2017年11月21日

ロックンロール、次の時代へ向けていく。
それがどうなってしまうのか。
魂のレクイエムなら、
俺も負けてねーぜ!!
ハイパーパワーを見せてやるぜ。
こっからがイメージしてくれるなら、
ワンダーランドを生み出すファイヤーパワー。
楽しさと素敵なイメージだった。
ロックンロールのジャスティス、
新しい空間がワンダーランド。
冷たくしないでよ。
お願いだから笑ってよ。
その少しの距離がめんどいんだよね。
楽しさをエンドレスにしてくれるなら、
歪な行動で尽き果てるイメージに。
大切なメロディックライン、
正しさをワンダーランドに変えてくれる。
楽しい空間のワンダーランドにしていく。
ロックジャスティス、記録的ワンダーランド。
正しさは、ワンダーランドなのだが、
楽しませたいイメージが突っ走っているのだろう。
新しさを思い出せてくれるから。
ファイターは力になるんだ。
ロックはスタイリッシュに生きてくる。
ファイター、面白いメロディに突き進むパワーにする。
お前ら程度が頑張っても意味のないパワーだ。
それぞれを力強くさせる、声援を送り続ける。
悲しみをワンダーランドにしてやりたい。
ロマンチックなイメージ突っ走っていける。
路頭に迷ってる俺達がそこにいる。
すぐ前の言葉も忘れて生きながら、
少し適当なイメージだ。
痛みを壊し始めるなら、次の空間だ。
ロックフェスティバル、
叩き込むフェスティバル、
永遠にループしていく、
そこに面白さのイメージがある限り。
お金の使い方?
楽しみ方を教えてやるよ。
速い弾道で生み出せるパワー。
エンドレスで素敵なイメージを教えてくれるぜ。
果てしなさだけが突き抜けていくようで。
面白さのストップアウトしていく、
スタップ細胞に消えていくイメージにしていく。
つまらないことをイメージさせる、堂々と勢いよく突っ走らせる。
団子状態でも綴られるメッセージに。
物凄いパワーにしてくれるぜ。
ある意味一つになれたよ幸せさ。
真ん中と、面白さ。
ハイテンションな勢いと、面白さ。
時間を使って、ロックスタイリッシュ、
歌いまくる奴がいる。
素敵なファンタジーになってくれるだろう。
申し訳無さと、飛び出す栄光を導いてくれる。
魅力的なワンダーランドに行きたいのかい?
楽しい存在。物凄い影響力と跳びはねる力。
エイトビートに思い出せるパワーにしたい。
果てしなく面白い未来にご登場ー!!
極めつけは彩り豊かな溢れるバイパス!!
仕方がないさ、永遠ビートルズ。
ルーズになってる俺達も希望だ。
尽くすためならいとわない。
感情ロンリーに歪な感情ぬぐいされない。
だからこそ言うんだよ生きるって素晴らしい。
形通りにメッセージを綴ってきても、
メロディズム、破壊してるメロディに。
ラップを聞きながら口パクするのにはまってます。
かつ善の練習?踊りたいほど楽しくなるフュージョン超宇宙。
面白さもワンダーランドですね。
立てこもったエンドレスザワールド。
記憶がワントゥースリーフォーだぜ。
クォリティとともにぶちあがっていくぜ。
ストレートなワンダーランド。
ツラサもワンダーランド。
綴るメッセージは愉快なハイな希望だね。
自暴自棄的僕の恋愛。
面白さがミュージアムになっていく。
幸せがアフライド、
魂のレクイエム、面白さだけがワンダーランドだぜ。
なんだか不思議だね。
なんだか不死身だね。
記憶が路頭に迷う瞬間、
悪魔が笑うその瞬間、俺達はどこに?
炎によるジャスティス、
己を恥じないスタイル。
刻むビートとリズムが後ずさりする。
メロディックラインが新しい興味をひらつかす。
きらめかすメロディに、新しいエンジョイロードを見せてくれる。
風となり、逆転勝利を夢見ている。
うなだれていて、沢山の勢いを任せていく。
戦いはレアリズム、崩壊とトロッコ、
エンドルフィンが培うエンジョイロード。
突き刺さるメッセージと希望。
戦いを意味する素晴らしさ。
感動的な勢いの先。
未来のリズムを戦わせながら。
崩壊リズムとエンジョイロード。
戦う姿勢を見せ続けたい。
理想像、クォリティを任せ続けたい。
この行動に、いつまでもレスポンスワールドだ。
適当ながら、奪われていく体力。
迸る影響力と、うつ伏せになったパワーを。
その力の奪い取り方で、
もっと前で回せということ。
何をイメージしていたのか。
戦うリズムは新しく、
メロディを壊すように果てしなく。
次々とメッセージにしていく、
やることは変わらない。
ただ、思い知るだけだろう。
ずっとつぎ込む永遠に、
ロックは果てしなく考えてくれる。
そのレスポンス、新しさ。
戻る沢山の未来と、
面白さを手に入れた。
その風が巻き込むスタイル、
エンドロフィンも持ち上げるか?
感動的なワンダーランド、
素敵な未来を置いてけぼりにしたくないから。
何かを感じていたいから。
うざってえ響きこそが、永遠を求める希望だけが。
この距離に君がいるってことを伝えたいって
フィールドが、新しい日常が。
俺に惚れてる?ミステリーワールド。
所詮あいつも1人の人間だったってことだ。
やろうやろうと思ってても手に付かない。
中心に向けて突きあげるよ。
you are beautiful.
それはマシュマロデイズ。
まるで3D映画ハリウッドから飛び出したようなスマイル!
次第に引きこまれて、自分を見失うよ。
戦うリズムと、意味のない決勝戦。
戦う意味を問いただす。
我々はどこへ向かっていたのか・・
いわゆる意味不明が走りだしてるんだね。
俺は早々に面白さをブギウギにしていくだけだ。
モーションキャプチャー、幸せなだけなんだ。
伝えたいならエレミー、
迸る情熱と偽り?
可能性はブギウギ、
それでも涙がこぼれ落ちるのは、
でもそんななかないでよ。
あなたがそんなこというと悲しくなってしまう。
何も感じない心になりたくない。
不感症になりたくないよ。
僕は常に新しい風を感じていたいの。
のんびり言葉を紡いでいたいの。
それだけが僕の生きがいだから。
それだけが僕の全てだから。
永遠はループして、正しさを求めて溢れ出すんだね。
快感が突き抜けるけど、その対価はなに?
その、生きる全てをバカにしてるような、
記憶するたびに思い出してしまうような。
風が巻き込んでいくのだろうか。
僕の夢も、愛も希望も心まるごと
あの風は奪い去っていくのかな。
僕は少し悲しくてもがいた。
必要以上に楽しいと思えなくなった。
なぜか分からないがツライと思った。
だから憎しみを込めて、涙ためて睨むのでした。
風が答えを知っているの?
あなたは何を求めて彷徨っているの。
途方も、途方もないような、素敵な道を進んでいく。
巻き込まれるのは歪な感情だから。
上下関係どうでもよくて。
新しい道のりに突き進みたくて、もがく俺たち何度でも、
尽くす、意味ある、大切な行動に仕立てあげたいから?
炎が君を、君を笑ってるんだ。
空に笑われて、緑に笑われて、
僕はただ立ち尽くす。大地に嘲笑われ、
それでもまだ立ち上がろうとする、
背伸びする本当のガキだ。
嫌われたくなくて、もがいていた。
でも情けないよね。
そういったことも、全て奪えるという思いがどこかにはあって、
それを必然と求めることもできぬまま。
果てしない意味を越えていけたなら、どんなに幸せだったろう。
僕が僕を諦めたら、もう痛みなどないんだ。
それだけでこれら全てが、たまらなく愛しいんだ。
引き連れたダンス。踊る、彼らは自分が終わりに向かっていることを知ってる。
僕何願う。果てしなく心を優越感にしていく。
楽しかったかよ。散々取り行って、利用して。
君は僕を裏切るんだろ。そうだろ。
女々しいなんて言葉は僕のためにあるようだ。
何を表現したいの。
心がどれだけ素晴らしいか教えてくれるの?
今を走りだし、伝えることなんかできぬまま。
つまらない世界に、壊れていく未来に、
遠い痛みを、ミラクルを信じて。
だけど言葉の可能性を祈りたいから。
伝えたいから、踊りたいから。
ミスターブギウギ それでも溢れる涙。
ただ、ただ、ただ、思い巡らせる。
あの日々を、退屈な道を。
この行動の果てに、それを守るために何かがあるんだとしたら。
俺は痛みを感じながら育った。
何が生きていくために必要だろう。
なんで僕は血を流しているの。
屈強な、意味が壊れていく。
シリアの子どもたちは、なぜ自分が血を流しているのか分からない。
僕も何故自分が涙を流しているのか分からないんだ。
楽しい世界にめがけて、
なんか切ない意味を問いただす。
未来はあったかよ。
絶対に生きてみせる。
何か虚しいことがあったかよ。
なんでこの世界は悲しみと苦しみに満ちているんだろう。
なぜあなたはそんな風にネガティブな方向に転げ落ちていくの。
意味なんかねえ。ただ、イメージしたいこと、
理解したいこと。なんかもうぐっちゃぐちゃでいいや!
知るかよ!何が当たり散らしだ。この距離で生きていたいだけなんだ。
優しさはミュージック、思い知ることだけが戦う理想像。
謙虚に生きていく。でもそれだけじゃツライよね。
何をすればいいんだろう。
言葉を話せるはずもねえ。
どんどんドクドクミュージックが果てしなく飛び出していく。
何を炸裂させれば、君たちは教えてくれるんですか。
思い出せる、全ての力を注いで、その意味を問いかけたいよ。
なぜ僕はもがいているの。なぜ僕は苦しんでいるの。
悲しい振りをしても、察知されてしまう。
裏で嘲笑っているんだろって。
でも俺の人間性、何かは、常に迸る物があるはずだから。
そうやって強くなっていくべきなのだから。
もちろん持ち上がるパワーにしてやりたい。
絶対に負けたくない。
もったいないけど、そういうことなんだね。
記憶が、意味を求めだす瞬間。
新しい未来を、飛び出す快感を、大切にしたい。
だからエネルギッシュなんだろ!!
マイナス方向へいったことがないから、
色々戸惑うことだらけなんだろ!!
何をしたところで、あまり変わりはねえ。
生み出した言葉の間に、垣間見える言葉のレスポンスだ。
正しさがワンダーランドだ。そのテンションについていけない?
迸る情熱を潰す。お前らの夢を潰してやる。
鼓動を感じながら、ただひたすら睨むのでした。
何を手に入れたんだよ。何を失えたんだよ。
何か、不思議なものが置いてけぼりにされてしまう。
俺を励ますとかそういうのならいらないから。
なぜなら俺は幸せで一杯だから。
数々のエンドレスワールド、
裏切られてるように感じる。
大切さの炎、ダンスしていくミュージックなんかよりも、
素敵な生き方?ワンダーランドを壊してやる。
今は冷たい感情になっていきたい気分だ。
全て、犠牲にしてやる。
思い知れ。形を失っても、
完璧に生きてやりたいから。
思い知ったかよ。
辛い出来事あったかよ。
それで最終的に何を得たんだよ。
必要最小限で、気分ノリノリで、
なのに何が悲しみだよ。
つらく当たるイメージで、突っ走った結果どうなろうが、
関係ねえだろう?
そう、お前が俺の立場だったら、
なあ、やっちまうだろ?
悲しくても、歪でもいいから自分を表現。
虚しいけれど歩いて行こう。
なんとなくで突き進んだ。
それについていけないと、パワーじゃ疎かにできないと、
知り尽くした。だから超えていけるんだ。
きみが何を手に入れたいのか分かったよ。
ついていけないんだね。分かるよ。
どうすればいいのかわからないんだろう?
果てしなく、文字は次のフィールドへ連れてってくれる。
そう信じなきゃやってらんないよ。
昨日Tシャツに染みこんだタンポポの匂いが忘れらんない。
自分を傷つけて、それを更なるパワーに変えていく。
でもそれって虚しくない?そんなこと言わないで。
みんなそれを求めて生きてきたんだろ。
改革の時は来たって話ですか?
何を手に入れたって話なんだろうな。
クズみたいでハッピーだぜ。
本当に頭の中が素敵な人だね。
君が何度でも求めてきたことは、
大して意味のないガラクタだから。
意味なんてないことが、意味だと思います。
作ればいい。ないなら作ればいいんだ。
なけなしのステップアップ、
行動ビジョンも得られないままに、
突っ走ってきた。泣いてきた。
何もかもを置いてけぼりにしてきたんだ。
そうだ・・俺はなぜ今を見ているんだ。
風に差し込む日差しが心地いい。
あなたみたいな人間であれたら。
太陽のような人間であれたら。
価値観狂わすクソガキだ。
なんだか何もかも意味ねーな。
ハイちまおうか。
本音をはいちまおうか。
なんか虚しいな。希望がないな。
なんだかんだとうるさいな。
外野席どうでもええんじゃい、
そういう気持ちになれたから。
つらいねって切なくなって
暗いねってそんなこと言わないで。
暗いねって君が嘆くような時代なんてもう、
僕らで、終わりにしよう・・
子供たちに誇りを持ってこの国の未来を託せるのかよ。
希望は意味ないな。何をしようが面倒くさいな。
そうやって、泥沼にはまっていくだけ。
でも俺はきっと死なない。
幸せだから。
あなたが伝えること自体、どうでもいいから。
何を失った?何を手に入れた?
僕はきみを幸せにしたかっただけなのに。
何がまずかった?何が問題だった?
僕は意味なく空白を漂っているよ。
それを言葉にした瞬間、
舌先で溶けてしまいそうで。
チョコレートが嫌いなの。
君がよく言うその口癖、
僕は少し悲しくなって、
辛くなって、勢いも失っちゃって、
そういう人々に何ができるかって。
でもどうしようもないな。
僕は汚れちまった。
僕は空白を漂っている。
なんだか、虚しいね。
そんな空気で持ち上げて、
それでも傷つけようとする、
自分を壊そうとするあなたを僕は見てたくないんだよ。
量産するように、意味不明を託すように。
希望を捨てて、なけなしの光を奪う。
楽しさがワンダーランドなんだね!
そりゃ素敵だね!
記憶違い、物凄い入れ違い、
申し訳ない戦いに理想をあてつけにする。
怒涛のミュージック、
面白さのワンダーランドにしていくだけ。
遊びで放ってるだけ。
このサッカーがやっぱ俺好きだっていう。
たまらなく光ファイバー
バイタルのエンジョイロード、
突き進めば怖くはない。
スポーツなローリングな痛みだから。
かなでるリズムと共に、
溢れ出す楽しさをエンジョイしていきたい。
何かが欲しくて頑張ってるんだろ?
色々俺にはあるのさ。
素敵なファンタジー。
緻密な生き方にしてやりたい。
正しさがエンドレスだぜ!
追憶の次のミラクルだぜ!!
はびこる嘘も今なら許せる。
煌めく笑かすイメージならば、
ファイティングスピリッツ、踊り出すようで。
困憊しているミュージック、
新しさを永遠に辻褄合わせ。
チャンスなんだ、希望がメロディなんだ。
大切なメロディにしていく。
素敵なイメージ、突っ走るように。
体がイメージである、世界中に。
魂のレクイエム、怒涛のミュージック、
喚き散らす、行動の言語を伝えたい。
ラップを歌い出すように、
行動でイメージしておくようだ。
完成された歪さ、
問題無用な歴史のメロディだ。
楽しく生きていけたら、最高なのだが。
この距離と意味を、素敵に意味する葉隠。
綴られるパワー、はっきりしっかり認めてくれるから。
やばい感覚にしてくれるサンシャインシャワー。
叩き込む次の幸せか、
ロックンロールは次へのジャスティスか。
炎のようなワンダーランドに、記憶してくれたなら。
風に乗り、突き崩す栄光か。
迸る情熱ならば、
可能性を捨ててまで、エネルギッシュに。
盛り上がりっぱなしのワンダーランド?
実在する興味、大切な狂い方。
面白さとそのワンダーランド、
記憶してくれるならそれが面白い。
戦いはリスクだ。意味不明なリスプだ。
楽しいこと、エンドレスな牙。
泣きっ面にハチ ハチっつらに泣き
やばいくらい幅広い。
エンドレスなら絶叫モンスター。
たまらなくエイトビート、思い出せるように。
戦えるように、根気を出すんだね。
中途半端が嫌いなんだよ。
はきはきと喋れる人目指します。
強く願うほどに、
イメージ突っ走るぜ。
新しい快感にめくるめくファンタジー。
ロックンロール・ディスティニー?
ハニーならトラップ 意味不明ならスラップ
クラップ フラフラプリプリ
エイトビート楽しいぜ。面白さがファンタジーだぜ。
クォリティまさに奪い取るように。
楽しさがワンダーランドなんですね。
伝えたきりじゃつまらないだろう?
果てしない光景を待ち続けるさ。
そういった全ての可能性に、勢いを任せる。
楽しさをワンダーランドにしていく。
この距離が物をいう世界。
待っているのは最高の終末だ。
セーフティリードって奴だ。
簡単じゃないけど面白い。
色んな生き方で面白く生きれる。
楽しく正義を魅力的に。
楽しくしていて。ロックでサンバな七人がかなでる
他人の忌々しい感情、
愉快な炎。ラスカルラスカル。
楽しさとそのワンダーランド。
消えていく炎をワンダーソングにしていく。
守備の崩壊、レアリズムの倒壊?
適当な楽しさとワンダーランド、
面白さと破天荒な生きがいに未来がいける。
なまはげスタイル、般若の面。
鬱病気取りの一般人。
感動的に魅力的に、次のエナジー誇り続ける。
何が正しいかってレベルだろう。
ハッピー?何が?
思いっきりぶつけてくるよね。
have a nice day bye!
お前は結局何が言いたいんだよ。
交差する木霊が僕を愚弄する。
代わりばんこに希望を捨てていくのか。
リターンが大きいからその点については不満なし。
でも、なぜだろうね。とことん寂しくなって、
わざとそうやって卑屈になって、本当に最低な人間だねって。
でもそれを手に入れるから・・
っていう言い訳も今では虚しいな。
言葉の持つ破壊力と可能性、
歪な根性を叩き直したい。
色んな理由があってその状態になってんだ。
醜く映るあらゆるものにも美しい理由が潜んでいるのかもな。
大切な物を見失いそうだよ。
きついのか?ちょっとダンスするほどにはね。
だから悲しみや憂いの影の一つも宿さず、
「かわいい」と言われなれて醜く腐ったその表情にフォークを突き立てたいよ。
ああ、シタイ。。シタイになった君を見たい。
そんな悲しみを背負っていくのか?
でもそれを手に入れるから、強さは壊れていくんだろ。
俺を励ますつもりならいらねえぞ。
俺は傷の舐め合いはあんまり好きじゃねえんだ。
二本しか無い腕で何ができる?
追随するハッピー、片付かない影響力が、
飛び出して放っていくんだ。
俺はイメージ通りにいかないことも大好きだ。
歪な根性、そこのしれない可能性なのならば。
俺はそこまで組み入りたいと思わないだけだ。
俺を誰だと思ってやがる。
まあ俺はちっぽけな人間だね。
でも僕がいないと僕の世界は始まらないんだよ。
僕の世界は僕が死んだら終わってしまうんだよ。
脳に反射した世界が、イメージを作る。
でも悲しいよね。どこまで頑張ればいいのか分からない。
相反する行動パターン、俺達を憎しむあらゆるものを捨てて。
必ず生きていることを、教えるように。
虚しいってそんなこと言わないでよ。
そうやって、人を潰して、それでも元気を取り戻すなんて、
そういったことが平気でできるのがきみなんだよね。
どうしたらいいの?どうしようもないな。
全ては消え去ったんだ。
俺達に託された光はもうない。
そう、最初から希望なんてなかった。
俺達が間違っていたんだ。
ごめんな。こんな世界で。
ここは苦痛に溢れる地獄だよ。
たまらなく居た堪れない気持ちになるんだ。
なんでこんなんなっちまったんだろうな。
全ての悲しみを、すくいあげて、理解したかった。
許したかった。満たしたかった。
まるで悪いことしてるみたいで、
本当にすまない。オレの存在は悪だろうか。
メッセージはきっと届かない。
オレの夢は敵わないんだろうか。
でもそれを否定したら
俺の全てが否定されるようだから、
流石にやめておきてーもんだ。
自分を誇る。
どうせ悲しみも遊びなんだ。
僕が僕を諦めるってどういうこと?
真意を知りたいよ。
でももう残された期待はなく、
寂しくて悲しい世界へいってしまうんだね。
楽しすぎて参ってしまうんだ!!
やばいくらい天才すぎるんだ!
楽しい世界を偽りにメロディを。
たまにたまらない勢いでファンタジー。
俺は幸せに飽きたから悲しみを受け入れたんだ。
ソッチの方が楽しいだろ?
次々のメッセージになり覆い隠される。
真実はいつだって虚無を目指す。
あらゆる勢いに任せられる。
楽しさがワンダーランドなんだ。
更に進化した、完成された状態で生み出すハッピー。
風となれるなら、ファイティングスピリッツ。
戦いだす、エンドレスな日々。
頑張れ頑張れ。
見たこと無いファイター。
嫌われる俺の痛みだろ。
ロックンロールと次のジャスティス?
何かあったかよ。
ねえ、楽しかった?
全ての夢と希望を全部捨ててまでよお。
手に入れた価値はなんだったんだ?
光り輝く未来?なんだそれ。
俺はとっくの昔に消えちまったよ。
俺はなんで生きてんだろうな。
そんな風に考えてしまう、ひとりきり。
でもそれでいいんじゃ・・
そう思ってる俺は甘すぎてへどがでそうだぜ。
およそらしくない言葉を吐き散らす。
何度でも立ち上がるのももう飽きた。
俺は次々とやってくる情熱を、
絶やしちまった。理解できなくなっちまった。
俺はイメージできなくなっちまったんだ。
悲しい話だろ。どこまでも悲しい話だ。
何を願っていたんだっけ。あのメロディはなんだっけな。
もう我慢できないんだ。もう限界なんだよ。
何も面白いものがない世界。
憂鬱で仕方ない。
人を傷つけて喜ぶ人。
そんな人に俺はなってしまったのだろうか。
本当に虚しいよな。寂しいよな。
なんでなんだろうな。
いつも狂ってる。
不安なんだ。アンパンマン。
でも顔食べるより簡単だ。愛と勇気は満タンだ。
でも誰かはいつもカンカンだ。
僕はもうだめなんだ。神様の失敗作なんだ。
伝えて、何を意味したのかすら忘れて、
本当に参っちゃうよなあ。
落ち込んでしまう。
なんでこんなふうになっちゃったんだろう。
僕は空白をただ、漂っているだけ。
嫌いになれないあの人が、僕を嫌いになってしまった。
僕は何もできないだろう。
楽しさも全部突き抜けるように、
僕の心には無情にも悲しみだけが横たわっている。
俺は何を手に入れたのかな。
不思議だな。心が空っぽだ。
何をイメージできれば勝利なんだっけな。
伝わるはずもない楽しさ。
メロディがぶち壊れていく音を感じた。
何を意味するのか、忘れてしまったんだ。
あなたのような素敵な人になりたかった。
伝えたかった。理想を、思い出したかった。
必要以上に、傷めつけられたものがあった。
意味不明でも笑って。笑っていて。お願い。
でも虚しいよな。
言葉は果たして何を目指すんだろうね。
ああ、全ては壊されてしまった。
真実と、その余興。私は何もできなかった。
涙ためて睨むのでした。
だってそういうのってさ。
もうぶっちゃけ意味ないじゃん。
絶対的な存在とかさあ。
信じたって意味ないじゃん。
神がなんでもできるなら、なんかやってみせてよ。
なんか面白いことをさあ。
ケッ人間の方がよっぽど立派だぜ
この世界、森羅万象全ての物質現象概念全て
ひっくるめて、それが神なんだと。
宇宙全てが一つになってそれが神なんだと。
まあそれだったら認められるかもね。
まあそんなこたどうでもいいや。
傷つけたい。ひたすら。
もう何もかも、勇気も根気もない。
あなたには助けになる人などいない。
僕はもう負けるしかないんだろうか。
悲しいよな。涙が出てくるよな。
悲しいよなあ。虚しいよなあ。
俺は次のステージへ進んだだけの話。
記憶が入れ違い、
考え過ぎると今日も地獄だぁ。
少し痙攣する痛み。
どうでもよくねーよ、って感じた言葉の意味。
教えてくれないならこれっきり。終わらせてもらいたい。
きみの顔面見るのも心底うんざりだ。
虚しいよなあ。何があるんだろうなあ。
大切なクォリティ、どこへやったかも分からないままに、
突っ走れたらなあ。
何かをしてやれたなら、幸せだったのになあ。
大切な、退屈な大好きな。
でもそれ自体時間を無駄にしてるようで、
僕はなんだか悲しくなるのです。
あなたは何を得たんだよ。
あの時もしもってな話なんだろう?
風に巻き込まれたら、パワーになれるんだろうか。
俺がひとりでにそういった魅せつける意味を、
教えてやっと、辿り着いた意味を、
全部なくしてしまった。捨てちまった。
俺は汚れちまった。さよならバイバイなのだ。
傷つくよなあ。本当にダメダメだよね。
クズみたいだ、意味がないんだ。
俺は生きてる価値がないんだ。
でもそれでも、大したことじゃねーよなー。
メロディは新しさを求め始めるだろうか。
思い知ってしまったんだ。
俺は罪を重ねてきたのだろうか。
無性に生きていく、必要性をもがく。
なんだか悲しくて、願うことすら馬鹿らしくなる。
もう本当に、モウ本当にせかいは、
意味不明だよなあ。
素敵に生きれたらと思った矢先、
感情は落ち込み、崩れ落ちるように。
果てしなく、テンションが下がっていく。
ここまでしないとだめなんだ。
俺は声の裏から、その導きに背いてまで。
じゃあなんで悲しくなるの。
素敵な生き方、誤魔化したくなるの?
果てしない、勢いのままで、突っ走りたいと思うことすらも。
なんでもかんでも、失っていくようで怖かった。
でも本当に怖いのは、それが現実になった時なんだ。
そして、俺は悲しくなった。
何もかも意味なんてないのだろうか。
価値ねーよ。宝物なんて空っぽだ。
何もかも、置いてけぼりなんだ。
つまらないことばっかりだ。
クソつまらねー人生だぜ。
ぺらぺらぺらぺらと、よく喋る野郎だな。
なんか悲しいんだ。虚しいんだ。
なんか意味ないなって。らしくねーなって。
思い出せるだろうか。
価値なんかねーよ。宝物も失っちまった。
明るい未来ってなんだっけ。
正しさなんてない。俺は間違いだらけなんだよ。
ふざけていると思われても、
それでも記憶は当たり散らすように。
風に巻き込んでいるのだろうか。
果てしなく意味がないよなあ。
素敵なことになりたいのに。
生まれたいのに。輝きたいのに。
ひたすらに思うことはあるよ。
ただ、意味がないならなんだろう。
つくづく意味なく思えてきても、
大好きな意味を当たり散らしたいだけだから。
ユートピア?きみと夢をみるだけの。
なんか価値ないよなあ。
なんでこんなに面白くないんだろう。
分からないけどそのディス受け取って、
なんとかして繋げたい?
無理だ。何もかも意味がないんだ。
いこうぜ。ファイティングランチャー?
楽しくない。面白くない。
つまらない。だから盛り上がってみたかった。
面白くなかった結果的に、
問答無用に、理解できぬままに。
意味を通して、結局意味ないんだねって。 
逃がさないんだよって。
不公平だよなあ。俺達って。
何が幸せにさせるんだろう。
でも俺はイメージできないままだ。
何かを手に入れたとしても、
結局のところ他人事。
だからイメージすることすら辛くなってしまったんだ。
楽しくないよな。どこまでもつまらないよな。
天気予報士、それでも伝えていくの?
何の意味があるんだろうな。
面白くないよな。
続くんだろうか。いつまでも、続くのか?
くだらねえ。意味もなく笑う。
本当に疲れたよな。
意味もなくツライって思えることが、
でもどうあがいてももう無駄なんだろうか。
最初からそんなことに意味はなかったんだろうか。
俺は最初から間違っていたんだろううか。
色んなことを教えても、結局のところ他人事?
幸せにさせてくれと、
願う心、一途な炎に、ワンダフォー。
なんか面倒くさいよな。
なんかツライよな。よく分かるよ。
でもさ。そうだね。思い出せる限り、
何を生み出したんだよ。何のために生まれてきたんだよ。
申し分ないほどのパワーで、質が違うんじゃねーのかよ。
今更泣くなよ。俺だって悔しくて泣く。
何を意味してきたか、わからなくなったんだろ!!
果てしない意味に、越えていける最後に。
あなたがいない未来を想像して怖くなってしまう。
虚しいってそんなこと言わないで。
なんか悲しいよなあ。イメージに突き通せるのだろうか。
自分に危険が宿っていて心配だったんだよ。
そんな心ない瞳を映す。
道徳を意味してくれる。
風に巻き込まれ、果てしない生きがいが連れてくる。
でもそれを本当にいいと思ってるのか?
ぶっちゃけ俺たちあのコに何された?
虚しいよなあ。でもそれをプレゼントするからには、
踊らないといけないイメージは突っ走って、
更に高まっていく。鼓動が未来へと繋げてく。
新しい卑弥呼様。道徳、理解できないよ。
冷たい風、吹き抜けるから。
僕の心の穴を、すっと未来を駆け抜けるように。
あなたを抱きしめるようにただ、ただ素直に生きれたら。
アホみたいな動きすらも、理解できない行為すらも。
迸るエネルギーとパワーになり尽くす。炎のジャスティスだね。
なぜこんな。なぜこんなにも。
楽しみだす影響力、
意味不明でも形を生み出した。
結果的にどうなったんだってな話ってな。
楽しみ方が少しは変わったかよ。
エレガントな世界中に、色んな希望を生み出したいと。
なんだかとっても滑稽?
偽りの意味不明でも、楽しさを生み出すことをしたい。
何かを得るために何かを信じたい。
とにかく、大切な生き方。
放火事件も思い出せるように。
綴る、メッセージの果てに、何を見る?
感覚的な生き方で、どこまでやれたんだよ。
俺がそれほどつまらない人間だったかよ。
すまんねえ。沢山の未来を兆しを、
伝えてなお、彩れる次の瞬間を洗い直したいと。
でも感動するよね。
なんだか悲しくなる。
くだらねえと吐き捨てて、
さめた面して歩く。
いつの日か輝くだろう。溢れる熱い涙。
何が俺を消していくのか。
全てに意味がなくなりそうなその時に、
ようやく魅力に気づいたんだよ。
俺はもうこれ以上は成長できそうにねえ。
できたとしても負の方向だ。
でもそっちでも頑張るつもり?
なんか面白いよなあ。なんか悲しいよなあ。
どうしたんだよ。一体どうしたんだよ。
大丈夫かよ。そんなんでやってられんのかよ。
意味不明でも、叫びだしても、イメージつかめなくても、
何度でも毒を浴びるように、
意味不明に痛むように。
本当はどうでもいいんだろ。よく分かってるんだぞ。
お前がどうにかしてくれるから。
数々の炎を、あてがってくれるから。
何かがあるとそこに信じたんだろ。
結局何かはあったのか?
思い出せるのかよ。
果てしないこの生きがいを、ミスしてないと、
堂々と言えるのかよ。
意味が分かった上で言ってんの?
それ、侮辱してるのと一緒じゃない?
叩かれろ。思いっきり、ぶちのめされろ。
お父さんとおねえちゃんが夢の中で出てきて、
一緒に笑っていたんだ。
ただ意味不明に逃げ出した。
あなたに、あなたに、繋がりたくて。
何を願ってきたのだろう。
俺はあんたを憎んでる。こんなん言うのも自分で、
おかしいことだと思うけど。
で、何をしたら、どうなったら。
果てしない未来を描けるというのか。
僕は知らないんだ。
何も知らないんだ。
素敵な生きがいを。未来を。天才的な生き方を。
でもそれがなんだっていうんだ。
バカにされろというのか。
ふざけてるとは思わないのか。
理想ビジョン、昨日以上?
果てしなくロンリー、ボンビーな生き方でもチェケラッチョだ。
たのしさなら次のワンダーランドだ。
記憶が路頭に迷っている気がする。
思い出すためのパワーならば、
偽りの心であれば、
捨ててきた伝説、
炎のように愉快で、懐かしい諍い。
たまにたまらなくなる。
普通にエンジョイしている道がすすめる。
私魔女なんだわ。
ここまで来るともう涙しか出ないわ。
なんでここにいるんだろう。
自分を追いかけ、失って、
汚れてしまった。
かいた汗もいつか、乾いてしまう。
だけどいつも笑って。笑っていて・・。
ずっと叫び続けてる。
エレガントな痛みを共有し続けてる。
私に何ができるの。
あなたは私のために何ができるの。
できることをやればいい。
完成を待ち続ける。明日を栄光に突き進ませるために。
迸る情熱を、クォリティを下げていくために。
そういうこと、言えないもんだと思ってた。
悔しくて僕は、裸足になってつま先立ち。
思ったよりも強くこの足で歩けるみたいだ
何のための日記だ。
忘れてしまえそうなほど、
どばどば涙が出てきて、
本当に悲しいよ。本当に虚しいよ。
あなたのことが大好きだったのに。
あなたに嫌われる自分なんて、大嫌いだ。
でも待ってよ。それじゃそこで僕の物語は終わっちゃうんだよ。
ずっとずっと願ってきたことだろ?
今更諦めてどうすんだよ。
立ち上がれよ。少しは気合を見せてくれよ。
そうしなくちゃここにいる意味がなくなっちゃうんだよ。
何を求めてきたのか忘れてしまいそうで、
虚ろに生きていくことも息苦しくて仕方ない。
味のないガムをずっと噛み続けてる気分だ。
何かを手に入れたくて、もがいて、
でもなんか悲しくて、また重ねる嘘を、
大切にしたい衝動を、
未来へ旅立たせてくれるこの勢いを、
絶望のそこから、盛り上がるように。
それでも胸が痛む。いくらでも強くなるつもりだったのに。
悲しいことを言わないでよ。
伝えて、未来を。輝く明日を、教えてよ。
あと少しなんだよ。あとほんのすこしのところまで来てるんだよ。
今更諦めんなよ。頼むよ。お願いだ。絶対に、絶対に君を守りたいんだ。
なんでなのか分からないけどあなたが好きだ。
涙がこぼれてくるんだよ。 どうすればいいんだ。
記憶がごっちゃごちゃになっていく。
時間を費やして、それでもまだ足りなくて。
悲しくて、未来を、描くこともできなくなってしまった。
あなたの声が聞きたくて、今日も耳をすますけど、
聞こえるのは雑音ばっかりで、でもどんなに遠くても、
遠くても、あなたを思い出すから。
何かを生み出すことが、そんなに難しかったかよ。
何もないなら、それでいいじゃんか。なんで今さら迷う必要があるんだよ。
堂々と生きていけよ。何かに迷うなよ。
そうやって、色々考えて、果てしなく考えて、
堂々とした未来の中に、今僕は生きてる。
まっすぐ帰っておいでよ。月の向こうから。
寂しいなんて言わないでよ。
何も言わないでよ。
私はあなたがいれば、あなたがいれば幸せなんだよ。
絶対に失えないんだよ。希望を見つけ出したいんだよ。
だからお願いだ。だからお願いだから、消えてなくならないでよ。
失ってしまったんだ。消え去ってしまったんだ。
でもあなたは絶対すぐそばにいるから。
忘れたりなんかしないから。
さよならなんて僕は言わない。
さよならなんて信じたくない。
あなたをずっと待っているから。
「おかえり」って言ってやるから。
何が現実になるか分からない。
分かる。真実行動で、イグニッション。
俺は耐えることにしよう。
俺のしたいことはなんだってな話だよ。
伝えたところで意味ないならば、
行動するポテンシャルもなくなるだろってな話だ。
さあ、果てはどうなる。
永遠がビートする。
行動の美学、正しさって何だと思う?
果てしなさって何だと思う?
さあ、なんだろうね。
色んな意味があるんじゃないのかな。
伝え方を間違っていたんだろうか。
何か欲しいものはあるのかい?
それでも何か怖いままなんだ。
何を失えたなら幸せなんですか。
親しい間柄じゃないの。
伝えたい未来が、明日を飛び出すようで。
素敵なエンジョイロード、緻密に生きていたい。
体中が火照ってる。
メッセージのさなかに、未来を見たくて。
炎のようなイルミネーション、
届くまで、今を越えて行きたい。
何か、果てしないものを追いかけ続けているようだ。
だけど怖くなくなった。
不思議と未来に捧げたんだ。
ショックしたら倍にチックタックが今日もまた、
いたずらを始めてるんだよ。
間に合わない。でも素敵なエンドレスナイ。
きっと君はこない。ホーリーナイ。
それでも僕は名前をつけるよ。
正しいことがなんなのか分からない。
言葉の端々に、意味不明が走りだす。
光景はいまだ向かう所敵なしフィールド。
アンチフィールド、耐えるように、未来を捧げるように。
怖い出来事、未来に尽くすために。
希望の生きがいを、手に入れさせるために。
バランスを崩す、大切な勢いを、見捨てないでおく。
なんだろうが 何がなんだろうが 興味ねえんだ。
確かさと興味だけは、真実を失えないだろう。
少なくともそうあるべきだ。
不思議な世界、巻き込まれるべきだ。
違うな。お前には余裕があった。
あなたに降り注ぐものが例え、
雨だろうが、サダメだろうが。
許されるはずなどない?
たまになら頑張るしか無い。
果てしなく頑張っていく。
ロックンロールなジャスティスだから。
果てしないのだから。
繋がるジャスティス、聞こえるワンダーランドの声。
果てしなく永遠をループする。
行動が次のテンションを守る。
延々と続けるフェイバリット。
重ねる意味すらなくしていく。
兼ねるのかい?素敵なファンタジー
君がいるから素敵になれたんだよって。
ラップ?まさに殺風景 がっぷり四つ、
それもわかる変わるメッセージ、劣勢時の節制も訂正。
正々堂々 構想を暴走させる。
闘争本能 本邦初公開。


(01:48)