世界観はミュージックを貫くように、
秩序的にはラブリーを、
方向性にはそのリズムを、
偽りにするように。
究極的ロマンスは、
立ち上がらせるようにして。
ラブリーなチェンジがそれを求めるならば、
クォリティ、それに伴う異常気象。
素敵なファイナルアンサー、
孤独と毒々しいリズムに、
追及する果てしなさだよ。
未来が調節するならば、
クォリティ、それに伴うワンダーランドすら、
価値観すら、変えていくリズムに、柱はおられるのだろうか。
奇妙過ぎて、逆にワンダーランドだ。
伝えきれるだろうか。
素敵なファンタジー。
それでもクォリティは僕を求めてくれるから、
リズム、つまり荒唐無稽。
失礼なくらいに、ダンスして頂けるだろうか。
リズムだ、終わりなき旅だ。
救急救命するなら、
揺れたその思いの、向かう先を、
何も言わず僕ら、眺めてるよ。
恥ずかしいだろうか。
記録的ミュージック、
偽りすらマイメロディにさせるなら、
クォリティ、まさにダンサーたちの夜だ。
曖昧なまいんちゃんが歌うなら、
希望、それに伴うワンダーランド。
クォリティが異次元ならば、
素敵、素敵、素敵。
ロックンロールがひたむきに、
それでも逆立ちをしながら。
運命を笑っていくなら、
その希望に対する時の共鳴。
ダンスフィールドすら、ワンダーランドに変えてしまうリズムを。
開拓したその先を、
生み出す僕らの訳の分からなさも、
含めて愛せる僕たちの虚無も、
素敵な行動、いわゆるファンタジー。
それをどこまでも貫けるだろうか。
ロックンロールは幻想と幻聴を混同させ、
ハイテンションは現実を思い出させてくれる。
だからパニックすら巻き起こす。
それらが究極的ドリームを教えてくれるなら、
ロックンロールがイメージを調節していく。
そのリズムは、開拓する文化を笑うように。
覆すように、ワンダーランドは伝えるように。
大切がことわざだから、
ストーリーはスモーキーなのさ。
運命を感じてしまう。
そこにロケーションがある限り、
僕らは止まれないのさ。
ラブリーアタックでイメージを調節したい。
ラブリーなチェンジだけでは認められない。
価値が新しく灯りだす。
展開的ラブリーが、それはまるで調節をしていくように。
理解するためのハイな歴史。
レッツトークアバウトな強さだ。
運命すら感じてしまう。
理屈はファイター、
運命をただならぬ予感で、
イメージさせたい。
奇妙なんだ、本当にね。
大好きな展開なんだよ。
ミステリードールなんだ。
極め続けていれば、最高かい?
夢中になって、ただ書いていた。
それだけが楽しかった。それだけが運命だったんだ。
希望的解釈、向こう側へ行きたいかい?
リズムはチェケラッチョで、イメージを荒唐無稽に。
素敵にファンキーに、路頭へと迷ってくれるなら。
希望的解釈、虚ろな展開に、未来すら見いだせないのかい?
リズムを調節してくれた。
幅広い伝説だ。
大切?言葉でエンジョイパーティだ。
3分間で40倍になるスピードで、
永遠は笑い続けていく。
ロストプラネット、
活動中だ。
理想と共に、展開中だから。
ラブリーハウスを設けたいから。
リズミカルなファンタジスタが、
永遠を踊りだすその共鳴が、
歌いだしからファンキーになっていく理想だから。
展開上は超ハッピー。
理想的未来を呼び寄せるなら、
その空間、展開、嘘つきすらも。
階段を上っていく、
リズムと強制的に愛し合う。
リズミカルはファンタジーを連れてきた。
大好きだからこそチェケラッチョなんだ。
意味不明でも踊りだしたんだ。
その展開がただただ楽しかった。
リズムが強制するなら、
それでもドリームに頂戴されるなら。
うろ覚え、それでもディスカウントしていきたいと思った。
リズムが強烈に僕を突き刺していく。
幅広い伝説が食い入るように見つめる。
リズミカルなファンタジスタならば、
栄光とワンダーランド、
伝えるファイターすら、虚ろな天才すら。
階段を上っていく理想で、チェンジしていく未来にさせてあげる。
理想的展開、天才的未来を。
競走世界観。
理解をファイターにしてくれるなら、
ファンキードリーム。
永劫の時をハッピーにさせたんだ。
クォリティで異次元。みんな怖がっている。
大好きな展開に、理想が駆け巡るなら。
きっかけすらも与えたくなかった。
希望的ワロロンチアだったから。
理由はあっていい、理屈はなくていい、
新しい天才的、ファンタジー、
気合いでフュージョンしたならば、
クォリティと共にダンスしたければ。
素敵なファイナルアンサー、
僕と意味が倍になるらしいさ。
感覚的ブルース、追及するメロディックラインに
整われながら、
希望とすら言われながら、
ダンスできなかった僕たちの未来。
今ある歌など聞けても二回。
ファンとか騙して奪うぜ再三。
ヒップホップがエナジーなら、
天候的にも影響力にさせるべきだ。
天才的ドリーマー、描いた究極性、
リズムを追及するアホらしさ。
正しさとワンダーランド、
理屈、影響力だ。
ぶっ飛んでいる価値観。
ファンタジスタな永遠はトークしていく。
その理想を浅ましく、
まるで追及をするように。
希望的解釈は移ろいゆくのかい?
伝説が君を見る。
僕を見て笑ってる。
それでもかいつまむことへの差し出す意味。
大切なリアクション、
メッセージはところてんなんだ。
素晴らしい展開、ミステリアスになる興味なら、
虚ろ、虚ろ、虚ろな展開力に、
それを合わせてイメージにさせる展開力に、
差し出せる方向性、イメージの超越性すら、
馬鹿にして、侮辱して、
それでも困りますとエイトビートは走り続ける。
理屈と意味は、
まるでそれらは歌いだすように。
興味、サクセスへと届ける為に。
希望はワンダーランドなのかい?
イメージは調節してくれるのかい?
歯がゆい理想は意味をかいつまむ。
素敵なファンタジスタになった後、
素敵なファンタスティックに、
恋愛トークでもさせる為に。
クォリティで異次元、突破するならファイターだ。
理解力が勝っている。ロックンロールがひたすらだ。
興味でチェケラッチョするなら、
その伝説に対してイライラするなら。
空虚な歴史、いっそのこと教えてあげよう。
理想郷、素敵なファンタジーがここにはあった。
素晴らしいほどの抵抗力だった。
イメージが強制的に、リズムに乗せ上げるように。
素敵さはファンタジー。それでも止まらない勢いの究極性か。
ドリーマーなチェンジであれば、
素敵にナノライプ、果てしない究極性と、
ドリーマーはまだ踊るのか。
馬鹿馬鹿しい理屈に対して、
意味を呈することすら侮辱されてしまうの?
覆す興味、リライト、埋め合わせする天才を。
炸裂するブーイングを、形を、それらを能無しにしてしまうリアルすら。
価値すら、おぼつかねえ。でも覚えたいことくらい俺にだってある。
究極的ロマンスは調整するのかい?
意味の中で、それらは崩壊していった。
リズムを強制的に笑わせるなら、
伝説的に思えていたこの理想すら。
開拓する文明すら、
果てしなく思えていた。
希望的観測に、宇宙を見たか?
リアリズム、ファイティングスタイルならば、
クォリティで伝説は夢はいつ叶う?
ビリーバー達も今夜は酔う。
果てしなさと共に生きることを
潔いと思えるか。
いずれ全てに勝っていく。
果てしないメロディに我を忘れていく。
フューチャー、アイランド、
価値観とそれに伴う可能性?
偽りのヒップホップであれば、
素敵なファイナルアンサー。
孤独な音色に包まれるなら、
伝説的愉快、ファイター、
歴史的ドリームすら、描いていくんだ。
希望とそれに伴うポテンシャル。
憂鬱な日々が目を覚ます。
価値観をワンダーランドにする為に、
それらすらもひっくり返す為に。
希望的感触、理屈はいらないと思えども。
素敵なファイナルアンサー、
僕は馬鹿みたいになるらしいさ。
本当に生きているか?
本当に知っているか?
その理想はどんどん上がっていく。
ラストに向け曲はあがっていく。
ハイテンション、それは理屈じゃない、
から耐え難い?
メッセージが密接に関わるなら、
いっそ理想すらからめとってみせよう。
リズムがチェケラーファンタジーならば、
栄光に見えたあの日々ですらも。
価値観ですらも、フューチャリングな恋愛トークになってしまうなら。
空中に浮いている歴史だよ。
ファンキーなことはロストプラネットなんだ。
運命を感じた。
あの理想は追求されていった。
馬鹿馬鹿しいほどエネルギーにしたかった。
ただ、それだけだったのに、
意味を呈することすら馬鹿馬鹿しくなってしまったの?
僕を侮辱するその行為すら嫌いなの?
イメージが調整してくれるなら、
そのファイターに一途さを望むなら。
空間的ラブリー、その運命を受け入れてまで、
君たちには使いたいエネルギーがあったんだろう?
それは間違いなく実現したじゃないかw
判断的に、ラブリーは調整網。
あれを味わっても利権を手放せないなら、
いっそのこと教えてやろう。
この世界の未来、そして過去、
大切な言葉、エンジョイパーティに
崩壊されていくドリーマー、
超越的存在すら、
価値観すら、揺れてナイーブになっていくから。
究極的ロマンスは、
歌いだすように。笑い出すように。
変化するリズムに、ところてんは笑い続ける。
半端ない理想と共に、戦い続けるんだ。
ロックンロールはひたすらか?
馬鹿馬鹿しいか?
エネルギーは追憶の扉を叩き続ける。
運命はそれで、興味をどの方向にたいして
浴びせ続けるんだい?
興味はその先に何が待っていることを
了承し続けているんだい?
ファンキーなロストプラネットだ、
生み出された酒池肉林に、
活動的展開ですら笑い果てる。
我、我の全てを求めん。
理屈にかいつまむ意味がないなら、
素敵なら、むしろファンキーだ。
ロストプラネットに嫌われるなら、
宇宙、それらが生み出すマイメロディ。
食いつぶすなら、歴史的ドリームだろう?
ファンキーなロストプラネットだよ。
偽りの世界観になるならば、
理想的展開すら笑い出しなさい。
謙虚で卑屈な僕たちは、
興味、卓越するワンダーランドすら、
歴史的ですら、価値観ですら、
笑ってくれるのさ。
面白いだろう?究極的だろう?
イメージが強制的に共鳴するなら、
その至る所に生じる伝説すら、
魅力的でしかないってことさ。
半端ないリアルが閉じ込められたんだ。
究極的ロマンスに、追従し追及する
明日が、伝説が、
ミラクルが生じてしまうなら。
価値観というユートピア、
失礼な程のワンダフォーアイランド。
密着取材も何か月目?
ダンスタイムはミュージックを見せるのさ。
俺のパワーははっきりいって恐ろしいほどある。
良い方向にも使えるが、
大切な言葉は、エンジョイパーティ。
悪い方向に使ってしまったら、大変なことになる。
だから慎重に生きるしかないのさ。
で、死ぬ時が来るならそれはそれだ。
流浪にパーティ、
ファイティングする超宇宙。
伝説的未来を仇成したいかい?
リズムがチェケラーなら、
イメージとぶっ飛ばす価値観になってまで、
エネルギッシュになってまで、
栄光を伝えたそのイメージすら、
食いつぶされる最高になってしまうんだ。
リズム、チェケラー、ファンタジーが。
理解するフューチャーが、ドリームが。
影響力が、ヒップホップが。
悲しいほどのドリーマーが、
影響力をヒップホッパーにしていく。
理想的チェンジを、まさぐるように。
必要とあれば喚き散らすさ。
それができなきゃ悶えるだけさ。
理解できたのかい?
究極性は、またしても呟くドリームかい?
必要性が失われて悲しいんだね。
君は僕のものだよ。
必要とするならそれも華奢でいいかもしれない。
ダンスタイムは永劫を望んでいるんだよ。
価値観とファイティングするなら、
その栄光をミュージックにさせるまでだ。
栄光のロックンロールは、
価値をうねり飛ばし、
それでもまだまだマグマを吸って成長するから。
理屈が衝動を連れてくる。
ダンスタイムで栄光を見たか?
必要とされるエネルギーを突破していった。
理屈じゃないんだ、ファイター。
ほら見ろ、大切さはやっぱりドリーマーだった。
究極的なロマンロックが
ファンタジーを伝えてくれるなら、
いっそのこと僕は伝説になってやろう。
必要性とファイティングする、
宇宙に差し出せる欠片が埋め合わせするなら。
理解とそのファンタジーすら、
それは理屈じゃなかった。
かといって、イメージしていけそうもなかった。
リズムを調節したいんだろう?
笑ってやるさ。
興味がないんだろう?
素敵なファンタジーを見せてやるぜ。
ファンタジア、メッセージ、影響力が
ヒップホップならば、形すら望むならば、
その正解が謙虚ならば、
失礼な程のドリームを見せてみせよう。
リズミカルが応答願うならば、
いつまで続くんだい?
この希望の音色。
素敵にファンタジーを教えてくれよ。
僕はどこへいけばいいんだい?
興味が炸裂し、ワンダーランドは木霊していく。
理解力をファンタジーにするように、
興味が呆れだしているならば。
究極的ロマンス、いたちごっこなファイターに、
馬鹿にされながらも必要とした、
魅力的アンチテーゼを、
笑ってドラマを描いた僕たちを。
メッセージを大切にするリズムすら、
開拓する僕の文明の炎すらも。
栄光、連れていくメッセージを、
開拓する文化を、
メッセンジャーな価値観にしてくれたんだ。
ファンキーなロストプラネットだ。
活動する世界観から、
ミュージックはリライトしていっただろう?
ファンキーなミュージックが予想をぶっ飛ばすなら、
価値観、ミュージックになるまでに、
究極的ロマンロッカーにしてくれた。
ファンタジーはアイランドだった。
まさに夢中だったんだよ。
価値がうねり、僕たちを虚無へと導く。
理想的展開は、すぐそばにあった。
理解力が究極だ。
そのどこら辺に僕たちのメッセージは実在しているんだい?
ファンキーなロストプラネットなら、
影響力が永久ならば、
希望、ファンタスティックになった
恋愛トークですらも、
価値観ですらも、究極的に。
そりゃいずれは終わるだろうよ。
奇妙なファンタジー、微妙な物語、
失礼でも構わない。
理想的展開で移ろいゆくことが馬鹿馬鹿しいなら。
素敵なファイナルアンサーとして全てを取り戻そう。
クォリティとしての異次元、
ミュージックすらもリライトにさせながら。
リライト、ミュージックはファイヤーサインを伝えていくんだ。
理想的展開が器を笑うなら、
その空虚さにすらリズムは宿ると思うか?
リズミカルなファンタジスタ、
永遠がトークしていく。
ビリーバーなチャンスが追いかけるように、
希望はファンタジスタを、
ミュージックにさせていくから。
理解するための究極ならば、
栄光を躍らせるように。
究極的なロマンスにするように、
覆る日々を笑い続けるか?
興味がないならいっそのこといたちごっこにしてしまえばいいのにね。
ダンスフィールドに価値観を呼び寄せ続けるから、
怒り狂ったそいつらに参ってしまったんだ。
価値観というユートピアは、それだけじゃ始まらないはずだ。
極め続けたリズムは、馬鹿馬鹿しいと言えるほどに。
理解がフューチャーになっていく。
理想的展開は笑い出して、
メッセージはミュージックになっていくんだ。
ファイトスタイルでエンジョイするなら、
究極的モンスターを続けるなら、
希望的解釈、虚ろにさせながら。
イメージを超越させながら、
ファイティングチョコレートを、
メッセージにさせるように。
屈辱的恋愛トークだよ?
覆す未来とファイターは、
失うことすら馬鹿馬鹿しいと思ってくれるから。
ファイターは理解してくれるのかい?
リズムを調節する馬鹿馬鹿しさとは。
究極的ロマンスに頂戴させられてしまうなら。
理解力とファンタジー、クォリティと異次元、
突破するファイターならば、
理解力のイメージ、調節するなら。
理屈じゃない。理由じゃない空間へと、
自由を手にした僕たちは、
希望をファンタスティックにするためだけの
エンジョイパーティすら、
流浪に生きていく理想になっていく。
俺にとっては理に敵った行為だった。
作戦が影響力なら、
ぶっ飛んでいく価値に差し出せる。
理解力をファンタジーにするなら、
影響力、ヒップホップな可能性にさせるまで。
退屈な世界観だからこそ、
理由なきロベルトカルロスは、
伝えてくれるんだろう?
それだけがファンキーだったから。
埋め合わせする歴史だ。
大切、言葉とファンキー、
ロストプラネットな活動家だ。
素敵にロストプラネットに、
活動する究極性なら、
ドリーマーと栄光、炸裂するダンスと影響ならば、
ファイティングチョコレート、
メッセージにさせてまで、
究極的にさせてまで、
エネルギーは突破していく。
本当に伝えたかった何かを、
未来をぶっ飛ばす栄光の力を。
ワンダーランドは調節しながら、
歴史とドリーム、永劫の時を泳ぎたい。
失礼ならばファイナルアンサー、
孤独と共に生きるのさ。
退屈な世界観、ファンキーなロストプラネットなら、
影響力、ぶっ飛ばすファイターとなってまで、
エネルギッシュに突破していくのさ。
理屈はないんだ。それでもね。
究極的ロマンスがいたちごっこなのさ。
つまりファイターであり、圧勝なんだ。
理屈はないが興味はあるんだ。
それは素敵な話だろう?
沈むが大切にしているファイター、
理解するための究極性か、
それでも大切にしているリズムの方向性とは。
理解するためのフューチャー、
ドリームをチェンジする未来の浅はかさ。
伝える未来のロッキーワールド。
開拓し、解説しているリズムの愚かさか?
素敵なファイナルアンサーが導くなら、
そこまで理由なき戦いが笑い出すなら、
理解をしようよ。ドリーマー。
馬鹿馬鹿しいか?
俺は本気だぞ。マイメン、
伝えられるファンキーは、
ロストチルドレンだ。
影響力がヒップホップならば、
影響力、ぶっ飛ばす価値観。
理解力がファンタジーに、
栄光をぶっ飛ばしてくれるなら。
ロックンロールはリアルにフューチャードリームになって
くれるだろうよ。
素敵なファイナルアンサーが呟くなら、
だってそれのみに操られることも
面倒くさいだろう?
素敵なファンタジーならば、
それらを究極的にさせたいもんだ。
クォリティ、異次元を突破させるみたいに、
リズムは調整し、未来的にさせてくれる。
理屈じゃないんだ。
それは、ファンキーなロストプラネットにすら、
させてくれる。ハーモニーは追憶なんだ。
大切な言葉とクォリティ。
お前らは何も言うことができねえ。
リズミカルなファイター、
失われる価値観ならば、
ファイター、それらを覆す魅力ですら、
ファンキーですら、それらに伴うロストプラネットですらも、
価値、ミュージックにさせてまで。
エネルギッシュなトークバックにさせてくれる。
ファンキーならば、ロストプラネットなんだ。
確実性との恋愛タイプかい?
メッセンジャーな価値観ならば、
エイトビート、積極的に来てくれないと、
こっちだってひたすら訳が分からないんだよ。
覆す魅力はファンタジーかい?
埋め合わせする天才たちは?
理屈抜きで、ファイターにしてくれる
ロストプラネットとは。
確実性の恋愛パーティだ。
ロマンロックに歌いだすならば、
ファンキーロードと埋め合わせ、
天才的ドリーマーがそこにはあったから。
リズミカルなファイター、後ろ側を見せてまで、
影響力をヒップホップな可能性にさせていったんだ。
価値とブルース、謙虚なヒーローだ。
卓越するワンダーランド、改築するメッセージだ。
影響力がヒップホップならば、
栄光とワンダーランド、ミステイクする延長線上にすら、
究極的ドリームを新しくさせた。
理解は理屈、それらを全て馬鹿馬鹿しくさせていくように。
ファンキーなドリーマー?
影響力とヒップホップ、
つまり可能性にさせてくれたんだ。
ファンキーなドリーマーが存在するなら、
歴史、究極性のドリーマーすらも、
栄光の力技すらも、
開拓していく文化、ロックンローラーの
意味不明さを携えて、
価値というユートピアに変換させてくれる。
それが至ってファンキーだから致し方ない。
究極的ロマンスは、超越感を携えて、
リズムはアップアップしていくしかなくなっていくんだ。
理想像と天才的な、
ドリーマーは影響力を。
ぶっ飛んだ価値観を、メッセージを、
届かせてなお謙虚なヒーローに
させてくれたから。
それは本当にファンキーなドリームだったんだよ。
覆す魅力が笑うなら、
歴史的ドリームが仮にも究極であるならば、
覆すハートビート、
ユーロビートすらも、かけがえのないリアルにさせて。
魅力的ファンタジー、移ろいゆくように。
伝説的メロディは潰されるように。
空虚なリアルがファイターを連れてくる。
恋愛トークなんぞには興味はないのだ。
大切な人はあんまり。理解しているフューチャーに、
ドリーマーすらチェンジさせられていくだろう?
ファンキーなロストプラネットなら、
数ははからずとも影響力にさせてくれるんだ。
理解者こそが永遠かい?
嫌いになりそうなフューチャードリームこそが、
素敵なファイナルアンサーを呟いていくのかい?
理想が超越してくれるなら、
ファンキー、そのドリームすら、
栄光の永劫、素敵なファンタジーになってまで、
エネルギッシュなポテトにさせた意味とは。
空中殺法で伝説的ドリームは描かれていく。
思想的恋愛、究極的モンゴリアンが、
呟くから。そう、痛々しいメロディが歴史、
クォリティすらも一途に、
ファイターとしての影響力すら、
ぶっ飛んでいくから。
価値観という名前のミュージックで、
偽りを天才的にさせるなら、
その方向性状のリアル。
大切な言葉とエンジョイさせていくミステリーすら、
超越させていくリズム、栄光にさせていく。
ドリーマーなチャレンジ?まさに馬鹿馬鹿しいよね。
空中に浮いている存在があるよね。
理解するためのフューチャー、
ドリーマーがそれらを描くなら。
必要上の興味すら、笑わせてくれるのかい?
理解したいよハッピー。
ドリーマーなチャンスをあげつらうまで、
メッセージはトークバックしていくのさ。
ファンキーなロストチルドレンなんだ。
お前らがガキの頃から、俺は神経研ぎ澄ませてきたんだ。
ハイクォリティ、伝説的ミュージックが全てを壊すなら。
必要性と、リビングデッドだ。
価値観がメッセージならば、
クォリティでミュージックにダンスさせられるならば、
協力的世界観、理想的ファンタジーアイランド、
密接に繋がる豊かさと、
ファンキーなドリームすら、
描いてあまりある素敵なファンタジスタに、
永遠はトークさせていく。
リアルなフューチャーをドリーマーにさせたがったから。
理想的展開な宇宙の向こう側だ。
素敵がファイナルアンサーだ。
トークバックするなら、
希望的解釈、宇宙を差し出せるまで。
ロックンロールファイターにさせられちまう。
リズムはリスクを笑い出し、
天才的は展開をドリーマーに超越させる。
リビングデッドな価値観は、それに伴うブルースは。
謙虚なハートであり、究極性であり、
ドリーマーが挑戦してくれるなら。
ファイターとしての虚ろさすら、
階段を上っていくパーティすら、
虚ろな展開すら、馬鹿馬鹿しいんだ。
イメージが超越してくれないなら、
ファンキーに見えて実は至って真面目な僕ちゃんです
リズム、ファイター、後ろ側が
ファイターならば、
影響力、ぶっ飛ばす価値観ならば、
影響力、吹っ飛ばすこのファーストバース。
つばとさっきのお食事のカス飛ばす。
運命が煌めく。ちらつくファイター。
理解する究極性、ドリーマーなチェンジに、
させるまで栄光を屈服させた。
ファンキーなロストプラネット。
むかつく野郎には牙を。
大したことじゃねーんだよ。
ファンキーなドリーマー、
永劫の時を歩いていくから。
希望的解釈、向こう側に歯がゆさが存在したから。
ファンキーなドリーマー、
永劫の時を駆け抜けていくのさ。
リビングデッドな価値観、
ブルースと共鳴する僕たちだから、
ファンキーなロストチルドレン。
活力を探してイメージさせてまで、
エネルギッシュな超気流に乗ってまで、
素敵なファンキーにさせた俺達の痛みは変わらないだろう?
究極性がドリームならば、
栄光、永劫に伝えていくように。
理想的展開、メロディックラインが整った。
希望的解釈すら笑いかけている気がした。
マイメロディ、それは甘いメロディ、
続きをメッセージに、通す僕たち、
活動する世界観が、飛び降りたファイターに宿るなら。
理解するための究極が、
偽り的な天才にドリーマーを描かせるなら。
究極的ロマンスすら、偽りの方向性にさせていく。
リピーターとダンスしていくなら、
究極的にすら思えていたこの希望。野望と、
ファンタスティックアイランドにさせてまで、
情熱的にさせてきた未来。
つまり超越、つまり圧勝だ。
素敵なファイナルアンサーだ。
色んな方向性からリズムを呼び寄せる。
大胆不敵な活動にさせるのは、
空間だからか?
素敵なファンキーロードが待っているからだよ。
白熱するループには意味を通せなくなったか?
大好きなチェンジングヒーローが、
まっすぐに僕のすぐそばに。
大切にしたいから、メッセージは協力していったんだ。
活動する展開と、ミステリーは興味にさせていく。
流浪に生きていくから、理想像、
思考法、私財をなげうって爆笑?
価値観とブルースはチェンジング、
言葉と愛し合う悲しい男だ。
未来がチェケラッチョ、
ファンタジスタを未来にするならば、
影響力、ぶっ飛んだ価値観、
影響力がぶっ壊すなら、
いっそのこと教えてあげよう。
ミステリーなチェンジング、俺の情報かき集めんな。
リズミカルなファイターが現実であるならば、
究極的ロマンスがいたちごっこであるならば、
ロックンロールなビジネス。
オーケーと言わしめる活動家。
サクセスのトゥモローに隠れる時まで、
理屈じゃねーから耐え難い。
必要性はドリーマーを描いてくれるのか?
メッセージは狂熱、
何を求めているのか分からないのは俺も一緒だ。
ただ、俺には言葉がある。
こいつで成り上がって見せる。
大好きなチェケラッチョ、
全てを友達にするまで、
発掘しまくってやる。
イメージがチョコレートアースならば、
希望的解釈、虚ろにさせようとも、
希望的解釈、天才的になろうとも。
理解するための偽りか?
イメージを調整させる、何のための未来だよ。
覆す影響力がヒップホップになっていくなら。
理想的展開、天才的ドリーマーすら、
永劫の時を泳ぐ。
必要性と共に、受け継がせるこいつらの必要性だ。
ドリーマーとチャンスを追いかけた。
馬鹿馬鹿しい頂戴はメッセージに変えてしまったよ。
つまり究極になったんだ。
理解するための歴史は馬鹿馬鹿しいかい?
運命を感じたあの日が。
メッセージにトークライブする馬鹿馬鹿しさが、
エネルギーを突破させて、
まだまだ育む明日を呪い笑うんだ。
究極的ロマンスが笑うなら、
歴史的ドリーマー。永劫の時を。
リズムは理屈を、
テンションをあげるように。
それはまるで、究極的ロマンスを食べてしまうように。
理屈抜きでファンタジーを越えていけるなら。
理屈じゃないからこそ面白い。
退屈な世界観?
いっそのこと教えてあげよう。
ミラクルがチェンジングするなら、
希望的解釈、ワンダーランドにチョコレート、
メッセージにトークバックするなら、
究極的ロマンスすら呆れだす。
お前ら全部俺の手の中
言葉たち、魂を受け取った。
価値観とブルースは謙虚なリズムに。
ちょっと倦怠期、
俺にロストプレゼントされるはずもないのに。
空虚になったかい?
理由はないけどちょっとだけ本気だ。
理想とコンテンツ、
それらを結ばせる気合いに、ストーリーに。
メッセンジャーは価値を追いかけ続ける。
さあ、最果てを目指そうか。
クォリティは伝説を愉快にさせるように、
まるで笑うように波を越えていく。
必要以上、つまりソーシャルメディア。
活動的ならば、天才の方向性、
リズムを大切にする未来でありたいから。
窮屈な恋愛に模様はいらないんだよ。
窮屈な論理を必要とするなら、
逆に聞きたいことがある。
運命を感じてしまった。理由などねえ。
ラップスタイルは言葉と愛し合う理屈、
興味、炸裂エンドレス。
サイファーなワイパーな再三に、
影響力ぶっ飛んだ価値観、
メロディが突っ走るならそのままでも
別に俺は構わねえ。
味噌汁と飯があれば俺はそれでいいんだよ。
つまり活動。つまり圧勝。
ミラクルな意思が、いずれ感覚を研ぎ澄ますまで。
影響力になるまでに、
あとどれくらいの距離が必要?
埋め合わせする天才たちは、
ドリームを携えてまだまだ笑っている。
さあ、最果てを目指そう。
覆す魅力的、今度は何を求めた?
希望的ならば、
栄光、映像で見まくる。
揉みまくる未来に、
超越心はダンスしていく。
ハーモニーが歌いだしているんだ、
最高にハッピーだろう?
埋め合わせすらできないほどの
天才だろう?
九十九里浜、最高潮に
エンドレスが木霊するなら。
理屈と理解、メッセージはトークしていく。
ファミリア、伝えだす影響力。
大切な言葉でエンジョイするなら、
パーティ、ロストプラネットだ。
活動する展開が笑うなら、
それのみが究極的にすらなってしまうなら、
屈辱的恋愛トークだ。
イメージが調整することの、
そのバカらしさすらハイテンションでかき消されそうだ。
意味はあるだろうか。
未来に対する、興味。
引き連れて、引き継いで、
それでも笑えるねなんて。
大好きな展開が踊りだす。
影響力はヒップホッパーだよ。
うなぎのぼりな天才が、
まだまだ明日を夢見ているんだ。
活動するための天才が、
笑い出すなら。
空虚で立派なファイティング。
価値観とブルース、エンジョイするまでよ。
果てしない幸せと、
リズムと、かいつまむ楽しさか。
それもいいがとても素敵だな。
ファイナルアンサーがそれらを呟いて、
理想は超越する未来を教えてくれた。
ファイナルアンサーとして呟く、
理想は超越しながらも怖がっていく。
歴史的侮辱に、参ってしまうほどだった。
理解とフューチャー、ドリーマーはチャンスを描く。
大好きな天才じゃないのなら、
覆す意味すらもないのなら。
理解をしたいよ。
感覚的ブルース、共鳴するいたちごっこ。
俺が大丈夫だと言えば大丈夫なんだから、
世界がそれを否定しても俺を信じろ。
大好きな展開、ファシズムは伝えてくれる。
やけにうるさいセミの音、覚えていた。
でもさ、なんか不思議だな。
理屈は、理解は、堂々巡りの夜の最果ては。
それでもクォリティは求め続けるだろう?
時間はループするのさ。
大切な言葉をエンジョイさせる為にね。
ジャンプアラウンドだ。
価値とブルースが運命だ。
ところてんな意味合いは絶景だ。
ストーリー、チェンジしてくれるパーティだ。
大好きな展開が差し出している。
空虚な歴史、ファイティングだろう?
密接なコントロールすら馬鹿馬鹿しいのかい?
それに、逆らう意味ができるまで、
まだ待ってくれ。ってなんてラブリーが、
チェンジしていくしてくれるミステイクが、
ラブリーハートを見つけてくれるんだ。
それは本当に半端ないんだよ。
理屈とリズムでファイティングされていく。
理想的チェンジに合わせる木霊すらないのなら。
覆すさ。魅力的ファンタジー。
クォリティで異次元、突破するならファイターだ。
歴史的ドリーム、描いた夢、失礼なくらいだ。
素敵がファイナルアンサー?
呟けるなら希望だ、ワンダーランドなんだ。
さけようのない事実なんだ。
九十九里浜、
随分冷たいじゃないか。
イメージが超越するなら、
大胆不敵な活動に天才的になっていくなら。
歴史的ドリーマーを、
仮にも描いていくなら。
必要上の生活だ。
運命の笑い出す展開だ。
大切な言葉とことわざが、
運命を笑い、嫌いになるなら。
ところてんビジネスだ。
クォリティでダンスする未来に
会いに行きてえと。
リズミカルなファンタジアに
影響力として失わせたいと。
メッセージは連れてくるのさ。
嫌いになるほどの
抵抗を差し出しながらな。
究極的モンスターがちぎられるならば、
ファイター、つまりロックンロールだ。
ひたむきさが取り戻してくれた。
ラブリーなハートを見つけ出してくれたんだ。
ファイナルアンサー?
そう、改革なんだ。
体裁整えることすら馬鹿馬鹿しい。
運命の距離に対して、
差し出せる差し向けられるイメージは、
挑戦状となって光り続けるんだ。
だから面白いと感じた。
未来を調節したいと笑ったんだ。
覆す魅力すらも馬鹿馬鹿しかった。
エネルギーが調節する未来に
俺は存在してくれなかった。
理屈がファイティングだった。
価値はそれのみではぶっ飛んでいたんだ。
価値というブルースに、
根拠のないいたちごっこに、
どこまで胸を痛めれば素敵なのか。
ファイナルアンサーなのか。
イメージを超越したように見えた、
リズムで荒唐無稽になっていった。
ロストチルドレン、その存在は根底からひっくり返すリズムを。
差し出せる空間を、ビリーバーなチャンスを。
勢いを、逆らわせながらそれでも
素敵すぎるファイヤーの中に。
影響力はぶっ飛びながら。
失礼な空気感の最中においても、
リズミカル、歌いだせるならファイターだ。
強制的にラブリー。
調節していけるなら、
活動家との天才的な育む未来、
大切なフューチャーをドリームにする程度の。
その程度の理屈すらなかったから、
イメージは調節していったのさ。
ラブリーゲームだろう?
いたちごっこはファイターなのさ。
うつぶせになるパーティがそれらを求めるならな。
空間的ラブリーは調整されていく。
アホらしいほどの天才に、
魅力に、あるいは行動に?
サクセスパーティをエンジョイさせるなら、
空虚に思えてたあの空間ですらも。
開拓するべき、その文化ですらも。
永劫の時を歩きたい。自由自在に笑いたい。
方向性とそのリズムなのさ。
覆すことが魅力的ならば、
いっそのこと嫌いになってしまえた方が楽しいんだ。
九十九里浜、素敵さがファンキーだから。
影響力はぶっ飛んでいた。
それは儚く散り急ぐように。
ロストプラネットに、
それでも灯しだせるように。
空間的ラブリーだぜ!!
調整的ヒップホップだぜ。
理屈はファイター、ロストチルドレンなのか?
奇妙なワンダーランドを、
何度でもどれだけでも表現させてやるぜ!!
クォリティとしてダンスするイメージに、
調節する未来すら馬鹿馬鹿しいの?
対抗馬、失うことすら馬鹿馬鹿しいの?
イメージを調節した未来!!
謙虚な炎で伝説を呼びよせるなら!!
階段的適応力!
ヒップホップなコミュニティにさせてくれるぜ!!
ファンタジーアイランドを見つめていたのかい?
希望がワンダーランドなら、
好き勝手やってもいいだろう?
リズムが究極ならば、
いたちごっこなファイヤーなんだ。
理屈と理由、
どうでもいいからクラッシュ!!
パーティなロックンロールであるならば、
希望的解釈、だから夏は嫌いなんだ。
覆す魅力的が、ファンタジーを乗り上げるなら。
空間的ラブリー、危機感をオーケーさせた。
ファンキーなローリングがうつ伏せなら、
ファイター、理解するためのフューチャー、
ドリーマーなチャンスを置いてけぼりにさせてまで、
エネルギッシュなパーティにさせていたという事実。
期日を守れるか。
大胆不敵な活動家。
世界観すら乗り越えて、
ダンスするミラクルの超越的な意味合いとは。
リズミカルなファイター、
ロストプラネットを曖昧な感覚で、
ブルースにさせるのさ。
運命は笑っている。
希望的観測に移ろわせている。
ドリーマーなチャンスすら、馬鹿馬鹿しい。
そんなエネルギーでたまらない。
究極的ロマンスを押しつぶすなら、
その素敵さにかいつまむなら、
素敵、ファンキーだからこその
ドリーマーすら描いてみせようじゃないか。
クォリティと共にダンスすることが意味合いならば、
空虚な伝説にすら逆らわせることが可能なのさ。
ビリーバー、チャンスを逆らい大好きな天才にさせてくれるかい?
ハーモニー的が伝説ならば、
覆すパーティ、ロックンローラー、
イメージを調整してくれる未来すら、
影響力すら、ヒップホップな形にしていった。
ラブリーゲームでどっかいっちまった。
リズミカルな光景、それらが向こう側であるならば。
究極的ロマンスと、いたちごっこになったファイターが。
ロストプラネットに諦めるべき開拓者。
差し出せる空間、爆笑の渦で僕を受け入れた。
理解できるだろうか。
フューチャー、ドリームすら描けるだろうか。
本当に失礼なほどの、
ワンダーランドが共鳴してくれるなら。
ファイター、理想像と展開していく。
ラブリーゲームを落とした。
ラブリーなファイトは、
向こう側で、祈り続けるように。
大したことじゃねーんだよ。
ハッピーなロマンスが頂戴してんだよ。
だって写真になっちゃえば、
私が古くなるじゃない。
大切な言葉と、エンジョイパーティになってしまうなら、
それこそ屈辱的なんだ。
ロマンロックハニー、
エイトビートを炸裂させるなら、
意味合い、抵抗とサクセス、
ワンダーランドをチョコレートにしてしまう。
理由はないが、大きいストレートを、
ワンダーランドなチョコレートを、
密接にしてきた未来、
チェケラッチョファンタジスタ。
永劫の時を泳ぐように、
失礼さで開拓するように、
ハーモニーは歌いだしていくから。
理解する歴史、ファンタジーが越えていくなら。
ロストプラネット、
かいつまんで素敵になっていく。
理想像と共に天才的ならば、
ラブリーゲームすら
恐れていた事態になってしまった、
究極的ロマンスにすら。
正しい魅力、
かいつまむ素敵なファンキーロードで、
うつぶせにしてくれるなら、
ファイターロストプラネット、
活動する展開を笑い出してくれるなら、
ファイター、ロストプラネット、
確実性と勢いで、
挑戦的ラブリーにさせてくれるなら、
そのハーモニーで疑い出すことすら馬鹿馬鹿しい。
イメージを超越した僕らになりたい。
究極的ロマンスが天才的に生きるなら、
クォリティと共に必要とされたい!!
メッセージをリアルに追突させるなら、
ファンキーなドリームだよ。
描いた究極が結局が、
イメージチョコレートにさせられてしまうということは。
リズムがチェケラーするならば、
そのファイター、一途さにすら負けながら、
ファイターとロストプラネット。
活動する展開的すら、
影響力すら、ヒップホップな悲しい可能性にさせてくれた。
理屈とファイター、
失われることすら馬鹿馬鹿しいのかい?
イメージを超越し、調節することすら馬鹿馬鹿しいの?
希望的解釈、メッセージを置いてけぼりにするならば、
理解者達がドリームを描いた。
イメージを調整する馬鹿馬鹿しさすら、
広がりだす影響力、ぶっ飛んだ価値観にさせてくれた。
ハーモニーは伝説的に、
未来的に、ラブリー的に、
フューチャーラブなクイーンにしてくれた。
ファンタジスタ、永遠とトークしているファンキーならば、
ロストプラネットなのだよ。
活動する限界が閉じ込めてくるならば、
スタジアム、ファイター、
ロストプラネットを、
大切にエンジョイパーティになるなら、
究極?
まさにロックンロールだよ!
はしたない?リズムが調節、
未来じゃない?栄光じゃない?
素敵じゃない?永遠じゃない?
そんなことは分かっているんだよおお!!
空中殺法かい?
何を書いても楽しくねえええ!!
そんな嘘ばっかり呟いちゃって。
リズムがチェケラーしてくれるなら、
そのファイター、理想、
超越する未来に会いにいきたいと!!
希望的解釈?
なあおい、馬鹿馬鹿しいとは思わないのか。
リズムがチェケラーするファンタジーの
僕たちの未来とは?
エネルギッシュなバーバパパポテトなんだろう?
覆す魅力、ファンタジー、
影響力がぶっ飛ぶぜ!!
価値観とトゥルースに、影響力はヒップホップに
なっていくぜ!!理想的展開、
俺を認め、儚く散らせてくれる存在!?
活動する展開上のラブリー!
ハートが求める希望か、
それともワンダーランドなのか。
クォリティ的に伝説的になっていけるなら、
行動的ロックンロールもパーティだろう?
うつ伏せなパーティが流浪なら、
奇跡の雨を降らせるなら、
活動する興味、うつ伏せにファイターなのさ。
エキゾチックな素敵さと、
曖昧ミーマインチャンに
させていくリズムすら、
開拓していく文化に変えていってしまうのかい?
理想的に超越して、ラブリーなチェンジが
ミステイクしてくれるというのであれば!!
確実性と友達になろう。
イメージを共有しあい幸せになろう。
覆す魅力的すら、ワンダーランドすらも。
栄光のチェケラッチョファンタジーすらも、
描いた夢、理想像、展開的に、
ラブリーが超越的になっていく
ファンタジーとして、
受け継がせるパーティタイムだ。
炸裂するビジネスにすら、
オーケーオーライする、
究極的ロマンロックベイビーなんだよ。
白熱的なダンスフィールドであれば、
価値観とブルース、興味的にエキゾチックな
ファイヤーにストレスまいっちんぐだぜ。
覆すファイヤーだ。
ロストプラネットを愛せるか?
希望的ファンタスティックが永遠だぜ。
魅力的な未来がワンダーランドなチョコレートになっている。
ドリーマーなチャンスとチャレンジが、
ファイトスタイルをジャッジメント、
活動するパーティを残すなら、
希望的解釈、虚ろなファイナルアンサーに。
理解したければその程度に、
ラブリーなハートを見つめるなら
行動的にロックンロールティーチャーに、
メッセンジャーは価値観と共に、
執着心ラブリーになるほどに、
クォリティは高々と掲げ上げられるほどに、
理屈は手をこまねいている。
素敵なファンタジーを越えていけるなら、
理解とそのフューチャー、
ドリーマーと描く素敵さだ。