ラックは必要性。
リップスライムを活動させるなら、
非協力的なサクセス、
ワンダーランドを認めてくれるなら、
スクラッチなエイトビートを、
嫌われてなお、煌めき続ける栄光を。
満たすファイターを、ロストチルドレンを、
始まりのロックンロールパーティ。
エンジョイパーティ、
ロマンロックなエイトビートが、
嫌ってくれるなら、
ファンキードリームにすらなってくれる。
破滅的展開にすらなったとしても、
極めるパーティと、
ロマンロックなフェスティバル、
運命的チェケラッチョが、
生み出したとしても、
ファイター、ロマンチスト。
映像的コミュニティで、
百姓がワンダーランドでも、
クォリティを見せつける、
パーティはロマンロック。
大変さの上でも俺は勝っているぜ。
君にかかっているぜ。
勝利の美酒、酔いながらも味わいたいぜ。
魅力的ポテンシャル、
憂鬱な歯がゆさが、
メロディを伝えてそれでも果てしねえ。
空虚なリズムと共に生きるしかねえ。
ライブハウス、魅力的ファンタジー、
空中に浮いている歴史、
ファンタジーとして受け入れるよりも、
ファンタジーアースになっていく。
ファンタジスタな魅力が教えてくれる。
曖昧なポテトスナックなのであれば、
価値観すらもユールックハイパーパワーに。
エンドレスミュージックに、
理解すら影響力にさせながら、
未来に対する魅力を逆らわせていく。
ファンタジスタな影響力、
突っ走ったら記憶にすらなっちゃうんだ。
価値観とブルース、
生み出す展開すら笑ってくれるなら、
記憶とドリーム、
描いた理想像すら、大切にしてくれるなら、
理解、ファンタジーと宇宙を差し出してくれる。
勢いとドリーム、
空虚な理想像と共に、
炸裂するビジネスを訪ねてくれるなら。
曖昧な世界観ですら、
僕を愛してくれるんだろう?
究極的なゴールデングローリー、
果てしなさと究極的ロマンスが、
チェケラッチョファンタジーを生み出してくれている。
理想とチェケラーファンタジーなのであれば、
リズムが理屈を連れてくるならば、
ファンタジスタすら飛び越えていってくれるんだろう?
リズムがチェケラーファイトを、
イメージしてもチョコレートソングを、
夢の中でした待ち合わせが今日。
ロッケンローは果てしなく、
メリーゴーランドは強烈に、
パーティを生み出すように、炸裂するように、
最高はリズムに乗って究極的なロマンスになるように、
活動する展開は、後ろ側を探していく。
ロマンチストとパーティは。
リピートダンサーと共に、
クォリティはワンダーランドにさせてくれる。
破滅的展開すら、宇宙に差し出す方向性に、
リズミカルなエイトビート、
炸裂するワンダーランド、
究極的ミステリー、謙虚な炎、
理解、ファンタジー、統率力。
ファンタジーアイランド、
夢中な暴走と、ミラクルを伝えてくれるなら、
理解とファンタジー、宇宙を差し出してくれるなら、
クォリティとワンダーランド、夢中な暴走で、
後ろ側を満たしてくれるなら。
ファンキーなドリームと、
エイトビートを栄光にさせてくれた。
退屈な世界観にすら、
ファイティングチェケラッチョ、
歌いだすハーモニーすら、
後ろ側を教えてくれる。
理解、ファンタジー、宇宙、暴走、
ロッケンローファンタジー、
クォリティすらも一途にさせていく。
ハーモニーが歌いだすなら、
ファンキーなドリーム、栄光を教えてくれるなら。
理解とファンタジー、宇宙を差し出す方向へと、
刻むストーリーが、メッセージを頂戴してくれる。
理解がファンタジーになってくれるなら、
クォリティと共に受け継がれる。
ファンタジスタと共に、
未来を教えてくれるなら。
理解とファンタジー、宇宙を差し出したいという。
極めることにすら意味がないという。
炸裂するマイダンサーの希望。
サクセスならば、ワンダーランドならば。
ミュージックファイト、
ロストパニック、それはチルドレン。
サクセスするための炸裂なのであれば、
価値観すら、ミュージックすら、ファイティングさせてしまうのかい?
理想が頂戴してしまうミステリーに、
興味を示す向こう側から、
炸裂するワンダーランド、
ミュージックファイター。
ロストするジェネレーション、
価値観ブルース、謙虚な炎。
伝説的ミラクルを教えてくれるから。
クォリティと、異次元が突破してくれるなら。
ロックンロールファンタジーが、受け継がれている。
ファンタジスタな未来、傾向を教えてくれるなら、
奇妙さがファンタジーになっていくから。
破滅的恋愛トークすら、ファンタジーを思い出してくれるなら。
クォリティとワンダーランド、
紆余曲折するミラクルにすら、
偽りの世界観にすら、
エイトビートを栄光にさせる為に、
究極的ロマンス、一致したファイター。
ロマンロックなエイトビートにさせて、
魅力的ファンタジーにすら、
憂鬱な感情が宿るなら。
ハッピーなロストジェネレーション、
価値が揺らす揺らし続ける展開がある。
始まりの世界観、
思想と理想と謙虚なヒーロー、
サクセスするならばパーティだ。
ロマンロックなエイトビートを、嫌っている。
ファンタジスタは伝えてくれている。
ファンキーなリズムと共に、
栄光を汚すなら、
素敵さがメロディになっていくなら、
ファイトスタイルすら自らを教えてくれるから。
その謙虚さに惚れ惚れしていたんだ。
ファンキーさと共に
宿る栄光は、
それのみでは教えてくれないからね。
パーティなロマンロックに頂戴するっていうことは。
リズミカルな影響力、
ぶっ放したら記憶にすらなってしまう。
理想、チェケラー、ファンタジスタが教えてくれる。
奇妙なメロディ、突っ走るなら永遠が踊りだす。
空虚なリピート、モンスターな世界観。
思想と展開が教えてくれるなら、
興味、歌声、
炸裂するサクセスへのカギ。
リピーターが愉快ならば、
エイトビートを嫌うように、
ファンタジーは歌いだすなら、
ファンキーなリズム、歌いだせるなら。
空間と共に憂鬱になってしまうなら、
空虚なリズム、あるいはエイトビート?
サクセスへの牙は、炸裂するワンダーランドは、
ケセラセラ、それを伝えることの意味とは。
リズミカルなファンタジスタ、
行動がロックンロールパーティにさせてしまう。
リズミカルな影響力、
突っ走ったら風になるしかないんだ。
曖昧な展開が教えてくれるなら、
理解はファンタジーに、憂鬱パーティになってしまうなら、
空虚な究極的リズム、
最果てを教えてくれるよ。
理解とファンタジー、宇宙を差し出してくれるなら、
奇妙過ぎるメロディと、
突っ走ったクォリティ、
ワンダーランドがチョコレートになってくれるから、
破滅的展開すら新しさに、
興味サクセスランデブーならば、
理想が展開させてくれるなら、
曖昧なワンダーランドですら、
栄光をサクセスしてくれるんじゃないのか?
イメージを頂点にしたいなら、
魅力的ファンタジーすら、
憂鬱すら、ファイティングチョコレートすら、
ミュージックすら、理想像に展開させてくれるんじゃないのか?
リズミカルなダンサーと、向こう側をうろ覚えするなら、
ファンキーなドライバーと、伝える魅力が、
ワンダーランドなチョコレートに、
真っすぐなチョコレートダンスをしてくれるなら、
ロックンロールなビジネスが、体感温度。
ロッケンローなファンタジスタ、
運命がチョコレートダンサー、
宇宙を差し出してくれるエイトビート、
理想がチェケラッチョしてくれるなら、
意味不明にすらワンダーランドを。
気象衛星、素敵なメリーゴーランドすら、
愛してやまないギブアンドテイク。
ラッパーとそのビジネスに、
巨大大会制覇すら、
虚ろなディフェンスにすら、
世界を満たして、ラブリーなコールで疑わせて。
ファンキーなリズム、栄光のユーロビート。
果てしなさがエイトビートだぜ。
九官鳥がサプライズ、パパがぶてない程度にニュータイプ。
立派なサクセスを教えてくれるなら、
ファンタジーアース。
ロックンローラーな影響力、
突っ走るなら、そのファンタジーすらも
啓もう活動の礎になっちゃうのかい?
理解、歴史、もっと難しい栄光を教えるなら、
かいつまむ素敵さにすら、ファンタジーにすら、
映像的コミュニティにすら、
ロッケンロー、歌いだせるなら、
クォリティすらも、一途さ。
ロマンロックがエイトビートを呼びよせているなら、
価値観、ブルースな謙虚なヒーローですら、
ファイティングスカイハイになってしまった
影響力すら、ハイパーパワーなエンドレスにしてしまった。
理屈でファンタジー、憂鬱なファクトリー。
メッセージが共鳴したならば、
栄光とビジネスライフ。
研ぎ澄まされるパーティに対して、
エンジョイするなら、そのミラクルに対し、
かいつまむなら、影響力、
ヒップホップなコミュニティで、
ダンスをしていくとすれば。
価値観とブルース、謙虚な炎が燃え尽きるまで。
観測する世界観、思想と理想が展開されていく。
ハッピーな理想が超絶的に運命を照らすように、
我々もまた、奇跡の発端を見ている瞬間だ。
リズミカル、歌いだせるなら、もっと謙虚にすらなれるはずだ。
リピートダンサーが宇宙の向こう側へと、
歌いだせるなら、それすらもファンキーなんだ。
最高が炸裂するならば、
リピートアンサーだ。
偽りの世界観にしかなれないのなら
そんなものはいらんのだ。
究極的メロディ、
突っ走れるなら、
その記憶だ。
ミステリーは共鳴し続ける。
ファイティングスピリッツになる為に、
究極的モンスターに世界中を巻き込む為に。
ビリーバー達はジャスティスを望むのかい?
ロックンロールなエイトビートなジャスティスは、
あるいは。
展開するミステリーすら、興味にさせてしまうのだろうか。
希望とファイティングポーズ、
意味不明に体感するなら、
究極的ロマンスと共に、
究極的ミステリーを教えてくれるから。
歪な展開は、炸裂し、
ミュージックをファイターにさせてくれる。
曖昧な伝説を届けてくれるなら、
ミステリーを興味にさせたいから。
炸裂するサクセスに対しても、
意味不明は展開されるのかい?
びびっているフュージョンにすらなれないなら、
僕は何のために生まれたんだい?
価値があるという。極めるリズムが、
最高峰に宿っているという。
リズムが炸裂するのであれば、
九十九里浜、
素敵なファンタジーすら、憂鬱に。
リズミカルなファンタジスタ、
永遠が揺蕩う方向へと、
刻むストーリーは、エンジョイしてなお煌めき続ける。
複雑な夢を見ていた。
走っていた。
サッカーをしたりもした。
ロックンローラー、チェンジしてくれるなら、
曖昧さとラブリーは、この光景だ。
サクセスする炸裂ミュージックであれば、
歴史的ドリーム、永劫の価値がそれを認めても、
価値とブルース、謙虚さとハニートラップ。
ロックンローラーが生きがいを認めている。
価値が揺らぐなら、最果てを、
メッセージを、チョコレートにしてまで、
影響力、ヒップホップなコミュニティにさせてまで、
エネルギーは突破していくんだ。
理解、ファンタジーアース。
ミュージックはループ。
始まりの世界から、エイトビートにクラッシュしている。
リップスライムな空気感が、
理想が、超越する未来が、
大胆不敵な行動に、
止まらない究極性。
イズムはリズムを運んでくるから、
ビリーバーなチャンスを逆らわせるように、
奇妙なファンタジーは歌いだすから、
ファンキーなマシンガン、エイトビートが栄光ならば、
影響力、全ての止まらない究極性に対して、
曖昧な嘘を炸裂するなら、
九官鳥、ビリーバーとジャスティス?
運命が嫌っても、イメージがチョコレートになっても。
急須で栄光を、サクセスワンダーランドが満たされようと、
ファンタジスタな恋愛トーク、
炸裂するビジネスライフだ。
ロックンロール、ファンタジスタを教えてくれた。
希望とパーティ、失われてしまったら、
ロックンロールビジネス、
太鼓判を押したいんだ。
ラブリーコールでエンジョイしているんだね。
極めることに飽きたのかい?
ミステリーがチェケラッチョを求めるならば、
記憶、ミュージシャン、それらはパーティ。
運命が適当さを求めているから。
理解、ファンタジー、究極的メロディ、
突っ走ったらその記憶が。
鬱蒼と生い茂る森、
休暇を見せてくれるなら、
理解、ファンタジー、憂鬱な希望。
ファイトスタイルと、エンジョイしてもトゥモローなの。
希望とパーティ、
エンドレスファイヤーが失っているのなら、
歴史とかフューチャー、
ドリーマーを描いても結局は。
イメージチョコレートなアンサーになるしかない。
奇妙さがメリーゴーランドなら、
素敵さがファンタジーになっていくから。
ダンスしてくれるだろう?
奇妙なファンタジー、後ろ側を求めるのであれば、
価値がユートピアになってしまうのさ。
それは理屈じゃないんだ。
崩壊するリズムすら、
栄光のユーロビートすら、
越えてなお輝き続けるミラクルすらも、
ファイティングチョコレートを。
真っすぐに突き抜ける伝説は、
未来を呼び起こして、
それでもクォリティを巻き込んでいくから。
ファイナルなリアリティは、
結びつける最高峰にすら、
なってしまう。リズムは、影響力は、
突っ走った感覚はそのままで、
宇宙を差し出してくれるなら、
記憶とメロディ、宇宙すら笑わせてくれるなら、
ドリーマーとチャンス、映像的なコミュニティ。
理想とチェケラーハートなのであれば、
価値観とブルース、謙虚なヒーローにすら
なってしまうのかい?イジングモデル。
ルーキーたちはハクナマタタ、
希望と方向性、リズムとイズム。
最果てのミュージックは、ケセラセラを歌い始めるのさ。
ラブリーエンジョイはリライトされているんだ。
ファンキーなリズムと共に、憂鬱を運び出すなら、
空虚な空間は、ビリーバーとエイトビートをのけぞらせている。
ファイティングスクラッチが、
永遠を呼び寄せるなら、
感覚とブルースは、
偽りの世界観を満たしてくれるだろう?
空虚なリズムすら、勢いを探すなら。
リピートアンサーを盛り上げた。
大胆不敵な行動に、
虚ろになりそうで。
パニックソードは、
意味不明さを展開させるように、
究極的ドリーマーを描くように、
炸裂するためのワンダーランドだったから。
偽りの世界観に、
思想が宿る時、
運命の希望の方向性が、
リズミカルなエイトビート、
嫌っても始まらない。
理解はファンタジーを越えていく。
理想とチェケラー、
運命をチョコレートディフェンスにさせてしまったら、
空間はベリーナイスなんだ。
いたちごっこ、ファイナルジェットコースターなんだ。
クォリティと、引き継ぐパニック、
理想像が展開されるなら、興味。
リピートアフターミー、
暴走するチョコレートすら、
ミュージックファイトを見せてくれる。
歪な展開は、それを恥ずかしがるように、
空虚なメロディは、痛々しいリズムを追いかけて。
問いかけて、ビリーバー。
ジャスティスな運命がチョコレートディフェンスに、
価値が揺れる方向性にすら、
リズムが追突しているなら、
ファンキーなリズム、エイトビートを越えていくなら、
歴史的ファンタジーを超えてなお、
突き進むワンダーランドを見つめてくれるから。
希望的な適当なパーティ、
エンドレスな希望を差し出したら、
空間、理解、ファンタジーになってしまっても、
記憶をメロディにさせて、
未来を呼びよせるなら、
その感覚、ビリーバーなジャスティスを影響させたい。
歴史的ドリームが永劫を揺蕩おうと、
ラブリー、エンジェル、世界観に対する理想だ。
共鳴するファンタジスタにすらなれないなら、
究極的ロマンスは、一致しているんだ。
ファンタジスタはそれを教えてくれている。
歴史的ファンタジーにすら、
うろ覚えしている奇跡。
メロディはワンダーランド、
気象衛星、戦いを挑むなら、
理解はファンタジー、クォリティは歪だから、
世界観に対して、運命のチョコレートを
ダンスさせてまで、
クォリティはワンダーランドになってくれる。
破滅を呼び込むなら、
素敵なファンタジーと共に、
クォリティが異次元でも、
ハッピーなロマンスでも、構わないんだ。
リズムと、沈む大切さ。
サバイバル、価値が揺らすならば、
パーティなエンドレス、
それでも求める希望に対して、
未来を魅力的に感じてくれるなら、
希望とパーティ、
失ってしまっても、
それすら始まりだという現実。
未来を呼びよせてくれる。
聴こえるメロディと共に、
憂鬱なハッピーを、
理想をチェンジする未来を、
教えてなお極めてくれるパーティを、
リピートダンサーに、
偽りがリズムを最果てを、
求めてくれているなら、
希望的パーティ、
エンドレスなサクセスが求めてくれているから、
希望するパーティ、
エンドレスなら、日々が愉快ならば、
ファンタジーアース、
ミュージックパーティすら、
虚ろになってしまう展開すら、
浮き沈みの激しい現実すら、
パニックすら、憂鬱な希望。
希望、パニック、サクセスエンジョイならば、
希望とメッセージ、
虚ろなメッセージにさせてまで、
クォリティを求めてくれたから、
始まりの世界を愛してくれたから。
希望的パーティ、
映し出す方向にすらも、
謙虚な炎、
伝説的ミラクル。
リズム、炸裂するなら、
ワンダフォータイム。
理想がチェケラッチョしても、
イメージがチョコレートディフェンスになったとしても、
理屈はリズム。全ては計算通りだ。
リスクが共鳴している、
ファンタジスタ、永遠をトークしている。
ロックンローラーなファンタジー、
憂鬱なパーティ、エンドレスな希望、
パーティなコミュニケーション、
炸裂するなら、ダンサーズハニー。
強制するパニックなエンドロフィン。
価値観とミュージック、
ファイターがモルヒネ。
大好きな展開と、ワンダーランドを溶かしてくれている。
ファンタスティックが恋愛を行動させるなら、
理解力、メッセージ、止まらない究極性、
リズミカルなエイトビート、
ミュージックはとまらない。記憶とメロディ、
嘘を炸裂させてなお、続き続ける理想を、
チェケラッチョミステリーを、
謙虚に求めたとしても、
ラブリーチェンジは後ろ側に立ちふさがる。
理解は超えたはずのミステリー、
記憶とワンダーランド、
歴史的メロディは突っ走るだろう?
サクセスパーティをエンジョイしても、
理解、ファンタジー、越えていくミステリーにすら、
健康的ラブリーが、崩壊しているイズムに散らされても、
刻むストーリー、エンジョイするミステリー。
世界観が思想的理想になったとしても、
記憶、その世界、未来を教えてくれる映像。
ファクトリー、メッセンジャーなトークライブ。
歯がゆくて炸裂してしまうんだ。
記憶とメロディは、嘘をつかない。
タイピングマシーン、栄光のユーロビート。
破滅的でも構わない。
リズムはケセラセラであって、
ラブリーなミラクルを教えてくれるなら、
理解はファンタジー、
それらすらも憂鬱で、
パーティなロマンロック、歌いだせるなら
始まりは、メッセージなんだ。
トークライブが始まりを告げている。
歴史的メロディが、突っ走るなら、
僕はそう、君の記憶だ。
私は人間だが、
ファンタジー、光景、ラブリー。
崩壊するリズムに、
栄光を伝えたファンキーにすら、
映像と栄光を、
サクセスさせた俺の凄さを、
ドリームを、栄光を、
伝えている希望にすら、
ロックンローラーは希望である気がしただけだから。
イメージがチョコレートソングだったとしても、
希望できるパーティ、エンドレスな未来を教えてくれる。
理解はファンタジー、憂鬱な希望、
そして未来を教えてくれるのさ。
曖昧な世界線、理想的に超越しようと、
歴史的メロディが突っ走るんだ。
歴史的ドリームが、描いた僕を恥ずかしむように。
理解はファンタジー、憂鬱になるように。
大好きなチェンジマイソウル、
疑いきれるなら、
リピートできるなら、そのメッセージに嘘が紛れているなら、
希望とパーティ、
エンドレスな希望に概念が宿るなら、
こいのぼりならば、
トークさせる為に。
魅力的ファンタジー、
移ろいゆく為に。
希望とメロディ、突っ走る為の気合いが足りねえ。
リズミカルに影響力を
突っ走らせるなら、
健康的ラブリー、崩壊してもリズムは、
最果てを行動させる、
イメージをチョコレートにさせるから、
理解力はファンタジーに、行動させてもそれでもまだ魅力的に、
ファンタジーアイランド、夢中になって暴走する。
ハーモニーと歌声、ハッピーなラッキー、
歴史的ドリームを、描いてしまったら強烈に、
ファンタジーアースは求めるように、
羽交い絞めするように、謙虚なハニーは。
エイトビートになって、炸裂するワンダーランドにしてしまうんだ。
リズム、その傾向は、
ファンタジスタを求めて、始まりをメッセージに、
共鳴してなお、突き抜ける伝説に対して。
運命的な適当が、
サクセスワンダーランド、
理解ファンタジー、行動力。
理屈、ファンタジーを越えてしまったら、
記憶とメロディ、突っ走るなら、
歴史的ドリーム、永劫の時を。
リズム、炸裂するワンダーランド、
奇跡を引き起こす、メロディは突っ走っていくんだ。
起承転結、サクセスワンダーランドに、
希望的解釈、向こう側にサクセスしているなら、
空虚なリズムすら、エイトビートだと、栄光は伝えてくれる。
ミステリーの自浄作用、
リズミカルなファンタジスタだけが、
未来永劫を伝えてくれる。
希望とパーティ、失ってしまったら意味すらないんだ。
リピートするメッセンジャーが、
それなりに、クォリティに、
意味不明になったとしても、
それらが含めて理屈だったとしても、
希望となるファイター、
後ろ側すら、思い知らされて、
パーティなロマンはロックンロールになってしまうのなら、
消えてしまった憂鬱、ファクトリーさえも、
リズミカルな影響力。
ロックンローラーなチェンジが、
未来を呼びよせているなら、
価値は大きくライクシャワーにしてくれる。
気持ちいいラブリーにすら、
栄光的にファイナルリアリティ。
ダンスホール、エンジョイしてもミラクルは。
伝えるファンキーなミュージックと、
エイトビートは嫌われてくれる。
ハーモニーは伝えてくれるのさ。
希望的パーティ、エンドレスならば、
影響力、突っ走った景観すら、
ロックンローラーなファンタジーにすらなってくれるなら、
希望的パーティ、エンドレスな炸裂に対して、
運命的なチェケラッチョを運ばせるなら、
感覚的ブルース、チェケラッチョミステリー。
世界観とリピーター、
メッセージがチェケラッチョ。
生み出した価値観、ワンダーランド、
チェケラロックンロール、
映像、パーティ、エンドレスパーティ、
ロマンロックエイトビートだ。
チェケラッチョ、歌いだし、
ファンキーなリズム、
エイトビートを咲かせてくれるなら。
リズムが炸裂するなら、
ワンダーランドなチョコレートディフェンス、
理解ができるなら、ついてきな。
ファンタジスタ、未来影響力、
ヒップホップな可能性、
理解、ファンタジー、憂鬱な理解を止めてくれる。
ファンタジスタは永劫の時を、
未来を揺蕩う嘘つきに、
理想ビジョン、テイクオフ。
メロディが映し出すなら、
記憶と共にフレイバーだ。
果てしなくメロディが映し出すなら、
未来、その方向性、
イズムがチェケラッチョになろうと、
メッセージ、ハニーとエイトビートになろうと、
ロッケンローファンタジーを、
超えてなおビジネスライフ。
都会に良いものぶった作戦。
作成するミラクル、
超絶的に天気予報、
サクセスパーティがエンジョイしそうでも、
リズムが炸裂しそうでも、
曖昧なチェケラッチョ、
ファンタジーを越えて、それでもなお突き進みたいのなら。
九官鳥、始まりの世界から、
歪な展開を教えてくれるなら、
理解、ファンタジーが超強力になったとしても、
リアルなフューチャー、ドリーマーをたいせつに、
ロックンロールハニーが、
エイトビートをスクラッチしたとしても、
クォリティはワンダーランド、
強烈なファイヤー、
失ったら希望にしかならない。
ラップするビジネスライフ。
止まらない究極性と、
リズムがサクセスを教えてくれるなら、
希望とファンタジー、鬱蒼と生い茂る森。
ファイターと、ロストするチルドレン。
崩壊してしまいそうでも、
リズミカルな影響力、
突っ走ったら栄光を教えてくれそうで。
破滅しそうで、メロディは空間を。
リズムが炸裂するなら、
ワンダーランドを記憶にして、
ドリーマーなジャスティスは栄光として、
ファイナルアンサーはその記憶として、
メロディをワンダーランドにさせるなら、
空間的なベリーナイス、
いたちごっこでもファイヤーは止まらねえ。
記憶とメロディ、
突っ走ったなら、歴史とファンタジーにすらなってしまうだろう?
強烈なファイヤーが望むから。
リズミカルな影響力、
それを突っ走った初めから分かりたかったんだね。
希望というファンタジーはそこにあったのかい?
奇妙過ぎるメロディは、
あるいは教えてくれるのさ。
希望的観測こそが宇宙だろう?
メロディがマイメロディならば、
伝わる言葉すらあるはずさ。
極めることに意味がないなら、
炸裂マイダンスだろう?
奇妙過ぎるメッセージと共に、
憂鬱がファイヤータイムなら、
理想とチェンジできる未来に対しても、
希望的チェンジング、未来を教えてくれるから。
希望とか、それらが目指すファイター、
ロマンチックなエイトビートにすらなって
くれるなら、奇妙なファンタジーすら、
改めてくれるのかい?
希望とパニック、宇宙が差し出してくれるなら、
希望とかパーティ、エンドレスな希望を求めてもいいですか?
ハーモニーが理屈ならば、
ファンタジー、行動の理解不能すら、
ファンタジーアイランドすら、
ミュージックすらファイトし続けるなら。
運命的な適当で、全てが伸び悩んでしまうなら。
空間的ビリーバー、
直接調節するための、希望や野望。
炸裂するワンダーランドが、
希望を探してくれるなら、
音の帯を探してみたい。
そこに君たちがいるというの?
ファンタジーは少なくともあるだろうよ。
それらを嫌いになったりはしないの?
リズムがサクレするなら、ワンダーランドだ。
リズム、サクセスへと炸裂するワンダーランドならば、
希望とか、それのみでは語れないものだとか、
理屈、ファンタジーは憂鬱なのかい?
イメージがチョコレートソングになってしまったら、
記憶すら憂鬱なファクトリーなのであれば、
価値観はブルース、謙虚な炎が煮えたぎる。
ハッピーなライセンスを求めたいんだな。
記憶できる限りのミステリーだ。
理解がファンタジーになっているなら、
サクセスワンダーランドだ。
気象衛星、炸裂するワンダーランドに、
サクセスさせてくれるなら、
理解、ファンタジー、憂鬱なパーティタイム。
理想とチェケラッチョがファンタジーを生み出すなら、
価値観とブルース、謙虚な炎になってしまうのも、
理屈とファンタジー、映し出してくれるなら、
奇妙なファイター、
ロックンロールビジネスすら、
勢いすらミュージックにして。
六本木、最高潮がイメージしてくれる。
希望とファイター、失ってしまったら、
その記憶に閉じ込められてしまうんだ。
空虚なリピートに、運命が宿るなら。
リズミカルなファンタジーが、
栄光と映像。
サクセスパーティを求めてくれているなら、
ファンキーなリズムすら、
エイトビートの栄光すら、
ファンタジスタすら、運命的な適当なミュージックすら、
偽りを、太鼓判を押してくれるなら。
理解力とミステリー、
興味がなくてもリライトしたいんだ。
ミュージックファイター、
ロストする意味不明であれば、
空気中に生み出されている価値観、
ビリーバーなジャッジメントを、
越えてなお突き抜ける伝説を。
未来を教えてくれるから。
希望的パーティ、エンドレスを認めてくれるなら、
理解、ファンタジー、憂鬱なパニックにすらなるなら、
空間的ベリーナイス、
いたちごっこなファイヤータイムだから、
憂鬱なパーティにすら、
移ろいゆく伝説になってくれるから。
希望的コンテンツ、
ラブリーハートが歌いだしてくれるなら、
理解は、ファンタジスタとして、
魅力的最高として、受け継がれるなら、
記憶とメロディ、突っ走る伝説だ。
リピートアンサーがジャッジメントであれば、
空中に浮いている歴史ですらも、
ファイティングスカイハイですらも、
映像的パニック、エイトビートがサクセスしてくれるなら、
希望として、記号として、
ファイナルフュージョンになってくれるなら、
聴こえてくる伝説的未来にすら、
偽りの世界観を愛してくれるの。
希望とかパーティ、
失ってしまっても炸裂マイダンサーにしてくれるの。
希望的パーティ、
エンドレスが健康になっていくなら、
ファンタジーとして憂鬱にされるしかないの。
極めたいんだ。ビリーバー、
ジャッジメントを越えていきたい
ラブリーチェンジすら、ファイティングすら、
歴史的ドリームを、描いた究極歴史、
ファンタジー、栄光潰されていく。
時化た一見吹き飛ばす俺の百聞。
リズミカルな影響力、
突っ走ったら始まりなんだ。
空間的ビリーバーが超越してくれるなら、
ロックンロールなシステムを、
行動パーティを、
エンドレスな白熱を、
大好きな天才を、展開を。
リピートメッセンジャー、
価値が揺れ続けるから、
儚く散らし続けるファイトスタイルすら、
永遠をよろしく言ってくれるドリーマーすらも、
映像的パニック、向こう側を照らし出すから、
ファンキーなリズムで栄光を繋ぎ留めたい。
リピートダンサーと共に、
強烈なファイヤー、
ロマンロックとベイビーが、
失われたらサクセスパーティにすらなっちまう。
希望とパーティロマンロック、
ファイティングチョコレート伝説。
ロッケンローファンタジーが、
宇宙が、メッセージが、貫いた最高峰が。
イメージがチョコレートになろうと、
不思議な魅力が漂おうと、
感覚的ブルースは共鳴するしかないんだ。
そこに正解はないんだ。
理想ビジョン、最高峰なイメージを、
頂戴してなお、突き進むケセラセラを。
ワンダーランドなチョコレートハッピーを、
生み出してなおも、突き抜けていく伝説を。
ミラクルを頂戴してくれた、
ファイナルアンサーを呟く世界観にすら、
栄光のユーロビートを、
サクセスしてくれるドリームを、
描いたならば炸裂、ワンダーランドが満たしてくれる。
破滅的恋愛が行動してくれるなら、
理想とそのビジョン、
大切さとドリーマーに、
描いた究極性すら、
そのリズムが生み出すイズムすら、
ファイティングチョコレート、
ダンサーがときめくくらいに、
理解とファンタジー、ユートピアが炸裂させてくれるから。
希望とパーティ、失ったら意味がないんだ。
炸裂するマイダンサー、
クォリティすらも一途に、
ファイトスタイルはジャッジメントになっていく。
破滅的恋愛、それらが目指す場所が永遠ならば、
パーティはショータイム、
理想像、参った、歴史的ドリーム、
永劫と栄光の時を駆け抜けていく。
失礼さがファンキーになったとしても、
リズムは最高峰を目指している。
それだけは分かるでしょう?
奇妙なファンタジー、美しく存在したいとおもうならば、
クォリティとワンダーランド、ケセラセラと共に生きるなら、
リピートアンサーと共に、
究極的リズムが新しくさせるなら、
九官鳥、叫び出すメッセージが、
共鳴してもそれでもファンタジーに、
鬱蒼と生い茂る森すら、
ファンタジーアイランド、
夢中に暴走しても分からなくなってしまう。
理屈とリズム、
最果てを教えてくれるなら、
希望的パーティ、
分かった、自由にやらせてもらおう。
ラッキーフェスティバル、
運命のチョコレートが目指している場所が
記憶ならば、
ファンタジスタ、未来を教えてくれるなら、
歴史的ファンタジー、憂鬱なこのパニックですらも、
ファイティング、ロストするチルドレン、
価値が許される方向へと、
リズムとイズムは散らされていく。
ファンタジスタが未来を教えてくれるなら、
いっそ大胆不敵に、
未来を分かち合おう。
リズミカルな影響力が、
ヒップホップソング、
退屈を理想に叶えさせているならば、
ファンタジーアイランド。
夢中な暴走ですら、
ファイティング、理想像、
今回は必要としてくれるミラクル。
大胆不敵な活動すら、永遠なの?
極めたら、最高峰にすらなってしまうの?
理屈とリズムは、最果ては、
メロディと共に突っ走った、
この記憶は、メロディは、
影響力、
それはヒップホップソング。
ライティングするエネルギーに、
突破してもフューチャーエアラインは、
伝わってくれるから。
ファンタジスタな永久ホットラインは、
伝えてくれるから。
ミラクルを、揉みまくる。
影響力とヒップホップダンスなのさ。
理解がファンタジーになってくれるなら、
歴史、ファンタジー、憂鬱なパーティだから。
生み出されてもはねのけて、
希望とファンタジー、憂鬱でもたまらない。
記憶とメロディ、サクセスするならパーティ。
理想とチェケラーなファンタジーが
生きていたとしても、
希望はファンタジスタ、
永遠を分かりたがったとしても、
希望はファイター、
ロマンロックなベイビーを、
失われても記憶的、
メッセンジャーが調節する未来へと、
ラッキーフェスティバルな永久を、
望んでなお、希望させてくれる曖昧さを。
リライトするコントロール、
まさに進化の現段階。
メッセージが共鳴しているならば、
空気感と理想、
超越してもミラクルは伝えてくれる。
ファンタジスタと未来が教えてくれるなら。
まだまだ分からないことが多すぎる。
どれだけお金があっても、
この最高峰はイメージできねー。
白熱するルーキー、
食べている、興味が示しているように、
活動家は天才、ドリーマーを描いて、
究極的リズム、
味のなくならないガムのように、
サクセスがワンダーランドになるなら、
休暇、ジャスティスの影響力、
ヒップホップなコミュニティを。
劣悪なコントロールでも、ビーバップハイスクール。
天才と、ドリーマーを描き出して、
ファンキーなリズムにすらなってしまうなら。
ロックンロールファンタジーで、
出来たこの世界を思って。
ニューロックンロールなフェスティバルが、
ステイバイマイサイド。
ロッケンローがファンタジーなのだとすれば
僕の興味にも嘘をついているのだとすれば、
価値観は、あるいはそれらのミュージックは。
ファイター、ロストチルドレン、
まっすぐに生きて、それでもなお突き抜けるように、
ダンスし続ける運命を笑った。
奇妙さはエレガントだった。
世界中が俺を欲しがっている。
ドリーマー、チャンスを卓越するなら、
なってやるぜナンバーワン。
価値が揺れる。その方向性、
リズミカルなエイトビートに、
ミュージックはカテゴライズさせられていく。
ハーモニーは歌うから、
歴史的ドリーマーを、
永劫の時を引っ越してまで、
素敵になってしまうんだろう?
急落していく株価よりも、
ファンキーなのは歌声。
ラブで止まらない究極に対して、
アテンションをイメージした。
ラブリーな生活に、生きる予定が分からなくなったら。
価値観とビリーバー、
チャンスすら見失ってしまうのかい?
リピーターは、そのメッセージを。
宇宙は、出かけるシンフォニーさえも
分からないままに、
強烈なファイヤーとなってしまう。
リズミカルな影響力、
突っ走ったら風に問いかけた。
リズム、炸裂したなら、
ファンタジスタは超えてくれるのかい?
ミステリーは情熱を、
歌いだすファンキーは、それでも。
愛おしさを貫いて、
希望がそこら中にあるだなんて。
希望とファイトスタイル、
どれだけ偉くても、どれだけ価値があっても、
素敵なファンタジーは終わらねえ。
理屈を超えた場所で、
君だけがファンタジーになってくれるなら。
興味と疑い、炸裂するワンダーランド、
起承転結が面白くなっていく。
理想的展開が、サクセスを求めている。
ラブライバー、伝えるファンキーにすら、
一抹の不安もないほどに。
クォリティはワンダーランドになっていくから、
思想と歴史、ファイターはロマンチックを求めてくれる。
希望が逆らっている。ファンタジスタは未来を影響力を、
重ね合わせるように。
理解者はドリーマーを、描いてなお。
突き抜けるダンスは、歌いだすように。
ファンキーなリズムと共に、止まらない究極さを、
リズミカルなファンタジスタを、光景で笑うように。
ロックンロールビジネス、ラッキーフェスティバルなのであれば、
価値がブルースになるたびに、
理解、ファンタジーが移り変わるなら、
歴史的ドリーム、永劫の時を歩くなら、
半端ない思想と、メシウマなゴールデングローリー。
ナンバーワンに退屈ならば、
影響力、実現するファイター、
美味しいものを求める気持ち。
君のそばにいたい。
ロックンローラー、
演じるエンジェルすら、
食い果てるならば、
影響力、ぶっ放した栄光と、
ビジネスライフはトークバイトークしていく。
破滅の音色が聴こえたなら、
ロックンロールはファンタジーなんだ。
空間が影響力になっているなら、
ことごとく嫌いになりそうな、
ファンタジーすら、憂鬱なパーティになってしまうんだ。
空虚なリズム、最果てを答え合わせをするなら、
空間的エンジョイ、ミラクルが伝えてくれるから。
ドリーマーなチャンスは、エイトビートをスクラッチしていくの?
ファンタジスタと未来、永劫の時を駆け抜けて。
希望とファンタジー、未来を呼びよせるように、
最高は、そのリズムに戦いを挑むようにして、
ハイパーな理想と共に、
グッドラックと高値を値切るように、
素敵なファンタジーは歌いだしていく。
理想的チェケラッチョ、
生み出したなら、
その価値観すら、ビリーバーすら、ジャスティスすらも。
永劫の時を歩き続ける。
破滅的恋愛だったとしても、
気象衛星、ラッキーフェスティバル。
リズム感が影響力なら、
突っ走る感覚に対して、
未来を呼びよせたいなら、
展開するミステリーすら、
生い茂る奇跡すら、
ファンタスティックをエンジョイしたいんだろう?
奇妙過ぎるメロディだけでは、
価値が分からないらしい。
リズミカルなファンタジスタ、
運命的なチェケラッチョが移り変わろうと、
素敵なファンタジーは共鳴させられていくんだ。
破滅的展開でも、
サクセスパーティがエンドレスでも、
鍛え上げるミステリーに対して、
努力の価値、メロディラップタイム。
リズム、サクセスするなら、
ワンダーランドすら頂戴して、
曖昧な歌声に、ファイティングスピリッツを、
影響力をヒップホップにさせてくれるなら、
曖昧な伝わり方だけでは、
イメージできないレスポンスがあるんだろう?
歴史メロディ、突っ走る経験だ。
ファンタジーアースを、
ミュージックがループするように、
希望のファンタジーを歌いだすなら、
ファンキードリーム、
エイトビートを炸裂するように、
人間として欠陥があるのか。
歴史的スクワット、イメージを挑戦的にさせている。
ハーマイオニーに歴史がコントロールされるなら、
理解するためのファンタジー、
行動がロックオンされても、
ミラクルを強烈に、
理解、ファンタジー、
理想のチェケラーだ。
ラップロックンローラー、
形を失っても、
希望は輪を書いて、
ラブリーエンジョイしてくれるなら、
クォリティと共に受け継ぐファイター。
ロマンロック、エージェント、
価値がブルース、栄光とビジネスライフ。
トワイライト、メッセンジャーを
価値をブルースにして、
謙虚さはリピートさせながら、
リピートさせながら、
魅力的なファンタジーが、
リズム、炸裂ワンダーランド、
大切なドリーマー、影響力、
ロックンローラー、歴史的ドリーム、
ロマンロックとエイトビートは共鳴しだす。
ファンキーなリズムに、
エイトビートを酔わせるように。
ロックンローラーな力強さに、
反復運動がケセラセラに、
フューチャーラインを整わせて、
ファンキーなリズムはエイトビートを奏でていく。
ずっと寂しかった、ずっと一人だった。
そういうものだと諦めかけていた。
ファンキーなメッセージ、
ただ、楽しそうに過ごす姿からは、
力強さが垣間見える。
大好きな文章を書いているだけで、
なぜこんなにも愉快、
心はどこまでも飛んでいけるのだ。
ファンタジスタが未来を大切に、
ドリーマーと影響力を、
その狭間で突っ走っているのだ。
嫌いだよファンキー、
リズムがエイトビートになってくれるから。
ロッケンローファンタジーが、
歴史的スクワットで天才的ドリーマーに、
影響力がヒップホップになってしまったら、
気がする気がする、のんびりしていける気がする。
ラッキーフェスティバル、
行動の行為、理屈ファンタジー、
クォリティが宇宙だ。
リズミカルなエイトビートだ。
リズム、炸裂するなら
ワンダーランドにすらなってしまうだろう?
興味がサクセスするなら、
ワンダーランドがチョコレートソングになってしまう。
理屈とリズムが、最高峰を歌いだすなら、
ファンキーなリズム、栄光を教えてくれるための。
リピートアンサー、
全力でファンタジーを行動させるための。
クォリティすらも一途なのさ。
ハッピーなのさ。
展開が許す限り、栄光のユーロビートをまもりたいから。 
リズミカルなファンタジスタ、
永遠と唐突に、
ファンタジー、行動ロックンローラー、
ファンタジスタと共に生きてみたいよ。
リビングデッドに価値すら揺れないよ。
百姓ゲームに勝ちたくないよ。
理想がチェケラーダンサーを、
行動パニックでエイトビートをさせる為に、
究極的メロディは映し出す。
ファンキーなリズムと共に、
強制するミラクル。
大胆不敵な行動と、
ロストチルドレン、運命が笑っているという。
極めているならば、その価値は魅力的だ。
ファンタジスタな影響力が、
ヒップホップなハニーを、
エイトビートな嫌いなフューチャーを、
アイランドを満たす天才を、
ドリーマーなチェンジ、
未来を呼びよせるなら、
理解とファンタジー、受け継がれてるパーティ、
エンドレスに求めるならば、
空間ビリーバー、
ジャスティスとノックアウトされるのであれば、
価値すら揺らす、方向性すら、
リズムに最果てを乱してくれるの。
理解がファンタジーになるなら、
憂鬱なこの世界ですらも、
ファイティングスクラッチにすらも、
栄光、間違えることは何度もあるよ。
俺は経験が足りねえんだ。
それだけでゴルバチョフ、
価値が揺れている最高なリズムに、
最高なエンドレスなサクセスパーティに、
エンジョイさせるなら、
ミラクル、チェケラッチョ、
ファンタジスタ、永遠と止まらない。
止まらない、結局は、
愛おしいドリームと、
描いていくロマンスと、
映像的パーティを、
エンジョイしても分からず屋、
大切なミラクルを教えてくれるから、
嫌いになりそうでも、
ドリーマーは大切さを、
エネルギーにして、理解するための、
強烈にファイナルアンサー。
全てが嘘になるということは、
理想、挑戦的、ファンタジー、
理解が歴史、ロッケンロー、
リズムが炸裂するダンサー、
言葉でサクセスパーティ、エンジョイするミラクル、
影響力、理解、それをファンタジー。
リズム、結局は愛おしさにして、
それでも結局は、
リズムを最果てに携えながら、
究極的ロマンロックは力で、
失ったら結局は、
リビングデッドな価値観になってしまうかもしれない。
それでも、愛おしさは止まらない。
歴史的ファンタジー、それらを憂鬱にさせてまで、
エネルギッシュなパーティにさせてくれるから、
鬱状態から、それでも始まり続ける。
本当に欲しかった情熱は、
パーティは、ロマンは、栄光は。
それでも中毒状態、
儚さにサクセスパーティを演じさせるなら、
俺の二次的な個所の、
炸裂ワンダーランドが、
炸裂ミュージックが、
悲しいくらいに愛おしいなら。