楽しい未来を預けているから、
ロックンロールなファンタジスタ、
永遠を越えるなら、
素敵なメロディにぶちかまされるなら、
勇気、その希望。
ワンダーランドを奇跡と呼んだ、
素敵なヒーローは今もまだ歪に、
行動してなお、クラッシュするみたいに。
歴史的ドリームをあぶく銭にするように、
俺たちは可哀想だけどかわいい。そうだろ?
果てしない魅力がワンダーランドならば、
記憶とメッセージ、超越するミステリー。
興味が無かったとしても、ララバイ、体感速度だ。
大好きな展開が喜んでいる。
奇妙なファンタジーに、
嘘や偽りを放ち続けるなら、
理想、チェンジ、曖昧だ。
大切、言葉、
メッセンジャーがリライトする、
ハッピーライセンスすら、
栄光、永劫すらも、
ファンタジーアイランド、
夢中に暴走したとしても、
記憶とメロディ、
憂鬱なファイヤーが望み続ける。
果てしない行動の果てに、
魅力的メロディが踊りだす。
空間ファンタジー、
宇宙に暴走させられても、
刻んだストーリーは、
それなりに歌える恥ずかしさ、
メロディが突っ走るなら、
勢いとメリーゴーランドなメリー号。
素敵なファンタスティックに対して、
運命や魅力が伝わるなら、
希望とその最高峰、
記憶が新しいメッセージを、
宇宙を記録しそうだから、
半端なく痛々しくなったとしても、
嫌いになったとしても、
努力、ファンタジーと共に憂鬱が始まってしまう。
それは理屈じゃなかった。
極めることに対する意味、
行動ロックンローラー、
イメージチョコレートにしてくれるのかい?
曖昧なこの僕の鼓動にすら、
ワンダーランドを見つめてくれるのかい?
歪な展開は愛し続けるだろう。
奇妙さを、歌いだすファンキーを。
リピートアンサーなメッセージを、
連ねる最高峰、
いたちごっこだったとしても、
究極性はそれをまた越えてワンダーランド、
ミュージックはファイヤータイムを望むだろう。
空間のビリーバーは、
栄光を探してくれているはずだから、
奇妙なメリーゴーランド、
宇宙を暴走させるまで、
どっかにいかないと誓ったんだ。
東に上る太陽、
宇宙を駆け巡れ、
果てしない距離を憂鬱に、
可能性はビーボーイ、
果てしない究極性すら、
リズムをぶっちゃけ面白いメロディを作ってしまう。
夢中になる為に暴走、
想像力ですら意味不明になってしまうほどの、
記憶はファンタジー、ララバイを抵抗させる、
ミラクルを伝えて諦めさせる。
空虚な空間は理想像。
体感温度を爆竹の速度で、
宇宙が広がるスピードで、負けねえと叫んだ。
極めれば極めるほどに、
素敵なものは嘘を卓越するように、
リライトしている今回は、
炸裂するダンスと共に、
昨日の影響、ぶっ飛んだ価値観。
ブルースに対する興味を償うだけで、僕は精一杯なの。
ヒップホップなチェンジング、
理想が超越してくれるなら、
曖昧な僕の言葉すら、
映像的なコミュニティすらも、
栄光をワンダーランドに、
記憶がメッセージになってしまうなら、
炸裂するリピートになっても、
極め続ける最高峰に対して、
リライトし続ける天才は、
踊り続ける。
運命が聴こえる。
ダンスフィールドに、
価値が許される限り。
アタックするワロロンチアワールド、
歴史的ドリームを、追及した新しさを、
ドリームに描かせた究極に対して、
曖昧なレスポンスであったから、
ファンタジーアイランドは夢中になったんだ。
暴走は想像通りだ。
宇宙を差し出して、嫌いになるくらいだ。
ロックンロールなハニーが、
エイトビートが、それらを嫌うなら、
仕方ない一面も存在するかもしれない。
でもね。勇気は自由を求めてる。
希望とファイヤー、そのままを描くなら、
大切にしなきゃならないことも沢山あるんだよ。
ファンキーリズム、サクセス影響力、
ぶっ飛んだ価値観、ブルース、チェケラッチョ、
歌いだせる、人の間に人間がある。
ラップスタイル、変更しているラブリー、
興味がサクセスするなら、
ワンダーランドすらミュージックに変えていくだろう。
最高が答え合わせをするなら、
魅力と次の段階。
ドリームとドリーマーは、
違う世界を描き続ける。
果てしない空虚さでも、
リライトするメッセージが慌ただしく、
未来を作り出すなら、
健康な芳香剤、
素敵な未来と調節するワンダーランド、
記憶がメロディになってくれるなら、
ファンタジスタと栄光を越えてくれる。
魅力はエレガントに、
頂戴できるように。
曖昧な伝説、
愉快さをファンタジーにするために、
空虚なリズミカル、
栄光のビジネスライフ、
トークバックしてくれるなら、
そのイメージに調整する誰かがいるなら、
ケセラセラと共にワンダーランド、
宇宙を方向で持っていきたい。
理想はチェケラッチョファンタジーだったから、
宇宙の方向も決まったようなもんさ。
リズミカルなエイトビート共に、
ラックの種をまき散らし、
空間はファンタジーを越えていく。
歴史的ドリームを描いたら、
究極性すらファンタジーにさせてしまうんだろう?
空虚だねえ、ひたすらに真っすぐだ。
煌めくファンタジーだ。
永遠が教えてくれるドリームだ。
どうか、どうか、歯がゆさに勝ちますように。
希望と、それらの生み出すファンタジー、
越えていけるなら、
希望にすらなれるんだぜ。
無し崩し的な恋愛ストーリーは、
それらを歯がゆくさせるように。
イメージ映像は、大切さをドリームにして、
描きまくるように。
それはまるでダンスをするように、
勢いでふざけていたから、
ミュージックパーティはエンドレスだったのさ。
クォリティが異次元ならば、半端ないならば。
リズムがサクセスへの、軌道を笑って儚く散らしている。
ファンキーにドライバーに、
追及するなら、
そのミステリーすらも愛せてしまうのかい?
奇妙過ぎるメロディと、
突っ走った感覚すら愛せるようになる為に、
空間はビリーバーなエイトビートだよ。
美しい魅力がダンスするなら、
栄光とワンダーランド、
嘘みたいな奇跡を。
巻き起こしてそれでも素敵に、
ファイナルアンサーを呟けるように。
正しさとワンダーランド、
未知数が暴れ出すぜ。
空間、空虚なメッセージを
頂いてしまう。
リズミカルなファンタジーは、
そのままで宇宙を方向性にしたままで、
クラッシュしてエンジョイするまで、
記憶はメロディ、突っ走る感覚だ、
ブルース、チェケラーファンタジー、
行動歴史、ファンタジー、ジェットコースター、
リズム、炸裂するワンダーランド、
トップオブザランナー、
気象衛星に素敵になることが分かっているなら、
刻んだそのストーリー、
メリーゴーランドな宇宙すらほだされて、
ラッキーフェスティバルの運命を。
奇行を、大好きなチェンジングを、
サクセスに変える為の魅力?
理想がチェケラーしているなら、
究極的リズムすら愛するべきだ。
奇妙な偶然が新しさを望みだす。
クッキーが、空気を乱すなら。
健康的ラブリー、ホーホケキョだから。
意味不明な伝説が、
やってくるはずだから。
奇妙なワンダーランドに満たされて、
それでも痛々しい魅力を伝えてくれるなら、
希望とファンタジー、
宇宙の遭遇に、
ファンタジスタすら共鳴できる伝説に、
未来を永劫と時を跳ねるまで素敵になりたい。
極めることに対して抵抗したい。
ミラクルを頂戴して、潔く健康的に。
キックアンドディフェンス、
未来を越えていくなら、
炸裂マイダンス、
宇宙の広がりを見つめるように、
空気感は自由に、それなりにあるように。
大切なドリーム、それすら嘘にする為に。
空虚なメッセージ、
いたちごっこはファイヤーを望むよ。
レスポンスはそれなりにラッキーでハッピー、
後ろめたさも天才的なくらいに、
クラッシュするエイトビートは、
煌めいている。ときめいている。
大好きな天才と共に、
宇宙をラスベガスにする為に。
理想、チェケラーするファンタジー、
越えていくミステリー。
ロックンロールフィーバーが、
細切れ劇場、
ファイナルステージが展開されてしまう前に、
理屈はコミカルなファンタジー、
歌声を高らかに宣言するなら、
宇宙地震に対する歴史、
邂逅のサクセストゥモロー、
エンジョイするならミラクルすら明日に展開させたい。
未来が魅力的な、
健康的な炸裂ミュージックを改めるなら、
記憶と大好きな天才、展開、
ロマンロックと愛おしさ、
貫いたはくしょん大魔王は、
貫く伝説にすら、
ファイティングポーズをしてしまったから、
空気感が違ったから、
ファンタジーアイランドを見つめたはずだから。
奇妙なメッセージ、
それは潔さすら携えていて、
だから奇妙だなあ。
面白いくらいにラブリーだなあ。
ラブリーハートが満ち溢れるじゃないか。
ラップメッセンジャー、
クォリティも戦いの恥ずかしさに、
酔うように、素敵なメロディに反復させるように、
記憶はそれでいてワンダーランド、
ケセラセラな歌声を、
ファンキーなリズムにさせてくれるから。
気合いでメッセージは、宇宙を見上げるはずだから。
奇妙さとメロディ、
うつ伏せになったファイヤーモンスター。
希望とその戦いは、
未来を超越するように、
ダンスでもするように、
空間を笑い飛ばしていくから、
歴史的ファンタジーは声を高らかに、
宣言しながら笑ってホーホケキョになっていくんだよ。
それでも伝え方が分からなかったんだね。
奇妙なメッセージ、
それと共に生きるなら、
空気感を抱きしめる、
超絶的にかわいいなら、
レスポンスと空気を望むしかないだろう?
奇妙過ぎるメロディと、
突っ走るアンサーすら疑うなら、
ファンキーなメロディにすらなれる力がほしいんだよ。
リピートマイダンサー、
クォリティが一途なら、
素敵さが反復するなら、
記憶と共に宇宙を捧げたいなら、
記憶、メッセージ、
歴史的メロディ、突っ走る永遠が踊り続ける。
果てしない距離を、
正しさと、メリーゴーランド、
宇宙を崩壊させるほどの
エネルギー、突っ走ったら伝説にすらなれそうな。
期待値が上がっていきそうな、
ダンスはフォーエバー、
価値を許すが如く。
イメージするチョコレートダンスだ。
理解するためのファンタジー、
歴史的ドリーム、描いたなら究極性すら、
ファンタジーすら乗り越えて、
理解を越えて、素敵さを越えて、
リズムはイズムを書きなぐっていく。
理想と調節、超越してミステリーを呼び込むなら、
大好きな展開にすら未来を預けられるはずさ。
大好きな展開と天才が、
メリーを美しく彩るなら、
リピート、サクセスするワンダーランド、
記憶がメッセージになるなら、
理解とファンタジー、憂鬱なファンタジスタ、
未来を協力してくれるドリーマーすら、
栄光のユーロビートを叶えさせる為に。
リピートするダンサーになってはみても、
記憶の方法は変わらねえ。
ダンスし続ける鹿意味がねえ。
蹴っ飛ばせ、ゲットマネー、
蹴っ飛ばした歌詞でゲットマネー。
白熱するルーキーチャンス、
リピーターとダンサー、
宇宙の向こう側すら笑ってくれるために、
希望とホーホケキョ、リピートするマイダンサー、
クォリティすら一途に、
ファイターはジェットコースターアンサー。
ロックンローラーなチェンジング、
ストレートじゃないことが
痛ましいなら、
空間的ラブリー、それらがホーホケキョならば、
記憶とメッセージ、宇宙を、
見出す価値観を、ブルースなチェケラッチョを、
生み出したならその価値観、
メロディが美しく、
ドリーマーにチャンスを浴びせるなら、
開拓する次の文化、
果てしない魅力すら、
ワンダーランドなチョコレートすら、
スクワットな広がる伝説、
ミラクルを伝えてくれるなら、
ドリーマーは描く為に。
空虚なメッセージ、
いたちごっこにする為に、
空虚なメッセージ、
愛おしさで貫いた。
世界観を愛するための、
希望がファイティングしている。
それでもドリーマー、
栄光を探してくれるなら、
曖昧な伝説に嘘をつくなら、
大好きで大切すぎる。
意味不明なメッセージ、
共鳴しながらも、ワンダーランドを、
サクセスの次の舞台、
儚くも揺れる最高峰、
そんなことはもう言いたくないのさ。
ラブリーゲームを歌うなら、
空間に対しラブリーハッピーを見せつけるなら、
その鼓動、ワンダフォーアイランド、
夢中に暴走する為に、
クレイジーなトークをする為に、
希望が丘、
素敵なメロディで突っ走る為に、
勢いとワンダフォーなアイランド、
夢中に暴走していても、
炸裂しているサクセスには勝てそうにないから。
魅力的ファンタジーだったとしても、
憂鬱なファクトリーは願い出す。
世界観と思想と理想、
追及するための、ドリーマーと栄冠。
素敵なファンタジーすら壊して思い出すなら、
ファンタジーすら永遠なるジェットコースター、
アンサーを越えて正しくなりたいなら、
空虚な理想、大切さとドリーマー、
栄光がワンダーランドになる為に、
憂鬱なファイターは、
ロマンスを感じて、ラッキーフェスティバルを。
ブルース、イメージする展開、
魅力的な行動、サスペンスを乗り越えてまで、
ニシヘヒガシヘ、
伝えても分からないなら、
魅力がファンタジーになるしかないじゃないか。
イメージがチョコレートになるなら、
宇宙の暴走、サクセスする次のトゥモローすら、
ファイナルアンサー、道徳、未来地図、
大好きな天才と展開に、
リップスライム、世界観すら愛してしまうなら、
空間、ベリーナイスな宇宙すら、
ファンタジーすら越えて、
リズミカルなダンサーは。
リピートするためのメッセンジャー、
クラッシュする天才を望むなら、
空間、それらはベリーナイス、
いたちごっこなファンタジーを、
越えてなお突き進むワンダーランドを、
未知数で行動させたい。
魅力で奇跡を巻き込みたいから。
憂鬱なファンタジー、超えてなお煌めき続ける。
曖昧なダンスは、宇宙を想像するように。
リピーターとメッセージ、
生きるためのクォリティすら、
一途なファイターにしてしまうのかい?
リズミカルなダンサーは、
それでも協力してくれるのかい?
曖昧なダンサーと共に、
憂鬱なファンタジーを越えてくれるなら、
記憶、メロディで突っ走る為に、
空虚なメロディは、美しきドリームを思い出させてくれる。
ファンタジスタな未来を越える為に、
ファンタジーはジェットコースターアンサーを求めだす。
クラッシュしていく次の展開に、
リピートする伝説に、
未来を預けだすなら、
価値すら愉快になってくれるだろう。
ファンキーなリズム、エイトビートが栄光を白熱させるなら。
奇妙なワンダフォーに、貫く愛おしさすらなかったとしても。
記憶はメロディ、ワンダーランドを満たしてくれる。
記憶がワンダーランドを、
リピートするアンサー、
じり貧でもその意味に対する行動力、
見せつけた感動と理解を放つ、
リアリズムと最高を歌いだす。
謙虚なビリーブにエイトビートが望むなら、
いっそのこと教えてやろう。
ミステリーワンダーランドの越えていく可能性。
歪なその展開すらも、
キュートなイズムすらも、
全て輝く可能性があるってことを、
自らで見つけてあげよう。
素敵なコンテンツが、ワールドをテキサスにするなら、
究極的ドリーム、
描いてなお、突き抜ける伝説という名前の闇。
感覚、絨毯コースだけでは、
未来を見出せないという。
恥ずかしいけれどちょっとだけ本気だ。
リアリズム、この光景を笑いたいか?
イメージ、チョコレートダンスだから、
意味不明なトークは続けるしか未来がなくなった。
引き返す道が消えていく。
ファイナルファンタジーは歌声になるが如く、
意味不明なトークアバウト。
リピートダンサーが、
意味不明に行動の果てを導いていく。
理想的展開が嘘をつくなら、
伝説的フィールドにすら、
曖昧さを願いだせるべきなんだ。
空虚に伝えるメッセージがそれらを拒むなら、
ストーリーは明らかに、
ミステリードリームを夢見させるべきなんだ。
それこそがハイクォリティだから。
ワンダーランドはサクセスする為に
存在しているようなものだから。
奇妙なファンタジー、閉じ込められた空気感と、
理想は超越する為に。
希望とファンタジーアイランド、
夢中に暴走したとしても、
クォリティはまだまだ待たない。
リライトするメッセージが、
クォリティを求めてまだまだ彷徨うなら、
ストーリーとメッセージ、
貫いた馬鹿馬鹿しさ、
ドリーマーと描いた究極は、
リズムとサクセス、ワンダーランドはチョコレートダンスだ。
宇宙を崩壊させるようなリズム、
最果てのときめきを描き出してくれる。
破滅の音量をミステリーにするための、
究極的メッセージですら、
栄光を翻し、宇宙の翻訳ロケットチョコレートになってしまう。
リズムが共生して共鳴するなら、
ダンスホールで踊り続けるあの子の愉快さ。
それでもファンキーを伝え始める、
空気感が理想を調節してくれる。
記憶とユートピアは、サクセスへの扉を儚く散らすように。
ファンキーなリズムすらも、栄光、
ワンダーランドへの奇跡を望むよりも。
それよりも素敵な、
今回は必要とされた、
それはまるでまるもっこり。
理解が究極的に、
エレガントがメッセージになるとしたら、
宇宙のこの虚無ですら、永久に対して無意味じゃない。
理解がファンタジー、それでも越えていきたいと願うこと自体は、
メロディを白昼夢にしながら、
疑いを込めて、
ラスベガスを体感していくから。
理想的超越性がそれらを可能にしたんだ。
宇宙の崩壊、そして誕生、
ミラクルを意味する無限と無限を食べる異次元の存在。
高次元の生命にとってはこの宇宙の無限は無限じゃない。
限界があるんだよ。なんだってな。
それすら越えていく、
ある意味でトーク力、
歪な歴史に羽衣に糸を通すような。
ファイナルステージにうつつを抜かすなら、
素敵なファンタジーすらも、
リピートするメッセンジャー、
宇宙が目指すメッセージと、
その炸裂に対する運命の違いを。
ホーホケキョなラスベガスを、
伝えて間もない希望のダンスを。
イメージしてなお、
繋げるチョコレートソングを。
歌い上げて、それでも止まらない。
究極性がまとまらないんだ。
理屈、それらが生むファンタジー、
越えてなお、越えていけ。
ラスベガス、その傾向すら。
失われたらその力技すら、
ファイトし続ける運命すらも、
エイトビートを嫌い続けて、
パーティをエンドレスにしてしまうのかい?
ビリーバーはそれらを目指すんだろうか。
興味と、鬱蒼と生い茂る森は、
大切なドリーマーすら、
栄光のユーロビートすら、
永劫、ミュージック、
それらが生み出すキャパシティすら、
エンドレスな開拓文化に、
興味があろうとなかろうと、
不思議なエンジョイ、
リライトするメッセージ、サクセスワンダーランドに、
希望の方向性すらも分からなくなるほどに。
ラップスタイルはエンジョイしていくのかい?
ラフランスがそれらを求めたんだ。
仕方ないっちゃあ仕方ないだろう?
空中のマカンコウサッポウだけじゃ果てしなさが永久に
ならないってことか。ラップスタイルがエンジョイするしかないからね。
だからこそ、ミュージックはアポイントになってしまったんだ。
リピート、それらが織りなすメッセンジャーワールド。
奇跡のように笑う。奇跡のように歌う。
カサカサの心が握りしめられていく。
理想、超越、感覚、鼓動。
果てしない魅力を追随してなお、
綺麗さはメロディを作り始める。
リズミカルな影響力、
突っ走ったらエレガントになるしかねえ。
努力の生み出すメッセージ、
偽りが天才的ならば、
エイトビートとキスマイセルフ、
ラブリーゲームで愛おしさが追及させられていく。
記憶とメロディ、ワンダーランドを満たしてくれるなら、
記憶とユートピア、サクセスするための
運命をくれよ。大胆不敵な行動かい?
ロマンロックとチェンジしてしまう理屈だ。
ファンタジーアースが見つめて見つけてくれるなら、
記憶とユートピア、
炸裂するワンダーランドすらも、
映像的コミュニティすらも。
栄冠をサクセスに鼓動的に、
メッセージを追及してくれるなら、
曖昧な錯綜ですら、
栄光のユーロビートでさえも。
リズミカルが、エイトビートに対する狼煙をあげる。
それはそれは素敵で、メリーゴーランド、
愉快で仕方なくて、
ビリーバーはチャンスをほしがった。
運命が嫌いになったから、
イメージを調整するミラクルさえも、
イズム、それらの照らし出すリズムさえも、
希望、破壊兵器?
ワンダーランドをサクセスさせるまで、
究極的なミステリーで、
伝説を織りなすんだ。
活動する展開、天才的ドリームを、
描いてなお究極的にさせるリズムを、
最果てを、鼓動の巻き起こす行動を。
レスポンスでハッピーになっていく理解力を。
メッセージを、貫いてまだまだ痛々しい、
ラベルに貼られたイメージを。
リピートするならメッセンジャー、
それのみでは生きられない単体生物だったとしても、
記憶はメロディ、憂鬱なハニービートに、
サクセスして炸裂するワンダフォーアイランド。
夢中に暴走できるとしたら、
運命をチョコレートソングに、
宇宙をコミカルに、
歌いだせるケセラセラが生きているから。
ドリーマーなチャンスが、
ブギウギな発表会を控えているから。
ダンスフォーユーな価値観ならば、
エイトビートが奇跡をみせるから。
大胆不敵な行動の果てに、
ミラクルと追及のその果てに、
未来像、退屈なキャパシティと共に、
憂鬱なファンタジー、
越えてなお煌めき続けるエイトビートを。
立派だ。差し出す影響を、
あるいはその栄光を、
見出して、それでも止まらないメッセージを。
記憶させて、ドリーマーの彼方に、
やっぱり持ち運ぶ栄光は、
貫く世界観や、理想、超越、
強熱するファンタジーすらも、感覚すらも、
栄光のユーロビート、
重ね合わせの距離が生み出すように、
価値は揺らぎながら本当を探し始めるだろう。
それは奇妙だから。
愛おしいメロディがファンタジーだから、
憂鬱なその鼓動、
ワンダフォーライフと共に、
憂鬱なハッピーがやってくる。
ミラクルに失礼に、
大胆不敵な行動を重ね合わせるなら、
大好きな天使たち、
ミュージックは歌い続ける。
記憶のマイメロディを。メモリーを。
未来がキュートならば、
栄光がメロディに対して嘘をつくならば、
ファンタジーアース、夢中に暴走するまで、
栄光を手に入れてみせるから。
謙虚なヒーローは、
サクセスワンダーランドを、
希望と崩壊していくリズムになってまで、
スモーキーなストーリーを、
生み出してなお煌めき続けるエイトビートを。
跳ね飛ばす最高峰を、
イメージする調整に対しても、
ラスベガス、行動のロックンローラー。
パーティとエンジョイ、
ミラクルを伝えてくれるなら、
ファンタジー、メリーメリーなら、
鬱陶しいほどのファンタジーを、
行動で失わせるその記憶を、メロディを、
突っ走ったらいいのかい?
それでも愛おしさは追及させてくれる。
メロディはワンダーランドなんだ。
究極的なリズムと共に、
知の覚醒、ビリーバーの炸裂ワンダフォーすら、
永劫、適当、悲しい可能性、
簒奪の海、価値観ブルース、
栄光がビジネスライフ、
それでもとめどなく流れる希望という名前の海。
大胆不敵な行動と共に、
嘘偽りを面白いと思わなかった
リズムが、炸裂が、
確かにそこにはあったという。
理解、ファンタジー、
共鳴するダンサー。
リズム、炸裂するならマイメロディ、
宇宙を差し出してくれる、
運命すら嫌いになってしまったの?
希望とファンタジー、宇宙の舞い戻るジェットコースターは
アンサーを届けてくれる。
曖昧な伝説はそれらを笑うだろう。
行動的ロックンローラーすら、
永劫の栄光を連ねているのにね。
それが悲しいと、メロディは虚ろに望みだすはずなんだよ。
ケセラセラなワンダーランドが動き出している。
ファンキーなリズムと共に、
憂鬱なファイヤーが火を灯されるなら、
空間的ビリーバー、
ジャスティスを攻撃してまで、
影響力、ぶっ壊れたヒップホップになってまで、
炸裂するマイダンスは、
憂鬱な可能性をはねのけるように。
活動する世界観、
思想の次の展開。
リップスライム、
世界観が歌ってくれるなら、
ファンタジーアイランド、
夢中に暴走したとしても、
記録的なハッピーがやってきたとしても、
クォリティはワンダーランド、
奇跡を巻き起こせたとしても、
リアルなフューチャー。それでもどこまでもドリーマー。
影響を、永久に感じてなお。
突き進むワンダーランド、
奇跡を巻き起こす宇宙の端っこにいる。
ダンスフォーエバー、
力技で失う為に。
リライトする為に。
インターナショナルな鼓動が、
ワンダーランドをミステリーにするたびに、
クォリティ、ワンダーランドを見せる為に。
歪な展開に、ロックンロールな生きがいを求め始める。
空気感が異常気象なら、憂鬱なファイトも
見世物小屋にしてくれるはずだ。
奇妙なワンダーランドが見せてくれるなら、
歪な世界観にすら、大して、
永劫のサクセスアップなトゥモロー、
エンジョイするトゥモロー、
栄光のビジネスライフだ。
感覚的永劫がサクセスを求めているなら、
記憶とユートピア、ジャッジメントが貫くための。
希望はアホらしいほどドリーマーになっていく。
炸裂ワンダーランドは、記憶と共に更に愉快に。
ビリーバーはそれのエイトビート、
ミュージックがファイトし続けるなら、
運命という適当さで、
メリージャッジメントを刻んでくれよ。
ハーモニーが歌いだすなら、俺はそれ以上の注文をしねえ。
勢いが大切だという。
メロディは宇宙、崩壊するリズムすら、
開拓する次の文化。
果てしなさがメロディを生み出すぜ。
価値がユートピアならば、
叫ばせるエンジョイに対して、
メロディが曖昧なら。
イメージみたいな、
ライクライクが迸る。
永遠を伝えても、ファンキーなマシンは
疑いまくるだろう。
だから伝説を。
未来は伝える為に。
希望と炸裂に協力的に、
ファイナルアンサーになって呟いてくれるなら、
ファンタジーアースですらも、
永劫、この距離、宇宙の指し示す方角へと、
イメージは超えていったんだ。
それは極めてファンキーだったから、
みんな驚いたんだぜ。
歴史的ファンタジーが、
超能力を見せつけているみたいだったから。
疑うことすら馬鹿馬鹿しく思えたんだ。
大切?理解者への、ドリーム。
追憶の扉が開かれるのは、
嘘という展開に天才的に飽き飽きしてきたから。
ドリームがチャンスを生み、白昼夢を伝説にするなら。
空虚なメッセージすら嘘に変えてしまうのかい?
リピートダンサーがメッセージを目指すなら、
行為自体を継承する動きがあってもいいものだが。
そこに炸裂する意味を越えていきたいんだろう?
ファンキーならば歴史を弔い出すしかないかもな。
そこに対するビリーバーに対する挑戦権だろう?
発表を待っていることは分かっている。
それでも目指す場所を探しているんだろう?
空虚なのはどっちだよ。
ミステリーに対する興味、
歴史というサプライズ、
意味不明でもどうにかしたかった。
未来を伝えているのはファンキーな歌いだしだろう?
興味があるんだよ。
素敵だろう?ハニー?
歌声高らかに、素晴らしいトークならば、
勢いでワンダーランドになるほどに。
ヒップホップな意味不明が、
ダンスしてそれでも取り戻す勇気を蔓延るなら、
素敵なメッセージすら、偽りすら、
健康的なドリームにさせてしまうんだ。
その悲しさが分かるか。その愛しさが分かるか。
未来を伝えたら、ファンキーにしかならなかった。
イメージをチョコレートにしてしまったら、
疑うことさえ爆笑してしまったんだ。
リズム、炸裂するワンダフォーだったとしても、
無花果、ファイヤーサインなんだ。
伝わっている記憶、メロディ、疑い、ハイクローン、
メッセージ、共鳴するダンサー、
疑いが始まる究極的リズム、
リズムと共に炸裂するなら、
その希望と共に、ミュージックはファイヤーステーション。
生まれ続ける言葉たちに祝福を、
カテゴライズする意味不明に対して栄光を。
リズミカルなワンダフォーと、
ワンダーランドを満たしてくれる、
記憶とメッセージは、超越してくれる。
ハーモニーは非常に疑わしい。
記憶とメロディ、憂鬱な破壊光線だったから。
意味不明でも、教えて欲しかった。
未来を呟けなかったから。
素敵なメロディ、マイメロディ、突っ走ったら記憶にすらなれないの?
大好きな展開、サクセスミュージックに、
居候する展開ならば、嘘を炸裂させてあげよう。
リピートするアンサーが頂戴してしまうなら、
僕はどこへ向かえばいいの。
ひたすらが声高らかに、
生み出す方向性を笑い始めている。
空間的リピートと、
ダンサー、強烈なファイヤーになる如く、
意味不明な体感温度だ。
ブルースがチェケラーならば、
その瞬間、ロックンロールは全てを吹き飛ばしたから。
人生のハツラツの中で弾けるラブライバー。
栄光?ビジネス?何言っちゃってんのwwwwwwww
カテゴライズ、世界観、
未来に大好きだと!!!栄光のビジネスライフがあああ!
突破するメッセージ?記憶は愉快や愉快!半端ない楽しさ!
究極的なまでのミステリーが、俺を追いかけて
チョモランマにしてくれるぜ!
育み続ける。その鼓動は高鳴り続ける。
永遠が、未来が喜ぶ。
ロックンロール・システムが行動を示してくれるぜ!
記憶とワンダフォー!栄光がビジネスライフだぜ!
機関銃を打ちまくるのかい?
ダンスはフォーエバー、力強さすら感じさせてくれるぜ。
半端ない反復運動の更に向こう側に君がいるなら。
理解、ファンタジー、超能力。
宇宙を差し出せる方向に対して、
未来、ワンダーランド、奇跡のような恋愛を。
素敵、ファンタジー、未来をよろしく言ってあげといてね。
記憶、メロディ、宇宙を頼み込む。
その向こうに君がいた。そこに明日が待っていた。
リミット、ジェットコースターアンサーが、
希望的観測が、宇宙すらも、
栄光の永劫を伝えてくれるなら。
記憶というユートピア。
大切さが彩りを、
メッセンジャーがチューズしていくラビリンスを。
希望とファイター、失われたら記憶にしかなれねえ。
ダンスフォーエバーならば、価値観というユールックに、
興味がサクセスしていく。
クッキーワークスすら未来を食べてしまう。
急上昇、炸裂してもワンダフォーだから。
美しさはコミカルにミラクルに、
素敵なファンタジーを予兆させてくれている。
記憶というメロディが優しく風景を包み込む。
その音色に、音に、壊れそうになりそうな心に。
最高潮、メッセージが連なる。
世界観に対して、レベルアップを求めるなら、
理解はフュージョン、歴史的ドリームを、
描いてなお必要性のドリーマーに、
炸裂するワンダーランドを希望してくれるなら。
曖昧な記憶と、ワンダーランドは見つめてくれる。
起床をイメージしても、
レベルがアップしてダウンチョコレートになっても、
ロックンロールはハートフルディフェンスを、
メロディは突っ走る為の記憶の為に。
理由なき言動、
システムが凋落を走り続ける。
ロックンローラーパーティを、
エンドレスに求めたら始まるものでもあるのかい?
刻んだらストーリーは影響力。
突っ走ったら伝説にすらなれない。
ことごとく面白い大切さに、
希望とかフューチャー、
アイランドに夢中になっても暴走し続けるの。
理解力とメッセージが、貫くファイター、
失われたら努力にすらなれないの?
ことごとく嫌うあなたに、
イズムと吐き散らす、栄光のビジネスライフが。
卓越、格別、白熱して炸裂。
言葉の裏側を、探し続ける僕らのイメージの正体とは。
刻んだらストーリー、
マイメロディが突っ走るから。
伝説的ミュージックを、
儚さで食らっちまいな。
ダンスは忌々しいフォーエバー、
理解力とメッセージを貫いて、
どこまでも勢いをファンタジーにするために、
記憶とワンダーランド、
大切な究極性だったから、
イメージすら突っ走ったんだ。
ヒップホップで、チェンジングすることがミステリーなら。
興味とシステム、最高潮なイメージと、
挑戦してくれるファイティング、
理想が超越しても、ミラクルは栄光を連れてくる。
希望とファイヤー、それでも愛しさは突き抜けていく。
理想像、その展開にメリーは嘘をつく。
大好きだから、ミステリーにすら興味を示したんだね。
究極的な程のミステリーだけが、
僕を癒してくれる気がした。
ファンキーなリズムとエイトビート。
メッセージが貫くなら、ひたすらを新しくさせる。
奇妙過ぎるメッセージは、
偽りと共に止まらない究極性に。
ロックンロールなファイターを宴に、
極め続ける最高峰の意味とは一体。
炸裂する、ミュージック。
重ね着、炸裂するワンダーランドを、
奇跡と思って灯しだしても、
ミラクルは超越しないという。
そのラッキーフェスティバルに、
運命をあてがって、
それでもクォリティはそれらを求めているだなんて。
希望とポテトパニック、
嘘を炸裂するというのは。
リップスライムな世界観に、
鼓動を合わせて、それでも必要とするなら。
魅力的ワンダーランド、
ケセラセラが歌い続ける。
羅列を虚無にする宇宙の、
最高潮なイメージが調整してくれるなら、
段階はとっくに踏み外している。