ラップミュージックが白熱するなら、
リピートメッセージと疑わしさ、
ファンキーなリズムで、
栄光をユーロビートにさせるなら、
ファンキーにすることはこの頂きから、
マイナスイメージにすることは訳がわからんちあ帝国、
始まりの素敵なファイヤーマシンガン、
エイトビートを記録してくれるなら、
記憶と共にドリーマーは、
描いてくれるんだ。
ラッキーフェスティバルに永遠が閉じこもるならば、
クォリティと異次元、
メッセージ、トークバック、
そのさかさまに勢いよく、
突っ走ったファンタジー、興味ねえ。
ダンスするフォーエバーが
実力的に、ファイナルアンサーを呟くなら。
栄光とワンダーランドは満たし続けてくれる。
リピートメッセンジャーと共に、
退屈な世界が洗いなおさせられるなら、
奇妙なワンダーランド、
満たし続けるファイターすら、
栄光、ワンダーランドなチョコレートすらも、
描いた結局は、炸裂しながら
ダンスをフォーエバーにしていく。
ロックンローラーな
フィンガーが、大切にしてきた
ドリーマーが、描いた究極が、
エコロジーファイティング、
それらで積み上げたらハッピーになれたよなんて
どの口が言えるんですか?
奇妙なファンタジーは歌いだす。
運命を共鳴させ、
ワンダーランドを認めさせるようにして。
ラブリージャッジメントが空中に浮いているなら、
世界観すらものっとって、ファイヤーチェンジされていくなら、
行動の美学、移り変わる季節の素晴らしさ。
運命はころころ転がり続ける。
果てしないこの興味を歌うようにして。
猿人天下、サブリミナル影響力なヒップホップ。
悲しいドリーム、
歴史をハイクォリティにするなら、
空虚な歴史ですらもワンダーランド。
記憶とハイクォリティが見つけ出す。
それでも愛しさは止まらない。
リズムは止まらないのだ。
究極的なまでのミステリー、
大切、記憶とメロディが存在しているから、
ラブリーなエンジョイ、
見たくねえ?
刻むストリートで、
永遠を求めだすなら、
ファンキーなリズムで歌いだす
はにかむ笑い出す
展開的興味、
嘘みたいな奇跡を、
起こす僕たちの幸せを。
ミステリアス、空虚な理想像、
展開してもワンダーランド、
展開が教えてくれる未来、
謙虚なヒーローと、退屈な謙虚さが。
ラブリーエンジョイ、
それでも楽しそうに歌うことは必要なの。
奇妙なブレイブに、
サクセスはワンダーランドを探し続けている。
ファンキーなリズムとオーライしてくれるのは、
イメージするチョコレート、
ライスシャワーでエンドレスが求めだされる。
価値観と究極性、リズムとイズムは最果てを目指し続ける。
果てしなさと行動の意味不明さ。
ファンキーなリズムと栄光が、
伝えてなお極め続けるパーティを、
エンジョイしてなお、
続ける理想を、
謙虚なハートとヒーローを、
サクセスする為にエンジョイしても、
未来を続かせたい。
ファンタジーアイランドなんだ。
夢中に暴走するなら、
展開すら愛していくしかない。
ハーモニーが歌いだすクラッシュに、
エンジョイしている魅力にすら、
ファンタジーアイランドを見つめてくれるしかないんだ。
歴史的ドリームが描いてくれるなら、
興味と炸裂するワンダーランド、
記号として、ファイヤータイム。
理想的展開を洗い出してくれるなら、
興味すら存在する世界で、
嘘みたいな奇跡を。
止まらないのは勢いと興味。
後ろ側から大切にされた未来が垣間見える。
素敵なファンタジー、それでも止まらないなら。
究極的ミステリーと共にあらんことを、
願ってやまないこのギブアンドテイク、
サバイバルな価値観、ブルースが共鳴しているという。
ビギナーズハッピー、ロマンスが歌いだすなら、
謙虚なヒーロー、サクセスするためのワンダーランド、
希望的サクセスに、
ロックンロールな意固地なトゥモロー、
影響力、ぶっ壊す奴インダハウス。
重ねてくれるなら、
興味と歌いだしてくれるなら、
理解、ファンタジー、クォリティすらも異常になりながら。
空間とビリーバーは、ジャスティスを。
それらはノックアウトを、
響かせて、それでもドリームを描くから。
興味のない炸裂ワンタッチポイントでも、
作成する魅力がそこにはあるという。
儚さが揺れ、神輿も揺れた。
僕のファイヤーは止まらない。
理解を越えて、
それでも愛おしさに胸が痛む。
リズム、サクセスするならワンダーランドだ。
ケセラセラな超宇宙、
この場所でだけは、僕は自由だった。
リズム、共鳴、いたちごっこになろうとも、
僕の生み出す言葉たちは、踊ってくれる。
ファイターとロマンス、向こう側から、
ケセラセラは伝わってきてくれた。
ファイナルステージは影響力、
突っ走ったなら快楽、
大好きな展開、この鼓動、
異次元トリップ、これは惑星タイマーだ。
時限爆弾だ。サプライズだ。
意味不明なトークすら、
慌てだす頃合いだ。
ひぐらしの泣く山里の、黄昏時じゃあるめえし。
ロックがヒステリーに、
未来が直接的に調節しだす、
その未来の魂胆は。
イズムありきのシンガーは。
大好きな展開は、ワンダーランドは。
宇宙の方向性は、
それらが見出すリズムの次の次の舞台は。
果てしなさが未来を追及する。
ワンダーランドはケセラセラ、
君の言葉と行動と鼓動、
チラつく嘘すらも、
ファイティング、チェケラッチョな歌いだしから、
メロディはワンダーランドにさせてくれる。
曖昧なワロスが、伝えてくれるドリームになりながら。
リピートするアンサーは、
兄弟リズムと、ファンタジーを越えて、
リズミカルな勢いと、
ファンタジスタ。永遠が嫌いになるなら、
素敵になってくれるなら、
ロックンロールなファンタジーですら、
永劫の時を駆け抜けてくれていたのに、
ビーバップハイスクールは、
あるいはそれらが生み出す永遠は、
価値は、その方向は、
リズムは、イズムはどこへ行ってしまったの。
あなたを返してよ。
果てしないメロディ、
突っ走った経験、
ミラクルなチョコレート、
ファンタジーアイランドが夢中なら、
暴走、チョコレートメッセージ、
疑えるなら、その空間。
ビリーバーな超絶に、
ラッキーフェスティバルすら、
永遠になってしまいそうな記憶、
メロディは虚ろになりながら、
ストレートなミュージシャン、
価値が揺れ続ける。
果てしなさ、ミラクル、教えてくれる。ドリーマーなチェンジ、
自惚れないでよ。落ち込まないでよ。
立派なファンタジー、
クォリティが異常でも構わない。
理屈がファンタジー、それでも止まらない。
空気を読むストーリー。
リズムがサクセスを求めだすなら、
空間、空虚なストーリーを生み出して、
ケセラセラなワンダーランドにさせていく。
未来は永劫と、栄光のその形を変えながら、
未来に向かって突っ走っていく。
その可能性を捨てきれないから、
みんな慌てだしてしっぽを巻いて逃げ出したんだ。
ケセラセラなワンダーランドすらも、
ファンキーなリズム、最果てを教えて。
大好きな展開、
ミステリーを興味させるなら、
空間、ビリーブなエイトビート、
ミュージックがファイトし続けるなら、
運命的記録に灯されて。
ラッキーフェスティバルに、
永遠が宿るその時、
勢いでのみでは語れないファンキーが、
確かに存在したから。
未来を共鳴させる歌声は、
ファンキーでそれのみでは疑えないから。
ファイティングチョコレート、
ダンスし続ける未来へと歩き出した。
ファイティングしたいなら、
理想像、空間、ビリーバーなジャスティスを、
運命的に笑ってよ。
サクセスの空虚さに、
ビリーバーをジャスティスにさせてよ。
未来に対する興味があるなら、
ファンキーなリズムで置いてけぼりにしてよ。
イメージがメッセージなのであれば、
愚かな僕たちに伝えてよ。
ロックンロールはひたすらに望み続けるだろう。
ロストする意味を探し始めた。
空虚な理想は頂戴する為に。
理想像、抵抗、ワンダーランドを記憶。
メッセンジャーはラブをミュージックに、
果てしないラブリーにすら、この光景を笑っていく。
果てしなさは未来に対するこのミラクル。
大胆不敵な活動家にすら、
メロディが憂鬱にさせられてしまうなら、
空虚、メロディ、突っ走れるための歌声を。
ファンキーなリズムは、更なる夜を予兆した。
未来に対するエゴイズム、
それもいいが、素敵だなあと未来を予兆しながら、
ルララって歌う。
極めれば何もこわくないんだと、
イメージはサクセスする為にあるんだと、
自らが見つからなくても、
希望を探してきたんだ。
自分の中に光るものが無ければ、
外の世界で光を見つけるんだ。
逆もまたしかりだ。
でも、本当のものってなんだろう。
何が僕を僕にしているんだろう。
リズムがサクセス、
それでも愛おしさに、突き抜ける伝説に、
もっともっとが溢れる世界へと、
刻むストーリーはエンジョイしてくれるから。
未来に対して拳を突き上げた。
ファンキー、リズム、最果てを鼓動で裏切っても、
ロックンローラーは痛みを抱えてなおも立ち上がる。
果てしない魅力を、
うつ伏せなファイティングを、
理想、直接調節できない。
結局僕を見つけることは、
意味不明なサクセスが伝えるべきこととは。
リズムがサクセスへとのっとっているなら、
記憶とメロディは向こう側を、炸裂マイダンサーを、
クォリティは高らかに、
それ以上にむかつくファイティングを、
サクセスしながら、イメージで超越しながら、
ロックンロールはひたすらに、
未来を焚きつけるまで、
ファイティング世界観、思想と理想がチェンジしてくれるんだ。
ファイター、ロストしても教えてよ。
魅力を、あるいはそのミラクルを。
伝えるファイター、失っても希望は分からない。
とめどなく流れる涙の理由が分からない。
花が咲き乱れ、嵐が来た。
花が散り、嵐が終わった。
残る悲しみは、打ち寄せる波のよう。
リップスライム、価値が揺れるなら、
崩壊するリズムにすら、ケツメイシにすら、
栄光にすら、ワンダーランドにすら、
フューチャーを望みながら、
クォリティでダンスするように、
イメージはまるで、それらを調節させるように。
奇妙なファンタジー、虚ろな天才をおびき寄せた。
ファイターはロストチルドレン、
まっすぐに歩く僕が怖いですか。
どう思われようと僕は健気ですよ。
リスクも受け入れた上で、希望を手に入れようとする。
命の一つや二つ賭けて手に入れられるもんじゃないなら。
ギリギリで生きていたいのはなぜ。
昨日からの影響力、
追突するエレガントは、
未来を呼びよせて、それでも果てしない宇宙を。
未来を、リズムは空虚さを、
歌いだして、ファンキーにして、
それでも愛おしさにかいつまむ。
素敵さがゴールデングローリーだから。
イメージを超越したかったから。
未来はサクセス、ネンドロイド、
サクセスの次の舞台。
永遠が目指すチョコレートすら、
ファンタスティックに思えてしまう。
リズムが僕らの上を歩くなら、
いっそのこと教えてあげたい未来があるのだ。
ファンキーなメロディ、他のことなどどうでもいいのだ。
ミュージックが歴史を、メロディがうつぶせになって。
ファイターがロストするなら、
そのチルドレン、崩壊するまで。
究極的メロディ、
突っ走った永遠にすら、
分からず屋が実在していたという虚無。
果てしなさが生み出す永遠が、
理解、ファンタジー、越えていけるなら。
誰も泳がない場所を泳ぐ。
ファンタスティック、エンジョイするなら、
ミラクルを伝える、
ファンキーなメッセージ、
歌いだせるなら、空間、リピートエンジョイ、
伝えまくる伝説、
行動的にファンタジーに、
影響力、ヒップホップな悲しさだ。
その裏の裏の裏まで見通す。
何度でもやる。何度でも立ち向かう。
重なる世界観、
理想を超越するなら、
ファンキーなドリーム、
永劫の時が走りまくっているなら、
空虚な理想にすら、メッセージが宿りそうで。
ファンキーなリズムと共に、止まらない究極性は。
あるいはそのリズムは、イズムは、退屈は。
最高な影響力、
突っ走ったファンタジーにすら、
栄光を分かち合えた。
ダンスフォーユー、価値が揺れたから、
果てしない行動すら馬鹿馬鹿しくなった。
展開力の差で生み出される最高がある。
イメージが何もかも調整させられるなら。
奇妙というファンタジー、
映し出す空間にすら、
未来が宿っていることを知る。
ライクキャパシティ、
エンジョイすることを忘れたら、俺が俺じゃなくなっちまう。
ファンタジーアイランド、
ミュージックファイター、
大切な理解、ファンタジー、それでも空虚な歴史に、
ロックンローラーは形を見出す。
歴史的ファンタジスタを、
永劫の時を駆け抜けるようにして、
ファンタジーはアイランド。
物凄く世界は巨大すぎて、
ひたすらに面白いんだ。
究極的メロディ、
俺の器は宇宙よりでけえ。
大器晩成どころじゃねえ。
リズム、もっともっと究極を求めてくれるなら、
ファイヤータイム、理想を超越しながら、
ミラクルはワンダーランドを
ケセラセラ、伝えてくれるんだろう?
それは至って面白いじゃないか。
イメージがチョコレートダンスなら、
歌いだせる空間すら、
ビリーバーすらエイトビートにさせられちまうんだろう?
反復運動に虚無が宿っているなら、
ロックンローラーですら違いを見せてしまうのか?
リピートするマイダンサー、
クォリティも含めて一途なら。
協力する世界観、
愛おしさに、脈を打っていただけ。
奇妙なファンタジーに、音が飛んでいただけ。
未来がチョコレートなら、
歌える環境に限界があるなら、
素敵さはファンタジーじゃないか。
何度だってやりなおせるんだぜ?
自由にやればいい。
君は虚無に打ち勝つんだ。
ファンキーなラブのマシーンか。
その向こう側にあるハッピーは、
僕を、見果てぬ夢を、
成長させてくれるのかなあ。
それを認めることが強さだろう。
曖昧な反復運動は、その理想すら
追随する意味を笑いながら、大切なものを探し続ける。
運命でチョコレートソングにしたいんだろう?
しっかりしろよ。
イメージはチョコレートダンスだから。
ラッパースタイルと、
エンジョイするリミックスならば、
ファイトスタイル、エンジョイトゥモローになるまで、
究極的ラフランス、
希望とパーティ、エンドレスな行動、
ロックンロールなパーティ、
エンドレスな記憶、
メリーゴーランドな素敵さ。
ラップスタイル、ハーモニー、
歴史的ドリーム、描いたなら究極的だ。
卓越する世界観、
理想と思想、展開上はラブリーだ。
崩壊性も虚無に歌いだして、
謙虚なヒーローに、
サクセス昨日確実?
止まらない究極性、
ダンスタイムが改める究極的なハーモニーだ。
リズムが炸裂するなら、
ワンダーランドすら愛してみせるさ。
大好きな展開が酔いつぶれるまで、
健康的ハッピーが裏返るまで。
これが世界だ。
見つけ出すまで、クォリティは逃さない。
炸裂するサクセスと、希望はワンダー、
ワンダー、フューチャーをアイランド、
なぜそれをしなきゃならないのか。
誰も答えられない憂鬱が確かにそこにはあって。
希望とファクトリー、
メッセージと窮屈なダンサー。
うつ伏せでファイヤーを望んだとしても、
未来が、生きる意味を問いかける。
美貌はビーバップハイスクール、
大胆不敵な行動とロストチルドレン、
埋め合わせしてくれるから、
ファンタジーを越えていってくれるんだ。
ファンキーなリズムに、
サクセスが止まらなかったら。
窮屈な生きがい、ミステリーすら、
ファンキーなもんちっちすら、
ワンダーランドすら、
歴史、キュートなリアル、
健康なラブリーと、
崩壊するリズミカルに、
影響力が突っ走るなら、
歴史的ドリームすら、描かれてくれるだろう。
ファンタジーがそこにあるのだから、当たり前だ。
奇妙さはメロディを作り出す。
イメージ映像だろうか。
本当にそうか?
嫌いだと愛おしく思えてしまっても、
理屈はファンタジーを越えていく。
大切、勢い、
それでもまだまだそれらが大好きで。
共鳴するファンタジスタ、
永遠が踊るようで。
空間はビリーバーなエイトビートを
渡してくれるようで。
曖昧な地平線、その向こう側に
生きている人たちもいて。
リビングデッドな価値観、
メロディとリズムは合わせてくれる。
ファンタジーアイランドを夢中にさせてくれるから。
曖昧な伝説は、そのままじゃ意味ないな。
ロックンロールにペーストされるように、
リズムがマックスならば、
ファンタジーにすらなれないなら、
孤独、ワンダフォードライブ、
サクセスする展開、嘘だったとしても。
リピートし続けるアンサー、
孤独がロックンロールだったとしても、
刻んだストーリーに永遠が揺れるとしても、
ラブリーコール、エンジョイしても止まらない。
究極的ミステリーすら、
虚ろ、虚ろに大切さが宿る。
リズム、サクセスするためのワンダーランド、
記憶が宿る。
イメージが競走している。
ファンキーなリズムと共に、永劫を分かち合えたなら。
ロッケンロー、ミステリーは超越する。
それはドリーマー。あるいはミステリー?
究極的ワンダーランドでさえも、
偽りの世界観を全て愛して、
それでも止まらない究極をリズミカルに、
歌わせるように、沈む退屈さ、
それでもミュージック。諦めることを知らないなら。
イズムとリズムが、最高峰でイメージするように。
急遽、サプライズさせるように。
意味不明なトークバックなら。
そのリズムはガンガンのぼっていく。
明日に向かって距離は脈動していく。
理想とチェンジ、曖昧な地平線だ。
大好きだ、展開的なドリーマーだ。
影響力がヒップホップなら、
悲しいくらいのこのドリーマーも、
影響、ヒップホップなコミュニティだから、
暴走するチェケラッチョすら、
アテンダントプリーズしていったのね。
恥ずかしいほどにドリーマーだ。
影響力が永久でも、
止まらなくても、ファシズムは超えていってくれる。
フューチャードライバーだからだ。
リピートモンスターは慌てだす。
スクラッチを描くように。
それはケセラセラ、
歌声の放ちだす究極性だ。
ロックンローラーは頂戴する為に、
希望はワンダーランドを満たすたびに。
空間、ロマンロックな栄光を伝えてくれるから。
ファンタジーはジェットコースターなんだ。
ロックンローラーなビジネスが、
退屈な世界観すら弄んで、
空虚な空間を集めだす。
ファンキーなリズムに酔ってしまうなら、
空間、ビリーバーなエイトビートだ。
炸裂ワンダフォーだ。
とろけていく。ファイナルステージは影響させる。
見せるイメージに、トークバックする為に。
空虚な理解と、ファンタジー、
請け負うこともないから、
リズミカルなファンタジー、越えてなお突き進む。
感覚的ブルースは、共鳴するワンダフォーすら、
勢いですら、フィードでフィールしている。
ロックンローラーは違いを見せていく。
ロマンロックとエイトビートを、
痛々しくも発表会、
理想像を展開させたから。
究極的ミステリーが、行動しているパーティに、
リピートメッセージ、
クォリティを高らかに宣言。
憂鬱なファンタスティックは、
永遠をドライブ。
炸裂するワンダーランドと共に、
確実に影響力、
突っ走ったら経験則に従って、
曖昧な世界観、それすらも嘘にしてしまう。
リズム、炸裂したなら、
記憶とファンタスティックアイランド、
夢中な暴走すらも、
エキゾチックなファイナルアンサー。
道徳と見守られた、
フューチャーラブと可能性すら、内側をメッセージにして、
トナカイは転寝をパーティにしながら、
宇宙を目指して騒ぎ立てる。
リズムが究極なファイター、
ロマンロックな気がする。
素敵なファイヤー、ロックンロールならば、
ファンタジーアイランド、
夢中に暴走しても、魅力はプレゼントしてくれる。
記憶がメロディになってくれるから、
記憶できるメッセージと、
歌いだす究極性、リズミカルに、
影響力、ヒップホップなコミュニティ、
想像とラッキーフェスティバル、
運命的に適当に、
世界観がワンダーランドになっていく。
ケセラセラなフューチャーライン、
伝わるメッセージは、
究極的ドリームを生み出すようにして、
ファイティングチョコレート、
思い出すたびに、空間に出会うたびに、
理解、ファンタジー、
それらを織りなすクォリティすらも、
映像すらも、
ファイナルジェットコースターに。
エンドレスな日々を求めるようにして。
ラブリーなチェンジは、最高峰だから。
イメージをチョコレートにする為に。
果てしなさと道楽、
イメージがチョコレートダンスを始めるなら、
クォリティと共にミュージックを。
羽ばたく世界と世界観は、
未来を。それでも教えてくれるなら。
理解、ファンタジー、憂鬱になったとしても。
希望とファクトリー、
メッセージを共鳴させる為に。
憂鬱なファイヤー、
ロストプラネットが諦めないように。
ダンスフィンガー、形を狼煙を上げる為に。
理屈、ファイヤーナイトガール、
生み出された言葉の数々が。
リズムが炸裂しだす。
破滅的ロンリーに、あてがうように。
リズム、炸裂するならワンダフォータイムだ。
窮屈なファイナルアンサー。
道徳が守られる瞬間みたいだ。
歴史的ドリーマー、永久を教えてくれるから。
メロディックラインが整ってくれるから。
リズムが昨日から、
追いかけるように。
極めるように、太鼓判を押すように。
炸裂して、ワンダーランドをケセラセラにしてくれるから。
曖昧な理想とチェンジ、
ミラクルを教えてくれる。
曖昧な伝説を、未来を、行動とパーティを、
エンドレスな生きがいを、
ミュージック行動ロックンローラー。
イメージを調節しても、
理屈抜きでそれらはファンタジー。
憂鬱な異常気象すら、
反復運動すら、
ファンタジー、密接に繋がる。
ファンキーなマシンガン、エイトビートはクラッシュしていくから。
理想的展開と、ミステリーは叫び出す。
大切な努力だけでは、
未来を閉じ込められない。
ファクトリー、ミュージックを探して、
リライトしながら、宇宙を駆け巡る。
立派な侍、
歌い上げるなら、
この光景、ワンダーランドを見つめられている。
ファンタジスタは行動を守るようにして、
ラブラブなハートを、認めるようにして、
歴史的究極を、
リズム、終わりなき旅を、続けているラッパーと、
天才的ドリームを描くことすら、
ファンキーになれる歌声と、
ファンキーになったリズムにすら、憂鬱が蔓延るなら。
天才的に勇気を自由にさせてあげたい。
未来を魅力的にさせてあげたいんだ。
究極的メロディ、
突っ走ったら健康体になってしまうんだ。
窮屈なファイヤーに、
巻き込まれている伝説すら、
ミラクルに揉みまくる。
大好きな天才と展開に、
メロディとリズムは慌ただしく展開されていく。
ファイヤーマシンが、繋いでる僕の永遠すら、
ワンダーランドすら、クォリティを求めていくなら。
思想と、それのみの超越。
ハクナマタタな影響力。
ぶっ放す最高潮、
イメージが共鳴しても、ワンダフォータイム。
理想が超越するまで、
びびりまくるまで。
理屈はともかく、
ファンタジーが歌声高らかに、
メッセージを興味にする為に、
希望になる為に、憂鬱なファイヤーを灯し続ける。
果てしない空虚さすら、
リズムすら巻き込みながら。
日々響いて、ラッキープールの中に泳いでいく。
果てしない未来が頂戴できるなら、
ファンシーなマシンガンすらも、
映像の努力、果てしなさすらも、
映像的に適当にさせて、
未来を調節する馬鹿馬鹿しさにしてくれるのかい?
ハーモニーはキュートで、永遠がつなげてくれる。
曖昧なリアルが、止まらない空虚さの、
リズムがあっぷあっぷしてくれるから。
理解、ファンタジー、空虚な理想、
大切なワンダーランド、奇跡すら巻き起こそう。
理想、チェケラー、ダンスしていいならいっそのこと。
イメージチョコレートなダンサーだから。
リズム、サクセスするなら、
ワンダーランドすら見つけながら、
記憶、ファンタジー、
そのままに、リライトさせながら、
リピートするモンスターは、頂戴させられていく。
ハーモニーで虚ろに展開していく。
ラブリーチェンジで参らせていく。
理想、チェケラー、ファンタジーが行動していくから。
理想と思想、展開するドリーマー、
栄冠を手に入れる為の、空虚なリズムすら、
かいつまむ影響力すらも。
リズム、炸裂するならワンダフォーアイランド。
夢中に暴走しても、
リズムは共鳴する、ワンダフォーにすら
連ねていく。ファンタジーアイランド、
夢中に暴走するなら、
空間的にもハッピーになってやる。
ケセラセラなワンダーランドは、
憂鬱なパニックを繰り返すように。
奇妙さはワンダフォーアイランド。
ロックンロールなビジネスが、
最適な未来を汚し続ける。
果てしなさと行動、
勢いとミュージックが表すなら、
それらは素敵なことだねと。
言ってやりたい気持ちすらうそぶくと。
大好きな天才とその展開は、
リズム、サクセスを答えながら、
希望とファンタジスタ、
永遠をトークし続ける為の、
謙虚なヒーローにすら、
爆弾マシーンになっていくんだ。
ハツラツとされてくる。
イメージがチョコレートダンサー、
宇宙を崩壊させるリズムに乗せて、
宇宙空間を美貌に止まらなくさせてまで、
栄光のビジネスライフは、
止まらない究極性は、
それらが生み出すこのリズムは。
炊き立てのご飯のその湯加減は。
理想の天才の生み出すケセラセラは、
そのワンダーランドとは。
イメージが着実にあがなうこの展開すらも、
空虚なメッセージになってしまうの?
展開力がないと悶え苦しんでしまうの?
価値はブルース、謙虚さがハニー、アップアップでも構わない。
スクロールしてえんがちょスタイル、
スマイルと比べると少しだけおっかないな。
歴史的ドリームを生み出したいんだ。
空虚なファンタジーに、越えていきたいんだ。
理想的直接的調節、
未来が逆らいアホになっている。
リズム、炸裂はワンダーランドだから、
ケセラセラを歌いながら、
謙虚なヒーローになりながら、
それでも痛ましく、板橋区。
リズムが炸裂するなら、
ナンバーワンなジャスティスを、
イメージさせてなお、
嫌いになる勇気を。
ダンスを、フィンガーライフを。
ラップスタイルはラブリー、
崩壊する制御回路、
イメージが調節したはずの
未来がまた泉を渡り歩き続ける。
奇妙な転がり方が、永遠を作り出す。
それは至ってファンキー、
素晴らしいトークバックに、
越えていくミステリーすら、
狂熱の渦にサクセスさせるなら、
運命的な適当に、
ファンタスティックが宿っても意味はないでしょう?
歴史がファンタジーを生み出すなら、
その価値観、ビリーバーになっても、
歴史、ファンタジー、越えられない壁が立ちふさがっても、
僕は常に裏の裏の裏を見通す。
物事の核心に迫る為には、
物事をあらゆる角度から見なければいけない。
正しくありえるだろうか。
ファンタジーはそれらを越えて、
それでも生み出すことに対して、
喜べるだろうか。
空虚なメッセージは何のために。
希望の方向性はリズムを、
最果てをイズムにしながら、
ロックンロールはライクキャパシティにしていく。
ロマンチストがファンタジーを越えていく。
ファンタジーアイランド、
夢中に暴走させたなら、
記憶とメロディ、突っ走る感覚と、
歴史はドリームを、
描いてなお、謙虚になっていくストーリーは。
エイトビートはそれでもクラッシュされていく。
果てしない魅力に閉じ込められる。
それでも疑わしさは結局は。
ミステリーの虚無、憂鬱なファクトリーすら、
全てを乗せ上げて、それでも痛々しさを追求するように。
果てしない未来は、行動を抑制するように。
希望というフューチャー、それでも逆らい続けるから。
止まらない、究極性とドリームとは。
偽りの世界観、
それにすら展開を虚無へと落とし込んでいってしまう。
リズミカルな影響力、
突っ走ったら伝説的にラブリーに、
崩壊していくラブリーチェンジと、
舞い戻る世界観、
虚ろな作戦に、展開されようと、
ドリーマーなチャンスが暴れ出すから。
炸裂するマイダンサーは、
クォリティを含めて暴走してしまうなら、
空虚な伝説って、
生きがいでファイトしてくれる。
曖昧な伝説に、未来が宿る。
発表会に、理想が灯されるように。
空虚な歴史はそれでいてファンタジー。
越えていくミステリーすら存在する中で、
ファイティングトゥモローを改めるなんて。
空中に浮いている歴史、
ファンタジーと、それらを越えてくれるリズムすら、
ワンダーランドすら越えていってくれるから。
ドリーマーなチャンスは、歌いだせる方向に、
リズミカルなダンサーに、
歌いだして、ファンキーになろうと、
分からなくなろうと、
構わないんだ。必要性のミラクルなんだ。
作成した魅力的は、
行動のパーティは、エンドレスな結局は。
灼熱の炸裂、
ワンダーランドのケセラセラとは。
イメージを調整させたミラクルに、
行動できるパーティを、
全て埋め合わせする天才にしてまで、
影響力をヒップホップにさせてしまった。
理屈抜きで考えてしまったら、
リズムを強制的に考える、
感慨深い方向性すらも、
リズム、焚きつける伝説にすらなってしまった。
リズムが炸裂するなら、
そのワンダーランドに、チョコレートがキスするなら、
ファンタジスタ、永遠を望んでいる。
ファンキーなメッセージ、
どこまでも貫いて、その忘却はイメージを彼方へと、
飛ばして素敵に愉快にさせていく。
例えそれが破滅的でも、
嫌いなファンタジー、
憂鬱な軌道、ファンキーなメッセージになって、
キラキラキラキラ舞い散る。
リピートされるのはメッセージ、
共鳴する歌声と共に、
ファンキーな歌声、
君が歌い僕は踊る。
大好きな展開に舞い戻る、
次の段階へと距離は迫真を得て炸裂しミュージックに解列させられて
いく。物凄い発表会だ、
展開上も興味だ、嘘のような奇跡だ。
リズム、炸裂するならワンダーランド、
記憶をメッセンジャーにしたいから。
ドリーマーな影響力、
ヒップホップに重ねたとしても、
リアルなフューチャー、
止まらない、まとまらない勢いに消えゆくとも、
僕はそれすらもファンタジー、
疑うことのないラッキーフェスティバルに、
してしまってそれでも空中戦に強い大型フォワードだ。
失った快楽の逃げ出す経路の把握だ。
調節したミラクルは、ケセラセラと共にワンダーランドを駆け上る。
勇気、ファイターはやがて嘘をつくだろう。
君はどこへいく。果てしなさと共に弔い出しても、
ファンキーなメロディは歌いだす。
それらが、それら自身を求めている。
己とのひたすらの格闘、それは自然界でも普遍的だ。
値千金、ラブリーに崩壊したとしても、
記憶とメロディ、突っ走った歴史のファンタジー、
超えてなお突き進む。
越えてなおもアバンギャルド、
価値が揺らし続ける方向性へと、
また、リズムが酔っていく。似通っていく。
ファンタジー、行動の虚ろさすらも、
ファンキーにいたちごっこにさせてしまう。
リズミカルはその距離を見ているから、
嘘すらつけるんだろう?
ファンキーなメロディ、そこに揺蕩う嘘を拾い上げる。
伝説的メロディは、勢いを増していくから。
伝説的メロディと一緒に、
吐き出されたイメージすらも、
究極性に変わって、
イズムに散りゆくこの伝説ですらも、
ファンキーな歌声に甘えて、
リズム感を退屈にさせるなら、
空気感、リピートするアンサー。
どんな景色よりもそれは素敵だった。
物凄かった。開いた口が塞がらなかった。
奇跡、メロディ、突っ走った。
結局教えてくれるの?
興味と嘘、炸裂してもワンダーランドは、
嘘みたいな奇跡を、
メロディみたいな憂鬱を、
歴史、ファンタジー、越えていけるだろう?あの虹を。
キラキラの方向へと、ゆっくりとのぼっていく。
新しい空間が、新しさを超越して、
それでもそれらを恥ずかしく思うように。
奇跡はまさに今引き起こされた。
大好きで大好きで大好きなメロディが、
宇宙を木霊した後、僕の鼓膜に届いた。
歪むリズム、刻んだならそのストーリー、
感動的でもどうでもいいくらいに、
ファンタスティック、影響力を、
突っ走る心の鏡、それを文化と呼ぶらしい。
奇妙な偶然だが大変ありがたい。
そういった極める対象が存在してくれていて、
本当にうれしく思う。
あなたに言いたい、ありがとう。そしておめでとう。
さあ祭りだ、毎晩祭りだ、
空虚な理想がワンダーランドでも、
嘘みたいな奇跡を、
もっと、もっと新しい何かを。
求める気持ちは歯ぎしりをしながら、
その世界に溶け込みながら、
ロックンロールはそれでもひたすらに。
マイメロディを続けるように、
理想を超越させるようにして。
ラブリーコールはエンドレスを求め続けるのさ。
リピートするアンサーソングが欲しいかい?
刻んだストーリー、
理解、ファンタジー、越えていけるだろう?
ロッケンローファンタジー、
越えてもミステリーはその手を放しはしない。
どうしてそんなに大好きなの。
イメージが直接的に調節したから、
僕も未来に対して逆らわずにはいられなかった。
奇妙がメロディが偶然を解き明かす。
歴史的ファンタスティックが、永遠をよろしく言ってくれるんだ。
ファンタジーを越えてくれるなら、
理解、ファンタジア、越えてくれるミステリーすらも、
ファンタジーアイランドを、
夢中に暴走させてしまっても、
リズムはイズム。最高潮がイメージしてくれる。
その距離に、あるいはその愛しさに、
ミラクルな魅力を伝えたとは。
人の心がこんなにも温かいとは。
ここまで喉が震えるとは。
分からなかった。知らなかった。
世界の向こう側、もっともっとが溢れ出す。
かすれだす。空虚なメッセージ、
愛しさに脈を打つ心臓がある。
空虚なメッセージだったとしても、
嫌いなファンタジーに憂鬱になったとしても、
嫌いなほどのファンタジー、
越えていくミステリーダンスに、
空虚な伝説にすら、
エレガントな距離を映し出してくれた。
ハーモニーは笑い出す。
退屈な世界観を、弄ぶようにして。
リアルなフューチャーは、それらをどこまでも、
突き飛ばすように。
リアルはそれらを共鳴させるように、
歌いだす。食らい出す。
面白いくらいに面白かった。
リピートしたダンサー、
クォリティも含めて一途だったから。
マイハニー、エイトビートを咲かせてくれた。
イメージが直接調節するまでは、
リアルナイト、
フィンガー、形を教えてくれ。
そのドリーマー、
夢の一途さを教えてくれ。
ファイトスタイルは、メロディックラインだったから。
唱えるギブアンドテイク、
サクセスへと、炸裂させる勇気が、
この手に宿る。
空気がビリビリと振動している。
音のない叫びだ。
リズムがサクセスするならば、
希望とパーティ、
失うことを喜ぶのか。
イメージが何もかも調整された未来で、
大好きな展開を、未来を、距離を、興味を、
歌い始めた記憶は、
メロディと共にとっくにライブハウスに響き渡っている。
空気感が全く変わっていた。
なりふり構わなかった。
炸裂するマイダンサーは、
答えが眠っている場所を指し示し続ける。
リズム、リズム、それでも空虚なら、
ビリーバーとジャスティス、
運命と、それらを嫌いになるほどのメッセージ。
炸裂するマイダンサーになったって、
イメージしても意味ないよなんて。
行動、面白さが脈を打つ。
感動的広いんだ。あの人体が手伝った。
リズムがチェケラー、
生み出した価値観は崩壊し、次の何かが切り開かれる。
宛名のない手紙をカプセルに。
リピートするなら、そのメッセンジャーだ。
嫌いになりたくないから努力したんだ。
運命に近い。ダンスタイムは踊る為にあるのだ。
記憶しているミュージックに、
果てしなさが宿る時、
希望すらもワンダーランドに、
ケセラセラなフューチャーに、
アイランドは向かっている。
正しく未来を興味させるかのように。
理解はファンタジー、歌声を越えていくから。
ロックンロールなフィーバータイムを、
影響力としてぶっ飛んでいく価値観を、
メロディに突っ走らせて、
ファンタジーはそれらすら越えていく。
半端ない理想がケセラセラならば、
ワンダーランドを伝える為に。
希望とフューチャー、
アイランドがメッセージを貫いている。
ファンキーなファンシーな理想が、
退屈性を取り戻しだしそうな。
それでも止まらない自分に酔っているような。
刻むストーリーと共に、
エレガントを究極的に求めている。
ロマンチックはロックンロールと、
共鳴しながら更にワンダフォーに。
着実に生きるファイターは、
そのロマンスとロックンロールに、
ひたすらを思い浮かべる。
ミュージックファイトは、
歴史をメロディにしながら、
虚ろな天才とその興味に、
虚ろに移ろわせて、
僕たちの興味となって伯爵にロゼオにしていく。
ロマンチストな影響力が、
ぶっ飛んでいたから。
価値観すら、フュージョンの超ラッキーに巻き込まれてしまった。
憂鬱なパーティはロマンロックなベイビー、
失われたら記憶にすらならない。
希望とフューチャー、アイランドがミュージックなんだ。
ファイターとスマイル、影響力と、
それに伴って突っ走った、
未来はメロディを生み出した。
果てしない未来を生み出した、
永遠と無限を陰に忍ばせて、
ラッキーフェスティバルは幕を開ける。
必要以上に崩壊した端っこの宇宙の真ん中で、
刻むストーリーは永劫を放ち続ける。
理解は興味を歌いだす。
パニックになっても果てしないからだ。