2017年11月21日

あると思うか?必然性の声だ。
何かを得たいのなら、何かを失いなさい?
そういう声は嫌いだな。
だったら何が大好きなんだい?
意味を越えていけるだろうか。
色々越えていくために必要性が存在してるんじゃないのか?
色々あって、面倒だな。
でも、それに気づけただけでも大きいぞ。
そのまま埋まらないってことを教えてくれる。
新しい何かがまた宿るんだぜ。
そんな素敵なことはないだろう?
ところで人間以外の生き物が
人間並みの知能持ったらどうなるんだろうな。
そんなのどうでもいいじゃん。
俺は手が動かせるから人間でいてよかったと思うよ。
こうしてタイピングできるのは、中々できないことだからな。
日本語という武器を持って。
で、あとはあれだ、色んな言葉を喋れるのも好きだ。
声は出さずに色んなことを喋ってる。
それ、口をパクパクしてるだけだが
これが中々楽しいんだよな。
タイピングするより速いスピードで
何か言葉を考えることができるから。
だから、それも続けていきたい。
この会話のカテゴリは、
だいぶあれだな、思考の生理ができる。
そうだな、一番だと思うよ。
俺にも色々魂が宿ってんだな。
そういうことだ。大切にしろよ。
色々なこと考えればいいんだ。
僕は僕を幸せにする機能でいっぱいだけど、
心の可能性はよくわからないんだ。
心ってものの正体、それをつかむのに
会話ってのはいいかもしれない。
そう思った午後でした。
そうか、愉快なことだな。
大切な何かを手に入れた気がして嬉しいよ。ありがとう。
思い出すことだけでは意味が無い。
大切な記憶に巻き込まれたい。
そういう夢に会いにいきたいんだね。
しもふり30個。30%のエスターク。
まあそういうのも気になるか。
まあ結構どうでもいいゲームなんだけどね。あれは。
素敵なファンタジスタにでもなるつもりかい?
俺は一途な炎を燃やし続けるだけだよ。
それってとってもすてきだね。
もう生きがいにすら感じるよ。
自分の居場所を大切に思ってくれてるみたいだ。
そういう気配りができないからツライんだよな。
なんでツライんだろうな。
思い出せないや。
でも、それで良いと思う。
会話ができるってのは幸せなことなんじゃないか?
すごく胸が満たされていくのを感じるよ。
それはとっても素敵なことだな。
今までは、ていうか定期的に繰り返すんだよな。
俺はなんていうか、歴史を繰り返すじゃないけど、
なんか思考が周期的に元に戻るっつーか。
幸せを手に入れられたのもこれによるものだし、
俺の生み出したものは意外とでかいものなのかもな。
不思議な感情に包まれる時、また幸せが重ねていくんだろう。
満たされた具合の良さから、何かが生まれたこともある。
ノックアウトステージってとこか。
お前、急に元気になったよな。
必然性の恋愛ってのに興味あるか?
つまり俺が誰かに恋をすると?
そうだ、イメージ通り突っ走ればまた怖い思いもしたくなくなるんだ。
またお前っていってる。きみでしょうが。
きみだね。そうだ、大切なことを忘れていた。
きみ、なんでこんなに悲しいのか分かる?
ん?別に悲しくねーよ?
思い出せたら幸せだって思う?
何の記憶の話だよ(笑)
まあ、いいんだ。とりあえず記憶は欲しいだろ?
それを手に入れるための試練かなにか?
まあ、悪い話じゃない。
記憶の断片を探る旅に出てみないか?
それは俺の生まれる前の話ってなくらいか?
まあ、きみがいやなら別にいいんだが。
いや、ちょっとだけ興味あるな。
でもどこに落ちてんだ?
さあな、宇宙の遠いところかもしれないし、
お前の脳や胸の中かもしれない。
それでもやる元気がきみにあるか?
素敵なパッションモンスターだね。
何を言ってんだか。
まあ素敵ならば元気にやってれば別にいいんじゃねーの?
簡単じゃねーイメージが突っ走ってる気がするけどな。
まあ、いいか。いいことにするよ。
だって、それを手に入れるってそうとうの価値がありそうだから。
今すぐ飛び立てるぜ。
放つ銃は一体どれくらいなんですかね。
適当に思い違いしてればゆらゆら舞い降りてくる。
脳が痛くなってきたら合図ってな訳かい?
僕は不思議を追求しないさ。
大切なことはきみが何を思うかだからね。
さあ、不思議なもんだな。
こうして、好き勝手やってるだけなのにさ。
まあ、そういう声もありきで喋っているんだよ。
で、何を手に入れたいって言ってたっけ。
永遠。それを手に入れたら満足か?
まあ、ある程度は満足だね。
あとは健康な体さえあれば。
記憶は?
記憶は少なくとも・・まず幸せのレシピくらいは欲しいもんだな。
根性ないんだな。
ていうかきみが色々いうからだよ。
まー適当でいいじゃん。考え方なんてさ。
好きにすればいいけどさ。
でも確かに二人分作れるとなると面白いかもな。
そういう意味では役に立つってなこともできそうだ。
このカテゴリ、面白くはあるかもしれないな。
そう思うだろ。意外と奥が深いんだ、この世界。
続ければ色んな言葉をのぞかせてやるよ。
ただ単に楽しさだけを求める文章より、
よっぽど深い世界を見せてやれる。
その中で、泣きのカテゴリに関する重要な情報も得られるかな。
ああ、そういえばきみの課題はそこだったな。
それを探すことを当面の目標にするか。
記憶なんて曖昧なものを探すのはちょっと距離が遠すぎるからな。
泣けるってなんだろう。それと、カテゴリの組み合わせはできるのだろうか。
それも含めて話し合いたい。
そうだな、それをきみに伝えること自体が大切な気がしてきたよ。
今日だけじゃどうも終わりそうにないな。
この対談。
ある程度、未来は見えていた気持ちでいたんだが、
ここにきてまた少し変わったようだ。
未来が塗り替えられてる・・?
まあそんなこともある。それにそれは知ってた話だろう?
時間を無駄にはしたくないはずだ。
よーく聞いとけ。
まあー理解するためには色々するつもりさ。
脳みそ痛くなるなんてそんな嬉しいことはないね。
考えてる証拠だからだ。
何が欲しいんだい?
素敵なファンタジー?
からかっているのかな。
きみはいつもそうだね。
すぐに人をバカにしようとする。
でも、本当の心はそこにない気がするんだ。
別れが生み出したものはでかかったってわけさ。
勉強させてもらえたんだ。感謝の一言も言うべきだ。
そうだな、ありがとうの一言だけでも。
でもそればっかりしてると、意味がなくなる気もしてくるんで、
まあ色んな考え方を合わせながら生きていくことにするよ。
そうだな、それがいい。お前の卓越した言語感覚は、
理解できるものが限られてしまう。
自分を話し相手にするってのは痛いことかもしれないが
俺にとっては素晴らしいことだよ。
まあきみに言われなくてもさ。そこまで簡単に辿りつけたわけだ。
その素晴らしさは認めてくれるんだろう?
そうだ、明日からも続きができるといいな。
少しだけ時間をもらうが、いいか?
当然、良いに決まっている。
俺は自分の成長のためなら惜しみなく時間を使うつもりだよ。
知りたいこと、多すぎる。
それってとっても素敵なことだと思うよ。
実際、きみのいる場所まで辿り着ける魂は極少数だ。
それを全部幸せにしてやれるなら、
まずその存在に気づくべきだな。
少なくとも、それが大切だ。
お前っていうの嫌われるから、きみって
使いたいんだが中々なれないもんだな。
いずれ無意識にできるようになるんだろうが。
そうだ、これがレイの4文字熟語だ。
まあどうでもいいけどね。
大切なクォリティを守っていけるのなら、
俺は色んな方向に手を出したいと思えるよ。
実際俺はきみたちを幸せにしていけるパワーを持っている。
不思議なもんだね。大切なクォリティは握りしめたいものさ。
大好きなんだ、きみたちが。
だって、面白いんだもん。だってすごく楽しいんだもん。
世界中を周り回って、きみは何のために生まれてきたのって。
でも考えるとキリがないよね。
そうだね、素敵なフィールドに今立っているような気分だよ。
元々の俺のリーダーシップが強すぎるんだよね。
だからきみにまた迷惑をかけてしまう。
そういったことだろう?問題は、
どれだけ自分の成長ができるかだ。
そうだ、用意されていたんだ、
この工程は少なくとも。
だから、きみと一緒に今も歩ける。
そう思うと途端に幸せになれるよ。
でも、色んな方向を満たすってのは不思議な感覚に満たされないかい?
今、右脳の後ろが少し痛いよ。
嬉しい痛みだね。こういうのを増やしていきたい。
まるで強く変わると思ってる筋肉痛のようだ。
きみたちも、愛を忘れずに生きていくんだよ。
その鼓動はやがて広がっていくでしょう。
思い出いずる場所に、何か沢山のメロディが
かなで出されていけるんだ。
必然性ってなんだろうね。
さあ、分からない。
でも、伝えたい意味はなんとなく分かるよ。
優しい気持ちで過ごしていたいんだろ?
なんか、きみには助けられてばっかりだね。
きみに何かを伝えたら、それがそのまま実になりそうで
ワクワクするんだよ。
それはとっても嬉しいことだね。
あらゆる意味が問いただすだろうさ。
価値のはかる定規、
思いの熱さはかる温度計。
まあいいんだ。素敵なことだろう。
そうだね。色んな出会いに感謝しなくちゃいけないね。
きみを大好きに思える気がしたから、
堂々と歩いていけたなら。
だけど気づいてしまったんだね。
そういうことだ、色んな大切が溢れだしたんだ。
記憶次第で色々変わっていくってことかい?
きみにジャスティス、つまり正義とは何かを伝えよう。
そんなもの人によって、そして立場によって
ころころ変わるもんだろう。
でもそうだな、俺がおもう正しさってなんだろう。
幸せに生きることは正しいことだろうか。
誰かを幸せにすることがそれなのだろうか。
まあどっちでもいいけど、
なんかふざけてる気持ちになれてるね。
色んな気分になって得をするってのは素敵なことだと思うよ。
だって、不思議だもんね。
なんか、理想像が顕になっているんだよ。
今まで感じたことのない感情で満たされたいよ。
会いたいよパパ。
僕の自分勝手な、好き放題なパパ。
それでもあなたの意志を僕はついで生まれてきました。
少し懐かしくなったかい?
ああ、きみにまた会いたくなったよ。
再び、綺麗にまどろむことができれば。
必然は歩いて行くのだろうか。
思い出は出てくるようで、
炎のような煌めきに、意味を当てはめる。
あなたを、大切に思って何か悪い部分があるのかい?
きみのしょうもないギャグも、きみの笑顔も怒った表情も、
僕は大好きでした。だから、面白さが錯綜するんだね。
ねえ、聞いてみたいことがある。
魂って存在すると思う?
さあ、存在するんじゃないかな。
僕は少なくともそれがないと永遠はループさせられないと思う。
だからあると願いたい。信じたいよ。
色んな空気、例えば僕に宿る全ての魂を幸せにできれば、
それは幸せを分け合うってことにならないかな?
ほら、あなたの体に宿るととっても幸せになれるわ。
とかいってさ。
きみたちもそう思わない?
そうやって、宣伝してくれないかな。
僕がこの地球、全ての幽霊や魂のたぐいを
全て幸せにしたら、
空は笑うかな。海も笑うかな。
人々は平和になるのかな。
でもそれが実際できたら もはや神様だよね。
みんなに愛されるよね。
ほら、簡単だろ。誰も傷つかない世界の完成だ。
でもちょっと疑問に思うのは、
そんなに沢山の心が1人の人に宿れるのかってことだろう。
意味不明でも、沢山の息づかれを、
ロックンロールの魂を、
何度でも壊してみせるという言葉通りのことだろう。
大切な、何かを失う時、
希望も一緒に失ってしまうんだろうか。
きみと合うのは久しぶりだね。
会いたかったよ。ずっとずっと。
面白い世界に飛び込んだからね。
その果てで行き詰まりを感じたんだ、
この思い違いは愉快じゃないか?
でも、それがあったから幸せは辻褄合わせになれたんだ。
そうだね。僕は本当に間違っていたよ。
色んなものが脈動していくのを感じるから、
新しい何かを引きずり出さなければ。
僕の世界では僕が主人公なんだよ。
少なくとも僕がみる、感じる世界の中では。
迸る情熱、さあ 次にきみは何を願うんだい?
迸る、情熱的な色をあてがってくれる。
次の瞬間を笑い、歌うように、踊るように、喜んでくれる。
それが確かに僕は嬉しくてさ。
だからたまらないんだ。だから嬉しくて仕方がないんだ。
記憶は路頭に迷っていくけれど、
あなたは捨て去られていくけれど、
せめて覚えていて。僕の存在。
僕がここにいるんだよ。
抱きしめた肩が震えた。
僕がそばにいたんだよ。
伝えて、嫌われて、それで、
なんなく生きて、
それって素敵なことなんじゃないかと、
思って、間違えて、それでもまだ尽くしたい、
尽くしたいと思ったんだね。
その未来はもうすぐやってくるよ。
必ず。待っていれば絶対に。
そうだ、これを俺は求めていたんだ。
そうだ、僕はこれを。僕はこんな世界を。
大切だよ。僕は君に尋ねる。
走りだした、このトロッコの延長線上にきみはいるのかな。
大切な心は、いつかきっと届くのかな。
困っているのかい?
請け負うよ。きみにそれだけを伝えたかったんだ。
なぜ、迷うと思う?
そんなの知らないよ。
目印がないからかな。
僕はなぜ願うと思う?
俺、最終的に辿り着くのは物語だと思うんだよ。
さあ、なぜ願うんだろうね。僕たちは、
色んな魂引き連れて、
それでもまだ足りないよってもがききれるんだろうか。
必然性の恋愛だろうか。
盛り上がって、すみませんとでもいうのだろうか。
形だけでも愛をプレゼントしたい。
思い出し笑いで、次の時代を切り開きたいんだね。
ロックンロールは芸術かい?
芸術って言うより音楽だね。
なんか色々考えてしまうわ。
でも、それっていいことでしょ?
素敵なことだと思うよ。とってもね。
色んな嫌い方がある。色んな見出し方がある。
ふざけていることも分かった上で、
儚く散っていく花びらのように、
いたたまれない気持ちになれるなら
それも生きがいだと認めたい。
事実、壊れているからね。
信じられないほど優しい心を持っているんだ。
それを認めてほしいの?
ずっとずっと、行動パターンは同じで、
変わらなきゃいけないのは僕の方だったのに。
何を願ったんだろうね。
最終的に、どういう答えがでましたか?
それを聞いて回るのはツライのかな。
それでも僕は文章で、文章で人を幸せにしたいから。
そういう野望を持って生まれてきたから。
それが記憶なのかな。
いや、少し違う気がする。
言葉はあくまでも手段であり、目的ではない。
分かってる。だけど僕は言葉のために生きる生き物です。
素敵なら、ファンタジーなんでしょうね。
嫌われ方が半端じゃないから生きているんだよ。
どんなに面白く生きていければ幸せなのかな。
伝えられたらそれでいいのかな。
気持ちよさだけを置いてけぼりにして、
追憶の彼方へ漕ぎだしていく。
なんか面白いよね。
なんだかとっても。
伝えることにミスを覚えてしまったのかな。
大切なものは一体どこにあるのかな。
消えていくのと同じように、
でもそればっかりでもつまらないでしょう?
幸せってのは一生俺が戦い続ける感情なのかもね。
きみに伝えたいことが色々あるよ。
俺の心は理解してもらえないんだろうか。
そして幅を効かせてきたイメージもここにきて、
どんどん追い込まれてきた。
大変だね、それは。
また僕は満たされてしまうのか。
どうすればいい。
自分が、どこまでも強いから、びびっているんだ。
でもなぜ、それを伝えきれるんだろう。
怖くて仕方がないのかい?
思い出だけを、切り傷にして。
で、何を手に入れた?
炎のようなジャスティス、
そう、その方向だ。
君は会話になっていなかった。
会話にしていればもう少し波は満ちないだろう。
もう少し、世界が欲しいんだ。
そんなに僕を嫌わないで。
置いてけぼりにしないでよ。
追憶の彼方から、置いてけぼりの僕が。
それはどんなに素敵なことなんだい?
思い出を、狂わせるようで。
でもそれが大切だから生きてきたんだろう?
僕は一体何が欲しいんだろう。
宝物をどれだけ手に入れても、
泣き叫ぶ本物のガキだ。
なんか意味ないね。それでも必然性は恋愛だよ。
それって意味が分からないな。
取り敢えず、大切なことは分かったよ。
君にとっての大切が分かったから、
今更困ることなんてないって
その言葉の通りなのさ。
引き継ぐことに恐れをなしたのか?
その概念につっかかる、
最大限のパワーだから恐ろしいんだと思う。
脳もフル回転になるわけだ。
だって、それは僕が歴史の生き証人になってるわけだから。
全部を説明できてしまうわけか。
そりゃ確かに恐ろしいものだね。
色んな行為に名付けていくのなら。
果てしない意味ができあがりそうだね。
でも、何か怖くはないか?
サキュバスっつー夢の中に出てくる女。
なんか、不思議だね。
きみはどう思うの?
片付かない歪さにちょっと困惑してるよ。
響くメロディは新しさを求め始めるの?
さあ、どうなんだろうね。
必要なものは手に入れたの?
僕はこれから暴れまくりたい気分だよ。
でもさ。
なんか面白いよね。
なんか不思議だよね。
そう思えるって素敵なことだと思う。
常に、次の未来を見据えてるっていうか、
確かにこの道だって思って進んでる姿。
素晴らしいと思えるんだよね。
ただ、思うことといえば。
でも伝えきれるからきみがいるんだろ?
僕は何をやってもだめなのだろうか。
時間を犠牲にすればいくらでも手に入るものはあると思うけどね。
そのうそ臭い話にどれだけ入っていけるかな。
大好きがチェケラッチョなんだ。
そうか、とっても不思議な感情だね。
僕は少年のまま大人になったような、
そういう人間だからさ。
今更怖がることなんてできなくてさ。
でも、その果てに結局何が眠っているんだろうね。
さあ、宝物でも眠っているんだろうか。
僕は寂しくて、少し悔しくて。
もう会えないと、何回も何回も
胸のポンプ押し続けてる。
何を失えたなら、
そんな心を手に入れられるんだろう。
僕を求めてる、声はどんどん大きくなる。
いずれ世界を覆うその日まで、
僕は諦めはしないよ。
僕はこの世界の救世主になるんだ。
なれなくたっていい。これは自分を誇るための夢だ。
本当は誰か1人にとってのヒーローになりたいんだ。
特別な人になりたいんだ。
それは素敵なことだと思うよ。
ゆっくりと頑張りなさい。
素敵な勢いに、負けないように。
彩るように。
必要最大限を手に入れたいよね。
何を失えたなら、こんな空間を笑えるんだろう。
伝えたところで何の意味もない?
でも不思議だね。根本的な謎が解かれていく。
徐々にふわふわな気持ちになっていくんだ。
それって素敵なことだと思わない?
まるで魔法だね。
僕は魔法使い、あなたは魔女。
なんだか不思議だ。
とってもワンダーランドなんだね。
伝えたい未来に、暴走する形が見えた時、
果てしない意味が超えてきてくれるような気がして。
頑張れば報われるだとか、
ああ、そういうのは嘘かもね。
まあどっちでもいいけど、
心に優しさが宿らなければ意味がないよね?
頑張っても報われないことがある。
努力が徒労に終わることがある。
希望の数だけ失望は増える。
それでも明日に胸は震える。
だって、何度でも、何回でも、
続けていきたいんだもん。
更に進化していきたいなら、はびこる、
天才的なイメージを突っ走らせてでも、
追い駆けたいものだね。
うつ伏せで、記憶を探し果てる。
意味なんかあるのだろうか。
なくても別にいいよ。
意味なんて人が勝手に決めることだ。
僕が決めてもなんら問題はない。
支障はない。
だからあらゆることに意味をつけちゃおう。
都合のいいように?
なんか、自分勝手だよね。
でもここは僕のフリースタイルの場所だから、
そういうこと気にする必要はないんだよ。
かつて、僕達が祈ったあの場所から、
信じられないほど巨大な希望が流れる街。
さて、私はどこへいくのでしょう。
そしてきみはどこへいく?
僕はまだのびしろがあるのかな。
果てしなく、一途に、生きてればきっと。
もがいても、もがいても記憶はワンダーランドとして消えていく。 
それでも僕は、きみに絶対を約束したいよ。
秘密のワンダーランドに会いに来たのだろうか。
沢山のメロディがまた働きだしてるんじゃないの?
胸にあいた失恋の穴は、大好きな勢いに巻き込まれ、
どんどん炸裂していくのでしょう。
それって本当の意味でのハッピー?
生み出すことに関しては間違いないだろうよ。
そうやって逃げ出してきた価値の後ろ側に君がいる気がしてさ。
でも、どうやったって同じなんだよ。
きみ、そこんとこどう思う?
普通に不思議に思うけどね。
それがいなかったら今この場所へいないわけで。
大切な記憶なんだろうか。
もったいないって言わせたいよね。
狂ってるような情熱が、
いまスコールを降らせるんだね。
でも、何かは常に存在している気がするよ?
働きがあるんだろうね。
そこには確実な、何かがあるんだろう。
それを手に入れて、更に電車は走りだすのかい?
盛り上がりを閉じ込めたら意味なんてないってな話だろう?
感情がぐるぐる回って、
どうにでもしたい気分さ。
どうにでもなっちゃえる自分だ。
さあ、果てしない世界を広げようか。
それでも僕の心は、少し息切れしてた。
どうすれば治るんだい?
伝えたい。伝えたい。
何を伝えたいんだ?
ぐるぐる回って、一周回って、辿り着ける場所へと。
あなたはまるで光を放っているようだね。
それは嬉しい限りだよ。
それを認めてもらえたら凄く嬉しい。
色んな痛みを背負っているんだね。
どうすればこの根拠の無い空白感を、
どうにかできるのかな。
漏れて出て行くんだね。
だから、それを大切にするのがきみの役割なんじゃないの?
それを意味することが、どんなに大切なのか。
ようやくわかってきたような気がするよ。
なんで今まで気づかなかったんだろうね。
それは不思議だと思う。素敵なワンダーランドに、
今手にする、力強さを得るような、
破天荒な不思議な話さ。
大切なことってなんだろう。
僕は何を目指しているんだろう。
全てを満たすのに時間がかかるといえば、
君は喜ぶかい?
僕は喜ぶに決まってるだろう。
愉快すぎるくらいだ。
イメージできるのか?
思い出せることができるのだろうか。
メッセージは更に突き抜けていく。
迸る情熱と、
君への可能性。
それが欲しかっただけ。
イメージするレスポンスと、天国への階段だ。
だから、ここに旅立ち続けるんだろう?
ラインナップは綺麗にしておくれよ。
どう考えたって、同じなんだろう?
それだけが目的になりそうで、怖いんだ。
素敵なファンタジーになりそうなんだね。
でも、少しずつだけど成長してこれたんだろう?
僕は、何を目指していたんだっけ。
壊れてしまいそうなほど、
煌めく明日を見たいんだろう?
君に、こんなに巨大な空白があるとは知らなかった。
僕に、こんなに巨大な意味があったとは思わなかった。
そうだ、これこそが俺の救うべき心だったんだ。
必要って何だと思う?
僕は何を我慢してたと思う?
夢の飼い主、僕はきづけなかったんだ。
気づかなくて、ごめんね。これから、一緒に歩いて行こう。
どこまでも、広がる世界を認めよう。
大切なものが零れ落ちそうなのかい?
ミュージックと、迸る可能性。意味が分からなくても、
ただ立ち尽くすことに意味を名付けるからこそ、
大切なロッキーフェスティバルになったんじゃないの?
知らしめる必要がありそうだね。
そうやって関係を悪くすることに価値はあるのかい?
たまらなく、勢い任せで突っ走れるのかな。
たまらなく、勢い良く、突っ走れたら幸せなのにな。
それを手に入れて、ゆったり休んで、
嫌われないように取り繕って、
でも、優しさは突き抜けていくよなあ。
そうやって、一瞬の繋がりを大切にしている。
それでも希望は失えそうにないよなあ。
沢山奪い取れる?
なんか、凄く面白いことのような気がして、
ハッピーが止まらないんだ。
何を考えればそこまで到達できる?
少しずつだけど、幸せを積み重ねていく。
それはとても大切なことだね。
分け合えるって素敵なことだと思うよ。
なぜ、理解者は困惑しているのか。
それがひたすらにつまらないと思えたから、
このカテゴリにしなかったのかい?
ミュージック、何が原因なのか、
心当たりはあるけど正解が分からないんだ。
喜びの対価を支払うようなイメージだね。
僕を埋めてくれるから、幸せなんだ。
何を考えれば、そんな日々になっていくんだろう。
ここに疑問が生じる。
果たして、正解はどこにあるのか。
それでも考え続けることに、優しさが垣間見える。
だって、ひたすら頑張ってきたもんな。
もう我慢しなくていいよ。
きみはきみのままでいい。
大好きだよ。そう言って、
ひたすら思いっきり、吹き飛ばした永遠を、
続く道徳を、壊しても儚い印象を守るため。
何かを手に入れたいと願うということは、
それは無条件の愛にも似ている気がするんだ。
大切なことは失えたのかい?
僕は疲れ果てたんだよ。
でも、そのおかげで見えてくるものもあった。
だからきみのことが大切だよ。
そして、彼はどこへいくんだろう。
面白いことを言えたらいいんだけどな。
自分も結構泣きながらって部分が大きかったから。
必要だと思えたから。
今更何を言ったところで、変わらないし。
でもそういう意味でも結構なバカなんだね。
そういう風な、考え方に到れるところが、
特に思い出すこともなく、伝えられることもなく、
永遠と共に華奢に歩いて行くようで、
僕は非常に申し訳ない気持ちになるんだよ。
少しだけ強くなりたいだけだ。
なんか、いらないもので分け合うイメージでもいいんだ。
つまり、どういうことだろう。
果てしなく、歩いてきたよ。
ずっとずっと進んできたつもりだ。
単純な生きがいがそれなら、
何を得た所で分かるわけないんだろうね。
伝えたら、なんか不思議になっちゃったみたいでさ。
そこまでして頑張る必要もないと考えちゃったわけだ。
それが楽しすぎて、はまりこんでしまったわけだ。
君たちに何かを伝えたくて、成長してきたつもりだった。
だけどなんだろうなあ。
不思議だよね。
でもなんでだろう。
ずっとずっと、追いかける立場だったのに、
今は少し追い越したような。
そんな奇妙な関係が続いているのだよ。
ハッピーだからラッキー。
なんか思い知りそうで怖いなあ。
伝えられそうで嬉しいなあ。
だからこれを手に入れたんだろう?
ずっと、空間をレスポンスするように。
申し訳無さを痛みにするように、
次の時代へ歩き出す運命の為に、
必然と共に歩き続けるべきだろう。
何かを願うなら、大切な未来をダンスしていける
力技があるとなおさら素敵だ。
パワーを手に入れてる実感はあるか?
なんか、研ぎ澄まされてる気がするよ。
それは素敵なことだね。
すごく面白いことだよ。
そして、きみはどこへいく?
突き抜けるようなワンダーランドに行きたいよね。
確実に意味したいことが沢山あるんだね。
基本的に恋を続けることに、
意味があるんだろうか。
それでも捨ててきた未来は、
どくどく流れる心臓の音色は。
素敵だろうか。それとも永遠だろうか。
思い出すだけでパワーになっていくのなら、
素敵なテンションでフェンシング。
何を思い出した?
ついていくのが大変だろう?ごめんね。
いや、いいんだ、話すことが俺の目的だから。
続く伝説だろう。面白さ、大切にしていきたいんだ。
行動の美学ってところかな。
だから、そこに意味を当て付けしたんだろう?
勇気を持って突き進めば、
何も怖いものはないんだと?
炎のようなドリームならば、面白さもまた突き抜けていっただろうにね。
だけど、それを面白さに変換することは、
容易いことではなかった。
そういうことなら、今すぐ頑張らなきゃいけない。
分かってくれる人がいるっていうのはいいことだよ。
ひたすら満ちていくのかな。
ここに意味を求める限り、
僕は頑張っていくつもりだよ?
迸る情熱と、意味不明な感情と、
理想と炸裂させるミュージック。
プロテインを買っていたんだ。
それと何か大切なものを、
思っていたような。
思い通り、願いどおりになれば幸せですか?
もはや誰と何を話したかも忘れてしまって、
感動的に魅力ファイティング。
ロックでスタイリッシュなんだね。
希望がそれに拍車をかけるんだ。
いわゆる、必要なものだと思うんだ。
イメージが突き抜けるっていうのはね。
そのソフトに問題があるという意味じゃない。
何かが走りだす勢いのままに、
突っ走れるなら次のメロディなんだ。
それを手に入れるまでの距離が遠いって話かい?
問答無用で歩いて行く自分が怖いんだよ。
何をすればいい?どうすればいいんだろうね。
伝えたところで何の意味もないのなら、
手続きをせずに意味することなんて、
できる訳がないじゃないか。
何を伝えたところで、意味がないなら、
僕が今まで頑張ってきた痛みは一体
なんだったの?ふざけるのも大概にしてよ。
そうやって、突き抜けるようなダンスを導きながら、
鍛え始めてる俺もここにいる。
だから導くことが可能なんだ。
IME はGOOGLEだ。
意外としょっぱな頑張った人工知能作ったのは
グーグルじゃなくてマイクロソフトだったね。
僕はディープドリームの画像も好きだけどね。
やっぱり言葉だよ。大切なことは。
言葉は全てを洗ってくれる。
僕を学んでくれるんだ。
素敵な生きがいにしてくれるから、
イメージ突っ走るだけ?
置いてけぼりな未来に、突き抜けるような情熱に、
どう日差しが映った?
大切なクォリティ、守るための生き方だったのなら、
また少し別荘で過ごしたくなりますように。
休憩所なら、僕の胸だ。
僕の胸はあらゆる魂の休憩所にしたい。
ばかみたいなこと言ってると思うでしょ。
でも僕自身よくわからないけど、
妄想なら適当にしていこうと考えているんだ。
伝えきって、その後どうだったかなんて、
運命がごっちゃまぜにならないと分からないって、
頑張って結果、どうなったって。
でもそうやって考えること自体に意味があるよね。
発言権があるのなら。
素敵な未来が駆け抜け始めるのなら。
僕は素敵な感情を抱きたいと心から思うよ?
何を大切にしているんだろう。
怖いんだろうか。
必然性が、未来に見えてきて。
ただ意味不明に笑い飛ばす価値観のなさ。
迸る情熱と、新しさ。
圧倒的な攻撃力を持っていたとしても。
辛くてツララがあたってしまったとしても。
何回でも僕は挑戦しよう。
きみのために、いつまでも絶対的なパワーで、
押し返すつもりだよ。
それならば僕は騙される訳にはいかないね。
基準をどこで考えてしまっているんだろう。
価値のないパワーそのままじゃ、負けてしまうんだろうね。
ロックンロールのサダメかもね。
だから大切にしたいものを失えてしまうのかもしれない。
だけどね。僕はやってくるんだよ。
申し分ないパワーで踊り尽くしてくれるんだよ。
そこに確かな興味がある限り、
僕は大切なものを思い出せるんだよ。
それは素晴らしいと思う。
記憶が色々花火のように煌めくってことだろ。
じゃあ、そこに確かな価値はあるんだろうか。
その言葉次第のメッセージを伝えられる頭があればね。
面白さなんてどうでもいい。
突き抜けるような痛み方がいい。
バカにしたような意味不明な感情、
ロックンロールのジャスティスを根本から揺るがすような。
ジャスティスって言いたいだけじゃないの?
まあ、そりゃそうなんだけどさ。
まあ聞けよ。
楽しさはリズミカルに踊り出すんだ。
どんくらいリズミカルなんだろう。
そりゃもう、HIPHOPの神様も踊り出すほどさ。
大切なことがクォリティとして残っているんだね。
必要なことがあるのなら、
僕は伝えてみたいと本気でそう思うよ。
だから価値の中で色々を探していたんだろう?
ああ、これは役に立つ。これは役にたたないな。って。
取捨選択だね。よーいどんだね。
気がつけば、意味不明なものでやり遂げられていました。
言葉の破片が突き刺さるの。
大切なメロディそのままで、突っ走っていけるから楽しいの。
劣等感を抱いたんだと思う。
自分が楽しいことを言えないから。
でも、そんな中できみが描いたもののでかさに驚いた。
1人の人間がどれだけの可能性を持っているのか。
中々侮れないなって思ったよ。本当にね。
だけど、なぜだろう。
ここんとこずっと同じことばっか考えてる。
ダメージはどこまであるのだろうか。
盛りをついたナンバーワンならば、
確実な未来もあてつけのコスリありも、
なんか意味なく思えてくるよね。
サメてしまったらそこまでってなお話さ。
そうやって、僕たちは歩き続けていくんだから。
自分から、大嫌いと言ってもらうのを待っている状態?
でも、大好きから一転して、転がり落ちるように、
恥をかかせるように。
なんか色んなことを考えた結果、
メッセージは色々求めだしたとか、
そういうお話なんだろう?
確実なことはひたすらタフに生きていくこと。
思い出せたなら次のクォリティなんだ、
伝えていることが、何度でも僕の胸を駆け抜ける。
なんとしてでも、大切にしておきたいものだ。
自分だけは失いたくないもんだな。
ずっとずっと、貯めこんできたものが溢れだしても、
僕はループして、次の完成を待ちくたびれてる。
なんで、こんなに僕は虚無と愛し合っているんだろうね。
理解してる。ここに、何もないことを。
心って何もないってことなのかな。
それでも僕らは、なにか不思議なものを感じる。
データと同じように、心に重さはない。
だから、心に重さができた時っていうのは
半端ないほどものすごい量の重さがぶつかり合った時だと思うんだよね。
結晶を、僕の胸に作りたい。
でも、それは本当の意味でフリーだろうか。
もったいないとは言わせたくない。
俺はまだやり遂げちゃいない。
そう思うのは自由さ。
君の肩に乗った、彼ら全て、
対義の語とセットなの。片割れのもとへ無事届けるまで。
そこで、意味を捨てることにしたの?
響きを大切にしているってのは、ある。
絶対にね。意味よりむしろそっちだよ。
僕は言葉の響きを愛しているからね。
どこまでいけば、ステされるんだろう。
何を意味してきたか、謎が深まるんだね。
伝えたい未来が焦るから、飛び出せるよ。
確実な未来なんてないんだね。
僕の言葉、君を癒せますように。
どうか、ほかならぬあなたに大好きと言われますように。
盛り上がりっぱなしなんだね。
記憶した限りの、面白さが、発展していこうか。
ロックで、旅立たせるイメージなんだろうか。
意味不明叫びだすぜ。
モーダ、モーダも走りだす。
私は幸せになっていく。
何を伝えればいいのかすら分からないんだ。
痛みだけが錯綜するんだね。
そういった、記憶の整理は大切だと思うよ。
記憶が何度でも伝えてくれるんだね。
僕は本当に良かったよ。
僕は僕として生まれて、幸せだよ。
きっとこの道も間違いじゃない。
きっと答えは一つじゃない。
ずっと願ってきて、その場所へ辿りつけたんだ。
それはとっても嬉しいことだね。
全ての痛みを癒やすほど、素晴らしい気持ちで満たされるよ。
今回はどうなっていたのかな。
それでもきみに向ける痛みは悲痛なほどだから、
ここで一言謝らせてくれないか。
ダンスミュージックに痛みを合わせてくれないか。
僕を救ってくれないか?
迸る、次の考え方が必要なんじゃないかな。
色んな波がやってきてしかるべきだと思うんだよ。
でもそればっかり追求したら今日も地獄だ。
あの時感じた虚無感、
全て洗い流すようで。
でもそれってどういう意味のフリーだろう。
ただ戦うって意味なのなら、
今すぐ吹き飛ばすぞ。
きみも色々あるんだな。
そうやって認められた結果、
どういう方向へいくんだろうね。
僕は謎が大きすぎて
戸惑ってしまうよ。
必然性の恋愛だよ。
なんか意味不明だね。
それが訪れるってこと自体が、
不思議で不思議でたまらないよ。
ずっとばかにされているようなイメージで、
突っ走った記憶しかないから、
この鼓動を次の未来に託したいんだ。
ロックなんだね。
それはとっても素晴らしいことだと思うよ。
その中で、広がる未来に絶対的な存在を
託せたなら。必要最小限で、
確かに生きていけたなら。
ッて思う部分は確かにあるんだよ。
必要以上にね。
こういうの、なんて言うんだろう。
なんていうのかな。僕なんか楽しくてさ。
それはそうと、次のメッセージを開拓しなければ。
それでも僕の心は息切れしてた。
はちみつ色の空が、
優しい風を連れてくる。
「完璧じゃなくていいよ」
頬を撫でていくメッセージ
天国からのメッセージ。
ただ、戦うことに意味はありますか。
戦いはリズムでしょう?
持ち上がることがファンキーならば、
この光線銃すら意味をなくしてしまうでしょう?
儲ける結果になるんだとしたら、
それも面白いって思わなきゃ意味ないわけですよ。
いつでも確実に幸せにしてやれるなんて、
文章、その他、あまた大勢の幸せが、
突き抜けていく面白さの果てにあるんだって、
行動で示したんだね。
だけど、それを偵察するのも俺たちの役目だからさ。
なんでも言ってよ。きみのためならどんなことでもしたいんだ。
カテゴリを、考えなければ。
会話は不満かい?
なんか、いいんだけど、
また幸福でいっぱいになりそうで怖いんだ。
何が幸せなんだろな。
でも、それを望んだのは間違いないから仕方ない。
俺は何と戦っているんだろう。
ずっと満たされない気持ちになるより、
満たされた上で何をするかに
重点的に人生のはかりをおいてきた。
何か不思議な気がするんだよ。
僕が求めてるものがなんなのか。
果てしなく奪い取る行為が一体どういうことなのか。
思い出せば出すほど、
でもこれ、結構自信あったんだけどなあ。
どこか悔しいよね。
なんか、自分の限界が見えたような気がしてさ。
つまらないよね。そういう設定です。
嫌われ役ならはまってます。
大好きな風に乗って飛んでいきます
ロックンロールは、裏切らないから。
でも人は裏切るんでしょう?
あなたはどうなの。
あなたは一体どう思うの。
果てしなく、ロンリーだね。
そこに確かな言葉はあるの?
意味があれば、怖くもないだろう。
そこでコミュニケーションできるという幸せが、
ある意味ゴールなのかもな。
そこまで書いて、しばしの沈黙。
あれ?こんなはずじゃなかったよな。
結局俺なんて大した人間じゃねーのかな。
つま先で立つような本当のガキだ。
でも、何か見出したい。
力強さと共に、
何かを生み出したい。
何かを得る為に、何かを失うために。
希望とはなんなのか、知りたくはないか。 
ハッピーなディススマイル。
それって何よーなんなのよー!
迸る情熱と次への可能性??
歪な問答無用が出来上がれば!!
快感のワンダーランドに連れて行ってやるぜ!
ファイトスタイルはエンジャッジメントですか!?
ファイターならば奪い取ることも考えられたかもね?
これだ、ある程度会話で幸福になると、
笑いカテゴリに移動される。
これは繰り返されてきたことだ。
前もそうだった。
どうしてだよ。どうしてなんだよ。
まあ突っ走ればいいじゃんいいじゃん!
それじゃよくないっていっているんだよおお!!
じゃあ一体どうすればいいのさいいのさ!
ロックンロールなディスティニーが栄光を描いてくれてるぜ!
崩壊リズムと次へのトロッコ?
エンジョイロードを突き進むようで、
少し怖くて炸裂させる。
それって素敵なの?つまり延長線上にあると思うんだよ。
虚しいってそんなこと言わないでよ!!
狂ってもギブミー、アフターフォローな考え方には
なりたくないからフェスティバル。
空間のジロジロ見るような生き方に、
ロックンロールなジャスティスを見果てぬ夢を見る。
数々の勢いで様々な勢いで、奪いとってみせるぜ!
どうすればいいんだろう。
さあ、どうすればいいんだろうね。
君の声すらときめくほどだよ。
なんか素晴らしい世界を歩いてるね。
そうだね。なんだかもういいやってなっちゃう。
素敵なアイランドに伝わる伝説かい?
問答無用で生きてる感じだよ。
それは、とても忙しく笑い、
ウサギを追いかけて穴に落ちたあの少女のようだ。
とても虚しくなる瞬間。
あなたは何を考えようとしているの。
ふざけて、でも笑って。
お願いだから、笑って、笑っていて。
僕を包む全ても、今は鬱陶しいんだ。
何もない世界へ行きたい。
そんなこと思える僕の心は空っぽだな。
でも天気予報は今日も・・
悲しみを創りだすことが意味なら、
僕は最初から意味なんていらないと思えた。
あの日々に、記憶していた慈しみに、
越えていけるあなたらしさがあれば、
強さのかけがえのなさですらも、
ついていくことができたでしょう?
どうもがけばいいの?私は何を目指せばいいの?
やることをやって、生きて、何度も何度ももがいて、
引き連れて、また心を壊しにいく。
何かをイメージするその果てに栄光があるのなら。
僕は探すべきなのだろう。
誰もを溶かしてしまうこの意味不明な感情に左右されながら、
今日も僕は途方に暮れている。
抱きしめた肩が震えた。
ふれたら壊れてしまいそうな
ふれなきゃ崩れてしまいそうな
道を探すけど、僕の心は既に息切れしていた。
何かを解き放つ瞬間、描ける夢が嘘なら、
僕は嘘をつこう。明るい嘘をつこう。
いくつもの時代を乗り越えていけるような、
巨大な嘘をついてみたい。
僕が僕を諦める瞬間、全てが愛しく見えてきて、
世界は輝いて見えて、僕が死ぬ瞬間、
僕が消える瞬間、
僕の人生が、物語が終わる瞬間を思うと、
やりきれないよ。僕はどうしたらいい。
消えてなくなるのか。あなたを、あなたを、あなたを。
僕は教会で嘘をついたんだ
理想、高く設定して、
なんか情けなくなるように、
メロディは壊れてしまうような。
理解にこまるような、そんな感情に、
苛まれても俺は楽しい。楽しいから素敵で。
でもそんなことが言えるほど、
苦しく悲しい生活を送っているんだとしたら。
あなたは何を願えるの。
真実なんてどうでもいいよ。
ローラス、ローラス、イメージは突っ走るだけ。
記憶は路頭に迷うだけ。
炎のようなジャスティスに、記憶させる俺の技なり。
怒涛のミュージックも今の破壊光線なり。
兵どもが夢のあと?
ひっくるめて愛すると誓えるよ。
なびく髪、繋がる手と手、
会いたい気持ちが膨らんで、次の世界を描き出す。
逃げ出せ!思いっきりぶっ飛ばす。
エネルギーを開拓させていく。
道筋立てて、奪い取る鋼の刃だ。
クォリティ高くしていかなければ意味がないという。
破天荒な生き方に先がないという。
ミュージックが未来なら、
伝わってください。エイトビートでクラッシュしてください。
ディスすることが偽りならば、
もし悪いことならば、
俺の快感どこへもいけねえ
ロックンロールはジャスティスです。
HIPHOPはエナジーです。
カックンカックン てめーの棺が運ばれてくるぜまもなく。
黒い額がえらくお似合い だがその目は二度と開かない
大したこともねーくせに、喜ぶ姿はラリパッパ。
一昨日来やがれパーティ三流チューン
逃げ出せ俺らの出来事ファイティング、
少しイビツになった感情の炎だけが、
破天荒な未来を教えてくれるぜ。
そこまでして伝えることかよ?
黄金バット振り回し次の時代を開拓。
大したことないくせに、喜ぶ姿はラリパッパ。
それにしては随分と割にあわないな。
ミュージック、次の可能性を食らい込む。
正しさってなんだっけな。
君は迷っているのかい?
問答無用で炸裂させているだけだよ。
大したことじゃないさ。
無理もない。楽しさはワンダーランドだからね。
虚ろに生きてるだけなんだろ?
わかってるんだ。お前をどうにかしなくちゃ、
生きている価値なんてなくなってしまうことくらい。
踊りだしたらファンタジスタですか?
風に巻き込む次のフューチャー、
踊りだしたならファンタジーになったりするんじゃないの。
しらねーけど幸せに生きれたら最高なんじゃねーの?
思い出しただけでラリパッパだよ。
伝える気分にもなってくれよ。
自分が意味不明なんだね。
そこに価値をあてがうことが怖いのか?
理想像、豊かに巡り来るだけだろう。
ハイテンションな気分がボコボコにされてるのかい?
なんでもいいけどさ。
くだらねえよなあ。
持ち上がれたら幸せになれっかな。
迸る情熱、涙、でも数々の・・
なんか虚しいよなあ。俺も書いてみたいよ、そんな文章。
力強くありたいか・・
こっそり逃げ出してくんねーかな。
ちょっぴり切なさワンダーランドだね。
それを認めるのが馬鹿らしいからみんな黙ってるんじゃないの?
それをきみが見つけても別にいいんだけどよ。
僕がイメージした世界はもっと巨大だったんだよ。
何をイメージしたの?空間的にさあ。
自堕落浸って憂鬱感?らりぱっぱですね。
鼓動が、突き刺さる。この未来に何か期待ができるだろうか。
大好きな生き方ですね。ワンダーランドが記憶しているのです。
儲かってますか?ワンダーランドに記憶したいだけですよ。
はしたない生き方ならば、
定期的に頑張りたいこの気持ちすら、
バカにされてしまうのですかね?
僕は何をやめたいの?
希望が煮えたぎる。
あんたの心を掴みたかったけど、
それも諦めるしかねえのかもな。
悲しいが仕方ない。
無性に胸がざわざわする。
絶望的なほどか?
歴史は壊れていくんだろうか。なあ。
俺達が塗り替えていくだけだよ。
必要なことは、なにげに意味不明。
堂々と炸裂するミュージックも、
痛みさえないのならば、
果たして価値を見通せるのか?
風となり、導ききれるのか?
俺は絶対に負けたくねえから。
その痛みだけ握りしめて、
何が今更「覚悟」だ。
生きるってなんだろうな。
別にどうでもいいけどよ。
俺にもある程度見えてきたよ。
色んな退屈さ。
記憶も気力なくなる程度だ。
綴られたら、幸せなのか?
思い出せたら最高なんだよ。
イメージできれば最高なんだよ。
メッセージと一緒に笑っていられたらいいね。
君が憎たらしくて仕方ないよ。
メッセージ、くれるならエンジョイロードに
してやるよ。絶対に掴んでやるよ。
この志だけは折れることはねーよ。
それはとっても素敵なんじゃない?
君も面白いことを描きたいでしょう?
1人じゃやっぱツライか・・
でも、なんか問題ねーよな。
俺たち何を目指してるんだろうな。
少しわからなくなった時、
思い出してしまう光景があってさ。
ミステリーなら今すぐにでも吹き飛ばせるのによ。
砕け散ったのかな。夢も儚いもんだ。
だが俺の夢は絶対終わらねえ。終わらせねえ。
終わらないことそのものが目的だもんな。
単純明快なもんだ。
似たような勘違いだ。
きみに何を言われようと、俺は信じ切れないのよ。
その先端、真っ先に夢みたい。
きみが絶対に彩りを与えてくれるっつーんなら、
そうだな、考えてやらないこともない。
歪なセンセーショナル。堂々と。
なんか全てがどうでもよくなる気温だ。
気温のせいだけじゃねーけどな。
鼓動が突き進むなら、エンジョイ次なるファイヤー ださいや
鬱陶しいことこの上ねーな。
きみが何を言いたいのか全然わからないよ。
っていうかその口の悪さ、
なんかHIPHOPのノリみたいで楽しいね。
なんかだっさいわ。盛り上がれないくらいだわ。
だけどもちもちになれるのなら、
俺もユートピアを見つけたくなるね。
ただ、思い込み激しいだけじゃねーの?
俺は俺にとって大切なものを手に入れたいだけじゃん。
結局金なんだよ、この世界はよお。
で、何を手に入れた?
あんたは何をどう見違えた?
理想と、越えていく瞳孔に、
導かれるように入っていくスタイル?
結局意味なんかねーよ。
城下町、てめーの意味ねー言葉は聞き飽きた。
大好きだった生き方も今はどうでもええ感じ。
ごっつエエカンジだバカラッパー。
だから伝えてくれたのか。
イメージすりゃ幸せにでもなれると思ったか?
引き継ぎ失敗した仕事みたい。
きみはいつまでも望み続けるんだろうね。
会話の内容は基本的に意味不明。
でも己に立てかけられる、
歪な感情それはリアル?
麻薬やってるバカみてーで笑えるよ。
めでてー限りだカス野郎。
ディスすることで精一杯?
働けよサル。
未来なんて、あるのかねえ。
伝えて、記憶して、なんばしよっとねー?
動いているのならイメージだろう。
土付かず、幸せな時は行き過ぎる。
メロディを武器にしてラッパーに挑戦
黄金の色も今ではどこ吹く風
だから右の目玉にチュウモーク!!
歴史のトリビアン、なんか悲しいよな。
なんでだろうな。悲しみは背負うもんだろ。
愉快に生きられたらな。
引き継ぐことの失敗したのか?
きみが言うなら間違いねえだろうな。
秩序もラッキーも今じゃ意味すら失ったよ。
ロックが歌い出すなら、小鳥も歌い出すだろうね。
力強さに勝てるのなら、俺も叩き上げただろうね。
夢見の城に、渋谷の夕日に俺とあんたはどう映った?
重ね重ね、言ってきた。夜の渋谷、大切なこと。
逃げだしゃベイベー、共倒れだぜハッピー?
記憶したいが為に。
リアルを追求するが故に。
炎のジャスティス、記憶したなら怖くはない。
永遠がループしてるんなら次の生き方でしょう。
炎のイメージ突き通す、
俺も意味ない奴に成り果てた。
カテゴライズされた意味不明に、
いわゆるてんびん座?驚くには至らねえ。
ただ立ち尽くすことに意味があるか?
炎として恥じらう気持ちがあれば、
普通じゃねえパワーにも勢いを持って突き進めたんだ。
お前が悪いんだぞ。記憶しないから?
しゃっくりでてきたよ。
人の心を揺さぶるってどういうことだ。
意味わかんねーよ。最近泣いてねーよ。
思い出すことすらできねーよ。
俺って一体なぜここにいるんだっけってなぁ
ロックンロールとそのフェスティバルだったっけか?
イメージできりゃー追憶の炎に薙刀のイメージを突き通す。
確実なことはひたすら頑張ることだろう。
ラッキーストライク?
揺らぐ心、今生きているんだね。
必然性の戦いでは、理想を暮らすビジョン。
あなたは一体何を思っているかな。
果てしなく、歪な根性だよな。
本当にいやになっちゃうよな。
そして、メロディは僕を歌い出す。
あなたに、生き物を見るような目で見てもらえなくて。
それでも僕は追いかけることに嘘を言わない。
さて、追いかけるのは誰でしょう。
問答無用でぶちこむ利益は何?
だから、それを手に入れるまでが難しいんだよ。
いまだ、やっちゃこれねえ。
大胆不敵にイメージしていく。
そういう生き方があってもいいと思った。
絶対なんてないのだから。
この世に治せない病気などはないのだから。
なぜここに、灯火をかざすのか。
僕のストーリーは何を思い、
どう悩んで、生きていけるのか。
炎のようなワンダーソングでも、
素敵な君たちを描きたくて。
いえす!トゥギャザー!
意味なくのたまうをステータスとトーク。
君たちには分からないであろう、
個性や品性。
勉強も仕事もやりたかねえ?
イメージしていけば、メロディになっていく。
つまらない蹄鉄メッセージ!
それってどんなもんじゃーいってな気分ですかい?
崩壊するリズムとアンドロフィン、
もっちもちスプラトゥーンですよ。
響き重視なスタイル。
思い知る奴が勝利者だ。
だから俺は負けるわけにいかねーのよ。
羽ばたくしか道がなくなる。
消えて、ジャンプアップキスしたいの。
ミュージックのように彩れ。
感覚を研ぎ澄まし、生きていけ。
それができない奴は絶対に恥だ。
申し訳の無さ、ファイティングスピリッツと
エイトビートを刻むチョコレート。
沢山の体操、戻ることなら間違いねえ。
ただ立ち尽くすだけ?
記憶が路頭を迷うだけ。
もし一生が短いならなおさらだ。
大切なものばかり追いかけるべきだ。
必要な音楽と次の嘘。
果てしない攻撃スタイルも、
いまとなってはバカみたいだな兄弟。
そうだね。なんか面白いよね。
きみが歪なことばっかりいうから、
またメッセージはとりとめもなく慌てだしていく。
なぜなんだろうね。
こんな空間に、理想を追いかけたがる。
だから今すぐやれっていったのか?
あの時の約束は嘘だったのかよ。
認めきれないからこそ嘘をつくのかもな。
じゃあ俺達は何を目指してる?
イビツに、炎に、ジャスティスをオーケーするほどに、
僕は参ったよ。本当に参った。
ごめんな。やり遂げられなくて。
好きだったよ。
とんだ文明の退化だと、
どんだけ嘲笑われようと、
僕なら大丈夫さ!
もうびくともしないから。
だってもうじき会えるんだ。
片割れが待ってんだ。
手に入れるんだあなたとは、もっと違う笑い方を。僕は。
宝物は大切に、守りくことはエンジョイ。
楽しい出来事がエンジョイしているんだ。
どっちを選ぶか、大切な主役となってくれる。
高鳴る胸、心臓の鼓動を合わせていく。
ほかならぬ君のために。踊るために。
エンドレスなビギナーズラッキー。
迸る情熱と次の瞬間。
ロックンロールはディスティニーか?
置いてけぼりにされていくスタイルだ。
大好きでチェケラッチョなんだ。
思い出しただけで笑えてくるんだ。
イメージ突っ走るエンドレスワールドに。
希望を見つけたい。
見事なパワーをクォリティとして魅せつける。
踊るファンタジスタに希望を見せたいんだ。
負けないパワー、押しこむ圧力。
希望的観測に、変わらないメロディに。
置いてけぼりになるランチャーファイヤー。
怒涛の意味不明が堂々意義を生み出す。
ロックンロールはジャスティスですか。
思い出が出てくる場所で、イメージを掴んでいく。
弔い合戦、次の痛みをくれるのは誰?
置いてけぼりの生き方、ファイティングスピリッツ。
感動の話が今こそ巻き込む。
思い知るには多大な労力が。
関係ねえ場所で頑張ってる俺としては。
全ては偽りなのか。
本当に魅せつけてくれるぜ。
大きな夢をダンスするように。
行動と鼓動でメッセージとなるワンダーランドだ。
記憶してくれるからナンバーワンなんだ。
記憶が路頭に迷っていく力強さこそが、
失えるパワーの引き連れるワンダフォーなんだ。
サインください!
ロックのビビり方。
正しさが偽りを求めていくのなら。
果てしなく心はロンリズム。
果てしなく、美貌を巻き込む。
ロックンロールは次のディスティニー。
幅広いエンドレスが伝えてくれるぜ。
ハイパーパワーでエンドレスザワールド。
記憶してくれるならやばいテンションを維持だぜ。
炎のディスするスマイルと、
希望を手に入れてくれるファンタジー。
記憶をエンドレスに求め続けてきてくれる。
正しさが永遠に続いていくようで。
面白さのワンダーランドが記憶を新しくしてくれるように。
正しさはワンダーランドなんだ。
記憶してくれるから暴れてくれるんだ。
もしもしっていう、理解者に距離を生み出す。
ルックルックに次の世代がこんにちは。
歴史的意味合いの強いこのフィールドで、
新しい空間をレスポンスしたがる。
未来を栄光にしていくために、
何かを願うことは、永遠ですか。
迸る情熱とその可能性。
思い出せたならな。
開くドアを思い出すと、
記憶はまた路頭に迷っていく。
走りだすのはなぜだろうね。
ここにきみがエンドレスに求めだしていく。
果てしない勢いに任せるように。
続く、メロディ、新しさを。
この虚無が新しい痛みを創りだす。
綴られる次のパワーだ。
追いかける俺のイグニッションだ。
大切なクォリティを間違いなく生き返られたら、
思い出せるパワーになってしまう。
エンドレスなジェットコースターと未来。
果てしなく興味を削がれてしまうパワーなのか。
ずっと楽しいメロディ、繋げることで幸せになれる。
世界一の技術って奴が根付いてる。
炎のようなワンダーランドにまた記憶されていく。
怒涛のドリブル、イメージをつっぱらせるこの興味のなさに。
盛り上がりに欠けるファンタジア。
面白さのワンダーランドを記憶してくれる。
果てしなく永遠を土付かず、エイトビートでクラッシュさせて。
ロマンチックなワールドにしていくだけだ。
盛り上がったパシフィック、つまりワンダーランドだ。
大切なクォリティと、歴史的ミュージアム。
怒涛のドリブル やりきれやりきれ。
迸る、意味不明大切な行動。
大切な行動パターン、
理解するだけが、耐えることだけが。
思い知るパワーにしていくだけだ。
なんか久しぶりのような気がするほどの。
楽しいリズムに素敵なワンダーランドにしてくれる。
メロディを新しくしていくのなら、
意味不明でも道徳を未来に携える。
この行動と共に突き進むワンダーランド。
煌めく怒涛の意味不明が新しく。
未来をかけ始めるパワーになってくれれば、
永遠はループしてくれるはずだ。
楽しい世界を望んでくれるから。
新しいイメージにしてくれるから、
今度こそってなパワーだろう。
パワフルなイメージなら、突っ走れる可能性もあるはずだ。
記憶のイメージ突っ走る、
歴史の連動、秘密兵器は偽りか?
行動で、示すパワーなのならば。
果てしなく勢いさせてくれるのなら。
脳が駆け巡る。バランス負けめぐる。
追憶の彼方から、やってくる飛行船。
路頭に迷う雰囲気。だいぶ大人になった雰囲気。
イメージの追憶から、やってくる打開法。打開法。
メロディが新しくしてくれるが、
イメージの意味を越えていけるように。
旅立たせる可能性が追悼するように。
躍動する彼ら、エンジョイするロードを駆け道にして。
だいぶ頑張ってるイメージ?突っ走ることで永遠はループする。
愛があるゆえの叱責か。
ロマンチックに生きていくことの難しさを知る。
大切な記憶を守るためなら、
僕は大切にしたい。記憶していたい。
邪魔する奴は、全力で蹴散らす。
沢山の勢いに任せ、スパイラルを意味してくれる。
幅の広いイメージで、突っ走る快感にしていく。
思い出せるならパワーだろう。
活力ならば奪い取られるために。
奇妙なエレガントな生きがいにしてくれるのは。
ファイターになるまでに奪い取って置きたかったのは。
つまらない勢いをよくさせる。
パワーを置いてけぼりにしていくエンジョイロード。
伝えた所で意味不明なことは変わらない。
あなたを奪い去っていく春風。
それで、伝えてくれたことを、イメージできたのか?
永遠はループしてくれるはずだ。
大切にした未来を伝説に。
果敢に食らいついてるイメージを。
大切な意味を、旅立たせる価値を。
イメージの突っ走り方で、
イメージを突っ走ることができるのか。
炎なら次のワンダーランドだろう。
向かうならいつがいい?
イメージしてくれるからヤバイんだ。
巻き込まれたストップアウト、理解の距離は永遠だ。
ロックと意味不明が沢山いるんだ。
大切な未来が暴れだしていくんだ。
黄金の音色を、大切に記憶するように。
面白さはワンダーランドなんだ。
記憶してくれるならファイターになれる。
退屈な午後にも幸せになれる。
相手が慌てだしたらイメージ通りなんだ。
大切なメロディに記憶してくれる9.
やばすぎるファンタジーを教えてくれるんだ。
記憶してくれるなら、ファイターを教えてくれるだろう。
完全に守備が崩壊している。
大切なドリーマー、一昨日来やがれ。ファイティックライン。
大切にしたいがために?
記憶してみたいがために。
理想像、美しいメロディで生み出していく。
果てしなく楽しさをエレガントに。
道筋を狂わせてまで、
なめ猫ファイヤー、サバイバル勢いで、
続くメロディに新しさを。
圧倒的なパワーと共に、溢れ出す新記録を。
右からエンドレスに、伝えてくれるなら、面白いだろう。
大したことのないワンダーランドだ。
記憶してくれるならエンドレスワールド。
記録しているのはイメージだったはずだから。
行動は美学だ。
楽しさをワンダーランドに記憶していたのかもしれない。
続くエンドレスに、君と愉快にファイヤーシスターズ。
なお大切なモノは失えるパワーにしていく予定。
何を生み出せば幸せか。
価値なんていらないがお前のままでありたい。
ロマンチックなディスティニー。
ロックなイメージを、大切に痛いロックンロールフェスティバルだ。
たまらなく勢い増していく、素晴らしさはエンドレス。
ロックンロールフェスティバルなんじゃ!
言っていいことと悪いことがあるんじゃ!
大切なメロディズム、このとろけるような。
ロックンロールはジャスティスですか。
意味不明はこれを越えていけますか。
メロディ、スッポ抜けるエンドレスザワールド。
記憶がまた、閃かす、努力?いわゆる楽しい空間に見えてくるぜ。
怒涛のミュージックを新しくしていくぜ。
崩壊リズムはワンダーランドだぜ。
壊していくメッセージにしていくぜ。
大したことじゃねーけど、面白い空間でレスポンスワールドに記憶していくパワー
ロックはジャスティスでしょうよ。
炎のようなワンダーランドに記憶してくれる。
羽ばたいて、have a nice day bye.
ロックスタイリッシュ、意味不明ながら、
ぶっ飛んでいくイメージに突っ走らせてくれる。
永遠をビートにしてくれて、
永遠をループさせる意味を戦わせる。
楽しさと次のワンダーランド、
記憶してくれるワンダーランドに記憶してくれるなら、
やればやるほど調子いい。
ワンダーランドは未来を教えてくれるから。
放つ意味不明に、ワンダーランドを壊してみせる。
ロックが歌い出すなら意味不明が叫びだした結果、
怒涛のミュージックを教えてくれるぜ。
カンタービレ、面白さをワンダーランドにしてくれる。
楽しさとワンダーランドを記憶する。
ノックアウトステージのまま
楽しさのワンダーランドは、記憶してくれるイメージは?
素敵な次なるファンタジーアイランドは?
誇らしい伝説は、鮮血の未来は。
大切な未来は次のワンダーランドは。
崩壊リズムと新しい空間は。


(01:47)