騒ごうぜ!
未知なるファンタジーを、
構うことはねえ。
騒ごうぜ!!
歌い出すだろう。
究極的ディフェンスが踊りだしているんだろう?
世界観を魅力的にすら思っているんだよ。
そこに希望はあるのかい?
ロッケンローに歌い出すなら、
アクションしていきたいね。
理想像と展開するミステリーに、
結果的に、カメラが
どうであろうが、構わないんだ。
オーナイロング。
大切な言葉と、ミュージックにしたなら。
ハッピーなのか?
我らが雄だ。
残らずすっぱぬく。
ハーモニー、天才的に、
誰が誰?我は我。
赤いじゅうたんを、
正しい一蓮托生していくぜ!!
アクションしていくんだぜ!!
ハーモニーで追及していくミステリーが
呼び込む現実を新しくさせたい。
こんなご時世だな、
時は俺?おかしな話だなあ。
究極的ミステリーに、
追随するプロダクションすら、
もうばらまくしかないのか。
間違いなさすぎる。
そんな俺がマイクロフォンを握る。
ステージ沸かす芸人名人、
スイッチを訪れさせるほどに、
まったりしていくんだ。
まったりしているが待ったなしだ。
ビジネス任されてる。
流しの快調、横綱なんです。
ビッグマン金にはうるさい、
うそがないだけで、
ロッケンロー、
年下だからってため口きいてんじゃねーぞ。
及ばんなのさ。お前らの力などな。
何を今さら言っとるかわからん。
のらすだけ、わかりゃよし。わからにゃ死んでよし。
果てしなさが追随する未来に歩いて行けるなら、
孤独とワンダフォーで月始める嘘が、
七番目のアトラクションを、
立証していく七人目の動き方だ。
ミッションを追従させていく。
100小節でも足りねーや。
ホーリー嫉妬だ。
トリプルエックスを、くじとうじに筋を通す。
すきっ腹のアリだね。ゲーターだね。
ボートで大宇宙を年中夢中にしていくのさ。
理解していく興味に、炸裂するマイダンスがあるという。
その方向性にラブリーが頂戴されていくなら、
その理想すら追随させる意味不明に、
笑い出すのかい?
展開的には窮屈に、それでも何かを求めるように、
言いたいことは一つだけだアクションしろ。
それがハクションをしたんだ。
栄華を見た。悪意の中、
その映画の主人公の強さは。
どう見ても希望の光がさす。
結末に栄光が見える。
沢山の人が死んだけど、それは映画だからどうでもいいんだ。
僕はただをそれを眺めているだけだ。
押しつぶされそうになっても健康だよ。
間違ってないとしても何を求めるかだよ。
ただ傷つくのが怖いだけなんだろうか。
それでも、
抱き合って眠るしかないのね。
大好きなチェケラッチョは、
最高を愛おしく思うように。
抱き合って二人で眠るしかできない。
共鳴しているファンタジスタ、
栄光を、映画を。
あなたの腕の中で。
素直になれた。全てに、見つめなおす勢い、
心に血が通ってくれたんだ。
もう恐れも迷いもない。
穏やかな気持ちなんだね。
リズミカル、ロックンロールが、
満たされる。悲しい涙すらも、
栄光すらも。
その始まりが、
栄光を、見つめてくれるんだ。
ねえ、そんなことを思って何をするのさ。
明日も今日と大してかわりゃしないのだろうか。
正しさとミュージックは、焦りだすんだ。
空間とサプライズ、意味不明に、メッセージ。
足ることを知らないんだ。
リズムが、野山が、ファンタジーが、
虫の音も聞こえず。
果てしなく荒んでいく形を。
月の裏側まで、
素晴らしい世界を、
はしゃぎ続けるのさ。
めっきをもって希望にするんだ。
増え続ける何かを求めていくんだ。
命に値段がつけられるとしたら。
満たしたいから、
魅力的ファンタジスタを、
永劫の時で泳ぐように。
牙を研ぎ澄ませるように。
活動的抵抗、
サクセスの為の必要性ならば、
希望的なミュージックに、裏側すら
満たせてしまえそうだよ。
ラブリーなチェンジが、ミステリーを呼び寄せている。
ファンタスティックなアイラブユーだ。
いつでも僕たちを悩ませる。
理解しているドリーマーが、
栄光を連れてくる。
サバイブする価値観、
ただハイセンスな技を繰り広げる。
ファンキーなマシンで、栄光を見つめる。
ワンツースリーでブレイクダウンするのさ。
大好きだから止まらないんだ。
ミニブレンドしていくんだ。
オープンしていかないと。
リズムがケセラセラにならないだろう?
おーぷんしていきたいんだ、
フリーに生きないと意味がないんだ。
俺が愉快な痛快な、
ラブリーコールを埋め合わせするように、
ダンスでもするように。
空間的ワンダーランドが見せつけてくれている。
味噌っかすのラブリーファイト。
エスコートしてあげよう。
君のフランと不満を。
ぐちぐちいいたいならば、
九十九里浜、
素敵なジェットコースター。
じんわりと感じる、
宇宙の向こう側が天才的に表現される。
理解できるドリームだから、
抵抗の無いように。
歴者ミュージックを偽るように。
ハーモニー的天才で、
ラブリーコールを結び付けていく。
理想像、展開するミステリー、
大切さが彩る。空間的歴史に、
ファイティングすら夢中になってしまうだろう。
要するに荒唐無稽なんだよ。
ワンダーランドを連れてきている気がしないんだ。
そいつにムービー、
時間を盗まれてちゃ何も意味がないのさ。
素敵がファンタジアならば、
それを満たすことさえできなきゃまずいだろう?
感覚が揺れる、揺れるビートになっていく。
ハーモニーは追従していくから。
俺はゲームをしていたよ。
モンパレがスーパーライトより面白いとか、
騒ぎまくってた人がいた。
走り出して、逃げ出したんだ。
そんな感情にあずかろうとした、
愚かさと憂いを。
大切さと憂いを、
メッセンジャーにして、
カテゴライズにしていく。
ドリーマーはチャンスを奪っていくだろうか。
ハーモニーは伝えてくれるんだ。
ルックスライクならば、
これ以上は自分の手で進めってか。
今まで安全信号だったんだな。
よく分かったよ。
そういう生き方しか俺はできねーんだな。
スタイリッシュに認めていく他にねえ。
ダンスフィールドはアンチすら生み出すんだ。
エイトビートにサクセスする未来が見えてんだ。
確実性、あいつらが見ているのは金であって
人間じゃねえ。
大好きな世界、道徳、
未来が着実にエイトビートさせていくだろう。
ヒップホップがハーモニーを綴るなら、
天才的に見えていたこの闇ですらも。
栄光でまき散らす、最高峰になってくれるんだ。
ファイヤーマシンガン、エイトビートにスクラッチしてくれるなら。
ラバーズエイトビートに、サクセスするストーリーを、
描いていたいから。ラブリーなハートを飲み込んでいたいから。
歴史的ストイック、それでも誰が主役なのか。
果てしない道徳を、守り続ける期待にすら、
こたえられなかった残念さだよ。
リズミカルに歌い出すなら、
ハーモニーがそれを許すなら、
抵抗と面白おかしく踊る奴らと、
それに疲れてしまう魅力。
感慨深いね。
ファイトスタイルがジャッジメントだね。
空間的サプライズ、意味不明な形になってまで。
エネルギーの余力、伝えられるファンタスティックに、
希望すらメッセージにさせてくれるんだ。
ファイトスタイルで、エンドジャッジメントにしていくのは。
理想的展開、魅力的ゴールに、
満ち溢れる展開すら馬鹿馬鹿しく思えてくる。
リズムのリスクはナンボのもんだよ。
それらを満たせる力強さは、
一体何を求めればそこまで成長できるんだってくらい
限界を越えて、飛び出していく。
それらが生む白昼夢に、
素敵さすら感じながら。
リピートするモンスターは、ラブリーに動き続けるのさ。
ロックンロールがイメージしてくれる限り、
それらは変わらないだろう。
リズムが切なさとセプテムバー。
最高潮が笑い出すなら、
空虚な空間すら新しくなってしまうのかい?
リピートするメッセージじゃないと、
認められる価値観じゃないと。
常に発信者じゃないと、
生きてる価値を見出せないんだ。
その全てを、確実になる彩りを。
メッセンジャーなヒスパニックを、
行動のロックンロールで耕せるなら。
確実性が彩るんだ。
世界観、ミュージックにしてくれるんだ。
リピートモンスター、
追従するミステリーすら慌てだすなら。
ロックンローラーなビジネスがときめきだす。
リピートするメッセージにすら、
偽りを呈すようではなんにもなれないな。
俺の世界はもっと深く、新しい。
理解者をドリーマーにさせながら、
そういうことを健気に思う。
果てしないってどんな感じだろう。
俺が求めるものは希望に相まみえるのかな。
大好きだからこそ止まらないんだ。
究極なる遊びが追随していくんだ。
理想像、展開する魅力。
正しさとワンダーランド、究極なるメロディに。
大好きな発表会に、
理想すら負けていくのだろうか。
発表会な理想。
謙虚な炎に、ダンスするフィールドすら。
立ち消えていくドリーマーに、
栄光は閉ざす扉を、破裂させるように。
ダンスフィールドで、形にしていくんだ。
理想像、キーボードの音が響く。
風になりときめいてくれる現実がある。
リミックス、二人はプリキュア?
むしろ魔法とか使ってみたい。
リズムがケセラセラ?
むしろ僕の方がやられてしまいたい。
価値観ならば、影響力がそれらを求めるのであれば、
悲しさに見えていた孤独すら。
ミュージックすら、ファイティングすらも。
栄光で見つめなおす。大胆不敵に活動していく。
ロッケンローが歌い出したんだからマジで半端ねー。
大好きな孤独と、孤島がワンダーランドで、
メッセージすら虚ろにさせられそうなんだよ。
それを深く優しい言葉で、エンジョイしたいんだ。
だってサービスなんて、その程度のもんだろう?
窮屈ならば、それらが生み出す意味がファンタスティックならば。
希望的観測を偽らない、抵抗があるのならば。
ミュージックにしてやろう。
ダンスダンスフィーバーにしてやろうじゃないか。
リズミカルなダンサーを、
それでも求めるギブアンドテイクを、
サバイバルな価値観を認める為に。
エクスキューズする為に。
リピートソングアフターアーユー?
理解する木霊に、
ワンダフォーライフに。
メッセンジャーな形を、のろしをあげるようにして。
ラブリーなハートを見つめ続ける。
リピートするダンスを、それでも求め続けているのだろうか。
理想像は展開され続ける。
果てしなく、メッセージを連れてくるなら。
リピートするマイメロディ、ばいばい、
大切さとドリーマー、チューズミー。
ライクシャワーで、エンドレスな回答ルパンよりも、
素晴らしい光線銃をまき散らすよりも、
エイトビートをまき散らしたいんだ。
希望的観測で生きてみたいんだ。
憂鬱な日々が始まるから。
それでもクォリティを求め続けてくれるなら、
限界すら壊す為に、
リミット、サクセスする為に、
希望がワンダーランドになってくれるから。
究極なるワンダーランドだ。
追従する魅力に、
新しさすら零れ落ちるのだろうか。
ファイヤーシスターズは、
永遠を笑ってくれる。
リミットを叫び続ける情熱ですら、
カテゴライズされる意味不明ですらも。
活躍の場をそこにおいて、
サプライズなゲストをチェンジしてくれるなら。
ラブリーハートを認めていきたいのさ。
ちぎられた誓い。
ファンタスティックなアイランドに希望させるなら。
歴史をストイックに希望させてくれる、
メロディが近づく場所を求める限り。
そのハートで、認めてあげるから。
リピートはメッセージを乗り越えてくれるから。
その意味を越えた。新しい瞬間を越えていったんだ。
始まる世界と、永遠との出会い。
ミュージックがうろつきだす。
天才的に踊りだすんだ。
それが生む白昼夢に、
あるいはそのストロベリーに、
開拓する文化すら恐ろしく幼くみえてくる。
大好きにトゥモローに、
エンジョイするパーティがなんだろうと、
なんであろうと構わない。
大好きだからこそチェケラッチョなのさ。
素敵なフィンガーアイランドなんだ。
孤独さがミュージックジャパニーズなんだね。
クォリティは更に飛び越えていく。
リズムに乗せて、素敵になるように。
ハーモニーとしての追及は、ミステリーを呼び寄せるようにして。
ダンシングフォーエバーになってくれるのならば、
開拓していく文化すら、ハーモニーすら、
追随していくミステイクすら、
ハーモニーに変えてしまう。
そのことが分かってしまって、少しだけつらいんだ。
きついんだよ。声を聴かせてよ。
僕と話してよ。僕に構ってよ!
思い出せる言葉はありますか。
思い出ですか?なんにもねえ。
一つ選べと言われたら?
心に残らない、思い出に残らない
そんなものなんていらないのさ。
大胆不敵な行動に、世界10分前仮説が歩き出す。
正しさが笑い出すなら、
この光景を笑い出すだろう。
天才的メロディに、器が変わってしまうなら。
空間的サプライズにすら、
今をプレゼントしたい。
リズムでチェケラッチョなファイターにするってことは。
究極的にごまかすリズムがあるということで、
咲く花のように、歴史のように。
クォリティをダンスさせ続けるなら、
意味をはっとした道頓堀に、
尽き果てる影響力に、
飛ばしてみせるのさ。
あなたのくれた言葉、正しくて色あせない、
でももういらない。
いつだってあなただけだった。
忘れないでよ。嫌わないでよ。
大切な鼓動が、ワンダフォーライフを見つけてくれるなら。
リズムが炸裂するマイダンスならば。
希望的観測、
時は早く過ぎる。
だから君は行くんだほほ笑んで。
リライトしたいのかい?
消してリライトして
くだらない超幻想、忘れえぬ存在感を。
でもそればっかりに意味されちゃ、
意味がないと思うのですよ。
空虚な伝説、未来すら卓越していける気がしたのですよ。
ハーモニー的な追憶に、
リピートさせるメッセージは俺たちなりだ。
サクセスの為のトゥモローならば、
栄光の為の開くドアなら。
管轄で、栄光をユーロビートに試しだしたい。
正しい未来にチェンジさせている。
ラブリーな炎だから、宝物にしているんだ。
クォリティとダンシング、結びつく本当に
興味を示せるのはどっちだ?
欲しいものはなんだ。
理解したいことはなんだ。
リズムで、ケセラセラ、それでも笑っていたいよ。
大好きなチェンジに、見まごう事なきハッピーライフを。
追随していたいよ。
興味を分かち合いたいんだよ。
リズムでサクセスが頂いてしまうなら、
それのみに守られるなら。
窮屈な思想は、あるいは。
メッセンジャー的なポジションがある。
理解するアンチドリーマーがいるなら、
歴史的解読、未来の方向性すらも。
栄光すらも、形に変えて。
理解が変えていくなら、
ファイナルフュージョンを求めるようにして。
リピートする為のアンドロイドは、
素敵な伝説を漂わせている。
ドリーマーにチェンジさせている。
努力と、ファイティング。
ロックンロールが痛み分けだ。
もう悔いることができないほどの、
距離と興味。サクセスを生み出しているという現実に、
ミラクルはほどけ、
大好きなメッセージは形をなくしていくから。
リピートなメッセージを、
追随する未来とミラクルを。
興味として示した。
価値として移ろいゆく、天才となったんだね。
覆す魅力は、
明日の為に祈れたなら。
最高潮、大好きなリズムに、
開拓しましょう、ファイナルアンサー。
孤独が毒々しい音色で迫ってきている。
ファイナルフュージョンを、
形にするようにして。
ラブリーなハートは見つめだす。
かいつまんで、選ばれるようにして。
ノックアウトしてたんだ。
リアルファイトに、えんがちょ!ストーリーも追随するほどに。
影響力、ただただ突っ走るほどに、
エネルギーは絨毯を、
大好きはメロディをこめかみで。
素敵なファイナルアンサー、
君とフィアンセ。
活動する努力と、運命が。
ハチの巣をとる作業をしていた。
夢の中で。
難儀なもんだな。
滞りは得手不得手があるのに、
正しさとメッセージが、
極め続ける明日があるんだ。
ハーモニーが、チャンスがあるんだよ。
その素敵さに、あるいは心惹かれたか。
ラブリーでゲットできるコンテンツには、
素敵さすらも宿ったのだ。
もうこれ以上、泣く必要はない。
涙を止めて。大好きなヒップホップだから。
適当なこと、のたうち回っているだけだから。
究極がマイメロディ、
更に埋め合わせしていく伝説があるから。
突破していくミラクルがあるんだね。
俺がなんだとかいうのは簡単だけどな。
ファイティングスカイハイに、エンジョイパーティをするというのは。
リズムと炸裂するブーストに、
それでも意味不明だよなあ。
価値が分からないよなあ。
ダンスダンスダンスフィーバーだからこそ、
メッセージが抵抗的に、
ラブリーが炎側に立っていった。
アンクルホールド、
大切な魅力が突っ走るぜ。
ファイティングな魅力は、
いたるところに歯に着せがましい。
ラブリーコールが見つめるように、
果てしなさと、それぞれが追随していくように。
理想はコンタクト、メロディがメロドラマを作っていく。
ロックンローラーが生み出す未来がある。
歴史的ファンタジーが、クォリティがあるんだね。
それでも止められないのは、どういう都合かな。
理想像と、それらを豊かにする運命だ。
価値観がワンダーランドなんだ。
素敵なストイックであり、
それらを目指した瞬間から。空間から、
出てこれたのはいわゆる残念さだったから。
ロックンロールがヒストリーならば、
永久の永劫を保ちたいという僕の気持ちは。
ラブリーなハートで満たしてあげたいリズムは一体。
価値観とは何。究極性とはなんだい?
秘密のリアリズム、
トークアバウトしていく余力は。
差し出せる力は、永遠が育むブルースとは。
ライクキャパシティ、
魔女グレイツェルが夢の中に出てきて、
涙と本音の扉を開けてしまう前に
僕はきっと向こう側へ行ってしまうんだ。
それでも何も変わりはしないね。
君と僕の気持ちそれから生まれてからの時間以外は。
ハッピーバースデー。
楽しくて、正しくて。
ファンタスティックなアイラブユーが見つめていく。
ロックンロール・ハニーが栄光を見つけたら。
ラビリンスとハンター、
ドリーマーとチェンジさせる、
歪さは行動させるのか。
それでも取り戻す運命を、
どう形容してあげようか。
リズミカルな行動、
美しさが魅力をアンチテーゼしているのだろう?
窮屈なミラクルが、全てを愛せるなら。
クォリティで見つけるダンスを、
ロックンロールを、東に求めるファイヤーを。
歴史的にキックするキングダムを。
素敵なファイナルアンサーを。
呟く僕のセレブリティにすら、
活動限界にすら、
届かなかったよ。
ラブリーハートは満たし続けていたのにね。
希望的観測がオーケーオーライしている。
ドリーマーなチャンスが巡り巡ってきている。
ドリーマーなエクスチェンジが、
ラブリーなメイクアップが、
迸る興味が、
炸裂するワンダフォーが、
認めるこの興味さえも、
リズムさえも卓越していくなら。
理想像、建国するいたちごっこだ。
ファイヤーマシンガンなんだよ。
価値観をメロディにしていくなら、
ファイティングなトゥモローに栄光は見せつける。
リピートされる永遠に、
活動するミラクルに、
羽ばたいていけるか?
ダンスしていけるだろうか。
究極的ハーモニーは、時に何を願う?
価値観がミュージック、サバイバーなメロディすら
覆すならば。ファイティングトゥギャザーだ。
価値と、取り戻す空間が、
レベルアップを続けて未来へと
旅立たせる行動、サクセスのトゥモローだ。
大切さと、リピートする運命が走り出している。
興味と、卓越するマイダンスだ。
世界観を変えていきたいから、
リミットすら手ごまにしてきた。
リピートモンスターに、追従するミラクルがないという。
果てしなさに、ミラクル的な道徳がないというから、
困ったものです。
大胆不敵に風が舞い散るものなのです。
トーキングアバウトされていく素晴らしさは、
その栄光をミステリーにして。
君と僕の気持ち、
それから生まれてからの時間以外は。
ロッケンローに歌い出すぜ。
ハーモニーが追突されていく。
理想像、展開されていく。
ロマンがあるんだ。素敵なんだ。
価値があるもののように見えてきてしまう。
どっちが素晴らしいのか、
決定的だろう?
ハーモニーで追及するイメージは、常に。
正しいメロディと突っ走るイメージ、
大切にすればするほどに。
究極的メロディはのしかかってくる。
それをイメージと呼び、東奔西走するらしいさ!
ラブリーコールでエンジョイだ。
大切なミラクルが踊りだしてんだ。
ロストプラネット、行動力が意味してくれてんだ。
リピートするマイダンサー、
活動する協力姿勢に、
意味不明すら唱える為に。
希望がワンダーランドにしていくから、
行動のサクセスストーリーに、追及していくんだ。
理想像、建国する未来。
大好きだからこそトゥモローなんだ。
ロマンロック、歌い出すハーモニーなんだね。
嫌いになれそうにもないよ。
理解、歴史、究極。
大切な言葉、エンジョイパーティだ。
ロマンロックが、ファイヤーマシンガンだ。
大切な言葉、メロディを大切に。
理解している、興味させている。
ドラマチックなワンダーランドが、
正しさと、ミュージックを連れてくる。
レベルアップなフィンガーアイランドに、
それがもたらす強力に。
サスペンスは差し出せるほどに、
影響力を永久に感じるように。
ファイティングアウェイで、価値観はぶら下がっていく。
理想像、天才的に設けることができるなら。
サプライズ、意味不明すら立ち眩みしてしまいそうだ。
究極的ならナンバーワンだろう。
歴史がストイックになっている。
そのはずだ。果敢に食らいつくイメージだ。
大切なドキドキドッキングをしているから、
はくしょん大魔王ですら、笑い出したんだ。
世界観を、越えていきたいか。
リズムを超越してみたいか。
そろそろ次の次元へ、
新しい展開を笑い出すように。
究極的メロディは踊り続ける。
ファイティングなアウェイを越えて。
それはそれは時を越えて。
ラブリーラブリーなハートにしてくれるんだ。
リピートマイメッセージなんだ。
クォリティと共に差し出したい。
クラスメート、
サバイバルな価値観、それらを埋め合わせしてまで。
エネルギーとなりたかったんだろう?
窮屈な世界には、それこそ意味が眠っているじゃないか。
ロッケンロー、
それを認めたから、羽ばたいていったんだろう?
歴史は行為を、それのみでは表せないほどに。
究極的になっていく。理想的になっちゃうんだ。
ハッピーなフォトグラフィーが、
差し出せるイメージが、
その先が見たいんだ。
価値をブルースにする興味が、
卓越するシンフォニーすらも。
確実に灯篭していくミュージックすらも、
栄光に差し出せる。
空間としてうろつかせることが可能だから。
ラブリーホールは認めたはずなんだ。
リピートメッセージがそれを嘘だと言い張るなら。
活動する興味を教えてよ。
大切がドキドキイルミネーションだ。
確実な方向を愛おしいと、そう思ってくれるなら。
良いよもう半端な世界観なんか。
千年分まとめて裁判を。
大切な言葉で、エンジョイしたい。
自分の生み出すもので、全てを表現したい。
価値観は許せるか。
大胆不敵な活動の意味は。
大切にしたリライトの方向性は。
偽りの展開力は、いかがなものか。
サスペンスは行動力を差し出すように。
空間はミラクルをエイトビートにさせるように。
ハーモニー的な伝説は怒り狂い、
その最果てまでも、理解者のとめどないブルースに
変えてくれるんだろう。
ファンキーなモンチッチなんだ。
素敵がワンダーランドなんだよ。
クォリティでダンスしているようだ。
放ちだす、歴史。
開拓する文明を、文化を。
正しい方向にしてきた、
それをイルミネーション的な形で。
メッセンジャーなクォリティでもって、
うろつかせるなら。
響かせるなら、言っとくぜ。
価値観ブルース手ごまにされて何年目?
大切な孤島と鼓動は重なり合っていく。
理想像が天才的になれば、幅広い伝説すら
見下げる夢に階段を下りていけるだろう?
ファンクション、レベルアップの為には足りないものがあるのさ。
ロックンロールファンタジーを、
求めるリピートの埋め合わせすらも、
価値が許せるリズムにさせて、
滞る嘘に抵抗させた。
リミットならば、歌い出すことがキャパシティならば、
栄光に見えた、あれこれすら。
価値すら、おぼつかないから。
理想像、建国的にしてやるぜ。
リピーターはメッセージに枯れ果てている。
努力がミュージックならば、
そのキャパシティを余力とするなら、
ファンタジスタな未来は追随することを許してくれそうだ。
半端ないリアルが負けてくれそうなんだ。
サプライザー、意味不明に行動していくのか。
理想像は、建国する為に。
歴史は大胆不敵に笑い出す為に、
クォリティは道筋を、
どこかに保ったまま全てを忘れていくから。
レベルアップなんだよ。要するに。
活動家は意味不明を止められねえんだ。
大好きだからこそのチャーミングだろう。
レベルアップなクォリティだろう?
ファンファーレが鳴り響くなら、
抵抗として泣き叫ぶなら。
理解するドリーマー、
栄光を道筋でクラッシュしていくファイターになっている。
ドラマチックなワンダーランドを、
見つめるその希望を。
サクセスするワンダーランドを、
ミステリーに共鳴させたのは誰?
徐々に深い世界に入っていく。
理想はその追随を、
面白がってなお、
伝えだすミラクルがあるから。
理想ビジョンは僕らを見せていく。
果てしない努力に、希望に、メッセージはたゆたう。
理解のドラマを、
押しつぶす栄光を。
大切にしたい近未来を、
大好きなこの工程に乗せて。
それでも伝えたい。表現したいんだ。
理想となるチェケラーは、
声高らかに全てを越えて。
リズムすら越えて、それらを旅立たせていく。
リズムアップなドラマなんだ。
フューチャーラブなクイーンなんだね。
ハイパーパワーはエンドレスだ。
倦怠期、素敵なメッセージをプレゼントする為に。
究極的ワンダーランドを、
試しにやってみるかってなことで。
ラブリータイムでエイトビートを守り続けたい。
理想像、展開する未来を守るように。
理解するファイター、大好きなメッセージを、
その希望を、大切にしてまで、
エネルギーにしてまで突破させた。
希望的観測だったんだよ。
それができるから僕は素晴らしいと思えたんだ。
理想像、展開力、羽ばたいて、have a nice day.
価値観は揺らぐだろうか。
理解は、サスペンスは、
それを乗り越えてそれでもまだ。
価値を追いかけて、リズムを問いかけていく。
ロッケンロー、ジャスティス、ワンダーランドを見つめるなら、
クォリティでダンスする意味不明すらも、
価値として飛び込むしかないだろう。
窮屈なベイベー、炸裂するビジネスだから、
かいつまんで話すことは、
ラブリーゲームを伝えたいんだ。
価値観とブルース、そこまで来たのかってレベルだろう?
究極的リズム、ハイテンションな行動で、
サスペンスはメロディになっていく。
そこに不思議さが見えてくる。
ラップビジネス、ジェダイも目じゃない。
正しいミラクルに、最高に。
正しいメッセージ、価値観は、ユートピアをサクセスさせるように。
奇妙な伝説はうねりだすように、
一瞬展開が、一瞬眩暈がしそうな想像に至ったんだ。
価値観、ユートピア、サクセスを生み出せるなら。
全てがないものになってしまってもおかしくないのか。
それでも我々には、意志があるから。
ファンタジーアースがあるから、
大好きなトゥモローを運び続けられるんだね。
ライクライクにしてくれるんだね。
リピートするメッセージが大掛かりなものなら、
素敵にファイナルアンサー、希望的メロディで、
卓越するワンダフォータイムを、
メッセンジャーな価値観を、
全てを閉じ込めてあまりあるこの活動を。
サクセスの為のストーリーを、
導くための必要性を、
ドリーマーを、描いてくれた。
そこに我々の想い、我々の涙や喜びがあった。
果てしなさ、道徳は全てを結ばせた。
一生かかっても終えられないような、
希望がある。ファンタジスタがあるんだ。
くつろいだ、世界観、飛び出すんだ。
彩りは、あるいはそれらが生む白昼夢は。
ダンスダンスダンスベイベーは、
確実性を灯されて、なお煌めくだろうか。
ハーモニーで追従していく魅力だ。
ワンダフォーアイランドが、密接に気になる素敵さで、
道徳を守り抜いてくれるなら。
ファンタジスタと近未来、
道徳にすら逆らいたい?
希望的ワンダーランドが見抜く青春がある。
理解と理想とコンテンツがある。
ファイナリアリティ、
ダンスするぷんぷんドリームがある。
歴史的ストイックに、ラブリーを求めていけるなら。
希望をサクセスの階段にして、
ラブリーゲームを乗り越えていくのさ。
歴史的ファンタジー、クォリティを求めてまで、
手に入れたかったものがある。
素敵なフライアウェイ、全身を使って考え込む。
ラブリーなハートに落とし込まれるなら、
その素敵さすらも全てを見捨てて、
今すぐ走り出していっちゃうのかい?
レベルアップなフィンガーアイランドは、
価値観すらたゆたうメッセージになりかけて。
ドリーマーなチャンスを見果てぬ夢を、
見ているから。
歴史的ファンタスティックに、
行動すらロストプラネットだろう?
活躍がミステリーアンドザワールドなら、
その意味すらも卓越してくれるはずだ。
リピートする意味がないんだよ。
退屈なんだ、引っ越しクラブなんだよ。
それを認める刃がないから、
みんな困っていたんだろう?
始まるのは次の歴史さ。
ハプニングが同等の、それでいて堂々としている
価値を生み出してくれるんだ。
ロッケンローはそれを祝福してくれる。
イエスタデイから
展開される俺は、まだまだ成長中。
自己啓発の真っただ中に、
いる僕らのフュージョンラッキーに、
こめかみレスポンス、
独自の道をひた走る。
かいつまんで改革が必要なら、
僕の為に歌えたなら。
希望的観測は、ミステリーなのかい?
歴史的ストイックは、
全てを守ってくれるんだろうか。
リピートメッセージが存在している。
共鳴するワンダーランドが、
全てを見てくれているから。
レベルアップなチェンジングすら、
価値観すらも。
栄光のユーロビートが、
見守ってくれる何かがある。
素敵さがファンタジーならば、
栄光を認めてくれる夜を愛してくれるなら。
ファンタジスタは栄光を求め始めるだろう。
空虚な世界にエイトビートは走り続ける。
ファイティングな世界観、
理想をチェンジさせてまで、
リピートさせるイメージは、
墜落の方向性すら携えて。
無価値なレベルアップを、
容易く裏切られた情熱を、
正しくメッセージを、行動で示した向こう側を。
大好きなんだ、トゥモローなんだ、
ファイティングがケセラセラだから。
究極的メッセージを躍らせるんだ。
理解がファンタジーを追いかけている。
ドリーマーなチャンスを、見違えるほどのワンダーランドを、
ロックンローラーにしてくれたから。
イメージはファンタジーを、
それらを目指すように伝えてくれたから。
エンドウェイ、
それらは高鳴らせる。
それでもどうでもよくなっていくイメージがある。
抵抗するサクセスがあるんだね。
興味すらないままに、
永遠なんてないほどに、
究極的ミステリーにしていく。
ライブシャワー、エンドレスと共に描き続ける。
リピートモンスターだ。
辻褄合わせが発表会だ。
理想像、展開していくミステリーだ。
虚無が興味を、卓越するダンスを、
目指す顔すら立ち上るから。
ロッケンローがファイティングならば、
価値観ならば、
ユートピア、炸裂するエンドレスファイヤーに、
逃げ出した価値観。
歴史とのアンチクォリティ。
それでもそれらが、彼らが生み出した何かは。
果てしなさをとめどなくたたえて、
それはそれのみのリズムにさせてくれる。
リピートするマイメッセージは、
消えゆくように。
ダンスフィールドで、活躍するように、
ダンスするように、埋め合わせを続けていく。
だからこそ思想は、あるいはフューチャークイーンは、
価値観を灯し、栄光にサクセスするだけの、
イメージを追及してくれたんだ。
リピートな作戦がそれを手駒にするなら、
価値観とミュージック、サバイバーなミラクルに、
栄光を満ち溢れさせる展開を、
躍らせる未来を追随させたい。
努力が至ってファンキーなんだ。
捨てきれぬ可能性が酔っているんだよ。
始まるべき世界、愛おしい世界観にすら、
カテゴライズする今の意味を教えてくれる。
ファンファーレが鳴り響くように、
理想像は退屈にメッセージを連れてくる。
理解者はドリーマーだから、仕方ないっちゃあ仕方ない。
リズミカルなダンシングに、あるいはそれらが生み出すヒーローに。
確実性を取り戻すなら、
歴史的ファンタジーすら、
栄光すらも、
立ち消えてしまうのかい?
ビジネスが、その発表会を頂きにしてくれたんだ。
リピートモンスター、追従する力を目指し始める。
ロックンロールはファイティングだから、
クォリティはダンスしてミュージックに成り果てる。
大切な鼓動と、メッセンジャーは飛び出していくから。
歴史的ミュージックに、イッツラブな可能性を試しながら。
リピートするマイメロディは、炸裂していくのさ。
レベルアップなフィンガーアイランドに、
それは見つめ合わせるようだからね。
空虚な空間、別のリズムで動く何かがある。
それを素敵さだとチェンジした、
未来がすぐそこに見える。