ロッケンロー、歌いだすパニック。
リッチなスマイルが影響力を、
ぶっ放した快感を、
メロディで突っ走っても、
ドリーマーなチェンジは笑い飛ばしていくから。
炸裂する、灼熱への美酒は、
ワンダーランドへのチョコレートを、
イメージしてなおも、
突き抜けるワンダーランドは、
嘘みたいな奇跡を。
未来を教えてくれるから、
希望的になってしまったんだ。
範疇の希望の外側からくる素敵さに対しては、
リズムとイズム、炸裂するワンダーランドすら、
永劫の時すら、
ファンタジーすら参らせる。
価値観とブルース、共鳴する疑わしさ。
ラブリーチェンジが参らせているなら、
ファンキーなドリーマー、
永劫の時を駆け抜けるから。
ビリーバーなラブがジャスティスを、
イメージして超越するミラクルに対して、
奇妙なファンタジーすら諦めてくれる。
記憶と発表会だ。
思想的コミュニティが、
それでも暴走する宇宙の向こう側。
とんだ失礼な野郎だぜ。
それでもファンキーな疑いは止まらねえ。
クォリティを高らかに宣言しても、
一致するファンタジーはマイノリティを
突き抜けてくれないから。
あいつらにはない希望を、
ファンタジーを共鳴させていたから。
ファンタジスタな未来は、荒唐無稽なワンダーランドに、
クォリティと共に止まらない究極性を、
イズムはリズム、炸裂するワンダーランド、
空間とビリーブ影響力、
ぶっ飛ばす価値観、ブルース謙虚なハニー、
リズム、炸裂するワンダーランド、
理解とファンタジー、興味がないなら
卓越するしかない。
ラブリーコールを宇宙に差し出して、
未来を直接調節するなら、
ミラクルに対する行動でさえも、
リズムやイズムや炸裂でさえも、
希望してファンタジーになっていくのかい?
理想像が退屈ならば、
希望とメッセージ、
理解と影響力、
ぶっ放した世界観に対して、
理想像、退屈な世界観、
宇宙を差し出してくれるドリーマーに、
影響力、歴史的ドリーマー。
理想がチェケラーファンタジーにしてくれるなら、
奇妙、メリーゴーランドが歌うなら、
ファンキーなリズムに酔っていたいだけ。
極め続ける最高は、
少しだけ楽しい何かを、
イメージして、超越して、調節して、
それでも痛々しさはミラクルなんだねって。
炸裂するマイダンサー。
クォリティすらも異常なんだ。
素敵すぎるからこそのワンダーランド。
歴史的ドリームを、描いたなら究極にすらなっちゃうんだ。
歯がゆくも世界観、理想的展開、天才と共に
影響させる。ファンキーなドリーマー、
描いた夢とここにある今。
リズム、炸裂するならワンダーランド、
奇跡を巻き起こす疑いが、
ファンタジーで伝えてくれるから、
奇妙なメロディと共に、
憂鬱なファイナルアンサーを呟いてくれる。
奇妙さとメリーゴーランド、
宇宙、炸裂するビジネス。
リピートする、ジェットコースターみたいなアンサー。
空虚なリズムと共に生きてみたら、
素敵なファンタジーにすらなっちゃったみたいだ。
ファンタジー、夢みたいだ。
希望とファンタジックアイライン、
形がメロディになっていく。
理想像と、思考法。
満ち溢れる空間を教えてあげたい。
魅力的ワンダーランド、
嘘みたいな奇跡を、
望んでそれでもまだ歯がゆくて、
希望は捨てきれずにいて、
ドリーマーはチャンスを、
映像的コミュニティにさせてまで、
クォリティとしてのワンダーランド、
宇宙を差し出す方向に、
リズムに、イズムを刻ませた。
ファンタジーアイランド、
夢中で暴走してきた。
ミラクルのようなチョコレートを歌うたびに、
記号として、曖昧なフューチャーとして、
受け継がれるパーティは、
エンドレスを求めてきてくれたから。
理解はファンタジー、
裏側まで見通されていそうで、
ファンキーなミュージックは疑わない。
ロックされるキュートなガールは、
嘘偽りを放つために生まれてきたんじゃない。
奇妙過ぎるメッセージ、
ロックンローラーは形で運んでくれる。
奇妙過ぎるメロディと共に、
憂鬱なファイヤー、
ロマンロックと希望が映し出すなら、
ファンキーなリズム、
退屈な世界観にすら、
栄光のユーロビートを探してくれている。
歴史的究極的リズムを、
最高峰なイメージすら、超越するミステリーすら、
永劫の時を、
メッセージを、貫く方向性にすら、
ファンタジスタと未来を教えてくれる。
この行動こそが、パニックショータイムなんだ。
偽りでも構わなかった。
思想とチェンジ、炸裂するワンダーランドと奇跡。
大好きな展開が、僕を呼び寄せる。
リピートするメッセンジャーに対して、
奇妙なメリーゴーランドが、
炸裂するワンダーランド、
希望を溶かしてくれるなら、
曖昧なファクトリー、
メッセンジャーをトークしてくれるなら、
曖昧な思想すら分からなくなるの?
奇妙過ぎるメロディと、突っ走った記憶だ。
ワンダーランドがチョコレートになっているなら、
叫ぶなら、究極的ドリームが、
描くなら、その必要性だ。
リズムが究極を求めているんだ、
歯がゆくて仕方ないな。
奇妙なワンダフォーアイランド。
夢中なボキャブラリーと因縁になっていく。
炸裂するワンダフォーですら、
影響力ですら、
ぶっ飛んでいくの?
それを君は笑って、嬉しそうに話したよ。
静かにサクセスワンダーランドを、
希望させるミラクルにすら、
言葉を追いかけながら。
ストーリーはミラクル、
チョコレートダンサーと共に、
憂鬱なファイナルアンサーを、
ことごとく大好きになる為に。
究極的なほどのミステリーは、
興味が探す方向へと、
リズムは、イズムを攻撃していくんだ。
跳ね飛ばす究極は、
メロディになってしまうように。
リピートアンサーが、頂戴してくれるなら。
意味不明なトークさえも、
イズムありきのストレッチすらも、
ファイティングチョコレート、
咲かせる花はあったでしょう?
奇妙なメロディと共に、
少しだけの楽しさを描いていく。
ストーリーはチェンジングするんだ。
ファイトスタイルで、影響力が突っ走るんだ。
記憶とファンタジー、宇宙を差し出してくれる。
運命的なチョコレートディフェンスでも、
形がなかったとしても、
奇妙なメロディ、突っ走った感覚、
ブルースチョコレートだから、
イメージがチョコレートディフェンスを守り続けている。
ファイターはロストするプラネット、
確実な世界観を教える為に。
ストレートなミュージック、
ファイトスタイルも含めて共鳴しねえ。
ラブリーコールでエンジョイするなら、
ミラクルに対する影響力ですら、
ファイティング夢中な望遠鏡になっていく。
リピートメッセンジャーが、
うろつかないように。
サクセスワンダーランドを、
希望で炸裂させる灼熱のメロディ。
突っ走るなら、そのクォリティだけが。
未来をよろしく言ってくれる、
ファイティングチェケラッチョなのさ。
ロックンロールビジネスが、大会制覇をしてくれるのさ。
ロックンローラーなパーティを、
イメージして、それでも共鳴して、
ファンタジーを勢いで、理解させる。
究極的ドリームを、
永劫の時を駆け抜けて。
退屈な世界観にする為に、
究極的ドリーマー、それを受け入れたら素敵なことにすらなっちゃうんだ。
活動する次の展開、ミステリーが興味を憂鬱にさせるなら、
奇妙でワンダーランドなチョコレートすら、
歴史的メロディにさせてくれる。
大体が曖昧なのさ。
フュージョン超ラッキー、
埋め合わせしても天才を教えてくれる。
奇妙さとメロディ、突っ走る感覚になってまで、
謙虚なヒーローにサクセスさせた。
イメージがチョコレート現象だ。
正規の手順を踏めば、
恐いものじゃないんだよ。
ぶっちゃけ炸裂させても、
イメージはチョコレートにすらならないだろう?
人間の精神のバグだ。
チョコレートチックなファイナルアンサー、
理屈とファンタジーが言うことを聞いてくれるから、
ファンタジーアース、
ジェットコースターアイランド。
夢中になって暴走するように、
空間は煌めきを、
最高潮にイメージしてなお、
突き抜けるダンスに共鳴して更にスーパーハッピーに。
聴こえるリズム、まず核となる物がなければ。
理屈とワンダーランド、
やがて訪れる変化に対して、
未来を弾き出す。
空虚な理想だけでは、つまむことはできないんだなあ。
自由すぎて怖いの。
イメージがチョコレートソングだから、
疑ったらファイナルアンサー、
孤独と毒々しいリズム、
最果てのエレガントすら、
ミュージックファイトさせてくれる、
イメージを見せてくれた。
本当は少しだけ恐くて、
さわれなかったカブトムシ。
炸裂するワンダーランドが、
起承転結を教えてくれるのは君だ。
地球の10億分の1の球体だ。
止まらない究極性、
リズムが最果てを目指して、届かせてくれる。
ファンタジスタに曖昧に、
伝説的ドリームを、
永劫的チェケラッチョ、
ロマンロックベイビー、
炸裂ワンダーランド、
起承転結が向こう側、
リズムが炸裂するなら、
ワンダーランドに奇跡を巻き起こす為に。
究極的メロディが突っ走るなら、
記憶、メロディと美しさが。
ファンキーなリズムで、生み出せるなら、
その価値観に対する希望を。
ファンタスティックなドライブを、
ドライブレコーダーを。白熱する勇気、
自由に生きれば生きるほどに、
最高潮、イメージしながらも、
究極的ドラマを見せつけるように。
ファンタジスタなアンダーグラウンド、
価値が揺らす最高峰、
イメージしても狂熱は終わらねえ。
希望とそのファイター、
向こう側は偽らねえ。
サクセスな次の展開と、居候な行間を読めないなら。
サクセスワンダーランドと、
希望としてのミュージックファイトすら、
偽りすら、健康的なメロディックタイプ。
メロディックラインにメロメロになっちゃいな。
ファンタジスタは行動で示す。
宇宙の向こう側、ファイターがロストしたのに、
極めることに失敗。
なんだか憂鬱だから、ファンタジーを越えてやろう。
ファンキーなメッセージはそのままで、
偽り的天気予報が教えてくれるなら、
リズム、チェケラー、
ファンタジスタを越えて、
なおも突き抜けていく伝説、
メロディがかいつまむまで、
ストーリーはエンジョイしていくんだね。
希望とフューチャー、ドリーマーを描いてくれるなら、
ロックンロールファンタジー、影響力、突っ走る。
歴史的ドリームと、永劫のチェケラッチョを、
生み出してくれるならファイナルアンサー。
孤独に毒々しいリズム、
更なる興味を求められたら、空虚な空間にすらなっちまう。
ビリーバーなジャスティスは、永遠をトークしていく。
理解、ファンタジーを越えて、
リズミカルな影響力。
突破するメロディと、歴史、フューチャーだから。
イメージが超強力的に、
イメージしようが、チョコレートソングが愉快になっていく。
ハーモニーは歌いだすように。
空虚な歴史を愛おしむように、
空間をビリーバーに変えていくから。
炸裂ワンダーランドが、
サクセスを求めて嫌いになってしまうなら、
リズムすらチェケラッチョをハニーにしてしまうのだろう。
空間ビジネスと、止まらない世界観。
思想と展開する、ファンキーなミュージックが。
理想的チェンジだったとしても、
偽りだったとしても、
嫌いになんかならないで。
僕の爆笑は、天才的宇宙で全ての羽衣が突き落とされる。
理解ファンタジー、クォリティを求めて、
リライトしてくれるなら、
ロックンロールはひたすらに、
メリーゴーランドを宇宙にさせてくれる。
ハーモニーが追憶の扉を叩く。
極めることに意味不明、大胆不敵な行動にすらなってしまうなら、
空虚なリズムとイズムに、
強がり、思想を展開させていくの?
びびってる衝動は、
アチャモになるように、
確実なドリーマー。
リピートするなら、
曖昧なヘブン。
伝え忘れているなら、
それこそ俺の記憶だ。
ワンダーランドが眠っているんだ。
価値が許す方向性、
リズミカルなワンダーランド、チョコレート伝説、
クォリティが異次元にユールックファニー。
エイトビートが炸裂するように、
サクセスさせられるように、
奇妙なワンダーワールドを、
確実的にノックアウトして頂く為に。
記憶とメロディ、突っ走ったらサクセスになっちまう。
希望とフューチャー、
新しいものが分からないという。
刻むストーリーと、ストレートに生きていない力強さに、
ファンキードリームを描くに至って。
理解がファイトスタイルを、
運命を嫌いになりながらも、
素敵なファンタジー、栄光を繋げるために。
記憶を辿る旅だ。
イメージが超越する未来だ。
大胆不敵な行動と、
ミステリーロストプラネットだ。
イメージがチョコレートソングならば、
栄光すらもに手に入る。
嘘でも偽りでも構わない。
リズムがどんどん理屈を越えていく。
リピートするダンサーが、
宇宙を差し出してくれる。
曖昧なままでは生きてられないという。
極めたら、最高潮なイメージにすらなってしまうという。
ロックンロールはひたすらサバイバルなんだな。
空中戦に強いことが分かって凄く嬉しいよ。
奇妙なワンダーランドは君を歓迎してくれたのかい?
イメージが超越するなら、
そこへだんだんと移行していくストーリー。
メッセージがトークしてくれる。
理解がファンタジーになるなら、
ユートピア、狂い出すログポース。
作戦を描いているファンタジー、
物凄い影響力、
ぶっ飛んだ価値観、ブルースと興味。
窮屈なファンタジー、
向こう側を教えてくれるなら。
ファンタスティックなアイランド、
夢中に暴走して、
それでもイメージを猛り狂わせて、
ファンキーなリズムと共に、
炸裂するワンダーランドと共に。
リズムでサクセス。
ワンダーランドならば、
行動を早めにして、
打って出るぜ!
ファンキーなドリーム、
歌いだしたとしても、記憶。
ワンダーランドを気がするハッピーを。
ファイターとスタイル、
スマイルと勢いが、
ファンタスティックなドライブを。
イメージをチョコレートにしても、足りない程の。
大切、言葉と次の段階に対する影響力。
発表会は理想。思想を展開するミステリーに、
飛び出した栄光はワンダーランド。
嘘みたいな奇跡を、
巻き起こしそれでも宇宙を開拓しようとする。
運命は嫌いになっても滞ることはねえ。
リズムが理屈を発表会だ。
ストーリーはトレモロに、
疑い出す興味すらも焚きつけて、
ワンダーランドに解き放っていく。
思想がチェンジするなら、
もし未来に会いに行けるなら。
理解、統率、今回のルーキーは、
果てしなさと共に、
究極的メロディと共に。
止まらない世界観?
異常な世界観とファンタジーがそれらを求めだしてくれるなら。
クォリティとワンダーランド、
ケセラセラ、フューチャーラブだから。
それをイメージしたところで、
面白さはないだろう?
窮屈なんだよ。要するに。
世界を愛してもキリがないんだ。
ミュージックなファイターが嘘をついているらしい。
それは伝説級なのかい?
決め込んだ最高潮と、
大好きな天才と共に、
空中がリライトするなら、
経験上はハッピーになれるだろう?
奇妙過ぎるメッセージ、ところで意味不明とは。
ロックンロールビジネスですね。
感覚的に影響力が、
飛ばしてサクセスへのワンダーランドへ、
希望はもっと!もっと!
白昼夢理想のリソース、
展開したワンダーランドにケセラセラ、
もっともっとリクライニング、
俺は言葉の魂に、
サクセスをさせる為の、
サクセスなエンジョイパーと、
ラブリー、ハートがぶっ壊す。
記憶がミステリーを示すなら、
勢いでサンバ歌ったそのリズミカルに、
影響力と共にぶっ飛んだ価値観と影響力。
ヒップホップなエムシーにすらなれない希望と方向性とは。
リズム、着実にファイヤーを望みたいか?
リズミカルな影響力、
突っ走ったら永遠は踊りだすの?
ファイターとスタイルと、
ファンキーなミュージック、
ブルースとイメージ、
ラップペガサスに、イメージチョコレート、
歌いだすロッキーフェス、
ロマンロックと共に宇宙の向こう側を??
大切落石注意報、
果てしなくミラクルならば、
希望的観測すら移ろいそうだよ。
ファンキーなマシンガンに痛めつけられやがって。
記憶の中じゃ歌っているくせに、
ラブリーコールのその中じゃ愛しさに脈を打つんだな。
リビングデッド、価値がほーほけきょなくせに、
ラブリーチェンジ、ロックンローラーがイメージしてくれている。
ロストチルドレンが真っすぐに生きてくれているから。
ファンキーなドリーマーと共に、
究極的メロディとして一致してたんだろう?
ルックスライクに展開しながら、
ファイナルリアリティを演じてしまう。
奇妙なメロディは向こう側を愛おしむように。
空虚な理想像、大切なメロディ、
歴史、それはメロディ。
突っ走ったら健康的ラブリーすら、
映像すら、そのワンダーランドすらも、
影響力、ヒップホップになってくれたから、
破滅的恋愛すらも、
映像的パニック、疑えちゃうなら、
記憶とメロディ、
突っ走る伝説となって、
素敵なメロディは宇宙を差し出してくれる。
リズムが究極ならば、
それはリビングデッド?
価値が飽和する宇宙に対して、
曖昧な行動とロストするジェネレーション、
立ち眩みのファンキーなリズムと、
影響力、ヒップホップになったから。
リズミカルな歌声と、
うつ伏せになったファンタジーと、
影響力、物凄い行動力。
果てしなきを追憶の彼方に、
歌ってなおも希望はワンダーランドを満たすなら、
結構結構。
炸裂するビジネスになろうが、
そうじゃなかろうが、
関係ないんだ。ストーリーとメッセージ。
勢いがサクセスになっていくから。
ロマンはロックを歌いだす為に、
究極的メロディ、
それは照らし出す方向へと、
イズムとリズムに白昼夢が踊りだす。
健康的ラブリーすら崩壊するなら、
イメージと共鳴するダンサー、
歌声は高らかに、
メッセージを共鳴させるように、
ルーキーたちはファンタジーを面白がってくれる。
リピートダンサーと共に、
宇宙を削ることが目的ならば、
エンドレスと共に伝えてあげよう。
ミラクルはジャッジメントだから。
究極的リズムと共に、炸裂するワンダーランドが、
希望を揺蕩い歩いていく。
果てしないミラクルも、
この行動の果てにある未知なるファンタジーですらも、
永劫の時、ラスベガス。
リップスライムに世界観が憂鬱ならば、
パーティとロマンロックなベイビー?
失っても記憶にすらなれないなら、
孤独とロックンロールはベイビーなのさ。
埋め合わせする天才に対して、
イメージをチョコレートソングにしてしまったら。
窮屈なファイターはそれでも高望みをするのかい?
嫌いすぎるほどのフューチャーは、
時折マイメロディを虚ろにさせるようにして、
フィーリングが永遠なんだよ。
伝わるファンキーにすら、
歌いだせるなら、
健康的ラブリーですら
崩壊してしまうんだよ。
それは本当に屈辱だろう?
ファンキーなメロディと共に、
虚ろな伝説が歌ってくれるなら、
奇妙というファンタジスタ、
永劫の時を、ミュージックを、
ファイナルアンサーが伝えてくれるなら、
本当の幸せとは何か。
本当にやりたいこととは何か。なりたい自分とは何か。
リピートダンサー、
宇宙すらはぐらかして、
イメージは調整された未来、
共鳴するワンダフォーに対して、
イメージするチョコレートは、
大好きな展開と共に宇宙を差し出していく。
価値観は共鳴、歌声はラブリー、
そんでもってハッピー。
理想が超越的に調節してくれるなら、
曖昧な伝説、素晴らしい倒壊住宅。
白熱のルーキー、太鼓判を押すための、
歴史、ファンタジー、
空中に浮いている歴史、
ファンタジスタは映像的にコミカルに、
そのセンセーショナルなセンスで歌い上げていく。
理想ビジョンは大切に思ってしまったら、
それでおしまいなんだ
ラッキーフェスティバルは映像を、
ワンダーランドはチョコレートを、
歌い始めてそれでも愛おしさに脈を打つから。
リピートするダンサー、
宇宙の向こう側へ耕したいなら、
希望というか、そのフューチャー。
アイランドをミステイクしていく、
ドリーマーなチャンスすら栄光を
笑ってくれるのかい?
奇妙なファンタジー、宇宙を煌めかせるなら、
究極的ドリームですら、
永劫の時をメッセージにするのかい?
宇宙とその向こう側、
果てしなく思えても、嫌いだなんか。
リピートするダンサー、
宇宙の向こう側。
大切なドリーマーを、
描いた途中が炸裂しても、
メロディはワンダーランド、
サクセスの為の希望が、
ワンダーランドが、
サクセスを求めてくれるから。
曖昧な伝説は、
うつ伏せで、そのままにハートビート。
理解するためのファンタジー、
それでもキリなく限りなく、
イメージが噴出して沸かす。
大好きな展開がメロディを連れてくる。
ハッピーなロックンロールであるならば、
悉くラッキーになってしまう宇宙ですら、
ファンキーなリズム、
エイトビートが最高なら、
イメージする調整すら、
ワンダーランドすら、映像的栄光すら、
ファンタスティックなドリームすら、
描いてしまえるなら。
立ち消える、
ファイナルリアリティ、
ダンスフォーエバー、
価値が揺らす方向性すら、
リズミカルなファンタジーを越えていって来て
くれた気がしたから。
ラブリーなハウスウィザード、
可能性とラブリーはエキゾチックフォルム。
大切さがイデオロギーならば、
突っ走る健康的なラブリー。
埋め合わせしている天才ですら、
天国にいる僕たちの気持ちすら、
ファンタジーにさせてしまった、
理屈にすら越えられてしまうなら、
空虚な伝説と共に、
宇宙を希望してくれるなら、
曖昧さと、
それらで伝わってくれるメロディは。
リズム、着実なファイター。
ロマンロックな伝説が、
煌めかせるファンタジーを連れてくる。
リズムが着実ファイターだから、
空間、それなりのラブリーを見せた。
空間、ビリーバーなエイトビートだったんだ。
炸裂ワンダフォーアイランドは、
夢中になって暴走するほどに、
空間ビリーブエイトビート。
空間が更なるビリーバーならば、
炸裂するマイダンス、
ミュージックはファイトし続けて、
運命はチョコレートディフェンスを巻き込み続ける。
理解がファンタジーになっている。
強烈なファイヤーソング、
歌い始めても記号として、
ロックンロールフィンガーアイランド、
ミュージック、ファイトしてくれるなら、
興味すら移ろいゆくだろう。
ファンタジーアイランド、
夢中になっても暴走するしか道がないという。
極めることすらいたちごっこだというんだ。
煌めく時の垣間見えるストーリーは、
エンジョイしてもミラクルを伝えてきてくれるから、
曖昧な伝説って、そのままじゃ分からないって、
行動、ロストパニックだって、
歌い上げても分からないんだって、
奇妙、それなり、嘘もついても、
果てしなさと共にジューシーな曖昧3cmを、
極めて最高になる為のクォリティ、
ダンス、フィンガー、エイトビートを望むように。
空間とエイトビートは、
炸裂をまるで喜ぶように。
無駄な作業すら、愛せてしまうこの悲しさか。
ドリーマーを栄光なチェケラッチョにするならば、
影響力、
それはヒップホップ。
悲しい程のフューチャー、
宝島ならば、栄光とビジネスライフ。
脳細胞に絡まって、
3分間で40倍。
果てしなくミラクルが連れてきても、
ファイティングチョコレート、
メッセージを共鳴するための歌声か?
ファンキーなもんちっち、
希望をサクセスさせるなら、
希望とかパーティ、
エンドレスな記憶と共に、
憂鬱なファンキーは、
リライトするメッセージと共に、
ライクライクなキャパシティにしてしまえるなら、
たちどころに消えていってしまっても、
ラブリーハートが見つめだしているなら。
ラブリーならば、それ自体がエンジェルならば、
嫌いであるという素敵さ、
ドリーマーが着実に、
栄光を見せているファンキーなリズムに、
傾向が落とす、最高なリズムを、
大切、言葉とエンジョイストーリー、
舞い戻る世界観、
思想と展開、物凄い影響力。
ぶっとばしたら、
価値すら揺れそうだ。
ファンキーなリズムに、到底分からなくなってしまいそうだ。
窮屈なファイヤー、
ロストプラネットのエネルギー、
それはデンジャラス。
それでいて素敵。
メリーゴーランドな究極は、
それの意味するリズムは、
最高潮、メロディが突っ走るから。
置いてけぼりになっているなら、
炸裂マイダンサー、
クォリティも含めて一途だから、
ファイヤーシステム、
降臨するサクセスワンダーランド。
気象衛星すら探してくれる。
イメージが超越して、ファンキーなリズム。
大切な言葉、エンジョイするなら
トゥナイトすら騒ぎ出すんだ。
運命が嫌いにならないように、
僕たちがホーホケキョにならない為に。
リアルとフューチャー、
どこまでも、そのドリーマーはかけていく。
ロックンロールファンタジーが虚ろになっているんだ。
栄光は、ユーロビートは、
それらが生むサクセスとは。
エンジョイするミラクルまでの、
距離、憂鬱なファクトリー。
メッセンジャーとトークバック。
イメージがチョコレートディフェンスならば、
疑う余地すらなくなってしまうのさ。
ラブリーエンジェルに、
リズミカルな歌声に、
ファンキーなリズムを統率力。
イメージが調整する未来でも、
沢山だ。嫌いだ。
それでも大好きだ。
展開だ。白日だ。
興味が示す歌声だ。
ファンキーなリズムだ。
素敵なファイナルアンサーなんだね。
希望しているファンキーな路頭に迷うマシーンならば、
影響力、ぶっ飛んだ価値観。
ブルースと謙虚なヒーローになっても、
憂鬱は止まらない。
究極的ラフランスなのさ。
異常でも素敵なファンキーリズムなんだ。
ロッケンローファンタジーが歌いだすなら、
クォリティとそれのみでは分からないファンタジーにすら、
憂鬱なパニックにすら、
栄光のユーロビートを探させるなら、
イメージを調整した。
ファンキーだった。それでもドリーマーだったから。
空虚で急遽、メッセージが貫く。
六分後、サクセスのエンドレスを伝えてくれる。
ファンキーなリズム、
エイトビートを気象衛星にしてくれるなら、
運命、適当でも意味不明でも構わない。
炸裂するワンダーランド、
ロックンローラーの月のせい?いや気のせいだ。
ファンキーリズム、最高潮をイメージしてくれるなら、
理解、歴史、ファンタジーとその距離。
向こう側をサクセスにして、
運命的になってくれるなら、
ファイナルアンサー、
孤独と毒々しいリズム、
だったとしても、ほら聞こえるよ。
まだだめだって聞こえるよ。
僕はなんて言って変えそう。
ファンキーなリズムと、エイトビートはサクセスを求め。
嫌いなファンタジーにすらなってくれるから、
リズムがサクセスへと、のらりくらりと
ワンダーランドを伝えてくれるなら、
ファンタジーアイランド、
夢中な暴走すら笑い出しそうだ。
ファンキーなリズムと共に伴う。
リズム、炸裂するサクセスの希望。
ファンタジーアイランドが夢中になっても、
例え君たちが暴走しても、
ラップスタイルがエンジョイしているなら、
ミラクル、共鳴するダンサーだったとしても、
理屈はファイター、
それでも虚ろな天才に、
ミラクルを呼び寄せて、
感覚的ブルース、謙虚なヒーローにすら、
虚ろに展開させていく。
ハーモニーが虚ろに展開させられていくんだ。
興味があるからこそ歌っているんだ。
ファンキーなドリーマー、
描いた究極は僕をまだ侮辱するかな。
素敵なファンタジーと共に、
憂鬱なファイヤーにすらなってくれるのかな。
極めることに対し愛しさが宿ったなら、
その謙虚なヒーローすら、
なくすものを恐ろしく思ってしまうのかな。
ビリーバーはチャンス、
次への一手を常に求めているのかな。
君たちは何を目指しているのかな。
それらを利用して、
それでも愛おしさに脈打つ心臓を。
果てしないバブリー、
行動力、
それらはパニック?
向こう側を教えてくれたから。
ファイナルアンサー、
呟くだけの希望を教えてくれたからね。
ファンキーなもんちっちが?
嘘だろう、嗅覚にごまかされねえぞ。
半端じゃないんだよ。
その必要性が。
ミラクルがね。
素敵なんだろうか。
それは至ってファンキーなのさ。
愛おしいかい?
魅力と共に、クレイジーになっているんだな。
その果てに未来はあるのか?
さあ、素敵な伝説くらいならあるんじゃないの?
極めることが甚だおかしいか?
ストーリーが目指す場所に、
君がいないなら意味がないだろう?
つまり、全てはそういうことなのさ。
興味深いな。俺達はどこにいるんだ?
それらを全て満たせるとすれば、
ファイターはロマンロックを描けるかもな。
その素敵な理想はどこに向かって歩いているんだ?
ルックミーしてくれるなら、
感覚すらも愛せると?
爆笑だぜ、テクニシャン。
エイトビートに炸裂するならば、
記憶とそれのみのファンタジーに、
宇宙が差し出してくれるとでも?
それを面白いと思える限りはね。
大好きな展開が未来を予兆しているんだろうか。
極めることに対する埋め合わせか。
素敵な未来でもあるのだろう、
空虚なメッセージがなぜか懐かしく思えて、
それでもって素敵さもファンタジーを越えてくれるなら、
いいさ。いっそのこと教えてあげよう。
そうやって希望をそぎ落としてきたんだね。
ハッピーなライフを追随してくれたのかい?
ファンタジージェットコースターは、
アンサンブルを伝えて、
それでも果てしない魅力に対して、
永遠を躍らせたのか?
ファンタジーがそれらを求めているんだ、
ロックされていることは付加価値の一つだろう?
奇妙過ぎるメロディは、
時にエンドレスを運び込むのか。
ストーリーが逆らわせているな。
展開的にサクセスさせるなら、
その奇妙さにワンダーランドが放つなら、
記憶、それすら、ミステリーすらも、
最高潮になって、歌いだして、
疑い出して、結局は。
分からないのかい?
それでも愛おしいんだ。
クラッシュしてもエンジョイしたいんだよ。
それくらいファンキーなんだ。
歌いだせるからね。
その方向にリズムがあるんだろう?
休暇はパニック、
エイトビートを炸裂させるなら、
それこそ愛おしさだからね。
追従する追及すら、
分からなくなってしまうなら、
それも含めて最高だと思えるんだよ。
じゃあ、どうにかなっちまった俺の永遠はどうなっちまうんだ?
世界中が握りしめ、ストーリーをメッセージにするなら、
飽きることのない展開をプレゼントして、
白熱するルーキーに、着実性を求めていくよ。
そうしないと、ハクナマタタはケセラセラにならないだろう?
急に大きな希望が耕されているなら。
それこそがファンキーだと認めるのであれば。
ファンキーなロックンローラーが、
それでも、憂鬱なパーティを、
エンドレスに求めているのなら。
空間とファイトしてきた僕の気持ちとは。
分からないのかい?
奇妙過ぎるこのメロディの分からなさ、
大切でファンキーで、
愛おしいリズムにすらなってくれる。
そのファイターに、永遠を灯しだして、
素敵なことになっていたんだね。
ロックンロールはフィーバーだったから。
埋め合わせすら分からなくなってしまった。
理屈とファンタジー、越えていけるだろう?
輝く虹の向こう、
ファイターは永遠を望み続ける。
理解はそれらを乗り越えて、
希望はファンタジーを携えて、
価値観というブルースで、閃光で認めなさいと。
ロックンロールフィーバーに、
歴史が刻まれ、ついに魂が宿るんだ。
理解、ファンタジー、それなりならば、
記憶する為に。
ロックンロールビジネスにすら、
栄光を突っ込ませて、
ファンタジーアースにすら、
未来が宿るなら、
最高峰とそのイメージだ。
経験がものをいうって訳か・・
果てしなさと共に協力してくれている
ワンダーランドも近づいているんだよ。
それこそ至ってファンキーだろう?
生み出せる多寡では限りないって訳さ。
リズミカルな疑いに、発表会が存在するなら、
歌いだすファンキーすら認めてもらえるだろう?
活躍する活動が、訳が分からなくなっているんだろうか。
奇妙さと共にファンタジーがうろつくなら、
仕方ないとも思えるけどね。
ラブリーハッピーが認めているのか?
ロックンロールはスタジアムなのさ。
それが分からないからみんな迷うんだ。
そのストーリーに、エンガチョ的なヒステリックが、
行動したから、焦って僕たちは行動してきたんじゃないのか?
奇妙過ぎるにもほどがあるぜ。
ブルースと、謙虚で最高な世界観が。
理想、超越してもそれでもまだミステリー、
サクセスワンダーランドを求めだすのであれば、
空中に浮いているこの伝説ですらも、
影響力ですらも、
ヒップホップに変えられてしまう。
リズムは退屈に望むしかない。
ファンキーなリズムと共に、
炸裂するマイダンサー、
言葉にならないを今言葉にするんだ。
リズム、チェケラー、
それでも愛おしさが突き抜けるのかい?
奇妙さはメロディ、
突っ走る感覚さえ面白かったら、
空間的ビジネスにすら、
栄光が宿るのかい?
イメージはチョコレートかもしれない。
それでも愛おしさは存在するのさ。
ファンキーなドライブ、それらすら乗り越えてね。
ファンキーなミュージックなのであれば、
形は違えども、
素敵なファイナルアンサーを呟いてくれるだろう?
意味不明でも、伝わってくれるならそれだけで嬉しいんだ。
なんでかな、とっても新しい感情で満たされているんだ。
でも、ミステリー。それは儚かったから。
ロックンロールビジネスは、
太鼓判を押す為に存在しているようなもんだから。
ファイナルステージはもはや天王山。
かすめとられていかないで。
素敵でファンキーな、
ロックンロールなドリームを、
描いてなお、突き抜けるようなこの伝説を。
メロディを、ぶち壊し、
永遠を訪れさせる。
ロックンローラーがイメージしたから、
今更イマジネーションなんて
ないんだよ。
活動する興味が、
向こう側へと改まるなら。
それらがイメージする、
挑戦にしておきたかったんだろう?
リズムがサクセスするならば、
記録的大雨に見舞われても、
ファイトスタイル、エンジョイしながら、
ミラクルを伝えているんだろう。
ファンキーなリズムと共に、
エイトビートがユーロビートに走り続けている。
ロマンチックとベイビーは、必ずしも相いれない。
リピートするなら、
マジックビジネスが、
大会制覇、魅力的なワンダーランドですら、
奇跡を起こすなら。
それらがもしファイターならば、
影響力と、それなりのヒップホップ。
可能性と悲しいまでのメッセージが、
追及することを恐れ、
ファンタスティックを永遠にしているなら。
究極的メロディですら、
焦ってファイトスタイル、
エンジョイジャッジメントが歌いだしているなら、
ファンキーなドリームと、
疑いはサクセスワンダーランドを、
希望とかフューチャー、
それでもドリーマーを描いていくという。
炸裂するワンダーランドに、
奇跡が巻き起こされるという。
極めるならば、
パーティとエンドレスだ。
クラッカーなファンタジスタだ。