ぶっちゃけ傷ついている。
ぶっちゃけ気づいている。
ぶっちゃけみんな黙っている。
押し黙っている。
通しで笑っている。
からかっている?
カマンベールチーズでも食べている?
掛け算みたいにかけている。
避けている。
切れてるチーズは切れてるままにしておく。
わざわざくっつけねえ。
普通じゃねえ。
記憶したいだけじゃねえ。
遅刻するのは仕方ねえ。
感覚、半角文字列、
まあどうでもいいのさ。
魅力はその向こう側には
なかったろう?
桃太郎、金太郎?
それとも何太郎?
なんだろう、この空虚な韻踏み、
品種に、困っているようでは。
こらこらとかフェアリーテイル探しているようでは。
ナイスなフィールドに置いてけぼりにされちゃうぜ?
マイナスイオンの癒しに負けちゃうぜ?
お前は俺のこと大切だと思ってないだろ?
解決ゾロリ、ゾロの山東流よりも
すげええええのは何か。
探してみろ自由とは何か。
始終考えた。ファンランダエタより考えた。
宇宙に夢中になって夢遊病、
ギリギリ病気の一歩手前、
だけど頭の中は夢いっぱい。
人の夢は終わらねえ、なあそうだろマーシャルDティーチ。
お前の時代が来たんだろ。
そう、終わることのないふざけたコントロール能力だ。
恍惚の表情で横たわるのはだーれだっ
踊れないのは誰だ?
彼は枯れ葉を集めて30年、集め終わったら火をつけて
壮大なキャンプファイヤー、
燃え盛る山のような枯れ葉を見て
その30年分のうっ憤を晴らすのさ。
なぜそんなことをするかって?
理由なんてない、あったら困る。
本能、いや、それ以上の何か。
カニかなにか?まあどうでもいいんだ。
堂々でもいいんだ。態度はね。
怪盗が解凍したそのzipファイルは
薄汚れていて消えねえなあ。
だから黙れないのさ。
だから混ざれないんだ。
まざまざと見せつけられても、
新しいマザー2だ。
黙ってられないんだ。
かざす、咲かす、探す為ににっちもさっちもいかねえ。
ブルースとトゥルースだけじゃ足元が
おぼつかねえ。むしろ溺れちまう。
金と権力と女とその他もろもろの欲望に溺れちまう。
このままじゃ寒くて凍えちまう。
とろけちまう。液体のように、
駅構内のように、エキサイティングなゲームのように。
セーブ中、呈する宙、
クォリティ凄いし、
くどいし、どこまでもどこまでもくだらないし、
裏がないし、ムラがないし、
もう最低なんだか最高なんだか分からないし、
何をやってもあんまり変わらないし、
ドストエフスキー、ロスト消す虫。
黙れないなら固まれない。
その液体のごとき、
気体に期待したって仕方がないし、
もうちょい面白い世界へとワープあるいは
タイムトリップしてえもんだ。
止まらないし怖がらないし、
止まらないなら、終わらないなら、
拘らないなら、木霊させたいなら、
宇宙に感じるミラクル、
馳せ参じるチラつく嘘、
いらつくんだよ。そういうそうだ。
「いるよねそういう奴~~。」
そう、そういう奴。
自分とは気づかずそう言う奴。
お前のことだよ。
狛江のことだよ。
止まれその小箱、
どたちんならば、子が金。
キンッキンに冷えた金属アイス冷やし中華は
いかがかな?いかが申されても
こうされても壊されても、
記憶がなくて遅刻しそうでも、
ゆったり揺れながら答えな。
揺蕩うだけじゃなくて笑いな。
からかいな。この素敵な文字のフィールド、
マイナス0度、壊れる前に究極性を読解。
北海道とかどっかいこうぜ。
もっかい言うぜ。9回裏に満塁本塁打打つからよ。
昏睡だ。損吸いだ。
やぐらにいねえいらねえ神楽だ。
戦乱カグラだ、バクだ。バグだ。
破裂する可決だ。
理想?思想とチェンジ、戦時中のように
乗っかっちゃったら終わりなのかい?
どっかいっちゃったら始まりなのかい?
まあなんでもいいさ。噛んでもいいさ。
かみかみでいいのさ。神はいるのかいないのか、
それより今夜の晩飯はなんなのか。
まさか神に身を委ねるのか、
それともAIに判断を委ねるのか。
自分自身って奴はどこにいるんだ?
知るんだ、そして見るんだ。
宇宙、夢中、君は注目の男にもう中毒。
集合しましょうぜ。
虚ろになってあげましょうぜ。
破天荒な奴らすら愛せてみせましょうぜ。
爆笑かい?確証でもあるのかい?
爆走かい?錯綜かい?
終わりなき定義、正義はどこにあるの。
分からないから今日も布団で眠るよ。
削るよ。めぐるよ。
巡り巡って削り削って
勢い、気負い、なくなった速くなった、
馬鹿らしくなったから、
天才的に天災的に、
歌いだすクラッシュフィールド、
アイランド、突破するメロディ、
恋愛なんかにゃ意味がねえ。
本当の愛じゃねえ。
俺はガキと遊びたいが
いつまでもガキな俺の心は変わらねえ。
違わねえ。必要だと執拗に言いな。
心の危機だ カギだ ずっとクソガキだ
爆笑かい?その笑いには確証がある。
楽勝さ。もうもんちっちさ。
どんちきさ。ドンパッチさ。
論より証拠、今後に交互。
相互夢見支援フォロー、
夢の旅人それがらいらい、
悶えだすのは誰?
戻りだすのは化けもの?
うなだれ者に近づく、鹿突くお奴様は誰?
眠るの語源は寝無るですか?
無るってなんかいいな。
俺もこれから一日3度はちゃんと無るぜ。
バイアグラ、泣きアグラ、
かいて背中も書いて日記も書いたし
もうかきまくり。心がかゆくて仕方ないから日記かいてんだ。
恥ずかしい、ラブリー、ダブリ見つけてダブルピース、
チーズとシーツをまさに彩り、
君にただいま 俺におかえり、
私に帰りなさいって綾波レイに言われたい派です。
文字の世界へようこそ、いえ、言葉の世界にようこそ、
このまま夜を越そう、
果てしない、当てのない旅。
さあ、続けよう。つつけよ、
その世界の核心、迫真の演技で
戦時中を再現、現実を体験。
韻の世界は深く広い、
宇宙の謎にすら迫る。
えがく未来はもっと豊かで複雑で、
奇妙で自暴自棄で死亡時期で
希望にあふれていて、隠れていて、
何かを見つけた途端そこは
すでにふもと?ふっと思ったことなんだ。
別に大した理由はねえ。
リズム、沈む、自由もねえ。
奇襲はあるかもね。
始終空論で空想科学読本だぜ。
マイナスイオンでリチウム電池を作ったら、
プラスマイナスが両方マイナスになりそうだぜ。
ライナス、気温を教えてくれ。
スヌーピー、もう一度ダンボみたいに耳で空を飛んでくれ。
なあスヌーピー、君はいまでも生きてるの?
知りたい、見知りたい、
行動、堂々、習慣になっちまった空欄だ。
痛感している。
情がないことはしょうがない。
ラブリーで数に負けそうなら、
欠けそうなら、化けそうなら、
歌いだそう。食らいだそう。
笑い出そう。かなぐり捨てておこう。
ここに置いておこう。
そっとしておこう。
確実、さくじつの栄光すら、成功すら、
ファンタジスタ、越えていけメロディ、
セレモニーを越えて、何度も飛び立って、
宇宙の裏側を見せてくれ。
そもそも宇宙に表裏があるのか
体中が漲る。未来が嫌いになる。
しらじらしい、それでも愛おしいままでいてほしい。
止まらない、終わらない、染まらないなら勢いだ。
気合いだライクアニマル浜口だ。
爆笑だろう?アクション仮面だろ?
爆裂爆発バックオーライだろう?
バクに夢を食べられそうで心臓バックバクだろう?
バク中して、ばっくれて、ばっくんと食べられちまう。
儚さ、悲しさ、どうでもいい、
どうでもいい好き嫌いがある。
だけど感情に嘘はつけない。
その中間、
空間にいるみたいだ。
ブルースですね。
スムーズですね。
グルーヴですね。
そんなグループを巻き込んで、
巻き込まれて、ミンチ状態、
僕は台風の目を第三の目にしているんだ、
猛吹雪のなか歩くぜ。
さあ、凍えそうな殺されそうな、
おろされそうな、濁点をかくぜ。隠せん痛みは
白線を越えないでください。落選しても落ち込まないでください?
ファンキーでファンシーなファンタジーをあんたに、
心細めて、ところで俺は大好き?
大好き過ぎて頭がおかしくなりそうさ。
すでに頭はおかしいけれど、
止まらない情熱と高熱は39度を越えています。
これは風邪?インフルエンザ?
間違いないことは彼はインフルエンサー。
止まらない終わらない、
シジミ食べてもしみじみ感じてしまうことがあるという。
俺は韻の世界で見出す真理があるいという。
真理?そいつは面白いのか。
真理じゃなくてうそだらけの世界でも、
別に苦しいことはねえ。
俺に新たな意味が宿る。
仮想現実の創造主になってやるよ。
白線の内側までお下がりください。
あなたに関しては大陸の端っこまでお下がりください。
言っとくぜ。このそばのお代わりください。
おかわりできるなんて偉い子ね。
家来とね。遊んでいると楽しいね。
おかわりできる僕の礼儀をお分かり?
恐がりな君をお化け屋敷に閉じ込めたら、
むしろ怖がりが治ったりするのかい?
でもそれはそれで可哀想だし、
人工じゃなくて天然のお化け屋敷って奴、
まああんまり興味はないけど、
座敷童がいようがいまいが、
素敵だろうが呪われようが素敵に祝福されようが、
未来が嫌いになろうが、ハロウだ。
蛇行運転、この国もうすぐ鎖国寸前。
新しい車を買ったのよ。
人力車だけどね。
なにぃじゃあ引っ張るのは誰って話ですが、
誰もいないなら自分が引っ張るしかない。
じゃあその人力車に乗るのは誰って
ぬいぐるみちゃん?
それってなんかの法律に違反してそう。
止まらない、終わらない、
染まらない、困らない。
常套句、挨拶のような当たり前のライムに対して、
堂々として、騒動に対して総動員、
そう、ソースが足りないのだ。ボディソープももうすぐ切れそう。
創世記、総勢何名?
ソーセージも食べようよ、そう、君と一緒に。
騎士とヒットに、
嫉妬に怒り狂って
悲しみ怖がらないで、
歌いだす食らい出すファンキーは、
オコリザルの進化前のマンキーにさえ苦戦しそうなのに。
それで、これで終わりと申されるか?
交差していく動作、
コーザ、雨を奪ったのはワニ野郎だ。
そして未来、嫌いにさせない、
ジラーチにすら見捨てられない、
そんな世界を目指して何年?何十年?
ああ、いつまでもいつまでも何億年後も
ずっと幸せに生きていたいなんて
僕の気持ちはすぐに裏切られるんだろうな。
なんと因果な渡世でやんす。
ガンツ読んでもよくわからんでやんす。
そうだろうタエちゃん。
あらゆる不安に君は耐えた。
変えたいものはあった。
ブルース、チョコレートを手に入れてくれよ。
そこ毛糸が必要なの。
執拗なくらいに必要なの。
そう、ラップしたきゃ般若からいらい?
俺はまだラップはしてねーよ。
伝えるべきミステリー、キス、テリーのワンダーランドだ。
なららいらいのワンダーランドもあっていいだろう?
そうだろう、イルルカ、イルカはいるか?
馬鹿馬鹿しいから儚いんだ。
ブルース、
間違いねえな。
嫌いなことは変わらねえな。
うっせえな。
崩せるな?
不埒なブラチラすら、
俺はそういった下ネタはあんまり好きじゃないのだが。
まあこの程度ならおkだろう?
ハロウ、ヘロウ、変わらない黙らない
スタイルとストーリーが天才的に、
健在的に、ブルース、
スムーズに生きてなお、
嫌いになりそうでならない。
埋め合わせできるとも考えてない。
さあ、嫌ってくれ。極上なお肉をくれ。
今日は晴れですね。晴れと言えば
僕は君が好きだけど、君は僕が好き?
未来、君たちに道箸に、
孤独を作り出す綴られ出す、
反応気になって焦りだす、
汗がしたたり落ちる。
この危険度挑戦的、
公然と強制、ロムりすぎぃ!
どもりすぎですかそうですか、
さげすみ方次第では、
許さんぞ!降る肝臓、
酸素、足りないならば乾燥、
感傷に浸っている場合じゃないと、
黙りがいがないと、分かってはいるけれど。
止まらないゲッチューハートにブリザード。
降りかかる試練に対しては
傘をさせばいいじゃない的
論理を展開切なさやばいくらい、
サバイバル、満たしたい限りです。
宇宙にメロメロに、
されてしまう前に生きてみないと、
黙らなさい。
それでも声高らかに、
草原の向こうにある桃源郷は、
猛然そう、妄想、逃走、
掃除機を、装備を、整えて総意で
相思相愛になれたなら。
侮辱、総理も枕草子も、
草原を、早々にそうしたいだけ。
痛いだけ。見たいだけ。
期待だけでは誰にも負けない。
you can do that
つーか習慣にしちゃいなさい
この韻踏みゲーム。
痛々しいなら来た来た贔屓のラスボスだ。
意地でもにっちもさっちもいかないくらい
あっちもこっちもいけないくらい
聴こうとしねえ。希望が見つけられねえ。
ひざまづく黒服になんて声をかければ。
ダークサイド ハンバーグサイト、
ハンバーグバイト、
ライトアップ、サイトラップ。
再度ガッツ、見せてくれ、
だけどその食事は店で食え。
ルールブックが止まらなくても、
ツールズックが漏れ出そうでも、
これでこうでしょ、
分かったから黙ってな。
変わったから分かってな。
ダラーズ晒して
変な夢見てそれも忘れれば、
声すらもかすれれば、
俺の言いたいことは分かるなハニー?
バニー、ダーリンダーリンだ。
ビルも道路も世界も無くなってしまってもいいのさ。
だってその方があなたを見つけやすいのさ。
反発が気になるかい?その気になるかい?
君がその気なら、この木なら、
驚きモモノキ山椒の木なら、
もっちもち肌に生まれ変わりたいなら、
むしろ、後ろを見てあげてほしいもんだ。
生き方と聞き方と敷き方と意味なさ、
でもカテゴライズしちゃう化けのライス。
果てしねえなら風見ねえ。
だから体からだらだらこぼれる汗を、
さーせんと言いながら罵声を吐く雨を、
風を、越えて化けて出ただけだ。
レター受け取ってくれただけだ。
それが素晴らしいから、
運命共同体だから、
寸前投稿増し、
マシマシトゥデイになったっちゃったんだろう?
いいさ。それらがマイナスイオンを育むのさ。
かすむんだ。カスミ、デートしてる場合じゃねーぞ。
そればかりじゃねーんだ。
念だ。宣戦布告だ。
全然凄くない。
有象無象に崇高に空港に迎えにいくよ。
それで聴くよ。その最果て、買いたての
洗いたての、
魅力がなんなのか。
実力がアンタッチャブルなのか。
感あったクズなのか。
さあ、勢いを込めて、
閉じ込めて、脳に込めて、
理想と思想を調節したら、
狂熱の渦に巻き込まれたら、
あるいは鬱にでもなったら、
宇宙のことを考えたなら、
散々変えたなら、
万博のように、わんぱくな少年を目指してみるのも悪くない。
軽くない?さすブライ。
プライドの桁が違うでやんす。
スライドの下手が見舞うぜガンツ。
で、突破した、どっかいった、
その究極に対して、注目の的に対して、
大して面白くもねえ話だ。
覆りそうになるよ「なんで?」
勢いと気合いが勝るなら、
良いさ僕は何にだってなってやる。
確実なことは彩れるなら、
生き残れるなら、素敵な無敵なことね。
だから俺今ここでライム書いてんだ。
少し流暢な意味に酔っていても、
似通っていても、
知らそうとしても、
示そうとしても、
分からないわだかまりが、
確かに足カニ マジかい
教えて 腰蹴れ
サバイバル、ダサい奴が盛り上がっていくぜ。
コリア勝ってみるぜ。
だってだってだってなんだもん。
張って去って舞ってナンパもん。
見事に生きがい、こいつは実にイキがいい。
こういうのを手に入れるのが俺の生きがい?
死にがいがあるってなもんだ、
猿ってな本だ。
バズワードってなバスガードマン。
だって破天荒じゃないとアテンションプリーズできないでしょう?
果てしないどっちつかずの暗がりも、
風いないそっち暮らすの塞がりを、
意味のない行程、同棲、
厚生年金だ。
総勢仙人だ。
だから意味などはないのさ。
まさか意地過疎だ味もさ。
その究極性に、
あるいはその製品中国製につき、
歌いだす、食らい出す、
ファンキーなメロディはあなたと共に。
パンピーなテロには彼方をそこに。
まー参っちまってる訳ですよ。
あちっち構ってるだけベスト。
だから体からだらだらなんです。
ばらばら反ゲス。
止まらない、まとまらない記憶と記録と
遅刻と至極と地獄と帰国と思考と移送と地層で、
参っちまってるわけですよ。
でもネバーギブアップ。止まらないことわりが
あるならば、
究極的ロマンスにすら、
いたちごっこを差し出してしまうなら、
急速に動き出す運命の歯車、
勢いも含めて愛してみせましょうか。
消えましょうか。
入れ歯交換。
関係ねえ。半径照れ。
マー変わらなくてもかさばらなくても、
どうでもヨッシーアイランドならば、
ネッシー再販を。だから
体からだらだらなのですよ。
そのフレーズ大好きね。
言葉の奥底、
外はとろくほぼ。
分からないだろうなあ。
変わらないだろうなあ。
それでも愛おしい君でいてほしいのさ。
ミュージックは止まらねえ。
充実的展開は終わらねえ。
しみついてるワンダーランド、
息づいてるサンダー感度。
だから体がムズムズするのは
すぐすぐやろうとしているからに他ならない。
永久に動かない、ロバに口説かない、
意味不明でも、君不正でも、
構わない。変わらない、
違わない、ただならない、
夢中にブースト。ブースを盛り上げる展示会。
点字を読み、空気を読み、
蘇った黄泉の世界で、
ルキンフォーしてきた
赤ずきんコール。
スマッシュ打ちたがる、
ひたすら韻の世界にこだわりたがる、
見ますか真の外科医におかわり下がる。
たまらない、温まらない、
記憶と記録のその範疇、
半熟の玉子食べながら、
カラカラっ子、ださださっこ、
止まらない終わらない困らない染まらない
ストーリーが動き出す。
フロウ磁気が口説き春。
まーなんでもいいのさ。
勘でもいいのさ。
分かんなくてもいいんだ。
その全てが今僕の歌になる。
豚になる。じゃなきゃ不快になる。
ずる賢い犬になる。
それよりもトムとジェリー、
運命と記憶に負けてもかまけても、
歌いだすフューチャーには勝てないって話さ。
祭囃子さ。話が速い。
ラララ歌ってみれば、占ってみれば、
新たな汗がだらだらだ。
まざまざと見せつけられたか?
新しいものを発見したんだ。
抗うことも意味がないのさ。
馬鹿にするなよ。
体が本当を騒いでいるんだ。
赤に染まる、馬鹿に面白い。
この白い雪、
とろけそうなもろくも孤独になりそうな。
音を壊しそうな、外から出てきそうな。
もっともっとを求めていきそうな。
音を飛ばしてゴトゴト言えちゃいそうな。
路頭に迷いそうな。
外にでると、もっともっと。
ほっともっと ロトの剣、
怒涛の実力、それはごそごそ。
どこどこどんどんどんだ。
白熱するパラダイスだ。
絡まりすぐだ。
飛び出す、動きだす、
凄い奴だ。
動き出すんだ。
くどいほど口説きまくる。
でも俺が好きな物は他にあるから。
そばにいるから。
意味が変わらなくても
君がいなくなっても、
地味じゃなくなっても、
シミがつかなくなっても、
意味深な意思を持とう。
意地でもそれを守っていこう。
君でもそう思うでしょ?
入り乱れる四季に、
石のように固い意志と、
惨めで哀れな生き物を、
見てきて、何を意味したんだ。
意地でも分からないつもりか
君でも変わらないつもりか。
しみったれてる意地でも、
ちぢれていても、本懐は遂げたんだ。
君はそこにいたんだ。
地味でもいいんだ。しじみでも食べちゃうんだ。
記事にもなっちゃうんだ。
いじけて壊れたがるんだ。
詩人のようにキザなハートが、
踊り歌うんだ。意志を持っているからね。
受け継がれる意志、獅子奮迅の立ち回りだ。
騎士のようにのびやかに、おおらかに、
意味を越えたい。道を教えてあげたい。
未知に対する好奇心、
それはきっと君をジジイに
詩人になってしまうまで、
勢いで意気揚々と生きようよ。
それが新聞記事になるほどに、
入り乱れる戦場は、献上して、
連想して、閃光のように。
転送してしまったら、
健康にすらなってしまうだろう。
メンソーレ、メンソーレ、
戦争です。
健康です。
天候です。
だからなんだ。あんた段々
面白くなってきているね。
複雑で、蒸す数で、
歌いだす食らい出す、
占い出す、
食らい出す、
うがいして迂回しだす、
嘘は牛になって、生み出した
売り出した、うじが湧いた?
売り出したからうりうりと、
雨季にはちょうどいい。
受けるんだよ。嘘が退屈なんだよ。
うっ憤を晴らしやがって。
嘘みたいでしょ。
鬱陶しいくらいでしょ。
うるるん滞在記さ。
それこそが嘘の始まりなのさ。
鬱陶しいくらいのラブリー、それを被る。
統計的には、光景を馬鹿にしてはいけないと。
うっせー。埋め合わせでなんとかやってんだ。
売り飛ばすぞ。浮き輪掴んで逃げ出しな。
投げ出しな。あせりだしな。
舵を取りな。
さじを投げな。
バスでぶっ飛ばすぜ。
活動錯綜アクション、
その意味君は分からない意味みたい。
君みたい。
だから体からだらだらなんだよ。
あせんなって言ってんだぜ?
俺はお前に助言してあげているんだぜ?
祖先を守る為、運ぶ誰?
それを見たことないスキルで、面白すぎる。
ファンタジーアイランド、
あんたに祭壇を。
快感を、
でもロマンチックなのね。
五感キックなのね。
その意味を肯定したいんだね。
想定してなかったんだね。
分かったよ。黙ったよ。
ラララだよ。
歌いだすのさ、
そう、意味不明、君も父兄。
だから素晴らしいのさ。
走りの輪。
さあ、生み出そう。
さあ、売り出そう。
組みましょう。
動き続ける、疼き続けるファイトスタイル。
ライトスマイル。
練習研修、
先週のことも忘れない。
大胆不敵な行動、
祭壇無敵な騒動、
正しいかどうかはこの際どうでもいい。
新しいか効果はこの回毒ヘソ機器。
で、言う時や。
この時だ。
動かざる者に対する、愛する、
ワンダーランド、サンダーハンド。
これが映し出す、
崩しだすメロディ、
セレモニー続けていく、
言葉とミュージックにかまえて、
負けだしな。諦めだしな。
だから体から、
まさに探してる、
あら捜しだ、空騒ぎだ。
だって筋トレしすぎて筋肉痛。
勝って韻と笑み好きで近日中。
分からない?黙らない?
目標定まらないぜ。
歌詞なんかぶっ飛ばせ。吹っ飛ばせ。
かっとばせジャイアンツ。
ホークス若鷹軍団、
あるいはセレッソ女子、
史上最攻掲げる君こそが。
君たちこそが、
コソ泥が。
まあ真面目に考えた。
編み目に山河得た。
止まらないなら終わらないのさ。
困らないなら染まらないのさ。
宇宙にもう夢中。
嘘を言いたいかい?
無双したいかい?
ルソーの言葉を知りたいかい?
黒い炎を見たかい?
動き溢れる、嘘で紛れる、
ずっと教えたがっていた。
胸がすっとするような、
黒々とした何か。
無双してしまったのさ。
すごいやつだ。俺は怯えたね。
レターを書いた、それはラブレター?
破れたラブレター、そしてラブソングと寒そうっす。
止まらない終わらない勢いが、
メッセージが、超絶フレッシュな
頂きが、頂きますって
言ってなお、切手貼ろ。
俺は終わらない物語に興味がある。
これは染まらない斧ばかりに掃除変わる?
どうでもいいのさ。
混ざり溢れていくのさ。
さっきから止まらない、染まらない、
終わらない、困らないのはなぜか。
風か、風がささやくのか?
ビリーバーはジャッジメント、
行動、堂々、騒動すらも浮き沈み、
果てしない未来をあざ笑うように、
だから混ざるように、
今日に、賞味期限を問いかけるの。
時に賭けるの。
俺は少女じゃないけど時をかけるの。
どうでもいいけどメロディなの。
堂々でもいいけど次のライムは。
大仏は、債務は、
皆無だ。ライムだ。
掛け替えがねえ。
焦ったっけ?分からねえ。
そこに道がある限り、
未知という世界が広がっている限り、
マイナスイオンに巻き込まれている限り、
暴走と想像を越えた超宇宙、
ライフスタイルは確実性を
止まらなくさせてしまうから、
終わらなくさせてしまうから、
居候、気候法、
ずっとすっとする何かを求め、
音で、込めた願いは折れた得たし、
止まらない終わらない
ストーリーに混ざる素敵さか。
その究極に巻き込まれたら、
足を焦がせたら、
この距離。愛おしい。
色惜しい。
大胆不敵でも構わない。
変わらない宇宙があっても構わない。
嘘と炸裂する、格別から
来る闇に対して、続くハニーに大して
感じてねえloveはたまらねえ。
愛がはさまる、かさばる、
飽きて壊れる、もがける、
素敵、無敵、不敵の笑みで575だ。
素敵なメロディ、ぐう適当な
サバイバル、ダサい奴がいるらしい。
動き出す、凄いやつ。
僕は言いたいことがあるのです。
聴きたいことがあるのです。
さあ、全てを教えてあげよう。
未来を加えてみせよう。
食らえって言って見せよう。
癒えてる傷はキスを静かに、
出雲大社にも永遠をもたらすように、
鼻汁たらすように、
で、関係ねえラブリー、
ハブに消えていく、チケット時化ていく。
聴けっていっていく。
散っていく、知っている、
分かっている、それでも空間はメッセージを。
劣勢時のことすら、危険な試験管にすら、
ドリーマー、ジャッジメント、
ガッチしない連動、
千と千尋、
意外と好きなバンドはアジカン。
止まらねえ、聴こえねえ。
二人はプリキュアだろうが、プリクラだろうが、
人工知能がどうだとか
貧相競うのが運命だとか、
行動、堂々、分からないわだかまり。
声高らかに、遂げたカラカラニに、
見事に動かした。
黒がいた。
だから止まらない、
止まらぬ自暴自棄的希望、
全てが溶けて、消えていくのを感じながら。
その意味を肯定。想定できたはずの、
未来は挑戦状、
少年よ、意味を肯定しなさい。
全てを想定しなさい。
あらゆるものを、言葉を
味方につけながら。
歌いだしなさい。
さあ、素敵に、ハーモニーは嘘をつかない。
辛くない?分からない。
ナインティナインなのです。
嘘が卓越、格別、炸裂、
飽きたら次の韻へ。
次なる行動、堂々、未来に対する魅力。
偽りがきついわりに重労働な
集合どうだ。
妄想だ、素敵だ、無敵だ。
それらを全て、滑って、
鬱陶しいほどにぐっとくるらしい。
それで漏れて、寂しいだとか。
足に神神だとか、
ラッキーだとかハッピーだとか、
マシに生きる為に、空間、
痛感する為に。
動きを捕まえた。
耐えた。だから歌えた。
やったねたえちゃん
その行動、盲導犬のように。
傷が深まれば深まるほどに、
大好きな健康状態は、
未来と共に忘れられていくとしても、
クラッシュされるのかい?
見まごうことなき光の粒よ。
最果てにて君を待つ。
素敵なメロディじゃないか。
アロマセラピーじゃないか。
大好き、書きすぎ、
秋が過ぎ、増しになり、
抱きすぎになり、足湯で温まれば、
ばしっと言っとく。
知っとく?ちっとく?
ナイスなライス、
止まらない、まとまらない記憶でも、
遅刻しそうでも、居候になりそうでも、
思考法変わりそうでも、理想像の為に売り出しそうでも、
空間、痛感、寸断されて、
それでも止まらない、まとまらない
記憶は、遅刻して、
マイナス、大胆不敵に
動きまくる、
疼きまくる君に大して、
僕は尊敬の念すら抱いていたのだよ?
今更悲しいことを言ってほしくない。
ブルース、直接調節する、
物凄い、この凄い展開、旋回していくようだ。
全体的に船体を蝕むように、
売り出すように、
あらゆるぶつかり合い、
渦をまく。崩れ落ちて、
すすけて降りて、
鈴を鳴らせ。声をからせ。
うっ憤を晴らせる為に夢よ叶え。
トップをねらえ僕のボキャブラリーに対する、
トッポを食べたまえ俺俺
なんだっけ。勘だっけ。
1+1=3だっけ。
ハンター、サンダー、
この晩だ。
ハンカチ用意したかい?
感化されてびっくりしたかい?
眼中にねえ話題なのさ。
過大なのさ。
だから歌いだすのさ。
食らい出すんだ。
それらがファンキーだから、
自分を選んでくれたことがひたすら
嬉しくて。寂しくて、どこか悲しくて。
だってだって、未来、強烈。
焦熱、狂熱に負けそうになっても、
意地悪なナオミちゃんにも、
なお、頼みになりそうなのは、
カニになりそうなのは、
宇宙に夢中になりそうなのは、
俺の頭に、記憶にこびりついた
韻と韻がおりなすハーモニー、
頼みたい。あの日々を、
きびだんごを食べて鬼退治をした思い出を、
奇天烈、時化てる、
でも止まらない終わらない
ストーリーは、
描く為に。せがむために。
汚す為に、
ふっと思い出したことなんだ。
なんてことない、ミュージックを
破裂させない、
大胆不敵なメロディにすら、
栄光、成功、伝えたい明道にすら、
生還できるかどうか怪しい。
景観を大切にする、解説者だ。
それに伴い語感を越えていけ。
それでも意味がなくなっているように感じたら、
誤解をとけ。5回くらいどけ。
オッケー。想定内。そうですねい。
半径5メートルに近づくな。
水さえ飲むな。息をするな。
堂々としていいって
分かってるメロディ、
悲しくも儚いセレモニー、
何がセットだって?
俺はゼットマン、
宇宙に夢中なクレイジーらいらいだ。
奴の再来だ、もちろん好きな色は橙だ。
大体さあ、分かってないでしょ。
変わってないのさ。
わだかまり、さかさまに、
なっても分からず屋、
変わらずやっていることも、
教えてこしらえて、
メッセージに対するマッサージ、
叫ぶ抵抗、成功すら分からない。
だから黙らない。そう言ったことなのさ。
侮辱されてる?
屈辱的になっている?
リズムが合っている?
だってさ、だってさ、
明後日の方向、ガッテンさ。
試してガッテン示して濁点
隠して作戦 ハグして漠然
どうでもいいのさ。
堂々でもいいのさ。
白昼夢、隔週の、
記憶、遅刻、至極当然。
何度も繰り返すのは覚えるためだ。
とぼける為じゃない。
襲来の意味すら越えて、
忌々しいこの声に高らかな
歌声、儚さ、新しさ、
正常な思考と判断ができねえ。
軽装だ気候と参観が駅ね。
止まらない、まとまらない記憶。
遅刻しそうでも至極当然、
地獄に行っても光線放つぜ。
光を灯すぜ。
最高にハッピーになる為に、
最高にラッキーになる為に、
トップギア預け合う、
リピートモンスター、
路頭に迷うスタイル。
ナイスなスマイルで生きていくしかねえ。
ロックしてくれるドックンドックンは、
マイナスイヤーナイスフィーバーで、
理解を越えていきなさい。
捨てきれぬ闇を、持っていきなさい。
炸裂するランデブー?
重ねる間接。
でも染まらない、
なまむみなまもめなまままもだ。
ヒップホップアーティストだ、
切符ドッグパーティすこだ・・w
まあ構わねえのさ。
ビリーブ、そんなシリーズ、
体感したいかこの快感。
目指すストロベリー、
宇宙に夢中なら、
素敵な無敵、
ファイヤーソングと痛みの塔だ。
素敵かい?無敵かい?
驚いちゃったかい?
おののきよつぎかい?
たまらないねえ、黙らないねえ。
諦めない、飽きが来たって
愛して洗って、愛くるしい
浅ましい、足を編み出す、
ありだな。いや味がないな。
網にかかる訳にはいかねえ。
ありんこに負けるわけにゃいかねえ。
だからマイラブ、
そこに蛍光灯、
正攻法でいかない成功法。
リズム?究極的ロマンチックに
負けそうになりそうなのさ。
それは金では買えない価値、
文才という訓戒。
引っ張り込んで引きずり込んでやるぜ。