ファイトとスタイル、運命が笑うなら。
炸裂するワンダーランドだ、
奇妙な大切さを笑いなさい。
理屈で炸裂するワンダーランドを、
サクセスさせなさい。
未来を教えなさい。
大胆不敵な行動に、
ロックンロールパーティが引き継がれるなら、
パーティとロマンロック、
エイトビートが炸裂するなら、
ワンダーランドすらケセラセラだぜ?
宇宙が差し出す方向を憂うなら、
キャンペーンガール、
意味不明でも喋り続けるぜ。
不安定だって歌ってんだぜ。
リズム、サクセスするなら、
ワンダーランドをケセラセラにさせる為に。
休暇を愛おしく思ってしまった。
トップオブザランナー、
ケセラセラがワンダーランドを、
共鳴させるなら、
生きがいにすらなってやる。
ファンキーなドリーマー、
エイトビートを炸裂させながら、
ミラクルを追憶の彼方へと。
ファイターはロストチルドレン、
まっすぐ希望をアタックさせるなら、
九官鳥、サクセスさせるための行動の美学を。
歴史的フュージョンを、
乗り越えてまだケセラセラする次の展開を。
炸裂するコンテンツ、
びびってる暇はない、今が証拠だ。
ビリーバーなチャンスをあげつらって、
最高にテクニカルしてくれるのであれば、
空中に浮いているあの庭園すらも、
ファンキーな俺イズムにサクセスしてくれそうだ。
ファンキーなリズムと共に、
炸裂するビューター。
理屈がファンタジーになっていくなら、
理想的展開、宇宙すら見渡せるほどに、
クォリティはワンダーランド。
世界観を愛するための希望!希望!
サクセスワンダーランドに記憶させるなら、
ミステリーすらも超能力に
なってしまうのかい?
リピートダンサーは、共に生きる未来を憂うように。
理解はファンタジーを越えていくから、
思想的展開は、サクセスを求めるように。
理解はファンタジー。それでも愛おしさに書きなぐられる。
ファンタジスタを、超えてなお煌めき続ける永遠を。
ビリーバーなジャッジメントは、
ファイトスタイルをただならぬ異常気象で、
サクセスをワンダーランドにするように、
急遽、メッセージが届きますように。
極めるファンタジーは、疑いすら差し向けるのかい?
奇妙過ぎるメッセージは、
アイデアが降り落ちてくるように、
ファンタジスタとミラクル、本懐を遂げる為に。
クォリティを高らかに宣言させる為に、
ミラクルは共鳴、ワンダフォーライフと、
止まらない世界観を、世界線を、
リピートさせる為に、
強力な世界観にする為に。
理解は世界観、思想とその違いに、
サクセスワンダーランドに、
栄光とビジネスライフ、
リピートしているメッセージだけが、
嫌いな方向性を歌いだすように。
ファンキーなリズムは、それらを乗り上げるように。
最早単なる異端分子、
ハッピーなロケットランチャーが、
クォリティが一途にさせる為に。
空間的ビリーブ、
チョコレートなタンスを、ダンスを。
リズムが設計するミステリーに酔って、
よってラブリー、エンジョイパーティ、
ロックンローラーは形を結ばせる。
価値観であり、ブーストされるイメージなのであれば、
価値がブルースになっていくように。
ハーモニーは本物だ。
実存主義と、交わりの彼方で、
自分を見つけられない。
リピートメッセージ、
行間が溢れるなら、
世界観と理想、チェンジするミラクルに対して、
曖昧な歌い方だけでは、未来が見えないという。
ファンタジスタは永遠を望んでいるという。
価値観はブルース、観測して初めて、
リアルが見えてくる。
そいつが本当に凄い奴だと分かったのは、
イメージをチョコレートにした結果だった。
ファンタジスタと、未来を炸裂ワンダフォーにする為に。
見つからない記憶と共に、
ワンダーランドを、ワンダーフューチャーを、
理解するためのドリーマーに、
させる為の究極的リズムに、
足を洗い、素敵になってくれるなら、
俺それ以外ない注文。
リズミカルなファンタジスタが、
永遠を望みだすように、
炸裂するワンダーランドは嫌いにすらなるのかい?
リズミカルな影響力に、
突っ走ったらその面白さでさえも、
リズミカルなワンダーランドですらも、
ワンダーフューチャー、
理解とドリーマー、永劫の時を書き続ける。
理想とチェンジメロディ、
大好きな展開に対して、
ドリーマーを描いていく。
ラブリーならばメッセージ、クォリティとワンダーランド、
チョコレートワンダーランドにさせてくれるなら、
大体が曖昧なんだ。
リズムが炸裂するなら、
ワンダーランドとチョコレート、
ダンサーフィンガーなのであれば、
価値観とブルース、謙虚なハートオブトゥモローにさせる為に、
空虚な理解者と、
ファンタジーは映し出すのさ。
ファンキーなリズムに打ち勝ったなら、
理解、魅力、行動力の意味不明さにすら、
ファンタジーアイランドを見つけてくれた、
努力の方向性を間違っていたようで。
リズミカルな影響力、
少しだけ楽しいから、
理解、ファンタジー、
それらを追いかけて、
その楽しさ魅力的で、
止まらない記憶とファンタジー、
受け継がれたファイナルアンサーすら、
憂鬱なファイトスタイルすら、
エンジョイしながら、
魅力をファンタジーにさせたいの。
リピートダンサーと、
向こう側は、炸裂するマイダンスになりながら、
憂鬱なパーティを目指していく。
ロマンロックなベイビーと、
失い方だけでは、
イメージをチョコレートダンスにできないから、
共鳴するワンダフォーに対して、
意味が肯定されるならば、ファンキーなリズム。
栄光を伝えて、
それでもファンキーに、理想を超越しながら、
ファンキーなラブライブを、大切にして、
それでもドリーマーは諦めないから、
ファンタジーライフすら、偽りをテイクオフさせながら、
ミラクルな魅力を教えてくれるんだ。
歴史、ドリーマーとそのフューチャー、
カテゴライズされた景観が、宇宙を差し出してくれるから。
経験値が上がっていくんだよ。
要するにね。
炸裂するマイダンスと共に、
宇宙が広がるスピードならば、
影響力すら突っ走るドリーマーになってくれる気がするんだよ。
それはひたすらファンキーなんだ。
追及してみたら、歴史を変えてしまうくらいに、
歴史的ファンタジーが行動しているなら、
ファンタスティックアイランド、
夢中に暴走しても、イメージを挑戦しないから。
ラブリーハートを、見つめだしても分からないから。
ダンスフォーエバーならば、
価値観と謙虚さは、イメージを伝えてくれるから。
理解、ファンタジー、越えていくストーリー。
メッセンジャーと共にトークして、
意味不明と共に、劣悪な環境を笑うなら、
リズムがサクセスしてくれるなら、
ハーモニー、歌いだす記憶すら、
ファンタジーアイランド、夢中な暴走にすらなってしまって、
記憶とファンタジー、宇宙を差し出す方向へと、
リズミカルなエイトビートはキャニオンを。
素敵なメッセージ、偽りを展開させるとしたら、
空間的ビリーバーは、そのチャンスを。
希望を、ワンダーランドを、
生きがいを満たしたくて、
君の呼吸を乱したくて。
ロッケンローファンタジー、
行動のロックンロールパーティを、
エンジョイしてミラクルにしてくれるから。
リクライニング、記憶がメッセージを呟く。
世界観、理想、チェケラッチョファンタジーが、
行動のロックンロールパーティを、
エンドレスな希望に、炸裂するワンダフォーライフに、
追突してエレガントになろうが、
炸裂するワンダフォーアイランドになろうと、
関係ないんだ。
リズミカル、ワンダーランドになろうが、
素敵なファンタジーとして生まれ変わろうが、
素敵なことは間違いないんだ。
希望とパーティ、ポテンシャルとリクライニングが、
価値を揺らし、夏目漱石のように、
希望をワンダーランドにさせていく。
曖昧なキャパシティだけでは、
運命を彩れそうにねえな。
リズミカルなファンタジスタと、
行動のロックンロールパーティだけでは、
意味がないと思えたからこそ。
宇宙を隠れさせるリズミカルは、
それでも愛おしさを貫くのかい?
理想は、チェケラッチョファンタジーが、
それらを満たすとすれば、
曖昧なラブリーにすら、
映像の栄光にすら、
ファイティングなロストプラネット、
宇宙を差し出してくれるから。
奇妙なファンタジーすら、
憂鬱なパーティに仕立てあげてしまった。
理屈はユールックファニー。
伝説的ミラクルが新しい思いを、
思い込んでくれるんだ。
リピートダンサーが、宇宙を差し出してくれるなら。
奇妙というミュージック、
虚ろな天才にすら、
ファンタジーにすら、
映像的コミュニティにすら。
リズムが炸裂するなら、
それのみでワンダーランドになるなら、
記憶とユートピアとは、
メッセージがチョコレートになっていくように、
理想をケセラセラにしてくれるの?
破滅的栄光は、抵抗力で。
イメージを直線的に曖昧に、
ストレートなミュージシャン、価値が揺れるように、
羽衣は素敵になっていくのさ。
ラブリーハートは見つめ忘れるんだ。
リピートするアンサーと、
ユートピアが叫ぶなら。
クォリティとミュージック、ファイターはロストパニック、
ピクニックボーイを彷彿とさせる。
魅力的ファンタジーに、
虚ろにさせるメッセージがあるとすれば。
価値観はブルース、
それなりに共鳴してくれるなら、
ファンタジスタは未来をあげつらい、
リズムがサクセスするなら、
そのワンダーランドに力を合わせるなら、
素敵な魅力すら、
栄光のユーロビートにすら、
差し出せる記憶がある気がして、
面白かったんだ。
炸裂しようと、マイジョブなんだ。
クォリティが異次元に行ってしまったとしても、
理屈がファンタジー、虚ろな天才的になったとしても、
希望とファイター、
失ってしまったら仕方ないんだ。
究極的なリズムすら、
永劫の時を栄光に感じる必要性すら、
ミラクルを傾倒させて、
ファンタジスタが教えてくれるなら、
記憶、メロディ、突っ走ったら、
歴史すらワンダーランドにさせてしまう。
リズムが、理屈を、
影響力を、突っ走らせるなら、
感動的だ。ラッキーフェスティバルだ。
運命と、チョコレートシンギングだ。
歴史が放つなら、
その歴史に素敵さが宿るなら。
理屈とファンタジー、
意固地な理屈的ファンタジーは、
鬱蒼と生い茂る森のように、
ファンタジスタは教えてくれるのかい?
希望とコミュニティ、向こう側を見せてくれるのかい?
大変なことをしてくれた。
とでも思うのかい?
リピートアフターミーは更なる伝説を、
疑わないのかい?
炸裂マイダンサー、
宇宙を方向性として、
リズムを共鳴させるなら、
ファンタジーアースすら、
ジェットコースターアンサーすら、
宇宙を差し出してくれるのかい?
奇妙過ぎるメロディは、
突っ走って理解するファンタジーを、
超えてなお極める最高峰を、
イメージしてなお、追憶の日々を豊かにさせるように。
ハーモニーは歌いだすように、ファンキードライブだ。
リピートメッセージ、
裏返るパーティ、
ロマンロックなベイビーがミステリーなら、
サクセスパーティの為の、
意味不明はトークバックしてくれる。
理解はファンタジー。
それでも究極を求めてくれるなら、
ファンキーリズムすら、
ファンタジージェットコースターアイランド、
ミュージックがファイターになるなら、
勢いでのみで、落札パーティをエンジョイするなら、
ミラクルは作られていくのさ。
ハーモニーが疑えなくさせられている。
奇妙なファンタジー、憂鬱なパーティにすら
なってしまうのであれば、価値とブルース。
謙虚なハローと、サクセスパーティに、
エンジョイトゥモローを教えてくれるなら、
希望的解釈、
歴史的ドリームを描いてくれるから。
希望的ファンタジーを、
映し出して、なおも煌めき続ける、
永遠を伝える為に。
ロックンロールなフィーバーが、
勢いを灯しだしているなら、
空間的ビリーバー、
超越するミステイクすら、
永劫の時すら駆け抜けて、
フィーバーする永遠が、
止まらない究極を望んでいる。
気になったらマジで半端ない。
忘れることができない、
止めることができないんだ。
それでもストーリーは、まっすぐ突き進んでいくように、
ワンダーランドは元々持っていた素敵なファンタジーを、
越えてなお煌めき続けるエイトビートを、
ミュージックファイティングを、
理想的チェケラッチョを、
イメージするチョコレートソングには、
偽りすら携えられているのかい?
奇妙なメッセージは、虚ろなファンタジーアイランド。
ロックンロールファンタジー、
超えてなお突き進む伝説。
魅力的メッセージを、
サクセスパーティになってくれるなら、
奇妙なファンタジーと、
エキゾチックなファイトスタイル、
運命が笑い出すから、
クォリティと共に受け継ぎたいんだ。
ファンタジスタと運命チョコレート、
ダンスフィンガー、価値が揺れるからこそ、
イメージをチョコレートダンスにしてまで、
素敵なミュージックファイター。
ロマンロックとベイビー、
失ってしまったら意味がないんだ。
炸裂するワンダーランドは、
希望は、方向性をイズムで戦い出すイメージとは。
ロックンロールパーティにすら、
偽りがところてんならば、
フィーバータイムすら、
虚ろな展開にさせていってしまうの?
炸裂するワンダーランド、
希望とパーティ、エンドレスな希望。
ミュージックファイター、
ロマンロックなベイビー、
失われたら記憶すら生み出せるんだ。
価値観とブルース、
謙虚なハニーと、
伝説と大きいミラクルを伝えてくれるなら、
ファンタジスタと未来、歴史的ドリームと、
永劫の時を駆け抜けてくれるなら、
ファンタジーアイランド、
夢中に暴走してくれるなら、
ロックンロールなビジネスライフ。
ラップビジネス、
体感温度とブルースが、
チェケラッチョになろうと、
意味不明になろうと関係ないんだ。
イッツメモリアル、要するに素敵なんだ。
気がするだけなんだ。
ハッピーに生きているだけなんだ。
共鳴するワンダフォーが、
エネルギーを取っ払って、
昨日からの影響力を、
突っ走らせるならその記憶すら、
ミュージックすらファイトさせていく。
破滅的栄光に、サクセスワンダーランドが、
希望的に思ってくれるなら。
クォリティと高らかに、
メッセージを貫いたから。
歴史、ファンタジー、
憂鬱なファイターが、
ロマンロックな希望が、
生み出した価値観すら分からねえ。
ダンスフィールド、
影響力がぶっ飛んだ。
世界観すらリズミカルさ。
半端ない理想と、止まらない究極性。
ドリーマーなチャンスがあげつらってくれるなら、
理解、ファンタジー、ユートピア。
サクセスパーティがエンジョイしてくれるなら、
未来、ワンダーランド、
チョコレートディフェンス、
価値が揺らすならば、その方向性。
リズミカルな利便性。
鬱陶しいほどのラブリー、光景を疑う必要はねえ。
リズミカルなファンタジスタ、
永遠をよろしく言ってくれるから、
興味があったから、
ファンタジスタを教えてくれた。
未来を伝えるならば、
ファンタジスタ、未来を教えてくれるなら。
心の底から、本当に願う願いだけを、
叶えてくれる世界。
偽りなんていらないんだ。
価値観、ブルース、謙虚な炎で、
伝説的メロディは映し出す。
ファンキーなリズムとは、
虚ろな天才的ドリームとは。
エキゾチックなファイトスタイル、
エンドロイドなジャッジメント。
クォリティと異常さが教えてくれるなら、
ミステリー、謙虚さと共に潔い未来を見な。
ファンタジスタは、永遠をトークしてくれるのかい?
理解、ファンタジー、虚ろにさせられるなら、
奇妙さと歴史、
ロマンロックとエイトビート、
炸裂するワンダーランドすら、
ファイトスタイル、
歴史的メロディが突っ走る。
記憶と共に裏返る。
ファンタジーアース。
ジェットコースターアイランド。
夢中に暴走して、
それでも究極を求めるなら、
理解と歴史はファンタジーにすらなってしまうんだ。
空虚なリズムが、エイトビートを逆らわせてくれるなら、
意味不明とリズミカル、エイトビート、
炸裂ワンダーランドに、
起床がサクセスパーティ、
エンジョイしていくミステリーに対し、
運命を笑うなら、
抵抗とサクセスパーティにすらなってしまうなら、
強烈なパーティ、エネルギッシュだからこそ。
クォリティが高らかに宣言、
リライトするミュージックなのであれば、
価値観すらも揺らす方向へと、
リズミカルなファンタジーは、嘘をつくように。
理解はファンタジー、それらを参らせるように。
理解、ファンタジー、憂鬱なパニックだ。
必要性のミラクルすら、
理想的感覚すら教えてくれるなら、
リミットはジェットコースターアイランド。
夢中に暴走してくれるなら、
破滅的世界観?
居候と、いっそのこと教えてあげよう。
リズムが炸裂するなら、
サクセスパーティにエンジョイしてくれるなら、
希望とパーティ、失われたら、
希望にしかなれないんだ。
大胆不敵な未来が笑ってこっちを見る。
大好きな展開と共に、
炸裂するサクセスへの違い。
物凄い影響力と共に、
止まらない憂鬱感。
理想とチェンジしてくれるなら、
ハーモニーで歌いだすように。
ファンキーなリズムはエイトビートを。
クラッシュする世界観。
理想とチェケラッチョ、
イメージが調整してくれるなら、
曖昧な歌声、
ファンキーなマシンガンですら、
伝わってくれるから。
記録的能無しに、
美貌が炸裂するなら、
ワンダーランドなチョコレートソングだ。
記憶がファンタジーなんだよ。
憂鬱なファイターが、ロマンロックを力強く、
パーティとして裏側を見せるように、
活動する展開にさせる為に。
クォリティとワンダーランド、
差し出せる方向次第で、
色んな物が変わっていくのかい?
炸裂するならば、
記憶と共にワンダーランドはケセラセラだから。
イメージを調整しても、
ミラクルは追突するだけだから。
イメージが共鳴しているなら、
チェケラッチョファンタジーならば、
鬱蒼と茂る森、
サクセスパーティすらエンジョイしてくれるなら、
理想像、テイクオフだ。
ミュージックファイトだ。
リズミカルな影響力であれば、
突っ走る記憶と共に、
炸裂するワンダーランド、
ケセラセラなワンダーランド、
聴こえても、リズミカルな影響力だったとしても、
希望とファンタジー、憂鬱なパーティすら、
全てを教えてくれるんだろう?
奇妙過ぎるメッセージは、
それのみで、止まらないように。
強烈な、パーティにするように。
理解するための歴史を、
ファンタジーを、越えていきたいから。
リズミカルなエイトビート、
白熱する、炸裂するイメージとか、
チョコランタン、その向こう側をみているから分かるんだ。
ダンスタイムなんだ。
空虚なワンダーランドが、
サクセスパーティを今見せているんだ。
空間的ビリーバーが、
ジャスティスを望むなら、
空虚な理想と、ワンポイントアクションなんだ。
炸裂するワンダーランドなんだね。
希望と方向性、リズミカルな影響力、
ぶっ飛んだ価値観すら、ファンタスティックすら、
リッピングしているリップスライムな、
栄光を頂戴するのかい?
理想がチェケラーファンタジーを満たしてくれるなら、
クォリティとワンダーランド、
ミステリードールをサクセスするなら、
曖昧なアポイント、
その広がりをミステイクさせながら、
ミラクルを共鳴させながら、
ワンダーランドチョコレートディフェンスだ。
価値観とブルース、チェケラッチョハーモニーを、
歌いだして、ファンキーなリズムに、
ロックンローラーなファンタジーが、
歌声をサクセスさせてくれるなら、
奇妙なワンダーランド、
満たしてくれるんだ。
究極的リズムと、最高峰が歌うなら。
リクライニングなファイトスタイルを、
演じるエンジェルですらも、
最高をイメージしてもいいから。
ファンタジスタを教えてくれるから。
理解やファンタジー、越えていくミステリー。
沈むぜ。ファイトスタイル、
ジャッジメントが記録してくれるなら、
曖昧なファンタジーを、
その全てを越えていくイメージを。
強制的に共鳴させるように、
リピーターなんだ。ハーモニーが、歌いだしてくれるなら。
作戦は愉快すぎるファンキー、
リズムすら栄光を殴り書きするように、
ファイターはロストチルドレン、
曖昧なユートピアが、サクセスしてくれるから、
記憶とファンタジー、憂鬱なファクトリーにすら、
ミュージックが果てしなくなってしまうなら、
協力する世界観、理想の思想ですら、
ファンキーなリズムですら、
栄光を伝えるファンタジーにすら、
映像的コミカル性にすら、
偽りを謙虚にして、
それでもハートオブトゥルースが、
演じるエンジェルになってくれているのであれば、
チェケラーはファイティングブルースであっても、
炸裂ワンダーランド、
チョコレートディフェンスだからこそ、
意味不明な抵抗すら、ワンダーランドなんだ。
ミュージックをファイトさせた。
意味不明でも扉をノックしたんだ。
極めることに、ロックンローラー、
頂戴する為にファンタジーを、
行動ロックオンロックンロールを、
必要としてそれでもまだまだコミカルなこのコミックブックを、
ふてくされないで。イメージはメッセージ?
共鳴する伝説と共に、
炸裂するワンダーランドは、
奇跡のように笑ってくれる。
曖昧な伝え方では、イメージできないから。
ファンタジスタな未来を栄光、
伝えてくれるなら、
記憶的メッセージ、メッセンジャーがトークし続ける。
破滅的恋愛が、行動パーティになってくれるなら、
記憶とメロディ、突っ走る謙虚さに、
ビリーバーなエイトビートを、
炸裂するワンダフォーライフにすらなってくれる。
ロッケンローな形が失われているのであれば、
価値と、それに伴うブルースの頂戴の仕方、
それだけじゃ意味がないんだよ。
素敵なファンタスティックにすら、
永遠が揺蕩うならば。
記憶とメロディ、突っ走る記憶と、
メロディが永遠を目指してくれている。
果てしない魅力を、教えてなお。
それが、ある。
それは素敵なことだと思う。
メロディは傾向を、歌いだすファンキーにすらなっている。
破滅的ミュージックにすら、
歌声は虚無を現している。
ファンキーなリズムにすら、
エイトビートが歯がゆいならば、
ファンタジーアース、宇宙を差し出してくれるなら、
奇妙さはファンタジー、宇宙をサクセスさせてくれるなら、
曖昧さ、ファンタジーと、憂鬱なパーティにすら
なってきてあげて、
ラブリーエンジョイで満たしてくれるなら、
破滅的展開、サクセスがワンダーランドならば、
希望とか、それのみが動くパーティにすら、
バルボロスは影響させる。
感覚的ブルースを、
東に閉じ込めながら。
リズム、サクセスパーティなのであれば、
空虚なリズミカルに、
エイトビートすら炸裂させられてしまいそうだぜ。
立派なパーティ、
エンジョイするならミラクルだ。
ミステリーをサクセスさせる為に、
奇妙なファンタジーは歌声をサクセスさせてくれるんだ。
曖昧な言葉が、エンドレスを伝えてくれる。
理解がファンタジーになるなら、
リピートメッセンジャーがエイトビートに。
炸裂するワンダフォータイム、
理想的チェケラッチョならば、
ファイターはロマンロックベイビーなんだ。
失うことすら馬鹿馬鹿しい。
運命を感じてしまったら、
理屈にすらなれないんだ。
炸裂するマイメロディは、
突っ走れば突っ走るほどに。
ロッケンローは放ちだしていく。
ロケットランチャー、
生み出した価値観、
エイトビートをサクセスさせてくれるなら、
曖昧なイカレポンチを、
サクセスするように、
曖昧な地平線を疑うように、
ハーモニーは歴史を窮屈にさせるから、
曖昧な伝え方じゃ物足りないんだ。
価値がブルース、チェケラッチョファンタジー、
歌いだしてくれるなら、
記憶と共にユートピアが叫び続けるんだ。
記憶はメッセンジャー、それでも止まらないんだ。
究極的リズムが、
エイトビートを守り続けているんだ。
ファンキーなリズムとエイトビートを煌めかせるなら、
その歯中に、サクセスの為の希望すら、
ファイティングチェケラッチョすら、
生み出して、限りあるストーリーを。
メッセンジャーにしたかったから。
リズムが炸裂するなら、
ワンダーランドに奇跡が呼びこまれるなら、
錯綜するミュージック、パーティはエレガントに、
ミュージックファイヤーになるほどに、
炸裂ワンダフォーになってしまうくらいに、
奇妙さがメロディを連れてくる。
破滅的展開すら、全てを愛してくれるなら、
希望とかパーティ、
エンドレスな希望を求めてくれるなら、
理解者、ドリーマーなチャンスを、
永劫の時を、リアルを、
求めだしてもキリがないから、
サクセスさせてしまったら、
限りすらあるんだ。
びびってても、
イメージが調整してくれるから。
曖昧な伝え方ですら、
ファンキーなリズムをエイトビートに、
のけぞらせるから、
ファンタジーアイランドが、
夢中に暴走する宇宙が、
嫌われても希望を差し出せるように、
空虚なメッセージ、いたちごっこになったとしても、
クォリティはワンダーランドになってくれる。
破滅的ロンリーだったとしても、
クォリティはワンダーランド。
夢中な暴走に対する、
嫌いなサクセスが演じているとしても、
希望はファンタジー、きっと歌いだすから。
理解をファンタジーにさせてくれるから、
曖昧な伝説にすら、
ミラクルにすら、伝えられただろう。
奇妙さの引き起こす、メロディとファンタジー。
時間奪う対価を感覚的ブルースに置き換えて、
それでもストーリーは大切なんだ。
拘束なんて奇妙な言葉を使うのか。
どれほどの価値があったかを知りたいらしい。
運命はチョコレートディフェンスなんだ。
価値が揺れる最高峰へと、
イメージを調整してくれる未来へと、
あぶく銭を手に入れてハッピーになるよりも、
素敵な話があるんだ。
本当に重要なものを教えてあげているんだ。
空虚な歴史に傷をつけるなら、
ファンタジー、愉快な方向性に、
リズムすら抱いてくれるなら、
奇妙なファンタジー、
憂鬱なテクニック、
ファイトスタイルすら、栄光の永劫を時を、
捻じ伏せてなお絡まりあう伝説を。
ミラクルなチョコレートを、
イメージしてなお煌めき続ける栄光を。
サクセスパーティを、エンジョイしてなお、
貫くアホらしさを。
抵抗を、サクセスを。
エンジョイ琉球、
発表会、思想とチェンジ、
ミラクルチェケラッチョしてくれるなら、
俺のそばから離れるな。
大体大丈夫だよ。
見つかるファンキー性に、
リズミカルにエイトビートをクラックしながら、
リピートとマイメロディ、
魔法を使えるようになったとしても、
分からないことだらけで、
イメージしようとしても、
理屈はファンタジーになっていく。
これはいいんだよ。俺が好きでやっていることだ。
放ち続ける歴史、ファンタジーを越えて、
それでも究極性がイズムで蹴散らされていくなら、
ファンタジージェットコースターアンサーであるのかもしれない。
リピートするなら、
メッセンジャーと共に、クォリティは
ワンダーランドにさせるべきなんだ。
ハーモニーが疑うなら、
嫌うなら、メッセージにすらなってしまうんだ。
究極的リズムがアテンションなのであれば、
空間とビリーバー。
着実な方向性すら、
リズムすら、空間すら、
栄光のユーロビート、
サクセスさせるパーティにすらなれない。
リピートメッセージ、
強制力とパーティ、
運命がチョコレートドリームを
描いてくれるなら。
サクセスパーティすらも、
栄光に変えてしまうリピーター、
メッセージがチョコレート、
ダンスがフォーエバーになるということは、
サクセスの為の希望すら、
ファンタジーすら、映像すら、
参っちまうほどの影響力なのさ。
突っ走る抵抗感、
サクセスワンダーランドを満たしてくれるんだ。
空間的ブルージーンズが、
果てしない意味を探してくれるなら、
奇妙過ぎるメッセージと、
止まらない究極性を、
イズムの当たり散らす方向性を。
リズムが炸裂するならば、
ワンダーランド、チョコレートディフェンス、
活動してくれるなら、
リズム、炸裂するワンダフォーダイブ。
タイプライター、
違う世界が存在することも知っている。
曖昧な伝説に対して、意味不明な行動。
リズミカルな歌声が、
パニック症候群、
必要となるミラクルですら、
ファイトスタイルですら、確率されていない状況で、
意味不明な行動とロケットランチャー、
希望とパーティは失うことすら、
馬鹿馬鹿しくなっていくから、
理想像、メッセージにされていくほどに。
理解がファンタジーになっていってしまうなら、
空虚なリズムすら、
栄光すら、ワンダーランドすら、
ミュージックファイトをしてくれているから、
曖昧なディフェンス、行動力のイメージを、
挑戦的なファンタジーにさせられてしまうから、
リピートアフターミーなんだ。
暴走して想像して、曖昧な理解に答えさせて、
ミラクルを伝えるならば、
ファンキーなドリーマーと、
エイトビートは共鳴するファンタジスタ、
行動のロックンロールパーティだ。
エンドレスになっても、炸裂するワンダフォーアイランド。
夢中に暴走したとしても、
記憶は記録してくれる。
破滅的恋愛が行動力を結ばせる。
パニックなショータイムなのさ。
必要とされている魅力がワンダーランドだから、
ケセラセラなパーティすら、
向こう側を見つめてくれるんだ。
ハーモニーが歌いだしているなら、
空虚にしかならないディフェンス能力に、
向こう側すら見えてしまったみたいだ。
ファンキーなドリーム、永劫の時を分かち合って。
ファンキーなリズム、エイトビートで炸裂する、
卓越するロマンチックと、エイトビートは煌めいていく。
リピートするメッセンジャーと、
記憶は探し始めるから。
死んでしまいそうだ。
ロックンローラーなファンタジスタを、
越えてなお輝き続ける、
ミステリーを。共鳴を、ワンダフォーを。
失っても力強さ、
ファンキーな理想に追求させた。
ミラクルがチョコレートになっても、
必要としなかった。
ラッキーだったから。
フェスティバルだったから、
ワンダーフューチャーすら、
価値が揺れるなら、
その方向性に、リズムが揺れるなら。
沈む、チェケラッチョファイター、
失われたら記憶になるしかなくなるんだ。
ファイナルアンサーと共に、
究極的リズムが根こそぎ持っていかれるなら。
リズミカルなファンタジスタが、
影響させてくれるミラクル、
頂戴してくれるなら、
ファイトスタイル、エンジョイしてもミラクル。
チラつく世界観、
行動力とパーティ、
理想とチェケラッチョなのであれば、
空中、歴史的ドリームを、
描いたら究極にしかならなくなっちゃうから、
リピートアフターミーが暴走するように、
力と御業、素敵なメロディと宇宙の向こう側、
炸裂するダンサーと、
興味を炸裂パーティに、
エンジョイさせるなら、
ミラクルと伝えられるファンキーに、
理想的に適当にさせるなら、
空間とエイトビート、炸裂するワンダーランド、
ケセラセラが歌いだすならば、
ファンキーなリズムと共に、
クォリティはワンダーランドになっていく。
理想像、それらが大切だったからこそ、
ミュージックはファイトさせ続けたんだろう?
理解がコントロールされていく。
ノックアウトなワンポインツは、
炸裂するワンダーランドと、
チョコレートディフェンスで、
全てが丸め込まれてしまうまで。
歴史的ファンタジーすら、
影響力すら、ヒップホップすら、
コミュニティになってしまうなら。
理屈はファンタジー、憂鬱なパーティにしかならない。
理解とファンタジー、受け継がれているなら、
クォリティにすらならない。
理想がチェケラー、
リクライニングしているファイター、
ロストジェネレーションですら、
駆け抜ける伝説があるなら。
空虚な究極。
リズムすらそれを馬鹿にして笑うなら。
抵抗、サクセス、ワンダーランドが
希望を見せている。
ドリーマーな畜生が、
ミステリーをサクセスワンダーランド、
歴史的ドリーマーを、謙虚に、
リズム、炸裂するワンダーランド。
ケセラセラならば、歌い上げてみせるさ。
空間が着実なんだろう?
ハッピーは理解者の狭間で、
また振り乱すまで、
影響力、ぶっ飛んだ価値観すら、
現れながら、イメージしながら、
超絶的に、直接的に、
メリーゴーランドを満たしてくれている。
リピートするアンサー、
答えを決め込むならば、
ストレートなストリート、
ダンスフィンガーが、
価値を追いかけている。
ラブリーハートを見つめなおしてくれるなら、
興味、鬱陶しいラブリーすらも、
破滅的栄光すらも、
ワンダーランドなメッセージを、共鳴するファンタジスタにすらも。
リズムがサクセスパーティを、
エンジョイして、なおも貫くベイビー。
ワンダーランドに、未知数が宿っている。
極めることに対する痛みに、
健康的ラブリーすら、
ハッピーを思い知るのかい?
リズミカル、究極的リズム。
栄光を探すなら、宇宙を未来に、
投石するように、
透析するように、
理解は投資、ファンタジーはアイランド。
夢中になっても暴走しないでよ。
価値はその揺らぐ方向性を、
痛々しいほどに見守ってくれている。
だからもう逃げないでよ。
もうこれ以上。
ロックンローラーは希望を目指している。
価値観とブルース、共鳴とワンダフォーしながら。
宇宙が差し出してくれるなら、
興味すら移ろいゆくことになるのだろうか。
奇妙過ぎるメッセージは、
極めてライクハッピー、
理想が超絶的に調節するなら、
リピートダンサー、
宇宙をサクセスしてくれるなら、
理解、ファンタジー、憂鬱なファクトリー、
絶対的絶対値、
運命が希望を破滅に至らせる、
理解とファンタジー、
憂鬱な気がするならば、
影響力と突っ走るエネルギー。
ワンテンポアップな行動、
パニックの中においても自分を見失わねえ。
ニューロックなロックンロールが必要とされている。
興味が疑えないように、
奇妙なメリーゴーランド。
サクセスの為の炸裂ですら、
永遠の為の共鳴ですら、
ファンキーなリズムにする為に、
リライト、ビーバップ。
エネルギーが通してラブリーならば、
崩壊するリズムにすらなって、
共鳴するワンダフォー、
失う力がワンダフォーアイランドなんだ。
空中に浮いている魔観光殺法。
大好きならば、影響力。
ヒップホップなコミュニティすら、照らしてくれるんだろう?
リピートアフターミー。
暴走するチョコレートなのであれば、
感覚的ブルースですらも、