止まらねえ。世界観、憂鬱になっても始まらねえ。
終わりなき旅、
憂鬱なパーティを始めよう。
理想ビジョン、テイクオフしてくれるなら、
イメージをチョコレートソングにしながら、
希望というファイターで、
失われるように、
止まらない世界観と、
理想は超越していく。
ミステリーを興味に対して、
弾き出すように、
運命はチョコレートをディフェンスする。
曖昧なミュージック、
居候、奇想天外だから。
究極的ミステリーにすらなっていたんだ。
価値が飽和するリズムで、
大切さが壊れるなら、
イズムとリズム、
その双方向に、
踊りだした空間すらも、
栄光のユーロビートを輝かせるなら、
ファンタジー、なってやるぜナンバーワン。
トゥナイトは踊りだすしかねえ。
このままハッピーに夜を明かすしかないや。
リズムかるなエイトビート、リズミカル、
止まらない究極としても、
リビングデッドな価値観。
メロディが突っ走るなら、その記憶。
リップスライムなその記憶、
メロディを虚ろにさせながら、
極め続けるパーティは、
エンジョイしていく。
ハーモニーは理想を追随させながら、
未来を解き放っていくから。
奇妙なファンタジーは、憂鬱なパーティを、
エンドレスな記憶を、
探し果てて、意味不明なパーティに。
リピートメッセンジャー、
それに対する価値が弾き出すなら、
奇妙なメロディ、突っ走ったら永遠を望むしかない。
ラブリーなチェンジであるから、
究極的なまでのミステイク。
ラッキーカラーがエイトビート。
ミュージックファイトが、
永遠に望みますゆえ。
はっきりしない嘘でさえも、ファンキーなメッセージ、
歌いだせるなら、記憶とメロディ。
大切な魅力が新たなるリズムを生み出すなら、
空間、それらのビリーバー。
ジャスティスな影響力、
ぶっ飛んだから世界観にすらなってしまうんだ。
リズムがサクセスするなら、
そのワンダーランドにすら期待しちゃうんだ。
運命、適当、ライクフェスティバリティ。
運命がチョコレートソングになってしまっても、
空虚なリズム、当たり散らす為の
運命が共鳴する為に、
ダンスを続けている。
曖昧に歌い上げるなら、
空間、チャンス、栄光を伝える為に。
空虚な理想像、展開するミラクルですら、
ファンキーな勢い、
メロディが含ませます。
リライト、ファンキーなメッセージと共に、
強烈なファイヤーとデリカシーと共に。
空間的なまでのポテンシャル。
生きがいを見つけてくれたあなたへと、届けたい。
リピートするダンサーと共に、
究極的リズムが、新しくさせてくれるなら。
ハーモニーと歌声、
炸裂ワンダーランドと、
地上の世界観にすら、
栄光のユーロビートにすら、
経験値を上げていくんだ。
ロマンスがロマンチックに、
栄光のユーロビートになって、
掲げ上げるまで。
素敵なファイナルアンサーになってくれる。
破滅的でも、意味があるとしても、
結局僕らは握りしめる。
大胆不敵に、行動をサクセスさせる為に。
奇妙なメロディは突っ走り続ける。
運命がチョコレートになるまで、
究極的アンサーを灯すまで。
クォリティ異次元、
ラッキーフェスティバル、
歴史的ドリーマー、
大切なミラクルと、クォリティはワンダーランドに、
勢いでチャンスをプレゼントしたい。
魅力を栄光に研ぎ澄ましたい。
ファンキーなリズムだったとしても、
一秒後があったとしても、
奇妙なメロディと、突っ走った永遠は笑い続ける。
果てしなく空虚な、理想。
展開する未来すら、ハッピーエンド、
ミラクルチョコレート。
リズムが究極ならば、
ファンタジー、エコロジーに、
発表会な思想を見せてくれる。
つまらない白黒の世界から、少しずつ色が滲み出る。
リズム、炸裂するワンダフォーだからこそ、
うなぎのぼりな抵抗だ。
サクセスワンダーランド、
嘘炸裂、ワンダーフューチャー、
価値観がブルースを連れてくる。
ハーモニーと共に、
記号を照らし出すように。
空虚な理想と共に、
力の多寡だけではない。
イメージが調子に乗っているという。
歴史的メモリアル、
それを知ったことが大きな発見へとつながった。
理想、チェケラッチョファイター。
失われたら希望しかそんざいしないんだ。
特別扱いされたことが嬉しかったの。
それは希望を揺蕩う、リズムに乗せて歌い始める。
空虚な理想が、こんぺいとうみたいに、
九十九里浜、素敵になってしまうから。
空虚な理想が、太鼓判を押してくれるなら、
ファンタジー、憂鬱な行動にすら、
眠っている希望があると知り、
僕は凄く嬉しくなったんだ。
希望というパーティ、それらを失う。
歴史的ドリームは、それらをコントロールしてしまう。
理屈とリズムは、最果てを望みだす。
空虚な空間が新しくなっているなら、
理想的チェンジング、マイハートを希望で攻め立てたい。
イメージは炸裂へと、サクセスへと通じているから。
ビリーバーなチャンスは栄光を。
理屈がファンタジーを、
嘘が温もりを伝えてくれるなら、
ファンタジー、憂鬱な行動、
パーティはロマンを教えてくれる。
希望とファイティング、
理解を教えてくれ。
希望とファイティング、
愛で出来たこの世界を。
イメージチョコレート、
ダンスフォーエバーが、
全てに打ち勝って誇る自分が、
イメージが、その全てが、
愛おしいのさ。
懐かしいのさ。
ひたすらに、もどかしいんだ。
自分がいれば、僕は受け継ぐものがいるなら、
それ以上の欲求は。
始まりの世界、宇宙の時代、
近未来を映し出す展開。
必要性の映し出す世界、
鏡の裏側のように、
果てしなさを教えてくれ。
ロッケンローが歌いだすのであれば、
理解、ファンタジー、宇宙を差し出してくれる。
曖昧な炸裂に酔いつぶれていても、
ファンタジスタは教えてくれる、
未来があるという。
歴史というメロディに、突っ走らせてくれるなら。
興味すらもないから、ミュージックファイトは、
理想像と体感速度に、
リズムをミュージックファイト、
ロストチルドレン、マイナスだけ?最悪だぜ。
人が人にする挨拶じゃねえ。
リズム感がエイトビートを
笑わせてくれる。
本来の意味に対して、
炸裂するブーイングは止まらない。
雨風しのげる場所を求めて、
ラブリーチェンジは逆らわせるんだ。
空間、ビジネスライフ。
止まらない憂鬱と、ファクトリーはメッセージだ。
興味がメッセージでも、
止まらない究極性が、
いたちごっこなファイヤーを望んでくれるなら。
希望とか、それのみでは表せないリアルとか。
俺を求めてくれる希望は更に高らかに
健気になっていく。なぜ君は暗い顔をしているんだい?
窮屈な世界に対して、
愛に対して。自己表現の活動パニックだ。
意味不明でも、喋ってんだぜ。
覆す為に、記録的なメロディの為に、
愛する力を失わない為に、
気力を損なわない為に、
理想のビジョン、仮面フレンズ。
俺はロックンロールなファイト、
必要とするミラクルでさえも、
刻む異次元、
ファイトスタイルはエンジョイしても、
トゥモローに栄光を呼びよせても、
絶望が君の存在すら食べてしまわないように。
果てしない魅力を伝えたの。
希望とか、パーティ、アンドロイドを伝えてくれるなら、
ファンタジーアース、
ジェットコースターアイランドが、
夢中になっているなら、暴走的に適当に、
メッセンジャー、変な虫がまとわりつく。
ダンスはフォーエバー、
圧力はそのままに、
希望とか失った歴史、
ロックンロールはひたすらに、
ドリームを描いてそれでも果てしなく、
未来地図は栄光を呼び寄せるようにして、
ラブリーなエンジョイを溶かし始めてくれる。
記憶の束が、全てを守る。
あらゆる心のバグに、対策を打ち込んでいく。
ファンタジスタな未来はそれを拒否するのかい?
大体が曖昧で分からない。
大切な魅力すら、ワンダーランドですらも。
リミットがジャスティスならば、
健康的ハッピーに歪になってしまうなら、
謙虚なヒーロー、サクセスするワンダーランドすら、
チョコレートディフェンスすら、
永劫の時を駆け抜けるんじゃないか?
ビーバップハイスクールさ。
天才的ドリーマーを描いて、
なおも突き抜けるハッピーラッキーなのさ。
俺の力を試されてんだ、
謙虚なヒーローになるつもりはないが、
素敵なメロディがうろついているんだ。
ファンキーなメッセージ、最高な歪さ、
ミラクルを頂戴しても、
キリがないくらい、それくらい素敵だった。
ファンタジーはアースジェット、
未来を守る為に、
空中庭園、理想を守る為に。
理屈はないがファンタジーを越えたかった。
その未来という架け橋を、疑いたかったんだ。
リズムに、愛おしさが宿るなら。
リズムが炸裂するワンダーランド、
そう、僕は君の記憶だ。
メッセージチョコレート、
大胆な自由が許してくれる。
理解はファンタジーを、
理想はチェケラッチョを。
それでもマシな人間だと思わせる為に。
未来をあげつらう僕たちを、
理解を、ファンタジーを、越えてリズムを。
サクセスなワンダーランドを、
越えてなお突き進む伝説を、
ミラクルを伝えて、それでも余りある伝説を。
クォリティ、異次元を突破。
ロマンロックとチェンジ、
炸裂するサクセスに対して、
イメージを兆候してくれている。
マッサージメッセージ、
止まらない究極性とリズムで、
サクセスパーティ、エンジョイ、ロックンロールなチェンジなんだ。
愉快なファンタジーを越えていく為に、
理想的チェンジ、炸裂ワンダーランド、
奇跡を起こしてくれる。
理解はファンタジーを越えて、
それでもとめどなく溢れ出して、
ロックンロールはイズムを最高峰に、
調整されたミラクルすら、
チョコレートダンスにさせてくれるんだろう?
破滅的恋愛パーティが目指す場所が偽りなら、
世界の共同的運命的調整も、
ミラクルを挑戦させて、
大胆不敵に全てを奪い取る価値観にしても、
ミュージックファイターは
失うべき力を失っているのかい?
希望はファンタジーを求めているのかい?
リズミカルなファンタジスタを、
何かを求めて始まる宇宙が存在しているのかい?
九回裏二死満塁、さよならついに本塁打。
そんな情景を夢見ながら、
素敵な嘘を炸裂させていく。
あぶく銭、作成するラブリーハッピー。
エンドレスな希望に対して、曖昧になるだけなら
意味がねーんだ。
価値が許せねーんだよ。
それらが生み出す超越が、
大好きな展開をサクセスさせる魅力が、
行動に対する曖昧性すら、
感覚的ブルースすら、
虚ろに展開していくドリーマーすら、
意固地にファイトさせていく。
ロマンチストと裏側を、
ファイナルステージにする為に。
強力的に、ファンタジーを向こう側にするように、
活動家は天才を目指して諦め続けていく。
果てしなさはミラクルを共鳴させる。
その展開に対する興味に、
後ろ側に仮面を忍ばせたんだ。
記憶の方式が少し異なる俺は、
リズムと共にその思考を記録していく。
そもそも世界とはどういうものなのか。
今を生きる俺は過去を引きずらねえ。
ロックンロールになってしまっても、
イズムとファイティング、理想とチェンジする
ファンタジーすら、勢いを求めてくれるなら、
希望となるアンサー、
ロックンロールディフェンスが存在するからこそ、
未来を食べたんだ。
サクセスを求めたんだよ。
究極的リズムが、最高を教えてくれるなら。
理解とファンタジー、憂鬱なパーティを目指すなら。
クォリティと共に受け継がれる。
それらはファイナルアンサー、
つぶさには潰されねえ。
価値観がユールックフェスティバルでも、
栄光を目指して騒ぎ立てるんだ。
空虚なリズムになろうと、
それらは変わらねえ。
到底言葉で表現できる領域じゃないからだ。
運命的な適当に、
サクセスの昨日も、
オーライしてパーティにさせていく。
ロックンローラーはジェットコースターなんだ。
ロマンロックと気がする世界が、
ラブリーな未来が、やってきているなら、
なってやるぜナンバーワン。
唱えてやまないギブアンドテイク。
ファンキーなミュージックが愛おしむなら、
とっくに実験に気づいている俺の集合体はどうなる。
リピートするアンサーが退屈ならば、
希望とメッセージ、後ろ側を差し出しているなら、
空間さえも後ろ側を虚無にするのかい?
希望はどこにもないというのかい?
リズムはサクセスを求め、
希望はファンタジーを理解させていく。
破滅的恋愛でも、行動しているパーティロケローションでも、
歪な崩壊はしたくないという。
リズム、炸裂するならサクセスすら求めるべきだという。
極めることに意義がないなら、
夢の世界にすら、居場所はないのかい?
リピートするメッセージが、
魅力が、影響力を、
飛ばしているなら、価値観とブルース、
謙虚な炎に揉まれていきる。
大好きな言葉たちを生み出し、記憶する。
メロディが美しさを、永久に教えてくれるように。
希望のファイティングは、理想と頂戴するマイハニーに対して、
希望という教科書を広げ輪を作り生きた。
ラブリーなチェンジングは
炸裂するミステリーを、
謙虚なハニーにすらさせてしまった。
リズミカルな影響力、
ぶっ飛んだ世界観、
思想、歴史、ファイターすら、
意味不明な展開を喜ばせたんだ。
クォリティがワンダーランドならば、
鍛え上げるこの魅力すら、
ない物ねだりをしていると主張するの?
爆走していく展開力すら、
疑いを教えてくれると奇妙な優越感に浸るの?
イメージが調整して挑戦してくれるなら、
ファンタジーアイランド、夢中に暴走した魅力が、
そこら辺にはあったから。
炸裂するワンダーランド、
希望とファイター、
ロマンロックが違う顔を見せる。
ラッキーフェイスがメロディになるように、
宇宙は希望を、逆らわせてなおも、
突き抜ける伝説になってくれるから。
破滅的展開は、それでも望むのかな。
希望が、そのファンタジーがそこにあるということを。
リズミカルな影響力、
そこに突っ走る曖昧さが宿るなら、
理解を越えた場所でただ夕凪を見ている僕は、
リズムはどこに運び忘れていたんだい?
極めることに意味がないなら、
炸裂マイダンサー。
リズムがサクセス、
エンジョイアップするトゥモローを、
理解するためのフューチャーアイラインを、
伝えてなお、余りあるこの伝説を。
ミラクルを、伝えてなお、
希望がファンタジーになってしまう。
理屈がワンダーランドなんだ。
栄光が繋ぎとめてくれているなら、
ファイター、ロストパニックになってまで、
影響力、ぶっ飛んだ世界観にすらなってしまう。
リズム、サクセスするワンダーランド。
希望とパーティ、
向こう側を教えてくれたから。
記録的豪雨、未来が弾けても、
リズムが炸裂するなら、
ワンダーランドで気象衛星だ。
展開していくホーホケキョが、
未来を伝えるならばファンタジーすら、
映像の栄光すら、ファンタスティックなドリーマーさえ、
忘れてしまうのかい?
それは究極を意味しているの?
活動する展開は、更なる沢山の物を飲み込んでいく。
精神のブラックホール化現象だ。
イメージがチョコレートならば、
ファンタジーがアイランドなら。
立派なファンタジーを、越えたいらしい。
ハイパーパワーがエンドレスなんだよ。
鍛え上げてもそれだきゃ変わらねえ。
理想が超越しようと、
ミラクルがダンスをしようと、
変わらねえミラクルがあるんだ。
謙虚に喜べるほどのな。
サクセスがエンジョイしてくれるなら、
クォリティとワンダーランド。
嗅覚がフェスティバルを狼煙を上げていく。
理想と超越感だけでは、
イメージがイマジネーションになるしかねえ。
ラブリーチェンジ、
未来をよろしく言ってくれる。
ファンタジスタと未来、嫌いになるほどの抵抗。
差し出す大切さ、
リズムを究極にさせて、
イズムが伝わるならば、
影響力、ぶっ飛んだ価値観にすらなってしまう。
リズム、サクセスワンダーランドなんだ。
究極的リズムすら、
偽りへと変えてしまうなら、
リズミカルなファンタジスタに対して、
意味がサクセスしないんだ。
価値が揺らし続ける方向性がある。
刻んだストーリーは、
それなりで歌いだしていくのか?
リピートするなら、
そのメッセージが頂いてしまうなら、
究極的リズムすら、
栄光のワンダフォーですら、
価値観ですらミュージックにさせられちゃうの?
リズミカルなエイトビートに、
それしか楽しみがないならば、
究極的メッセージすら、
偽ろうとするのかい?
イメージはチョコレートソングだけじゃないはずだ。
魅力を伝えてくれたファンタジーは、
まだ立ち眩むことをやめず、
ハイパーな痛々しさは能力を引き上げていく。
つまり歴史的にファンキーなんだよ。
サクセスが昨日の運命を、
チョコレートを、サクセスワンダーランドを、
満たしてくれるなら、
希望的パーティ、エンジョイしてもトゥモローになっちまう。
希望とファイター、どっちにしろ、
何を失おうと、変わらねえものはあるんだ。
ふざけていると思うかい?
リズミカルは歌いだすのかい?
サクセスがワンダーランドなのだとすれば、
価値観、ブルース、謙虚な炎も、
リズムがサクセスするパーティに、
舞い戻ってくるための記憶さえも、
リズミカルなファンタジスタにさせられてしまうのかい?
リピートは悲しむぞ?
リズミカル、ファンタジーなジェットコースターを、
アンサーしてもそれでも止まらない希望を。
崩壊するリズムを、イデオロギー、
突っ走る為の伝説を。
行動の為のファイターを。
謎に包まれたエイトビートを、
共鳴してなおも悲しそうな顔を見るのが大嫌いだった。
リピート、メッセンジャーが、
ほぐす最高峰から、
イメージをチョコランタンにさせたままで、
究極的リズムが曖昧になっていく。
炸裂ワンダフォーに、超強力な
サクセスを愛しさでごまかしたなら、
ファンタジーの始まりだ。
強烈な嗅覚で、
ファンタジーは壊れていくんだ。
この素晴らしいらいらいに祝福を、
イメージチョコレート、
ダンスフォーエバーになっていくとしたら。
価値観はもはやブルースだ。
イメージがシンガーチョコレートシンギング。
未来が呼び寄せられたとしても、
希望、ファイター、その通りになっている。
リズミカルな行動、前からおそらく決めていた、
お茶目ないたずらも、今となれば素敵だと思う。
深層心理が遊んでいたんだと思う。
刻むストーリー、エンジョイしても、
潜在意識は目を覚ます。
希望とファンタジー、
それらが疑うことなく、
ビリーバーをジャスティスにしてくれるなら、
曖昧なワンダーランドすら鍛えられてしまうのかい?
ビリーバーはジャスティスを、運命は抵抗を願いつつ消えていく。
始まりの世界、居候してくれるなら、
ファンキーなドリーマーに嘘をつくならば、
エイトビート、炸裂するワンダーランドと共に、
サクセスはチョコレートのように。
休暇を弄ぶ九官鳥のように。
刻んだストーリーは彩りと光が満ち溢れ、キラキラと輝き降り注ぐ。
リピートするダンサー、
宇宙の向こう側にキリがないなら、
素敵さすらも魅力的に感じてしまうんだよ。
そんな破壊的な理屈を僕にくれないかな。
リスクがハッピーになっていく。
理想像が展開されていくんだ。
言葉をもてあましもてあそびはぐらかしてたぶらかしていく。
理想とチェケラッチョは、
それでも愛しさを。
ロックンローラーなビジネス大会は、
埋め合わせする頂戴をほしいままに、
リズミカルはワンダーランド、
ケセラセラな宇宙を乱すように、
ファンキーなリズムは、それらを疑うように、
レッツパーティなサクセスワンダーランドは、
記憶してミラクルへと走り出す。
ロックンロールは、トークライブ。
必要性すら皆無のこの世界で、
リズム感を置いてけぼりにしないように。
確実性を、そのドリームを、
描く為に。炸裂させる為に、
強力な世界観、居候が展開していく為に。
歴史的メロディはそれでもかたっぱしから、
リズムを越えて、イズムを操縦して、
果てしない未来に対して、
埋め合わせする展開すら笑い出していく。
破滅的ロンリーがあるのかい?
奇妙過ぎるメッセージは、どこへいけば受け継がれるんだい?
ファンキーなリズムに、エイトビートを見たのさ。
急遽、世界観に愛されるというのなら。
ファンキーなリズムと、栄光とユーロビートは、
咲かせるイメージを止まらなくできるのかい?
ロックンロールフィーバーは、
どこまで興味を叱りつけてくれるんだい?
リズムが究極なら、
ファンタジーと止まらない生きがいを、
ファンタジスタを、行動パーティを、
エンジョイしてなお、煌めくハニーに。
エイトビートはチョコレートダンス、
クォリティすらも異常で、
まさぐるように、興味を歌う。
ファンキーなリズムは裂かせるから、
炸裂ワンダーランドを歌いだしていたんだね。
ファンキーなことはこの上ないのさ。
それをビリーバーが希望してくれているなら尚更だ。
ロックンローラーなフィーバータイムは、
虚ろな展開を許すように、
走り出していくから。
共鳴するワンダフォーと共に、
炸裂ワンダーランド、
少しずつだが着実に近づいている。
その運命を感じる度に、君が頬を赤らめる度に。
理想、チェケラッチョ、
生み出した価値観、未来を影響させた。
リビングデッドな価値観だ。
ブルースは意味不明にトークし始めて、
理想を超越して更に高笑いを引き起こす。
曖昧なリピーター、
イメージがチョコレート、
メッセージ、ロックンロールパーティは、
エンジョイする為に。
希望とか、フューチャーアイランド。
夢中になって暴走できるなら、
運命のチョコレートディフェンス、
価値が揺らす最高峰があるから、
イメージできるチェンソー、
ラブリーチェンジを認めて歩くなら、
理解をしたいよ。
メッセージは伝えたはずだ、
私の居場所は一つだけ、ここしかないから。
希望とそのファンタジー、
宇宙を差し出す嫌いに、
ファンキーリズム、サスペンス、
理解、ミュージック、ファイヤーを巻き起こした。
希望と未来、伝説的な栄光をひっさげて、
それでも生み出すのが楽しくて仕方ないよ
僕は僕を諦めることができない。
大切、ミュージックが歯がゆいなら、
ポテトコネクション、
価値が揺らす方向にすら、
ファンタジスタを行動でイマジネーション。
価値が揺らすその方向へと、
リズムを吐きならそうか。
究極的メッセージが慌てだすなら、
いっそ嫌いにすらなってやる。
ロッケンローなファンタジーが、
宇宙を差し出してくれるなら。
リズム、炸裂するなら、
ワンダーランドチョコレートだ。
ある一つのアイディアから、
未来は作られていく。
破滅ロックンローラー、
チェケラー、イメージしている調整ラブリー、
ロックオンされるロックンローラー。
ちぎられた破壊兵器。
放置するのも勝手だが、俺の必要とするミラクルは、
チョコレートディフェンスは、
意味がないと意味する魅力すらも、
ファイティングチョコレートだろうと、
水槽の中の脳だろうと、
奇妙過ぎるメロディ、あらゆる方面が見事に崩れていく。
リズム炸裂するワンダーランド、
ケセラセラなワンダーランドすら、
言葉と戦ってきた未来があるから。
ジャンプする世界観、
理想、チェケラー、
ファンタジスタを越えてきてくれたんだろう?
ファンキーなドリーマーは、やがて僕たちに嘘をつくのかい?
吹きすさぶ風と共に、
自己中心的な世界は曖昧さをくりぬいて、
ファンタジスタと行動パーティ、
エンドレスな生きがいが求めてきてくれる。
曖昧なファイヤー、
ロストプラネッツが
確実性をドリーマーに変えてくれたから。
理解、ファンタジー、それらはクォリティ。
理想とチェケラッチョパーティ、
失われたら記憶にすらなれないという。
歯がゆくも、希望はファンタジーを望んでいるというんだ。
価値はブルース、謙虚な炎を灯していく。
理想像が展開されていくなら、
歴史、未来図、太鼓判を押す為に、
ラブリーな方向性を、
イズムを、沈む理屈を越えて、
何もかも越えてあなたのいる場所まで。
有神論者、
リズミカルに疑い出すなら、
リズミカルに拒否をする登場人物だ。
破壊的メロディが、
突っ走るなら、
その方向性に愛しさすら宿るなら。
リズム、ミュージックは歌いだす。
ロックンロールはひたすらを声高に歌いながら。
ファンタジーはメロディをケセラセラに、
ワンダーランドを見つめるように、
希望、その方向性。
イズムが作り出すファイターが、
全てが夢だったとしても、
なぜか嫌いになれないんだ。
ロックンロールはファンタジーなのかい?
イメージが調整してくれる。
理解、もっともっと不思議な世界へと、
ラブリーでマイナーなチェンジを運ばせる。
空虚な空間が新しさを求めているなら、
空間とビギナーはラッキーになっていくのさ。
ラッキーなスタイルと、理解、ファンタジーを行動にする為に。
狂気が運ぶメッセージ、
とめどなく流れ続ける涙、
大変なミラクルに対して、
行動させたならパーティの合図だ。
お祭りだお祭りだ、ここは人じゃない何かを持ち上げる場所だ。
理想が、チェケラッチョファンタジーになってくれるなら、
記憶とワンダーランド、歴史的ドリームを、
描いてなお。煌めく映像を、
パーティはロマンロックを、
違いはハッピーを、
生み出してなお、余りあるなら伝説を。
クォリティを、ファンタジーを、
揺れるその神輿。
ファンタジーが映像で、パーティであり、
ロマンロック、歌いだすファンキーに、
理想すら超越するミラクルに対して、
曖昧な理想すらファンタジーを連なっていく。
理想像が展開されるなら、
空虚、イメージしてくれるなら、
曖昧なストーリーすら、
儚い力技だからこそ。
ゲーム廃人になるつもりはないのだ。
ロックンロールは極める為にあるのだ。
理想、チェケラッチョしてくれるなら、
曖昧な伝説に、ミラクルが宿って嫌いにすらなってしまう。
ファンタジスタ、映像、何度でも繰り返されたファンキーに、
理想、生き残りは一人。
理想とチェケラッチョパーティ、
エンドレスな希望、ロックンロールファイターを、
ロマンロックは違いを見せてくれる。
幻想と戦争と、
連想と喧騒が、
リズミカルな影響力、
突っ走ってしまったら、
究極的リズムですら照らされてしまう。
イメージを超越したなら、
ファンタジーすらこの手に。
リズミカルな栄光はその着実性に、
リライトするミュージックですら、
ファイトさせてしまうでしょう?
空虚なリズムと、その復活を祝って、
リズミカルなダンスを歌ってくれるなら、
それ以上ないのさ。注文はね。
リピートアフターミー。
暴走していく展開、
理想像が退屈なんだ。
極めることにこそ意味が。
素敵なファイナルフュージョンが、
力技だけでは失えない希望が、
ファンタジーが、憂鬱な影響力が、
突っ走ったメロディが、
ダンスし続ける永遠が、
その先が見たいんだ。YO
リズミカルな影響力、
突っ走ったらファンタジーにすらなっちゃうんだ。
理解がファンタジー。クォリティになろうと、
憂鬱なパニック。
エイトビートを咲きほこらせても、
イメージは挑戦的に。
ラブリーハッピーに、
エンドレスはそれらを求めるように。
空間は空虚になっていく。
理想像と体感する、リミックスだ。
伝わってくれるなら、空虚なリズムだ。
最高峰と愛しさが、
ドリームを永劫の時を駆け抜けて、
イメージを超越する、
ミステリーにすら、ダンスの極みが見える。
白熱したルーキー、
果てしなさと魅力的すぎる
ファンタジーと、行動の向こう側だ。
テンションが上がっているんだ。
もう限界なんだよ。
炸裂ワンダーランド、
希望に対する曖昧なフューチャー。
リズムがサクセスするなら、
そのワンダーランド、
気象衛星、ごまかせないほどに。
究極的ミステリーが破裂するほどに、
ワンダーランドはミステリー、
興味を示した。
大好きな展開が歩き始める。
歴史的メロディは、追憶の果てに、
ビリーバーを試しながら、
窮屈なファンタジーすら、
いつからか自らが見つからない。
ドリーマーでも、影響力でも、
突っ走るしかないんだ。
ロックンロールはひたすらに、
ドリーマーを描くようにして。
ラブアンドヒッツ、
リピートするなら、
そのメッセージ、偽りを展開させるなら、
興味すらも流浪に変えていく。
ファンタジスタな未来は超えていく。
ロックンロールフィンガーが、
大切なリピートに、
エンジョイするミラクルを伝えて、
ファンキーなドリームすら、
描いた究極性が、
リズムが、更なる追突を、
エレガントに求めてくれるから。
希望とファイター、失われたら記憶にすらなっちゃうんだ。
ファンキーなリズム、エイトビートが炸裂するなら、
希望とフューチャーアイランド、
ミュージック、ロックンロール、
いたちごっこ、ファイヤーシスターズ。
ビンゴビンゴ、あなたに巡り合えた。
ファンキーなメッセージ、疑えるなら、
空虚な理想と、ファンタジー。
運命は逆立ちしても変わらないのゼ?
ファンキーロストプラネットを、
失った記憶すら、ワンダーランドになってしまう。
理屈とリズムは、最高峰を
サクセスさせるように、急遽、
ファイナルフュージョンが認め合っている。
空間、それなりに、デリカシーのない話題。
炸裂するマイダンス、歴史的ハニーは、
歪な交換条件すら、
叩き上げて、まるでカツオのたたきみたいに。
リズミカルな疑いにすらなれないなら、
ファンキーなリズム、最果ての嘘を、
ロックンロールファンタジーを、
越えていくドリーマーを、永劫の時を、
リズミカル、かくもたやすく、ラブリーエンジョイなジャッジメントだ。
空間的ラブリーハッピーでさえも、
リズミカルなワンダーランドを見せてくれるなら。
クォリティとワンダーランド、
宇宙の差し出す方向性を、
リズミカルな疑いに、サクセスさせてまで、
クォリティを求めたかった。
リズミカルなファンタジーを、
それらを灯すイメージを。
強烈なファイナルジェットコースターを、
アンサーソングを歌う為に。
強烈なファイヤーナイトガール。
嘘を炸裂させるなら、
ワンダーランド、チョコレートダンサー。
宇宙が差し出してくれるなら、
曖昧な希望ですら、テンションを変えていきそうだ。
ラブリーなミラクルが教えてくれるなら、
リズミカルなファンタジー、
宇宙を差し出してくれたら、
ドリーマー、映像的パーティに、
エンドレスな希望に、ファイトスタイル、
エンジョイジャッジメント、
空間を記憶させた、メロディすら突っ走って、
爆笑していくんだ。
ファイナルなリアリティを、
生み出して多寡のくくるメッセージですらも、
影響力、抵抗力、まあ色々あるんだろうが銘々、
覚悟決めるのはお前だKJ。
理解、ファンタジー、興味が嘘をついても、
ビリーバーなジャスティスが、永遠を望んだとしても。
記憶とメロディ、突っ走る健康というラッキーフェイス、
失ったらそれだけじゃ足りないから、
まだまだ曖昧さをロックしてくれるんだ。
奇妙なファンタジーに、向こう側を見捨ててくれるなら、
クォリティとサクセス、
イメージをチョコレートソングにしてしまったら、
とっくに決めつけているトークバイトークなアンサーソング、
リアリティがないなら、追及するミステイク、
ラブリーハートに見つかって、
美貌は炸裂させながら、
痛々しいリズムと共に止まらない究極を、
ファンタジーを、それすら乗り越える希望を。
ワンダーランド、それのみが目指すジュピターを、
イメージしてなお、突き抜けるような我々を。
怒り、最果てが目指すクォリティだ。
ワンダーランドなら、
チョコレートディフェンスにすらなってしまうなら、
究極的ドリームでさえも、
意固地なファイター、
ロマンとロックンロールはひたすらなんだ。
究極的メロディ、突っ走ったファンタジー、
クォリティが異次元でも、まっすぐな超絶に分からなくなったとしても、
希望とかファンタジー、宇宙の差し出すエレガントに、
希望すらファイターにさせてしまう。
俺はこれを答えとした。
この直接調節する、ミラクルを与えた。
ストロベリーはなぜこんなにも魅力的に、
崩壊するリズムとイズムを叩き寄せて、
ファンキーなメロディは宇宙をかいつまみ、
栄光をワンダーランドにさせながら、卓越していくのか。
理想とチェケラー、イメージが理解、ファンタジー、
歌いだせるなら、記憶とメロディ、向こう側の放つ影など、
僕のストーリー、生み出す、歴史的ドリーマー。
リズミカルなファンタジーを壊すなら、
必要的なミラクルチェンジを、
極めることによってようやく生まれる
ファンタジーを、行動を、そのパーティを、
エンドレスなサクセスを、エンジョイしても、
ラブリーチェンジは参ってしまうんだろう?
空間ラプソディーなのであれば、
価値観はブルースさ。共鳴するミステイクに、
儚く散らし始める運命。言葉というおもちゃで遊ぶ俺は赤ちゃん人間。
大切サクセスエンジョイ、ミラクルがチョコレートになっても、
イメージは着実ファイター。
奇妙過ぎるファンタジーは、
それらが目指す痛々しさを。
嫌いになっているらしい。
強力世界観、ミラクルが伝えてくれるなら、
理解ができる程度のファンタジーだ。
憂鬱でもパニックだ。
愛おしさを繋ぎとめている愛が、
ミステリーが、その興味が、
後ろ側を大切にさせていったんだ。
ハーモニーとしての理想すら、
最高だと思ってくれるなら、
記憶とメロディ、憂鬱がパニックを巻き起こしているなら、
その恐怖たるや、凄まじい。
記憶とメロディ、突っ走った健康体。
ラブリーエンジョイと、頂戴したミステリーが、
空虚なメロディとリズムと共に、
炸裂するワンダーランド、
記憶とメロディ、
歴史的フューチャーアイランド。
夢中に暴走していく。
ロマンスは頂戴する為に、
記憶は君の為に。
ビーボーイは歩き出す。
炸裂するワンダーランドに、
研ぎ澄まされながら。
美貌とファンタジーは、虚ろ、虚ろな
展開を、サクセスさせるように、
奇妙なファンタジー、
ロックンロールファンタジーを、
超えてなお、希望をファンタジーにしていった。
ラブリーチェンジングがマイメロディならば、
影響力、永久に教えてほしい。
リミックス、それは行動の美学。
美しいメロディと天才的な、
ドリーマーは描き続ける。
ハイポーション、理屈、ファンタジーを越えてくれるなら。
理想像と、体感温度。
ブルースがチェケラッチョになっているのであれば、
価値すらも揺らすのかい?
イメージはチョコレートソングなのさ。
偽りの世界観に対して、
永久を感じていたのかい?
ビリーバーなエイトビートは、クラッシュしても愛おしいほどに。
クラッチ、エンドレスな最高だよ。
リミックスならば、形すら教えてくれるだろう?
奇妙なメッセージ、疑いだせるなら、
究極的ミステリーを、超越してなお、
希望になってくれるから。
ドリーマーは描いた究極に、
リズムすら追いかけてくれる。
ファンタジスタな未来を教えてくれるから。
それでも、ドリーマーを描く為に、
炸裂するワンダーランド、
ケセラセラなフューチャーがそれらを望むなら、
いっそ期待さえしちゃいたいくらいさ。
リズミカルに、歌いだしたファイヤージェットコースターが、
生み出すことすら拒むなら、
炸裂するマイダンス、カツレツ、
イメージ、炸裂していくのさ。
白熱した、ラブリーチェンジ、
もっともっと溢れる行動を、
意味を、償いたいもんだ。
ロッケンロー、勢いとファンタジー、
勢い、ミュージックファイトだから。
リズムがサクセスするなら、
次の段階、踏み進むワンダーランドへの世界地図。
それらが生み出した奇跡、
立ち入ってはならない領域。
ロックンロールなら、ひたすらがメロディなら、
突っ走る経験すらも、ワンダーランドすらも。
映像的コミュニティ、
ロックンロールファンタジーが、宇宙を見せてくれるなら。
希望とファイター、ロストするチルドレン、
価値が揺れるから、崩壊するから、
リズムを憂鬱にさせてしまったから。
共鳴するダンス、
歌いだしていけるかい?
僕は何と戦っているんだろう。
少しだけ楽しい何かを探して、
未来を研ぎ澄ませた。
何も考えず画像を見るのも楽しい。
リズム、炸裂、次なる舞台。
埋め合わせする天気が最高なら、
リズムと共に受け継がれたファイナルリアリティ。
伝説的魅力を、行動させて、パーティに、
ロマンロックなエンジョイを、
満たしてなお、突き抜ける伝説を笑っていく。
ラップ的世界観、
感動的な未来すら描いてみせる。
ラブリーなチョコレートであれば、
満たすだけ満たしてやる。
ファンキーなリズムと、栄光がつなげる未来がある。
最高潮、イメージが調整してくれるなら、
理解、ファンタジー、憂鬱なパーティを、
エネルギーにしてそれでもとめどなく、
止まらない究極性がイズムすら教えてくれる。
起承転結、作成するサクセス。
イメージがチョコレートになったとしても、
希望はファンタジー、虚ろな天才だ。
ドリーマーな栄光を見つめる。
どの方向にリズムがあるのかさえ、
よく分からない、必要とされるミラクル。
ラッキーフェイスで、伝わったらファンキーだ。
理想的チェケラー、イメージを調整したら。
炸裂するワンダーランド、
もっともっと深い世界を見たいの。知りたいの。
希望は、どの方向に対し、
運命をあてがい、炸裂するドリームを、
永劫の時を、永劫の道を、
突き進んでいけばいいの?
活動していく天才、ドリーマーが描くなら、
空虚な理想と思考法、
イメージがチョコレートになってしまう前に、
希望とか、ファンタジーな宇宙を、
見出してパーティは、エンドレスな行動を見せてくれる。
理解、協力、イメージを調節。
固い観念だけでは、越えられない壁があるという。
灼熱の海だけでは、愛しさが足りないという。
そこら辺に、ただ立ち尽くす意味不明が、
行動のロックンロールティーチャーが、
エンジェルたちと共に、エンジョイしてくれるなら、
希望とファイター、失っているなら、
力と御業を、
ロックンロールとして、
必要最小限な曖昧さは、
ラブリーコールを疑い出すように、
空虚なメッセージ、愛しさで跳ね飛びまくるなら、
伝説的クラッカー、
イメージがチョコレートになっても、
希望、ワンダーフューチャー、
価値に閉じ込められても、
記憶は止まらないから。
憂鬱なメッセージ、
究極的ドリーマーを、
描いてなお、ケセラセラになってくれるワンダーランドを。
記憶を、メロディを、
突っ走った感覚を、
ビーバップハイスクール、謙虚なヒーローだ。
見捨てきれないからこそ、ミュージックは生きている。
ファンキーなリズムと、エイトビートは裂かせてくれる。
曖昧なリアルが東奔西走していく。
ラブリーだからこそハッピーなんだ。
いちじくのように、刻むようにして、
ファクトリー、メッセージは貫いてくれるだろう?
奇妙過ぎるメロディは、
時に何を産みだす?
炸裂するマイダンスは、クラッカー、
ワンダーランドを見つめて、読書を続けるんだ。
理想的チェケラーを、
生み出してなお、突き抜けるファンタジーを。
超えてなお、素敵になっていく理想、思想を。
リズムと、サクセスを炸裂するなら、
希望とかドリーマー、
描いた夢と、大器晩成型。
何を産みだしたのって聞かれても口ごもるほどの。
リズム、サクセスするパーティならば、
栄光とビジネスライフ、
未来をよろしく言ってくれる。
半端ない思想と、かいつまんで最高潮、
イメージをチョコレートにしない為に、
空虚なリズム、最高潮、
イメージしても、分からないから。
究極的リズムで、
栄光を伝えてくれているから。
ファンタジスタ、永遠はワンダーランドを見つめて、
その先にある未来の栄光なんて、
分からないままそれでもなお塞ぎ込むの?
確かに素敵なものは大好きだけど。
それにチョコランタン、
メッセージチョコレート、
ダンスフォーエバー、価値が許す限り、
崩壊させていくんだ。
ハーモニーは伝え方を未だに何かを探している。
歴史的なほどのミュージック、
ファイトスタイルはジャッジメントなのさ。
覆すことすら馬鹿馬鹿しいのかい?
全てを嫌いになったっていう君は
僕のことすら嫌いになったの?
ロックンロールパーティ、
エンドレスな希望、ファイトスタイル、
エンジョイしてくれるなら、
ミステリーとドール、
この世界の裏側へと、白昼夢が存在する。
魅力的ワンダーランドが、
かえってきてくれるように。
ファンタジー、理想を超越しても、
未来は卓越、ファンタジスタを行動で示して、
宇宙をファンタジーにさせてくれる。
リピートメッセンジャーと、
ただならぬ世界観。
思想的展開にすら、
ファンタジーを憂鬱にさせるなら、
いいさ、全てを教えてやる。
悪い方向へ行かないように、
頑張っているんだ。
俺達も必死なんだよ。
希望というパーティ、
エンドレスに求めているなら、
空間、サディストたちの浮かぶ永遠。
炸裂ワンダフォーアイランド。
夢中に暴走しながら、
ミュージックはファイトスタイルを、
エンジョイしてなお、
煌めき続ける永劫を、
伝えてなおも、生きる窮地を、
ファンタジーを行動させるから、
意味不明なダンスでさえも、
リズミカルな影響力、
突っ走った経験すら、
ワンダーランドすら、そのチョコレートソングすら。
栄光のワンダーランド、
奇跡を巻き起こす力すら、
ファイティングブラザーズ、プレッシャーにして、
ドリーマーは描き続ける。
果てしない戦いを、
未来を守る為に。
究極的なほどのレスポンスに、
クォリティを高らかに宣言してやろう。
サクセスパーティ、
エンジョイするならば、
その魅力に曖昧さをプレゼントするならば、
記憶とそのダンサー、
浮かぶ破滅への栄光の序曲に、
ファンタジスタ、行動パニック、
理想的に思っていたはずの、
極める必要性すら、
教えてくれるリズムに、
最高潮なイメージに対して、
未来をスクラッチを削るように、
理想像、大切な魅力を教えてくれるように、
極めるファンタジーすら、教えてくれただろう?
奇妙過ぎるファンタジー、うなぎのぼりな大切さ。
例えそんな運命を笑われようと、
大切なリズムは声高に、メッセージを貫くから。
希望とファイター、失われたら意味すらなくなってしまうから。
リズム、炸裂してサクセスするならば、
希望とかそれを生み出すファイター、
ロマンロックなベイビーが失われているの?
歴史、ドリームを栄光にして運んだ。
極めることに対して意味不明が高まっているなら、
圧力、ファンタジー、孔明の罠だよ。
素敵なメロディに宇宙を差し出してくれるなら、
ファイター、ロマンロックとベイビーに、
失わせて素敵なことにさせてよ。
ミラクルを超絶的に調節する、
直接未来が歩いていく。
ファンタジスタが目指すものとは。
刻むストーリー、僕は後ろに仮面を忍ばせる。
理解、ファンタジー、宇宙を未来を、
リズミカルなエキゾチック、ファイターはロマンロックであり、
ファイター、意味不明な体感温度を、
ブルースにしてなお、
突き抜けるメロディを、
美しい未来を教えてくれるなら。
記憶とメロディは突っ走っている。
ラブリーなハートオブウィザードが、
価値観が揺らぐなら、
ファイター、失われた記憶にすら、
守られてサクセスパーティに、
エンジョイするミラクルを伝えてくれているなら、
ファンキードリームすら、
永劫の時すら駆け抜けて、
幅広い世界観、
ロックンロールは塞ぎ込まない。
色んな事象と現象が、
未来への予兆を教えてくれている。
全てが明らかになっても、
それでも教えてくれますか?
ファイトスタイル、ジャッジメントパーティだ。
エンジョイアップするトゥモローに、
影響力、それなりにヒップホップにさせて、
未来をエキゾチック、
ファンタジスタにすらしてくれるなら、
曖昧さに鼓動が揺れるんだ。
最高潮なイメージと共に、
炸裂するワンダーランドは、
ミュージックを壊し始める。
究極的ミステリーを、頂戴してくれるなら。
曖昧なヒストリーとミステリー。
空虚な理想像が、体感してくれるなら。
曖昧で構わない、必要となるミラクルすら、
分からないワンダーランドへと、
解き放っているのであれば、
価値観とブルース、謙虚なヒーローが咲かせてくれる。
曖昧な理想が僕を笑っている。
ロッケンローが歌いだすなら、
ファンキーなリズムと共に、
永劫の時を笑いたい。
ミュージックは差し向ける。
活動する世界観になってまで、
究極的リズムに酔い散らかす、
イメージをチョコレートにしてまで、
栄光のビジネスライフ。
止まらないのは結局的なのさ。
イメージチョコレートに、
ダンスフォーエバーにしてしまうのさ。
ビリーバーなチャンスを、
映像的アフタヌーンを、
ミステリードールを。
イメージしてなお、突き進む伝説を。
素敵ワンダーランド、
1990年代の日本のヒップホップシーンに
ヒントが宿っている気がして、
ファンタジーアイランド、
夢中な暴走、リアルなフューチャーなのであれば、
価値観ブルース、歴史的ドリーマー、
永劫の時を駆け抜けるなら、
日々響いているアフタヌーン、
リピートとメッセンジャー、
価値が揺らすなら、その方向性にリズムすら、
イズムすら宿っているなら。
リズミカルなファンタジー、
向こう側を照らしてくれるなら、
世界中に作戦を教えてくれるように、
奇妙なファンタジーすら、
憂鬱なパーティになってしまうんだ。
空間的ブルースが、共鳴するワンダフォーへと、
近づいているなら。
ファンキーなリズムすら追いかけてくれるんだぜ。
リズムがサクセスへと、
ワンダーランドへと希望をよこしてくれているなら、
ファンタジーアイランド、
夢中になってもそれでもつくづく暴走。
リアルなフューチャー。
ラップスタイルが曖昧だ。
リズム、炸裂するワンダーランドだ。
ロマンチックエイトビート
炸裂するサクセスへと、希望は上り始める。
素晴らしいトークと共に、
憂鬱なパーティが幕を開ける。
ストーリーは素敵になって、
キラキラ輝きだす。
リズムが沈むぜ。
ファイナルストレートな、ミュージックだ。
リピートアンサーな
チェケラッチョ、生み出した理解、
ファンタジージェットコースター。
アイランド、希望とファンタジー、
浮き沈みの最高潮、イメージチョコレート。
リズムが炸裂するなら、
ワンダーランドとチョコレート、
イメージを最高に高めて、
イズムと沈む炸裂に対し、
ワンダーランドはチョコレートを運んでくれる。
究極的なファンタジーと共に、
移ろいゆくこの季節を改めてくれるなら。