじゃん。
痛みが協力姿勢ならば、
君が何かを説教できる立場にないことなんて、
簡単に分かるはずだ。
俺はこの言葉で権力を得たいんだよ。
踊りつくすパーティが、
エンドレスを最果てを、
満たしだした。
究極的なロマンロックは、
希望を走り出させた。
イメージがチョコレートならば、
素敵なファイナルアンサー、
孤独と毒々しいリズムだ。
ファイターにもその勢いにも、
立ち眩みにも素敵なファンキーで、
値が違えども、
素敵なファイナルアンサーに対して、
答えを弾き出したかった。
その運命が希望的解釈を産んだんだ。
炸裂するビジネスにオーケーさせるなら、
奇妙なファンタジーすら移ろいゆくだろう?
歴史的ファンタジーに、クォリティすら一途なら。
大切な言葉すらエンジョイパーティかい?
サクセスの気持ちすら憂鬱にさせるのかい?
奇妙ですねー。ファンタジスタですねー。
忍野扇、僕は君に会いたいぜ。
いつもの論法で僕をまた手駒にしてくれ。
正しいミラクル、行動がサクセス、
黒い瞳で見つめてほしい。
私は何も知りませんよ。
あなたが知ってるんです。らいらいさん。
リズムがチェケラーしてくれるなら、
そのファンタジスタにこそ未来が揺蕩うなら、
ファンキー!ロックンロールなファイターだ。
ロストチルドレン。
究極的ロマンロックが声高に示すなら、
クォリティでイメージしていくダンサーと、
クォリティ、異次元になっていくミステリーすら、
協力感を叫びながら、
エイトビートに乗せ上げていく。
リズムは着実に方向性をリズムにするし、
リズムとしてのチェケラー、
イメージする為の設計だ。
ファンキーモンスターであり、
影響力がヒップホップを照らすなら。
リストアップで究極性という意味に、
行動的になるなら。
リストとアップアップポテトにさせる。
リズミカルな行動の美学と、
嘘が酔いつぶれる未来に会いに来た。
それでもクォリティがダンスし続けるなら、
ファイトスタイルすらエンジョイしてくれそうだぜ?
至ってファンキーならば、
栄光を我がものにする素敵さか?
ファンキーなロストチルドレンだ。
感覚的ブルースが宇宙ならば、
ファイティングチョコレート、
そこではどうやったって勝てないイメージが調節してくれている。
半端ないリアルが閉じ込めてくれている。
理解するための歴史の最中で生きるなら、
クォリティが声高らかに宣言するなら。
刻む歴史、
ファンタジーがアイランドならば、
希望的解釈すら、
ロックンローラーなイメージを頂戴することにすら、
爆笑な陳列宇宙にさせてくれるんでしょう?
ファンキーならば、それすら路頭に迷わせるべきだ。
ファンキーなのだからしょうがねえ。
イチジクもねえ。大好きな展開でもねえ。
必要とあれば追いかける。
更に言えば問いかける。
ファンタジスタな恋愛トーク?
馬鹿馬鹿しいミラクルすら、挑戦していく。
始まりの前に、意味ないなんて言わないでよ。
理屈じゃないのよ。そんな感じ。
微々たる衝動すら馬鹿にしながら、
影響力は更なる本に代わっていく。
理想がチェンジさせるなら、
そのミラクルがかいつまむならば、
ファイティングチョコレートすら、
価値観すら、ミュージックにすら、
ファイターをロストチルドレンにさせてしまいそうだ。
ファンキーなロストプラネット。
確実性がそれらを取り戻すなら、
希望的解釈。
宇宙を驚かせる勢いで、
大好きは展開させていくのね。
ロックンロールファイターにさせてくれるなら、
恥ずかしい程のリズムすら、
開拓していく次の文明すらも。
偽り、世界観を理想にしたい?
運命とチョコレートならば、
クォリティでイメージを作り続けたい。
至ってファンキー、
それでもね。クォリティは嘘をつくんだよ。
恥ずかしいでしょう?
運命を感じるでしょう?
でも、素敵さは常にミュージックだから、
それらを照らす希望が、確かに存在してくれているから。
ファンタジスタな恋愛トークは、メッセージを
クォリティにさせてくれているから。
あの窓を突き抜けて、
希望はワンダーランドを走り抜けていくから。
希望的解釈でも、
何がどうなっても今更どうでもいいのさ。
活動する展開は新しい場所を求めていっているんだ。
ファンキーに、それでいてコミカルに、
ファンタジーアイランドにする為に。
究極的ロマンスは、
その向こう側に、希望を携える為に。
覆す為に、希望はワンダーランドになっていく。
リズムはチェケラーファイティングだぜ!!
空中殺法だ!!
メッセージトーク力だ。
イメージ調整力だ!!
意味不明な展開、ラブリーゲームだ!!
追憶の彼方から、
素敵なファイナルファンタジー。
大切、言葉とエンジョイパーティだ!!
ロマンロックがベイビーズなら。
リズムがチェケラーファンタスティックだぜ!!
クォリティで異次元!突破するファイター、
エネルギー、理解力、イメージを調整、
リズムが特に、やばい素敵なファンタジー、
理解するフューチャードリームだ。
永劫の時を歩きたい!
リズムでチェケラーしているんだ。
理解するフューチャードリームで、
永劫の時を歩きたい。
イメージを調整して未来を、
イメージを調節する落札パーティを、
エネルギッシュなパーティを、
それでも必要としてくれた。
やばい、座礁暗唱に乗り上げている。
空間的にララバイならば、
素敵なファンタジスタ、
未来に嫌いになるまでの、
影響力、ヒップホップな悲しさだ。
メッセージが命中していくんだ!!
ハッピーなロストプラネットだ!!
確実性と共に止まらないのさ!
つまり圧勝!究極!
ドリーマーなチャンスを運んでくれていると?
メッセージは調節することにいたちごっこを感じていると。
興味、サクセスワンダーランドに、
覆す日々、ワンダーランド、
クォリティで異次元、突破するファイターなんだよね。
覆すなら魅力的に、
ファイティングチョコレートファンタジーで、
クォリティすら一途なパーティになっていくんだ。
理想形、ファイトでイメージを調節してくれた。
ロックンロールはひたすらファイティングしてくれた。
埋め合わせ的天才ならば、
素敵なファンタジスタ、運命を感じてしまったから。
究極的ロマンロッカー、
イメージが調節する馬鹿馬鹿しさなら、
俺だって馬鹿にはできねー程度に素敵が
ファイナルアンサーなのさ。
覆す魅力と共に、
永遠が笑ってくれてんだ。
ファンキーなロストプラネットだ。
活躍できるなら、
空間的ラブライバーならば、
栄光、ワンダーランド、差し出せる永久まで、
リズムはトークバイトークしていく。
ハーモニーで伝説的な夢が叶う。
最果てのメッセージ、飛び込む文字の海。
素敵がファイナルアンサー?
孤独が連れてくるエンジョイがあるのさ。
覆せるならそれも魅力だろう?
半端ないリアルとファンタジー、
それでも生まれていくパーティがあるのさ。
覆す魅力的なら、
素敵なファンタジー、クォリティすら一途に、
ファイター歴史、究極的ロマンス、
歌いだせるならその空間に差し出せる。
リズム、光景、歌いだしたファンキーに、
メロディとかリズムとか、
全部置いてけぼりにされる気がしてさ。
大好きなんだよ。謙虚さがね。
愛おしさが飛び跳ねて
ロックンロールファイターが、
失うことすらできないこのイメージが、
調節力を素敵にファイティングさせながら、
うつぶせのパーティと、
メッセージを共鳴するひたすらに、
大好きな展開力と共に、
素敵なファンタジーを越えていきたいんだ。
そのリズムに、トークバックするイメージで、
調節するリミットになるまでの物語なんだ。
それはそれで究極。
ロマンロックファンタジーならば、
影響力とヒップホップ。
叶えられるならば、その運命だ。
強制的に共鳴することがアンチトロッコだとすれば、
究極的ロマンス、エイトビートな炸裂ワンダフォーライフ。
メッセンジャーが価値観を、歴史を、作り出してファンキーに、
路頭に迷う、歴史的究極に、
リズムすらオーケーにさせてしまうリリカルチェンジだったから。
イメージは調節力を展開させていくままに、
理由なきリズムで行動させるような。
空間と共にイメージされるのは、
ファイティングするその前に、
リズミカルな行動と、うつ伏せにファイター。
理解するフューチャー、ドリームを栄光を、永劫で
時を越えていくのさ。
リズミカルなファイターならば、
影響力ヒップホッパー。
エネルギッシュな体感温度は上昇中だ。
意地悪に行ったけど、
いつまでも僕は笑っているのさ。
並大抵のことじゃ彼の笑顔は消せない。
リクライニングパーティ、
ロマンロックがベイビーならば、
炸裂するマイ協力的な運命。
サバイバルやるヤバイヤツ。
果てしなく勇気を頂戴したい。
メッセージが空虚になるなら、
理解とファイティング、
理想とチェンジングする、
開拓する文明と文化を新しくさせていく。
ハーモニーは歌いだす。食らい出すから、
理解しているフューチャーにこそ、
永遠にこそ躍らせて。
ファイティングなチョコレートを教えてよ。
リズム、協力姿勢?
パーティな奴らはまだ眠らず、
開拓していく文化、文明、
太鼓判を押せるように、
空虚な伝説はまるで踊るように?
歴史的にファンタジー。
動いてる凄いです。
リズムが作り出すファンキーに、
路頭に迷っている素敵なファイター。
リズムがチェケラーするなら、
そのファイティング、つまり理想、
思想の展開力、
それでもかいつまんでいる。
必死に何かに動かされるように、
僕は日記を書いていく。
大好きな展開を描いていくんだ。
必要とあればそれらすべてを
丸め込むまで。
素敵なファイナルアンサー、
呟ける日々が来ることを、
希望的観測で宇宙に、ファイターに、
歴史的トークを暴れさせる為に。
大切な言葉?エンジョイパーティだ。
失う協力姿勢なら、
ファイターは理想だろう?
追随する明日に未来を見た。
大切にできる気がした。
パーティとロックンローラー、
それでも希望はワンダーランドになっていく。
理想的展開で暴れ出していくんだ。
ファンキーならその狼煙を上げろ。
素敵なファンキーならば、
もっともっとが暴れ出す世界へと。
イメージを調節してなおも、
素敵なファンタジーに、
クォリティが異常になるくらいに、
ファンキーは路頭に迷っていくのさ!!
希望的観測、宇宙を差し出しな。
永遠が時を飛び跳ねて、
それでもかいつまめるなら。
素敵な究極、理想に展開させるまで。
理想的展開は未来に調節されていくから。
理解とファンタジー、それでもクォリティ、
異次元突破するファイター、
歴史、ファイティング影響力、
半端ない理想、追求、マイメロディに叩き込む。
素敵がファイナルアンサーなのであれば、
空中に浮いている歴史。
ファンタジーすら、後ろ側にしながら、
エイトビートなサクセスは、
イメージを調節してなおも、嫌いになっていく。
その理想に、ファイティングに、
抵抗力などないのにあるがままに。
素敵になっていくのなら、
君たちに伝えたいことがある。
普通の人間では到底たどり着くことのできない領域だ。
イメージしてみな。
素敵なファンキーが踊りだすだろう?
究極的はロマンロックと共に、
ベイビー、フルメタルな調節と共に、
不思議な世界は作られて、綴られていくのさ。
リアルがそれを求めるなら、
空間的ラブリー、少しも感じていれていない。
リズミカルな行動の美学、ファイター、
歴史的究極だ。
ロマンロックファイターだ。
うなぎのぼりスタジアムだ。
理解するファンタジア、
メッセージがチョコレートになっていく。
理想的展開?爆笑だね!!
太鼓判を押したつもりかい?
君たちは何も分かっていないのさ。
リズム、協力姿勢、
ラブリーハート、
適当に逆立ちさせていくのさ。
それは俺だけの秘密かい?
文字の世界に酔っていくのさ。
ベイビー、見せなフルメタル。
大好きな展開が踊りだすならば、
究極的ロマンスにすら、エイトビートにすら、
メッセージにすら価値観を、
笑かすワンダーランドを、
伝えてなおも響く希望を。
歌ってなお、続き始める希望と理想を。
イメージチャンス、世界、未来、
ほらまた韻踏んでんじゃん。
リズミカル、沈みだす健康的ラブリーなら、
方向性すら一致できたはずだよ。
ファンキーなロッケンローなら、
ロッキンふぇすで必ずやっちまう。
理解できる限りの巨大な重みが俺にのしかかる。
リズムで影響力、ヒップホップにするなら。
リズムでチェケラーしてくれるなら、
半端ない理想に頂戴させてくれるなら。
理解とファンタジスタ?
リズミカルに歌いだすなら、
ファンキー、路頭に迷うストーリーかい?
イメージで調節してくれるなら、
ファンキードリーム!
永劫の時を歩みたまえ。
リズミカルなファンキーに音を飛ばすなら、
その運命に開拓されてしまうなら、
空虚な歴史、ファイティングチョコレートにすらも、
栄光、その永劫にすらも、
ファイティングチョコレートをイメージしてほしいかい?
メロディでノックアウト。
ファイティングするチョコレートみたいだ。
夢みたいだ。キラキラキラ輝いていた。
大切な影響力、ヒップホップな悲しさか。
うろ覚えなディスカウントは、
その果てで何をイメージする?
調整する?ファンタジーは、馬鹿馬鹿しい協力姿勢だけでは、
イメージを調整する馬鹿馬鹿しさに勝てないのさ。
イメージが超越していくんだ。
未来を理解させる為に、
それらは究極を躍らせる為に、
理解するフューチャーだの、ドリーマーだの、
理解するための究極だの、
イメージを調整するための空港だの、
ファンタジー?求めだす空間だし、
リライトするファイター、
もうだめだと思うことは、今まで何度でもあった。
世の中に冷たくされて、一人ぼっちで泣いた夜。
極め続ける歴史は、ファイティングは、
チョコレート、いつだって笑っている。
それは卑屈な笑いか?
それともダンサーか?
クォリティで異次元か?
突破するファイターに、
後ろ側を天才にさせながら、
イメージは積み上がっていく。
歴史を、この光景を見たくて、
どこまでも上り続けた。
全てを見下ろすスタイルに、
メッセージは究極的に
捻じ曲がり続ける。
それを誰かが見たんだ。見てしまったんだ。
理屈抜きで、ファイティングするなら。
チョコレートになってしまうなら、
空気すら読めない僕の抵抗は?
サクセスする、昨日からの影響力。
ヒップホップ、それから逆撫でる抵抗力。
面白みもなんもねえ。
リズミカルなファイター、嘘が爆笑だ。
メッセージが超越していくなら、
そのファイターにリズムを越えさせるなら、
空虚な歴史、ファンタジアすらも、
歴史すらも、ファンタジアすらも、
永劫の時、栄光を見てみたいという。
確実な世界観、彩りが足りないというんだ。
希望的観測は爆笑するのかい?
ファクトリー、価値を想像以上に横暴にさせるならな!!
覆すパーティを喜び始めろ!
大好きな展開に差し出し続けろ!
リミット共に浮かび続ける器は、
ファイティング、チョコレート、イメージで調整していく。
ラブリーなチェンジに面白い抵抗力が、
差し出せるイメージ、調整力が、
ファンタジスタ、永劫の時を越えて、
ラブリーチェンジ、差し出せる空間かい?
ビリーバーに調節させる。イメージで展開してみたんだ。
ラブリーハウス、栄光を見たいという。
刻む世界、リライトさせたいという。
発掘させたいというんだ。
俺が勝負しているのは、言葉そのものだから。
リズム、チェケラー、イメージチョコレート。
ドリーム、栄光がチェンジしていくならば、
理想的展開、歴史を食い入るように、
それはまるで見つめるように、
希望を笑うように。
空虚な歴史?ファンタジーを越えていきなさいと。
大好きな展開は笑ってくれるのかい?
奇妙なメッセージは、疑い出した僕の天気予報は?
ファシズムが伝える、リアルな今回すらも、
永劫の時を泳ぐ素敵さすらも、
素敵、ファンキー、路頭に迷っていくスタイルだから。
イメージを調節してなお、
続き始めるリライトにさせてくれるんだ。
ファンキーモンキーなマジックミュージックで、
ダンスフィールドは価値観を追いかけ続ける。
だからイメージしたんだ。
それらはとてもじゃないが究極的だった。
素敵だった。ファイナルファンタジーだったんだね。
究極的ロマンスが、アタックしてくれるなら。
ファイティングチョコレートを学び始めてくれた。
リズムがチェケラーしてくれるなら、
ファンタジーアース、
見捨てられないイメージが、
調整する僕らしさとバカらしさが、
理屈じゃないリズムで沈む僕のイズムすら、
価値観、影響力、ヒップホップな
叶える夢が大切ならば、
ことごとく笑い始めなさい。
リズムがチェケラー、ファンタジスタ、
影響力、ファンタジー、栄光の美貌だ。
続き始めるファイター。
理解するフューチャーを、ドリームで描いてくれた。
ファンキーな理解するドリーマー。
ファンタジスタな栄冠が踊りだすんだ。
理解する為のフューチャー?
まさにドリーマーだったよ。
残念だったね。僕は闇側の人間さ。
破裂するほどのミュージックに、
希望はワンダーランドを見せつけるように、
リズミカルなファンタジー、
クォリティが異常に、素敵にファイナルアンサーかい?
それをリズムとして欲求するならば、
その限りではないのではないのではないのでは
ないのかな。
つまりどっちでもいいって話だ。
価値ははからずとも、
希望はワンダーランドにならずとも、
影響力、ヒップホッパー、理解するフューチャー、
ドリーマーはチャンスを浴びせてくれた。
ファンキーが路頭に迷うミュージックならば、
希望的観測、宇宙が踊りだすまで。
クォリティでミュージック、
器の展開、ミステリーな協力姿勢?
まさに爆笑だよ。イメージさせてくれよ。
ファイティングチョコレートなんだろう?
素敵がマイメロディでチェケラッチョならば、
歌いだすファンキー、路頭に迷うことすらも。
永劫の時すらも、
ファイティングなチョコレートになってしまうのかい?
協力姿勢は、それでもって爆笑してしまうのかい?
リズムと愛し合う僕たちは、
イメージがチェケラッチョする開拓する快諾する
イメージ達は、メッセージと共にうつろいゆくのかい?
素敵なファンタジスタ、影響力。
大切な言葉とファンキーになっていく
路頭の模様に、
素敵さはファンタジーなのかい?
イメージがそれを許すならな。
希望はメロディなのかい?
偽りの世界観すら、愛せないなら、
イメージはチョコランタン次第だろうよ。
価値がおぼつかないってイメージか。
大好きな展開すら、サクセスの為の希望は、
ワンダーランドは一杯あるってことだよ。
チェケラーしてないとその希望は描けないな。
素敵さがファンキーになっているのかい?
そのリズムに酔えるならな。
それは全て形を笑い出す展開次第なんだよ。
それを分からないから、奴らはもがいているんだ。
それ以上素晴らしいことが他にあるか?
僕は馬鹿みたいだよ。
じゃあ、天才はまだ笑っているということか。
リズムが、調節する未来において、
差し出せる権利をぶんどるならな。
価値と、それのみには形にさせられないイメージ。
調整するファンタスティックすら、
活動する世界観すら、
ファイティングチョコレートになってしまうんだ。
空中に浮いている歴史、
ファンキーならば
路頭にすら迷っていく。
展開とワンダーランド、夢中な栄光だ。
差し出せる抵抗にたいする世界観は存在しないのか?
ファンキーならば、あるいは歌えたかもな。
そのリズムに調整する諦めの悪さがあれば、
必要以上ではあると思う。
その卓越した言語センス、
理屈ではどうにもならないイメージであれば、
ゼロにできるってのも楽しいことかもな。
イメージがチェケラッチョを結ばせるなら、
その記憶、ワンダーランドにするまでだ。
エネルギッシュなパーティがそれらを求めだしていったんだ。
空中に浮いている歴史であっても、
歴史、メロディ、突っ走るファイティングであろうとも、
ミュージック的な偽り?
メッセージがメロディになってしまうなら。
空間すらも笑い出そうじゃねえか。
イメージしてくれるなら、
アホらしさすら存在しないよ。
人間は満たされつつある生き物だ。
今更何を嫌うこともないだろう?
奇妙なファンタジーが、それらを大切にしてくれるならな。
ファンキードリームにまだ漂っているのかい?
リズムが結局は、ゼロに戻るなら。
歴史的、何かが残るから面白いんだ。
でも、ゼロに代わる僕のこの感情は。
まっさらな中に置いて、
素敵な愛のゆりかごを、
ファンタジスタな結びつける永遠を、
今まで使ったことのない言葉を混ぜて、
リズミカルはファンタジスタ、
最初で最後の恋人かい?
イメージを調整してくれるなら、
強烈、忌々しいファイティングすら、
価値観すらメッセージにさせてくれた。
それはまさにハーモニーだったから、
歌いだせた訳だ。
イメージがチョコレートになってしまったから、
究極的ロマンス、いたちごっこなファイターだ。
理屈抜きではファイターだ。
失われる歴史、ドリーマーなチャンスを、
蔓延らせる究極性すら、
リズミカルにすら、影響力になっていった。
ファンキーなロストプラネット、
活動が強力になればなるほどに、
オカルトになっていく。科学を極めれば極めるほど、オカルトに近づいていく。
理解がどうなろうが、
素敵がファンタジスタだろうが、なんだろうが、
伝わる歴史は細切れ劇場って訳さ。
素敵だろう?ファンキーだろう?
後ろめたさすら存在しないのさ。
その希望にワンダーランドに、
金以外の何かを君は求めるか?
ファイター、それがつまり歴史であるならば、
究極的ロマンスすら、
馬鹿馬鹿しくなってしまうのかい?
空虚な歴史と、ファイター。
リズムで調節するファイターだ。
怒りが生み出すファイターだ。
素敵なファンタジーだ。
理解できるだけの、ファイターが存在するなら。
その究極に、リズムが踊るなら。
究極的ロマンス、ベイビーなチョコレートだ。
歴史的がファンタジスタならば、
影響力。ヒップホップなコミュニティに
させてまで、エレガントになったということを。
必要性の理由すら、
ワンダーランドなチョコレートにさせてまで、
エネルギーを突破させたんだ。
ファンキーな路頭に迷っていったんだ。
リズミカルな行動と、ジャスティス。
ファイティングポーズ、歴史的究極で、
ファイティングチョコレート、
イメージが着実なパーティになる度に、
大好きになる度に、
メッセージ、越えていけると知る度に、
僕は踊りだしていたさ。
究極的ロマンスを宇宙にさせてまで、
エネルギッシュな戦いに、身を宿して。
究極的ロマンスがいつまでも終わらないなら、
食いつぶす馬鹿馬鹿しさすら、
フューチャーエアラインだ。
理解するための究極ならば、
永劫の時をファイティングにさせたいのかい?
ドリーマーなチャンスが蔓延り続ける。
リズムで、チェケラーパーティにさせるしかなかった。
イメージをチョコレートにするなら、
それのみでは究極になれねえ。
大好きだから、展開力で勝負させたかった。
イメージがチョコレートでも、
散々が散々だったから。
大切な言葉でエンジョイパーティ、
流浪に生きてきたファイター?
失うことすら喜びなのだよ。
空中に浮いている歴史、今度は準備が整ったと
言わせてみたいもんだ。
やりてえもんだ。
まっすぐ生きてみたいもんだ。
なあ、そうだろう?
空中に浮いている歴史だけじゃ、
耕せない何かがあるのさ。
必要としてるミラクルがあるんだ。
希望的観測だと、馬鹿にして笑うかい?
リズムがチェケラッチョならば、
ファイター、歴史と共に覆された。
大切な言葉とストーリー?
趣にはあまり興味がないのさ。
素敵がファンタジスタならば、
栄光と影響力、
引っ張り込んでファンタジスタに。
永劫の時がもがこうが、
リズム、チェケラッチョ、歌いだすハーモニー、
歴史的ドリーマーが調節するリズム。
太鼓判を押しながら、
クォリティは笑い、イメージさせていく。
ファンキーなんだよ。要するにね。
何も残らないこの素敵さが記憶なんだ。
路頭に迷い、一瞬で全てを計算してしまう。
リズミカルな行動の美学が宇宙ならば、
ファイティング、チョコレート、
素敵さと曖昧なファンキーな路頭にすら迷いな。
大好きならば展開させる、
記憶すらファンタジーにさせてもがきな。
素敵なファイティング、勢いで調整してくれるから。
ファンキーな路頭が迷ってくれるなら、
リピートマイダンサー、
クォリティすら一途になりながら、
ファンキー、至って無花果だぜ。
大切な言葉とエンジョイ、
ルッキンフォーできるなら。
究極的ファンキーで、
路頭に迷う侍ならば。
クォリティが異次元を突破するファイターに、
理解は究極的に、
ロマンロックはファンタジーになっていくはずだから。
馬鹿みたいにあつくても、
アホみたいに寒くても、
希望とワンダーランド、言葉では勝てないとイメージしてしまった。
理屈はファイティング、歴史的究極はアダムとイブだよ。
素敵なファイナルアンサー、孤独が毒々しい。
ファイナルファンタジーが移ろいゆくのさ。
リビングデッドがその価値をアテンションするならな。
記憶的ファンタジー、クォリティ的な異次元でも、
ファイナルアンサー、馬鹿になるらしいのさ。
大好きが展開させていくなら、
未来、その興味。
歌いだすファイター、理屈抜きで躍らせることが究極的に?
イメージできるか?
展開できるだろうか。
奇妙なファンタジーはそれでも、
追いかけ続けてきてくれるのだろうか。
ぶっ飛んでいくのだろうか。
かいつまんで、歴史はファンタジーに。
クォリティ的には勢いを増すように。
理解はファイター、理研でファイティング。
チョコレートがメッセージならば、
そのクォリティに追いかけられてしまうなら。
理解するための究極がそこにはあった。
イメージを調整できる未来だけが、
讃えられていた。
奇妙なファンタジーは踊り続けていた。
パーティな奴らはまだ眠らず、
奇妙なファンタジーに追いかけられていく。
理解をフューチャー、
叩き込むリズムに酔っていたいよ。
サクセスな希望がワンダーランドならば、
覆す日々すら馬鹿馬鹿しいのであれば、
究極的ロマンチックを歌い続けな。
理解するファイターは、更なる高みを目指してんだ。
揺れる、揺れる、ただ命の灯が。
最高だ。イメージがチョコレートだ。
ファンキーなミュージックが、
僕の目の前に転がり落ちた。
理屈はないがリズムはあった。
素敵にファンキー、路頭に迷っていくスマイルですらも、
栄光ですらも、ワンダーランドにさせられちまいそうな、
魅力的があったんだ。
究極的メロディが突っ走っていったんだ。
理解するためのフューチャーが、
その歴史が子どもたちを笑うなら。