リピートしているダンサーが、
嗚咽をもって正しさ駆け巡る。
リップスライムな世界観に対して、
理想を超越してしまうなら。
空虚な空間すら、食べてしまいたくなる。
そんな未来を僕にくれないかな。
ひたすらはワンダーランドだと思うかい?
食い違う歴史、
ファンタジーと兆候を得手不得手にしてきた、
ミラクルですら、ファンタジスタだ。
空間的ラブライブが実態ならば、
栄光のワンダーランド、クォリティで異次元だ。
突破するファイターがそれを理解しているのなら、
空虚な歴史、ファンタジーになるほどに。
歴史的ドリーム、永劫の時を泳ぐように。
失礼に、サクセスをドリームにする為に。
クォリティは異次元であり、
パーティはロックンローラーを目指していく。
ロマンチストはファイターを探し続ける。
リミットがパーティを腹を減らしているから。
ファイティングなチョコレートは、
それらが生み出すイメージの意味とは。
炸裂するマイダンサー、
倍になるらしいさ。
空間はそれを伴って、
綺麗に嫌いになったミラクルは、
調節してなお、貫く希望があると
おっしゃるのか?
希望的ファイティング、理想が超越してくれるなら。
ファンキーなドリーム、
影響力があろうがなかろうが、
素敵なファイナルアンサーは頂戴してくれるんだ。
理屈はファイターを乗せ上げて、
リビングデッドな価値観を教えてくれた。
ファンキーなドリーマー、描いた夢すら馬鹿馬鹿しい。
エネルギーをもらった。
覆す気力を、ファンタジーを、
歴史的にドリームにしながら、
ファイティングチョコレートに、
メッセージを嫌いになるほどに、
クラリス、イメージをチェケラーするほどに、
僕は大好きなんだよ。
卑屈な恋愛だね。
本当に自分が嫌になるぜ。
素敵なファイナルアンサーを呟きたいんだろう?
それだけが希望なんだろう?
分かっているんだぜ。
陰でこっそり泣いてたろ。
お尋ねしますこのあたりでついさっき、
涙が落ちる音が聴こえた気がして、
駆けつけたんだけど、誰の涙かな。
そういや君は随分赤い目をしてるね。
そりゃ僕だってねえ。
希望的解釈、
後ろ側が天才的に、
ドリーマーとしてチェンジング、
愚かに憂うことだけが僕の仕事じゃない。
リズミカルなダンサー、影響力はヒップホップだ。
数ははからずとも、素敵なファイナルアンサーを呟けるんだ。
世界観とその理想、
超越勘に至るまで。
素敵なミュージック、虚ろな展開だ。
ミステリーが興味なら、
栄光を笑い出すなら。
何をするか分からないリズムに乗せて、
だいぶダイビングヘッドを決めてからだいぶたつが
重ね合わせでからめとられていかないでって
がやがやしてたとしても
メッセージは飛ばしまくる。栄光とワンダーランド、
超越的に調節したミラクルで、ザブングルは笑い出す。
展開的メロディが突っ走るなら、
究極的ファンタジーすら馬鹿にされてしまうのかい?
リズミカルならば、そのファイターだ。
失われた力技ならば、
ただいま、ここにある。
巨大な心を持っちまって、
馬鹿馬鹿しくて失礼だな。
でも天才的なことは否定できない。
だから俺はここにきたんだ。
誰の為にここにいるんだ?
究極的ロマンスに、いたちごっこなファイヤーに、
憎たらしいほどのラブリーに、
超越したミラクルすら、
えこひいきしているラブリーゲームだ。
統率力が韻キャラに負けてたら、
馬鹿馬鹿しいだろう?
うなぎのぼりな天才たちですらも、
それらを否定するはずさ。
ミラクルは超越することを喜ぶからね。
大胆不敵な活動として、
描けていければそれが何よりなのさ。
伝わる歴史と共に、
栄光を引き継ぎたいなら、
笑い出す。
したいことをしてたら失われて、
したくないことをしてたら増えていくものはなんだ。
理屈、それは意味不明。
リミットがジェットコースターならば、
向こう側、天才的なドリームに栄光を見るように。
それらを伝えて、今更それが運命なのだよなんて。
どの口が言えるんだろう。
儚くも散り急ぐ、魂があるとすれば。
究極的なまでのロマンスを教えてほしいよ。
リズムが悔いるなら、素敵なファンタジーだろう?
究極的に曖昧に照らされていったんだ。
リズミカルが歌ったら、
うろついたら、
僕らがなけなしのエンジェルになったら、
希望的観測になってしまったら、
覆すことすら馬鹿馬鹿しくなってしまうのかな。
でも俺には俺の思想があって、
その信念に基づいて動いてる。
周りに流されるだけの奴じゃない。
リズムがチェケラーするならば、
ファイティング、チョコレートにすらなれてしまうなら。
覆すリミットすら、
馬鹿馬鹿しいと笑われてしまうのかな。
でも僕は違う。
理想的展開に、サスペンスを求めきれるなら。
リズムがチェケラーパーティになっている。
リズム、チェケラー、
ファンタスティックドリームだ。
素敵なファイナルアンサーだ。
俺は死についても冷静だ。
何に対しても影響力をぶっ飛ばす。
自分の感情すら遊び道具にして、
列車は走っていく。
今回はどうだった?
運命の歯車は食い違った?
僕は僕なりの能無しになれたから。
素敵なファイナルアンサーに呟けたから。
理想的展開すら、天才的ドリームに描くことが叶った。
リズミカルだったからこそ、ファンタジーは超えていけたんだ。
素敵なファイナルアンサーならば、
ことごとく。
失礼だと思うかもしれないくらいに、
リズムはアップアップしていくんだ。
理想的展開がそんなに欲しいかい?
リズムは究極を求め続ける。
そのファイター、理想的展開にさせながら、
ファイティングするチョコレートは、
イメージを挑戦的に笑い続ける。
太鼓判を押すことがもしラッキーならば、
ファイティングチョコレートにエイトビートがのしかかるなら。
理解させてあげよう。運命を教えてあげよう。
リライトすることすらもできない、
僕たちの力技ではどうすることもできない。
それでも、僕たちは繰り返す。
リズムを、それでも荒唐無稽に。
素敵なファイナルアンサーにしながら、
影響力はヒップホップへと形を変えていく。
リズミカルなファイターが後ろ側を天才的に求めているんだね。
覆す日々が諦めるなら、
究極的ロマンス、いたちごっこなファイターならば、
理想的展開、天才的ドリームに、
永劫の時を培い誓おう。
メッセンジャーな価値観、ブルースでチョコレートが溶けていくなら。
ファンタジー、ジェットコースターな共鳴に疑いが恥ずかしくなってしまうなら。
空間的ビリーバー、挑戦的ラブにコミュニティは馬鹿馬鹿しくなっていく。
理想とチェンジ、
リズム、チェケラーファンタジーにさせたんだ。
運命がワンダーランドだったんだ。
覆す魅力すらもなくなっていた。
リズムで調節することすら馬鹿馬鹿しいのかい?
叫び、祈り、挑戦的ファイナルフュージョン。
価値観がブルースになるならば、
究極的ロマンロックだった。
永遠とトークしながら、
東からのファイターはうつむいていく。
理想的チェンジ、ミステイクするなら、
そのいっそのことの希望すら、
ファンタスティックなドリームすら、
永劫の時を泳ぐのかい?
失礼なほどのファンタジスタ、
栄光を永劫に伝えるように。
ファンキーなドリームは伝えてくれる。
ロックンロールビジネスならば、
オーケー、リライトさせてあげよう。
土に閉じ込めた、
勇気すら爆笑だ。
エネルギーを突破するなら、
必要性とそのドリーム。
傾向がサクセスするなら、
希望的観測、宇宙を笑ってまで。
突き抜けるファンタジスタの栄光すら、
ワンダーランドすらもチョコレートならば、
素敵さとファンキードリーム。
描いた夢と、備忘録。
素敵なファイナルアンサーすら、
呟く馬鹿馬鹿しさすらワンダーランドにしてくれたのさ。
ハーモニーが疑ってくれたからね。
ダンスフィールドで形を侮辱したから?
ファンキーなロックンローラーならば、
イメージすら挑戦的イメージに調節してくれるんだ。
リズミカルなファンタジスタ、
永遠がトークライブしていく。
ドリーマーなチャンスが横暴になっている。
歴史的究極に、まさぐるような恋愛トーク。
メッセージが調節してくれるファンタジーがあった。
覆す魅力との、栄光との違いがあった。
スクランブルエッグに調節して超越する、
ミステイクすら馬鹿馬鹿しいなら、
旅に出るしか未来はないじゃないか。
炸裂するブルースに、
影響力はヒップホップな形になってしまう。
覆すリミットですら、
価値観ですら、ファイティングチョコレートに、
サムライマーにサスペンス、伝えてなお溢れ出す空気感。
理想像と展開する次への付きだす魅力ならば、
永劫の時を歩かせよう。
リズム、チェケラーさせてくれるなら、
ファイター、つまりロストプラネットだ。
活動していく世界観が、理想を頂戴してしまうなら、
屈辱的恋愛、メッセージがトークバック、
エンジョイパーティなんだ。
覆す魅力的に、栄光は永劫に感じ続けている。
ファンタスティックアイランド。
密接に繋がるファイター。
理想的にメロディに、突っ走るファイターになってくれた。
ファイティングチョコレートを馬鹿にするなら、
その究極性すらイチャラブしたいじゃないか。
リピーターとメッセージ?
クォリティで異次元を突破するファイターだ。
理解がドリーマーになりそうだ。
究極的ロマンスが、それらを食べてしまうなら。
空虚な歴史とファンタジー?
異次元突破するファイターさ。
理解がドリーマーならば、
挑戦的ワンダーランドにケセラセラを伝えるならば。
理解するファンタジスタ、
永遠がリライトしてトークしていくんだ。
ファンタジスタに恋愛トーク。
馬鹿馬鹿しい究極に対してもウインクをしていくぜ。
ファンキーなロストチルドレン?
馬鹿馬鹿しい究極に甘えたいか?
理想とするなら究極的エンジョイだ。
理想とチェケラー、イメージが調節してくれるなら
そのかいつまんだ歴史ですらも滑走路じゃない。
意味不明な退屈だ。馬鹿馬鹿しいリズムだ。
荒唐無稽なら、そのワンダーランドのキャパシティに僕がいるならば、
素敵さすら踊りだしてあげよう。
イメージをチェケラーしてあげるんだ。
半端ないリアルに対して今回は、
リズムを究極にさせてくれるのであれば、
ファンキーなドリーム、調節してなお、
メッセージをかいつまむ歴史にすらなれている。
ファンタジスタは恋愛をしますか。
馬鹿馬鹿しいリアルとその方向性。
リズムはクォリティを目指して、
馬鹿馬鹿しくなっていく。
理想的チェンジが未来を教えてくれたんだね。
リズムで無茶苦茶にするリズムすら、
開拓していく次の文化すら、
新しい方向性に代わっていったんだ。
理想郷がそれらを正しいと判定したんだ。
今更僕にできることなんてある訳ない。
引き継ぐ天才的に、
ドリーマーは調整するように。
希望的ワンダーランド、僕たちはあるように。
理解するための究極的ファンタジスタ。
永遠と共にリライトしてくれるなら、
ファンタジーアイランド、
密接に繋がる新しさが、僕たちのアホらしさを伝えてくれるよ。
ロマンなら、ロックンローラーだ。
誰も彼も必要としている何かを、
失って初めて煌めき始める愉快さを、
伝説を、ドリームを、描いてなおケセラセラになるパーティを。
ロマンロックなチェンジング、
ミステリーになる為の共鳴すら、
後ろ側のパーティに変えてしまった。
理屈でファイティングを越えてしまった。
大切な言葉が、ストーリーが、
それを埋め合わせする展開すら
笑い飛ばしてくれるなら。
ハーモニーでぶっ飛ばしてくれるなら、
歴史をかいつまみ、生きる僕たちにも
希望の方向性を。
それでもってリズムを。
開拓する文明の僕のアホらしさを。
嫌いになってまで、影響力は
ヒップホップにさせたんだ。
それらを奉ることが可能かどうか。
サクセスの次の未来は新しさを兆候として受け入れているよ?
ファンになりたいならファンタジーでも夢見な。
大好きな展開と興味は移ろいゆくぜ?
半端なお引越しだけじゃ意味がないって話さ。
覆すリミット共に、受け継がれる意志がないと、
ない物ねだりは儚いんだ。
価値観、ブルースとチョコレートだ。
ファイティングならば、そのチヨコレートちょっとTOO LATE だろう?
幅広い世界観へと、リズムが脚注されていくなら。
歴史とファイティング、価値観と閉じ込めるメッセージが、
空間すら笑い出して、展開していく狭間に。
影響力はヒップホップになっていくはずだから、
そこにいるはずの共鳴。馬鹿馬鹿しさですらも、
かいつまむ僕の歴史にコントロールをさせて。
意味不明でもそれらはワンダーランド。
かいつまむ歴史の無さに驚くばかりだ。
共鳴しているファンタジーは、何と言ってる?
価値観はブルース、興味が炸裂するなら、
世界観すら理想になってくれるだろう。
ハーモニーが歌いだしているんだ、最高だろう?
イメージが最高になっている疑いすら、
ファンキーな路頭に迷い続けることになってしまった。
歴史が僕を追いかける。
理解は虚無を越えて飛び込んでくる。
リズムが明日らしさを、
イメージで共鳴させてくれたなら。
ファンキードリーム、永劫の時を歩みたい。
リズミカルなファイターに、
理想的チェンジングすら馬鹿馬鹿しくなっていく。
その展開に、楽しそうな人生に、
未来すら明け渡す嫌いがあったのかい?
サスペンスは栄光をワンダーランドにしたまま、
全てを消去する為動き出している。
ファンキーならば、その路頭に迷うことにしか意味がなくなるならば、
素敵さはファンタジーなんだ。
クォリティと共に受け継がせるしかない。
そういうパーティがパーティションが存在しているのだから
仕方がないって言えるだろう?
リズムで、チェケラーファイティングすることへの意味とは。
リズムとは、究極性の起こすリズムとは。
炸裂するブーイング、
価値観とファンタジーを求め、焦るリズム。
かいつまむ素敵なファンタジー。
クォリティすら、一途なファイトにさせてしまった。
覆す意味すら馬鹿馬鹿しくなってしまった。
ロストチルドレン、ロストプラネットだ。
確実性がロックされる未来へと、
希望的ファンタジスタなんだ。
クォリティでロックンロールならば、
希望とファンタジスタだ。
クォリティ、異次元突破するファイターだ。
うなぎのぼりな究極ならば、
忠告できない未来と希望に、
サクセスすら轟くなら、
宇宙の方面、美しい未来の絵図にすら、
カテゴライズされない現実にすら、
影響させて、未来は栄光を呼び寄せていく。
そのファイティング、理想は超越していくから。
理解的ファンタジー、それを連なることへの重み。
理解するためのフューチャーがファンタジックだったから、
影響力、抵抗力、サクセスへのトゥモローすら笑いながら。
イメージすることは愚かに見えるかい?
リズミカル、ファンタジスタな永遠がトークバックしてくれた。
ファイナルアンサーは呟いてくれたから。
歴史をドリームにして、まだまだ究極的に。
ラビリンスは伝えてくれたんだ。
発表会を理想として灯してくれた。
ラブリーなチェンジングとは、
その理想的運命とは。
嫌いになれない究極が、
まだ僕の狭間で呼吸をしているよ。
最高だよ。道筋、最高なんだ。
希望的観測、宇宙が笑うなら、
抵抗すらしてやろう。
イメージと調節していく
未来に会いたいと言えるのであれば、
価値観、ブルースなチェケラッチョなんだ。
埋め合わせする天才、
メロディにロックンロールがひたすらになっていく。
ロマンチックならば、そのベイビーだ。
炸裂するワンダーランドがチョコレートならば、
希望すら預けたい。
希望に、ファンタスティックに対して、
怒らせる空間で、ベイビーソウルを見守ってくれるなら。
そのファイター、一途さとクォリティを、
目指してまだ余りある素敵さを。
ミュージックのファイヤーを。
連ねていくファイトスタイルを、
ジャッジメントな生きがいを?
素敵なファイナルアンサーを!!
ことごとく意味がないなら、
私のこの距離すら馬鹿馬鹿しく思えるじゃない。
希望とはなんだろう。
覆す意味とは。
リラクゼーション、
果てしない未来と共にトップライド。
大切に空中、歴史とファンタジー、
栄光を見せてくれたから、
パーティなロックンローラー。
イメージが調節してくれる未来。
リズミカルなファンタジスタ、
永遠がトークしてくれるから。
ファイトしてくれる永遠がまさぐり合っているのさ。
ラブリーなハートが見つめているのさ。
希望的解釈に移ろいゆきたいかい?
理想的チェンジングに、
それでもリライトに。
メッセージに、それに伴うメッセージに、
クォリティすら爆笑しそうなんだよ。
破裂しそうな感情抱えながら、
リビングデッドは生み出していく。
価値観とブルース、共鳴する為のファンタジーを、
届けてなお嫌いになるメッセージを?
トークバックする永遠を、
活動する展開に呼び寄せるように。
確実に、世界観に、強制的に?
ラブリーハートを見つめる為だよ。
ロックンロールフェスティバルが、
形すら失っているから。
嫌いになってしまうから。
だから、忠告していたいのさ。
ベイビーなフルメタルなんだ、
希望的観測がそこにあったんだよ。
覆すリミットと、
活動する天才としては、
クォリティすら一途なパーティに、
ロマンロックは歌いだしていくだろう?
ホットなキャニオン、
本当の意味でハッピーになっていく。
理想は調整されながら、
運命を食べてしまうから。
空中庭園バビロンすら、
活動すら、天才的なドリームに。
追われていくリズム、
調整しているラブリーすら、
価値観すらミュージックになってしまうの?
覆すパーティ、訳が分からなくなってしまうの?
歴史的ドリーム、栄光を頂戴しながら。
パーティとそのリズム、
かいつまむいたちごっこに
ファイヤーサインすら出しながら。
イメージを調整しながら、
馬鹿馬鹿しくなっていくのさ。
リライトなキャニオン、素敵なファンキーならば、
栄光とワンダーランド、
クォリティが異次元だから、
突破したいと思った。
覆したいと思ったんだ。
僕のことが嫌いかい?
イメージを調整したら、馬鹿馬鹿しくなってきた。
ファンタジーアイランドが密着しているのかい?
空虚な伝説に、未来が押し寄せるのさ。
展開上は超ハッピーなのさ。
受け継がせることすら馬鹿馬鹿しいのさ。
天才的な、趣なのさ。
天才的ドリームを追いかけるなら、
それこそ馬鹿らしい未来と共に、
空中に浮いている歴史となってしまうんだ。
宙に浮くための理想ならば、
クォリティとワンダーランド、
覆す狂気という意味のサスペンス。
活動する、意味と展開とワンダーランド。
覆せるなら、リピートさせよう。
運命と共に笑い出そう。
空中に浮いてる庭園よりも、
要塞よりも、素敵なファイナルアンサー。
ことごとく、素晴らしい展開が踊りだしていく。
ハッピーになっていくんだ。
理想と調節して超越するメッセージならば、
クォリティとファンタジスタ、
永遠がワンダーランドなんだよ。
覆すリミットかい?
馬鹿馬鹿しく演じる僕が面白くなったかい?
そしたら始まりなんだ。
覆すリミットが追いかけているんだ。
起承転結すら馬鹿馬鹿しいんだ。
なあ、教えてくれよ。
希望が、ワンダーランドを連れてきた。
極限的な幸せと、
超越的ハッピー。
理想が超越してくれる未来すらも。
理解するための究極性、
リズムを体感温度で上昇させる。
イメージは慟哭を求めてくる。
ラブリーなチェンジに満たされるなら、
希望、拝借するメッセージ。
灰動転して、
ロックンローラーはイメージを走らせていく。
今にも壊れそうだ。
なんて不安定なんだ。
理屈抜きで、ファイトしたいという。
希望がワンダーランドな、
チョコレートにさせたいというんだ。
希望的解釈、虚ろな天才的ならば、
影響力、ぶっ飛んだ活動世界観、
理想的チェンジングと
脳みそ漂う楽しさに明け暮れて、
素敵なファイナルアンサーはことごとく。
意味不明を炸裂させるがごとく。
悉くいみがないなら、
素敵がファイナルアンサー、
理屈を差し出して運命を笑いたい。
あいつの言葉を借りるなら非常にきよきよしい。
ロックンロールファイティング、
価値観をエメラルドに、
素敵にファイティングするんだ。
価値観がファイティングなんだ。
理想がチェンジングなんだ。
それでも希望と共に、溢れ出すこの感情はなんだ。
理想、チェケラー、ファイティングする思想ですら、
ワンダーランドの一つの形に過ぎないとしった僕は何者?
動いてもキリがないことを知った運命すらも、
活動する興味、賞味期限すらも、
栄光をワンダーランドにさせたんだ。
大切な言葉とストーリーならば、
埋め合わせ、天才的なドリームに、
描いた夢とここにある今。
素敵なファイナルアンサーに呟けるなら、
希望的ミュージック、虚ろになる天才的すらも、
栄光すらも、ワンダーランドすらも。
影響がヒップホップ、
理解度が止まりだす。
ファイティングチョコレートになっていく。
理想とチェンジング、
ミステリーが興味を示すなら、
活動的展開に明日を見るなら、
希望的解釈、
移ろいゆきだしなさいな。
ラブリーハートを見つめる行動すら爆笑していくなら。
理想像と展開、メロディが慟哭へと。
炸裂するビジネスが、オーケーしてくれる未来に、
傾向がサクセスしてくれる運命に、
宝物がワンダーランドになっていくんだ。
必要性の勝利だね。
埋め合わせすることが天才的ならば、
いっそのこと教えてやろう。
イメージを共鳴させる歌いだしすら、
ファンキーなドリームにさせてくれた曖昧さ。
リズムでチョコレートパーティならば。
クォリティが異次元ならば、
ファイトスタイルに身を委ねるなら。
活動的天才?
未来を呼び寄せてあげようぜ。
ファイトスタイルはジャッジメントかい?
うなぎのぼりになるパーティこそが、
埋め合わせするアホらしさすら
教えてくれているんだよ。
ファンキーだろう?
それはまさに、ロストプラネットだろう?
理解するためのフューチャードリームが、
描いた夢すら侮辱するなら。
リピートするサムライマー。
影響力がヒップホップならば、
栄光と共に受け継ぐファイヤーすらも、
価値観すらも、イッツラブなコミュニティすらも、
価値観すらも、究極すらも、
ファイティングチョコレートすらも、
永劫の栄光、
サスペンスが伝えてくれる未来すら、
ワンダーランドすら、チョコレートすら、
栄光すらも、素敵なファイヤー。
メッセージが伝えてくるファンキードリームだ。
栄光とサクセス、ワンダーランドを直接。
パーティなロストプラネットならば、
栄光と共に受け継がせる為に。
ちょっとだけ笑いが止まらない明日になーれ。
大切な言葉、エンジョイパーティ、
ロマンロックが歌いだすならば、
むしろファンキー。
むしろいっそのこと。
ラブリーなチェンジがミステイクする
ラブリーに挑戦状が必要だ。
ミラクルを調節するなら、
その未来に嫌いになるほどのユートピアが、
存在するなら。
希望的観測に宇宙が動くなら、
ファイティングチョコレート、
メッセージでドープなメッセージを続かせたい。
リズミカルなファイター、後ろ側が大切なら、
究極的ロマンロック、
歌いだせるならそれのみの素敵なファイヤーだ。
失うものなど結局ない。
イメージが調整してくれるなら、
そのミラクルに抱き合わせたい。
強く強く握りしめていて。
ラブリーコースで、エンジョイパーティすら、
流浪に生きているファイナルアンサーすら、
呟く天才ですらも。
栄光がワンダーランドになっていく共鳴だ。
ファンタスティックなアイラブユーが続くなら、
理解者、そのファンタジーに、
クォリティすら一途なパーティになってしまうとしたら。
活動していく世界観、
理想とチェンジングしていく未来。
調子、サクセスする為のワンダーランドだ。
共鳴しているファンタスティック、
ドリームを描けるならば、
そんなにも栄光が素敵なら。
究極的ロマンスにすら笑われているのさ。
共鳴するダンスならば、
ちょっとだけ笑いの止まらない明日になーれ☆
ことごとく素敵なファイヤー、
理屈なファイヤーが、
ロストプラネットを諦めている。
ファンキーなモンキーなベイビーズが、
トゥナイト、歴史をあっけらかんとさせたんだ。
究極的ロマンスがあるのであれば、
活動する世界観。
ミラクルすら、共鳴させながら、
リピートアンサーは希望をワンダーランドにさせていく。
ハーモニーとしての歴史すら、
開拓するアホらしさにすら、
イメージを強制的に共鳴させる、
疑いでこもったリアルとなる。
奇妙だろう?まさにファンタジーだろう?
埋め合わせでもしたくなったかい?
僕のことが嫌いなのかい?
いずれにせよ天才は育まれるさ。
待ってろよ未来!
共鳴するファンタジスタを伝えてやるのさ!
記憶とファンタジー、クォリティが異常ならな!
理屈抜きでそれらが生み出すファイター。
ロストプラネットに希望が注釈されている。
ファンキーなモードに、
永遠すらことごとく笑い始めているから。
理解するためのフューチャーなのであれば、
確実に世界観に、ミステリーな興味を捧げたままで。
クォリティは異次元、突破するファイターすら
アホらしい方向へと。
リズミカルな行動、サクセスパーティが
埋め合わせするなら、
その天才的ドリームすらも。
栄光すらも、それらが生み出すファンタジスタすらも。
永劫の時を歩き続ける。
パーティナイト、
素敵なファイナルアンサーを呟いてくれるのさ。
ファンタスティックな未来に会いにいくのならば、
希望的解釈、宇宙のサクセスすら、
ワンナイトカーニバルさ。
素敵がファイナルアンサーなのさ。
悉く影響力を。
ロストチルドレン!!
つまり、その方向性に興味があるのだ。
空中庭園だろうと、
素敵だろうと。
形を失った、僕のパーティ。
失われた確実さは、
僕の中で灯されるか?
嫌いになるほどの天候に、
素敵なファイナルアンサーを呟いてくれる。
理想とチェケラーファンタジーになっているならば、
理想とマイメロディ、突っ走る儚さに、
ミラクルすら共鳴してくれる。
半端ないリアルに閉じ込められるなら、
希望、ワンダーランドになってしまった
チョコレートも含め、
リズムを階段を上るように、
覆すようにファンキードリームを、
描いた挑戦状をワンダーランドにさせてくれるから。
ハーモニーは伝える為に、
理解はファンタジー、
ロストプラネットにする為に。
覆す魅力的は、エイトビートすら狼煙を上げてしまう。
活動的展開は、理想を虚無に突き落とすように。
ひたすら栄光をワンダーランドに差し出してくれる。
だから言ってやりたい。
やれねえこと?ハナからねえよ。
確かにこの世は迷路。
大切な言葉、エンジョイパーティなのだ。
覆す魅力的が、
ファンタジーを伝えてくれた。
ファンタジスタな未来ですらも、
僕を笑い共鳴するなら。
天気予報、展開していくミラクルに、
超越するファイター、理想がチェンジするならば、
クォリティと共にダンス。
イメージは超越しながら歌いだす。
ファンキーに、路頭に迷った動物のように。
理解するフューチャー、
ドリーマーは立ち眩みをしていく。
理想とチェンジング、未来を共鳴しているから。
理想像と展開、その理解に、ファイターに、
ドリーマーすら永劫を伝えてくれている。
ファンタジーが後ろ側ならば、
素敵はファンタジスタだ。
リズムがチェケラーしているなら、
そのファンタジスタに影響力を受けるなら、
大好きな展開とサスペンス。
体中が軋んでも、
素敵なファイヤー。理想のチェケラッチョだ。
イメージは統率しながら、
影響力をヒップホップに変えてくれる。
ファンタジスタは恋愛能力含め、
金を世の中で回す為に。
記録的に昨日の影響を、
ヒップホップで影響を叶える為に。
希望的解釈、移ろいゆく為に。
理想像、展開するミステリー、
興味がファンタジーになるということは、
力強さすら感じてしまうのさ。
理想形と、ダンスフィールド。
活動感と世界中が巻き込む影響力。
ヒップホップな可能性と、
スタジアム、気象衛星すら笑い出す展開だぜ?
空間的ラブリー、調子がいいなら間違いない。
素敵なファンタジーが栄光を連れ去っていく。
ファイナルアンサーがそれらを呟くなら、
それ自体に嫌いにさせられるなら、
興味、虚ろになる展開すらも、
影響力すら、ヒップホップすらも、
栄光に永劫に、
素敵なファイナルアンサーに変えてくれるから。
リピートマイダンサー。
クォリティで一途なファイターにさせる為に。
真っ暗闇で僕一人ぼっち。
大切な言葉とエンジョイパーティだ。
ロマンロックな希望ならば、
栄光のユーロビートだ。
必要としてくれるかい?
ファンキーロード、
埋め合わせする天才すら侮辱するなら。
活動世界観。
ミラクルが育む挑戦状だ。
素敵なファイナルアンサーを呟きたい。
希望とチェケラッチョ、意味不明が
ワンダーランドになっていくなら。
理想郷、昨日からの永遠に、
ミラクルは挑戦状。
あらゆるものは偶然と志気を帯びて、
ライフスタイルに対して問いかける。
意味不明が行動を照らすなら、
いっそのこと教えてあげよう。
ファンタジスタと、
その恋愛トークだよ。
必要性がリズムであるならば、
ことごとく意味のないワールドへと、
追憶の扉は開かれていく。
ロープウェイになるのなら、
活躍がファンタジスタになった未来すら、
活動すら、活力すら、
メッセージに変えてきた力技だろう?
それを失う訳にはいかないのさ。
希望的観測、解釈は訴えだしているだろう?
ファンキーなロストプラネットに、
活動する意味なんて面倒くさいのさ。
ラブリーなハッピーが置いてけぼりになるならば、
クォリティ、そして伝説的に、
メロディックラインなパーティに、
移ろいゆく天才にすらこだわれる。
儚さと記憶はワンダーランドを教えてくれる。
理解するためのフューチャーか、
それともドリームか?
永劫の時を過ごすなら、
破滅の時を待たずして、
ライブハウスは今回だけはしかめっ面をしたままで、
僕はまだまだ試されていることを知る。
運命は共鳴するのかい?
そこにダンスがある限り、
運命として立ち寄っていくことすら
できないのさ。
奇妙だろう?ファンタジーだろう?
究極的ロマンロッカーだ。
素敵なファンタジスタ、
栄光と伝えてくれるんだろう?
ファンキーなロストプラネットは、
その果てで何をかいつまむ?
素敵なファンタジーを越えていきたいという。
すべからく、全てのことには意味がないというんだ。
価値観とブルース、自由にやるのは勝手だが。
意味不明なトーク、何度も何度もトライするのさ。
素敵だろう?
埋め合わせするテンションだろう?
素敵がファイナルアンサーだろう?
ことごとく、意味不明なトーク力すら、
かいつまんで素敵なファイナルアンサーになった孤独すら、
ワンダーランドなチョコレートにさせてしまったのさ。
食い入るように見つめる瞳には、
大好きな展開すらワンダーランドに躍らせているのさ。
ロックンローラーなイメージを、
食べてしまいたいかい?
理想とそれに伴うチェケラッチョは、
埋め合わせへと本気で動いていると?
ロックンロールパーティで、
うなぎのぼりなストーリーが目指すのさ!!
開拓する文明、文化すら諦める!!
価値観とブルースは、共鳴しながら歌いだす。
ファンキーな路頭へ迷うなら、
希望的解釈、虚ろな天才になりたいかい?
イメージが調整してくれる未来に会いに行きたいかい?
ロマンロックなベイビー、炸裂するビジネス。
ロックンロールイメージだ。
理想とチェケラッチョ・ファンタジーならば、
クォリティで伝説に差し出せるイメージすらも、
開拓する文明すらも、
ワンダーランドなチョコチップにさせてしまうリズムとして、
クォリティとして一途なファイターにさせてきた。
ロマンロックが今更僕を研ぎ澄ませるなら、
価値に思えたあの希望すら、
ファンタスティックですら、
ロックンローラーなイメージがそれらを消し飛ばしたんだ。
空間的ラブかい?
彫刻のラブリーハウスすら
求めてしまうなら、
希望的解釈に移ろいゆくならば、
伝説的な未来、
それらが覆す日々になるまで、
栄光はワンダーランドにさせられてしまうのさ。
それをいたちごっこで見ていたんだろう?
空中に浮いている歴史すら、
ファンタジスタになっていく。
理想が超越していくんだ。
ファンタジーアイランドを見つめているんだろう?
最高がイメージされている。
努力でファイターにさせられているなら、
強力な世界観に、ミラクルが興味的に、
ファイナルアンサーに呟かされるなら。
勢いをもってワンダーランドを伝えよう。
理解するための歴史がファンタジーを生み出していく。
超能力的ラブライブに、
つかずはなれず素敵な接客。
イメージが挑戦状をたたきつけるなら、
そのイメージに調整された未来すら、
カテゴライズすら、それらが生み出す狂気すらも。
ファイティングチョコレート、
それでも僕を出し抜けないことに困り果てるかい?
素敵なファンタジー、クォリティで異次元なのさ。
理解しているからこそ、沸騰しそうな校の脳みそと共に、
引き継ぎたい未来がある。
強力な世界線があるんだ。
究極的ロマンロックに
歌いだせるなら、
その方向にリズムがあるなら、
究極的リズムすら、
改築するワンダーランドすらも、
永劫の時を泳いで見せる。
ラブリーなハートを見つめるように、
覆すほどのエネルギーは、
突破力と共に引き継がれるだろう。
興味がサクセスするのは次の次あたりのパーティ?
そんなに待っちゃいられないのさ。
だから大好きな展開にしてオーケーサインを出そう。
生み出した価値を笑い出そう。
全てをゼロに返すための物語を始めよう。
そして残るものをかき集めて、
僕は新しい宇宙を生み出していく。
全部消す為に、記憶から消す為に、
リアルなフュージョン、忘れることを楽しむ。
理解がフューチャーしていくから、
伝説的な嫌いのある素敵さすらも、
栄光すらも、それらが生み出すワンダーランドすらも、
栄光すらも協力になってしまった。
覆すファンタジックが欲しいかい?
イメージと、それに伴う挑戦が、
ラブリーなハートになっていけるなら。
覆してやるよ。パーティ。
背中の疑似的な脳では満足できなくなったのさ。
ラブリーハウス、影響力、ぶっ飛んだ価値観だ。
メッセージが共鳴するファンタジスタに、
栄光が永劫の時を回しながら、
共鳴していく。ダンサーの
協力性、ラブリーチェンジで舞い込む宇宙に。
対して素敵に、ファンキーなドリーマー、
永劫を時を生み出すように。
空虚な歴史はファンタジーを乗せてくれるのさ。
ファンキーなドリームを栄光にするみたいに、
ダンスタイムは取り戻してくれるんだ。
ファンキーだろう?それこそがロストプラネットだろう?
活動する世界観だけが、イメージを調整してくれた。
ファンキーなドリームに、立ち消える素敵さに
ファンキーな路頭に迷わせてまで、
エネルギーは突っ走り突破していった。
ファンキーなドリームが、
立ち消えるなら、
素敵なファンキーすら、
栄光をワンダーランドにしてくれたから。
ファンタジーアイランド、
ミュージックが流浪に天才的になるなら。
世界が歪んでいるのは、僕の仕業かもしれない。
素敵なファンタジスタが、
それでも嫌いなメッセージを届けてくれるなら。
理想を理解したいよ。
イメージ、チェケラッチョになった果てに、
栄光すらなかったとしても、
クォリティ、ダンスし続ける運命に対して、
手を掲げるだけの力は存在しているのだよ。
孔明の罠かな。
僕は人間だから。
運命は灯しだす光に、
更に入っていくイメージを、
統率しているから。
ファンタジーモンスターなアースは、
伝えてなお、希望をワンダーランドにさせている。
ファンキーなドリーマー、永劫の時を歩みたい。
希望とチェケラーするのがファイターならば、
理解とファンタジー、クォリティが異次元になるまでに、
なるべくクォリティを高めていけるように。
活動的な天才は、
魅力的メロディに、突っ走らせる。
奇妙なファンタジーがそこら中にあふれた。
意味不明なトークバックだったとしても、
クォリティは異次元、
突破するファイターは目を覚ます。
最高に楽しい世界が待っている。
それは究極的とも言えるくらい、
最短距離で辿り着くことを了承した。
運命に近づくファイター、
いくつもの壁を越えて辿り着くファイター。
理解者がファンタジスタならば、
栄光とチェケラッチョ、超エキサイティングなパーティへと、
生み出す価値観は爆笑していくのさ。
つまりファイナルアンサー、
孤独に倍になるらしいのさ。
空間的ラブリーが調節してくれるなら、
ファイターとロストプラネット、
嫌いになるほどの影響力が存在するのかい?
とんでもない話だね。
空中に浮いている歴史すらワンダーランドになってしまうということは、
理想とダイブ違うよ。
理想形とサクセス、生み出すならその価値観だ。
素敵なファイナルアンサーが呟くならば、
理想的展開に差し出せるなら。
空間的ラブリー、調節して超越していくのさ。
ラブリーアタックがそれを求めたんだ。
仕方がないだろう?